5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【朗報】アトピーに関するニュース総合スレ【事件】

1 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 11:21:28 ID:92CcRWLb
掃除屋細胞:センサーのように要不要を区別 京大が解明
 体内の“掃除屋”細胞と言われる「マクロファージ」が不要になった細胞を取り除く際、
アレルギーなど免疫にかかわるたんぱく質がセンサーのように要不要を見分けていることを、
京都大医学研究科の長田重一教授らが突き止めた。
ぜんそくやアレルギー、アトピーなど自己免疫疾患の解明や治療法の開発に役立つ成果という。
25日付の英科学誌ネイチャーに発表された。

 古くなり不要になった細胞が死ぬと、有害な物質が放たれて周囲に炎症が起きないように、
マクロファージが細胞を丸ごと取り込んで分解する。死んだ細胞の表面にリン脂質の物質が現れるが、
マクロファージがどのように目印を見分けるかは未解明の部分が多かった。

 マクロファージの表面にあり、この目印と結合するたんぱく質を探したところ、
免疫にかかわる「Tim1」と「Tim4」が当てはまると判明。
これらを抗体で働けなくすると、マクロファージは細胞を取り込めなくなり、
Timたんぱく質が死細胞を取り除くために必要だと分かった。

 研究グループの大阪大医学系研究科、内山安男教授は
「マクロファージがうまく掃除できないことと、自己免疫疾患など免疫の病気が関係すると分かった。
治療法を考えるうえで重要な発見だ」と話している。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071025k0000m040138000c.html

2 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 11:22:19 ID:92CcRWLb
アレルギーぜんそく:マウスの治療に成功 理研が世界で初

 白血球の一種で、体の免疫機能の司令塔となっている樹状細胞の働きを調整し、
マウスのアレルギーぜんそくを治療することに、理化学研究所の研究チームが世界で初めて成功した。
チームはヒトの樹状細胞にも同じような免疫調整機能を持たせることに成功しており、
ヒトでも同様の治療ができる可能性がある。
他のアレルギー疾患にも有効と考えられ、治療の難しいアトピー性皮膚炎などの
新しい治療法開発にも応用できそうだという。

 アレルギーは、体内に入った異物(抗原)を排除しようとする免疫機能が過剰になるために起こる。
日本では国民の3割が何らかのアレルギー疾患にかかっているとされるが、治療は対症療法が中心で、
根本的な治療法は確立していない。

 理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの佐藤克明チームリーダー(免疫学)らは、
培養の際に特殊な操作をし、特定の抗原に対する免疫機能を働きにくくした「制御性樹状細胞」を独自に開発。
アレルギーぜんそくのマウスに、2週間で3回静脈注射したところ、気道の炎症がほぼ完治。
アレルギーの指標となる白血球の一種「好酸球」の量も正常レベルまで減少した。

 詳しく分析した結果、制御性樹状細胞によって免疫を抑制する制御性T細胞が増加したことが分かった。
免疫抑制効果は、3回目の注射から150日以上持続し、研究チームは「ほぼ根治した」と判断した。

 佐藤さんは「マウスの結果がそのままヒトに当てはまるわけではないが、
この方法だと特定の抗原に対してだけ免疫反応を抑えられ、副作用がない。
今後、ヒトの難治性アレルギー疾患への応用を目指したい」と話した。
http://mainichi.jp/select/science/news/20071018k0000m040109000c.html

3 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 11:22:52 ID:92CcRWLb
大津の乳児投げ落とし 逮捕の母親「子供預かって」と市に相談

 薫容疑者は9月12日にも、「子供がアトピーで食事制限されている」
「母乳ばかりでミルクにかえられない」と担当者に相談。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000030-san-l25


大津の乳児投げ落とし:母親、殺人未遂容疑で送検 /滋賀

調べに対し、薫容疑者は「育児に疲れた」などと供述しており、
事件前には、仁一ちゃんのアトピー性皮膚炎や離乳について、市の窓口に相談し、
「子どもを預かってほしい」と要望していたことも判明。

 一方、市子ども家庭相談室によると、薫容疑者は、仁一ちゃんがアトピーで
母乳以外は授乳できない事などについて、9月12日、市堅田すこやか相談所を訪れ、
「子どもが乳離れできず、家事ができない」と相談。
翌13日には市役所内の同室に電話で同じ相談をし、19日にも電話で
「何もできない、子どもを預かってほしい」「家事のヘルパーを紹介してほしい」
などと要望した。
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20071024ddlk25040603000c.html

4 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 18:53:29 ID:5GeR214f
掃除機能が不具合を起こしてるわけだ

5 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/26(金) 21:55:18 ID:cNhIRDSb
アトピーも段々と解明されて来てるんだな
10年もすりゃ完治する病になってそう

6 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/11/02(金) 01:18:30 ID:BctIps03
浄水器がアトピーに効くと偽り販売
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000125-mailo-l19
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000046-san-l19

7 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/11/14(水) 10:52:03 ID:edKV8jjt
ストレスで皮膚の抗菌能が弱まる

 ストレスによって皮膚感染症にかかりやすくなるメカニズムが解明され、米医学誌「The Journal of
Clinical Investigation」11月号に掲載された。免疫システムの崩壊という従来の説明とは異なり、
皮膚の抗菌能(antimicrobial defense)の低下が関与しているという。

 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)皮膚科教授のPeter Elias博士らは、心理的スト
レスを与えたマウスは、ストレスの少ない条件下に置いたマウスに比べ、A群溶連菌へ感染しやすい
ことを突き止めた。ストレスを受けたマウスは、表皮で発現する抗菌ペプチドが少なかったという。
抗菌ペプチドは近年注目を浴びるようになったもので、免疫システムの「最前線」にあり、抗生物質
のように細菌を攻撃して死滅させる作用がある。

 今回の研究ではさらに、ストレスによってグルココルチコイドの産生が増大することも判明した。
グルココルチコイドの増大は表皮の脂肪合成を阻害し、抗菌ペプチドが含まれる小胞の分泌が減少し、
皮膚障害を起こしやすくする。Elias氏は、ストレスによって2つの重要な抗菌ペプチドの発現が下方
制御され、マウスの皮膚感染症がさらに重篤なものになると説明する。グルココルチコイドの産生を
阻害したところ、皮膚の抗菌能は正常に戻ったという。

 防御の最前線は免疫システムのT細胞であると考えられてきたが、そうではないことが近年の研究で
示されている。この抗菌ペプチドによる防御作用には相当の効果があり、ウイルスや細菌などによる
攻撃の99.5%を処理できるという。今回の研究は、グルココルチコイドの産生を抑える局所薬などの
新しい治療法につながると、Elias氏は期待を示している。
[2007年11月2日/HealthDayNews]
ttp://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20071108hk000hk

8 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/11/20(火) 10:39:07 ID:9RseuqD2
関節リウマチの原因が細菌だから、アトピーも細菌が原因じゃないかと思うわけだが

9 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/03(月) 09:20:47 ID:knq2ELvN
花粉症やぜんそくに朗報、発症関与の新たんぱく質発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000401-yom-soci

炎症物質の放出促すたんぱく発見=新アレルギー薬開発に期待−理研
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000006-jij-soci

10 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/03(月) 15:16:49 ID:knq2ELvN
大前進キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


米ぬかで「かゆみ」抑制、東大教授ら抗アレルギー実証

 米ぬかに含まれる成分に、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす
「IgE抗体」にくっつき、炎症作用などを抑える働きがあることを東京大の尾崎博教授、
東京海洋大の潮(うしお)秀樹准教授らが突き止めた。

 研究チームは、米ぬか成分のうち、紫外線吸収、抗酸化作用などが報告されていた
γ(ガンマ)―オリザノールに注目。研究チームは、この成分が腸などの炎症を抑えることを確認。
アレルギーにも効果があるか動物や細胞での実験で調べた。

 その結果、米ぬか成分は、IgE抗体と結びつき、抗アレルギー作用もあることを発見した。
アレルギーは、免疫細胞が作るIgE抗体と抗原が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどの
「かゆみ物質」を血中に放出して、炎症やかゆみを起こす症状。
米ぬか成分がIgE抗体と結びつくことで、かゆみ物質の放出が70〜80%抑制された。
これまでの抗アレルギー薬の抑制効果を上回っているという。
さらに、米ぬか成分が肥満細胞以外の免疫の働きを弱め、炎症を抑えることも突き止めた。

 東大と東京海洋大は特許を取得。化粧品などを販売する「ナチュラルサイエンス」と契約を結び、
米ぬか成分入りの保湿オイル「バリアオイルAD」を20日に発売する。
年間90万トンが廃棄される米ぬかの有効活用としても注目される。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071203i106.htm

11 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/03(月) 15:55:20 ID:gtVieeEm
>>10
いまニュースみた!!!!

12 :救世主 ◆TvfmmBaz.c :2007/12/03(月) 23:12:25 ID:R++BZFMU
よかったな!

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)