5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

知的障害児の育児

252 :名無しの心子知らず:2007/07/21(土) 22:53:23 ID:VeDs+FwK
4人のうち2人早世、2人知的障害…将来を悲観し子供を殺した母親に懲役7年判決

東京・日比谷公園で知的障害のある息子を刺殺し殺人罪などに問われた母親が
20日、東京地裁で懲役7年の判決を言い渡された。
母親は自らの生い立ちを我が子に重ね合わせ、「かわいそうだから」と殺害の動機を法廷で語っていた。
「経緯には多分に同情の余地が認められる」。
青柳勤裁判長はこう言いながら
「自らの思いこみから息子の将来を一方的に悲観し、殺害した。独りよがりのそしりはまぬがれない」と述べた。
母親は埼玉県川口市の無職横山志津江被告(52)。昨年6月10日夜、
小学5年の次男翔君(当時10)を果物ナイフで刺殺し、自らも自殺を図ったが死ねなかった。
判決などによると、横山被告は、母子家庭で育ち、9歳で母と死に別れた。
軽い知的障害があり養父母から虐待を受けた。結婚して2男2女をもうけたが、夫は借金を抱えて失跡し離婚した。
次女は1歳7カ月で髄膜炎で亡くなり、重いぜんそくだった長女も16歳で死亡した。
生活保護を受けながら総菜屋などで働き、知的障害のある2人の息子を育てたが、
次男の翔君は小学校に行きたがらなくなった。「いじめを受けている」。そう思いこみ、悩んだ。
「死ぬ前に一度乗せてやりたい」。2人は新幹線で新潟の温泉宿に向かった。
翌朝、睡眠薬と缶酎ハイを翔君にも飲ませ、山中で死のうとした。
翔君が眠らなかったため新幹線で東京に戻り、日比谷公園を目指した。
夜になり、眠りについた息子をベンチに寝かせた。「翔君、ごめんなさい」。果物ナイフで胸を突き刺した。
「翔と自分とはイコール。ああするよりほかにありませんでした」。公判で殺害の理由を問われた横山被告はこう述べた。
検察側は懲役13年を求刑した。
弁護人は「被告の身に起きたことは一人の人間が抱えることができる許容量をはるかに超えている」と訴えた。
「喜びや楽しみ、悲しみや苦しみも含め人が生きていく上で経験するであろうことを翔君も経験できたはず。
これを奪う権利は何人にもない」
裁判長の言葉を、横山被告はじっと法廷の床を見つめながら聞いた。



137 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)