5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【難聴 Hard of Hearing】難聴者の広場_8【補聴器】

1 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 19:51:12 ID:RHXs0b1g0
・(障害者手帳を所持しない)「難聴者」が語り合い情報を交換する広場です。
 主題は「難聴:聴こえ難い」で、現実的な「より良い聴こえ」を模索したい。
・「聴者(=健聴者+難聴者)」のうち「普通に聴こえる者」が「健聴者」、
 健聴者と比べると「聴こえ難い」と言わざるを得ないのが「難聴者」です。
・難聴者には 1)補聴器非装用 2)必要時のみ装用 3)ほぼ常時装用の3類型あり。

・「聾者:聞こえない者」や「準聾者」等は、目で読む手段(筆談・読唇等)の
 使用や併用が(ほぼ)必須であり、たとえ補聴器を装用していてもスレ違い。
・(音が)聞こえると(話声が)聴こえて解するの間にはかなりの距離があるので、
 たとえ音は聞こえても、母語の話声が意味ある言葉として「聴こえない者」
 (例:電話聴取不可やそれに準ずる者)は「準聾者:聾者に準ずる者」です。
・難聴(Hard of hearing)と聴力損失(Hearing loss)との混同は不適切です。
 「難聴」と「聴覚(or聴力)障害」の混同も不適切で、「聾者や準聾者」等を
 「重度(感音性)難聴者」と称するのは典型的な混同例ですので避けて下さい。
・迷惑行為常習者「荒らしコンビ(アンチ鬱子と鬱子)」の書き込みは禁止です。
・過去スレや関連事項などは >>2-10 辺りを参照して下さい。

2 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 19:53:28 ID:RHXs0b1g0
【難聴 Hard of Hearing】難聴者の広場*【補聴器】の過去スレ
1 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/body/1084025037/
2 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1101209722/
3 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1116986126/
4 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1124515408/
5 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1148820911/
6 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1165147468/
7 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1177204115/

なお「荒らしコンビ(アンチ鬱子と鬱子)」の片割れ(ID:YAphG/uI0)が立てたスレ
       http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1189940637/
      【難聴 Hard of Hearing】難聴者の広場8【補聴器】
は当該者の荒らしのため削除されたが、過去スレに含めていません。
現在のスレは【難聴 Hard of Hearing】難聴者の広場_8【補聴器】です。
参考:
 http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1196269443/
 ★071129 身体健康板 難聴者の現状をコピペによる容量潰し報告スレ
 1 :名無しの報告:2007/11/29(木) 02:04:03 ID:v5VWtEzd0
 身体健康板(http://life8.2ch.net/body/)において、コテハン「本物」による難聴者の
 現状を大量コピペして容量オーバーによるスレ潰しをした荒らしを報告するスレです。
 尚、もう1人のコテハン「これが本物です」によるコピペはIDから同一人物とは
 考えられず後日、別スレにて荒らし報告いたします。(以下略)
関連スレ:
 片耳聾なのに片耳健聴 その2
 http://human7.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1178805652/
 【聴力異常なし】話が聞き取れない【もごもご】
 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1178371198/

3 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 19:55:22 ID:RHXs0b1g0
<難聴者・準聾者(聾者に準ずる者)・聾者 (1/2)>
人口の10%程度と見積もられている「きこえに何らかの問題がある者」は、
大別すると「難聴者」「準聾者」「聾者」の3群に分けられます。
これらの区分は、純音聴力検査値(dB HL)等で機械的にできる訳ではなく、
むしろ話声を聴く際の行動様式(会話時の受信方法)によって決まるのです。

もしあなたが見知らぬ人から"普通に"話しかけられた時、どう対応しますか?
この"普通に"とは、標準的条件(比較的静かな場、1m余りの距離、対面)の元で、
話声に妙な癖がなく音量も並であり警戒心不要な状況であること等を指します。
 1) 充分に聴こえて相応の対応が出来るなら「健聴者」(時には「難聴者」)、
 2) 補聴器の助けを借りたとしても、(概ね)耳だけで対応するなら「難聴者」、
 3) 聴くだけでは不十分で耳目併用(筆談や読唇等を頻用)するなら「準聾者」、
 4) 聞こえないので筆談や読唇等の目で見る手段のみで対応するなら「聾者」。
この大雑把な区分は、あなたの経験に照らし合わせてご理解頂けるでしょうか?

なお、「きこえに何らかの問題がある者」のほとんどが「難聴者」であり、
「準聾者」や「聾者」の比率はごく少なく人口の1%未満と思われます。
ちなみに聴覚障害手帳の所持者は人口のわずか0.3%(36万人)程度にすぎません。

4 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 19:56:50 ID:RHXs0b1g0
<難聴者・準聾者(聾者に準ずる者)・聾者 (2/2)>
逆にある人へ"物静かに"話しかけた時、その相手の反応・行動様式がキーになる。

 1) 話し声が難なくごく普通に通じるなら「健聴者」(時には「難聴者」)
 2) (聴き返しがあっても)話し声が音声だけで言葉として通じれば「難聴者」、
 3) 話し声は音として聞こえるが、(読唇抜きで)言葉として聴こえていないか
  聴き違いなどが多くてあまり通じないなら(外国人などを除けば)「準聾者」、
 4) まるで聞こえていない様子で話声が全く通じないなら「(事実上の)聾者」、
であることは、このような話声の通じ方の違いから(概ね)見当が付くでしょう。

相手が「難聴者」なら、大きめの声でハッキリと話せば、ほぼそのままで通じる。
お互いの距離を詰めるとか、周囲の騒音を少なくすれば一層スムーズに通じます。
もし「聾者・準聾者」なら、話声だけでは会話が不可能か難渋することでしょう。

読唇が名人芸的に卓越している「準聾者・聾者」なら、視覚活用の結果として
あたかも聴こえている「難聴者」であるかのように応対できるかも知れません。
しかし視覚活用が必要不可欠なら、音声だけで伝える電話等は不可となります。
なお、家族や特定の知人などのごく限られた相手だと「耳だけ」で通じていても、
相手が見知らぬ人だと上手く聴き取れないなら、(事実上)「準聾者」と言えます。

5 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 20:00:30 ID:RHXs0b1g0
<「難聴者」はどんなときに「聴こえ難い」のか?>
「難聴者」の「聴こえ難い」は「聞こえない・聴こえない」とは違います。
「聾者」の「音が聞こえない(当然ながら話声も聴こえない)」や「準聾者」の
「音は聞こえるが話声は(不十分にしか)聴こえない」とはずいぶん異なり、
「難聴者」は「(音も話声も)聞こえる&聴こえる」のです。「難聴者」の
「聴こえ難い」は「聞こえる」が大前提で「聴こえる」ことも前提なのです。

会話時の諸条件が当人にとって充分に良好でありさえすれば「(ほぼ普通に)
聴こえる」けれども、周囲の音環境や話者との位置関係、声量や声質などの
適否次第で多かれ少なかれ「聴こえ難い」状態に陥ってしまうのです。
例えば、職場会議や飲み会などで「聴こえ難い」と悩む難聴者は極めて多く、
「健聴者」なら問題なく聴き取れる程度と思われる些細な負荷的状況でも、
「難聴者」には「聴こえ難い」状態に陥る「障壁」となり得るのです。

この種の「聴こえ難い」状態は「難聴者」でなくても状況次第で起こり得ます。
例えば、先生の声が小さい時や私語による雑音が大きい時に、教室後方から
「先生、きこえませ〜ん」との声が出るようなケースは十分にあり得ます。
それを受けて先生は声量を上げるか、私語を慎むよう注意することでしょう。
なお、この「きこえません」は、先生の声が全く「聞こえない」のではなく、
声は「聞こえる」が言葉として不十分にしか「聴こえない」ことを意味します。
また「健聴者」でも「癖のある声や話し方」などは聴き取り難いものですが、
「難聴者」だとその「聴こえ難さ」はいっそう顕著になることでしょう。

一般に、標準的条件下(比較的静かな場、1m余りの距離、対面1対1)の対話では
全くか殆ど問題がなくても、騒音・反響音があるとか、少し距離があるとか、
側・後方からの話しかけ等の日常的なちょっとした負荷的状況が問題となる。
(もし標準的条件下で"普通の"会話が難渋するなら、もはや「準聾者」かも?)

6 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 20:04:11 ID:RHXs0b1g0
<「難聴者」と補聴器>
一般に難聴者なら補聴器、補聴器装用なら難聴者と思われているようですが、
補聴器装用者の全てが「難聴者」かといえば、必ずしもそうではないのです。
耳と目を併用せざるを得ない「準聾者」も必要に応じて補聴器を使用するし、
「(事実上の)聾者」等も車の免許証で補聴器装用が必須条件とされています。

逆に、補聴器非装用者の全てが「健聴者」かといえば、これもそうではない。
「健聴者」なら装用するまでもないが、「難聴者」の場合、補聴器がなくても
日常生活であまり困らないと思えば装用しないで済ますことも少なくない。
多くの「難聴者」が補聴器非装用の状態(裸耳)で生活しているのです(>>1)。
他方「(事実上の)聾者」や「準聾者」の場合、たとえ一時的に試用してみても
全く(orあまり)役立たないか、不快感や苦痛が強くて馴染めないことが多い。
補聴器を着用しないことで見かけ上は共通していても、「聾者」等の非装用と
「聴者(=健聴者+難聴者)」の非装用とは理由が全く異なる点にご留意下さい。

「難聴者」3類型(>>1)の「ほぼ常時装用」者が、もし裸耳なら聴こえ方はどうか?
補聴器の助けがなければ、多くの場合、聴こえ方は「準聾者や聾者」並でしょう。
幸いにも装用のお陰で辛うじて「難聴者」レベルの聴こえが得られているのです。
一方「準聾者」が併用の補聴器を外すと、聞こえ方は殆ど「聾者」並であろう。
「準聾者」は補聴器を活用しても、耳から断片的にしか「聴こえない」ので、
それを補うためにも読唇や筆談等の「目で読む」手段の併用が不可欠となります。

また装用効果が得られる「難聴者」は補聴器に対して概ね肯定的なのに比して、
役立たないか、不快感・苦痛などが強くて馴染めない「準聾者」や「聾者」等は
補聴器装用に無関心か否定的で、時には過剰な拒絶的反応をする例もあります。

7 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 20:05:54 ID:RHXs0b1g0
<「難聴者」と電話>
「話し声を(読唇抜きの音声だけで)聴き取る」の好例は電話等を聴くことです。
電話が根を張っている社会では、電話の可否は生活上重要な意味を持ちますが、
一口に「電話が出来る」とか「(聴覚障害者が)電話に出るのが難しい」と
言っても、以下に例示するようにその内容や程度は実に多様で様々なのです。
 1)電話には全く出ない(難しいというよりは、全く不可のケース)、
 2)駅から家族などに「いま着いた、車で迎えに来て」とか、
  「○○寿司さんですか? お宅のファクス番号を××−××××の△△
  までファクスで知らせて下さい」を3回程度繰り返すなど、ほぼ一方的に
  話すだけの場合(××−××××の△△は自分のファクス番号と名前)、
 3)家族や特定の知人などからの電話には出るが、それ以外はパスする、
 4)一応電話に出るが、よく聴き取れなければ直ぐに人に代わって貰う、
 5)電話はほぼ普通に出るが、特段に聴き取り難いなら人に代わって貰う、
 6)電話にノイズが入るなどで音質が特に悪い場合以外はほぼ普通に出来る。

一応電話の相手が怒りだしたり、一方的に切ったりしないことなどが前提で、
1や2は(事実上の)聾者、3は準聾者、4は微妙なところでしょうか?
2や(限定的に可能な)3程度であれば、仕事で「電話ができる」とは言えず
「電話聴取不可やそれに準ずる者」(>>1)にほぼ該当することになります。

4〜5の「難聴者」は職場でしばしば肩身の狭い思いをするでしょうし、
たとえ6でも健聴者よりトラブル頻度は高くなり何かと苦労も多いでしょう。
お客様が相手で聴き直しが制限されたり、社内電話器の性能(音質・音量等)や
職場騒音などで、電話での聴こえがより厳しいこともしばしばあり得ます。

8 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 20:07:08 ID:RHXs0b1g0
<WHOの聴力損失(hearing loss)の区分>
聴力損失の区分(軽度・中度・重度など)は、あまりにも種々雑多です。例えば、
 1) 手帳持ちで完結した区分法 (軽度6級、中度3・4級、重度1・2級)、
 2) 無手帳を軽度とする区分法 (軽度70dB未満、中度4〜6級、重度1・2級)、
 3) 有手帳を重度とする区分法 (軽度〜39dB、中度40dB〜69dB、重度70dB〜)、
など。何れも一例ですが、その他「高度」を使う例も多く、本当に多様なのです。
それ故、書き手の準拠する区分法の明示なしでは議論が擦れ違うことも多い。

このスレでは、暫定的にWHOなどの聴力損失区分を推奨します。
このWHO(世界保健機構)などによる基準(聴力損失の区分)は、
最もきめ細かく7つに区分されています。(単位:dB HL)
 正 常 …………… normal hearing : マイナスdB〜15dB HL(含む0dB HL)
 微 度 …………… slight hearing loss:   16〜25dB HL
 軽 度 ……………… mild hearing loss:   26〜40dB HL
 中 度 ………… moderate hearing loss:   41〜55dB HL
 準重度 moderately severe hearing loss:   56〜70dB HL
 重 度 …………… severe hearing loss:   71〜90dB HL
 最重度 ………… profound hearing loss:   91dB HL以上
聴力損失(聴力レベル)のdB値が大きいほど音声に対する感度は低下するが、
加えて語音明瞭度低下や後迷路障害(聴神経や脳聴覚野などの機能不全)等も
聴こえ方に大いに関与するため、dB値だけでなくそれらの検討も必要となる。

なお「聴力損失(hearing loss)区分」を「"難聴"の分類」とし、
重度"難聴"、中・軽度"難聴"などと表現したりする向きもあるが、
これらは聴力損失(hearing loss)と難聴(hard of hearing)を混同しています。
聞こえない「聾」等を「重度(感音性)難聴」等と言い換えるのは混乱の元です。

9 :過去スレNo.1〜7の1:2007/12/01(土) 20:10:34 ID:RHXs0b1g0
<「残存聴力あり=難聴」論は、ある種の詭弁>
長年に渡る用語狩りなどで「難聴」が拡大解釈されすぎているのが現状です。
その結果「(聞こえない)聾者」などが"難聴者"を自称するが故の混乱も生じ、
部分的にありがちな「準聾者」と「難聴者」の混同だけでなく、明白に異なる
「(事実上の)聾者」と「難聴者」さえ混同させてしまう事態も少なくない。
また「聾者・難聴者」は連続的で不可分だとの誤った主張も散見されます。

聾者・関係者などの間では、聴力検査で残存聴力がごく僅かでも認められると
それを根拠に「(聾でなく)難聴」だと主張をする向きもあります。
その上で「(普通校出身の)聾者・準聾者・難聴者」を纏めて"難聴者"と称し、
「一口に"難聴者"と言ってもその聴こえ方は実に様々・多種多様です」と
言い出す始末です。(全部を一纏めにすれば、多種多様であって当然なのに)。
なお「聾者・準聾者・難聴者」を一括するなら「聴覚障害者」などが適切です。

あるいは、聴覚障害者手帳に「重度(高度)感音性難聴」と記載されていると、
そこから"難聴"だけを抜き出して、自分は"難聴者"だと主張する例も多い。
「感音性難聴 sensorineural hearing loss (nerve deafness)」の"難聴"は、
「難聴 hard of hearing」ではなく「聴力損失 hearing loss」なのです。
手帳には「重度感音性聴力損失(or聴覚障害)」とでも記載すべきでしょう。

これらの拡大解釈は、必ず「悪しき2分法」と併用される点が特徴的です。
「悪しき2分法」とは、例えば中間の灰色をいっさい認めず二者択一的に
「白か黒か」を問い「白でなければ黒・黒でなければ白」だとする2分法です。
そしてある白が純白でなく僅かでも灰色がかっていると黒だ言い張るのです。
微かな残存聴力を根拠に(聾を)"難聴"とするのは、悪しき2分法による詭弁です。
悪しき2分法ではなく、3分法(聾者・準聾者・難聴者)を採用すれば、
「聾者(や事実上の聾者)」と「難聴者」とは明白な別グループだと言えるのです。

10 :病弱名無しさん:2007/12/01(土) 20:15:23 ID:/6G1GrMhO
難聴の祖母にむけて、補聴器を買いたいと思っています。
よいものだと4〜50万円するそうですが、具体的にどのメーカーのものがよいか教えていただきたいです。
もしスレ違いなら該当スレに移動しますので、教えてください。

11 :病弱名無しさん:2007/12/01(土) 21:40:47 ID:qvL0FfCt0
>>1-9
お前マジで異常だよ。
精神病院へ行ったか?

12 :病弱名無しさん:2007/12/01(土) 22:01:23 ID:26d1Beu+0
聴覚障害者のカテゴリー区分を語るのもそれはそれで良いのかもしれませんが。
難聴で、7割くらいは聞こえる、という人がよくいます。
じゃあ、その3割引の話は情報として役に立つのか。
本当に7割聞こえているのか。
その人の、単なる、そうであって欲しいという希望・願望ではないのか。
聞き漏らした話の中に重要なキーワードがあればもう情報としては無価値。

13 :病弱名無しさん:2007/12/01(土) 22:10:24 ID:26d1Beu+0
「難聴者」も「聾者や準聾者」と同様に児童・学生のころから「聴こえない者」としての
人生や職業選択等を考えないといけないのかもね。難聴はほとんどの場合は進行するし。

どうも親も本人も、大体は聞こえるんだからそんなに困らないだろう…と
甘くみてしまう傾向があるような気がします。仕方ないことなのかもしれませんが。

14 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 00:16:17 ID:Qi7bK4gb0
6級の難聴なおれはここにいていいの?

15 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 01:19:00 ID:4bNBSKWR0
>>10
補聴器業界についてじゃんじゃん語ろう【5dB】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/megane/1185537626/

16 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 09:36:29 ID:Ip/dr9/N0
>>10
> 難聴の祖母にむけて、補聴器を買いたいと思っています。
> よいものだと4〜50万円するそうですが、
> 具体的にどのメーカーのものがよいか教えていただきたいです。

メーカーは事実上数社程度しかないが、お祖母さんの具体的な「聴こえ方」にもよります。
まずは近場の補聴器販売店で試聴してみて下さい。
無駄な補聴器をタンスに仕舞い込まないためにも、
試聴して合わなければ、絶対に買わない姿勢が大切です。
価格の高い補聴器が必ずしもご本人にとって「よいもの」であるとは限りません。
使ってみて聴こえやすくて使いやすい補聴器が当人とって「よいもの」なのです。

ところで、補聴器はご本人の希望によるのでしょうか?
それとも周囲の者がお祖母さんとの話が通じにくくて
困っているので補聴器でもとお思いなのでしょうか?
本人の希望と周りの思惑を、どうか混同しないようにお願いします。


17 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 10:05:04 ID:Ip/dr9/N0
>>12
> 難聴で、7割くらいは聞こえる、という人がよくいます。

会話の場が標準的条件下か、社内会議の場なのかなどにもよりますが、
前者で7割なら、もはや「難聴者」とはいえず、「準聾者」の範疇でしょう。
後者で7割なら「難聴者」に起こりうる重大な「障壁」で、
よほど下っ端でない限り致命的な「障壁」に近いでしょう。
逆に言えば、この障壁がネックとなって社内での昇進は極めて限定されることになる。

要約筆記者の間では「3割書いて7割伝える」と言っているのをご存じですか?
聞こえない聾者にとっては、ゼロと7割とを比較すれば、どうなのか?
聞こえているが、聴こえていない準聾者には、7割はどうか?
私たち「難聴者」の場合、7割程度では決して満足できないのは明白なことです。
社内会議などでの聴こえをもっと良好にすることは、
私たち「難聴者」にとって優先度大の重要課題なのです。


18 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 10:06:24 ID:xMpV8YrU0
>>16
お前マジでアホだろ?
一回死んだ方がいいよ。


19 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 10:26:24 ID:Ip/dr9/N0
>>12 (続)
> 本当に7割聞こえているのか。
> その人の、単なる、そうであって欲しいという希望・願望ではないのか。

これも場によりけりですが、多くは「準聾者」に当てはまることなのです。
そして彼らの多くは無意識のうちに「脳内補完」を駆使しつつ
その場凌ぎ的に何とか遣り繰りしているのが、おそらく現実なのでしょう。

> 聞き漏らした話の中に重要なキーワードがあればもう情報としては無価値。

たとえ九分九厘聴こえていたとしても「重要なキーワード」の聴否次第で
無価値化することの恐ろしさは、私たち「難聴者」は常に抱え込んでいるのです。


20 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 13:27:34 ID:Y2/2h7rX0
多くの「難聴者」は一対一なら「難聴者」なんでしょうけど、複数人数下では
ほとんどが「準聾者」になっちゃいますよ。

ちなみに、要約筆記は7割伝えられれば最上の部類かと。
下手な人は半分も伝えられない。こういうものと割り切るしかないです。

21 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 18:18:43 ID:j4iYSCsG0
もうここはキチガイの立てたスレじゃん。
正直キモチ悪く引いてしまうわ。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)