5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●○サークルKについて語ろう Part26○●

486 :いい気分さん:2007/10/08(月) 11:58:58
青少年保護意識の違い

コンビニはさまざまな年齢層をターゲットとしていますが、やはり最大の購買層は学生を含む若年層ではないかと思います。その若年層が多く利用するだけに、商品の内容と売り方については他の商店に比べ、青少年に対して大きな責任を負うものです。
確認した全てのセブンイレブンの店舗には自販機が一台もなく、逆にサークルKサンクスは今日確認した店にたばこ自販機を入口からいちばん離れた部分に設置しています。そして、ローソンはたばこ自販機があったりなかったり。

コンビニの姿勢がはっきりと現われています。
たばこ自販機の設置に関する限り、セブンイレブンが最も青少年保護の意識が高く、意識が最も低いのがサークルKサンクスではないでしょうか。

http://epole.exblog.jp/m2005-04-01/

1円でも儲かればいいという企業姿勢。

196 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)