5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

画期的なダイエット方法を思いついた

1 :スリムななし(仮)さん:2007/10/10(水) 17:23:47
方法は簡単
水を飲むだけ


水1Lの温度を1℃上げるのに1kcal消費するから、飲んだ水が体内で37度まで上がるとして

17度の水を1L飲めば20kcal消費
10L飲めば200kcal (=軽いジョギング30分相当)
100L飲めば2000kcal
1000L飲めば20000kcalも消費できる




痩せるために走るとか馬鹿のやること
今すぐにでもやってみろ

2 :スリムななし(仮)さん:2007/10/10(水) 22:47:34
2ゲトー

3 :スリムななし(仮)さん:2007/10/10(水) 23:06:21
じゃあこれからキンキンに冷やした水を1000リットル毎日飲むね!

4 :スリムななし(仮)さん:2007/10/25(木) 05:33:36
       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |

5 :スリムななし(仮)さん:2007/11/13(火) 03:37:08
なるほどと思った自分は馬鹿ですか?

6 :スリムななし(仮)さん:2007/11/15(木) 13:31:23
一時的に1000キロ太るぞ。

7 :スリムななし(仮)さん:2007/11/15(木) 14:18:06
水中毒になるうえ、逝っちゃう可能性大 かな☆

8 :スリムななし(仮)さん:2007/11/15(木) 19:31:09
デブは海に身投げしてずっと海水飲んでれば☆

9 :スリムななし(仮)さん:2007/11/15(木) 19:58:59
馬鹿だなぁ皆
プールの水を体温で温めればいいんだよ

10 :スリムななし(仮)さん:2007/11/17(土) 14:21:26
>>9
お前頭良いな

11 :スリムななし(仮)さん:2007/11/28(水) 09:38:01
>>9
天才登場

12 :スリムななし(仮)さん:2007/12/03(月) 19:18:29
●体外排出によるダイエットを謳う、食品の実際の効果について…
ダイエット志向の高まりに伴い、「纏めて、どっさり便に」など、
痩身効果を謳った食品が、かなり多く流通しています。
これらの食品は、「脂質、炭水化物などのエネルギー源となる、
主栄養素の消化吸収を抑制し、そのまま体外に排泄させる」と宣伝されています。
これらの「主栄養素吸収抑制食品」の有効性は、
ビーカーやフラスコの中での、実験成績に基づいているようです。
人を対象にした、確かな研究は見当たりませんし、
動物を用いて、生体への影響を、調べたものもないようです。
そこで、9品目の「主栄養素吸収抑制食品」を収集し、
これをラットに与え、生体への影響を調べてみました。

13 :スリムななし(仮)さん:2007/12/03(月) 19:21:20
●実験の方法
その結果、
(1)通常の餌を与えたラット(対照群と言います)の体重変化と、
「主栄養素吸収抑制食品」を与えた、群の体重変化との間には、明らかな差は認められませんでした。
(2)実験後の脂肪組織の重量は、対照群との間に、明らかな差はありませんでした。
(3)血清中性脂肪の濃度にも、明らかな差はありませんでした。
しかし、「主栄養素吸収抑制食品」を多量に、
(説明書に書かれている、通常使用量の2倍〜5倍の量です)与えると、低下傾向を示すことがありました。
(4)中性脂肪以外の血清成分(総コレステロール、血糖、脂溶性ビタミンなど)にも、
多量群の一部を除いて、明らかな差は認められませんでした。
(5)摂取した脂質と、炭水化物の糞便への排泄量は非常に少なく、対照群と、ほぼ同じでした。
摂取した脂質、あるいは、炭水化物の9割以上が、消化吸収されていました。このように調査しました。
「主栄養素吸収抑制食品」につきましては、説明書に書いてある、通常の使用量を摂取しても、
脂質や炭水化物の吸収を、抑制しませんでしたし、
脂肪組織、即ち体脂肪の減少も、殆ど認められませんでした。
こう言った効果を謳った、ダイエット食品については、
その宣伝内容を冷静に判断して、利用することが望ましいと考えられます。

14 :スリムななし(仮)さん:2007/12/03(月) 19:22:43
注)実験の方法
実験動物は雄のラットです。ラットを10個の群に分けました。
1群(対照群)には、通常の標準粉末飼料を与えました。
他の9群の其々には、異なる「主栄養素吸収抑制食品」を、1品目ずつ与えました。
各群のエネルギー、主栄養素(脂質、炭水化物、たんぱく質)、
各種ビタミン、ミネラルの摂取量は、同じにしました。
「主栄養素吸収抑制食品」摂取群は、更に通常群と多量群に分け、
通常群には、「主栄養素吸収抑制食品」の説明書に書いてある、
通常使用量に相当する量を、多量群には、その2倍〜5倍量を食べさせました。
実験開始、1週間、2週間、3週間後に、糞便中の脂質、炭水化物、たんぱく質の量を測定しました。
各種臓器、脂肪組織の重量、および、血清中性脂肪、総コレステロール、
血糖、脂溶性ビタミンなどは、実験終了後(3週間後)に測定しました。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)