5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【脱石鹸カス】非石鹸生活【全身黴だらけ】

648 : ◆.yp9a4LBGg :2007/11/02(金) 19:24:50 ID:Y2gpl5Vf0
またウィキペディアからの引用になりますが、日本での石鹸製造の歴史について少し触れられています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E9%B9%B8

>日本で最初の石鹸製造は、横浜磯子の堤磯右衛門により行われた。
 彼の門下が花王、資生堂などで製造を続けた。
この堤磯右衛門という人は、1973年に横浜市三吉町に日本で最初の石鹸製造所を創業したそうです。
http://shigecchi.web.infoseek.co.jp/page009.html

日本で化粧品製造が盛んになりはじめたのもほぼ同時期でした。
明治時代の化粧品には既にキレート剤や香料が配合されていました。
このことから石鹸にもキレート剤や香料が既に添加されていたと推測できます。
堤磯右衛門とその門下生たちは、
化粧品にも使われるキレート剤を石鹸に添加するという方法で、
石鹸の使いづらさ、使用感の悪さを解消したのだと思われます。

日本消費者連盟、それに追従する石鹸推進派はいつもこう言い放ちます。
「昔の日本人は純石鹸で洗っていたから肌がきれいだった」と。
さてそれは、いつ頃の日本人のことを指しているのでしょうか?
江戸時代に石鹸を使う週間はなかったはずです。
しかも「大手化粧品会社の石鹸ではなく」と記していますが、
その大手化粧品会社こそ日本での元祖石鹸製造者の意志を直接受け継いでいるのです。

今考えると、石鹸推進派の意見はいつも矛盾だらけでした。
今の人が昔を知らないからといって、うまく言いくるめているつもりなのでしょう。

384 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)