5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

タカヒロ

1 :(-_-)さん:2007/11/29(木) 23:16:32 ID:???0
作りでもこいつら親子見てると自分が真っ当な人間に見えてくる


2 :(-_-)さん:2007/11/29(木) 23:17:36 ID:???0
10chじゃ臓器移植

3 :(-_-)さん:2007/11/29(木) 23:25:32 ID:???0
タカヒロ!?いるの?
このスレにいるの?
タカヒロ?
俺、タカヒロと一緒にデートしたときのこと覚えてるよ。
ほら、どこだっけ、築地の市場行ったときのこと。
大きな魚を見てマグロだとか言ってたけど、マグロなのはタカヒロ、お前だよ(笑)
懐かしいねタカヒロ。築地だよ築地。
築地に行く電車の中でうんちしたいのとかお茶目なこと言って途中下車したっけ。
あの駅、大江戸線の月島だっけ?
あそこの駅のトイレで一発頑張っちゃったよな俺たち。
トイレに人が入ってくるたんびにいちいちびくびくしてたんだよな。
マジで今思い出しても萌える。いや燃える。
また会いたいよ。俺正直言ってまだタカヒロのこと感じたいんだよ。
この手で、この体でタカヒロのハートを感じたいんだよ。
タカヒロ、お前もそうだろ?俺のこと放り投げて出て行ったこと、後悔してるんだろ?
いつでもいい。戻りたくなったら、戻って来い。俺はキレたりなんかしないぜ。
むしろ大歓迎なんだからな。

4 :(-_-)さん:2007/11/29(木) 23:35:01 ID:???0
タカヒロさんは、私の唯一の友達でした。
高校の時です。クラスになじめなかった私は、みんなからいじめられていました。
うざい、きもい、帰れ、消えろ、死ね。
こんな言葉が、私の机の上にびっしりと書かれている毎日だったんです。
もう、今思い出しても悔しい気持ち、悲しい気持ち、辛い気持ちでいっぱいです。
そんな中、タカヒロさんが、タカヒロさんだけが私に手を差し伸べてくれました。
タカヒロさんは、私の机に書かれた落書きを毎朝消してくれたんです。
「こんな言葉を書くやつの心って、汚れてるよな」
落書きを消しながら、タカヒロさんはそう言って私を慰めてくれました。
その時のタカヒロさんは、私にとって王子様でした。
白馬に乗ってやってきた、歯の綺麗な王子様。
辛かった高校生活は、タカヒロさんのおかげで乗り越えられたと言っても過言ではありません。
辛い中私は必死で勉強して、東京の大学へ進学しました。
そして今、青山の一等地でフィナンシャルプランナーをしています。
今の私は、タカヒロさんのおかげで存在しているんです。
タカヒロさんは大学が別となってからは何の連絡も取っていませんが、
今どうしているのか、とても気になっています。
タカヒロさん、このスレを見ていたら、連絡下さい。

5 :(-_-)さん:2007/11/29(木) 23:42:40 ID:???0
中学の頃、サッカー部にタカヒロとかいう目立たないキモい奴がいた。
あいつ、ろくにボールも蹴れないくせに練習は頑張ってたんだよな。
だからみんなあいつをおもちゃにして面白がってたんだ。
いじめていたってつもりはないけど、今から思えばいじめなんだろうな。
練習の後、タカヒロを脱がして全裸にしてグラウンドに放置したこともあった。
そしたらあいつ、へらへら笑い出してオナニーし始めたんだ。びっくりしたよ。
まあびっくりも最初のうちだったけどな。そのうちみんな面白がって、
オナニーするタカヒロ目がけてボールを蹴ったんだ。ぼこぼこにね。
でもあいつオナニー止めないの。青あざ作りながら、オナニー続けやがったの。
それでついに射精した。ピュッピュって勢いよくあいつの精子が飛んだ。
それもすごい量だったんだ。俺は10メートルくらい離れてあいつを見ていたんだけど、
その俺のところにまで飛んでくるんだから、マジで驚いた。
サッカー部で一番体力のあった俺でさえ、あの精液の量はないぜ。
なにせ10メートルも飛ばすんだからな。みんな気味悪くなった。
それ以来、タカヒロのあだ名はザーメンマンになった。ザーメンマン。
ひでえあだ名だよな。でもあいつが悪いんだぜ。みんなの前でオナニーしたんだから。

6 :(-_-)さん:2007/11/29(木) 23:57:56 ID:???0
僕は忘れない。タカヒロっていう奴のこと。
ちょっと前まで、僕はタカヒロと友達だった。今は違う。
あいつ、僕のこと友達なんて思ってもなかったんだ。
タカヒロの家に遊びに行ったときのことだった。
部屋にゴキブリが出たから、僕が「ゴキブリだ」って叫んだんだ。
そしたらあいつ、僕のことはっ倒して殴りやがったんだよ。
「何がゴキブリだ、お前の顔がゴキブリだ」とか言いながらね。
何度も何度も殴ったもんだから、僕の顔は腫れ上がった。
血も出た。鼻から、口から、赤黒い血が流れ出した。
でもあいつ、タカヒロにとってはそんなことどうでもいいことだったんだろうね。
ぐったりした僕を見て、「汚いゴキブリにスプレーを」って言いながら、
ゴキジェットを顔面にふっかけもした。顔面がさらに腫れ上がる感じがした。
最悪だね。最悪。もうそれ以来、タカヒロと喋ってない。
もうタカヒロの顔も声も思い出すのも嫌だ。あいつの存在を思うのも嫌だ。
でも僕は、この仕打ちを忘れることはないだろうね。忘れちゃいけないんだ。
だから、あいつのことを忘れることもない。ああ憎い憎い、タカヒロ。

7 :(-_-)さん:2007/11/30(金) 00:23:18 ID:???0
幼稚園の時、らいおん組にタカヒロがいたな。
おれはきりん組だったんだけど、組ごとのお遊戯の最中に彼がきりん組の輪に入ってくるのね。
みんな何アレ?って感じでタカヒロを見てた。「ここはきりん組だよ」って言ってあげるの。
でもあいつはそんなこと聞かない。あいつにとって、らいおん組だのきりん組だの関係ないって感じ。
そのうちもうみんな注意するのも飽きてきて、タカヒロを無視してお遊戯を続けてた。
それで怒るのがタカヒロ。何で無視するんだよと言わんばかりに、暴れる暴れる。
暴れていれば構ってもらえるとでも思ったのかね。
困ったのが先生。そういうルールを守れない子供が、一番先生にとって困るんだよね。
結局先生三人が総掛かりでタカヒロをつまみ出して、一人別室で遊ばせる。
こういうことが何度もあった。何度もじゃない、何十度もだ。
今はもうあれから二十年は経ってるけど、タカヒロは今何してるのかな。
幼稚園から社会に舞台が代わっても、まだルールは守れない人間のままなのかな。

8 :(-_-)さん:2007/11/30(金) 00:30:41 ID:???O
>>7が1番感動しました

9 :(-_-)さん:2007/11/30(金) 00:46:10 ID:UWv5jjzwO
勃起したわ、、、

10 :(-_-)さん:2007/11/30(金) 00:53:42 ID:???0
タカヒロってなんだよw

11 :osamu ◆tckAYjQDZY :2007/11/30(金) 01:02:20 ID:3qM6Jrah0
>>5
ひでえw

12 :(-_-)さん:2007/11/30(金) 01:38:45 ID:UWv5jjzwO
もっとタカヒロ

みんなのタカヒロ話待ってます
\(^o^)/

13 :(-_-)さん:2007/11/30(金) 20:41:45 ID:???0
高校の頃、タカヒロを渋谷で見掛けたんだ。
あいつ、高校デビューして中学と百八十度外見が変わりやがった。
なんていうのかな、ギャル男。ギャル男になってた。
あの根暗なマッシュルームヘアーの銀縁眼鏡だったアニヲタがだよ?
絵に描いたようなギャル男になってたんだ。ピアスも開けたりなんかして。
でも雰囲気は変わらない。いくら外見が変わっても、醸し出す雰囲気は同じなんだよ。
あの暗い雰囲気は、タカヒロにしか作り出せないんだ。

渋谷の俺の行きつけの楽器店で、タカヒロはギターを見てたんだ。ぼーっとしてね。
何のギターを見てたかと言うと、フェンダーのストラトのヴィンテージね。
値札には特価¥223,000と書かれてた。桁違いじゃないぜ。22万円だ。特価で。
あのタカヒロが、20万ものギターをぼーっと見てたんだ。あのタカヒロがだよ。
マジで噴き出しそうになったね。実際噴き出したんだけどさ。
20万の金、いったいどこから出せるんだよって突っ込みたくなった。
あいつの実家、昔から貧乏で、毎日タカヒロは同じ服着てるほどだったからな。
まあ貧乏が悪いわけじゃない。でもタカヒロに、あんなギター買えやしないだろうって。
そう思ってたんだ。高いギターを眺めるタカヒロの図。これに勝る絵はないね。
それで面白いからしばらく陰から見てたら、あいつ、財布の中から札束を取りだしやがった。
30枚くらいはあった。万札が、30枚。タカヒロの財布の中から、万札が30枚。
俺は目を疑ったね。しばらく呆然としてたのを覚えてる。
店員を呼ぶと、タカヒロ、万札の束をぽんと手渡して、ストラトを背負って帰って行った。

それ以来、俺はタカヒロを見ていない。
あいつ、あのギターで何するつもりだったんだろうな。

14 :(-_-)さん:2007/11/30(金) 21:05:34 ID:???0
タカヒロさんに楯突くと、この町にいられなくなるんですよ?
おれ、タカヒロさんに睨まれてから見掛けなくなった奴を何人も知ってます。
あいつら、今頃生きてるか死んでるかも分からないですね。
ただ一つ言えることは、あいつらはタカヒロさんに楯突いたことを後悔してるってこと。
例えば、春のお花見をどこでやるかって話になった時。
タカヒロさんは近所の公園でやろうと言ったんです。狭い公園です。
でもそれに反論した奴がいましてね。愚かな奴です。
近所の公園じゃなく、もっと大きな公園、所沢の航空公園でやろうと言ったんです。
確かにお花見を大人数でやるには近所の公園では少し狭いかも知れません。
けれどタカヒロさんはそこに魅力を感じたんでしょう。
タカヒロさんが魅力を感じること、おれにも分かります。
その場にいたほとんどの人間が、タカヒロさんの一言で近所の公園の魅力に囚われたはずなんです。
でも馬鹿な奴は馬鹿なんですね。いちいち反論しないと気が済まない奴です。
結局はお花見はタカヒロさんの言うとおり近所の公園でやることに決まったんですが、
反論した奴はどうなったか分かりますか?
あいつは反論した翌日から、会へ出てこなくなりました。
出てこなくなったのではなく、出てこられなくなったんでしょうね。
お花見はどうなったかと言うと、大成功でした。
近所の狭い公園に、何十人もがひしめき合う、素晴らしいお花見となりました。
肌と肌とが触れ合い、親交を深めるのにはもってこいのお花見でしたね。
タカヒロさんはさすがです。

15 :(-_-)さん:2007/12/02(日) 18:20:02 ID:???0
タカヒロ、見てる?このスレ、酷いスレだよな。
タカヒロのあることないこと書きまくってる奴がいるよ。
ほんと匿名掲示板って嫌な所だよな。うんざりするぜ。
でも俺はタカヒロの味方だよ。どんなに叩かれたって、俺だけは味方で居続けるよ。
だって、タカヒロはずっと俺の味方で居続けてくれたもんな。
覚えてる?小学校の頃のこと。
俺は身体も弱くてヒョロヒョロのガキだったから、いつも馬鹿にされてた。
全校集会のある日なんかすぐ貧血でぶっ倒れてたし、
体育の時間は走るのが遅くてとろいとろいって陰口叩かれてたよな。
ほんと俺学校へ行くのが毎日嫌で嫌で仕方なかったんだ。
みんな意地悪で。俺のことクラスにいても同じ仲間とも思ってくれてなくて。
でもタカヒロ、お前だけは違ったんだよな。
タカヒロは勉強もできてスポーツも得意な明るい奴だった。
みんなが俺のことをのけ者にしてる中で、落ち込んでる俺にいつも優しく接してくれた。
「気にすることはないよ、俺と一緒に遊ぼう」っていつも声を掛けてくれた。
俺のことを陰口叩いたりいじめたりする奴がいれば、
それがみんなの前であってもたしなめてもくれたっけ。
あと、俺を早朝のランニングに誘ってくれたのもタカヒロだったよね。
あの毎日のランニングのお陰で、俺は身体もすっかり丈夫になったんだぜ。
タカヒロ、俺はお前なしじゃ今もう生きていなかったと思うよ。本当に。
感謝してる。感謝しきれないほど、感謝してる。
だからこそ、タカヒロのことを悪く言う奴は許せないんだ。
タカヒロのことをろくに知りもしないで、悪口を言う奴は絶対に許せない。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)