5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜カーテンの選び方 rigel2〜

29 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 13:54:27
裾の広がりは、生地によっては使っているうちに直ります。馴染んでくるんです。
一番の近道はカーテンを束ねた時にタッセルでキチンとヒダをとって束ねておくと良いと思います。

熱処理の形状記憶状態に出来る設備と言うのは大手メーカーで持っている設備で
4000万ほど掛かる設備です。簡易的な設備で蒸気を当てながら「フィニッシュ」だけ
する設備もありますが、それなら後からでも加工ができます。一過性のもので
ポリエステルを形状記憶されられるほどのものではありません。

最近では、300万ほどの設備で熱処理だけでパーマネントが出来る設備が出ました。
それは繊維を140〜180度くらいまで加熱して急激に冷やすと言うもので、
一応加工後にも処理が出来ます。
形状記憶は基本的にポリエステルなどの化繊にだけ加工ができます。

普通、オーダーカーテンは最後にアイロンをあててプリーツのクセはつけないと
思います。縫製済みのカーテンのヒダにまっすぐにアイロンを掛けるのは大変に
困難です。生地の柔らかさの丸みもなくなります。パキパキに折れ目の付いた
カーテンになってしまうでしょう。通常半間用で、9個のヒダの付いたカーテン
をヒダごとに畳んだ物をそのままアイロンで潰すと言うことは普通の縫製業者は
やらないはずです。裾部分だけと本体部分で厚さに3倍の差がありますので無理
なんです。アイロンの蒸気も残ってしまいますしね。後から縮みの原因になったり
します。

279 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)