5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死亡保険は絶対に必要か

1 :名無しさん@HOME:2006/02/12(日) 19:29:07
誰かが亡くなるや否や、それまで手にしたこともない
大金を家族にくれてやる。そこまで責任をしょいこむ
ものは何か。むしろ、保険金なんて最高300万円ぐらいに
値下げしたほうがいいのではないか。「がんばりすぎないこと」
が見直されている世情で、保険までかけるのは頑張りすぎである。

178 :名無しさん@HOME:2007/05/18(金) 11:15:52
>>169
自分の妻と子が、自分の死後に保険金を貰えずに
生活に困ってもいいなら、変えずに居れば?

ただ、そんなに妻子がどうでもいいなら、最初から結婚するなとは思うが

179 :名無しさん@HOME:2007/05/20(日) 17:12:24
>>175
それはあなたや孫のためではないの?
すんなりくれるとは思わないけど可能性は高いと思う

180 :名無しさん@HOME:2007/05/22(火) 04:11:00
もし、旦那が死んだ場合、旦那にかけられた保険でも、
受取人が姑なら一銭ももらえない

これが、現実だよ
名義人は大事。

181 :名無しさん@HOME:2007/06/12(火) 01:09:29
医療費って国保でほとんど賄えて、自分の負担金は数万程度って聞いたけど本当?
だとしたら医療保険はいらないのかな?

182 :名無しさん@HOME:2007/06/20(水) 00:59:51 O
最近は自己負担の高度先端技術医療もあるんじゃね?
そういう治療が必要な病気になるかは運次第だな。

183 :名無しさん@HOME:2007/06/20(水) 08:30:52 0
22年前から死亡保険2000万はいってる。
小梨で、旦那はけっこうな高給取りで保険も手堅くはいってる。
別居の両親は年金暮らしだけど貯金はちゃんとある(と思う)。
「嫁子が死んでも路頭に迷う人いないよ」と言われるんだけど
そりゃやっぱり誰でもそう言うよね。

解約するとお金少しは戻ってくるのかな?
終身とかなんとかとか、保険に関する知識がまーったくゼロ・・・
あまりにゼロなので恥ずかしくて旦那にもプロにも聞けない orz

184 :名無しさん@HOME:2007/06/22(金) 18:13:57 0
>183
22年前なら5%以上のお宝保険かもしれないよ?
しかも2000万保障ならけっこうな額になる
もしお宝なら、生活に余裕ありそうだし最期まで払って年金代わりにすればいい
お金はいくらあっても邪魔にならないから

185 :名無しさん@HOME:2007/09/14(金) 00:15:10 0
子供生まれたけど保険入ってないなあ。
会社の共済1500円ぐらい。

俺が死んだら遺族年金も出るし、
子供は安く預けられるし、
帰れる実家もあるし、
嫁さん働いてもいいし。
大学行くにしても免除はほぼ通りそうだし。

って考えたらそこまで金要らない気がして。
嫁さんもそれでいいって言ってるし。


186 :名無しさん@HOME:2007/09/15(土) 00:31:59 O
自殺の場合、保険はおりるのでしょうか?

187 :名無しさん@HOME:2007/09/15(土) 04:14:00 0
入って二年でおりるんじゃなかったっけ?

188 :名無しさん@HOME:2007/09/15(土) 06:16:11 0
今ではシャットアウトされるようになったが、
15年前は保険のおばちゃんがずかずかと
会社のオフィスに入り込んでアメやら
なにやら配っていた。このひとたちの
しつこさといったらひどいもんだった。
彼女たちの稼ぎは保険金から支払われての
だから、一生懸命になるのも当然だけど。

>>185
おれも似たようなもんだ。万一死んでもこまらない
ぐらいのものが既に構築できてるなら、
掛け捨ての共済でじゅうぶんだよ。

新たに生命保険を組むよりは貯金や
老後の個人年金に回しておいたほうがいい。

189 :名無しさん@HOME:2007/09/24(月) 14:25:30 O
主人は独身時代、年金を払っていなかったらしく、さかのぼって払えるのは2年分だけ。
払えるだけは払ったけど、それでも欠落期間が多いので、遺族年金の資格を満たしてない。
自営だから退職金もない。多少の蓄えはあるけど、もし今、死なれたら困るなあ…小さい子どもいるし。
共済って、病死はほとんど出ないよね。民間でいいのないか物色中。

190 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 18:47:41 0
次男はっちゃけスレの557です

>ネット上で夫の生命保険の受取人を親から自分に変えてくれないという子無し夫婦妻の相談に
>例えばあなたが今死んだ場合のあなたの実親の老後は?という質問を振ると、
>「今、祖母の介護を通ってがんばっている」という頓珍漢な答えが帰ってくることが多いんだが

というコメントにどこが頓珍漢?というコメントを頂き

>頓珍漢というのは、親の自分の死後の為の生活資金関連の話と
>今、自分がこんな風に親に尽くしているからっていう話を混ぜること。
>実労働要因がいない場合こそ資金が必要になるというのに。

という答えを返したのですが、まだ他に話を聞きたいと書かれている方がいらっしゃったので
こちらに来ました。よろしくです。


191 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 18:49:57 0
>560 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 18:27:25 0
>>557
>その問答を頓珍漢と呼ぶ根拠は
> 生命保険は、結婚していても、親のためにかけるもの
>という前提だよな。
>おまいさんにとってはそうなんかい?


これに対するおまいさんの見解は?

192 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 18:55:58 0
>>190
「実親の老後は?」って聞いて、「それは親が決めることです」とか
「路頭に迷うかもしれないです」とか回答させて、「旦那さんだって
自分の両親の老後を考えてしまうのかもしれませんよ。」的な
返しをするつもりなのかなという気はするんだよ。
「死亡保険金は亡くされた家族のもの」ってことで、自分の親を「家族」と
みなしての発想じゃないのかなと。
でも、基本的に家庭板では「結婚したら、妻(と、いたら子供)が家族。
親兄弟は「親戚」のカテゴリに分類されるっていう考え方がデフォだから、
あなたの考え方は、ちょっと異質な意見ではあると思う。

193 :190:2007/11/11(日) 19:00:48 0
親のためにかけるのが前提なんて書いてませんよ

ただ、保険料を親もしくは本人が支払っていて、本人が死亡保険金受取人の指定を親としたい場合は
親の老後資金という前提がある場合が多いので、それはそれでおいておいて、
妻及び配偶者の分は自分達の家計から捻出して保険をかけるのが一般的かなと思います。
(あちらのスレで書いていませんでしたが、その質問上では親が現在にわたって長年保険料を払っている
息子の生命保険についての話だったのであのような流れになりました。中途半端でしたね。すみません。)

妻の分も全く同じく。
そんなわけで、子無しの私は死亡保険金受取人の指定は全部親です。
子供ができたら考えますけどね。

ちなみに、妻の妊娠発覚前に夫死亡の場合は確かに大問題になりますよね。
それならそれで、それに備えたいなら別に保険をかけるべし、
もしくは保険金受取人を分散させるなり無記名にするなり
(そうすると法定相続人に行くので、子供がいなければ妻3分の2、親3分の1。
子供がいれば妻2分の1、子全体で2分の1。となりますし)
するなりという前対策もできます。
このこと、実は私はなーんにも考えてなかったんですが、
他の方のコメントを見て勉強させていただいたなと。


194 :190:2007/11/11(日) 19:07:26 0
>>192
確かにそうかもしれませんね>異質

私の場合ですが
・子供がいる
・夫のために自分のキャリアを犠牲にした

このいずれもない場合、配偶者の死亡保険金なんて必要ないだろうと思ってます。
むしろ私は自分の親の老後のほうがよほど心配です。
ダンナは私が死んだら他の人と結婚するなりするでしょうし、そしたらそいつが
私の死亡保険金の恩恵にあずかると思うほうがなんだかなぁと思うんですよね。

どっちにしても、自分がある程度若い間のみ思うことかもしれませんが。

195 :190:2007/11/11(日) 19:12:24 0
あ、間違い発見。>>192にて
×妻及び配偶者の分は自分達の家計から捻出して保険をかけるのが一般的かなと思います。
○配偶者及び子の分は自分達の家計から捻出して保険をかけるのが一般的かなと思います。

すみません(;´Д`)



196 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 19:45:21 0
>>194
受取人はこどもにしたら?
>・夫のために自分のキャリアを犠牲にした
って人のせいにしてるけど、仕事犠牲にしたのは結局自分の決断でしょ。
仕事>旦那の希望
って判断して仕事切ったんだからさ。

第一
>親の老後の方が心配
って、親御さんは無年金か何かなの?
分別ある大人なら、結婚して世帯をもった娘に老後の資金をたからず済むように
自分の老後の金くらい自分で何とかしてると思うけどね。

親の老後より子供の将来心配しなよ。

>ダンナは私が死んだら他の人と結婚するなりするでしょうし、そしたらそいつが
>私の死亡保険金の恩恵にあずかると思うほうがなんだかなぁと思うんですよね。

・・・。
死んだ後まで金の行く末を・・・。恐ろしい。

197 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 19:45:59 0
まちがえた。

>仕事>旦那の希望
じゃなくて
仕事<旦那の希望
です。

198 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 19:58:16 0
>>196
190さんはまだ小梨なんじゃないかな。

つか、向こうのスレで書いてたことについては、多分「話のかみ合わない人間がいる」っていうことを
自分の身近に見聞きした例を使ってみたら、思わぬ叩かれ方をされたってことなだけのような気がする。

199 :190:2007/11/11(日) 20:02:30 0
>>196
すみません。これは私へのコメントなんでしょうか?
私には子供はいないと書いてますよ。

ちなみにその上
夫も私もお互いのために自分のキャリアを犠牲にしていませんし
各自の保険料は自分の給与から支払っている
(保険料部分の家計を一つにしていない)
(お互い若い頃から入っている保険があるので「夫婦型」の保険には入っていない)

ということで
私には夫の死亡保険金は必要ない
夫も同じ考えである

その上で、私たちはお互い、死亡保険金受取人は親のままにしている。

194で書いたのはそれだけの話です。

他の方がどうしようが、それは自由だと思います。
私自身も、子供がいる場合の家計の有り方は全く別のものになると思っています。


200 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 20:08:28 0
だったらそもそも死亡保険をかける必然性自体がないんじゃない?
お金は上から下に流れるのが普通だから、わざわざ毎月の保険料払って
子供から親にいくようにする、という必然性がわからん。


201 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 20:10:53 0
ケースバイケースなのに190さんが
そこまで絡まれてる理由がわからん。

202 :190:2007/11/11(日) 20:11:12 0
>>196
ちなみに、キャリア犠牲だ子供だと書いたのは、いずれかがあるの場合はやはり、
夫の死亡保険金を受け取れるようにしておかないとマズイだろうと思うので、
(子供がいない場合でも、妻の復職が大変な場合もありますよね。)
そういう場合を除く、という意味で書きました。

逆に解釈されちゃいましたかね?

203 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 20:16:02 0
どういう意図で保険をかけようがそれはそれでいいんだけど

>ただ、保険料を親もしくは本人が支払っていて、本人が死亡保険金受取人の指定を親としたい場合は
>親の老後資金という前提がある場合が多い

そんな前提はかけてる親ですら考えてない場合の方が多いだろ。

204 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 20:16:17 0
>>201
ケースバイケースで価値観の数だけ答えが存在するものごとに関して
自分の考えを「一般的」と言って
「ネット上で夫の生命保険の受取人を親から自分に変えてくれないという子無し夫婦妻」
を「頓珍漢」と馬鹿にしたのが問題なんだろ

205 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 20:24:20 0
>>204
そういうことだぁね。
結婚した以上、親よりも配偶者を優先しなきゃいかんだろうに、
保険金の受け取りを配偶者に変更してくれなくて困ってる人のことを
頓珍漢扱いしてるんだから、そりゃ叩かれるわな。

206 :190:2007/11/11(日) 20:29:27 0
生命保険は貯蓄もかねている場合があるので、親が長年子供にかけるケースも少なくないです。
その場合、生存保険金も保険料を支払った親に入るように設定します。

私の場合は祖父母の介護時に辛酸をなめましたので(というかなめてる途中orz)、
親に不自由してほしくないという気持ちがあるのと
生命保険は自分の健康状態によって入れなくなる可能性がありますので、
早めに入る→とりあえず子供ができるまでは親に→子供ができたら子へ変更
というルートと、両建てでやってます。

ちなみに、私は保険事務の仕事を経験していますが、最近は配偶者ではなく子だけを
死亡保険金受取人にされる方が増えているようです。
夫婦で加入されていて、お互いの死亡保険金受取人から配偶者のみをはずし、子全員とするという。
両者生涯働くケースが多いのでしょうね。

>>203
昨今はそうでもないです。安くない生命保険料、皆さんきっちり考えておられますよ。
死亡保険金受取人指定の権利を持つのは被保険者ですが(かならず被保険者の署名捺印が必要)
全般的にはやはり保険料支払い者に主導権が有る場合が多いようです。
なので、いきなり昔から親が保険料支払ってた生命保険の受取人を、
結婚したからいきなり妻にってケースは少ないように思います。
保険は貯蓄財産の用途もありますので、やるなら若夫婦自分達で、自力でおやりなさいといったところでは?

>>204
>>194をもう一度よく読んで…

207 :190:2007/11/11(日) 20:31:45 0
すみません!アンカーつけ間違えました

>>204
×>>194をもう一度よく読んで…
>>190をもう一度よく読んで…

208 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 20:48:13 0
私は今あるい保険会社に勤めている、保険会社は詐欺集団です、組織はネズミ子、たくさんセルースを採用して
保険に入りたくない人に死病気に不安をさせて無理やり保険に入り、郵便局の生命保険の窓口販売、年末に銀行
の生命保険の窓口販売、これから保険会社の組織は崩れるよ。友達から保険を勧められ気をつけてください!!!

209 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 20:49:25 0
>>207
よく読んで

とか偉そうだな、もう読んでるよ
あなたが叩かれてるのは、ズレた例えを移動前のスレで出したからだよ
ネット上で〜って今回問題になった下りはあのレスに本当に必要だった?
どうして気がつかないかな


210 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 21:35:25 0
なんだ、つまりは190は自分が積み立てた金が
旦那やその血族、もしかすると再婚相手に間接的にわたるのが嫌なだけか。
金の亡者ぶりオソロシス。
いや、亡者になっても金への執着はなくさないってことか。

211 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 21:53:33 0
イヤっつーか好き好んで渡したくはないだろ。
俺だったら実親なり兄弟なり、血族の方に渡すほうを選ぶよ。

212 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 22:12:38 0
残された配偶者に、俺の金で幸せになってくれと言えない男はさみしいのう。

213 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 22:18:25 0
>>212
いや、配偶者や子供に必要ない場合の話だから。
その場合、207は
>旦那やその血族、もしかすると再婚相手
ではなくて、実親に保険金が渡ることを選んだって話でしょ。


214 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 22:20:25 0
>>206
だからさ、親が払っていたケースでも「老後の保障に」って事じゃないって。
昔の優遇されてた利率の保険をかけた時でも「親の老後の保証の為に」かけてた訳じゃないでしょ。
そこまで考えてるのなら、個人年金かけてるよ。
自分の息子が死ぬ事を老後の保障に・・・って、子供いないから分んないのかな?
結果的に、お宝保険になったからあげたくないなって事でしょ。

215 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 22:25:07 0
>>213
別にそのことが悪いとは言わないし、自分もその気持ちが分かるが>実親に保険金
やっぱ頓珍漢はよくないな
何がって言葉の選び方がね
誤解だって後で説明してるけどさあ

216 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 22:27:39 0
ホントは死亡保険金なんて独身ならば葬式代があれば十分
治療代はたんまりかけておいたほうがいいと思う
子供のいない双方独立会計夫婦なら
リスクを金でカバーする保険的には独身と同じとも考える場合もある
保険をどう考えるかは保険料払う人と保健の対象となる人が決めればいいこと
やっぱケースバイケース

ちなみに例えば妻Aの死後、夫Bに多額の保険金入る
その後夫B死亡。
夫婦には子供がいなかったため、妻Aの保険金は結果的に全額夫Bの両親へ

夫婦同時に火災や乗り物の事故に遭い、双方の死ぬタイミングが数日ずれた場合等に
大きくもめるケース。それなりによくある話。
こんなケースもあるってことで。


217 :名無しさん@HOME:2007/11/11(日) 22:43:04 0
>結果的に、お宝保険になったからあげたくないなって事でしょ。

どっちにしても保険はお宝だと思うが。有料の。

218 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 02:20:06 0
頓珍漢というのは
「 万 一 自分が死んだとき、親の老後が心配」と考えているAに対して
受取人を配偶者に変えろというA妻がいる

ひとつの例として「A妻が死んだときにA妻の親の老後はどうするのか」
という質問をA妻に投げかけると

「 今 現 在 祖母の介護を頑張っている」

という答えが返る。

のが頓珍漢なんでしょう?
つまり、いま何をしていようと、
している本人が死んでしまえばする人はいなくなるわけで。
その死んだ後の事を聞いているのに混同しているのが頓珍漢と



まあ保険というのは、利益にするために掛けるというより
残された人が困らないようにするためのものだからこういう考え方もありなんだろうな

心情的には配偶者に残さないなんて酷い!
親のほうが大事なの!?とか思ったりしそうだけど

219 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 02:58:14 0
>>218
頓珍漢頓珍漢うるさいな
>>190が叩かれてるのは、言葉の選択が不味かったからだろうよ
「ズレた答え」とか「的を外した回答」とか言えばいいところを「頓珍漢な答え」だもの
心情的にイラっとくるだろうさ
例え「配偶者に残さないなんて酷い!親のほうが大事なの!?」とか思ってない人でも気分はよくない

220 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 03:05:58 0
リスクマネジメントをしっかりしておけば何かと安心
しかし残された者があの程度に脊髄反射おこしすようじゃ
本当に何かあったときには泥沼だとおもう
実際の保険用語はもっと難しいし
世間も保険金支払人も冷たいよ
文書を熟読せず保険の内容をきちんと理解しようと努力せずに
やたらキーキー言う奴にはね


221 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 03:31:46 0
>>219の必死さに感動。

222 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 03:52:49 0
「ズレた」「的をはずした」「頓珍漢な」
自分的には同義語
頓珍漢がこんなにパワーある言葉とされているとは知らなんだ

223 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 10:31:01 0
>>222
「頓珍漢な問答」は相手あってこそ成立するからねえ。
「ズレた」「的をはずした」が同義語と言い切ることに驚き。


224 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 14:58:24 0
選択が不味かったのは頓珍漢という言葉じゃなくて
例えが保険の話だったからじゃないかと思うが。

225 :名無しさん@HOME:2007/11/12(月) 21:27:06 0
>>222の必死さに感動。

226 :221:2007/11/13(火) 02:37:53 0
>>225
真似するな!

227 :名無しさん@HOME:2007/11/15(木) 03:23:13 0
>>226
煽りに対して「真似するな!」だってwww
幼稚乙

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)