5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆ ○ 神道 @ 質問箱2 ○ ☆

1 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 20:18:07 ID:AajYRByU
■この神道@質問箱は板内の神道系スレ・神社仏閣板内スレへの誘導用スレです。
■どのようなことをお知りになりたいのかお書きくだされば、
それに適したスレッドへご案内します。
■新スレッドを立てても大丈夫かどうか、相談に乗ってくれます!
■特定の団体関係者による占有は あらかじめ禁止事項とさせていただきます。
なお、人がいなくてご案内できない場合は、直接↓へお越し下さい。
心と宗教板内よりも多数の神道に関するスレ、情報があります。

 神社仏閣@2ch掲示板 http://travel2.2ch.net/kyoto/

■このスレッドは神社神道もしくは下記の12団体に関しての誘導を行います。
それ以外の神道系の団体などにつきましては、検索などでお調べください。

教派神道 (きょうはしんとう) とは、戦前に政府から宗教団体として公認されていた
神道十三派に代表される、神道系新宗教教団のことである。

明治28年に結成された「教派神道連合会」からは、戦後大成教と天理教が脱退し、
大本が加わって、現在は出雲大社教、大本、御嶽教、黒住教 (神道黒住派)、
金光教、實行教、神習教、神道修成派、神道大教、神理教、扶桑教、禊教の12団体
となっている。

2 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 20:19:34 ID:AajYRByU
前スレオーバーしてから誰も立てる気配がないので立てました。

3 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 21:37:08 ID:NU6MSu0n
公安調査庁
平成17年「内外情勢の回顧と展望」 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/762
ドイツ連邦共和国
外務省
ドイツの実情
哲学
60年代初頭から、ドイツでは「フランクフルト学派」の影響が強くなってゆく。
ドイツでこの学派を代表する哲学者テオドール・W・アドルノとマックス・ホルクハイマーは、

ユダヤ系でマルクス主義の流れを汲んでいたためナチス時代にドイツを離れている。

彼らの思想は60年代末の学生運動に大きな影響を及ぼした。
http://www.tatsachen-ueber-deutschland.de/2113.99.html http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/537
マルクス フランクフルト
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/520-541 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/661 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/730
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/720 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/723 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/727
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/731-732 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/736-737 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/741-747
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1102498325/755 御存じですか

4 :中坐:2005/11/01(火) 09:47:30 ID:bH6NKuCT
>>1どーも、そうだね、立てる気にもならないだろうね。。。

5 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 10:28:00 ID:TO2prYr8
神道において、古事記や日本書紀に登場しない神々はどのような存在とみなされているのでしょうか?

6 :中坐:2005/11/01(火) 20:41:36 ID:pUgvfEZG
>>5種類にもよるけど。。。
というか、津多に聞けば?
神々の世界にいるよ。

7 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 01:44:14 ID:z4zFz6st
http://www.sayonara-jp.com/images/00001t2s.jpg
このマークは何と呼ばれているのでしょうか?
祭りなので使われているので神道系の紋かと思いここで質問させて頂いています。

8 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 20:52:16 ID:OTBCR+oh
神社神道もしくは下記の12団体に入信することは
教理的に、組織の一員的に、許されますか?

おれは全てに入りたい!

9 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 21:26:30 ID:DssBKeg5
>>8
神社神道に『入信』はありません。
日本人には、日本人というだけで
仏教徒でもキリスト教徒でもイスラム教徒でもゾロアスター教徒でも、
生まれつき神道徒という特典がついています。
仏壇を祭壇に変えて、冠婚葬祭を神式でやってればあなたも今日から本格的な神道です。

十三派の場合は、個人から入信できるところもあります。
大本は別の組織に加入したままでもOKらしいですが。

10 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 21:31:57 ID:OTBCR+oh
>>9
ありがとうございます

ぼく神道徒なのですね!
そういえば、七五三、受験、あと何かと・・・
野球やラジオ体操してたのも神社の境内だったな・・^^;

そうですか、個人入信できないところもあるのですか
他に入ってるけど大本いってみようかなあ

11 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 15:00:21 ID:F9MnpIIH
拝礼の手を合わせるとき
右手を下にするのでしょうか?
手前に引くのでしょうか?
諸説あるのでしょうか?

12 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 01:04:34 ID:bHgkG3fu
この世にはイスラム教原理主義やキリスト教原理主義と言うものがありますよね?
神道の中にも神道原理主義と言うものはあるのですか?
神道家の中にはアルカイーダや米政界の保守派に見られるような
過激思想を持っている集団はあるのでしょうか?

13 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 09:44:14 ID:+YBLdp99
>>12
ないと思います。
神仏分離にしても、本来は違う宗教を元に戻そうという運動ですから、原理主義とは言えませんし、
廃仏毀釈には、それまで暴利を貪っていた寺への庶民の恨みつらみもあったことでしょうから、
これも原理主義によるとは言い切れません。
戦前戦中の国家神道は、宗教とはされていませんでしたので、そもそも原理主義になりようがありません。

むしろ、日本では戦前戦中と日蓮主義のほうが世に言う『原理主義』に一番近かったと思いますが。

14 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 20:07:33 ID:A1mwY58A
>>13
近世以来の「古神道」の流れはどうでしょう?
ある意味原理主義と呼べませんか?



15 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/04(金) 20:18:17 ID:uwMwVkk8
>>14
近世以来の国学やら復古神道のことかい?あれは古神道じゃないよ。神道を朱子学の立場から研究したに過ぎない。国家神道も神道というより江戸時代以来の儒学とそれに基づく武士道の変形だ。

古神道という概念自体が存在しているようでいて、実は存在していない。。
しかし我々はそれでよしとしている。

古神道・・・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%A5%9E%E9%81%93

16 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 20:22:34 ID:A1mwY58A
>>15
神仙道ですかね?
しかし、ソレを主張する一派が現に存在するわけですから、

その思考形態は原理主義的(その「原理」自体の根拠が無いとしても)
だと思いませんか?



17 :中坐:2005/11/04(金) 20:29:01 ID:vqWVmRyp
>>16うーん、私の知り合いにそっち系の人が結構いるけど、
どうかな?何か、みんなバラバラな事言ってて、
案外面白いけどね。。。特に互いにどうこう言うわけでもなく。

18 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/04(金) 20:30:22 ID:uwMwVkk8
>>16
君がそう定義したければ、そう定義してよいんじゃない?
神仙思想は道教の思想だからね。。日本人は他民族混交だから、漢民族系渡来人由来の神道の原理主義ってことでいいんじゃないの?

だが、神道はそれがすべてではない。
ポリネシアやミクロネシアなど海洋民族の神話との共通点も多い。当然、古代朝鮮も。
つまり神道はひとつの思想ではなく、いろんなのがごちゃごちゃに混ざってるということを踏まえて考えないとね。
その原子ひとつを抽出する一派がいて、これが原理主義だということになるんなら、その原子についてはそうなのかもしれない。


19 :中坐:2005/11/04(金) 20:37:57 ID:vqWVmRyp
しっかし、あの手の類の人って、
いろんなもの発掘してくるからね。。。

私も黙って話し聞いてるけど「あんた、そのネタどこで拾ってきたのよ!」
っていうの結構あるね。。。
まぁ、所詮相手が私だし、どうでもいいんだけどね。聞き流してるから。

20 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 20:45:35 ID:A1mwY58A
>>18
僕もそう思う。
でもあの一派は、自説で神道全てを(キリスト教や仏教もw)包括して、
取りこもうとする辺りが原理っぽいw

>>19
ひみつさん元気ですか?


21 :中坐:2005/11/04(金) 20:51:47 ID:vqWVmRyp
>>20あの子は、適当にやってるけどね。
道教もやってみるとか言ってたわ。

22 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/04(金) 20:51:51 ID:uwMwVkk8

此(こ)の新(あらたし)スレを神の神籬(ひろもぎ)と祓(はら)い清めて、

招(お)ぎ奉(まつ)り坐(ま)せ奉(まつ)る、掛巻(かけま)くも綾(あや)に畏(かしこ)き、

 天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)高皇産霊神(たかみむすびのかみ)神皇産霊神

(かみむびのかみ)天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)産土大神(うぶすなのおおかみ)

天神地祇(あまつかみくにつかみ)をはじめ、八百萬の神等(やほよろづのかみたち)の大前

(おほまえ)に恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)さく、諸諸(もろもろ)の禍事罪穢有(まがごと

つみけがれあ)らむをば祓(はら)へ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)へと白(まを)す事(こと)を聞食

(きこしめ)せと恐(かしこ)み恐(かしこ)も白(まを)す。


23 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/04(金) 20:57:20 ID:uwMwVkk8
ゲ!間違ってる!!

神皇産霊神(かみむすびのかみ)

24 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 20:58:23 ID:NwLImaRg
天皇は完全に朝鮮系になって皇室の儀式や形式に日本の潔さが感じられない。
あんな天皇や皇室はダメだ。いらない。
あれは朝鮮マフィアだ。ただ上流の暮らしに浸って害毒を流しつづけるだけの
うんこだ。

25 :中坐:2005/11/04(金) 21:00:21 ID:vqWVmRyp
>>22津多の相手もたまにしてやんなさいよ。。。
あんたのこと待ってるみたいだから。

相手にしたくなけりゃあ別として。。。

26 :中坐:2005/11/04(金) 21:02:05 ID:vqWVmRyp
>>24天皇の仕事って、私ら絶対にしたくないね。。。
ゾッとする。。。やっぱり、好き勝手出来る自由民の立場が一番よw

27 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 21:08:11 ID:+YBLdp99
知り合いの方に、
ぜったいヤマトを漢字で大和って書かずに大日本って書く人がいます。
なんでも『大和』の『和』は仏教用語、すなわち『卍』だからだそうです。
いろいろな考え方がありますね。

28 :中坐:2005/11/04(金) 21:12:53 ID:vqWVmRyp
>>27こっちの方じゃ、倭を使う人も多いね。。。
今は生駒市になってる北倭村っていうのが、
戦後まであったぐらいだしね。。。

29 :外道凡夫:2005/11/04(金) 21:17:42 ID:ZZ6yhVjR
>>27
えっ?、じゃ聖徳太子の「和をもって尊しとなす」ってそーゆーイミもあるの?

30 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 21:19:12 ID:+YBLdp99
>>28
その人は、『倭』もあまり使いません。
曰く『倭なんて書くやつは売国奴』らしいです(苦笑
どうも、倭が大陸からもらった名前であることに関係してるみたいです。

31 :中坐:2005/11/04(金) 21:25:09 ID:vqWVmRyp
>>30そうだね、支那人や朝鮮人が蔑称として用いるからね。
かなり長い間、大倭国というの使ってたけどね。
皇統継承の意味において、この字を用いると都合良かったから。

32 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/04(金) 22:13:12 ID:mKoD9Ieb
>>30
神道への入り口はいろいろあるだろう。そのひとつひとつを否定はしない。
だが、現下の反日特定アジア3国や、キリスト・イスラムへの反動から神道に回帰するという方便は、神道への入り口としては不幸だろうね。

反動は、いつまでたっても反動に過ぎないからだ。これでは意地でもハングル文字しか遣わないという戦後の半島人と同じレベルだ。
その半島でさえ、古代朝鮮は立派だったし、古代朝鮮史まで馬鹿にしてしまえば結局日本の成り立ちの半分を否定することになる。

歴史を否定しても始まらん。
新しい国の歴史を造り固めるにあたり、一度古代に、または古典に回帰するのは有意義だが、しかし決して政治的反動という動機から神道に回帰しても見るべきものは産まれないばかりか、返って日本の美風を害するだけだろう。


まずは自分の部屋と便所を綺麗に片付けることだ。

33 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 20:52:29 ID:Kg3ZSutK
>>29
どうなんでしょうか……
それは仏教質問箱で聞いたほうが知ってる方もいると思います。

>>7
それは『三つ巴』といって、元は家紋として用いられていました。
後代になってから八幡宮などの紋として使われ始められたようです。
社殿の軒瓦などに、防火や魔除けの力があると考えられて彫られています。
勾玉、雲、水流、蛇などを象っていると言われています。


34 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 22:27:46 ID:Kg3ZSutK
そういえば、この間、近所の山にある竪穴式の古墳に入ってみました。
小さなもので、5世紀頃の首長を葬った墓らしいです。
まず、ムワっとした不快感があり、それ以上奥へ進めませんでした。
まさに黄泉の国です。
イザナギの尊も、恋しさに覗いた墳丘のなかで、
あの不快感に死臭と、腐乱して黄泉大神となった妹の姿を見たのでしょうか……

35 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 13:03:12 ID:J1G0hVZ1
最近金縛りにあうことが多くて、と人に話していたら
お祓いでも受けてみたら?と言われました。
その方はお寺でお祓いしてもらいな、という言い方をしていたのですが
「お祓い」は神社で受けるものではないのでしょうか?

また、金縛りや不安なことがあるから
お祓いを受けるってのはありなんでしょうか。

こちらは沖縄なのですが、お寺ってあまり見当たらないんですよね。
アドバイスをくれた方は関西の出身ですので
私の考えていることはまた違う意味でお寺に行くことを薦めたのかもしれません。
(その方はお守りもお寺で買うものだと思っているようでしたが)

36 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 13:36:58 ID:ozwJROta
>>34
古墳は再利用されているケースも多く見られますから、
その時のイメージが投影されているかもしれませんね。

>>35
密教系なら個々の事例に合わせて「お祓い」というか
加持を行ってくれるところもあると思いますが…
神社ではどうでしょうね?
それより沖縄なら、そういう方面は民間の方が多いんじゃないですか?



37 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 14:25:17 ID:uySfDEE+
age

38 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/07(月) 16:11:11 ID:evtkK8si
>>35
金縛りにあうのは他に疾患が無ければ疲れなどが溜ってるからだよ。

神道の流儀で治すってんなら、休養(斎み、篭り(いみ、こもり))を取り、生活習慣を見直して(養生)することだ。

気になるなら、お祓いは神社で構わないよ。
沖縄と言えど季節の変わり目だからね。儀式で初めて季節の変わりや人生の節目を体が納得し、体も心もそれに向けた準備に果敢に突入するということはよくあることさ。


不調はまだ未病のうちに大事を取りなさい。
お大事に。

39 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:17:53 ID:/s/t5Ew/
沖縄といえば、琉球古神道の話題があまり出てませんでしたね。
イザイホーとかテタンガナシーとか色々聞きますが、じっさいよくわかりません。
詳しく解説した本などがあったら教えてほしいのですが。

40 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 15:04:01 ID:iixpPRiM
>>39沖縄はまた別系統かとも思われますが、
琉球神道は自治体・自治会組織として存在しているものであり、
日本神道のように宗教組織化してはいません。

41 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 19:10:52 ID:SgY2IYqy
ベルメルシュ
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5&hl=ja&sourceid=gd

どう思われますか

42 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/09(水) 20:15:45 ID:dJ0g+gd2
>>40はよほど近所付き合いのない淋しい大都会の若僧と思われ(笑)




43 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 20:43:26 ID:Bw7Uqm90
>>35沖宮へ行きなさい。あそこの女宮司さんは有名です。

44 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 20:51:52 ID:Bw7Uqm90
>>39まずは「琉球神道記」をお読みください。

45 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 21:13:39 ID:Bw7Uqm90
>>42琉球神道は、沖宮等宗教法人としてやっているところも
僅かにありますが、大半は宗教ではありません。
公立の学校で拝みをやるのも普通です。

保守・革新問わず知事も御嶽巡りをやります。
今までやらなかった人は一人もいません。
社民党も共産党も琉球神道には反対しません。
ヤマトは政教分離に厳しいみたいですが、
沖縄はそんなことはありません。
文化の枠内として見なされています。

ウタキ・ウガンジュは、自治会組織の所有が多数ですが、
あるいは、市町村・県の所有のところもあります。
祝女や司や根神は管理人として
場合によれば市町村や県の委託を受けます。
沖縄へ来られたら公園を是非御覧下さいね。
行政がお宮を建設してますよ。
琉球神道に比べるとヤマト神道は死に体だと思いましたよ。

46 :マリア:2005/11/09(水) 22:02:21 ID:Mm3Mj9H6
あら、琉球神道の話も、このスレッドで取り扱ってるのね。
ひみつさん達は、どうなさったのかしら?お元気かしら?

47 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/09(水) 22:14:14 ID:dJ0g+gd2
>>45
だから俺に言うな。>>40に言えよ。
民間信仰が祭政一致なのは、北国みちのくも同じ。
君が言うように神社本庁の神社神道だけが神道ではない。
あるいは沖縄がまったく別系統だということにもならない。


48 :35:2005/11/10(木) 01:32:05 ID:GOYIW4wY
金縛りにあってる35です。皆さん回答ありがとうございました。

不規則な生活なので、まずはなるべく自然に沿った生活に戻していこうと考えています。

それで少し落ち着いた頃、来年初めにでも改めて
お祓いなりお守りなりを検討してみようと思います。

神社は護国神社に時々行くのですがいつも人が居ないので
宮司さんとかって呼ばないと来てくれないんだろうなーと思ってました。
沖宮はいらっしゃるのでしょうか。今度行ってみたいと思います。

49 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 22:47:54 ID:iMmwo0JE
あげ

50 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 22:49:53 ID:+fRkWVJA
仏説摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一
切苦厄舎利子色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是
諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意
無色声香味触法無眼界乃至無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽
無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故心無罫礙無罫礙
故無有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅
三貌三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切
苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩
婆訶般若心経


51 :くしこ:2005/11/13(日) 01:28:16 ID:0ujakUrR
>>48沖宮の神主さん、ユタ的な側面が濃いね。。。
まぁ、行ってみる価値はあると思うよ。

52 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 21:32:16 ID:l06Xvpdv
沖縄では、外来の仏教などより琉球古神道の力が強く、
仏教や南洋からもたらされたイスラム教はまったく広まらなかったと聞きました。
日本神道よりも、琉球古神道のほうが精錬されてたってことなんでしょうか?

53 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 21:44:47 ID:MBVVKZjp
弥勒さんもみるく神という女性に変身してるしな。

54 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/14(月) 02:11:41 ID:4G74nwne
・・・。
諸君、まず用語を整理しようか。


まず「神道」だが、これは道教の用語だ。
道教は今日、中国最大の宗教であると同時に漢方に代表されるように巨大科学体系である。

道教では、宗教は進化するものとされ、「鬼道」→「神道」→「真道」→「聖道」という段階を踏むとされる。
卑弥呼が「鬼道を用いてよく衆を惑わす」と紹介されてることは有名だな?

つまり、弥生時代は神道ではなく鬼道だったわけだ。
一般に古神道とは明治の神仏分離後の新しき古(いにしえ)を目指した教派神道や、民俗学の研究成果としての鬼道時代の我が国宗教の仮説的な実体を指す。

だが、残念ながら鬼道(古神道)が本当はどのようなものだったかはわからない。有力な仮説の積み上げに過ぎない。

仏教と道教は5世紀頃までには中国でほぼ「聖道」の域に達したと考え、仏教優位の立場からおそらく留学僧など大陸文化に明るい者が、やや軽蔑的に日本古来の固有信仰を「神道」と呼んだようだ。

沖縄の神道も、どの程度大陸の影響を受けたかはわからない。受けてないわけは無い。
もし、まったく大陸の影響を受けて無いなら、神道の命名の由来からすれば、いまだ鬼道の段階に過ぎないという、日本人としては受け入れがたい表現もできる。


以上を踏まえ、話し続行どうぞ


55 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 02:24:57 ID:/eKA82Q/
ようするに、なんでもかんでも神道って呼ぶことに無理があるのか?
中国人1:「倭国の卑弥呼って奴が内の道教で言うとこの鬼道でなんかやってたらしいがな〜」
中国人2:「いやさぁ最近がんばってるし、そろそろ神道でもええんちゃう?」
中国人1:「ほんまかいな、まぁ内の国は聖道やし、まぁかまわんやろ」
って・・・こんな会話が脳裏をかすめた。


56 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 21:27:00 ID:GtkC21Ty
>道教では、宗教は進化するものとされ、「鬼道」→「神道」→「真道」→「聖道」という段階を踏むとされる。
>卑弥呼が「鬼道を用いてよく衆を惑わす」と紹介されてることは有名だな?

>つまり、弥生時代は神道ではなく鬼道だったわけだ。

ちょっと待ってくれ、中国からの圧倒的な影響は肯定する。
しかしだ、道教を基準に日本の宗教的霊性を評価するのは
やめてくれんか?




57 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/14(月) 23:56:39 ID:4G74nwne
>>56
当然だ。

むしろ鬼道をもって最高の理想とすることも可能だ。
我々は日本人であって中国人ではない。

俺が整理したかったのは、

●古神道の用法が2つある点(教派神道の主張する古神道と民俗学の研究成果としての古神道)。
●日本本土の神道が大陸からの影響により、決して劣化したことにはならない件。当然、いやがる人はいるだろうが、歴史を捏造してもはじまらんし、漢字から捨てねばならん。大陸の影響をどこまでと線引きするのは不可能。
●沖縄の神道が仮に日本本土より大陸の影響が小さいものだったとしても、その価値は人により相対的である件。沖縄に限らず、宗教法人化されていない土着の信仰は、本土でも実に多彩。
●日本本土にしろ沖縄にしろ鬼道時代(古神道)の信仰がどのようなものだったかは、完全にはもうわからない件。


58 :くしこ:2005/11/15(火) 08:28:58 ID:HfX38yUp
>>57明治以降弾圧。

そして、俗にいう信仰的側面を備えていないものも多い。
琉球神道は独自のものに日本と支那とを掛け合わせた形態。
神歌とか色々あるけど、歌の内容からして、
古代に何らかの交流があったと考えて自然。
天皇沖縄発祥説も、現地の祝女やユタには案外信じられてたりもする。

鬼道と呼ばれてるものの話はないことはないけど、どうかね?
私ら、そっちの方面の扱いは、これまでのケース見てきて、
あまり良い予後がないのは知ってるからね。。。

59 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:08:46 ID:QQ+4jIXP
沖縄だと釈迦も神になってるよね。
サーカ神だったっけ?
なぜか、自分の化身であるはずのミルク神に毎回負けてるという。

60 :名無しさん@3周年:2005/11/16(水) 21:00:19 ID:IvnEfkVn
極論すれば、日本という国土があり、その土地に住む事が
神道。
海外の日系3世辺りと話をすれば、日本人が人種としてユニークではないのが判る。

神道という言葉を定義しようとすれば、もうそれは異質なものになる。
深い山の中で忽然と在る「磐座」などに、震えるような感覚が神道そのもの。
時代と共に人の心も変化するけど、この感覚は、ちょっとやそっとでは失われない。
っていうか、もしその感覚が失われたとしたら「神道」は無価値。


61 :名無しさん@3周年:2005/11/17(木) 23:46:05 ID:dkpPQfTs
>>60
極論すれば、と前置きがあるのであまりつっこまないが、、

パラオ共和国は、戦後にアメリカが壊した南洋神社を、1994年の独立後に国民の手で復活したが。。

62 :名無しさん@3周年:2005/11/18(金) 02:00:45 ID:RyRGu28Z
神道では、富士山の神格化は存在するのでしょうか?
日本で最高峰の山でありながら、記紀の神代巻ではまったく言及されていないような……

63 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/18(金) 07:43:54 ID:/tVKFwhO
>>62
東国(静岡以北)はまだ日本じゃなかったからな〜。
蝦夷(えみし)の土地で。
記紀冒頭の神代の舞台になるには時期的に無理があるんでない?


もっとも土着の豪族は富士に限らず水源となる山々を信仰していたことだろう。。

64 :名無しさん@3周年:2005/11/18(金) 20:08:16 ID:5hS2CGZJ
自己言及のパラドックス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%A8%80%E5%8F%8A%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

どう思われますか

65 :名無しさん@3周年:2005/11/18(金) 21:02:50 ID:W/wu9rsf
取りあえず要約してUPしてくれ
話はそれからだ


66 :名無しさん@3周年:2005/11/19(土) 21:06:41 ID:vPnZYLp1
富士山は、日本最高峰にしては、
古い伝承とかだとあまりいい書き方はされてませんよね。
一晩泊めて欲しいと言ってやってきた神を追い返したせいで不毛の土地にされちゃったり。

その反面、転載ですけど、静岡方面ではこんな話もあるようですよ。

70 :天之御名無主 :04/12/17 21:35:15
>>66
遅レスですが、静岡の田舎です。昔、近所のじいさんから聞きました。

荒ぶる山ノ神が人々を苦しめていたので、高天原から降りてきたスサノオが
山ノ神の首切り落とし、その首が海まで飛んでいって新島になったとか、
傷口から流れ出した血が凝り固まって国土を成した、とか。
で、荒ぶる神をスサノオが退治して天に帰る時に、首を落とした剣から滴り落ちた
血が神津島というところになったそうです。
それでも荒ぶる神は数百年ごとに燃える血を吐いて人々を苦しめたので、
首を斬られたのに死なない不死の山=富士山と呼ばれるようになったとか。

かなり不思議な話だったんでなんとなく覚えてたんですが、
民俗学に興味を持ち出した後にはそのじいさんはこの世から去っていました(つД`)
郷土史調べてもそんなの見つからなかったし……かなりマイナーだったと思います。

67 :あまつかみくにつかみ ◆0ryc.81s2s :2005/11/20(日) 03:48:13 ID:pi5jF+du
>>66
富士山=不死山は、俗説。
漢字にひっぱられるのは、たいがい後世の作り話だ。

「ふじ」は、正しくは「ふぢ」で、大和言葉であるから富士は当て字。
「フッと噴く、フ」に、「地面の、チ」で、地面から噴く山で、「ふぢ→富士」

●○●○●○●○空が好きな奴等にとっては祭りだ。●○●○●○●○

日本の宇宙探査船「はやぶさ」が、小惑星イトカワに間もなく着陸する。

管制室ライブ映像+ライブ・ブログ
http://jaxa.tv/

着陸時間(予定)・・・20日午前6時頃
着地時間・・・約1秒間
着地目的・・・鉄球を打ち込んで、舞い上がったチリを採取。採取したサンプルは来年6月に地球・日本に到着。人類によるサンプル・リターンはアポロの月の石以来2度目。


68 :名無しさん@3周年:2005/11/20(日) 14:50:01 ID:eNQKhAuC
神道で最強の神はやはり天之御中主神でしょうか?

69 :名無しさん@3周年:2005/11/21(月) 20:36:38 ID:yOg5tJGM
お隠れになったのだから最強ではないな。
神道は調和だから絶対的強者は存在しない。
同じ多神教のギリシャ神話とも異なる。


70 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 21:48:13 ID:7NCWlZhl
あげ

71 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 22:09:43 ID:BIKZZNIr
初詣に行っちゃいけない宗教って何?
友人が「宗教の関係で初詣行けない」と言っていたのですが。

72 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 22:21:23 ID:7NCWlZhl
>>71
エホバの証人と創価学会

それくらいしか思いつきませんな。

73 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 07:16:31 ID:YJQ7Ygfc
>>72
ありがd。。
創価か……(´・ω・`)

74 :くしこ:2005/11/27(日) 21:13:25 ID:Ydv9Bi2n
>>59そうだね。。。独自のものがお釈迦さんや弥勒さんに合わさって、
みたいな感じかもしれないね。。。

75 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 11:05:47 ID:yLi62tHV
教えてください。家に祀ってある神棚にはどんな祝詞
をあげればよいのですか?毎朝手をあわせるのですが
神様に対するご挨拶の言葉があれば教えてください。
また神棚に般若心経をあげても良いでしょうか?

76 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 11:09:43 ID:1FqknR6H
>>75
般若心経は仏教方面だから良いとはいえない。。。
そんで言葉より無私の心で祈ることですな

77 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 18:26:28 ID:1N0uxX0+
☆ ○ 神道 @ 質問箱 ○ ☆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088081440/

78 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:20:03 ID:PfNjOKfr
神棚拝詞ってなかったけ?

此の神床に坐す 掛けまくも畏こき 
天照大御神 産土大神等の大前を拝み奉りて
恐み恐み白さく
大神等の広き厚き御恵みを辱み奉り
高き尊き神教へのまにまに
直き正しき真心以て 誠の道に違ふことなく 
負ひ持つ業に励ましめ給ひ 家門高く
身健やかに 世のため人のために尽くさしめ給へと 恐み恐みも白す

ってやつ(うろ覚え)。
でも、自分も神棚には言葉をかけないな。
無言で念を送ってる。

79 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:23:18 ID:PfNjOKfr
そういえば、四(シ)って数字は死(シ)とつながるから縁起がよくないって言われてるけど、
四のシ音って大陸の読み方だよね?
日本の四の音は(ヨ・ヨン)だから、実際には別に縁起が悪くもないんじゃないんですか?

80 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2005/11/29(火) 05:13:46 ID:lmLA7oSm
>>76-78
神道は、発声するのが基本。

確かに武道などに黙想というのがあるが、いわゆる参拝とは違う。
江戸時代までは、大人でも本を読む時ですら声に出す音読が基本だった。
黙読が主流になったのは明治から。


また、般若心経を神棚であげることの是非だが、仏教との二重信仰や、神仏習合の場合、特に問題は無い。
その一例として有名な厳島神社では法華経を唱える。



81 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 08:40:49 ID:BzzzgR1+
75です。アドバイスいただきありがとうございました。
また色々勉強してみます。

82 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 10:25:10 ID:5pmZH+tz
>>34
旧約聖書でも、死後は「天国」と言う発想よりも、死んだ後は「下る」という表現だそう。
もちろん詳しい描写はない。
そういう部分にかかわる職業は禁忌とされていたそうだから。

83 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 10:27:34 ID:5pmZH+tz
88 :名無しさん@3周年:2005/11/17(木) 16:00:33 ID:Pj9A863o
旧約と新約では「魂」の概念が違ってるみたいダネ
http://www.j-world.com/usr/sakura/replies/bible/bible48.html



84 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:53:10 ID:fosHBvOI
大光妙 ってなんですか?

85 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 21:14:25 ID:cNR49QAO
>>79
四は死に繋がると言う伝統があるが、はたして?出雲の拍手も四回打つ
教派の天理・金光両教も四回、特に教派の金光教では四は死につながる
と言う迷信を打破するために、あえて四を特に使い、しあわせとも使う。

86 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 21:30:28 ID:TWdALVRu
出雲の拍手の意味は正直わからないが、
注連縄の向きが通常と逆なのを考えると、威力の強い
神威を封じる意味があるのかもしれない。

金光教の四回については、教祖の迷信を否定する
開明的な姿勢の現れなのかもしれない


87 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:09:25 ID:DGazNAac
774 :めひょう ◆beastE8ASg :2005/12/03(土) 15:23:47 ID:w30vXdUx
だいたい神道なんて古代イスラエルのパロディ版じゃない?
失われた十支族の末裔が東方につたえた宗教の変質したのが
日本神道でしょ?www
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123094005/774

88 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:19:42 ID:Luv3eSlx
神道の最高神天照大神は女神です。
しかし実は「天照大神は男の神であったが、推古天皇即位のさい女帝に正当性をもたすために女神にした」という説を聞いたことがあります。
この説の信憑性はどの程度のものなんでしょうか?
もしかしてかなりの眉唾説なのでしょうか?

89 :のぞみ ◆55nynIr58w :2005/12/06(火) 02:55:15 ID:q1CJEI1V
このスレは何?

【堀口医院】【神道聖観音教会】は同じなの?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1133802585/
1:卵の名無しさん :2005/12/06(火) 02:09:45 ID:S66L2eoIO
よく解らないのですが、どなたかご存じの方いらっしゃいますか?
なにやらISOを取得したとかで、社債解約の機会を失ったのですが・・・
本当のところ、どうなんでしょうか?

90 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 08:58:47 ID:6MOh6tlG
>>88
卑弥呼の伝説などが下地になっているのでは?という説もあるよ。

91 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 21:33:11 ID:sQ7GOgzU
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1134302424/
VIPPERがまたやらかしました


92 :名無しさん@3周年:2005/12/13(火) 20:38:05 ID:2OWAkn3K
【復古】平田篤胤【神道】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1128575127/l50

93 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 04:06:51 ID:yOq2rwub
>>88物部関連の伝承では男神ともされていますね。
あまり詳細を語るわけにもいけませんので、
後はご自身で調べていただければと思います。

94 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 04:09:39 ID:yOq2rwub
>>86大国主命に対してはそれだけ丁重にすべきお方だということでありましょう。

95 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 01:24:45 ID:9yFCTY0W
家の前で、よく交通事故が起こるんですが、
石に『道祖神』って彫って勝手に置いてもダメでしょうか?


96 :やや:2005/12/23(金) 11:12:32 ID:O3TZuieG
昔ならば町内会で話し合って「地蔵さん」でも置いたんだろうけれど、今では法律的に
NGなんだろうね。
子供も安心して遊べない世の中になっちゃって悲しいね・・。

やっぱり、日本独自の宗教色排除の政策って、こんなところに顕れてくるのかもね。

97 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 15:20:07 ID:nr2myvov
>>95
とりあえず、車道の真ん中に置くのだけは止めよう(^^♪

98 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 20:31:12 ID:emDFQf3R
質問です。
キリスト教では、天国と言い、仏教は極楽浄土、冥土と言いますが、
神道では、死後の行き場所みたいな所は、なんて言うのでしょうか?
黄泉の国とか思ったのですが、すっきりしないので、お願いします。

99 :名無しさん@3周年:2005/12/24(土) 00:20:33 ID:D4se5Ksm
田舎の旧街道とか、けっこうそこらへんに道祖神だの地蔵がポイポイ置かれてるけど、
ああいう狭い道に置かれると、結果的に歩道が極端に狭くなって危ない。
おれは過去に何度か、自転車で地蔵に突っ込みそうになったり、
地蔵を避けようとして後ろから来た車に跳ねられそうになった。

祠みたいに民家の壁に埋め込むとか、近所の神社や寺に移動するかしてほしい……
地元の人は悪意があって置いたわけではないのはわかってるんだけど。

100 :名無しさん@3周年:2005/12/24(土) 23:52:04 ID:5ExHKjad
地蔵様ってのは、集落に入る道(古くからの)にあるでしょ?
近世までは、わざと道を整備しなかったんだ。
妙なヤツが入り込まないためにね。霊的なモノもそう。
集落の外苑に在って霊的な結界になってる訳。
だから、やたらと場所は変えられないんだよなぁ〜

…って、いいながら100ゲット!


101 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2005/12/27(火) 10:37:48 ID:IRXTAd+G
英雄が死にました。

日本男児、桜と散る「国を売ることは出来ない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051227-00000401-yom-soci

上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書

 中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。

 外務省は館員が死亡したことは認めているが、「遺族の意向があり、詳細については話せない」としている。

 複数の政府関係者らによると、館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる公電の通信技術を担当する「電信官」だった。

 自殺後、総領事や家族などにあてた遺書が数通見つかっており、このうち総領事あての遺書の中に、中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう求められたという趣旨の内容が記されていたという。

 要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に利用する航空便名――などだったといい、男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。

 遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、館員は外交機密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。
(読売新聞) - 12月27日3時11分


102 :穢れた気のエネルギー:2006/01/01(日) 17:07:37 ID:IBA/tKds
崇教真光にしか神通力者がいないという事実をどう思うか?
また仮に他の団体に神通力者があるとして、なぜ崇教真光に神通力者が集中しているのか?
理由を教えてください。

※崇教真光を神道ではないと指摘する人もあるだろうが、取り敢えず神道ということにしておく。

103 :名無しさん@3周年:2006/01/01(日) 18:24:45 ID:NnLB4z4B
神道の最終的な目的は何ですか?
仏教なら解脱とか、明確な目的がありますが。

104 :名無しさん@3周年:2006/01/01(日) 19:01:35 ID:RVhjssho
>>103
現世利益かな?
たいていの宗教は死後の世界で救われるために修行や戒律があるのに、神道はそういうの聞かないよね。

105 :名無しさん@3周年:2006/01/01(日) 19:09:48 ID:RVhjssho
とか適当に知ったかぶってすみません。

106 :穢れた気のエネルギー:2006/01/01(日) 20:49:48 ID:P2oWmozl
>>103
仁徳天皇を想い出そう。
神は幸福の味方。
森羅万象が幸福になるために神道は存在します。
随神の幸福。これが神道の存在意義です。

107 :月見うどん:2006/01/02(月) 13:14:40 ID:oJqGuNl2
神に至る道が神道。
人は死後まつられて神となる。
日々の生活が全て神道そのもの。

108 :名無しさん@3周年:2006/01/02(月) 14:42:35 ID:jueFjAqc
この肉体をもっていてもいなくても、
人はそのまま神ご自身だよ。

109 :月見うどん:2006/01/02(月) 19:59:23 ID:oJqGuNl2
分御霊自体は神だけど人には四魂があるよ

110 :名無しさん@3周年:2006/01/02(月) 23:59:38 ID:SFtu7fpY
日本神社の多数は韓半島起源!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1136184885/l50

111 :月見うどん:2006/01/03(火) 00:14:19 ID:ySw9Er0y
古代朝鮮半島南部との文化交流・伝播は常識。


112 :淡路守:2006/01/03(火) 00:18:54 ID:OeXyvNOC
渡来人系の勢力が国家神道を唱導したことも常識。

113 :名無しさん@3周年:2006/01/03(火) 03:08:45 ID:r17mLO8O
神道では、仕事、職業についてどう教えていますか?仕事に励むことは善ですか?
善であるならその理由を教えてください。

114 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/01/03(火) 06:19:16 ID:vQIt5nsS
>>113
子孫(うみのこ)の弥続き(いやつづき)の手段として仕事がある。
よって神道では「食べる(賜(たまわ)るの変形)」、「飯(召すの変形)」など「食う(くわえると語源同じ)」ことが重要であって、仕事に疲れ気が衰え(気枯れ)たら休む(いみ、こもり)。
そして気が降臨(あまくだり)元気が出るまで待つ(=祭り)

したがって仕事が忙しくて飯も食えない、あるいは仕事が忙しくて結婚しないは罪。天壌無窮(日本が永遠に続くこと)の神勅をおろそかにしている。

神宿る匠の技も尊敬・信仰の対象であるが、乞食、怠け者や馬鹿、障害者が神のように崇められた例も多い。


ようは、子孫の弥続きに協力的であれば、いかなる社会的身分であれ氏神(うぢがみ)として祭られる。

115 :名無しさん@3周年:2006/01/04(水) 05:06:11 ID:WuOXHoxW
質問です。
スサノオは黄泉のイザナミに会えたのでしょうか?
古事記では、本来イザナミに会いに行く話しだったはずが、途中からストーリーが入れ替わってる気が……

116 :名無しさん@3周年:2006/01/04(水) 11:15:49 ID:tW/p60PR
天地創造のお話しで日本以外の国、他民族、他人種はでてくんの?
日本以外の国はどのように説明されているの?

117 :名無しさん@3周年:2006/01/04(水) 16:50:57 ID:tW/p60PR
>>116

他国とか他民族はでてこないんじゃない。

国際化の現在、神道はもう時代おくれだよ。

118 :名無しさん@3周年:2006/01/04(水) 23:42:50 ID:NqZJ29wG
結局天皇に戦争責任を・・・と言う人はループさせているだけ・・・。

とにかく天皇に戦争責任を取らせよう!
 → ・国内法では戦争責任は取れないんですけど・・・
↑ 人道的な責任があるジャマイカ!
↑  ・あのー、それってインチキな東京裁判と同じロジックですよ。
↑ アメリカに助けてもらっただけだろ
↑  ・え〜?日本人を国際法違反で虐殺した米国に正義の裁きなんかできるんですか?
↑ いっぱい兵士や国民が死んだんだから、責任はあるだろ。
↑  ・だから、人道的な責任を事後法で裁くって言うのはインチキですよ。
↑ 国内的な総括が出来ていないのが問題だ。
↑  ・じゃ、そもそも軍人が政治決断するような体制になったところから検討して
↑   責任があるかどうか総括しましょうよ。
↑ いや、えーと政治は結果責任だ!
↑  ・えーと、結果がすべてなら、訴追されなかった結果も尊重しないと・・・。
↑ 開戦した責任があるだろう!
 ← ・えー、戦争回避に努力していたんですけど、立憲君主制ですから

119 :名無しさん@3周年:2006/01/05(木) 00:38:05 ID:D2UTuMtr
神道の目的は現世利益ですか?
占いやまじないとどこが違うんですか?



120 :月見うどん:2006/01/05(木) 21:34:18 ID:+2D4Y1/a
神道の目的は「普通に生きて死ぬ」事です。
それ以上でも、それ以下でもありません。


121 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 00:09:06 ID:X0DTzFEE
「普通に生きて死ぬ」ために、なぜ神道が必要なんですか?
神道に従わないと「普通に生きて死ぬ」ことはできないのですか?


122 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 06:19:14 ID:K0+LVowP
生きてる人間が「普通に生きて死ぬ」のを台無しにしようとしてる悪霊が跋扈してるのだよ。
そいつらを祓って「普通に生きて死ぬ」ための手段に神道を使ってるのさ。

123 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 12:23:19 ID:CJXOLgx0
氏神検索できるとこ教えてください
埼玉県民です

124 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 15:17:36 ID:Yjdj0awo
神道とは、八百万の神々に我々が「生かされている」ということに対し謙虚になり、感謝の心を持って、一日一日を精一杯、世の為人の為に働けるように生きていく道です。
それこそが「奉公の誠」を尽すことになり、日本の繁栄を磐石にすることになります。


125 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 15:21:37 ID:Yjdj0awo
>123
埼玉県神社庁のホームページをご覧になるか、直接ご確認されてはいかがでしょう。

126 :くしこ:2006/01/06(金) 16:07:32 ID:vykvd0pi
>>110朝鮮半島に住んでた倭人の一団もいたしね。。。

127 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 17:24:37 ID:CJXOLgx0
>>125
どうもです

128 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 20:08:07 ID:tkHuE6G0
>>121
悪霊とは原因が特定できない不幸の別名ですか?
人間の弱みに付け込んでいるだけではないですか?


129 :月見うどん:2006/01/06(金) 21:10:59 ID:dAdMLZpx
悪霊かぁ〜
当人に聞いたら「僕?悪霊?とんでもない」っていうだろうなw


130 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 22:34:24 ID:r2pBiwUw
>>128
そんなこと言ったら、
仏教もキリスト教もイスラム教だって人の弱みにつけこんでるぞ。

131 :名無しさん@3周年:2006/01/07(土) 04:04:34 ID:glTp5Mve
人間は弱いから宗教が必要ということだな



132 :名無しさん@3周年:2006/01/07(土) 11:03:55 ID:rfGx+YJo
>>124

国際化の時代、一民族にしばられている神道
をまじめに信仰すれば、生活が支障をきたす
人の方が多くなる。

神社もひとかわむけなくちゃな。

133 :月見うどん:2006/01/07(土) 11:44:24 ID:fgSg+GjS
逆だよ。国際化の進んだ今こそ自国の文化・宗教をちゃんと自得しとかないと。


134 :名無しさん@3周年:2006/01/07(土) 14:39:35 ID:rLiKMH4c
特定の人達に対しては甘過ぎるキリスト教がまずは一皮向けるべきでしょう。
イスラム教徒などに対して迷惑を掛け捲っている事を少しは反省したらどうなのか。

135 :くしこ:2006/01/07(土) 23:28:51 ID:Upu9DiO7
>>121普通に生きて死ぬのが神道だからよ。

136 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 00:17:08 ID:HlhqwUji
祝詞あげるときに、どもってしまうのですが……
やっぱり本職の方でもどもってしまうことってあるんですか?

137 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 18:24:13 ID:UKRVOJA6
本来なら初心者向けの方がよかったかもしれませんがこちらで質問させていただきます。

さて最近知り合った30代後半の女性です。何度かドライブ等をするようになりました。
有名な寺社仏閣を観光したりするのですが、彼女は全くお参りをしません。
「お参りしないの?」と聞いても「いいよ」と笑っています。
また、おみくじ等にもまったく興味がなさそうです。ただ星座占い等は程々に気にするようですが、、

自分はそのような所に行くたびにお参りします。家族の健康とか些細なことですが、
彼女を見ていると自分は節操がないのかなとつい思ったりします。

彼女はなにか別の宗教に入信している可能性などが有るのでしょうか?



138 :月見うどん:2006/01/08(日) 22:19:22 ID:pLHR1dmR
137さんは信仰心の篤い方のようですね。
彼女が何か宗教に入っているとすれば、新興宗教系でしょうね。
無害なものならいいんですが…
それと、無宗教のご両親がいらっしゃって、宗教に対して反感を
持ってらしゃるかもしれません。
さりげなくお聞きになったらどうでしょうか?

>>136
本職ではないのでレス控えてましたが、一礼して心中で「お詫び」して
間違えた個所から改めればどうでしょうか?


139 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 22:46:42 ID:J0dVXw7t
教えてください。
仏教には、「水子供養」という概念がありますが、
神道にはないのですか?
当方神道のようで祖母の葬儀も神主さんでした。
水子供養のようなことはしていただけるのですか?

140 :月見うどん:2006/01/08(日) 23:07:13 ID:pLHR1dmR
葬儀を神式で行われたのでしたら、教派神道のようですね。
その教派の先生にお聞きになられてはどうでしょうか。


141 :くしこ:2006/01/09(月) 01:47:42 ID:QgsJoVCV
>>140最近神道葬もあるし。。。十津川なんかそうよ。

142 :月見うどん:2006/01/09(月) 09:59:53 ID:PgFnSL2a
>>141
ご〜く稀な例。

143 :137:2006/01/09(月) 19:12:01 ID:i/yAxeta
>138

回答ありがとうございました。今度どことなく聞いてみます。
(`・ω・´)

144 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 19:15:43 ID:QoVuo1ML
神徒で、有名な人って誰かいる?
日本人全員が神道だっていうなら教派でもOK。
綿貫宮司くらい?

145 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 19:39:56 ID:ZuRJ+XIB
>>142それほど稀という扱いをすることでもないんだけどね。。。
カトリック信者の数よりかは確実に多いし。

146 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 20:46:23 ID:90cWc64S
>>144
サザエさんの波平のなかのひとと、桑島法子が金光教。
たしか中島美幸も天理教だか金光なはず。
あと、報道ステーションの古舘が御嶽教に改宗したとか聞いたけど事実は不明。

147 :月見うどん:2006/01/09(月) 21:55:53 ID:PgFnSL2a
>>145
教派神道以外で神葬祭する人の数が?


148 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 07:16:19 ID:jfV7ce9A
>>147
結構いるよ。
特に西日本。東日本なんかは少ないけど。
大阪城の近くに住んでた頃に豊臣秀吉が神葬祭だった事もあり、同じ形式の神葬祭をするとかで大金はたいた馬鹿がいたくらい。
あと、例えば鶴岡八幡宮の墓地区画は直ぐに売り切れるらしい。


149 :月見うどん:2006/01/10(火) 21:09:09 ID:nu2gslwO
ああ・・・そうですか


150 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 21:20:55 ID:4NM9ipqL
先端尖った墓って、仏教でもあるんだね。
ずっと神徒の墓だと思ってた尖った墓に、なんちゃら居士って書いてあった。

151 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 06:05:09 ID:nLk26V66
>139

神道は基本的に男尊女卑のはず。
こないだも細木和子は云っていたけど、夫婦で宮参りの場合も夫人の方は一歩下がって参拝する。
「神は男は好きだが、女は嫌う」って云っていたな。

単刀直入に感じたけど、細木の態度は本当にしっかりしているね。
あのくらいのオッカツァンなら性根が入っていて神祭祀でも大丈夫だな。
下手な神道なんかよりよっぽど当たり前の態度で立派だ。

152 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 06:21:08 ID:nLk26V66
>報道ステーションの古舘が御嶽教に改宗したとか聞いたけど事実は不明。

教派神道への改宗は、うかつにやってはならない。
御嶽教ならかなりの信頼性は高いが、
自分の先祖を預けるのだから霊的な向き不向きをよく見極めるべきだ。

また、母方先祖を祭ってみたり、神懸りでおかしなことを言うようなら
早速撤退した方が賢明。無理な教義を押し付けるところも矛盾が噴出する。

普通に近くの氏神様を拝んでいる方が賢明。


153 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 06:31:12 ID:nLk26V66
教派神道の教会は教師が生活をしているケースが多いから、
神参りに慣れた年配の人なんかが行くと、参拝後に、

「何あれ、気分が悪いね」
ってケースもあるよね。

154 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/01/12(木) 04:09:48 ID:YrAfvSBt
>>151
細木数子は神道とは一切関係有りません。

あれは儒教です。


155 :名無しさん@3周年:2006/01/12(木) 04:15:43 ID:L05+f2lW
>>154
仏間を相手にしないように。
細木ってなんか宗教興してんのかな?

156 :名無しさん@3周年:2006/01/12(木) 09:25:26 ID:xZA7i5xb
細木みたいなオッカツァンなら、自分が女であることを自覚して
自分は汚らわしいんだ、って態度で神社の中では控えめに動くだろうな。
神輿だって基本的には古来から女は担がないだろ、あれが本当の神道だ。

参拝に来る信者が汚らわしい、って女が出張るような神道は、ジェンダフリーの
ユダの神道だ。日蓮を賛美したり、仏教でも神道でも共通な部分である儒教的思想
を否定するところもどう考えてもおかしい。目的は日本の美徳と秩序の破壊だ。


157 :名無しさん@3周年:2006/01/12(木) 12:39:33 ID:iBgkeG89
「男尊女卑」は基本的には儒教で、神道ではないということでしょうか?
尊でも卑でも無いという意味で忘れてならないのは、陰も陽も働きのひとつでしかないということですね。

158 :名無しさん@3周年:2006/01/12(木) 14:43:22 ID:xZA7i5xb
神道は基本的に「男尊女卑」。女は汚らわしいから後手に廻るはず。
このきちんとした普遍性の上に参拝に行く信者には何の罪も無い。

陰陽のような別次元に話を持って来る奴は、そいつが間違いなく「陰」だからだ。
「陰」とは天からの力が受けられず、地と縁が深いせいか直系男子の後継ぎが出ない。
また、本当に凄まじい陰とは正神や正業の力ではない紛い物や御法度の裏道を進むもの。
天からの力を受けられず、生活することすら、か細く軟弱だからだ。


159 :名無しさん@3周年:2006/01/12(木) 15:02:05 ID:lnHfQTjU
それって すっごい二元論ですね
陽だけでは世界はまわらないのにw

160 :名無しさん@3周年:2006/01/12(木) 16:54:47 ID:UV4xQt+f
>>158
天皇家系の神道はなw

161 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/01/13(金) 02:00:24 ID:LXRm/FzX
神道は女尊男卑と男尊女卑が入りまじっているだけで、祝詞や古語の大和言葉が読めない人にはわからないでしょう。

いずれにせよ、細木数子は神道とは関係有りません。
彼女の占いは儒教の必読書「四書五経」に基づいており、神道はむしろ道教と近似しています。


神道は、AはAでありBはBであるという考え方には馴染みません。

道の道とすべきは、常の道に非ず。名の名とすべきは、常の名に非ず。

『老子』冒頭





なお、神道とは道教用語です。
天皇も元来は道教の神の名です。

162 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 02:23:01 ID:4liMk9ph
つまりAはAと限らないというひねくれ宗教なのよね(苦笑)

163 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 13:04:56 ID:t4OVFv4h
>>161

そうですね。そこまでですね。神道の力量は。
少なくとも細木は先祖供養や運気向上や人間そのものの欲望や煩悩に
いつも応える態度ですよね。
あいまいな方便でチャ化すのは浄土真宗程度、よほど背伸びをして日蓮程度なんですよね。
先祖は預けられませんね。

祝詞や古語の大和言葉がわからないと救われないのなら、
普通の人は救わないし、また救えない。
完全な自己満足のオタの宗教で、真摯な救いを求める民衆には合致しないと云うことですね。




164 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 13:34:47 ID:t4OVFv4h
教えそのものが潜在的に排他独善(八百万ならいずれの神も認める)で、明治期には廃仏をして、
不動明王を禁止(御岳教は禁止はしていない)して、
神社神道一般通年である男尊女卑をあいまいにして、日蓮を賛美するのなら
それは世に云う神道なのだろうか?

それこそユダの血が流れる仏魔じゃないの?
廃仏なんて不動明王でも手が施し難い仏法破壊者と同調するだろうし、

靖国神社は荒れているし、観ていれば神道は仏魔と手を組んで政権を動かしているし、
神道そのものすら疑いたくなる昨今。

出雲大社教と御岳教くらいかね?  信頼が置けそうなのは?


165 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 14:00:04 ID:GfVvGEXE
>>151, >>156それはどちらの地方の常識なんですか?
神道は地域や姓によって変わってくるところがありますよってに。

>>164神道政治連盟は、実質はもう解体されてまっせ。
何の影響力も持ってません。
天皇家の皇位継承法案が通るわけもありませんやんか。

166 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 14:05:59 ID:GfVvGEXE
>>163別に神道は救済宗教でもありませんしねぇ。
救済というのは、自分の境遇に何らかの不満がある人が
求めるもんと違いますか?

167 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 14:14:26 ID:GfVvGEXE
>>158畿内の女尊男卑の風潮をどう解説しますか?
国の始めは大和からとも言いますが?

168 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 16:59:17 ID:jh7KgqQL
1.天地創造と日本の歴史 日本書紀 巻き一
2.神代文字 日文字 文字系統図
3.L.Wロビンソンの超太古史への言沈没大陸アトランティス

4.ムー大陸 「失われたムー大陸」 ジェームス・チャーチワード筆 
      古記録の絵文字  ムー存在の証 ムー王室の紋章  アトランティスの陥没  聖書

5.人類年令考の一参考 「旧約聖書の歴史」 長寿  世界の七不思議  ムー大陸の謎
6.古代男女業務法
7.世界五大文明 五大宗教発生源とその流れ
8.日本太古史に画かれた太平洋と太陽王国大陸

9.神の神勅(契約) と 日本 復活 
10.光玉から見た聖書の重大点 聖書は霊を説きたるもの 「永遠の生命の書」 想念
11.聖書よりの参考抜粋 経綸と仕組み  一つの枝   真理のみ霊光 日出づる 
            心の下座  イスラエルと神の契約  その他
12.東について参考(聖書より) 契約  権力 神は光を見たり エホバの栄光東より来る

16.仏教 の 霊主心従体属観      脳脊異体論
18.人間生命力 霊能力の増強の仕組みの絵
24.自由とフリーメーソン 「日本の進路」  マツソン秘密結社首領の演説
25.火の洗礼に関する御神示抜粋

基本参考書:上級真光研修用テキスト/神向き賛詞解説/その他



169 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 21:19:46 ID:t4OVFv4h
神道はバブル期の少し前頃から様子がおかしい。


170 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 21:53:45 ID:6idVmn4R
>>168おヒカリさんについてはおヒカリさんの専用スレがあると思いますが、
いかがでしょうか?

171 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 13:36:46 ID:ILP0xriG
話の流れと関係ないのですが・・男尊女卑は自分に自信のない男がひけらかすもののような気がする。
大人になれない女が増えている中、優しい男が賢く見える。(お疲れサマって感じだけど・・

172 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 14:00:11 ID:VmIeh5QO
>>153
そういうのは仏教僧の寺にもやたら多いのでは?
あなたの言動は論理的な根拠もなく決め付け、神道を貶めたいだけにしか見えないが。

そういえば、天社土御門神道本庁は教派なんですか?

173 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 00:40:30 ID:r7Q7qG7q
男尊女卑の反動で、男性陣受難の時代だね。

174 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 00:04:07 ID:EkAch7XY
質問です。
神棚に納めるお札は自分で作っちゃいけませんか?
神社とかで買うと、どうも霊感商法に会ったような気分になります。

むかし、おみやげに買った水晶の勾玉を安置しておくとかはダメでしょふか?

175 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 14:36:17 ID:iCmioiJ6
大魔神の写真を飾ったら大魔神神社w
尊敬するもの 神秘なるものを神と認める 
ある種の自己満足かな なんて思う

まじめな神道関係者ゴメンネ

176 :月見うどん:2006/01/20(金) 22:00:38 ID:oYgjd/pb
>>174
神棚をオブジェとして扱うならいいんじゃない?
でも、神道としてやってくつもりならダメ。

貴方が純粋な心で神様と感応できて、その玉に鎮まって頂ける
力をお持ちなら別ですが・・


177 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/01/21(土) 13:02:34 ID:NsB52vNT
>>174
特には問題有りません。

但し、宗教学上は神社神道ではなく、民間信仰の神道という分類になります。


いずれにせよ問題有りません。


178 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 20:43:12 ID:xq6eMDd9
神社神道と古神道って別物なんですか?

179 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 01:11:12 ID:TR6tf8HD
神道と関係あるか分からないですけど・・・
「天神月星 霊位」と書かれた位牌が、「火の神」としての対称になりうるでしょうか?
もしなりうるなら、なぜなりうるのか、そうでないなら、その根拠を襲えて下さい。



180 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 05:33:38 ID:svtxQy2w
>>174
霊感商法っちゅーか…
まぁお守りとかなんて気の持ちようなんで、そのへんの鉛筆でも対象になるわけで…

181 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 05:34:50 ID:svtxQy2w
ごめんよく読んでなかったorz
お守りじゃなくてお札だったのね…

182 :名無しさん@3周年:2006/01/23(月) 21:04:27 ID:rteql9up
神社庁所属の神職の方で、私的に鎮魂法を行っている方はいますか?

183 :名無しさん@3周年:2006/01/23(月) 21:32:15 ID:bLLxwX5m
>>174神社神道の範疇からは外れますが、特に構いません。

しかし、お寺の御札を一緒にお祭りすることは、
良くない場合もあります。避けておいて方が無難です。
玉の類は浄化をしてから御祭りして下さい。
様々な想念等が宿りやすいものですので。
土産店などは、様々な人の気を吸い易いものです。

御神札の自作ですが、特に問題はないとも思われますが、
御自身の祓え清めを修して、清い紙を御使用下さいますように。
神々は清浄を好まれ、不浄な場所には来られないといわれています。

>>182石上鎮魂法等をされておられる神職は居られますよ。
帰神法は、現在は教えられていません。

184 : ◆6chHDqC6e6 :2006/01/23(月) 21:33:23 ID:2B0MEwUm
最も名前の長い神は誰ですか?

185 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 16:02:36 ID:Q/xctWRZ
願望実現・運勢向上の掲示板作りました。


願望実現掲示板@謌仙粥茶房
http://www.success-navi.net/kayu/wish/

成功NAVI
http://www.success-navi.net/



186 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 21:23:02 ID:lRkBYX2L
>>183
帰神法が教えられてないのは、単にオカルトじみてるからか、
それとも、それなりに高位の神職でも安易に教えることができないほど危険な行法だからなのでしょうか?


187 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:48:40 ID:7tezhHmq


188 :ぢろう ◆GC900IDatI :2006/01/31(火) 00:37:48 ID:gEv6s/2k
友人に誘われて数年前にバードウォッチングを初めてから自然というものを意識し始め、
森羅万象に神が宿ると考える日本固有の神道に出会いました。

これから本格的に神道を学んでいきたいのですがお薦めの書籍などありましたらお教え願えませんでしょうか、よろしくお願いいたします。

189 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 11:30:29 ID:RIhv8jS0
>>188
日本文芸社『神道のすべて(菅田正昭)』
神社新報社『神道いろは』
学研『神道の本』『古神道の本』『神道行法の本』
角川ソフィア文庫『古事記』

190 :ぢろう ◆GC900IDatI :2006/01/31(火) 12:54:43 ID:gEv6s/2k
>>189
ありがとうございます
早速取り寄せたいと思います

191 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 21:31:15 ID:Y0TqJki4
神道は「穢れ」といって人を脅して利益をむさぼる典型的な詐欺。

192 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 00:09:18 ID:PaHn1Tcf
ケガレの意味を勘違いしている人が多いですが、
本来ケガレとはケ(気)ガレ(枯れる)という意味で、汚物を指す汚れとは似て非なるものです。
ケガレを祓うというのは、いわば失った気力を取り戻すという意味であり、悪霊を祓ったりするのとはわけが違います。
ケガレている状態は、心身ともにグッタリとして鈍くなっている状態(疲(憑)れている)であり、
ケガレを祓う(チャージする)ことによって活力を取り戻し、憑物(疲れ)を追い払うのです。

193 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 00:08:50 ID:KhMo5tIA
>>192 まともな見解ありがとうございます。

194 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 02:42:47 ID:Heue+le0
祝詞にはどのような効果があるのですか。私は祝詞をあげるのが好きで自宅でときどきあげているのですが、神道の指導をうけたことのない人が
あげた場合何か問題があるでしょうか。

195 :初心者です:2006/02/03(金) 14:14:42 ID:kW+Y5Hf2
家の近くの天神様で、いつもお参りをしています。
受験だけではなく恋人のこともお祈りしていつもご利益があったので
いつのまにか心の支えになっていました。
それでもっと天神様に近づきたいのですが
神社の場合は入信ではなくて、氏子になればいいのでしょうか?
神社で直接聞くのがいいでしょうか?

196 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/02/04(土) 11:42:11 ID:BWMf6iS9
>>194
祝詞を自分であげるのは、むしろ推奨されています。
本屋に行けばCDつきの本を売っていますし、ネットで検索すればどこぞの神主が録音した祝詞を再生出来るページもあります。古い祝詞集は高価ですがおおきめの公立図書館にあります。

神道は、心の動きを体で表現します。また逆に、体で表現すれば心も連動すると考えられてきました。
これを「心身一如(しんしんいちにょ=心と身体は一つの如し)」と言います。

武道や茶道など日本文化の多くが儀式めいているのはそのせいで、祝詞もひとつの表現儀式です。
祝詞は地名や人名以外は大和言葉(すべて訓読み)が原則ですが、言葉には言霊(ことだま)が宿ると考えられており、声高らかに美しい言葉をしゃべれば結局、心も美しくなると考えられてきました。



197 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/02/04(土) 11:57:25 ID:BWMf6iS9
>>195
特に地域共同体の一員として、その神社を中心に働きたいなら、そうなさったらよろしいでしょう。
お祭りとか盛り上げてやって下さい。

しかし負担になるなら単なる参拝客でも十分に信者とみなされます。

また、どの宗教でも同じでしょうが、神は自動販売機ではありません。小銭を入れればご利益がガチャン!と常に出てくるわけではありません。
ご利益があったならば、なおのこと身を慎んで今後とも精進し歩まれることを御祭神は望まれていることと思います。


198 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/04(土) 12:13:42 ID:yQdIBOOj
>>194
祝詞は文字通り「祝い言葉」を「ことあげ」する事に意義があります。
なお、自分流に上げても何ら問題はありません。
ただ、自分の気分の向いた時だけ上げるよいうのであれば、止した方
がいいと思います。
毎日が無理なら日を決めるとか…ご無礼のないようご注意ください。

>>195
ご利益を心から有り難いと思うあなたの心が大切です。
大きな神社なら信奉団体があるかもしれません。
小さな神社でしたら、その神社を管理しておられる方に尋ねられたら
よいでしょう。


199 :初心者です:2006/02/04(土) 12:16:21 ID:HQGM8L2K
ありがとうございました!
平日は仕事があるので
折々に参拝させていただきたいと思います。

とても小さな神社なので(HPがトップページだけあります)
今度うかがってみようと思います。

200 :齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/02/04(土) 13:59:27 ID:UGJjlzH8

200げっと♪

201 :194です:2006/02/04(土) 14:33:48 ID:aAoUHeKA
皆様、ていねいでわかりやすい説明ありがとうございます。自宅で祝詞をあげてもいいんですね。
祝詞をあげていると不思議なことに心が落ち着いてきます。これからも神様に失礼のないように
続けていきたいと思います。

202 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 19:11:58 ID:u4d6zpAA
近いうちに風呂をユニットバスにリフォームします。
今のお風呂のタイルその他を、ガガガーッと壊すことになるんですが。
やっぱりお払いをしたほうがいいのでしょうか?

今までに
土の庭にセメントを張ってしまったとき
トイレをリフォームしたとき、2回。
3度とも、その後よくない状況になったり、不幸ごとが起こったりました。
お風呂はどうしても直さないといけないので・・・とても不安です。

203 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/02/05(日) 08:08:03 ID:uSsjv3hv
>>202
仮に水神などの神の怒りと考えるならば、怒りを鎮(しず)めていただかなければなりません。
「風呂から神を排除するのでは無い」ことに注意してください。

工事で神をお騒がせするにあたりそのお許しを請い、慰め、これまで通りそこに「お鎮まりいただく」のです。
これまで通り風呂にご鎮座いただき、家内安全と風呂の鎮守を神にお願いするのです。

この場合、地鎮の祝詞を奏上するか、酒など供え物を供するかして、工事の前と後に、怒らずこれまで通りそこにお鎮まりいただけるよう、神を鎮撫しお願いします。


もうひとつは、なんらかの妖怪のたぐいなど低級霊の仕業と考えられるなら塩などで邪気を祓う必要があります。
これは上述の神に鎮座していただく方法ではなく、完全なる「邪鬼の排除」です。
疫病神に鎮座していただいてもしょうがないでしょう?
彼等には出て行ってもらわなくてはなりません。


第三に、あなた自身が家の環境を変えることに未知のうしろめたさや祖霊祖神の意向が反映されて、思い悩んでいる場合です。
この場合、祓い(5000円。名前入りお札付き)を最寄りの神社に申込みますと、いつもは立ち入り禁止の拝殿に入れていただけまして、神主が祝詞を奏上しお祓いもしてくれます。



204 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/05(日) 13:09:22 ID:5dE92sF3
>>202
ま、偶然だとは思いますが…
家の普請については土地神さまにおことわりをすればいいでしょう。
あなたの家の産土神社に参拝されて
「○○番地に住まいする氏子○○と申します。このたび…させていただきます。
不徳者でございますので、何かご無礼が有るやも知れません。なにとぞ、お許し
頂き、末永くご守護下さいますようお願い申し上げます」
こんな感じでお参りさせていただいたら、いいと思いますよ。

水まわりという事ですが、近くに井戸は無いでしょうね。
井戸がある場合は注意が必要です。


205 :初心者:2006/02/05(日) 13:30:02 ID:9J5yvN0w
はじめまして、初心者です。
ふとした機会に大祓ののりとの書いてある紙を頂いたのですが、
家にどのような形で保存すれば良いでしょうか?

206 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/05(日) 13:49:49 ID:5dE92sF3
>>205
神職は祭りの度に祝詞を書写します。大祓の祝詞なら極一般的
なものですから。持ってても構わないですけど…
私としては保存する程のものでも無いと思いますが…
神棚ありますか?あれば、その隅に差しておけばいいです。


207 :神道=脅迫:2006/02/05(日) 20:47:25 ID:UH7mtBS8
神道は「穢れ」の概念が一番危険。

結局<人を脅して、金儲け>の典型だからな。

208 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/05(日) 20:54:35 ID:5dE92sF3
>>207
一部の神道系を名乗る新興宗教はそうです。危険です。

穢れについては前で丁寧に解説してくださった方がいますので、
参照してください。


209 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 07:22:54 ID:j9+cGG8z
>>207
それキリスト教

210 :202:2006/02/06(月) 23:19:59 ID:+eppweNU
>203さま
>204さま

親身に教えてくださって、ありがとうございます。
ご助言にそって、できる限りのことをしようと思っています。
諸事情で昨日はここに来ることができず、
お礼が遅れましたことを、お許しください。


211 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 22:17:12 ID:2RsJ/14L
>>209神道にもキリスト教にも穢れの概念はあるんだと思います
神道とキリスト教は地下で繋がってリンクしまくりです 驚きますね


212 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:50:46 ID:TpAjg7cl
穢れとはなに?
心の曇り?罪?人?物?場所?
何だろう・・・・・・?
そう言えば穢れについて金光教は少し神道とは異なる解釈しているね、
今では、お祓いの行事も無いとか。

213 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 13:44:01 ID:bWDERmxD
>>212
ソレ本当?どういう解釈?

214 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:48:39 ID:fhXuCvzN
キリストが日本来て神道を勉強して覚醒して帰ったんだよね

215 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 14:40:48 ID:kV/KDGKG
金光教は教派神道でありながら神道形式を否定している部分がある、本来
人・物には罪や穢れは無く気持の「心の罪・穢れは」大麻(祓い串)では
祓う事が出来ず、信心により心の改まりで祓われるのであると言う思想
がある祓行事は形式で大切なのは心の曇りをいかに自分が改まりの心の祓いが
出来るかにある、だから形式的な祓い行事はなくなりつつある。

「教え型神道」と「儀式型神道」の違いではないのか・・・・。

216 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 17:24:28 ID:oaZZa0Fp
ま、神道と大乗仏教は最強って事でFA?

217 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:28:24 ID:JnyWYy+O
ただの「新興宗教」と「民族の伝統」の違いである。

218 :くしこ:2006/02/13(月) 23:02:56 ID:4jgo9Dub
>>211キリスト教には穢れという概念はありませんw
罪すなわち欠陥ですね。

219 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 22:46:32 ID:kELo1Z4h
>>217それは違うんじゃないかな?

きみが理解出来ないのでは・・・?


220 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:40:09 ID:hrIja26r
数分の間隔でやましい心が発生します・・・
いつもは手に水と書いて心を落ち着かせてますが
神道式ではこういう場合どうするのでしょうか?
祝詞を読めば良いのでしょうか?どうか御教え下さい

221 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:04:56 ID:OuwaiFTb
>>220
『あ・ま・て・ら・す・お・ほ・み・か・み』と、心に日輪を思い描きながら10回唱える。

ところで、神葬の霊号って神主さんがくれるものなんですか?
某大人・某刀自命などが一般的ですが、
例えば『なんちゃら神』とかの霊号をいただくにはなにか業績を残してないと無理ですか?

222 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:24:51 ID:jBp+tKZU
>>221一般的にそうだと思います

神社神道は「神職」
教派神道は「教師=神職」

223 :真光隊OB(Rabitan):2006/02/17(金) 01:36:44 ID:gmfM/C2I
ラビタンの聖書ワールドリニューアルOPENです。
掲示板の書き込みお待ちしております。組み手のZUKAさんもいらしております。

プロフィールのラビタンの写真は削除しました、あまりにもブ男で中年太りなので  ̄(=∵=) ̄

http://www.geocities.co.jp/john_rabitan/


224 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 02:54:23 ID:BMOT/+Np
キリスト教に穢れは無いとしたらキリスト教でない者は活かしちゃおかない思想はなんであるか?

225 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 03:05:44 ID:kWeSFsN1
>>224
くしこさんも言うように、キリスト教では、異教徒は、罪人、即ち
欠陥人間と見るからです。禊祓で簡単に消え去る表面的な穢れでは
なく、殺さない限り除去できない内面的欠陥だと信じ込んでいるから
です。

ナチスのホロコーストのプログラムは、ルターの著書にそっくりその
まま書かれているそうです。

226 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 03:13:56 ID:kWeSFsN1
>>223
陳腐なクリスチャンのお前は、神道板から去れ。板が穢れる。

西洋かぶれの出口王仁三郎が、神道にキリスト教など持ち込んだため
神道が変質した。大本は、真光を初めとする神道系カルトの源泉。

227 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 03:18:49 ID:BMOT/+Np
穢れはキリスト教にもあるよ みんな知らないだけ

228 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 14:49:52 ID:7h06MkRU
キリスト教もキリストの神道からの学びから生まれたからね、宗教間の争いは悲しいね、2ちゃんねるで匿名を良いことに否定批判をする人達も悲しい。優しさ思いやりがないんだね

229 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 15:39:52 ID:uHIU9gTZ
>>226
キリスト教系の思想というか考え方が入ったのは明治維新からだ。
その頃には出口はいない。
馬鹿かお前は。

230 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:17:19 ID:qDO5mvqV
>>229
空海の時代にも、中国には景教徒がいた。ザビエルが日本に来たのは、
1549年。平田篤胤も、キリスト教の影響を受けている。

日本の歴史は、大げさに言えば、キリスト教的思想との闘いであった。
その戦いは、現在でも、保守対左翼という形で続いている。


231 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:27:16 ID:scFQwInX
>>230
キリスト教原理が強くなったのはやはり維新後だけどな。
薩長土佐の背後にはイギリスがいた訳でね。
幕府にも米国や欧州から接触はあったが。
中央集権体制はもろにキリスト教的一神教原理。
神道の変質がどうのっていうなら、まずは維新をやらかした連中に文句をつけるべき。
あれが天皇家の有り様も変質させたんだからな。

232 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:43:34 ID:+KOzcHTi
質問なんだけど、キリスト教徒の神職っていないの?

233 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 22:00:33 ID:ZLUtjg8y
>>231
明治維新は、キリスト教の影響を受けた平田派神道が、原動力となった。

234 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/17(金) 22:15:06 ID:rlhdrYG0
>>233

狂信的な一派ね…維新後はさっぱりだけどね。
馬鹿とハサミは使い様ってことですね。



235 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 23:20:18 ID:Yp8b4VZ2
スレ違いだったらすみません。
友達がNPO法人の神道国際学会のことを話していたので気になりました。
なんでも国連で神道に関係する唯一の団体とのこと
HPを見るとグローバル活動の欄がロシアと中国だけだったりして、左くさいんだけど
ここって評判いいんでしょうか?

236 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/17(金) 23:33:05 ID:rlhdrYG0
>>235
HP見られたんですね。
僕は関心がないから、申し訳無いけど、それ以上知りません。
社会的に影響力も無い弱小団体のようですから…
貴方が、その活動に賛意があるなら直接連絡を取ってみたらいいのでは?

日本の社会秩序が崩壊している今、海外より国内が個人的には
大切だとは思いますが。



237 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 23:39:59 ID:096yAXel
>>235
それ、ワールドメイトじゃなかったか……?

やっぱ平田大人には否定的な人が多いね……
キリスト教や、その母体になったユダヤ教でさえゾロアスター教に影響されてるのに、
(本来ユダヤに終末論はない)宗教に独創性を求めるほうがおかしいのでは。
確かに平田の思想には西洋の神智学じみたものがあるが、資料や情報といったものが限られていた時代において、各分野の学問を研究し、
一応は復古神道を体系立てたのだから少しは認めてあげるべきでは。
むしろ、極東の島国においてルドルフ・シュタイナーを先取りしていた。

238 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/17(金) 23:44:50 ID:rlhdrYG0
>>237
僕としては本居で完成されてた国学を、平田派が本居の権威を
利用してゲテモノにしたという解釈だけどね。

維新のイデオロギーの核になった事は否定しないけど…歴史的に

平田派は一理があっても百害の弊害が大きすぎる。


239 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:00:21 ID:StIzlAiN
>>238
本居大人の神道は『道』としての神道であり、
平田大人の神道は『教』だと理解しております。
明治の廃仏毀釈は、
徳川幕府の下に敷かれていた国家仏教体制を解体するという政治的意味合いもあったと思うので、
(生臭坊主に対する民衆の怒りも)
一概に平田派に罪をおっかぶせるのは、韓国の日帝悪史観と同じわけで。
むしろ、平田派のほうが後の国家神道なんてものよりよっぽど神道を理解していたと思いますが。
平田門弟は、神祇官に務めた後に、国家神道に絶望してやめてますよね。

240 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/18(土) 00:08:19 ID:3rnbg6/p
>>239
そう、本居の目的としたのは「古道」
平田は、それに「不純物」を付けて壮大な大系化を計った。
それが余計であり、その後の「トンデモ」を生む土壌となった。

現在蔓延ってる「トンデモ」を排除するには、まず平田を否定する
事から始めるべきです。


241 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:22:30 ID:StIzlAiN
>>240
不純物とはなにか、なにをもってトンデモとするのか。
それを言い始めたら、世界の宗教はすべてトンデモになってしまう。
仏陀が、56億7千万年後に弥勒菩薩が到来するとか、般若心経を読んだらどう思うか?
キリストが、救世主の到来とか、新約聖書を読んだらどう思うか?

平田を否定するのは結構です。
しかし、キリスト教もゾロアスター教の亡霊から最近まで逃れることができませんでした。
わたしはまだ待ってみるつもりでいます。

242 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:25:16 ID:WYm/cU5R
お前ら、立て替え立て直しもトンデモだと抜かすかw
トンデモな国の改革というか復古はイヤだ、そういうわけ?
もうトンデモないやり方しかロクに残ってないのに。

確かに酷いトンデモは多いけどな。
ワール○○イトとか、生○の家とか、M○Aだとか。

243 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/18(土) 00:37:18 ID:3rnbg6/p
神道の真の姿を知りたいなら、
万葉集、古今和歌集を読んで、その心映えを学ぶべきです。

神道は「トンデモ」派が言うよに万教の元であるとか、キリストも
釈迦も、孔子も来日して教えを学んだとか。
そんな、ハッタリを捏造する事なく、世界に誇るべき「道」です。


244 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:46:25 ID:StIzlAiN
>>243
平田派はそんなこと言ってないと思いますが?
天津教でしょう? 竹内巨麿とか。
むしろ大正〜昭和期の神道風カルトは、法華神道とか密教系神道が源流になってると思いますが。

245 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:47:56 ID:WYm/cU5R
ああ、神道ならそうだろうな、「道」だし。
でも、そのトンデモ説とやらが実際どうだったのか、君調べたの?
というよりも知ってるの?

どっちだっていいけどな。
トンデモカルトも神道関係者も邪魔するかまるで役に立たないか足引っ張るかだけだし。
程度の違いでしかない。

246 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:50:11 ID:EmcC0BDG
>>241
キリスト教の思想は、自然や人間から全く乖離し、人間性の洞察や人間に対する
「愛」を欠き、偽善に満ちている点で、トンデモの典型。軽薄にも、それを猿真
似した平田や出口の罪は大きい。

247 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:52:35 ID:MJcbqeRO
神道関係者も偽善に満ちてるけどな。
小泉持ち上げた中にはお前らもしっかり入っているし。
でも、こりゃマズいとなってもおろしには動こうとしなかったし。
その程度の責任は取れよな。

248 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/02/18(土) 00:53:06 ID:3rnbg6/p
>>244
平田派の影響について過小評価してるね。

>>245
民神板にお友達が居ますので、そちらで遊んでください。


249 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:53:56 ID:StIzlAiN
>>246
むろん旧約・新約・聖書を読んだ上で批判なされているのですよね?

250 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:53:57 ID:WYm/cU5R
>>248
相手する気もねーよ。安心しろ。
それは確かだから、心配するな。

去るよw

251 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:10:37 ID:Xffw5PZI
平田って人がキリスト教に影響されたって?平田って人はキリスト教を迫害したひとだと
思いましたが思い違いでしたか。そうですか。

252 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:10:40 ID:EmcC0BDG
>>249
旧約と新約とでは、全く性質が異なる。新約は、イエスを神格化するために
旧約を歪曲し、こじつけ、利用したに過ぎない。新約の言葉は、すべてきれい
ごと、内容空虚な比喩、矛盾と偽善に満ち、反論が可能である。

旧約には、残酷な場面も多いが、人間性の洞察が存在し、人間についての骨太
の真理を語っていると思う。しかし、心的外傷から発生し、ユダヤ・キリスト
・イスラム一神教の源泉となったという意味で、旧約にも問題がある。

253 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:15:10 ID:xkmer2Jj
ここは神道スレだから聖書談義もほどほどに。

254 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:19:28 ID:WYm/cU5R
>>252
書き込まないつもりだったが、あまりにも痛いので一言。

イエスは道を示しただけだ。
その道が厳しいのは当たり前。
人間の魂を成長させる為の道だから、素晴らしい様であっても実行するのが厳しくて当たり前。
旧約はそういうもんがないからな、実際にあった有り様をまんま書いているだけ。
殆ど記録だから骨太も糞も無いよ。
ローマが認めた以後のキリスト教の思想はむしろ旧約に開き直ってる訳だが。
これが現実だ、って奴。後は黙示録。
イエスの言葉は看板に過ぎない。信者を集める為のな。
もっともそれ自体に意味があるのだが。

とにかく適当な「洞察」とかで切ったり貼ったりするのは止めろ。
何が心的外傷だw

255 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:32:03 ID:EmcC0BDG
>>254
>人間の魂を成長させる為の道

具体的にはどー言う意味?人間を罪人とし、自然の人間性から乖離し、観念
の遊戯に走ることは、精神の成長などではなく、むしろその堕落ではないか。

ニーチェ、フロイト、ユングや、最近の聖書学者たちのキリスト教批判に対して
どう答えるか。

神道は、キリスト教と対極にある故に、優れているのである。

256 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:38:19 ID:WYm/cU5R
解説書なんて読まずにまず福音書を読んでみろよ。
翻訳で十分だから。
ロクに読まずに人間性の否定とか言っているから駄目だって言うんだ。

話はその後だな。
読み終わる頃には、多分俺はここにはいないけどw

257 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:47:18 ID:EmcC0BDG
>>256
福音書などとっくに読んでる。イエスの言葉の裏にある矛盾、偽善、
冷血、差別が見抜けないのか。再来は善良な人間が、イエスの言葉を
信じたために狂い、史上最も多くの人間を、最も残酷な方法で殺して
きた「事実」が、その明白な証拠。

キリスト教などに共感を感じる者は、神道を語る資格はない。

258 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:51:31 ID:xkmer2Jj
>>257
>神道を語る資格はない。

お前は何様のつもりなんだよ。

259 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:57:27 ID:WYm/cU5R
10:25 すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」
10:26 イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、
10:27 彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」
10:28 イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」
10:29 しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。
10:30 イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。
10:31 ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。
10:32 同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。
10:33 ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、
10:34 近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。
10:35 そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』
10:36 さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」
10:37 律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」

マタイの福音書からだ。
よく読んで考えな。人間性から遠いとは何を持ってそう言っているのか。

260 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:58:10 ID:U8D7gNvj
ちなみにサマリア人と言うのはこれだ。

サマリア人 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%BA

> 彼等はユダヤ人にイスラエル人の血を穢した者といわれ迫害を受けていた。 また、捕囚から後、ア
> ッシリアの宗教とユダヤ教を混同したものを信じ、ユダヤ教に対抗して特別な教派を形成していた
> ため、ユダヤ人はサマリア人を正統信仰から外れた者達とみなし、交わりを嫌っていたこともわか
> っている。 実際、サマリア人はヘレニズム時代、ナーブルスのサマリア神殿にギリシアの神の像を
> 持ち込んだこともあった。

サマリア人ってのは要するに異教徒なんだよ。
でも、「隣人」なんだ。イエスはそう言っている。

キリスト教は多神教を嫌っている。それは確かだ。
しかし、イエスはそういう訳ではない。
あんまり適当な事を言うもんじゃないよ。

261 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 02:00:11 ID:V9KeqR7x
>>257
「神道」というのは君のような程度なのかね?
だから、ダメだというのだ。

ま、「キリスト教」も駄目なんだがねw
それも確かだ。

どちらも話にならない。

262 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 02:17:22 ID:V9KeqR7x
大体、ダメな方の旧約にシンパシー感じてるしな。
「我が神以外には神はいらない」って論理の。一神教信者とどこが違うのか。
そもそもなんで「新しい契約」が必要になったか少しは考えろ。
旧約は「天にまします我らが父」から駄目だしされてる訳だが。
そうじゃないとイエスは歴史に登場しないんだよ。
戯れにNew Testamentとか呼ばれてる訳じゃないんだよ。
こういう事には全てちゃんとした理由がある。偶然では無いの。
でも、ま、旧約の論理にしがみついたけどな。どいつもこいつも。
ぶっ殺す方が好きな連中ばっかりだったから。

トンデモだ、カルトだ、こんな事をヘラヘラ口にする割には、何一つわかっちゃいない。
貴様ら自身が十分トンデモだよ。

263 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 02:50:20 ID:U8D7gNvj
ついでだが、これも笑う所だ。

> ニーチェ、フロイト、ユングや、最近の聖書学者たちのキリスト教批判に対してどう答えるか。

こいつらって元々何信者?
で、どういう世界で生きてきて、どういう理屈を受け入れているの?
全員が全員、キリスト教世界の申し子達ですけど、何か?
こんな連中のゴタクを何真面目に受け取ってるんだよw
要するにな、連中には新約が重いんだよ。
敵を愛せ、公平に公正にする様に努めなさい。家庭を大事にしなさいよ。回りも大事にしなさいよ。
たったこれだけの事が連中には重い。
旧約と違って、自分達の欲望を肯定してくれないからな。
異教徒抹殺したいという俺達の気持ち。
異教徒ならレイプしたり、民族浄化とかしてもいいじゃん。そういう気持ち。
そういう気持ちを汲み取らない「新約のイエス」が難しい事を言う非人情な奴だと言っているだけ。

笑わせるw
キリスト教に宗旨替えしろよ、 ID:EmcC0BDG。
お前の攻撃欲を丸々肯定してくれるぞ。
特にプロテスタント、とりわけ福音主義派ならサイコーなはず。

ここまで言われて反省するか、あるいは恥をかかされたと恨むか。
そこでまた分岐する。
キツイ言葉だろうが、なかなか言っては貰えないぞ。
とりわけこの俺にはな。

264 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 10:18:05 ID:zZGubJ5X
>>259
キリスト教にすっかり嵌ってるようだな。それらの言葉の底に流れる矛盾、
誤り、偽善、独善、差別、押し付けがましさ、も見抜けないのか。「下手な
説教は止めれ」とイエスに言いたいところだ。

265 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 10:31:34 ID:vaPZjsRZ
神道も「穢れ」観念に毒されているのである。

266 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 16:59:04 ID:1QJHGZMo
>>237
やっぱり、ヤバイところでしたか。
こんなヤバイところが国連で活動していいんでしょうかね?
埼玉の従兄弟が秩父神社で式上げたけど…やばかったんだ…orz

267 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 18:12:28 ID:MJcbqeRO
>>264
何をいっても無駄だなw
呆れたもんだよ。

268 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 14:20:53 ID:VxGR54eV
すみません。質問です。
最近引越しをしてきた古屋の西北の柱に
「茅輪神事修行清明正有(有の下に一の字)之門」という御札が貼ってあります。
どういういわれの物かわかる人は居ませんか?

269 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 15:46:03 ID:PtBUIFVN
>>267
>何をいっても無駄だなw呆れたもんだよ。

それは、こちらが言いたい台詞。イエスの言葉や聖書の持つ本当の恐ろしさ
が判っていないな。

史上そして現在も、人類における大虐殺には、すべてキリスト教の影響がある。
モーセによるバール教徒の大虐殺、ルター、ホロコースト、マルクス主義は、
思想的には一直線に繋がっている。

オウムも、ヨハネの黙示録の影響がなければ、あそこまではやらなかった
だろう。




270 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 16:48:11 ID:48iNxTFM
>>268
陰陽道のかほりが漂ってますね……
天社土御門神道本庁のお札じゃないですか?

271 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 14:22:39 ID:qJk3pksy
日本も批准しているが、規約中の3つの条項
(公休日の報酬支払い、
公務員のスト権、
大学教育の無償化)
については「留保」している。
留保とは、批准の対象から外すことを宣言して批准することで、多国間条約ではしばしば認められる。
http://72.14.203.104/search?q=cache:plti5VlDQ4cJ:kw.allabout.co.jp/glossary/g_politics/w007978.htm+%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E8%A6%8F%E7%B4%84&hl=ja


自由権規約の選択議定書は未だ批准していない。
この議定書は、個人が国際機関である人権委員会に対し、人権侵害について通報する手続を定めたもので、人権を国際的に保障するための重要な条約である。
http://64.233.167.104/search?q=cache:Gj8d5vwU4rgJ:www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/hr_res/1986_2.html+%E9%81%B8%E6%8A%9E%E8%AD%B0%E5%AE%9A%E6%9B%B8&hl=ja


2. これに対し、自由権規約に定める権利については、締結国は、当然かつ即時に、かついかなる差別もなしにその領域内にある個人に対して保障しなければならないとされている。

6. 安倍前外務大臣も、去る昭和60年9月19日の第102国会決算委員会において、選択議定書に基づく実績を評価し、わが国の批准を前向きに検討する旨言明している。

また、中曽根首相は、昭和61年1月31日の第102国会参議院本会議において、批准にむけて前向きに検討する旨言明した。
http://64.233.167.104/search?q=cache:Gj8d5vwU4rgJ:www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/hr_res/1986_2.html+%E9%81%B8%E6%8A%9E%E8%AD%B0%E5%AE%9A%E6%9B%B8&hl=ja


神道の方々は,世界人権宣言についてどう思われますか
また,日本の難民認定の人数が先進国の中で一般水準に無いことはどう思われますか

272 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 08:02:39 ID:Qk29TGZ7
キリストとキリスト教、キリスト教徒をごちゃ混ぜにして考えちゃダメなんじゃ?


273 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 09:52:41 ID:jR56Fo3J
>>271
「人権」って、具体的にはそもそも何?誰の誰に対するもの?

「人権」「平和」「平等」「愛」などを声高に唱える人間に限って、実態は
その反対であることは、経験的事実。唱えた途端に観念化し、その実質が
失われ、偽善となる。それらは、唱えるものではなく、人知れず実行すべき
ものである。

イエスやキリスト教の「愛」が、その典型。本当に愛のある人間は、その言葉
を決して口にしない。

274 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 09:54:43 ID:qVR8zR0g
>>273
言葉を決して口にしないわけではないでしょう、教えるためには言葉が必要です。
しかしそれ以上に実行することが大事なのも事実です。

我々はまだまだ信仰が薄い証拠ですね・・

275 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 00:15:03 ID:hJIPgTVK
神道にシンパシーのある仏教徒です。

キリスト教の「愛」は、選別の愛じゃないの?
あれって憎と対置されているもので、絶対的な愛ではないよね。
仏教的にいえば、執着の残っている愛に過ぎない。愛執。
ま、これは一般論だよ。
個人的には素晴らしい人もいるけれど。
ただ原理的な意味で、聖書に書かれる「愛」は、どうもしっくり来ないね。
空観に基づく如来蔵思想や仏性観念と、仏教的慈悲は完全平等の契機になるけど、
十字架によって人間を2分割するキリスト教の「愛」は、
原罪観念の存在によって、それが選別的なものに堕しているように思えるんだけど。
旧約の愛と新約のそれは多少の変化が見られるけれど、
根本的に改宗が究極的な救いの要件であるキリスト教には限界があるように見えますが。
ま、聖書にそう書いてあるから信者さんに言っても水掛け論になりますが。

で、人権。
フランス革命期より蔓延した、似非観念ですね、それは。
あれは断じて「権利」というものではないよ。
あくまでも慈悲・(クリなら愛か?)によってなすべき問題、
つまり信仰や深い心の底から出てくるものを、
「権利」として掲げることで、どれだけのものが抜け落ちてきたか。
宗教者なら、「人権」なんか打ち捨てて、信仰で勝負すべきじゃないかなぁ。
難民問題については、その観点でまず第一に考えるべきことであり、
法律論や「人権論」などを中心にすることはふさわしくない、です。
あくまでもそれは手段であり、理念にはなりえないですから。

個人的には、難民についてはもう少し受け入れを増やしてもいいかな、とは思います。
世界人権宣言は大嫌いです。
人権という架空の幻想に基づいた条約は即時に廃棄すべきでしょう。
法律はもっとリアリズムに基づいたものであるべきで、理念の押し付けは勘弁です。

276 : :2006/02/23(木) 17:46:51 ID:ySKWTwbH
天皇家が信じている流派(?)ってどこですか?

277 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 17:58:37 ID:tvWojEfk
伊勢神宮じゃないの。

278 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 20:12:13 ID:7ilZf4KG
小泉が靖国を参拝する事は総合的にマイナスだが、伊勢神宮を参拝してる事で強運を身に付けてると思う

279 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 20:58:55 ID:/yBoAxuv
伊勢神宮の真の斎主は天皇陛下です。

280 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 23:59:58 ID:loN+zqIY
民主党も伊勢神宮に参拝していたと思う。

一生に一度はお伊勢参りいかないとね。

281 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 04:46:20 ID:FcFFuxLA
日本の歴史では60年周期で日本人の三人に一人が伊勢神宮に参拝する年が有るらしい。前回は1950年、次回は2010年。本当かな?

282 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 15:32:45 ID:XpvCxqPa
神社に初詣行ったら 
ろくな事だらけでした

283 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 22:33:59 ID:rHudmI/M
古事記で最も重要な教義は何ですか?

284 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 23:47:49 ID:4aPO2KYG
>>283
それは自分で見つけることです。
古事記が神典だと言っても、そこから得る解釈は人様々でしょう?
神代篇がしばしば重要視されることがありますが、人代篇の人と神々の関わりも重要――
いえ、人と神とが密接に関わってくることになるのですから、天地造化よりも一層大切だと思います。

己(存在そのものの神秘=神)が信じて歩んだ道こそが神道なのではないですか?

285 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 02:05:37 ID:Eb3qCLPg
今度、神道の方のお墓参りに行くのですが、
作法は普通の仏式と同じでよろしいのですか?
線香のかわりに果物などの供物をあげるというのは聞きましたが、
礼のときは普通に手を合わせるのですか? それとも偲び手ですか?

286 :月見うどん:2006/02/26(日) 07:54:53 ID:koP6fR1M
五十日祭が終わっておれば、普通の柏手でいいです。


287 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 14:02:26 ID:isufxELs
神道は一神教ですか?

288 :くしこ:2006/02/26(日) 16:23:29 ID:kHngQ81x
>>260相手論破するためにそう言ってるだけ。。。
他の箇所読んでみ。人の上に立つには人に仕えなさい。
まるでセールスよ。。。

あのね、向こうはとことんまで蔑視なのね。
その蔑視に正当性もたせて自らの蔑視を満足させつつも
他を従わせる手段が愛。。。

マザーテレサがインドでやったこと、考えてみ。。。
あんなことが平気で出来んのは、他に対する蔑視があるからよ。

289 :くしこ:2006/02/26(日) 16:24:51 ID:kHngQ81x
あのね、それからサマリア人のその当時の実態は?
今のサマリア人ってどう?

290 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 16:44:50 ID:pIpNZBE0
神道は多神教

291 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 17:20:09 ID:isufxELs
本当は一神教なんじゃないですか

292 :くしこ:2006/02/26(日) 22:41:19 ID:kHngQ81x
>>291日ユ同祖論だっか?

293 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 13:19:12 ID:Ioo9lwoi
天照皇大神は絶対神でしょう
その他の神々様は天使

294 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 13:53:41 ID:6MLB4Wz2
天照大神はイエスに相当でしょう。
絶対神は天御中主尊。

295 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 14:13:45 ID:DVKw137q
>>293-294高天原に絶対してはいまへん。

296 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 16:55:03 ID:/WZONaZE
絶対神に相当する存在はいるが、好き勝手やってる訳では無いしな。
それに高天原には絶対神みたいなのはいない。
いた方がいいかもしれないがなw

297 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 17:02:05 ID:/WZONaZE
>>288
> 相手論破するためにそう言ってるだけ。
それは違うな。
本当にそうならイエスは十字架に磔にはならんw
だが、それを利用した奴がいるな、それも事実。
それに人の上に立つには人に仕えなさい、ってのは悲しいかな事実だ。
日本の神の世界でも哀れなほどにそうなっているのが実態。
誰の事かはあえて言わないが。
人民や臣下というのはな、蔑視されてもしかるべきだと思うぞ。
責任者の苦悩なんぞ理解する気も無いので。能力が無いだけではなくて、気持ちもない。

でも、マザーテレサの件については同意だ。あれは酷いものだと思う。

298 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 21:52:05 ID:2YRWLM1s
別に、キリスト教だって必ずしも一神教的とはいえない。
キリスト・ユダヤ・イスラームの天使だって、古代中東の多神教時代の神々が、
ユダヤ教の成立とともに神からヤハウェの手下へと降格されたものである可能性が高い。
キリスト教が成立した時にも、ギリシャの神ヘルメスが天使エルヘルメスとして『帰依』している現象が見られる。

299 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 14:56:26 ID:6ZR+v7VE
>293
神棚に天照皇大神(神宮大麻)を中央にお奉りするのが、その根拠
神社庁も本当は神道は一神教と考えている、と思う


300 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 15:34:15 ID:hslt+oDr
>>298
>ギリシャの神ヘルメスが天使エルヘルメスとして『帰依』している現象が見られる。

ソースをお願いします。
>>299
あなたが言っているのは唯一神教ではないようですね。

301 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 21:04:43 ID:COPOoxXa
>>300
なにぶん、図書館で読んだ本にちょこっと書いてあったものなのでなんとも。
たしかイタリアかフランスの人が書いた本で、キリスト教のおおまかな流れを解説した本でした。


302 :名無しさん@3周年:2006/03/01(水) 21:00:58 ID:eWFM8ZYU
天照大神は仏教嫌いだというのは本当ですか?

303 :名無しさん@3周年:2006/03/02(木) 06:29:17 ID:SktWXnoC
>>302
まあそう言われていて、昔は剃髪者参拝禁止だった。
医者もね。
僧侶用の遥拝所が今でも伊勢神宮にあるよ。

ただ事実としては、天照が仏教キライというよりは、
伊勢神官が仏教嫌いだったというのが実態だよ。
両部神道なんかてせ押されてたし、伊勢神道から仏教色を排除したいという防衛意識。

304 :名無しさん@3周年:2006/03/02(木) 20:07:14 ID:lqACkiPc
御神体が壊れるとそこに宿る神は死にますか?

305 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 03:01:05 ID:VlJoHnnE
死なないでしょう。
神木から作り出した神像や仏像などがありますから。

306 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 18:09:54 ID:bqOhxCeV
つまんない質問ですが
初詣のときにいただいた御守りの結びが
ほどけてしまいました。
これってどうなんでしょう?
縁起物ですし、何となく心にひっかかるのですが・・・

307 :月見うどん:2006/03/03(金) 18:24:18 ID:n1qlssJr
ほどけてもいいですよ。首に掛けるために、わざとほどく場合もあります。


308 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 21:55:51 ID:VlJoHnnE
民神板の平田スレ荒れてますなぁ……
天津教関係者がいっらしゃるようで。

309 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 23:03:32 ID:TMzaBCc1
猫に残虐な事をするとどう祟るのでしょうか?子孫にも祟るんでしょうか?どなたかよろしくお願いします

310 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 23:05:07 ID:bqOhxCeV
>>307
306です。ありがとです。
スッキリしました・・・

311 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 12:54:40 ID:SKVCJsyy
神道は単なる怨霊信仰です。教義も無い。万物に神が宿る、という物ですが、
そんなのあたりまえなような気が・・・

312 :tomo:2006/03/04(土) 15:16:21 ID:1N36TXiE
>>311
あたりまえではないという考えから見ると邪教。
あなたは充分神道に侵されていますね。


313 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 15:33:09 ID:wq5dRmoj
仕事の都合でこれからイスラム教徒の中で当分の間暮らす事になりました。
彼らはすぐ他人を改宗させようとするので、「俺は神道だ!」と胸を張って
言いたいのですが、神道の事は何も知りません。
どこかおすすめのサイトありますか?

314 :tomo:2006/03/04(土) 15:35:58 ID:1N36TXiE
世界的に有名になった「もったいない」と言う思想が、万物に神が宿ることを信じている
日本人の姿勢だと言えますね。

315 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/03/04(土) 21:03:27 ID:2dBxyQbf
>>313
正直なところ、彼らに神道を理解させようとするのは危険です。

彼らが敵視しているキリスト教とは何ら関係のないものである
事を強調して、イスラムの習慣で無理のないところは一緒にやって
みたらどうでしょうか?
神道を宗教としてでなく文化の中にある、その核となる心こそ
神道。そういう考え方もあります、

外国で宗教と政治の話は極力避けた方がいいでしょう。



316 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 23:24:55 ID:/QlKscNX
べつにイスラム教が全部過激なわけじゃないけどね。
バックパッカーなんかは結構お世話になってるんじゃないかな。

317 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/03/05(日) 00:09:36 ID:7OFDmACk
>>316
宗教を話題にする危険性を言ったまでです。

砂漠の民は「客人」には親切です。それはイスラムの教えだからです。


318 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 12:18:49 ID:Pw44fZBQ
>>317
客人にはとっても親切だよね。
インドではお世話に成ったよ。
ただ、隣人になった時はまた話が違うわけだが。
イスラムの人と宗教討論する場合、命を賭けてやる覚悟ないならやめとけ。
まあインテリで外国事情に通じたムスリムなら別に構わないんだが、
その場合、おまいらがそいつに太刀打ちできるだけの知識があるかどうか・・・w

俺もだが。

319 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 20:37:50 ID:Uy8kK3SP
みんなよく覚えておけよ。
天照大神はじめ日本の神々は、ほとんどが実在した人物なんだ!
実在した生身の人間を神と崇められるか?

控訴審天照大神というが、イセジングウで最も大切に祀られてるのは
オオク荷主三言なんだよ。

なぜ祀るかって?祟るからだよ。。。。

これは、テンノウケのまえに日本を紙背していた部族が射た証拠さ!!!
現在の新党の根源は、富士原氏が策略で作った、ウソ8百の州境。。。

テンノウケと富士原氏は、イズモ新(オオク荷主・ニギハ野卑)という
テンノウケ以前の日本のシハイシャの影に怯えてるのさ!

320 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 20:48:44 ID:yhe3UqGr
どこのカルト?

321 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 21:02:49 ID:5wUZ9rCm
>>320
 >>319のそれが神道ってことだろ? 神道に怨霊慰撫の性格が大きい
ことは日本史の常識だが、明確な歴史書のない古代史に敷衍させれば、
そういう話になる

322 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 21:08:05 ID:Uy8kK3SP
ついでに言うと、
明治威信でもう一度ネジレテルんだよ。
だから、本来の日本神道なんて影も形も無いってこと!!!

323 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 21:15:56 ID:Uy8kK3SP
このインチキな神道の経典は、
日本書紀と古事記ということになるが。。。。
ナカトミ神道と言ってな。

それ以前のモノノベシや曽我氏、終り氏、へぐり氏、桂木氏などの
古代豪族達のようなテンノウケに匹敵する勢力を駆逐する目的だ!!!

つまり、テンノウケと富士原氏の反映のために作られた、
ということらしい。。。。。。

324 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 21:22:49 ID:Mbl2w6AK
>それは違うな。
あんたはユダヤ人に知り合いいる?
知り合い出来たらその構造は良く分かると思うよ。。。

325 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 21:43:08 ID:Uy8kK3SP
それって、日ユ同祖論だろ?
ユダヤって、秦氏のことだろうが。

326 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 21:45:31 ID:Uy8kK3SP
俺は、讃岐籐氏の末裔だよ。
つまり、東漢氏の末裔とも言える。
秦氏の親戚だぜ!フッフッフ!

327 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/03/05(日) 22:09:33 ID:7OFDmACk
早々に没落しちゃったね


328 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 22:12:14 ID:oyvbi1o+
>>326
下記のスレであなたと気の合う仲間が見つかるかもしれません。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1139762455/201-300

329 :くしこ:2006/03/05(日) 22:55:31 ID:Mbl2w6AK
>>323あれらを経典化してはいけないよw
あれは国の書であって、経典じゃないしさ。。。

>>325ゴメソ。>>297の件よ。十字架に磔になった件よ。。。

330 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 00:12:55 ID:MCZoJkPT
ここはMMRなスレですね。

……神道も、いっそ平田篤胤あたりで固めちゃったほうが、
今頃こんなにゴタゴタしてなかったかもね。

331 :くしこ:2006/03/06(月) 00:25:39 ID:ld4j5Fyx
>>330何で?あの方の言い分だけとなると、
まだ足りてないなぁ。。。
とにかく姓や土地で変わったりしてややこしいのよ。。。
神道っていうのはね。。。宗教というのともまた違うしさ。。。

平田さんは、色んな宗教も研究してる人だったから、
そっちへの傾きがどうしてもあんのよ。

332 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 00:30:39 ID:c+MIlAnO
>>329
> あのね、向こうはとことんまで蔑視なのね。
> その蔑視に正当性もたせて自らの蔑視を満足させつつも
> 他を従わせる手段が愛。。。

ここの事だろ?
わかってんだよ、そんな事は。
「ユダヤ人」なんて別にどうだっていい。連中についてはくしこが書いている通りだ。
わかってて書いてるの。いい加減それと悟れ。
差別、被差別を利用して自分達を選民にするような連中の根性なんぞわかっとる。

333 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 09:38:59 ID:4pgIQ75/
質問します。
神道における月とはどのようなものなのでしょうか?

また、初心者向きに神道を解説しているおすすめHPありますか?
初心者向きでなくても、これはお勧め!というのがあったらぜひ教えてください。
一応、靖国神社と神社オンラインネットワーク連盟はブックマークしてありますが…。

334 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 12:59:01 ID:3uskgb5M
>>333
伊勢神宮のサイト行った?

335 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 13:04:56 ID:6hXz5v6b
月読命のことか?
天照大神の弟か妹ってやつ。。。。

336 :御三体の大神:2006/03/06(月) 14:19:40 ID:X8NOKEHH
アマテラスとスサノオは有名だけど、ツキヨミノミコトは地味だよね

337 :くしこ:2006/03/06(月) 17:46:09 ID:k28fuP+t
>>332あら、そう。。。それは悪かった。
でもね、どうも私はイエスさんと神社仏閣板を
荒らしてた腐れ釜宮司の姿がどうもダブるのよね。。。
彼も肉体の死を望んでるしね。

338 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/03/06(月) 19:40:21 ID:f9ZP4SxO
>>319
しかも、天照大神はどうみても「男性」だったんだもんね。
だって、伊勢神宮に行けば天照大神の肖像画があるけど、誰がどう見ても男性だったとしか思えない。
ちなみに、「天の岩戸」も、伊勢神宮から南へ11キロほどのところに、実在しているじゃないかw
きっと、スサノオの軍勢に取り囲まれて、彼はそこに篭城していたのであろう。
…そんでもって、篭城を解いた時間帯の頃に日の出を迎えたというのが本当のことなんじゃないかな?
包囲するスサノオの軍勢も、お酒を用意しておいて、岩戸を取り囲んで酒宴でもやっていたんだろうね。
絶対に、これが「岩戸びらき」の真相だったと思う。

339 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 19:44:20 ID:uM/tMzgU
感情まかせ

340 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 21:06:35 ID:o0m2MpDM
>>336
だって
生まれてすぐどっかいっちゃったもん

341 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 22:13:16 ID:p8WKpdzL
確かに、天照大神は男だったはず。
しかし、男だと困る勢力がいたんだよ。
日本書紀編纂の総責任者である藤原不比人。
天武朝では干されてたんだが、持統に拾われた。
だから、持統(天智の後継)、そして藤原氏の正当性
を何とか内外に示す必要があった。

天照大神は、持統をイメージしてたと思う。
だから、女神でなくてはならなかった。。。

342 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 22:43:38 ID:MCZoJkPT
続きはこちらの雑誌に投稿していただけませんか?
http://www.gakken.co.jp/mu/

343 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 00:52:07 ID:BasYrTs0
>>337
イエスについては色々あるんだよ。
日本で言えば聖徳太子みたいなものらしい。
ああする事がベストとは言えなかったが、諸事情によりしょうがなかった、みたいな。
なんであれだけ広まったかを考えてみればいいだろ。
神事であったのは間違いないんだよ、イエスについては。
仏陀とかもそうだが。
しかし、それは今のキリスト教やユダヤ人の良し悪しとは別個の事だ。
イエスをたてにとっても連中がそれで許されるという訳ではない。
だから・・・、って事もあるだろ。
布教には実に役に立ってもらったが、
そろそろイエスにはウザいので逸話もろとも消えてもらいたいなぁw、みたいな。
所謂、宗教改革とかはぶっちゃけ言えばそういう事でしかない。

344 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 10:29:58 ID:aKMdLrK7
何で、最後にwが付くんだ??????

345 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 10:30:56 ID:aKMdLrK7
今、流行ってんのか?
俺は、流行には疎いからわからん!!

346 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 13:09:32 ID:ruLahIrK
皇祖 天照大御神聖像
天降 天照皇大神聖像
ttp://www.miidusha.jp/28/2371.html?*session*id*key*=*session*id*val*

347 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 13:11:30 ID:aKMdLrK7
要するに、
八百万の神々って、実在した人間なんでしょう?
人間を神に見立てるなんてナンセンス!!
菅原道真・楠木正成・・・・・松下幸之助。
「我々凡人よりちょっとだけ上」ってのが
神様なんて笑っちゃうね。
みんな神様なんて、
結局、凡人まで神様にしてしまう靖国神社までいくんだなあ。。。

348 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 13:13:28 ID:aKMdLrK7
神や仏っていうのは、
人間なんか手の届かない
圧倒的な存在でなければならない。

そうでなければ、自然崇拝のほうがまだマシ!!!!

349 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 13:23:02 ID:iLy8o/8q
>>347
 貴方がその位になれるなら、大いに笑ってくれ給え
>>348
 どーして? 少なくとも釈迦が解脱を経て、仏陀へと
生前到達した事位は判るよね?
 少なくとも我々の人間社会を信じるに値するかどうかだな

350 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 18:30:59 ID:aKMdLrK7
おれは、仏陀より大日如来の方が上だと思うな。。。

351 :月見うどん ◆Zbk.TrDrMY :2006/03/07(火) 19:02:22 ID:qoEOSDCB
>>348
それはキリスト教のGODであって神ではありません。

>>350
仏教質問箱で聞いてみてください。


352 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 22:34:06 ID:1ojOclkh
人間の中でも、釈迦は「仏の道」を人々に説いた。
イエスキリストも、孔子もそう。
その意味では、生身の人間でも「神」に値する。

しかし、日本神話の八百万の神々が
いったい何を人々に説いたと言うんだ?

何もしていないだろうが!!

353 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 22:35:36 ID:uIEt+RVs
わしにはわからん。
アホじゃけえ。

354 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 22:42:02 ID:1ojOclkh
この世は、大自然の法則・大宇宙の法則で成り立っている。
だから、自然崇拝大いに結構。
コレこそが「神」であり、「創造主」なんだ!!

日本の神道の神々は、ただの弥生人
そして、神道には経典が無い。
「記紀」は、神々がいた遥か後年、何百年も後に
ある思惑を持った一握りの人間達によって作成された。

神々が説いたものではない。
それにもまして、「記紀」は最も大切な「正史」を隠蔽して
ある勢力に有利なように、編纂されている。

何度も言う。日本の神々は「神」に値しない!

355 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 22:45:52 ID:gKPnJQPM
表には出ないだろうね
来るとしても眷属しかよこさないよ
ちなみに神社や仏閣へ行って、神や仏とは関われるのかな
日本には「言挙げせず」という惟神の道があるのだよ
経典は不要 原理主義とか争いのもとになるよ

356 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 09:41:51 ID:zaFXM7CH
大自然・大宇宙は、我々に「生命」というかけがえの無い
ご利益を下さった。

それが「神」というものだ。
八百万の神々は、そう言う意味では神とは言えない。

357 :南無大師遍照金剛:2006/03/08(水) 09:49:03 ID:8dLg/rMX
ヽ(´∇`)ノ神社におわす神神と、他の神様ごっちゃ。言葉同じでも違う意味なの気付かないのかえ?

358 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 12:08:05 ID:zaFXM7CH
神社におわすのは、ただの「先人」!!!

359 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 12:10:20 ID:zaFXM7CH
そうそう、靖国神社の昔(弥生時代)版だよな。
何にも偉くない。

360 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 12:12:37 ID:zaFXM7CH
南無大師遍照金剛さんよ。
俺は、真言宗なんで弘法大師崇拝してるよ。
故郷の英雄だからな。

でも神道は受け付けないネ、生理的に。。。

361 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 13:02:31 ID:B3VY/FIt
>日本の神道の神々は、ただの弥生人

幸福の科学の本に書いてあったことだな。

362 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 14:55:37 ID:lAWmveS3
だったら、祭祀を引き継いでいくことにはどんな意味があるの?
そこが、自然崇拝の意味なんじゃ?

363 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 14:59:38 ID:zaFXM7CH
祭祀を引き継いでいくこと
と自然崇拝。なんか関連有るか?

364 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 17:52:53 ID:U57Vmb60
神に意味や善悪や教えを求めること自体が
邪道。
神はあるがままで神。

365 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 20:22:35 ID:yVpzca9a
というか自分の身をわきまえてから日本の神を批判してほしいね。
自分の霊性はなんぼのもんなんでしょうね。

366 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 20:55:55 ID:yvgyCeM0
日本の神?
日本は何でもかんでも神にし過ぎ!!
最後は魚の頭でも神様。
だから、靖国になる。死んだらみんな神様。

367 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 21:00:19 ID:yvgyCeM0
神とGODを分けるべきではない。
神は一つ!
圧倒的な存在であり、大宇宙の法則の支配者。
そして、イエスや釈迦は神と我々非力な人間との仲介役!

368 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 21:02:37 ID:R5rK2z+b
>>366
そんなことないよ。
神がいないとおもったら、
田圃にしたり活用するんだってよ。
神がいるから手を加えないんだって。

369 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 21:08:41 ID:Fk2g7CQJ
質問。天津神って唯一、独りの神なんでそ?
ってことは伊勢神宮では一神教に祈ってんの?

370 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 21:23:03 ID:KTIvI8Pt
……('A`)
神とは、到達すべき目標だ。

つか、もっと創造的な会話をしろよ。

371 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 22:47:07 ID:Fk2g7CQJ
>>370
おまいのそりゃあ〜国津神の方だお。

372 :tomo:2006/03/09(木) 10:20:40 ID:C/o9Akkq
>>369
中心に居るのはアメノミナカヌシ、創造したのは代々の神が分業しているね。
いろんな神社で、職業にかかわりのある神を祀ったり、土地に関係のある神を祀ったり。
アマテラスは日本の守り神とでも考えたらいいかな?

「神」という概念がひとつでも、働きは多様。個人の個性もその中のひとつ。
働きを分業したからと言って、「神」が「多神」になったと言うことではないとおも。

373 :tomo:2006/03/09(木) 15:40:59 ID:ZgW7nOzI
>>396さんへの間違い

374 :tomo:2006/03/09(木) 15:42:21 ID:ZgW7nOzI
↑間違いです。ぼけてました。

375 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 21:25:10 ID:Pv+dSAHl
天之御中主神は、あとで付け加えられたんじゃないの?
あまりにも、神道が迫力に欠けるから。。。
やっぱり、創造主っぽいキャラも必要だからね!

376 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 21:29:15 ID:GPZugxd8
という意見もあとで付け加えられたものだね

377 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 21:42:09 ID:t/qG7+zp
いや、まあ……
古事記の編集者だって片手に煎餅齧りながら書いてたわけじゃなかろうし、
ラヴクラフトくらいの遊び心で始原神を創作したわけじゃないだろうけど、
渡来系氏族の神話が採用された可能性もあるよね。

378 :369:2006/03/09(木) 23:58:39 ID:f+caDBcw
>>372
ありがとんくす。勉強になりますた。
>中心に居るのはアメノミナカヌシ
天之御中主神の神の名そのものだね。
もしおれが神道教徒?だったら祈りはこの神へ祈るね。と、あと2つの神、高御産巣日神、神産巣日神に。
それ以外は偶像となる。なぜなら神の業は賛美の対象とはなっても神ではないからだ。

と、まあーキリスト教徒改革派のもれは思う。神道に↑こんな教派ある?


379 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 06:59:26 ID:fqde0ImI
>神道における月とはどのようなものなのでしょうか?

月は太古に地球に異常接近して、今の地球の海水になっている水とレアメタルを降らせた。
このとき一緒に蛇も降ってきた。レアメタルと石油の存在分布、それに蛇が多く住んでいる地域は
ほぼ完全に一致する。月は太陽霊界の神道から観ると邪星で、月の精を受けている国には
インド、米国、大方のイスラム国、ドイツ等があるが、どれも爬虫類の影響を頭に受けた野蛮な
畜生国だ。

380 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 08:52:21 ID:cKPjBkGd
日本人に一番あった宗教だな。教義で凝り固まった外国の宗教は日本にあわない。


381 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 10:38:13 ID:+6g8ehhz
>>378
ちなみに「主」という言葉は天之御中主神から一文字とって
日本では名づけられている。
明らかに誰が見てもヘブライ語でも英語でもないからな。
「神」といい、日本のキリスト教は日本の神道の神様たちを通して
信仰をしている。

382 :tomo:2006/03/10(金) 18:20:44 ID:A2C+ibj0
>>378
主「ス」神への信仰は真光がそうだよね。
でも、トンデモ話もかなりあるらしい。

383 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:20:41 ID:eza7Xphr
>>381
形式に厳格なハイチャーチの様な理解ですね。イングランドの国教会のようです。
聖書の言葉の意味を規定するものは言語ではなく聖書全体でつまり神との関係においてなのです。
聖書では「主」とはイエス・キリストを指し示します。
イエス・キリストとは神の選民の贖い主(預言者・祭司・王の職務)です。
>「神」といい、日本のキリスト教は日本の神道の神様たちを通して
>信仰をしている。
というよりも信じる神が異なるが同じ日本人であるが故に神道の伝統文化への反抗が
信仰をハッキリさせ支えているとおも。そういう意味では神道に依存している。
日本のキリスト教は信仰と希望と愛が弱く色んな事への免疫が弱いとおも。


384 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:46:28 ID:eza7Xphr
>>383
トンデモっつうのは大体想像が付く。
多分、形式や教義に公的性を失って極めて私的な世界をつくっちゃってるんだとおも。
キリスト教のように文書になっててもそれは困難です。
伊勢神宮のように日本の四季、自然、国家、文化、支配者を精一杯導入してもなんかチンケな木や岩を神の宮にしちゃってたりするわけだし。

385 :384:2006/03/10(金) 23:50:43 ID:eza7Xphr
訂正
>>383>>382

386 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:52:17 ID:w/V5UIZl
なんかチンケな・・・なんだぁ
君は物質信仰者だね

387 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 00:06:23 ID:BjS/teg8
>>386
失礼。
1400年も神殿に祈りに行ってると道端でなんかに愛着湧いたりするのは分かる。
きっと神の被造物への慈しみを伝えたかったんだろう。

388 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 00:14:36 ID:OieKvO6I
道端にはあまり霊はいないと思うよ。
霊感はないのかな?
だいたい行き場のないのは神社仏閣に集まっていくよ。
神はわからないけどね。正直。

389 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 12:18:11 ID:uRqx0/C8
>神の被造物
おバカさん

390 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 15:47:51 ID:eAKztVzC
神道の神々って、何かを極めたり、成し遂げたりした人間なんだよね?その記念を風化させない為に、神社があるんだよね?
神道って、生きる道を学ぶ為に在るものですよね?

391 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 18:30:19 ID:0OGT0A3A
>>388
私に霊感はないが、
知り合いの姉御がそういうの見える人で、
京都に修学旅行に行ったとき、わらわら霊がいて眠れなかった言ってたな……

やはりああいう所は集まるんですかねぇ

392 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 13:35:06 ID:vqyheogV
そのままの命を自他に感じ生きるのが、かんながらの道。

393 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 15:24:41 ID:o80DWntY
キリスト教や仏教では悪魔や悪鬼と呼ばれている悪い精霊は
神道ではなんと呼ばれていたのでしょうか?

394 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 21:59:26 ID:R6GbKmAG
精々マカツビ大神ぐらいかな?

395 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 22:00:06 ID:R6GbKmAG
悪魔みたいな絶対悪の存在って神道にないんだよ。

396 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 02:32:06 ID:MNK0jLuN
まつろわぬかみ
あらぶるかみ

あたりかな?強いて関連付けるなら。
あらぶるかみは一概に悪神だとはいえないけど、
駿河風土記逸聞には、海神の妻に会いに行く山の神の邪魔をする
神を「あらぶるかみ」と呼んでいるから、含めても問題ないと思われ。

397 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 17:02:22 ID:8L90MDSe
神道の祭りとは、簡単に言えば、生命に対する感謝の気持ちを表現する手段ということでしょうか?

398 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 17:09:17 ID:1fjhe47h
手段っていうか、神様を祭ることそのものだよ

399 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 17:11:14 ID:1fjhe47h
伊勢神宮では毎食祭られているよ

400 :え?服はもう脱ぐの?:2006/03/20(月) 17:25:05 ID:cF0Ov0DF
竹村健一さんがテレビ(報道2001)で神道を見直そうとか
言ってたよね。

みなさんはどう思ってるかな?

あのおっさんはもうボケたと思う人いる?


401 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 18:20:19 ID:Z9k0X7PZ
>>397
祭神によって違う。


402 :スライマーン・ビン・アブドゥルハキーム ◆EUrIm32/Zk :2006/03/26(日) 01:59:39 ID:0kwc7CwE
>>396あまつみかぼしもいるよ

403 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 01:13:01 ID:tNeDUK73
明階二級神職の有難いお言葉集

793 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:11:39
そうは言っても、神道のこと、普段はあまり考えてもいないんだけど。
神様は言葉さえ超越された御存在だから、言葉や理論理屈で考えすぎると、
神様を自分の作り上げた小さな枠の中に押し込めちゃわないかしら?
分からないことは分からないままでよい!
考えることをあきらめろ!
それよりもむしろ、感じることを優先させろ!
神の道は、学問に有らず!
感性で感じ取り、経験を積んで行く、真の道なり!

796 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:14:04
>>794
まず最初に人間そのものが霊的存在だと実感できないで、その次は無いのよ!

798 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:23:10
もっと言うと、肉体を超えて、物質さえも超えて発動する霊験や神秘的体験は厳然として存在するでしょ?
三次元の物を超えて発動するってことは、物体を超えた霊的なものを想定しない限り、
そこで思考停止しちゃうんじゃないかしら?

404 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 01:14:09 ID:tNeDUK73
803 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:30:48
>>801
肉体のみが人間にあらず!
肉体以外に見えないものも付加されているのが人間なの!
目に見えないものもひっくるめて人間なの♪

808 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:33:54
>>806
いいえ、霊体が肉体に覆い被さっているって考えると分かりやすいかもね?

812 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:38:24
>>810
説じゃなくって、実体験ね♪

817 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:42:58
>>814
先人の残した言葉は尊重しなければいけないけど、
それを元にした自分自身の実体験を積まない限り、神道も空疎なものになっちゃうの♪
また、霊が教えたのではなくって、私自身が肉体を忘れ霊そのものになったってことなの♪

405 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 01:15:12 ID:tNeDUK73
823 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:51:58
>>819
何教の説だろうと関係無い!
実際に神様が教えてくださったことだからね。
もちろん祓え禊は厳修したあげくだからね。

827 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 15:56:09
>>824
ダメだなあ!こりゃ?
寝ている時だって肉体は忘れているわよ♪
忘れるってことは否定することじゃないからね♪
時には引っかかりを取っ払って、魂を自由闊達に遊ばせてあげることなの♪
そうすることで、人間は肉体を持っていても、肉体そのものが人間じゃ無い!
肉体を持っていても、肉体をはるかに超越した、霊的存在ってわかるのよ♪

831 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:00:12
>>826
実際の生きた体験から生きた神様に学んだことですのよ♪
神様を冒涜してるじゃ無いの!
れっきとした神社の神様日本の神様からの物なのに、
「真言密教の即身成仏」とは聞いて呆れるね!
変なレッテルを貼って神様を冒涜して、何よ!

406 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 01:18:42 ID:I3umthF/
835 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:03:15
>>830
分かる分からないというようなレベルの問題じゃ無いの!
実際に有る!ってことなの。
実際に肉体から抜け出して、意識のみが空中に浮揚するの!
言霊も感じるか感じないかの問題なのね♪

847 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:10:06
>>836
自説だって?聞かれ請われるからあえて言葉に直してるだけ。
むしろ、実体験をモニターしコメントしてるだけ♪
頭で組み立てたものじゃなくって、実体験って言ったほうが正しいの♪
体験したから体験を述べてどこが悪いの?

855 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:15:43
>>851
お寿司食べておいしいって言ってどこが悪いの?
実体験を体験したまま、感じたまま、語ってどこが悪いの?
同じ事でしょ!

407 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 01:20:34 ID:I3umthF/
874 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:29:28
>>870
決め付けるなよ!
何も知らないでおいて!
誰もあなたの言うこと感動しないけど、
どうしてか分かる?
魂が込められていないからなの!
☆なぜか?霊的なものが分からない人に魂の込めようが無いってこと!

881 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:33:41
>>875
最近は性的犯罪者の増加で大神様もお嘆きなの♪
全ての性的犯罪者の罪の購い(日本語だから文句言うな!)のために、
誓いを立てている自分もいるってわかってよね♪
真剣に考えると、悲しくなる出来事が多すぎる!
少しでも多くの人の罪の身代わりに慣れるなら本望なの♪

890 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:41:10
>>886
CDによって、祝詞を奏上する人が増えた。
CDが流れる空間は清められている。
CDの普及によって、人間の想念の世界が着実に清められてきている。
おかげで人間社会が明るくなりつつある。
世界史的に見ても画期的な出来事になりつつある!

408 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 01:21:05 ID:I3umthF/
904 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 16:49:51
>>899
神主も中取り持ちとして尊敬される。
私を信頼しなければ、2万〜3万円お供えする気にならない!

929 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2006/03/23(木) 17:03:19
だから、神社の大神様の御神霊と俗霊とごっちゃにしないで欲しい!

もう、十分に意を尽くしたから退きますね♪
あとは勝手に1000まで埋めてください!さようなら♪

409 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 02:10:51 ID:5qKBuLPQ
以上、上野八幡神社宮司 太田伝也先生の御発言。
大変素晴らしいとは思いませんか?

410 :名無しさん@3周年:2006/03/29(水) 00:06:48 ID:v52Gskwa
意外と宮司は勉強不足なのがよくわかった。


411 :名無しさん@3周年:2006/03/29(水) 02:19:39 ID:pgT0YbGK
ある神道研究家(だったと思う)の書いた本のタイトルと著者名を
ご存じの方を探してますが、
どこで質問すればよいでしょうか?

412 :名無しさん@3周年:2006/03/29(水) 15:55:28 ID:zvtOKsIu
何を聞きたいのか、さっぱり訳の判らん質問

413 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 00:35:43 ID:XF9oax4F
キリスト教には聖書をもとにした創造論があり、進化論を否定してますが、
神道には古事記や日本書紀をもとにした創造論はありますか?

414 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 01:26:11 ID:zK868WfQ
えー、答えがないわけではないですが、
それを訊くと十人十色の答えが返ってくると思いますよ?
そういう部分は、個々人が記紀を読んで勝手に解釈してる場合が多いので。

進化論自体は、支持してる神主さんをよく見かけますね。おハゲさんもですが。

415 :411:2006/03/30(木) 02:07:56 ID:ARp6RPMw
>422

こちらのスレで質問してもいいのですか?
それなら質問させて頂きますが。
どこか適当なスレに誘導してもらってから
そこで具体的な質問をする仕組みになってるのだと
思ってましたので。

ある神道研究家が五年ほど前に書いた本を
読みかけてなくしてしまいました。
本を特定できたら探して続きを読んでみたいのです。
本の中でその人の中にスサノオの魂が
入ってきたと書かれてました。
スサノオが入ってくる際にスサノオに対して条件をいくつか
出したと書かれてました。
その人は中年くらいの男性で
東京の方で何か神道関係の研究会のようなものを
主催されてます。
古神道を勉強したとか、神主の得度をとったとか
書かれていたように記憶しています。
少ない情報ですが、
もし、著者名とかタイトルをご存じの方がいらっしゃいましたら
教えてください。

416 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 02:10:20 ID:v0UJN2Mv
スサノオはそういう「入り方」はしないw
スサノオじゃなくて、スサノーとか、スサナルとかだぜ、多分。
しょうがなければ「掛かる」だけ。それすら脳内変換あるのに。
放置推奨じゃ、そんな団体や本とかはw

417 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 02:47:19 ID:YIxhK56l
>>415さんへ

神道(宗教)を知らない人を騙す為の常套句です。
神道とはそういうものではありません。
その本をなくしてしまわれたという事こそ、
神様のご神意ではないでしょうか?

つまり、「そんな馬鹿な本に夢中になるなよ」
ということです。
人を頼らず、神様ご自身にのみ向かって誠の道を進むだけです。
確かに、本から得る知識は必要です。
ですが、それを見極める眼を持たなければ騙されるだけですよ。
ご注意ください。

418 :くしこ:2006/03/30(木) 05:34:36 ID:Sh0eUOaL
>>415そうだね。。。須佐之男命のことなら、その手の本より
土地の故実を伝える本の方がよりいいと思うよ。
>>403-408にコピペされてる神職と同様の人だと思えばいいよ。

419 :名無しさん@3周年:2006/03/31(金) 00:03:56 ID:D5k7lMLw
スレ違かもしれないのですが、質問があります。

以下の文中で、「霊誘拐→霊友会」「立証更正→立正佼成会」「成長の家→生長の家」等は
分かるのですが、「名千回」が分かりません。
宗教団体の名前だと思うのですが、誰か分かる人はいらっしゃいますでしょうか?
(文脈から普通に考えると日蓮系かと思うのですが、生長の家を間違えてらっしゃるので、
こちらでも質問したしだいです。)

------------
78 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2006/03/17(金) 07:28:29 ID:rmbnH5Fh
>>75
新潮は学会に対してはかなり批判的です。
宗教で対峙してるとして考えられるなら、霊誘拐とかそこら分離した立証更正とか名千回とか成長の家とか色々かな。
とにかく自眠党との繋がりがあるのは霊誘拐ですよ。
都知事は内閣でも活躍した方だし息子さんも自眠党の政治家として活躍しています。
都知事が霊誘拐の信者なのは紛れもない事実です。
霊誘拐は以前はかなり大きな団体で戦前は国粋派もいました。
戦後はコカイン疑惑や脱税で会長が逮捕されたこともあります。
色々と疑惑があり、十年くらい前も会長の女性問題、隠し子問題で揺れこの当時の会長はやめられて違う方になりましたが今も対立は続いていま
す。
ここの系列の信者はかなり煎餅を嫌っています。

420 :名無しさん@3周年:2006/03/32(土) 07:45:24 ID:I8YxkpDs
妙智会じゃね?

421 :名無しさん@3周年:2006/03/32(土) 14:09:00 ID:HW+8fNvW
同級生に神主の息子がいるのですが、彼は『家の都合』とやらで道場に入りません。
神道には武道を禁止するものがあるのでしょうか?

422 :名無しさん@3周年:2006/03/32(土) 20:55:38 ID:G6KWNONB
無いです。
神社の息子さんですか?妙な神道系新興宗教じゃなくて
武道を教義的に禁止している宗教はエホバしか知らない。


423 :名無しさん@3周年:2006/03/32(土) 21:07:03 ID:wmJex9fp
菅原道真は文武両道
武田信玄は風林火山
全国に25000ある八幡社も戦いの神としてよく崇敬されてます

424 :名無しさん@3周年:2006/03/32(土) 22:00:04 ID:rpnbPmdW
>>421
何の道場かな。

実は、本人が入りたくない理由に利用しているだけだったりして。


425 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 02:39:48 ID:+eIrL3NZ
なにか伝統的な儀式の潔斎とかで、一時的に外界と接触を絶つというのならわかる。
しかし、学校(会社?)という公の場に出てきてるってことはそうじゃないですよね(現代人の都合もあろうが)。
武道というのは、ほんらい神に奉納するものであるし、なんの理由もなく道場に入れないなどということは有り得ないです。

そうでなければ、きっと我々には未知な宗教体系が存在する神社なのでしょうか。

426 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 03:57:28 ID:tn0cXmcN
記紀=神道では無いんだけど。
他にもあるし。


427 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 20:47:11 ID:Fyw6R8Yl
>>421
エホバの商人の友達は
授業の格闘技さぼってた

428 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 06:21:55 ID:G38I6hsC
>人を頼らず、神様ご自身にのみ向かって誠の道を進むだけです。

神道とは雛形としてのシナリオを描くプラットフォーム能力は充分にあるのだが、
何某かのパワーがいつも不足する。逆にプラットフォームであるが故に、キャパだけ優れるが故に
おかしな霊が入り込む余地もある。霊法的にポイントを押さえられているのでは何を行っても駄目だ。
某曼荼羅の天照と八幡の真上には凶暴なインドの人喰い女鬼神が配されていて、且つ、今現在では
この曼荼羅に莫大な数の日本国民の念が入っているのだから神道の立場は益々弱くなるだろう。
教派神道の北方鬼門にはこの呪法が在るのだから、どんなに神信仰をやっても駄目。
パワーが弱くプラットフォームであるが故に人喰いインド女鬼神が乗り移って真摯に参拝に来るカムナガラ
信者をあざけ笑ったりもする。更に、「日蓮はカムナガラに近い・・・」などと馬鹿を述べる教師迄いる始末だ。
不動明王さえいれば鬼神など取るに足らず寄っても来ないのに、このような間の抜けた神道を信仰すれば
馬鹿を見るだけだ。

429 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 06:37:07 ID:G38I6hsC
某曼荼羅系がメジャーになれば必然的に免疫力の小さい神道は立場が弱くなる。
中には御岳教のような漏尽通力にも優れた神道もあるが、そういうポイントに気が付く人は
少ないと思う。

430 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 09:00:22 ID:G38I6hsC
>戦後はコカイン疑惑や脱税で会長が逮捕されたこともあります。
>色々と疑惑があり、十年くらい前も会長の女性問題、隠し子問題で揺れこの当時

魔性人間や魔系の特徴は、一女性なら個人なりを妾とか詐欺で陥れて
その陥れられた人間の「嘆き」が、その魔性人間の「霊的エネルギーとしての糧」
になることだ。芸能人なり有名人となって世間から広く脚光を浴びることにより
「ああ、私はあいつの影の存在の妾だ」と嘆くその心が奴らの糧となるのだ。
現世荒御霊次元は元より、来世奇御霊次元に於いてもエネルギーを徹底的に吸い取る
悪辣な霊法なのだ。こういう自己顕示欲に根ざした業の強い奴は、現世ではやはり
そういう業の伴う功徳なり宗教に縋るものなのだ。

431 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 09:02:28 ID:G38I6hsC
仏教であれ、神道であれ、「業」の伴う功徳は駄目だ。


432 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 11:59:22 ID:yDQot6vc
日本神話を読んでいて面白いなと思うのは、神々も草木も動物も人間も、
神さまから「生まれる」んだよね。

神に「創られた」というよりも「生まれた」と言うほうが、
生命が神さまと繋がっているという感じがして、
より親近感というか一体感が感があります。


433 :ヤタ:2006/04/04(火) 12:38:17 ID:5rMYM3gv
近い内に行く予定なんだが。
どなたか皆神山のことを教えてくだされ。
お礼は感謝の気持ちを送ります。

434 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 15:46:07 ID:pAc6luNl
わかるようなわからん様な話だな、連続カキコの人。
ちょっと面白いから続けていいよ。
俺としては、だけど。

435 :(´・ω・`) :2006/04/04(火) 19:51:28 ID:REI42YfD
『月鏡』「信濃皆神山」、「噴火口と蓮華台」、「模型を歩む」、「二大祖神」


436 :(´・ω・`) :2006/04/04(火) 20:03:34 ID:REI42YfD
『日月日記』第5巻 P.210〜『日月日記』第6巻 P.17

437 :(´・ω・`) :2006/04/04(火) 20:15:20 ID:REI42YfD
皆神神社 (本社 熊野出速雄神社)
ttp://csx.jp/~iriomote/j20/min.htm

小丸山古墳とかあるっす。

438 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 21:25:13 ID:5rMYM3gv
ありがとう。

439 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 21:37:30 ID:z8y/V5QK
神道は日本の国土そのものだよ。
仏教、儒教、キリスト教も日本ではオリジナルとは異なった
ものに変容する。
これは「言霊」の力だな。
如何なる思想も日本語に翻訳すると、神道の柔らかく、かつ強靭な繭に
蓋われる。


440 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 21:37:49 ID:iEk6rDhZ
 古事記の言う伊邪那美神の御墓は、島根県安来市と広島県庄原市のそれぞれの
比婆山が代表的ですが、このどちらが本物なのでしょうか?


441 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:07:29 ID:xnrfHtrh
比婆山付近には太古から先住民がいたはずだ。これは明らかに縄文系だと思う。
北九州からの勢力に駆逐されたようなのだが、刀狩を行うようなそういう出張った勢力も
やがて政争に巻き込まれてメジャーではなくなってしまう。
メジャーを自負する勢力は必ず序列付けをするのだが、出雲-比婆ラインが出張って太平洋側
に出たのが広島だ。おそらく太古神道祭祀やその根源を司っていた勢力は日本海側出雲近辺の
この勢力なのであろうが、北九州勢力に簒奪されたのであろう。

442 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:13:24 ID:xnrfHtrh
出雲-比婆ライン勢力には、何故か、武張ったところが無い。明らかにメジャーな天孫系ではないようだが、
正神界としての霊的ポテンシャルには凄まじいものを感ずる。
簒奪や武力・刀狩や政治力だけに長けた勢力からは睨まれて、恐らく太古には抹殺殺戮に近い大虐殺が在った
のかもしれない。それ故、医療とか薬学とかの赤十字的役職に就くことにより、生存正当性を得て生き残るしか
道が無かったのであろう。

443 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:18:17 ID:z8y/V5QK
君は民神板向きだな


444 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:19:56 ID:xnrfHtrh
出雲-比婆ライン勢力のラインは、日本海沿いに丹後-北陸-長野-甲斐ラインにも
在るように思えてならない。
神道は人間霊界として観れば霊的にはドロドロし過ぎていて、とても万人に対して
平等とは言えるものではないと思う。
但し、7000年からの歴史がある縄文からの霊域だけは、その祭祀形態が神道であろうと
密教であろうと動かし難い霊力が存在しているのであって、これは何者よりも強いことだけは確かだ。
一時の政治宗教には本質価値は無いと云うことだ。

445 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:21:32 ID:ju6D5fOX
神道は日本にしかないんですか?

446 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:24:34 ID:AtqmJe9e
神道って論理的じゃないところが面白いな

447 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:25:18 ID:z8y/V5QK
それなら、出雲〜吉備の範囲を考慮すべき。
さらに播磨の伊和も無視できない

448 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:38:43 ID:xnrfHtrh
神道の本源は出雲-比婆-丹後ライン。これはほぼ間違い無いと思う。
正神界としての霊力には只ならぬものを感ずる。
太平洋側の伊勢は悪い言い方をすれば「欺瞞」だ。いろんな意味での。
どうも「世間の嘘」とオーバーラップしてしまう。

449 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 23:24:20 ID:z8y/V5QK
丹後は無い。なぜなら新羅渡来神の最終定住地だから。


450 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 00:53:08 ID:kk8OQ59c
日本の中核は高志の国にあるからな。

451 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 02:38:15 ID:6+zNT/oR
>>445
本来神道的神概念の宗教(多神教)は、気候温暖な地域での普遍的な信仰だったと思う。
ハワイの土着の信仰なども非常に似ている。




452 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 18:11:16 ID:H/ot1HlU
神道五部書は、どこで閲覧できますか?
また、現代語訳などで出版されているのでせうか。

453 :名無しさん@3周年:2006/04/07(金) 17:21:07 ID:SEXcHkWW
どなたか さにわ頼んます。

舞姫語唄

サラサラと 天より舞い落ちる言の葉を ひろい集めて文と成し
皆に語って聞かせませう 天地つなぎし夢唄綴り 扉の向こうは夢物語
神と人との物語 夢誘い人 舞姫 〜ゆめさそい びと まいひめ〜

www.geocities.jp/tenryu_girl/ maihime_katariuta/maihime.html

454 :名無しさん@3周年:2006/04/07(金) 17:39:03 ID:qQn3nDFA
自分は無宗教なのですが最近、キリスト教がきになります
旦那も無宗教と言っていますが、最近になって「俺は死んだら観音になる気がする」
とオカルティックな事を言い出しました
このような悩みは、どのスレにいけばよいですか?
流れブタ切りすみません

455 :名無しさん@3周年:2006/04/09(日) 06:32:25 ID:ODjFpzHu
キリスト教スレで洗脳されるのがいいんじゃないですかw
旦那はオカ板へ。

でもどう考えても仏教を勉強したほうが後々、自分のためにはいいと思うけれどね。
ネット、特に2ちゃんねるに頼らずにw

456 :名無しさん@3周年:2006/04/11(火) 00:08:42 ID:g4mE+rSt
>>444
 出雲ー比婆ラインって意味不明。比婆山は出雲内にありますよ。

457 :名無しさん:2006/04/14(金) 00:37:16 ID:s4ahd3/h
盗撮の疑いで大津赤十字病院職員逮捕 JR大津駅

滋賀県警鉄道警察隊と大津署は4月12日、県迷惑行為等防止条例違反(盗撮)の疑いで、
大津市下阪本、大津赤十字病院総務課長 辻 勝 容疑者(43)を現行犯逮捕した。
 調べでは、辻容疑者は同日午後9時15分ごろ、
大津市のJR大津駅の階段で、
大津市の高校3年の女子生徒(18)に後ろから近づき、
携帯電話のカメラでスカートの中を撮影した疑い。
大津署によると、辻容疑者の携帯電話には、犯行時の写真のほか、
他の人物のものと思われる盗撮写真が十数点保存されていたといい、
同署は余罪を追及する。
同容疑者は容疑を認めており、「仕事でストレスがたまっていた」と供述。
辻容疑者は大津赤十字病院に勤務し、総務課長。

458 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 18:54:13 ID:woRfQ5Qs
七福神や仏教由来の神々など、神道は他宗教の神も受け入れて祀っている宗教ですが、
今後神道において新しく祀られる神が登場することはあり得ますか?
また、自分が気に入った神を神道風に勝手に祀ってもよろしいのでしょうか?
聖バレンタイン神社やマザー・テレサ神社があればご利益がとてもありそうなんで。

459 :名無しさん@3周年:2006/04/21(金) 04:19:33 ID:ewpsxsPh
>>458
ハワイの神社にはワシントンだのリンカーンが祀られていますが、
キリスト教に由来する人物はどうなんでしょうね(前者二名もキリスト教ですが)。
どちらかというと、そういうのはペイガニズムだのウィッチクラフトの方面ですね。

ペイガニズムについてはコチラ↓
ttp://www.geocities.com/akirakusunose/paganproject.html

460 :名無しさん@3周年:2006/04/21(金) 23:27:25 ID:QHnI7fQG
>>458
宗教法人「聖バレンタイン神社」を作ろうとすれば、宗教法人法の必要要件を満たせば、きちんと申請出来て、認可されます。


461 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 08:30:38 ID:7L7eAfZU
>>415

遅レスだけど、それ山田雅晴さんだわ。
たぶん、その本は「神社ヒーリング」だろう。スサノオとの契約でしょ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812700302/

こっちのスレも見てみそ。

古神道の山田さんってどうですか?PART2
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1051984233/l50


462 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 10:46:57 ID:Tfs3iRkt
>>458
まつられるほうの意思を最悪な形で否定したいのならどうぞ。

463 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 13:40:00 ID:j5+bzOr4
>>458いいと思います。

464 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 12:05:14 ID:Om3UBbm1
千葉ロッテの本拠地には
「バレンタイン神社」が有ったと思うが...


465 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 19:10:36 ID:koQHP/hC
>>464
マレビトガミにして現人神を祭ってる神社かw

466 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 01:12:02 ID:YWj/gZ8g
神道ではこの世に苦しみや不幸があるのはどうしてだと教えていますか?

467 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 02:20:40 ID:e3t9s8hA
75 名前:名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2006/01/26(木) 18:28:33
http://www.afuri.or.jp/index.htm
↑↑
ここの神社の下社にいるA木は
食肉関係の団体のご祈祷申し込みが入ると
「ヨツが来る」と言って大騒ぎする。
参拝者に聞こえなければいいという問題でもないが、
身体に障害のある人や病気の人はケガレと言って
社殿に入らせることも拒む。
ここの宮司も馬鹿なので、もはや内部解決できる問題ではなくなっている。
社会的な差別は簡単に解決できるもんじゃないけど
神主が差別を助長するようなことを言うのは大問題じゃないか。


468 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 10:42:11 ID:Ou/pxStx
>>466
『神社本庁』がどう言ってるのかはわからないけど、
そういうのは個人によって異なる。

大抵の教派なんかでは『現世の苦は神になるための修行』と教えてるとこが多いのでは。
そうすると、仏教との差別化もある程度はできるしねー。

469 :月見:2006/04/29(土) 12:03:31 ID:PZghj4kr
苦悩にも様々です。誤った生活に対する気付きの為であったりもします。それをお詫びし改める。
理不尽と思われる苦悩もあります。
そういう時は苦悩する心を神様にお預けし信心を続ける事です。それが「信心の稽古」になり、苦悩もおかげになります。
心は神様から預けられたものですから。悩んで傷つけるのは、神様に対してご無礼です。

470 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 12:40:29 ID:gevhVWqg
人間の本質は神だが、それが見えなくなっているだけ

471 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 15:42:20 ID:q3g/n8VF
今晩は。
先日行われた式年遷宮関連の祭り(TVニュースで見た)について教えてください。
「やふねのおおかみ」を祭る神事だそうです。


472 :(´・ω・`) :2006/04/29(土) 17:57:46 ID:FhvZkzTp
ここの↓
ttp://isenet.jp/senguu/index.html

このあたり↓
ttp://isenet.jp/senguu/html/ichiran/ichiran_18.html

にある「木造始祭」のことなの。

473 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 21:10:57 ID:q3g/n8VF
>>472
ありがたや、見つけました。

屋船の大神様は特別な神様ですか?他の神様の亦の名ですか?

474 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 21:35:30 ID:CHCxcWHu
・神道は日本列島に侵攻した先代の弥生人=超賎人を拝むものだ。
・ならば仏教=深慮の有る哲学的インド人を拝んだ方がましだ。
・木曾御岳山のような縄文期から続く山岳信仰もあるが、弥生人=超賎神道とは一線を画すべきである。
・上記が霊的次元で理解できれば神道/仏教の線引きは無くなるはずである。
・人間の本質は神だが、それを信仰で突き詰めれば弥生=超賎人神道が狂った異端で、
 縄文が列島の正統であることが聞こえてくる。
・蘇我と物部の争いは超賎人同士の戦争だ。部外者には縁の無いことである。
・「心」を創造して与えた真の神の摩り替えに誤魔化されるな。
・エネルギーを加持してくれる神と、エネルギーを要求する神の二通りがあるを知れ。


475 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 22:42:41 ID:Ou/pxStx
ちょっと雑談。
熊沢天皇ってのが、大昔に南朝の末裔だって話題になったよね。
昭和天皇を相手に退位を求めて裁判起こしたり、あばら家に『法皇庁』って看板ぶらさげたりして色々活動してたけど。
たしか息子さんや娘さんがいたような気がするけど、まだあんなことやってんのかねぇ?

476 :名無しさん@3周年:2006/04/30(日) 03:21:54 ID:2KwOG0PH
>>467
自作自演工作ウザイ
部落と昔は呼ばれて人(現在も名目的に)が総代を務める神社も有るんだがな


477 :名無しさん@3周年:2006/04/30(日) 10:10:33 ID:H2RSgG1P
御木曳始式で御料木に斧を打つ(振りをする)人を「小工」と書いて「こだくみ」と読む。

物忌と呼ばれる児童が多数参加しているようですが、御船代祭と同様に童男、童女の選抜があったのですか?

478 :名無しさん@3周年:2006/04/30(日) 20:22:51 ID:mkSFheNW
熊沢天皇に関しては、『後南朝再発掘』という本が詳しい。
熊沢寛道は、大然氏の分家、熊沢弥三郎の三男で南朝事蹟顕彰に
尽力し、後に養子として入籍した者。
大然家は自家の墓碑に菊花紋があることを発見し、これに
インスパイヤーされて関係の南朝歴史を収集・学習しつつ、
一方では家系図を偽作し、明治天皇に上奏したが、
明治天皇自身も大室寅之祐で偽南朝の偽天皇なので
当時の徳大寺内大臣に「よしなに処理せよ」と中途半端に命じる
これが後を引いて、真偽をはっきりさせないまま大正・昭和となって
第二次大戦後のドタバタに紛れ、熊沢天皇が表に出てくる。
熊沢寛道は、ペテン師だなと思うが・・・

479 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 04:06:06 ID:a8Grmrxb
>>478
たしか、戦中も国会に乗り込んで『東條を出せ!』とかやってなかった?

480 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 19:29:15 ID:vCbuyNub
『後南朝再発掘』のp.45〜64は、
五、「東條も一目おいた熊沢信太郎天皇の演出」

「東條、何をしておるか」と一喝という話はp.56あたり。

481 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 11:49:01 ID:UaD9HLrZ
★『病身舞』−韓国における身体障害者差別の伝統−★

この踊りは『病身舞』といって、身体障害者を嘲笑する、
韓国の伝統舞踊だという。
病身舞(ピョンシンチュム)は、日本人の感覚からして好ましくないものであった為、
日韓併合後に、日本軍によって禁止されました。
日本は韓国を併合することで、日本国内予算の20%を朝鮮半島に投入すると同時に、
彼らを人としてあるべき姿にするため徹底した日本式の教育を行ったのです。
これを、日本による「文化強奪」や「侵略」と呼ぶ人もいますが、日本軍が崩壊寸前で
あった朝鮮半島を短期間で復興させたことも知っておいた方が良いでしょう。

『病身舞』は日本が敗戦し、朝鮮半島から引き上げ後に再び韓国で復活した。

■病身舞の映像
http://www.geocities.jp/arznk/sub4PYONSINTYUMU.htm

韓国人という民族は、たしかに弱者イジメが好きなのだろう。



482 :けん:2006/05/02(火) 15:19:13 ID:1cluvFpV
物件の方角やいろんな相談で神様のみくじを尋ねてくれる神道家の方々がいますがどんな風に神様からの声をうけてるのか不思議でなりません。教えてください

483 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 17:54:44 ID:nOji3Qu7
そうきょうの伊勢神宮
伊勢神宮のそうきょう

そうきょうはよい

484 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 22:49:24 ID:TOi+eRJz
「そうきょう」とはなんですか?双京?

485 :名無しさん@3周年:2006/05/03(水) 07:46:54 ID:JnOZ1TTB
病人を鴨って金を奪う朝鮮商売

486 :名無しさん@3周年:2006/05/04(木) 18:45:10 ID:kuJlPjoY
そう今日  「そう」で今日を強めています。 又、「そう」とあいずちをうつ。
争競  壮挙  草居という言葉があります。

「双京」とはうまい当て字ですね 
「総教」「蘇教」「操鏡」 色々あります
「祖教」とは、祖先を大切にする意味です。
私の好きな言葉です。
祖先を大切にしましょう。

三輪神社へ行きたく思います。
三輪は祖先を大切にする所だという意味で、三輪の祖教と言いましょう

私ごときものが言うことです。 むつかしいことはわからないです。
「そうきょう」「そきょう」とは私の口癖です。物事が進んでいくように思います。
何か、よいことが起こりそうな気がします。

487 :名無しさん@3周年:2006/05/05(金) 04:50:23 ID:ZC9z3pEp
おはようございます。
>>486
「そうきょう」という言葉は伝承されてきたのですか?

488 :名無しさん@3周年:2006/05/05(金) 12:13:03 ID:ZC9z3pEp
ある物事が進むのは「そうきょう」を為すことに因るのですか?


489 :名無しさん@3周年:2006/05/05(金) 12:31:59 ID:30bc9Dkc
そう凶

490 :名無しさん@3周年:2006/05/06(土) 11:17:32 ID:0OYB+Rt2
>>486
ありがとうございます。糧を得ました。

491 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 17:58:33 ID:c4w30dxJ
火水伝文を扱ってるスレッドはありますか?

492 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 16:14:43 ID:EJ1S+Mfx
神道は渡来系の人が日本に輸入してきたのでしょうか

493 :名無しさん@3周年:2006/06/06(火) 03:04:23 ID:8V+/3FO0
>>492
神道の原型は、三内丸山遺跡にも認められ、後期縄文文化を継承しているいわゆるアイヌ民族にもみられるから、縄文期から面々と続いていると思われます。

494 :名無しさん@3周年:2006/06/06(火) 03:05:12 ID:8V+/3FO0
面々→綿々、脈々

495 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 15:32:25 ID:kCaQz5YL
このスレ読んで、いろいろと勉強になりました
普通に生きて、普通に死ぬ事が目的とは凄い宗教ですね
私個人としては、それに自然(周囲)に感謝し、畏敬の念を持つ事を付け加えたいです。
さて質問なんですが、こんなゆったりとした宗教ですが、
西欧キリスト教的な、契約、規律、または選民思想、悪い事をしたら地獄に堕ちるなどの「非寛容さ」が主体となった時期や宗派は神道の歴史上あるのでしょうか?
多少の要素があればかまいません、教えて下さい

496 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 21:15:29 ID:Y85LvOHf
このスレでよいかわかりませんが
神道の場合 新盆てあるんでしょうか?
もしあるなら 形式や準備の方法が知りたいのですが・・・
緊急です よろしくお願いします

497 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 23:50:14 ID:/sL3cxhK
神葬祭をされたのですか?
それなら葬儀をお願いされた神社なり教会に聞かれたらいいと思います。
仏式でされたのなら普通は一年祭でいいと思いますが

498 :名無しさん@3周年:2006/06/09(金) 08:57:34 ID:pGsop9jc
>>497
はい神葬祭しました
神主さんがいつもいる神社ではなかったので神主さんに
わざわざ電話しにくかったんですが  そうですねやはり伺ってみます
ありがとうございました

499 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 17:04:43 ID:PiY4fESc
何故神道の方は他宗教のスレを荒らしにくるのですか?


500 :たま:2006/06/13(火) 23:12:30 ID:hB2AdNv2
     ___
    /o    \ 
   /        \ 
 <(。●゚)> ∀<(。●゚)>  500たま
  |          | 
  \        ノ
    \____/

501 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 08:10:11 ID:5/ZgyDOk
1人暮らしで、ワンルームマンションに住んでいる毒女です。
こういう環境に住んでいる人間が神棚をおいたりお札をいただいたりするのに
参考になるスレはありますか。
どうも最近運が向かないなあと思ったら、
実家では朝夕神棚と仏壇のお世話をしていたのに、今はそういうことを全然してないのです。

502 :津多姫=^_^=☆ミ ◆6iNwMo4C76 :2006/06/14(水) 10:52:45 ID:XRX5/w+h
http://www.h3.dion.ne.jp/~tsutaya/sub9.htm

よろしくお願いします=^_^=
津多姫=^_^=☆ミ

503 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 11:31:29 ID:lt586cQ1
津多姫様、お帰りは↓です。
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1149936741/

504 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 11:41:23 ID:8ADrJXQ4
アハハ

505 :阿礼:2006/06/15(木) 01:47:16 ID:KKmbcTbA
うーん(絶句)
しばらく見ないうちに、あっちもこっちも落ちてる。。。。

お久しぶりです。
と書いても、お初の方の方が多いでしょうね〜
たま〜に出てくるかも知れません。
宜しくお願いします。

笛の先生の指示で、
林邑八楽とサンスクリットとの関係について、調べてます。
明治40年執筆の論文2本が、手がかり。

日本真言宗の梵語教科書なるもののが存在するはずなんですが。
サンスクリットに覚えのある方、ご連絡頂ければと思います。
(言語学としてというよりは、印哲絡みの方向での教養をより求む)

仏教質問箱も落ちてる。。。。
気づいてほしい。。。。>神道・仏教両方覗く人

メル置いていきます。いたずら、いらない(爆)


506 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 17:25:23 ID:5bUgQ6DV
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148572544/

の80ですが、この団体(WHA)についてご存じの方いましたら、
何でもいいので、教えて下さい。


507 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 16:11:35 ID:1R/9Osor
神道は天孫が高天原から高千穂に降臨してから始まり古事記から出来た教えです教祖も居なければ教義も無い、古事記の教えの中で修理固成が基本精神です。

508 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/07/02(日) 20:57:53 ID:0DC9GEuA
神社で結婚式をされた方っていらっしゃいますか?
十二単と束帯姿で
よければどんな式なのか知りたいです

509 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 13:36:25 ID:uPvs2ZAf
>>508
神社での結婚式は、明治以降にキリスト教会がするからしないといけないということで
始まった事です。
日本の江戸時代の風習では人前結婚式です。
神社では、本来何も儀式的にこうしろという決まりがありませんから、
自由自在です。

510 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 14:10:53 ID:VK5JD0i7
新盆の方に盆提燈を送りたいのですが、のしは「御仏前」?
お盆の時は現世に戻ってくるから、「御霊前」ですって言われたのですが・・・
どちらが本当でしょうか?

511 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 18:45:36 ID:uPvs2ZAf
>>510
ここは神道ですので、仏教の方へよろしく。


512 :名無しさん@3周年:2006/07/12(水) 14:42:04 ID:/m+6YObc
神棚を作ろうと思い、お札を受けに地元の神社へ行ったのですが
もらう場所が閉まってました。
何かの時じゃないと開いていないものなんでしょうか?

513 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 14:33:44 ID:7G05m+Pg
>>512
神社の連絡先に電話でお問い合わせの程、宜しくお願いします。

514 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 09:49:09 ID:FPQubLyo
自分のかかわった神道は「人の悪いものを払うと自分に掛かって来るから私は病気払いはしない」と
教師がはっきり言葉で述べた。入信する際には「両部神道や不動明王と縁を切れ」と言っておきながら。

こっちは迷妄混乱して親の病気すら払えなくなった。
こんな無責任な教えが在っていいものだろうか?


515 :南無大師遍照金剛:2006/07/14(金) 09:57:30 ID:ikKosMLk
ヽ(´∇`)ノおじゃまじゃま♪
じゃ、神様にお願いできないね♪

516 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 10:09:22 ID:FPQubLyo
真言行者なら中途半端な邪法を調伏しなよ。
明け方の三時頃に歓喜天に請願して蝋燭を角のように頭に結わえて、
東を拝して「ウンハッタ」の真言を唱える。ホンモノならやってみな。

517 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 10:26:38 ID:FPQubLyo
神道は出雲系以外はまやかし。侵略勢力が形式を乗っ取っただけ。
出雲には毒気が無いし背伸びも無い。あれが本当の神道。

考えてみな、近隣民族の憤り、世界大戦に原爆、天皇は大恥で敗戦、原爆で危うく民族滅亡の淵。
今だっておんなじさぁ、中凶や北朝鮮は日米安保が無くなったら、たちどころに日本に攻め入り
核攻撃さぁ。守って貰うのが原爆を落としたあのアメリカだなんて情けない話。
日本から一歩出ると少なくとも世界の目はそういう見方をする。
それもこれも政治神道が天皇を江戸なんかに連れて来たり、中世で築かれた神仏習合の結界を無視した
からだ。早く天皇を京都に戻さないと日本は自ら出した怨敵の中凶に滅ぼされる。

518 :名無しさん@3周年:2006/07/16(日) 20:03:56 ID:J4OGqfvn
>>1-517

519 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/17(月) 22:58:43 ID:tklhKE0I
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1146442454/l50
ノリスケおじさん?

520 :名無しさん@3周年:2006/07/21(金) 17:07:06 ID:dmYy0jS9
神道の信者か確かめる方法ないですか?両親は出雲大社行ったりしてて神棚やおふだが家にあります。子供の私も入ってることになってるのでしょうか?

521 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 00:02:40 ID:t3IUgj1w
神道は、国家の宗教としての性格をもちながら、
多くの日本人は信じて大敗をくらった。

神道に政治的な価値なし。

522 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 05:27:05 ID:2+NyzPqL
モルデカイ・モーゼでも読むとよいよ

523 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 05:29:52 ID:2+NyzPqL
>>520
神棚ぐらいは一軒家なら普通にあるもんだよ。
あってもべつに弊害はないはずだけど。
神を信じる、というのに反発するということは
神を信じないという信仰があるということでもあるよ。

524 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 07:00:43 ID:2+NyzPqL
http://classic-midi.com/midi_player/classic/cla_Lange_kouyano.htm
小5の発表会で弾いた

525 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 08:50:59 ID:JztCU+1O
>>514
神道の「祓う」の意味は、追っ払うとか排除するって意味じゃないでそ。

祓いを「排除」と考えると、悪いもの(この場合は病)を何処かへ排除すれば、排除されたものは何処かに行く。
その何処かは隣の○○さんかも知れないし、あなた自身になるかも知れない。
だから、神道に追い出すとか排除の考えは無いと思うのだけど・・・。

でも、その教師(宮司?)の言う事もなんか好い加減と言うか、無責任だね。

526 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 10:16:07 ID:JztCU+1O
>>514
マルチだったのか・・・

てーか、あんたが信仰しているのって、ただの神道系のカルト宗教じゃないの?


527 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 11:02:56 ID:pkhEmpV9
私は嫌なんですよ。神道の信者か確かめる方法教えて下さい。神社に問い合わせたらいいんですか?

528 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 18:51:22 ID:qXXZvFZC
>>527
怪しい・嫌だと思う事があるなら、神社より神社庁に電話して、
フツーに疑問に思う事を聞けばいいかと。

529 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 19:04:03 ID:qXXZvFZC
>>527
改めて読んだけど、自分がどこかの神社の信者だったら嫌って事?
だったら>>9を参考にどうぞ。


530 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 19:06:45 ID:pkhEmpV9
神道そのものが嫌です。おまもり部屋から投げ捨てたりしてました。だから抜けたいです。

531 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 19:58:22 ID:qXXZvFZC
>>530
どこぞの神道系宗教に入っていないんなら、
神道(゚听)イラネと思った時点で、既にあなたは神道からは抜けられています。

532 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 20:05:30 ID:qXXZvFZC
>>530
一応ですが。

>おまもり部屋から投げ捨てたりしてました

大嫌いなお守りなどを捨てるなら、思いっきりゴミ箱にポイと捨てましょう。
一応社会人としてのマナーですね。
ゴミを窓から投げ捨てる事は良しとしないでしょ?

533 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 20:26:24 ID:pkhEmpV9
すてたのは小学生のときだったので。すみません。神社に名前とか保管されてないんですか?

534 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 21:18:27 ID:2+NyzPqL
七五三とか結婚式とかあげている場合は保管されているだろうけど
神社より個人情報を流布するサイトに名前を登録するほうが弊害あると思うんだけどね

535 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 21:19:54 ID:2+NyzPqL
変な記述とか変な宗教に影響でも受けてるんかな

536 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 00:07:59 ID:kMAsjx3K
七五三はしました。その神社にはっきりと言ったらいいんですか?抜けたの親にばれるとまずいんですけど。

537 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 00:34:18 ID:hZNmsS/S
神社の宮参りなんかは、抜けるも抜けないも、気にする必要はない。関係ないと思ったらよい。
神社神道の場合、キリスト教徒であろうと仏教徒であろうと、神社が氏子の範囲と思っている
町内に住む人間は生まれれば、その地域の氏子扱いだし、何重にも氏子になる可能性がある。
神社神道自体、宗教の根本の布教や教化は存在しない生活習慣に近いから、
神社神道を宗教扱いして脱会したいとか、退会したいとする人間の方が気にしずぎ。
このあたりが「お寺の檀家」とは違う。こっちは大変。
気にするのは、外来の宗教の影響の強い各種カルト宗教の人間ぐらいなもの。
まあ、御輿を担ぐ義務とか村祭りの動員とかが問題なのだろうけど、いやだよと
言えばよい。


538 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 00:39:44 ID:hZNmsS/S
そうそう、加えて言うけど、神社は形態から言って、その地域の政治組織で戸籍管理をしていたことが元だから
(だからまつりごと=政治)被支配されているので、子供が生まれたときに届ける習慣が有るわけだ。
江戸時代に、神社を排除して寺請制度で戸籍を管理したから、旦那寺が出来てしまった。

つまり、生まれたら役場に出生届を出すようなものだから、七五三などは、宗教儀式に入らない。



539 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 02:02:03 ID:kMAsjx3K
キリスト教一家も神社に名前があるわけではないですよね?神社側が勝手にみんなを信者扱いしてるってなんか恐ろしいですね。

540 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 02:03:49 ID:kMAsjx3K
あとぬいぐるみを捨てたらだめって神社の教えなんですか?親が捨てれない人で。

541 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 03:20:47 ID:o1nlMJWr
>>539ただの勘違いだろ、

542 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 13:21:10 ID:PuwG83tg
「人形供養」で近所でやってるところ調べてポイすればいいんじゃないのかな

543 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 13:44:54 ID:9xYJ5IQ4
>>539
「信者」じゃないよ、「氏子(うじこ)」。
つまり、その地域の守護者の被保護下にある住民。


544 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 13:49:27 ID:kMAsjx3K
氏子は神社側がこの地域にはこの神がってのを定めててそこに住む人を守ってる神社側が信じてるってことですか?人形については私は普通に捨てますよ。親が捨てれないのはやっぱり神道だからですよね?

545 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 13:53:36 ID:9xYJ5IQ4
>>540
人形に魂が宿る言う考えは、人類普遍の考えで、偶像崇拝否定するのはそれを恐れる
心の反映である。
何でも宗教儀式を同化してきたカソリックの場合は、人形を粗末に扱うと、呪われるという様な
ことは、普通に思われていて、映画の題材にもなっている。唯物論や原理主義では考えられないこと。
だから悪魔払いなんかがあるわけだ。
日本では、祟りを恐れるので、そうならないように事前に供養しておくわけだ。
○○供養というモノを供養する儀式は全部同じ。
何も恐れないのなら、ポイ捨ては可能。




546 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 13:56:08 ID:9xYJ5IQ4
>>544
神社は今は宗教施設だが、昔は役場の代わりだったから、その習慣があるだけ。
氏神というのは、日本の豪族の支配の名残だ。
宗教と思うのが根本から間違っている、一切気にしなくても良いのだよ。


547 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 14:01:23 ID:9xYJ5IQ4
>>544
>氏子は神社側がこの地域にはこの神がってのを定めててそこに住む人を
>守ってる神社側が信じてるってことですか?
明治時代に寺請け制度に対抗して、完全にその体制を作ったためだからあきらめなさい。


548 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 17:06:07 ID:kMAsjx3K
氏子は意味ないってことですね?ただの綿に魂が宿るという考えがわかりません。供養といいながら結局神社が金儲けしてるわけですね。

549 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 18:05:08 ID:PuwG83tg
そう言えばタダでやってくれるんじゃないかな?
相応の対価を払うのは社会人として当たり前のことだけど
相応に思っていないのなら、払わなくてもいいことにもなるはず。
通常は料金が定められているけれどあえてそこを強行突破、直に交渉してみればいい。

550 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 19:15:27 ID:EKGNM0Xo
あぁそういや僕が物品処分してもらったときは寺の人に受け取ってもらっただけだった
本当は封筒に気持ち分だけ込めて渡すのが礼儀だったらしいけど

でもあのひといい人だったなぁ
これを処分すればいいんですね.これも気持ちを込めて作られたものですからね.
と普通になんの違和感もなく受け取ってくれた

あそこまで洗練されている人は寺の人でも珍しいんじゃないかな
とにかく普通ってところがよかった
まぁ書いたところで伝わらないけど

551 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 19:22:51 ID:EKGNM0Xo
よく読まずにカキコしたけど別に本人にとってはどうでもいいのか

552 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 20:25:58 ID:HNLYbfmN
>548
神社に金を払うのが嫌なら自分で捨てればよかろう。
お金を払って処分してもらう人は自分でそうしたいからしてるだけで。

五感で感じれないものを大切にできない人間は、
神社や寺や教会を無視する生き方を貫けばよいだけだ。

553 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 20:36:34 ID:QuUmyxg9
>>548
うちの所は人形供養でお金取らないよ。(決してデカイ有名神社ではない)
別に神社否定はイインダケド、ここまでマイナスに捕らえられても・・・返答に困る・・・みたいな。
(神社だけじゃなくて、仏教思想にも綿の固まりにも「命はあるの」的思想は入っているし)

どこかで、すぱーん!と「神社?嗚呼、そんなものもあるわね( ´,_ゝ`)プッ」と
割り切る事をしないと、あなたの神経持たないと思うよ。
今は未だその段階じゃないのかも知れないけど、「ああ、この人達は(親も含め)綿の固まりに命を感じちゃう人なのね」
と思えばいいんじゃないの?「でも私は違いますからー!残念!(死語)」て感じで。
子供の時はともかく、今はあなたが拒否すれば無下に神社関係の事に誘われたりはしないんでしょ?

七五三ではお金はらって祈祷でもしたのかな?
していたなら「記録」としては残っているかも知れないけど、扱いは領収書程度の扱いなんじゃないの?
お金払っての祈祷等をしていないなら、記録にも残って無いです。
残っているのは、あなたとご家族の記憶の中だけです。
少なくとも信者扱いとして「登録」されている事は無いですよ。
明治以前は講など、布教団体もあったけど、明治以降は神道の布教や信徒の獲得(?)は禁止されてますから。
なので、あなたとは間逆に「神社信者になりたい!」と悲鳴を挙げている人がいるくらいです。

いらなくなった縫い包みを「綿の固まり」と思うように、神道があなたにとって不要ならシカトこいていればいいだけですよ。
(長文失礼)



554 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 10:18:42 ID:WpBGRiXK
祈祷したと思います。なんかどこかに座ったので。だから信者に人形には魂がこもってると教え込むのが問題だと思います。結局お金儲けのためですよね。

555 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 10:27:44 ID:WpBGRiXK
私は仏教も嫌いですよ。法事、墓参り行きません。檀家についても調べてました。家族単位だから抜けられないらしいです。

556 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 17:13:37 ID:ucw8H+kX
で、結局何が言いたいの?
宗教を信じないならそれでいいじゃん。
自分の意思に反して信者扱いされる事に文句が言いたいなら、
直接最寄の神社・仏閣に言って文句言えば?
子供じゃないんだから、文句ばかり書いてないで納得いくように自分で解決しなよ。




557 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 17:18:34 ID:I7LwDaUP
宗教も哲学も形而上になるけど価値があって宗教板も哲学板も存在している

558 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 17:20:16 ID:I7LwDaUP
価値があって文学部哲学科も神社仏閣も存在しているんだよー

559 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 17:25:31 ID:ucw8H+kX
>>530
Q.神道そのものが嫌です。おまもり部屋から投げ捨てたりしてました。だから抜けたいです。

A.明治以前は講など、布教団体もあったけど、明治以降は神道の布教や信徒の獲得(?)は禁止されてますから。
(抜ける以前に入ってすらいない)

檀家に関しては、自分で解決してください。
抜けるのが難しくとも、抜けられない訳ではないので。


560 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 17:43:27 ID:XqDMEDBe
神社が無い所へ逝けばいいだろw
要するに国外へ出ろ。
あるいはそれこそキリスト教徒にでもなるか。草加にでも入るか。
好きにすればいいのに何を考えているのやら。

561 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 18:12:41 ID:haV2pDXz
>>555
無神論者である事は、あなたの自由。
でも、有神論者(宗派関係無く)に自分の考えを押し付けるのは、お門違い。
誰も無神論者のあなたを責める事が出来ないのと同じように、
あなたがお寺や神社に手を合わせる人達の考えを否定する権利なんて無い。
七五三祈祷の記録すら神社に残っているのが嫌なら、そこの神社に行って記録抹消の交渉でもしなさい。
檀家に属しているのが嫌なら、抜ければいいだけ。
何時までも親のせいしないで、自分の手で宗教から抜け出す行動をとりなさい。
その行為を止める権利なんか誰にも無いんだから、宗派に属するのが嫌なら抜ければいいだけ。
今のあなたは、人のせいにして甘えているだけじゃない。

後、間違っても西洋人に今まで書いてきたような事を質問するのは止めて置きなさい。
西洋人が、無神論・唯物論者と考えているなら大間違いですから。

>>560
キリスト教国に行って「十字架なんてただの十の形した固まりじゃない」なんて言ったら、良くて張り手。
最悪なら人生あぼーんでしょ。
ヒンズー・日本以外の仏教国でも大同小異だろうし、偶像崇拝しないイスラム教なら、
否定的な態度を取った時点であぼーん。
日本宗教の押し付けがましさが許せないようだけど、国外に出たらこの人は生きていけません。
日本ほど宗教に対してゆるゆるなの、知らなさ杉。(別に層化信者じゃないよw

日本以外で無神論者を貫いて生きていける国は、、、、今の所中国・北朝鮮位?


562 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 19:33:03 ID:2FLN++nH

北チョンは将軍様まんせー強制
中国は儒教思想ゆんゆん
欧米・南米はキリスト教の元
東南アジア・中近東はイスラム教の元
南アジアはヒンドゥー・仏教の元
アフリカは民族・イスラム教・キリスト教のどれかの元で政治が行なわれてる
自分の意志なんか反映されない、強制だ
来るもの拒まず去るもの追わず信仰なんて神社くらいじゃねーの?

つか、自分の立てたスレに帰れよ>>555

563 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 19:42:45 ID:6X59glPv
なんでも、宗教のせいにするのは止した方がいいな
神社や寺が教え込んでるわけでは無いしな
古来からの洗練された日本人の感覚だしな

564 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:02:29 ID:WpBGRiXK
檀家抜けるなら抜ければと言いますが家族単位だから抜けられないんじゃないですか?親が死ぬまで抜けられないと聞きましたが違うんですか?

神社や寺の教えのすべてをどうこう言ってませんよ。知らないし。綿に魂が宿ると教えてるのが金儲けのためだといいたいだけです。

あと抹消手続きは昔七五三のって言えばいいんですか?10年以上たっててあるのか疑問です。

565 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:07:42 ID:I7LwDaUP
魂は目的もって宿さないとふつう入らないから。
浮遊霊なら勝手に入ってくることもあるけどね。

566 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:08:54 ID:I7LwDaUP
金儲けのためではないだろうね。
僕のような貴族からいわせてもらうと
金ってすごいどうでもいいよ

567 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:11:18 ID:I7LwDaUP
もちろん苦労して働いている人は偉いと思う
それは金が尊いのではなく労働が尊いのだ

568 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:14:27 ID:hPANMzfj
>>564
だから自分が関わった神社で聞けばいいだろ?
んなもん、各神社でも扱いは様々だろうしよ。

檀家は抜けられるだろ?手続きが面倒なだけで抜けられないわけじゃない。
今の檀家離れは、寺の存続の大問題になってるくらいだ。
やり方が分からないなら、直接寺に聞けよ。

最初、どこぞの信仰宗教から抜け出せないor靖国嫌いでここに来てると思ったらよ・・・
お前は、右も左も分からないと騒ぐだけのガキかよ('A`)

569 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:18:58 ID:hPANMzfj
>>564
お前が言っている事って、入学もしていない大学の除籍扱い希望と言っているくらい意味不明。

570 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 22:25:41 ID:NWL0nRV9
教えを知らないのに、教えてるとか金儲けだとかよく言えますね

571 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 22:59:25 ID:VLMqoI/E
>>564
>檀家抜けるなら抜ければと言いますが家族単位だから抜けられないんじゃないですか?
貴方だけなら簡単に抜けられる。
まあ、祖先の墓を守っている家ならそれをどうするかで、家族親戚中もめるとおもうが、出来る。
やると決めたらとことんするしかない。

>親が死ぬまで抜けられないと聞きましたが違うんですか?
そんなことはない、むしろ親が死ぬ前に改宗しないと、葬儀を始めようかと言うときに、今の旦那寺の
僧侶が入る。まあ、その日が来たときに、今後を旦那寺の坊さんと相談するのもよし。




572 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 00:25:18 ID:vWwE33bn
>>570
無知の毛嫌いの典型だな。

>>571
>私は仏教も嫌いですよ。法事、墓参り行きません。(ry

夫がいるとは到底思えない。
そもそも結婚出来るのかどうかも、、、、な訳だが、他人事だからどうでもいいや。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146995436/l50
>仏教は家が檀家みたいです。恐らく真言宗。

〜みたい。おそらく〜。
と書いている時点で、檀家かどうかも怪しいけど。これもどうでもいいか。

573 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 00:51:46 ID:ohDrO/V7
>>572
「旦那寺」(だんなでら) という言葉を知らない人間発見!


574 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 01:49:12 ID:W1BsI3YF
信者とかないっていう人もいるし恥かいたら嫌だなと思ったので。教会で結婚式あげてもキリスト教信者にならないのと同じようなものだったらバカみたいで恥ずかしいですから。

檀家抜けるには寺に直接言えばいいんですよね。親の承諾関係ないですよね?見つかるとまずいんですよ。墓は長女が普通はつぐんですか?

575 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 17:48:31 ID:UMS8WwCR
>>574
スレ違い
自分で立てたスレか、他スレで聞け

576 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 23:14:06 ID:W1BsI3YF
575さんは571さんですか?スレ違いでも知ってる人がいるなら聞いてもいいと思います。もしかして神道信者は心が狭いのですか?

577 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 05:44:27 ID:Ue1xd5zp
質問ですm(__)m

・○○市の総鎮守
・○○・○・○・○○区内唯 一の郷社(近郷を鎮守する神社)
・家の近所の神社

何時もお正月やお宮参り等は、家の近くの神社でお世話になっているんですが、
この場合、私が行っている神社は氏神様で、産土神様とは違いますよね?
HPで調べたら、先に書いたように○○市の総鎮守・〜〜区の鎮守様が出てきたのですが、
これが産土神として認識して良いのでしょうか??
家の近くの神社以外には足を運んだ事が無いのですが、病気平癒のお礼がてらに、
氏神様も含め産土神様にも行こうかと思っているんですが、何か気をつけないと行けない事とかはありますか?
(祈祷祈願はしないのですが・・・)

もし、何かありましたら教えていただけると幸いですm(__)m


578 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 18:21:37 ID:KCqwidGM
何でも神道や仏教のせいにする人よりましだと思う

579 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 20:15:32 ID:S5XuhODA
☆ ★ 宗教なんでも@質問箱 5 ★ ☆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148572544/387

580 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 20:33:06 ID:yYlp6yKj
>>577
http://jinja.jp/faq/answer/09-04.html
家の近所の神社で説明をみて判断できると思う。
氏神様は天皇関係とかその地の祖先になるのかな。詳しくないのだけど。
○○市の総鎮守・〜〜区の鎮守様なら産土だろうね。

気をつけること・・・
http://jinja.jp/faq/answer/11-01.html
右手で柄杓をもって、左手を洗い、左手に持ち替えて右手を洗い、
右手に持ち替えて左手に水を掬い、口をすすいで、次に再度左手を洗い、
最後に柄杓を上に向けて手持ちの部分を洗い流す
っていう作法とか?
鳥居をくぐるときには軽くおじぎ(一揖)して入って
出るときもここでお別れですありがとうございましたとおじぎすることとか。

581 :577:2006/07/27(木) 11:19:44 ID:TwO3HcF0
>>580
サイト紹介有難う御座いますm(__)m
普段お参りに行っている神社は、地の祖先にあたる方を祀っているみたいです。
区の鎮守様は八幡様。
市の総鎮守様は○○○皇大神宮です。(天照大神)

作法をはじめ、色々と知りたかった事が書かれていて参考になります。
どうも有難う御座いました。

582 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:10:40 ID:LNKI6QJP
いわゆる分祀についての質問です

御霊から特定の霊だけを抽出して分ける“分祀”は不可能といいますが
ということは歴史上でこのような“分祀”は今まで行われていないということでしょうか?
どの文献を探しても決して見つからないのか、という意味です

583 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 20:55:03 ID:j+aQSh0j
僕もそれ靖国関連で興味もったし知りたいなぁ。
文献にあったとしても、それを信じるか否かになるわけだけど
個人的見解としては難しい気がするなぁ物理的に。

584 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 21:07:19 ID:j+aQSh0j
それと霊的なことは言葉の定義で決定することができるわけではないよ。

585 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 21:51:38 ID:GUEjQdSI
>>584
定義できないのなら「特定霊魂の分祀」はできそうですね
各々の考え方しだいということで

>>582
そんな文献あるのかなぁ。自分も知りたい
まあ、本当に出来ないはずなら見つからないけど
見つからないことが出来ないことにはならないからね


586 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 22:08:25 ID:j+aQSh0j
物理学は各々の考え方しだいというわけにはならないよ

587 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 22:13:27 ID:WJ8/f9iB
歴史的に合祀はあっても分祀(分け御霊という意味でなく)はないと思う
地鎮祭と違って一時的に降りている御霊ではないからね神社は
お帰り頂くことも出来ないし

588 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:27:29 ID:D2JLMa1m
>>582
いわゆる分祀と、本来の分祀(丸ごとそっくりコピーを勧請)との言葉で神社は反対して居るみたいですが、

廃祀は可能なのが忘れられています。つまり、神社の場合、祀りたくない祭神の神霊を抜く事は出来ます。

靖国の場合はA級戦犯を廃祀すれば丸く治まる、これを誰かに言い出されたくないから、変な造語で逃げている気がします。


589 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:32:48 ID:D2JLMa1m
そうそう、間違って霊神簿に記載された事例が過去にあり、抹消されています。


590 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:53:40 ID:xL2TPG55
>588
要は部分消去はできる訳ですなw

591 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 19:01:37 ID:OAMeHiGI
>>572
墓の変更や先祖祭祀(檀家)は市役所で教えてもらえる
また墓の移動も行政が手続きしてくれます


592 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 20:05:50 ID:jK7pfcYg
>>590
神道儀式的には可能です、過去にいくつか有名な事例はあります。
wiki にも 豊国大明神 の例がありました。

その他大勢と共に合祀している中から 「お呼び出し」といわれる儀式で
該当の霊神を呼び出して、 霊爾 に移動してもらい それを別のところに
持って行ってお鎮まり願うという文字どおりの分祀 の儀式も可能です。


593 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:21:06 ID:X+Tjxe8k
へえー、廃祀なんてあるんですか
では、切り分けた御霊は別のとこで祀らないといけませんよね?
だって、もしそれをしなかったら・・・・

594 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:46:42 ID:xL2TPG55
これは神との契約なんだ・・・

595 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:00:10 ID:jK7pfcYg
切り分けた場合は、その霊爾を別に祀ります。 封印用の社を造ったとしても、
こうすると旧戦犯を 祭神とする社が出来てしまう形になったりするので、
議員が参拝などしたら、近隣国家の非難集中で非常にまずいですね。
(これを分祀反対派はいいます)

だから、祀らないという選択が自然になります、儀式としては
天地に諸霊と共に拡散していただく内容の祭詞を霊爾を前に置いてあげ、
その後、火にくべるなり、川に流すなりする、というのが作法的に美しいでしょう。



596 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:16:39 ID:Ux1JVk4d
なるほど。

597 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:19:53 ID:s00OIo6a
うーん、でも切り分けたとしても一般の人もお参りしにくいでしょうね>元A級戦犯の社
ここまで騒ぎになってしまったせいで・・・
誰も祀らない霊魂、社、墓ほど不憫なものはないです
難しい問題だ

598 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:33:18 ID:jK7pfcYg
こういう、祀りかえとか、改式とかを応用した儀式は、戦前は 国家が定めた儀式しか出来ず、
布教教化活動が一切出来なかった神社神道より、実際に神葬祭を行っていた、神道大教を
始めとする、旧教派神道系(天理教を含む)の方が膨大な事例や経験の蓄積が有るはずです。



599 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:40:30 ID:xL2TPG55
天理は神道ではないが

600 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:47:33 ID:jK7pfcYg
>>599
今は 出直し 儀式ですが、形態は「神葬祭」を完璧に継承しています。
戦前は、完全に教派神道形式であり、
仏教や他の宗教から改式する儀式がありました。
この場合、申し出により特定の祖先まで遡って、天理教の神様の元で
暮らしていただくという儀式を行いました。

ここであげる祭詞類にはかなりの共通項と応用編が存在します。


601 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:52:31 ID:jK7pfcYg
教派神道に残った金光教ですが、葬儀式は、逆に神葬祭と大分変わってきました。
葬儀社に頼むと、天理・神道用の用具が来るのですが、なかなか丁度良いものが
ありません。


602 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:15:14 ID:xvuEI59C
なるほど天理王の命は天御中主に擬せられていたんでしたか

603 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:10:20 ID:b/+lxywW
ツァラトゥストラはこう言った
    「新しい偶像」
 ところが国家は、善と悪についてあらゆる言葉を駆使して、嘘をつく。
国家が何を語っても、それは嘘であり、国家が何を持っていようと、それは盗んできたものだ。
 国家における一切は贋物である。
盗んできた歯で、それは噛む。
その臓腑までが贋物である。
善悪に関する言葉の混乱。

 善人も悪人も、すべての者が毒を飲むところ、それを私は国家と呼ぶ。
善人も悪人も、すべてがおのれ自身を失うところ、それが国家である。
すべての人間の緩慢なる自殺、それが「生きがい」と呼ばれるところ、それが国家である。
http://homepage3.nifty.com/Durga/also sprach zarathustra.html
小泉首相は,「国家神道」ということばを国会で使いましたが,神道の方々は,「国家神道」ということばについて,どう考えておられますか。

604 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:26:11 ID:NT51EQzl
この書き方だとツァラトゥストラに迎合して答えなければならないのかなぁ

605 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:31:22 ID:NT51EQzl
概念が物理化すればとりまくものとの相容れなさは増してゆく。
水はうまく解け合っていたのに氷になったとたんに衝突しだす。
概念は固体ではない。
デジタル機器でも、量子化された数列が伝送されるのではなく、
光とか自由電子が送られる。
唯脳においては概念も脳の中にあるものだからすべて固体となるのだが、
靈性化してしかるべき姿に戻れば周辺付近にほどよく諧和してゆく。

というのが僕の国家論だよ

606 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:32:19 ID:NT51EQzl
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153746089/197
あとこんな意見も使えるのかな

607 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:35:23 ID:NT51EQzl
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059989277/877
これはデカルトね

608 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:39:42 ID:NT51EQzl
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152199562/204-
あとはこんな議論も見かけたな

609 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 19:24:23 ID:DLQYo9eO
--バーナード・ショウ--
『人と超人』などで世界的な戯曲家となった。1
925年ノーベル文学賞を受賞。
彼は「フェビアン協会」に属する社会主義者でもあった。
http://kuroneko22.cool.ne.jp/Bernard.htm

フランクフルト学派(2)
  反西洋の思想
 フランクフルト学派とは、ハンガリーの思想家ルカーチを前身とし、ドイツの思想家ホルクハイマーを始祖とする学派である。
同時代、同学派の思想家にはアドルノ、フロム、ライヒ、マルクーゼがいる。
また、フランクフルト学派ではないが、イタリア共産党書記長であったグラムシもフランクフルト学派と同様の思想を持っていた。
彼らは西洋文化を根絶することで社会を崩壊させ、革命を起こそうと考えた。
彼らが革命を起こすための手段として構築したのが「批判理論」である。
批判理論は、キリスト教、資本主義、権威、家族や道徳など、革命家にとって都合の悪いもの全てを否定する。
ブキャナンはその一例として「権威主義的パーソナリティ」を挙げている。
裕福で一家そろってクリスチャン、父親が権威主義的という家庭に育った子供は独裁的な人格差別主義者に育つという。
単なる憎しみに満ちたアジテーションに過ぎないのだが、残念ながらこのようなものが学問として認められているのである。
彼らは何もかも否定することによって社会にニヒリズムを蔓延させる。
ブキャナンはこれを「文化ペシミズム」と呼ぶが、「文化ペシミズム」はフランクフルト学派にとっては革命の必須条件と考えられている。
http://uminomukou.blog19.fc2.com/blog-entry-29.html

610 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 19:28:07 ID:DLQYo9eO
ヨーゼフ・シュンペーター
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
社会学者シュンペーター
この分野の主著『資本主義・社会主義・民主主義』は、持論のイノベーションの理論を軸にして、経済活動における新陳代謝を創造的破壊という言葉で表し、
また、
資本主義は、成功ゆえに巨大企業を生み出し、それが官僚的になって活力を失い、社会主義へ移行していく、という有名な理論を提示した。
マーガレット・サッチャーはイギリスが、つねにこのシュンペーターの理論のとおりにならないよう警戒しながら政権運営をしていたという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
J・A・シュンペーター
「資本主義はその成功によって滅ぶ」
 この言葉は,晩年のシュンベーターが好んで語った逆説で,「資本主義はその失敗によって滅ぶ」というマルクスの説に対置されたものである。
シュンペーターは,ヴィーン大学で過ごした青年時代から,オットー・バウアーらのマルクス主義者を友人にもち、第1次世界大戦後に短期間大蔵大臣を務めたのも,彼らの要請にこたえたものであった。

 それに対して,シュンペーターは発展し豊かになった資本主義の以下のような傾向が,社会主義への移行を促進していると考えた。

資本主義的企業が個人の企業家精神に支えられるものから大組織になり,企業家のイノベーション活動すらそのうちに統合されるようになる
資本主義の繁栄が生み出した知識人や若者が反資本主義的な価値観をもちはじめる
私有財産の社会化に頑強に反対する自営業や中小企業主たちがますます減少する

ということである。
http://learning.xrea.jp/%A5%B7%A5%E5%A5%F3%A5%DA%A1%BC%A5%BF%A1%BC.html
谷垣氏は,小泉総理について「創造的破壊」と広島で語りましたが,どう思われますか。

611 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 21:34:55 ID:j5QoDmps
構えが大きいと思う
やっぱホームラン狙いよりはチームのことを考えてヒット狙いでいくのが賢いかな。
強振すると自分の場合はなぜかやたらとボールの回転したフライになったりする確率が高い。
バットの先っちょに当たってボールが回転して目の前に浮いたままでいたりね。
ちなみに僕のスイングだとその摩擦によってゴムの焼けたにおいがする。
でも欲はかかず自分の正統打法で、ボールを前に平行に打ち返すという感覚で打てばミート率があがる。
両翼90mぐらいの草野球グランドならそれでもホームラン出るしね。

612 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 21:49:22 ID:j5QoDmps
両翼90mじゃでかいわ
80mぐらいだな
センターも100mあるか怪しい

613 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 14:43:03 ID:lfObNcY3
スレタイ違いの話題が多いな〜

614 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 12:18:53 ID:N0bUPGNR
神道に興味を持っておられる方はこのスレで質問されるより、神社本庁に連絡して聞いてみた方がいいですよ。
その方が的確です。神社本庁のHPも御座いますのでぜひそちらの方に行かれてみてはどうでしょうか?
神道の他にも諸問題について詳しくHPには載せてありますし基礎知識として覚えておくのもいいですよ。
神道を学ぶにつれ皇室や日本人がいかに優れているかわかります。もっと日本が好きになりますよ。
では去りますね ^ー^ノ

615 :名無しさん@3周年:2006/08/08(火) 10:44:32 ID:nX63C0NZ
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート16
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153904685/32-33

616 :名無しさん@3周年:2006/08/08(火) 10:52:22 ID:nX63C0NZ
 安倍晋三官房長官は6日、埼玉県川越市で講演し
「小泉純一郎首相は見事に改革を成し遂げた。
改革を進めるには創造的破壊をしなければいけなかった。
次の時代は創造的破壊からしっかりした国造りに向けてみんなで手をつなぎ協調して一歩一歩前進しなければいけない」
と述べた。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060806AT3S0600H06082006.html

617 :名無しさん@3周年:2006/08/08(火) 20:33:38 ID:S4hsxHfT
サタニズム系かね
まぁたしかに己の悪魔性を肯定するほうが簡単だね
もっとよい企業へ勤めれば人生観も変わるだろうけどね

618 :名無しさん@3周年:2006/08/08(火) 20:34:38 ID:S4hsxHfT
神と感応しないかぎりは人間の霊性に大差ないけどね

619 :名無しさん@3周年:2006/08/08(火) 20:39:28 ID:S4hsxHfT
直霊によって本質的な正直さが得られる

620 :名無しさん@3周年:2006/08/14(月) 20:40:32 ID:9vaYe9Ck
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート16
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153904685/57

621 :名無しさん@3周年:2006/08/16(水) 20:32:55 ID:4c839Xwz
愚行権
私自身は麻薬をやらないが麻薬を違法化する根拠は無い。
http://www.asahi-net.or.jp/~yh8t-fkc/noushironsou2.html
他人に迷惑か,自分が判断する,自分が決める,自分が選ぶことは出来ない
信教の自由や信仰の自由を主張する場合,愚行権の主張についてどう思われますか

622 :名無しさん@3周年:2006/08/18(金) 12:21:25 ID:z5xf4/2r
 戦争責任は人類すべての人間にあるのです
 野生の動物の世界は弱肉強食の悪法がはびこり、戦争状態である。たとえ、
百獣の王ライオンであっても、その子はハイエナに食われる。人間の世界も物
欲によって争闘し、最後には殺し合いとなる。これは人間の欲望に限りがない
からであり、ぜいたくを享楽しているためである。肉食は食欲のぜいたくの極
みであり、これを得るためには家畜を殺し、弱者を犠牲にしなければならない。
動物を殺すことは人間を殺すことと同じである。これでは、人間の霊性は獣と
何ら変わることがなく、自分の子供がハイエナに食われても文句が言えない。
 人間の横暴によってすべての生物が地獄の苦しみにあえいでいる。先の大戦
の犠牲者はこうした人間の行為の償いであり、神からの啓示である。だから、
戦争責任は人間が自らの行為を反省することなく、物欲を発揮してぜいたくを
むさぼっている、人間一人一人にあるのです。
 偽科学が常識を盲信させる
 非ユダヤ人において、科学の盲目的信仰が功を奏しているようである。学校
の教科書で教えられる事がすべて正しいと信じる。こういった人々にとっては
権威ある学会が言うことのみが正しく絶対なのである。
 ユダヤ議定書(第2議定書)
 非ユダヤ人は歴史を基礎とする観察を怠り、専ら理論上の旧弊に囚われて、
その結果に対する批判的工作を忘却している。我々は新聞雑誌を利用してこの
科学理論を盲目的に信用させる。非ユダヤ人の知識階級は自己の知識を誇りと
して、科学から得た知識でものを考えようとする。その知識を論理的に吟味も
せず、その知識なるものが、人間を我々の目的の実現に向けて、教育するため
に作られた事に気がつかないのである。悪魔の世界制覇に向けて。我々の主張
を根拠なきものと思ってはいけない。我々の仕組んだところのダーウィン、マ
ルクスの教説の成功に注意なさるがよろしい。これらの教説は非ユダヤ人の心
に破壊的作用を及ぼした。ダーウィンの進化論は常識となっている。チンパン
ジーは何時になったら人間となるのか。急には進化できないから、その中間の
形態のものが存在しなくてはならない。


623 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 18:04:26 ID:jHWVimup
文化マルキスト
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%CA%B8%B2%BD%A5%DE%A5%EB%A5%AD%A5%B9%A5%C8&fr=top_v2&tid=top_v2&search.x=1
白い共産主義
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%C7%F2%A4%A4%B6%A6%BB%BA%BC%E7%B5%C1&fr=top_v2&tid=top_v2&search.x=1
マルクス スピノザ
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%DE%A5%EB%A5%AF%A5%B9%A1%A1%A5%B9%A5%D4%A5%CE%A5%B6&fr=top_v2&tid=top_v2&search.x=1
カルチュラル・スタディーズ
強いていうなら,グラムシ以降のマルクス主義とイギリスの文芸学的伝統を背景としつつ,
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%C1%A5%E5%A5%E9%A5%EB%A1%A6%A5%B9%A5%BF%A5%C7%A5%A3%A1%BC%A5%BA
文学理論
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
文学理論のいろいろ
その他に文学理論として扱われるものに次のようなものがある。
文化唯物論(カルチュラル・マテリアリズム)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E7%90%86%E8%AB%96
マーヴィン・ハリス
marvin harris
1957年ニューヨーク生まれ。文化人類学者。
コロンビア大学、フロリダ大学で教鞭を取り、文化唯物論を唱える。
著書に「アメリカ・ナウ」「文化唯物論−マテリアルから世界を読む新たな方法」
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A1%BC%A5%F4%A5%A3%A5%F3%A1%A6%A5%CF%A5%EA%A5%B9?kid=22941
カウンターカルチャー
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%AB%A5%A6%A5%F3%A5%BF%A1%BC%A5%AB%A5%EB%A5%C1%A5%E3%A1%BC&fr=top_v2&tid=top_v2&search.x=1

624 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 19:05:17 ID:KDVOEFYY
ポストコロニアル理論
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(ポストコロニアリズム から転送)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
情報・メディア・コミュニケーション研究
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
領域の源流として、次のような研究が挙げられる。
アリストテレスなど、古代ギリシアにおける修辞学(レトリック)や演説についての研究
社会における知識やイデオロギーの役割を考察したカール・マルクスやカール・マンハイム
主な関連領域
社会学:
ハーバーマスのコミュニケーション行為の理論の普及、公共圏の概念の普及
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6
ソーカル事件
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
論文に用いた数学らしき記号の羅列は、数学者でなくとも自然科学の高等教育を受けた者なら、それがいいかげんであることはすぐに見抜けるお粗末なものだったが、
それらは著名な思想家たちが論文として発表しているものをそっくりそのまま引用したものだった。

しかし、ソーカルの批判の対象となった哲学者の支持者達は、ソーカルの批判に真剣に取り組もうとせず、「哲学を分かっていない」といったコメントを発する程度のことしかしないなど、全く反論になっていない感情的な反発しかしなかったこともあり、
彼らに関して言えば出鱈目というレッテルを払拭できないのが現状である。

なお、ポストモダン・ポスト構造主義の思想家であっても、ジャック・デリダ、ミシェル・フーコーは、自然科学用語は殆ど使用していないので、ソーカル事件においては直接批判対象になっていない。
しかしフーコーは史実の乱用(代表例:J.G. メルキオール(著)『フーコー 全体像と批判』 )、
デリダは言語の乱用(ウィラード・ヴァン・オーマン・クワインやノーム・チョムスキーが批判の代表例)で同じように批判されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

625 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 19:07:25 ID:KDVOEFYY
ジャック・デリダ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニーチェやハイデッガーを批判的に発展させた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%80
フランス現代思想
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランス現代思想は、おもに戦後のフランス哲学にたいしてもちいられる呼称。
そこには、ニーチェ、フロイト、ハイデッガー、マルクスらのドイツの近代理性批判や、フッサールの現象学、ソシュールの記号学、構造主義などが流れ込んでいる。
アメリカでは、科学者アラン・ソーカルによって、フランス現代思想における無意味な科学用語の濫用が批判されたのをきっかけに「サイエンス・ウォーズ」が引き起こされた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%80%9D%E6%83%B3
ニュー・アカデミズム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(ニューアカデミズム から転送)
ニュー・アカデミズムとは何か?
しかし、これ以上に重要視されたのが、構造主義や記号論をより根元的に批評、批判した、フーコー、ドゥルーズ、デリダの「御三家」を筆頭とする、クリステヴァ、リオタール、ボードリヤール等の哲学者を中心とした面々だった。
彼らはその後ポスト・モダニスムと総称されるようになるのだが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%A0

『近代 未完のプロジェクト』
     ユルゲン・ハーバーマス著 
 シュルレアリスムに象徴されるアヴァンギャルド的な文化止揚の試みを評価しつつ、反抗的な力を賞賛するだけでは駄目なので、社会の(良き)近代化には、別のコースがありえるのだと提起します。
http://atlantic2.gssc.nihon-u.ac.jp/magazine/018/book2.htm
シュルレアリスム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
概要
シュルレアリスムは、思想的にはジークムント・フロイトの精神分析の強い影響下に、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A0

626 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 19:09:09 ID:KDVOEFYY
20世紀後半のイタリア哲学
ジェンティーレの活動主義的観念論は、そのほかにも、アントニオ・ネグリ(Antonio Negri, 1933- )のマルクス主義にも少なからず影響を与えた。
なお、アントニオ・グラムシ(Antonio Gramcsi, 1891-1937)を筆頭とするイタリアのマルクス主義は、戦後はガルヴァノ・デッラ・ヴォルペ(Galvano della Volpe, 1895-1968)やチェーザレ・ルポリーニ(Cesare Luporini, 1909-1993)らによって引き継がれ、
後述するバンフィやパーチなどマルクス主義には収まりきらない哲学者も生みだす一方で、
ネグリの思想をひとつの主軸にした「マルチチュード派」が形成され、アウグスト・イッルミナーティ(Augusto Illuminati, 1937- )やパオロ・ヴィルノ(Paolo Virno, 1952- )といった哲学者があらわれている。

しかし、こうした戦後の動向のなかでもっとも大きな位置を占めたのは「現象学」と「実存主義」である。
現象学は、新カント主義やマルクス主義から出発したアントニオ・バンフィ(Antonio Banfi, 1886-1957)

『理性の危機』に象徴されるニヒリズム的・否定的な傾向は、マンリオ・ズガランブロ(Manlio Sgalambro, 1924- )や前述のセルジョ・ジヴォーネらにも共有され、70年代のイタリアでは大きな影響力をもった。
また、ヴァッティモの「弱い思考」は、ニーチェとハイデガーにもとづく徹底した反基礎付け主義とその独自の解釈学とが相俟って、1980年代のイタリア思想界を席巻し、国際的にも大きな反響を呼んだ。
この「弱い思考」は今日でもなおイタリア現代思想の主流のひとつをなしており、

アガンベンとカッチャーリはともに、ハイデガーとベンヤミンの強い影響下に思考を形成し、

バタイユやクロソウスキー、ブランショの研究から出発したペルニオーラは、ニーチェやハイデガーの思想を受容しているかぎりにおいてヴァッティモに接近しつつも、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%80%9D%E6%83%B3

627 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:24:44 ID:gUa8HwWw
ツァラトゥストラはこう言った
    「新しい偶像」
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?ei=UTF-8&p=%E8%93%84%E7%BE%A4&fr=top&tid=top&u=homepage3.nifty.com/Durga/also%2520sprach%2520zarathustra.html&w=%E8%93%84%E7%BE%A4&d=JpwfGSQ8NSJU&icp=1&.intl=jp

628 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 00:55:06 ID:2HI5zRFZ
荒してるのはどこの信者だろう

629 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 00:55:35 ID:2HI5zRFZ
肥大した自我の暴走か

630 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 01:48:17 ID:19lIXvPK
いちおう神道の質問箱なんだけどね、スレタイ違いは無視。
神道を研究分析していた学者なら意味があるんだけどね、キリスト教だけじゃあ...


631 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 19:12:45 ID:n5MgIE9+
三国人の不法行為
三国人という言葉に、ならず者のイメージを植え付けたのは、日本人の弱り目につけ込んで、不法行為を行ったの朝鮮人自身にある。
「韓国のイメージ」鄭大均 1995年 中公新書
連合国総司令部(GHQ)の担当官として終戦直後の日本に駐留し、後にハーバード大学教授となったエドワード・ワグナー(朝鮮史)は、『日本における朝鮮少数民族』(原著1951年)という論文で次のように記している。
『戦後の日本においては、朝鮮人少数民族は、いつも刺戟的な勢力であった。
数においては大いに減ったものの、朝鮮人は、依然として実に口喧しい、感情的・徒党的集団である。
かれらは絶対に敗戦者の日本人には加担しようとせず、かえって戦勝国民の仲間入りをしようとした。
朝鮮人は、一般に、日本の法律はかれらに適用され得ないものとし、アメリカ占領軍の指令も同じようにほとんど意に介しなかった。
そのため、国内に非常な混乱をおこした。』

北斗星 さんの投稿から <かっこ内は下線文字の読み>
   第三國人の暴行 <三国人>
 其最も著しい、象徴的事例に、元文部大臣、後の首相・鳩山一郎氏に對する集團暴行・傷害事件がある <その、集団>
 翁が軽井澤の静養先から帰京しやうとして信越本線の汽車に乗って居たら、例の「朝鮮進駐軍」が後から大勢、切符も買はず、鐵道員を突き飛ばし押入って來て、
俺達は戦勝國民だ、おまへら被支配者の敗戦國民が座って支配者様を立たせるとは生意氣だ、此車両は朝鮮進駐軍が接収するから全員立って他の車両へ移動しろ、愚図愚図するな! と追ひ立てた <軽井沢、鉄道、この>
 其で鳩山氏が、我々はきちんと切符を買って座ってゐるのにそりゃおかしい、と一乗客として穏やかに抗議したら、忽ち大勢飛び掛かって袋叩きにし、鳩山翁を半殺しにした 
幸にして重体にも重傷にも至らなかったが、頭部裂傷だか顔面挫傷だか忘れたが、血に塗れ腫れ上がった痛々しい顔で帰京した <それ、たちまち>
 年老いた祖父を理不尽に叩きのめされて怨まぬ孫も有るまい、如何に不出來な孫にせよ 孫共は此を知らんのだらう <いかに、これ>

632 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 19:16:28 ID:n5MgIE9+
 直後に總理大臣に成る程の大物でも如斯 況や庶民に於てをや 土地も屋敷も物資も操も、奪ひ放題であった 闇、賭博、傷害、強盗事件が多く、殊には、空襲や疎開で一時的に空いてゐる土地が片端から強奪された 
今、朝鮮人が駅前の一等地でパチンコ屋や焼肉屋を営業してゐるのは、皆、あの時奪った罹災者の土地だ <総理、かくのごとし、いわんや、おいて、ことに、り災>
 其でも警察は手が出せなかった 歴代總理大臣等が絞首刑になって行く状況で、警察如きに何が出來よう 或日、警察は何月何日を以て廃止す、再び登庁するを許さず、と命ぜられれば、其切り警察は消滅する 
七百萬の大軍を擁した彼の帝國陸海軍ですら、左様にして両總長 両大臣以下、自然廃官になった まこと、敗戦はかなしからずや <ある日、もって、万>
 堪りかねた警察が密かにやくざに頼み込み「濱松大戦争」になった訳だが、「小戦争」は日本中に頻發した <たまりかねた、頻発>
 最後の頼みの綱は聯合國軍であったが、遂には其憲兵隊でも手に負へぬ非常事態に立ち至った <連合国、ついに>
 其で流石に米軍も腹に据えかね、日本本土全域の占領を担當してゐた米第八軍司令官アイケルバーガー中將が、
關東と言はず關西と言はず、はたまた北九州と言はず、不逞鮮人活動地域に正規戦闘部隊の大軍を出動させ、街頭に布陣して簡易陣地を築き、重装甲車両を並べ、人の背丈程に大きな重機關銃を構へて不逞鮮人共にピタリと狙ひをつけ、漸く鎮圧した 
我々は其火器の煌めきを間近に見た <中将、ようやく、きらめき>
 此時、聯合國軍總司令官ダグラス・マックアーサー元帥の發した布告が、「朝鮮人等は戦勝國民に非ず、第三國人なり」 <発した、あらず>
と言ふ声名で、此ぞ「第三國人」なる語のおこりである

 だから、外國人差別用語な筈は無い 彼等自身、マックアーサー元帥以下、一人残らず皆、外國人ではないか <はず>
 聯合國軍總司令官は日本人に對してこそ絶大な権勢を振ったが、本國や同盟國、對日理事會や極東委員會に氣を遣はねばならぬ外交センスの要る役職であった 
何人にもせよ、敗戦國民以外を、声名發して迄差別なんぞする筈が無い <対日理事会>
 「第三國人」の語は、國際法に則って説いた技術的専門用語に過ぎない <のっとって>


633 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 19:17:16 ID:n5MgIE9+
終戦後の三国人の所業を明らかにすると、コリア系団体と反日サヨクの執拗な抗議を受けることから、日本のマスコミではタブーとなってしまいました。
現在新しく三国人の実態を知ることができるのは、台湾人の書いた本しかないというのが情けない現実です。
「台湾人と日本精神」 蔡焜燦 2000年 日本教文社
(台湾出身の著者は岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に所属していた)

三国人と闇市
三国人の暴力から日本人を守ったのは警察官ではなくヤクザだった。
「大阪・焼跡闇市」 昭和50年 大阪・焼跡闇市を記録する会編 夏の書房
三国人の覚せい剤密造は警察の力により日本では壊滅したが、彼らが莫大な利益を手にする手段を手放すわけがなく、韓国を製造拠点として日本へ密輸を始め、我が国は再び覚せい剤に汚染されることになるが、
驚くべきは日本人を食い物にして平気という韓国人の道徳観念である。
「シャブ! -知られざる犯罪地下帝国の生態-」 趙甲済著 黄民基訳 1991年 JICC出版局
(灰色文字は管理人注)

多くの暴動事件に積極的に関与していた在日朝鮮人
戦後日本に居残った朝鮮人の中に共産党系の者が多数いた。
「韓国・北朝鮮総覧1984」 1983年 原書房
日本共産党の尖兵として騒擾(そうじょう)事件を起こす。
当時、共産党は一国一党の時代で在日朝鮮人が多数参加していた。
「体験で語る解放後の在日朝鮮人運動」 姜在彦 1989年 神戸学生青年センター出版部
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
密入国なのに連行だと嘘つく朝鮮人は良心が無いの?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1138446966/

634 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 07:38:07 ID:tmLKyra6
http://www.hikinik.net/camera/tokyo/FinepixF601C0040.WAV
武田神社 水琴窟の音

635 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 15:34:03 ID:SL+iwbwu
さっき父宛に来た手紙で差出人が○○神社務所というのを発見しました。(内容は祭の協力ありがとうございますみたいな感じの)。

私宛には出雲大社○○分祠と書かれてるとこから来たのを見つけました。(何年か前のもの)受験のお守りいれておきます。とか書かれてました。

私は神道信者なのでしょうか?

636 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 15:53:56 ID:P6A40z31
どこかのスレで、お伊勢さんからは天照大御神が、出雲からは大国主命が
紀子さんとそのお子さんを守るために東京に出張中、みたいな書き込みを見たのですが
神様がその神社を空ける時にお参りに行っても居られる時と同じご利益があるのでしょうか?
その時の神社の状態は普通とは違うのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

637 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 15:36:39 ID:LqbvyzgG
      奉祝

          親王様ご誕生

638 :やほよろづのかみたち ◆0ryc.81s2s :2006/09/06(水) 17:12:42 ID:J10k22HO
【●】皇子樣御誕生おめでとうございます。

心より、お慶び申し上げます。


臣 民 一 同




639 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 03:54:26 ID:wtZo8JP2
Japan Timesからの記事ですけど:
When he is around 50 days old, the child will visit three Shinto shrines in the Imperial Palace.
親王様がご誕生50日後くらいに、皇居にある三つの神道の神社を参拝する。と書いてある。
皇居に3つもあるの?1つでいいのではないか?3つもあると互いの神様が喧嘩をしないか?
それとそれぞれどんな神社、神がまつられているのでしょうか?

もうひとつ質問:皇居にある三種の神器って、剣だっけ?あと2つは、それぞれなにで、どこにあるかご存じですか

640 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 22:33:34 ID:3Z8kBDwq
そういや我が家は神道なんだが
なぜ神道なのかわからん

641 :明るく楽しい大阪城:2006/09/09(土) 20:36:37 ID:PbHfyMtw
>>640
そういや我が家は日本人なんだが
なぜ日本人なのかわからん

と書き込んでるのと同じだと思われ


642 :明るく楽しい大阪城:2006/09/09(土) 20:37:59 ID:PbHfyMtw


国家神道と古神道はどう違うんですか?
国家神道は古神道を継承したものなんですか?

戦前の靖国神社や護国神社の神道と
戦後 宗教法人化した靖国神社や護国神社の神道は違うのですか?



643 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 17:44:29 ID:ttrP9Sww
以下、お間違え無いよう確認して投票下さい。

★宗教板の「好きなコテ」のランキング
http://www.37vote.net/2kote/1155901553/

☆宗教板の「キライなコテ」のランキング
http://www.37vote.net/2kote/1157872528/

644 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:54:18 ID:DaEGIUbL
神様はけんかはしねーよ。
動物や人間じゃないしな。
どこで聞いたかしらないけど、そんな俗っぽい考えかたを
検討するところから始めたほうがよいよ。
所謂悪魔(曲津神)との闘いはあるかもしれないけど、
そういう神様が神社に奉られているわけじゃないしな。

645 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:52:01 ID:Kte1eCE3
3つあるのに
一つだけ贔屓した方が喧嘩するんじゃないの?

646 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 13:04:12 ID:BFS5fOwo
厄年について教えて下さい。 前厄、後厄、 厄払いする時の費用、 所属している宗教は関係あるのか など詳しく教えて下さい。

647 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 15:00:55 ID:T/mtKN7T
頂点の伊勢神宮で厄除けしてもらえば何の問題もなし>>646

648 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 16:13:27 ID:K955g7PE
どなたか>>635について教えて下さい。

649 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 08:22:34 ID:+TUyXdG9
友人が 日野市にある 大成教会でおはらい受けたら即効で人生変わったと いってます 他に同じような経験したかたいますか?

650 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 17:18:29 ID:iz3FdpLs
>>635
> しんじゃ 1 【信者】
>
> ある宗教を信仰している人。信徒。
信仰しているかどうかなど本人にしかわからん。

651 :635です。:2006/09/23(土) 15:27:26 ID:sJAIOXk3
信仰してなくても入信してることになってるのかを質問したかったのですm(__)m

652 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 17:58:33 ID:zox9wAjx
>>651
神社神道には、氏子とか崇敬会とかはあるけど、
教団に所属するというような意味での入信というのは、そもそもないんじゃないの。

653 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:26:43 ID:eET/mFQr
それではどこの家にもお守り送られてくるんですか?

親が神社の御輿かついでたのも気になるんですけど。

654 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 18:29:35 ID:bNhURw9l
神道で強く賢く明るい日本人になりましょう。

655 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 02:01:42 ID:b9eDQN7b
『この世に生まれた人間は、全て神の氏子』 という概念だな。
『信者』や、『教団』というような概念を超えたもの。

神社は、ただ単に、神の住むおおきなお家というようなもの。
前を通った時に挨拶するもよし、しなくてもよし。
ご案内が来ても、それは 氏子に対する ご案内だから、気にし
たくない人は気にしなくて良い。

まあ、日本の神には担当分野があるから、氏神以外にも、
デキモノを治してくれる神、学問の神、天候を左右する神...

これらは、病院にたとえるとよく分かる。
出雲大社や伊勢神宮、住吉大社、春日大社なんかは、全国規模の
大学病院で、チェーン展開もしている総合病院みたいなもの。
(もちろんここにはキリスト教会や仏教寺院も含んでよい)

市民病院など地域の拠点総合病院は氏神の神社に相当
個人の病院や、耳鼻科、歯科など単科病院は、小さな祠や神社。

健康保険は、氏子の証で、病院の診察券は、神社の御札。

病院は元気ならば、行かなくても良いけど、国民皆保険の義務はある。






656 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 22:35:44 ID:pWRpxmv7
曾祖父の家の庭に榊が植えてあったから先祖代々神道だと思うんだけど・・・
日本の神道の比率ってどれくらいなのだろう?

657 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 12:19:37 ID:Ycsb/CtI
 二つ目は、秀吉の女道楽である。
「病気じゃないか」と思うくらいの女好きで、当時から鳴り響いていた。
 伊達政宗が服属したとき、人質として彼の正室で、美人の誉れ高かった愛姫(めごひめ)を出せと言われ、政宗の家臣たちが、「絶対、手を付けられる。」と大反対した。
 気に入った女性が武将の妻だった場合、夫を戦場等に派遣し、留守中に彼女を召してものにするという悪癖もあった。
細川忠興の妻玉子(後のガラシャ)も同様にして召されたことがあった。
彼女は、秀吉の前で「細川でございます。」と平伏した時、わざと懐中から短刀を落として見せたという。
これは、「私に手を出したら殺してやる。」ではない。
夫の主君にそれはできない。
「私に手を出せば死にます。」という意志表示であった。
これにはさすがの秀吉も、手が出せなかったと伝えられている。

 こんなエピソードもある。
 秀吉があまりに美女を好むので、近習たちがおもしろがって、評判の美少年を秀吉の小姓にとりたて、秀吉と二人きりにした。
当時は戦国大名のほとんどがバイセクシャル(男も女もあり)であった。
 やがて、秀吉と何事か言葉を交わしていたその美少年が退出してきた。
さっそく近習たちは「何を申されたのか?」と美少年に問うた。
 返事は・・・。
「私に姉か妹がおらぬかと仰せになりました。」
(2003.2.24)
http://www.geocities.jp/michio_nozawa/episode57.html

細川忠興夫人・ガラシャ夫人
 細川忠興の夫人、ガラシャ夫人も秀吉が狙った美女の一人。
忠興は妻が秀吉の目に触れることを極度に警戒し、戦場からガラシャ夫人に手紙で注意を促しているほど。
ガラシャ夫人もこれに応えて、秀吉と謁見した時、わざと 短刀を落として見せている。
死ぬ覚悟を秀吉に示していた。
関ヶ原の戦いの時、石田三成の人質になる事を拒んで潔く自害した。
http://s-mizoe.hp.infoseek.co.jp/m111.html

どう思われますか

658 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 12:58:04 ID:sF9v7B3u
>『この世に生まれた人間は、全て神の氏子』 という概念だな。

この概念が受け付けません。キリスト教のように所属というのがないなら安心です。出雲大社からのお守りはそこで申込んだら来る仕組みなのでしょうか?

659 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:42:15 ID:Nh/Ujk4x
 1956年、博士は30万人の民衆と共に仏教に改宗しました。
ヒンズー教徒としての差別撤廃に限界を感じてのことであったようです。
また、本中、パキスタンの分離・独立も根はカースト制にあるという発言がありました。
低カーストにあった人々が、圧制と差別に耐えかねてイスラム教に改宗したのだし、仏教・キリスト教への改宗も同じである、といったものでした。
http://www.mskj.or.jp/getsurei/horimoto9601.html

浄土真宗やっとかめ通信
(東海教区仏教青年連盟)
◆ 六道輪廻について
 というのも、ここは非常に大事な点ですが、釈尊を含む革新的思想家たちがバラモンの教えを批判するのは、それがバラモン支配の社会を支えるための教え(今ふうに言えばイデオロギー)だったからです。
たとえば、輪廻という考えは厳然としてカースト制を支える教えとしてあります。
つまり、現在バラモンであるものは前世によい行いをしたからであり、反対にシュードラにあるものは、前世でわるい行いをしたからであり、来世でよい境遇に生まれたければ善いことをせよというわけですが、
その善悪の基準とは、つねにカースト制を含む社会が存続するのに都合のいいものです。
善を行ない悪を行うまいとして道徳を守れば守るほど、一方では安逸を貪り、他方ではいかに努力しようとも悲惨な状況から抜け出すことの出来ない階層が存在するという状況が続くわけです。

 ですから、釈尊が輪廻を否定し「四姓平等」(四姓とは、バラモン:司祭者・クシャトリヤ:王族・ヴァイシヤ:庶民・シュードラ:隷民)を表明したということは、
「カースト制度を正当化しようとするいかなる考えかたも許さない」ということを意味したわけですから、カースト制と闘う態度を明確にしたということができます。
 しかし、残念ながら世間には、釈尊が輪廻を説いたというたぐいの仏教入門書が少なくありません。
しかし逆に言えば、その本が輪廻を釈尊が説いたもののように言っているかどうかは、その本が信用できるかどうかの一つの指標になるのではないでしょうか。
http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/98_10_21.html
どう思われますか

660 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 17:59:47 ID:/cRuyl4g
人身御供
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東アジア
日本では人柱など。
転じて同様の行為にも使われる。
「白羽の矢が立つ」とは、元々このことをいった。
白羽の矢は所謂匿名による指名行為であった訳だが、これらは霊的な存在が目印として矢を送ったのだとされ、この矢が家屋に刺さった家では、所定の年齢にある家族を人身御供に差し出さなければ成らないとされた。

アメリカ大陸
アステカ人は「太陽の不滅」を祈って、人間の新鮮な心臓を神殿に捧げた。
ほかに豊穣、雨乞いを祈願して、捧げられることもあった。
しかしその一方では、これら生贄に捧げられる事が社会的にも名誉であると考えられていたとされ、球技によって勝ったチームが人身御供に供されるといった風習も在った模様である。

生贄は石の台にのせられ四肢を押さえつけられ、生きたまま火打石のナイフで心臓をえぐり取られたとされる。
生贄の多くは戦争捕虜で、生贄獲得のための花戦争も行われた。
選ばれた者が生贄になることもあり、稚児が神に捧げられることがあった。
ただアステカはこのような儀式を毎月おこなったため、一説にはこれにより社会が弱体化、衰退したとも言われている。

インカでも、同種の太陽信仰に絡む人身御供を行う風習があったが、これらの生贄は社会制度によって各村々から募集され、国によって保護されて、神への供物として一定年齢に達するまで大切に育てられていたという。
http://72.14.235.104/search?q=cache:vmz4DIE7hqcJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%BE%A1%E4%BE%9B+%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%BE%A1%E4%BE%9B&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8

このとき、血塗られた神殿も案内された。
まだうごめいている心臓が銀の皿にのせられていたという。

翌日、スペイン人による人身御供の禁止に怒ったアステカ人が反乱を起こしモクテスマ2世を殺すと、コルテスは命からがらテノチティトランを後にしてトラスカラに引き返した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%B9
どう思われますか

661 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 16:35:27 ID:hUm0akCE
>>657
遊女
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
注意:この項目には性風俗営業等に関する記述があります。
年齢その他の理由で情報入手に法的制約のある方、不快感のある方は閲覧をお控えください。

近世になると、遊女屋は都市の一か所に集められ遊郭が出来た。
1584年(天正13年)、豊臣秀吉の治世に、今の大阪の道頓堀川北岸に最初の遊廓がつくられた。
その5年後(1589年 天正17年)には、京都柳町に遊廓が作られた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E5%A5%B3

公娼制
■日本の場合
[16世紀後半]
豊臣秀吉が大阪・京都で遊郭を認可
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%f8%be%ab%c0%a9?kid=26167

662 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 23:01:36 ID:1kuAJDG8
>>639
三種の神器は
玉と鏡と剣です。
 

ところで剣ってヤマタノオロチの尾から出たらしいですが8本あるうちの何番目の尾?
出た直後は邪剣・マノムラクモだったものがクサナギノツルギに改名しただけで神器扱いなのはコトダマか何かの力なの?

663 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 00:54:03 ID:wfC/sA/f
>>661
高岡法科大学
 だが、人身売買を完全に無くすことは大変難しいことである。
当時は奴婢(ぬひ)と呼ばれる最下層の人々の売買は法律上認められていた。
鎌倉・室町 時代になると、奴婢の売買も禁止され、江戸幕府も人の売買を禁止したのではあるが、それは永代売買が禁止されたのであって、数年間というように期間を限った年季売りは禁止されなかったのである。
その年季売りは次第に年季奉公の契約の形となって残っていったし、養子契約をする事によりそれも一生実親子との縁を切って他人の養子に出すという形で事実上の人身売買が行われていたようである。

現在は人身保護法や売春防止法で完全に 人身売買は禁止され、民法90条によりそういう契約の効力は否定されているが、でも風俗営業、芸妓置屋等をめぐって、この非合法現象が根絶されているわけではない、という難しさを抱えている。
なんと言っても、人身売買禁止政策の最大の敵は、鎌倉時代以来700年以上も続いてきた公娼(こうしょう)制度であった。
遊郭には派手に遊びまわる客人から落 ちるお金が躍動し、片や貧困にあえぐ農村地域の生活苦が隣接すれば、おのずと人の流れが人身売買の道を通じて生ずる事になる。
戦後1946年に占領軍総司令部(GHQ)は、日本の公娼制度を廃止したが、いわゆる赤線地帯といって売春が行われる特別地域の温存が図られたし、
また、占領軍のほうも、日本の公娼制度をなくしておきながら、かげで占領軍兵士のために娼婦の提供を要請したのではないかとの疑いもあり、それらの周辺で反人権である人身売買が行われていたらしい。
明治初年頃はなおさらのことであったろう。

 このような状態であったから、ペルー政府の抗議は時の明治政府に一方ならぬ当惑を与える事になった。
ペルー政府の抗議は日本政府が依然として人身売買という非行を許す未開の国である事を正式に世界にさらけ出した事になり、世界の文明国と肩を並べあうために条約改正という難事業を目前にした日本政府にとって手痛い打撃となったことは間違いなかった。
http://72.14.235.104/search?q=cache:3il60uZl6h0J:www.takaoka.ac.jp/zatsugaku/044/ishida02.htm+%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8F%B7&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8
秀吉について,どう思われますか

664 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 21:34:58 ID:TQ0c3cc4
わが国ではメスカリンも「麻薬」に指定されています。
http://www.dapc.or.jp/data/other/5-4.htm

◇タバコと文化
タバコはもともとインディアンが使っていたもので、西洋人がそれを世界に広めたらしいのですが、タバコは、PEYOTEと呼ばれるインディアンの儀式の上でも欠かせないアイテムです。
僕は集まりに行ったことはないのですが、普通のタバコとは違うようで、もともとは平原インディアンの宗教らしいですが、ナバホでも所々で行われてました。

タバコを嫌う人たちは、もちろんこのような儀式にも参加しません。
そこで使われるタバコは、一種の幻覚剤みたいなものらしく、それを回し飲みして夜を徹するらしいのですが、そういった儀式は他の南北アメリカ大陸の先住民族の文化にも聞いた事があります。

それから、PEYOTEで使われる成分は違法なもので、メキシコから密輸入されてるとも聞きました。
まぁ、法律を作ったのは白人政府だし、PEYOTEは法律以前からある文化なので、勝手な感じがしますが。それに、法律で禁止されてるからといって、それが普通のタバコに比べて悪いものかどうかわかりません。
マリファナだって、オランダなどの国では合法ですしね。

マリファナといえば、居留区内にもマリファナがはびこってます。
もちろん、アメリカでは違法ですが、こっそりと栽培したり、ギャングが売買していて、学校や社会で問題になっていました。
http://ww4.tiki.ne.jp/~zl10/navajo8.html
御存じですか

665 :つきピエ#:2006/10/06(金) 23:31:14 ID:33PrEGbG
山や島に浄化力があれば
そこに不浄な団体があっても
大丈夫だと思うよ

666 :つきピエ#:2006/10/06(金) 23:40:36 ID:33PrEGbG
ヤマタノオロチは大陸の恐竜の生き残り霊かな

667 :おぱよー:2006/10/08(日) 12:40:34 ID:XJW4PQc8


668 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 22:15:22 ID:sEEgxV9S
<パレスチナ基礎知識>
 パレスチナ自治区とイスラエル入植地
 パレスチナ難民
 国連は、パレスチナ難民に対して元の居住地に帰る帰還権を認め、また帰らない場合でも財産などの保証を認めていますが、イスラエルはこれを拒否しています。
http://www32.ocn.ne.jp/~ccp/know/know.html
アムネスティ国際ニュース
アムネスティ日本
 帰還の権利は、国際法において保障されている権利であり、その他の人権はこれと矛盾するものではなく、それらの人権を行使することが帰還の権利を否定するものでもない。
レバノンにいる難民を含めすべてのパレスチナ難民は、帰還の権利が実現されるまで、十全に人権が保障されるべきである。
パレスチナ難民に対する差別的政策の廃止が少しでも遅れることは、人権に関してレバノン政府が負うべき義務を違反し続けることを意味している。
http://72.14.235.104/search?q=cache:fF5zC8gYXE8J:www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2006/0606080.htm+%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%8A+%E5%B8%B0%E9%82%84&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8
御存じですか

669 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 21:39:17 ID:+WwuRHG+
神を冒涜するような思考が現れたり、
神社仏閣で神社を破壊するような妄想が浮かんできたりしますが罰が当たってしまうのでしょうか?

670 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 03:49:32 ID:PMzqAVxa
ネットで仕入れた知識ですので、信憑性は不安ですが、
奈良時代に入るまでの、巫女さんは、神託を行う神聖な者であり、
同時に売春婦の糸口であり、日本の世に大きな影響力を持っていたと知りました。
また、神社等で、掃除をしたり、お守りを売っている私たちの想像する巫女さんは、
近代になってから誕生した職業宗教者であると知りました。
そこで、疑問になるのは、奈良時代以降から近代に入るまでの、
平安〜江戸の世での巫女さんの活動内容です。
ネットで調べても、歩き巫女程度の情報しかえられませんし、
巫女さんに関するいい本がありませんので、
そのことを知りたいのですが、よろしければ、ご教授願えませんでしょうか?

671 :つきピエ#:2006/10/12(木) 07:08:07 ID:WHihqnji
http://www.zenshoji.or.jp/fuku/shinjin.htm

672 :つきピエ#:2006/10/12(木) 07:09:08 ID:WHihqnji


      . ,:∴      , ∴.:.∵:
     ∴.:.∵:∴  ∴.:.∵:∴.:∴: , .
   .:∴:∴.  ∵::∴.∵:∴ .<(・)>.:∴:<(・)>

673 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 15:52:19 ID:dwQD5j6X
下がりすぎ

674 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 07:58:52 ID:ndCDYjcX
>>669に答えてください。

675 :つきピエ:2006/10/15(日) 09:58:10 ID:Sct7AKzQ
それが自分のものであるなら罰当たるかもしれないけど
沸き起こってくるものなら何かが憑いてるんじゃない

676 :つきピエ:2006/10/15(日) 10:09:02 ID:Sct7AKzQ
変なのが去りますように

677 :つきピエ:2006/10/15(日) 10:25:23 ID:Sct7AKzQ
僕は一昨日にはすごい暗澹としたやつが来た
僕はシルバーとかゴールドとか色とりどり系とか奥ゆかしいものを好む
すると暗澹たるやつが来るのでごわす
それは神魔対比に抵触するからでもある
まずは自力観念の計らいを棄てねば

678 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 01:19:52 ID:cegoMDPt
>>675
何かついているのでしょうか?
強迫性障害に罹患していますが。

679 :つきピエ#:2006/10/17(火) 01:23:02 ID:0pUbBIrD
自分は強迫性障害だとことわればいいんじゃない?

680 :つきピエ#:2006/10/17(火) 01:25:53 ID:0pUbBIrD
まぁ言わなくてもわかってると思うけど。

681 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 02:15:37 ID:MbD+M1+Z
>>9さんの発言は、なぜそうなるのでしょうか?
どなたかお教えいただけませんか?

682 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 02:47:51 ID:cegoMDPt
神様にそうことわればいいのですか?
ではそういう思考が浮かんできたときいちいちそういった儀式をやらないといけないのですか?

683 :つきピエ#:2006/10/17(火) 21:06:52 ID:0pUbBIrD
神を冒涜する想いを抱いて罰があたるなら
神にことわれば罰もあたらないことになる
神を冒涜する想いを抱いても罰があたらないのなら
神にことわらなくても罰はあたらない
冒涜する儀式までしていたのなら
滅罪する儀式をすればいいんじゃないかな

684 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:50:19 ID:QOVjoJ/2
冒涜する儀式はしていません。
冒涜する思考に対して滅罪の儀式をしていたのです。
ということは、これから先それが浮かんだらやはり謝った方がいいのでしょうか?

685 :つきピエ#:2006/10/21(土) 02:16:05 ID:ff4OAG1o
謝らないよりは謝ったほうがいいと思うけど、
そこまでしてんるならもう十分伝わってると思うんだけどね
とはいえ、むこうは思考に反応してくるわけでもないので
六根清浄、祓詞、大祓詞、禊祓い
このへんを真摯に唱え続けるとベターだと思うよ
目に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を見て心に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を見ず、
耳に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を聞いて心に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を聞ず…

686 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 21:50:07 ID:YNBl2a58
質問です。
神社には様々な神様が祀られていて、
祀っている御神体は明記されていると思うのですが、
表にだされないで裏で祭られている神様。
つまり、表にはでてこない御神体が神社にはあると聞きました。
そういう、神様方の役割はどういうものなのでしょうか?

687 :mixi フルフィルメント瞑想どりーむろっじ阿部将英の犯罪:2006/10/25(水) 10:38:22 ID:hOFbOlC6
mixi フルフィルメント瞑想どりーむろっじシャブ中★阿部.将英
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1161676528/
■詐欺師どりーむろっじ阿部.将英の犯罪を暴露された2ちゃんねスレ
(覚せい剤取締法違反・公文書偽造横領罪)http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/sns/1161212379/l50
フルフィルメント瞑想詐欺師 阿部.将英とは? http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/sns/1158794718/l50
■偽名偽造銀行口座 みずほ銀行蒲田支店3160358アベマサヒデ
■神奈川県大和市中央 4-14-24-806 (別サイトでは引越ししたと嘘を表記)
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%98%BF%E9%83%A8%E5%B0%86%E8%8B%B1&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

※覚せい剤中毒者阿部.将英を見かけた人は即110番通報お願いします。
<被害者の感想>94 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:49:00 ID:dq2OV3yn
>阿部(将英)はフルフィルの古株だけど味噌っかすだから。
>ボブ・フィックスのフルフィルを正統に伝えているとは言い難い。
安倍(阿部.将英・どりーむろっじ)ってボブから日本のムーブメントをまとめてほしいって
依頼されたんだけど、他の講師陣から総スカンくらってハブにされてやんのw 
しかもそのことをうらめしそうに自分のメーリングリストに流して他講師を中傷してやがる 本当に屑
本人はディクシャだのチャネリングだのすぐ手を出しては飽きてはポイ で
中途半端に自分のとこの生徒に薦めたあとにそういうことやるもんだからあきれて人は離反する
ディクシャも自分で推奨して講師になりたいとまでいいながらディクシが
「瞑想は必要ない」といっているのを知ると自分の商売があがったりになるのを恐れて
突然ディクシャは黒魔術といいはじめた!最低な野郎だ


688 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 08:38:57 ID:Rt6OaSsj
質問です

親が霊波之光やっていました。自分は何もしていません。

神棚に霊波之光の大宇宙神守護と書かれた御札と、霊波之光のお守りが見つかりました。
良い処分方法があったら、教えてください。
住んでいる神社にもっていたのですが、できたら、もらった人が元に返す方が良いと言われました。

親とは連絡がつきません



689 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/28(土) 08:47:57 ID:64ApxmQ4
燃やす

690 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:23:24 ID:3XxRLHhA
神道というか、日本神話への質問もここでOKですか?
キリスト教だったらアダムとイブのように、大抵の神話や宗教では
人類の起源について何かしら言及されているのですが、
古事記等では国産みはあっても人類は神々と関係なしに
最初からいるように思えるのですが。
神道ではこのような質問が出た場合はどういう答えがされるのでしょうか?

691 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:17:44 ID:FD8FL/T/
>>690
黄泉の国でのイザナギイザナミの会話で、イザナミが1000人殺すといったらイザナギが2000人誕生させると
話しているところがある。

ところで、旧約聖書でも突然アダムとイブの子孫たちに奥さんが出来たり、他の民族が登場する。




692 :つきピエ#:2006/10/29(日) 00:38:46 ID:EFYvjDZ0
乾坤初めて分れるところに造化三神登場 (原始地球か!?)
それ以前のことは「名も無くわざも無し。誰か其の形を知らむ。」だよ。
宇摩志阿斯訶備比古遅尊は「くらげなす漂へるとき」たぶん古生代に萌ゆる
その後この国に関係する伊邪那岐・伊邪那美まで、神の御名が連ねてあるだけだね

693 :つきピエ#:2006/10/29(日) 00:39:42 ID:EFYvjDZ0
http://www.hikinik.net/camera/Olympus_CAMEDIA_C40z_shotimg7.htm
霧島神宮のお神酒は甘かった〜

694 :690:2006/10/29(日) 16:07:43 ID:j38/fi5u
>691
お答えありがとうございます。
ただ、イザナギイザナミの会話だと、イザナミがイザナギに向かって
お前の国の人間を1日に1000人殺してやる、と言っていたと思います。
だから、その時点ではすでに人類がいたということになり、人類の起源とは
直接関係ないかと。むしろそれは人類の死についての神話では?

695 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 20:47:30 ID:ydFooG17
日本福音ルーテル教会
日本福音ルーテル むさしの 教会
説教 「大胆に罪を犯せ」 賀来周一牧師
< 「大胆に罪を犯せ」(ルター) >
 私はこういう不正な家令の話を聞きますと、ルターの言葉をいつも思い起こします。
ルターがこういうことを申します。
きっと何べんも聞いていらっしゃるかと思います。
「キリスト者よ、大胆に罪を犯せ。
大胆に悔い改めて大胆に祈れ。」
こう申しました。
(1986年09月21日 主日礼拝説教。
http://www4.big.or.jp/~joshiba/message/sermon/116.htm
次のようにも書き換えられる。
「クリスチャンよ,大胆に強姦しろ。
大胆に悔い改めて大胆に祈れ。」
神道の方は,どう思われますか。

696 :つきピエ#:2006/10/30(月) 20:48:42 ID:DQDJ+Zb1
人類の起源は猿からの進化でしょう
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%BE%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%B2&lr=

697 :つきピエ#:2006/10/30(月) 20:51:54 ID:DQDJ+Zb1
>>695
まぁここでは出まくっているので省略しますが、
要するになんのための神であるか、に集約されるかと思いますルターの言葉は

698 :つきピエ#:2006/10/31(火) 00:33:34 ID:UE7klZJI
http://www.geocities.com/Heartland/Valley/8116/mononoke.html
もののけ

699 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 09:47:35 ID:du5xe3nq
>>9
よけいな世話だ
神道徒なんて特典はいらないね
変な意識を植え付けないでください
日本人の定義を教えてほしいよ
どこからどこまでを日本人と位置付けるのか?

700 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:51:36 ID:rXwH0T5r
日本神話はあくまでも寓話だから。
キリスト聖書も後年のものだし。
仏教経典も弟子の伝え書き。

論議の根拠として頼りすぎるのはどうだろう。
真実は書いてないと思うな。
嘘というんじゃなくて、デフォルメしてあったり省略してあったり
現代の世情では当てはまらない表現だったり。
宗教討論を見てると、どこでも書物に頼りすぎてて
内容が生きた感じがしないと感じる。

701 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:52:39 ID:rXwH0T5r
>>700は誤爆です。
すみません。

702 :つきピエ#:2006/11/10(金) 21:09:33 ID:Oza/k2wA
簡略化すれば楽でいいですよね
聴く耳なくても語れる音楽のようなものです

703 :つきピエ#:2006/11/10(金) 21:30:26 ID:Oza/k2wA
エネルギーを与えられるから語るんですよ
人がどうでもよいことを語るはずもない
幾度か参拝してからの恣意ならまだ赦せる

704 :つきピエ#:2006/11/10(金) 21:52:08 ID:Oza/k2wA
生命と呼べる気なら生命としての名づけがされる
でも生命以前で語るなら学術の名称になる

705 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:24:25 ID:YKIZzbXj
日本の神道の神様は本当に実在したの?

706 :つきピエ#:2006/11/11(土) 20:59:56 ID:5FSl9kiJ
自分のところにはまだ眷属までしか来ていないからわからないね
八百万の全てを確認することは不可能でしょう

707 :つきピエ#:2006/11/11(土) 21:01:24 ID:5FSl9kiJ
実在の有⇔無に囚われ人はどっか変なところに堕ちること多し

708 :つきピエ#:2006/11/11(土) 21:21:56 ID:5FSl9kiJ
http://tukipie.net/diary/pictures/541.jpg
屋久島の息吹

709 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:08:57 ID:mOegWNKv
神道の基本的な思想って「清め」「祓え」「穢れ」ですよね?
要するに、基本原理は清潔か不潔かってことで後の神話的部分は
皆おまけみたいなもんでしょ?

710 :つきピエ#:2006/11/14(火) 00:38:56 ID:vs8mGFhK
mythos

711 :つきピエ#:2006/11/14(火) 00:49:26 ID:vs8mGFhK
祓いたまへ清めたまへ
かむながら、さきわへたまへ

言葉で考えると微妙なところがある
これ全体を一語として捉えるぐらいの勢いでいいと思う

たかまのかむろかむろみかむろぎくしき
みたまをさきわへたまへ

何を示しているのかを考え出すと脱線する
問題にするところが言語に寄りすぎてる
釜鳴りでは、カルマ的な穢れが濃厚な磁場には来ない
そういう場合は穢れを祓う儀式を行って再度お願いする
その釜の音だけど、シモでは鳴りが弱くなったりする
釜から離れればまた音が鳴り出す
子どもの場合はその傾向は少ないけど、やっぱり弱くなる
完全に鳴りが止まる人はよろしくないので伺って、原因を突き止めて清めて祓う
力のある人にやってもらうわけだが、非常に清まる
そういうのを体感しないとはっきりいって今の時代、理解不能だろう

712 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 00:34:55 ID:BnyJEzfG
次の賛辞は、著者の文通相手から寄せられたもの。名前は変更していない。彼らは著者の私的文通者である。
カナダ、ケベック州、テルブルック、イラ・ブラサ大司教
カナダ、ケベック州、スリーリヴァー、ジョルジョ・パントー神父(司教座聖堂参事会員)
カナダ、ケベック州、ドフェー、ジョセフ・デアンジョー神父(イエズス会)  
http://www.aliceinwonderland.com/library/japanese_files/AA1025.txt
どうですか

713 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 14:58:23 ID:CA/NvRY0
神道の神は有神論の神でなく汎神論の神。

714 :栄ティ:2006/11/15(水) 21:05:42 ID:ppFAfmES
神様は宗教の壁を越えて、其の存在は一つだと思いますが?

715 :栄ティ:2006/11/15(水) 21:09:01 ID:ppFAfmES
どれだけ多くの宗教があっても真理は一つで、最終的には答えは一つだと思いませんか?

716 :つきピエ#:2006/11/15(水) 21:21:50 ID:/s4Bx/x5
「神」という言語を単数形とするのならば一つになる。
集合無意識も、分断されていたら統合失調になるけど、基本的には一つである。
でも自分は一人だけど細胞は75兆個もある(八百万)。
脳細胞も1000億から2000億の集合体であるので、
そういう見方では一つではないということにはなる。
でも基本的には人それぞれの神に於いては、神は一つ。
物理的な法則とかロゴスで考える場合はより一層一つでしょう。

717 :栄ティ:2006/11/15(水) 21:30:15 ID:ppFAfmES
確かに其の通りかも知れません。人間の両親というのも、その人にとっては唯一の「親」ですものね。
神様については、人智では到底及ばず、それこそ神様よりお聞かせ戴くよりないのでしょう。

718 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 13:26:58 ID:zbI5rlST
何を以って神とするかもあるでしょう。

719 :栄ティ:2006/11/16(木) 19:08:32 ID:N+rn45FC
この世の不思議な出来事や体験などではなく、日常生活の中に当たり前と
思える所にこそ、神様の存在をつかめる手掛かりがあるかも?


720 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 00:19:40 ID:dxcLHjXo
清潔か不潔か? 程度の問題ではなく、「仏」の対極は「鬼」ですね。
鬼をいくら拝んでも所詮は鬼なんです。
キリスト教に似せたような奇麗事信仰の裏で鬼婆がマガツビ包丁を研ぎます。
イスラエル軍のパレスチナやレバノンに対するジェノサイドを見ればわかりますね。

日本では四天王寺や信貴山、法隆寺等に封印されています。
仏の中でも最も強いパワーを持つ歓喜天でね。
明治維新で神霊革命は多少成功しても元に戻って来ます。
聖徳太子や日蓮に誘導された石原莞爾の行いで哀れな敗戦の末に出たのは、
一万円札と法華経信仰ですよね。


721 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 00:36:38 ID:dxcLHjXo
明治維新のときに四天王寺や信貴山、法隆寺を叩き潰して神社にするくらいでないと
駄目だったんだろうね。でも無理だと思う。日本人の中にも朝千人の血は流れているからね。
まぁ縄文のオレには関係無し。

722 :つきピエ#:2006/11/17(金) 00:55:15 ID:yeUT7IeM
同意

723 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 21:04:20 ID:L61aJTXq
J.S.ミル
John Stuart Mill (1806-1873)
「たとえ彼らが我々の行為を愚かであるとか、片意地であるとか、間違っているとか、考えようとも、」(=「愚行権?」)
http://72.14.235.104/search?q=cache:QydWo5u9XNwJ:www.ne.jp/asahi/village/good/mill.html+%E6%84%9A%E8%A1%8C%E6%A8%A9&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=8&ie=UTF-8
他者に迷惑か,自分で決めることは出来ない
神道的には,どう思われますか

724 :つきピエ#:2006/11/18(土) 23:19:28 ID:C2VU4wlR
内容如何より神棚から神気が来れば同意するよ
その神気にどんな意味があるのか知らないけど

725 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:47:33 ID:GcmPjIwc
>>621>>664>>723
誤解をされている方にこういった事を書くと更に混乱するかもしれませんが、
欧米で麻薬に関する愚行権を認める「堕落する自由を認める」と言う議論は
習慣性があっても身体に悪くても心神耗弱になって罪を犯す危険性があっても個人的な使用を認めよう。
ただしその結果として、起きた責任、入院するとか罪を犯すとかがあっても国家は助けない、自己責任を取れ
と言うことです。
つまり心神耗弱になる事を承知で麻薬を服用すれば、心神耗弱を理由とした免責は認めないと言うことです。
http://72.14.235.104/search?q=cache:69oK4XXYEC0J:www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/b0021.html+%E9%BA%BB%E8%96%AC+%E6%84%9A%E8%A1%8C%E6%A8%A9&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8
神道は愚行権を認めますか

726 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 17:29:04 ID:dV0tDDrw
仏教では、因果や縁起を知ることによって悟りを開きます。
キリスト教では神から愛を貰い、他人に愛を与える事によって、
悟りと似た境地に達するそうです。(キリスト教の人、違ってたらすいません…。)

神道でも森羅万象を感じたり、考えたりすることによって、
悟りに似た境地に達するというのはあるのでしょうか?

727 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 17:45:47 ID:2qlp73eI
古神道の鎮魂法は、自然と共感する中で
心を澄ましていきます。
苦行とは一線を画しますが、悟りへの道はあります。

728 :726:2006/11/24(金) 18:11:08 ID:dV0tDDrw
>>727
ありがとうございます。
その神道の悟りについて、
詳しく書かれた本やHPを紹介してもらえないでしょうか?

729 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 19:21:06 ID:2qlp73eI
>>728
特定の団体や書籍をお勧めすることになるのは避けたいですし。
というのも、現在では神社界はそういうことに疎くなっていますし。
どうしても、教派系の流れで鎮魂法が語られることになるので
そういうものをお勧めするのはどうかと思われます。
「古神道」「鎮魂法」などで検索して、
いろいろと広くご覧になってみてはいかがでしょうか?

730 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 01:25:35 ID:HAckJl6+
神道十三派のなかでおすすめは?

731 :728:2006/11/25(土) 18:45:49 ID:8Liv8Pzj
>>729
王道としてはもう残っていないんですか。
ちょっと残念です…。
返事遅れてすいません。即レスありがとうございました。m(_ _)m

732 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 00:42:41 ID:t5Lpgrqz
>神道十三派のなかでおすすめは?

現在も体系立てて運営されてるもの。
枝葉の教義に流れて無いもの。
などを考えると、黒住教・禊教(身曾岐神社)あたりだろうか。

禊教は、白川神道の系譜で小渕沢に身曾岐神社を鎮座させて
短期体験の修行などができるようだ。
ただし、幽祭部分が多く「独自感」は否めない。
かつて、教主親子間で教義をめぐり内紛分裂した点は気になる。

黒住教は、地味な活動だが宗教界や学者間では評価が高い。
かつて、伊勢神宮の神官で国学者でもあった「足代弘訓」氏をして
「神道の形の上の大元はここ伊勢なれど、神道の教えの大元は黒住にあり」
と言わしめたところは興味深い。
海外の大学での「神道学」でも、黒住教の教典が使われているとも聞いたことがある。
ここの発行している多種ある書籍は、神道を知る上で参考にする学者も多い。
天照大神の道を求めるなら、最善かもしれない。
ただし、体験修行などのシステムは確立されていないようだ。

733 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 21:34:35 ID:9b4ihklh
神道は人を救いません。おやめなさい。
システムが確立されていない、と云うことは「方便宗教」の証です。

神道は単なる宗教屋の「自己満足」に過ぎません。
自己満足だから人を救わないのです。

明治維新のときの明治政府の理念は神道の復古でしたよね。
太平洋戦争-敗戦-戦後の混乱-享楽時代-亡国、のザマは何ですか?
神道に欠陥が在ったからです。方便宗教です。
絶対に信じては駄目です。



734 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 23:02:53 ID:9b4ihklh
方便宗教や邪教には必ず「業を伴った功徳」があります。
どんなに功徳があっても他の犠牲の上に成り立つものであれば
必ずいつかは破綻します。
朝鮮王妃を殺して総督府を王宮の目の前に建てて朝鮮民族を風水呪封殺して
帝国主義を貫いたところで、自分も同じようにアメリカ占領軍に皇居の目の前の
第一生命ビルに敗戦の占領軍司令部を置かれる。
太陽神の霊威は確かに凄いが太陽光とは必ず物体に当たると光はそこで止まり
影の部分が出来る。その影とは半島人や中国人の恨みであり、既に腑抜け弱体化した
日本は21世紀には必ずかって儒教圏同胞に行った残虐な行為と同じ目に遭う。
それもこれも間違った脆弱な神道が原因です。アジア共通の仏教が主体であった徳川時代は
半島とも穏便な関係でした。朝鮮通信士が行き来していて。

735 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 23:09:04 ID:9b4ihklh
「業を伴った功徳」??????
兄弟で財を取り合う愚にも似たイャな功徳。
◎◎◎◎顔負け
優雅な奇麗事の裏や陰での泣き顔、
泣き顔は悪い奴だ、とする論、

他はどうでもいい、とする功徳、
自分だけは正しくて他は総て間違い、とするもの、
排他的で片寄っていて、そんでもってどこかが抜けている。
正邪なら邪だな。

736 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 23:13:03 ID:9b4ihklh
ああイャな話
ああイャな話
ああイャな話
ああイャな話
ああイャな話
ああイャな話
ああイャな話
ああイャな話

737 :つきピエ#:2006/11/26(日) 23:42:25 ID:/2Uhjhsv
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%A3%E3%81%BF

738 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 00:10:59 ID:0MrCTrBf
神道自体が間違ってるとは思わないな。
正しく伝え、行わない人間・政治が
神道の真の姿を捻じ曲げてるんでしょう。
何も神道に限ったことじゃないけど。
神仏は、いつもそういう人間の愚かな姿を
嘆いていると思う。
日蓮が、自身の教えを排他的なものに捻じ曲げたある団体を
天上から憐れな目で見ているのと同じように。
日蓮は、立教にあたって伊勢神宮に参拝してるよね。
他を邪教とするのなら、そんなことをするはずが無い。
それを、他を邪教扱いにしたのは後年の伝道者のエゴ。
ま、宗祖開祖の意を捻じ曲げずに伝えてる宗教など皆無ではあるけど。
ただ、神道は政治に利用され過ぎたな;

739 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 00:17:56 ID:0MrCTrBf
肝心なこと書き忘れた;
>>733>>734が言ってることは
全部、政治がやった悪行じゃないか。
それをもって、神道自体が邪教だとするのは説得力はないんじゃないか。
神道に欠陥があるかどうかは知らないが、政治の欠陥の結果じゃないか。

そういう自分は、坊主なんだがね。
神道の肩をもつわけじゃなく、全ての宗教は
今ある「団体」を見ては真実はつかめないと言いたかったのだよ。
団体を維持運営するためには、どこであろうが
多少のご都合路線にずれてしまうのは否めないだろう。
団体によらず開祖、宗祖を見つめるべき。

740 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 01:44:15 ID:jPlVsj/Q
半島か!

741 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 12:20:54 ID:zhAiDH7P
あんた何云ってんの?
人を救わないのなら教派神道に存在意義なんて何も無いですよ。

そもそもシキタリだけで人を救わなくてよいのは
明治政府オフィシャルの「神社神道」だ。
こちらなら殿様商売でも許されるはず。

開祖の個性やバイタリティーによって開かれたのが教派神道なのだから
人を救うための民衆向けに明治政府も仕向けた訳で、
形式とか権威とかに溺れるのなら何の意味も無いはず。
第一、人なんか来ないだろ、

本来は大本のオニ三郎くらいのバイタリティーが在って然るべきで、
それが無いのなら日蓮正宗とか真如苑とかの他の新興宗教が役割を取ってしまいますわ。



742 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:38:32 ID:sQrzEvSG
また民は、両目をつかれ見えなくなってしまった奴隷の様を表します。
 これは昔、戦争に負け奴隷となってつかえた人々が逃げられないように両目をつかれていたことが起源と言われています。
 つまり多くの民衆がこういう状態で王に仕えていたことから「民」という字ができました。
http://72.14.235.104/search?q=cache:rjk_K9DG90IJ:homepage2.nifty.com/mogmog/column-5.htm+%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%80%80%E5%A5%B4%E9%9A%B7&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=10&ie=UTF-8&inlang=ja

カースト
http://72.14.235.104/search?q=cache:8-ed4inSyEYJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88+%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8&inlang=ja

こうしたクニが紀元前1世紀には百以上日本列島にあり、まとまってきたのが弥生時代の終わりのことです。
http://72.14.235.104/search?q=cache:5mI9JvzPHcAJ:blog.mag2.com/m/log/0000193981/+%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%80%80%E5%A5%B4%E9%9A%B7&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=9&ie=UTF-8&inlang=j

排他 使他 捨他は多神教

利他は一神教

こういう意見は,神道からみてどうですか。

743 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:44:33 ID:sQrzEvSG
>>742
> 排他 使他 捨他 利己は多神教
> 利他 排己 使己 捨己は一神教

744 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:22:47 ID:ndoWr63x
それは政治の話だろ
どっちの側も同じ事は起こっている

745 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 17:59:43 ID:AYYwzb/u
「人を救わなければならない」って時点で何らかの概念に染まってるね。
そんなんでは各宗教の本質をみるのに邪魔になるのでは。

746 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:14:08 ID:gwJbmn8t
「別に人を救わなくてもいい」って時点で「自己満足」の域。
世に言う宗教では無い可能性の方が高い。
社会的に必要不可欠とされるべき宗教ならば必ず
「人を救わなければならない」となるはずである。

自己満足が寸分でも垣間見える段階で、
そのような宗教は大多数の支援は得られなくなる。
よって人もたいして寄り付かず衰退に至る。

  

747 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:20:45 ID:yz+BPcvW
それで、どこの宗教ならよいということになるの(?)
それを述べられないなら毀損趣味ということにもなる。

748 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:31:22 ID:gwJbmn8t
746の文章を毀損と捉えざるを得ない時点で、
既に自己満足が垣間見えていると云うことだろう。

749 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:35:06 ID:yz+BPcvW
まぁ自分の職務をヘーゲル的に全うしている人をはたから見れば
その人は無自覚のうちにいきているということになるだろう
他人ごとに口を挟むのは自分の職務を全うしていない人になる

750 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:36:20 ID:yz+BPcvW
てか手本の宗教を示してないし
僕の手本は「万民被洗脳論」ね

751 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:45:17 ID:gwJbmn8t
言ってやろう、自分の職務をヘーゲル的に全うしているつもりでいても、
頭の中での皮算用だけの自己満足で社会的に何ら意味が無いならば、それを「裸の王様」と云うのである。
娑婆世界の人間ですら以心伝心してしまうのだからな。

752 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:52:31 ID:yz+BPcvW
妄想性人格障害かもね

753 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 01:58:45 ID:gwJbmn8t
まぁ、ボクは今は無関係無縁で高い所から見るだけだが、
妄想世界ならホントにいいが、君らの「裸の王様化」は現実に起きつつあること。
これからは生きるために必死に努力して物凄い結果を出す人と、殿様でもないのに
殿様でいて立ち腐れる人だけになるよね。




754 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 02:05:22 ID:yz+BPcvW
人格障害というのは精神障害とは違い
精神分裂や感情障害などの精神疾患、
または脳器質性障害によるものではない
差別的ニュアンスを避けるためパーソナリティ障害と呼ばれるようになった
裏を返せば
簡単に滅諦できる代物ということにもなる
でも、それができないのが、パーソナリティなんだよね

755 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 02:10:05 ID:yz+BPcvW
妄想性人格障害というのは
調べればわかるけど
猜疑心、敏感性によるもので
不信、論争好き、頑固、自負心が特徴になる

756 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 02:16:57 ID:yz+BPcvW
認知問題や衝動や対人に問題があるなどの全般的(根底的)なファクターに該当しなければパーソナリティ障害には該当しない
でも攻撃性行動も繰り返せば、人間は容易にコントロール困難に陥る

757 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 02:41:44 ID:gwJbmn8t
どこかに無理があるから障害なんかが出るんだよ。
そもそも無理なんか無い完璧性の高いシステムなら障害なんか出やしない。
何もしなくてもポジティプさ。安定性も高いし拡張性もいいし申し分無い。

オレ個人としては殿様でもないのに殿様ヅラして権利モンを決め込むような奴は
ケツを蹴り上げて丸裸にしてアグレッジに罵倒してやりたいだけ、本能的に、
宗教業界に限らずな、何故なら馬鹿に見えて仕方が無いからさ、層化そのものは好かんが
考え方には賛同している。だって腐った立ち枯れつつあるものに臆病そうに縋ったところで
いずれ裸の王様として罵倒の対象になるのだからな。人類の歴史なんてそんなものだもんな。





758 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 02:59:25 ID:3TQo1XcB
世に言う宗教ってのがどういうのかは知らないけど、
その考えで行くと自然崇拝的な原始宗教は認めないってことかな。

直接人を救うではなく、
自然との調和を図る⇒結果として人も救われる
という図式は認められない?

759 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 03:01:30 ID:gwJbmn8t
「一遍照らすは国の宝」「何も言わずは国の賊」って天台の言葉にも賛同するね。
落ちているゴミを目障りだから取るのと、社会道徳感から拾うのとでは
拾う結果論は同じだからどちらも評価される、って考えにも賛同するね。

天理とか金光とか御岳だってここいらを見据えてちゃんと社会事業やってるよね。



760 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 03:52:53 ID:yz+BPcvW
排他的だね

761 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 03:54:38 ID:yz+BPcvW
人間はその長い一生において健常者(普段すがすがしい精神状態でいる)とパーソナリティ障害を行き来している
どうすると障害(苦のスパイラル)に至り
いかなる風にすれば元の状態に戻れるか
そのスパンを繰り返していくうちに体得する

762 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 03:56:32 ID:yz+BPcvW
広辞苑も権威

763 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 08:18:40 ID:gwJbmn8t
「別に人を救わなくてもいい」、「人を救うという時点で何かに頭が侵されている」
「そういうことを言う奴は精神障害者だ」、「
  ↑
もしこんなことを平然と云う自己満足のオタ宗教があるのなら、例え伝統宗派であろうが
やる気のある新興宗教はどんどん腐して蹴落として良いと思う。社会貢献をするでも無く、
単なる皮算用の排他独善の意味の無い「裸の王様」だ。

764 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 08:32:07 ID:gwJbmn8t
761

簡単なことだ。力を吸い取られるような無理のあることに嵌まり込めば苦のスパイラルに陥る。
無理の無い自分よりエネルギーの高いものと付き合えば健常者以上になる。

それだけのことだ。

765 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:38:55 ID:yz+BPcvW
自己愛性のサンプル
反社会性の要素もある

766 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:48:22 ID:yz+BPcvW
精神障害と人格障害は別だから…
よく調べなければわからない
攻撃的行動、反動に欺瞞的コンバートが入る時点で、
'なにかを疑われる

767 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:53:39 ID:yz+BPcvW
エネルギーと言っているけど君には霊的感応の能力はあるのかな
宗教には入っているのかな
なぜこのスレッドなのかな
神社の神には関わり合いを持つことができるのかな
また仏との霊性的違いを述べられるかな

768 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:00:23 ID:yz+BPcvW
伝統というのはそのスパンを繰り返してきたところにも見られるのですよ
禅でも一度足の裏で呼吸をするしかないような状況にでも陥ってみないと
何が正しい'か何が普通'かはわからないだろう

769 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:07:03 ID:yz+BPcvW
特に脳が'阻害'され心は'疎外'されている今の時代は
感覚の幅が狭くなっている(ことには気付けないが)
反社会性はそんなところにも原因があるのかもしれない
キャパが足りてない

770 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:12:14 ID:CPOmNRhc
のちの定説である

771 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:54:56 ID:kweAeDN8
神道には不邪淫、不妄語、不悪口・・・・・みたいな戒律定義が何も無いんでしょ、
ホームページを造るのに<HTML>・・・・・</HTML>を最初と最後で定義しないで
タグを書いたって機能しないよね。

定義が無いし漠然とした儒教圏の道義に頼っているだけで、それすら近代以降では近隣国
から反感を買っている。早い話、自然信仰ならば男女間の関係は出鱈目の滅茶苦茶でも
神道では信仰が成り立つんでしょ。だから真面目に信仰したって駄目ですよ。馬鹿を見るだけ。
どんな方便でもまかり通ってしまうし、幾ら陰徳じみたものを積んだつもりでも一瞬にして崩れる。
高い所に上らせといて梯子を外されるようなものだ。真面目なほど馬鹿を見る。

772 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:59:39 ID:hddDHR8N
世界は心の映し絵ですよ
心のとおりです
ついでに万民被洗脳論によると、
その定義自体が被洗脳になりますが。

773 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 00:02:53 ID:kweAeDN8
神道は何が出て来るかわからない。個人的には不信感がある。
近代の日本を見ればわかる。滅茶苦茶ぢゃないか。
仏様結界破壊、大国ロシアとの基地外戦争、中国人惨殺、従軍慰安婦、特攻隊、玉砕、原爆、
無様な敗戦、畜生毛頭の占領、経済馬鹿、いじめ、亡国、近隣国反感、
確かに政治のやったことだ、だが、その政治の根本の明治政府の理念は「神道」だ。


774 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 00:09:38 ID:g4K8FCIm
僕はあまり一面的に相手宗教のあら捜しをしたことがないけど
君の支持する団体はどこになるのかな?

775 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 00:24:31 ID:ICjimPKN
世界の心を乱した一番悪い奴が日本の神道だ。
ドイツ皇帝は日露戦直後に「黄禍論」を説いたが、
黄色の日本に一戦闘戦術で負けたショックでロシアには共産主義が勃興してしまった。
そもそも共産主義とは知恵の無い黄色人種が知恵のある白人近代軍と戦うのに向いた思想だ。
これを間接的にでも蔓延らせたのは日本神道だ。
以降、ロシアの大量粛清、それに合わせる如くナチ・ドイツ勃興による世界大戦、
中凶の勃興、ポルポトによる600万人虐殺等、共産主義の惨禍は1989年迄続いた。

意外だが、あの悪魔思想の間接的生みの親は日本の神道だ。明治初期の神仏混合結界破壊や
朝鮮王朝抹殺と複雑に関連もしているが、その因業の最終清算として原爆の洗礼を受けたことからも
日本の業の深さが窺い知れるものだ。その業を考えると・・・・やがて、必ず日本は核攻撃で滅びるはずだ。

776 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 00:31:12 ID:g4K8FCIm
そうだねー早く滅びてしまえばいいのに

777 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 03:29:41 ID:qcahOi0H
ユダヤがなんかほざいてるようだな。

778 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 09:58:36 ID:ICjimPKN
原爆の「広島」「長崎」の意味を知る人も少ない。広島とは元来、出雲族が太平洋側に
出た場所だ。「長崎」も神道とは余り関係の無い場所だ、では何故ここに原爆が落ちたのか?
これは実に悪辣な因業転化の結果だ。近代で世界を乱したのは他でもない神道の天孫系だ。
天孫系がやったことを国津神系が罰を受けたのだ。こういう因業転化は地球上では起こりえる
ものだが物質が集中している故の宇宙真理が届かないために本末転倒の事象なのだ。
だが死後に宇宙空間に出るとその因業を起こした張本人らは宇宙真理による計り知れない罰を
受けるのである。地上では「地獄界」でも「天」と言い切って誤魔化せるが本当の宇宙真理の
前では未来永劫の罰を受けるのである。


779 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 10:18:14 ID:ICjimPKN
こう云う因業転化の構造は日本独特の産業重層構造にも似ている。
儲かるのはゼネコンだけで下請け-孫請けは苦労が大きく儲けが少ないのだ。

アジア開放の美名の元、近隣国に行った残虐行為の怨念は某系を通じて日本に来ている。
一民族の文化も風習も王制すらも無理やり廃止させて不特定の素人女を慰安婦にするような残忍な
行いをした転化だから、先祖とも縁を切らされて位牌すらも焼き捨てさせられる憂き目に遭う。

共産主義が日本自らが出した生霊と同じ理屈で、出した奴に最後は降りかかる。
因業転化の誤魔化しは多少効いても宇宙真理の方が圧倒的に強いので地球単独如きでも妄執など必ず剥がされるのだ。
その兆候は既に出ている、人口数で圧倒的である日本の周辺国は総て反日だ。

このように不完全な宗教とは制御棒の無い核分裂反応と同じで取り返しの付かないような因業を撒き散らすのだ。


780 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:32:23 ID:xsYN2OGr
一修行者だが
戒律は無意味と思われる。
達成感と自己満足しか生まないことが多いのではないだろうか?
戒律を守ったからといって、それ以外の場面で人格を疑う行動ではナンセンスであろうし。
むしろ、戒律無き戒律…
自ら自身を律することこそ、霊性の向上に役立つものと理解している。

781 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:34:21 ID:xsYN2OGr
>確かに政治のやったことだ、だが、その政治の根本の明治政府の理念は「神道」だ。

間違った理念でしたな。
「神道を正しく理解していない明治政府」のね。

782 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 21:33:17 ID:8fYi7Now
>本当の宇宙真理の
前では未来永劫の罰を受けるのである。

カルトだったのか

なるほど
電波ゆんゆんなわけだ

呪いの言葉を書き連ねると己に帰ってくるぞ。

783 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 17:14:18 ID:3zMBPjD1
教派神道の人はクリスマスとかOKなん?

784 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 01:15:08 ID:ru+EmNnd
神道の冬至=クリスマス

イエスはもともと2月に亡くなったので…
12月のクリスマスは変なのですよね;

世界中にあった、冬至を「一陽来復」として尊んだ習慣と融合して
クリスマスとなったらしいです。
冬至を境に、日照時間が日に日に長くなる「一陽来復」の時である冬至を
復活と結びつけたのでしょう。

785 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 02:54:31 ID:BMBCayHy
なるほど

起源はわかりました。で、クリスマスを祝っても無問題ですか?

新しめの宗教は否定してるという印象がありますがどうなんでしょ

786 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 22:46:52 ID:ru+EmNnd
もともと、神道には他を排斥する体質が無いゆえに
仏教が渡来した時も受け入れたわけだし。
(そして、世界一の仏教国にw)
神道の家でも、普通にケーキ食べたり
プレゼント交換などしてると思う。
ただ、そこには宗教的意識は無く
「冬のイベント」としての性格が強いとは思うけど。
他の宗教的儀式だからダメ、というような感覚は無いはず。

787 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:05:35 ID:JbkuqKm/
冗談だと思いますが
キリストもゼウスもアラーも
柱だと言う人もいますが
そんな感じですかね

788 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 02:59:10 ID:4YLthdHo
日本のクリスマスは
冬の風物詩、という感じで
メリークリスマスといっても
決して祈ってるつもりは無いということでは?

789 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 03:01:16 ID:zl1jVSEV
結局なんのための宗教といったら
幸せな社会のための宗教
クリスマスでハピーならよい社会ではないか

790 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:18:59 ID:hEIAJhAN
素朴な質問で失礼。
神社の鳥居が目立つ(赤)なのは、何か意味があるのでしょうか?

791 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 16:06:00 ID:4YLthdHo
>鳥居の朱色

縄文時代から、聖なる色として朱色は様々なものに使われてきた経緯があります。
それは、古代の太陽信仰。とりわけ日の出の朝日に象徴される神々しさに端を発するのではないかと思われます。
闇を破り、赤々と昇り来る真紅の太陽に生命力と神性を見出したのでしょう。
そこから、朱色そのものが神聖な色として意識されはじめたのではないかと推測します。

鳥居は、ここからは神域であるという目印・結界ですから、当然意識されるべき目立つものなのでしょう。
ただ、朱色の鳥居は稲荷系に多いですね。
その辺の理由は、申し訳ないのですが不勉強のため存じ上げません。

792 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:57:32 ID:mosfn3QZ
>>791

鳥居の朱色 = 神聖なる色 = 闇を破り、赤々と昇り来る真紅の太陽

ですね。日本人なのに宗教オンチで・・・有難うございます。



793 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 20:37:03 ID:xvy2Y2Hy
>>784
クリスマスは、イエスの誕生を祝う祭りで、命日ではありませんよ。
キリストの本来の誕生日は、大体10月頃と思われます。(他説もおおいが)
2ヶ月何らかの理由でずれたわけです。
ローマでは、7月、8月とシーザーとアウツグスの月が入ったりと月の名前の10月が
2ヶ月ずれたりしたからかもしれません。





794 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 07:29:52 ID:pYmXPJY+
おは

795 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 21:03:58 ID:8psxUDac
あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。
別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよw
日本という国における「楽して稼げる職業」は在日・帰化人が握ってるし(笑)
金あるから在日でも日本人女とやりまくり。さらにはレイプしても全然バレないw
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆)
俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw
バックに総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から月20万の金入ってくるしねw
今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。
いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。
つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。
今はもうその最終段階に入ってるわけ。
平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないがw
例えば韓国ブーム。あれは在日が作ったって知ってる?
あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。
自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人w
韓国ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。
そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。
つまりもうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になるよ。
たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人w
お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよw
どう?ムカムカする?(爆)
でもせいぜい今みたいに2ちゃんで数十人ぐらいがチョン死ねって言うぐらいだろうね(爆)

796 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 21:53:54 ID:7j4dYqZO
韓国ブームは一種のノスタルジーでしょう
自分は別に嫌いじゃないですけどね
チョンという言語も使ったことない
あまり2ちゃんに毒されないほうがいいですよ

797 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:09:01 ID:2sdbPPty
なりすましでしょ?

798 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:15:10 ID:CoNhm9//
>>791
なんかちょっとちがうんじゃない?
もっと調べた方がイイよ
神社仏閣板にでもいって

799 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:26:27 ID:eZgGH+1C
穢れの概念ってのは、古来から神道独自のものなの?
仏教では般若心経を読む限り「不垢不浄」のはず。
でも、お寺に行くと動物は不浄だから・・・ペットのお墓はダメ・・・なんて言われた。

神道の本質的な概念は「ハレ、ケガレ」だと聞いてたんだけど、なんか分からなくなってきた。
詳しい人、教えて。

800 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:55:28 ID:7j4dYqZO
不垢不浄は違うよ
そういうことじゃない
でも語ろうとしたらよろしくない反応なので、やめとくね
そのへんのパラグラフは空相についてだよ

801 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 08:56:03 ID:NMqr/6CG
日本人として日本に生きてることに感謝し
四季自然を愛でよく子供を産み育て天に恥じない生活を送ること
それが神道のあり方だと俺は考えてるよ
人の生き方は様々だし正義を語るなんて馬鹿らしいよ
宗教を難しく考えすぎじゃない?

802 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 11:50:13 ID:Dq31jNzJ
>>800
正しい知識があるなら、きちんと答えればいい。
変に避けたりするからタブーになっておかしな解釈がまかり通っちゃうんだと思う。

803 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 12:16:32 ID:cudE7Pcz
>>799
いろんな解釈があるんだろうが・・・
仏教では、十界ってのがあって、それぞれ序列がつけられてる。
地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天人・声聞・縁覚・菩薩・仏 の順。
法=空=不垢不浄ってのは本質の概念を表してる。
表層的にはペット(畜生)なんかは不浄。
輪廻転生全てを包含して考えれば空なんだろうが、現在における畜生は不浄ってこと。
不浄とされる畜生も、根本的に不浄ってわけではなく、転生して人間にも天人にもなるわけで、
絶対的なものではないって感じじゃないか?
わしはそう解釈しとるが。

804 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 13:21:38 ID:MtRA25aO
>>801
HAHAHA、神道信者は嘘つきバカリデース

805 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 20:30:07 ID:tzHr3Ubb
比定社って何ですか?ぐぐっても分かりません。

806 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 00:23:43 ID:yGRSUXzL
家神社なんだけど継ぎたくないんだけどどうすりゃいいの(´・ω・`)

807 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 00:39:05 ID:dOG427nQ
他の人に譲る
その神社を崇敬してる地元の団体はないかな?
その中の実力者に譲るのがよいよ

でももったいないこと
いやいや継いでいては僕みたいなのに頼ってくる霊魂が多くなるのであれなんだけど
君は神がそこにいるということを知っておかないとだめだ
動物霊が無償の愛を持つことはまずないが
神になると一部それを持っている
君のところの神の神様にもなれば

808 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:14:26 ID:kAWtcfUX
>>807 神とか霊とかww馬鹿かこいつw

809 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:33:49 ID:dOG427nQ
それがものすごく甘い見解なんだよね
まぁ人間は誰しもが自分の認識に基づいて、
その認識を「信仰」しているわけだけどね
意味解らないならいいよ

810 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 10:08:06 ID:WtZ1c4zK
神道をほかの宗教と比較したら、
カルトによくある人を神と崇める宗教になってしまいます。
神道の神とほかの宗教の神とは神の定義が違うと思います。

キリスト教が入ってきたときYHWHやキリストが何なのか説明するとき
それに合った言葉がないから「神」と呼んだそうです。

811 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 10:48:40 ID:kAWtcfUX
>>809 なるほど、オカルトに影響されたスピリチュアル馬鹿って奴か。
 おまい化学とか物理とかさっぱり分かんなかった口だろ。見えもしない自然界の電子やエネルギーの理解は、本当に抽象的な物事を理解する能力がないと分からない。
 その点神霊は楽だよな。大昔の誰かの妄想の産物だもんなw
 理系大学生の俺から見ると偉そうに「動物霊が無償の愛を持つことはまずないが、神になると一部それを持っている 」
 ○ーラの泉か!基地外にしか見えん。

 

812 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 08:35:15 ID:5juv0kJY
それも短絡的な思考ですね
抽象的概念はあらゆる分野で必要でしょうね
また科学とか物理も信仰の世界ですよ
信仰問答のスレではもう既出すぎて飽きてます

813 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 08:36:28 ID:5juv0kJY
素粒子もそうですね
この霊感の原因が知りたいもんですね

814 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 08:38:20 ID:5juv0kJY
ちなみに一年ぐらいはある程度の行をやらないと靈性の感応は無理だと承知しておいて下さい
それとなぜこの板に来たのでしょう
どういう理由からですか

815 :Mensa:2006/12/17(日) 08:46:39 ID:5juv0kJY
まずは解りやすい気功でも実際にやってみることですよ
気功で扱う気は神の気に比べるといまいちですが
それが現実に在ることはわかるでしょう
在ることを経験から理解してから次に靈性の中身について考察しましょう
ちなみに気功の気すらまだ科学的に解明されてませんよ
この板では百回は見ましたが

816 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 08:48:02 ID:5juv0kJY
新しい知識が欲しい
飽々してる

817 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 12:11:52 ID:13RwEg82
>>812-816 なんで同じIDなのに短時間に分散投下してるの?>>815でHNまで変えてるし・・・

 自分は>>805の書き込みをしたものです。神社新報を毎週読んでるんですが、「比定社」の意味が分かりません。あなたの知識で教えてください。

818 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 12:32:20 ID:5juv0kJY
比定された神社なんじゃないの?
よくしりませんよ

819 :ニュース速報+:2006/12/19(火) 21:05:48 ID:jbGf2ZzC
 
ニュース速報+
http://news19.2ch.net/newsplus/

【社会】 "宮司を強迫し、韓国人を新役員に…鳥居など撤去も" 脱税目的で京都の神社を乗っ取り! 神社本庁が刑事告発★4
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166529349/

820 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 03:51:45 ID:IzFaRvel
ただ今祭り中

【社会】 「神社を潰す」 宮司を強迫し、神社乗っ取り。韓国人3人が新役員になり鳥居も撤去→神社本庁が刑事告発…京都★9
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166547943/l50
【神社乗っ取り】宮司を強迫して韓国人3人が役員に就任、鳥居を撤去する…京都府舞鶴市★4[12/19]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166550570/l50
【神を冒涜】在日韓国人が脱税目的で神社を乗っ取り
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1166522075/l50
チョンが脱税目的で神社を乗っ取り
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1166514880/

821 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 14:31:06 ID:df/5LRvr
神道の持つ、柔軟性にとんだ穏やかな神秘性に惹かれるのですが
神道の大きな柱の一つである、先祖を敬うという教義についていけません。
この狭義の薄い宗派などは存在するのでしょうか?

822 :南無大師遍照金剛:2006/12/20(水) 14:40:22 ID:SL3hC3AV
>>821ん?
神道の大きな柱の一つである、先祖を敬うという教義についていけません。

どういうことでせう?

823 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 14:41:07 ID:8IzD68NO
やっぱ、命について考えると先祖の話になるだろw
突然物質化したものなんて、どの命(山水草木)を見てもないし。

824 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 14:55:52 ID:874LPgYn
親の親 その親親を尋ぬれば
天照します日の大御神

825 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 16:32:29 ID:df/5LRvr
>神道の大きな柱の一つである、先祖を敬うという教義についていけません。
祖先を尊敬できない故です。

>やっぱ、命について考えると先祖の話になるだろw
>突然物質化したものなんて、どの命(山水草木)を見てもないし。
草木にも神が宿り、狐を一位神(?)として信仰する神道に美しさや優しさを感じないでしょうか?

826 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:52:33 ID:CL6cJmEy
神棚のことです。
御神札(の字や璽)が見える方が好きなので宮形を設けずに壁に立てかけてます。
直接見るのは失礼、人間が家の中に居て神様に家が無いのは変、といった指摘は
解るのですが、宮形に納めてしまったら何だかな〜、
と悩んでます。
今のままで良いかどうか、皆様のご意見お聞かせください。

827 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:42:32 ID:GC0s62ak
あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。
別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよw

日本という国における「楽して稼げる職業」は在日・帰化人が握ってるし(笑)
金あるから在日でも日本人女とや○まくり。さらには○イプしても全然バレないw
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆)

俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw
バックに総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から月20万の金入ってくるしねw
今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。
いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。

つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。
今はもうその最終段階に入ってるわけ。
平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないがw

例えば韓国ブーム。あれは在日が作ったって知ってる?
あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。

自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人w
韓国ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。
そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。
つまりもうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になるよ。

たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人w
お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよw

どう?ムカムカする?(爆)
でもせいぜい今みたいに2ちゃんで数十人ぐらいがチョ○死ねって言うぐらいだろうね(爆)


828 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 07:51:05 ID:TA54OV8c
武田神社に神札を差し入れるタイプの神棚が売ってたよ
リモコン入れみたいなの
楽天にもあると思う
1200円か2000円くらい

829 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:47:34 ID:TA54OV8c
今日入った寿司屋は神棚の窓を開けてたよ
なぜか天照大御神が右の宮に入ってた

830 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:49:48 ID:TA54OV8c
本来は従ったほうがよいけど初めのうちは何も言ってこないみたいだ
次第に要求してくるようになる
ただの飾り物ではないことがわかってくれば

831 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 07:56:51 ID:/cafOeRH
まぁ、これは表記できない信頼関係に基づく
神饌を取り替えていればわかるよ
たいてい昨日の神饌は庭に蒔くはずだからね

832 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 08:00:15 ID:/cafOeRH
神がこちらを信頼していなければ応じてこない
こちらがどれほど好き勝手書こうがね
野良雀も神饌をまっているけど
バッと撒いても一気に飛びたつね

833 :名無しさん@3周年:2006/12/28(木) 21:06:12 ID:pJft++AP
そして飛び立っていったあとに
あぁ木の中に隠れてたんだ
と気付く

834 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 02:04:09 ID:dILzPcTQ
祝詞は、深く意味を知らない素人が唱えても問題ないものなのですか?
天津祝詞ってありますよね。何となく好きで落ち着くのですが..。

835 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 13:14:15 ID:r9zSIK8X
>>829
ちゃんと祀り方教えてあげて
・扉は閉める
・天照大御神は正中(せいちゅう)真ん中
・氏神が左側(さそく)向かって右
・自身の信仰神などが右側(うそく)向かって左側

神饌物(御酒、洗米、塩、水)も供えるように。

836 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 22:17:30 ID:fEcdFOh9
祝詞はまったく意味不明だよー
でも意味はわからないものらしい
空で言うなれば

まぁその道の科学者なら解釈ぐらいはできるかもね

837 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 22:25:04 ID:fEcdFOh9
寿司屋は寿司屋なりにちゃんと祭られてたから言わなかったよーん
あわびは片想い

838 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 17:56:29 ID:zaNgqvnk
女性が生理のときは神社に行ってはいけないんですか?

839 :やほよろづのかみたち@au-by-KDDI ◆0ryc.81s2s :2007/01/03(水) 20:10:53 ID:Rd+IoG3z
>>838
地域差がありますが、古来、生理中の出血から女性の気が枯れて「ものいみ」をするのは、女性差別ではなく、むしろ母体保護のためでした。


今日のように薬や生理用品がきちんとそろっている現代にあっては神前に出て構いません。



840 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 20:33:52 ID:zaNgqvnk
では生理用品のない時代には、生理の女性は初詣も駄目だったのですか?

841 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 22:48:19 ID:WUBhKUQn
神社は日本以外にもあるのですか?
神道で海外布教してる団体はありますか?

842 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 22:57:27 ID:nxwkRUWH
神道について、知識ゼロから学びたいのですが、どのような本を読むべきかわかりません。
神道経験の無い人でも読める本には、
「知識ゼロからの神道入門」「神道入門 日本人にとって神とは何か」「日本人なら知っておきたい神道」
などがありますが、どれを読めば良いのでしょうか?

843 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 23:54:36 ID:pBL2uNU1
840#
よく知らないけど生理がおさまってからにするがよいのです
体調悪いのに無理していってもおもんないし
大きいところは月末でも賑わってるよ
841
わかんな〜い 誰かー
842
葉室頼昭の本とか僕は好きだな
国粋にナショナリズムな心浅さを感じないし
入門本には漫画のやつもたくさんあるよ
神話は境内の売り場に置いてある絵本なんて最高
神棚まつるなどの教科書的なことなら薄い心得本(無料〜300円ぐらいのやつ)でもいいよ
崇敬神社の立て看板もなかなか役にたつ

神道は神との繋がりが深まると面白い世界
自ずと必要なこともわかってくるようになると思うよ
不要なものには惹かれないし。
何事も続けることが肝要で、忘れていることはもう無いに等しい

844 :842:2007/01/04(木) 00:24:30 ID:QItbrP/p
>>843
ありがとうございます。
葉室頼明さんの著書について調べてみました。
神道の「こころ」について書かれた本が多いようですね。
ただ、神道知識の学習にはあまり向いて無いようです。
時間はたっぷりあるので、漫画のものや入門書などを読み漁ってみることにします。

845 :名無しさん@3周年:2007/01/04(木) 05:03:06 ID:VGSibClB
>>824
なんかこういうの好き
神様大好き

846 :名無しさん@3周年:2007/01/04(木) 05:04:18 ID:h6t+oQBO
ミコさんの赤いハカマは生理の血の色が目立たないようにするためですか?

847 :名無しさん@3周年:2007/01/04(木) 21:50:53 ID:KQBdZmBo
ごめん。もうここで聞くしか手段が思いつかん。

なんか親戚が「ねんぶつちゅう」っていう宗教に1000万寄付したらしいんだけど、
これってなに?
調べても手がかりが見つからない…

848 :847:2007/01/04(木) 21:51:47 ID:KQBdZmBo
あ、ちなみに何か「神道系」と聞いたので、ここで聞いてみた。

849 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 00:28:30 ID:kWzUI/MK
>>847
単なる念仏宗ってのもあるけど
高額なお布施をしてるところから見ると
ひょっとして「念佛宗三宝山無量寿寺」じゃないの?
ググれば、まとめサイトもある。
ねんぶつ、っていう名前からして仏教系だと思うけど。

850 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 00:33:00 ID:Pz0aXdJx
神道のカテゴリーはなんですか?

851 :やほよろづのかみたち@au-by-KDDI ◆0ryc.81s2s :2007/01/05(金) 00:33:49 ID:yCQuxQXY
>>841
海外では例えばパラオの南洋神社は有名。


神社神道は海外布教はしていません。
教派神道は海外布教しているところもあります。

852 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 00:50:29 ID:Pz0aXdJx
神道ってなんか言いたそうで言わないみたいなツンデレのような
なんか隠してますって感じなんですが
もう注連縄あたりでものすっごい厚いベールをかんじるな

853 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 03:17:19 ID:yOR98y1t
>>851
パラオの現地の人が氏子なのでしょうか?
神社神道は布教をしてますか?
寄付は集めてるけど?

854 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 10:01:58 ID:LEEHLoww
内的に余裕のある人は全体を見ることができる
言わなくてもよいことまで言わざるをえない人をふつう、内弁慶という
たいてい内的に独りの人は全体の成長や雰囲気を害してでも言いたいことを抑制できてないね
自分の感情オンリーか全体のくうせいを見ているか、まぁそれはヘーゲルやデカルトやソクラテスからすべてに否定される人格か否かでもあるね

855 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 10:03:51 ID:LEEHLoww
ノリの悪いやつはだめ

856 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 10:14:22 ID:LEEHLoww
自分の感情をすべてにしている人は人の足を引っ張るぐらいしかできてないよ
我執であるから

857 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 14:21:06 ID:1L6Pqs/R
七福神って何教?あと何で弁天様だけインドの神なの?

858 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 21:43:57 ID:LEEHLoww
大黒様もインドの神様で破壊神マハーカーラだよ。(マハー=大;カーラ=黒)
彼は日本に来て優しいイメージの神様になった
神道では大黒様は大国主神(大国様)と同一視される。三嶋大社などを参考。
弁天様は音楽とか美しい水の女神様でインドではサラスバティ
仏教のご真言では おん さらすばていえい そわか
毘沙門天はいくさの神。仏教の法を守る。起源はインド、タイでもラーマキエンのハヌマーンなどと一緒に取り込まれている。タイ人は花鳥風月より動物的な要素を好むようだ。毘沙門天の手下は鬼・夜しゃの大群。また四天王もあって日本と同じく北の護衛。
タイは民家やデパートのサンプラプーム(祠)でバラモン教のシバ神とかブラフマーとかブッダが派手に祭られているし日本よりタイのほうが開放的というかなんでもありの印象だったな。
日本では戦後公衆トイレとか公共の場で宗教的な何かをまつる事等は禁止になっているから民間信仰は衰退してきているかもね。
そのぶんタイは外資系のゴージャスなビルディングのそびえる大都会でもエキセントリックな印象があったな。田舎の街のイミテだらけのバザーの通りにも馬鹿でかいガネーシャ像とかいるし。
布袋様は中国起源で元中国の禅僧。そ

859 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 21:55:51 ID:LEEHLoww
うわーん
途中から消えてる

まぁそういうことで、
七福神は日本の民間信仰だよ

860 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 14:39:59 ID:HI/rI/Ad
今年初めて正月に注連縄を飾ったんですが
これの処理ってどうしたらいいんでしょうか?

どんと焼きに持っていく?それともそのまんま?

861 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 17:06:13 ID:i9zzb6+Q
>>860
注連縄はそのまま。
注連飾りはどんど焼き。

862 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 21:06:38 ID:mYB4Kw7I
初歩的な質問で申し訳ありません。
神札に巻いてある白い紙は取るのでしょうか?

863 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 22:48:25 ID:9omKStxC
スレ違いだったらすみません。
知人のご家族が亡くなられていたのを最近知ったので
お線香をお送りしようかと思いましたら神道でいらっしゃいました。
なにをお供物としてお送りするのがよろしいでしょうか?
アドバイスいただけましたら幸いです。

864 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 22:26:04 ID:7M9rQl+Q
2ちゃんねるが閉鎖というのはマジ?

865 : ◆xGAtZtjybY :2007/01/12(金) 22:28:01 ID:MgM2mKJW ?2BP(340)
本決まりではないです。
ドメイン差し押さえという報道もありますが、複数の弁護士が無理ではといっています。

       2ch再来週閉鎖        
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1168594852/l50

#縁起の悪いスレタイですがご勘弁。移転スレ再利用したほうがいいですかね。

866 : ◆xGAtZtjybY :2007/01/13(土) 03:23:19 ID:OCO294Dc
続き。釣りであるという説もあります。
-2ちゃんねる閉鎖騒動まとめ
http://home.kimo.com.tw/dontclose2ch/

867 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 19:57:36 ID:lK1YS3Bl
>>862
取らないよ
>>863
米と塩

868 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 22:30:53 ID:GFSL8rDH
>>864

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1168605113/970
970 :TAKASHI報告人 ★ :2007/01/13(土) 00:40:45 ID:???0
忙しかったので今知った。
閉鎖は無いよ!

ドメインなんて住所です。
引っ越ししたら住所はかわります。
そんなもんでしょ。
たぶん変わらないでしょうけど。

動揺したり、この債権者に嫌がらせは止めましょう。←これ重要

869 :名無しさん@3周年:2007/01/14(日) 11:49:10 ID:Ef7/srEJ
チュートリアルが解らない人は
精神障害者・日教組・売国奴・共産党員・日大生
創価・大阪市民・オリラジファン・99ファン
麒麟ファン・次長課長ファン・おぎやはぎファン
・南キャンふぁん・DTファン・ロンブーファン
神道信者

社会のゴミ



870 :862:2007/01/16(火) 14:57:52 ID:goPsL2Pe
>>867
ありがとうございました。

871 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 21:21:28 ID:I6Ub1Hhe
あげ

872 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 21:30:50 ID:F8QAk4uB
お札は何個まで供えられるのですか?

真ん中が天照様ですよね、右と左は普通なにを供えるのですか?
それ以上供えるのは邪道ですか?

873 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 12:49:42 ID:YWmjiD6W
そういえば神棚には一つの神社のものしか飾れないのかな?

874 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 14:42:30 ID:SWucGlB/
大徳寺昭輝さんの逸話なんかしってたら聴かせて下さい。


875 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 16:44:01 ID:iGIhLHma
正面に神宮大麻
向かって右に氏神さん
向かって左にその外の崇敬する神社

お札、お守りの数え方は「○体」

876 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 22:02:11 ID:SWucGlB/
神様は柱で、その効力は体…秘密のかほりがする

877 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 22:58:03 ID:lJGNx9fP
>>872
何個でもいいけど神宮大麻と産土の神(氏神)と竈の神(火の神)の3つで充分だよ。
>>873
重ねれば神棚の中に入るだけ飾れるよ。もちろん喧嘩もしないよ。でも3つでも充分なのだ。
天照大御神は国の神で身近な氏神様が中間にいて自分はここにいる。
竈の神も相当強力なのでそれだけで魔除けにもなってるし役割的にはこれで充分なんだ。

878 :名無しさん@3周年:2007/01/25(木) 02:25:19 ID:BH8ize/P
古代天皇伝承の特質について,誰か知っていたら教えてください!

879 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 00:32:36 ID:MHsuJjPn
寝ようとしたときに、ある神社のことが思い浮かんで市ねと暴言を心の中で発してしまいました。
願ったのに未だ・・という思いが鬱積したものと思われます。
暴言とか怨み見たいな感情と考えが、そこの神社のイメージと共に思い浮かびました。
また、不安なことが浮かんだりしました。
罰が当たってしまうのでしょうか。
その神社へ直接行って、謝りに言ったほうがいいのでしょうか。
一応今度別の神社へは行きますが・・・。

880 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 11:52:14 ID:ZVoXEPk/
御神木が切り倒された、宮野木甲神社の写真ですが、
神殿の本殿様式が、表裏逆のような気がします。

神社様式に詳しくないのですが、

1,この造りでどの系統の神社か分かりますか?
2,表裏逆が正しいならどれだけ希有なこと?

神社マニアの方の深いお答えをキボンヌ

881 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 11:54:11 ID:ZVoXEPk/
写真貼り忘れた。
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169951999/10

ttp://cgi.2chan.net/n/src/1169948147794.jpg

です。

882 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 21:06:19 ID:A6KZugrE
神道における罪と救いについて知っていたら教えてくれないででしょうか?

883 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 21:31:26 ID:WJUG62CB
神道でいう「罪」は心理学での罪悪感で「救い」は医学による救いかな

884 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 21:36:10 ID:WJUG62CB
>>879
罰が当たることはあっても恣意的に想像している罰は当たらないよ。
神の意識の指向は君自身にはかかわりのないところにあるので。
大変そうだからいろんな神社に行くのもいいかもね。
いろんな神に君のこと議りたまへてもらえる。

885 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 00:57:30 ID:iTgynFQk
なんだよぉお普段偉そうなのに、>>880への回答は無しかよ。


886 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 01:12:20 ID:Mg9y8Y0Y
マニアックな事なら神社に聞いたほうが早いよ

887 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 20:25:44 ID:tML+h+fU
>>882
天津罪とか国津罪や古代の典範にあるようなのを遵守してれば問題無い
また罪、穢れっても、性善説だから神様に許してもらう儀式をして徳を積めば問題解決。


888 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 04:22:30 ID:/EEfYJRw
学派神道が増えた中世〜江戸時代でも
三社託宣など簡単な思想のが庶民に分かりやすかったように現在も神道信者は三社託宣を重視しよう

“正道(真心)”・“清浄”・“慈悲”を遵守してれば良いよ。
伊勢流だったけ?唯一神道だったけ?
伊勢神宮も含んでるから伊勢系かな?
どちらも天皇の勅可は得てるけど。


889 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 08:38:17 ID:+ocAZKy0
本日、三連休の中日ともなった今年の紀元節は、首都圏では見事な晴天にも恵まれました。
私は、明治神宮と靖国神社と宮城を巡拝する予定でおります。
橿原神宮にお参りされるかたは、そちらのご様子をお知らせくだされば幸甚です。

890 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 07:09:58 ID:KIKxp4Oc
紀元節には穴八幡さまに参詣してきました。
境内の一角に小さな塚のような場所があり、
“神武天皇遙拝所”を示す石柱が建てられています。
穴八幡さまに参詣したときは、いつもそこで橿原神宮・神武天皇御陵を遥拝させていただいております。

891 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 05:27:33 ID:YJTkNnE9
宗教を科学する(キリスト教、日蓮宗、なまはげの考察)
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/070210071458.html
秋田と北朝鮮拉致との接点
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/070210003944.html
秋田県等における大量殺人行政を科学する
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/070210082256.html
あめぞう掲示板(自然科学)
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/

892 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 20:52:52 ID:1MymIk/s
こんばんわ、質問お願いします。

【霊的】日本大浄化から世界へ計画 2【法則】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1167548728/

のバックは何でしょうか?


893 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 21:58:59 ID:jClKRqDK
バックなどないですよ
井の中の蛙です

894 :名無しさん@3周年:2007/02/26(月) 22:20:27 ID:2d9DPNvU
>>892
http://travel3.2ch.net/kyoto/
ここでも聞いてみるといいよ

895 :名無しさん@3周年:2007/02/28(水) 20:35:20 ID:32Mfq1np
人の思想を無批判に受け入れるステロタイプの人は、その信仰対象を択べるとよいね
基本的に霊性の低い思想は機械的でわかりやすく、その中身は霊性の低い感情に満ちている
霊性の低い感情を肯定したまま感情構築しているだけなので、論理性は乏しく他者批判的です
反面霊性の高いものほど己がなく普遍的で、その詩的感情は繊細で俄にはわかりにくい傾向にある
言葉には傾倒せずアウラを読まなければだめですよ
普遍性については「漏尽通」で調べてみてください
気感としては、霊性の高いものはその正弦波に品格があるが、低いものになると界面が粗くなる
仏は気が長いという
仏閣では基本的に安らげますよ
場所的には自然に近いほどよく、1/fの抑揚でα波が保たれる
セミナーとかカルトと呼ばれるところはたいてい2/f以上で、結果的にβ波の割合は増してくる
宗教は自分の性格に合えばキリスト教でも拝火教でも何でもよいというが、
感情移入したさいに受ける霊性の影響に人は無自覚なもので
その縁の中にいる人を外から見ると、その性向は言葉(エクリチュール)や反応に明らかに現れているもの
心にやましさを持つものほど自演をよく疑いますね
鑑別眼のないステロタイプには確信的な批判すら曖昧な逃げに見えるとか、劣等性ゆえ無意識にそう見たがるとか
そういった傾向ありますね
宗教は縁を共有するものですしね
まぁ中身はどうであれ、霊的国防とか鎮守としてならよいかもしれないね、辺境で

896 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 12:05:40 ID:1jeAM0bi
どこの定説?

897 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 21:01:36 ID:JuKHAhBZ
定説も糞もないよ

898 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 18:08:37 ID:3dBCI4jT

皇孫から 斎宮になる場合でも、位階は一番下からですか?

ふと、思いついたので聞きたいのですが、畏ミ畏ミ申シたほうがイイのかな?

899 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 15:41:57 ID:cJ2qmQZB
ここは、神道についての 基本的な事を教えてくれるのではなく
カルトな宗教観を 押し付ける所だったのですね。

900 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 19:35:45 ID:iyhp0E+R
靈に介入すればカルトならば、そこに真贋などはないだろうね。

901 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 19:41:24 ID:iyhp0E+R
質問内容にたいする興味がなさすぎて、誰も答えられないというのはありますよ。
人それぞれ興味の対象が違うわけですし、興味のない世界における深さをみて、押し付けられると感じるのはおそらくエゴです。

902 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 18:23:59 ID:jSHwg0t2
>場所的には自然に近いほどよく、1/fの抑揚でα波が保たれる
>セミナーとかカルトと呼ばれるところはたいてい2/f以上で、結果的にβ波の割合は増してくる

だって、レスの内容に 一切事実が含まれてないんだもんwww
1/fの抑揚でα波が保たれるwwwww?          α波には α波の波長があるだろう、
β波はα波の倍以上の振幅があるということだが?、
そんなのが脳波計に出てたら、即入院だぜwwwwwwww
当然みたいに語ってるけど、 f は何の定数なんだよ?、
”ゆらぎ”とか言って誤魔化すなよ、
自然界に近いほど1/fに近くて セミナーとかカルトは2/f以上なんだから、きちんと計算して出したはずだよなwww

>質問内容にたいする興味がなさすぎて、誰も答えられないというのはありますよ
それはありえないよ、設問内容への興味は、返答の可 不可とはあまりリンクしないもんだけどね、特に質問スレでwww

【正しくは】 質問内容にたいする知識がなさすぎて、誰も答えられないというのはありますよ 【こうだろ】

903 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 19:50:17 ID:AkWYBxeh
それもすごいベータ波だね
君はたぶん知能が低いよ

904 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 20:02:08 ID:AkWYBxeh
誰も答えなかったということは、知識がないからで
知識がないということは、それにたいする興味がないってことでしょう。
ふつうの人は知識をディアレクティケに利用するだけのような、
切羽詰った精神で生きているわけでもないし。
また、霊感も0なんでしょう?
嫉妬の深い食いつきにしか思えないんですが。
君は無意識を素直に読むことは可能でしょうか。いろいろと誤魔化してそうだが。
譬喩とかおちょくりすら解せないような人間関係なんだろうし、
押し付けているわけでもないのに、押し付けられるということは、
そういう精神形成で生きているゆえ、そう判断しているわけですし。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm#paranoid
君の場合は少し違うけど、結構このページは勉強になりますよ。
そういう反応をする人間の精神的な基底部を読むのに役立ちます。

905 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 20:25:00 ID:AkWYBxeh
>1/fの抑揚でα波が保たれるwwwww?          α波には α波の波長があるだろう、
>β波はα波の倍以上の振幅があるということだが?、
>そんなのが脳波計に出てたら、即入院だぜwwwwwwww

α波の波長って何?波長ってのは、進行波の周期の長さじゃないの?
詳しく説明してください師匠。まさかそこまでの強気発言ならばネットで調べただけでもなかろうし。
僕より知識もあるということでしょうしね。しかしベータ波で死ぬとは始めて知りました、師匠。
http://www.alphacom.co.jp/shiga.fils/qa_m.htm
たぶん師匠と学会とは言葉の定義が違うのでしょう。
fはフレクエンシーで、音楽は1/fを保っているから、音楽たりえるという論もあるようです。
それが2/fの速さになると途端にベータ波が増えるとか。逆に単純すぎるものも不快で。
音楽のほうにしか興味ないからよく知らないんですけどね。
興味あるのは君の聴いている音楽とか顔面偏差値のほうですよ。

906 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 20:27:49 ID:AkWYBxeh
言葉というものは常に曖昧
小林秀雄

907 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 20:37:19 ID:AkWYBxeh
地平線の彼方まで根拠を追求する人間ほど、
本を読んでいないらしい

おそらく人我執

908 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 21:00:17 ID:xZjStC69
>>891

すごい内容、少しロムっただけで頭痛くなる、恐っそろしい!


909 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 18:10:32 ID:A+fErVex
こわいよwwwwwwwww
同じ魚が 何度も針にかかるよwwwwwwwwwwwwwwwww

ID:AkWYBxehが、ナニ教を布教しようとしてるのかは 知らないが、
宗教に エセ科学の取り合わせは、カルトっぽいから止めたほうがいいよ。


910 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 18:36:43 ID:5ATMK4vH
それで、ベータ波の波長はどうなったの?
あんまり衝動的になるとチキンに思われるからやめたほうがいいよ

911 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 08:03:13 ID:Lxak6dhd
皆さんが高度な議論を交わされている中、私事な質問で失礼致します。
私が中学生の時、友達とふざけあって、自分の地域の氏神様ではないのですが、とある村社の石灯籠を倒してしまいました。
しかも当事者が言うのも何ですが、心持は悪質でその行為を楽しんだばかりか、そのまま放置して帰ってしまいました。
10年以上経った今になって、何故か急にその事を後悔するようになり、お詫びをしたいという気持ちに駆られた次第であります。
私は無知な為、こういう場合何をしたら良いのか、また何をしてはいけないか存じておりません。
とりあえずは掃除にでも参ろうかとは思っております。
何か皆様の思う処をお聞かせ願えれば幸いです。


912 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 09:30:57 ID:pFY153iV
質問ですが、友達がそっち系にはまってしまってます。
恐らく神道だと思われますが、

死んで50年経てば神になる。
家族は一緒に祭られないと幸せになれない。
先祖の血を絶やすことは悪い事。
目に見える物は90%で残り10%は見えない。
その見えない物も信じないといけない。
人が死んで無になるという考え方だと、この世で悪事を働く人間が増える。

等々を言い始めたのですが、カルトではないでしょうか?
私が理解できない部分を質問すると、キレてしまいます。
素直な良い子で、周りに影響されやすいので心配です。

913 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 23:58:56 ID:yR2VNxUk
>>911
その心だけでも十分だと思われ
やったらいけないことは神道ではあまり聞かない
境内に入るときと出るときには一揖するとより丁寧

家の神棚を祭れば
うぶすなが何かの役に立ってくれると思う

914 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 00:54:13 ID:sZJ2/82m
>>912
> 死んで50年経てば神になる。
これは古神道とかでもよく言う
昔からの日本の神観かな
神になる、自然になる、輪廻はあまり考えなくて、元いたところに戻る

> 家族は一緒に祭られないと幸せになれない。
> 先祖の血を絶やすことは悪い事。
これは統一協会でも仏教でも言う
正しいけど、家族を取り込むためにも使われる
それに言い方がちょっと変だね

> 目に見える物は90%で残り10%は見えない。
見えるものは5%にも満たないですよ

> その見えない物も信じないといけない。
たぶん教団に実力がないからそうなるんでしょう

> 人が死んで無になるという考え方だと、この世で悪事を働く人間が増える。
内容的におかしいことは言ってないけど
キレるというのは気になるね
信じたいという段階だからかもしれないけど

どこの教団か聞き出して天理とか黒住とか普通のとこなら
様子見でもいいと思うけど
一応あなたは力のある神社の神に悩みを伝えるなどして
神の判断にも委ねるようにしてみてください
そのほうが安心だから

915 :911:2007/03/16(金) 17:52:45 ID:Sy58iMgI
>>913
レスありがとうございました。
今年から神棚をお祭りしていこうと思います。


916 :892:2007/03/16(金) 21:24:13 ID:0+/3eqEr
お騒がせしてしまって・・・有難うございました。
いろいろ参考にさせて頂きました。


917 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 00:01:31 ID:1Ayj8XWA
だれか大祓祝詞に出ている「天津祝詞の太祝詞事」の天津祝詞ってどんなものか教えてください。お願いします。

918 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 07:40:29 ID:PVxV+PEO
質問です

友人が本職巫女に就職しました(神社庁傘下の普通の別表です)
で、なんか「潔斎しなくちゃならない」とか色々言ってます
潔斎=お風呂ってことでいいんですかね

あと、巫女さんって時代的にはいつ頃から神社に奉仕してるんでしょう?
明治以前はそういう制度なかったと聞いてるけど・・・としか友人は知らないらしい
あれって近代になって出来た職業なのですか?

神職と巫女は職分が違う、といいますが
宗教的にタブーなものとか、制約を受けたりするものなのでしょうか

彼女いわく、「結婚する人にだけ、伝えなくちゃいけないこともある」というけど
その意味もまったくわからない・・・・なんか禁忌事項があるらしいけどよくわからなかったので

919 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 07:43:08 ID:PVxV+PEO
神道の信者って、「氏子」って言う名称なんですか?
仏教徒、キリスト教徒、みたいに神道○○っていう言い方はないんですか?

920 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 21:13:26 ID:8bnDx7yf
917
禊祓を天津祝詞というけどよくわからないなぁ
かく宜らば天津神はあまのいわとを押しひらきてあめの八重雲をいづのちわきにちわきてきてくれるので
その前祓いの禊祓いで意味は通じるかな
手水で口をすすぐのも禊祓いの行為

921 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 21:29:41 ID:8bnDx7yf
919
神徒ともいうよ
よく知らないけど
まぁ関係なしに日本にいるなら日本の神には世話になるだろう
918
タブーというか決まり事のような気がするなぁ
清いものはけがれを嫌うので心身を清浄に保つためそうしているとか

922 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 23:03:33 ID:PVxV+PEO
>>921
信徒ではなくて神徒って言うんですね。初めて聞きました。
すみません、他の質問はまとまってなかったですね。
就職が決まった友人の話を聞いて???と思った素朴な疑問です。

1、彼女が言っている「潔斎」というのはお風呂のことですか?

2、巫女って言う職種は近代からのものと聞きましたが、何時代くらいからあるのですか?

3、本職巫女を経験することによって辞めても受ける制約や守るべき禁忌事項があると聞きましたがどんなものですか?
神職は一生勤めるものでしょうし、結婚も相手に自分の宗教を理解してもらったり、職務上普通と違う生活があるのはわかるんですが、
巫女さんは未婚女性に限るわけだから、結婚に際して制約を受けたりすることあるのか謎です。

923 :心と宗教と名無しさん:2007/03/18(日) 17:23:17 ID:WG/UKiz4
気がついたらウチ代々神道なんですが、どうゆールーツなんでしょうか?
私で32代目だとか父親は言ってましたが、おそらくそれくらい神道で続いてます
ちなみに家が神社ってわけじゃないです

924 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 15:13:12 ID:yvPDetgJ
ここの人は、精神的な問題や宗教概念については 「それは、こうです!」と、はっきり断言するのに、
職制とか、決り事や神事になると 「よく知らないけど」 「よくわからないなぁ」と、とたんに曖昧になる不思議。

925 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 18:14:05 ID:NuNPc0Ve
神社本庁は、夫婦別姓や女系天皇の問題に対して、公式に口を出していると言うことを知りました。
日本の文化の中枢である神道の長が、利益団体としての側面を持っていると言う事実は、
一人の神道を尊敬する者として、残念に感じるのです。
これでは創価学会となんら変わりません。
この神社本庁の行為は、その管轄下に置かれる、神社の総意なのでしょうか?
それとも神社本庁の独断によって、行われているのでしょうか?

926 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:02:40 ID:mOPxYjJ9
職制のことなど一般は知らないでしょう
まず自分が答えてから人を批判しましょう

927 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:09:51 ID:mOPxYjJ9
けっさいについては検索すれば出てきましたよ
あとはわからないなぁ

925
草加と確実に違うのは祭る対象とその霊性でしょうね
その論でいくと人間もみな同じ人間になりますが
人はそれぞれの霊性をもっていて時間で常にその状態は移り変わってるので
言葉の定義により同じといえば同じで違うといえば違うということでしょうね
神宮にメールしたほうが確実にわかりそうだけど

928 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:17:39 ID:mOPxYjJ9
923
戸籍謄本で調べられる範囲が神道になるのではないのかなぁ
崇敬しているか否かは関係なしに
京都でも奈良でも神社は入場料必要ないのだけどそれは国の宗教だからですよ
仏閣ももちろんいいけどね

929 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:27:57 ID:NuNPc0Ve
>職制のことなど一般は知らないでしょう
>まず自分が答えてから人を批判しましょう
何を言っているのか分かりません。

930 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:31:37 ID:mOPxYjJ9
でも戸籍でそこまで辿れるってのはすごい家系なんだろうなぁ
650年以上の歴史があるわけでしょう

931 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:33:24 ID:mOPxYjJ9
929
その上の人にたいしてですよ

932 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:46:59 ID:NuNPc0Ve
>その上の人にたいしてですよ
私は神職の人間ではありません。

933 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 19:53:59 ID:mOPxYjJ9
924にたいしてですよ
まぁどうでもいいんですけど

934 :◆JgJAzfkQlM :2007/03/21(水) 22:03:36 ID:C0SaDQkP
シルバーバーチの霊媒からのお願いアドバイスです。

心霊写真の取り扱いについてのことですが、某有名心霊写真鑑定家3女史の言う
処の先祖霊の祟り説・稲荷なぞの動物霊説は、誤りであることが大半です。
しかも3女史の言うとうりに放置及び処分は反って霊を刺激し霊現象が酷く起こりやすくなったり
精神的な病に繋がったりも十二分に考えられます。

心静かに考えてください、その写真の前に貴方が出遭った新仏様か無縁仏様が
必ず居たはずですよ。ご供養願います、その方の馴染んだ宗教によってですよ!
御酒・お花・御茶・和菓子などであればいいと想います、お供えください。
その後も不吉なことが起こるようであるならFを探して下さいね、心霊写真の主はお化け騒ぎ
したい訳ではありません、あくまで霊界メッセージであるとお考え下さい。 以上

4月よりパート霊能者として営業いたします、悪戯電話・メールなどでも料金を
戴くことと致します、その前に一言、霊界情報サービスの書き込みさせて頂きました。
これは、霊能者のお方の秘密儲けの方法なのよwwww有名人でもFの霊耳より
情報薄いのが今の霊感商業のようです。Y。SX2思い知れ!!!

935 :神も仏も名無しさん:2007/03/22(木) 00:17:54 ID:7KmKfiZT
たしかにチャネリングはヤバいですね
気自体が変

936 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 23:11:27 ID:tN7imiq4
宗教板の名無しさんを考える
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1169662877/103

103 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2007/03/25(日) 23:10:19 ID:tN7imiq4
「祈る名無しさん,心ある名無しさん」に賛成してくださる方,大募集です。



937 :神も仏も名無しさん:2007/04/14(土) 20:18:10 ID:OWIq+n2O
なぜ神社本庁は、皇祖であるアマテラスを本尊(?)としているのでしょうか。
アマテラスと同ランクでは、人間に直接的幸福をもたらしてくれそうな、
出雲大社に祭られている大地の神や、農業の神様であるお稲荷さんを崇拝したほうがよさそうですし、
上のランクでは、イザナギイザナミがいます。それ以上の性別を持たない神がいるとも聞きます。

938 :神も仏も名無しさん:2007/04/23(月) 09:54:16 ID:GOzY0wiy
あの…場違いですみません。
シロートがお伊勢さんをひとめみたくて行くんですが、
気をつけねばならない、最低限のマナーや心構えがあったら教えて下さい。
ご朱印帳を持っているのですが、お伊勢さんでもお願いできるんでしょうか。
ちなみに鳥羽の港方面から行く予定です。

939 ::2007/04/27(金) 22:41:52 ID:1cVRPmuF
お店を営業始める前におはらいをするのをたまに見かけますが、それって必要ですか?それは繁盛の為にするの?神主を呼ぶのにいくらかかるの?

940 :神も仏も名無しさん:2007/04/29(日) 11:48:40 ID:fIZbs6kf
>>939
事務所清祓のこと?
神様にその会社を守ってもらうためにするものなので、気持ちの問題。
出張祭典=外祭で会社に神主さん呼ぶなら大体3万円てとこ。
自分たちが神社に赴いて商売繁盛の祈祷をする場合は団体扱いで1万円くらい。

941 ::2007/05/01(火) 01:22:06 ID:9Ibhlxlk
レスありがとうございます。清祓って言うんですね。今月にオープンする飲食店にバイトが決まってて、おはらいとかしてないっぽいから、店長にした方がいんやないかなって言おうか考えてたんです。でも気持ちの問題ですよねやっぱ。

942 :神も仏も名無しさん:2007/05/02(水) 16:57:46 ID:0g5XVE6G
>>941
気持ちの問題だから代表が決めることだよ
願主は代表になるはずだし。
宗教問題だから、部下が上司に勧めるものじゃないと思うけど・・・
あなたが気になるならあなた自身が神社にお参りして、
お賽銭のひとつでも上げてお願いして来ればいいんじゃない?
ほんと、こういうのって気持ちの問題だからねえ

あ、ちなみに清祓の読み方は「きよはらい」ね。
あるいは、商売繁盛祈願祭ってやつ。
「祭」と書くが一般で言うお祭りじゃないよ。ご祈祷ってことです。

わかりにくかったらごめん
ここできくより、近くの神社に電話して聞いたほうがいいと思うよ

943 :神も仏も名無しさん:2007/05/07(月) 12:14:29 ID:rQcxjkF3
「ラルロ」の意味(ヘブライ語らしいです。)ですけど。
御存じですか?
直訳でお願いいたします。

944 :神も仏も名無しさん:2007/05/09(水) 11:13:23 ID:oau3uKKF
「ラルロの嵐」とは、何ですか?
神・幽・現の三大霊界に吹き荒れる「嵐」とお聞きしています。
ラルロはヘブライ語です、日本語ではどういう意味ですか?

945 :神も仏も名無しさん:2007/05/09(水) 23:53:05 ID:JLv4aX+R
日本書紀を最近読んでます。日本書紀では国が統一されていくようすをしばし
神々と神々の戦いのように描いてますよね。神道とは天つ神、国つ神のような
支配者を神として祀る祖霊崇拝と縄文人のような自然崇拝とが折り合ったもの
と考えていいのですか?まだ深くは読んでないので間違っていたらすみません。

946 :神も仏も名無しさん:2007/05/15(火) 19:59:06 ID:aZDdyNdl
>>937
出雲大社も稲荷も伊勢を本宗としてる。


947 :神も仏も名無しさん:2007/05/25(金) 05:28:38 ID:uzlPsFxz
【韓国】2002年米軍装甲車に轢かれて死亡した女子中学生を偲ぶ『ろうそく記念碑』、捨てられた状態で発見[05/24]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1180003750/l50

日本はこんな国から靖国を否定されています

948 :神も仏も名無しさん:2007/05/26(土) 19:19:17 ID:I1httt00
あの、神社でおまいりしているときにお願いを唱えていて、もしかしたら聞かれたかもしれないんですがどうなんでしょう?

949 :神も仏も名無しさん:2007/05/30(水) 20:38:18 ID:arFce/tO
戸隠神社に祭られている「九頭竜神」ってありますが、
「クズリュウ」って音読みですよね
昔からいる日本の神様なんだから大和言葉の名前があるはずなんですけど、どうなんでしょう

950 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 08:48:59 ID:uCNwD4Kg
墓は「荒御霊」と云って現世での子孫を守って繁栄に導く役割らしいけど、
中世ではそういう神道的概念よりも天皇家も仏教的だったよね。
つーか、墓のそういう考え方に関しては宗教を問わず普遍的な考えぢゃないの?
墓や城壁の守護のために鬼門除けや裏鬼門除けを造るとか、為政者らは霊山の
近くに墓を建てたり城壁を構築したりするとか。

今の天皇稜なんてそういう観点ではほぼ絶望的だよね、
高尾山を高速道路のトンネルがぶち抜いて霊線遮断されるし、

朝鮮王宮の目の前に総督府を建てて金剛山の霊気を遮断して朝鮮王朝を根絶やしにした
罰だろうか? 神道とか皇室の霊能者は大したもんぢゃないな。


951 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 12:26:47 ID:SDtLsuX+
【悪霊に支配された街:秋田】
〜秋田県民の多くは悪霊が輪廻転生を繰り返した産物である疑い〜
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=sci&vi=1179719741
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8621/1180437306/

ここまで酷い事が行われているならば
「怨念をもった心霊」が輪廻転生したケースは当然、存在するだろう。
その場合、その心霊が生前に酷い犯罪被害を受けただけで
根は素晴らしい人であるケースや、生前に殺しを繰り返し
根自体も悪霊そのもののケースとが当然ありうる。

後者の場合、輪廻転生を受けた現世の人物自体が
やはり悪鬼(悪魔)になりうる。その負のサイクルを秋田は繰り返しているのでは
ないか。よって秋田の現実の人間達は、代々トランスポゾン汚染されたゲノムだけでなく
輪廻転生した心霊面でも大きなハンディキャップを背負い、
益々、悪鬼化しているのではないか。そういった意味で、心霊面でも
底知れぬ程、病んだ地域というのは実在しうる。また、悪鬼(悪魔)の血族・地域集団
というのは当然、保存されうる。自然淘汰の過程でそういった行動様式・思想様式は
保存され進化しうる。それが秋田でありユダヤではないのか?

そういった意味では秋田にはやはり一般人は近づくべきではない。
悪霊が支配しているのは比喩ではなく事実であろう。
日本国民はこの秋田県地域には絶対に近づかない方がよい。
一つ間違えれば殺害される。彼らの殺しは容赦がない。

9月の秋田国体や8月の竿灯祭にも行かないほうがよい。
一つ間違えれば消される。秋田はそういった特殊非人地域である。
日本ユダヤ問題はこういった事にもつながっている。
秋田は悪霊に支配された怨念地域だ。
悪霊に取り付かれたくなかったら秋田に来るのは止めたほうがよい
ここは黄泉の国だ。人間が住める場所ではない。


952 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 13:01:52 ID:4WCmKvmF
オカ板辺りに行ってらっしゃい

953 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 01:23:34 ID:kyF6NWpP
http://q.hatena.ne.jp/1138821235#a480236

なぜ皇室職員にはクリスチャンのみ採用するのか?

954 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 00:33:36 ID:yAgJL7pG
神主になりたい。

955 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 03:59:08 ID:GhKEY4aU
天照=キリスト である。

956 :神も仏も名無しさん:2007/06/16(土) 22:30:34 ID:PbD47jLt
俺も神主になりたい

957 :神も仏も名無しさん:2007/06/20(水) 19:27:20 ID:r0hV5krF
神社関係にコネがないと難しいわな

958 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 21:13:51 ID:6JGJ7vKZ
枕を2個並べて寝るという行為に何か神道上の意味合いはあるのでしょうか

959 :神も仏も名無しさん:2007/06/24(日) 01:22:06 ID:4uWIdVaA
枕なんかに興味は無いが、ドイツの陸軍と日本の海軍をシラけさせちまって
戦わなくさせちまった冷戦期のアメさんみたいなもんさ。

960 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 22:00:52 ID:c/fHkcnf
>>11
手前に引いて拍手を打つというのは邪気を呼び込むというような言い方をすところもありますね

961 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 22:22:54 ID:c/fHkcnf
>>945
神道とは天つ神、国つ神のような
支配者を神として祀る祖霊崇拝と縄文人のような自然崇拝とが折り合ったもの
と考えていいのですか?>

日本書紀は天皇家のいわば勝ち組が都合のいいように書き換えた物
神道の神は元々人間。イスラームやユダヤとはそこが根本的に違いギリシャ神話
に通じるものがあると思っている。
支配者を神として祭るのではなく”支配された側を神として祭り”上げて功徳をください
これだけ、奉っているから、金クレーもっと、もっとというようなことだす。

これは被支配者を鬼と考え、鬼=隠忍(隠れ住むところから)=オニ=恨む、たたる=神として
祭ればこの荒御魂が浄化され奇御魂(くしみたま)や和御魂(にぎみたま)になり幸福を
もたらしてくれる。
そういうことです。
神には4つの性がありますね奇御魂、和御魂 幸御魂 荒御魂
喜怒哀楽です。
要するに支配者が神として祭られるというのが普通の考え方ですが
支配者は被支配者の反抗などを恐れて神として祭るわけです。
菅原道真が怨霊=オニとなり祟ッ田のは有名な話ですが、
させんしたほうにすれば後ろめたいわけです。
「あなたは神さまです。奉りますのでごめんしてください」と言っているわけです。
前不利が長くなりましたが、概ねそう思ってもいいかな?と思います
でも勘違いしないでください。天津神は支配者ですし国津神は被支配者の別称ですよ。
>>937稲荷の本性は神名を豊受大神(とようけのおほかみ)申される神です。
あめたらしますすめらおほかみ(アマテラス)は女性ではなく男性の神ですし
このアマテラスの兄弟が「とようけのおほかみ」だったと記憶しています
これは古事記などを読み解くと判ってきます

962 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 22:28:45 ID:c/fHkcnf
>>949
つ やまたのおろち

963 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 22:41:59 ID:c/fHkcnf
>>944
http://www.google.com/search?q=%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%81%AE%E5%B5%90&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7DVXA

964 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 22:52:12 ID:c/fHkcnf
>>920
> 917
> 禊祓を天津祝詞というけどよくわからないなぁ
> かく宜らば天津神はあまのいわとを押しひらきてあめの八重雲をいづのちわきにちわきてきてくれるので

神はこの祝詞を唱えるならば願いを聞き届けまるで天井にたなびく雲を押し開くが如く
悩みを払いのけてくれるだろう

禊はらへは
もっと短い。例えば 般若心経のようなもの。

965 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 13:28:11 ID:84XZ25/c
国家神道は反キリスト666だ、ダミアンだ。

966 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 08:58:03 ID:l+8l5ORU
己貴秘傳の初版本だけに何か特典あったの?

967 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 02:00:25 ID:hcdEeeLz
・祓いはただ祓うだけで、霊を慰めたり解脱させたりの成仏にはならない。
 よって悪霊は、波長が似ている、より弱い親戚身内とかに再び憑いてしまう。

・祓いのシステムだけに依存すると永久に祓わなくてはならなくなる。
 劇薬注射のようなアメリカ製の毒々しい近代兵器のみに依存して周辺国からは
 絶えず狙われるイスラエルの如く、「心」の無い宗教では永久に真の安楽は来ない。

 徳川時代には朝鮮通信使を丁重にもてなし、双方が穏便に付き合えていたのだ。
 心有る仏教・儒教が前面に出ていたからだ。

 明治以降は周辺民族は反感と敵意しか持っていない。それどころか自国民までもが
 徹底的に唯物論に堕落して、核兵器を落とされた異人種の核兵器の傘の下で周辺国
 から守られている。

・神の固有系統の一族血縁者が優先されてしまい、部外者は後回しどころか
 ケガレを付けられてしまったりする。自分の親神以外のうかつな神信仰は損。

・祓いのシステムのみに依存していると、ある日突然、システムが利かなくなったりもする。
 酷く残酷且つ遠大なカタストロフィーに見舞われて混乱と混濁が続く。
 立ち直るには膨大なエネルギーを要する。神道とはそういう性格を持つ。

・同レベル霊法の過激仏魔眷属神から絶えず付け狙われる。子を喰われて子孫が絶えたりもする。
 仏眷属神を抑えられる明王を廃仏したりするからだ。
 また、宗教以前の宇宙的真理次元で仏魔に鬼門を押えられる間抜けな連中ばかりだ。
 見ていると連中は意気揚揚なのだが、神道側は国が滅びてもほとんど全然気が付かない。

968 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 08:41:48 ID:D68A1lTY
・神道の縁者ほど因業やマガツビを撒き散らしている。自己顕示の宗教だからだ。
 自己の姿や容姿を顕示するだけの宗教だから人なんか救わないし救えない。

 顕示される方は徹底的な反感を持つようになる。何故なら、顕示する側とされる側
 しかおらず、意味も無く高い常呂から人を見下す態度だからだ。

・神道はたかだか100年程度の新興宗教である。雅やかな顕示だけは優れるが、
 霊法は初歩的で弱いばかりか、神仏習合の霊線を廃仏で破壊してしまい亡国に導いた
 間違った宗教である。明治以来のその因業は2度の世界大戦は元より、共産主義の勃興、
 ナチスの勃興、ユダヤ国家の建国、中共の勃興と大虐殺、米ソの冷戦、そして環境破壊、
 これらの災難災悪は総て幕末-明治初期の廃仏と天皇を京都から出した神道が直接間接、
 複雑に影響を与えて導き出したものなのである。因業は出した者に必ず跳ね返って来る。
 よって靖国神社をターゲットにした大陸国家群の核攻撃は必ず起こる。

969 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 09:09:37 ID:D68A1lTY
・神道の社は単なるプラットホームだ。そこに神はいるが、単なる政治上での存在だ。
 太古には7000年来日本列島には縄文人が住んでいたのだが、鉄器を持つ半島系
 弥生人が侵略をしたのだ。侵略後の土地確保の政治的目印が神社なのである。

 よって霊界的には単なる道標であり祈祷も加持もできない。
 何故なら結界も張らないし、プラットフォームとしてのみの社である故、
 どんな霊が来てもおかしくはないのである。
 靖国に耶蘇霊が混ざって混乱させている如く、結界も張っていない霊的なだけの
 場所は例えて言うならば悪徳官僚だらけの役所にも成り得るのである。


970 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 09:19:34 ID:D68A1lTY
・教派神道とは祝詞を唱えて信仰をしても、教師がその信仰に嫉妬をして、あざ笑うような宗教だ。
 器が小さく度量が狭いのだ。何故なら雅やかなだけのオタの信仰であり、教師とやらの拝み屋は
 単なる自己満足に浸っているだけだからである。

 教祖とやらの波長も受けるが、かっては生身の人間であった波長なので
 間違いも受けてしまう。それもたかだか100年前後の。
 結果論的には浄土真宗未満の因業とマガツビだけの、とんでもない生臭信仰である。


971 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 06:29:09 ID:j/50Nepw
神社においで
癒されるから

972 :神も仏も名無しさん:2007/07/07(土) 11:15:29 ID:fZh0so0G

「宗教撲滅」・・・・是非ご参考にド―ゾ!

http://religion.bbs.thebbs.jp/1166805222/e10   


973 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 18:31:20 ID:tkrtGnkM
六色の禁忌って一体何を指すのでしょうか。

974 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 17:49:53 ID:DrAAwzB1
うちは仏様ではなく、神様だと言われています。

般若心経は仏教、仏様を信仰する家が唱えるものなのでしょうか?

自分の先祖があの世で幸せになるように唱えるなら誰でもいいですか?
般若心経はどういう意味で唱えればいいものなのでしょうか?
誰でもいいのか、信仰を間違えたら先祖を傷つけるのか…?

神様信仰の家はどうすればいいですか?

975 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 22:32:21 ID:L3l4aw4r
ふつうに祝詞の本に載ってるよ
内容はアウラ的なものについて説かれてる

976 :945:2007/07/14(土) 04:51:13 ID:IVoeoTT+
>>961
ありがとうございます。今でもときどき読み返したり読み進めたりしています。
アマテラスは男だという話は聞いたことがあります。なぜ女にされたのでしょう?
そのために出雲の祖神のスサノオが皇室に繋がっていますよね。それから国津神は縄文人の中に
内発的に生じたのでしょうか?大国主命の先祖か父にあたるスサノオは国に「降り立った」
わけですけど確かほかについては起源が分からないんですかね…?高天原が天上の世界でなく
地上のどこかだとすれば、天津神はどこから降臨したのか…?これからも勉強を続けたいです。


977 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 18:57:24 ID:riyN3lqM
誰か大祓に出てくる「天津祝詞の布刀祝詞」の正体について教えてください。御願いします。
どうしても知りたいんです

978 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 08:42:52 ID:X/ADn79f
>>976
アメ(天)のみかぼしでぐぐってごらん。
もののべ(=モノノべ=オニの民)一族に関連あり。
阿蘇(麻生)=アソ=も秦(ハタ)も物部(モノノベ)一族らしいよ。
ルーツは大陸からの渡来人です、
日田から阿蘇にかけて王朝があったんだがヤマトタケルに追われて
中九州から北九州市門司、豊後高田を経て日本海側と瀬戸内海に別れ
北上をつづけた物部一族は各地に
ある○○高田市という根拠地を作っていた。
国東半島一帯はモノノベ王朝の首都があったようです
ほぼ例外なく
天建方主命(あめのみなかたぬしのみこと)=あめのみかぼし(彗星)関連の神社がある

>アマテラスは男だという話は聞いたことがあります。なぜ女にされたのでしょう?
単純に読み間違いから起こっているらしい。
よく読むと男子というのが判るんだが妹の記述部分と繋がっているので女子と古事記、日本書紀
が記述したためときいています

979 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 09:10:36 ID:X/ADn79f
>>977
kwsk

980 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 09:16:27 ID:X/ADn79f
>>973
http://www.google.co.jp/url?sa=t&ct=res&cd=6&url=http%3A%2F%2Fwww.geocities.jp%2Fhuckbeinboxer%2Ftyuutai002.html&ei=r2aZRsPfFaC8sAKbsMHjCA&usg=AFQjCNGmSqToiXgGnHJGio-8i1LtV3DVRg&sig2=FJo7uyKX-tevZF2cNoOwSg
http://www.google.co.jp/url?sa=t&ct=res&cd=5&url=http%3A%2F%2Fwww.lang.nagoya-u.ac.jp%2Fproj%2Fgenbunronshu%2F25-1%2Fitoh.pdf&ei=r2aZRsPfFaC8sAKbsMHjCA&usg=AFQjCNF-i0063MAMSvVIfdIixL0fBmVImA&sig2=I-2GP4U2OoWrm0VY_sKZdw





あたりかな

981 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 09:40:05 ID:X/ADn79f
>>973

www.sakura.jingu.net/kancho2/index43.html -


332 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)