5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キリスト教神学

1 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 19:57:52 ID:BlgFu+GQ
キリスト教徒の皆さんは神学を学んでいますか?
トマス・アクィナス、アウグスティヌス、クザーヌスetc

2 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/06/23(金) 19:58:12 ID:miZXJXZc
とりあえず2を取っておこう。

3 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 20:00:28 ID:MpNvx18K
>>1
そこまでやれる人は一部でしょう。
その多くは神父や牧師になってしまうんではないでしょうか。

4 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 20:19:12 ID:BlgFu+GQ
>>3
そうですか
やっぱり聖職者を目指す人以外だと少ないですよね。うーん

5 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 20:25:44 ID:MpNvx18K
>>4
デンツィンガーぐらいなら読んでる人は結構いるでしょう。

6 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 19:00:50 ID:AuTdhsml
反キリストは悪魔ではない、悪霊に取りつかれた人間のことだと主張した聖ヒエロニムスや、キリストの教えに反対する者や異端者だと主張した十二使徒のヨハネは偉大だ。
彼等は権威だ。
但し、ギリシャ語のantiが「反対」の意味ではなく、本来は「代理」の意味だったことを見逃しているが。
キリスト教神学は奥深い。

7 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 19:47:55 ID:opDpCGvZ
んなもの 学んでどーする

8 :名無しさん@3周年:2006/06/30(金) 00:09:50 ID:FOoTGPX4
クザーヌスはすごい。あとマイスター・エックハルトは何だか禅宗の和尚さんっぽい感じ(?)

9 :名無しさん@3周年:2006/06/30(金) 00:16:44 ID:Q4e8t605
エックハルトと禅は全然違います

10 : ◆uCYSQgnL7E :2006/06/30(金) 00:31:32 ID:GZGvfb0F
クザーヌスおもしろそう

11 :OP:2006/07/01(土) 17:10:16 ID:VYvAP0Zt
『ドミニコ会士、アクィノのトマス所編、
「神学のスンマ」Summa de theologia ここに始まる』

公教的真理の教授の位置にある者は、学の進んだひとびとを教える務めを
有するにとどまらない。さらに初学者たちを教導することもまた、
その任務に属しているのであって、それはあたかも使徒の、
『私はあなたがたをキリストにおける子児と考え、乳を飲ませて、堅い
食物は与えなかった。』
という『コリント人への第一書翰』第三章(第一節)の言のごとくで
なければならぬ。いま、この著作における我々の意図するところのねらいも、
キリスト教 Christiana religio に属する諸般のことがらを、まさしく
初学者たちの教導に適応するところに従って伝えるにある。
℣けだし我々は、この教えの入門者たちが、さまざまなひとびとの手に成る
これまでの諸著作において、非常な障害を被っていることに注目せざるを
えなかったのであって、それはすなわち、一つには、こうした初著作に
おける無益な問題・項・論議の重積のゆえであり、さらに一つには、
こうしたひとびとの必ず知っておくべきことがらが学問の秩序に従って
伝えられず、却って諸書の解説の仕事の要求するがままに、或いは討論の
機会の到来するがままに与えられて来たからであり、いま一つにはまた、
その際同じことがらの頻繁な反覆が読者の心のうちに倦怠と混乱とを生む
を常とするからであった。
℣我々は、それゆえ、これらの乃至はこれに類する欠陥を避ける工夫に
努めたい。そして聖教 sacra doctorina に属する諸般のことがらを題材
の許すかぎりの簡潔かつ明晰な仕方で以って追求するという仕事を、
神助に信頼しつつ試みたいと思う。(高田)


12 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 11:10:05 ID:oqFiUUyF
神学大全ね

13 :OP:2006/07/03(月) 18:10:41 ID:RUi9EaIk
>>12
いまにしてこそ、アクィノのトマが熱く語るでしょ?
よく、冷たい、温情の微塵もない、御用神学とかいいように非難・陳非化されるが、
『よく嫁!』といいたい。

はっきり言って、ティヤール神学、ラーナー神学などこそ、既に陳腐化し、時代的な
ものに思われる。『ドグマが時代によって変わりうる』と唱えるなら、そういう学こそ
移ろい、変わる時代の波間に消えて逝く。
『御聖体はただのパン、拝まず食べるモノ』なら、もはや神なるイエズスと
キリスト・ロゴスとは一切関係なし。この世の邪に食われ、居た気なく消えて逝く。
開放神学など、どこが「学」なのかわからんw

その傍流を唱える昨今の自称「神学者・典礼学者・聖書学者」など子供の遊び。
相手にしないが吉。今こそトマに語っていただければ、それでよい。

14 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 00:21:31 ID:yPUYXF/V
典礼聖歌は糞だが、神学大全(一部)を翻訳したので、俺は高田を許す。

15 :OP:2006/07/04(火) 01:39:54 ID:TYoYxZkj
>>14
いやはや、あなたねえ……。ブラックジョークでは済まされませんよ!
いくら同姓同名だからとはいえ、あんな土●御用聞きのサンピンと、トマス翻訳を命を賭して
ものされた、本邦屈指の大学者、高田三郎先生とは縁もゆかりも何の関係もないのを知ってて
発言なさってるのなら、これはもう、あまりの品性のなさに、怒りを通り越して、ただ、
呆然とするばかりです。

もしご存知ないとしても、ラウダ・シオンやアドロ・テなど、いまに伝承される名曲を遺された、
とされる、アクィノのトマスの翻訳を、仮にもものするような御方が、
あんな、愚にもつかない感性の欠片もない代物を生み出す筈がないのは、洞察するまでもなく
自明なことだと思うが。

16 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 06:49:14 ID:yPUYXF/V
>>14
やれやれ、これだから真面目な人は困る。

高田三郎(1913-2000) 作曲家、典礼聖歌作曲
高田三郎(1902-1994) 京都大学教授、『神学大全』翻訳

17 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 06:55:26 ID:yPUYXF/V
>>15
なぜあえて「高田」と寸止めしているかを、ご理解いただきたかった・・・

18 : ◆uCYSQgnL7E :2006/07/11(火) 12:24:07 ID:ty1ykurz
ぜんぜん関係ないことにひっかけてでもボコボコに言いたくなるなんて よっぽど典礼聖歌がきらいなんだねえ まーいーけど

19 :名無しさん@3周年:2006/07/21(金) 16:17:56 ID:V0rtDCfG
それほどまでに酷いものなの?

20 :名無しさん@3周年:2006/07/22(土) 20:15:21 ID:ndkyakEh
あれは歌なんてもんじゃない。坊主が経をうなってるようなもんだ。

21 : ◆chartreCqk :2006/07/25(火) 02:21:11 ID:Nt6fUnfS
あげぇ

22 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/07/25(火) 10:29:36 ID:NdhBHSrT
>>21 ああ。すみません。せっかくageて頂いたのに、
わたしの方が、あの後ぐうぐう寝てしまって、
レスができませんで申し訳ありません。
さっき調べたら、図書館にマクグラスあるみたいなんで、
借りに行ってきますわ。これ、夏の課題図書にしよ。(読めるのか??)

23 :嘘八百古狸:2006/07/26(水) 02:05:27 ID:mhie6kWz
関川泰寛「聖霊と教会 実践的教会形成論」の前書きを読んだが。。。
失望。。。

東神大で この程度か。。悲惨だな。

中味はすこしはましか。。

24 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/07/26(水) 09:58:39 ID:g0Ho0Dmy
>>23 あれ、前書きは確かにしょぼいけど、実践的な面でめっちゃ役に立つんだって。w
わたし、あれの付録の教会規則下敷きにして、自分ところの教会規則の草案作ったもの。

25 : ◆chartreCqk :2006/07/26(水) 10:28:32 ID:bKKbDbuN
>>22
じかんさえあれば よめるとおもうですよ

26 :嘘八百古狸:2006/07/26(水) 12:55:38 ID:wTcdyve/
では中味に期待しよう。

27 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 21:01:40 ID:9bynNGAJ
>>26
実践に役立てるつもりで読んでるの?

28 :嘘八百古狸:2006/07/27(木) 00:57:42 ID:JWK1KrPr
ん?
改革派の人らが どう神に出会っているのか
参考にして
私の出会い方を相対化するためかな

いやもっと単純に。。

29 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/07/27(木) 17:57:22 ID:pEyx1kNw
つか。ペンテコステ系の聖霊観に、聖霊が教会を形成するために働く、という概念、そもそもあるのかなぁ??その辺が知りたい。

30 :嘘八百古狸:2006/07/27(木) 23:07:52 ID:P57Zu/Uu
なんでないんだ(笑)

31 : ◆lux./oYs9M :2006/07/28(金) 10:42:23 ID:G9qlRX31
今 まくぐら 140ページくらい けいもうしゅぎとロマン主義だって へー

32 : ◆lux./oYs9M :2006/07/28(金) 10:51:01 ID:G9qlRX31
つうか 章末問題 誰かと答えあわせしたいな まだ一章しかやってないけど
どうよ ろりたん

33 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/07/28(金) 21:48:00 ID:F2QjHrta
>>32 あ〜!いいですねぇ。ただ、まだてんで読んでいないので、
仕事を終わらせてから、ダッシュで読むので、少し待ってくださいね。

34 : ◆lux./oYs9M :2006/07/29(土) 00:13:46 ID:G2q3ApIn
ろりたんダッシュ!(・∀・)

35 : ◆lux./oYs9M :2006/07/30(日) 14:00:24 ID:p9ykf9jQ
うーん なんか 高校の倫理と世界史の教科書を ぶあつくしたみたいなかんじだ

36 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/07/30(日) 14:11:02 ID:3nxS9hsr
>>35 なんじゃそりゃ??(。^。)コケ! どうしてなんだろうね??

37 :rosarium ◆rosa/wQN/s :2006/08/04(金) 12:35:39 ID:dRx1W04j
最近、クザーヌスの『神を観ることについて』(岩波文庫)を読み始めました。

38 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 22:25:54 ID:DaYnZFD+
メルポンとかの先取りを感じました。「神を観ることについて」

39 : ◆lux./oYs9M :2006/08/08(火) 00:52:27 ID:ViTcpzeO
めるぽん??

40 :名無しさん@3周年:2006/08/08(火) 01:31:08 ID:mvrOjA/o
メルロポンティ

41 : ◆lux./oYs9M :2006/08/08(火) 04:46:59 ID:ViTcpzeO
おお そうか(・∀・)
なにか美味しいものかとオモテタ…orz

その めるぽんなるひとが 何て言ってるのか よく知らんから それも読まなきゃいかんかなぁ

42 :名無しさん@3周年:2006/08/08(火) 09:26:55 ID:mvrOjA/o
とりあえず『眼と精神』(みすず書房)なんかを読んでみて下さい。

43 : ◆lux./oYs9M :2006/08/08(火) 09:56:29 ID:ViTcpzeO
おお わかた ありがとう(・∀・)
みすずか 高いんだろうなぁ…

44 : ◆lux./oYs9M :2006/08/08(火) 14:03:18 ID:3lUkkdgG
http://item.rakuten.co.jp/book/3740022/
これってどうなのかな? おもしろいのかな

45 :ignis ◆lux./oYs9M :2006/08/17(木) 18:51:39 ID:eEI452W8
まくぐら停滞してる めるぽんまでてが回らん orz

46 :細麺長浜派:2006/08/27(日) 00:17:20 ID:U9pBN+bK
まくぐら か。。

47 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 07:12:24 ID:SSR1ThM2
カールバルトなんですが、キリストの出来事(原歴史)
が世界の歴史を根源的に決定するという意味が分かりません。
どなたか教えてください。

48 :細麺長浜派:2006/08/29(火) 13:59:32 ID:MQmPqf2u
>>47

『具体的な特殊』が先にあるということですね。

「ナザレのイエスとして受肉した神」という特殊なUrgeschichte(原歴史)が
あり、続いてそこから「神なるもの」という一般が導き出されるという
考えたです。

49 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 14:40:56 ID:3/5+Ugen
>>48
イエスキリストの出来事(啓示)によってのみ神が導きだされる
というのは分かるのですが、それが世界の歴史を根源的に決定する
というのがよくわからないんです。
神がイエスキリストの出来事を起こされたのはわかりますが、
それ以外の歴史に介入されているのでしょうか?
また、イエスキリストの出来事は、世界の歴史と何らかの
対応を持っているのでしょうか?

50 :細麺長浜派:2006/08/29(火) 21:48:06 ID:gGIrUGNu
十字架以後の歴史を生きる私達の主体に、十字架以前は理屈にすぎないと
思いますが、ロゴスを通してすべてはなったのですから、
ロゴスが「根源的に歴史」を決定しているのでは、と。

十字架後は、贖いを信じるか、無視するかは本人の自由ですが、
「十字架」を信じて救われるかどうかという点から
世界と関係しているのでは?

どうなんでしょうね。。。

51 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 07:33:07 ID:FEZkDIFu
>>50
ご返答ありがとうございます。
前半部はよくわかりました。
ただ後半部はどうなんでしょうね?
「十字架」を信じて救われることはわかります。
しかし、信じていない者たちの世界には神の力の
介入は生じているのでしょうか?
その辺りがよく分かりません。

52 :細麺長浜派:2006/08/30(水) 07:59:52 ID:YlC3zNfd
「介入」という言葉で語るのを 私の内的な感覚は強く抵抗しますが、
「神から背き」→「十字架」→「神への方向転換」

「信じていない者たち」が いつ どう「神への方向転換」するのかが
世界の歴史なのかもですね

53 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 08:19:22 ID:FEZkDIFu
なるほどですね。

54 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 23:54:42 ID:rZP1VgfP
はげ

55 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 19:20:00 ID:+EIrsW5I
ほしゅ

56 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 23:17:01 ID:OGNvmlim
神学部ってどうなの?
たとえば、関西学院大学
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/368/1085756877/

57 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 16:18:00 ID:8+Xvdp0I
先行するロゴスであり、ミトラであるところのイエス・キリスト

58 :暇人:2006/10/14(土) 10:09:26 ID:y1NjZmYf
>>56
影が薄い

59 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:41:00 ID:HGcnJt9I
            ●●●●●●●●
言うまでもないが、この点に関してはバチカンや米国が言っていることは
全て嘘である。彼らは宗教を装ったこのシステムで相当数の
地球民を殺してきている。そこには結局は支配欲しかない。愛ではない。
十字軍はじめ歴史上、この偽宗教が殺した数は地球人口の相当割合に及ぶ。

キリスト教の言う愛は愛ではない。偽愛である。
スケープゴート、生贄を前提とした偽宗教や社会システムなど
人類社会にとってはマイナス以外のなにものでもないであろう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
人類、特にキリスト教圏は
この点、新たな精神革命が必要である。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/



60 :ignis ◆lux./oYs9M :2006/11/17(金) 19:46:29 ID:+K4VK/4s
あげー

61 :山崎 朱爺:2006/12/13(水) 16:16:42 ID:+6oEfPTU
   ,―――-、
  /  /~~~~~~~\
  | /  /   \|
  (6   \   / |
  も     ハ |   
  | \ lll|||||||||ll |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |    \_/ /  < いや〜次期の葬朱自慰を狙う僕って天狗ですね
/| \___/\   \___________________

62 :安田 浩行:2007/01/03(水) 18:29:28 ID:4RHJTP4C
私は、自分と似たような階層の出身であるジェームズーコーンに共感と興味を覚える。
ボンフェッファーなどは、所詮、”奴等”の側である。

63 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 18:52:35 ID:2KpEc8Bv ?2BP(300)
>>13
カトの方ですよね。聖体として臨在するキリストを拝む意義は認めるんですが
「拝む」を強調しすぎるのもどうか。”聖体は領聖されてこそ聖体、聖体を
拝むことだけを取り出す信仰、たとえば聖体訪問というのは逸脱である”、
という東方神学的観点も、聖体の意義を認めつつ可能であろう、ということを
とりあえず付言しときます。

64 :名無しさん@3周年:2007/01/04(木) 08:38:13 ID:aEV+hHqn
>>63
毎日ミサがあって聖体拝領があっても逸脱ですか

65 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 22:41:31 ID:5GRS7kW4
このスレ良いね

66 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:09:55 ID:90m6s8RN
>>64
それは論点がずれてる。63は領聖/聖体拝領を離れて聖体を崇敬するというのは
東方神学的には意義を持たないということをいってるので。

67 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:44:07 ID:JozBjxYT
そういうことを指摘されても、西方神学的には意味がないんじゃないかと…

68 :名も無き神学生:2007/02/19(月) 16:19:04 ID:R9x8TIWJ
神学生は教会内での人間関係とスケジュールがきつすぎて、
とてもとても神学を学ぶことなどできるものではありません。

69 :ignis ◆chartreCqk :2007/02/19(月) 16:24:34 ID:GKGbrAOK
ほげェ そうなのか

70 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 17:03:54 ID:0pNdycaX
聖櫃の前で祈るのと、イコンに灯を献じその前で祈るのと、人間の側からある種の共通性は感じないこともない。
ただ、聖体は「そのものである」ことが重い。イコンは窓だが聖体ではない。




71 :名も無き神学生:2007/02/21(水) 21:02:03 ID:HCVL1i0m
漏れは死まんぞ!
権力と組織に揉み消されてたまるか!

72 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 21:02:10 ID:L9ZPULbk
被害妄想?それとも神学校で虐げられた叫び?
もしやダヴィンチ・コード中毒患者?
あちらの世界にこそ真の平安があるのでは?

73 :ignis ◆chartreCqk :2007/02/23(金) 21:56:45 ID:a0dEndWy
神学校にいったからって真のへいあんなんてないと思う

74 :名も無き神学生:2007/02/25(日) 13:49:45 ID:ll0XxC/I
神学校に行くと、内紛や、教会内の力学的権威構造などに巻き込まれたりして、とうてい人間的とはいえない生活境遇に追い込まれる。

75 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 19:47:18 ID:2IjYLKRS
神学は、個々に信仰を深めるためには有意義なものであるといえます。しかし今日の牧会レベルでは、神学というよりも、実践的に教会を改善していくための研究が必要とされています。

76 :名無しさん@3周年:2007/02/28(水) 20:41:54 ID:qEyOB7GC
おすすめの本を教えてください。

77 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 21:26:43 ID:eYecp/gN
聖書

78 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 13:08:13 ID:n/WGX3AD
教団憲章

79 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 13:11:15 ID:Baw+QrqI
身を守るのに忙しくて本など読めません。

80 :ネットサーファー@神の国:2007/03/03(土) 13:14:23 ID:73nMhwuJ
神学校へ人の声を聞きにいくことは、
神の声よりも、人の声を中心とするということです。

81 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 15:45:48 ID:Baw+QrqI
入った神学校が何と在日ヤクザだった。

82 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 19:14:12 ID:gVJbUrUM
神学校で「ぺトゥルス・ロンバルドゥス命題註解」とか学びますか?

83 :名も無き神学生:2007/03/04(日) 10:08:10 ID:yzHixk5D
在日マフィアのところでそんなの学べるわけないじゃないですかw
名前も知りませんよ。架空の本だったとしてもわかりませんね。

84 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 08:30:07 ID:SVSvjLP/
某神学校
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1172400963/l50

85 :不信心者:2007/03/06(火) 12:15:36 ID:Lx/OyqYa
宗教に興味がない、特にキリスト教は・・・と言っても賛美歌なんか聴くとぐらっときます。
プラグマチズムに元づく合理主義者としては禅宗の方がしっくりとくるんですけど。

音楽はキリスト教関係が優れていますね。
是非お勧めのCDなど教えてください。
同様なスレがあるなら誘導してね♪


86 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/09(金) 10:31:13 ID:bBq2qEiZ
>>85
こんなすれあるよ(・∀・)

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1137545440/

87 :名無し:2007/03/16(金) 18:41:40 ID:mbeCEG3D
讃美かにぐらっと来る。人間のスピリチュアリティに触れるんだよね(某テレビに出まくる霊能者のスピリチュアルじゃないよ。人間の生きる根源だよ)。
関学は影が薄いって言うけど、その研究をしているゼミもあるよ。あ、おれそこのOBね。面白いよ。エキュメニュカルを推奨してて。俺の教授は仏教系の
大学にもスピリチュアル教えに行ったしさ。仏教がなんでエキュメニュカルかって話だけど、その大学は密教系なんだよね。あれって東方教会系も混合され
てるって話でさ。まあ、東方、ローマカトリック、色々研究してるよ。礼拝音楽にも造詣ある研究するよ

88 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 15:37:33 ID:uYkChC90
今苦しい人は幸いなんです。
だって、来世では幸福だから。
キリスト教で救われているのはホームレス。
彼らは苦しんでいますが、今苦しい人は
来世では楽になるのです。
今楽をしてる人は来世ではホームレスです。

89 :名無しさん@3周年:2007/03/18(日) 08:10:19 ID:3turnuX8
ホームレスは楽な生き方を選んでああなっちっやった人も多いよ
それからキリスト教で救われるのはキリストを信じて告白しRSVを使わない人です

90 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 18:03:03 ID:B9c59bJs
借りた金も返さない神学生は勘弁して欲しいよな。

91 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 19:04:18 ID:82ObnKrs
>> 88
キリスト教に輪廻転生というのはあるのか?

92 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 20:48:40 ID:Na0mKLc4
>>91
ない。
というか輪廻転生が仏教用語だから
概念がどうしてもずれる。

93 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 21:08:35 ID:B9c59bJs
什一献金神学について思うところを述べなさい。
(10点)

94 :神も仏も名無しさん:2007/03/20(火) 22:38:35 ID:WCbOBsmY
牧師や執事の暴言について、あなたの考えを書きなさい。
(10点)

95 :名無しさん@3周年:2007/03/20(火) 23:47:59 ID:zsotQBum
牧師は神によって建てられた権威だから何を言われても神の言葉と受け止めなさい

96 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 07:48:22 ID:WZjfqRN2
0点

97 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 18:03:41 ID:LEfAKC5Y
うちの教団の神学校(無認可、学位なし)に通いましたが、
内戦ばかりで、神学を学ぶ暇などとうていありませんでした

98 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:13:14 ID:pchRtjoV
>>68

自衛隊を派遣してもらいなさい

99 :神も仏も名無しさん:2007/04/23(月) 23:23:12 ID:OTdUOJdD
「それがいい。それがいい。」
と、言いました。

100 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 16:25:40 ID:IWNL1qgv
神学皆無の愚脳死す執事を討て!

101 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 23:52:21 ID:4HXX8G88
この書き込みをどう思われますか?教えて下さい。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177439935/

246 名前:リーマン  ◆xz0lsSELzk [] 投稿日:2007/04/28(土) 20:08:04 ID:w0d2Lggy0
>>241
能登の地震は、モーゼが日本国に現れる狼煙(のろし)でもあったのです

・・・死者も出ているので、論調を変えたと思いますね。
  
  モーゼについては、私のリーディングによると、あの有名な 十戒石 を持って
  最初、能登半島の七尾あたりに上陸してます。 この石は、光を出すので 棺に入れたが
  光が漏れ出るので、台車に乗せて回りに布を張り巡らして運んだようです。途中の経路は、大きく見て
  七尾 〜 京都 〜 伊勢外宮の 多賀宮 に埋めた、 と観えます。
  この台車を運んだ、伝承が七尾では伝統祭である、青柏祭 http://www.rcpnet.co.jp/~noto/kankouti/seihakusai.htm
  京都では 祇園祭 http://www.kyokanko.or.jp/3dai/gion.html として、残ると感じます。

  モーゼは、外宮 多賀宮 に十戒石を埋めた後、中東の方へ帰ろうとするが 疲れと高齢のため
  能登半島の 宝達山 近辺で亡くなってます。  http://www.hodatsushimizu.jp/webapps/www/section/detail.jsp?id=100

102 :神も仏も名無しさん:2007/04/29(日) 18:31:44 ID:gPMYtqqE
病院へ逝け

103 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 04:34:48 ID:GlLAvtXu

 ■ ドラゴン関係者を警戒せよ ■


104 :神も仏も名無しさん:2007/05/26(土) 21:43:24 ID:HzQtQYCQ
神父さまは皆さんラテン語で聖書やトマスを読んでるんですか?

105 :ignis ◆chartreCqk :2007/06/01(金) 11:21:19 ID:FmXaGv9x
>>104
そんなことないとおもうよ

106 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 20:59:44 ID:aUrVOdEt
教会的に、エックハルトはどういう位置づけなんですか?

107 :≡仝⌒≡ ◆FVy0/WJrcA :2007/06/06(水) 21:04:37 ID:rtLd5VWZ

たまご貼るなよ

、、、すんません
ボケでした

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)