5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

無明庵 EO

1 :アホーBBやっとかきこめるようになった:2006/08/16(水) 23:24:02 ID:sPYp51hu

無名庵EO 性と死のホームページ
ttp://www.mumyouan.com/index.html

読むと絶望的になって生きるのが嫌になるがなぜか安らぐ
EO氏の世界観について語りましょう

901 :金平糖:2007/01/23(火) 11:38:35 ID:+ktu1bUv
>>898
>じゃあなんで分化なんてしたんだよ〜!!(泣)

分化、区別、分別が何故起こるのか、いや、起こってしまったのか、
それは、人間が「言葉」をもってしまったからからでしょう。
言葉が物事にいろいろな概念や意味を与えてしまうし、また、その概念や意味がないと
「人と人の間」でコミュニケーションが図れないし、文明、文化、学問etc.の発達も
うまれてこなかったしね。

言葉を理解する前の赤ちゃんは、お腹がすいたら素直に泣くし、眠いときは眠る、
寒いときは震える。また、自分以外のもの(外部世界)に対しても素直に反応しているので、
自分と外部が未分化(無分別)な状態。極めて単純。

しかし、成長するにつれて母親(その他の人)が善悪を教えてしまう。
勿論、言葉ではわからないから、悪いときは叩くとか、善いときは頭を撫でるとか・・・・・。
赤ちゃんからすれば、それは素直に受け入れざるを得ない(教えられる)わけだが、
しかし、本当のところは赤ちゃん本人が「無意識に受け入れた」のかもしれないけどね。
もっとも、母親(その他の人)のその善悪という概念すら何を基準としているかはあいまいで、
その人の前世代の概念とかその時代の社会的価値観とか複雑にからみあったもの
なんだろうけれど。

そして、やがて言葉を覚えて意味を覚えていくほどに、大人になればなるほど
言葉(概念、意味)が増えて、複雑な思考をするようになってしまう、っということかな。

だから、いろんなところで「赤子になれ」とかいうけど、なんとなくわかるような
気がする。


902 :金平糖:2007/01/23(火) 11:39:21 ID:+ktu1bUv
>>898 つづき
>金平糖さんや、光ファイバーさんも言ってらしてる、
>ただただ素直に映す、「意識、観察=鏡」

ふっと、思ったこと。
何気なく「意識」っていってるけど、ほんとうは「意」と「識」に分かれていているような気がする。
「意」には自分の反応とか思考が入るけど、「識」はそのまま識、唯の識=「唯識」ということ。

そうすると、自分は今まで「無意識」は「無+意識」と思ってきたんだけれど、
本当は「無意+識」ということで、「識(唯識)」に自分の反応思考がないこと「無意」が
本来の「無意識」ということなんだと・・・・・・。

観察は、「観」と「察」、つまり「観る」と「察する」。
「観る」は単純に「観ること」で、「察する」には観たもの(対象)に対して自分の思考、推測
が混じる・・・・。


903 :金平糖:2007/01/23(火) 11:40:03 ID:+ktu1bUv
>>897
Ryuちゃん
>今まであえてつっこまなかったが、金平糖は、やっぱ半分くらい誤った観念の中で思考してると思うよ。
>だから、限定はあるわけ。

どこが半分誤っているのか説明してくれるかな?
逆に、どの部分はRyuにも納得できるの?
素直に聞いてみたいでっす。


904 :Ryu:2007/01/23(火) 12:42:06 ID:bW7RKczd
>>903
まず、全体的には、思考やその表現がクリアーじゃなくて、あちらこちらで間違っている。
正確なこと言ってなくて、感想や一般論で、それもどこかで聞きかじったことを完全に理解しないまま言っているから、
人が読んでもあんまり役に立たないんだな。。

アドヴァイスしたつもりでも、不正確だから、あんまり意味がない。。

>>901でもさ、言葉や観念の習得によって意識が分裂したというのは、違う。
さらに、そう思ったら、解決しようがないでしょう。
言葉や、観念を全部落とすなんて無理なわけだから。

そうじゃなくて、「自分がある」という思い込みが根源なわけ。
自分がないとわかったら、実体ではないと理解したら、判断とか批判とか意味がない。
そういうのは落ちるしかないでしょ。

だから、あなたの言ってることは、理解じゃなくて、推量の域を出ないんだよ。

それから、意識に映った物事を、判断・思考せずに、「そのまま映し出す」なんて無理だし、
やろうとする必要もない。そうする事がいいことだという考えが、無心教というか、やっぱり間違った観念であるわけ。

思考や判断や、さらには自己批判さえも、それはただ、縁起によって「自然に起こる」ものに過ぎないから、
実体はないし、どうする必要もない。なくそうとする必要なんてないんだよ。
単にそれらに実体はないと理解するだけで、それらが問題ではなくなる。
自分が思考してるんじゃなくて、思考や他の因や条件によって、発生するものだから、
私の本質とは関係ないとも言える。このことを理解することのほうが重要なんだよ。
だから、知識、観念は持っていてもかまわない。知識、教養、道徳観念、なかったら困るでしょ?
捨てようとする必要はないんだよ。

ただそれらが、本来、意識・本質を妨げるものでないことを知ることが重要なわけ。

わかったかな?

905 :金平糖:2007/01/23(火) 14:11:54 ID:+ktu1bUv
>>904
>アドヴァイスしたつもりでも、不正確だから、あんまり意味がない。。

>>890でも書いたけど、分析しているつもりもないしアドバイスしているつもりもない。
「自分がそう感じたこと、感じていること」をそのまま書いたに過ぎないよ。
あなたには役に立たなかったのかもしれないが、役に立った人には役にたったんでしょうから。
そもそも、「役に立つとか立たない」というのは自分ではわからないよ。
それを受け入れるも受け入れないも相手の意識でしょ。
意味をもたらす、もたらしているのは自分じゃなくて相手自身だよ。

>そうじゃなくて、「自分がある」という思い込みが根源なわけ。
>自分がないとわかったら、実体ではないと理解したら、判断とか批判とか意味がない。
>そういうのは落ちるしかないでしょ。

「自分がある」というのが思い込みなら、「自分がないとわかった」というのも思い込みなのでは?

>それから、意識に映った物事を、判断・思考せずに、「そのまま映し出す」なんて無理だし、
やろうとする必要もない。

自分が「映し出す」のではなくて、単に「映す」。そこに自分の判断も思考もいらない。

「Ryuちゃんがそういうのは、そう感じているんですね?」としかいいようがないわ。
わかったか?と聞かれれば、「知らない。」としか自分には言えない。


906 :金平糖:2007/01/23(火) 14:52:16 ID:+ktu1bUv
>>904
つづき
>そうじゃなくて、「自分がある」という思い込みが根源なわけ。

じゃぁ、「自分がある」という思い込みのそもそもの原因はなに?


907 :Ryu:2007/01/23(火) 18:22:32 ID:bW7RKczd
>>905
>あなたには役に立たなかったのかもしれないが、役に立った人には役にたったんでしょうから。
そもそも、「役に立つとか立たない」というのは自分ではわからないよ。 それを受け入れるも受け入れないも相手の意識でしょ。

この文自分で矛盾してるのわからん? あなたも立派な「対話できないさん」、「日本語書けないさん」だね。
自分でわからんと書いておきながら、「役に立った人には役に立ったって」ってなんだよ?
もう一つ言えば「自分でわからない」というのは「あんたがわかってない」だけ。
僕から見たら、ある種の問題に関しては、「正しい解決法」はちゃんとあるわけ。
それを理解して実行すれば、必ず役に立つ。理解するか否か実行するか否かは向こうの問題だけれどね。
だけど、お前さんのは正しい理解にも解決法にもなっとらんから、客観的に役に立たないといっているの。

>意味をもたらす、もたらしているのは自分じゃなくて相手自身だよ。

そんな主観的な問題じゃないの。ある病に対して有効な薬の成分は、それを知る者にとってははっきりしている。
それを知らないものが、適当な薬を出して、飲んだものが効いたような気がしてもダメなの。
どういった薬を出すかの時点で、役に立つ立たないは決まるということだよ。

908 :Ryu:2007/01/23(火) 18:24:23 ID:bW7RKczd
>>905 つづき
>「自分がある」というのが思い込みなら、「自分がないとわかった」というのも思い込みなのでは?

だから、そういうのは全部、あんたが誤謬の中にいるから言えることなの。
誤謬を抜け出したら、「私がない」ということは明瞭に実感できること。
わかってないやつがそういうアテズッポウでものを言わないの。
少なくともあなたは、「自分がわかってないことをわかる」必要がある。
それがわからなければ、お話にならない。問題外なんだよ。

>自分が「映し出す」のではなくて、単に「映す」。そこに自分の判断も思考もいらない。

ホントにそうなりたいなら、脳死かロボトミー手術受けるしかないと思うよ。
思考も判断もなしに、人間としてやってけるわけないじゃん?バカもほどほどにして欲しいよ、マッタク。。

>>906
>じゃぁ、「自分がある」という思い込みのそもそもの原因はなに?

身体とか心とかそういうものを、私とみなすことだよ。
そういう同一化が、脱落することを心身脱落というんだよ。



909 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 00:30:53 ID:cQGi4/5S
高校時代の話・・・

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし
彩りも悪いし、とても食べられなかった。
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。

910 :光ファイバーEO:2007/01/24(水) 00:41:05 ID:aKWW5bpC
>Ryu氏
おっさんでもないし、覚者でもないので、レッテル貼りはやめてくれるかな


911 :光ファイバーEO:2007/01/24(水) 00:44:30 ID:aKWW5bpC
このスレは結構面白い面々が揃っているのだが、
吽狛氏、迷い人氏、金平糖氏、惰眠氏、それぞれいいのだが
独りどうにもでたらめなのがいるな

たまにこういうでたらめがいるのだが、わかるように書いても逆切れするだけだし
十代の子供にはどうにも早いんじゃないかな

912 :光ファイバーEO:2007/01/24(水) 00:50:09 ID:aKWW5bpC
あるがままってのは
指摘されたら、逆切れして、あるがまま
だと
それで自分なしなんだと・・・

こんなヘンテコな姿がどうしてわからんのかねぇ

913 :光ファイバーEO:2007/01/24(水) 00:54:06 ID:aKWW5bpC
>>901
> 分化、区別、分別が何故起こるのか、いや、起こってしまったのか、
> それは、人間が「言葉」をもってしまったからからでしょう。
> 言葉が物事にいろいろな概念や意味を与えてしまうし、また、その概念や意味がないと
> 「人と人の間」でコミュニケーションが図れないし、文明、文化、学問etc.の発達も
> うまれてこなかったしね。

まったく、同感ですな。
言葉が始まりなんですよ。

914 :光ファイバーEO:2007/01/24(水) 01:00:17 ID:aKWW5bpC
>>895
> 人は走ってるんだけど止まってるみたいな(謎)。

心に映した世界しか見れないわけですから、
本当は一歩たりとも動いちゃいない
とゆーこと

915 :Ryu:2007/01/24(水) 01:23:14 ID:er4yOmTO
>>912
あなた、議論の内容とばさんで、どこがおかしいかちゃんと言いなさい。

その指摘とやらが正しくないから、どこが正しくないかこっちはちゃんと書いてる。
どこにも問題ないだろうに。
レッテル貼ってるのはどっちだって話だよ。

そもそも覚者って、あなたが悟った宣言したから、言ってんだよ。
突っ込まれて取り消すつもりなの?
だったら、はじめから言うなって話しだよ。

「自分なし」って言うのは、オレ自身のことじゃないの。
悟ってないって言ってんだから、脱落してない。
そうなるという原理を言ってんの。

僕から見ると、あんたの言ってることの方があべこべに見えるよ。

916 :Ryu:2007/01/24(水) 01:29:55 ID:er4yOmTO
>>913
>まったく、同感ですな。
言葉が始まりなんですよ。

違うでしょう。
言葉もありますが、言葉が始まりじゃない。

ジャック・ラカンという精神医学者言ってますが、
われわれは、生後6ヶ月くらいの、まだ言語を習得する以前に、
鏡に映った身体像を自己と認知する時期があるそうです。
その身体像への同一化が、すなわち自我の芽生え、自他の分離の始まりなんです。

他が生じると共に自我意識が生じる。
これが分離の始まりです。



917 :Ryu:2007/01/24(水) 01:47:54 ID:er4yOmTO
>>911
あなた、こっちの批判にはマッタクまともに答えられないくせにさ、「子供」がどうの「ヘンテコ」がどうのって、
小バカにするためのワードを連ねてるだけ。

自分でやってて、恥ずかしくないかな??
ホントにミットモナイのはどっちでしょうって感じだよ。
ホントに幼稚なのはどっち?

たいした覚者だよ、まったく。。


918 :Ryu:2007/01/24(水) 02:29:49 ID:er4yOmTO
>>912
もう一言言っておこうか。

>あるがままってのは
指摘されたら、逆切れして、あるがまま
だと

これもあんたの作り話ね。
オレはどこにも「あるがままでいい」なんて書いてないよ。
というか、あなたが言ってるようなこと、どこにも言ってない。

前にも言ったけれど、悟り開く前に、日本語ちゃんと読む訓練やり直した方がいいと思うよ。
他人と対話できるのはそれからだね。

・・オッサンじゃなくて、オバハンだったかな・・笑


919 :Ryu:2007/01/24(水) 03:04:32 ID:er4yOmTO
あ、それと、金平糖さんには、正直言って、ちょっとスマナイと思っている。

光ファイバーさんに、ちょっとしたジャブを入れるついでに話を持ち出したまでで、
ホントはあそこまでボロクソに言う気はなかったんだよ。
流れでなんかそうなっちまった・・まあ短気な性格なんで・・気にしてたらわわるいね。。

920 :迷い人:2007/01/24(水) 06:29:11 ID:hZdwHs/6
>>904
>そうじゃなくて、「自分がある」という思い込みが根源なわけ。
>自分がないとわかったら、実体ではないと理解したら、判断とか批判とか意味がない。
>そういうのは落ちるしかないでしょ。

ちょっと、ふと書きたくなった事を書いてみる。

自分は高所恐怖症で屋根にも登れないんだけど
以前、脚立で屋根に登らないといけない時があった。
でも登る前に恐怖で足がガクガク震えて登れなかった。
そんな時にマトリックスの、「打とうとするな、打つんだ」って
言葉を思い出して、試しに思い切って登ってみたら
あらなんと不思議、、全く恐怖なく登れました(笑)。
少しの間だけど、悟りの境地を擬似的に垣間みた気がしましたよ。
ほんと恐れ(自分)が落ちたって感じだった。
ネオが「意味が分かったよ」って言ってたけど
僕も実際登ってみて「意味が分かったよ」って呟いた(笑)。
Ryuさんの「自分がないと分った」って言うのも
そう言うニュアンスで言ってはると思ってます。

Ryuさんの>>831ポケットのティッシュの例えで、
「必要のないときは忘れてる」ってあったけど、
恐れって言うティッシュをポケットに入れながらでも、
悟りの境地を垣間みてる間は、恐れを忘れていられるし。
教えとかって、入り口まで案内してくれてるだけだし、
後は自分の力で扉を開いて、悟りに至るんじゃないでしょうか♪

ってな事を今朝、ふと思っちゃいました。

921 :金平糖:2007/01/24(水) 08:30:51 ID:xiF31/rp
>>919
Ryuちゃんにいわれたことなんて、気にしてないよ。
ってか、それがRyuちゃんでやんしょ??
24時間PCの前に張り付いてるわけじゃないから、すぐにレス返せんだけよ。
あなたが自論の正当性を述べるのはいいけど、その自論を受け入れられないと
(賛同を得られないと)、キレやすいのはなんとかならんかね?
思考パターンがまる見えだよ。

>>907
>あなたには役に立たなかったのかもしれないが、役に立った人には役にたったんでしょうから。
「役に立った人」、あえて迷い人さんということを書かなかっただけだよ。
(迷い人さん、ごめんね。)

>、「役に立つとか立たない」というのは自分ではわからないよ。
「何が何でも役に立たせよう」とかムキになってないし、相手(迷い人さん)にとって
役に立つかどうかは、自分ではわからないという意味。

薬の例えを持ち出しているけど、それは単に理論に基づいて作られて、何百回の実験、
臨床試験を経た化学物質の「肉体の反応」のことでしょ。
「肉体の反応」と「意識の反応」を同列で話すこと自体おかしいよ。

>>920迷い人さん
>教えとかって、入り口まで案内してくれてるだけだし、
>後は自分の力で扉を開いて、悟りに至るんじゃないでしょうか♪
同感だな〜。

「坐禅と見性第50章 公案と見性B流れる水」なんて、他のスレ板でも似たようなテーマあるけど、
こっちのほうが断然おもしろいし、深いよなぁ〜。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1167920142/l50


922 :山田:2007/01/24(水) 08:52:23 ID:+UqMyQgK
> > 分化、区別、分別が何故起こるのか、いや、起こってしまったのか、
> > それは、人間が「言葉」をもってしまったからからでしょう。
> > 言葉が物事にいろいろな概念や意味を与えてしまうし、また、その概念や意味がないと
> > 「人と人の間」でコミュニケーションが図れないし、文明、文化、学問etc.の発達も
> > うまれてこなかったしね。

> 他が生じると共に自我意識が生じる。
> これが分離の始まりです。

他が生じることと言語が生じることは縁起的に言うとほぼ同義に思えるんだがどう?
鏡も他がもたらしたものだね。

923 :金平糖:2007/01/24(水) 08:54:09 ID:xiF31/rp
>>920迷い人さん
ちょこっと訂正ね。
教え(理論)ってのは、結局は「あと付け」なのよ。
とうしてそうなったか、または、そうなるのかを言葉で説明しているに
過ぎないの。

924 :Ryu:2007/01/24(水) 11:52:19 ID:er4yOmTO
>>920
そのとおり。。
前から思ってたんだけど、迷い人さんは、2ちゃんねらーには珍しく、言ってることが凄くクリアーなんだよね。
それで、ところどころで無明案の宣伝を入れるから、中に崩山が入ってるんじゃないかって、疑った瞬間が何度かあったよww
・・崩山は、首の間の投稿で、「6つ以上の人格を操れる」って言ってたから、ここにも紛れ込んでるんじゃないかと思うときがあって。。
まあ僕の妄想なんだろうけどね。。

>>922
>他が生じることと言語が生じることは縁起的に言うとほぼ同義に思えるんだがどう?
>鏡も他がもたらしたものだね。

鏡というより、そこに映った身体像は、一種の記号の役割を果たしているということはできる。
言語の代用、原初的な言語とみなすことはできると思います。

>>923
言葉による説明って、言葉を媒介にいして、実際の現実について理解させるものだから、
言ってる人には後付かもだけれど、それを媒介にして理解する人には、手引きというか、
「月を指す指」なんだよね。それで、指も現実だし、法そのものである・・
と原田師の本にはあったぁ。。
・・だから、教えって、必ずしも全てが机上の空論とは言えないところがある。
理解できれば現実なんだよね。。

925 :金平糖:2007/01/24(水) 13:12:52 ID:xiF31/rp
>>924
地図を持って、目的地を目指すのもいいよ。
地図に頼った方が、手ぶらのままより「危険を冒す」ことは少ないかもしれん。
ある意味、楽だわな。
でも、なんで楽しようとするんか不思議、ってか、もったいない気がする。
Ryuちゃん、頭よすぎるわ。知識の量が多すぎるって意味だけど・・・・・。
もっと、バカになった方がいいと思うよ。
あなたに贈る詩。

道程     by高村光太郎

僕の前に
道はない
僕の後ろに
道は出来る
ああ
自然よ
父よ
僕を
一人立ちさせた
広大な父よ
僕から目を離さないで
守る事をせよ
常に
父の気魄を僕に充たせよ
この遠い
道程のため
この遠い 道程のため


926 :迷い人:2007/01/24(水) 19:10:58 ID:KRyTWmj3
>>924Ryuさん
僕は崩山さんかも知れないけど、2ちゃんねらーじゃないですよ(笑)。
2ちゃんのノリは苦手だし、文も真面目で浮いてそう。。
「6つ以上の人格を操れる」って大きな猫さん凄い!!
遠隔操作で操られてるんやろか???
あ、でも僕は壁の的めがけて、ドライバー投げたりしませんよ(笑)。
頭にのってる茶碗はたまに投げたくなるけど。

>>925
悟った人の教えってカーナビみたいなもんで
旅の途中で道に迷った人に、元のルートはここだよ「月を指す指」って
教えてくれてる感じしますね。
金平糖さんが言うように、地図(カーナビ)をもって
歩むのは確かに迷っても元のルートに戻れるって
安心感があるから、旅先で「危険を冒す」事もないんでしょうね。
冒険好きな人なら、カーナビ無しでも、道はどこかで繋がってるし、
迷いながらでも生きてれば、我が家に帰れるんかな。
でもルートから外れて、迷ったままで家に帰れなくて、
死んじゃう人も中にはいますしね。
これは人によってケースバイケースですね。
ん〜でもカーナビがあってルート通りに生きれても
この先どんな出来事が待ってるか分らないから、
不安で不安で不安ですよね^^;
行き詰まって渋滞に巻き込まれる時もあるし、
じたばたして抜け道探そうと、また脇道にそれて
迷っちゃう事もあるだろうな。

自信を持つってほんと難しいぃ。

927 :惰眠:2007/01/24(水) 20:04:14 ID:OxlLwHoO
EOは原田雪渓のことを日本のクリシュナムルティと言ってるね。
だったら同じ比喩を使いながら、まるで別のことを表現してるとは考えられないな。

昨日、書店で探して見たが売り切れてた。通販で買うしかないか。

928 :惰眠:2007/01/24(水) 20:39:01 ID:OxlLwHoO
やっぱ俺って悟り、向いてないわ。
「虚無の微笑」読んだときも思ったけど、あらためてEOの言葉読み直すとそう思う。
そこまで強烈に求めること出来ないもんな。

絵でも見ながら音楽聞いて読書トリッパーとして余生を過ごすよ。
みんな元気でね。Ryuは病気直せよw
じゃあね。

929 :迷い人:2007/01/24(水) 20:57:43 ID:KRyTWmj3
>>928
惰眠さん、いなくなっちゃうんだぁ。
自分ももっと、お気楽に生きたいんだけど、
茶碗と友達って感じで、頭頂留意せずにはいられないんだよねぇ。
なんか頭頂留意が趣味みたいなもんだし(・)。
あ、でも最近、茶碗なしでも簡単に頭頂留意出来る方法
編み出したんだけど、自分だけの真実だから。

って言うかRyuさんって病気なの?(笑)。
惰眠さんお元気で!

930 :迷い人:2007/01/24(水) 21:37:01 ID:KRyTWmj3
ん〜でも簡単な頭頂留意の方法が、
万人共通なのか知りたいから、一応書いてみよう。

顔と頭の力を完全に抜いて、首を真っすぐに立てて
延髄の当たりに、ぐっと力を入れるだけなんだけど。
背筋は真っすぐな方が良いけど,曲がってても問題ないよ。
頭頂に意識を向け続けるのって結構大変だから
延髄に力を入れるやり方の方が、楽に状態を維持出来ると思う。
慣れない内の頭痛は覚悟して!

でも頭頂留意って「バカ」って言葉に過敏に反応して
直ぐ眉間の方へずれるよね(笑)。

931 :KRANTI ◆LF7BuVDwXY :2007/01/24(水) 22:00:07 ID:bkSq24ZE
迷い人さんは頭頂留意とか死人禅毎日やってるの?
効果はどうですか?
僕は昔一時期試したら性欲が肥大化して「あ、俺第1チャクラからやり直し?w」
とか思ってやめた・・・けど後で本読んだら頭頂の開き始めは誰でも
そうなりやすいなんて書いてあって別にやめんでいいんだ、と思った。
次に試した時は頭頂からキーンなんて音がして銀色に発光した感じがした。
ただあれ続けて社会生活続けれるとは思えんかったでやめた。

自分の場合頭頂留意は寝起きに「見るものと見られるものは一つ」なんて唱えても
起きるな・・・・




932 :惰眠:2007/01/24(水) 22:03:29 ID:OxlLwHoO
>>929
レスされると、またのこのこ出てきちゃうがなw
茶碗と友達いいじゃん。
俺の友達だって何も言わないやつだぜw

933 :Ryu:2007/01/24(水) 22:55:51 ID:er4yOmTO
>>925
金平糖さん。
地図があったって、危険はなくならないし、楽になるわけでもないよ。
悟っても借金減らないのと同じ・・という意味では「大人の」覚者さんが言ってた、
「悟ったことにたいした意味はない」というのはよくわかる。。
ホントは凄く意味はあるんだけれど、それで万事解決にならないというのはよくわかるよ。

>>926
法がわかっても、人生航路をそれが全部教えてくれるわけじゃないよ。
具体的な人生の選択は、普通にいろいろ考えて、迷ったりすることもあると思う。
悟りってそういう具体的な迷いがなくなるわけじゃないんだよ。
問題は、どう在るかとか自分がどこにいるかとかじゃなくて、本質は何かってこと。
それがわかれば、不必要な不安とかは消えると思うけどね。

>>928
勝手に病気にしないでくれ。。。
あんた自身が(比喩的な意味で)健康かもわからんのに・・・

おいらはクンダリーニが頭頂まで上がってるから、何も努力しなくとも、
よく頭頂留意みたいにはなる。自分では、サハスラーラ・モードって名づけてるけどね。
けど、それでまだ悟りでも解脱でもない。
坐禅を組むと、眉間の辺りに紫っぽい模様がいろいろ動いて見えてきて・・
オレは何の修行やってんだっていう・・・笑
坐禅とクンダリーニのちゃんぽんなんだよね、要するに。。
それで気が上がりやすいから、怒りっぽくもなる。。
まあ地道に修行を続けるしかないでっしょと思います。。

934 :Ryu:2007/01/25(木) 00:23:15 ID:Pkyx56/P
>>297
>EOは原田雪渓のことを日本のクリシュナムルティと言ってるね。

そういう言い方は間違ってはいないんだけれど、こっちから向こう(海外)を見てるんで、
こっちを中心に見れば、クリシュナムルティの方が、インドの禅マスターといった方がいいと思う。
でも、インドとかヨーロッパには禅の伝統がないから、伝えるのに苦労したと思うよ。

幸い、日本には、古文・漢文だけれど、母国語で、禅のテクストがちゃんと読める。
地図といったら、やっぱり十牛図だと思う。これも絶対読まなきゃというんじゃないんだけれど、
詠むと自分がどこにいるかはわかる気がする。『究極の旅』より、ちくま学芸文庫版のほうがテクストがいいと思う。
・・また余計なウンチク言っちゃったかな。。

>だったら同じ比喩を使いながら、まるで別のことを表現してるとは考えられないな。

これはよくわからない。だいたい同じことだけれど、クリシュナムルティの場合には、
「実相は無相です」とか「無自性です」みたいな話はあんまりないんじゃないだろうか?
テクニカル・タームがないと、かえって真実を伝えにくいというのもあるかと思う。
・・でもね、和尚とかEOの言ってることとはだいぶ違う、という点で、読む価値はあると思うな。

935 :光ファイバーEO:2007/01/25(木) 00:52:08 ID:R6TacnTH
>>928
> やっぱ俺って悟り、向いてないわ。

そんなものなんだよ
悟り悟りわかったわかったとゆう出来のいいのほど出来ず
はなっからそんな御大層なもんいらね
とゆうのほど、さっさと先にいっちまうもんよ

936 :光ファイバーEO:2007/01/25(木) 00:53:24 ID:R6TacnTH
いっちまうは行くでなく逝くの意

937 :光ファイバーEO:2007/01/25(木) 00:56:16 ID:R6TacnTH
そうそう、
レールの上を歩いてちゃ
近道に見えてホントは遠い
道無き道は困難に見えてホントは近い

938 :光ファイバーEO:2007/01/25(木) 01:03:50 ID:R6TacnTH
>>917

> 自分でやってて、恥ずかしくないかな??
> ホントにミットモナイのはどっちでしょうって感じだよ。
> ホントに幼稚なのはどっち?

そんなこと書いてないんだが・・・
Ryu氏の思考パターンがそうなってるのだろな

恥ずかしいか恥かしくないか
みっともないかかっこいいか
幼稚か大人か

そんなことがRyu氏の中心なんだろな

て書いてもまたきこえないのだろう



939 :光ファイバーEO:2007/01/25(木) 01:08:41 ID:R6TacnTH
それにしても >ryu氏
昨日1時すぎから2時間連続投稿なんて
あんま板に張り付いて体壊さんようにな
いいかげんに、さらっと流さんかいな

940 :Ryu:2007/01/25(木) 01:21:45 ID:Pkyx56/P
イヤミったらしい覚者様の御登場。。

あんたの言ってることなんてどうでもいいよ。
覚者でも、不満タラタラになるもんなんだねぇ。。
・・というか、あなたの言い草にはオレオレ臭がすごく鼻につく気がするんだが、
オイラの気のせいかねぇ。。

まあ、オイラには関係ないからどうでもいいことだけど。。

941 :Ryu:2007/01/25(木) 01:26:07 ID:Pkyx56/P
>>939
それにしても >ryu氏
>昨日1時すぎから2時間連続投稿なんて
あんま板に張り付いて体壊さんようにな

張り付いてんじゃないよ。本読みながら、思いついたときに書いただけ。
・・というかあんたは何でオイラのことがそんなに気になるの??

>いいかげんに、さらっと流さんかいな

コレは、しつっこい覚者様にそっくりお返します・・笑

942 :Ryu:2007/01/25(木) 02:33:45 ID:Pkyx56/P
光ファイバー氏の言ってることって、全部どっかで誰かが言ってるようなこと。

和尚本とか竹の間とかその他有名どころ。。
・・特に>>937なんて、せったん師がよく言ってることそのまんまだし。。
・・レールの上を歩いてるやつなんてどこにもいないのに、誰に言ってんでしょ?ww
「そうそう」って言うのも何?誰に言ってんのって感じ。。
なんか自分の中だけでしゃべってる感じよ。

まあ、自己申告の悟ったさんは、2ちゃんには腐るほどいるから、
まずは、信用せんほうがいい。
まあ、カワイイものだから、叩く必要もないと思うけれど。。


943 :Ryu:2007/01/25(木) 02:56:25 ID:Pkyx56/P
>>963
やっぱ突っ込んどくべきと思ったんで、コメントしとくわ、読む人やせったん師のためにもね。

>そんなものなんだよ

何がどんなもんなんだ?自分の中で、一人事言ってるだけだぞ。。

>悟り悟りわかったわかったとゆう出来のいいのほど出来ず

そんなヤツどこにもいないんだが、誰のことかな?

>はなっからそんな御大層なもんいらね
とゆうのほど、さっさと先にいっちまうもんよ

こういうのは、せったん師は、坐禅組続けてるやつか、摂心に来るやつ対象に言ってるんだよ。

はじめから悟りも求めず、修行もせずなんてやつには、永久に悟りはやってこない。
まずは求めて、捨てたり忘れたりするのは、その後ね。
という意味では、上の発言は、半分以上嘘ね。
何にも求めないし、瞑想もしないという人たちには、全く当てはまらないことなの。
せったん師とまったく違うところは、言う相手を選ばず、自論を展開しているところ。

オイラの発言に対抗したいけれど、真っ向勝負できないから、他の人の発言の都合のいいとこだけ、
自論を展開するのに使ってるように見えるよ。。

944 :Ryu:2007/01/25(木) 03:08:46 ID:Pkyx56/P
リンク間違えました。
>>942>>943のリンクは、どっちも>>935についてね。
だけど、>>942は、>>937についても言ってる。。


945 :吽狛:2007/01/25(木) 07:36:22 ID:qFqXPT+d
>>909
ガビーン・・・いきなり、ヘビーな思い出話だな。
思わず読み返してしまった。

喧嘩屋Ryuぴょんに紹介してもらった原田雪渓師の本、
近くの本屋になかったから、アマゾンで注文した。
原田雪渓師の本→幽雪さんのHP→EOの「地球が消える時の座禅 真夜中の禅寺」という順番で
読むと良いかな・・・・w

そう言えば「虚無の微笑」に書いてある、死人禅のやり方と、
以前のEOの本とでは、ちょっと手順が違う・・・
微妙だけど、以前のだと茶碗を乗せたり外したりするのが、うっとうしいから、
「虚無の微笑」の方が良いのかもしれない。たいして変わらんかもしれんけどww

>>930 迷い人さん
>でも頭頂留意って「バカ」って言葉に過敏に反応して
>直ぐ眉間の方へずれるよね(笑)。

あはは。超うけるw
私は頭頂留意、よく分からないんだよね。どうしても、
頭頂を見る感じになっちゃう。
それと、基本行とかはいいけど、普段ずーと茶碗のせつづけるのは、
ちと、辛い気がする。というか、恥ずかしいかも・・・
「何で、茶碗乗せてるの?」とか、家の人に聞かれそうだしw

946 :金平糖:2007/01/25(木) 10:56:55 ID:jHVU3f3w
>>945
吽狛さんのいってる幽雪さんって、浅田幽雪のこと?
彼のHPの中で、EOとの「108問答」とかあったけど、なかなかおもしろいですな。

http://www.geocities.jp/tierrakoya/umibe/jiko/108mondo.html

この問答の中で、幽雪さんがEOに悟ったときの様子(状態)とか忘我の状態を
質問してるんだけど、EOは全て「知らない」って答えてるんだよね。

そりゃそうだ、「忘我=悟り」なんだから、そこに自己がないんだから、
どんな様子(状態)か聞かれても答えようがないよな。(笑


947 :金平糖:2007/01/25(木) 11:04:50 ID:jHVU3f3w
>>946
ごめん、間違った。逆だ。
EOの質問に幽雪さんが答えてるんだ・・・・・・。


948 :金平糖:2007/01/25(木) 11:12:10 ID:jHVU3f3w
>>933
Ryuちゃんの言ってること、わかるぜよ。
同意。

949 :金平糖:2007/01/25(木) 12:09:44 ID:jHVU3f3w
しかし、なんだな。
このスレももうじき終わる、少なくても、この板が終わってしまうのは
淋しいもんがあると思うのは自分だけか?

内容がどうとか罵り合いがどうとか、今となってはどうでもいいことなんだけど、
いろんな人が書き込んでここまでレスが伸びてきたわけで。
この板の中での書き込みした人(もちろん、ロム専している人も含めてだけど)、
「全ては、それぞれの意識や葛藤が交じり合って、ぶつかり合って・・・・・・
ひとつなんだなぁ。」っとまとめてみる。(笑

誰か、次の板たててくれ。スレの立て方がわからん。
ってか、立つときゃ、自然に立つよな。

ほっとけ、ほっとけ、法ほけきょ〜〜〜〜〜〜っ。


950 :Ryu:2007/01/25(木) 12:18:57 ID:Pkyx56/P
>>946
面白そうなページだね。
後で読んでみる。

オイラは井上師自身の回答を既に読んじゃってるからなぁ。。
『禅 もう迷うことはない』という本に書いてあるよ。
古本しかないみたいだけどね。

951 :金平糖:2007/01/25(木) 13:06:25 ID:jHVU3f3w
>>950
>オイラは井上師自身の回答を既に読んじゃってるからなぁ。。

井上師の回答は井上師の回答。
それについて、あなたがどう思うとかはどうでもいい。
大事なのは、Ryuちゃん自身の回答がどうかってことよ。
そして、その回答についての他人の評価もどうでもいい。

952 :吽狛:2007/01/25(木) 17:03:27 ID:qFqXPT+d
>>946 金平糖さん
>吽狛さんのいってる幽雪さんって、浅田幽雪のこと?
そそ。
トップは↓tierra子屋
ttp://www.geocities.jp/tierrakoya/
それの「自己の手習」の中の
EOの公案、EOへの手紙、独接心メモ、EOからの手紙
とか、読んでからEOの「地球が消える時の座禅 真夜中の禅寺」を読んだら、
少しは、分かりやすいかもな〜と。

953 :光ファイバーEO:2007/01/25(木) 23:41:02 ID:fg5RI0JY
Ryu君
覚者か正師か知らんが、
はらだはこう言っているからなんたら
せったはこのように言っている
和尚本ではかくかくしかじか書いている
EOはこれこれこのように書いている

そればっか
比較して同じだ違うだ、あーだこーだ

そんな、君の頭の中の正師が誰で
その人達の話した(書いた?)ことを
何かなんて知らんよ

勉強して比較するばかりでなく
そろそろ、頭の中にいる覚者だの正師を捨ててみたら
他のコテ連中をみてごらん
皆、立派に独り立ってる

954 :光ファイバーEO:2007/01/25(木) 23:51:31 ID:fg5RI0JY
>>949 金平糖氏
元から書き込みは、頭脳を使った思考プレーなんだから
内容がどうとか立派だとか間違ってるとか正しいことを認めさせたとか
たいした意味ないんだよね
板を離れると消えるものだしね

必要なら次スレが立つでしょ

955 :金平糖:2007/01/26(金) 00:07:29 ID:zEpFRFgN
>>954 光ファイバーさん
おっしゃる通り。
2ちゃんねるで書き込みしたのは、実は初めてでした。
まぁ、今まで知らなかった細々した情報なんかの収穫もあったし、
レスのやり取りの中で自分の感情、思考っていうか、
「自分の意識の動き」がよくわかったのはおもしろかったですね。

次スレが立つかどうかは知りませんが、自分の興味が続くのであれば、
注目したいと思います。

最後に、
ほっとけ、ほっとけ、法ほけきょ、っということで・・・・・・・・。

ありがとうございました。


956 :光ファイバーEO:2007/01/26(金) 00:11:39 ID:GvgIAMvn
>>933 Ryuくん
> 悟っても借金減らないのと同じ・・という意味では「大人の」覚者さんが言ってた、
> 「悟ったことにたいした意味はない」というのはよくわかる。。

>>823で書いたことわかってない。
他はどーとでも反論できるだろうが、
これオレの書いたことだから、反論できんよ

まず、
>悟ったことに意味はない
でなく
>悟ったかどうか意味はない


2つめは
空想に意味のないことを了解しなかったら何なの?
意味ないことを悟るんだよ

3つめは
過去に起こったことがどうで、レッテル貼っても意味は無いもんよ
いちいちどこで何食べたかなんて憶えてるわけないがな

> ホントは凄く意味はあるんだけれど、それで万事解決にならないというのはよくわかるよ。

悟りに意味あったらそれ悟りじゃない
それに万事解決しなかったら、それ悟りと違う


957 :光ファイバーEO:2007/01/26(金) 00:35:49 ID:GvgIAMvn
ここ面白い人多いんだよね
brown氏なんぞ面白そうだったな

今読み返してみると
>>322>>327>>328なんぞいいねぇ
大悟しなきゃわからんぜ

どーゆーわけかお約束の反応が>>339にあるが
懲りない輩だねぇ

今日は長居してしまったがな

958 :Ryu:2007/01/26(金) 01:04:36 ID:u60qz43V
今日は、まったく2ちゃんモードじゃないんだが、なんか言われてるからお相手つかまつりしましょうか。。

・・なんか今日の光ファイバーさんは、いつもにも増して、エバリ度数が高い。。
攻撃性も増してる気がする・・
これじゃあ、覚者というより、怨霊だな・・・笑
幽霊だったら、風流でいいけれど、怨霊はウザったいだけ・・早く退散してもらいたいのが本音。。

>>956
そのとおりでいんじゃないでしょうか??
何で因縁つけられてんのかわかりましぇーん。。

それで、あなたの言ってることは、僕から見てもまったく間違ってないです。
そのとおり。
でも、だからどうしたって感じ。。

わかっていることをいちいち説教されてもねぇ・・あっそうですかとしか言いようがない。

>それに万事解決しなかったら、それ悟りと違う

ここだけ、あなたは意味を取り違えてるんじゃないですか??
たとえば、家族が病気だったとして、僕が悟ってもその病気は治らないわけでしょ。
そういう意の万事解決はないということです。
・・はじめからそう書いてるはずなのに、、やっぱ日本語読めない病なんでしょうか??

959 :Ryu:2007/01/26(金) 01:06:55 ID:u60qz43V
最後にちょっとばかし、くだらない小話をば。。

(小話)気楽なトンビが、いつものように、風にまかせて歌など歌いながら、
空をたゆたっておりました。すると、下を歩いている覚者さま、
「おれは悟ってるんだ、悟ってないやつが歌など歌うんじゃない、
ましてや、おれの上を飛ぶんじゃない、けしからん!」
といって、トンビに向かって石を投げます。。
しかし、トンビははるか上空を滑空しているので、いくら石を投げても
その石がトンビに命中することはありません。トンビは夜になったので、
自分のねぐらに帰って眠りましたが、覚者さまの怒りは収まらず、
夜通しトンビのことを考えて眠りにつけませんでしたとさ。
・・・おしまい。。

注…上記の小話は、単なる思い付きであり、実在の人物、団体とはまったく関係がありません。
  また、別段、深い意味があるわけでもありません。

960 :Ryu:2007/01/26(金) 01:17:06 ID:u60qz43V
>>957
brown氏と話したいなら「悟りました」というスレがあるから、行ったらいんじゃないですか。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150895240/l50#tag141
僕から見ると、彼はまったくデタラメこきまくってるようにしか見えないのだが。。

だけど、正直言って、光ファイバーさんは、ホントに悟ってるんじゃないかって思うよ。
でも、言ってることがおかしいというか、対話ができんところがあるのよ。
他人の話をちゃんと理解してないというか・・
まあ、もうどうでもいいことですが。。



961 :Ryu:2007/01/26(金) 01:47:56 ID:u60qz43V
>>956
やっぱ、二人だけわかってもしょうがないんで、ちょっとだけ他の人のためにも、
解説しておきましょうか。。

>>悟ったかどうか意味はないだ

これはホントは悟った者にとってのみ言えること。
悟ったその認識から見れば、迷悟は一如であるので、悟ったかどうかという意味はなくなる。
そこから見れば、はじめから迷いもなかったことがわかるから。
一瞬一瞬、それ以外ないのだから。。

でも、何でそう言えるかわからないものにとっては、迷悟の区別は残る。
実相がわかれば、迷悟不二で、そこから離れたことなどなかったということがわかる。
でも、わかってないものにとっては、迷悟は残るから、必死で求める必要がある。
あるいは、実相を明らめる必要がある。。

・・はい、覚者さま、添削してくだされ。。

962 :吽狛:2007/01/26(金) 02:55:31 ID:b8e6g9me
>brown氏と話したいなら「悟りました」というスレがあるから、行ったらいんじゃないですか。
あ、ほんとだ。ちょっと行ってみよう・・・・
・・・・・・・w
うう〜〜ん、、、、brownさんの日本語が良く分からないwww
これじゃ、質問しても、自分が回答を理解できるか謎だな。
でも、暇な時、もう一回ちゃんと読んでみよかな。

このスレも、もうすぐ終わりか〜、結構早いなあ。しみじみ。
自分には「自我嫌悪」は全くないし、死ぬの怖いし、
暗闇が怖いし(笑)→詳しく言うと、暗闇から、何か得体の知れないものが
いきなり現れるんじゃないかと、妄想が膨らんで、恐怖するんだが。
こんなんで、死人禅続けれるのかw。部屋が「ピシっ」ていうだけで、
跳ね上がっている自分・・・・www

自分、何のために悟り求めてるんだろ・・・。
退屈だからか・・・

963 :Ryu:2007/01/26(金) 03:07:26 ID:u60qz43V
>>960
風呂上りに、ヒマだから、リンク先のbrown氏の書き込みを少し読みました。
それで、感想を言うと、brown氏も、光ファイバーさんや、EOなんかと一緒で、
批判対象をほとんど理解してないままに、それは間違いですと断言してるんだよね。

空性とか無自性とかそういう抽象的な真理がわからんというのは、しょうがないんだけれど、
わからんまま、叩くなって言う感じ。。

悟っても、他者に対する理解力が高まるわけでも、全知になるわけでもないというのは、これらの例によって、
よくわかりましたという気がする。

・・それとも、せったん師が言ってたように、「悟った」と思ってしまうと、それによって、
頭が麻痺して、理解力が落ちてしまうんかなぁ。。



964 :迷い人:2007/01/26(金) 14:18:53 ID:dt6Kuq1s
>>931 KRANTIさん

闇のタオイズム四章 ●行法にまつわるコメント●
http://www.mumyouan.com/e/eoyami-4.html

(以下引用)
>単に瞑想の時だけにサハスラーラに一時的に集中するのではなく
>そこを意識のありか、ベースの座としてそこに住むとなると、問題が発生する。
>もしこの7番目の中枢を作動させると、あなたたちは、他の6つの中枢で、
>まだ心残り、すなわち『十分に生きなかった器官』があると、
>まっさきにそこに『引き付けられる』という現象が起きる。

>常に原則として『あたりまえの日常的な人間生活』をやり残した重荷は
>結局それはあなたがサハスラーラに住み着くのを『最後に足を引っ張る』ことになる。
>このようにサハスラーラへの意識の移動は加速的に『何を片付けるべきか』を
>それぞれの個人に明らかにする。
>そしてカタがつけばつくほど、あなたは長くその座にいられるようになる。

僕は多分、今生では死人禅はやらないと思います〜。
頭頂留意はやってみて分ったけど、第6のチャクラ以外、
『十分に生きなかった器官』が山ほどあるから。
人からの愛情を拒絶したり、言いたい事言わなかったり、
感情を抑える癖があるから、第3第4第5のチャクラは特にね。
KRANTIさんも無理してやらない方が良いかも知れないですね。
『性のレシピ』『虹のオーガズム』『性恋愛教本』を買って
性欲を十分に満足させましょう♪
ただ雑念払って静かにしたい時は、頭頂留意は効果抜群!!

>>932
惰眠さん、お帰りw

965 :Ryu:2007/01/26(金) 22:14:10 ID:u60qz43V
>>926
あ、でも僕は壁の的めがけて、ドライバー投げたりしませんよ(笑)。

ハハハ、EOほうざんって、傍から見るとすごくおもしろいよね。。
EOは昔、プーナで頭に茶碗のせてたっていう話を聞いたことがるよ。。

>頭にのってる茶碗はたまに投げたくなるけど。

悟った時に「こんなのはじめから要らなかったんだ!」って、壁に投げつけて割る、
カッコいいかもね・・笑

966 :Ryu:2007/01/26(金) 23:01:42 ID:u60qz43V
オイラも行法思いついた。。忘れないうちに書いとこう。。

【にゃんこ禅実習法】

@場所:どこでもいいが、禅寺などではたぶんできない。。
A坐法:テキトー、何でもいいが、結跏趺坐はしない。自分にあった楽な坐法で座る。
    座物は基本的にはなし。あってもいいが、あまり高いやつは向かない。                                                       
B姿勢:これも楽な姿勢でいい。無理に背中を伸ばしたり、胸を張ったりしない。
    猫背でも何でも、自然な湾曲にまかせる。
C視線:これは、前方50センチ〜1メートルくらいのところに、座布団を二つ折りにしたものか、
    掛け布団というを置き、それを見つめる。見つめるものは基本的には何でもいいが、ポイントは、
    座っている面より、少し高い地点を見つめるということ。
    瞑想をしている者ならわかるが、視線の高さによって、意識の状態は変わる。
    座っている面より高い地点を見つめるのは、意識が沈み込みすぎるのをふせぐためである。
    目の焦点は、見つめている対象に合わせる。意識の焦点が合わない場合は、後ろ頭に意識を置くとよい。
D時間:テキトー、手の置き方もテキトー。

・・とにかく、自然にリラックスして、明澄な意識を保つことを主眼におく。
その他は全部、その人の好き好きでいい。疲れたときの、リラックスや、座禅の合間の休憩にもよい。

ただし、この行法で大悟した人がいるかどうかは不明であるので、
この行法の成就は、ひとえに書く実習者の資質と、意気込みいかんにかかっている。。

967 :Ryu:2007/01/26(金) 23:12:36 ID:u60qz43V
あ、それと、座るときの向きは、南向きがいい。
これは座禅の時とはま逆、坐忘とかじゃなくて、意識をクリアーに保つためには、
南向きがいい気がするのね。これは、心を静めるためには北向きがいいのと逆かな。

・・とかいって、誰もマトモにやんなそうだな・・オイラ自身も含めて。。


968 :光ファイバーEO:2007/01/27(土) 00:05:05 ID:gIFN7cym
>>960
> 僕から見ると、彼はまったくデタラメこきまくってるようにしか見えないのだが。。
ホントだ
別人なのかあるいは再び何もわからなくなったのか狂ったのか

主客合一とは言わず主客未分だというところなどいいのに・・・
世界は苦しみに満ちているとは・・・

想像と推測を働かせると
おそらく、1度しか悟らず数年して何もわからなくなったのだろう
それで、記憶だけが残った

> だけど、正直言って、光ファイバーさんは、ホントに悟ってるんじゃないかって思うよ。
何度も書くけど
正師か覚者か悟っているかどうか
どうしてレッテル貼りして分類ばかりするの

969 :光ファイバーEO:2007/01/27(土) 00:11:18 ID:TFeO0A3h
>>959 Ryuちゃん
> しかし、トンビははるか上空を滑空しているので、いくら石を投げても
その投げた石はトンビに当たらず、自称覚者に返って来て石がぶつかる
つーわけだね。
それで、そのまぬけな自称覚者は、光ファイバーのことってわけ。
笑ってしまった。
逆切れせず、こーゆーレス返せれば、及第点だな。


970 :光ファイバーEO:2007/01/27(土) 00:30:38 ID:TFeO0A3h
>>961
覚者じゃないんで、個人的な見解ね

> 悟ったその認識から見れば、迷悟は一如であるので、悟ったかどうかという意味はなくなる。
簡単にすると迷いがあることによって対比する悟りがあるのであって元々分かれていないということ

> そこから見れば、はじめから迷いもなかったことがわかるから。
> 一瞬一瞬、それ以外ないのだから。。

そこから見るも何も
ある一方向に限定して見ようとするから迷いという架空に踊らされる
ということになる

> でも、何でそう言えるかわからないものにとっては、迷悟の区別は残る。
> 実相がわかれば、迷悟不二で、そこから離れたことなどなかったということがわかる。

架空が力を失えば本来の姿を歪めて見ることもない

> でも、わかってないものにとっては、迷悟は残るから、必死で求める必要がある。
> あるいは、実相を明らめる必要がある。。

わかろうとわかるまいと
それはそれでいいのだよ
必要とするなら求め、いつかは晴れるだろうし
必要でなければ求めないだろうし
どちらにしろ実相から逃れてはいないのだ
いい夢を見ているか悪夢を見ているか夢を見ていないの違いはあるにせよ
どれを選ぼうが違いはないよ

971 :光ファイバーEO:2007/01/27(土) 00:51:15 ID:TFeO0A3h
>>933
ついでに個人的見解で添削しとくと


> 悟っても借金減らないのと同じ・・
借金はなくなる
財産もな

そんなことないだろって思うだろ
借金は財産は実相か架空か
どっちだ?

> 法がわかっても、人生航路をそれが全部教えてくれるわけじゃないよ。

いーや、人生航路自体失うのに
つーか人生航路つー架空を必要とはしない

> 具体的な人生の選択は、普通にいろいろ考えて、迷ったりすることもあると思う。
> 悟りってそういう具体的な迷いがなくなるわけじゃないんだよ。

そんなんだと何も変わってねえじゃーねえか
人生自体がなくなるのに、何言ってるの

972 :Ryu:2007/01/27(土) 01:58:23 ID:b/nFZ6Jv
光ファイバーさん、こんばんわ。。

個人的見解ですか・・ですがいいですね。
僕が「正法眼蔵」など読みながら、わかりかけていたけれど、
ホントにはわかっていなかったところを、
スッキリ説明してもらった感じです。。

>わかろうとわかるまいと
それはそれでいいのだよ
必要とするなら求め、いつかは晴れるだろうし
必要でなければ求めないだろうし
どちらにしろ実相から逃れてはいないのだ
いい夢を見ているか悪夢を見ているか夢を見ていないの違いはあるにせよ
どれを選ぼうが違いはないよ

特にこの部分なんて、僕が確信をもてなかったところを、
スッキリさせてくれましたね。

「求めなければならない」というのは、やっぱり仏教かぶれというか、
仏教の観念で見てそう思い込んでいたところかもしれません。
「現成公案」なら、そうなならなきゃおかしいのに、「仏教」が残ると、
それにとらわれてしまうのでしょう。

仏教というのも、一種の観念体系ですから、一種の自我なんですね。
だから、それもはずして実相を明らめなければならない。

 万法ともにわれにあらざる時節、まどひなくさとりなく、諸仏なく衆生なく、生なく滅なし。
                          道元「現成公案」

これがわかれば、もう仏教トリップも、悟りトリップもしない。。

973 :Ryu:2007/01/27(土) 02:12:09 ID:b/nFZ6Jv
>>971
・・・人生行路も、人生自体なくなるんですか。。

それだったら、悟ったら、本当に輪廻の幻は消えてなくなるんですね。
密教の教えで「輪廻と解脱は一つである」と言うのがあって、
それだったら、解脱してもそんなに変わらないんじゃないかと思ってましたよ。

・・そういうふうに輪廻が雲散霧消してしまうということは、自分から人生を投げることではなしに、
向こうからそういう時節がやってくるということなのでしょうか?

今の僕は、どうなんだろう?
消えかかっている人生に、まだまだしがみついている感があるかな。。
消えたら困るんじゃないかっていう。。。

…人生消えちゃった光ファイバーさんは、普段は何やってる人なんだろう??
ちゃんと社会人やれてるのかなぁ・・笑

974 :吽狛:2007/01/27(土) 04:33:18 ID:N5nMa5oc
全体的に、横レスです。

>>964 迷い人さん
あ、死人禅してないんだ。てっきり、やってるんだと思ってたやw
迷い人さんが、>>930 で教えてくれた、頭頂留意の方法、やってみたよ。
茶碗を乗せて、やったんっだけど、頭のてっぺんが、ドクドク波打ってました。
そのあと、茶碗を外したけど、頭のてっぺんの広範囲にわたって、
重しが乗っかったような重圧を感じた・・・・。
その後、寝たら、頭蓋骨が割れる夢を見たけど、頭痛は、今のところ、起こってません。
以前、死人禅したときは、頭痛と鬱が酷かったし、
近所に「お前ら、みんな死ね〜〜」と叫んだり、物壊したり、暴れたりしてたけど、
今のところは、それもなし(笑)
けど、まだ、遣り残した事があるので、それを片付けないと、と気づいた・・・・。
言いたい事、言えても、理解しあえない事のほうが多いけど・・・
対話は必要だと、思う今日この頃。

>>968 光ファイバーEOさん
>別人なのかあるいは再び何もわからなくなったのか狂ったのか

なんだ〜、別人か・・・。残念だなあw

>>966 Ryuぴょん
>【にゃんこ禅実習法】
やってみるよ(笑)でも、意識をクリアーに保つ目的が良く分からないけど・・・。

>…人生消えちゃった光ファイバーさんは、普段は何やってる人なんだろう??

あ、私も、気になるわ、それ。

あ〜あ、自分が、悟り開いても、病気の人を治すことはできないんだろうね。
悟りを開いても、人を救えないんだ、悲しいな・・。

975 :金平糖:2007/01/27(土) 11:02:15 ID:p8zTCCzC
しばらくロム専しようと思ったけど、つい反応してしまった・・・・・。

>人生消えちゃった光ファイバーさんは、普段は何やってる人なんだろう??


ほっほっほ、壁に向かって「ドライバー」投げてる人なんじゃない?(笑


976 :Ryu:2007/01/27(土) 11:48:06 ID:b/nFZ6Jv
今日は、ある会合に参加して、その後の飲みまで参加してしまいそうな感じ。。
人生消えてないものにとっては、付き合いもまた大事だったりする。。

人生消えたら、楽といえば楽なんだろうけれど、同時に、いろいろ世間一般からは、
はずれてしまう部分も多いんじゃないかな?

世間話に付き合ったり、親戚づきあいや、床屋のあんちゃんと何しゃべるかとか、
苦労しないのだろうか??
テレビとかは、見たくなければ、見なくとも困らないのだろうけれど。。

>>969
>逆切れせず、こーゆーレス返せれば、及第点だな。

いつの間にかテストさせられている。。
受験生に逆戻りか・・・ww


977 :金平糖:2007/01/27(土) 12:50:31 ID:p8zTCCzC
>>976
Ryuちゃん、ごめんよ。
あなたに拘っているわけじゃないんだけど、
やっぱひとこと言いたくなるんだよね・・・・・・・・・。
このスレがもう直ぐ終わるから、なお更なんだけど。

昨晩のRyuちゃんが光ファイバーさんとのやり取りについて、
自分は何も言わない。ってか、言えないよ。

でもさ、Ryuちゃんが今までのRyuちゃんとは、違うなぁってことだけは
確かだよな。自分はそう思う、少なくても自分にはそう映っている・・・・・・・。
それが、Ryuちゃんの本心から書いていることなのか、「頭脳プレー」と意識した上での、
あえて偽りのRyuちゃんなのか自分(私)にはわからんけど・・・・・・・・・。

でも、本気で自分を生きたいと思うなら、どこまでも自分自身に(同時に外界に)
素直に、simpleになるべきだよ。
原田正師、雪担正師、他、彼らの教えを詰め込むのは、もう、いいんじゃないの?
それはそれとして、Ryuちゃん自身を感じて欲しいな。

Ryuちゃんから教えられること、沢山あったぜよ。ありがとね。


978 :迷い人:2007/01/27(土) 12:58:11 ID:yQs6BhAB
>>974 吽狛さん

死人禅は、密封型イヤホンして、押し入れに閉じこもって、
お試しで2、3回した事ありましたや。
でも、もの凄く目の疲れが取れただけで、精神的な変化はなく、
普段と変わりなかった。

あと僕の言ってた頭頂留意の方法だけど、
Ryuさんの「にゃんこ禅実習法」の方が全然効果ある!
午前中、日光浴も兼ねて座椅子にだらんと座って、太陽に顔を向け、
後ろ頭に意識を置いてたら、雑念もピタッと止んで、気持ちよくなって、
気がついたら眠てたよ。鬱や不眠症の方にも効くかも。
上を向いて歩こうじゃないけど、やっぱ視線の高さによって、
意識の状態は全然変わりますね。
んま鬱の時は上を向こうなんて気には、到底なれないけどねぇ。

でも「にゃんこ禅実習法」で大悟したら、禅寺も立場ないね(笑)。

979 :迷い人:2007/01/27(土) 20:56:09 ID:zjc/nNMx
竹の間◆行法をしたい人の為に◆
http://www.mumyouan.com/k/?T-2305-

皆の残された欲望とはなんだろね?

方斬さん、そんなにドライバー投げたかったんだ。。。

980 :光ファイバーEO:2007/01/28(日) 01:22:54 ID:yq+LKPDt
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150895240/
少ししか読まなかったので別人かとも思ったが
よく読んでみたら、brown氏本人みたい

悟りの経緯や悟りの内容が良くわかるけど
ところどころ勘違いしてるんだよな
無明にしても苦にしても・・

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150895240/152->>156
などその時の記憶なんだろう


981 :吽狛:2007/01/28(日) 05:31:42 ID:eL4T2un8
>>978 迷い人さん
そっかあ。死人禅で目の疲れが取れたんだ(笑)
そういえば、体は、軽くなる感じはする。

>あと僕の言ってた頭頂留意の方法だけど、
>Ryuさんの「にゃんこ禅実習法」の方が全然効果ある!

へえー。私は、よく分からなかった。ぼ〜っとした感じだったw意識も不鮮明だし。
視線の先が2m程あったので、遠すぎたのかもしれない。やる気が出たら、もう一回やってみよ・・・w

>>979 >皆の残された欲望とはなんだろね?

最近は、プリンばっかり食べてるかなw
性については、相手がいることだから、なかなか難しいな〜と思う。
という訳で、今生で、成就できるか分からないwww
でも、自分の欲望を、頭で考えると、自分が何を欲しているのか、分からないというか。。。
やってみると、結構、頭で考えた事と、自分の欲望が、ずれてたことに気づいたり。
理屈で、これは、もう満足したって、思い込んでいそうだし、
死人禅して、「やらないといけない状況や、心境に必然的に追い込まれる」という事が
私には、必要かもしれない。死人禅をしなかったら、多少、虚しさはあるものの、
たぶん、特に問題を感じないんじゃないかなあ。
諦めてるというか、満足して生きてる振りをしてしまうwww

>方斬さん、そんなにドライバー投げたかったんだ。。。

あはは。変わった欲望だwそんな欲望が、私にも、内在してたりして・・・w

>>980 光ファイバーEOさん
brownさん本人ですか。
何度か読んだけど・・・よく分からないや。よしっ
ムゥ――――――――――――――――――――――――――ッ

982 :Ryu:2007/01/28(日) 08:26:53 ID:0fj6RXlK
スーパーで買ったお茶が、何でこうなのっていうくらいマズくって・・・
酔い醒めのお茶としては最悪だった。。
ちょっと胃のあたり、気持ち悪い感がるけれど、出かける前にちょっと書いとこう。

>>977
一言多いよ・・笑

というか、これから他のことで忙しくなるから、
禅の本を読みふけったりする時間自体なくなりそう。
坐ることは続けていきたいけれど、坐にも執着せずに、全部忘れて生きるのが理想かな。
実際、坐より先にやるべきことも多いしね。

>>970
いい夢と悪夢がなくなったわけではないけれど、夢なき現実というものも、
少しは感じられてきたような気もする。いい夢見ていた方が、楽しいのかもしれないけれど。。

今のオイラがやるべきことって、結局目の前の仕事にもっと精を出せってことなんだと思う。
別に大成功を夢見てるわけじゃないけれど、自分で納得できるところまでもいってないから。
それをあるところまでやんないと、悪夢が終わらない気がするんだ、正直・・笑

・・出かける前にもう少し寝るかな。。
あ〜キモチワル。。

983 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 08:45:11 ID:dKtFP7AZ
飛んで運ぶドライバー持ち去るかの香知らず塗り壁、哀れ死人禅

984 :Ryu:2007/01/28(日) 20:28:20 ID:0fj6RXlK
>>977
もうちょっと書いとこうか。。

>原田正師、雪担正師、他、彼らの教えを詰め込むのは、もう、いいんじゃないの?
それはそれとして、Ryuちゃん自身を感じて欲しいな。

僕は教えを詰め込んでるんじゃなくて、それによって、法を知る、
現実を知るということを目指していたんだよ。
法を聞いて、よく考えて、瞑想する、そういうプロセスがなかったら、
光ファイバーさんの話聞いてもぜんぜんわかんなかったと思うよ。
それ自体が病かもしれないのだけれど、真実を探求する、必死で求めるというプロセスがなかったら、
ここまでこれなかったと思う。もっとひどい悪夢の中にいたはずだと思うんだ。
だから、法を学ぶのは、無意味ではないんだよ。
・・最初は、EOほうざんの理論を批判するために、法の話を持ってきたんだけれど、
途中から、みんなで僕を糾弾するというか・・・笑・・法を学ぶことが悟りの邪魔になるかならないか
みたいな話にどっと雪崩れ込んでいった。。
まあそれはそれで意味があったんだろうけどね。。

・・しかし、光ファイバーさんは、EOほうざんよりも、brownさんの方が気になるのか。。。
悟った人どうしの会話がしたいんかなぁ。。

>>978
迷い人さん。

にゃんこ禅は、種明かしすれば、止観というときの止の瞑想に近い。
対象を見つめるのは、エネルギーの統合にもなるみたいよ。
目のピントだけじゃなくて、意識の焦点もフワッという感じで、対象を見れるといいと思う。
後ろ頭の機能って、思考・判断に行く前の、純粋な認知に近いのね。
見たものを判断するのは、前頭葉の機能だけれど、後ろ頭は、判断に行く前の、対象把握そのものだと思うんだ。
意識をクッキリさせるのには、いい行法だと思うよ。
逆に坐禅のときは、意識だけになって、どこも見ない、何も見つめないのが本当らしい。

985 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 22:46:55 ID:8LPiirLQ
Ryuは心が広いな
君のような奴が友人にいたら楽しいだろな

986 :金平糖:2007/01/28(日) 23:27:54 ID:YZUqSahI
@   
>>984
>僕は教えを詰め込んでるんじゃなくて、それによって、法を知る、
>現実を知るということを目指していたんだよ。
>法を聞いて、よく考えて、瞑想する、そういうプロセスがなかったら、
> 光ファイバーさんの話聞いてもぜんぜんわかんなかったと思うよ。

そんなことは、最初からわかってたさ。(笑
Ryuちゃんの人生に対する真剣さも、自分自身に真摯でありたい、
忠実でありたいというという情熱もね・・・・・・・。

Ryuちゃんも(勿論、他の人達も)気づいていたかもしれないけど、
無門関、歎異抄の話題以降、>>715以降の「名無しさん@3周年」の
ほとんどの投稿は、この自分だよ。言い訳だけど、コテハンの意味がようわからんかった。
途中で、「こりゃ、無名のままじゃいかんな。」って気がついて・・・・・・。

>>904
>まず、全体的には、思考やその表現がクリアーじゃなくて、あちらこちらで間違っている。
>正確なこと言ってなくて、感想や一般論で、それもどこかで聞きかじったことを
>完全に理解しないまま言っているから、 人が読んでもあんまり役に立たないんだな。

正直、このRyuちゃんのカウンターパンチは効いたぜよ。(笑
自分のレス読み返して、そう言われてもいたしかたないと思った。



987 :金平糖:2007/01/28(日) 23:28:46 ID:YZUqSahI

でもね、また言い訳になってしまうかもしれんが、自分も、ずっと若い時代に「人生に悩んだ」時期があったのさ。
正確には、「理想」の自分と「現実」のギャップに愕然として、神経症になった。
(自分が、「神経症」であることも、「認知の歪み」であることも、あとになって理解したことだけど。)

今、思うと、当時はプライドが高かったから、人に相談することもなかった。「自分のことなんだから、自分でなんとかしてやる。」ってね。
僅かに信頼している人にその苦しみを訴えても、結局は、「あなた、考えすぎ。人生なんてそんなもんよ、なるようになるもんよ。」とか、
「お前は、我が強すぎる。わがままだ。」とか、通りいっぺんの慰めや、通りいっぺんの「精神論」で批判された・・・・。
でも、自分が望んでいたのは、言いたかったのは、知りたかったのは、「自分のありのまま、自分の本質のまま生きたい。自分がこの世に生まれた意味を知りたい。」
ってことだった。それは、ずっと小さい頃から自分の中にあった「感覚」だった。

いよいよ苦しくなって精神科で半年くらいカウンセリングも受けたことあるよ。
カウンセリング受けながら、同時平衡で、心理学、精神医学、カウンセリング、仏教、キリスト教関連の本も沢山読んだし(300冊以上)、実際に何軒もの寺に行って僧侶の説法や、
教会(いわゆる正統的プロテスタント)に行って牧師の説教も聞いた。でも、そこに「自分が納得できる答え」はなかった・・・・・・・・・。



988 :金平糖:2007/01/28(日) 23:31:01 ID:YZUqSahI
B
>>984
その迷いの、違和感の期間、いろんな人と出逢ったけれど、唯一、印象に残った人物は、最初に本格的にカウンセリングを受けた
(自分を受け入れてくれた)精神科の医師だった。
今、思っても、カウンセリングを受けている期間、毎回毎回、課題は出されるし、鋭い質問で自分に問いかけてくる。まるで禅問答。(笑
とにかくその医師に対しては、「厳しいことをいうな、こいつ!」っていう印象しかない。

そんなしんどい中でも、ある時、その診療室にあった本棚にふっと目が留まった。そこに並んでいたのは仏教関連の本だった。
「なぜ、キリスト教ではなくて仏教なんですか?」と、聞いてみた。
しばらくの沈黙の後、その医師曰く、「仏教は科学的なんだよ・・・・・・・・。」
その後、その言葉の真意が知りたくて、また、仏教関連の本をしばらく読み漁ったけれど、理屈では理解しても自分の中の感覚にしっくりこないんだな、これが。

でも、そのときは、突然、やってきた。
それは、世間でいうところの高名な僧侶でも、牧師でも、精神科医でもなく、市井で働くごくごく平凡なひとりのオバチャンの姿。
そして、そのオバチャンとの会話、その笑顔。眩しかった・・・・・・・。
「上を見ても仕方ない。下を見ても仕方ない。今日1日、精一杯、楽しく生きるだけよ。明日にゃ、明日の風が吹くってね。お天道様は見てるもんだよ。」
その時、自分の中に垂れ込んでいた重苦しい霧が、さ〜っと晴れたんだよね。言葉ではうまく言えないんだけど、「あっ、そういうことか!」って感じでさ。



989 :金平糖:2007/01/28(日) 23:32:41 ID:YZUqSahI
C
>>982 光ファイバーさんへのレス
>今のオイラがやるべきことって、結局目の前の仕事にもっと精を出せってことなんだと思う。

はからずもRyuちゃんから出た言葉だけど、自分もそのとおりだと思うぜよ。
仕事かどうかは別として、その目の前の「現実」を受け入れて、淡々と、ただひたすら淡々と生きていく。
それは、決して、「自分を抑えて、現実に適応する。」ってことじゃない。自分の感じたままに、自分に正直に、自分に素直に、自分のあるがままにってこと。
自分はRyuちゃんみたいに理路整然と説明する能力はないけど、このニュアンス伝わったかな?

自分の中に浮かび上がった感情を書いたに過ぎないんだけど、なんか説教臭くなっちまったな。(笑
文字や言葉に落とすとこれしか書けんのだけれど、「行間」を読んでもらえるとありがたい。
自分の人生振り返るのは、自分の肉体の死、自分の意識が無くなるその瞬間で構わない。
本当の自分を実感できるのは、まさにその時、その瞬間でしかないんだろうな。

Ryuちゃん、君はやっぱり頭がいいんだな。ほんと、そう思うよ
だって、自分(この私)が20年もかかって掴んだ「その感覚」を、こんなにも短時間で掴んだのだから・・・・。



990 :光ファイバーEO:2007/01/29(月) 00:09:53 ID:YEy3VY1b
人間というのは、社会的な中から逃れて生活できるようにはできていないから
やっぱり、寒いのやだし、腹も減るし
一応、雨風しのげるようにしたい

仕事というのは、人間社会で自分の分け前をもらうためのものなんだよね
仕事を通して成長しよう
社会的に成功しよう
社会の役に立とう
なんて思うのは皆無なので
平々凡々としておりやす

金平糖さんへ
Ryuちゃんへ
仕事がんばってください
私にはその気があまりなくても
仕方なく精を出してますよ
いつも

991 :金平糖:2007/01/29(月) 00:24:47 ID:rBX+by80
>>990
>私にはその気があまりなくても
仕方なく精を出してますよ
いつも

ははは、自分には「その気」も全くありませんが。(笑


992 :光ファイバーEO:2007/01/29(月) 00:32:01 ID:YEy3VY1b
>目の前の「現実」を受け入れて、淡々と、ただひたすら淡々と生きていく。
目の前の現実って何のことでしょう?

私の目の前の現実は、液晶ディスプレイという名前の付けられた物体に写る
文字の意味を過去の記憶から探し出して判断して
想像と思考を働かせて、つまり妄想機能を使って楽しんでいる
という現実です

993 :金平糖:2007/01/29(月) 00:44:27 ID:rBX+by80
>>992
>目の前の現実って何のことでしょう?
自分の意識も、外部世界も全て。

>想像と思考を働かせて、つまり妄想機能を使って楽しんでいる
という現実です

光ファイバーさんにとっての現実がそうというのならそうなのでしょう。




994 :Ryu:2007/01/29(月) 01:42:23 ID:WvCLEuFE
>>986>>987>>988>>989
金平糖さん・・いっぱい書いちゃいましたね。。

うーん、わかるなあというところと、そうでないところがありますね。
神経症とか、認知の歪みみたいなものは、僕にもありましたし、今でもまだあると思います。
現代人はみんな多かれ少なかれ、神経症的なところがあって、それをエネルギーにして、資本主義経済が回っているようなところもあります。
それに無自覚に生きるのがいいとは思いませんが、他人と比べていい気分になったり、落ち込んだり、
そういうのをみんな一斉に止めるのって、実際には不可能なんですよね。

僕自身は、架空を落として、実相を明らめるということを、一番の主眼に据えようと思っていますから、
結果的には、金平糖さんがおっしゃるような、「素直に、シンプルに」みたいになっていくのかもしれません。
ですが、われわれ現代人は、けっこう複雑にこんがらがっているところがありますから、シンプルになるには、こんがらがっているところを、
一つ一つ意識して、歪みを取り除いていく必要がある。

それで、僕から金平糖さんを見ると、神経症は治りつつあるのかもしれませんが、
まだ抜けきってないところがあると思うんです。僕の在り方が気になるというのも、
そのせいがある気がします。要するに「そうじゃなくて、僕のようになって欲しい」と言ってる気がして、
僕から見ると、それはなんか変だなぁという気がします。

もちろん、えばりんぼう将軍いつまでもやってる気はないでが、金平糖さんの言い方は、僕が走り出そうとするのを、なだめすかして止めようとしているというか・・・
なんか変な感じを受けるんですよ。。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)