5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の仏教は仏教じゃない

1 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 23:34:14 ID:z6z15A6r
僕はインドのバンガロール出身の仏教徒ですが日本の仏教は仏教じゃないと思います。
釈迦様の教えを以って仏教と定義されているのに戒律を全廃し円戒を勝手に採用している日本の仏教は釈迦様の教えとは逸脱しています。
さらに驚くのは日本史の授業では仏教の歴史を詳説していますが日本の仏教が釈迦様の教えから逸脱していく歴史は殆ど教えていない。
ただ「南無阿弥陀仏」と唱えれば成仏できるなんて釈迦様の教えとは正反対です。
日本の仏教は煩悩を孕んだ侭に成仏できると説きますが煩悩と苦痛の因果関係を説いた釈迦様の教えとは正反対です。
また僧侶の金銭的欲望を満たすために仏教が利用されており、日本の仏教は宗教性より商業性が優先している観も在る。
日本の仏教は仏教ではありません。
日本の仏教を学び真髄に仏教を理解する事はできません。
日本の仏教は邪教です。
真摯に仏教を学びたいのなら日本の仏教とは絶縁しましょう。


2 :名無しさん@3周年:2006/08/20(日) 01:03:45 ID:IQG2xiFS
やはり浄土系は日本独特のものだったか。
インド人から見たらやっぱり仏教のコンビニエンス化に見えるだろうな。
日蓮宗はどう? これも日本独特だと思うけど

3 :名無しさん@3周年:2006/08/20(日) 11:48:12 ID:B51CEQWf
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪



4 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 04:38:47 ID:X7uHAQZW
>>1
南無阿弥陀仏の件には同意
神もいなけりゃ悪魔もいない
最終的には自分で哲学して葛藤して、解決する。
道徳的で理論的な宗教それが仏教
それをむやみに改変してしまうのは勿体無いし
神の存在を否定している仏陀の意思にも反してる

5 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 10:32:06 ID:qExfhBtX
念仏は除外は勿論だけど他の宗派はどうよ?
密教や禅、御題目なんてのもあるが

6 :南無大師遍照金剛:2006/08/21(月) 11:04:04 ID:nBSJ1lfo
(-.-)y-~~




















日本語上手いね

7 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 13:42:14 ID:nsSRCpMf
>>4
お前は俺か

8 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 16:27:08 ID:giFq1Vsq
救い(悟り)を外に求めるか、内に求めるか。

不立文字、教外別伝、直指人心、見性成仏。

9 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 18:06:50 ID:xP3xRGdX
>>1
そそ。
日本仏教は座禅を除いて仏教とちがうから。
仏教の中に仏教がなく、キリスト教の中にキリスト教がない。
どうしても、そうなっていく。
偽者のほうが本物の名を騙るようになるのよ。
まあ、それが人間が楽なほうに流れるから当然なのな。
別のものなのに、昔からある名前を勝手に使うのは、そうするのが手っ取り早いから。
昔からの流れも、勝手に変えられていくし。
そんなわけで、このような流れに文句をつけるよりも、
仏教の大事なところを抜き出して、別の名前で宗教を始めるとか、
時代の流れを見て的確な判断をするのも仏教というか、
宗教ならやらなきゃならないことだと思う。

10 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 19:05:16 ID:oAMsdc1R
>>1
釈迦仏教という汚らわしい害毒を
どうにか薬にしようと日本の先人たちが頑張った結果だ。
釈迦仏教の真似事をしてアゴンヤオウムが出てきた。

11 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 21:38:08 ID:dK5kT7Bm
すべて惟神の道の亜流。
これは教義、教祖はなく宗教ではない。
しかし、ここを通過しないと定着しないのは事実。

12 :南無大師遍照金剛:2006/08/22(火) 11:03:39 ID:3VjPOQ0y
(-.-)y-~
お釈迦様の教えの目的は何?
その目的達成の為の手段(教え)は何?
手段大切にして目的無視じゃ意味なくね?
まさか、教えを守ることが目的なんて言わないよね?
そうだったら日本のはお釈迦様教じゃないね


13 :聖霊大王:2006/08/22(火) 16:32:42 ID:0ftOqo5n
ミスター1、まず、批判よりも、あなたの教理を示すべきでしょう、、

14 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 16:53:08 ID:Pzq5xEBu
ってか今のインドには仏教無いだろ。
日本人の坊さんが頑張って再興させてるけどさ。

15 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 05:46:41 ID:+EoWep8w
まぁ何を今更って感じでしょ。
日本の仏教なんて世襲坊主が金儲けしてるだけだからさ。
結婚してる時点で坊主でも仏教でも無いからね。
言わずと知れた葬式仏教。経読み屋さん。

16 :10:2006/08/26(土) 21:27:43 ID:NiyBAouz
それだから最低限の社会性があり、原始仏教の異常性も抑えられている。

17 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:00:55 ID:ffJPxe6M
>日本の仏教は仏教ではありません。
>日本の仏教を学び真髄に仏教を理解する事はできません。
>日本の仏教は邪教です。
>真摯に仏教を学びたいのなら日本の仏教とは絶縁しましょう。

以上の言動が出てくるそのこと自体が
釈迦の悟りと相容れない。
終了。


18 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:05:07 ID:mXVRa4pf
先祖供養だけだし。

19 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:22:29 ID:FpQrutZg
混入した不純物との馴れ合いこそが仏教の寛容性なのです。

20 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:23:28 ID:mXVRa4pf
日本の仏教は普遍とは程遠い。

21 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:36:11 ID:NTmlvv5r
>>18
先祖供養とは正確にはなに?仏教的でないとして人間は供養をなぜするの?

>>20
それはそうだとして、普遍性を追求することに普遍性はあり得るのだろうか?
普遍性を正確に判定する能力を過去現在未来にわたって持っている者はあるだろうか?

こういう答えを積み重ねていった果てにあるのが言葉にできる悟り。
遙かに超えたところにあるのが言葉無用の悟り。

日本式の仏教から普遍性のエッセンスとでもいいましょうか、そういう物すら
感じ取れない人間が釈迦のことを理解する能力があるとは思えない。

そもそも釈迦様っていう言い方がネタっぽいけどw



22 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:41:09 ID:mXVRa4pf
>>21
キリスト教勉強してみる?
聖書読んでみなよ。分かるからw


と、あしらっておく。

23 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:42:41 ID:mXVRa4pf
ま、先祖供養だけでも立派なことだから別にいいよ、って感じだなw

24 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:43:40 ID:mXVRa4pf
坊主の言葉なんか何の説得力もない。

25 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:53:43 ID:mXVRa4pf
少なくとも、

聖書の御言葉>>>>>ID:NTmlvv5rの言葉

は世界の誰もが認めるところだから、聖書の教えを信じる方が
断然に得。
要するに普遍ってのは、そういった意味なんだけどねー。

26 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:54:50 ID:mXVRa4pf
一個人相手だからって、偉そうにしてんじゃねーぞw

27 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 02:05:49 ID:iUv+vGCR
知ってる?聖書のネタ元は仏教

28 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 02:17:27 ID:mXVRa4pf
>>27
仏教廃止してキリスト教にすれば無事解決。

29 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 02:18:26 ID:mXVRa4pf
卑怯な手を使おうとしても無駄ですw

30 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 05:13:30 ID:k27HrCZm
日本仏教は道教儒教神道と結合した御釈迦様から観れば新興仏教的教団
御位牌や葬儀は元来無い等で当たり前に思ってる事が本当は大きな誤りであったりする

31 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 05:37:35 ID:MePlIvdt
先祖供養なんて必要ない。
何年も供養しないといけないなんてアナタの先祖は輪廻転生も
出来ない悪い奴なのか?
って本物の仏教徒は思いますがね。

32 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 06:13:30 ID:MePlIvdt
>>16
最低限の社会性も無いでしょ。
一例を挙げれば、外観も関係無いビル郡や家屋。
海外から日本を見れば一目瞭然ですよ。
本物の仏教、又は宗教。本物の僧侶、又は宗教家が居れば、
ここまで、意味の無い西洋カブレな日本には成らなかったでしょうし
創価などの新興宗教がここまで蔓延らなかったでしょう。

33 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 08:19:59 ID:9muSqzOQ
>最低限の社会性も無いでしょ。
>一例を挙げれば、外観も関係無いビル郡や家屋。

君の頭の中では、建築物の外観=社会性なの?

34 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 08:59:44 ID:PUhQPK4k
>>31
たしかに先祖はとっくに転生しているはずなのに・・・あれ?

35 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:01:33 ID:PUhQPK4k
ところでこのスレでいう「普遍」ってなに?
世界の信者数?新規信者獲得力?

36 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:26:15 ID:wEsQSUAp
普遍って行ってるのは、カトリック(普遍)信者

37 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:52:23 ID:/a8rw7UD
日本の仏教は金儲けの手段に過ぎないから(笑)

38 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:52:32 ID:NTmlvv5r
>>37
それを言うなら日本の仏教だけじゃなくてすべての宗教がそう。
文明国の宗教はすべてそう。


39 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:00:09 ID:NTmlvv5r
>>23
なぜ立派か?自分という者を知ろうとし深く見ようとする人だからである。

>>32
海外から日本を見たこと無いのに、そういう文章を読んで本当のことのように
吹聴してる馬鹿。

>>35
そういう質問を待っていた。自分としてはどんな人間にも当てはまる
理論というか哲学というかそういうものだと思う。
神は絶対いる...×
人は必ず死ぬ...○

カトリックってのはキリスト教内の普遍を標榜してるだけ。



40 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:56:51 ID:MePlIvdt
>>39
何も知らないただの馬鹿

41 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 16:02:36 ID:mXVRa4pf
人は必ず死ぬ

宗教とは関係ありません。

42 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 16:06:56 ID:mXVRa4pf
ぶっちゃけ

日本の仏教は異端。

43 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 16:23:37 ID:mXVRa4pf
人は必ず死ぬ
男にはチンコがある
女にはマンコがある
今日は日曜日である




こんな幼稚なことを誇らしげに言ってる
ようじゃアカンワナ>ID:NTmlvv5r


44 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 18:37:57 ID:jB7gmNqL
さんざんあくどいことをしてきた権力者に「ワシは
地獄に堕ちるのはイヤじゃ。なんとかならんか」とせまられて
「念仏を唱えれば救われます」と答えちゃったんだろう。
そういわなきゃ殺されただろうから。


45 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 11:02:18 ID:1+oFMnXk
>>40
知ってるのなら教えてください。

>>41
人が死ななくなったら宗教無くなるよ。
人間死ぬから宗教がある。

>>43
なんで幼稚なのかわからん。
それすらもわからない人がいっぱいいるというのに。


46 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 11:03:06 ID:rHu23U0t
こんにちは、荒井洋一(旅人39号)と申すものです。私は中卒の39才無職で役者を最近目指そうと思っています。ですがお金がなくて生活できません。どなたか、恵んでください。
北洋銀行 本店 普通口座 2083479 荒井洋一お願いしますん。
日記もつけています。良かったら、見にきてね。
http://pr2.cgiboy.com/s/2643837/

最近2ちゃんの人たちが、私のことをゴチャゴチャ言ってウザイです。何とかしてください。

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1155888302/l50


47 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 17:39:54 ID:L6V0iys+
>>1 あなたは、大乗仏教を仏教と認めないお立場なのですか?


48 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 18:06:33 ID:L6V0iys+
>>1 日本に伝わった仏教は大乗仏教だったので、
大乗がブッダの教えでないとしたら、
日本には初めからブッダの教えが伝わっていなかったのです。
上座部仏教のサンガは2500年もの間、
日本に教えを伝え弘めるのを怠っていたことになります。
それを謝ることもしないで、いきなり邪教呼ばわりするのは善くないのでは?
少なくとも大乗の僧侶は、日本人に教えを伝えてくれました。



49 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 18:15:02 ID:L6V0iys+
>>31 うーん、それなら、
すでに入滅したブッダの像にお花を供養するのもおかしいですよ。
先祖が輪廻してるとか成仏してるとかいうことは、
供養する側にはあまり関係ない話。
供養したいから供養しているという、情による行為です。
思いを寄せていることを形に表しているのです。
交通事故の現場にお供え物を置くのと同じ。

50 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 18:22:47 ID:L6V0iys+
>>4 ストゥーパを礼拝すれば心が浄くなって天に生まれることができるとかは、
上座部のお経にも出てきますよね。
これは他力仏教の原点ではないでしょうか。
三宝帰依を説いた「法の鏡」の教えなんかも、
念仏や題目に近いものがある。

51 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 18:45:02 ID:Wtetm4bP
少なくとも日本の世襲妻帯僧侶は僧侶ではない。

52 :10:2006/08/28(月) 18:56:42 ID:qLIWhtnn
それだから糞仏教の異常性が減少している。

釈迦仏教・原始仏教・上座部仏教
これらが正しく素晴らしいものならば、
それらが広まっていて熱心に信仰している国の国民性が
なぜかくも下劣なんだ?
なぜ日本よりも社会が乱れきっている?

53 :10:2006/08/28(月) 18:59:11 ID:qLIWhtnn
民衆のモラル、社会制度、生活レベル、科学技術などなど、
原始仏教国はことごとく後進国だろうに。

54 :10:2006/08/28(月) 18:59:42 ID:qLIWhtnn
ついでに言うと、スポーツも弱いな。

55 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 19:37:41 ID:xvVqJpJK
日本よりも社会が乱れてる?
ふ〜ん
視野が狭いんだねぇ
モラル?制度?レベル?技術?
ふ〜ん
やっぱ視野が狭いんだねぇ
先進国は地球を破壊し続けて、今は途上国に地球を破壊するなってか?
ふ〜ん
ご都合主義だねぇ

56 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 19:40:37 ID:xvVqJpJK
スポーツが強いと偉いの?
ふ〜ん
凄いのねぇ

57 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:01:59 ID:2hQYTDo6
ハハ 55が正解だね。
まさに大乗は仏教ではない。40過ぎたジジイだが、
これからホントの仏教勉強するよ。

58 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:05:34 ID:ij67Kbtr
ただのご都合主義
ただのご都合主義
ただのご都合主義
ただのご都合主義
ただのご都合主義


59 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:11:22 ID:2hQYTDo6
ご都合主義というより、立派なエゴだろ?

60 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:19:48 ID:DqRhy2D/
大乗仏教は釈迦の教えではなくて、基本的に釈迦牟尼仏の教えだし、経典は如是我聞だし、それが本当か嘘かを問うのは愚問だと思う。


嘘かもね。いや嘘だろうな。
それが明らかになったとしても何の解決にはならないんじゃないかな。
それに歴史上、釈迦以外でブッダになったとされるのはヴァルダマーナくらいでしょ。
俺はそんなワールドチャンピオンみたいな存在になろうとは思わないがな。

61 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:32:06 ID:2hQYTDo6
>>60 >それに歴史上、>釈迦以外でブッダになったとされるのはヴァルダマーナくらいでしょ



君はバカでしょう?頼むからもう来ないでね。教える気にもならない。

62 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:36:43 ID:DqRhy2D/
教えてくれと頼んでもいないのだが?
それにヴァルダマーナがブッダかどうかは俺の知るところではない。

63 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:39:30 ID:DqRhy2D/
一応、釈迦がブッダかどうかも俺の知るところではないと付け加えておく。

64 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:48:14 ID:2hQYTDo6
もう来るな。クドイぞ。

65 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 20:59:15 ID:DqRhy2D/
57:名無しさん@3周年 :2006/08/28(月) 20:01:59 ID:2hQYTDo6
ハハ 55が正解だね。
まさに大乗は仏教ではない。40過ぎたジジイだが、
これからホントの仏教勉強するよ。


これから勉強するって奴が教える気にもならないだと…。
短期間でよほど開眼したんだろうな。

こんな中年男にはなりたくない。

66 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:18:19 ID:2hQYTDo6
何回クドイと言えばわかるのか。
俺が若い時はもっと頭良かったがな。
ガキ相手してもしゃーないか。。。

67 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:32:44 ID:DqRhy2D/
これから勉強する奴が引っ込めばいい。
勉強するんだろう?
じゃあ勉強してればいい。修行してればいい。

君の「教える気にもならない」は面白かったよ。
君がいたことは覚えておくから、安心して勉強に打ち込めな。

68 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:41:36 ID:Xu8hr8Oo
世の中には絶対に正しい宗教があると信じる人がいる。
だが中には宗教が嫌いな人もいる。

「この世の中に唯一絶対なる存在(神)が存在するだって?そんなのあるわけないだろ」
「人生かくあるべしとか精神のレベルを上げるとか、下らねえ。
 腹が減ったら食べる。眠かったら寝る。それでいいじゃん」
「この世に正義とか悪とか、そんなものねえんだよ」
「秘法とか修行と称してなんだかわけのわからん事をして何になるというんだ?あいつらバカだね。
 神秘体験なんてヤクでラリってるのと同じだ」

このような発言をしたのは他でもない、釈迦である。


あるいはこんな人もいるだろう。
「宗教バカは規則とか戒律を絶対視して、どんなことがあっても守ろうとするからダメなんだ。
 世の中に合わせて柔軟にやらなくてはいけないのに」
「宗教ってテロとか起こすし、違う宗教同士で戦争ばかり起こすし、ロクなもんじゃない。
 宗教が政治にまで深く入り込んでいるからいかんのだよな」
「宗教をやっている奴らは自分たちが絶対に正しいと信じ込んでいて、
 俺たちが何を言っても、サタンの言うことには聞く耳を持たない、地獄に落ちろ、なんて言う。
 地獄に落ちるのはそっちの方だ」
「休みになるとどっかの老人ホームや福祉施設なんかに行ってボランティアをし、
 いい事をしたなあ、なんて言って優越感に浸っている奴がいる。
 まあそこまでは勝手にすればいいさ、だがな、それを俺たちに自慢するな!はっきり言って偽善者だね」

このような発言をしたのは他でもない、イエスである。

69 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:44:17 ID:2hQYTDo6
仏教は正確には宗教ではないが・・・ま いいか。

70 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 21:45:49 ID:4K3TQB8N
原始仏教も悪くないけど
書面ではなく実際の体感として
いろいろな仏閣巡ってほしい
タイラオスのお寺行ってきたけど
造形の緻密さは日本が勝る
まぁむこうは想像を絶するほど暑いのだけど
四季折々の美しさに触れることのできる日本の風土
空気や気配を読むことのできる感性や(最近はそうでもないが)
外を彩るではなく内側から輝くものを尊ぶ感覚も日本ならでは

71 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:47:09 ID:DqRhy2D/
宗教の定義は?

72 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:51:09 ID:2hQYTDo6
>>71 君に問う。「あなたとは誰か?」
それに答え得るのがホントの宗教だ。
>>70 >造形の緻密さは日本が勝る


おまえは仏教者ではない。自慢にも何にもならん。

73 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 21:53:58 ID:4K3TQB8N
心が仏に近づけば
仏とも感応できるよ

74 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 21:54:37 ID:4K3TQB8N
それがなければ仏教気取り

75 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:57:41 ID:DqRhy2D/
俺はホントかウソかを尋ねたわけではないんだがな。

76 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:58:06 ID:2hQYTDo6
仏のなんたるかも
しらんくせにww

77 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 21:59:58 ID:r3qvE7K6
日本仏教は本質的には「神道」です。
太古の弥生時代に半島系の物部が列島に入り稲作を伝えると共に
先住の狩猟民族である縄文人を東へ東へ北方へ北方へと追いやりました。
同時に縄文の信仰を禁止したり刀狩りをしたりもしました。

しかしその物部も聖徳太子と蘇我に敗れ、その結果、物部に埋没させられた
縄文の神々が「仏教」と云う形で蘇ったのです。
また、神道に於いても物部とは一歩間をおく主流のアメノコヤネ系の中臣は、
仏教を排撃はしません。何故なら仏教開祖聖徳太子も中臣系だからです。
よって仏教でよろしい。仏教は神道を信仰してはいけない、などと言わないが、
神道の中には仏教を信仰するなと云う派もある。しかし「和を以って尊しと成す」
の聖徳太子の理念こそ、今日迄総ての日本の美徳の根源なのであって、
明治維新すら日本人に染み付いているこの理念無くしては成されなかったであらう。


78 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:02:04 ID:Xu8hr8Oo
>>76
確かに、無知を馬鹿にして優越感にひたる人間は何も知らないと言っていい。

79 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 22:03:26 ID:4K3TQB8N
ここに霊感ある人なんていないしね

80 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:07:30 ID:DqRhy2D/
>>76
お前は何を根拠に仏の何たるかを知ってると言うだ?
で、それをお前から聞いたとして、俺はお前とは同体ではない以上、お前の感じることなど共有できるわけないだろが。
俺は仏の何たるかを知らんし、お前も仏の何たるか知らんし、知っていても俺に伝えることはできん。
釈迦もできなかったのだよ。釈迦の弟子にブッダがいないことがそれを証明している。

81 :10:2006/08/28(月) 22:14:04 ID:5HW3M8Az
>>55
まあ現実におまえが日本と原始仏教国と
どちらが安心して人間らしく暮らせるかを考えてみるといいぞ。

あらゆる愚劣な犯罪が多く、
誰も社会を良くしようなどと考えずに自分の欲得に突っ走っていて、
スラムがずっと半永久的に存在し、
真面目に頑張ってもまともに生活できないヤシも多数いる国。
人の命などタダ同然であり、人権などない国。

これは日本だと思うか?

82 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:23:40 ID:r3qvE7K6
仏教では、「生命を奪うことほど罪深いことは無い」と、
第一義に教えますよ。

神道は「敵を頃せ」ですよね。
突き詰めるところ、神道は最後の最後には「唯物論」に行き着きますわ。
だって「物そのもの」「物理的事象」以外の精神性事象はくだらない、
馬鹿臭い、ですわ。女を寝取った奴が勝ち、強い奴が勝ち、
勝負事で儲けた奴が勝ち、の世界でして、いけいけドンドンでね、
仏教では「因果応報」って概念がありますから、一般的にはそんなエゲツ無い
馬鹿はあんまししませんわ。神道はファジーにどんな解釈でもするので信頼できない。
近代史を観ても日本人の心の変化や近隣民族との関係すら酷いものだ。

83 :10:2006/08/28(月) 22:24:45 ID:5HW3M8Az
>>55
「ふーん。視野が狭いんだね」は反論になってないだろ。
俺の言ってることがまぎれもなく事実だろ。
図星だから、悔し紛れに言い返しかw

「先進国は地球を破壊し続けて、今は途上国に地球を破壊するなってか?」
何をいきなり関係ない話をしだして、決め付けてるの?

>>56
誰が偉いといった?

おまえの頭の中の論理構造は全くおかしい。
仏教徒だからだろ。

84 :10:2006/08/28(月) 22:27:20 ID:5HW3M8Az
>>82 
>仏教では、「生命を奪うことほど罪深いことは無い」と、
>第一義に教えますよ。

オウムでもそうだったよな。
サティアンの中では蚊やゴキブリも殺されずにウヨウヨ。

85 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:30:42 ID:DqRhy2D/
全ての人間は例外なく何らかの命を奪って生活してるから、その仏教の第一義とやらを克服できる者は誰一人存在しない。

誰も信用できませんな。

86 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:30:58 ID:r3qvE7K6
司馬遼太郎がAUMの本質は神道だ、
って述べていましたよね、

87 :10:2006/08/28(月) 22:31:16 ID:5HW3M8Az
>>82

>神道は「敵を頃せ」ですよね
そんなわけなかろう。

>神道はファジーにどんな解釈でもするので信頼できない
仏教がだろ。

88 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:32:59 ID:r3qvE7K6
http://www.takaosan.or.jp/syojin.html

オール植物製です。

89 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:36:34 ID:xvVqJpJK
10よ。俺は基地外だから気にするなよ。
まぁ突然関係の無いスポーツの話を出して来たのは10なのだが…
オマイが下に見ている国に行って少年少女を買春しているのは日本人が多い。
しかも、企業や政府のお偉いさんが多い。
何を思ってるのが名刺まで御丁寧に渡してくる礼儀正しい方も多いですねぇ
因みに日本のボーズも少年少女を安値で買春してるからな〜
旅の恥は掻き捨てなのかな?
って思ってたけど、日本じゃ堂々とキャバクラで
姉ちゃんを口説いてるボーズが多いのには御立派!悟ってらっしゃると思いマツタ…



90 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:38:33 ID:DqRhy2D/
植物にも命はあるんだがな。知らなかった?
ないということにしないと餓死するからな。それは口実だ。

91 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:43:08 ID:r3qvE7K6
屁理屈垂れてるのは生臭神道家か?
新興宗教めが

92 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:45:00 ID:2hQYTDo6
>>81 なにをそんなにいきり立っているのか。
この国は多分君が非難する国より酷くなっていくだろう。
小泉の5年で17万人の自殺者だぞ。
君の頭の方がどうかしている。
「大きなものも小さなものも、生きとし生けるものは幸せであれ」

93 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:48:13 ID:DqRhy2D/
植物は呼吸してる。植物は成長する。
植物は土と太陽から養分を得る。
植物は細胞を持った生物である。

これに命がないと言う人がいることにビックリ。

94 :10:2006/08/28(月) 22:49:19 ID:5HW3M8Az
金をもってそうな日本人を見つけると
母親が娘に耳打ちして売春させるようなのは珍しくないらしい。
そしてそれが問題になってその日本人が捕まると、
母親は被害者面して「私の娘が日本人に・・・」と泣くのであった。

95 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:53:11 ID:Xu8hr8Oo
あえて言えば原始仏教の国などないし、宗教誕生以来、数千年ずっと完璧だった国などない。
この宗教があるから過去の戦争に負け、未来は滅びる、言ったもの勝ち。
日本の宗教をアメリカの宗教に変えても日本はアメリカにはならない。

96 :10:2006/08/28(月) 22:54:05 ID:5HW3M8Az
>>92
>「大きなものも小さなものも、生きとし生けるものは幸せであれ」
こういう抽象的で大雑把なきれい事は誰でも言えるものだが、
仏教徒は「ブッダは素晴らしい」などと思うのだろうな。

97 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:58:45 ID:Xu8hr8Oo
日本の援助交際。
これは事実だな。
やはり日本の宗教が悪いせいかな?

98 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:59:54 ID:Evv8sPop
勝手に命の定義を決められてもな。

99 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:00:04 ID:DqRhy2D/
俺は仏の何たるかなんぞは知らん。
知ってるとかよく言えるよな。

釈迦の説法を直接聞いた弟子ですらブッダになれなかったのによー。

お前ら何で知ってるの?

100 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:00:36 ID:2hQYTDo6
>大きなものも小さなものも、生きとし生けるものは幸せであれ

まあこれは釈尊の言葉だが、君には理解できないだろう。
この言葉を静かに観想しながら瞑想するんだ。
縁無き衆生度し難しってね。。

101 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:02:02 ID:2hQYTDo6
>>99 >釈迦の説法を直接聞いた弟子ですらブッダになれなかったのによー。


オマエバカだろう?

102 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:02:40 ID:DqRhy2D/
植物は何もものは言わないけど、あいつらも、俺たち人間同様に死ぬからよ。
石ころなんかと同じにしちゃいけないわな。

103 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:05:23 ID:r3qvE7K6
明治の廃仏棄釈は「霊界破壊」だよ。
だからユダ魔国家に原爆まで落とされて
天皇は大恥を掻いて敗北・亡国した。

因果応報で今度は神道が霊界破壊されるよ。
仏魔が政権に就いているし、中凶は靖国を攻めているけど、
靖国が分祀で堕ちると、今度は伊勢、その後は教派神道を含む
神道総ての廃止を迫られる。平和的な出雲は残るだろう。
究極的には国際的に無力となり徳川時代に戻ることだろう。

104 :10:2006/08/28(月) 23:05:41 ID:5HW3M8Az
ブッダという言葉で人を神格化する。
特別な存在であるかのように扱う。
その下にも階層的に格付けする。
アラハンだのなんだのと。

価値のない糞どもがありがたい存在になってしまう。

105 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:06:51 ID:DqRhy2D/
弟子たちでさえ、ブッダの何たるかを知らなかったのに、何でお前が知ってるの?という話。


お前にもプライドがあるだろう?仏の何たるかは知らんと言っとけ。


106 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:08:07 ID:4K3TQB8N
うちの寺では産土にちゃんと詣るように言われてるよ
修羅世界の住民は闘争ばかりしているようだけど

107 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:08:24 ID:Xu8hr8Oo
>>96
日本の仏教徒は、大きなものも小さなものも、生きとし生けるものは幸せであれ、
とか、
ブッダは素晴らしい、
を信じてるから、それで日本はいい国じゃなかったの?
それともこの考えは悪いと?

これらは原始仏教だけの考えではないから。

108 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:08:40 ID:4K3TQB8N
光明が発せられるぐらいになれば上等

109 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:11:54 ID:4K3TQB8N
統一教会が絡んできててうざい

110 :10:2006/08/28(月) 23:12:10 ID:5HW3M8Az
>>107
悪くはないが、具体性のないきれい事に感心させられすぎの感が。

麻原でも口先では素晴らしい事を説いてるだろ。

111 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:12:51 ID:Xu8hr8Oo
>>104
ブッダという言葉で人を神格化する、
のは原始仏教国よりも日本の仏教なんだが、この考えだから日本はいい国じゃなかったのか?
それともこの考えは悪いと?

112 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:13:37 ID:4K3TQB8N
ブッダの言葉は悟った人の結果論として読むといいよ★

113 :10:2006/08/28(月) 23:14:35 ID:5HW3M8Az
原始仏教国でもブッダは特別な存在だぞ。
仏像はもっぱらブッダ像だろ。

114 :10:2006/08/28(月) 23:16:11 ID:5HW3M8Az
ブッダの言葉は、ありがたい聖人がしゃべっているのではなくて
麻原みたいなオッサンがしゃべっているつもりで懐疑的に読むといいよ。

115 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:16:20 ID:2hQYTDo6
>>105 オマエ目連とか迦葉くらい知ってんだろう?
小学生じゃないんだから。
仏、覚者、目覚めたる者。俺は知識としては知っている。
少なくともオマエよりはな。
その少しが大違いなんだけど、ま、いいかww

116 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:16:40 ID:r3qvE7K6
基本的にはインド時代は関係無い。仏教はオブラートで中身は太古からの神。
日本の寺の多くは太古縄文時代に滅亡させられた
神々のエネルギーが宿る所。宗教霊界政治次元だけの問題。

117 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:16:56 ID:4K3TQB8N
それなら読む時間が無駄だよ
物理学でもやってたほうがいいね

118 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:16:58 ID:DqRhy2D/
神格化するほどに誰かを尊敬する気持ちを持つことは良いことだと信じたいがな。俺は。
貶すよりマシだろ。

119 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:18:33 ID:4K3TQB8N
人の数だけ神も仏も種類が豊富だよ
すべての神仏は天御中主神につうづるけどね

120 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:19:37 ID:4K3TQB8N
天御中主神は中間子のような役割

121 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:21:28 ID:Xu8hr8Oo
>>110
あんたは日本はすぐれた国だと言ったが、
麻原が存在する日本の現状でもすぐれてるって事だろ。
それとも日本はすぐれた国じゃないと?

122 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:21:38 ID:DqRhy2D/
>>115
弟子ですらブッダの何たるかを知らなかったのに何でお前が知ってるのかの説明になってないな。

お前は俺と競争したいのか?お前が俺より知ってるとかどうでもいいんじゃ、アホ。

123 :10:2006/08/28(月) 23:24:04 ID:5HW3M8Az
>>118
まさしく知らぬがホトケ状態だな。
まあ、既に死んでる人間を神格化するのは害が少ないと思うよ。

124 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:24:15 ID:Xu8hr8Oo
>>113
原始仏教のヒマラヤ周辺に仏像は滅多にない。
仏像は日本だろ。
仏像があるから日本はすぐれた国じゃなかったのか?
原始仏教とは違う仏像があるから日本はすぐれた国、じゃないのか?

125 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:24:54 ID:r3qvE7K6
神道と仏教を繋げて考える人がいるが、
それはその人の中での良心的希望的観測だけのことと思う。
古来、宗教は政争の道具だ。ドロドロした権力闘争と
修羅道の連続だ。どちらかが勝ち、どちらかが負ける、


126 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:25:22 ID:2hQYTDo6
オマエ本当に釈尊の弟子で悟った者は居ないと思ってるのか?
はっきり答えろ。タコすけ!


127 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:26:25 ID:4K3TQB8N
高い相応しいものに従えばいいんですよ
政治の道具というのもかなり偏ってるけどね

128 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:26:58 ID:4K3TQB8N
民族的無意識から普遍的無意識まで
綜合して考えないといけない

129 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:27:33 ID:2hQYTDo6
↑122


130 :釈迦原理主義者:2006/08/28(月) 23:27:37 ID:Cv6oh+/C

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

131 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:27:47 ID:4K3TQB8N
霊感があれば集合的無意識は外部にあるものだということがわかるよ

132 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:29:27 ID:2hQYTDo6
>>122 俺より知識も経験も無いのに生意気いうんじゃねーよ、クソガキ!

133 :10:2006/08/28(月) 23:29:48 ID:5HW3M8Az
日本は諸外国に比べると全体としてはなかなか優れていると思うよ。
まずすぐに気づく事は、諸外国とは物の盗られ頻度が違うw

134 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/28(月) 23:32:05 ID:4K3TQB8N
内層とのシンクロによって得られるものがある。
その際には信仰心が働いていることが多い。

135 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:32:19 ID:Xu8hr8Oo
>>133
それは仏像のおかげかな。
日本は仏像多いし。

136 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:33:40 ID:DqRhy2D/
>>126
それなりに悟った弟子はいたかもしれんがブッダではないな。
弟子達はブッダなのか?
だとしたら禅僧にブッダがいてもおかしくないのう。
俺はそう思わんが。
弟子達がブッダなら、お前は新宗教を立ち上げるしかないぞ。

137 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:35:15 ID:DqRhy2D/
新興宗教「ホントの仏教」に最近入信した中年オヤジがキレますた。

138 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:35:43 ID:r3qvE7K6
現世での政治状況は霊界状況の延長。
霊界で起こっていることは位相を跨いで現世でも必ず起こる。

前段霊界ステージで用意された現世の人でも、霊界状況が変化すると
現世から消えてしまう(死を意味)ことがある。そういう状況変化とは宇宙レベルの
巨大なトレンドでもある。

自らの出目と、これらトレンドを見抜いて動くべきだ。
場合によっては出直しのために今までの蓄積を総て入れ替える覚悟すら必要だ。

139 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:37:59 ID:Xu8hr8Oo
>>133
物の盗られ頻度が違う?
日本はカギかけなくても大丈夫とか?
カギがなくても大丈夫な国にくらべ、日本は劣ってるのか、そうか。

140 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:39:37 ID:2hQYTDo6
>>136 ホントにオマエはバカだな。。。
ブッダの意味をいちから教えてやるほど、俺はやさしくないんでね。
オマエの人物像が大分みえてきたよ。
かなり不幸で頭もイイとはいえないな。
どうでもいいけどな。はやく潰れろww
じゃあなあww


141 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:44:57 ID:DqRhy2D/
>>140
だから、お前はブッダのことなんか少しも分かってないんだって。

でも心配するな。
俺も分からないからよ。
分かる奴はいない。

142 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:51:26 ID:L6V0iys+
>>136 ブッダという呼び名を釈尊にしか使わないだけで、
悟った弟子はたくさんいました。
ブッダが悟った後、かつての修行仲間4人に教えを説きます。
その4人が最初の弟子です。
で、その4人も悟りを開きました。
その時ブッダは喜んで、
「ここに5人の阿羅漢が誕生した」
と言ったそうです。
ブッダ自身も含めて5人の阿羅漢。

143 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:56:29 ID:1+oFMnXk
人間とは未完成の仏であり
仏とは完成された人間である。

仏教は宗教じゃないと言った人がいたがなるほどと思う。
仏陀は神の存在や死後の世界をほとんど問題としていないからだ。

しかし、仏教の目指すところが悟りとすると、悟りを目指すための
メソッドがいくつあっても不思議ではない。
そのメソッドがある人は宗教的なアプローチであり、
ある人は職業的なアプローチであったり
ある人にとっては哲学的なアプローチであったりと色々なのでは?

すべての人間が仏の要素を持っているとする思想であるなら
1がいう南無阿弥陀仏や先祖供養は無意味。妻帯の僧侶がいかん。
と言うことではないような気がする。その状況の中から見いだせる仏の要素もあるだろうに。
悟りというものが人類誰にでも当てはまる最終的な境地であるなら。
釈迦は釈迦のメソッドで悟りの彼岸に達した。


144 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 00:01:52 ID:DqRhy2D/
ブッダというのは一般名詞だから、釈迦にしかブッダという一般名詞を用いないのには恐らく、釈迦に対する敬意もあるでしょう。
しかし、弟子達に一般名詞であるブッダが用いられない以上、釈迦ほどには悟ってないという意味で捉えるべきであるから、ブッダの何たるかを知る者はいないとなる。
まして、釈迦が最後に説法して、二千年以上経つ現在に仏の何たるかを知ってる奴がいるはずない。

145 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 08:08:11 ID:PWD0j7F1
大乗とか小乗とか関係無く日本の仏教は仏教じゃないよな。
仏教じゃないというか日本の僧侶が仏教じゃないよな。
何で妻帯なの?
何で世襲なの?
何で酒飲むの?
何で肉食うの?
何で女買うの?
何で男買うの?

146 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 08:52:59 ID:rqfGMa1A
ここは害毒スレかよwww



147 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 09:35:01 ID:rqfGMa1A
>>142
苦行仲間は五人なw で、「世に六人の阿羅漢があった」と。

以降、
ヤサ(7人)、ヤサの友人4人(11人)、ヤサの友人50人(61人)、
となる。人数や、ほんとにヤサの友人だったかどうかはわからんが、
ま、それなりの人数はいたであろう。いろんな地方の者だったのかもしれない。
で、彼らに、
「漏れは解脱した (・∀・)/
お舞らも解脱した ( ・∀)っ(・ω・`(・ω・`(・ω・`(・ω・`)
お舞ら!世のため人のために、遊行遍歴して布教汁!ヽ(`Д´)ノ
(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい ってヤシもいるかもしれんが、
教えを聞いたら、 ソレダ!!(・∀・) と言って悟るヤシもいるかもしれんw
ただし、二人で逝くなよ。一人で逝ってこいm9(・∀・)
逝って、お舞らの姿を見せてヤレ (・∀・)/
では、おまいら逝ってよし!オレモナーw」

という流れ。

でまた、各地方の比丘が、
出家を望む者を、いちいち釈尊の前に連れて来てたので
「これじゃ、おいら疲れちゃうよ・・・(´・ω・`)
おまいらも疲れちゃうよ・・・(´・ω・)人(・ω・`(・ω・`(・ω・`(・ω・`)

そうだ!( ・`ω・´)シャキーン
おまいら!自分達の居るところで、自分で出家させて良し!
( ・`ω・´)/  (・ω・`(・ω・`(・ω・`(・ω・`) デモ ドウスレバ…

頭丸めて袈裟用意して、三帰依を唱えさせたらイイよ。
(´・ω・)っ ナルホド(・ω・`(・ω・`(・ω・`(・ω・`) うはwwおkwww」

という流れが、律蔵大品にはあるw

148 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 09:40:25 ID:rqfGMa1A
我ながらおもしろいんでage 

149 :10:2006/08/29(火) 19:51:21 ID:TisaK+/v
>>147
まさしく麻原君の所と同じだな。
オウム神仙の会=ゴータマと五比丘
これを核にして、ねずみ講的に狂信者が増えていった。

150 :10:2006/08/29(火) 19:52:54 ID:TisaK+/v
当然ながら、狂信者は自分が狂ってるとは思ってない。
真正なる真理の道を実践していると思っている。

151 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 20:38:34 ID:bPHbZGN6
当然ながら、10君は自分が狂ってるとは思ってない。
真正なる真理の道を実戦していると思っている。

152 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 21:36:36 ID:TxnDU07V
我を無くすのを内に求めるか外に求めるかの違いでないか?

153 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 22:47:22 ID:kuYD+sE8
ブッダとは目覚めたる者の意であり、釈尊の弟子でも悟っていれば覚者=ブッダ。
>>152 我を無くすには内に求めるしかない。外に求めたら外道であり
仏教ではない。


154 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 22:49:25 ID:kuYD+sE8
>>144 君は勉強不足としか言いようがない。

155 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 22:58:51 ID:vkgqbqbr
勉強してもブッダにはなれんし、ブッダの教えを実践して、ブッダになった奴もいない。

156 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:06:12 ID:kuYD+sE8
>>155 おまえ頭ネコだろう。
まあネコの年が来ても悟れんだろうよ。

157 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:10:13 ID:vkgqbqbr
>>153
俺はブッダの何たるかはよく知らんが、ブッダは煩悩を消し去っているんだよ。
ブッダの弟子が涅槃の境地を得た根拠でもあるのか?

158 :素人:2006/08/29(火) 23:13:06 ID:rqfGMa1A
ここは害毒スレの分派だろw
マジになってどうする・・・(^^;

159 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:15:21 ID:vkgqbqbr
俺はブッダではないから涅槃の境地なんか知らん。だから頭ネコかもしれんな。んなもんどうでもいいんじゃ、ヴォケ
貴様が涅槃を知ってるとも思えんし、貴様もネコ同然だろ。

160 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:17:22 ID:kuYD+sE8
>>157 おまえらとは議論する気にもならん。が
サーリプッタ、モッガラーナ、マハーカッサパ等が
悟っていないという文証出せ。オマエが立証しろ。

161 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:21:10 ID:kuYD+sE8
>>159 テメーよりやましだよ。
おまえ「ネコの年が来ても悟れまい」という
言葉わからんだろ?
もうすこし学習してからタンカきれや、クソガキww
そん時相手してやるよ。じゃねww

162 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:25:52 ID:vkgqbqbr
所詮は如是我聞の仏典から文証しろという貴様の脳内レベルはネコ以下だな。

第一、悟りは他人と共有できんだろが、ヴォケ。だから、俺は始めからブッダの何たるかは知らんと言っている。
それに如是我聞の仏典にすら、ブッダの弟子がブッダになったという記録がどこにあるんだよWWW

163 :素人:2006/08/29(火) 23:30:06 ID:rqfGMa1A
>>162
見苦しい。
>>161
初めも善く、中頃も善く、終わりも善く法を説きなさい。
と、師は言われなかったか?

164 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:31:44 ID:kuYD+sE8
やっぱ貴様は「ネコの年が来ても悟れん」わ。
もっと優しい人が教えてくれるだろうよw
オマエは何一つ俺に答えていない。
ただ悔しくて泣いてるだけだろww
つまらんガキだ。本当にバイ。。

ま 一つだけ「ブッダ」という言葉の意味を知れ。

165 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:31:52 ID:vkgqbqbr
ここは素人の出る幕ではないよ。

166 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:33:29 ID:To7iQWbd
聞いた話ではインド仏教の経文を中国人が聞いて、似た発音の漢字で書き取り、中国仏教の経文となり
渡来人が持ってきた経文を日本語読みにしたのが日本仏教の経文だと聞く
日本仏教の経文は、インド仏教の発音とも意味とも掛け離れた別物であり
意味が無いというお話

167 :素人:2006/08/29(火) 23:37:58 ID:rqfGMa1A
質問箱でやるなw

>>163は取り消すからここでやれw 

168 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:42:32 ID:vkgqbqbr
>>164
俺が何でお前に対して悔し泣きしないといけないのか分からんが?
俺はブッダの何たるかを知らんと言っているだろ。悟りは他人と共有できん以上、ブッダが本当に悟ったかすら、俺には分からんのだが?だからそう信じるしか方法はないわけだろ。
お前がブッダの何たるかを知ってるなら、むしろ、お前のほうに説明責任があるのが当然だろ。

169 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:43:53 ID:kuYD+sE8
だって覚者の意味もわかってないで
カキコしてんだぜ。
だれか論客出でよ。

170 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:47:25 ID:kuYD+sE8
>>168 だったら語るな、タコ!
俺がブッダの定義を言えば、お前が否定するのは
目に見えてる。
俺は卑怯じゃないからきいてやる。
ブッダ=覚者を定義してみよ。

171 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:51:13 ID:vkgqbqbr
覚者の意味なんか俺が悟ったことないのに分かるかよ、ヴォケ。
で、仮に俺が悟ったとして、それは何を根拠に悟ったと確認できるわけ?
お前は何を根拠に悟ったと確信するの?

172 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:53:43 ID:vkgqbqbr
>>170
お前は辞書からの引用が欲しいだけか?

173 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:55:03 ID:kuYD+sE8
だったら語るな!

ああ疲れた・・・

174 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:56:51 ID:kuYD+sE8
>>172 辞典買う金よこせ、たこすけ!

175 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:57:38 ID:vkgqbqbr
常識的に分からんのが当然のことをお前は分かるんだろ?
お前が語れよ。

176 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:08:09 ID:Vdfc42vB
仏教マジメにやってりゃわかるよ。
少なくともオマエのような無様なレスにはならん。
ヒントやろうか。「自我」をキーワードに語ってみよ。
俺は寝る。あした添削してやる。

177 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:09:46 ID:Vdfc42vB
>>167氏 迷惑かけたな。御免。

178 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:19:56 ID:gsGW5YRH
>>157
仏陀は決して煩悩を消し去った訳じゃないとおもう。
ただ、自分を外から客観的に見ることができ、煩悩と言うもの実態を
正しくとらえてそれを認め、コントロールして煩悩に囚われることが
無くなったんだと思う。
悟ってる人と悟っていない人てのは明確な線引きできるものではないと思う。

釈迦は初めて人間が生きる上の苦しみの原因が煩悩であると発見するだけでなく
自覚して人にそのことを他人に説いて生きた。しかも、信仰しろとかは言わずに
たとえ話等で相手に自ら気付かせ、納得させた。そこがすごいわけです。

ただし、その煩悩を克服する具体的な方法についてはあまり多くを語っていません。
ですから、後の弟子やその遙か後の弟子であると言える様々な宗派の祖が
色々な層の人たち、地域性にあわせて、それぞれの方法論を見つけたと
言う考え方でよいのではないでしょうか?>日本の仏教

確かにずぶずぶになったような部分もありますが、
たとえば世界のキリスト教の現状を見れば遙かにましな方です。


179 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:20:01 ID:Y7RZ+2mW
俺は分からんということが分かった。
仏教をマジメにやってブッダになった奴はいない。
だから分かると抜かす奴が語れ。

180 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:23:43 ID:gsGW5YRH
>>145
現世に生きているから。煩悩多くしがらみある人間だから。
僧侶は仏ではない。


181 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:25:02 ID:gsGW5YRH
>>179
あなたは、凄いことがわかっているように思えます。


182 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:25:09 ID:ecfkqVhG
君達は
仏典のどれくらいの部分或いは分量を読んで
発言してるのだ・・・
外野の与太話の自覚があるならそれでもイイがw


183 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:29:06 ID:gsGW5YRH
>>182
原始仏教の関連の訳本と
親鸞関連いろいろと正法眼蔵や道元の伝記w
あとソクラテスの岩波の奴w


184 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:30:13 ID:Vdfc42vB
>>178 釈尊は明らかに煩悩を断ち切ったんだよ。
もういい。
わかる奴だけわかればいい。
>悟ってる人と悟っていない人てのは明確な線引きできるものではないと

誤った道にいってしまうぞ。

185 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:33:51 ID:ecfkqVhG
>>183
なるほど。
律蔵は?
大品とパーティモッカくらいは目を通して欲しい。


186 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 00:44:07 ID:Y7RZ+2mW
>>184
何でお前が、釈迦が煩悩を断ち切ったことを知ってるんだよ。

187 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 01:03:38 ID:ecfkqVhG
>>149
同じだなw

同じなのに、一方は(今のところ)ジリ貧(―将来どうなるかはわからない)、
一方は他地域へ伝播し、変化発展している。
この違いはどこから来るのだろう?

「何が、どのように語られたか」「どのように人々に提示されたか」
にあるんじゃなかろうか・・・?

188 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 01:07:16 ID:ecfkqVhG
このスレも、
意外に面白くなりそうだw


おやすに ノシ

189 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 12:35:26 ID:YIqcL9tw
>>180
じゃあ坊主やるなよ。
人を騙して金貰って詐欺と一緒。
日本の坊主=犯罪者でOK?

190 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 12:37:44 ID:b6R/h+kY
>>189
 少なくとも日本の僧侶の大部分は破戒僧である事は認めるべきだな

191 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 14:08:05 ID:Y7RZ+2mW
戒め守ってもブッダになれないことを認めるべきだな。

192 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 17:53:57 ID:Y7RZ+2mW
>>189
そう思うなら僧侶を詐欺罪で訴えてみればいい。
世間が相手にしてくれるかは分からんが。

193 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 20:47:11 ID:ecfkqVhG
>>192
おもしろいw
アメリカだったらありそうだw

194 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 20:56:46 ID:cQk4/VvW

修行僧がもし男女の交わりを行なえば、

修行僧ではなくなる。釈尊の弟子でもない。

(律蔵 大品)


>戒め守ってもブッダになれないことを認めるべきだな。


認めたところで修行僧である以上は交わってはいけない。


交わった以上は頭は坊主でも、もはや坊さんとは言えない。


坊さんコスプレと言うべきである。

195 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 21:01:15 ID:ecfkqVhG
内実は在家仏教でありながら、
肩書きや体裁・行政との絡み(或いは世間の視線)は僧侶である、
というところに、日本仏教の大きな問題がある。

196 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 21:15:33 ID:Y7RZ+2mW
毎日自慰に励んでるこの俺が坊主の私生活にまでとやかく言うつもりはないがなWWW

197 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/30(水) 21:18:32 ID:nOo/6RHe
みんな精力が旺盛ですねぇ
みんなそう毎日できるもんなのですかぁ?

198 :聖霊大王:2006/08/31(木) 09:16:32 ID:uIW4wfLC
破戒の問題より、、大衆の仏教の教理的な認識の問題のほうが重要だよ、、

199 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 14:07:50 ID:SeetGGMx
宗教が20世紀で死滅したことを誰も知らない。

200 :10:2006/08/31(木) 18:20:49 ID:VGn+fPq+
なんかさ、原始の仏教僧って
自分はリスク負って建設的なことを起こすなんてことは何もせずに、
失敗した者をバカだ愚者だと笑いものにするような奴に似てない?
社会のダニであり外野席の分際で、人にグズグズと難癖つけやがって。

201 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 21:11:50 ID:WN6rsjgH
>>200 煙草は体に悪いと、あたりまえのことを言ってるだけでも、
喫煙家の耳には批判に聞こえるもんです。

202 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/01(金) 10:49:38 ID:PUTOQZhU
コンピュータウィルスについて
□■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□
 これをOpen Janeで開いたところ、Nortonワクチンがウイルスを検知しました。
インターネットブラウザで開こうとしたところ、インターネット接続会社から警告が出ました。
ウィルスに汚染されているという警告です。□■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□を
開かないで下さい。

203 :10:2006/09/01(金) 18:51:33 ID:5b+oDBEv
>>201
仏教僧や仏教徒のようにダニみたいな生き方をするのは、
あたりまえの生き方かな?
犯罪者以下だといってもよい。

204 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 19:15:54 ID:yq9WR95p
>>203
お前のは論になってない。
書き直しを命汁!

205 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 19:29:47 ID:uvPOw6De
害毒スレの人間だろw

206 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 20:18:28 ID:yq9WR95p
害毒はまず簡単な三段論法の練習から始めよう。
A=B
B=C
ゆえにA=C

207 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 00:10:07 ID:XxaJvYVZ
>>202
□■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□
ノートントラップという仕掛けだそうです。対応ソフトがあります。
http://ansitu.xrea.jp/guidance/?Trap#NortonTrap
 なお、対応ソフトで書き込みができない場合、書き込みを希望する文面を記載して渡海難に
メール <tkatasi@mail.goo.ne.jp> ください。
 代わって書き込みを行います。
 ただし、書き込み時刻の指定はご遠慮下さい。

208 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 10:10:28 ID:DdP/Ur4P
 心と宗教板で、晴れて良スレの御認定を受けたことをお知らせします。
 □■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□ http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123906853/

 上記スレは、ノートントラップという仕掛けを受けました。インターネットウィルスを擬装した仕掛
けだそうで、他の板では以前から大変問題になっていたようです。
 詳しくはhttp://ansitu.xrea.jp/guidance/?Trap#NortonTrap

 ノートントラップが仕掛けられると言うことは、2ちゃんねるの場合、反対者から「良スレ」である
という認定を受けたことを意味するそうです。自分たちには全く反論の余地がないからどうから、どう
か意見を述べるのを止めて欲しい、そういう良スレであるという認定です。

 今回、親鸞仏教(浄土真宗)質問箱は、2ちゃんねるで「本願寺様の有志の方」からそのような認定
を受けたようです。
 浄土真宗とはどういう宗教か、親鸞仏教はどういう宗教か、既成教団本願寺のお坊様が、発言を「ヤ
メテクレー!」と、言いたくなる思想はどういう思想か、一度ご覧ください。
 ここには、本物の親鸞仏教、本物の浄土真宗があると、本願寺様の有志の方が認定くださいました。

 なお、ウィルスワクチンにノートンをお使いの方は、無効化ソフトがあります。
 http://www.geocities.jp/cen_hp/program3.html

 接続会社でウィルスと誤認して閲覧を拒否する場合があります。セキュリティを解除する方法がある
と思いますのでご研究下さい。

 ノートントラップは、決して恐い仕掛けではないようですが、ノートンの高度性を逆手に取った子供
だましのおもちゃで、今回、本願寺様のお坊様は、親鸞仏教(浄土真宗)質問箱を「良スレ」として御
認定くださいました。

 なお、認定の背景が次のレスから見えてきます。

209 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 10:11:02 ID:DdP/Ur4P
浄土真宗本願寺派 [19拍]
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/400
このスレで「門徒」「一般人」「通りすがり」とか書く奴は決まって坊主な件
   <「浄土真宗本願寺派 [19拍]」で、発言されている方は、7割〜8割程度はお坊様でしょう>

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/481
普段からお前さんが小馬鹿にしたレスをしてなければもっとマシなレスを返してもらえたろうに
  <「渡海難」の発言に被害者意識のお坊様がいらっしゃるようです>

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/494
開けないからといって別スレたてないようにな。隔離スレは1つでいいからw
 <「渡海難」の発言には反論の方法がないから、もう発言をしないで欲しいという意味です。>

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/495
 ここにもコピペすればあいつ来れなくなるなw
<ノートントラップを浄土真宗本願寺派 [19拍]にも貼れば、渡海難がこなくなるだろうという意
見です>

210 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 14:13:28 ID:DdP/Ur4P
 宗教は危険。本願寺は危険。
 世の中には、既成教団の本願寺が嫌がる理論というものが存在します。怖がる理論というのがあ
ります。既成教団の本願寺が消したがる理論があります。本願寺にとって都合が悪い仏教理論、封
じたいと思う理論がある。
 消したいのは、相手の方に合理性があるからです。宗教についても、もっと合理的な考えを持つ
ようになれば、本当の仏教が復活するでしょう。次の学問知識発展の礎にもなるでしょう。

211 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:02:30 ID:lclgDYME
>>210
>>本当の仏教が復活するでしょう。次の学問知識発展の礎にもなるでしょう。

未来永劫ない。



212 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:24:47 ID:PdDxbsB1
釈迦の教えを実践してブッダになった奴すらいないのに、理論でブッダになれるはずがない。
まして本当の仏教を説明できる理論も論理も初めから存在しない。
仏法を実践して仏になれると信じて励むのは否定しないが、それを方便だと認識し、根本的に仏になれないことに立脚した謙虚な仏教徒ならば、自分が悟ったなどと言えるような立場ではないことを承知しているはずであり、「本当の仏教」に執着する必要もないのである。

213 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 10:29:46 ID:Mah7HoMg
パーリ律蔵『大品』(マハーヴァッガ)を徹底的に嫁、
最低3年間必死に考え抜け。
 それから謙虚に発言せよ。

214 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 10:38:57 ID:Mah7HoMg
 たとえば、はじめは懐疑的だった五比丘全員が初転法輪の教え“だけ”で、
解脱(ニルヴァーナ)に至った事実をどう受け止めるのか。

215 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 10:57:23 ID:3DNkwQSC
それがブッダだと言うなら、新宗教を立ち上げろ。

216 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 10:59:54 ID:3DNkwQSC
それから、なぜお前が五比丘が解脱したことを知ってるのか説明しろ。

217 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 11:04:32 ID:3Q7sBLxK
>>212
 無論、ニッポンの仏教も充分に、
>それを方便だと認識し、根本的に仏になれないことに立脚した

 ものの筈だが、とてもそうだとは思えない椰子大杉
>>215
 >>214って、>>1の云う「本来の仏教」だろが‥

218 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 12:30:03 ID:Mah7HoMg
>>216
⇒213 
 謙虚さの足りぬ者には智慧は開かれず、真理に達せられず、
 無明から脱せられず、覚者たりえない。愚かな妄想、矮小な
 野心・見栄に執着するがゆえである。


219 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 13:40:27 ID:3DNkwQSC
釈迦のありがたい教えを実施してブッダになった奴はいないし、五比丘はブッダではない。

そろそろ分かれよ。

220 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 13:50:48 ID:C09yErJD
>>219
 だからと云って、もし、極東の怪しげな教祖様に師事を仰ぐ事を
奨めるのだとしたら怒るぞ、

221 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 13:54:15 ID:3DNkwQSC
極東の怪しげな教祖様?そんな話したか?

222 :222:2006/09/05(火) 13:55:18 ID:bwMfvGnO
キなむあみだぁぁぶぅたろー

223 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 13:55:34 ID:vXs16iSv
>>219
>五比丘はブッダではない。
ある意味、そうだろうよw
教義的にも伝統としても、「ブッダ」という呼称は
釈尊その人(及び過去七仏等)にしか用いられていない現実はある。
(そうでない場合は、理想的人物・目標としての理想形としてのものであろう)
が、そのことは、初期の弟子達が釈尊と同等の境涯であったことを否定するものではない。
サーリプッタの方が優れていたとか、実質の指導・中心は彼であったかもしれない、
なんて発言を中村元はしている。


224 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 14:07:50 ID:C09yErJD
>>221
 いや。ただ、そこ迄云うなら、悟りに到る方法論でも
自分の手元にでもあるのかと勘繰りたくもなるからね

225 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 14:16:17 ID:3DNkwQSC
中村元なら五比丘がブッダだと判るのか?
俺には釈迦がブッダだったかすら判らんのだが?

経典にしても、所詮、誰かがそう言ったというだけの話だろが。

226 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 14:23:30 ID:C09yErJD
>俺には釈迦がブッダだったかすら判らんのだが?

なのにどうして、

>釈迦のありがたい教えを実施してブッダになった奴はいないし、
>五比丘はブッダではない。
                     と断言できるんだ?

227 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 14:33:36 ID:ETgB8mYl
あーあw
トドメ刺しちゃったね。  >>226

228 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 14:35:10 ID:3DNkwQSC
如是我聞の仏典に立脚すれば、五比丘がブッダだとしていない以上、五比丘はブッダではない。五比丘がブッダだとすれば仏典から飛躍することになる。

ただし、俺の立場から言えば、五比丘がブッダだったなど知るところではない。

釈迦がブッダかどうか、五比丘がブッダかどうかは個々の信に基づくものであって、断言するも否定するも根底にあるのは個々の信なのだよということ。

229 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 14:48:52 ID:Mah7HoMg
 ポイントはブッダと称するかどうかではない。
 根本仏教時には、大乗時と異なり多数の阿羅漢=解脱者=覚者が出たという所だ。

<<各長老の尊い解脱の瞬間の定式

『そこで、わたしに、正しい道理にかなった思いが起こった。
患いであるという念いが現れた。世を厭う気持ちが定まった。
次いで、私の心が解脱した。』

 各長老
   『仏弟子の告白─テーラガータ─』より  中村元訳、岩波文庫 >>



230 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 15:03:48 ID:Mah7HoMg
私の他のスレでの発言
 <<このスレにはゴータマブッダ=仏教の原点である輪廻からの解脱、
そのための徹底した厭世観の確立に触れる者が何故いないのだ?
 悟るとは『真理』を全人格的に迷いなく納得する事だろう。
真理とはブッダが全生命を賭けて発見された四聖諦と十二因縁以外にない。
ブッダは輪廻的な生存の究極原因(無明、渇愛など)を確認し、その究極原因
(そのさらに奥にある生命保存本能)を滅ぼすことで最終的な輪廻的生存が止み、
涅槃・寂静の平安の境地が得られることを確認されたのだ。
 極めて合理的かつ合目的的思考に貫かれている。
この目的に不必要な形而上学的神秘主義など知的ナルシズム・マスターベイション
に過ぎない。

 日本の大乗禅者の神秘的な与太話ではないのだ。なにが色即是空だ、アホか。>>



231 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 15:07:39 ID:5lb09ttC
立川流ゎ ほんまもんじゃい どんなもんじゃい。

232 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 15:19:17 ID:ETgB8mYl
>>230
■原始仏教談話室 その4■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146643240/
552

233 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 15:44:58 ID:Mah7HoMg
>>232
ありがとうございます。ご趣旨を拝受させていただきます。

234 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 17:45:06 ID:3DNkwQSC
悟ってないから悟るの意味が判らんのだが?
ブッダではないので真理の意味も判らんのだが?
俺がブッダではないので、釈迦がブッダだったかすらわからんのだが?

235 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 18:45:19 ID:Mah7HoMg
>>234
cf 229,230


236 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 18:48:37 ID:3DNkwQSC
そんなものを参考にしろってか。
お前の悟りは薄っぺらいなあ。

237 :釈迦原理主義者:2006/09/05(火) 19:10:51 ID:Mah7HoMg
>>236
はい、まだ駆け出し者でございます。
一生そうかもしれません。
アーナンダ様のように、なかなか阿羅漢には
遠ございます。

238 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 19:18:01 ID:3DNkwQSC
一生そうだろうな。
悟りや真理は知識の量ではないからよ。
励むのは否定しない。
日々精進に尽きる。

239 :シヴァ大神の化身:2006/09/05(火) 22:05:20 ID:BrBrfBbJ
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

2ちゃねるの住人よ、聞きなさい。

我が愛する弟子マイトレーヤがアーレフを脱会し
来年「第二ケロヨンクラブ」を設立する。

2ちゃんねるの住人よ、第二ケロヨンクラブに入りなさい。

そしてマイトレーヤとともに全国の神社を巡りなさい。

金・女・仕事すべてが思いのままになるであろう。




240 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 22:18:32 ID:hu3AQYw8
本経(転法輪経)の説時はアーサーラ月の十五日(日本では八月二十二日に当たる)
であった。
 コンダンニヤ長老は転法輪の終了時に、ヴァッパ長老は十六日に、バッディヤ長老は
十七日に、マハーナーマ長老は十八日に、アッサジ長老は十九日にそれぞれ預流果に達し、
二十日無我相経の終了時に五人全員阿羅漢果に達した。

>>214
が言う
>初転法輪の教え“だけ”で、解脱(ニルヴァーナ)に至った事実

は、ちと違うあるよ。

五比丘はブッダではなく阿羅漢になったのね。

241 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 22:22:57 ID:3DNkwQSC
俺には阿羅漢の何たるかもわからん。

242 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 23:38:33 ID:Bvu9W/fR
>>241
 インターネットで勉強する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E7%BE%85%E6%BC%A2

243 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 05:11:18 ID:oY6lzEYa
そんな程度で阿羅漢の何たるかがわかると言うなら、お前の悟りの薄っぺらさが伺い知れる。

244 :釈迦原理主義者:2006/09/06(水) 08:48:39 ID:ggnk6gBu
 最近思うのですが、仏教の目標である解脱者となることを
あまりにも難しい大事業のように捉えるのは間違いではないか、と。
先ず最初から軽く且つ硬く「できる」と思い込む事が大事だと感じます。
人生何事もそうですが、できると思う人はでき、できないと思う人はできない
のです。
 ゴータマブッダ御存命中は多数の阿羅漢がでました。ブッダという先生・お手本が
目の前にあったからです。ところが、大乗と称する人たちは仏教をえらく難しく
神秘的にしてしまいました。権威付けという賎しい動機もあったでしょう。
だから、反動で念仏を唱えるだけで成仏できるとする八正道無視の超単純ワープ論が
跋扈してしまいました。明らかにゴータマブッダの仏教ではありません。
 
 だから、先ず「できる」と積極的に気軽に捉えましょう。


245 :南無大師遍照金剛:2006/09/06(水) 08:53:44 ID:n7KQHCn5
>>244
なんかの新しい宗教の勧誘ですかヽ(´∇`)ノ

246 :釈迦原理主義者:2006/09/06(水) 09:13:14 ID:ggnk6gBu
>>245
 非仏教徒の弘法大師を個人崇拝していると
そのような揶揄する言葉しかでないのですか?
お里が知れますよ、ニート君。

247 :南無大師遍照金剛:2006/09/06(水) 09:50:46 ID:n7KQHCn5
>>246し…失礼なこと言な
引きこもりちがうもん
( ̄□ ̄;)!!















ヽ(´∇`)ノアクティブなプーだもん♪

248 :承狂:2006/09/06(水) 10:03:46 ID:PO5tAN1/
原理主義者さんへ。
気軽にってのは、如何なものか?
例えば、ダイエット法で、美しくなれるとは言いますが、或る状態を限定して、此が美しいと言うのは、普通有り得ないでしょう。
本来は、目覚めたって意味らしいですが、ブッダの位に至るは、少くとも痩せるよりも大変でしょう。
ナムサンの言い方が舌足らずだって点には同意だがな。

249 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 10:11:09 ID:49NSsg5v

生れを問うことなかれ、行いを問え。火は実にあらゆる薪から生ずる。
賤しい家に生まれた人でも、聖者として道心堅固であり、恥を知って
慎しむならば、高貴の人となる。 「スッタニパータ No.462」

>お里が知れますよ、ニート君。
釈迦原理主義者が聞いてあきれる。


250 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 10:42:07 ID:oY6lzEYa
>>244
方便としては「できる」もよい。
でも、ブッダにはなれない。

251 :南無大師遍照金剛:2006/09/06(水) 11:06:09 ID:n7KQHCn5
>>246
君は、もう「できた」んだよね♪
「できた」からお手本示してるんだよね
ヽ(´∇`)ノすごいね♪
で、2Ch.三昧?
羨ましいね♪

252 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 12:26:42 ID:bj4ilNlH
>>244 念仏だけで成仏はできません。
浄土教は、ブッダの正しい修行が残っている世界(浄土)へ往くための教えです。
ブッダの時代の正しい修行が失われたから、
この世で悟るのが難しくなった。
悟る方法がわかれば悟るのは簡単かもしれないが、
正しい方法が何だったのかわからなくなったら、
悟るのが難しくなる。

少なくとも鎌倉時代の僧侶には、
真面目に修行してるにもかかわらず悟れない人がたくさんいた。
そんな人達は、浄土に正しい修行や正しい教団を求めたわけです。


253 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 12:29:22 ID:bj4ilNlH
>>244 方法さえわかれば「できる」かもしれない。
でも方法がわからない。

254 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 12:42:05 ID:49NSsg5v
方法はあれでしょ。上座部では教えています。
ただ、恐ろしく時間がかかる。
大事業なんてものではない。これ以上の大事業はない。
244はいろいろなものがごっちゃになってよく分かっていない。

255 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 12:47:00 ID:bj4ilNlH
>>254 スリランカ浄土説?

256 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 12:54:59 ID:bj4ilNlH
日本仏教が仏教でないことを一番痛感してたのは、
浄土教の人達なのかも。
もちろん当時はスリランカの存在も知らなかったろうし、
知ってても行けなかったから、
ブッダの正しい教団を浄土に求めるしかなかった。
もしも今の上座部がブッダの時代のままだとしたら、
極楽に往かなくても、上座部仏教の国に浄土があることになる。

257 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 12:56:01 ID:49NSsg5v
254で書いたのは仏陀になるという話のことです。
>>244
>仏教の目標である解脱者となることを
この辺りも書き方があいまいで結局よく分かっていないのだろう。
浄土なんて関係ない。ぷん。ぷん。

258 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 13:06:38 ID:Xvedd/NK
>>249
ニートは「生れ」なんですか?「行い」でしょう。

259 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 13:09:21 ID:X35bQh+v
そうそう仏になるためにはおそろしく時間がかかる
人一人の人生どころではない。何億もの修行と仏に仕えねばいけないのだ。
今ある人生で仏になるための修行をするのは自由だからいいのだけど、
寿命が来て死を迎えたときに、続けて別の世界でさらに修行を継続できるなどと
誰が保証できるのか? 死んでその先がなかったらどうすんの?って話だな。
だから仏教は本来、今ある人生が終わらぬうちに「安らかに悩み無く生きる」方法を
身につけることが目的なわけよ。

260 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 13:13:20 ID:49NSsg5v
>お里=生れ or 賤しい家
ニートかどうか分からんでしょ。
本人は
>アクティブなプーだもん
と言っている。

アクティブなプー ファイト!
このスレでは「南無大師遍照金剛」は目障りなので
「アクティブなプー」とかに変えなさい。
分かりましたね。


261 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 13:16:26 ID:49NSsg5v
>>259
素晴らしい。
前生の事さえ思い出せないのだから仏陀になると
決意したことさえ思い出せないかも知れない。

262 :南無大師遍照金剛:2006/09/06(水) 15:17:54 ID:n7KQHCn5
>>260















ヤダ( ̄□ ̄;)!!

263 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 16:13:46 ID:49NSsg5v
165 みずから悪をなすならば、みずから汚れ、
みずから悪をなさないならば、みずから浄まる。
  浄いのも浄くないのも、各自のことがらである。
人は他人を浄めることができない。(ダンマパダ)

プーを浄めるのは難しい。



264 :釈迦原理主義者:2006/09/06(水) 18:13:48 ID:ggnk6gBu
 どひゃー、帰ってみたらご批判・ご指導の連続!ありがとうございます。
いくつかの論点に触れておきます。
>>248,250、257,259
 私は一度も「ブッダの位に到る」>>244,「仏陀になる」>>257,「仏になる」>>259のが
目標だと言ったことはありません(213・214・218・229・230・237・244参照)。
 ちなみにブッダとは「あらゆる宇宙時期と輪廻と(生ある者の)生と死とを二つながら
思惟弁別して、塵を離れ、汚れなく、清らかで、生を滅ぼしつくすに到った人、
―かれを<目覚めた人>(ブッダ)という。」(スッタニパータ 517)
 問題はゴータマブッダの最大の関心であった解脱者となること(244)=輪廻からの解脱
=最終的な輪廻的生存が止み、涅槃・寂静の平安の境地が得られること(230)です。
この問題意識がなければ仏教徒は言えないと思います。その状態を「ブッダと称するか」
どうか(229)は関心事ではありません。私のゴータマブッダへの問題意識の極要点の一部は
229・230の通りです。



265 :釈迦原理主義者:2006/09/06(水) 18:15:34 ID:ggnk6gBu
>>253
そして上記についての方法は中阿含経 144 (「阿含経典による仏教の根本聖典」増谷
文雄 190〜193頁など)に説かれています。
もっとも「涅槃は正しく存し、涅槃に到る道があり、私は導師としてあり、
しかも、わが弟子の中には、あるものは涅槃にいたることを得、またある者はいたることを
得ないが、
それを、バラモンよ、わたしがどうするということができようか。バラモンよ、如来は
ただ道を教えるのである。」 アーナンダ様や私のようにあまり出来のよくない弟子には、
さすがのブッダも手を焼いておられたようですね。



266 :釈迦原理主義者:2006/09/06(水) 18:17:11 ID:ggnk6gBu
>>252
例えば「極楽にやすく往生す」ルためには「ただねてもおきても南無阿弥陀仏と
となへて」

念仏するだけでOK!(蓮如「御文」五帖目第二十二通)なんて超単純ワープ論そのものであって、
上記中阿含経 144のブッダの立場と調うのかが問題になります。
 もっとも、極楽往生と成仏が同意かは知りません。


267 :南無大師遍照金剛:2006/09/06(水) 18:19:44 ID:n7KQHCn5
仏陀を模倣するのが目的なわけね

268 :釈迦原理主義者:2006/09/06(水) 18:19:47 ID:ggnk6gBu
>>248
「ブッダの位に到る」の文言については上記のとうりです。
 私は解脱に到る心理的な参入障壁を低くした方が実現しやすいのでは?と
提案したまでです。
・出来ると思う人は出来る、出来ないと思う人は出来ない。
・容易だと思う人には容易だ、難しいと思う人には難しい。
    これがコツではないでしょうか。


269 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 18:21:34 ID:bj4ilNlH
仏教は師から弟子へ伝えられるもので、
お経を読んだだけでは具体的な修行法がわからないのでは?


270 :釈迦原理主義者:2006/09/06(水) 18:22:39 ID:ggnk6gBu
>>249
あきれさせ、不愉快な思いをかけたことをお詫びします。
スッタニパータ
を持ち出されて大上段にかまえられると凹んでしまいます。深い意味はありません。
南無氏の揚げ足揶揄にからかい返しただけで、他意はありません。
>>247,251,262、267
トンチンカンぶりは相変わらずだな。揚げてもいない揚げ足を無理やりとるなって!




  


271 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 18:58:09 ID:oY6lzEYa
>>270
お前は経典に詳しいだけで、自らの経験で語れないところがプロレスヲタと同じだな。
中身がないんだよ、お前には。

272 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 20:40:53 ID:bj4ilNlH
>>266 往生とは、極楽世界などの浄土に生まれ往くことです。
浄土とは、仏がいて、正しい教え・理想の教団が存続している世界です。
往生浄土をめざすのは、この世が浄土じゃないからです。
ブッダ滅後時間がたちすぎて、現存する仏教が不完全だからです。
浄土で正しいブッダの教えを学び、修行して、成仏をめざすのです。


273 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/06(水) 23:55:05 ID:dpZ0Qa1u
「諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅爲樂」
日本では
「いろはにほへと・・・」

274 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/06(水) 23:57:26 ID:dpZ0Qa1u
>>272
末法思想??

275 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 00:09:14 ID:p5G+CoP3
色即是空、空即是色さえ理解すればOK?

276 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/07(木) 00:18:09 ID:fNhUHNRk
ここでは、自らが修行し成仏を目指すことしか触れないのかね?
慈悲については語ることはないのかね?



277 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/07(木) 00:41:47 ID:fNhUHNRk
解脱に到らなくとも、慈悲の心を持つことはできます。


278 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 00:43:51 ID:ipDqX02x
>>272

じゃ仏教って、死んで後までもずぅ〜っとお勉強し続けなけりゃいけないんだな。
おれはそんなのごめんだね。遠慮しとく。おれは天国にしとくよw

でも、思うんだが、皆それほど時空を超えてまで修行する意思があんのなら、
充分すぎるほど現世で東大狙えるぜ?

279 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:30:16 ID:xtGjO44V
>>276
成仏を目指す修行の中に慈悲があることを知らないのかね。

280 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:43:52 ID:vAEKR1e+
法話を聞く会でお茶が出たので手を出したら僧に罵倒された。
そこはそいつの寺じゃないし、俺はそいつの弟子でもないし身内でもない。
茶は飲まれるために出されるのであり、
どうぞと言われた以上それを飲んで何が悪い。

道を求める者同士対等ではないのか?
座り方とか飲食の作法とか形式、形式、どこまで行っても形式ばかり。

日本人なんだから日本語で仏典が読めるよう翻訳したものを読経したらどうだ?
タイ人だってチベット人だって自分の言語で読経してるぞ。

鎌倉仏教諸派は教えの内容を消化した上でそれぞれ発展して行ったと思う。
そういう教えの内容じゃなくて、師弟関係のあり方、システムにおいて、
日本の仏教は全然仏教じゃないと思う。知性のかけらも感じられない。


281 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:47:58 ID:ipDqX02x
しょせん、仏教なんてそんなものさ
いくら仏教を極めてますって人も、気に障れば怒るし、裸の女がいれば勃つ。
悟り、解脱、涅槃なんて創造の産物さ。

想像してごらん、涅槃なんてないんだと。

BY.ジョン

282 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:49:37 ID:gQx+Stsz
その僧は凡庸だろうと思うけど、基本的にはまずは礼節から
自発的な礼の心を欠いた人間が多すぎて
当たりやすい君に当たったのかもしれない
あと文面を追い求めるのが仏教ではないよ

283 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:51:38 ID:gQx+Stsz
次元の問題だよねー
殺意に抑えが効かない人から
何事にも平然としている人までいろいろ

284 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:52:25 ID:ipDqX02x
君はオナニーをしない僧を見たことがあるか?

GUNDAM

285 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:54:22 ID:gQx+Stsz
性欲というのは
20代では毎日やってる人から月に3回ぐらいの人までまちまちだよ
原理主義でもなければ呪縛にはしないだろう

286 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:55:45 ID:gQx+Stsz
要は精神性

287 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:58:13 ID:ipDqX02x
ということらしいので、八正道は人間には無理だそうでつ

288 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:03:08 ID:gQx+Stsz
八聖道はたしかに難しいね
どこかの寺のプチ修行で10日間でもできれば上等

289 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:05:12 ID:gQx+Stsz
性エネルギーは聖エネルギーになる
クンダリニーの調性によって
精神は失調すると悪い念に満たされていく
それは他人には関係なく、常に自己のうちにおけるもの

290 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:06:46 ID:tXigviho
八正道も八聖道も知らないが八百長は知ってる。

ソープにカブに乗ってやってくる坊主も知ってる。

291 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:10:09 ID:gQx+Stsz
そういう縁なんじゃないの?
そういうものに巡りあい易いという
うちの寺は本当に善良な僧ばかりだよ

292 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:11:01 ID:gQx+Stsz
精神とは自己のうちにおけるものなので、
他人のことは関係ないでしょう

293 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:12:13 ID:ipDqX02x
>>289
なら、吉沢明歩や美森ここの悩殺ヌード写真集も聖エネルギーになるんだね。
オナニーも修行なんだね。
涅槃は逝ったときの一瞬の快楽だったりw

294 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:13:00 ID:gQx+Stsz
ぜんぜん違うよ

295 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:13:33 ID:gQx+Stsz
サークルとかは入ってた?

296 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:21:05 ID:ipDqX02x
セクスやオナニーや気になるあの子がいても、悟りは得られるのか?

仏教の教えを極めた人に聞きたいけどさー、目の前に生まれたままの姿で
長澤まさみや堀北真希が現れたら、教えを守って無関心でいられるか?
長年の修行を台無しにしてでも男であることに正直になるか?


しかし、個人的には黒川智花だ!


297 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 03:04:00 ID:gQx+Stsz
いちおう言っておくけど実際の仏閣ってそんな戒律まみれじゃないから。
守りたい人が自発的に守るもの。強制するものじゃない。
そのへんは大学とかといっしょ。やめたけりゃやめればいい。
学祭に堀北真希とか黒川智花が来たとしてサークルの活動投げだして観に行っても
それで修行が台無しになるわけでもない。仲間からの信用が少しなくなるぐらいなもんで。
仏教的にはどれだけ愛執が断てるかどうかそれ自体が問題で、
断てなかったからどうこうってもんでもないよ。

そういやうちの大学ソニン来たな〜
見たかった

298 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 03:49:34 ID:NqaXpWQa
>>297
>実際の仏閣ってそんな戒律まみれじゃないから。

まあ、あらためて、白けさすようだど、マジレスすると

だから、世俗に妥協して、葬式仏教に成り下がってるというのが、
このスレの主旨なんでしょ。


その証明にしか読めないんだが・・・・・・・・・・・・・・


299 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 03:52:12 ID:gQx+Stsz
反動形成になるようならやめたほうがいいね
しかし仏閣内の霊性は保たれているので
そこにいるということが重要なのだよ
本当に精神性の高い状態になるためには・・・を考えないとね

300 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 03:53:27 ID:gQx+Stsz
戒律は自然と守られるのが大切
その精神が
守れない者にそれを強要すれば異常な反感を買うから
それをしなくなったという流れでしょう

301 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 03:55:26 ID:gQx+Stsz
実際の仏閣の僧はたいがい高潔なものだよ

302 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 03:56:47 ID:gQx+Stsz
日本が宗教国家でない限りはそれを強要してはならない
ガチガチなのも自分としては結構だが

303 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 04:02:15 ID:gQx+Stsz
仏閣内の霊性を保つことがどれほどの努力のうえに成り立っているのかを知るためには
自分の家の仏壇やら神棚をどれほど真摯に祀らなければその力と作用が出てこないか
実際にたしかめてみなければ、まずわかることはない
それをせずに人は自分の願望で貶めるような批評をするので俺は嫌いなんだよな

304 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 04:03:33 ID:gQx+Stsz
形式だけで祀ってもなんの反応もないよ
出てくる霊気もない

305 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 05:23:30 ID:xtGjO44V
仏教ではマスターベーションも戒律で修行僧には禁止されている。
タイではデク・ワットといって寺に住み込んでいる在家の子供たちが
僧のゴミ箱をあさりティッシュの臭いを嗅ぐとか。
やっていないかどうかって。
元大阪大学教授 青木 保さんの著書にある。

日本の坊さんは、無理でしょう。
止め方を知らないから。


306 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 07:02:18 ID:qd7OAkck
ヽ(´∇`)ノ
あのさオナニって排泄行為だよ?
オナニして修行に集中出来るなら最高じゃん?
オナ禁止したらなんか良くなるの?

307 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 07:28:04 ID:8n6fb6fU
>>275 日本テーラワーダ仏教協会のスマナサーラ長老は、
色即是空は正しいが空即是色は間違いだと言ってます。


308 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 07:54:02 ID:40rvVO+4
タイの寺はパワーがある
サンガの子らとも戯れてきた
霊性は日本の仏閣のほうが繊細さがある
うちの寺はかなりワット系だけど

309 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 07:59:45 ID:40rvVO+4
戒律を守り、目的とするものは何か
日本の四季の風土ではどうなるかな

310 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 08:40:35 ID:qd7OAkck
ティッシュが駄目なら葉っぱに汁ヽ(´∇`)ノ


311 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 08:50:46 ID:ipDqX02x
苦しみの根本原因である執着から離れる。
崇高な仏教の教えであっても、本能の性欲には勝てなかった
…ということネ



312 :釈迦原理主義者:2006/09/07(木) 09:11:41 ID:QQSIKQNm
無明のさらにその奥にある生命保存本能
 ・呼吸欲
 ・睡眠欲
 ・食欲+排泄欲
 ・性欲     など
これらの抑制は「苦行」そのもの。生物学的な死がある。
ブッダは縁起弁証法的止揚で克服された(中道)。
ブッダの解脱の真奥に何があったのか。
徹底的な厭世観の確立⇒永遠の輪廻からの解脱
方法論としての徹底思考瞑想・・・さらに追求を要する

313 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 09:21:38 ID:qd7OAkck
オナ禁なんて自己満足ょ
( ̄^ ̄)y-~~
俺なんか中学の時なんてオナ禁してたけど2週間もすりゃ夢精してたし
実際定期的に精子だしてると精神、体、気充実するょ
長い間精子ださないでいると気が減るね
その結果思考力減ってくる
そう
ちょうど断食してる時といっしょ
性欲ギンギンにたぎらせて悟り開いてこそ本物じゃね?
オナニしたから悟れない悟りなんて本物じゃないね(_)y-~~

314 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 09:28:33 ID:40rvVO+4
タイの寺院でも一般市民の仏教との関わりは日本とかわらないよ
仏像を拝んで経を読む
花を供えたり寄付したり
日本よりは密着していて信仰心も厚く朝は食事をしていたりサンガには子どもが多い

315 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 09:31:49 ID:ipDqX02x
いろいろ書いてるが、要は執着から離れられないということネ
ソフィストな仏教ここにありw

316 :承狂:2006/09/07(木) 09:55:30 ID:pVhxAPJl
何もしねぇでブタになるより、某かの美学

317 :承狂:2006/09/07(木) 09:57:46 ID:pVhxAPJl
が、あった方がよかネェか?
仏教はその一つだ。

318 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 09:58:44 ID:qd7OAkck
オナニしても修行できるぜ?
( ̄^ ̄)y-~~
もしかしてオナ禁自体が修行なのかい?
オナ禁がなんの修行になる


319 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 09:59:24 ID:ipDqX02x
オナヌーすることが美学らしい
やはり滅法の世かねえ

320 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:00:58 ID:ipDqX02x
記憶ある?笑
執着からはなれられないんだよネ
それとも君のは新興宗教かい?

321 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 10:04:30 ID:qd7OAkck
いつも歓心するけど
お前ID:ipDqX02x レベル低いよな
そんなレスさておもろいの?

322 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 10:05:04 ID:gQx+Stsz
頭の中オナニーばかりだな
サークルでもやれば

323 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:15:19 ID:NqaXpWQa
あんまり偏見なかったつもりだったけど、
サイテーって、わかった(笑


324 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:16:15 ID:ipDqX02x
そっか、今度は個人攻撃ネ
おもしろいねえ
自己の執着に対して、理由付けして正当化してんだもんw
まともに回答してないしねえ
執着から離れることできないんでしょ?認めちゃえば?
!!
そっか、趣味で仏教やってんのか笑


325 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 10:17:42 ID:gQx+Stsz
侮辱ばかりしている者よりはマシでしょう
なぜいつも粘着してくるのだろう

326 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:21:33 ID:ipDqX02x
日本の仏教は仏教じゃない

今のテーマは、悟りを開くのに執着から離れなくてもできるのか。
分かんなかった?
答えられないから質問ゾッコー中なだけだが?
回答に窮したら粘着扱い?
まったくおもしろいねえw

327 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 10:22:50 ID:qd7OAkck
>>324
趣味だと( ̄□ ̄;)?
失礼な













そんな高尚なもんじゃねーょ





(-.-)y-~道楽だから

328 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 10:22:58 ID:gQx+Stsz
いや君のことではないのだけど
まず自分がその執着から離れてからでないと
説得力がないな

329 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:23:58 ID:ipDqX02x
何故?漏れは仏教やってないんだが?

330 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 10:25:01 ID:gQx+Stsz
結局人の批判だけか

331 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 10:25:54 ID:gQx+Stsz
自分は何をやってるの?

332 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 10:26:04 ID:qd7OAkck
ID:ipDqX02x
お前ほかのスレッドでも俺に粘着してるよな
まぁ、無視されるよりいいけどさ
俺ってカマッテちゃんだからさ
だから粘着されるの嬉しいよ
(ΦωΦ)
ほらカマッテよ

333 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:26:28 ID:ipDqX02x
無宗教

334 :名無しさん@←ブラックホール:2006/09/07(木) 10:26:44 ID:gQx+Stsz
宗教以外では?

335 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:27:21 ID:WRprRJKU
>>332
ID:ipDqX02xじゃないが
pu 暇なんだなw






俺もだよ…orz

336 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 10:28:54 ID:qd7OAkck
ほらID:ipDqX02x
俺のソウルに火を付けるようなフレーズを言ってみろ
おまえID:ipDqX02x もただの煽り厨か?

337 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:29:30 ID:ipDqX02x
>>332
だって面白いんだもんw

>>334
セクース中

338 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 10:33:29 ID:ipDqX02x
>>336

漏れは仏教よりも、女の神秘を悟りたいw
ってのはどーだ?

あんたも執着から離れられんのだなw

339 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 10:36:08 ID:qd7OAkck
あ、ごめん
折角レス返してくれたけど
急用

340 :シヴァ大神の化身:2006/09/07(木) 10:48:37 ID:/IK/WW3J
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

私は今生の救済活動を終えて、もうじき入滅する。

2ちゃんねるの住人達よ、
いまだ教団に残っている哀れな弟子達の
脱会・社会復帰を支援してほしい。

よろしく頼んだぞ!



341 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 13:27:38 ID:40rvVO+4
随所に主と作れば
立処皆真なり

なんらかの人の自由を奪うことに
夢中になっている人も多いね

342 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 13:29:47 ID:40rvVO+4
携帯

343 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 13:31:39 ID:40rvVO+4
自分の自由が奪われるよ

344 :10:2006/09/07(木) 17:42:26 ID:UaColwYH
このスレの南無金は、ほんの少しだが見直した。

345 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 20:47:23 ID:T80nAHxr
スレタイ >日本の仏教は仏教じゃない

で、これからどうしようというのかな?
宣言するだけならサルでもできるw
具体的ビジョンの提示も同時にしてほしいもんだ(´ー`)y━~~

346 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:25:03 ID:xtGjO44V
インドのバンガロールには少なくとも日本のよりはましな手本が
あるのだろう。そのビジョンが君には見えないのね。呉れ呉れ君あわれ。

347 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:29:13 ID:T80nAHxr
>>346
日本の風土、文化、行政、現状、等の中へ、
それを、どうやっったら組み込んでいけるのか?
が聞きたかっただけだい!


       .。 ∧,,∧ 。
      。・゚・ (    )っ・゚・。
         .(  oノ
           `J

348 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:35:57 ID:xtGjO44V
君にも脳みそはある。

349 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/07(木) 22:36:35 ID:fNhUHNRk
娑婆即浄土

350 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/07(木) 22:37:20 ID:fNhUHNRk
毎自作是念 以何令衆生
得入無上道 速成就佛身




351 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/07(木) 22:45:56 ID:fNhUHNRk
今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり
仏既に過去にも滅せず未来にも生ぜず
所化以て同体なり此れ即ち己心の三千具足三種の世間なり


352 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 23:11:18 ID:qd7OAkck
インドの仏教って成熟してないんじゃね?
ヒンズより少ないし
ってかインド仏教絶滅じゃん
日本人がインドの仏教再こうしてるの知ってる?

353 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:15:04 ID:YWW7SMx/
そんなにお坊さんになりたいのでしたら指南書「かたつむりの詩」を読んでみなさい。インターネットで無料公開していましたよ。

354 :南無大師遍照金剛:2006/09/07(木) 23:17:02 ID:qd7OAkck
(´・ω・`)?
お坊さん?
誰に言ってんの?

355 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:18:17 ID:YWW7SMx/
貴方です。

356 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:42:10 ID:ipDqX02x
結局これでしょ
悟りを開くのに執着から離れなくてもできるのか?

これを無視していくら議論重ねても無駄な気ガス
はぐらかしじゃなくてちゃんと答えられる人いる〜ノカナ
「できない」と答える人がいたらその人にとっての仏教っていったい何?

357 :南無大師遍照金剛:2006/09/08(金) 00:01:59 ID:OoqifQj5
また、おいでだねID:ipDqX02xさんw
宗教って人生かける程のもんじゃないよ?
宗教は手段だよ
人生を楽しむ為の
人生を楽しむ為に必要で悟るならありだけど
悟の為の人生って何よ?
悟りって言葉使えば高尚だけど
悟りの意味知ってる?
俺は知らん
何故なら悟ってないから
それに悟は必要無いしね

何故悟り必要ないかって?
悟り使うと人生楽しめそうにないじゃん
風俗とかに行けなくなりそうだし

358 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 00:06:23 ID:kfdl6Gp/
あんたは何でよく分からんのに仏教やってんだ?


359 :南無大師遍照金剛:2006/09/08(金) 00:09:20 ID:OoqifQj5
仏教は悟らなくても実用的
使い方知ってれば因縁からある程度の未来"予測"出来るようになるしね
上達すれば予測の精度あがるし
勘違いしないでな
だからと言って馬券や宝くじ当たるわけじゃないから〜予測であって予知じゃないからね
真面目に生きて最高の結果を出すための手段の一つがそれが仏教

360 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 00:12:30 ID:kfdl6Gp/
へえ、人生上手くいってるんだ?
そういう奴はあまり宗教やらないんだが
あえて宗教である必要もないな

361 :南無大師遍照金剛:2006/09/08(金) 00:26:03 ID:OoqifQj5
多分君は仏教を魔法だと思ってるんじゃね?


362 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 00:28:11 ID:kfdl6Gp/
そうなの魔法なの?
はじめて聞いたけど
悟りを目的としてない仏教もはじめて聞いたがね

363 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 04:22:59 ID:RIBv4ZgK
インドの新仏教はもう一億人いる。
日本よりよっぽど熱心だ。
なにより原典の梵語が読めるやつが大勢いるのが強みだ。
俺らもシナで変に歪められた仏教なんぞ破棄して梵語から始めないか?

364 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 06:06:27 ID:1rLb1TkE
ここはかんながらの国ですからねぇ
それぞれの在り方が認められないうちは子供
というかまったく見とおし悪いね

365 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 08:01:44 ID:QN+lIRx4
http://www.j-theravada.net/
日本テーラワーダ仏教協会
ここの長老が以前テレビ番組で、TOKIOの国分太一さんにヴィパッサナー瞑想を指導してました。

366 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 09:48:29 ID:VCUMk3Eg
>>363
デーワナーガリー文字で書かれていてもパーリ語でしょうね。

367 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 10:59:47 ID:kfdl6Gp/
悟りを開くのに執着から離れなくてもできるのか?

368 :聖霊大王:2006/09/08(金) 12:17:52 ID:ZKonX+tE
367サンの考えの方向性は密教が答えてくれます、、、

369 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:22:06 ID:GBRa340R
悟りを開いた奴で2ちゃんに書き込むような奴はいない。
2ちゃんに書き込んだ時点で一生悟るのは無理。

もちろん俺は悟ってないよ。

370 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:25:35 ID:dY8x91Ef
「悟り」って煩悩・執着が一切消滅するんだよな?
生きながらにして。

それは在家が修するのは無理だろう。
だから釈尊は出家のサンガを作ったわけで


371 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:26:49 ID:GBRa340R
出家して、ブッダになれたのは釈迦だけ。

372 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:31:48 ID:kfdl6Gp/
そうそうだからさー、悟りを無視しては仏教って語れないと思うんだよねー。
でもさ、仏教やってまーす!って人は、悟りに関してあまり重要に考えて
無い気がスンのよ。苦しみから解放されるには執着から離れることだと
釈迦サン言ってたろう? でも執着から離れられた奴、いる?

はっきりいって、人間には無理だと思うわけだが

373 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:35:21 ID:dY8x91Ef
大乗仏教でも、「方便」が目的になってしまっている感は
あるかもね。抜苦与樂とはいえ、「ご利益」に執心したり
自己実現に狂奔したりするのは、仏教とは違うかな、
という気はする。

374 :10:2006/09/08(金) 18:42:13 ID:9F3b3U5b
ブッダを頂点に偉い・偉くないのヒエラルキーを作って疑わないところが
宗教の幼稚さ。
そのピラミッドを逆さまにして地面に埋めてみよう。
それが実質的価値かもな。

375 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:44:25 ID:m8Evtg9o
ブッダが頂点だろ

376 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:44:48 ID:GBRa340R
ブッダを多く輩出している仏教こそ、「本当の仏教」に相応しい教派だが、完全に仏教から逸脱するものである。
「ニセ仏教」であり、もはやカルトと呼ばざるを得ない。

377 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:47:10 ID:gltNft1W
ブッダは釈迦の事じゃないんでしょ。
誰でも悟りを開けばブッダになれる。

378 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:51:24 ID:PMA709LK
仏陀が神を否定していると言うのも日本仏教特有のイメージなのではないか?




379 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:52:39 ID:GBRa340R
誰でもブッダになれない。
釈迦しかブッダになれなかった。

380 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:53:37 ID:gltNft1W
>>378
もともとは神を信仰していた(バラモン教)けど
釈迦が文句をいって仏教作ったんでしょ、

381 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:57:30 ID:m6XgIHL1
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1149782492/162

382 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:59:27 ID:kfdl6Gp/
>>379

正解!(博多華丸)


383 :松山義人:2006/09/08(金) 19:01:05 ID:Anua8xfD
念仏宗にはキリスト教のように
「 野蛮な偶像崇拝のような言語表現はいけません 」という
考え方があるようです。



384 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:02:56 ID:m6XgIHL1
歪んでいるもののみが歪みを見る
子どもは常に移り変わっている

385 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:03:30 ID:GBRa340R
野蛮な偶像崇拝のような言語表現て例えば、どんなやつ?

386 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:04:05 ID:gltNft1W
釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、五智如来、大日如来、阿?如来
宝生如来 、不空成就如来 、胎蔵界五仏 、多宝如来 、毘盧遮那仏
弥勒仏 、普賢王如来

は仏陀でしょ???

387 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:04:47 ID:m6XgIHL1
天から見下ろせば冒涜されるのはなるほど
人間の摂理に適っている

388 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:06:54 ID:GBRa340R
>>381
悟ったかどうかは誰が決めてくれるの?
なんか英検っぽい。
あー、悟り3級落ちたよ、俺みたいな?

389 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:08:33 ID:kfdl6Gp/
全部は知らんが、仏像はほとんどが釈迦の一面を表したもの。
釈迦が悟りを開く過程の姿が観世音菩薩、病人を看病していた
姿が薬師如来ということ。
阿弥陀如来については、宝蔵という人物を歴史的に確認できないので創作と思われ。

390 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:09:00 ID:m6XgIHL1
テストなど存在しないので
指導者か自己判断でしょう
霊感があるのなら神仏からの評価でしょう

391 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:10:01 ID:kfdl6Gp/
想像してごらん、
  悟りなんてないんだと

ジョンレノン

392 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:10:16 ID:GBRa340R
>>386
僕たち娑婆世界に住んでるじゃん?
娑婆に生きる者の宿業があるのかないのかわからんが、娑婆世界でブッダになったのは釈迦だけだよね?

娑婆以外の世界を知らない俺だから、娑婆以外のことを言われてもわからん。

393 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:13:37 ID:GBRa340R
Imagine. There's no enlightenment.〜♪
歌いにくっ

欧米か!

394 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:13:49 ID:DJcAg3S9
根本如来・・・龍種如来

三大如来・・・釈迦如来、薬師如来、大日如来

経典如来・・・阿弥陀如来、五智如来、阿?如来、宝生如来

方便如来・・・不空成就如来 、胎蔵界五仏 、多宝如来 、毘盧遮那仏、弥勒仏 、普賢王如来

395 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:16:56 ID:GBRa340R
根本如来って、日本人の根本さんて人で仏になった方が居られるんですか?

396 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:19:03 ID:kfdl6Gp/
法華経では仏になるためにはガンジス川の砂の数程の仏に仕えねばならない。
とあるから、何億もの仏がいることになる。

だから、いねーよ。
そんな昔からなら、宇宙もねーよ。


397 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:20:16 ID:kfdl6Gp/
>>395

正解!(博多華丸)
アタックチャーンス!

398 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:21:58 ID:GBRa340R
>>396
それは否定しちゃいけないとこ。

399 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 22:07:42 ID:VCUMk3Eg
>娑婆世界でブッダになったのは釈迦だけだよね?
残念。ゴータマ・ブッダは誰のもとで仏陀になる誓願を
立てたのでしょうか。よ〜く考えよう〜。仏陀は大事だよ。


400 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 22:10:01 ID:GBRa340R
誰?

401 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 22:22:54 ID:VCUMk3Eg
言っても分からんだろう。

402 :10:2006/09/08(金) 22:27:39 ID:eY1RHqMO
世俗を否定しながら世俗に絡んできて吸いつく仏教は糞。

403 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 22:28:13 ID:GBRa340R
釈迦がブッダかすら正直な話、わからんから、わからんだろうね。

404 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 22:33:36 ID:GBRa340R
で、誰?

405 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 22:48:33 ID:VCUMk3Eg
分かろうとしないからではないか?
訳の分からん情報の中から本当らしい情報にたどり着く
努力が足らんのではないか?

406 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/08(金) 23:00:24 ID:AGFtUy/i
今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり
仏既に過去にも滅せず未来にも生ぜず
所化以て同体なり此れ即ち己心の三千具足三種の世間なり





407 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/08(金) 23:07:28 ID:AGFtUy/i
釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、五智如来、大日如来、阿?如来
宝生如来 、不空成就如来 、胎蔵界五仏 、多宝如来 、毘盧遮那仏
弥勒仏 、普賢王如来

は全て仏陀です。

仏陀は、過去にも現在にも未来にもあります。
自然の法則は 過去にも現在にも未来にもあるのと同じです。

釈迦という存在はそれを人間にわかりやすくするための方便です。






408 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/08(金) 23:15:03 ID:AGFtUy/i
仏が過去にも現在にも未来にもあるように、
地獄も過去にも現在にも未来にも、全てのあらゆるところにあるのです。

地獄、餓鬼、畜生、修羅、天は人間では心の状態を表しているのです。

409 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/08(金) 23:20:05 ID:AGFtUy/i
涅槃は、単に煩悩の火が吹き消えたというような消極的な世界ではなく、
煩悩が転化され、慈悲となって働く積極的な世界である。
その転化の根本は智慧の完成である。ゆえに「さとり」が智慧なのである。


410 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/08(金) 23:27:54 ID:AGFtUy/i
法華経では仏になるためにはガンジス川の砂の数程の仏に仕えねばならない。
とあるから、何億もの仏がいることになる。

ガンジス川の砂の一粒一粒が仏(仏性と言ったほうがよいかも)であるとも言える。

現在は、砂かも知れないが、過去には人間であったかも知れないし、未来には人間になり、また仏となるかもしれない。

411 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/08(金) 23:31:00 ID:AGFtUy/i
しかし、砂は砂である。

412 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 23:34:44 ID:QlBO+so8
>>410-411
個性的な読みですねw

ま、自分はこう読む、という表明なら別に構いませんが・・・(´ー`)y━~~

413 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 23:34:51 ID:6XyNoiuh
老いれば自然にけっこう悟るよね
説法イラね

414 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 01:49:07 ID:5EeuE/MU
>>393
GJ!

415 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 03:05:32 ID:26fAsQCb
>>405
努力はお前に任せる。
で、誰?

416 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 04:27:47 ID:FKVoin7Q
シランガーナ(´・ω・`)

417 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 04:59:18 ID:0eFn7gQ6
>>1
まず、まともな活動をしている日本の宗派を学んで言ってください。


418 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 07:47:58 ID:73DJKoh2
 現世で輪廻からの解脱を目指すというゴータマブッダのコンセプトからすれば、
輪廻の原動力となるカルマを生じさせる無明:渇愛を滅却させる以外にない。
ブッダの論理は非常に明解だ。解りやすい。
『臭い匂いは元から絶たなきゃダメ!』要するにこれだけのことだ。


419 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 07:58:03 ID:XXjvXp8l
>>417
 それがあると思うなら、>>1は初めからこんなスレ、立てないだろ。
寧ろ、>>1に対して、これぞ、
   >まともな活動をしている日本の宗派
                を教える義務があるだろ
>>419
 要は2ちゃんの慣用表現、
    市ね、史ね、師ね‥
           で済むわけだ

420 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:04:28 ID:siHsrfPz
これで、オシャカって、いうよね。

そのオシャカってやっぱり仏教なのかw

421 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:17:21 ID:26fAsQCb
ある陶芸家が作品に失敗して、窯の火が強すぎたのが原因だとわかって、こう言った。
「火が強かった」

それが、火が強かった
→ひがつよか
→しがつよか
→しがつようか
→四月八日( ̄口 ̄)オシャカチャンノタンジョウビ…
となって、オシャカという言葉が産まれた説があるらしいよ。

422 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:20:05 ID:73DJKoh2
>>406〜411
      否認 ブッダのコンセプトではなく
         1.の批判がそのまま該当する。
    たとえば、諸仏とやらの実在を経験的に実証しろや。
        単なる妄想にしかすぎぬ
   智慧は真実を悟る為の脳力問題であって悟りそのものではない。
   悟ったあと確実な厭世観を確立し全身的納得の上で「飛んで」
   はじめて輪廻からの解脱=涅槃が実現する。不可逆的飛翔だ。
   
   慈悲もそれ自体が目的ではなく、解脱への清浄道の問題だ。
   
   大乗を鵜呑みするまえに仏教の原点であるゴータマブッダを
  徹底的に学び直せ。
     
   

423 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:50:32 ID:uOvBJlT0
ガンジス川の砂は数え切れないほど多いという喩え
八百万と同じ
デモクリトスの時代から素粒子の概念はあったが真宗の場合は阿弥陀仏に教えてもらったんだろう

424 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:52:46 ID:uOvBJlT0
本質は直接性から、また他社に対するどうでもよい関係から自分との単純な統一に帰った有である。

425 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:52:58 ID:00sZZOMu
仏教徒にあらためて質問する。

あなたは執着から離れることができるのか?
また今までに執着から離れられた人間は存在するか?


426 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:56:58 ID:uOvBJlT0
執着を離れたら掲示板なんてやらないでしょ
ここで聞くのがそもそも間違い
修行に適した風土のインドに行かないといないかもね

427 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 08:59:50 ID:uOvBJlT0
脳細胞の一つでも偏ったなにかに執着していてはならないというのなら
一人もいない

428 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 09:05:13 ID:qZ2Gm1WH
だから執着に離れるってなんの執着から離れるの?
何?
努力する執着から離れるの?


429 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:25:00 ID:WnehkDQi
>>390 52位まであるというのは大乗仏教的な考えかも。
でも、瞑想すると誰でも同じ段階(ステージ)を体験するらしい。
だから先輩の体験談と照らし合わせて、自分の段階がわかる。
話を聞く先輩がいないと、
悟りのほんの入り口なのに
もう自分は悟ったと勘違いして
振興宗教おっぱじめることになる。




430 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:27:20 ID:gLJkHeEU
>>425
執着から離れられない我々凡夫が救われる教えが仏教ですよ

431 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:37:43 ID:00sZZOMu
執着から離れ、苦しみから解放される教えが、仏教だと思うが?
それがなければ、悟りにも至らず、救いもない。
あとは、人生啓蒙セミナーのようなもの

>>430は、新興仏教の浄土真宗?

432 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:41:50 ID:ojdnh6bM
>>38
まあまあ押さえて、小学生相手にしても始まらないでしょw

433 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:43:10 ID:ojdnh6bM
>>38
まあまあ押さえて、小学生相手にしても始まらないでしょw

434 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:45:43 ID:26fAsQCb
>>431
お前の未来には悟りも救いもない。
釈迦以外でブッダになった奴はいない。

435 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:50:54 ID:00sZZOMu
>>434
あなたは執着から離れることができますか?
漏れは、人間にはできないと思う。故に、仏教での救いは在り得ない。
あなたも永遠に悟れないことは保証しましょうw

436 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 09:57:00 ID:WnehkDQi
>>425 執着と意識の回路をいつでも断てるようになれば、
執着するのも執着しないのも自由になる。

忘れっぽさと、自在に思い出せる智慧と、両方身につける。
昨日相手に殴られたことさえ忘れる。
初対面の人に接するかのごとく、昨日自分を殴った相手にも
敬意と礼で対する。
しかし、相手が誰であるかを本当に忘れちゃったらただの痴呆。
不快な情報は忘れ、大事なことは意識的に思いだす。


437 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:00:46 ID:26fAsQCb
>>435
同意。
でも、方便によって与えられる安心感はあるよ。それを救いと呼ぶかはわからんが。

438 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:34:15 ID:WnehkDQi
たとえば「南無阿弥陀仏」という方便に意識を向けるとする。
心に「南無阿弥陀仏」以外のことが浮かんでも、
すぐに「南無阿弥陀仏」に意識をもどすようにする。
物音に意識が向いても、すぐに「南無阿弥陀仏」にもどす。
過去の記憶に意識が向いても、すぐに「南無阿弥陀仏」にもどす。
「南無阿弥陀仏」が心の家であり、
他のことを考える時は家から心がおでかけしている
…というかんじ。
あるいは、「南無阿弥陀仏」が心の主人であり、
「南無阿弥陀仏」以外のことが浮かぶのは心に一時的に訪れた客人
…というかんじ。
怒りも悲しみも、必ず過ぎ去る客。
雑念が過ぎ去れば、「南無阿弥陀仏」にもどれる。
「南無阿弥陀仏」にもどれば、雑念は過ぎ去らざるをえない。
なぜなら、意識は同時には一つの対象しかつかめないから。


439 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:42:09 ID:00sZZOMu
>>438
浄土真宗は新興仏教だから、対象外
あれでしょ、死んだ後、浄土の国で悟りを得る修行にはいるんでしょ?
そんな、時空を超えてまで、お勉強したいものか
そんな熱心さがあれば、今世で東大に入れると思うがね‥
しかし、死んで必ず浄土に逝けると、誰が保証している?何も無かったらどうすんの?
親鸞だって、浄土の考え方は嘘かもしれないが、他に仏教で救われる方法がないから
自分は後悔しないと、正直な気持ちを書いてるよ?
浄土真宗は、完全に信じられる根拠はないのですよ

440 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:44:59 ID:00sZZOMu
>>436
>執着と意識の回路をいつでも断てるようになれば、

それが人間にできるのか?
できる人をみせてくれ

441 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:48:38 ID:26fAsQCb
>>439
信仰に根拠などないだろ。

442 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:50:02 ID:00sZZOMu
>>441
確かに。
美人の女の子を神と崇めるのも信仰。自由だな。
馬鹿げてはいるが‥

443 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:51:57 ID:73DJKoh2
先ず、できないと考える人間にはできるない、できると考える人間にはできる
先ず、難しいと考える人間には難しい、容易だと考える人間には容易だ

 これが人生全般の極意だ 
 80:20法則(パレート法則) 左側が80=大部分の負け組=輪廻組
                   右側が20=少数の勝ち組=解脱組
解脱した阿羅漢はブッダ存命中は多数出た。パーリ仏典その他阿含経典等参照。
あれだけ“如是我聞”の主アーナンダが、仲間がどんどん解脱するなかで
なかなか阿羅漢に達せられず苦しむさまは胸を打たれる。
各人によってグラデーションがあるのは当然だ。

現代の葬式大乗坊主に解脱した者がいるわけがない。ボタンを掛け間違っているからだ。



444 :443:2006/09/09(土) 10:54:10 ID:73DJKoh2
× できるない
〇 できない

445 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:57:35 ID:WC0HA/B0
新興仏教でも別にかまわないでしょう。
新興でない仏教も、「信じられる根拠」は無いわけでしょう。

どうして人間釈尊を無謬の絶対存在として信じられるのか。
子どものときからの文化的な刷り込みでしょ?


446 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:58:22 ID:00sZZOMu
>>443
もっと簡単だ。
できると思っても、できないものはできない。
かつて、ナショナルキッドという番組を観た子供が、空を飛べると信じて
風呂敷のマントをつけて、高いところから飛び降りて大怪我をする事故が続出した。
信じても、できないものはできない。
信じたからといって、自分の手が長くなるわけではない。
まず自分をよく知ること。
これこそ、人生全般の極意だ。

447 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 10:59:56 ID:00sZZOMu
>>445
執着から離れることができますか?
漏れは、人間にはできないと思う。故に、仏教での救いは在り得ない。


448 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:00:26 ID:WC0HA/B0
日本の宗派で1の主張する仏教に一番近い教義なのは法相宗だよね。



449 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:02:48 ID:26fAsQCb
できると思って、ブッダになることができた奴はいないがな。
てか、できないからやるんじゃないの?
俺が大学に通ってるのも自分を無知だと認めたからこそであって、大学教育によって賢人になることが理由ではないよ。
勉学に励んだ結果、入学前より賢くはなるだろうと期待はしてるが、結果は後から付いてくるもの。
今やるべきことをやるだけだな。


てか、読書感想文を書かないといけないんだよ、俺は!

450 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:04:19 ID:00sZZOMu
>>449
がんがれ!

451 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:06:37 ID:WC0HA/B0
>>447
在家では無理でしょうね。
人間釈尊に出来たのだから俺にも出来ると
おもって励むのが上座部とかの出家仏教ですよね。

日本にもごくまれに独身・童貞の修行僧がいるようですが。

452 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:09:57 ID:26fAsQCb
ありがd

453 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:10:38 ID:26fAsQCb
出家しても無理

454 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:14:44 ID:WC0HA/B0
>>453
無理なのかどうかは無理だと思う諸君がやってみる以外にない。
釈尊以来、一人もブッダがあらわれてないとしても
諸君がブッダになる可能性がゼロというわけではない。

455 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:19:36 ID:26fAsQCb
ゼロだよ。

456 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:33:09 ID:26fAsQCb
>>405
誰?

457 :443:2006/09/09(土) 11:33:39 ID:73DJKoh2
ゼロと思う奴にとってはゼロだ

458 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:37:06 ID:26fAsQCb
誰がやったってゼロだね。
本気で集中して修行したい奴は出家するもいいと思うよ。

459 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:58:42 ID:WnehkDQi
>>440 口で「あいうえお」・心で「いちにぃさんしぃご」
と同時に念じてみてください。
「その瞬間」には他のこと考えられなくなる。
もちろん、「その瞬間」を持続することはできないが、
「その瞬間」をいつでもつくりだせることを知るだけで、
一歩成長なのです。


460 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 15:45:21 ID:WnehkDQi
>>451 上座部では、釈尊にしか「ブッダ」という呼称を用いない。
ブッダ以外の悟った人は「阿羅漢」と呼ばれる。
百年くらい前に「阿羅漢」になった人がいたらしいけど…



461 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 21:37:12 ID:YjlLw48+
二乗の教えでは仏にはなれない。
執着から離れることができても仏ではない。
執着がない状態が仏なら、石ころは仏といえる。

知識、知恵があって、執着がない人がいたとしても、人を救えるとは限らない。
ここにいる人は、ほとんど自分が救われたいと思ってる。
因果応報
種をまかなければ、実は実らない。

462 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 21:41:23 ID:YjlLw48+
「千人になって超能力が使えるようになれば・・・」
と思っているなら、それは仏陀の言う悟り涅槃ではない。

463 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 21:51:46 ID:YjlLw48+
諸仏とやらの実在を経験的に実証

E=MC^2

自然の法則を表したものが仏
宇宙の真理を表したものが仏
人間が理解できようが理解できまいが、宇宙の真理は存在している。



464 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 21:59:04 ID:Zli26dBe
>>461
といってはいるが、執着から離れられなければ、また悟り無し。だよな。
悟りを得るために必要なことの一要素が出来無いということは、悟りそのもの
が得られないことである。
また、仏が宇宙を創造したのではない。人間の想像である。

465 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:05:15 ID:d3/OPnUl
確かに日本の仏教はブッダと関係ない。まえ人の批判してる偉そうな
おぼうさんいたけど可笑しい、悪い人ほど豊富な経験で極楽に行く
なんていってた。 まじ は? だった。
ブッダの四聖諦もしらないし。仏教じゃなくて浄土教って言えば良いのにね

466 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:05:30 ID:t5JJQ5GB
日本の葬式仏教が一番いい。
なぜなら、イデオロギーになってないからだ。
ただの慣習にとどまっているからだ。
一応は難しいこと言って、人の道を説いている。というスタンスが絶妙でよい。

本気で悟りを開いて、人々を感化させたいなら、国外でやってくれ。
おれはイズムが大嫌いだ。

467 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 22:08:15 ID:YjlLw48+
大乗仏教では部派仏教の形式主義を批判し、釈尊の真精神を発揮するとの立場から数あまたの如来・諸菩薩が活躍する大乗経典を生み出し、
中観・唯識に代表される思想的展開が図られていった。それに対して上座部仏教では、釈尊によって定められた戒律と教え、
悟りへ至る智慧と慈悲の実践を純粋に守り伝える姿勢を根幹に据えてきた。古代インドの俗語起源のパーリ語で記録された共通の三蔵(tipitaka)に依拠し、
教義面でもスリランカ大寺派の系統に統一されている点など、大乗仏教の多様性と比して特徴的なことは確かである。



468 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:11:45 ID:xXZ9nK8a
日本に入ってきたら日本風になるのは当たり前。
だからこそ残ってんだよ。

469 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 22:13:48 ID:YjlLw48+
仏が宇宙を創造したのではない
全くその通りで、仏教では創造主の考えはない。

宇宙の真理そのものを、仏という言葉を使って表現しただけ。

水のことを水という言葉で表現するのと同じ。

470 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 22:19:04 ID:YjlLw48+
悟りを得るとはどういうことなのか。
悟りを得るとどうなるのか。
悟りを得ると何が変るのか。
悟りを得ると何ができるのか。


悟りを得ても、得なくても人は人



471 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 22:22:23 ID:YjlLw48+
釈迦は苦行を行って自我を消し去ろうとしても、自我を消し去ろうとしている自分という人がある事を悟ったともいわれている。

472 :& ◆JjxrYDTARg :2006/09/09(土) 22:24:52 ID:YjlLw48+
四諦は仏陀が人間の苦を救うために説かれた教えであり、あたかも医者が、患者の病気の何であるかをよく知り、その病源を正しく把握し、それを治癒させ、さらに病気を再発しないように正しく導くようなものだ、と言われている。

473 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:28:29 ID:Zli26dBe
仏教は哲学だったのか

474 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 22:31:26 ID:qZ2Gm1WH
哲学より思想だろうね
哲学は行動移さないけど思想は行動移す
仏教は行動伴うからね
(-.-)y-~

475 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:33:47 ID:Zli26dBe
なるほどね。
仏教は思想で、宗教ではないんだね。

476 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 22:40:33 ID:qZ2Gm1WH
ォィぉぃ
藻前はお子様か?
比較の話やろ?
哲学より思想に近いって話やろ?
ツッコミ入れてるつもりやろが
藻前のはボケにもらへんで
まさかID:ipDqX02x ?


477 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:46:33 ID:Zli26dBe
↑仏教やってる成果がでたようですw
だから人は悟れない
これが証明

478 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 22:48:46 ID:qZ2Gm1WH
煽り厨か


479 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:49:35 ID:Zli26dBe
なむがねw

480 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 22:52:25 ID:qZ2Gm1WH
じゃ、俺が煽り厨として
(^o^)am君は女の子かな?

481 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:54:42 ID:ojdnh6bM
南無大師金剛さん、今回はあなたから煽ったと思われ

482 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 22:55:43 ID:Zli26dBe
それは秘密よ

483 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 22:57:31 ID:qZ2Gm1WH
( ̄□ ̄;)ひ…秘密?
高度なテクニック使うなぁ

484 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 23:05:56 ID:qZ2Gm1WH
じゃ、君、女の子で(>人<)

485 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 23:14:49 ID:qZ2Gm1WH
な…なんだょ
( ̄□ ̄;)!!
根性ねーな…
女の子になるくらい簡単じゃん

486 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 23:18:20 ID:ojdnh6bM
変態だ

487 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 23:22:45 ID:qZ2Gm1WH
変態違いまつ( ̄□ ̄;)

488 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 23:24:18 ID:zd0SpR6E
ケツマン掘削事業をさしているのであろうか。

489 :南無大師遍照金剛:2006/09/09(土) 23:27:05 ID:qZ2Gm1WH
けつマン掘削?(´・ω・`)
エロ?

490 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 23:37:22 ID:tSJDsBZb
この俗世において生きるのは大変だなぁ〜。
金も欲しいし、女も欲しいし、旨いものも食いたいし・・・。
煩悩と執着だらけだ・・・。
出家なんて出来そうもないから、中道を知恵を持ってなんとか生きてくか。
なんたって俺はただの凡夫だからさ。
あしからず。

491 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 23:41:06 ID:bs2t9/6Q
賛成。

492 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 23:58:03 ID:o5qXoSqT
       ____
     /      \
   /         \
  /   (●) (●)  \
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /

493 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 07:27:04 ID:TLZomy+m
>>456
ヒント
過去七仏いうあるよ。
古道を発見したと言うあるね。

新道を造ったのではないあるね。
つまり、前に通った人があるね。

>>407 などのような便乗仏や地雷を踏まずに正すい見解に
到達せんことを亀念し、起て奉る。

ちなみにおたずねの方は過去七仏の中にはおりましぇんので悪しからず。

ふぁいと!

494 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 10:20:01 ID:M7AtuXBV
>>493
で、誰?

495 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 10:29:46 ID:1Cgnwupy
智慧もサマディーも悟りではない
http://www.j-theravada.net/kogi/kogi63.html

496 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 13:21:20 ID:UdAcy4Ja
お金がないので、ピンサロで悟ってきます。

ドピューン!!

497 :南無大師遍照金剛:2006/09/10(日) 15:40:36 ID:vaH4F+Ef
ヽ(´∇`)ぁい♪
オイラも連れてって♪

498 :南無大師遍照金剛:2006/09/10(日) 17:25:34 ID:vaH4F+Ef
ヽ(´∇`)ノピンサロで処理してもらうと
2、3分位は悟りの極みに達するよね♪

499 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 17:42:58 ID:ttrP9Sww
以下、お間違え無いよう確認して投票下さい。

★宗教板の「好きなコテ」のランキング
http://www.37vote.net/2kote/1155901553/

☆宗教板の「キライなコテ」のランキング
http://www.37vote.net/2kote/1157872528/

500 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 18:52:59 ID:LmocXq9o
悟りなんてホルモンむらむらの若いうちは無理じゃに
老いて枯れてこないとのう


501 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 20:45:04 ID:pFp4Jn0y
とりあえず天上を目指そうよ。
美女や美味、音楽を楽しめるらしいよ。
他者に迷惑をかけなければ行けるでしょ。

502 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:46:50 ID:ttrP9Sww
http://c-au.2ch.net/test/-/psy/1157800733/544


キライなコテ・ランキングへのリンク先ブロックがかかりました。

急いで「お気に入り」に入れて下さい


503 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:54:48 ID:uXHkhoPO
そもそも仏教が 釈迦の意図にあらず

504 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 00:05:48 ID:JARncyts
さとり とは 
さかり とみたり
ピンク月

505 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 00:24:04 ID:lSxU60Ut
スマナサーラさんと養老先生、対談してるね。出家者とインテリ教授。
自由にもの言ってそれが金になるからいいよね。
この高度資本主義社会の中で、釈迦の教えに従い、悟りを開こうとしたら
分裂病か躁鬱病にでもなっちまう。所謂まともな社会人になんてなれないし、
立派な会社員になんてなれる訳がない。
俗世じゃ無理だと感じたから釈迦は出家したんだろうから、
そこから生まれた教えはこの社会システムとは相容れないよ。
どうしても無理がある。
だからこそ大乗仏教がこれだけ発達したんだろうね。
(これが釈迦の教えと違っているというのは分かるけど)
出家者やインテリ教授の話は分かるけど、じゃぁ、明日からどうやって
飯食うの?ってことになるとやっぱり困るよねぇ・・・。
田舎にいって農業やるって言っても、地元の専業農家だって今や満足に
食えない時代なのにさ。瞑想の達人になっても金稼げないし・・・。
 こんなこと考えてたらまた苦しくなってきたよ笑
結局、有効な具体的な話がなかなか出てきづらいんだろうね。


506 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 00:52:52 ID:JARncyts
 出家はみんなで生活保護をうけませう。


507 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 06:38:50 ID:b4rzchCX
>>505
うむ。
出家は社会=俗世からの離脱だからね。
岡目八目という。離れて観るほうがよく見えることがある。
離れたほうが社会=俗世がよく見えることがある。
その智慧を社会が生かせばいいのだが・・・
これだけ社会が混迷しているのだから戒律を守っている
出家者は安全牌であると認識して、これを支えるシステムを
社会の方が持たねばならない。
慈悲の瞑想の達人=非常に優しい人。
こんな人が沢山増えて子供たちにもよい影響を与える。
そのためにも瞑想の達人が食える世にする必要がある。

508 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 07:59:58 ID:CG8wLKTI
>>505 テーラワーダのホムペ見てたら、
俗世から逃げるように出家することに対してスマ長老は否定的だよ。
いきとしいけるものすべてをいつくむ前に自分の家族を大事にするほうがいいとも。
俗世で成功し、俗世をりっぱな成績で卒業して出家するのがいいみたい。

509 :505:2006/09/11(月) 23:26:13 ID:h65o60S8
レスどうも。

>>507 瞑想の達人ねぇ…。否定する気はないです。でもあやしい輩が
一杯いるからね〜。真面目な人間ほどひっかかり安いし。出家者の中ですら
イジメがあるみたいだし。難しい…。

>>508 スマ長老の事はよく知らないんだけど、書いてあることからすると
釈迦の教えと違くない? 釈迦は自ら家族を捨て出家した訳だし。
だからこそ仏教は血縁より地縁が強いんでしょ?
「俗世で成功し」なんて煩悩と執着の固まりじゃない?笑


510 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 23:36:25 ID:EhsPA1M4
508の「俗世で成功」っていうのは、
「俗世の価値観で成功する」って意味じゃなくて、
「俗世で自分の能力を発揮する」って意味だと思う。

511 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 23:38:47 ID:EhsPA1M4
んで、俗世で自分の能力を十分に発揮した後(=世の為人の為に働いた後)、
出家するほうがいいって事だと思うよ。

512 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 00:42:35 ID:CVGrV6d5
>>511
その論理はまさにブッダ当時のバラモン教のノウハウだよ。
若いときは働いて儲けて、うんとバラモンに献金すること。
ブッダにそそのかされて出家者が大量に出たらバラモンシステムで
儲けられず崩壊する・・という祭司主宰サービス業としての危機感があった。
そのバラモンノウハウはわが国の葬式仏教サービス業にみごとに継承されている。

513 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 02:19:04 ID:Wyh5FdP4
あのね。自我を落とすには自我を完璧に成熟させないとダメなんだよ。
スマ長老もそこを言ってるんだよ。
クリシュナムルティもバグワンもグルジェフもラマナもラーマクリシュナも
ダイジもリンザイも一休も道元も皆言ってる。

514 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 07:21:35 ID:saOKPzHA
>>512 スマ長老は、
俗世で働きたくないニートまがいが、
安易に出家に逃げてくるのを否定してるのでしょう。
寺社仏閣板見てても、そういう人がたまにいます。


515 :聖霊大王:2006/09/12(火) 12:33:22 ID:Y9eqAkLd
513どの、同意で御じゃる、、

516 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 19:17:42 ID:Nyb34Cp6
>>513
あの〜、すみませんが「自我を完璧に成熟」させるには
具体的にはどうすればよいのでしょうか?

517 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 19:20:54 ID:lPJIBf06
それはきっと、誰にも出来ないことなのさ。
仏教はそんなのばっか。

518 :南無大師遍照金剛:2006/09/12(火) 19:31:36 ID:zW8jxzrJ
>>516
社会的に妥当な目標を定めて死ぬ程努力して社会的に成功し貢献する


519 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 19:32:01 ID:Wyh5FdP4
>>516 心理学者にきいてくれ。

520 :釈迦原理主義者:2006/09/12(火) 22:54:04 ID:CVGrV6d5
>>513
>自我を落とすには自我を完璧に成熟させないとダメなんだよ。
  スマ長老もそこを言ってるんだよ。

 スマ長老がそう言っているのか?マジか?現実妥協のご都合主義だな。
 『自我』とは何を指しているだ?パンツをはいているのか?アートマンのことか?
 熟成とは渇愛まみれで無明そのものの生き方を完璧に徹底させることか?
 エゴイズムに徹して生きろとか?死ぬまでそんな状態の奴は掃いて捨てるほどいるぜ。
 どこで、だれが、どういう方法で『落とす』のだ?『落とす』とは何だ?

 そんな言説で、ゴータマブッダに自信をもって相対できるのか?

 

521 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:59:18 ID:B9knTPna
やっぱ、出家者の要諦ってのは
・自ら涅槃を求め励むこと
・衆生済度を願い法を説くこと

これじゃないかな。


522 :南無大師遍照金剛:2006/09/12(火) 22:59:21 ID:zW8jxzrJ
>>520
ヽ(´∇`)ノオイラみたいなブァカにも分かるように教えてょ♪
お釈迦様はその人のレベルに合わせて説法してくださったんだょ♪
原理主義タンも優しく説法してちょ♪

523 :釈迦原理主義者:2006/09/12(火) 23:02:22 ID:CVGrV6d5
自我とやらを『完璧に熟成させ』られていない清浄な人間は、
たとえば汚れを知らぬ未成年者、幼児はかえって清浄なるがゆえに
涅槃に達せられず、永遠の輪廻に苦しむ、という結論でいいんだな?

スマ長老の弁明を聴こう。

524 :南無大師遍照金剛:2006/09/12(火) 23:14:26 ID:zW8jxzrJ
未成年や幼児は永遠に成長しねんかい( ̄□ ̄;)!!

525 :釈迦原理主義者:2006/09/12(火) 23:24:46 ID:CVGrV6d5
諸行無常

従って、我々が知りうるのは現在瞬間のみー過去・未来ではない

厳密には意識的にはサティ(sati)のときのみ そういうことだ。

526 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:26:38 ID:saOKPzHA
http://www.j-theravada.net/kogi/kogi51.html
スマ長老の講義 エゴと目標の問題

527 :南無大師遍照金剛:2006/09/13(水) 10:00:31 ID:XTEJlgLJ
しょぎょむじょってなに
(´・?・`)
分かるようにおせーてょ
原理タン♪

528 :釈迦原理主義者:2006/09/13(水) 13:22:46 ID:DiCKO8mu
>>527
南無は博覧強記の弘法大師空海に訊け


529 :南無大師遍照金剛:2006/09/13(水) 13:36:57 ID:XTEJlgLJ
ヽ(´∇`)ノえ〜♪
いけずしないで
おせーてょ♪
原理タン♪

530 :南無大師遍照金剛:2006/09/13(水) 14:39:37 ID:XTEJlgLJ
ヽ(´∇`)ノ原理タン♪
ハクランキョウキって何?

531 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 15:10:04 ID:xj3EsoCa
処業務女
剥乱狂喜

532 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 16:42:19 ID:u1pXXLHU
>>528 君のようにイジケて発達学的に問題があると
悟れないということだ。君には仏教よりユング心理学の方が役立つ。

533 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 19:13:33 ID:VmEFgwIu
キリスト教にも苦行を強いる宗派があるけど、結局どこも本物とは言い難い。
仏教もあまり肉体的な苦行を強いるのは本物には見えないな。
現代社会では宗教のみで生きること自体がとても贅沢な行為だから。

534 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 23:03:11 ID:7TEyoR++
宗教…だけじゃないTEIJIN!

535 :釈迦原理主義者 DiCKO8mu:2006/09/14(木) 16:36:00 ID:P1Bejsyq
>>532
ありがとう&ごきげんよう

536 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 22:44:31 ID:pySUYPYy
http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/dic.pict/scdictionary004.html
テストステロン

537 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 00:43:25 ID:Zdgeq5E0
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)


小五とロリでは単なる犯罪だが
     小五  ( ゚д゚)  ロリ
       \/| y |\/


    二つ合わされば悟りとなる
        ( ゚д゚)  悟り
        (\/\/


538 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/18(月) 00:56:47 ID:/2zW9g3l
ヽ(´∇`)ノ
それって微妙♪

539 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 14:56:12 ID:w6TCN03X
小五
 ロ り    か。

それで。

540 ::2006/09/21(木) 19:57:54 ID:OXNEIrfX
日本の仏教って素晴らしいのだろうね。
たいていの中小企業では子供か後を継がない。
親父の商売なんて継ぐ気になれない。
ところが、たいていのお寺は子供が後を継ぐ。
それだけ魅力があるんだ、仏教に。
これを単純に経済的とかで邪推しちゃいけませんよ。
貴方の子供は貴方の仕事を憧れるでしょうか、それなら立派な親父かもしれない。



541 ::2006/09/21(木) 19:59:22 ID:OXNEIrfX
日本の仏教って素晴らしいのだろうね。
たいていの中小企業では子供か後を継がない。
親父の商売なんて継ぐ気になれない。
ところが、たいていのお寺は子供が後を継ぐ。
それだけ魅力があるんだ、仏教に。
これを単純に経済的とかで邪推しちゃいけませんよ。
貴方の子供は貴方の仕事を憧れるでしょうか、それなら立派な親父かもしれない。



542 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 20:19:12 ID:8c67xWYR
違うと思う。檀家とかのしがらみで継がざるを得ないだけ。
悩みも多い。

543 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 15:41:58 ID:a07+JrL2
日本仏教と日本の坊さんは関係ない話だから一緒にするとダメ。

544 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 15:45:59 ID:gUG41cMD

>>543
はて?

545 :承狂:2006/09/26(火) 00:53:22 ID:VqIVo8cO
日本仏教は、先人達と仏教学者のモノ。
日本の坊サンは寺院と儀礼の継承者。
マジで出家して求道してる坊サンは居ないって事。
この御時世に、そんな事考えてたら生活出来ねぇよ。

546 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:16:40 ID:gPqakyw+
墓とか葬儀とかアホくさくなるねマジデ

547 :承狂:2006/09/26(火) 04:11:42 ID:VqIVo8cO
段々変わって行くだろうが、一応は、固有の文化だから、礼節は守るべきだけどな。

548 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 07:19:06 ID:f9XgTHim
>日本の仏教って素晴らしいのだろうね。
>たいていの中小企業では子供か後を継がない。
>ところが、たいていのお寺は子供が後を継ぐ。
>それだけ魅力があるんだ、仏教に。

承狂が話をすりかえたようだね。学者だけのもので日本人の生活にかかわってないなら
日本仏教とはいわない。さて、↑の>>541の意見には違うと思う。
檀家とかのしがらみで継がざるを得ない事情があることが多く、
寺を継がなければその町では生きていけなくなるんじゃない?
どっか遠くへいくとかしないと。そんな家がお寺をやってるってとこの
息子たちはそんな悩みが多い。


549 :承狂:2006/09/26(火) 22:51:26 ID:VqIVo8cO
548に。
なら補足しよう。
日本仏教→日本仏教哲学。
普通の旦那が如来蔵本覚思想云々何て言わんだろ。
一般的には、主に葬儀を行い、寺を運営するのが坊サンの仕事だと思われてる。
坊サンの方も、シノギが大変だから、兼業とか廃寺って事になる。
余裕カマシてんのは本山だけだろ。
マァ、儀礼も大事だから、全否定する気は無いがな。

550 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 02:04:49 ID:jeyu4Vxz
( ゚д゚ ) ハア?

551 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:18:40 ID:q6UD7/Cy
葬式仏教ってヤクザな仕事だね。

552 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 03:44:00 ID:dxPxOm2j
葬式がメインになってる事は別に責められることじゃない。
宗教によって何がメインかは違ってもいい。

問題は信者が祖霊信仰してて教義ではそれを否定してる事なんだよな。
そのズレを法話で解消しようとする事すら儀式化している。


553 ::2006/09/29(金) 06:47:02 ID:4Y2GtnJh
> 問題は信者が祖霊信仰してて教義ではそれを否定してる事なんだよな。

確かに浄土真宗では歎異抄に「親鸞は、父母の孝養(追悼供養)のためとて、一返にても念仏申したること、未だ候はず。」とあるように先祖供養を否定している。

しかし、釈尊の教えはどうなんでしょう?

6. ヴァッジ人は、[都市の]内外のヴァッジ人のヴァッジ霊地を敬い、尊び、崇め、支持し、そうして以前に与えられ、以前に為されたる、法に適ったかれらの供物を廃することがない。(大パリニッバーナ経中村元訳)

「『阿難よ、おまえは跋祇国の人びとが先祖を祀る廟を大切にし、祖霊を敬うと聞いているか?』(『長阿含経』「遊行経」を現代語訳)


554 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:58:39 ID:dxPxOm2j
>>553
引用箇所だと祖霊信仰をしていたのはヴァッジ人や跋祇国の人々であって、
仏陀が勧めたというわけではないようだけど?

輪廻説にせよそれを前提にしつつ解脱を解いた釈尊の説にせよ
また「空」の教えに基く生命観にせよ、
祖先から子孫へと一本の線で結ばれる儒教や神道の生命観や
それを元にした祖霊信仰とは極めて異質に思えるんだが、どうかな?

555 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:28:47 ID:DGdOd8XS
>>554 ヴァッジ人はりっぱな人々だという説明の箇所じゃなかったっけ?
ヴァッジ人の国を攻めようてしている王様がいて、
ブッダは、ヴァッジ人はりっぱな人々だから
攻めてはいけないと言ってるんじゃなかったかな?

556 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 20:54:53 ID:AJd7jRNg
では、仏壇に遺影を飾ってはいけない、という宗派が多いのはなぜ?


557 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 08:22:08 ID:s1hLS4rK
>>556 仏壇はもともと仏様をまつるのが目的。
仏様をさしおいて先祖供養だけしても、それは仏教にはならない。


558 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 09:40:18 ID:Xkz9XMB4
そして、法灯明・自灯明からみて
仏神崇拝、偶像崇拝、個人崇拝はその精神に違背する。
あくまで現世において自ら輪廻からの解脱を目指すのが
ゴータマブッダの根本的なコンセプトだ。
 この意味でブッダの視点からは先祖供養などほとんど意味がない。
ましてやこれに霊魂やその祟りなどカルト的意味をこじつけて
商売にするとなれば、最もブッダの精神に反する事となる。


559 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 09:42:42 ID:F4+Js8Bt
仏様は、
「お、よう来た。よう来た。ゆっくりしなされ。」
って言ってくれるよw
気にすんな(´∀`)b  >>ALL



560 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 09:58:45 ID:JWPDpqwi
八万四千の法門は開かれている。
人もいろいろ、方便もいろいろ


561 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

562 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 02:04:46 ID:LmOu4Hbe
>>1
釈迦の教えが、どれほど素晴らしくても中国、朝鮮を経由してきた時点でアボーン。

日本人は和をもって尊し的な思想を重んじる優れた民族だから外面的な戒律は無用というか大嫌い。

内面信仰が根づいてる日本人に仏教の戒律が骨抜きにされたのは当たり前。

それでも日本で仏教が栄えたのは中国や朝鮮を経由して商いになり果てた仏教が日本の土着思想に合わせたから。

そういう面ではキリスト教のほうが信念を貫いたというか布教下手だったんだね。


563 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 05:31:26 ID:38wBYSC9
熱烈に本物を求めた天才僧侶 玄奘三蔵が中国に伝わっていた仏教では満足できなくて
インドへ行き、インドから経典を持ち帰って漢字に訳したものが日本に入ったのだろう。
それを読んで何人かの日本の修行僧が悟って一宗を開く人が出たのだろう。
インドまで学びに行った人はいなかったと思うから、独自開発の部分はあるだろうが、
それなりに高い境地にある人でないと経典を読んで悟ることはできないだろう。

564 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 20:11:37 ID:C64ltudo
現代でも自称『悟った』と新興宗教を起こす奴が
あとを断たないわけで・・・
 ほとんどが金(かね)に汚いわけで・・・

565 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 20:34:38 ID:onkZ+Ujk
日本仏教は駄目なの?じゃあ天竺の密教がいいの?

566 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 21:12:24 ID:O3/8tWlP
マジで悟りたいなら日本の仏教は意味無いよな
まだ金のためと割り切った方が潔い

567 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 06:30:14 ID:YSejSH2a
日本テーラワーダ仏教協会ってどうなの?

568 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 13:03:56 ID:2FtLfutH
>それなりに高い境地にある人でないと経典を読んで悟ることはできないだろう。
普通は経典を読んで悟ることはないでしょう。
地図を見ただけで山に登った事のない奴に「山の事は俺に聞け」と言われても聞く気にならんけど。
>それなりに高い境地にある人
はアプリオリに存在しないよ、君。

>それを読んで何人かの日本の修行僧が悟って一宗を開く人が出たのだろう。
昔、瞑想の道具を作るのに町の畳工場へモノを買いに行った。
そこの爺さん社長と話し込んだ。旧軍人でいろんな話をしたが帰り際に
「後は何人を弟子を作るかだな」と言われた。意味分からん。
上座部の修行僧になると言う選択肢は考えられるが何故に爺さんは一宗を起こすとか
考えたのかね。正式な仏弟子になろうとするなら正式な仏弟子から許可を貰わなければならない。
仮にそこで何年か修行して日本に帰ってきたとする。支持者が出来て寺を建設する。
そこは独立した寺であるからたとえばタイ仏教の日本支部とかでもない。一宗を起こしたのかと言っても違う。
仏教と言うからには既に教えは(仏陀によって)説かれている。寺は支持者と金があれば出来る。
サンガはどうする。上座部の協力がなければ出来ないよ。
ローソンで修行してきてから、別のコンビニチェーン店を創り展開したいとか考えるのは自由だが
一緒にするなよ。

569 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 13:58:32 ID:R/z5vvv4
おこめこんブルー

570 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 14:06:21 ID:txO4DFQ1
>>1
お釈迦さまの教えも解釈の仕方がいろAございます。日本にも素晴らしい宗派もございます。南無阿弥陀仏をだされるということは浄土宗、浄土真宗ですね?あなたはこれらの宗派の本当の考え方を知らないのでは??

571 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 15:54:48 ID:g/1fxG6d
ヒンドゥー的世界観(輪廻転生と死後の肉体の完全否定)を前提とした社会に育たないと
仏教的悟りは得られないんじゃないかと思う事がある。


572 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 17:44:35 ID:qK1EZNy3
仏教では輪廻転生は質問する必要のない当ったり前の前提として出発していると言うね。
そこでつまづいて聞いても識者は無記と逃げるからそこをクリアするのが難しい人もいる。
>死後の肉体の完全否定
って何を言おうとしてるの? ちょっと説明して。死後の霊魂の完全否定と書こうとしたのかな。

573 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/10(火) 23:15:18 ID:R4KsTXf9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E8%BA%AB
法身

574 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/12(木) 08:29:33 ID:WHihqnji
http://www.butuzou.net/02info-b/kouzannze.html
降三世明王

575 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/14(土) 08:21:38 ID:ZJtIjA8z
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%94%E3%81%91%E3%82%93&enc=UTF-8&stype=1&dtype=0
五見

576 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/14(土) 08:28:22 ID:ZJtIjA8z
http://www12.ocn.ne.jp/~kobai/sinsyudendo.htm
徹底して自力を戒める態度は共通

577 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 23:08:19 ID:8tE0dxUZ
とりあえず、僧侶が妻帯して、子供が無能でも寺を継ぐってのは、最悪だな。



578 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/18(水) 23:12:51 ID:U7xBFyyn
そう言ってくればいいのに

579 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:10:05 ID:/JlNX5U2
>>577
子供が無能っていうか知能障害者の場合はさらにどうしようもない。

580 :2ch従業員☆齋藤翔☆ラエリアンムーブメント勧誘員 :2006/10/19(木) 17:41:18 ID:ga1pH/Bs
2ch従業員☆齋藤翔☆ラエリアンムーブメント勧誘員
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1161136401/l50
公文書偽造横領罪★mixi フルフィルメント瞑想コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1086069
犯罪を暴露された2ちゃんねスレ
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/sns/1161212379/l50


581 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:42:55 ID:Nj7Z/Fzq
>>577
性格が温厚で善良ならいいんじゃないか?
墓守、葬式など世間が要求する仕事を坊主らしくやってればそれが一番いい。

582 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:13:50 ID:AYWMQV41
>>572
なんでそのあったりまえの事が、弟子の質問として残ってんの? ねぇ君。

583 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:31:32 ID:VDRvdLHg
>>572
死後の肉体の価値を認めない→火葬の上骨も残さない、という習慣


584 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 21:16:44 ID:OUAzW+Ba
>>582
僧が元の妻と交わった。不淫戒が制定された。
女性が駄目ならと、畜生ならいいだろうと畜生と交わるものが現れた。当然破門され、
「畜生の雌といえども」の一文が加えられた。こんなのもいるんです。
>なんでそのあったりまえの事が、弟子の質問として残ってんの? ねぇ君。
マールンキャプッタのことかい。いろいろな人がいると言うことでしょう。
初期には戒の違反がなかった。12年後だったでしょうか。最初の犯戒は。
次第に劣った者も入団してくるようになったのでせう。
>>583
了解。キリストの墓がもぬけの殻だったということが何か混乱を招いている気もする・・・

585 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 08:43:30 ID:9xzLN3ap
 華厳経が分水嶺だろうな。

586 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:47:05 ID:n+SoIQde
(読者の声1)先週、両国国技館で行われたダライ・ラマ法王猊下の講演会に行って参ったのですが、
考えさせられること多々あります。

 猊下の発言。中国に支配されるチベットの厳しい現況、未来を考え、政治的発言を自ら控えておられる猊下の心情は
察するに余りあります。またノーベル平和賞受賞者としての道義的責任、そして猊下自らが宗教的カリスマである現実、
発言内容に極力気を使われておられるのでしょう。
以上を頭では理解しながらも、しかし、結ぶところである「許し、愛し、解り合う」ではチベットは返ってこないのでは?
と思ったのは小生だけでしょうか。
平和的対話は大事であります。しかし血を流さずして民族の独立とは可能なのか?
猊下の本心がどこにあるのか気になった次第です。
 もちろん産経の取材記事などを読みますと、最近開通した青蔵鉄道や人権問題等について批判的に述べておられ、
単に中国との妥協点に急接近されておられるばかりではなしと考えられます。
ご存知のように近年、猊下は訪中、もしくは帰国を模索されており、北京特使と交渉を重ねています。
北京は独立放棄を求め、そのかわりに「高度な自治権」を「約束」するとか。
11月2日の毎日新聞によると猊下は「我われは独立を望んでおらず、外交と国防以外の自治を求める現実的な方策を
主張しており、(帰還)を楽観している」と発言されています。果たして外交と国防の伴わない自治とはいかなるものなのでしょうか。

587 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:54:05 ID:n+SoIQde

 また講演内容とは別の問題で解せないのは、現在日本人一般にダライ・ラマ法王猊下とはどういった存在として
捉えられているのかであります。一般人にどう認識されているのか?
単なるカルト的な「スピリチュアル・リーダー」として捉えられているだけでは?

 というのも会場の聴講者、大半が所謂サブカルチャー系で占められていた現状です。
ラブ&ピース的様相の若者も決して少数はではありません。
小生の認識では決してダライ・ラマ法王とラブ&ピース的思想は重なり合わないのですが。
あと新興宗教の筋の方も多数おられました。

講演で設けられた質疑応答、猊下へ投げかけられる質問といいますと「背後霊についてどう考えられるか?」、
「最近、何かに操られているのですか、どうすればいいのか?」、「光のパワーを私にお与え下さい!」等々、
猊下も困惑気味。
人権問題などの「生臭い」質問はなし。

 欧米では人権問題、チベット難民問題、中国問題といったハードな話題で取り上げられる猊下でありますが、
この日本においては「サブカル・カルト的」な存在のカリスマとして捉えられる方々がどうもマジョリティーのようで
あります、ビックリいたしました。
やはり日本では大メディアのニグレクトが、そのダライ・ラマ像の誤解を作り上げてしまったのではないかと
思った次第です。
 宮崎先生はどうお考えになりますか?
        (AI生、渋谷)

(宮崎正弘のコメント)ちょうど二十五年前、加瀬英明・三好修両氏主宰の「日本安全保障研究センター」
(小生がボランティア事務局長でした)で、ダライ・ラマ猊下をお招きして、東京で講演会をおこなってことがあります。
 そのおり参加者のなかに新興宗教指導者がまじり、なかには怪しげな指導者がいて、(あの麻原がインドへ行った
おりも猊下は拝謁を許されましたが)、盛んに記念写真を撮っていました。この俗物根性め、と新興宗教の連中の一部を
こころのなかで罵った事を思い出しました。
ttp://www.melma.com/backnumber_45206_3426513/

588 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:05:58 ID:L8nOXUNc
教義はともかく布教していないで葬儀オンリーなのだから
今の日本の僧侶は仏教徒というよりは、葬儀屋さんのキャストの一人。

日本の坊さんに衆生を救うつもりなんてさらさらないよ。



589 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 13:10:23 ID:SKdF4Qwo
>>588
「この世の中で人を救ったことないんですよ、どんな宗教も」とスマナサーラ長老は言っておられる。
http://gotami.txt-nifty.com/journal/podcasting/
ブッダの世界へようこそ〜1時間で知るホントの仏教入門〜
050612ct_1.mp3ファイル
↑このファイル今ダウロード出来ないみたい。
日本の坊さんを擁護する気はサラサラないが>>588さん日本の大乗の悪影響からまだ解放されてないなあ。


590 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:55:05 ID:YNFWLHwp
>>589
そんな糞ボンサンの「ゴキブリ」説教よりよほど
いいことを俺でも言えると思った。

591 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:13:16 ID:SKdF4Qwo
言うだけなら出来ても酒もタバコも飲まずsexもマスターベーションもなし、その他
時間外の食事禁止(午後から)etc etc etc

592 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:15:20 ID:nMwu3RFA
>>591
そんなことじゃなくて、言ってる内容で判断されよ。

593 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:22:47 ID:SKdF4Qwo
そんな事が問題でしょ。人間の行為には三つある。身体の行為。言葉の行為。心の行為。
言葉だけの問題じゃない。

594 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 14:14:58 ID:ZqdPyWD+
水月の道場の座し、空華の万行を修す

これで調っているではないか

目的は心解脱すること。
>>591の戒そのものが目的ではない。清浄道への手段スタイルだ。慈悲行も同じ。

戒⇒定⇒慧⇒輪廻解脱=涅槃

肉体滅後の世界は 1)自分にとってはわからない、ワクワク期待しよう、期待できるよう生きよう
         2)他者(家族・人類)の清浄道⇒解脱の方向で
                         現世の行動を行うべきだ、それが真相続だ。

595 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 01:15:37 ID:aW5pog7H
インドの人は殆どがヒンズー教なのにめずらしいですよね。大乗と小乗に別れる経緯を歴史的に見ていくとなかなか日本の仏教も日本人らしさの現れとして納得できると思うんですが、どうでしょう

596 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 09:18:17 ID:dDzsKgpW
北半球から見える星空と南半球から見える星空とは違いがあるが天文学に変りはないし、
天体にも変りはない。見る視点に違いがあるだけだ。
日本人は仏教を日本語で学んで構わないし、お釈迦様はインドの方で手で食事をなさったと思うが
日本人は箸で食べても食事の作法(セーキヤ・ダンマ=戒律)を守る限り問題ない。しかし、
仏教である限り未来永劫、どの民族であろうとも大乗であろうが小乗であろうがプロたる坊さんは
セックスしちゃいかんよ。それは変えられない部分である。

597 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 12:39:30 ID:JejCNRII
まあ、仏教風な神道だからな

598 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 21:35:33 ID:QicNKiiN
>>1
円頓戒のことを云々するならまず、
インドの仏教徒は250戒を全て守っているのかと。そこを問題にしたいですね。
釈迦は説く人に応じて教え方を変え経典によって内容が様々に食い違うので、
解釈が分かれることはむしろ当然というべきですが、
いったい何をもって「これが釈迦の教え」とするのでしょうか。
そもそも釈迦自ら「少々戒は廃してよい」といっているので、
戒律に厳格でないことを問題とするのは釈迦の意に反する。

次に日本の浄土宗というのは、
あくまで往生の方法を教えたものであって、
それで成仏できるなど一言も言ってないですね。

そして「日本の仏教は煩悩を孕んだ侭に成仏できる」というのも
私は行院で「煩悩は棄てるべき」と教わったので意味がわかりません。
日本の仏教といっても実に多種多様であって、
これが浄土宗についての理解なら上記の通り間違いですし、
曹洞宗についてなら仏法へのアプローチの方法そのものが違い、
密教についてはある意味当たっているかもしれませんが、
しかし、これはインドで生まれた宗派です。

599 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 20:33:32 ID:85JFnIQp
>>598 
だいたい釈迦自体がおかしいオッサンだろう。
こんなやつの真意をくんで沿っていようとする必要はないよ。

600 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 21:11:10 ID:0Nkx1qxQ
バラモン教:神も人間も全て輪廻転生する。
    ↓
仏教:バラモンの一派が仏教。神も人間も輪廻転生する。輪廻転生は苦しいことだらけだ。
   輪廻転生から逃れたい。 悟りを開き「仏」に成れば輪廻転生しない。という教え。
    ↓
上座部仏教:「仏」に成るために功徳を積む(本来の仏教の姿)
大乗仏教: 僧侶が一般大衆どもを「仏」にしてやるんだ!
    ↓
密教:バラモン教(ヒンズー教)と再融合して神がかり的な教えになった。
    ↓
  信長による僧侶の武装解除
    ↓
 日本独自の国民を切支丹にしないための檀家制度。制度に胡座をかく坊主ども
    ↓
 現在、銭儲けのため戒名を高く売りつけ、デタラメな経を読み銭儲け

601 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 21:13:56 ID:93WPPb9m
>>600
大乗仏教は無住処涅槃に代表されるような共に生きるって概念があるんだよw
まぁ特に浄土宗や真宗に強い考え方だけど

602 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 02:21:26 ID:pRjBwnXq
日本式仏教について学びたいんですけど、
入門書は何がおすすめでしょうか?

603 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 22:59:34 ID:35aDW1jm
>>602 幅広いなぁ…。
とりあえず、日本の各宗派について書かれた入門書とかを読んでから、
疑問や興味のあることについて調べていっては?

604 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 23:24:03 ID:ZnCTwNKh
釈迦の意なんてのにこだわり続けることが、権威主義で異常心理だよ。
それこそ「苦」の原因になりうる。

605 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 23:32:40 ID:6mfmHs09
その非難も同様に。

606 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 23:39:46 ID:2WVYlJJY
仏教はインドでは十分な必要性をみたせなかったから
インドでは亡び、ヒンズー教にとってかわられたのではないかな。

死後や形而上的なものが、民衆にはやはり必要ではなかったのかな。

607 :名無しさん@3周年:2007/01/01(月) 22:57:24 ID:Vw3BAiKu
もうすぐ沈むスレだ。
本当の事を教えてやるよ。

日本にはな、すでに神道があるんだよ。
後から来た仏教風情が、のこのこと正しく生き残れると思うなよ。
それが全てさ。

608 :名無しさん@3周年:2007/01/02(火) 09:46:23 ID:7kNc88yr
「814」 「副島隆彦という生き方」というタイトルのインタヴュー記事を、載せます。
http://snsi-j.jp/boyakif/wd200612.html#1501

仏陀もそう。インドのカーストの一番高いバラモンたちを相手に「自分たちが、ただ偉いって言うな!」と対決していく
んです。スッタニパータと、法句経(ダンマパダ)という一番古いお経がある。
どうやら仏陀本人の本当の言葉はこの二つだけのようですね。その他のいろんな膨大なお経は、全部仏陀が亡くなった後に、
弟子たちが勝手に作ったものだ。般若心経などは、「空」(くう)を説いていて、「一切は無に帰って行くのだ」と説いて
なかなか素晴らしいお経だと思いますが。法華経とか浄土三部経とかは難解なだけで権威主義です。
僧侶が葬式をやったり、お盆にお経をとなえたり死者を祀ったりは、仏陀は一言も言ってない。ブッダは死に関わるな、
と言っている。勝手に後の人たちが作った制度だ。
仏陀自身の言葉は、「愛欲と煩悩を捨てて、この世とあの世のすべてを捨てて、ただ一人歩め。ヘビの皮が新しく抜け
変わるように。サイの角がひとつ進むように。」と書いてあります。
奈良の興福寺、東大寺は法相宗(ほっそうしゅう)という仏教で、中国までやって来た仏教のうちでは一番古い仏教
を伝えている。それは輪廻転生(りんねてんせい)を認めないんです。
(中略)
副島:信じません。来世はない。あの世もない。「この世とあの世をともに超える」とスッタニパータ(「ブッダのことば」
岩波文庫 中村元訳、1984年初版)で仏陀は言っています。だから輪廻転生(りんねてんしょう)もないのです。


609 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 18:50:37 ID:bNG+KzaN
日本仏教はヒンズー教に近いんですか?

610 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 05:06:09 ID:CBU2fvoO
>>609
いいえ、日本仏教はキリスト教に近いのです。

主要な宗派の原型は「仏教」というよりも「ネストリウス派
キリスト教」であり、現在はその変形版が伝わっているので
タイやカンボジアの小乗仏教(純粋仏教)とは似ても似つか
ない状態です。
また、大乗仏教の定義が「仏教と他の宗教がかけ合わさった
混合宗教」ということからも明白でしょう。

オリジナルがネストリウス派キリスト教である代表的な宗派
は浄土真宗、真言宗、天台宗・・・など。

真言宗の本山では自らが「ネストリウス派キリスト教の変形」
の末裔であるとちゃんと認識しているらしいです。



611 :新渡顕鉄:2007/01/05(金) 11:22:06 ID:B/xjrE9n
はいはいカッカッカッカッ

612 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 11:29:57 ID:QfzCZPWB
★お前等、宗教が好きならそれで良いが、税金が滅茶苦茶高くなっていく
今年からどうするんだ?現実を無視して神も仏も救いもなにもないぞ!

企業への税金は下げられて個人への税率は凄く上げられて、消費税も
20パーセント目指して所得税に健康保険にアゲまくられて庶民は水のみ

百姓の暗黒政治に突入だぞ!企業には税率が下げられてオマケに外国企業が
参加出来て買収されていく事を評論家達は皆予測している。つまり、日本人の
個人は貧乏でも強引に重税をかけられて逃げ出せば刑務所送りだ。

その上に在日手当て在日特権の為に3兆円でも10兆円でも投入されている。
つまり、日本人は一部の金持ちが在日と癒着して庶民はアメリカと在日と日本人の
エリートと公務員の食い物にされて生き地獄が待っているのだ。

神仏は結構だが、現実で政治的運動に出ないと将来は恐ろしい暗黒時代になるぞ!

目覚めろ!日本人!目覚めろ!お前等!現実の知識を増して現実で目覚めて

現実で救われなければ、あの世もこの世も苦しいばかりだぞ!戦え!団結と行動と
現実変革を神仏に祈願しろ!その上で在日から退治する事を考えろ!お前等がチンタラ
していると暗黒は増すばかりだぞ!



613 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 09:21:15 ID:wSbMBpHp
仏教は、お金がなくても病気になってもゆるがない幸せな気持ちを完成させるための教えです。

614 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 20:06:08 ID:lJU/Pyi2
>>613
お金が無かったら必要な分だけ働き、病気になったら素直に医者に行くのが仏教じゃない?
不幸な気持ちに嘘をついて幸せだと思い込もうとするのはオカルト。

615 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 10:38:12 ID:MLU1FGIH
>>614 それは、悟りの段階によります。
ちゃんと働き、医者に行くべきときには医者に行くという、
冷静な判断と元気な行動力は、
それを邪魔する煩悩を減らし智慧を育てることで身につきます。
仏教では、
確かめもせずにこうだと決めつけてしまう保守的な心を、
智慧がないという意味の不痴の心に分類します。
不痴の心にはもうひとつあります。
心が混乱し、物事をはっきり認識できなかったり、
ぼや〜っとして眠くなったりする心です。
瞑想などて智慧が育つと、心が元気になり、テキバキとした認識ができるので、
不痴の心が弱くなるのです。
ニートなどは、不痴が強いために何にもやる気が起きない人々ですね。
さらに、修行が進むと、物質的肉体的な欲望がなくなっていくので、
貧乏でも病気でも悩まない、しっかりとした精神になります。


616 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 10:49:25 ID:MLU1FGIH
>>612 少子高齢化が最大の要因です。
たとえば、高齢化による医療費の増加で、地方の国民健康保険財政はパンク寸前。
昔みたいに年頃になったらちゃんと働いて、
見合いしてでもちゃんと結婚して子供を生む
ということをできない人々が増えているからそうなる。
また、医療費を安くおさえるためには予防と早期発見が大事なのに、
不健康な生活をしたり、健康診断を怠ったりする人々がたくさんいる。
欲望のままに行動せずに智慧をもって冷静に判断し行動する人々が増えれば、
かなり改善の余地があるはずです。

617 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 11:07:51 ID:lf0T1JCH
>>612
>その上に在日手当て在日特権の為に3兆円でも10兆円でも投入されている。
>つまり、日本人は一部の金持ちが在日と癒着して庶民はアメリカと在日と日本人の
>エリートと公務員の食い物にされて生き地獄が待っているのだ。

そういう状況を生み出した日本人一般の性質のせいでもあるけどね。
日本人の大多数はこういう掲示板とか裏で文句いったりするが、表立って
抗議する人少ないでしょ。欧米先進国の民主主義は、一般市民が
勝ち取って普段から常に市民が行政や企業を監視してしているから根付いているが、
日本の民主主義は単に上から移入されたたけで、まだ根付いてない。

それと情に流されやすかったり、良くも悪くも相手に従順というか理解を示す人が
多いから、政治や企業のトップの意見や方針を受け入れてしまいやすいってのもある。
欧米だと相手の意見にはっきり反対する人が、日本より遥かに多い。

それはそうと、日本仏教に関して言えば、拝観料とるのはおかしい。
立派な施設を維持している寺でも拝観料をとらないところもあるから言い訳できない。
外国からの知り合いを案内したときも、なんで宗教施設なのに入場料とるのと
聞かれて答えられなかった。彼らはそういうのを見て、帰国してから
日本仏教は商業主義で堕落してると言いふらす。

618 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 14:46:57 ID:UElFc2Q8
>>1
まぁまぁ細かい事は気にしなさんな、

火葬や埋葬など、
何かしら遺体を片付けなきゃいけないから、
そのための道具としてお借りしてるだけですよ。

もっと根本的な日本人の精神を語るには、
まず宗教ではなく「和」を理解してくださいね。

619 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 15:04:06 ID:/qEqV3UR
あんた
1を本当にインド人だと思ってんの?www

620 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 15:06:08 ID:YHoxVOLt
>>618
 仏教伝来以前にも日本では当然、
>火葬や埋葬など、
>何かしら遺体を片付けなきゃいけない
 ことに変わりはなかった、仏教式葬祭が
支配的になるのは、檀家制度の完成を以てでしょう

>もっと根本的な日本人の精神を語るには、
>まず宗教ではなく「和」を理解してくださいね。
 「和」を唱えたのは先ず、それが程遠い環境下にあった
事からが先ず一つ。所謂、「日本教」の話は慣習や制度
と宗教と恣意的に混同してるな

621 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 15:07:24 ID:YHoxVOLt
>>619
 >>1は少なくとも、自分がインド人とは一言も言ってないね

622 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 15:25:57 ID:LlA9bWZ6
>>1
彼岸にたどり着くことができたならば
それらの何千の道はどれも仏になるための道である

長者が作らせた黄金の杯に入っている水も、
貧者が手のひらですくった水も、
水には代わりはない
その水が仏の悟りの大海に流れる水であれば、
すくう器はどれも美しい

こんな感じでいいかい?

623 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 16:34:06 ID:H6/ltFFM
>>602

『八宗綱要』がお薦め。
鎌倉時代の凝念という人が書いた本。
鎌田茂雄 他、現代語で解説書もたくさん。

他に『佛教要論』  (百華苑)とかも良くまとまっている。
手元に置いておくと、後々ちょっとした調べ物にも便利。

624 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 22:39:51 ID:x7BoeiBZ
『八宗綱要』はいいな。

初心者だからって、自分の背丈にあったものを選んでるようじゃダメだ。
ちょっと背伸びしないと見えてこない程度の本を読まないといけない。
最初から「初めての〜」とか「よく分かる〜」みたいなのを読んで、
仏教を語り出す者ほど始末の悪い者はいない。

…とは、俺の師匠の言葉だ。

625 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 08:12:50 ID:I37zIYIG
>>577 >>581
カソリックは今日に到るまで、聖職者の妻帯を禁じながら、独身者によって
教区を護っている。日本で僧侶の妻帯を赦したのは明治天皇。どうして俗世の
権力者が、宗教者の妻帯を認め、且つ教団がそれに従うのか(浄土真宗の様に
教義で認めているなら未だしも)、未だに私には判らない。
>>624
 幾等背伸びしても歯が立たない本は幾等でもある。本当の入門者が入門書
で全部、判るかどうかは何とも言えないし(ある程度勉強した者でも気付か
される事も案外ある)、存在価値はそれ相応にある。


626 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 09:48:33 ID:pNECfDrg
>>625
はっきりいって妻帯は坊主共が望んでいたからこそ、天皇の指示に正直に従ったんだとおもう。
民謡(というより猥歌)などで色欲まみれの坊主がたびたびでるのも、女犯する奴が後を絶たなかったからではないだろうか。

資料がなくてはっきりしませんがこんなかんじ。

627 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 16:43:35 ID:DHdL7ENJ
中村 元先生訳の岩波文庫『尼僧の告白』が何処へ行ったのか見当たらない。絶版になっていると
思うので古本屋を何軒か覗いて見たがやはり無かった。イエズス会宣教師ルイス・フロイス(1532〜97)
の『ヨーロッパ文化と日本文化』が200円だったので買ってみた。
第四章 坊主 Bonzos ならびにその風習に関すること
    11 われわれの間ではデウスに誓ったことを完全に守るべく努力する。坊主らは外面
      には肉も魚も食べないと公言する。しかしほとんどすべてのものが蔭では食べて
      いるので、食べないのは人に見られるのを惧れるためか、または食べることがで
      きないためである。
    13 われわれの間では修道士が結婚をすれば背教者になる。坊主らは信仰に飽きると、
      結婚をするか、または兵士になる。
    21 われわれの修道士は飲むこと、とくに葡萄酒を飲むことに大いに節制を守り、
      中庸を持している。坊主らは禁じられているにも拘らず、道路で酩酊している
      のに〔出会(く)わすことが〕しばしばある。

628 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 17:38:40 ID:4cnrqj0V
>>627 うそ?去年本屋で見たよ?紀伊国屋で

629 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 18:06:52 ID:5JzKhzHS
ぶっちゃけ中村元ってただのエッセイだよな。
これに感化されて何かと言えばサイの角という無能がいっぱいいて困る。

630 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:29:23 ID:q+Zz907R
>>629

www

631 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 01:51:22 ID:Qhj6l6cH
>>629 お経の翻訳本がなんでエッセイなの?

632 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 13:33:21 ID:iJRkQ4JJ
中村元は中途半端だなあ。
学会では仏滅年代論ぐらいでしか聞かない。
まあ研究者で翻訳本を使う人もおらん訳だけど。

633 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 15:33:25 ID:wfNGQteq
私の属していた学会では多くの方が「中村先生は〜」と言うことが多かったけどね。
自伝を読めば「学問という立場で仏教を極めたい」みたいなことを言っています。
それだけにおのずと限界はあるだろうが実に多くの方々から敬慕されましたからね。
嫉み心もおこるのでせう。

634 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 15:39:13 ID:wfNGQteq
ちなみに嫉み心への対処法は「喜の修習(muditā bhāvanā)」で御座います。

635 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 15:45:31 ID:iJRkQ4JJ
嫉妬というか、仏教学より哲学とかの方面の人という印象はある。
中村元の最大の功績は中村辞典だな。
漢文文献はあれが無いと話にならん。

636 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 17:44:04 ID:+/jRu/xs
犀の角はテラワダのHPでも翻訳されてるし
中村氏の思想って事ではないだろ

637 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:56:14 ID:WYPjaPTh
住職の息子として生まれ育ち、仏教大学まで出た私が断言します。
仏教は退廃した教えです。人を惑わす社会の癌です。

638 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:09:21 ID:IOMnBzs0
害毒といえば仏教
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151062924/

365 名無しさん@3周年 sage 2007/02/09(金) 21:57:16 ID:WYPjaPTh
住職の息子として生まれ育ち、仏教大学まで出た私が断言します。
仏教は退廃した教えです。人を惑わす社会の癌です。

639 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:14:22 ID:WYPjaPTh
>>638
仏教と利害関係ある奴か?
必死だなw

640 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:55:17 ID:9pJZsDCC
仏教の修行僧・お坊さん・僧侶・住職はどのように呼ばれようとも仏・世尊・お釈迦様の
お弟子である限りは女性と交わってはいけない。異性に触ることは勿論のこと。よって結婚
など論外のこと、子供を作るなども有り得ない事。女性と交わった時点で破門されている。
その仏の教えに背いた父親と仏の教えを「人を惑わす社会の癌です」とうそぶく息子共々、
親子二代にわたって罰当たりなことだ。

641 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 03:27:30 ID:DQZRPAPK
仏教にはバイブルやコーランのようなはっきりとした仏典という物自体が実は存在しない。
残念ながら仏教に真理を見出す事は非常に難しい。世界中の仏教信者がこれに悩んでいる。
残念ながらタカリと金儲けの宗教になってしまっているのが実情だ。

642 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 04:32:19 ID:FPqmEdZ+
仏教は生活面からの矯正なのではないかな。
貧しく、規則正しく、雑念を絶って、シンプルに生きて内部感覚を磨く。
そういう生活は今はないから、
そういうお寺を捜すのに大変時間がかかると思いますが。

643 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 05:04:03 ID:FPqmEdZ+
お坊さんがSEXしていたって、真面目に宗教をやってればいいと思いますが、
それはものすごく難しいだろう。
お坊さんが肉食していたって別にかまいませんが…
漏れは逃げて帰ります。

644 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 05:13:06 ID:84Rvsafd
この辺じゃマジメな坊さんなんていくらでもいるけど、地域格差ってあるのかね。
あと、所依の戒律によっては坊さんは肉を食べてもいいからね。

645 :承狂:2007/02/12(月) 09:24:24 ID:NGleli1K
つーか、肉食は禁止為てないから。
初期は、乞食して貰うものは食べるけど、自分で殺すとか、自分の為に殺されたらダメなダケだから。
あと、経典はあるし。数が多いだけ。
タルムードには負けるかも。

646 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 13:53:04 ID:c8OzYbdJ
肉食を禁止しているのは梵網経ぐらいかな。
律蔵には規定されてない。
肉食禁止は中国で涅槃経が流行した後ぐらいに出てきた考え方なんだよね。
絹の衣を禁止するのも中国に入ってから。
律蔵ではおk。

ただ、中国では南山律宗が成立してからは、『四分律』を所依にしていても
肉食とか絹衣は禁止すべきだという考え方が出てきた。
日本に戒律を伝えた鑑真は南山律宗を始めた道宣の孫弟子。

647 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 15:45:19 ID:dJzTf5Uh
肉食についてのウンチクも結構だが重要なものはSEX禁止だろう。
これを破れば僧団から永久追放される。鑑真も独身であったように
中国においても僧においてはSEX禁止は守られていた様だが日本では・・・。
日本人は最も下半身がだらしない民族ということになるが。

648 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/12(月) 18:53:20 ID:NGleli1K
中国崇拝者?

649 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 21:00:01 ID:+aQ7vOyF
問題はそこじゃないんだよなあ
「戒律は時代や地域によって変化する」
これなんだよ。

「中国人は戒律が守っていた」なんていうのも事実無根だ。
そういう人もいれば、そうでない人もいる。
どうして北魏や北周の廃仏が起きたか知ってるかい?

650 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:32:20 ID:dJzTf5Uh
戒律の細部は「時代や地域」によって変化することは考えられなくもないが
天と地が引っくり返ろうが淫行禁止を含む「四波羅夷」が「時代や地域」によって
変わるなど少なくとも仏教である限り有り得ないだろう。インドに亡命している
チベットのダライ・ラマ十四世ですら「僧としては小乗戒を守っている」と言って
いるぞ。

651 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:39:47 ID:dJzTf5Uh
       〔淫法は行われるべきでない〕
具足戒を受けた修行僧は淫欲の事柄を行ってはならない。
        たとえ、動物相手であっても。
     淫欲の事柄を行う修行僧は、
  道の人ではないし、釈尊の弟子でもない。
    たとえば、首を切断された人の
  頭と身体を結び付けても、生き返る事が出来ない。
   そのように修行僧が淫欲の事柄を行えば
   道の人ではないし、釈尊の弟子でもない。
 あなたは命のある限り、これを行ってはならない。
         ──律蔵・大品──

652 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:55:07 ID:+aQ7vOyF
そりゃ小乗戒を所依としている人がセックスを禁止するのは当然だと思うが。
十善を所依にしていれば不邪淫戒でしょ。

653 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:07:11 ID:dJzTf5Uh
具足戒を受けていないなら在家だろう。日本の坊主もどきは釈尊の定めた
正規の手続きを踏んでいないから所詮は僧ではない。だから、仏教僧として
金品を騙し取るなどの詐欺行為は止めなさい、という話だ。

654 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:23:39 ID:+aQ7vOyF
『華厳経』の戒は十善だけど、ありゃ仏教じゃないのか。
『大般若経』の戒も十善だけど、注釈書である『大智度論』を書いた龍樹は詐欺師なのか。

なんかさ、物事の悪い面だけを見てる人のような気がするよ。

655 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:47:35 ID:dJzTf5Uh
修行僧の戒律は部派によって若干の差異があるが現在に伝わっているものは
上座部の227戒である。修行僧である以上はSEX禁止というのは変えようがない。
話の流れはSEX禁止だから、十善なんてこの際関係ない。

656 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:09:16 ID:kS3Iy8UW
律蔵の波羅提目叉は普通二百五十戒って言わないか?

十善も戒なんだって。
『華厳経』は三聚戒の一つ、摂律儀戒として十善を採用しているし、
『大般若』は尸羅波羅蜜とは十善を実践することであるとしているよ。

657 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:14:34 ID:wrI51ll/
二百五十戒を持している僧団が今現在何処にあるのかね。

658 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:35:56 ID:kS3Iy8UW
無い。
と言うより、一言一句守ることには意味がない。
何故なら、二百五十戒は釈尊在世当時の規則をベースにしているから。
言わば、2500年前のインド人の生活習慣がベースになっている。

例えば、雨浴衣戒という戒がある。
雨浴衣はインドには雨期があって、水浴びをしようにも増水して危ないから、
その代わりに毎日降るスコールで水浴びする時に身につける衣。
雨期の間だけ所有が許される。
こんな戒があっても、そもそも日本や中国では雨期自体が無いよ。

例えば、仏弟子が所有していい衣は三衣と決まっているけど、
これも釈尊の実体験に依っているとされている。
インドでは三枚の服があれば、真冬の夜中でも寒くないというが、
日本の雪国でそんなことできるわけない。

逆に戒律に規定されていないことには実効性を持たないことも問題だ。
当たり前だが、「インターネットでエロサイトを見てはいけない」という規則はない。
携帯電話を持っても良いし、タバコを吸っても良い。


659 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:53:57 ID:kS3Iy8UW
じゃあ、現代では戒律に意味はないのか?というとそうではなく、
過去の判例集としての価値を持つ。

舎衛城の辺りでは衣は三枚でよかったかもしれないが、
日本ではそれじゃ足りないだろう。
寒さに震えて修行に身が入らないというのでは本末転倒と言うべきだ。

このため、インドから離れた地域における戒とは、
「釈尊が言いたかったことは何なのか?」という解釈が問題になる。
三衣で釈尊が言いたかったのは「出家者の所有物は必要最低限にとどめるべきだ」と解釈すれば、
北海道の出家者は十枚ぐらい衣を着ていても良いかもしれない。

果たしてそれが本当に必要なものなのか?
それはその人それぞれの内面の問題だ。
「現代における戒」とは、釈尊はこういうときどういう判断を下すだろうかという、
釈尊の姿を常に憶念し続けることだ。

660 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 01:07:58 ID:wrI51ll/
タバコは吸っちゃいかんだろう。タバコは嗜好品であるし、吸う原因は何か。
分かっていないようだがタバコは貪だろう。上座部でタバコは戒律にないから
吸っても構わないとうそぶいて吸う者がいるが僧院長は大抵禁止しているという事だ。
だから吸っている者は僧院長に背いている者だ。それにしても僧団追放となる
日本の坊主もどきの行っている不淫戒違反の方が問題である。

661 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 13:33:32 ID:f2kZJ/eB
>>660
この辺を見る限り普通に吸ってるみたいだが。
ttp://www.lookthai.com/jp/info/tplmonkaddict.HTM
ttp://hf.cup.com/diary/04122.htm

>>658
戒律に詳しいみたいですが、戒律を守らなければならない根拠はあるんでしょうか。


662 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 17:08:13 ID:BDvMiI/7
修行しないと涅槃の状態になれんて仏陀とやらが言ってたんだろ?
大乗仏教になった時点で仏教じゃないだろ
大乗仏教って言葉自体に矛盾があるね。寺の坊主なんてペテン師じゃないか

663 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:24:12 ID:9HPutPbV
>>661
釈尊が新しく戒を制定する際に、十句義というのを読み上げらるんだけど、
これが目的と言ってもいいんじゃないかと。
究極的には正法久住が目的かね。

664 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:44:41 ID:9HPutPbV
『四分律』の十句義を探して来た。

一つには僧を摂取す。
二つには僧をして勧喜せしめる。
三つには僧をして安楽ならしむ。
四つには未信の者を信ぜしむ。
五つには已信の者をして増長せしむ。
六つには難調の者をして調順せしむ。
七つには慚愧する者をして安楽を得さしむ。
八つには現在の有漏を断ず。
九つには未来の有漏を断ず。
十には正法をして久住することを得さしむ
(大正22・570c)

665 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 14:43:02 ID:LF9r7Sbr
坊主丸儲け3
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1131723821/l50

666 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 14:50:27 ID:zluG1TW8
葬式仏教age

667 :南無大師遍照金剛:2007/02/24(土) 15:23:40 ID:WrC9e2MV
ヽ(´∇`)ノ

668 :名無しさん@3周年:2007/02/28(水) 18:34:11 ID:bcu1BvV4
>日本の仏教は仏教じゃない

じゃあどこの仏教が本当の仏教なんだよ。

669 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 01:28:43 ID:3l2MMxTC
>>1
日本に仏教が入った年が末法の始まりです。これは仕方がない。
わざわざそう合わせた記事になっているという説もあるのですが。

670 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 02:30:35 ID:VqS6ZN4m
スリランカとかタイとかミャンマーとかチベット(ダラムサラ)の仏教は仏教だろ

671 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 17:50:19 ID:PqKSk+Rq
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

672 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 00:52:23 ID:P+ZFMWqc

http://space.geocities.jp/mindmanipulate/bukkyou-honnshitu.html

こういうことですね。

673 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 17:03:52 ID:TlRVcMic
本来の仏教は仏陀が死んだ時点で終ってる
インドの仏教でさえヒンドゥー教に毒されているから
仏陀の教えとはかなーり逸脱w
チベット仏教もなんだかなー

とりあえず歴史的文化価値があれば
一般人にはうける宗教、それが仏教

674 :ショコラ:2007/03/03(土) 17:09:57 ID:zAK0TWdq
南無阿弥陀仏って死んだ人間のために唱えてるの?


675 :名無しさん@3周年:2007/03/04(日) 11:22:20 ID:61WJsInZ
>>673
ろくに考察もしてないなwww何の証明にもなってないしwww浅い浅い

676 :名無しさん@3周年:2007/03/04(日) 23:10:40 ID:xcDlHnxh
いや673は大分当たってるよ。ただ 仏陀が死んだ時点で終ってる のは言いすぎでしょう。

確かに似非仏教ばかりだけど 精神は残っています。

677 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 13:18:03 ID:uaXrDMic
でも原始仏教からヒンドゥー的要素取り除いたらジャイナ教と大差ないだろ
それに歴史研究に基く原理主義なんて仏教らしくない近代主義の迷妄
もしかして673はチベット仏教を密教と勘違いしてるかもしれないが、
本質は顕教だし、かなり忠実。

678 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 08:15:25 ID:ERKC5v+Q
チベットというとミトゥナ(男女交合)像が思い浮かぶが、あれは仏教とは関係ないの?

679 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 06:15:22 ID:I8mxCAxu
>>678
あれがチベット仏教のすべてだと思ってない?
普通の仏像の方が山ほどあるのに。
つい眼が行くからって代表させるのは、
東京名物に歌舞伎町しか挙げられない中国人旅行者みたいなものw

理趣経の流れをくむ教えに則った比喩表現に過ぎない。
別にあの像の前で交合するわけじゃない。
日本の真言立川流といっしょにすんな。


680 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 06:22:21 ID:kS2tT/tR
チベットの民家7割の壁には でかいチンチンが描かれている。

てかそれのどこが仏教なんだか 面白すぎ。

681 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 17:37:24 ID:irCjlE7q
そうか
ダライラマは糞まじめそうな顔して、夜になるとコソーリ、ミトゥナ像になってるのかと思てたよ

682 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 15:11:33 ID:v8IG0mUT
たしかにチベット仏教は 輪廻輪廻言っている時点で

輪廻を越えていないので 仏教とは呼べんなあ。 笑わせるぜ。

683 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 02:53:16 ID:HN+jOqpk
今のカルマパも2人いるしね
次のダライラマは3人になったりして
そのうち分裂転生思想とか言い出すかもよ

684 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 23:50:14 ID:yGnuSUNs
ゴウタマシッダルタだけがブッタではない

685 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 23:51:18 ID:yGnuSUNs
即ちゴウタマブッタ教だけがブッタ教にあらず

686 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 23:00:20 ID:ueXhf+Lz
じゃあ、ジャイナ教もブッタ教なのか?

687 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/03/12(月) 00:06:12 ID:Mx0xERRs
当然です。
ジャイナ教もブッダの教えです。

688 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 07:19:59 ID:lAdNKGFJ
仏教は無我をとなえる、すなわちアートマンを否定
ウパニシャドはアートマンを想定
よって、両者は相反する立場である

という考えは誤謬である
なぜなら、ブラフマーとアートマンの融合の境地は、すなわち無我の境地だからである

689 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 22:48:23 ID:RxyP+O2+
釈迦は経典名を唱えろなどと言っていない。

690 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:04:09 ID:LYCsVZBp
>なぜなら、ブラフマーとアートマンの融合の境地は、すなわち無我の境地だからである









と出鱈目を言うと罰が当たりますよ。


691 :神も仏も名無しさん:2007/04/07(土) 00:56:02 ID:sKyNF/HX
とりあえず大晦日の除夜の鐘は、仏教の習慣じゃないはずだ。
元々神道だろ、あれ。

692 :神も仏も名無しさん:2007/04/21(土) 07:38:07 ID:HrW7bxU8
【在日&在日北朝鮮カルト凶悪犯罪の歴史・日本編】
1992年 8月28日 顕正会への入会強要 顕正会員 2名 逮捕 送検
1993年 3月26日 拉致監禁暴行 男子高校生失明 逮捕 送検
1996年11月 2日 覚醒剤取締法違反 顕正会員 逮捕 送検
1999年 8月 入会強要で暴行 男子高校生骨折の重傷
2000年12月 入会強要 顕正会員 山口 朝子
2000年11月 入会強要 森田 議文 中原 ムネハル 小川 ジュン 北森 某 事情聴取 厳重注意
2000年 9月 恐喝・入会強要 顕正会員 長井 光二 示談
2000年 5月 2日 顕正会員が強制わいせつ・余罪多数 丸山 陽三 立件 逮捕
2000年 3月18日 顕正会員が違法射撃 秀島 裕展 逮捕 送検
2001年 7月25日 顕正会員が住居侵入・暴行 田中 えりな 逮捕
2001年 7月 2日 入会強要・暴行 桜井 祐也 太田 隆司 高橋 康晃 逮捕
2001年 3月 4日 入会強要 顕正会員 武藤 ひさ子 解雇
2001年 2月25日 入会強要 顕正会員 事情聴取 厳重注意
2002年 6月15日 殺人・覚醒剤取締法違反 顕正会員 宇高 明男 宇高 聡 起訴
2002年 6月15日 殺人 顕正会員 宇高 明男 逮捕
2002年 5月 顕正会への入会強要 小池 淳子 厳重注意
2002年 4月 顕正会への入会強要・殺人未遂・暴行 前川 某 逮捕
2003年11月11日 顕正会への入会強要 松野 登志彦 和田 茂樹 逮捕
2003年 9月19日 軽犯罪法違反(つきまとい) 顕正会員2名 逮捕 送検
2004年 6月   ジャパネットたかた契約社員(37)約51万人分の顧客情報を記録して流出させる。
2004年 9月14日 大阪教育大付属池田小学校殺人事件 宅間守死刑執行。
2005年 5月 5日 監禁 石川 秀樹 行徳 祐一 逮捕 「 起 訴 猶 予 処 分 」にて釈放。
2006年 7月 3日 傷害 群馬の中沢誠が元短大教授(71歳)を暴行、顕正会群馬県施設に一斉捜査。
2006年12月    埼玉・行田市で溝口順子容疑者(47)ら2人が器物損壊の疑いで逮捕、ほか二名別件で逮捕
2007年 1月11日 「顕正会本部」を初捜索 大学生に入会強要、「神奈川県警公安1課」が3人逮捕
2007年 2月   派遣社員の顕正会員が派遣勤務先から約900万件の個人情報を持ち出し逮捕。
2007年 4月 奈良の騒音おばさん実刑確定。刑務所送りになる。
2007年 4月19日 1999年9月池袋通り魔事件 造田博被告(31)死刑確定。

693 :神も仏も名無しさん:2007/04/22(日) 01:42:07 ID:kxNUkwUb
あなた達みんないつかは仏になれるよ
本気でそう言い続けて自分が仏になっちゃったのがお釈迦さん


694 :神も仏も名無しさん:2007/04/22(日) 09:16:54 ID:Z4+MXzQu
誰でも仏になれると「うそぶいて」いるのが日本の仏教もどき。
総理大臣でさえ誰でもなれる訳がないのにまして、ブッダになるのは・・・

ディーパンカラ(燃灯)仏の予言
「汝らは、ここの泥の上にうつ伏せになって大変激しい苦行をしている行者が見えないか」
「はい世尊よ。仰せの通り、私たちには見えます」
「彼は仏となる決意をしてここにうつ伏せになっているのである。そして彼の願いは将来
かならず成就する。今から四アサンケイヤに加える十万劫ののちに、彼はゴータマという
名の仏となるであろう。

695 :とんでもねえアタシャ神様だよ!:2007/04/22(日) 09:39:47 ID:73K1OAr7
>>1
今更、ナニ言ってんだ?!

696 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 14:39:55 ID:N0+8Pzpw
スリランカやタイにアラハンいたの見たことある人いる?

697 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 01:28:51 ID:Nh86RbKL
ミャンマー人の彼女に生まれ曜日のブッダ像をもらった。
さっそく花と水と果物を供えたよ。

698 :神も仏も名無しさん:2007/05/27(日) 18:34:01 ID:T9/kofhl
現存するインドの仏教っていわゆる新仏教ってやつだろ?
あれの成立においては日本人が大きく関わっていたんだぞ。

699 :神も仏も名無しさん:2007/05/27(日) 22:08:17 ID:Do3BITgX
バーミアンの偶像石仏が爆破されて せいせいしちゃった
まさに諸行無常
次々に偶像を爆破してくれないかな〜
重すぎるんだよな遺跡って

700 :神も仏も名無しさん:2007/05/27(日) 22:32:58 ID:Tj8ThBdZ
インドの釈迦仏法はもう利益なし。

今は日蓮大聖人の仏法のみしか成仏出来ないのだ。

701 :神も仏も名無しさん:2007/05/28(月) 05:16:41 ID:ZbjMBKm6
仏教とは何かを沈める力はある
しかしそれは同時に進歩主義も止めてしまう
だから取り入れて発展途上国になった国は
あわてて先進国に追いつこうと苦労している
退廃文化仏教を坊主や御用学者がありがたそうに信仰するのは
勝手だが 人々の幸福のためにあるかどうかは
現実的には考えにくい 
もともと始まりがボンボンの釈迦の道楽から始まったので
平安時代などの貴族階級で普及したのは分かる
 まあ 良きにしろ悪きにしろ
人間社会に何か影響を与えるテクノロジーであることだけは
確かだ

702 :神も仏も名無しさん:2007/05/28(月) 16:02:04 ID:CuyGz518
国も生活も全然違う昔の人が言った教えが
その国の慣習や現在の生活に合わせて変わっていくのは当たり前なんじゃない?

703 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 12:35:35 ID:GB9OwP8L
ブッキョーエンス24時間営業

704 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 14:03:38 ID:wwoOHqEC
所詮金持ちになって贅沢しまくってもたいして満たされませんよ、
っていう程度の教えの欠陥宗教仏教なんて、ああそうだねで終わり。早々に滅亡するのが必然の流れ。
地域に合わせてひねくりまわしていかなきゃ生き残れない。

705 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 16:57:28 ID:rJgkl5GY
日本人は「生」の為の宗教を求めるだろ
だからインドの仏教とは全く違うもの

インドの僧はmonk、日本のはpriest

706 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 00:04:12 ID:8cBjKJhx
インド人の仏教も別に死だけのものじゃないと思うが。

707 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 17:07:31 ID:l4erIk5M
>>706
本来仏教の求めるものは生でも死でもない
インドでもそうなんじゃないかと思うけど

日本人の宗教観は良くも悪くも大雑把

708 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 19:48:10 ID:tiAKfT/S
だいたい人の死生観に口出しして
金をもうけ
それを組織ぐるみにし
権力者にこび 拡大して行った
日本仏教なんて宗教でもなんでもない
   ただの金儲け

709 :某ピカ:2007/06/09(土) 19:52:15 ID:NnFI+i+k
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  >>708 仏教の開祖のゴータマからしてそれじゃんww
 (〇 〜  〇 |  \   
 /       |      
 |     |_/ |

710 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 19:57:15 ID:rVCpRzPs
仏教とは権力者が
民衆の氾濫を阻止するため
民衆が一枚板になるのを精神的に抑制する
作用がある
それは悟りとか 仏教的個人主義である
 これでアジアは人権意識が遅れたのである

711 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 21:37:46 ID:ihHPSi+X
>>683
それなんてリトルブッダ?

712 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 21:51:22 ID:72ufndXA
仏教=金儲け

713 :イギリス在住:2007/06/11(月) 20:17:50 ID:LHEajK/+
南伝仏教で絶滅した尼僧の教団を復活させようって騒いでいる連中がスリランカ
か何処かに居たけど、あいつらは奈良の律宗から受戒したそうだ。
日本では尼僧の伝統が残ったし、律宗は部派仏教以来の戒律が続いているから。
まあ、南都六宗は日本仏教じゃないのかな?

714 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 22:18:02 ID:vKGBfUmt
南都仏教って今も独身制なのかな。



715 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 22:38:26 ID:IxjjYZ7m
南都仏教ってのは末法無戒以前の像法時代から破戒。
みんな妻帯しちょる。


716 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 22:43:34 ID:vKGBfUmt
そうなんですかー

だいたい妻帯でない僧侶のほうが珍しいのかな?

717 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 00:20:06 ID:hagkK1yx
日本の仏教は江戸時代に徳川幕府が民衆支配に利用したことで宗教としては腐ってしまった。
権力と完全に結びついた。寺請け制度がその最たるもの。寺は証文を出していれば食えたし庶民は文句をいえなかった。

その恨みもあって明治維新後は廃仏毀釈運動が起こる。
おまけに南伝仏教の存在が明らかになり、仏教の立場がなくなる。

そこで権力に擦り寄り、挙句に第二次世界大戦では権力におもねる。

ただ、長期にわたり神道、儒教とともに日本人のものの考え方の根底を形成してきたのは間違いない。

俺が好きなものは突き詰めると仏教思想と相容れるものがほとんど。
仏教の本質は一神教の宗教とはまったく異なるものと思う。
あるものをあるがままに見る、あるがままとは何かを突き詰めること。

718 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 01:13:53 ID:uBDVosIq
坊主に進歩を邪魔されたアジアは
今西洋との差を埋めるために必死だ
 仏教は退廃文化だ

719 ::2007/06/14(木) 02:02:08 ID:zLRBAsla
邪宗門 乙

720 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 03:48:09 ID:hagkK1yx
>>718
神を殺して科学が爆発的に進歩した欧州は、世界を侵略しまくって犠牲者を大量に出した挙句、
今人間世界を破滅に追い込んでいる。
そして自分たちのやってきた延長線上には幸せは来ないと疑い、仏教に救いを求めている。

進歩の意味を突き詰めよ。

721 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 05:16:14 ID:CzLMpLST
「814」 「副島隆彦という生き方」というタイトルのインタヴュー記事を、載せます。 
最近の私の考えが分かりやすく表明されています。副島隆彦 2006.12.15
http://snsi-j.jp/boyakif/wd200612.html#1501

スッタニパータと、法句経(ダンマパダ)という一番古いお経がある。どうやら仏陀本人の本当の
言葉はこの二つだけのようですね。その他のいろんな膨大なお経は、全部仏陀が亡くなった後に、
弟子たちが勝手に作ったものだ。僧侶が葬式をやったり、お盆にお経をとなえたり死者を祀ったりは、
仏陀は一言も言ってない。ブッダは死に関わるな、と言っている。勝手に後の人たちが作った制度だ。
仏陀自身の言葉は、「愛欲と煩悩を捨てて、この世とあの世のすべてを捨てて、ただ一人歩め。ヘビの
皮が新しく抜け変わるように。サイの角がひとつ進むように。」と書いてあります。
奈良の興福寺、東大寺は法相宗(ほっそうしゅう)という仏教で、中国までやって来た仏教のうちでは
一番古い仏教を伝えている。それは輪廻転生(りんねてんせい)を認めないんです。
来世はない。あの世もない。「この世とあの世をともに超える」とスッタニパータ(「ブッダのことば」 
岩波文庫 中村元訳、1984年初版) で仏陀は言っています。だから輪廻転生(りんねてんしょう)
もないのです。そこで私はブッダに従うならば、ゼロ、全くないと思います。「今」という現実は有るの
だけれど、それは仮のすがたであって、すべてなくなるんだ、と。輪廻転生は、仏陀が若い頃、厳しい修行
をしたヒンドゥ教の思想なのです。ヒンドゥ教 ( Hindu 、ヒンズー教、インド教)には輪廻転生が強烈
になる。六道輪廻ですね。生命は生まれ変わる。ですから、不思議な話ですが、本当の仏教(ブッダの教え)
は、徹底的に、無神論(むしんろん、atheismエイシイズム)なんです。


722 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 13:38:07 ID:diiojDRX
仏教の時代が来ることは未来永劫ありませんよ。
仏教が世界的に栄えたのは1000年以上も前の話。
以後東南アジアの一部を除いてどこの国でも衰退しまくり。

723 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 13:42:39 ID:LP349Ye2
てか日本の仏教は、仏教じゃないけど、
大昔に仏教から派生した寺院や建造物や文化がそのまま
日本文化に変化していったってかんじ。

じっさい、宗教だと思って家の仏壇おがんでる人はいないだろ。
お寺だって、家系の先祖を置いてくれるかんじで、職業みたいなもんだし
教義もないから、祭事として先祖まつってるだけじゃん。

夏祭りとか、記念日とか、そんか感覚だと思うよ。
でも俺はそれが日本の文化であり、それでいいとおもう

724 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 20:24:12 ID:l1PaLCZV
西洋文化と西洋医学で
数千万人の生命が生き残ることになっただろう
江戸時代なんて風で 基金で 何万人も死んでいた
感情的な判断しか出来ないところはさすが退廃文化仏教

725 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 22:35:58 ID:zLRBAsla
>>724
欧米か!

726 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 00:43:08 ID:6lnCZ9vk
>仏教の本質は一神教の宗教とはまったく異なるものと思う。

エックハルトのキリスト教神秘主義や、ユダヤ教のハシティズム、イスラム教のスーフィズムなどは
仏教とかなり近接している。ネイティブアメリカンの箴言も、かなり仏教的だ。
キリスト教神秘主義については鈴木大拙、
ハシティズムについてはブーバー、
スーフィズムについては井筒俊彦の著作を読むことをおすすめ。

どれも、近代の人だから、他宗教の形式のむこうにある真理の共通点を
さぐることを前提に書いてる。
井筒俊彦の「意識と本質」は大乗仏教を主軸に他宗教との本質的異同を語っていておもしろいよ。

727 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 17:18:01 ID:m5YWPkEd
シルクロードって番組あるじゃん。
あれで遺跡とかがいっぱい出てくるじゃん。

あれほとんどがかつて栄えた仏教国なんだよね。
遺跡になってるってことはつまり全部滅んじゃったってことなんだよね。
要するに仏教の成れの果て。仏教の死骸。
あの番組って仏教を死姦しちゃってる結構エグい番組なんだよね。

728 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 20:11:53 ID:34FTNV3I
仏教を滅ぼしたのは大概は蛮族のイスラム。
仏教は、あんまり抵抗しないのよ。

729 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 21:12:41 ID:U/jHM1jS
仏教を滅ぼしたのは大概は蛮族のイスラム
 人のせいにしてる間は一流とは言えないな


730 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 21:40:48 ID:r8BIBOh+
イスラム教が
退廃文化仏教の偶像を全部爆破してくれないかな
 日本人に開放を 自由を 人権を
積年の仏教の抑圧からの開放を

731 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 21:43:31 ID:Un8A2xQG
>>726
エックハルトは面白いけどカトリックでは異端扱いだ。
ユングはエックハルトを大プッシュしてたらしい。




732 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 21:51:15 ID:Uzr0rwc9
>>1
今さら何抜かしてけつかんねん!


733 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:03:13 ID:riAzYZq+
エックハルトとか亜流はいろいろあるかもしれないがが、一神教がイヤなのよ
仏教では日蓮系は一神教的でないかい?
浄土系もそういう要素はあるかもね


言いたいことはただ一つ

一神教はイヤ

拒否する

神に誓うよ



734 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:17:52 ID:Un8A2xQG
仏教徒談話室でもつくるか

735 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:20:58 ID:6lnCZ9vk
一神教も汎神教も、おそらく追求するにしたがって、共通点が多くなると思う。
だから一神教のなかからイエス(あえて)や、エックハルトなどの汎神教的な人物が出たり、
イスラム教の中にも律法よりも真理との個人的関係を重視したスーフィズムがでたり、
神を立てないはずの仏教から浄土教が生まれたりする。

あくまで一神教、多神教、汎神教といった違いは、その信仰する人間の風土や文化などの
背景、つまり、人間側のスタンスだろうな。

まあ、選ぶのは人だから、一神教的なスタンスはきらい、ってのもありだと思う。
人間は星の数ほどいるんだから、それぞれのスタンスを取ればいい。

736 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:23:24 ID:Un8A2xQG
そうなんだけどさ、結局「これが(おれの信仰のみが)絶対で
他(おまえら)の考えは認めない!」って言い方するヤツが
出て来るんだよな。これには辟易するよ。

737 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:27:04 ID:Un8A2xQG
エックハルトも異端扱いで、カトリックの連中だって
読みもしないだろう。日本で面白がって読んでるのは
本当にごく一部のマニアだけさ。
「エックハルトは異端です」って指導されるだけで
「そうなんですか、それでは読むのは危険ですね、やめましょう」
なんてバカらしいにもほどがある。


738 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:29:15 ID:Un8A2xQG
もっとも「エックハルトとか異端宣告された人の著作は読んでもいいですか?」
なんて聞く人もいないだろうけど。。

739 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:30:06 ID:6lnCZ9vk
この間、ある哲学者の本を読んでいたら、その人は
宗教には造形が深いが、伝統的な意味でのキリスト教には
懐疑的で、人格的な神との対面、なんてまったく予想もしてなかった。

しかし、あるきっかけで宗教体験をしたわけだが、
その真理との邂逅が、まったく「人格的な神との生々しい接神体験だったので驚いた」、と。

上にも書いたブーバーも、ガチガチのユダヤ教徒じゃなくてむしろ
哲学的に神を学ぶ感じの人だったけど、実際は「人格的な神との出会い」という宗教体験だったそう。

俺自身、「人格的な神」という概念は否定的と言うより、
信じがたい。
でも、真理がなにもかも含まれるものとしたら、そういう「人格的」なものも含むのかな、と思った。

>>736
>>737
それが問題だよな。
エックハルトの著作も大部分燃やされたらしいし。
他宗教のみならず、、、。



740 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:31:20 ID:riAzYZq+
>>736
同感

そういう言い方するだけならまだ害は小さいが、基督教徒どもは平和に暮らしていた未開人を教化するといいながら搾取し、
従わなければ虐殺し、現代文明があるんじゃないのか。

こんな便利な生活も一神教のおかげだが、

そろそろそういう野蛮な考えからは卒業する時期だろ



741 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:41:55 ID:6lnCZ9vk
一神教も、神と個の関係を強調する面から見ればかなり意義深いけど、
布教する時は折伏の形をとりやすいし、「政治的」にも利用しやすいだろうね。
怖い面がある。

汎神教、多神教にとって「自然」は崇拝すべきものであり、分析したり、利用したりする対象ではなく、
一方、一神教にとって「自然」は克服すべきものとしてあたえられたから、
分析したり利用したり、要するに科学的対象として与えられるから、自然科学が発達した。
現代人はその恩恵をうけてるわけだけど、
乗り物と同じで乗り方を間違えたらやっぱり怖いな。

日本の仏教も社会化することでなんとか存続しているけど、
「社会化」自体が、世俗化にも通じるし、本質を失うことになってる部分があるかもしれない。










742 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:45:22 ID:6lnCZ9vk
人間どん底に落ちれば、どうしても神(真理でもいい)と個との、直接的体験になるだろうが、
「既成宗教の形式」にすがって救いを感じられているうちは、それができないかもしれない。
「教会」が神と個のつながりを阻んでいるって考え方もあるしな、、。


743 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 22:53:55 ID:riAzYZq+
一神教に自然は克服するものとして与えられたのかい?

自然は神が創ったのではないか?

いまだにダーウィンの進化論を受け入れないんだろ。

ブッシュ君たちは

むしろ二元論を生み出して、それが自然の克服
爆発的な文明の進歩につながったんじゃないかな。

化石燃料の活用が大きいんだが。

744 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 23:16:14 ID:67rsy21a
化学文明は政教分離の西洋哲学を元に進んだ
 むしろ宗教は関係ないだろう

745 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 23:20:11 ID:PKRbcixL
日本の宗教って仏教にしろキリスト教にしろ本家から変質しているのは当たり前だと思う。

746 :某ピカ:2007/06/15(金) 23:29:54 ID:Lw8fxukr
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  >>744 キリスト教神学に反発する形で科学が進んだのでは?
 (〇 〜  〇 |  \ 一昔前、バチカンがガリレオの破門を解いて謝罪(?)  
 /       |     したのは面白かったピカ。 
 |     |_/ |      

747 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 23:32:26 ID:hHIsUD+i
日本の仏教は庶民をかく乱し支配するために
変質してきました 今や民衆を搾取する対象としか見ていません

748 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 23:38:17 ID:AeiQEjl3
どんな宗教圏でも政教分離の思想はあった
たまたま西洋社会で早く進んだだけで
キリスト教独自のものだったといえるだろうか


749 :某ピカ:2007/06/15(金) 23:41:55 ID:Lw8fxukr
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  ゴータマ + 五比丘 ≒ 麻原 + オウム神仙の会
 (〇 〜  〇 |  \   
 /       |     サイコパスなカリスマ教祖とその取り巻きの小さな集団が
 |     |_/ |     正常人の生活の破壊・収奪を繰り返してだんだん大きくなったピカ。

750 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 23:46:15 ID:POtGva67
どんなさえないやつでも
世襲で金持ちで おまけに宗教の力を借りれば
どんな煩悩も満たし 極楽浄土にいける
まさしく仏教のテクノロジーはすごいぜ

751 :神も仏も名無しさん:2007/06/16(土) 16:32:11 ID:8QrVuYQh
>>744 >>746
最近は、セム系の形而上学的信念があったから科学は還元主義で突き進んだってのが、一般的見解だと思われ。
例えば、アインシュタインがコペンハーゲン解釈を受け入れなかったり、相対性理論から導き出されるブラックホールを受け入れられなかったように。

進化論もセム系の終末時間観があったから、と思われる。進化という概念がセム的なのだ。万物流転や諸行無常が真相に近いだろう。なぜなら、進化というのは誰かの観点が入っているから。 

752 :神も仏も名無しさん:2007/06/16(土) 22:00:10 ID:nzyktB++
>>2
浄土教は中国にもあるんだが

753 :神も仏も名無しさん:2007/06/16(土) 23:01:18 ID:kGuGC0H6
要するに日本の仏教界は
金もうけだけが目的の退廃文化だということだな

754 :某ピカ:2007/06/16(土) 23:53:45 ID:CZaEYrYx
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  文明社会が進んできて、約2500年前に
 (〇 〜  〇 |  \ 強力なカルト宗教が発生。  
 /       |    いろんな国に伝染して行ったピカ。 
 |     |_/ |    目的は人を騙して支配して利益を得ること。
             だから日本の仏教界が退廃しているのではなく、
             狂祖以来の伝統を形を変えて受け継いでいるということピカ。
              形を変えずに再現したのはオウムピカ。

755 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 00:03:52 ID:fka8FP9u
ここまでくると話にもならないな。

756 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 00:09:39 ID:9WSMGA+h
要するに今まで必要とされてきたが
今や必要かどうかわからなくなり
むしろ押し付けがましく感じ始めてるということだろう
現実的に情報が多い現在
 一方的に教えてやるみたいな感じはうっとうしい

757 :某ピカ:2007/06/17(日) 00:19:21 ID:buN/F+u8
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  数千年前の人物をいつまでも完全・最高の人物だと
 (〇 〜  〇 |  \ 崇めているところが宗教のアホさピカ。 
 /       |    教祖の完全性・無謬性を担保するために仏教では 
 |     |_/ |    経典を捏造したりしたピカ。

758 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 00:23:08 ID:JZsWpeBU
変えない勇気より
帰る勇気のの方が時として重要
今日本人は形骸化した文化遺産に押しつぶされそうで
前に進めない
またそこに必要に巣くうカビだらけの伝統
 そろそろ風通しを良くし未来を切り開いたほうがいいんじゃないか
 坊主は嫌がるだろうけど

759 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 00:31:52 ID:mVlXbYy6
>>758
何で他人事みたいな言い方するん?

760 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 00:41:56 ID:HtSZ8P8e
いえいえ オウムと原始仏教は ぜんぜん違うピカ。


ですので754は 出鱈目ピカ。 インチキ仏教大乗は 撲滅すれピカ。

761 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 00:42:05 ID:4Nnx2BBV
他力 坊主は気持悪すぎる

762 :某ピカ:2007/06/17(日) 01:19:59 ID:buN/F+u8
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <   >>760 オウム施設の前には「家族の元へ帰っておいで」みたいな
 (〇 〜  〇 |  \   看板を立てて家族が施設に向かって声をかけていたピカ。
 /       |     ゴータマの時代も同じ。
 |     |_/ |     キチガイ教祖率いる集団に村の働き手の若者が洗脳されて
              盗られ、母親・婚約者などが嘆き悲しむ話が経典にも書いてあるピカ。
              もちろん、「世俗の愛執を断ち切ってお釈迦様の下で
               出家修行をするという涙ぐましき努力」を美化して
               たたえるような内容ピカ。

763 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 01:27:06 ID:fm0ujezM
霊感商法というのは人間の業のようなもの
しかし組織ぐるみでやると宗教としてあがめられる

今 完成度の低い佛教は化けの皮がはがされつつあるのだ

764 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 16:49:06 ID:fompQI53
>>762
ボンボン育ちのゴータマの世間知らずな非現実っぷりは随所に現われてるわな。

765 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 23:26:13 ID:DYNWOrtI
無能な金持ちのボンボンって
あらゆる汚い方法で能力のある貧乏なやつを
いじめるのがすきなんだよな
 そのどうしようもない人間の激情を宗教にしたのが佛教だ
何か社会にある程度の影響を与える力はあるだろうが
個人的には そんなものに頼るのは良心のかしゃくがある

766 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 05:49:12 ID:IyVjd33P
あなた方がいくらそんな風に、佛教をイメージ的・情緒的に否定しようとしても、
釈尊ゴータマ・ブッダの教えはびくともしませんよ。
近代科学をもその中に包摂しうる、金剛石の固さを誇る釈尊の覚った真理とその教えは微動だにしません。
おあいにくさまです。

767 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 06:05:39 ID:9DCczPEG
否定すると返してくるのが 宗教なんだよな
 まあ一度やったらやめられない 薬中見たいなもん

768 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 08:13:18 ID:UML0IVLm
金剛石って人工のやつが多く出回ってるんだよな

769 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 09:40:00 ID:vsS0eeZC
>>766
釈尊ゴータマ・ブッダの教えを正しく教えてください

770 :760ピカ:2007/06/19(火) 12:22:51 ID:eL8/mUr6
766は必死だなピカ。 おまえは仏教に囚われているピカ。
おれは760ピカだけど仮に仏教が詐欺なら認めることはできるぞピカ。

762は仏教とオウムの類似点を挙げているピカ。
ただ松本智津夫とゴー玉の違いは
ゴー玉は 無一文で 行脚したが 松本智津夫は全財産寄付させ
サティアン内でメロンを食っていたピカ。

教え内容は オウムは 盲信崇拝という思考の固定化
を勧めるが
仏教はそれらを否定しているわけだなピカ。

771 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 12:28:01 ID:4ERqb1gS

仏教 キリスト教 イスラム教         実質的にも宗教


華道 茶道 神道 葬式仏教(日本仏教)   形式的な心の態度、儀礼のみ


ヒューザー コムソン 統教 幸科        営利



こんな感じ

772 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 13:39:08 ID:H3WDTpbo
日本仏教=保守の犬でしょ

773 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 13:41:19 ID:H3WDTpbo
宗教とは
人間は究極的に自分に嘘は付けないことが基本にある
人々をくっつけるとき
恐怖 業 嫉妬 愛 などの激情によってひとつにする
その時嫉妬などの特に強い激情は安易に用いられる
佛教が煩悩として掲げてる民衆に対するある種の誘いは
宗教としては強いが レベルは高いとはいえない

774 :某ピカ:2007/06/19(火) 20:29:16 ID:AE9YDU/2
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  >>770 ブッダと僧団にジェータ林を寄付するために、
 (〇 〜  〇 |  \  長者が無一文になってまでして土地を買い占めたという 
 /       |     美談(w)は、麻原のと似てるのでは?
 |     |_/ |     徹底的にハードなお布施をするぞ!!

775 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 20:55:36 ID:K2weKPF/
違うピカ。土地を貰ってもゴー玉は清貧でしょうピカ。

午前中人から貰ったものしか食べて無いんだろピカ。

土地は食べれないし そもそも釈迦教団では当時

お金に触ることすらできなかったピカ。

たまにメロンも 食べれたかもしれないけどピカ。

776 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 22:12:08 ID:SyuHurn0
放蕩のあげく過剰な清貧
そして硬い信仰
 ボンボンのやることはわからないねー


777 :神も仏も名無しさん:2007/06/20(水) 04:08:55 ID:VgJFqxTp
ああいう恵まれた環境じゃないと見えない出来ないことってあるわな。
ま、単なる究極の贅沢だが。
最高級のキャビアやフォアグラの味の違いを極めましたよ、って感じ。

778 :神も仏も名無しさん:2007/06/20(水) 07:49:03 ID:obEZqs5i
君たちには分からないと言い
民衆から集めた金でさらに煩悩を満たす
氾濫が起こると浄土の概念でさらにかく乱
 一見良く出来てるけどね〜
まあ 他の宗教では偶像を禁止してるものもあるので
あの不気味な仏像を待ちにぼこぼこ作るのはやめてほしいな
あと 風俗臭のする坊主にごちゃごちゃ言われるのもねー

779 :神も仏も名無しさん:2007/06/20(水) 14:02:24 ID:/uzecfD2
>778
当時家督を継げない貴族や武士が僧侶になったんだから、仏典を都合よく解釈して堕落していくのは必然だよ
キリスト教だって、司祭がそういう風に生まれるようになってから堕落した
今だってちゃんと宗門が自己改革すれば清廉な僧団に戻す事は可能だ
多分やらないと思うが

780 :神も仏も名無しさん:2007/06/20(水) 14:14:20 ID:u6uQj2eE
聖徳太子が仏教を奨励したのは漢字を普及させる事が目的だった訳で。
釈迦の教えの正しさとかは余り重要でなかったのかもしれんね。

781 :神も仏も名無しさん:2007/06/20(水) 23:53:35 ID:KvWZufcU
キリスト教と仏教なら
仏教の方が堕落しているだろう

782 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 00:53:50 ID:akiCPGOX
キリスト教は 元から堕落しているからな。

783 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 01:12:49 ID:lW29nBqc
堕落の定義が分からん。
宗派(教派)が多ければ堕落か?
開祖の原理から遠く離れれば堕落か?
その人数が多ければ堕落か?

784 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 01:39:55 ID:Rrt4JUWB
なんか「日本の仏教」の話から離れている気がするが。
>>779「宗門の自己改革」としてまずはじめにやらねばならないのは、妻帯・女犯の禁止の復活だと思われる。
「律」のルネッサンスだ。明治の維新で堕落した日本仏教をレストレイションさせるには、まずそこから始める必要がある。

785 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 06:15:20 ID:xtkg6vvA
>妻帯・女犯の禁止
は勿論の事だが手続き上、律というのは簡単には復活出来ない。
オリンピックの聖火はギリシャで採火された後、聖火台までリレーされる訳だが
必ず予備の聖火を携行している。途中で消えたら、それから着火される。
決してマッチやライターで着火されることはない。

ブッダによってともされた法灯は仏陀によって許可されたサンガによって継承されて
きたもので達磨であれ、道元であれ、日蓮・親鸞であれ、マッチやライターを使う
ようには簡単には継承(着火)することは出来ない。
麻原の許可による出家が無効であるように。

786 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 18:23:01 ID:oHytuT74
本覚思想とか如来蔵とかもお釈迦様の仏教じゃないよね。
日本の仏教は軒並みダメ出しされそう

787 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 19:26:29 ID:0EO17cHu
本覚思想も如来蔵も正しい仏教です。
駒沢の本を読んでも無駄。

788 :神も仏も名無しさん:2007/06/21(木) 23:04:36 ID:3OOlIQAn
>本覚思想とか如来蔵とかもお釈迦様の仏教じゃないよね。


もちろんです。 それらは大乗の嘘800です。

789 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 04:45:15 ID:Ln9S4nYK
色々な宗派ができても許容されるのが仏教のよさだとおもうけどな

キリスト教だとそうはいかない。迫害、戦争が始まる
西洋世界は延々とそれを繰り返してる。こえええええええ

もちろん仏教でもそういうことはあったが、本質的にましだ







790 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 04:46:16 ID:Cdd0IkY/
>>785
南方上座部諸国で受戒し直すしかない、ということかな。
スリランカか、あるいはタイか・・・
大乗圏の我国としては、ベトナムが理想的な気がするが、今のベトナムの仏教界の現状はどうなんだろう?
シナと朝鮮は嫌だね。とりあえず除外だ。

791 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 10:29:17 ID:8sRpm+bo
>>788
だから嘘じゃないやつを教えてくれって

792 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 10:34:19 ID:NrEnxIhI
小、いや上座部仏教が正しいと、日本にあるカルトもどきを教えられるな。

793 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 11:59:09 ID:4wVuTAYr
>>791
四諦・十二因縁・八正道くらいは確実じゃないか?

794 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 17:28:15 ID:CuXj2vs+
三法印も確実じゃないか。

795 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 17:40:06 ID:Oj9WAEPA
南無妙法蓮華経が真実。

796 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 18:16:30 ID:yfTEj3/v
南無妙法蓮華経など一切経のどこにもない言葉

797 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 19:08:10 ID:Oj9WAEPA
つ大正新脩大蔵経

798 :某ピカ:2007/06/23(土) 23:11:40 ID:MZkhrYuW
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  大蔵経は仏教のキチガイさをよく示しているピカ。
 (〇 〜  〇 |  \  一生かかっても数回しか通読できないらしいし。  
 /       |     
 |     |_/ |

799 :神も仏も名無しさん:2007/06/24(日) 06:13:04 ID:2vSF9o3D
仏教が迫害しなかったら日本にもっとキリスト教は入ってただろうな
 そしたら難解でかく乱される陰気くさい仏典ともおさらばできたのに
何かと敵を作って生き延びようとするんだから
キリスト教を批判するのはいいけど世界に30億人くらいいるんじゃないか

800 :神も仏も名無しさん:2007/06/24(日) 23:27:03 ID:FcQKvZ19
>>799
奴隷商カトリックが寝言をほざくな


801 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 14:36:03 ID:IzcNe30b
>>798 :某ピカ アフォー
今はノートから書いているが、このPCにも南伝三蔵を入れてある。
DEMONで見るんだが全部は読めないよ。その必要もない。
似たようなお経が多数あるし、
地図をいくら多く見たからといって山に登ったことにはならない。
山に登りもしないで山を語るアフォにもなりたくない。
仏教の修行は戒律を守って瞑想することである。

802 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 14:38:08 ID:IzcNe30b
>>799 アフォー
仏教がキリスト教を迫害したわけではない。アフォー。
キリスト教が入っていたら魔女狩りで相当数、罪もない人が虐殺
されていたな。
現代、韓国では仏教徒が社会的圧力を受けて出版物も出せず、
それを援助して日本で出版されたものが「キリスト教か仏教か──
歴史の証言」だ。あの中村 元先生が監修している。

帯から──
1873年スリランカに於て、一万人の観衆の前で、
一人の僧と二人の牧師によって、キリスト教か仏
教かの大論争があった。
 その結果は、どのようになったであろうか。


803 :神も仏も名無しさん:2007/06/26(火) 21:44:36 ID:TxPqOM0/
アフォーなどと簡単に言うところは
 さすが退廃文化仏教
歴史を捻じ曲げて食いぶちを 確保しなさい

804 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:49:53 ID:7RKY6UHd
大乘佛教はれっきとした仏教です。
歴史の流れ仏教とは何かということがわかっていない香具師が多すぎるわ

805 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:51:30 ID:7RKY6UHd
まず経典はすべて仏説です。
大乗経典が仏説でなくて、小乗経典のみが仏説だということを主張する人がいますが
このような立場の人たちには、仏教がなんであるか?
教典がどういったものであるか?
という認識が抜けています。


806 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:51:42 ID:UZKu+Aii
釈迦が死んだときに、仏教は終わったからね。

807 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:53:13 ID:7RKY6UHd
教典は、第一次結集でまとめられてその後口伝で伝えられてきました。
口伝という問題を考えたことがありますか?
人から人へと口伝いで伝わったということですよ…そのようなことでは、小乗の教典も信頼性は低いのではないでしょうか?


808 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:53:59 ID:7RKY6UHd
決して大乗が絶対という意味ではありませんので注意!

809 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:55:34 ID:7RKY6UHd
仏教とは、自己に目覚め、法に目覚めるということが本質です。
これはお釈迦様(以後釋尊と書きます)が自己と法(縁起)に目覚めたということから
このように述べることができると思います。

810 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:59:06 ID:7RKY6UHd
先に述べた自己に目覚める、法に目覚めるということが仏教なのです。

811 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 00:59:38 ID:UZKu+Aii
口伝の意味は、釈迦が相手によって方法を変えなければならないと意識したから。
仏典を見たら、釈迦は絶望するだろう。

812 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:02:34 ID:7RKY6UHd
>>811
それもあるけど…私が言いたいのは、そういう意味ではなく現代までに伝わってくる過程に
口伝という方法が含まれるという問題をどう考えるということを言いたいのです。
この点について考えてことがありますか?

813 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:06:34 ID:UZKu+Aii
>>812
釈迦の死と共に、仏教は終わった。
それでいいんじゃない?

あとは、ニセ釈迦の拙いコピー。

814 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:13:18 ID:7RKY6UHd
>>813
現代の日本の仏教を見てると残念ながら事実、私も感じることがあります…特に葬式仏教になっている点からです
しかし、釈迦に弟子がいて現代にまで伝わってきたので、仏教は終わったといいきれないのではないでしょうか?
仏教(釋尊の教え)に真剣に向き合って生きてきた人たちがいることも事実です。(伝統宗派の祖師たち)


815 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:14:57 ID:7RKY6UHd
トリップがかわたかもしれませんが気にせず
教典に、仏教が説かれていれば仏教といえるのです。
>>810

816 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:17:09 ID:7RKY6UHd
だから大乘佛教も仏教といえるのです。


817 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:20:44 ID:UZKu+Aii
なんかこんなやりとりを他でも見た記憶がある・・・・・・・
小乗も大乗も、釈迦の直伝ではないので、結局、釈迦の教えではないんですよ。

本家争いが不毛なのと同じでしょw

818 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:26:05 ID:CPmiBkgs
>>814
駄目ですねぇ。現代仏教学・経典成立の研究を軽んじすぎます。
>>807
もうアウト。小乗のみが仏説はもう古い。小乗の一部のみが仏説。
小乗経典のほうが大乗経典より先に成立している。

819 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:26:25 ID:7RKY6UHd
>>817
思想(考え)を言葉にした時点で思想の100%のものは伝えられませんからね。
この点について口伝が問題なんですよ。
私もあなたも相手に伝えようとして言葉にしますが、考え(思想)が相手に100%は伝わらないのです。
だから先ほども述べたように口伝が問題なんです。そして、口伝にした時点で真理ではなくなっている可能性すらあるのですからね。
釋尊の説法は対機説法といわれますが、結局導く方向性はある程度定まっていたと考えられます。

820 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:30:52 ID:7RKY6UHd
>>818
小乗経典が大乗経典より先に成立している点についてはとっくに知っていますよ。
しかし、「口伝」という方法について本当に考えたことがありますか?

821 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:31:25 ID:UZKu+Aii
>>819
誰も、他人の人生に介入はできないということをよく知ってたんですよ、釈迦は。
仏典を絶対視する時点で、すでに始まりを異にしてます。

822 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:32:55 ID:7RKY6UHd
>>821
>誰も、他人の人生に介入はできないということをよく知ってたんですよ
というのは何が出典でしょうかよければ教えてもらえませんか?

823 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:34:40 ID:CPmiBkgs
>>819
口伝と口伝えは仏教用語として区別して欲しいね。
口伝は秘密の公でない特別な教え。
暗誦したものを文字にしたのとは違うんですよ。


824 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:36:17 ID:UZKu+Aii
>>822
ブッタの言葉。

825 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:37:32 ID:7RKY6UHd
>>823
とは言っても人から人へと口で伝えられたという動作事態はかわらないと思いますが
さきほどものべましたが
>考え(思想)が相手に100%は伝わらないのです
ということを経験したことがありますよね?一度考えてみてくださいよ

826 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:39:37 ID:7RKY6UHd
>>824
しかし現時点で釋尊が説法をしたことも考えると矛盾に思えるので…一度考え直してみます

827 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:43:59 ID:UZKu+Aii
>>826
そこを矛盾と考えるから間違える。
釈迦は自分の人生を生きただけのこと。

難しいことはなにもないでしょう。

828 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 01:45:02 ID:CPmiBkgs
>>804=805
大乘佛教はれっきとした仏教です。 まず経典はすべて仏説です。
結論は正しいんだけどね。
後の展開は無理が過ぎる。

829 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 01:48:19 ID:7RKY6UHd
では、釋尊の一生の中で実際にあった説法をどう考えるのですか?
これは最大の矛盾になるはずです。

830 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 02:00:28 ID:7RKY6UHd
>>828
よろしければ具体的に展開の無理を指摘してもらえませんか?

831 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 02:00:30 ID:UZKu+Aii
>>829
一生懸命生きたのです。
今のあなたと同じですよ。

832 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 02:06:04 ID:7RKY6UHd
>>831
縁の中で一生懸命生きたというならそうかもしれませんね。
自分の予期せぬこと(良いこと悪いことともに)を
我がこととして受けとめて生きたという考え方であれば…同意できます。


833 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 02:08:28 ID:UZKu+Aii
>>832
それでいいのでは?

834 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 02:16:49 ID:7RKY6UHd
>>833
答えが出たみたいに思えますが…もっともっと考えてみますわ。
ただ、釋尊以後の仏教が
>釈迦の直伝ではないので、結局、釈迦の教えではないんですよ。
というのには同意ができません。
後の人たちが受容してきて形はかわったかもしれませんが、
本質としては仏教だと思います。


835 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 02:20:40 ID:UZKu+Aii
>>834
答えではないでしょう。
単なる始まりですから。
釈迦も誰かの教えだったでしょう。

836 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 02:24:56 ID:7RKY6UHd
>>835
そうですね…確か私は道を見つけたに過ぎないという旨のことを申してますしね
(言い方が雑ですみません)

837 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 02:27:24 ID:UZKu+Aii
>>836
ということで、あほかw

だと思いますけど(笑

838 :807 ◆iWKBa02gus :2007/07/01(日) 02:29:57 ID:7RKY6UHd
>>837
いやいやw相手ありがとうございます
またいろいろと書き込むと思いますのでそのときも是非お願いいたしますw

839 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 05:46:52 ID:6NObwcRI
仏教なんて所詮金持ちの道楽。
清貧の思想と大差ない。

840 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 07:36:58 ID:fYcxuOg6
>>839 お前に理解出来るようなシロモノではない。無理するな。

841 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 21:10:37 ID:kkB7IMzE
退廃文化 仏教を崇高なものと
教えられているものよ目を覚ませ
難解な内容でかく乱し
ただの体制の犬の分際で民衆を
押さえつけてきた悪宗教を
 理解できるような代物でないてか
キャバクラ穣がワインの銘柄の知識をひけらかしているのと
同じではないか
 坊主は風俗でも言って気持悪い偶像 仏像でも磨いていろ

842 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 21:34:08 ID:CPmiBkgs
>>841
冨永仲基を少し現代に置き換えた程度。
まだまだヒヨッコ。

843 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 23:33:23 ID:MA3vCI1A
ヒヨッコでいいじゃないか
 人を子ども扱いをするのが好きな背伸びしたい
幼稚なニヒリズム
 
歴史を振り返ってみよ 仏教の隆盛の後
必ず腐敗があることを

844 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 01:25:48 ID:PW2jr5/e
仏教の歴史なんてな、逃げて逃げて逃げまくるだけの歴史。
インドから始まって日本に辿り着くまでの国々で、今も仏教が根付いている国がどれほどある?
ある国はシルクロードの遺跡と化し、
ある国はヒンズー教やイスラム教に敗れて仏像の顔を削られ、
ある国は共産化の過程で弾圧され、
ある国はもって生まれた事大性で戦勝国の宗教にさっさと乗り換えた。
最後の到達点の日本ですら、仏教なんて葬式仏教と京都や奈良の観光寺院が残るだけ。
どの国からも追い出されて、流浪するばかり。それが仏教。

845 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 01:33:06 ID:PW2jr5/e
結局のところ仏教は理論武装しただけの単なるハッタリ宗教。
現実に対して何の力も持たない。何の役にも立たない。
その化けの皮が剥がれた時が仏教の終焉の時。
そんな虚仮おどしが長く続かないことは歴史が証明している。

846 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 07:11:06 ID:8PVLEatf
仏教は体制には庶民はかなわないという
諦めから生まれた
また その犬にどうなったら
なれるかの方法でしかない
複雑なことを言っているのはかく乱にすぎず
ようは あきらめなさい ということが内容だ




847 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 07:34:10 ID:RirovJ9Z
真理は多数決によって決まる訳ではないから、無理するな。


848 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 07:34:40 ID:+3CUHb1A
日本の諸問題を突き詰めていくと
仏教の退廃性に行き着く

849 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 18:49:30 ID:O9PULJFE
じゃあ何教ならいいの?

850 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 19:02:39 ID:xznwLRr1
>>849
佛教です。

851 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 21:29:30 ID:ATsSxOwg
少数の真理によって
多数が迷惑する
 キリスト教 30億人 
 イスラム教 15億人
 儒教    10億人

 仏教     3億人
  内 約9000万人日本人
日本の内情は外圧でのみ変わる 
つまり自発性はない=自己完結しない文明

852 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 02:55:11 ID:vQcTpF09
多数の迷惑って何の事です。
儒教    10億人
儒教は日本では宗教という認識はないね。
キリスト教 30億人 
イスラム教 15億人
問題はこいつらの一神教だ。こいつらの宗教のせいで血みどろの世界史があり今も紛争が続く。
白人崇拝かな?
日本は徳川幕府初期で外圧を跳ね除けたから泰平が続いた現実がある。
平安時代もそうだが国家仏教が如何に幸福をもたらすか考えることだ。


853 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 21:36:16 ID:Oeh0g/nb
平安時代
徳川幕府が平和だったって本当かな
 どこの歴史も血みどろに違いはないと思うけどな

854 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 14:44:52 ID:K9y6HTiH
>>799
キリスト教は弾圧するしかなかったと思う。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%A5%B4%E9%9A%B7&lr=

855 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:26:25 ID:7NuvPBGz
仏教とは解脱という体験それ自体に絶対性を置くわけだろう?
そしてそこへいたるプロセスが無限にあるなら、また、個々の社会の秩序形成
の仕方が異なるならば、仏教の在り方も多様化するのは当然じゃないか?

856 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 20:28:26 ID:LQwhFuQ4
3億人で30億人を弾圧しよう

857 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 16:16:03 ID:XNwinvr5
横槍です。
「りん」とか「木魚」とか「線香」とか、
誰が考えたの?何の意味があるの?
お経も、坊主は何のために唱えるの?
誰か教えて。

858 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 17:02:44 ID:JyWu/v8E
1はまったく正論だよな


859 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 22:57:12 ID:QnB293Px
朝鮮のお坊さんも、日韓併合になって日本の僧と交流したら
日本の僧が結婚して酒飲んで肉食べてるの見て、なんじゃこりゃー?
と思ったそうだ。そして、日本に倣って朝鮮の僧も肉食妻帯するように
なったが、独立後は戒律を復活させる派と妻帯あり派などに
分派したそうだ。

860 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 09:58:43 ID:D2ziFN0g
要するに
型にはまった生き方しか出来ない
やつらのもので
パトロンで体制にこびてしか生きていけない
やつらのものなんだろう 仏教って

861 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 11:09:19 ID:vLfEKFAq
最初に仏教が日本には行ってきた時は民衆にあまり広まらなくて、
日本風にアレンジしないとダメみたいなコンセンサスは布教する側にあった訳だけど、
やはり大きく変わったのは日連からなんだろうね。
もともとは死後の世界で幸せを求める宗教であった訳だけど、現世での幸せを追求する
宗教に変わったし。現世で幸せになるには女と恋愛するのも、金を稼ぐのも必要という事なんだろう。

うちが檀家になってるお寺のお坊さんも、法事の時に
焼き肉食べてたけど、あんなの日本仏教でないとあり得ないのかも知れんな。

862 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 11:52:51 ID:KBkzjYaj
日本でやってるやつは釈迦が否定したものそのものじゃないか。
呪法はやる葬式はやる、戒律は無視、殺生を是認する、挙げ句の果てには本覚思想に如来蔵思想!?そいで本職は儒教伝来の先祖供養。
経典はどんなものでも手に入るこの時代に釈迦の言葉を顧みない。大乗非仏説はよってたかって潰す。
今は厳密な意味では存在しない小乗仏教を上座仏教と混同し仮想的にして適当な論理で叩いて自分達は銀座に新地、祇園通い。
知人にサンプルがいるからあえて言うが馬鹿息子に外車買い与える金があったらドヤ街で炊き出しでもやれよ。
今や無宗教葬が当たり前になってきたからジリ貧は確実だが、その体たらくで民衆を釈迦の教えから遠ざけてきた罪は重い。
間近で日本の仏教関係者をたくさん見たら一層幻滅するよ。
もう仏教を標榜するのはやめて日蓮教、真言教、浄土教とかにして釈迦の言葉に従う宗派のみ仏教を名乗ればいい。
こんなことを言うと「ブッダは目覚めた人という意味だから歴史上の釈迦に従う必要はない」とか馬鹿みたいな理屈で返す。
日本で仏教と言えば一般の人が釈迦を想起する以上そんなの詭弁だろ。

863 :某ピカ:2007/07/14(土) 12:38:34 ID:QWj30PKT
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  世俗を否定し軽蔑しながら、世俗に絡んでいって
 (〇 〜  〇 |  \ 高い評価や待遇を得ようとするアホ出家主義仏教(≒釈迦仏教)   
 /       |    よりはマシなのでは。   
 |     |_/ |    ゲスのそしり食いのダニ集団ピカ。 

864 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 12:47:37 ID:zM6+K+Ww
>>1
仏教をベースにして色んな宗教が混ざった
日本文化を象徴する新宗教という事ではだめですか?
纏まりが無く思えるでしょうが。
逆を考ええてみれば全てを受け入れる日本元来の和の精神。
ひとつの輪を創り、全世界から差別を無くし、争いを無くし、
平和をもたらす。
それでいいと思っているんですが。

865 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 12:56:11 ID:KBkzjYaj
>>863
俺は日本の坊主の変な事例を出すからピカチューはその
『釈迦仏教』って奴を実践してる変な奴の具体例を出してよ。
ろくでなしなら、まとめて叩こうぜ。

866 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 13:26:41 ID:KBkzjYaj
詳しい理由は失念したが墓か寺の維持の為に日本の坊主が生命保険に入ることになった。
俺の保険屋の知人が詳細をその坊主に説明したところいきなり激昂し「私の利益はないんですか?」と叫んだらしい。(死んだ後にどうやったらお前が利益を貪れるんだ)

またこれは知人の僧侶が若い時分の話。毎夜のごとく街に外車で繰り出し女をナンパ。あるナンパした娘とできちゃった婚。あとでわかったことだがその娘は有名な尻軽女。
今はたくさんの檀家が出した金がその女の衣裳費用になっている。

俺がある結婚式を司会したときの話。友人の仲間の坊主が誰よりも大騒ぎ。厳粛な場面で黙らない。制したら不満そう。三次会はキャバクラへ。
ちなみにそいつは有名なスケこまし集団の中核でした。

まだまだ俺には坊主の妙な話があるがどっかに心温まる話はないの?

867 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 14:09:19 ID:KBkzjYaj
仏性、法身、如来蔵。
本覚、葬式、檀家制度。
戒名、呪法に現世利益。
マントラ、妻帯、アラヤ識。
金好き、殺生、女好き。
偽経に創作、考証無視。
浄土、マントラ、魂肯定。

↑これが仏教なら何もかもが仏教じゃねぇか。もしかしたら新宿のホストクラブも仏教なんじゃないの。

868 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 14:51:20 ID:NQMZWT0U
>>861
三種の浄肉ってことにしとこうぜ

869 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 21:10:24 ID:2w8gNCo0
浄土という民衆かく乱

これは権力者にとって使えたということだろう

870 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 21:40:12 ID:5RvU3h96
>>867
新宿のホストクラブは仏教とは関係無し、としたらホストは縁なき衆生
となってしまうな。このことがわからなかったからインドの仏教は衰退したん
じゃないかなぁ

871 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 23:09:38 ID:KBkzjYaj
>>870
関係なしなんて書いてないじゃん。変な解釈するな。
それと実際の坊さんを見ろよ。大乗の理想を体現している人間なんているか?

理想どおりに衆生救済に生きてるなら少々、教義が変でもいいが、余りにもひどいじゃん。

事例なら幾らでも出してやるぜ。

872 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 01:57:37 ID:dNftf4xe
>>869
それはキリスト教及びイスラムの方が、より完璧に当てはまる。

873 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 06:01:00 ID:V33cuFmq
アッラーアクバル、アッラーアクバル

874 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 08:21:05 ID:fD5lIZYx
封建社会の陰で巣くった
稚拙な日本仏教で
世界の宗教のダブルスタンダートは理解できない

 だから幼稚なんだよ

875 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 16:56:08 ID:ghwRJ0ja
極論だけれど、地球上の人類が原始仏教の戒律を守ったら、人類はいなくなってしまう。
全員が悟れず涅槃に到達できなくても、子孫がいないんだから輪廻が出来ない。
悟れなくても解脱してしまう矛盾が生ずる。
ま、これは冗談だけど。

でもまぁ初期の限定された条件では、今日まで仏教が残ってるか疑問。
そして変化こそしたが、ここまで民衆の救いに成長したのはある意味奇跡。
というか、民衆に支えられ生き残るには必然的に変化せざるをえない。
つまり、初期の仏教が理想論だけのオナニーで、
後の人々が補完して完成し「仏教」としての価値が生まれたんだろ。

876 :5戒4諦8正道:2007/07/15(日) 19:20:26 ID:y4FetEWQ
>>875
>地球上の人類が原始仏教の戒律を守ったら、人類はいなくなってしまう。
このような発言はあまりにも人間というものを知らな過ぎる。

たとえ法律で禁止されても人類は淫法をやめない。
禁酒・禁煙運動をどう頑張ってもこの地上から
酒・タバコを駆逐することは出来ない。
禁酒法時代、アメリカで何が起こったか
少し考えて見るといい。

変化するものの中にあって変化しないものを「真理」と名づけた。
ダライ・ラマ十四世の言葉だ。
「それぞれの国の言葉で私の教えを学ぶことを許す」律蔵にある
ブッダの言葉だ。
国によって異なる言語でブッダの教えが学ばれようとも
教えに変わりがある訳ではないし、修行僧である限りは時代や地域が
どう変遷しようともたとえ畜生の雌とであっても淫行を行うことは許されない。

877 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 22:58:43 ID:cWmq7Qab
>>875
人類が地球を破滅に導いていますが?

878 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 23:11:15 ID:hbJFGhmk
>862 :日本でやってるやつは釈迦が否定したものそのものじゃないか。

そのとお〜〜〜り。 いいとこどりして 本質は別物。
でもまあしょうがないじゃないか。 それが世間さ。 破壊的カルトは更にそれに輪を掛け集金三昧。

サイコーですね。 美味しい商法。


879 :神も仏も名無しさん:2007/07/16(月) 00:30:42 ID:+gomCr4U
何やってるの?日本の仏教。
人々の心は混乱しているのに大乗なんて仰々しい言葉を掲げるくせ既得権益を守ることだけに一生懸命で何もしない。
人を救う言葉を持たない。祈祷で金をふんだくる。戒名と葬式で荒稼ぎ。
そんな奴らが何ら検証もせずイメージで小乗仏教なる概念をでっちあげ差別する。馬鹿なんじゃないか。
他の仏教国でいかに僧侶が人々の日常的支えになってるか知りもしないで。
日本で僧侶にならなかったら何になりたかったか聞くと不動産屋とか居酒屋とかそこらの兄ちゃんみたいなことを抜かす。
就職の一つとして僧を選んだだけで全く内発性がない。だから人の心を微塵も動かすことができないし自分に嘘をついてるから心が死んでるの。



880 :神も仏も名無しさん:2007/07/16(月) 01:53:46 ID:/s5uidTi
>>879
あなたが立て直してくれ!

881 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 13:48:07 ID:HApu4a2O
そもそもゴータマシッダッタがやってたのは宗教じゃないでしょ。
ゴータマの死後弟子やフォロワーたちが宗教にしちゃったから
変な方向に向かって行ったんじゃないの?

882 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 14:02:27 ID:Y1LC8FtM
>>881
勿論、お釈迦さんは「【宗教】をやろう」などとは思わなかったわけで、(現在、分類上「宗教」と括っているだけ)
もともとは宗教じゃないというのは当たっているのだが、
宗教にならずにいられたかどうか・・・w(在世当時から宗教化は不可避だったと思われるが・・・)
一個人(の思想・人生観)でなく、
他を巻き込み、僧・教団としての中心とその周縁の在家信者という構造が成立してしまうならば、
宗教化を避けることはできないだろう・・・。
また、宗教化したからこそ継続したとも言える。

883 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 05:56:44 ID:I6txS0Sv
ブッダの言葉は基本的に信じなくても追認できる。
真言や題目の力、浄土の観念などは信仰の問題。

『一切智者としてのブッダへの信仰という意味で仏教は宗教である』なんて書いている学者はいるが別にそんなの信じなくてもブッダの言うことは正しいとわかるじゃん。
いわゆる三法印も事実だし、八正道を守らなければ不幸になるというのもわかる。自意識に気付いていないと妄想の虜になるのもわかる。
こういった意味でも発言内容や佇まいでも釈迦に最も近い人はクリシュナムルティなんじゃないか。

南無妙法蓮華経や南無阿弥陀仏、先祖供養なんて全く信じていない人たちでも幸せになってるから要は好みの問題。
変な妄想を持ち出さないのは禅だけだが彼らも妙な儀式や作法、読経と既得権益にとらわれているからなぁ。



884 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 11:37:58 ID:I6txS0Sv
日本の坊主は大乗のコンセプトを徹底し在家を貫き趣味で僧をやれば誰も文句は言わないよ。
最大の問題は地位安定と人を搾取するために捏造した闇金まがいの悪魔的行為と方便でしょ。
檀家制度、葬式ごっこ、戒名と祈祷、法事による金儲け。方便による破戒、悪業の正当化。

金やら地位、生活の維持のために仏教を標榜するなよ。
自分は後回しにして衆生救済と言うなら金やら称賛を庶民から望むな。自分達が働いて施しと癒しを苦しんでいる人に与えろ。
キブアンドテイクなら話はわかるが日本の坊主は一方的なクレクレ君じゃないか。

まずは一般の方々に葬儀や戒名、法事における布施の無根拠を知って貰い、釈迦の教えの正しさを納得した人間は真の道を模索、偽物に対し不買運動を起こさないと粗悪品が淘汰されない。

本当にひどいんだよ日本の坊主は。間違いなく教義と制度そのものに問題がある。釈迦の教えを求める者は近付いてはいけない。

885 :南無大師遍照金剛:2007/07/18(水) 12:05:14 ID:xnegZWxH
>>884
インド行って釈迦仏教勉強しなおしてきたほうが良いぉ(°∀°)

886 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 12:53:42 ID:I6txS0Sv
>>885
あなたどこの人なの?
すっげぇデタラメな糞坊主のサンプル近所にない?
ウチは関西で坊主が妙に多いから変な奴らを沢山、見たんだがそんな奴らはいないの?

ついでに釈迦仏教を学びにインドには行きませんw行くとしたら東南アジアかなw
マジ悩む。





887 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 13:08:24 ID:I6txS0Sv
<以下、身の周りにいた坊主>

脳梗塞で倒れたことがあり体調が明らかに悪い人が喪主を務める葬儀で学芸会みたいな読経の読み上げをダラダラやった坊主。
優しい言葉の一つもかけず古い檀家だからと必要以上に金を受け取ると光速でお帰りになられましたね。それが菩薩行ってやつですか。

元彼女に付きまとい暴力をふるい警察に逮捕された坊主。あなた行方不明ですがどこにいるんですか。被害者が不安がってますよ。

近所に放火して逮捕された坊主。あなた魔境に入ってたんですか?

婦女暴行で逮捕された坊主。「女と遊びたかった」と供述しましたが、じゃあなんで出家なんかしちゃったんですか?

近所の石造りで外車ばかり停まっている要塞みたいな建物。暴力団事務所だと思っていましたが実はお寺だったんですね。
いつも門が閉まってセコムした閉鎖的空間ですが衆生お断わりってわけですか。





888 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 13:19:33 ID:UiP54tZQ
振り仮名付きのお経を呼んで銭儲け

889 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 18:57:59 ID:ZBAVge41
>884
現実に葬式や戒名や祈祷や法事のニーズがある以上、それをする坊主だけたたいても
しょうがないと思うがな。江戸時代から続いてる風習だから簡単には消せないだろ。

そんなものは無意味と(主に老人相手に)説教する宗派もあってもいい気がするが、
その場合その寺/僧侶の生活はどうするよ?自給自足しろと?それとも俺たちが
面倒見なくちゃいけないのか?

890 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 21:14:25 ID:UKrKoZkx
偽ブランド物を売って生計を立てている人がいて、摘発すると
生活が成り立たなくなるから摘発するな、とはならんでしょう。

891 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 22:40:34 ID:ZBAVge41
>890
問題はその偽ブランドを必要としている人がいるということと、
本物のブランドをつくっているところがあったとしても偽ブランドもつくらないと
成り立たないという構造だ。

892 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 01:54:21 ID:O9i113kw
>>891
覚醒剤中毒者に覚醒剤を売り続ける暴力団が必要だと決して思いません。

坊主も坊主に騙され続けている檀家達も社会制度の所産に過ぎません。
何の価値もない葬儀における読経や法事は適切な情報と社会的無価値化により以外と簡単になくなると思います。
「世間は誰もやってないし無根拠だからウチもやらない」と。
百歩譲って必要とする人がいるから仕方ないと認めましょう。
しかしそれにしては金銭を詐取し過ぎです。彼らが提示する底値は高すぎる。
盆に駆り出され各家庭に派遣される寺の息子や関係者は法事をおいしいバイトと呼んでます。

制度的保護を受けず坊主がいかに生きるかという問題ですが価値ある説法を行いそして托鉢を行うのが妥当です。
真理に身を捧げた人間にとって金銭は堕落の元凶。坊主は儲からないと知りながらそれでもやる人間が本物です。
または大乗のそもそものコンセプトである在家主義を徹底し半分は労働者として生きればいいのです。
衆生救済を掲げながら衆生から過度に搾取をし制度に依存した現在の在り方は倒錯しています。




893 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 09:00:43 ID:kwmE9xxA
いくら議論しても完璧なものなんてない
悲しいけれど弱肉強食なのだ
 
みんな各方面で出来るだけフェアーにやってほしい

 しかし仏教は汚い 坊主は裏がある

894 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 10:15:36 ID:/TftnCKz
>>893
仏教が汚いなんてことはないし、
もともと汚いお前に判断できるはずもない。

895 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 10:30:06 ID:tq1RDcCi
住職が世襲制って時点で終わってるよ
なんで出家したのに子供がいるの?
こんなの日本の腐りきった仏教だけでしょ?

896 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 10:43:48 ID:/TftnCKz
>>895
仏教というのは「ブッダの教え」ということだと思うが、
そのブッダの説いたところでは

     淫法は行われるべきでない

具足戒を受けた修行僧は淫欲の事柄を行ってはならない。
    たとえ、動物相手であっても。
     淫欲の事柄を行う修行僧は、
  道の人ではないし、釈尊の弟子でもない。
    たとえば、首を切断された人の
 頭と身体を結び付けても、生き返る事が出来ない。
   そのように修行僧が淫欲の事柄を行えば
   道の人ではないし、釈尊の弟子でもない。
 あなたは命のある限り、これを行ってはならない。

           律蔵 大品

とあるから、君が言う「日本の腐りきった仏教」なるものは
仏教ではない。

897 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 11:16:28 ID:p+ve/CV2
>892
どの宗教も多かれ少なかれ麻薬みたいなもんだよ。

だがそれがいい。

898 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 12:20:42 ID:E7DGKSdL
瀬戸内寂聴は酒と肉が大好きと公言してるな。
こんなバアサンが偉そうに説教する国だ。

899 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 13:09:31 ID:/TftnCKz
尼僧は全滅した、というのが上座部の立場だ。
タイや、ミャンマーに頭を剃って白衣をまとう女性がいるが
彼女らは八戒や十戒を守る正学女という位置づけだろう。
ティラシンとか呼ばれたりする。
瀬戸内などもせいぜい正学女という程度のはずだが
酒も飲むのか。五戒すら守れない不届きな女。
天台宗の僧侶コスプレの仕業だな。

900 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 13:31:51 ID:O9i113kw
「日本の仏教は今の状態で仕方がない」と言うのは論点が違います。
日本の仏教は釈迦が説いた教えと系統も内容も全く違うのに仏教を名乗るから問題なんです。
仏教を標榜しながら根拠のない妄想で人を搾取しないで頂きたいのです。

端的に言って昔のバラモン相手に釈迦が迷妄を指摘した思想に囚われている日本の仏教は妄想体系です。
一方、釈迦の教えは論理的で追認可能な事実に基づいています。

またブッダは釈迦だけではないという考えで変な教えを肯定するのは間違っています。
人間が瞑想や精神修養で経験する状態は普遍的です。ですから世界各国に類似する思想があります。しかし人がその体験には妄想を付した時点で誤るのです。

行で起こる神秘体験は麻原や脳外科医でも起こせる脳内現象に過ぎません。しかし人はそこに必要以上の価値を与えてしまいます。そして与える説明が全く恣意的なのです。
こうしてラーマクリシュナのような人が量産されます。まだ途上である道を完成と錯覚した。

釈迦はこの全てを経験し限界を示しました。そしてその先の世界を開示し客観的に考えうる人間の成長の段階と方途を論理的に示したのです。だから価値があるのです

ですからなんでも同列にあれもこれもブッダの教えと言うのは違うのです。正しい方に従うのをよしとするなら仏教は釈迦一人で充分なのです。
ましてや仏教の名のもとに人を虐げ社会に害悪を撒き散らすのは本当にやめて頂きたい。




901 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 13:50:21 ID:p+ve/CV2
そもそもブッダは釈迦一人ってのが迷信で妄想ではないのかと小一時間(ry

902 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 14:38:17 ID:/TftnCKz
>>901
まあ、大日如来だの阿弥陀如来だのを創作して来た現状から言っているのでせう。

日本の仏教にも少し触れたことのある上座部僧が言っていました。
現在は釈迦牟尼仏陀の時代だと。
>>900
ブッダは釈尊お一人ではありません。
ゴータマ仏陀(釈尊)は燃燈(ディーパンカラ)仏陀のもとで誓願して以来、如来の
十波羅蜜を完成させて仏陀となりました。


903 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 14:39:04 ID:/TftnCKz
28人の過去仏を念じる護経──Aţţha vīsati Buddha paritta
1.大英雄たるタンハカラ(作欲)仏陀、大名誉たるメーダンカラ(作慧)仏陀、
 衆生に優しいサラナンカラ(作依)仏陀、光輝たるディーパンカラ(燃燈)仏陀。
2.衆生の指導者コンダンニャ(小喬陳如)仏陀、衆生の最上位のマンガラ(吉祥)
 仏陀、心を和ませる賢者のスマナ(善意)仏陀、衆生に好かれるレーヴァタ(離婆
 多)仏陀。
3,徳に溢れるソービタ(所照)仏陀、衆生の中で最優たるアノーマダッシー(高見)
 仏陀、衆生を照らすパドゥマ(蓮華)仏陀、聖なる指導者ナーラダ(那羅陀)仏陀。
4.真の人であるパドゥムッタラ(蓮華上)仏陀、最高たる人、スメーダ(善慧)仏陀、
 全ての世界の第一人者であるスジャータ(善生)仏陀、優れた人であるピヤダッシー
 (喜見)仏陀。
5.衆生を憐れむアッタダッシー(義見)仏陀、暗闇を破るダッマダッシー(法見)
 仏陀、世に等しいものはいないシッダッタ(悉達多)仏陀、ティッサ(帝沙)仏陀、
 偉大なる安らぎの人。
6,偉大なる正覚者プッサ(報沙)仏陀、例えることも出来ないヴィパッシー(毘婆
 尸)仏陀、全ての生命に優しい師であるシキー(尸棄)仏陀、幸福を齎すヴェッサ
 ブー(毘舎浮)仏陀。
7.衆生を導くカクサンダ(拘楼孫)仏陀、煩悩を滅したコーナーガマナ(倶那含)
 仏陀、幸福に満たすカッサパ(迦葉)仏陀、釈迦族の偉大なる人ゴータマ(瞿曇)
 仏陀。

 これらの聖者達の覚り、戒律、忍耐、慈悲の力によって健康で、
 幸福で過ごせるようにとあなた方を守られますように。



904 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 14:40:37 ID:/TftnCKz
>>900
君、偉そうに言ったり言われたりする関係じゃないが釈迦って言うの止めなよ。
全く、仏教から遠い人がこの呼称使っても私は何も言わないがね。
亡くなったけどアイヌ民族出身で参議院議員にまでなった萱野 茂さん。
彼を「アイヌ」とは言わないでしょう。
「釈迦」というのは民族呼称だから。


905 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 15:36:04 ID:O9i113kw
>>902
補足ありがとうございます。
>>904
申し訳ありません。日常生活ではお釈迦様と言っております。

906 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 15:56:15 ID:KqM6tWau
釈迦の王だから釈迦でいいでしょ
イエスをキリスト(ユダヤ王)というように

907 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 16:25:04 ID:MsVKDhNp
お釈迦さまのいう十悪・邪淫の意味は、不正な男女関係のことでしょ。現にお釈迦さまもラーフラという息子がいる。子孫を残すのは人間の役割のひとつで、そこは坊頭であろうが禁じていない。相手が嫁なら問題無し。

908 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 16:28:05 ID:MsVKDhNp
というのは896さんへのレス。

909 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 16:53:53 ID:3I/uZPE7
そりゃお釈迦さんだって出家前なら子供つくっても問題無いだろ。
だが仏門に入ったら、どんな理由があろうとも厳禁。

910 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 17:52:53 ID:l4K5RX55
では900の言う本当の仏教とはどんな教えかね


911 :896:2007/07/19(木) 17:53:30 ID:/TftnCKz
その通りで、具足戒を受けた修行僧はたとえ畜生の雌といえども
交わってはいけない。
具足戒を受けていなければ、仏教徒であろうとなかろうと五戒を
守って浮気はしないほうが良いですよ、というのがブッダのアドバイス。
たとえ坊主頭でも具足戒を受けていなければ正当なる夫婦間の行為は何も
問題がない。その同じ人が、妻とでも交わっていながら、仏弟子です、
布施下さい、とやれば、それは詐欺行為です。
>>892 さんが言うように仏教を標榜せず、自分で働いて生きて行けばいいのです。
>>907 もしやあなたは真宗禿。


912 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 20:19:43 ID:f01XNRFr
今、日本に仏教が残っているのは世襲制だったってのも
あるだろうから、伝統を残すという意味で世襲制の仏教研究施設が
あってもいいと思うけどね。
疑似原始仏教や南伝仏教を修行体験したいという人は
自分で作ればいい。

それだけのこと

所詮、ドグマティズムの柔軟性のかけらもない宗教なんてのは
教団つくった段階で問題が起こるもの。
完璧なものなんてこの世にはないのだからないものねだりで
他人を不満のはけ口にするなんてみっともないからやめなよ。

まあ、金を吸い取られるだけの檀家の人には同情するよ。


913 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 21:01:06 ID:5RVq0GWD
御釈迦さんだってその交わりから生まれたんだろ?
勝手なことぬかすなって言いたいよ

914 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 23:22:43 ID:PPg5KcYN
勝手なこととわ?

915 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 01:50:14 ID:o77ctecb
まあ寺和田教は中論を認めたくないんだなーとつくづく思うよ
まあいいじゃない 欧州じゃダライラマすんごい人気だからね
前に熊本でダライラマの法会に行ったが「龍樹菩薩」について
の話だったな ビックリしたことに猊下は開口一番「私は悟りを
開くことはもう、諦めました ムフフ」みたいな事言ってたよ
意味深だよなあ 

916 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 02:33:29 ID:yNV5Yubc
結論
>>1みたいな事言い出すと
日本も中国も韓国もチベットもインドの仏教ですら仏教かどうか怪しい

それぞれ譲りあえる所は譲り合って文化として互いに尊重しましょう


917 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 05:24:49 ID:HHApubGE
>>1が本物のインド出身かネタなのかは、ともかく
ちょっとググってみると台湾やタイや
いろいろな国の仏教の僧が日本の仏教は堕落していると
見下ろしてるみたいだ。

918 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 07:33:27 ID:CmJF8LON
見下されて当然だ。僧侶コスプレ詐欺だから。

919 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 08:39:24 ID:T8OaYyV1
体制にこび売って
宗教家といい
楽して金儲けを世襲制で確立した
日本仏教は
今や日本人のお荷物です
 しかしそれを可能にしてる
仏教の負の面に今メスを入れるときである

920 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 12:00:32 ID:0UwVYyqw
大乗仏教になったってところでもう仏陀の教えから逸脱しちゃったんじゃないの?
原理的な小乗仏教についてけなくなって妥協しちゃった・・・みたいな。
それに、仏像とか拝んでもしょうがないよね
修行を積んで涅槃の境地に達しましょうってのが仏教でしょ?
その修行ってのがよくわからないんだけど。
いくら仏陀が涅槃の境地に達したからって、その人拝んでもしょうがないじゃん

921 :福腹・愛:2007/07/20(金) 13:04:52 ID:MCzkuzwF
そーですね

922 :北欧閣下:2007/07/20(金) 13:43:26 ID:y1K273d2
そーですね

923 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 20:08:56 ID:r0n3DFqQ
>>919
武家政権が仏教勢力を駆逐してくれたおかげで
今の理知的な日本人がある。



924 :いいとも客席:2007/07/20(金) 20:51:39 ID:e9YDDgwe
そーですね

925 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 03:15:00 ID:FK/YBi4e
仏教流行ったのも武家のせいだけどな

926 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 10:14:20 ID:nP71e/T7
流行ったわけじゃないだろ
義務だろ

927 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 17:33:01 ID:/JmImx67
ダライ・ラマと日本の偽物仏教似非僧侶を同列に話をするなや

928 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 18:11:56 ID:B/zJGDyE
どえらいまらくせえ

ダライラマ6世

929 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 15:23:36 ID:H89hy91+
何で日本の仏教には自浄作用が働かないのか。
それは既得権益が手放せないからだろう。
談合利権国家の一部に過ぎない彼らには人の苦しみはもとより仏教の命題にすらも指針を与えることはできない。

「お布施の値段は決まっておりませんが普通○万円ほど頂くことになっております」
こんな台詞が当然だと思うのは悪徳訪問販売員のメンタリティだ。

『菩薩の道』とは社会や大衆に寄生することだと日本の僧侶達は教えてくれる。
それは腐敗した官僚や土建屋、政治家が示すのと同じ道でゴールは六道の中でも最悪の場所に最も似ていることだろう。

930 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 17:40:33 ID:fhC1kMVW
もともと社会からドロップアウトして、社会に寄生するのが仏教だろ。
俺が思うに、本当に立派な人間は歴史に名前すら残してないと思うよ。

931 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 17:51:39 ID:H89hy91+
>>930
一部同意。
しかし昔はどこでもエリートが仏教やってた。
東南アジア諸国ではいまだに僧がエリート。


932 :某ピカ:2007/07/24(火) 18:00:16 ID:1sMpa84w
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ●_ ●  | <  >>930「至人に己なく、神人に功なく、聖人に名なし」
 (〇 〜  〇 |  \  と中国の古典にあるピカね。   
 /       |       
 |     |_/ |

933 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 21:30:41 ID:9EQmE9UN
日本の仏教はキリスト教化しすぎた。

934 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 21:46:04 ID:6gnre4TJ
>>930
>本当に立派な人間は歴史に名前すら残してないと思うよ。
本当に立派な人間は隠れようとしても隠れることは出来ない。

ピカの言う中国の古典も大した事ないあるね。

935 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 21:48:33 ID:IufLWHLN
宗教は悪人を更正させるためにあるのでは?

936 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 21:50:20 ID:bE+BrwE2
真の宗教は善人(宗教患者)を更正させるために


937 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 23:05:08 ID:sjTOy7CI
そんな大乗非仏教説いつからよ・・・。
江戸時代から言われてきたことwww
いまでは、日本や中国の大乗仏教は釈迦仏教の発展的現代形態なりと、
学界ではとっくに決着済みなの!!!
もっと本嫁、>>1よwww

938 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 23:31:12 ID:H89hy91+
>>937
江戸時代の大乗非仏説は全く仏教界から無視されたし明治時代に再度起こったものは感情論で潰された。
今でも大乗非仏説が起こる度に宗派に属する学者や僧侶が激昂し潰そうと躍起になる。または無視する。
良い悪いは別にして大乗は歴史上のブッダの説いた教えと系譜が異なり依拠する教典がブッダの言葉ではない。
だから仏教を名乗るのに問題があるというのは根拠がないわけではない。

そんなことはまぁいいとして現実の日本の坊主を見てくれ。ほとんど与太者集団ではないか。
仏教以前に人としてダメじゃないか。そんな奴らが衆生救済を唱え今は存在しない小乗批判を行う。
馬鹿げてるとは思わないか。


939 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 23:35:51 ID:Q4L+WUCA
日本のカレーはカレーじゃないって言うのと同じくらいアホらしいスレタイだな

940 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 00:13:25 ID:z3x8Jgqc
>>939
「カーゴカルトサイエンスは科学だ」といった主張を正しいと思える?

仏教は日本に入ってカレーがウンコになったようなものであり科学が呪術に退行したようなもの。


941 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 00:14:55 ID:ihDPQqLy
キリスト教の方が完成度が高いので
ついつい日本の仏教はキリスト教化しました

942 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 00:27:11 ID:zXTkGp2W
ばーかw

943 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 00:32:07 ID:+Iv2eR/r
原形止めないくらい改竄しないと生き残れないんだよ、仏教は。
発症国のインドから始まって、伝播した国ことごとく仏教は滅んでる。
まあ日本の仏教は生き延びるのが目的になって単なる集金組織に成り下がってるが。

944 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 00:39:21 ID:z3x8Jgqc
日本仏教の歴史をカレーで例える…

カレー伝説は日本に伝わったがカレー粉が日本になかった。そしてそれが何かもよくわからなかった。
だから仕方なしに唐辛子に鰹の出汁を混ぜてご飯にかけて食べるようになった。
それは味覚が変わった人達に好評で老舗まで表れた。何より商人達は権力にとり入るのがうまかった。
ある時、「こんなもんカレーじゃない!」と言う奇特な男が表れた。
だが欝陶しいのでシカトし社会から抹殺した。

時は流れ、本場のインドのカレーを日本人は知るようになる。明らかに偽物より美味い代物だ。
その頃、巨大な業界団体となっていた日本カレー連盟は本家のカレーに対し
「我々のカレーこそカレーの進化形態でありインドのカレーはどうも黄色くていかん!」
とレッテルを貼り市場から締め出そうとした。
だがやっぱりインドカレーの方が美味いので偽物は現在、淘汰されつつある。
だって偽物は不味いくせ無闇に高いんだもの。

945 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 00:45:23 ID:z3x8Jgqc
>>941
あぁ。あの命題に矛盾だらけのキリスト教ね。


946 :いいとも客席:2007/07/25(水) 00:48:18 ID:GpA1dwLr
>>944
漢字は?

947 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 07:22:06 ID:HGt8BFhe
宗教の時代は終わった

  特に仏教は

948 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 08:23:15 ID:iiy6dN6Z
仏教のかく乱制で
稼ぎまくる
 坊主 教育機関 マスコミ

949 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 13:17:59 ID:+Iv2eR/r
>>947
終わったのはキリスト教やイスラム教ね。


仏教はとっくの昔に終わってる。

950 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 13:41:14 ID:TYF6O00H
マスターベーションは楽しいか。

951 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 14:54:36 ID:aOJadRY6
944 を書き直してみる

日本仏教の歴史をカレーで例える…

カレー伝説は日本に伝わったがカレー粉が日本になかった。そしてそれが何かもよくわからなかった。
だから仕方なしに唐辛子に鰹の出汁を混ぜてご飯にかけて食べるようになった。
それは味覚が変わった人達に好評で老舗まで表れた。何より商人達は権力にとり入るのがうまかった。
ある時、「こんなもんカレーじゃない!」と言う奇特な男が表れた。
だが欝陶しいのでシカトし社会から抹殺した。

時は流れ、本場のインドのカレーを日本人は知るようになる。 偽物とは材料根本から異なる代物だ。
その頃、巨大な業界団体となっていた日本カレー連盟は本家のカレーに対し
「我々のカレーこそカレーの進化形態でありインドのカレーはどうも黄色くていかん!」
とレッテルを貼り市場から締め出そうとした。

日本カレーはいろんなオプションが付き豪華でありインドカレーははじめは大して美味くないが
体に良く誤魔化し無い味なので次第に認められていく。
しかも日本カレーには 麻薬が仕込んであった。。。

今でも市場には日本カレーが並んでいるが 即効な満足を得るならばむしろ
本場でない改造カレーの方が良いかもしれない。



952 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 15:18:44 ID:TYF6O00H
昔、あるアイヌの青年のサイトでコメントを書いたら、
お前は誰だ。名を名乗れ。と、息巻いて来た。
長年無知蒙昧と蔑まされて来たから、民族平等あたりまで
押し戻したかったようだが、私の分析的研究によれば、
民族としては日本民族のほうが劣る、が結論なんだ。
民族をどう定義するか、その定義されたものの比較によって
言っている訳だが、(定義あたりで議論の一致を見ることはないから
ここで議論する気はないが、)そやつはもし民族が食によって定義されるなら
食は優劣ではなく、旨いか旨くないか好みの問題だろう、それと同じで
民族に優劣は無いと、言い放った無知で謙虚なアイヌアフォーを思い出した。

カレーとウンコの対比のほうが面白かった、まる。

953 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 15:20:13 ID:VoKV/lne
俺は食うだけ。

だってどちらも美味いものw

954 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 15:20:59 ID:GpA1dwLr
(゚д゚) ・・・・・

955 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 23:48:03 ID:2EkeUV8O
日本仏教の組織が悪いのか、北伝仏教が悪いのか、意見がまとまってないな

むしゃくしゃしてるのは分かる

956 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 18:39:05 ID:hHs2Q4wR
確かに日本の大乗仏教は釈迦仏教とは全く関係の無い精神的地盤から発生したものではある。
でも、大乗仏教は宗教としても哲学としても素晴らしい思想ではある・・・。

957 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 19:07:36 ID:XXISP3dH
釈迦仏教×
原始仏教○

958 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 19:52:08 ID:j9vyevWt
原始仏教なんてもうどこにもねーし。

959 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 20:45:50 ID:jyuE0D8C
だからなんだよwww

960 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 23:37:39 ID:ONKz87w6
原始仏教は俺の中にありますよ。 見せましょうか。

大乗は嫌いです。

961 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 23:47:51 ID:tE0Ylr9C
見せてくれ

962 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 00:36:37 ID:DVd0Av5y
哀愍覆護我 令法種増長 此世及後生 願仏常摂受

963 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 11:29:01 ID:+EqY5ThR
原始仏教なる言葉は明治時代に西洋かぶれの当時のアホ学者が言い出した言葉。
本来的には根本仏教あるいは釈迦仏教でいいのです。
いまの仏教学の常識です。

964 :◆MMMMMVVVMM :2007/07/28(土) 13:50:33 ID:/bXE58TM
そーですね

965 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 14:11:50 ID:kW4TunB6
原始仏教 ≒ original Buddhism
初期仏教 ≒ early Buddhism
根本仏教 ≒ (   ) Buddhism、(original Buddhism)

てとこか? で、釈迦仏教なんて呼び方はしない。

原始仏教・・[ 釈尊在世中 / 分裂前まで /(場合によってはパーリに依拠した思想(現代も含む)) ]等を指す。
       →[ 初期仏教 / 根本仏教 / 根本分裂直後の上座部 ]というカテゴリーを含み得る。
初期仏教・・[ 根本分裂以前 / (場合によっては分裂直後の上座部 ]
根本仏教・・[ 釈尊自身及び直接の弟子達の思想 ]を中心とする。(≒根本分裂以前)

ま、「原始仏教」という呼称が、一番無難で使い易いってこったw

966 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 15:33:46 ID:1T3PFyFP
んまーーい

967 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 16:28:05 ID:TDxe7K5T
坊主を見てると
風俗くさくて
虫唾が走る

968 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 16:32:23 ID:KV3KQgjU
呼び方なんて どうでもいいわ。 あしからず。

969 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 22:38:26 ID:j8tWLnPP
坊主と左翼学者の共通点

 西洋文化がなかったらこの世は極楽である
 
 本音は 今の地位を守りたいだけ

970 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 22:42:53 ID:+EqY5ThR
>>965
まさに明治の西洋かぶれのアホ学者的発想www

971 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 22:50:10 ID:kW4TunB6
>>970
ふーん・・
煽りでなければ、
おかしい所を具体的に指摘してごらん。できるものならなw

(´ー`)y━~~

972 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 22:57:17 ID:jfsHre1t
>>971
正しいと思うならその持論を世間に発表してごらん。できるものならなw

(´ー`)y━~~


973 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 23:08:31 ID:GJOjwlqN
釈迦金口の説法

974 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 03:44:43 ID:CjV6IRG4
連合による政権が揺らぎ
 退廃文化仏教の国民いじめからやっと
脱出できる日が近づいてきた
後は公務員の利権に裏付けられたカルと集団
共産の勢力を弱体化させれば
 日本はやっと思想的にも先進国になれる

975 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 05:23:40 ID:UPM4NELw
ミンス在日中共の方がよっぽどカルトだろ
カルトはカルト的手法をつかうからカルトなんであって
教義とは無関係だからな
もちろん、ポアといったカルト的手法が教義にくみこまれてるのは先天的にカルト宗教だが
伝統仏教はそういう意味ではカルトでもなんでもない
むしろ、レッテル貼りで大衆操作する方がカルト


976 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 05:41:25 ID:tsJzDHAK
レッテル張りで
仏教の右に出るものはない

977 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 05:52:00 ID:ay6PPT5l
【在日北朝鮮カルト顕正会絡みの凶悪犯罪の歴史・日本編 第一部】
1992年 8月28日 顕正会への入会強要 顕正会員 2名 逮捕 送検
1993年 3月26日 拉致監禁暴行 男子高校生失明 逮捕 送検
1996年11月 2日 覚醒剤取締法違反 顕正会員 逮捕 送検
1999年 8月 入会強要で暴行 男子高校生骨折の重傷
2000年11月 入会強要 森田 議文 中原 ムネハル 小川 ジュン 北森 某 事情聴取 厳重注意
2000年 5月 2日 顕正会員が強制わいせつ・余罪多数 丸山 陽三 立件 逮捕
2000年 3月18日 顕正会員が違法射撃 秀島 裕展 逮捕 送検
2001年 7月25日 顕正会員が住居侵入・暴行 田中 えりな 逮捕
2001年 7月 2日 入会強要・暴行 桜井 祐也 太田 隆司 高橋 康晃 逮捕
2001年 3月 4日 入会強要 顕正会員 武藤 ひさ子 解雇
2002年 6月15日 殺人・覚醒剤取締法違反 顕正会員 宇高 明男 宇高 聡 起訴
2002年 6月15日 殺人 顕正会員 宇高 明男 逮捕
2002年 5月 顕正会への入会強要 小池 淳子 厳重注意
2002年 4月 顕正会への入会強要・殺人未遂・暴行 前川 某 逮捕
2003年11月11日 顕正会への入会強要 松野 登志彦 和田 茂樹 逮捕
2003年 9月19日 軽犯罪法違反(つきまとい) 顕正会員2名 逮捕 送検
2004年 6月   ジャパネットたかた契約社員(37)約51万人分の顧客情報を記録して流出させる。
2004年 9月14日 大阪教育大付属池田小学校殺人事件 宅間守死刑執行。
2005年 5月 5日 監禁 石川 秀樹 行徳 祐一 逮捕 「 起 訴 猶 予 処 分 」にて釈放。
2006年 7月 3日 傷害 群馬の中沢誠が元短大教授(71歳)を暴行、顕正会群馬県施設に一斉捜査。
2006年12月    埼玉・行田市で溝口順子容疑者(47)ら2人が器物損壊の疑いで逮捕、ほか二名別件で逮捕
2007年 1月11日 「顕正会本部」を初捜索 大学生に入会強要、「神奈川県警公安1課」が3人逮捕
2007年 2月   派遣社員の顕正会員が派遣勤務先から約900万件の個人情報を持ち出し逮捕。
2007年 4月 奈良の騒音おばさん実刑確定。刑務所送りになる。
2007年 4月19日 1999年9月池袋通り魔事件 造田博被告(31)死刑確定。
2007年 5月18日 千葉県八街市の派遣社員坂本和章容疑者(25)が飲酒運転で男子高校生(15)を轢き殺す。

978 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 05:56:17 ID:UPM4NELw
安心しろ
創価、顕正ともにカルトだよ

この二つは伝統仏教じゃなくて新興宗教


979 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 06:23:01 ID:caKiVYMb
そろそろ
日本の仏教は仏教じゃない Part2
だな。
インドのバンガロール出身の仏教徒君が建てないのなら

980 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 06:40:33 ID:caKiVYMb
建てました

日本の仏教は仏教じゃない Part2
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1185745073/l50

消化次第 Part2 へ

981 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 17:02:04 ID:NRrnueUp
日式仏教


982 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 17:49:22 ID:8TN+6KWS
葬儀宗戒名派檀家寺

983 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 22:57:24 ID:K1y/36kA
日本非仏説

984 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:30:52 ID:6V2o40h4


985 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:31:53 ID:6V2o40h4


986 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:32:54 ID:6V2o40h4


987 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:34:43 ID:jrI5ybhX


988 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:35:44 ID:jrI5ybhX


989 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:36:45 ID:jrI5ybhX


990 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:37:20 ID:e6fH5xbt


991 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:38:21 ID:e6fH5xbt


992 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:39:22 ID:e6fH5xbt


993 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:40:03 ID:BInv+K2u


994 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:41:04 ID:BInv+K2u


995 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:42:05 ID:BInv+K2u


996 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:42:41 ID:/VbIjQgk


997 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:43:42 ID:/VbIjQgk


998 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:44:43 ID:/VbIjQgk


999 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:45:15 ID:GTbR0uCo


1000 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:46:16 ID:GTbR0uCo
日本の仏教は仏教じゃない Part2
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1185745073/

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

278 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)