5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Scientology−Freezoneについて

1 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:39:53 ID:1wKcZObD

http://www.freezoneamerica.org/
http://www.freezone.org/

このスレは、このフリーゾーンにおけるサイエントロジーの話題を中心として、
専らサイエントロジー並びにダイアネティックスの「技術面についての情報交換」
を目的に立てられました。

宗教団体としてのサイエントロジー教会批判は、こちらでどうぞ。

サイエントロジー(ダイアネティックス)について話そう
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156318317/l50

サイエントロジー体験談
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156484472/150

2 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:42:54 ID:1wKcZObD
菜園教会に対して批判的な弁護士、マイケル・フリンも菜園そのものの効果については、
全面否定していない。

ただ、菜園を実践する組織として、菜園教会はあまりに金、金いいすぎる。リサ事件など、
黒歴史もある。

菜園を実践する組織は、教会以外にも、フリーゾーン関連の組織がある。フリーゾーンの
オールドタイマーの中には、教会のAOの最高峰を遥かに凌ぐオーディターが
何人かいる。例えば、ラルフ・ヒルトン。オーディティングは$80/hrで教会より安い。


フリーゾーンには、ブリッジを全部ソロでやるシステムもある。これは無料。


3 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:43:25 ID:1wKcZObD
グレード0〜IV … オーディティングを受ける
NEダイアネ … オーディティングを受ける

(標準ルート)                 (別ルート)
CCRD … オーディティングを受ける  パワープロセス … オーディティングを受ける
↓                        R6EW … ソロ
↓                        クリアリングコース … ソロ
↓                        ↓
クリアー                    クリアー

(ここで両ルート合流)

New OT I … ソロ
OT II … ソロ
New OT III … ソロ
New OT IV … オーディティングを受ける
New OT V … オーディティングを受ける
New OT VI … これはOT VIIのためのトレーニング
New OT VII … ソロ
New OT VIII … ソロ

菜園教会でもソロでやるグレードは多い。別ルートではソロでクリアーになる。

教会ではダイアネをソロでやることはできないとされている。

フリーゾーンでは、クリアになる前にある程度OTレベルをやることで、ダイアネを
ソロでやることを可能にした。

4 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:55:22 ID:bSWe8m13
736 名前:山猫 [] :2006/08/02(水) 18:55:54 ID:1Rf5O9Cj
サイエントロジーに関してのリンク集作りました。

サイエントロジーってなんですか?
What is Scientology?
http://yamaneko.kirisute-gomen.com/

とりあえず、ザッと作りましたので、不備な点多々あると思います。
海外サイトの翻訳記事を掲載するなど、徐々に整備していこうと
思います。^^
今後、このスレのリンクも反映していきます。

5 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:24:20 ID:bSWe8m13
幅度の戯言から産まれた菜園ですから、独立がいくら関係を否定しても同じ戯言からうまれた
ママゴトを営んでいるカルトだと言う事を忘れずに。

コンピュータ業界にいう「ゴミを入れると、ゴミしか出てこない(GIGO)」と同じで、戯言から産まれた
ものはやはり戯言なんですから。

6 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:29:50 ID:1wKcZObD
>>4-5
ですから、それは

サイエントロジー(ダイアネティックス)について話そう
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156318317/l50

サイエントロジー体験談
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156484472/150

のどちらかのスレでお願いします。
言論の自由を侵害するのなら、あなたのやっていることも、
オーグと同じということになりますよ。

7 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:33:52 ID:bSWe8m13
言論の自由があるならこちらで何をするのも自由化と思いますが。

それとも貴方の中の言論の自由には何か他人と異なる基準があるのですか?

8 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:40:24 ID:1wKcZObD
>>7
こういう論争や無用な混乱を避けるためにスレを分割したわけでしょう?
どうしてこちらにやってきてまでコピペを繰り返すんですか?
あなたのやっていることは言論の自由ではなくただの我侭です。
サイエントロジーがカルトであることを前提としている点では意見の相違はないはずです。
こちらのスレの位置づけとしては、old timerさんによってもたらされた、
フリーゾーンについて、それがどういうものか究明していくことと、
そのプロセスの中で、サイエントロジーのテクニックについて検証することにしたいと思います。

サイエントロジーやオーグに対するあなたの苛立ちや怒りは私もよくわかります。
どうぞ、ご協力ください。


9 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:48:12 ID:bSWe8m13
スレの分割について私は何も了承などしてませんので、したわけでしょう、と一方的に言われても。

前のスレが宣伝に使うには都合が悪くなったから、こちらに逃げたとしか見えないんですが。
カルトの方が返金スレを良い様に宣伝に使って、宣伝スレを荒らされるのは黙っていられないと
いう訳ですか。

都合のいい言い分もあったものですね。

10 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:53:27 ID:1wKcZObD
私にはあなたこそ実は関係者ではないかという気もします。
フリーゾーンの存在を一般に知られるわけいはいかないので、
反対者を装ってのスレつぶしということでしょうか?

オーグがやりそうな手口ではありますね。

11 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:54:15 ID:bSWe8m13
私の立場についてはどうぞご自由に想像して下さい。

12 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:58:01 ID:1wKcZObD
>>11
否定しないということは、自分がオーグの関係者であることを認めたわけですね。
そうとなれば、私はこれから意地でもフリーゾーンの存在をあらゆる機会を使って、
徹底的に「宣伝」し続けていこうと思います。
大塚駅前でビラでも配ってさしあげましょうか?

13 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 23:02:05 ID:bSWe8m13
想像に基づいて貴方が何を言おうと、またしようと私には関係ありません。

重ねて言いますが、ご自由に想像なさって下さい。

14 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 00:48:20 ID:2JascDjB
何ここ。
アホや・・・。

15 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/08/28(月) 09:57:22 ID:mWUurLqV
幅度が思いついたピュアリフィケーション(略してピュアリフ)は、客に
ナイアシンそのたのビタミンを摂取させ、サウナに入れ、体内に残留する薬物等を汗と
共に排出させようとするもので、昨今のデトックスブームの先駆けともいえる。

しかし、大量のビタミン摂取で様々な問題が生じ、菜園教会はピュアリフについて様々な
形で訴追されてきた。

ピュアリフで大量のビタミン系栄養素を摂取させるのは、それぞれのビタミン系栄養素が
互いにバランスがとれるように摂取していれば、人体に大量のビタミン系栄養素を
摂取させても大丈夫である、という幅度の持論に基づいている。

幅度に百歩譲って、その持論が正しかったとしよう。

ビタミン系栄養素は今でもしょっちゅう新しく発見されている。幅度がピュアリフを
思いついた当時に発見されていないビタミン系はたくさんある。

ピュアリフで幅度が摂取するように指示していたビタミン群の間でバランスが
取れていても、それ以外のビタミン系とのバランスは保てない。

同じ理屈で、大きな菜園教会支部ではいくつかのビタミンの錠剤が1回分ずつ、1つの
袋に入ったものが日常の栄養補助食品として売られているが、それを毎日
摂取しつづけると、健康上の問題が確実に発生するだろう。

まだ発見されていない栄養素の存在も考慮に入れて食生活を考えると、安全なのは
完全な生命体を食べることになる。例えば、大豆と納豆菌はそれぞれ完全な生命体で、
健康に良いだろう。小魚も良い。一方、牛は完全な生命体だが、その一部である
牛肉はそうではないので、大量の牛肉を毎日食べると、問題が発生する。アメリカの
美少女たちの5〜6年後を見よ、高確率で問題が発生している。

完全な生命体を中心とする食生活を実践し、サウナよりも優れたデトックス効果のある
岩盤浴を時々やる方が、ピュアリフより良いはずだ。

16 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 23:49:21 ID:KLSvcKBr
へ〜、ということはフリーゾーンってピュアリフやらないんだ。
つまり薬物の悪影響ってのもロンの創作?

ドラッグランダウンなんかで処理する「精神への影響」なんてほんとに
あるんだろうか。

17 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 01:23:05 ID:RDp81mLQ
新OTVをフリーゾーン側は否定するってのはどうして?
オーグとフリーゾーンでOT観みたいなのが違ってたりする?




18 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/08/29(火) 07:16:30 ID:28WEZmbP
>>16

フリーゾーンでは菜園について統一見解はないけど、幅度時代とまったく同じ
ピュアリフを提供しているところもない。ピュアリフをやらないところもあるし、何ら別の
デトックスプログラムを用意しているところもある。

薬物の影響について、幅度は体内に存在する結晶化した薬物がオーディティングを
妨げる、と主張したが、薬物の結晶化残留は医学界でも何度も検証が試みられ、
結果として否定されるようになった。

ドラッグランダウンで処理する精神的な側面は無視できないと思うけど、どうせ
ダイアネでも扱うんだよね。

>>17

フリーゾーンではXenu関連の出来事を幅度の個人的な出来事だと見なす意見が
主流になっている。俺自身、Xenu関連の出来事は見えない。見えないんだから、
信じようもない。幅度があったと思った火山群は、7500万年前にはそれらの位置に
存在していなかったことが、明らかになった。

New OT IIIで扱っているのはBTで、New OT VのNOTsでも扱える。信じても信じなくても、
New OT IIIが不要なのは同じ。

--

教会ではOTレベルを終了した人を「OT」と呼ぶようだが、フリーゾーン、特に
フリーゾーンアメリカでは、「クリアー」や「OT」という言葉さえあまり使わない。

フリーゾーンの無料ソロブリッジでは各レベルを少しずつやり、ブリッジ全体を何回も
繰り返す。人は少しずつクリアーに近づき、同時に、少しずつOTに近づく。

19 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 09:34:37 ID:RDp81mLQ
結局完全な自由なんてあると思う?
OTだって教会では8までしか発表されていない。

サイエントロジーでいう「完全な自由」は、
他の宗教でいったらどれくらいのレベルなんだろう。
オーグのスタッフを見る限りは、OTは確かに現実をコントロールする
能力は与えてくれるかもしれないが、悟りの境地なんかとは程遠い気が
するんだが・・・。
むしろ正反対に突っ走っているような印象を受ける。
そうじゃなかったらこんなに問題の多い組織にはなっていまい。

20 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 14:02:26 ID:NZAcwaSk
フリーゾーンの日本語化の予定はありますか?

21 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/08/30(水) 07:50:14 ID:bsY30Q0/
幅度は「完全な自由」を詳しく説明していないので、「完全な
自由」がありえるのかどうか、それが他の宗教のどのレベルに
相当するのか、はっきりとはわからない。

しかし、個人的に推考してみる。

魂はゲームに執着する。菜園理論では、人生そのものもゲームと見なす。

ゲームは目的、勝つ可能性、負ける可能性、他のターミナルへの影響で
構成されるあらゆる活動のことだ。ターミナルはコミュニケーションを発信、受信、
中継することができる存在のことで、主に人間だ。

菜園教会は問題の多い組織だが、それには、1960年代半ばの幅度自身の間違いに
加え、1980年代初頭の権力闘争と教会乗っ取りによるところが大きい。

その権力闘争の頃、驢馬船長は教会を離脱し、フリーゾーンの前身となる組織を作った。
そこでは、橋の最上部はOT 40となっていて、ゲームを扱うレベルとされていた。

菜園での「完全な自由」はどのようなゲームにも自由に参加でき、どのような
ゲームからも自由に離脱できることだ。実現できれば、仙道の「錬神還虚」に
相当するものとなる。

フリーゾーンには多様な菜園について考えと実践があり、どれを選ぶのか、
フリーゾーン参加者は自分で決める。

フリーゾーンの実践者が持っているデータを集めると、教会側が持つデータの
10倍以上になるだろう。教会のデータすら極一部しか日本語化されていない。
フリーゾーンが持つデータの全てを日本語化しようとするのは現実的ではない。

しかし、操縦士の実践の書くらいは翻訳しようと考えている。

22 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 08:33:33 ID:SQpfTVVZ
>橋の最上部はOT 40となっていて

教会ですらまだ8までしか発表されてない。
本当にそんなとこまで開発されているのだろうか?

>フリーゾーンの実践者が持っているデータを集めると、教会側が持つデータの
>10倍以上になるだろう。

教会のデータだって膨大だった。
なぜそんなに増えるんだ?

23 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 13:29:10 ID:R5Mmix5h
昔OT40まであったものを現在はOT15までにまとめ直したという
情報もある。(ただしスタッフでさえも定かではない)


24 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 16:41:08 ID:BEwYDUkw
>1960年代半ばの幅度自身の間違いに加え、1980年代初頭の権力闘争と教会乗っ取りによるところが大きい。

ここのところに何があったのか詳しくおねがいします。


25 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/08/30(水) 17:50:50 ID:bsY30Q0/
Self ClearingのPREFACEのみ、日本語訳つき
http://age.tubo.80.kg/age01/img-box/img20060830184922.pdf

カタカナ語をできるだけ減らすために、訳語を創出しながら、全体を訳していく予定。



26 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 02:31:47 ID:BlLSpL34
>25
old timerさん、いつもありがとうございます。



27 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/08/31(木) 07:06:16 ID:hXm5rppi
>>22

例えば、新OT V〜VIIで使われるNOTsは1978年に発表されたが、その理論は
1952年ごろから存在していた。菜園理論の大部分は、1950年代に登場している。
OT 40あたりまでの理論なら存在していてもおかしくない。

技術面では、フリーゾーンは教会に先行していることが多い。しかし、驢馬船長が
作った組織でも、OT 40などはまだ理論段階で、開発はされていなかったと思う。
新OT IXまでは、フリーゾーン系の組織The Forumで開発され、提供されていた。

--

データが増えるのは、10ページの企画書が700ページの仕様書に膨れ
上がるようなもの。

>>23

橋にはSuper PowerとSuper Staticと呼ばれるプロセスがあるはず。教会でSuper
Powerについて幹部が語っていたが、Super Staticについての言及は聞いたことがない。
まとめ直し説に俺は懐疑的。

>>24

幅度が真夜たんを追放し、その後、幅度までも権力の座から負い落とされ、幅度との
連絡が取れなくなったので驢馬船長がフリーゾーン前身組織を作り、教会ではGOという
部分が吹っ飛んだ。CoSTが菜園教会を支配するようになり、その下にRTC、WDC、
CMOなどの機関が作られた ― と聞いている。俺は1962年から1989年まで教会とは
全然関わっていないので、それ以上詳しいことはわからない。

28 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/08/31(木) 11:31:30 ID:hXm5rppi
今の教会ではレベル0オーディターもメーターを使い、ルードメントまでやってるんだが、
これは教育上良くない。メーターの操作に振り回されて、レベル0の真髄を掴むことなく、
オーディターはレベル1、2、3、4と進み、インターンシップを終えるが、それでもなお
彼らはレベル0の基本手法を使いこなせないことが多い。

元来のレベル0ではメーターを使わない。

プリクリアーとオーディターはテーブルを挟んで座る。テーブルの上には時計が
置かれていて、オーディターはセッションの始まりの時刻と終わりの時刻をプリクリアーに
伝える。セッションの長さは15分くらいだ。

セッションが始まったら、オーディターはあらかじめ用意していた指示をプリクリアーに
与える。指示は穏やかなもので、例えば「最近オススメのテレビ番組について
話してください」のようなものがいい。

オーディターはプリクリアーの答えについて、みだりに質問してはいけない! 「その
番組がどうして面白いんですか?」などと尋ねてはいけない。セッション終了時刻まで、
プリクリアーに話をさせるのがこのレベルの真髄。

相槌を打ちすぎると失敗する。賢そうに頷くくらいがいい。

下手なオーディターはしゃべりすぎる。レベル0がきちんと完成されていない
オーディターは、プリクリアーが心の中を探っているときにも、余計な口を挟んで
邪魔をすることが多い。

『すべては「単純に!」でうまくいく』という本の中に、夫婦間で15分ずつ、合計90分間、
交互に話を聞く時間を1週間に1回設けるべきだと説いている。著者は
菜園人ではないだろうけど、「聞くほうは質問してはいけません」
「相づちもいけません」など、その本の助言はレベル0の原則をしっかり守っている。

29 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 00:28:38 ID:3HJWPwXD

old timer 略してOT


30 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/01(金) 07:41:40 ID:kQ3J2TLV
INTRODUCTION AND PURPOSEまでの日本語訳
http://age.tubo.80.kg/age01/img-box/img20060901084047.pdf


31 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 15:44:59 ID:1nZbaRpE
>30
フリーゾーンというのは、羽場度の菜園を基本にしつつも、
そこに参加している人たちが新技術を持ち寄るかたちで展開されているわけですね。


32 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/01(金) 16:15:26 ID:kQ3J2TLV
>>31

おおむねその通り。ただし、派閥のようなものもある。

・ヨーロッパ系 驢馬船長を中興の祖としていて、技術面では幅度をおおむね踏襲。
 New OT IIIまで忠実に実行しているところもある。

・アメリカ系 傾向の違う熟練者がそれぞれかなり異なる実践体系を作っている。幅度の
 理論に新しい実践手法を加えるだけの保守派と、理論そのものから新たに作っていく
 革新派がある。俺はどちらかといえば保守派で、革新派が唱えている「アカシック
 レコード」などには賛同できない。

操縦士の『Self Clearing』は保守寄り。フリーゾーンアメリカ ― これはアメリカ系の1つに
過ぎんが ― には『Excalibur Revised』という書もあり、それはもう少し革新寄り。

もっとも、ヨーロッパ系から見れば、アメリカ系は全て革新ということになるだろう。

33 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 23:34:56 ID:86Lp2QUx
>革新派が唱えている「アカシック
 レコード」などには賛同できない。

俺はOT8の最終結果の「全時間の軌跡の記憶喪失の原因を処理する」
というのは、いわゆるアカシックレコードへのアクセスみたいな
ものだと思ってたんだけど・・・。



34 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 23:50:33 ID:Yg3mZrjp
>32
なるほど。

日本は欧米に比べ菜園の知名度も低く、またオーグの活動の歴史も浅い分、
まだまだ社会問題化というところまでは行っていないわけですが、
皮肉なことにはそれが日本版のFree Zoneの確立に対する障壁となりそうですね。

35 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/02(土) 09:13:46 ID:kGqMW3fz
>>33

New OT VIIIで扱うのはヴェイランス(借用人格)。ヴェイランスと自分自身そのものの
似ているところや違っているところを直視させる。

>>34

日本人は宗教団体をあまり叩かない。面白いことに、日本人のこの姿勢は、宗教団体の
成長に抑止的に働いているようだ。

菜園教会で最不調クラス5組織は東京組織で、いつも多数の返金サイクルを
抱えている。一方、菜園教会で最好調のクラス5組織といえば、菜園が激しく
叩かれているドイツのハンブルク組織。

新興宗教だけじゃなく、伝統的なイスラム教なんかも、日本ではなかなか広がらない。

日本人の大半は一応仏教徒ということになるんだろうけど、葬式仏教だね。日ごろの
信仰を持たないのが日本人らしいところ。

36 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/03(日) 09:50:54 ID:SD/6UtUz
Self Clearingの翻訳、ページ追加。
http://age.tubo.80.kg/age01/img-box/img20060903104937.pdf

37 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 23:34:42 ID:D3zRBCDU
>>18
OTVの是乳の事件が妄想なら、
OTXからOTZ(自分以外の魂を取り除くこと)は
全然必要ないじゃないですか?

38 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 00:29:47 ID:T0Is2hAo
その別の魂を取り除くって概念、
原始仏教とかにもあるの?

釈迦だったら「そんなことを考えるのはやめよ」とか言いそうじゃない?

39 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/05(火) 09:27:02 ID:zieGCAwi
>>37

Freezoneでは、Xenuの件を否定しても、人間の体の中に他の魂があることまでは
否定しない。

俺は慢性的に鼻詰まりしやすかったが、鼻の中にいた何人かに出ていってもらった
結果、ずいぶん楽になった。

出ていった彼らは、今頃多分、俺の鼻を詰まらせるよりも楽しいことをやっているに
違いない。

>>38

原始仏教の慈悲の瞑想(Metta Bhâvanâ)では、

 生きとし生けるものが幸せでありますように
 生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
 生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
 生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
 生きとし生けるものが幸せでありますように

と唱える。

肉体の中に眠っているほかの魂に「悟りの光が現れ」るようにするのがOT V〜VIIの
NOTs技術だから、原始仏教の精神を引き継いでいると俺は思う。

もしも釈迦の時代にNOTs技術があったら、実践していただろう。

40 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 13:34:34 ID:T0Is2hAo
>肉体の中に眠っているほかの魂に「悟りの光が現れ」るようにするのがOT V〜VIIの
>NOTs技術だから、原始仏教の精神を引き継いでいると俺は思う。

だが菜園教会のOTの人は、決して徳の高い人に見えなかったのはどういうことだろう?
本当にOTの技術が釈迦の精神を引き継いでいるようなものなら、
教会は問題ばかり起こすはずはないのではないか?

俺は菜園技術は悟りとかではなく、潜在能力開発の類だと思っているのだが・・・。




41 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 15:57:34 ID:ZeWvOTyZ

out tech 略してOT


42 :37:2006/09/05(火) 17:19:21 ID:mZPpdFXh
おこたえいただありがとうございます。
さらにお聞きしたいのですが、

>>39
>Freezoneでは、Xenuの件を否定しても、人間の体の中に他の魂があることまでは
>否定しない。

Freezoneでは、どうして人間が魂のかたまりになったって言ってるんですか?
これっていわゆる憑依ってやつなんでしょうか?

そもそも自分以外の魂は体の中で何をしてるんですか?
自分と同じように意識もあって、体を支配しているんですか?



>出ていった彼らは、今頃多分、俺の鼻を詰まらせるよりも楽しいことをやっているに
>違いない。

これは、自分の体の中にいる他の魂を追い出すというより、
解放して自由にしてやるということなんでしょうか?


43 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/05(火) 18:48:40 ID:zieGCAwi
>>40

オーディティングではチャージを取り除くけど、生活の中ではチャージが溜まる
傾向にある。取り除かれたチャージの量よりも溜まるチャージの量の方が多ければ、
OTさえ不調に陥る。

菜園教会は先進諸国の一般人の社会よりもチャージが溜まりやすい環境なので、
OTらしくないOTがいても不思議じゃない。

そもそも、1980年代初頭に教会はCoSTに乗っ取られているのだから、その後の教会の
問題を菜園そのものの問題と考えるのは妥当じゃないだろう。

>>42

他の魂たちはまどろみの中にある。たいてい、体を支配できるほどの力はないから、
憑依しているともいえない。彼らがそこにいる理由は、Xenuではなく、この宇宙の
始まりのころの出来事に関係している、と操縦士は考えているようだ。

体の中にいる他の魂は、主に、自分が魂であることを忘れている。NOTsはそれを思い
出させることで、他の魂を解放する技術。

NOTsの基本は体の中や表面にいる他の魂に、「What are you?」「Who are you?」などと
尋ねること。その他にいろいろな技があるけど、俺自身はそれらの
他の技が必要になったことはないので、使ったことがない。



44 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 23:25:42 ID:0BPvKjht
>>36
今んところ無意味な能書きですな


45 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 00:09:28 ID:KNsLEpE3
今まで2chに立てられたサイエンスレの中ではここが一番面白いね。
old timerさんに感謝。

46 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 02:03:03 ID:J0A1UaEg
漏れも感謝。

47 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 03:00:24 ID:nA5n8GzX
>>27
>教会ではGOという部分が吹っ飛んだ。
>CoSTが菜園教会を支配するようになり、その下にRTC、WDC、
>CMOなどの機関が作られた


教会ではRTCが一番上の組織ということになっていますが、
それよりも上の組織があるということですか?


48 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 03:07:53 ID:nA5n8GzX
>>46 ageるなよ。

邪魔が入らないように全レスsageていきましょう。


49 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 09:33:28 ID:Ic0anUn1
>>43
>NOTsの基本は体の中や表面にいる他の魂に、「What are you?」「Who are you?」などと
>尋ねること。

他の魂はその質問に答えるんですか?
答えるとしたらそれは自分のイマジネーション?
それとも実際に声として聞こえたりするんですか?


50 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/06(水) 09:43:52 ID:QgIcxgsF
>>47

教会の中央部分は、

Church of Spiritual Technology

Religious Technology Center

Watch Dog Committee
↓ ↓
↓ Commodore's Messenger Org
↓ ↓
Church of 菜園, International Management

となっていて、最上層にあるのはChurch of Spiritual Technology。

さらにその上に、アメリカ政府のInternal Revenue Service(国税局)があるという
噂もある。この噂が本当ならば、菜園教会はアメリカ政府によって
運営されていることになるが、この噂はちょっと陰謀論に走りすぎかもしれないね。

51 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/06(水) 10:03:48 ID:QgIcxgsF
>>49

もちろん、魂は応えてくれる。

俺の場合は、何かもやっとしたイメージとして感じ取れることが多い。

肉体には圧力が感じられ、メーターを使用中には肉体全体の電気抵抗が
上昇するのがわかる。ソロでのTAは平常時に3〜4くらいだが、オーディティング中は
6を突破することもある。TAが1上昇すると、電気抵抗は2.5倍になっている。

オーディティングで最終現象が起こるときに、TAは一気に ― たいてい5秒以内に、
時には1秒くらいで ― 3〜4に戻ってくる。


52 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 16:11:48 ID:4Z+GFgMj
>>50
初耳です。
そんなことぜんぜん知らされてないな。


53 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 16:27:47 ID:4Z+GFgMj
>>50
犬監視委員会てなんだよ?
犬あつかいかよ


54 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/06(水) 18:39:34 ID:QgIcxgsF
ソロの簡単なモデルセッション

・記録用の用紙を用意する。リーガルサイズの紙に、2列で記録するのを勧める。
・メーターにソロ用の缶を取りつけ、利き手でない方の手で握る。
・十分な睡眠を取っていることを確認する。
・十分な食事を取っていることを確認する。
・オーディティングを始められない理由がないことを確認する。
・頭痛がないことを確認する。
・メーターの感度を調整する。
・息を大きく吸って、一瞬止め、吐き出して、新陳代謝反応がメーターに現れることを
 確認する。
・「これはセッションです!」
・「最近、気分を害したことがありますか?」
 →あれば、気分が晴れるまで、より以前の似たような出来事に遡る。
・「最近、問題を抱えていますか?」
 →あれば、気分が晴れるまで、より以前の似たような出来事に遡る。
・「最近、見透かされそうになったなった秘密がありますか?」
 →あれば、いつ、何、そして見透かしそうになった人物を突き止め、より以前の
 似たような出来事に遡りながら解決する。

(ここで、オーディティングの主要なプロセスをやる。)

・オーディティングについての感想などを書く。
・「セッションを終わります!」

メーターを使わない場合には、メーターについての記述を無視する。

ソロセッションでは、「」内の言葉を実際に口に出していう必要はない。


55 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 21:16:46 ID:Qu5DijfI
自由領域でもメーター使うんですか?

メーターは電気抵抗を計っているだけだって本当ですか?


56 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 22:56:29 ID:Ic0anUn1
メーターが要るなんて嫌だな。
結局菜園教会で買わなきゃいけないの?
あれ高いんだよね・・・。

それに使いこなすためにはトレーニングが必要みたいだし・・・。

57 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 00:16:13 ID:xN5egoZl
普通のバイオフィードバックの機械を使えばいいんだよ。

58 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 04:01:44 ID:oMRg0KlD
>>27

GOてなに?
真夜たんてだれ?
驢馬船長てだれ?


59 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/07(木) 06:46:42 ID:ZnUB1Jvp
>>55

自由領域でもメーターを使うことがあるけど、必須じゃない。メーターが計るのは
電気抵抗の変化だけ。三和電気計器のマルチメーターでもある程度の
代用品にはなるかもしれないね。缶コーヒーのスチール缶の表面の塗料を
紙やすりなどで剥がせば、オーディティング用の缶は作れる。

>>56

ブリッジの実践法には2種類ある。それぞれのレベルを徹底的にやって、ブリッジ全体を
1回やる方法と、それぞれのレベルを少しずつやりながらブリッジ全体を繰り返す方法だ。
前者ではメーターが必須に近いが、後者ではそうでもない。俺自身は昔メーターを
使っていたけど、今はもう使っていない。菜園教会の見掛け倒しメーターは
40万円くらいだが、自由領域のメーターは様々な部分が自動化され、6万円〜
10万円くらい。最近、TAの変化に合わせた感度調整だけは教会メーターでも
自動化された。

>>58

GO = Guardian's Office。昔の菜園教会の諜報組織。

真夜たん = New OT V〜VIIで使われるNOTs技術の真の開発者。著作権を巡って
 教会と裁判を起こし、教会が実質的にNOTs技術を真夜たんから買い上げることで、
 決着を見た。その後、彼がフェラーリを運転する姿が目撃されたとか。菜園人として
 勝ち組の最高峰。

驢馬船長 = 故人。菜園教会を去り、自由領域の前身組織である論's 組織を作った。
 この組織の技術が非常に高く、幅度よりもオーディティングが巧みなオーディターが
 何人もいたため、自由領域は教会を超えた。論's 組織設立から2年で、当時の教会の
 最高レベルのオーディターの大半が教会を去ったといわれている。

60 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 17:06:09 ID:UypHfBdo
>>59
知らなかったことばかり。。。
情報ありがとう。


61 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/07(木) 20:08:14 ID:ZnUB1Jvp
ソロでもできる簡単なプロセス

1) 何か厄介事を思い浮かべる。
2) その厄介事について、嘘をつく。

(1)を1回やったら、気分が少しでもマシになるまで、(2)を何回も繰り返す。

笑えたらそれでプロセスの最終現象だが、1回のセッションでそこまでやる必要はない。

--

厄介事について、人は無意識に嘘をつき、厄介事をさらに厄介にする傾向がある。この
プロセスの狙いは、無意識にやっていることを意識的に行い、それを
コントロールできるようになること。

62 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:15:48 ID:Mfy/MS4E
>>61
ソロでもできる簡単なプロセス、
コミュニケーション版をおせ〜て!

一人でグレード0の最終現象も達成できる?
これできたらみんなかなり楽になれると思うんだけど・・・。

63 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:26:27 ID:e4fQWZVQ
>>27
>橋にはSuper PowerとSuper Staticと呼ばれるプロセスがあるはず。教会でSuper
>Powerについて幹部が語っていたが、Super Staticについての言及は聞いたことがない。


超力と超静止って何ですか?
それぞれどんなものですか?


64 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:49:02 ID:w8DA/ue7
>>61
おお、何かアバターコースのリサーフェシングというテキストに
同じようなのがありましたね。
やっぱりアバターはサイエンからのパクリなんだなあ。

65 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 00:29:53 ID:0HNz2vPu
アバターの過去スレで、アッパーコースは除霊みたいなことするとか書いてたけど、
やっぱりOTプロセスに似てるね。
「他の魂に出て行ってもらう」ってそのまんまじゃない?

アバターも支持者がいるってことは、
やっぱOTプロセス効果あるのかなあ。

66 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 00:53:58 ID:/184KUpR

教会では幅度は自らの意思で体から離れたことになっていますが、
本当のところ、幅度の最期はどのようなものだったのでしょうか?
なぜ殺害説があるのでしょうか?

そして
old timerさんは、幅度の魂は今どうしていると思いますか?


67 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 01:07:21 ID:0HNz2vPu
アバターマスターが人間の成長に終わりがないといって毎年上級コースを受けるのと、
OT7はきりがなくて、終了するのに何十年もかかるってのは
多分似たような理由なんだろうね。

菜園のクリアーとかを飛ばしていきなりOTレベルをやっちゃうのがアバターって
感じなのかな?

フリーゾーンとしてはクリアーにならずにOTに進むことについてどう思ってるのか聞きたい。
先にOTになることで個人の反応心を超越しちゃうとかないのかな。


68 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/08(金) 06:36:53 ID:pUnoxCG5
>>62

グレード0の最終現象をソロで個別に狙うのは難しい。ブリッジ全体を
少しずつやっていくのがいいと思う。そうすれば、グレード0もやがては達成される。

>>63

わからん。

>>66

個人的には、幅度は自殺したと思う。「自らの意思で体から離れた」という教会の
説明は胡散臭い。自殺か殺害をごまかしているんじゃないか?

幅度はしばらく戻ってこないだろう。肉体がない状態の方がやりやすい
ソロオーディティングのプロセスがあると思う。

>>67

最近のフリーゾーン、とくにフリーゾーンアメリカ(これは決してアメリカを代表する
フリーゾーンではないが)では、クリアーに固執せず、クリアーという言葉もほとんど
使われない。

フリーゾーンアメリカの操縦士が『セルフクリアリング』で説いているのは、先にある
程度OTレベルをやって、反応心を超越し、それからダイアネをソロでやること。

そもそも、オーディティングでプロセス前の準備として、気分を害したこと、問題、もう
少しで見つかりそうになった秘密について尋ねるのは、それぞれ、グレード3、グレード1、
グレード2の一部をやることで、これはNew OT VIIでも変わらない。

つまり、グレード0〜4で扱う物事の根本解決は究極のOTレベル。それを実現した
人にとっては、菜園とオーディティングは不要になる。

69 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 12:40:09 ID:0HNz2vPu
>幅度はしばらく戻ってこないだろう。肉体がない状態の方がやりやすい
>ソロオーディティングのプロセスがあると思う。

肉体なくなってもまだブリッジに固執する理由って何?
ブリッジ登るのは三次元世界(物質宇宙)の制限をコントロールするため
だと思うんだけど・・・。

それにまだオーディティングを受け続ける必要があるってことは
幅度自身まだ「完全な自由」を達成していなかったってわけだ。

菜園教会ではOT8まで発表されてるみたいだけど、
本当にそれより上って完成されてるのかなって思う。
全く発表される気配がないようだし、
OT7ですら何十年もかかるものなんでしょ?

少なくともこの一生では「完全な自由」到達は不可能ということに
なってしまう。



70 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 16:44:53 ID:fzU/uWFu
教会では、 OTレベルの情報をレベルの低い者が知ると発狂したり死んだりして危険なので秘密にしなければならないと聞いたのですが、危険ではないのですか?


71 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/08(金) 17:09:36 ID:pUnoxCG5
ソロでもできる簡単なプロセス

1) 話かけづらい人物を思い浮かべる。
2) その人物を一般化する。
2) 自分に意味をなし、興味の湧くフローだけをやること。
 フロー1: その人物がどこから自分に意思を伝えることができるかもしれないのかを
  考える。気分が少しでもマシになるまで、これを何回も繰り返す。以下同様。
 フロー2: 自分がどこからその人物に意思を伝えることができるかもしれないのかを
  考える。
 フロー3: その人物がどこから誰かに意思を伝えることができるかもしれないのかを
  考える。
 フロー0: その人物について自分が自分自身にどこから意思を
  伝えることができるかもしれないのかを考える。

一般化するとは、例えば、「佐藤くん」→「あるひきこもり」のように、固有名詞をそれが
属するクラスに変換することだ。「ある」を先頭につけるのがいい。一般化する理由は、
プロセスが現在の生活の存在する人物だけではなく、過去の人物についても効果を
発揮できるようにするため。

このプロセスはもともとフロー2しかなかった。「From where could you communicate
to …?」がオリジナル。ソロ用は当然、「From where could I communicate to …?」となる。

「could」は仮定法の助動詞で、このプロセスでは想像力を逞しくすることが
期待されている。現代文明の常識に囚われてばかりではいけない。

念のためにいっておくと、このプロセスだけでグレード0が達成されるのではない。

72 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/08(金) 17:12:35 ID:pUnoxCG5
番号訂正

ソロでもできる簡単なプロセス

1) 話かけづらい人物を思い浮かべる。
2) その人物を一般化する。
3) 自分に意味をなし、興味の湧くフローだけをやること。
 フロー1: その人物がどこから自分に意思を伝えることができるかもしれないのかを
  考える。気分が少しでもマシになるまで、これを何回も繰り返す。以下同様。
 フロー2: 自分がどこからその人物に意思を伝えることができるかもしれないのかを
  考える。
 フロー3: その人物がどこから誰かに意思を伝えることができるかもしれないのかを
  考える。
 フロー0: その人物について自分が自分自身にどこから意思を
  伝えることができるかもしれないのかを考える。

一般化するとは、例えば、「佐藤くん」→「あるひきこもり」のように、固有名詞をそれが
属するクラスに変換することだ。「ある」を先頭につけるのがいい。一般化する理由は、
プロセスが現在の生活の存在する人物だけではなく、過去の人物についても効果を
発揮できるようにするため。

このプロセスはもともとフロー2しかなかった。「From where could you communicate
to …?」がオリジナル。ソロ用は当然、「From where could I communicate to …?」となる。

「could」は仮定法の助動詞で、このプロセスでは想像力を逞しくすることが
期待されている。現代文明の常識に囚われてばかりではいけない。

念のためにいっておくと、このプロセスだけでグレード0が達成されるのではない。

73 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:35:33 ID:4FmIb1X+

旗だけの所有性乱打雲は自由領域でもできますか?
旗だけのLズは自由領域でもできますか?
ソロでもできますか?


74 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 20:58:26 ID:0HNz2vPu
>>72
その人物が苦手すぎてどうしてもチャージが軽減されない場合、ハンドルする方法はありますか?

どこであっても自分に意志を伝えてほしくないっていうふうになってしまうんですが・・・。
その人が変わらない限りコミュニケーションしたくないって感じになる。

75 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 00:48:41 ID:J6zt9ba4
人前で話すとき緊張するのを軽減するプロセスってないの?


76 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/09(土) 07:57:26 ID:EF9NgPq9
>>73

俺が確認した範囲では、L10, L11, L12を提供する個人や組織は自由領域にもいる。

これらのプロセスをソロでやるのはほぼ不可能だろう。

他の旗のみシリーズは多分やってない。L's以外の旗のみシリーズはなんとなく
「隠された基準」の面倒を見ている感じで、ブリッジの蛇足だと俺は思う。

>>74

確認点:

・モデルセッションに従ってプロセスを行なったか? → もしもそうでないならば、
 モデルセッションをきちんとやるべし。
・人物をきちんと一般化したか? → もしそうでないならば、きちんと一般化すべし。
・プロセスを実行しているときに、ちゃんと一般化された形で実行しているか? → これが
 困難である場合、何日か放置し、再び挑戦する。
・「どうあっても自分に意志を伝えて欲しくない」が最終現象であるか? → この場合、
 その人物についてはそれでおしまい。いつその最終現象が起こったのか、突き
 止めるべし。なお、最終現象はセッション中だけで起こるとは限らない。
・その人物をなんとかするのがオーディティングの目的になっているか?
 → そうであれば、ソロオーディティングはうまく行かない。世俗的な特定の問題の
 解決が菜園の菜園的な効果より優先されているならば、それは「隠された基準」になり、
 オーディティングの効果を妨げてしまう。まずはその人物を実際になんとかしてから、
 オーディティングを再開する方がいい。

>>75

>>72。ただし、それを「隠された基準」にしないように。


77 :73:2006/09/09(土) 17:11:04 ID:Ur9HtX/e
>>76
ありがとうございました


78 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/09(土) 19:20:11 ID:EF9NgPq9
無駄と所有のプロセス

1) 自分の不足している物を思い浮かべる。特質や能力ではなく、あくまで物。
2) その物を無駄にする方法を考える。これを何回も繰り返し、気分が少しでも
 マシになれば、その物についてはそこで終わり。

--

奇妙なことに、魂は無駄にできない物を所有すると、いろいろと困難を抱え、やがて
その困難ゆえにその無駄にできない物を所有することをためらうようになる。この
プロセスの狙いは、無駄にする能力を回復させることによって、所有する能力を
多少改善することだ。

扱うのはあくまで物なので、物以外の要素が含まれると効率が落ちる。あつかうものを
工夫する必要がある。

・「車」 → 「車」のままで大丈夫。
・「お金」 → そのままでもたいていうまく行くが、経済学をかじった人なら、「紙幣」や
 「通貨」の方がいいかもしれない。
・「美貌」 → 「肉体」あたりでどうか? 転生時にちょっと有利になるだろう。
・「才能」 → その「才能」で扱う物に変換すべし。例えば、「ピアノ」とか「絵筆」。
・「恋人」 → 「男」や「女」にすべし。
・「友人」 → 「男」や「女」にすべし。
・「名声」 → 難しいが、「テレビカメラ」でやってみると何らかの効果があるかも。
・「念力」 → 「物質」かな? ただし、これで真の最終現象に到達するのはとても難しい。
 まず不可能。到達できたら神と呼んでも差しつかえない存在になれるかもしれない。

79 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 20:29:47 ID:G+qqJ41L
教会は幅度の書いたものを改竄しているんでしょうか?

80 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 00:24:15 ID:C95FDY+5
菜園教会ではオーディターに話さなきゃセッションは効果がないって言ってるよね。
こういったプロセスはソロで相手に話さなくても効果は得られるの?

81 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 02:07:25 ID:C95FDY+5
>>72
このプロセスの原理を教えてほしい。
なんでこれでコミュニケーションのチャージが軽減されるの?



82 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/10(日) 10:36:54 ID:2OdIdxC/
>>79

幅度が書いたものを直接見なければ、判断はできない。菜園教会は幅度の直筆原稿を
公開していない。

俺個人の考えだが、もっと深刻なのは、幅度が書いていないものを幅度が
書いたとしている可能性が高いことだ。1980年年代終わりごろまで、技術大全には
幅度が書いたHCOBと他の人が書いたBTBが混在していたが、今はBTBが1つも
入っていなくて、ほとんど同じ文面のHCOBが代わりに入っている。

>>80

俺個人の経験では、ソロでやってみて

・グレード0 … 技術的に易、ケース的にやや難
・グレード1 … 技術的に易、ケース的に易
・グレード2 … 技術的にやや難、ケース的に難
・グレード3 … 技術的に難、ケース的にやや難
・グレード4 … 技術的に難、ケース的に易。

技術的に難なものは、オーディターとして訓練を受けていれば易になる。

ソロでも簡単にできるプロセス>>61はグレード1のプロセスなので、易なはず。

>>81

菜園では位置を確保する能力を魂の重要な力だと考えている。

コミュニケーションに先立って必要なのは、位置を確保する能力。だから、「どこから」を
考える。例えば、恋愛が下手な人は、異性(あるいは同性)の前で位置をしっかり
確保できなくて、落ち着かなかったり、いきなり逃げ出したりする。

83 :73:2006/09/10(日) 16:18:25 ID:uigdJK4H
>>78
ご指導ありがとうございました
試してみたいと思います


84 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 22:22:29 ID:C95FDY+5
>>82
ありがとうございます!


85 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 00:22:35 ID:heOOAy2A
>>82
ほとんどが難やんか・・・。
一人でクリアーなんてどうやってなるんだよ・・・。
教会通うなんて嫌だぞ。

瞑想みたいなテックで一人でクリアー・コグに到達できないもんかしら。


86 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 00:44:09 ID:6wAeU92Y

人が死ぬと自己の精タンは体から離れるとして、
体に付いている他の魂はどうなるんですか?
転生しても付いてくるんでしょうか?


87 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/11(月) 09:54:44 ID:F90BIBao
>>85

それぞれのレベルの最終現象を個別に得ようとするのは確かに難しい。だからこそ、
ブリッジのそれぞれのレベルを少しずつやり、ブリッジ全体を繰り返すことで、クリアーと
OTに少しずつ近づく、という操縦士の方法論がソロには向いている。

例えば、Grade 0だけをずっとやっていると、ソロでは行き詰ることが多いし、
オーディティッドでも行き詰ることがある。上のレベルで扱うケース要因が
放置されていて、時々再刺激され、オーディティングに干渉するから。

>>86

体に付いている他の魂の一部はもちろん転生してもついて来る。標準的なNOTsで扱う
対象となる魂は、全て、ついて来る奴ら。

88 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 14:57:38 ID:V+f85CJg
>>87
>体に付いている他の魂の一部はもちろん転生してもついて来る。

ずっとついてくるのか ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ついてくるやつって悪さするの?


89 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 22:29:13 ID:JG3Kb6N+
>>43
>この宇宙の始まりのころの出来事に関係している、と操縦士は考えているようだ。

この宇宙の始まりのころの出来事って何ですか?
差し支えなければ教えてください。

ところで操縦士とは何者ですか?


90 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 16:06:05 ID:5jss1sl4

>>35
>日本人は宗教団体をあまり叩かない。
>面白いことに、日本人のこの姿勢は、宗教団体の
>成長に抑止的に働いているようだ。


叩かれてるときに集まってくるのはイタイヤツばっかりだろ
これ以上イタイヤツばかり増えてもなー


91 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/12(火) 16:51:40 ID:HdZCCgq/
>>89

個人にとってのこの宇宙の始まりは、その個人がこの宇宙に押し込められた時のこと。

操縦士は自由領域で影響力の大きな菜園人で、オールドタイマー。操縦士はソロ
オーディティングの熟達者で、この宇宙以前の宇宙についての言及も多い。

>>90

宗教団体は叩かれることで成長する。ローマ帝国がキリスト教を叩いたので、
キリスト教は世界的な大宗教になった。日本でキリスト教が急速に広まったのは、
やはり、弾圧されていた江戸時代で、今の伸び率は低いと思う。

イスラム教の広がりにも、迫害が大きく関係している。教祖ムハンマドは叩かれていた。
最近、イスラム教はアメリカで叩かれているので、そのうちアメリカでイスラム教はさらに
大きな力を持つことになるだろう。現在、アメリカのイスラム教徒は600万人くらい。

ドイツのハンブルグでは菜園教会が激しく叩かれたが、菜園教会ハンブルグ組織は
急速に成長し、世界最大のClass IV組織になった。上級組織を入れても、
ハンブルグ組織は旗に次いで瀬買い第2位の規模になっている。

一方、菜園東京はほとんど叩かれなかった。菜園東京は慢性的に
経営不振にあえいでる。

魂はゲームを好む。世間と宗教団体の対立はゲームなので、そこに魂が群がる。

社会は宗教団体との問題を解決しようとし、多くの場合にその解決策は社会にとってより
厄介な問題を作り出し、宗教団体にとっては拡張に有利な基盤を作り出す。

92 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 17:37:55 ID:sUq8fRxk
>>70ですが、この問題にはお答え頂けないようで

93 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/12(火) 17:55:20 ID:HdZCCgq/
>>70

うっかりしていた。すまぬ。

ネット上では既に、OT III、OT V、OT VIIIがあちこちにばら撒かれているが、それを
見たことで人が死んだり発狂したりといった例は、今のところ聞いたことがない。

少なくとも、OT VとOT VIIIは1950年代のデータから組み立てられているので、最初から
問題になりようがない。



94 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:24:10 ID:FG+zT1kU
セータの大分裂からホームユニバースになって、その後物質宇宙が始まったって
何かで読んだんだけど、

>宇宙の始まりのころの出来事

ってのは、これらのどれに該当する?

95 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 02:29:01 ID:koY60Zdu
このスレほんと面白いわ。
サイエンって組織自体はとんでもないとこだけど、
理論やメソッドは興味深いものばかりだね。

96 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 03:11:27 ID:Wt5IYeHo
創造力や創作力を拡張させることができるものはありませんか?

97 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/13(水) 10:27:31 ID:idU9+AqV
>>94

自由領域の統一見解ではないけれど……それぞれの宇宙でいろいろな習慣が
始まった。

・虚無: 無限の可能性を秘めた虚無から全てが始まった。
・合意戦争: 次元数についての合意、資本主義。
・合意宇宙: 概念についてのさまざまな合意。
・自家宇宙, 競技宇宙, 懲罰宇宙: 心の原型、公私の区別、職業、罰ゲームとしての
 食事と性行為、宗教。
・拡張された競技宇宙: 感情的な苦痛の始まり。
・情動宇宙: 自己矛盾、快感、不快感。
・記号宇宙: 言語、政府。
・思考宇宙: 霊体とか幽体とか。
・対立宇宙: 肉体、転生。
・魔法宇宙: おとぎ話の世界、「楽しむべし」という根源目的。
・物質宇宙: この宇宙、「生存すべし」という根源目的。
・泥宇宙: さらに下の宇宙、「存続すべし」という根源目的。

菜園は非唯物論思想なので、概念は物質に先行すると考える。

例えば、俺たちは合意戦争で空間次元数を3に決めたので、4つ以上の次元を使った
空間内の創造ができない。4次元の金貨を作ることができないので、3次元の金貨を
無限に積み重ねようとし、資本主義の世界を支えている。

食事と性行為は罰ゲームで、宗教はもともとその罰ゲームを脱する努力だったので、
今でも多くの宗教で断食と禁欲の行がある。

ファンタジー作家は魔法宇宙の、SF作家はこの宇宙の昔の記憶を再合成し、
物語をつむぐ。

死者のための墓を作るのは、次の宇宙の「存続すべし」という目的の表れだろう。

98 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 16:31:32 ID:JBU3fVfm
>>91
>個人にとってのこの宇宙の始まりは、その個人がこの宇宙に押し込められた時のこと。

その時に他の魂とくっついたんですか?
誰が押し込めたんですか?



>操縦士は自由領域で影響力の大きな菜園人で、オールドタイマー。操縦士はソロ
>オーディティングの熟達者で、この宇宙以前の宇宙についての言及も多い。

この場合、オールドタイマーの定義はなんですか?

この宇宙以前の宇宙とはなんですか?ビッグバン以前ということですか?


99 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/13(水) 19:29:59 ID:idU9+AqV
>>98

操縦士を信じるならば、物質宇宙の以前に魂は魔法宇宙にいた。物質宇宙に送り
込まれた俺たちは罪人、俺たちをここに送り込んだのは魔法宇宙の当時の支配者たち。

この物質宇宙は巨大な刑務所ということになる。

--

筋金入りの菜園人はビッグバンを信じていない。最近では、天文学者たちの間にも、
ビッグバンに否定的な意見が出てきているようだ。(Paul Marmetの『Big Bang
Cosmology Meets an Astronomical Death』」あたりが参考になる。)

オールドタイマーは1968年より前から菜園にかかわってきた菜園人。

100 :98:2006/09/13(水) 21:52:56 ID:JBU3fVfm
>>99
早速お答えいただきありがとうございます

101 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 23:57:42 ID:7Z0vQvQ+
>この物質宇宙は巨大な刑務所ということになる。

これよくスタッフの人が言ってたなあー。
中でも地球が一番悪い状態だとかなんとか・・・。

>物質宇宙に送り込まれた俺たちは罪人、
>俺たちをここに送り込んだのは魔法宇宙の当時の支配者たち。

肉体を持たない抑圧の意志がセイタンを肉体という牢獄に閉じ込めて
地球という流刑星に送り込んで、文明というゲームをやらせているって話だった。

魂の本質に気づかないように死んだら火星に送って電気ショックかなんかで
記憶を消して、また地球に送り返して輪廻転生やらせてるって話。

その真実に気付いたのが幅度で、要するにブリッジってのは
こういったことから解放するためのプロセスで、
OTになって肉体から独立して輪廻転生からも自由になって、
抑圧の意志(ジヌー?)の野望を挫くのが大きな目的なんだろう。

この話、実際文献を読んだわけじゃないけど、かなり広まってる話だよ。
ピュアリフ終わったあたりでいろんな人から耳にしたもん。イベントでも聞いたかな。
こういった話聞いてブリッジ登ることを決心した人も結構いるはず。
実際OTとか見て普通じゃない雰囲気感じて信じちゃう。







102 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 01:23:56 ID:Lt3XxglV

自由領域では、人は死んだらどうなるんですか?


103 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/14(木) 08:46:21 ID:9dfhPr4w
>>101

Xenuの話はこの物質宇宙内での幅度の個人的なケース要因で、魔法宇宙の話とは
関係がほとんどない。

幅度の理論と実践はほとんどがこの宇宙内のことに限定されていたけれど、
自由領域ではそれ以前の宇宙に関心が高い。

>>102

自由領域だろうがどこだろうが、肉体が死んだら魂はまた新しい肉体に宿ることが多い。

104 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 16:15:55 ID:hx6q5F2w
>>99
>操縦士を信じるならば、物質宇宙の以前に魂は魔法宇宙にいた。

魔法宇宙ってなんですか?


>オールドタイマーは1968年より前から菜園にかかわってきた菜園人。

なぜ1968年で別れるんですか?


105 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/14(木) 17:41:42 ID:9dfhPr4w
>>104

魔法宇宙はこの宇宙より1つ前の宇宙。魂の意志に対して、魔法宇宙は物質宇宙より
遥かに柔らかい。魔法宇宙の根源目的「楽しむべし」と物質宇宙の根源目的
「生存すべし」は多くの場合に対立しているので、魔法宇宙から引き継いだ
「楽しむべし」を熱心に追求しすぎると、「生存すべし」をうまく追及できなくなることが
多い。逆もまた真なり。

--

1968年には、菜園の運営面では海組織が作られ、技術面ではOld OTレベルが
棄却され、メーター上の反応についての解釈も変わり、プロセスをどこまで
続行するのかということについての決まりも変わった。道徳管理の面では、恋愛に様々な
制約が課されるようになった他、全体的に窮屈になった。


106 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 20:37:53 ID:+b46LdYm
>技術面ではOld OTレベルが棄却され

なんで棄却されちゃったの?
そもそも新OT8とかの新と旧はどう違うの?

107 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 21:25:59 ID:8BzEisGG
自由領域にも橋はあるんですか?


108 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 02:06:51 ID:ZEfHECca
一概に比較は出来ないんだろうけど、ロバート・モンローの説く階層構造(フォーカス概念)と
どういう対応関係にあるのか… 

ハバードの説く宇宙というのはモンローの言う信念体系領域に位置しているのかな?

109 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/15(金) 09:59:16 ID:t2Qmydil
>>106

『ダイアネ55』という本に出てくるGrand TourがOld OT VIIにあたる。

Xenu話以降に出てきたOTレベルがNew OTレベル。Old OTレベルは魂の外在化を
目指していたが、New OTレベルは他の魂の処理を中心としている。

>>107

自由領域な自由な菜園人の緩やかな連携のことで、そこに様々な個人や組織がほぼ
独立した状態で存在している。「橋」という概念を持つ者もいれば、そうでない者もいる。

>>108

幅度はこの宇宙以前の宇宙について、あまり詳しく述べていない。魔法宇宙についての
データは主に自由領域で作られたもの。

モンローの「信念体系領域」と自由領域の「宇宙」はほぼ同じ概念だと思う。ただし、
モンローの言葉で自由領域の考えを語るのならば、自由領域はこの物質宇宙をも
信念体系領域だと考えている、といえる。

モンローは信念体系領域としてF26までをある種の俗世間と見なし、F27をある
意味神聖視しているが、自由領域はどのような宇宙も神聖視しない。自由領域の言葉で
モンローを語るのならば、モンローはF27からは自由になれていない、ということになる。

キリスト教にとっての天国、モンローにとってのF27あたりと、プロティノスにとっての
一者、釈迦にとっての解脱、菜園自由領域にとっての虚無との間には、やはり大きな
隔たりがある。


110 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 11:46:08 ID:s8FqxzlU
>キリスト教にとっての天国、モンローにとってのF27あたりと、プロティノスにとっての
>一者、釈迦にとっての解脱、菜園自由領域にとっての虚無との間には、やはり大きな
>隔たりがある。

その隔たりについてもう少し詳しく教えていただけないでしょうか・・・。


111 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/15(金) 15:20:52 ID:t2Qmydil
>>110

モンローはF27にヘルパー、カウンセラー、エントリーディレクターなどの
霊的上位存在がいて、霊的下位の存在である俺たちが霊的に進化するのを手助けする、
と考えている。俺たちに足りない部分があり、その足りない部分を補えば、俺たちはより
完全な存在に近づくという考え方だ。

菜園では、霊的上位存在を想定していない。俺たちよりも力の強い魂の存在を認めるが、
彼らに倫理性を期待しないし、彼らによって俺たちが救済されるとは考えない。
俺たちより力の強い存在がいても、そこには俺たちの間にあるような権力闘争やその
他の俗っぽい煩悩があるだろう。俺たちのことは俺たち自身が何とかするしかない。

また、菜園では俺たちに足りない部分があるのではなく、経験の結果蓄積した無用で
有害なチャージがあり、そのチャージを取り除いていくことで、俺たちは本当の能力を
再び発揮できるようになる、と考える。

人間に何かを足すのではなく、人間から煩悩を取り除くことで、人間は救われる、という
釈迦の考えと菜園の考えは似ている。

112 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 17:04:12 ID:H/0qCsYC

>>94

セータの大分裂てなに?
ホームユニバースてなに?


113 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 22:29:35 ID:s8FqxzlU
>>94
わからん。
そんな資料を見せられた。

『新宗教時代』だったかの新宗教解析本にも引用されてた。
菜園神話だといって。

セータの大分裂は、たぶんセイタンはもともと一つだったのが
分かれて我々のような個々の魂になったって説のことだと思うよ。
古神道でいう神様の御魂分けみたいなもんか。

ホームユニバースはさっぱりだな。
たぶんオールドタイマーさんがいう魔法宇宙のことかもしれない。

114 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 22:56:02 ID:s8FqxzlU
>>109
>人間に何かを足すのではなく、人間から煩悩を取り除くことで、人間は救われる、という
>釈迦の考えと菜園の考えは似ている。

でも教会には釈迦のような立派な人間がまるでいないのはどういうことよ?
本当に釈迦に似た教えならこんなに批判されたりしないと思うのだが。
いくらなんでもこれには同意できない。
教会の連中にどんな目に合わされてきたか・・・。
もう教会には二度と関わりたくないね。
俺の見解としては菜園はチャージの除去はするが人格的な向上とは全く無縁のもの。
むしろ思い上がって始末に負えん。
超能力が使えたら皆性格いいかといえばそうとはいえないのと一緒。



115 :108:2006/09/16(土) 00:31:23 ID:hl5ixMrf
>>109 >>111
興味深い解説ありがとうございました。

死後を恐れる我々凡人にとってモンローによるフォーカス27の描写はある種の救いではありますが、
実際はそれほど単純でもないようですね。

人間が生産する感情エネルギー(ルーシュ)を収奪しているエンティティたちにとっては、
人類いつまでもいつまでも家畜状態に留めておきたいわけでしょうから。

チャネリング等でさかんに人間に対して進化することを促しているエンティティの本当の目論見は、
人間は進化しなくてはならない不完全な存在なのだ、ということを繰り返し繰り返し
植えつけることなのかもしれません。

116 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 01:22:56 ID:8TiCb20G
>人間が生産する感情エネルギー(ルーシュ)を収奪しているエンティティたちにとっては、
>人類いつまでもいつまでも家畜状態に留めておきたいわけでしょうから。

>チャネリング等でさかんに人間に対して進化することを促しているエンティティの本当の目論見は、
>人間は進化しなくてはならない不完全な存在なのだ、ということを繰り返し繰り返し
>植えつけることなのかもしれません。

俺はこういったことを陰で目論んでいるのはむしろ菜園教会側のほうだと思っているんだが・・・。
こう考えれば悟りだとか世界平和だとか言いつつも正反対に突っ走っているように見える理由が
わかる気がする。

反応心を除去したはずのクリアーやOTがなぜあんなに人格的に問題があるのか。
LRHの文献だけがすべてでLRHの言うことなら何でも聞く。
ただひたすらチャージを処理することに膨大なお金と時間を費やす。
まるで家畜じゃないの。
115さんの書き込みを見てピンときたね。

菜園批判してる人たちにとっては当然だと思ってることかもしれないけど、
菜園教会に世界平和なんて意図はないんじゃないかな。
当然釈迦の精神なんて受け継いでいないと思う。
煩悩を取り除くのと菜園でチャージを取り除くのは別だろう。
菜園でひたすらネガティブエネルギーを穿り出して直面させるってやり方、
それこそ「人間が生産する感情エネルギー(ルーシュ)を収奪しているエンティティたち」
にとって最も都合のいい方法論だろうね。

117 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/16(土) 07:57:18 ID:3Bha6KYM
>>112-113

「セータの大分裂」は誤解に基づいていて、さらなる誤解を呼ぶ表現だ。セータは
分裂なんかしない。しかし、分裂しているふりをすることができる。

ホームユニバースは各魂の個人的宇宙のこと。>>97では「自家宇宙」と訳した。

>>114

そのあたりの経緯については、>>21>>27>>43で説明しておいた。

>>115

その通り。

>>116

反応心を除去しても、新しくチャージが溜まる環境にいれば、クリアーやOTでも
不調に陥る。これは>>43でも説明した通り。いいかえれば、クリアーやOTといっても、
まだまだ完璧には程遠い。

菜園ではネガティブエネルギーを搾り出させるようなことはしない。
ネガティブエネルギーはプリクリアーから放出されるものではない。

現在の煩悩は過去のチャージから生じる。仏教ではチャージが再刺激されにくい環境に
身を置く、つまり、出家することで、煩悩から脱しようとした、菜園では、チャージに
直面することで、チャージの影響を軽減または消去し、その結果として煩悩を
解決しようとする。

菜園教会で問題が多いのは、チャージ蓄積ペースが除去ペースを上回ってるからだ。

118 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:42:03 ID:8TiCb20G
>>117
セータとセイタンってどう違うんですか?

119 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:32:19 ID:pSX+0Y2T
死んでから転生するまでの間はどんなことがあるんですか?
死ぬとすぐに転生してしまうんですか?
転生先は誰が決めてるんですか?


120 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/16(土) 17:13:19 ID:egWxidAI
>>118

菜園理論のアクチュアリティー層では、セータのある部分が1つの独立した人格を
持つふりをするときに、それを「セイタン」と呼ぶ。このスレでは、それを「魂」と
呼んでいる。

>>119

たいていの魂は、肉体からはなれる際に、肉体への激しい未練を感じる。「大事に
扱ってやれなくて、ごめんな……」という気分になる。

肉体は魂にとって極めて大きなチャージの1つ。魂は一度に大量のチャージを失うことに
不快感を覚えるため、心の中からチャージを大量に引っ張り出してきて、失った
チャージの埋め合わせとする。チャージには心象映像が含まれるので、いろいろなものを
見ることになるが、内容に大した意味はない。

死んでから転生するまでの時間には、個人差がある。俺の場合、直近の死と生の間に
7年の期間があった。

転生先を決めるのは、魂が置いている接触点の位置と魂の能力の強さ。肉体が
生きているときには肉体内部に置いている接触点がもっとも活発だが、肉体が死んた
後にその同じ接触点がそのまま次の肉体に宿るとは限らない。

接触点は魂と関係の深い他の人によって持ち運びされていることもあって、その場合、
その人が魂の次の転生先の決定に大きな影響を及ぼすことになるかもしれない。

肉体獲得競争は熾烈で、目覚めている魂のうち、肉体を獲得できるのは5%程度だ。
いい条件の肉体を獲得するには、相当の実力が必要。

なお、この宇宙以外に転生する魂もある。

121 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 00:06:56 ID:TWV2AUIp

論's 組織はどうして自由領域になったのですか?

真夜たんは自由領域にはいないのですか?


122 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/17(日) 07:42:38 ID:sG7giJk0
>>121

1959年ごろまでの菜園は自由領域みたいなものだった。かなりおかしくなってしまった
幅度と教会を乗っ取った連中の両方から解放された結果、論's 組織は本来の菜園に
回帰しただけ。

真夜たんは自由領域では見かけないねぇ。


123 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 16:25:16 ID:umixKiWv
結局のところ教会がやってることはただの金儲けなんですか?

124 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/17(日) 18:25:18 ID:sG7giJk0
>>123

教会 が 金儲けをしているというより、むしろ、教会 で 金儲けをしている連中がいる、
という感じ。

教会は非菜園人に支配されてる。

125 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 21:04:37 ID:LQVbC4k8
>>122
それが真実だとしたら(個人的に真実度は高いと理解している)
私は本当に安心した。
本来のサイエントロジーはあなたの話し方のように理知的であり、
自由を実践するものであるはずだとずっと思っていたから。
教会に疑問を感じていたので
このようなレスをした次第。

ROMっています。ありがとう。

126 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 23:50:39 ID:O9X8EZXx
>教会は非菜園人に支配されてる。

これは有り得る気がするなあ・・・。

いつも海外イベントのVTRで講演してる人(現トップ?)、
この人は本当に菜園人なの?

127 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 23:56:17 ID:esPuVawh
宗教的技術中心の三須伽別児さんは広大な邸宅にお住まいだと聞いたことがあるんですが、どなたかご存知の方いませんか?

128 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 00:12:43 ID:RCIIMNtq
>>117
>現在の煩悩は過去のチャージから生じる。仏教ではチャージが再刺激されにくい環境に
>身を置く、つまり、出家することで、煩悩から脱しようとした、菜園では、チャージに
>直面することで、チャージの影響を軽減または消去し、その結果として煩悩を
>解決しようとする

仏教では再刺激を避けるために出家するのではないでしょう。
すべての執着を捨て去るのが目的。

仏教の観点から言えば、チャージを消そうとすることもひとつの執着。
例えば菜園人が持つ「OTになれば何でもできる」といった考えも執着だ。
もちろんブリッジに登ろうとか、完全な自由になろうという目標すらも。

だから俺は菜園の目指す道は釈迦の説くものとは別物だと思う。
禅とか研究してみたら全く違うものだということが分かると思うんだが・・。

ただ俺はセラピーや自己開発としてみたら、菜園技術は効果のあるものだと思ってる。
だから菜園技術自体を否定する気はないんだが・・・。
ただチャージ理論では以前聞いたようにキリがないと感じてね。

129 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/18(月) 09:56:27 ID:jacASJHr
>>128

菜園理論アクチュアリティー層では、全てはチャージだ。この宇宙そのものも
チャージだ。これは、「一切皆苦」と似ている概念だと思う。

チャージの束縛からの解放と、苦の束縛からの解放も似ている。

菜園の目的である完全な自由と仏教の目的である解脱も似ている。

しかし、菜園と仏教では、方法論が違う。元々仏教は厭世的で、世俗を避ける。一方、
菜園の方法論の基盤となっているのは、「The way out is the way through」という
姿勢で、何かから抜け出したいならば、その何かを徹底的に経験することが
必要だと考える傾向が菜園人にはある。

菜園理論で仏教を語れば、苦からの解放されたければ、苦を徹底経験する必要がある。
ダイアネはこの方法論を実直に実践の形にしたものだ。

「OTになれば何でもできる」という考えは確かに執着なのだが、実際に
何でもできるようになれば、何もする必要がなくなるだろう。

あらゆる問題を解決する能力を持つ魂は、どんな問題をも解決する必要がない。

130 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/18(月) 10:41:29 ID:jacASJHr
>>125-126

菜園が乗っ取り屋に負けてしまった理由としては、やっぱり、驕りがあったんだろうと
思ってる。クリアーとかOTになった彼らは、非菜園人に負けてしまうことなんてあり
得ないと思い込んでいたんだね。

けど、格闘技未経験のOT VIIIが菜園未経験のノゲイラと総合格闘技で勝負すれば、
格闘技未経験OT VIIIが一瞬で負けてしまうだろう。

法律事務に疎いOT VIIIが、海千山千の法律家に法律沙汰で負けてしまうことも、
同じくらい確実だ。


131 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 12:44:07 ID:THiOWVl6
>あらゆる問題を解決する能力を持つ魂は、どんな問題をも解決する必要がない。

これ深いなぁ…。
何かを解決しなければならない、という強迫観念からの解放…。
ニサルガダッタ・マハラジやカルキ・バガヴァンは「私」がそこにある限り、
その「私」が苦しみの元凶なのだと。





132 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/18(月) 13:52:40 ID:jacASJHr
>>129への訂正

「菜園理論で仏教を語れば」→「仏教用語で菜園を語れば」


133 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 16:49:47 ID:WMD2y1Ih
>>130
菜園を乗っ取った乗っ取り屋って何者なんですか?

134 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 21:41:48 ID:RCIIMNtq
>>129
>仏教用語で菜園を語れば、苦からの解放されたければ、苦を徹底経験する必要がある。
>ダイアネはこの方法論を実直に実践の形にしたものだ。

しかし釈迦は苦行を捨てている。
釈迦の苦行は方便だったということになっている。

>菜園の目的である完全な自由と仏教の目的である解脱も似ている。

そもそも悟りとは修行をした結果獲得するといったようなものではないことは
禅なんかでもいわれていることだ。
これこれのオーディティングを受け続けたから解脱したというようになるとは
思えないんだが・・・。


135 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 22:50:21 ID:AJqTSXGg
>>130
OT集めて乗っ取りの勉強を山ほどさせて、乗っ取り返させればいいんじゃないの。


136 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:07:14 ID:+r9aU0vL
>>134
苦行と苦を徹底的に経験し尽すことは違うでしょ。

137 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 00:21:50 ID:l9O5n/bV
前世療法でクリアーになることは可能?

138 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:57:02 ID:ouk5qN7k
>>130
>けど、格闘技未経験のOT VIIIが菜園未経験のノゲイラと総合格闘技で勝負すれば、
>格闘技未経験OT VIIIが一瞬で負けてしまうだろう。
>法律事務に疎いOT VIIIが、海千山千の法律家に法律沙汰で負けてしまうことも、
>同じくらい確実だ。

これじゃあ何の能力も無いのとかわらないじゃん。


139 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/19(火) 07:00:58 ID:1TE9i76Y
>>134

つ 「菜園と仏教では、方法論が違う」

>>135

境界を取り戻すより、自由領域を作ることを選んだんだね。

>>136

そうだね。釈迦が苦行を捨てたのは悟る前、釈迦が「全ては苦である」といい出したのは、
悟りを開いた後。多分、「苦行」と「苦」は違うもの。前者は新しく追加されたもので、
後者は既にそこにあるもの。

>>137

鎖状につながった似たような苦痛の出来事群の最初の出来事での決断を思い
出せれば、鎖状につながった出来事群が解決される。ダイアネだろうが
前世療法だろうが、その決断を引っ張り出せれば、やがて人はクリアーになるだろう。

>>138

新生児は言語を話す能力がないけれど、言語を話すことを学ぶ能力がある。菜園が
大きく向上させてくれるのは後者。

ある程度のレベルに達したら、菜園人は記憶や技能を次の生涯にかなりうまく持ち
越すようになる。500年もたてば大きな違いになるだろう。

140 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 10:29:44 ID:nPzcv6G+

自由領域ではどうしてソロでできるの?
自由領域ではCSはいらないの?
自由領域ではイグザムはいらないの?


141 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/19(火) 15:38:58 ID:wYqbRkoN
菜園の理論には、アクチュアリティー層とリアリティー層がある。

アクチュアリティー層では、魂は絶対静止していると考えている。いいかえれば、魂は
位置を持たない。しかし、魂は位置を持っていると思い込むことができる。

アクチュアリティー層の「魂は頭蓋骨の中に自らが位置していると思い込んでいる」と
リアリティー層での「魂は頭蓋骨の中にいる」は同じことを意味している。

リアリティー層で語ることは、日常生活を営む上で、必要なことだ。
菜園であろうがなかろうが、リアリティー層はゲームのルールの一部といえる。
リアリストとアクチュアリストの間では会話がうまくいかない。

リアリスト 「あなたは今どこにいますか?」
アクチュアリスト 「私はどこにもいませんが、何か?」

142 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:51:29 ID:l9O5n/bV
>>139
>「菜園と仏教では、方法論が違う」

菜園ではまだ誰も完全な自由に到達していない。
よって単純に方法論の違いだと結論付けることはできない。

「解脱」と「完全な自由」が同じものかどうかはまだ誰も確認することが
できないということ。
ただ独立菜園人たちがそういった境地を目指して自由領域理論を発展させて
いったことはわかった。

教会人たちはとてもじゃないが解脱の道に進んでいるとは思えなかった。
old timerさんもそれがわかっているから教会から独立したんでしょう。
俺には教会がおかしいのはただチャージの量が多いからだとは思えないんだよ。
OTといってもどこか冷徹な印象を受ける。
全くの一般人ですらもっと暖かい人はいっぱいいる。

俺はこのへんは教会スレで言われているように洗脳の影響だと思うのだが・・・。



143 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 01:25:20 ID:VcRcTOwM

こんなことがわかるなんてインターネッツはありがたいね


144 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 01:28:17 ID:2E4HJ2l1
教会の人たちが異常なのは、チャージを処理しきれてないのではなくて、
教会乗っ取りと関係有りでOK?

一般人よりチャージを除去してるはずのスタッフが
素人以上に態度が悪いのは明らかにおかしい。
最低でも他より教会のほうが感じがよいと思えなきゃ何のためのブリッジかと。

菜園で感じ悪いのは入信したての新人スタッフではなく
むしろより多くチャージを処理してるはずのベテランスタッフ。
(中にはクリアーも・・・。)
新人はまだ人間的な暖かみを感じるし、LRH理論で固められたロボットのようには
なっていない。

ブリッジと人間性の向上は全く関連がないように思えるんだな俺には・・・。
これは他の菜園スレでも言われてたことだ。
仏教の解脱と方法論が違うだけというのはちょっと・・・。
教会見てると、解脱してるけど幅度の言いなりで洗脳されててって人が
いっぱい出てきそう。

まあ少なくとも教会から去らねば「完全な自由」なんて有り得ないだろうな。
幅度や組織から自由になれない菜園教会に「完全な自由」は無理だろう。
何でも願望が叶うと言っておきながらほとんどがスタッフになってしまうのも
おかしい。
やはり教会を上で動かしてる人間ってのはわかってやってんのかね。
教会の拡大しか頭にないように見える。
自由領域とは目的自体が違うのかな?







145 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 01:44:46 ID:2E4HJ2l1
何はともあれ自由領域みたいに無料で橋を登れる一団があるということで、
菜園教会の世界平和の目的には説得力がなくなったわけだ。
もういまさら何千万も出してOTになろうなんて人誰もいないんじゃないか?

俺も今まで教会に金つぎ込んだのが馬鹿らしくなったよ。
自由領域知ってたら少なくとも菜園教会に金払おうとは思わなかった。
当時は俺には菜園しかないと思ってスタッフがムカついても我慢して
教会に足を運んだもんさ。

まあ今となってはソロでも橋を上ろうとはあまり思わないが、
自分には菜園しかないと思ってる人はせめて自由領域にしてもらいたいもんだな。
やっぱ救われたきゃ大金よこせってのは人の道を外れてるよ。
もしかしたら心理学者なんかは自由領域も批判するのかもしれんが、
金取るとこよりは全然マシだ。
教会で大金貢いでる人たちはこっちに移ってくりゃいいのにって本気で思うよ。


146 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/20(水) 08:03:50 ID:1Kbagn69
>>142

それをいっちゃぁ、おしまいよ。

誰かが解脱したり、完全な自由に達した場合、それを他の誰かが
確認することはできない。

30代の釈迦が開いた悟りは、有余涅槃であり、これは解脱ではない。釈迦の真の解脱は
入滅により達せられたとされているが、それを確認する術はない。

--

教会でのマインドコントロールとチャージは密接な関係にある。マインドコントロールが
チャージの溜まりやすい環境を作り、その環境がさらなるマインドコントロールを
助長する。

>>144

教会の乗っ取り、マインドコントロール、チャージは密接な関係にあり、それら全てが
教会の現状の原因になっている。

完全な自由に到る過程のどこかで、教会を去る必要があるし、菜園そのものを
自由領域も含めて全てやめる必要がある。

菜園に関わって54年になる俺が、いまだに木星を傾けるどころか、木星の重力に怯えて
逃げ出してしまうんだから、菜園理論や菜園実践のどこかにまだ重大な欠陥がある。

自由領域の菜園は教会の菜園よりマシだが、その重大な欠陥を解決できたのではない。

147 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 08:49:17 ID:ogV9lBFj
菜園に関わって54年、というのはold timerさんの前世から含めて、ということですか?

148 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/20(水) 16:54:46 ID:1Kbagn69
>>147

そう。

菜園は歴史が浅いので、前世から菜園やってる人は、前世からキリスト教とか、
前世から仏教の人たちより数が少ないけど、増えている。

旗でも前世OTを1人見いたし、東京組織にも前世クリアーが1人いた。
自由領域にもいるはずだが、まだ見かけたことがない。

149 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 17:01:02 ID:2E4HJ2l1
>>146
木星って、やっぱ人類の歴史と何か関係があるんですか?
神智学でも何やら木星期とかいう表現が出てきますし・・・。
WMの理論でも星に神々が住んでいるってなってる。
そういえば菜園ってどことなく神智学の香りがすると感じるのは私だけですか?

>完全な自由に到る過程のどこかで、教会を去る必要があるし、菜園そのものを
>自由領域も含めて全てやめる必要がある。

禅でもせっかく到達した悟りを捨てる段階がありますもんね。
old timerさんは菜園教会と組織は違えど、自由領域絶対主義だと思っていました。
でもどうやらそうじゃないようで安心しました。

>菜園理論や菜園実践のどこかにまだ重大な欠陥がある。

その重大な欠陥とは一体何だと思いますか?
例えば悟りや解脱ではなく、幸せな人生を送ることだけが目的であれば
欠陥はないと言えますか?
ちなみに菜園教会人はスタッフを見る限りはOTになっても幸せになっているようには
見えませんね。海外のオーグではどうか知りませんが。
なんだかチャージとかの菜園理論を知ってしまったせいで逆に全く知らない
一般人のほうが幸せを謳歌できてる感じがします。
クリアーになってもOTのチャージだとかダイナミックがどうのこうので
人を救わなければと強迫観念に追われるからでしょう。
自由領域ではこの辺りは克服されますか?

150 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 21:50:45 ID:c0j4ub6/
>>146
>自由領域の菜園は教会の菜園よりマシだが、その重大な欠陥を解決できたのではない。

結局幅度は菜園を技術面でも組織面でも完成させることはできなかったわけですね?


151 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 23:35:40 ID:2E4HJ2l1
菜園理論は仏教の影響ではなくて黒魔術の影響だと過去スレで読んだけど、
これって本当なの?(ずいぶん前のスレだったと思うが)
何でも幅度はかの有名な魔術師アレイスター・クロウリーの魔術教団に所属していたとか。

確かに秘密結社系の本を読むと幅度の名前はチラホラ目にするけど・・・。
幅度は一体何がしたかったんだろう・・・。
old timerさんはこの辺りのこと、詳しく知りませんか?

OT8の暴露(?)内容読んだらそれっぽい印象は受けたんだけどねえ。
なんていうか菜園理論ってグノーシスの神話にそっくりなんだわ。




152 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 23:40:57 ID:/5aE5HfP
>>151
個人的にこのテーマに類することを研究しているものだけど、
魔術に関心を持つのは在り得る。
そしてその同時期にそのテーマの先駆者と言える人が居たら
勉強としても調べたり、ロジックが適正であれば取り入れ得る事も
あり得ると、個人的に意見しておきます。

old timerさんのレスで最近関心が強くなってきました。

153 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 00:19:31 ID:yKRd0Oca
クロウリーの著作読んでみて、何だか幅度が書きそうな内容だと思ったんだよね。
もしかしたら西洋神秘主義全般かもしれないけど・・・。

いわゆる意識の力で現実に変化を及ぼすってテーマはそのものだと思うし、
まあ菜園で魔術儀式みたいなことはしないと思うけど、
どちらも自分以外の魂とかエンティティに触れてるものだしね。

ただ心配なのは、菜園技術が仏教の悟りを目指すようなものではなくて、
魔術的なアプローチで巨大なパワーを得ようというようなものだった場合。
クロウリーだって晩年ボロボロだって言うじゃない。

仏教は「悟り」、「衆生を救う」、「慈悲の心」だとか、目的というか進む道が明確だし、
何よりもちゃんとご本尊というものがある。
菜園の場合は「完全な自由」としか言ってないからね。
データもほとんど非公開で受けてみたらわかるってスタンスだし、
あれもできるこれもできるって、仏教ではそんな超能力みたいなのは
全部悟りの妨げになるからって無視するわけだからね。

いくら菜園が苦から解放するプロセスだと言っても、
単純に解脱の道とすぐに信じるわけにはいかないな。
グレードとかのプロセスなら問題なさそうだけど、
別の魂とか出てくるならねえ。
そういえば発狂した人もいるとか。
発狂する可能性というのはどういった場合に起るのかな?

154 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 00:32:15 ID:AFRdXkun
>>148
やはりそうでしたか。
最初は当時アメリカに住んでいたかなりの年配の方かと思ってました。
それにしては言葉遣いなんかがそこそこ若いなと(笑)
でも、ここ読んでて何だか前世とか過去世とか魂の存在がリアルなものに感じられてきました。

155 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/21(木) 08:39:20 ID:y7OwHA1M
>>149

いや、肉体から抜け出して木星あたりまで行ってみただけ。

自由領域は自由領域絶対主義者がいないからこそ、自由領域。

菜園教会人が幸福でないのは、菜園理論の問題ではなく、教会のこれまでの経緯の
問題。自由領域ではその問題がないが、自由領域のOTが>>149にとって幸福に
見えるかどうかは、予測できない。幸福感は人それぞれだから。 菜園理論の
重大な欠陥はそれとは別の話で、その欠陥が見つからないから苦労している。

>>150

そう。そして自由領域でもまた菜園は完成に至っていない。

>>151

グノーシス神話の類型は、プロティノスの「一者」や老子の「道」にも見られる。
クロウリーは東西の様々な非唯物思想の影響を受けている。

>>152

うむ。

>>153

菜園の方法論では、能力の再獲得は自由に到るための条件になる。菜園は仏教の
方法論をまったく否定しないが、別の方法論を持っている。また、菜園はさらにもう1つの
道があるとしているが、その道を推奨しない。

菜園のNOTsで別の魂を扱うのは、仏教の「衆生を救う」の延長。別の魂を
使役するのではない。

156 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 09:58:05 ID:yKRd0Oca
>菜園のNOTsで別の魂を扱うのは、仏教の「衆生を救う」の延長。別の魂を
>使役するのではない。

低級霊が存在することが前提の方法論だったら
当然高級霊の概念もあるんじゃないか?

あらゆる宗教が肉体を持った人間以外の上位の存在を認めることで成り立っている。
菜園にもそういった上位次元の存在にアプローチするテクニックがこれから
出てこないとも限らないんじゃないかと思うんだが。
それがジヌーなのかルシファーなのかは知らないが・・・。





157 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/21(木) 15:36:08 ID:y7OwHA1M
>>156

菜園が仏教と同じように何らかの魂を崇拝したり、あるいは、
偶像崇拝までするようになる可能性は、当然あるね。

その場合、現在の自由領域は「原始菜園」と呼ばれるようになるかなぁ …

158 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 16:02:03 ID:HROLNkRG
>>68
>個人的には、幅度は自殺したと思う。

なぜ自殺だと思うのですか?
自殺するような理由が何かあったのですか?
トーンレベルでいえば自殺はかなり低い状態のはずですが?


159 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:19:38 ID:Xjion29c
>>141
>菜園の理論には、アクチュアリティー層とリアリティー層がある。

アクチュアリティー層てなに?
リアリティー層てなに?
聞いたこと無いよ??


160 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:28:14 ID:yKRd0Oca
old timerさんに質問
自由領域ではオブジェクティブのプロセスは必要だと考えますか?
オブジェクティブはマインドコントロールの準備段階だという噂をどう思いますか?



161 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/22(金) 08:13:56 ID:RICsIym6
>>158

幅度の死体の検死で、血液中に大量の向精神薬が発見されたから。まあ、自殺にせよ、
自らの意志で肉体から離れたことに変わりはない。

>>159

1954年に幅度がまとめた菜園の58の公理でアクチュアリティーとリアリティーの違いが
説明されている。アクチュアリティーは真理。アクチュアリティーでは、魂は
絶対静止している。つまり、位置を持たない。一方、魂以外のありとあらゆるものは常に
無窮の動きの中にある。物質は静止すると消滅する。アクチュアリティーとは違って、
リアリティーは見かけ。リアリティーでは、魂は人間の肉体に宿る。しかし、それはそう
見えるに過ぎない。あるいは、魂はこの宇宙の中にいるようだが、それもそう見えるに
過ぎない。

>>160

マインドコントロール ― あるいは、催眠や洗脳 ― の1つの特長は、フローのバランスの
偏りだ。コミュニケーションを一方的に受け取る側はマインドコントロールされる。また、
コミュニケーションをある形に限定することも、マインドコントロールになる。北朝鮮の
マスゲームも、日本の君が代斉唱も、程度に違いはあるが、マインドコントロール。教育、
文化、宗教はたいてい、マインドコントロール的な要素を含んでいる。
オブジェクティブプロセスもオーディターが機械的に延々とプロセスを続ければ、
マインドコントロールになり、プリクリアーにとって無益になる。しかし、プリクリアーが
自由にコミュニケーションを発している状態でオブジェクティブプロセスが行なわれれば、
プリクリアーの能力の向上につながる。

162 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 08:57:46 ID:U3abIHKm
>>161
>幅度の死体の検死で、血液中に大量の向精神薬が発見されたから。まあ、自殺にせよ、
>自らの意志で肉体から離れたことに変わりはない。

自殺した人は幽界の低い階層に行くことになるという通説はどうなる?
いわゆる神の法則に反したということで地獄の苦しみを味わうことになるらしい。
自殺未遂による臨死体験者は安らかな経験をすることがないという。

幅度とて例外はないはずだが?
何より「生存せよ!」という自分のダイナミックの理論に反することになる。

163 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/22(金) 15:12:55 ID:RICsIym6
>>162

菜園はその通説を採用していない。菜園では自殺を大きな罪とは考えていない。
仏教でもヴァッカリやゴーディカの自殺を釈迦は容認したり、賞賛したりしている。

「生存せよ」は幅度のダイナミックの理論の基盤的要素なのだが、この宇宙の
根源目的でもある。人生での成功を求めるならば、当然、その根源目的を追求するのは
義務に近いものになる。しかし、それもまた本人の選択次第だ。

もちろん、菜園教会も自由領域も、組織としての体面や様々な問題の防止のために、
自殺には反対する。キリスト教圏で活動してきた菜園教会は、キリスト教との正面対決を
避けるためだろ思うが、医療上の選択としての安楽死にも反対する。仏教寺院も
似たようなものではないかな?

164 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 17:20:00 ID:ZP+n/+wY
血液中に大量の向精神薬が発見されたから、といって自殺の意図があったとは限らない。
ただ本人がへまをしただけなのかもしれないし、あるいは他殺なのかもしれない。

いずれにしろ、薬物を否定していた本人がそのような薬を使っていたのなら実にいいかげんな話だ。
それでは完全にイリーガルだ。裏切られたと感じる者も少なくないだろう。

実際には、幅度っていいかげんなやつだったの?


165 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 21:43:36 ID:6d8K6+N3
ハバードは砂漠のキャンピングカーの中で遺体で見つかったらしいね。
晩年はずっと逃亡生活を強いられていたと。

166 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/23(土) 08:29:44 ID:FkVDL2L0
>>164

もちろん、本人のへまや他殺の可能性も残っている。しかし、幅度に薬物を
与えていたのはB夫妻で、彼らは教会組織で権力掌握が可能な地位についておらず、
幅度の身の回りの世話をし、幅度の言葉として数々の指示を出すことで、
教会内でそれなりの立場を維持していた。

精神病院で薬物を患者の手から遠ざけておくことはそう難しくない。また、B夫妻に幅度を
殺害する動機はない。菜園のNo.2である驢馬船長すら、幅度がどこにいるのか
知らなかった。以上の点を考慮すれば、自然と自殺説がもっとも有力になる。

--

自由領域は、おおむね、1967年以降の幅度について批判的だ。彼は
菜園創始者だったが、彼自身のケースについて最後は完全に失敗した。

俺は幅度を完全肯定も完全否定もしない。幅度が正しかったこともあれば、
間違っていたこともあるし、幅度が間違いを認めたことも、認めなかったこともある。

ダイアネ本は前世を扱っていないから間違いだった。1954年に一部の菜園人が教会を
立ち上げ、幅度がその流れに飲み込まれたのは間違いだった。1955年に出版され、今も
一般に公開されているダイアネ55の「大旅行」はNew OT VIIIを超えるレベルだが、
エングラムをまったく扱わないでいきなり「大旅行」を試みるのはやっぱり間違いだった。
New OT IIIは幅度の個人的なケースで、一般に当てはまると考えたのは間違いだった。
1968年にオーディティング技術を「スタンダートデック」に限定したのは間違いだった。
経営面では、三須伽別児と巣滝を重用したのは間違いだった。


167 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 16:31:12 ID:LM+35Xy7
old timerさんいつもありがとうございます。
おぼろげながら菜園の実態がわかってきました。
これからもよろしくお願いします。


168 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 17:27:10 ID:FNR9VSvE
>>166
>経営面では、三須伽別児と巣滝を重用したのは間違いだった。

この辺の事情、もう少し詳しく教えていただけないでしょうか・・・。



169 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 19:58:21 ID:BZ2diYMT

どうして幅度は晩年、逃亡生活をしていたの?
誰かに狙われていたの?


170 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 00:35:19 ID:HMOSl7LS
>>166
大旅行てなに?


171 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 00:56:26 ID:MpiP/5s3
>>169
連邦警察と菜園教会の両方から追跡されていたので、
キャンピングカーで各地を移動しながら逃亡生活を送っていた。

172 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/24(日) 07:16:52 ID:FQLDT7Jz
>>168

三須伽別児と巣滝による教会内権力奪取と、菜園教会がCoSTの支配下に
置かれるようになった時期、そして幅度が逃亡生活に入った時期がほぼ一致している。
それ以上のことはもっと調べてみないとわからない。

>>170

1955年に出版された『ダイアネ55』に出てくるプロセスの1つで、魂を他の惑星などに
行かせる。『ダイアネ55』のかなりのプロセスが、現在、オブジェクティブプロセスと
呼ばれ、菜園のブリッジの下の方で使われている。『ダイアネ55』は
オブジェクティブプロセスだけでクリアーやOTを作ろうとする試みだった。



173 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 10:49:39 ID:uMiDSFmR
>『ダイアネ55』のかなりのプロセスが、現在、オブジェクティブプロセスと
>呼ばれ、菜園のブリッジの下の方で使われている。『ダイアネ55』は
>オブジェクティブプロセスだけでクリアーやOTを作ろうとする試みだった。

だろうね。 オブジェクティブを受けたときの高揚感は他のオーディティングでの
解放感とは異質のもの。
その次のドラッグランダウンなんかよりすごかったっていう話はよく聞く。
何よりエクステリアを経験する人がかなり出る。
OTになる前にエクステリアしたらボディにセイタンを戻すプロセスが必要なんだが、
もともと菜園ではエクステリア状態がセイタンにとってあるべき状態だと言っている。

コース受講者が真の菜園人に変化するのもオブジェクティブの受講中だと言っても
言いすぎではないだろう。
顔も大幅に変わるし、幅度理論のロボット状態になるのもこの頃。



174 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 15:38:45 ID:O0kESyIu
>>115
ルーシュてなに?
エンティティてなに?
チャネリングてなに?


175 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/24(日) 15:56:06 ID:FQLDT7Jz
>>173

エクステリア状態になったPCに対して行なわれるイントランダウンは、過去の
肉体の死の扱うもの。魂が肉体から抜け出すという現象は肉体の死の際にも
起こるため、魂が肉体から抜け出すと、過去の無数の死が再刺激される。だから、それを
軽減するプロセスが必要になる。イントランダウンは魂を肉体に戻すための
プロセスではない。

それとは別に、極めて稀なことだが、魂が肉体から抜け出すのみならず、肉体を
放棄することがある。この場合、放っておけば肉体が死ぬので、魂を肉体に戻すための
処置が必要になる。

「その肉体に戻りなさい!」と命令口調でオーディターが叫ぶのが1つの方法。

「あなたが戻ってこないと、困る人がたくさんいるんです。お願いですから、
戻ってきてください」とオーディターが懇願するのも1つの方法。

176 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 21:30:48 ID:9XMTecbc

old timerさん>>171は本当ですか?


177 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 01:26:37 ID:megI0DVu
>>172
>1955年に出版された『ダイアネ55』に出てくるプロセスの1つで、魂を他の惑星などに
>行かせる。

これは何を目的に行うのですか?
WMの星ツアーと同じようなものですか?

幽体離脱状態で行く惑星は物質宇宙で見る惑星と同じものですか?
そもそもどうやって幽体離脱するんですか?



178 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/25(月) 09:55:43 ID:8fkiMzv5
>>176

幅度が逃亡生活を送っていたのは本当のことらしい。ただし、この件については、俺も
直接的な証人じゃなくて、伝聞で知っているだけ。

>>177

もちろん、「大旅行」の目的は魂のそういう能力を回復させるため。

WMについて俺は何も知らないので、「大旅行」と「星ツアー」の比較は出来ない。

菜園のエクステリア状態は幽体離脱とは違い、幽体を伴わない。また、
幽体離脱がまどろみやそれに近い精神状態で起こりやすいのに対し、
エクステリア状態はむしろ通常よりもよりはっきりと目覚めている状態で起こる。

俺自身がこの生涯で最初にエクステリアを経験したのは、拳銃を突きつけられた
時のことだ。エクステリア状態にある間、人は通常を遥かに超える能力を発揮するらしく、
俺は拳銃を構えたその男を取り押さえてた。

この生涯の2回目にエクステリアは偶発的に起こった。アメリカから日本に変える途中、
空港で何の前触れもなく俺はエクステリア状態になった。そこで、チケットカウンターで
航空券値ぎり交渉を始め、5分後に7割引で航空券を手に入れた。

肉体に戻っている状態の魂は、エクステリア状態の時の記憶を完全に
再生できるのではないらしい。俺はどのように拳銃男を取り押さえたのか、
どのようなことをしゃべって航空券を手に入れたのが、具体的なことをうまく思い
出せない。

この生涯3回目のエクステリア状態で、俺は木星あたりまで行った。エクステリア状態で
見る世界は、通常より遥かにり小さく見える。

この生涯4回目のエクステリア状態で、この宇宙の外に出た。

179 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:17:31 ID:zgoVylQj
>>178
>この生涯4回目のエクステリア状態で、この宇宙の外に出た。

(; ゚Д゚)ハァ? なにがあるの?


180 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/25(月) 17:42:17 ID:8fkiMzv5
>>179

わからない。そのときの記憶をうまく再生できない。

181 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:58:47 ID:zgoVylQj
>>180
あれ。。。 ○| ̄|_


182 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 19:10:33 ID:LDhD0Rbh

どうしたら外在化できるんですか?


183 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/26(火) 09:45:45 ID:BVoKHfG5
>>182

1) オブジェクティブプロセスをやれば、20%くらいの確率で外在化する。ただし、
 一時的なもので、イントランダウンが必要になる。

2) オーディティングで大きな成果があった瞬間に、外在化することがある。これも
 一時的で、イントランダウンが必要になることが多い。

3) 橋を各レベルちょっとずつ法でやり、少しずつチャージを減らしていくと、いずれは
 外在化する、はず。これはある程度安定した外在化につながる。イントランダウンは
 不要かもしれない。

4) 自分がよく知っていて、嫌な思い出などないような山を思い浮かべ、その山の上空に
 自分が魂として位置していることを想像する。そして、その山に入ったり出たりすることを
 想像する。これを続けると、やがて外在化が起こる。この方法での外在化に、
 イントランダウンは不要。

俺自身は、(3)の方法を良しとし、今のところ直接的に外在化を目指していない。
オーディティングの副産物として、外在化が時々起こる。

しかし、外在化を安定させる方法は、教会でも自由領域でも、見つかっていないと思う。
「自分は安定して外在化している」と主張する輩は何人もいる。それが本当ならば、
目隠しをしたまま車の運転ができるはずだが、現実はそうじゃない。

184 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/26(火) 16:54:40 ID:BVoKHfG5
自由領域の中でも異端とされているものに、Universal Clearing Process (UCP)がある。

1) Where have you been? (あなたはどこにいたことがありますか?)
2) Compare that with where you are. (それをあなたがいるところと比べてください。)
3) Where might you be? (あなたはどこにいることになるかもしれないでしょうか?)
4) Compare that with where you are. (それをあなたがいるところと比べてください。)

(1)(2)(3)(4)を1回ずつ行ない、全体を繰り返す。気分が良くなったり、何か
気がつくことがあったら、その日はそれで終了。このプロセスでも、プリクリアーが
想像力を駆使することが重要で、現実的な答えも非現実的な答えも同じように
歓迎される。

ソロでは、

1) 自分がいたことがあるところを思い浮かべる。
2) (1)で思い浮かんだところと今いるところに交互に注意を向け、それを3回繰り返しても
 精神的な変化が現れなくなるまで続ける。
3) 自分がいることになるかも知れないと少しでも思えるようなところを思い浮かべる。
4) (2)で思い浮かんだところと今いるところに交互に注意を向け、それを3回繰り返しても
 精神的な変化が現れなくなるまで続ける。

という手順を繰り返す。

UCP支持派の間では、この1つのプロセスで橋全体の代替となるとか。その主張の
妥当性は確かではないが、UCPをモデルセッションに組み込むのは悪くないように
思える。UCPそのものは菜園の公理に反していないからだ。

イントランダウンの代替プロセスにもなるかもしれないが、これはまだ理論上の話で、
実際のオーディティングでは、UCP支持者の主張を除けば未確認。


185 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 22:58:57 ID:vGyaifHa
ソロでやるプロセスで、クリアーコグまで到達させる必殺のコマンドとかって
何かありますか?

>>184がそういうことになるんでしょうか・・・?


186 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/27(水) 07:47:03 ID:ni3Xa1l9
>>185

俺はNEDでクリアーコグに達したので、>>184でクリアーコグに到達できるのかどうか、
検証することはできない。

NEDをソロで行なうには、その前にいろいろなOTレベルをやっておく必要がある。

187 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 14:40:22 ID:rIjY7Lf7
サイエントロジーという名を知り、検索していてここへきた。
も、木星に行った? 転生?
すごいこと考えて生きている人が、この世にはいるんだな。
今ある生に集中できないできない人が沢山いるんだな。

金をつぎ込むのが勿体ないという人間が、有料サービスになぜ手を出したのかという矛盾。
払いたきゃ1億でも払えばよかろうし、いやならやめればよいだけでしょう。

単純思考ができなくなったものがすがるのが宗教なのだろうか。

188 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/27(水) 16:37:18 ID:ni3Xa1l9
手を伸ばして触れること、手を引っ込めること

1) 部屋の中にある手ごろな物体を選ぶ。
2) その物体に手を伸ばして触れる。
3) その物体から手を引っ込める。

精神的な変化が何もなくなるまで、(2)と(3)を繰り返す。

4) その物体の目立った1点に指先で触れる。
5) その1点から指を離す

精神的な変化が何もなくなるまで、(4)と(5)を繰り返す。

6) その物体の1点をランダムに選び、そこに指先で触れる。
7) その1点から指を離す。

精神的な変化が何もなくなるまで、(6)と(7)を繰り返す。

別の物体を選び、その物体について(1)からの手順を行なう。

いくつかの物体でこのプロセスを行ない、部屋全体が急に明るく思えたり、現実的に
思えたらとりあえずの終現象。

慣れてきたら、肉体を使わないで、幽体とか霊体とかそういったもの ― どう呼ぶか、
個人の好みに任せるぞ ― を使って、この手順をやってみる。とりあえずは、単なる
想像でも構わない。

参考 → http://freezoneamerica.org/pilot/self/chapter_2.html

189 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/28(木) 07:27:41 ID:WM6z7Y+k
>>187

ケースの状態が悪い人は過去を生きている。状態が改善すれば、未来を生きる。さらに
改善すれば、現在を生きることになる。>>187のケースの状態は悪くない。

さらにケースの状態が良くなると、過去、未来、現在の全てを生きるだろう。

--

俺はNEDを無料で受けた。NEDには1円も払っていない。

--

思考の単純さや複雑さは、宗教への傾倒とは関係がないと思う。無宗教で複雑な
人もいるし、宗教人で単純な人もいる。むしろ、宗教やっている人の方が単純な人が
多いと俺は思う。

190 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/28(木) 17:41:17 ID:WM6z7Y+k
態度

1) 部屋の中にある無害な、好きでも嫌いでもない物体を選ぶ。

2) その物体について肯定的に考える。例えば、その物体を愛すると決めたり、それが
 美しいと決めたり、それがそこにあることを楽しんだりする。

3) その物体について否定的に考える。例えば、その物体を憎むと決めたり、それが
 醜いと決めたりする。

4) (2)と(3)を交互に繰り返す。3回繰り返しても精神的な変化が現れなくなるまで続ける。

5) 違う物体を選んで、(2)に戻る。

プロセスを終えるときには、(2)で終えるようにする。

参考 → http://freezoneamerica.org/pilot/self/chapter_3.html

191 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 19:43:09 ID:ysg0f2Nq
>>187
教会スレ逝け

192 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/29(金) 14:47:43 ID:+9jHFl/S
関連付け


1) 部屋の中にある、ある程度大きな物体を選ぶ。
2) その物体に関係付けるのが馬鹿げているある別の物体を想像する。
3) (1)の物体を見て、(2)の物体がそこにあることを想像する。
4) (1)の物体から目を逸らし、(2)の物体についての想像をやめる。

繰り返し { (1), (2), 繰り返し { (3), (4) } }

5) (1)と同じ。
6) (2)と同じ。
7) (3)と同じ。
8) (5)の物体から目を逸らす。
9) (5)の物体を見るが、今度は(6)の物体について何も想像しない。

繰り返し { (5), (6), 繰り返し { (7), (8), (9) } }


参考 → http://freezoneamerica.org/pilot/self/chapter_3.html#3.2

193 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 12:29:55 ID:8+bVIYUT
ダイアネティックスの本とDVD読みました。

正直、かなり興味深い内容でした。
もっと本とか読みたいなって思います。

ただ、サイエントロジー教会は話しを聞く限り、
マインドコントロールをする団体みたいなので、あまりかかわりたくないんですよね。。。
心を支配されたくないですし。

んで、フリーゾーンにすごく興味あるんですが、英語は苦手なので、困ってます…

もっとサイエントロジーの勉強がしたいのですが、
教会は嫌だし、フリーゾーンの英語は読めないしで、どうしたらいいのか迷ってる状態です。

とりあえず、独学しようと思っているのですが、
ダイアネティックスを読んで大体の知識をおぼえた後、
次に読むべき本は、どんなものがあるのでしょうか…?
サイエン教会@東京から取り寄せるしかないのかなぁ…でも住所とか電話番号とか教会に知られたくないしなぁ。。。
私は池袋の近くに住んでいるので、その気になれば教会にすぐ行けるので、直接行くって選択肢もあるのですが、それもなぁ・・・

194 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/30(土) 15:06:48 ID:ZTEo09db
>>193

教会に行くのはやめた方がいい。一切関わらない方がいい。

フリーゾーンの文献の翻訳はまだ進行中で、今のところ出せるものがない。

とりあえず、菜園の元となった原始仏教、老子の思想、プロティノスの思想などを
知っておくと、菜園の理解の助けになるだろう。

原始仏教にな実践できるプロセスもある。

特に、

 Metta Bhâvanâ
 http://www.j-theravada.net/3-jihi.html



 Vipassanâ
 http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html

は菜園のソロオーディティングのような効果がある。

(念のために行っておくが、俺は菜園にも仏教にも世俗的効果があると
主張しているのではない。)

195 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/09/30(土) 15:24:44 ID:ZTEo09db
感情


1) 部屋の中にある物体を何か1つ選ぶ。
2) あなたがその物体について気の毒に思う。
3) その物体があなたについて気の毒に思う ― ことを想像する。

繰り返し{ (1), 繰り返し{ (2), (3) } }

4) (1)と同じ
5) あなたがその物体について怒る。
6) その物体があなたについて怒る ― ことを想像する。

繰り返し{ (4), 繰り返し{ (5), (6) } }

7) (1)と同じ。
8) あなたがその物体について退屈する。
9) その物体があなたについて退屈する ― ことを想像する。

繰り返し{ (7), 繰り返し{ (8), (9) } }

10) (1)と同じ。
11) あなたがその物体について陽気な気分になる。
12) その物体があなたについて陽気な気分になる ― ことを想像する。

繰り返し{ (10), 繰り返し{ (11), (12) } }

いずれにおいても、内側の繰り返しは3回やって精神的な変化が現れなくなるまで、
外側の繰り返しは気分が良くなるか、何かに気が付くまで。

参考 → http://freezoneamerica.org/pilot/self/chapter_3.html#3.3

196 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:19:51 ID:AygAQVN1
これらのプロセスはブリッジで言えばどのへんで、
どんな効果があるのですか?

197 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 23:34:51 ID:TpWU1ZrK
面白い。

old timerさんの投稿されている一連の訓練方法は、
アバターコースに出てくるいくつかのエクササイズとほとんど同じだね。
here−thereと注意を移動する練習、視点の転換、feel it、名札付け練習…。

この手のエクササイズをやってみて効果が感じられるという人は、
「リサーフェシング」というアバターコースのテキストを手に入れて
それでやってみるのもいいと思う。ジュンク堂等で手に入れられるから。

ただし、菜園教会と同じく、アバターコースそのものには絶対参加しないほうがいい。

198 :193:2006/10/01(日) 00:01:55 ID:6XFOiZWX
>>194

情報ありがとうございます!
がんばってみます^^


199 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 00:12:45 ID:MVPg1WDV
がんばれ〜♪

200 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 00:41:01 ID:F2sBUMXD
old timerさんはアバターを知ってますか?
知ってたら菜園理論と比べてどうなのかご意見よろしくお願いします。

やっぱりあれも悟りとか目指すような内容なんですか?
自分の内部の別のエンティティを外していくというのは
菜園のOT技術と同じようですが。

『リヴィング・デリバレイトリー(意図的に生きる)』という本を知ってますか?
それに出てくる感覚遮断実験の話は本当だと思いますか?
菜園技術の盗用説とかもありますが、実際のところどうなんでしょうねえ。
ここのスレ読んだらそのまんま菜園技術使ってるような印象は受けますが。

一番気になるのは、支持者が信じているようにアバターで悟りに
到達するのは本当に可能かってこと。



201 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/01(日) 08:43:21 ID:I2zLMG/P
>>196

オブジェクティブプロセスあたり。前世などの過去を扱う前に、現在に注意をきちんと
維持する能力を養うのが基本的な目的。しかし、操縦士の工夫でちょっぴりOTレベルも
混ざっている。

>>197

アバターってほとんど聞いたことがない。『基本的注意の管理』ってのを
http://www.avatarepc.com/html/attention(jpn).pdf
で見つけて読んでみたら、内容は確かに菜園のオブジェクティブスに似ている。

>>200

アバターをよく知らないが、
http://www.avatarepc.com/jp/
を見ると、菜園よりも正直さと重視している感じがした。カント的に
律儀、といってもいいかもしれない。

運営上の都合を取り除いた菜園は、実のところ、それほど正直さを重視していない。
少なくとも、無差別な正直さを推奨していない。

また、菜園では道徳律は一時的なものであり、倫理(エシックス)は生存のための
合理性の追求そのもので、状況によって個人が既存の道徳律に背く
必要性があることを、菜園倫理観は予定している。

『菜園倫理入門』では、戦乱の世の勢力の長にとって、「裏切り者の娘には輪姦を」とか
「権力の座から退くときには脅迫状と暗殺者の用意を」みたいなことを、
倫理的だとしている。

202 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 19:12:34 ID:hrXWJ3bL
「やっぱりそうだったのか」と大騒ぎされているのが今や映画界の大御所的存在のジョン・トラボルタ(52)。
先月末、カナダ・ハミルトンの空港で自家用機のタラップの上で男性とディープキスしている現場をパパラッチされたのだ。

 実は「トラボルタ=ホモ」説は何年も前から大衆紙が報じている。

「かなり以前ですが、あるポルノ男優がトラボルタと2年間交際していたと暴露したことがあります。
記事が掲載された後で、その男優はなぜかそれを撤回したけど」(ロス在住の日本人ジャーナリスト)

 長年、独身だったトラボルタがその直後に慌ただしく、女優のケリー・プレストン(43)と結婚している。

 5年前にもホモと自称する別の男性がカリフォルニア州バレンシアのスポーツクラブのサウナで
全裸のトラボルタに誘われたと大衆紙上で告白したことがある。ホモの疑いは濃厚か?

 キス事件の際にトロントで撮影中だった新作が「ヘアスプレー」。ブロードウェーで大ヒットした
ミュージカルの映画化だが、トラボルタが演じるのは何とヒロインの母親。
男性との関係でも女性の役を演じているともっぱらだが。(ロサンゼルス発)

【2006年9月27日掲載記事】

[ 2006年9月30日10時00分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/movie/story/30gendainet07021068/

(写真:ジョン・トラボルタ)
http://cinema-magazine.com/old_page/kako/kakogazo/travolta.jpg
http://cs-tv.net/mt/060113_07.jpg

トラボルタは、トム・クルーズやチック・コリアと並んで、菜園の広告塔の一人だけど、
ホモセクシャルって菜園的に見てどうなんだろう?

203 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/01(日) 20:05:13 ID:I2zLMG/P
心が自動的にやっていることをある程度制御する訓練


1) 目を閉じる。
2) 見えるものに注意を向ける。
3) 視野の横にもう1つ心象画面があることを想像し、(2)で見たものの複製を作る。
4) 心象画面を量産し、(2)で見たものの複製をそれぞれの画面に作る。
5) 目を開けて、周りにある物体を見る。

繰り返し{ (1) 〜 (5) }

6) (1)と同じ。
7) (2)と同じ。
8) (3)と同じ。
9) (3)で作った複製の色を次々に変える。
10) (5)と同じ。

繰り返し{ (6) 〜 (10) }


この訓練は、例えば特に理由もない不安などにも応用できる。不安の複製を作ったり、
不安の雰囲気を変えたりすることで、心が自動的に作り出している不安を
制御することができる。

204 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 00:14:32 ID:JRMRpMIR
このスレまじで興味深い。
old timerさんサンクス!

205 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 01:07:54 ID:4So/1fU7
>>204
できるだけsageでお願い。

206 :193:2006/10/02(月) 08:10:19 ID:CJUnb6aA
>old timerさん

情報ありがとうございます^^
>>193です。

このスレ、最初から通して読んでみました。
かなり興味深い内容ばかりで、驚きました。

>自由領域のメーターは様々な部分が自動化され、6万円〜10万円くらい

自由領域に強い興味があるんですが、メーターの購入は日本では不可能でしょうか…?

また、自由領域は教会から独立した、菜園人のゆるやかな会ということですが、
自由領域のメンバーの方が集まる会とか、ありますか…?
菜園の技術面にすごい興味があって、一度、日本で自由領域に入っている方に、直接会って教えを請いたいのですが…


207 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/02(月) 10:05:16 ID:/WgK1cKK
>>202

教会の菜園人は、同性愛者だとばれればかなり苦しい立場に置かれることになる。

オールドタイムの菜園では、性癖については文句を付けなかった。菜園理論では、
同性愛は確かに逸脱なことなのだが、そもそも、性愛そのものが突き詰めれば
逸脱だ。だって、自分たちを閉じ込める牢獄である肉体を自分たちの意志で
生産しているんだから。けれど、それをいっていてもどうしようもないので、
オールドタイムでは性愛全般を無視していた。

しかし、最近の菜園ではそうではないようだ。東京でも同性愛者が抑圧者として
追放処分になったことがある。

>>206

メーターは日本で作られていないから、どうしても欲しいならば、
http://freezoneamerica.org/reference/resource.html
から辿ったどこかのサイトで注文するしかない。

オブジェクティブは例外だが、あるプロセスで解決可能なチャージがある場合、
人はそのプロセスに興味を持つもんだ。メーターがない場合には、興味を
持てるかどうかで、そのプロセスをやるべきかそうでないかを決める。

ダイアネの場合には、メーターに反応があっても、興味を持てないアイテムを
扱ってはいけない。

--

日本で自由領域の集まりはないねぇ。日本で教会を離れた人は、
菜園そのものをやめてしまうことが多くて、俺が知っている例外は俺とあと
1人しかいない。

208 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 10:16:45 ID:jNWSespB
自由領域の会みたいなのができたら菜園教会に行く人なんて誰もいなくなるだろうね。
ただ菜園教会側からすれば邪魔でしょうがないだろうな。
なんとしてもつぶれてほしいと思うんじゃないかな。

あと不安材料があるとしたら自由領域も組織化したら
菜園教会やアバターみたいになっちゃうことかな。
アバターだって菜園よりは緩やかな団体だけど、
特定の信念によってがんじがらめになってるのは変わりがない。
要はアバター崇拝者しか残っていけないのが現状だ。

会を作るならよほど注意しないと。
菜園やアバターみたいなのは絶対嫌。
最低限料金は無料にしないとね。

俺はまず会よりむしろ日本専用ホームページを充実させてほしいな。
誰でもマテリアルを自由にダウンロードできて、
掲示板で意見交換もできるようになればかなりいいと思わない?

菜園の技術面には興味あったのに教会が最悪だったせいで
泣く泣く諦めたって人だって多いでしょ?


209 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/02(月) 14:43:16 ID:/WgK1cKK
心が自動的にやっていることをある程度制御する訓練、2

1) 部屋の中にあるある物体に注意を向ける。
2) 心に何か浮かぶようであれば、それの複製を作り、複製を強めたり弱めたりして、その
 浮かんだものを制御する力を得る。

繰り返し{ (1), (2) }

210 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 22:38:05 ID:jNWSespB
自由領域にピュアリフはありますか?

というかピュアリフは絶対必要なものだと考えてますか?

211 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/03(火) 08:08:15 ID:CwoLJASz
>>208

オフラインで実際に人が集まるような会を作れば、料金無料は無理。建物を
借りるのにだって、お金はかかる。それに、菜園のオーディティングはソロでも週に
少なくとも6時間はやらなければならん。他人に施すタイプならば、週に
12時間くらいやらないと、まともな効果が期待できない。俺はそこまで長時間ただ
働きするつもりはない。

無料で菜園をやりたいならば、全部ソロでやるしかない。だから、操縦士の
ソロオーディティング関連文献の翻訳から始めている。

>>210

ピュアリフを行なう組織は自由領域にもある。

俺はピュアリフを橋の1つのレベルとして行なうことには反対している。常日頃から
健康的な食生活を送り、時々岩盤浴で汗を流せばいいだろう。

まあ、麻薬や覚醒剤に手を出したこともなく、意識がなくなるほど大量のアルコールを
頻繁に飲んだこともなければ、ピュアリフをやる必要はないと思う。

212 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/03(火) 22:14:29 ID:CwoLJASz
直面のための訓練

1) 部屋の中でしっかりとした背もたれのついた椅子に座る。
2) 体を動かさず、ある程度の大きさの物体を見続ける。

(2)の最中にいろいろな心象映像や考えが浮かんでくるかもしれないが、部屋の中の
同じ物体に注意を向け続けること。

体に無理な力を入れようとしてはいけない。

楽に5分間、同じ物体に注意を向け続けることができれば、訓練はそこでとりあえず終了。

うまくいかなければ、>>203>>209をもっとやっておく必要があるかも知れない。

213 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 04:19:05 ID:+Tt8lQYC
>>120

>チャージには心象映像が含まれるので、いろいろなものを見ることになるが、内容に大した意味はない。

これって死ぬ時に見る走馬燈ってやつ?


>肉体獲得競争は熾烈で、目覚めている魂のうち、肉体を獲得できるのは5%程度だ。

ということはおれたちはけっこうエリートってことなのか?


>なお、この宇宙以外に転生する魂もある。

どこ?


214 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/04(水) 07:12:34 ID:0Zy/lk1r
>>213

肉体を離れる際に見えるのは、「走馬燈」とか「三途の川」とか「霊界」とか、いろいろだな。

--

目覚めている魂の数 / 眠っている魂の数 < 1 / 10000

目覚めている魂で、肉体を獲得できるのはそのまた少数派。

俺たちすごいエリートだ。

--

魂は別の宇宙に生まれ変わることもある。この宇宙のとなりには魔法宇宙と
泥宇宙がある。

215 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 12:51:44 ID:1iJbCslV
>>212
物体を見続けることと直面能力の向上とはどういった関係が?

216 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/04(水) 15:21:54 ID:0Zy/lk1r
想起と忘却


これはオブジェクティブプロセスではないので、興味が湧かなければ実行しないこと。

1) 覚えておいてもかまわない何かを思い浮かべる。
2) 忘れてしまってもかまわない何かを思い浮かべる。

繰り返し{ (1), (2) }

217 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 16:55:56 ID:PYB4csz4
>>146
>菜園に関わって54年になる俺が、いまだに木星を傾けるどころか、木星の重力に怯えて
>逃げ出してしまうんだから、菜園理論や菜園実践のどこかにまだ重大な欠陥がある。

なぜ重力に怯えるんですか?
魂だけなら重力なんか関係ないでしょ。それに地球の重力はどうしたんですか?


218 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 17:19:11 ID:J2F1Y8/7
>>215
注意力の育成と、ものごとをあるがままに感じる能力の開発、ということでは?
アバターの第一部・リサーフェシングのエクササイズにも同じようなのがある。

219 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 00:55:34 ID:vuP3dNXM
OT3の「炎の壁」と、OT5の「第2の炎の壁」の違いを教えて下さい。


220 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/05(木) 07:52:21 ID:iTfv3lWk
>>215

>>218

>>217

重力におびえたのは、解決されていないケース上の問題があるから。

地球の重力は肉体を通じて慣れているものだから、恐くはなかったんだろう。

>>219

・New OT III: 幅度の妄想。
・New OT V: New Era Dianetics for OTs。略してNOTs。肉体の中にいるほかの魂を
 扱う一般的なプロセス。

221 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/05(木) 14:46:07 ID:iTfv3lWk
合意と不合意


興味がある場合にのみ実行すること。

1) 何か考えを思い浮かべる。
2) それに合意する。
3) それに合意しない。

繰り返し{ (1), 繰り返し{ (2), (3) } }

(1)での「考え」は、例えば、「地球は平らである」のように、個人的なケースとあまり
関係が深くないものがいい。

222 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 17:15:00 ID:EIqZq/s1

どうしたら過去世がわかりますか?


223 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 00:49:23 ID:fBZJ/qx2
old timerさんは幽体離脱をして木星へ行ったそうですが、

そこに宇宙人はいましたか?

ちなみに幅度は宇宙人と面会したことがあるそうな。



224 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/06(金) 08:23:54 ID:yVXx0BMW
>>222

幼い頃に心に描いた将来の夢は、前世のいずれかの生涯でも追及していた目的で、
しかもほとんどの場合既に達成済み。

例えば、幼い頃に「医師になる」という夢があった場合、前世で実際に医師になろうろし、
ほとんどの場合既に医師になったことがあり、そしておそらくは医師として大きな成功を
収めたことがある。

つまり、たいていの人は過去生の一部を覚えているのだが、自分が覚えているものが
過去生の一部だと認識できないだけ。

一方、具体的に過去生を 見る となると、菜園ではじっくりと数多くのプロセスに取り組む
必要がある。一発で過去生が見えるようにするプロセスはない。

>>223

>>178。エクステリア状態と幽体離脱は違う。幽体離脱で木星に行ったことはない。

エクステリア状態で木星に行ったが、そこに宇宙人はいなかった。

そのまま太陽系の外へと移動したら、膜のように感じられる何かがあった。後に
ボイジャー号がこの膜 ― 太陽の磁界と銀河の希薄なプラズマの境界? ― を
観測したらしい。

ところで、>>223も俺も宇宙人だ。この宇宙に住んでいるし、昔は別の惑星で
暮らしていたこともあるだろう。俺は約37700年前くらいに地球に来た。

225 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 11:13:44 ID:fBZJ/qx2
>幼い頃に心に描いた将来の夢は、前世のいずれかの生涯でも追及していた目的で、
>しかもほとんどの場合既に達成済み。

OTになると思いが容易に現実化するというのは過去にすでに達成していることが
セイタンの感覚としてよりリアルに甦るからとも言えるのではないでしょうか。

真言密教の加持祈祷の真髄ももしかしてここにある?
過去にすでに達成していることが願望として湧き上がるのだから、
「すべては成就なり」とするのは当然のことだし、
欲はそのまま菩提の道となるのもなんだかわかる気がするなあ。




226 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 15:21:52 ID:rNxRhDvL

自由領域をやるのに >>1 以外で、
old timerさんがダウンロードした方がいいと思う
サイトがあれば教えてください。

それとお勧めのEメーターを教えてください。


227 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/06(金) 17:21:40 ID:yVXx0BMW
重要なもの、そうでないもの

興味がある場合にのみ実行すること。

1) 何かが重要であると決めつけてみる。
2) 何かが重要では何と決めつけてみる。

繰り返し{ (1), (2) }

--

それにしても、操縦士はマメだ …

228 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/07(土) 07:53:24 ID:vfq7COfj
>>225

まあ少なくとも、技能が部分的に回復することがある。

イタリアで音楽家だった過去とうまく繋がったとき、音楽教育を受けてこなかった俺でも
ピアノで即興演奏ができたことがある。それからあまり程なくして、MUJの
イベントのために作曲を依頼された。前世と比べればとても小規模だったけれど、
クラシックの作曲家というターミナルを通してのゲームを再生できた。

コンサートの当日、王侯貴族の来賓はもちろん期待できなかったが、米軍基地の
司令官が来ていた。そして、「ああ、この目的は既に達成済みなんだな」と実感した。
その後2回、MUJのイベントには参加したが、達成済みの目的を何回もやることは
結構苦痛で、作曲をやめてしまった。

>>226

Freezone Americaの全ての文献を読んでしまったのならば、超菜園的な
http://www.censorthis.com/ouran/ghosthome.html
も面白いかもしれない。

自由領域で評判のいいメーターは
http://www.abilitymeters.com/
のModel 3a。


229 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/07(土) 13:03:09 ID:vfq7COfj
好感

1) 自分が好感を持てそうな何かを思い浮かべる。
2) 他の人が好感を持てそうな何かを思い浮かべる。

繰り返し{ (1), (2) }

英語版では、

1) Think of something you might like.
2) Think of something another or others might like.

仮定法の「might」が使われているので、現実離れした答えもむしろ期待されている。


230 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 20:45:30 ID:sxJu9Ktk
$cientology教会はひどいところだったけど、
このスレ読む限り、技術はまともみたいだなぁ。。。

俺も自由領域入りたいけど、翻訳がない現在、
入るためには$cien教会で基礎的な技術を身につけてからじゃないと無理ですか・・?

翻訳待ち遠しいなぁ。

231 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 22:04:37 ID:mSWpIwtJ
>>230
教会で基礎的な技術を身につけるより、
英語を身につけた方がいいのでわ?
教会だろうがどこだろうが菜園やろうとすれば、
英語は必須、避けては通れません。


232 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/08(日) 07:03:49 ID:BBg4p3b7
>>230

菜園教会に関わってはいけない。

他人にオーディティングを施すならば、基礎的な技術をしっかり身に付けることにこだわる
必要性はあるだろうが、ソロオーディティングはやりながら慣れていけばいい。

操縦士の『Self Clearing』を全部翻訳するのには時間がかかるので、とりあえずは主要な
プロセスのやり方を、1日1つ、ここに投稿していく。

>>231

そうだねぇ。たとえ翻訳があったとしても、やっぱり英語で書かれた文献を読んだ
方がいい。英語の仮定法は日本語にうまく翻訳できないし。

233 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 10:38:41 ID:2UPtIM7O
227の「何かが重要では何と決めつけてみる。」は

「何かが重要ではないと決めつけてみる。」では?

234 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 16:37:39 ID:TNoCZZoa
>>115
>人間が生産する感情エネルギー(ルーシュ)を収奪しているエンティティたちにとっては、
>人類いつまでもいつまでも家畜状態に留めておきたいわけでしょうから。

マトリクスみたいな話しだな。
国家の家畜で会社の家畜で、魂まで家畜なのかよ。
教会職員になろうものなら一生乗っ取り屋の家畜か。


235 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/08(日) 18:59:40 ID:BBg4p3b7
>>233

タイポ指摘乙。


236 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/08(日) 19:07:48 ID:BBg4p3b7
好意、Quad版

興味がある場合に飲み実行すること。

1) 誰かがあなたに好意を持った時のことを思い出す。
2) あなたが誰かに好意を持った時のことを思い出す。
3) ある人が別のある人に好意を持った時のことを思い出す。
4) あなたがあなた自身に好意を持った時のことを思い出す。

繰り返し{ (1), (2), (3), (4) }

操縦士本では(4)がない。オールドタイムでは自己→自己のフローを
扱っていなかったからだろう。

自己→自己のフローの追加は、オールドタイム後の数少ない菜園の進歩の結果で、
特に排除すべき理由が見つからないので、フローを扱うプロセスで俺は必ず
自己→自己を含めることにしている。

237 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/09(月) 09:16:38 ID:87qJlOr/
用語整理

コグ, cog: cognitionの略。プロセスの結果として、プリクリアーが何かを発見すること。
FP: flat pointの略。一般に、3回同じコマンドまたはコマンド群を実行して、変化が
 見られなかったこと。
EP: end phenomenaの略。「終現象」または「最終現象」と訳される。気分が良くなり、
 たいていの場合はコグがある。プロセスの効果が速すぎてプリクリアーの認識が
 追いつかない場合、コグはセッション後の日常生活の中で起こることもある。
ターミナル: コミュニケーションを送信、中継、受信可能な人や物。多くの場合は人間。
フロー: ターミナル間の言動の流れ。
 フロー1: 他者→自己
 フロー2: 自己→他者
 フロー3: 他者→別の他者
 フロー0: 自己→自己


238 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/09(月) 17:10:21 ID:87qJlOr/
意思伝達、Quad版

興味がある場合に飲み実行すること。

1) 誰かがあなたに何かを話すのを楽しんだ時のことを思い出す。
2) あなたが誰かに何かを話すのを楽しんだ時のことを思い出す。
3) ある人が別のある人に何かを話すのを楽しんだ時のことを思い出す。
4) あなたがあなた自身に何かを話すのを楽しんだ時のことを思い出す。

Loop{ (1), (2), (3), (4) } -> EP

「-> EP」などの表記を追加することにした。


239 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 17:14:58 ID:6UtLrUtR
Quad版てなに?

240 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 23:43:02 ID:kbO62jH3

そもそもold timerさんはどういう意図でこのスレをやってるんですか?


241 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/10(火) 07:01:05 ID:YH4J+hP7
>>239

フロー1だけをやるのがSingle、フロー1, 2, 3をやるのがTriple、フロー1, 2, 3, 0をやるのが
Quad。

1950年のダイアネ本はフロー1だけをやるのでSingle。

>>240

1) 菜園についての知識を広めておくことで、社会に菜園教会批判のための基石を作る。
2) 現在の自由領域をやがては超える誰かを探す。


242 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/10(火) 13:36:10 ID:YH4J+hP7
理解、Quad版

興味がある場合に飲み実行すること。

1) 誰かがあなたを理解している、とあなたが感じた時のことを思い出す。
2) あなたが誰かを理解している、とあなたが感じた時のことを思い出す。
3) ある人が別のある人を理解しといる、とあなたが感じた時のことを思い出す。
4) あなたがあなた自身を理解したている、とあなたが感じた時のことを思い出す。

Loop{ (1), (2), (3), (4) } -> EP


243 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 15:58:16 ID:cJn2TcfM

old timerさんのケースレベルはどこですか?
old timerさんのトレーニングレベルはどこですか?


244 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 03:35:14 ID:XnL6tJ3f
>>59
>自由領域のメーターは様々な部分が自動化され、6万円〜10万円くらい。

どんなところが自動化されてるんですか?
どこで買うんですか?


245 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/11(水) 08:25:37 ID:x8GU2hzy
>>243

橋の各レベルを少しずつやりながら、橋全体を繰り返すやり方だと、あまりはっきりとした
ケースレベルってのはわからない。New OT VIIIを超えるレベルをやることもあるし、
グレード0をやることもある。

トレーニングレベルはSHSBCの最初のあたり。

>>244

自由領域のメーターでは、TAに合わせて感度が自動調整される。最近ようやく
教会メーターもこれに追いついた。

自由領域の最近のメーターでは、TA操作も自動化され、メーターの針が常に最適の
位置に保たれる。これはまだ教会メーターにはない機能。

C-Meter(USB接続タイプ)
http://www.cmeter.org/

Ability Meter(アナログ)
http://www.abilitymeters.com/

ただし、俺自身は現在メーターを使用していない。

246 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/11(水) 14:21:28 ID:x8GU2hzy
詳細想起

興味があるかどうかは考慮しない。これはチャージを取り除くプロセスではなく、
想起能力の訓練だ。

1) 食事を楽しんだときのことを思い浮かべる。
2) それはいつだったか?
3) それはどこだったか?
4) 他に誰がいたのか?
5) その出来事の中に含まれる事物の色はどうだったか?
6) どのような音がしたか?
7) 味、匂い、情動はどうだったか?
8) 自分の体の位置はどうだったか?
9) 他に何か起こったか?

Loop{ (1), Loop{ (2) to (9) } } -> EP

247 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 16:44:49 ID:KKx8WdSo

>>177

WMとはなんぞや?
星ツアーとはなんぞや?


248 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/11(水) 17:04:16 ID:x8GU2hzy
>>246への訂正

× Loop{ (1), Loop{ (2) to (9) } } -> EP
○ Loop{ (1) to (9) } -> EP

249 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 23:59:37 ID:4flBsTnY
>>247
ワールドメイトという新宗教の略。
星ツアーという別の惑星に行って開運するということをやっているというのを
本で読んだ。
おそらく意識だか幽体だかを飛ばすんだとは思うが・・・。
最初本で見たときは意味がよくわからなかったが、
old timerさんのエクステリアで木星うんぬんという話を聞いて
似たような手法なのかなと思った。



250 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/12(木) 16:37:51 ID:dmm7mTMg
詳細想起

興味があるかどうかは考慮しない。これはチャージを取り除くプロセスではなく、
想起能力の訓練だ。

1) 親密さを心地よいと感じた時のことを思い浮かべる。
2) それはいつだったか?
3) それはどこだったか?
4) 他に誰がいたのか?
5) その出来事の中に含まれる事物の色はどうだったか?
6) どのような音がしたか?
7) 味、匂い、情動はどうだったか?
8) 自分の体の位置はどうだったか?
9) 他に何か起こったか?

Loop{ (1) to (9) } -> EP

251 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 17:11:20 ID:MYwfTosU
>>116
>菜園批判してる人たちにとっては当然だと思ってることかもしれないけど、
>菜園教会に世界平和なんて意図はないんじゃないかな。

OTが最も多いはずの米国がいつまでたってもあんな国なのはおかしいよね。
しょせんはちょっと気分がよくなったってだけの人たちなのかな?


252 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 00:07:54 ID:5YbbyjQj
>>251
菜園自体もともと世界平和を意図して作られたものだとは思えない。
洗脳実験を基にして作られてるとかいう噂も聞く。
幅度自身別の魔術結社のメンバーだったという話も。

「神」とか「愛」という概念がないのが菜園の特徴。
能力開発の役には立っても世界平和の役割は帯びていない。
チャージの除去という方法論の落とし穴に気付く必要があるだろう。




253 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/13(金) 07:20:54 ID:IBF7Escz
>>251

宗教はそもそも俗世間の現実を大して良い方向に変えられない。アメリカはキリスト教が
盛んな国だか、それでも「あんな国」なのだ。アメリカでは極少数派の菜園人に文句を
付けてもあまり意味はない。

>>252

菜園の目的は世界平和ではない。世界平和を目的とした宗教は少ない。菜園に影響を
与えた仏教だって、目的は能力の回復を経ての解脱であり、世界平和ではない。

幅度はクロウリーの方法論に興味を持っていたが、結社のメンバーにはなっていない。

菜園は「神」の概念を持っている。ただし、「神」が我々の日常に細々と干渉するとは
考えないから、「神」に祈らない。>>129で述べた「あらゆる問題を解決する能力を持つ
魂は、どんな問題をも解決する必要がない」も参考にして欲しい。例えば、空間の
次元だけ数えて、4次元の金貨を1枚作ることができれば、3次元の金貨を無限に作り
出す能力を持っていることになる。そういう能力を獲得した魂は、ひたすらお金を
獲得しようとすることに興味を失う。

キリスト教徒とイスラム教徒が同じ神に祈り、互いと争うのは滑稽だ。神はどちらかを
贔屓にすることはない。また、仮に戦争がないことが人類にとって幸福だとしても、
神が戦争を食い止めることはない。神は人類を贔屓にしないからだ。

仮に俺が木星を傾けるほど力を回復し、神に近い存在となった場合、おそらくは北朝鮮の
ミサイルや核実験にも関心を持たないだろう。神に近い存在となったその時の俺の中で、
今の俺はほとんど無に近いほど薄められているはずだ。

254 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/13(金) 08:21:17 ID:IBF7Escz
>>253への訂正

× 目的は能力の回復を経ての解脱であり
○ 目的は解脱であり


255 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 11:14:58 ID:OoD/vs8h
>>253
前世の記憶を取り戻したうえで、自分は身体ではなく魂だという実感をもてないと
この価値観を理解してもらうのは難しいだろうね。


256 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/13(金) 16:28:50 ID:IBF7Escz
詳細想起

興味があるかどうかは考慮しない。これはチャージを取り除くプロセスではなく、
想起能力の訓練だ。

1) 誇りを持てる仕事をしていたときのことを思い浮かべる。
2) それはいつだったか?
3) それはどこだったか?
4) 他に誰がいたのか?
5) その出来事の中に含まれる事物の色はどうだったか?
6) どのような音がしたか?
7) 味、匂い、情動はどうだったか?
8) 自分の体の位置はどうだったか?
9) 他に何か起こったか?

Loop{ (1) to (9) } -> EP

257 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 16:32:57 ID:sKZpXeUb
>>155
>菜園理論の重大な欠陥はそれとは別の話で、その欠陥が見つからないから苦労している。

結局なにが重大な欠陥なのかぜんぜんわかっていないということですか?


258 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 18:57:42 ID:HfFSHw9r


259 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 01:26:52 ID:rEj6F5lK
>>255
菜園理論に懐疑的なのは、何も前世や魂の存在を否定している人が
すべてというわけではない。

幅度がいくら前世や過去の宇宙の事件を目撃したといっても、
それはあくまで物質次元のレベルの出来事に留まっている。
霊界以上の理解がなければ気付かない危険性というものもある。


260 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 02:23:08 ID:rEj6F5lK
>>253
>ただし、「神」が我々の日常に細々と干渉するとは
>考えないから、「神」に祈らない。

これで菜園教会の底が見えてしまう。
古神道やネイティブアメリカンについて調べてみるといい。
菜園よりも遥かに高い次元の領域に理解がある。









261 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/14(土) 08:29:25 ID:VnEdhuCo
>>257

欠陥があるということがわかっているのならば、その欠陥の発見の過程の半ばほどに
到達していることになる。全然わかっていないのでもないね。

>>259-260

古神道などのアニミズムが好きならば、あなたはそれをやればいい。

しかし、古神道って、唯物論だよ。霊界ってのも、唯物論。もちろん、キリスト教も
唯物論。

262 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/14(土) 14:09:42 ID:VnEdhuCo
詳細想起

興味があるかどうかは考慮しない。これはチャージを取り除くプロセスではなく、
想起能力の訓練だ。

1) グループに属して何かを楽しんだときのことを思い浮かべる。
2) それはいつだったか?
3) それはどこだったか?
4) 他に誰がいたのか?
5) その出来事の中に含まれる事物の色はどうだったか?
6) どのような音がしたか?
7) 味、匂い、情動はどうだったか?
8) 自分の体の位置はどうだったか?
9) 他に何か起こったか?

Loop{ (1) to (9) } -> EP

263 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:55:23 ID:csvuBXi8
>>261
古神道やアメリカンインディアンの方法論をただのアニミズムと考えてはならない。
old timerさんなら知っていると踏んでいたんだが・・・。

菜園技術が悟りきれていない低次元のエンティティと接触して悟りの光を当ててあげる技法だと
考えるなら、
古神道などは全く逆の方法論。
エンティティは低次元の存在もいれば、すでに肉体を持つ必要がなくなった
人間より遥かに高次元の存在もいる。
いわゆる「処理」しなくちゃいけない存在だけではないってことだ。

そもそも神道ではなぜ禊払いを重要視するのかわかるだろうか。
ただの伝統で儀式をしているわけではない。
あれはいわゆる神の次元の波動に自分を近づけているのだ。
菜食主義なのも似たような理由だ。

つまりチャージ処理だとひたすらその波動領域にチャンネルを合わせるわけだから、
はっきり言ってキリがないのではないかと思うわけだよ。
さらに次のチャージ、次のチャージとなるわけだ。

古神道では直接高次元に焦点を合わせる。
鎮魂帰神法のまだ中級段階でアカシックレコードをすべて読むことができる
というのも俺は本当だと思っている。
(old timerさんはアカシャ否定派のようだが・・・。)

264 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 23:02:43 ID:csvuBXi8
>しかし、古神道って、唯物論だよ。霊界ってのも、唯物論。もちろん、キリスト教も
>唯物論。

kwsk

ちなみにold timerさんは出口王仁三郎を知っているだろうか。
知ってたら彼の現界、霊界、神界の雛形、立替え論をどう思う?





265 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 02:10:07 ID:ZEfkaE9/
なんで宗教ヲタのスレになってんだ?

266 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/15(日) 06:45:47 ID:m434qDqz
>>263-264

菜園には確かに眠っているエンティティーに接触する手法を含んでいるが、それは
菜園の極一部に過ぎない。チャージ処理もまた、菜園の極一部に過ぎない。

まあそれはさておき、>>263が古神道の説明として妥当なものであるとするならば、
古神道はやっぱり唯物論的なアニミズムだ。

「神の次元の波動」という表現は、典型的なアニミズムの要素だ。だって、神を物質的な
存在として捉えているのだから。だから、海の波、音の波、電波のように、神にも波動が
あると思っちゃうんだね。

神に波動があるとするならば、神はどこかに位置していることになり、神の居場所も
考えなくちゃならなくなる。だから、霊界とか神の次元とか、天国とか、はたまたこの
物質宇宙のどこかの聖地とか、いろいろ出してくる。

実は、キリスト教も神を物質的なものだと捉えている。天に神がいる。つまり、神が位置を
持っている。また、神には姿があると考えていて、人間はその姿に似せて
作られたとしているとしている。キリスト教も唯物論宗教なんだ。だから、
聖地にもこだわる。

菜園教義のアクチュアリティー層では、神や魂に位置属性はないとする。しかし、多くの
魂は自分に位置属性があると信じていて、彼らのレベルに合わせた理論や手法を
提供する必要があるため、教義にリアリティー層がある。

267 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 11:27:41 ID:qh7MyFrv
>>266
言葉上の表現から単純に捉えすぎだ。
古神道は神を物質的存在だなどとは誰も言っていない。
言葉で言い表すことの難しさから「波動」というような表現をしただけだ。
キリスト教に関しても、天を上っていって探してみれば物質次元上に神を
発見することができるとは誰も考えていまい。

まあ東洋宗教は理屈云々より感じることのほうを重視する。
old timerさんのようにうまく言語化して説明することは困難だ。

菜園理論での神や魂の位置関係について詳しく教えてほしい。
例えば神と個々の魂は独立しているとみなされているのか?
あるいは我々は神という大きな生命体の一部分なのか。
神にも人格はあるのか、など。
最近のニューエイジ思想では神は人格を持った存在というより
宇宙の叡智といった捉え方が一般的のようだが・・・。
ヨーガでは人格神への礼拝は行の一つとしても存在する。







268 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/15(日) 19:34:39 ID:m434qDqz
詳細想起

興味があるかどうかは考慮しない。これはチャージを取り除くプロセスではなく、
想起能力の訓練だ。

1) ある場所を探索し、その場所を気に入ったときのことを思い浮かべる。
2) それはいつだったか?
3) それはどこだったか?
4) 他に誰がいたのか?
5) その出来事の中に含まれる事物の色はどうだったか?
6) どのような音がしたか?
7) 味、匂い、情動はどうだったか?
8) 自分の体の位置はどうだったか?
9) 他に何か起こったか?

Loop{ (1) to (9) } -> EP

269 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:19:08 ID:ydJqd9+d
>実は、キリスト教も神を物質的なものだと捉えている。天に神がいる。つまり、神が位置を
>持っている。また、神には姿があると考えていて、人間はその姿に似せて
>作られたとしているとしている。キリスト教も唯物論宗教なんだ。だから、
>聖地にもこだわる。

クリスチャンはそこまでバカじゃないよ。
菜園人は書かれた言葉通りに受け取る癖が付いてしまっている。

確かにお祈りの時、天にます神様って言うよ。
でもだからといって「神は天という場所に位置している」なんて考えない。
聖地という概念も物質主義だからというわけじゃない。

菜園人は物はただの物としか見ない。
ここが無機的でPCが離れていく理由の一つになってる。






270 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 03:22:58 ID:LAk6lW3D

操縦士のやり方では、どのレベルまでなら普通に行けそうですか?
それにはどれくらいの時間がかかりそうですか?


271 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/16(月) 07:15:19 ID:VerQ7BFR
>>267

通俗的な使い方の「物質」と哲学的な使い方の「物質」は違う。

例えば、もしもアカシックレコードが存在していて、それを読むことができるのならば、
アカシックレコードは哲学的な意味における物質ということになる。

あるいは、天に上って神を発見できるかどうかにかかわらず、天に神がいると
考えるならば、哲学的な意味において、神は物質ということになる。

菜園アクチュアリティーにおける神はnothingnessだ。俺は強いて「虚無」と
訳したことがあるが、適切な表現ではない。

nothingnessはどこにも位置していない。また、誰もnothingnessと
交流することはできない。

nothingnessは時間を超越しているため、過去にも現在にも未来にもない。

nothingnessと個々の魂は互いに独立しているとも、そうでないともいえない。
nothingnessはあらゆる関係性や関係性の否定を超越している。

当然、nothingnessは生命体ではないし、人格もない。宇宙の叡智でもない。

nothingnessは数えられないし、計られない。それは数多くも数少なくもなく、大きくも
小さくもない。つまり、nothingnessは数学を超越している。

nothingnessはあらゆる思考を超越しているため、誰にも決して真に理解されない。

菜園アクチュアリティーにおける魂はnothingnessと同じように、位置を持たない。しかし、
魂は人格を空間に投影し、時間を経験する。


272 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/16(月) 08:00:39 ID:VerQ7BFR
>>269

聖書における表現はあまりに唯物論的に一貫しているので、>>269の説明を採用する
気にはなれない。多くのキリスト教徒は「キリスト教において神は
物質である」といわれると気に入らないようだが、彼らの教えは紛れもなく、哲学的な
意味においては、唯物論なんだよ。「AがBに宿る」ということは、「AもBも
物質である」というのと同じなんだ。だから、聖地へのこだわりなどは、
唯物論ということになる。中世スコラ哲学にも、唯物論的な影響は色濃い

菜園はキリスト教圏で活動していたため、唯物論的に教えを展開する必要性に
迫られた。だから、菜園教義にリアリティー層があり、そこでは例えば「セイタンは肉体に
宿っている」という表現だって使われる。菜園の橋も新OT VIIまでは唯物論だ。

また、唯物論宗教から菜園に取り入れられた技術もある。菜園のNOTs技術で、体の
中にいるほかの魂を扱う、なんてのも唯物論的だね。この技術の源はキリスト教だ。

>>270

操縦士のやり方では、橋を何度も繰り返す。だから、クリアーになる前にもOTレベルを
かじることになる。個人差はあるが、週に12時間みっちり取り組めば、1年くらいで
1周するだろう。

問題は、橋を何回繰り返せばいいのかということなんだが、それは俺にもわからない。
ケースの状態は人によって著しく違うので、個人差はますます大きい。しかし、焦る
必要はまったくないだろう。記憶を次の生涯にかなり持ちこせるのが、菜園人の強みだ。

菜園をずっとやって菜園に魅力を感じなくなったら、菜園をやめてもいい。しかし、菜園で
獲得した記憶持ちこし能力は、人に思索と検証のための時間を無限に与えてくれるので、
他のどんな宗教をやっていても役に立つだろう、と俺は思う。

273 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 11:24:40 ID:bht5dcpu
菜園が言うインプラントステーション(魂に間違った概念を植え付けるための施設)の存在については
どう考えてますか。

274 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/16(月) 15:26:09 ID:VerQ7BFR
詳細想起

興味があるかどうかは考慮しない。これはチャージを取り除くプロセスではなく、
想起能力の訓練だ。

1) 生きてて良かった、と思ったときのことを思い浮かべる。
2) それはいつだったか?
3) それはどこだったか?
4) 他に誰がいたのか?
5) その出来事の中に含まれる事物の色はどうだったか?
6) どのような音がしたか?
7) 味、匂い、情動はどうだったか?
8) 自分の体の位置はどうだったか?
9) 他に何か起こったか?

Loop{ (1) to (9) } -> EP

275 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 16:32:31 ID:5IQ6jLdo
つまり、ブリッジってのはnothingnessを目指す道なのか?
つうかどっから出てきたデータなんだ?
まさかオーディティングで知ったなんてことはないよね?
元ネタは?
どんな哲学書読めばいい?



276 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 02:23:23 ID:25jrBGfB

幅度はどうして逃亡生活してたの?
幅度はどんなくすりを使ってたの?

このへんの詳細が書かれてるページはありますか?


277 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/17(火) 07:32:47 ID:zj1+cY92
>>273

インプラントステーションの存在は肯定するが、幅度も途中からはあまり
重視しなくなった。インプラントステーションでは目的の埋め込みが行なわれ、その
目的がインプラントされたGPMを作るが、本人自身の目的と本人自身のGPMの方が
ケース要因として遥かに重要だからだ。

>>275

俺が知るかぎり、橋にnothingnessを目指すプロセスは存在しないので、橋は
nothingnessを目指すものではないと思う。そもそも、幅度は「An absolute is
unattainable」(絶対なるものは到達不可能である)と述べている。nothingnessは
相対的なものではないので、誰もそこには到達できない。

よって、nothingnessに到達するには、誰でもなくなる必要がある。いいかえれば、
nothingnessを真に理解すると、人は誰でもなくなる。nothingnessは時間を
超越しているので、nothingnessを理解すると人は痕跡ごと消える。この宇宙にも、どの
宇宙にも、最初から存在しないことになる。仙道では「還虚合道」という言葉でこれを
説明しているようだ。

念のためにいうと、仏教の「解脱」と仙道の「還虚合道」は同じではない。仏教では釈迦が
解脱したとしているが、釈迦が最初から存在しないことにはなっていない。

元ネタは間接的には老子、プロティノス、幅度の言葉、直接的には操縦士が書いた
『Super Scio』という文献だ。俺がオーディティングを通じて獲得した理解をそれに加えた。

>>276

検死結果については、Operation Clambakeが詳しい。
http://www.xenu.net/archive/hubbardcoroner/

278 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 09:37:04 ID:vHpZDzWe
nothingnessは古神道のス神(マルチョン)のことだね。
>>271の説明のまんまだと思うが・・・。

279 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/17(火) 15:22:22 ID:zj1+cY92
前世想起

(俺はもともとワイドオープン型で、エングラムを扱うのを平均的な菜園人より
苦手とするが、それ以外の出来事ならよく見える。そのため、前世想起のために特に
別個に何かをする必要はなかった。そのため、この訓練も実行したことがなく、
この訓練について個人的経験として効果を語ることはできない)

興味は問わない。

1) 昔の文明のうち、自然に好感が持てるものを探す。
2) 詳細を気にせず、その文明全体の雰囲気を思い浮かべる。
3) 自分が楽しんだかもしれない活動について思いをめぐらす。
4) (3)の出来事の視覚的に想起しようと努め、内容についての判断を自分の
 気分に委ねる。
5) (3)(4)を数回行なう。
6) (3)〜(5)で思い出した出来事を起こった順に並べることを試みる。
7) それらの出来事を経験していたときの仕事や地位を思い出そうと努める。
8) 好きだった人々のことを思い出し、それらの人々とのとても素晴らしい出来事を
 視覚的に想起しようと努める。

多分、最初はうまくいかない。その場合、数日間放置して再びやってみる。それで
ダメなら、個々が初回の折り返し地点。>>188の『手を伸ばして触れること、手を引っ
込めること』あたりまで戻ってやり直すしかない。

>>76で述べたように、世俗的な特定の問題の解決が菜園の菜園的な効果より
優先されているならば、それは「隠された基準」になり、オーディティングの効果を
妨げてしまう。

アルコールや薬物が体内に残留していると、(6)をひどく妨げることがある。

睡眠時間は7時間/日くらい確保した方がいい。

280 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/17(火) 15:32:21 ID:zj1+cY92
>>279の続き

辛い出来事が見えるかもしれない。それはそれで受け止める。しかし、できるだけ楽しい
出来事を多く思い出した方がいい。この段階では、エングラムを扱わない。

記憶内容についての確信は、時には、セッション外で起こる。また、知人の誰かが
前世からの知人であることがわかったり、前世の言語や技能をある程度
回復できることもある。しかし、過剰な期待はしないこと。

前世のある生涯が見えるようになったら、その生涯について>>246からの『詳細想起』
シリーズを実行する。

繰り返すが、どうしてもうまくいかなければ前の段階に戻るしかない。無料の
ソロブリッジはそれゆえの苦労も伴う。

281 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 19:50:36 ID:L9BMr51I
>>279,>>280
すばらしい!old timerさんthanks!
菜園で前世前世言ってたけど、こんなやり方だったのか!

282 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/18(水) 08:45:42 ID:ljHdbf5p
>>278

古神道ではマルチョンを見たって人が出ているので、古神道のマルチョンは明らかに
菜園のnothingnessとは違うもの。また、古神道ではマルチョンを畏れ多いとしているが、
菜園ではnothingnessをそのように相対化しない。

>>281

>>279-280は菜園教会に存在する訓練ではなく、自由領域の操縦士が考え
出したもの。

まあ、最初はうまくいかなかったり、ぼんやりとしか見えなかったりする。

多くの場合、ぼんやりが徐々にはっきりするのではなく、ある日突然、衝撃的に前世の
ある生涯について実感するようになる。たいてい、「このことはずっと知っていた!」の
ようなタイプの実感だ。

>>279-280を実践するにあたって、>>224も参考になると思われる。

この生涯で幼い頃、家庭の経済事情で俺はピアノなどの音楽教育をまったく
受けられなかった。妹の分で精一杯だったが、妹はその道に進まず放り出した。
俺はずっとこのことでわだかまりを抱えていた。アメリカで菜園のオーディティングや
訓練に励んでいたら、ある日、好きな女の子が前世の知人の
妻であることがなぜかわかった。昔々、その知人も俺も、音楽家だった。

ピアノに向かったら、即興でワルツが作れてしまった。その後のことは、>>228に書いた
通り。俺は幼い頃から音楽家の記憶を持っていた。この記憶は3つ前の生涯のものだ。

不思議と、3つ前は思い出せても、1つ前はなかなか時間がかかった。幸福な生涯の
方が、不幸な生涯より思い出しやすい。1つ前の生涯の俺は菜園人としちゃ落伍者で、
まあ、当然、思い出しにくかったんだろう。

283 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 09:59:41 ID:pR3bHseL
俺は霊能者にアカシックレコードを読んでもらったことがあるが、
自分で実感する前世とはかなり食い違っているように思えた。
これは何を意味するのだろうか?

また、占星術から前世を導き出すようなやり方で調べてみたこともあるが、
こちらは自分が直感する前世とだいぶ一致しているような感じだった。



284 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/18(水) 17:18:28 ID:ljHdbf5p
>>280の続き

どれか1つでも過去の生涯が見え、その生涯について『詳細想起』
シリーズをなんとなくでも実行したら、この訓練は一応終了となる。>>280で書いたように
確信に到ることもあるが、それはこの段階で必須なことではない。人生について以前ほど
心配しないようになっていれば、うまくやっていると考えていい。

ここまでで、だいたい、教会の橋のARCSWに相当するところまでやったことになる。

それ以上のことは、橋の他のプロセスをやったり、橋を何回か繰り返すと
見えてくるだろう。

さらに強い効果のあるプロセスをもちいることで、本格的に前世を扱うのは、まだまだ
先のことになる。

----

次の段階はグレード0になる。操縦士の『Self Clearing』は独特の方法を用いているので、
個人情報保護のために、シュレッダーを用意しておいた方がいいかもしれないなぁ……

285 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 17:56:07 ID:nvCV1Z4T
過去生でクリアーの状態も体験したことがあるような気がする。
しかし前世で菜園人だった気はしない。
こういったこともありえる?


286 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/19(木) 06:41:35 ID:hVWZBUWO
>>283

俺はアカシックレコードや占星術について懐疑派だ。それに、それらの真偽が
いずれにせよ、自分で思い出せなければあまり意義はない。

>>285

どんな人でも、過去のいずれかの時点以前はクリアーだった。

287 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:23:13 ID:BwsDBtmM
では、クリアーだった時の自分を想像していたら
ある日突然クリアーの自分を思い出すってこともある?



288 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 18:48:03 ID:9ZQ0xz3N
OT8の人はすべての前世の記憶を思い出したとみていいの?
全時間の軌跡における記憶喪失の原因を処理することになってるけど・・・。

あと、空海だとか日蓮だとかの有名な高僧たちも
自分の前世をすべて思い出してる可能性は高いかな?


289 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/19(木) 22:28:35 ID:hVWZBUWO
肉体についての手紙

1) 想像上の人物宛てに、自分の肉体の細かいところまで描写した手紙を書く。
2) 想像上の人物からの自分への返事の手紙を書く。この手紙には彼または彼女の
 肉体の描写が含まれる。

Loop{ (1), (2) } -> EP

これら手紙を実際に書かなければならないらしい。

グレード0をソロでやると、生々しさが不足するんで、こういう工夫をしているんだと思う。

終わったらシュレッダーに送ってくれ … orz

あるいは、2chのどこか適切な板に、「自分の肉体を描写するスレ」とか題したスレを
立てて書き込んでもいいかもしれないけど … 2chの殺伐とした雰囲気への慣れが
前提になるね。


290 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 22:59:42 ID:vKmRHkzb
>>289
何を意図したプロセスなんだ?

291 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/19(木) 23:08:27 ID:hVWZBUWO
>>289への追記

興味がある場合にのみ行なうこと。


292 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 23:53:25 ID:2UFRtXWc
いつも見ています。オールドタイマーさんありがとう。

質問なのですが、
もしかすると上記されてるかもしれないけれど、
魔法世界と泥世界の様子はどのようなものですか?

何故気になったかというと、
人類が持つ色々な物語の中に出てくる魔法って
モデルとなるものがあると思ったんです。
それが魔法世界なのではないかと。

その関心が沸いたので質問する事にしました。
よろしくお願いします。

293 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 02:05:59 ID:5c6RGD2P
アレルギーランダウンのソロのプロセス教えてくれませんか?

294 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 02:30:28 ID:nVU4XMG/
>>2
>フリーゾーンには、ブリッジを全部ソロでやるシステムもある。これは無料。

今アップしているのはこれですか?


295 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/20(金) 07:56:30 ID:4IPV9QU7
>>287

俺自身の経験としてはないけれど、理論的にありえることだし、これもまた理論上の
話だけど、リハブ理論から考えれば、それでクリアーになってしまう可能性もある。

あと、クリアーから劣化したことがない人はこの生涯でも最初からクリアーで、菜園では
「natural clear」(生まれながらのクリアー)と呼ばれることがある。

>>288

菜園での「the whole track」はたいてい、この宇宙内での個人の時間の全軌跡のことで、
これは「the entire time track」の極一部。

空海や日蓮についてはよくわからん。密教の修行にOTドリル的な効果があることは
認めるが、前世のこととはまた別だろうし …

>>289

グレード0の代替。

>>292

『ハリーポッター』シリーズでは、ホグワーツから魔法使いが細長い船に乗って迎えに
来る。『ロードオブザリング』ではエルフの国から。どちらも魔法宇宙の入り口で起こった
出来事を反映しているとされる、自由領域では。

泥宇宙では暗闇の中、ほとんど誰も岩のような肉体を動かせない、らしい。

>>293

すまん、オーディターとしても技術矯正官としても、PCとしても、そのランダウンの
経験がない。

296 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 11:23:47 ID:z5j4Kmeq
リハブ理論って何ですか?

>あと、クリアーから劣化したことがない人はこの生涯でも最初からクリアーで、菜園では
>「natural clear」(生まれながらのクリアー)と呼ばれることがある。

なぜこういった現象が起こるのですか?




297 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/20(金) 14:54:25 ID:4IPV9QU7
セックスについての手紙

興味がある場合にのみ実行すること。

手紙の内容はセックスについて。手順は>>289と同じ。

298 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 16:19:42 ID:W2U6hdoK
オーディティングがうまくいかないのはすべてPTS状態(抑圧に対して受身になっている状態)が原因であると
菜園で言われたのですが、その場合、操縦士の「SUPPRESSION」の項目を先に行うべきでしょうか?


299 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 16:43:57 ID:66NNojFP
>>298
教会でオーディティングうまくいかないと全部PCのせいにされるよ。


300 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:27:59 ID:W2U6hdoK
>>299
そうなんだよね。まあ、抑圧を受けて地球上にいることになった人はみんな少しはPTSだとは思うけど。

301 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 00:22:23 ID:h3LSYa3s
そもそもなぜ人間(セイタン)は反応心を持つようになってしまったのか?
アバターコースでは過去が原因なんてのは妄想で、
実際は現在自分が創り出していると説いている。
だから今創るのをやめなさいというわけだ。
確かに過去に原因を求めたら終わりがないことになってしまうが・・・。
(エングラムが原因だとしたら、それが出来た原因は・・・?てな具合に無限ループ)
菜園理論を完全に受け入れると教会人みたいにオーディティングで
エングラムを取り除かない限り人は救われないという考えに陥ってしまう。
クリアーこそ人間(セイタン)の本来の姿となるがゆえに。

自由領域は反応心を超越するスタンスで、クリアーにはこだわらないんだっけか。
他の宗教もそういった境地なんだろう。
密教ならば仏との一体化を目指すとか。



302 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/21(土) 09:07:27 ID:0QpitHtF
>>296

リハブ理論は、過去の良い状態を突き止めることで、そのよい状態を回復できるという
理論。実践でのリハブ技術は、EPに達したプロセスを誤って続けてしまった場合に、
失われたEPを取りもどすのに使われる。

もともとエングラムを作らなかった人は、クリアーのままなので、生まれながらの
クリアーになる。

>>298

PTSの種類により、対処は異なるだろう。ヒトラーのような抑圧者が近くにいるのだったら、
逃げ出すしかないかもしれないね。

>>301

自分が反応心を持つきっかけになった出来事を突き止めれば、反応心がなくなり、
クリアーになる。これがいわゆるクリアーコグ。無限ループにはならない。

ところで、菜園理論でも、全ての問題は現在において作り出されていると考えている。
過去のある時点の出来事がきっかけでエングラムを作りだすようになった人は、
現在において、そのエングラムを作り続けている。

エングラムの消去とは、そのエングラムをタイムトラックの本来の位置に戻すことであり、
現在においてはそれを作り続けることをやめることに他ならない。だから、

 「それはいつのことでしたか?」
 「その出来事に移動してください」
 「その出来事はどれくらいの間続きましたか?」

などの指示や質問で、出来事が本来収まるべき位置を探す。

303 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/21(土) 10:04:09 ID:0QpitHtF
>>294

そう、今投稿しているプロセスは、その無料ブリッジのもの。

304 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 12:17:58 ID:JXMyg6vF
ぶっちゃけエングラムってどうやって見つけるんですか?



305 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/21(土) 14:05:46 ID:0QpitHtF
人間関係についての手紙

興味がある場合にのみ実行すること。

手紙の内容はセックスについて。手順は>>289と同じ。

306 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:11:27 ID:kMvsFrbr
>どんな人でも、過去のいずれかの時点以前はクリアーだった。

ということは真理を追究する宗教家は、修行中のいずれかの時点で
自分はクリアーだということに気が付かなくちゃおかしいね。



307 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:44:57 ID:nFgY16TW

>>279
ワイドオープン型てなんだ?

>>284
ARCSWてなんだ?


308 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/22(日) 06:50:55 ID:oj4iYqAc
>>304

プリクリアーに様々な質問をして、肉体の不調などを探し、それに関わっている
痛みやその他の感覚を突きとめる。

>>306

過去を探求するならば、自分はクリアーだったことに気がつく瞬間があるだろう。

>>307

エングラムを扱うのを平均的な菜園人より苦手とするが、それ以外の出来事ならよく
見える人が、ワイドオープン型と呼ばれる。

ARCSWはAffinity Reality Communication Straight Wireの略。主に過去の楽しかった
出来事を想起させ、タイムトラックを扱う能力の向上と全体的なトーンレベルの改善を
目的とするレベル。



309 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 16:23:56 ID:4WmrBb/d

>>304
まずは大姉手楠を読んでみれば。
ブックオフなら300円くらいで時々でてるよ。


ttp://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4931223168/ref=dp_olp_2/250-3148726-4670627?ie=UTF8


310 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/22(日) 16:45:23 ID:oj4iYqAc
好悪についての手紙

興味がある場合にのみ実行すること。

手紙の内容は好きなことと嫌いなことについて。手順は>>289と同じ。

----

願望についての手紙

興味がある場合にのみ実行すること。

手紙の内容は願望について。この場合の願望には、低俗なものも高尚なものも
含まれる。手順は>>289と同じ。


311 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:11:57 ID:7dHS9lrO
クリアーになった人が行う最初のステップ、
サンシャインランダウンって何ですか?
どんなことするの?

312 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/23(月) 07:28:37 ID:Svojo5pZ
>>311

詳しいことはよく覚えていないが、外を歩いて、人々を観察するランダウンだ。

313 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/23(月) 16:07:11 ID:Svojo5pZ
人々

興味がある場合にのみ実行すること。

親しくはしているものの、自分との意思疎通にどこか抑制されたところがありそうな人を
思い浮かべ、その抑制されているところに関する手紙を書く。手順は>>289と同じ。

314 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 19:34:20 ID:lrsu4g9h
これまでのグレード0のソロプロセス、
順番とかは決まってますか?

315 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:42:17 ID:c4A3vCzW

火星には行かないの?

月の裏側には行ったことある?


316 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 01:38:58 ID:RlTiX3eF
マーカブ連邦について詳しく教えて下さい。
地球が45の惑星からなる銀河連邦の一員だったって話も。
20万年前の話だったでしょうか・・・。
グレード0ではもう習う内容だったと思います。

また、菜園ではアトランティスとかレムリアなどの古代文明の存在を認めてますか?
たいていのニューエイジには出てくると思うけど・・・。

317 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 12:41:18 ID:V9AUoFTG
>密教の修行にOTドリル的な効果があることは認めるが

OTドリルって何ですか?
そしてそれに似た効果の修行とはどの修行のこと?
阿字観か何か?


318 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 18:30:31 ID:JNmMk0/w
>>54
>リーガルサイズの紙

これはA4サイズでいいんですか?
書いたものは、その都度細断するんですか?
教会ではC/Sが見て、その後保管するようですが?


319 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/24(火) 18:57:55 ID:y4kw1C+T
>>314

掲載順

>>315

俺個人の経験として、この生涯で火星に行ったことはない。月の裏側にも。

>>316

銀河連邦が滅んだ後に、ティージアック(地球)を含む第9セクターでしばらく栄えたのが
マーカブ連邦らしい。

現在の地球でマーカブ連邦の文化をもっとも忠実に受け継いでいるのは、
アメリカ合衆国。

ちなみに、オーディティングで習うことではない。そもそも、オーディターは
プリクリアーに対してケースの具体的な内容を教えることはない。それはプリクリアーが
自分で発見すべきことだ。

菜園はアトランティスやレムリアを肯定も否定もしない。まるで重視していない。
菜園ではヘラトロバス文明(銀河連邦)、アースリカス文明、ジレッド魔法王国などの
方が遥かに重要だからだ。


320 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 21:11:24 ID:Ul3kcatl
>ちなみに、オーディティングで習うことではない。そもそも、オーディターは
>プリクリアーに対してケースの具体的な内容を教えることはない。それはプリクリアーが
>自分で発見すべきことだ。

スマン、レベルO(クラス0?)の勘違い。
チラッと内容のコピーを見せてもらったことがある。


>ヘラトロバス文明(銀河連邦)、アースリカス文明、ジレッド魔法王国

なんかメチャクチャ興味深いんですが・・・(笑)
概略でいいから教えてくださいな。


321 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/24(火) 22:32:43 ID:y4kw1C+T
職業や役割

興味がある場合にのみ実行すること。

人々の職業のうち、自分との意思疎通にどこか抑制されたところがありそうなものを
思い浮かべ、その職業についている人への手紙を書く。手順は>>289と同じ。

322 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/25(水) 09:29:10 ID:1+GOFn8t
>>317

OTドリルはいくつもある。肉体から意識的に抜け出したり、他人の肉体を一時的に
支配して、自分宛てに手紙を出させるなんてのもあった。

月輪観がOTドリルに似ているね。ただし、菜園では肉体を囲む8つの点を使うけど。

>>318

A4サイズで書きにくくなければ、それでもいい。

書いたものは個人情報なので、慎重に扱った方がいい。

俺個人としては3ヵ月間保管すればいいと思っているが、この考えは自由領域でもあまり
歓迎されていないようだ。

>>320

文明の特質には啓蒙タイプと強権タイプがある。

ヘラトロバスは啓蒙タイプ、アースリカスは強権タイプで、どちらもこの宇宙の遠い昔の
文明。ヘラトロバスとアースリカスの全面戦争で、勝利したのは
アースリカスの方らしい。まあ、議論の余地のあるところだ。

敗北したヘラトロバス文明の残党が銀河系第9セクターの辺境にに築いたのが
マーカブ文明で、惑星ティージアックはその一部。

勝利したとはいえ、アースリカスも実はほぼ全滅に近い。この銀河系で、文明は復興の
途上にある。

ジレッド魔法王国は対立宇宙の文明。

323 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:55:38 ID:3QjOUApy
>他人の肉体を一時的に 支配して、自分宛てに手紙を出させるなんてのもあった。

真実ならヤバすぎないか?
ヨーガにも修練を積んだ行者は他人の肉体を支配することはできるという理論はあるが・・・。


>ジレッド魔法王国は対立宇宙の文明。

これが菜園教会がいつも言ってるSP帝国(抑圧の意思の軍団)の正体か?






324 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/25(水) 19:54:11 ID:1+GOFn8t
にぎやかな場所で

1) にぎやかな場所に出かける。
2) 誰かに注意を向け、その人にいってもかまわなさそうなことを何か想像する。
3) 誰かに注意を向け、その人からいわれてもかまわなさそうなことを何か想像する。
4) 誰か2人の人物に注意を向け、彼らが互いにいってもかまわなさそうな何かを
 想像する。
5) 誰かに注意を向け、その人について自分が自分自身にいってもかまわなさそうな
 ことを何か想像する。

(1),
Loop{ (2) to (5) } -> FP,
Loop{ (2) } -> EP,
Loop{ (3) } -> EP,
Loop{ (4) } -> EP,
Loop{ (5) } -> EP

--

(5)はフロー0で、操縦士版には存在しない。

325 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:01:57 ID:FODchAjs
>>322
>ジレッド魔法王国は対立宇宙の文明。

対立宇宙てなに?


326 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/26(木) 07:41:10 ID:KZpZQILN
>>323

昔のOTレベルには、他者の肉体の支配とかも含まれていたのだが、出来るようになる
人がほとんどいなかったし、出来るようになった人も不安定で、すぐに能力を
失ったりした。幅度自身もかなり不安定だったし。

ダイアネ55と同じ失敗が旧OTレベルでも起こってしまった。そして解決法は、もっと
過去のケース要因をきっちり解決することで、この解決法は間違っていないと俺は思う。

--

教会は対立宇宙まで遡ることをやっていないと思う。自由領域ができた当初の
驢馬船長の文献にも、対立宇宙についての言及はない。

>>325

>>97

327 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/26(木) 20:43:18 ID:KZpZQILN
現実の自由

興味がある場合に実行すること。

1) 他の人は何をあなたにいってもかまわないだろうか?
2) あなたは何を他の人にいってもかまわないだろうか?
3) 他の人は何を他の人々にいってもかまわないだろうか?
4) あなたは何をあなた自身にいってもかまわないだろうか?

Loop{ (1) 〜 (4) } → EP

5) あなたは他の人の心の何を読み取ってもかまわないだろうか?
6) 他の人はあなたの心の何を読み取ってもかまわないだろうか?
7) 他の人は他の人々の心の何を読み取ってもかまわないだろうか?
8) あなたはあなた自身の心の何を読み取ってもかまわないだろうか?

Loop{ (5) 〜 (8) } → EP

--

(4)と(8)はフロー0で、操縦士の著書には登場しない。

俺個人はフロー0を重視している。自由領域のD氏はクリアー以降にも使えるように
ダイアネを拡張した人物で、彼はフロー0を重視している。ダイアネに到る以前の
プロセスにおいても、フロー0を入れるようにした方がいいと思われる。

328 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 18:07:53 ID:CxDtXgRT
>>322

>A4サイズで書きにくくなければ、それでもいい。

リーガルサイズってこれのこと?

ttp://www.sophia-it.com/content/legal+size


>俺個人としては3ヵ月間保管すればいいと思っているが、この考えは自由領域でもあまり
>歓迎されていないようだ。

これは、他の人たちはずっと保管しているってこと?
3ヵ月には理由があるんですか?


329 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 18:46:47 ID:RM/lxNXp
俺はもう破り捨てちまった… orz


330 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/27(金) 23:59:15 ID:/HCFvnEm
>>328

リーガルサイズはそれのこと。

--

3ヵ月という期間は、オーディターや技術矯正官としての経験から思いついたもので、
理論的な理由はない。ケースで何かうまくいかないときには、どっちにしても、
フォルダーから理由を見つけるよりも、CS53やGF+40が一般的な解決手段。だから、
あまり長期保存しても意味はない。

>>329

気にするな。

331 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/28(土) 00:15:05 ID:oSXEfKgc
意図の投影

1) 部屋の中にある物体を何か1つ選ぶ。
2) その物体の周囲に「こんにちは」という挨拶の意図を投影する。
3) その物体の中心に「こんにちは」という挨拶の意図を投影する。

Loop{ (1), Loop{ (2) } → FP, (3) } → EP

--

理論上は、もしもその物体をそこに存在させ続けている全ての魂に「こんにちは」が
届けば、その物体を多少なりとも動かせるようになるはず。実践ではとても困難なことで、
それはこのプロセスのEPとして期待されていることでは決してない。

しかし、グレード0は橋の下の方にあるが、究極のOTレベルの一部でもある、
ということは、菜園実践者が覚えていて損ではない。

教会でも自由領域でも、実は入門レベルに新OT VIIIを超えるデータが既に
含まれている。実際、菜園入門書『A History of Man』は新OT VIIIの教材の1つ。

332 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:19:31 ID:8PEDl5vT
ウホッ!いい男…

333 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:22:44 ID:fdQPWj+D
泥宇宙てなんかいやだな。
どんなところなの?


334 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/29(日) 06:17:41 ID:uNh71pPv
>>333

泥宇宙の肉体は岩のようなもので、動き回ることは出来ない。

泥宇宙はまさに、なんかいや、なところ。

335 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/29(日) 19:06:53 ID:uNh71pPv
繰り返し

1) あなたに再び起こってもかまわないと思えることを思い浮かべる。
2) 他の人に再び起こってもかまわないと思えることを思い浮かべる。
3) 他の人々に再び起こってもかまわないと思えることを思い浮かべる。
3a) 他の人々の間に再び起こってもかまわないと思えることを思い浮かべる。
4) あなた自身が原因であなたに再び起こってもかまわないと思えることを思い
 浮かべる。

Loop{ (1), (2), (3) } → EP

または

Loop { (1), (2), (3a), (4) } → EP

--

(3a)は(3)についての私の解釈。操縦士版ではどうも(3)がフロー3としてはっきりして
いない。

(4)は私が考案したもの。基本的に(1)に(4)は含まれるような気がするが、フロー0を
別個にやっておきたいと考える人もいるかもしれないので、(4)も記載しておくことにした。

336 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/10/30(月) 19:36:08 ID:xsjGaEWo
本と瓶

1) テーブルの上に本を瓶を置く。
2) 本を手に取り、その重量、温度、色を観察する。
3) 本と元の場所に出来るだけ正確に戻す。
4) 瓶を手に取り、その重量、温度、色を観察する。
5) 瓶を元の場所に出来るだけ正確に戻す。

(1), Loop{ Loop{ (2), (3), (4), (5) } → FP } → EP

--

このプロセスには時間がかかる。1つのセッションではEPに到達しないことが多い。
各セッションを終わらせる前に、プロセスをFPまで実行し、セッションを繰り返して
最終的にEPに持っていくべきだ。

人間は何か嫌なことを経験すると、それを「教訓」として学び、同じことを繰り返すことを
避けようとする。このような「教訓」が度重なると、一般化し、直接関係がないものごとに
ついても、繰り返しの能力が低下する。このプロセスは、過去を現在から切り離し、
繰り返しの能力を向上させることを目的としている。

各繰り返しをしっかり意識し、まったく新しい時間の中で、新鮮な気持ちで行なうように
努力するべきで、惰性的に繰り返しても効果はない。

337 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 22:50:24 ID:uRCbtmiW
>>336
おっ、book and bottole

オブジェクティブの最終プロセスだね。懐かし・・・。

338 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/01(水) 09:08:57 ID:72t/K/6m
>>336の改定

本と瓶

1) 本を瓶をそれぞれ別々のテーブルの上に置く。
2) 本を手に取り、その重量、温度、色を観察する。
3) 本と元の場所に出来るだけ正確に戻す。
4) 瓶を手に取り、その重量、温度、色を観察する。
5) 瓶を元の場所に出来るだけ正確に戻す。

(1), Loop{ Loop{ (2), (3), (4), (5) } → FP } → EP

--

このプロセスには時間がかかる。1つのセッションではEPに到達しないことが多い。
各セッションを終わらせる前に、プロセスをFPまで実行し、セッションを繰り返して
最終的にEPに持っていくべきだ。

人間は何か嫌なことを経験すると、それを「教訓」として学び、同じことを繰り返すことを
避けようとする。このような「教訓」が度重なると、一般化し、直接関係がないものごとに
ついても、繰り返しの能力が低下する。このプロセスは、過去を現在から切り離し、
繰り返しの能力を向上させることを目的としている。

各繰り返しをしっかり意識し、まったく新しい時間の中で、新鮮な気持ちで行なうように
努力するべきで、惰性的に繰り返しても効果はない。


339 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/01(水) 14:03:25 ID:72t/K/6m
本と瓶、2

1) 想像上の空間の中で、想像上の本と瓶をそれぞれ別々の想像上のテーブルの上に
 置く。
2) 本を持ち上げ、その重量、温度、色を観察する。
3) 本と元の場所に出来るだけ正確に戻す。
4) 瓶を持ち上げ、その重量、温度、色を観察する。
5) 瓶を元の場所に出来るだけ正確に戻す。

(1), Loop{ Loop{ (2), (3), (4), (5) } → FP } → EP

--

想像上の空間は想像された瞬間に、個人的宇宙の中に創造される。この個人的宇宙は
自家宇宙の名残であり、「心」と呼ばれることもある。

想像上の本、瓶、テーブルも個人的宇宙の中で質量を持っている。

340 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/02(木) 21:25:37 ID:dGXk7AW+
他人の視点

1) 混雑した場所に出かける。
2) 適当な人を選び、その人の感情や態度を読み取ろうとし、その人の視点で周囲にある
 物を見ようとする。

Loop{ (1), (2) } → FP

--

これはドリルであり、はっきりとしたEPはなさそうだ。人によってはテレパシー能力が
高まり、実際に他人の感情や態度を直接読み取ることができるようになるかも
しれないが、それは訓練の結果として要求されていることではない。

341 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 22:08:15 ID:06ec1UYB
>月輪観がOTドリルに似ているね。ただし、菜園では肉体を囲む8つの点を使うけど。

これは何を目的としたプロセスなんですか?
詳しく教えてくれませんか?

342 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 08:09:32 ID:cv+/GYwm
新OT12の存在の状態が「未来」とブリッジの表に書いてありますが、
これは未来が見えるということですか?

343 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/03(金) 10:33:04 ID:P93FCE3S
>>341

月輪観と同じ。

>>342

教会の新OT XIIはまだ提供されていないし、自由領域が教会から分かれた後の
話なので、自由領域のどのレベルに相当するのかわからない。

344 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/03(金) 23:55:13 ID:P93FCE3S
他人の視点、さらに

1) <項目>のそれぞれの感情や態度を読み取ろうとし、その人の視点で周囲にある物を
 見ようとする。

項目:
 ・自分の親のそれぞれ、または、自分の養育者のそれぞれ
 ・教師、親類、その他の人で自分の人生に良いまたは悪い影響を与えた
 人のそれぞれ
 ・性交渉相手、仲の良い友人、親友など、自分の人生の重要な部分を共有した
 人々のそれぞれ
 ・上司、仲間、判事、警察官、僧侶、導師など、自分の人生に大きな衝撃を与えた
 人々のそれぞれ
 ・親しかったが死んでしまった人々のそれぞれ
 ・歴史上の人物や役割も出るなどを含む、あなたにとって特に重要に思われる
 人々のそれぞれ

各項目について、Loop{ (1) } → FP

345 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/04(土) 16:36:49 ID:mmNE5oST
外在化

1) 自分の肉体からある程度遠くにありながら、自分がある程度知っている丘や山などの
 巨大な物体を選ぶ。
2) 目を閉じる。
3) (1)で選んだ物体を見下ろしていることを想像する。
4) (1)で選んだ物体に入り込むことを想像する。
5) (1)で選んだ物体から抜け出すことを想像する。

Loop{ (1), Loop{ (2), (3), (4), (5) } → FP } …→ EP

--

初回でEPに達するのはおそらく無理だろう。

このドリルは外在化や内在化に伴う様々な困難を予防することを目的としている。
無料ソロブリッジで困難に行きあたっても、オーディターの助けはない。そのため、この
外在化のドリルは実践上のドリルとプロセスで、最重要のものとなるはずだ。

346 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 03:28:37 ID:vUFRQlht

old timerさんいつもおつかれさまです。これからもよろしくお願いします。


347 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 12:54:56 ID:5s/LiBb0
>>313に関しても相手からの手紙を想像して書くんですか?

348 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/06(月) 23:51:01 ID:b3s74BpE
>>347

そう。

349 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/07(火) 00:09:27 ID:0bF0v1xJ
>>345の外在化のドリルで、大部分の人は折り返しが必要になると思う。しかし、これが
得意な人もいるかもしれない。

菜園やっててつくづく思うけど、人それぞれ、だ。俺は前世の記憶の再生は得意だが、
外在化は不得意で、常時外在化なんてまだまだ先のことになりそう。

----

最近、俺は整理整頓ができるようになった。俺の場合、整理整頓する能力はOTレベルの
ケース要因に阻害されていたため、自分の部屋の片付けは長らくうまく出来なかった。
部屋の方付けが出来ないクリアーがいたというのも、なんだか笑える話だ。

菜園の世俗的な効果を否定しておかなければならない理由の一端がここにある。
人によって、ある能力を阻害しているレベルが違う。ある人にとってグレード1で
出来るようになることでも、別の人にとってはFPRDやNOTsがまず必要になるかも
しれない。

「隠された基準」がオーディティングの妨げになる理由もここにある。NOTsでしか
解決できないことを、NEDで解決しようとしてもうまくいかない。

世俗的な問題については特に期待せず、ただ粛々と橋を渡るしかない。

350 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 05:02:20 ID:yKKsxa4h
OT委員会ってどんな組織なんですか?
何をしてるんですか?


351 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 21:42:48 ID:s9MRlmrb
>>261

>古神道などのアニミズムが好きならば、あなたはそれをやればいい。

>しかし、古神道って、唯物論だよ。霊界ってのも、唯物論。もちろん、キリスト教も
>唯物論。

菜園教会も実態はアニミズム。
長く関った人は嫌でも気付く。
気付かない人は
1.宗教史(神秘思想含む)について広範な知識を持ち合わせていない
2.教会に洗脳されている
このどちらかの理由によるだろう。(ほとんどが両方)

OTが人格的におかしいのは、受けるチャージの量が多いからじゃなくて
崇拝してる(守護してる)エンティティの神格が低いから。
ただ単にそれだけ。



352 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 21:49:54 ID:Rzkolgyd
>>351
サイエンとは別に心理と精神の探求をしている者だけど横レス。
基本の根は同じものであって、それを見出す人によっての違いってのがあるよ。
音楽を聴いて味が思い浮かぶ、景色が思い浮かぶ、色が思い浮かぶ、
それぞれを否定しても感じた結果は存在する。

否定は真理という中心から同じ距離にある表面を、
指先でこするくらいの価値と言いたい。

否定をするくらいなら、具体的に何を見出しているかを言及する方がはるかに
価値がある。

一つの価値観=一つの見方。それでまた別の地点の見方を査定するのは
時間がもったいないだけ。
その相手の視点から自分が見ている真理はどのように見えるか、
どのような因果関係があるかを見出して書き出せば、
あなたの言いたいことが伝わると思う。

353 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:24:07 ID:Y4NhCVMI
>>352
菜園経験はあるだろうか?
俺は事実を述べただけで、否定が目的で書き込んだわけではない。

菜園の神観念はnothingnessであって他の宗教とは別の観点に立っていると
本当に思っているのなら、
教会では実際はそうではないということが言いたかった。

格がどうという話からただの否定だと感じたのか?
ただ俺の価値観と違っているからOTは下だなどと言っているんじゃない。
菜園教会である程度クリアーやOTを目にしてないと実態はわからない。
精神の道を探求しているなら、神々や天使などの目に見えない存在にも
階層があることがわかるはずだ。
菜園も精神の道である以上、そういったエンティティの影響と無関係ではないってことだよ。
いくら菜園でいう神はnothingnessだと言ったところで。

俺は自由領域についてはわからん。原始仏教の精神を受け継いでいると言っていたが、
少なくとも菜園教会は釈迦の精神は受け継いでいない。
釈迦の予言を利用はしている。
菜園では幅度が弥勒菩薩ということになっている。
だが菜園を守っている存在は「神仏」ではない。
むしろ神仏に守られているような人は教会から離れていく。




354 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/08(水) 00:26:48 ID:o+OLyJcm
>>351

最初にいっておくが、自由領域は菜園教会について否定的な立場を取っている。

しかし、チャージについての>>351の見解には部分的に賛成できない。

教会が幅度個人崇拝に陥っていることは、教会が様々な問題を抱えていることの
一因だが、それはチャージと切り離されない。チャージが個人崇拝の原因であり、
個人崇拝はさらなるチャージを作り出す。

本来の菜園は誰も、何も崇拝しないものだ。この原則を外れるときに、菜園もいろいろな
問題を抱えることになる。

>>352

>>351のいっていることは理解できるが、部分的に賛成できないところがある。

理解は必ずしも賛同や賛成につながるのではない。幅度はここのところを最後まで
理解しなかったがね。

355 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 01:10:45 ID:Y4NhCVMI
>教会が幅度個人崇拝に陥っていることは、教会が様々な問題を抱えていることの
>一因だが、それはチャージと切り離されない。チャージが個人崇拝の原因であり、
>個人崇拝はさらなるチャージを作り出す。

俺が言っているのは幅度個人崇拝だけではなく、
さらに上層部では高次元(と言っても神道や仏教でいう神々ではない)
エンティティと接触しているのではないかってこと。
末端信者やスタッフは全く思いもよらないことだろうがね。
その意味で俺は菜園もアニミズムに入ると言った。

ネットで菜園の裏情報を探してみると、黒魔術の影響が指摘されている記事を
よく見かける。俺には菜園は幽界層からエネルギーを得ているとしか思えない。
神道でいうような「高天原にまします・・・」みたいな清浄な存在ではなく、
やはり教会の性質に酷似しているような、見返りを要求するような存在。
(菜園教会は救済の見返りにエクスチェンジと称して大金を要求する)
つまり魔術の契約に近いものがあるだろう。

菜園のイベントでたまに神道家やらチベット仏教の僧などが視察に来るのをよく見かける。
彼らの目に菜園人たちがどう映ったのかは容易に想像できる。
というか素人目にもわかるだろう。
「こいつらなんかおかしい・・・。」って。
ブリッジに上るほど皆同じ顔になり、クリアーやOTになっても
自分の意見というものはなく、話すことは全員同じ。
要するに幅度の受け売り。人格者がなぜか一人もいない。
被害にあった人の声を聞けば皆そう言うだろう。

俺は自由領域ではそうあってほしくないだけなんだよ。
ここの存在には俺も非常に助かってる。
菜園すべてを全面否定してるわけじゃないさ。



356 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/08(水) 07:00:29 ID:o+OLyJcm
>>350

新OT IIIまでのレベルを終了した人が入っている会。彼らが信じるところの社会貢献を
目的としている。

>>353 >>355

「高次元エンティティー」との接触は、少なくとも、現在の菜園教会の新OT VIIIまでの
橋には含まれていない。新OT V〜VIIで接触しているのは、肉体の内部や表面にある
エンティティーだ。そしてそういう意味では、神道やキリスト教と同じように、
唯物論的であり、アニミズム的であるといえる。

「幽界層からエネルギーを得ているとしか思えない」と>>355に思わせた記事が
あったならば、それは記事を書いた人が菜園教会について誤解していたのだろう。

また、しばしば、菜園教会人が他の宗教を同時に実践していて、それも菜園の一部だと
誤解されることも多い。

実際のところは、菜園教会の問題は幅度個人崇拝だ。それは、「ブリッジに上るほど
皆同じ顔になり、クリアーやOTになっても自分の意見というものはなく、話すことは
全員同じ。要するに幅度の受け売り」という>>355の観察の通りだ。

357 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 11:27:32 ID:nareMWCI
>>356
自由領域と菜園教会は区別しての意見だが、
国家レベルの物事をコントロールするのに高次元存在との接触は
不可欠なものになっている。
それは今の宇宙が「上から下に降ろしてくる」、つまり上の次元のコピーで
成り立っているからだ。
従ってこの法則に反して繁栄を目指すのはなかなか難しい。
特に東洋ではそれが顕著だ。
権力者の歴史を見てほしい。
この法則に則らなければ頂点には立てない。
(悟りを目指すなどとはまた別の話だろう)

菜園は直接のエンティティ崇拝はしていないかもしれないが、
4次元階層以上のエンティティにコントロールされてる可能性はあるだろう。
「うちではそういったものは扱いませんし、出てきません」という話では
ないのである。

まあ上位層の存在を認めることが前提の話になってしまうが・・・。
ただ出てこないからといって知らずに魔境に落ち込むなんてことはよくある話だ。
だから禅などでは目的を明確にしている(悟り)。他は大悟の妨げになるという理由から
すべて切り捨てる。OT現象なんかに一喜一憂しない。
魔にやられることがわかっているからだ。
菜園は秘密主義すぎる。「(オーディティングを)受けてみればわかります」
としているが・・・。知らず知らずのうちに魔にやられている可能性は高いわけだよ。
アカデミーで勉強した人なら目撃した人もいるかもしれないが、
彼らはある日突然一瞬にして顔が変わったりする。
悩みがなくなって明るくなったというレベルではない。
人格そのものが変わったりするんだよ。
同じ人物だと気付かない場合も稀にだがある。
この辺りは考察の余地があるだろう。



358 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/08(水) 14:19:47 ID:o+OLyJcm
菜園の公理にKRC三角形は含まれていない。俺はKRC三角系はadditives
(余計なもの)の1つだと見なしているが、この見解は自由領域でも少数派だ。

KRCはKnowledge、Responsibility、Controlの頭文字を取ったものだ。菜園会では
一般的に ― つまり、教会でも自由領域でも ― 物事についての全面的な決定力を
掌握するには、その物事についてのKRCが必要だと考えられている。

K + R + C = Pan-determinism

しかし、この三角形にResponsibilityは変だろう。物事についての全面的な決定力は
その物事についての自由に他ならない。

「思想の自由」は「思想について責任を取ることや取らされること」ではなく、「思想に
ついて責任を取らなくてもいいこと」なのだ。

本当の三角系は、Knowledge、Choice、Controlだろう。

最近、ナイジェリアの古い宗教であるイファが自由領域で話題になることがある。
イファには菜園のGPM理論に相当するものがあり、イファの教えの一部はGPM理論の
実践に役立つ補完的な説明になる。

イファに、doingnessを表す動詞とhavingnessを表す目的語がbeingnessを定義する、
という主旨の教えがある。

例:
 to catch fish → fisherman
 to make money → enterpreneur

ここから、To Control Knowledge → Choice。


359 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:57:55 ID:lb9gqdTZ
>本当の三角系は、Knowledge、Choice、Controlだろう。

こうなるとアバターっぽい思想になってくるね。
ちなみにアバターは2chでは自分の信念しか変えることができない
インチキだというふうに批判の対象になっているようだが、
菜園理論を前提にすると間違いではないということになる。
本来セイタンは思ったことはすべて現実化するとなっているからだ。

まあ俺はアバターでどれだけのレベルのことをやるのかはわからんが、
菜園教会のOT8ですらまだそんな境地に到達していないのだから
コースを受けたくらいで望む現実を創造するなんて実に困難な話なのだろう。

「信じていることを経験する」とまで言ってしまうと、
じゃあ信じているのに叶わないのは何でだということになってしまう。
菜園的に解明すると「まだセイタンが本来の力を取り戻していないから」
ということになるだろうな。
そこで菜園人はチャージを取り去る作業に入るわけだが・・・。

もちろんこれらは思考が現実化するのが真実だということが前提になる。

360 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:30:52 ID:xykzzCEA
>じゃあ信じているのに叶わないのは何でだ
ΘがGPMの影響でそうならないように決めてるからだと。

GPM -> http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1155136647/51

かつて強力だったころの思考は継続して現実化し続けてる。

今 信じてると思ってることがかつての思考と相反すれば
それはかなわないか 曲がった現実を作りだす。

菜園の実践とはかつての思考を見つけ、それをやめたり、
かえたり、そのままにしたりと決めなおすこと。

だと思う

361 :360:2006/11/08(水) 23:33:36 ID:xykzzCEA
アンカー間違えた orz
GPM -> http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1155136647/52

362 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:30:10 ID:dSGTrUft
>今 信じてると思ってることがかつての思考と相反すれば
>それはかなわないか 曲がった現実を作りだす。

アバでもあったな。そんな理論。


>菜園の実践とはかつての思考を見つけ、それをやめたり、
>かえたり、そのままにしたりと決めなおすこと。

それがアバではソースリストだったりCHPだったりというわけですか。
どこかで聞いたような表現だとは思ったけどやはり!

でもアバで現実創造は不可能だった・・・ orz

俺はアバが全くのインチキとは思ってないんだがね。
このスレで自由領域を追求していく中で解明されればいいと思ってる。

363 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/09(木) 07:24:56 ID:E8GzKsi9
>>357

菜園教会と自由領域の区別がついていないね。「秘密主義」なのも、「アカデミーで
勉強」も、全部菜園教会の話だろう。

>>359

>>360

加えて……

「「思ったことは全て現実化する」という考えを抱く」とセイタンが思えば、「思った
ことは全て現実化する」という考えそのものはまぎれもなく実現される。アバターの落と
し穴はここだ。

古菜園の理論では、例えば、「実業家として成功する」とセイタンが思うことは、実業家
として成功することそのもの、だ。「「実業家として成功する」という考えを抱く」と思
えば、「実業家として成功する」という考えを抱くことに成功するだけで、実業家として
は成功しない。

>>360

正しい。

加えて……

かつて強力だったころの思考の現実化の典型的な例は、この物質宇宙の
存在そのものだ。また、各魂のための心の存在もそう。

364 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:38:38 ID:ZBibMLoD
>菜園教会と自由領域の区別がついていないね。「秘密主義」なのも、「アカデミーで
>勉強」も、全部菜園教会の話だろう。

そうか?自由領域がただ菜園教会から独立してサービスを無料にしているだけで
内容自体は教会のものと全く(ほぼ)同じだったら
アカデミーであろうが自由領域であろうが同じ危険性を懸念するのも
無理ない話だろう。

それに日本では自由領域人はまだ二人しかいないとのことだからな・・・。

自由領域が秘密主義でないという証に、ここいらで教会では秘密であろう
OTデータを自由領域のデータとして公開してもらえないだろうか。
具体的にOTってのは何で、どんな存在で、何ができるのだ?
OT1〜8、それぞれどういった状態になって、何が達成される?
どんな能力を獲得することになるんだ?
彼らが知っている明かされた真実とは一体何だ?
そもそも何で秘密になってる?
やはり一般の人には受け入れがたい内容だからか?

そして自分が「人生の起因」に立つことで、OT8は思ったことが数日後には
現実化しているという。
これが本当ならアバターは理論的には正しいが、コース自体は子供騙しということになる。
>アバターの落とし穴はここだ。
これがネックになっているのかもしれないが・・・。





365 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/09(木) 13:40:32 ID:E8GzKsi9
>>364

菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と古神道の違いくらいに大きい。

--

OTはOperating Thetanの略。古菜園でのOTは肉体に依存せずに何かを知覚したり、
何らかの行動を起こすことができる者のことで、一時的にOT状態になることは
菜園外でも十分にあり得る。そういう一時的なOTはKeyed-out OTと呼ばれる。

例えば、俺は転生時に記憶をかなり維持できる。これは肉体には依存しない
能力なので、OT能力ということになる。

操縦士本の内容と菜園教会のOTレベルの対応表は
http://freezoneamerica.org/pilot/self/appendix_c.html
にあるから、興味があるなら読めばいい。自由領域はOTレベルを隠しちゃいない。

教会がOTレベルを秘密にする本当の理由は、多分、お金儲け。

--

OTについて「思ったことが数日後には現実化する」と考えている人は、OTについて
理解していない。まあ、自由領域でも誤解が多いし、これは説明が難しい。

セイタンが、「「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**」と思えば、
「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**ことができるようになる。数日間の
タイムラグはない。

たった今、俺は鼻クソをほじくった。鼻クソをほじくっていた時の俺はまさしく鼻クソを
ほじくることを思っていた。鼻クソをほじくることを考えることを思っていたのではない。
だから、鼻クソをほじくることが現実になり、小指の先に鼻クソがくっついている。

366 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 14:45:07 ID:jg5RVxMX
>菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と古神道の違いくらいに大きい。

ならば期待できる。
それにしてもおもしろい表現だ。菜園教会に国家神道・・・。
そういやそうだと思ったよ。

>例えば、俺は転生時に記憶をかなり維持できる。これは肉体には依存しない
>能力なので、OT能力ということになる。

それを身に着けるにはどうやったらいい?

> セイタンが、「「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**」と思えば、
>「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**ことができるようになる。数日間の
>タイムラグはない。

では思ったことを現実化するにはどうしたらいい?
他人の肉体を支配して手紙を書かせるドリルとも関係があるのか。
アバターではソースリストというものをやっているようだが・・・。
しかしこの方法だとタイムラグが発生するようだ。
だから批判の対象になるし、宇宙が違うからという言い訳をするハメになっている。
確かにOTに対する理解が不十分みたいだな。


・・・まるでハリー・ポッターの魔法学校みたいだな。




367 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/10(金) 07:12:34 ID:XJKsj9Ux
>>366

前世の記憶を取り戻すという目的を持った瞬間に、前世の記憶を取り戻せるかどうかに
関わらず、この生涯の記憶をある程度次の生涯に持ちこす能力が回復される。

--

心の中で思ったことは、心の中でしか現実にならない。物質宇宙の中で何かを現実に
したいならば、物質宇宙の中で思う必要がある。物質宇宙の中で思うということは、
具体的に行動を起こすことで、これには肉体を動かすことがたいていは含まれる。

ピアニストになりたいならば、ピアニストになることでしか願望は達成されない。
ピアニストになることなしにピアニストになりたいという願望を達成する手段はない。

To control knowledge → choice

英語のknowはドイツ語のkennenに相当し、英語のcanはドイツ語のkönnenに相当する。
どちらも語源は同じだ。ゆえに、knowledgeには経験や技能が含まれる。ピアニストに
なりたいならば、必要なknowledgeを優れた教師から学ぶ必要がある。

菜園が助けになる可能性が僅かにあるとしたら、controlの部分だ。ピアニストになりたい
ならば、例えば、「ピアニストにはならないぞ」という前世の思いをなんとかすることは
助けになるかも知れない。

しかし、ピアニストになるために本当に必要なcontrolの水準に達するのを阻害している
重要な要因がどのレベルにあるのか、それはわからない。「これをやればあなたの
願望は実現しますよ」という保証はできない。

菜園に世俗的な効果はない、と俺が何度もいう理由がそれだ。「隠された基準」が
オーディティングの効果を台無しにしてしまうのもそれだ。

368 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 10:48:17 ID:yAIQTZF3
ではアバターも世俗的な効果はないということか?
アバター理論では

>ピアニストになりたいならば、ピアニストになることでしか願望は達成されない。
>ピアニストになることなしにピアニストになりたいという願望を達成する手段はない。

こいった考えは制限信念として処理すべき対象になる。
しかしピアノが弾けないならピアニストにはなれないのは当たり前だ。
ソースリストが完璧にできても「何で実現しないんだ?」ということが起こる。

「それはピアノが弾けないからではないか?」
これはセカンダリーだから処理。
最終的に「自分はピアニストになる」というプライマリーが
ノーセカンダリーで創造できたとしても、
だから何だという結果に終わってしまうのだ。
残るのはコースを受講してしまったことに対する後悔と空虚感だけだ。


369 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/10(金) 16:05:41 ID:XJKsj9Ux
外在化、2

>>345のドリルを十分に行なった後で実行する。

1) >>345のドリルを行い、遠隔視点を確保する。
2) 視点と山の間にエネルギーの膜を作り出す。
3) エネルギーの膜を山に押し込む。
4) エネルギーの膜を山から引っ張り出す。
5) エネルギーの膜を山に押し込み、遠隔視点を山の上空に維持する。
6) 遠隔視点を維持しながら、肉体を動かすのに使っているいつもの視点を意識し、
 肉体の目を開ける。
7) 意識を遠隔視点に再び移す。
8) 意識を肉体のところの視点に戻す。
9) 2つの視点から同時に見る。

(1), (2), Loop{ (3), (4) }, (5), (6), Loop{ (7), (8) }, (9)

--

旧OT VI、VIIと関連性のあるドリル。

かなり難しい。最初のころの結果は単なる想像に過ぎないかもしれないが、橋全体を
繰り返すうちに次第に上達するだろう。

370 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:20:16 ID:klTyyKka

>>365
>セイタンが、「「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**」と思えば、
>「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**ことができるようになる。
>数日間のタイムラグはない。

>>367
>心の中で思ったことは、心の中でしか現実にならない。物質宇宙の中で何かを現実に
>したいならば、物質宇宙の中で思う必要がある。物質宇宙の中で思うということは、
>具体的に行動を起こすことで、これには肉体を動かすことがたいていは含まれる。


これは、

「思っているだけの思考は決して現実化しない。
行動として思った思考は実際に行動に移すことにより現実化する。
ただし行動した結果が期待したものになる保証はない。」

という解釈でいいんでしょうか?


371 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/11(土) 07:29:47 ID:VYHl2KSU
>>370

セイタンにとって、本来、

思う = 行動する

なので、

心の中で思う = 心の中で行動する

物質宇宙の中で思う = 物質宇宙の中で行動する

ということになる。

心の中で思えば、心の中で現実になり、物質宇宙の中で思えば、物質宇宙の中で
現実になる。

心の中で思うことは、物質宇宙の中で思うことのリハーサルになるかも知れない。しかし、
リハーサルをいくら繰り返しても、コンクールやコンサートをドタキャンし続ければ、
リハーサルに意味はなくなってしまう。

372 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 15:27:16 ID:cXeCIumz
フリーゾーンでも菜園教会みたいに
普段ハイでいる状態が正常で、そうじゃない人達をトーンが低くて
逸脱してるっていうふうに見たりする?

菜園教会は常に何かに抵抗しているように見える。
宇宙の意思に反抗したいと考えてるとしか・・・。
惑星のクリアリングだと言ってるけど、世界制覇ごっこにしか見えないし。
何か事件がある度に大騒ぎしてスタッフに取り込もうとしたりする。
逆に事件を利用してるよね。
「危ないんです危ないんです」って言ってハルマゲドン煽ってるけど、
一体黒幕は何なんだろうな。
幅度はとっくにいないわけだし・・・。

彼らの「意思」は、キリストだとか大神様だとかの系統のものでは
ないだろうね。
一体彼らは何がやりたいんだ?
フリーゾーンの目的とは全く別のものなんだろう?


373 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/11(土) 20:27:31 ID:VYHl2KSU
>>372

状況にふさわしい感情を示す人が正常で、良い状況で落ち込んでいる人や悪い状況で
陽気な人は逸脱している ― これが古菜園の考え方であり、今の自由領域の考え方でも
ある。

菜園教会は乗っ取り屋に支配されているので、菜園本来の考え方からは逸脱している。

そもそも、魂にとって何も危ないことはない。魂は不死。だから、ハルマゲドンごときで
焦る必要はない。この宇宙全体が消滅したって、魂は死んだりしない。

自由領域の実践の目的は各個人の自由なので、当然、各個人が具体的なものを自由に
決める。俺の場合は、短期では常時外在化、長期では木星を傾けるくらいの能力。
この宇宙全体の時間を巻き戻す能力みたいに、魂の元々の力の究極までもは、今の
ところ、求めていない。

374 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:01:07 ID:JYQxkaV8
>菜園教会は乗っ取り屋に支配されているので、菜園本来の考え方からは逸脱している。

ちなみに乗っ取った目的は何だと思います?
本来の考え方から逸脱した活動を行う理由は?

>俺の場合は、短期では常時外在化、長期では木星を傾けるくらいの能力。

普段常に外在化されてらっしゃるんですか!?
そんなことが可能だなんて・・・。
確かにそれが理想だとは文献で目にしましたが。

あと、木星に執着されてるようですがその理由は?

>この宇宙全体の時間を巻き戻す能力みたいに、魂の元々の力の究極までもは、

個人の魂がそんなことできちゃうものなの?


375 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:16:12 ID:WgqaG4Gl
「PTSランダウン」と「抑圧された人のランダウン」、
ソロのコマンド教えてくれませんか?

教会ではPTS/SPコースが先だと言われてたし、
結局大金が必要になるのでやらなかった。

感覚的に自分に必要なプロセスだと思ってるですがねえ・・・。


376 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/12(日) 05:28:35 ID:S7e9ziQm
>>374

乗っ取り屋の目的は金儲け。

常時外在化は俺の短期目標で、まだ実現していない。あと300年くらいで実現できれば、
自分としては満足だ。

昔、幅度は俺に「You are weak. You can't tilt a planet」といった。惑星も傾けられない
うちは、悟ったと勘違いしてはいけない、ということだと俺は解釈している。幅度がどの
惑星を念頭においたのかわからないので、太陽系最大の惑星を傾けることを
目標にしている。10億年くらいかかるかなぁ …

極めて強力な魂によって、この宇宙の時間の巻き戻しは時々行なわれている。
40年くらい前に数回、5年くらい前に1, 2回だあったと俺は推測しているが、違う意見も
ある。時間の巻き戻し決定が1つの魂の独断に基づくのか、いくつかの魂の合議に
基づくのか、そのあたりは知らない。

>>375

それら2つのランダウンと同じものは、自由領域では一般に行なわれてはいない。
もちろん、似たようなものはある。

PTS関連は実にたくさんのプロセスをやるが、操縦士が最初に勧めるのはこれ:

1) 誰かが自分を止めた時を突き止める。
2) 自分が誰かを止めた時を突き止める。
3) 誰かが他の誰かを止めた時を突き止める。
4) 自分が自分自身を止めた時を突き止める。

残りはまた後ほど。

377 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/12(日) 05:30:30 ID:8e7Q9CwT
>>374

乗っ取り屋の目的は金儲け。

常時外在化は俺の短期目標で、まだ実現していない。あと300年くらいで実現できれば、
自分としては満足だ。

昔、幅度は俺に「You are weak. You can't tilt a planet」といった。惑星も傾けられない
うちは、悟ったと勘違いしてはいけない、ということだと俺は解釈している。幅度がどの
惑星を念頭においたのかわからないので、太陽系最大の惑星を傾けることを
目標にしている。10億年くらいかかるかなぁ …

極めて強力な魂によって、この宇宙の時間の巻き戻しは時々行なわれている。
40年くらい前に数回、5年くらい前に1, 2回だあったと俺は推測しているが、違う意見も
ある。時間の巻き戻し決定が1つの魂の独断に基づくのか、いくつかの魂の合議に
基づくのか、そのあたりは知らない。

>>375

それら2つのランダウンと同じものは、自由領域では一般に行なわれてはいない。
もちろん、似たようなものはある。

PTS関連は実にたくさんのプロセスをやるが、操縦士が最初に勧めるのはこれ:

1) 誰かが自分を止めた時を突き止める。
2) 自分が誰かを止めた時を突き止める。
3) 誰かが他の誰かを止めた時を突き止める。
4) 自分が自分自身を止めた時を突き止める。

残りはまた後ほど。

378 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 11:12:14 ID:cY4SRpfp
>>375です。ありがとう!

379 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/13(月) 09:23:20 ID:OFcQCPxG
自由領域の菜園以外で時間の巻き戻しが語られているのは、仙道だ。仙道の
最終段階である還虚合道では、この宇宙に存在していた自らの痕跡を消すらしい。

例えば、ダイアネでは、心の時間を巻き戻し、心の中にある過去の出来事を再体験する。
ダイアネの究極は、どのような宇宙の時間をも巻き戻し、その宇宙の過去の出来事を
再体験することだ。

神々の時間の巻き戻しの後、平凡なる俺たちは再び同じことを繰り返すことになるが、
巻き戻し前の未来をいくらか覚えている連中がいて、「予知能力者」になる。

神々の時間の巻き戻しを恐れる必要はないし、神々を崇拝する必要もない。
彼らにとって、俺たちはあまりにも取るに足りない存在だ。たとえ俺が木星を傾けても、
彼らから注目されるにはまだまだ力が足りないだろう。

380 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 11:16:01 ID:+YCDMQcZ
予知能力者は自分が乗る飛行機が落ちるとわかったら乗らないので
同じことを繰り返すことにはならないと思うんだけど。
神は何のために時間を巻き戻すのですか?

381 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/13(月) 14:29:19 ID:OFcQCPxG
>>380

同じことを繰り返すのは平凡な俺たち。「予知能力者」は繰り返さないこともある。

神々が宇宙の時間を巻き戻すのは、俺たちが心の時間を巻き戻すのと同じで、
ソロオーディティングの一部。

382 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:39:37 ID:06ezrI0n
>仙道の最終段階である還虚合道では、この宇宙に存在していた自らの痕跡を消すらしい。

自分の痕跡を宇宙から消したら、自分を知ってる人の記憶やら
社会に残った記録はどうなるの?
そして宇宙から消えたときに自分の意識とかはちゃんとあるんですか?

>神々の時間の巻き戻しの後、平凡なる俺たちは再び同じことを繰り返すことになるが、
>巻き戻し前の未来をいくらか覚えている連中がいて、「予知能力者」になる。

じゃあみんな知らない間にもうすでに時間の巻き戻しを経験してるということ?
覚えていないというだけで・・・。


383 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 15:26:51 ID:06ezrI0n
ちなみにold timerさんは、還虚合道に達して宇宙から自分の痕跡を消した人は
何人くらいいると思いますか?
日本人にもいると思いますか?



384 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:08:39 ID:lniWxuRM
>彼らにとって、俺たちはあまりにも取るに足りない存在だ。たとえ俺が木星を傾けても、
>彼らから注目されるにはまだまだ力が足りないだろう。

彼ら=nothingness?
人格神っぽい表現されてたもので・・・。
「神々」とか。



385 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/14(火) 07:50:20 ID:ML8bGg7R
>>382

自分の痕跡をこの宇宙から消した場合、自分を知っている人の記憶のうち、その人の
この宇宙内での視点によるものは消えるが、その人のこの宇宙外での視点によるものは
残る。もっとも、この宇宙外での視点を使える人は稀。

記録は当然消える。歴史は小さくあるいは大きく塗り替えられることになる。

知らない間に、俺たちは何度も巻き戻しを経験している。

>>383

この地球上に肉体を持っていた人のうち、還虚合道に到った人は1人くらいはいると思う。
その人がいずれかの生涯で日本人だった可能性は残る。しかし、彼は他の国の人で
あったこともあるだろう。

もしも俺がその境地に到ったら、メリス・クー人、中央アフリカ人、シリア人、フランス人、
イタリア人、イギリス人、日本人がその境地に到ったことになる。

>>384

彼らはnothingnessではない。誰もnothingnessではない。

386 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 09:51:24 ID:QO3WYl4e
>神々の時間の巻き戻しを恐れる必要はないし、神々を崇拝する必要もない。
>彼らにとって、俺たちはあまりにも取るに足りない存在だ。たとえ俺が木星を傾けても、
>彼らから注目されるにはまだまだ力が足りないだろう。

バカ言ってるぜ?
これまでの宗教史の中で霊験の類がどれだけあったと思うのよ。



387 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:49:29 ID:2Eu6HU2O
>>385
前世ではセントヒルで幅度といっしょだったんですね。

388 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/14(火) 15:45:02 ID:ML8bGg7R
>>386

俺たちに関心を持つのはもっと弱い魂だ。時間を巻き戻せるほどの魂は
俺たちにほとんど関わってこない。

ユダヤ教やキリスト教の経典にも、そこまで大きな力を持つ神は登場していない。

>>387

幅度とは前世で面識があるけど、あまり長い間関わってはいない。俺は1962年に
死んだ。

389 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 17:46:46 ID:QA8BSrZ/
いつも質問ばかりで申し訳ありません。

old timerさんは1962年に終わった直前の人生から今回日本人として産まれてくるまでの、
その間の記憶(死後の世界)というのも思い出されたのですか?

もしよろしければその世界のことをお訊かせ頂きたいのですが…。
死んで、次に産まれてくる時に、モンローが言っているように、
ある程度自分の肉体や環境を設定した上で転生してくるのでしょうか?

390 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:29:12 ID:v4MXRgMa
菜園(教会)理論で死んだら火星に送られて記憶が消されるというのは嘘?
一般的な精神世界の概念では今生で学びやすいように記憶を消して
生まれてくるみたいな話だよね。


391 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/15(水) 00:25:19 ID:P5LUobFZ
>>389

肉体を操る能力のある魂の数は、新しく生まれて来る肉体の数より遥かに多い。肉体を
獲得できる魂は少数派。だから、あまり都合よく肉体や環境を選べない。条件の良い
肉体の競争率は高い。

たの魂が宿っている肉体を乗っ取る能力があれば、問題が解決するのだがなぁ。

>>390

そもそも、菜園教会の教義にも、火星に送られる話はない。菜園の基礎本、
フェニックスやフィラディルフィアの講演、SHSBC、新OT I、旧OT II, 新OT IV〜VII、
旧OT I〜VIIの終了者の話などを読んだり聞いたりしたが、幅度自身はその火星送りの
話などしていない。

自由領域の操縦士、H氏、F氏、D氏などの重鎮の書いたものの中にも、そんな話は
出てこない。

菜園は他の宗教に対しては寛大なので、他の宗教からのネタも聞こえてくることがある。
火星送りの話は多分そういったネタの1つではないかな?(あと、幅度はそういうネタを
使って講演の冒頭で笑いをとることがあったので、冗談が通じない人が真に受けた
こともあったかもしれない)

392 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 01:11:44 ID:G2LAtZyt
自由領域でも精神薬はタブーですか?
菜園教会では精神薬を服用したことがある者を拒みますよね?
オーディティングが効かないことがあるからと言って・・・。
「精神科のお世話になったというだけで救えない」→「菜園なんてその程度、やはりニセモノ」
と私は単純に見なしていたのですが・・・。
他の宗教で精神薬を使用した経験があるだけで救われないなんてとこないでしょ?

自由領域では鬱状態の対処法はありますか?
抗鬱剤などを使用することなしに。


393 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/15(水) 08:07:06 ID:P5LUobFZ
>>392

精神薬使用歴のある人間にも、無料ソロ橋は開かれている。

自由領域の各オーディターが、精神薬使用歴のある人間にオーディティングを
施すかどうかは、各オーディターの自由だろう。

症状としての鬱状態の原因は様々で、肉体に原因がある場合には、誰にでも使える
対処法はない。自由領域の最高峰たちならば、相手の肉体に直接変化を起こし、
鬱状態を治せるかもしれない。

鬱状態の原因が精神的なものであれば、通常の橋をデュオでやることで
対処できるだろう。

なお、自由領域は小乗的で、全ての人間を救うことをあまり優先的に考えない。

人が菜園で誰かを救いたいと思うならば、自由領域の他のオーディターをあてに
すべきではなく、その救済動機の持ち主自身が菜園を学び、オーディターとして
研鑽を積むべきだろう。

394 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:46:41 ID:wUbqNC8e
>>376
この宇宙の巻き戻しに対して教えてください。

この宇宙では因果律は根本的なものだと思っていたのですが
因果律はたびたび破られているということでしょうか?

それとも、「因」を消去したために、それに基づく「果」も
消去されたというだけで因果律は保たれているということ
でしょうか?

そうだとすると、過去の「因」を消去することはできるが
過去に「因」を創造することはできないということでよい
でしょうか?


395 :389:2006/11/15(水) 23:08:02 ID:wYmg/AuO
>>391
ご回答ありがとうございました。
現在与えられている肉体を大切にしなくてはいけませんね。


396 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/16(木) 07:57:55 ID:VSwlKhFp
>>394

こういった話は俺たちの気分を害する傾向にある。冷静に考えることができれば、立派な
ものだ …

時間を巻き戻して宇宙に干渉することができる魂は、その宇宙の歴史を変えることが
できる。

2003年の時点で、1962年まで物質宇宙の時間を巻き戻せば、1962〜2003年の歴史は
消える。1962年からの歴史に干渉すれば、新たなる1962〜2003年の歴史が作られる
ことになる。物質宇宙内の各視点による記憶も違ったものになる。

一方、物質宇宙の外にある視点から見れば、第1の1962〜2003年の後に第2の1966〜
2003年が生じることになる。

物質宇宙内視点から見れば

 1962年 → 2003年 → 歴史消滅
 1962年 → 2003年

物資宇宙外視点から見れば

 1962年 → 2003年 → 巻き戻し → 1962年 → 2003年

菜園はこの宇宙内の視点から見たこの宇宙の時間について、アインシュタイン的な
世界観を持っている。物質の変化を観察する視点に、「時間」という考えが生じるに
過ぎない。よって、全ての物質を1966年にあった位置に戻せば、この宇宙の時間は
1966年まで巻き戻されると考える。

物質宇宙を作り続けているのは俺たちを含め、この宇宙の何らかのゲームに
参加している全ての魂だ。極めて強力な魂が全ての魂にテレパシーで号令を掛けると、
俺たちは自らの意思に関わりなく俺たちが作っている物質を昔あった位置に戻す。

397 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/16(木) 08:09:59 ID:VSwlKhFp
しかし、俺たちは肉体の外にも、そして、この物質宇宙の外にも、普段はほとんど
意識しないが、いくつかの視点を持っている。

>>345>>369の外在化ドリルは、肉体に宿っているのとは別の視点を意識するドリルだ。

菜園の外在化は、肉体の中にある視点が肉体の外に出ることではなく、肉体の中にある
視点よりも外にある視点が優先的に意識されている状態だ。

同じように、物質宇宙の中にある視点よりも外にある視点を優先的に意識すると、この
宇宙に対して外在化することになる。

宇宙に外にある視点は宇宙の時間の巻き戻しを目撃する。

つまり、幸い、俺たちは時間も巻き戻しに対してまったく無力ということではないことに
なる。

398 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 12:19:58 ID:FKAPY7ES
ではold timerさんは実際に巻き戻しを目撃したというわけですか。

>極めて強力な魂が全ての魂にテレパシーで号令を掛けると、
>俺たちは自らの意思に関わりなく俺たちが作っている物質を昔あった位置に戻す。

ではそもそも菜園がOTというものを量産しようとしている目的は何?
惑星を傾けたり時間を巻き戻したりできる程のパワーを持った魂を集めることで
一体何をやろうとしている?
教会はOTを集めて何かと闘おうとしているようだが・・・。(ジヌー?)

いわゆる超能力者集めて彗星の軌道を逸らそうみたいなのと似ているような気もする。
時間を巻き戻すつもりなのか、あるいは神に反発したいのか。
宇宙そのものを変化させるつもりなのか・・・。
まあ物質宇宙そのものが合意で成り立っているというのなら、
それを維持することも変化させることもそれほど困難なことだとは思えないがね。

399 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/16(木) 13:08:30 ID:VSwlKhFp
>>398

肉体が死んだ後、たまたまこの宇宙の外側の視点が活性化していたので、巻き戻しを
目撃できた。今この瞬間に時間の巻き戻しが起これば、俺も気が付かないに違いない。

自由領域は魂を集めようとはしていない。そもそも、惑星を傾けるほどの力をもつ魂を
集めることなんてできない。

教会もXenuと闘ってるんじゃないよ。ただ、組織の求心力を維持するために、常に敵を
必要としているだけだろう。それがIRSだったり精神科医だったりする。


400 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/17(金) 09:25:16 ID:C9lu87Ho
外在化、3

>>345>>369のドリルを十分に行なった後で実行する。

1) >>345のドリルを行い、遠隔視点を確保する。
2) 遠隔視点を動かして、自分が知っている都市や田舎を観察する。

--

見えるものの大部分は想像の産物に過ぎないかもしれないが、少しずつ遠隔視点による
知覚情報も混ざってくるようになるだろう。

401 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 00:20:45 ID:qvpDRwpm
>>396 回答ありがとう

質問の意図としては「物質宇宙」のルールを確認することでした。
この宇宙の時間の概念よくわかりました。

が、さらに疑問が。

ダイアネの理論では、視点が物質宇宙で観察したすべての知覚は
マインドへ蓄積されて行きます。

我々に巻き戻しが知覚できないということは、このコピーも号令に
よって消去されるということですか?
それとも見えないように蓋をするだけ?

ところで
マインド = 個人的宇宙 ≒ 自家宇宙
と考えてOKですか?(>>97>>339)


402 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/18(土) 07:55:14 ID:DfowhOon
>>401

宇宙の状態にマインドが自動的に合わせようとするので、見えなくなってしまう。
物質宇宙の視点は、自分でマインドに蓋をかぶせるのだと思う。

多数の自家宇宙を擁していた共有空間が崩壊したときに、各魂は自らの自家宇宙の
一部をつなぎとめた。これが後にマインドになった。

403 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:27:22 ID:EDMSm/PQ
>肉体を操る能力のある魂の数は、新しく生まれて来る肉体の数より遥かに多い。肉体を
>獲得できる魂は少数派。だから、あまり都合よく肉体や環境を選べない。条件の良い
>肉体の競争率は高い。

この辺りの理論には賛同できない。
たいていの精神世界のセオリーとは違うようだが・・・。
俺自身、魂は「肉体を見つけて入り込むもの」ではないと考えている。
これはold timerさん自身が出生前の記憶を思い出したことによる理論なのか?
確かに菜園の文献には、セイタンは肉体の死を経験すると次の肉体を求めて彷徨う
といった記述があったと記憶している。

だがこれは菜園教会が「ブリッジを上らなければならない」という強迫観念を
植えつけるための嘘の記述だと思っていた。誤解語理論と同じで。
つまり、「我々は永遠に物質化し続ける」と・・・。

だが考えてほしい。『チベットの死者の書』では、魂が肉体を持って生まれてくるのは
死後、光明に気付かなかった者だとしている。
3次元に生まれてくることは、3次元でしか経験できないこともあるし、
それはそれでありがたいことではあるけれども、
何も次の肉体を求めて競争する必要はないのではないだろうか?



404 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:32:16 ID:EDMSm/PQ
old timerさんはなぜ再び肉体に生まれ変わってきてまで常時外在化を
目指したいのだろうか?
別の宗教を信仰している者なら、天国に行きたいなり成仏したいなり
他にいくらでも選択肢はあるだろうに。
そもそも来世でも肉体を持って生まれてくるというのは
成仏できていない証拠ではないのか?それは菜園は解脱を目指す道だという話と
矛盾していないだろうか。



405 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/19(日) 14:12:29 ID:09mYOTN9
>>403

菜園理論では、肉体を求めて競争する必要があるとは説いていない。大部分の魂がその
競争に参加しているという事実を認識しているだけ。

菜園での最大の罪は、魂が肉体を欲するように仕向けること。

>>404

再び生まれ変わりたいという希望は俺にはない。

俺について何か誤解しているのではないか?

406 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 14:53:03 ID:I827DcS6
>>405

>常時外在化は俺の短期目標で、まだ実現していない。あと300年くらいで実現できれば、
>自分としては満足だ。

これは?
来世でもう一度物質化して菜園を続けるという意味ではなかったのかな?
それとも今生で肉体の老朽化を食い止めてこの肉体のうちに約300年後に
達成できそうだとか・・・。

あるいは多くの人と同じように、100歳に達しないあたりで肉体を離れて
魂の状態で宇宙から常時外在化の意味だったかな?




407 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/19(日) 16:42:15 ID:09mYOTN9
>>406

来世で再び肉体を獲得することを目的としているのではない。

肉体を獲得せずにどこかに視点を安定して置くことができれば、それは常時外在化だ。
また、肉体を獲得していても、肉体以外のどこかに視点を安定して置くことができれば、
それも常時外在化だ。

常時外在化が実現しているならば、肉体を獲得するかどうかは個人の好みの問題だ。

菜園の本来の目的は自由。

常時外在化した後、しばらくの間は、必要な場合に一時的に誰かの肉体を乗っ取るのが
俺好み。しかし、これは常時外在化よりかなり難しい。

408 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 18:40:13 ID:QzNdzvxb
>常時外在化した後、しばらくの間は、必要な場合に一時的に誰かの肉体を乗っ取るのが
>俺好み。

いや、こういったところが菜園が黒魔術的でヤバいと思われる原因だっちゅうに。
乗っ取られる立場の人はどうなる?
他人の体乗っ取りなんて幽界の不成仏霊のやることだぞ?

オブジェクティブ終わった奴ら、どう考えても誰か(エンティティ?)に
肉体を乗っ取られてるとしか思えん・・・。
あの人格の変わりようったらないぜ。
現に菜園人もエクステリア状態時に別のセイタンが入る可能性を示唆していたからな・・・。
エクステリアをきっかけに別人になってしまった例は多い。

神懸りなんかと違って幽界層の浮遊エンティティなわけだからな・・・。
教会人OTなんて乗っ取られ放題だろ、きっと・・・。

肉体乗っ取りを考えてる魂なんてold timerさん以外にもうじゃうじゃいそうだ。
old timerさんは一時的にお借りするくらいの感覚かもしれんが、
そうじゃない目的のやつも多いだろうし。

409 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/19(日) 21:13:18 ID:09mYOTN9
>>408

肉体の乗っ取り能力は能力だ。それそのものは聖でも邪でもない。できないよりもできる
方がいいに決まっている。

肉体を乗っ取られたがる人が結構いるから、そういう人の肉体を乗っ取れば、倫理的な
問題は起きないと思う。他に、ビルから飛び降りて落下中の肉体をいただくなんてことも
ありだろう。

--

>>408がいう「神懸り」が具体的にどの宗教なのか不明だが、古神道の鎮魂帰神は
菜園NOTsの逆にあたる。鎮魂帰神の信奉者とNOTsの信奉者が互いを低く
評価するのは無理もないことだ。

一方、仙道の練気化神と菜園のNOTsは表裏の関係にあるため、それぞれの信奉者は
互いを高く評価する傾向がある。

410 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:45:38 ID:st3WdvnK
>一方、仙道の練気化神と菜園のNOTsは表裏の関係にあるため、それぞれの信奉者は
>互いを高く評価する傾向がある。

だろうね。菜園と仙道はなんか似ている。
釈迦の教えどうこうというより、神仙を目指す道に近いのではないかな?


411 :394,401:2006/11/20(月) 00:48:41 ID:Y2bUG35J
>>402 回答ありがとう。

質問ばかりで申し訳ないですが、さらに質問です。

菜園のダイナミックスはすべて 「〜としての生存」と定義されています。
この理論を知ったときは素直に受け入れられたのですが、>>97 から考察すると、
これは「物質宇宙」の視点が持つ衝動で、他の宇宙の視点では異なるということ
でしょうか?

というかそもそもFreezoneでは菜園協会のエシックスを肯定していますか?

ダイナミックスが真実ならば、この宇宙の視点にとっては肉体の獲得もまた
目的ということになるのではと思います。

412 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/20(月) 06:50:25 ID:ZgVlVHDs
>>410

いや、NOTsは菜園の一部に過ぎない。リアリティー層のそのレベルで、菜園は古神道や
仙道と同レベルの実践があるというだけで、それより上のレベルで釈迦の教えに
近くなる。

>>411

「生存せよ」はこの物質宇宙の内部における目的に過ぎない。この宇宙に
参加するときに、魂は少なくともこの宇宙の内部における視点を通じての活動において、
その目的に合意した。

他の宇宙では、根源目的が異なる。魔法宇宙では「楽しむべし」であり、泥宇宙では
「存続すべし」だ。「楽しむべし」はしかしながらこの物質宇宙の視点に影響を
与えていて、しばしば「生存すべし」と衝突する。どちらか一方の追求に専念すると、もう
片方の追求が著しく阻害されることが多い。墓を作るのは「存続すべし」の現れ。

菜園の倫理(エシックス)の定義は、最大多数のダイナミックスのための最大善。
例えば、国家のために死ぬ人と、生き延びるために国家を売る人は、菜園の倫理観では
基本的に同程度の倫理的価値があるということになる。もしもそれぞれに幼い
子供がいるならば、生き延びる人の方がより善である。

・子持ち特攻隊: 第1に-1点、第2に-1点、第3に+1点で合計-1点
・子持ち売国奴: 第1に+1点、第2に+1点、第3に-1点で合計+1点

組織における実践では、各個人の倫理の最善を実現できない。何らかの合意、
つまり、道徳律(モラルコード)に基づいて組織構成員が行動しなければならなくなる。
優れた道徳律は組織の全体としての生存を確保しつつも、各構成員のエシックスの
最善に近いものを追求する姿勢が反映されたものであるはずだ。

菜園教会の『海組織員の規律』は優れた道徳律とはいえない。一方、『日本国憲法』は
かなり優れた道徳律だ。

413 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 11:37:58 ID:7duSMPIR
>菜園は古神道や仙道と同レベルの実践があるというだけで、
>それより上のレベルで釈迦の教えに近くなる。

古神道や仙道と同レベルの実践って?
古神道とは真逆の考え方なのでは?
少なくともOT8までの実践には含まれていないですよね?

釈迦の教えに近くなるのもおそらくはOT8より上の段階?
そこまで行ってないOT集団だから菜園教会はただの超能力自慢の団体に
なっているとみた。どうでしょう?




414 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/20(月) 13:29:06 ID:ZgVlVHDs
>>413

NOTsと鎮魂帰神とは正逆、NOTsと練気化神は表裏の関係にあり、レベルとしては同じ。
どれもエンティティを扱う。

現在の教会は乗っ取り屋に牛耳られているので、菜園の実践は多くの箇所で
著しく歪んでいる。>>365で述べたように、菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と
古神道の違いくらいに大きい。菜園教会についていくら調べても、菜園の深奥を
理解するには到らないだろう。

また、菜園における「OT」は「Operating Thetan」の略で、「独立して活動できる魂」の
意味だ。「OTレベル」はOTを目指す人がやるレベルのことで、「OTレベル」の終了者が
必ずOTであるというのではない。紛らわしいので、自由領域ではそういうレベルを
「OTレベル」と呼ばない人が多い。そもそも、ケースレベルという概念は自由領域では
希薄だ。

現時点での自由領域での菜園の教義のうち、仏教的部分は最下部と最上部の両方に
登場する。教義は実践において、仏教 → 認知療法 → 仙道 → 仏教という展開を
見せる。

もしも入門レベルの仏教的部分で悟ってしまったら、橋の残りの部分は不要に
なるだろう。ただし、まだ先例はない。

仏教でも、般若心経を読んだらすぐに解脱した、なんて話を聞いたことがない。「一切は
苦である」という釈迦の言葉は仏教の入門段階で登場し、それは実際のところ仏教の
深奥でもあるが、すぐには釈迦のその境地に到れないので、
ヴィパッサナー(直観瞑想)やメッタ・バーヴァナー(慈悲瞑想)などをやる。
ヴィパッサナーは菜園のオブジェクティブ、メッタ・バーヴァナーは菜園の
ポラリティープロセスに相当する。

415 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:32:52 ID:M5qzXWOe
>>413です。詳しい説明をありがとう!
では、人間は元々悟っていた、みたいな理論をどう考えますか?
釈迦も修行は方便であって、はるか悠久の昔からすでに仏だったみたいなこと言ってますし。
リハブ理論でクリアーになる可能性があるのなら、
同様にリハブ理論で悟りを達成、みたいなことって起こり得ますかね?
>ヴィパッサナー(直観瞑想)やメッタ・バーヴァナー(慈悲瞑想)
このような実践も実は仏性を思い出すための方便プロセスではないでしょうか・・・。

アバターについてはよくわからないかもしれませんが、
第一部のリサーフェシングの段階でウィザード(アバター最上級レベル)の
理解に至ってしまう人もいるとか・・・。
まあ私も受けたことないものでウィザードレベルってのがどれほどのものかは
知りませんが。NOTsと同じようなことはするらしいです。




416 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/21(火) 07:11:27 ID:ydWXxLai
>>415

もともと魂は悟りの状態にあった、というのは菜園の最重要理論でもある。菜園の実践を
通して、魂は成長するのではなく、無駄で有害なものを捨てる。

NOTsは仏教的な意味での悟りには直結しない。もしもアバター最上級がNOTsのような
ものだったら、アバターでは悟りに到達しないのではないか?


417 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 12:50:59 ID:F9mwoIgd
>菜園の実践を通して、魂は成長するのではなく、無駄で有害なものを捨てる。

前半部分は納得だが、悟りの観点から言えばそもそも無駄で有害なものなんて
ないんじゃないか?というかそれに気付くのが悟りと思うのだが・・・。
禅の思想なんかを参考にしてほしい。

>もしもアバター最上級がNOTsのような
>ものだったら、アバターでは悟りに到達しないのではないか?

だろうと思う。アバターマスター達は毎年ウィザードを受け続けているそうだ。
「人間は生きている限り成長する」と言って・・・。
なのにアバターを簡単に悟りに至る道だと称している。
「成長」と「悟り」は違うものだと思うんだがなあ・・・。
結局チャージ処理に奮闘してキリがなくなってしまういい例だと思う。
自由領域ではちゃんと次が用意されているわけだ。

418 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/21(火) 14:01:39 ID:ydWXxLai
>>417

仏教では煩悩を有害なものとし、煩悩を捨てることを説いている。仏教と禅は互いに
影響を与え、禅は仏教の実践方法でもあるのだが、仏教の思想と禅の思想には異なる
部分もあるのだろう。

菜園が重視しているのは仏教であり、禅ではないので、悟りについての>>417の見解には
全面賛成しかねる。

しかし、NOTsについての>>417の考えは正しいと思う。自由領域でも認識は同じで、
個別のチャージや個別のエンティティの処理を超えるプロセス、つまり、メタプロセスの
研究開発に熱心だ。

例えば、肉体が死ぬと視点が外在化する。つまり、外在化の直前にはたいてい
エングラムがある。また、視点が新しい肉体に内在化するときにも、エングラムができる。
教会のイントランダウンはこのエングラムをNEDで処理するものだが、この種の
エングラムチェーンはとてつもなく長いので、うまくいかないこともある。そこで、
自由領域では、魂を外在化に慣らすことで、個別のチャージ処理を超えようとする。
具体的な方法は、>>345>>369>>400に紹介しておいた。

419 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 19:11:23 ID:nEfBnScI
>現在の教会は乗っ取り屋に牛耳られているので、菜園の実践は多くの箇所で
>著しく歪んでいる。>>365で述べたように、菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と
>古神道の違いくらいに大きい。菜園教会についていくら調べても、菜園の深奥を
>理解するには到らないだろう。

菜園教会の実態はルシファー崇拝。
OT量産の目的は反キリストの時代を長引かせること。
ネットでは以前から話題になっていたことだ。
過去スレでも同様の記述を見つけることができる。
もっともここ数年は見かけてないが。

>>351で言っているエンティティの神格云々は、ここから来ているものだろう。
もちろんスタッフの9割以上はこのことに気付いていない。
菜園の元ネタは仏教だといっているが、ルーツはカバラだ。
自由領域が本当に悟りを目指したものであるのなら、
真の菜園理論は幅度が作ったものではないだろう。
もしくは菜園教会の幅度の講演記録が偽物かだ。
幅度はクロウリーに興味を持っていた程度だというが、
実際はクロウリーが団長の魔術結社のメンバーの一人だったはずだ。

幅度の文献(菜園教会のもの)を読んでも幅度の傲慢さとコンプレックスの強さばかりが目立つ。
やはり堕天使のような人だ。
「救世主になりたかった人」といった印象だね。
教会そのものに表れているではないか。

そもそも連邦警察に追われていたとか、身体から大量の薬物が出てくるなんて
ちょっと普通じゃないぜ。




420 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 19:24:13 ID:nEfBnScI
菜園教会を追及しても、菜園の深奥には至れないというのなら、
もういっそのこと「菜園」という言葉自体を変えたらどうかとも思うんだが。
菜園と聞いていいイメージが湧く人も少ないだろう。
教会の被害者は莫大な数だろうからな・・・。
「自由領域理論」みたいにして菜園教会のにおいを完璧に払拭するとか。
どうせ「菜園」っていう言葉自体幅度が考え出したものなんだろう?
幅度に悟りのイメージなんて持てないよ。
教会での幅度像は全てが捏造っていうんならまだしも・・・。
それでももう教会に関ったことのある人はイメージが出来上がってしまっている。

421 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/22(水) 00:59:49 ID:PhQQYDdW
>>419

キリスト教圏で菜園教会を叩く連中は、何かと、菜園とルシファー崇拝や反きりストを
結び付けたがるが、その試みは連中の意図と逆の結果を生んできた。そのような
スタイルの菜園教会叩きが盛んだったドイツのハンブルグで、支部組織は海組織直営の
ほとんどを追い抜き、世界第2位の組織へと成長した。教会はルシファーがらみの叩きを
利用して成長してきた。

教会を効果的に叩くには、教会についての誤解ではなく、理解が必要だ。菜園教会の
現在の活動内容は、故人となった幅度を個人崇拝させることで支えられている。そして、
そのような活動内容は幅度の具体的な実際の言行にすら反している。これは
事実なので、教会が反証できない。

>>420

「菜園」という言葉は捨てられない。国家神道が神道史の黒歴史となった今でも、
古神道は「神道」という言葉を捨てられないのと似ているところもあるが、他にも
理由がある。

「菜園」という言葉を捨ててしまうと、転生した菜園人たちが自由領域を捜すのに
苦労するようになる。>>420が菜園ついて持つイメージよりも、転生した菜園人たちの
今後の実践の方が優先されることの妥当性は詳しくいうまでもないことだろう。

422 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 01:46:07 ID:f9MDCARM
>>421
>キリスト教圏で菜園教会を叩く連中は、何かと、菜園とルシファー崇拝や反きりストを
>結び付けたがるが、その試みは連中の意図と逆の結果を生んできた。そのような
>スタイルの菜園教会叩きが盛んだったドイツのハンブルグで、支部組織は海組織直営の
>ほとんどを追い抜き、世界第2位の組織へと成長した。教会はルシファーがらみの叩きを
>利用して成長してきた。

だが実際菜園教会は至る所に反キリストの象徴がちりばめられている。
本の表紙やらイベント、数字、ポーズ・・・。

つまりこれらは教会側が自分達を叩かせて発展するために意図的にやっている
ということか?
だがそうだとしてもタチが悪いな。象徴ってのがどれだけ人間の意識に影響を
与えると思っているんだ・・・。
俺は相当気分悪く感じたもんだ。禍々しいというか・・・。

>「菜園」という言葉を捨ててしまうと、転生した菜園人たちが自由領域を捜すのに
>苦労するようになる。

なるほど。そういう理由からか。
だが菜園教会のほうに引き込まれていく可能性もあるがな。



423 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/22(水) 06:24:21 ID:PhQQYDdW
>>422

本の表紙は物質宇宙の過去の出来事を描写したものだ。菜園教会は反応心を
刺激するために、意図的にそのような絵柄を用いている。

イベント、数字、ポーズの方は多分に叩く連中の主観でそう見えるに過ぎない。
反きりストの象徴はグロッタ装飾が流行したころのカトリックの聖堂にも
数多くちりばめられているが、菜園教会をルシファーがらみで叩く連中も気にしない。
彼らは彼らが見たいものを見て、見たくないものを見ないのだ。

転生者が菜園教会の方に引きこまれる可能性は、自由領域が「菜園」という言葉を
捨てればもっと高くなってしまう。

424 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 11:38:00 ID:ecuuJJz2
>イベント、数字、ポーズの方は多分に叩く連中の主観でそう見えるに過ぎない。

菜園教会のイベントなどの重要な日にちはたいていが足したり掛けたりすると666になる。
菜園教会からは我々を物質世界に留めておきたい意図を感じる。
6は物質次元の象徴でもあるしな・・・。

425 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/22(水) 14:27:00 ID:PhQQYDdW
>>424

666になるように足したり掛けたりすれば、666になるんだよ。つまり、666という数字が
作られるのは、計算を行なう人間の思考の中なのさ。

でも面白いので、カバラ数秘術で幅度を占ってみるか……これは菜園とは
全然関係ない。

・1911 → 1 + 9 + 1 + 1 = 12 → 1 + 2 = 3
・3 → 3
・13 → 1 + 3 = 4 … 「法律家」
・3 + 3 + 4 = 10 → 1 + 0 = 1 … 「王者」
・幅度の本名から ―[中略]→ 5 + 22 + 22 = 49
 → 4 + 9 → 13 → 1 + 3 → 4 … 「法律家」
・幅度のペンネームから ―[中略]→ 3 + 5 + 22 = 30 → 3 + 0 → 3 … 「吟遊詩人」
・幅度の頭文字から ―[中略]→ 3 + 2 + 5 = 10 → 1 + 0 → 1 … 「王者」

「王者として君臨し、規則をたくさんつくる人」なんて解釈が可能かもしれないが、
これって、既に幅度の生涯についてのいくらか知識ががあればこその後解説。

数秘術で13は貴族の数。13日生まれは波乱も多いが、栄華にも恵まれるとか。

本名に出てくる22は「巨人」。大きな変革を暗示する数字で、2つもあれば波乱は必至。

ペンネームの3は「吟遊詩人」、5は「探検家」、22は「巨人」で、これらの合成が3に
なるから、SF作家のペンネームとして縁起がいい。

・幅度の前世のとある生涯の名前から ―[中略]→ 22 + 3 = 7 … 「哲学者」

しかし、幅度がカバリストであった可能性は低い。もしもカバリストならば、ペンネームの
ミドルの弱さを放置しないだろうし、22との均衡を考えて「魔術師」の11を欲するのが
自然。勝利の文字であるKやVも入れるはずだ。

426 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:31:16 ID:ut8wLk+y
>666になるように足したり掛けたりすれば、666になるんだよ。

そううまくいくものなのか?



427 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:41:27 ID:cg8IRFeF
>>426
加減乗除でそういう事はすべからく可能。

428 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 11:54:06 ID:eq2v5+i4
どっちにしたって菜園教会の現状を見れば
反キリストであろうとなかろうと似たようなものだと思うが・・・。

それっぽいから疑う人も出てくる。
まともな団体だったら誰も反キリストなんて思わんだろうよ。

429 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/23(木) 22:16:14 ID:7t9quAnA
>>428

そりゃあまりにキリスト教中心的な世界観を臭わせる意見だ。

しかし、過去に「反キリスト」のレッテルを貼られた人物には、ローマ教皇もロシア皇帝も
いる。キリスト教圏の集合心性なせる結果だ。そして、そういうレッテルを貼られた
カトリック教会とキリシア正教会はしぶとく歴史を生き延びてきた。

実際に教会に来た人で、反キリスト的な空気を感じるのは極小数だ。あらかじめ
菜園教会と反キリストの話をたっぷり聞かされてきた人は、逆に教会の雰囲気に
安心してしまう。

教会の本当の問題は、まず何より、強引な営業活動にある。宗教的な批判で
世俗の問題点から注意を逸らすようなことをすると、教会支部組織はすくすく成長する。

日本の東京支部組織が長年苦戦してきたのは、「反キリスト」みたいな宗教的レッテルを
貼れらなかったからだ。宗教団体への抑制効果を発揮するのは、「金儲け主義」のような
世俗的レッテルだ。

430 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 23:55:07 ID:lFQFVyca
>>429
なるほどな・・・。
参考になったよ。

ではOT8の暴露記事も捏造ということ?


431 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/24(金) 09:34:19 ID:PFaTSEdL
>>430

新OT VIIまでの暴露記事群は内容に一貫性があるけれど、新OT VIIIの暴露記事群は
なぜだか互いに食い違いが大きい。そのうちのどれが本当のことを告げているのか
わからん。

Scientology Satanismと第された暴露記事には、

「This Antichrist represents the forces of Lucifer (literally, the "light bearer" or "light
bring"), Lucifer being a mythical representation of the forces of enlightenment, the
Galactic Confederacy. My mission could be said to fulfill the Biblical promise
represented by this brief Antichrist period.」

とあるんだが、仮にこれが本当のことだとしても、幅度はキリスト側につくとも
反キリスト側につくとも言明していない。「私の使命はこの短い反キリスト時代に聖書の
約束を果たすことといえるのかもしれない」といっているだけだし、さらに、

「During this period there is a fleeting opportunity for the whole scenario to be
effectively derailed, which would make it impossible for the mass Markabian landing
(Second Coming) to take place. The Second Coming is designed, among other things,
to trigger a rapid series of destructive events.」

という文章が続いていて、そこでは、「全シナリオを脱線させる僅かな機会がある」こと、
その機会をうまく捉えれば「マーケイブ勢力の大挙来襲を不可能にする」ことがあり
得ることなどが書かれている。

また、基本的な前提として覚えておいてもらいたいのは、新OT VIIIが出たのは
乗っ取り屋による教会乗っ取りの後のことだということ。暴露記事が現在教会が
提供している新OT VIIIの内容を正確に伝えていたとしても、なお、その新OT VIIIが
幅度の考えたものとはまるっきり違うものである可能性は高い。

432 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 21:31:49 ID:8AQYxPcS
じゃあ菜園教会人はいったい何のプロセスをやっているというんだ!?
全く関係ないものをやっているかもしれないってことか!

>幅度はキリスト側につくとも反キリスト側につくとも言明していない

でも全キリスト教徒を敵にまわすかもしれんとか書いてなかったか?
つまり反キリスト側ってことなんじゃあ・・・。

>「全シナリオを脱線させる僅かな機会がある」こと、
>その機会をうまく捉えれば「マーケイブ勢力の大挙来襲を不可能にする」

これって古神道とかでいう神の経綸を止めたいってことのようにも聞こえるけど・・・。
日月神示でいうイシヤ(石屋)側?
神のシナリオを脱線させてどーすんのよ。

やっぱ

>新OT VIIIが幅度の考えたものとはまるっきり違うものである可能性は高い。

これ?



433 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/24(金) 23:16:22 ID:BMyh++AV
>>432

「全キリスト教徒を敵に回すかも知れん」なんてことは書かれていない。また、
その文書で脱線させられる予定のシナリオは神のシナリオではなくてマーケイブの
シナリオ。

教会菜園人がやっているのは、あくまで、ヴェイランスに関するプロセスだろう。


434 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 00:10:05 ID:/seKUTl0
でもそのマーケイブ(Marcabian)の襲来がキリストの再臨みたいな書き方がされているんだが・・・。

>Marcabianの大群の襲来(再臨:Second Comming)

435 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/25(土) 00:56:26 ID:WDOcNZRr
>>434

いや、それはキリストの再臨ではなくてマーケイブの再襲来。

キリストはマーケイブ関連のケース要因を抱えていた人物として描かれている。

菜園教会のOT関連文書の背景には、GPM理論がある。

マーケイブと戦い続けた人間は、だんだんマーケイブに似たものになっていく。キリストを
ターミナル、マーケイブを反対ターミナルとすると、両者の戦いが長く続けば、キリストは
マーケイブに似たものに、マーケイブはキリストに似たものになって行く。つまり、両者は
複合ターミナルになっていく。

菜園の宇宙史では、ヘラトロバスvsアースリカス戦争があり、啓蒙型文明ヘラトロバスと
強権型文明アースリカスはどちらも衰退したことになっている。幅度はヘラトロバスを
銀河連邦と呼ぶこともある。

ヘラトロバスの末期とアースリカスの末期は似ている。そして、ヘラトロバスの残党が
作った文明がマーケイブ。

幅度はヘラトロバスを理想的な文明に近いものだったとして讃えることもあれば、逆に
ヘラトロバスインプラントと呼ばれる洗脳処理を行なった文明として糾弾することも
あった。

日本という歴史の短い国の、そのごく一部である昭和をみても、初期と後期で大きな
違いがある。強制徴兵制が行なわれた時代と、憲法第9条で戦力を持たなくなった
時代が同じ天皇が生きている期間に存在している。

50兆年以上続いたヘラトロバス、そしてその残照であるマーケイブは、幅度の敵で
あったことも盟友であったこともある。

――ということになっている。

436 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:51:26 ID:yBoz2jf5
神(の全能性)を否定するパラドックス

「神は自分に持ち上げられない岩を創造できるか?」

「創造できないならば全能ではない。すなわち神ではない」

「創造できるのなら、神に持ち上げられない岩が存在することになり、
 やはり全能ではないので神ではない」

OTは?

437 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:02:05 ID:/u46T2dX
old timerさんこういう話得意そうだな・・・。




438 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/26(日) 14:58:04 ID:9hgFHP+X
>>436

OTは全能じゃない。何らかのゲームに参加しているならば、全能ではない。

まあそれはさておき、全能なるをもって神とすると、

神は自分に持ちあげられない岩を創造することができるだろう。そして、その岩の創造が
終わった瞬間に、その岩を持ち上げる能力を獲得するだろう。

God is able to create a pieace of rock he is unable to lift, and he will atain the ability
to lift it the moment he has finished creating it.

時制を考慮しなければ、神の全能性を否定するパラドックスは完成しない。日本語には
未来形がないので、こういう話題を扱うのに今ひとつ足りないところのある言語だ。

439 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 03:04:37 ID:zM/WdkTN
幅度はグルジェフとかも参考にしとったんですかな?


440 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:19:48 ID:keDaPZwp
>>438
たしかバートランドラッセルだったかも同様の回答をしていたと思うが、
なるほど、言語仕様の違いがあるのか。


441 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/27(月) 23:40:03 ID:iA0Y8lSP
>>439

幅度は世界中の数多くの宗教や思想を吸収して菜園を考え出したので、グルジェフの
思想もその中に含まれている可能性は否定できない。

>>440

うむ。


442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 21:13:42 ID:D262HWu4
サイエントロジー宇宙史の大まかな年表キボンヌ。

443 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/29(水) 19:37:23 ID:q/dbTcb8
>>442

操縦士版の宇宙史では、おおまかに

・不明: 合意戦争
・不明: 自家宇宙, 競技宇宙, 懲罰宇宙の成立
・不明: 拡張された競技宇宙
・不明: 情動宇宙
・6京年前: 記号宇宙の成立
・4京6000兆〜4京2000兆年前: 情動宇宙の勝ち組による記号宇宙への侵略
・4500兆年前: 思考宇宙と対立宇宙の成立
・2480兆年前: 思考宇宙と対立宇宙の融合
・200兆年前: 魔法宇宙の成立
・86兆年前: 物質宇宙の成立
・3億年前: ヘラトロバスvsアースリカス戦争、泥宇宙の成立



444 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:51:47 ID:YMaWFtBn
>>443
トンクス

445 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 16:41:54 ID:TBT7e/6n
ハバードは不安定だったという書き込みを上のどこかのレスで見たけれど
old timerさんも日常生活の中で不安定な所はあるんですか?

アバターでも処理という言葉が出ていたし菜園ではチャージという言い方で
なんらかの「除去しなければならない障害がある」と言う前提を持っている
ように見えます。
そういう前提自体が間違いのような気が自分はどこかでしている。
自分の障害を処理しても又外から障害が入って来て不安定になるというのは
根本的な所で問題が見極められていない故の現象のようにも思えます。

446 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 17:59:04 ID:RYGHhmOw
>>445
そうだよね。
除去しなければならない障害がある、という前提が、
除去しなければならない障害を何度も何度も再創造→強化してしまい、
結局収拾がつかなくなっていくように思う。
ちょうど新しい抗生物質が開発される度に、
バクテリアがその抗生剤への耐性を持つべく進化していくイタチゴッコのように。
アバターをやっていたときにも何となくそれを感じていた。

447 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/30(木) 19:07:27 ID:fV7UG5uZ
>>445

取り除かなければならない障害があるという認識は、菜園が仏教から引き継いだもので、
その前提に不賛成な人に対して、菜園人である俺からいえることはほとんど何もない。

気の向くままに生きるがよかろう。

>>446

アバターと菜園は似たところもあるけれど、思考と行動についての認識については、
まったく逆でもある。アバターでうまくいかないのはアバターの問題で、菜園の
問題じゃない。

448 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 19:16:38 ID:FUMnoDLD
>取り除かなければならない障害があるという認識は、菜園が仏教から引き継いだもので、

これも自分の理解とは異なる。
自分の知る限り仏教には魂という概念は無いし禅宗においては
取り除かなければならない障害があるという前提自体を迷妄の根本と
している。

ただ正直old timerさんの投稿はオモロすぎるのでこれからもロムさせて
もらいます。

失礼しました。

449 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/30(木) 19:38:45 ID:fV7UG5uZ
>>448

釈迦は煩悩を取り除くことを重要視していた。煩悩を取り除く過程そのものを煩悩と
するようなメタな議論を釈迦自身は展開していない。

禅定と仏教は同じものじゃない。禅定は仏教より古くからあり、仏教にも禅定の方法論は
取り入れられただが、思想の方はそうではない。

禅定と仏教が思想的に異なるからこそ、釈迦が仏教の始祖なのだよ。

仏教には明らかに輪廻と魂の概念がある。それは仏教の前提を構成する要素だ。
ただし、インドの他の宗教とは違い、魂を常在不変とはしていない。

450 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:51:06 ID:9ZZCyg+0
ここで言う禅定とはヒンドゥーの事ですね。

どのみち仏教と言っても色々ありますもんね。

ただ禅とか原始仏教においては自己の概念はないです。

451 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 08:06:40 ID:5LvOeSLg
アバターで得る状態って、菜園クリアーのことじゃないの?
反応しなくなる、というか、状況に引きずられなくなるというか。

望む現実を〜云々っていうのはOT能力で、
クリアーであるかないかとは直接関係ないように思うけど、
どうなんでしょう。


452 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/01(金) 09:12:15 ID:AJouXVCj
>>450

慈悲瞑想では

 私が幸せでありますように
 私の悩み苦しみがなくなりますように
 私の願いごとが叶えられますように
 私に悟りの光が現れますように
 私が幸せでありますように

とあるのだから、原始仏教にも自己の概念はある。

ただし、仏教では自己を常在不変とはしていないという点で、他の主だった宗教とは大きく
異なる。「自己の概念はない」が「常在不変の自己の概念はない」を意味しているの
だったら、それは正しい。

>>451

菜園でのクリアーというのはエングラムの処理やR6関連の処理で得られる状態で、
アバターで得られる状態とは別だと思われる。

反応の原因が軽減された状態がクリアーで、反応を押さえ込む力が強くなった状態が
アバターで得られる ― とされている ― 状態のような感じがする。

453 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 09:45:40 ID:Xcx4JAk4
俺も>>445に賛成なのだが。

>釈迦は煩悩を取り除くことを重要視していた。煩悩を取り除く過程そのものを煩悩と
>するようなメタな議論を釈迦自身は展開していない。

釈迦が重要視していたのは煩悩を取り除くことであって、チャージを取り除くことじゃない。
それに煩悩を取り除くという行為自体に執着していてはそれこそ煩悩以外の何ものでもないだろう。

釈迦がもしEメーターでチャージ処理に熱中している弟子を見つけたら
「煩悩を捨てなさい」とEメーターを取り上げるのではないかな?


チャージ処理が有効なのはセラピーの一段階として。
グレード0の手紙のプロセスは人間関係や軽い鬱的な症状の改善に役に立つ。
でもチャージ処理を悟りへの手段としてしまうと>>446の懸念は否めない。

454 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/01(金) 09:49:16 ID:AJouXVCj
>>453

「煩悩を取り除くという行為自体に執着していてはそれこそ煩悩以外の何ものでも
ない」は出家を否定する考えだ。それは釈迦の見解とは違うだろう。

菜園では煩悩の原因をチャージとしているので、菜園の理論上では、釈迦の仏教よりも
方法論的は進化していることになる。

455 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 19:45:15 ID:Xcx4JAk4
>菜園では煩悩の原因をチャージとしているので、菜園の理論上では、釈迦の仏教よりも
>方法論的は進化していることになる。

時間を過去から未来への一直線上で考えると煩悩の原因を追って過去に過去にと
遡ることを要求される。
だがそもそも時間はそのようには流れていない。
だから釈迦は永遠の生命を説いた。
釈迦がチャージ処理を採用しなかったのは煩悩の原因はチャージではない
ことがわかっていたからだ。
反応を「チャージ」とか「邪魔なもの、処理すべきもの」と定義づけしているのは
他ならぬ自分自身だ。
もっと多次元的なものの見方をしなければ理解するのは困難かもしれない。
釈迦は時間の外に存在していた。
だから自分の前世だけでなく弟子の前世、未来まで見通すことができた。
チャージがどうこうなど完全に超越しているのだよ。
「久遠実成の釈迦牟尼仏」「両界曼荼羅」などが何を意味しているのか
わかっているのだろうか。
そもそも除去すべきものなど何もない。




456 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 00:23:43 ID:WHRN5OQU
>菜園では煩悩の原因をチャージとしているので

ここにズレがある。
釈迦はチャージの原因を煩悩だとしている。
だからチャージ処理ではなく煩悩を捨てなさいと言ったのだ。

457 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/02(土) 09:24:01 ID:5YB14owE
>>455-456

「時間を過去から未来への一直線上で考えると」のところで、既に菜園とは全然違う。
菜園ではそのように考えていない。

時間についての誤解があるならば、チャージについても多分、誤解があるのだろう。
原始仏教ではチャージ処理を採用している。ヴィパッサナーもメッタ・バーヴァナーも
チャージ処理だ。そもそも、宗教にまったく関わらず生きていても、人はチャージ処理を
しながら生きている。チャージ処理は生きることそのものだ。

呼吸はチャージ処理だ。心臓の鼓動もチャージ処理だ。肉体はチャージだから。

心全体も、物質宇宙全体もチャージだ。

原始仏教にはしかしながら、心の中の個別のチャージ処理がなかった。そのため、
仏教でうまくいかない人も多く、インドでは衰退し、世界各地で密教や偶像崇拝を生んだ。
釈迦の教えにない両界曼荼羅などは、釈迦の用意した方法論だけではうまくいかない
人たちが考え出したものだ。

菜園では個別のチャージ処理から入るが、やがては釈迦のチャージ処理のように
総合的なものになる。

458 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 23:46:55 ID:WHRN5OQU
>「時間を過去から未来への一直線上で考えると」のところで、既に菜園とは全然違う。
>菜園ではそのように考えていない。

じゃあ時間の巻き戻しなんて概念もおかしいことになるぞ。
それに過去に原因があるとしている時点で過去から未来への一直線上じゃないか。



459 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 01:14:28 ID:DWmqDF8R
まあ、ここは論争の場ではないと思うので…。
とりあえず、まだ菜園-自由領域の全体像がどんなものか我々には把握しきれていませんし、
old timerさんはボランティアで質問に真摯に応えてくれているんですから、
最低限の礼節というか、そういうものは弁えてスレを進めていきましょう。
心と宗教板、しかも菜園関連のスレの中では異例とも言える貴重な良スレですし、
お互いにあまり論争調にならずに坦々と。

460 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/03(日) 09:32:13 ID:H+ZvVjn0
>>458

なるほど、>>458は時間が一直線でなければ巻き戻せないと考えているのだね。

リアリティー層的な説明をすれば、時間を巻き戻せるということは、時間が必ずしも
過去から未来に一直線に流れるのではないということになる。巻き戻しが起こるときには
時間は未来から過去に流れるし、介入による歴史が変わるならば、時間は横に
ずれることになる。

アクチュアリティー層的な説明をすれば、時間は考えに過ぎない。事象を観察する者が
事象のインスタンスにつける目印の連続体に過ぎない。(ただし、この発見は幅度の
業績ではなく、アインシュタインの業績だ。)

オーディティングの実践上で有益な説明ならば、この宇宙内部の視点からは時間が
過去から未来に一直線に流れているように見えることが多いが、この宇宙の外の
視点から観察すれば、時間はそのように流れてはいない。

>>459

介入乙。

時間についての議論はとかくケースを再刺激する傾向にある。これも煩悩なんだわ。

461 :458:2006/12/03(日) 16:31:00 ID:Odw7LSBW
>>459>>460
スマソ。
菜園には嫌な思い出があってつい感情的になっちまった・・・。



462 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/04(月) 07:12:01 ID:AA4uoraX
エンティティーの作り方

(ちょっと気味が悪いドリルかも知れない。実行を推奨しているのではなく、菜園理論の
説明のためにここに掲載する。)

1) 外在化のドリルで遠隔視点を作る。
2) 遠隔視点に何か目的を与える。
3) 遠隔視点に与えた目的に強く異議を唱える。

--

このドリルを実行すると、遠隔視点がエンティティーとして振舞うようになる。
エンティティーがどれくらいの力を持ち、どれくらいの期間存続するのかは、
エンティティーの作り主の能力や意図による。

----

エンティティーの消し方

1) エンティティーに作り主を指し示させる。
2) (1)でエンティティーが消えなければ、エンティティーを作った出来事を突き止める。
3) (2)でエンティティーが消えなければ、エンティティーを作った出来事をエングラムとして
 ダイアネで処理する。

--

消し方の(1)は他人が作ったエンティティーに対しても使用可能で、NOTsの一部に
なっている。


463 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/04(月) 07:29:25 ID:AA4uoraX
原始仏教のメッタ・バーヴァナーより引用:

 私の嫌いな人々も幸せでありますように
 私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
 私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
 私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように

 私を嫌っている人々も幸せでありますように
 私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
 私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
 私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように

--

慈悲の瞑想のこの部分は、過去に作成したエンティティーとそれに貸し与えた力を
回収する効果がある。いいかえれば、>>462のエンティティーの消し方に対して、メッタ・
バーヴァナーはメタプロセスになる。

時間がどれくらいかかるのかはわからないが、メッタ・バーヴァナーをずっと
続けることは、最終的に、時間を巻き戻すほどの力にもつながって行くだろう。

ただし、非常に数多くのエンティティーとの和解は人にそれだけ「我」を捨てさせる。時間を
巻き戻せるほどの強大な魂は、地球人類の平均的な思考で捉えられるところの善悪を
完全に超越するほど公平になり、人類が参加しているゲームに介入しなくなるだろう。

現在の自由領域の主要な研究課題の1つは、メッタ・バーヴァナーのショートカットの
探求だ。

464 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 20:25:05 ID:IUiAPocE
>時間についての議論はとかくケースを再刺激する傾向にある。

>時間がどれくらいかかるのかはわからないが、メッタ・バーヴァナーをずっと
>続けることは、最終的に、時間を巻き戻すほどの力にもつながって行くだろう。

これらの理由を教えていただけないでしょうか。

465 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/05(火) 07:29:14 ID:IRuFqvDK
>>464

宇宙のルールは、空間の共有の否定を含む。ある空間に2つの物質塊が重なり合って
存在することはできない。

魂は何かを考えるときにそれを作り出す。既に作り出された物を見れば、それについて
考えるので、それを再び作り出す。すると、2つの物質塊が重なり合って存在することは
できないという宇宙のルールに反してしまうので、その物質塊は消滅する。

そこで、物質塊を存続させるためには、その物質塊を常に動かしておかなければならなく
なる。こうして、時間が生じる。


物質宇宙全体はチャージであり、時間はチャージを存続させるための仕組みで
あるので、当然、心の中のチャージの根源的な構成要素でもある。ゆえに、時間に
ついての議論があれば、人はそれを無視するか、気分を害する傾向がある。

しかし、本当のところをいえば、チャージは過去に存在するのではなく、今ここに
存在する。ハードディスク内のあるファイルの更新日付が「1998年8月8日」で
あったとしても、そのファイルが実際には今ここに存在することに喩えられるかも
しれない。

--

魂は視点に目的を与え、それに強く異議を唱えることで、視点を独立したエンティティーと
することができる。また、ある目的に邁進していて大きな失敗を経験し、絶望するとその
目的を否定しようとすることがあり、このときにも視点がエンティティーとして与えられた
力とともに独立活動するようになる。つまり、自分自身について何かを激しく嫌うときに
魂は力を少しずつ失う。

逆に、「他人」として切り離してきた自分自身の他の視点を再び受け入れることが
できるようになれば、力を回復していく。そしてこれは、「我」を捨てる過程でもある。

466 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:50:06 ID:PTJBjVMP
>>465
>逆に、「他人」として切り離してきた自分自身の他の視点を再び受け入れることが
>できるようになれば、力を回復していく。そしてこれは、「我」を捨てる過程でもある。

メッタ・バーヴァナーはそのためのプロセスでもあるわけですね?

でも、この考えはアバターの理論と似ていますね・・・。
しかしソースリストやCHPではまたすぐに他人としての視点を
再創造してしまってうまくいきませんでしたが・・・。

>自分自身について何かを激しく嫌うときに魂は力を少しずつ失う。

自分のことが好きになれない、あるいはコンプレックスが強いのを改善するプロセスは
何かありませんか?
メッタ・バーヴァナーがやはりそれにあたりますか?


467 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/05(火) 17:44:33 ID:ST7P0c5X
>>466

うーん、アバターは正直さを重視するが、菜園、特に、古菜園ではそうではない。
アバターは「私たちは誰でも、聖なる輝きと共に生きています」なんてことをいい、
不正直さが聖なる輝きから俺たちを分離させると考えているようだが、菜園理論は聖邪を
問わない。作り出されたエンティティーが聖者であれ邪鬼であれ、それと和解し、それを
受け入れることが、「我」を捨てて善悪を超越するには必要なことだ。

--

コンプレックスなどについて、個別のプロセスや個別のチャージ処理を試みるのはあまり
良くない。それは「隠された基準」になり、菜園実践の効果を損ねてしまうだろう。菜園の
実践を淡々と進め、気がついたらいつの間にか問題が解決されていた、というのが
菜園実践の理想的な光景になる。

メッタ・バーヴァナーはメタプロセスなので、「隠された基準」の不利な効果をあまり
受けにくい。だから、どうしてもやりたいならば、メッタ・バーヴァナーの方がいい。最近の
自由領域ではポラリティプロセスなるものがあり、結構メタなプロセスなんだが、俺が
思うにメッタ・バーヴァナーほどではなさそう。


468 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:03:16 ID:PTJBjVMP
>作り出されたエンティティーが聖者であれ邪鬼であれ、それと和解し、それを
>受け入れることが、「我」を捨てて善悪を超越するには必要なことだ。

釈迦が悪魔に打ち勝ったという逸話と似たような境地でしょうか。

>菜園の実践を淡々と進め、気がついたらいつの間にか問題が解決されていた、
>というのが菜園実践の理想的な光景になる。

毎朝お勤めでお題目を唱えていたら人生が好転したというような話も
同じような効果を狙った行法だからなんでしょうね。





469 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 11:59:56 ID:9dBUmHs0
old timerさんはなぜアカシックレコードに懐疑的なんですか?
>>443は(幅度が?)アカシックレコードを読んで得られた情報ではないんですか?
アカシックでも読まない限り何千万年前の文明の存在なんて確認できないような気もしますが。
釈迦が弟子の前世とかを知ったのもアカシックを読んだからだとばかり思ってたんですけどね。

470 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/06(水) 15:35:27 ID:iibdp29e
>>468

仏教における悪魔(マーラ)は釈迦を妨害する存在としてだけではなく、釈迦を
無余涅槃に導く導き手でもあって、少なくともユダヤ教やキリスト教よりも仏教の方が
善悪について相対的な考えを持っていることを示していて、興味深い。

>>469

>>443は幅度由来のデータではなく、幅度が菜園の第一線から退いた後、自由領域で
わかってきたことで、この方面では操縦士の貢献が大きい。

前世の記憶を辿れば、過去の文明のことを思い出せる。数多くの人の前世の記憶の
共通要素を集めると、宇宙史の全体像が見えてくる。

俺は例外の少ない説明を好み、同程度の数量の例外が生じる説明が2つあれば、より
単純な説明を好む。アカシックレコードに懐疑的なのは、それが俺好みの説明では
ないからだ。

もしもアカシックレコードが存在し、それが正確で人に読めるものであれば、例えば、
異星人の存在について、アカシックレコードを読める人のある程度の統一的な見解が
生じると思う。

471 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 00:53:42 ID:6KTUFvm1
>もしもアカシックレコードが存在し、それが正確で人に読めるものであれば、例えば、
>異星人の存在について、アカシックレコードを読める人のある程度の統一的な見解が
>生じると思う。

結構統一的じゃないですか?
人類の起源が琴座のヴェガからだとか・・・。
ピラミッドを作ったのも異星人で、マントラのエネルギーで浮かせて作ったとか。
そして内部には宇宙の歴史の記録が詰まっているって話は皆共通してますね。

菜園の宇宙史が菜園人だけが共通して想起したものだったのなら、
菜園の宇宙史に対しても多少懐疑的な気持ちを抱いてしまうのは無理からぬ話でしょう。
同じプロセスを受けた者が同じ波動領域にアクセスしてしまい、同一の映像を見てしまった
だけじゃないかってね。
菜園人以外の人でヘラトロバスとかアースリカスとかを思い出した人がいれば
話は変わってくるんでしょうけど。





472 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/07(木) 06:52:42 ID:aZEd69GX
>>471

アカシックレコードを信じる人の説では、人類の起源については、ヴェガだったり、
プレイネオだったり……

アカシックレコード派は、過去の預言者たちもアカシックレコードから情報を引き
出していたとしているけれど、預言者たちの預言内容にはあまり統一感が感じられない。
アカシックレコードには未来のことも描かれているらしいが、その割には大外れも多い。

一方、教会と自由領域の両方を含めて、十分にケースが開いている菜園人の間では、
ヘラトロバスの存在はほぼ統一見解だ。

魔法宇宙の存在についても、自由領域のある程度のところまで実践を積んだ菜園人の
間では統一見解だ。ただし、その存在を暗示していた幅度に敬意を示してか、
「魔法宇宙」を「セータ宇宙」と呼ぶ人もいる。

また、菜園の技術の発達が進むにつれて、ヘラトロバスや魔法宇宙を描写する映画の
内容も菜園人が思い出したものに近くなり、興行成績も伸びている。チャージ処理は
自己だけではなく他者のケースにも影響を与える。そして、ケースを程よく再刺激する
ものはヒットする。

俺が知るかぎり、菜園ほど深く宇宙史を紐解いた思想体系は存在しない。兆年、
京年単位で宇宙史を語る思想体系は菜園だけだ。ゆえに、菜園人以外の人が
「ヘラトロバス」という具体的な文明名を思い出せなくても、理論的に無理がない。

菜園が全ての面で他の思想を凌駕しているというのではないが、少なくとも
宇宙史探求では突出している。ただし、これは技術の問題というより、実践者のやる気の
問題だ。前世を扱う思想体系は他にもあるが、せいぜい数百万年も探れば
満足してしまう。

473 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/07(木) 16:21:45 ID:aZEd69GX
外在化、4

>>345>>369>>400のドリルを十分に行なった後で実行すること。

1) 目を閉じる。
2) 心の中に視点を1つ確保する。
3) 視点を使ってかなり長い線分を描く。
4) 線分を使って正方形を描く。
5) 正方形を使って立方体を描く。
6) 立方体の中に山を作る。
7) (6)で作った山に対して、>>345のようなドリルを行なう。

--

心もまた1つの宇宙なので、その中の物体に対しても、外在化や内在化が起こる。
だから、外在化のドリルで慣れておいて損はない。

474 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 18:45:24 ID:6KTUFvm1
不死の肉体を持った異星人がいるってほんと?
幅度が面会したって噂を聞いたんだが・・・。
文献とかあるの?

475 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/08(金) 06:06:54 ID:6S8OC3u3
>>474

肉体は不死ではないので、不死の肉体を持った異星人は存在しない。

幅度が20世紀に異星人と面会したということを示す文献は、俺の知るかぎり、
存在しない。

もちろん、誰でも遠い過去には地球人ではなかった。

476 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/08(金) 13:02:55 ID:6S8OC3u3
外在化、おまけ

>>345>>369>>400>>473のドリルを十分に行なった後で実行すること。

1) 遠隔視点を確保する。
2) 遠隔視点を自分の肉体のある程度近くに転移させる。
3) 遠隔視点から肉体を眺め、エネルギーが滞って黒や暗い灰色に見える部分を探す。
4) (3)でエネルギーが滞っている部分を見つけたら、そこに遠隔視点からエネルギーを
 送り込み、色合いを明るくする。

--

ロシアのヤーナ・トロイニチがやるのとだいたい同じだが、菜園は肉体の治療に特化する
ものではないので、ドリルとしては自分の肉体のみを対象とする。

477 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 00:48:09 ID:gn/dlb5q
菜園人でアトランティス時代の前世を思い出した人っていないんですか?

478 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/10(日) 01:18:40 ID:/UzjX9zC
>>477

存在しなかった文明を思い出すことはできない。アトランティス大陸は今回の歴史に
実在しなかった。

もしもアトランティス大陸が実在していたら、大西洋に顕著な痕跡があるはずだ。



479 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 13:55:04 ID:SocOAFpv
>菜園が全ての面で他の思想を凌駕しているというのではないが、少なくとも
>宇宙史探求では突出している。ただし、これは技術の問題というより、実践者のやる気の
>問題だ。前世を扱う思想体系は他にもあるが、せいぜい数百万年も探れば
>満足してしまう。

きりがないだけだろう・・・。
過去に何かの原因を求めたら永遠に遡るはめになるんじゃないか?
例えば>>443のような数京年の歴史がさらに100京回繰り返されていたとしたら・・・?
合意戦争〜泥宇宙の成立までの歴史が無限にグルグル繰り返されることになってるとか・・・。

>存在しなかった文明を思い出すことはできない。アトランティス大陸は今回の歴史に
>実在しなかった。

アースリカスってアトランティスのことじゃないのか?
なんか性質も似てるぞ・・・。
アメリカ合衆国と近いところとか・・・。



480 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/11(月) 17:03:39 ID:EkB+cF9g
>>479

菜園の技術は過去に遡ることだけじゃない。このスレで紹介したオーディティングの
プロセスやその他のドリルで、過去に遡らないものもたくさんある。個別の
チャージ処理を超えるメタプロセスも多いので、「きりがない」という懸念は現在の菜園の
最先端にはあてはまらない。

逆に尋ねたいが、例えば古神道で「あなたは古神道の全てを極められ、あなたにもはや
古神道など必要ない」と教主に認められた人っているのか? むしろ、古神道のほうが
「きりがない」のではないか?

--

アースリカス文明は銀河系に存在する全ての惑星の大陸の質量総和よりも巨大な
質量を持つ建造物を作るほどの高度な科学技術を持った文明で、
アトランティス伝説のような矮小なものではない。しかし、大きな厄災を経験したという
点で、アトランティス伝説との共通点もある。

アースリカス文明の記憶のかすかな再生が、プラトンにアトランティス伝説のことを
書かせたと考えても、著しい無理はない。

481 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 21:38:26 ID:SocOAFpv
>逆に尋ねたいが、例えば古神道で「あなたは古神道の全てを極められ、あなたにもはや
>古神道など必要ない」と教主に認められた人っているのか? むしろ、古神道のほうが
>「きりがない」のではないか?

目的が全く違う。きりがあるとかないとかいう話は当てはまらないだろう。
古神道はもともと自己開発の類ではないし、過去を追及していこうとするものでもない。
神への感謝が前提なのに「古神道など必要ない」状態なんて元も子もない話だ。
それなら最初から神道が存在する意味がなくなる。


482 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 22:16:59 ID:SocOAFpv
>個別の チャージ処理を超えるメタプロセスも多いので、
>「きりがない」という懸念は現在の菜園の最先端にはあてはまらない。

それはOTのどのあたりで行われるプロセスなんだ?
菜園教会のOT8以上のプロセスは自由領域で公開されているのか?




483 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/11(月) 22:36:50 ID:EkB+cF9g
>>481

いや、それでもやっぱり古神道が「きりがない」という事実は揺るがない。つまり、神への
「きりがない」感謝を古神道は前提にしている。

「きりがない」感謝の古神道を批判しないならば、仮に菜園の自己啓発が
「きりがない」ものに思われても、その「きりがない」ことを理由に菜園を批判するのは
超越論的に深刻な矛盾がある。

>>482

このスレで公開している内容は、既にNew OT VIIIを超えているものを多数含んでいる。

幅度の死後、教会では新しいプロセスの開発は行なわれていない。一方、自由領域では
1965年以降の教会の数十倍の速度で、20年以上にわたってプロセス開発が
続いている。

そもそも、New OT VIIIの中身は1950年代や1960年代のヴェイランススプリッティングの
ソロ版に過ぎない。オールドタイムにオーディターとして十分な訓練を積んだ
菜園人にとって、New OT VIIIはまったく目新しいものでも何でもない。

484 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:00:06 ID:SocOAFpv
>いや、それでもやっぱり古神道が「きりがない」という事実は揺るがない。つまり、神への
>「きりがない」感謝を古神道は前提にしている。

いや、だからそもそも古神道は自己啓発じゃないんだって。
悟りとか何かゴールを目指して感謝をするわけじゃない。

「先祖に感謝したってきりがない」から感謝するのをやめるか?
「人に親切にされたことにいちいち感謝してたらきりがない」から感謝するのをやめる?

おんなじことだよ。
当たり前だからしてるだけ。
何か結果を得るためにするわけじゃない。




485 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/11(月) 23:19:33 ID:EkB+cF9g
>>484

つまり、>>484にとって、ゴールの有無が「きりがない」ことの是非を決めるということだね。

それなら、>>484と俺の価値観または性格が大いに異なるということに過ぎない。

俺にとって、ゴールがあろうがなかろうが、「きりがない」活動には問題がある。

俺の考えは自由領域でも一般に共有されている主流の考え方で、そのため、
エングラムの個別処理を超えるGPM関連プロセスがあり、さらに、GPMの個別処理を
超えるポラリティープロセスも実験されている。他にも、「きりがない」NOTsの変わりに
代替NOTsや裏NOTsが開発されている。

自由領域の菜園はもはや「きりがない」実践を続けることを要しない。個人差があるが、
菜園のオーディティングをもはや必要としなくなる瞬間が、きちんと実践する人には
訪れる。

さらにいえば、自由領域の菜園の実践は他人のチャージをも処理する段階に入って
いるので、菜園をまったく実践しない人もいずれは悟りに到達することになる。

486 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:43:53 ID:SocOAFpv
>さらにいえば、自由領域の菜園の実践は他人のチャージをも処理する段階に入って
>いるので、菜園をまったく実践しない人もいずれは悟りに到達することになる。

興味深いな。
つまりいずれは人類は皆悟りに到達するというわけか。

例えば俺はクリアーではないし、チャージもたくさんある。
神経症的な悩みなんてしょっちゅうだ。
だがそれでも俺は菜園でクリアーを目指すつもりはない。

そんな俺でも悟りに到達するというのか?



487 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/12(火) 00:30:59 ID:3mSUyTTE
>>486

そう。

>>486が何の自己啓発をやらなくても、いずれは何らかの悟りに到達する。

NOTsでは、自分の体の中にはまり込んでいる他人の視点を開放する。解放された
視点はある程度の確立でその視点の本来の持ち主に帰還し、割り当てられていた力を
返す。

裏NOTsでは、他人の体の中に入り込んでいる自分の視点を取り戻す。これは
自分の力を回復し、他人のチャージを処理することになる。New OT VIIIのプロセスの
一部にも同様の効果はあるが、不十分だ。

これらのプロセスは宇宙全体を魂の力に対して軽くする。だから、いずれは誰でも肉体を
使わずに物体を動かせるようになったりするだろう。

ここまで理解して俺が菜園を続けているのは、俺が少々せっかちであるからに過ぎない。
菜園をやろうがやるまいが、いずれ到達するところは同じ。

また、仮に誰も菜園をやらなくても、やはり同じところに誰もが到達する。

完全な勝利と完全な敗北はどちらもゲームを終わらせる。ただし、前者の道の方が
途中経過が楽しいに違いない。


488 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/13(水) 08:25:21 ID:XkVALRuZ
助け

1) 誰または何に自分が助けてもらってもかまわないと思えるのか考える。
2) 誰または何を自分が助けてもかまわないと思えるのか考える。
3) 誰または何に他人を助けてもらってもかまわないと思えるのか考える。
4) 誰または何について自分が自分自身を助けてもかまわないのか考える。

Loop{ (1), (2), (3), (4) } → EP

--

(4)はフロー0で、操縦士の原本には存在しない。また、(1)と(2)の順序は原本とは逆に
した。

なお、これはL&Nプロセスではない。

489 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/14(木) 16:52:23 ID:B66Y3IZ4
助け、2

1) 自分を誰かがどのように助けることができそうなのか考える。
2) 自分が誰かをどのように助けることができそうなのか考える。
3) 誰かが他の誰かをどのように助けることができそうなのか考える。
4) 誰かが誰か自身をどのように助けることができそうなのか考える。
5) 自分が自分自身をどのように助けることができそうなのか考える。

Loop{ (1) 〜 (5) } → EP

490 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 09:03:00 ID:DlObNuN3
これらもグレード0の自由領域版ですか?
あとL&Nプロセスって何ですか?

491 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/15(金) 10:32:26 ID:JCakQy+N
>>490

>>488>>489はグレード1系のプロセス。自由領域の橋にはレベルという概念が希薄で、
プロセス群の実践順序はかなり自由になっている。

L&NはListing and Nullingの略。項目を1つ1つ処理する代わりに、重要な項目に一気に
絞り込み、短期間で大きな成果を狙う手法。メーターが必要不可欠になるので、ここでは
推奨しない。

「誰または何」という言葉はL&Nプロセスで頻繁に使われているので、菜園の経験者は
その言葉を聞くと、L&Nではないプロセスで間違えてL&Nを行なう可能性があり、
>>488ではあらかじめ注意を促した。

492 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:04:22 ID:VA3J+3Ce
時間の巻き戻し理論はどうやって確立されたんですか?
前世を思い出すことと何か関係があったんですかね?

あと、還虚合道に到達したのは地球上に一人いるかいないかというのは
どうやってわかったんですか?
本当に宇宙から存在の痕跡が消えるのなら
仮に到達した人がいたとしても誰も気付かないはずでは?
つまり本当にそのような境地が存在するのなら
誰もその境地に到達した人を知らないということになりますよね。
ということは例えば1万人くらいいてもおかしくないということに?

493 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/16(土) 09:42:04 ID:z5nWbOhZ
>>492

宇宙の外側にある視点から眺めると、時間の巻き戻しを観察できる。

--

還空合道に達した人の数についていえば、「思う」ことであって、「わかった」
ことではない。1万人くらいいてもおかしくない。

あと、どのように人数を数えるか、という問題もある。魂の各視点はそれぞれ
エンティティーとして活動中の可能性があり、強いものは肉体に宿って転生を
重ねている。

この文章を書いている俺もそういうエンティティーの1つで、俺全体の一部だ。

>>385の「1人くらい」というのは、視点ではなく魂を1人として数えたものだ。その
魂がこの宇宙で操っていた肉体の最大数を数えると、もっと多くなるだろう。

494 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 00:36:14 ID:VLV+qlJj
nothingnessってプロティノスの「一者」のことですか?

495 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/17(日) 07:59:25 ID:9Nn4fgV1
>>494

そう。ただし、菜園独自の追加説明がある。

496 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/17(日) 17:06:06 ID:9Nn4fgV1
助け、3

1) 自分に他の人がどのような助けを与えたのか?
2) 自分に他の人がどのような助けを与えなかったのか?
3) 自分が他の人にどのような助けを与えたのか?
4) 自分が他の人にどのような助けを与えなかったのか?
5) 他の人々がまた別の他の人々にどのような助けを与えたのか?
6) 他の人々がまた別の他の人々のどのような助けを与えなかったのか?
7) 自分が自分自身にどのような助けを与えたのか?
8) 自分が自分自身にどのような助けを与えなかったのか?

Loop{ (1) 〜 (8) } → EP

497 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/18(月) 18:56:59 ID:WugnE69F
助け、4

1) 自分を<項目>はどのように助けることができるだろうか?

2) 自分は<項目>をどのように助けることができるだろうか?

3) 他の人は<項目>をどのように助けることができるだろうか?

4) <項目>は他の人をどのように助けることができるだろうか?

5) <項目>はどのように自身を助けることができるだろうか?

項目: ある親または保護者, ある子供, ある教師, ある夫, ある妻, ある上司, ある役人,
 ある聖者, ある肉体

それぞれの項目について、Loop{ (1) 〜 (5) } → EP





498 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 07:40:18 ID:CeZQCrao
驢馬船長って今も生きてるんですか?

499 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 20:57:26 ID:IcHTjw/t


500 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 21:34:29 ID:Y/Dzy2Tt
old timerさん これまで紹介されたエキササイズがどういう仕組みで
私達の意識を変革し得るのか説明して頂けないでしょうか?
よく視点という言葉が出てきますが通常とは異なる視点を意識に提示する事
で意識の選択範囲が増えるという事なんでしょうか?

501 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/22(金) 14:24:24 ID:CqOWsKop
>>498

驢馬船長の肉体は既に滅んだ。

>>500

じゃあ、>>184の仕組みの説明から。

魂はもともと空間上の位置を持たない。しかし、ゲームに参加するには、位置が必要だ。
だから、視点を扱うプロセスは、ゲームの最初の要素を扱うプロセスで、あらゆる
チャージを処理できる可能性を秘めている。

俺たち人間の基本的な問題は、1つの視点が肉体にあまりに固着していることだ。この
状態になると、人生というゲームはあまりに深刻になってしまう。

肉体を外からコントロールしている人にとって、人生はさながらコンピュータ上で
遊ぶRPGのような感じになる。肉体に対して常時外在化を維持できるようになれば、
エングラムなんて大したことじゃなくなる。

502 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 19:04:23 ID:SY6qBP9Y
>肉体を外からコントロールしている人にとって、人生はさながらコンピュータ上で
>遊ぶRPGのような感じになる。肉体に対して常時外在化を維持できるようになれば、
>エングラムなんて大したことじゃなくなる。

そうそう、これですよね。まさに理想の生き方。
RPGの世界ならモンスターと闘うことは苦しくとも何ともない。
それどころか闘いながら成長していくことが楽しくて仕方ない。
人生を、本来のゲームをしている状態に戻すことさえできれば、
人生で起こるありとあらゆる出来事は喜びそのものとなりますね。
出来事そのものをコントロールするのではなく、その出来事に対する、
自分の受け取り方が変わる、つまり視点が変位するわけですね。

503 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 01:44:35 ID:74Ker+td
ところで自由領域っていうのは今も進化していってるんですか?
それとももう一応は理論的に完成されたものになっているのでしょうか?


504 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/23(土) 16:20:17 ID:5YggStcH
>>503

菜園の基礎理論は1954年に完成に到り、自由領域を含めて今日まで、その部分での
進歩はまったくない。

一方、理論を応用する技術体系は、自由領域で進歩を続けている。

505 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/25(月) 17:28:18 ID:3fq6YCwO
>>188では接触と乖離を扱う。これもゲームの重要な要素だ。

>>190>>192>>195>>203>>209は心が自動的にやっていることを意識的にやって
みることで、心に対する制御力を強めるドリル。

506 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/26(火) 12:48:55 ID:Up58EDr/
>>212は菜園教会のTR0に相当する訓練。オーディターとしても必要不可欠な訓練の
1つ。


507 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 14:12:11 ID:/pomWxgW
old timer さん。
お忙しい所、すいません。

自由領域で、最初に実践すべき初心者用のプラクティスをご紹介
願えないでしょうか?あと、それが自由領域のサイトで何所に紹介
されているのかポイント頂けると、大変ありがたいです。


508 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/26(火) 18:11:38 ID:Up58EDr/
>>507

最初に実践するのは、注意を環境に向ける練習。

あたりを見回して、様々な物体に注意を払う。物体の各箇所を視野の中心に捉えつつも、
素早く視線を移動させ、様々な物体の様々な部分を見ていく。

操縦士本では、
http://freezoneamerica.org/pilot/self/chapter_1.html#1.1
にさらに詳しく解説されている。

509 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 18:22:33 ID:/pomWxgW
有難うございます。

基本的に英語は読めませんが、できるだけ自由領域の解説を理解して
実践させて頂きます。


510 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 17:52:35 ID:sboXtVFA
>NOTsでは、自分の体の中にはまり込んでいる他人の視点を開放する。解放された
>視点はある程度の確立でその視点の本来の持ち主に帰還し、割り当てられていた力を
>返す。

>裏NOTsでは、他人の体の中に入り込んでいる自分の視点を取り戻す。これは
>自分の力を回復し、他人のチャージを処理することになる。New OT VIIIのプロセスの
>一部にも同様の効果はあるが、不十分だ。

これって多分アバターの宇宙処理、集合意識処理ランダウンのことだろうね。
もちろん精密さでは菜園(自由領域)の方が遥か上だろうけど。
おそらく菜園教会のNotsの技術から持ってきたんじゃないかな。

511 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/27(水) 19:18:31 ID:5m08pA25
>>216は多分、経験的に出来たプロセスだと思われる。これについて、原理は
よくわからん。


512 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/28(木) 22:19:13 ID:OBbArZap
>>236は思い出す能力の強化。楽しい出来事から扱った方がいいから、>>236のような
プロセスがある。

513 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/29(金) 09:37:15 ID:kXM4CR5I
>>274までに紹介したプロセスは、>>236と目的を同じくする。

514 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/29(金) 09:39:41 ID:kXM4CR5I
>>510

能力回復の方法論としてアバターにもそれなりに有効なものはあるだろう。

一方、回復した能力を使うときに、アバターには問題があると思われる。心に思い
描くのではなく、物質宇宙そのものに思い描かなければ、実現はしない。そして、
物質宇宙そのものに思い描くというのは、具体的な行動を起こすことだ。


515 :名無しさん@3周年:2007/01/02(火) 23:43:40 ID:gVXiNyQC
>アースリカス文明は銀河系に存在する全ての惑星の大陸の質量総和よりも巨大な
>質量を持つ建造物を作るほどの高度な科学技術を持った文明で、

これは思い出した記憶による情報なのか?
この説を支持する者はこの文明に生きていた記憶をありありと思い出したということなのか?

つまりこの文明の言語を話せて、当時生きていた過去世の自分の名前から環境から
現在我々が今生きている全てを意識しているのと同じくらい正確に状況を意識できるのか?
要するに生まれてから死ぬまでの人生を振り返るということが可能なのか?

さらに言えば、何億年、何兆年もの記憶を脳に所持することは生物学的に可能なのか?
普通は80年そこそこだったりするわけじゃない?
歳を取ったらボケてきたりすることもあるわけだし・・・。
脳の未知の部分である松果体とやらに秘密があるのだろうか。
空海やらそのへんの高僧達は前世を思い出してそうではあるが。



516 :名無しさん@3周年:2007/01/04(木) 00:50:46 ID:KM7+heKD
妄想の産物。

かつて存在したという「事実」ではなく、かつて存在したという「設定」を、
今この瞬間に脳内から生み出している。

要するにサイエンスフィクション。

517 :515:2007/01/04(木) 22:20:50 ID:CP1lG2TQ
×要するに生まれてから死ぬまでの人生を振り返るということが可能なのか?
        ↓
○要するに生まれてから死ぬまでの人生を振り返るのと同じように意識することが可能なのか?




518 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 10:22:24 ID:4rR1m3fH
>>515

もちろん、アースリカスについての記憶は思い出した記憶。

たいていの人にとって、目的がもっとも鮮明な記憶で、次に鮮明なのが視覚の記憶。言語の
記憶はそれに比べるとずっとあいまいになる。

また、数億年や数兆年の記憶をすべて脳に所持するのは不可能。俺もアースリカスの記憶の
ごく一部しか脳に所持していない。

しかし、俺の ― そして、>>515の ― 記憶再生能力は脳に完全に依存しているのではない。

>>517

個人差はあると思うが、俺は1つ前の生涯と今の生涯を1つの生涯のように合わせて
意識できる。たぶん、1つ前の生涯でオーディティングを受けたからだろう。

519 :old timer ◆64diJefcvc :2007/01/08(月) 10:29:20 ID:4rR1m3fH
あれ、これじゃなかったか……まずいことに、トリップが違ってる。

まあ、言語、記号、文字列の記憶はこんなもんだ。

520 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/08(月) 11:10:18 ID:4rR1m3fH
>>516の思想の自由を認めよう。しかし、唯脳論的な菜園批判を展開するんだったら、別の
スレを立てることを薦めるぞ。

521 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/09(火) 19:23:40 ID:1nSEZamU
>>279の原理については、>>224が参考になるだろう。

目的の記憶は思い出しやすい。目的の原因は、宇宙の根源目的を除外すれば、いずれかの
生涯における大きな成功で、「楽しんだかもしれない活動」に思いをめぐらせることは、前世の
記憶の再生につながりやすい。

522 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 10:00:49 ID:z2YMgFfT
PTS/SPの、SPについて教えてくれませんか?
いわゆる菜園でいうところの反社会的性格者、
アップダウンコースの12の属性のほとんどにあてはまってしまっている人が
身近にいたりするのですが・・・。
結構家族みんな大変な思いをして生活してきました。
まあ今では割り切っているのであまり影響は受けていませんが。
私にはなぜ人がSPのような性格になってしまうのか不思議でならないのです。
アップダウンコースを受けたときはそれなりに目から鱗だったのですが、
コース内容は入門コースということもあり、不十分で、人がSPになる原因までは
明かされていなかったと記憶しています。

一体SP(反社会的性格者)というのはどうしてできるのでしょうか?
身近にいない人にとってはあまりに想像つかない性格だと思います。
確かに人なら誰でも多少の要素は併せ持っていると思いますが・・・。
でも属性のほとんどが当てはまる人はなかなかお目にかかれないし、
そういった人と生活したりすることを想像できないんじゃないでしょうか。
人は何が原因でSPになるんでしょうか。
やはり過去にいじめられたとか愛情を受けなかったとかが原因ですか?

523 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/10(水) 17:34:16 ID:fuxpOX3t
>>522

自由領域では邪悪な目的をダイアネで扱うので、SPとなる原因は、まあとりあえず、
エングラムということになる。

けれど、ほとんどのSPは実際のところ、誰に対してもSPとして振舞うのではない。エングラムを
再刺激する状況がなければ、SPも普通の人も変わらない。

また、SPであるかどうかを判断する1つの基準であるメーター上のロックスラム反応は、
GPM関連のプロセスをやっているとほとんどあやゆる人に現れる。つまり、普通の人もSP的な
ケース要因を抱えていて、何らかの事態に際してSPに変わるかもしれない。

よって、自由領域ではもう誰かにSP宣告したりはしない。ちゃんとオーディティングを受けたり、
あるいは、ソロオーディティングに取り組むことができる人は、SP的なケース要因からも
解放されるだろうし、そうでない人はとりあえず後回しとなるしかない。

自由領域の菜園理論では、すべての人は、菜園をやろうがやるまいが、いずれはOTになり、
この宇宙を去ることになっている。

524 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 19:33:49 ID:z2YMgFfT
>>523
返答ありがとうございます。
でも私の身近なSP的性格の人はとてもOTになりそうな人じゃあないんですけどね。
OTになった姿なんてとても想像つかない・・・。

>自由領域の菜園理論では、すべての人は、菜園をやろうがやるまいが、いずれはOTになり、
>この宇宙を去ることになっている。

ちなみに物質宇宙の次は何宇宙とか決まってたりするんですか?
そもそも物質宇宙ができたきっかけって何でしたっけ?


525 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/11(木) 10:04:53 ID:FHaTFG64
>>524

物質宇宙よりも重い宇宙は泥宇宙。おそらくは泥宇宙が下降スパイラルの終着。

OTになって物質宇宙を去るならば、行き先は魔法宇宙。つまり、この宇宙に来る前の宇宙に
戻ることになる。

526 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 00:24:27 ID:vl4a7dgn
old timer さんはどうやって自由領域を知ったんですか?
一度教会人になったら抜け出すのも難しいでしょうに・・・。
疑いを持つことすら許されないシステムになってますよね。菜園教会は。

527 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/16(火) 10:37:22 ID:8fYgzMhk
>>526

前世でも菜園人だったので、そのあたりについては困難はなかった。俺が知っているかつての
菜園と現在の教会に大きな違いがあることは明らかだった。

528 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 04:16:56 ID:pAHNwUhn
>>527
>俺が知っているかつての菜園と現在の教会に大きな違いがあることは
>明らかだった。

これは今世においてそう思ったんですよね。
なぜそう思ったんですか?
なぜ明らかに違うとわかったんですか?

529 :名無しさん@3周年:2007/01/19(金) 03:07:47 ID:dBrsWIwm

>>183

>オーディティングの副産物として、外在化が時々起こる。

外在化を自覚できるのですか?
普通は自覚できないんじゃないですか?
どうしたら自覚できるようになるんですか?


>外在化を安定させる方法は、教会でも自由領域でも、見つかっていないと思う。

L12が完全に安定した外在化にすると聞いたのですが?


530 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/19(金) 08:37:06 ID:WrpaIL/H
>>528

昔は海組織なんかなかった。昔の菜園は、人が菜園から出て行くことを予定していた。昔の
菜園では、新参者にいきなりコースやオーディティングを売るのではなく、菜園本を
売っていた。

>>529

外在化ははっきり自覚できることが多い。自分の視野の中に自分の後頭部が入っていれば、
明らかに外在化が起こっているだろう。

L12が外在化を安定化させるなんて話は嘘。L12を終了していながら、眼鏡をかけている人が
いる。

外在化が安定すれば、目隠しをした状態で車の運転すらできるはず。

531 :名無しさん@3周年:2007/01/20(土) 00:28:30 ID:lErElKT3
>>530
>外在化が安定すれば、目隠しをした状態で車の運転すらできるはず。

完全に外在化した状態でそんなにうまく肉体をコントロールできるんですか?

532 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/20(土) 07:20:24 ID:RhFLPfiW
>>531

完全に外在化しているときのほうが、そうでないときよりも、肉体をはるかにうまく
コントロールできる。外在化は幽体離脱とはまったく違う。

533 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 02:36:42 ID:Lbx1KCjh
>>532
>外在化は幽体離脱とはまったく違う。

ここのところを詳しく。

534 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:15:36 ID:Jty4f/oZ
外在化というのは完全な身体・感情・思考との非同一化の事ですかね?
で、なおかつ身体の内側に存在しているという。

インドのラマナマハリシなんか癌で体が激痛でもだえているのに
顔は涼しげに微笑んでいた。

この例なんか幽体離脱せずに身体と非同一化している典型的な例だと思う。
アバでも霊的存在として身体の中に存在する、なんて上級コースでは言うみたい
ですが。

535 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/21(日) 17:20:42 ID:VzJrLkw1
>>533

>>178

>>534

外在化中は、肉体の外にある視点が肉体の中にある視点よりも活性化している。肉体の中に
ある視点を外に引っ張り出すのではなく、別の視点を肉体の外に確保している。

536 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 18:18:11 ID:GdqxUywj
>外在化中は、肉体の外にある視点が肉体の中にある視点よりも活性化している。肉体の中に
>ある視点を外に引っ張り出すのではなく、別の視点を肉体の外に確保している。


ここら辺は表現が微妙ですがインドのタントラなんかでは肉体の奥に
肉体の外にある視点の座があるなんて事言うんです。

old timerさんの外在化体験中において身体感覚との同一化は起きて
いたんでしょうか?
それとも完全に分離していたんでしょうか?

537 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 19:54:45 ID:/Huor290
>>536
このスレに関してはsage進行でお願いします。

538 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/22(月) 23:58:58 ID:dUalvpsl
>>536

完全に分離していた、はず。

肉体にはまり込んでいる今の自分に、外在化していたときの記憶はあまりはっきりしない。

詳しくは、つ>>178

各視点ごとに固有の心があって、その中に固有の記憶が入っているのだと思われる。

539 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 00:12:08 ID:daTHsQ+Q
オールドタイマーさんに質問です。

生まれ変わりにおける親子関係で、
親となる魂が決定する要素というのは存在しますか?

またそれは前世の因縁に関わり有るものですか?
それとも意思や反応心とは別の因果関係に基づいたものですか?

540 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 14:22:43 ID:4DKjxmGB
>各視点ごとに固有の心があって、その中に固有の記憶が入っているのだと思われる。

古神道の自霊拝という行法もこういった事実がもとになっていそうですね。
(例えばハイヤーセルフの視点と向き合うような感覚)
すると、脱魂して霊界を探訪してきたという神秘家たちは、
外在化した視点の固有の記憶を見たと言っていいのでしょうか。

スウェーデンボルグの霊界の描写と菜園理論に違いはありますかね?

541 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 21:37:38 ID:4DKjxmGB
アバターではハイヤーセルフの視点で行動するみたいなプロセスが
上級コースにあるようだ。
菜園にはありますか?

542 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/24(水) 00:26:41 ID:rsqNnCm7
>>539

必ずしも決定的ではないものの、親の影響は小さくないだろう。

直接的な前世の因縁よりも、むしろ、親がこの前世の知人に似ているケースのほうが多いかも
しれない。

俺の父親は人種の壁を超えて、幅度に容姿が似ているし、幅度ほど行動力はないが、性格も
結構似ている。

>>540

肉体の中にいる視点と能力にあまり差のない視点の記憶にアクセスしているかもしれないね。

>>541

>>345とか。

543 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/29(月) 19:23:33 ID:IM0WKOA+
最近、俺は裏NOTsに初めて成功したようだ。小さな断片を再統合した。途中で寝込んだりなど
いろいろあったが、結果は良好だ。性格がちょっと変化し、細かい事務作業を面倒だと
思いがちになった。視力が微妙に上がった。

分離の瞬間をエングラムとして扱うのではなく、ただ単に今そこにある断片を受け入れるという
手法をとった。再統合が必要な断片は無数にあり、分離をエングラムとして処理する方法だと、
セッションスピードを超えて再統合を進めることができないからだ。

理想をいえば、日常生活の中で自然に再統合が進むようになるのが望ましい。

544 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 20:53:52 ID:TpjUO7FK
>>542
遅くなりました。レスありがとうございます。
また質問させて下さい。
返事が遅くなりまして失礼しました。

545 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 03:57:42 ID:y+f+CsCZ

>>543

裏NOTs とは何ですか? 何をするものですか?

断片とは何ですか? 再統合とは何ですか?

細かい事務作業を面倒だと思いがちになった、のには
何か理由があるんでしょうか?


546 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/30(火) 23:20:19 ID:BVEhaS1h
>>545

>>487に裏NOTsについての簡単な説明をしておいた。

断片を再統合すると、再統合前の自分の個性が少し薄められることになる。そのため、
事務作業についての自分の態度にも変化が現れたのだろう。

547 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 03:00:51 ID:XSl1TNai
>>546
視点というのがどうもよくわかりません。
魂が無数に分裂して、それぞれが誰か他人の中に
入っているということなんでしょうか?

裏NOTs の方法はどこにありますか?
誰でも出来ますか?


548 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/31(水) 09:12:01 ID:SfNrHrU7
>>547

もともと、魂は無数の視点を持っている。

視点のいくつかは別の肉体に宿って動かしていることだろう。今この投稿記事を書いている
俺も、そういう視点の1つだ。

裏NOTsそのものは単純だが、ある程度の菜園経験がないと難しいと思う。俺が使った
方法は、>>462に示しておいた『エンティティーの消し方』の(1)。

549 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 17:15:47 ID:Ryw8JtE+
将来全員がOTになるという話ですが、
ぶっちゃけ菜園をやらない人のチャージをどうやって処理するんですか?
例えばold timerさんは私のことを知らないわけです。
私のチャージ、エングラムを処理しようと思っても無理ではないんですか?
つまり多数の知らない人のチャージはどのように処理するんですか?
というか知ってる人でもやっぱり通り抜けるのは本人でないといけないような
気もしますが・・・。


550 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/01/31(水) 17:55:44 ID:SfNrHrU7
>>549

まず、誰かが自分のチャージを処理すると、その誰かの心と宇宙全体と他の人の心の
チャージも弱まる。

また、すでにOTになった人格とそうでない人格が再統合される、OT人格のほうにはチャージを
処理する能力があるため、OTではない人格のチャージも処理される。

551 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 00:05:15 ID:D5M9/dCs
自分の中に他人の視点があるというのもエンティティ処理というのもまるで
憑依みたいですね。
チャージというのは「他人や社会から仕込まれた偏向した視点(あるがままに
価値判断無く知覚する視点とは逆)」というものと解釈してよろしいでしょうか?

552 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/01(木) 14:06:12 ID:GJfIMNsx
>>551

質量、エネルギー、空間上の位置、時間上の位置を持つものはすべてチャージ。

視点は少なくとも、空間上の位置と時間上の位置を持っているので、やはりチャージだと
思われるが、まあ、ほとんどあらゆるものはチャージ。

553 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 21:52:42 ID:doxQhsEF
>>552
じゃあ完全にチャージがなくなった状態というのはどういう状態なんですか?
裏NOTSですべての人(存在)のすべてのチャージを処理し終わったらどうなっちゃうんですか?

554 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/02(金) 11:49:09 ID:ZvwTE+2G
>>553

すべての人が裏NOTsを完了すると、すべてが消滅することになる。

自他の区別もなくなり、すべてがnothingnessに帰することになる。

555 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 00:22:40 ID:4+t4SItK
>>554
菜園の目的ってもしかしてそれですか?
というか私たちはみんなnothingnessから来たってこと?

556 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/04(日) 16:36:12 ID:ZR0fym9N
>>555

菜園の目的は「完全な自由」なので、nothingnessに帰すことではない。

菜園の進歩と個人のケースレベルの向上によって、個人は大きな自由を手に入れることに
なるだろうが、それから何を選択するのかは、個人の自由。

ついでにいえば、本来、その「完全な自由」を菜園にかかわる個人が自らの目的として
追及するかどうかも、個人の自由だ。

557 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 01:34:08 ID:O/Po0fRX
SP人格者を正気に戻す方法ってないんですか?
本人が自分を変えようという観念を持たないため当然菜園技術を受けようとは思わないわけです。
こういった場合SP人格者を元に戻そうと思ったら裏NOTSで他者のチャージを
処理していくしかないということになりますか?

ちなみに教会でのアップダウンコースでは反社会的性格者からは
離れるしかないとなっていました。
PTS/SPコースでも結局自分のトーンスケールを上げ下げして
影響を受けなくするだけで本人を正気に戻すなんてことはできませんよね?


558 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/06(火) 15:32:55 ID:UJHfRbDa
>>557

現在の自由領域の技術をもってしても、人がSP人格を表出させているときには、直接的な
対処法はない。しかし、他の人がNED、NOTs、裏NOTsを実践していく中で、SP人格も
解決されるだろう。

559 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 19:40:38 ID:904loYF2
視点と魂はどう違うんですか?
セイタンは視点と魂のどちらなんですか?


560 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 23:18:44 ID:wLTS9pVl
セイタンは実際は分離してなくて、個々人は一つの大きな魂の視点ってことかしら。

561 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 01:56:59 ID:nP+iCiFE
old timerさんは前世が女性だったことってありますか?


562 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/12(月) 11:46:53 ID:GqeA9N58
>>559

視点のうち、気が付いていることに気が付いている状態になっているものを、自由領域では
「セイタン」と呼び、このスレで俺は魂と呼んでいる。

>>560

地球上の人間の人格は、もっと大きな人格の断片で、その大きな人格もさらに大きな人格の
断片。

>>561

ある。

ここ最近での俺の転生履歴は、アフリカ人女性→シリア人女性→フランス人女性
→イタリア人男性→フランス人男性→イギリス人男性→日本人男性。

どちらの性別も一旦決定すると、それぞれ数回繰り返すようだ。

563 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:07:09 ID:nP+iCiFE
>>562
ということは自分が異性になった状態を想像していたら
以前異性だった時の前世を思い出したなんてことも
リハブ理論から考えると当然有り得ますよね?


564 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/13(火) 06:37:15 ID:YkVKQ2f/
>>563

ありえるね。

ただ、現在の性に対して異性だった生涯は一般に思い出しにくい。俺の場合、3万年くらい前の
同性生涯が思い出せるようになった後に、ようやく、250年くらい前の異性生涯を
思い出せるようになった。

565 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 10:32:08 ID:+63nHzSu
3万年前って、原始時代とかじゃないんですか?
菜園教会でよく出てくる7500万年って、調べてみたら白亜紀かなんかでしたよ。
まあ宇宙の大災害の記憶というのが幅度の勘違いだったとしても、
現在教育で習う歴史というのは間違いということになりますね。
菜園では恐竜とかもいなかったということになるのでしょうか?
マーカブ連邦がどうのこうのという時代も確かまだ20万年前程度でしたもんね。

釈迦やキリストといった聖人が出てきたのも2000年そこそこ前です。
数十万年、数百万年前、あるいは数千万年前のレベルで
彼らに匹敵する聖人、救済者のような人物は出てこなかったのですか?
今より科学はものすごく発達した時代でしょう。
精神的な分野は開発されなかったんですか?
より知性的な人物や宗教的な人物が現れてもおかしくはなかったのでは?




566 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/13(火) 15:39:02 ID:YkVKQ2f/
>>565

宇宙で文明が生じた惑星は地球だけではない。地球で現行人類が原始的な文明を
築いていたころ、もっと高水準の文明が栄えていた惑星もある。

地球で恐竜が生きていたころには、人類は別の惑星に暮らしていた。

そういう遠い過去の文明でクリアーやOTになっていった人ももちろんいる。

567 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 18:33:18 ID:XFSd7BRf
>そういう遠い過去の文明でクリアーやOTになっていった人ももちろんいる。

こういう人達はどういった手段でクリアーやOTになったのでしょうか?
ちなみに菜園では進化論否定派の立場を採りますよね?
猿から進化して人間になっていったわけではないんだ。
猿のセイタンがそのまま人間に入っていたんじゃなくて、
別の惑星から人間の魂は降りてきた、そういうことですね?
別の惑星で進化(修行?)してOTになった魂がその能力で地球に降りてきた、
そして地球で文明を作り生活していくうちに自分がOTであることを忘れてしまった。
そうした種族の末裔が我々現在の人間たちだと考えることはできませんかね?



568 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/15(木) 13:33:36 ID:Tn6WtRqR
>>567

幅度以前のクリアーやOTも、もちろん、広い意味での菜園を実践してそういう状態を獲得した。
幅度は何度も、自らが菜園の創始者ではなく発見者なのだという技術的な立場を
言明している。組織運営や法律上の都合で「創始者」とされているが、それは技術的に正しい
理解と一致しない。

菜園ではダーウィン的な淘汰による進化を否定するけど、ラマルク的な意思による進化を
肯定する。菜園ではセイタン以外にGEというエンティティーが動物や人間の肉体に宿り、
個体の経験を種の遺伝的特性の変化に反映させていると考えている。GEの反応を利用して
人間の肉体をある程度操る研究を幅度は行っていたようだが、詳細は現在の教会にも
自由領域にも伝わっていないようだ。

菜園では魂が進化するとは考えていない。OTになるということは積もり積もった有害な
チャージを取り除いたり、散り散りになってしまった幾多の人格を再統合したりすることで、
進化することではない。だから、我々は地球にやってきた彼らの末裔ではなく、彼ら
そのものだ。

569 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 21:34:34 ID:gV7Xihma
要するに元の姿に戻っていくプロセスということですな。
エデンの園で知識の木の実を食べて堕落していった・・・みたいな
神話の話と関係はありますか?菜園の宇宙観は・・・。


570 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/19(月) 16:43:45 ID:aSsSniRn
>>569

エデンの園の話は宇宙史上の『知識の宝石』を象徴的に反映していると思われる。

571 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 19:10:52 ID:KQgLZq9/
>>570
kwsk

572 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/19(月) 19:22:23 ID:aSsSniRn
>>571

自由領域の宇宙史では、合意戦争前の出来事の1つに、『知識の宝石』と呼ばれる17次元の
物体との邂逅がある。

今この宇宙にいる人々よりもはるかに長い時間を生きていて、どん底から這い上がった経験が
ある人々が、我々をある大きさの多次元空間に閉じ込めるために、『知識の宝石』を
作った。

『知識の宝石』は宇宙の作り方の基本などを説明し、多くの有用な知識を与えてくれるもの
だったが、意図的に織り込まれたバグがあり、それゆえ、我々は我々自身を罠に
追い込んでいった。

573 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 19:28:02 ID:qRWORHtO
>>572
私もそういう意図の檻とでも言うような存在が気になる。
なんなんだ。今現在、サイエンでは解明されている?

574 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 10:59:23 ID:jTJU19Mg
>>572
次元数っていくつくらいまであるんだ?
33次元までは目撃されてると主張する人も確かいたが・・・。

>意図的に織り込まれたバグがあり、それゆえ、我々は我々自身を罠に
>追い込んでいった。

それから解放することが菜園(自由領域)の目的ということか?
それは裏NOTSをやることによって達成できるという話なんだな?

575 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/20(火) 15:06:42 ID:RvvxR7zQ
>>574

次元数に絶対的な上限はないと思われる。

自由領域には全体的な方向性として自由を求めるが、最終到達点としての共通目的はない。
どれくらい自由になりたいのかは、参加者各個人が自分で決めることだ。ただし、自由は
対価を求めるもので、その対価は個性。

裏NOTsは『知識の宝石』を解読するために必要不可欠になると思われるが、裏NOTs
そのものが『知識の宝石』をどうにかするのではない。

576 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/20(火) 15:18:54 ID:RvvxR7zQ
>>573

『知識の宝石』は17次元 ― あるいはそれを超える次元数の ― 物体で、今の自由領域でも
手が出せない存在。

失われた古い資料の記憶からその存在がわかっているだけのこと、だと思う。

577 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 15:33:13 ID:xfVcd6nJ
次元について詳しく説明してくれませんか?
17次元ってのが離れすぎてて実感がつかめないというか・・・。

578 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/20(火) 16:55:35 ID:RvvxR7zQ
>>577

菜園はアインシュタイン的な宇宙観を踏襲しているので、「時間は考えに過ぎない」という
立場を取り、時間を次元に数えない。

ある次元数の空間が次元数がよい多い空間内部に含まれているときに、次元数のより多い
空間にある視点からは、より少ない次元数の空間内に死角がない。

たとえば、ある3次元空間がある4次元空間内に含まれていた場合、4次元空間側の
視点からは3次元空間の肉体の皮膚と内臓が同時に見える。

3次元空間の一部が4つめの次元の方向に窪むと、そこに重力が生じる。この物質宇宙では、
物体の内部の周囲の空間が4つ目の次元の方向に窪む性質を持つ。それゆえ、この宇宙の
物体は4つ目の次元方向にある程度の厚みを持っていることになる。

579 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 20:18:10 ID:KJuXPT9H
>>577
解説ありがとうございます。
では、具体的に17次元というのはどういった空間(?)になるんでしょうか?
17次元かそれ以上というのはどのようにして導き出されたのですか?

また、時間の巻き戻しで巻き戻される前の記憶が「未来予知」という形で
わかる人がいるという話でしたが、ということは
我々は皆、今現在すでに未来を経験済みということになると思うんですが
どうでしょうか。

580 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/20(火) 23:42:29 ID:RvvxR7zQ
>>579

17次元の空間は今の自由領域の誰の想像をも絶する。「17」という数字は、おそらく、失われた
古い資料からのものだと思う。

未来について我々が何らかの経験をしているのは事実だと思うが、巻き戻しがあるときには
必ず何らかの介入もあるので、未来予知が完全なものになることはなさそう。

581 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 18:27:18 ID:+z8++/uM
>必ず何らかの介入もあるので

誰のどんな介入?

582 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 10:06:02 ID:tDNNGaum
菜園ではパラレルライフの存在を認めていますか?


583 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/22(木) 10:34:05 ID:bIwJW9+4
>>581

大きなゲームを破綻させないための介入。実行するのは強大な力を持った魂。

>>582

「パラレルライフ」という言葉をどういう意味で使っているの?

584 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 16:46:11 ID:seMYHqF7
>>583
平行宇宙。自分が別の選択をしていたら・・・というような無数の経験を
魂はしているという説です。

585 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/22(木) 23:11:44 ID:bIwJW9+4
>>584

菜園では平行宇宙説を採用していない。

ただし、もともと1つであった人格は多数の人格に分かれ、それらのいくつかは他の、まったく
違った宇宙で活動中だと考えている。

586 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 21:21:45 ID:0MzmYiZ4
OT3の7500万年前の出来事が幅度の妄想というのなら、
皆ちゃんと修了しているのはなぜですか?

587 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 23:42:02 ID:oU20eL5G
多数に別れた人格は再び合体するとひとりの人格になるのか?

おれたちはピッコロ大魔王か


588 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/24(土) 00:35:58 ID:NYoxji14
>>586

ちゃんと修了しない人も結構いるんだよ。

>>587

再統合すれば、1つになる。しかし、再統合が完全に近くなるにつれて、「ひとり」といえるか
どうかは微妙になってくるはず。再統合が進むほど、個性が失われていくからね。

589 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 04:36:58 ID:V2Xr7zL0
>>588
>再統合が進むほど、個性が失われていくからね。

タチコマ(フチコマ?)の並列化みたいなものか?


590 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/24(土) 07:10:00 ID:NYoxji14
>>589

規模と影響範疇が大きく違うが、似ているところはあるかもしれない。

再統合が高度に進んだ人格は、複数の宇宙に数多くの視点を確保し、数多くの生涯を一度に
こなすことができる。GEやラムダまで再統合すれば、生命の進化を操り、物質宇宙の
諸法則から逸脱できるようになる。

591 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 20:25:51 ID:D1hEKosS
ラムダってなに?

592 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/24(土) 23:27:57 ID:NYoxji14
>>591

宇宙の一部を作ることに専念している魂を自由領域の一部、主に驢馬船長系の人たちは
「ラムダ・セイタン」と呼ぶ。

この宇宙に参加している視点にはいくつか種類がある:

・ネイティブ・ステイト・セイタン ― 惑星を傾けたり、時間を巻き戻したりする。喩えるなら、
 舞台監督。

・ビッグ・セイタン ― 肉体を操作し、人生というゲームで役を演じている。人類のほぼ全員。
 喩えるなら、役者。

・ジネティック・エンティティー ― 生物の肉体を進化させる。喩えるならば、衣装や化粧の係。

・ラムダ・セイタン ― 主に物質を保持する。例えるならば、大道具や小道具の係。

・ターグ ― 落ちこぼれ。舞台裏をうろつく危険人物。

・フリー・セイタン ― 観客。

--

ビッグ・セイタンは役を獲得できなくなるのをひどく恐れている。観客でいるより、役者で
いたいんだね。

593 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 00:13:54 ID:g5+NruJ6
なんかますますMMORPGみたいな話になってきたな。

594 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/25(日) 09:11:59 ID:pqlOVfug
>>593

そりゃそうだ。MMORPGって、人生を真似ているんだから。

595 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 19:37:48 ID:EAyYeJYE
>ジネティック・エンティティー

これは菜園教会で習ったぞ。
でもこれは動物のセイタンの総称ではなかったか?
本能的な行動しかできないという・・・。
人間が自殺を選択するくらいまでセイタンの状態が落ち込むと
セイタンはジネティック・エンティティーになってしまうと聞いた。

596 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/25(日) 20:57:06 ID:MY5Y/i2k
>>595

人間の肉体にもGEは宿っている。ある種のオーディティング手法を使うと、GE側の
タイムトラック上の出来事を参照したりできるらしいが、そういうことは教会でも自由領域でも
ほとんど行われていない。GEのケースを直接扱うのは、危険の割に効果が小さい。

自殺を選択するくらいに落ち込んだくらいでは、ビッグ・セイタンがGEになることはない。

597 :名無しさん@3周年:2007/02/27(火) 20:00:20 ID:SE0aGDv5
>>594
ということは誰かこの世界をつくって金儲けしてるやつがいるってことか

598 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/01(木) 09:43:43 ID:1CBclpJH
>>597

>>97

599 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 10:10:45 ID:QT4nr7rn
菜園が仏教を元にしてるっての、やっぱなんか無理がないか?
魔術の本に幅度と菜園がメチャクチャはっきり紹介されているんだが・・・。
幅度は東方聖堂騎士団のメンバーだったとか・・・。

600 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/03(土) 14:27:55 ID:uBwxvrBt
>>599

幅度自身は仏教を学んでいるし、方法論が異なるが、菜園が目指す方向は仏教と同じだ。

幅度は菜園の方法論を確立するために、世界のさまざまな宗教や思想を参考にしている。
例をあげると、NOTsにはキリスト教の影響が強いし、オブジェクティブズには原始仏教の
影響が強い。

個人的には、オールドタイムの1955年あたりのごく短い期間には、クロウリーの思想の影響も
感じられる。ダイアネ55でも読んでみるといい。しかし、この路線はすぐに実践で棄却された。

>>599が読んだ「魔術の本」を信じるなら、それは>>599の自由だ。しかし、幅度が
東方聖堂騎士団のメンバーだったと主張する人々ははっきりとした証拠を出してこない。
幅度が死んでから20年間も十分な証拠が出てこない主張を、現時点で俺は採用する
気になれん。

601 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 20:55:39 ID:D/aNeSUo
>>599が読んだ「魔術の本」

『図解近代魔術』って本だ。
ファウストとかサンジェルマンとかの流れで幅度の名前も出てくる。
幅度は魔術師として紹介されているようだな。
菜園教会も「黄金の夜明け」の流れで紹介されている。


602 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/03(土) 23:10:17 ID:uBwxvrBt
>>601

その著者は、どちらかといえば、中東の専門家だろう。菜園に詳しい人ではなさそう。

アメリカでは幅度の評判をさらに落とすために、幅度と黒魔術を関連付けようと躍起に
なっている人がたくさんいるんだが、具体的な証拠がぜんぜん上がってこない。

なにしろ、クロウリーが幅度についてぜんぜん語っていない。

また、クロウリーと幅度の決定的な違いは、クロウリーが神々を崇拝したのに対し、幅度は
そのような崇拝を蔑視を蔑視した。この傾向は今の教会と自由領域の両方に受け
継がれていて、海組織では神格への崇拝や信仰を捨てることを強要されるらしい。

ただ、クロウリーと幅度の人生を比較すると、晩年が似ている。彼らが陥った罠も同じで、
個人の意志の力への過信。

603 :名無しさん@3周年:2007/03/04(日) 12:53:49 ID:jw7IkbEQ
>海組織では神格への崇拝や信仰を捨てることを強要されるらしい。

なのに幅度への崇拝は強要するってか。

>クロウリーが神々を崇拝したのに対し、幅度は そのような崇拝を
>蔑視した。この傾向は今の教会と自由領域の両方に受け継がれていて

でもその神々への崇拝によって国々は成り立っているわけだろう。
日本なんか特に。神道にしろ仏教にしろ。
崇拝をやめてしまったらやっぱり日本(世界?)は滅んでしまうと思う。
集合意識的にそれで維持されてるわけでしょ。
個人的に「あらゆるゲームから抜け出す」というのが目的であれば
それすら執着しなくなるのかもしれないがね。





604 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/04(日) 13:58:10 ID:DwvcMLEy
>>603

そう、だから、海組織は古き良き菜園から完全に逸脱している。菜園の現在の発展を
担っているのは教会ではなく、自由領域だ。

国家論は菜園人の興味の範疇から外れている。数十兆年も生きてきた自覚のある古参の
菜園人にとって、国家への執着など煩悩にすぎない。

そして、王子でありながら国を捨てた釈迦についても、国家へ執着しないという点は
同様だろう。

605 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 13:53:30 ID:4ROAHV3e
すごい有意義なスレだ・・・

606 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/05(月) 16:31:12 ID:/iGiD2Nz
>>602

訂正

'そのような崇拝を蔑視を蔑視した'→'そのような崇拝を蔑視した'

607 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 21:50:46 ID:51IxkiEr
>>606
教会だと2000万くらい払わないと得られないような情報量じゃないか?
菜園教会では実際にOTレベルにならないとそれなりのデータは教えてくれないしね。


608 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/05(月) 23:45:15 ID:/iGiD2Nz
>>607

アメリカの法体系を前提として考えると、OTレベルが部外秘なのは不公平だと思う。

宗教団体が税制上の優遇を受けている前提は、教義が公有のものとなっていることだ。
たとえば、キリスト教の経典である新旧約聖書の内容の配布について、どの教会も何ら
権限や権利を有していない。

教義に秘密がある場合、宗教団体としての優遇措置の対象にはならない。フリーメイソンは
宗教団体として認められない。

菜園教会がOTレベルを一般に対して非公開にしている間は、政府が菜園教会を税制面で
優遇するのは不当だと思われる。

日本の場合には、教義を公有化するということが宗教団体としての認可の条件にはなって
いないので、伊勢神宮に秘密があってもしょうがない。しかし、公有化義務を設けるほうがよい
とは思う。

609 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 21:57:16 ID:uNhmKLKk
他人というのは自分の外在化の視点の一つだと考えてもいいですか?

610 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/06(火) 22:11:32 ID:PNGWUhWp
>>609

そういう場合もあれば、そうでない場合もある。

611 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 12:22:48 ID:0cS12sLf
>>610
kwsk

612 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/07(水) 22:50:47 ID:hkmuxHMr
>>611

他人が作った視点もあれば、自分が作った視点もある。そのため、ある視点が自分のものか、
他人のものか、見分けがつきにくいことがある。

NOTsをやってて、自分から離れてはなれて消え去るのは他人の視点で、自分に
飛び込むような感じで再統合するのは自分の視点。

別の肉体に宿っているけど自分の視点、というのもある。自分の肉体が朽ち果てた後、
長い間、転生せずにいると、他の肉体から離れた自分の視点と再統合することがある。

613 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 01:10:42 ID:aN0kiUwI
>別の肉体に宿っているけど自分の視点、というのもある。

家族や友人が自分の視点だったってこともありえますか?
視点にはそれぞれ別々の心、記憶があるという話ですし。

最終的には人類自体が大きなセイタン(地球?神?)の様々な視点ということに
なりそうですね。
そうなってくると記憶って共有することはできないのかという疑問が湧いてきますが・・・。
実際のところどうなんでしょう。

614 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/08(木) 09:17:00 ID:9ddZTF9P
>>613

>>462にあるように、独立して活動する別視点を作るには、その視点に目的を与え、視点の
作り主がその視点の目的に強い異議を唱える必要がある。

ゆえに、家族が自分の別視点である可能性は極めて低い。そして、友人が自分の別視点で
ある可能性はゼロだろう。

人類についていえば、複数の作り主によるおびただしい視点が宿っている。作り主が同じ
視点同士の間では、視点そのものの主観では容易に意識できない領域で、記憶や経験が
ある程度共有されている。

A{
 B{
  D
  E
 }
 C{
  F
  G
 }
}

の場合、BとC、DとE、FとGは共有部分が大きい。親視点と子視点の間には強い反発が
あるため、共有が難しい。

615 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/11(日) 22:09:45 ID:jkJeDfXF
目的関連のプロセス(菜園熟練者向け)

1) 今の自分がどのような目的の成功の形であるのかを考える。
2) (1)で見つかった目的について、L&Nでターミナルと反ターミナルを交互につきとめて
 チャージを取り除く。
3) (1)で見つかった目的に反する目的を突き止め、その目的に対して(1)と(2)を行う。

--

日本語は菜園にあまり向かない言語であるので、英語の使用が望ましい。以下、それぞれの
ステップの具体的な質問の例。

1) What purpose would I as I am at present be a successful realization of?
2.)
 Who or what would want <goal>?
 Who or what would oppose <terminal>?
3) What goal would oppose the goal <goal>?

616 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 08:25:19 ID:JilFEdn7
保守

617 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 10:09:07 ID:x6vzdREp
保守

618 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 14:34:06 ID:W7VJLur9
人間の前世は人間だって聞きますが、それはどうしてですか?

619 :神も仏も名無しさん:2007/03/20(火) 09:28:34 ID:WMq7pj5h
>>618

人間の1つ前の生涯が人間ではないこともあるが、たいていは人間だ。

そして、今の人間をやっている理由は、何らかの目的を達成するためだろう。

620 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/03/20(火) 09:30:03 ID:WMq7pj5h
すまん、トリップをつけ忘れた。

621 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 08:54:19 ID:MyzHrWV2
保守

622 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 11:15:30 ID:+6rg7OCE
保守

623 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 22:55:32 ID:BhYKSe1L
他の人の意見も聞きたいところなんだが・・・。
自己啓発をやってきた人や宗教的実践をしてきた人の目にはフリーゾーンはどう映るのか。
仏教の影響を受けているんだったら、仏教を追求してきた人は菜園をどう受け止めるのかとかね。

624 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 17:35:23 ID:9g5oTM2t
保守

625 :神も仏も名無しさん:2007/04/02(月) 13:05:10 ID:skDm8ZxP
このスレ内容が高度

626 :神も仏も名無しさん:2007/04/02(月) 22:08:43 ID:fMz6HzX+
でもやっぱり神や仏とは性質が異なるデータだ。
いくら仏教と行法が似ていたり影響を受けたりしたとしても、
本質的なものは全然違うよ。

菜園はおそらく次元的には4次元くらいから得たデータだろう。
「肉体を乗っ取る」とか「他人を支配して自分に手紙を書かせる」とか、
低次元幽界層の存在の発想だ。

仏教の慈悲の心とかキリスト意識とは関係がなさそう。
むしろそういったものから離れよう離れようとしているような印象を受ける。








627 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 00:34:14 ID:rgb/Mpl1
フリーゾーンはまだ未完成という記述があったが、
実はフリーゾーンに足りないのは「キリスト意識」「愛」「慈悲の心」
こういったものではないだろうか。

いくら理屈だけで解き明かそうとしても、最終的に真実にたどり着けるのか?
裏NOTSですべてのチャージを処理することですべての存在がnothingnessに帰るとしても、
それは神の意図するところではあるまい。

菜園人が日々裏NOTSで人類のチャージを処理し続けているおかげで人々の悩み苦しみは
軽減されていっているのかもしれないが、
そういった行を行っているのは菜園人だけではない。
個人的な瞑想や祈り、宗教家の行法によって現在の地球が維持されているのもまた事実だ。

おそらく菜園はよくてこういった大きな流れの一部としてしか機能しないのではないか?
それはそれで立派な役割ではあると思う。
しかし神を崇拝する必要などないと言い切るスタンスのものが繁栄することはまずないと思うんだ。
発展する前に他のものに取って代わられるぞ。

628 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 04:07:17 ID:u4FmFA0v
神ってなあに?

629 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/04/03(火) 08:04:23 ID:8BtG6tx1
>>626

キリスト教には、処女マリアの肉体を支配して子供を産ませる、って発想がある。この発想が
キリストの聖性の原点だ。

神が人間の肉体を乗っ取るのは、古神道のお得意。

仏教にはこういう発想がない。

自由領域では仏教を神道やキリスト教より高く評価しているが、仏教的なところに
行きつくまでの過程として、NOTsのようなキリスト教的なプロセスも使う。

キリスト教のエクソシズムはNOTs、神道の鎮魂帰神はNOTsの逆、仏教の慈悲の瞑想と
仙道の修行体系は大部分はNOTsの裏。

で、自由領域的には

NOTs ○
逆NOTs ×
裏NOTs ◎

630 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/04/03(火) 08:10:00 ID:8BtG6tx1
>>627

神への崇拝と愛や慈悲は相互依存していない。

人類の多くはまだ崇拝から卒業していないから、神を崇拝する必要などないとの立場は
確かに、自由領域の世俗的発展には不利だろう。

しかし、自由領域ではかなりの数の人々が記憶を維持して転生するため、自由領域全体が
消えてしまうことはない。自由領域にはたっぷり時間があり、人類が追い付くのを
待っていられる。

631 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 11:40:09 ID:OiVyuOFE
>人類の多くはまだ崇拝から卒業していないから

卒業はしないんじゃないか?
人類のプログラム的に。
それがいわゆる神界計画というか。

>自由領域ではかなりの数の人々が記憶を維持して転生するため

自由領域は現在何人くらいいるんだ?
記憶を維持して転生するより成仏したほうが残った人類にとってもよくないか?
魂とか死後の生とかの存在を知ったらもうあえて転生を選ぶ必要もないと思うんだが。

632 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/04/03(火) 15:42:09 ID:8BtG6tx1
>>631

自由領域では、崇拝からの卒業を十分に可能だと考えている。自由領域で研鑽を積んだ
人々はちゃんと卒業しているから。

--

自由領域は自由な菜園人の緩やかな連携の形なので、全体数を把握するのは困難だが、
あまり熱心ではない人々まで含めれば、4万人程度だろう。新しい技術を積極的に
実践している人々 ― つまり、名実ともに自由領域の菜園人 ― となると、1000〜1500人、
技術の開拓を主導する人々だと15人くらいだと思われる。

菜園人のかなりの部分が死後に転生を選ぶのは、まだまだ煩悩が残っているから。1回の
生涯では煩悩が抜けきれない。

崇拝を捨てるのは簡単だったが、今の自分が今の自分であること、つまり、個性を捨てるのは
難しい。幅度はこの段階で失敗し、今の自由領域もこの段階ではあまりうまくやってない。

633 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/03(火) 15:44:03 ID:8BtG6tx1
おっと、このスレではこっちのトリップだったな。

634 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 20:29:12 ID:+xWTcOJX
>キリスト教には、処女マリアの肉体を支配して子供を産ませる、って発想がある。この発想が
>キリストの聖性の原点だ。

>神が人間の肉体を乗っ取るのは、古神道のお得意。

神が救世のために人間を使うのと俺らが個人的な目的のために肉体を乗っ取るのとでは
全く比較にならないと思うのだが・・・。

635 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/03(火) 21:07:54 ID:8BtG6tx1
>>634

菜園は神を特別扱いにはしない。これは菜園教義の基本的な特質の1つで、今さらそこを
批判されても困る。

菜園の目的は個人を自由にすることで、すべての個人が自由になるのが救世。

636 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/04(水) 18:00:50 ID:MYEdckbM
(Experimental)

Fairness and Unfairness

Flow 1

1) Recall a time another was fair to you.
2) Recall a time another was unfair to you.

Flow 2

1) Recall a time you were fair to another.
2) Recall a time you were unfair to another.

Flow 3

1) Recall a time others were fair to others.
2) Recall a time others were unfair to others.

Flow 0

1) Recall a time you were fair to yourself.
2) Recall a time you were unfair to yourself.

For each flow, Loop{(1), (2)}→EP

----

裏NOTs的な効果を狙ったプロセス。試験的なもので、具体的な効果は未知数。

637 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/04(水) 18:03:07 ID:MYEdckbM
>>636の続き

当然だが、ソロでやる場合には、「you」を「I」や「me」に変える。

興味がわかないフローをやらないこと。

638 :神も仏も名無しさん:2007/04/04(水) 18:38:39 ID:KZwo1QGc
>興味がわかないフローをやらないこと。

理由は?
上のほうでも毎回注意書きがあるよね。

639 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/05(木) 07:45:57 ID:f+etcFi9
>>638

興味がわかない理由は2つのうちのいずれか。

1. そのプロセスまたはそのフローにチャージがない。
2. そのプロセスまたはそのフローにあまりにも多量のチャージがあって、現時点では
 避けたほうがいい。

640 :神も仏も名無しさん:2007/04/05(木) 10:14:34 ID:L3PJ+i8I
「抑圧された人のランダウン」の最終現象は抑圧者のほうから和解を求めてくることだという。
これって本当ですか?
菜園教会ではクリアーやOTですら家族から菜園を反対されてて
話すら聞いてくれないという人が多いというのに・・・。
やっぱり誇張されてるんですかね?


641 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/05(木) 11:50:08 ID:f+etcFi9
>>640

理論上はそういうことになるんだが、実践でそういう結果を高確率で出せるのではない。

まして、教会のオーディターは週ごとの成績要求に追われ、成績は質をまったく考慮せず、
量で測られる。

教会で現役オーディター時代の俺はRR発生ゼロだったし、職務外で押しつけられた
RRサイクルの取り下げ率70%で、その中には後にケース監督にすらなった人物もいると
いうのに、「すぐにセッションを中断する」とか、「今週10時間しかオーディティングして
いない」とか、批判され、休みも給料もろくにもらえなかった。

PCに大きな状態向上があったら、セッションを中断し、数週間から数年間はオーディティングを
やらないというのが、スタンダードテックのはずだが、まるで守られない。

「抑圧された人のランダウン」がひたすら量にこだわる組織で結果を出せるランダウンになる
確率は、絶望的に低い。

642 :神も仏も名無しさん:2007/04/05(木) 21:11:28 ID:G1/C4l3s
>>641
なるほど。
しかし最終現象が「向こうから和解を申し出てくる」となっている以上、
実際にそういう現象が起こらない限り、セッションは終わったことにはならないのでは?
「起こらなかったけど一応終わりました」なんてことはあってはならないことでしょう。
そうなると文献が間違っていたということになりますからね。
>>641みたいな環境だと、一体どうやってセッションを終わらせるんでしょうかね。

「グレード0で誰とでもコミュニケーションできる」
「グレード1で問題を解決できる」
これも実際はそうではないってことですか。
クリアー以上でも問題抱えた人が大半ですもんね。
OTだってトラブってスタッフやめたなんて話をよく聞きます。

見てると菜園教会に来る前のほうがよっぽど問題がなかったように見える場合が
大半というか・・・。自分がそうだったようにね。
要するに菜園に来るきっかけになった問題なんておそらく菜園に来なくても
自然と解決されてたんじゃないかという・・・。
教会に来てからのほうが新たな問題でいっぱいになってる。
教会に来なきゃ生まれなかった問題ばかり。
やっぱ世俗的な解決を求めて来たのが間違いってことかな。
うまくすり替えられてるね。教会は世俗的な効果で人を集めようとしてるから。

643 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/06(金) 09:26:16 ID:qoW+VvfL
>>642

ちょっと用語の整理を。

・セッション ― オーディティング1回分。長さはいろいろ。

・プロセス ― セッションの中で具体的に行われるオーディティングのコマンドのセット。
 プロセスがフラットポイントやEPに達したタイミングで、セッションを終わらせる。1つの
 セッションで複数のプロセスをこなすのが一般的だが、1つのプロセスがEPに達するまで、
 複数のセッションが必要な場合もある。

・ランダウン ― 複数のプロセスをセットにしたもの。グレードの一部であったり、そうで
 なかったりする。

・グレードやOTレベル ― 橋の主要な段階で、さまざまなプロセスやランダウンが含まれる。

「抑圧された人のランダウン」はグレードに属さないランダウンだが、技術的なことをいえば、
中身はグレード1の拡張。このランダウンで事態を解決できない場合、PCには倫理上の処分、
オーディターには倫理上の処分と再訓練が課せられることになるだろうね。

--

世俗的な問題の解決を菜園に期待するのは間違い。それは「隠された基準」となり、
オーディティングの効果を妨げる。

644 :kame:2007/04/07(土) 21:23:13 ID:kVz0aUmK
★☆★ダイアネティックスについて★☆★からキマシタ。

oldtimerさん(マチガッテイタラスミマセン)お願いです。
個人的に相談したいことがあるので連絡下くれませんか?

ここの板を読んでもバカな俺にはさっぱり分からなくて・・

皆さん板汚してスミマセン





645 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 02:47:02 ID:0j0/c7P2
↑金銭がらみのトラブルか?

646 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/08(日) 08:30:42 ID:tqV8FHIg
>>644

そいつは少々難しい。

このスレのold timer ◆64ZQ9HnmXAとkameさんに送られるメールの送り主が一致することを
確認するうまい手段がない。

647 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 12:22:31 ID:Ixqyd2+o
@old timerさんがフリーの捨てメアドをつくる。

A次にold timerさんがいつものトリップで書き込み、
 そのときの同じIDで別のトリップを作ってそれでもう一度書き込む。

Bその後old timerさんがkameさんのメアド宛にフリーの捨てメアドを使い
 連絡する。その際、Aで作った別のトリップを表示するための文字列を
 教える。

Ckameさんがその文字列を使いどこかの過疎スレか何かを使って書き込んでみて、
 Aでのold timerさんの別のトリップと一致すれば、
 そのメールの送り主がold timerさんであることが判明する。

と、こんなやり方ではどうだろうか?

648 :kame:2007/04/08(日) 18:53:50 ID:iE6thzDo
>645さん
  
違いますよー

>oldtimerさん

お返事有り難う御座います!

そうですか・・

自分は分かり易く言うと神経症で(医者によって病名がチガウ)
少し辛いので相談に乗って貰いたいと思っていました。
神経科に行けと言われるかもしれませんが、
今まで薬物療法、催眠、などを試してみましたがやはり効果がなく
途方に暮れているので・・。現在はEFTを試みています

ダイアネは今から9年程前の学生時代に読み、
とても衝撃的で今でも、アレをやれば心が治る可能性はあるんじゃないか?
と思い続けています・・ここで知りましたが今はFreezoneたる物があるみたいですね・・勉強をろくにした覚えのない
阿呆な自分は今から英語を勉強してオーディティング?を受けるようになるまで
生き耐える自信が正直ありません^^;

どうしたらいいかな〜と悩み
色々詳しいoldtimerさんに相談したかったので
いつも2CH傍観者の自分ですが書きました
オバカですが、良ければ相談乗っていただけると嬉しいです。

>647さん
色々考えてくれて有難う御座いマス!


649 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/08(日) 18:58:54 ID:tqV8FHIg
>>647

とりあえず、@は終了。

残りのステップについては、>>644の返答と同意を待つことにしよう。

650 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/08(日) 19:13:26 ID:tqV8FHIg
>>648

うーむ、それについては、世俗的な問題の解決を菜園に期待するのは間違い、と
いうしかない。

ダイアネで神経症が治る可能性は確かにあるけれど、本人がその神経症を気に病んでいる
状態では難しい。

あの傲慢な教会すら、病気に対するダイアネの効果については何も保証しない。

--

菜園に伝わる知恵としては、肉体の病とは違って、精神の病の場合、症状が重いほど軽い
対処が必要になる、というのがある。自由領域の腕利きは、神経症の人も面倒を見て
くれることがあるが、最初のステップはほぼ間違いなく、散歩、になると思う。

パッチ・アダムスも自由領域も、何かに気持ちが固着されていることを先ず何とかしようと
するところは共通。たぶん、この方法論には千年を超える歴史がある。

651 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 19:26:48 ID:0j0/c7P2
すいません。
散歩の効果について、技術的な理由をぜひお聞かせ願いたいのですが。
非常に興味があります。

652 :kame:2007/04/09(月) 01:23:09 ID:pEVDLK0L
old timerさん、お返事有り難う御座いマス!

自分はあの本をが言うエングラム(トラウマ?)全てを消化した状態の
すばらしさ、その全てを鵜呑みにはしていません

が、
トラウマにより強迫観念や過緊張に悩まされていることは事実なので
ダイアネで消化してみたいのです

ただ、東京菜園にも行きましたがアノやり方はドウカト。^^;

それと、前回神経症だと言いましたが・・
それはとりあえず忘れてください(笑




















653 :kame:2007/04/09(月) 01:35:05 ID:pEVDLK0L
>oldtimerさん

あ、それと・・^^;
647さんが言った案ですが、もうステアド作ってくれたのですか?
有り難う御座います!
勿論自分はOKデス。よければ相談に乗って下さい






654 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/09(月) 09:19:58 ID:Ii+xswxA
>>651

エングラムとかその他のチャージなど、要するにケースを抱えている人間 ― この地球上には
例外なく、あらゆる人間 ― が何かに長期間にわたって注意を固着させていると、ケースに
起因しする厄介事が、注意が固着している何かに関して具現する。例えば一日中事務作業を
行っていると、ケースに起因する独特の疲労感などを味わうことが多い。

散歩を行うと、固着していた注意を適度に散らす効果がある。

菜園の『大旅行』も、散歩の延長線上にある。

散歩は菜園で最も基礎的なプロセスであると同時に、高度なプロセスへの入り口でもある。

>>652

肉体が歩ける状態であるならば、まずは1日1時間の散歩から始めることを勧める。菜園人は
ケースレベルがどうあれ、散歩を毎日やったほうがいい。

その他、プロセスとしては、>>188,190,195,203,209,216,236,238,242,246,250,256,268,274。

何かにkameさんの注意が固着しているのならば、その何かはある程度kameさんを
支配している。現時点で、これをソロダイアネで何とかするのは無理だろう。まずはその
何かから注意を解放し、その何かをkameさんが抱えている些細な厄介事の1つに
してしまうことが必要だ。

あと、現代のダイアネでは前世想起能力はほぼ必須といってもいいので、>>279もやって
おいたほうがいい。

結果については何も保証できない。

655 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 14:00:30 ID:XvqtMva6
>kameさん

サイエンから枝分かれしたアバターコースというセミナーがあります。
そのセミナーで使われているテキストに「リサーフェシングワークブック」
というものがあります。

この本の最初のほうに、固定された注意を解放するエクササイズがいくつか
載っていますから、購入してやってみてはどうでしょう?

ただしアバターコース(9日間、30数万円)それ自体は時間とお金の無駄で、
上級コースへの勧誘も半端じゃないので絶対に参加してはいけません。

散歩しながら効果的に固定された注意を解放しそれらを統合していく方法として、
外にあるもの何でもいいですから、それらを数えながらその形の外周をなぞっていく
といいです。マンホールの外周をなぞって「1」、街路樹の形をなぞって「2」、
信号機のかたちをなぞって「3」、駐車してある車の概観をなぞって「4」……
といった具合です。気分が落ち着いてくるまで、これを続けながら散歩します。

是非やってみてください。

656 :kame:2007/04/09(月) 22:29:03 ID:pEVDLK0L
>oldtimerさん

お返事有り難う御座います”

散歩ですか・・家の玄関を開け外に出ることを考えると
躊躇するところがありますが・・
なんとか気合いでガンバリマス!

何もしないで、ただ歩くという行為はtimerさんの言うように
自分は注意が全く別のところに固着していて「人にどう見られているか?など・・」
気が散るので・・無謀かもしれませんがいっそジムに通う事に
チャレンジしてみようかと思います。

プロセスに関しては
ものは試しに一つ一つ実践してみようかと思います。
理解ができなくて又質問するかもしれませんが
その時はよろしくお願ぃしまーす

>655さん

アドバイス本当に有り難う御座いマス!

ほぉーーそんなモノがあるんですか〜
固定された注意を解放するエクササイズ・・
それは興味深いデス^−^

今アバターコースのHP見てみてました。
意識を探検するテクニック?これがそうですねー
2000円・・コレなら買えますw買ってみますね!

657 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/11(水) 21:55:19 ID:41LL4VGj
>>656

ジム通いは散歩の代わりにはならない。ジムは散歩ほど大きな空間を使用しないからだ。

散歩は菜園の基礎の基礎。それをスキップして他のプロセスをやるのはそれなりに険しい
実践の道になるので、覚えておいてもらいたい。

また、私はアバターコースの実践経験はない。アバターコースと菜園の併用の結果として
起こりえる事態にはまるで知識がないから、kameさんの質問の中には私が答えられない
ものも結構あることになるかもしれない。

もちろん、併用そのものについて反対しているのではない。自由領域は先駆者を歓迎する。
kameさんの実践結果が経験的な知恵として自由領域に継承されれば幸いだ。

658 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 00:14:24 ID:vEhnaHEY
>>633
old timerさんは他のいくつかのスレッドにも書き込みをしているのでしょうか?
参考のためにそのスレッドとそこでのHNも教えてください。

659 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/13(金) 07:45:03 ID:hGuNeYz8
>>658

読んでるスレには萌え関係が結構ある。これはまだ自由領域の標準理論じゃないが、俺らが
この宇宙の中にとらわれている根本原因って、何らかの形の萌えだと思ってる。

大方の萌えの本質は、個人間の使命感。相手にどこか欠けた所があって、それを自分の
どこかが補えそうな時に、萌えが発生している。例えば、剣を振り回す強い少女に
世間的常識が欠落している場合とかに、萌えが発生する。

要するに、使命を与えてくれる対象に萌える傾向が、魂にはあるようだ。

追記すると、萌えは連鎖する場合があり、使命を果たそうとしている誰かに他の誰かが萌える
こともある。

そしてもう1つ、萌えの発生には何らかの物質で構成された肉体または肉体を描写する
映像が必要だ。

強いところと弱いところがはっきりしていて、肉体を持っており、何らかの使命を果たそうと
努力している誰か ― その誰かに萌えた最初に出来事を突き止めれば、膨大な数の
ゲームから俺たちは自由になれるはず。

660 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 20:26:36 ID:5cB3ifNF
>>659
>その誰かに萌えた最初に出来事を突き止めれば、膨大な数の
>ゲームから俺たちは自由になれるはず。

これはあらゆることに対する一切の興味を失うということなのでしょうか?

661 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/13(金) 23:45:39 ID:feunasxf
>>660

The Very First Moé以降のゲームへの興味は失われる。それ以前のゲームは残る。

TVFMを突き止めるのは神々の1つ ― 真の意味でのOT ― になる最短ルートなはず。

662 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/16(月) 09:35:04 ID:Z/QWujSm
極単純なNOTs

NOTsはもともと単純だが、これは数多くあるNOTsの中でもっとも単純なもの。

1) 自分の肉体の内部や表面で、圧力や痛みを感じる点を探す。
2) その点に注意を向ける
3) その点のところに存在するものを感じる

圧力や痛みが消えるまで、(2)と(3)を繰り返す。必ずしも1つのセッションで1つの点を
完全処理する必要はない。

圧力や痛みの点を数多く処理した後で、その他別の感覚を伴う点が感じられるようになる。
そうなったら、それらの点も処理する。「何もない」という感覚もありえるし、実際のところ
「何もない」は結構大きなチャージ。

663 :さんど猫 ◆D57rqyn1UQ :2007/04/17(火) 01:06:10 ID:Ga/wggyo
昔ダイアネティクス(1985年版)を読んで面白いなと思ったんだけど、
オーディターがいる組織に属さないといけないらしいので、興味を
失なっていました。面倒だし。

最近催眠術に興味を持って読みなおしてみたけど、オーディティングは
広義の催眠術というか、変性意識誘導の一種で、他人の力を借りないと
してもできないわけじゃなさそうですね。眠ったりしないという意味
では、ハバード氏が書いている通り、催眠術と違うのでしょうけれど。
当時は催眠術に対する偏見があって、それと一線を画するために、
催眠術との違いを強調していたのかな。

664 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/17(火) 07:49:44 ID:VLs1ZWix
>>663

組織に属する必要はない。アメリカでは個人で開業しているオーディターが結構いる。
自由領域ではもともとあたりまえのことだったが、1990年代にオーディターの個人開業権は
教会でも再確認している。

幅度がオーディティングを狭義の催眠術ではないとしたのは、オーディティングの全過程に
コミュニケーションサイクルが含まれているからだ。(以下、「催眠術」を「狭義の催眠術」の
意味で使う。)

実際に、通常、催眠術では術を解くという作業が最後に行われるが、オーディティングにはその
作業がない。オーディティングにおけるPCは通常のコミュニケーションサイクルから
隔絶された状況に置かれていないからだ。

また、催眠術ではPC側の能力をそれほど要求しないので、状態のかなり悪いPCでも
扱えるが、オーディティングではPCの能力に応じたプロセスしかできない。これが
オーディティングの、まあ、欠点。

催眠術ではPCが術中に顕現させた能力は術後にあまり残らず、術の効果のほうが残る
傾向にあるが、オーディティング中にPCが顕現させた能力はオーディティング後に残る。
これがオーディティングの利点で、多くの宗教の修行の結果と似ている。

665 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/20(金) 01:17:34 ID:W742nkWH
>>662

実際にやってみた。

眼球の中の奴に手こずって半日寝込むことになったが、抜けたようだ。

通常NOTsで効果がなかった背中の奴も、無事に解決。

極単純なNOTsは通常のNOTsの「Who are you?」「What are you?」に反応しない奴にも
効果がある。

欠点としては、ケースレベルで楽に対処できないとても大きなチャージやエンティティーを
表面化させることか……

666 :さんど猫 ◆D57rqyn1UQ :2007/04/22(日) 18:31:40 ID:enzCgiuZ
>>664のOTさん。
ダイアネ本の「自己管理」の項目にオーディターを必要とする理論的な
根拠がありました。つまりは、エングラムはPCのダイナミックを全部
「乗っとる」ことができるけれど、オーディターのダイナミックには
影響がないため、PCに指示を与えることができるというか。
単純に言うと、4 + 4 = 8という理解です。(スペクトル理論からすると、
4ではなくて人としての最大限ということなのでしょうけれど)

現代の催眠については、自分が知っていた従来の振り子的なイメージの
もの以外にも、静思に近い(又は同じ)ような状態で対話的に行うものも
あるのだなということを知ったのが新鮮でした。
能力というのは、超常現象のようなものを指しているのか、抑えられて
いた知覚力や思考力が解放されるということを指すのか、写真的記憶
のような通常人が持っていない能力を獲得できるということを指すのか、
自分にはよくわかりませんが、超常現象については懐疑的です。(^^;

ちょっと前ですが、ブラックホーク・ダウンという戦争映画を見ました。
なかなかリアルに描写されていて、映画のストーリーそっちのけで、
人間は自分が思っているよりも頑丈なのかもしれないな、ということを
考えていました。なにしろ、勇史以来、戦って生き抜いてきたわけです
からね。自分達が適者生存の適者であるということは、ここ数年、忘れて
いた考えでした。

667 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/23(月) 14:39:32 ID:eXcqBIrx
>>666

オーディティングは対話的であるだけではなくて、コミュニケーションサイクルを常に維持する。

「わかりました」とか「ありがとう」のようなackと呼ばれる動作をオーディターが毎回きっちり
入れる。

 Auditor ―[質問]→ PC
 Auditor ←[返答]― PC
 Auditor ―[ack]→ PC
 Auditor ―[質問]→ PC
 ……

日常会話では、

 Term1 ―[質問]→ Term2
 Term1 ←[返答]― Term2
 Term1 ―[質問]→ Term2
 ……

があり得るが、これをやるとオーディティングじゃなくなる。

対話的な催眠といっても、オーディティングほど律儀にackが入っているのではない。

668 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/27(金) 09:10:33 ID:ZdrJbSy8
オーディターの質問に対す直接的な返答は「アンサー」と呼ばれる。ちなみに、
「わかりません」もアンサーとして有効だ。アンサーに対しては、通常、オーディターは完全な
「ack」を返す。

オーディターからの質問に対し、PCはコミュニケーションサイクルにもケースにもまるで
関係のないことをいうことがある。これは「コメント」と呼ばれるもので、オーディターはコメントを
無視するべきだ。

 Auditor 「あなたは何かを盗んだことがありますか?」
 PC 「あんたって不細工ね。」
 Auditor 「オーディティングの質問をを繰り返します。あなたは何かを盗んだことが
  ありますか?」

一方、ケースに大きく関係のあることをPCがいう場合や行う場合、その言動は
「オリジネーション」と呼ばれる。オリジネーションは無視されない。

 Auditor 「あなたは何かを盗んだことがありますか?」
 PC 「目の奥に痛みを感じます。」
 Auditor 「hmmm。それはいつごろから始まったんですか?」
 PC 「たった今、ですね。」
 Auditor 「私が質問の直後ですか?」
 PC 「はい」
 Auditor 「わかりました。それではオーディティングの質問を繰り返します。あなたは何かを
  盗んだことがありますか?」

オリジネーションがあった場合、オーディターはそれについて具体像をつかむまで質問を
することが許される。完全なack「わかりました」はオリジネーションを十分に理解した後に
行うべきだ。

オリジネーションを処理した後、ほとんどの場合、オーディターはオーディティングの質問を
繰り返す。

669 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/01(火) 17:42:35 ID:nnPBMB0A
>>662をずっと続けている。

その効果らしく、仕事上の難しい案件がどんどん単純に見えてきた。言葉を変えると、複雑な
見かけの背後にある単純な構造が、自分の認識の中に飛び込んでくる感じ。

ただし、>>662はすべての人に対して効果のあるプロセスではない。ケースの状態が良い人や
十分な訓練を積んでいる人でなければうまく扱えない。俺は後者。

670 :神も仏も名無しさん:2007/05/02(水) 18:53:32 ID:bO8itPrI
もともとはクリアーになった人がやるプロセスだからか?


671 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/03(木) 06:46:01 ID:DWG8Asm/
>>670

うむ。

菜園では、上のほうのプロセスは単純なものが多い。

オブジェクティブとキーアウトのためのプロセスを別にすると、複雑なプロセスは複雑な検索の
ようなもので、チャージを絞り込んで狙う。単純なプロセスは幅広く数多くのチャージを同時に
再刺激して扱うので、非常に重くなることがある。

672 :神も仏も名無しさん:2007/05/04(金) 23:02:26 ID:EGaooCgE
前世ってオーディティング受けてる途中で自然に思い出すって感じですか?
一人で思い出そうと思ったら、やっぱり上に書かれているように
想像を利用したやり方じゃないと無理ですか?

例えば、興味がある時代、文化の格好を真似てみるとかはどうでしょう?
あるいは興味がある分野を追求していると、それ自体が前世を探求していることになるとか。

あと、スターウォーズのようなSF的な世界が過去の文明にあったというのなら、
SF作品に触れていると思い出しやすくなったりってしますか?
ちょっと子供っぽいけど、そういった作品で○○ごっこのような遊びをしてみるとか。

ちょっと話がズレますけど、スペースコロニーとかって本当にあったんですか?
これから科学が発達して発明されそうなことがすでに過去の文明で発明されていたってことですよね。
OTデータが本当なら。


673 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/05(土) 00:33:45 ID:PZHBKVGO
>>672

前世の記憶が出てきやすいのは、低いレベルでは、グレードII。グレードIIの
コンフェッショナルで、オーディターがメーターの反応に合わせて「それ、それ」ということが
あるが、その時に断片的な記憶が再生されることがある。

けれど、本格的な再生は生活の中で衝撃的に起こることが多い。起こってみないと
どういうのかわかりにくいけど、いったんこれが起こると、この生涯の記憶と前世の記憶が
同じように感じられるようになる。

記憶の再生については、>>224あたりも参考になると思う。現在の行動のすべてに前世の
記憶は何らかの形で反映されている。

前世の知人に遭遇すると、人間関係がギクシャクしたり、怪我をしたり、病気になったりなど、
生活に何らかの厄介事が発生する傾向がある。前世の知人によって再刺激された昔の
目的が、現在の人生において追及している目的とぶつかって生じるもので、その
厄介事について考察することでも、前世の記憶が再生されることがある。

SFやファンタジーは遠い前世の記憶を刺激する傾向があるが……たぶん、そういう時代の
記憶を取り戻した後に読んだほうが面白い。

674 :神も仏も名無しさん:2007/05/05(土) 00:54:53 ID:0rVLJw6D
クリアーの人は皆そういった衝撃的な前世の再生を体験しているんでしょうか?
また、前世の記憶が甦ることで現世での悩みが丸々解消されるということは有り得ますか?

歴史的に有名なお坊さんたちって、そういった衝撃的な体験後に宗派を開いたりとかしてますよね。
明けの明星が飛び込んでくる体験とか、鐘の音を聞いて大悟とか。
それと似たような経験でしょうか。
そういった体験によって前世からの目的を思い出し、
自分(魂)本来の能力に目覚め、普及に尽力した。そんな感じでしょうか。

前世と現世の記憶が同じように感じられたら、確かに現世での囚われは軽減されそう。
今の私には想像もつかない話ですけど。

ちなみに前世の記憶と赤ん坊の時の記憶、どっちが思い出しやすいですか?
普通の人は赤ん坊の時の記憶ですら思い出せないんですよ?
今世の赤ん坊時代よりも前世での成人時代のほうが意識ははっきりしてそうではありますけど。

675 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/05(土) 07:33:49 ID:PZHBKVGO
>>674

クリアーの全員がそういう経験をしているのではない。例えば、菜園にかかわる以前に既に
クリアーだった人 ― 他の何かでクリアーになっていたり、そもそもクリアーより下の状態に
落ち込んだことのない人 ― には、衝撃的な記憶の再生の経験がない。

また、技術の実践は常に完璧ということはないので、クリアーと認定されていても、実際には
そんな状態に達していない人もいるだろうね。

お坊さんたちの経験は別のことだと思われる。

前世のいずれかの生涯の記憶とこの生涯の新生児の時の記憶を比較すると、後者のほうが
再生ははるかに困難だ。新生児の初期の記憶は世界についての基本的な理解と肉体の
操作技能として残るもので、肉体内部にある接触点には出来事としてほとんど記憶されない。
そういう時期の出来事を見るには、肉体の外の別の視点の記憶を探る必要がある。

676 :神も仏も名無しさん:2007/05/09(水) 10:07:38 ID:6tIZQbWG
サイエントロジーでは、俗にいう「カルマ」ということについてはどう捉えているのでしょうか?
世の中は、理不尽なイジメや嫌がらせをやっているような人間が何事もなく順調な人生を送っており、
よく言われる「カルマ」とか「因果応報」「自ら播いた種は自ら刈り取らねばならない」
というような宗教上の戒めなどウソではないかと思えてきます。

悪知恵が働き底意地の悪い人間、世渡り上手で平気で人を陥れることの出来る人間が、
教授や助教授になったりしている現実を目の当たりにしていると考え込んでしまいます。

677 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/10(木) 09:38:15 ID:RBsP51Bb
>>676

菜園ではこの生涯の出来事がケース上の大きなチャージとなることはまれだと考えている。

また、「因」とその「果」が同じ生涯に現れるとも限らない。

理不尽なイジメや嫌がらせの被害者にオーディティングを施すと、前世で加害者としての
生涯が浮かび上がることが多い。過去の生涯の加害者としてのエングラムを処理した後には、
その過去の加害を原因とする被害をこの生涯で被ることはなくなる。

また、逆に、この生涯での加害者にオーディティングを施すと、前世で被害者としての生涯が
浮かび上がることが多い。

678 :神も仏も名無しさん:2007/05/10(木) 11:06:11 ID:+y9+uFfk
>また、逆に、この生涯での加害者にオーディティングを施すと、前世で被害者としての生涯が
>浮かび上がることが多い。

じゃあそういう人はさらに前の前世では加害者だったってことにならないか?
前世までで何も学んでないということ?
同じようなパターンを繰り返すことにならない?



679 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/10(木) 19:08:47 ID:RBsP51Bb
>>678

そう、加害や被害の経験を解決できない人は、加害者と被害者の役割を交代しながら
演じることになる。

ほとんどの人は前世の記憶を再生できないのだから、何も学んでいないのと大差がない。
しかし、目的の記憶だけは多くの場合持ちこされるから、同じ間違いを何度か繰り返す。

転生の繰り返しで魂が成長する、という考え方を、菜園は一般論としては否定している。

680 :676:2007/05/10(木) 22:07:24 ID:kYok8v1V
old timerさん、ご回答ありがとうございました。
理屈は確かによくわかるのですが、そうだとするとこの世の中というのは、
もう理不尽そのものということになってしまいますね。
ヒンドゥー教の世界のように、これはカリユガ(暗黒時代)の特質であり、
カリユガの時代から抜け出せば、世の中の理不尽さも生起しなくなる、
というのであれば、まだ救いようもあると思うのですが・・・。
たとえ前世で加害者側であったとしても、今世ではまったく別人として生まれているわけですから。
理屈としての説明はその通りであってもサイエントロジーには福音と呼べるような要素がないと思います。
誰が創造したのかわからない、この理不尽で不条理な宇宙のシステムにただただ圧倒され、
このシステムの中で生きていかなければならない不快さに、怒りと絶望が喚起されるのみですね。


681 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/11(金) 00:07:06 ID:XabrAtUX
>>680

いや、菜園には加害や被害の経験を解決するための技術として、オーディティングがある。

菜園の世界観は悲観的だが、その世界から抜け出すための技術体系を菜園は提示している。

682 :神も仏も名無しさん:2007/05/11(金) 21:38:49 ID:8bRmj1ip
ボディが眠っている時セイタンは何をしているのですか?

683 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/12(土) 07:18:48 ID:OvbOs0wH
>>682

たいていは眠っている。

684 :神も仏も名無しさん:2007/05/12(土) 09:06:17 ID:1BqMD1OY
サイエン理論だと前世を思い出せなければ救われないということになるように感じられますが・・・。

685 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/12(土) 12:39:27 ID:OvbOs0wH
>>684

その通り。

686 :神も仏も名無しさん:2007/05/12(土) 22:49:07 ID:1BqMD1OY
つまり万人向けの救済ではない?
仏教では前世を思い出せなくても救われるとしている。


687 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/12(土) 23:05:16 ID:Nkbao5iw
>>686

菜園のNOTsと裏NOTsは他の人に影響を与える。この影響は他の人が菜園を
実践しなくても有効だ。

よって、人は何もやらなくても、いずれは前世のすべての生涯の記憶についての
アクセスを回復し、救われることになる。時間はかかるがね。

菜園に積極的にかかわる人は、そうでない人と比べてちょっとせっかちであるにすぎない。
そして、彼らにとっても、仏教の無我の境地に至るのは難しく、菜園のNEDやNOTsの実践は
ずっと簡単だ。また、菜園の実践を経験すると、仏教の実践はより容易になるだろう。

自由領域の菜園は少なくとも出家を前提とした小乗仏教よりも万人向けだと思われる。

ところで、仏教で釈迦自身の前世の記憶はしばしば語られる。また、無明(avidyaa)は過去の
生涯に発生した煩悩のことで、すべての煩悩の根幹とされる。仏教でも、人生を単一の生涯に
限定して考えていたのではない。

688 :神も仏も名無しさん:2007/05/13(日) 01:14:35 ID:X0Ntd4v9
>よって、人は何もやらなくても、いずれは前世のすべての生涯の記憶についての
>アクセスを回復し、救われることになる。時間はかかるがね。

これはすばらしい。
多くの宗教が将来的な救済を説いてるけど、自由領域もその宇宙の大きな計画の
一部かもしれない、というわけだね。

>ところで、仏教で釈迦自身の前世の記憶はしばしば語られる。

でも、これに執着しないことで悟りを開いたのが釈迦だった気がするが・・・。



689 :神も仏も名無しさん:2007/05/15(火) 01:23:44 ID:kFUQWL2o
今世の記憶をなくさない方法はありますか?

死んだ後は何があるんですか?

690 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/15(火) 08:06:03 ID:A8WoPqgY
>>689

今世の記憶の再生度を維持する最善の方法は、常時外在化を実現することだが、これは
非常に難しい。転生をしないでいるのはもっと難しい。

しかし、転生でいったん再生度を失った後、回復することは可能だ。

>>679に書いたように、目的の記憶はほとんどの場合に持ち越される。その目的が例えば、
「前世を探究する」だった場合、次の生涯でも前世 ― これは現時点での今世を含む ― を
探究することになるから、記憶を取り戻せる。

691 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/16(水) 08:56:34 ID:8FuB6zx8
>>688

菜園の方法論では、オーディティングによって煩悩を解決する。

692 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 22:55:14 ID:jfGJv2/8
オーディティング以外でエングラムを消去する方法ってありますか?
というか見つける方法がありますか?

あと、精神薬と自由領域の併用は可能ですか?

693 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/20(日) 00:15:57 ID:Z192qiqg
>>692

方法というか、待っていればケースは全部解決される。つ>>687

向精神薬と自由領域のオーディティング技術の併用は不可。向精神薬は前世の出来事を
突き止める精度を下げることが多い。

694 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 00:33:50 ID:qhRYub8n
>方法というか、待っていればケースは全部解決される。つ>>687

す、すばらしい・・・。
こんなことってあってもいいんでしょうか?
普通は受身的な態度はよくないってのが常識っぽいですよね。
努力で克服するのが大事とか。それは宇宙の意志ではないんですね?

695 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 05:55:16 ID:SB6kSFc0
前からこのスレ見ている者ですが。
オールドタイマーさんにちょっと見せたいものを見つけました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm114957
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19049

二つとも外国産のゲームで、アウターワールド、
それとその続編のハートオブエイリアンというゲームです。

独特の雰囲気があるのですが、その雰囲気の出所が
根源的な反応心の出来事に通じるような気がしたのです。

このゲームの作者はこのゲームをつくるがためにプログラムを
一から学んだそうです。

よかったら一度ご覧になってみてください。

このスレにおいて私は、オールドタイマーさんの意見をよく納得したり
同意が多々ありながら読んでます。萌えの話もとても納得しています。
萌えと感じる必要が起こる因果があったのだろうと思うのですが、
具体的に何だったのか、気になりますね。
またレス致します。


696 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 05:56:16 ID:SB6kSFc0
一番初めのというわけでは無いですが、
比較的古い方の反応心的出来事ではと思ったという事です。
少し訂正です。

697 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/20(日) 10:35:05 ID:Z192qiqg
>>694

努力したい人は努力すればいいし、したくない人はしなくていい。

自由領域に積極的にかかわっている人はせっかちなだけ。

加えて、まあ、こういうことをいうと自由領域でもあまり好かれないんだけど、ことケースに
関していえば、正面から努力して取り組むことが、本当に近道になるのかどうか、
実はよくわからない。むしろ、宇宙史上で古くからあるゲームに積極的にかかわることが、
オーディティングに匹敵するか、あるいはそれ以上にケースの状態を改善するかもしれない。

ゲームのリスト:

・資本主義
・語学
・スポーツ
・井戸端会議
・彫刻
・ボードゲーム(チェスと囲碁とか)
・政治

698 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/24(木) 08:58:28 ID:BPx2jleS
>>695-696

クリアになる前のケースのえんぐらむの鎖には個人差が大きい。それらのゲームで何かが
再刺激されるのならば、それはその個人のケースと深い関係があるのであろう。

699 :神も仏も名無しさん:2007/05/26(土) 16:57:27 ID:H/hidoga
sa

700 :被害者の会:2007/05/28(月) 11:29:46 ID:LbHbifFu

700GET

http://www11.atwiki.jp/anti-religion/
宗教団体による被害者リンク集まとめ@Wiki

宗教団体の恐ろしい実態を広く世間に訴え、被害に苦しむ人々を救済しよう。
追加してほしい宗教団体がありましたら掲示板にご報告ください。



701 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/28(月) 12:41:05 ID:MCqSG14n
>>700

つ カルト議論
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1139148981/

702 :神も仏も名無しさん:2007/05/28(月) 13:24:12 ID:ePU095tr
>>701

質問ですが、ダイアネティックスはFreezone(テクニック名?)と基本的に同じと
考えていいのでしょうか?

ちなみに私はダイアネティックスを最近知った者です。

703 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/29(火) 08:57:55 ID:N9sTM2DM
>>702

ダイアネはエングラムを扱う技術。これは菜園の教会と自由領域(Freezone)のどちらにも
ある。

1950年に出たダイアネ本は前世を扱わないので、そこでのダイアネは現在の技術体系に
おけるダイアネとはかなり違う。1952年頃、主たる魂が肉体に宿るのは、その肉体の出産時で
あることが多いことがわかって、「子宮内での記憶」を教会も自由領域も全く重視しなくなった。

704 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 20:54:45 ID:f/j1xqvt
日本でフリーゾーンのオーディテイングを
受けられるところはあるのですか?

705 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/02(土) 12:56:11 ID:nJXbagVM
>>704

ない。

ソロで頑張れ。

706 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 23:10:44 ID:Mi9mxA9e
ソロでクリアーになった人っていますか?
クリアーになる一番手っ取り早い方法を教えてください。

old timerさんはクリアーになったそうですが、
クリアーになった瞬間ってどんな感覚ですか?
菜園以外の方法でクリアーになるとしたらどんな方法があると思いますか?

クリアーコグに近い感覚を味わうならどんな方法がありそうですか?
やっぱ瞑想ですかね・・・。
クリアーになった自分をイメージし続けたらいつかはクリアーに・・・。
リハブ理論というやつをを利用するしかないのでしょうか?

707 :702:2007/06/04(月) 12:16:02 ID:ciJCaobh
>>703

回答参考になりましたが、もう少し、教えてください。

>ダイアネはエングラムを扱う技術。これは菜園の教会と自由領域(Freezone)のどちらにも
ある。

やっと「ダイアネティックス 眠ってる能力をたたき起せ」2000年3月発行のダイアネティックスの最新版と
思われるものを読み終えたところです。

上の回答は、菜園の教会と自由領域(Freezone)は、エングラム以外も扱うといったニュアンスにもとれますが
あるとするなら、それは何でしょうか?


>1950年に出たダイアネ本は前世を扱わないので、そこでのダイアネは現在の技術体系に
おけるダイアネとはかなり違う。

最新版と思われる上記のダイアネティックス本を読んでも、前世の記述はでてこなかったですね。


>1952年頃、主たる魂が肉体に宿るのは、その肉体の出産時で
>あることが多いことがわかって、「子宮内での記憶」を教会も自由領域も全く重視しなくなった。

現在の技術体系に触れれるような本など、あるなら、タイトル教えてもらえますか?

708 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/04(月) 16:01:51 ID:x712Hq0a
>>706

ソロでクリアーになった人は結構いる。自由領域では珍しくないし、教会でもダイアネで
クリアーにならなかった人は、別系統のソロオーディティングでクリアーになる。

自由領域では先にOTレベルをある程度こなし、その後にソロでダイアネを行って
クリアーになるのがソロの定石。このスレでもいくつかのOTレベルプロセスを紹介している。

>>707

『眠っている能力をたたき起こせ』は1950年版のダイアネの解説にすぎないから、現在の
定義におけるクリアーを作り出せる技術とは違う。

現在のソロ用の技術体系なら
http://www.freezoneearth.org/pilot/self/index.htm
にまとめられている。

709 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 09:50:34 ID:hB8/guXp
>>708
ソロのダイアネのコマンドを教えてほしいんですが・・・。

ソロでもエングラムは見つかるものでしょうか。

710 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/05(火) 18:47:06 ID:ln1XahGE
>>709

最初からソロでダイアネを試みるのは難しすぎる。

まずは、>>61あたりのプロセスから始めるのがいいと思う。難度の低いプロセスでケースの
状態を改善するのと同時に、ソロセッションに慣れていくことも必要だし。

ソロでは相手がいないのだから、コマンドを発するというより、手順を無言で遂行する
感じになる。

--

現在のダイアネの標準的な手順は次のようになる。

1) 出来事を突き止める。最初はチャージがないものやごく軽いものからやったほうがいい。
2) 出来事がいつ起こったのか突き止める。
3) 出来事の時間軸上の長さを突き止める。
4) 出来事の場所を突き止める。
5) 出来事が起こった空間の大きさを突き止める。
6) 目を閉じる。
7) 出来事を最初から最後まで通り抜ける。
8) 出来事が軽くなっていたら(7)を繰り返す。
9) 出来事が重くなっていたら、より以前の似た出来事を突き止め、(2)からの手順を適用する。
10) 出来事や出来事の鎖が解決されるときには、出来事の間に生じた決意や決断が
 明らかになる。これがダイアネの出来事処理の終現象。

(4)と(5)は自由領域でのダイアネ特有のもので、教会版のダイアネ(NED)には存在しない。

何かがうまくいかなくなったら、数日休む。それでも駄目な場合、ダイアネよりも軽いプロセスに
戻ってケースの状態を整える。

ちなみに、ある特殊な種類の決意や決断が明らかになると、それはクリアーコグと呼ばれる。

711 :695:2007/06/05(火) 19:17:19 ID:FYmj+bx/
>>710
遅レスすみません。
レスありがとうございます。

なるほど。確かに私個人が持つエングラムに関するから
この書き込みをしたということですね。
確かにその通りだと理解しました。

いつも関心を持ってこのスレを見ています。
ありがとうございます。

712 :709:2007/06/05(火) 21:09:00 ID:hB8/guXp
>>710
レスありがとうございます。

>>709のプロセスを繰り返してもチャージが軽減されない場合はどうすればいいでしょうか?
どうも自分で想起できる記憶というのはエングラムではなくロックのようで、
「原因となる出来事」を想起することができません。
教会では前世の映像を処理することでたいていはチャージを消せるみたいな話を聞きました。
教会ではNEDで扱うとのことですが、ソロではどう取り組むべきでしょうか。
やはりまずは上の方で書かれた前世の想起をやってからダイアネを行えばいいのでしょうか。

例えば教会の人たちは前世を想起する訓練というのはやらないんでしょうか?
オーディティングで自然と思い出す、映像が浮かぶといった感じですか?


713 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/06(水) 09:42:46 ID:MgC85i8m
>>712

ソロでダイアネを扱えないならば、ケースの状態を整えるために、もっと初歩的なプロセスから
やったほうがいい。>>61あたりから、いくつかのプロセスを紹介している。

NEDの応用技術の1つとして、教会では「前世のレメディー」という手順があって、架空の
出来事についてダイアネの手順を行う。ダイアネに至る前に前世を思い出していないPCは
前世のレメディーを受けることになる。

714 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 13:01:51 ID:2WhTo3de
>>713
>前世のレメディー

詳しく教えていただけませんか?
また、思い出した前世は自分が作り出した映像ということはありませんか?

715 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/06(水) 14:15:51 ID:MgC85i8m
>>714

前世のレメディーでは、想像上の出来事について、>>710に示したようなダイアネの手順を
行う。ただそれだけ。

前世のレメディーでは、扱う出来事が本物かどうかを問わない。

716 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 00:21:19 ID:DxmSNPYi
未就学児の子供と最近TRを始めましたが
子供に悪影響はないでしょうか?

717 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 18:32:19 ID:lKty2qGi
>>716
教会で痛い目を見た俺から見たらメチャクチャ悪影響ありそうなんだが・・・。
TRなんてやらないでこのスレに挙げられてるプロセスをやっていった方がいいんじゃない?

718 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/10(日) 19:34:02 ID:gnXSgbts
>>716

私がオーディティングを施した子供で一番若かったのは9歳でした。しかも、行ったプロセスは
コンフェッショナル。さすがにこれは無理があり、レッドタグ発生を機に取りやめになりました。

12歳の子供に対するL&Nは奇跡的にうまく行きましたが、振り返ればこれもずいぶん
危うかった。訓練生の実習のためとはいえ、教会は無茶をしたものです。

TR0は一般にオーディティングを受けるよりきついので、13歳未満の子供には精神的な理由で
お勧めいたしません。また、大人にとっては精神よりも肉体に対する負荷が大きくなるので、
教会でオーディター訓練生やっているような2時間のTR0とか、インターンがやることがあった
4時間のTR0はよくないと思います。

TR1〜TR 2.5は基本的に無害です。

TR1は語学力向上にとても役に立ちます。菜園に関係なく、小さな子供が言葉を急速に
覚えていく過程では、自然にTR1が行われていますから、小さな子供がやっても特に
問題はないと思います。

TR2とTR2.5は日本人が苦手とするTRで、これらが上手なオーディターは日本ではやや
稀です。しかし、菜園に関係なく、英語圏では子供のころからTR2が上手にできる人が多く、
子供がやっても問題はないと思います。

TR3とTR4は訓練生とコーチの両方に軽いオーディティング的な効果をもたらすことがあり、
小さな子供にはやはり勧められません。

719 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 23:24:13 ID:DxmSNPYi
>>717
そうですね・・私も痛い目にあってます。

>>718
お答えありがとうございます。
TR0ができるようになってきて本人もおもしろいらしく
「ママ、ゲームやろう!」としていたのですが危険なのですね・・
これからはTR2、2.5を行っていきます。

720 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:58:32 ID:BWpzp6e/
TR〜というのはどんなワークですか?

721 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 00:22:39 ID:j1rN43y/
>>718
TR1もお勧めでしたね。やってみます!

722 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/12(火) 21:38:49 ID:wLRtrjTF
>>720

概略

・OT TR0 ― 2人が向き合って座り、どちらも目を閉じる。そのままある程度の時間じっとして
 いる。
・TR0 ― 向かい合って座るのは同じだが、どちらも目を開いている。オーディターは
 2時間くらいこれができるように訓練するのだが、個人的には2時間やる意義には疑問が
 残る。
・TR1 ― 『不思議の国のアリス』からセリフを1つ選び、それを素早く暗記し、相手に対して
 いう練習。途中でつっかかったりしてはいけない。小さな子供、特にバイリンガルの子供は、
 何かをいおうとして途中でつっかかると、最初からいいなおすことが多いので、子供は自然に
 菜園と関係なくTR1的な訓練を経て言語を身につけているようだ。
・TR2 ― 相手がいったセリフに対し、適切な返答を行い、コミュニケーションサイクルを
 終了させる練習。日本人はこれが下手で、そのため人間関係で欧米人よりも深く悩む
 傾向がある。
・TR2.5 ― 中途半端な返答で、相手に話を続けさせる練習。日本人はこれが過剰で、
 オーディティングがしばしば台無しになる。
・TR3 ― 質問を繰り返し、相手から答えを得る練習。答えが得られなかったら、質問を繰り
 返す。なお、「わからない」は答えである。
・TR4 ― TR3に加えて、相手が抱える事情などを理解し、時には必要な説明などを交えつつ、
 質問を続ける練習。難しい。

「TR」という言葉は、それらの訓練そのもの以外に、それら訓練によって得られる技能や
技能の行使を意味することもある。「彼のTR0は素晴らしい」というのは、「彼は落ち着いて
いて、状況をしっかり観察できる」ということだし、「もっとTR3しなさいよ」というのは、
「あきらめずに繰り返しいってみなさいよ」という意味を持つことがある。

TR4はオーディティングの雛型であり、使われる質問は「鳥は飛びますか?」のような、
ケースと関係の薄いものなのだが、オーディティング的な効果が発生することがある。

723 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 01:25:14 ID:wzdffX3L
>>722
なるほど、ありがとう!

TR0の、目を開けて向かい合って2時間、というのは、
見詰め合うってことですか?

対人恐怖とかの傾向がある人にはきつい気がするね。
相手と向き合っているようで、実は自分と向き合っているような。

724 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 01:51:23 ID:uyNkiuYe
フリーゾーンでブリッジ上る人のための、ガイドの日本語サイトとかありませんよね。
なければ、wikiかなんかで、皆で作りたいと思うのですが、どうでしょうか?

ただ、自分は初心者なんで、大した事は出来ませんが。ご意見を。

725 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/13(水) 05:47:59 ID:wVmPgaPW
>>723

TR0では、互いが相手の全体を見ています。相手の顔だけを見ているのではない。

極端に体格が違う2人の場合、一方の視野に相手の顔が入らないこともある。

>>724

それをやると、修羅の道に……

www.fza.orgは消え、www.freezoneamerica.orgも消え、今は確か、www.freezoneearth.orgに
なっているようだ。

とりあえず、操縦士事件の今後の展開を待ったほうがいいかもしれない。

726 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 06:15:24 ID:uyNkiuYe
>725
すいませんが、どいう点で修羅場になったのでしょうか?
www.fza.org等のサイトの事は全然知りません。

wikiだから、荒らされたでしょうか?
苦労は自分が引き受けても良いですが、初心者なんで記事に困難がある。

あと、操縦士事件とは?

727 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/13(水) 09:04:40 ID:wVmPgaPW
>>726

教会と自由領域は対立しているので、教会が騒ぎ出すと、訴訟沙汰などの面倒を
避けるために自由領域系の小組織のサイトは移転することが多い。



操縦士事件とは、<操縦士>という通り名で知られていた自由領域の菜園人が、死体で
発見されたらしいこと。両手を縛られ、足に重りをつけられた状態で、自宅のプールで
発見された、という話もあるが、事故説など、それを否定する話もある。半月ほど前のこと。

情報は今でも錯綜している。

自由領域の重鎮たちは、肉体を離れた<操縦士>と接触を試み、<操縦士>が自らの意思で
肉体を離れたという見解を強めているようだが、<操縦士>の恋人は納得していない。
ロス市警の関係者から事故説が強まっているという話を聞いた菜園人もいるようだが、
最終結論には至っていないようだ。

教会はもちろん最初に疑われたのだが、教会犯行説は早期に棄却された。

<操縦士>は転生したらしいので、10年くらいたてば本人の口から真相を聞くことが
できるだろう。

728 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 20:33:42 ID:nOGkbHgB
>>727
>自らの意思で肉体を離れたという見解を強めているようだが

自殺なんでしょうかね? なにがあったんでしょうか?
確かに今さら教会というのも考えにくいような……。
教会ならむしろ法的手段に訴えてくるような気がする。

old timerさんも安全には充分に気をつけてください。

我々は目立たぬよう日陰でコソコソと頑張っていきましょうw


729 :神も仏も名無しさん:2007/06/16(土) 07:43:55 ID:FVReXYJg
日本には、フリーゾーンの実践者で、old timerさんのような高いレベルの
人ってどれくらいいらしゃるのでしょうか?そういう方々ってお互いの存在を
しっていたり、物理的に連絡をとりあったりされているのでしょうか?

730 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 02:29:22 ID:GrLisZwC
>>700
ちょっとワロタwww


いいか、みんな

       (゚д゚ )
       (| y |)

信者という言葉は

      信 ( ゚д゚)  者
      \/| y |\/

   二つ合わさって儲けるとなる

       ( ゚д゚)  儲
       (\/\/

つまり、お前達信者は金づるでしかないと言うことだ

       (゚д゚ )
       (| y |)

個人で信仰するのは勝手だが、宗教団体に入ったら最後、搾り取られると思え!


731 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/17(日) 10:05:18 ID:8rW7C8jY
>>728

まあ、10年後にでも話を聞いてみるよ。

>>729

自由領域の実践者は、俺以外にあと1人いる。ただし、まだクリアーにはなっていない。

732 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 13:39:46 ID:+w89+ki8
old timerさん
GPMってなんですか?

733 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 13:42:16 ID:+w89+ki8
すみません、sageて無かったです。

734 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/17(日) 23:11:18 ID:8rW7C8jY
>>732

「GPM」は「Goal Problem Mass」の略。1960年代の教会と現在の自由領域では、GPMを
ケース上の解決すべき主要な課題と考えている。

ゴール(目標)の追求する過程で、魂はさまざまな肉体に宿り、具体的な人物を演じる。この
人物を「ターミナル」または「ターム」と呼ぶ。ゴールの追求には他の人物との対峙、対決が
避けられない。ターミナルと対決する人物を「オポジットターミナル」または「オプターム」と
呼ぶ。

「ターム」vs「オプターム」という状態が長期にわたって解決されないと、チャージが溜まり、
ケース上の大きな固まりになる。これがGPM。

735 :神も仏も名無しさん:2007/06/19(火) 04:03:46 ID:dL16zdJC
>>734
どんな弊害がありますか?

解決方法はありますか?

736 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/19(火) 08:39:53 ID:m0beGRct
>>735

GPMの弊害はゴール、GPM形成の段階、GPMの対立する別のGPMにより非常に多様。
人生においけるほとんどあらゆる困難が、GPMに関係している。

解決方法はもちろん、GPMを扱うプロセシング。

737 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 20:46:02 ID:f4tjAWtP
>>463
>慈悲の瞑想のこの部分は、過去に作成したエンティティーとそれに貸し与えた力を
>回収する効果がある。いいかえれば、>>462のエンティティーの消し方に対して、メッタ・
>バーヴァナーはメタプロセスになる。

>時間がどれくらいかかるのかはわからないが、メッタ・バーヴァナーをずっと
>続けることは、最終的に、時間を巻き戻すほどの力にもつながって行くだろう。

なぜ慈悲の瞑想がこのような力を取り戻すことに繋がるんですか?
ただ他人に慈しみが持てるようになるための瞑想ではないんですか?

あと、慈悲の瞑想は原始仏教だそうですが、
菜園で似たようなプロセスはありますか?
あと、メタプロセスって何ですか?


738 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/22(金) 22:55:20 ID:Z5Qujdm9
>>737

慈悲の瞑想は、過去に遠隔視点に対して唱えた異議を解決しやすくするから、力の回復に
つながる。

メタプロセスは、個別のチャージ処理を個別にではなくまとめて処理するプロセス。
遠隔視点についてのプロセスは裏NOTsで、裏NOTsに対して慈悲の瞑想はメタプロセスに
なる。

739 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 00:23:50 ID:nWxgTLT/
>過去に遠隔視点に対して唱えた異議を解決しやすくする

知らずに異議を唱えてることってありますか?
それを解決するのが裏NOTSや慈悲の瞑想だったりするわけですか。

裏NOTSは慈悲の瞑想からヒントを得て作られたんですかね?

740 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/23(土) 09:25:49 ID:l1sgFms1
>>739

遠い昔に異議を唱えたことを忘れているってのが一般的。前世の記憶を全く再生できない人は
全員そう。

裏NOTsはNOTsから作られ、NOTsはキリストの教えを参考に作られた。

キリストはユダヤ教をから多くを学び、ユダヤ教はゾロアスター教の影響を色濃く受け、
ゾロアスター教はミトラ教から派生した教えだ。

仏教もミトラ教から大きな影響を受けている。

裏NOTsと仏教に直接的なつながりはないが、背景にはいくらか共有する部分もある。

741 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 12:17:42 ID:y+blI0m2
いつも気になるんだが、old timerさんに質問して答えてもらったのなら、
簡単でもいいから謝意くらい述べようよ。
質問したらしっぱなし、答えてもらってもありがとうの一言もない、
っていうのはこのスレに限ったことではないけど、どんなものかな、と思う。
菜園のテックとか何とか以前の問題でしょ?

742 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 14:21:53 ID:nWxgTLT/
みんなわかってるけどこんな濃いスレお礼で埋まってしまうのがもったいないと思ってるだけだよ。



743 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 17:47:35 ID:qY+ojiTQ
スレの流れを見ると、お礼が入ると流れが悪くなる気がするが、
それに、皆感謝してるとおもうし、
ただ、コミュニケーションサイクル的に見るとどうなのだろうか?

744 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 22:34:52 ID:nWxgTLT/
>>743に同意!
みんな流れが悪くなるのわかってるからあえて言わないだけ。
「old timerさんが質問に答えるスレ」だったら言うべきなんだと思うけど、
それだと主旨が違うでしょ?
そもそも日本でのフリーゾーン情報は今のところこのスレしかないんだし、
お礼が入って会話っぽくなるよりもこのスレ自体が一種のマテリアルみたいに
なるほうがよくない?

このスレがどれだけ貴重な情報を提示してるかは菜園に関わってた者なら
みんなわかってる。
教会でなら数千万寄付してようやく得られるような情報ばかりだ。
みんな感謝しないわけがない。


745 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/24(日) 23:09:04 ID:rYQ8jkJ2
>>741-743

コミュニケーションサイクルの話が出てきたので …

基本的に、質問、返答、ackでコミュニケーションサイクルが成り立つ。

 甲 ―[質問]→ 乙
 甲 ←[返答]― 乙
 甲 ―[ack]→ 乙

謝意を述べるってのは、このackの一種。

(念のためにいうと、「テラワロスw」はackにならんことが多いと思われる。香ばしいやり取りが
そこから始まることもあるだろうからね。)

コミュニケーションサイクルがきっちりと完成すると、二者間のアフィニティ(互いに抱く好感)が
高まる傾向がある。オーディティングの成功にはアフィニティが重要なので、オーディターは
セッション中にackをきっちり入れる。

ackが抜けると、アフィニティには高くも低くもならないことが多い。

返答が抜けると、アフィニティは下がる。返答が抜けるのは沈黙による場合もあるし、質問に
無関係な言葉による場合もある。

相手とどういう関係を築きたいのか考え、裁量でackを入れたり入れなかったりするのが
実生活での正解だと思う。

ところで、女はackのうまい男に弱い。まあ、そういう状況で女が抱く感情は恋愛感情では
ないことも多い思うんだが … (以下、数行自主規制。)

テレビでの人気ホストの接客を見ていると、さまざまな接客の技に加えて、平均的な
オーディター以上にackがうまい。(自然なackはとても難しい。)

746 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 09:02:54 ID:/5j1i6Ic
>>745
そうか、解説ありがとう。
でもまあこのスレでackを入れるとなんというか、なごみモードなスレになりそうで
あえて入れなかった。

みんなスレの空気を読んであえて入れてないんだと思うんだよね。
雰囲気を壊したくないというか。

みんなの質問だって、ただ自分が答えてもらって満足というより
他の人も回答を読んで色々知ってもらいたいという気持ちでしている人が
多いんじゃないかな。



747 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/25(月) 21:27:01 ID:TSRc/n2c
教会だろうが自由領域だろうが、このスレを読むこと以上に菜園に関わろうとするんだったら、
まずは次の行動の原則を心に留めておくことを強く強く推奨する。これらの原則は俺個人の
経験から出たもので、教会とも自由領域とも直接の関係はない。

1) 緊急の場合には素早く決断すること。
2) まだ必要のない決断はしないこと。
3) 緊急の場合を除いて、人と会話中に決断をしないこと。
4) 入手可能なあらゆる情報を入手する前には決断をしないこと。
5) 組織の構成員は組織について必ずしも正直ではないことを覚えておくこと。

東京組織の上級CSは、オーディター時代にPCから首を絞められたことがある。彼がとった
行動は金的蹴りだった。金的蹴りは教会では習わないが、緊急の場合に必要なこともある。

教会の営業担当はコースをしつこく勧めることが多いけど、客は必要のないものを買うべきじゃ
ない。そもそも、幅度は教会にやってきた新参者には、まず本を勧めていた。本は安いし、
新参者にとってまず必要なのは、菜園について評価するのに十分な情報を、教会内外、
菜園内外から手に入れることだ。

営業担当と話をしている時には、何も買ってはいけない。人事担当と話をしている時には、
スタッフ契約書に署名してはいけない。人と話をしているときに、マルチスレッド処理でまともな
判断を下せる人は少ない。

菜園に関わろうというならば、教会についてであれ自由領域ついてであれ、できるだけ多くの
情報源から情報を入手するべきだ。自分の判断力にどれほど自信があっても、情報が
不十分ならば役には立たない。

組織の構成員は必ずしも組織について正直ではない。いろいろ大人の事情もある。構成員を
後になって嘘吐きだと非難する羽目になるよりも、最初からそれほど信頼しない方が賢明だ。

菜園に興味を持った個人がこれらの原則を理解し、実践すれば、その個人にとっては
もちろん、自由領域にとっても、教会にとってさえも、無用の厄介事の発生が避けられ、
利益が増すと信じている。

748 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 21:57:50 ID:/5j1i6Ic
>菜園に関わろうというならば、教会についてであれ自由領域ついてであれ、できるだけ多くの
>情報源から情報を入手するべきだ。

他の宗教とか学問からの知識も必要じゃない?あと、菜園に対する批判的記事。
例えばカルト対策の本とか。

old timerさんは他の宗教にも詳しいから話を聞く気になるけど、
大半の教会人は菜園以外の理論を全くと言っていいほど知らない。

それが菜園自体を歪めてしまってる気がしてならない。
辞書引いて定義を調べただけで、あるいは幅度の記述だけで「心理学とはこういうものだ」と、
1冊の本を読んだこともないのに全てを知った顔して
心理学とはよくないものだと人に説教したりしている。

これじゃあカルト以外の何ものでもないし、批判されて当然だよ。
もともと菜園は他宗教や学問と対立するものなのか?

他の理論も知ったうえで比較しながら見ていくことも必要だと思う。
そのほうがより多くの人をひきつけられるのでは?




749 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/26(火) 23:12:25 ID:0EtB3W2C
>>748

同意。

750 :神も仏も名無しさん:2007/06/27(水) 09:29:41 ID:3FAKCRyt
>>722
>・TR2 ― 相手がいったセリフに対し、適切な返答を行い、コミュニケーションサイクルを
> 終了させる練習。日本人はこれが下手で、そのため人間関係で欧米人よりも深く悩む
> 傾向がある。
>・TR2.5 ― 中途半端な返答で、相手に話を続けさせる練習。日本人はこれが過剰で、
> オーディティングがしばしば台無しになる。

もともと菜園技術はアメリカ人向けに作られたもので、
日本人向けではないのでは?

日本人に受け入れられやすい宗教ってあると思う。
仏教でも小乗ではなく大乗が受け入れられたように。

民族的な役割が違うのか?と思ったりするんだけども・・・。(地球に転生する前の惑星のルーツの違い?)
例えば人類は救済されるのが前提だとしても、
裏NOTSなど菜園の技術を使って人類のチャージを消していくのは主としてアメリカ人(西洋人)の役割。
神仏などに焦点を合わせて意識状態を覚醒させていくのが日本人(東洋人)の役割。

どちらも結局は人類全体に波及して、最終的には救済へと至る・・・。
という考えはどうだろう。


751 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/27(水) 11:53:56 ID:E0SBr4Y3
>>750

洋の東西で役割を分けることについて、菜園人なら一般に否定的だろう。

オーディティングの実践に際し、TR2とTR2.5をきっちり使うと、日本人のチャージも効率よく
解決される。

結局、普段の生活で日本人はTR2系統が苦手だという単純な結論に落ち着くことになる。

英語では「I」と「you」が両話者の社会的関係がどうあれ一貫して使われる。一方、日本語では
「私」「あなた」「俺」「お前」などなど、代名詞が社会的関係を反映する。

英語では魂と魂が常に向き合うことを言語が促すのに、日本語では両話者が仮面を被ることを
言語が強いる。日本人のTR2系下手は、多分、このあたりに原因があるのだろう。

言語は表記されるようになると、アイヌ語のような抱合語 → 日本語のような膠着語 →
ドイツ語や英語のような屈折語 → 中国語のような孤立語、というふうに変化していく。
「取り消し」が「取消」とも書かれるように、表記上で語尾が擦り切れ、やがては話し言葉でも
活用などが失われていく。例えば、英語の「cut」「put」など、古くからある動詞の一部は活用が
擦り切れ、原型と過去形が同じになり、中国語に近づいている。

700年くらいすれば、日本語は菜園実践に最も適した言語になり、日本人はTR2系統が上手に
なっているかもしれない。それを過ぎると、助動詞などが失われ過ぎて、菜園実践に向かなく
なりそうだ。

ところで、英語や中国語に比べると、日本語は言語として若く、歴史もまだ短いのに、
日本が世界第2位の経済大国になれたというのは、実に大したものだ。

752 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 19:23:58 ID:ZuwW59PS
菜園に守護霊の概念はありますか?

753 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/06/29(金) 23:57:33 ID:/Rr1Ci8j
>>752

ない。

守護霊をそのまま認めると、前世が理論として成り立たなくなる。肉体から離れた魂が誰かの
守護霊になるとしたら、爆発的に増えてきた人類の個体数に見合う魂が供給され、なおかつ、
それぞれの魂に前世の人間としての記憶があるということにはならない。

754 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/04(水) 23:00:08 ID:3Ru6VARd
相談への応答からのコピペ、一部再編集

ケースと人生の関係で、基本は、

 過去のチャージ → 現在のトラブル

です。

プロセシングでPCが過去のチャージにアクセスできているかどうかが、プロセシングの成否を
決めます。

オブジェクティブズを除けば、PCの注意が現在のトラブルにばかり向かっていると、過去の
チャージは「バイパスされたチャージ」になり、プロセシングはやがて行きづまります。PCの
注意を固着させている現在のトラブルを「隠された基準」といいます。

グレード0あたりでは、遠い過去のチャージを直接引っ張り出すのは難しいので、

 From where could you communicate to 〜 ? (ソロなら、「From where could I communicate
 to 〜 ?」です)

みたいな質問を使います。この質問は仮定法なので、

 From where could you communicate to 〜 if you were a chief executive officer?

のようにPCに解釈されることが期待されています。これで、PCに過去の記憶の正確さに
ついての責任を感じさせずに、PCが最高執行責任者であった遠い過去のチャージを
扱うことができます。

日本語では仮定法があまり強力ではないため、この種のプロセスが日本語訳コマンドでうまく
いかないこともあります。

755 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 22:06:11 ID:mfiFaLcc
死んでいた間(あの世)の記憶は何かありますか?

756 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/09(月) 00:10:45 ID:giMxrUcC
>>755

別宇宙に行くことは最近では少ないので、この宇宙をうろつきまわった記憶しかない。

757 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 01:28:15 ID:95kt/BS1
>>756
浮遊霊みたいなかんじですか?

そして、ある日突然生まれてくるんですか?

758 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/09(月) 12:01:48 ID:giMxrUcC
>>757

浮遊霊というと、成仏できずにさまよっているという感じがする。

自由な魂はそれとは違い、支配者が用意している「霊界」とか「天国」みたいな仕組みにあまり
支配されていない魂のこと。

転生時には肉体獲得のための競争がある。いい条件の肉体には、いい状態の魂が宿ることが
多い。しかし、例外もある。

759 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 13:44:55 ID:Hvf3dZYS
でも肉体の制限がない分、「霊界」や「天国」のような世界のほうが
自由な状態ではないのですか?



760 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/09(月) 23:47:20 ID:giMxrUcC
>>759

魂は放っておかれればいずれケースの状態がよくなり、肉体を必要としなくなる
可能性がある。

支配層にとってこれは不都合なので、肉体から離れた魂を「霊界」とか「天国」とかに収容し、
洗脳してから、またこの宇宙に戻している。

だから、「霊界」とか「天国」を神聖視する連中はたいてい、「肉体に宿るのは修行」みたいな
ことをいう。

761 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 00:01:47 ID:9FoLiZFS
>>760
>洗脳してから、またこの宇宙に戻している。

支配層とは何者ですか?
この時、記憶を消されてしまうのですか?


支配されないためにはどうすればいいのですか?
死んだ後、この人についていってはいけないとかはありますか?


762 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 13:56:38 ID:UmnUhN7w
要するに一般に「神」といわれる存在が
菜園にとっては敵である、というか乗り越えるべき相手、というように受け取れてしまいますが・・・。

自由になろうというより、神から与えられたものとして受け入れようとするのが
神を信仰している者の実践って感じでしょうから。

そのいわゆる「支配者」的な存在を別の存在(神)に取って替えよう(替わってもらおう)
とする方法論が古神道の流れっぽいですね。つまりより良い存在に統治してもらおうという。

菜園と他の多くの宗教との違いは、
自分より大きな存在を上に置くことを前提にするか、
いかにそれらから離れられるか、というところですかね。

自由を求めるというのもある意味執着という気がしますが、
そもそもそういった存在からの支配というものから完全に自由になるということは
可能なんでしょうか?



763 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/10(火) 16:34:19 ID:4XTEuYnr
>>761

記憶が消えるのは新しい肉体に宿る瞬間。

支配を完全に逃れることはほとんど不可能だけど、新しい肉体を獲得しないでいるか、
または、獲得した新しい肉体の内部に入らなければ、記憶は完全に残る。

>>762

完全な自由はあらゆるゲームに自由に参加でき、あらゆるゲームから自由に退出できる
能力。支配者を入れ替えるだけでは、菜園の最終目的である完全な自由に到達できない。

完全な自由が到達可能かどうか、そのあたりは不明だが、自由領域での菜園の実践者なら、
肉体の死を超えて記憶を維持または再生することくらいはできる。

菜園の黄金期は1950年代で、特にその前半には、今の自由領域をさらにしのぐ水準の
技術が眠っている。1950年代の技術の再発掘に自由領域はできるだけ多くの資源を
集中させるべきだと俺は思うが、これは自由領域の総意にはなっていない。

764 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 20:42:05 ID:UmnUhN7w
釈迦も執着から自由になったというだけで、
完全な自由に到達したというわけではないんですよね。

全ての執着から離れる=完全な自由、ではないという気がします。
執着しないということは不自由なことにも抵抗しないことでしょうから。

釈迦も支配者の存在を知っていたが受け入れたのでは?



765 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 20:47:48 ID:lRHc91Lm
支配者って誰なんですか?
いつから支配してるんですか?
どうして我々は支配されているんですか?

766 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/10(火) 20:52:47 ID:4XTEuYnr
>>764

輪廻が支配者の用意したシステムの一部であるならば、輪廻からの解脱は支配からの
脱却ということになる。

もともとの釈迦の教えは一切の苦から解放を求めるもので、苦からの解放を求めること
そのものを釈迦は煩悩とはしなかった。

767 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/10(火) 20:59:51 ID:4XTEuYnr
>>765

支配者たちは、俺たちが住んでいたことのある宇宙での勝ち組連中のこと。

対立宇宙における勝ち組、魔法宇宙における勝ち組、物質宇宙における勝ち組などがいる。

彼らはこの宇宙の始まり以前から、ずっと俺たちを支配している。それが彼らの
ゲームなんだよ。

768 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 21:37:23 ID:lRHc91Lm
>>767

対立宇宙って何ですか?

対立宇宙における勝ち組が一番上で、
物質宇宙における負け組が一番下ってことになるんですか?


769 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/10(火) 21:48:33 ID:4XTEuYnr
>>768

対立宇宙については、>>97にちょっと書いているが、この物質宇宙の2つ前の宇宙。
対立宇宙で転生という現象が始まった。

勝ち組最上位、負け組最下位についての認識では、>>768は正しい。

770 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 23:41:17 ID:UmnUhN7w
>彼らはこの宇宙の始まり以前から、ずっと俺たちを支配している。それが彼らの
>ゲームなんだよ。

イエス・キリストなどは支配者側だと認識していますか?
それとも解放者側?




771 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 00:30:51 ID:n84ljJNm
>>763
>自由領域での菜園の実践者なら、
>肉体の死を超えて記憶を維持または再生することくらいはできる。

それが出来るようになるにはどうすればいいのですか?


772 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 03:28:44 ID:n84ljJNm
>>769
>勝ち組最上位、負け組最下位についての認識では、>>768は正しい。

てことは…… 最下位……  ○| ̄|_ エーンエーン


773 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/11(水) 07:22:42 ID:K3jsIQs5
>>770

対立双方のどちら側についている魂も、転生の繰り返しにより、所属があいまいになる。
GPM理論では、ターミナルvs対立ターミナルの関係が続くと、ターミナルも対立ターミナルも
結合ターミナルというものに変化することがある。

>>771

前世の記憶を探ることに興味がありさえすればよい。

>>772

うむ、残念ながら、俺たちは最下層。

まずは肉体の力を使わずに、60kgくらいを持ち上げる力と筆記用具を操れるくらいの器用さを
目指したい。それくらい力があれば、肉体がなくてもやっていける。

774 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 20:09:13 ID:xqeSNFCl
>>758
>転生時には肉体獲得のための競争がある。
>いい条件の肉体には、いい状態の魂が宿ることが多い。
>しかし、例外もある。

その例外とはどんな場合なんでしょうか?

いい条件の肉体をゲットする方法を御指南いただきたい m(_ _)m


775 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/12(木) 08:43:05 ID:kBpEyW+k
>>774

肉体の獲得にはそれまでの人間関係や、ある種の運も関係しているし、とても強力な魂が
あえて貧しい家庭に生まれてくることもある。ゲームのプレイヤーとしての魂は、抜きんでて
強大な力を有している場合、各人生に最良の条件でのスタートに必ずしも執着するのでは
ない。

いい条件の肉体を獲得したいならば、苦難にある仲間を見捨てず、信頼を裏切らず、借りを
返す前に仲間から去らず、弱者のふりをせず、賞賛や同情を自らは求めず、自らの理想に
ついて妥協せず、好意に打算を持ちこまず、自ら望まない交流を拒否し、自己決定と名誉を
差し迫った生活よりも大事にし、自らに対する正直さを肉体より大事にし、昨日を悔み
つづけることなく明日を見すえ、正当な理由がある場合は他者を傷つけることを恐れず、
自らの相談役となり、自分自身で決断し、自分の目的に忠実であることだ。

776 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 10:36:01 ID:MKuciMTU
この纏まった条は、何かの訓でしょうか?

1.苦難にある仲間を見捨てず、
2.信頼を裏切らず、
3.借りを返す前に仲間から去らず、
4.弱者のふりをせず、
5.賞賛や同情を自らは求めず、
6.自らの理想について妥協せず、
7.好意に打算を持ちこまず、
8.自ら望まない交流を拒否し、
9.自己決定と名誉を差し迫った生活よりも大事にし、
10.自らに対する正直さを肉体より大事にし、
11.昨日を悔みつづけることなく明日を見すえ、
12.正当な理由がある場合は他者を傷つけることを恐れず、
13.自らの相談役となり、
14.自分自身で決断し、
15.自分の目的に忠実であることだ。

777 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/12(木) 16:38:47 ID:kBpEyW+k
>>776

『名誉の規律』を簡単にまとめたもの。『名誉の規律』は菜園で誰にも強制されない規律で、
人生においてどのように適用するのかは、個人の裁量にゆだねられている。

778 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 00:20:37 ID:uA3r3GIe
>>763
>菜園の黄金期は1950年代で、特にその前半には、
>今の自由領域をさらにしのぐ水準の技術が眠っている。

それはどこに眠っているのですか?
教会の中ですか? 技術中心ですか?


779 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/13(金) 09:17:03 ID:1cWxw6Vc
>>778

オールドタイマーの中でオールドタイムに高度な技術開発にかかわっていた連中の記憶の
中。残念ながら、俺は当時の菜園界で落ちこぼれに類していたから、俺の記憶に肉体の
コピーを作ったり、物質を消滅させたりするような力につながるプロセスはない。

『生徒の帽子』に収録されている講演で幅度もいっているように、菜園技術の半分は文書に
記述されていない。

780 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 22:56:32 ID:ZZK9xLvU
>>775
>>777
『名誉の規律』と、いい条件の肉体をゲットすることとどんな関係が?


781 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/13(金) 23:12:36 ID:1cWxw6Vc
>>780

「それまでの人間関係」の部分を『名誉の規律』の実践が改善する。

782 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 23:44:08 ID:ZZK9xLvU
>>781
そんな立派な人間ばかりがいい条件の肉体をゲットしているとは思えませんけどね。


783 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/14(土) 07:27:29 ID:ob6qtgYV
>>782

『名誉の規律』は社会的に立派な人間をつくるための規律ではない。

784 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 17:16:12 ID:Q1rDE7CQ
>>783
どちらにしても肉体のゲットとなんの関係があるのかさっぱりわからない。


785 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 23:17:50 ID:f/A655er
そもそも肉体のゲットなんてない。
高次の自己がこの身体で生まれてくることを選択しただけ。






786 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/15(日) 00:04:03 ID:t8KLjqkl
>>784

魂同士は心象映像や視点やその他もろもろを互いと交換しあっている。自分の一部は他者の
周囲に、他者の一部は自分の周囲にまとわりついている。これらは、NOTsや裏NOTsで扱う
ものでもある。

例えば、苦難にある仲間を見捨てた場合、その仲間の一部を抱え込んでしまうことになる。
1回に抱え込む分量は大したことないけど、積み重なれば魂を縛る重い枷になっていき、
肉体の選択の自由を狭め、肉体の獲得の際の競争力を弱める。

『名誉の規律』は魂がいくつかの悪癖に陥りにくくするための規律で、数多くのゲームで
使える。警察官だろうと、マフィアの構成員であろうとね。

787 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 00:18:29 ID:n6/fYPZ9
仏教やユダヤ教(キリスト教?)の戒律もそのためにあるようなもの?

788 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/15(日) 00:39:16 ID:t8KLjqkl
>>787

キリスト教の戒律の一部はたぶんそうだろう。NOTsの元祖はキリストその人だし。

菜園で特に重視しているターミナルの1つは「犠牲者」(victim)。魂は時には誰かを「犠牲者」に
することがあり、それを完全には避けられない。また、自分自身が「犠牲者」になってしまう
こともある。

>>776がつけた番号を使用して話を進めると、1.をできるだけ守ろうと努力したが守れなかった
場合、誰かが「犠牲者」になる。そういう場合、魂は現在の生涯や来世のいずれかの生涯で
自ら「犠牲者」となり、詫びを入れようとする。自分で自分を罰する、といってもいい。

今現在の生涯でも、魂は何らかの形で前世で遭遇したいずれかの「犠牲者」に詫びを
入れようとする傾向がある。だから、4.の「弱者のふりをせず」は重要になる。

11.〜15.はこの規律の特に重要な部分。他人の決断に従って重要な案件について
行動した場合、失敗すれば「犠牲者」になってしまう。自分自身で決断すれば、少なくとも
自分が「犠牲者」になることを避けられる。

789 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 00:50:45 ID:s2U2jaJ2
>>788
自分自身の決断を受け入れない、ということはある?
自己の決断であることを認めないというか。

790 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 01:59:12 ID:n6/fYPZ9
>NOTsの元祖はキリストその人だし。

へ〜、それは初耳。
そんなテック使ってたっけ?

キリスト教についてはよく知らんけど、
>>775の規律は原始仏教の「慈悲の瞑想」でだいぶカバーできそうだね。




791 :784:2007/07/15(日) 02:20:14 ID:NsxFPIVO
>>786
>>788
なんとなくですが少しわかりました。ありがとうございました。

792 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/15(日) 06:55:20 ID:t8KLjqkl
>>789

それもよくある。

>>790

慈悲の瞑想はメタプロセスだからね。

793 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 09:01:22 ID:s2U2jaJ2
自分自身の決断であることを認めないと、やはり犠牲者になる?

794 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 09:32:04 ID:n6/fYPZ9
「慈悲の瞑想」が今のところ最強っぽいな。
クリアーになってないのにNOTSやるのってやばい?

795 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/15(日) 13:58:00 ID:t8KLjqkl
>>793

自分自身の決断のうち、悪い結果を生んだものについて、自分自身の決断であったことを
否定すれば、「犠牲者」になってしまいがちだろう。しかし、必ずそうなるのではない。

ケースの状態が極めて良いならば、魂はありとあらゆることを乗り越える。

>>794

慈悲の瞑想は菜園のほぼ全ての上位に位置するメタプロセスだと俺も考えている。ただし、
ケースの状態が悪い人にとって、慈悲の瞑想の効率はかなり悪い。

NOTs系とNED系は別物だから、NED系でクリアーになっていなくても、NOTs系を
やれることもあるだろう。

796 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 23:26:57 ID:rFAg46nj
>>763
>記憶が消えるのは新しい肉体に宿る瞬間。

なぜ肉体に入ると記憶が消えるのですか?

797 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/16(月) 00:41:38 ID:Lo+2rFpF
>>796

その理由については、自由領域でも決定的な答えを出せていない。「天国」や「霊界」での
刷り込みが根本的な原因を再刺激するためだと俺は思うが、その根本的な原因そのものは
ケースのもっと深いところにあるはずだ。

798 :神も仏も名無しさん:2007/07/16(月) 23:39:01 ID:Y+1v+GFt
>>756
>別宇宙に行くことは最近では少ないので、この宇宙をうろつきまわった記憶しかない。

死んでいる間はどこでも自由に行けるのですか?
世界旅行とかできますか?
死んでいる間は意識ははっきりとあるのですか?
この世界が視覚的に見えているのですか?
ほかの霊は見えるのですか?
危険な霊はいないのですか?


799 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/17(火) 01:50:31 ID:eFH0ZJxk
>>798

どこでも自由に行けるのではない。例えば、魔法宇宙に入ろうとしても弾かれる。

地球上の旅行は可能。

意識ははっきりしている。

知覚には視覚も含まれる。

霊は見えるが、魂は見えない。魂は決してお互いを直接見ることができない。

危険な霊もいる。

800 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 02:57:11 ID:F+h3gdRL
>>799
>霊は見えるが、魂は見えない。

どうちがうのかわからないのですが?
また、この場合しんだ自分は霊ですか、魂ですか?

>危険な霊もいる。

見分けることは出来ますか?
なにか気をつけることはありますか?

801 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 04:27:20 ID:h9l3gi6d
ちょっと、俗っぽい質問が出てきてますが、便乗して、

>752
>753

一般的な守護霊・指導霊は措いといて、
我々個人を守護また指導してくれている存在というのは、菜園的考えには存在するのでしょうか?
”守護霊をそのまま認めると” ということなので、それに相当する菜園なりの概念があるように思えましたが、
どうでしょうか?

あとひとつ、最近巷ではオーラの色がどうたらこうたらと、良く話題に挙がるようになりましたが、
菜園的にはオーラとは認められた考えでしょうか?

802 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/18(水) 07:16:15 ID:iDO6CdVF
>>800

霊は魂が作り出すもの。ある種の希薄な体で、魂と物質的な肉体をつなぐインターフェイス。

危険な霊は人それぞれ。霊だけじゃなく、ケースを再刺激するものはすべて危険。

>>801

個人を守護また指導してくれることもある存在はもちろんいる。しかし、個人それぞれを1対1で
守護している存在などいない。

菜園では、霊やオーラを心の一部と見なしている。

理論上、ケースがすべて完全に解決されると、オーラは完全に無色透明になるはずだ。
オーラに色が付いているということは、菜園ではまだまだ修行不足だとみなされる。もちろん、
ほぼ全員修行不足だ。

803 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 22:29:52 ID:iGG4RUpU
ソウルメイトというのはあるのですか?

804 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 23:37:51 ID:XEKcywLN
>>282にそれらしい体験が書いてあるじゃん。

805 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/19(木) 10:48:10 ID:nH5KVfTJ
>>803

菜園には、人生修業の共有相手という意味でのソウルメイトの概念はない。前世からの
関係は菜園人にとってそれほど歓迎すべき事柄ではない。

オールドタイムで俺のオーディターだった奴は、現代でもオーディターで、俺をクリアーに
したのもそいつだが、俗世的な成功に至るはずだった過程で俺を頓挫させたのもそいつと
いえる。

俺の前世の知人の妻だった別の奴は、この生涯で一時的に俺の彼女だったが、さっさと
転生してしまった。どうもこいつには振りまわされっぱなしだ。そいつは今タイにいる。

銀河連邦末期に軍隊で俺の上官だった奴は、この生涯でも一時的に俺の上司だった。
こいつも少々厄介な存在だ。たぶん、また数十年か数百年後には出くわしてしまう。

菜園的な発想では、出会った時に互いに反感を覚えたら、多分前世のいずれかの生涯の
知人。

>>659と合わせて考えてほしい。前世の知人とは何かと相互ツンデレ ― 最初はツンツン、後に
デレデレ ― な関係ができやすい。ケースの根幹には萌えがあり、ツンデレ萌えはそれ以前の
重要な萌えの再刺激により発生するものだと思われる。

806 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 23:24:47 ID:13sY5K0j
>>805
転生して肉体が変わってもその人だとどうしてわかるんですか?
相手も気付いているんですか?
どうして同じ人と何度も出会うんですか?

807 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/20(金) 05:34:22 ID:TPp94JWJ
>>806

その人物に関係した記憶が鮮明に再生され、その当時の技能が活性化されるから。

相手側のケースレベルが同等なら、当然相手も気がつく。

同じ人間と何度も会うのは、基本的に地球が小さく、ゲームは死を超えて続くから。

808 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 20:53:15 ID:qenK7Xo1
>>807
地球のような星は他にもあるんですか?
地球の人は地球から離れられないんですか?
必ず地球に転生するんですか?

809 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/21(土) 07:22:34 ID:yW2QHOyc
>>808

地球のような星は他にもある。だから、遠い遠い前世の記憶は地球上のものでないものが
多い。

地球の人間はほとんど地球に転生する。地球上の人間関係が転生先をある程度限定する。
別の惑星を選びたいならば、ケースレベルを上げなければならん。

810 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 20:30:41 ID:vrBPYsa1
>>809
何処か地球よりましな星をご存知ありませんか?
地球のような悪の巣窟はもううんざりです。

811 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/21(土) 22:58:47 ID:yW2QHOyc
>>810

地球よりましだった惑星はいくつか知っているが、何せ遠い昔の話で、現存しているかどうか
定かではない。それに、ケースレベルが上がらないと、どっちにしても地球から離れるのは
難しい。

俺もそうだが。

812 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 23:05:15 ID:B/G78vhf
>別の惑星を選びたいならば、ケースレベルを上げなければならん。

それはなぜですか?


813 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/21(土) 23:41:13 ID:yW2QHOyc
>>812

>>809

814 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/21(土) 23:42:38 ID:yW2QHOyc
>>809で俺は「地球上の人間関係が転生先をある程度限定する」と書いた。人間関係による
限定を超えるには、それなりに高い能力が必要だということ。

815 :812:2007/07/22(日) 10:39:20 ID:qYEo8pYK
すいません。
「地球上の人間関係が転生先をある程度限定するのはなぜか?」の間違いでした。

816 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 18:13:54 ID:6hg4I/Iq
>>763
>菜園の黄金期は1950年代で、特にその前半には、
>今の自由領域をさらにしのぐ水準の技術が眠っている。

どんなすごいものがあるのですか?


817 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 19:13:07 ID:qYEo8pYK
>>799
>魔法宇宙に入ろうとしても弾かれる。

誰に弾かれるのですか?
そしてなぜ弾かれるのでしょう?

818 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/23(月) 08:31:49 ID:iXDUFT6r
>>816

他者の肉体の操作、物質の生成と消滅、物体の複製などなど … ただし、かなりの危険も
伴うらしい。

具体的にどのプロセスがそういう効果を生むのか、詳しい資料は残っていない。

>>817

自分自身に弾かれる。遠い昔、俺たちは何らかの誓約をしてここにいるらしく、魔法宇宙に
戻るのはその誓約に反しているのだろう。

誓約を無効化するのは難しい。

819 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 13:30:52 ID:kp1ibjz5
>他者の肉体の操作、物質の生成と消滅、物体の複製

錬金術と何か関係があるのかな?
物体の生成はサイババがやってたね。
仏教でもこんな話があった。釈迦の弟子が何もないところから壺を作って見せて、
釈迦がそれを見て怒って破壊したとか・・・。

他者の肉体の操作、手塚治虫の『ブッダ』でそんな術を使えるキャラがいたな。
あんな感じなんだろうか・・・。

これらに伴う危険性がどんなものなのか知りたいねえ。
いくらブリッジ上ろうとそれだけでは無理な能力なんでしょ?

820 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/23(月) 17:31:53 ID:iXDUFT6r
>>819

菜園でそういう能力を手に入れ、使った人は無事では済まなかったらしい。

ブリッジができたのは、そういう技術を使っても大丈夫なように、ケースを構成するさまざまな
チャージを処理するためだ、という話を聞いたことがある。。ブリッジそのものに大規模な
物理現象につながる技術はたぶん含まれていない。

821 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 18:07:08 ID:kp1ibjz5
>菜園でそういう能力を手に入れ、使った人は無事では済まなかったらしい。

やっぱ発狂かなんかすか?

サイババとかがああいった物質化現象を起こせるのはなぜだと思いますか?

822 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/23(月) 18:56:35 ID:iXDUFT6r
>>821

発狂ってのは多かったみたいだ。

サイババが物質化現象を起こせるのは、宇宙の外から中に入れるから。

823 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 23:38:11 ID:kp1ibjz5
>サイババが物質化現象を起こせるのは、宇宙の外から中に入れるから。

kwsk
宇宙の外から中に入るってどういうこと?
俺らにはできないこと?
なぜ彼にはできるの?


824 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 00:43:16 ID:StRl21Nd
>他者の肉体の操作、物質の生成と消滅、物体の複製

これらが事実だとすると、アバターの「物理宇宙は変えられない」という理論は崩壊しますな。


825 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/24(火) 10:15:34 ID:O1K2HP1M
>>823

俺たちの肉体は物質宇宙の中にあり、俺たちはその肉体の中に接触点を置いて肉体を
操作している

俺たちは日頃意識しないが、物質宇宙の外側にも接触点を持っている。

物質宇宙の内部の接触点は非力だが、外部のものの中には強力なものもある。この外部の
接触点を物質宇宙内に送りこむことができれば、物質化現象などを起こせる。

>>824

アバターは物質宇宙をあまり変えたことがないから、「物質宇宙は変えられない」と思うので
あろう。菜園は物質宇宙を変えた経験を有しているので、違った考えを持っている。

826 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 21:58:53 ID:S9AIy918
>>805
>菜園的な発想では、出会った時に互いに反感を覚えたら、
>多分前世のいずれかの生涯の知人。

出会った時に好感を感じた場合はどうなんですか?


827 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/25(水) 06:28:16 ID:5MV+4sSS
>>826

そういう人物を前世の知人だと感じたくなる気持ちはわかるが……めったにそういうことは
ない。

とはいえ、記憶の鮮明な再生と能力の活性化が伴えば、前世の知人である可能性もある。

このでの能力の活性化は、具体的なゲームの再開につながらなければ、本物とは
断定できない。これについては、俺個人の経験を書いた>>228あたりも参考になるだろう。

828 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 02:07:22 ID:U5CFxTxg
>>767

神が勝ち組の支配者ということは、我々にとっては抑圧者であり、
一般に思われているようなありがたい存在などではないということなのでしょうか?

もっとはっきりいうと敵なんですか?

支配者は我々を、こんな悪趣味な世界に閉じこめて楽しんでいるのですか?


829 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/26(木) 07:41:01 ID:R6nK0Xex
>>828

表面上はそういうことになるが、もっと本質的なことは、彼らも俺たちも今ある状態が自身に
よる選択の結果だということだ。

俺たちはたくさん持っている接触点のうち、基本的にたった1個をこの宇宙の中に置いて
ゲームを楽しんでいる。

支配者たちは俺たちとは違う選択をしただけのこと。

830 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 00:07:52 ID:WufkKKVk
>>829
>彼らも俺たちも今ある状態が自身による選択の結果だということだ。

なんで地球人なんか選んじゃったのかなあorz

神の方を選び直すことはできませんか?


831 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/27(金) 07:45:41 ID:vet1eb6d
>>830

そうこだわらなくてもいいだろう。

ここでこのレスを書いている俺は、俺全体の一部でしかない。

神を演じている俺もいる。

人を演じているこの俺が、神を演じているあの俺と合一を果たせば、俺は木星も傾け
られるようになるだろうが、人を演じている俺としての個性を失うことになる。世間的な
感覚では、人を演じている俺が消えるということだ。

人を演じている俺が神のような力を欲しいと思うことはあるが、人を演じている俺が消えて
しまうと、神の力もあまり素晴らしいものだとは感じられなくなるだろう。

神を演じている俺にも、やっぱり退屈な日常があるんだよ。

832 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 23:32:21 ID:UO3z1Veb
>>818
>他者の肉体の操作

これって憑依霊とちがいますか?
エクソシストですよね。


833 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/27(金) 23:43:42 ID:vet1eb6d
>>832

「憑依霊」という漠然とした表現が意味するものと、オールドタイム菜園における他者の肉体の
操作がどれくらい似ているのか、どれくらい異なっているか、何ともいいがたい。

オールドタイム菜園では、自分の肉体から抜けだし、他者の肉体の内部に宿らずにそれを
動かす技術があったらしい。

834 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 00:00:49 ID:sHH2f1xI
>>830
>神の方を選び直すことはできませんか?

それをやろうとしたのが神道系の新宗教の流れですね。
ユダヤ〜キリスト教の流れも、神様のほうの変化に関係がありそうな・・・。




835 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 00:03:21 ID:UO3z1Veb
>>833

肉体を乗っ取られた人はどうなるんですか?
他人の迷惑はおかまいなしですか?

836 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/28(土) 06:36:23 ID:ti72Krfz
>>835

技術そのものに善悪はないよ。使う側の動機が使用を善にも悪にもする。

例えば、オールドタイム菜園の技術が完全なまま温存されていたら、9.11テロだって
防げたことになる。

837 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 23:28:47 ID:fArlDqlJ
>>836
>オールドタイム菜園の技術が完全なまま温存されていたら、
>9.11テロだって防げたことになる。

今のOTってほんとは何の能力もないのですか?


838 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/29(日) 05:53:22 ID:/DigbjiP
>>837

肉体の死を超えて記憶を維持したり、前世で習得した技能を使いこなすくらいの能力はある。

839 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 14:15:49 ID:YP1L9tlY


840 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 20:22:47 ID:fjvSoVVS
>>819
何もないところから壺を作ったのか、
それはきっとひろゆきにちがいないw


841 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 19:02:12 ID:wUbDH2tj
>>799

>魔法宇宙に入ろうとしても弾かれる。

入ろうとしたことあるの?
どこにあるの?


>地球上の旅行は可能。

あちこちうろうろしてると浮遊霊ってことになるの?


>意識ははっきりしている。

どのくらい?
生きてたときよりはっきりしてる?


>知覚には視覚も含まれる。

どのくらい見えるの?
ぼんやり? それとも、ものすごくはっきり?


842 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/07/31(火) 08:59:26 ID:UN79EmJx
>>841

魔法宇宙に入ろうとしたことは何度もある。魔法宇宙はこの宇宙内に存在するのでは
ないから、「どこにあるの?」という問いに対しては、「この宇宙以外のどこか」としか答えようが
ない。

「浮遊霊」を>>841がどのように定義しているのかわからないから、この宇宙内をうろついている
魂が「浮遊霊」なのかどうかはわからない。菜園では魂と霊を別物だと考える。

肉体を離れると、知覚と意識は肉体の限界に縛られなくなり、著しく拡大する。が、肉体に再び
宿ると、知覚と意識は縮小し、肉体から離れている間の記憶の大部分を再生できなくなる。

843 :神も仏も名無しさん:2007/08/01(水) 01:56:06 ID:M7gv/hRw
>>842
>肉体に再び宿ると、知覚と意識は縮小し、
>肉体から離れている間の記憶の大部分を再生できなくなる。

肉体は魂を縛るカセなんでしょうか?
なぜ肉体は魂の能力を制限するんでしょうか?


844 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/01(水) 14:28:50 ID:Vxf5F/YV
>>843

肉体が魂の能力を制限するのは、肉体に宿っている時に能力を制限されることに魂が、遠い
昔に、合意したからだ。

ゲームに参加するには、能力が制限される必要がある。

845 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 00:28:52 ID:cDJN7Ibu
>>844

その合意を無効にすれば能力に制限はなくなりますか?

その合意を無効にするにはどうすればいいのですか?


846 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/02(木) 12:19:26 ID:G/nmE0SM
>>845

合意を無効にすれば、合意による制限もなくなる。

合意を無効にするには、何よりもまず、合意を思い出すことが必要だ。

しかし、合意を思い出すことは必要条件であり、十分条件ではない。合意を思い出しても、
この宇宙内での何らかのゲームに執着が残っていれば、その合意を無効化したいと
思わないだろう。

>>831を参考にしてくれ。合意を無効にすれば、人を演じている魂が人としての個性を
失うことになる。

合意を直接無効化しようとするのは難しい。

しかし、代わりにNOTsと裏NOTsを長い間続けて実践すれば、同じ境地を目指す別の道を
歩むことになる。NOTsと裏NOTsはゆっくりと人間を卒業させるから、もっと楽なはずだ。

時間はかかるだね。

847 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 23:08:07 ID:Sx+ba6Ge
>>758
>浮遊霊というと、成仏できずにさまよっているという感じがする。

菜園的に言うと成仏とはどういうことになるんでしょうか?



>>758
>自由な魂はそれとは違い、支配者が用意している「霊界」とか
>「天国」みたいな仕組みにあまり支配されていない魂のこと。

支配されていない魂のコミュニティみたいなものはありますか?


848 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/04(土) 09:59:20 ID:WSOMTbZi
>>847

菜園的な意味での成仏は完全なOTになることだろう。

自由な魂のコミュニティのようなものはない。自由を目指すコミュニティなら、菜園の
自由領域がある。

849 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 11:12:46 ID:IGgq4yOP
>>848
その言い回し、ちょっとかっこいいw

850 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 23:11:05 ID:DAR9pnt0
>>805
>菜園的な発想では、出会った時に互いに反感を覚えたら、
>多分前世のいずれかの生涯の知人。

>>827
>そういう人物を前世の知人だと感じたくなる気持ちはわかるが……
>めったにそういうことはない。


感じの悪い人に出会うと、それは過去に出会ったことのある人で、
感じの良い人に出会うと、それは初めて出会った人、

ということは、

人間は出会うと必ずお互いにチャージアップして、
必ず仲が悪くなり敵対するだけだということですね。


851 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/05(日) 05:44:35 ID:6eP6jfL6
>>850

>>805で書いたように、前世の知人同士は相互ツンデレ関係になることがおおいので、最初は
敵対しているかもしれないけれど、やがては仲良くなれることも多い。

852 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 20:53:13 ID:O/WzEJAz
ウンコの力。

853 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/11(土) 09:12:38 ID:ODdVL3+c
質量軽減

誤感情は状況にあっていないあらゆる感情のことだ。例えば、悲しむべき理由がないのに
悲しいのは誤感情があるからだ。

1) 誤感情を探す。
2) 誤感情の位置を特定する。
3) 誤感情の大きさを特定する。
4) 誤感情の形を特定する。
5) 誤感情の色を特定する。
6) 誤感情の重さを特定する。
7) 誤感情の感情を特定する。(ちょっと変な感じだが)
8) 誤感情の意図を特定する。
9) 誤感情の機能を特定する。

854 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 02:02:07 ID:IfOWIsco
>>853
> 7) 誤感情の感情を特定する。(ちょっと変な感じだが)

確かによくわかりませんね。解説をお願いします。

855 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/19(日) 10:59:35 ID:ziMvLEBf
>>854

誤感情「怒り」の感情は基本的に「怒り」だろうと思うが、プロセスをやっている途中で他の
感情が見つかるかもしれない。

856 :神も仏も名無しさん:2007/08/22(水) 09:32:01 ID:JVnoMeyg
そもそも私たち人間がここにいる理由は何だと考えますか?
人間(魂)の歴史を大雑把で構いませんので教えていただけませんか?



857 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/22(水) 16:53:30 ID:dgzAv2pa
>>856

ここにいる理由ははっきりしている。ゲームを楽しむためだ。

魂の歴史の大雑把なまとめなら、>>97にある。

858 :神も仏も名無しさん:2007/08/22(水) 18:54:50 ID:JVnoMeyg
>>97のような歴史をどうやって発見したんですか?
なぜそんなことがわかるのですか?

859 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/22(水) 23:56:01 ID:dgzAv2pa
>>858

発見の経緯は単純だ。数多くの人の前世を遠い過去まで探り、共通した出来事を時間軸に
位置づける作業の結果、>>97のような宇宙史の全体像がわかってきた。

前世を探る技術そのものは、菜園以外にいろいろな宗教や思想に存在する。しかし、彼らは
技術を使って遠い過去を探ろうとすることにあまり熱心じゃなくで、6000年も探れば
満足してしまう。

860 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 12:37:45 ID:4jytGvPn
以前に書いていたなら申し訳ない。
人が解脱の状態になったなら、
魂はどこへ行くの?
菜園的にはどういう状態にあたるのかが分からないけれど、
例えば釈迦の魂は解脱後どこへ行く事になるのか
見解を聞かせて欲しい。

861 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/08/25(土) 14:51:01 ID:zbklERFQ
>>860

菜園では解脱をどのようなゲームにも自由に参加でき、どのようなゲームからも自由に
退出できる状態だと考えているので、解脱の状態になったらそれぞれが好きな所に行くことに
なる。もちろん、どこにも行かない、とか、どこにも存在しないでいる、ということも、解脱した
人の選択肢に含まれる。

862 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 12:11:05 ID:P/LrtjQJ
>>861
なるほど。
魅力的に聞こえるし、当然の話のようにも聞こえる。
ありがとう。

863 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 22:25:15 ID:jkRS4kwy
菜園は障害者、障害児に対する何らかの方策は持っているの?
あるならばどういったものなのか、端的でもいいから
教えていただきたい。

864 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/01(土) 11:14:47 ID:y1m8kcuh
>>863

軽度の障害者なら問題なくオーディティングを受けられる。

重度の障害者向けの方策はない。

865 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 19:20:39 ID:v526QGoo
>>864
なるほど。ありがとう。
その様子だと障害者に対する言及もほぼなさそうだね。

よく勉強されててとても関心して見ています。いつもありがとう。

866 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:59:30 ID:+vIg7G+1
自分は菜園人じゃないが、ダイアネとか菜園関係の本をいくつか読み、このスレを1から読んでみた。

菜園の技法は前世療法の技法と似ているなぁと思ったが、実際のところどうなんだろう?

867 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:01:28 ID:+vIg7G+1
あと落ちそうになってるからageとく

868 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/04(火) 09:07:25 ID:f1JxD60N
>>866

前世療法にはいろいろあるから、そういわれても答えにくい。

ブライアン・ワイスの『前世療法』は1988年に出たもので、催眠術を使う前世探求法が
紹介されている。

菜園の少なくとも自由領域ではコミュニケーションサイクルを維持するので、催眠術を
使わない。

869 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 15:52:59 ID:wOqy4cYE
The Secret Life of L. Ron Hubbard (1-5)
http://www.youtube.com/watch?v=ksDoVUTy1go

The Secret Life of L. Ron Hubbard (2-5)
http://www.youtube.com/watch?v=Vj2iFFmqP4U

The Secret Life of L. Ron Hubbard (3-5)
http://www.youtube.com/watch?v=9RLteeyMlgk

The Secret Life of L. Ron Hubbard (4-5)
http://www.youtube.com/watch?v=hmziDR3f4PA

The Secret Life of L. Ron Hubbard (5-5)
http://www.youtube.com/watch?v=mg0JaGc-ego

870 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/04(火) 21:07:08 ID:eB9xOazM
>>869

幅度の人生そのものについての投稿は、すれ違いだろう。

サイエントロジーについて真面目に語るスレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175520111/
にも張ったものをここにも張る必要があるのか?

871 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 00:50:07 ID:WzDFDrDG
>>870
知られてはまずい情報でも含まれているかな?

872 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/05(水) 19:51:11 ID:P2vvQNww
>>871

いや、スレ違いを指摘しただけだけど。

873 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 18:52:22 ID:2+vpSFfu
>>363
>かつて強力だったころの思考の現実化の典型的な例は、この物質宇宙の
>存在そのものだ。また、各魂のための心の存在もそう。

ということは地球が丸いのは地球が丸いという思考が現実化しているということ?
地球が平らだと信じられていた頃は実際に地球は平らだったってことにもなりませんか。

874 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/11(火) 19:59:49 ID:/brcRGsy
>>873

地球が丸いのも、もちろん、思考の現実化。ただし、その思考は地球人の思考だけじゃない。

ここ3万年くらいの間の地球人はどうしようもなく脆弱だから、その思考が宇宙の性質を
根本的に変更するようなことはなかった。地球人が地球を平らだと信じていた時があっても、
実際の地球は丸かった。

875 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 20:54:38 ID:2+vpSFfu
>>874
回答ありがとうございます。

>ここ3万年くらいの間の地球人はどうしようもなく脆弱だから

弱くなってしまったのはなぜでしょう?
きっかけになった出来事とかありますか?

876 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/12(水) 10:37:02 ID:QolNjU1i
>>875

この宇宙に住んでいる魂がめっぽう強かったのは、>>97で言及した合意戦争以前のことで、
その頃は宇宙を同時にいくつも創造する力を持っていた。

合意戦争で扱える時限数が制限されてしまったのが、力を失った最大の要因だが、
合意戦争の期間は合意宇宙から物質宇宙までの期間よりも長いし、3次元知覚では見えない
部分が多いので、自由領域でも直接扱うことにまだ一般成功していない。

877 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 14:41:09 ID:abLryfOd
>その頃は宇宙を同時にいくつも創造する力を持っていた。

個人個人が自分の思うような宇宙を好きに創れたということ?
それこそ思ったこと=即現実の世界?


878 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/13(木) 06:41:20 ID:BG2F3OkQ
>>877

その通り。

879 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 10:27:10 ID:ZE9/oY87
ということは魂の数だけ宇宙があるってことか。
現在は一つの宇宙に多くの魂が住んでるみたいな感じだけど。

昔は天国みたいだったけど堕ちた人間は不自由になってしまったみたいな話だね。
「アダムとイブが知識の木の実を・・・」って話と関係ある?

880 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/14(金) 07:25:09 ID:H5zGJ8Hv
>>879

合意戦争が始まる前に、17次元物体「知識の宝石」に触れたことが、魂の能力低下の最大の
理由だ、と自由領域の一派は考えている。現在の俺たちの感覚は3次元のものなので、
「知識の宝石」を見ることができない。「知識の宝石」との接触を例えばダイアネで
処理するには、感覚の次元数を回復しなければならない。

合意戦争以前には、それぞれの魂が複数の宇宙を瞬時に生成する能力を持っていたので、
宇宙の数はとても多かった。

自家宇宙時代が終わると、1つの宇宙に数多くの魂が住むようになった。各魂の自家宇宙は
心という形で残っている。

881 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 13:41:03 ID:qDZvbHi/
>各魂の自家宇宙は心という形で残っている。

つまり妄想(想像)だけならどんなことだってできることの原因になってるわけですか。




882 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/14(金) 14:44:40 ID:H5zGJ8Hv
>>881

個人的な宇宙である心の中で思ったことは、たいてい、心の中に限定して1つの事実になる。
しかし、共有されている宇宙である物質宇宙では、それなりに力が必要であり、時間も手間も
かかる。

883 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:36:44 ID:qDZvbHi/
では俗に言う運がいい人悪い人の違いは何だと思いますか?
意識しなくても何でもうまくいってしまう人とそうでない人がいると思いますが・・・。



884 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/14(金) 21:00:38 ID:H5zGJ8Hv
>>883

運がいい人と運が悪い人の違いは、運だろう。

意識しなくても何でもうまくいってしまう人は、運がいいのか、肉体の性能がいいのか、
ケースの状態がいいのかのいずれかだ。

885 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 23:25:34 ID:qDZvbHi/
つまり運とケースは別に関係ないということですね。
菜園をやったからといって運が良くなるわけではないと。

886 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 23:56:47 ID:7MVhtN8t
僕はこの世界の厳密な因縁因果の法則に基づいて存在することに
不思議な安堵を感じるなあ。
この世と自分は一体だというもの。因果法則に基づいて
皆と繋がっていることの実感とでもいうか。
菜園的にはこの気持ちをどう表現するのだろうか。
あと大変な事件にあってもハッピーで居られてるな。

色々な経験をしたけれど、菜園の見方からどう表現されるものなのか
この状態が気になるよ。

あと知識の宝石とはどういうものか気になる。
次元が異なるから理解は困難なのかもしれないが。

887 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/15(土) 23:06:16 ID:hQ49n46o
>>885

菜園をやっても運は良くならない。能力の向上により徐々に運の悪さを捩じ伏せれるように
なるだけだ。

>>886

その安堵感は理解できる。因縁因果の法則を超越する力に近づくと、とてつもない恐怖を
感じるからだ。自由領域でもそういう力の話をすると、個人的な話でないのにもかかわらず、
人の感情を害することが多い。

知識の宝石が具体的にどんなものなのか、自由領域でもわからない。知識の宝石についての
情報は、以前の宇宙の資料の中にあったもので、自由領域の誰かが直接見たものではない。

888 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 00:52:09 ID:P3C63pXD
>>887
そっか、因縁因果があるこのスペースに同意しているのを
確認している事に安堵を感じるわけだ。
確かに因縁因果に基づいて起こる事件を解決するというゲームを
楽しんでいると言えるね。しかも夢中になって。

それを超越するというかゲームから離れることに、さらりとした
感覚を覚えるのも、超越した力に恐怖を感じるのも分かる気がする。
根底を押し流してしまうような思考不可能な世界と言うか。


知識の宝石のワードにピンと来たのがあるんだけど
それってチャクラといわれているものじゃないかな。

以前一度だけこういうビジョンを見た事がある。
幽体離脱をしかけた時に、漆黒の闇なのか空間なのか分からないが
そうした空間の中に、宝石の真髄とも言うべき美しい
エメラルドグリーンの方形の集まりを見た。
直感的に、それが自分の胸にあり魂と身体の構造を成り立たせる力を自分の中で発しているものだと。、
今オールドタイマーさんの言葉でインスピレーションを得て言い換えると
縛りを発しているように感じられた。

宝石や光のようにも例えられるチャクラが
物質宇宙に属するもので表現できるという精神との共通性がある事から、
この次元へ縛り付けるものがあるんじゃないかと思った。
チャクラが消え去ってしまえば人の形と物質宇宙とのつながりを失う気がしたよ。

889 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 00:56:30 ID:P3C63pXD
訂正

直感的に、それが自分の胸にあり魂と身体の構造を成り立たせる力を自分の中で発しているものだと。、

直感的にそれが自分の胸にあり魂と身体の構造を成り立たせる力を、自分の中で発しているものだと感じた。



なんというか、構造情報発生体とでも言うか。
この宇宙に人の形を持って参加するための鍵のようなもの。

890 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/16(日) 12:34:48 ID:AGIv1p+5
>>888

自由領域ではチャクラを魔法宇宙の肉体の内臓だとみなしている。

知恵の宝石はもっと巨大で、合意戦争以降のあらゆる創造物よりも複雑だ。

チャクラはせいぜい知恵の宝石の劣化コピーにすぎない。

知恵の宝石を理解しなくてもこの宇宙から出ることはできる。しかし、一連の宇宙を
経験しながらずっと続いている最大スケールのゲームから抜け出すには、知恵の宝石に
再接触する必要がある。

もしも知恵の宝石に再接触できれば、複数の宇宙を瞬時に作りだす力を回復できるだろう。

891 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 15:35:19 ID:x1t89Zd4
>>890
魔法宇宙の肉体の内臓かぁ。
次元が異なるから異なりつつ関係があるものと感じたんたけど、
劣化コピーということはそこからその知識の宝石へ
たどり着くという方法がありえるのかな。

知識の宝石にたどり着く事は
自由領域では目標の一つとされているの?

力回復したいね。

892 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/16(日) 16:51:48 ID:a0zyKLKH
>>891

知識の宝石にたどりつき、そこから受けた影響を無効化することは、もちろん、自由領域の
技術開発の長期的な目標となってる。

ただし、自由領域に参加する各個人の目的はそれぞれ別個のもの。例えば俺は、
魔法宇宙とこの物質宇宙のどの場所に展開するゲームにも自由に参加でき、それらから
自由に退出でき、この物質宇宙内で木星を自由に傾けることができるくらいに能力を
回復すれば、大いに満足すると思う。

893 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 16:59:53 ID:x1t89Zd4
>>892
そこで言う長期的って数百年数千年単位なんでしょうね。
自分もそれでいいと思うけど、
だとしたら短期的なスパンでは、このゲームでのよい生活がしたいもんだ。

そういう木星を傾ける力を持つことって
以前話にあった萌えに関連はする?
キャラクターがそういう力を持つことにある種の感覚(萌え)を
持つこと。これが過去の記憶に基づく萌えなのかな。

自由領域の手法に今関心が湧いているよ。
オールドタイマーさんの過去レスを見直してみる。

894 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/16(日) 19:51:16 ID:a0zyKLKH
>>893

萌えは魂の力を弱める。木星を傾ける力が欲しいならば、たくさんの萌えを捨て去らなければ
ならないだろう。>>659あたりが参考になると思う。

895 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 22:37:21 ID:x1t89Zd4
>>894
萌えへの執着が少ない人で、理性的且つ思考が明快だと
思える人はいっぱい見てきた。
そういうところにも関係するのだろうか。

確かに萌えとは問題に向かい合う思考とは離れた感覚、
想像上でのものという流れの違いともいうべきものを感じる。

萌えの根源を突き止めればというところまでわかっていて、
見極めるのは難しい状況なのだね・・自由領域の中では
日々どのような進歩が起こっているのか気になる。


896 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 00:16:35 ID:QrgD/5C6
菜園ではクンダリニーの上昇についてはどう考えていますか?

897 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/17(月) 05:37:28 ID:B2s3Fdpo
>>895

自由領域では参加者それぞれが違うことをやっているので、全体としてどの方向に
進んでいるのか、把握するのは容易ではない。

>>896

チャクラは魔法宇宙の内臓。操るといろいろ面白いことが起こるだろうけど、完全な自由に
到る道からはちょっとそれた脇道になるだろう。

898 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/17(月) 17:13:31 ID:B2s3Fdpo
思考などなどを操るプロセス

(原案はMark Ruediによるもの。ステップ(10)とステップ(11)は俺が改変した。)

1) 何かを考える
2) それを自分の上に置く
3) それを自分の下に置く
4) それを自分の右に置く
5) それを自分の左に置く
6) それを自分の前に置く
7) それを自分の後に置く
8) それを自分ともっと大きい自分の間に置く
9) それを自分ともっと小さい自分の間に置く
10) それを自分と未来の自分の間に置く
11) それを自分と過去の自分の間に置く
12) それを自分の空間の中に置く
13) それを自分の空間の外に置く

899 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 19:37:36 ID:y/97US07
>>897
組織的な探求ではなく、個人の活動の成果が寄り添ってる感じか?
研究機関のようなものを想像していた。


さて、また聞きたいことがあるのだけれど、
幼少時親子関係が崩れていた人間が
大人になったあと社会生活を営むのが困難になること。
このことに関して菜園や自由領域では言及はある?

900 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/17(月) 21:06:32 ID:B2s3Fdpo
>>899

自由領域は菜園個人実践者のゆるやかな連帯で、中央統括組織などは存在しない。成果は
持ちよったりすることがあるが、それが1つの体系としてまとめられることは最近じゃなくなった。

幼少時の親子関係とその後の社会生活の関係なら、1950年代からいろいろある。もっとも
古いのは幅度が書いたダイアネ本。グレード3でもそういうのを扱うことがあるし、俺自身も
オーディターとして、社会生活に困難を抱えている人に瞬間的な方法で安定した回復を
もたらしたこともある。

しかし、親子関係の問題が実は前世の何らかの出来事を再刺激している場合も多く、
そういうのは通常、クリアーになったりGPM関連をやったりしないと解決しない。

901 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 00:06:03 ID:7GuUbLcf
幅度自身は解脱しているんですか?
解脱=完全な自由?

釈迦やキリストは17次元の知識の宝石の話とかを知っていると思いますか?
実際宇宙は何次元まであるんですか?(33次元までは聞いたことがありますが・・・。)


902 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/19(水) 07:09:16 ID:xxNQ0pN2
>>901

幅度が解脱したかどうか、確認する方法はない。それは釈迦についても同じこと。

厳密にいえば、解脱は完全な自由の獲得により選択可能になる選択肢の1つだろう。

釈迦は知識の宝石の話をしていないので、おそらく知らなかったと思われる。キリストも
そういう話をしていない。

線宇宙は1次元宇宙、面宇宙は2次元宇宙、空間宇宙は3次元宇宙で、物質宇宙は基本的に
3次元宇宙。4次元宇宙は空間の軸がさらに1つ増えたもの。

空間の軸は無限に増やせる。俺たちが住んでいる宇宙がほとんど3次元宇宙なのは、昔々に
俺たち自身がそう決めたから。ただし、3次元宇宙はもっと次元数の多い空間の中に
入っている。

903 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:40:41 ID:7GuUbLcf
>>902
説明ありがとうございます。

>>379
>神々の時間の巻き戻しを恐れる必要はないし、神々を崇拝する必要もない。
>彼らにとって、俺たちはあまりにも取るに足りない存在だ。たとえ俺が木星を傾けても、
>彼らから注目されるにはまだまだ力が足りないだろう。

こういった事実はどうやって判明したんですか?
やはりオーディティングですか?

そして、なぜ神々と人間というふうに力の大きな存在と小さな存在に別れて
しまったんですか?
神々が人間を作ったからですか?
あと、神々というのは世界の神話に出てくる神と同一ですか?

904 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/19(水) 14:23:12 ID:xxNQ0pN2
>>903

オーディティングで直接遡れる範囲を超えた知識でも、間接見聞の記憶から得られることが
ある。例えば、対立宇宙についての文献は、魔法宇宙や物質宇宙にも存在しているので、
それらを読んだ時の記憶を再生できれば、対立宇宙について間接的に知ることができる。

俺たちが神々ではなく人間なのは、>>829で説明した通り。

ここでいう「神々」は世界各地の神話上の神々とは違うが、神話が実在の支配者の振る
舞いから影響を受けることはありえると思う。

905 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 20:26:00 ID:MAeoPnjw
新興宗教でしょ。

906 :899:2007/09/20(木) 23:07:58 ID:MJd1vQdl
>>900
>最近じゃなくなった
そっか・・・
記録するには規模が大きすぎてきたのか、
それともまた何百年後とかにまた記録の時がくるのか
そういう風に考えてしまう。
日本語化には関心があるよ。フリーゾーンの内容なら
公益度が高そうだ。

幼少時から影響する問題、それに回復をもたらしたというのは
素晴らしい。
どういう手法、どういう概念なのか教えていただきたい。

教えて欲しいことばかりですまない。
いつもレスを返していることに関心するとともに感謝している。

907 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/20(木) 23:33:24 ID:UR/kG2iX
>>906

自由領域でここ3ヵ月ほどの間に、文章と覚書を合わせると、5000を超える文献が出ている。
イファ教についての研究など、部外者にとって非常に理解しずらいものも少なくない。1つの
体系にまとめるのはもう無理。

幼少期からの影響をたまたま解除することができたプロセスは、人生における変化を1つ
L&Nという手法で探し出し、その変化について、好感、合意、伝達、理解の状態を調べる
ものだ。

ただ、俺はこの種のプロセスを好まない。

L&Nは困難の核心に一挙に迫るものなので、危険も大きい。L&Nの失敗は精神や肉体に
小さくない悪影響をもたらす。L&Nの失敗が原因で菜園をやめる人も少なくないと思う。

それに、幼少期の困難が前世のより大きな困難の頻繁な再刺激の結果ならば、L&Nでも
瞬間的な解決は望めない。あの時の成功の半分は運だと思っている。

908 :899:2007/09/20(木) 23:56:44 ID:MJd1vQdl
>>907
>イファ教
わかんね!w 
莫大で膨大且つ、同時に別の場所であり同じ場所で起こるものとか
因果の連なりを文章で現すのは相当な量になるよな。
個人の、または多くの人が理解するという目的で
編纂されたものを望んでいたよ。

L&Nとはどういう手法なんだい?


個人的に調べた結果、幼少時の親子関係には、
精神性の発現に必要なプロセスが含まれていて、
それが関門となるように働いている。それぞれの通過を
成功したかどうかで分かれ道のようになると見ている。

他にも多少調べたけど、それは置いておいて、
その手法という観点からこの問題を捉えてみたいんだ。

909 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/21(金) 06:56:48 ID:PygYPNYa
>>908

イファ教はナイジェリアの宗教。人間の性格を構成する要素としての精霊または
神々についての教義を含むらしい。

Osun ― 「科学者」
Ogun ― 「殺生傾向のある遂行者」
Oshoni ― 「科学傾向のある思考者」
Oko ― 「殺生者」

L&NはPCにアイテムを列挙させ、メーターを使いながら、その中から最重要アイテムを探す
手法。L&Nの質問が適切なものならば、アイテムは必ず1個選びだされることになる。L&Nを
使わないならば、列挙されたアイテムすべてを処理しなければならないが、L&Nでは1つで
済むので、時間の節約になる。例えば30個のアイテムから1つを選びだし、それを
処理すれば、オーディティングに必要な時間は約1/30になる。

菜園では幼少期の記憶を前世の記憶ほど重視していない。同様の幼少期を送った人が、
その後の人生のおいて、聖者になることもあれば、悪鬼になることもある。幼少期の
経験そのものではなく、幼少期の経験によって刺激される前世の出来事のほうが、菜園では
関心事になる。

910 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 23:06:00 ID:U/H+dTl1
前世が浮上しないんだが・・・。
メチャ惹かれる時代とか文明はあるよ。
超デジャヴな文明とか。
それらをイメージしてたらいつか思い出すのか?
ある日突然って・・・、いつになることやら。


911 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/09/22(土) 05:49:44 ID:XBoiMVac
>>910

ちゃんと手順を踏まないと、いきなり前世を探るのは難しい。

495 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)