5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Scientology−Freezoneについて

1 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:39:53 ID:1wKcZObD

http://www.freezoneamerica.org/
http://www.freezone.org/

このスレは、このフリーゾーンにおけるサイエントロジーの話題を中心として、
専らサイエントロジー並びにダイアネティックスの「技術面についての情報交換」
を目的に立てられました。

宗教団体としてのサイエントロジー教会批判は、こちらでどうぞ。

サイエントロジー(ダイアネティックス)について話そう
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156318317/l50

サイエントロジー体験談
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156484472/150

365 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/09(木) 13:40:32 ID:E8GzKsi9
>>364

菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と古神道の違いくらいに大きい。

--

OTはOperating Thetanの略。古菜園でのOTは肉体に依存せずに何かを知覚したり、
何らかの行動を起こすことができる者のことで、一時的にOT状態になることは
菜園外でも十分にあり得る。そういう一時的なOTはKeyed-out OTと呼ばれる。

例えば、俺は転生時に記憶をかなり維持できる。これは肉体には依存しない
能力なので、OT能力ということになる。

操縦士本の内容と菜園教会のOTレベルの対応表は
http://freezoneamerica.org/pilot/self/appendix_c.html
にあるから、興味があるなら読めばいい。自由領域はOTレベルを隠しちゃいない。

教会がOTレベルを秘密にする本当の理由は、多分、お金儲け。

--

OTについて「思ったことが数日後には現実化する」と考えている人は、OTについて
理解していない。まあ、自由領域でも誤解が多いし、これは説明が難しい。

セイタンが、「「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**」と思えば、
「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**ことができるようになる。数日間の
タイムラグはない。

たった今、俺は鼻クソをほじくった。鼻クソをほじくっていた時の俺はまさしく鼻クソを
ほじくることを思っていた。鼻クソをほじくることを考えることを思っていたのではない。
だから、鼻クソをほじくることが現実になり、小指の先に鼻クソがくっついている。

366 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 14:45:07 ID:jg5RVxMX
>菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と古神道の違いくらいに大きい。

ならば期待できる。
それにしてもおもしろい表現だ。菜園教会に国家神道・・・。
そういやそうだと思ったよ。

>例えば、俺は転生時に記憶をかなり維持できる。これは肉体には依存しない
>能力なので、OT能力ということになる。

それを身に着けるにはどうやったらいい?

> セイタンが、「「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**」と思えば、
>「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**ことができるようになる。数日間の
>タイムラグはない。

では思ったことを現実化するにはどうしたらいい?
他人の肉体を支配して手紙を書かせるドリルとも関係があるのか。
アバターではソースリストというものをやっているようだが・・・。
しかしこの方法だとタイムラグが発生するようだ。
だから批判の対象になるし、宇宙が違うからという言い訳をするハメになっている。
確かにOTに対する理解が不十分みたいだな。


・・・まるでハリー・ポッターの魔法学校みたいだな。




367 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/10(金) 07:12:34 ID:XJKsj9Ux
>>366

前世の記憶を取り戻すという目的を持った瞬間に、前世の記憶を取り戻せるかどうかに
関わらず、この生涯の記憶をある程度次の生涯に持ちこす能力が回復される。

--

心の中で思ったことは、心の中でしか現実にならない。物質宇宙の中で何かを現実に
したいならば、物質宇宙の中で思う必要がある。物質宇宙の中で思うということは、
具体的に行動を起こすことで、これには肉体を動かすことがたいていは含まれる。

ピアニストになりたいならば、ピアニストになることでしか願望は達成されない。
ピアニストになることなしにピアニストになりたいという願望を達成する手段はない。

To control knowledge → choice

英語のknowはドイツ語のkennenに相当し、英語のcanはドイツ語のkönnenに相当する。
どちらも語源は同じだ。ゆえに、knowledgeには経験や技能が含まれる。ピアニストに
なりたいならば、必要なknowledgeを優れた教師から学ぶ必要がある。

菜園が助けになる可能性が僅かにあるとしたら、controlの部分だ。ピアニストになりたい
ならば、例えば、「ピアニストにはならないぞ」という前世の思いをなんとかすることは
助けになるかも知れない。

しかし、ピアニストになるために本当に必要なcontrolの水準に達するのを阻害している
重要な要因がどのレベルにあるのか、それはわからない。「これをやればあなたの
願望は実現しますよ」という保証はできない。

菜園に世俗的な効果はない、と俺が何度もいう理由がそれだ。「隠された基準」が
オーディティングの効果を台無しにしてしまうのもそれだ。

368 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 10:48:17 ID:yAIQTZF3
ではアバターも世俗的な効果はないということか?
アバター理論では

>ピアニストになりたいならば、ピアニストになることでしか願望は達成されない。
>ピアニストになることなしにピアニストになりたいという願望を達成する手段はない。

こいった考えは制限信念として処理すべき対象になる。
しかしピアノが弾けないならピアニストにはなれないのは当たり前だ。
ソースリストが完璧にできても「何で実現しないんだ?」ということが起こる。

「それはピアノが弾けないからではないか?」
これはセカンダリーだから処理。
最終的に「自分はピアニストになる」というプライマリーが
ノーセカンダリーで創造できたとしても、
だから何だという結果に終わってしまうのだ。
残るのはコースを受講してしまったことに対する後悔と空虚感だけだ。


369 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/10(金) 16:05:41 ID:XJKsj9Ux
外在化、2

>>345のドリルを十分に行なった後で実行する。

1) >>345のドリルを行い、遠隔視点を確保する。
2) 視点と山の間にエネルギーの膜を作り出す。
3) エネルギーの膜を山に押し込む。
4) エネルギーの膜を山から引っ張り出す。
5) エネルギーの膜を山に押し込み、遠隔視点を山の上空に維持する。
6) 遠隔視点を維持しながら、肉体を動かすのに使っているいつもの視点を意識し、
 肉体の目を開ける。
7) 意識を遠隔視点に再び移す。
8) 意識を肉体のところの視点に戻す。
9) 2つの視点から同時に見る。

(1), (2), Loop{ (3), (4) }, (5), (6), Loop{ (7), (8) }, (9)

--

旧OT VI、VIIと関連性のあるドリル。

かなり難しい。最初のころの結果は単なる想像に過ぎないかもしれないが、橋全体を
繰り返すうちに次第に上達するだろう。

370 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:20:16 ID:klTyyKka

>>365
>セイタンが、「「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**」と思えば、
>「思ったことが数日後には現実化する」と**考える**ことができるようになる。
>数日間のタイムラグはない。

>>367
>心の中で思ったことは、心の中でしか現実にならない。物質宇宙の中で何かを現実に
>したいならば、物質宇宙の中で思う必要がある。物質宇宙の中で思うということは、
>具体的に行動を起こすことで、これには肉体を動かすことがたいていは含まれる。


これは、

「思っているだけの思考は決して現実化しない。
行動として思った思考は実際に行動に移すことにより現実化する。
ただし行動した結果が期待したものになる保証はない。」

という解釈でいいんでしょうか?


371 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/11(土) 07:29:47 ID:VYHl2KSU
>>370

セイタンにとって、本来、

思う = 行動する

なので、

心の中で思う = 心の中で行動する

物質宇宙の中で思う = 物質宇宙の中で行動する

ということになる。

心の中で思えば、心の中で現実になり、物質宇宙の中で思えば、物質宇宙の中で
現実になる。

心の中で思うことは、物質宇宙の中で思うことのリハーサルになるかも知れない。しかし、
リハーサルをいくら繰り返しても、コンクールやコンサートをドタキャンし続ければ、
リハーサルに意味はなくなってしまう。

372 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 15:27:16 ID:cXeCIumz
フリーゾーンでも菜園教会みたいに
普段ハイでいる状態が正常で、そうじゃない人達をトーンが低くて
逸脱してるっていうふうに見たりする?

菜園教会は常に何かに抵抗しているように見える。
宇宙の意思に反抗したいと考えてるとしか・・・。
惑星のクリアリングだと言ってるけど、世界制覇ごっこにしか見えないし。
何か事件がある度に大騒ぎしてスタッフに取り込もうとしたりする。
逆に事件を利用してるよね。
「危ないんです危ないんです」って言ってハルマゲドン煽ってるけど、
一体黒幕は何なんだろうな。
幅度はとっくにいないわけだし・・・。

彼らの「意思」は、キリストだとか大神様だとかの系統のものでは
ないだろうね。
一体彼らは何がやりたいんだ?
フリーゾーンの目的とは全く別のものなんだろう?


373 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/11(土) 20:27:31 ID:VYHl2KSU
>>372

状況にふさわしい感情を示す人が正常で、良い状況で落ち込んでいる人や悪い状況で
陽気な人は逸脱している ― これが古菜園の考え方であり、今の自由領域の考え方でも
ある。

菜園教会は乗っ取り屋に支配されているので、菜園本来の考え方からは逸脱している。

そもそも、魂にとって何も危ないことはない。魂は不死。だから、ハルマゲドンごときで
焦る必要はない。この宇宙全体が消滅したって、魂は死んだりしない。

自由領域の実践の目的は各個人の自由なので、当然、各個人が具体的なものを自由に
決める。俺の場合は、短期では常時外在化、長期では木星を傾けるくらいの能力。
この宇宙全体の時間を巻き戻す能力みたいに、魂の元々の力の究極までもは、今の
ところ、求めていない。

374 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:01:07 ID:JYQxkaV8
>菜園教会は乗っ取り屋に支配されているので、菜園本来の考え方からは逸脱している。

ちなみに乗っ取った目的は何だと思います?
本来の考え方から逸脱した活動を行う理由は?

>俺の場合は、短期では常時外在化、長期では木星を傾けるくらいの能力。

普段常に外在化されてらっしゃるんですか!?
そんなことが可能だなんて・・・。
確かにそれが理想だとは文献で目にしましたが。

あと、木星に執着されてるようですがその理由は?

>この宇宙全体の時間を巻き戻す能力みたいに、魂の元々の力の究極までもは、

個人の魂がそんなことできちゃうものなの?


375 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:16:12 ID:WgqaG4Gl
「PTSランダウン」と「抑圧された人のランダウン」、
ソロのコマンド教えてくれませんか?

教会ではPTS/SPコースが先だと言われてたし、
結局大金が必要になるのでやらなかった。

感覚的に自分に必要なプロセスだと思ってるですがねえ・・・。


376 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/12(日) 05:28:35 ID:S7e9ziQm
>>374

乗っ取り屋の目的は金儲け。

常時外在化は俺の短期目標で、まだ実現していない。あと300年くらいで実現できれば、
自分としては満足だ。

昔、幅度は俺に「You are weak. You can't tilt a planet」といった。惑星も傾けられない
うちは、悟ったと勘違いしてはいけない、ということだと俺は解釈している。幅度がどの
惑星を念頭においたのかわからないので、太陽系最大の惑星を傾けることを
目標にしている。10億年くらいかかるかなぁ …

極めて強力な魂によって、この宇宙の時間の巻き戻しは時々行なわれている。
40年くらい前に数回、5年くらい前に1, 2回だあったと俺は推測しているが、違う意見も
ある。時間の巻き戻し決定が1つの魂の独断に基づくのか、いくつかの魂の合議に
基づくのか、そのあたりは知らない。

>>375

それら2つのランダウンと同じものは、自由領域では一般に行なわれてはいない。
もちろん、似たようなものはある。

PTS関連は実にたくさんのプロセスをやるが、操縦士が最初に勧めるのはこれ:

1) 誰かが自分を止めた時を突き止める。
2) 自分が誰かを止めた時を突き止める。
3) 誰かが他の誰かを止めた時を突き止める。
4) 自分が自分自身を止めた時を突き止める。

残りはまた後ほど。

377 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/12(日) 05:30:30 ID:8e7Q9CwT
>>374

乗っ取り屋の目的は金儲け。

常時外在化は俺の短期目標で、まだ実現していない。あと300年くらいで実現できれば、
自分としては満足だ。

昔、幅度は俺に「You are weak. You can't tilt a planet」といった。惑星も傾けられない
うちは、悟ったと勘違いしてはいけない、ということだと俺は解釈している。幅度がどの
惑星を念頭においたのかわからないので、太陽系最大の惑星を傾けることを
目標にしている。10億年くらいかかるかなぁ …

極めて強力な魂によって、この宇宙の時間の巻き戻しは時々行なわれている。
40年くらい前に数回、5年くらい前に1, 2回だあったと俺は推測しているが、違う意見も
ある。時間の巻き戻し決定が1つの魂の独断に基づくのか、いくつかの魂の合議に
基づくのか、そのあたりは知らない。

>>375

それら2つのランダウンと同じものは、自由領域では一般に行なわれてはいない。
もちろん、似たようなものはある。

PTS関連は実にたくさんのプロセスをやるが、操縦士が最初に勧めるのはこれ:

1) 誰かが自分を止めた時を突き止める。
2) 自分が誰かを止めた時を突き止める。
3) 誰かが他の誰かを止めた時を突き止める。
4) 自分が自分自身を止めた時を突き止める。

残りはまた後ほど。

378 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 11:12:14 ID:cY4SRpfp
>>375です。ありがとう!

379 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/13(月) 09:23:20 ID:OFcQCPxG
自由領域の菜園以外で時間の巻き戻しが語られているのは、仙道だ。仙道の
最終段階である還虚合道では、この宇宙に存在していた自らの痕跡を消すらしい。

例えば、ダイアネでは、心の時間を巻き戻し、心の中にある過去の出来事を再体験する。
ダイアネの究極は、どのような宇宙の時間をも巻き戻し、その宇宙の過去の出来事を
再体験することだ。

神々の時間の巻き戻しの後、平凡なる俺たちは再び同じことを繰り返すことになるが、
巻き戻し前の未来をいくらか覚えている連中がいて、「予知能力者」になる。

神々の時間の巻き戻しを恐れる必要はないし、神々を崇拝する必要もない。
彼らにとって、俺たちはあまりにも取るに足りない存在だ。たとえ俺が木星を傾けても、
彼らから注目されるにはまだまだ力が足りないだろう。

380 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 11:16:01 ID:+YCDMQcZ
予知能力者は自分が乗る飛行機が落ちるとわかったら乗らないので
同じことを繰り返すことにはならないと思うんだけど。
神は何のために時間を巻き戻すのですか?

381 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/13(月) 14:29:19 ID:OFcQCPxG
>>380

同じことを繰り返すのは平凡な俺たち。「予知能力者」は繰り返さないこともある。

神々が宇宙の時間を巻き戻すのは、俺たちが心の時間を巻き戻すのと同じで、
ソロオーディティングの一部。

382 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:39:37 ID:06ezrI0n
>仙道の最終段階である還虚合道では、この宇宙に存在していた自らの痕跡を消すらしい。

自分の痕跡を宇宙から消したら、自分を知ってる人の記憶やら
社会に残った記録はどうなるの?
そして宇宙から消えたときに自分の意識とかはちゃんとあるんですか?

>神々の時間の巻き戻しの後、平凡なる俺たちは再び同じことを繰り返すことになるが、
>巻き戻し前の未来をいくらか覚えている連中がいて、「予知能力者」になる。

じゃあみんな知らない間にもうすでに時間の巻き戻しを経験してるということ?
覚えていないというだけで・・・。


383 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 15:26:51 ID:06ezrI0n
ちなみにold timerさんは、還虚合道に達して宇宙から自分の痕跡を消した人は
何人くらいいると思いますか?
日本人にもいると思いますか?



384 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:08:39 ID:lniWxuRM
>彼らにとって、俺たちはあまりにも取るに足りない存在だ。たとえ俺が木星を傾けても、
>彼らから注目されるにはまだまだ力が足りないだろう。

彼ら=nothingness?
人格神っぽい表現されてたもので・・・。
「神々」とか。



385 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/14(火) 07:50:20 ID:ML8bGg7R
>>382

自分の痕跡をこの宇宙から消した場合、自分を知っている人の記憶のうち、その人の
この宇宙内での視点によるものは消えるが、その人のこの宇宙外での視点によるものは
残る。もっとも、この宇宙外での視点を使える人は稀。

記録は当然消える。歴史は小さくあるいは大きく塗り替えられることになる。

知らない間に、俺たちは何度も巻き戻しを経験している。

>>383

この地球上に肉体を持っていた人のうち、還虚合道に到った人は1人くらいはいると思う。
その人がいずれかの生涯で日本人だった可能性は残る。しかし、彼は他の国の人で
あったこともあるだろう。

もしも俺がその境地に到ったら、メリス・クー人、中央アフリカ人、シリア人、フランス人、
イタリア人、イギリス人、日本人がその境地に到ったことになる。

>>384

彼らはnothingnessではない。誰もnothingnessではない。

386 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 09:51:24 ID:QO3WYl4e
>神々の時間の巻き戻しを恐れる必要はないし、神々を崇拝する必要もない。
>彼らにとって、俺たちはあまりにも取るに足りない存在だ。たとえ俺が木星を傾けても、
>彼らから注目されるにはまだまだ力が足りないだろう。

バカ言ってるぜ?
これまでの宗教史の中で霊験の類がどれだけあったと思うのよ。



387 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:49:29 ID:2Eu6HU2O
>>385
前世ではセントヒルで幅度といっしょだったんですね。

388 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/14(火) 15:45:02 ID:ML8bGg7R
>>386

俺たちに関心を持つのはもっと弱い魂だ。時間を巻き戻せるほどの魂は
俺たちにほとんど関わってこない。

ユダヤ教やキリスト教の経典にも、そこまで大きな力を持つ神は登場していない。

>>387

幅度とは前世で面識があるけど、あまり長い間関わってはいない。俺は1962年に
死んだ。

389 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 17:46:46 ID:QA8BSrZ/
いつも質問ばかりで申し訳ありません。

old timerさんは1962年に終わった直前の人生から今回日本人として産まれてくるまでの、
その間の記憶(死後の世界)というのも思い出されたのですか?

もしよろしければその世界のことをお訊かせ頂きたいのですが…。
死んで、次に産まれてくる時に、モンローが言っているように、
ある程度自分の肉体や環境を設定した上で転生してくるのでしょうか?

390 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:29:12 ID:v4MXRgMa
菜園(教会)理論で死んだら火星に送られて記憶が消されるというのは嘘?
一般的な精神世界の概念では今生で学びやすいように記憶を消して
生まれてくるみたいな話だよね。


391 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/15(水) 00:25:19 ID:P5LUobFZ
>>389

肉体を操る能力のある魂の数は、新しく生まれて来る肉体の数より遥かに多い。肉体を
獲得できる魂は少数派。だから、あまり都合よく肉体や環境を選べない。条件の良い
肉体の競争率は高い。

たの魂が宿っている肉体を乗っ取る能力があれば、問題が解決するのだがなぁ。

>>390

そもそも、菜園教会の教義にも、火星に送られる話はない。菜園の基礎本、
フェニックスやフィラディルフィアの講演、SHSBC、新OT I、旧OT II, 新OT IV〜VII、
旧OT I〜VIIの終了者の話などを読んだり聞いたりしたが、幅度自身はその火星送りの
話などしていない。

自由領域の操縦士、H氏、F氏、D氏などの重鎮の書いたものの中にも、そんな話は
出てこない。

菜園は他の宗教に対しては寛大なので、他の宗教からのネタも聞こえてくることがある。
火星送りの話は多分そういったネタの1つではないかな?(あと、幅度はそういうネタを
使って講演の冒頭で笑いをとることがあったので、冗談が通じない人が真に受けた
こともあったかもしれない)

392 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 01:11:44 ID:G2LAtZyt
自由領域でも精神薬はタブーですか?
菜園教会では精神薬を服用したことがある者を拒みますよね?
オーディティングが効かないことがあるからと言って・・・。
「精神科のお世話になったというだけで救えない」→「菜園なんてその程度、やはりニセモノ」
と私は単純に見なしていたのですが・・・。
他の宗教で精神薬を使用した経験があるだけで救われないなんてとこないでしょ?

自由領域では鬱状態の対処法はありますか?
抗鬱剤などを使用することなしに。


393 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/15(水) 08:07:06 ID:P5LUobFZ
>>392

精神薬使用歴のある人間にも、無料ソロ橋は開かれている。

自由領域の各オーディターが、精神薬使用歴のある人間にオーディティングを
施すかどうかは、各オーディターの自由だろう。

症状としての鬱状態の原因は様々で、肉体に原因がある場合には、誰にでも使える
対処法はない。自由領域の最高峰たちならば、相手の肉体に直接変化を起こし、
鬱状態を治せるかもしれない。

鬱状態の原因が精神的なものであれば、通常の橋をデュオでやることで
対処できるだろう。

なお、自由領域は小乗的で、全ての人間を救うことをあまり優先的に考えない。

人が菜園で誰かを救いたいと思うならば、自由領域の他のオーディターをあてに
すべきではなく、その救済動機の持ち主自身が菜園を学び、オーディターとして
研鑽を積むべきだろう。

394 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:46:41 ID:wUbqNC8e
>>376
この宇宙の巻き戻しに対して教えてください。

この宇宙では因果律は根本的なものだと思っていたのですが
因果律はたびたび破られているということでしょうか?

それとも、「因」を消去したために、それに基づく「果」も
消去されたというだけで因果律は保たれているということ
でしょうか?

そうだとすると、過去の「因」を消去することはできるが
過去に「因」を創造することはできないということでよい
でしょうか?


395 :389:2006/11/15(水) 23:08:02 ID:wYmg/AuO
>>391
ご回答ありがとうございました。
現在与えられている肉体を大切にしなくてはいけませんね。


396 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/16(木) 07:57:55 ID:VSwlKhFp
>>394

こういった話は俺たちの気分を害する傾向にある。冷静に考えることができれば、立派な
ものだ …

時間を巻き戻して宇宙に干渉することができる魂は、その宇宙の歴史を変えることが
できる。

2003年の時点で、1962年まで物質宇宙の時間を巻き戻せば、1962〜2003年の歴史は
消える。1962年からの歴史に干渉すれば、新たなる1962〜2003年の歴史が作られる
ことになる。物質宇宙内の各視点による記憶も違ったものになる。

一方、物質宇宙の外にある視点から見れば、第1の1962〜2003年の後に第2の1966〜
2003年が生じることになる。

物質宇宙内視点から見れば

 1962年 → 2003年 → 歴史消滅
 1962年 → 2003年

物資宇宙外視点から見れば

 1962年 → 2003年 → 巻き戻し → 1962年 → 2003年

菜園はこの宇宙内の視点から見たこの宇宙の時間について、アインシュタイン的な
世界観を持っている。物質の変化を観察する視点に、「時間」という考えが生じるに
過ぎない。よって、全ての物質を1966年にあった位置に戻せば、この宇宙の時間は
1966年まで巻き戻されると考える。

物質宇宙を作り続けているのは俺たちを含め、この宇宙の何らかのゲームに
参加している全ての魂だ。極めて強力な魂が全ての魂にテレパシーで号令を掛けると、
俺たちは自らの意思に関わりなく俺たちが作っている物質を昔あった位置に戻す。

397 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/16(木) 08:09:59 ID:VSwlKhFp
しかし、俺たちは肉体の外にも、そして、この物質宇宙の外にも、普段はほとんど
意識しないが、いくつかの視点を持っている。

>>345>>369の外在化ドリルは、肉体に宿っているのとは別の視点を意識するドリルだ。

菜園の外在化は、肉体の中にある視点が肉体の外に出ることではなく、肉体の中にある
視点よりも外にある視点が優先的に意識されている状態だ。

同じように、物質宇宙の中にある視点よりも外にある視点を優先的に意識すると、この
宇宙に対して外在化することになる。

宇宙に外にある視点は宇宙の時間の巻き戻しを目撃する。

つまり、幸い、俺たちは時間も巻き戻しに対してまったく無力ということではないことに
なる。

398 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 12:19:58 ID:FKAPY7ES
ではold timerさんは実際に巻き戻しを目撃したというわけですか。

>極めて強力な魂が全ての魂にテレパシーで号令を掛けると、
>俺たちは自らの意思に関わりなく俺たちが作っている物質を昔あった位置に戻す。

ではそもそも菜園がOTというものを量産しようとしている目的は何?
惑星を傾けたり時間を巻き戻したりできる程のパワーを持った魂を集めることで
一体何をやろうとしている?
教会はOTを集めて何かと闘おうとしているようだが・・・。(ジヌー?)

いわゆる超能力者集めて彗星の軌道を逸らそうみたいなのと似ているような気もする。
時間を巻き戻すつもりなのか、あるいは神に反発したいのか。
宇宙そのものを変化させるつもりなのか・・・。
まあ物質宇宙そのものが合意で成り立っているというのなら、
それを維持することも変化させることもそれほど困難なことだとは思えないがね。

399 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/16(木) 13:08:30 ID:VSwlKhFp
>>398

肉体が死んだ後、たまたまこの宇宙の外側の視点が活性化していたので、巻き戻しを
目撃できた。今この瞬間に時間の巻き戻しが起これば、俺も気が付かないに違いない。

自由領域は魂を集めようとはしていない。そもそも、惑星を傾けるほどの力をもつ魂を
集めることなんてできない。

教会もXenuと闘ってるんじゃないよ。ただ、組織の求心力を維持するために、常に敵を
必要としているだけだろう。それがIRSだったり精神科医だったりする。


400 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/17(金) 09:25:16 ID:C9lu87Ho
外在化、3

>>345>>369のドリルを十分に行なった後で実行する。

1) >>345のドリルを行い、遠隔視点を確保する。
2) 遠隔視点を動かして、自分が知っている都市や田舎を観察する。

--

見えるものの大部分は想像の産物に過ぎないかもしれないが、少しずつ遠隔視点による
知覚情報も混ざってくるようになるだろう。

401 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 00:20:45 ID:qvpDRwpm
>>396 回答ありがとう

質問の意図としては「物質宇宙」のルールを確認することでした。
この宇宙の時間の概念よくわかりました。

が、さらに疑問が。

ダイアネの理論では、視点が物質宇宙で観察したすべての知覚は
マインドへ蓄積されて行きます。

我々に巻き戻しが知覚できないということは、このコピーも号令に
よって消去されるということですか?
それとも見えないように蓋をするだけ?

ところで
マインド = 個人的宇宙 ≒ 自家宇宙
と考えてOKですか?(>>97>>339)


402 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/18(土) 07:55:14 ID:DfowhOon
>>401

宇宙の状態にマインドが自動的に合わせようとするので、見えなくなってしまう。
物質宇宙の視点は、自分でマインドに蓋をかぶせるのだと思う。

多数の自家宇宙を擁していた共有空間が崩壊したときに、各魂は自らの自家宇宙の
一部をつなぎとめた。これが後にマインドになった。

403 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:27:22 ID:EDMSm/PQ
>肉体を操る能力のある魂の数は、新しく生まれて来る肉体の数より遥かに多い。肉体を
>獲得できる魂は少数派。だから、あまり都合よく肉体や環境を選べない。条件の良い
>肉体の競争率は高い。

この辺りの理論には賛同できない。
たいていの精神世界のセオリーとは違うようだが・・・。
俺自身、魂は「肉体を見つけて入り込むもの」ではないと考えている。
これはold timerさん自身が出生前の記憶を思い出したことによる理論なのか?
確かに菜園の文献には、セイタンは肉体の死を経験すると次の肉体を求めて彷徨う
といった記述があったと記憶している。

だがこれは菜園教会が「ブリッジを上らなければならない」という強迫観念を
植えつけるための嘘の記述だと思っていた。誤解語理論と同じで。
つまり、「我々は永遠に物質化し続ける」と・・・。

だが考えてほしい。『チベットの死者の書』では、魂が肉体を持って生まれてくるのは
死後、光明に気付かなかった者だとしている。
3次元に生まれてくることは、3次元でしか経験できないこともあるし、
それはそれでありがたいことではあるけれども、
何も次の肉体を求めて競争する必要はないのではないだろうか?



404 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:32:16 ID:EDMSm/PQ
old timerさんはなぜ再び肉体に生まれ変わってきてまで常時外在化を
目指したいのだろうか?
別の宗教を信仰している者なら、天国に行きたいなり成仏したいなり
他にいくらでも選択肢はあるだろうに。
そもそも来世でも肉体を持って生まれてくるというのは
成仏できていない証拠ではないのか?それは菜園は解脱を目指す道だという話と
矛盾していないだろうか。



405 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/19(日) 14:12:29 ID:09mYOTN9
>>403

菜園理論では、肉体を求めて競争する必要があるとは説いていない。大部分の魂がその
競争に参加しているという事実を認識しているだけ。

菜園での最大の罪は、魂が肉体を欲するように仕向けること。

>>404

再び生まれ変わりたいという希望は俺にはない。

俺について何か誤解しているのではないか?

406 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 14:53:03 ID:I827DcS6
>>405

>常時外在化は俺の短期目標で、まだ実現していない。あと300年くらいで実現できれば、
>自分としては満足だ。

これは?
来世でもう一度物質化して菜園を続けるという意味ではなかったのかな?
それとも今生で肉体の老朽化を食い止めてこの肉体のうちに約300年後に
達成できそうだとか・・・。

あるいは多くの人と同じように、100歳に達しないあたりで肉体を離れて
魂の状態で宇宙から常時外在化の意味だったかな?




407 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/19(日) 16:42:15 ID:09mYOTN9
>>406

来世で再び肉体を獲得することを目的としているのではない。

肉体を獲得せずにどこかに視点を安定して置くことができれば、それは常時外在化だ。
また、肉体を獲得していても、肉体以外のどこかに視点を安定して置くことができれば、
それも常時外在化だ。

常時外在化が実現しているならば、肉体を獲得するかどうかは個人の好みの問題だ。

菜園の本来の目的は自由。

常時外在化した後、しばらくの間は、必要な場合に一時的に誰かの肉体を乗っ取るのが
俺好み。しかし、これは常時外在化よりかなり難しい。

408 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 18:40:13 ID:QzNdzvxb
>常時外在化した後、しばらくの間は、必要な場合に一時的に誰かの肉体を乗っ取るのが
>俺好み。

いや、こういったところが菜園が黒魔術的でヤバいと思われる原因だっちゅうに。
乗っ取られる立場の人はどうなる?
他人の体乗っ取りなんて幽界の不成仏霊のやることだぞ?

オブジェクティブ終わった奴ら、どう考えても誰か(エンティティ?)に
肉体を乗っ取られてるとしか思えん・・・。
あの人格の変わりようったらないぜ。
現に菜園人もエクステリア状態時に別のセイタンが入る可能性を示唆していたからな・・・。
エクステリアをきっかけに別人になってしまった例は多い。

神懸りなんかと違って幽界層の浮遊エンティティなわけだからな・・・。
教会人OTなんて乗っ取られ放題だろ、きっと・・・。

肉体乗っ取りを考えてる魂なんてold timerさん以外にもうじゃうじゃいそうだ。
old timerさんは一時的にお借りするくらいの感覚かもしれんが、
そうじゃない目的のやつも多いだろうし。

409 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/19(日) 21:13:18 ID:09mYOTN9
>>408

肉体の乗っ取り能力は能力だ。それそのものは聖でも邪でもない。できないよりもできる
方がいいに決まっている。

肉体を乗っ取られたがる人が結構いるから、そういう人の肉体を乗っ取れば、倫理的な
問題は起きないと思う。他に、ビルから飛び降りて落下中の肉体をいただくなんてことも
ありだろう。

--

>>408がいう「神懸り」が具体的にどの宗教なのか不明だが、古神道の鎮魂帰神は
菜園NOTsの逆にあたる。鎮魂帰神の信奉者とNOTsの信奉者が互いを低く
評価するのは無理もないことだ。

一方、仙道の練気化神と菜園のNOTsは表裏の関係にあるため、それぞれの信奉者は
互いを高く評価する傾向がある。

410 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:45:38 ID:st3WdvnK
>一方、仙道の練気化神と菜園のNOTsは表裏の関係にあるため、それぞれの信奉者は
>互いを高く評価する傾向がある。

だろうね。菜園と仙道はなんか似ている。
釈迦の教えどうこうというより、神仙を目指す道に近いのではないかな?


411 :394,401:2006/11/20(月) 00:48:41 ID:Y2bUG35J
>>402 回答ありがとう。

質問ばかりで申し訳ないですが、さらに質問です。

菜園のダイナミックスはすべて 「〜としての生存」と定義されています。
この理論を知ったときは素直に受け入れられたのですが、>>97 から考察すると、
これは「物質宇宙」の視点が持つ衝動で、他の宇宙の視点では異なるということ
でしょうか?

というかそもそもFreezoneでは菜園協会のエシックスを肯定していますか?

ダイナミックスが真実ならば、この宇宙の視点にとっては肉体の獲得もまた
目的ということになるのではと思います。

412 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/20(月) 06:50:25 ID:ZgVlVHDs
>>410

いや、NOTsは菜園の一部に過ぎない。リアリティー層のそのレベルで、菜園は古神道や
仙道と同レベルの実践があるというだけで、それより上のレベルで釈迦の教えに
近くなる。

>>411

「生存せよ」はこの物質宇宙の内部における目的に過ぎない。この宇宙に
参加するときに、魂は少なくともこの宇宙の内部における視点を通じての活動において、
その目的に合意した。

他の宇宙では、根源目的が異なる。魔法宇宙では「楽しむべし」であり、泥宇宙では
「存続すべし」だ。「楽しむべし」はしかしながらこの物質宇宙の視点に影響を
与えていて、しばしば「生存すべし」と衝突する。どちらか一方の追求に専念すると、もう
片方の追求が著しく阻害されることが多い。墓を作るのは「存続すべし」の現れ。

菜園の倫理(エシックス)の定義は、最大多数のダイナミックスのための最大善。
例えば、国家のために死ぬ人と、生き延びるために国家を売る人は、菜園の倫理観では
基本的に同程度の倫理的価値があるということになる。もしもそれぞれに幼い
子供がいるならば、生き延びる人の方がより善である。

・子持ち特攻隊: 第1に-1点、第2に-1点、第3に+1点で合計-1点
・子持ち売国奴: 第1に+1点、第2に+1点、第3に-1点で合計+1点

組織における実践では、各個人の倫理の最善を実現できない。何らかの合意、
つまり、道徳律(モラルコード)に基づいて組織構成員が行動しなければならなくなる。
優れた道徳律は組織の全体としての生存を確保しつつも、各構成員のエシックスの
最善に近いものを追求する姿勢が反映されたものであるはずだ。

菜園教会の『海組織員の規律』は優れた道徳律とはいえない。一方、『日本国憲法』は
かなり優れた道徳律だ。

413 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 11:37:58 ID:7duSMPIR
>菜園は古神道や仙道と同レベルの実践があるというだけで、
>それより上のレベルで釈迦の教えに近くなる。

古神道や仙道と同レベルの実践って?
古神道とは真逆の考え方なのでは?
少なくともOT8までの実践には含まれていないですよね?

釈迦の教えに近くなるのもおそらくはOT8より上の段階?
そこまで行ってないOT集団だから菜園教会はただの超能力自慢の団体に
なっているとみた。どうでしょう?




414 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/20(月) 13:29:06 ID:ZgVlVHDs
>>413

NOTsと鎮魂帰神とは正逆、NOTsと練気化神は表裏の関係にあり、レベルとしては同じ。
どれもエンティティを扱う。

現在の教会は乗っ取り屋に牛耳られているので、菜園の実践は多くの箇所で
著しく歪んでいる。>>365で述べたように、菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と
古神道の違いくらいに大きい。菜園教会についていくら調べても、菜園の深奥を
理解するには到らないだろう。

また、菜園における「OT」は「Operating Thetan」の略で、「独立して活動できる魂」の
意味だ。「OTレベル」はOTを目指す人がやるレベルのことで、「OTレベル」の終了者が
必ずOTであるというのではない。紛らわしいので、自由領域ではそういうレベルを
「OTレベル」と呼ばない人が多い。そもそも、ケースレベルという概念は自由領域では
希薄だ。

現時点での自由領域での菜園の教義のうち、仏教的部分は最下部と最上部の両方に
登場する。教義は実践において、仏教 → 認知療法 → 仙道 → 仏教という展開を
見せる。

もしも入門レベルの仏教的部分で悟ってしまったら、橋の残りの部分は不要に
なるだろう。ただし、まだ先例はない。

仏教でも、般若心経を読んだらすぐに解脱した、なんて話を聞いたことがない。「一切は
苦である」という釈迦の言葉は仏教の入門段階で登場し、それは実際のところ仏教の
深奥でもあるが、すぐには釈迦のその境地に到れないので、
ヴィパッサナー(直観瞑想)やメッタ・バーヴァナー(慈悲瞑想)などをやる。
ヴィパッサナーは菜園のオブジェクティブ、メッタ・バーヴァナーは菜園の
ポラリティープロセスに相当する。

415 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:32:52 ID:M5qzXWOe
>>413です。詳しい説明をありがとう!
では、人間は元々悟っていた、みたいな理論をどう考えますか?
釈迦も修行は方便であって、はるか悠久の昔からすでに仏だったみたいなこと言ってますし。
リハブ理論でクリアーになる可能性があるのなら、
同様にリハブ理論で悟りを達成、みたいなことって起こり得ますかね?
>ヴィパッサナー(直観瞑想)やメッタ・バーヴァナー(慈悲瞑想)
このような実践も実は仏性を思い出すための方便プロセスではないでしょうか・・・。

アバターについてはよくわからないかもしれませんが、
第一部のリサーフェシングの段階でウィザード(アバター最上級レベル)の
理解に至ってしまう人もいるとか・・・。
まあ私も受けたことないものでウィザードレベルってのがどれほどのものかは
知りませんが。NOTsと同じようなことはするらしいです。




416 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/21(火) 07:11:27 ID:ydWXxLai
>>415

もともと魂は悟りの状態にあった、というのは菜園の最重要理論でもある。菜園の実践を
通して、魂は成長するのではなく、無駄で有害なものを捨てる。

NOTsは仏教的な意味での悟りには直結しない。もしもアバター最上級がNOTsのような
ものだったら、アバターでは悟りに到達しないのではないか?


417 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 12:50:59 ID:F9mwoIgd
>菜園の実践を通して、魂は成長するのではなく、無駄で有害なものを捨てる。

前半部分は納得だが、悟りの観点から言えばそもそも無駄で有害なものなんて
ないんじゃないか?というかそれに気付くのが悟りと思うのだが・・・。
禅の思想なんかを参考にしてほしい。

>もしもアバター最上級がNOTsのような
>ものだったら、アバターでは悟りに到達しないのではないか?

だろうと思う。アバターマスター達は毎年ウィザードを受け続けているそうだ。
「人間は生きている限り成長する」と言って・・・。
なのにアバターを簡単に悟りに至る道だと称している。
「成長」と「悟り」は違うものだと思うんだがなあ・・・。
結局チャージ処理に奮闘してキリがなくなってしまういい例だと思う。
自由領域ではちゃんと次が用意されているわけだ。

418 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/21(火) 14:01:39 ID:ydWXxLai
>>417

仏教では煩悩を有害なものとし、煩悩を捨てることを説いている。仏教と禅は互いに
影響を与え、禅は仏教の実践方法でもあるのだが、仏教の思想と禅の思想には異なる
部分もあるのだろう。

菜園が重視しているのは仏教であり、禅ではないので、悟りについての>>417の見解には
全面賛成しかねる。

しかし、NOTsについての>>417の考えは正しいと思う。自由領域でも認識は同じで、
個別のチャージや個別のエンティティの処理を超えるプロセス、つまり、メタプロセスの
研究開発に熱心だ。

例えば、肉体が死ぬと視点が外在化する。つまり、外在化の直前にはたいてい
エングラムがある。また、視点が新しい肉体に内在化するときにも、エングラムができる。
教会のイントランダウンはこのエングラムをNEDで処理するものだが、この種の
エングラムチェーンはとてつもなく長いので、うまくいかないこともある。そこで、
自由領域では、魂を外在化に慣らすことで、個別のチャージ処理を超えようとする。
具体的な方法は、>>345>>369>>400に紹介しておいた。

419 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 19:11:23 ID:nEfBnScI
>現在の教会は乗っ取り屋に牛耳られているので、菜園の実践は多くの箇所で
>著しく歪んでいる。>>365で述べたように、菜園教会と自由領域の違いは、国家神道と
>古神道の違いくらいに大きい。菜園教会についていくら調べても、菜園の深奥を
>理解するには到らないだろう。

菜園教会の実態はルシファー崇拝。
OT量産の目的は反キリストの時代を長引かせること。
ネットでは以前から話題になっていたことだ。
過去スレでも同様の記述を見つけることができる。
もっともここ数年は見かけてないが。

>>351で言っているエンティティの神格云々は、ここから来ているものだろう。
もちろんスタッフの9割以上はこのことに気付いていない。
菜園の元ネタは仏教だといっているが、ルーツはカバラだ。
自由領域が本当に悟りを目指したものであるのなら、
真の菜園理論は幅度が作ったものではないだろう。
もしくは菜園教会の幅度の講演記録が偽物かだ。
幅度はクロウリーに興味を持っていた程度だというが、
実際はクロウリーが団長の魔術結社のメンバーの一人だったはずだ。

幅度の文献(菜園教会のもの)を読んでも幅度の傲慢さとコンプレックスの強さばかりが目立つ。
やはり堕天使のような人だ。
「救世主になりたかった人」といった印象だね。
教会そのものに表れているではないか。

そもそも連邦警察に追われていたとか、身体から大量の薬物が出てくるなんて
ちょっと普通じゃないぜ。




420 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 19:24:13 ID:nEfBnScI
菜園教会を追及しても、菜園の深奥には至れないというのなら、
もういっそのこと「菜園」という言葉自体を変えたらどうかとも思うんだが。
菜園と聞いていいイメージが湧く人も少ないだろう。
教会の被害者は莫大な数だろうからな・・・。
「自由領域理論」みたいにして菜園教会のにおいを完璧に払拭するとか。
どうせ「菜園」っていう言葉自体幅度が考え出したものなんだろう?
幅度に悟りのイメージなんて持てないよ。
教会での幅度像は全てが捏造っていうんならまだしも・・・。
それでももう教会に関ったことのある人はイメージが出来上がってしまっている。

421 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/22(水) 00:59:49 ID:PhQQYDdW
>>419

キリスト教圏で菜園教会を叩く連中は、何かと、菜園とルシファー崇拝や反きりストを
結び付けたがるが、その試みは連中の意図と逆の結果を生んできた。そのような
スタイルの菜園教会叩きが盛んだったドイツのハンブルグで、支部組織は海組織直営の
ほとんどを追い抜き、世界第2位の組織へと成長した。教会はルシファーがらみの叩きを
利用して成長してきた。

教会を効果的に叩くには、教会についての誤解ではなく、理解が必要だ。菜園教会の
現在の活動内容は、故人となった幅度を個人崇拝させることで支えられている。そして、
そのような活動内容は幅度の具体的な実際の言行にすら反している。これは
事実なので、教会が反証できない。

>>420

「菜園」という言葉は捨てられない。国家神道が神道史の黒歴史となった今でも、
古神道は「神道」という言葉を捨てられないのと似ているところもあるが、他にも
理由がある。

「菜園」という言葉を捨ててしまうと、転生した菜園人たちが自由領域を捜すのに
苦労するようになる。>>420が菜園ついて持つイメージよりも、転生した菜園人たちの
今後の実践の方が優先されることの妥当性は詳しくいうまでもないことだろう。

422 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 01:46:07 ID:f9MDCARM
>>421
>キリスト教圏で菜園教会を叩く連中は、何かと、菜園とルシファー崇拝や反きりストを
>結び付けたがるが、その試みは連中の意図と逆の結果を生んできた。そのような
>スタイルの菜園教会叩きが盛んだったドイツのハンブルグで、支部組織は海組織直営の
>ほとんどを追い抜き、世界第2位の組織へと成長した。教会はルシファーがらみの叩きを
>利用して成長してきた。

だが実際菜園教会は至る所に反キリストの象徴がちりばめられている。
本の表紙やらイベント、数字、ポーズ・・・。

つまりこれらは教会側が自分達を叩かせて発展するために意図的にやっている
ということか?
だがそうだとしてもタチが悪いな。象徴ってのがどれだけ人間の意識に影響を
与えると思っているんだ・・・。
俺は相当気分悪く感じたもんだ。禍々しいというか・・・。

>「菜園」という言葉を捨ててしまうと、転生した菜園人たちが自由領域を捜すのに
>苦労するようになる。

なるほど。そういう理由からか。
だが菜園教会のほうに引き込まれていく可能性もあるがな。



423 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/22(水) 06:24:21 ID:PhQQYDdW
>>422

本の表紙は物質宇宙の過去の出来事を描写したものだ。菜園教会は反応心を
刺激するために、意図的にそのような絵柄を用いている。

イベント、数字、ポーズの方は多分に叩く連中の主観でそう見えるに過ぎない。
反きりストの象徴はグロッタ装飾が流行したころのカトリックの聖堂にも
数多くちりばめられているが、菜園教会をルシファーがらみで叩く連中も気にしない。
彼らは彼らが見たいものを見て、見たくないものを見ないのだ。

転生者が菜園教会の方に引きこまれる可能性は、自由領域が「菜園」という言葉を
捨てればもっと高くなってしまう。

424 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 11:38:00 ID:ecuuJJz2
>イベント、数字、ポーズの方は多分に叩く連中の主観でそう見えるに過ぎない。

菜園教会のイベントなどの重要な日にちはたいていが足したり掛けたりすると666になる。
菜園教会からは我々を物質世界に留めておきたい意図を感じる。
6は物質次元の象徴でもあるしな・・・。

425 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/22(水) 14:27:00 ID:PhQQYDdW
>>424

666になるように足したり掛けたりすれば、666になるんだよ。つまり、666という数字が
作られるのは、計算を行なう人間の思考の中なのさ。

でも面白いので、カバラ数秘術で幅度を占ってみるか……これは菜園とは
全然関係ない。

・1911 → 1 + 9 + 1 + 1 = 12 → 1 + 2 = 3
・3 → 3
・13 → 1 + 3 = 4 … 「法律家」
・3 + 3 + 4 = 10 → 1 + 0 = 1 … 「王者」
・幅度の本名から ―[中略]→ 5 + 22 + 22 = 49
 → 4 + 9 → 13 → 1 + 3 → 4 … 「法律家」
・幅度のペンネームから ―[中略]→ 3 + 5 + 22 = 30 → 3 + 0 → 3 … 「吟遊詩人」
・幅度の頭文字から ―[中略]→ 3 + 2 + 5 = 10 → 1 + 0 → 1 … 「王者」

「王者として君臨し、規則をたくさんつくる人」なんて解釈が可能かもしれないが、
これって、既に幅度の生涯についてのいくらか知識ががあればこその後解説。

数秘術で13は貴族の数。13日生まれは波乱も多いが、栄華にも恵まれるとか。

本名に出てくる22は「巨人」。大きな変革を暗示する数字で、2つもあれば波乱は必至。

ペンネームの3は「吟遊詩人」、5は「探検家」、22は「巨人」で、これらの合成が3に
なるから、SF作家のペンネームとして縁起がいい。

・幅度の前世のとある生涯の名前から ―[中略]→ 22 + 3 = 7 … 「哲学者」

しかし、幅度がカバリストであった可能性は低い。もしもカバリストならば、ペンネームの
ミドルの弱さを放置しないだろうし、22との均衡を考えて「魔術師」の11を欲するのが
自然。勝利の文字であるKやVも入れるはずだ。

426 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:31:16 ID:ut8wLk+y
>666になるように足したり掛けたりすれば、666になるんだよ。

そううまくいくものなのか?



427 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:41:27 ID:cg8IRFeF
>>426
加減乗除でそういう事はすべからく可能。

428 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 11:54:06 ID:eq2v5+i4
どっちにしたって菜園教会の現状を見れば
反キリストであろうとなかろうと似たようなものだと思うが・・・。

それっぽいから疑う人も出てくる。
まともな団体だったら誰も反キリストなんて思わんだろうよ。

429 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/23(木) 22:16:14 ID:7t9quAnA
>>428

そりゃあまりにキリスト教中心的な世界観を臭わせる意見だ。

しかし、過去に「反キリスト」のレッテルを貼られた人物には、ローマ教皇もロシア皇帝も
いる。キリスト教圏の集合心性なせる結果だ。そして、そういうレッテルを貼られた
カトリック教会とキリシア正教会はしぶとく歴史を生き延びてきた。

実際に教会に来た人で、反キリスト的な空気を感じるのは極小数だ。あらかじめ
菜園教会と反キリストの話をたっぷり聞かされてきた人は、逆に教会の雰囲気に
安心してしまう。

教会の本当の問題は、まず何より、強引な営業活動にある。宗教的な批判で
世俗の問題点から注意を逸らすようなことをすると、教会支部組織はすくすく成長する。

日本の東京支部組織が長年苦戦してきたのは、「反キリスト」みたいな宗教的レッテルを
貼れらなかったからだ。宗教団体への抑制効果を発揮するのは、「金儲け主義」のような
世俗的レッテルだ。

430 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 23:55:07 ID:lFQFVyca
>>429
なるほどな・・・。
参考になったよ。

ではOT8の暴露記事も捏造ということ?


431 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/24(金) 09:34:19 ID:PFaTSEdL
>>430

新OT VIIまでの暴露記事群は内容に一貫性があるけれど、新OT VIIIの暴露記事群は
なぜだか互いに食い違いが大きい。そのうちのどれが本当のことを告げているのか
わからん。

Scientology Satanismと第された暴露記事には、

「This Antichrist represents the forces of Lucifer (literally, the "light bearer" or "light
bring"), Lucifer being a mythical representation of the forces of enlightenment, the
Galactic Confederacy. My mission could be said to fulfill the Biblical promise
represented by this brief Antichrist period.」

とあるんだが、仮にこれが本当のことだとしても、幅度はキリスト側につくとも
反キリスト側につくとも言明していない。「私の使命はこの短い反キリスト時代に聖書の
約束を果たすことといえるのかもしれない」といっているだけだし、さらに、

「During this period there is a fleeting opportunity for the whole scenario to be
effectively derailed, which would make it impossible for the mass Markabian landing
(Second Coming) to take place. The Second Coming is designed, among other things,
to trigger a rapid series of destructive events.」

という文章が続いていて、そこでは、「全シナリオを脱線させる僅かな機会がある」こと、
その機会をうまく捉えれば「マーケイブ勢力の大挙来襲を不可能にする」ことがあり
得ることなどが書かれている。

また、基本的な前提として覚えておいてもらいたいのは、新OT VIIIが出たのは
乗っ取り屋による教会乗っ取りの後のことだということ。暴露記事が現在教会が
提供している新OT VIIIの内容を正確に伝えていたとしても、なお、その新OT VIIIが
幅度の考えたものとはまるっきり違うものである可能性は高い。

432 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 21:31:49 ID:8AQYxPcS
じゃあ菜園教会人はいったい何のプロセスをやっているというんだ!?
全く関係ないものをやっているかもしれないってことか!

>幅度はキリスト側につくとも反キリスト側につくとも言明していない

でも全キリスト教徒を敵にまわすかもしれんとか書いてなかったか?
つまり反キリスト側ってことなんじゃあ・・・。

>「全シナリオを脱線させる僅かな機会がある」こと、
>その機会をうまく捉えれば「マーケイブ勢力の大挙来襲を不可能にする」

これって古神道とかでいう神の経綸を止めたいってことのようにも聞こえるけど・・・。
日月神示でいうイシヤ(石屋)側?
神のシナリオを脱線させてどーすんのよ。

やっぱ

>新OT VIIIが幅度の考えたものとはまるっきり違うものである可能性は高い。

これ?



433 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/24(金) 23:16:22 ID:BMyh++AV
>>432

「全キリスト教徒を敵に回すかも知れん」なんてことは書かれていない。また、
その文書で脱線させられる予定のシナリオは神のシナリオではなくてマーケイブの
シナリオ。

教会菜園人がやっているのは、あくまで、ヴェイランスに関するプロセスだろう。


434 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 00:10:05 ID:/seKUTl0
でもそのマーケイブ(Marcabian)の襲来がキリストの再臨みたいな書き方がされているんだが・・・。

>Marcabianの大群の襲来(再臨:Second Comming)

435 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/25(土) 00:56:26 ID:WDOcNZRr
>>434

いや、それはキリストの再臨ではなくてマーケイブの再襲来。

キリストはマーケイブ関連のケース要因を抱えていた人物として描かれている。

菜園教会のOT関連文書の背景には、GPM理論がある。

マーケイブと戦い続けた人間は、だんだんマーケイブに似たものになっていく。キリストを
ターミナル、マーケイブを反対ターミナルとすると、両者の戦いが長く続けば、キリストは
マーケイブに似たものに、マーケイブはキリストに似たものになって行く。つまり、両者は
複合ターミナルになっていく。

菜園の宇宙史では、ヘラトロバスvsアースリカス戦争があり、啓蒙型文明ヘラトロバスと
強権型文明アースリカスはどちらも衰退したことになっている。幅度はヘラトロバスを
銀河連邦と呼ぶこともある。

ヘラトロバスの末期とアースリカスの末期は似ている。そして、ヘラトロバスの残党が
作った文明がマーケイブ。

幅度はヘラトロバスを理想的な文明に近いものだったとして讃えることもあれば、逆に
ヘラトロバスインプラントと呼ばれる洗脳処理を行なった文明として糾弾することも
あった。

日本という歴史の短い国の、そのごく一部である昭和をみても、初期と後期で大きな
違いがある。強制徴兵制が行なわれた時代と、憲法第9条で戦力を持たなくなった
時代が同じ天皇が生きている期間に存在している。

50兆年以上続いたヘラトロバス、そしてその残照であるマーケイブは、幅度の敵で
あったことも盟友であったこともある。

――ということになっている。

436 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:51:26 ID:yBoz2jf5
神(の全能性)を否定するパラドックス

「神は自分に持ち上げられない岩を創造できるか?」

「創造できないならば全能ではない。すなわち神ではない」

「創造できるのなら、神に持ち上げられない岩が存在することになり、
 やはり全能ではないので神ではない」

OTは?

437 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:02:05 ID:/u46T2dX
old timerさんこういう話得意そうだな・・・。




438 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/26(日) 14:58:04 ID:9hgFHP+X
>>436

OTは全能じゃない。何らかのゲームに参加しているならば、全能ではない。

まあそれはさておき、全能なるをもって神とすると、

神は自分に持ちあげられない岩を創造することができるだろう。そして、その岩の創造が
終わった瞬間に、その岩を持ち上げる能力を獲得するだろう。

God is able to create a pieace of rock he is unable to lift, and he will atain the ability
to lift it the moment he has finished creating it.

時制を考慮しなければ、神の全能性を否定するパラドックスは完成しない。日本語には
未来形がないので、こういう話題を扱うのに今ひとつ足りないところのある言語だ。

439 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 03:04:37 ID:zM/WdkTN
幅度はグルジェフとかも参考にしとったんですかな?


440 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:19:48 ID:keDaPZwp
>>438
たしかバートランドラッセルだったかも同様の回答をしていたと思うが、
なるほど、言語仕様の違いがあるのか。


441 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/27(月) 23:40:03 ID:iA0Y8lSP
>>439

幅度は世界中の数多くの宗教や思想を吸収して菜園を考え出したので、グルジェフの
思想もその中に含まれている可能性は否定できない。

>>440

うむ。


442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 21:13:42 ID:D262HWu4
サイエントロジー宇宙史の大まかな年表キボンヌ。

443 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/29(水) 19:37:23 ID:q/dbTcb8
>>442

操縦士版の宇宙史では、おおまかに

・不明: 合意戦争
・不明: 自家宇宙, 競技宇宙, 懲罰宇宙の成立
・不明: 拡張された競技宇宙
・不明: 情動宇宙
・6京年前: 記号宇宙の成立
・4京6000兆〜4京2000兆年前: 情動宇宙の勝ち組による記号宇宙への侵略
・4500兆年前: 思考宇宙と対立宇宙の成立
・2480兆年前: 思考宇宙と対立宇宙の融合
・200兆年前: 魔法宇宙の成立
・86兆年前: 物質宇宙の成立
・3億年前: ヘラトロバスvsアースリカス戦争、泥宇宙の成立



444 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:51:47 ID:YMaWFtBn
>>443
トンクス

445 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 16:41:54 ID:TBT7e/6n
ハバードは不安定だったという書き込みを上のどこかのレスで見たけれど
old timerさんも日常生活の中で不安定な所はあるんですか?

アバターでも処理という言葉が出ていたし菜園ではチャージという言い方で
なんらかの「除去しなければならない障害がある」と言う前提を持っている
ように見えます。
そういう前提自体が間違いのような気が自分はどこかでしている。
自分の障害を処理しても又外から障害が入って来て不安定になるというのは
根本的な所で問題が見極められていない故の現象のようにも思えます。

446 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 17:59:04 ID:RYGHhmOw
>>445
そうだよね。
除去しなければならない障害がある、という前提が、
除去しなければならない障害を何度も何度も再創造→強化してしまい、
結局収拾がつかなくなっていくように思う。
ちょうど新しい抗生物質が開発される度に、
バクテリアがその抗生剤への耐性を持つべく進化していくイタチゴッコのように。
アバターをやっていたときにも何となくそれを感じていた。

447 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/30(木) 19:07:27 ID:fV7UG5uZ
>>445

取り除かなければならない障害があるという認識は、菜園が仏教から引き継いだもので、
その前提に不賛成な人に対して、菜園人である俺からいえることはほとんど何もない。

気の向くままに生きるがよかろう。

>>446

アバターと菜園は似たところもあるけれど、思考と行動についての認識については、
まったく逆でもある。アバターでうまくいかないのはアバターの問題で、菜園の
問題じゃない。

448 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 19:16:38 ID:FUMnoDLD
>取り除かなければならない障害があるという認識は、菜園が仏教から引き継いだもので、

これも自分の理解とは異なる。
自分の知る限り仏教には魂という概念は無いし禅宗においては
取り除かなければならない障害があるという前提自体を迷妄の根本と
している。

ただ正直old timerさんの投稿はオモロすぎるのでこれからもロムさせて
もらいます。

失礼しました。

449 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/11/30(木) 19:38:45 ID:fV7UG5uZ
>>448

釈迦は煩悩を取り除くことを重要視していた。煩悩を取り除く過程そのものを煩悩と
するようなメタな議論を釈迦自身は展開していない。

禅定と仏教は同じものじゃない。禅定は仏教より古くからあり、仏教にも禅定の方法論は
取り入れられただが、思想の方はそうではない。

禅定と仏教が思想的に異なるからこそ、釈迦が仏教の始祖なのだよ。

仏教には明らかに輪廻と魂の概念がある。それは仏教の前提を構成する要素だ。
ただし、インドの他の宗教とは違い、魂を常在不変とはしていない。

450 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:51:06 ID:9ZZCyg+0
ここで言う禅定とはヒンドゥーの事ですね。

どのみち仏教と言っても色々ありますもんね。

ただ禅とか原始仏教においては自己の概念はないです。

451 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 08:06:40 ID:5LvOeSLg
アバターで得る状態って、菜園クリアーのことじゃないの?
反応しなくなる、というか、状況に引きずられなくなるというか。

望む現実を〜云々っていうのはOT能力で、
クリアーであるかないかとは直接関係ないように思うけど、
どうなんでしょう。


452 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/01(金) 09:12:15 ID:AJouXVCj
>>450

慈悲瞑想では

 私が幸せでありますように
 私の悩み苦しみがなくなりますように
 私の願いごとが叶えられますように
 私に悟りの光が現れますように
 私が幸せでありますように

とあるのだから、原始仏教にも自己の概念はある。

ただし、仏教では自己を常在不変とはしていないという点で、他の主だった宗教とは大きく
異なる。「自己の概念はない」が「常在不変の自己の概念はない」を意味しているの
だったら、それは正しい。

>>451

菜園でのクリアーというのはエングラムの処理やR6関連の処理で得られる状態で、
アバターで得られる状態とは別だと思われる。

反応の原因が軽減された状態がクリアーで、反応を押さえ込む力が強くなった状態が
アバターで得られる ― とされている ― 状態のような感じがする。

453 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 09:45:40 ID:Xcx4JAk4
俺も>>445に賛成なのだが。

>釈迦は煩悩を取り除くことを重要視していた。煩悩を取り除く過程そのものを煩悩と
>するようなメタな議論を釈迦自身は展開していない。

釈迦が重要視していたのは煩悩を取り除くことであって、チャージを取り除くことじゃない。
それに煩悩を取り除くという行為自体に執着していてはそれこそ煩悩以外の何ものでもないだろう。

釈迦がもしEメーターでチャージ処理に熱中している弟子を見つけたら
「煩悩を捨てなさい」とEメーターを取り上げるのではないかな?


チャージ処理が有効なのはセラピーの一段階として。
グレード0の手紙のプロセスは人間関係や軽い鬱的な症状の改善に役に立つ。
でもチャージ処理を悟りへの手段としてしまうと>>446の懸念は否めない。

454 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/01(金) 09:49:16 ID:AJouXVCj
>>453

「煩悩を取り除くという行為自体に執着していてはそれこそ煩悩以外の何ものでも
ない」は出家を否定する考えだ。それは釈迦の見解とは違うだろう。

菜園では煩悩の原因をチャージとしているので、菜園の理論上では、釈迦の仏教よりも
方法論的は進化していることになる。

455 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 19:45:15 ID:Xcx4JAk4
>菜園では煩悩の原因をチャージとしているので、菜園の理論上では、釈迦の仏教よりも
>方法論的は進化していることになる。

時間を過去から未来への一直線上で考えると煩悩の原因を追って過去に過去にと
遡ることを要求される。
だがそもそも時間はそのようには流れていない。
だから釈迦は永遠の生命を説いた。
釈迦がチャージ処理を採用しなかったのは煩悩の原因はチャージではない
ことがわかっていたからだ。
反応を「チャージ」とか「邪魔なもの、処理すべきもの」と定義づけしているのは
他ならぬ自分自身だ。
もっと多次元的なものの見方をしなければ理解するのは困難かもしれない。
釈迦は時間の外に存在していた。
だから自分の前世だけでなく弟子の前世、未来まで見通すことができた。
チャージがどうこうなど完全に超越しているのだよ。
「久遠実成の釈迦牟尼仏」「両界曼荼羅」などが何を意味しているのか
わかっているのだろうか。
そもそも除去すべきものなど何もない。




456 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 00:23:43 ID:WHRN5OQU
>菜園では煩悩の原因をチャージとしているので

ここにズレがある。
釈迦はチャージの原因を煩悩だとしている。
だからチャージ処理ではなく煩悩を捨てなさいと言ったのだ。

457 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/02(土) 09:24:01 ID:5YB14owE
>>455-456

「時間を過去から未来への一直線上で考えると」のところで、既に菜園とは全然違う。
菜園ではそのように考えていない。

時間についての誤解があるならば、チャージについても多分、誤解があるのだろう。
原始仏教ではチャージ処理を採用している。ヴィパッサナーもメッタ・バーヴァナーも
チャージ処理だ。そもそも、宗教にまったく関わらず生きていても、人はチャージ処理を
しながら生きている。チャージ処理は生きることそのものだ。

呼吸はチャージ処理だ。心臓の鼓動もチャージ処理だ。肉体はチャージだから。

心全体も、物質宇宙全体もチャージだ。

原始仏教にはしかしながら、心の中の個別のチャージ処理がなかった。そのため、
仏教でうまくいかない人も多く、インドでは衰退し、世界各地で密教や偶像崇拝を生んだ。
釈迦の教えにない両界曼荼羅などは、釈迦の用意した方法論だけではうまくいかない
人たちが考え出したものだ。

菜園では個別のチャージ処理から入るが、やがては釈迦のチャージ処理のように
総合的なものになる。

458 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 23:46:55 ID:WHRN5OQU
>「時間を過去から未来への一直線上で考えると」のところで、既に菜園とは全然違う。
>菜園ではそのように考えていない。

じゃあ時間の巻き戻しなんて概念もおかしいことになるぞ。
それに過去に原因があるとしている時点で過去から未来への一直線上じゃないか。



459 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 01:14:28 ID:DWmqDF8R
まあ、ここは論争の場ではないと思うので…。
とりあえず、まだ菜園-自由領域の全体像がどんなものか我々には把握しきれていませんし、
old timerさんはボランティアで質問に真摯に応えてくれているんですから、
最低限の礼節というか、そういうものは弁えてスレを進めていきましょう。
心と宗教板、しかも菜園関連のスレの中では異例とも言える貴重な良スレですし、
お互いにあまり論争調にならずに坦々と。

460 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/03(日) 09:32:13 ID:H+ZvVjn0
>>458

なるほど、>>458は時間が一直線でなければ巻き戻せないと考えているのだね。

リアリティー層的な説明をすれば、時間を巻き戻せるということは、時間が必ずしも
過去から未来に一直線に流れるのではないということになる。巻き戻しが起こるときには
時間は未来から過去に流れるし、介入による歴史が変わるならば、時間は横に
ずれることになる。

アクチュアリティー層的な説明をすれば、時間は考えに過ぎない。事象を観察する者が
事象のインスタンスにつける目印の連続体に過ぎない。(ただし、この発見は幅度の
業績ではなく、アインシュタインの業績だ。)

オーディティングの実践上で有益な説明ならば、この宇宙内部の視点からは時間が
過去から未来に一直線に流れているように見えることが多いが、この宇宙の外の
視点から観察すれば、時間はそのように流れてはいない。

>>459

介入乙。

時間についての議論はとかくケースを再刺激する傾向にある。これも煩悩なんだわ。

461 :458:2006/12/03(日) 16:31:00 ID:Odw7LSBW
>>459>>460
スマソ。
菜園には嫌な思い出があってつい感情的になっちまった・・・。



462 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/04(月) 07:12:01 ID:AA4uoraX
エンティティーの作り方

(ちょっと気味が悪いドリルかも知れない。実行を推奨しているのではなく、菜園理論の
説明のためにここに掲載する。)

1) 外在化のドリルで遠隔視点を作る。
2) 遠隔視点に何か目的を与える。
3) 遠隔視点に与えた目的に強く異議を唱える。

--

このドリルを実行すると、遠隔視点がエンティティーとして振舞うようになる。
エンティティーがどれくらいの力を持ち、どれくらいの期間存続するのかは、
エンティティーの作り主の能力や意図による。

----

エンティティーの消し方

1) エンティティーに作り主を指し示させる。
2) (1)でエンティティーが消えなければ、エンティティーを作った出来事を突き止める。
3) (2)でエンティティーが消えなければ、エンティティーを作った出来事をエングラムとして
 ダイアネで処理する。

--

消し方の(1)は他人が作ったエンティティーに対しても使用可能で、NOTsの一部に
なっている。


463 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2006/12/04(月) 07:29:25 ID:AA4uoraX
原始仏教のメッタ・バーヴァナーより引用:

 私の嫌いな人々も幸せでありますように
 私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
 私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
 私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように

 私を嫌っている人々も幸せでありますように
 私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
 私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
 私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように

--

慈悲の瞑想のこの部分は、過去に作成したエンティティーとそれに貸し与えた力を
回収する効果がある。いいかえれば、>>462のエンティティーの消し方に対して、メッタ・
バーヴァナーはメタプロセスになる。

時間がどれくらいかかるのかはわからないが、メッタ・バーヴァナーをずっと
続けることは、最終的に、時間を巻き戻すほどの力にもつながって行くだろう。

ただし、非常に数多くのエンティティーとの和解は人にそれだけ「我」を捨てさせる。時間を
巻き戻せるほどの強大な魂は、地球人類の平均的な思考で捉えられるところの善悪を
完全に超越するほど公平になり、人類が参加しているゲームに介入しなくなるだろう。

現在の自由領域の主要な研究課題の1つは、メッタ・バーヴァナーのショートカットの
探求だ。

464 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 20:25:05 ID:IUiAPocE
>時間についての議論はとかくケースを再刺激する傾向にある。

>時間がどれくらいかかるのかはわからないが、メッタ・バーヴァナーをずっと
>続けることは、最終的に、時間を巻き戻すほどの力にもつながって行くだろう。

これらの理由を教えていただけないでしょうか。

495 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)