5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Scientology−Freezoneについて

1 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:39:53 ID:1wKcZObD

http://www.freezoneamerica.org/
http://www.freezone.org/

このスレは、このフリーゾーンにおけるサイエントロジーの話題を中心として、
専らサイエントロジー並びにダイアネティックスの「技術面についての情報交換」
を目的に立てられました。

宗教団体としてのサイエントロジー教会批判は、こちらでどうぞ。

サイエントロジー(ダイアネティックス)について話そう
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156318317/l50

サイエントロジー体験談
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156484472/150

584 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 16:46:11 ID:seMYHqF7
>>583
平行宇宙。自分が別の選択をしていたら・・・というような無数の経験を
魂はしているという説です。

585 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/22(木) 23:11:44 ID:bIwJW9+4
>>584

菜園では平行宇宙説を採用していない。

ただし、もともと1つであった人格は多数の人格に分かれ、それらのいくつかは他の、まったく
違った宇宙で活動中だと考えている。

586 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 21:21:45 ID:0MzmYiZ4
OT3の7500万年前の出来事が幅度の妄想というのなら、
皆ちゃんと修了しているのはなぜですか?

587 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 23:42:02 ID:oU20eL5G
多数に別れた人格は再び合体するとひとりの人格になるのか?

おれたちはピッコロ大魔王か


588 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/24(土) 00:35:58 ID:NYoxji14
>>586

ちゃんと修了しない人も結構いるんだよ。

>>587

再統合すれば、1つになる。しかし、再統合が完全に近くなるにつれて、「ひとり」といえるか
どうかは微妙になってくるはず。再統合が進むほど、個性が失われていくからね。

589 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 04:36:58 ID:V2Xr7zL0
>>588
>再統合が進むほど、個性が失われていくからね。

タチコマ(フチコマ?)の並列化みたいなものか?


590 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/24(土) 07:10:00 ID:NYoxji14
>>589

規模と影響範疇が大きく違うが、似ているところはあるかもしれない。

再統合が高度に進んだ人格は、複数の宇宙に数多くの視点を確保し、数多くの生涯を一度に
こなすことができる。GEやラムダまで再統合すれば、生命の進化を操り、物質宇宙の
諸法則から逸脱できるようになる。

591 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 20:25:51 ID:D1hEKosS
ラムダってなに?

592 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/24(土) 23:27:57 ID:NYoxji14
>>591

宇宙の一部を作ることに専念している魂を自由領域の一部、主に驢馬船長系の人たちは
「ラムダ・セイタン」と呼ぶ。

この宇宙に参加している視点にはいくつか種類がある:

・ネイティブ・ステイト・セイタン ― 惑星を傾けたり、時間を巻き戻したりする。喩えるなら、
 舞台監督。

・ビッグ・セイタン ― 肉体を操作し、人生というゲームで役を演じている。人類のほぼ全員。
 喩えるなら、役者。

・ジネティック・エンティティー ― 生物の肉体を進化させる。喩えるならば、衣装や化粧の係。

・ラムダ・セイタン ― 主に物質を保持する。例えるならば、大道具や小道具の係。

・ターグ ― 落ちこぼれ。舞台裏をうろつく危険人物。

・フリー・セイタン ― 観客。

--

ビッグ・セイタンは役を獲得できなくなるのをひどく恐れている。観客でいるより、役者で
いたいんだね。

593 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 00:13:54 ID:g5+NruJ6
なんかますますMMORPGみたいな話になってきたな。

594 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/25(日) 09:11:59 ID:pqlOVfug
>>593

そりゃそうだ。MMORPGって、人生を真似ているんだから。

595 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 19:37:48 ID:EAyYeJYE
>ジネティック・エンティティー

これは菜園教会で習ったぞ。
でもこれは動物のセイタンの総称ではなかったか?
本能的な行動しかできないという・・・。
人間が自殺を選択するくらいまでセイタンの状態が落ち込むと
セイタンはジネティック・エンティティーになってしまうと聞いた。

596 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/02/25(日) 20:57:06 ID:MY5Y/i2k
>>595

人間の肉体にもGEは宿っている。ある種のオーディティング手法を使うと、GE側の
タイムトラック上の出来事を参照したりできるらしいが、そういうことは教会でも自由領域でも
ほとんど行われていない。GEのケースを直接扱うのは、危険の割に効果が小さい。

自殺を選択するくらいに落ち込んだくらいでは、ビッグ・セイタンがGEになることはない。

597 :名無しさん@3周年:2007/02/27(火) 20:00:20 ID:SE0aGDv5
>>594
ということは誰かこの世界をつくって金儲けしてるやつがいるってことか

598 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/01(木) 09:43:43 ID:1CBclpJH
>>597

>>97

599 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 10:10:45 ID:QT4nr7rn
菜園が仏教を元にしてるっての、やっぱなんか無理がないか?
魔術の本に幅度と菜園がメチャクチャはっきり紹介されているんだが・・・。
幅度は東方聖堂騎士団のメンバーだったとか・・・。

600 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/03(土) 14:27:55 ID:uBwxvrBt
>>599

幅度自身は仏教を学んでいるし、方法論が異なるが、菜園が目指す方向は仏教と同じだ。

幅度は菜園の方法論を確立するために、世界のさまざまな宗教や思想を参考にしている。
例をあげると、NOTsにはキリスト教の影響が強いし、オブジェクティブズには原始仏教の
影響が強い。

個人的には、オールドタイムの1955年あたりのごく短い期間には、クロウリーの思想の影響も
感じられる。ダイアネ55でも読んでみるといい。しかし、この路線はすぐに実践で棄却された。

>>599が読んだ「魔術の本」を信じるなら、それは>>599の自由だ。しかし、幅度が
東方聖堂騎士団のメンバーだったと主張する人々ははっきりとした証拠を出してこない。
幅度が死んでから20年間も十分な証拠が出てこない主張を、現時点で俺は採用する
気になれん。

601 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 20:55:39 ID:D/aNeSUo
>>599が読んだ「魔術の本」

『図解近代魔術』って本だ。
ファウストとかサンジェルマンとかの流れで幅度の名前も出てくる。
幅度は魔術師として紹介されているようだな。
菜園教会も「黄金の夜明け」の流れで紹介されている。


602 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/03(土) 23:10:17 ID:uBwxvrBt
>>601

その著者は、どちらかといえば、中東の専門家だろう。菜園に詳しい人ではなさそう。

アメリカでは幅度の評判をさらに落とすために、幅度と黒魔術を関連付けようと躍起に
なっている人がたくさんいるんだが、具体的な証拠がぜんぜん上がってこない。

なにしろ、クロウリーが幅度についてぜんぜん語っていない。

また、クロウリーと幅度の決定的な違いは、クロウリーが神々を崇拝したのに対し、幅度は
そのような崇拝を蔑視を蔑視した。この傾向は今の教会と自由領域の両方に受け
継がれていて、海組織では神格への崇拝や信仰を捨てることを強要されるらしい。

ただ、クロウリーと幅度の人生を比較すると、晩年が似ている。彼らが陥った罠も同じで、
個人の意志の力への過信。

603 :名無しさん@3周年:2007/03/04(日) 12:53:49 ID:jw7IkbEQ
>海組織では神格への崇拝や信仰を捨てることを強要されるらしい。

なのに幅度への崇拝は強要するってか。

>クロウリーが神々を崇拝したのに対し、幅度は そのような崇拝を
>蔑視した。この傾向は今の教会と自由領域の両方に受け継がれていて

でもその神々への崇拝によって国々は成り立っているわけだろう。
日本なんか特に。神道にしろ仏教にしろ。
崇拝をやめてしまったらやっぱり日本(世界?)は滅んでしまうと思う。
集合意識的にそれで維持されてるわけでしょ。
個人的に「あらゆるゲームから抜け出す」というのが目的であれば
それすら執着しなくなるのかもしれないがね。





604 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/04(日) 13:58:10 ID:DwvcMLEy
>>603

そう、だから、海組織は古き良き菜園から完全に逸脱している。菜園の現在の発展を
担っているのは教会ではなく、自由領域だ。

国家論は菜園人の興味の範疇から外れている。数十兆年も生きてきた自覚のある古参の
菜園人にとって、国家への執着など煩悩にすぎない。

そして、王子でありながら国を捨てた釈迦についても、国家へ執着しないという点は
同様だろう。

605 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 13:53:30 ID:4ROAHV3e
すごい有意義なスレだ・・・

606 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/05(月) 16:31:12 ID:/iGiD2Nz
>>602

訂正

'そのような崇拝を蔑視を蔑視した'→'そのような崇拝を蔑視した'

607 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 21:50:46 ID:51IxkiEr
>>606
教会だと2000万くらい払わないと得られないような情報量じゃないか?
菜園教会では実際にOTレベルにならないとそれなりのデータは教えてくれないしね。


608 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/05(月) 23:45:15 ID:/iGiD2Nz
>>607

アメリカの法体系を前提として考えると、OTレベルが部外秘なのは不公平だと思う。

宗教団体が税制上の優遇を受けている前提は、教義が公有のものとなっていることだ。
たとえば、キリスト教の経典である新旧約聖書の内容の配布について、どの教会も何ら
権限や権利を有していない。

教義に秘密がある場合、宗教団体としての優遇措置の対象にはならない。フリーメイソンは
宗教団体として認められない。

菜園教会がOTレベルを一般に対して非公開にしている間は、政府が菜園教会を税制面で
優遇するのは不当だと思われる。

日本の場合には、教義を公有化するということが宗教団体としての認可の条件にはなって
いないので、伊勢神宮に秘密があってもしょうがない。しかし、公有化義務を設けるほうがよい
とは思う。

609 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 21:57:16 ID:uNhmKLKk
他人というのは自分の外在化の視点の一つだと考えてもいいですか?

610 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/06(火) 22:11:32 ID:PNGWUhWp
>>609

そういう場合もあれば、そうでない場合もある。

611 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 12:22:48 ID:0cS12sLf
>>610
kwsk

612 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/07(水) 22:50:47 ID:hkmuxHMr
>>611

他人が作った視点もあれば、自分が作った視点もある。そのため、ある視点が自分のものか、
他人のものか、見分けがつきにくいことがある。

NOTsをやってて、自分から離れてはなれて消え去るのは他人の視点で、自分に
飛び込むような感じで再統合するのは自分の視点。

別の肉体に宿っているけど自分の視点、というのもある。自分の肉体が朽ち果てた後、
長い間、転生せずにいると、他の肉体から離れた自分の視点と再統合することがある。

613 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 01:10:42 ID:aN0kiUwI
>別の肉体に宿っているけど自分の視点、というのもある。

家族や友人が自分の視点だったってこともありえますか?
視点にはそれぞれ別々の心、記憶があるという話ですし。

最終的には人類自体が大きなセイタン(地球?神?)の様々な視点ということに
なりそうですね。
そうなってくると記憶って共有することはできないのかという疑問が湧いてきますが・・・。
実際のところどうなんでしょう。

614 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/08(木) 09:17:00 ID:9ddZTF9P
>>613

>>462にあるように、独立して活動する別視点を作るには、その視点に目的を与え、視点の
作り主がその視点の目的に強い異議を唱える必要がある。

ゆえに、家族が自分の別視点である可能性は極めて低い。そして、友人が自分の別視点で
ある可能性はゼロだろう。

人類についていえば、複数の作り主によるおびただしい視点が宿っている。作り主が同じ
視点同士の間では、視点そのものの主観では容易に意識できない領域で、記憶や経験が
ある程度共有されている。

A{
 B{
  D
  E
 }
 C{
  F
  G
 }
}

の場合、BとC、DとE、FとGは共有部分が大きい。親視点と子視点の間には強い反発が
あるため、共有が難しい。

615 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/03/11(日) 22:09:45 ID:jkJeDfXF
目的関連のプロセス(菜園熟練者向け)

1) 今の自分がどのような目的の成功の形であるのかを考える。
2) (1)で見つかった目的について、L&Nでターミナルと反ターミナルを交互につきとめて
 チャージを取り除く。
3) (1)で見つかった目的に反する目的を突き止め、その目的に対して(1)と(2)を行う。

--

日本語は菜園にあまり向かない言語であるので、英語の使用が望ましい。以下、それぞれの
ステップの具体的な質問の例。

1) What purpose would I as I am at present be a successful realization of?
2.)
 Who or what would want <goal>?
 Who or what would oppose <terminal>?
3) What goal would oppose the goal <goal>?

616 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 08:25:19 ID:JilFEdn7
保守

617 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 10:09:07 ID:x6vzdREp
保守

618 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 14:34:06 ID:W7VJLur9
人間の前世は人間だって聞きますが、それはどうしてですか?

619 :神も仏も名無しさん:2007/03/20(火) 09:28:34 ID:WMq7pj5h
>>618

人間の1つ前の生涯が人間ではないこともあるが、たいていは人間だ。

そして、今の人間をやっている理由は、何らかの目的を達成するためだろう。

620 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/03/20(火) 09:30:03 ID:WMq7pj5h
すまん、トリップをつけ忘れた。

621 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 08:54:19 ID:MyzHrWV2
保守

622 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 11:15:30 ID:+6rg7OCE
保守

623 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 22:55:32 ID:BhYKSe1L
他の人の意見も聞きたいところなんだが・・・。
自己啓発をやってきた人や宗教的実践をしてきた人の目にはフリーゾーンはどう映るのか。
仏教の影響を受けているんだったら、仏教を追求してきた人は菜園をどう受け止めるのかとかね。

624 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 17:35:23 ID:9g5oTM2t
保守

625 :神も仏も名無しさん:2007/04/02(月) 13:05:10 ID:skDm8ZxP
このスレ内容が高度

626 :神も仏も名無しさん:2007/04/02(月) 22:08:43 ID:fMz6HzX+
でもやっぱり神や仏とは性質が異なるデータだ。
いくら仏教と行法が似ていたり影響を受けたりしたとしても、
本質的なものは全然違うよ。

菜園はおそらく次元的には4次元くらいから得たデータだろう。
「肉体を乗っ取る」とか「他人を支配して自分に手紙を書かせる」とか、
低次元幽界層の存在の発想だ。

仏教の慈悲の心とかキリスト意識とは関係がなさそう。
むしろそういったものから離れよう離れようとしているような印象を受ける。








627 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 00:34:14 ID:rgb/Mpl1
フリーゾーンはまだ未完成という記述があったが、
実はフリーゾーンに足りないのは「キリスト意識」「愛」「慈悲の心」
こういったものではないだろうか。

いくら理屈だけで解き明かそうとしても、最終的に真実にたどり着けるのか?
裏NOTSですべてのチャージを処理することですべての存在がnothingnessに帰るとしても、
それは神の意図するところではあるまい。

菜園人が日々裏NOTSで人類のチャージを処理し続けているおかげで人々の悩み苦しみは
軽減されていっているのかもしれないが、
そういった行を行っているのは菜園人だけではない。
個人的な瞑想や祈り、宗教家の行法によって現在の地球が維持されているのもまた事実だ。

おそらく菜園はよくてこういった大きな流れの一部としてしか機能しないのではないか?
それはそれで立派な役割ではあると思う。
しかし神を崇拝する必要などないと言い切るスタンスのものが繁栄することはまずないと思うんだ。
発展する前に他のものに取って代わられるぞ。

628 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 04:07:17 ID:u4FmFA0v
神ってなあに?

629 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/04/03(火) 08:04:23 ID:8BtG6tx1
>>626

キリスト教には、処女マリアの肉体を支配して子供を産ませる、って発想がある。この発想が
キリストの聖性の原点だ。

神が人間の肉体を乗っ取るのは、古神道のお得意。

仏教にはこういう発想がない。

自由領域では仏教を神道やキリスト教より高く評価しているが、仏教的なところに
行きつくまでの過程として、NOTsのようなキリスト教的なプロセスも使う。

キリスト教のエクソシズムはNOTs、神道の鎮魂帰神はNOTsの逆、仏教の慈悲の瞑想と
仙道の修行体系は大部分はNOTsの裏。

で、自由領域的には

NOTs ○
逆NOTs ×
裏NOTs ◎

630 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/04/03(火) 08:10:00 ID:8BtG6tx1
>>627

神への崇拝と愛や慈悲は相互依存していない。

人類の多くはまだ崇拝から卒業していないから、神を崇拝する必要などないとの立場は
確かに、自由領域の世俗的発展には不利だろう。

しかし、自由領域ではかなりの数の人々が記憶を維持して転生するため、自由領域全体が
消えてしまうことはない。自由領域にはたっぷり時間があり、人類が追い付くのを
待っていられる。

631 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 11:40:09 ID:OiVyuOFE
>人類の多くはまだ崇拝から卒業していないから

卒業はしないんじゃないか?
人類のプログラム的に。
それがいわゆる神界計画というか。

>自由領域ではかなりの数の人々が記憶を維持して転生するため

自由領域は現在何人くらいいるんだ?
記憶を維持して転生するより成仏したほうが残った人類にとってもよくないか?
魂とか死後の生とかの存在を知ったらもうあえて転生を選ぶ必要もないと思うんだが。

632 :路伯 ◆a.0e5YxqBY :2007/04/03(火) 15:42:09 ID:8BtG6tx1
>>631

自由領域では、崇拝からの卒業を十分に可能だと考えている。自由領域で研鑽を積んだ
人々はちゃんと卒業しているから。

--

自由領域は自由な菜園人の緩やかな連携の形なので、全体数を把握するのは困難だが、
あまり熱心ではない人々まで含めれば、4万人程度だろう。新しい技術を積極的に
実践している人々 ― つまり、名実ともに自由領域の菜園人 ― となると、1000〜1500人、
技術の開拓を主導する人々だと15人くらいだと思われる。

菜園人のかなりの部分が死後に転生を選ぶのは、まだまだ煩悩が残っているから。1回の
生涯では煩悩が抜けきれない。

崇拝を捨てるのは簡単だったが、今の自分が今の自分であること、つまり、個性を捨てるのは
難しい。幅度はこの段階で失敗し、今の自由領域もこの段階ではあまりうまくやってない。

633 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/03(火) 15:44:03 ID:8BtG6tx1
おっと、このスレではこっちのトリップだったな。

634 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 20:29:12 ID:+xWTcOJX
>キリスト教には、処女マリアの肉体を支配して子供を産ませる、って発想がある。この発想が
>キリストの聖性の原点だ。

>神が人間の肉体を乗っ取るのは、古神道のお得意。

神が救世のために人間を使うのと俺らが個人的な目的のために肉体を乗っ取るのとでは
全く比較にならないと思うのだが・・・。

635 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/03(火) 21:07:54 ID:8BtG6tx1
>>634

菜園は神を特別扱いにはしない。これは菜園教義の基本的な特質の1つで、今さらそこを
批判されても困る。

菜園の目的は個人を自由にすることで、すべての個人が自由になるのが救世。

636 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/04(水) 18:00:50 ID:MYEdckbM
(Experimental)

Fairness and Unfairness

Flow 1

1) Recall a time another was fair to you.
2) Recall a time another was unfair to you.

Flow 2

1) Recall a time you were fair to another.
2) Recall a time you were unfair to another.

Flow 3

1) Recall a time others were fair to others.
2) Recall a time others were unfair to others.

Flow 0

1) Recall a time you were fair to yourself.
2) Recall a time you were unfair to yourself.

For each flow, Loop{(1), (2)}→EP

----

裏NOTs的な効果を狙ったプロセス。試験的なもので、具体的な効果は未知数。

637 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/04(水) 18:03:07 ID:MYEdckbM
>>636の続き

当然だが、ソロでやる場合には、「you」を「I」や「me」に変える。

興味がわかないフローをやらないこと。

638 :神も仏も名無しさん:2007/04/04(水) 18:38:39 ID:KZwo1QGc
>興味がわかないフローをやらないこと。

理由は?
上のほうでも毎回注意書きがあるよね。

639 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/05(木) 07:45:57 ID:f+etcFi9
>>638

興味がわかない理由は2つのうちのいずれか。

1. そのプロセスまたはそのフローにチャージがない。
2. そのプロセスまたはそのフローにあまりにも多量のチャージがあって、現時点では
 避けたほうがいい。

640 :神も仏も名無しさん:2007/04/05(木) 10:14:34 ID:L3PJ+i8I
「抑圧された人のランダウン」の最終現象は抑圧者のほうから和解を求めてくることだという。
これって本当ですか?
菜園教会ではクリアーやOTですら家族から菜園を反対されてて
話すら聞いてくれないという人が多いというのに・・・。
やっぱり誇張されてるんですかね?


641 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/05(木) 11:50:08 ID:f+etcFi9
>>640

理論上はそういうことになるんだが、実践でそういう結果を高確率で出せるのではない。

まして、教会のオーディターは週ごとの成績要求に追われ、成績は質をまったく考慮せず、
量で測られる。

教会で現役オーディター時代の俺はRR発生ゼロだったし、職務外で押しつけられた
RRサイクルの取り下げ率70%で、その中には後にケース監督にすらなった人物もいると
いうのに、「すぐにセッションを中断する」とか、「今週10時間しかオーディティングして
いない」とか、批判され、休みも給料もろくにもらえなかった。

PCに大きな状態向上があったら、セッションを中断し、数週間から数年間はオーディティングを
やらないというのが、スタンダードテックのはずだが、まるで守られない。

「抑圧された人のランダウン」がひたすら量にこだわる組織で結果を出せるランダウンになる
確率は、絶望的に低い。

642 :神も仏も名無しさん:2007/04/05(木) 21:11:28 ID:G1/C4l3s
>>641
なるほど。
しかし最終現象が「向こうから和解を申し出てくる」となっている以上、
実際にそういう現象が起こらない限り、セッションは終わったことにはならないのでは?
「起こらなかったけど一応終わりました」なんてことはあってはならないことでしょう。
そうなると文献が間違っていたということになりますからね。
>>641みたいな環境だと、一体どうやってセッションを終わらせるんでしょうかね。

「グレード0で誰とでもコミュニケーションできる」
「グレード1で問題を解決できる」
これも実際はそうではないってことですか。
クリアー以上でも問題抱えた人が大半ですもんね。
OTだってトラブってスタッフやめたなんて話をよく聞きます。

見てると菜園教会に来る前のほうがよっぽど問題がなかったように見える場合が
大半というか・・・。自分がそうだったようにね。
要するに菜園に来るきっかけになった問題なんておそらく菜園に来なくても
自然と解決されてたんじゃないかという・・・。
教会に来てからのほうが新たな問題でいっぱいになってる。
教会に来なきゃ生まれなかった問題ばかり。
やっぱ世俗的な解決を求めて来たのが間違いってことかな。
うまくすり替えられてるね。教会は世俗的な効果で人を集めようとしてるから。

643 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/06(金) 09:26:16 ID:qoW+VvfL
>>642

ちょっと用語の整理を。

・セッション ― オーディティング1回分。長さはいろいろ。

・プロセス ― セッションの中で具体的に行われるオーディティングのコマンドのセット。
 プロセスがフラットポイントやEPに達したタイミングで、セッションを終わらせる。1つの
 セッションで複数のプロセスをこなすのが一般的だが、1つのプロセスがEPに達するまで、
 複数のセッションが必要な場合もある。

・ランダウン ― 複数のプロセスをセットにしたもの。グレードの一部であったり、そうで
 なかったりする。

・グレードやOTレベル ― 橋の主要な段階で、さまざまなプロセスやランダウンが含まれる。

「抑圧された人のランダウン」はグレードに属さないランダウンだが、技術的なことをいえば、
中身はグレード1の拡張。このランダウンで事態を解決できない場合、PCには倫理上の処分、
オーディターには倫理上の処分と再訓練が課せられることになるだろうね。

--

世俗的な問題の解決を菜園に期待するのは間違い。それは「隠された基準」となり、
オーディティングの効果を妨げる。

644 :kame:2007/04/07(土) 21:23:13 ID:kVz0aUmK
★☆★ダイアネティックスについて★☆★からキマシタ。

oldtimerさん(マチガッテイタラスミマセン)お願いです。
個人的に相談したいことがあるので連絡下くれませんか?

ここの板を読んでもバカな俺にはさっぱり分からなくて・・

皆さん板汚してスミマセン





645 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 02:47:02 ID:0j0/c7P2
↑金銭がらみのトラブルか?

646 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/08(日) 08:30:42 ID:tqV8FHIg
>>644

そいつは少々難しい。

このスレのold timer ◆64ZQ9HnmXAとkameさんに送られるメールの送り主が一致することを
確認するうまい手段がない。

647 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 12:22:31 ID:Ixqyd2+o
@old timerさんがフリーの捨てメアドをつくる。

A次にold timerさんがいつものトリップで書き込み、
 そのときの同じIDで別のトリップを作ってそれでもう一度書き込む。

Bその後old timerさんがkameさんのメアド宛にフリーの捨てメアドを使い
 連絡する。その際、Aで作った別のトリップを表示するための文字列を
 教える。

Ckameさんがその文字列を使いどこかの過疎スレか何かを使って書き込んでみて、
 Aでのold timerさんの別のトリップと一致すれば、
 そのメールの送り主がold timerさんであることが判明する。

と、こんなやり方ではどうだろうか?

648 :kame:2007/04/08(日) 18:53:50 ID:iE6thzDo
>645さん
  
違いますよー

>oldtimerさん

お返事有り難う御座います!

そうですか・・

自分は分かり易く言うと神経症で(医者によって病名がチガウ)
少し辛いので相談に乗って貰いたいと思っていました。
神経科に行けと言われるかもしれませんが、
今まで薬物療法、催眠、などを試してみましたがやはり効果がなく
途方に暮れているので・・。現在はEFTを試みています

ダイアネは今から9年程前の学生時代に読み、
とても衝撃的で今でも、アレをやれば心が治る可能性はあるんじゃないか?
と思い続けています・・ここで知りましたが今はFreezoneたる物があるみたいですね・・勉強をろくにした覚えのない
阿呆な自分は今から英語を勉強してオーディティング?を受けるようになるまで
生き耐える自信が正直ありません^^;

どうしたらいいかな〜と悩み
色々詳しいoldtimerさんに相談したかったので
いつも2CH傍観者の自分ですが書きました
オバカですが、良ければ相談乗っていただけると嬉しいです。

>647さん
色々考えてくれて有難う御座いマス!


649 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/08(日) 18:58:54 ID:tqV8FHIg
>>647

とりあえず、@は終了。

残りのステップについては、>>644の返答と同意を待つことにしよう。

650 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/08(日) 19:13:26 ID:tqV8FHIg
>>648

うーむ、それについては、世俗的な問題の解決を菜園に期待するのは間違い、と
いうしかない。

ダイアネで神経症が治る可能性は確かにあるけれど、本人がその神経症を気に病んでいる
状態では難しい。

あの傲慢な教会すら、病気に対するダイアネの効果については何も保証しない。

--

菜園に伝わる知恵としては、肉体の病とは違って、精神の病の場合、症状が重いほど軽い
対処が必要になる、というのがある。自由領域の腕利きは、神経症の人も面倒を見て
くれることがあるが、最初のステップはほぼ間違いなく、散歩、になると思う。

パッチ・アダムスも自由領域も、何かに気持ちが固着されていることを先ず何とかしようと
するところは共通。たぶん、この方法論には千年を超える歴史がある。

651 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 19:26:48 ID:0j0/c7P2
すいません。
散歩の効果について、技術的な理由をぜひお聞かせ願いたいのですが。
非常に興味があります。

652 :kame:2007/04/09(月) 01:23:09 ID:pEVDLK0L
old timerさん、お返事有り難う御座いマス!

自分はあの本をが言うエングラム(トラウマ?)全てを消化した状態の
すばらしさ、その全てを鵜呑みにはしていません

が、
トラウマにより強迫観念や過緊張に悩まされていることは事実なので
ダイアネで消化してみたいのです

ただ、東京菜園にも行きましたがアノやり方はドウカト。^^;

それと、前回神経症だと言いましたが・・
それはとりあえず忘れてください(笑




















653 :kame:2007/04/09(月) 01:35:05 ID:pEVDLK0L
>oldtimerさん

あ、それと・・^^;
647さんが言った案ですが、もうステアド作ってくれたのですか?
有り難う御座います!
勿論自分はOKデス。よければ相談に乗って下さい






654 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/09(月) 09:19:58 ID:Ii+xswxA
>>651

エングラムとかその他のチャージなど、要するにケースを抱えている人間 ― この地球上には
例外なく、あらゆる人間 ― が何かに長期間にわたって注意を固着させていると、ケースに
起因しする厄介事が、注意が固着している何かに関して具現する。例えば一日中事務作業を
行っていると、ケースに起因する独特の疲労感などを味わうことが多い。

散歩を行うと、固着していた注意を適度に散らす効果がある。

菜園の『大旅行』も、散歩の延長線上にある。

散歩は菜園で最も基礎的なプロセスであると同時に、高度なプロセスへの入り口でもある。

>>652

肉体が歩ける状態であるならば、まずは1日1時間の散歩から始めることを勧める。菜園人は
ケースレベルがどうあれ、散歩を毎日やったほうがいい。

その他、プロセスとしては、>>188,190,195,203,209,216,236,238,242,246,250,256,268,274。

何かにkameさんの注意が固着しているのならば、その何かはある程度kameさんを
支配している。現時点で、これをソロダイアネで何とかするのは無理だろう。まずはその
何かから注意を解放し、その何かをkameさんが抱えている些細な厄介事の1つに
してしまうことが必要だ。

あと、現代のダイアネでは前世想起能力はほぼ必須といってもいいので、>>279もやって
おいたほうがいい。

結果については何も保証できない。

655 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 14:00:30 ID:XvqtMva6
>kameさん

サイエンから枝分かれしたアバターコースというセミナーがあります。
そのセミナーで使われているテキストに「リサーフェシングワークブック」
というものがあります。

この本の最初のほうに、固定された注意を解放するエクササイズがいくつか
載っていますから、購入してやってみてはどうでしょう?

ただしアバターコース(9日間、30数万円)それ自体は時間とお金の無駄で、
上級コースへの勧誘も半端じゃないので絶対に参加してはいけません。

散歩しながら効果的に固定された注意を解放しそれらを統合していく方法として、
外にあるもの何でもいいですから、それらを数えながらその形の外周をなぞっていく
といいです。マンホールの外周をなぞって「1」、街路樹の形をなぞって「2」、
信号機のかたちをなぞって「3」、駐車してある車の概観をなぞって「4」……
といった具合です。気分が落ち着いてくるまで、これを続けながら散歩します。

是非やってみてください。

656 :kame:2007/04/09(月) 22:29:03 ID:pEVDLK0L
>oldtimerさん

お返事有り難う御座います”

散歩ですか・・家の玄関を開け外に出ることを考えると
躊躇するところがありますが・・
なんとか気合いでガンバリマス!

何もしないで、ただ歩くという行為はtimerさんの言うように
自分は注意が全く別のところに固着していて「人にどう見られているか?など・・」
気が散るので・・無謀かもしれませんがいっそジムに通う事に
チャレンジしてみようかと思います。

プロセスに関しては
ものは試しに一つ一つ実践してみようかと思います。
理解ができなくて又質問するかもしれませんが
その時はよろしくお願ぃしまーす

>655さん

アドバイス本当に有り難う御座いマス!

ほぉーーそんなモノがあるんですか〜
固定された注意を解放するエクササイズ・・
それは興味深いデス^−^

今アバターコースのHP見てみてました。
意識を探検するテクニック?これがそうですねー
2000円・・コレなら買えますw買ってみますね!

657 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/11(水) 21:55:19 ID:41LL4VGj
>>656

ジム通いは散歩の代わりにはならない。ジムは散歩ほど大きな空間を使用しないからだ。

散歩は菜園の基礎の基礎。それをスキップして他のプロセスをやるのはそれなりに険しい
実践の道になるので、覚えておいてもらいたい。

また、私はアバターコースの実践経験はない。アバターコースと菜園の併用の結果として
起こりえる事態にはまるで知識がないから、kameさんの質問の中には私が答えられない
ものも結構あることになるかもしれない。

もちろん、併用そのものについて反対しているのではない。自由領域は先駆者を歓迎する。
kameさんの実践結果が経験的な知恵として自由領域に継承されれば幸いだ。

658 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 00:14:24 ID:vEhnaHEY
>>633
old timerさんは他のいくつかのスレッドにも書き込みをしているのでしょうか?
参考のためにそのスレッドとそこでのHNも教えてください。

659 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/13(金) 07:45:03 ID:hGuNeYz8
>>658

読んでるスレには萌え関係が結構ある。これはまだ自由領域の標準理論じゃないが、俺らが
この宇宙の中にとらわれている根本原因って、何らかの形の萌えだと思ってる。

大方の萌えの本質は、個人間の使命感。相手にどこか欠けた所があって、それを自分の
どこかが補えそうな時に、萌えが発生している。例えば、剣を振り回す強い少女に
世間的常識が欠落している場合とかに、萌えが発生する。

要するに、使命を与えてくれる対象に萌える傾向が、魂にはあるようだ。

追記すると、萌えは連鎖する場合があり、使命を果たそうとしている誰かに他の誰かが萌える
こともある。

そしてもう1つ、萌えの発生には何らかの物質で構成された肉体または肉体を描写する
映像が必要だ。

強いところと弱いところがはっきりしていて、肉体を持っており、何らかの使命を果たそうと
努力している誰か ― その誰かに萌えた最初に出来事を突き止めれば、膨大な数の
ゲームから俺たちは自由になれるはず。

660 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 20:26:36 ID:5cB3ifNF
>>659
>その誰かに萌えた最初に出来事を突き止めれば、膨大な数の
>ゲームから俺たちは自由になれるはず。

これはあらゆることに対する一切の興味を失うということなのでしょうか?

661 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/13(金) 23:45:39 ID:feunasxf
>>660

The Very First Moé以降のゲームへの興味は失われる。それ以前のゲームは残る。

TVFMを突き止めるのは神々の1つ ― 真の意味でのOT ― になる最短ルートなはず。

662 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/16(月) 09:35:04 ID:Z/QWujSm
極単純なNOTs

NOTsはもともと単純だが、これは数多くあるNOTsの中でもっとも単純なもの。

1) 自分の肉体の内部や表面で、圧力や痛みを感じる点を探す。
2) その点に注意を向ける
3) その点のところに存在するものを感じる

圧力や痛みが消えるまで、(2)と(3)を繰り返す。必ずしも1つのセッションで1つの点を
完全処理する必要はない。

圧力や痛みの点を数多く処理した後で、その他別の感覚を伴う点が感じられるようになる。
そうなったら、それらの点も処理する。「何もない」という感覚もありえるし、実際のところ
「何もない」は結構大きなチャージ。

663 :さんど猫 ◆D57rqyn1UQ :2007/04/17(火) 01:06:10 ID:Ga/wggyo
昔ダイアネティクス(1985年版)を読んで面白いなと思ったんだけど、
オーディターがいる組織に属さないといけないらしいので、興味を
失なっていました。面倒だし。

最近催眠術に興味を持って読みなおしてみたけど、オーディティングは
広義の催眠術というか、変性意識誘導の一種で、他人の力を借りないと
してもできないわけじゃなさそうですね。眠ったりしないという意味
では、ハバード氏が書いている通り、催眠術と違うのでしょうけれど。
当時は催眠術に対する偏見があって、それと一線を画するために、
催眠術との違いを強調していたのかな。

664 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/17(火) 07:49:44 ID:VLs1ZWix
>>663

組織に属する必要はない。アメリカでは個人で開業しているオーディターが結構いる。
自由領域ではもともとあたりまえのことだったが、1990年代にオーディターの個人開業権は
教会でも再確認している。

幅度がオーディティングを狭義の催眠術ではないとしたのは、オーディティングの全過程に
コミュニケーションサイクルが含まれているからだ。(以下、「催眠術」を「狭義の催眠術」の
意味で使う。)

実際に、通常、催眠術では術を解くという作業が最後に行われるが、オーディティングにはその
作業がない。オーディティングにおけるPCは通常のコミュニケーションサイクルから
隔絶された状況に置かれていないからだ。

また、催眠術ではPC側の能力をそれほど要求しないので、状態のかなり悪いPCでも
扱えるが、オーディティングではPCの能力に応じたプロセスしかできない。これが
オーディティングの、まあ、欠点。

催眠術ではPCが術中に顕現させた能力は術後にあまり残らず、術の効果のほうが残る
傾向にあるが、オーディティング中にPCが顕現させた能力はオーディティング後に残る。
これがオーディティングの利点で、多くの宗教の修行の結果と似ている。

665 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/20(金) 01:17:34 ID:W742nkWH
>>662

実際にやってみた。

眼球の中の奴に手こずって半日寝込むことになったが、抜けたようだ。

通常NOTsで効果がなかった背中の奴も、無事に解決。

極単純なNOTsは通常のNOTsの「Who are you?」「What are you?」に反応しない奴にも
効果がある。

欠点としては、ケースレベルで楽に対処できないとても大きなチャージやエンティティーを
表面化させることか……

666 :さんど猫 ◆D57rqyn1UQ :2007/04/22(日) 18:31:40 ID:enzCgiuZ
>>664のOTさん。
ダイアネ本の「自己管理」の項目にオーディターを必要とする理論的な
根拠がありました。つまりは、エングラムはPCのダイナミックを全部
「乗っとる」ことができるけれど、オーディターのダイナミックには
影響がないため、PCに指示を与えることができるというか。
単純に言うと、4 + 4 = 8という理解です。(スペクトル理論からすると、
4ではなくて人としての最大限ということなのでしょうけれど)

現代の催眠については、自分が知っていた従来の振り子的なイメージの
もの以外にも、静思に近い(又は同じ)ような状態で対話的に行うものも
あるのだなということを知ったのが新鮮でした。
能力というのは、超常現象のようなものを指しているのか、抑えられて
いた知覚力や思考力が解放されるということを指すのか、写真的記憶
のような通常人が持っていない能力を獲得できるということを指すのか、
自分にはよくわかりませんが、超常現象については懐疑的です。(^^;

ちょっと前ですが、ブラックホーク・ダウンという戦争映画を見ました。
なかなかリアルに描写されていて、映画のストーリーそっちのけで、
人間は自分が思っているよりも頑丈なのかもしれないな、ということを
考えていました。なにしろ、勇史以来、戦って生き抜いてきたわけです
からね。自分達が適者生存の適者であるということは、ここ数年、忘れて
いた考えでした。

667 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/23(月) 14:39:32 ID:eXcqBIrx
>>666

オーディティングは対話的であるだけではなくて、コミュニケーションサイクルを常に維持する。

「わかりました」とか「ありがとう」のようなackと呼ばれる動作をオーディターが毎回きっちり
入れる。

 Auditor ―[質問]→ PC
 Auditor ←[返答]― PC
 Auditor ―[ack]→ PC
 Auditor ―[質問]→ PC
 ……

日常会話では、

 Term1 ―[質問]→ Term2
 Term1 ←[返答]― Term2
 Term1 ―[質問]→ Term2
 ……

があり得るが、これをやるとオーディティングじゃなくなる。

対話的な催眠といっても、オーディティングほど律儀にackが入っているのではない。

668 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/04/27(金) 09:10:33 ID:ZdrJbSy8
オーディターの質問に対す直接的な返答は「アンサー」と呼ばれる。ちなみに、
「わかりません」もアンサーとして有効だ。アンサーに対しては、通常、オーディターは完全な
「ack」を返す。

オーディターからの質問に対し、PCはコミュニケーションサイクルにもケースにもまるで
関係のないことをいうことがある。これは「コメント」と呼ばれるもので、オーディターはコメントを
無視するべきだ。

 Auditor 「あなたは何かを盗んだことがありますか?」
 PC 「あんたって不細工ね。」
 Auditor 「オーディティングの質問をを繰り返します。あなたは何かを盗んだことが
  ありますか?」

一方、ケースに大きく関係のあることをPCがいう場合や行う場合、その言動は
「オリジネーション」と呼ばれる。オリジネーションは無視されない。

 Auditor 「あなたは何かを盗んだことがありますか?」
 PC 「目の奥に痛みを感じます。」
 Auditor 「hmmm。それはいつごろから始まったんですか?」
 PC 「たった今、ですね。」
 Auditor 「私が質問の直後ですか?」
 PC 「はい」
 Auditor 「わかりました。それではオーディティングの質問を繰り返します。あなたは何かを
  盗んだことがありますか?」

オリジネーションがあった場合、オーディターはそれについて具体像をつかむまで質問を
することが許される。完全なack「わかりました」はオリジネーションを十分に理解した後に
行うべきだ。

オリジネーションを処理した後、ほとんどの場合、オーディターはオーディティングの質問を
繰り返す。

669 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/01(火) 17:42:35 ID:nnPBMB0A
>>662をずっと続けている。

その効果らしく、仕事上の難しい案件がどんどん単純に見えてきた。言葉を変えると、複雑な
見かけの背後にある単純な構造が、自分の認識の中に飛び込んでくる感じ。

ただし、>>662はすべての人に対して効果のあるプロセスではない。ケースの状態が良い人や
十分な訓練を積んでいる人でなければうまく扱えない。俺は後者。

670 :神も仏も名無しさん:2007/05/02(水) 18:53:32 ID:bO8itPrI
もともとはクリアーになった人がやるプロセスだからか?


671 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/03(木) 06:46:01 ID:DWG8Asm/
>>670

うむ。

菜園では、上のほうのプロセスは単純なものが多い。

オブジェクティブとキーアウトのためのプロセスを別にすると、複雑なプロセスは複雑な検索の
ようなもので、チャージを絞り込んで狙う。単純なプロセスは幅広く数多くのチャージを同時に
再刺激して扱うので、非常に重くなることがある。

672 :神も仏も名無しさん:2007/05/04(金) 23:02:26 ID:EGaooCgE
前世ってオーディティング受けてる途中で自然に思い出すって感じですか?
一人で思い出そうと思ったら、やっぱり上に書かれているように
想像を利用したやり方じゃないと無理ですか?

例えば、興味がある時代、文化の格好を真似てみるとかはどうでしょう?
あるいは興味がある分野を追求していると、それ自体が前世を探求していることになるとか。

あと、スターウォーズのようなSF的な世界が過去の文明にあったというのなら、
SF作品に触れていると思い出しやすくなったりってしますか?
ちょっと子供っぽいけど、そういった作品で○○ごっこのような遊びをしてみるとか。

ちょっと話がズレますけど、スペースコロニーとかって本当にあったんですか?
これから科学が発達して発明されそうなことがすでに過去の文明で発明されていたってことですよね。
OTデータが本当なら。


673 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/05(土) 00:33:45 ID:PZHBKVGO
>>672

前世の記憶が出てきやすいのは、低いレベルでは、グレードII。グレードIIの
コンフェッショナルで、オーディターがメーターの反応に合わせて「それ、それ」ということが
あるが、その時に断片的な記憶が再生されることがある。

けれど、本格的な再生は生活の中で衝撃的に起こることが多い。起こってみないと
どういうのかわかりにくいけど、いったんこれが起こると、この生涯の記憶と前世の記憶が
同じように感じられるようになる。

記憶の再生については、>>224あたりも参考になると思う。現在の行動のすべてに前世の
記憶は何らかの形で反映されている。

前世の知人に遭遇すると、人間関係がギクシャクしたり、怪我をしたり、病気になったりなど、
生活に何らかの厄介事が発生する傾向がある。前世の知人によって再刺激された昔の
目的が、現在の人生において追及している目的とぶつかって生じるもので、その
厄介事について考察することでも、前世の記憶が再生されることがある。

SFやファンタジーは遠い前世の記憶を刺激する傾向があるが……たぶん、そういう時代の
記憶を取り戻した後に読んだほうが面白い。

674 :神も仏も名無しさん:2007/05/05(土) 00:54:53 ID:0rVLJw6D
クリアーの人は皆そういった衝撃的な前世の再生を体験しているんでしょうか?
また、前世の記憶が甦ることで現世での悩みが丸々解消されるということは有り得ますか?

歴史的に有名なお坊さんたちって、そういった衝撃的な体験後に宗派を開いたりとかしてますよね。
明けの明星が飛び込んでくる体験とか、鐘の音を聞いて大悟とか。
それと似たような経験でしょうか。
そういった体験によって前世からの目的を思い出し、
自分(魂)本来の能力に目覚め、普及に尽力した。そんな感じでしょうか。

前世と現世の記憶が同じように感じられたら、確かに現世での囚われは軽減されそう。
今の私には想像もつかない話ですけど。

ちなみに前世の記憶と赤ん坊の時の記憶、どっちが思い出しやすいですか?
普通の人は赤ん坊の時の記憶ですら思い出せないんですよ?
今世の赤ん坊時代よりも前世での成人時代のほうが意識ははっきりしてそうではありますけど。

675 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/05(土) 07:33:49 ID:PZHBKVGO
>>674

クリアーの全員がそういう経験をしているのではない。例えば、菜園にかかわる以前に既に
クリアーだった人 ― 他の何かでクリアーになっていたり、そもそもクリアーより下の状態に
落ち込んだことのない人 ― には、衝撃的な記憶の再生の経験がない。

また、技術の実践は常に完璧ということはないので、クリアーと認定されていても、実際には
そんな状態に達していない人もいるだろうね。

お坊さんたちの経験は別のことだと思われる。

前世のいずれかの生涯の記憶とこの生涯の新生児の時の記憶を比較すると、後者のほうが
再生ははるかに困難だ。新生児の初期の記憶は世界についての基本的な理解と肉体の
操作技能として残るもので、肉体内部にある接触点には出来事としてほとんど記憶されない。
そういう時期の出来事を見るには、肉体の外の別の視点の記憶を探る必要がある。

676 :神も仏も名無しさん:2007/05/09(水) 10:07:38 ID:6tIZQbWG
サイエントロジーでは、俗にいう「カルマ」ということについてはどう捉えているのでしょうか?
世の中は、理不尽なイジメや嫌がらせをやっているような人間が何事もなく順調な人生を送っており、
よく言われる「カルマ」とか「因果応報」「自ら播いた種は自ら刈り取らねばならない」
というような宗教上の戒めなどウソではないかと思えてきます。

悪知恵が働き底意地の悪い人間、世渡り上手で平気で人を陥れることの出来る人間が、
教授や助教授になったりしている現実を目の当たりにしていると考え込んでしまいます。

677 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/10(木) 09:38:15 ID:RBsP51Bb
>>676

菜園ではこの生涯の出来事がケース上の大きなチャージとなることはまれだと考えている。

また、「因」とその「果」が同じ生涯に現れるとも限らない。

理不尽なイジメや嫌がらせの被害者にオーディティングを施すと、前世で加害者としての
生涯が浮かび上がることが多い。過去の生涯の加害者としてのエングラムを処理した後には、
その過去の加害を原因とする被害をこの生涯で被ることはなくなる。

また、逆に、この生涯での加害者にオーディティングを施すと、前世で被害者としての生涯が
浮かび上がることが多い。

678 :神も仏も名無しさん:2007/05/10(木) 11:06:11 ID:+y9+uFfk
>また、逆に、この生涯での加害者にオーディティングを施すと、前世で被害者としての生涯が
>浮かび上がることが多い。

じゃあそういう人はさらに前の前世では加害者だったってことにならないか?
前世までで何も学んでないということ?
同じようなパターンを繰り返すことにならない?



679 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/10(木) 19:08:47 ID:RBsP51Bb
>>678

そう、加害や被害の経験を解決できない人は、加害者と被害者の役割を交代しながら
演じることになる。

ほとんどの人は前世の記憶を再生できないのだから、何も学んでいないのと大差がない。
しかし、目的の記憶だけは多くの場合持ちこされるから、同じ間違いを何度か繰り返す。

転生の繰り返しで魂が成長する、という考え方を、菜園は一般論としては否定している。

680 :676:2007/05/10(木) 22:07:24 ID:kYok8v1V
old timerさん、ご回答ありがとうございました。
理屈は確かによくわかるのですが、そうだとするとこの世の中というのは、
もう理不尽そのものということになってしまいますね。
ヒンドゥー教の世界のように、これはカリユガ(暗黒時代)の特質であり、
カリユガの時代から抜け出せば、世の中の理不尽さも生起しなくなる、
というのであれば、まだ救いようもあると思うのですが・・・。
たとえ前世で加害者側であったとしても、今世ではまったく別人として生まれているわけですから。
理屈としての説明はその通りであってもサイエントロジーには福音と呼べるような要素がないと思います。
誰が創造したのかわからない、この理不尽で不条理な宇宙のシステムにただただ圧倒され、
このシステムの中で生きていかなければならない不快さに、怒りと絶望が喚起されるのみですね。


681 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/11(金) 00:07:06 ID:XabrAtUX
>>680

いや、菜園には加害や被害の経験を解決するための技術として、オーディティングがある。

菜園の世界観は悲観的だが、その世界から抜け出すための技術体系を菜園は提示している。

682 :神も仏も名無しさん:2007/05/11(金) 21:38:49 ID:8bRmj1ip
ボディが眠っている時セイタンは何をしているのですか?

683 :old timer ◆64ZQ9HnmXA :2007/05/12(土) 07:18:48 ID:OvbOs0wH
>>682

たいていは眠っている。

495 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)