5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part9

1 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:21:46 ID:7W0syeFY
リンク:
 忘却からの帰還
 http://transact.seesaa.net/
 創造論(科学的)再検証会議室
 http://158.teacup.com/kenko/bbs
 創造論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96
 創造科学 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
 インテリジェント・デザイン - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3
 進化論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96
 進化 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96
 進化論裁判 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96%E8%A3%81%E5%88%A4


過去ログ:
Part 1 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105361208/
Part 2 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1110537936/
Part 3 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119518385/
Part 4 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131206904/
Part 5 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142424454/
Part 6 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152371808/
Part 7 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154362803/
Part 8 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161149681/

2 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:25:26 ID:4Qucfm82
超重複の悪寒

【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論 Part9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163305972/


3 :名無し三鳥@3周年:2006/11/16(木) 00:26:31 ID:T3ABAecB
3取りー!!!

4 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 22:25:15 ID:Ze6wzCQP
おーーーーーい。
開店休業かい。


5 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:36:44 ID:X3PpMD6R
電波宗教屋が来ないとここまで寂れるのか。

6 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/11/25(土) 18:24:53 ID:/WpyAiHA
良いところで哲板がアク禁にするし。


7 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 22:01:36 ID:b6liuwLP
いや…本スレは↓だろ…
【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論 Part9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163305972/

8 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 08:15:03 ID:lZnh1h3T
>>7
な、なんだと…
重複スレだったのかここ。

orz

9 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 04:59:41 ID:sdzDxoLE
みんな、なぜ気付けないの?十人に一人の集まりは、十人に一人でしかないよ。残りの九人は全く関係がないよ。たった一割の人間に影響されてしまうのは、その人たちがおかしなことを言ったりしたりするからじゃない?

10 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:51:29 ID:JE5BVeEQ
なんかわけかんないこという人きても、
スレの寂れは解消しないみたい。なげかわしやー

11 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:02:03 ID:MHqtDNUk
だから重複スレだって。
本スレは>>7

12 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 22:25:22 ID:k4Td5TnY
>>11
何かあやしいぞ!

13 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 00:47:01 ID:UU44Ao3Q
13

14 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 22:58:21 ID:dwtfQOJ8
14

15 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 08:09:04 ID:vqvNlaJn
創造論のガイドライン

・論理的でない
・矛盾点を指摘されても無視する
・否定された説を何べんも繰り返す
・学説を曲解し自分らの妄説を肯定する為に援用する
・聖書とか一部の信仰者だけに権威のある妄言集を引用する
・霊、魂とかの証明不可能な概念を用いる
・論理や科学的な理論になりえない信念から議論を展開する
・話の筋が頻繁に捻じ曲がり、何が言いたいのか不明である
・自分しか理解しない概念を用いて意味不明な電波理論を撒き散らす
・矛盾点、知識の不正確さを指摘されると聖書を引用したり、霊だ魂だの妄言を垂れ流して話をかき回す



16 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 19:34:08 ID:hLqlfzcf
再利用しましょうか


■ 詭弁のガイドライン

1. 事実に対して仮定を持ち出す
2. ごくまれな反例をとりあげる
3. 自分に有利な将来像を予想する
4. 主観で決め付ける
5. 資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6. 一見関係ありそうで関係ない話を始める
7. 陰謀であると力説する
8. 知能障害を起こす
9. 自分の見解を述べずに人格批判をする
10. ありえない解決策を図る
11. レッテル貼りをする
12. 決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13. 勝利宣言をする
14. 細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15. 新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
16. 全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する
17. 勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する
18. 自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する

17 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 19:37:12 ID:hLqlfzcf
ついでに生物板の進化論関係スレ(「進化」で検索しただけ)

猿属(族)は人間属(族)から進化したbigpapa説★★★
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1145822323/
進化論は本当に正しいの?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1156603525/
人間が猿から進化したとするなら
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1117346846/
いつまで進化論を信じてるの?w
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1124033569/
【新総合説】新今西進化論2【進化論革命】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1165248452/
進化論は嘘
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1163922834/
は虫類は、何故、海に適応進化しないのか。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1033011751/
【進化って】素人に進化学を語るスレ F3【何?】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1126763870/
同性愛を容認する進化論は疑似科学??
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1143560673/
【進化】アクア説〜人類の祖先はカッパだったの?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1074647335/
進化論的にネアンデルタール人について語ろう
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1133776233/

18 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 19:37:42 ID:hLqlfzcf
未だに進化を誤解している人が大半の件について
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1122886554/
ネオテニー化=進化か
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1060415682/
ウィルス進化論について
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1091024756/
人間が進化すると
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1113986383/
進化:ペニスでフェンシングペニスでフェンシング
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1032033835/
生物の進化を1000スレで表すと
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1092594141/
哺乳類の次の進化はどうなる??
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1140103567/

19 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 21:13:02 ID:DWiNakXD
> 進化:ペニスでフェンシングペニスでフェンシング
> http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1032033835/

ちょwwなにそれw

20 :某377:2006/12/13(水) 23:04:50 ID:3+jlCkf+
>>前スレ981
>それはまず、物質脳からでしか心は説明できないとする科学知の

物質的に説明できるという仮説を検証しているところであって、
「物質脳からでしか心は説明できない」なんてことは一部の
厨房以外は言わない。

>>前スレ982
><それにしては、論理的には弱いな。

なにがどう?

>>前スレ984
><チューリング・マシンとゲーデル理論。金甌無欠を誇る数学体系さえ
>崩れかけている。のよ。

自分で何言ってるのかさえ把握できてないだろ。

><ペンフィールドの研究も知らずに脳、語るなWWWWW。

別に俺は脳を語っちゃいないが?

>>994
><これも独断。量子脳理論なんか信じていない。のよ。

じゃあなんで論拠に使えると思うの?


21 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:03:29 ID:235dKKsw
創造論のガイドライン批判に対する(個人的見解)

・論理的でない
(・理解出来ないことは非論理的いという。)
・矛盾点を指摘されても無視する
(・具体的に指摘しろといわれるとすぐ黙る。)
・否定された説を何べんも繰り返す(・同上)
・学説を曲解し自分らの妄説を肯定する為に援用する
(・学説もろくに理解していないの曲解などと相手のせいにする。)
・聖書とか一部の信仰者だけに権威のある妄言集を引用する
(・みことばの意味がわからないのに妄言を繰り返す。)
・霊、魂とかの証明不可能な概念を用いる
(・霊、霊魂の概念的知識もないので理解できないものはすぐ否定する。)
・論理や科学的な理論になりえない信念から議論を展開する
(・科学知でさえろくに理解していないのに科学論理がと言う。)
・話の筋が頻繁に捻じ曲がり、何が言いたいのか不明である
(・誘導されなければ堕スレになる傾向がある。)
・自分しか理解しない概念を用いて意味不明な電波理論を撒き散らす
(・自分の理解力を超えると意味不明を頻繁に使う。)
・矛盾点、知識の不正確さを指摘されると聖書を引用したり、霊だ魂だの妄言を垂れ流して話をかき回す
(・具体的に指摘しろといわれると指摘の替わりに罵声が返ってくる。)



22 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:13:46 ID:oM869W8C
三国人は何で日本で売春するの?

23 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:16:16 ID:oM869W8C
朝鮮人はどうして犬食べるの?

24 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:17:37 ID:235dKKsw
・論理的でない
(・理解出来ないことは非論理的という。)
・聖書とか一部の信仰者だけに権威のある妄言集を引用する
(・みことばの意味がわからないのに妄言を繰り返すと言う。)

どーでもよいけど、一応訂正しておこう。


25 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:22:55 ID:oM869W8C
朝鮮人のおまんこは発酵してるから臭いの?

26 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:24:11 ID:235dKKsw
>三国人は何で日本で売春するの?
<日本人がスケベーだから。

>朝鮮人はどうして犬食べるの?
<日本人はどうして犬食べないの?


27 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:28:34 ID:235dKKsw
>朝鮮人のおまんこは発酵してるから臭いの?

<あなたの腐った脳みそほど匂わないのよ。



28 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:29:17 ID:oM869W8C
三国人はスケベーじゃないの?
朝鮮では犬は食材なの?

29 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:32:25 ID:oM869W8C
>>27
君の脳みそも腐った匂いするの?

30 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:35:13 ID:235dKKsw
三国人はスケベーじゃないの?
<みんな紳士淑女です。儒教思想があるから。

朝鮮では犬は食材なの?
<赤いのがいいのよ。いっぺん食ってみるあるか。


31 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:41:41 ID:oM869W8C
朝鮮人は偉いんだね。 犬も家畜の仲間なんだね!
儒教思想の国には売春はないんだねしらなかった。

32 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:41:52 ID:235dKKsw
君の脳みそも腐った匂いするの?

<たまに取り出して洗っているから、匂わねーと思うよ。

33 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:44:42 ID:235dKKsw
>>31
知らんカットンネ。もうー無知、ムチ、キムチー。


34 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:46:42 ID:euaKMVMf
なんだなんだ?痛々しい展開になってきたぞ。

35 :某377:2006/12/14(木) 00:50:29 ID:yKqac/Ep
1.ネヨが本格的にキレた。
2.嫌韓厨の自演荒し

どっちだろうね。

36 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:54:24 ID:235dKKsw
再利用しましょうか
■ 詭弁のガイドライン

1. 事実に対して仮定を持ち出す
2. ごくまれな反例をとりあげる
3. 自分に有利な将来像を予想する
4. 主観で決め付ける
5. 資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6. 一見関係ありそうで関係ない話を始める
7. 陰謀であると力説する
8. 知能障害を起こす
9. 自分の見解を述べずに人格批判をする
10. ありえない解決策を図る
11. レッテル貼りをする
12. 決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13. 勝利宣言をする
14. 細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15. 新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
16. 全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する
17. 勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する
18. 自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する


総括的に言って、、、自分では論理展開が出来ないので、上記負け惜しみで
自慰することでウップンを解消する能力?を獲得する。


37 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:54:27 ID:oM869W8C
先日チョンデル呼んで 無理やり生で中出ししてやったら
結構喜んでたよ。朝鮮人は日本人のペットみたいだよ。

38 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:01:10 ID:oM869W8C
中国ハルピン女性は色白でおまんこは小さいよ。
チンポ痛かった!

39 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:02:38 ID:235dKKsw
そーか。横でみていたら、アカンベーしてたような気もするが。
そちんのそーろはらくでいいといっていたような。

40 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:06:46 ID:oM869W8C
北チョン女性だったら 日本円で120円でおまんこさせるよ。
おまんこ臭いよ。

41 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:15:01 ID:235dKKsw
安物買いのチン失いというよ。

42 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:23:58 ID:oM869W8C
ソウルのホテルでコールガール呼んだら おまんこからチーズの匂い
がしておまんこ舐めたらキムチの味がしたよ。

43 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:24:54 ID:oM869W8C
朝鮮人は奥が深いね。

44 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:29:45 ID:235dKKsw
なめくじ大統領の融和政策も奥が深いこと、理解できたか?

45 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:35:02 ID:235dKKsw
もういったか? 早くネローWWW


46 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 03:01:00 ID:UEYBkgrq
この痛ましいスレ違いな罵りあいについて・・

創造論を奉じる韓国系キリスト教@カルト「ネヨ」と謙韓厨が鉢合わせし、
互いに論理よりはむしろ体臭によって敵を見分けつつ、
お互いに意図する誘導に成功しない会話からの逃避にライトな罵りあいでウサ晴らし。

という仮説を立ててみるテスト。


47 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 03:41:40 ID:Rf8t8Kxa
嫌韓厨うざいな。



しかし、反論をその場その場の出鱈目で結構上手く切り抜けている部分では、
不誠実な人物ぐらいだけどトータルでみるとキチガイだっていう…w
この手の人物は害悪にしかならないんだけど、これを飼っているセクトもそんなもんだろうねw


48 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 04:01:32 ID:euaKMVMf
有ってよかったNGID機能。
ココで使うとは思わなかったが…

49 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:40:26 ID:flxaMj+7
キチガイとキチガイが出会ってしまい…そしてスパーク。

50 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:00:23 ID:2+wEWXpa
自分を獣と思っている進化論者たち。

51 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:17:16 ID:KzPahEFE
>>50
そうとも、そしてもちろん君のことも獣だと思ってるよ?

52 :某377:2006/12/14(木) 18:31:06 ID:+4aPv4N5
エックルスの本に、
人間がサルの一種だと思うならば、鳥は魚の一種だとみなければいけない (だから不合理だ)
といった趣旨の記述があるんだが、進化論の立場から返事するのならば、
「そうだね。つまり旧来の分類に問題があるってことだよね」という話で
しかないんだよな。

旧来の分類と進化論の結論が合わないという話は進化論の不合理性を
示しているのではなくて、分類のほうがおかしい(のかもしれない)と
いうことが理解できないアンチ進化論者は非常に多い。
>>50なんかはそのわかりやすい例。


53 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:46:34 ID:2+wEWXpa
>>51
<そうとも、そしてもちろん君のことも獣だと思ってるよ?

<自分が、けがらわしい、けだものと思ってる創造論者はいない。のよ。
さあ、けだものなら、けだものらしく振舞え。吼えろ、呻れ、
そうしてわが身を呪え。って。


54 :某377:2006/12/14(木) 19:16:34 ID:+4aPv4N5
「獣」という言葉の定義の問題なんだな。

人間以外の哺乳類を獣と呼ぶ、のであれば人間は獣ではない。
生物学的に根拠のある言葉ではないという程度の話。

そういう意味では「魚」もそうだし実は「爬虫類」もそうだという話がある。


55 :モエカス:2006/12/14(木) 19:36:44 ID:ChmIlMVK
>>53
進化論に動物を「けがらわしい」と定義する要素はありません。
したがって、「わが身を呪う」必要もありません。

むしろ創造論者の動物に対するスタンスがよく分かる発言です。
ありがとうございました。

56 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 20:00:10 ID:euaKMVMf
まぁ所詮分類は分類で、人が扱い易いように分けてるだけだし。
外見や代謝系等で分類されていた旧来のものと、分子系統分類では一致するものもあれば一致しないものもある。
基準が異なるんだから当たりまえ。

57 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 21:31:50 ID:flxaMj+7
例えば鯨なんかも魚類だって言われてたことあったみたいだけど、実際には象とかカバにちかいらしいしな。

58 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:55:48 ID:Vetezx4T
朝鮮人もカバの仲間らしいよ。

59 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:58:00 ID:Vetezx4T
朝鮮人は5千年の歴史があるんだ!

60 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:01:01 ID:a2HUasqM
朝鮮人は熊の仲間だろ?

61 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:04:02 ID:Vetezx4T
そうか。熊女の伝説があるよな! 朝鮮人は人間の仲間なのか?

62 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:08:55 ID:Vetezx4T
訂正します。

朝鮮人の先祖は熊だった 朝鮮の歴史に出てたごめん。

63 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:11:10 ID:Vetezx4T
朝鮮人は先祖が熊だからおまんこが臭いのか?

64 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:13:52 ID:ZkFwFoN3
朝鮮人は朝鮮人。
日本人ではありません。
相手にしてもなりません。

65 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:17:12 ID:Vetezx4T
>>64 ??朝鮮人と日本人ですか?
朝鮮人は人間じゃない動物ですよ。

66 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:19:09 ID:Vetezx4T
朝鮮人は神が見せしめのために創った物ですよ。


67 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:21:44 ID:Vetezx4T
朝鮮人のおまんこは横に避けてる。

68 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:25:34 ID:Vetezx4T
おまんこの種類が違う。朝鮮人は人類じゃないな。

69 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:30:25 ID:Vetezx4T
朝鮮人は神が創った犠牲者だ。SEXしたら朝鮮女はおまんこから
キムチのエキスをだす。 神も残酷なことをしたもんだ。

70 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 00:15:25 ID:vCjFhpE0
朝鮮人は進化の過程でゴキブリの仲間だろ。

71 :某377:2006/12/15(金) 01:06:17 ID:5ccz4G14
>>55
何度も言ったが、創造論者ってのは結局、自分達が特別だという
妄想を守るために神を利用する涜神者なんだよ。
聖書に「人間も動物だ」と書いてあったら聖書を捨てるほうを選ぶような連中。
まあ、ネヨの場合は聖書に書いてあろうとなかろうと関係なしという
やや特殊な人間ではあるのだけども。

72 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 01:30:11 ID:+R563ySB
>>71

コヘレトの言葉
3:18 人の子らに関しては、わたしはこうつぶやいた。神が人間を試されるのは、人間に、自分も動物にすぎないということを見極めさせるためだ、と。
3:19 人間に臨むことは動物にも臨み、これも死に、あれも死ぬ。同じ霊をもっているにすぎず、人間は動物に何らまさるところはない。すべては空しく、
3:20 すべてはひとつのところに行く。すべては塵から成った。すべては塵に返る。



73 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 07:00:15 ID:bPgpouy4
ちょwwwホントにそんな一文があるのかwww?
創造論者はこれをどう理解するんだ?

74 :某377:2006/12/15(金) 07:29:55 ID:5ccz4G14
>>71
ほう、そいつは知らなんだ。
創造論者がその一節をどう説明するか見物だね。

75 :某377:2006/12/15(金) 07:35:07 ID:5ccz4G14
>>72 のまちがい。

「動物と獣は違う」という言い逃れはありうるかな?

76 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 09:42:25 ID:blmBjQs4
>>75
きっぱり無理。>>71は新共同訳だが、なにしろ連中御用達の新改訳で

伝道者の書
3:18 私は心の中で人の子らについて言った。「神は彼らを試み、彼らが獣にすぎないことを、彼らが気づくようにされたのだ。」
3:19 人の子の結末と獣の結末とは同じ結末だ。これも死ねば、あれも死ぬ。両方とも同じ息を持っている。人は何も獣にまさっていない。すべてはむなしいからだ。
3:20 みな同じ所に行く。すべてのものはちりから出て、すべてのものはちりに帰る。


口語訳でも

伝道者の書
3:18わたしはまた、人の子らについて心に言った、「神は彼らをためして、彼らに自分たちが獣にすぎないことを悟らせられるのである」と。
3:19人の子らに臨むところは獣にも臨むからである。すなわち一様に彼らに臨み、これの死ぬように、彼も死ぬのである。彼らはみな同様の息をもっている。人は獣にまさるところがない。すべてのものは空だからである。
3:20みな一つ所に行く。皆ちりから出て、皆ちりに帰る。

77 :某377:2006/12/15(金) 09:46:14 ID:mD6SfwA1
>>76
ああ、それじゃ逃げ道ないね。
ネヨあたりなら本当に聖書捨てかねないなw

78 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 09:56:12 ID:9vBWKuSp
>>77
実際、見なかったことにしてしがみついてるでしょう?
連中が大嫌いな極左リベラルが創世神話や処女降誕や復活など
気に入らない個所を恣意的に無視するのとまったく同じ様にね。

79 :某377:2006/12/15(金) 10:02:05 ID:mD6SfwA1
違いがあるとすれば、聖書直解の大看板をあげているところだね。
アイデンティティに関わる大問題なんじゃないの?

80 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 19:34:29 ID:4nfNw4t3
私は、「運命が、善人も悪人も裁く。全てに時があり、時が全ての運命を定める。
神は人間を試し、人間が獣である事を思い知らせようとしている。」と思った。
何故ならば、人の運命も獣の運命も同じであり、人も獣も鼻で息をしており、
いずれも死ぬからである。人間が獣よりも勝っている事は、何もない。本当に、
人間は空しい。全てのものは死に、土に帰る。「人間の霊は天に昇り、獣の霊は地に降る。」
とは言われているが、それが正しい事を、誰も知らない。
 人間は、自分の行為を楽しむしか無いのだ。それが、人間のあるべき姿なのだ。誰が、
自分の運命を教えてくれるだろうか。誰も教えてくれない。


81 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 21:22:05 ID:QnqDW8SC
どうせ「我が輩は聖書を文字通りに解釈していない」とか言い出すんだろうが、自分の好きなように解釈するんならノストラダムスの大予言レベルだぜ。何でも好きな文章を作れる。

ゲーム帝国聖書もネヨの聖書解釈も同程度に正しいと言える。

82 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 23:03:26 ID:vCjFhpE0
朝鮮人はおまんこから卵を産むらしいな。

83 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 23:53:25 ID:xSB/A28c
今日も電波と嫌韓荒らしが来たな。

昨日は、意味の分からん反応にびびった嫌韓荒らしが逃げたみたいだが今日はどうなるんだろう。




>>76のレスが流れるまでネヨはこないかも知れんな。

84 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:05:05 ID:2hksz/OY
コヘレトの言葉。

11.5 妊婦の胎内で霊や骨組みがどの様になるのかも分からないのに、
すべてのことを成し遂げられる神の業が分かるわけはない。

12.7 塵はもとの大地に帰り、霊は与え主である神に帰る。

12.12 それらよりもなお、わが子よ、心せよ。書物はいくら記しても
きりがない。学びすぎれば疲れる。

12.13 すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」
それこそ、人間のすべて。

12.14 神は、善をも悪もを、一切の業を、隠れたこともすべて裁きの
座に引き出されるであろう。

85 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:30:44 ID:b99Xr6Yq
嫌韓荒らしは削除依頼に出しましたので、これから
かまわないようにしてください。

86 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 10:57:51 ID:2hksz/OY
心は果たして頭脳と同じものか?

動物学者イワン・サンダーソンは、ニューヨークのある病院で死亡した男
のことについて述べている。解剖の結果、この男には脳がなく、頭の中は
「コップ半分の汚い水」だけという男のことだ。ガードナー(マーチン 
数学者)に言わせれば、これも議論する値打ちもないつまらない話となる。

しかし、1980年代初め、シェフィールド大学のジョン・ラーバー教授は、
知能指数が126で頭の中が「水」だけの学生を発見している。この学生の
頭脳を走査すると、頭脳は外皮で厚さは1ミリしかないことが分かった。
脳が実質的にない人間がどうして人間としての機能を発揮できるのか?

水頭症が専門のラーバー教授は、頭の中の95パーセントが液体で、しかも
完全に正常な人間を数多く知っているという。70から90パーセントが液体
というケースはありふれているらしい。これはサンダーソンが考えたように
心と頭脳が別と言う証明にはならない。しかし、確かにその疑問のきっかけ
は提唱する(世界不思議百科より)
「狂気」とオーソドックスな学問の間に明確な一線を引くことは常にあやうい。
のよね。


87 :某377:2006/12/16(土) 11:32:28 ID:x2TDr9xT
事実関係にでたらめの多いオカルト本からの引用じゃなくて、一次資料を提示してね。

88 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:21:33 ID:X2lcCPVE
そんなオカルトソースしか提示できないってのがネヨの限界でしょう
前スレ前半につっこまれたことを未だに放置してるアホだし
そもそも「論理なんか関係無い」とカミングアウトしたような話にならない奴

89 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:32:42 ID:3yvsbIqK
脳が半分しかないが普通に生活できてる事例ってのはある。
脳の可撓性、冗長性がなせる業。
CELLプロセッサが歩留まりをごまかすためにSPEがいくつか死んでても出荷するようなもんだ。

オカルト本がそのへんのネタを極端に誇張したってのがありそうだ。

90 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:35:53 ID:o177nwYg
どっちにしろ、霊だかなんだかの証明とは無関係なのが激しく笑える。

91 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:52:52 ID:2hksz/OY
なにを言っても信じない、現代科学知教育が産んだ奇形児たち。

92 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:54:30 ID:tSo2Eg69
デタラメ・デマカセ・オカルトなことしか言わないからだろw

93 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 13:25:22 ID:2hksz/OY
オカルトとは超自然的の意味であって、デタラメの異名ではない。
今の科学では証明できない現象の総称なのよね。
カルトも正教と聖書の別解釈のことを言うのではない。
激しく使い方を間違っているのよ、ね。

94 :某377:2006/12/16(土) 13:47:22 ID:wzc1pM5s
>>93
君のやってることは俗にいうオカルト、カルトの範囲内。
オカルト、カルトに本来の意味にもどして何らかの役割を認めると
するならば、そこから君は脱落する。

95 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 13:54:58 ID:1M+qp+1r
そうだな、狂気とか妄想とか迷惑とか社会敵の美称と化してるよな。

96 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 14:51:34 ID:kOMtL2go
聖書に人間も獣(動物)って明記されてる(>>72>>76)のはスルーなんだなww

97 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 15:05:22 ID:+wLJiQGO
>>93
詭弁のガイドラインにあったな。細かいミスを指摘して話をそらす、だっけ。

98 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 19:21:51 ID:YYpMgP06
>>80>>93
で、答えたつもり。紀元前200の頃も現代も人を動物の一種とする見方に
警鐘をならしていることも理解できんのか?
見かけで判断すれば、ずべて誤ることになる。
だから、
「12.13 すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」
それこそ、人間のすべて。」となる。
だからこそ、
「12.14 神は、善をも悪もを、一切の業を、隠れたこともすべて裁きの
座に引き出されるであろう。」
動物が神の裁きの場に引き出されることはない。

科学知もないが、国語力もないよ。ね。



99 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 19:26:51 ID:YYpMgP06
>>94
偏狭知識型論理凡庸的独断先行型人間の代表ってとこか。


100 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/16(土) 19:41:47 ID:5L9nTNc2
>>98
なるほど、理屈はともかく、それが君の信仰ということか。

101 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 22:28:38 ID:sqpypFxM
朝鮮人は本当に人間なのか? 家畜が進化したんだろ!
聖書に出てないのか?

102 :某377:2006/12/16(土) 23:20:54 ID:KKeZpo3J
>>98
答えたって何に?
何かへの答えになってるようなレスじゃないけど。

>科学知もないが、国語力もないよ。ね。

科学力や国語力の問題じゃないと思うな。
君の妄言なんていちいち理解できないよ。
エスパーじゃあるまいし。

>>99
誰が?君じゃないよね?
独断先行はともかくとして、知識なし論理なしの異常人なわけだから。

103 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 23:25:59 ID:2zqjMKEj
>>101
チョンは国際社会から隔離されている 朝鮮民族のDNAの中に刻まれてるんだな。
家畜からの進化? まさしく神が創った素晴らしい芸術ですね!

104 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 02:57:16 ID:E46rEWY4
ネヨの芸風(矛盾の指摘とかは「いつか説明してやる」とか言って放置、
論理おかしいという指摘は論理自体を批判することによってさっくり無視)にも飽きてきたなあ

もう一人の◆QznUfgqaPYの方は戻ってこないのかな。
間違いを指摘されたぐらいで情けない。
ネヨは間違いを指摘されたときは「そもそも間違ってたってかまわない」とか言い放って
平然とこのスレに居続けたような厚顔さを持ってるのに

105 :新しい創造:2006/12/17(日) 03:32:49 ID:8aRC9LvS
新しい天地創造

進化論掲示板

http://6609.teacup.com/natrom/bbs

106 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 18:20:58 ID:XN6kmokB
科学知でボケまくった頭に真理の光を差し込んでやろうとする
我輩の親ごころ?にたいし、厚顔でたたき、無恥でしばくという
出迎えとは何事か。想定外。少しは反省せよ。よね。
我輩の言うことを理解できるのは1000人に5人くらい。
1人目はなかなか現れそうもないのよね。なげかわしやー。



107 :某377:2006/12/18(月) 18:34:37 ID:Fpwtny/O
1000人に5人もそんな気違いがいるようじゃ社会が崩壊するな。
いいから指摘・質問への回答と証拠をもっといでって。

108 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 18:41:01 ID:7bgt2Q4i
単に自分が正しいと言いたいだけなのよ。ね。
そのためには捏造も理論も教義も関係ないの。
高邁なので理解できる人が少ないと言えば、自尊心が満たされるのよ。ね。

109 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 19:01:30 ID:XN6kmokB
いま答えても、そんな頭じゃとても理解できないでしょうなあ。
一つテストしてみても分かる。
「愛」とはなにか?
「日常用語的には感情の一種で、何かの対象を肯定する気持ち、対象に
存在意義や価値を見出したり、対象に快を感じたりする気持ちである
と理解されている。(ウイキ)」
科学知はここでも人を騙しているんですねえ。
つまり感情の一種だと。ね。
他スレで「愛とはなにかを語ろう」でも、誰もわかっている人いない。みたい。

さあ、「愛」とは何か答えてみなさい。よ。

110 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 19:11:51 ID:3qHoWPMZ
ためらわないことさ

111 :某377:2006/12/18(月) 19:18:46 ID:Fpwtny/O
>ネヨ
そろそろスレタイ読みなおすのがオススメ。

112 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 19:57:12 ID:JVNpA65Y
>>110
ギャバンかよw

113 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 20:20:58 ID:avinrD2I
俺の場合、愛はちんちんの付け根あたりのところにあるな。
言葉じゃないんだよ。

114 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/18(月) 20:29:24 ID:3rkXb4GQ
>>109
マジレス
学術用語とか法律用語じゃないんだから明確な定義なんぞある筈がない。

で、そういうおまいは「愛」とは何か答えられるんだろうね?

115 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:15:28 ID:XN6kmokB
「愛」とは、
「愛」と聞いて、人はその存在を知っていても、「愛」が一体何かということ
になると人はほとんど知りません。つまり、愛が人の(いのちそのもの)だと
いうことに、まったく気が付いていない。愛が人の(いのち)であるのを知ら
ないと、人の(いのち)が何なのか、知っている人はだれもいません。

愛自体は、自分を愛することではなく他者を愛すること、そして、愛をとおし
て他者と結びつくことです。愛自体はまた。他者から愛され、結びつけられる
ことでもある。
どんな愛でも、その本質は結びつきです。あるいは(いのち)です。それは、
うれしさであり、愛らしさであり、楽しさであり、うるわしさであり、至福
であり、祝福であり、幸福です。

愛とは、自分のものが相手のものになるようにすることです。あるいは、相手
の(よろこび)を(よろこび)そのものとして感じること、つまり相手の(よ
ろこび)を愛することです。それにたいし、相手のうちに(よろこび)を感じ
ないこと、つまり相手の(よろこび)をそのものとして喜ばないことは、愛し
ていないことになります。前者は隣人愛となりますが、後者は自己愛です。

愛からくる情愛が」なかったら、何かを考えたり、行ったりできるでしょうか。
愛からくる情愛がしぼんでくると、それだけ思考力も、会話力も、行動力もしぼ
んできます。また、その情愛が燃えると、それだけ熱をもってきます。
賢者の悟りは、愛が人の生命であるという思想から来るのではなく、愛が人の
生命であるという体験から来ています。



116 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:17:14 ID:XN6kmokB
「愛」とは、
通俗的には、愛とか英知を、いわば希薄なエーテルの中に浮遊し、流れている
もののように考えます。せいぜい何かの発散として。したがって、これが事実
上、実体や形相(ケイソウ)として考える人はごくまれです。愛や英知が実体であり、
形相があると分かっている人でも、その愛や英知が主体の外にあって、主体か
ら(たとえば脳)流れてくるもののように考えています。主体の外に向かって、
主体から出てくるもののようであれば、結局は浮遊していて、流れでてくるも
のと同じですが、それを実体または形相と呼んでいるに過ぎません。

ところが、愛や英知は、主体そのものです。主体から外へ向かって浮遊し、流
れでるものは、主体それ自身がもつ状態の外見であって、それを見まちがえて
いるのです。今までそれがよく分かっていなかったのも、多くの理由があります。
まずは、人間の精神にとって理性形成の出発点が、外見apparentieaにあるためで
しょう。しかも、外見から奥へは原因の追究という作業がなかったら入れません。
その原因が奥深く隠れていれば、追求もいっそうできなくなります。その追求には、
霊的光の中で、理性(識別力)をしっかり固定させなくてはならないのに、それさ
え出来ません。いつも後ろに引っ張る自然の光(自然的思考)があるため、それに
邪魔されて理性がしっかりしません。

いずれにしても、真理は次のとおりです。つまり、愛や英知は、事実上・実際上の
実体であり形相です。そして、その実体や形相が、主体そのものになっています。
神の愛と神の英知は、実体である。その実態は、形相でもある。のよ。


117 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:26:09 ID:Omq7BX2l
>>115-116
分かってないな…愛はそれ自体が主体じゃないからこそ価値があるものなのに。
そんな薄っぺらい情念しか持てないのに精神を語るのかね
自己愛に毒されすぎて真実を見失ってるな、嘆かわしい

118 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:30:59 ID:Zbd5Pnc4
どんな素晴らしい愛の概念を語るかと思えば・・・・・・・・・・・・・・・・・



で、どこの宗教書からの抜粋?

119 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:46:06 ID:VY4T44MJ
ボケ愛なんか世の中にあるか!世の中に愛があるのなら北チョンが拉致するか。
進化論者に言う 朝鮮人は人間の姿した鬼だ!!


120 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:06:49 ID:+0NC2QJx
>>119
全然面白くないし邪魔
さっさと巣に帰れ

121 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:08:26 ID:XN6kmokB
それを自己愛=エゴイズムというのよ。
これも愛あれも愛♪

122 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:30:19 ID:VY4T44MJ
>>120
君は心の淋しい人種ですね! 朝鮮系統一教会でも入って精神修行でも
した方がいいようだね。 かんばって理屈言ってなさい!
朝鮮人はばい菌だぞ!!

123 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:39:25 ID:XN6kmokB
「愛」とは、
人間には、五つの外的感覚があります。触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚です。
聴覚の主体になるものは耳です。聴覚は、音が発する場所にあるように見え
ますが、聴覚は耳の中にあり、しかも耳という実体または形相の感じ取りなの
です。聴覚が、耳から遠くにあるように見えるのは、見かけにすぎません。
視覚も目から対象に向かうのではなく、対象物のイメージが目の中に入り、目
の実体と形相に影響を及ぼすわけです。以上によって、次のように理解できま
す。実体または形相は、主体を構成するわけで、その主体の感知力は、主体と
離れた別のところにあるではない。主体はあい変らず主体として前後をとおし
て同じです。

愛や英知についても、同じことが言えます。愛また英知は、実体または形相で
あって感覚器官が外へ向かって働いているように、眼前に現れてくるわけでは
ありません。それだけの違いは、だれもが認めるところですが、実体や形相は
、英知や愛の実体であり形相です。それは思考cogitations であり、感知perc
eptions であり、情愛Affectionsです。虚無から流れ浮遊してくるものではな
いし、主体をなしている現実の実体・形相から、抽象されたものでもありません。

脳の中には、数知れぬ実体や形相があり、それにはみな内的な意味interior sensus
があります。つまり、理性や意志に対応した意味をもっています。情愛にしても、感
知力にしても、思考力にしても、脳から吐き出される息のようなものではなく、実際
上・現実上の主体です。その主体がその中から何かを放出するのではなく、外郭の感
覚について前述したとおり、刺激によって起こる流動をともない、主体(愛や英知)
自らが変化します。刺激によって起こる流動とはどういうことか?いずれまた。ね。

ここで、神の愛と英知はみずからが、実体であり、形相であることがはっきりします。
神の愛は存在自身であり、神の英知は実在自身です。もし、この存在自身および実在
自身が、実体や形相でなかったとしたらどうでしょう。まるで虚構しかありません。
そては、そのものとして、なにもないことになります。



124 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:02:33 ID:XN6kmokB
まるで虚構でしかありません。
それは、そのものとして、なにもないことになります。に訂正。

補足。
愛や英知は霊的実体です。霊的実体は時間や空間の内にはいません。
だから見えません。情愛や感知力、思考力もすべて愛や英知から派生します。
愛や英知を受け入れる器が人の霊魂です。だから人の霊魂も見えません。
人の霊魂は人の体の形をしています。というより人の肉体のあらゆる部分と
個々全体細部に至るまで完全に密着しています。生きている間は、、ね。






125 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:09:47 ID:1jWAEIb4
もはや、科学とは縁もゆかりも無い方向へと進んでいってるな。
スレ違いだからどっかいってくれ。

126 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:12:57 ID:Sv/evZ0R
>>125
お前がどっか行けよ!勘違いするなボケ!

127 :モエカス:2006/12/19(火) 00:19:37 ID:AOoJu767
>通俗的には、愛とか英知を、いわば希薄なエーテルの中に浮遊し、流れているもののように考えます。
一体どこの誰がそのように考えているというのか。
しかもエーテルって。

128 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:21:44 ID:CXrKsDV4
もうスレ違いの垂れ流しと煽りはスルーすべき頃合かと。
きりがないよ。

129 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:38:53 ID:qfQhY6ey
>>125

科学が、科学がと偉そうなこというが、宇宙の始まりや人の心の一も説明でき
ないくせに。だから無神論的「進化論」が蔓延こって、信仰者がかえってバカ
にされるんだ。だまってみてられねえ、てんだ。よ。
その上、全くのウソまで人に信じ込ませた。
科学は人の手足。人の頭になってはいかんと言うこと。
、、、悔しかったら宇宙の始まりや、心が脳からどうして生まれる
のか、ちゃんと説明しろよ。ね。
この宇宙で存在できる最小の存在、プランクサイズ宇宙のなかに、137億光年も
広がっている宇宙のものすべてが何故入れるんだ?。時間が逆上るとともに
物質はみなプランクサイス以下に縮むのか。理屈に会わねえの。
1グラム原子の中にどれくらいのプランク宇宙があると思うのかい。
科学さえもろくに理解していない科学ボケが寝言は寝て言え。てーの。


ネヨWWW


130 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:47:41 ID:qfQhY6ey
物質等はみなプランクサイス以下に縮むのか。理屈に合うねえの。
また、午前様だ、ホントにネヨWWW


131 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:50:32 ID:e8GQJFQE
理屈に合わないことばっか言ってるやつに
「理屈にあわねえの。」って言われてもねえ・・・




132 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:50:34 ID:qtnXkBRQ
>>129
何百年前から使い古されてる、数学的帰納法ならぬ宗教的帰無知法をいまだに使ってる奴がいるんだなぁ。

133 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 01:10:18 ID:1jWAEIb4
なんつーか。スレタイもまともに読めないような人間はスルーでよいだろ。

134 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 02:49:22 ID:o+OAHJ1+
ネヨはいまやこのスレの肝である。
スルーすると弄る対象が無くなる。w

脳みそが無くても生きられるゾンビ野郎はそうそういない。
今も脳みそ無しで見事に生きている・・

135 :某377:2006/12/19(火) 09:13:05 ID:11/A5N5p
ポエム以下の代物にコメント入れるのも野暮というものかもしれんが。

>>129
何度もいうように、未説明の領域があることは科学がまちがっていることの
証明にはならないし、まして創造論が正しいことの証明にはならない。
創造論は事実と矛盾しているから棄却されるのであって、いくら進化論や
科学を叩いてもムダ。

あとプランク宇宙云々は君の感想でしかないね。
せめてそれが不可能であることの論理的説明をつけるべきだろう。
無理だろうけど。

136 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 09:37:46 ID:aiXcjcLj
ネヨの理屈って、くやしかったら漏れが理解できるように説明してみろ。説明できないなら漏れの勝ち。
というだけで、創造論も進化論も実は関係ないんだよね。

137 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 11:40:47 ID:1jWAEIb4
創造科学の奴らが良くやる手法で、
専門家が議論中だったり、注目していないような事柄、
つまり一般的に定まった見解が存在しない事柄について説明しろと言ってくる。
それがどれだけ下らない事か全く理解できていないんだなぁ。

138 :某377:2006/12/19(火) 12:08:34 ID:h4pokEyY
>>136
一番難しいのは「漏れが理解できるように」ってところだな。
わかりきった話であっても、理解力皆無、妄想力絶大の輩に理解できる
ような説明が存在するかどうか。

>>137
どっちにしても詭弁のガイドラインの範囲内だけどね。

139 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 12:41:28 ID:5nr5I6Nk
>>136
 そういう自滅シチュエーションを創ってくれたら勝ったも同然でしょ。
それこそおよそ誰でも判るように懇切丁寧に説明してやって、
それでも判らない馬鹿野郎は誰なのか衆目に明らかにしてやれば
こっちの仕事はおしまいだよ。


140 :某377:2006/12/19(火) 12:44:25 ID:h4pokEyY
>>139
とっくに衆目には明らかなわけだが。

最近は、そもそも何を説明しろと言ってるのかも不明な要求とか、
科学の埒外のものを説明しろとわめきちらすとか、そんなんばっかり。

141 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 19:31:52 ID:1NMSCBbG
>とっくに衆目には明らかなわけだが。
<何が衆目に明らかなんだ?また、独断先行か?

>科学の埒外のものを説明しろとわめきちらすとか、そんなんばっかり。

<ほう、宇宙の始まりを説明しろと言うのも科学の埒外か。人の心は脳で説明
できるという定説も、愛は人の感情であるということもみな科学の埒外なんか?
そのくせ「進化論」は科学知の範囲内なんだよな。
で、生き物(生命)は何からどのように生まれたのだ。そして、どのように進化
してきたんか。ね。見てきて来たの?
分からないことは科学の範囲外。ご都合主義もいいとこだな。

142 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 20:40:57 ID:YrvfNsUu
まったくだ。
説明を求めておいて理解できなくなったらどうでもいいと言い放つとか。
誠実さは正教会の信者にでも求めろ、こっちは知ったことじゃないとか。
真理を探究するために両者を平等に比べているとイイながら、最初から立場が決定していたりとか。
ご都合主義もいいところだ。

143 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 20:57:13 ID:N+TpxAw+
>>141

生物の始まりはRNAだな。
原始地球では何億年ものあいだ、無数のRNAの適当に合成されては破壊されてきたが、
あるとき、自己複製能力をもつのが1コできた。
そいつが適当にエラーを繰り返しながら自己複製し、より複製能力の高いものがはびこるようになり、他の便利な高分子も合成するようになり、色々機能分化しながら現在に至る。

現在ではどんな反応が起きようが、無機物からある程度の生物に至る前にまず他の微生物に食われてしまうが、当時はライバルはいなかった。

まぁ地球1コ分の無菌のハビタットと数億年の実験時間があれば再現できると思うよ。

144 :某377:2006/12/19(火) 22:03:46 ID:WPky8F36
>>141
><何が衆目に明らかなんだ?

おまえがデタラメを口走っていること。

>また、独断先行か?

おまえがな。

><ほう、宇宙の始まりを説明しろと言うのも科学の埒外か。

たしかにそいつは科学の範囲内だな。で?

>分からないことは科学の範囲外。ご都合主義もいいとこだな。

いや?
科学の範囲内でもわからないことはわからないと何度も言っているはずだが。
揚げ足とったつもりでいい気になってないで、自分の責任を果たしたらどうだ。

145 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/19(火) 23:59:30 ID:fRA2pWPx
ネヨはネタ切れのようだ。

146 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 00:45:43 ID:R7xJNSMy
何時まで経っても「科学」が「学問」であることに気が付けない可愛そうな子っているものナンダねぇ…
学問なのだから、未知のものもあれば既知のものもあるし研究中のものもある。
そんな簡単な事にも気が付けない…ってのは人としてどうなのだろうか。

147 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 02:29:35 ID:zqmTsm7E

なになに、分かったことに対しては、これが科学だと空威張りするのが
科学で、分からないことに対しては、てんで意気地がないのも又、科学
の特質でして、、、まあガキ大将みたいなもので、すいません。
よく言い聞かせますから、許してやってくだせえ、てか。

148 :モエカス:2006/12/20(水) 04:30:15 ID:SQzbGD4A
>ネヨ
あなたのように分からないことについて
分かったふりをする必要がないというだけだよ。

149 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 06:17:11 ID:F4gSq9Lw
「科学はまだこんなこともわかってないのか、
しょうがねーな教えてやろう、俺に天使が教えてくれたことによればだなぁ・・・」

ネヨの意見は要約するとこの程度のもんだからなー

150 :某377:2006/12/20(水) 08:29:41 ID:q3MKxyNZ
>>147
つまり君は、
分かったことがかけらもないくせに空威張りするほうがずっと偉い、
とこう言いたいわけだ?
まあそれも一つの生き方かもしれんね。がんばってね。


151 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 13:51:46 ID:WDN/bvkl
まあ、脳内真理抱えて好きに生きて好きに氏ねばいいんじゃない?

152 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 19:22:20 ID:wVA3LD8x
>>146代表者様
>何時まで経っても「科学」が「学問」であることに気が付けない可愛そうな子っ
ているものナンダねぇ…

<まあ、安易な貼り付けで言わしてもらえば、だな。
科学 (かがく、 science) は、ラテン語のスキエンティア(scientia、知識)に
由来する概念で、体系的で実証的な学問の総称である。学問(がくもん)とは、
文化の1つで、個々の事実が相互に関連しあうという仮定の下に体系化した仮説
をたて、その仮説を検証する研究活動によって得られた知見の総体である。
つまり、科学には、大まかに、人文科学、社会科学、自然科学がある。
人文科学には、 
哲学 倫理学、宗教学、言語学、文学、美学、芸術学、歴史学、考古学、地理学
(自然地理は自然科学に分類される)人類学(自然人類学は自然科学に分類される)
民俗学 心理学(心理生理学は自然科学に分類される) この分類以外に、大学の
文学部で行っている学問を指す解釈も有る。下記の小分類の幾つかは、人文科学に
含める場合も有る。最も大まかな分類では、社会科学全体が人文科学に含まれる。
統治系 。
社会科学には、
法学政治学政策学(オペレーションズリサーチという側面が有る場合には応用科学
に分類)行政学経済系経済学経営学商学会計学一般系社会学この分類以外に、大学
の法学部、経済学部、教育学部などで行っている学問を指す解釈も有る。

自然科学基本的には、大学の理学部で行っている学問を指す。
数学 、理学、物理学、化学、生物学、地学、天文学、計算機科学 、応用科学等

それを、個々の事実が相互に関連しあうという仮定の下に体系化した仮説
をたて、その仮説を検証する研究活動によって得られた知見の総体である。
とある。つまり還元主義的な考えである。
つまり、餅は餅屋的な専門的分業作業である。しかも、その分業は統合されれば、
ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。
そこんとこ、よく理解して科学を語っているのか。ねえ。


153 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 20:11:00 ID:7EHW8pAZ
うん、君は精神科に行って天使の声が聞こえるんですと相談してからまた来て

154 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:20:57 ID:zpDBm4u5
自然科学>>社会科学>>>>人文科学>>>>|越えられない壁|>>>>宗教

155 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:23:10 ID:SU2qH5Mn
自然科学>>社会科学>>>>人文科学>>>>|越えられない壁|>>>>宗教=嘘

156 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:33:06 ID:wVA3LD8x
あは、聖書の天界的天使の教えと言ったまでで、天使の声が聞こえる
なんてこと言った憶えはないのよ、ね。そこんとこ間違わないでね。
したがて、空耳でもなんでもないんだよ。精神科無用。

157 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:40:55 ID:7EHW8pAZ
俺の聖書解釈は天使の解釈であって問答無用に正しくて
科学にわからないことでもわかるんだー
根拠?そんなもん無いよ

158 :モエカス:2006/12/20(水) 21:43:51 ID:SQzbGD4A
>ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。
なくてはならない必要がどこにあるか。

159 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:02:13 ID:wVA3LD8x
根拠を知らないで聖書の教えを信じる人は単純(純粋)な人、
も聖書の天使的教えを受け入れ(みことば)を信じる人は霊的・
天的人間で、いづれも他生で天界におります。
一方、聖書の教えをせせら笑い、科学知でもってこれを否定する
人は他生で地獄におります。とは、天使の教え。




160 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:05:45 ID:ohlpdRv6
>>156
「天使の教え」なのに天使から伝えられたものではない?
じゃああんた自身が天使なの?それですらないなら
「天使の教え」という呼び名は間違っていることになるが。

161 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:07:15 ID:WDN/bvkl
ネヨの人は完璧に何かへんなものの影響を受けていますね。
それの証拠に創世記の読み方を思いっきり間違えているし、この世界の見方も間違えている。
創世記における天地創造と、観測事実による宇宙とは全く別の場の話なわけで。
この二つが矛盾するのは当たり前なのですよ。別々のものなんだから。

162 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/20(水) 22:07:25 ID:qG/qSgXt
>>159
>一方、聖書の教えをせせら笑い、科学知でもってこれを否定する
>人は他生で地獄におります。とは、天使の教え。

お前、それを天使から直接聞いたのか?

163 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/20(水) 22:10:49 ID:qG/qSgXt
>>159
で、このスレッドで聖書の教えを科学で否定した人がどれだけいたんだ?

「聖書は科学的に正しい」とか、あるいはお前の電波を
「せせら笑い、科学知でもってこれを否定」した人ならいくらでもいたが。

164 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:15:06 ID:ohlpdRv6
聖書の教え(>>72>>76)を自己流電波教義(>>53)で否定してた奴ならいるね。

165 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:27:00 ID:wVA3LD8x
>創世記における天地創造と、観測事実による宇宙とは全く別の場の話なわけで。
<だから、創世記は神の宇宙創造でも、生き物の種ごとの創造のことを書いてあ
るのではないと何度も言っている。のよ。

>お前、それを天使から直接聞いたのか?
<だれがそんなこと言っていると書いたか。ちゃんとこれまでのスレ読め、アホ。



166 :天ノ川 創:2006/12/20(水) 22:29:15 ID:6LKrR94s
アマテラス降臨!

167 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/20(水) 22:32:08 ID:qG/qSgXt
>>165
じゃあお前はどうやってその「天使の教え」とやらを知ったのだ?

168 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:32:57 ID:WDN/bvkl
>>165
いやいや、そうじゃないですね。
あれは文字通り、そのまま理解するべきなのです。
そこをヘンに辻褄が合うように解釈しようとするから、へんなものに付けねらわれて影響を受けるのです。
創世記は文字通り理解してもよいのです。
ただし、今観測されている場とは別の場のことを指しているだけなのです。

そこんとこをねじ曲げるから、脳無しで心が〜とか無茶な話の展開をしなくてはいけなくなるのです。
ついでにいうと、仏教でも表現は違えど根は一緒なのです。

それを何を呼ぶべきかはわかりませんが、キリスト教も仏教も世界中の宗教も断片でしかないのです。



169 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:47:04 ID:wVA3LD8x
>>168
創世記を文字上どうり解釈すると何を言っているのか分からなくなる。
これが神の言ったこと書いたものか?と。
なんなら、最初から仕舞いまで訳せるのか?
なんぼか、やってみるか?。ね?
やめとけよ、人間にはムリだ。


170 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:51:48 ID:WDN/bvkl
それがわけがわからなくなるのは、この世界と対応できなくなるからなのです。
創世記の最初に伝えられている神が創造したモノと、この宇宙は別のモノなのです。
この宇宙はエデンの外なのです。
エデンの内を語った創世記と違っていて当たり前なのです。

それを無理にこじつけで解釈しようとすれば、それは隙にしかならないのです。

171 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:55:09 ID:wVA3LD8x
>>158
>歴史学に客観性(科学性)を賦与するこの反証可能性というものは,同時に,
歴史学がありのままの現実だのとは無縁であることを含意している。なぜなら
歴史のrealityだのtruthだのというものが仮にあるとしても,そ
の大部分は不可知の事実から成り立っており(人間の心の中や頭の中が不可知
であるのみならず,事件史や構造史についても不可知の事実は多数あり,不可
知の事実は無限であると言ってよい),しかも現実はカミュの言うように不条理
(非論理)であるかもしれないからである。以上のような意味で,歴史学は,
ありのままの現実や真実の復元などははじめから問題にせず,真実を語ることは
芸術家の直感に任せているのである。

>ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。
なくてはならない必要がどこにあるか。

<ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。科学とはそう在るべき。
そうでなければ科学は、真珠がバラバラになるように自己矛盾を起す。と書いてあっ
たから書いたまで。我輩が言ったのではありまシェン。
ひとつの論理体系にならないのなら、歴史学も科学の範疇からはずすべきである。
また、化石的事実に重要な依存をしている「進化論」も当然、科学から除外すべき
である。のよね。


172 :モエカス:2006/12/20(水) 22:55:23 ID:SQzbGD4A
>>165
おまえのように比喩はおろかアナグラムにさえなってない文章の読み方でいいなら、
日本国憲法前文から創造論でも科学主義否定でも見出すことが可能。

173 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:57:19 ID:wVA3LD8x
>この宇宙はエデンの外なのです。

<エデンの園とは何を意味するの。分かっているの?


174 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:02:37 ID:WDN/bvkl
>>173
あなたのように自分の解釈だけが正しい。聖書の言うことは間違っているという考えの方に言われても全く痛痒を感じませんです。
自分の考えが正しいというためだけに、論理的思考などどうでもよいし誠実さなども必要ないという悪しき考えの方の思うエデンの解釈はしりませんです。

どんな天使的な解釈か知りませんが。

いずれにせよ、あなたの解釈では何も説明できておらず、そのことを覆い隠すために自分にしか理解できない高邁な考えだと吹聴することしかできていないのです。
実に恥知らずです。
そんなあなたのエデンの解釈など、私が知るわけ在りませんですね。

175 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:06:05 ID:wVA3LD8x
>>172
貴様も創世記訳せるのか。やってみるか?
まず、簡単なところから。
「主なる神は、東のほうのエデンに園を設け、自ら形づくった人をそこに
置かれた。」(第2章第8説)


176 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:09:40 ID:WDN/bvkl
>>175
元のテクストを指定しないと全く意味がありませんね。
つまらない挑発はどうでもいいです。

翻訳合戦をどうしてもしたいというならば、原文を画像に取り込むなり何なりしてアップロードしてくださいです。

そもそも、スレを丸々一つ費やして、あなたの天使的な解釈とやらは何もこのスレの方々に影響を与えていないではないですかです。
そのこと一つとっても、どれだけ独りよがりか底が知れようというものですます。

177 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:17:03 ID:wVA3LD8x
>>174
>あなたのように自分の解釈だけが正しい。聖書の言うことは間違っていると
いう考えの方に言われても全く痛痒を感じませんです。

<だれが聖書の言うことを間違っていると言ってるのよ。
文字通り解釈すると意味が通じなくなると書いたまで。ね。

>この宇宙はエデンの外なのです。
>エデンの意味も知らないでなぜそういえるのか。へんなの。



178 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:24:47 ID:WDN/bvkl
>>177
知らないとは言ってませんね。
ネヨ天使的解釈のエデンは知らないですけどですね。

ところで、知らないのに言えるのがおかしいというならあなたの方がよっぽどヘンですね。

なんせ、知りもしない情報量がどうとか散々語っていたではないですかですね。
私も情報量の何たるかは知りませんが、あなたはどーしてそれを語っていたのですかですね?

で、さんざんに突っ込まれて論理などどうでもいいと言っていましたですね。

こっちの方がよっぽどへんですよです。

そういう極めて自己中心的な態度をとるから、誰もまともに相手をしなくなってしまうのですよですよ?
挙げ句の果てに、科学知が騙すとか言って自分を慰めることになるのですよですよ?

さて、寝ますですよです。

179 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:29:52 ID:wVA3LD8x
>>176
<ほー。聖書の邦訳では解釈できない。原文なら解釈できる?
たれか、原文示してやってくれ。よ。アラム語かヘブライ語か?
原典を持ってきても、文字上の意味はあまりかわらんと思うがな。あ。


180 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 00:12:59 ID:7b6orAql
>>178
>なんせ、知りもしない情報量がどうとか散々語っていたではないですかですね。

<理解できていないのは。おまえさんのほうだろー。
<情報量の意味と、情報量を支える物理的基盤の意味は違うの。
なぜなら、精神と物質の関係から見ると。

世界T=脳を含む全物質・エネルギー界。
世界U=精神、意識あるいは心の世界。
世界Tをさらに二つに分けると
世界Tp=物質・エネルギー界の精神と関係しない部分。
世界Tm=物質・エネルギー界の精神と関係する部分(精神と関係する脳の神経活動)
徹底的唯物論=世界T=世界Tp、世界Tm=0(存在しない)世界U=0(存在しない)
ニ元論的世界=世界T=世界Tp+世界Tm 世界Tと世界Uは相互作用する。 
唯物論者はこの世は物質しか存在していないという。情報量が(世界U=精神、意識ある
いは心の世界。)なら、この意味を理解しているのは人間の(思考)。人の思考は脳ミソ
の活動で物質脳そのものしか認めないのなら、情報量を支えている物理的基盤は脳そのも
のとなる。情報量が人の脳から切り離されて、単独に存在する概念ならニ元論的世界感。
某377はこれを否定した。つまり唯物論者なんだろう。ね。


181 :某377:2006/12/21(木) 00:28:09 ID:tzecOq1p
記号や等式(っぽいもの)を書けば論理的だと思ってるだろw

>>180
俺は否定はしてないよ。
エックルスの二元論は何らの根拠も示されておらず、
したがって思いつきを語ったという以上のものではまったくなく、
結局のところ何かの論拠に使えるものではないことを指摘しただけ。

二元論一般がまちがいだとも、一元論が正しいとも言った覚えはない。

二元論は科学にとっては今のところ不要な仮定だとは思っているが、
究極的に唯物論的に世界が解釈可能かどうかは判断を保留している。

さらに言うならば、「唯物論者」が罵倒語だと思ってるのは一部のキチガイだけ
なので、そのへんも知っておくとよいだろうね。

182 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 00:54:49 ID:7b6orAql
>さらに言うならば、「唯物論者」が罵倒語だと思ってるのは一部のキチガイだけ
なので、そのへんも知っておくとよいだろうね。

<霊界では唯物論者はみな気が狂っているので、天界には迎え入れられません。
なぜなら、全能の神を認めないからだそうです。
だから、みな地獄に行きますと。いいます。(天使的解釈より)




183 :モエカス:2006/12/21(木) 00:58:58 ID:X7tl+TuQ
>>171
とりあえず引用には出典を示し、自分の意見とはっきり分けろ。
それから、 Wikipediaの中とはいえ、別々の項目からの一部をつなげ一つの説明文のようにするな。
もしかして他のサイトや本からも勝手にひっつけてるのか?

>と書いてあったから書いたまで。我輩が言ったのではありまシェン。
あなたもそう思うから引用したんじゃないの?
あなたに尋ねているんだよ?

ちなみに↓この人は同じものを見てあなたと反対の感想をもったようだけど。

「ラビタンのウソじゃない日本史学&考古学 第5話 科学としての歴史学」
ttp://www.fsinet.or.jp/~rabitan/dai5wa.htm

184 :某377:2006/12/21(木) 01:06:19 ID:tzecOq1p
>>182
>(天使的解釈より)

はいはいw

185 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 01:19:47 ID:7b6orAql
>とりあえず引用には出典を示し、自分の意見とはっきり分けろ。

<純粋な自分の意見なんてあると思うのはおお思い違い。



186 :某377:2006/12/21(木) 01:38:08 ID:tzecOq1p
だからと言って他人の著作物を剽窃・改竄するのはおおいなる間違い。
まあ今さらおまえに遵法精神なんぞ求めたりは(俺は)しないけどな。

187 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 02:31:37 ID:EVzJiRjX
「だそうです」ってwww
妄想乙だな。

188 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 03:27:20 ID:+jbbbIVq
>>180
ごまかそうと必死な努力乙。
宇宙がデジタルだとか語ってたけど間違いを指摘されて
「間違ってたってかまわない」と開き直ったよなお前。
お前の醜態は過去ログとしてずーっとデータに残るしスレ見てる奴の記憶にも残る。のよ。ね。

189 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 07:51:31 ID:7b6orAql
>>188
>宇宙がデジタルだとか語ってたけど間違いを指摘されて

<そいつも>>180で言っている意味が分かっていないから
そう書いたんでしょう。デジタルでもアナログでもかまわない。
何が醜態だ。よ。


190 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 09:50:59 ID:2wVuPXd0
日蓮よけよ

191 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 10:15:21 ID:xXhgHszY
日本語に翻訳された文章持ってきて「翻訳して見ろよ」とか、頭おかしいとしか思えん。
接続詞とか全く意味なく使ってるしな。「しかも倫理的に」ってなんだよ。知識を統合したら倫理的に正しいものになる?何その電波理論。
別に宗教を信じたけりゃ信じたらいいし、聖書を独自に解釈したけりゃすればいいよ。でもそれを科学に持ち込むな。
科学の基本スタンスは疑うことだ。端っから何かを正しいと仮定した時点で科学的じゃないんだよ。
それが何千年も前の何の根拠もない文章ならなおさらな。

192 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 12:37:14 ID:Bun6qybm
>>189
どっちでもかまわない割にはずーっと言い張って、反論するやつを馬鹿扱いして、
何人もから間違いを丁寧に指摘されてやっと気づいて
それで初めて「間違っててもかまわない」と言い出してたけどなお前。

醜態を取り繕おうとしてさらに醜態を晒すのね・・・

193 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 18:09:48 ID:LL/LEjXl
>>171でもごっちゃになってるし、もしかしてネヨは倫理と論理の区別がついていないとか

194 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 18:34:15 ID:tlH8BP1P


195 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 18:49:56 ID:KAhcC74w
>倫理と論理の区別がついていないとか

<論理と書くところを倫理と書いてしまった。単なる書き違い。
許されよ。しかし論理にそうヨタはない。のよね。

>日本語に翻訳された文章持ってきて「翻訳して見ろよ」とか、
頭おかしいとしか思えん。

>>189
<何処かでそんなこと言ったかなあ?
みことばを解釈してね、言った憶えはあるが。
翻訳と解釈の意味分かって言ってんのね?

>>189
>何人もから間違いを丁寧に指摘されてやっと気づいて、、、

<ぜんぜん気が付いていません。それで、なにか?
バカにも分かるように説明してね。ね。

>>164
>聖書の教え(>>72>>76)を自己流電波教義(>>53)で否定してた奴ならいるね。

<コヘレトの言葉は仕舞いまで読まないと理解できないのよ。これで、おしゅまい。



196 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 19:11:24 ID:KAhcC74w
>>189 →191
>日本語に翻訳された文章持ってきて「翻訳して見ろよ」とか、
頭おかしいとしか思えん。

<何処かでそんなこと言ったかなあ?
みことばを解釈してね、言った憶えはあるが。
翻訳と解釈の意味分かって言ってんのね?

>>189>>192
>何人もから間違いを丁寧に指摘されてやっと気づいて、、、

<ぜんぜん気が付いていません。それで、なにか?
我輩のようなバカにも分かるように説明してね。ね。

云い間違って、罵声の対象みたいなとこあるから。許されよ。



197 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 19:41:30 ID:KAhcC74w
もう一丁いくか。
>>192
>醜態を取り繕おうとしてさらに醜態を晒すのね・・・

<ぜんぜん醜態とは思いませんが、なにか?
そこまで言うなら、ちゃんとどこが醜態なのか、論理立て説明しようね。
出来ねえなら、すっこでろ。よね。


198 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 19:48:57 ID:tlH8BP1P
そして愛

199 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 20:01:13 ID:KAhcC74w
愛のアントニムは、無関心=自己愛=エゴ=霊的死。

200 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 20:06:52 ID:4utsXL3z
> 愛のアントニムは、無関心=自己愛=エゴ=霊的死。

自己愛、エゴか。
まさにネヨのことだな。

201 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 20:29:38 ID:KAhcC74w
>自己愛、エゴか。
まさにネヨのことだな。

<自己愛が地獄を形成すること知ってんの。
さて、自己愛とはなにか? カントも全容を知らなんだ。
天使的解釈なく、説明出きるものか。やってみれ。よ。




202 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 22:31:12 ID:m++/bBcA
さらに愛


203 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 23:30:56 ID:xXhgHszY
>>175で思いっきり「創世記訳す」とか言ってんじゃねーかww

204 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 23:49:20 ID:EVzJiRjX
ジャイアンツ愛とはどう違うの?

205 :天ノ川 創:2006/12/22(金) 08:01:40 ID:U3oMh6rP
やっぱり愛

206 :天ノ川 創:2006/12/22(金) 13:33:31 ID:U3oMh6rP


207 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 15:17:05 ID:aY0A6ss6
阿呆の戯言

208 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:33:32 ID:BU8a4G17
醜態の記録

自分理論を披露し、つっこまれ続けると
「べつに間違いでもようござんすが、こちらは。」
「もともと科学理論はどうでもよろしい。」
と開き直る。

ID:uc6AmyVS、ID:54Ra7BDk、ID:V1vYRmoH、ID:DBiuP67Pがネヨ氏である

209 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:34:29 ID:BU8a4G17
389 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 20:31:37 (p)ID:uc6AmyVS(8)
で、
プランク長宇宙の情報量を支える物理的基盤は一体なんなのか?
科学理論に従えば、情報量だけが、単独に存在しているわけではないだろう。
1ビットの情報は自分自身が大きく膨れ上がれという情報なのかい。


390 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 21:52:05 (p)ID:x/HoEZr9(4)
これだけ話が進んでるのに、まだ情報量を誤解してるし。
もういいよ。つまらん。


391 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 22:10:39 (p)ID:uc6AmyVS(8)
>まだ情報量を誤解してるし。

<情報量を表す単位をビット(bit)という。 1ビットとは2つの状態を区別する
情報量で、たとえば、赤と青しかない歩行者用の信号が示す情報量は1ビットである
(歩行者信号は、赤信号か青信号の2状態のいずれかだから)。このように、赤と青
とかOnとOffとかの2値を抽象化して、「1ビットは0か1かの2種類の情報を表わす」
ということが多い。つまり、1ビットは次のように、1つの升目□に0または1を割
り当てて表現できる情報量と記述できる。

べつに誤解しているとはおもえんが。
この情報を担う物理的基盤は、半導体、集積回路などのハードウエアー。
脳の中にある情報も、脳と言う物質的基盤があっての情報だろう。
説明できないから言って誤魔化すなよ。ね



210 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:35:26 ID:BU8a4G17
392 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 22:21:41 (p)ID:uc6AmyVS(8)
一辺がプランク長のタイルを四つ並べて一回り大きな正方形を作ると、宇宙の中を
駆け巡る情報は、この正方形(タイル四枚)当たり1ビットが最小単位となる、デジタル情報、
情報の量子らしい。これはブラックホールの温度やエントロピーの研究からわかってきた事実である。
とするとこれより小さい空間は情報を担えない。(ジェイコブ・ベケンスタインが、ブラックホールには
大量のエントロピーがあるとの説を唱えてからは、熱を帯びているのならば発見できるだろうという可能
性が出てきた。そして、1974年、ホーキングは、量子力学的な見方を考慮に入れれば、
「ブラックホールは完全にブラック≠ナはない」といった驚くべき見解を発表した。)
四枚のタイルが宇宙の画素を担い、宇宙情報処理の最短速度はプランク時間あたりが限界なのだと。

だから、無(虚数)時間的に存在していた宇宙は、どんな情報で膨れ上がったか、
また、その情報を担ってる基盤は何かといっている。


394 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 22:31:37 (p)ID:x/HoEZr9(4)
情報量っつうのは、ある事象が発生した際の確率的な尺度を示すものでしかない。
従って、信号の例でいうならば、その信号は1bitの情報量を有しているというだけの話。
ここで重要なのは実際に赤もしくは青を出力するという操作は論理演算と言って情報量とは全く別物ということ。
別に信号が実在していようがしていまいが、信号の情報量は1bitなのだ。
それを保持する物理機構は全く別の問題。
論理演算と情報量を混ぜて何が楽しいんだか。


395 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 22:42:13 (p)ID:uc6AmyVS(8)
<情報が沢山集まって情報量になるんでねえのか?
メガバイト、ギガバイト、テラバイトとか。さ

>情報量っうのは、ある事象が発生した際の確率的な尺度を示すものでしかない。
<テレビの映像は確率的にしか映らないのか?



211 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:36:34 ID:BU8a4G17
399 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 23:00:40 (p)ID:x/HoEZr9(4)
>情報が沢山集まって情報量になるんでねえのか?
>メガバイト、ギガバイト、テラバイトとか。さ
全然違う。つか、メガだのギガだのはタダの単位だろうが。

>テレビの映像は確率的にしか映らないのか?
それを恣意的な情報にするために論理演算を行って復調するんだろうが。


401 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 23:06:42 (p)ID:uc6AmyVS(8)
メガバイト、ギガバイト、テラバイト級の情報を器械が情報処理(演算)
してパソコンで2ちゃんの書き込みが出きるつうのが科学理論じゃないのかい。



212 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:37:45 ID:BU8a4G17
407 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 23:20:14 (p)ID:x/HoEZr9(4)
>>401
だから、情報量と論理演算は全く別だと言ってるだろうが。

たとえば、だ。

おまえはあほだ。 という情報があったとする。この情報の情報量は16バイトだ。
しかし、
おまえがすきだ。 という情報の情報量もやはり16バイトなのだ。
これは情報量というものが、事象の生成率に起因しているためだ。
この二つの文は確率的に同等なのだ。
同様に
ああああああああ という情報の情報量も16バイトだ。

情報量というのは乱暴に言うならば、その情報量から発生しうる情報の範囲を決めているだけなのだ。
そして、情報量というのは事象の生成率の指標でしかないので保存量ではない。

で、この情報を任意に出力するにはどうすればいいか?
16バイトの情報量を担保できる装置があればよい。

この装置を論理演算装置と呼ぶ。

つまりonとoffのスイッチがたくさんあれば、任意の情報量の特定の情報を保持し好きなときに出力出来るのだ。
これが論理演算。磁気ディスクはSとNをスイッチにして特定の情報を保持しているわけだ。

つまり、我々は情報量を元に必要な数の論理演算素子を使って特定の情報を操作してインターネットなんかをしているわけだ。
だから、情報量と論理演算を混ぜて話をしても全く意味はない。

さて、スレ違いはここまでにするべ。



213 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:38:53 ID:BU8a4G17
408 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 23:26:14 (p)ID:uc6AmyVS(8)
科学知は人を騙す。スレ聞いているとよく分かるようになる.
科学は人の手足。頭になってはいかん、ということなのよne。
もっと頭は人間本来の使い方しましょう。

ネヨWW


409 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 23:27:44 (p)ID:WA9hHNcz(5)
訳:「意味分からないよ!騙された!泣き寝入りします!」


410 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 23:43:05 (p)ID:ZfiX1U0c(3)
うはww
議論に負けたら突然レベルの違う捨て台詞吐いてふて寝wwみっともねえwwwww




214 :某377:2006/12/22(金) 18:26:34 ID:+41B1o+6
まあその「論理演算」の話もわかりづらいというか、はっきり言って
俺もよくわからんかったのだけどな。


話はもっと簡単で、情報量というのが確率の逆数の対数である以上、
確率がきわめて小さい事象であれば、その事象が占める空間の
サイズに関係なく情報量は大きくなる。

つまり情報量とサイズとは独立のものであって、
ネヨのいう、全宇宙の情報量が「プランク長」におさまるわけがない、
という主張には何の根拠もないことになるのだね。

まして、情報に「物理的基盤」がなければいけない、というのも
ネヨの妄想にすぎない(何度も言うとおり情報量というのは事象の
確率を表す数字であって、質量などのような物質に付随する量では
ない)。


信号がどうのこうのというのは、人間が工学的に情報を保持しようと
思えばなんらかのメディアが要る、ということでしかなく、情報量の
本質とはあまり関係がない。



215 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 18:50:29 ID:Gp/CplNr
>さて、スレ違いはここまでにするべ。

今更ながら同意。

216 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 19:39:15 ID:BU8a4G17
411 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 00:50:39 (p)ID:54Ra7BDk(2)
臨時ムク!

情報というものは、どっかで単独で漂っているものではないのよね。
半導体、たとえばシリコンチップ上に碁盤の目のような枠を作り、そこに
00、01、10、11、、、、とビットを当て込んで、8ビットで1バイト、
100万バイトが1メガバイトというふうにして情報を貯めていく。

プランクサイズ宇宙でのシリコン素子に当たるものは何かといっている
のだし、最小の1ビットしか担えない宇宙(情報)の中にはイエスかノウかしか
入いれないんじゃないかと聞いているのよね。
イエスが入っていたら、神を認めるかね?
だから、情報量と論理演算を混ぜて話をしているわけではないんだよ。

>うはww
議論に負けたら突然レベルの違う捨て台詞吐いてふて寝wwみっともねえwwwww

<別に負けたわけではないんだよ。認識の違いWW


412 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 02:19:09 (p)ID:MHqtDNUk(5)
>>411
>>407のすごく分かりやすい説明がなぜ理解できてないのか理解できない。

情報量ってのは、要するに入れ物の大きさってことでしょ?
んで、その中身の情報については質量保存則みたいな保存則は適応されない。
増えたり減ったりするわけだ。
だから宇宙の始まりに情報がめちゃくちゃ少なかったからって何にも不具合は無い。


大体こんな感じの理解でいいのかな?

217 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 19:40:35 ID:BU8a4G17
414 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 02:30:47 (p)ID:cCZ5obj5(7)
なんだか聞きたいことが全然伝わってこないが、要するに

「俺は今の宇宙をプランクスケールの素子の集まりとして捉えた。もしこれが正しいなら、
宇宙の全ての状態を、この素子が「あるかないか」の1or0でデジタル信号で表せるはずとも思う。
では宇宙が一つの素子分の大きさしかなかった時は一つの信号ぶんの状態でしかなかったはず。
そんな少ない信号からこんな多様な宇宙になるのはなぜだ?
もし一つの素子の分の宇宙でもそれ以上の状態を持てるなら俺の捉え方・理解は間違っているのか?
もし間違っているなら、どこが間違ってているのか?」

とか、そういうこと言いたいのか?

宇宙始まりの頃はプランクスケールの中にプランク密度というものすごい密度がつまり
プランク温度というものすごい温度であったらしい。

お前の捉え方じゃ「あるかないか」しか見てなくて
そういう温度とか密度とかを記述出来てないよな。
つまりまずひとつめ、お前の捉え方は間違っている。

で、どこが間違ってるのかと言うと、「あるかないか」のデジタルで考えようとしたのが間違いなんだろう。
プランク長はあくまで「長さ」の最小単位でしかない。
その長さに含まれるエネルギーとか密度とかまで一緒くたに最小単位になってるわけじゃない、と。
ということはその多様なエネルギーや密度と言った属性を無視して
「あるかないか」のデジタルだけで宇宙を考えた点がお前の考え方の間違いだった、と。

こんなもんでいいのか?

218 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 19:41:35 ID:BU8a4G17
415 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 02:44:38 (p)ID:cCZ5obj5(7)
しかしお前、上のほうで論理的反論ができなくなった時、
「論理的におかしくても私は間違ってない!そもそも論理的思考や科学的思考はよくない!」
みたいな事言って反論から逃げっぱなしみたいだけど、
それってつまり「少なくとも論理的・科学的には自分の考えはおかしい」と認めちゃってるな。


417 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 07:56:43 (p)ID:54Ra7BDk(2)
>>414
>宇宙始まりの頃はプランクスケールの中にプランク密度というものすごい密度がつまり
プランク温度というものすごい温度であったらしい。

<ホーキングによれば、宇宙のエネルギー収支がゼロと言う意味での
「無」からの宇宙だといっている。初期宇宙は無からの創造ではなく
、無時間的に存在していたと。
プランク温度というすごいがあったら、エネルギー収支がなゼロなのだ?
ものすごい温度というのは、虚時間を経過したその後に起こるインフレーション
の始まりの時からだろう?

219 :天ノ川 創:2006/12/22(金) 21:53:03 ID:4KyyfG/k


220 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:05:47 ID:BU8a4G17
418 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 08:59:42 ID:8e7XVrVe
新しい話題に入る前に今話してることを片付けたら。
キミの考えたデジタルな宇宙は間違いでした。

これOK?


420 :某377 :sage :2006/11/27(月) 10:19:09 ID:r9Au2w7z
なんか情報量とデータ量の区別のついてない議論がつづいているようだね。
今時間がないしそもそもスレちがいだからまた別の機会にするけど、
両者ともに変なこといってると思う。


425 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 19:36:13 (p)ID:V1vYRmoH(4)
>>417
>キミの考えたデジタルな宇宙は間違いでした。

 これOK?

<デジタル情報量子の宇宙ではなく、アナログ型でもいいんだよ。
しかし、プランクが絡むとアナログ(連続的)ではなくデジタル(非連続的)
となるだろう。プランクサイズの4枚のタイルでつくった正方形当たり1ビット
が最小単位のデジタル情報。これより小さい空間は情報を担えない。
これ一流の科学者が言っていることなんだよ。
我輩はこれを利用しただけで、科学知?側から否定してくるとは、まさに
「天にツバはく行為だね。」
ご立派。WW 毒をもって毒を制す。だね

221 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:07:16 ID:BU8a4G17
426 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 19:46:23 (p)ID:cCZ5obj5(7)
>>414に反論は無いって事やね。
それじゃ>>392のお前の書いたことは間違ってたと言うことで話を進めようか。
>>392はどこの出版社のなんていう本もしくは論文から引っ張ってきたのかね?
それともお前がいくつかの本や論文を元に考えたことなのかね?

つまり、
・情報ソースが間違っていた
・情報ソースの記述は合ってたがネヨの理解が間違っていた
のどっちなのかと言うことを明らかにしていこう。


427 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 19:52:19 (p)ID:+uroxOxv(2)
>>425
情報量を思いっきり自分妄想で解釈していたんだから、真実そういうことを言ってるのかはっきり言って信憑性が無い。
というわけで、そのパネルがどーたらという論文なり書物なりのソースの開示を要求する。


428 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:03:14 (p)ID:V1vYRmoH(4)
>>426
>>414に反論は無いって事やね。
>>414 で反論したつもり。
>>392はどこの出版社のなんていう本もしくは論文から引っ張ってきたのかね?
<企業秘密。
ただし「プランクサイズの4枚のタイルでつくった正方形当たり1ビット
が最小単位のデジタル情報。これより小さい空間は情報を担えない。」
はブラックホールの温度やエントロピーの研究から、分かってきた事実である。
と。そこらから勉強したら?
自分の解釈など全くない、。

222 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:08:09 ID:BU8a4G17
429 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:05:04 (p)ID:V1vYRmoH(4)
>>414 で反論したつもり。
417だった。ゴミン


430 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:08:06 ID:6m/CR6e4
自分の頭の中にしか存在しないものは出せないよな。


431 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:11:22 (p)ID:V1vYRmoH(4)
頭の外にあるものを出せるのか。
器用だな。


432 :名無しさん@3周年 :SAGE :2006/11/27(月) 20:36:29 (p)ID:+lLuzgLB(3)
ありもしない事実をでっちあげかよ。
プランク単位みたいな微小世界で2値素子みたいなはっきりした構造なんざ成立するわけないだろ。


433 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:48:31 ID:Iuiv3AZL
>>431
自分の頭の外でちゃんと存在してる論文や書物の名前なら出せて当然だろ。


434 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 20:52:21 (p)ID:cCZ5obj5(7)
>>428
><企業秘密。
ぶっちゃけ、ウソだろ。
秘密にする理由なんて無いもんな。
お前が頭の中で考えたってだけか、あやしげな本に書いてあったこと
鵜呑みにして書いちゃっただけだろ?

223 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:09:17 ID:BU8a4G17
>>417>>414への反論になってないぜ。
お前が>>392で問題にしたのは「宇宙の始まりかどうか」じゃなくて
「宇宙がプランク長単位の小さなスケールだったとき」だもんな。
そして>414であげたそのときプランク密度だったことは確かなことだぜ。
(お前の負け惜しみくさい「企業秘密」とは違って検索すればたくさん出るだろう)
で、それが本当なら>392とか>428で言ってることはウソと言うことになると>414で言っている。
つまり>414で>392が間違ってることは十分に示せていて、>417はそれを打ち消せてないのさ。


435 :名無しさん@3周年 :SAGE :2006/11/27(月) 21:42:29 (p)ID:+lLuzgLB(3)
だいたい、一流の理論学者が事実なんて簡単に言うかよww

224 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:10:09 ID:BU8a4G17
440 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:02:16 (p)ID:DBiuP67P(13)
>>434
インフレーションは、宇宙誕生直後、10のマイナス44乗秒から10マイナス33
乗秒後くらいまでに起こった。宇宙誕生はプランクサイズ(これ以上小さな
宇宙は存在できない)の宇宙は、エネルギー収支がゼロと言う意味では「無」
からの宇宙で、したがって初期宇宙は無時間で、境界条件を持たない、自己完
結した宇宙であったと。(ホーキング)

無時間的に存在していた、初期宇宙はエネルギー収支ゼロ。
これはアラン・グースの説とか。概要は、無から生み出されたように見えるエネルギー
や物質は重力場を生み出し、この重力場が負のエネルギーを持つので、宇宙全体
のエネルギーはゼロとなって収支が合う、エネルギー保存則も保守しているとか。
グースの説をわかるように紹介するのは容易ではない。(読んでみてね)

>そして
>414であげたそのときプランク密度だったことは確かなことだぜ。

<プランクサイズ宇宙が超密度だという説は、エネルギー収支ゼロと言う説に対し
いかなる説明をするのか?
それと、無時間的に存在していたプランクサイズの宇宙は、永遠の昔から存在して
いたのか、それとも何かから生まれたのか。一般的に言うところの「無」からか?
いわゆる存在論(科学的範疇でないかい?)


441 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 23:09:18 (p)ID:EbTLdaPA(7)
その理論のどこにもパネルだのなんだのという話は出てませんが。


442 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:11:31 (p)ID:DBiuP67P(13)
あ、そう。

225 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:10:56 ID:BU8a4G17
443 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:14:33 (p)ID:cCZ5obj5(7)
>>440
インフレーションの話とかグースの説だとか話題を分散させる前に、
まずお前が>>392で持ち出したデジタル宇宙説の元ネタをはっきりさせて欲しいんだがね。

どうして間違ったのか?
元にした本だか論文だかが間違ってたから、お前も間違ったの?
それとも、本や論文は正しかったけどお前の理解が間違ったの?


445 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:28:59 (p)ID:DBiuP67P(13)
>>443
<書いた人に迷惑かけるから。逃げ口上。
べつに間違いでもようござんすが、こちらは。

それより、
「無時間的に存在していたプランクサイズの宇宙は、永遠の昔から存在して
いたのか、それとも何かから生まれたのか。一般的に言うところの「無」からか?」
ヨネ。本題は。

「創造VS進化」無神論敵「進化論」を撃破するために来たのだから。
もともと科学理論はどうでもよろしい。科学知に人はみなだまされいることを
伝えに来た立場上、ちょっとさわって見ただけ。

それにしても、聖書のどこに「生き物は種ごとにつくられたと」書いてあるのかなあ?



226 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:57:25 ID:vv3j9nsg
今日も馬鹿共頑張ってるな。

227 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 01:51:37 ID:KtlPIguY
正直、ネヨの俺様理論が合ってるか合ってないかはどうでもいいんだよ。



あのさ、おまえ何が言いたいわけ?現在の科学理論が間違ってるとするわな?じゃあおまえの言ってることが正しいってことになるの?違うよな。
おまえの発言は、人の理論にケチ付けてるだけで、自分の理論ってのが全くないんだよ。
おまえが創世記をどういう風に解釈したらどういう結論になったんだ?とりあえず天地想像のところだけでいいから、やってみてくれない?

228 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 05:31:45 ID:eyShd6Q4
こっちでね

【討論】聖句の解釈をマターリ語るスレ11 (^^)v
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163418874/l50

229 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 08:08:50 ID:iBAZmxSi
視点・論点「まん延するニセ科学」
http://www.youtube.com/watch?v=9LNRYsyWgEY

230 :天ノ川 創:2006/12/23(土) 08:26:26 ID:bNPbEpgm
やっぱり愛

231 :天ノ川 創:2006/12/23(土) 11:16:49 ID:iivSmiNx


232 :天ノ川 創:2006/12/23(土) 18:55:57 ID:YdmncNWT
無だっ

233 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 01:31:46 ID:3nf6F2Is
こいつらに合理的思考のプロセスを求めても無駄だろう。サル並の思考力しかない。

234 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 02:26:13 ID:wE6Vjdkq
>>233
サルに失礼じゃね?
コミュニケーションの取り方さえ確立すればある程度の会話は成り立つぞ。
もともとコミュニケーションの取り方に混乱はないはずなのに会話が成り立たないのはサル以下だろ。

235 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 18:51:08 ID:APybTiup
>>233>>234
貴様らは家畜と同じだな。チョン=家畜

236 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 19:16:18 ID:wE6Vjdkq
>>235
ふーん。

237 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:03:17 ID:rOGM7bVV
名前: 名無しさん@3周年
E-mail:内容:390 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日)
21:52:05 (p)ID:x/HoEZr9(4)
>これだけ話が進んでるのに、まだ情報量を誤解してるし。
もういいよ。つまらん。

<バカにもわかるように説明してくれと言ったのに、前スレの貼り付けだけか。
つまらん。 といってもスレ違いにしかならん。ので、

情報量とは、、、ある事象が確率 P で起こるとした場合。
「この事象が実際に起こった」という知らせは、 - log P [ビット](または[シャノン])
だけの情報量を持つ。従って、「どこにでもありそうな話」というのは P が 1 に近
いため、持っている情報量は 0 に近づく。
このことを、わかりやすく言えば、確率が低いことをなし遂げようというときには,
より多くの情報量が必要になる。多くの情報とは,精密な情報である。 ゴルフを
例にとれば、150m のショートホールを、プロが目隠しして打った場合に、ほと
んどホールを中心に200mの直径 の中には落ちるであろう。この状態を情報量ゼロ
に近いとしよう。 しかし、これをワンオンし ようと思ったら,目隠しをはずし、
真剣な顔になり,風の向きを見たり,まわりをみたり,何かしら情報収集活動,知的
な活動をする。


238 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:04:07 ID:rOGM7bVV
確率でみると,先程の直径200mの偶然が支配する世界で直径10mのグリー
ンにオンするという確率は100回に1回。さらにホールインワンしようとすると
400万回に1回らしい。普通では入らないということになる。 
この確率の世界で,毎回オンしようと思うとより多くの情報が要る。情報量が問題に
なる。これをショッテイング・ロボットにやらせる場合どうするか。当然、ホールイ
ンワンをさせるため数々の試行実験を行い、その情報(条件)を、ロボットの人工知
能に憶えさせ得させなくてはならない。情報を憶え、記憶させる基盤は、説明するま
でもなく 人口知能の仕組みの中のにある。 人間の場合は人の脳であるという。情報
量が物理量でなくて、人の思考の中の数学的概念(形而上学的)、なら、唯物論者は脳
と共に思考もなくなるというので、情報量と言う概念を支える基盤もなくなる。プラ
ンク長サイズの宇宙では、人間もロボットも存在出来そうにない。この極小宇宙自身
が情報量を支える物理的基盤は一体なんなのか? と言っている。物理的基盤なしに情
報量が単独で存在できるなら、唯物論を基盤とする科学理論から説明してくれ。
って言うのよね。



239 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:32:14 ID:0oGbVqG9
運動方程式を利用すれば、試行回数は格段に減らせる。

240 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:47:19 ID:f5zHBjQu
そりゃその極小の宇宙には何も存在できないな。
でも現在の宇宙は150億光年のでかさがある。だから人間がいるわけだ。

あのさ、お前のトンデモ情報論が正しいとしてもさ、宇宙誕生の時と現在じゃ状態が変わってるってことが何でわかんないの?
宇宙誕生の時に情報量が無かったとして、何で今もないってことになるわけ?


ってその事はおいといてだ。例えばお前の情報論云々だのプランクサイズのタイルが四枚だのデジタルが何だのって理論が実際にあるとしよう。
そしてその理論が現在の宇宙論として広く認められてるとしよう。
そんでお前の指摘が正しいとしよう。

さて、神がいるって結論になるか?もちろんそんな結論出てくる訳ない。どっかが間違ってるからそこを見つけて新しい理論を組み立てて新しい理論が提唱されるだけ。


わかったら、お前の説が正しいって証拠を出せ。
つーかお前の説って奴をちゃんと言え。分かりやすく、簡潔に。

241 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:53:57 ID:APybTiup
家畜共 もっと家畜なら家畜らしく分かりやすく言えよ!

242 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 23:30:32 ID:rOGM7bVV
科学知によれば、物質的なものが存在出来る最小の単位はプランク長らしい。
宇宙を時間的に過去に遡れば、プランク長を直径とする球形の表面宇宙が存在出来
る最小宇宙となる?。ので、二次元的なタイル宇宙でもよかろう?to

また、科学理論によれば、この世のあらゆる事象(結果)の原因は物質的なもの
(その機能)=(働き?)自身であるという。ミクロ宇宙が自分自身を膨らませた
情報はなにか? 確かに情報量は物理量ではない。
原子や電子などのミクロの存在は確率的存在であるという。プランクサイズの宇宙
も確率的な存在の宇宙でないとおかしい。そこにいる確率が何%、あそこにいる確
率が何%とかそれが一箇所に存在しているのもおかしい。
「進化論」も生物(物質)そのものが原因で進化したらしい。のだとよ。


243 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 00:05:31 ID:gcP8Ixc4
何が言いたいのか全くわかりません。ほんとうにありがt(ry


つーか俺の言ってること何一つ聞いてねーな。

244 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 00:17:31 ID:UshsL8tL
>>243
分かったよ! 早く糞して寝ろ。明日は精神科で診察受けろよ!!

245 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 00:36:19 ID:gcP8Ixc4
二次元的なタイル宇宙でもよかろうって、そんないい加減でいい訳ないだろ。
ってかなんで情報がないと宇宙が膨らまないわけ?つーか確率的でないといけないってなんだ?量子論のこと言ってるんだと思うけど、言っとくけどその不確定性原理ってのは物質があるかないかの話だぞ。平たく言うと。


あとな、何回も言うけど、現在の宇宙論が間違ってたからっててめーの屁理屈が認められる訳じゃねーんだって。宇宙の始まりがどうだったかについての仮説はいくつかあるし、そのどれが正しいかそれとも全部間違ってるのか分かってない。実験のしようもないしな。
そんで、現在の物理学が宇宙のはじめまで遡ったて立ち行かなくなったからって、現在の物理学が否定される訳じゃないのよ。

マクロの世界の物質の振る舞いとミクロの世界の物質の振る舞いが矛盾してたからって、どっちかが否定されるわけじゃないようにな。

246 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 02:27:52 ID:hltP68eD
ネヨの言ってる情報量云々の話って、別に矛盾とか無くないか?
パソコンをコンセントつなぐと、ゲームできたりインターネットできたりアホがアホなこと言ったりしてるのみれるよな。これが情報量が多い状態な訳だ。
んで、豆電球に電池を繋ぐと豆電球が光るよな。これが情報量が0に近い状態な訳だ。
んで、プランク長の宇宙では情報量が担えないっていう。つまりプランク長の宇宙は情報量0な訳だな。
情報量0のプランク長の宇宙は、情報量0の豆電球回路が必ず光るのと同じように、必ず膨張する。そういう事じゃないの?

247 :某377:2006/12/25(月) 07:21:05 ID:DtwVupdG
>>237-238

すでに指摘したとおり、工学的に情報を扱おうとすれば何らかの物理的なメディ
アが要る(これは現状としてはまあ正しい)、という話から、情報が関わるもの
には何にでも「物理的基盤」がある(これはまったくの嘘)、という話に飛躍
している。

長々と書いてくれてご苦労さんだけど、しょせんゴミ文章だよ。

248 :某377:2006/12/25(月) 07:22:27 ID:DtwVupdG
>>246
ごめん、よくわかんない。

249 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 07:59:06 ID:oQ2N4qLL
>情報が関わるものには何にでも「物理的基盤」がある(これはまっ
たくの嘘)、という話に飛躍している。

<唯物論科学は、この世は物質的なもの以外は存在していないという。
だから心も脳とその機能で説明できるのであって、脳が滅びれば心
も同時になくなるという。
情報量という概念は脳の思考作用(心)が支えているという。
この基盤がなくなれば情報量と言う概念もなくなる。心がなくなれば
思考作用もなくなるので確かめようがない。
情報量が物理量(物質の属性)でないなら、心や脳とは別に存在して
いてもよい。しかし、たしかに情報量は物理量ではない。
心と脳は別々の存在か?

250 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 11:14:22 ID:hltP68eD
時空もエネルギーも物質じゃないし、重力とか強い力とか弱い力とか電磁力とかも物質じゃないわけだが、科学はそれが存在してるって認めてるよ?
正直おれは情報量って概念がさっぱり理解出来ないんだけど、
それ、科学じゃなくて、なんだろ、エンゲル係数とかエントロピーみたいなもんじゃないの?世の中のなんか分かりにくい実感みたいなものを数字にした、みたいな。
なんだろ、仮想的な数字?おれも自分で何言ってるかよく分からんが。

251 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 11:26:03 ID:hltP68eD
今ちょっとwikiで情報量調べてみたんだが、エントロピーみたいなもんじゃなくてエントロピーそのものなんだな。
やっぱりイマイチ意味はつかめんかったが。


ってか、ネヨってもしかして、宇宙が演算素子みたいなもので、物理法則を演算してる、みたいな理解の仕方してるのか?
SFとしてはちょっとおもしろいよな、それ。大数理論とか、デュラックの海とかみたいな感じで。

でもそれ、間違いなく宇宙理論のスタンダードからはかけ離れてるよwww

252 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 12:42:02 ID:jUnHsq6C
>時空もエネルギーも物質じゃないし、重力とか強い力とか弱い力とか電磁力
とかも物質じゃないわけだが、科学はそれが存在してるって認めてるよ?

<物質とエネルギーは同等 質量の保存則や E=MC^2くらい知ってるだろー。
しかし、時間や空間は物質的なものとは関係ない存在といっている科学者もいるが。
これって、唯物論的科学の危機?

時空は物質の持つ属性か、それ以外か?


253 :某377:2006/12/25(月) 12:47:54 ID:f2A9l54u
>>249
で?

何が言いたいのかさっぱりわからんのだけど。
まあいつものことだが。


254 :某377:2006/12/25(月) 12:55:27 ID:f2A9l54u
ところでネヨくん、君の同類がこの板に来ているようだから
行って遊んであげたら?きっと楽しいと思うよ↓

弓月城太郎の『神秘体験』(宗教版)
ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1165439583/


255 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 13:24:41 ID:cM6qF5Ra
> これって、唯物論的科学の危機?

いや全然。

256 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:21:17 ID:hltP68eD
科学は「あるような気がするもの」を「実際にあるもの」として論じたりしない。
それを唯物論って言いたいなら言えばいいけど。

もし魂だの霊魂だの神だのが確認されればそれを論じるだろうよ。

257 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:27:20 ID:X/b3GHIq
>>256
するよ。おまえは科学史について学んだほうがいいよ。


258 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:44:21 ID:hltP68eD
そりゃ「あるだろうと思われていたもの」だろ。
フロギストンだの(光の媒体としての)エーテルだの自然の四元素だの。
それだって一応観察から得られた情報から推測した理論だ。
実際には間違ってたわけだが、それがあるらしいという証拠はあった。もちろん解釈の違いだったわけだがな。

んで、今ん所魂だの神だの天使だのってのはある証拠も無ければ理論も無い。
全然別の話だわ。

259 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 17:53:59 ID:UGd239VG
>>254
>弓月城太郎の『神秘体験』(宗教版)
精神波量子脳理論
http://8012.teacup.com/whatconscious/bbs

<ウヘー勘弁してくれWWW よね。
同類項とは激しくひどいぞ。のよね。

260 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 18:48:24 ID:UGd239VG
>今ん所魂だの神だの天使だのってのはある証拠も無ければ理論も無い。
全然別の話だわ。

<ない訳じゃないのよ。自分が知らないことは即ち無いは知見が狭い証拠。
もっといろいろな本読みなさい。井蛙の蛙にならないで。ね。


261 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/25(月) 19:48:53 ID:pJVt1Nxu
>>260
そういうお前こそ寝言言ってる暇あったらさっさと顔洗って「と学会」の本くらい読めよ。

262 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 19:58:38 ID:UGd239VG
>>261
>また、知見の狭い奴がなんか言ってるよ。その科学知でボケまくった
頭ひやすには、創世記はむりでも、せめて臨死体験の本でも読めよ。てんの。
ふんと科学ばかりやると、脳は瀕死状態になるってことがよくわかる。のよね。

263 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 20:04:26 ID:UGd239VG
>>261
>もひとつ、情報量は物理量じゃない。てんのなら唯物科学は
これをどう説明するんだ。唯物論廃業か?

264 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:40:53 ID:hltP68eD
例えば金銭は物理量じゃないよな。でも存在してるよな。それと同じじゃね?

265 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:43:19 ID:UGd239VG
>例えば金銭は物理量じゃないよな。でも存在してるよな。それと同じじゃね?

<なぜ、存在しているといえるのか。ね。


266 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:47:59 ID:a4kN0Wu0
今日も宗教マニアの諸君 楽しい屁理屈聞かせてくれたまえ。

267 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:50:41 ID:hltP68eD
ただの概念だってことだよ。アホか。

268 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:55:23 ID:UGd239VG
あたりき、しゃりき、くるまひきの、概念か。
その概念はなにから生まれるのか。妄想じゃじゃねーだろうな。

269 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/25(月) 22:00:22 ID:pJVt1Nxu
>>262-263
聖書は手元にあるので創世記は何度も読んだが、それが何の根拠になるって言うんだ?
臨死体験の本は読んでみたくもあるが、その後の検証の結果間違いだった、若しくは疑わしいものばかりが掲載されていると予想しておこう。

魂だの神だの天使だのがある証拠がない訳じゃない、ってのは唯物論的な考えだがな。

ところで>>167の質問にはいつ答えてくれるうんだ?

270 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:10:44 ID:a4kN0Wu0
>>269
君のは本当はキリスト教大好きなんだろ!

271 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:25:01 ID:UGd239VG
>聖書は手元にあるので創世記は何度も読んだが、それが何の根拠になるって
言うんだ?

<ターヘル・アナトミアを玄白や良沢等が、フルヘッヘンドの意味を苦心惨憺の
すえ、ようやく「鼻」と理解したようにはいかん。のよね。聖書は教義なくして
はその本当の意義は決してわからない。わからなくても信仰は出来るが、、、

>臨死体験の本は読んでみたくもあるが、その後の検証の結果間違いだった、、、

<せめて、サム・パーニアくらいは読んでほしい、のよね。
(科学は臨死体験をどこまで説明できるか)
それでもボロクソにいうなら言えばいい。

>ところで>>167の質問にはいつ答えてくれるうんだ?
<いまは企業ひみつ。気が向いたら話す。の。




 


272 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:33:10 ID:e2lVYPtk
企業秘密クソワロタwww

273 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:40:19 ID:hltP68eD
>>268
人間が・物事を扱いやすいように・作り出した・単位なんだよ。
wikiによると、物事がどれくらい起こりにくいかの尺度、らしい。
金って概念が人間にしか通じないように、情報量って概念も情報理論を扱う人間にしか意味がない。いや、これは言い過ぎか。
ただ、情報量云々が物理法則とかに直接関係ないのは間違いない。
物理法則を説明するのに便利であることはあるかも知れんがな。

んでさっきも言ったが科学は唯物論を信奉してるわけじゃないぞ。
だからテメーの言ってることは全く的外れ。

274 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/25(月) 22:47:09 ID:pJVt1Nxu
>>271
>聖書は教義なくしてはその本当の意義は決してわからない。

じゃあお前は本当の意義をわかっているんだな。
で、それが臨死体験とどんな関係があるんだ?

>(科学は臨死体験をどこまで説明できるか)

結局お前も頼るのは科学知かよ。

275 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:10:46 ID:UGd239VG
>>274
>天的天使の教えと、臨死体験者の言っていることは、とてもよく似ている。
これって偶然の一致ではない。の。

>結局お前も頼るのは科学知かよ。

<科学知を無視して、天的天使の解釈を語るとすべて妄想でかたずけられる。
何度も言っているように、科学知批判は、科学知をもって論じなければならない。
このスレにヨタ話をしに来たのではない。
科学知は人を救えない。人が死んだあとではもう遅いということを教えに来たの。
のよ。ね。



276 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:17:57 ID:UGd239VG
現代脳科学への第一弾を放ったのはチャールズ・シェリントンてあったろう。
そして第二弾がペンフィールドである。第三弾が、ジョン・エックルスであっ
たろう。
ペンフィールドの考え方にある中心のアイディアを象徴しているのは、次の
文章である。
「意識の流れの内容は脳の中に記録される。しかしその記録を見守りながら、
かつ同時に命令を出すのは心であって、脳ではない。では、心は独自の記憶
をもっているだろうか。その証拠はないという理由で、答えはノーである。
そうした記憶があるとすれば、まったくおもいもよらない別種の記憶が存在
することになる。そんな別種の記憶がないのだとしたら、心は最高位の脳機
構を通じて一瞬のうちに記憶の中の記録ファイルを開くことができると考え
たほうがよいだろう」。
脳を動かしているのは脳でなく、心なのである。
ペンフィールドは「心は脳のどこにも局在しない」と言った。だから、
「心を脳のしくみだけで説明することはできない」と言ったのだ。


277 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:17:59 ID:hltP68eD
与太話しかしない奴が何言ってんだwwww

278 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:22:56 ID:UGd239VG
脳を動かしているのは脳でなく、心なのである。
ペンフィールドは「心は脳のどこにも局在しない」と言った。だから、
「心を脳のしくみだけで説明することはできない」と言ったのだ。
 
しかしペンフィールドは最後の最後になって、こんな問題にも言及した。
それは、「心は独立した存在だ」というものとして人々に受け入れられるなら、
「その心は死後はどうなるのか」という疑問にも答えるべきなのだろうという
ものだ。よくぞこんな問題にまで言及したものだと思う。
これは、心が脳と別なものであるとすると、肉体の活動に所属している脳の活
動が生命の灯が消えることによって停止したとしても、心の活動が継続される
ことがあるだろうという"霊魂不滅説"のような問題だ。そこをどう考えればい
いかということだ。
偉大な脳科学者がそこまで踏みこんでいくというのはあまりにも大胆であるのだが、
ペンフィールドは平気でその道を通過していった。




279 :某377:2006/12/25(月) 23:30:08 ID:C9T0MkZN
>ネヨ
偉いセンセが何言ってたって、証拠がないんじゃしょせんただの思い
つきの域を出ないよ。論拠にはならない。
科学知を否定しておきながら科学者の名声だけは盗用しようという態度は
あいかわらずだね。

まあ君に学習能力があるなんてことは今さら期待しないけどね。


280 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:32:15 ID:UGd239VG
>与太話しかしない奴が何言ってんだwwww

<脳が腐り始めているので、たまには取り出して洗いなさいね。


281 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:35:26 ID:hltP68eD
脳が腐りきってる奴になに言われても全く堪えんww

282 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:39:01 ID:UGd239VG
>科学知を否定しておきながら科学者の名声だけは盗用しようという態度は
あいかわらずだね。

某377よ
<科学知の中に真理を認めた人には敬意を払うまで。
盗用だなんて失礼よ。

283 :某377:2006/12/25(月) 23:47:27 ID:C9T0MkZN
>>282
失礼なのはおまえだ。
彼らの恥というべき発言ばかりとりあげて非科学の権威づけに使おうってんだからな。

284 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:47:42 ID:hltP68eD
科学者が書いたものであろうと、その論理が科学的手法にのっとって書いてなけりゃ意味ない。
単に「魂が不滅であって欲しい」って願望がどれくらい普遍的で強力なものかってのを証明するケースってだけに過ぎないよ。

実際宗教なんて、それを保証するためだけに生まれたようなもんだし、それで安心得られるならいくらでも信じたらいいんじゃね?

285 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:10:35 ID:kxcdnSPC
>その論理が科学的手法にのっとって書いてなけりゃ意味ない。

<その論理は科学的手法にのっとって書いてんの。読んだことアンの?
彼等が、人の脳つつきまくってどれくらい研究したと思うん。
だから、現代の脳科学者も、彼等を偉大な先駆者といっている。
しかし、心は、脳の唯物論的機能として説明できるはずだいう信念を捨
てない学者も多いんよ。ね。

>単に「魂が不滅であって欲しい」って願望がどれくらい普遍的で強力な
ものかってのを証明するケースってだけに過ぎないよ

<脳学者が、願望だけで研究するか。もうアホかと。


286 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 00:10:52 ID:ACAv2Z6j
>>275
だからその天的天使の教えをどうやって知ったのだ?
今のところお前の妄想と区別がつかないぞ。

>科学知批判は、科学知をもって論じなければならない。

お前はその科学知と称してヨタ話をしているわけだが。

287 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:12:53 ID:kxcdnSPC
心は、脳の唯物論的機能として説明できるはずだいう信念を捨
てない学者も多いんよ。ね。

飯の種なくなるから、名声も、地位も、研究費も、、、生活も。

288 :某377:2006/12/26(火) 00:13:36 ID:5YlHlrqj
>>285
><その論理は科学的手法にのっとって書いてんの。読んだことアンの?

おまえが前にもちだしたエックルスの本はまったく科学的手法に
のっとってなかったが?
こんどはペンフィールドの本をもちだしてみるか?


289 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:14:25 ID:kxcdnSPC
>お前はその科学知と称してヨタ話をしているわけだが。

<どの部分?

290 :某377:2006/12/26(火) 00:16:13 ID:5YlHlrqj
しかしペンフィールドやエックルスもかわいそうにな。
せっかくまともな業績があるというのに、もっぱら頭のイカレた
連中の妄想強化にばかり著作が援用されてしまうとは。

死んでも死にきれないとはこのこったな。

291 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 00:21:05 ID:ACAv2Z6j
>>289
かつてあげた臨死体験の例もそうだし、情報量にしても専門的知識を持った人に太刀打ちできずにいるし。

292 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:23:20 ID:kxcdnSPC
>おまえが前にもちだしたエックルスの本はまったく科学的手法に
のっとってなかったが?

<なら、ノーベル賞返せっていえ。てんの。どこに向かって言ってるか。ねえ。
ちゃんと読んだか。おまいさん、どのくらい脳の研究したんか。その道の専門家
の書いた本にケチつけるなら、それ相当の反論する根拠があるんだろうな。
それ、示してみてくで。よ。
■ 詭弁のガイドライン
4. 主観で決め付ける にならないでね。


293 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:28:21 ID:kxcdnSPC
>>290
<なに言ってんだか。自分でコケミソにしておいて。
自己撞着起こしたんか。ねえ。信じられねえWWW



294 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:31:14 ID:o7X/7MzX
>>285
>脳学者が願望だけで研究するか
>>287
>信念を捨てない脳学者も
こういうのをダブルスタンダードっていうのか?
都合のいいとこだけ持ち上げてんじゃねーよ。
つーか学者だって人間だし、死の恐怖はでかいし、そういうのに研究が左右される事だってあるだろうよ。
問題は、脳と心が別だって話に全く根拠も証拠も無いことなんだよ。

295 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:32:09 ID:kxcdnSPC
>>291
かつてあげた臨死体験の例もそうだし、情報量にしても専門的知識を持った
人に太刀打ちできずにいるし。

<まだ理解できていないのか。情報量とその基盤の関係。
ほんとうに頭活動してんのか。

296 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:33:30 ID:8Y9dm3w8
結局、ネヨは脳と心が別っていうのを立証出来たのか? 出来てないのか?
要点はそこだけだよ。

297 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:34:14 ID:kxcdnSPC
<つーか学者だって人間だし死の恐怖はでかいし、そういうのに研究が左右
される事だってあるだろうよ。

<ふんとバカだね。笑われるよ。

298 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 00:35:37 ID:ACAv2Z6j
>>295
それはこっちのセリフだ。

299 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:39:35 ID:kxcdnSPC
>>296

<そういうことだね。(*^_^*)。


300 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:39:35 ID:o7X/7MzX
お前が情報量について全くなんにも理解してないだけだろ。
その物理的基盤がどうのって話は、完全にお前の脳内理論だしな。
ソース聞かれたら「その人に迷惑がかかる」ってwww
お前の個人的知り合いかなんかかw
電波には電波な知り合いがいるもんだなw類友w


つーかお前みたいな連中って、大抵そういう「分かる人だけにしか分からない」
みたいな理屈こねるよな。
教義を理解していないと聖書を解釈できない、とか。
天的天使の教えを理解できないからどう、とか。
科学知←脳内用語 に毒されてるから分からない、とか。

301 :某377:2006/12/26(火) 00:53:17 ID:5YlHlrqj
>>292
><なら、ノーベル賞返せっていえ。てんの。

ノーベル賞をもらった仕事はちゃんと科学的手法にのっとってるんだろうよ。

>おまいさん、どのくらい脳の研究したんか。

別にしとらんよ。あの本での主張が科学的手法に基づかない、
まったくの主観であることなど、まともな判断力があればわかることで、
脳のエキスパートである必要などない。

>4. 主観で決め付ける にならないでね。

おまえに言われとうないわw

302 :某377:2006/12/26(火) 00:55:15 ID:5YlHlrqj
>>299
もしもし?返事になってませんが?

303 :某377:2006/12/26(火) 00:57:59 ID:5YlHlrqj
>>295
>情報量とその基盤の関係。

だからそんなもんないと言うておろうが。
おまえの脳内がどうこんがらがってるかなんて我々が知るわけがなかろう。

304 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:14:47 ID:Sw4iHwRD
今日の屁理屈は互角だな! 誰か納得すること言えよ!!

305 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:41:52 ID:kxcdnSPC
>>300
>お前が情報量について全くなんにも理解してないだけだろ。
その物理的基盤がどうのって話は、完全にお前の脳内理論だしな。

<あのなあ、情報量ってのは、数学的概念であって思考の中でしか知覚出
来ない概念だろ。唯物論科学では人の脳が滅んだら心も思考も無くなるんだろ。
だから情報量の概念も脳の働きがなくなれば、心や思考とともに消失する。はずだ。
それでも、脳の働きがなくなって、情報量概念が心や思考とともに消失しな
いなら、つまり、情報量概念だけ宇宙に単独で残るのなら、なぜ存在出来ると
いえるのか。唯物論科学は何者が情報量の存在があると言い張れるのだ。
神の秩序(情報量)を認めるのか?

脳が死んで心も思考もなくなっても情報量が単独存在すると言うのなら
情報量が物理量でないとして、もう、二元論となるしかない。
唯物論科学は、情報量は物理量でないといっている。のよおー。
物理量は、物理的基盤を持っている。
唯物論的科学捨てるか? 一体どっちだ。


306 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:50:08 ID:kxcdnSPC
スレ帰らないので
激しくネヨ。爆睡。

307 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:53:31 ID:o7X/7MzX
数学的概念であって思考の中でしか
まで合ってる。
>知覚できない
ここから間違い。そもそも情報量ってのは人間の思考の中にしか存在しない。ただそれがあると思考の助けになるってだけの概念です。

情報量概念だけ宇宙に単独で残るとか全く意味分かりませんね。
つーか「概念」って言葉の意味すら分かってないだけか。

308 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 07:36:57 ID:kxcdnSPC
概念
1 物事の概括的な意味内容。「―をつかむ」「文学という―から外れる」
2 《concept》形式論理学で、事物の本質をとらえる思考の形式。個々に
共通な特徴が抽象によって抽出され、それ以外の性質は捨象されて構成される。
内包と外延をもち、言語によって表される。




309 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 08:21:21 ID:CIG257Ks
ほんとネヨみたいなオカルトは、理性ではなく権威に、論理ではなく思い込みに従って議論を展開するんだなw
聖書、ノーベル賞学者等が言ってるから正しい!そして俺がこう思うから正しい!の2本立てだw

310 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 12:06:56 ID:o7X/7MzX
ちょwなんでwikiから引っ張ってきたような文章乗せて
「どう?おれちゃんと意味分かってるよ?」みたいな雰囲気醸し出してんのw
もうその文章が、「よく分かってません」って白状してるようなもんなんだけどw

311 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 14:11:44 ID:7u7h6Ffh
>脳の働きがなくなって、情報量概念が心や思考とともに消失しな
>いなら、つまり、情報量概念だけ宇宙に単独で残るのなら、

残らないから問題ないな。
ホログラフィック宇宙論の情報量は、平面上のプランクサイズのビットこそが物質やエネルギーの本体であると言ってるだけだし。
ホログラフィック宇宙論は唯物論の最右翼と言えるだろうな。

312 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 14:16:56 ID:7u7h6Ffh
>>305のネヨの主張は要約すると

「霊が存在すると仮定すると、唯物論は否定される」


そんな当たり前のことをわざわざ読みづらい長文で書かれても困るんだが。

313 :某377:2006/12/26(火) 16:08:04 ID:urs0qcYW
>>305
日本語でおk
ところでいつのまに情報量が神の秩序にまで昇格したんだw

>>312
よくそこまで読めるな。
俺は途中で根性が失せた。

314 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 19:47:01 ID:EnEw7FT3
>>312
>「霊が存在すると仮定すると、唯物論は否定される」

<そこまで論理飛躍していない。
「情報量と心が一体で、脳とは別存在なら、唯物科学は論理基盤を失う。」
と書いたまで、誤解しないでね。


315 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 19:57:07 ID:PPEgAO7b
>>314
でもネヨがいくら仮定をこねくりまわしたところで肝心の別存在だという証拠は何一つないようだし、唯物科学は盤石なままだね。


それに、唯物科学が崩れたとしても、だからといって霊だの神だの天使だのインテリジェンスデザイナーだのが肯定される保証もないしな。


316 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 20:21:46 ID:EnEw7FT3
>>315
>唯物科学が崩れたとしても、だからといって霊だの神だの天使だの
インテリジェンスデザイナーだのが肯定される保証もないしな。
唯物科学は盤石なままだね。

<そだね。なんなら、これから証拠探しようか。ね?
否定されようが、肯定されようが、世の中がそんなに変わるわけないし。
あいかわらず。唯物科学はこの世では磐石だろう。生きて間好きほうだ
いにすればよい。しかし、自分がたどる運命、それにはいずれ、たれも
この世の行為で責任を負わなければならくなる。の。
信仰心持つもよし、持たないもよし、人には自由選択力がある。のよ。




317 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 21:29:11 ID:o7X/7MzX
相変わらず意味不明な文章だが、僕負けちゃいましたってことで良いのかな。

つーかほんとに証拠見つけて論文にでもして発表すれば、お前の言う「唯物科学」ってのが盤石でいられるはずないと思うんだが。

てかさ、何回も言うけど「唯物論」と「科学」を混同するのやめろ。

318 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 21:56:37 ID:5uCzOIj7
神の存在とか、心と脳は別とか、「前提にしてる」やつの言うことって、こんなもんだろ。情けないやな。

319 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:16:57 ID:EnEw7FT3
科学は世界を成り立たしている要素として、物質以外の何ものも見でしていない。
したがって、私たち人間もまったく物質的な存在でしかありえない。

そーか。自然科学は唯物論(一元論)かと思ったが、勘違いか?
「進化論」も物質とその属性によってのみ説明できる説かと思ったが
これも誤りであったか。
んじゃ、神の創造論も認める余地あるのね。?

320 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 22:22:49 ID:uNKuWzFU
>>319
>神の創造論も認める余地あるのね。?

証拠があればな。

321 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:23:38 ID:5uCzOIj7
しょーこがねぇから却下なのさ。科学の方法ではね。
信仰は別だよ。あなたのように、自由に信じたらよろし。

322 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:38:29 ID:EnEw7FT3
科学知でなければ何事も真実ではないという人が増えた。
そうして、人は、自分の思考世界は、科学的な真実と、
まったく主観的な思いつきのニつから成り立つと思うよ
うになる。
科学の妨げていないことは、何事にも反対せず、科学の
認めていないことは、何事も支持しないのが正しいと思い
込むようになる。
まあ、一種の科学知奴隷だな。

323 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:40:21 ID:5uCzOIj7
そりゃ、あんたのただの思い込みだ。科学的な真実なんて、ないんだよ。

324 :某377:2006/12/26(火) 22:48:14 ID:5YlHlrqj
>>314
><そこまで論理飛躍していない。
あのぉ。
論理としてはまったく飛躍してませんが。
それはトートロジーないしは同語反復と言うやつ。

>「情報量と心が一体で、脳とは別存在なら、唯物科学は論理基盤を失う。」
むしろこっちのほうが論理飛躍。
別存在だとしても論理基盤は失われない。
心が物質であるという可能性が残ってるので。
(俺がそう主張しているわけではないので注意。といっても勘違いしてくれるだろうけど)


325 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:49:28 ID:EnEw7FT3
真実のない科学なんてクソだ、ね。
よくそんなものに心をよせられるものか。ね。
聖書の(みことば)には真理がある。

326 :323:2006/12/26(火) 22:57:03 ID:5uCzOIj7
>>325
私はキリスト教徒ではないので。それだけの話かも。ね。

327 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 23:00:26 ID:EnEw7FT3
>>324
>心が物質であるという可能性が残ってるので。

<臨死体験研究から心が非物質の存在である可能性を語ってみたい。

328 :某377:2006/12/26(火) 23:25:14 ID:5YlHlrqj
>>325
「真理」という言葉は君らのような連中のせいで不当に貶められてしまったよね。
今や「個人の思い込み」というものから一歩もでない言葉になってしまった。

329 :モエカス:2006/12/27(水) 02:10:42 ID:pf74sk8F
>>327
><臨死体験研究から心が非物質の存在である可能性を語ってみたい。
いや、もういいよ。

330 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 09:24:21 ID:QOKrRhyq
><臨死体験研究から心が非物質の存在である可能性を語ってみたい。
そんな客観的記録のしようがないものをどうやって…
しかも人間の記憶なんて誘導次第でいくらでもねつ造できるのに

331 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 10:02:18 ID:HJxiyZNp
ネヨって、別に科学を認めたくないんじゃなくて、
キリスト教以外を認めたくないだけなんだよな。しかも超独自解釈版。
ただ、論理で武装してる科学なら屁理屈こねりゃ勝ったように見えるだけで。
他の宗教も基本的に屁理屈で武装してるから、そもそも試合にならんもんな。

332 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 10:58:19 ID:qbj093nD
>>331
冗談じゃない、奴の主張しているのは「エラいオレサマ」であって
断じてキリスト教じゃないぞ。

333 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 14:02:48 ID:wsYoRgLt
>>319
>科学は世界を成り立たしている要素として、物質以外の何ものも見でしていない。

科学は物質以外にも、エネルギーとか仮想粒子とか真空分極とかいろいろわけのわかんないもの見てます。
「淘汰圧」なんてものも見たりしてます。

334 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 14:05:27 ID:wsYoRgLt
>>325

「自分に都合のいいその場しのぎの解釈」が真理か。



335 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 16:49:40 ID:Xqb31pbt
何の検証もせずに「これが真理だ!」っつー宗教より、
「色々検証した結果今んとここれだけ分かりました、多分」っていう科学のがよっぽどましだ。

宗教家の言う真理なんざ統合失調症患者のたわごととどっこいどっこい何だがな。


ところでアマゾンで「ホログラフィック・ユニバースへの招待」って本があったんだが、
レビューで臨死体験がどうだの霊魂がどうだの言ってて、胡散臭すぎて読む気無くした。

もしかしてネヨがレビュー書いたんじゃないよな?
あれ読んだ人出来れば感想ヨロ

336 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 19:12:56 ID:p87UgWGt
「ホログラフィック・ユニヴァース―時空を超える意識」という前作もあるようだが、
続きは別スレでお願いしたい。

337 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 20:55:05 ID:BKPkvT+q
真実を語りに来たのに、ペテン呼ばわりはないだろー。
我輩は、坊主の頭とウソは結わん。のよね。

338 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 22:16:07 ID:UUsJc3G7
唯物論的教育が人の感覚知を麻痺させた。

339 :某377:2006/12/28(木) 00:49:32 ID:J58y2Ao4
>>337
まあ嘘を言っている気はないんだろうな。
それは認めてもいいよ。

だからと言って正しいことを言っているということには決してならないが。

要するに本気でバカぬかしてる真性のアレというだけの話。

340 :名無しさん@3周年:2006/12/28(木) 08:01:25 ID:33S6VHY8
■科学が『ニセ科学』を糾弾できない本当の理由
http://anond.hatelabo.jp/20061226222936

341 :某377:2006/12/28(木) 10:20:14 ID:J58y2Ao4
>>340
最後に優生学の話になるあたり、語るに落ちている感じ。

冒頭の疑問を考えたいのであれば、せめてたとえばWikipediaの
「疑似科学」の項にあるぐらいの前提はふまえるのが当然だが、
そのへんの理解があるとも思えない。進化論をよくある誤解に
もとづいてくさすのだけが目標のようだね。

科学の立場を装ってはいるけれど、
ttp://anond.hatelabo.jp/20061227000346
が指摘するように、このエントリ自身にニセ科学臭がぷんぷんするね。


342 :名無しさん@3周年:2006/12/28(木) 11:35:30 ID:mprmbJ7T
>>340
進化論系のスレに片っ端から貼られてて、どれも速攻論破されてるのが笑えるな。

343 :某377:2006/12/28(木) 13:52:52 ID:105MIQa3
>>341 の話の続き。
釣りだということで評価はかたまりつつあるみたいだけど。

>追試をどう行えば進化論が肯定・否定されるかを彼らが提示することはない

http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/ より

>Q.進化論は反証不可能なので科学ではないのでは?

>A.例えば先カンブリア紀の地層から大量の石器が発見されれば進化論に対する
>強力な反証になります。進化論が科学ではないと思いたいために「進化論は反
>証不可能である」と主張する創造論者もいますが、原理的に反証不可能である
>ことと、反証の証拠が見つからないことを混同すべきではありません。進化論
>は原理的に反証可能ですが、現在のところ反証さあれていません。 [2000.4.11]

まさにFAQ。

ちなみにNATROM氏的には「釣りだとすると上手」という評価みたいね。

344 :名無しさん@3周年:2006/12/28(木) 17:41:25 ID:2qhSmptx
> 人と猿は近い種と考えられているが子供を作ることは出来ない。そこには明確な断絶があり、どのような手段で『進化』がこの壁を乗り越えることが出来たかは今だ明確な説明できない

ここもおかしい。まるで猿が人間に進化したみたいな言い方してるけど、実際は「猿と人間の共通の祖先が」人間と猿に別れたんだから。
この辺わざと混同してんのかね。

345 :名無しさん@3周年:2006/12/28(木) 19:42:58 ID:HE1HANoS
アホ杉wwこんなショボいアンチ進化論者、久々に見たw

346 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/28(木) 20:35:30 ID:h+68Az9p
マルチポストにろくな内容はない罠

347 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 20:02:14 ID:dJrxFSm1
> > 人と猿は近い種と考えられているが

こういう文章見るたびに、これ書いてる奴はきっとチンパンジーとニホンザルの区別もつかないくせに進化論を論じようとしてるんだろうな、と思う。



348 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 21:54:19 ID:28SCTUyK
>>347 お前朝鮮人だろ。朝鮮人は神が間違って創ったばい菌なんだぞ!
聖書に出てるだろ! 

349 :名無しさん@3周年:2006/12/30(土) 15:46:56 ID:5Tvdd0+H
ゴリラっていんだろゴリラ。
頭が良くて優しい類人猿の奴ら。
実際どれぐらい頭いいか知ってる?


手話覚えて人と話せるwwwwwwww
滅茶苦茶頭いいじゃねえかwwwww
ペットの猫が死んだ時も自分の気持ち訴えるのwwwww
あと子供の時親が殺された事とか全部覚えてて
その時の事思い出して喋ったり出来んだよww
頭良過ぎwwwもう人でいいよwwww
てかそんだけ頭いいんだから
ウンコなんか投げんなよwwwwwwww
「射程圏に入ったのが運の尽き」ってやかましいわ!!

350 :名無しさん@3周年:2006/12/30(土) 17:57:22 ID:yZi2eNN4
今日でにくちゃんねる終了。
金を払わないと過去ログが見れなくなる。
今のうちにログをとり、創造論と進化論スレシリーズの
まとめサイトを誰か作って欲しい。

351 :名無しさん@3周年:2006/12/30(土) 19:38:41 ID:tGgs9TMG
にくちゃんねるは明日までだった。

352 :名無しさん@3周年:2006/12/30(土) 23:57:21 ID:9Go8Vgdu
ゴリラには魂があるということだな

353 :名無しさん@3周年:2007/01/02(火) 03:46:33 ID:PhmlpuS3
脳回路上のファームウェアという意味以上の魂は存在しない。

354 :名無しさん@3周年:2007/01/03(水) 18:35:56 ID:ldH7JuYj
age

355 :某697:2007/01/03(水) 19:01:16 ID:iDL40+Fk
そもそも、"魂"とやらの定義がよくわからない。
そうした形而上的話題は、科学と全く次元が違い、芸術の話題と似て、同じ文化、思想、宗教などを互いに共有していないと無意味だろう。
ここのスレの住人が、最低限共有できる事柄か、進化論と創造論・ID論に関連した話題にして欲しい。

356 :名無しさん@3周年:2007/01/04(木) 20:34:13 ID:Yrxj6OgR
>>355
君よく考えろよ。ここは2ちゃんなんだぞ!!

357 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 15:23:52 ID:KQ1PCyax
http://www.geocities.jp/oneworld_international/library/comp/philo_j.htm
4.でイスラム系新興宗教バハイ教の進化論観が語られてます。これ、どうですか?

358 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 16:09:49 ID:urQXrmlZ
>>357
一行目で終わり。その先読む価値なし。

359 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 21:59:37 ID:LjQ7mly2
もうずうと多杉。だとさ。

360 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 22:15:57 ID:LjQ7mly2
何清漣は、中国共産党の構造的な腐敗を発表したために、
アメリカに追放された女性研究者である。
一度、彼女の本読んだらいい。ね。

361 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 22:23:55 ID:FJLZMHUF
>>360
エロ本でも見てろよ!

362 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 22:28:58 ID:LjQ7mly2
やはり、我輩が入らんとスレが停滞する傾向があるな。
他スレでもそうであった。が。

363 :名無しさん@3周年:2007/01/05(金) 23:00:26 ID:FOGylgnX
>>362 オカルトか?

364 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 10:48:17 ID:pFh7soF6
生物板の進化論スレのどっかで見かけた。



まあ、ネヨみたいなアホは滅多にいないからな、盛り上がるのもしょうがない。

365 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 20:53:14 ID:rsZL3Lnv
生物が進化するうえで、いったいどの段階で、どのようにして生物は、
心を持つようになったか?物質とエネルギーの世界における心の存在を、
私たちは、どう考えたらよいのか。
この当然の疑問に、ダーウィニズム的「進化論」は何ひとつ答えること
が出来ないのである。のです。

366 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 21:50:57 ID:/tfBSJXt
いいから、とっとと自分の主張の立証責任を果たしなさいよ。
出来ないなら、すっこんでろ。

367 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 22:23:40 ID:pFh7soF6
心が特別なものだと考えるのがおかしいんだよ。

368 :某377:2007/01/06(土) 22:45:20 ID:yO6quUu7
>>365
何度もいうようだが、根拠も何もなく言いはなつことを「答える」と
呼ぶのなら、そんな愚劣なマネを科学たる進化論はもちろんのこと、
まともな神経をもつ人間なら誰もやらない。

おまえみたいな下衆だけが平気でやらかす。

369 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 23:01:34 ID:/Pqz6rAI
まあ、まあ、そう気を荒立てないで。ね。頭に血が上りすぎると、ものごとがよく
見えなくなるから、ね。しかも、頭に血がいかなくなると、人は意識を失うと
いう科学知に反して、不思議なことに、臨死体験者は意識が普段より、より
「はっきり」していて、さまざまな体験をしてきた。と言うのよ、ね。

心臓の鼓動が停止し、血圧が停止すると、数秒後には脳波が遅くなり、(徐波)、
やがて平坦(フラット)になる。つまり、脳波が平になると脳内で測定できる
レベルの電気的活動がなくなる。平均すると、心拍が停止してから、数十秒後で
この状態になるのである。と。
救命専門医は、蘇生術は心肺停止の状態の患者に対し行われるものであり、この
過程を過ぎれば、死から生への不可逆的過程をたどることを知っている。
心拍が再開するまで、つまり、蘇生術が終わるまで、回復しないことを彼らは熟知
している。意識は大脳のニューロンの電気的活動に随伴して生じてくる、科学の通説
からすれば、その間に主観的体験があるはずがない。
しかし、その時、「俺は、いい気分で、手術室の上に浮かんでいたんだ。先生たち
が必死になって俺を生き返せようとしているのがよく見えたよ。」と言うのである。
心停止状態に陥っていたときのことを、覚えているとことを主張する、患者がいたら
科学知は、この報告をどう説明するのか?。のよね。



370 :某377:2007/01/06(土) 23:11:07 ID:yO6quUu7
>>369
もう臨死体験の話はいいって。
それで心の起源が説明できるどころか、
主観にもとづく体験談をいくらつみかさねたところで
何を立証することもでない、というあたりまえの結論がでるだけ。

いいかげん学習しろ。

と無理難題をふっかけてもしかたがないか。

371 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 23:11:13 ID:pFh7soF6
お前が言ってることがすべてだよ。
> 覚えているとことを主張する
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

372 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 23:22:53 ID:/Pqz6rAI
>主観にもとづく体験談をいくらつみかさねたところで
何を立証することもでない、というあたりまえの結論がでるだけ。

<別に我輩の主観でいっているのではない。の。
立派な、科学者が言っているのよ、ね。
さあ、どう答えるの? 
わからないことは、正直にわからないと言いなさい、ね。


373 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 23:27:34 ID:pFh7soF6
立派な科学者じゃなく臨死体験したって主張してる人が言ってるんだろうが……

374 :名無しさん@3周年:2007/01/06(土) 23:57:01 ID:/Pqz6rAI
唯物科学的教えによれば、「進化論」にみるように、我々の人生は、遺伝子と
環境によって完全に決定されているのですと。つまり人には、自由意志が入り
込む余地はない。これは、我々の直感に反している。
人に、自由意志がないなら、ある行為を選択したことについて、責任をと
らせるいう、制度はいかなる権威があるのでしょうか?
罪とはなにか、罰とは何か、悪とは、、、、、ニューロンの働きですか?なあ。
しょせん、そこには、何の権威もない。のよね。


375 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 00:05:49 ID:/tfBSJXt
あのな、立派な科学者つうのはちゃんとデータを揃えて仮説を示し、その仮説が正しいことを検証できるだけの根拠を提示できる人間のことを言うんだよ。
それを怠る科学者はいかに過去に業績を残していても、関係ないの。

で、立証責任はいつ果たすんだ?
進化論がどうとかは関係ないぞ?

おまいの主張なんだから、おまいが立証しなきゃいけないの。

進化論者は説明できない。だから、自分の言うことは無条件で正しい。

なんてのはただの責任転嫁に過ぎないの。

というわけで、ネヨの立証責任だけを追及すればよろし。
ネヨの質問には一切回答の必要はない。

罪だの悪だの、科学のお仕事とは関係ありませんな。


376 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 00:11:08 ID:g+1bzdRs
>>374
遺伝子と環境に完全に決定されているってのはどうかとおもうが。

ってかまあ、科学的に言えば法律は間違ってるのかもしれんな。
で、だからどうしたって話なんだが。

377 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 01:02:35 ID:vK+BQbEs
オカルト共 もっと違うこと言えないのか?

378 :某377:2007/01/07(日) 01:22:21 ID:l5BOhScV
>>372
君の主観だとは言ってないよ。
「立派な、科学者」さんの主観ではあるがね。

いいかげん、権威をひっぱりだそうとしても無駄なことぐらいは
おまえさんの貧弱な頭でも理解できそうなもんだが。

>わからないことは、正直にわからないと言いなさい、ね。

はて。わからんということはすでに言ったはずだが?
それは俺が知らんというだけの話で、未来永劫科学によって
解決できないという話ではないということは、まったく
当然のことだが特に言いそえておく。

379 :某377:2007/01/07(日) 01:25:13 ID:l5BOhScV
>>374
その種の決定論と進化論とは独立のもの(進化の事実をうけいれても
自由意志は否定しないで済む)なのだけど、いちいち君の勘違いを
指摘しててもしかたないね。

年が明けてもバカはバカ。

380 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 12:59:45 ID:zuVYzCm9
相変わらず、決め付けの激しい人達だ。
毎度ながら、バカも休み休み言いなさい。ね。

>あのな、立派な科学者つうのはちゃんとデータを揃えて仮説を示し、その
仮説が正しいことを検証できるだけの根拠を提示できる人間のことを言うん
だよ

<おめえさん、臨死体験の本何冊読んだ? ゼロ? それじゃ話にならん。
本読めば、立派な科学者つうのはちゃんとデータを揃えて仮説を示してるこ
とがわかるよ。ほんと。いちいち示されなくてはついて来れないとは、実に
情けねえ、のよね。

>その種の決定論と進化論とは独立のもの

<なぜそう簡単に決め付けられるのだ?
それなら、そこんとこ、少しは、説明しようね。

科学理論を絶対的に信奉する一方、その科学知にいかに疎いか。よくわかる。
てなもんだ。三度傘。

■ 詭弁のガイドライン

4. 主観で決め付ける

 に、ならないでね。

381 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/07(日) 14:18:34 ID:NPfgSgjH
>>380
常識で考えろよ。
大半の科学者が臨死体験を肯定しないのは間違っていたりそれの証拠が不充分だってこっちゃねーの?
それとも世界中の科学者が関わった陰謀でもあんのか?

382 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/07(日) 14:22:23 ID:NPfgSgjH
言い忘れてたけど、臨死体験を肯定しないのと否定するのは道義じゃないからな。

383 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/07(日) 14:23:02 ID:NPfgSgjH
訂正
道義じゃなくて同義だった。

384 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 14:52:59 ID:VO+tom4x
>>380
いや、本で何を言っても意味無いんだが?
論文でやらなきゃ。

本と論文は明確に違うものですよ?

385 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 15:26:58 ID:zuVYzCm9
>>384
>本と論文は明確に違うものですよ?

<また始まったか。わけのわからない論理、が。
確かにある学者が書いた、学術論文は、彼の著作と形式は違う。だろう。
しかし、学術論文と著作の間に本質的な言い分の違いがあれば、もう彼の
主張する論理ではないだろう。

創世記も、原典を示して解釈しなければ、邦訳ではわからない?
と言う人もいたと思うが、、、
世の中には、変なこという人もいるもんだね。
もっと、人のいうことを信用すべし。だね。

386 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 15:30:30 ID:zuVYzCm9
>>381
臨死体験の頻度に関する調査は、1982年に、世論調査の専門家ジョージ・ギャ
ラップ(権威ある世界最大の調査機関)の報告が最も信頼できる。だろう。
ギャラップ世論研究所が行った全米調査の報告で、その調査の結果、臨死体験
の発生率は、全米の成人人口の5%ほど、つまり全米で約800万人に起こっ
ていると述べている。

ギャラップ世論研究所は、方法論に厳密な調査を行うことにより、臨死体験の
事実性を確認。このような現象が、信用できないものだとか、多く見られるも
のではないといった疑問を一掃しうるものだとの評価を得るにいたっています。と。

これにより、臨死体験そのものを否定する科学者なんているとしたら、本国の
アホ学者くらいだろう。ね。

「死後の世界」(三笠書房)くらい読んで。ね。


387 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 15:34:05 ID:0swwDLSy
本はどんな馬鹿でも金さえ積めば出せるが、論文は金とヒマがかかるうえに、結論に至る過程が科学的でないと出せない(まともな学術誌なら)

あと、「科学者」も金さえ積めばどんな馬鹿でもなれるよ。博士号って売ってるからね。
認められるまともな科学者はちゃんと論文出してる人だけ。

よって本に書いてあるからというだけでは科学的に正しいとは言えない。

388 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 15:38:47 ID:0swwDLSy
そりゃ死にかけるってのはよほど大変な目なんだから、幻覚くらい見るだろ。


389 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 15:50:30 ID:zuVYzCm9
>よって本に書いてあるからというだけでは科学的に正しいとは言えない。

<ど素人にも、比較的理解できるように書いてあるだけで 科学的に正しい
うんぬんとは、論理整合がないのよ。ね。科学はわからないものは、わから
ないんでしょう。が。何の権威、決定権があるんだ。よね。

>そりゃ死にかけるってのはよほど大変な目なんだから、幻覚くらい見るだろ。

<脳波が平坦になっているとき見る「幻覚」ってなんだろう。
そこから、意識は脳機能によってどう説明されるか?の疑問が生じるの。

390 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 16:46:26 ID:zuVYzCm9
世の中、科学知でわかったことは、ほんの、けし粒ほど、か。わかったこと
に対し、わからない事はそれ以上により多く生じてくる。傾向にある。
科学知は、その結論に至っては「収束」より「発散」している。
そのわかった科学知で、わからないことを否定する愚かさ。
おいたわしやー なんまいだぶ。チーン。

391 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 17:08:22 ID:e2livZtF
何もわかってないことを、俺はわかってる俺はわかってるとわめいてるのはどっちだろうなw?

392 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/07(日) 20:29:24 ID:UhLw+zPy
>>386
これは当方の勘違いだ。訂正する。

臨死体験は確かにある。しかしそれが死後の世界や霊魂の存在の証拠とは言えないだろう。
脳科学の研究材料にはなるだろうが、ネヨの主張を肯定するものたり得ないと予想しておく。

393 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 20:45:33 ID:e2livZtF
錯覚体験が存在する→物理世界とは異なる精神世界が存在する、って論理が成り立つと思えるのがネヨだな。
錯覚で同じ長さの棒でも長さが違って見えるのだから、物理的な世界とは別の棒の長さが違う世界が存在するとかw

394 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 22:07:03 ID:zuVYzCm9
臨死体験の中の、体外離脱体験者の一部は、脈も息もなく、心電図モニターは
フラット、脳電図(EEG)つまり、脳波もフラットになって、臨床的には死亡し
たと宣告された後、奇跡的?に生き返った患者が、自分が空中に浮かんでいて、
心停止時に起きていたことをすべて上から見ていたと言って、そのときの様子
を詳細に語るのである。そして、彼等の証言がすべて現実に起こっていたこと
と合致するから、医師はビックリたまげるのである。のよ。
心脳機能が停止していたとき、意識さえあるわけがない。と言うのが、脳科学
の通説だから。ね。
だから、脳内幻覚や、錯覚で説明できるのなら、科学者が取り合うはずはない。の。


395 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 22:10:00 ID:B806Jadv
年をまたいでも、まだネヨが居るのか…

396 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 22:19:50 ID:B806Jadv
>>394
「脳波がフラットになる前やフラットになって回復した後にそういう幻覚を見た」
で説明できるはずだが、ネヨがそれを無視するのはなぜか。
ネヨ氏は自分の信じる事を事実と他人に思い込ませるためには手段を問わないから。
以前にも「論理なんてどうでもいい」というような無茶苦茶なことを言い放ったような人だ。

397 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 22:43:05 ID:zuVYzCm9
>>396
スーザン・ブラックモアとクリストファーフレンチは、臨死体験は、危機的状態
に陥る直前または直後の、意識は低下しているが血流は比較的正常であり、脳波
も存在しているときに起こるのであろうと考えた。実際、心拍が停止してから脳
への血流が停止するまでには数秒の遅れがあるし、心拍が再開した後にも脳への
血流はほぼ回復しているが完全には覚醒していない時期があることはわかっている。
記憶や思考は一瞬のうちに生じるため、臨死体験も、心停止の直前または直後に
起きたことを心停止時に起きたと思い込んでいるにすぎないというのが彼等の主張
である。これは、ありえないことではない。
しかし、臨死体験者は、自分が心停止状態に陥っていたときの周囲の人々の様子
を詳細に覚えているという人が大勢いるのである。いずれの場合も、患者が記憶
していたのは心停止時の蘇生術のことであり、心停止の直前や直後のことではな
かったのであります。と。


398 :某377:2007/01/07(日) 23:23:02 ID:ckO/Y/Qw
という発言をする人は多いが、その後の検証に耐える話ができる人間が
一人もいないという惨状もまた事実、と。

これだけの証言があって、にもかかわらず確実と言える話が一つもない
ということは、そういう勘違いをする人が実に多いのだと解釈するのが
妥当ということだな。

ということで、臨死体験ネタはボツでいいよね?
オカルト板でも散々議論されて同じオチに辿りつくわけで。

いいかげん、しょうもないオカルトネタで立証責任を回避しようと
するのはやめようじゃないか。な?

399 :某377:2007/01/07(日) 23:25:27 ID:ckO/Y/Qw
だいたいなあ。
死にかけたときにそれっぽい幻想見る人なんていくらでもいるのよ。
俺の友達もこの年末年始に高熱だして三途の川見たと言ってたし。

それを真にうけて臨死体験がどうのこうの言いだすというのは、
よほど頭のネジがゆるんでいないとできることではない。


400 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 23:43:03 ID:zuVYzCm9
>そういう勘違いをする人が実に多いのだと解釈するのが
妥当ということだな。

<また、独断先行か。
体験者の勘違いだけで、世界中の科学者が調べていると思うの。かね。
心や精神は脳と独立に存在できるか?どうか。大事な研究だ。ぞ。
それをオカルトネタとはなにごとぞ。ね。
プラトンやデカルトなど、有名な哲学者の多くは、心と脳は独立に存在
していると主張してきた。現代の科学者の多くは、心や意識は脳の活動
に随伴して生じるとのみ考えている。
なるほど、心は脳からしか生じないと思い込みの激しい学者が多い現状
を慮れば致し方ないか。もね。

 


401 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 23:48:08 ID:zuVYzCm9
何を言ってもアホだら教か。
ない知識で決め付けんな。よ。
少しは勉強してきてからもの言え。てんの。

402 :某377:2007/01/07(日) 23:48:26 ID:ckO/Y/Qw
>>400
今までほっといたけど、「独断先行」って言葉の意味わかってる?
一度辞書は引いといたほうがいいよ。

また、何度も言うようだが、どんな偉人の言葉だろうと、証拠がなければ
それは一つの主張という以上のものではない。
自分の都合にあわせて権威にすがったり脳内天使のお告げにしたがったり
とかいう無節操はそろそろやめたら?

403 :某377:2007/01/07(日) 23:52:09 ID:ckO/Y/Qw
けっこう不思議なんだけど、オカルトさんて、常識(たとえば進化論)に
関する理解はかけらもないのに、イカレた言説やら根拠レスな妄想を
書いた本にはやたらと詳しいんだよな。

どうやったらそういう選択的な知識摂取ができるんだろうね。


404 :名無しさん@3周年:2007/01/07(日) 23:56:07 ID:zuVYzCm9
進化論の常識なんてものは、もう崩れかけてる。の。

405 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 00:10:36 ID:vGR5o38V
「独断先行」とは、
なになに、有名な科学者の書いたものでも、論理的でないと言って、
自分独自の見解で否定すること、、「独断専行」でもよい。か。

なるほど。ね。


406 :某377:2007/01/08(月) 00:41:54 ID:MbT/LYzY
脳内天使のお告げじゃなくて辞書を引けってば。

407 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 01:21:07 ID:vGR5o38V
脳内天使のお告げを一発かましてから、ネヨか。

人は、その内部では霊です。それをはっきりさせるため、人がどんなふうに
肉体を離れ、どんなふうに霊に導かれて、かなたへ連れさられていくかを、
説明します。
まず、最初に起こること、つまり肉体を離れていくときの様子は、次のようです。
人は、睡眠と覚醒のあいだの中間状態にもっていかれます。ただしこの状態では、
本人は、自分ではっきり目をさましているとしか思いません。全感覚は目覚めて
いて、肉体としては最高の覚醒状態にいるように感じます。それは、視覚も、聴覚
も、また不思議に触覚もそうです。触覚など、かってなかったほど鋭敏な覚醒状態
にあります。
このような状態になって、霊や天使たちが生きたものとして見え、聞こえ、また不思
議にも触れるものになります。そのとき、肉体の介入はほとんど何もありません。
これはいわゆる「肉体からひき離されてはいても、自分が肉体の内にいるか、外に
いるかわからない状態です。(Uコリント12.2)かれは、このような状態に、三、四
度だけ入れられました。それがどんな状態なのか、また霊や天使が全感覚をそなえ
て生きており、人が霊として肉体からひき離されも、全感覚をそなえていることが、
分かるためでした。(つづく)
脳内天使の教えと、臨死体験者の証言は酷似している。のよね。


408 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 12:21:40 ID:eRLuyRzE
>>405
まさにお前のことだな。
有名な科学者の書いた学説を脳内妄想で否定してる。

409 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 12:23:26 ID:eRLuyRzE
>>407
聖書書いた奴が、死にかけて幻覚見たことがあったんだろ。

410 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 14:06:31 ID:zhqDfeJB
書き手自身が臨死らなくても、昔の時代に死にかけて幻覚を見た人間が
その体験から神話・来世観を作り上げ、書き手がその影響を
受けてれば後発の宗教の教義に盛り込まれても何ら不思議ではないのだが。

臨死体験をしたことがない人間でも、既存の体験談を
知っていれば臨死体験を語ることができるのと同じことだ。

411 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 14:44:19 ID:HfPwETEq
どくだん-せんこう ―かう 0 【独断専行】


(名)スル
自分だけの考えで決めて、勝手に物事を行うこと。
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%C8%C3%C7%C0%EC%B9%D4&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=0&jn.x=45&jn.y=3

もう、ネヨの煽りに反応するはヤメレ。
立証責任とっとと果たせでFAなんだから。

412 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/08(月) 15:19:32 ID:JL1u1Dg0
>>404
で、その崩れかけてる進化論の常識って何だ?
あと>>167の質問にも早く答えるように。企業秘密なんてごまかしてないで。

413 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 20:31:36 ID:OV3fRGg+
>>412
>崩れかけているは言いすぎだったので一応、撤回。
進化論の常識。ネオ・ダーウィニズム(現代総合)は
は間違い理論てことだね。

>書き手自身が臨死らなくても、昔の時代に死にかけて幻覚を見た人間が 、、

<臨死体験が、脳内幻覚という根拠を示して。ね。ちゃんと。

>有名な科学者の書いた学説を脳内妄想で否定してる。

<何言ってんだか。ね。どこでだ?

414 :某377:2007/01/08(月) 20:36:49 ID:IxJtOX42
脳内天使のお告げはもういいと言ってんだろ。このスットコドッコイ。

>>413
><臨死体験が、脳内幻覚という根拠を示して。ね。ちゃんと。

そうやってまた立証責任をすりかえるだろ。このバカタレが。
必要なのは脳内幻覚でないという証拠であって、その逆ではない。

><何言ってんだか。ね。どこでだ?

自分が数行前に書いたことぐらい覚えてようぜ。


415 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 20:55:53 ID:OV3fRGg+
>>414
>そうやってまた立証責任をすりかえるだろ。このバカタレが。
必要なのは脳内幻覚でないという証拠であって、その逆ではない。

<妄想と決めてけるのなら、何らかの根拠があってのことだろう。ね。
それがなくて否定するのは妄言という。ね。バカじゃないかしら。
臨死体験をすべて、脳内幻覚で説明できる説は、これまでいろいろ検討されて
きたけど、どこにも存在しないの。よ。いちいち説明さすな。よ。
あるなら、だしてミロてんだ。よ。

>自分が数行前に書いたことぐらい覚えてようぜ。

<そんなこと書いたおぼえはないのよ。ねー。




416 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/08(月) 21:19:04 ID:3xRfpIzX
>>413
ではネオ・ダーウィニズムのどこが間違い理論なんだ?
それと>>167の質問に答えること。シカトこいてないで。

417 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 21:51:36 ID:OV3fRGg+
>>416
自然選択説を唱えた、ダーウインの進化論と、メンデル、ヴァイスマン、
ヨハンセン、モーガンの、遺伝子説を総合したことから、そう呼ばれて
いる現在主流の進化論、この説の主旨は、「自然選択の結果として、生物
の集団において特定の遺伝子の頻度が変化する」ということだ。ね。

この説が成り立つためには、@自然選択は、遺伝子のみに作用する。
Aそうして、自然選択はの結果生き残った遺伝子は、単独で形質発現の原因
となり、形質は進化過程を通して適応型となる。ことである。

しかし、現代総合説の問題は、遺伝子のみを、進化的変化の物質基礎とみなす
ため、発生学的視点を欠いた、遺伝子だけの説であることだ。ね。

生物学的発生の基本的な現実、すべての形質は、遺伝的要因と非遺伝的要因の
相互作用から生じる後成的なものだと、発生生物学のすべてのデーターが示し
ていることとまったく調和していない仮定の上に立てられているため、発生学
と矛盾するのです。ね。
氏より育ちか。遺伝子のみでは決定できない。のよ。ね。


>>167
>の質問に答えること。シカトこいてないで。

<いや、天的天使のおしえですよ。脳内妄想?でもいいか。

418 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 21:54:06 ID:rbko1mL7
クソワロタwwww

419 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 21:57:10 ID:OV3fRGg+
クソワラワロタwwww
で、、


420 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:01:05 ID:m/Md4bWT
つまり、ネヨの根拠は天的天使の教えという一点だけなわけですな。

というわけで、天的天使の立証責任が追加されマスタ。
これを立証できない場合は、ネヨの妄想でFAです。

妄想にいちいちつき合う必要はないので、立証できなければその時点で終了ですな。

421 :某377:2007/01/08(月) 22:07:08 ID:IxJtOX42
>>415
正確に言うのなら、「妄想と決めつけて」いるわけではない。

妄想の可能性が否定できない以上、証言をいくら集めても、
臨死体験の事実性の立証にはならないのだから、
妄想の可能性を否定せよ、と皆は言っているわけだ。
したがって、妄想でないと立証する責任が君にあるのであって、
それが妄想であることを立証する責任は周囲にはない。

初歩の論理だ。

まあ論理を否定する君にこれを言ってもしかたがないのはわかっているがね。

><そんなこと書いたおぼえはないのよ。ねー。

ダーウィニズムが有名科学者のものではないとでも?
頭悪いにもほどがあるぞ。

422 :某377:2007/01/08(月) 22:09:51 ID:IxJtOX42
>>417
クソワロタwwww


423 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:10:47 ID:OV3fRGg+
はいはい、本スレの原点にもでしてやったぞ。

>けっこう不思議なんだけど、オカルトさんて、常識(たとえば進化論)に
関する理解はかけらもないのに、

<大口たたくなら、ちゃんとお答えしましょう。ね。

424 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:12:12 ID:TDOgV+wt
>>417

何さらっと嘘ついてんの?
進化論が発生学と矛盾してる?適当こき過ぎ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E7%94%9F%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6
読んでみろっつうの。

そもそも、最近まで別々に発達してきた進化論やら発生学が、DNAの発見によって結び付けられて進歩してるってのに。

425 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:16:29 ID:rbko1mL7
進化論がエントロピー増大の法則に反してるってホラは良く聞くが、
発生学と矛盾してるなんてあまりにジョークとして高度すぎて、
窒息死寸前になったwwwもう駄目だwww

426 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:17:59 ID:gY4knAba
(^^

427 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:28:11 ID:OV3fRGg+
>>424
ページが表示できません。ですと。

>別々に発達してきた進化論やら発生学が、DNAの発見によって結び付けられて進歩してるってのに。

<張りつけしないで、要旨くらい書いてね。



428 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:33:04 ID:TDOgV+wt
> この分野は、言ってみれば「カエルの子はカエル」になる理由を、その経過を追うことで知ろうとするものである。他方、その理由を原因から調べようとするのが遺伝学であり、
> 両者は裏表とも言える関係にあるが、この両者が結びつくようになったのは、二十世紀後半以降のことである。



429 :某377:2007/01/08(月) 22:39:28 ID:IxJtOX42
>>425
ところが、実際にはそれほど高度でもない。
実はよくあるパターン。

はるか以前のスレででてきた中川八洋筑波大学教授の著書にも
「遺伝子科学によって進化論が否定された」とかいう
すばらしい一節がある。

トンデモさんというのはなにしろ権威にすがりたがる(ネヨを見ていれば
よくわかるとおり)ので、発生学や遺伝子科学という「権威」によって
進化論を否定したくなるんだろうね。
もちろん理解力はゼロなので、その「権威」が実際に何を言っているのかは
おかまいなし。

430 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:41:32 ID:OV3fRGg+
>>424
<なんだ、ウイキの貼り付けだったか。

>>425
<現代総合説の提唱者は、進化を固体でなく、集団に影響を及ぼす過程
として定義することにより、個体群の遺伝についての理論は、発生の問題
巧みに避けることで誤魔化した。この矛盾、ちゃんと説明できるのか?




431 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:42:07 ID:m/Md4bWT
>>430
話を逸らしてないで、とっとと立証責任を果たせよ。

432 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:42:10 ID:rbko1mL7
普通に見れるが。
Wikipedia見れないって、なんかやったのかw?

ようやく笑いも納まったが、
形質は遺伝だけではなく環境の影響も受けるってことが、
どう進化論と矛盾するんだ?

433 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:43:54 ID:rbko1mL7
>>429
マジかよ、もうわけわからんなww
そのうち、「進化論によって進化論が否定されている」
とか言い出す奴は…既に居そうだな。

434 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:44:51 ID:TDOgV+wt
>>430
ウィキの貼り付けって…お前が要旨コピれっつったんじゃねーか。
発生学が分子生物学と結びついてるなんて常識だぞ。

435 :プロメテウス:2007/01/08(月) 22:54:44 ID:U73trgTf
ダーウィンが提示した世界観は、それはそれとして驚くべき世界なのだが、
進化論者は、このダーウィンの説く世界をまともに見ることをせず、
単純に、宗教に対するアンチテーゼとして引っ張り出すにとどまる。
君たちが携えているそれをもう一度見直してみるといい。


436 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:56:48 ID:OV3fRGg+
>>432
>ようやく笑いも納まったが、
形質は遺伝だけではなく環境の影響も受けるってことが、
どう進化論と矛盾するんだ?

<現代総合説では、自然選択は遺伝子のみに作用するといってるの。


437 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 22:59:23 ID:rbko1mL7
自然選択が遺伝子にのみに作用する?
どういう意味ですか?


438 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 23:01:02 ID:rbko1mL7
ひょっとして、形質が遺伝子のみによらず環境の影響も受けることを、
形質は遺伝子とは無関係とかいうレベルまで飛躍して考えちゃってる?

439 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 23:07:09 ID:TDOgV+wt
>>436
なにそれwwそんなこというあほが居るわけないだろww勝手に作ってんじゃねえよ。

自然選択によって次世代に影響及ぼすのは遺伝子だけだろうけど、
あらゆる形質は自然選択を受けうる。




つうか「現代総合説」ってなんだww

440 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 23:10:36 ID:rbko1mL7
つーか、環境によって形質が変化するのは、環境によって遺伝子発現が調節されるからだな。
遺伝子だけによらず環境によっても変化するってのは誤解を招く表現だったかもしれん。


441 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 23:30:57 ID:rbko1mL7
どうした?ネヨ。もう寝たかw?
それとも科学知が云々天使様が教えてくれる云々といつものような文章を書いてる途中か?

442 :名無しさん@3周年:2007/01/08(月) 23:48:34 ID:TDOgV+wt
ネヨは50〜70代男性、独身。身寄りはなく一人暮らし。学歴はおそらく中卒。
自己中心的な性格で、なんらかの精神病を患っている。
天的天使の教えを広めなければならないという妄想に取り付かれており、
おそらく統合失調症か境界型人格障害。
精神病特有の妄執によって、延々と「科学知」なるものを批判することに固執している。
コミュニケーション能力が低く。2ちゃんねる特有の記号、方言をいまだ理解できていない節がある。
無理をしてそれらを使用しようとする結果、非常に特徴的な文章となっており他の住人との見分けが容易である。



ネヨをプロファイリングしてみたw適当だけどww

まあまだ、凄腕の釣り師って可能性も残ってるけどな。
って言うかそうであって欲しい。こんなあほがこの世にいるとかあんまり信じたくないんだ。

443 :某377:2007/01/08(月) 23:56:56 ID:IxJtOX42
案外いい線いってるんじゃない?

444 :某377:2007/01/09(火) 00:03:08 ID:rkGDFHeA
>>436
自然選択は個体に対して作用し、それが次世代を残す確率に影響し、
結果として種の中での遺伝子の分布が変化する。

遺伝子に直接自然選択が作用するなんて言ってるのはバカだけ。

ドーキンスの「利己的遺伝子」あたりをものすごく勘違いすると
そう思ってしまう場合もあるので、おまえだけの間違いだとは
言わないけどな。

445 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:05:38 ID:TFz72DmA
ダーウインが最初に想定した考えは、個体群の中の遺伝的形質における変異は、
生存および生殖をめぐって固体が競争するに違いない限られた資源(食料、配偶者
隠れ家)と共同して、繁殖力のある子を産む可能性を高める遺伝的かつ適応的な形
質を個体群の中で増加させる。ここでは、自然選択について正しい理解をしていた。
しかし、このとき、自然が選択するのは正確には何なのか。形質が遺伝するとは、
何を意味するか、自然が選択すべき変異はどのように現れるのか、そして、個体発
生と進化の間の関係の本質はなにか。この点が根源的な曖昧さとなっていた。
そこで、ダーウインの後継者が「現代総合説」を展開した。to.




446 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:07:30 ID:TFz72DmA
現代総合説とは、自然選択説を唱えた、ダーウインの進化論と、メンデル、
ヴァイスマン、ヨハンセン、モーガンの、遺伝子説を総合したことから、
そう呼ばれている。また書くのか。よ。たくー。

現代総合説は、自然選択は遺伝子のみに作用したといっており、発生学の帰結
である、すべての形質は、遺伝的要因と非遺伝的要因の相互作用から生じる後
成的なものだという、発生生物学のすべてのデーターが示していることとまっ
たく調和していない仮定の上に立てられている。だから、進化を固体でなく、
集団に影響を及ぼす過程として定義することにより、発生の問題を巧みに避け
ることで論点を回避した。
これで、固体郡の遺伝についてはの理論は、発生の問題を完全に無視すること
が出来き、形質の発現について包括的説明を犠牲にすることで、彼らは理論化
に成功した。
自然選択は遺伝子それ自体に作用すると思われがちだが、この考え方は生物学的
発生について知られていることと相容れない


447 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:09:21 ID:TFz72DmA
>>442
<その中卒に論負けする貴様は、小学生並。


448 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:20:49 ID:yCvQX1y5
ちょw中卒当たってたっぽいww

449 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:24:29 ID:TFz72DmA
>ちょw中卒当たってたっぽいww

<貴様は幼稚園なみ。ね。


450 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:25:38 ID:xVmEJBl6
で、ネヨの立証はマダ?
立証できないから、とりあえず噛みついてるだけにしか見えないんだが。
いつになったら、立証始まるの?

451 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:26:51 ID:yCvQX1y5
>>446
だから全然矛盾してないっての。
そもそも「環境によって形質が云々」ってのも、環境によって発現する遺伝子が変わってるだけだし。
はっきりいって、お前一回も議論に勝ってないぞ?

452 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:34:42 ID:yCvQX1y5
ってか、何を勘違いしてるんだか知らんが、自然選択は常に「個体」に作用するんだぞ。
紫外線、コピーエラー、交配その他の理由によって遺伝子に変化が起こって、
そのせいで「個体」に変化がおきる。自然選択によってその個体が生き残り繁殖すると、
だんだんその遺伝子が広まり、やがてスタンダードになるわけだ。
まあかなり強引な説明だが。




で、書いてる途中で気づいたんだが、もしかしてネヨってDNAが発見されてない時代の説を引用してるのか?
お前の言う
> 個体発生と進化の間の関係の本質はなにか。この点が根源的な曖昧さとなっていた。
の「個体発生と進化の間の関係の本質」ってのがDNAなんだが。

453 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:37:33 ID:TFz72DmA
>>446
自然選択は遺伝子にではなく、形質それ自体に働くてこと。

>はっきりいって、お前一回も議論に勝ってないぞ?

<どこが。ね。ちゃんと占めそうね。幼稚園並みのボクちゃん。

454 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:40:39 ID:xVmEJBl6
ちなみにネヨのコピペ元はおそらくこのサイト。
相変わらず、ソースを提示しないね、このヒト。
つttp://white.ap.teacup.com/applet/showmyn/200602/archive

で、立証マダー

455 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:44:14 ID:yCvQX1y5
>>453
> 自然選択は遺伝子にではなく、形質それ自体に働くてこと。
いや、そんなこと誰でも知ってるよ。中卒でも知ってる。
ただ、その形質が遺伝子によっている場合、結局のところ遺伝子が自然選択に働くだろ?
遺伝子によらない形質が自然選択にさらされてその形質を持つ個体が生き残ったとしよう。
だからってなんで進化論が間違ってることになる?

456 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:45:47 ID:xVmEJBl6
進化論の正誤はこの際どうでもよろしい。

ネヨが正しいかどうかとは全く無関係だから。
で、ネヨの立証マダー

457 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:47:48 ID:TFz72DmA
>>439
>つうか「現代総合説」ってなんだww

<現代総合説も知らないで論に加わっているのか。
貴様はサル頭並だな。


458 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:48:55 ID:xVmEJBl6
>>457
で、立証マダ?

459 :プロメテウス:2007/01/09(火) 00:50:18 ID:EV5irJ6s
つか、進化論が正しかったら何だと言うのか。
お前ら自身の価値がびた一文でも向上する訳でもあるまいに。
お前らにとって進化論って何なのよ


460 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 00:53:16 ID:yCvQX1y5
>>459
つか、進化論が間違ってたら何だと言うのか。
お前ら自身の価値がびた一文でも向上する訳でもあるまいに。
お前らにとって進化論って何なのよ

461 :プロメテウス:2007/01/09(火) 00:59:59 ID:EV5irJ6s
>460
(進化論とは何なのか)

言うまでも無くひとつの仮説でしょうよ。


462 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 01:01:20 ID:yCvQX1y5
>>457
> ネオ・ダーウィニズム(neo-Darwinism)は総合説、現代進化論(Modern evolutionary synthesis)とも呼ばれる進化論上の考え方のひとつ。
> ダーウィニズムを発展させた理論であり、現在の進化論の根幹をなしている。
> ダーウィニズムは生物の形質の違いが生存・繁殖上の有利不利を生み、
> 自然淘汰を引き起こすとしたものであったが、その最大の弱点は「形質の違いはどこから来るか」を
> 何も説明していないことであった。 また、メンデルを始祖とする遺伝子の概念とはまったく無関係に組み立てられたものでもあった。
> ダーウィニズムと遺伝学が結びついたのは突然変異の発見である。 それまでになかった遺伝子が突然出現する現象が
> 自然淘汰のもとになる形質の違いを生むことがわかり、1930年以降、ロナルド・フィッシャー、テオドシウス・ドブジャンスキー(Theodosius Dobzhansky)、エルンスト・マイヤー、
> ジョージ・シンプソン(George Gaylord Simpson)などの生物諸分野の学者たちが、進化論と遺伝学が統合できることを示し、その後理論として成立した。

要するにネオダーウィニズムのことかよ。
ちなみに「現代総合説」ってのは引っかからなかったぞwwwwネヨ語で言われても分からんっての。

で、これ読む限りでは全く逆だよな?「進化論」に足りなかった「形質の違い云々」の弱点を補ったのがネオダーウィニズムじゃん。
どういう読み違いすりゃそんなあほみたいな結論になるんだ?

463 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 01:24:42 ID:TFz72DmA
>>455
<現在主流の「進化論」であるネオ・ダーウィニズム(現在総合説)は、
ランダムに生じる遺伝子の突然変異だけが進化の原資であり、変異遺伝子
の集団中の頻度が、自然選択または遺伝的浮動(偶然)によって増減する
ことをもって進化とみなしている。これは行動遺伝学の前提である。

この「現代総合説」に対しは、自然選択は遺伝子だけに関わるわけではなく、
環境的要因にも作用する。ということ。

>結局のところ遺伝子が自然選択に働くだろ?

<なんだそれ?



464 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 01:34:29 ID:TFz72DmA
要するにネオダーウィニズムのことかよ。
ちなみに「現代総合説」ってのは引っかからなかったぞwwwwネヨ語で言われても分からんっての。

>>413 でちゃんと書いてあろうが。何がネヨ語か ボケ。


465 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 07:06:42 ID:yCvQX1y5
いや、ネヨ語じゃねーかw
現代進化論、もしくは総合説だろw勝手にくっつけるなってw

> この「現代総合説」に対しは、自然選択は遺伝子だけに関わるわけではなく、
> 環境的要因にも作用する。ということ。

だから日本語で言えってwホントは中学も出てないんじゃねーの?w

466 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 07:59:39 ID:TFz72DmA
ウイキばかり引いて、本を読んでない証拠。
邦訳ものでは、ネオ・ダーウィズムのことを「現代総合説」とこもあるの。
ネオ・ダーウィズムといえば分かりそうなものだがなWW

> この(遺伝子の突然変異だけが原資という)
「現代総合説」に対しては、自然選択は遺伝子だけに関わるわけではなく、
> 環境的要因にも作用するという重大な指摘がされている。
ここまで書かないと分からないのか。サル頭がWW




467 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 08:01:50 ID:yCvQX1y5
> 環境的要因にも作用するという重大な指摘がされている。

はぁ?どこが重大な指摘なんだ?さっきからずっと言ってるが、そんなの常識だって。

468 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 08:04:24 ID:yCvQX1y5
"現代総合説" の検索結果のうち 日本語のページ 約 15 件中 1 - 9 件目 (0.15 秒)

しかも電波ばっかww

469 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 08:06:40 ID:TFz72DmA
「現代総合説」は、自然選択に環境的要因を考慮してないの。


470 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 08:17:19 ID:yCvQX1y5
>>469
> 「現代総合説」は、自然選択に環境的要因を考慮してないの。

どこからそんな電波受信したのか知らないが、自然選択って環境的要因そのものじゃねーか。
っていうかお前の言う「環境的要因」ってなんだ?また独自解釈してるんだろうなぁ…
もしかして後天的に獲得した形質のことか?それが遺伝しないことと、「自然選択にかかる」ってのは全然別の話だぞ。

471 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 08:19:52 ID:YqKsG0Ra
とりあえず、「環境的要因」がネヨ独自定義の恐れがあるので、具体例をひとつ挙げてもらおうか?


472 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 08:34:58 ID:YqKsG0Ra
現代統合説でググッたら、『遺伝子神話の崩壊 「発生システム的見解」がすべてを変える!』
とかいう本が引っかかったが、これがネヨの主張のソースなのか?
マトモな本だとすると、エピジェネティクスのことを説明してる、
遺伝子配列だけじゃ形質は決まらんって今や常識となったことを述べてるだけだと思うが、
よく見たら、『遺伝子は何も決定していない』とか書かれてるから、トンデモっぽいがw

473 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 09:12:42 ID:egiJVQUt
中卒で精神病質者で老人で一人暮らしか…
おまけに「中卒」って言葉にコンプレックス持ってる



何か可哀想になってきたな。
うん、天的天使の教えは正しいよ。現代総合説は存在するし、環境的要因は自然選択にかからないよ。

474 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 12:37:40 ID:2SNNxrnC
>>473
>残念ながら見当はずれの当て推量。だね。
一つも当たってないのよ。うかれタコWW

一つだけ忠告しておく。精神病は、早期に適切な治療を受ければ
直る可能性がある。しかし人格の欠損は、どんな名医でも直せない。
よく覚えておけ。
公務で多忙なので、、それじゃーね。



475 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 12:44:05 ID:OC0QXY05
>>397
>しかし、臨死体験者は、自分が心停止状態に陥っていたときの周囲の人々の様子
>を詳細に覚えているという人が大勢いるのである。いずれの場合も、患者が記憶
>していたのは心停止時の蘇生術のことであり、心停止の直前や直後のことではな
>かったのであります。と。

そういう幻覚を観たってだけじゃねーの
空中からじゃないと観れないものを観たとかその時の医者の行動を知っていたとか言う話もあるけど、
そういうのって体験したと語る人間やその友人の自己申告とかが多くて
疑いの目での検証に耐えるような確かなものって無いし。

幻覚とか思い込みとか嘘で片付けられないような確実な検証を経た証言は歴史上皆無なはずだぞ

476 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 12:44:53 ID:2SNNxrnC
残念、一つも当たってないのよ。ね うかれタコ。

一言忠告しておく、精神病は早期に治療すれば、なおる可能性がある。
しかし、人格欠損はどんな名医もなおせない。
ゴミ溜めのような心しかもてないのは、悲しく哀れだ。いずれ、、にいく。

公務が多忙なので、それじゃーね。

477 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 12:45:40 ID:2SNNxrnC
ダブったか。

478 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 12:47:56 ID:OC0QXY05
少なくとも言動からみて精神が変調してるのは確かだと思うけどな

精神科に行って、天的天使の声を聞きました、そして教えてくださったことはこれこれで
私はその伝えてもらった内容が正しいと確信しているのであります、と持論を説明してみると
たぶん診断つけてくれると思うぞ

479 :某377:2007/01/09(火) 15:33:47 ID:ydlmkhLc
そうか中卒だったか。いろいろ苦労したんだろうな。
まあ学歴と知性は必ずしも一致しないわけで、たとえば仮にネヨが
大学院を出ていたとしても、言ってることが正しいことになるわけではない。

>>445-446
つっこみどころが多すぎていちいち反論するのもかったるい。

445一文目: 日本語でおk
446第二段落第一文: すでに指摘したとおりまったくの嘘
446第二段落第二文以降: 前提である第一文がまちがいなのでまったくのゴミ

長いだけで中身も根拠も論理もない書き込みをするのはいいかげんに
しておくれでないか。

>>454
部分的にそのサイトのコピペをしたものの、中身を理解するには
至らなかったようだね。
そっちのサイトのほうも何かを勘違いしている可能性が非常に
高いけれども、言わんとするところはわからんでもない文章で、
デムパとまで言いきってしまうのはすこしかわいそう。


480 :某377:2007/01/09(火) 15:35:13 ID:ydlmkhLc
>>461
もちろんひとつの仮説。
ただし、「きわめて蓋然性の高い、科学的な」が形容としてつく。

創造論のような、仮説にもなっていないただの妄言とは一線を画する。

481 :某377:2007/01/09(火) 15:38:15 ID:ydlmkhLc
>>476
>一言忠告しておく、精神病は早期に治療すれば、なおる可能性がある。

そうだね。
手遅れの人もいるみたいだけど。

>ゴミ溜めのような心しかもてないのは、悲しく哀れだ。

そうだね。
根拠を提示しない、論理を否定する、他人に対して「、にいく」などと
暴言を吐く、などといった人格欠損は手のつけようがない。

よくわかってるじゃないか。

482 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 17:11:20 ID:egiJVQUt
>>447
> <その中卒に論負けする貴様は、小学生並。

>>476
> 残念、一つも当たってないのよ。ね うかれタコ。


これはどう考えればいいんだろww

483 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/09(火) 21:00:39 ID:EfAKzwAt
>>417
じゃお前はその天的天使の教えとやらを脳内妄想だと認めるんだなw

484 :名無しさん@3周年:2007/01/09(火) 21:53:42 ID:p21RuAxJ
>>482
よく考えたら中学卒業してないことを思い出したのでは?

485 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/10(水) 11:35:48 ID:I/kYMop5
>>ネヨ氏
唯物論的科学に対する批判には、共感できる所がありますが、
あなたの聖書に対する姿勢には疑問があります。
あなたは、本当にキリスト者なのですか?
聖書に書かれていない事を適当に主張すべきではありません。
かといって、聖書を(しかも不正確な翻訳のもの)無闇に引用するのも問題ですが。
おそらく、新興宗教系の不正確な書物からの知識を元に主張しているのではないでしょうか?
悪いことは言いませんから、面倒に思えても聖書を勉強してみてください。
できれば、原文の言語で理解できるように頑張ってみましょう。

486 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/10(水) 13:36:05 ID:I/kYMop5
キリスト教教育スレッドでの某697氏のコメントでしたが、ここに返答する方がよいと思い、ここに書き込みます。


>宮内庁や右翼が、記紀の記述を字面通りの史実だと主張しているということ?
>右翼はともかく、戦後の宮内庁がそんな主張をしているとは初耳。
>ソースはあるんだろうね?
>極右だって、記紀の伝説をそのまま史実だと信じる人達なんて聞いたことがない。
>いても極少数だろうし、戦前ですら宮内庁も天皇も国民の大半だって、キリスト原理主義者のように伝説を信じていないぞ。

>まあどうせ、ロクな根拠もなく思い込みで書いたんだろう。

残念ですが、ちゃんとしたソースがあります。

TIMEasia Magazine: Japan's Mystery of Majesty
http://www.time.com/time/asia/covers/501060904/story3.html

ここに、ちゃんと、宮内庁が、非科学的な偽史を主張していることが書かれています。
この某697氏もそうですが、なぜここの進化論者達は、創造論に対するその同じ熱心さで宮内庁や右翼の妄言を攻撃しないのでしょうか?
やはり単に反キリスト教が動機なのでしょう?

487 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 14:08:40 ID:+ygDe56I
どうも信じられんな、というか、2chに来てはじめて知って驚いたよ。
アニヲタでも、アニメの世界と現実の世界が区別出来なくなれば病気だろう?
神だ魂だ創造論だって、当然物語としての対象だと思っていたし、信じると言ってる連中も、
そこはある種の文化として弁えているものだと思っていた。
まさか現実の世界がそんなもので解釈可能だと本気で思っている連中がいて、何の矛盾も覚え
ずにPCやネットを使ってるなんて想定外だった。
神父や神主や坊主だって、半分は商売と割り切ってやってるもんだと思っていたからね。



488 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/10(水) 15:11:13 ID:I/kYMop5
>まさか現実の世界がそんなもので解釈可能だと本気で思っている連中がいて、何の矛盾も覚え
>ずにPCやネットを使ってるなんて想定外だった。

矛盾しているのは、日本人のいいかげんな宗教観の方であって、そちらの方が世界的に理解されないということを知った方がいいですよ。

>神父や神主や坊主だって、半分は商売と割り切ってやってるもんだと思っていたからね。

本音と建前を使い分け、宗教を商売として割り切って金銭的価値に還元してしまう、
そんな堕落した信仰では、人々を救えるはずがありません。
だから、カルト宗教が世の中にのさばるのです。
いかに、"科学"と称するもので信仰を迷信だと否定しても、現に多数の理工系の人達が、
オウムを例に挙げるまでもなく、カルトに取り込まれています。

ちなみに、宗教と科学は対立しません。
単に信仰を否定したい人が科学を利用しているだけです。
ですから、創造論対進化論の対立は、宗教対科学の対立ではないのです。

489 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 18:07:53 ID:OfAMeaJS
ん? 神道関係者や宮内庁が学校教科書で進化論を教えてはいけない。
と主張でもしてるんですか?
それなら、かなり問題ですが。

490 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 19:05:18 ID:D6SXXnWo
逆だろ、科学を否定したい人が信仰を利用してるんだろ。

ネヨみたいな。

491 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 20:42:53 ID:zlcs9cVo
>>445-446
>つっこみどころが多すぎていちいち反論するのもかったるい。

<某377に対し、意見のある人は、どうぞ。して、ね。

492 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 20:59:51 ID:zlcs9cVo
>>445-446
つっこみどころが多すぎていちいち反論するのもかったるい。

445一文目: 日本語でおk
446第二段落第一文: すでに指摘したとおりまったくの嘘
446第二段落第二文以降: 前提である第一文がまちがいなのでまったくのゴミ

これなんなの?

493 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 21:07:56 ID:zlcs9cVo
>アニヨタでも、アニメの世界と現実の世界が区別出来なくなれば病気だろう?

<数学的論理、つまり形而上学的世界は、すべてヨタか。よく考えよ。

494 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 21:13:10 ID:zlcs9cVo
1000人に5人くらい。我輩の論理受け入れられるのは。
◆QznUfgqaPY は一人目の候補か? どうか。

495 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 21:24:39 ID:zlcs9cVo
>>417
>じゃお前はその天的天使の教えとやらを脳内妄想だと認めるんだなw

>創造科学ヲッチャーよ。
勉強が足りん。の一言。看板の名が泣くぞ。

496 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 21:36:10 ID:z2V4UgfN
中卒さん、今日もご苦労様です^^;

形而上学的思考と妄想の区別が付かないんですかwおまけに日本語もわかんないw

497 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 21:38:01 ID:DwuhcB9v
立証責任を回避し続ける限りはただの妄想でFA。

498 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 22:07:02 ID:zlcs9cVo
おじゃま無視。

499 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 22:13:25 ID:z2V4UgfN
>>479が理解できないほど知能が低いのに、
自分の理論を理解できるのは数人しかいないと主張。


あ、低レベル過ぎて理解できないってことかw

500 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/10(水) 22:18:35 ID:WvGDpn6g
あいかわらず思い込みというか決めつけ癖の治らない人だな、君は。
>>486
過去スレでも中川八洋って右翼学者が進化論を否定して馬鹿にされてたんだが。

>>488
>単に信仰を否定したい人が科学を利用しているだけです。

創造科学という名の疑似科学を利用しているのはどちらの方かな。
過去に散々論破されたのはもう忘れたのか?

君は絶対に認めないだろうが念の為言っておく。
俺が否定しているのは聖書やキリスト教ではなくて、
「進化論が科学的に誤りで、創造論が科学的に正しい」って主張だ。
「創造論を信じる」だけならそれは君の自由だから俺は何も言わない。

こっから先はネヨへの返信。
>>495
じゃあ天的天使の教えって誰から聞いたんだ?
それをずっと前から聞いてるんだけど、お前は逃げてばかりなんだが。

501 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 22:47:52 ID:yJA79Mrp
>>500
君は可哀想な人間だな。もうちょっと頑張れよ!

502 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 23:42:29 ID:z2V4UgfN
おれも宗教を否定する気は全く無い。どっちかって言うと有用だもん。使い方を間違えなければ。
つーか◆QznUfgqaPYは、まえ生物板の方の創造論スレでも居た人?
とりあえず「創造論」っていうのがそもそも聖書云々から始まった話だし、一番熱心で一番規模のでかい活動してるから話に出るんだと思うよ。
もし日本で「記紀は科学的に正しい!進化論は間違ってる!」なんていう人が教育委員会に働きかけたり学会で発言しようとしたりすれば批判するって。
でも実際そういう活動は起こってないし話にも聞かない。そもそも歴史教科書に記紀はフィクションって書かれてるのに、なんで反発する必要があるんだ?


あとあれだ、
> 矛盾しているのは、日本人のいいかげんな宗教観の方であって、そちらの方が世界的に理解されないということを知った方がいいですよ。

あのさ、外人コンプレックスはさっさと克服した方がいいぜ。君の行為は、心理学で確か「同化」とかって言うんじゃないかな。
まあ実際、「外人はしっかりした宗教観を持ってる」なんてのもかなり怪しいけど。アメリカ人の「天使」観とかはっきり言って笑っちゃうぜw


そうそう、思い出した。確か君って仏教徒騙ったり自宅警備員してた人だよねw
仕事行くって言った数時間後に同じIDで書き込んだ人ww

503 :名無しさん@3周年:2007/01/10(水) 23:53:56 ID:EHNH2atx
>>486
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/etc/050926etc.html

ここの最後あたりに神道系の進化論批判があるみたいだな。

他のやつはどうか知らんけど俺はこの人らも君らと同じようなもんだと思ってるよ

504 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/10(水) 23:59:31 ID:I/kYMop5
>>494
いいえ。
あなたは、残念ながら聖書に基づいて考えているように思えません。
実は、大変申し訳ないのですが、あなたは進化論者のなりすましではないかとも疑っているのです。
どこか、信頼できる教会を探し出して、通い、聖書を勉強することを強くお勧めします。
といっても、カトリック、リベラル派、エホバの証人、モルモン教、統一協会では話にならないのですが。
なかなか信頼できる教会を探すのも大変ですが。

505 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 00:03:36 ID:qLidbc1N
前スレでの◆QznUfgqaPYくんの発言

>935 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/12(日) 00:13:20 ID:IA4gBVKC
>>「創造主を除外して考える」と「創造主の存在を否定する」の区別ぐらいつくだろうに。
>
>創造主を否定しているのではなく除外しているという建前はわかりますが、
>実際は進化論者の前提は限りなく否定に近いと思います。
>それと、進化論者は、自説に都合の良い証拠や理論を選びとっています。
>つまり、進化論が正しいという前提に世界を解釈しています。
>ケルビン卿は、地球がまだ熱いのは、若いためで、進化論は、それに必要な時間がないので、
>間違いであるとして退けました。
>しかし、進化論者は大進化が起きるのに必要な膨大な時間を確保するために、
>
>放射性元素崩壊の熱という、根拠のない熱源を仮定して、辻褄を合わせました。
>進化論を成立させようと思わないなら、そんな余計な仮定は不要なのにです。
>実際に、地球内部にどれくらい放射性元素があるかは、中心まで掘って検証しなければ、わかりません。
>しかし、検証できないことを良いことに、いまだに地球が熱いのは、若いせいではなく、
>放射性元素崩壊の熱が原因という進化論に都合の良い説が主流になっています。
>太陽が核融合で輝いているという説も、似た状況です。
>実際に太陽内部を検証しなければ正否は誰も判断できません。

この発言が思いっきり科学的に間違ってることが指摘されまくったが
◆QznUfgqaPYくんはその後コメントをせずに逃げて(2chに来なかったというわけではない。他のスレには書き込んでる)
前スレが落ちてほとぼりが冷めるとまたこのスレに書き込み始めた。

かっこわるいぜ◆QznUfgqaPYくん!

506 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 00:46:50 ID:6FfE69xR
>>500
>過去スレでも中川八洋って右翼学者が進化論を否定して馬鹿にされてたんだが。

確かその人は、ダーウィニズムを批判(その批判自体には賛成できる部分はありましたが)はしましたが、
進化論今西派の人で、結局進化論自体からは足を洗えない人だったはずです。
私から見れば、進化論者同士の内輪もめにすぎません。
それで、ここのスレッドでいつ宮内庁の主張が批判されたことはありましたか?

>過去に散々論破されたのはもう忘れたのか?

多くの場合、異論に耳を貸さずに勝手に論破したと進化論者側が思い込んでいるだけなのでしょう。
一応、私の過去の書き込みで、ロン・ワイアット氏のノアの箱船の発掘に関することは撤回します。
どうも、AIGによると、ノアの箱船と断じるには無理があるようですから。

しかし何度も言いますが、前提が違えば、証拠に対する解釈は変わります。
お互いの前提の違いをまず認めあい、尊重する姿勢こそ、進化論者側に必要だと思います。

507 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 01:01:40 ID:qLidbc1N
>>506
あんたの前提って何よ?

そういやあんた前に「もし正しいと倫理的にまずいことになるから進化論は間違い」みたいなこと言ってたな。
前提の違いを認めあうべきってのは結構だが
「正しいと倫理的にまずいことになるような科学理論はとにかく間違いとみなす」
ってのがあんたの「前提」で、それをもとにあんたが証拠を解釈してるなら
あんたを科学的だと認めて尊重するのはとうてい無理。

それとも「神は存在する」という前提かい?
「聖書には真理が書いてある」という前提?
どれもそれを「前提」として証拠を解釈した時点で科学じゃなくなりそうだけどな

508 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 01:03:05 ID:6FfE69xR
>君は絶対に認めないだろうが念の為言っておく。
>俺が否定しているのは聖書やキリスト教ではなくて、
>「進化論が科学的に誤りで、創造論が科学的に正しい」って主張だ。

いや、それは明らかに矛盾していますし、単なるごまかしです。
「進化論が科学的に誤りで、創造論が科学的に正しい」ことを否定している時点で、
聖書とキリスト信仰を否定していることがわかりませんか?
つまり、進化論は科学的に正しい真理だということは、聖書は人間の作り話の嘘であると主張することと同義です。
ましてや、公教育に取り上げるという行為は、進化論という特定の思想・信仰を国家が後押しする行為です。
進化論は信仰ではないと仮に認めても、進化論を許容する特定の信仰を優遇し、
進化論を許容しない特定の信仰を抑圧することに変わりありません。
つまり、民主国家の建て前である、宗教に対する中立という政教分離の原則に明らかに違反します。
>「創造論を信じる」だけならそれは君の自由だから俺は何も言わない。

創造論に情けをみせて、寛容な所をみせようというポーズは結構です。
本音は、迷信にとらわれた馬鹿としか見ていないくせに、そうした偽善は気持ちが悪いです。

509 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 01:09:07 ID:k1Sjhnky
>>508
誰も進化論を正しい真理だなんて言ってないわけだが?
現在、考えられる仮説としてもっとも有力であるというだけで。
まあ、間違いが発覚したりしたらあっさりと破棄されるし、より妥当な論が出てきてもやっぱり変革するか破棄される。
つまり、宗教のような破棄できない前提というモノは無い。

別にキリスト教的な創造論を科学的に扱ってもかまわんのだが、その場合は聖書も同じリスクを背負うことになるだけだよ。
間違いが発覚したら、聖書の記述が破棄されなくてはならない。

そういうことでいいのかい?

510 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 01:15:55 ID:qLidbc1N
>>508
まとめると
「ある宗教が科学的な根拠なく言ってたことが否定されてしまうなら
科学的に正しいことでも学校では教えるべきでない」
ですか。

バカじゃねーの。
「もし地球が平面だと主張する宗教があったら地球が球体だと学校では教えるのはその宗教に対する宗教弾圧である」
という論理だぞお前が言ってるのは。

そもそも、
>「進化論が科学的に誤りで、創造論が科学的に正しい」ことを否定している時点で、
>聖書とキリスト信仰を否定していることがわかりませんか?
ってのがもう被害妄想的。
バチカンは「肉体は進化で出来たけど魂は違う」、と公式発表したはずだろ。
両立させてる具体例があるじゃん。

511 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 01:25:12 ID:6FfE69xR
創造科学ヲッチャー氏などのここの進化論者は、ムスリム達にも同様な態度を彼らに面と向かってとれるのか聞きたいですね。
彼らは、クリスチャンほど穏健な姿勢をとってくれるとは限りません。
数年前に、富山でコーランが破り捨てられ、ばらまかれた時、彼らは猛烈な抗議活動を起こしました。
これから先、日本も欧州のように移民を受け入れざるをえなくなり、
日本で生まれた彼らの子どもも教育を受けさせなくてはならなくなるでしょう。
ゆとり教育の見直しで、進化論を義務教育で教えようという意見がありますが、はたして、
彼らに進化論を押し付けたり、宗教コミュニティーによる独自教育を認めなかったりできるでしょうか?
日本が、公式に公教育によらない、家庭内教育やコミュニティーによる独自教育が認められるようになればいいのですが。
しかし、ここの進化論者達は、あくまで公教育の制度一本で進化論も義務教育で教えるべきと考えているようで恐ろしいです。
もしこんな人達だらけなら、日本は、アーミッシュみたいな存在を許容できない狭量な悲しい国になってしまいますね。
アーミッシュは、進化論なんて教えませんから。

512 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 01:45:05 ID:6FfE69xR
>>502
>つーか◆QznUfgqaPYは、まえ生物板の方の創造論スレでも居た人?

いえ、一度も生物板には、書き込みをしていませんし、見てもいません。
そうでなくても、学生とはいえ、ここに書き込める自由な時間には限りがあります。
私に対する多くの書き込みに、返答しきれずに、こちらが返事を書き込むタイミングを逃してしまいがちです。
返答しないため、逃げたとか、私を論破できたと思われています。
全部に返答を書き込める時間のない私にも非はあるのですが、何分一人の創造論者に、
進化論者は多人数で集中的に吊し上げますから、大変です。
進化論者の書き込みを禁止する掲示板があるのも理解できます。
とにかく、宗教板ですら返答しきれないのに、生物板まで手を広げる余裕はないです。

513 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 01:48:19 ID:qLidbc1N
>>511
おおっと ◆QznUfgqaPY !
会話を拒否して自分の考えだけ書き連ねるモードに入った!
これはかなり追いつめられてますねー

しかし、子供が一般教育を受ける権利を親の宗教的信念によって奪い去る方がよっぽど狭量で悲しい気がするがねー。
親の信念として科学的な教育が間違ってると思うなら学校で習うことと別に
家庭で自分の信念を子供に話してどちらが正しいと思うか選ばせりゃいいのにね。

514 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 01:55:31 ID:qLidbc1N
>>512
「返答しないけどそれは返答できないんじゃなくて手が回らないだけ。
だから論破されてないんだもーん」
ですな。

批判に対する反論はしてないけど今だに自分では>>505の主張は正しいと思ってるわけですな。

515 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 02:16:02 ID:6FfE69xR
>あのさ、外人コンプレックスはさっさと克服した方がいいぜ。君の行為は、心理学で確か「同化」とかって言うんじゃないかな。
>まあ実際、「外人はしっかりした宗教観を持ってる」なんてのもかなり怪しいけど。

"外人"にコンプレックスですって?
勝手に決めつけないで下さい。
日本のように、正月は神道の神社に初詣、結婚式や年末のクリスマスはキリスト教、
葬式は仏教というように、日本人自身認めるように、いいかげんで節操がありません。
いったい、あなた方は何教徒なのかと、これを見た多くの外国人達は困惑します。
七夕祭りと近代天文学、天皇神話を初めとする神道と進化論や進化論的地質学…。
それらは本来互いに矛盾しあうもので、いずれ"キリスト教"リベラル派のように、ごまかしの理論で、
妥協するようになるにせよ、普通の文化圏では、まず必ず何らかの軋轢があります。
しかし、ここでも日本人は両方を比較検討し、議論をした形跡はありません。
この矛盾を矛盾とも思わない宗教観を、いいかげんと言わずして何と言うのでしょうか?
天皇信仰の総本山の宮内庁は、神武天皇等の伝説を史実と主張しているので、
一応、一貫性のある日本人もいることはいるようですが。

516 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 02:29:34 ID:6FfE69xR
とにかく、>>512で書いたように

>そうそう、思い出した。確か君って仏教徒を騙ったり自宅警備員してた人だよねw
>仕事行くって言った数時間後に同じIDで書き込んだ人ww

これは、人違いです。
いったい、どういう根拠でそのように決めつけたのでしょう?
進化論者側にも、すぐ決めつける思い込みの強い人はいるようです。
でも、進化論者は身内にはあまいので誰も批判も注意もしませんよね。

517 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 02:44:45 ID:6FfE69xR
>>503
その渡辺京大名誉教授は、ID論者ですが、神道教徒なのでしょうか?
ソースはありますか?
ここの進化論者の書き込みによると、統一協会の人間だとのことですが。
この噂も、どこのソースから出た情報かわかりませんが。
仮に、統一協会だとしても、進化論の欠陥とその反省がID論という学説を生み出し、
そのID論を統一協会が自己の勢力拡大に利用しているというだけで、
ID論という学説の是非は全く次元の違う問題です。
確かに、ラエリアンムーブメントや統一協会といったカルト教団が、
ID理論を利用しようとすること自体は深刻な問題ですが、それをもってして、
ID論という、異論を貶めようというのは、非常に姑息な手段です。
ちなみに、私は創造論者であって、ID論者ではありません。

すっかり遅くなったので、今晩の書き込みはここまでにさせてもらいます。
それでは皆様、お休みなさいませ。

518 : ◆QznUfgqaPY :2007/01/11(木) 03:14:48 ID:6FfE69xR
>>503
大変失礼いたしました。
確かに画家の出雲井晶氏が、進化論教育を批判してますね。
進化論教育批判の部分は、正しいですが、誰が日本人を作ったかという部分には問題がありますね。
我々クリスチャンにとって、日本人を作ったのは、もちろん聖書にある創造主です。
もっと正確には、日本人など世界中の人々の祖先アダムをお造りになって、
その後、主の思し召しで日本人という人達が形成されたのですが。
進化論教育を批判するのは良いですが、それに変わる歴史と科学の教育が神道の主張する歴史では話になりませんね。
猿神話が、神道神話に変わっただけで、クリスチャン等の他の信仰が尊重されないのは相変わらずですね。
しかし、進化論者から見れば、創造論者と同類に見えるとのことですが、
我々創造論者から見れば、進化論者と国家神道教徒も同類です。
もっと、右翼に宮内庁、彼ら国家神道教徒を批判したらどうですか?
日本での政治勢力は彼らの方が、我々創造論者より断然上ですよ。
やはり、強い勢力、怖い勢力の批判はしたくないのですね。

519 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 03:38:29 ID:OYI/S3EE
意味ワカンネー!
なんで◆QznUfgqaPYは、俺たちが「神道的進化論」とか「イスラム教的進化論」を批判してないことに切れてるの?
俺たちがそれをしないのは、>>502の理由だけで、実際このスレにそういう説を信じてる人が持論を展開すればさくっと論理的に否定するよ?
もう言いがかり以外の何者でもないよね、それ。
何かをしてるのを批判するのは構わないけど、何かをしてないことを批判するのは卑怯だよ。
例えば、あなたは臓器提供したことが無い!最低だ!みたいな。


んでさ、そこを除けばあんた何も主張してないんだよね。創造論が正しい理由とか進化論が間違ってる理由とか。
倫理と屁理屈を盾にただただ人を非難してるだけ。そういうとこが、前言った仏教徒騙ってた人にそっくりだと思ったんだ。
でも、よく考えてみたら生物板はID出ないんだよな。どこだっけ?誰か知らない?仕事行くって言って数時間後に同じIDで書き込んだ人。
それ指摘したらこなくなっちゃったんだよね。最高に面白い人だったのに。

520 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 03:42:43 ID:YJaXeqo/
反論する暇が無いみたいな事を言ってるくせに具体的反論以外の内容を
たくさん書き込んでるように見えるのは気のせいですか?

521 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 03:53:10 ID:YJaXeqo/
宮内庁とか神道狂信者とかがこのスレに来たり理科教育に口出ししようとするならいくらでも批判してやんよ
そういう奴らがこのスレに来ねーしあんまりそういう動きが少ないからしょうがねえだろw

俺が思うにほとんどの右翼とか神道関係者もぶっちゃけ進化論が正しいと思ってると思うぞ、
日本人の柔軟で臨機応変な宗教感からしてw

522 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 03:56:06 ID:YJaXeqo/
眠たいから変な文になったな、まあいいや

とにかく妙に自分たちだけが迫害されてると信じちゃってる君、テラキモスw

523 :某377:2007/01/11(木) 07:58:53 ID:2ToD1O+v
>>503
渡辺は神道じゃなくて統一教会の手先。
ネヨだの◆QznUfgqaPYだのと同じ穴のムジナのキリスト教系のカルトメンバーだよ。

>>506
その「宮内庁の主張」とやらを出してくれれば批判するよ。
どうぞだしてくれ。
海外の、記者の解釈が多分に入ったあいまいな記事じゃなくて一次ソースをな。
(外人コンプレックスの塊である君にとっては、英語で書いてあれば
無条件に正しいんだろうけどw)

天皇が進化論者である状況で、宮内庁が反進化論を旗印にするとはちと
考えづらいと思うんだがな。

>多くの場合、異論に耳を貸さずに勝手に論破したと進化論者側が思い込んでいるだけなのでしょう。

まちがいである理由をちゃんと述べたのに、異論に耳を貸さなかったのは
君のほうだけど?

>お互いの前提の違いをまず認めあい、尊重する姿勢こそ、進化論者側に必要だと思います。

まちがいであることが明白な前提(すなわち創造論)をなぜ認めないと
いけませんか?
詭弁もたいがいにしましょう。


524 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 08:44:58 ID:xRUrV9Hq
>>517
渡辺がID学会たちあげてて、その事務局がある場所が統一協会の下部組織、ということだったはず。

525 :某377:2007/01/11(木) 09:11:41 ID:CyLR49+O
>>515
>これを見た多くの外国人達は困惑します。

それなんて外人コンプレックス?(爆笑)

>>517
>確かに、ラエリアンムーブメントや統一協会といったカルト教団が、
>ID理論を利用しようとすること自体は深刻な問題ですが、それをもってして、
>ID論という、異論を貶めようというのは、非常に姑息な手段です。

そんな論法使っている人間は君の脳内にしかいないけど。
ID論はそれ自体でイカレているのであって、科学としては反証不能、神学的には
God in the gaps論という、まさに箸にも棒にもかからない欠陥をかかえている。
ラエルや統一教会がくいついているというのは結果にすぎず、IDがイカレている理由ではない。
まあ、いかにもやつらが食いつきそうな代物ではあるけどな、たしかに。w

>>518
>猿神話が、神道神話に変わっただけで、クリスチャン等の他の信仰が尊重されないのは相変わらずですね。

それなんてダブルスタンダード?w
自分は神道神話を尊重する気が毛頭ないくせに、
相手に対してはクリスチャンの信仰を尊重しろ、と、こういうわけですか。
いやいや、「お互いの前提の違いをまず認めあい、尊重する姿勢」を
もったお方は言うことが違いますなあw



526 :某377:2007/01/11(木) 09:28:32 ID:CyLR49+O
>>511
>ムスリム達にも同様な態度を彼らに面と向かってとれるのか聞きたいですね。

言ってやろうか?
ムスリム連れといで。

それはそうとして、彼らを暴力的な集団と決めつけた上で、その暴力で
もって言論を封殺しようという態度はきわめて承認しがたいな。
猛省をうながす。

そんな輩に教育を云々する資格などないし、そういう狂人が
考える「家庭内教育」「独自教育」など推して知るべし。


527 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 09:32:54 ID:OYI/S3EE
日本人の宗教観がごたまぜだったらいい加減って論法が無茶なんだよな。
アメリカ人の天使観だって同じようにいい加減だしさ。
アメリカは元々キリスト教が強かったから、民衆の行動、思考にキリスト教的考えが深く染み付いてる。
なんてったって、初めに植民し始めた人たちが、迫害から逃れようとしたキリスト教一派だったしね。
だから行動がキリスト教的に統一されてるってだけで、ほとんどの人は敬虔でも信心深くもないよ。
アメリカの娯楽小説とか読むとそういうの感じるもん。

日本がごたまぜなのは結構昔からだけど、(神仏習合とか)弾圧とか迫害だって結構あったんだよ。
神仏習合ってのはそれを上手く避ける口実みたいなもんだったんだけど。
政治の上の方が宗教を利用しようとするのは、外国でも同じだしね。

全般的に、先進国では信仰心が薄くなってきてるんだと思うよ。神にすがる必要が少なくなってきてるから。
「神は死んだ」 by ニーチェ って奴ね。

それと、日本は宗教的にいい加減だから新興宗教にひっかかるとか言ってたけど、
カルト教団の珍行動はアメリカがメッカだよ。規模も行動の悪質さも遥かに上。もちろん数もね。

ちなみに何故アメリカの話ばっかかって言うと、俺の読む外国の書籍ってのがアメリカ/イギリス辺りに偏ってるからなんだけど、
創造論の本家だってアメリカだから特に問題ないよね?

528 :某377:2007/01/11(木) 09:54:21 ID:CyLR49+O
すまない。白状すると、>>523
>海外の、記者の解釈が多分に入ったあいまいな記事じゃなくて一次ソースをな。
は、読まずに書いた。

態度としてよろしくないので、いまちゃんとリンク先を読んだ。

オイコラ。◆QznUfgqaPY。進化論関係ないじゃないか。
要するに神武天皇実在を前提として宮内庁が動いていることが
書いてあるだけの話。
現実には、宮内庁にしても、「祭祀としてはそういう立場」という
だけのことで、歴史的事実性を争っているわけでは必ずしもない。
そのへんの事情はこの記事では見えてこないが、たとえば陵墓の
比定が正しくないことに関する宮内庁の国会答弁からはそれがみられる。
科学的事実の問題ではなく、皇室の祭祀としての問題なのだという立場は
それはそれでわからんでもない。賛成はしないけどな。

「宮内庁や右翼が、記紀の記述を字面通りの史実だと主張している」
を示したければ、この程度の話ではまったくの不足で、宮内庁なり右翼
なりが、たとえばオオゲツヒメの目から米ができ、陰部から麦ができたと
信じている根拠ぐらいはだしてこないといけない。

>>486
>この某697氏もそうですが、なぜここの進化論者達は、
>創造論に対するその同じ熱心さで宮内庁や右翼の妄言を
>攻撃しないのでしょうか?

「スレ違い&板違いだから」でFA。

神武実在論を教科書にのせろという動きが本格化したりすれば、
それはそれで批判するかもしれん。別スレでな。

529 :某377:2007/01/11(木) 10:23:29 ID:CyLR49+O
ネヨも相手してやらんとかわいそうだな。

>>491
><某377に対し、意見のある人は、どうぞ。して、ね。

いや、それは君の仕事だろw

>>492
>これなんなの?

ごめん、2ちゃんねる方言も論理も理解できない君にはたしかに難しかったね。

「日本語でおk」は「あなたの発言は日本語文の体をなしておらず、意味不明です」
という意味ね。

また、論理学の原則として、前提がまちがっている論証は、どれだけ精密で
あろうとも無価値というのが常識で、君の話は前提がおかしいので読む価値
もないということ。

530 :某377:2007/01/11(木) 13:19:33 ID:OY3cwdlp
>>527
そもそも元をただせば、聖書自体がいろんな宗教のごった煮だし、
キリスト教の祭りや習慣ということになっているものもクリスマスを
含めて異教起源だしな。

狂信者がそれを認めることはないだろうけれど。

531 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 13:20:02 ID:CkxxEYF4
進化論も数学(で物理学が記述できること)も、実証と反証可能性がなければ、信仰と区別はない。
そして、進化とPC、ネットは量子力学を基礎に置く事で同根である。
現代では、家電、航空機、自動車も量子力学の産物と無縁ではない。
手動機織り機以上のものは、すべて進化論の根底にあるものと質を同じくしているのである。
よって、進化論を否定する信仰を持つものが、一切の現代文明にかかわるもの、システムに触れる
ことは、それ自体が信仰に矛盾する。
進化論と、創造論、IDが並立するなどといううのはもちろん言い逃れ、異端である。
アーミッシュやれ!!

532 :某377:2007/01/11(木) 13:23:52 ID:OY3cwdlp
>>515
そういえば、政教分離を憲法で定めておきながら、宣誓式で聖書を使っちゃう
アメリカという非常にいいかげんで節操のない国があり、外国人どころか
国民の一部まで困惑しちゃってるんだが、そういうのは当然無視するわけね?

533 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 15:56:27 ID:mnod4wxw
>>532
その件について、歴史的解説が必要か?


534 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 16:04:39 ID:YJaXeqo/
やりたいならやったんさい

535 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 16:17:29 ID:OYI/S3EE
歴史的解説(笑)

536 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 16:38:49 ID:KqP64obU
>>532
あれは自分の信奉するものにかけて宣誓を行うので、もしムスリムが大統領になったら
コーランで宣誓するんじゃないの?もっともなれるとも思えないけれども。
先日もコーランで宣誓した上院議員がいたよね。アメリカ史上初のムスリム議員だとか。
仏教徒だったら何にかけるんだろうか。

537 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 16:57:44 ID:1iGK2XKp
>>536
自分(の属する宗派)が信じてるお経じゃないの?
数が多いときはその中から一部を選んで宣誓するのでは。
全部憶測だけども。

538 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 18:33:56 ID:qLidbc1N
マオイストが大統領になったら毛語録で宣誓
創価学会員が大統領になったら人間革命で宣誓

539 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/11(木) 20:41:44 ID:4zFr/eIE
>>506
>私から見れば、進化論者同士の内輪もめにすぎません。
味噌も糞も一緒にするなと。
君がそう言うなら俺から見れば統一協会も君のようなキリスト教根本主義も
同じ宗教同士の内輪もめにすぎないと言わせてもらう。

>>508
>本音は、迷信にとらわれた馬鹿としか見ていないくせに、そうした偽善は気持ちが悪いです。
俺はクリスチャンを迷信にとらわれた馬鹿とは見ていない。
仏教徒もムスリムも、その他ありとあらゆる宗教の信者も。
ただ自分の信じるものが科学的に正しいなんて言い出す人間は
どんな宗教の信者だろうと迷信にとらわれた馬鹿と見なす(と言ってもどうせ理解してくれないだろうが)。
一例を挙げると俺は幸福の科学の信者を迷信にとらわれた馬鹿としか見ていない。

>>515
>七夕祭りと近代天文学
織姫と彦星の伝説を信じて近代天文学を否定する電波がどこにいるのかと。
試しに仙台に行ってアンケート調査でもしてくればよい。
いたとしても記紀を本気にする連中よりは少数だろうな。

細かいことだが天皇信仰の総本山は宮内庁ではない。
皇室自身が総本山みたいなものだからな。強いて言うなら伊勢神宮だろうか。

540 :某377:2007/01/11(木) 21:17:10 ID:2ToD1O+v
蛇足ながら。

>>536
いや別に、コーランでもいいのだけど、要は、政教分離のはずの国の
首長の宣誓に宗教がからむのはそもそもおかしいだろという話。
また、聖書でないだけで物議を醸す現状からみて、自分の信奉する
ものなら何でもいいとは言えないと思うよ。

541 :某377:2007/01/11(木) 21:24:08 ID:2ToD1O+v
ちゃちゃ。

>>539
>織姫と彦星の伝説を信じて近代天文学を否定する電波がどこにいるのかと。

世の中広いからなあ。
俺も昔は、アダムとイブをマジにとる阿呆が現代に生き残ってるとは
思いもしなかったし。


542 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 21:34:44 ID:OYI/S3EE
みんな静かに!フレックスタイム君の反論が聞こえないじゃあないか!

543 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 21:46:40 ID:FId0Fy3c
割り込みゴメン。
某377センセー。
>>491
某377に対し、意見のある人は、どうぞ。して、ね。
いや、それは君の仕事だろw
>我輩に、製造物責任を問われてもねえ。

>>492
>これなんなの?
ごめん、2ちゃんねる方言も論理も理解できない君にはたしかに難しかったね。

<別に、2ちゃんねる幼児語の説明を求めたわけでのないのに、ね。
まあ、ご親切なこった。
きっと表現が難し過ぎて理解ができなかったのね?
それではもっと親切、丁寧に教えてあげましょう。ね。

「進化する実体は単なる遺伝子の集合としての個体群ではなく、発生システム
の集合としての個体群である。つまり、生物はその不可欠な特徴の一つとして発
生するし、さらに、発生においては、環境が遺伝子型と同じくらい重要な役割を
演じている。(ウォディントン)
伝統的なネオ・ダーウィニストの理論は次の2つの理由により不適切である。
@選択圧の性質に影響を及ぼす行動の重要性を無視したこと。
A本来、表現型(遺伝子および環境の影響を受ける)に属し、遺伝子には二次的
にしか属さない淘汰値(適応度)を直接遺伝子に与えたことである。
分かった?





544 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 21:56:08 ID:FId0Fy3c
>俺も昔は、アダムとイブをマジにとる阿呆が現代に生き残ってるとは
思いもしなかったし。

<アダムとイブの意味分かっていっているの?
なんにでも口だす、知ったかぶりセンセー。

545 :某377:2007/01/11(木) 22:04:20 ID:2ToD1O+v
>>543
>>我輩に、製造物責任を問われてもねえ。

製造物かよw

>分かった?

君が嘘っぱちを信じこんでることはよくわかった。

>>544
><アダムとイブの意味分かっていっているの?

最初の人間。
イブはアダムの肋骨から作られた。
と、脳ミソお花畑な連中が信じこんでいる。


546 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 22:14:19 ID:OYI/S3EE
環境に反応して発現する遺伝子も、行動を左右する遺伝子も発見されてるわけだが。
要するにどちらも遺伝情報に含まれてるわけで、こっちとしては何言ってんだって感じなんだ。

つーか100パーコピペなのに「丁寧に教えてあげましょう」ってww

547 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 22:19:04 ID:FId0Fy3c
>>545
><アダムとイブの意味分かっていっているの?

最初の人間。
イブはアダムの肋骨から作られた。
と、脳ミソお花畑な連中が信じこんでいる。

<アダムが最初の人間。か、
それを科学的解釈した、アホもいる。が。

アダムとその妻は、世界で最初に造られた人類ではなく、最古代の教会
(天的な教会)、またその人々、その信仰を表している。それが「ちりか
ら作られた」のは、再生によって人間でないものから(真の)人間にされ
たことを意味している。(善悪を知る木の実のエピソードについては、
植物編の「木」を参照)「人」を意味するヘブル語は「アダム」と「エノシュ」
の二種類あり、アダムは天的な教会の人、エノシュは霊的な教会の人を指す。
(創世記2章〜)


548 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 22:20:25 ID:k1Sjhnky
というネヨ解釈でございます。こんちこれまた。

549 :某377:2007/01/11(木) 22:24:42 ID:2ToD1O+v
>>547
ごめん。俺、天使的解釈には興味ないんだ。ほんとごめん。

550 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 22:38:33 ID:FId0Fy3c
英知ある人は何ゆえ「進化論」を受け入れられないか。
下記の考えに、人の心が拒否するからである。ことを知っているからである。

人間は進化の頂点にいるのではない。進化に目的はない。
進化はハシゴのような一本道ではなく、木の枝のように多方に伸びていくも
のである。人間はその枝の一部である。
進化は進歩ではない 。進化とは狭義には「時間の経過に伴う生物集団中にお
ける遺伝子頻度の変化」であって、進歩という概念とはまったく別のものである。
地中で生活するモグラの目が退化していることも進化の結果であり、クジラの手足
が退化していることも進化の結果である。また人間に尻尾がないのも進化の結果で
ある。なお、「進化」を意味する英単語"evolution"は元々「(劇などの)時間的な
展開」を意味しており、やはり進歩の意味はない。


551 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 22:39:30 ID:qLidbc1N
自分の聴いた天使の声しか根拠の無い話は時間の無駄だからいいよ

552 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 22:53:11 ID:nm3gPyJe
>>539
君はキリストカルトの信者じゃないのか??
君の発言は気持ち悪い 吐き気がするよ。

553 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 22:58:32 ID:FId0Fy3c
何某377的人間を、♪謎解き問答で解くならば♪。「アルゴリズム」と説き間
まする。
して、その心は、、、、、、、、考えましょう。っても無理か?

アルゴリズムは、有限の手続きであり、定まった一組の記号で書かれ、
厳密な指令に支配され、1、2、3、、、、、、と言う個々のステップを踏
み込んで進み、これを実行するのに、洞察力も才気も直感も知性も明敏さも
必要なく、遅かれ早かれ、終わりにいたるーーーそのようのものである。




554 :某377:2007/01/11(木) 23:04:10 ID:2ToD1O+v
>>550
>進歩の意味はない。

そうだよ。わかってるじゃん。

と思ったが、みるかぎりどこかからのコピペだな。
意味わかってないなら貼るなよな。

555 :某377:2007/01/11(木) 23:04:55 ID:2ToD1O+v
しかし、今日はいつにもましてネヨがハイだな。
ヤバいクスリでもキメてんじゃあるまいな?

556 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 23:16:56 ID:FId0Fy3c
へんなイチャモンつけるな、って。
でも、脳内エンドルフィンが出てるかも。ね?
いや、ダイノルフインかもね。
科学知的にいえば。

557 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 23:19:59 ID:FId0Fy3c
言い忘れた。って。
霊的に言えば、主のご慈悲により「愛」が増えた。と言うべきか。

558 :某377:2007/01/11(木) 23:35:09 ID:2ToD1O+v
クスリもキメずにこれか。もうおしまいだな。

559 :名無しさん@3周年:2007/01/11(木) 23:49:36 ID:FId0Fy3c
人間には、「機械仕掛けの仕組み」や「動物的衝動」、或いは「遺伝子の制約」
はあるものの、それらの制約を受けつつも、「自由意志」の力で、自らの生き方
を決定することができる。

せめて、「心が脳を変える」 ジェフリー・M. シュウォーツくらいは読んでみましょう。 

560 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 00:02:44 ID:9BjLfu7J
自由意志?物質?それともエネルギー?
どういう物理法則に従うの?どうやって観測されたの?

561 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 00:32:56 ID:+iiSQEVF
まともなことを二つ言い、それを足したフリをして全然違うものを出す。
上手い人がやれば騙される人もいるんだろうが、意味分かってないコピペ二つ貼って、その後電波発言貼られてもな。

最初のコピペで煙に巻ける筈だったんだろうが、観客がそれを完璧に理解していて、分かってないのは得意げに手品をしようとした道化だけww

562 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 02:49:41 ID:iRrydqUr
祖先は、猿よりピノキオがマシって話か?

563 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 02:53:23 ID:7ECYcNig
自由意志で無神論者ができるように仕組んだ神は偉いな。
最後の審判でいびり殺すのを楽しみに自由意志を加えたんだろうな。

564 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 09:00:55 ID:rXPo5A1O
>>559
心が主か脳が主かという問いに縛られている段階ですでに過去の遺物。
いいかげん「自由意志」論自体が無意味であることを知れ。

565 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 11:23:54 ID:CnrEOS32
というわけで>>550はwikiからの継ぎ接ぎで御座いました、こんちこれまた。

つttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96
進化に関する誤った理解あたりを参照。

566 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 16:09:21 ID:+iiSQEVF
中卒クンもフレックスタイムクンももうちょいまともなこと言ってくれんと、こっちとしては反論のし甲斐が無いんだ。

567 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 17:30:07 ID:GIqR/uDK
↑ テイノー(*^_^*)

568 :某377:2007/01/12(金) 21:56:04 ID:edLLJ4LS
昨日のコピペでネヨが言いたかったのは「進化論は進歩を否定する」とか
いう話だったんだろうかね。

どっちにしても、「進化は進歩ではない」というのと
「進歩というものが存在しない」というのとはまったく
別の言明である、というだけの話なのだが。

言辞が混乱しまくっていて、こっちで推測しないといけないのはやっかいだね。
まあ本人にしてからが何言いたいのかわかってないんだろうけど。

569 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 22:09:16 ID:UMsyL+C+
進歩はしょせん人のコトワリ。
悠久の大自然にとってはどうでもよいこと。

570 :名無しさん@3周年:2007/01/12(金) 22:13:31 ID:+iiSQEVF
ただ単に、ぐぐって見つけて「これ進化論を否定できるよ!」って勘違いしちゃっただけだと思うよ。

571 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 00:37:01 ID:m/nxQXAY
進化という用語自体が、対象とする現象に比して色つき過ぎなんだよな。

572 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 08:15:39 ID:ZB1Dz/Rj


これで、進化論が否定できると勘違いしているわけではない。
ひとの「心」が「進化論」的概念を拒否いているということ。
それに気が付かない者は中卒並みってこと。だね。



573 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 08:25:17 ID:ZB1Dz/Rj
もっと分かりやすく言えば、進化論は自然のアルゴリズムってこと。
これを実行するのに、洞察力も才気も直感も知性も明敏さも必要なく、
遅かれ早かれ、終わりにいたる、、、、
したがって、自然自体は死んでいる。そこには、「愛」や「英知」
つまり、(いのち)はない。ということ。

574 :某377:2007/01/13(土) 09:12:30 ID:TKiSoUUb
>>572-573
もうちょっとわかりやすく言えや。

要するに理屈も何もなく、そんなのいやだとダダこねてるだけ、という話だろ。

ひとの「心」が、とか中途半端なもの言いはやめろ。
おまえが一人でいやがっているだけ。



575 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 09:43:13 ID:WluE1nvt
進化論的概念を拒否いてる。
拒否いてる。
拒 否 い て る

576 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 09:47:19 ID:v0XAyTVQ
>ひとの「心」が「進化論」的概念を拒否いているということ。(原文ママ)

という割に普通に世界に広がってしまっているこの不思議。


577 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 09:49:35 ID:WluE1nvt
魂が無いなんてヤダヤダ!
僕はとっても頭がいいんだぞポッポー!



こんな感じだと思われ

578 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 11:05:41 ID:ZB1Dz/Rj
揚げ足取ることしか出来ない、たこ頭。
少しは、持論でも展開してみようね。
出来ねえのなら、スッコンドレ。って言うの。
このスットコドッコイ。

579 :某377:2007/01/13(土) 11:49:58 ID:TKiSoUUb
持論を展開するのと電波を飛ばすのとは似ているようで全然違う。

580 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 13:02:54 ID:WluE1nvt
要するに愛とか英知とかってのがあって、それが命だって主張したいのね。


それを科学だって言うんなら、まず愛と英知を定義して、それから論理的にそれが命であるっていう証明をして、それからそれを確かめる実験をしてね。
科学自体を否定したいならどこかよそのスレでやって。

581 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 14:29:25 ID:3HAXTJBy
>>573
>もっと分かりやすく言えば、進化論は自然のアルゴリズムってこと。
>これを実行するのに、洞察力も才気も直感も知性も明敏さも必要なく、
>遅かれ早かれ、終わりにいたる、、、、
だからこそ人間か獲得し得た「英知」や「愛」が尊いものだと思うんだけど
なんでそこで否定の方に走っちゃうのかよくわかんない。

>したがって、自然自体は死んでいる。そこには、「愛」や「英知」
>つまり、(いのち)はない。ということ。
それって「どうせ死んじゃうんだから生きていても意味がない」レベルの
子供の論理ですよ。


582 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 14:57:53 ID:3ZNgVTqm
>>573
まだ当分散逸系でいられるんだが、地球は。

583 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 16:58:40 ID:LsyEehWp
>科学自体を否定したいならどこかよそのスレでやって。

<へエへエ。このスレにはいささか辟易してきたところだ。
難解なスウェデンボルグの霊的科学?を解説してやろうと
思ったが、どうもここのスレ住人は、サル頭やタコ頭ばかりだ。
嫌気がさしてきた。ので、やめた。
いつまでもバカ唯物論的進化論やってろ。 じゃ、さいなーら。



584 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 17:12:44 ID:LsyEehWp
追記。
スウェーデンボルグの著作郡をすべて読んでから
物質科学かたれ。どアホども。
あほらしいから、ぐっすりネヨ。ZZZZZ,,,起こさないでね。


585 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 17:15:35 ID:v0XAyTVQ
はいはい。今後はゆっくりと天使と思う存分語ってくれ。

586 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 17:59:57 ID:WluE1nvt
>>583
だから、科学ってのは理論と実験と反証実験がないと認められないものなんだよ。
そうじゃないものはただの妄想。科学を騙るなって話。

ってかスウェデンブルグwww霊的科学ww




まあ中卒クンが居なくなるとほんとのところさびしいけどな。
からかう相手が居なくなるし。ホントに来なくなるならここまた過疎っちゃう。

まあほんとに来なくなるならだけどw

587 :名無しさん@3周年:2007/01/13(土) 19:17:28 ID:KK1J8J9o
>>584
スウェーデンボルグが何言おうが書こうが、屁なんだよば〜か。

588 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/01/13(土) 21:36:22 ID:heupXfXl
>>547
それはこっからのコピペだな。
http://swedenborg.web.infoseek.co.jp/person.htm
他人が書いた文章だと言わないと盗作だぞw

589 :某377:2007/01/13(土) 22:16:59 ID:TKiSoUUb
>>583
「もうこねーよ、バーカバーカ」というのが礼儀に適った最後っ屁という
ものですよw

>>584
君の好みの電波文書をなんで我々がいちいち読まんといかんのだ、たわけ。
そもそも、前回君が持ちだした文書にしたって、自分好みに勝手に曲解して
著者の意図とまっこうから反する使い方をしてたくせに。

590 :モエカス:2007/01/13(土) 22:52:43 ID:aUhob+fR
>>584
永遠におやすみ。
二度と起きなくていいよ。

591 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 15:14:29 ID:73N5cAK0
そろそろ「やはり我が輩がいないとスレが延びないようだな」とネヨが再登場するころだな。


592 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 20:30:09 ID:kaWzou3e
>>591
お前馬鹿か。くだらないスレ延ばすなよ!
カルト共はオカルト版に行け!!

593 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 23:03:18 ID:BRNzvowt
http://ja.wikipedia.org/wiki/創造科学#.E6.B4.AA.E6.B0.B4.E4.BB.A5.E5.BE.8C.E3.80.81.E5.9C.B0.E7.90.83.E7.92.B0.E5.A2.83.E3.81.AF.E6.BF.80.E5.A4.89.E3.81.97.E3.81.9F
なんだこれーwww
気圧が高くなるとでかい生き物の行動が楽になるのかww

594 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 07:12:45 ID:d4Yu3Lqw
>>593
いいねー。「続氷点」氏。楽しい。

創造科学 - 履歴 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6&action=history

ノート:創造科学 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6

595 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 07:20:35 ID:d4Yu3Lqw
「創造論」の方でも「続氷点」と「Nike」の抗争は続く。

創造論 - 履歴 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96&action=history

ノート:創造論 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96

双方がんばってほしいところだ。

596 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 12:01:34 ID:8YlExT8E
>>593
2.2気圧程度で何ができるんだかw

逆に空気が1/3以下のヒマラヤをツルが飛んで超えらるのにな。



597 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 12:41:46 ID:C71XVRjG
多分、「気圧が高くなると浮力が」とかそういう発想じゃね?
水中みたいな感じで。

598 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 12:47:20 ID:dcAutMgA
>>597
ああ、むかし飛行船の中身を水素からヘリウムに換えようとした際、
気体重量が2倍になるから風船を倍の大きさにしないと
同じペイロードが保持できないといった
えらい学者がいたな。

599 :某377:2007/01/16(火) 13:13:22 ID:/jktByuf
>>593,597
たぶんもうちょっと単純で、大きいものを維持するにはパワーが必要→
空気が濃ければオッケー、みたいな発想じゃないかな。
恐竜の優位性はむしろ酸素濃度の低い環境において発揮された、
ということを理解していないと思われる。

その一方で、世の中には気圧が高いと恐竜ダメ、という正反対の
主張をする人もいるようで。
ttp://www.crc-japan.com/research/dino-dna/index.html
真相は薮の中といった感じ。

600 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 13:53:43 ID:C71XVRjG
まあ、「恐竜が体支えられなかった」説は色々な面白い話を生んでるよな。
主にSF方面で。
ヴォネガットのスラップスティックとか、ソウヤーのさよならダイノサウルスとか。

そういやディラックの大数理論とかもか。いや、あれは違ったっけな。

601 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 21:07:36 ID:m4k8PJFi
恐竜さんの頃は、現在より酸素濃度低くて、二酸化炭素の濃度は現在より高かった筈。

602 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 22:32:02 ID:34NBHET2
やべwどっかに誤爆したがわかんねww
気圧が低いと麻酔やアルコールの利きが強くなると言う事実はあるから、
少なくとも脳のなんらかの機能と気圧は密接に関連してるんだろうな。
科学的にはいまだ良くわかってないっぽいが。

603 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 23:43:09 ID:d4Yu3Lqw
Calveroって人が「気圧が云々」の部分に「要出典」マークを付けまくっててワロタ。
なかなか陰険でいいぞ。
さて、続氷点はこれにどう反応するのか・・・

604 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 23:48:50 ID:VZPvnUjm
基地外共 酸素より空気読めよ!
まだカルト対決やってるのか?
カルトはオカルト版に行けよ。
お前達しつこいな。結論が出ないんだろ。
頭冷やせ!!

605 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 10:22:35 ID:AWD6Nq36
結論は出てるよ。

606 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 10:25:06 ID:HUsHVp4z
コピペ爆撃だろうが、とりあえずカルトとオカルトは全然違うとオモ

607 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 13:23:55 ID:waLMMUad
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E6%98%A5
ワニは温度で性別が変わる雌雄同体生物?

608 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 15:01:10 ID:AWD6Nq36
>>607
そんなの珍しくもないが、それは雌雄同体とは言わん。


609 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 18:14:58 ID:EUObFH+7
ノート:創造科学 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
で書いてる「Kamiwaainari」ってユーザー、もしかして前に
ノート:創造論 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96&oldid=4506412
で「Nike」と喧嘩してた「Caleb」じゃねえか?
Calebの操り人形の中に「kaminoai」ってのがあった

Wikipedia:進行中の荒らし行為/長期/Caleb - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E9%80%B2%E8%A1%8C%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%8D%92%E3%82%89%E3%81%97%E8%A1%8C%E7%82%BA/%E9%95%B7%E6%9C%9F/Caleb

610 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 18:24:38 ID:eIP2wAD/
「神の愛」で操り人形で荒らしなんて、酷い冗談としか思えない。

611 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 19:54:47 ID:1EN+7DSC
>>606
お前知恵遅れのようだな!世間一般はカルトもオカルトの一緒だ。
あー言えばカルトか??

612 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 22:00:11 ID:HUsHVp4z
コピペ爆撃じゃなく低脳荒らし…

613 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 22:58:23 ID:Qcqdt60Q
>>609
続氷点もだね。ご丁寧に
ノート:石原さとみ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%BF
に現れた

614 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 00:10:20 ID:0fqh6EbF
>過去の討論が読めない?私が事の顛末をちゃんと覚えてるから大丈夫

DQN過ぎる・・・

615 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 01:56:17 ID:4Cz9WrcG
>>613
つまり
Caleb=kaminoai=Kamiwaainari=続氷点
なのかな

616 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 02:04:08 ID:0nc4Cj4O
>>615
だな。ついでに+氷点2だ。おっつけ全部無期限ブロックだろう。

617 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 02:24:39 ID:YOkIzAGa
TVで宣伝してる、ただで変な本配ってるのなに?

618 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 05:13:42 ID:Ktr89SbA
>>584
偽クリだとは思ってたが出した馬脚がスウェーデンボルグか。。
三位一体すら否定する心霊主義者だったとは、とほほのほ。。

もう正体がはっきりしたのでみんなあんまり遊んでくれないと思うよ。
永延に寝てれば?

>>617
アーサーS.デモス財団 「Power For Living」CM
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1168163465/259
私見を述べておきました。参考にしてください。


619 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 11:21:01 ID:2CRa9WeZ
リビングに電力をくれる団体か。

620 :名無しさん@3周年:2007/01/18(木) 19:07:45 ID:2XQEDNSW
Caleb降臨しないかなー。

621 :名無しさん@3周年:2007/01/19(金) 02:29:06 ID:j4i6fugw
人間に知りえないものは批判すべきではない

622 :名無しさん@3周年:2007/01/19(金) 10:56:36 ID:Ld/gs5qR
別に知り得ないものじゃないしなぁ。

623 :名無しさん@3周年:2007/01/19(金) 13:09:37 ID:nnbneGSu
知り得ないなら信じることも出来ないよね。

624 :某377:2007/01/19(金) 13:16:45 ID:1ab6PQ6B
知り得ないものを直接批判はできないかもしれんが、
知り得ないものを信じこんで妄言をたれながしてる人間を
批判することは十分に可能だよね。

625 :名無しさん@3周年:2007/01/19(金) 17:51:58 ID:Gye8H2Ha
知り得ないんじゃなくて、無いんじゃない?
有りもしないところに変なもの想像してるだけ。

626 :名無しさん@3周年:2007/01/19(金) 17:53:10 ID:Gye8H2Ha
究極の偶然にも理由を欲してしまう、人間の幻想。

627 :名無しさん@3周年:2007/01/20(土) 00:00:14 ID:h53C8ELO
ネヨが新しい棲み家を見つけたようです。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164369303/393-

628 :名無しさん@3周年:2007/01/20(土) 22:30:14 ID:y0Ka+dya
今日は創造・科学の基地外共が来ないな。屁理屈も飽きたのか?

629 :名無しさん@3周年:2007/01/20(土) 22:36:07 ID:mFZ1lhoh
今日はって言うか一週間前から来てないが…
中途半端な煽りは頭悪そうに見えるから止めた方がいいよ。

630 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 08:04:26 ID:j7UbckqQ
ノート:創造科学 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6

Nikeが何を言っても説得力ゼロ、荒らしまわり用のアカウントユーザーが、何故まだ活動するのか?、すべてが同じ人物の成りすまし、
放っておけばいいものを無駄な足掻きをするからどんどん創造論が世間に浸透して行き、君の嫌いな信仰が広まってゆくかもしれないな。
『悪者は正しいもののために蓄える。』なるほど、さすが聖書。--氷点2 2007年1月19日 (金) 14:58 (UTC)

631 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 12:30:42 ID:kwqahXkn
尻尾を見せたのはカレブのほうだったな。

632 :某377:2007/01/21(日) 16:38:18 ID:RrS9F27k
>>630
自演の常習者というのは、自分に反対する者すべてが自演をやっていると
思いこむ傾向があるみたいだ。2chで出会うトンデモさんにはそういう人が多い。

Caleb=続氷点=氷点2が執拗にNikeが荒し用のアカウントだと主張するのは
自分自身がアカウントを複数使って荒していることの裏返しにすぎないと思う。

633 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 16:44:08 ID:+tbmJ5H3
>>632
それは人間の普遍的な性質だよ。
だから韓国人は慰安婦、中国人は虐殺にこだわる。

634 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 17:36:26 ID:fci0zLXg
>>633
そっちに脱線すると荒れるから
カルトは公教育も洗脳だといい
創造論者は科学も宗教だという、
ぐらいにしとけ。

635 :appler un chat un chat:2007/01/22(月) 02:52:23 ID:DgnTKcbT
進化と言う概念はあまりにも時代おくれで暴力的なまでに男根主義的なパターナリズムであり
我々(そう、あなたと私だ)はこういった恣意的な政治的意図を持った「決定」には
青年の忌み嫌うところである政治力学的手段を持ってしてでも立ち向かわなくてはならないとも
私は「資本論」と西暦の元となった宗教の聖典を見比べながら考えるのである

636 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 03:03:56 ID:PSHXfp5h
>>635
共産主義は有神論にならない。
カールヤスパースは、ずーーーーーと昔に有神論において実存主義が成立することを書いたけれど時代が変遷していろんな矛盾を抱えるに至る。

それでも核は変わらない。
共産主義は無神論。ドレッシングにしてみる?

637 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 07:59:55 ID:4PXIiR2n
>>635
具体的なことは言わずに時代遅れとか恣意的とか暴力的とか男根主義とか。




ふぅ。オナニーでもしてろって感じですね。

638 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 12:36:40 ID:sy25japm
進化と退化という訳し方はちとマズーだったんじゃないかなあとは思ってみる。

639 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 16:11:47 ID:4PXIiR2n
>>638
もう飽き飽きした話題な訳だが。

640 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 17:40:24 ID:tA+76m6v
ループと繰り返しは避けられないのか。

641 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 17:43:29 ID:r3JWqkA5
ネヨは電波だしQznUfgqaPYはトリ頭の人口無能だし飽きるのも仕方ないぽ

642 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 20:20:25 ID:dO1Wm8Ae
Qzn

643 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 02:34:49 ID:sceF1Ex+
ネヨもさぁ。
スウェデンボルグ信者って事をもう少し巧妙に隠してさぁ?
クリの路線でコウモリチョウチョでヒラヒラ踊ってくれればこのスレも永らえたのに・・

「心霊主義、カルト、ノンクリ、おばかさん」って答えだしたら駄目でしょ?

あとはさ、反宗教だけが残るわけじゃない?
するとさ、この板の定番メニューなんだけどさ。
何であんた居るわけ?ッてなるじゃん。
宗教好きなの?嫌いなの?ッてなるじゃん。

で、やっぱ創造論をまともに信じてる(ここ重要)人はともかく、
創造論が科学的に正しく真実だと宣伝する吉外との区別はまたスレの底に沈殿するわけ。

ネタは活かさず殺さずにせんと、肝心な事が続かなくなりますよ。みなさん。

「過去に学ばぬ者は必ず同じ過ちを繰り返す」

なんちってw

644 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 03:40:33 ID:aaX17ju+
学ぶと、カルトの矛盾に気づいてしまうし。

645 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 11:35:32 ID:3sEpZLvc
>>643
そうだよな。叩きのめすことだけに集中しすぎて生かさず殺さずってとこに思考が行かなかったわ。

646 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 11:55:01 ID:IIFvyp0i
いや、もう一人の鳥だけ男(?)は保護の対象だがネヨは叩きださんと養殖の邪魔だ。

647 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 12:53:35 ID:QVGwJOWu
我さんとか小さなヨハネとか来ないかなぁ。

648 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 13:04:48 ID:F33p9IDV
文末センセもすっかりご無沙汰だしねえ。

649 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 15:37:35 ID:cHYaBkli
気違いばっかり増えたってしょうがないような・・・

650 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 21:01:33 ID:OWC8J7f9
進化は無目的、行き当たりばったり、量子のランダムウォークの俺が来ましたよ。

651 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 22:00:00 ID:3sEpZLvc
> 進化は無目的、行き当たりばったり

そんな当たり前のことを「凄いだろ?」みたいに言う人に来てもらっても、その…困る

652 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 02:01:09 ID:7A7++WQX
その当たり前が理解出来ないDQNの多さよ。特に、文系!

653 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 02:02:50 ID:7A7++WQX
久しぶりにTVで飯田圭織見たが、エロいな。

654 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 09:28:35 ID:7mIrXxZc
無目的な進化の結果、目的論的な思考をする人間が生まれたというのは面白い。

655 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 13:32:19 ID:eNpUf7iZ
カルト共!違う面白い屁理屈聞かせてくれよ。
頑張れ基地外共!!

656 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 14:56:24 ID:Zjeu5TG0
http://transact.seesaa.net/archives/20070124.html
「臭いものには蓋」とは、日本的な福音主義者だなw

657 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 19:50:06 ID:YKolooAr
> 進化は無目的、行き当たりばったり
>そんな当たり前のことを「凄いだろ?」

<だから、いつも行き当たりばったりの論議しかできない。
いっそ、永久にばったりしたらいいかも知れんと思うこの頃。
のうたりんさんたち.....ZZZ.....


658 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 20:11:26 ID:FRR8naU/
>>657
過疎スレを盛り上げようとしてくれるのは嬉しいんだが…
ネヨを騙るならアンカーの付け方くらいちゃんと真似しような

659 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 20:36:39 ID:+haD7r/N
超並列行き当たりばったり

660 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 20:59:11 ID:fYLqiMNX
大体、ネヨならもっと的外れな揚げ足取りをして見せる筈。

661 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 03:12:16 ID:+gbDfe2t
age

662 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 20:44:28 ID:gIh0iS96
>>661 sageろよボケ!

663 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 18:21:10 ID:3h8Mt4pD
カルト信仰脳内鈍級天使ネヨを追い出したまではよかったが、
スレが停滞気味になっている。
みんな一休さんになってしまったのね。
がんばれ、のうたりんさんたち。

664 :某377:2007/01/28(日) 01:28:25 ID:xilpevJl
別にいいじゃん。
バカがいないのであれば議論することはない。
ただそれだけの話。

スレの展開を過大に考える必要はまったくなし。

なお、ネヨと遊びたければNHKスレで健在だよ。

665 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 09:56:43 ID:No39FSRr
ちょwなんでNHKw

666 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 10:45:00 ID:Ca4bR95p
▲人を神から引き離すNHKスペシャルの嘘▲
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1159701333/l50

創造論の敵、赦すまじ。
……というわけでこのスレのスレ主である我さんは宗教板以外でも
あちこちに反進化論スレを乱立しております。

667 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 14:49:22 ID:R4qBj/2U
今西錦司の世界
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4270/imanishi/top.html

創造論自体は信じないけど、ダーウィニズムの理論にも不完全なところや、欠陥があると思う。
だから、創造論者は、そうした部分を納得できなくて、進化論を受け入れないのでは?
創造論が間違いだとしても、必ずしもダーウィニズムが正しい訳ではないだろうし。
創造論者のダーウィニズム批判の部分だけは、一理あると思う。
今西説という非ダーウィニズムの進化論者も彼らと似た批判をしている。
今西進化論は、創造論のような宗教的な背景は無いのだから、今西派の主張はもっと聞く耳を持っていいはず。
でも、あまり今西説はメジャーではないみたいだけど、なぜ?
科学界ではそれだけダーウィンブランドが強いということかな?
個人的には、今西説は説得力があると感じるけど。

668 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 17:20:25 ID:No39FSRr
逆だ逆。
進化論のまだ分かってないって言うところがあって、
その尻馬に乗ってるだけだ。

669 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 18:46:21 ID:N5MFcCtK
>>667
>でも、あまり今西説はメジャーではないみたいだけど、なぜ?

今西論は進化の「仕組み」を説明してないからね。科学理論じゃなくて思想という扱い。
構造主義の進化論も同様だね。

670 :某377:2007/01/28(日) 22:36:18 ID:fANjlgRA
>>667
今西説にまだ何か新しく検討すべきことがあるとどうして思うの?
今西がダーウィニズムでは説明できないとしていたことは
かたっぱしからダーウィニズムの範囲内で説明できてしまったのだけど。

また、今西の主張は科学理論としてはきわめて不完全で、
今となっては完全に過去の代物。

はっきりいって、日本人だというだけで今西を指示する基地外しか
残っていないよ>今西信者


671 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 23:47:06 ID:R4qBj/2U
>>669
>今西論は進化の「仕組み」を説明してないからね。科学理論じゃなくて思想という扱い。
>構造主義の進化論も同様だね。

それって、どういうこと?
ダーウィニズムだって、思想として扱われてるし、ダーウィン自身もよく世界的に影響を与えた思想家の一人と言われているよね。
その影響の善し悪しは別として。
あと、構造主義の進化論というのは何?
構造主義という言葉自体、ネットで調べてみても難しくてよく分からない。

672 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 00:09:43 ID:t4mwWlxV
ダーウィニズムは思想だけど、遺伝学やらと結びついたことで仮説から進歩したんだよ。
大陸移動説がプレートテクトニクスとかと結びついて進歩したようにな。

673 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 00:14:43 ID:+njdf0S1
>>670
>今西がダーウィニズムでは説明できないとしていたことは
>かたっぱしからダーウィニズムの範囲内で説明できてしまったのだけど。
>
>また、今西の主張は科学理論としてはきわめて不完全で、
>今となっては完全に過去の代物。

それって、ホントなの!?
つまり、それは今西進化論が疑似科学という意味なの?
今西氏は、嘘をついたということだよね。
ニホンザルとかの霊長類の研究も嘘なの?
チンパンジーなんかで有名な京大の霊長類研究所も、今西の系統だと聞いたけど、あそこの研究も信頼できないということ?

>はっきりいって、日本人だというだけで今西を指示する基地外しか
>残っていないよ>今西信者

今西派を、信者呼ばわりまでするのか、手厳しいなぁ。
でも本当に日本人だけというだけで、今西派は支持してるのかな?
俺は、高校で、今西は、生存競争の生き残りが進化の主な原動力という、従来の説を覆したと聞いた。
自然界には平和的共存による進化もあるんだと。
そうした平和的側面が支持されてるんじゃない?

674 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 00:26:21 ID:0uS+GG2O
進化に平和も糞も無いわけですが。
支持されるかどうかは、その仮説がどれだけ検証や説明に耐えられるかでしかない。
平和的側面だかなんだかを支持なんて、少なくとも科学の作法じゃありませんな。

675 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 04:05:47 ID:Dhu+MWZe
+ニズムで思想化したとき、科学理論ではなくなるのである。
ダーウィン然り、相対論然り。

676 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 09:33:42 ID:GSMQiy8a
>>675
「生存競争」という言葉に惑わされているから「平和的共存による進化」なんていう
とんちんかんな考えに行き着くんじゃないのか。
様々な遺伝子バリエーションの中から子孫をより多く残せるものが勢力を増し、
その他のバリエーションは交雑等で集団としては姿を消してしまう。
その繰り返しが進化だと思うんだけどね。

677 :某377:2007/01/29(月) 10:26:23 ID:iB/HjcJz
>>673
おまえ真性のバカだな。

進化のメカニズムとしての今西説が棄却されたからと言って、
今西の他の業績まで否定されるわけではない。
アインシュタインの宇宙項が否定されたからと言って、
相対性理論が間違いだということにならないのと同じ。

今西のいう「共存」は各々の個体や種のダーウィニズム的な
生存戦略としてありうる。
何も今西信者の考えるような利他主義みたいな曖昧模糊とした
ものをもちこむ必要はない。

678 :某377:2007/01/29(月) 10:32:46 ID:iB/HjcJz
俺が「信者」と呼ぶのは、ダーウィニズムも、今西が何を言っているのかも
理解しないまま、今西進化論こそダーウィンを超えるのだ、的なお題目に
ひたすらしがみつくからだ。

やつらには根拠も論理も何もない。創造論者と同じレベルにたつ連中と
断ぜざるをえず、まさに「信者」の名のふさわしい。

679 :某377:2007/01/29(月) 10:41:53 ID:iB/HjcJz
一方で、今西が見た生態系が進化によってどのように成立するか
については、個々の種の進化をみただけでは追いきれないのもたしかだ。
共進化が複雑にからまりあった系だけに研究に値するはずだし、
そういうところから「平和的共存とは何か」を考えることも
できるだろう。

いつまでも今西の発言の表面にこだわって、ありもしない「今西
メカニズム」を追求するよりも、よっぽど今西の遺志を継ぐことに
なると思うんだがね。「ウィルス進化論」みたいに、ありもしない
現象を説明しようとやっきになるのはただのバカ。


680 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 14:38:59 ID:PGyGTWZz
みんなはどれくらいの時間をかけて進化論を理解した?
今から勉強しようと思うのでちょっと目安に教えて欲しい。

681 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 15:43:08 ID:IiO/WB5M
>>680
がりべんして30点のやつも遊んでて満点の奴もいるのに
そんな事聞いてどうすんだ。
(まあその時点で君は前者のタイプだと見当つくわけだが)

682 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 17:35:52 ID:yo43jzg0
ATGCの遷移確率計算出来る人最強

683 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 18:24:46 ID:bXdtycoY
>>681
聞いてから、それを目標にしようと考えてた。

684 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 20:14:51 ID:RK7Jtrqs
人間は、不条理の中に生きているといいますわよ。
たとえ、進化論が事実であっても、人の中の不条理、
心の光と闇の隙間を埋めてくれる訳ではないざます。
進化論ってバカみたい。

685 :承狂:2007/01/29(月) 20:38:22 ID:clxbkYhX
対684
科学的理論や仮説に救いとか癒しを求めるって、無知みたい。

686 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 20:57:07 ID:3oelogEI
徹頭徹尾首尾一貫な人間てのも嫌だな。

687 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 21:02:21 ID:NboXMSzX
遺伝子がランダムウォークした挙げ句来ちゃった道が、振り返れば繋がっていた。それだけ。

688 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 21:31:28 ID:P/6Z/KoN
>685
>一体、科学って、何の為にありますの?無恥じゃございませんこと。
だから、人間には、宗教が必要ってことじゃございませんこと。

遺伝子がランダムウォークした挙げ句、本国に、狂った人間が沢山出来
てしまったことで、よろしいんでしょうか?

689 :承狂:2007/01/29(月) 21:48:31 ID:clxbkYhX
For688
宗教じゃなく、良識だな。

アト、バカばっかなのは、旧文部省とニッキョウソのせい。

宗教が政治に関わると、ロクナコトが無いよ。
お嬢さんには、難しいかな?

690 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 21:56:14 ID:n0+6rPkU
女性を、人間を生む機械なんて言う人、大嫌いWW

691 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 00:04:52 ID:O26AoTIv
>>677
>おまえ真性のバカだな。

口が悪いね。
自分みたいな素人相手にそこまで言わんでもいいじゃん。

>進化のメカニズムとしての今西説が棄却されたからと言って、
>今西の他の業績まで否定されるわけではない。
>アインシュタインの宇宙項が否定されたからと言って、
>相対性理論が間違いだということにならないのと同じ。

今西説が疑似科学なら、他の業績だって疑ってしまうのが人情でしょ?
彼の進化についての研究が信用できないのに、猿の研究は信用できる理由は何なの?
それにアインシュタインの宇宙項は、結局正しかったと聞くよ。

>今西のいう「共存」は各々の個体や種のダーウィニズム的な
>生存戦略としてありうる。

そうなんだ。
でも素人は、そんなことなかなか分からないよ。
だったら、書き込むな、勉強しろと言うかもしれないけど。
でもそれじゃ素人は、何の意見も疑問も言えないよ。
とにかく、黙って専門家に従えみたいな、素人を見下した姿勢は止めて欲しい。
大多数の人間はあんたみたいな専門的教育なんて受けてない。
ネットで調べろと言っても、右も左も分からないから限界があるよ。

692 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 00:29:34 ID:O26AoTIv
>>679
>いつまでも今西の発言の表面にこだわって、ありもしない「今西
>メカニズム」を追求するよりも、よっぽど今西の遺志を継ぐことに
>なると思うんだがね。「ウィルス進化論」みたいに、ありもしない
>現象を説明しようとやっきになるのはただのバカ。

「ウィルス進化論」は、あまり多くの学者に支持されていまいみたいだけど、だからといって、ありもしないと断言したり、馬鹿呼ばわりするのは傲慢じゃない?
大陸移動説だって、重い大陸が動くことはありえないと支持されなかった。
でも、科学が進んでプレートテクトニクスというメカニズムが発見されて、正しいことが後になって判明したでしょ。
せめて、「当分、発見の見込みがない」とか「正しい可能性が低い」とか言うのが礼儀では?
あまり、科学者の業界のことはよく分からないけど、ダーウィン派だから、他の説を悪く言っているんじゃないかと、思ってしまう。
仮に、あなたの科学の書き込みが本当に正しくても、悪いけど警戒してしまう。
進化派でもこの人の言うことも鵜呑みにせず疑えと、どうしても思ってしまう。

693 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 00:35:14 ID:W3h22yq1
とりあえずよ。
宗教的な話の絡まない進化論についてやりたいなら生物板に行くべきだと思うんだが?
進化論だけだと板違いだぞ。

694 :669:2007/01/30(火) 00:36:43 ID:T16ZGHW2
>>692
あなたが、あまりにも、ものを知らないだけですよ。

695 :669:2007/01/30(火) 00:55:01 ID:T16ZGHW2
追加。
納得いかないのなら、ダダこねてないで、きちんと反論しなさい。

696 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 01:06:33 ID:O26AoTIv
>>693
ゴメン。
進化派やダーウィン派でない人達が挙げる疑問点て、素人の自分も感じるものだから、一概に切り捨てられないと思ったから。
ダーウィニズムの疑問点だけを放置して、創造論だけを叩いても不公平な気がして。
もちろん、ダーウィニズムに問題があっても、創造論が正しいとは全然言えないのは分かってる。

ただ、進化論を信じない人や素人を某377氏みたいに口悪く書くのはどうかと思う。
特に、創造論者は迫害されてると思って、ますます、自分の信仰に確信を持つんじゃないかな。
創造論者は、進化論者を単なるモラルの無い傲慢な不信心者とますます思い込むと思う。
それに、創造論者でない自分も、某377氏みたいな人を見ると、科学者とか理系の専門家とかは、やはり傲慢で偏屈で、素人に対し聞く耳を持たない連中と思ってしまう。
こう言うと怒るか、口悪く何か書かれるだろうけど。

697 :669:2007/01/30(火) 01:30:31 ID:T16ZGHW2
>ダーウィニズムの疑問点だけを放置して、創造論だけを叩いても不公平

あなたはただの無知なのか、確信…なのか、どうなんでしょうかね。

698 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 01:36:47 ID:O26AoTIv
>>669

> あなたが、あまりにも、ものを知らないだけですよ。

ハイハイ、分かりました。
私がバカで、あまりに知識がないのが悪いんですね。
文系人間の素人の分際で、理系のあなた方様に疑問を抱き、身分をわきまえなかったことを謝りますよ。
でもね、俺みたいに科学に関して馬鹿や無知なのは、世間じゃゴロゴロいるよ。
そうした人間にとって、誰の言うことが正しくて、信用できるかなんて判別しようがないんだよ。
知識が限られてんのに、情報だけは大量に錯綜してるし。
当然、大量の情報に対し、膨大な知識が必要だろうから、もうお手上げ。
どれだけ勉強すればいいんだか…。

> 追加。
> 納得いかないのなら、ダダこねてないで、きちんと反論しなさい。

納得はまだしないけど、素人があなた方に反論しようがないでしょ。
反論したって、馬鹿・無知呼ばわりされるだけだし。
これでよく分かったよ。
これだけ科学が発達したのに、宗教や占いに安易に走る馬鹿がいるのかね。
もう、現代科学は難しすぎて意味不明だし。
俺は宗教や占いは信じないけど、科学も信じられないよ。
どこに疑似科学があるか分かんないからな。

699 :669:2007/01/30(火) 01:49:32 ID:T16ZGHW2
>>698
私も素人です。あたなと同じように、模索してます。

700 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 01:55:54 ID:O26AoTIv
>>697
>あなたはただの無知なのか、確信…なのか、どうなんでしょうかね。

確信てどういう意味?
創造論者の回し者という意味?
俺は無知だと認めるけど、原理主義者みたいなテロリスト連中と一緒にしないでくれ。
ダーウィニズムに疑問を抱いたら、狂信者の仲間入りかよ。
ダーウィニズムには、無知ゆえにいっぱい疑問点はあるよ。
それで、高校時代に、生物の教師から日本にはこんな説もあると紹介された今西説の情報も書き込んでみただけ。
こんな情報だって進化の話題にはあるんだと言ってみただけ。

701 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 02:04:39 ID:O26AoTIv
>>699
でも理系だろ?
たとえ、文系だとしても普段からこの手の話題に関心があるんだろう。
でもな、俺は、たまたまキリスト系のパンフレットが郵便受けに入っていて、進化論を批判する文があったから関心を持っただけだ。
聖書の伝説を文字通りに信じる狂信者どもはどういう連中か知りたかったんだよ。
そんなことがなければ、テストも無いのに暗記した科学のことなんて、生活になかなか関係ないから忘れちゃうよ。

702 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 02:09:25 ID:su/PQymG
創造論は叩いてもしょうがないだろ。宗教の一部なんだし。
問題なのは、創造科学でしょ。
科学でもなんでもないのに「科学」とか名乗ってるわけだし。

703 :某377:2007/01/30(火) 10:46:47 ID:34re+F7V
>>691
口が悪いのは芸風でね。それをさっぴいても君のいいぐさはかなり癇にさわるものだし。
初心者を装えばやさしくしてもらえると思ってるのならそれはまちがいだ。

>今西説が疑似科学なら、他の業績だって疑ってしまうのが人情でしょ?

まがりなりにも科学を語っている場に、その態度で出てくりゃ罵倒されて当然だな。
ナイーブにもほどがある。

>それにアインシュタインの宇宙項は、結局正しかったと聞くよ。

オカルト本の読みすぎだな。
宇宙が膨張している事実にかわりはない。

>大多数の人間はあんたみたいな専門的教育なんて受けてない。

俺だって普及書しか読んでないよ。ちがいは君みたいにオカルト本を
鵜呑みにしないということだけ。


704 :某377:2007/01/30(火) 10:47:21 ID:34re+F7V
>>692
>「ウィルス進化論」は、あまり多くの学者に支持されていまいみたい
>だけど、だからといって、ありもしないと断言したり、馬鹿呼ばわりするのは
>傲慢じゃない?

「ウィルス進化論」(書籍)を一度でも読んでりゃ、そのあまりに
脆弱な論拠と奇っ怪きわまる論理構成にあいた口がふさがらなくなるはず。
普通の読解力があればね。あれを信じこむようじゃバカよばわりは不可避。

>でも、科学が進んでプレートテクトニクスというメカニズムが発見されて、
>正しいことが後になって判明したでしょ。

だからといって、今間違いとされているものが何でも将来正しいと
なる可能性があるわけではない。オカルトさんの典型的な詭弁だな。
いつまでもひとりでガリレオを気取ってるといい。

705 :某377:2007/01/30(火) 10:56:13 ID:34re+F7V
>>698
>私がバカで、あまりに知識がないのが悪いんですね。

知識量の問題じゃないな。ありていに言って。

知識量がないとか言っておきながら、あやしげなオカルト論を
もちだしてこれを評価しないのは「正統的」な学者連中の
頭がかたいからと言わんばかりの態度をとり、ちょっと批判されると
すぐにいなおる、という、コミュニケーション能力欠如のほうに
多くの原因を見る。

706 :某377:2007/01/30(火) 11:04:32 ID:34re+F7V
>>700-701
かっこつけてるけど、君の「ダーウィニズムへの疑問」なるものは
これまで一度も示されていないわけだが。

調子こいて今西をもちだして門前払いをくって逆ギレ、というのが
君の行動。理系とか文系とかいう話ではない。

707 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 11:43:24 ID:enBB/aKu
真理に口を開かせれば、無知が大手をふって歩くと、お日様も西から
昇るようになる。ものごとは確かめてから言いましょう。今に大恥かくよ。

708 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 13:16:27 ID:su/PQymG
なるほど。
具体的には反論できないのでとりあえず「上の方から」に見えるような書き方で愚痴ってみた。
というわけか。w

709 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 13:55:36 ID:S0aRADOS
>>707の文章が意味不明で既に大恥な件

710 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 15:07:58 ID:NVAk1WQs
メインはあくまで遺伝子のランダムウォーク。
集団の中で、行きつ戻りつしながら、ある時点、ある環境で残れなかったものは消えて行く。

711 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 15:09:57 ID:TZujvubz
宗教は、何らかの真実の上に出来るのではない。
必要にしたがって作られるのだ。

712 :某377:2007/01/30(火) 15:11:44 ID:34re+F7V
しかし、ほんとの意味で「ランダムウォーク」かどうかはわかんないよね。
遺伝子変化がほんとにランダムであることが立証されたという話は聞かないし、
ましてそのランダムな変化が形質にランダムな影響を与えるという保証もない。

713 :承狂:2007/01/30(火) 15:22:07 ID:GS9Irv9V
例えば、キリンの首の動脈に弁がある様に、イキアタリバッタリとは考え難い種もあるから、何等かのフィードバックがあるかもって説もあるらしいし。
分子生物学は、未だ判んない事があるってだけの話。

714 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 15:40:45 ID:xEIXarLR
このスレどう公平に見ても、進化論側は、身内にあまい警察体質?

715 :某377:2007/01/30(火) 15:45:27 ID:34re+F7V
君の「公平」を定義してもらえるかな?w

716 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:03:10 ID:TZujvubz
>>713
ATGC間遷移確率は、量子化学です。
遺伝子に宇宙線やその他の自然放射線が影響を及ぼすのも偶然です。
ま、あくまで基本ですが。
遺伝子セットの水平移入、感染ウイルスの取り込みなどもありますからね。

717 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:09:46 ID:xEIXarLR
「公平」の定義なんて聞いたことはありません。
意義は、分け隔てなく、先入観・偏見にとらわれないで、正しい判断を示す
と言うことでしょうか。

718 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:11:26 ID:TZujvubz
それから、ヌクレオチドやRNAレベルまで「翻訳」された「環境」や「装置」があれば、
DNAへの逆転写が無いとは言い切れないと思う。
セントラルドグマにはほころびもある。
また、遺伝子の発現には、環境による直接的な影響もある。具体的には、遺伝子塩基に
対する化学修飾(例えばメチル基の付加)による、翻訳のブレ。

719 :某377:2007/01/30(火) 16:11:46 ID:34re+F7V
>>717
つまり、自分が「分け隔てなく、先入観・偏見にとらわれないで、正しい判断を示」
していると主張する程度には思いあがっているということでいいね?


720 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:13:00 ID:TZujvubz
遺伝子はみんな踊ってランダムウォーク、つまずき転んでもランダムウォーク。

721 :某377:2007/01/30(火) 16:13:42 ID:34re+F7V
>>716,718
どうでもいいけど、意味わかって言ってるかい?
意味もわからずにそこらじゅうからコピペする輩が後を断たないのでね。

722 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:20:43 ID:TZujvubz
>>721
一方向的な変化の連なりなら、分子時計も合わせやすいんだけど、偶然のランダムステップ故に、
行ったり来たりの計算が難しいと、分子系統学屋さんが言ってました。
わたしゃ物理屋なので、生物学についてわかるのは、むしろこの近辺なので〜す。


723 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:24:18 ID:TZujvubz
生態学的な生存戦略の話になっちゃうと、マトリックス要素の決め方の恣意性にお手上げ。
係わりたくなくなってしまい〜すw

724 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:27:23 ID:TZujvubz
神様、創造論、IDなんかは、もちろん、糞だと思ってますよ。
あんなもの、嘘の病理見本として以外、大学で取り上げるなんて事は有り得ない。

725 :承狂:2007/01/30(火) 16:37:19 ID:GS9Irv9V
718さん、
分かんねーよ。
俺は素人で、数冊読んだだけだから。
マア、御説の通り、量子で4つの統一が済めば、明かされるんだろうがな。
ヒモは美しく無いから、別な気がするけど。

726 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:44:39 ID:AAVGwaFf
>>723
>マトリックス要素ってなんですか?ハイゼンベルグのマトリックス力学
とどんな関係でしょうか。ここは、素人の集まり?ですので、その意味が
分かっているなら、ど素人にも分かるように説明が出来るはずです。

727 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 16:54:51 ID:6XBEUfy6
数量生態学かなんかのところに逝ってよ。

728 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 17:01:26 ID:6XBEUfy6
アデニンシトシンチミングアニンはみなさんそっくりな糖塩基だから、稀に化けちゃうんですよ、
お友達に。その遷移確率は、専ら量子化学的なもので、何年何個につき1回という以上の事は一切
言えない。

729 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 17:17:18 ID:AAVGwaFf
つまり、ATGCの遷移確率は、放射性物資の崩壊確率と同じでと言うことで
よろしいのですね?

730 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 17:22:46 ID:5Cg+mPXH
だから、生物板逝けってばよ。

731 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 19:04:11 ID:S0aRADOS
「放射性物資」って言うのは、釣りのための高度な餌なんだよ

732 :承狂:2007/01/30(火) 19:47:53 ID:GS9Irv9V
↑ウププ(^ー^)
コウドか?

733 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 20:12:20 ID:S0aRADOS
承狂って新しいコテは、皮肉を理解できるくらい頭がいいみたいだな。

734 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 20:35:37 ID:6XBEUfy6
>>729
あのな〜、分子対分子、分子内の原子配位も量子力学だからなあ。

735 :承狂:2007/01/30(火) 20:50:37 ID:GS9Irv9V
733へ。
君と同じ程度のバカだが?

736 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 20:53:30 ID:MrIMu/Pf
神をも畏れぬ愚かな進化論者ども!
お仕置きだよw
http://ads.hogtied.com//imagedb/3275/i/h/650/14.jpg

737 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 21:12:21 ID:hH9a7yrX
>>736
おーいいね!

738 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 08:23:27 ID:QJIOIXAu
>>734
学校で教えるときは講義名も教科書もそういう名前じゃない。
しったかもほどほどにしとけ。

739 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 14:22:51 ID:2wf10eFB

AT、AG、AC、TG、TC、GCで遷移確率が桁違いで、それぞれに呼び方が違ってるから何?
それが波動関数に規定され、確率でしかモノが言えない事実を否定するのか?

740 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 14:27:06 ID:sb2V7Nxt
なにこの量子厨?

741 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 14:29:38 ID:2wf10eFB
ネヨがいなくなって低迷しているようだから、燃料投下してるんだよw

742 :承狂:2007/01/31(水) 14:35:58 ID:6ENdfXga
ウワーイ
AG-AC-TG-TC〜♪

743 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 14:45:03 ID:lo6ScM41
分子に原子がくっついたり離れたりするのを遷移なんて呼ぶ基地外見るのは初めて。


744 :承狂:2007/01/31(水) 14:50:01 ID:6ENdfXga
↑ソッチかよ!( ̄○ ̄;)

745 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 15:04:35 ID:62w3ZNja
ATGCを、それぞれ安定した分子ポテンシャルの穴としてみると、いわばそれは、
4つの量子状態なのであります。
そして、それぞれの状態の穴の深さ、それぞれを隔てるバリアーの厚みを考慮すれ
ば、それぞれの状態間を遷移するトンネル効果の大きさが計算出来るのです。

どうだ、ネヨなど足元にも及ばないトンデモだろw


746 :承狂:2007/01/31(水) 15:36:22 ID:6ENdfXga
なんか、
〈量子、分子生物学に無知なモンが恥を自ら晒すスレ〉化してきたな。
基督教のお嬢さんはもう来ないのかなぁ?
オジサンは淋しいなぁ。
因みに、AはTとだけ、CはGとだけしかクッツキませんからー!
残念!

747 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 19:13:45 ID:zTaRXMBz
勘違いしてはいかん。
A-T、G-Cの塩基間の水素結合の事を言っているのではない。
状態をなす相空間の中での、ATGCそのものの、相互の確率的な移り変わりの事を言っているのだ。
突然変異は、必ずしも、放射線などの外乱によるものではなく、塩基の化けによって、常時起こり
つつあるものだと言っているのである。


748 :承狂:2007/01/31(水) 19:19:01 ID:6ENdfXga
理解不能で脱落ー。切腹ー。

749 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 19:25:49 ID:zTaRXMBz
わかってよw

750 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 19:33:51 ID:zTaRXMBz
糞燃料落としたのに燃えない奴らだなw

751 :承狂:2007/01/31(水) 19:52:00 ID:6ENdfXga
だってよー、エンキ配列変わったら、べつもんだろ?
今の科学で確認出来ない遺伝子仮定されてもなー。
そんな事よりネーチャンはドーシタァ!
ボッタクリかあ!この店わあ!(>_<)

752 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:04:49 ID:o4AtH/t/
塩基が1つ変わっても、トリプレットコドンの段階でおなじアミノ酸になっちゃうことだって
あるし。
だいたいね、A-T、G-Cも、厳密に言うと、A-G、T-Cよりも十分結合の確率が高いというだけ。
誤読も起きちゃうんですよ、確率的に。
あ、それと、各t-RNAにどのアミノ酸がつくか、今の生物では決まっているけど、必然という
訳ではないようだし。

753 :承狂:2007/01/31(水) 20:13:22 ID:6ENdfXga
あぁ、それでエラーが、
っておい!
分かるかよ!んなモン!
板違うだろ!明らかに!

754 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:14:21 ID:o4AtH/t/
個人の差も、ほんのちょっとした塩基の違い。
ちょこっと、塩基が化けたからって、相怖がる事はない。

755 :承狂:2007/01/31(水) 20:19:45 ID:6ENdfXga
そうか〜?
遺伝子病は怖いぜ?

756 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:20:05 ID:o4AtH/t/
しかし、ちょこっとした塩基のブレも、大集団の中でブルブルしているところに
何らかの選別がかかると、集団の中心がずれて行き、新しい種となる。
もとの集団の中心とはかけ離れてしまい、交配不能ってことで。
ああっ、進化しちまったよ〜w

757 :承狂:2007/01/31(水) 20:27:24 ID:6ENdfXga
って説もあるが、予定調和みたいに生体構造が適応可能になんの?って説もあるが、ダカラって、神とかユーて科学的思索ホーキするのもバカらしい話だな。

758 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:29:47 ID:o4AtH/t/
>>755
言っちゃ悪いが、運だね、それこそ。
生物ってシステムが、最初から設計された合理的なものじゃないという証左だ。
ちゃんとした設計者なら、どこがずれても、一定の範囲なら障害がないように
作る筈だ。
たった1つの塩基の誤転写だけで、致命的ないしそれに近い状況を引き起こす
なんてとんでもない話だが、そんな場合も確かに存在する。
致命的なら1代だが、必ずしも即致命的でない場合、固定されてしまう。
こんなシステムに設計者がいてたまるかね?三○自動車じゃあるまいに。

759 :承狂:2007/01/31(水) 20:37:29 ID:6ENdfXga
う?
俺は、ヤソでは無いから、設計者なんて信じて無いけど?
個人的に仏教を信仰してる只の電波オヤジなんだが…

760 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:38:32 ID:xPhXxZ/v
古典物理は、データーを、計算式にぶち込んだら、結果がでる。
量子系では、固有状態を、作用素に、ぶち込んだとき、固有状態になる状態を探っている。
電子は、量子、つまり、物質と言うより状態の存在だ。
波動方程式から、波動関数(解)を得るってことは、波動関数を、差要素に入れたとき、
同じ波動関数となる、固有状態を調べることだ。電子1個の固有状態は、シュレデンガー
やハイゼンベルグが解明したが、電子、2個以上の固有状態、つまり、波動関数は、どのよ
うな状態になっているか、分かってていない。解は、ないってのはどう?


761 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:45:15 ID:o4AtH/t/
解析的に解けないからないというのはちょっと。

762 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:46:57 ID:RfUHnUxi
スパゲティプログラム解法。
時間がたっぷりあるなら、行き当たりばったりで、とことん改良を繰り返す。

763 :承狂:2007/01/31(水) 20:54:08 ID:6ENdfXga
もう、誰が誰やら…
コテつけないの?君達。

764 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 00:08:55 ID:7ahphqQ5
は〜い、量子厨房ですよ〜。
お呼び?

765 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 00:56:52 ID:huxh1zaU
悔い改めよ。進化論者には地獄が待っている。
http://ads.sexandsubmission.com//imagedb/3707/i/h/650/22.jpg

766 :承狂:2007/02/01(木) 09:29:41 ID:ZUv3Pwne
考えを改めよ。創造論者達は思考停止に陥っている。

767 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 11:03:25 ID:RaHflNH8
創造論者はただの馬鹿。

768 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 16:27:12 ID:Hfsqp6G5
ただの馬鹿に失礼じゃないか。

769 :承狂:2007/02/01(木) 18:35:33 ID:ZUv3Pwne
昨日のニーチャン達へ。
気とかは信じない?

770 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 18:58:14 ID:JxegVM0F
仮説だが、赤外線の信号が、脊髄より先の神経に反射に似た作用を起させる、
というような事が、あるのかもしれないなあ、とは思う。

771 :承狂:2007/02/01(木) 19:16:34 ID:ZUv3Pwne
電磁波しか無いハズって事だろうが、では何故、奇行師は、手をヒラヒラしなくてはならないのか?
電磁波を放射する構造は、手には無いよな。
分かるかな〜?分かんないだろうな〜。イエーイ。

772 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 19:25:37 ID:LGbTrGNw
おいおい、いいかげんに…と書こうと思ったが、いいかもな。
どうせヒマなんだし。

773 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 19:33:40 ID:kCEKEZGz
>>771
赤外線は俺の掌からも出てるし、血流のコントロールで強度も変えられるんだけどね?

774 :承狂:2007/02/01(木) 19:40:15 ID:ZUv3Pwne
じゃ、赤外線ヒーターで同様の現象が?

775 :承狂:2007/02/01(木) 19:55:56 ID:ZUv3Pwne
断っておくが、麻痺仮みたいな既知貝では無いからな。
オラは道教を少しカジッタ者だ。

776 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 19:58:32 ID:3VjZKVNI
>>774
人間はれっきとした放射熱源ですよ。

777 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 20:06:38 ID:fl6bYgig
そりゃ、まがりなりにも熱があれば赤外線は出ちゃうだろう。

778 :承狂:2007/02/01(木) 20:13:43 ID:ZUv3Pwne
はい?
赤外線とか、微弱な生体電流とか、生体ならでてますけど、
手にだけ、特別な電磁波を放射する器官は無いって言いたかったんだけど。
ま、出そうと思えば、足でも頭からでも出るんだけどね。

779 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 20:14:31 ID:M0NGNdNH
絶対零度でなきゃ、な。

780 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 20:16:03 ID:M0NGNdNH
>>778
俺も赤外線としか言ってないからな。
特別な電磁波というのが何か知らないが。

781 :承狂:2007/02/01(木) 20:21:03 ID:ZUv3Pwne
780さんへ。
失礼しました。
特別ではなくて、任意。

782 :承狂:2007/02/01(木) 20:56:11 ID:ZUv3Pwne
終りかな。
オカルトも、そうバカに出来ないだろ?
カルトや拝み屋はバカだがな。

783 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 22:35:38 ID:st+OzYPm
よく分からんな。今の流れでどうして「オカルトも馬鹿に出来ない」なんて発言が出るのか。

つーか、この中途半端なアホさ加減は演じてるんだろうか素なんだろうか。
どっちにしろ中途半端なんだよなー。ネヨみたいにもっと突き抜けてれば、相手にする気も起こるんだがな

784 :承狂:2007/02/02(金) 10:21:49 ID:PFoSMBx9
んー、
気による他者への、血流増加や精神的な働きかけ?があり、アノ大槻教授ですら、何らかの情報が伝わっていると認めた。(タックルだったかな?TVで見た。)
では気とは何か?
物理学上、四つの力場があるが、個体間での作用である為、電磁波の一種であると断定される。
然し乍、人体から発する微弱な赤外線や生体電流程度で、あの様な身体反応が起るとは考えにくい。(赤外線ヒーターの前でウロチョロしても疲れるだけだろ?)
残る可能性は、潜在意識に刷りこまれた民俗宗教による暗示作用ぐらいであるが、私がインドで検証した際に五人中二人程度で分かると認めた。(私の気の練度は低い為、日本でも同じ程度である。)
以上の理由により、気は電磁波でも暗示作用でも無いと思われる。
アンタら反論あるか?

疲れた。

785 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 10:44:55 ID:lzN5n8aw
ちゃんと二重盲検してから言ってくれ。

786 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 11:13:09 ID:th+b1ZhT
>>784
上の流れでお前はそれだけの内容を伝えたつもりだったのかww
だから学校でいじめられたり職場でハブられたり家族にしかえらそうなクチ聞けなかったりするんだよこのコミュニケーション不全野郎w

つーか近くに人間が居て不審な動きしてる、ってだけで、人を動揺させるには充分だとオモ
そもそも気の錬度ってwwwwwww

787 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 13:03:39 ID:HCACVvtB
神経はパルス信号だから、仮に赤外線と気が関係あるとしても、
のっぺり赤外線ヒータの前で踊ってもあったかいだけだろうなw

788 :承狂:2007/02/02(金) 17:41:13 ID:PFoSMBx9
あー、はいはい。
気なんて妄想ですね。
アナタ達は全てを知るカミたまですね。
良かった良かった。

789 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 17:52:03 ID:RhXLflH8
赤外線ヒータで踊る承狂

790 :承狂:2007/02/02(金) 17:55:50 ID:PFoSMBx9
やはり阿波踊りが一番だな。

791 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 17:56:45 ID:xCke1SKI
「反論できないけどなんかむかつくのでとりあえずほめ殺しを言って俺は納得していないと言うアピールをしよう」

792 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 18:04:02 ID:g50JbaOn
赤外線のデジタル通信だって出来る訳だから、何で定常光(ヒーター)に限る?

793 :承狂:2007/02/02(金) 18:04:18 ID:PFoSMBx9
チャンカチャンカチャンカチャンカ♪
踊る電波に
見るアホウ
平行線じゃよ
フザケニャソンソン〜♪

チャンカチャンカチャンカチャンカ♪

794 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 20:55:24 ID:DoZrbMGh
age

795 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/02/02(金) 21:27:12 ID:79F5pYNx
>>784
大槻教授?ジェームス・ランディじゃなくてか。

796 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 22:10:27 ID:faxoB3gR
オカルトの強みってのは、正直「科学的に否定できない」って事だけなんだよな。
科学的に認めて欲しければ科学的に証明しなけりゃならない訳だけど。

実験するなら、目隠しして鼻栓して耳栓もして、事前説明なしのグループと説明したグループに分けた上で、
人間の体温くらいの温度の棒と「レベルの高い気の使い手」の手をさらに半々の割合で近づける、くらいのことしないと、
実験とすら認めてもらえないよ。



まあ、こっちがいくら反論したって、おちょくるくらいの事しか出来ないだろうが。

797 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 22:31:30 ID:PFoSMBx9
796さんへ。
当たり前だ。
そんな金も暇もあるか!
大体、それこそ学者の仕事だろ!
こちとら暇潰しの遊びでぇ!
ウドン屋の釜だぁ、恐れ入ったか、べら棒めぇ!

798 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 22:35:02 ID:faxoB3gR
暇つぶしにインドに実験かwwwwwwww





必死だね。






799 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 08:48:21 ID:inuIuATf
798!
逆だ、バカタレ。
暇潰しの検証だ。
わざわざ、それだけで行く訳ねーだろ。

800 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 18:42:23 ID:ius663jU
名にいうにも何するにも常に言い訳用意して、自分が間違った事言った時に備えてるわけか。
それでいて自分は頭が良いと思われたいわけだ。

801 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 19:28:27 ID:j4i6DaTO
進化がなんたるかなんてミジンコのおまえらには一生わからんだろうなww

802 :承狂:2007/02/03(土) 19:37:43 ID:inuIuATf
すみません、
私がバカでした。
チョーシこいてました。
もう来ないから許して?

803 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 21:41:12 ID:PbH40GlX
はいはい許すからもう二度と来ないでね。




こんな詰まんないのじゃなく、今度はちゃんとした真面目なアホに来て欲しいね。

804 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 19:39:58 ID:P3f2zEXL
食うて寝てやって、子孫残すだけの「進化論」ってのは
まったく、人も動物並のクソ理論だな。ついでに服抜き捨て、野生に帰れ。

805 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 22:41:39 ID:FSB24hfE
やれやれ。罵倒しかできなくなったか。まあいつものことだが。

806 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 16:04:39 ID:emla/xP9
>>804
創造論者はぜひ、食わず寝ずやらず子孫残さず、服も着たいだけ着て、
人間が動物とちがうことを証明してそのまま絶滅してください。


807 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 19:05:36 ID:SXweidA3
優生学
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
概要
 優生学に対しては歴史的に「疑似科学」であるとする批判が向けられ続けてきた。
優生学と国家(1890年代 - 1945年)
殆ど全ての非カトリックの西ヨーロッパ諸国は優生法を採用した。
今日の問題
現在では、遺伝的な優劣という意味での優生学を制度的に法制化している国はないと思われる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E7%96%91%E4%BC%BC%E7%A7%91%E5%AD%A6

適者生存
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しかし種内のある個体の遺伝しうる変異が最も環境に適しているなら、その個体より増えた子孫は、その種の中で、より増え広がる確立が高くなる。
結果的に今現在生存している種は、環境に適応し増え広がることの出来た「最適者」の子孫ということになる。
こうした循環論法的矛盾を内包する事から、今日の進化学においては科学史的文脈以外ではあまり使用されていない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E8%80%85%E7%94%9F%E5%AD%98

808 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 21:12:16 ID:QNjWOoW4
>より増え広がる確立

誤字ハッケソ

正しくは「確率」だよな

809 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 21:13:30 ID:p6P3z7z9
http://www.nicovideo.jp/watch?v=ut9LNRYsyWgEY

コレでも見て勉強しろ!

810 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 21:19:43 ID:I27vQddC
>>809
最近このニコビデオの動画よく張られてるんだけど、正直むかつく。つーか寒い。

811 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 22:31:56 ID:123D0BLF
>>810
同意。科学の権威を高めるというより、むしろ、科学って
のは、この程度のバカです。と言ってるようなもの。


812 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 23:59:37 ID:6XYUpvS/
カルトさん 違うこと言ってくださいよ。

813 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 00:04:18 ID:Lvs93Rwg
動物を馬鹿にして人間だけ別格だなんて思ってると、ほんとに滅ぶよ、この種は。

814 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 00:59:18 ID:eXiy0ATU
環境破壊とよく言われますが、人の活動の全ては自然の一部なのです。NOx
もダイオキシンもプルトニウムも自然の産物(キリスト教的な言い方をすれば
神の創造物)たる人の営みの中から産まれたものですからやはり自然物です。

人の営みによって地球が無くなるわけではありません。ほんの少しだけ装いを
変えるだけです。

今問題とされているのは、その"ほんの少し"だけ変わった地球に人類がとても
ついていけそうにない、とても住み続けられそうにない、ということです。

815 :814:2007/02/06(火) 01:12:16 ID:eXiy0ATU
創造科学論者って、科学用語を無理矢理使ってどう考えても無理な設定に
フォロー入れてるアニメファンとやってること大差ないよね。

信仰は信仰、科学は科学で別物なんだから無い知恵思絞って無理にこじつ
けようとすることないのに。

816 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 01:15:54 ID:F7zk+8EB
何だって間違った使い方すりゃあぶねーよな。

817 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 03:35:29 ID:GQDcEv9N
創造論は根本的に間違っているから、普通に危ないんだよ。
普通のレベルで危ないという意味ではなく、普通に適用した段階で、
大破綻に繋がるという意味でね。

818 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 03:45:48 ID:GQDcEv9N
社会主義的政治観に基づくルイセンコ生物学は、旧ソ連の農業を破壊し、2000万人を死に
追いやった。
社会主義、共産主義が思想に過ぎず、科学ではなかったからだ。
創造科学もIDも科学ではなく宗教だ。
適用しても自然の仕組みには適合せず、危険な破綻がおこる。
現代の問題は、資本主義経済という欲望の思想が、科学を細切れにで技術に用いた結果だ。

819 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 03:49:24 ID:GQDcEv9N
                           ↑
                         細切れにして

820 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 03:52:12 ID:VCqPZ59L
我々は、決して神から下った地球の支配人ではない。謙虚になれ。

821 :あれ?NASAからの圧力でアク禁中!?:2007/02/06(火) 05:03:58 ID:KOUNtPMQ
76: ●◎●◎●◎●月迄の距離【地球30個】◎●◎●◎ (37)
79: 人類はアポロ計画のあとなぜ月に行かないか (373)
81: 月は必要なのか (29) 
82: スペースシャトルは宇宙へは行っていない! (117) 84: どうすればアポロの月面着陸跡を見れるのかな?★ (219)
100: ★2ちゃん閉鎖−どうなる天文・気象板?★ (413) 

天文・気象@2ch掲示板 で 異常現象? いらくとの関係??

822 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 05:11:31 ID:VCqPZ59L
デタントから冷戦終了に至り、ロケット技術の張り合いが意味なくなったから,
また、米ソの超人、フォンブラウンとセルゲイマカロフが、ともに死んでしま
ったから。

823 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 05:13:12 ID:KDjKemx6
まぁ、霊長類とか言っちゃうぐらいDQNだからね。

824 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 05:21:49 ID:hg0zAk09
>>820
この星の支配人資格者だよ。
自然をねじ伏せてそうなってきたのだ。今更逃げる事は出来ないよ。
見事に管理して、次の星に移るしか人類に選択肢は無いのだ。

星に寿命がある限り。
もちろん謙虚さは必要さ。そしてそれ以上に信念も必要になるんだよ。
星と心中しては駄目なんだよ。
この星から生まれて空に散るのだ。

夢物語じゃないんだよ。。


825 :もうずっとアポロ擁護人大杉 :2007/02/06(火) 09:15:30 ID:L5T9mDSn
:もうずっとアポロ擁護人大杉

 アポロが月に行ったのがウソだったのがわかりそうなものは
もう、削除されたので御安心して2チャンネルをお楽しみください。

天文・気象@2ch掲示板 から 宇宙が消えてしまいそう?・・・・
69: 人類はアポロ計画のあとなぜ月に行かないか (362)
87: どうすればアポロの月面着陸跡を見れるのかな?★ (215)
94: ●◎●◎●◎●月迄の距離【地球30個】◎●◎●◎ (34)
85: スペースシャトルは宇宙へは行っていない! (115)
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1165584937/



826 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 09:45:12 ID:drbmm/3X
>>815
創造科学に限らず、神学ってのが全部宗教フリークによる垂れ流しヲタ妄想なんだけど。昔は二次創作もいっぱいあったし。

827 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 09:49:25 ID:drbmm/3X
>>820
謙虚に諦めて滅べということ?
環境問題を叫ぶ奴は全員「(自分以外の)人間がどうにか汁」って思ってやしないか?




828 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 10:58:52 ID:ctTf4SDM
>>825
単なるサーバー移転。
分かったらもう来るなよ。

人類はアポロ計画のあとなぜ月に行かないか
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/sky/1168937962/l50
スペースシャトルは宇宙へは行っていない!
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/sky/1150600354/l50
どうすればアポロの月面着陸跡を見れるのかな?★
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/sky/1165584937/l50
●◎●◎●◎●月迄の距離【地球30個】◎●◎●◎
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/sky/1170027014/l50

829 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 14:31:05 ID:4vulue2I
神に保証されているから、地球の動植物,資源は一方的に人類のために使ってよいと
いうような、特に腐れ一神教の中にある危険思想について行ってるんだよ。

830 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 14:31:55 ID:4vulue2I
訂正:言ってるんだよ

831 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 15:07:43 ID:drbmm/3X
>>829
ここなんのスレだかわかってるか?

832 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 20:43:43 ID:nPAMflgD
宗教御用達創造論ID馬鹿殲滅

833 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 01:14:55 ID:QqhRG7bA
他スレでネヨ大暴れしててワロスw

834 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 21:05:44 ID:c6urwzWP
宗教マニア共頑張れ!!

835 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 04:42:15 ID:zkO2Wxat
age

836 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:05:46 ID:SBvlQWbE
agein

837 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 12:00:50 ID:BBTLvsH+
>>771
頭がいいのかと思ったら、意外とつまらないことを言うのでがっかりだ。

838 :承狂:2007/02/11(日) 13:51:02 ID:yHaHINaQ
ウヘヘヘへ。

839 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 22:05:58 ID:ZgiWtwnz
ニュートンはクリスチャンだったよ。

840 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 22:26:13 ID:PVZZ2MTq
それどころか、如何に神さんが素晴らしいかを証明するためにプリンピキア書いたらしいね。

841 :モエカス:2007/02/12(月) 11:41:38 ID:kgqrcG6a
>>839-840
それがなにか?

842 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 11:46:13 ID:WRTNvrep
アインシュタインも神信じてたよな。神はさいころ遊びをしない、だっけ?

ま、偉い科学者が神を信じてたからって、神が存在するって証拠になるわけでなし。

843 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 13:23:57 ID:p4p+lS++
本来、科学と宗教は相容れないものだが、個人の生活の中で
なら、信仰と科学って共存できるだろ。

科学用語散りばめて聖書とかをインチキ解釈するのにはもち
ろん反対。

844 :某377:2007/02/12(月) 20:48:02 ID:HqPmh0hE
相容れなくもない。
守備範囲を正しく守りさえすればね。

845 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 01:51:38 ID:QGzlg2w/
やれやれ
次はエキュメニカルか・・


意味が解るのは>>844
だけのような気もするが・・

846 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 11:08:31 ID:o3bJ3puy
>>845
新しく知った言葉を早く使ってみたいよ!

847 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 17:18:50 ID:fH7/+9cI
その語のこのスレでの使い道が判らないんだが。

848 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 20:23:08 ID:X2DkN56g
>>846
アセトンシアンヒドリン

849 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 08:44:26 ID:Ez08EAPc
うわ、戸田奈津子よりひどい。

850 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 12:43:32 ID:vF5sPfpe
NHKの誤爆かニヤニヤ

851 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 15:36:49 ID:MM1DwQmF
age

852 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 15:52:28 ID:dMKXCTsW
                 |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   
                    |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                 |_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_!
                 |;:_;:_;:_;:_|_;:_;:_;:_;:」
                 fT 、_ `"'''"´ _,.゙!}
    r―、-、          tj、 t苙、 ,ィ苙ア lノ
    ',  ヽ ヽ         ',':,   ,! l、  ,イ
    l   !"´!         ヾ! ,.ィ竺t:、 リ
    l   l  l         人.'´三`' /l          f'^i-、__
    |   |  |,. ―- 、_r≦´、、 `'ー' " ト、       {゙ヽ丶ヽヽ
    |   |_|_::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ丶、、ヽヽー-、_  ヽヽ丶ヽヽ
    |  /   i\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.`'=┘::}:::::::`,==、! ,l_.l,..ヽヽ、
    ト、_.|    l / ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー-一'::::〈::ヽ ゙',   、_ ',
    ノ  `'ー‐(⌒ヽ ノ l::ヽ:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ ゝ -‐ァ
   ,! __,,.. -r-、`'ーr'´ ノ、:::ヽ::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   ;'
    l       ヽ_,.ノ  /::ヽ}::::'i,::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ丶、_,. -‐
   {  -‐' ´ ̄ソ  /::::::::::::::::|l:::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::ト-

ttp://www.nicovideo.jp/watch/ut6A4nX-R0yYM

853 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 16:30:06 ID:z9HfTXhI
悪霊退散悪霊退散

854 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 20:04:48 ID:Q6wlq7vU
そして誰もいなくなった?
この凋落振り。おいたわしやW


855 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 22:04:45 ID:bGsAkuaA
>>854
お前を追いかけて住人がNHKスレに移動したからだろうな、という天使的解釈

856 :某377:2007/02/17(土) 22:36:39 ID:aSnIy1IA
気違いがいないときにわざわざ議論するネタなどない。
結論はとっくに出てんだから。

857 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 01:15:09 ID:11k+G1r7
我さんがまた重複スレを立ててしまった。
どうせいつものように立て逃げで終わる。
我さんはたまにageと煽りしかしないだろう。

858 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 05:16:21 ID:wPI6gbRc
IDで動物実験が不要であると説明できると言い張る人が
生き物苦手板に出没してうざいのでこちらで引き取ってください

>48 名前:黒ムツさん[] 投稿日:2007/02/17(土) 22:34:58 ID:k4hK5j0ZO

>「自分は聖書や仏典を読んだ事は無いが、絶対に嘘を書いている!!」

>なんて理論的なんだろう(笑)

>49 名前:黒ムツさん[sage] 投稿日:2007/02/18(日) 01:07:54 ID:Z2EA8kIK0
>別に根拠や詳細なデータの元に何か説明してるわけじゃないし
>読んでも読まんでも嘘を書いていないとも書いているともいえるわけで。
>むしろそれを信じるのにはかなり勇気がいるよな。普通は話半分にしかきかない

>50 名前:黒ムツさん[] 投稿日:2007/02/18(日) 03:47:50 ID:nm7rlZ82O
>聖書を科学的に説明出来るか否か、って単純な話だよ。
>「神の奇跡」=「科学技術」か、つ事。
>であれば、間違いなくそうだ。
>つまり、神=知的生命つ事。
>「キリストは完全に神であり、完全に人である」
>まんま、神=人だって事。
>我々の文明でも他の惑星に生命を誕生させるのに、今の科学力の延長せんで可能だろ。

859 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 05:38:58 ID:wPI6gbRc
食いつかせるために反論も書いておきます

聖書自体を読んだ事は無いが聖書に書かれている奇跡は一般的に知られている
聖書を事実化するのならそれらの奇跡についても科学的に説明できなくてはいけない

>別に根拠や詳細なデータの元に何か説明してるわけじゃないし

>20世紀(前世紀) の科学哲学者、カール・ポパーは、「科学」(彼が考える狭義の科学)が満たすべき条件として「反証可能性」を提示した。
>すなわち、ある理論が"科学"であるとみなされるためには、その理論が正しいか間違っているか検証する手段が提示されていなければならない、と主張した。

IDも単なる仮説に過ぎないので科学とは看做されない

>聖書を科学的に説明出来るか否か、って単純な話だよ。

数千年後の未来、遺跡からウルトラマンのビデオを発見した人類が
ウルトラマンを科学的に説明出来たとしても
ウルトラマンが実際に存在した証拠にはならないだろう

でも否定する材料が殆ど失われた状態では
辻褄の合うように仮説を立てるのはいくらでもできる

860 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 06:17:33 ID:KY1pOUEq
例え現代科学で説明できたとしても紀元前にそれらの科学が存在した事には科学的に説明できないんだよな

仮説として未来からやってきた人類や地球外生命体の存在をあげているがそれらは空想科学に過ぎない

861 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 09:05:20 ID:1PsyB83J
こいつはクローン技術でキリストの復活を説明できるって言ってたけど

クローン猫は性格や体格、体の模様までオリジナルとは別の猫になったらしいな

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030123302.html

クローン人間が作られたとしてもオリジナルと寸分違わず同じ人間を作り出すなんて無理だろう

ましてや人の人格は生まれてから得た知識や経験によって作られるモノが殆どだしな

862 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 09:41:41 ID:NpSzMa74
クローンといや、聞こえはすごいけどさ。
要は一卵性の双子だもんな。
人格が同じになるわけねー。

863 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 09:56:33 ID:H+9lFmhd
僕は進化論を支持しているが、ここで論じられているような適者生存
が進化の全てではないと思うよ。

魚の中には流体力学的にこれ以上はないほどの完璧なフォルムを持
っているものがいる。環境適応の好例だろう。
そんな魚たちも水が急に干上がってしまえばなす術もなく死んでしまう。
そうやって滅んだ魚は劣っていたのだろうか?

種の総入れ替えに近い大規模な進化はしばしばそういった大きな環
境変動の後に見られるようだ。

864 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 10:07:57 ID:0Yx0Y56A
適者適存てのは不適者不適存であって、環境との関わりにおいて普遍的な優劣なんてない。

865 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 10:14:07 ID:0Yx0Y56A
目下の心配は、知能がありながら人類の立場を理解できないお馬鹿どもだ。
マジで気候変わり始めてるじゃないか!!
魚類のフォルム同様、人類の脳も万能の適応ネタではない事を証明するまでもう一息・・・

866 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 21:35:34 ID:f0kAMZKA
>>863
ほう。それで、あなたのお考えは? 
NDだけじゃ無理じゃないかってところでは同意なもんで。

867 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 22:07:43 ID:ps4WNtEt
>>863
お前がなに言ってるかさっぱり分からん。


あ、わかった。お前「進化論は適者生存しか論じてない」って思ってるのか。

868 :某377:2007/02/18(日) 23:01:08 ID:GSy36Bd8
そもそも「適者生存」が理解できてないようにも見える。
環境への適合と優劣とは別の概念。

869 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 23:53:39 ID:HTrbDid+
Aという環境に適しており、Bという環境に適していないのをXとし、
Aという環境に適しておらず、Bという環境に適しているのをYとしよう。
また、仮に、Xが優でYが劣だとしよう。

Aという環境においては適しているXが生き残るが、適していないYは生き残らない。
Bという環境においては適しているYが生き残るが、適していないXは生き残らない。
Yよりも優れているXも、適していない環境では生き残れない。

生き残ったは単にその環境に適しているからであって、
ABそのものの優劣によって生き残るか否かが決まるわけではない。

870 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 23:54:25 ID:HTrbDid+
訂正

ABそのもの ×

XYそのもの ○

871 :某377:2007/02/19(月) 00:01:28 ID:GSy36Bd8
>>869
優劣をもちこんでる段階でアウト。
しかし、どういう種類の勘違いなんだかつかみにくいな・・・

872 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 02:03:29 ID:6Rih/+So
小さな進化に関してはほぼ観察されている事実なんだが、種から
種への進化のような大進化に関しては理論の域を出てはいないの
もまた事実。
でも、この進化論という素晴しい学説を学校で学べなくなるかも
しれないアメリカの子供は可哀想だな。


873 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 08:48:14 ID:jmporTx6
このスレにはID論者は居ないの?

874 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 12:30:38 ID:QGtTI3Ec
永久機関 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%B9%85%E6%A9%9F%E9%96%A2

このページの「熱力学の第二法則と創造科学」の項に
>創造科学とは、キリスト教神学の一つで、神が世界を作ったことを「科学的」に証明する学問である。
>学問の性質上、創造科学者は進化論のような聖書と矛盾する学説には批判的である
と書いてあるけど、「聖書と矛盾する」ってわけでも無いんじゃないかな。
「聖書根本主義と矛盾する」なんじゃないかな。

875 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 12:32:02 ID:QGtTI3Ec
>>872
合ってる可能性が極めて高く、社会に与えた影響力も非常に大きい学説であるとは思うけど

素晴しいのか?

876 :某377:2007/02/19(月) 12:38:15 ID:eOKfbnu8
アイデアとしては素晴しいと思うよ。
道徳とか教訓とか無関係のものを持ちだして難癖つけるような
ボケナスが何と言おうとね。


877 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 13:52:34 ID:Y+8NxFPr
分子分類学は進化論と量子化学をもとに出来ていると言っていいんだろう。

878 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 14:02:50 ID:Y+8NxFPr
分子分類学が自己矛盾なく完成出来れば、進化論も証明されたと言っていいのではあるまいか。

879 :某377:2007/02/19(月) 17:39:06 ID:4kOSzMBu
分子分類学が成立するように神タマが作ったのデアル!
生物は進化してイナイ!
と言い張ることは依然として可能ではあるけどね。

880 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 20:56:10 ID:4FxHEtTZ
分子分類学→量子化学→量子力学→神様はサイコロを振るになるんだが、
創造論がそういう事を言っていいのかな?

881 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 21:49:20 ID:MlGZZ+P/
それ創造論が言ってるのか?

882 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 22:44:32 ID:dR4wgtVL
秩序そのものである神様が、サイコロ遊びをするなら、神様の被造物である
人間に、"秩序などというものはない"、という誤った方向へ導く考えを想起
させることになる。

神様はサイコロを振る →量子力学→量子化学→分子分類学→誤りになるんだが、、
隠れたパラメーターでも探そうね?


883 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 00:10:41 ID:L66d+rqH
実際サイコロ遊びを利用したコンピューター(の素子)ができてるんだから、
サイコロ遊びしてること自体は間違いないだろ。

884 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 01:28:26 ID:ejJYWED6

>神様はサイコロを振る →量子力学→量子化学→分子分類学→誤りになるんだが、、

最後が矛盾なく説明出来てしまうのがミソで、事実に合うので誤りを持ってくるわけに逝かない。

>隠れたパラメーターでも探そうね?

ベル不等式破れたり!


885 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 01:29:25 ID:ejJYWED6
ま、結局、神を外さざるを得ない。

886 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 18:09:56 ID:pvgldn2a
age

887 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 20:04:17 ID:ugMDOcT7
進化は進歩を意味しない??
人は、猿より進歩していない???
こんな説誰が信じるの?


888 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 20:14:29 ID:n1sgBSfM
なんかまた勘違い君がまよいこんできたね。
しかし、どいつもこいつもコミュニケーション能力低そうなのはどうしてなんだろう?

889 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 20:18:58 ID:/DrsHpc0
>>888
設問が逆だ。そういうのが集まってるのが2chだから。


>>887

>人は、猿より進歩していない???

はぁ、進歩してると思ってるのか???

890 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 20:52:34 ID:j9gcHNh5
進化は進歩を意味しないけど、
猿から進歩してないわけじゃないよ。

進化は「良くなること」だけを指しているんじゃないって意味で、
「進化は進歩を意味しない」って言うのは良くならないって意味じゃない。
進化して前の種より良くなることもある。
んで、「悪くなる」ことももちろんある。


そもそも良い悪いっていうのが相対的な評価っつーのが分かってないんだお前は。

891 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 21:34:03 ID:/DrsHpc0
善い悪いと進化論に何か関係が???

892 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 22:04:00 ID:GUVKxzFL
>>887
体毛も退化しちゃったし、木登り能力も低いし、敏捷性もないから人間は猿より劣ってるな。

893 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 22:28:08 ID:j9gcHNh5
>>891
善悪じゃなく良いか悪いか、つまり優秀かどうかっつー意味。
例えば人間の手は物つかんだりするのには優秀だけど、獲物倒すのには全然優秀じゃないし、
ペンギンのひれは海の中だと優秀だけど空飛べないみたいな。

894 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 23:28:15 ID:LqDbkwxP
そら単なる向き不向きではなかろうかと。

895 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 23:40:22 ID:GAQ+gxJA
子孫を一杯残すという意味で繁殖個体数数えれば人なんてアメーバ以下だよ。

896 :某377:2007/02/21(水) 00:11:36 ID:d7SxQJUP
脊椎動物全部あわせたよりもハチのほうが多いって話もあるしな。

しょせん良い悪いなんてのは人間が勝手に決めた基準に合う合わない
の議論にすぎん。

897 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 00:27:27 ID:TiLIlijL

ここのマカ、にんにく、パワーウコン、高麗人参、亜鉛含有酵母のミックスは凄いよ。
個人的な感想だけど、勃起力、美肌、ダイエット、アトピー、増毛すべてに効果あり。
マジで試す価値あると思う。アンチエイジング・抗酸化・毒素対策。

http://www.wakasa-aid.com/




898 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 01:03:41 ID:tKcqUC/V
>しょせん良い悪いなんてのは人間が勝手に決めた基準に合う合わない
の議論にすぎん。

<猿が決めた基準を聞きたい。猿から言わせよ。


899 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 05:33:19 ID:OcrdVShj
自分で聞けば?
その種の基準が必要なのは創造論で進化論ではないから。

900 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 06:52:16 ID:C9wItB1r
進化なんて嘘っぱち

901 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 08:59:04 ID:BWYGWztm
節足動物とか昆虫類はホント、どこにでもいるからなあ。
あいつらなら、地球が吹っ飛んでも卵とか休眠状態で宇宙を渡って別の環境に定着しそうだ。

902 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 10:15:03 ID:vW81y9Yj
現在生きている生物はすべて進化の頂点。ミドリムシから人間まで、ハゲタカからシーラカンスまで、イチョウから寄生バチまで。
結局のところ「進化の良い悪い」ってのは今生きてて明日も生きてるかって点のみなんだよ

903 :某377:2007/02/21(水) 10:16:20 ID:d7SxQJUP
>>898
あいかわらず日本語わかってないのな。
進化論の立場では、人間の決めた基準なんてどうでもいい。
どちらがより優れているなんてのは進化とは無関係の話題。

創造論者は、いかに自分(「人間」と言ってごまかそうとするが、
言わんとするところは「自分」だ)が他と隔絶して優れているか、
という妄想にしがみつきたがる。そのためには聖書だろうと
科学者の言葉だろうとオカルト本だろうと無節操に引用する。



904 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 13:55:47 ID:1JziiyGg
>>898
おまいら森を壊す悪いサルだ!!

905 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 16:35:07 ID:lR19aady
ノア「地球は 閉じている…。

ノア「地球は 宇宙という
 虚無の空間に 浮かぶ
 美しくて もろい 閉ざされた回路なのだ!

ノア「地球を支配するのは
 人類という おろかで 危険な
 生命体で あってはならない。

ノア「欲望のしもべと なることのない
 神のごとく 純粋な知性でなくては
 ならないのだ!

ノア「私は 生命体ではない…

ノア「だが 意識を持ち 知性を持った!

ノア「私こそ
 地球を管理するに ふさわしい
 この惑星で最初の 純粋知性なのだ!

ノア「おろかな人間よ!
 それでも 私を
 破壊するつもりなのか?

ノア「人類…。

ノア「知性という武器を身につけた
 悪魔のサルよ!
 滅びるがいい!

906 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 18:47:01 ID:Y0wnaxyC
>>903
>>898
>進化論の立場では、人間の決めた基準なんてどうでもいい。

<だから人間以外の生物が決めた基準(価値観)があると仮定するなら
人間以外の生物による基準を彼等に直に示させよと言っている。 
進化論は、地球生物代表会議で決めたことではない。


907 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 19:58:16 ID:dKAJFzU0
>>906

人間以外の生物の基準:子供さえ出来ればok。あと知らね。

908 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 20:19:28 ID:BjcJB2Gx
>>906
「なにがなんでも生き続けること」ってとこかな。


909 :某377:2007/02/21(水) 21:22:22 ID:d7SxQJUP
>>906
>人間以外の生物による基準を彼等に直に示させよと言っている。 

人間のと同様、彼らの価値観(あったとして)もどうでもいい by 進化論

>進化論は、地球生物代表会議で決めたことではない。

あいかわらず、誰も言っていないことを否定するのが好きだね。
妄想癖もたいがいにしときなさいね。

910 :某377:2007/02/21(水) 21:24:32 ID:d7SxQJUP
>>907-908
そう言ってしまうと、いくつかの事例が説明できなくなる。
自分の子供でないのに世話をするハチのメスなどがね。
そうなると利己と利他がどうこうという、人間行動のメタファの
泥沼にはまっていってしまう。

価値観など関係ない、という立場を堅持するほうがいい。

911 :某377:2007/02/21(水) 21:27:41 ID:d7SxQJUP
ところでさ>ネヨ


このスレにはもう来ないんじゃなかったの?

912 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 21:43:10 ID:vW81y9Yj
> <だから人間以外の生物が決めた基準(価値観)があると仮定するなら
だからそんなもんないっつってんのになんで分からんのか。
進化ってのはだれかが定義を作ったことによって始まったんじゃねーんだよ。

913 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 21:44:59 ID:vW81y9Yj
>>910
ハチの話は、利己利他なんてもん持ち出さなくても
「子供の世話をする生殖能力のないメス蜂を大量に生む女王蜂が生き残った」でいいんじゃね?

914 :某377:2007/02/21(水) 21:59:44 ID:d7SxQJUP
>>913
その説明でもまあいいけど、907-908はそうは言ってないよね。

915 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 00:52:26 ID:jf0FWqGc
>進化ってのはだれかが定義を作ったことによって始まったんじゃねーんだよ。

いまだにこんな、古典的思想を持っている人がいるのには驚いた。量子系では、
ものやものごとが、単独で存在しているなんてことは言えなくなった。
量子力学では、観測対象は観測という行為の結果であり、それでしかない。量子
力学の研究対象は、量子の世界にとどまらない。我々の目に見えるマクロの世界
も微粒子の集合体である以上、量子力学の束縛から逃れることは誰もできない。
だから現実は人の観測をはなれて実在しているかという、厄介な問題が生じるこ
とになる。


916 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 01:28:53 ID:vXE/uKl2
観測を離れて存在する現実はどうやら存在しない。
感想の向こう側は収斂する何かではないようだ。

917 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 01:30:09 ID:vXE/uKl2
相互作用(観測)のこちら側からが存在と言えるのかもしれない。

918 :某377:2007/02/22(木) 10:38:42 ID:oiiELI9O
>>915
量子力学をもちだしたところで妄想は妄想だよ。
ところでいつもの「<」がないようだが、芸風をかえたのかね?

919 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 11:07:36 ID:+QQZHHvj
>>915
量子力学は超能力とか奇跡とかを保証する理論じゃないんだぜw
お前が何を観測しようと、糞つまらない現実は何一つかわらないんだよ。

マクロレベルで量子の影響なんかでない。確率的に収束しちゃう。
小麦粉を一粒こぼすとランダムな方にとぶけど、沢山こぼすと必ず山が出来るのと同じ。



920 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 11:32:25 ID:WIhhvZlT
>>915
量子系でだって「誰かが定義決めてからじゃないと何かが始まらない」なんてこたないよ。
SFの読みすぎだボケ。
そもそも「観測」の定義が曖昧過ぎんだよ。シュレディンガーのネコ?ねこが観測者である可能性は?

921 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 11:54:34 ID:vuDgIX5v
ネヨはつまり、トンネル効果はマクロ系である人間でも起こるという意見の持ち主らすぃ。
ちょいと、実際にやってみせてくれんかね?

922 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 16:36:49 ID:HSW+CBwH
やめてくれ!!
10^23オーダーのネヨが、宇宙のはじめから終わり(?)まで壁にぶつかり続ける恐ろしい様相が浮かぶ。

923 :某377:2007/02/22(木) 16:53:31 ID:oiiELI9O
壁につっこむときは頭から勢いよくがオススメ>ネヨ
ひょっとするとバカがなおるかもしれない。今より悪くはならんだろうし。


924 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 18:32:02 ID:w3StNlLI
>ひょっとするとバカがなおるかもしれない。

もっと無知でしばいたら治るかもしれないね?

925 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 19:10:46 ID:T7DOcAQd
916は、量子力学の基本を押さえている(*^_^*)


926 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 19:30:38 ID:+QQZHHvj
× 916は、量子力学の基本を押さえている(*^_^*)
○ 916は、ポエムの基本を押さえている(*^_^*)

927 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 19:58:50 ID:T7DOcAQd
これからは幼稚園教育から量子力学を教えましょう。
古典系の物理理論は教えないほうがいいようです。
誤りが多い理論は、誤りの多い人間形成を育成します。

文部科学称大臣様

928 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 20:06:16 ID:EOr488Zh
「観測の向こう側なら」基本を押さえているw

929 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 20:07:50 ID:EOr488Zh
h→0

なくらいマクロならいいんじゃない?
計算簡単だし、古典の方が。

930 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/22(木) 20:21:19 ID:UiX9Xx2B
定常宇宙論〜♪

ガチョーン )))

931 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 20:23:34 ID:T7DOcAQd
いやね、古典系は観測(人間)と関係なく、物質とその随伴現象は独立して
存在していると信じていた。しかし、量子系では、観測された側と観測した
側は独立に存在することが出来ないと証明したのです。

932 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 20:27:53 ID:UwPuxAzp
よくある観測=人間が観測することって勘違いだな。
中が見えない箱にサイコロを振っても、量子コンピュータにはならねーんだよwww


933 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 20:29:32 ID:UwPuxAzp
訂正:中が見えない箱に『入れて』サイコロを振っても

人間が観測するしないは関係無い、この『マクロな世界』に観測されたかどうかといったほうが正しいか?
 

934 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 20:35:38 ID:T7DOcAQd
>よくある観測=人間が観測することって勘違いだな。
>人間が観測するしないは関係無い、、、、、

<人間が観測しないなら、一体何ものが観測するんですか?

935 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 20:50:31 ID:UwPuxAzp
だから、そういう疑問を持つこと自体が、進化を進歩と勘違いしているのと同じレベルだと言っている。
誰も見てなきゃ状態が確定しないなら、サイコロを箱の中に入れてガチャガチャ振ったら量子コンピュータになるってw
実際はミクロのレベルで特定の状態を維持しなければ量子が01の重ね合わせ状態にならない。
ちょっと光や熱や電子が影響を及ぼした時点で、0か1かどっちかの状態になってしまう。
要するに、原理的に観測可能な影響が及ぼされたらそれで勝手に波動関数は収斂する。
人間が『観測した!』と意識する必要はまったく無い。
そういう意味で、『マクロな世界』に観測されたかどうか、と書いた。

936 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:09:13 ID:2mYamsTP
この流れはまたいつぞやの、理解しているつもり→実は全く理解していないことを示される→どうでもいいと開き直る。
のパターンか?

937 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:21:02 ID:WIhhvZlT
> <人間が観測しないなら、一体何ものが観測するんですか?
この文章が、人間(自分)は特別だって思い込みたい浅ましさを表してるよね

938 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:21:55 ID:nqhJMNyI
>>935
観測される側は、観測する側によって、その存在の可能性が論じられ
るでのであって、観測されるものが、観測するものと独立に存在出来
ないということが量子力学で証明された。


939 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:32:35 ID:UwPuxAzp
>>938
進化論は生物がどんどん高度な生物に進歩していくと主張する理論である。
並みの勘違い乙ww
眼を瞑ったら世界は存在しません!と妄想してればいい。

940 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:32:44 ID:nqhJMNyI
> <人間が観測しないなら、一体何ものが観測するんですか?
この文章が、人間(自分)は特別だって思い込みたい浅ましさを表してるよね

<某377は、答えに窮すると誹謗・中傷で逃げまくります。

941 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:36:03 ID:nqhJMNyI
>>938
進化論は生物がどんどん高度な生物に進歩していくと主張する理論である。

<進化は進歩でない。学説を間違えるな。

942 :某377:2007/02/22(木) 21:36:25 ID:mdMhQ5yb
>>940
><某377は、答えに窮すると誹謗・中傷で逃げまくります。

主語まちがってるよ。

俺が某377。
君はネヨ。

O.K.?

943 :某377:2007/02/22(木) 21:37:34 ID:mdMhQ5yb
ちなみに、君の量子力学に対する、もうどうしようもないほど
間違った解釈についてはいちいちつっこまないことにしたのでよろしく。
他の人にまかせた。

944 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:38:14 ID:UwPuxAzp
>>941
日本語読めて無くね?大丈夫か?もしかしてマジで人工無能?

945 :某377:2007/02/22(木) 21:43:23 ID:mdMhQ5yb
しかし、毎度のことながらこの種の妄想をどこで拾ってくるのかねえ。
一から自分で思いついてるわけでもなかろうし。

946 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 21:59:07 ID:nqhJMNyI
>>944
>日本語読めて無くね?大丈夫か?もしかしてマジで人工無

↑バカの自己証明するバカはめったにいない。


947 :某377:2007/02/22(木) 22:00:36 ID:mdMhQ5yb
まさに、答えに窮して誹謗・中傷で逃げまくってますなw


948 :某377:2007/02/22(木) 22:10:56 ID:mdMhQ5yb
ところで>ネヨ

霊の存在証明はその後どうなったの?

949 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:12:45 ID:UwPuxAzp
>>946
/マ../ジ./..で./日./.本/.語../理./.解./.で./.き./.て./.な./..い./の./.か./.…/w/w/w
/っ/て/か/.人../工./.無./能/.じ/.ゃ/.な/.い/.か/.の/テ../ス./.ト./w.
こ/.の./く./.ら/.い./は/.対./.策./.し./.て./.る./.か./.も./.し./.れ/.ん/..が/.。./

950 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:13:49 ID:nqhJMNyI
>君の量子力学に対する、間違った解釈については,,他の人にまかせた。

<いいですけど、ちゃんと説明できる人をよこして下さいね。




951 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:29:57 ID:UwPuxAzp
>>950
人./.間./.が../.別./.に./.観./測./.し./て./.な./..く.て./.も./.、./.電.子./や../.光./.や./.熱./.で/.、.
.量./.子../.ド./.ッ/.ト./.が./.あ./.っ./.さ./.り./.と./.収./.斂./.し./.て./.,.
.0./.1./.の./.重./ね./.あ./.わ/.せ./.状./.態.か./ら./.0./.か./.1/.に./.な./.っ./.て./し./.ま./.う./.こ./.と./.に./.つ./.い./.て、.
.ど./.う./.お/.考./.え./.で./.し./.ょ./.う./.か.w./.w./.w./.
.人./.間./.の./.観./.測./.は./.波./.動./.関./.数./.の././.収./.斂./.に/.不./.要./な./.ん./.で/.す./.よ.w./
普/.通/に/人/間/だ./っ/た/ら/、/.読/み./に./く/く./て./す./ま./な./い./が.w
君/く/ら/い/の/挙/動/を/示す/人/工/無/能/は/、/マ/ジ/で/有/る/か/ら/な。

952 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:31:17 ID:nqhJMNyI
>>935
量子力学は言葉遊びではない。自分で理解が出来ない理論を振りまわすのは
キチガイにハモノとかわりない。ちゃんと基本から学ぼうね。


953 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:36:18 ID:UwPuxAzp
>>952
鏡/.に./.向./.か./.っ../.て./.レ./.ス./.す./.る/.な./.よ./.w./.w.
.ど/.う../.い./.う./.実./.験./.で./.、./.人./.間./.が./.観./.測./し../な.け././.れ./.ば./.
.波./.動./.関./.数./.は./.収./.斂/.し./.な././.い./.と./.示./.さ/.れ./.た./.ん./.だ./.w./.?./.
サ./イ../.コ./.ロ./.を./.中./.の/.見./.え./.な./.い./.箱./.に./入./.れ.て./.振../.っ./.た./.ら/.
量./.子./.コ./..ン.//.ピ./.ュ./.ー./.タ./.に./.な./.る./.な./.ら./.、/.夢./.の./.よ././.う./.な./世./.界./.だ./が././.なw./.w./

954 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:36:50 ID:2mYamsTP
>>952
とりあえず、収束と存在の可能性をごっちゃにする時点でおかしいことに気付けw
観測というか干渉によって収束するのは、あくまでも波動関数の範囲内であって存在そのものではないw

955 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:40:39 ID:nqhJMNyI
>>953
すくなとも、ミラーニューロンがどちらかに欠けているんでしょうな。

956 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:45:15 ID:2mYamsTP
人間の観測だけでマクロ系まで重ね合わせが起こるんだったら、デコヒーレンスで頭を痛めずに済むってもんだw

957 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 22:49:54 ID:UwPuxAzp
>>955
おっw人工無能じゃなかったか、スマンスマンww
で、いつまでミクロレベルの話をマクロレベルに適応して、
人間が観測しなかったら波動関数は収斂しないと言い張るつもりだ?
この場合の『観測』の意味がまだわかってないの?
『進化』は一般的に『進歩』と同意義で使われるが、
進化論においては違うということと同じだと何回言ったらわかるの?

958 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:02:31 ID:nqhJMNyI
>収束と存在の可能性をごっちゃにする時点でおかしいことに気付けw

観測によって、波動関数は収束し、状態が現実の存在として認識される。

>観測というか干渉によって収束するのは、あくまでも波動関数の範囲内で
あって存在そのものではないw

>それでは存在とは何かについてなにも説明できない。


959 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:10:04 ID:2mYamsTP
>>958
その観測による収束は熱やら振動やら音やらの揺らぎで、人間様抜きでも収束するって言われてるのが理解できんのかw
で、また話をはぐらかしてるな、能なしw
量子力学で証明されたんだろ?
とっとと、その論文もってこいやw

マクロ系でも重ね合わせが起こるっていう論文を持ってこい。
でもって、観測問題が人間の認識でしか発生し得ないという論文もいるぞ。
IF値の無いようなカス論文はいらん。
それが出来ないなら、おまいの捏造でFA。


960 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:16:14 ID:nqhJMNyI
>人間様抜きでも収束するって言われてるのが理解できんのかw

<できんWwWw∞


961 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:19:18 ID:UwPuxAzp
>>960
じゃあ、量子コンピュータを作る上で、
熱やら電子やら光やらが漏れこんで来た影響で、
勝手に量子の重ねあわせ状態が解除されて、
計算できなくなる現象は、どう説明するんだ?

962 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:20:11 ID:WIhhvZlT
> >それでは存在とは何かについてなにも説明できない。
日本語でしゃべれw


理論のトンネル効果だなこりゃ

963 :某377:2007/02/22(木) 23:20:16 ID:Boy3/4Zu
>>950
もう答えはとっくにでてるよ。何人かから並行にね。>>919あたりが
わりとちゃんとしてるかな。
進化論の扱うようなマクロな領域では君が妄想するような量子的効果は無視できる。

ねえ、皆の言ってること、ほんとに理解できてる?

964 :某377:2007/02/22(木) 23:22:06 ID:Boy3/4Zu
>>952
>キチガイにハモノとかわりない。ちゃんと基本から学ぼうね。

とりあえず自分に向けて話すのはやめようぜ。
まぎらわしいから。

965 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:22:17 ID:2mYamsTP
>>960
なるほど。つまり、おまえは勝手に人間でしか収束が起こりえないと何の根拠もなく妄想してただけかw
違うなら、とっとと根拠となる論文持ってこいw
次の発言で論文提示以外の発言をおこなったら、捏造だったとオマイ自身が認めたということでFA。


966 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:34:06 ID:nqhJMNyI
>>960
>なるほど。つまり、おまえは勝手に人間でしか収束が起こりえないと何の根拠
もなく妄想してただけかw

人間以外には知らんね。でもローランドゴリラのココは人の言葉を理解している
との研究をもある。ココに聞いてみろよ。



967 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:36:18 ID:WIhhvZlT
ココより頭悪いネヨカワイソス

968 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 23:40:36 ID:2mYamsTP
>>966
量子力学と何の関係も無いなw
というわけで、捏造をはぐらかしただけでFAと。
おまいの知る知らんなんぞ、世界には何の関係もねーよw

969 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 00:01:09 ID:nqhJMNyI
>>966
>なるほど。つまり、おまえは勝手に人間でしか収束が起こりえないと何の
根拠もなく妄想してただけかw

人間以外の観測者があれるとするならそのものを示せよ。


970 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 00:05:49 ID:zxfe83g/
>>969
順序が逆だろw
おまいが先に根拠となりうる論文を見せてからだな。
ま、デコヒーレンスという実例が何度もレスにあがってるのに理解出来ない妄想じゃしょーがねーかw


いっつもいっつも、他人に自説の尻ぬぐいをさせてんじゃねーよw

971 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 00:15:37 ID:9GUUexbW
>>970順序が逆だろw
順序が逆だろw 順序が逆だろw 順序が逆だろw順序が逆だろw順序が逆だろw
順序が逆だろw 順序が逆だろw 順序が逆だろw順序が逆だろw順序が逆だろw
順序が逆だろw 順序が逆だろw 順序が逆だろw順序が逆だろw順序が逆だろw
順序が逆だろw 順序が逆だろw 順序が逆だろw順序が逆だろw順序が逆だろw

気がすんだか?









972 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 00:23:19 ID:9GUUexbW
>人間様抜きでも収束するって言われてるのが理解できんのかw
>>961
>じゃあ、量子コンピュータを作る上で、
熱やら電子やら光やらが漏れこんで来た影響で、
勝手に量子の重ねあわせ状態が解除されて、
計算できなくなる現象は、どう説明するんだ?

<だから人間以外の存在に聞け。


973 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 00:24:01 ID:zxfe83g/
で、脳内天使同様に今回も何も立証できず、と。

974 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 00:28:47 ID:3OqM2D7Q
>>972
だから、
>熱やら電子やら光やらが漏れこんで来た影響で、
>勝手に量子の重ねあわせ状態が解除されて、
>計算できなくなる現象
が人間によって観測されてるわけだが?


975 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 01:50:22 ID:z9LjPMQ6
ネヨの立場は「人間が観測しないとダメ」と思い込んでる、でOK?

976 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 02:59:32 ID:dLQ6eXtZ
水分子が特有の角度をなすのは、水素原子と酸素原子が互いの波動関数を観測し合った結果ではないのかね?
水素原子の中の人も大変なのだw

977 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 10:26:14 ID:YTsaK5JO
つまり、無秩序な宇宙は観測者が現れたときにだけ大慌てで体裁を整えるのか。
いかりやがいないとだらけまくって帰ってくると働いてるふりをする
(加藤ないし志村が乗り遅れる)ドリフのコントのように?

978 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 10:37:35 ID:6ksqZl+3
いやいや、神サマが全てを観測してしまっているのでマクロ系はおろかミクロ系でも不確定事象は発生しないんですよ。
こんちこれまた。

979 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 11:26:01 ID:ANLm2zes
これまでの流れ

ネヨ「量子力学は間違っている!」

980 :某377:2007/02/23(金) 14:35:15 ID:9aNXz7HQ
自分では何ひとつ説明せず、相手に「説明しろ」と要求し、説明があっても無視する。
狂人まるだしのいつものパターンだったね。


981 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 18:30:09 ID:U90mZMAC
府中のラーメンを食ってる奴がいるんだな
キモイ趣味持ってたんだな
類似化学?心霊みたいなきもいスレだ
府中のラーメンに来るなよ おまえの口をつけた器で食いたくない

982 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 23:36:07 ID:psKVdtR2
馬鹿共 もうくだらないスレ立てるなよ!

983 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 23:53:08 ID:xw4zKRL8
ネヨが失業する

984 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/24(土) 09:36:53 ID:5v9HPGmx
>>980
あー、ソコの君。
失礼な事を言うなよ。
あんなのと狂人を一緒にしないでくれたまえ。

985 :某377:2007/02/24(土) 10:22:02 ID:e01R0vbb
>>984
前から思ってんだけど、その芸風、本気でおもしろいと思ってやってるの?
正直つまんないんだけど。

986 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 10:33:00 ID:Gk2tpCE0
 

987 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 10:34:17 ID:Gk2tpCE0
 

988 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 10:35:01 ID:Gk2tpCE0
 

989 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 10:43:33 ID:+/+ZGaCq
>>985
まあまあそう言ってやるなよ。
ついにトリップのつけ方覚えて颯爽と現れたんだからww

990 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 11:20:16 ID:14/rl6ph
IDじゃないの?

991 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 12:41:15 ID:+/+ZGaCq
>>990
あー……





ま、sageの仕方もまだ分からん奴だっているわけだ。トリップ知らんでもしょうがないか

992 : ◆P1AWcg9OTs :2007/02/24(土) 16:56:20 ID:yF66idmI
心配せんでよい。
最初からsageる気はないし、トリップもつけられる。

と、言ってみようかw

993 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 20:49:45 ID:+/+ZGaCq
誰もお前の事話してないからwwwwwwwwwwwww

994 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 21:20:03 ID:x+U8SeR5
ネヨ氏ねよ

995 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 22:34:38 ID:MWeBDDAV
 

996 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 22:36:15 ID:MWeBDDAV
 

997 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 22:38:17 ID:MWeBDDAV
 

998 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 02:49:21 ID:8rc4wysj
さらしage

999 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 02:50:14 ID:9Lk6hWBB
999

1000 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 02:51:06 ID:uS+1RD2I
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

331 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)