5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

徹底討論!神はいる?神はいない?

1 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 22:27:31 ID:dPgNjciv
単純にいるいないの書き込みなどではなく理由もお書きください
俺はいない派です。
いたとしたらこんな世の中になってるはずがないからです

2 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 22:32:34 ID:P4zWZEIq
2ゲット

3 :名無しさん@3周年:2007/01/15(月) 22:41:26 ID:3xCi2/cy
>いたとしたらこんな世の中になってるはずがないからです

こんな世の中にしたのは神じゃねぇ。 人間の我侭がやりたい放題してるだけさ。

4 :新渡顕鉄:2007/01/16(火) 00:55:35 ID:ydrPiEHr
カッカッカッカッカッカッ紙は要るカッカッカッカッカッカッ

5 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 11:31:04 ID:CiT0s605
たしかに「こんな世の中にはしない神」はいませんね。

「こんな世の中にする神」がいる可能性が残されました。

6 :名無しさん@3周年:2007/01/16(火) 21:51:43 ID:Wt4ynDLP
何度も言うが、したのは人間。 神のせぇじゃねぇ。

7 :258:2007/01/17(水) 02:17:13 ID:gkU9rDIP
>>1
いないと思うならそれで良いのでは?
わざわざスレを立てるのは何故?

8 :名無しさん@3周年:2007/01/17(水) 17:26:13 ID:drNU3O+X
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%AD%98%E5%9C%A8%E8%A8%BC%E6%98%8E

9 :名無しさん@3周年:2007/01/20(土) 14:58:32 ID:/1xVEKmQ
神がもしいるなら人間がとても嫌いでどうでもいいと思っているでしょうね

10 :名無しさん@3周年:2007/01/20(土) 15:44:44 ID:LuzmffhU
神はそんなに浅はかな感情は持たない。

11 :名無しさん@3周年:2007/01/20(土) 23:48:03 ID:vcqoGaYi
何かをなすと、それが本人に向かって帰ってくる。
それが超高速に帰ってきますように、
(悪人は裁かれ、善人は報われますように)
みんなそう思いつつ祈ってる。
それ、原因と結果が神の働きであるから。

そう思って祈っていながら、
「一神教では神様のきまぐれですべてが支配される偶然の宗教だ。因縁などあるものか。」
などとトチ狂っている人がけっこういると思う。

12 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 04:32:06 ID:664lYMxR
人間か゛確認できえない神などいらん!いくら考えても人間が考慮できる範囲の妄想でしかない。

13 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 11:23:07 ID:rfrmfgp2
信仰をもっている人は神仏の世界が日常の生活なので確認できない神をしんじて生きている。
信仰をもっていない側からみたら不思議でもある、でもそんな人でも神様助けてと心の中で祈ってしまった人って案外多いいのでは。
どちらかというと日々人間が支配する神に属し囚われて祈るより、自然と祈ってしまうその心の方が純粋で尊い様に思えてならないです。
神がいるのかどうかわからないけど、でもいるのなら複雑ですね、心の自由があって自分次第とはいうけど、でも目に見えない霊によって人生狂わされ苦しみ出口が見つけられないとか、生々しく子供を巻き込んだ事件とか、いろいろ思うと残酷な成り立ちの中だといえます。
もし転生輪廻があって自らこの世に生まれたとしたら、「なんで!天国にいとけばいいのに」って自分に言いたい、なにもかも地球上は末法の世に進んでいるよね。
前向きでない言葉でゴメンナサイ。

14 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 11:24:34 ID:pe1tEa8O
粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします
々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛
と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々
削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と
除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削
お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除
願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お
いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願
します粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願い
ます粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いし
す粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いしま
粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします
々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛
と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々
削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と
除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削
お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除
願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お
いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願
します粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願い
ます粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いし
す粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いしま
粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします
々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛
と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々
削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と
除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削
お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除お願いします粛々と削除

15 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 11:30:37 ID:N49FN79M
なにか馬鹿らしいやり取りが展開されているようですが、神は別に人間界には干渉してないですよ。
地球を創っておしまいです。
神がいたらこんな世界にはしないとか、あなたはどうかしてるのでは?干渉する対象じゃないんですよ、人間は。人間が嫌いとかそういうのではなく。

16 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 11:38:34 ID:ouxjnoBc
神様はもちろんいますよ。ノアの時代、神様は人間の愚かさに怒り、水(洪水)によって滅ぼされました。次は火で滅ぼすと聖書に書いてあります。今の世の中、人間は病んでます。神様から背いて離れて生きています。天地創造された神様を崇め賛美し感謝の心を持っていきたいです。

17 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:17:00 ID:2OOPXiQ5
信じない人は地獄に落とすのでしょう。恐ろしく横暴な独裁者ですな

18 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:20:57 ID:664lYMxR
ノアの時代って、光ゲンジの時代みたいなもんか??プッ

19 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:23:28 ID:664lYMxR
ノアの時代を経験したら来い。プッ

20 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:25:46 ID:664lYMxR
神など勝手にしててくれ。俺には干渉しないでちょ。

21 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:26:11 ID:iaPJ0yHF
人は神ではなし。神は創造される。

22 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:27:46 ID:664lYMxR
ノア・ノーの時代

23 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:31:08 ID:EO56Zmb/
宗教の教義で
他教を全て邪教と切り捨てたり
信じなければ地獄に落ちる、とか言ったり
そういうのは糾弾されるべき宗教だと思うがね

神?そりゃいったい何だ?

24 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:33:10 ID:664lYMxR
神=宗教の道具。金を産みだす妄想

25 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 14:53:16 ID:664lYMxR
しるかハゲ!

26 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 15:02:46 ID:EO56Zmb/
人を馬鹿にするとき、人は無意識に自分が抱いている劣等感に根ざした事を言う
学歴に劣等感を持っていれば、学歴に関する事で馬鹿にする
収入に劣等感を持っていれば、収入に関する事で馬鹿にするだろう

ハゲで馬鹿にするって事は、そいつがハゲって事なんだろう

27 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 15:10:49 ID:664lYMxR
知るかボケ!

28 :名無しさん@3周年:2007/01/21(日) 20:51:27 ID:mrX/Nej7
知るかイケメン!!

29 :LIND L TAIROR:2007/01/22(月) 12:52:16 ID:z2YSZRHR
神はいないと思うけど・・死神はいると思う

30 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 13:19:07 ID:FvQV6X+j
アヌビス神は命を狩るというイメージがない。
でも死を司り、心臓と羽を天秤に掛ける役目を持つ。
その割には死に神ほどの悪いイメージがないと思う。
(そう思っているのはもしかして私だけ?)

31 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 14:36:34 ID:9N+sKOQt
人間の存在が地球にとって悪であるから人間を救う神は自然にとって悪魔であり
人を地獄におとす悪魔は自然にとって神である。

32 :L LAWLIET:2007/01/22(月) 20:57:25 ID:z2YSZRHR
神がいるなら何故善人が死ぬのでしょう?

33 :Z:2007/01/22(月) 21:07:37 ID:aNbD9Ftf
それより神がいたとしたらどこにいるんだ?
大気圏内?宇宙?
それともひろゆきの家?w

34 :ムジャキ:2007/01/22(月) 21:12:47 ID:CuHuu5f3
神はいるのほうに賭けてわいは死ぬいなけりゃいないですむけど
いたらいるほうに賭けたほうがいいにきまっとるでしょ。

35 :ひで:2007/01/22(月) 21:17:10 ID:Cc/JGgsx
「神」「仏」はあくまで思想の体現、象徴としての人が創り出した偶像 でしかないと俺は思う。
歴史的な観点から見て感じたコトだけど…
そもそも「宗教」って神がいるいないなんてそんなコトじゃないだろ? あくまで「哲学」のひとつの形でしかナィんだから、神がいるかなんて考えるより、その宗教の「思想」について考えるべきじゃナィ?

36 :ムジャキ:2007/01/22(月) 21:24:17 ID:CuHuu5f3
哲学・・・考えるというより感じるものじゃないの

37 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 21:40:21 ID:X/izyQuz
>32 善⇔悪。 善があれば悪もあるでしょう。男がいれば女もいるでしょう。光があれば闇もあるでしょう 風があれば静寂もあるでしょう 神界と天界、霊界、自然界(物質界)、地獄界はそれぞれ次元が異なる

38 :ひで:2007/01/22(月) 21:42:52 ID:Cc/JGgsx
「感じる」も含めて考えるのが哲学じゃナィの?

39 :ムジャキ:2007/01/22(月) 23:12:48 ID:CuHuu5f3
考える人は多くいるけど感じる人はすくない
だから理屈じゃないんじゃないの神の存在は・・・

40 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 23:32:45 ID:ZD9L5Kwt
神?????神なんて見たことねぇや。見た奴いるのか???感じるってクリトリス舐められた様な感じか??知ったかぶりせず、教えろや。

41 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 23:38:21 ID:lvjOcrgw
宗教上の神は存在しないだろうね
つまり人間をひいきしてる神は
人間自身の特別視から来た神はむしろ妄想

42 :名無しさん@3周年:2007/01/22(月) 23:55:14 ID:LJnK9HGU
神は居ます

様子見

してないで


早く来てください

そのまえに

預言者が現れます

小さいやつですが

大切にしてやってください

亡霊の習慣を

打破してやって

ください


よろしくお願いしますm()m

43 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 02:21:24 ID:jV/8+0jE
>>1
優しいんだね

44 :三つの姿:2007/01/23(火) 02:29:48 ID:jV/8+0jE
姿や形だけで仏を求めてはならない。姿、形はまことの仏ではない。まことの仏はさとりそのものである。
だから、さとりを見る者がまことに仏を見る。
世に優れた仏の相を見て、仏を見たというならば、それは無知の眼の過ちである。
仏のまことの相は、世の人には見ることもできない。
どんなにすぐれた描写によっても仏を知ることはできないし、
どんな言葉によっても仏の相は言い尽くすことはできない。
まことの相とはいっても、実は、相あるものは仏ではない。
仏には相がない。しかも、また、思いのままにすばらしい相を示す。
だから、明らかに見て、しかもその相にとらわれないなら、
この人は自在の力を得て仏を見たのである。

45 :三つの姿:2007/01/23(火) 02:33:35 ID:jV/8+0jE
仏には三つの身がそなわっている。一つには法身[ほっしん]、
二つには報身[ほうじん]、三つには応身[おうじん]である。
法身とは、法そのものを身とするものである。この世のありのままの道理と、
それをさとる智慧とが一つになった法そのものである。
法そのものが仏であるから、この仏には色もなく形もない。
色も形もないから、来るところもなく、去るところもない。
来るところも去るところもないから充満しないところがなく
大空のようにすべてのものの上にあまねくゆきわたっている。
人が思うから有るのではなく、人が忘れるから無いのでもなく、
人の喜ぶときに来るのでもなく、人の怠るときに去るのでもない。
仏そのものは、人の心のさまざまな動きを超えて存在する。
仏の身は、あらゆる世界に満ち、すべてのところゆきわたり、
人びとがふつう持っている仏に関する考えにかかわらず永遠に住する。

報身というのは、形のない法身の仏が、人びとの苦しみを救うために形を現わし、
願を起こし、行を積み、名を示して、導き救う仏である。
この仏は大悲をもととし、いろいろな手段によって限りなき人びとを救い、
すべてのものを焼き払う火のように、人びとの煩悩[ぼんのう]の薪[たきぎ]を焼き、
また、ちりを吹き払う風のように、人びとの悩みのちりを払う。

応身の仏は、仏の救いを全うするために、人びとの性質に応じてこの世に姿を現わし、
誕生し、出家し、成道し、さまざまの手段をめぐらして人びとを導き、
病と死を示して人びとを警める仏である。
仏の身は、もともと一つの法身であるけれども、
人びとの性質が異なっているから、仏の身はいろいろに現われる。
しかし、人びとの求める心や、行為や、その能力によって、
人の見る仏の相は違っていても、仏は一つの真実を見せるのみである。


46 :三つの姿:2007/01/23(火) 02:36:09 ID:jV/8+0jE
仏の身は三つに分かれるが、それはただ一つのことをなしとげるためである。
一つのこととは、いうまでもなく人びとを助け救うことである。
限りのないすぐれた身をもって、あらゆる境界に現われても、
その身は仏ではない。仏は肉体ではないからである。
たださとりを身としてすべてのものに満ちみち、
真実を見る人の前に仏は常に現われる。

47 :三つの姿:2007/01/23(火) 02:40:22 ID:jV/8+0jE
仏がこの世に現われたことも、また隠れたことも、
因縁を離れてあるのではない。
人びとを救うのによい時が来ればこの世にも現われ、
その因縁が尽きればこの世から隠れる。
仏に生滅の相はあっても、まことに生滅することはない。
この道理を知って、仏の示す生滅と、すべてのもののうつり変わりに驚かず、
悲しまず、まことのさとりを開いて、この上ない智慧を得なければならない。
仏は肉体ではなくさとりであることはすでに説いた。肉体はまことに容器であり、
その中にさとりを盛ればこそ仏といわれる。
だから、肉体にとらわれて、仏のなくなることを悲しむ者は、
まことの仏を見ることはできない。
もともと、あらゆるもののまことの相は、
生滅・去来・善悪の区別を離れた空にして平等なものである。
それらの区別は、見る者の偏見から起こるもので、
仏のまことの相も、実は現われることもなく隠れることもない。


48 :煩悩:2007/01/23(火) 02:44:47 ID:jV/8+0jE
人間の欲にははてしがない。それはちょうど塩水を飲むものが、
いっこうに渇きがとまらないのに似ている。
彼はいつまでたっても満足することがなく、渇きはますます強くなるばかりである。
人はその欲を満足させようとするけれども、不満がつのっていらだつだけである。
人は欲を決して満足させることができない。そこには求めて得られない苦しみがあり、
満足できないときには、気も狂うばかりとなる。
人は欲のために争い、欲のために戦う。王と王、臣と臣、親と子、兄と弟、姉と妹、
友人同志、互いにこの欲のために狂わされて相争い、互いに殺しあう。
また人は、欲のために身をもちくずし、盗み、詐欺し、姦淫する。
ときには捕らえられて、さまざまな刑を受け、苦しみ悩む。
また、欲のために、身・口・意の罪を重ね、
この世で苦しみを受けるとともに、
死んで後の世には、暗黒の世界に入って、さまざまな苦しみを受ける。

49 :煩悩:2007/01/23(火) 02:49:37 ID:jV/8+0jE
飢えた犬に血を塗った乾いた骨を与えると、
犬はその骨にしゃぶりつき、ただ疲れと悩みとを得るだけである。
愛欲が人の心を養わないのは、まったくこれと同じである。
一切れの肉を争って獣は互いに傷つく。
たいまつを持って風に向かう愚かな人は、ついにおのれ自身を焼く。
この獣のように、また、この愚かな人のように、
人は欲のためにおのれの身を傷つけ、その身を焼く。
人は煩悩によって業を起こし、業によって苦しみを招く。
煩悩と業と苦しみの三つの車輪はめぐりめぐってはてしがない。
この車輪の回転には始めもなければ終わりもない。
しかも人はこの輪廻から逃れるすべを知らない。
永遠に回帰する輪廻に従って、人はこの現在の生から、次の生へと永遠に生まれ変わってゆく。
限りない輪廻の間に、ひとりの人が焼き捨てた骨を積み重ねるならば、山よりも高くなり、
また、その間に飲んだ母の乳を集めるならば、海の水よりも多くなるであろう。


50 :迷いの姿:2007/01/23(火) 02:54:17 ID:jV/8+0jE
この世の人びとは、人情が薄く、親しみ愛することを知らない。
しかも、つまらないことを争いあい、激しい悪と苦しみの中にあって、
それぞれの仕事を勤めて、ようやく、その日を過ごしている。
身分の高下にかかわらず、富の多少にかかわらず、
すべてみな金銭のことだけに苦しむ。
なければないで苦しみ、あればあるで苦しみ、ひたすらに欲のために心を使って、
安らかなときがない。
富める人は、田があれば田を憂え、家があれば家を憂え、
すべて存在するものに執着して憂いを重ねる。
あるいは災いにあい、困難に出会い、奪われ焼かれてなくなると、
苦しみ悩んで、命までも失うようになる。
しかも死への道はひとりで歩み、だれもつき従う者はない。
貧しいものは、常に足らないことに苦しみ、家を欲しがり、田を欲しがり、
この欲しい欲しいの思いに焼かれて、心身と もに疲れはててしまう。
このために命を全うすることができずに、中途で死ぬようなこともある。
すべての世界が敵対するかのように見え、
死出の旅路は、ただひとりだけで、はるか遠くに行かなければならない。


51 :迷いの姿:2007/01/23(火) 02:58:30 ID:jV/8+0jE
は互いに敬愛し、施しあわなければならないのにわずかな利害のために、
互いに憎み争うことだけをしている。
しかも、争う気持ちがほんのわずかでも、
時の経過に従ってますます大きく激しくなり、
大きな恨みになることを知らない。
この世の争いは、互いに害ないあっても、すぐに破滅に至ることはないけれども、
毒を含み、怒りが積み重なり、憤りを心にしっかり刻みつけてしまい、
生をかえ、死をかえて、互いに傷つけあうようになる。
人はこの愛欲の世界に、ひとり生まれ、ひとり死ぬ。
未来の報いは代わって受けてくれるものがなく、おのれひとりでそれに当たらなければならない。
善と悪とはそれぞれその報いを異にし、善は幸いを、悪は災いをもたらし、
動かすことのできない道理によって定まっている。
しかも、それぞれが、おのれの行為に対する責任をにない、報いの定まっているところへ、ひとり赴く。


52 :隠れた宝:2007/01/23(火) 03:02:50 ID:jV/8+0jE
人びとは、この本来そなわっているさとりの仏性にそむいて、
煩悩のちりにとらわれ、ものの善し悪しの姿に心を縛られて、不自由を嘆いている。
なぜ、人びとは、本来さとりの心をそなえていながら、このように偽りを生み、
仏性の光を隠し、迷いの世界にさまよっているのであろうか。
昔ある男が、ある朝鏡に向かつて、自分の顔も頭もないのにあわて驚いた。
しかし、顔も頭もなくなったのではなく、それは鏡を裏返しに見ていて、
なくなったと思っていたのであった。
さとりに達しようとして達せられないからといって苦しむのは愚かであり、
また、必要のないことである。さとりの中に迷いはないのであるが、
限りない長い時間に、外のちりに動かされて、妄想を描き、
その妄想によって迷いの世界を作り出していたのである。
だから、妄想がやめば、さとりはおのずと返ってきて、
さとりのほかに妄想があるのではないとわかるようになる。
しかも、不思議なことに、ひとたびさとった者には妄想はなく、
さとられるものもなかったことに気づくのである。
この仏性は尽きることがない。たとえ畜生に生まれ、餓鬼となって苦しみ、
地獄に落ちても、この仏性は絶えることはない。
汚い体の中にも、汚れた煩悩の底にも、仏性はその光を包み覆われている。


53 :隠れた宝:2007/01/23(火) 03:06:40 ID:jV/8+0jE
すべての人びとには、清浄の本心がある。
それが外の因縁によって起こる迷いのちりのために覆われている。
しかし、あくまでも迷いの心は従であって主ではない。
月は、しばらく雲に覆われても、雲に汚されることもなく、また動かされることもない。
だから、人は浮動するちりのような迷いの心を自分の本性と思ってはならない。
また、人は、動かず、汚されないさとりの本心に目覚めて、真実の自己に帰らなければならない。
浮動する迷いの心にとらわれ、さかさまの見方に追われているので、人は迷いの巷をさまようのである。
人の心の迷いや汚れは、欲とその変化する外界の縁に触れて起こるものである。
この縁の来ること去ることに関係なく、永久に動かず滅びない心、これが人の心の本体であって、
また主でもある。
客が去ったからといって、宿屋がなくなったとはいえないように、
縁によって生じたり滅したりするはからいの心がなくなったからといって、
自分がなくなったとはいえない。外の縁によってうつり変わるはからいは、
心の本体ではない。


54 :仏の国:2007/01/23(火) 03:12:23 ID:jV/8+0jE
この仏はいま、現にいて、法を説いている。
その国の人びとはみな苦しみを知らず、ただ楽しみの日のみを送るので、
極楽というのである。
その国には七つの宝でできた池があり、中には清らかな水をたたえ、
池の底には黄金の砂が敷かれ、車輪のように大きい蓮華が咲いている。
その蓮華は、青い花には青い光が、黄色の花には黄色の光が、
赤い花には赤い光が、白い花には白い光があり、清らかな香りをあたりに漂わせている。
また、その池の周囲のあちこちには、金・銀・青玉・水晶の四つの宝で作った楼閣があり、
そこには大理石で作った階段がある。また、別の場所には池の上につき出た欄干があり、
宝玉で飾られた幕で取り固まれている。また、その間にはよいにおいのする木々や花がいっぱいに咲いた茂みがある。
空には神々しい音楽が鳴り、大地には黄金の色が照り映えて、夜昼六度も天の花が降り、
その国の人びとはそれを集め 花血に盛って、ほかのすべての仏国へ持ってゆき、無数の仏に供養する。


55 :仏の国:2007/01/23(火) 03:14:53 ID:jV/8+0jE
また、この国の園には、白鳥、孔雀、おうむ、百舌鳥、迦陵頻伽[かりょうびんが]など数多くの鳥が、
常に優雅な声を出し、あらゆる徳と善とをたたえ、教えを宣布している。
人びとはこの声を聞いて、みな仏を念じ、教えを思い、人の和合を念ずる。
だれでもこの声の音楽を聞くものは、仏の声を聞く思いがし、仏への信心を新たにし、
教えを聞く喜びを新たにして、あらゆる国の仏の教えを受ける者との友情を新たにする。
そよ風が吹き、宝の木々の並木をよぎり、輝く鈴をつけた網に触れると、微妙な音を出し、
一時に百千の音楽がかなでられる。
この音を聞く者は、また自然に仏を念じ、教えを思い、人の和合を念ずるようになる。
その仏の国は、このような功徳と美しい飾りとをそなえている。
どういうわけで、この国の仏は無量光仏、無量寿仏と名づけられるのであろうか。
かの仏の光は量ることができず、十方の国々を照らして少しもさえぎられない。
またその寿命も限りがないから、そう名づけるのである。
そして、その国に生まれる人びとも、みな、ふたたび迷いの世界にもどらない境地に至り、
その数はかぞえ尽くすことができないからである。
また、この仏の光によって新しい命に目覚める人びとの数は無量だからである。

56 :仏の国:2007/01/23(火) 03:25:10 ID:jV/8+0jE
ここでいう仏とはすでに成ってしまった仏であり、
人びとは将来まさに成るべき仏であって、それ以外の相違はない。
しかし、成るべき仏ではあるけれども、仏と成ったのではないから、
すでに道を成しとげたかのように考えるなら、それは大きな過ちを犯しているのである。
仏性はあっても、修めなければ現われず、現われなければ道を成しとげたのではない。


57 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 03:30:20 ID:jV/8+0jE
欲望と不幸と悲惨さは常にワンセット


58 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 10:30:00 ID:Zk/ATwZk
自然すなわち御仏なり
御仏たびたび出入す
いまだ証拠せざる者は見よ見よ
刮目して見るべし

59 :heaven or hell:2007/01/23(火) 19:01:21 ID:gLC3mrrS
善人を助け悪人を裁くのが神じゃないのか?

60 :ムジャキ:2007/01/23(火) 19:49:56 ID:U1LYlKt+
仏の前に法ありきじゃろ

61 :名無しさん@3周年:2007/01/23(火) 20:32:55 ID:U6P6+uQ3
人間のくせに俺は神だというやつはあかん

62 :heaven or hell:2007/01/23(火) 20:48:12 ID:gLC3mrrS
何のための神なのかよくわからん
そんな神なら僕は神を信じません


63 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 15:08:31 ID:q8vmdINT
人間には神なる性質があるのであって、人間は神だというわけではない。
なぜか俺は神だと言う奴が多い。

64 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 17:00:30 ID:ujwFDDi7
あかん、このスレ見てたら線香の匂いがしてくる

65 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 17:37:45 ID:q8vmdINT
どうやらみんなの発言は抹香臭いらしいよ

66 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/24(水) 18:09:45 ID:V1EnM1Zj
神よ善人と
悪人の区別の仕方を教えろや。代が許すぞ。

67 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 18:24:54 ID:jNBQGPI+
神がいるとなっても、いないとなっても、現実は変わらんでしょ。

68 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/24(水) 18:27:09 ID:V1EnM1Zj
神とは迷信なり。人間が神と言うなら地球が1番近い。

宇宙なんざ考えても無駄

69 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 19:47:08 ID:Whj69Qy5
だから神とか宇宙は考えるんじゃなく感応するもんなんだよ、

70 :heaven or hell:2007/01/24(水) 19:50:52 ID:dsfEI+Fx
やはり神はいませんか・・
これからは神を否定しましょう

71 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 20:21:42 ID:GVjoRuH/
神がいるとかいないより、その宗教のその神、または神話等は、どんな哲学的思想を体現したものなのかを知ることが大事だと思う。
神が実在するかは別として、「神仏」という概念が創られたのには、必ず故人の意図があるものだと思う。

72 :仏のたとえ:2007/01/24(水) 21:27:52 ID:W6YgdCz/
昔、貧しい絵かきがいた。妻を故郷に残して旅に出、
三年の間苦労して多くの金を得た。いよいよ、故郷に帰ろう としたところ、
途中で、多くの僧に供養する儀式の行われているのを見た。
彼は大いに喜び、「わたしはまだ福の種をまいたことがない。
いまこの福の種をまく田地に会って、どうしてこのまま見過ごすことができよう。」と、
惜しげもなく、その多くの金を投げ出して、供養し終えて家に帰った。
空手で帰った夫を見た妻は、大いに怒ってなじり問いつめたが、
夫は、財物はみな堅固な蔵の中にたくわえておいたと答えた。
その蔵とは何かと聞くと、それは尊い教団のことであると答えた。
腹を立てた妻はこのことをその筋に訴え、
絵かきはとり調べを受けることになった。彼は次のように答えた。
「わたしは貴い努力によって得た財物をつまらなく費やし たのではない。
わたしはいままで、福の種を植えることを知らないで過ごしてきたが、
福の種をまく田地というべき供養の機会を見て信仰心が起き、
もの惜しみの心を捨てて施したのである。まことの富とは財物ではなく、
心であることを知ったから。」
役人は絵かきの心をほめたたえ、多くの人びともこれを聞いて心をうたれた。
それ以来、彼の信用は高まり、絵かき夫婦はこれによって、
大きな富を得るようになった。

73 :マタイ伝:2007/01/24(水) 21:30:33 ID:W6YgdCz/
イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。
「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。 蒔いている間に、
ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。
ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、
そこは土が浅いのですぐ芽を出した。
しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。
ほかの種は茨の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。
ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、
あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。
耳のある者は聞きなさい。」


74 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 21:32:37 ID:Whj69Qy5
>>故人の意図
どんな意図やねん いつの時代にもなにかしらの畏れをかじるのよ

75 :マタイ伝:2007/01/24(水) 21:35:22 ID:W6YgdCz/
イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。
「天の国は次のようにたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。
人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いて行った。
芽が出て、実ってみると、毒麦も現れた。 僕たちが主人のところに来て言った。
『だんなさま、畑には良い種をお蒔きになったではありませんか。
どこから毒麦が入ったのでしょう。』
主人は、『敵の仕業だ』と言った。そこで、僕たちが、
『では、行って抜き集めておきましょうか』と言うと、
主人は言った。『いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。
刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。刈り入れの時、
「まず毒麦を集め、焼くために束にし、麦の方は集めて倉に入れなさい」と、
刈り取る者に言いつけよう。』」
イエスは、別のたとえを持ち出して、彼らに言われた。
「天の国はからし種に似ている。人がこれを取って畑に蒔けば、
どんな種よりも小さいのに、成長するとどの野菜よりも大きくなり、
空の鳥が来て枝に巣を作るほどの木になる。」
また、別のたとえをお話しになった。
「天の国はパン種に似ている。女がこれを取って三サトンの粉に混ぜると、
やがて全体が膨れる。」


76 :マタイ伝:2007/01/24(水) 21:40:36 ID:W6YgdCz/
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。
平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。
わたしは敵対させるために来たからである。人をその父に、娘を母に、嫁をしゅうとめに。
こうして、自分の家族の者が敵となる。
わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。
わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。
また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。
自分の命を得ようとする者は、それを失い、
わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである。」


77 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 21:41:03 ID:TnxQx6GZ
神は4tトラックの前では無意味に等しい。

78 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 21:45:29 ID:ZHUiPSmR
>>73
イエスはアホか。農民は種まきのプロ。大切な種を、道端、石だらけの場所、
茨の間などに落とす訳がないだろう。農民を馬鹿にしているのでは。

そして、どんない良い土地に蒔いても、その収穫量はその後の気象条件や
農民の丹精如何による。「良い土地」に蒔いただけで、収穫量が百倍にも
なることはあり得ない。

イエスのたとえ話は、すべて荒唐無稽で見当違い。深い意味など何もない。
そして、彼の人間蔑視と人間差別が必ず含まれている。

79 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/24(水) 21:48:21 ID:V1EnM1Zj
イエス。神が死ぬか?アホンダラ。死んだら生物だろが!

80 ::2007/01/24(水) 22:03:29 ID:W6YgdCz/
もちつけ

81 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 22:10:20 ID:dAWVuzII
聖書って歴史書としての価値が薄い。それは事実にもとずいていないから。

聖書の話なんぞくだらん


82 : ◆tnaI/V/Yqo :2007/01/24(水) 22:11:20 ID:Y31i9Blp
オナニーして寝るかな( ̄ー ̄)

83 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 22:14:36 ID:W6YgdCz/
俺も
人間やっぱ性欲には勝てねえ

84 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 22:39:57 ID:nPRDT3Jp
>>74
礼節

85 :月まで距離は,約,地球30個分ですが・・・・ :2007/01/24(水) 22:44:10 ID:BgpLOiVu
月の不思議【初心に…帰って復讐】
http://science5.2ch.net/sky/index.html
地球から一番近いと行ったって月迄の距離って
http://www12.plala.or.jp/m-light/Distance.htm
地球30個分ぐらいも離れていてる。▼これだって無重力宇宙空間
http://www1.nasa.gov/externalflash/121_gallery/hi-resjpgs/8.jpg
距離感 月と地球の距離は約38万キロ。 東京〜名古屋の400キロ。
スペースシャトルの飛行高度と同じ宇宙といってもいいのかね。
宇宙開発の歴史
http://www.youtube.com/watch?v=ijVYhOSFHGA&search=apollo%2017
http://www1.odn.ne.jp/kentaurus/new_page_9.htm
http://www2.csc.ne.jp/ ̄marifami/m010927.htm
海の上の宇宙
月とは比べようも無いが,これだって立派な宇宙空間。
http://www.terasawa.main.jp/images/IMGP0626.jpg
http://apple.excite.co.jp/search.gw?search=%91D%8AO%8A%88%93%AE&look=applejp_jp&target=image
月まで距離は,約,地球30個分ですが・・・・
【毎年プラス3cmか…???】
人類の計算機材の正確さの凄さ。が解る。


86 :名無しさん@3周年:2007/01/24(水) 22:45:15 ID:nPRDT3Jp
>>78
例えだから。そのままなわけがない。
それに、人間が解る、解らないに関係なく
そういう話をするから。
それに、毒麦と麦の分け方が書いていない。
なんでだろ。


87 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/24(水) 23:03:38 ID:V1EnM1Zj
神たん、私の人生は私が切り開きますから、死後も口を
挟まないでくらさい、おながいします

88 :heaven or hell:2007/01/24(水) 23:41:57 ID:dsfEI+Fx
最後はやっぱり人間の力さ

89 :名無しさん@3周年:2007/01/25(木) 02:45:12 ID:UmQGIb1N

いるとしても人智なんて遥かに超えたとこにいるでしょうね


90 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/25(木) 02:53:27 ID:M0s+W1I8
人間の人知を越えたとこに居るんなら居ないでいいな!関係ないに
等しい。

91 :名無しさん@3周年:2007/01/25(木) 03:58:32 ID:Tb+NMSdW
>>89
宗教者が「人智なんて遥かに超えたとこにいるもの」を、一生懸命「人智」で
考えているのは、矛盾しまくりですよw。

92 :名無しさん@3周年:2007/01/25(木) 11:43:40 ID:Fo1hgMlf
>>91
一般人の方が人智で知ろうとしていると思いますよ。
「神がいたらこんな世の中になっていない」なんて、神がどんな存在か
知っているから言える。

93 ::2007/01/25(木) 13:52:04 ID:xKyuHjG0


94 :名無しさん@3周年:2007/01/25(木) 16:52:42 ID:onbC4EIQ
神=宇宙人説

95 :名無しさん@3周年:2007/01/25(木) 18:59:34 ID:1Xnq8uXe
神=凉宮ハルヒ

96 :名無しさん@3周年:2007/01/25(木) 19:51:57 ID:g1i0jmNj
・・・・神にすべて制御されたらなんも意味ないじゃん
人間らしくやりたいなあ人間なんだからby開口健

97 :生意気な子供:2007/01/25(木) 20:54:25 ID:gRvgQuhq
確かに制御されてたら楽しくないね

98 :98:2007/01/25(木) 22:44:08 ID:yBcX+2w1
創造神はいるけど、現在宇宙を動かしている神はいないって人が一番多いのかな?
私は現在的(宇宙を今現在も動かしている)神もいると思うよ。

理屈じゃあないんだよ。制御制御っていうけど、制御されてる事も意識できないほどの
精巧な(意識できないんだからある意味精巧でない)つくりをしているのが
人間(の脳)だと思うんだな。例えとして適切じゃないと思うけど、
まなかなちゃんの「シンクロ受け答え」の芸当は、制御(遺伝子)のなせるワザだよ。

じゃあ、どこまで制御されてるのか、プログラミングされているのかって話だけど、
私にゃーわからない。最後の最後までプログラミングされているかもしれないし、
多少なりとも「余地」があるのかもしれない。


「これは神様の御意志だ!」とばかりに感じたとしても、単純にそうプログラミング
されているだけ(ある年齢に宗教的な事を考えはじめ、ある年齢に達すると
「目覚めたような」感覚に陥る)なのかもしれないし、本当に神様の意思が
通じてるのかもしれない。

こう書いていくとますます「創造神はいるけど現在神はいない」って論を肯定しそう
だけど、……私自身は現在神もいると思うんだな。そして上で書いた「余地」も
あって欲しい。その「余地」が世界全体を良くもするし悪くもする、のりしろを
意味しているような気がする。じゃあなぜそんな「のりしろ」があるんだって話だけど、
「そうなっているから」としか答えようがない。

99 :98:2007/01/25(木) 22:51:46 ID:yBcX+2w1
ただ、「余地」があると、その余地の生かし方で「徳」が生まれたり「罪」が
生まれたりするかと思う(非常に低いレベルでの「徳」「罪」という言葉の用法だと
思いますが)。

となると、その徳であったり罪に対して何かしらの報いであったり罰であったりが
与えられてしかるべきだと思う。私はそうしたものに対して神様は何かしら答えを
与えてくださると思うので、もし「余地」があると考えるならば現在神はあってしかる
べきかなと思う。

「余地」というものが、本当に人間の自由意志(というものがあれば)に100%
ゆだねられているのならば、そして神様はその自由意志の使い方に応じて
喜びであったり罰であったりを与えてくださるものだとするならば、
現在神はあるのだと思う。もし「余地」でさえプログラミングされている
、罪、罰の内容でさえプログラミングされているとするのならば、
それはもはや「余地」ではないということになる。


と、難しい話(?)を書いてきましたが、単純に☆の輝く空とか満月、
あるいは空気の澄んだ時に見える富士山のあざやかな姿、あるいは
もっと単純に青空などを見るに、神様っているよな〜って、私は感じます。

100 :マタイ伝:2007/01/26(金) 00:46:43 ID:OyuoABc3
「あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。」

101 ::2007/01/26(金) 00:50:09 ID:OyuoABc3
この世の中には、三つの誤った見方がある。
もしこれらの見方に従ってゆくと、この世のすべてのことが否定されることになる。
一つには、ある人は、人間がこの世で経験するどのようなことも、
すべて運命であると主張する。
二つには、ある人は、それはすべて神のみ業[わざ]であるという。
三つには、またある人は、すべて因も縁もないものであるという。
もしも、すべてが運命によって定まっているならば、この世においては、
善いことをするのも、悪いことをするのも、 みな運命であり、
幸・不幸もすべて運命となって、運命のほ かには何ものも存在しないことになる。
したがって、人びとに、これはしなければならない、
これはしてはならないという希望も努力もなくなり、
世の中の進歩も改良もないことになる。
次に、神のみ業であるという説も最後の因も縁もないとする説も、
同じ非難があびせられ、悪を離れ、善をなそうという意志も努力も意味もすべてなくなってしまう。
だから、この三つの見方はみな誤っている。
どんなことも 縁によって生じ、縁によって滅びるものである。


102 ::2007/01/26(金) 00:53:02 ID:OyuoABc3
人びとの苦しみには原因があり、人びとのさとりには道があるように、
すべてのものは、みな縁(条件)によって生まれ、縁によって滅びる。
雨の降るのも、風の吹くのも、花の咲くのも、
葉の散るのもすべて縁によって生じ、縁によって滅びるのである。
この身は父母を縁として生まれ、食物によって維持され、
また、この心も経験と知識とによって育ったものである。
だから、この身も、この心も、縁によって成り立ち、
縁によって変わるといわなければならない。
網の目が、互いにつながりあって網を作っているように、
すべてのものは、つながりあってできている。
一つの網の目が、それだけで網の目であると考えるならば大きな誤りである。
網の目は、ほかの網の目とかかわりあって、一つの網の目といわれる。
網の目は、それぞれ、ほかの網が成り立つために役立っている。


103 ::2007/01/26(金) 00:54:14 ID:OyuoABc3
花は咲く縁が集まって咲き、葉は散る縁が集まって散る。
ひとり咲き、ひとり散るのではない。
縁によって咲き、縁によって散るのであるから、
どんなものも、みなうつり変わる。ひとりで存在するものも、
常にとどまるものもない。
すべてのものが、縁によって生じ、縁によって滅びるのは永遠不変の道理である。
だから、うつり変わり、常にとどまないということは、
天地の間に動くことのないまことの道理であり、
これだけは永久に変わらない。

104 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 01:08:00 ID:eCcEC7bi
>>100
残念
つるっぱげなので数えられません

105 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 01:51:06 ID:Y1rPi5JC
>縁
偶然と必然の区別をしたらまた考えが進むんじゃないかな。
既に起こった出来事は、計画通りなのか、失敗作なのか。
失敗したのなら、本当はどうなるはずだったのか。
では、実際、何処までうまくいっていて、何処から失敗し始めたのか。


106 :仏のたとえ:2007/01/26(金) 02:01:14 ID:OyuoABc3
ある家に、ひとりの美しい女が、着飾って訪ねてきた。
その家の主人が、「どなたでしょうか。」と尋ねると、
その女は、「わたしは人に富を与える福の神である。」と答えた。
主人は喜んで、その女を家に上げ手厚くもてなした。
すると、すぐその後から、粗末なみなりをした醜い女が入ってきた。
主人がだれであるかと尋ねると、貧乏神であると答えた。
主人は驚いてその女を追い出そうとした。
すると女は、「先ほどの福の神はわたしの姉である。
わたしたち姉妹はいつも離れたことはないのであるから、
わたしを追い出せば姉もいないことになるのだ。」と主人に告げ、
彼女が去ると、やはり美しい福の神の姿も消えうせた。
生があれば死があり幸いがあれば災いがある。
善いことがあれば悪いことがある。
人はこのことを知らなければならない。
愚かな者は、ただいたずらに、災いをきらって幸いだけを求めるが、
道を求めるものは、この二つをともに超えて、
そのいずれにも執着してはならない。


107 :最終的に:2007/01/26(金) 02:09:32 ID:OyuoABc3
善も悪も無に帰す

108 ::2007/01/26(金) 02:14:29 ID:OyuoABc3
この世のすべてのものは、みな縁によって現われたものであるから、
もともとちがいはない。
ちがいを見るのは、人びとの偏見である。
大空に東西の区別がないのに、人びとは東西の区別をつけ、東だ西だと執着する。
数はもともと、一から無限の数まで、それぞれ完全な数であって、
量には多少の区別はないのであるけれども、
人びとは欲の心からはからって、多少の区別をつける。
もともと生もなければ滅もないのに、生死の区別を見、
また、人間の行為それ自体には善もなければ悪もないのに、
善悪の対立を見るのが、人びとの偏見である。
仏はこの偏見を離れて、
世の中は空に浮かぶ雲のような、
また幻のようなもので、
捨てるも取るもみなむなしいことであると見、心のはからいを離れている。

109 :迷いの姿:2007/01/26(金) 02:18:30 ID:OyuoABc3
このような人の仕業は、自然の道に逆らい、世間の道理にそむいているので、
必ず災いを招くようになり、
この世でも、後の世でも、ともに苦しみを重ねなければならない。
まことに、世俗の事はあわただしく過ぎ去ってゆき、
頼りとすべきものは何一つなく、力になるものも何一つない。
この中にあって、こぞってみな快楽のとりことなっていることは、
嘆かわしい限りといわなければならない。
このような有様が、まことにこの世の姿であり、
人びとは苦しみの中にあってただ悪だけを行い、善を行うことを少しも知らない。
だから自然の道理によって、さらに苦しみの報いを受けることを避けられない。
ただおのれにのみ何でも厚くして、他人に恵むことを知らない。
そのうえ、欲に迫られてあらゆる煩悩を働かせ、
そのために苦しみ、またその結果によって苦しむ。
栄華の時勢は永続せず、たちまちに過ぎ去る。
この世の快楽も何一つ永続するものはない。


110 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 02:26:55 ID:AvkmhG8T
>>100
秒単位で生え替わるってのに一々ご苦労なこったな!他にする事ね〜のかよ!!アフリカ難民を助けたれや!暇なんか??

111 :心を清める:2007/01/26(金) 02:27:32 ID:OyuoABc3
わが心よ、おまえはどうして、無益な境地に進んで 少しの落着きもなく、
そわそわとして静かでないのか。
どうしてわたしを迷わせて、いたずらに、ものを集めさせるのか。
大地を耕そうとして、
鍬がまだ大地に触れないうちにこわれてしまっては耕すことができないように、
生死の迷いの海にさまよっていたので、
数知れない生命を捨てたのに、
心の大地の耕されることはなかった。
心よ、おまえはわたしを王者に生まれさせたこともある。
また貧しい者に生まれさせて、あちこちに食を乞い歩かせたこともある。
ときにはわたしを神々の国に生まれさせ、栄華の夢に酔わせたこともあるが、
また地獄の火で焼かせたこともある。
愚かな心よ、おまえはわたしをさまざまな道に導いた。
わたしはこれまで、常におまえに従ってそむくことはなかった。
しかし、いまやわたしは仏の教えを聞く身となった。
もはやわたしを悩ましたり、妨げたりしないでくれ。
どうかわたしが、さまざまな苦しみから離れて、
速やかにさとりを得られるように努めてくれ。

112 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 02:30:43 ID:AvkmhG8T
嗚呼!嗚呼!
神よ!!私の髪の毛は今何本でしょうか???

113 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 02:33:06 ID:AvkmhG8T
今一本抜きました!神よ!今何本ですか??といいつつ抜きません?どっちだと思いますか??

114 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 02:37:56 ID:AvkmhG8T
猫なんて季節によっちゃ凄いねけかわるからな!大変やな神も!

115 ::2007/01/26(金) 02:38:19 ID:OyuoABc3
ものが平等であって差別のないことを空という。
ものそれ自体の本質は、実体がなく、生ずることも、滅することもなく、
それはことばでいい表わすことができないから、空というのである。
すべてのものは互いに関係して成り立ち、
互いによりあって存在するものであり、ひとりで成り立つものではない。
ちょうど、光と影、長さと短かさ、白と黒のようなもので、
ものそれ自体の本質が、ただひとりであり得るものではないから無自性という。
また、迷いのほかにさとりがなく、さとりのほかに迷いがない。
これら二つは、互いに相違するものではないから、
ものには二つの相反した姿があるのではない。
人はいつも、ものの生ずることと、滅することとを見るのであるが、
ものにはもともと生ずることがないのであるから、滅することもない。
このものの真実の姿を見る眼を得て、ものに生滅の二つのないことを知り
別のものではないという真理をさとるのである。
人は我があると思うから、わがものに執着する。
しかし、もともと、我がないのであるから、
わがもののあるはずがない。
我とわがもののないことを知って、
別のものではないという真理をさとるのである。



116 ::2007/01/26(金) 02:40:44 ID:OyuoABc3
人は清らかさと汚れとがあると思って、この二つにこだわる。
しかし、ものにはもともと、清らかさもなければ汚れもなく、
清らかさも汚れも、ともに人が心のはからいの上に作ったものにすぎない。
人は善と悪とを、もともと別なものと思い、善悪にこだわっている。
しかし、単なる善もなく、単なる悪もない。
さとりの道に入った人はこの善悪はもともと別ではないと知って、
その真理をさとるのである。
人は不幸を恐れて幸福を望む。
しかし、真実の智慧をもってこの二つをながめると、
不幸の状態がそのままに、幸福となることがわかる。
それだから、不幸がそのままに幸福であるとさとって、
心身にまとわりついて自由を束縛する迷いも
真実の自由も特別にはないと知って、
こうして、人はその真理をさとるのである。
だから、有と無といい、迷いとさとりといい、
実と不実といい、正と邪といっても、
実は相反した二つのものがあるのではなく、
まことの姿においては、言うことも示すことも、
識ることもできない。このことばやはからいを離れることが必要である。
人がこのようなことばやはからいを離れたとき、
真実の空をさとることができる

117 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 02:42:42 ID:AvkmhG8T
地球と宇宙の境目を空と言う。
間違いない。

118 :やったことあるぞ:2007/01/26(金) 02:45:02 ID:OyuoABc3
>>113
( ゚Д゚)ノシ

119 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 02:46:11 ID:AvkmhG8T
今日風呂で俺の髪が何本抜けたか神が知ったからと言って、だからどうした??
大きなお世話だ。

120 :仏との出会い:2007/01/26(金) 02:51:46 ID:OyuoABc3
仏は肉体ではなくさとりであることはすでに説いた。
肉体はまことに容器であり、その中にさとりを盛ればこそ仏といわれる。
だから、肉体にとらわれて、仏のなくなることを悲しむ者は、
まことの仏を見ることはできない。
もともと、あらゆるもののまことの相は、
生滅・去来・善悪の区別を離れた空にして平等なものである。
それらの区別は、見る者の偏見から起こるもので、
仏のまことの相も、実は現われることもなく隠れることもない。


121 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 02:52:34 ID:AvkmhG8T
どうやら神は覗き趣味が有るらしいな。スケベが!女のオナニー鑑賞しすぎるなよ!

122 :仏との出会い:2007/01/26(金) 02:58:11 ID:OyuoABc3
人びとはみな、仏は王子として生まれ、
出家してさとりを得たのだと信じているけれども、
実は仏と成ってよりこの方、限りのない時を経ている。
限りない時の間、仏は常にこの世にあり、
永遠の仏として、 すべての人びとの性質を知り尽くし、
あらゆる手段を尽くして救ってきた。
仏の説いた永遠の法の中には偽りがない。
なぜなら、仏は、世の中のことをあるがままに知り、
すべての人びとに教えるからである。
まことに、世の中のことをあるがままに知ることはむつかしい。
なぜなら、世の中のことは、
まことかと見ればまことではなく、
偽りかと見れば偽りでもない。
愚かな者たちはこの世の中のことを知ることはできない。
ひとり仏のみはそれをあるがままに知っている。
だから、仏はこの世の中のことがまことであるとも言わず、
偽りであるとも言わず、
善いとも言わず、悪いとも言わず、ただありのままに示す。
仏が教えようとしていることはこうである
「すべての人びとは、その性質、行い、
信仰心に応じて善の根を植えるべきである。」
仏はただことばで教えるだけではなく、身をもって教える。
仏は、その寿命に限りはないが、
欲を貪って飽くことのない人びとを目覚ますために、
手段として死を示す。


123 :謹んでお悔み申し上げます:2007/01/26(金) 03:02:34 ID:OyuoABc3
>>104
(-人-)

124 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 03:02:36 ID:AvkmhG8T
宗教は太古の法律。神とはその象徴の空想産物

納得出来るも出来ないのもそう創られた。あやふやにしなければならなかった。

125 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 05:00:36 ID:2hNcuA48
いつも通る公園にノラ猫が1匹いるんだけど、いつ行っても日の当たるベンチで
寝ててうんともすんとも言わないのね。なでても逃げないけど、周囲の人も
モノも特に気にとめる風もなくただポワンとマイペースに過ごしてるの。

それを見ててなんかいいな、と思った。あの猫はきっと、必死にねだらなきゃ
ならない程にはエサにも困ってなくて、でも逃げたくなるくらい人間に
ヒドい事された覚えもないんだろうな、と。それと同じで

特定の宗教を信仰していない、神の存在を追求もしない、そして否定もしない
そういう自分は結構幸せなのかもしれないなと思う。

信仰に幸せを見出した人とは違う形の幸せだけど、そういうのもあるよw

126 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 09:49:34 ID:GMFgA6Yg
>>110のいうとおり。
もちろん、善悪を言分ける事ができるのは重要。できなければいけない。
善を知らないのは論外。善を知っているだけで行わないで悪を行うか、
なにもしないのは普通の人。善を行い、悪を行わないのはいいひと。
だけど、本当に求められている人は「善悪を知りつつもこだわらない人」である。
善を行う?そんなのは当たり前だ。そんなことを考えなくてもやっているのが本当である。

善は行わなければいけないのではなく、ご飯を食べたくなるから食べる、寝たいから寝る、
セックスしたいからするのと同じハードルの高さのことである。

127 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 09:53:59 ID:TOamSZz3
存在自体の確認からかな.【愛を大切にね.…創造主より】
http://www.youtube.com/watch?v=yCfDRvDWid0


なんで人類の「亜種」は居ないの?
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1164876631/l50x
1 :オーバーテクナナシー:2006/11/30(木) 17:50:31 ID:mnOlwUyN
黄色人種とか黒人、白人いるじゃないなんてつまらん反応は要らない。
禁忌だとか、非人道的だとかのたまう奴等は下を読まず帰ってくれ。



ヒトはなぜ他生命の亜種を生み出すことはしても、自らの亜種を作ろうとしないのか?
例えばそう、何かに特化した人類・体の部位が特異な人類だ。
特異な人類を生み出せば争いが生まれるからだろうか?
他のヒトの意見を聞きたい。



128 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 09:55:25 ID:GMFgA6Yg
>>116
人間には好みがあるんだね。だからあることを悪といい、
あることを善という。あることは気に入り、あることは気に入らない。

129 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 10:02:16 ID:GMFgA6Yg
>>125
こういう言葉がある。
「覚えていて悲しんでいるよりも
忘れていて笑顔の方がいい」

数年前ぐらいに女性の西洋人が言った言葉です。

130 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 10:04:54 ID:GMFgA6Yg
>>129の追加&for all

そんなにムリヤリわかろうとしなくてもいいんじゃないかな。



131 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 11:50:10 ID:R6iMc3Xz
神がいるかどうか?
結局、誰もわかわない、だからいろんな神を崇拝し、
信じている現実がある。

誰もわかるはずがないのが・・・神
現実に現実では考えられない現象を体験するから
ヤヤッコシイ事になってしまう。
人間にはわからない事がわかったとして神がかりに繋がっている。

誰一人としてわかるはずがないよ!


132 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 12:13:16 ID:AvkmhG8T
存在の確実性が無いなら、存在してないと同じ事だろな

133 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 12:21:34 ID:AvkmhG8T
神の存在は宗教を広めるための偶像。

世界の終わりも人間をビビラス為の口実である!!

怖がらせて従わせる術

134 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 12:27:39 ID:AvkmhG8T
太古の時代、まだ人間社会がアヤフヤで社会の法律が確立されない時代のモラルを守護させる試みが宗教である

神とはその宗教の偶像である。

135 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/01/26(金) 12:31:59 ID:ZmpvN5Lj

会ってお話していない以上断言はできないよね。

「存在を確信」していても証明することはできない。

根拠はないけど「いるような気がする」か「いないよな気がする」

のような表現しかできないよね。正確にはね。

僕の場合は、「神」とか表現するから陳腐になってしまうんだと思うわけね。

「絶対不変の真実」といった方がいいんじゃないかな。

136 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 12:37:53 ID:AvkmhG8T
絶対の真実とは、閉鎖空間内・地球に於ける生命体連鎖の極一つが霊長類って事

137 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 12:44:24 ID:d+mHBh9T
神様の適応範囲は?

138 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 12:45:49 ID:AvkmhG8T
神みたいな糞拝まず、我が星を拝むべきだろ?

139 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 12:56:18 ID:AvkmhG8T
大自然はガン細胞が増えつづければ必ず何らかのアクションを起こす。

大自然に人類は勝利し得ない。なぜなら人類も自然の一つだからな。

140 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/01/26(金) 12:59:26 ID:ZmpvN5Lj

我が星を拝む、ということは「我が星」が神だってことじゃないの?

141 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 13:01:41 ID:AvkmhG8T
人間には神より上だろな、地球は。神はただのマヤカシ。

142 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 13:04:28 ID:AvkmhG8T
地球こそが唯一、現実。

143 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/01/26(金) 13:13:00 ID:ZmpvN5Lj

要するに神はいないような気がする、ってことでしょ?

144 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/26(金) 13:17:10 ID:AvkmhG8T
神は 必要が無い。無用!
いないしな。

145 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 13:23:02 ID:GMFgA6Yg
>>133
そのわりには、数百年振りの天候とかが多いじゃないか。

146 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 13:27:29 ID:GMFgA6Yg
>>139
一緒に生きているって事でいいんじゃないか?

147 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 13:34:49 ID:GMFgA6Yg
神がいないってあれだよね。
映画で社会的に死んだことにするってやつがあるでしょ。
そうなれば、本人もいないというのと同じだよね。

148 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 17:42:53 ID:Id7PD6A6
たとえ話は実際のモデルと必ずしも一致しないので
後の宗教指導者の都合のいい用に利用されるだけ。

149 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 18:09:26 ID:OyuoABc3
自作自演こそこの宇宙でもっとも偉大な法則である

150 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 18:14:15 ID:OyuoABc3
善と悪は手を取り合って仕事している


151 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 18:17:11 ID:OyuoABc3
と俺は確信している

152 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 20:09:11 ID:QsTOiPQu
>>98の話は、かなりわかりやすくて好きなのだが・・・・

153 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 02:36:45 ID:79sCK37b
>>152
「いない」と取れる言い方だからだね。
どうみても「いる」と解釈できない。
「いない」と考えた方がつじつまが合う。
「いる」と考えるとおかしくなる。

結局、「いない」と思いたいのかな。
茶化しているのではなくて、そうならないかな。


154 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 06:34:22 ID:WuIMfzQm
人間は上にも下にもすべからく汚く醜い
故に世の中の不条理は尽きない

徳高かろうが人間の醜悪さ、欲深の世間の荒波には打ち勝てない
ただ神のみが倒錯し堕天使ルシファーの眷属を厚遇し続けている

愚かなる裏切り者の烙印を押されたくなくば
早速日本にも世界にも天災を続発させ創造を真っ当なもの致せ

155 :鳩ヶ谷:2007/01/27(土) 23:08:17 ID:NwUAt3KK
死んだほうが良いような悪人がのさばるんだから
神なんかいるわけない

156 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 23:14:52 ID:EMbpDimp
>>155
ちょっとその言い方は正確じゃないと思う。
悪人をのさばらせるような神が存在するのかもしれないじゃないか。

という訳で、「崇拝するに値する神はいない」っていうのが、個人的には
正解じゃないかと思う。いたとしても、絶対ロクでもない奴だって。

157 :史上の仏:2007/01/28(日) 03:25:16 ID:8IJlqVZ1
ヒマラヤ山の南のふもとを流れるローヒニー河のほとりに、
釈迦族の都カピラヴァスツがあった。その王シュッドーダナは、
そこに城を築き、善政をしき、民衆は喜び従っていた。
王の姓はゴータマであった。妃、マーヤー夫人は同じ釈迦族の一族で
コーリヤ族とよばれるデーヴァダハ城の姫で、王の従妹にあたっていた。
結婚の後、ながく子に恵まれず、二十幾年の歳月の後、
ある夜、白象が右わきから胎内に入る夢を見て懐妊した。
王の一族をはじめ国民ひとしく指折り数えて王子の出生を待ちわびたが、
臨月近く、妃は国の習慣に従って生家に帰ろうとし、
その途中ルンビニー園に休息した。
折りから春の陽はうららかに、アショーカの花はうるわしく咲きにおっていた。
妃は右手をあげてその枝を手折ろうとし、そのせつなに王子を生んだ。
天地は喜びの声をあげて母と子を祝福した。ときに四月八日であった。
シュッドーダナ王の喜びはたとえようがなく、一切の願いが成就したという意味の、
シッダールタという名を王子に与えた。
しかし、喜びの裏には悲しみもあった。マーヤ一夫人は間もなくこの世を去り、
太子は以後、夫人の妹マハープラ ジャーパティーによって養育された。
そのころ、アシタという仙人が山で修行していたが、
城のあたりに漂う吉相を見て、城に来たり、太子を見て
「このお子が長じて家にいられたら世界を統一する偉大な王となり、
もしまた、出家して道を修めれば世を救う仏になられるであろう。」と予言した。


158 :史上の仏:2007/01/28(日) 03:27:52 ID:8IJlqVZ1
はじめ王はこの予言を聞いて喜んだが、次第に、
もしや出家されてはという憂いを持つようになった。
太子は七歳の時から文武の道を学んだ。春祭に、父王に従って田園に出、
農夫の耕すさまを見ているうち、
すきの先に掘り出された小虫を小鳥がついばみ去るのを見て、
「あわれ、生きものは互いに殺しあう。」とつぶやき、
ひとり木陰に坐って静思した。
生まれて間もなく母に別れ、今また生きもののかみあう有様を見て、
太子の心には早くも人生の苦悩が刻まれた。それはちょうど、
若木につけられた傷のように、日とともに成長し、
太子をますます暗い思いに沈ませた。
父王はこの有様を見て大いに憂い、かねての仙人の予言を思いあわせ、
太子の心を引き立てようといろいろ企てた。ついに太子十九歳のとき、
太子の母の兄デーヴァダハ城主スプ ラブッダの娘ヤショーダラーを迎えて妃と定めた。
この後十年の間、太子は、春季・秋季・雨季それぞれの宮殿にあって
歌舞管弦の生活を楽しんだが、その間もしきりに沈思冥想して人生を見きわめようと苦心した。

159 :史上の仏:2007/01/28(日) 03:29:33 ID:8IJlqVZ1
「宮廷の栄華も、すこやかなこの肉体も、人から喜ばれるこの若さも、
結局このわたしにとって何であるのか。人は病む。 いつかは老いる。
死を免れることはできない。若さも、健康も、生きていることも、
どんな意味があるというのか。
人間が生きていることは、結局何かを求めていることにほかならない。
しかし、この求めることについては、誤ったものを求めることと、
正しいものを求めることの二つがある。
誤ったものを求めることというのは、
自分が老いと病と死とを免れることを得ない者でありながら、
老いず病まず死なないことを求めていることである。
正しいものを求めることというのは、この誤りをさとって、
老いと病と死とを超えた、人間の苦悩のすべてを離れた境地を求めることである。
今のわたしは、この誤ったものを求めている者にすぎない。」
このように心を悩ます日々が続いて、月日は流れ、太子二十九歳の年、
一子ラーフラが生まれたときに、太子はついに出家の決心をした。
太字は御者のチャンダカを伴い、白馬カンタカにまたがって、
住みなれた宮殿を出て行っ た。そして、
この俗世界とのつながりを断ち切って出家の身となった。

160 :史上の仏:2007/01/28(日) 13:33:42 ID:8IJlqVZ1
このとき、悪魔は早くも太子につきまとった。
「宮殿に帰るがいい。時を待つがいい。この世界はすべておまえのものになるのだ。」
太子は叱咤した。「悪魔よ、去れ。すべて地上のものは、わたしの求めるところではないのだ。」
太子は悪魔を追い払い、髪をそり、食を乞いつつ南方に下った。


161 :マタイ伝:2007/01/28(日) 13:41:36 ID:8IJlqVZ1
さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、”霊”に導かれて荒れ野に行かれた。
そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。
すると、誘惑する者が来て、イエスに言った。
「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」
イエスはお答えになった。
「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある。」
次に、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて、 言った。
「神の子なら、飛び降りたらどうだ。『神があなたのために天使たちに命じると、
あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える』と書いてある。」
イエスは、
「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」と言われた。
更に、悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、
「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。
すると、イエスは言われた。
「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。」
そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエスに仕えた。


162 :鳩ヶ谷:2007/01/28(日) 13:50:52 ID:j1oJJ/9t
神も残酷なんだな・・

163 :・・・・・・・・・・・・・・・・:2007/01/28(日) 13:53:41 ID:8IJlqVZ1
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道

164 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 15:48:47 ID:ZCD5vXa3
法前神後 神前法後 

165 :仏との出会い:2007/01/28(日) 22:22:58 ID:8IJlqVZ1
仏はただ仏として現われるだけでなく、あるときは悪魔となり、
あるときは神のすがたをとり、あるいは男のすがた、女のすがたとして現われる。
病のあるときには医師となって薬を施して教えを説き、
戦いが起これば正しい教えを説いて災いを離れさせ、
固定的な考えにとらわれている者には無常の道理を説き、
自我と誇りにこだわっている者には無我を説き、
世俗的悦楽の網にとらわれているものには
世のいたましい有様を明らかにする。
仏のはたらきは、このようにこの世の事物の上に現われるが、
それはすべてみな法身の源から流れ出るもので、
限りない命、限りない光の救いも、その源は法身の仏にある。



166 :・・・・・・・・・・・・・・・:2007/01/28(日) 22:24:51 ID:8IJlqVZ1
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道
降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道降魔成道

167 :ポン太:2007/01/29(月) 00:29:11 ID:AOBZsvWH
俺はいつも朝4時くらいに目がさめる。
そして3時間ぐらい神に問いかけをする。しかし一度として問いかけに答えて
くれたことはない。曰く
・罪もない子供が死んでいくこの世の中をあなたはどう見ているのか。
・あなたは、創造主なのか、そして全知全能のスーパーユニバーサルなのか。
・取り柄のない普通の人間と、特別な能力をもつ人間、あなたはどちらを愛
 するのか。
・宇宙はどのように始まり、どのように終わるのか。
・宇宙の向こう側はどうなっているのか。
・違う宇宙は存在するのか。
・あなたは、なぜ存在しえたのか。
など・・・・・。一回たりとも答えを感じたことはない・・・があなたの存在
を信じたいと思う。

168 :マタイ伝:2007/01/29(月) 01:34:54 ID:EudGSTRo
イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、
弟子たちが近くに寄って来た。 そこで、イエスは口を開き、教えられた。
「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
 悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。
 柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。
 義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。
  憐れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。
 心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。
 平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。
 義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
 わたしのためにののしられ、迫害され、
 身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
 喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。
 あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」


169 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 08:29:45 ID:IQJ8qMn8
>>167
見せてもらってから見るんじゃない。
見ようとするから見えるんだ。
それは何かに集中すると、他のことは、ネオンでぴかぴかに光っていても、
ガンガン工事中の音が鳴っていてもわからなくなるのと同じである。


170 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 08:34:15 ID:IQJ8qMn8
>>168
時代の先を行く変わり者が
迫害された人生を送るのと似ているね。
理解されないと言うことは迫害されると言うことだ。
理解できない人は、迫害したくなる。
しかし、教養を身につければ、迫害をする状況であっても
迫害をしないような人間になれる。

171 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 13:35:27 ID:Ilfs29Eq
居ない!
貴方達の信じている。神、仏、のおかげで何人死んだんだ?私に言わせば、
殺人教徒ですな

172 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 17:14:41 ID:WfejxJ1H
まるで花火大会のように戦火が吹き上がっている
中東に神が居ないことだけは確かだろう

173 :ヨブ記:2007/01/29(月) 17:32:38 ID:EudGSTRo
テマン人エリファズは話し始めた。
あえてひとこと言ってみよう。
あなたを疲れさせるだろうが
誰がものを言わずにいられようか。
あなたは多くの人を諭し
力を失った手を強めてきた。
あなたの言葉は倒れる人を起こし
くずおれる膝に力を与えたものだった。
だが、そのあなたの上に何事かふりかかると
あなたは弱ってしまう。
それがあなたの身に及ぶと、おびえる。
神を畏れる生き方が
あなたの頼みではなかったのか。
完全な道を歩むことが
あなたの希望ではなかったのか。
考えてみなさい。
罪のない人が滅ぼされ
正しい人が絶たれたことがあるかどうか。
わたしの見てきたところでは
災いを耕し、労苦を蒔く者が
災いと労苦を収穫することになっている。
彼らは神の息によって滅び
怒りの息吹によって消えうせる。
獅子がほえ、うなっても
その子らの牙は折られてしまう。
雄が獲物がなくて滅びれば
雌の子らはちりぢりにされる。


174 :ヨブ記:2007/01/29(月) 17:34:21 ID:EudGSTRo
の子らはちりぢりにされる。
忍び寄る言葉があり
わたしの耳はそれをかすかに聞いた。
夜の幻が人を惑わし
深い眠りが人を包むころ
恐れとおののきが臨み
わたしの骨はことごとく震えた。
風が顔をかすめてゆき
身の毛がよだった。
何ものか、立ち止まったが
その姿を見分けることはできなかった。
ただ、目の前にひとつの形があり
沈黙があり、声が聞こえた。
「人が神より正しくありえようか。
造り主より清くありえようか。
神はその僕たちをも信頼せず
御使いたちをさえ賞賛されない。
まして人は
塵の中に基を置く土の家に住む者。
しみに食い荒らされるように、崩れ去る。
日の出から日の入りまでに打ち砕かれ
心に留める者もないままに、永久に滅び去る。
天幕の綱は引き抜かれ
施すすべも知らず、死んでゆく。」


175 :ヨブ記:2007/01/29(月) 17:37:57 ID:EudGSTRo
呼んでみよ
あなたに答える者がいるかどうか。
聖なるものをおいて、誰に頼ろうというのか。
愚か者は怒って自ら滅び
無知な者はねたんで死に至る。
愚か者が根を張るのを見て
わたしは直ちにその家を呪った。
「その子らは安全な境遇から遠ざけられ
助ける者もなく町の門で打ち砕かれるがよい。
彼らの収穫は、飢えた人が食い尽くし
その富は、渇いた人が飲み尽くし
その財産は、やせ衰えた人が奪うがよい。」
塵からは、災いは出てこない。
土からは、苦しみは生じない。
それなのに、人間は生まれれば必ず苦しむ。


176 :ヨブ記:2007/01/29(月) 17:41:35 ID:EudGSTRo
あなたは言う。
「神がいますのは高い天の上で
見よ、あのように高い星の群れの頭なのだ。」
 だからあなたは言う。
「神が何を知っておられるものか。
濃霧の向こうから裁くことができようか。
雲に遮られて見ることもできず
天の丸天井を行き来されるだけだ」と。
あなたは昔からの道に
悪を行う者の歩んだ道に気をつけよ。
 彼らは時ならずして、取り去られ
流れがその基までぬぐい去った。
 神に向かって彼らは言っていた。
「ほうっておいてくれ
 全能者と呼ばれる者に何ができる。」
それに対してあなたは言った。
「神はその彼らの家を富で満たされる。
神に逆らう者の考えはわたしから遠い。」
神に従う人なら見抜いて喜び
罪のない人なら嘲笑って言うであろう。
「彼らの財産は確かに無に帰し
残ったものも火になめ尽くされる。」
神に従い、神と和解しなさい。
そうすれば、あなたは幸せになるだろう。
 神が口ずから授ける教えを受け
その言葉を心に納めなさい。
 もし、全能者のもとに立ち帰り
あなたの天幕から不正を遠ざけるなら
あなたは元どおりにしていただける。


177 :ヨブ記:2007/01/29(月) 17:50:10 ID:EudGSTRo
エリフは更に言った。
「神はわたしを正しいとしてくださるはずだ」
とあなたは言っているが
あなたのこの考えは正当だろうか。
またあなたは言う。
「わたしが過ちを犯したとしても
あなたに何の利益があり
わたしにどれほどの得があるのか。」
あなたに、また傍らにいる友人たちに
わたしはひとこと言いたい。
 天を仰ぎ、よく見よ。
頭上高く行く雲を眺めよ。
あなたが過ちを犯したとしても
神にとってどれほどのことだろうか。
繰り返し背いたとしても
神にとってそれが何であろう。
あなたが正しくあっても
それで神に何かを与えることになり
神があなたの手から
何かを受け取ることになるだろうか。


178 :ヨブ記:2007/01/29(月) 17:50:45 ID:EudGSTRo
あなたが逆らっても、それはあなたと同じ人間に
あなたが正しくても
それは人の子にかかわるだけなのだ。
抑圧が激しくなれば人は叫びをあげ
権力者の腕にひしがれて、助けを求める。
しかし、だれも言わない
「どこにいますのか、わたしの造り主なる神
夜、歌を与える方
地の獣によって教え
空の鳥によって知恵を授ける方は」と。
だから、叫んでも答えてくださらないのだ。
悪者が高慢にふるまうからだ。
神は偽りを聞かれず
全能者はそれを顧みられない。
あなたは神を見ることができないと言うが
あなたの訴えは御前にある。
あなたは神を待つべきなのだ。
今はまだ、怒りの時ではなく
神はこの甚だしい無駄口を無視なさるので
ヨブは空しく口数を増し
愚かにも言葉を重ねている


179 :ヨブ記:2007/01/29(月) 18:04:12 ID:EudGSTRo
主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。
これは何者か。
知識もないのに、言葉を重ねて
神の経綸を暗くするとは。
男らしく、腰に帯をせよ。
わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ。
わたしが大地を据えたとき
お前はどこにいたのか。
知っていたというなら
理解していることを言ってみよ。
誰がその広がりを定めたかを知っているのか。
誰がその上に測り縄を張ったのか。
基の柱はどこに沈められたのか。
誰が隅の親石を置いたのか。
そのとき、夜明けの星はこぞって喜び歌い
神の子らは皆、喜びの声をあげた。
海は二つの扉を押し開いてほとばしり
母の胎から溢れ出た。
わたしは密雲をその着物とし
濃霧をその産着としてまとわせた。
しかし、わたしはそれに限界を定め
二つの扉にかんぬきを付け
「ここまでは来てもよいが越えてはならない。
高ぶる波をここでとどめよ」と命じた。
お前は一生に一度でも朝に命令し
曙に役割を指示したことがあるか


180 :ヨブ記:2007/01/29(月) 18:06:58 ID:EudGSTRo
大地の縁をつかんで
神に逆らう者どもを地上から払い落とせと。
大地は粘土に型を押していくように姿を変え
すべては装われて現れる。
しかし、悪者どもにはその光も拒まれ
振り上げた腕は折られる。
お前は海の湧き出るところまで行き着き
深淵の底を行き巡ったことがあるか。
死の門がお前に姿を見せ
死の闇の門を見たことがあるか。
お前はまた、大地の広がりを
隅々まで調べたことがあるか。
そのすべてを知っているなら言ってみよ。
光が住んでいるのはどの方向か。
暗黒の住みかはどこか。
光をその境にまで連れていけるか。
暗黒の住みかに至る道を知っているか。
そのときお前は既に生まれていて
人生の日数も多いと言うのなら
これらのことを知っているはずだ。


181 :ヨブ記:2007/01/29(月) 18:09:03 ID:EudGSTRo
お前は雪の倉に入ったことがあるか。
霰の倉を見たことがあるか。
災いの時のために
戦いや争いの日のために
わたしはこれらを蓄えているのだ。
光が放たれるのはどの方向か。
東風が地上に送られる道はどこか。
誰が豪雨に水路を引き
稲妻に道を備え
まだ人のいなかった大地に
無人であった荒れ野に雨を降らせ
乾ききったところを潤し
青草の芽がもえ出るようにしたのか。
雨に父親があるだろうか。
誰が露の滴を産ませるのか。
誰の腹から霰は出てくるのか。
天から降る霜は誰が産むのか。
水は凍って石のようになり
深淵の面は固く閉ざされてしまう。
すばるの鎖を引き締め
オリオンの綱を緩めることがお前にできるか。
時がくれば銀河を繰り出し
大熊を子熊と共に導き出すことができるか。
天の法則を知り
その支配を地上に及ぼす者はお前か。


182 :152:2007/01/29(月) 19:44:52 ID:DijgL87x
>>153
いや、どう読んでも「いる」って言っているように思うのだが。

183 :・・・:2007/01/30(火) 10:28:01 ID:7t7ilngb
VISTAなんて買いたくありません神様なんとかしてください

184 :・・・:2007/01/30(火) 10:29:50 ID:7t7ilngb
ヘルプ ヘルプ!

185 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 11:59:13 ID:wi0fuae9
>>182
創造神がでしょ?
大丈夫。人間は色々考えた結果、いないと結論するはずだから。
>>183
なんで買わなきゃいけないの?

186 :名無しさん@3周年:2007/01/30(火) 12:24:23 ID:ECaIP6z2
宗教も素をたどれば人を支配するためのもの。
神というのは要するに支配者のことなんじゃないか。

たたえばどっかの大統領が権力を行使し反抗的な国に戦争をしかけまくって、
おれは神だ!おれに従えと言っている。

187 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/30(火) 12:48:56 ID:SBNP99K+
神など居ない!いるわけないだろが!
ボケてんのか?まったく洗脳される純真無垢な素直な良い子がオオイナ

188 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/01/30(火) 12:52:29 ID:SBNP99K+
増して宗教みたいな脳内妄想を盲信する奴は頭がおかしいのかと思うわ!

189 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 02:25:17 ID:wvS7/eV6
「神はいない」という考えを盲信しているってことはないのかな

190 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 02:58:26 ID:ofnTV2vL
今の自分にそこそこ満足出来てりゃ、いようといまいと気にもならなくなるよ「神」

191 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 06:27:17 ID:Qf4Bkvtq
ああ暇だ。寝れない。
神なんているわきゃないだろ。
もし神がいたら、人間に宗教命令を下すより先に人間を支配して動かしてます。

192 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 06:31:41 ID:DYMRNtVc
神がいないと思う理由を三段論法で説明してみたら?

193 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 06:37:47 ID:Qf4Bkvtq
先生が神はいるとも居ないとも言っておられるから。
個人的には神にいてほしいのです。
ですが自分の外側にいる神様を想像してしまうことなど決してしてはいけないとは常に聞かされていることです。

194 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 17:42:16 ID:YltlOncw
宇宙に見られる秩序や地球や人体などの造りや機能について大学で研究しているが
詳しく研究すればするほど何らかの理知ある設計者もしくは創造者の存在を認めざるを得ない状態だ…


195 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 19:53:14 ID:HpgvSKQd
:::::::::::.: .:. . ∧_∧ . . . .: ::::::::
:::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. ::: : ::
::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .:: :.: :::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
考える人  
   オーギュスト・ロダン

196 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 20:04:05 ID:Ny19i86J
>>191
そりゃ人間が考えることだ。
>>193
自分の内ならOK?
>>194
そこがはっきり説明できないと、神の有無は絶対に語れない。
神がいないなら、矛盾があってはいけない。

197 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 00:29:54 ID:06SukU01
>>194みたいに研究してるわけじゃないが、共感する。
物質の起こりになる最初の瞬間が、創造主・設計者が影響を与えた唯一の場面で、
それ以降は「拡張・希釈・競争」の設定が、終わりの時まで続いて行くんじゃなかろうか。
最初にステータス決めたら、最後まで自動運転するゲームみたいに。

198 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 01:07:44 ID:yjRuQlHo
神の本当の顔

The True Face of God

http://www.amazon.com/True-Face-God-Rael/dp/2940252009

199 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/02/01(木) 01:09:07 ID:xer/Faqz
もし神が存在するとして、何故生まれながら人間に神の存在を完璧に植え付けないのか?
もし神の存在を神が生まれながら脳内に植え付ければ、人間は迷う事なく争う事もない統一された完全思想を持つ事ができるはず!
何故植え付けずいるのか?
答えは簡単。神は人間の都合で創作された妄想だからだろ?言わば、宗教の為の偶像。

200 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 04:31:40 ID:8hBOzLRH
>>194
昨日本屋で立ち読みしてて、こんな文面があった。
「この世界の秩序などは余りにも出来すぎていて創造主(サムシンググレート)の関与が見やれる云々」って感じの。
これ読んで思ったけど、じゃあ創造主のいる世界はグチャグチャなのかなって。
だって創造主のいる世界も秩序とかが有るなら、その世界も創られたものって事でしょ?そうなると、更に上の創造主がいて、また更に上の…
こうなると終り(始まり)が無いよね。つまりあり得ない。
また創造主の世界がグチャグチャなのに秩序ある世界を創る事が出来るのか。これも無理なんじゃないかな。

つまり神の有無は分かんないけど、とりあえず秩序からは神の存在は証明できないんじゃないかな。
結局これが言いたい。長文ゴメン。

201 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 07:35:10 ID:8hLYWf/n
>>200
では宇宙に見られる秩序や人体の驚嘆する造りは偶然なのか?

202 :承狂:2007/02/01(木) 10:12:27 ID:ZUv3Pwne
201は、
ルールに則ったスポーツのファインプレーを見たら、誰かが脚本を書いた八百長に見えるのね。

203 :AZ:2007/02/01(木) 11:06:56 ID:5utQMdyi
皆さん、神についていろいろ議論されていますが、
私は、あるサイトに、神と神の計画に関する面白い説が掲載されているのを見つけました。
それで、その一部をコピペしてみます。

神の計画

この宇宙の最初、起源からの話をしよう。
この宇宙が出来る前、何もない「闇(=虚無)」の中に、あるひとつの想念、意識(=神、宇宙意識)があり、闇の中を漂っていた。
その神はたったひとりで孤独だった。周りを見ても何もない、誰もいない。
そして、その神はある時夢をみた。
もっと現実的で素晴らしい世界で、沢山の仲間と共に楽しい生活をしている夢を。
そして、その神は決心した。その夢を現実化、実現化することを。
「光あれ!」、ビッグバンによるこの宇宙の誕生である。
光と共に空間と時間が生じ、もの凄い勢いで拡がっていった。
神は自分自身が住む所をいろいろイメージして、ある惑星をそのイメージどうりに創った。この地球である。
しかし、一人ではつまらない。沢山の仲間が欲しいと思った。
ただ、神は全てを自分ひとりでやらなければならなかった。
それで、神は自分自身の意識、魂をどんどん自己分裂させていって地球人、人類になったのである。

204 :名無しさん@3周年:2007/02/01(木) 18:00:51 ID:rm9WkqSJ
自力で見つけよう 神様♪

205 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 00:24:15 ID:VMtFdDbm
この世には神しかいない。
神は万能。
この世の、ありとあらゆるものは神が
創り出した。
自分がいる、とか他人がいる、などの感覚は
全て錯覚なのである。
究極的には、唯一、神が在るだけである。

206 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/02/02(金) 00:34:52 ID:mjiuXAlz
もし神が存在するとして、何故生まれながら人間に神の存在を完璧に植え付けないのか?
もし神の存在を神が生まれながら脳内に植え付ければ、人間は迷う事なく争う事もない統一された完全思想を持つ事ができるはず!
何故植え付けずいるのか?
答えは簡単。神は人間の都合で創作された妄想だからだろ?言わば、宗教の為の偶像。

207 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 01:37:21 ID:ubJJlcxQ
>>201
偶然にならないと言っているのでは?
>>202
誰かが作ったと言うだけでなぜ八百長といえる?
>>203
その分裂の過程でできたのが10次元までの世界だと言われている。


208 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/02/02(金) 01:46:56 ID:mjiuXAlz
人類は神を妄想し、我母である大地・閉鎖空間・地球を汚し続けてる

神など居ない、もし仮に存在しても神は人間側にはいまい。よって神など無駄。

209 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 02:03:34 ID:+DANe2yI
神?
南極のマザーのことでしょ?

210 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 04:42:42 ID:uPawk2jG
>>208
何言ってるか分からないんで、日本語で言い直してくれ。

211 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 05:21:02 ID:RuUwnYPe
さあ日本人よ目覚めよ!
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1074843572/

212 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 07:28:57 ID:ESb2T/8Q
神やら悪魔やら妖精やらゴジラやらピカチュウなんかを信じ込んでいるやつはアホ

213 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 07:30:29 ID:bFVXg/Ee
うー、ウータン

214 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 07:31:42 ID:f4GU2Q7x

ゴジラなんか信じちゃダメだよね。
ネッシーはいるけどさ。

215 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 08:14:45 ID:djuJdF7+
神は全てに化けている。
生物、物、視覚、触覚等の五感、時間、空間、等。
殺人犯、ニート、スポーツ選手、
ビジネスマン、無神論者にも当然化けている。

216 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 08:30:19 ID:S9X2itJX
そうそう、こんなモン、全部神様の自作自演なんだよ。


217 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 10:37:55 ID:ESb2T/8Q
215 妄想癖がひどいみたいだね。人前でアホなこと口走らないほうがいいよ。

218 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 12:11:21 ID:BHwXOM7W
アホなこと口走ってもいいけど、
アホ扱いしてもいけない。

219 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 15:03:10 ID:+zZ6D4gv
左へ受け流すといいよ。

220 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 21:37:55 ID:4GPWGcPc
     _,.、,.、,.、_
   ,;:'゙ : " . ; ゙ ";,.     
  ,:'. ; . ゙∧ ∧ ; .';,.  
  .;: ゙ . ; ": ・ ・ . : '.:; 
  .;: " . : ゙. )●( . ":;  
  ':;, ゙ ; . " ー . ゙ . :;
   ゙ : 、,._, ._, ._., : "


221 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 21:39:13 ID:4GPWGcPc
     _,.、,.、,.、_
   ,;:'゙ : " . ; ゙ ";,.     
  ,:'. ; . ゙∧ ∧ ; .';,.  age
  .;: ゙ . ; ": ・ ・ . : '.:; 
  .;: " . : ゙. )●( . ":;  
  ':;, ゙ ; . " ー . ゙ . :;
   ゙ : 、,._, ._, ._., : "

222 :boo:2007/02/03(土) 21:42:49 ID:5JXsLbPP
いますよ。例えば太陽はお金をとりますか?

223 :boo:2007/02/03(土) 21:44:54 ID:5JXsLbPP
食べ物は生き物ですよ。命をくれてるんですよ。


224 :ホルス神ヘルメス:2007/02/03(土) 21:47:49 ID:LrC0ZWpq
オル イズ ゴールドゥ。

225 :boo:2007/02/03(土) 21:49:17 ID:5JXsLbPP
有難くない事も、神が救おうとしてやってる事なんです。
救う為だと思いますが?
神は法則だからいつでもどこでも何にでも当てはまる。
その気になれば自分を傷つけた相手の中にでも見ることが出来る。

226 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 21:49:50 ID:x9/Omoc4
絶対いるね アンデルセンの『人生は神によって書かれたお伽話である』という言葉に真に共感できる

227 :ホルス神ヘルメス:2007/02/03(土) 21:56:15 ID:LrC0ZWpq
ttp://jp.msnusers.com/pum7atvel3c8ih5bmu4b1ea3f4/%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/img001.jpg】

わたしが見たこの獣は、豹に似ており、足は熊のようで、
口は獅子の口のようであった。(ヨハンの黙示録13-2)

228 :boo:2007/02/03(土) 22:04:33 ID:5JXsLbPP
曼荼羅の様に様々な形で現れるのでしょう。

229 :boo:2007/02/03(土) 22:06:23 ID:5JXsLbPP
226>
名無しさん@3周年さんはいない派なのでは?

230 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 22:08:51 ID:2PqbY1hM
じゃあ「いる」ということで。

231 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 22:10:01 ID:qfR70akT
神がいると思える時は希望があるから
神がいないと思える時は希望が無いから
神の事を忘れている時は、充実しているから

232 :boo:2007/02/03(土) 22:13:20 ID:5JXsLbPP
いない派かと思いました、残念。どーも

233 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 22:15:08 ID:MfJp1Wlc
みんなが、神様ということで。

234 :boo:2007/02/03(土) 22:20:12 ID:5JXsLbPP
やっぱりいない派がかかってこないと面白くないですね。

235 ::2007/02/03(土) 22:53:17 ID:nVgoC1ZO
本気で神が居ると思ってるのか!?このスレは釣りだよな?そうだよな?そうと言ってくれーーーーー!

236 ::2007/02/03(土) 22:58:54 ID:nVgoC1ZO
ちなみにbooよ!おまんが信じる神様は何だ?

237 :boo:2007/02/03(土) 23:03:26 ID:5JXsLbPP
人間じゃ解りませんね。
釈迦は解ったのかもしれない。


238 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 23:18:04 ID:gUvg6PCc
すごく不思議なのがさ。

もしかしたら、この世界の創造主はいるのかもしれない。それは誰にも分からない。
でも、なんでみんなそいつを崇めるんだ?

「そいつ」がどんな理由でこの世界を創ったかなんて分からないのに。人間の
善悪の価値観が通用する相手じゃないかもしれない。あるいは、単なる暇つぶしで
創ってみただけかも知れない。
とりあえず、「出来ちゃったこの世界」を見る限り、どうもいまいちいい奴じゃ
ないように思えるんだがなぁ。

239 :boo:2007/02/03(土) 23:18:08 ID:5JXsLbPP
236>
法華経 本門の釈迦です。
自分では10年前に解ったつもりでいたけど、まだ甘いみたいです。
もう一度法華経を学び直します。失礼しました。

240 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 01:33:15 ID:2m/3UHX8
>>239
理由を知らないのに、なんでいいやつじゃないと言い切れるんだ?

241 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 05:34:50 ID:tZ7VSgYd
神と名のつくものの存在を、証明できない時点で、その存在は限り無くないに等しい。


242 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 09:22:50 ID:xORP8h9Q
>>240
「ように思える」つってるだけで、言い切ってるわけじゃないんだが。
まぁ、理由はいくつかあるけど、ひとつ挙げるとするなら「なぜこんなに過剰な
闘争本能を人間に与えたのか」って事かな。
おかげさまで、文明成立からン千年、ずっと憎しみあいっぱなしの殺し合いっぱなし。
基本設計から失敗してるか、そうじゃなければ、悪意(人間の価値基準で)を持って
創ったかのどっちかじゃない?

243 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 12:16:19 ID:qmseXZMt
>>242
人間は「ガマン」というものを知っているんだよ

244 :ラッシュコイルの可能性 ◆d2tpHw/s/. :2007/02/04(日) 12:29:11 ID:LMZsII/F
神という仮面をかぶった人間ならいますが、神はいません。

245 :マタイ伝:2007/02/04(日) 23:50:39 ID:zyo+Ce17
弟子たちはイエスに近寄って、
「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話しになるのですか」と言った。
イエスはお答えになった。
「あなたがたには天の国の秘密を悟ることが許されているが、
あの人たちには許されていないからである。
   (中略)
だから、彼らにはたとえを用いて話すのだ。
見ても見ず、聞いても聞かず、理解できないからである。
イザヤの預言は、彼らによって実現した。
『あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、見るには見るが、決して認めない。
この民の心は鈍り、耳は遠くなり、目は閉じてしまった。
こうして、彼らは目で見ることなく、耳で聞くことなく、心で理解せず、悔い改めない。
わたしは彼らをいやさない。』
しかし、あなたがたの目は見ているから幸いだ。あなたがたの耳は聞いているから幸いだ。


246 :仏のたとえ:2007/02/04(日) 23:56:28 ID:zyo+Ce17
二匹の鬼が、一つの箱と一本の杖と一足の靴とを中にして互いに争い、
終日争ってついにきまらず、なおも互いに争い続けた。
これを見たひとりの人が、
「どうしてそのように争うのか。この品々にどのような不思議があって、
そのように奪いあいをするのか。」と尋ねた。
二匹の鬼はこう答えた。
「この箱からは、食物でも、宝でも、何でも欲しいものを自由に取り出すことができる。
また、この杖を手に取るとすぐに敵をうち下すことができる。この靴をはくと、空を自由に飛ぶことができる。」と。
その人はこれを聞いて、
「争うことなんかあるものか。おまえら二人は、
しばらくここから離れているがよい。わたしが等分に分けてやろう。」
と言って、二匹の鬼を遠ざけ、自ら箱を抱え、杖を取り、靴をはいて空へ飛び去った。
鬼とは異教の人、箱とは布施のことである。
彼らは、布施からもろもろの宝の生ずることを知らない。
また、杖とは心の統ーのこと。
彼らは、心の統ーによって煩悩の悪魔をうち下すことを知らない。
また、靴とは清らかな戒のこと。彼らはこの清らかな戒によって、
あらゆる争いを超えられることを知らない。
だから、この箱と杖と靴を取りあって、争ってやまないのである。

247 :真実の姿:2007/02/05(月) 00:05:57 ID:zyo+Ce17
すべてのものは、来ることもなく、去ることもなく、
生ずることもなく、滅することもなく、
したがって得ることもなければ、失うこともない。
仏は、「すべてのものは有無の範疇を離れているから、
有にあらず、無にあらず、生ずることもなく、滅することもない。」と説く。
すなわち、すべてのものは因縁から成っていて、
ものそれ自体の本性は実在性がないから、有にあらずといい、
また因縁から成っているので無でもないから、無にあらずと いうのである。
ものの姿を見て、これに執着するのは、迷いの心を招く原因となる。
もしも、ものの姿を見ても執着しないならば、はからいは起こらない。
さとりは、このまことの道理を見て、はからいの心を離れることである。
まことに世は夢のようであり、財宝もまた幻のようなものである。
絵に見える遠近と同じく、見えるけれども、あるのではない。
すべては陽炎のようなものである。


248 :真実の姿:2007/02/05(月) 00:11:51 ID:5Q8GY+U5
無量の因縁によって現われたものが、永久にそのまま存在すると信ずるのは、
常見という誤った見方である。
また、まったくなくなると信ずるのは、断見という誤った見方である。
この断・常・有・無は、
ものそのものの姿ではなく、人の執着から見た姿である。
すべてのものは、この執著の姿を離れている。
ものはすべて縁によって起こったものあるから、みなうつり変わる。
実体を持っているもののように永遠不変ではない。
うつり変わるので、幻のようであり、陽炎のようではあるが、
しかも、また、同時に、そのままで真実である。
うつり変わるままに永遠不変なのである。
川は人にとっては川と見えるけれども、
水を火と見る餓鬼にとっては、川とは見えない。
だから、川は餓鬼にとってはとはいえず、人にとってはとはいえない。
これと同じように、すべてのものは、
みな「ある」ともいえず、「ない」ともいえない、幻のようなものである。
しかも、この幻のような世界を離れて、真実の世も永遠不変の世もないのであるから、
この世を、仮のものと見るのも誤り、実の世と見るのも誤りである。
ところが、世の人びとは、この誤りのもとは、この世の上にあると見ているが、
この世がすでに幻とすれば、幻にはからう心があって、人に誤りを生じさせるはずはない。
誤りは、この道理を知らず、仮の世と考え、実の世と考える愚かな人の心に起こる。


249 :信仰の道:2007/02/05(月) 00:24:18 ID:5Q8GY+U5
この信のあるものは、耳に聞こえるどんな声でも、仏の教えとして味わい、
喜ぶ智慧が得られ、
どんなできごとでも、
すべてみな因と縁によって現われたものであることを知って、
すなおにこれを受け入れる智慧が得られる。
かりそめのたわごとにすぎないこの世のできごとの中にも、
永久に変わらないまことのあることを知って、
栄枯盛衰の変わりにも、驚かず悲しまない智慧が得られる。


250 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 01:42:05 ID:893e2gih
>>245-248
なにを言っているのか、さっぱりわからない。
>>249
その智慧とは何ですか?

251 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 02:20:35 ID:lkN4/Mjc
ものすごく素朴に考えて、この世界、宇宙の、デザインされ、配色され、機能を与えられたものすべてに、知性を持った作者がいない=勝手に出来たって論じる方が苦しいかと


252 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 02:28:28 ID:5Q8GY+U5
>その智慧とは何ですか?

妄想

253 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 02:28:30 ID:lkN4/Mjc
万有引力の法則にしろ、なんであるのか?勝手にできたの?

>>1の意見はね、最も素朴な疑問だよね
でもね、神は愛だが父だから厳しくもあるんだよ


254 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 02:32:03 ID:lkN4/Mjc
人間という知的生命体が神という知的生命体をわからんはずないんよ

255 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 02:34:35 ID:5Q8GY+U5
仏の国はいったいどこにあるのでしょうか?

妄想すればありますよ

256 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 02:35:13 ID:lkN4/Mjc
まぁこんな無神論な時代、国もあるさ

人類の何千年の歴史の一コマにすぎない
それでも聖書は売れ続ける

257 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 02:40:12 ID:lkN4/Mjc
>>255

仏教哲学は頭の中にしかないからね

哲学に救いはありません

258 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 02:46:54 ID:lkN4/Mjc
今や科学哲学が、神がいないことを物語ってる

人間の脳が神を作った

神なんてのがいたらなんでこんなひどい世の中?



ここらから始めようみんなそうだよ

259 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 02:51:16 ID:RUF1zZfl
いないんじゃない?
地球のなかの人間だって、そりゃ数億って年月経てば偶然できだって俺は不思議とは思わないよ。

260 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 03:01:58 ID:lkN4/Mjc
因果応報とかの法則はどうよ?

ああいう秩序的な法則のたぐいこそ偶然出来ないと思うのだ


261 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 03:04:03 ID:lkN4/Mjc
秩序だね

明らかにこの世界には秩序がある

知的生命体が作ったとしかいえんのではないか

262 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 03:14:54 ID:qQDEc4cN
動画upしました
up2622.zip 熱中時代 涙の父母参観日
http://www.774.cc:8000/upload-pro/all.html?1170538959

263 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 03:28:53 ID:GPqz1rhL
十如是を深く考えれば神が見えてきます。

264 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 03:42:41 ID:lkN4/Mjc
哲学的な神ではね

265 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 03:46:17 ID:lkN4/Mjc
仏教の人には悪いけど、難解な仏教哲学極めて解脱しなけりゃ救われない&死んだらみんな天国ですよじゃね

266 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 03:59:46 ID:lkN4/Mjc
ほんとボロカス言って申し訳ないが、現代日本仏教=釈迦の教え+仏弟子による難解極まりない哲学+異端キリスト教ネストリウス派+シャーマニズムや迷信、日本の神々という代物

聖書よも?

267 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 04:06:29 ID:lkN4/Mjc
釈迦は、「苦しみの原因は欲望であるから、欲望を抑えれば楽に生きられますよ」と言っただけだそうじゃないですか。


268 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 10:54:51 ID:sE6oGk4m
>>252
じゃあ妄想すれば悟ったことになりませんか?
>>260
そうだね。人間は、酷いことをされたら嬉々として仕返しをしますからね。
許しなんてどこにあるのやら。
>>261
それを「天地(あめつち)の法則」というらしい。

オオタク氏の意見で思うんですが、なんで誰もが到達すべき世界に、
誰もが到達できそうにないような難しい状況になっているんでしょうね。
誰もが到達すべきなら、誰もができるぐらい簡単でないといけないのでは?
もしくは、少々難しくても絶対に到達できないと、救いがないですよね。

神については、どんどんわからなくなっている。
まるで、到達が遠ざかっているみたいです。考えるほどに解らなくなるなら、
遠ざかっていますよね。そんなことでいつ到達できるんでしょうか。

269 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 10:59:25 ID:sE6oGk4m
>>267
いにしえの聖人も「自分を律する」ことをとおして
いろいろな功(いさおし)を残しましたから、その通りだと思いますよ。
「道心これ微かにして人心これ危うし」とありますし。

270 :オオタク ◆NAeHiciHdE :2007/02/05(月) 12:05:15 ID:lkN4/Mjc
>>268
>なんで誰もが到達すべき世界に、
誰もが到達できそうにないような難しい状況になっているんでしょうね。
誰もが到達すべきなら、誰もができるぐらい簡単でないといけないのでは?
もしくは、少々難しくても絶対に到達できないと、救いがないですよね。

聖書から汲み取れることは、
神はすべての人間を愛されている

しかし試練を与えられる。

ふるいにかけるとも書かれています。

甘くない愛ですね。父の愛というか、愛するが罪と罰は与えられる。


>神については、どんどんわからなくなっている。
まるで、到達が遠ざかっているみたいです。考えるほどに解らなくなるなら、
遠ざかっていますよね。そんなことでいつ到達できるんでしょうか。

聖書に、「人智では神に到達できない」と書いてあります。
真理を悟らせるのは聖霊であると

祈りつつ聖書拝読、からではないでしょうか

>>269
釈迦はそれしか言っていないという説です


271 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 13:11:43 ID:NDSKUhVj
平行記事が矛盾しまくってても気にしない気にしない

272 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 13:48:14 ID:e0JtveaC
>>198のリンクが神だと思う。
つまり異星人だと。

273 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 23:57:42 ID:UAk4pH7v
よく言われることだけど、「この世界は精巧にできてるから、誰かが創ったに違いない」
ってのは、「じゃあその『誰か』ってのはどうやってできたんだ?」というのを
説明できないよな。
神を創った超神がいて、さらに超神を創った超超神がいて…?

274 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 02:33:48 ID:vKaPap1X
「偶然」という概念はどっから生まれた?

275 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 23:31:11 ID:vuK8ID7t
人類が「偶然」を経験したからじゃね?

276 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 03:01:26 ID:4JsYp+WN
でもどうして「偶然」だとわかったのさ?

277 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 03:15:10 ID:4JsYp+WN
「偶然」=「必然に見えない必然」かもしれないじゃん
だとすれば「偶然」は元から存在しないことになるけど


278 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 03:32:56 ID:4JsYp+WN
私たちの生きている世界=非常にフレキシブルなプログラム?!

279 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 03:33:42 ID:4JsYp+WN
きっとそうだよ

280 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 12:18:17 ID:tQuNwoQQ
「偶然」じゃなかったら何ていうんだ?
替わりの言葉があるのか?

281 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 17:38:00 ID:TlR2QzHb
>>273
というか、精巧なのかどうか何を基準に判断したのかが分からなくない?

282 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:46:20 ID:H2nBLiJm
>>281
全部まとめて説明する基準なんてないよ。
随時、精巧だと思ったらそれで良いんじゃないかな。
うまくできていると思ったことはないの?

283 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:51:12 ID:TuIVgsBy
難しくないことをまわりくどく言うバカがいる。お前等は低脳か?

284 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:57:36 ID:H2nBLiJm
たしかに、回りくどく言うのは簡単だ。


285 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 23:38:05 ID:UNetUety
>>282
「自然にできたにしては」うまくできてる。
ただし、「全能の神が創ったにしては」不具合が多い。

286 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 23:47:23 ID:GZ/FKuT4
>>276-279
他人の考え方を否定しようとは思わないけどさ

身内の事故死も子供の病気も全ては必然だ、なんて赤の他人に言われて
素直に「ハイ、そうですか」と言う人は少ないと思うよ

287 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 04:48:04 ID:hyUF0rf8
その場合は運命だと割り切った方がよろしいかと

288 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 13:04:26 ID:spGzXQ6N
>>285
その言い方なら、神が全能じゃないって言うのもわかるなぁ

289 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 13:22:56 ID:spGzXQ6N
ところで、この宇宙(世界、この世、呼び方はなんでもいい)は、
何で、人間に理解できない形で作られているんだろうか。
見えない神(霊、愛、倫理道徳など目に見えないもの全般)がいるとか。


290 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 15:44:46 ID:hm5jHl4+
>>287
「運命」だろうと「必然」だろうと、他人が根拠もなく決め付けることじゃないだろ
宗教観に限らず価値観の押し付けをする人間は大抵、嫌われる

291 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 17:32:31 ID:nSexkosN
289
>ところで、この宇宙(世界、この世、呼び方はなんでもいい)は、
>何で、人間に理解できない形で作られているんだろうか。

理解できなかったから救われなかった。
理解できていたら救われていた。

292 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 18:02:15 ID:2GwNSN7X
神って言葉がだめだと思うし、それに全てをひとくくりにしてるのがダメ。旧約の神は名前を明らかにしている、YHWHと。それに道徳的に正しいから天国にいくとか言うわけではない。YHWHに正しかったか、もしくは赦されたかが問題なのである。

293 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 21:09:08 ID:uVx+7+rm
YHWHの本当の意味。

Y や〜ね
H ほんとは
W わたしは
H ホモなのよ

294 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:07:44 ID:ooB1Hwfc
931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 15:31:44 ID:EPCkAuAS0

 ・ カルマの法則を、体験を通して学び、やがて卒業し、神界の住者となる。
    ⇒ あらゆる体験(男性・女性、各民族、上層支配階級〜下層階級者として輪廻転生)を通して真実の人間になる。 
 ・ 人間は、神から分かれた分霊で、本来神そのものである。神の僕ではない。
 ・ 最終的・究極的には、誰もが神界へ自由に行き来出来る霊的存在者に進化する。神そのものとなる。
 ・ 今置かれた環境、立場等が、現時点における相応しい修行の場と言えます。
 * ある一人の人が完成(神我一体)するまで、輪廻転生を繰り返しますが、単純に一個の媒体(肉体)に入って体験するのではなく、魂としては二つに分かれて
    別々の肉体経験を得てから、再び一緒になったり、類似のいくつかの媒体に分かれて体験を重ねる場合が多いようです。


295 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 13:18:07 ID:gzXljeXr
>>286
でも、他人以外に言う人はいないんじゃないかな?
他人に言われることもあると初めから思っておかないと。
準備をしておくと良いかもね。
>>291
え?理解しているんですか?
ツッコミでも揚げ足取りでもないつもりで聞いています。
>>292
その言葉ってなにか文章に訳できなかったっけ?
古典の言葉は単語だけど、日本語に訳したら文章になるんだよ。知っていると思うけど。
>>293
やだもーwなにいってんのよー。やあねー


296 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 13:25:53 ID:gzXljeXr
>>294
分霊、分魂というやつですね。
修業が進むと分霊が出せるようになる。

297 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:33:04 ID:x+M3+MT0
>古典の言葉は単語だけど、日本語に訳したら文章になるんだよ。
>知っていると思うけど。

kwsk


298 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:16:41 ID:FwlKf1z/
age

299 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:29:29 ID:zP8KEhwm
神はいないと思ってる奴へ



ジャアナンデアクマハイルノ?

300 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:30:10 ID:mX9KyTcq
どこに

301 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:36:00 ID:zP8KEhwm
テメーラノココロニダヨ

302 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:52:46 ID:CbapIGpP
>>285
そもそも何を目的に全能の神がこの世界を創ったのか分からないんだから、
不具合かどうかも分からんのじゃないか?
手段が合理的なのか不合理なのか非合理なのかは目的によると思うんだけど。

全能だからといって完全なものを創る義理も義務もないだろうしな。
「やればできるけどしない」って神様もいそうなもんだが。

303 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:14:56 ID:zP8KEhwm
カミハイナイトイウノナラ



アクマハイナイトイウベキナンジャ ナイノカナ

304 :騎士:2007/02/12(月) 23:18:03 ID:52w2QBCy
神を冒涜する者には
報復が待っている!
いるいる大辞典。

305 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:23:02 ID:VQ34+nqP
>>302
そういえばそうだ。
完璧でも、完璧なものをつくる理由がないな。
これは自分が完璧ならと考えたら解るかも。
仮に何でもできるとしよう。
自分なら何をするかな?

306 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:43:52 ID:CbapIGpP
>>305
快楽機械でも作るんじゃねえ?

307 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:52:08 ID:cGlp/wqJ
なんで神と悪魔が当然のようにセットで語られてるのかが分からん


308 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:03:31 ID:o6zmC6TF
善と悪があるのとおなじことだよん

309 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:44:23 ID:CxLOlsZc
宇宙を創った者がいるとして、創られたモノは創った者を理解できないんじゃないか?普通創られたモノの方が造りが劣るだろ。

310 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:48:09 ID:rT4yzimj
完璧であるのだが人間は矛盾としか見れないのだ。
神は霊なのだから、霊にならずして神は解らない。

311 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 01:02:25 ID:JYDsExyS
神は居ないと思います。
恵まれている人と、そうでない人の差がありすぎる。
一方では毎週毎週何人かの10代や20代の女性や熟女を募集して
中田氏セックスを海外サーバでダウンロード販売して
儲けまくっている中年おやじもいれば、
マンコ画像を公開しただけで逮捕される中学生もいる。
たった1回風俗で生セックスしただけで病気をもらって
チンコがかゆい私は、日替わりで配信されているサンプル動画を収集し
汚いおやじの短小チンコを見させられる側。
この落差は説明不可能。

312 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 02:54:58 ID:kQ50Wa1X
>>308
それとは全然違うと思う

313 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 08:08:02 ID:fqe2mZy/
>>310
何で完璧だって分かるのさ?
完璧だ、いや矛盾しているってのはどっちも根拠が無い話だと思うんだけどね。

314 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 11:50:35 ID:kWxQXU9V
>>307
「過と福は門を同じくす」と言う言葉もある。
>>309
理解している分だけしか再現できないからね。
>>310
生きながらにして神霊界に出入りする人もいるんだけど、
簡単じゃないだけだよ。
>>311
おやじのものは見ない。こう聞いたことがある。
「現実なんか見ちゃいけない。無視したら偏ってしまうけど、
現実は面白くないものだから、3割みたら十分だ」
>>312
いっしょだよ。善と悪は同じ所から来る。
ある物をどう使うかで善と悪が変わる。例えば、お金で武器を買って人を殺すこともできるし、
お金でボランティアに寄付してワクチンを与える資金にすることもできる。


315 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 12:36:54 ID:CnxO5NRy
>>312
その落差に寛容な神は存在しうる。たぶん総決算は来世におあずけ。

316 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 12:39:12 ID:CnxO5NRy
>>312>>311

317 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 13:14:34 ID:kWxQXU9V
http://www.dff.jp/

クリックするだけで、無料で募金ができます。
クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料
で募金ができる仕組みです。
あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をするのであなたには一切お金がかかりま
せん。

318 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 15:26:22 ID:QicY83mt
神はこの世に手を加えることができるのかどうかが問題だ。できないのならいないのと同じだ。
できるのなら、その神は無能だ

319 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 16:51:58 ID:NbhqHS/n
>>318
出来るのにやらないだけだったりして。神=善とは限らないかもしれんよ。

悪魔が改心して神になった、みたいな話が世界中にあるけど逆の話も結構あるよね。
てことはこの世を作った善なる神がいたとしても、いつ迄も(人間にとっての)
善でいてくれるなんて保障はないんじゃない?既に変わってる可能性だってあるわな。
その変身の理由が何にあるのかは知らんけどねw

320 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 18:24:28 ID:3Fr20A6+
人類に対して種明かしを希望します


来週あたりに

321 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:58:00 ID:fqe2mZy/
>>319
何で手を加えられると無能なのさ?
人間に影響を与えない神は居ないのと同じって考えには同意するけど。

322 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:51:15 ID:3Fr20A6+
>神は居ないと思います。
>恵まれている人と、そうでない人の差がありすぎる。
>一方では毎週毎週何人かの10代や20代の女性や熟女を募集して
>中田氏セックスを海外サーバでダウンロード販売して
>儲けまくっている中年おやじもいれば、
>マンコ画像を公開しただけで逮捕される中学生もいる。
>たった1回風俗で生セックスしただけで病気をもらって
>チンコがかゆい私は、日替わりで配信されているサンプル動画を収集し
>汚いおやじの短小チンコを見させられる側。
>この落差は説明不可能。

つカルマ

323 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:52:20 ID:QicY83mt
>>321
手を加えられるのにこんな世の中になってるから。全知全能の神なんて嘘っぱち。ちょっと頭のいい人間と同レベルだ

324 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 00:27:28 ID:0emN0Tai
>>323
何でそこで全知全能が嘘っぱちになるのか分からない。
全能のパラドクスでも持ち出すなら分かるけど。

こんな世の中を望んでこの世界を創ったのかもしれないし、
手を加えられるのに加えないだけかもしれないじゃない。

325 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 00:44:03 ID:mgdN5rlJ
信じても救われない。努力しても報われない。そんなどうすることもできない環境、状態の人間は
何のためにこの世に産まれてくるの?
どんなに悪い事してもバレなきゃOKな世界を創って何したいんだよ

326 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 02:18:09 ID:A/hXbgpK
いてもいなくてもいいじゃん。所詮は頼れないんだし。

いる!って主張するヤツも いない!って主張するヤツも心のどっかで
「いるなら頼りたい」って思ってんだろ?

甘えてねぇで真っ当に生きろ。

327 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 11:12:47 ID:ovgHGl+u
>>325
つ「心構え」

328 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 15:01:49 ID:lf57bxOC
いくらこの板だって実在としていると思ってる人なんていないでしょ。

329 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 15:00:52 ID:lf57bxOC
いくらこの板だって実在としていると思ってる人なんていないでしょ。

330 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 21:43:27 ID:Wd5ZpoFf
実在してるかしてないかなんて分かんねえよ。
実在しないと考えたほうが妥当だけども。

331 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 06:48:47 ID:5mls8G1G
>>328>>329の書き込み時間がちょっとしたパラドックスぽくて面白いw


332 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 14:32:52 ID:I17GfXNJ
>>330
それ、わからないって言ってないよ。
>>331
ほんとだ。こういうことってあるんだねぇ

333 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 08:37:02 ID:miBLhjcQ
アメリカのどっかで(この州には)神はいない、って判決が出てたよね

334 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 09:22:43 ID:BNsCE96d
神なんかいないしいらない。
「神」なんつーものは昔の根性なしか金儲けしたいやつか妄想癖がでっち上げただけ。
んでそれを話を聞いた根性なしか金儲けしたいやつか妄想癖が広めただけじゃん。

神とかいうものを信じてる間抜け共は一体なんなの?
信じる信じないとかの前にいないのよそんなもの。
教会で歌ったり踊ったりしながら神がどーたらこーたら言ってる集団なんかもう馬鹿かとアホかと
新興宗教に入ってる間抜け・・・それこそ救いようがないね。
宗教詐欺に引っかかり金ふんだくられた間抜け、いくらか懲りたのかな?
世の中は生きている者が作り上げているだけでそれ以外何もない。
神の思し召し?なんじゃそりゃ
バチが当たる?当ててみろ



335 :☆吉法師☆ ◆MjArn2/U.U :2007/02/16(金) 09:27:02 ID:ALkKul3Q
役にも立たん馬鹿神め!
居なくていいから妄想脳患者からも消えてくれ!

その方がよりまとまりやすくなる。馬鹿神馬鹿仏とは妄想

336 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 09:52:04 ID:BNsCE96d
亡くなったご先祖様に対しての礼儀っつーか感謝の心はある。
過去に存在し、ご先祖様のおかげで俺がいるからだ。
しかしご先祖様は神じゃない。

そして、誰かが作り上げた神とかいう妄想の産物をありがたがり拝む間抜け共
結果訳の分からん神社が乱立し、奇妙な宗教家や金の亡者を生み出しちまった。
全ては昔からぽけーっとした間抜けな庶民平民が悪い。
そういう意味ではご先祖様の中にも間抜けがいたんだろうと思うと腹が立つ。

337 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 10:29:17 ID:pCYI6tq5
>>333
何を証拠にそう決まったんだろうね。

338 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 10:32:02 ID:BNsCE96d
証拠も何も目が覚めただけだよ
ついでに言うなら神というものがいる・あるを証明できねーからだろ?
妄想なんだから

339 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:56:46 ID:pCYI6tq5
>>338
そんなので判決が出ていいのか?

340 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:58:44 ID:BNsCE96d
いいよそんなくだらないこと

341 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 12:19:46 ID:QnKDRkqm
人間は弱いからすがれる絶対なものがほしかったんだと思う。
それが神だと思う。

342 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:48:53 ID:BNsCE96d
その人間の弱さをついて神の代弁者と偽り弱いものから金品を巻き上げる。
それが宗教

343 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 21:07:57 ID:bRD5WJsh
じゃあ、神自身は何もしてないのに「神の代弁者」を語る一部の
人間達にいいように利用されちゃったのか。神も被害者なのかもね。
だから怒って何もしてくれなくなっちゃったのかもね。

世の中には、神を信じながらもすがらない人だっているのにね。
人間がみんな、もっと強かったら良かったのにね。

344 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 21:26:06 ID:+Fu5iX5f
神ってそんなに人間だけに都合のいい存在なのかね?
他の生物からしたら人間は悪魔そのものだと思うんだが。たとえ無垢な子供でも。
食べる為以外でも殺生しまくりだし。ハンティングや釣りなんて快楽のための虐殺だし。
ハンバーグなんて、考えたら身の毛もよだつような恐ろしい料理法だしな。

もし、動物が神に「人間を滅ぼしてください」と祈ったらどうなるんだ?

345 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 21:41:54 ID:miBLhjcQ
そんなことを聞いて誰かが答えられると思っているのか
神以外知りようがねえだろ、バカだなあ

346 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 21:44:56 ID:+Fu5iX5f
ふふふ

まさに「神のみぞ知る」だな。

347 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:00:27 ID:M7Aw6gve
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム
人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム人生は罰ゲーム

348 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:30:56 ID:6N3T+L08
習慣、風習は仏教や神道
それでも無宗教は無理ある?

349 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:51:30 ID:u0hweG/E
>>344
牛は祈ったのかもしれない。鳥も祈ったのかもしれないぞ。


350 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:37:15 ID:p+d2SFb7
ケンシロウが神を倒したからいないと思う

351 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 01:53:54 ID:4dsKiaID
牛や鳥だって人間ぐらい頭が良かったら人間と同じように必要以上の殺戮や無意味な争いをすると思う。

動物は頭が悪いから生きているだけで満足なはず。人間は必要以上に頭が良いから欲がでる。

その必要以上が神を創り、人間のできないことを神など不明確なものに頼ったり責任をおしつけるんだと思う。
だから神は一つじゃないんだと思う。つまり神は架空の物体のような存在だと思う。

352 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 04:41:32 ID:8MYpXVGt
神さまは必ずいらっしゃるよ。
でもね、そのこととね、オレらとは何の関係もないの。

魔界塔士SA・GAの神を想像してくれ。

353 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 05:00:23 ID:NBZMlCS/
http://c-au.2ch.net/test/-/psy/1171531778/i

神と喋れるぜ?

354 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 08:50:31 ID:FL5TpK3k
>>352
何で「必ず」と言い切れるの?
確証が無いから居るとも居ないとも言い切れないのに

355 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 12:07:14 ID:bRhIUVnC
神は個々にその存在を現すが、信じない人にはその存在を
現そうとはしない。実に誠実な方である。

356 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 12:33:43 ID:HKMfmRzO
>>344-345
かなわないんだよ。
それに、殺すのって絶対的に悪い事じゃないらしい。
まあ、殆どのことよりは間違いなく悪いことだけど。
絶対じゃないんだって聞いたことがある。

357 :◆C/pY3QodDk :2007/02/17(土) 13:00:18 ID:EQ5J1qFO
アラーの神
八百万の神
その他の神々も
人間の労苦を知らない。

ただキリスト教の神だけが人となり、貧しさを経験し、人生の荒波のなか苦しまれ、
最後は恥と卑劣な暴力のなか殺された。
だからキリスト教の神のみが、人を諭し裁く資格を持つ。
これによりキリスト教が正しい本物の宗教だというのがわかる。

もし私が死んで実は来世は違う宗教、違う神の世界が本物だったら
私はその神に問うでしょう。
「あなたは人間の苦しみを理解していますか?体験したことがありますか?」と。

358 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 13:26:46 ID:8r5W+qZv
>>357
>人間の労苦を知らない。
それは、アラーの神、八百万の神、その他の神々にしかわからないことだろ。
何でお前が神々にしか知りえないことを知っているんだ?

暴力のなか殺された=人を諭し裁く資格を持つ となる理屈もわからない。
話が繋がっていないぞ。

神が人間の苦しみを知らなきゃいけない理由は何なんだよ?

359 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 17:15:59 ID:EQ5J1qFO
>>358
アラーの神や多神教の神々は知識として人間の苦しみを知っていても、
人間の苦しみを体験していません。
高い所で偉そうに座ってる苦労知らずの存在に
人間を諭したり裁く資格があるでしょうか?

人となられた神はキリスト教の神だけです。

360 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 18:15:46 ID:EluX7h9t
>>350
聞け!
拳ではケンシロウを凌ぐラオウですら、神にとって代わることは出来なかったのだ!

>>358
人間の苦労ってなによ?

361 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 18:16:44 ID:EluX7h9t
間違えた

>>359
人間の苦労ってなに?

362 :◆C/pY3QodDk :2007/02/17(土) 18:42:14 ID:EQ5J1qFO
>>361
あなたは人生の苦さ[にがさ]を知らないのですか?
良家のおっぼっちゃん?

363 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 18:58:03 ID:EluX7h9t
>>362
うん、知らない
説明してよ

364 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 19:01:09 ID:8r5W+qZv
>>359
人間の苦労を知らないだけで「苦労知らず」とは言えないだろう?
で、いつアラーやら八百万の神が「人間を諭したり裁いたり」したんだ?

365 :◆C/pY3QodDk :2007/02/17(土) 19:05:24 ID:EQ5J1qFO
>>364
アラーは苦労するのですか?
神々は苦労するのですか?
もしそうならば私の無知です。
お詫びして撤回しましょう。

366 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 19:05:38 ID:wEGQ8/ZL
お釈迦さまは?

367 :◆C/pY3QodDk :2007/02/17(土) 19:10:06 ID:EQ5J1qFO
>>364
アラーの神は人間を審判すると聞きました。
八百万の神々は人間に罰を与えるそうじゃないですか。
人を裁く権利は人となられた神、キリストにこそあるのではないでしょうか。

368 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 19:10:35 ID:EluX7h9t
>>365
とりあえず君の人生の苦労話とやらを聞かせて

369 :◆C/pY3QodDk :2007/02/17(土) 19:11:09 ID:EQ5J1qFO
>>368
イヤですよ。
晒したくない恥とかあるし。w

370 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 19:15:44 ID:EluX7h9t
もっと勇気を持って!
さあ!

371 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 19:18:58 ID:/W/2pN/k
さて、キリストは救世主であって神ではないわけだが

372 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 19:21:09 ID:EluX7h9t
救世主はケンシロウ

神の子は山本KID

373 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 21:22:56 ID:FRdikhQv
>>357
日本の八百万之神々は畑仕事をするんだよ
>>358
繋がっているよ。書いてある書物があるんだから。
神が人間の苦しみを知る理由は、人間を救うためだよ。
>>370
無理矢理聞きだしてはいけない。


374 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 23:09:56 ID:8r5W+qZv
>>373
で、その書物を信じられる理由は?
もしも神が居たとして、神が人間を騙すために書いたのかもしれないし、
人間が適当に書いたただの作り話かもしれない。

375 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 01:03:42 ID:yOZQw6rR

ぬぁ―――――――――んて不毛なループスレなんだ―――――――――――――!!!!!


376 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 03:40:21 ID:0n2wBzT9
すまない、みんな聞いてくれ。大切な話だ。

今月の18日にある場所に全国から有力な霊能者が集まり、ある神事があるんだ。
そこに偶然にも立ち会う機会があり俺もそこに行く。

いきなりこんなレスしたらふざけてるみたいだけど本当なんだ。
信じてくれ。各宗教団体のトップやら個人で頑張ってやっている霊能者やら、
宗教はバラバラで、お告げがあった者が同一の場所に集まるらしいんだ。

俺がお師匠さんって呼んでいる人もお祈りの最中にそこに行けって神様が
言ってるって言って、周りの霊能者に電話で聞いたらやっぱり同じような事言ってた。

『地球 温暖化 真剣に考えよう!!! 』

お師匠さんの話では、↑のことについてもなんか神事があるみたいなんだ。

そんで、そこには18日に何があるかは全く分からないし、その時その場で
どんな神事が降りるから全く分からないって言ってた。

何でも、天岩戸を開くって言ってたけど、そこ宮崎の高千穂じゃないんだよ。

宮崎以外に天岩戸ってあるの? って聞いたら、あんたはもうちっと勉強なさい。

って言われてしまった。

377 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 03:49:45 ID:l6oMGHM9
18日って今日じゃないですか。今日は1月1日。
新年、新月。初オナニーは済ませた?
1年の目標を立てましょう。

378 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 07:33:55 ID:HBlEoet9
>>374
信じたくなかったら理解すればいい。
なんで信じないといけないんだ?
信じないといけないと思うから、そんなことを考える。
理解だけすればいいじゃないか。

それに、なんでそんなことが書かれているのか、どんなに考えても解るとは思えない。

379 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 11:57:25 ID:MIIlEdTk
>>378
>繋がっているよ。書いてある書物があるんだから。
>神が人間の苦しみを知る理由は、人間を救うためだよ。
何で書物に書いてあることを鵜呑みにできるのか聞きたかったんだが。
神がどう考えてるかなんて、神にしか分からないことじゃないか。

しかし、人間の苦しみなんて知る必要あるんだろうかね?
直接「お前、何して欲しいのよ?」って一人ずつに聞けば済む話だろうに。

380 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 12:01:20 ID:cNgLKS8g
あーあ、神さまになりて−なァ・・・




381 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 19:52:24 ID:1Gz0fedu
>>379
私は鵜呑みではなく、理解しているだけのつもりだ。
信じてしまうと、信じていない人に過剰に指摘されるだけだから。

382 :天使:2007/02/18(日) 19:55:26 ID:oQGFfh4a
あ、オレ、天使。
そう、エンジェル。
神様が言うには人間を幸せにするのがオレの役目なんだとさ。

・・・間違った人間にはそっとアドバイスをしてあげなさい、って言われてる。
ということで、今日も下界をパトロール・・・

383 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 19:59:10 ID:1Gz0fedu
信じるのがそんなにいけないのなら、理解だけすればいい。
書いてあることをゆがめてまで疑うこともないからね。

384 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 20:08:11 ID:Y1vUfUbO
神は心の中に居るんだよ。悪いことをすれば、罪悪感を感じるのはそのためだ。

385 :天使:2007/02/18(日) 20:12:38 ID:oQGFfh4a
>>383
ねえ、ちょっとそこのアンタやめときなって!
頼れるものは己だけで!

you know?
自分じゃないほかの誰かに理解求めること自体が

嗚呼、なんて不毛な行為なんだろう・・・
奇麗事じゃないんだよねぇ、世の中。

386 :大天使サマエル:2007/02/18(日) 20:14:30 ID:sdHAO7Mn
コンクリート殺人犯、宅間守・・・・
  ↑
出所して、コンクリの自慢話。恐喝で二たび監獄へ・・・

387 :天使:2007/02/18(日) 20:22:35 ID:oQGFfh4a
あ〜あ

これだけ俺が親切に正しい道を説いてやってるのに
今生きてる人間って100年後には誰もいないんだよなぁ・・・

かくも儚きかな・・・

人生

388 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 20:36:29 ID:ezY6JMui
ムーの今月号にインテリジェント・デザイン論が出てました。
神はいるんじゃないかな?

389 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 20:44:43 ID:MIIlEdTk
なぜ、何の根拠があって言い切れるのか分からない。
例えば>>384なんかは、なぜそれだけで神が心の中にいると言い切れるのか。
単に人間の心に罪悪感を感じる機能がついているだけではないのか?

神が居ると言い切るのも居ないと言い切るのにも、何の根拠があって言い切る事ができるのか知りたい。

390 :大天使アザゼル:2007/02/18(日) 23:27:46 ID:sdHAO7Mn
罪悪感など、ウンすじ程にも感じない人間がいる例を示したのにスルーですか。

他にも蛆虫ほどおりますよ。



391 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 00:19:37 ID:4WppyaJU
何であの例だけで「罪悪感を感じない」と言えるのさ。
罪悪感を感じることと、それが行動に影響するかどうかは別問題だろう。
「罪悪感は感じる。だがそれをした方が得なので罪悪感を感じるようなことを敢えてするよ」
ってこともありえるだろ。

392 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 01:46:58 ID:j5S/2IET
神が不法投棄してるとこを見ました。
神はいるようでいません。

393 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 02:13:27 ID:VEqi2QMV

その人はまだ動物的本能が残ってるんですよ。(六道輪廻)
だから宗教者は頑張れる。
ありがたや


394 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 02:36:58 ID:2Zq0EPym
ちたまは、にんげんは、
科学が創ったものでしょうか

395 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 02:43:32 ID:t6PU2Z7a
そうです。
宇宙人が遺伝子操作して作った生物の失敗作を地球に廃棄しました。

396 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 02:45:49 ID:7/eTe0xi
神様はいるんじゃないかな?きっと俺らは操られてんだよ!
あと、宇宙人は未来の人間が進化した姿だと思うな!UFOはタイムマシーンで未来から来てるんだけど、喋ったりすると未来が変わるからすぐ逃げるんだよ

397 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 04:08:53 ID:tJ331rIV
人間は神形ロボットにすぎない。
西暦22世紀からタイムトラベルして送られた産業用人間が
エヴ&アダム。

398 :カオス:2007/02/19(月) 04:11:44 ID:sN+Q4WCs
なんかたまに聞く説だね。神なんかいないのかな?なんか聞いた話では名前忘れたけど、どっかの有名な科学者は人類、地球、未来…の事をひたすら考えた結果、自ら死を選んだらしい。全てが結果トータルでみると所詮すべて意味がない事らしいwww最高。頭逝ってるw

399 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 12:42:46 ID:1X9m9CHA
>>385
誤解させたかな?
理解するのは自分ね。神とはこんなものですという決めつけがあったら、
「ああ、神とはそんなものなんだ」と理解だけして、「でも目の前に現れないと
意味がないじゃん」などと信じないセリフを思っておく、と言うこと。


400 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 12:50:28 ID:1X9m9CHA
>>386
自慢しているところを見たのか?
>>387
その程度ではかないと思うなんて、本当に真実の道を知っているの?
真実の道を知らないやつでも、輪廻転生を知っているだけで
死の恐怖がないんだよ。
>>389
神が中心かどうかはしらないが、罪悪感を感じる機能が付いていると言うことは
生まれつきだよね?
>>391
衝動殺人なんかは良い例だね。殺した方がいいから突然殺す。
でも後悔している。
>>392
どこで見たの?


401 :天使:2007/02/19(月) 17:02:05 ID:eFaW688K
>>400
ねえ、ちょっとそこのアンタやめときなって!
頼れるものは己だけで!

you know?
自分じゃないほかの誰かに理解求めること自体が

嗚呼、なんて不毛な行為なんだろう・・・
奇麗事じゃないんだよねぇ、世の中。

402 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 17:04:59 ID:j82SP/nn
>あと、宇宙人は未来の人間が進化した姿だと思うな!UFOはタイムマシーンで未来から来てるんだけど、喋ったりすると未来が変わるからすぐ逃げるんだよ

天使とサタンは未来人で、何回も地球人の歴史に介入していて、既に何回も歴史は変更されています。
聖書は天使が後から歴史に付加したものですが、何か・・・

403 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 18:02:16 ID:fpuU3rkt
>>400
生まれつきかどうかなんて知らないよ。後天的に身につけるものなのかもしれない。
「神が心にいるから罪悪感を感じる」って考えを批判するために
「神はいないけど罪悪感を感じる機能を持っている」かもしれないと言ったの。

どっちが正しいのかどっちも正しくないのかは知らない。

404 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 19:26:51 ID:587zb93V
宗教の数だけ神がいる。ヒンドゥー教なんかは
多神教だしな。

405 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 20:03:33 ID:HCWVY+g2
なんで「神との対話」を読んで判断しないのかな?
読もうともしないのは神に関心が無いか、それよりも自分のやりたいことをやっていて
満足をしているだけ。それで不幸が起きて神などいないって言うんだよね。
そりゃ、いないわ!


406 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 20:10:47 ID:BV7wa3Kg
神を定義しないと議論にならない。

407 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 20:13:33 ID:BV7wa3Kg
神を定義しないと議論にならない。

408 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/19(月) 20:17:51 ID:CWj+fXD6
とりあえずさ、
一神教の神か、汎神論の神か、多神教の神かはっきりしてくれないか?
基督教の神なら、連中の頭の中に居るらしいけど。

409 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 22:57:36 ID:jjYpLjKh
>>406-407
できないって
>>408
どれであっても神にかわりはないと思うんだが。
その違いに意味があるのか?

410 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 23:06:55 ID:mM/zAJNG
>>409
どれでもいいわけ無いだろ!そんな神なんて興味ないよ。
宇宙を創った神に決まっているだろ!


411 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/19(月) 23:22:59 ID:CWj+fXD6
>>409サンへ。
なら、「ボクの知らない事って全てホント?」と言うのと同じで、命題として成立しないワナ。

412 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 23:24:18 ID:fpuU3rkt
何が神なのか分からんと、証明のしようが無いじゃないか。

さっき2分で作った宗教では俺が神だよ。
だから神はいる!はい結論。

とか言えちゃうんだから。

413 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 23:43:04 ID:78+0BkC0
>>412
そんなの暗黙の了解だろ?
誰が411のような事思うんだよ!

414 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 23:48:01 ID:09x2BMT+
桐山靖雄 - 宗教家。阿含宗の代表者。
日大芸術学部出身であるにもかかわらず早稲田大学を詐称し、
ジャーナリストに学歴詐称を暴かれた。

415 :名無しさん@3周年:2007/02/19(月) 23:53:41 ID:0lo2Fjyn
キリストは今霊界でブレイクダンスをしているのを
霊視ではっきり見ました。

416 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 15:44:47 ID:pCndg6Zw
>>406神は霊である。目にも見えず、触ることも出来ない。
はっきりと、聖書に書いてある。

417 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 16:06:42 ID:NmVqcMXQ
>>416
そんなハッキリしないものをハッキリ書いてあってもハッキリせんわいw

418 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 17:04:25 ID:IWmsiJm/
warosu

419 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 19:46:52 ID:8dzJ6ltL
神はゴキブリである。目には見えるし、触ることも出来る。
はっきりと、俺がさっき書いた聖書に書いてある。

420 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 21:07:31 ID:/7DNmhq3
>>412
もう言っている奴多いし。

421 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 21:11:14 ID:/7DNmhq3
>>411
ならば「あらゆる宗教の神の中で神じゃない者を探せ!」
「ウォーリーをさがせ!」みたいに。

422 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/21(水) 09:35:10 ID:RPDuI2so
>>421
チッチッチッ。
判ってねーな。
神とは、
超人、不可視の訳分からんモノから、先祖、土地の擬人化、精霊、更には第一原因までの幅広い語義が有るのだよ。
現にニチャンでも、ガッされなければ神等と言うだろう。
更に一々の宗教に一柱以上の神が在るのだ。
定義なき議論は戯言と言うのだよ、若いの。

423 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 16:46:58 ID:Ak5bmsYy
>超人、不可視の訳分からんモノから、先祖、土地の擬人化、精霊、更には第一原因までの幅広い語義が有るのだよ。

全部を包含する一言が言えないと定義しようとしても、永遠にできないと思うが。

424 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 18:54:49 ID:n+wBx82W
小さいころは神様がいて 不思議に夢を叶えてくれた♪

425 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 23:05:09 ID:Pnfa9g8M
上で「神は俺。だから神はいるよ」とか書いちゃったけど、
よく考えたら俺がいることを証明できねえや。

426 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 01:02:13 ID:JgzF70z0
>>425
俺がお前はいると認識した

427 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 09:14:41 ID:4ey/IlGF
俺は消えてくれと思った

428 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 09:22:42 ID:+MYw6DES
我思う故に我あり

429 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 12:53:03 ID:5wNY93Rk
>>425
証明する必要はないよ。いるんだから。
>>427
無理〜♪
>>428
我あり故に神あり

430 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/22(木) 17:15:27 ID:UiX9Xx2B
>>423
《全部を包含する一言が言えないと定義しようとしても、永遠にできないと思うが。》
その理由、論拠を述べよ。

431 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 11:32:30 ID:PkyQL4PS
>>430
一言で言った方がわかりやすいのと、
人間は一言で言いたがるため。

432 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/23(金) 11:43:50 ID:DiqHlLFN
>>431
不可。永遠に出来ない理由にはならない。
追試です。あと、レポート三十枚。

433 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 10:20:08 ID:xNNpCFxL
>>432
でもやろうとはしないね。
やらない限りできないよ。
できると解っていてやらないのは
成功できない人間の特徴だよ。

高度なものは、できたあとに来るものだからね。
楽勝でできることをはしょってやろうとすると、
なぜか咎められる原因になる。

434 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 13:31:03 ID:qy6d/+co
「鬼の証明」って神の存在を考えるのに必要やろ。

435 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 14:20:13 ID:MnZb9muY
>>433が何を言いたいのかよく分からない。
誰かうまいこと説明してくれないか。

436 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 17:07:59 ID:/yF7lt69
>>435

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ     や ら な い か
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


437 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/02/24(土) 19:04:28 ID:5v9HPGmx
>>435にセリフをとられてしまった。
ゲショゲショ。グッスシ。(T_T)

438 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 16:45:18 ID:MZAyyY+Q
この地球の執着は原核動物であって、
俺ら脊椎動物を含む真核動物なんてのは脇役よ。
話はそこからだ。

439 :名無しさん@3周年:2007/02/27(火) 12:48:38 ID:NlZ9iiaQ
しかし、原核生物は勉強ができない

440 :名無しさん@3周年:2007/02/27(火) 18:27:40 ID:UgzF8EGl
>>439
勉強ってナンだ?
売値を下げたりすることか?

441 :名無しさん@3周年:2007/02/28(水) 10:33:14 ID:83aa5ted
>>440
それ、原核生物にできるか?

442 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 00:05:29 ID:C13R9CcT
質問に質問で返してるぜ

443 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 21:51:52 ID:VTxLmHGu
>>442
わかった。答えは「イエス」

それで聞きたい。原核生物が経済活動をするのか?

444 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 22:08:30 ID:aGuDrbvl
居ません

はりおりはべりいまそかり

ということです!!

445 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 10:34:20 ID:uUG8d0gp
>>443
しないよ。
宗教は経済活動だということ?

446 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 12:46:51 ID:PhrJrflb
キリスト教自身が神がいないと成立しない教えなんだよね。だから神がいるか
いないかそういった問い自体が信者にはなく、信者であれば神はいるのが絶対
なんだよね。だから哲学者でも神はいないとまでは考えることができなくて神は
いたんだけど死んだといったのよ。
キリスト教以上の考え、宗教をもとめるなら神がいてもいなくても成り立つ
超形式論理学の宗教がいい。実際は仏教しかないけど、その中でももっとも求心的な
浄土真宗が現代では最高峰だな。

447 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 13:19:42 ID:uUG8d0gp
>>446
赤信号みんなで渡れば的な宗教が最高峰?
日本人にとって最高峰?

448 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 02:18:56 ID:+yJBu4fr
>>445
たぶんそうなると思う。
宗教せいのある原核生物、ツボが何百万円もすると
知っていて、そんな値段を付けたら自分だけが儲かるという
欲望を持った原核生物がいるなら別だけど。

449 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 02:43:39 ID:m8izSWtc
町中で勧誘をしてくる宗教はオレオレ詐欺と同レベル!
「救ってやる詐欺」と名乗るがいい
■■■■■■■■■
「救ってやる!救ってやるからよォォォオオオオオ」
■■■■■■■■■
「おい、俺だよ!オレオレ!救いにきたぜ?救ってやるヨォ!」
■■■■■■■■■
「やばいよ?架空請求じゃないってば!大変なんだ!でも安心して!信じてくれたら救われるからよ!いや、マジ!」
▲▼▲▼▲▼▲▼▲
所詮人間の営みなんだしな、町中で声かけてくる宗教の勧誘はマルチ商法、強迫ばっかりだな。
大人が駆けずり回ってこの程度か・・・・泣けてくるな。。。

450 :名無しさん@3周年:2007/03/04(日) 12:35:05 ID:gzRmV13K
>>448みたいなことをいうと直ぐ止まるなぁ。
お金の感覚が原核生物にあるのかと言うことだよ。
よく考えて質問しようね。
批判とかののしりじゃなくて、ただ聞いているように見えたから。
2ちゃんねらーはただ適当に質問する人が圧倒的に多い。
それもこれも、ただ質問した方がわかるような話し方をしているからだけど。

聞いたら答え、聞いたら答え、というだけの話し方。
それだけが会話じゃないと思うんだよね。
だから、ただののしって言っているわけじゃないんだ。

451 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 22:24:31 ID:2u1DtHVH


452 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 11:41:38 ID:BaEIpCyJ
宗教はもうすぐ終わる!


453 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/03/21(水) 14:13:22 ID:vb4DEuIv
チッチキチ〜。
そんなワケ無いやろ〜。

454 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:36:54 ID:z75Nf7Ke
神が居ると居ないとか気にしてる人ってなんなの?と思う。
居れば悪い行いをしないで
居なければ良い行いをしないって事なの?
全く影響されん俺にはどうでも良い存在だ

455 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 00:48:16 ID:EJb3dUT+
>神が居ると居ないとか気にしてる人ってなんなの?と思う。
>居れば悪い行いをしないで
>全く影響されん俺にはどうでも良い存在だ

衝撃的なレスだな
これぞまさに中庸である


456 :神も仏も名無しさん:2007/04/01(日) 00:03:51 ID:E4DG0e6e
なんで影響されないのにこんなスレにそんなこと書き込んでんの?
まったく影響されなかったらそんなこと書かないだろうし、こんなスレ見もしないんじゃない?

457 :神も仏も名無しさん:2007/04/02(月) 12:09:31 ID:Ti7UwsMp
進化をするのが宇宙の法則だとすると、長い宇宙の歴史の中で能力の高い
生物として生まれてきたものや進化、突然変異により”超越した者”が
存在する可能性はあるだろう。


458 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 11:06:13 ID:WFzs3dAS
神がいなかったら
この地球はなかったさ

459 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 18:55:23 ID:VT5g1kpP
 私たちの住む宇宙は、なぜ知的生命のいる宇宙であって、なぜ物質だけの宇宙にならなかったのか。
これについて多くの科学者は最近、宇宙は知的生命の存在しうる宇宙となるように、
誕生の際からあらかじめ「プログラムされていた」と考えるようになっている。
どういうことかというと、たとえば「自然定数」というものに着目するとよくわかる。
私たちの宇宙には、たとえば光速、電子の質量、重力定数、プランク定数といった、ある「決まった値」がある。
これが「なぜその値」なのかを考えると、それはあたかも「知的生命を存在させるべく
その値をとった」としか考えられないほど、絶妙にコントロールされている。
 たとえば京都大学の佐藤文隆教授によると、電子の質量がわずか1%違っただけでも、
人間はできないという。1%くらい違ったっていいじゃないか、と思いたくなるが、たった1%でもダメなのである。
それほどこの宇宙は、絶妙にコントロールされて「知的生命のいる宇宙」となっている。
また、中性子の質量がわずかに0.1%違っただけでも生命はできない、という研究結果が出ている。
もしそれが0.1%多ければ、宇宙の中に生命が必要とする重元素(炭素、酸素、カルシウム、鉄など)が形成されない。
反対に0.1%少なければ、宇宙のすべての星がすぐ中性子星または
ブラック・ホールになって、崩れてしまう。いずれにしても、生命は誕生し得ないのである。
 原子核内の力−「核力」には、「強い核力」と「弱い核力」があることが知られている。
もし「強い核力」の定数が2%違っただけでも生命はできない、という研究結果が出ている。
「弱い核力」もそうである。それが数%違っただけでも、生命はできない。
そのほか重力定数、電磁力定数、光速等がほんの少し違っただけでも生命はできない、ということがわかっている。
 一方、ヘリウム、べリリウム、炭素、酸素などの核の基底状態のエネルギー・レベルも、
驚くほど微調整されていることがわかった。それがわずか4%違っただけでも、
生命体に必要な炭素と酸素が生じ得ないことになるのである。

460 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 18:57:20 ID:VT5g1kpP
 現在の宇宙は膨張しつつあることが知られている。この膨張率も、絶妙にコントロールされている。
それがもしほんのわずか・・・・アラン・グス博士の計算によれば10の55乗分の1・・・・大きければ、
銀河系も星も形成されなかったであろうという。反対に同じ割合小さければ、
太陽のような星が形成される前に宇宙が崩れ落ちてしまうシナリオとなった。
いずれにしてもそのような宇宙は、「知的生命のいる宇宙とはならなかったであろう。
 ほかにも多くの研究結果が出ている。宇宙の何をとっても、それが絶妙にコントロールされ、
微調整されている事実が浮かび上がってきた。つまり宇宙は細かい個々のこと、
および総合的なことの両面において、神がかり的なバランスのもとに造られている。
 だからこれを研究した人々の多くは、たとえそれまで無神論の立場をとっていたような人であっても、
なにか宇宙を超越した知的実在者の存在に、思いを向けざるを得なくなったと告白している。
たとえばポール・デイヴィス博士は、
「その裏に、黒幕的な何かが存在している強力な証拠が見えます
…宇宙を作り上げるために、まるで誰かが自然界の定数を微調整したかのようです。
…すべてがデザインされている、という印象は強烈です」と語った。
フレッド・ホイル博士も、宇宙の形成において「超知性」の働きがあったように見える、と書いている。
ジョージ・グリーンシュタイン博士は次のように述べている。
「すべての証拠をながめながら、何かそこに超自然的な存在者がかかわっている、
という思いが絶えず浮かんできます。そういうつもりではなかったのに、
私たちは、知らないうちに絶対的実在者の存在の証拠を、発見してしまったのでしょうか」
 宇宙がこれほど絶妙にコントロールされ、微調整されて造られているという事実は、
無神論の立場からはどうしても説明しにくいことである。
しかし、宇宙の創造者を認める有神論の立場からは、きわめて理にかなったこととして受け止められる。
http://www.ne.jp/asahi/seven/angels/utyuu.htm#zetumyounatie

461 :神も仏も名無しさん:2007/04/07(土) 19:18:53 ID:VRkq4I6k
誰でもいいから俺が納得できるように霊魂の存在を証明してくれ!
それさえあれば安心して死ねる



462 :神も仏も名無しさん:2007/04/17(火) 08:36:27 ID:W0cLW36Y
死んだらわかるよー^^
それにしても宗教となるとなんで宇宙になっちゃうんだろ。
異次元空間とか時間とかこの三次元では説明できないものになってしまうね。

463 :神も仏も名無しさん:2007/04/29(日) 23:03:13 ID:WO23YwBP
>>455
それちが、ちがう

464 :神も仏も名無しさん:2007/05/14(月) 16:12:53 ID:28xa8HuN
>> 現在の宇宙は膨張しつつあることが知られている。

宇宙が膨張していることがどうして分かった?

465 :神も仏も名無しさん:2007/05/14(月) 16:16:55 ID:28xa8HuN
>>461
>>誰でもいいから俺が納得できるように霊魂の存在を証明してくれ!
>>それさえあれば安心して死ねる

この世は物理的に存在しているのではなく、あなたの夢である。
で、死ねばこの世の夢から覚め、霊の世界にあなたは霊として存在する。


466 :神も仏も名無しさん:2007/05/14(月) 16:23:16 ID:tCA9XbkU
>>1
いると思えばいるんだよ。
いないと思うならいなくていいよ!くだらねえネタで糞スレ建てんな!糞ボケ屑阿呆!ww

467 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 16:27:02 ID:QmAijVQZ
>>1
神はいます。

ただあなた達が住める【こんな世の中】にはいません。

あなたは神には会えません。

あきらめて下さい。

468 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 19:13:44 ID:OA5Cmr8N
あなたはまだ神に会えません。

469 :⊥⌒≡哲学丸 ◆FVy0/WJrcA :2007/05/18(金) 20:30:57 ID:g+beDrhn
神の概念は何?

470 :⊥⌒≡哲学丸 ◆FVy0/WJrcA :2007/05/19(土) 00:07:51 ID:K7kCV+zH
朝まで生討論WWW

471 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 06:19:05 ID:zs9j7cFl
朝だよ。

472 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 06:53:35 ID:pdg9hnqi
>1
現代の科学的研究に依ると神が「こんな世の中」を造るのに137億年かかっている。そしてご存じのように「こんな世の中は」今この瞬間にも発展進歩を遂げて居る
宇宙の寿命は150億年あるし地球が太陽に飲み込まれるまで後五十億年ある
「こんな世の中」が現代人が夢想する「天国」にまで進化するまでそんなに時間は掛からないと思う。


473 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 13:58:42 ID:r/c4SJpN

>宇宙の寿命は150億年ある

どちらのお説でせう?

474 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 14:01:48 ID:r/c4SJpN

>現代の科学的研究に依ると神が「こんな世の中」を造るのに137億年かかっている。

現代の科学的研究に依ると宇宙が「こんな世の中」になるのに137億年かかっている。

475 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 14:05:07 ID:r/c4SJpN

>今この瞬間にも発展進歩を遂げて居る

価値観に基づく「進歩」などという語は不適格。

476 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 14:06:56 ID:0vHAPmGk

>「こんな世の中」が現代人が夢想する「天国」にまで進化するまでそんなに時間は掛からないと思う。

キリスト教右派やイスラム教が頑張っていると、実現するのは地獄の方だろう。

477 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:29:43 ID:1PhpUTkl
いじめ、自殺、凶悪犯罪、などから分かるように神はこの世を軽視している。
おそらく、この世よりももっと、素晴らしい世界が無限にあるのだろう。
だから、人間も、この世のことを、軽く淡々と考えればよい。

神に反して、権力、金、女などに執着して、この世を重大視して、
重く考える人間は、トラブル続きの不幸な人生を歩んでいくことであろう。

478 :⊥⌒≡哲学丸 ◆FVy0/WJrcA :2007/05/19(土) 21:46:35 ID:K7kCV+zH
>>477
(-。◎)y-゚゚゚
すなわち、、
人のイノチも軽く
見ている訳ね、、

479 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 22:22:29 ID:1PhpUTkl
>>478
そりゃあ、現実の悲惨な状況、30頃から老化が始まり、80位で寿命をむかえることからも、
神が人間を大事にしていないことは間違いないでしょう。

また、犯罪や自殺などの重大なトラブルをひきおこすのは、
人生を重く深刻に考える人が多いように思われる。
いろいろ、ストレスを溜め込んで爆発しちゃいますからね。
人生を軽く考える人は、たとえ負け組になったとしても、思いつめたりしない。
最初から、人生に大して価値を認めてないわけですから。

要するに、人のイノチを重くみる人のほうが、
実際には、自他のイノチを奪いやすいというようなこともありうるというわけです。

480 :⊥⌒≡哲学丸 ◆FVy0/WJrcA :2007/05/19(土) 22:38:48 ID:K7kCV+zH
>>479
(ー。ー)y-゚゚゚
ふーん、そーいう意味でね、、
言われてみればなるほどかなと、、、

で、その意思は神の意思という事なんですかね?

481 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 22:48:34 ID:HDPogcEi
キリストとかw
昔の暇人が作りだした漫画でしょ?
妖怪と同じだってw
よくあんなに種類を創ったと誉めてあげたい



482 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 23:04:04 ID:1PhpUTkl
>>480
自分の頭の中では、神の意思という事になっていますw
結局、私見にすぎませんw

あと、人生を軽く考える人にも、大雑把にいって、宗教的信念をもって、軽く考える人と、
チンピラタイプの軽く考える人の2タイプがあります。
後者の方は、犯罪を犯しやすいですね(^-^;)ゞ

やっぱり、神の意思に沿っている、という宗教的信念を持ってない人は
人生を軽く考えない方がいいかもしれません。訂正しますm(_ _;)m

483 :⊥⌒≡哲学丸 ◆FVy0/WJrcA :2007/05/19(土) 23:06:31 ID:K7kCV+zH
(へ。。へ)y-゚゚゚


484 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 15:17:01 ID:GUOdy8Ce

>そりゃあ、現実の悲惨な状況、30頃から老化が始まり、80位で寿命をむかえることからも、
>神が人間を大事にしていないことは間違いないでしょう。

大半のほ乳類はその人間の数分の1の寿命。犬猫なんて、人間がまだ成長中に老化して死んでしまう。
連中が何か、人間よりも神の気に障るようなことしでかしたのかねえ?

485 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 13:59:49 ID:FDJhwioz
>>484
原子は、陽子、中性子、電子から成る。
陽子等は、素粒子から成る。
素粒子にも、内部構造があるらしい。
神秘の世界。

人が歩くと、虫を踏み潰すこともあるでしょう。
知らず知らずのうちに、他の生物の命を奪ってしまうのが、
この世の生業です。
生物が、老化せず、永遠に生き続けたら、かなり怖いです。

486 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 06:19:35 ID:RitkFj+Q
神はいるよ
ただ人間の味方じゃないだけさ

487 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 07:29:20 ID:PLnqZLwV
味方だとか敵だとか、人間的価値観で測るなよ。

488 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 07:31:26 ID:PLnqZLwV

>生物が、老化せず、永遠に生き続けたら、かなり怖いです。

シアノバクテリアなんか、30億年かそこら、ずっと生き続けているわけだが?

489 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 12:15:11 ID:rvjhw+MV
>>488
30億年前に存在した個体が、現在も存在するということですか?


490 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 12:48:05 ID:i7QjCb7r
神は人間には理解出来ん

神には悪は存在しない と言うのは知ってる

491 :神も仏も名無しさん:2007/06/15(金) 12:56:49 ID:i7QjCb7r
いる いないではなく 神は存在そのもの。神とは純粋性そのもの故、自由意志を賦与された人間には理解され難い と言うのが本音


492 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 11:14:10 ID:niN5E7Pf
>>489
微生物に於ける個体の概念とは何ですか?

493 :神も仏も名無しさん:2007/06/17(日) 11:16:54 ID:niN5E7Pf
善悪は至極相対、ご都合概念である。
それを神の定義に用いるなら、神そのものもまったく信頼性を持たない。

494 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 12:11:42 ID:BbReqoYk
>>492
>>http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2002plantevo/virtual/2/2_1_1.html
私もよくわからない。人間の個体ならわかるけれど。
シアノさんになってみないとわからないですう!

495 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 12:37:42 ID:PnHJvZZB
アホが集まって
やれ神はこういうものだとか
やれ所詮人間が作ったものだとか
やれ神とはこういうすばらしい方だとか・・・・
知恵の無いアホの主観、全く意味が無いね
自分だけは本当のことを知っている
俺だけは特別だ
アホ丸出しだね

「分からないものは分からないとする」
どうしてこういう当たり前の考えにならないのか不思議だ


496 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 13:06:16 ID:XdanEgWA
神はいると言う人はいない側に、いないと言う人はいる側に分かれてディベートしてみたい。

いや、別に意味はないスけど面白そうだなと。

497 :神様、アホに救いを:2007/06/18(月) 16:56:42 ID:BbReqoYk
>>495
私は、アホを自認しているほうが気が楽なのですが、分からないことがあると、
分かりたくていても、たってもいられない性分であります。
こんな人間が若干名いても、神様は許してくれるだろうと気楽に考えている、
正真証明のアホです。

科学が発達しても未解明の領域があります。
むしろ、科学が発達すればするほど、未解明の領域が際限ないことを思い知らされます。
そういった、未解明の領域に踏み込んでいくとき、人は神を感じるのではないでしょうか。
感性は、人それぞれです。
仏性を感じたり、八百万の神を感じたり、唯一神を感じたり、全く感じなかったり。
神を感じない人生も、それはそれで良いと思います。
私自身は、神秘的に感じる事象に出会うと、なんとなく、神様って存在するんだろうなーと
思います。


498 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 17:36:36 ID:DXUtzlik
神がいないと説明出来ないことなんて無いではないか?
説明出来に事は説明出来ないというだけで、神を持ち込んでも何の解決にもならない。

499 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 17:38:04 ID:DXUtzlik
    ↑ 
    ない

500 :神様、アホに救いを:2007/06/18(月) 18:16:58 ID:BbReqoYk
>>498
神の存在を持ち込むと、自分の中にある「説明したい気持ち」が治まって、気が楽になる。
というわけで、自分の心の葛藤を解決するためには、非常にありがたい存在と認識しています。
ですから、神がいると気が楽なひとは、勝手に「神は、いる」と思えばいいと思います。
「神は、いない」という人は、それでいいと思います。
「神は、いない」と思う人を説得しようとするのは、楽しくなさそうなので、
私は、ここで、退場します。

501 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 20:40:05 ID:2ZQrlLeX
神は脳内ということか

502 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 20:40:46 ID:snN3YLtV
トランキライザー

503 :知世様:2007/06/23(土) 19:58:18 ID:s3WOVQ21
天国に一番近い島
それは、にっぽんです。

504 :イカワ:2007/06/30(土) 08:14:09 ID:vRzhdI2z
下ネタの神が降臨したらしい、この近くに。

505 :神も仏も名無しさん:2007/06/30(土) 19:06:22 ID:vRzhdI2z
バンテリンの神ならいるよ。
質問なんかないよね…

506 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 07:51:06 ID:tUlOlujp
昨日は、日曜日なのに、働いてたよ。

507 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 10:46:43 ID:5IH9VeQA
宗教の特徴にあたかもそれが教義によってもたらされた結果である
みたいな身勝手な刷り込み、吹聴をする部分がある。

例えば生命が生まれたのは創造主である神のおかげである。 その神に私は
使える立場であり代弁者である と嘯く教職者がいます。

しかし本当はその教職者が勝手に神とういう存在を作り出し妄想で信じ込み
自分が仕えてる、代弁してる存在だと勝手に名乗ってるだけに過ぎないのです。
所詮世界の宗教は最初に妄想から膨らませた虚空であり個人の考えの一つに過ぎません。

それを他人に言葉巧みに信じ込ませ身を捧げさせる。 宗教とは結論的に言えば
自分の考えや都合の良い人間にする為に宗教の名の下に他人を支配したり洗脳
する行為に集約されるでしょう。

このスレ的に言えば神様とは個人で勝手に作り出した虚であると。

508 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 06:53:25 ID:IP2kyszj
居る派

宇宙は神が幸も不幸も体験し完全である為に存在する世界
一切の誤解無く苦しみも喜びも理解できる時間の外の存在の為の世界

しかし彼の喜びは又、私の喜びであり
私の苦しみは、彼の苦しみでもある

宗教に限らず知性は
一切の誤解無く世のあらゆる不幸や苦しみを彼我の境なく体験する彼の
狂気の断末魔から放たれた後悔の意思

恐ろしい、熱い、寒い、苦しい、ひもじい、悲しい、痛い、切ない、悲しい、恨めしい、悔しい

彼自身に伝わるそれを何とかする為にその内包する世界にもたらされるヒントを得て生き物は進化する
しかし完全たる存在が完全たるためには彼はそれを内包した世界で体験し続けなくてはならない
多くの人々が持つ終末の予感、カタストロフたる神の自害を防ぐ為にある唯一の希望たる事

それは同じ視野を持ち同じく全てを体験しながらそれを許す、或いは、心の内で昇華出来る者をその中に得る事
多くの宗教はその者を産み出す為に存在し伝えられている

神の為の世界と言えばエゴイスティックに感じるだろうが
彼は全ての人の考えも思いも誤解無く体験し続ける個人それぞれと等しい存在であり
その幸福を願う事は驕りも偽りも無い純粋で切実な願いであり慈悲だといえる

509 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 18:01:16 ID:U1XblPJ+
【在日北朝鮮カルト顕正会絡みの凶悪犯罪の歴史・日本編 第一部】
1992年 8月28日 顕正会への入会強要 顕正会員 2名 逮捕 送検
1993年 3月26日 拉致監禁暴行 男子高校生失明 逮捕 送検
1996年11月 2日 覚醒剤取締法違反 顕正会員 逮捕 送検
1999年 8月 入会強要で暴行 男子高校生骨折の重傷
2000年11月 入会強要 森田 議文 中原 ムネハル 小川 ジュン 北森 某 事情聴取 厳重注意
2000年 5月 2日 顕正会員が強制わいせつ・余罪多数 丸山 陽三 立件 逮捕
2000年 3月18日 顕正会員が違法射撃 秀島 裕展 逮捕 送検
2001年 7月25日 顕正会員が住居侵入・暴行 田中 えりな 逮捕
2001年 7月 2日 入会強要・暴行 桜井 祐也 太田 隆司 高橋 康晃 逮捕
2001年 3月 4日 入会強要 顕正会員 武藤 ひさ子 解雇
2002年 6月15日 殺人・覚醒剤取締法違反 顕正会員 宇高 明男 宇高 聡 起訴
2002年 6月15日 殺人 顕正会員 宇高 明男 逮捕
2002年 5月 顕正会への入会強要 小池 淳子 厳重注意
2002年 4月 顕正会への入会強要・殺人未遂・暴行 前川 某 逮捕
2003年11月11日 顕正会への入会強要 松野 登志彦 和田 茂樹 逮捕
2003年 9月19日 軽犯罪法違反(つきまとい) 顕正会員2名 逮捕 送検
2004年 6月   ジャパネットたかた契約社員(37)約51万人分の顧客情報を記録して流出させる。
2004年 9月14日 大阪教育大付属池田小学校殺人事件 宅間守死刑執行。
2005年 5月 5日 監禁 石川 秀樹 行徳 祐一 逮捕 「 起 訴 猶 予 処 分 」にて釈放。
2006年 7月 3日 傷害 群馬の中沢誠が元短大教授(71歳)を暴行、顕正会群馬県施設に一斉捜査。
2006年12月    埼玉・行田市で溝口順子容疑者(47)ら2人が器物損壊の疑いで逮捕、ほか二名別件で逮捕
2007年 1月11日 「顕正会本部」を初捜索 大学生に入会強要、「神奈川県警公安1課」が3人逮捕
2007年 2月   派遣社員の顕正会員が派遣勤務先から約900万件の個人情報を持ち出し逮捕。
2007年 4月 奈良の騒音おばさん実刑確定。刑務所送りになる。
2007年 4月19日 1999年9月池袋通り魔事件 造田博被告(31)死刑確定。
2007年 5月18日 千葉県八街市の派遣社員坂本和章容疑者(25)が飲酒運転で男子高校生(15)を轢き殺す。

510 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 18:55:52 ID:svAOX4F/
家族の心配ばかりして
骨おしみせず家事をしてくれて
決して荒い言葉を吐かず
いつも笑顔でいる姉が私の神です。

ありがとうございます。


511 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 23:32:14 ID:OnNxScBZ
神がいないと困ることは特に無し。
いらないものはいなくてヨシの原則で、いない。

512 :神も仏も名無しさん:2007/07/29(日) 00:06:46 ID:xBeSoyEd
>>510
素敵なお姉さんですね。
ご自愛なさるようお伝え下さい。

>>511
「いらないものはなくてヨシの原則」??
「オッカムの剃刀」のことですか?

あれは一つの理論体系の中での不要な仮定を体系内から「そぎ落とす」ことを言ってるだけで、
その「そぎ落としたもの」を全否定できるわけではありませんよ。


513 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:20:35 ID:U4eDcZlB
無いものを無理矢理あると言い張るのは、何の粘着って言うんでしたっけ?

514 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:27:33 ID:vhbuQ7yY
人間が作り出した概念として神は存在している。

だけ。




515 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:29:24 ID:aHXE+ph5
それもかなりきわどい妄想概念

516 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:32:40 ID:pCDTCxPR
犬小屋には作った人がいる。
だから、地球を作った誰かもいるんだろう。

517 :(^ω^):2007/08/02(木) 21:31:40 ID:1HPPiziB
(^ω^)紙入る。髪生えないんをぉぉぉぉぉ〜ん!

518 ::2007/08/08(水) 16:05:07 ID:l6RE4ucu
神がいるいない、信じる信じないってのが変
人間は
1、どこからきて  2、なにをすべきで  3、どこにいってどうなる
この疑問があって、その説明が神概念で神話で宗教なんだな
それは倫理のオーソドックスな型ということだな

つまり神を信じるんじゃなくて、神概念という倫理を受け入れるか受け入れないかってことなんだと思う。

519 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 16:07:25 ID:jL9MkK1v
倫理?

520 ::2007/08/08(水) 16:26:13 ID:l6RE4ucu
宗教の神概念 哲学だって根底概念の説明には根拠がない 論語や政治思想もふくめて
それら広範囲なものを

倫理というのだよ

521 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 17:06:52 ID:BEs0JhGp
タルパです

522 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 17:09:14 ID:BEs0JhGp
論理で解明出来ないなら作ってみればいい

523 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 17:27:29 ID:l6RE4ucu
>>521-522 タルパでなにか解明されたのですか?

524 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 17:33:40 ID:BEs0JhGp
>>523 人工精霊が作れます。
神や聖霊を見た人はこれと同じ原理だと思います
http://www34.atwiki.jp/madmax_2007/pages/140.html

525 ::2007/08/08(水) 20:02:15 ID:dlu2IjDs
人間が作れるものを、キリスト教では精霊とは言わないよ

526 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 22:52:07 ID:E0IDgeK4
信仰をたやすく受け入れられる精神と、信仰に固く心を閉ざす精神と
二つの生き方がある。両者は決して交わることはない。
しかし、自分とは異なる精神を理解することは有益である。
たとえ死後生があろうがなかろうが、神があろうがあるまいが・・・

527 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 23:07:48 ID:xtJKBY6J
神などいない
大体何故皆が神という神は人間の姿をしている?
もしも仮に神がいるとしたら姿かたちすらないはずだ
それに人間だけじゃなく全ての生き物の神であるはず
もし神がいるとしたら神は自分自身の心の中に存在する

528 :神も仏も名無しさん:2007/08/09(木) 08:58:26 ID:n9KB64OP
勝手に神を妄想して否定するバカ。
宗教きちがいが科学理論を脳内で捏造しては否定するのと構造がまったく同じ。

529 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 12:24:39 ID:KeGTuUaG
>>527
人間の姿にあらわしているのはキリスト教。
イスラムもユダヤも神の姿を描くことなどできないとしている。
仏画は悟達した人間の像なので神ではない。

バチカンがなぜ神の像をあらわすのを許したのかは浅学なのでよく知らないが、
おそらく布教のためと、イエスを含めた数々の事件のためではないか。
もともとイエス自身が、人間に産ませた子という設定なので、
人間と神との間の子なら、あらわしてもいいだろうと解釈したのではないか。


530 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 12:29:59 ID:GsmWKBYU
仏教では、神様もちょっとレベルの高い生物にすぎず、
死んで輪廻転生する迷いの存在の一つだと言われます。


531 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 00:15:33 ID:yMkBWogI
>>527
人間の姿にあらわしているのはキリスト教。
イスラムもユダヤも神の姿を描くことなどできないとしている。
仏画は悟達した人間の像なので神ではない。

バチカンがなぜ神の像をあらわすのを許したのかは浅学なのでよく知らないが、
おそらく布教のためと、イエスを含めた数々の事件のためではないか。
もともとイエス自身が、人間に産ませた子という設定なので、
人間と神との間の子なら、あらわしてもいいだろうと解釈したのではないか。


532 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 00:29:21 ID:EqAPVLp3
妄想も形にすると解りやすいってことかw

533 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 08:07:25 ID:CEocbXVC
オレ、コタエをシッテルよ!

オシエタろか?

534 ::2007/08/14(火) 12:30:34 ID:hteZMPic
イメージに実態なんかないよ イメージはイメージ
精霊なんかは姿がないのだが、六枚の翼の化け物やハトみたいに無理やり絵にしたり
いくらなんでもハトじゃいかんだろうと、イエスを三人書いて父・子。精霊と書いてみたり
三位一体という概念自体がそのものの表現でなく、人間サイドに振った観測表現なんだよ

あと神がいるいないという討論方向が疑問

神概念を受け入れる主観と、否定する主観があるだけ


535 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 17:56:08 ID:CEocbXVC
糞アクマなら見たことあるしトリツかれたから詳しいが神や仏はいないだろな

536 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 18:01:30 ID:VqPqVnN8
神も悪魔も妄想

537 ::2007/08/14(火) 18:15:19 ID:GZn0zyTK
>>535 だろうなですか根拠はないわけね
神ってなんですか?いるいないの存在でしか?

>>536 天使と悪魔ならわかるけどw

538 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 18:18:23 ID:di4U2Ohp
聖書に出てくる神様は、いないと思う。


539 ::2007/08/14(火) 20:34:21 ID:H2qgy9nc
>>538 きみがいると思う神は?その根拠は?

540 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 01:07:42 ID:qd6a7r/G
>>539 わかりやすいように聖書の神と言っただけで、
基本的に、神様は人が考えた観念の中にしかいないと思う。
概念や観念でしかないものに執着すると、苦悩の原因になります。


541 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 01:11:02 ID:qd6a7r/G
神様だけではなく、人間も自分も、過去も未来も、概念や観念の中だけの存在です。
観念や概念は心のできごとなので、
映画の映像のように瞬間瞬間に生じては消えてゆく現象です。
そのようなものに執着すると、
今・ここの現実をありのままに見ることができなくなり、
苦悩の原因になります。

542 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 01:14:45 ID:w+NR+U54
仏陀が今の日本にいたら、ただのホームレスだろな

543 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 01:29:49 ID:kmbPVP/N
>>541
あなたはあなたの片方の何れかの指を
もう片方の掌でへし折って見るが良い。

その痛みは"瞬間瞬間に生じては消えてゆく現象"だから
"そのようなものに執着すると"
”今・ここの現実をありのままに見ることができなくなり、
苦悩の原因になります。 " ね?

544 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 01:41:24 ID:qd6a7r/G
>>543 僕はまだ、執着が少し減ってきた程度なので難しいですが、
先日、タイの僧侶が自分の性欲をなくすために性器を切断したニュースがありました。
ただし、お釈迦様は、同じように性器を切断した弟子をしかってますから、
その僧侶の行為は修行方法としては間違いです。

ある僧侶が言うには、瞑想によって痛みは耐えられるそうです。
痛みより、かゆみのほうが難しいそうです。

545 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 01:51:49 ID:qd6a7r/G
>>543 指に対して「自分のもの」という概念で執着することが苦悩の原因になる。
少なくとも、そのことを知ってるだけでも心は成長します。
指を怪我したときに、
「そもそもこの指を自分の所有物だと思うのは勘違いだ」と気付けば、
痛みはあっても悩みは減ります。
自分の肉体も自然現象の一部にすぎない。
お天気を思い通りにできなくてあたりまえなように、
自分の指や肉体が自分の希望に反する変化をするのも、
本当はごくあたりまえのことなのです。

546 :刈る民:2007/08/15(水) 01:54:10 ID:jmn6AwA8

ハハッ 確かに、かゆみ だな・・・。(汗)

547 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 02:12:13 ID:w+NR+U54
どんな宗教でも見返りを要求する時点で偽物!

本当の神なら「金持ってこい」なんて言うか?

548 ::2007/08/15(水) 02:55:39 ID:qbTSiSzr
>>540-541 神がいる神がいないとするなら神はいませんよ

あるのは神概念があるのです。神概念を共有する人間集団が言語という思考を形成し
意思の疎通が出来るようになったのです。言語は意思の形態です。
執着したしないは、個人の資質の問題です。アンチ神も執着なんですょ?

549 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 03:10:50 ID:m77VgnDU
脳の電気信号じゃない心ってモンをなんとなく自分の中に感じるから
そうゆうモンはあるんだろう

心は電気信号なんだろうけど実感として別のものの様に感じる機能がどうも人間にはあるようだし
それはそれで何か意味はあるんだろうし

550 ::2007/08/15(水) 03:18:46 ID:qbTSiSzr
電気信号以外のホルモン伝達物質もお忘れなく
加齢で減少して更年期障害で精神も弱くなるわけですが
言語種で人種以上に反応する部位が違うのと個人差があるのはCTスキャンでわかっています。
脳の形成期の構造問題の縛りもあろうかと思うよ

551 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 06:03:27 ID:qd6a7r/G
>>548
観念上の物語である聖書を事実として信じさせるような宗教について、
どう思われます?

552 ::2007/08/15(水) 07:48:08 ID:pYFLn5NB
>>551 ユングフロイトじゃないけど、事実認識には表層と深層があるのでは?

表層での事実認識なら嘘で終わりでしょうね、化学的物証がすべてです。
深層での事実認識とは、対象がもつ意味合いに合意するという認識表明ということです。

553 ::2007/08/15(水) 23:30:21 ID:FVCtez/K
神がいるというとオジサンが窓に足ってるイメージだから
居ないと思うんだと思う。

554 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 05:48:26 ID:ye4Bl3UR
>>215

555 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 05:55:51 ID:ye4Bl3UR
>>215
化けてるならバケモノだろ。
糞あくま

556 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 07:40:59 ID:/BdZRVNC
いないに一票です。

影響は在っても、実証されないからです。

557 :神も仏も名無しさん:2007/08/21(火) 03:49:33 ID:XJBVpBXp
神気取りの糞アクマは全てに化けている。 生物、物、視覚、触覚等の五感、時間、空間、等。 殺人犯、ニート、スポーツ選手、 ビジネスマン、無神論者にも当然化けている。
もちろん、神や御使いにもね。
つまり、神vsアクマではなく 神気取り派のアクマvsアンチ派アクマ。

558 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 03:05:29 ID:J8niDgOv
あげ

559 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 08:51:52 ID:7UiYGVLS
どういうわけだか、当たり前というものが、目の前に流れて
います。上から下に落ちるし、スイッチ入れたらモーターが
回る。
例えば引力に引力という名前をつけようが、つけまいが、上
のものは下に落ちるのは変わりません。
生命は合目的的に創られていると思います。つまり、胃が胃の
肝臓が肝臓の、脳が脳の機能を果たすという意味で。
その意味で、何かがありそうだとは思うのです。
しかし、それが人の記した一冊の書物にすべて含まれているの
か、というと疑問は残るし、また、その書物の中にぜんぜん
含まれていない、というのにも疑問はのこります。
全知全能だとか、何かに帰依すれば、というような人格神につ
いては、まず、いないような気がしています。
ズルをして神を演出するような、教団はいくらでもあるし、ズル
をしなくても、ご都合主義的にご利益を発見してしまう信者さん
もいくらでもいる、と考えています。
その人が幸せで有ればいいのか、というと、そうでもありません。
その人と、その人に関係するすべての人が幸せであればいいです
ね。

560 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 09:26:52 ID:h6ASMQIa
いる、いないを超越してるかもしれない

561 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 12:56:09 ID:h6ASMQIa
神という言葉は存在する

562 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 12:58:26 ID:NpUaWZow
あのー
素朴なぎもんなんですが
いまどき神とか、おかしいとわかりますよね?

人間の進化の過程に仏教の神のような手が八本とかそういう人いないしww
人間の前に栄えていた恐竜は、神とか言ってたの?
原始人もいってたの?
進化の過程で想像力つけた人間が倫理観や秩序のための宗教じゃないですか?

なんで豚や犬も人間と同じ目があり内蔵があり 同じ生きてるのに神はいないどころか
牛のように食うために生かされる動物がいるの?人間も動物じゃない?
でも神は人間だけに微笑むの?

ナンで東洋人と白人は神がこんなに違うの?同じ人間なのに神は人種によって違うの?
聖書じゃ
白人は人間であり
黒人はその人間に与えられた奴隷であり
黄色は それらの奴隷である
といってるよ?神も認めてるよ俺たち黄色人種が劣等人種と。
白人の国じゃ黄色人種差別ひどいよ?なんで神は救わないの?白人同様
白人の神のほうがやっぱり優れてるから?

宇宙の時代に何で神が地球だけにいるの?

これらの疑問がわきます  どうなのよ??


563 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 13:08:39 ID:WIcRz7HA
そんなくだらない疑問がわくのはお前が無学でバカだから。
しかも断定してる事すら間違ってるしw



564 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 13:14:33 ID:NpUaWZow


>>563
僕の論点に対し、馬鹿でかたずけるのはかんたんですよね?

僕も確かに無学です  でも主教興味ない人はみんなこんなかんじにおもxってるのも事実

だから  もしわかるなら、答えて私のような馬鹿におしえてください

馬鹿に教える薬なしとか  都合のいい拒否なしで、説教してやってください

565 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 05:35:05 ID:OY3Adq3/
神なら俺の隣で寝てるよ

566 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/08/26(日) 06:02:54 ID:uloqAJ5D
>>562
あのー
バカみたいな解答なんですが
アインシュタインも神を信じてたの知ってますよね?
仏教のボサツや明王は単なる比喩で、身体障害者の方に特別の想い入れとかそういう教え無いしww
てか、君、恐竜が知的生命体って思ってたの?(笑)
原始人に会った事あるの?(笑)
進化の過程で想像力つけた人間が倫理観や秩序のための宗教に対して君が代案を示すの?(笑)
なんで豚や犬に神が必要だと思うの?(笑)
人間も動物じゃない?当たり前じゃない?(笑)
神々が人間だけに微笑むのは、当たり前じゃない?

>同じ人間なのに神は人種によって違うの?

文化が歴史が環境が違うからじゃない?(笑)

> 聖書じゃ

> といってるよ?

あんな邪教を気にしてんの?(笑)

> 宇宙の時代に何で神が地球だけにいるの?

宇宙の時代って何よ?(笑)
アクエリアスの時代ってか?(笑)

中々愉快なカキコに思わず釣られちまったぜ♪

567 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 06:15:11 ID:uWnCOpHk
言葉の遊び。むろん論理なんかありません。
有無・言葉・論理を超越しているというのも言葉だから端的に矛盾です。

568 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 08:22:26 ID:+UBbA0bT


>>566

みなさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん  聞いてヨコのヒトの回答

物凄い身勝手の自分の脳内でしか完結できてないただの宗教マニアですよね?
大学のディベートでこんな回答が通用するの?
知識レベルも低すぎですね〜〜〜
こういうヒトが神を信じてやまないんだなと、今日分かりました

569 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 09:16:51 ID:0fZ7AvFF
まぁ、そもそも元の質問してる方が中学生以下な感じだしな……

570 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 09:29:07 ID:rR2Wf87M
簡単だよ。
すべて妄想だから支離滅裂なんだよ。

571 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 09:41:05 ID:+UBbA0bT

じゃあ支離滅裂というなら
神は人間だけを優遇し
動物はすべて人間のために生かされ地球宇宙もすべてにんげんのためにあるおのとして
神が創ったんだな??

その結果人種単位どころか、民族単位で神の存在も概念も価値も違うほど混在し
あげくはその神の信仰が、過去の歴史において、西洋文明のように
虐殺と侵略と差別を生み出す恩賞になってるのはなぜ?wwwww

神は人も救うけど、人も殺すのかい?君たちは白人から差別受ける黄色人種程度だろ?w神は救わないの?

宗教や神という存在が概念というあいまいさが、そこに異端虐殺、悪徳商法、侵略、東洋人差別、という数々の
負の歴史もうんでるよね?君たちにも分かるように言えば、ナチ、十字軍、教皇の権威 免罪符 異端審問 魔女狩り 神聖ローマ帝国の存在
言えばきりないよ

人間は偶然いろいろなイベントが起こり進化しただけの偶然の産物 
隕石落ちて恐竜が絶滅したのも神の意思?隕石落ちなきゃ人間なんて存在しないよ今?
神は種族も絶滅させる非道も許すの?

572 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 09:44:11 ID:+UBbA0bT
そういうあいまいさが宗教ということになるといわれてもそれじゃしょうがありませんね?

そういう宗教が 人を殺し、人も救う

西洋史の歴史見てくださいよ
いいように権力者に使われたあげくにどれだけみにくいことしました?宗教の名の下に?

いまだにかわらないでしょ?
宗教の神という概念でしかない存在感が 新興宗教や悪徳商法、同属嫌悪や異端虐殺をうみだし
人の争いの恩賞を生んできた歴史

また心の教育とも目す宗教いうまたあいまいさが
また宗教という非常に不透明な部分に合致して
同じ不幸を生んでいくと考えられませんか??

573 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 09:47:26 ID:+UBbA0bT
どうしてこれを神の教えは抑えられないどころか
何度も同じ過ち繰り返すのですか?人間だから?
それでかたずけられるなら、法律でヒトの心がんじがらめにしたほうが
何倍もこうかあると思いますよ?心の隙間をうめる宗教より。

悪い面にはふたをしろと、都合のいい見解にしか聞こえない

目にふたできるクラスかな?十字軍遠征も、異端審問も、ローマ教皇の権威も
免罪符も魔女狩りも 神聖ローマ帝国も ここまでの虐殺劇のまたひとつの顔であるキリストの負の面
は目を覆うことできますか?宗教家として?
でも確かに人の心も救ってるのも事実。
でもいいことしてるんだから、脱税許せと同じ理論じゃないですか?
神には明らかに陽と陰が存在してます
それはどこの宗教ももちろん同じですが、これがあいまいさゆえの悲劇でしょ?
プロテスタントもカトリックもいまだに悲劇の火種じゃないですか
だれも確信つけば答えてくれません。
科学者は正確な数値で表現し納得させますが
宗教家は説法といて説得にしか聞こえない
なにも最後は都合のいい自分たちの解釈しないから
宗教はすばらしいですが、枠組みがあまりにも曖昧模糊なため

あらゆる人の不幸にも漬け込むものでもあり、悪が栄える加担をしてないともいえない

こういう現実をもうすこしはっきりさせなければいけないと感じます



574 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 10:29:00 ID:o0APLdjI
宗教だけで原爆は作れないが、地道にやれば数ヶ月で核兵器並の虐殺も出来る悪鬼の実力。
妄想概念に過ぎない神の名は、実体がない分、焚き付ければ最強の殺戮兵器になる。
あれは異教徒悪魔の使いだと言い含めれば、自覚も躊躇もなく殺し尽くせる。

575 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 10:52:04 ID:9hc12SPS
エホバの証人になり易い性格

現実逃避と楽園志向

エホバの証人の人々の多くに共通している一つの性格は、
不安神経症的な性格の人達です。
ものみの塔が教える永遠の命と病気も苦しみもない
「地上の楽園」の約束は
現実から逃避して心の平安を得ようとする、
不安神経症的な性格の人々を集める結果となります。


576 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/08/26(日) 17:59:53 ID:uloqAJ5D
徹底討論と言いつつ、論すら立てられない件について(笑)

577 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 00:28:36 ID:9jGwQ7CR
>>562
>聖書じゃ 白人は人間であり 黒人はその人間に与えられた奴隷であり 黄色はそれらの奴隷である といってるよ?


聖書のどこになんて書いてるか教えてくれる?


>白人の国じゃ黄色人種差別ひどいよ?

↑これに関しても。


578 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 03:52:37 ID:7P8HhPI4
大体、基督教者のみ相手にしてるんならそう言っとけば良いのに

神なんてそれこそ世界中、民族毎に居るってのに

579 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 04:49:13 ID:9jGwQ7CR
ドブに映りし、上空の虚像。
これは上空なのか、それともドブなのか?

580 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 13:20:00 ID:xFmu1lJc
>>577

黄色人種は差別はなく白人と同等の権利や人権が世界中で確立されてると勘違いしてる?ww

戦前日本は国連に、東洋人差別撤廃法案をだしても
白人社会から国連の場で拒否されてるし。

そもそも白人の有色人種差別など、いちいち語らなくても
わかるでしょ?wwwww



581 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 20:04:55 ID:t6ZndMdK

>狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
>そしてそこからはいって行く者が多いのです。いのちに至る門は小さく、
>その道は狭く、それを見いだす者はまれです(聖書 マタイ13:24)

世界最大宗教のキリスト教は、その門は大きくその道は広いw 

↑のまんまでつが? どうなってんの?



582 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 00:12:39 ID:AbM7xVG6
存在の図表
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/zensonzainohyou0831tensiweb0809.htm

HP:
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html

583 :生田神社:2007/08/28(火) 01:05:34 ID:j5oVoyS9
こんな神様がいます。
http://www.hoosoo.tv/Default.aspx?tabid=58&v=03-a8c7b605-98ee-464a-a291-01daa173362a

584 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 10:17:26 ID:N07rq2/b
age

585 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 13:31:33 ID:dmosgef/
信じる者の中に神はいる。信じぬ者の中に神はいない。
己の中に神を宿す人間に大切なのは、神が万能はありえない
と言う事を認識する事。価値の普遍は、文化の多様性の中で
にあっては空想でしかないから。誰かも言ってるが、発するのが
神であっても、行うのは常に人だからだ。俺には神はいないですけどw

586 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 18:18:49 ID:rVCgyEn4
妄想だなやっぱり

587 :585:2007/08/30(木) 09:06:52 ID:AOMsaDEH
>>586

そう言う事w ただそれに苦言を言おうとは思わないけどね。
心の支えみたいな物が貧困事態の際の最終防御壁みたいな物
でもあるし。その由来が神仏であれば尚更な訳でさ。でも、そ
もそも貧困自体が宗教に由来する格差である事も往々にしてある
事は、しっかり直視しないとね。

588 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 16:13:37 ID:DZD8puoo
宗教やってる人ってメンへラーだって言われた ホントなの?

589 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 21:57:20 ID:1nH5mSfb
神様いると思うな〜それもこの全宇宙造った神様ね。
この世界や人間も生命も、偶然にできるワケなくない?
設計されて気がするな〜ちなみにオレ建築士。関係ないか。
偶然か、誰かが作ったかって、それ見て理性を感じるか感じないかでしょ。
人間を超える理性を感じるな〜
だって人間は、どんなに頑張ってもまだ生命を物質から造れないわけでしょ。
それをいっぱい時間があれば偶然できるんだ〜!って言うほうが
盲信っぽいけど。偶然で俺らが存在してるワケないじゃん。
コップ見ただけで、偶然できたんだって言ったらみんな笑うのに
コップを作れる人間が、偶然の積み重ねで存在してるんだって言えるのって
すごい信仰だなって思うな〜
神様はいないって信じてて、だから偶然しかないんだ!って信じてるんだもん。
この世界を見て、偶然はありえない。ってことは、この世界を造った
人間を超える設計者が存在するのではって考えた方が自然のような。
まっ、人それぞれなので、神いるかいないか信じるか信じないかは
自由だけど。

590 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 21:58:53 ID:1nH5mSfb
つづき

神がいるならこんな世界になってないって。
キリスト教ってよく知らないけど、それは人間の罪のせいだって
言ってるんでしょ。あながち嘘じゃない気がするな。
人間の自己チューのせいでこんな世界になってる気がするな〜
だから、こんな世界になってるから神様いないんだとは言えないような。
でも神様いるなら今何してるんだろ?地震とか起こしてるのも神様かな?
聖書の黙示録って世紀末には地震とか天災多くなるって書いてるんだっけ?

なんかうだうだ書いたけど、神様いてもいいんじゃない?
なんかいて問題あるの?うしろめたいことあるとか?
でももし天国と地獄あるとしたら天国行きたいな〜
キリスト教ってどうしたら天国いけるんでしたっけ?
キリストを信じたら?信じるって何を?
いい機会なので自分で調べてみよっと。
みんな天国で会いましょ!

591 :規約に同意しないが:2007/09/06(木) 23:10:52 ID:OZVpyO3H
>>589の>この世界を見て、偶然はありえない。ってことは、この世界を造った 人間を超える設計者が存在するのではって考えた方が自然のような。
ってゆーのと、
>>590の>それは人間の罪のせいだって 言ってるんでしょ。あながち嘘じゃない気がするな。 人間の自己チューのせいでこんな世界になってる気がするな〜

って少し矛盾してないか?w

592 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 00:00:42 ID:yL7Optxb
んー。 例えば960、
そんなふうに言われるとそんな風にも思えるんだけど
そうなると神様は誰につくられたのか?
とか、思えてしまうし
神様だけはもとからいた とか 自然発生したとか なら
生物とか人間もそうであっておかしいのか とか思えてしまうし、 

593 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 00:56:33 ID:o/obgRaV
科学はまだ森羅万象を解き明かしていないのだから
神様がいないとは誰にも言えないでしょ。いるとも言えないけどね。
思うに自然の法則そのものが神様みたいなもんじゃないかな?
別に特定の神様を信仰しているわけではないけれど
科学を勉強していると因果応報とか物理法則とかぶってる気がして
悪いことしちゃいけないな・・・って気になるよ。


594 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 01:32:11 ID:Ta7LXbmQ
神は居る居ないじゃなくて要らない。
神がいて、世の中どう変わるんだよ。
キリスト教の神も、ユダヤ教の神も、同じなのにお互いけなし合うあたりおかしいし。
だいたい、神が居るなら戦争だって終わるだろ??
神は暴力を許さないわけだし。

神ってなんか凄い力とか持ってたり、絶対な影響力をもってるハズなのに。
たかが戦争とか、とめらんねならさぁ。



そんなん要らねーよ。

595 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 02:22:27 ID:DTNAOdd/
神はいる?いない?

 いない┐   ┌───わからない
      │ _..-ー''''''l'''''― ..、
     ./   .l,  |     `''-、
   ./     .l  .|       \
   /ゝ、     l. |         ヽ
  ./   .`'-、    l. |           l
 │      ゙''-、 .l,|             l
  |         `'″          |
 │     インターネットで見た ,!
  l                   ./
  .ヽ                  /
   .\              /
     `'-、              /
       `''ー .......... -‐'″

596 :地のさそり:2007/09/08(土) 02:52:32 ID:hNu+G9X9
女神となら幅きくんだが、例えばガイア神は
「わしを女神と呼ぶな。」
とのことだし。
ゼウスはもしかすると既に神として滅んでるかもしれませんし^^

597 :地のさそり:2007/09/08(土) 02:53:45 ID:hNu+G9X9
で、
「ガイア神と呼べ。」
だって。

598 :さ〜な:2007/09/11(火) 01:11:28 ID:TzO0g/w0
>589
の「地球の設計士の神」はなんか賛成だな〜。
だって、この世界綺麗だもん。誰かが作った気がする。

私は神にはいてほしいなぁ。他のスレにも書いたけど、
私は宗教が好きだ。仏教、キリスト教、神道、イスラム教も全部好き。
その一番の理由は、私は自分以外の人間信じてないから。
もちろん神も信頼してない。
でも、だからこそ好きになったり、人を愛したりできるのかな〜って思ってる。

神はどっかの片隅に存在していてほしい。地球作ったはいいけど、
その後やることなくて、暇をもてあましてる。
んでボケーッとテレビ見て
「戦争すげーなー」とか、「あ、俺の作ったの森焼くなよ〜」とか思ってるといい。(他人事w)
森焼かれたら、小学生が図工の作品壊された位に、しょんぼりしてるといい。

私は辛いことがあったとき、
「私の神は私だけ。神は私を救わない。神は私を助けない。」
と心の中で唱えると、気持ちがフワッと楽になって、何でもできる気がします。
世の中に宗教があって、神がいてくれて、良かったな。と思います。
だから、神にはいてほしい。私のために。

599 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 08:16:32 ID:RiKBD+2q
妄想の告白。

600 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 20:17:04 ID:ZNaJRIh+
>>1 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 00:33:11 ID:9jYBmQIh

http://www.worldtimes.co.jp/w/eu/eu2/kr070918.html
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2272720/2044213

「神の沈黙と不在」に絶望
「貧者の天使」マザー・テレサの告白

>マザー・テレサの生前の書簡内容が明らかになった。
それによると、コルカタ(カルカッタ)で死に行く貧者の救済に
生涯をささげたマザー・テレサが「神の沈黙と不在」に絶望し、
「孤独な日々」を過ごしていたことが浮き彫りになっている。
「貧者の天使」と呼ばれたマザー・テレサの告白は世界に大きな衝撃を投げ掛けている。
(ウィーン・小川 敏)
 
テレサが亡くなって五日で十年目を迎えたが、
それに先立ち、テレサの生前の書簡内容が明らかになった。
それによると、修道女テレサは「私はイエスを探すが見いだせず、
イエスの声を求めるが、聞けない」「自分の中の神は空虚だ」
「神は自分を望んでいない」といった苦悶(くもん)を告白し、
「自分は孤独であり、暗闇の中に生きている」と嘆いている。


それでもあなたは、神を信じますか?

■マザーテレサ「神の沈黙と不在」に絶望 ■
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1190302391/




601 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 20:22:18 ID:ZNaJRIh+
>>4:神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 00:48:04 ID:9jYBmQIh
抜粋)

>インドのコルカタ(Kolkata)で貧困層のために人生をささげた
マザー・テレサは手紙の中で、自身を襲う「闇」や「孤独」、
「苦しみ」について記し、神にあてたとされる日付のない手紙では、

「わたしの信仰はどこへ消えたのか。心の奥底には何もなく、
むなしさと闇しか見あたらない。神よ、
このえたいの知れない痛みがどれだけつらいことか」
と問いかけている。

「貧民街の聖女」としても知られるマザー・テレサは、
若年期にはイエス・キリストの啓示を受けていたとされるが、
公の場での表情に反し、新たに明らかになった手紙の内容からは、

彼女が亡くなるまでの50年以上を、
神の存在を確信できないまま過ごしていたことがわかる。

また、ある手紙には「ほほえみは仮面」と書いたこともあり、

さらに1959年に書いた手紙には、

「神が存在しないのであれば、魂の存在はあり得ない。

もし魂が真実でないとすれば、イエス、あなたも真実ではない」

と記されている。




602 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 04:35:47 ID:RibD815N
正解。
無い物ねだりをする妄想者が存在するのみ。

603 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 05:37:00 ID:HKyQNep3
神も輪廻も信じてる奴は大馬鹿。
疑ってる奴も同じ。

それらを確信的に説く奴はもっとどうしようもないカス。

604 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 21:17:39 ID:p8aO4jIr


♪ 少なくとも一神教の全知全能の神はいない派 ♪


全知全能なら、布教も献金も聖書・教義も勉強会も教会も

神学校も2chキリスト教スレも....全て不必要だから


♪全知全能の神は、何でも出来る。人間の力は不要♪



605 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 23:04:41 ID:TRzXcSr5
アーメン

606 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 15:34:00 ID:ydy8vVi2
神はいるけど自分の外側にはいない
外側に神を想定して拝むことは分離の想念を発するということ
ますます神から遠ざかってしまう
自分の中から神が現われたのでイエスはキリスト(神我)・イエスになった
内面における神との再結合を果たすことが人類には急務なのだ

607 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 19:49:01 ID:pGyv5Imb


★ 世界平和を願い祈っても実現しないから宗教団体が掲げる神はいない派
    
                 ,,人,,
             Y .*. Y
            ,.r''"´((∂)ソ`"''r,. 
          Y(∂ソ)*ヽ、ヽ*.(∂ソ)Y
          Y ◎ヘ)丿∂ソ))ゝ、(ゝ◎ヘY
         Yゞヘrノ.*.:::IIIII人IIIII,:::,*.ゞヘr Y
       Y) )/ヾへ :IIII(__)IIII :::/ヾへ( (Y
      Y .( ((∂ソ).)r(__) (.(∂、.ソv) ) Y.
    Y◎ノ\\´ノソ*( ・∀・ )ヽ,ゝソ.//◎Y
    Yゞ-ノ人\\.∂).ソ) (.∂)ノ)//人ゞノY
   Y へ6ソ)〆) ),.r''‖   ‖゙''r( (〆((6ソ)Y
   ( /ヾへ*Y./ /川 .‖   ‖. 川`ヽ`ヽY*へヾ)
   ((∂ソ)人//..川 ..‖   ‖. 川.. . ソヽヽ(∂ソ)
   ( ゝ´ノソ((γl||レi. ゞ.ミ≡彡 .川   |*) )ソ).ゝ)
   (ゞ-ノ◎ノ`人__ノ. .ミ`゙'''''''"彡. ..   |ゞ-ノ◎ノ`)
   ( へ6ソ)ヘ(`Yソ. . .ミ`゙'''''''"ミ. . . .⌒丶ヘへ6ソヾ)
   ( /ヾへ*Y..|!(((. . ヽ.\゙''゙//. . . ´⌒`|.Y*ヘ.ヾヽ)
   ((∂ソ)人ノ|ii))) . . ヽヽ.Y//. . . ´i⌒`iヽ人(∂ソ)



608 :EINSAM ◆3Od7EINSAM :2007/10/29(月) 02:54:54 ID:3AmpS0T/
>>1
神は概念
いるとすれば自分の中

>いたとしたらこんな世の中になってるはずがないからです

「こんな」と感じるのは己の観念
神は関係ない
つうか世の中もない

ただ起こっているだけのことに意味を持たせ世の中だと感じる

意味を持たせるのは神ではなく己

もとは何もないが、神がいると思えばその人には神は存在する

いないと思えばいない

神が何であるかを知れば神が存在しなくともその存在を知ることはできる

609 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 21:12:44 ID:Sya25XDc

■ 聖書の間違い (о^∇^о)

http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/errors.html



610 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 01:43:38 ID:58RXb/Jj
神様って、生物とかじゃなくて、なんかスゲー物理法則とかなんじゃね。もうそれだけで、ビックバンから多次元世界とか全部説明出来ちゃうの。でも人類の思考能力だと永久に理解出来なくて残業な感じだったりするの。
でもその法則がどーやって出来たかとか考えるなよ。絶対だぞ!w

611 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 02:33:09 ID:D3y23uxA
人は神を真似ることはできないだろうか?

日本にとって偶然運がよかったことや良いことはなんでも天皇のおかげにし、
悪いことは自分たちや政治家のせいにすれば、
日本が続いてきたのは(ただの人間であるはずの)天皇が世襲で続いきたおかげのように
感じるのではないだろうか?

有名なエデンの園の話の真相もこうではないだろうか?
ある団体(代表が神)が不毛な土地を選び、幼い男女二人をさらって来て
そこで外界に触れないように育て、外の世界にすでにあるさまざまな物を持ち込んで子どもに見せ
自分が創ったと吹き込んでいく。ところが幹部の一人(蛇)にその秘密を暴露されてしまう。

神と称した者はいずれ死ぬが団体の幹部は自分たち利益のために組織を引き継いでいくので
彼らに洗脳された人間は代々創始者である神を崇めるのである…。

今の子どもはこんな手段でなかなか騙せないと思うけど昔はどうだろう?

612 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 02:42:24 ID:PyJWcuh2
いるぜ!ガキの時に 腹痛になると 便所で 神様仏様キリスト様 腹痛なおしって 唱えると なおった!三人が合体したら スゲーだろ

613 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 02:47:34 ID:zACkQedu
神は居ない、でも世の中、宇宙全ての絶対的な法則はある
決して逆らえない、決まり事の様に皆のまわり全てに存在する法則が神なのかもw


614 ::2007/11/05(月) 02:57:11 ID:RWSY56GB
この議論に入る9割の意見は結論は別にして
主観の表明にすぎないでしょ
人間が言語を持ちえた共通上位概念であった神概念
神概念と言語というパソコンで例えるなら
ウィンドウズとオフィスソフトのような関係と、二本足歩行のサルというパソコン本体ハードで人間が発生したことをわかっているかどうかだな

615 ::2007/11/05(月) 02:58:45 ID:UFEZjqZP
我々が出来ないことが出来るのが、神とする。
そして、出来る神様にすがり崇高する。
そして、調子がいいと神様のおかげだと。
調子が悪いと神様からみはなされただと。

そして、また祈る。
なんでもかんでも神様のせい。


つまりは、自分を肯定して責任を逃れるため空想人だょ。

616 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 03:06:01 ID:PyJWcuh2
なるへそ! なるへそ! おいら、どっちでも いーよ!

617 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 03:29:20 ID:D3y23uxA
>>615
>>611に書いたのが神の実態なら聖書の神はペテン師だけど
つきつめていけば理想の姿はその空想人に達するんだろうね…。
さらには神に祈ったりなんたりする必要すらなくなると思うよ。


618 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 09:18:54 ID:K2zKRoaZ
神はいるいないを考える前に

自分はいるのかいないのかの方が重大だよ。
そもそも、自分とはなんなのだ。

619 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 09:56:24 ID:3dz2okqM
胡蝶の夢

620 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 15:35:12 ID:S/UgQXYu
虫けらからみたら人間はスゲェ存在。

人間よりも高度な存在がいてもなんら不思議ではない。

621 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 15:40:59 ID:8gsjnU7D
神が居るとしても人間が空想の中で思うような存在ではないということは言えるかと思う


622 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 16:02:43 ID:7w0+2trY
口に出したり、頭の中で考えられるからって、それが実在するというわけではない。
そんなことをいったら、水木しげるワールドになってしまう。
神についても同じで、神ということばを口に出来たり、それについて考えているからといって、神が実在するとは限らない。
神の実在について、真面目腐って議論するのは、ゴジラの実在について真面目に議論するようなもん。
また、無神論者とか有神論者という分類も無意味。
それは、神の存在を想定する人側の勝手な言い分。
ゴジラやツチノコや神みたいな空虚なものについてあれこれ語り合うのは不毛だよ。

623 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 16:09:57 ID:8gsjnU7D
しかし水木しげるの妖怪も心理的実在としては認められる訳で馬鹿には出来ないと言うのが心理学を勉強した俺の結論


624 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 16:18:08 ID:7w0+2trY
心理学的には一考アリだろうけど、実在うんぬんとなると、話は違ってくるでしょう。
ゴジラやウルトラマンに飛びつく人たちの心理的問題と、それらの実在は関連性無い。

625 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 22:37:07 ID:A1d+7N9C

おてまえは、ツチノコと神とは同じように空虚と申すのか。

そうではないだろう。だまされまいぞ。だまされまいぞ。

626 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 03:40:44 ID:KyeOQZXn
神なんてさ元々自然の理不尽なんかを、無理矢理納得するための装置だろ。
疫病も干魃も洪水も死も火山の噴火も理不尽は皆神の怒りで、
非力な人間にはどうしようもないだから仕方無いって自分達を慰めて、
そんな風に怒らないように捧げ物をして祈る。
だから神なんて所詮は幻想。

627 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 20:39:02 ID:FoPdkiDg
たとえば地震が起こるのはプレートの反発力からくるとか、雷は雲の中の水分子の静電気だとか、そういうことが「科学的に」証明されている。
しかし、それらの事象が「科学的に証明できる」ように神(人にとってそう呼ぶしかない高位知識体)がこの世界を作ったという仮定を、科学は否定できるのだろうか?
「科学」という概念は「神」という概念を説明できないように神が作りだしたものだとしたら、科学は神を否定していなくてはならない。
そして、神が物質としては存在していないとして、物質を媒介しない情報そのものとして、人間には理解できない存在として、世界をたゆたっているということを「有り得ない」と否定してよいのだろうか?
神が人間に理解できる存在とは限らない。人間の思考を超えた存在である可能性もまた、あるのではないか?
どうなんだ?

628 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 23:40:39 ID:8bTowG+i
例えば太陽は何故燃え尽きない?
何故一年や時間という概念が存在する?
一体何処が始まりで終わりか等 人間には計り知れない宇宙を考えたら神とか言う存在とかどうでもよいのでは? 宇宙全てが神とか結論つけちゃえばw
しいて言えば人間等はその極々小さなオマケ

629 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 01:46:34 ID:RYDKDiHo
>>628
太陽は燃え尽きるらしいぞ。
いやそういうことではなくて、その計り知れない宇宙を作りだした何かが存在する可能性はあるだろってことさ

630 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 02:01:58 ID:09oEe4Su
神ではないね..
まず人間が作り出した神の概念を崩さなくちゃいけない 善悪全て無くして宇宙、空間、時間の定義を司る軸となるものの存在があったとしたらそれが神かも
単純論で言っちゃうと神はいないんだけど..

631 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 09:06:46 ID:AYK1MYae
>虫けらからみたらはスゲェ存在。

虫けらに、人間という認識とスゲェという概念があったら凄い!!

632 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 09:08:38 ID:AYK1MYae
>おてまえは、ツチノコと神とは同じように空虚と申すのか。

神の方が病理は深い。

633 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 14:30:56 ID:gqnOSP06


            ,へ
        。 \/  ヽ    (  )   .   。  .  .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
  。 .  . . _/*+*`、    ( )  .       ■ 聖書の間違い
     ゚ 。 <_______フ    )  ゚  .  http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/errors.html  。  ゚.  .  .
  .   。  ゚  从*・ 。.・)   〜 。, .。o ☆  +   。   。 .    。 *
   ゚ .゚ ゚  。゚ / ゙゙゙lll`y─┛+ 。. +。 * 。゚。゚., ,+    。゚.    .   ,
  ゚。゚+゚`,    ノ.  ノノ |゚*  。゚   。 ☆+。。 ♪  ♪   。  .   ,
    ゚. o * `〜rrrrー′゚。 ゚。+ ゚ 。 ゚。  ゚ 。  ゚ ■ 「宗教撲滅」
      ゚     ._i|_(_  .  ゚   ,   。* . http://religion.bbs.thebbs.jp/1166805222/e40
   _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ
  ゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ      .  。 ゚。, ☆ ゚.  + 。 ゚  ,。 . 。  , .。
  T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
  .-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/       ■ 神(ヤハヴェ)の性格          .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +.
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /    http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_yhwa.html
  _V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/




634 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 17:15:51 ID:QmnMCvR9
>>:神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 16:15:46 ID:JGENPEjn

@
>過去のキリスト教徒による蛮行と暴走への批判は、
「キリスト教の音信は本来的には慈愛に満ちたものであり、長い目で見れば崇高である」という、
キリスト教側の護教的な言い訳と、思い込みによって、正当化され、はぐらかされてきた。

そして、トカゲの尻尾切りのように、過去の残虐なキリスト教徒たちは、「理解力に欠けた者・勘違い
した者」のカテゴリーに押し込まれてきた。

★ しかし、彼らは聖書を正しく活用した者たちである。★

彼らは、聖書を正しく理解し、その本質を見極めていたからこそ、蛮行に走ることができた。
彼らは聖書に正しく付き従った者たちである。

キリスト教徒が用いる聖書は、キリスト教徒に、優劣のカテゴライズの仕方を伝授する。

・ 何が優れていて、何が劣っているのかを判断する規準を与える。
・ 何が“旧く”て、何が“新しい”のかを教える。
・ 何が崇高で、何が愚劣かを判断させる。
・ 誰が優れていて、誰が劣っているのかを見極める方法を教える。

それだけではない。

・ 劣っている者たちをどのように扱ったらよいかをも教えてくれる。



635 :634の続き:2007/12/01(土) 17:18:06 ID:QmnMCvR9

A
>なぜ、聖書はそこまで懇切丁寧なのか?

それは、聖書が、キリスト教徒が、ユダヤ人から彼らの書物と歴史を奪い、対立する勢力を
こき下ろし、キリスト教徒の優位性を主張することができるようにと編成されたからである。

キリスト教徒の聖書は、他者を蔑み、自らの優位性を誇示するための
【武器】として製造された。

したがって、聖書を武器として使用することは、本来の用途に適っており、正しい。
そして現に、人々は今でも、それを武器として使用している。
イエスの教えは、聖書の攻撃性をカモフラージュするための、“鞘”でしかない。

聖書を失うことによって、社会や他者を批判する根拠を失う者たちがいる。
その者たちから聖書を奪おうとするとき、彼らは【過剰な拒絶反応】を示す。
聖書を開いて、とくとくと語る者たちの、あの勝ち誇った顔がそれを物語っている。

彼らは、武器を奪われて、丸腰になるのを恐れているのである。

★ 説教師や神学者から聖書を奪えば、彼らはタダの道化師に成り下がる。★

聖書を批判することがタブーとされるのは、聖書を批判されては“困る者たち”がいるからである。



636 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 18:46:31 ID:qYQ04Yoe
負けた!なにもかも失敗した!すべてが間違っていた
しかし負けたとは結局何に負けたのか、神に負けたのか


637 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 18:52:13 ID:qYQ04Yoe
始めから負けは決まっていたのか
どっからがおかしかったのか
自分なりに苦闘したつもりだがその苦闘自体が間違っていたのか
厳しい現実と戦うべきではなく従うべきだったのか


638 :_ネ申_:2007/12/01(土) 18:55:34 ID:Hoqs5AhV

わ し は こ こ に お る !!

639 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 22:52:27 ID:IlNjKghZ
神が完全であるように、人も完全であれ。
ただ、疲れたときには私の名を呼びなさい
安らぎを与えられるであろう。

640 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 06:52:52 ID:H0gPjJxS
>>639
何を根拠に神は完全なのかね
最初からいないんだよ
では何故大昔には神話とかには神が存在していたとかあるが、
何故今現在姿を見せない?証拠も無い。おかしいよなー科学が発展してる現代より昔の方が神は見えたのか?
人間が神を造った事をまず認識してもらおうか

641 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 07:16:26 ID:ZCam27qk
何故そんなに神を恐れる?
心にやましいことがないのならたとえ神が居たとしても堂々としていられるはず
違うね。人類は親父が居ない間に、俺はこの家の主人だと言ってやりたい放題やっている息子に近い
「親父は死んだんだよ。ならなんで帰ってこないんだ?いやはじめから居なかったのだ!」とかいいつつ
罪の意識に怯えている息子に近い
家の持ち物には自分のものなどなく全て親父のものだからだ


642 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 07:26:04 ID:p0Nbufnv
根拠とか存在を正しく証明されるかどうかの可能性すら分からない
そういう論理どうこう以前の問題なんですよ
しかしこういう文脈を悪利用している占いやスピリチュアルなどはなぜ日本でこれほどはやるかね
アレは低劣で下品だから認めるのか

643 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 09:33:39 ID:b/dmLmZL
神を勝手に作り上げ、人心を惑わす宗教団体・指導者が「俺はこの家の主人だと言ってやりたい放題やっている息子」

644 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 10:05:38 ID:L3wX+JYU
>70 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 21:16:15 ID:yXOziCvz

>死海って、今でも普通の人間が海の上を歩いたり走ったり出来るってこと、知ってた?
今日、テレビでやってたよ。

★ 結局、キリスト教も偽者じゃんw
愛と地獄の宗教=飴と鞭の宗教

あ〜〜テレビ見てよかった♪
完全に【洗脳】から開放されたよヽ(〃^▽^〃)ノ


645 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 10:52:23 ID:H0gPjJxS
>>642
ヒント資本主義
儲かれば何でも良い

646 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 12:40:31 ID:p0Nbufnv
>>645
大槻教授は干されてるらしいね
ジェイムス・ランディの占い・超能力者対決は面白いよ

647 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 15:11:45 ID:HFxO4Kim
>>638
キャキャキャキャキャキャ(^O^) 
では、姿見せて、困ってる人達にお金を出してくだつぁーい!!


212 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)