5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神に仕える人たちに問いたい。

1 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 19:42:08 ID:+DpL+uWn
ぼくはアトピーがあります。
現在は外出も頻繁にできないので、自宅療養を続けています。
食事でよく発作が出るので、今はほとんど米と野菜しか食べません。

特に花粉の季節になると途端に調子が悪くなるので、
家にいるときは窓を締め切りにして閉じこもっています。

楽しいことなんてほとんどありません。
たまにDVD借りてみたり本を読んだりするだけです。
しかも、アレルギーでまぶたが腫れているので、
それすらもあまり出来なくなっています。

こんな生活を続けながら生きる意味が果たしてあるのか、
そんなことを最近はよく考えます。

神に仕える人たちに問いたい。
人は生き地獄のような日々を送りながらも、なお生きるべきなのか。
生きろというなら、その言葉の責任をどう受け止めるか。

きっとあなたたちは、もしぼくが今後生きて良いことがあれば、
それを祝福してくれると思う。
でも、なにもなかったら見て見ぬ振りをするだけでしょう。
生きろと言ったことなど全て記憶から消して。
そしてまた悩める人に生きろと言い続けるのではありませんか。

ぼくは神という存在を真っ向から否定する訳ではありません。
でも、あまりに不公平な世の中に対し、憤りを感じています。

あなたたちと口喧嘩したい訳ではありません。
できれば真剣に皆さんとお話してみたいです。

2 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 19:57:17 ID:YA6imIsT
聖書を読んだことがありますか。
そこにヨブ記があります。あなた以上に苦しんだ人の話です。
読んだことがなければ読んでみてください。
読んだことがあるなら、繰り返し読んでみてください。

3 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 20:03:41 ID:+DpL+uWn
>>2
レスありがとうございます。

いま手元に聖書がないのですが、
もし良ければどういうお話か教えてもらえませんか。

それと、『あなた以上に苦しんだ人』とありますが、
どうしてそう言い切れるのでしょうか。

そしてそれは、ぼくよりも苦しい人がいるから、
ぼくは生きなければいけない、そういうことなのでしょうか。
一番苦しんでいる人は死んでも良いということですか。

ちょっとキツい言い方ですいません。
後でまた来ます。

4 :          :2007/03/07(水) 20:07:59 ID:UG02RLWj
       /\ \
   __/  / ̄/
  /\  _\/ /_\
  /  / ̄ ∧_∧  
  \/__(;・ ∀・) 目あるものは読みなさい。
   /  と  ノ ハァ 弟子が私に会わせたい人がいるといって
   /  人  Y ハァ ある町に連れてこられた、弟子が私の前に
   \/し'(_) 連れてきた男は目も見えず耳も聞こえず喋ることも出来ない男だった
弟子は私に言った「主よ、この哀れな男は親の因果でこのような障害を負っているのでしょうか?
それとも前世の禍でしょうか?」
私は男の額に手を当てて答えた「親の因果でも前世の因果でもない、この男に神の御業が現れたのだ」

5 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 20:41:27 ID:YA6imIsT
あなた以上と言ったのは軽率であり、謝りたいと思います。
小さくても大きくても、自分が不幸だと思えば、心から、
心いっぱいに悲しみ苦しみますものね。

(ヨブ記を要約すれば) 
幸せに暮らしていたヨブに不幸がおそいかかり、
財産のすべてを失い、十人の子どもを失い、重いヒフ病にかかり、
ヒフ病で周囲の人から見下され、嫌われてしまう。
ヨブは死んだほうがましだと思いながらもやっと生きている。
そこに三人の友人がきて「神を信じないからだ」とヨブをせめる。
それからヨブと友人の問答が始まり、その問答の果てに
ヨブは神と出会う。ヨブは神と出会うことで不幸をいやされ、
病も治り、再び以前のように幸せになる。

6 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 22:04:48 ID:+DpL+uWn
>>4
レスありがとうございます。
それでこの男は救われたのでしょうか。

>>5
要約ありがとうございます。

ぼくは昔から幸福か不幸か決めるのは
精神的な問題であると思っています。
でも、身体と精神が関連性を持っているのは間違いなく、
今のぼくの現状は身体が精神を蝕んでいます。

『問答の果てに神と出会う』とありますね。
もし、ここで色々な人と問答をすれば
神と出会うことは出来るのでしょうか。

ただ、宗教関連でぼくが嫌っているのは
『信じなければ救われない』という点です。
それってまるで取引のように思います。
『お金払えば助けてやる』というのとどう違うのでしょうか。

7 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 22:51:54 ID:YA6imIsT
他人と問答をすることで得るものもあるでしょう。
でも神に出会えるかどうかと言えば、それだけでは出会えないでしょう。
  
必要なのは自問自答することです。そして自分に勝つことです。
自分に勝つことは非常に困難です。なぜなら力量がまったく同じであり、
自分をやっつけることになるからです。
やっつけるまえに退却するのが通常のパターンです。
  
ヨブ記を、ヨブの意志を探しながら、読んでください。
三人の友人との問答を省略して、つぎの章を読めばいいでしょう。
1章〜3章  26章〜42章
 
信じるのではなく、神を探してください。
簡単には見つからないと思う。でもあきらめない。

8 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 23:12:27 ID:4w/0J47E
アトピーか。大変だね。
今やってる療法と薬の名前とか、教えてもらえたらいいんだけど。

9 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 07:43:14 ID:uxQRvcwX
>>7,8
自分に勝つ。そうですね、ぼくもそう思います。
てっきり宗教家の人は神の概念ばかり持ち出して、
そういうことは言わないと思っていました。
どちらかというと、仏教がそういう概念を持ってると思ってましたので。

去年に病気が悪化して、
病院でもなんとなく見て見ぬ振りされるようになり、
ぼく自身で病気と戦おうと去年から自宅療養するようになりました。
薬は最小限に抑え、現在は食事療法をしています。
以前よりは良くなったとは思いますが、
また部分的にぶり返してきて、自暴自棄になりつつあります。

10 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 08:17:27 ID:jBwXQP34
お前等がいう神はクソだ!>>1は正しい。しかし人生は不平等だ、生まれた時から不条理が始まる。自分を守ること以外の闘いに意味ねぇ。人の辛さは他人の物差しじゃ測れねぇよ。エイズじゃねぇ!いつか必ず治る!2ch観ながら生き延びる術を探そうぜ。

11 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 08:30:34 ID:uxQRvcwX
>>10
言葉は汚いけど、いい人ですねえ。


自分との戦いこそが生きるということ。
少しなにか分かった気がします。

では、神の概念はなんの為に存在するのでしょうか。
『きっかけ』ですか。

12 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 09:48:41 ID:jBwXQP34
神が居たとしても、そりゃ百姓と一緒だ。自分の作った米をどんな奴が食ったかもわからない。食わずに棄てられてるかもしれねぇ。神も自分の造った地球にどんな奴が居るのかもよくわかんねぇよ。そんな奴を信仰する意味なんかねぇ。道徳は後付けじゃねぇか。

13 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 12:02:12 ID:jBwXQP34
>>7神に会った奴いるか?聖書みたいなお伽話とバカ野郎以外で。神に会うのと宝くじ当選どっちが多い?神の奇跡に期待するより、自力や他力で奇跡を引き寄せる方がいい!神を否定しても俺は>>1が健康になる事を求めるね!聖書なんか関係ねぇ!引き合いに出すな

14 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 12:09:24 ID:jBwXQP34
>>7 けど、お前が人間的にいい奴ってのは分かってる。

15 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 18:39:10 ID:uxQRvcwX
こんなスレッドにレスしてくる人はみんないい人ですよ。

でも、もっと色々な人の意見を聞いてみたいですね。

16 :我ら神の救いより漏れた者ども:2007/03/08(木) 18:49:18 ID:a/7F5spJ
玄米菜食小食、徹底してみてもダメだった?
よく噛まなきゃダメだよ。

オレも直らない障害持ってるから気持ちは分かるよ。
正直、宗教に救いを求めてもどうにもならないわな。

17 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 19:40:44 ID:oahWktjD
神の概念があるのは神がいるから。
ヨブは神の概念からスタートして神を探し当てました。
神探しがヨブ記のテーマです。
神がいないなら、この世はないほうがいいと思う。
あきらめなければ見つかる。神探しが生きている理由です。

18 :トントロ:2007/03/08(木) 19:52:01 ID:xqF4BV0O
病に対して,宗教は無力なんだと実感します.現在存在する宗教で,それを
信じれば病が完治する宗教は存在しないと思います.しかし,不治の病を
根絶しようと努力する科学者や医療関係者は,意識的,無意識的にしろ神
と対話し現状を打開してきて,現在の医療になったと思います.そういう
意味では宗教,神は存在の有無に関わらず有用だと考えます.今後の医療
の発展に期待したいです.しかし,仮に貴方の病気が完治したとしても,
健康な人が抱える別な種類の苦しみがあらわになるのも,また事実です.
もし,あなたが貴方の心を蝕む肉体的な苦痛を凌駕し,それでも幸せだと
感じられる人生を送ることができれば神様はひょっこり訪れるかもしれま
せん.

19 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 20:14:07 ID:uxQRvcwX
>>16
自分でも嫌になるくらい徹底してますが、なかなか治りません。
現在、病院で色々調べてもらってますので、
その結果でまた変えていこうと思っています。

>>17
なぜ神はそこまで意地悪なのでしょうか。

>>18
そうですね。きっとそうだと思います。
現在の病に勝っても、また違う悩みがきっと出てくるでしょう。
でも少なくとも今よりは楽だと思いたいです。


ひとつどうしても言っておきたいのは、
本気で悩んでいる人は、神よりも人の助けが欲しいんだと思います。
もちろん人の助け=神の助けと考えることができますので、
ぼくが望むのは神の助けかもしれませんが、
辛い時になにより欲しいのは人の助けです。

でも人間って自分にとって億劫なことはやりたがりません。
それは宗教に関わる人も同じではないかと思うのです。
一般の方よりは助けてくれますが、結果は同じ気がします。
つまり、結局口だけなんだろ、ってことです。
どう思いますか。
言葉と行動を一致させることができますか。

20 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 20:24:38 ID:u/DZ9e96
ttp://download160.mediafire.com/odyyx5tazm5g/ayzjwjdmjg2/hibiya.mp3
ttp://www.geocities.jp/x_meishu/bunmeinosouzou.html


21 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 20:48:25 ID:oahWktjD
>>19
神がいじわるなのではない。
神ではなく、人自身に責任がある。人は神に背を向けて生きている。
アトピーは神の災いではなく、人間社会が作った災いです。
  
この世は、自分の世話は自分でするのがルール。
他人をあてにしない・・・肝に命じよう。
そして少しでもいいことがあれば感謝しよう。
頼りになるのは人ではない。神です。

22 :トントロ:2007/03/08(木) 21:35:37 ID:xqF4BV0O
>>19
正直,2Chに書き込みをするだけなので,あなたを助けることは出来ません.
でも,私の家族の一人が,あなたと同じ立場であったら助けずにはいられな
いと思います.貴方が幾つで,ご家族が顕在か,奥様,子供がいらっしゃる
かわかりませんが,貴方を大事に思っている人は貴方を助けたいと思わずに
はいられないと思います.それは偽善でもなんでもありません.でも甘えて
はいけません.人間はいつだって一人です.でも心の中には,無数の繋がり
があり,孤独でないこともまた事実と思い込んで,私は生きていきます.
貴方はどう生きていきますか?


23 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 21:42:44 ID:jBwXQP34
科学者が神と相談?ギャグか?なんで小出し小出しなんだよ!神はどケチか!

神に背いた人が作った災い?無関係な>>1がなんで被らなきゃいけねぇんだよ!お前はなんで健康なんだ?神を信仰したからか?

神職者は苦悩を理解する気あんのか?
>>1は無罪だ!

24 :トントロ:2007/03/08(木) 22:02:09 ID:xqF4BV0O
>>23
言われてみれば何で小出し小出しなんだろうね?人が自分を完全には理解
できないように神様も理解できていないのかな?

あと,神職者が>>1の苦悩を理解すれば>>1は苦痛から解放されるの?
私は,>>1が有罪でも苦痛から解放されることを望みます.

25 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 22:22:58 ID:PCEvBDzi
大きなことを成し遂げるために力を与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと弱さを授かった。
より偉大な事ができるように健康を求めたのに
より良い事ができるようにと病弱を与えられた。
幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった。
世の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに
得意にならないようにと失敗を授かった。
人生を享受しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと生命を授かった。
求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた。
神の意にそわぬものであるにもかかわらず
心の中の言い表せないものはすべて叶えられた。
わたしはあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ。

あなたの問い、苦しみのの答えにはならないかもしれません。
私が苦しみの中にある時にであった言葉です。

26 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 01:27:02 ID:C7BUVtvP
ヨブ記は、神を探し、神を見つけたという報告書のようなものです。
少しむずかしいかもしれないけど、読む値打ちがあると思います。
神は探さないと見つからない。神は試練のすぐうしろにいる。
  
イエスが祝福している(マタイ伝5:4)
悲しむ人々は、幸いである。その人たちは慰められる。

27 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 01:37:09 ID:C7BUVtvP
>>10 >>23
ヨブは、あなたのような怒り、疑問を神にぶつけました。
ヨブは全身全霊で、神に抗議し、神に戦いをいどみました。

28 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 05:51:02 ID:OsSpEiS2
>>27で、サタンにヨブを売った神はヨブになんて言った?要約すると「神が造ったの物のくせに文句いうんじゃねぇ!神の偉大さもしらねぇで!」だろ?

仮に神がスゲエ奴だとしても違う生き物の神に人間の苦悩は一生わかんねぇ!

29 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 05:58:52 ID:OsSpEiS2
俺達は神の世界じゃ生きてねぇ。神も俺達の世界じゃ生きてねぇ。知りもしない世界を干渉しあう暇はねぇ。神に恨みはねぇ。神も人に恨みはねぇ。人と神は関係ねぇ。俺はサタンか?

30 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 06:07:31 ID:rA1fRoXK
http://www.h3.dion.ne.jp/~seriston/
>>1神も霊体。色々大変だろうけど
身体を患い、それから神を想う順序って未来は明るそうですよー
この↑siteみたいな手軽に出来る事からやってみて
人に見せても大事な所を読まない人とか
他人の私からみても、やっぱ憑かれてんの?って感じる今日この頃…
頑張ってな!

31 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 06:19:25 ID:+yw7tfiD
朕は国家なり

32 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 08:10:56 ID:OrKuNO+9
なんか落ち込みました。
結局のところ、

なにもできないしするつもりもない。
自分はなにもしないけど、神がいるから探しなさい。
自分のことは自分でしろ、甘えるな。

ということですか。
確かに甘えていると思います、ぼくは。
このスレ立てたのも、ある意味ではSOSを出してるようなものです。

でも、そのくらい追いつめられた人もいるのです。
そういう人に対し、神職者がどういう反応をしてくれるのか
見たかったのですが(あわよくば助けてもらえるかもしれないと)、
結局遠目で眺めて禅問答のようなこと言われただけな気がします。

33 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 08:17:44 ID:OrKuNO+9
では、神職者の存在意義はなんなのでしょうか。

神が絶対で、悪いことは全て人間のせい。
困ったら聖書を読みなさい。
神はいます、自分でなんとか探しなさい。

これなら、神職者ってなんの為にいるのですか。
なにもしていないじゃないですか。
なにもできない、じゃなく、するつもりもないようですし。

最初から限界を認めて、分かったようなこと言って、
わたしにはなにもできないですがごめんなさい、とか言って、
きっとこの後自分の無力感に嘆いて、神に祈って、
なんとなく救われた気持ちになって終わるのでしょう。
そして救いを求めた人はなにも変わらず、苦しむだけです。

34 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 08:27:52 ID:OrKuNO+9
神職者がなし得たことってあるのですか。
ぼくのようなちっぽけな人間ひとり満足に救えない、
説得もできない。

できることと言えば、クリスマスパーティーを開いて、
内輪で楽しんで、この気持ちが世界に伝われば世界は救われる、
とかそんな幻想に浸って、終わるだけです。

どちらかといえば、神職者以外の方の書き込みのほうが
ぼくには気持ちが伝わりました。
本当に嬉しいです。

きっと神職者の方は、神とぼくの健康を計りにかけたら、
神を選ぶことでしょうね。
別にそれならそれで構いませんが、
そういう人々が宗教という名を掲げて社会で大きな顔してるのが嫌です。

35 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 08:32:55 ID:OsSpEiS2
あいつらは前提で神を心底信じなきゃ人を教えで救えないんだよ。信じてもらう努力はしてるけどね。それが宗教!神を治療と置き換えれば良い事言ってるぜ?けどそんな事お前等に言われんでも知ってらぁ!だな?

36 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 08:45:35 ID:OrKuNO+9
>>35
そうですね。
前に書きましたが、ある意味取引のようなものですね。
仲間に入れば救ってやる、手を貸してやる。
それでも救われなかったら、
お前の信仰が足りないからだって言われるのでしょうね、きっと。


実は「デッドマン・ウォーキング」を観たことが
このスレを立てた理由のひとつです。
この映画はある尼が死刑囚が死刑にされるまで
ずっと側に居続ける実話の話です。
その死刑囚は差別主義者で犯した犯罪にもあまり反省していない。
尼はなぜこのような男を救わねばと思いつつも、
最後の最後まで側にいてあげます。
被害者家族やこれまで親しくしてきた人々に嫌われても。

この尼は最後まで行動を一貫させました。
そのことに感動しました。こういう人もいるのかと。
全員がそうではないとは分かっていつつも、
ここにもそういう人がいるかもしれないと思ったのです。
生きろと言ってその言葉に責任を持ってくれる人がいることを。

37 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/09(金) 10:02:59 ID:bBq2qEiZ
よく知らん人に生きろって言うのは 死ね と言うのと同じくらい ズカズカ干渉することでもある
おいらが生きるか氏ぬか勝手なこと言うなよっておもったりするよな

神さまは自分がつくったもんをみんな大事に思っている
だから 地上にいる人は みんな大事な人
死ねって言われていい人間は ほんとはいないんだ



38 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/09(金) 10:15:59 ID:bBq2qEiZ
神を見い出す道は 問答だけじゃないとおもう
ボケッとしていたら
あーなんだ そこにいたんじゃん て感じだったからな

人間の価値って 何かができるからとか その人が美しいからとか というのは まあおまけみたいなもんで
ほんとは生きてること自体に意味があるんだと思うんだな
おまけんとこだけで評価しすぎてるきらいはあるな と感じる


はらへった

39 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/09(金) 10:22:36 ID:bBq2qEiZ
いっぱい書いてごめん

>>1たん
今花粉とびまくりでつらいね

生きるのがしんどかったとき 生きろって言われるとなんかめちゃくちゃに疲れたんで
とりあえず死ななければいっか と思うようになった

かみさまはいい人だってのはおいら知ってるんだけど
あのひとは結構とっぴょうしもないことするし
みんながみんなカミさまのやれって言ったことをやってるわけじゃないから
世の中わけわからんよね

40 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 17:19:57 ID:OrKuNO+9
>>37
レスありがとうございます。
いっぱい書いてくれたほうがありがたいし嬉しいです。

そうですね、安易に生きろというほど無責任なことはないです。
だからこそ、そういう人にはその言葉に責任を持って欲しいです。

なんだかんだで皆さんその辺のことをはぐらかすのは、
それが分かって言っているのでしょうか。

結局ぼくはひとりで苦しむしかないのですか。

41 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 17:23:26 ID:fR0H5nyc

 あ ま え る な




42 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 17:55:01 ID:GwUzhLM7
君はまだ若いんだろ
人生がどういう物か今結論を出さなきゃいけない訳ではない。
第一君には答えは出せない。
今辛いと思っている自分の考えすら、
明日はどうなっているか自分には分からない。

イタリアにナポリというサッカーのクラブチームがあった。
マラドーナという選手を知ってるだろ。
彼が昔所属していたチームだ。
熱狂的なサポーターがチームを応援することで欧州中に知られる名門だ。
ファンにとってチームは命だ。日本人には理解し難いかもしれないが。
しかし、無理な選手の補強が祟って
チームは財政破綻し、昨年かな、消滅した。
息子のような存在だったチームが無くなり
人々は悲嘆に暮れた。
しかし、どこからか、こんな声が起こり初めた。
(この言葉を君に送ろう)

『今日泣いていても、
明日は微笑み、
明後日は笑っているかもしれない。
それが人生というものだ』

人々は立ち上がって金を出し合い
市民クラブとしてチームを新たに創設しアマチュアリーグから再出発した。
いつの日か再びセリエAの舞台に戻ることを夢見て。

人生は何が起こるか予想がつかない
それほどに奥深い。
生きてさえいれば、必ずチャンスはくる
だが死ねば何も出来ない

43 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/09(金) 18:05:55 ID:bBq2qEiZ
>>40
おへんじしてくれてありがと

うーん

生きろと言う人は
一般的になんとなく人間に価値がある と思っている といういみで 善意があるんだろう
でも具体的にどうしたらいいのかよくわかんないんだよね

おいらも画面からとびこんで1たんのとこにいってサシで話すことができるわけではないし

ひとりで苦しむかぁ
キリスト教のかみさまはおいらたちの苦しいのをしょってくれるかみさまなんだよな

十字架刑ってまあたぶん考えられる中で一番はずかしくて苦しいもんだったらしい
イエスさんはあそこでつるされておいらたちの苦しみをしょってくれました
というのがとりあえずキリスト教で大事なことのひとつ

44 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 18:06:24 ID:OsSpEiS2
>>1誰もお前を責めれねぇよ。お前の命は一生お前の物だ、死にたいなら俺達は止めれねぇよ。宗教でお前の命を縛る必要もないんだよ。しかし、俺個人としては健康の事で苦しんで欲しくないし死んで欲しくない。人間って自分勝手な生きもんだな?

45 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/09(金) 18:14:08 ID:bBq2qEiZ
>>44
おいら個人としても苦しんでほしくないし氏んでほしくないなぁ

46 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 18:21:12 ID:OsSpEiS2
みんな自分勝手だな?道徳に従わなくたっていい、聖書を焼いたっていいんだ。ただ、やりたいように、したいようにすればいいんじゃないか?堕落した!と思い後悔したら、その時にシャンとすればいいし、未来のことは未来に任せてさぁ。

47 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 19:56:33 ID:C7BUVtvP
ヨブをすすめた者です。
わたしは神職ではなく、働いて生活しています。
わたしたち人間の天職は、神を探し、神に仕えることです。
神がいないなら、この世はいらないと思う。
わたしたちは神のために生きている。
   
でもわたしが神に出会えても、あなたが出会えなければ意味がない。
ヨブも、イエスでさえも道案内でしかない。
イエスも十字路の標識のようなもの。
自分で探し、自分で神を体験してください。

48 :トントロ:2007/03/09(金) 20:10:11 ID:rnpNSzZu
貴方の病は,やはり治らない病なのでしょうか?医療に詳しくないので
わかりません.

あなたには百の言葉より,私が実際に経験したことを伝えたほうが伝わ
ると感じたので書きます.見る人が見れば,こんな恥ずかしい言葉を書
いているのが誰か分かってしまうという覚悟の上です.

引きこもりであった私の母は霊能力者(ユタ)でした.ユタとしてこれ
からというときに,拝み中に,脳溢血で倒れました.病院で一言も喋れ
ず変わり果てた母を看病しながら,自分が代わりになれればと何度も
思いました.1年後に母は,私の目の前でこの世を去りました.母に罪な
どなく,神様(沖縄伝統の宗教の)の意思に従ってきた母にたいして何故
という疑問しか持てなかったです.母が倒れたその日ですが幻聴のような
ものが聞こえました.「それでも私達を信じられますか?」朦朧とした頭
のなかで「へー私じゃなくて私達なんだ?いいよ.私はそれでも貴方達を
信じます.」もし幻聴で,私と言っていたら,今は信仰をかなぐり捨てて
いたと思います.

実は,母の死後に本当の苦しみが待ち受けていたのですが.ここでは書きま
せん.でも,私はおもわず生き延びました.

困難には意味がある.そう思いたいです.


49 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 08:26:53 ID:AOl9VnhH
ネット上じゃなにもできないってことですね。
仕方ないですね。

ここまでの意見を聞くと、
神は自分の内に生み出すもののようですね。
存在する、というよりは作り出す、というか。
ぼくはそう感じました。

神がいるなら、直接あわせてくれるまではいかなくとも、
ある程度まで導いてくれるのを期待していましたが、
1から10まで自分で探さないといけないものなのですね。
神職者って神への道標ってイメージだったのですが、
どうやら違ったようです。

楽な職業ですね、神職者って。

50 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 08:30:50 ID:AOl9VnhH
>>48
確かにこの世に起きることにはなんらかの意味がある、
と考えるほうが生きていきやすいですね。

最近のぼくもそういう考えに近くはあります。
例えばある店に行こうか迷ったとき、
道が混んでいれば今日は縁がなかったとやめておきます。
スムーズに行けそうなら行ったほうがいいんだなと思います。
軽いたとえですが、最近は万事そんな感じです。

今ある困難もなんらかの意味があるのでしょうか。
というよりも、そう思わなきゃやってられないですね。
実際はどうあれ。

51 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 08:34:44 ID:AOl9VnhH
>>47
少なくともこのスレでは道案内すらされてない気がします。
47さんはヨブを勧めてくれたことで、方向性は示してくれましたが。

52 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 08:39:46 ID:AOl9VnhH
神を探せって言われてもどうすればいいのやら。
たぶんここの人は「その探求こそが重要」というのでしょうが。

結局自分で神がいるように錯覚するまで妄想膨らませろって
風にしか感じないのです、今のところ。

失礼なことばかり言ってるのは分かっています。
でも、正直な意見です。

どうしたらいいのか分かりません。
そして結局ぼくはこのまま生きるべきかどうかも。
なんかうまい具合にはぐらかされてるだけの気がします。

53 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 08:45:50 ID:AOl9VnhH
この10年良いことなんてほとんど皆無でした。
思い出して叫びたくなるようなことばかりです。

特に去年病気が悪化してからは生き地獄です。
とにかく1年頑張って治す努力をしよう、
それで駄目だったら死んだほうがマシだと奮い立って、
そろそろそのリミットが近づきつつあります。

この1年間色々検査してもらって、
サプリメント、民間療法、漢方、食事制限、運動などを行いましたが、
なかなかうまくいきません。

一時期は1日に500キロカロリーくらいしか摂らなかったりして、
最高で15キロ痩せました。

その横で家族が好きなものを食べてテレビ観て笑っています。
わざわざ見せびらかすように。
同じことしなくていいから、見せびらかすようにするのは
やめてくれと泣いて頼んだこともあります。
でも10分後にはテレビ観て大笑いしています。

そんな生活をしていると、世界がぼくを拒んでいると
思うようになってきます。

そしてこのスレを立てたのです。

54 :トントロ:2007/03/10(土) 09:39:51 ID:Q+6iQ5XH
ごめんね.肉体的苦痛は,私にはどうすることも出来ないけど,
そのことで発生する怒り,悲しみ,絶望をなんとか和らげることは
出来るかも.怒り,悲しみ,絶望などの感情は,全て感情の喜が
形を変えたもの.負の感情も喜を内包している.喜怒哀楽の喜が
中心で,心臓に近い所に存在する.胸に手をそっと当ててみて.
白くて小さな粒のような物,それが喜.個人的な考えだから正し
いのか正しくないのか分からない.でもその喜の奥深くの根源に
神様に繋がる道がある.怒ってもいいし,悲しんでもいい,絶望
したってかまわない.その奥の喜を直視してください.

貴方は文章からするとクリスチャンなのかな?貴方が神職者に
絶望しているなら,病気を完治した暁には,貴方が理想として
いるような「神への標識になるような神職者」を目指してみて
はいかがでしょうか?

でも正直言って,私は,あなたのようなSOSを出すようなスレに
対してただ傍観しているだけのカキコに失望を感じた.いくつ
もの宗教信者,仮にも「悟った.」「神だ.」など書き込んで
いるのに,ただ傍観するだけか?ただスレを見ていないだけか
もしれないけど.その点,やはりクリスチャンの方々は,何か
書かずにはいられない衝動に駆られるんだな.と嬉しい気持ち
になった.

ごめんね.もう当分は書き込みを控えます.2Ch見るとはまって
仕事にも差し支えるし.大丈夫あなたなら困難を駆逐できる.
限界を突き抜けたその向こう側に道がある.

55 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/10(土) 09:51:24 ID:MuV8A6is
聖書読むならまず詩編をおすすめ
次に福音書とイザヤかな

56 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/10(土) 10:06:24 ID:MuV8A6is
じゃあ やめろと言われるまで 一日いっこずつ 詩編貼っていこうかな

57 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/10(土) 10:11:34 ID:MuV8A6is
1

いかに幸いなことか
神に逆らう者の計らいに従って歩まず
罪あるものの道にとどまらず
傲慢な者と共に座らず
主の教えを愛し
その教えを昼も夜も口ずさむ人。
その人は流れのほとりに植えられた木。
ときが巡りくれば実を結び
葉もしおれることがない。
その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。

神に逆らう者はそうではない。
彼は風に吹き飛ばされるもみ殻。
神に逆らう者は裁きに堪えず
罪ある者は神に従う人の集いに堪えない。

神に従う人の道を主は知っていてくださる。
神に逆らう者の道は滅びに至る。

58 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 10:20:45 ID:VE/+umZj
やめろ

59 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/10(土) 12:31:25 ID:MuV8A6is
(´・ω・`)ショボーン

60 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 13:25:21 ID:WlwLdp91
死を前にしたイエスから、弟子たちは逃げ去りました。
イエスでさえ、弟子たちに、神を教えることはできなかった。
しかし弟子たちは、聖霊を体験したとき、生まれ変わったように、
力強くイエスの教えを伝え始めた。・・・これが体験です。
 
わたしは最初から、神を探してくださいと話している。
ヨブ記には神を探し出す道筋が見え隠れしている。
でもあなたが体験しないと意味がないのです。
  
神に抗議していたヨブが、
なぜ神にひれ伏すのかを考えてください。

61 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 23:00:15 ID:43TZPZsE
>>60 聖書はフィクションだから!最後のページにこの物語はフィクションですってかいてないか?

62 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/10(土) 23:05:55 ID:MuV8A6is
>>61
いや 「これらの言葉は信頼でき、また真実である」って書いてあったと思うよ

63 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 23:25:33 ID:43TZPZsE
>>62 そりゃ、嘘つきの口癖ベスト10の三位の言葉だよな?

64 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/10(土) 23:32:06 ID:MuV8A6is
一番と二番はなんだい

65 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 23:35:23 ID:pLPnjYxC
>>1
俺なんか、アトピー、喘息、全身の脱毛症。

人は幸せだと思えば幸せだし、
例え大金持ちで健康であっても
「自分は不幸だ」と思えば不幸だよ。

雨風しのげる家に住めて、
食べ物があり、水があり、
ああ、幸せじゃないか。

まずは小さな事に感謝できるように
・・・そう言う生き方をしようぜ、お互い。

人生なんてどうなるか解らない。
今は病気でも1年後は健康かもしれないし。
ああ、感謝。全てを神に感謝。

俺? もちろん幸せさ。

66 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 23:40:22 ID:Kkyg2RQq
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


67 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 23:45:11 ID:43TZPZsE
>>64
1位・俺が生まれてから一度でも嘘ついた事あるか?

2位・お客様よくお似合いですよ!

68 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/10(土) 23:56:18 ID:MuV8A6is
お似合いですよはそんなうそでもないだろ

69 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 00:11:07 ID:ncSeleFY
>>68 お前トップ3の内、2つも信じちゃたらダメじゃないかー?神に騙され易い自分を救って貰えるようお願いしなきゃな?

70 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/11(日) 00:28:37 ID:kUjWf5TL
相手が神さまだったら騙されるもなにもないじゃんか

71 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 00:37:46 ID:ncSeleFY
>>70 よし!わかった。仮に聖書がフィクション、神は概念でしかない世界だと想像してくれ、毎日神を忘れて暮らしてみる。どうやったら?うまく生きていける?そういう想像するのもキリスト教徒としては罪?無理なら仕方ない。

72 :◆C/pY3QodDk :2007/03/11(日) 04:25:21 ID:vpVq6uoV
兄弟のみなさん、私たちの苦しみには価値があります。


        〜共同贖罪〜

「わたしの娘よ、人々の霊魂を救うためにわたしに力を貸して下さい。
あなたの苦しみをわたしの受難に合わせ、それを罪人のために天の父に
ささげて下さい」 (1032)。

彼女は、すぐにこの「招き」を受け入れました。後にこう書きました。
「わたしはキリストとかたく結びつき、世界のための懇願のいけにえと
なります。神のおん子の声で願う時、神はわたしに何も拒みません。
わたしのいけにえそのものは何の価値もないのですが、
それをイエズス・キリストのいけにえに合わせる時に、わたしのいけにえは、
全能のものとなり、神の怒りをなだめる力のあるものとなります」(482)。
http://www.nowaksvd.opoka.net.pl/jiai/jiai01.htm

73 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 20:44:16 ID:eWR6Yp7n
人生の道案内は楽な商売ではない。命がけだ。
 
道を案内するだけなのに・・・? その道案内を嫌がる人がいる。
 
生活がかかっているから、嫌がる人も必死。殺しにやってくる。
 
かれらは別の道を案内したいのだ。・・・イエスは殺された。

74 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 13:22:00 ID:ezcgLPRU
↑聖書でハイになってんじゃねぇ!ラリったことばっか言ってねぇで、ズバリ確信突いたこと言ってやれよ。

75 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 18:36:57 ID:gy630BaZ
わたしが謎解きをしても意味がないのだよ。
 
でも三人の友人を切り捨てたから、道のりの半分ぐらいは進めただろう。
 
あなたが謎を解いて、あなたが神を体験してください。

76 :1:2007/03/13(火) 19:24:37 ID:sV1/tMha
レスが遅くなってすいません。
なんだか疲れてしまいました。

確かにぼくはこれまで色々悪いこともしてきたと思います
(法的にはなにもしてませんが)、
たまに今の苦悩はその罰なのかと思うこともあります。
「ごめんなさい」と必死に言い続けたこともあります。
そして10年経ちました。
まだ物足りないのか、と、思います。
まだ苦しめないと気が済まないのか、と、思います。

神がいようがいまいが、
どっちにしても神はなにもしてくれないようですし、
自分で頑張るしかないようですね。

神職者の皆様からの意見をお聞きして、
今のところそういう感想です。

ちなみにぼくはどの宗教にも属していません。
神はいるかもしれない、と思う時はあります。
それは神秘的ななんとかというよりも、
現実的に宇宙の成り立ちについて考えていると、です。

77 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 20:36:11 ID:l2g5idBD
あきらめたらだめだ。十年がんばれたら、あと十年はがんばれる。
 
「神を探し、神と出会い、神に仕える」・・これが人間の天職だよ。
 
あなたは病気のおかげで王道を歩いている。ほかのことは瑣末だ。
 
人生の謎を解いてごらん。生きている神に出会えるから。
 
神は黙ってはいない。あなたに答えてくれる。神は生きている。

78 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 00:27:21 ID:draapvO4
>>1
こんばんわ
病気から逃れる方法より家族からうまく離れられる方法を考えてみたほうが
1君にとっては良いと思うよ
一人暮らしって方法だよ
そしたら人は一人では生きられないことを全身で感じることができる
1君も誰かを支えてることに気づくよ
1君はきっと頑張ってると思うだけどそれは家族の支えでのうえでの
頑張りだからあまり1君に還元されて来ない
今の1君は一生懸命なんだけど、家族っていうのが曲者で
実は1君を助けてるつもりが邪魔してるんだよ
君の頑張りを邪魔してるんだよね(家族はそんなつもりは勿論ない)
本当に一人で走るって大変だし孤独だし性格も曲がるかも
しれない。だけど神様は1君が満足できるメダルを用意してる


79 :1:2007/03/14(水) 14:16:38 ID:O2xSnMGK
どうして人間の天職ってどうして分かるのでしょうか。

どうしてメダルを用意してるって分かるのでしょうか。

この世には絶望して死んでしまった人が何人もいます。
生きたいと思いながら死んでしまった人が何人もいます。
その人たちの人生も天職だったのでしょうか。
その人たちにはメダルは与えられなかったのでしょうか。

先が明るいから頑張れなんて簡単に言いますが、
違ったらその責任はどう取ってくれますか。
全て終わった後に「神のおかげだ」なんて言われても
なんの救いにもなりません。
苦しむ人が助けを求めてるのは未来ではなく今です。

80 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 14:24:17 ID:BNOO0MDf
今、現在アトピーを治せば解決するんだろ
病院いけよ


81 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 14:30:55 ID:BNOO0MDf
俺には神の声が聞こえる神は病院に行けと行って居る
何故なら病院の医者も神の創造の賜物だからだ
しかし医者には名医も居れば藪も居る
名医に巡り合う確率は3パーセントだとする
ならば神は己を信じないものより信じるものにこの3パーセントの奇跡的出会いを用意するだろう


82 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 15:10:40 ID:gSsQd80D
「神がいようがいまいが自分に関係ない」と思っているなら、神はあなたに関係ない存在でありつづけるだろう。

神が必要なら、「神よ、いるなら答えてほしい」と祈って、耳を澄ますことだね。
答えは2ちゃんの中にあるかもしれないし、手にとった本の中に見付かるかもしれない。

それが神を探すってことだ。

自分の思い通りになる神様がほしいんなら、俺は知らん。

83 :1:2007/03/14(水) 15:27:35 ID:O2xSnMGK
当然病院は行っています。毎週のように色々な検査をしています。

別に神様に思い通りに動けとは言っていません。
別にハーレムを望んでる訳でも、金を望んでいる訳でもありません。

ただ、普通に生活できるだけの健康が欲しいと言っているだけです。
これを望むことがそんなにいけないことでしょうか。
健康を望むことが神を思い通りにする、ということなのですか。
今現在、普通に働くことはおろか、外出することすら困難なのです。

82さんの言う神とは、世間一般で言う神とは違うかもしれませんね。
自ら動き、そこからなにかしらのヒントを見つけなさい、
というのなら、それには同意しますし、現在そうしているつもりです。

ただそれが神と呼ぶのかどうかは人それぞれかもしれません。
都合の良いところだけを神のおかげにしてるような気もします。

84 :1:2007/03/14(水) 15:36:05 ID:O2xSnMGK
81さんの書き込みを読むと、やはり神は、
自分を信じなければお前を救わない、
という考えなのでしょうか。

もし、名医に会う確立が3%だとして、
神を信じる人が3%以上だった場合どうなるのでしょうか。
後は抽選ですか。

神は全ての者に平等であって欲しいと思いますが、
そうではないのでしょうか。

また、神を信じて疑わない人々が戦争を起こし、
毎日のように死んでいくのはどうしてなのでしょうか。

85 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 15:49:48 ID:draapvO4
>>79
神からのメダルっていうのは比喩であって実際に触れたり
みんなが見てメダルだってわかるものでもないと思うよ
紛らわしくてごめんね

苦しいって言ったもん勝ちなんだよ
苦しいけど言えない人もいる
苦しいと文字にできたり表現できる君はまだまだ救いがあるんだ
絶望する時本当にそこには死しかない
深淵に存在する死は浮上してきては命を脅かす
それに勝てるアイテムは人それぞれだけど
宗教がアイテムだったりもするってただそれだけだ





86 :名無しさん@3周年:2007/03/14(水) 16:13:16 ID:draapvO4
実はおいらも>>1のような時期があったんだ


87 :1:2007/03/14(水) 17:17:46 ID:O2xSnMGK
>>85
一応メダルは比喩であるということは分かってるつもりです。
メダルで例えられたので、そのまま使わせていただいただけです。
気を使わせてすいません。

85さんの主張、確かにそれは言えます。
ぼくのように色々吠えてるうちはまだ安心なんでしょうね。
本当に絶望した時には、こんなことしてる間に死んでるでしょう。

ただ、ぼくもそこに近づきつつあるかもしれないという不安から、
今吠えているのです。
完全に手遅れになる前に。

宗教が自分を救うアイテムになる、というのも頷けます。
ぼくもそれを求めてこのスレを立てたのかもしれません。

88 :トントロ:2007/03/14(水) 19:29:17 ID:K9JdlcE4
>>1
あなたは自殺してしまいたいのですか?私の青春は常に自殺してしまうよう
な苦悩との戦いでした.また,自分の経験を書きます.うざくてごめんね.

1.いじめられて高校中退.
2.引きこもり.
3.頭がおかしくなる.
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1168075453/l50
>>11のような経験.
4.数度にわたる大学受験失敗.
5.母が脳溢血で倒れる.
6.私が母にインフルエンザをうつしたことで死んだと親類縁者に
 思われる.葬式,四十九日の席で廃人扱い.

6の時は,本当に自殺も考えて首をつろうとした.しかしできなくて
そのあと鏡を見たとき薄っすらと,首にアザのような帯があった.血の
気が引いた.その時なんとなく気が付いた.「自殺すると絶対に消えな
いアザが大切な何かに刻まれてしまう.」なぜどのような宗教も自殺
をしてはいけないと言うのか,なんとなく理解できた.

たぶん,その気付きが無ければ私はこの世に居ないかもしれません.
私は,死んでしまいたい衝動から逃げるように勉強して,次の年に
大学に受かった.その後も7つめの苦悩はあったけど,それはまた
別の種類の苦悩なので書きません.

先が明るいから頑張れなんて,もういいません.違うかもしれないし
絶望するかもしれません.でも,自ら命を絶つ衝動からは逃げ延びて
ください.ごめん文章長くなって.

89 :1:2007/03/14(水) 19:44:38 ID:O2xSnMGK
>>88
嫌なこと書かせてしまってごめんなさい。

でも、型に嵌ったような書き込みより、
あなたのように自分の言葉で話してくれるほうが
ぼくにとっては心に伝わります。

できる限りのことはやってみようと思います。

90 :77:2007/03/15(木) 01:27:14 ID:HwGWGEla
天職は何かって? たとえば神がいないとしたら、
何をやってもいいのだから、天職など存在しないことになる。
神がいるから天職がある。だとすれば、まず神探しから始まる。
神が見つかれば、何をしたらいいかがわかってくる。
 
ルカ福音書 12:29〜31
「ただ神の国を求めなさい。そうすれば・・・加えて与えられる」

91 :77:2007/03/15(木) 01:58:30 ID:HwGWGEla
家にいてやれることを探そう。
坐禅はどうだろうか。いすに坐ってやってもいい。
息を1〜10まで数えて繰り返す。
最初は30分くらいにし、慣れてきたら一時間ぐらいやる。

音楽や絵や小説で息抜きもいい。自分で作ってもいい。字の練習もいい。
家でやれることはけっこうあると思う。
 
家族の世話になってるなら、家族のために働くのもいいじゃないか。
まず身の回りをきれいに掃除しよう。次に家中を掃除しよう。
家族の食事を手伝って、料理に詳しくなるのもいい。
  
孔子は三十にして立つ、と言った。精神的に自立するという意味だと思う。
孔子でさえ三十まで迷っていた。当面、三十ぐらいまでは生きよう。

92 :77:2007/03/15(木) 02:16:04 ID:HwGWGEla
そういえば釈迦は29ぐらいで修行を始め、35、6で悟ったという。
10代や20代では人生のことはわからない。わかったとしても30過ぎ。
それまでは学ぼう。余りにも未熟。

93 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 02:33:53 ID:3d8zLr7Q
>>89
あなたの苦しみはあなたにしか解らない。
神とはキリスト者が言うようにひれ伏し隷属する対象ではないよ。
あなたの苦しみを神さまにキチンと訴えるのが良い。
でもそれは日本語じゃ駄目だ。もちろん、英語やヘブライ語?でも無意味。
神との対話は『神の言語』のみで成される。

その時間違っても自分は苦しいから楽にしなさい、とか理由を示しなさいとか
祈ったら駄目。そのような妄言を祈りと称するヤカラは偽りの門番。
本当に苦しんでいる者にはそれが理解出来るハズ。

ではどのように祈るのか?
ここに信心深い、本当の信仰心を持った父親がいたとする。
何気に見上げたマンションの自室ベランダから愛する幼子が今まさに落ちようとしている。
その時真の信仰を持つ者が唯一の神に祈る言葉とは何か?それは決して

『天にまします神よ、我が子をたすけたまい』とか『神よ我が子の右手をベランダ天端に、こう引っ掛けて・・』

なんて呑気な言葉など挟む余地すらないだろう。必死に祈ること、それは

 『  !  』

これだ。ここに神の言語が在る。その時初めてその父親は神がどのように人に語り掛けてくれるのか理解する。
実は神を理解出来る神を観るというのはとても辛いこと酷いこととセット。
辛いのを卑小化することはない。精一杯神に訴えるが吉。神は応えてくれる。
あなたにどのように応えるか、私には解らないが私はそのように神との対話をしている。
この世で真の価値在るものとは信仰さえも神から与えられるものだから。
私は仏教を通してそのように学んだ。

94 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/15(木) 09:18:44 ID:GdhcHAM0
信頼していない相手に大事なことをたのむだろうか
カミサマになんかよろしくするときは カミサマと信頼関係があるっていうのがひつようだと思う

>>93
>ひれ伏し隸属する

キリスト教徒が神に従うつうのは 恐怖で隸属させられているからではなくて なかよしだからだ
物知りで賢くて自分のことを考えてくれるともだちがいたら その友達のいうとおりにするだろう

神を探すってなんだろう
「なんでもしってて何でもできる神さま おいらのともだちになってください おいらも神さまのともだちになりたいです(・∀・)」
と言うことかな

95 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/15(木) 09:48:35 ID:GdhcHAM0
おいらのしんどかったときのこと書こうかな

えっと おいらにはそれまでのことをじっくり考えて消化して よしこれでいこう と思えるようになるまで考える時間が必要でした
が あるとき環境かわって忙しくてそれができず 疑問をかかえながらも毎日おいまくられて生活 二年たってエネルギー切れで鬱になった
もうなんもできないしお薬てんこもり 家族からは「あんたはさぼりすぎたからそうなったんだよ」「おまえは病気じゃないんだから医療は必要ない、
病院なんかいくひつようない、薬なんか飲むな」「つらいわけがない。その程度はみんな我慢してがんばってるんじゃないか!甘えるな」
「何であたりまえのことができないの?人として最低限のことでしょ?あんた何なの?」とかまいにちまいにちいわれる
氏にたくなります
おいらは思いました 
「うーんきつい 氏んでしまいそうだ だけどカミサマはおいらがこんな中途半端なわけわかんないところで世界の端からおっこちて
しまえばいいと思ってるんだろうか?たぶんそうじゃないだろう しなないでもう少し様子をみてみよう」



96 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/15(木) 09:52:27 ID:GdhcHAM0
なんか書こうとおもったけど当時のことはいまいち思い出せないとこがある
思い出せてもまだ書けないこともある
ごめん これ以上書くのはしんどい ちゅうとはんぱでごめんよ

97 :81:2007/03/15(木) 10:45:50 ID:e7q2LMhx
既成宗教の信者からは無神論者と言われるかも知れんが
神とは「存在」の事だと思って居る
君のアトピーも言わば神なのだ
そのアトピーは現代医学では治せない物なのかもしれない
何故ならば君のアトピーには意味があるからだ
つまりアトピーを背負う事で君に存在とは何なのかを考えさせる為あえてアトピーという形を取って居るかもしれない
つまり君を悟りにいざなわせる為にアトピーとして神は顕現しているのではないか
たかがアトピーと言うかもしれないが
そのアトピーは君の運命を支配する重要な力を持っているようだ


98 :チソコマソコ教祖:2007/03/15(木) 11:16:34 ID:XJaG8ZMP
何事も、神(原初のエネルギー)(セックスエネルギー)
を基準にして考えないと解けない。
アトピーである→外出不可→出会いがない→セックス不可
何事も、セックスをさせないということが神様の意図。
これを悟ったとき、光明が見え始める。

99 :チソコマソコ教祖:2007/03/15(木) 11:37:07 ID:8qg6Aqy6
セックスは人間最大の欲。
これをしないということが壮絶な修行になっている。
努力は買ってでもするもんだそうだが、
そんな苦しさは誰も買いたがらない。金で買える立場ではない。
その努力が与えられてるんだからプライスレス。
またとないビッグ・チャンス。

100 :チソコマソコ教祖:2007/03/15(木) 11:38:50 ID:8qg6Aqy6
実際、アトピーだの、外出できないだの
は些細なことで、本当はセックスを渇望している。
そこを見つめなさい。

101 :1:2007/03/15(木) 15:29:56 ID:eLPm32zh
>>96
辛い思いしてまで過去のことを書くことはありませんよ。
その気持ちだけで嬉しいです。

>>97
神とは存在のこと、というのはぼくの今の考えに近いです。
アトピーにもなんらかの意味があるかもしれませんね。
アトピーが神とは思えませんがw

>>98
以前は性欲ありあまっていましたが、
今は正直セックスにあまり興味がありません。
元気になったらまた興味出るかもしれませんが。

102 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/15(木) 15:53:44 ID:GdhcHAM0
>>101
神は存在ですだけど存在がすべて神なわけじゃないだな

あとぴーの意味か

ヨハネによる福音書9章にこんなのがある

さて、イエスは通りすがりに、生まれつき目の見えない人を見かけられた。
弟子たちがイエスに尋ねた。「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」
イエスはお答えになった。
「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。………」

かんがえてみればおいらがしんどかったときこれをよく思い出したよ
おいらの鬱は生まれつきのもんとは違うけど
おいらが今鬱でなんもできなくてしんどいのは神様のすることがおいらに起こるからなのだなと思った
神様がおいらになんかするってことは 神様は近くにいるんだなぁとか思ったの思い出したよ

103 :1:2007/03/15(木) 19:56:51 ID:eLPm32zh
ぼくの病気も神の仕業なんでしょうか。

なんらかの意味があるのでしょうか。

病気で失ってきたものはあまりに多く、大きすぎます。

104 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 20:18:47 ID:e7q2LMhx
しかし得たものもあるのではないか
少なくともアトピーが無ければ君は神とは無縁だったろう
アトピーは君と神を引き合わせてくれたのではないか
とするとそのアトピーは何億万円以上の価値がある


105 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 20:20:04 ID:HwGWGEla
ヘレンケラーなんか、凄絶だよね。
目が見えなくて、耳が聞こえなくて、話をすることもできない。
あなたなんか、とても足下にも及ばない。
ヘレンケラーの伝記でも読んだらどうだろう。
ナチス収容所にいたフランクルの「夜と霧」も考えさせられる。
いろいろな本を読むのもいいと思う。

106 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 22:28:30 ID:VF58CF4a
五体満足健康体でも神を強く求めるヤシも居れば、大病負っても疎いヤシも居るさ。

107 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/15(木) 22:45:26 ID:GdhcHAM0
>>103
苦しみ以外にもいろんな意味があるんだと思うよ
でもいろいろ失うのは辛いよね


>>105
あなたなんかなんてゆーなYO



108 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 23:43:13 ID:CGZ/W+kM
>今は正直セックスにあまり興味がありません。
そんなことじゃいかんよ。
HなDVDを見て毎日オナニーしないと。

109 :しいたけ:2007/03/16(金) 00:21:17 ID:UCY9kx+O
>>103
人間は霊と肉でできてるらしい
霊は肉に影響されるんだろうな、病気だと足を引っ張られることにもなる
本とに病気は大変で辛い。病院も辛い、行きたくないだろう
本当に辛いってことは本人にしかわからないんだよね
本人だって喉もと過ぎればって言うぐらいあんなに辛かったのに忘れる
まして他人にわかるわけ無い
だからこそ、自分を愛そうと言いたい。自分だけが自分の理解者だと寂しいけど。だけどそれが現実だ
この世を頑張りぬいて肉の辛さに負けず善人をつらぬけば
肉体の死のあと霊は完全な身体をもって復活すると信じているのが聖書だったと思う


110 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 20:00:54 ID:DcdPZMyw
>>1
神に仕える人ではないが、アトピーを何とか治してあげたくてレス。

君は困難な条件を背負い体験してるんだ。ここでレスする人も自分も、君と同じ境遇
になれば同じだろう。責めることは誰にも出来ない。君自身より君のことが分かる人
はいない。心身ともに疲労困憊してる時は、弱音、愚痴、泣きを全部受容し傾聴して
くれる人が必要。そして全部吐き出してごらん。するとストレスで一杯だった心に風
が入り少し元気になる。同病相憐れむでアトピーの人たちとコンタクトとったら理解
されやすく気持ちも心も楽になるのではと思う。

大切なことは、君がまだ若く人間には自然治癒力が備わっているということ。
だから絶対にきれいに痒くなくなる、元気になると自分にイメージ、暗示を常時
かけること。桜のお花見や散歩、水泳、運動する自分の健康な姿をイメージする。
ストレスが強い人の為の自律訓練法、呼吸法、軽体操も出来る範囲でやってみる。
疲労困憊の気持ちは分かるが、コモってばかりは逆効果、ダメなら逆にも挑戦。

★「病は“冷え”から」・・・・石原結実著(P62)
日光、サウナ、海水浴、戸外のプール、日焼けサロンも良いと書いてる。
汗をかいて水分、毒素を出すと良いらしい。少しづつ戸外に出てみる。

★薬の副作用も怖いし、下記サイトもヒントになるのでは?
「体内旅行」・・・健康と体内浄化(痒み)
http://next.air-nifty.com/tainai/cat4162203/index.html


111 :110の続き:2007/03/17(土) 18:22:42 ID:BWH8+2sT
>>103
>ぼくの病気も神の仕業なんでしょうか。
そんなことは誰にも分からないし、分からないことは考えない。
よく頑張ってきたね。いろいろ吐き出したらきっと又、強くなれるよ。

誰でも病気が手に負えなくなれば医療機関に頼らざるを得ないけどそれと
併行して、自分でもいろんな努力をして自分で治すんだという意識・実践は
必要不可欠だと思う。神に祈っても経験的に何も変わらないのではと思う。

「皮膚は内蔵の鏡」と言うから、内臓強化、新陳代謝や体内の浄化、気の循
環を良くする・・・・など大切。異常になった体を正常にする行法、体を動
かす健康法をできるところからトライする。ヨガなどは病人・高齢者など誰
でもできるので経験的にオススメ。薬のような即効性はないけど焦らず実践
すれば必ず効果が出てくる。その分、治癒も早いし薬の量も減らせるし、何
よりも強靭な体がいつか手に入るかもしれない。

言うは易しという点はあるけれど、一歩一歩前にできることから動き出そう。
まだ若いし、宗教なんかに祈るより効果あるし、費用もかからない。健康は
自分の努力で作るもの。アトピーを克服したら体験者だからその方面で活躍
できる道も拓ける。


112 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 20:56:04 ID:f9nWdoZK
1さんへ
今もあるかどうか存じませんが、四国にアトピー専門の病院があったそうです。そこにしかない、特別な病院らしいのです。
私はほんのすこし耳にしただけで詳しいことは分からないので申し訳ないのですが…。

一度なにかで探してみてはどうでしょうか?インターネット等で。

113 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 22:21:13 ID:qogl5zbG
>>110
>★「体を温めると病気は必ず治る」の著者、石原結実先生もイシハラクリニック・
伊豆に健康増進保養所を開設。「おもいっきりテレビ」にも出演されてるよ。

人間に本来備わっている自然治癒力を強め、病気に負けない強い体を根本から作る
方が薬害や副作用も少なく体に優しく自然で好きだ。薬は体には異物だそうです。

114 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 22:30:36 ID:pMhApQJn
病気で良かったとは決して言わないが、病気にでもならなきゃ決して神を真剣に考えることのないヤシも居る。

115 :1:2007/03/18(日) 08:13:38 ID:L7YEcjgJ
>>110
いろんな情報ありがとうございます。
体温に関してはぼくも最近痛感しており、
なんとか体温調節がうまくいくよう頑張っているところです。
その道で活躍、というのはどういうことでしょうか。

>>112
それはたぶん土佐清水病院のことだと思います。
最近の評判はそれほど良くなかったと思います。
以前ぼくの住む街に関係者が診察に来て、
ぼくを見るなり「入院」とか言われて手続きさせられました。
土壇場で断りましたけど。

>>113
体温関係で調べていたら、その人の名前良く出てきますね。

>>114
それはたぶんぼくのことです。

116 :名無しさん@3周年:2007/03/19(月) 05:45:05 ID:LGjj9fvi
>>115
>その道で活躍、というのはどういうことでしょうか。
例えば、病院の治療と併用してヨガをやりアトピーが治癒したとしたらそれは
全国の同病で苦しむ人達への大きな福音になるし、本も書けるし努力すれば
ヨガの道・指導者にもなれるし、医療関係、健康を増進する職業等に興味も勉強
も出てくるかもしれないし、「健康」の有難さを誰よりも若い頃から知ってる君
だから、じっとして神のことを考えているより実践する方がいろいろ道が拓ける
ということ。最もどうしても神職に就きたいという希望でもあれば別でしょうが。

ブルーベリーアイのわかさ生活を起業した社長は、ご自身が目が悪く苦しまれた
苦労人のようです。君も有難いことに若いのだ。

皮膚病は温めると痒くなり辛くなるので入浴もぬるま湯とか消極的になりがち。
むずかしい体温調節がキーポイントかも。自分の体とどの辺まで折り合いを
つけて毎日少しづつ汗をかき運動できる体に持っていけるか、又、どのように
乗り越えて健常者のように運動・入浴できるように持っていくか・・・・・・
その過程を記録しておけば、新療法が出る可能性も否定できない。

と言っても自分にもできることかは不明なところで情けないが・・・・しかし、
心から病気に負けないようにプラス思考で「少しづつ体内の浄化が始まり、汚
れがとれている。良くなってる・・・・・・・・どんどん体内がきれいになる。
内臓もきれいに新しく再生している・・・・・・どんどん新しくきれいになる。
良くなってる・・・ストレスよありがとう。君と共存していくんだ。私は幸せ、
私は幸せ者・・・・力を貸して・・・・・」
と多分必死で自分にインプットはするでしょう。




117 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 08:43:50 ID:bssS0O2d
>>1 さんへ
僕は健康ではそんなに苦しんだこと無いので、
何を言ってもたわごとに聞こえると思う。
それでもこうして書くのは、僕にも君と似たような知人がいたからだ。
当時僕は経済的にどん底で、なんだかんだ言いながら、親元で生活してる
そいつを「気楽なもんだな〜」と思っていた。
後から本人から、また間接的に、どんなにアトピーが大変か聞かされて、
申し訳なかったなーと。思ったところでしょうがないのだが。

人生の答えは自分で出すもんじゃないのかな。
どんな生き方でも、君の人生を君が生きる、と言うこと。
問い続けるのも一つの生き方だろうし。

そんなことよりも、ドイツでは、レーザー光線を使ってアトピーを完治させる
ことに成功したようです。とは言っても最近のことなので、今のところは、
と言った話ですが。
そんなわけで、国内にその治療器が3台ぐらい。保険も《未だ?》効かなくて
最低でも10万、全身だと100万はかかるのかな。テレビで見ただけなので
詳しい事分からなくて申し訳ないが。

118 :神も仏も名無しさん:2007/03/19(月) 08:59:29 ID:XlZwsuRt
病気で苦しんでいるヤシは本当に苦しいのだとは思うが
世の中には身体は健康なのに苦しんでるヤシも居る。
病気だけの苦しみなら健康になればハイお仕舞い。
だけど苦しみの中で神への祈りが無くては一日とて生きながらえない
ヤシも居る。

119 :1:2007/03/19(月) 19:34:32 ID:622rNDZA
このところ毎週のように病院で検査したりしています。
今日はぼくが必死にアトピーの原因を探しているのをみて、
医者が終始小馬鹿にした態度でムカつきました。

>>116
確かに治すことができれば他の人の役に立てるかもしれないですね。
色々悶々と考えてるよりは実行したほうがはるかにいいですね。
嫌なこともあるけど、努力しないといけませんね。

>>117
情報ありがとうございます。
ただ、その手の情報は結構金儲けの為のものである場合が多いので、
様子見ですね、しばらくは。
アトピー患者が外に訴え出づらいのを利用して、
金儲けする人々は最悪です。

>>118
ぼくは身体の病気と精神の病気、どちらが重いかなどは判断できません。
ちなみに一時期精神的な病気にもなったことあります。
両方経験して思うのは、両方辛いですw
身体が病むと精神も病むし、精神を病むと身体を病みます。
両者は常にバランスを取って成立してるので、
どちらか一方が欠けると両者とも落ち込んでしまいますね。

120 :117:2007/03/21(水) 02:20:33 ID:Rx/GQ67A
まあ、なんとも。
その番組自体は、割と真面目な感じですが、時々「?」と思うことが
無いでもないです。
ただ、治療の様子など15分ぐらい色々見せてましたが、本当に治ってる
感じはしました。いずれにしても様子見をするのがいいのかもしれません。
それが定着すれば、治療費も下がるかもしれませんし。


121 :神も仏も名無しさん :2007/03/21(水) 08:29:36 ID:kChW1HTW
★「体を温めると病気は必ず治る」には、体が温まる食べ物・飲み物も書かれ
てるから参考に。甘いものはダメみたい。りんご+人参ジュースが良いらしい。

もう既に実践されてるでしょうが・・・



122 :らぶじー ◆Fhcps.A/9I :2007/03/21(水) 08:38:04 ID:KlRrR3EX
紅茶は身体をあたためるってよく聞きます。
アレルギー反応のない飲み物であればいいのですが。

神様は>>1さんにどんな素敵な計画を用意されているのかはまだわかりませんが、1さんの苦しみが癒されるようお祈りします。

123 :神も仏も名無しさん :2007/03/21(水) 17:07:16 ID:vJAamq/7
>>122
意地悪ではないのですが、ついでに現在まで続く一神教の「神」の名による終
わりなき紛争の終焉も祈ってください。

「祈りの効果」が誰の目にも明らかになります。


124 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 18:16:13 ID:Nk/vvhVz
神の名は神のみぞ知る。故に『万能なる者』とか『存在する者』という概念だったりする。
それをたかが一つの時代の一つの言語に押し込めるなんぞ、どれほど傲慢やねんてこと。

神でもホトケでもアラでも人間ごときが主張してよい範疇じゃない。いい加減気付け。

125 :1:2007/03/21(水) 19:22:52 ID:HVzxieh6
このスレを立ててから、色々な人の話をお伺いしました。
結局残ってくれた人は神職者以外の人ばかりですね。
ぼくが意地悪な質問ばかりしたせいもありますが。

友人に聞いた話では、神にすがろうとしている人々を
拒否する神職者も世界にはいるのだそうです。
汚らわしいという理由で。

そういう話を聞き、神の存在があったとしても、
それに仕える人々は所詮人間でしかないと思いました。

126 :1:2007/03/21(水) 19:26:08 ID:HVzxieh6
ここしばらくは病院巡りをして、体中を調べてもらいました。
なかにはあからさまにウザがる医者などもいて
気分を害することも多々ありましたが、
その逆に素晴らしい医師にも巡り会えました。

この調子で頑張っていこうと思います。
とにかく愚痴るだけではなにも起こりませんから、
精神的に続く限り、足掻きながら生きていこうと思います。

皆さんのご助言なども参考に、身体を温めていくことも
続けていこうと思います。

とりあえず経過報告です。

127 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/21(水) 19:36:23 ID:QmZrbNw8
神職者というのが 聖職者 という意味なら おいらも聖職者ではない
おいらは司祭でも助祭でもないです
神にすがるのは所詮人間なのは当たり前です
神を必要とするのは神につくられた人間だからです

>>124
神が人間ごときに名前を教えてくれるとき それを聞いて受け入れるのが信じる者であります

128 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/21(水) 19:39:15 ID:QmZrbNw8
>>126
よくなるといいね(・∀・)
またかきこしてくれです

129 :1:2007/03/21(水) 19:57:28 ID:HVzxieh6
>>128
気分を害するようなことばかり書いているにも関わらず、
丁寧なレスや心配などしてもらって感謝です。

神職者という言葉はどうなんでしょうね。
このスレを立ててから他の方が使われていたので、
気に入って拝借させてもらっただけなんですがw


ぼくにはまだ神を感じることはできませんが、
人々の励ましで少しだけ前に進むことができそうです。
これが神の業なのかどうかは分かりませんが。

なにかを得る為に動かないといけないのは
宗教と関係なく必要なことかもしれませんね。

130 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/21(水) 20:21:55 ID:QmZrbNw8
>>129
さっそくおへんじありがと(・∀・)

神職って神道のかんぬしさんのことでないかなぁ

カトリックだったら聖職者だな

まあつまり おいらはプロフェッショナルではない平信徒だということです

神を感じるかどうか というのは まああとあとの話で
自分が感じたものが 実は神のわざだった と あとからわかったりするし
まあそのへんどう思うかは あとでもいいんじゃないかな

おいらの属しておるカトリックでは
自分が動くというよりは カミサマが呼んでくれたんでそっちにいく という考え方になるわけだけど まあそう思うかもあとで結論つけたらいいよ

今はなにか求めているものが こっちにあるかな と思えればいいんでないか

あとはあれだ 神は人間を使う ということだ
人間や 世の中の色々なものをとおして 神をみつけたりする
逆に 人間に失望して 神サマから離れたりもするね
すてきな人がいたら こんな人がいるなんて 神様はいるんだ とおもうかもしれないし
まわりが意地悪なひとばっかりだたら 神さまもいじわるなんだ とおもたりする

神様は みつけておくれ と思っているようだ
おいらなんか ガキンチョの時からずっと一緒にいたのに 気づいたのは最近だ あはは

131 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/21(水) 20:30:25 ID:QmZrbNw8
あー 余計な話なんだけど
おいらこんなんだが 校正とかやったことあって
チッコイ字の間違いとかみつけるわけ

んで えーどーしよミクロだよ と思ってると 「あはは 見つけてごらん(・∀・)」と カミサマはいうわけだ
んで どこどこー と探すと 字とか記号の間違いもみつかったりする
だいたいそういうところはできがよくてうまくいく
ひとりでオタオタしてるとこは見逃すとこ多い
あとから見るとわかったりするんだな

アホみたいな話かもしれんが そんなこともあるのだな

132 :神も仏も名無しさん :2007/03/21(水) 21:22:52 ID:chpKM7oI

>神でもホトケでもアラでも人間ごときが主張してよい範疇じゃない。いい加減気付け。

どうしたらそう、尊大で傲慢、不遜になれるのか・・・今度はお得意の脅しですか (笑

呆れるをとうり越して滑稽だなw

まぁ、キリスト教全員で悲惨な一神教の紛争終焉を祈って下さい。何せ22億人ですから。

「祈りの効果」は誰の目にも確かに明らかになることでしょう。



133 :神も仏も名無しさん:2007/03/21(水) 23:52:01 ID:j0qUN5+t
うーん、興味深いスレですね。
私の考えを書かせて下さい。私は神職者ではありませんが。

>人は生き地獄のような日々を送りながらも、なお生きるべきなのか。
>生きろというなら、その言葉の責任をどう受け止めるか。

今までは必ずどんな相手に対しても「生きろ」と言ってきました。
それが正しいと信じていました。死んだらすべて終わりだと考えていました。
だけど、今は「生きろ」と言うことが正しいのか分からなくなってしまいました。
>>1さんと同じように、ある人から「『生きろ』と言った責任をとって欲しい」と
言われたからです。

現在の私の考えでは、>>1さんには「生きて欲しい」と言います。
その責任は取れませんし、行動で示すこともできません。
ただ、何故「生きて欲しい」と言うのか?という問いには答えられます。

それは「一人の人間」の大切さを知ったから。
好きな人、良い影響を与えてくれた人、友達、その他、いろいろな人がいて、
私の人生を私と一緒に今まで創ってきました。
それで気づいたんです。誰か一人でも欠けてしまえば今までの人生は創れなかったんだろうな、って。
今までの人生が幸福だったわけではありません。死のうと思ったこともあります。
でも、すべてが不幸であった訳でもない。幸せな時間もありました。
片思いですが好きな人も居ました。ただ、その人が近くにいるだけで幸せでした。
>>1さんが、誰かの絶対にそこに居て欲しい人になる時が来るかもしれません。
もしかしたら、すでに来ているのかも?そう考えたら、私は誰かと幸せになれる可能性に
賭けてみて、もう少し生きてみようと思いました。
どれくらい幸せになれるのかは分からないし、それが生きるのに値するかどうかも分かりませんが、
少なくとも私は生きるのに値する幸せな時間を過ごしました。

だから、私は>>1さんに「生きて欲しい」と言います。
無責任かもしれないけれど、何となく、みんな生きていたら、こういう幸せに出会える気が漠然とするんです。

134 :1:2007/03/22(木) 08:03:57 ID:xeA0nu9v
神職者というより、このスレにおいては
聖職者と呼ぶほうが正しいかもしれませんね。
という訳で、ここからは聖職者という単語を使います。

このスレ読んでみて思うのは、
神に関わる人たちもそれぞれ色々な考えがあるってことですね。
突き放して自立をうながす人や、後ろからそっと支えてくれる人。
ぼくはやはり人のいる世界に住んでいるんだなと思います。


133さんの言うことは分かります。
ただ、もう一歩踏み込んだところで、
『生きていれば幸せになる可能性がある』、でも、
『生きていても幸せになれない可能性もある』ということです。
絶望している人は、後者のまま死んでいくのが辛いのです。
その辺はどう思いますか?

偉そうに色々言ってますが、ぼく自身も結論は出ていないのです。
だから知りたい、と思っています。

135 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/22(木) 08:20:41 ID:YSZdC0Gl
おいらは 「生きろ」というより 「とりあえず死ぬな」って感じだな
生きるのはエネルギーがいるから大変だけど とりあえず氏なない というのは 省エネだ
疲れたときは省エネをおすすめ

幸せになれるかもしれない と思って生きるのは結構しんどかった
なんもない夜空にサーチライト照らすのに電気いっぱい使うようなもんだった

サーチライトやめて 朝が来るまで寝てよう というのが省エネ

しんどいときは 未来への期待もやめた そしたら楽になった
たまたまウマイモの食べたときとか 元気がちょっとずつ疲れをうめていく

それで少しずつ動けるようになった

136 :133:2007/03/22(木) 10:03:09 ID:jYFBb0uM
幸せになれない可能性を信じる人に、何と言って良いのか私にも分からないんです。

なんとなく今の私の限界がここかな、と思っています。


最後にもし機会があればDカーネギーの「道は開ける」を立ち読みしてみると良いかもしれません。

内容は苦悩・悩みを克服した人たちの実例集です。

137 :神も仏も名無しさん:2007/03/22(木) 10:09:38 ID:evAkukTg
>>135
イグちゃん
ひまわりの種をいっぱ〜いもらったのよ
もちろん人間食用のですよ。
で、これ殻つきなんだけど、簡単にむく方法って知っている?
八角とかういきょう等で味はおいしいのだけど
なんか夢中になれそうな気がするのよね。


138 :神も仏も名無しさん:2007/03/22(木) 10:52:40 ID:PBzLTyCY
>>136
限界あるの当然ですよ、なんせ人間なんですから。

まあ、生きろって言ったって、その人が幸せになれるかどうか、
誰にもわからない。第一、何がその人にとって幸せなのか。
 
おれもいきるから、おまえも生きてみたら、とかしか言えないかな。
俺も聖職者じゃないし。

ちょっと違うけど、生きることは死ぬことと似てる。
体が新陳代謝繰り返しながら、結局最後は滅びるみたいに、
人生も、与えられたり、失ったり。
誰か知人が死んだりしたら、もう、取り返しつかない。
他の人と知り合いになって相殺されるわけでもないし。
だから生きることって有り難いのかな。

139 :◆JgJAzfkQlM :2007/03/22(木) 10:55:48 ID:9LxlFS6A
新人類の1様へ 貴方もお試しあれ・・

恐怖マン4 心霊写真 (ヘリコプター)の中に神を見つけました・・・でも
悲しいかな その写真は単なるお化け写真と変わらない扱いでした。
貴方自身の目で見つめてください、ちなみに教会関連の掲示板には、お伝えいたしましたが
2chへの報告情報がまだであったようですので書き込み致します。
神は存在いたしますが、元人であった者達です、生まれた国が乱れるたびに
涙を流されますし、自然破壊の行き着く先の恐ろしさに震える方々です。
教会にはナザレ人イエス様のご家族をお知らせ致しましたが、本日はこの国の神
であるお方を御見せ致します、私の背後霊のお二方やイエス様のご家族。アフリカの
時期3代目シルバーバーチ霊となられる女性神霊 ダライラマ初代様 マホメッド様も
おいででした、出来の悪い人か霊魂であるのか?見たいな写真ではありません。
神の心霊写真だといえるでしょう、是非御観覧を・・・ちなみに私のスレでなし
持ち写真でも無しです。  http://heli.boy.jp/02ufo4/

140 :◆JgJAzfkQlM :2007/03/22(木) 10:56:43 ID:9LxlFS6A
老人(霊医アトス様)この国の氏神様のようなお方です。(Fの背後霊よ)ww
連続する顔・鼻の穴(イヨ様)1900年前の巫女姫女王のようなお方です。
卑弥呼の後継者のお方ではないようですが、霊能力は、写真を見たら解かります。
今もこの日本の心霊スポットでも迷える霊達の守り神であり 見張り役でもあるお方です。
心霊写真の出来の良い物で日本人は彼女が手をお貸ししてる物が殆どです。
今も憂いておいでです、私Fくらいのものしか【少数】まともな霊界の意思を受け取れる
人がいないことです、Fにしたって主婦業の傍らであり朝から晩までの神職とは行きません。
そこで神となる(将来)あの世でですが、そう成って働く人間が必要です。
ひとまずシルバーバーチを知ってください、そうそう神霊と成られたお方の宗教は今時点
同じですし、今後も変わらないことでしょう。拝むは、人であり取り巻く環境其の物です。
世界的な霊訓は皆正しい物です、ちなみに世界的に有名な霊訓(永遠の大道)のマイヤース霊も
森林の紳士と言う名でおいででした、御自身の残した霊訓が本物である証明のために現われたのです。
永遠の大道 シルバーバーチの霊訓(色々)W.イーグルの霊訓 モーゼスの霊訓
インペレーターの霊訓などがあります。  最後に江原氏は、Fはお勧めしません。
1心霊写真との対話 2霊訓を読んで・・ 3貴方の成すべきことを・・

 霊界よりの愛を感じてください。そしてお返しする物を・・・


141 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/22(木) 11:38:30 ID:YSZdC0Gl
>>137
おっいいなぁ(・∀・)
簡単にむくほうほうか 煎ったりするのかな

142 :神も仏も名無しさん:2007/03/22(木) 11:45:38 ID:HuaCNZhR
>>1  心の持ち方次第かもね

3 :名無しさん@まいぺ〜す :2006/12/30(土) 23:12:47 ID:gBqdFupG
参考になるかわからんが、久々に来たからアドバイスのつもりでレスするわ
まず俺は
幼少の頃中度のアトピー→完治→20歳頃に再び全身ぼろぼろになるほどに発症
→22歳頃から27歳現在まで完治

再発した理由は不明だけど、初めての1人暮らしなど環境が変ったのが大きいような気がする
再発してからステロイドは一切使わず、アルカリイオン水やら、
いわゆるアトピービジネスと言われる物を色々試したが特に効果なし
そのまま仕事を辞めて家に引き篭っていたが、ある時、自分の性格に
問題があるんじゃないかと気がついた
その頃の俺は極度のマイナス思考で、何に対しても悪い方向に考えたり
不安な気持ちを抱えながら生活していた
病は気からと言うけど、なんとなく全ての物事に対して、少しずつでもプラスに考えるように
軽い気持ちで、本を読んで、ポジティブ思考に切り替える努力をしてみた
最初は苦労したが、どんな時でもプラスに考える事を続けていたら
自然に何事に対してもポジティブに考える癖が出来ていた

すると、みるみるうちにアトピーが良くなっていくじゃないか
アトピーだからなんだ?死ぬわけじゃないし、どうでもいいや的な考えで
封印していたステロイドも塗ったし、タバコも吸って、酒も飲んで、外に出て、
友達と遊んでたら勝手に良くなっていったんだ
同時に毎日が楽しい、嫌な事があっても動じない強い心も手にいれた
信じられんかもしれんが、こんな単純な事で治った
万人に効く事かは正直わからないが、こんな実例もあるって事だ

もし、自分が極度のマイナス思考だって人は無理だと思わず試してほしい
金も掛からないし、いきなり気持ちを切り替えるのは難しいかもしれないが
俺にできたんだから誰でも出来るはず


143 :神も仏も名無しさん:2007/03/22(木) 23:08:01 ID:3YfkLtTu
>>126
自分の容量を超えて辛い時は精一杯愚痴るのが吉。
グチってはいけない、他人の悪口言っちゃいけないと画一的にほざくのは阿呆。
辛い病気になって良かったとは決して言わないが、
病気を通して本当に救いとなる医者の存在をしることにはなっただろ?
ちょっと風邪引いたくらいじゃ、決して医者の良否なんて気付かない。
医者がこの世に居るのかどうかさえ半信半疑かも。

あの時医者がそこに居なかったら、今日という日は来てなかったという者が居る。
同じように神への祈りが無かったら一日と潜り抜けることの出来ない境遇もあるだろう。

144 :1:2007/03/23(金) 07:58:25 ID:URaNrpr8
>>142
そうですね、そう思います。
体中調べてもらって、全く異常がなかったので、
精神的なものかもしれないと、今診てもらっているところです。
プラス思考って大事ですね。
なかなかうまくいきませんが。

>>143
阿呆とまでは言いませんが、ぼくも同じように思います。
少し心理学をかじった人間ですが、
もやもやしたものがある時は、口に出して言うのがいいですね。
このスレを立てたことで、ぼくも心の整理が付き始めているのかも。

145 :ignis ◆chartreCqk :2007/03/23(金) 08:02:16 ID:0nOtsSZA
>>144
おはよ(・∀・)ノシ

146 :1:2007/03/24(土) 07:03:06 ID:MYGqqWpX
>>145
おはようございます。

147 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 21:37:46 ID:k1Yyobix
http://www.patomos.co.jp/
キリスト教、格安
荒療治もアトピーには効果大

148 :1:2007/03/29(木) 19:42:04 ID:9ky1wss9
久々に書き込みします。

色々自分なりに動いて頑張っていますが、
前進はしてるものの、なかなか進まずしんどいです。

なにより食べるものがほとんどないのが大変です。
タンパク質、脂質、炭水化物、どれ摂ってもアレルギーが出ます。
もし良くなったとしても、
これからどうやって生きていくんだろうか、ぼくは。

これも神の試練なんでしょうかね。
それともこれまでの罪に対する罰なのでしょうか。

149 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:54:29 ID:EEqifRVv
食べるものがないってのはまずいなそれ
人はパンのみにて生くるあらず、
味噌と少しの野菜も食べるべし...
が信条なんだけど、米と野菜もダメになったのかい?
CSって病気があるみたいだけど


150 :1:2007/03/30(金) 07:23:03 ID:8ITpk6MP
>>149
味噌と漬け物は少し食べてます。
でも、それもたぶんアレルゲンになってそうです。
なんとか薬で抑えてますが。

少量ずつ食べるように気をつけます。

151 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 07:52:56 ID:sAJ+jXBd
自然農法始めてCSになったって人がいたな
オイラは化学物質依存症の有機農家だけど

152 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 15:33:41 ID:SWdzRtay
むしゃくしゃする。
あした、女の乳を揉んでこよう。

153 :1:2007/03/30(金) 22:11:01 ID:8ITpk6MP
>>152
犯罪にならない程度に揉んできてください。

154 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 22:27:25 ID:vw5iTMLn
こいつはなんか面白い。どっかに闇をかかえてるやつほど、みりゅく的なものはないぞ。http://blog.duogate.jp/gakide



155 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 07:25:46 ID:dt3l5yUO
試練とか罰ではないなぁ。
つか事ここまで至っても真実の神を探そうとしない1に驚愕。

156 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 08:44:50 ID:vl3mKRk7
>>155
最初の文でいいこと言ってて、何でそういうこと言うかな?

157 :1:2007/03/31(土) 09:04:29 ID:Yw72g/L/
>>155
真実の神とは?
ぼくはそこが知りたいのです。

158 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 14:24:16 ID:11nSCALT
>>1
この世での快楽や他人との優劣を目標としてはいけません。
天国を希望として、それを目指す生き方をしてみてください。

キリスト教の信徒から祝福されるされない、というのは、あなたが
考えているような偽善的な声援とは全然違います。病気が治ったら奇跡だと
ありがたがるのではなく、本当の奇跡はあなたのそのことに気づき、考え方、
生き方が変わることです。

あなたが苦しい状況にあるのなら、なおさらのこと、もっと苦しい人たちの
ために尽くすのを薦めます。神はそういった姿を何よりも喜ばれます。
私も食事が充分にとれないあなたのために断食し、祈ります。

159 :1:2007/03/31(土) 15:05:30 ID:Yw72g/L/
>>158
気持ちは嬉しいのですが、一緒に断食してもらう必要はありません。
そんなことされても嬉しくありませんし。
ほんとに気持ちだけ。ありがとうございます。

考え方、生き方を変える、というのはそうですね。
前向きになろうなろうと思ってもなかなかそうなれませんでした。

でも、生きようと思ったら前向きにならないと駄目だと
最近は思い始めています。
このスレの皆さんの発言でもそれを助けてくれた気がします。

ひとつ聞きたいのは、天国に行きたいと願うことは
快楽的思考とは結びつかないのでしょうか。

160 :158:2007/03/31(土) 16:53:28 ID:11nSCALT
>>159
天国を求めるということは、快楽を求めることとは異なります。それは
正義を目指すこと、善を求めること、平和を望むこと、そして愛に生きる
ことです。それらは堕落した欲望とは異なり、つつましやかな態度と
本当に心が満たされる喜びの世界です。

前向きなことは、謙遜なことと同じです。
あれが足りないこれが足りないと、狭い世界だけを見て判断するのは
とても愚かな姿です。生まれてきただけでも神の愛の奇跡であり、人間は
存在するだけでもとても尊いものなのです。

あなたの心にも光が差し込みますように。

161 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 18:05:55 ID:i7JNL5sa


■□■□■ 一神教による悲惨な中東紛争の終焉を願う。■□■□■

毎日のように報道される一神教による悲惨な中東紛争、自爆テロ・・・・
神の名による聖戦、洗脳は人を狂気に駆り立てる・・・・恐ろしくうんざりw
一神教は朝に昼に夕に夜によく全知全能の神に敬虔な祈りを捧げる。

皆、破壊より【平和】を願ってる筈だ。

一神教の全ての信徒が紛争の終焉を全知全能の神に祈ってください。
キリスト教だけでも22億人の信徒がいるから【祈りの効果】が誰の目にも
はっきりと明らかになるでしょう。



162 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 18:40:14 ID:cF0sJhgS
>>159
「イエスはオリーブ山へ行った。
朝早く、また神殿の境内に入ると、民衆が皆自分のところにやって来たので、座って教え始めた。
そこへ、立法学者たちやファリサイ派の人々が、
姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、人々の前に立たせ、イエスに言った。
「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。
こういう女は石で打ち殺せと、モーゼは律法の中で命じています。
さて、どうお考えになりますか。」
…イエスはかがみ込み、指で地面に字を書き始めた。
しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして、
「あなたたちの中で罪を犯したことのない人が、まず、この女に石を投げなさい」と言った。
そしてまた地面に字を書き続けた。
これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、
イエスだけが女に石を投げ続けた。

163 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 20:47:07 ID:Ht4TXbnu
>>157
流星に3度願いを言えたらその願いは叶うという。
それは流星が人の言葉を聞き入れるわけじゃない。
流星という突発的な事柄にたいして3度言える願いというのは
それは深く常に願っている本当の願いということなのだ。
それほど強く願いを立てた時点でその願いが叶う可能性は果てしなく高い。

さて真実の神だが、祈らない者に教えるのは無理。人が他人に神を教えるというのは
実は物凄く不遜なこと。必用なら神がその人の求めに応じた姿を顕すというのが
大昔からの神の在り方。現代神を語るものの多くはその程度の基礎すら知らん。

求めよ!さすれば・・・というがあのキリストでさえ衣服が赤く染まるほど強く祈った。
凡人が座して神を呼ぶということが信じられん。
1が人並みはずれた苦役を受けてるなら、その報いを神に求めよ。
世界60億が右に神有りとほざいても目の前に居る神を。それが真実の神。

>>159
>天国に行きたいと願うことは快楽的思考とは結びつかないのでしょうか

良いところに気付いた。実はここがキリスト者の限界点でもある。
信仰がある程度実を結ぶと神の時とでも呼ぶべき瞬間が訪れる。
人とは器であり、魂の主がそこにいのちを注ぎ込む。それを実感出来る瞬間。
その時信仰すら神が与えてくれたものだと理解せず己の強い意志で紡いできた
その報いを受けてると勘違いするものは容易く賞賛の言葉を並べ貴重な神の時間を
自ら遮ってしまう。新旧聖書には神をむやみに褒め称えるなとか無教養のものが
神に選ばれ、強い信仰を持ってる者が神の神殿に一歩も入れないというような
記述がある筈。なければ書き足せ。阿呆が消去したんだろ。
神すら求めたことの無い1にここまでぶっちゃけても良いか疑問だが、縁無き衆生なら
馬に念仏程度にしか聴こえんだろ。

164 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 22:05:54 ID:bA/IEmUb
>>448 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 05:28:04 ID:0aKSD1/+
>「神」など、人間にとっては、どこにも存在しない。各宗教の空想に基づく、
>でっち上げに過ぎない。

1。神概念の発生は、科学が存在せず、自然のメカニズムについて無知蒙昧で
あった古代人が、自然現象を引き起こす不可知な力として空想したもの。自然
現象の原因がほぼ完全に解明された現代においては、もはや関係ないこと。
2。ゴマンとある宗教ごとに、それぞれの神の姿、内容、教えが異なるという事実は、
神が各宗教による空想の産物であることを、明白に証明している。
3。神は空想の産物であり、実在ではないから、いくら祈っても、語りかけて
も現実界にいかなる物理的・化学的影響も及ぼさないのは、あまりにも当然。
ユダヤ教徒は3000年間も神に祈っているが、起こるのは悪いことばかり。
その信仰ゆえに、迫害に次ぐ迫害を受け、とどのつまりは、同じ神を信じる
キリスト教徒によるホロコースト。イスラエルを建国させてもらったと思ったら、
今度は、やはり同じ神を信じるイスラームとの果てしない殺し合い。
イスラームは、一日5回も祈るが、それでもインド洋の大津波のような大災害
は何の変わりもなく生じる。アメリカのキリスト教徒がいくら祈っても、ハリケーン
は起こる。英国国教会の大主教は、インド洋津波による大災害を目の当
たりにして、ようやく神の実在と祈りの効果を否定したが、あまりにも遅すぎ
るのではないか。
虫歯で歯が激しく痛むとき、いくら祈っても、世界中の宗教者が祈っても絶対
に治らないが、鎮痛剤1錠飲むとケロリと治るのは何故か。同様に、祈りに
よって石ころ1個、木の葉一枚さえ作れない、また破壊できないのは何故か。
4。人類始まって以来、神を見た人間は唯の一人もいない。科学がこれほど
発達した現代でも、神を観測できた者は、唯の一人も居らず、神の観測装置
の開発・研究を行っている会社など皆無であるのは何故か。



165 :1:2007/04/01(日) 08:48:41 ID:j30rGmfX
同じ質問しても、全く違う意見が得られるのは面白いですね。
神が絶対だったとしても、人は絶対じゃないのが良く分かります。

なんだかんだ言っても、
最終的には個人でなんとかするしか無い訳ですね。
第三者はある程度までしか導くことはできない。
そして今ぼくもその限界のところまで来ているのかもしれません。

科学的に神は存在しない、というのは分かります。
ただ、人々が心のうちに宿す(妄想だとしても)神も
神と呼べるのでは、という気がします。

しかし、ぼくの中ではそれを宿せません。
こんなこと言うべきではないかもしれませんが、
どうしても神に頼ることが甘えであるという認識が
どこかにあるからなんだと思います。

166 :トントロ:2007/04/01(日) 10:31:56 ID:Ba2Uxedy
>>165
久しぶりに書き込みます.
「どうしても神に頼ることが甘えであるという認識.」
という考えはとても大事だと思います.仮に神がいたとしたら
そういう考えを好むと考えます.神を両親に例えると,親に
いつまでも甘えるのが両親への親孝行と勘違いしているのと同じ
で,本当の親孝行は自立し自力で生活できるようになるのが本当
の親孝行と思うし.仮に親が本当に苦しい状況にある時に援助
できるのが理想.神にも苦悩はあると思うよ.

167 :神も仏も名無しさん:2007/04/01(日) 10:40:05 ID:RH3Rx7On
>>165
>ただ、人々が心のうちに宿す(妄想だとしても)神も
>神と呼べるのでは、という気がします。

神は自分の外側にはないとオモ

神 = 命 = 人間 = 自然


>しかし、ぼくの中ではそれを宿せません。

既に君の中にあるから甘える必要もないのでは




168 :神も仏も名無しさん:2007/04/01(日) 19:28:35 ID:PM8gcm53
完全に甘えるというのは全てを委ねるほどに
信頼できるということかもしれないよ
そんな人は滅多にいないだろうけど
どこかに不信感や疑問が起こる
それはごく自然なことだ
甘えることから逃げたり誤魔化したりしない
というのは難しいことなのかもしれない

169 :神も仏も名無しさん:2007/04/01(日) 20:31:34 ID:StLWSmoT
>>148
>なにより食べるものがほとんどないのが大変です。
>タンパク質、脂質、炭水化物、どれ摂ってもアレルギーが出ます。
>>150・・・・>味噌と漬け物は少し食べてます。

そんな状態の時に、スレ立ててカキコする元気あるかー?
このスレ、キリスト教のやらせじゃないかと勘ぐるナー



170 :1:2007/04/02(月) 08:19:36 ID:w6SBxdA6
>>169
既に書き込んでいますが、症状は薬でなんとか抑えています。
今はご飯に味噌と漬け物、煮干しを食べる生活です。

やらせと言われても、
このスレがそうじゃないと証明する手段はありませんし、
別に思われても一向に構わないです。
どうしても我慢できないなら削除依頼してください。

ただ、このスレの一部の人は勘違いされていますが、
ぼくは宗教には懐疑的な人間です。
ですので当然宗教関係者であるはずもありません。
『絶対的な神』という存在にも懐疑的です。

人ひとり救えず、世界では戦争が絶えず、
そんな状況で神を信じろと言われても難しいです。
ですから、それでも信じる人々の意見を聞きたいと思っています。

しかし、皆さんの信仰を否定するつもりはありません。
人にはそれぞれ理由があって今の存在がある訳ですから。

171 :名無しさん@3周年:2007/04/02(月) 18:24:37 ID:lf4XiIfD
女が言っている男女平等?アホか!
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1166366123/l50
女性の社会進出推進≠男女問題の解消
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1165673224/l50
少子化の原因は女の高学歴化に一因がある!
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1170414744/l50
ジェンダーフリー〜その実態〜
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1146980989/l50
▲▲▲国連女子差別撤廃条約を破棄せよ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1162982074/l50
どうして日本の女は醜いのか
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1171356645/l50
女っておバカだから騙されてばかりだな
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1170847259/l50
いい加減に女を甘やかす風潮をやめよう 
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1159841025/l50
今に女は地獄に落ちるだろう 
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1153649087/l50   
【女は】キリストも釈迦も認めてた【クズ】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1156056850/l50



172 :神も仏も名無しさん:2007/04/02(月) 20:16:28 ID:HVb1+HXE
神を求めている自分に気がついているのかな?
君に出来る事は考える事。
自身を神とするか否かの瀬戸際だな。

173 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/02(月) 20:44:51 ID:tZ3VBTaW
都会でアトピー酷くて田舎に移って直った人もいるよ。
住屋はアパート?
建材用接着剤なんかも悪いから、田舎がいいらしいけど。
考える余地ある?

ちなみに
苦は全て肉体に起因するよ。
なんで神は肉体を創造したのかね?

単純な救滅二元では計りきれない関係があると思うよ。
人間簡単に考えたがるからすぐに罪とかって発想に行きやすいけどね。

神っていう概念よりもこの世界の関係性に注目していった方がいいかもね。
世界は広く、残酷で美しい。

174 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 02:30:48 ID:cRLJ+ag8
あなたの神はどうして私を救わないのか?
あなたが神の子ならどうして私の身代わりに死なないのか?
あなたがアンパンでどうして私がジャムパンなのか!!
あなたは本当に神に仕えているんですか?

私は神に向かって拳を突き上げ踵を上げる者ですが、
あなたの質問にお答えできると思いますか?


175 :1:2007/04/03(火) 09:24:13 ID:u2AJGlT6
>>172
神を求めているかどうかは分かりませんが、
救いを求めているのは認めます。
自身を神とする、というのは仏教に近い考えですね。

>>173
引っ越しは今のところ難しいです。
ご心配ありがとうございます。
世界の関係性、もう少し詳しく教えてください。

>>174
是非お願いします。

176 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 11:16:36 ID:854iYm1G
あのー、他意なくオススメするのだが、「神との対話」を読んで欲しい。
俺なりに宗教・哲学を勉強してきたが、
俺たちの理解できる言葉で真理が書かれている。
俺たちは、比較出来ずにそれぞれ苦痛をかかえている。
仕組みがわかると、すこし落ち着ける。
まずは入り口としていかがでしょうか。

177 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/03(火) 12:55:01 ID:YbvDPSPb
>>175
いつ始まったのかそれはわかりませんが、宇宙の誕生、銀河系の誕生、
地球の誕生、生命の誕生、ホモ・サピエンスの誕生
集団化され、生活と共に死の文化(葬儀体系、魂についての考察)と自然に対する
畏敬と共に宗教が生まれました。
我々が今ここにいるのは突然、「私」という存在が現れたのではなく、様々な事象の
堆積によって連鎖してあるものです。
仏教では「縁起」といいます。また、この世に変わらぬものはありません。全てが
変化する過程上にあり、不滅のものも存在しません。それを「無常」といいます。

神が一体何をしてくれるのでしょう?もし、神がこの世を創造したのなら
我々の意志には関係なく、我々は存在し、また生存可能な環境が創造されています。
そして、あなたのように生活上支障を来す病気に苦しむ人もいれば、自然災害により
突然死んでしまう人もいます。平温に生活していた家庭に暴漢がお仕入れ、
戦争地域では神に仕えるシスターがレイプされます。

神はこれをどのような視点で見ているのでしょう?
神の視点は我々の思う「幸せ」とはずれているように思います。

次に幸せについて考えてみてください。
1さんにとって幸せとはなんでしょうか?
不幸せとはなんでしょうか?


178 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 13:31:16 ID:cRLJ+ag8
では改めて質問をどうぞ

179 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 15:20:54 ID:zzKpyacH
究極・無限であり、存在することを是とする「神」がいるとして、
「無関心」であることが重大な死的な要素となる。
罪を冒す者は悔い改めることもあるが、無関心を決め込む者に
悔い改めは無いからだ。

自分自身で、自身を限界から解き放つ保証は無いだろう。
考える者は何処かに何らかの神を定めるものさ。

180 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 15:34:19 ID:snNVIuHN
世の中は不公平ですね。最初から 裕福な家庭のベビーベットに寝かされた赤ちゃんは
先ず先ずの環境 セレブな人生を送るでしょうから。
病気は辛いですか?同情申し上げます。
でもね、ちょっと視点を変えてご覧なさい。
雨の日があれば、必ず晴れの日が来ます。苦しみがあれば喜びがあります。
この世界の出来事はすべて 「正」と「負」の法則でなりたっています。

続く

181 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 15:45:21 ID:snNVIuHN
>180
たとえば
昼と夜、光と影、北と南、男と女、天使と悪魔
幸せ 何もかも満ちたりた気分なんて ほんの一瞬 泡みたいに消える儚いものです。
どんなことでも何でもよいから 感謝することを探して見つけてご覧
見える、ああ有難い
聞こえる、ああ有難い
話せる、ああ有難い
手足が動く、雨風をしのげる所で寝られる、着るものがある、食べられる、ああ有難い
続く

182 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 15:58:53 ID:snNVIuHN
>181
世の中で嫌われる 病気や貧困 不安という負マイナスは 実は幸福を感じるために必要。愛されてきた人は それが当たり前だと鈍感になっています。しかし 愛されずにきた孤独な人は優しさに敏感に反応し幸福感を味わいます。
白を際立たせるには 白の傍らに黒を置きます。黒は苦労です。苦労した事が多く 苦しみが深いほど ささやかな幸せを有難いと感じるものですよ

183 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 16:14:08 ID:dJYH77co
↑美輪さんのファン?
美輪さんの本の丸写しだね。

184 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 16:31:37 ID:snNVIuHN
うん バレたか
( ̄ー+ ̄)大フアン

185 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 17:19:55 ID:854iYm1G
正負の法則って、一種の方便だと思うのだが、どうだい?
良い悪いなんて相対的な価値観で、それこそとらえ方によって人それぞれになる。
例えば「この世の出来事は自分で作りだしている」という唯識という哲学がある。
これをわかりやすく言うと、最近流行の「鏡の法則」っての。
というように、正負の法則は、真理を知る入り口という方法論の気がするが、如何に?

186 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 17:27:32 ID:pDJyJzNU
Mothra, ya, Mothra
モスラよ、モスラ
Dengan kesaktian Indukmu
あなたの母の神秘力で
Restuilah do'a hambamu
あなたの賤しきしもべの祈りを
yang rendah
かなえたまえ
Bangunlah dan
さあ、起き上がり、
Tunjukkanlah Kasaktianmu
その神秘の力をお示しください

187 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 18:20:12 ID:snNVIuHN
>185
三輪さんの仏教的な解釈には 頷けない部分もありますが、
人間は必ず平等にツケを払わなければならない、正負の法則は 生きる知恵だと思いますよ!
良いことも 悪いことも 長く続きません。
確かに 金持ちの家には病人が多く 身内に精神病や近親相かん等おぞましい生き地獄がありますね。
逆に貧しい家庭は健康です。
http://www7.plala.or.jp/sugar-plum/jinseinotoyori.htm

188 :185:2007/04/03(火) 18:43:39 ID:854iYm1G
>>187
「良いことも 悪いことも 長く続きません。」ってのは、諸行無常であって、
これも「正負」に含まれるの?
「金持ちには病人が多く、逆に貧しい家庭は健康です」って話しちゃうと、
「金持ちが悪い」論だし、一族が健康な金持ちもいくらでもいるって反論出ちゃう。
誤解しないで欲しい。>>187さんを揶揄してるわけじゃない。
リンク先もさらっと読んだが、おっしゃるとおりなんだけど、
「いいことあれば悪い事ある」っていう、
「正負の法則」というくくり方に誤解が生じるんじゃないかと思うんです。
おっしゃるとおり「生きる知恵」として慰めの方便なら理解する。
ただ、真実を探求する者には迷わせてしまうんじゃないかと思うのだが、どうでしょう。

189 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/03(火) 18:58:48 ID:YbvDPSPb
良いことも悪いこともその感じ方によって変わるものです。
もっと言ってしまえば
幸があるから不幸がある。

幸もなければ不幸もないですね。
例え幸福であってもバランスが悪ければそれは不幸です。


190 :神も仏も名無しさん:2007/04/03(火) 19:07:24 ID:snNVIuHN
要は すべては気の持ちようって感じです。腹八分 否六分で足りる事を知る。
金持ちが悪いのではなく、富を分かち愛 助け合わないから、日本のセレブは 後半人生を不幸になるそうです、まって 参考書程度で良いと思います。
やはり教科書はバイブルだと思いますよ。


191 :1:2007/04/04(水) 07:39:07 ID:M9YACv/t
たくさんのレスありがとうございます。

仏教の考え方はぼくに合う気がします。

無常の概念はどうなんでしょうね。
ある意味真理の気もしますが、
本人が不幸だと思い続ければずっと不幸である訳だし。

まず物の考え方が根本にないといけないかもしれませんね。

192 :神の教え子:2007/04/04(水) 10:48:32 ID:ON1mi+Z3
今日は、先ずお聞きします。
神の存在を、どの様に認識していますか。


193 :神も仏も名無しさん:2007/04/04(水) 13:44:39 ID:7EKpr+3+
通常は、
なにか願い事をしたら願い事がかなった→神はいる
宗教を信じているひとは全員そんな神を信じているのです。

194 :神も仏も名無しさん:2007/04/04(水) 14:01:53 ID:WXqbYCZN
>>1仏教の考え方が合うのであれば、やはりオススメしたくなる「神との対話」。
自分は仏教に興味があったところ、たまたま読んだ。
中身は仏教的教義、「足を知る(今が不足なし)」「空の思想(価値は相対的)」「唯識(現実は自分の意識の現れ)」「即身成仏(現世肯定)」などなど、
キリスト文化の国から生まれたの本でありながら、
仏教哲学そのもの、しかも密教から上座部仏教まで幅広い仏教を、
同根にまとまってるじゃないかとびっくりした。
人それぞれの解釈だから、道徳的ありがたいねっていう感覚で捕らえたりする人もいるだろうが、
俺のような理屈で理解しないと納得しないタイプには、
仏教哲学を平易な言葉で、完璧に問答している本だと俺は思う。
変な宣伝や現実逃避のニューエイジも好きなだけに、誤解を受けやすい本ではあるが、
もし理屈で納得したいのなら、オススメしたい。
もちろん選ぶのは本人なので、オススメはこれで最後にします。

195 :1:2007/04/04(水) 14:56:52 ID:M9YACv/t
>>192
以前にも書きましたが、ぼくが思う神の存在とは、
人の心の中に作り出されたものという認識が一番近いと思います。
どこかに神が実際にいて、
というのは今のところあまり考えていません。

ただ、科学的に考えた場合でも、
宇宙の成り立ちとかどうしても理解できない部分があるため、
そういう部分で神の存在がありえるのではと思います。

>>193
作家の北杜夫もそんなこと言ってました。

>>194
その本かなり興味があります。
機会があれば探してみます。

196 :神も仏も名無しさん:2007/04/04(水) 19:33:45 ID:GdT4kGGv
質問をもう少し明確にしておきたかったんだが
つまり、1が生きなければならないのか、私が生きなければならないのか、
神の子らが生きなければならないのか、全ての人なのか。
神の子は友のために命を捨てるようになっているんだよ。
じゃあそれ以外の人はどうかといえば、それは神のみぞ知る...
なんて答えるのはヨブの友人と一緒なわけ。
そこでどう答えればいいか考えるのだけど、
生きるということは迷いと苦しみから逃れ得ることなく死へ向かうこと。
誰に命ぜられるわけでもなく今ここに在って、いずれ『死』に定められている
という極めて不条理な状態が『生』と言えないだろうか?
「だったらさっさと死んでしまった方がいいではないか」
つまり『人は生きるに値するか?』あるいは『命に価値はあるか?』という問い。

........。
たとえば、美味しいものを食べたり、誰かに優しくされたり、人に感謝されたり
して「あぁ、生きていて良かったなぁ」と思う場合。
生きているから良かったと満足するわけで、死んでしまえば美味いもへったくれ
もない....んじゃない?罵倒されても石を投げられても構わんでしょ?

まだ結論出てないけど、ちょっと後でね


197 :神の教え子:2007/04/05(木) 08:55:41 ID:Z0OqlHxJ
>>195
有難う御座います。
生物が自然発生しない事は、遺伝子と細胞膜と酵素が同時発生する確率が極めて少ない事から説明できます。
地球上の生命体は、何かの意図が存在しなければ、誕生しなかったのです。
それを意図したものを、私達は、神と呼んでいます。

今、あなたは、アトピーに悩まされているとの事ですが、そのあなたをこの世に生んだのも神です。
キリスト教徒の中には、「病気も神から与えられたものとして、喜んで受け入れる。」と言う人が居ます。
この考え方を受け入れるべきではありませんが、前向きに生きられる事は、確かです。




198 :神の教え子:2007/04/05(木) 09:07:53 ID:Z0OqlHxJ
それでは、自分の与えられた境遇をどの様に考えて生きて行くべきか。

私には、あなたにアトピーを与えた神の意図が分かりませんが、総論としての、人生の生き方は、説明できます。

あなたが、その苦しみから抜け出した時、神は、あなたに何かを与え様としています。
多分、人の愛でしょう。
前向きに生きて、その障害を乗り越えて下さい。

あなたをこの世に生んだ神は、あなたを愛しています。
大らかな気持ちになって、自分を考えて見ませんか。


199 :神も仏も名無しさん:2007/04/05(木) 12:31:39 ID:OeK1l69g
>>197,198
勝手に1の代弁をしちゃいます。
197,198の様なご説明、まことにごもっともであり、
形が違えど同様な説法?はいろんなところで見聞きしてるわけです。
それを前提に、頭で理解しても心で納得する事が出来てないからこそ、
ほとんど全ての凡夫の迷いがあると思われます。
ここは各々の結論の場にするのではなく、各々の結論へのキッカケ作りの場であるといいのでは。
抽象論ですみません。

200 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 07:11:48 ID:UkXgHUsE

神はキリスト教の神だけではない

だから宗教戦争、中東紛争も終わらない

神は、皆の心の中にある

押し付け、布教は止めて欲しい



201 :神の教え子:2007/04/06(金) 10:03:20 ID:baHVX8pL
>>199
神に対する正しい認識を形成する為には、現世離脱をし、事実を正しく認識する必要があります。
「人間は、死後も生き続け、私達には、創造主が存在する。」事を、認識する必要があるのです。

その認識の上に、正しい信仰が形成されます。
しかし、大部分の人は、自然的なものに束縛されてた、事実を認めようとしません。

健全な信仰は、健全な肉体と心が備わった時に、形成されます。
しかし、大部分の外は、健全でない状態の時に、神に救いを求めて入信します。

神を、心の中に招き入れ、それを仰ぎ見た時から、真の信仰が始まります。
しかし、大部分の人は、外なる礼拝によって、神と繋がろうとします。

信仰とは、どの様にあるべきか。
この答えから、求めるべきだと思います。


202 :1:2007/04/06(金) 10:54:20 ID:zAlJsyKB
さきほど色々考えを巡らせていた時、
なんとなく思いました。

あちこちで不毛な戦争が起こっているのに、
なぜ神はなにもしないのか。

しかしよく考えると、
戦争は全て人間の手によって引き起こされています。
よって、人間の手によって終わらせることもできるはずです。
人間の力でできることをわざわざ神がどうこう
するはずもないのでは、と。

その考えに至って、
自分の病気も人間の業が自分の身体に巡ってきたのではと思いました。

当然、なんで自分が、という考えもあります。
ただ、そこは確立の問題で、
もし自分じゃなければ他の人だったかもしれません。
ぼくの存在が他の人を救ったと考えることもできます。


…なんかこうやって書いていると
自分を無理矢理納得させる為の詭弁の気もします。

203 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 11:33:08 ID:/mdOCfCq
私は、人との比較で神に感謝することもあるけど、
人との比較ではない絶対的なことで神に感謝するようにしてる。
後者が中心。死にたくなった時は太陽があたって自分の
影ができることから、神に感謝しなおした。

人と比較して幸福感を得る生活をしてると、人の不幸話が常食になるんだよね。
私もそんな自分の醜い心を何度も経験してきた。

204 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 17:16:51 ID:ypuy3HBg
>>202
「人間の力でできることをわざわざ神がどうこうするはずもない」
俺もそう思う。で、
「人間の業が自分の身体に巡ってきた」
これもそうではあるけれど、こう思う必要もないと思う。
業をカルマと称し、カルマを解消すべしといかがわしい宗教が吠えやすくなる。
私見ですが、業ではなく、潜在的な無意識の自分がそう選び、
それによって起こる経験を欲したのではないかと。
そして、目の前の出来事は全て自分で選んだ事だと知った瞬間に、
もうその経験は必要ない事になるのではないかと。
全て「自分の選択」と気付けば、その瞬間にその自己選択から解放されるのではないかと。
あとは現実的な解決を淡々と行うだけだと思うわけです。
業、すなわち因果律を明確に解いたブッダ自身も、
単純な因果はいけないとも説いた。
(ブサイクに生まれた→前世が悪い、とかっていうのが単純な因果律)
「自己の責任」と気付けば「自己を許す」となると思います。
気付けば全て終わりです。その気付きがあり、またそれに気付く。
私見ですけど。

205 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 17:56:28 ID:phbDcMsz
携帯から失礼します
初めて書き込みしますが、>>1さんは死にたいのですか?生きたいのですか?
単刀直入で申し訳ありませんが聞かせて下さい
決して煽っていません。誤解させてしまったらすみません

206 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 20:02:04 ID:X15BQAYA
(こないだの続き)
ところで、死んだ後に魂が生き続けるということについて考えてみよう。
例えばロミオとジュリエットのような、この世で報われなかった恋をあの世
で成就するという場合。死んで良かった、死んだ甲斐があったということに
なるんだろうか?死んで良かったという場合があるのなら、死ななきゃ良か
った、死んで後悔したという場合があってはいけないのだろうか?例えば、
ふぐ刺しを食べて運悪く死んでしまったとき、「ふぐは美味かった。でも食べ
なきゃ良かった」という可能性は大きい。もしかするとロミオだって「僕達ちょ
っと早まっちゃったね」と言ったかもしれない。つまりいいたいことは、魂が
あるからといって必ずしも死んだ方が良いとばかりは言えない。結局死んだ後
にも迷いや苦悩を引きずり続けると言えなくもない。
そうすると、死んだ方がましだと考える人は、魂などないと考えているか、いや
むしろ死んだ後のことなどどうでもよい.....
もう死んでも悔いはない.....
今この苦しみから解放されるならば.....


207 :神も仏も名無しさん:2007/04/06(金) 21:10:57 ID:4J3nibEF
>>201
>神に対する正しい認識を形成する為には、現世離脱をし、事実を正しく認識する必要があります。
>「人間は、死後も生き続け、私達には、創造主が存在する。」事を、認識する必要があるのです。

↑ は事実なのですか?根拠は? 認識したことをどうやって証明しますか?

科学的に証明される客観的データはあるのでしょうか?
宗教で言うところの魂の存在、輪廻転生の立証は困難と聞いてます。

神の教え子・・・すごいコテですね


208 :1:2007/04/07(土) 07:36:27 ID:TPn8Alzj
>>204
全ての出来事は自ら望んだ、というのはそうかもしれません。
もちろんアトピーは嫌ですが、なにかしらの
心の働きがそうしたのかもしれませんね。

>>205
両方です。

>>206,207
死後の世界を認めるか認めないかで生き方も変わりそうです。

209 :神も仏も名無しさん:2007/04/07(土) 13:15:19 ID:6CaPwy94
>>208さんへ
205です。>>208さんの書き込みを見て少し安心しました
あなたは大変な病を抱えながらも頑張って生きようとしているみたいですね
私は神職ではありませんが仕事柄、人の悩みや暗い部分を見る事がとても多いです
死にたい気持ちに反対も賛成もできません。
私自身が思うに、神は悪魔にも天使にも姿を変えると思います
人の気持ち次第でね。
大変スレチで申し訳ありませんが、メンヘル版も覗いてます?

210 :神の教え子:2007/04/08(日) 08:36:36 ID:JvcMJf+w
>>207
超心理学は、自然科学の体系に入れられていませんが、科学的な検証をしています。

最近は、スピリチュアルな本ばかり出版され、超心理学の研究結果の公表が少なくなりました。
それでも、少数の本が出版されています。

探して、読んでみて下さい。
心と体が、別のものである事が分かります。

芸能人には、幽体離脱をする人が多いようですね。
彼等は、自分の認識を話しているだけであり、彼等に情報を与える死者のレベルによって、情報のレベルも違って来るのです。

211 :神の教え子:2007/04/08(日) 09:43:09 ID:4gIWgty6
>>208
因果応報の理論に間違いはないと思います。

しかし、あなたは、地獄から、この世に生まれて来たのかも知れません。
もしも、そうであるならば、あなたの罰は終わっているのです。

新しくこの世に生まれて来たのですから、前向きに考えるべきです。
前世の記憶を持って生まれてきた人の中には、前世の殺人が体の障害となって現れている人が居ますが、
あなたに、前世の記憶が無いのなら、あなたの罪は清算されたと考えるべきです。

見えない過去を、引きずるべきではありません。
変な宗教には、入らないで下さい。

正しい信仰は、私達の創造主を心の中に迎え入れ、それを仰ぎ見る事です。


212 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 10:11:31 ID:PhOkRAFL
童話

禅を学んだ若者がいた。
若者は念仏をあげ仏に頼る人たちを心のそこで軽蔑していた。
救いとは自分で何とかするものだ。
しかし、あの世に還って若者は気がつかされた。
大きな光が現われ、若者よあなたの悟りが全てではないのですよ。
ただ純真に仏を想うその人たちにも悟りはあるのですよ。と諭された。
若者は、悟ったことを褒めてもらえると期待したのに、
仏は純真な心を善しとされていたのでした。
若者は偏った思いであった自分の心を深く恥じた。
次に生まれたときは純真に仏を念ずる心と
多くの人の苦しみや悲しみを自分のものとして
学ぶことを心にも仏にも誓った。
されど、自我力が強いことを解っていたので
若者は、もし自我力にかたよるようならば、
印を与えてでも、教えて下さいともお願いした。

そして、若者はまたこの世に生まれることを許された。




213 :185,194,204:2007/04/08(日) 14:02:21 ID:D7VuG1T4
>>211
あなたの「因果応報」に対する意見にもなる204の話はどう思うんでしょうか?
俺の意見は邪教の発想ですか?ブッダさえも?
仮に因果応報が完全として、電車の中で足を踏んでしまい、それが後に、
どういう形で、どういう報いで、どういう時に帰ってくるのでしょうか?
ただあなたは、「変な宗教には、入らないで」とも言うし、
「正しい信仰は、自分たちの心の中に」などと、同意見なのも見逃せないのですが。
なので、>>208へ、
自分の選択と知った瞬間に、因果律を捨てていいと思う(自己を許す)。
俺たちは既に十分であり、より十分さを愉しんでるわけだから。
真理は説教じみたモノの中にはないんだから。

214 :神も仏も名無しさん:2007/04/08(日) 19:59:14 ID:4c7cCSyT
>>212
そいつは若死にしたんだな

215 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 03:25:57 ID:lj74KW/f
童話

聖書を学んだ若者がいた。
若者は懺悔と赦しの祈りをあげ神に頼る人たちを心のそこで軽蔑していた。
救いとは自分で何とかするものだ。
しかし、御国に還って若者は気がつかされた。
大きな光が現われ、若者よあなたの信仰が全てではないのですよ。
ただ純真に神を想うその人たちにも信仰はあるのですよ。と諭された。
若者は、自分の進行を褒めてもらえると期待したのに、
神は純真な心を善しとされていたのでした。
若者は偏った思いであった自分の心を深く恥じた。
生まれ変わったたときは純真に神を思う心と
多くの人の苦しみや悲しみを自分のものとして
学ぶことを心にも神にも誓った。
されど、罪の誘惑が強いことを解っていたので
若者は、もし罪にかたよるようならば、
十字架を与えてでも、教えて下さいともお願いした。

そして、若者は再びこの世で生きることを許された。


216 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 04:52:49 ID:/XroEtSz
イエスは弟子達に『決して眠るな』と言い置き、最後の祈りを捧げた。
戻ってきたあと『あれほど厳命したのに、何事か!』と叱咤した。

しかしその時弟子たちは眠って居なかったのではないか。
イエスが帰るまで起きて待っていたのだろう。それを叱咤されて呆然としている様子ではないのか。
イエスは奇人として妙なことを口走ると評されていたはず。

なぜか?それは言われる側が理解出来ないことを口にしたからだろう。
その時も睡眠を取るかどうかなどどうでも良く、神の元に目覚めて居なさいという暗喩ではないか。
起きている者に目覚めた者であれと注意を喚起したのだろう。

さて御国とはなんぞや。人は見たいものを観、語りたいものを聞く。
大きな光に包まれた途端周りの者を取るに足らない者として断罪することを許されただろうか。
このような信仰者であれ!、このような神であれ!

まったくナニ様だと。

217 :神の教え子:2007/04/09(月) 09:43:52 ID:zvfuL1e/
185,194,204さんへ
人間が作るのが、相対真理であり、この中には、哲学も含まれます。
近代の哲学では、万物の原理を探求していません
ソクラテスは、「人間は、無知である。」と言っていますが、これだけが、真実です。

これとは別に、絶対不変の真理があります。
それは、宇宙創生以来、変化していない真理です。
それは、創造主の存在です。

人類誕生以来、変化していない真理もあります。
それは、人間の故郷は、死後の世界にあり、この世は、仮の世界であり、役者が、舞台の上で演じている様なものです。

創造主の知恵を知った時、人間の愚かさが思い知らされます。
私は、「神を知らしめよ。」と啓示を下され、神の意思を伝える努力を続けています。


218 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 12:20:14 ID:Lys+cSyh
>因果応報の理論に間違いはないと思います。
>正しい信仰は、私達の創造主を心の中に迎え入れ、それを仰ぎ見る事です
>私は、「神を知らしめよ。」と啓示を下され、神の意思を伝える努力を続けています。


( ´,_ゝ`)プッ・・・・・(  ゚,_ゝ゚)くだらん


いいのかナァ〜、んな誰にも分からんことを基地外のように
言っちゃって、断定しちゃって・・・・狂信・妄信のサンプル!お笑い劇場!(爆)

いいのかナァ〜♪ 嵌り驕り人さん?そんなに自己陶酔して・・・・・
精神病院に行けば君みたいなの一杯いるらしいよw
科学的に証明してごらんよ(笑)

>>「死後の世界」とは、彼の死後に残される、「生者の世界」のことなのです。

いろんな視点、角度があり何でも単純ではない証拠。人間は概ね、沢山の人が
言ったり信じていることは鵜呑みにする傾向がある。その意味では伝統宗教の
真偽も疑う意味・必要は充分ある。全て観念だからw


219 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 12:41:09 ID:qxhF3RDO
人は、ある程度立場が近いと気持ちを共感できる。

たとえば、武器商人の気持ちはやはり武器商人ならわかるのだ。「戦争が起こってくれたら、武器がたくさん売れる。」といった気持ち、「平和と戦争の間をコントロールしたい。」と思う等。

そして江原の気持ちを知りたければ、同じようにホラ吹き人間、ペテン師になれば江原の気持ちがわかる。以下の哲学を暗記し、なにかで実践してみればよい。きみも江原になれる!!

@人を人と思うな。文明に価値はないと決め付け、人間と野生動物を同価値と思え。
A人をだますことをためらうな。だまされる奴が悪いのだ。ほら吹きは、吹いた人だけが得をし、だまされる奴はだまされた分だけ幸せになったと思え。

B妄想だからこそ、他人から否定されたら「地獄におちろ」「おまえは来世はゴキブリだ」と怒り狂え。

C↑1〜3を気持ちに入れ、神様になったつもりで人と会話する。

220 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 17:19:31 ID:TcVpSb0C

嘲笑って悪魔が人を従わせるときよく使うよね。


221 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 17:21:22 ID:VC3eBhbT
>>219

。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

おっかしい!!涙が出ちゃった〜あはははは・・・・笑)

このスレの誰かさんたちにそっくりー、やっと分かったw

楽しかった〜〜覚えておきましょうね、皆さん!!

ありがd☆♪ 



222 :神も仏も名無しさん:2007/04/09(月) 17:26:38 ID:VC3eBhbT
>>220

君は自分では自覚してないけど、洗脳され脳コンロボにされてるのさ



223 :1:2007/04/09(月) 19:52:00 ID:gHQzAQ1/
なんか盛り上がってますね。

同じ事象でも人よって全然考え方が違うのが面白いです。
ぼくに語ってくれる人でも、
ある方は右、ある方は左と全く逆の考えを持っています。

そう考えると真理などどこにもないのかもしれませんね。
もしあるとするなら、それは個々がそれぞれに持ち合わせているもの
かもしれません。

224 :185,194,204:2007/04/09(月) 23:51:27 ID:BNZQpqkS
>>223
「真理などどこにもない」ではなく、「真理はどこにもある」と思う。
真理は唯一無二ではなく、あらゆる多様性の中に内在していると。
なので、「神の教え子」さんを否定するつもりもないし、
形の変えた真理を表現していると思ってる。
(あちらもこちらをそう思っているだろうけど)
真理はこれなのか?あれなのか?という考え方は、
もう俺たちは十二分にそういう迷いを行ってきたのだから、
全ての事柄の中の真理性を見いだす考え方でいる「存在」であり続ける、
という風に思ってるのが俺のベース。
1は冷静で論理的なのだから、誰よりもそういう存在になるかも。

225 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/09(月) 23:54:18 ID:2dzBYbr9
>真理はこれなのか?あれなのか?という考え方は、
もう俺たちは十二分にそういう迷いを行ってきたのだから、
全ての事柄の中の真理性を見いだす考え方でいる「存在」であり続ける、
という風に思ってるのが俺のベース。


あー なるほどー

226 :神も仏も名無しさん:2007/04/10(火) 07:10:35 ID:3HKihnSs
否定するも何もゴリゴリこうだと断定し押し付けてくるんだからナ〜
根拠も無く・・・・・傲慢、妄信おかしいよw 
お笑いだ。下心あるに決まってるさ 


227 :神も仏も名無しさん:2007/04/10(火) 08:19:43 ID:n0jm0+rT

信頼される人になろうとすると、信じることの意味が見えてくるんだ。

あきらめるんじゃねえよ。あるけよ。

228 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/10(火) 08:48:32 ID:D0viHs0a
同じ山でも見る方向によってチョモランマにもなるしエベレストにもなるもんさ。

真理は一つだから真理。
沢山あったら真理ではないよ。
つまり皆それだけ視野狭窄にしかみれない。

だからこそ真理なのだけどね。

229 :神の教え子:2007/04/10(火) 13:11:24 ID:4OLhGTc2
相対真理は、人間の変化に伴って変化しますから、人間に受け入れられます。
相対真理は、時代の推移に従って変化します。
それは、不変の真理ではないのですから、真理ではありません。

ここは、神に関わるスレです。
神は見えません。
自然的なもので、神の存在を確認する事は出来ません。

自然的でない書き込みを嘲笑する人は、神などどうでも良い人だと思います。

自然的なものに束縛されて生き続けるならば、輪廻転生を繰り返し、人間的に堕落して行くだけです。
真実は唯一つ、宇宙は、創造主によって創造されました。
創造主の意図の存在は、解明された科学的事実によって明らかになります。


230 :神も仏も名無しさん:2007/04/10(火) 15:36:23 ID:6lsOjBgf
>>229

自然をも神が創ったというならば、地震、津波、地球温暖化・・・
等を止めてみよ!

神の話はそれからだ




231 :1:2007/04/10(火) 18:35:28 ID:UYowNQf/
>>230
神がほんとにいるなら、そこだけはぼくも言いたいですね。
自然災害なんかは人間じゃどうにもならないんだから。
それとも、それも人為的なものだと言うのでしょうか。

それがあるから、神の存在に対して
どうしても否定的になってしまう部分がありますね。

聖職者の方にはその辺説明してもらえると嬉しいです。

232 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/10(火) 19:12:56 ID:/7CIwC2E
そもそも神が肉体欲求を満足させる存在と認識してるのが間違いかもよ?
それって神の本質を探るというより自分の願望を投影させてるだけだからね。

自然は美しくとも自然は脅威だぁね。

世界は広く、残酷で美しい。


233 :神も仏も名無しさん:2007/04/10(火) 20:18:36 ID:eqRh5J0q
神は全知全能であるにも拘らず、不完全な人間を作り、それが転けて苦しむのを楽しんでいるんですよ。
逆らうと目をつけられて、より困難な「試練」をお与えになるので注意しましょう。

234 :神も仏も名無しさん:2007/04/10(火) 20:49:56 ID:m2jRV0JA
>>232-233
両氏共に、自分の頭の中で作った紙を話しているだけ

>>230氏は全知全能の神の力を証明せよと言っているのみ

自分で創ったオモチャなら簡単にメンテナンスできるだろうが




235 :神も仏も名無しさん:2007/04/10(火) 21:26:39 ID:ruMl2E2u
するきがないんだろ。

236 :覚せい剤中毒元.龍貴(入身転換反射道部):2007/04/10(火) 21:30:23 ID:c4XPefKj
元.龍.貴(=ホルモン屋)Ma.ster ◆Fosc.yjlk9M オフ会の実態◆◆
■■■■<覚.醒.剤妄想中の元..龍.貴=HA.JIME>■■■■
484 名前:HAJ.IME ◆Iz70.g.d2lfg [] 投稿日:02/10/18(金) 21:26 ID:kos4ZC6p
はっきり言って、空手の世界において極真の人たちは間合いの取り方は上手くありませんし、
モーションも大きいです。 下段をよける? 来る前に僕の蹴りが入りますよ。

■■■しかし元..龍貴(カレー屋Master)の覚醒剤が覚めると・・・■■■
■元.龍貴が島根大学生に「突き蹴りが弱い」と馬鹿にされ逆切れ
一人では怖いので石丸つれて合気道部員を暴行した事件。
※後にスレで暴行をうけた部員の先輩がオフの実態を書き込みしたコピペ。
238 :IRIMI ◆QR.rAAy2vI :04/10/19 11:29:05
初めて見た時、ちょっと え?って感じだった。 2ちゃんの印象ですごい怪物のような
イメージが出来てたためか、突き 蹴りがちょっと弱いと感じた。合気あげも最初は失敗された。
雰囲気が悪くなるのもイヤだったのでワザと体を固めて持ったら上げられた

■京都演武会にて、元..龍貴(ウサ)オフ会の実態を見た人の書き込み(笑)
11 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/06/21(木) 21:53
>>10 京都の演武会での事件。知る人ぞ知るバカウサの演武。
11>延々と入り身を語るウサ。動きも遅い。キックの知り合いの半分以下。

■あるスパーオフにて,フルコンの茶帯とスパーするが、ボコボコにされて
足つったといって無様に逃げる元..龍貴のスレッド
★足攣りおじさん逃亡事件【元..龍貴】あ、あかん!!◆◆
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1117533646/l50

237 :神も仏も名無しさん:2007/04/10(火) 22:15:27 ID:sUrbwvvy
>>235
>>235

君はただの人間、紙の推測はしなくて良い

その傲慢な言葉で、神の怒りに触れても良いのか?




238 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/10(火) 22:20:53 ID:/7CIwC2E
>>234
ご隠居こんなとこまで出張かよ・・・
問答スレで遊んでなよ・・・

239 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 02:33:51 ID:dmWJRQgx
神は人間の空想の産物

240 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 03:29:07 ID:wrYf0FrP
>>1
自分が神経症にかかったときに助けてくれたのは友達と両親と、そして何より自分でした。神様は何一つとして助けてはくれませんでした。
ここまで読んで、1さんはとても強い方だと感じました。無責任な励ましになるが、1さんなら神を持ち出すまでもなく、乗り越えられる気がしてならないです。

241 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 07:36:08 ID:1fnCh08V
>真実は唯一つ、宇宙は、創造主によって創造されました。
>私は、「神を知らしめよ。」と啓示を下され、神の意思を伝える努力を続けています。

神の教え子氏、「神を知らしめよ。」には>>230氏レスが誰にも分かり感謝
され又、キリスト教の布教にも一番手っ取り早い方法でしょう。
230氏だけではなく、↓ は世界中の人達、皆が望んでいることでしょう。


>自然をも神が創ったというならば、地震、津波、地球温暖化・・・

>等を止めてみよ!


>神の話はそれからだ(>>230)



242 :神の教え子:2007/04/11(水) 09:44:08 ID:TwQMuK8V
私は、宗教関係の職についていませんし、どの様な宗教集団にも関わっていません。
町工場で糧を求め、真実を求め続ける事によって出会った神の教えを、皆さんに伝え様としているだけです。

絶対不変の真理が二つあります。
創造主と、死後の世界の存在であり、死後生存説の肯定です。
人間は、舞台の上で演じる役者の様なものです。

この世に生まれる境遇が与えられ、台本がありますが、舞台の上では何が起こるか分かりません。
舞台から何かを学んで、人間的に成長する事を、神は、私達に求めています。

人間社会の犯罪や自然の驚異は、舞台の上で起こっている事です。
人間の生命が失われる訳ではないのです。
何故ならば、自然現象で、魂の命を奪う事は出来ないからです。


243 :神の教え子:2007/04/11(水) 09:58:54 ID:TwQMuK8V
神の存在を、自然科学で解明された事実によって、説明できます。
水素と酸素の結合から、水ができます。
そこからは、爆発的なエネルギーが生じ、水素エンジンが作られています。

これが、人間の体内で行われています。
エネルギー代謝です。
その爆発的なエネルギーで細胞が破壊されないシステムが、生命体に存在します。
それは、ミトコンドリアの中にある呼吸鎖です。

興味がありましたら、私の書いたものを、読んで下さい。

http://homepage3.nifty.com/love-just/god23.htm



244 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/11(水) 12:51:40 ID:S29b3WVT
>>243
何故にホメオスタシスは破綻するのでしょうか?

245 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 15:07:24 ID:4XmGqyt3
>>242->>243

まづ、>>230氏の答えになっていません。

>絶対不変の真理が二つあります。
>創造主と、死後の世界の存在であり、死後生存説の肯定です。
>人間は、舞台の上で演じる役者の様なものです。

↑ はキリスト教の教義と同様に思えます。神の子、この世は仮の人生、舞台・・・等。
あなたのレスからは嘘のニオイが漂ってくるのを感じるのは私だけでしょうかw 
宗教関係の職、宗教集団、町工場で糧・・・・等々・・・(笑

>人間の生命が失われる訳ではないのです。
>何故ならば、自然現象で、魂の命を奪う事は出来ないからです。

何故、そんなことが断定して言えるのですか?命の追跡調査でもなさったの?
あなたの言われることは、現実離れしていることばかりで首をカシゲテしまいます。
いつもこんな調子ですか?これは確かに感染しますねw皆、おかしくなりますw (笑
とても普通の職場で働ける状態とは思えません。そんな空想・観念にふけることに、
一体何の意味があるのでしょうか?頭にインプットされた情報を垂れ流している不気味
さを感じますw やはり病気だと思った方が妥当でしょう。


246 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 16:46:19 ID:Qwbharxo
不可知なものですよ

247 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 16:50:01 ID:Qwbharxo
とりあえず神社へいけば少しずつ不浄な考え方は消えてゆく
薬師寺もかなり役立ってくれるところあると思う

248 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 17:45:40 ID:nI9TzLjb
>>233の倒錯したレスはカルト

249 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 18:15:43 ID:nI9TzLjb

「カルトテクスト」
http://space.geocities.jp/mindmanipulate/cult-text.html

250 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 19:55:56 ID:DLsYrp7F
死後生はいろんな人が語っているよね。
死後生があっては困るのだろうか。
まあ、困る人もいるのかもしれない。

251 :1:2007/04/11(水) 19:56:57 ID:6dBmgCJw
自然災害の件は誰もきちんとした答えを
出してくれませんね。

なんか都合の良いところことばかり
言われている気がたまにします。

252 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 20:06:30 ID:jocavAzJ
現実上の根拠のない観念で脳内が一杯で、精神が侵されていることも
自覚出来ないクリスチャンは、本当にカワイソ〜です



253 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 20:15:16 ID:jocavAzJ
>>251
>なんか都合の良いところことばかり
>言われている気がたまにします。

そう。2chに一日中張り付いて沢山のレスで布教してくるからいつまでも関わ
ってると洗脳されるよ。アメと鞭でねw

沢山のクリスチャンが犠牲になってるw


254 :トロント:2007/04/11(水) 20:20:50 ID:CubNXDr8
>>251
自然災害で命を落とす人と,病気で死ぬ人は
同じだよ.善人も悪人も無差別にあの世に送り
返す.そこに善悪などなく,ただそれだけ.釈迦,
キリストは例えこれらの困難で死んだとしてもや
はり仏陀であり神の子だと思う.死の輪廻から外
れることは恐ろしく難しい.

255 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 20:20:53 ID:jocavAzJ
>>250
>死後生があっては困るのだろうか。
>まあ、困る人もいるのかもしれない。

そういう問題ではありません。
いろんな人が語っているからと言って根拠が証明できないことを、あたかも真
実かのように吹聴することが問題ですw


256 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 20:26:08 ID:jocavAzJ
>>254
その前に
輪廻転生、死後の世界を証明しなさい


257 :トロント:2007/04/11(水) 21:13:55 ID:CubNXDr8
>>256
そんなもん存在しないよ.人の記憶,心に
こびりついた記憶の残像が,無意識の心の
レベルでの輪廻転生.親→子(周りの友人,関わった
人)の無意識の心の残像.でも魂は存在すると
信じたい.死後の世界は死んだことないからわからん.
霊能力者に聞いて(^^;少なくとも一般的な死後の世界
は人(生物)の心の世界(もう一つの宇宙)を行き来する
しかない気がする.輪廻から外れるってのは「人(生物)
の心の世界(もう一つの宇宙)」の枠から出るってことでは・・
おー文章書きながら閃いた考えだす(^0^)
まー証明は無理だね.


258 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 21:23:06 ID:96kLJepf

>何故ならば、自然現象で、魂の命を奪う事は出来ないからです。

で、魂って、何?


259 :1:2007/04/11(水) 21:45:10 ID:6dBmgCJw
>>254
回答ありがとうございます。
でも、なにか違うんです。
言ってることはもちろん分かるんですが…。

例えば、実際に自然災害にあった人たちに
それを目の前で言えますか?
ということです。

260 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 21:47:12 ID:Qwbharxo
霊感までならすぐ身につくけどこれは精神性には無縁だから誇れるものではないな
物理学的な証明についてなら無理でしょうね
重力が先でしょう

261 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 21:49:54 ID:Qwbharxo
ちなみに科学科学言ってる人は
現にどれだけ科学を認識している?

262 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 21:57:27 ID:4j0jchBA
>>257
あはははは・・・・・・・おっかしい(笑)

宗教は観念の遊戯 = 脳のお遊び(死後の世界、輪廻、因果律、カルマ・・・等)

肉体があるから、色々思い考えるけれど、死ねば頭も体も消滅するから観念も消滅。
したがって、恐怖も苦痛も悲しみも、心労も泣くことも笑うことも・・一切無になる。

心身ともに大分くたびれてきたから死ぬのは平安・休眠・・・・・ほんと、(笑) 
(だからと言って自殺・犯罪を肯定してはいないけれど)

優しい神様が誰にも待っていて温かく包んでくれて平安に満たされる。
「よく頑張って生きたね」って・・・・・そして無になり自然に還り
「千の風」になる・・・・が皆、苦しまず楽しくハッピーで良い!!

だ〜れも地獄なんか逝かないよw 1さんもトロントさんもね〜ヽ(^。^)ノ 



263 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 22:06:02 ID:Qwbharxo
それもなんかトラウマじみてるな
心理学やれば楽になれるよ

264 :トロント:2007/04/11(水) 22:13:15 ID:CubNXDr8
>>259
私はもう死んでいたのだと気がついた.というふうに考えて生きていくのは
いけないことでしょうか?私は死などに興味はありません.死の恐怖は人の
知性の証にしか過ぎません.自然に融合した生物に将来訪れる死の恐怖など
存在しない.しかしその考えも人間の妄想でしかない.自らの影を見て哀れ
んでいるだけです.

って書いたけど死ぬのは怖いねー.痛いし(^-^;)
>>260
うーん重力は不思議だね(^0^)サイエンスの力学のパラメータで,重力(引力)
と時間は謎だらけだー.

265 :神も仏も名無しさん:2007/04/11(水) 22:34:36 ID:FQ3IQ5kd
>>263・・・>それもなんかトラウマじみてるな 心理学やれば楽になれるよ

そんなに干渉しないで。ノーサンキュウーw
単なる根が楽観主義者!君に理解力が足りないだけです。
大きく沢山の重荷を背負って長年苦しんだら幸せ者になっただけ

大きな苦はそれを背負える大きな器の人に与えられる・・・とか
モノは取りようです・・・あはははは(笑)




266 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/11(水) 23:26:03 ID:S29b3WVT
閉じるも良し。
果てるまで進むもまた良し。

信仰は生活であり人生です。
必要なのは証明ではなく形而上、形而下の整合と実感です。

あなたが感動したあの風景は何故にあなたに感動を与えたのか?
果たして感動に証明を求めるのだろうか。
知らずに死ぬもまた良し。

自然に殺されるも人に殺されるも死に優劣があるかどうかもわからない。
今を生きる、その一点においてのみ価値が認められる。

全てに証明が必要なほど単純な世界に生きてるのでしょうか?
必要なのは実感と選択。
理性と感性です。

267 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 01:24:24 ID:LZYPDaOb
>>261
個人的には、理学士(物理学)程度。

268 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 01:48:44 ID:uoW19saT
神の如き存在が絶対なら、命あるものは全て苦しまない。
もしも神が願いを叶えてくれると言うのなら、
命あるもの全ての前で自殺してみせろというだろう。
神という概念・観念から解放され昇華させる事が出来たとき、
人の革新は始まるのでではないかと思う。
神などは所詮自己弁護・自己満足が思想となったエゴでしかなく、
死という絶対恐怖の前提に基づかなければ存在し得ない不毛のもの。
命あるものには存在の理由もなにもない。
ただ、ある。
それだけのものでしかないのではないか?



ちなみに>>1タン、愛知県の刈谷市にも皮膚病で東洋医学専門のお医者がいるよ。

269 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/12(木) 02:32:38 ID:3f9U3re1
>>268
原因があるから結果があるのですよ。
因果応報であり、縁起思想です。
全ては連続してあるが、初めがあるからあり続け、そして消失する。
この因果関係に超越した理法を認め、探るのが求道原因でしょう。
存在原因にエゴが介入する余地があるのでしょうか?
神が何か人間の都合を叶えてくれるような現世利益成就を投影したものなら
確かにエゴでしょう。
神という存在の捕らえ方は古今東西に多種多様にありながら、
おぼろげに共通のコンセンサスを得ています。
無知の知によって、ソフィストを論駁していったソクラテスが輪廻を認め、
その魂の浄化へ向かうことこそが人間の存在意義であり、あるべきベクトル
であると説いたのはまったく不可解なことです。
彼はソフィストの抽象には具象を求め、具象には相対によって価値の
転換を図り、論駁していきます。
その彼が、何の根拠を持って輪廻を説き、魂の向上を説くのでしょう?

裁判にかけられ、決して自己弁護することなく安らかに死に向かい毒杯を
煽った彼はエゴイストだったのでしょうか?

確かに、研ぎ澄まされたエゴであり、また無私であったのだと思います。

ただあるで停止するのも一つの手ではありますが。

270 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 08:28:13 ID:AM2gV3rv
>>266
>信仰は生活であり人生です。
>必要なのは証明ではなく形而上、形而下の整合と実感です。
>全てに証明が必要なほど単純な世界に生きてるのでしょうか?
>必要なのは実感と選択。 理性と感性です。

人間の心にそうやってさりげなく無礼にも押し付け侵入してくるのが宗教のマインド・
コントロールw それで人を騙すことを企む人達がいるから問題なのです。

そんな美的感性・理性から終わり無き悲惨な殺戮を繰り返す宗教戦争・中東紛争、
悪質な宗教被害(詐欺・殺人・財産没収・人格変容・・)が何故続くか説明しなさい。

http://www.sensenfukoku.net/mailmagazine/no51.html    
http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm
http://www.j-world.com/usr/sakura/index.html

当事者達にとっては地獄ですよ。地獄は今、この世界にある。

>必要なのは実感と選択。 → 勿論宗教撲滅でしょう。

宗教が無ければ争いは確実に減る。
自己陶酔してないで目を覚ましなさい!!(笑



271 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/12(木) 08:53:56 ID:Y4fTesc6
>>270
宗教は生きることへの畏れと死ぬことへの恐れが、その発生原因となります。
人間の内にプログラムされた自然発生感情といっても過言ではないでしょう。

宗教を全て無くしてみてください。
そうしたところで名を変えただけの新たな宗教形態が発生するだけですが。

争いとは摩擦であり、エゴの衝突です。
口げんかから物理的な衝突まで多々あります。
魂の向上とはそもそもベクトルが真逆の関係になっています。

愚かさを内に認め、そして他にも認め、尚自らはいかに生きるべきか。
能動的生産的に生きましょう。



272 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 09:23:38 ID:P0rUKP0P
宗教の多くは低級であり不合理であり迷妄である。
それを指摘してもそれにしがみつくばかりである。
それどころか、不道徳であり犯罪を強制するものもある。

されど、宗教を信奉する人たちの全てが不道徳で犯罪を犯すわけではない。
むしろ、人生の道標ともなる言葉で身の引きしまることもある。

私たちは低俗な宗教をもって、宗教を捨てるのか。
それとも人類が始まってからあるだろう、宗教を手にするか
私たちの未来が今、一人ひとりに問われている。
その責任に反抗するか、嘲笑するか、反省するかは自由である。
神は全ての選択を私たちに任せてある。


273 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 09:38:44 ID:3nefcmnS
物理学的に霊性を証明できる人はいないかな
霊感と物理学の両方がなければ片側は思考停止だから無理だろうが
両方持ち合わせていてもメンサでなければその推論は恣意的になるだろうし

274 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 09:43:52 ID:3nefcmnS
まぁ、霊感も物理学も簡単すぎますよ
一年あれば体系ぐらいは理解できるだろう
それより文学や詩や音楽ですよ

275 :神の教え子:2007/04/12(木) 09:46:50 ID:Cl63sKWh
>>259
人間にとって大切な事は、現実を受け入れ、それに適切に対応する事です。
人間にとって大切な事は、現実をどの様に受け入れるかです。
人間にとって大切な事は、前向きに生きる事です。

人間の境遇も、人生も、この世に誕生した時から定まっているのです。
そこから何を得るのかが、問題に成ります。

自然的なものに束縛されると、この世に生まれた意義が見失われます。

科学的な知識がないと、神の存在を肯定するのは、容易ではありません。
信ずる事によって、神の存在を肯定するのは、危険です。


276 :185,194,204:2007/04/12(木) 10:59:16 ID:+GgKF2no
神学論争が盛り上がってるねー。
>>273
物理学的に霊性をいろいろな形で証明されている。
だけど、書き込みで端的に証明する気合いも技術も今の俺にない。
ただ、証明されてるから、興味があるなら自分なりに調べればたどり着く。
そうすると、テーマとして取り上げられてる、
「自然災害は神としてどうなのか?」も理解できるようになると思う。

むしろ、このスレも出てくる無神論者たちは、
「だって科学的に証明されないじゃん!」「証拠出せ!」などを合い言葉にしてるが、
もう物理学的に証明されつつある現代に置いて、
古い頭・理解できない頭を持つマスコミに翻弄されてる。

というか、そもそも「無神論」はカトリックに対するアンチテーゼであり、
日本のそれと違い、これまた宗教アレルギーの日本の変遷の故だと思う。



277 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 11:28:25 ID:3nefcmnS
証明は永久にできないよ
世界中の学者が集まっても細菌のひとつすら創れない
ということで検証までが限界
でも証明の有無に関わらず批判や世俗の栄華を下に見て神を信じている根性こそが大切なんですよ
国家の品格

278 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 11:38:48 ID:lXc1u18X
霊感も過ぎると精神病理。

279 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 12:27:00 ID:WOyE9b0K
>>268
>神という概念・観念から解放され昇華させる事が出来たとき、
>人の革新は始まるのでではないかと思う。
>神などは所詮自己弁護・自己満足が思想となったエゴでしかなく、
>死という絶対恐怖の前提に基づかなければ存在し得ない不毛のもの。

同意。神はそれぞれの心(脳)の中にそれぞれの観念でいれば良い。
宗教団体は争いの元。不要。 

>>269
>原因があるから結果があるのですよ。
>因果応報であり、縁起思想です。

因果応報なら中東紛争や史上繰り返され続けた愚かな宗教戦争を見よ!
キリスト教は長年の因果で殆ど地獄行きに決ってるでしょうw 

mutant氏は夢遊病が感染するなw 宗教が食べる糧なんだろう。多分・・・
つまらん人生選んだもんだ・・・・・お気の毒様w酔生夢死の人生だw (笑)





280 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 12:48:26 ID:3nefcmnS
安易だなぁ

281 :185,194,204:2007/04/12(木) 13:12:47 ID:+GgKF2no
>>277
それは「証明」の定義違い。

>神を信じている根性こそが大切なんですよ
これも「神」の定義違い。
「あなたは神を信じますか?」レベルの話。

別に神の定義に限らず、「疑問を感じる」ならばいいが、浅いレベルで断定すると、万事にそのレベルに陳腐する。
例えば、「なぜ人は働くの?」に対し、「金のためなの」で答えるのは、
そのレベルで満足するならそうだが、
その答えは一つの真実であるのと同時に、それが最終形でなく、
深遠なる入り口にしかないのを理解できるよね?


282 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 14:04:12 ID:3nefcmnS
うーんわかんなーい
君の鼻息が荒いことはよくわかったけど

283 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 14:06:20 ID:3nefcmnS
ていうか
君が言う程度のことなら
大学一年の授業内容より簡単だと思うので
あまり激昂しないように
馬鹿に見えるから
このことはわからないでしょう

284 :185,194,204:2007/04/12(木) 14:27:13 ID:+GgKF2no
>>282,283
ハイハイ。
会話にならないからスルー。

285 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 15:08:29 ID:3nefcmnS
スルーの定義は
レスを返さないこと

286 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 16:26:11 ID:iBsO0QZW
他凶徒から見たらこんな感じかな
キリスト凶徒はホント周りを巻き込んで虐めたり虐められたりで大変
迫害されるほどに勢力をのばし 結局皆不幸に 
そんなに十字架がすきなのか どう見ても呪いのシンボルだろ
異端者は宗教裁判ですぐ死刑
タイムマシンが発明されることはないだろう、キリストに会えてしまうから

287 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 16:45:45 ID:uOJZW8pL
>>271
>宗教を全て無くしてみてください。
>そうしたところで名を変えただけの新たな宗教形態が発生するだけですが。

皆の認識・意識が向上したら、或いは増々宗教被害が増えたら皆、宗教に対する
認識が変化する。すれば自然消滅の方向に向かい↑ のようになるかは未定です。
それとも君は宗教被害には全く心が痛まないのですか?

>>272・・・・・>神は全ての選択を私たちに任せてある。
宗教団体の神が全ての神ではない。キリスト教の神の名は特に紛らわしいので
改名してほしいですね。人の心の中には もっと大きな(神?)がいるかもしれない。

>>275
>あなたのように高みから見下ろし断定調で決め付けるレスは、病的でとても
不快です。>>230>>241氏のレスにも答えず(1さんも>>251で指摘) 逃げて只、
刷り込まれた教義でテープレコーダーのように繰り返す → 脳コンロボ状態w



288 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 16:50:25 ID:uOJZW8pL
>>276・・>「自然災害は神としてどうなのか?」も理解できるようになると思う。

そんな思わせぶりなことだけ匂わせるのは、宗教のマイコンの手段、神の子
氏のように決めつけ断定だけでは片手落ちでは?それを説明するのが宗教
指導者の仕事でしょw
それが抜けて結論ばかり暴走し断定し被害を出すからクレームが出るだけ

>>277
>でも証明の有無に関わらず批判や世俗の栄華を下に見て神を信じている
根性こそが大切なんですよ 国家の品格

権力者の心理とどこが違う?→ 選民意識

>>278・・・>霊感も過ぎると精神病理。 →  同意。



289 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 17:34:44 ID:bbilPdba
>>276

>物理学的に霊性をいろいろな形で証明されている。

>もう物理学的に証明されつつある現代に置いて、
>古い頭・理解できない頭を持つマスコミに翻弄されてる。

そうおっしゃるなら、ぜひその「霊性の物理学的証明」を示して頂きたいです。

>だけど、書き込みで端的に証明する気合いも技術も今の俺にない。

なにも「あなたが証明しろ」とは言いません。
ただ、適切なサイトなり書籍があればリンクや情報をお願いしたいのです。

>もう物理学的に証明されつつある現代に置いて、
>古い頭・理解できない頭を持つマスコミに翻弄されてる。

そう思われるなら、なおさら具体的に資料を提示して頂かないと。
学問的に誠実な人は誰でも、自説の根拠について脚注や注釈をつけ、
それを確かめたいと思う第三者のために備えていると思います。


290 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 18:09:38 ID:+GgKF2no
>>289  ただ、適切なサイトなり書籍があればリンクや情報をお願いしたいのです。

そうですね、ごもっともです。
読みやすいところで、「天外 伺朗」著の本はどうでしょう。
「ここまで来た「あの世」の科学」あたりが有名なところで売れてると思う。
この分野、怪しいオカルト情報も多いので、半信半疑で入って下さい。
俺も、怪しい情報が多いのに疲れます。

「マスコミに翻弄されてる」云々については、明確な誰々ってのは思いつかないが、
戦前と戦後の思想の変化を意識してもらえると、いろいろ見えてくると思います。

いずれにせよ、ご指摘ありがとう。

291 :1:2007/04/12(木) 18:25:32 ID:Bp+eDMGW
>>264
恐怖は知性の現れ、というのは同意できますね。

>>268
情報ありがとうございます。
いまあまりあちこち病院行きたいないのですが、
その病院は頭の片隅にとどめておきます。

>>275
確かに現実を受け止めることは大事ですね。
しかしそれなら神の存在は必要ないのでは、と少し思います。

292 :1:2007/04/12(木) 18:26:07 ID:Bp+eDMGW
すいません。
いろんな情報が錯綜してて、
頭がこんがらがってきましたw

293 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 18:38:30 ID:1K/jfu2m
>>2みたいな方に質問したいと思っていたんですが、何かと全ての答えに対して聖書で対応しますよね?

そういう方は
自分の意思というものを持っているんでしょうか?

例えば聖書があれば>>2の存在意義はどこにあるんでしょうか?何故なら>>2の言うことは全て聖書に書いてあるからです。>>2の存在する意味はあるんでしょうか?存在意義は?

すいません別に喧嘩したい訳ではありません

294 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/12(木) 18:54:24 ID:Vcq8lSOX
キリスト教を守るためにイスラムを守るために仏教を守るために
聖戦とする。

これ全て自分のためね。
自分という存在、社会的IDに固執するため。
宗教認識のなかったころに「〜ため」という大義名分は存在しなかった。

何に恐れているのか?
あなたの恐れの先に
あなたの暴力の先に
あなたの悲しみの先に
あなたの劣等感の先に
あなたの本性が在るのかもしれない。

手繰り寄せ、また寄せられ
在るならば在るに徹しなさい。

>>279
つまらん煽りだが
私は宗教団体が嫌いだ。
偽善でしかない。
しかし、偽善でも尚進まねばならない。
人間を棄ててはいけない。
祭祀というルーティンワークを侮ってはいけない。
それこそが団体のレゾンデートル。

ちなみに私は宗教カテゴリー外で充分稼いでいるのでご安心のほどを。

295 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 20:52:33 ID:3nefcmnS
君あんまたいしたことないよ

296 :神も仏も名無しさん:2007/04/12(木) 20:58:01 ID:OoyX7iVr
>>121 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 19:18:20 ID:tFH6mG4w

>神やキリストや未来の世界などについて、本当は自分は何も知らないくせに、
あたかもなにか知っているかのごとく確信しふるまわなければならない苦痛か
らの解放です。

>本心から信じることのできない様々なキリスト教ドグマを、自らの救いのために、
あれこれとアクロバット的な正当化を施して信じなければならないやましさから
の解放です。

>信じることのできないものは「信じられない」、間違っていると思われるものは
「間違っている」、あやしいものは「あやしい」、知らないものは「知らない」
と、そのまま自分の心を表現できる自由です。


>この開放と自由は、ほんとうにすばらしいものなので、いかなるバラ色の救い

の約束も、とても色あせて見えます。





297 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 01:04:22 ID:xS79b7Ek


・・・

何故美しいと感じるかは難しいが、どのような関数に従うものを美しいと感じる確率が高いかは言えるな。

298 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 01:11:18 ID:3xEX2svp
無神論者ですが。

イエスは宗派ではなく神を信じることを説いていた。
神の国は常に日常にあると。
信心深く見せるための儀式や様式や律法を守ることは勧めていない。
人種や階層を超えて現実に苦しむ人を救おうとし、励まし、
イエスは教会ではなく民衆の側に立った。
そして処刑される死に際の言葉、
「わが神、なぜ我を見捨てたのですか?」
神を信じれば救われると説いた男の言葉。
自他ともに神の子と認める大工の息子のこの言葉こそ、
根源的な自己矛盾の露呈ではないのだろうか?
ふいに出た言葉は一番真実の側にあると言うしね。

他人や後世による脚色され美化された物語など真実とは程遠い存在であるし、
ご都合主義に改変され続け変態してゆく宗教にもはや存在理由はないのではないか?

人はいつになったら心を放棄して「他人」の中で無駄に生きるのではなく、
目を開いて、目を醒まして、本当の「自分」になれるのだろうか。

僕もあがいているんだけどねw

299 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 01:11:45 ID:xS79b7Ek
ま、量子力学的不確定性のうえに、決定論的不確定性まで入り、正しい方程式と厳密な初期値があっても、
未来は決まらない。逆に過去も一意的には決まっていない事になる。
全知全能の神こそ、人間の妄想に過ぎない。


300 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 02:37:39 ID:/lj/zTGi
>>233
>神は全知全能であるにも拘らず、不完全な人間を作り、それが転けて苦しむのを楽しんでいるんですよ。
>逆らうと目をつけられて、より困難な「試練」をお与えになるので注意しましょう。

>>233はマジで ↑ カキコしたの?・・・顔が見てみたい
こんな神いるわけないっしょw 神でなくてサタンですよw 
どんな状況の人が信じるんだろう・・・・・・可哀想に
キリスト教は知れば知るほど倒錯したおかしな宗教になる
何故、世界最大の宗教になったのか全く不思議だ
宗教患者は勧誘・信仰を守るためならどんな嘘でもつく
まるで悪魔に魅入られてるようだw・・・・・怖ろしい!  

>298                                
ほぼ、同感。

神と宗教の束縛から解放され昇華させる事ができたとき
人の革新は始まるのではないかと思う。(>>268






301 :神の教え子:2007/04/13(金) 10:29:38 ID:mFl5w124
>>287
真実は、事実の上にあります。
神が存在し、人間の魂が、肉体を失っても存続し続ける事も、事実です。

この事実を否定したのでは、どの様に理論も、正論とは成らないのです。

天気予報の解説を聞けば、自然災害が自然的に発生している事が分かります。
全ての人に太陽が降り注ぐ様に、雨や風も、全ての人に吹き付けます。
それを、神の仕業とするのは、科学的ではありません。

人間は、自分が持っているものだけで判断するべきではありません。
真実を知るためには、一度は全てを受け入れ、それを考察する必要があります。

私が高見からものを言っていると言う叱責には、許しを求める事しか出来ません。
私には、傲慢は存在していませんので、お許し下さい。

「人間は、神によって創造された者であり、小さき者であり続ける必要がある。」と私は、考えています。
この考え方を持ち続けています。



302 :神の教え子:2007/04/13(金) 10:37:41 ID:mFl5w124
>>291
人間が、神を必要とするか否かではないのです。
神が存在しなければ、私達も存在していないのです。

あなたに科学的な知識があるのなら、私のホームページを開いて見てください。
感想があったら、聞かせて下さい。


303 :名無しさん@3周年:2007/04/13(金) 10:50:50 ID:IWRPY7gx
神が存在し 人間を作ったなら

セックスしなくていいだろうw

304 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/13(金) 10:51:44 ID:JUpbz7vJ
うふふ(・∀・)

305 :神の教え子:2007/04/13(金) 11:00:48 ID:l350Ujf5
セックスには、人間のセックスと獣のセックスがあります。

人間のセックスからは、愛が生まれ、獣のセックスからは、苦が生まれます。

306 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 11:46:16 ID:3YORLE4x
まだぜんぜん観念だよ
日本の教会もレベル低いけど
辺境の人は話にならないくらい

307 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 12:37:06 ID:CO2YeIzd
>>298
あなたは核心部分をついてて、とてもいい。
俺は、それを「無神論者」じゃなく、「無宗教者」と呼びたい。

>目を開いて、目を醒まして、本当の「自分」になれるのだろうか。
そうそう、ちゃんと神性を求めてるじゃないか。

俺が思うのは、神の定義をみんなバラバラになってるんじゃないかと。
「あなたは神を信じますか?」レベルの神と定義してたら、
俺もそんな神はないと思う。
だから、224に書いたような気でいる。

308 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/13(金) 12:55:40 ID:BF+cJysB
二元倒置じゃないんですよ。
神がいるかいないかなんてくだらない。
神と人とは不可分であり神が人であり人が神なんです。
可視に寄りすぎるが故に、観念に寄りすぎるが故に
自縄自縛するのです。
縄目を解く作業が求道・修験過程です。

我々が求める真実なるものは雑踏のうちにはありません。

309 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 15:54:23 ID:bAtGzsxp
>真実は、事実の上にあります。
>神が存在し、人間の魂が、肉体を失っても存続し続ける事も、事実です。

>この事実を否定したのでは、どの様に理論も、正論とは成らないのです。

まったくの欺瞞で真実の欠片も無い話だね。

310 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 15:55:59 ID:bAtGzsxp
>>305
セックスなんぞしなくても、初めから愛をセットしておけば?

311 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 15:58:45 ID:bAtGzsxp
>神は全知全能であるにも拘らず、不完全な人間を作り、それが転けて苦しむのを楽しんでいるんですよ。
>逆らうと目をつけられて、より困難な「試練」をお与えになるので注意しましょう。

>>233はマジで ↑ カキコしたの?・・・顔が見てみたい
こんな神いるわけないっしょw 神でなくてサタンですよw 
どんな状況の人が信じるんだろう・・・・・・可哀想に


つか、全能の神が、元手下の反逆者サタンの存在を何故に許しているのか?
グルだからに決まってるだろw

312 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 18:03:22 ID:6owP+2az
>天気予報の解説を聞けば、自然災害が自然的に発生している事が分かります。
>全ての人に太陽が降り注ぐ様に、雨や風も、全ての人に吹き付けます。
>それを、神の仕業とするのは、科学的ではありません。(>>301

↑↓ 矛盾してません?

>>真実は唯一つ、宇宙は、創造主によって創造されました。(>>229)

自然災害が自然的に発生している事も神の力なのでは?

>>201
>神に対する正しい認識を形成する為には、現世離脱をし、事実を正しく認識する必要があります。

どのようにあなたは現世離脱をされ認識されたのでしょうか?
 



313 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 18:55:30 ID:6owP+2az
>>210・・・・・>心と体が、別のものである事が分かります。 

別のものであることは何が根拠ですか?

>>229・・・・>神は見えません。
>自然的なもので、神の存在を確認する事は出来ません。

見えない神がどのようにあなたにそれを感じさせ、認識させるのですか?
姿・形・その声・大きさ・・・・・・その他、どのようでしょうか?

>>242
>私は、宗教関係の職についていませんし、どの様な宗教集団にも・・・・・・・・・・(ry
>町工場で糧を求め、真実を求め続ける事によって出会った神の教えを・・・・・・(ry

↑ では、どのような方法で真実を求め続け神に出会ったのでしょうか?



314 :1:2007/04/13(金) 19:03:46 ID:Ve7xbFYl
確かに自然災害を受ける反面、
我々は自然の恩恵も受けている訳ですね。
だから、自然災害というマイナスの側面ばかりを
論じるのはフェアじゃないかもしれません。

ただそのように考えていくと、
神はいたとしてもいないのと同じことではないでしょうか。
初めの創造だけで、後はなにもしないのですから。

もし、神が本当にいるのであれば、
世界を作った責任を取って欲しいと思います。
奇跡を起こして、世界をもっと安らかにしてほしいです。
確かに人間の手でそれを実現するべきなのかもしれないけど、
その過程にいる我々が苦しんでいるのを
神はどう思っているのでしょうか。

315 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 20:16:05 ID:DaYvLPlS
>>230 :自演くん :2007/04/13(金) 11:47:46 ID:uspmCfmb

>>243・・・・神の子氏
>長すぎるのでさっとしか見ていませんが、ロジックが破綻しているように思えます。

> 自然法則を、物質やエネルギーに備わっている秩序であると考えるなら、そ
> こに、神を介在させる必要はなくなります。しかし、物質やエネルギーが神
> によって造られたとしたら、当然、その秩序も、神から発していると考える
> べきです。

いろいろなサイエンスの知見が書かれているので、あたかも科学的に正当なこ
とを書いているような錯覚に陥りそうですが、そこで書かれている科学的知見
と、あなたの論理とは全くつながっていません。

そもそも、「物質やエネルギーが神によって作られたとしたら」という前提を
置けば、その秩序もついでに神様が作ったものだろうと考えるのが当たり前な
わけで、そういうのを「同語反復」といいます。結論の導出方法が基本的な論
理学のレベルで間違っているようです。

そして、あなたの犯した根本的な間違いはおそらく、

> 自然の意志で、水素を間接的に燃焼させるシステムが構築される事は考えら
> れません。

このような部分にあるのだと思います。そこに何らかの「意志」がなければな
らないという発想法がそもそも何の必然性も持っていないということを考えて
ください。


316 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 20:46:35 ID:DaYvLPlS
>>314
>その過程にいる我々が苦しんでいるのを神はどう思っているのでしょうか。

>>300氏 の↓ のようにキリスト教の神は
>>233
>神は全知全能であるにも拘らず、不完全な人間を作り、それが転けて苦しむのを楽しんでいるんですよ。
>逆らうと目をつけられて、より困難な「試練」をお与えになるので注意しましょう。

だったりして・・・・自然災害、中東戦争を止めることも皆の願いなのに聞き入れてくれないようだし(笑
クリだって現世利益や永遠の命・・・・・などを信じ献金してるんでしょw でも

・人間は、真実を知り、善と真理を生命とする為に、この世に生まれて来ました。
・これが、人間がこの世に生まれた意義なのです。・・・・と言う。

以前は全知全能の神とか言ってたのに全知で全能ではないとか・・・改ざんされてたしw

>他人や後世による脚色され美化された物語など真実とは程遠い存在であるし、ご都合主義
>に改変され続け変態してゆく宗教にもはや存在理由はないのではないか? (>>298


317 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 21:43:04 ID:jKRDZwkq
まあ、何ほざいても、同じ初期値の宇宙方程式が同じ結果を導かない(不確定)ということが、
全知全能など真実とは程遠い空想である事をいつか証明してくれるでしょう。

318 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 21:59:56 ID:rw90PmyG
全知全能って、元々はどういう言葉の定義なの?
自分に持ち上げられない岩を造ることは、当然不可能な命題ですよ

319 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 22:02:12 ID:FNgvG0s5
>>1
>神に仕える人たちに問いたい。
>人は生き地獄のような日々を送りながらも、なお生きるべきなのか。
>生きろというなら、その言葉の責任をどう受け止めるか。

>きっとあなたたちは、もしぼくが今後生きて良いことがあれば、
>それを祝福してくれると思う。
>でも、なにもなかったら見て見ぬ振りをするだけでしょう。
>生きろと言ったことなど全て記憶から消して。
>そしてまた悩める人に生きろと言い続けるのではありませんか。

本当に1さんのアトピーを治し、奇跡を示すのがイエスでしょう。

人の苦しみを救ってあげるのも宗教でしょう。救済をウタッテル。
聖書の中には目が見えるようになったとか、病が治ってとか・・記載されてる。
奇跡を示してください!! 本当の全知全能の神ならばw!


320 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 22:07:05 ID:rw90PmyG
多分「全知全能」とは
縁で繋がったすべてのもののことだろうな
all existents are infinitely interconnected and act upon one another while completely enveloped in the light of the Buddha Vairocana. (東大寺)

321 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 22:22:00 ID:ZGxmxYkD
>>305
…何の根拠もないですよね?(苦笑)


322 :トロント:2007/04/13(金) 22:25:51 ID:m21dcrYZ
>>315 317
私は仮にもある時期を境にして科学者になることを目指した人間
ではあるが.(結局,無理だった,年齢や学力の格差の問題に断念)
科学者は,ある種牧師や僧侶,霊能力者以上に神と対話している.
偉大な科学者にユダヤ人やクリスチャンが多いのは何故か?宇宙の
真理と直結する教えが根底にあるのではないであろうか?進化論の
否定や未だに天動説を信じる宗教者は哀れでならない.神様の存在
を文字(聖書)でしか理解しようとしない方々に哀れみを感じる.
ちなみに個人的な考えだが,宇宙はビックバンによって膨張などし
ていない.膨張しているように見えるだけ.天動説(中心が地球)か
ら地動説(太陽を中心に地球が自転)という「コペルニクス的転回」
と同じ思考の交錯が生じているだけではなかろうか?宇宙の果ての
物質が光速以上になるか?

など科学で解明しなければならないこの世,宇宙の法則の謎まだまだ
多い.終末だ,自然災害だ,人類滅亡などと詠うのは宇宙の法則を
人類が全て把握してからにしてほしい.私達の持ちうる科学はまだ
まだ解明することが山済みです.

323 :神も仏も名無しさん:2007/04/13(金) 22:58:53 ID:aM2Rb9Sd ?2BP(200)
山登りしててさ、小さい山なんだけどね、朝1時に出発して山に着いたのが
早朝で、それから半日かな、登って降りて、んでそれで終わりじゃないの。
山小屋までまだ2時間くらい延々と歩き。真夏でもう死にそうなわけ。
で、山小屋着いたんだけどさ、更にこれで終わりじゃないのw
有名な滝があるからせっかくだから見ようってもう半分頭イカレてたんだろうね、
また1時間掛けて滝まで。朝から山登って降りて、2時間延々歩いて、
んでまた滝まで1時間歩いて、最後帰る時はもうさすがにもう限界でさ、、
歩けないんだよね、キツイとかじゃなくて歩けないの。一歩歩いたら5分休憩くらいな
感じでさ。もう祈りもなんもないよ。神もなにもいねぇ。でも別に無心な
訳でもない。アレはなんだったんだろうねぇ〜。。

俺は何が言いたいんだ、別に↑のことは脈絡はあんまないんだけどさ、
神を賞賛するのはある程度余裕がある人間だけなんじゃないかなぁ。
余裕ないのに神祈ってたらさ、創価とかもそうだけど、もう目で分かるもんねぇ、
ああ、コイツはあっちの人間だな・・(;−_−)
ってさ。そこそこ楽になれた人間がさ、ああ、まぁこうなれたことも
神か主かイエス様かのおかげと思って清々しくあれるなら、まぁいっか、
くらいが一番健全なんだと思ふよ。

えーっと、結論は>>1さんには神よりもアトピー克服して幸せになることだな、
自力でガンガレ。それだけ。じゃあね。

324 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/14(土) 00:07:17 ID:Rrfy8K45
>>322
人類が全てを把握したときに宗教は消滅するでしょうけどね。
不可知だから対象を宗教にしてるわけだから。

個人的には宇宙も運動すると思います。
宇宙背景放射についてはどのように考えてますか?

325 :没理学士:2007/04/14(土) 02:12:05 ID:ucN39hYH
>>324
量子力学的不確定性もカオスも要素還元不能性も、要はその先不可知だが、宗教にはなっていない。
宇宙が晴れ上がる前の雲(を見ているか)のようなもの。


326 :神も仏も名無しさん:2007/04/14(土) 08:53:35 ID:bjilpURm

結局、みんな自分の信じるところを信じて今の自分になっているのではないか。

イエスが目の病を治したとき、汝の信じる者になれと言って目が見えるように

なったように、私たちは私たちの信じる神はいないことを信じたので神はいないんだよね。

でも、この法則を創ったものはいるんだよね。わかんねえ・・・

327 :神も仏も名無しさん:2007/04/14(土) 09:53:14 ID:6oXfAZQt
>>321・・・・>…何の根拠もないですよね?(苦笑)

そう。妄想ですw 宗教に嵌ってるだけw

>>322・・・・>宇宙の真理と直結する教えが根底にあるのではないであろうか?

頭の中は、純に真っ白の方が何かを探求するにはベストでは?

>>323・・・>結論は>>1さんには神よりもアトピー克服して幸せになることだな、 自力でガンガレ。

同意。宗教団体の神に頼っても何もしてくれないし、教義の洗脳、自己陶酔、狂信、狂乱、争う。
自力で頑張り、周囲の人にも援助してもらい君の心の中の(神様?)に祈れば良いのでは?

>>324・・・・>不可知だから対象を宗教にしてるわけだから。

不可知なものは難しく考えたり追求せず、科学者に任せ謙虚に自然に感謝し皆の心の中の
神に感謝して過ごせば良いのでは?架空の観念で教義を作り、宗教という商売を作らなければ
史上、繰り返された愚かな宗教紛争、中東紛争も終焉に向かう。宗教団体は人類に○○教という
枠・壁を作ってしまい人を差別する弊害・否めない事実があることを謙虚に認識しなければならない。


328 :神も仏も名無しさん:2007/04/14(土) 11:07:10 ID:46PjYpkE
過去すら定まっていないと言うと、宗教屋は泡を吹くw

329 :神も仏も名無しさん:2007/04/14(土) 15:27:53 ID:TbHMUGJN

【何世代も信じてきた事が、全部嘘っぱち】なんていうのに耐えられる人は少数派だと思う。

今の宗教指導者が、如何にして謝罪していくかだよな、結局。


330 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/14(土) 16:15:20 ID:Rrfy8K45
>>325
科学と宗教の明確な違いは観測仮定に基づいてるか否か。
しかし、科学は客観・観測できても用いる人間は常に主観に晒される。

科学は常に道具でしかないと言う意味では宗教と科学は相互補完はできても
互いに禁忌の領域を持たざるを得ない。

そもそもハードとソフトの優位性を語っても土俵が違いますね。





331 :神も仏も名無しさん:2007/04/14(土) 19:07:00 ID:Z5fPA2VM
>>323
>そこそこ楽になれた人間がさ、ああ、まぁこうなれたことも神か主かイエス様かの
>おかげと思って清々しくあれるなら、まぁいっか、くらいが一番健全なんだと思ふよ。

歴史を見ればそんな楽観的には思えないね。キリスト教は排他性と選民意識をインプット
し洗脳するから現在のように巨大化すると世界に与える悪影響が恐ろしい。22億人の莫大
な献金が政治権力、戦争紛争、経済・・・・・・等に流れることを思うと本当に怖い。↓

>遂に出ましたキリスト教内部のトップクラスからの衝撃の内部告発!!!

【イタリアイルミナティー(モンテカルロP2)の最高位クラスに位置するレオ=ザガミ氏の衝撃の内部告発】
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/95aa684e36371ba0edbea76023e26f48   ( ̄□ ̄;) !!!

「イエズス会とバチカンヒエラルキーは【黒魔術師の親方=マスター】であり、新しい世界

秩序New World Order樹立にかかわる、【多くのカルトグループ】をコントロールしている。」

バチカン宮殿の地下カタコンベで【悪魔崇拝の儀式】がなされていると告発し、彼は組織内部の

異常な悪魔崇拝に辟易して組織を離脱した。

そして彼はアメリカ市民向けに,バチカンは米国政府をコントロールしており,ブッシュ家は
ローマ法王の道具であることを知ってほしいと文字通り声を枯らしてラジオでこう警告を発している。


332 :トロント:2007/04/14(土) 21:06:57 ID:l4J9yj3q
>>324
遅くなったけど宇宙背景放射をネットで調べたけど,何かビッグバンがお
こって宇宙が膨張している証拠になるとか書いてあった.専門用語多すぎ
て良くわからんかった(>.<)(私は宇宙のボイド構造を知っているレベルだ
す).うーんでも私はやっぱり宇宙は膨張しているように見えるだけだと思
うんだけどなー.宇宙が加速度的に膨張して宇宙の地平線近くの銀河が光速
に達して見えなくなるなら,日々見えなくなる銀河が常に存在するんだよねー?
でもそんな現象があるって聞いたこと無いし.俺が知らないだけかも.

でもこの話題は宗教板からは逸脱してるか.

333 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 00:07:36 ID:cN+TT+pg
凄いじゃない、ボイド構造ご存知なんて。

334 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/15(日) 03:10:27 ID:9+OfKFMF
>>332
オレも趣味で宇宙論読んでる程度です・・・

まぁ、ここらで打ち切りましょう。大きくずれてしまったようだし。。。

335 :1:2007/04/15(日) 07:04:02 ID:QyanzZbM
いや、続けていただいても一向に構わないですよ。

ぼくは神という概念を考えると、
必ず宇宙に辿り着きます。

ここが解明されない限り、
神の否定はできないのではと考えています。

336 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 07:05:37 ID:g18CZ+L1
エホバの姑息な馬鹿共迷惑だからくたばれ

337 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 09:00:55 ID:d6unpbiK
1氏・・・・君もクリでは?

>>207>>230>>241>>258>>293>>312>>313>>319>>321・・・・
の質問の答えはまだ出てないですね(苦笑)

どこの宗教団体もカルトも都合の悪い問いには答えず話題そらし、自分達の主張のみ
オウム返しに押し付けてくる手口は同じ。最後には数で強引にねじ伏せにかかる。
口でいう甘言と行動は別物。追い詰められると化けの皮が露出してくるので面白い

神がインプットされている頭で科学をいくら論じても迷路では?(>>315氏の答えは?)


338 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 11:07:43 ID:d7C8uahc
小学生のころ、自分は口論で負けたことがなかった。
それは、相手に質問責めにすればよかったのだ。
それはいつ?どこで?何時何分?証拠は?誰が見たの?つれてきて?
たて続けに質問すれば、大抵は押し黙ってしまう。
そして高笑いして勝利を宣言すればよかった。

そんな子供から卒業できたのは、あいての悲しみが
直接胸に響いてきたことがあったからである。
人の心を傷つけうれしがっている自分を恥じた。
そして、胸のところに大切なものに気がつくように
導く何ものかがいることに感謝した。

339 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 11:44:05 ID:RMdinP8I
宇宙の始まり?それはいつ?どこで?何時何分?証拠は?誰が見たの?つれてきて?

340 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 11:46:30 ID:RMdinP8I
結局、その場の論争に勝つ手法でしかなく、真理の追究にはならないってことだね。

341 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 11:53:43 ID:qcoXvX7N
>>1

皮膚科に行って相談すろ。

>>339
ホーキングあたりがどっかに書いてるでそ。
ええっと60億年前ぐらいでないだろうか?
それより前は時間もねーんだとさ、確か。

342 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 12:43:39 ID:+CabP2fF
>>335
>ここが解明されない限り、神の否定はできないのではと考えています。

その神が仮に存在したとしても一神教の神ではないのは確か・・・笑)





343 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 14:35:56 ID:fa/yFaHm
>>341
で、ホーキングはそれを見たのか?
ハッブル宇宙望遠鏡はそれより過去を見ているらしいが?
137億年てのはどうなったの?

とか。

344 :1:2007/04/15(日) 15:51:12 ID:QyanzZbM
クリってクリスチャンのことですか?
違いますよ。

改めて立場を明確にしておくと、
ぼくはどこの宗教にも属していませんし、
今後も属するつもりはありません。

かといって宗教を否定するつもりはありません。
宗教には一種の精神安定剤的効果があるのはなんとなく分かりますし。
どちらかというと、
そういう方から身になる話を聞ければと思っています。

神を信じるかと問われれば、どちらでもありません。
神を肯定する根拠がなければ、否定する根拠もないからです。

345 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:30:39 ID:qcoXvX7N
>>343
視覚がそんなに信用出来るものではないことは知ってるでそ。
見たからといって、それが錯覚でないと言えるか?
感覚は欺くこともある。だからこれで決着はつかね。

>神を信じるかと問われれば、どちらでもありません。
>神を肯定する根拠がなければ、否定する根拠もないからです。
だから信仰。
でも、確信に近づくことはできる。
己の存在は否定出来ないので。
意識が存在する、これを出発点にさらに広い意識が存在する、
と進めて行けば神の存在に辿りつけられるかもしれない。



346 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:34:01 ID:fa/yFaHm
己と思っているものが胡蝶の夢でないと言い切れるか?

347 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:35:30 ID:fa/yFaHm
物質である脳が壊れると、意識も飛ぶよな?

348 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:36:24 ID:qcoXvX7N
>>346
己がなきゃ、胡蝶の夢も見られないし。

349 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:37:05 ID:fa/yFaHm
意識と思っているものが錯覚でないと言えるか?

350 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:43:05 ID:qcoXvX7N
>>347

意識と脳は同時に存在するように思える。
だからといって、意識と脳が本質的に同じものだとは
結論づけられない。
空間・時間・物質といった物理的存在には始まりがあった。
だから全くの無から現れた物理的存在は非物理的存在を原因
としてるとしか考えられない。

351 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:44:12 ID:qcoXvX7N
>>349
意識がなきゃ錯覚も出来ないし。

352 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:44:55 ID:4rQWbAnE
せっかくいい施設を紹介したのに、スルーだもんな・・・

353 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 16:46:05 ID:0c4X2s/y
1よ、ちょっと俺の話を聞いてくれ。
314の>もし、神が本当にいるのであれば、 世界を作った責任を取って欲しいと思います。
この疑問よーくわかる。多くの人はここのぶち当たる。
俺はかつて、「神とは人間が作った秩序を保つ方法論だ」と結論づけた。
しかしやはり疑問で、哲学・歴史・宗教などあらゆる本をむさぼり読み、
自分の体験と照らし合わせて、なるほどこーいうことだったのかといきついた。
ただここで俺が何を述べても信憑性がない。
なぜなら、この2chの情報の中では混乱するだけで、
真偽いかんをわかりようがないからだ。
なにしろ神の定義もバラバラなのだから。
Aが正しいのか、Bが正しいのか、判断するための哲学を持つといい。
哲学を持つためには、疑問に思ったことについての本を読みまくるしかない。
本はあるハードルを超えて出版されてるが、2chはハードルがゼロだから混乱するだけだ。
Aを読み、その反対意見のBを読み、すべてを受け入れながら、すべてを疑う。
そうやっていくうちに、自分の解釈が産まれ、迷いが消えていく。
こう書くと、全方向からバッシングされそうだが、俺が持論を述べるより、自分で持論を作り上げる方がいいだろ?
1ならできる。
その他の皆さん、ここは自由の場だから、自由に議論していいと思う。
2chを否定しているわけではないのだから。

354 :神も仏も名無しさん   :2007/04/15(日) 17:37:08 ID:dGifwz3+
>>352
仮病でしょw 神の布教に興味ありあり・・・みたい 笑)


355 :神も仏も名無しさん   :2007/04/15(日) 21:00:41 ID:gnZdAszC
>>305
>セックスには、人間のセックスと獣のセックスがあります。
>人間のセックスからは、愛が生まれ、獣のセックスからは、苦が生まれます。

>>321・・・>>305 >何の根拠もないですよね?(苦笑)
>>327・・・> そう。妄想ですw 宗教に嵌ってるだけw

>549 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 11:50:59 ID:5EPl4IHs

>科学がこれほど発達した現代は、あらゆる面で、古代とは全く異なっているよ。
>現代では、【根拠のないことを信じることは「許されない」】
>人間社会は、基本的に「合理性と科学性」を基盤として成立している。「根拠のないこと」
>を各人が勝手に信じたら、社会は瞬時に崩壊することは明らかではないか。

現に中東は、「架空のアブラハムの神」のお陰で、殆ど崩壊状態で、手の付け
られない状態になっているではないか。

いい加減で「妄想」から目を覚ませ。


356 :神も仏も名無しさん   :2007/04/15(日) 21:47:57 ID:bYl08koJ
>>593 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 16:10:24 ID:5EPl4IHs

>「存在」には、「物資」と「観念」以外にはない。神が「物資」であれば、
>知覚できないから「実在」しない。神が「観念」であれば、百人百様の
>脳内存在であり、従って「物質(実在物)」ではない。

>この論理は、目の前のPCの実在についてと全く同じ。PCが、神と同じく
>知覚できないならば、それは「観念」であり、従って書き込みは不可能。

繰り返すが、「存在」とは、「物質」か「観念」かのいずれかであり、
観念は実在物ではないから、現実界にいかなる物理的・化学的影響をも
及ぼすことはできない。



357 :神も仏も名無しさん:2007/04/15(日) 22:04:09 ID:XyeHFEV3
353の言うとおりです…1さん、このスレを立てた時の気持ちであらゆる方面から自分の疑問について探ってみては?真剣になっている時間は自分の事とか周りの事とか気にせず済むし。

358 :神も仏も名無しさん:2007/04/16(月) 02:35:09 ID:Z+VfCEPR
>意識と脳は同時に存在するように思える。
>だからといって、意識と脳が本質的に同じものだとは
>結論づけられない。

脳がハードだとすれば、意識はその脳に特化されたファームウェアではるまいか?

359 :1:2007/04/16(月) 07:24:48 ID:TSejC4su
>>352
ぼくに言ってるのかな。どこのことでしょうか。
病気に関してのレスには応えるようにしてるのですが、
気づかなかったかもしれません。
気を悪くしたらすいません。

>>353
ハードルの話、よく分かります。
ただ、厳選された情報が平均的なのに対し、
そうでないものはピンからキリまであって、
その中にダイヤが埋まっている可能性もあります。
それを探したいと思っています。

ぼくの場合、色々考えた結果、
常に中立である、というのが自分の立ち位置です。
そういう考えを持つ一方、
真理とはなにか、ということに興味があります。

360 :神の教え子:2007/04/16(月) 09:02:44 ID:jp6u0aBM
>>315
読んで頂いて、有難う御座います。
呼吸鎖につて調べて見ましたか。
ミトコンドリアの呼吸鎖では、水素の電位を少しずつ下げ、
爆発的なエネルギーが生じない状態にしてから、酸素と結合させて、水を合成しています。

自然は、自然法則に従って動いています。
自然が、爆発的なエネルギーによって、細胞を破壊するのを阻止しようと考えるでしょうか。

脳の進化は、上乗せ方式を取っています。
類人猿にまで進化した時点で、脳の進化は、限界に達しています。
脳が大きくなり過ぎて、新生児の頭が、母親の産道を通過する限界になり、
産道を通過できなかった新生児と共に、母親が死亡する事例が出ているのです。

成長した人間の脳の容積は、類人猿のおよそ三倍あります。
神によって、未熟児で出生させるシステムが作られなければ、人間は、存在していないのです。


361 :神の教え子:2007/04/16(月) 09:27:40 ID:jp6u0aBM
>>314
>>315

共通する質問と判断して、お答えします。
神の自然界との関わり方は、単純ではないのです。

その原因を作っているのは、神が宇宙を創造した目的です。
愛の対象として人間を存在させる為に、宇宙を創造しました。
神が私達に求めているのは、結婚愛であり、対等な相互愛です。

対等な相互愛を生じさせる為には、自由意志が必要です。
それを束縛したら、結婚愛が生じない事は分かると思います。

神は、自分が人間に与えた自由を束縛しない様に、自然界を造りました。
現在発見されている、自然界の四つの力と百近い素粒子は、
一つの粒子から作られたと考えられています。

一つの粒子に、幾つもの内部因子を存在させ、それ以降は、自然放置したのです。
これだけを見れば、神の姿は見えません。
しかし、自然放置しただけでは生じないものがありました。
それが、銀河と生命と人類です。
この創造過程において、神の姿を見る事が出来ます。

「神を知る」のシリーズの第2巻では、「神は、どの様にあるべきか。」から考察しています。

http://homepage3.nifty.com/love-just/god2.htm




362 :353:2007/04/16(月) 10:41:16 ID:t4a8TxJt
>>359
そうか、君の考えはわかったよ。
方法論はいくらでもある、だから君なら出来るだろう。
少しでも迷いから晴れるのを、俺からも期待してるよ。

363 :神も仏も名無しさん:2007/04/16(月) 16:41:12 ID:kEzC7MC2
>>338->>340

小学生の頃の話とはレベルが違う。子供とも違うね。勝ち負けでもない。
>>338は、君たちのセールスの「そらしのテク、マニュアル」だね。

宗教を商売にしているのだから、ちゃんと質問に答える義務はある。

根拠を誠実に示し説明するべきでしょう。教義、世界観を君達がこうだと勝手
に決め付けているのだから。人の一生を左右するかもしれない大問題です。
軽々しい話題そらしは止めましょう。どこ吹く風で、神の子さんは>>361でも、
ちゃっかりしっかり恥ずかしげも無くセールスマンやってますょw (笑)


364 :神も仏も名無しさん:2007/04/16(月) 19:48:30 ID:m0g81245

宗教は明るすぎて苦しいんだ。その光を消してくれ・・か。


365 :神も仏も名無しさん:2007/04/16(月) 21:13:10 ID:7D2e09cx

宗教戦争、紛争を繰り返し続けて暗すぎて本当の神が見えないんでしょw(笑



366 :神も仏も名無しさん:2007/04/16(月) 22:18:37 ID:yMBb+U6o
1さん、君のように重症のアトピーではありませんが、ストレスが多いので
アレルギーがあります。PCは顔や体に接近してるし熱くなるし、磁波か何
か出ているのかTVなどを見るよりずっと僕の場合は痒みなどが発生しや
すくなり余り好きではありません。君の場合はもっと影響が出るのではない
でしょうか?

僕の場合は胃を洗う行法をすると皮膚もきれいになってきます。毎日実践
できればベストでしょうが、忙しくて・・・・でも酷くなる前に予防的にすると
そんなに悪化はしないようです。

早寝早起きの規則正しい生活も大事だと思いますょ。


367 :神も仏も名無しさん:2007/04/16(月) 22:32:31 ID:VrLQw/9i
>>359
> >>352

そう、>>147

368 :神の仏も名無しさん:2007/04/17(火) 12:06:23 ID:pGwVOWjR
1さん、【イエス】神の家20軒目【キリスト】スレに ↓ で

>>787 :神も仏も名無しさん神も仏も名無しさん :2007/04/15(日) 16:55:42 ID:LADdy2R3

>「神に仕える人たちに問いたいスレ」のスレ主さんのアトピーも祈ってね

>奇跡を是非見たいから

とあなたのアトピーが完治されることをお願いしてきました。クリスチャンは皆、信じてます。
近いうちに必ず癒されるでしょう! ハレルヤ!! ・・・・・??? 笑)

>>792 :神も仏も名無しさん   :2007/04/15(日) 17:02:07 ID:LADdy2R3
>中東紛争も地震も津波も貧困も・・・笑)

↑ も、祈りをお願いしてきました。是非、皆の願いがキリスト教の神によって実現されますように。

イエス・キリストにハレルヤ! バレルヤ!!(^O^)v・・・・・・??? 笑)

イエス・キリストの御名によりアーメン。

バ・レ・ル・ヤ!!?



369 :1:2007/04/17(火) 16:55:32 ID:gsMJmDzj
>>366
胃を洗うというのはどうやってやるのでしょうか。
興味があります。よければ教えてください。
規則正しい生活は実践しています。

>>367
断食、ですね。
以前病院でやったことあるのですが、
ぼくには逆効果でした。
なんででしょうね。

>>368
ありがとうございます。
その祈りがぼくの力になればと思います。

370 :神の仏も名無しさん:2007/04/17(火) 22:13:33 ID:9938z5KL
>>369
これは微温等に天塩を溶かしそれで空腹時に胃を洗浄するヨガ行法です。
慣れればなんてこともなく結構簡単にできるのですが、初めての方はお近
くの指導者について習った方が良いのではないかと思います。又、呼吸法
もアーサナも身心には良いです。



371 :1:2007/04/18(水) 15:49:42 ID:04RA1odE
>>370
説明ありがとうございます。
ヨガ、いいですね。
実は結構興味があります。
呼吸法とか、調べたこともあったんです。

372 :神も仏も名無しさん:2007/04/19(木) 00:26:15 ID:lQatF53G
そちらに行きますか。
自力の方のようにお見受けしましたので、しかたがないか。

全ては心の現われである。という考えに到達するのに
いろんなことを経験しなくてはならないのだろうか・・

373 :1:2007/04/19(木) 07:21:09 ID:2M3BL0+W
>>372
駄目、ですか?
ヨガやってると宗教論じちゃいけない訳ではないですよね。

374 :神の仏も名無しさん:2007/04/19(木) 09:00:30 ID:z03FG4G4
>>371
僕は、ヨガのお陰で今まで入院もしないでこれたのです。病院通いが好きでは
ないので・・・・・・(時間も掛かるし費用もかかるし、不快なのも辛い)・・
軽いアレルギーでも病院のお世話には余りなりません。本当に有難いです。
空腹時というのは朝食前の空腹時ということです。

それから人の言うことは千差万別。自分で良かれと思ったことを体験するのが
自分の人生では?完璧な人間はいない。

1さんは長い間、アトピーで苦しんでこられた。そこをまず解決するのが先決、
体が健康に変われば心も自然にそれに添って変わってくる。心身は一緒。
体を健康に正しくするのが先決問題とオモワレ


375 :神も仏も名無しさん:2007/04/19(木) 10:06:30 ID:6KpAbOzq
ヨガは神学の実践である。
理屈から入っても、実践から入っても、向かう先は同じ。
ただ、ヨガは怪しいところが多いから注意しろと、372は言いたいんじゃないか?
神学だって危険なのもくさるほどある。
医学だって、特にアトピーなどには、新説怪説入り乱れだろう。
どの分野も試しながら、どれも慎重に進めながらするのがいいのだろう。
なにかに偏るのは、確信を持ってからで遅くはない。
確信を得るために、どの分野にも入っていくべきだろう。
神学・宗教哲学で頭で理解し、ヨガなどで実践し、日々進化する医学の恩恵を受け、
さらに平凡な日常の経験を得ていくという、バランスだろう。

376 :sage:2007/04/19(木) 12:49:50 ID:xNL5Qfsa
>>369
断食開始後しばらく症状が悪化するのは当然です。
極端な言い方をすると、これ以上悪くならないくらいまで
悪くなってから効果が出る場合が多いようです。
薬に頼らず自らの免疫力を覚醒させる狙いが断食にはあるわけですから。

それと、断食の効果が出るのは人によってまちまちです。
数十日の断食を繰り返し、苦しみながら体の毒を出し尽くし、
アトピー等の皮膚病が完治した人がたくさんいます。

いずれにせよ、体質そのものを一変させるのが断食の目的なので、
対症療法と一緒に考えない方がよいかもしれません。

377 :1:2007/04/21(土) 00:13:56 ID:H1z2XVEx
>>374
自分で納得してやらないと、なにやっても効果はないですよね。
身体を治すのが先決、肝に銘じます。

>>375
ぼくは基本的にどこにも属さないタイプの人間なので、
色々かじりながらやっていこうと思います。

>>376
一応、断食を得意分野にしている病院でやったのですが…。
断食を否定している訳ではないですよ。
ぼくと同時期にやった人はかなり回復してました。

378 :1:2007/04/21(土) 00:19:10 ID:H1z2XVEx
今日、久しぶりに少し遠出しました。
会う人たちはぼくの体調のこと知っているので、
色々気にかけてくれ、思ってるほど大変ではなかったです。

その後何人かに久しぶりにメールしたら、
速攻で返事くれる人や、会いたいと言ってくれる人もいて、
もうぼくのことなんか忘れてるだろうと思っていたのですが、
周りの人々の温かさに触れることができました。

もう少し生きてみようと思いました。

379 :神の教え子:2007/04/21(土) 10:05:04 ID:Lhtaxjjh
神が、あなたに与えようとしているものは、愛かもしれないと言いました。
与えられた境遇を受け入れ、前向きに生きて下さい。

ヨガとか、瞑想とか、ニューエイジは、自分との対話です。
相互愛は、相手を必要とします。
人間との付き合いから、真実を探して下さい。


380 :神の仏も名無しさん:2007/04/22(日) 10:46:48 ID:rlR0ObkF
>>379
宗教団体内部者だけの付き合いの方が異常w
神の家スレ覗けば分かる
外部者とは話も噛みあわず排他的になる

宗教団体の愛は内部者だけのもの

何を寝ぼけたたわ言言ってる

長年、繰り返されている宗教戦争・中東紛争を見れば一目瞭然

宗教は有害




381 :1:2007/04/22(日) 18:37:09 ID:7jzY+zlj
>>379
愛、そうかもしれませんね。
できるだけ前向きに生きようと思います。

>>380
それ、なんとなく分かります。
このスレで何度となく書いてますが、
仲間に入らなければ救ってくれないのか、
という思いがあります。
でも、そういう人ばかりじゃないと、
このスレ読んでて思います。

382 :神の仏も名無しさん:2007/04/23(月) 00:53:15 ID:2a2abHNg

宗教は他宗教を排他し認めない

世界平和など出来るわけがない



383 :神も仏も名無しさん:2007/04/23(月) 08:46:25 ID:PhoyjDbA

一神教の我以外に神なしでは争いになるよね。

八百万の神を認める日本でよかったね。

384 :神も仏も名無しさん:2007/04/23(月) 14:22:03 ID:GVfi5SMy
八百万の神様の力関係もあるけどね

385 :神も仏も名無しさん:2007/04/23(月) 16:19:09 ID:+uG6WcSU
>1さん はじめておじゃまします。
あなたはしあわせですね。これからしあわせになるのではなくて、もうじゅうぶんしあわせです。
あなたにとってのしあわせって何ですか? 「みんなと同じことがしたい。健康になりたい。ete。」これって本当?
たぶん、あなたは愛を受け取るためにいま生きているのかもしれません。もう少ししたら、愛を与える喜びのために生きるようになるかもしれません。
…脈絡がなくてすみません。これはチャネリングといって、天のことばをあなたに直接おろしています。ではBe happy!

386 :神も仏も名無しさん:2007/04/23(月) 17:13:13 ID:ozaxeGF3
「宗教が悪い」とされるのは、組織を継続・発展させるために行う人間が悪い事をしてるに過ぎない。
宗教が語る真理が悪いのではなく、
真理を都合良く利用する一部の人間が悪いという事。

387 :1:2007/04/23(月) 17:57:39 ID:G7X4X4wj
でも、人が悪いことをしないように、
宗教ってあるのではないでしょうか。
宗教ってなんの為にあるんでしょうね…。

>>385
愛されるより、愛したい。
このスレ立てた頃よりは、少しだけ余裕が出て、
なんとなく分かるようになってきたかもしれません。

388 :神の仏も名無しさん:2007/04/23(月) 22:20:20 ID:Ma0/3+2C
↓コピペ

いいか、みんな

        (゜д゜ )
        (| y |)

信者という言葉は

       信  ( ゜д゜)  者
       \/| y |\/

    二つ合わさって儲けるとなる

        ( ゜д゜)  儲
        (\/\/

つまり、お前らは金づるでしかないと言うことだ



389 :神も仏も名無しさん:2007/04/23(月) 23:50:18 ID:jWCHxPkv
人を笑えば笑われる

390 :神の教え子:2007/04/24(火) 07:45:47 ID:ibF9QemB
>>387
素晴らしい。!!!
人間社会は、Give and take.でなければなりません。
しかし、大部分の人間は、その逆を求めています。

与える時には、その人間性を見極めないと、善意は挫折します。
アンテナを張って、人間性を知る術を学ぶべきです。

あなたが、神と出会える事を祈ります。


391 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 08:52:10 ID:IdKwJ/ac

与えたときにあなたは与えられているのです。と聞いたことがあるぞ。

392 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 10:51:12 ID:5Wv/MctH
>でも、人が悪いことをしないように、
>宗教ってあるのではないでしょうか。
>宗教ってなんの為にあるんでしょうね…。

君の疑問はもっともだ。
包丁は、使う人によって料理を作る便利なモノであり、
使う人によっては人を殺す道具になる。
つまり、包丁がいいのか悪いのかではなく、あなたはどう有益性を見出せるのか?となると思う。
だから、宗教の是非は考えなくて良くて、自分の中で有益なモノ(真理性)を探していくのがイイと。
その真理性は、宗教の中でも、日常の中でも、そしてこの2chの中でもある。
そして、君の言うように、少しだけ余裕が出てきたのであれば、
それで全てよく、なんも問題ない。
なぜなら、君の中で、このレスの中から有益なモノを見出してるという事だから。

393 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 10:53:51 ID:LyPLkdBi
     O
      o                        と
       。 ,. -ー冖'⌒'ー-、            思
       ,ノ         \            う
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          キ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、  モ
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/  オ
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /  タ
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /   で
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/    あ
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\  っ
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ  た
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





394 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 11:05:57 ID:BFGOdsqt
>>1
はじめての書き込みで全然ROMってないから見当違いかもしれないけど
アトピーは文明病だから、日本やアメリカなどの先進国に住んでる限りは
避けられないよ。80%以上の人はアトピー体質だし。
花王やライオンなどの有名な日用品を使わないことだよ。
石油からつくられた製品は全部使わないほうがいい。
皮膚科がくれるステロイドも使わないほうがいい。ステロイドは毒だよ。
アジアやアフリカなどの発展途上って言われる国をみてごらん。
アトピーなんて誰もいないよ。
これの意味するところ分かる?アトピーって人災なんだよ。国や企業がアスベスト問題のようにほったらかしにしてたからこんなに深刻になったんだよ。
アフリカで一年暮らせばアトピーは良くなるよ。ただし、ステロイドは絶対使っちゃだめ。


395 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/24(火) 11:14:53 ID:yV1QUIc+
レセルおばさまのせっけんとかどうだ

396 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 11:24:39 ID:BFGOdsqt
シャボン玉せっけんとかいいと思う

397 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/24(火) 11:30:10 ID:yV1QUIc+
シャンプーとか松山油脂もいいぞ

398 :1:2007/04/24(火) 14:01:32 ID:LlqKGSBd
>>390
欲しければ与えよ、というのは昔から思っていたことですが、
なかなか実践できませんでした。
今もできるかどうか分かりません。
でも、自分の為にもそうあるべきだと思います。

>>391
ですね。

>>392
宗教も、使う人次第なんでしょうね。
ただそれだと、哲学書とか読むのと変わらないなあと思います。
宗教の独自性ってなんなのでしょうか。
これからも色々勉強させてください。

399 :1:2007/04/24(火) 14:02:36 ID:LlqKGSBd
>>394-397
ぼくもアレルギーは人災だと思っています。
できるだけ科学的なものは取らないようしています。
石けんも気をつけてますよ。

皆さんご心配ありがとうございます。

400 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 20:20:02 ID:9PrN5Knx
再びおじゃまします。
チャネラー&ヒーラーです。
愛して欲しいと思っているうちは、愛されない。
愛したい、愛を与えたいと思うとふしぎ、愛されるようにもなるのです。
嫌いな人は最初は無理に愛さなくても大丈夫。好きな人を少しずつ増やして、自己中心ではなく、相手に与える愛を実践しましょう。
そうすれば、自分が愛した人の笑顔で自分も幸せになれますよ。
好きな人をつくる。まずここから初めてみましょう。

401 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 21:24:21 ID:WzphQrU+
与えるのはいいことだけど
質の高い愛でないともらってもうれしくないです

402 :神も仏も名無しさん:2007/04/24(火) 21:49:56 ID:5Wv/MctH
392ですが、
>398
そう、宗教=哲学と考えてもイイ。
そもそもイエス以降の哲学は、キリスト教ベースを前提に、あれこれ言ってる。
(これが、日本人が西洋哲学を読んでもピンとこない理由)
仏教は、どの宗教以上に哲学といえる。

ただ、古今東西のおばちゃんたちには、宗教=信仰とさせている。
(おばちゃんに哲学しろったって、そりゃ難しいさ)
阿弥陀如来にすがりなさい、イエスを信じなさいとかね。
それはそれでいい。そういう側面も俺は尊重する。
(ただこれで信仰を盲信に変えて、宗教を利用し民衆を扇動するアホが古今東西よく出てくる。)

話を戻して、特に君の疑問や論理性は、
宗教=哲学だと思って入った方がすんなり入ると思うから、宗教は哲学だと捕らえちゃってもいいと思う。
そして君の言うとおり、ゆっくり触れていけばいいさ。
人生は長い。
ちょっとずつわかっていくと、世の中がどんどんわかって、面白い。
俺もその過程です。

もう一つ。
俺もアレルギーは人災だと思う。
だから現実的な対処もやって、何事もバランスさ。
哲学2割、現実8割ってな感覚でね。

403 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 03:58:11 ID:qonBbGcQ
宗教が騙る真理=もちろん嘘八百

404 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 03:59:17 ID:qonBbGcQ
ただし、だったらいいななので、精神安定剤程度にはなるかも知れない。

405 :神の仏も名無しさん:2007/04/25(水) 09:13:09 ID:CiEJfRmu
>>398

「宗教撲滅」

http://religion.bbs.thebbs.jp/1166805222/0-




406 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 09:45:36 ID:8wczarJ+
イエスを信奉する人の手のひらに、釘を打ち付けた傷が現われ血まで
流れるというTV放映があった。
たぶん、本当だろうと思う。しかし、はりつけする場合手のひらでは
手が裂けてしまうので、手首に釘を打ったとも言われる。

ということは、イエスが来て傷を現したのではなく、イエスを信奉する
その人の思いが傷を現したのではないかと思われるのです。
それほどまで人の思いは何かを作り上げる力を持っていると考えて
いいのだろうと思うのです。
親の愛が欲しくて熱を出す子供もいる。子供本人も気がつかないのに
心の奥のにある思いは、肉体を変化させる力を持っている。

宗教は心の奥にある思いを点検する作業を要求する。
心の思いの点検が終わったものは苦として現われてこないようだ。
苦として現われるのはまだその問題について、心の中で調和して
いないものがあるを示しているのだろうと思うのです。


407 :神の仏も名無しさん:2007/04/25(水) 10:10:34 ID:bxfu8K2X
>>936 :やほよろづのかみたち@au-by-KDDI ◆0ryc.81s2s :2007/04/25(水) 00:19:55 ID:m4yfzBjr

>長い平成不況と、テロ戦争でこの10年、聖書を読む者が増えたが、結局
>キリスト教は邪教との結論に至る者が増えたのは喜ばしいことだ。

>キリスト教は一部の特種な精神異常者のお遊びとしてだけ続いている。

   /⌒ヽ
  / ´・ω・`)
  |    /
  と__)__) 旦




408 :1:2007/04/25(水) 16:44:48 ID:0MUiV6Bb
なんかまた調子悪くなってきた…。
季節の変わり目だからかな。
囚人よりも食生活厳しくしてるのに、
なんでこんな目に遭うんだろう。

一生こんなこと続くのかな…。

409 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 16:47:19 ID:15EojQRf
私は特定疾患だが、いいこともあれば悪いこともあると思うよ。

410 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 18:02:50 ID:RnKyB3hk
福沢に仕える身ですが、神に福沢をすそ分けしてます
神は福沢教の信者ですから

411 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 18:04:10 ID:v/nkBIU0
>>408
アトピーは体質から改善するんだよ。
症状が出ないような食事をするだけなら、症状の対策はなにもしていないわけだ。


412 :1:2007/04/25(水) 19:08:47 ID:0MUiV6Bb
>>411
体質改善には食事からと思ってやっているのですが、
どうしたらいいのでしょうか…。

413 :ヒーラー兼チャネラー:2007/04/25(水) 19:24:49 ID:qEz2TEk0
>412 肉食はやめてますか? コンビニで売ってるような添加物の入った食品は控えた方がよいです。
あと水。まさか清涼飲料水はとっていないとは思いますが… コーヒーなども控えましょう。
話題を変えますが、何か人に喜ばれる行動を起こしていますか? 例えば海外へボランティアへ行くとか…。他人を助けることに必死になると、なぜか自分の病気は治るのです。これは私の実体験にしかすぎませんが。

414 :神も仏も名無しさん:2007/04/25(水) 19:25:35 ID:v/nkBIU0
>>412
野菜なら農薬を使ったりしていることが多いので、
ただその辺にある物を食べても、改善は難しいんだよ。
また、あまり何でもかんでも食べなくなると、今度は栄養失調になりかねない。
食事を減らしすぎると、こんどは回復する体力もなくなってしまうからね。


415 :1:2007/04/25(水) 20:02:35 ID:0MUiV6Bb
海外行ける元気欲しいですよ。

食事はいま朝昼晩と1.5合づつ。
おかずは鰹節、煮干し、味噌、梅干し、海苔です。
ここ2ヶ月くらいこれで過ごしています。

なんかもう疲れました…。
やれることはほとんどやり尽くした感じです。
神はぼくに死ねって言ってるんでしょうか。

416 :ヒーラー兼チャネラー:2007/04/25(水) 21:03:01 ID:qEz2TEk0
>415さん
なるほど…
ちょっと食事制限し過ぎかな?
好きなこと、好きなもの、好きな人はありますか(^-^)/
海外には行かなくてもいいんだけど、何か好きなことをやれるといいな。
あとアトピーやアレルギーは場所も関係ありますね。東京・神奈川・大阪とかは一番きついだろうし、北海道・沖縄だとかなりいい。基本的に田舎がいいです。

417 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/25(水) 21:21:27 ID:7AJLkOrS
たのしいことしたらいいと思うだけど(´・ω・`)

418 :1:2007/04/26(木) 07:39:43 ID:7SCmGv6/
ぼくは名古屋です。
交通量も多いところだし、やっぱりまずいですよね。

楽しいこと、いまやりたいことは
好きな人と一緒にいたいです。
でも、こんな身体じゃ無理です。

419 :神も仏も名無しさん:2007/04/26(木) 13:44:45 ID:0n8bSc4F

4/15日に神の家スレで癒しの祈りをせっかくお願いしたのに・・(>>368
キリスト教の祈りの効果も無しかぁ〜、無責任だな〜狂ってるょw
宗教に頼ってもダメみたい。
自分の行動で解決するしかないね。

ハレルヤ!! バ・レ・ル・ヤ!!(^O^)v 

バレテシマッタw(笑)


420 :1:2007/04/26(木) 17:02:14 ID:7SCmGv6/
ついに宗教にも見捨てられましたねw

421 :神も仏も名無しさん:2007/04/26(木) 18:05:05 ID:H2Zjbq4K
>>1
アトピーって直らんの?

422 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/26(木) 20:08:55 ID:qmHrECwz
とりあえず北海道みたいな空気のいいところで暮らしてみたら?
農協行けば牧場や農業の研修生募集してるし、とりあえず一念発起で
行動しないと状況は変わらないんじゃないかな。
長野、新潟もいいとこだけど、北海道の方がのんびりしてるし、食べ物も
おいしい、気候もいいと思う。アトピーって寒いより暑い時の方がきついよね?
ご利益求めて神に逆恨みも本末転倒だし、神はむしろ現世否定だから。

観念はさておいて、行動することをお薦めするよ。


423 :神も仏も名無しさん:2007/04/26(木) 21:05:23 ID:A+Fl5s0B
宗教がなにかをしてくれるわけではないよ。
教えにしたがい、自らの心を変えていくことなんだよ。
病直しなら、生長の家の「生命の実相」第1巻だけでも読んでみたらいい。

汝ら天地一切のものと和解せよ。何者かに傷つけられたり、ばい菌に
冒されたりするのは天地一切のものと和解していない証拠である。
省みて和解しなさい。親や兄弟とも和解せよ。天地万物、一切の
ものに感謝せよと教えている。



424 :神も仏も名無しさん:2007/04/26(木) 23:15:29 ID:TSiwbkbS
知ったかぶりはやめろ、断食だ。

425 :ヒーラー兼チャネラー:2007/04/27(金) 00:11:52 ID:o3rJHxvr
>424 ムチャクチャいいますね。
宗教はまぁ、自分で判断しましょう。
名古屋も空気はよくないね。田舎に行けばよくなると思います。
あとストレスをなくせるといいな。

426 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 06:23:25 ID:VGkFE6J+
そんなの軽く治る治療法がないわけではないのに。
医療を過信すると無知になるし、
宗教では無理よ。
病気は医者がなおすものではないんで、
自分自身で身体のことについてよく調べて
自分で治そうと努力することなく治ってしまったら
そのほうがおかしいわい。

427 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 06:48:56 ID:Z0s4mItN
臨済宗は自力が100%だけど

428 :1:2007/04/27(金) 08:08:39 ID:T0YYSDOs
症状が少し落ち着きました。

努力はもちろんしてますよ。
でも、そもそも病気になるということ、
それを抱えて人生を過ごさないといけないこと、
そういう理不尽に対して、
神(聖職者)に問いかけています。

ですが、結局のところ「自分でなんとかしろ」
が結論のようですね。

祈ってる時間があれば他のことしたほうが
有意義なんですね、きっと。

ですが、ぼくの為に祈ってくれた人には
心より感謝したいです。

429 :1:2007/04/27(金) 08:09:45 ID:T0YYSDOs
あ、そうか。

祈りって他人の為にあるのかもしれませんね。

自分の為に祈ってもどうにもなりませんが、
他人の為に祈ることは、その人に力を与えるのかも
しれません。

430 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 10:18:18 ID:mIY3Pg5I
1さんの

正体そろそろ見えてきたんじゃない?皆さん?
この頑なさでw・・・(笑)

431 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 11:22:25 ID:V9IxVFWV
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175329024/l50

慈風ちゃんの宗教に参加しよう、

432 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 12:08:53 ID:/7gPM/j9
>>429
>>164



433 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 12:23:27 ID:00M5Kqt+
虫歯の祈り

434 :1:2007/04/27(金) 14:59:29 ID:T0YYSDOs
正体って…。

ぼくの正体なんですか?
宗教関係者?
その逆?

ぼくはどっちにも加担するつもりはありませんが。
せっかくなので、430さんとじっくりお話してみたいです。
なんでそう思うのか説明してもらえますか?

435 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 15:12:51 ID:RQ9CO1Jx
宗教は、副作用の強い鎮痛剤、鎮静剤みたいなもので、精神に対する麻薬性が有り危険だと思います。
難病の人はすがらざるを得ない場合もあるのだと思いますが、概ねろくな事にはならないと思います。


436 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 17:31:14 ID:7+CJMFxl
>>429
以前、教会に通ったことがあります。やはり、悩みを抱えていたので
会うたびに「あなたの為に祈ってます」と言われました。しかし、残念な
ことに効果はありませんでした・・・・最初は君のようにご親切にと感謝
もしたのですが、いつも言われるので段々鬱陶しく押し付けがましく不快
に感じるようになってきました。
つまり、この人達は口から只、出まかせを言っているのでは?と思うよう
になりました。何となく嘘っぽく感じてきたのです。
それ以後、祈りには大変疑問・不審を持っています。

>>他人の為に祈ることは、その人に力を与えるのかもしれません。
どういうことですか?


437 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/27(金) 17:42:37 ID:5JAlzuHl
ここではなんも言わないで 1たんや436たんが楽になって楽しくくらせたらいいなって思ってる人がいっぱいいるかもしんない

438 :1:2007/04/27(金) 18:33:24 ID:T0YYSDOs
>>436
祈りそのものの効果ではなく、
自分の為に祈ってくれている人がいる、
という事実が自分に勇気を与えるということです。

>>437
いつもありがとうございます。

でも、煽りも酷くなければ別にいいですよ。
見えない敵と戦う人とお話ししてみたいですし。

439 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/04/27(金) 18:44:48 ID:/0LH+H5E
祈りねぇ・・・
私も所属はキリスト教だが、最近全然祈ってないなw
祈りの意味って解らんね確かに。
強いて言えば、”礼”なのかな。礼は礼拝であり、祈りなんじゃないかなっと。
礼って毎度同じ行為を繰り返すんだけど、この毎度同じこういってのが肝要で
あって、初心に返るというか、俗世から離れた、自己の存在と向き合う瞑想行為
に近いのじゃないかと。ああ、瞑想はするけど祈りはしないから違うのかなw

きっと、祈りは対話であって、祈願成就ではないと思うよ。
同じクリスチャンコミュニティでは祈願成就型の祈りが大半だけど、これは
間違いの元だね。
むしろ祈願を捨て去っていく方向にいかないと。
抱えるものを捨てていく。

>>436さんのキリスト教に対する懐疑はよくわかるw

>>438
信頼してる人から気にされてるってのはなかなか励まされるものだよね。


440 :神も仏も名無しさん:2007/04/27(金) 18:45:03 ID:3SUgH2xR
>>5 :殺人をほのめかすnarumi ◇BsviaE72Qo:2007/04/23(月) 21:32:23 ID:THR8IcAz
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1169970201/592

>>588 :narumi ◆BsviaE72Qo :2007/01/29(月) 19:55:26 ID:w1FVIuIA
>>583

>わたしゃ汚聖は絶対に許さないから
>それがわたしのミッション

>サロメの住所氏名しってたら打ち殺しに行くよ
>それが世のためだもん

悪人一人殺して千の命が救われれば
天国は喜びますわ

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1169970201/638

上記のような危険な書込み文を確認したら今すぐココへ↓

web110番

http://mpd110.jp/




441 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 03:16:14 ID:5vRLMPlu
アトピーなら、夜はちゃんと寝た方がいいな

米と野菜だけしか食べてないってスゲーな

それさえ続けられたら遅くとも30歳前後でほぼ治るんじゃないかな

応援してるよ

442 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 03:34:27 ID:5vRLMPlu
ああ、あと宗教的な話しをすると

アトピーは親とか、その家系のカルマを背負ってるってケースが殆どだそうよ

先祖供養してみたらいいんじゃないかな
俺は墓参りなんかほとんどしたことないが、毎朝起きると神棚に向かい、先祖のために手を合わせる

あなた方の犯した罪、苦しみが少しでも和らぎ、安らぎをえられますように
なんて思いながら

そのおかげかなんか知らんけど、今はアトピーもほとんど発症しないし、こうして夜更かしなんかもしちゃってるさ

君の苦しみが1日も早く軽くなっていくことを心から願ってるよ

443 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 10:09:12 ID:l4t2e8Rk
>>442
俺は自分なりに宗教を色々研究してる者だが、
先祖を大事にする事と、家系のカルマを気にするのは別の事だと思う。
「カルマ解消」なんてのは、ほぼ脅迫利用。
それを宗教と捕らえると、本末転倒。

あなたはいい人なんだろうから、その辺の誤解をなくしてくれると助かる。

444 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/28(土) 10:26:51 ID:n5yEJaYm
おいらがアホなのもカルマなんだろうか
墓参りしたらアホなおるんだろうか

445 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 19:19:06 ID:2kUbcKss
カルマって因果応報と一緒?それとも違う?

カルマって証明できる? 根拠ある?



446 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 20:38:33 ID:zSrxgIS4
すぐに証明を求める癖はやめたほうがいいよ
水の分子にすら触れたこともないのに

447 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 22:05:21 ID:l4t2e8Rk
>>445
因果=原因と結果。働かないという原因でニートという結果というように、証明できる。
同様、嫌われるような事をすれば、嫌われる。これが君にもわかる因果応報の例。
カルマも同義語。
ただ、ここでみんな誤解する。
カルマ、すなわち因果律を明確に解いたブッダ自身も、
単純な因果はいけないとも説いた。
(ブサイクに生まれた→前世が悪い、とかっていうのが単純な因果律)

だから、君の想像するカルマはないが、原因と結果という意味のカルマはある。
みんなカルマの定義違い。

448 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 23:15:31 ID:5vRLMPlu
あと、魂のカルマと血筋のカルマとがある

血筋のカルマの場合は、自分の因果ではなく家系の因果

生まれつきの持病なんかがこれにあたる
しかもその試練を自らが選んで生まれてきた

だから、誰も責めるべきではない

人を責めるくらいなら神を責めたほうがよっぽどマシ

449 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 23:26:07 ID:9ykEr+9o
神っているの?

450 :447:2007/04/28(土) 23:27:54 ID:l4t2e8Rk
>>448
だからそんなのないから安心しようよ。
先祖なんてたどっていったら、戦国時代に殺したり殺されたり誰かしらしてるさ。
スケートの織田信成に、比叡山のカルマがどうあるのよ?
君にもなんも血筋のカルマはない。だから安心しな。


451 :神も仏も名無しさん:2007/04/28(土) 23:51:24 ID:5vRLMPlu
あるにしろないにしろ、押し付けだけはやめよう

ここは宗教板だからカルマの話題くらい 普通だろ

少なくとも俺はアトピーで苦しんでる頃、これで救われた

スレ主が色々なものを参考にして、少しでも楽になってくれればそれでいいと思う

452 :神も仏も名無しさん:2007/04/29(日) 00:03:59 ID:HprONDea
>449 『神は実在するのでしょうか?』スレへ遊びにおいで。
できたてのホヤホヤだから。 神に会ったことのある人一名いたから。

453 :447:2007/04/29(日) 00:16:03 ID:UXYQQbEv
>>451
わかったよ、救われるのならそれがベストだ。
君にはその方法があってたのだろう、それは否定しない。
ただ、カルマの話を悪用し脅迫する悪徳組織が多いから、
その警告として、カルマに捕らわれる必要ないって言った。
捕らわれる人が多いから。

君の気分を害したなら、すまんよ。


454 :神も仏も名無しさん:2007/04/29(日) 05:02:41 ID:PvwgtAF2
>>449悪魔も神様もいないよ
地獄も天国もないよ

人間同士が助け合いたいものなのだが

455 :1:2007/04/29(日) 16:20:58 ID:sSQvsuRx
世の中はゴールデンウィークですが、
ぼくは家でひとり療養中です。

456 :神も仏も名無しさん:2007/04/29(日) 17:40:56 ID:1R0LE2rs
気というものに無関心すぎなんじゃないか?
電磁波の出るパソコンやテレヴィの前にいて、
山や海へでかけて自然と接することをしないのは問題。

457 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/04/29(日) 17:44:33 ID:g48zk7DK
>>1 の方へ

花粉症やアトピーに、ホメオパシーや聖体がよいと聞いたの
ですが、ためしてみるのはどうでしょうか。

http://members.jcom.home.ne.jp/center-tsukimino/


458 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/04/29(日) 17:45:27 ID:g48zk7DK
上の投稿を訂正します。

聖体⇒整体

459 :445:2007/04/29(日) 21:23:04 ID:Wplz68WB
>>447
>だから、君の想像するカルマはないが、原因と結果という意味のカルマはある。
>みんなカルマの定義違い。

Thanks. 原因と結果は誰にも分かるね。先祖とか前世のカルマ否定は同意。
前世のカルマがあるならキリスト教がこんなに大きくなるわけない。

>>442氏の話は嘘っぽく感じられる。まぁ、「イワシの頭も信心から」
が宗教だから・・・信じる信じないの話で言っても証明できないね。

>>454・・>悪魔も神様もいないよ >地獄も天国もないよ
>人間同士が助け合いたいものなのだが

同意。同じ人間同士、宗派が違うと言って争うのは愚の骨頂w
毎日の中東紛争のテロのニュースが恐ろしい。宗教のサタン。


460 :ignis ◆chartreCqk :2007/04/30(月) 03:07:21 ID:ppCyHFmv
>>455
療養じゃないけど仲間がいっぱいいるぜ(´・ω・`)
旅行行きたいorz

461 :神も仏も名無しさん:2007/04/30(月) 09:55:50 ID:ziaS1BDo
苦しみには必ず原因がある。外的なものから内的なものまで深く
そして深く考えをめぐらしみるんだよね。
自分でこれだと決めるのではなく、なんとなくこんなことなんだと
心の内側から湧いてくるような感じで気がつかされることがある。

心はいつも旅人さ。

462 :1:2007/05/01(火) 18:12:03 ID:YBngYnkS
>>458
ホメオパシー、なんかちょっと怖そうですね。
整体は少し興味あります。
情報ありがとうございます。

>>459
結局いま戦争してるのって宗教がらみばかりですね。
一番しちゃいけないことばかりしてます。

>>460
ぼくも旅行行きたいです。
普段は家で寝ていたい人ですが、
いざ出られないと出たくなる困った奴です。

>>461
なんとなく、という感覚分かります。
最初は理屈こねてばかりやっていましたが、
身体からの信号を感じるほうがいいこともありますね。

463 :神も仏も名無しさん:2007/05/02(水) 11:11:58 ID:q0fh0LTG
遺伝的に問題の生じやすい家系というのは、確かに存在する。
しかしそれは、DNAあるいは染色体と確率の因果であって、一切カルマなどではない。

464 :sin:2007/05/03(木) 14:52:27 ID:NUZjyc1e
1≪
お話したいことがあります。
ここでは言えないのでアドレス載せておきます。
よかったらメールしてください。

465 :神も仏も名無しさん:2007/05/03(木) 18:00:18 ID:iO95dnU8
取り込み布教乙

466 :1:2007/05/04(金) 07:46:53 ID:iawEeXBN
>>463
その辺どうなんでしょうね。
カルマって言葉、確かに新興宗教でやたら使われますよね。

メールじゃないと話せない事ってどんなことなのでしょうか…。

467 :神も仏も名無しさん:2007/05/04(金) 09:36:54 ID:ai3DuH6b
>>466
新興宗教がネガティブな使い方ばかりするので、カルマ=悪い重たいもの、みたいなイメージを日本人はしやすいですが、カルマというのは古代インドからずっとある概念ですよ

468 :神も仏も名無しさん:2007/05/04(金) 13:26:36 ID:GijsyDrA
>>467
もちろん、カルマは古代インド・アーリア人によるバラモン教のヴェーダ聖典にも存在する。
ただ、新興宗教が、カルマを悪用しているというだけ。
新興宗教だって詐欺師だって、要はあるものを悪用してるだけ。
振り込め詐欺もATMを悪用してるが、ATMが悪いわけでも存在しないわけでもない。
ATMをカルマに代入したら、わかるだろう。

469 :神も仏も名無しさん:2007/05/04(金) 16:53:10 ID:tw0Woxyb
使い方がどうのではなく、本来的に妄想。

470 :神も仏も名無しさん:2007/05/04(金) 21:52:20 ID:ai3DuH6b
>>468
ですね

471 :1:2007/05/05(土) 08:30:24 ID:Vda+fbPP
カルマ。
昔からある用語っていうのは知っております。
なんかぼくらの時代では悪いイメージが先行されてしまってますね。
本来は人を生かすための言葉なんでしょう。

ただ、以前にも言いましたが、
あくまで使う人次第ということであれば、
宗教の独自性はあまりないですね。
それなら哲学書読んだほうがいいじゃんって少し思います。

472 :1:2007/05/05(土) 08:36:34 ID:Vda+fbPP
以前から気になる女性がいて、
これまではかなりつれない態度だったのですが、
諦めずに色々その人が喜ぶように頑張っていたら、
少しづつ態度が変わってきました。

今度、ぼくのDVDを貸す為に会うことになりました。
ぼくは病気持ちのへなちょこだし、
向こうはぼくのことなんかあまり意識してないでしょうけど。

これまでのぼくなら、最初につれない態度取られた段階で、
これは無理だと諦めていたんですけど、
こういう風に人の為に頑張ってみるのもいいものだと
少し思いました。

後で泣くことにならなきゃいいけどw
笑えるよう、とりあえずもう少し頑張ってみます。

473 :神も仏も名無しさん:2007/05/05(土) 10:25:03 ID:64PIdLG6
>>471
前にも言った者だけど、
哲学書を読めばいいと言うのはその通り。
ただし極論を言うが、哲学とは宗教から信仰を抜いた教義エッセンスに過ぎない。
宗教と哲学を別のものと考えると、哲学書が理解出来ないだろう。
宗教思想・教義をベースにあった上で、哲学書を読むと、理解出来るだろう。
むしろ哲学書は、思想を無理矢理排除しようと理論立てるから、難解になるだけだ。
だから、1は、「哲学書を読む冷静な感覚で宗教教義に触れる」というスタンスがベターだと思う。
とりあえず、信仰とか拝みとかを無視して、宗教に触れるといいと思う。

さらにいうなら、宗教に触れるよりも、>>472のような体験が重要だ。
所詮宗教・哲学は、現実体験の参考書だ。


474 :神も仏も名無しさん:2007/05/05(土) 21:53:04 ID:sCS0tnjV
哲学に一時期ハマったけど、結局自己満足に終始してなんの役にも立たなかったな

なんだか、大きい穴があるんだよね
後から、それは神だと氣づいたんだけど

>>472
結果にとらわれず、過程を楽しむといいんじゃないかな

475 :神も仏も名無しさん:2007/05/05(土) 22:55:57 ID:ffX3hos5
哲学の何をやったのかなぁ

476 :神も仏も名無しさん:2007/05/05(土) 22:57:00 ID:ffX3hos5
>>473
君もなにやら知ったかぶってますね

477 :1:2007/05/06(日) 08:02:08 ID:Ql8aG7Iy
>>473
信仰とか拝みとかを無視して、宗教に触れる。
そうですね。そういう風にやってるつもりですが、
まだまだでしょうか。


気になる女性、恋に落ちるタイプではない、
と遠回しに言われましたw

478 :1:2007/05/06(日) 08:03:07 ID:Ql8aG7Iy
>>474
なかなか余裕ないですw

479 :トロント:2007/05/06(日) 09:40:11 ID:wIJaXpLZ
>>472
人を好きになるのはええこっちゃ(^_^)
最近好きになるほどの女性に出会ってないオイラ
からしたら羨ましい.道ですれ違う綺麗な女性には
目がいっちゃうけどねー.

うーん心が老化してんのかな(-_-;)

480 :ignis ◆chartreCqk :2007/05/06(日) 09:57:42 ID:HQ65haes
まあ 難しいことより おんなのこのこと考える方が楽しいよ(・∀・)

481 :473:2007/05/06(日) 13:10:02 ID:pKlQBmaS
>>477
そういう風にやってるつもりですが、 まだまだでしょうか。

方向は合ってるから、ゆっくり進めばいい。「まだ」じゃなくて「順調」だよ。
人生は長い。

と遠回しに言われましたw

どんなにモテルヤツも、50%を割る。数だよ数。
もてない人の2大特徴。一人の人に必要以上に粘る。ショックで次の女に進む活力が出ない。
もてる人の特徴の一つ。相手の好みは千差万別でたまたま自分にあてはまらなかったと考える。
スレは違うが、もてる人のパターンは十人十色だが、もてない人はパターン化出来る。
もてる人がパターン化出来ないというのは、やっぱり数だよ数。
近づき方にも柔軟に、方法論に囚われず、縁を大事に、縁に執着せず。
なんか宗教にも相通じるところがあったりして。

482 :神も仏も名無しさん:2007/05/06(日) 14:45:19 ID:UaTMxwSB
>>478
自分を見つめる余裕あるなら大丈夫だよ

483 :1:2007/05/06(日) 19:59:24 ID:Ql8aG7Iy
確かに恋愛してるほうが生きてて楽しいですね。
まあ少し体調良くなってきたからこんなこと言えるんですが…。

このスレを立てたときは、ほんとにしんどかったです。
今でもあまり外出できないのは変わりませんが、
その時に比べたらだいぶマシです。

というか、関係ないお話ばかりしてすいません。

484 :神も仏も名無しさん:2007/05/06(日) 21:52:48 ID:UaTMxwSB
>>483
俺もひどい時は、関節曲げ伸ばしすら出来なくて寝たきりだったよ

でも病氣も俺の一部ってゆうか、病氣あってこその俺だって、病氣を受け入れて内面から楽にしていった

485 :1:2007/05/07(月) 18:09:15 ID:ae63lLrm
>>484
そうですね、酷い時ってちょっと動くことすらできないですよね。
下着脱ぐだけでもしんどいし。
お互い頑張りましょうね。

486 :神も仏も名無しさん:2007/05/09(水) 20:25:29 ID:CCoPh44C
1さんって、女の子っぽいって言われない?

なんか可愛いね

ところで、前の方のアドレスにはメールしたの?

487 :1:2007/05/10(木) 09:17:45 ID:eJjaNy0d
>>486
そうですか?
でも、確かに年上の女性からやたら「可愛い」と
言われたことあります。

488 :1:2007/05/10(木) 09:18:38 ID:eJjaNy0d
アドレスにはメールしてません。

個別に言わなきゃいけないようなことって
なんだったのでしょうか…。

489 :神も仏も名無しさん:2007/05/10(木) 18:15:29 ID:qn534Zyg
慢性のアトピー、外気、合成着色料等の食物内の化学物質、花粉…
どうみても神経過敏です。本当にありがとうございました。
‥最近増えてきたなこういう体質。
電磁波も顕著に影響するから
PCに向かうのもあまりよろしいとはいえんぞ。

簡単に説明しよう。人間は常に体に毒を取り入れている。
体が欲しいのはエネルギーだ。しかし人間はエネルギード○インなんざ出来ないので
食べ物を食ってそこから取り入れる。その他にも電磁波を浴びたり大気を吸ったり、
体は外界と色々交流する。が、それら全てには限界がある。
毒物には致死量があり、それ以下なら問題は無いのと同じように、
酸素や化学物質、アルコールやニコチン、電子に至るまで(随時肝臓が解毒している分を兼ねても)
体に入れられる許容限界があるのだ。それを超えると死にゃあしないが
過激なアレルギー反応を起こし体外に排出しようとする。
君はそれを超えた。

親が妊娠中に馬鹿やったから元の許容限界が低いのか、
君が体の声を聞かずに好き放題やったのかは知らん。
ただこれが事実だ。その体になった理由だ。

辛いから死を選ぶもよし、この手の患者について自分で調べて打開策を練るもよし、
全ては前世の業と考え行脚の旅をして世界を周るもよし。
好きにしたまえ。

490 :1:2007/05/10(木) 18:18:41 ID:eJjaNy0d
戯れ言だと思って聞いてください。

今の生産性がほとんどない状況で、
ただ生きるだけに意味があるのか。
なにかできることはないのか。

このスレでも何度か取り上げられていますが、
いつまでたっても戦争がなくならない。
どうしたら戦争がなくなるのか。

じゃあ1年でたった1日でもいいから
戦争や犯罪をなくす日が作れないものか。
そういう運動ができないものか。

そんな大それたことしなくても、
と言われると思いますが、
自分がもっとも実現できたら良いなと思う
ことのひとつがそれです。

小さい輪からなにかできないものか。
どう思いますか。

491 :神も仏も名無しさん:2007/05/10(木) 18:40:42 ID:qn534Zyg
戦争が無くならないのが何故?何を言い出すのかと思えば…
君に今言うべきは「全ての行動には相応の結果が待っている」だな。
結果に届かない行為では結果は生まれない。それだけだよ。
戦争は嫌う者も好む者も望む者も居る。それらの人間達の行動で、現在
「まだ無くなってない」という一つの結果がある。
まだ戦争を利用する者や望む者、大衆に流される者が多い現状では
戦争は無くならない。以上。

ちなみに私の知っている医師に>>1の様な病状の患者に手慣れた人間が居たな。
許容限界を超えて過敏になる

病院に行く

今の西洋医学はこの手の部類に弱いので治らない

いろんな病院回るが一向に治らない

しまいにゃ「体に異常ないですよ。良い精神病院紹介しましょう」とか言われる

そんな扱いを受け続けてきた哀れな患者を(時間はかかるが)治せる方だ。
>>1もそういう有能な医師に出会えるといいな。

492 :1:2007/05/10(木) 18:52:42 ID:eJjaNy0d
>>491
戦争はなくならない。もちろんそれはそうでしょう。
世界には死の商人が暗躍していて、
戦争を裏でコーディネートしてるということも
ある程度知っています。

だからまず1年で1日でもいいから、と言っているのです。
たった1日、戦争がない日ができれば、
もしかすると、2日3日となるかもしれない。

戦争がなくならなくても、戦争の頻度は減るかもしれない。
そういう考えです。

できるだけこのスレで否定的なことは言わないようにしていますが、
始めから諦めて「やるだけ無駄」なんて考えは嫌です。
もちろん、結果として無駄になるかもしれません。
でも、その過程でなにか得られるかもしれません。

493 :1:2007/05/10(木) 18:55:27 ID:eJjaNy0d
ただ、偉そうに言ってますが、
もし本当にそれをやろうと思ったら、
人の手を借りないと無理だと思いますぼくの現状では。

なぜ、このような考えを持ったか。
それは、自分の病気はもう完全には治らないのではないかと
思い始めたからです。
食事、生活、もうギリギリのところまで制限して、
それでも治らないのですから。

ぼくはアトピーだけでなく、喘息もありますし、
こんな生活してたら長生きはきっとできないと思います。
だからと言って簡単に死ぬ訳にはいかないし、
それなら人の為になることで、
自分の理想がかなえられることをしてみたい、
そう思いました。

夢のようなこと言ってると思いますが、
そんなことできるのは、ぼくのような立場の人間だけ、
という気もします。
一般の人は仕事で忙しいですからw

494 :神も仏も名無しさん:2007/05/10(木) 19:11:00 ID:qn534Zyg
それは失礼。では言い換えよう。
一日戦争の無い日、という時点で成功の可能性が全く感じられない。
私が賛同出来る限界は「可能性のあり得そうなモノ」まで。
現状を鑑みると可能性は無きに等しそう、そんなモノには賛成出来ない。
例えその行動で予期せぬ何かが得られる事があっても、
そもそも私の頭で出した可能性なので実は意外と成功するかもしれなくても、
私はそんな淡い可能性には賛同出来ない。というのが私の考え。

君はそれが本音なら随分と活力が有りそうだ。人に頼るだけでやる気になれるなら上々。
その気概を捨てずに頑張れ。

>食事、生活、もうギリギリのところまで制限して、
>それでも治らないのですから。
それは正に君の頭が出したまだまだ稚拙な結論というものだよ。
私は君と同じ境遇(喘息有り)で小学校の頃から苦しんでたが
上記の医師に出会い今はほぼ改善した人間も知っている。
諦めなければ可能性は何%であろうが存在する。

…っていうか私がココを何気なく見たのが何かの縁か・・?w
その医師の詳細でもお教えしようか?

495 :1:2007/05/10(木) 19:26:00 ID:eJjaNy0d
>>494
確かにそうですね。
戦争がどうとか言いつつも、
自分の病気については諦めたような言い方してますね。

もちろん、これからも病気が良くなるように努力はしますが、
少なくとも時間がかかるし、その間なにもしない訳には
いかないと思うのです。

ただ、それはあなたにも同じこと言えませんか?
ぼくには、諦めなければ可能性はある、と言いつつ、
戦争の話になると可能性は無きに等しい、と言っています。

ようするに、ぼくもあなたも都合の良い部分を
語ってるだけなのかもしれませんね。

医師の話はあなたが教えたいと思うなら、
教えてください。

496 :神も仏も名無しさん:2007/05/10(木) 19:32:21 ID:zVBTRQ1X
病気を愛している人もいる。
そんな人にはどのような助言も名医も薬も必要ないんだ。
そんな人が求めているのは、大変ですね・・
えっ他にもそんなに苦しんできたのですかと
おどろいてあげることだけなんだ。

497 :ignis ◆chartreCqk :2007/05/10(木) 23:54:33 ID:b7fRtGgA
>>493
なんかすてきなことかんがえてるねえ

498 :神も仏も名無しさん:2007/05/11(金) 15:14:50 ID:yTfvEqJ1
1よ、君は一つの答えを求めている。
「世の中の理不尽さとは何なのか?」
自分がアトピーで他の人は健康だ、この理不尽さはどういう理由だっていうんだ。
そうだ、世の中は理不尽だ。
なぜその地で天災が起きるのか?その土地に住む人は何でそんな目に遭うのか?
戦争はなぜ起こるのか。起こしたくない人類が多数なのに、この理不尽さは何だ。

アトピーが入り口として、君は理解出来ない理不尽さを神に答えを求めてるんだと、俺は思う。

現時点で、君のその答えはどういうのなんだい?

499 :1:2007/05/11(金) 19:21:18 ID:4qYS13Z7
>>498
そうですね。
まさにそうだと思います。

現時点での答えですか…。
「運が悪かった」これでしょうか。

何度も書いていることですが、
世界の現状を見ると、神がいるとも思えないし、
かと言って、いないという証拠もありません。

そうすると、巡り合わせが悪かったとしか
言えなくなってしまう感じです。
ここまで色々引っ張って、
結局こんな月並みな答えで申し訳ないです。

ただ、世の中にはぼくみたいな人間に
優しく語りかけてくれる、
このスレの皆さんみたいな人たちが
いるってことが分かりました。

今は神にすがる前に、
そういう人の力に希望を見いだすべきかもしれない、
そういう思いも芽生え始めました。

500 :1:2007/05/11(金) 19:21:51 ID:4qYS13Z7
>>497
ありがとうございます。
でも、ひとりじゃできないんですw

501 :498:2007/05/11(金) 20:10:02 ID:yTfvEqJ1
>>499
今は神にすがる前に、
そういう人の力に希望を見いだすべきかもしれない、
そういう思いも芽生え始めました。

そうか、いいことじゃないか。
そういう思いになれたってことは「運がよかった」ことじゃないかい?

君はアトピーで理不尽さと対峙した。他の人も他の事で理不尽さと対峙している。
程度の差はある。
だが、「程度の差でしかない」とも言える。
君は大丈夫だ。
この先もいろんなことと対峙するだろう。
だが、君は「運がいい」から、何でも乗り越えられるだろう。
君がいくら「運が悪い」と思っても、実は「運がいい」ことに気付くさ。

502 :神も仏も名無しさん:2007/05/12(土) 02:17:54 ID:8HUSdatm
外に神を求めるよりも、自分の内に求めることのが重要だよ

同じように、外の戦争を終わらせるよりも、まずは自分の内なる戦争を終わらせることだよ

一人一人が内なる平和を見出したなら、戦争なんて起こらないはずさ

その先駆者を目指してみてはどう?

503 :トロント:2007/05/12(土) 02:28:43 ID:BsqPq6rM
>>493
素敵な考えですね(^-^)想像にもしなかった考えですが
おもしろいです.

不快に思うかもしれませんが個人的には,戦争,紛争
は,異なる民族,宗教,思想,国同士のセックスと考
えています.あらゆる罪や悲劇が発生しますが,そこ
には次世代に繋がる何かが生まれるような気がします.
考えてみてください.日本はかつて隣の県同士で殺し
合いをしていたんですよ?現在は隣の県同士で戦争
するなど無意味です.現在起こっている戦争も将来は
無意味なものとなるでしょう.>>493の考えは,
戦争で我を失っている兵士達に,我を取り戻すきっかけ
になると思います.

504 :神も仏も名無しさん:2007/05/12(土) 06:19:00 ID:qihWcqlc
死ぬのも一つ。とりあえず生きてみるのも一つ。おれは後者を選んだよ。とりあえずね。

505 :1:2007/05/12(土) 18:52:29 ID:9wu9gGYQ
運が良いのでしょうか、ぼくは…。
病気を抱えながらもここまで生きられたのは
運が良いとも言えなくもないですが。

生きることは自分との戦いですね。
周りにどれだけ変化がおころうが、
それをどう捉えるかは自分ですもんね。

国同士のセックスって面白い表現ですね。
いつか国以上の存在が現れた時、
国同士の戦争が終わるんでしょうね、きっと。
その時、また新たな火種が起きなければいいのですが。

ぼくもとりあえず生きてみます。

506 :ignis ◆chartreCqk :2007/05/12(土) 20:29:12 ID:i5Ptvu1u
>生きてみます

そんで おいらとあそぼーぜ(・∀・)

507 :1:2007/05/13(日) 09:18:49 ID:EuHzSYn9
>>506
是非遊びましょう(・∀・)

508 :神も仏も名無しさん:2007/05/13(日) 10:29:14 ID:s803qts7
>>592 :神も仏も名無しさん :2007/05/02(水) 01:55:40 ID:jCA9YNeG

>宗教の在る教育は妄想しか持たぬ操り人形を作り上げる


宗教経営は美味しい。又、嵌る人がいそうですw




509 :神も仏も名無しさん:2007/05/13(日) 18:35:00 ID:oxX58rvt
>>508
誤爆かアンカーミスか、どちらか知らんが・・・           空気嫁



510 :神も仏も名無しさん:2007/05/13(日) 21:00:03 ID:lY+GMnim
>>203 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:45:14 ID:yhAWKdMB

>想像してごらん 天国なんてないんだと
>やってみれば かんたんだろ
下に地獄もないんだ
上にはただ空がひろがっているだけ
想像してごらん
みんないまこの時を生きているのを‥‥

想像してごらん 国境なんてないんだと
むつかしくないだろ
殺したり死んだりする理由もないんだ
宗教もないんだ
想像してごらん
みんな平和に暮らしているのを‥‥

僕のことを夢追い人だと思うかもしれない
でも僕ひとりじゃないんだ
君もいつの日か夢追い人になってくれないかな
そうすれば 世界はひとつになる


511 :神も仏も名無しさん:2007/05/13(日) 21:25:10 ID:EYfwrKSj
宗教は、決して甘いものでも美しいものでもありません。

★☆ 宗教は【詐欺、麻薬(アヘン)】、そして現実逃避

★☆ 信じた途端に現実離れし、【酔生夢死】の人生が始まる


最初は甘言に嬉しくて、後で泣かないでねw・・・後悔先に立たず。

多くの人達が宗教により人生を狂わされ命、財産、家族を失っています。


512 :神も仏も名無しさん:2007/05/13(日) 21:40:36 ID:fphWc4s9
神が存在するとしたら被造物になってしまう
ゆえに神は存在しない
或いは存在である

513 :神も仏も名無しさん:2007/05/15(火) 00:08:18 ID:6tY+tLMO
>>512
だから、「私は ある」と名乗られたってことかな?

514 :神も仏も名無しさん:2007/05/15(火) 08:21:42 ID:xrr5TDoX
>>513
君の思ってる神は、人間の中で創作したもの
君が死ねば瞬時に消えて無くなる

しかし、自然やこの世界は君の死後も残り続く
それが「死後の世界」



515 :神も仏も名無しさん:2007/05/15(火) 08:23:33 ID:xrr5TDoX
>>514の訂正
人間の中で→人間の頭の中で

516 :1:2007/05/15(火) 22:30:56 ID:n2Yl3Ji5
その『頭の中に作られた神』を神と認めるかどうか、
という問題になってきますね。

ぼくとしてはその辺はその人次第という気がしてきました。
ぼくの中には神が作られているのかどうか微妙なところですが、
他人の頭にある神を否定はしません。
そういう立場ですね。

517 :神も仏も名無しさん:2007/05/15(火) 22:49:27 ID:Q03cD2ZE
>>516
内なる神ってのは、頭で作った神様じゃなく、ハートの奥深くのものを指してるんだけどね

518 :信じる者:2007/05/15(火) 23:30:12 ID:naNuGreF
初めまして!お話しは伺いました。大変な状況ですが希望はあります。
あなたの置かれている、地獄のような世界から抜け出る道があります。
生まれつき目が不自由な人、心臓が悪い人、みんな何かしら病気を抱えています。
何故でしょうか?
私達の祖先であるアダムが神様に背き、サタンに従ったからです。
アダムの長男は次男を殺しました。
人の心は神様から離れ、サタンと結びついています。人類はアダムにより、サタンの支配下に売り渡されています。
あなたは自分の中に罪があるのに気付いていますか?気付いているなら、罪を取り除くと病は癒されます。
それがイエスの言う、まず第一に神の国と神の義を求めなさいと言う意味です。罪は自分では取り除けません。
罪の報いは死です。だから死なないと罪は消えません。しかし死んだら終わりです。そこでイエスの十字架が必要です。
イエスは私達の罪の身代わりとなって死にました。しかし三日後に蘇りました。そして今生きています。
イエスを受け入れることによって、罪は拭い去られ全く新しい命が始まります。死に打ち勝つ力は、どんな病にも打ち勝つ力です。
イエスを受け入れて、健康を取り戻して下さい。

519 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 00:02:36 ID:Q03cD2ZE
>>518
そうゆうの逆に拒否反応起こしますよ
空氣読んでくださいね☆

520 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 00:27:40 ID:xRW/g76c
現状の医学の対応が不十分だからといって、宗教に頼んでも、前世先祖契約試練でごまかされるだけ。
状態は増々悪化するだけだから絶対拘らない方が良い。

521 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 00:49:26 ID:vqM1pElk
人は言語と認識が優れた動物である。言葉を話し、言語で頭を鍛え、意識を支えた結果。言葉は心を支配してしまった。
神を信じるとは単に神を言葉で表現する概念に過ぎないのか?
私は思う、神とは本能であり、無意識な存在に過ぎない。
宗教は人々に意識と教養を与え、同じ価値観を無意識の中に醸成し、平和に暮らす為のものである。
その中に暮らすものは「神」の言葉へ盲目に陥りやすい。
言葉の強度が強ければ強いほど人は追い詰められ、極端な思想を持つに至る。善悪、明暗や希望と絶望とにその価値に重きを置くに至る。
だからこそ神は人が悩み苦しむときに現れるのである。
神を信じるとは言葉や不幸から一歩自身を遠ざけて自分と世界とを理解し、新たな価値観を自分で生みだす精神の行動であり、悟りに至るとはその価値観に自らの意思を与える事だ。
精神を病む者は己の神を信じるか己の神を自らの意思で造する事をお勧めする。


522 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 00:52:06 ID:vqM1pElk
人は言語と認識が優れた動物である。言葉を話し、言語で頭を鍛え、意識を支えた結果。言葉は心を支配してしまった。
私は思う、神とは本能であり、無意識な存在に過ぎない。
すい。
言葉の強度が強ければ強いほど人は追い詰められ、極端な思想を持つに至る。善悪、明暗や希望と絶望とにその価値に重きを置くに至る。
だからこそ神は人が悩み苦しむときに現れるのである。
神を信じるとは言葉や不幸から一歩自身を遠ざけて自分と世界とを理解し、新たな価値観を自分で生みだす精神の行動であり、悟りに至るとはその価値観に自らの意思を与える事だ。
精神を病む者は己の神を信じるか己の神を自らの意思で造する事をお勧めする。


523 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 06:42:50 ID:uExzLnmc
おれも現段階ではその考えに近いかな。

524 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 06:58:31 ID:uExzLnmc
>>522へのレスね。

525 :ignis ◆chartreCqk :2007/05/16(水) 07:38:24 ID:qBfw5PqH
うー 漢字が多くてむずかしいorz

526 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 08:43:47 ID:Kxirq4Yw
>>518
上手く誰かが創作したものだが、単純な観念、証明できないし
信じる信じないの世界〜 ↓

>宗教とは、本来、【個人】の心の問題である筈なのに、必ず宗教団体を形成
>して、熱心に他人に布教しようとする。これも、宗教の【病理】の一つ。

宗教団体になった時点でビジネスになりいろんな面で不透明に
なるとオモ。神というものはそれぞれの心の中にいれば良い。

それを布教して誰かに押し付けようなどとは決して思わないこと。
そう思うと途端にエゴの狡猾なサタンが忍び寄るのでは?

>>516
>他人の頭にある神を否定はしません。

そこが言葉足らずで宗教関係者?と取られる可能性あり
自覚あるのか無いのか知らないけどw (笑


527 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 09:18:11 ID:jrK+wsk2
神さまを信じられることは、幸いなんだなぁ。
神や仏を信じるということは、忘れていたことを想い出すとか
気がつくという方が近いようにおもえるんだ。
あるいは、隠し絵のなかに隠れているものを発見するような
ことなんだろうともおもうよ。

528 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 11:03:10 ID:E4Al7mL6
宗教に関係なく万人に該当し認められることが根拠があって
真理。その意味で宗教ドグマは該当しない。だから洗脳して
観念(神)を勉強させ植え付けなければならないのでは?
その弊害は一神教の終わり無き紛争・事件(摂理・オウム・
金保・・・etc.)など甚大であるw

神はそれぞれの心の中にいれば良い。宗教団体から植えつ
けられるものは洗脳・紛争の危険大で財産・命・家族を失うw


529 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 20:33:41 ID:yKI89t2q
そんな皆さんへこんなスレ見つけました。
宗教じゃないと謳いながら、きっちり宗教やってるという、
面白い馴れ合いと身内の罵り合いが見れます。
こういうの見ると、反面教師としてりようできるのではないかな?

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1177176483/l50#tag277

530 :ツムギ:2007/05/16(水) 21:30:50 ID:yo6EOcPJ
スレ主さん読書好きなら、『アミ 小さな宇宙人』って本読んだことある?
もしまだなら、オススメだよ

児童書っぽくて読みやすいんだけど、かなり深いところまで語ってるから、一度触れておいて損はないと思うよ☆

531 :神も仏も名無しさん:2007/05/16(水) 22:24:56 ID:f8AsII3k
宗教が何を求めていて、人が何を「神」という存在に対して感じているのか。
そこに付け込むヤツラがどんな事を言ってくるのか。

それがよくわかるスレですね

532 :神も仏も名無しさん:2007/05/17(木) 08:25:59 ID:EikO2IgO
>>516 の1氏
>671 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 21:33:53 ID:o2lV8NQl

>宗教を否定する振りをして、それとなく肯定するのが、【カルトの常套手段】

であることを自覚されたし。ヽ(^。^)ノ






533 :まちこ:2007/05/18(金) 02:01:49 ID:EmJ3yviU
>>1さんへ
あなたのことを読ませて頂きました。
私は>>518さんと同じ信仰を持っています。
神様が人間を造ったので、人間のことは一番ご存知です。
その神様に私達を繋げてくださったのがイエス・キリストです。
イエス・キリストを信じた人は神様に頼むことができる権利が持てます。
この私があなたの願いを神様に頼みます。
直ったらイエス様と神様に感謝して下さい。

534 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 09:21:38 ID:lc9DpzTA
>>533
>>419↓ で既に証明済み。それとも今度は1氏と共同で奇跡を自演する気?(笑

>4/15日に神の家スレで癒しの祈りをせっかくお願いしたのに・・(>>368
キリスト教の祈りの効果も無しかぁ〜、無責任だな〜狂ってるょw
宗教に頼ってもダメみたい。
自分の行動で解決するしかないね。

ハレルヤ!! バ・レ・ル・ヤ!!(^O^)v 

バレテシマッタw(笑)



535 :まちこ:2007/05/18(金) 10:07:01 ID:EmJ3yviU
>>534
ごめんね。
家スレで、この方のために祈ったのは知りませんでした。
あなたが何を言っているか私は知りませんが、昨日、この方のために、心から祈りました。
今朝の夢で>>1は癒されたとわかりました。
黒い蛇が出てきて口先が少し赤かったかな、その蛇の毒を全部抜いて殺した夢です。
クリスチャンは死(サタン)に打ち勝ったのです。
サタンに打ち勝ったということは病、死に打ち勝ったのです。
神様はおられます。

536 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 13:54:17 ID:QSLxG55Z
>>535のまちこさん
君は完全にイカレテルとオモw〜、カワイソウニ・・・・・・・(ーー;)
妄想世界に完全に嵌り、カルト新興宗教の教祖・信者と変わり無い。
自分で妄想世界に陶酔してるだけ・・・自分の顔、目を直視してご覧!
狐ツキカモ〜?笑えないょ〜、ホントw!

2chの世界でそんなことをのたまっても誰も信じないし、君の狂気、精神性
が疑われる。洗脳された宗教患者達は、宗教布教、信徒獲得、擁護・・・・・
などの目的のためには必死で、あらかじめ仲間で周到に打ち合わせして立
ち居振舞う。最初から意図的にその目的の為に自演していたと思われても
仕方が無い。病気治癒の奇跡も演じるし巧妙で騙される人達が後を絶たない。

>>778 :神も仏も名無しさん :2007/05/17(木) 11:53:07 ID:oEaoL3Rt

>まちこが狂人であることは、初めから明らか。彼女を擁護した者たちも、
同類である。

キリスト教とは、「狂気の宗教」の別名に過ぎない。彼らのいう【愛】と
は【憎悪】のことである。

すべて、イエスの言葉に、この狂気の原因と責任がある。

【脅迫と甘言】。これがキリスト教の本質。「呪い」で脅かした上での祝福
など、祝福とは言えない。人間を呪う神やイエスなど、初めから神ではない。



537 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 13:57:16 ID:QSLxG55Z
>>912 :神も仏も名無しさん :2007/05/17(木) 17:43:14 ID:BbDlouai

>まちこは癌や病気で苦しむ人をみんな精神病と冒涜迫害差別した。
それは精神病の人も冒涜迫害差別する獸だ
まちこはサタンだ
いいかげん地獄へ帰れ
か・え・れ
主はお前など眼中にない
まちこが永遠に滅ぼされるように
祈ります
アーメン


538 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 18:20:50 ID:b0JjVVou
>>128 :神も仏も名無しさん :2007/05/14(月) 22:33:35 ID:D4d3vxQZ

>まちこは
「正直に信じてから祈れば、病気は治る」

「病気が再発するひとは、不平を言うひとが多い」

と発言している。

癌が再発しているクリスチャンは、どう思うのだろうね。

「癌になったのは、正直に信じていないからか?」

「再発したのは、不平を言ったからなのか?」

そう思うのではないか?

それは愛の行為なのか?


539 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 20:07:58 ID:jLLgCrzy
発ガン物質の入れ過ぎか過労だろう
その程度の人的理由に神は関与してない

540 :まちこ:2007/05/18(金) 20:28:44 ID:EmJ3yviU
神様に感謝する心に平安が宿ります。

541 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 20:31:02 ID:OA5Cmr8N
この世界にいるうちは、誰も神に会うことはできません。近づくことや遠ざかることはできます。
病気に苦しむことも、それを悲しみ呪うことも、受け入れて生きることも、諦めて逃げることも、すべてが輪廻して積み重なっていきます。

542 :まちこ:2007/05/18(金) 20:49:26 ID:EmJ3yviU
イエス様を信じなさい。
そうすれば神の愛が豊かに注がれます。

543 :まちこ:2007/05/18(金) 21:30:45 ID:EmJ3yviU
>>541の法則を切ったのがイエス・キリストです。

544 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 22:21:08 ID:jLLgCrzy
あんたの言う神は現金過ぎる上に信者が選民思想に浸かり過ぎ

545 :まちこ:2007/05/18(金) 22:28:05 ID:EmJ3yviU
誰でも主を信じる者は救われます。

546 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 22:39:50 ID:OA5Cmr8N
キリストでもまだ神に会えてない。道は遠い。

547 :まちこ:2007/05/19(土) 00:03:45 ID:mtVcMOtb
でもこの>>1さんに、確実に神の栄光が現れます。

548 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 06:22:07 ID:zs9j7cFl
神はsageで書き込みする者を祝福しない。

549 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 08:12:51 ID:7d6geuWA
>>867 :神も仏も名無しさん :2007/05/17(木) 15:51:11 ID:oEaoL3Rt

>現実の諸現象は、仔細に観察すれば、すべて現実界における物理的・
化学的・心理的な無数の要因が積み重なって起きています。現実界
の諸事象には、現実界に存在しない神やイエスに関係ないことは、理
科を教わったら小学生なら、誰にでも判る常識。未開人には分からな
かっただけです。あなたは未開人?

病気も、その原因と治療法を、医学が一つ一つ解明しています。過去に
おいては治療が不能で死を待つばかりだった多数の病気が、現在では
治癒可能です。すべて人間の努力の賜物です。【神様】のせいなどにす
ると、この事実は説明できません。神様は、何故、昔の多くの病気は治
せず、現在では治せるのですか。

病気や死は、医学の専門分野。宗教の出る幕ではありません。

あなたは、お子さんの理科の質問には一体どうやって答える積もり
なのですか。「神様」「イエス様」など持ち出したら、試験は間違
いなく零点ですよw。あなたには「児童虐待」の責任が生じますよ。



550 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 08:19:12 ID:nimP2I0H
主を信じる者は救われると言うけど、主を信じる者が罪を犯したなら、
主を知らないで信じないで罪を犯してしまう者よりも、それこそ地獄に
行かないだろうか?・・・
主を信じない者は救われる?とならない?

551 :まちこ:2007/05/19(土) 08:51:37 ID:mtVcMOtb
イエス・キリストを主ですと信じて告白し、従って行く人に幸いがあります。

552 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 10:02:28 ID:l0mhAobs
知っていて犯す罪はその大きさを思い加減がはたらく。
知らないで犯す罪は罪の大きさがわからず大罪となる。
この世の法とは逆になる。

神仏は解らないからと言って誹謗中傷する罪は重いよ。


553 :まちこ:2007/05/19(土) 10:14:26 ID:mtVcMOtb
いい大人でしょ。

554 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 11:16:19 ID:mn1hC3O3
以前はキリスト教に好意的だったのですが、下記サイトを見て
恐ろしくなり気持ちが引いてしまいました。

まちこさんは ↓ をどう感じ思われますか?

http://www.sensenfukoku.net/mailmagazine/no51.html
http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm


555 :まちこ:2007/05/19(土) 13:43:39 ID:mtVcMOtb
神様とあなたの関係です。神と聖書が教えてくれます彼等の悪いところを。

556 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 13:55:14 ID:r/c4SJpN
妄想

557 :1:2007/05/19(土) 14:56:39 ID:zAVAQwYS
神を信じない人はどうなるんですか?

558 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 15:32:51 ID:n3YLPPAj
>>555
>神様とあなたの関係です。神と聖書が教えてくれます彼等の悪いところを。

抽象的、答えになってない。では、君は何のためにここにいるの? 笑)

ってか神を信じて戦争、紛争しまくってることを君は逃げて無視するの?
自分の主張したいことだけは得々とスピーカーみたいに述べて・・・(爆

>>91 :神も仏も名無しさん :2007/05/17(木) 22:59:52 ID:RWo/UhFb

>ほんとうに自分のご都合主義の信仰には困り者です

>まちことシャロンのレスを持って行きこういう教えをしているのですか?
と日本キリスト教団の教えを一度聞いてみる必要がありますね



559 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 15:42:55 ID:OeJde7z7
>>548 :神も仏も名無しさん :2007/05/16(水) 00:41:29 ID:FjTEVoJM

>問題は、【信仰があれば、不幸はなく、】

【病気や不遇は、信仰がないからだ、】

と遠回しに言っていることだよ。


560 :まちこ:2007/05/19(土) 16:18:05 ID:mtVcMOtb
>>558
考えてみると、あなたと話す必要ないんだ。
私、日本キリスト教団とは関係ありませーん。
では、さよなら。

561 :伝道者:2007/05/19(土) 16:37:36 ID:amr2jjXG
信じる者は救われる。信じない者は地獄に墜ちる。神は人類に2つの道を用意された。
地獄か天国か。働かない者はホームレスになる。働く者はマイホームを建てる。信じれば救われ、信じなければ捨てられる。
努力する者には未来があるが、努力しない者には未来はない。

562 :伝道者:2007/05/19(土) 16:41:18 ID:amr2jjXG
何事も努力しなさい。未来を信じないで努力をしない者には必ず地獄がある。
神は努力する者を喜ぶが、努力しない者は好まれないからである。

563 :伝道者:2007/05/19(土) 16:47:29 ID:amr2jjXG
世間を見よ。努力しない者はパチスロに膨大な時間と金を浪費して、
神に与えられた大切な1回だけの人生をムダにしている。
あなたがたは怠け者になってはならない。怠け者には地獄があるだけである。
よく学び、よく働き、社会問題に関心をもち、意欲的に活動しなさい。
そういう者のために天国はあるからである。

564 :伝道者:2007/05/19(土) 16:53:12 ID:amr2jjXG
神はあなたがた一人一人に強い力を与えておられる。あなたがたの力を信じなさい。それは神が与えた力だからである。
結果が出なくても努力は続けなさい。それは神の教えである。死ぬ気で努力しなさい。

565 :伝道者:2007/05/19(土) 16:57:58 ID:amr2jjXG
働いても働いても生活が楽にならないからといって自暴自棄になってはならない。
神を信じ、未来を信じ、諦めずに働きなさい。諦めずに天国を追い求めよ。
地獄に墜ちるのは簡単である。堕落するのは簡単である。諦めるのも簡単である。
だから信じる力が必要。信じなければ努力もできない。あなたがたは神を信じなさい。

566 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 17:03:52 ID:aT6zcxCI
だから神は"この世界"にはいないの。
誰も会ったことはないの。
"この世界"にいる以上は会えないの。
会った振りはできるけどね。
会えないの。
聖書を穴の空くほど読んでも、
毎日祈りを捧げても、
神を信じ通しても、
死ぬほど努力しても、
会えないの。

だって"この世界"にいるんだから。

567 :伝道者:2007/05/19(土) 17:05:54 ID:amr2jjXG
神などいないと言う者は、努力しても意味はないと言う者と同様に愚か者である。
目の前に存在や結果が見えないとすぐに諦める者は愚か者である。
祈りや努力がすぐに認められるとでも思っているのか。愚か者になってはならない。
地獄とはこの世界のことだと言って諦めてはならない。

568 :伝道者:2007/05/19(土) 17:10:08 ID:amr2jjXG
穴があくほど読んだなら、穴があくほどあなたの手を使い働きなさい。さらに学びなさい。
絶望するのはまだ早い。世界に終末がおとずれるまでは努力を続けなさい。
まだまだ希望があることを忘れてはならない。前進しなさい。

569 :伝道者:2007/05/19(土) 17:31:03 ID:amr2jjXG
イエスがはりつけになった苦労を考えれば、あなたがたの努力はまだまだ続ける必要がある。
死ぬ気で働き、死ぬ気で学びなさい。倒れても倒れてもまた十字架を背負うイエスの姿を思いなさい。
努力は天国につながる道であると信じなさい。信じる者は救われる。
あなたの信念があなたを救うと神はすでに福音であなたがたに教えている。

570 :伝道者:2007/05/19(土) 17:36:46 ID:amr2jjXG
努力が足りないと言われて頭にくる者は、信仰が足りないとイエスに言われて怒り狂うパリサイ人と同じ。
努力が足りないと言われたらさらに努力する者がイエスの目にかなった者。
百歩行けと言われたら二百歩行く努力をしなさい。

571 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 17:37:59 ID:c78pONXK
努力も質による。方法論が間違ってたり動機が不純で
何の身にもならずに失敗する人はよくいる。
確実に成功に結び付く努力とどちらに転ぶか分からない努力、確実に誤った方向に進む努力、
と努力にも色々ある。

これらを区別しないで
努力しても無駄と考えるもの
努力すれば報われると考えるもの

どちらもアホである。
動く前に徹底的にそれが成果に結び付くかを検証し続け、
たとえ確実な答えが出なくとも充分に調べてから
初めてソコに己を賭ける。
それが正しい努力の仕方である。
安易な逃げと目盲な努力は同価値。

572 :伝道者:2007/05/19(土) 17:43:18 ID:amr2jjXG
人に悪魔と言われたら、それを真摯に受け止め、罪から離れる方法を真剣に冷静に考えよ。
人に先生と言われたら、その名に恥じない言動を続けよ。先生にも先生がいる。天にもいる。
キリストからつねに学びなさい。学ぶものは何もないと言ってはならない。
それは学ぶもの知らないだけである。

573 :伝道者:2007/05/19(土) 17:46:12 ID:amr2jjXG
どのみち盲目である。努力する盲目か努力しない盲目かのちがいだけである。
明るいデブと暗いデブのちがいである。

574 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 18:03:51 ID:h5qSxELi
>>565

では君も2chで24hr伝道者などやってないで、又、働いてるから献金
などで食ってないと嘘つかないでちゃんと働きなさい。

>>560
逃げるのだけは早いまちこさん〜、あはははは・・・・笑)
それでサロメ氏にいつも 噛み付かれてるねー。

>>533でまちこさんは ↓
>神様が人間を造ったので、人間のことは一番ご存知です。
>その神様に私達を繋げてくださったのがイエス・キリストです。
>イエス・キリストを信じた人は神様に頼むことができる権利が持てます。
>この私があなたの願いを神様に頼みます。
と言われてますね。

では、>>554氏の質問もまちこさんが神に聞いてみて下さい。



575 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 18:07:20 ID:h5qSxELi
>>102 : :2007/05/17(木) 23:14:54 ID:4bFvWXrF

>まちこだっけ?斜論だっけ?

自分の信仰の確かさを信仰による病気からの復活という
新興宗教に溢れるセールスパターンで示してた奴



576 :まちこ:2007/05/19(土) 19:31:24 ID:mtVcMOtb
>>574
まず自分を救えば答えがでますよー。

577 :伝道者:2007/05/19(土) 20:05:58 ID:amr2jjXG
>>574
あなたは悔い改めて生きなさい。そしてあなたも伝道者になりなさい。
皆が神の教えを伝えていくことが望ましい。伝道は上手い下手ではない。熱心であるかどうかである。
ワルを続ける必要はない。今から変わっても恥ずかしくはない。今あなたは新しく進みなさい。
神はあなたを救われる。あなたは救われるべき者だと信じなさい。

578 :伝道者:2007/05/19(土) 20:12:43 ID:amr2jjXG
明るいデブになりなさい。明るいブスになりなさい。明るいバカになりなさい。
希望を信じて心の炎を燃やしなさい。あなたは明るく生きられる。過去の奴隷になってはいけない。
神を信じなさい。福音を信じなさい。キリストの十字架はあなたの闇を消し去る光がある。
あなたは前向きに生きられる。信じなさい。信じて生きなさい。信じて暮らしなさい。
時がくればあなたの生き方が正しいと皆が気付く。

579 :伝道者:2007/05/19(土) 20:22:17 ID:amr2jjXG
キリストを信じる者は皆が伝道者であるということを知りなさい。世界の果てまで福音を伝えなさい。
世界の果てまで貧困が広がっているからである。
生活のすみずみ、社会のすみずみまで貧困が浸透しているからである。
物質と精神の両方の貧困である。年寄りから子供まで自殺をする時代である。
救わなくてはならない。あなたがたが神の力を信じで救わなくてはならない。

580 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 20:52:35 ID:nimP2I0H
550の罪ってキリスト教で言うところの罪よ。この世の罪じゃなく・・

581 :伝道者:2007/05/19(土) 20:52:58 ID:amr2jjXG
救いを諦めてはならない。諦めないかぎり救いはやってくる。
家庭から国家同士にいたるまで福音は伝えていくべきである。
福音とは神が人類に与えた生きる希望、生きる力である。これを信じなさい。
信じることは難しいこともある。しかし信じなさい。悔い改めて新しい生き方を求めなさい。
あなたがたの人生が変わるとき、世界の運命も変わっていく。

582 :伝道者:2007/05/19(土) 21:00:22 ID:amr2jjXG
罪とは絶望することである。神はどんなときも希望をあなたがたに与えている。信じなさい。
絶望とは希望を見失うことである。見失ってはならない。希望はあるからである。
希望の否定は神の否定。だがしかし神はあなたがたを救いにかかっている。
希望を信じるなら救いがある。

583 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:03:05 ID:nimP2I0H
訳分からない、だーれもそんな書き込みで伝道されないと思う。

584 :伝道者:2007/05/19(土) 21:08:09 ID:amr2jjXG
瀕死の重傷を負っている者を医者は救いにかかる。
どんなに絶望的な状態でも最後まで希望を失うことなく治療を続ける。
医者が希望を失えば患者は死亡するであろう。あなたがたは医者である。
あなたがたは希望を失うことなく、絶望の中にいる人々を救わなくてはならない。
この医者の資格は熱意と信念である。あなたがたの心には炎がある。その炎を消してはならない。

585 :伝道者:2007/05/19(土) 21:13:05 ID:amr2jjXG
>>583
あなたがいるから問題はない。私は誰も聞いていないと思っていた。あなたは今、私の希望になった。
あなたも伝道しなさい。あなたには神の恵みがある。信じなさい。

586 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:14:05 ID:5zz05qWO
>>552
知ってたら罪を犯さないだろう
したら無知が罪なのかもな


587 :伝道者:2007/05/19(土) 21:18:37 ID:amr2jjXG
あなたはすでにキリストを知っている。
あなたこそ伝道の熱意があるから私の話しを聞き、訳がわからないことを発見した。
伝道しなさい。前進しなさい。勇気を出して生きなさい。神から学び、人々から学びなさい。
意欲的に生活し、弱っている者を励ましなさい。福音を教えなさい。
あなたは福音を知っているのだから。

588 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:19:21 ID:PKB7lf48
>>576
又又、恥ずかしげもなくトンチンカンなごまかしの答え、思考停止で
頭悪くなっちゃったみたい〜、あはははは・・・(笑

>>275 :神も仏も名無しさん :2007/05/15(火) 19:05:08 ID:dRIYftE+

>神の家は、新興宗教にすればいいのに。

まちこ、シャロン、でさ。

コピー考えた。

「献金不要、病い癒しマス」
「効き目抜群!聖霊治療」
「聖書不要!ハレルヤ絶叫!」
「信じて祈る成功哲学」


589 :伝道者:2007/05/19(土) 21:24:52 ID:amr2jjXG
罪の大小は神が最終的に判断する。あなたがたは相手の罪ではなく、自分の罪を語りなさい。
相手の目についたゴミをとる前に、自分の目についたゴミをとりなさい。そうすればよく見える。
福音を信じ、神を信じ、未来を信じて生きなさい。

590 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:26:29 ID:Y64/Rd16
>>686 :大天使サリエル :2007/05/06(日) 12:28:14 ID:1s44GWcr

>ユダヤ教、キリスト教の国際支配について

やはりユダヤ国際資本が世界経済、政治について深く関っている
事が書かれています

いまさらだけど・・・皆さん御存じな事ですが・・・

http://slicer93.real-sound.net/0-jz-space-3951.html



591 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:30:18 ID:Y64/Rd16
>>640 :本当にあった怖い名無し :2006/12/20(水) 01:23:45 ID:+9IQtKm40

>下の話は、すばらしい。 世界がひとつになる。 


>>520 :本当にあった怖い名無し :2006/12/20(水) 00:10:36 ID:55I6+xiT0

>上手い解決策というのは、現在の社会システムが通用しない段階にきているからだ。
つまり【お金】のことだが、これに代わる社会システムを構築しなければならない。
多くの国を一つの国にしてか【世界政府】を作ると良いだろう。

そうすれば戦争は無くなるし貧国も無くすことができる。莫大な防衛費は必要なくなるし、
その分みんなの生活費に当てれば、一人ひとりの労働時間も大幅に【短縮】される。
それが出来ないでいるのは、【裏の組織】によって操られているからなのだ。

みんな目をさませよ!!

オチ〜Bye〜



592 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:31:14 ID:5zz05qWO
>>562-563
努力が努力であるうちはだめだと思う

593 :伝道者:2007/05/19(土) 21:33:13 ID:amr2jjXG
相手の罪には寛容になりなさい。自分の罪には厳しい制裁を加えなさい。神はすべてを見ておられる。
神はその人の心を見ておられる。人間同士の争いに勝利しても、天国の勝利はえられない。
あなたがたは天国の門を勝ち取る者でなければならない。
あなたがたは救いを神とともに地上にもたらす者でなければならない。
進みなさい。進んで生きなさい。

594 :名も無き応援者:2007/05/19(土) 21:42:23 ID:+ourXhYe
このスレ見て、カキコせずにはいられませんでした。

>>1さんと逢えたのも、何かの縁かもしれませんね。
頑張ってください。
きっと完治できます。

応援してます。
あなたとは比べ物にならないけれど、僕も少しずつ、現実に向かって頑張ってます。
本当に応援してます。
めげずに、希望を捨てないで。
文章力がなくてごめんなさい。



595 :伝道者:2007/05/19(土) 21:43:19 ID:amr2jjXG
努力を笑う者は神を笑う者となる。神を笑う者の人生は確実に呪われる。
神の呪いは悪魔の呪いよりも恐ろしいものである。あなたがたは努力を笑ってはならない。
努力をしなさい。努力が努力のままでも諦めずに努力しなさい。信じなさい。

596 :伝道者:2007/05/19(土) 21:46:22 ID:amr2jjXG
>>594
あなたのような人が神の使命をもって世界を救うのだろう。
なぜならあなたには愛があるからである。

597 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 21:50:36 ID:5zz05qWO
>>595
がんになるタイプ

598 :名も無き応援者:2007/05/19(土) 21:51:27 ID:+ourXhYe
>>596

私はただの通りすがり。
ただの子供。
2chでは厨房と呼ばれる存在。

霊感なんて、無論持ち合わせていない。

ただ、>>1さんを応援したかった。
それだけ。
僕も頑張らなくちゃいけないと実感した。
それだけ。


599 :伝道者:2007/05/19(土) 22:39:07 ID:amr2jjXG
>>598
霊感などいらない。そんなオカルトみたいな力は必要なあ。必要なのは人に対する優しい心である。
愛がある人には神は多くの力を与える。優しい心は傷ついた人々にとって最高の薬である。
伝道の根本は愛である。知識でもない。伝道は営業ではない。生きる希望を与えることが伝道である。
あなたには福音を人々に伝える力がある。

600 :伝道者:2007/05/19(土) 22:47:06 ID:amr2jjXG
夢と希望を追い求め続けなさい。信じて努力しなさい。少しくらいの障害で諦めてはならない。
障害はつねにある。夢や希望を打ち砕く現実もある。しかし諦めてはならない。信じる者は救われる。
あなたの行為が否定されることもあるだろう。しかし勇気を出して進みなさい。信じなさい。
神はあなたがたの味方である。いつも味方である。

601 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 22:52:47 ID:SWNDVTrb
>>伝道者
お前の書き込み見てみたが、根本的にお前努力が足りてないな。
神を信じちゃいるが、努力が全然足りてない。

602 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 22:56:38 ID:WEkqWvjW
つか、「神を信じる」と「努力する」はぜんぜん無関係だろう。
神が信じられないからこそ、人間の未来は人間が創らなきゃいけない、だからがんばる。
そういう生き方もあるはずなのだが。

603 :伝道者:2007/05/19(土) 22:58:23 ID:amr2jjXG
世間では悲しい事件が続いている。しかしあなたがたは勇気を持って生きなさい。生きなさい。
今は苦しい時が続いても、信じていなさい。神の救いを信じて努力を続けながら待ちなさい。
あなたがたは必ず救われる。

604 :伝道者:2007/05/19(土) 23:06:01 ID:amr2jjXG
おお!仲間が増えた。私の話しを聞いて、私こそ努力すべきだと諭してくれる温かい友を私は得た。
そして私に別なる価値観を教えてくれる友がここにいる!
神は伝道を通してよき人々に会わせてくださる。私は福音をあなたがたに委ねたい思いである。
あなたがたこそ福音を説くのにふさわしい。早く伝道を開始してほしいものである。

605 :伝道者:2007/05/19(土) 23:13:39 ID:amr2jjXG
キリストは人類のために十字架にかけられて殺された。しかしキリストは復活し、今も伝道されておられる。
だからあなたがたも福音を信じ、悔い改めて人生を伝道に捧げなさい。
あなたがたには愛があり技量までもある。大きな夢を持ち、
希望をなくした人々の心に勇気を与えなさい。

606 :伝道者:2007/05/19(土) 23:23:32 ID:amr2jjXG
収穫は多いのだから働き手を増やさなければならない。福音を子供たちに教えなくてはならない。
現代も子供たちは道徳に飢えている。必要な道徳を与えなくてはならない。
病人たちにも福音を教えなくてはならない。生きる希望と力を失いつつあるからである。

607 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 23:29:05 ID:Ewm4wwHb
>伝道者
あなたのいう「伝道」とはどういう行為をすることだい?
まさかとある特定宗教の活動のことじゃないだろ?
あと、努力してる人に「努力しなさい」と言うのは酷である。
あなたの言ってる事は間違ってるとは言わないから、真実は多様だという事を認識して欲しい。

608 :伝道者:2007/05/19(土) 23:30:20 ID:amr2jjXG
たとえ世界が滅亡に向かっているのだとしても、あなたがたは希望を捨ててはならない。
たとえあなたの死が間近に迫っていても、あなたは希望を捨ててはならない。
キリストはいつもあなたがたの味方である。キリストはあなたを裏切らない。キリストはあなたの希望なのである。
あなたがたはキリストをすでに知っているから、あなたがたは人生を伝道に費やしなさい。

609 :601:2007/05/19(土) 23:39:20 ID:SWNDVTrb
>>伝道者
友と言ってるあたり大きく勘違いしていそうだな。
と言うより、喧嘩を売っているようにしか見えんね。

信じると努力するは同意義じゃない。
その為、同時に、又は別離して在ったりする。
故に、信じた結果怠惰を行う事もあると言ってるんだ。
特に努力は物事の質に応じて量を必要とする。

それと>>607
言葉が合っていたとしても、行動が間違っていたりする事もある。

610 :伝道者:2007/05/19(土) 23:39:31 ID:amr2jjXG
福音書を人々に読ませなさい。世界には様々な宗教がある。様々な哲学がある。自由と平等を求めよ。
信教の自由を堅持せよ。平和を求めよ。非戦論を貫きなさい。憲法九条を守りぬきなさい。死守せよ!
民主主義の理念を子孫に教えなさい。
帝国主義・軍国主義・共産主義・ファシズムをゆるしてはならない。
キリストを信じて生きなさい。希望を捨ててはならない。

611 :あやめ シャロンの薔薇 ◆Sis.Q9h9cQ :2007/05/19(土) 23:43:08 ID:kKrc8R5x
>>594>>598
>>607
頑張れ!!

>>597>>601>>602
???


612 :601:2007/05/19(土) 23:45:41 ID:SWNDVTrb
中段4行目を訂正させてもらうよ。

>特に努力は物事の質に応じて量を必要とする。
 特に努力は物事に応じて質と量を必要とする。

613 :伝道者:2007/05/19(土) 23:52:50 ID:amr2jjXG
イエスの言う神とは普遍的な愛である。普遍的な希望である。
イエスの言う神は特定の宗教に属するものではない。
イエスは自由と平等、そして博愛の精神を人々に教えたのであって、特定の宗教に帰するものではない。
イエスは非暴力主義者であった。非戦論者であった。
イエスは2千年近く前に政治犯として殺害された。
しかしイエスは政治犯ではなかった。不正な裁判に対する民衆の怒りがイエスの精神を復活させた。
復活したイエスの精神はイエスの死から2千年近く経った今も人類の精神に深い影響を与えている。
福音書はイエスについて書かれた代表的なテキストである。

614 :607:2007/05/19(土) 23:53:30 ID:Ewm4wwHb
>>610
それが607の返答ではないでしょう?
とりあえず、607の返答を待ちます。

あと、「死守せよ」と言いますが、この概念が「死んでも守る=闘う」という矛盾になります。
平和をかかげ殺戮するかつてのキリスト教組織のように

615 :伝道者:2007/05/20(日) 00:02:19 ID:J3ziVdem
イエスのように人々に自由を与え、イエスのように人々に平等を与え、人権を守りなさい。
イエスのように博愛の精神に満ちた思想を世界に広げなさい。
イエスのような非暴力主義者になりなさい。戦争に安易に与する者になってはならない。
あなたがたはキリストの生き方を信じなさい。

616 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 00:06:41 ID:Xvmpf9Gx
久しぶりに来てみたら、何?このスレち。

594とか596とか、その辺以外で>>1の病気の為に祈ったヤシいるのか?

嵐か?

617 :601:2007/05/20(日) 00:12:45 ID:02BMTw3B
こういうやつを相手にしていると面倒臭くなるな…
>>伝道者
非暴力主義がなぜ愛に近づくのか、ぜひ聞かせてもらいたいね。
いや…そもそもあんたの言う愛がどういう定義なのかを聞きたい。

>>616
ここって>>1の病気の為に祈るスレだったのか?
神に仕える人たちに問うスレだと思ってた…orz

618 :伝道者:2007/05/20(日) 00:12:52 ID:J3ziVdem
人類は神に与えられたこの地球上でもっと努力しなければならない。
世界で起きている出来事に無関心になってはならない。
神に与えられたこの神聖なる惑星地球で、人類は殺し合いを続けている。
人類は悔い改めて新しい文明を築いていかなくてはならないだろう。

619 :607:2007/05/20(日) 00:18:01 ID:ZZrFFfWg
伝道者は独り言のようだ。
他の善良なキリスト教信者の迷惑だろう。

620 :伝道者:2007/05/20(日) 00:19:14 ID:J3ziVdem
>>617
あなたには希望がある。それを信じていなさい。あなたは神に喜ばれているからである。
祈りなさい。神に仕える者として自分を問いなさい。どう仕えるべきか、あなたはすぐに知るだろう。

621 :601:2007/05/20(日) 00:26:20 ID:02BMTw3B
本当だ…
こいつ自分の理論に酔ってやがる…
これが池沼ってやつか…
どちらにしろ、こいつは愛がなんなのかわかってないという事か。

622 :伝道者:2007/05/20(日) 00:31:05 ID:J3ziVdem
今日はよい一日であった。皆さんと出会えたからである。神に深く感謝して、また明日会いましょう!
諸君、明るいデブになりなさい。

623 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 00:35:50 ID:Xvmpf9Gx
>>617
祈るスレじゃぁないけどね。
悪いね

624 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 00:43:42 ID:f8x/JsOD
問題はこういう伝道者の指示に従って死ぬまで希望を信じて頑張ったとしても、
成果が出ずに報われぬ死を迎える者も何処かには居るだろう。
確率的に考えて。そういう人達に対してなんて言うつもりなのかね?

625 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 00:51:43 ID:f8x/JsOD
>>616
>>496

626 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 01:31:09 ID:Xvmpf9Gx
>>625

いつか説明してほしい。わかりません。

627 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 01:46:28 ID:02BMTw3B
>>626
もし1が>>496みたいな人間だったら、祈られるということは望んでないのではないか?

ということじゃね?

628 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 01:59:53 ID:Xvmpf9Gx
>>627
病気を愛するって事を否定する気持は無いいが、3行目以下と>>1とは正反対じゃないかな


と書いて、寝てしまおう       ノシ



629 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 02:36:28 ID:pHZMuSqF
他人に布教することを考える前に
自分を変えなさい

630 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 06:31:15 ID:pHZMuSqF
神に仕えるひとは
上からモノをいったりしないしな

631 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 07:12:48 ID:Jj/KwmXJ
>>[0]管理者 06/12/23 01:33 *4qMUBjgC5Td*HZWTUBTMPK

>さあマインドコントロール宗教を滅しましょう。

信じれば 救われる? 救われなかった場合は? 払い戻しは するのかな?

最後の審判? 来なかった場合は? イエスはいつ 復活すんの?

お布施?

僧が食べる分だけ で良いでしょう。 立派な道場も 要りません。 しかもその中で

マインドコントロールしているではないですか。

マインドコントロール道場。

もちろん マインドコントロールは違法ではないので やり放題ですが。

勧誘すると 救われる???  教団がだろ。 そして政治権力と癒着し 鴨どもは支配されて喜ぶ。


そして今日も 宗教オタクどもが 偉そうに講釈をたれ 聖者ごっこをする。

ここまで馬鹿になれると さぞ幸せだろう。

http://religion.bbs.thebbs.jp/1166805222/e100



632 :602:2007/05/20(日) 09:31:47 ID:yffODJ1V
なんかみんな数字コテをつけてるのでまねしてみる。

>>621
なんつーか、軽薄な宗教者ほど、「愛」って言葉を簡単に使う傾向がある気がする。
「愛」をライトサイドなもの、「独善」や「妬み」をダークサイドなものと単純に
二分化して、ひたすら一方だけを称えあげる、というか。

俺は無神論者のつもりでいるけど、全ての信仰が悪いとは思わない。
でも、こういうスタイルの信仰には薄っぺらさしか感じないなぁ。

633 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 11:25:15 ID:f8x/JsOD
>>632
あれだとあんな長ったらしく高説しなくても
「何時でも超ポジティブに生きましょう」
で済むよな

634 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 11:25:19 ID:pHZMuSqF
病気は謙虚にその原因を考えて罪を犯さないようになるから、いいものだね
サタンじゃなくて自分が自分で病気になって苦しめてるだけなのに
病院を信仰している人がいるのは宗教よりもおかしなことだ

635 :1:2007/05/20(日) 18:12:45 ID:20Ced1n6
このところ、外出が少しできるようになり、
友達のライブだったり、気になる女性と会ったり、
ちょっとだけ活動的になってきました。

自分が喜ぶことを人にしてあげようと思い、
少しづつですがやるようになったら、
なんとなく周りの反応も変わってきた気がします。


というか、ぼくの入る余地がなくなってきましたねw

636 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 21:16:20 ID:GHB5Ml6X

1さん、良くなってきて良かったね。
でもこのスレの伝道者、まちこ、1氏・・・・・達の宗教患者のシュミレーション
どうりの展開とも取れる→ 猿芝居 ↓ (笑

>>536
>洗脳された宗教患者達は、宗教布教、信徒獲得、擁護・・・・・
>などの目的のためには必死で、あらかじめ仲間で周到に打ち合わせして立
>ち居振舞う。最初から意図的にその目的の為に自演していたと思われても
>仕方が無い。病気治癒の奇跡も演じるし巧妙で騙される人達が後を絶たない。

↑ を演じる位は朝飯前w その位、宗教不審になるトラブルが多すぎ。
宗教指導者の信用は堕ちたのだw


637 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 21:25:53 ID:GHB5Ml6X
>>572 :名無しさん@3周年:2006/05/18(木) 15:36:57 ID:mZw1bNvH

【宗教依存は最高】

>宗教経営者も醜いが 宗教依存者もまた醜い。
依存者は本来善人が多いと言われるが 組織に属すると、献金、勧誘、献身こそが尊い、と言われる
ので 「本来の善行」はさっぱり行わず、上からの御高説だけは上手な者となってしまう。

【ご利益】で釣って【脅し】で辞めさせない。【尊い】と自画自賛するのは朝飯前。

上の者に従属し、その反動で下の者を矯正しようとする。それもカルトの病だ。
高慢で周りの意見を聞かないから 成長もしない。
さらに自己正当化のためには 議論を攪拌したり言い掛かりをつけたり という行為も辞さない。
正当化するためなら何でもありだ。
教祖が勝手に造ったドグマを述べるが 言い訳が効かなくなると「きみたちは真理を知らない」 との捨て
台詞を残しご都合主義の 造られた妄想の中へと去ってゆく。

その割に彼らの言う「真理」とは、その教団内でしか通用しない【妄想信仰】に過ぎない。

カルトとは、【自分と教団とその妄想】が全てである人の集合であり、依存欲を満たしてくれる場所なので、

家族や恋人が泣いて頼んでも【自分が可愛い】ので霊感商法に荷担し続けてしまう。

とにかく信じなさい/やらなきゃ分からない/論理的思考を取りなさい/素直に疑問を持たず受け入れなさい

というカルトの悪質なマインドコントロールによって、信者の脳は実質【破壊】されてしまっています。

【教義はとにかく絶対】【組織や教義に疑問を持つことは悪】【悪は地獄逝き】 というのがカルトの核心です
から、【批判は見ざる聴かざる−盲信に沈むことは正しい精進である】というわけです。




638 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 22:01:13 ID:yhe7cq4E

相田みつをさんは道元を勉強していたよ。
一生の師を持つことはよいことなんだなぁ。


639 :神も仏も名無しさん:2007/05/20(日) 22:42:12 ID:RORQt9p/
まちこも伝道者も、神に近づいてる振りをしてるだけだ。
中身は何程もかわらない。
所詮、この世界の住人。


640 :ignis ◆chartreCqk :2007/05/21(月) 08:04:53 ID:QebcdEnE
>>635
たのしそう(・∀・)イイ!!

641 :神も仏も名無しさん:2007/05/21(月) 10:19:14 ID:9v/DUnGl


★☆★ 又又、中東情勢さらに緊迫!!

http://www.sensenfukoku.net/mailmagazine/no51.html
http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm
http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/errors.html


【ピース】 【ピース】【ピース】・・・・(・∀・)イイ!!

【ピース】 が一番!!  (^O^)/




642 :まちこ:2007/05/21(月) 20:49:32 ID:dNxtCx3t
>>635
良かったね。

643 :トロント:2007/05/21(月) 21:51:20 ID:c/CESu8c
神様が居ると仮定するなら,妄信されることなど
望んでいないべさ.宗教の教義真理に「なぜ?どうして
?それはないっしょ!」と疑問を神に投げかけ,自分
なりの真理,道を見つけ歩むことのほうが健全
な気がする.神様が居るとするなら,そんなことで
腹を立てるほど器が小さいわけがない!妄信するだけ
では人も神も進化しないべさ.

>>635
よかったっすね!病気の様態も変化してくるといいっすね.

644 :慈光如来 ◆taZqHR8ods :2007/05/21(月) 22:48:45 ID:rsW0V7wZ
こんにちは
何でも聞いてください


645 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 04:34:49 ID:2lasu75y
やはり無知がサタンであり迷いの元であり闇であり罪深さであり、
仏教でいう「無明」であり、
あらゆる苦、罪、善悪で考える知識の癖、呪いは
そこから始まっている

646 :1:2007/05/22(火) 07:58:37 ID:oSE9ImYN
みなさん心配してくださってありがとうございます。

少しづつですが、仕事も再開し始めて(在宅ワーカーです)、
ほんとにちょっとだけですが社会復帰できたような気がします。

647 :ignis ◆chartreCqk :2007/05/22(火) 08:14:41 ID:Qr9AYh6V
>>646
おはよ(・∀・)
なんか何があったのかわかんないけどすごいね

648 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 12:49:08 ID:361UXPZk
>>646
やっと1氏も正体現したね。恥ずかしげも無く・・・
芝居が下手で誰も騙されんよ
あっはははは・・・・・・・(爆爆爆

単なるこのスレの宗教患者の布教のためのシュミレーションの
寸劇、やらせでした。昨今はTVも視聴率獲得の為のやらせば
やりで困ったものw。宗教は勿論、言わずもがなw (・∀・)

クリには「嘘をつくな」という禁戒はないようだなw
信じられないことだが・・・・(・∀・)

手段は何でも良いから聖絶・絶対真理が大事。オウムもキリスト
教も原点は同じ。オウムも信徒獲得、布教の為なら何でも有りだ。

反吐が出る!!ぺっ、ぺっ、ぺっ!!最低!!




649 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 12:57:30 ID:361UXPZk

星野富広氏などの目で見えてちゃんと皆に実証できる人でやってごらん、まちこw

皆によく知られていてクリ以外の人がいいな〜 (笑




650 :1:2007/05/22(火) 14:40:04 ID:oSE9ImYN
>>648
これまで何度も同じこと言ってるのはあなたでしょうか。

不幸のどん底の男が宗教によって救われたという
物語をこのスレでやっていると言いたいのですね。

これまでスレを読んでもらえれば分かると思いますが、
ぼくは神を肯定も否定もしていません。
むしろ懐疑的な気持ちのほうが強いです。

あなたがなぜそう思ったのか教えてもらえませんか。
なんなら、このスレを利用して宗教を糾弾してもらっても
いいのですよ。

ぼくはそういう意見も聞きたいと思っています。

651 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 15:34:24 ID:qKwt48Xr

白・々・し・い・のもいい加減にしたら 

君のレスのつけ方でそんなことは自然に分かるもの(・∀・)

反吐が出る!!ぺっ、ぺっ、ぺっ!!



652 :勝手な牧師:2007/05/22(火) 16:00:18 ID:rpA1smXt
宗教者とは
単なる思い込みを何かのきっかけで自分は信じてると思ってしまい、抜き差し
ならなくなっただけです。いったん信じると言ってしまったため、引っ込みが
つかないのです。自分だけでやってるのならいいのですが、自分を正当化する
ために、他人を引き込もうとする傾向があります。
自分が引き込んだ人がどんな結果になろうが知ったことではありません。
自分さえ納得できればOKです。

653 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 16:28:22 ID:F5p4wXLX
何をおっしゃる、基本的に連中は本気で信じてるんだろう。
引っ込みが付かないからとかそんな頭が回っているハズがない。
一旦言ったからとか、発言に責任を感じるハズもない。
正義の使徒として万人へ幸せを振り撒けるから嬉々として引き込みに来るんだよ

654 :1:2007/05/22(火) 17:22:10 ID:oSE9ImYN
んー。
まあ別に信じてもらえなくても一向に構わないのですが、
会話ができないのが残念ですね。

ぼくは宗教や神に対し、これまでの自分の考えを覆すような
意見を聞いてみたいと思っているんです。

それが宗教や神を肯定する意見でも、
否定する意見でもどちらでも構わないと思っています。

釣られてるのでしょうか、ぼくは…。

655 :2:2007/05/22(火) 20:33:29 ID:mz2FFx5s
ぼくちゃんの考えがどんなものか知らないけど、どうせつまらない思い込み
でしょう。聞いてあげるから言ってごらん。

656 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 20:45:28 ID:U8LaFdHT
>>1
214 :まちこ:2007/05/21(月) 22:08:14 ID:dNxtCx3t
いとぴょんさん、こんばんは。
アトピーの男の子の所にレスしたの知っていますか?あの子は少し良くなってきて、外にでれるようになったそうです。

216 :あやめ シャロンの薔薇 ◆Sis.Q9h9cQ :2007/05/21(月) 22:10:53 ID:COZ+1NBp
まちこは、病気で苦しんでいる人があれば、主に祈って、癒してあげたいという純粋な願いが
あるだけ。

議論に言い勝とうなんて気持ちは、これっぽっちも無いと思う。議論に勝っても負けても、
まちこへの神様の愛は変らず、癒しや不思議の業は、今日もまちこを通して起こされていると
思います。

218 :いとぴょん ◆R7jw2dOLJw :2007/05/21(月) 22:15:27 ID:jysGl6jA
>>214
まちこさん、こんばんは。
知ってるよ。それに伝道者さんも頑張ってるね。
あのスレから働き人が起こされること間違いなしだね。


657 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 21:44:21 ID:C8/fud5o
>>654
既に君の周りはクリばかり、類は類を呼ぶw
まぁ、金取られて洗脳されて自己陶酔すればいいじゃん

俺は逃げる〜、当然のことだ(笑
アヘンに浸りボロボロになりたくはない
アバYO! (^0^)


658 :1:2007/05/22(火) 22:14:15 ID:oSE9ImYN
>>656
それは結果としてそうなったというだけであって、
別にその書き込みが、ぼくが意図的になにかやってるという
証明にはならないのではないでしょうか。

その理屈が通ると、例えば、このスレ以外でも、
そのスレを読んで宗教に興味が湧いた人がいたら、
それは全て意図的に仕組まれた、
ということになりますよ。

というか、ぼく自身は、体調が少し良くなってきたのは、
神のおかげというよりも、むしろ、
ぼくの体調を気遣ってくれたり、
祈ってくれたりしてくれた人たちのその行動そのものが
ぼくに気力を与えてくれたと思っています。

それに、多少良くなったとはいえ、
ほんとにまだ普通の生活とはほど遠いのですよ。

>>657
さようなら。

659 :1:2007/05/22(火) 22:21:21 ID:oSE9ImYN
なんだか訳の分からない方向に行ってしまいましたねw
ぼくも悪いのですが…。

ぼくを非難するのも構わないですが、
もし神や宗教に懐疑的なら、
それを文章としてちゃんと主張してくださると
ぼくもありがたいです。

何度も言いますが、ぼくはどちら側の人間でもありません。
ただ、ぼくの為に祈ってくれたり、
気遣いの言葉をかけてくれる人たちには、
本当に感謝しています。

そういう感謝を述べることが宣伝だと言われるなら、
言い返す手段はありませんし、
信じてもらわなくても一向に構いません。

660 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 22:31:36 ID:U8LaFdHT
君のいう神とは?
キリスト教の神か?八百万の神か?

661 :ignis ◆lux./oYs9M :2007/05/22(火) 22:38:45 ID:yF6MD7tZ
>それに、多少良くなったとはいえ、
>ほんとにまだ普通の生活とはほど遠いのですよ。

そうか。。。
よくなるといいね

662 :あやめ シャロンの薔薇 ◆Sis.Q9h9cQ :2007/05/22(火) 22:41:05 ID:qQV6qCed
>>659
はじめまして、

今は良く解らなくても良いから、ここにいてね。
又レスしますね。


663 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 23:13:27 ID:W6rFo0L5
[理解が]一般人からのキリスト教徒への質問[深まる]
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1179619129/

664 :神も仏も名無しさん:2007/05/22(火) 23:29:24 ID:+ytLX4rZ
まだ>>1が頭いいからこのスレ読める。
どうしようもなくなったらスレなんか捨ててもいいと思うよ、>>1さん

665 :ignis ◆chartreCqk :2007/05/22(火) 23:35:46 ID:Qr9AYh6V
まあ 1たんよくぶちきれないでここまできたよなぁ

666 :まちこ:2007/05/23(水) 00:49:06 ID:VvkxEt1R
>>1
人のことなど気にしないで。
あなたが良くなればいいです。
これからどんどん良くなりますので、完全に癒されましたら、神様とイエス様に感謝してください。
イエス・キリストによって神様があなたを癒しました。

667 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 06:01:06 ID:z5OsQSrd
>>666

まちこ、ネットでどうやってそれを証明する?
誰もそんなこと信じないよ、茶番劇!ははは・・・(@д@)/?.うそ〜!””       
信じるのは宗教に嵌ってる幼稚でお馬鹿のクリ達のみ(笑

>>536 :神も仏も名無しさん:2007/05/18(金) 13:54:17 ID:QSLxG55Z

>君は完全にイカレテルとオモw〜、カワイソウニ・・・・・・・(ーー;)
妄想世界に完全に嵌り、カルト新興宗教の教祖・信者と変わり無い。
自分で妄想世界に陶酔してるだけ・・・自分の顔、目を直視してご覧!
狐ツキカモ〜?笑えないょ〜、ホントw!

2chの世界でそんなことをのたまっても誰も信じないし、君の狂気、精神性
が疑われる。洗脳された宗教患者達は、宗教布教、信徒獲得、擁護・・・・・
などの目的のためには必死で、あらかじめ仲間で周到に打ち合わせして立
ち居振舞う。最初から意図的にその目的の為に自演していたと思われても
仕方が無い。病気治癒の奇跡も演じるし巧妙で騙される人達が後を絶たない。

反吐が出る!!ぺっ、ぺっ、ぺっ!!マムシドモ!!最低!!




668 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 07:18:45 ID:9Oc/VK0R
>>659
>ぼくを非難するのも構わないですが、
もし神や宗教に懐疑的なら、
それを文章としてちゃんと主張してくださると
ぼくもありがたいです。

1氏、君は あきメクラか馬鹿か!ヽ(`Д´)ノ

既に前レスで文章としてちゃんと主張している。それが
君の目に入らないから[宗教関係者でやらせだ]と主張してる

>>637>>631>>549>>532>>536>>528>>356・436・511
>>327・355・・・・その他多数

前スレ目開いてよ〜く読め! (^O^)/

AHO!がw がう〜 ヽ(`Д´)ノ

大体、ネットでどうやって証明するんだぁ〜(笑
信じるのは洗脳された宗教オタクだけだろがw(爆)



669 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 07:39:31 ID:K4Ii794S
神がいるならとっくに世界は救われているさ。

670 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 07:41:39 ID:Qz0cX2as
病気がないのが当たり前のコミュニティーの中にいると、
病気は呪いに思える。
病気は治ってしまうのが当たり前なんだし。
病人を基準にすることが福祉の精神ではないと思う。

671 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 10:41:15 ID:saCATBO9
1君よ、
突然荒れ出したのは、
>>646>>635
の様な前向きになれてからじゃないか?
どうも、妬み嫉みの人が多いらしい。
人が前進したのを見ると、足を引っ張りたがる。前向きの精神を折れたがる。
なぜなら、そういう人は、前進したくても出来ず、前向きになれたくてもなれないから。
だから、君の前進・前向きを見ると、自分のふがいなさに苦しくなるのだろう。

1君よ、わかったろう、そういう可哀想な人もいるっていうことだ。
同時に、そういう可哀想な人は極一部で、大多数を占めるのはちゃんとした人だ。
ちゃんとした人とは、自分の苦しみを他人にぶつけない人だ。

1君よ、俺自身も君も含めて、自分のふがいなさに苦しくなるのは誰でも経験する。
それを他人にぶつけるのはよろしくないことだと、身をもってわかったろう?
君は運が良い。
誰がなんと言おうと、そのままでいい。

672 :まちこ:2007/05/23(水) 10:48:24 ID:VvkxEt1R

この世の神はサタンです。アダムの罪によって、その支配権を取り替えしたのが、イエス・キリストの十字架の罪の購いです。
イエス・キリストを主として告白した方は神と繋がります。
水だけの洗礼だけだと神様に繋がりません。
神に繋がったあなたの願いを叶えてくださいます。
>>1、あなたを健康にして頂く願いは夢で教えてくれましたので安心してます。イエスを主とし告白し、いつも神様に感謝している方に 神の国を現します。
どうぞこれからの人生を神様と共に本当の健康で生きて下さい。
聖書が一つあれば、毎日の祈りで、神はあなたを導きます。

673 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 12:44:27 ID:7qHFZB0v
どうでもいいが>>666の上二行に宗教論者の本性を垣間見た気がした




スレ番号も縁起悪いな

674 :1:2007/05/23(水) 13:51:50 ID:qyQ5IAUf
>>668
これはあなたが書き込んだものなのですね。
すいません、長いので荒らしだと思って流し読みしておりました。
そうですね、こういう実態があるというのは分かります。
実際、宗教を隠れ蓑に人を騙したり、甘い汁を吸ってる人はいるのでしょう。
でも、本当に神を信じて善行に励むひとも一方でいるのではないでしょうか。
だからこそ、ぼくはどちらにも加担したくないのです。

でも、聖職者たちの考えを知りたいとは思っていました。
そしてその考えがぼくのこれまでの考えを根本から覆すものが
あるかもしれない、そう思ったのです。

今まで黙っていましたが、実はぼくキリスト教系の高校出身で
(別に無信教でも入れるし、ぼくもそうでした)、
そういう実態があるということは教師から聞いております。

>>671
そうかもしれませんね。
色々考えましたが、このスレ沈めようと思います。
まだ全然治った訳ではないのですが、以前よりはマシですし、
少なくとも外出したり、人と会えるようになりましたから。
この時点でスレの役割の大半も終わったのでしょう。

675 :1:2007/05/23(水) 13:56:08 ID:qyQ5IAUf
これまでこのスレに関わってくれた人たちに心から感謝したいです。

スレに書き込んでくれてありがとうございました。

意見を言ってくれた方、ありがとうございました。

本や聖書の一節を紹介してくれた方、ありがとうございました。

ぼくなんかの為に祈ってくれてありがとうございました。

良きにしろ、悪きにしろ、このスレに関わってもらったということは、
皆さんの人生の一部をぼくの為に使ってくれたということです。
そのことに本当に感謝したいと思います。

676 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 13:58:52 ID:rtjGi3R6
>>666 :まちこ:2007/05/23(水) 00:49:06 ID:VvkxEt1R
>>1
>人のことなど気にしないで。
>あなたが良くなればいいです。

>↑ 二行に宗教論者の本性を垣間見た気がした

同意

>>671>>672を真に受ける1氏だったら、相当なお馬鹿か
仲間だろうw なりふり構わぬ邪推と宗教擁護と布教と信
徒獲得に必死だなぁ〜(笑

暴走が始まった動物の大群は、原因が誤謬であれ止め
ることは容易なことではない。サタンはこの現象を見抜き
その誘導、コントロールに今のところ成功してるんだなw

<宗教の正体>

http://www.geocities.jp/sonomama_da/gaikann.html




677 :1:2007/05/23(水) 14:12:19 ID:qyQ5IAUf
最後に、このスレでの会話から、ぼくの結論を。

申し訳ありませんが、まだ神を信じるには至っていません。
人間の自業自得とは言え、この世界がこれほど戦争にまみれ、
理不尽なことばかりが多く、それを見て見ぬ振りをする神は、
もし存在したとしても存在していないも同然に思えてなりません。
神がいるからこの程度で済んでいるという考えもあるかもしれませんが。

一方で、否定もできないのも事実です。
神の存在を証明できないのと同様、
神の不在を証明できなかった訳ですから。

ただ、心の中に神を宿すという考えは肯定的です。
それぞれがそれぞれに思う神を宿し、
それに従い、社会にとって良い行いをするのであれば、
それはとても良いことだと思います。

何度も言ったことですが、神に感謝するよりも、
神に祈ってくれたあなたに感謝したいです。
あなたのその行動がぼくに気力をくれたと思っています。
もし神がいたとしたら、
あなたへの感謝が神への感謝へと繋がると思いますし。

結局曖昧な結論しか出せませんでしたが、
それでもいいかと思っています。
人の優しさに触れることができただけで、
このスレを立てた甲斐がありました。

皆さん本当にこのスレに関わってくれて
ありがとうございました。

678 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 14:19:52 ID:rtjGi3R6

観念を植え込み洗脳するのは人権侵害だとオモ

宗教関係者でなくても君の家族も皆も、良くなることを祈ってるょ。




679 :ignis ◆lux./oYs9M :2007/05/23(水) 14:42:13 ID:DDWngpsR
>>677
1たん
またあそぼ(・∀・)ノシ

元気になってね

680 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 15:00:14 ID:rtjGi3R6
>>305 :神も仏も名無しさん:2007/05/19(土) 19:58:34 ID:lZaAVUY4
>>303
>君は、根拠皆無な聖書など読むのは止めて、まず生理学や医学を勉強しなさい。
そのほうが、人生においてはるかに役に立つ。生理学や医学は、架空の神では
なく、厳然として実在する君自身の身体を対象とするから、自分自身の病気と
その治療法の正しい理解が可能になる。
     
ガンガレ!! Bye〜 ヽ(^。^)ノ


681 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 15:32:59 ID:d/eMZwBs
>>1
「問う」って何様のつもり?

あ・ま・え・る・な

682 :まちこ:2007/05/23(水) 17:04:20 ID:VvkxEt1R
>>1
心から健康に生きてくださいね、そうしたら大丈夫ですから
ではさよなら。

683 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 18:28:29 ID:hooCadaC
宗教よりも同病のお友達がいるといいんじゃない?

理解してもらえてね!多分

684 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 18:29:34 ID:hooCadaC
>>683は1氏に

685 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 18:39:18 ID:5hoGaG9K
神でも薬でもなく治すのは人間の体です。

686 :ツムギ:2007/05/23(水) 23:09:47 ID:saWqs2T8
考えるよりも、感じることはすぐれている

感じるよりも、信じることはすぐれている

人の愛を信じることが出来るだけで、心が闇に乗っ取られることはない

だって愛は神なんだから

687 :神も仏も名無しさん:2007/05/23(水) 23:56:20 ID:mDMsyZd5
>>686

神が愛なら何故、中東紛争・戦争を終わらせない

1氏はこのスレ閉じたがってる

いい加減にセールスマン止めないか(笑


神が愛なら何故、中東紛争・戦争を終わらせない


688 :神も仏も名無しさん:2007/05/24(木) 00:37:07 ID:fwnVvhVi
>>675 :1:2007/05/23(水) 13:56:08 ID:qyQ5IAUf

>これまでこのスレに関わってくれた人たちに心から感謝したいです。

スレに書き込んでくれてありがとうございました。

意見を言ってくれた方、ありがとうございました。

本や聖書の一節を紹介してくれた方、ありがとうございました。

ぼくなんかの為に祈ってくれてありがとうございました。

良きにしろ、悪きにしろ、このスレに関わってもらったということは、

皆さんの人生の一部をぼくの為に使ってくれたということです。

そのことに本当に感謝したいと思います。




689 :神も仏も名無しさん:2007/05/24(木) 00:39:29 ID:fwnVvhVi
>>677 :1:2007/05/23(水) 14:12:19 ID:qyQ5IAUf
>最後に、このスレでの会話から、ぼくの結論を。

申し訳ありませんが、まだ神を信じるには至っていません。
人間の自業自得とは言え、この世界がこれほど戦争にまみれ、
理不尽なことばかりが多く、それを見て見ぬ振りをする神は、
もし存在したとしても存在していないも同然に思えてなりません。
神がいるからこの程度で済んでいるという考えもあるかもしれませんが。

一方で、否定もできないのも事実です。
神の存在を証明できないのと同様、
神の不在を証明できなかった訳ですから。

ただ、心の中に神を宿すという考えは肯定的です。
それぞれがそれぞれに思う神を宿し、
それに従い、社会にとって良い行いをするのであれば、
それはとても良いことだと思います。

何度も言ったことですが、神に感謝するよりも、
神に祈ってくれたあなたに感謝したいです。
あなたのその行動がぼくに気力をくれたと思っています。
もし神がいたとしたら、
あなたへの感謝が神への感謝へと繋がると思いますし。

結局曖昧な結論しか出せませんでしたが、
それでもいいかと思っています。
人の優しさに触れることができただけで、
このスレを立てた甲斐がありました。

皆さん本当にこのスレに関わってくれて
ありがとうございました。


690 :神も仏も名無しさん:2007/05/24(木) 01:21:38 ID:e2yQ8aAp
>>1

沢山釣れましたね



691 :神も仏も名無しさん:2007/05/24(木) 09:01:47 ID:ZNw0IoST

自分が神を信じることができないのは
戦争を止めない神の責任なのだ。

と言われてもね・・・・

692 :神も仏も名無しさん:2007/05/24(木) 09:43:23 ID:CSjATjOo
一つを盲信する時点で間違ってる。
闇だろうと神だろうと、考える事を止めてそれ以外を聞き入れなくなった時
心はそれに乗っ取られているんだよ

693 :トロント:2007/05/24(木) 18:53:46 ID:BnuveKj5
>>677
お疲れ様でした.貴方に神様の声や姿は見えなくても,神様には
貴方の心の声や,姿は見えていますように・・.

これからの人生力強く生きてください.御武運を
お祈りいたします.

私から最後に
「生きるために生き,死ぬ気でがんばる」
という言葉を貴方に贈ります.

694 :神も仏も名無しさん:2007/05/24(木) 22:44:34 ID:8lXGIGUy
>闇だろうと神だろうと

多分子のどちらとも真理には関係しない。

695 :一キリスト教信者:2007/05/26(土) 23:52:43 ID:jSAG7zFu
>>1
まだこのスレを覗いておられるなら一言だけ。

今現在、苦しんでいる人が存在しているのに神はいるのか?
という疑問についていいますと
例えるなら神は小説家や脚本家のようで
神には神のシナリオがあるということであって
ただ神は苦しんでいる人達のことを
見て見ぬ振りをしておられるわけではないと思います。
聖書には「初めから終わり」にいたるところが書かれてあり
そこには「最後まで耐え忍んだ者が救われる」と記されています。

もっともそれは簡単なことではないので
気軽にひとに「今は耐えていろ」と言えるものではないですが。
私個人も立派な信仰の持ち主とはいいがたいですし。

しかし私の足りない部分はキリストが補ってくださるでしょう。
キリストの救いがあなたに訪れますように。

696 :神も仏も名無しさん:2007/05/27(日) 06:33:56 ID:ccnFxfb/
宗教屋、いい加減自らの無知を楯に嘘をつき、病理を広めるのはやめろよ。

697 :神も仏も名無しさん:2007/05/27(日) 11:11:38 ID:EbhYijAN
[理解が]一般人からのキリスト教徒への質問[深まる]
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1179619129/

698 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 12:15:31 ID:w42ZepnM
また明日
っていったのに電動車さんもう来ないのね。

317 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)