5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★『日蓮正宗』最高真実の宗教 4 ★★★

1 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:05:22 ID:5DafJEYU
          初代スレ主 南無妙法蓮華経氏 曰く
正とは一に止まる、と書きますが、本当に人が幸せになれる正しい宗教は、
日蓮大聖人が説かれた南無妙法蓮華経の宗旨以外には絶対有りません。
法華経に説かれる予言どおり、今の末法の世には、さまざまな邪教がはびこっていますが、
この最高真実の宗教を、他人に勧めていくことが、仏弟子のあるべき姿だと思います。

前スレ
  その3 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1173713157/
  その2 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1173000077/
  その1 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1172156451/
初代スレ主オススメのURL
  日蓮正宗 公式ホームページ ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/
  邪教についての詳しい破折は ttp://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/main.html
  日蓮正宗 青年僧侶邪義破折班 http://jagihashaku.main.jp/
  日蓮正宗入門 http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/index.html

>>2-30 スレの趣旨や方向付けがあるかも。
>>50-70 日蓮嫌いな方、ここで頑張って!

2 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:13:37 ID:5DafJEYU
議論のしかた
http://iwatam-server.dyndns.org/software/giron/giron/index.html

3 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:14:46 ID:8ZAGlW9q
過去・現在・未来の一切のなかで「最も勝れている」のは法華経ではなく私です。
私は眉間の巻き毛からビーム光線をだして、全世界を照らし出します。

南無妙は日蓮を信仰するのではなく、私を信仰しなさい。

4 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:14:52 ID:S0NqEFgG
スレたて乙です。

さて・・・
題目さんはじめ、日蓮本仏主義者へ

省略の略には掠め取り謀るという意味が含まれますが、
涅槃経ではこれも厳しく警めています。

「是の諸々の悪比丘、この(涅槃)経を抄略し分って多分となし、よく正法の色香美味を滅除す」
「前を抄して後に著(つ)け、後を抄して前に著け、前後を中に著け、中を前後に著けん。
当に知るべし、是の如き諸々の悪比丘はこれ魔の伴侶なり」

5 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:18:39 ID:S0NqEFgG
前スレから

997 名前: 南無妙法蓮華経 投稿日: 2007/03/23(金) 14:05:21 ID:YRRXuTHB
>>994
涅槃経についての破折は
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/shinnyoen.html
の中に詳しく有りました。
なので、自分が下手にあれこれ論じる必要はないと思います。
どうか熟読してください。


これも私が書いた記述がソックリ抜け落ちてます。
したがって、まったく破折になってませんね。

前スレ>>996
前から皆さんが述べているように、それは独善的なドグマ。
法華経の「不受余経一偈」は捨てるのか??
大きな矛盾じゃないか。

6 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:22:32 ID:S0NqEFgG
いいですか?

已今当の論法で言えば、涅槃経で最高と謳う必要ないのです。
百歩譲って経典成立史からすれば、それも意味はないでしょう。
しかしあなたがたは経典がすべて釈尊直説の前提でモノを話している。

したがって、大乗大涅槃日を待って聞法して修せずば
あなたがたは覚れないと言うことを、端的に涅槃経の秋収冬蔵は述べてるのですよ。

7 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 14:26:08 ID:Ai+wz/S/
若悩乱者頭七分・有供養者福過十号

http://homepage3.nifty.com/y-maki/yougo/514a.html

法華経の行者を悩乱する者の頭は、阿梨樹の枝のように破られてしまいます。

南無妙法蓮華経を受持する功徳は、三千大千世界に満つる七宝を仏に供養するよりも大きい、と賛嘆されています。

末法に日蓮大聖人の仏法を信じるものは、本門戒壇の大御本尊を正しく受持し
正法誹謗の悩乱者に対して折伏を行じて正法を賛嘆供養すれば
莫大な供養をいただくことができます。

8 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:26:48 ID:8ZAGlW9q
過去・現在・未来の一切のなかで「最も勝れている」のは法華経ではなく私です。
私は眉間の巻き毛からビーム光線をだして、全世界を照らし出します。

南無妙は日蓮を信仰するのではなく、私を信仰しなさい。

それとも私のことを信じられませんか?
それは何故ですか?なぜ日蓮を信じ、私を信じない?

9 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:30:20 ID:8ZAGlW9q
南無妙は、日蓮正宗の教義に反すると思い、私を信じないのですか?

過去・現在・未来の一切のなかで「最も勝れている」のは法華経ではなく私です。
私は眉間の巻き毛からビーム光線をだして、全世界を照らし出します。



10 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:31:05 ID:S0NqEFgG
それにしても天台智の牽強附会ドグマは
ネットや文献など、あらゆるところで断ざれてますな。
題目くん、ぐぐってみそ。

特に涅槃経から引用して身勝手な解釈を加えた部分が多いのなんの。
五味のたとえや、贖命重宝、君拾教、追説追泯など
経典には書かれてない滅茶苦茶な解釈を加えているのは、ある意味スゴイ…。

それを継承した日蓮もまた然り。

11 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 14:36:01 ID:Ai+wz/S/
>>8
そういう他愛ない妄言はやめてください。
あなたが仏なら、付属を受けているはずですが、根拠となる経典はありますか。
日蓮大聖人以上でしたら、日蓮大聖人以上の現証を見せることができるはずです。
どうか、つまらないことを言わずに日蓮正宗で信仰しましょう。
かならず幸せになれます。

12 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:39:51 ID:S0NqEFgG
再掲。

「要かならず大乗大涅槃日を待ち、如来秘密の教えを聞きて然(しか)して後、
及(すなわち=そこで)当に菩提業を造り正法に安住すべし」

法華経はいつ説かれましたか?そして涅槃経はいつ説かれましたか?

あなた方が論拠とする五時八教から言っても、この場合の『正法』は
法華経などという解釈がまったく当てはならないことを文証で述べられているのですよ。

13 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 14:40:35 ID:Ai+wz/S/
>>10
何度もいいますが、ドグマに陥っているのはそちらです。
涅槃経は、法華経を信解できないものに説かれた
落ち葉ひろいのため経典です。
しかも、末法で涅槃経で成仏できた人の話は聞いたことがないです。
涅槃経をすてて南無妙法蓮華経で成仏を目指すことをすすめます。

14 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:44:25 ID:S0NqEFgG
だ・か・ら、すべてを救うことが法華経では出来なかったでしょ??
たかが(というのもなんですが)増上慢ですよ。

提婆達多のような大悪人を救っといて増上慢を救えなかった教えが最高であるわけがない。
そこを説明してくださいよ。

私も他の方々と同様、末法で題目で成仏できた人の話は聞いたことがない。

15 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:46:14 ID:S0NqEFgG
仏法は一切の衆生を救う、それが最終的な目標でしょ。
それが究極の最高の教えでしょうに。

法華経はそれすら拒否している事を指し示して
しかも涅槃経に譲ると言う事は仏法の道理が通らないのですよ。

16 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:46:56 ID:8ZAGlW9q
妄言を言っているのは、あなたです。
私は全宇宙と繋がっているので、経典は必要としません。
私は宇宙そのものです。
現証はあなたが見ている感じていること全てです。
しかしながら、あなたは全てを見ること感じることはできません。

どうか、つまらないことを言わずに、心の目で見てください。
いつか幸せになるのではなく、
今ある幸せを見てください。
今ある地獄を見てください。
あなたにとって今という時は今しかありません。
今という時間は永遠に今です。


17 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/23(金) 14:48:01 ID:LFDQ75YP
>>13
前スレより再掲。

>正しいものを正しいと言えば、当然魔が競い起こると言われています。
貴殿の行動そのものであり、自分で自分を「魔」とされるか。

18 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:50:09 ID:S0NqEFgG
法華経を誹謗した人たちの現証もきちんと論証してませんよね。

「高僧伝」には、涅槃経を誹謗した僧弼などが舌本爛れて亡くなった、
と書かれているを知っておいたほうがいいと思われますよ。


19 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/23(金) 14:53:29 ID:n+ekLmzA
題目君さ、前にも言ったけど法華経や涅槃経ぐらい読んで、理解した方がいい
君は、日蓮や法主が引用した部分しか知らなすぎる
だから、引用されてない部分がでるとキャパオーバーになって誹謗などにはしる
君が、正宗の教義に矛盾などないと信じてるのはわかる
だけど、実際に書かれてる事まで、そんなはずはない、日蓮はこう言っているなど、話しをすり替えては駄目だよ
わからないなら、わからないと言って、真剣に考えてみればいい


全ての宗派は、自分の所が真実最高と思ってる
しかし、俺は全ての宗派は他の者からみれば、多少なりとも矛盾をかかえてると思う
それでも信者が信仰する事で幸福を感じるならよいとも思う
ただし、他宗教は邪であり、地獄に落ちるなどは、自らが信じるのは構わないが、他者に言うなら、自らが正しい事を他者が理解できるように証明するべきだと思ってる

20 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 14:54:09 ID:3c+7kIYY
>>14
在世の増上慢はすべて成仏できたはずです。
御題目での即身成仏は確約されていますから
南無妙法蓮華経と唱えることをすすめます。

21 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:54:12 ID:8ZAGlW9q
私は全宇宙と繋がっているので、経典は必要としません。
私は宇宙そのものです。
現証はあなたが見ている感じていること全てです。
しかしながら、あなたは全てを見ること感じることはできません。

どうか、つまらないことを言わずに、心の目で見てください。
いつか幸せになるのではなく、
今ある幸せを見てください。
今ある地獄を見てください。
あなたにとって今という時は今しかありません。
今という時間は永遠に今です。

過去・現在・未来の一切のなかで「最も勝れている」のは法華経ではなく私です。
私は眉間の巻き毛からビーム光線をだして、全世界を照らし出します。

22 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 14:57:01 ID:S0NqEFgG
>>13
私は経文など事実をありのまま書いている。
もちろんそこに解釈は加えていない。

しかし天台智や日蓮はそこに多分のドグマがある。
嘘だと思うのならお調べなさい。話はそれから。

あなたはそれも調べようとしない。
そして私をドグマと断じておられるのですよ。これはいただけませんね。

23 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 14:58:08 ID:8ZAGlW9q
私は全宇宙と繋がっているので、経典は必要としません。
私は宇宙そのものです。
現証はあなたが見ている感じていること全てです。
しかしながら、あなたは全てを見ること感じることはできません。

どうか、つまらないことを言わずに、心の目で見てください。
いつか幸せになるのではなく、
今ある幸せを見てください。
今ある地獄を見てください。
あなたにとって今という時は今しかありません。
今という時間は永遠に今です。

過去・現在・未来の一切のなかで「最も勝れている」のは法華経ではなく私です。
私は眉間の巻き毛からビーム光線をだして、全世界を照らし出します。

私は宇宙そのものです。
私は貴方の内にあり、貴方の外にあります。
私と貴方は繋がっているのです。

24 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 15:00:02 ID:S0NqEFgG
>>20
成仏できたはずです??なんだそりゃ。
伝聞以下の信用できない珍説だよ。

もう、法華経でなくたって涅槃経でも何でもいいや。
その代わり、きちんと経典上の文証をもって説明してくださいな。

25 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 15:07:58 ID:S0NqEFgG
>>19
まったく同意です。題目くん、理趣経さんのお言葉をしっかりと受け止めてね。

涅槃経を誹謗する事は法華経も誹謗するんだよ。私は構わないけど…。
「妙法、秘密甚奥蔵門、悉くこの大涅槃経に帰するが如し」

26 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 15:12:17 ID:EtY2FnNF
お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A
わたくしは日蓮正宗法華講員です。
どうぞお手やらわらかにおねがいします。
私は日蓮正宗に生まれてすぐ入信して現在は法華講員です。
わたしの父は正宗の濃い信者です。

いままでの罪滅ぼしの意味も込めて正宗の毒に侵されて基地外になるひとを
減らそうと思っています。
ですから正宗の実態を可能な限り暴露していこうと思ってます。
わたし正宗はまるで信じてません。
しかし、形式として義理としての体裁のため正宗に所属してるだけです。
親は正宗での葬儀を望んでるから私の正宗所属は葬儀用です。
しかし、正宗の信心は不幸の元であることを熟知してますから
正宗の妄信者の洗脳解体を 償いとして暇なとき に行ってるだけです。

宗門・仲間はハンセン病は業病と信じています。
しかし、これらは基地外のあほなので間違いだとわからないんです。

ここに頭破作七分の現証をみる。基地外のあほの中で自分だけは例外なのだ。これを増上慢という。
 疑問:なぜ自分の親を不幸から救わないのか。いかにもこのような子を持つ親は、不幸であろう。
君に関係なく創価の諸君が暴露しているから、思い上がらなくてよろしい。

27 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 15:13:56 ID:EtY2FnNF
お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A
正宗の本尊と仏と僧は誰にでもすぐ明らかに正宗の本尊が正しいという姿
を現す義務があります。
三宝といってもこの程度のこともできずに功徳だなどおこがましい。
恥を知れ。

ええ、お寺には行きますよ。

お寺に行くのなら住職の顔をみて、恥とおこがましさを教えたらどうか。任務で奉安殿の警備をしていたのなら
記録が存在する。師子身中の虫である君の存在を宗務院に通報しておく。


28 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/23(金) 15:40:07 ID:2SVlEz/w
スレ立て乙です。


お母ちゃんさんは「日蓮正宗やめようか」と言っていたから通報されても痛くも何とも無いと思うけどね。
それこそ「今に現証として罰が…」とでも言っておいた方がマシじゃないか?(笑)

29 :ここで証明するつもりはないので委細省略:2007/03/23(金) 16:20:08 ID:Y/x2OkWL
>>5
>法華経の「不受余経一偈」は捨てるのか
大聖人は法華経二十八品を根本にはしていない。

>>14
>増上慢を救えなかった
法を聞く事を拒否して座を去っただけで救えなかったとするのか?

>>19
>法華経や涅槃経ぐらい読んで、理解した方がいい
こういう御書がある。
「一、当門流に於ては御書を心肝に染め極理を師伝して若し間(ひま)有らば台家を聞く可き事。」 (日興遺誡置文)
註:台家:天台流
御書に付随して色々調べる事は十分可能だが、時間が有り余ってないとな・・・・(あるいは専従者)
そんな時間があるなら、他の御書を勉強した方がずっといい。

30 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 16:22:28 ID:R6vQpyi5
>>24
一切の衆生が成仏できることが、実証の上から明かされているのは法華経です。
まず、方便の大乗経において「永(よう)不成仏」、つまり永久に成仏できない衆生として声聞乗(しょうもんじょう)・縁覚乗(えんかくじょう)の「二乗」がありましたが
法華経にいたって、初めて二乗に対して成仏の記別が与えられました。これを「二乗作仏(にじょうさぶつ)」といいます。
また法師品第十では「凡夫成仏」が説かれました。
そして、提婆達多品第十二において地獄界の衆生の極悪人・提婆達多の成仏が示され
さらには八歳の竜女の即身成仏が示されたことにより、初めて実の意味での「一切の女人成仏」が明かされました。
(諸大乗経典では、女人の成仏は説くものの、それは例えば何回も生まれ変わり死に変わり、
最後には男性に生まれて成仏を果たすというような「改転の成仏」であり、女人の成仏は有名無実でした)
また竜女の成仏によって「畜生の成仏」も実証されています。
こうして法華経によって「一切衆生・皆成仏道」が開かれ、すべての衆生の成仏が可能となり、十界互具・百界千如・一念三千の法門が確立されます。

31 :29:2007/03/23(金) 16:25:41 ID:Y/x2OkWL
>>29追加自己レス
>法華経の「不受余経一偈」は捨てるのか
また、どの経を根本にするかという意味では、その通り。
ただし、大聖人の場合は南無妙法蓮華経以外の余経という事になる。

32 :破邪顕正 ◆Ylvk4LHQaM :2007/03/23(金) 17:34:18 ID:ttDjqoax
>>1スレ立て乙です。

33 :破邪顕正 ◆Ylvk4LHQaM :2007/03/23(金) 17:43:42 ID:ttDjqoax
まぁ色々と議論されましたが、
結局は日蓮正宗が最高真実の宗教って事ですね。
ご清聴有難う御座いました。

34 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 18:10:05 ID:S0NqEFgG
>>29
日蓮邪宗の主張はわかってますよ。
法華経ではなく題目でしか末法の衆生は救えない、だろ?
題目こそが根本であり法華経は迹っていうんだろ?
よくもそんなトンデモ論を振りかざすなぁ…。
君たち法華邪宗だけだよ、そんな戯論を言ってるのは。他は誰も認めない。
もちろんみんな認めたくないんじゃないよ。突拍子もない出任せに
さらに屁理屈を加えているから仏法に違背してるんだよ。

>>増上慢を救えなかった
>法を聞く事を拒否して座を去っただけで救えなかったとするのか?
法華経方便品以降、彼らをどこで救済してますか?
涅槃経ですか??それならまた矛盾が生まれるよなぁ。

では法華経のどこで彼らを救済した旨が書かれているか挙げて下さいね。
話はそれから。一切衆生の済度を確約してこそ最高と言える。それが円教。

理趣経さんに対するレスは、横レスになるがそれは言い訳でしかないよね。
結局は題目以外は捨ててるんじゃない。で、都合のいいところだけ引用する。
そんなのは如来法以下、世間でも非常識とされることぐらい分らないかな…。

35 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/23(金) 18:11:29 ID:n+ekLmzA
>>29
真実最高をうたってるのだから、御書を勉強し、理解しているのは前提じゃないのかい
その上での話しだよ
氷山の一角を見て、氷山を語る者の言を信じるわけにはいかないな
座礁するのは見えている

36 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 18:21:49 ID:EtY2FnNF
>>34
順・逆、共に救う。
つ常不軽菩薩品

37 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 18:30:56 ID:S0NqEFgG
>>30
おお、そうか!
二乗・凡夫・極悪人・畜生の作仏を説いたからか…。
で、何故、増上慢は退席させたままなのかね??

法華経が十界の衆生の代表者を挙げて、その成仏の相を説いたのは認めるよ。
でも、だからといって最高というのはチョッと無理があるなぁ。
涅槃経は法華経のように二乗の作仏は説かないが、その理由もすすんで説明してるよ。

したがって二乗の作仏が説かれるから最高である、なんていう戯論を打ち破ってるけどね。

提婆達多については、前も述べたが
1.提婆達多は法華経の中では逆罪を犯した大悪人などとは一切説かれていない。
2.事実としてダイバは釈尊に進言したのが拒絶された為に教団を出ただけで
  五逆罪のような罪は実際はほとんど犯していない、というのが現在の仏教一般の認識
  したがって彼はスケープゴートされたが、ダイバダッタ派のグループが後世まで存在し
  提婆達多品の成立に大きな影響を与え、それが後々法華経に編入された。
3.もし彼を大悪人とするのなら法華経を聞けない増上慢よりは救われにくい存在。
  つまり彼を誹謗正法の一闡提と見なしているが、涅槃経では彼は闡提ではないと断言している。

38 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 18:37:21 ID:S0NqEFgG
つまり、法華経はすべての衆生の成仏を明かそうと試みた経典ではあるけど
因縁話やたとえ話といった形而上の物語として書かれているのみで
その根拠がまったく理論的に説明されていないんですよ。これはどう見ますかね??

それも涅槃経に譲った、という屁理屈は止めて下さいね。

39 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 19:19:05 ID:S0NqEFgG
>>36
よく調べたね。それにしても、あなたヒントだけ出すの好きだねぇ。
折伏するのならきちんと論証を出して下さいな。情けなや…。

常不軽菩薩品で、はるか昔の威音王如来の時分で、その正法が滅した後、
像法時において増上慢の比丘の中で、常不軽という菩薩だった事を言ってるんでしょ。
で、それらの増上慢はいったんは無間地獄に堕したけど、常不軽菩薩の化導により救われた、と。

で、その前世の釈尊である常不軽菩薩を誹謗したのは誰か?でしょ。
それは、この法華説法の会座にいる跋陀婆羅(バツダバーラ)など五百の菩薩と
師子月などの比丘尼と思仏などの優婆塞などの退転していない者たちである、
といってるんだよね。

でも、それは成仏した釈尊在世の法華説法の会座にいる人たちであって、
方便品で去った増上慢の衆は対象としていない。それを暗に示してるとでも〜?
まぁ百歩譲ってそれで良しとしても、ならば、なぜ方便品でそのような相を出したままにする??
しかも、それだと既に法華経の常不軽菩薩品で増上慢も救ってることになるよね??
それなのに、また涅槃経をわざわざ落穂拾いで説いたとする理屈も成立しなくなるんじゃないの。

私はまだまだ浅学だから、きちんと教えてくださいよ。


40 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 21:43:58 ID:qFzv6b4u
>>37
>>29氏も言われているように、
増上慢が退席したことで法華経が涅槃経に劣る、
と決めつけるは、短絡的だと言えます。

法華経は、釈尊が衆生の理解力に敢えて合わせずに、自分の悟りをそのまま説いた教えです。これを随自意(ずいじい)と言います。
一方、その他の経典は、衆生の機根を損なわないように、敢えて衆生のレベルに合わせて説いた教えです。これを随他意(ずいたい)と言います。
随自意・随他意
http://homepage3.nifty.com/y-maki/yougo/442b.html

増上慢が退席した、という事実が、むしろ法華経が最高であることを裏付けている、と言えます。

41 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 22:06:53 ID:qFzv6b4u
>>37
大多数の衆生は法華経によって成仏を果たしましたが
法華経説法の序盤で席を立ってしまった5000人もの増上慢の衆生や
釈尊一代50年の教化に漏れ、成仏できなかった人々のために説かれたのが「涅槃経」です。
涅槃経は、法華経の意義をあらためておさらいするという意味もあり
その理論として「一切衆生・悉有仏性」等の尊い教えも説かれています。
しかし同時に、涅槃経は「追説(ついぜつ)」といって、一代50年の諸経のさまざまな教えをもう一度説いている経でもあります。
法華経が純円無雑(じゃんえんむぞう)・円頓円極(えんどんえんごく)の究極の教えであるのに対し
涅槃経には円教を含むものの、それ以外の蔵教・通教・別教があらためて説かれているので無雑にはならず、純粋な円教とはなりまそん。
いかに涅槃経に尊い円の教理が説かれていても、蔵・通・別という余分なものが付随しているために尊い円の功徳が顕れることはないです。
結論として、法華経のみが唯一純円の極説であり、真実無二の経なのです。

最後に、涅槃経から法華経を蔑む人が地獄に堕ちないように、経文をあげて警告しておきます。
「若し人信ぜずしてこの経を毀謗(きぼう)せば(中略)其の人命終して阿鼻獄に入らん」
(『法華経』譬喩品第三)

42 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 22:26:15 ID:EymKZnW8
>>18
>「高僧伝」には、涅槃経を誹謗した僧弼などが舌本爛れて亡くなった、
>と書かれているを知っておいたほうがいいと思われますよ。

高僧伝の僧弼の原文だよ

釈僧弼。本呉人。性度虚簡儀止方直。少与龍
光曇幹同遊長安。従什受学。愛日惜力
靖有深思。什加特深使頒預参訳。後遊
歴名邦備瞻風化。時有請弼為寺主。弼
曰。至道不弘淳風日緬。自非定慧兼足。無
以鎮以風猷。且当随縁致益。何得独善一
寺。後南居楚郢十有餘年訓誘経戒。大化
江表河西王沮渠蒙遜遠■風名。遣使通
敬■遺相続。後下都止彭城寺。文皇器重
毎延講説。宋元嘉十九年卒。春秋七十有
八(大正大蔵経50巻P369-a22)

あれれ?
どこにも舌が爛れたなんて書いてなさそうだよ?
そんな与太話を吹いたボケはどこのどいつなのかな?

43 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 22:36:36 ID:EymKZnW8
しまった
ネタにマジレスしたのか

44 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 22:46:49 ID:GXuLnE8R
私は全宇宙と繋がっているので、経典は必要としません。
私は宇宙そのものです。
私の全てを言葉で現すことはできません。
あなたを言葉で現すことができないのと同じです。
私が地球の全ての水とするなら経文に現すことができるのは、たった一滴の水も現せません。


現証はあなたが見ている感じていること全てです。
しかしながら、あなたは全てを見ること感じることはできません。
あなたの五感だけでは感じることはできません。

いつか幸せになるのではなく、
今ある幸せを見てください。
今ある地獄を見てください。
あなたにとって今という時は今しかありません。
今という時間は永遠に今です。
瞬間は永遠であり、永遠は瞬間です。

過去・現在・未来の一切のなかで「最も勝れている」のは法華経ではなく私です。
私は眉間の巻き毛からビーム光線をだして、全世界を照らし出します。

私は宇宙そのものです。
私は貴方の内にあり、貴方の外にあります。
私と貴方は繋がっているのです。




45 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 22:49:08 ID:ZPEWMl6M
そんな与太話はどうでもよいことだが、その話は僧弼ではなく道温だ。

高僧傳巻第七釋道温二十三

末年僻執謂佛不應常住。臨終之日舌本先爛焉。

46 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 22:52:24 ID:M7+5cw4d
>>1のサイトで工事中の
「神道・民間信仰」に対する破折サイトです。
特に無為氏に読んでほしい。

http://www.k2.dion.ne.jp/~kunimax/shindohashaku.html


47 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 22:52:45 ID:R/PAnuks
題目君、>>2はなかなか勉強になると思うよ。
せめて3章議論の精神の4項目、「公理」だけでも読んで欲しい。
みんなが題目君の主張に対して思ってること、今まで何度も言ってきたことが解りやすく説明されてるから。

48 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 22:56:56 ID:M7+5cw4d
>>44
下らないので辞めたほうが身の為です。

日蓮大聖人の仏法を信仰する者は、何も臨終で初めて成仏できるというわけではなく
「今」まさに自分の中にある仏界という最高の生命力を開くことができます。
これを即身成仏(そくしんじょうぶつ)と言います。

どうか、日蓮正宗で信仰して、仏界を開くことをすすめます。

49 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 23:08:52 ID:GXuLnE8R
今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり仏既に過去にも滅せず未来にも生ぜず所化以て同体なり此れ即ち己心の三千具足三種の世間なり

50 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 23:09:05 ID:ZPEWMl6M
なお釋門自鏡録には

又太始之中。中興寺僧嵩明數論。末年僻執謂佛不應常住。
臨終之日舌根先爛。又梁代彭城僧淵誹謗涅槃。即舌根斯須消爛。

とあり、 従義の天台三大部補注に引用されている。

51 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 23:12:52 ID:M7+5cw4d
>>47
「公理…皆がそれぞれ幸せになりたい、と願っている。」

問…どうなれば最高に幸せと言えるか
答…今抱えている悩み苦しみを解決し、さらにあらゆるものに粉動されない、絶対的で永遠の安心を手に入れる必要がある。

問…そのような都合の良すぎる幸せは存在しうるのか
また、仮に存在するとすればどのように習得すれば良いのか。
答…存在する。これを成仏の境界といい、どうすればその境界に到達できるかを、はっきりと説かれているのが、日蓮正宗の仏法である。
同じ原因を積めば同じ結果がでるように、
南無妙法蓮華経を授持し、人にもすすめるとき
誰でも差別なく成仏の境界に到達できる。

公理を設定して自問自答してみました。
なにか突っ込みたければ遠慮なくどうぞ。

52 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 23:18:22 ID:GXuLnE8R
>>絶対的で永遠の安心
諸行無常
人の心は一定ではない。


>>同じ原因を積めば同じ結果がでるように

実際には同じ結果にはならない。
もし同じならば、既に未来は決まっている。

53 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 23:23:22 ID:R/PAnuks
>>2の公理の項を読めばわかると思うけど、
題目君の主張はA「仏法に(観念にとどまらない)物理的な力がある」、B「法華経は釈迦直説」
大きく分けて、この二つを「公理(前提)」として論理展開してるわけだ。
(他にもいろいろあるけど)
で、非信徒にはこのA、Bは公理として認められてないというのが現状なのよ。
>>2の公理の項にも書かれてるように、そして>>44(おそらく題目君に対する皮肉)を読んでもわかるように
好きに、証明なしに公理を設定できるならその上にいくらでも論理展開できる。矛盾なくね。
(矛盾がなければ正しい、説明がつけられれば正しい、というわけではないんだよ)
だがその公理を認めてない相手にとっては仮定を前提とした言葉遊び、戯言に過ぎないんだ。
だから題目君の公理を認めさせない限り話は進まないんだわ。
(こちらとしては、題目君が>>44を見て感じたように「いつまで下らない妄想垂れ流すんだろ」としか思えないわけね)
認めさせるには手前味噌な証拠(日蓮、自宗がこう言ってるから)ではなく客観的な証拠を挙げてもらわないと非信徒には通用しないわけで。
その辺少し考えてみてね。

54 :神も仏も名無しさん:2007/03/23(金) 23:26:26 ID:R/PAnuks
>>51
こりゃあいかん、もうちょっとしっかりというかゆっくり読んで咀嚼してみて。

55 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 23:28:31 ID:M7+5cw4d
>>52
「諸行無常」は涅槃経の偈で、何度も言うように
法華経を補佐する経文ですから、絶対的なものではありません。
同じく涅槃経に「願いて心の師と作るとも、心を師とせざれ」とあるように
心の師を作って南無妙法蓮華経を授持するとき、おのずと成仏することができます。

また、「実際には同じ結果にはならない。」と言って
はじめから原因を積むことを諦めてしまえば、当然結果は得られないと言えます。
どうか、素直に南無妙法蓮華経を授持することをすすめます。
必ず命を清らかにして、悩み苦しみを解決することができます。

56 :南無妙法蓮華経:2007/03/23(金) 23:37:10 ID:M7+5cw4d
>>53
良く読んでください。
>>44は「私は偉いです。悟りました。」と即席で言っているのに対して
自分は七百年以上伝わる大石寺の教義の上から「南無妙法蓮華経を授持すれば誰でも幸せになれますよ。」と言っています。
考えられうる最大公約数の公理は「皆が幸せになりたい」で間違いないと思います。

日蓮正宗以上に幸せになれる手段があるなら、ここにコピペすることで、このスレは止まると思います。

57 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 00:07:03 ID:ZVSj8dp5
日蓮正宗でいただける功徳(※良いこと)の具体例

○仕事の成果が大きく上がるようになる。

○社会的信用を得られるようになる。

○所得が増加して、衣食住に困ることが無くなる。

○常に生き生きとした健康体になっていく。

○生まれついての業病すら克服できる。
 いわんや、それ以下の軽病はことごとく治癒する。

○寿命によって死すべき命も、延ばすことができる。

○淫欲盛んな者も自ずと欲を離れて正常となり
 短気で怒りっぽい性格、愚痴が多く嫉妬深い性格等も改まって
 立派な人格者へと向上していく。

58 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 00:09:48 ID:1A1g0PHk
>>56
よく読んでも公理のこの字も理解していないとしか思えないんだ。
>>51においての「皆が幸せになりたい」は「議論のテーマ」であり議論のルール、定義たる公理ではない。

あと即席と700年以上がどうとかあるけど、信じられてる年月が長ければ真理になるわけでもないし
(んなこと言ったら天動説も、世界中の700年以上続いてる宗教も真理だ)
>>44が即席かどうかもわからないよ。
(※)『これは釈尊直説である。口伝によりわが家系に伝わったものであり、釈尊の出世の本懐である。
鑑定、家系調査?そんな門外漢の調査など信用できんわ』とか言うかも(笑)
(※)冗談なので本気でこんなこと思ってるわけじゃないよ。

59 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 00:16:42 ID:ZVSj8dp5
経典に示される罰の有り様

●語ることを、周囲の人々が信じてくれなくなる。

●口より悪臭を漂(ただよ)わせ、しばしば金縛りにあったり幽霊・物怪の類いを見るようになる。

●貧苦(ひんく)のどん底となり、他人に酷使(こくし)される立場となる。

●身体に多くの病気をもち、痩(や)せ細ってしまう。

●頼るべき人がなく、また人に親しく接していっても、相手はそれほど心に置いてくれない。

●所得収入があっても、次々に収出してしまって、生活苦に陥る。

●もし、自ら医者となって病人を治療すれば、医寮ミスを犯して
 かえって他の病気を引き起こしたり、死亡せしめてしまう。

●もし自分が病気になったときには、
 これをよく治療できる医者がなく、たとえ特効薬を服用したとしても、
 ますます病状が悪化したり、他の病気を併発(へいはつ)してしまう。

60 :正宗の中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2007/03/24(土) 00:26:12 ID:2jhfdwua
>>56
> 日蓮正宗以上に幸せになれる手段があるなら、ここにコピペすることで、このスレは止まると思います。
4スレ目で、ある意味最強のレスがでたな。
ある法の間違いを指摘するには、、その法よりも正しい法を所持している必要がある。
例えば、ニュートン万有引力の法則からわずかに外れる運動は、相対性理論を知っていないと説明できない。

ここで題目氏を攻めている方々は、それぞれ自分が拠り所としている法の通り修行して幸せ(成仏)になっているか?
信仰して実証を出さない事には、それが本当に正しいかどうかは証明できないぞ。
仏の目的は、修行により衆生を実際に成仏させる事だからな。
ただ頭の中でこねくり回しているだけでは、仏の意思(仏法)に真っ向からはむかう事になりかねない。

特に、涅槃経にこだわっている方よ。
一念三千は元々涅槃経から来たものだとカキコしているが、その論拠は涅槃経に「一切衆生悉有仏性」とあるからだと・・・・
これ、ちょっと考えれば二つの意味ですごくナンセンスな反論なんだが、判るか?

なお、題目氏よ。
身近な僧の「本心」がどこにあるか見つめる事をお勧めする。
そして、与同罪を畏れることだな。

61 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 00:35:45 ID:ZVSj8dp5
疑うことができない、臨終の「成仏の相」

○形を損しない。

○生前よりも美しい色白となる。

○眠るように表情が半眼半口(はんがんはんく)となる。

○身体が生前以上に柔らかく、死臭すらない。

仏法に背くことでまねく、恐るべき「堕地獄の相」

●集まった自分の身内に対しても、険しく猛々しい目つきで睨む。

●手で空をつかんで、もがき苦しむ。

●大小便が垂れ流しとなる。

●異常な食欲が出て、狂ったように飲み食らう。

●身体や口から腐敗臭が漂い出る。

●恐怖のあまり、手足を震わせて、怖れおののく。

●鼻筋が曲がって、凄まじい形相となる。

●白眼を剥きだしてしまう。

●眼が血走って真っ赤に変色する。

●苦しみのあまり、身体を屈めて悶絶する。


62 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 00:40:00 ID:ZVSj8dp5
>身近な僧の「本心」がどこにあるか見つめる事をお勧めする。
そして、与同罪を畏れることだな。

はい。分かりました。

63 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 00:46:16 ID:yrCvUsAt
「理趣経」の文字が躍っているので、調べてみたのですが、現代語訳が
http://www.sra.co.jp/people/aoki/Buddhism/RisyuKyou/RisyuKyou.html
にあって、読んでみると、奥が深そうなのですが、表層を読むととても危ない
お経なのではないでしょうか? 男女の愛欲も進めてるし、三界の一切の
生き物を殺したとしても、決して悪の報いを受けて地獄に墮ちることはないと
言ってるし、そういう部分だけ読むと、例えば、浄土宗が流行ったときのように、
悪いことをしても南無阿弥陀仏で救われるから良いんだといった勘違いをする人が
でてきそうです。

これに比べたら、法華経自体は素朴な面白みに欠ける田舎のお人よしというような
感じがして、全然危険さは感じないです。

でも、それを持って振り回す日蓮系の諸宗派は怖い印象があります。

64 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 00:51:27 ID:CkIFbgZS
>>61
あのさ、そういう事書くってことはさ、人が死んだ後ジロジロその顔見てさ
コイツ成仏してねーやプゲラwwww
って言ってるのと同じだよね?
その人死んじゃってるから文句言えないのいい事に。


65 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 00:52:40 ID:yrCvUsAt
あっ。愛欲にまみれた人も悟れるんだから、法華経より勝れたお経なのかも
しれませんよね。勝れたお経があったら、このスレは止まるんでしたっけ。
寂しいな。

66 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 00:55:14 ID:EpWZsWxH
>>60
君らしくない例えを使うね(ストローマンw)
例えば、人類は20億年前に現れたと言った時、
正確に人類の現れた年を知らずとも、それはおかしい、そういうなら根拠を示せと言うと思うが、
君は、正確な年を知らない者は質問する資格がないと言うのかえ?
何も絶対におかしい撤回しろと言ってない
そうだと言うなら証明してくれと言ってるんだ

67 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 00:59:52 ID:dnbKMvVo
>>65
末法は無戒と言われていますから、過去に人殺しをしてしまった人も、また、愛欲にまみれた人も、
南無妙法蓮華経を真剣に授持すれば、誰でも差別なく成仏の境界に至ることができます。

68 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 01:04:55 ID:EpWZsWxH
>>63
理趣経は、表面だけをとらえると立川流のような邪道も生まれますが、(空海は理趣経だけは最澄にも貸し出しませんでした)
理趣経は小楽を大楽ならしめ、三毒を超越し、人間はありのままの姿から即身成仏できると説いた経です
奥が深いですよ

69 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 01:15:54 ID:TUetATIk
顕正会にハマってさらに日蓮正宗に入ればある意味狂信者化するのは多数の知るところだな。

70 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/24(土) 01:31:01 ID:0j8kiDTX
>>46
私は神道ではないし民間信仰とも縁遠いが、こじつけの破折なぞ、何の痛痒も感じない。
自然崇拝は、ある意味、何のドグマも無い、人間の自然な感情より興ったもの。
自然の一部を神格化することはよくあるが、正宗とて日蓮を末法の本仏とすることでは変わりない。

前にも言ったが、宗教に上下勝劣は無い。
上下勝劣を論ずるは、其の宗教を信仰する者の行いにより判別すべきもの。

正宗信仰で自然災害をを抑制出来たであろうか。
正宗信仰で戦争を無くせたであろうか。
正宗信仰で危険な伝染病を無くせたであろうか。
逆に、宗教が元となる対立なぞ、世界の歴史を見れば枚挙に遑がない。日蓮師とて、同じ事。

貴殿個人が正宗を正しいと信じるのは良いが、それを公言し、他を誤りと決めつけて誹謗するのは如何なものか。
そもそも、貴殿が正宗を最高真実と主張しているのだから、其の根拠たる日蓮師の無謬を証明すべきである。
いつまで無視するおつもりか。
挙句の果てに、正宗よりも最高の教義を提示せよとは、何事か。
何も受け付けぬ態度だからこそ、他の方々が反論しておられるではないか。
その様に偏狭な考えを続けられるのであれば、貴殿のような偏屈者を信者とする正宗はまともとは言えまい。

何度でも告げる。
日蓮師の無謬を証明せよ。

71 :勝手に横レス:2007/03/24(土) 01:56:26 ID:7oFOpclB
>>70
正宗信仰で自然災害をを抑制出来たであろうか。
正宗信仰で戦争を無くせたであろうか。
正宗信仰で危険な伝染病を無くせたであろうか。

ごく少数の信仰者しか存在していない以上、広宣流布したら解決すると返される。

仏は過去・現在・未来(三世)を見通せる。過去700年の歴史を検証してすることにより、無謬性が証明できるかと
思われる。

72 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 01:56:53 ID:yrCvUsAt
>>68
> 理趣経は小楽を大楽ならしめ、三毒を超越し、人間はありのままの姿から即身成仏できると説いた経です
> 奥が深いですよ

そうですね。真言宗の信者さんたちはこのようなお経を読まれるのですか。
ちょっと真言宗の寺でも見て回ろうかな。と言いつつ、お家は浄土真宗なので
こっそりと。

73 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/24(土) 02:09:37 ID:0j8kiDTX
>>71
>仏は過去・現在・未来(三世)を見通せる。過去700年の歴史を検証してすることにより、
>無謬性が証明できるかと思われる。
逆に、700年経っても変わらぬ故、何も解決しておらず、妄言と取られるのみ。
歴史だけなら、もっと古い宗教が幾らでも存在する。

>ごく少数の信仰者しか存在していない以上、広宣流布したら解決すると返される。
これも同じ事。
700年かけてこの程度では、解決など何時の事やら。
未来の事を語るなら、オーム真理教(現アーレフ)とて、最高真実で世界制覇が可能。
夢物語は、妄想として一蹴される。

74 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/24(土) 02:14:34 ID:0j8kiDTX
>>73に追記。

>仏は過去・現在・未来(三世)を見通せる。過去700年の歴史を検証してすることにより、
>無謬性が証明できるかと思われる。
日蓮師は人間ではないのであろうか。同様に釈迦も人間ではないのだろうか。
超人化するなら、誰でも無謬であると言えよう。
それこそ、世迷言である。

75 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 02:17:34 ID:lkb8KVcu
>>41
天台智説に立脚しただけでなんの目新しさもない。
涅槃経が円もあるが蔵通別もある、だからこそだよ。

涅槃経は法華経も含め他の経典との関係をきちんと説いている。
対して法華経はどうか?会三帰一すらきちんとその根拠も示しえない。
それどころか「正直捨方便」、「不受余経一偈」

しかも智や日蓮は涅槃経はそれまでの教説を単純に再度説いただけ、としているが
円教という立場からさらに高い立場で蔵通別を別の角度から説いているのであり、それはあたらない。
その解釈が根本的に間違ってるんだよ。

>>42
すまぬ。うろ覚えで書いてしまってた。手元にないのでわからないが>>45が正解かと。

76 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 02:19:11 ID:EpWZsWxH
>>72
うちも家は曹洞宗ですよ
本家は、かなり貢献してます
だから、本家には内緒、親にはばれてる
と言うか、真言宗の教団そのものより、真言宗の経典が好きですね
ちなみに、大日経、金剛頂経がメインで理趣経は金剛頂経の中の経典です
宗派によりますが他にも、多くの経典があります
法華経系だと
妙法蓮華経の陀羅尼品、勧世音菩薩普門品と成就妙法蓮華経王瑜伽諭勧智儀軌等を重視する所もあります
真言宗のお寺は独特の雰囲気がありますよ

77 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 02:30:50 ID:lkb8KVcu
>>63
それは法華経や涅槃経でも同じことです。
仏性や本覚思想から、実は覚っているのだ、という理論が構成され
日蓮邪宗のように創価などの講組織などが分派し
原理的な過激なセクトを形成したことがそれを物語っています。

いみじくも、>>68で理趣経さんが語っておられるように
最澄は唐で学んだ密教は傍系のものだと悟り、空海に礼を尽くして弟子入りしましたが、
自ら赴くのではなく弟子を空海に遣わして経典を借りることを繰り返し、
それを何度か空海から諌められています。
間違った心根で理趣経を読まれると>>63さんが指摘したことや、
立川流というものを生んでしまう、もしくは誹謗してしまうので、
空海は最終的に貸さなかったのです。

で、比叡山の後継者で一番弟子の泰範などと目されていた優秀な弟子衆が
すべて空海の元へ去ってしまったことから、最澄は空海に敵対心を持ちました。

慈覚・智証が天台の密教化をすすめた、と日蓮系では宣伝していますが
実は最澄自身が密教を取り入れようしており、智の中国天台宗とは趣が異なり
最澄は純粋な天台教学だけで一宗を立てているのではないのです。

78 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 02:38:40 ID:yrCvUsAt
>>76
日蓮正宗のスレでこんな会話をするのも不謹慎なんですが、
大日経はインターネット上にあまり見つからないんですよね。
法華経や無量寿経などは沢山あるのですが。やはり密教だから
でしょうか。携帯なんかに入れて暇なときに読むようにしているので。
特に現代語訳があると良いのですが。

ところで曹洞宗も禅のみの宗派でしょうか? 浄土宗、浄土真宗は
阿弥陀仏への絶対の帰依のはずですが、これだけ宗教心が希薄になったのは
嘆かわしいことか、はたまた、良いことなのか。

日蓮系はまだ求心力があるんですかね。同系統の宗派で反発する力も働いているようですが。

79 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 02:44:44 ID:+q+A7t3v
板を拝んでいる宗派や祈祷している宗派がそんなことを言い続けてるのは
実にナンセンスなんだが。

80 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 02:45:16 ID:lkb8KVcu
>>55
常楽我浄と諸行無常は密接な関係があるが、
その涅槃経で出てくる「諸行無常」の部分は有名だけど、

きみたち邪宗が寿量品の「我本行菩薩道」を穿つた解釈で打ち立てた
「無仏の世では菩薩道そのものが成り立たない」、という戯論を根本的に否定しているよ。

法華経は純円として混じりっけがない、として他の経説との関係性を一切断ち
「正直捨方便」、「不受余経一偈」などと述べて法華以外は捨てよ、としているため、
他の教説との関連性を何ら説明しえていないが、涅槃経は先述の通り円教という立場から、
法華経では説明し得なかった涅槃の教理を再び説いているとされます。
つまり法華経はすべての教説を独善的排他的観点から否定して捨てているのに対し
涅槃経は法華経も含めすべての教説が帰一すると説いているのが対照的です。

「諸々の妙法、秘密甚奥蔵門、悉くこの大涅槃経に帰す」
涅槃経を誹謗することは、この文証が示しているように、妙法蓮華経、
法華経を誹謗することに他ならないことを何度も申し上げておきますね。

81 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 02:50:38 ID:+q+A7t3v
密教経典はサンスクリット語、梵字、中国語音韻学を知らないと
読めないから。肝心のマントラ音写部分がさっぱりわからない。

82 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 02:53:02 ID:lkb8KVcu
それにしても、私は経文に解釈を加えずそのまま引用して
日蓮邪宗がよく持ち出す涅槃経の「秋収冬蔵」のドグマを否定したのに、
それに対するマトモな反論はないのかね??

経典は釈尊直説を前提とするのなら
法華経で已今当三説最第一、と説いたのに
涅槃経でまたこの涅槃経が最高であると説く意味や必要性はない。

「譬(たと)えば闇夜に諸の営作する所が一切、皆(みな)息(や)むも、もし未だ訖(おわ)らざる者は、
要(かな)らず日月を待つが如し。大乗を学する者が契経(かいきょう=一切の経典)、一切の禅定を
修すといえども、要らず大乗大涅槃日を待ち、如来秘密の教えを聞きて然(しか)して後、
及(すなわち=そこで)当に菩提業を造り正法に安住すべし。猶(なお)し天雨の一切諸種を潤益し増長し、
果実を成就して悉(ことごと)く飢饉を除き、多く豊楽を受けるが如し。 如来秘蔵無量の法雨も
亦復(またまた)是(かく)の如し。悉くよく八種の病を除滅す。
<<智や日蓮が我見で引用するのはこれ以降だけで、上記の部分は都合よく省略する>>
是の経(涅槃経)の世に出づる、彼の果実の一切を利益し安楽にする所、多きが如し。
能(よ)く衆生をして仏性を見せしむ、法華の中に八千の声聞の記別を受くることを得て
大果実を成ずる如く、秋収め冬蔵(おさ)めて更に所作無きが如し」

経文は歪んだ解釈を加えず、素直に読みましょうね。

83 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 03:05:00 ID:lkb8KVcu
つまり、この部分を解釈を一切加えずに読むと・・・

法華経中で記別を与えられた声聞衆もこの涅槃経を修学すれば、
収穫物を秋に収めて冬に蔵にしまい込むのと同じで、もう何らすることはない。

したがって法華声聞衆も涅槃経を捨てずにきちんと収めなさい、という経文。

さて、法華邪宗のみなさん、この部分を解釈を加えずにきちんと反論してくださいな。


84 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 03:08:10 ID:+q+A7t3v
どの大乗経典もこれが最高だといっている。そういうつもりで作ったんだから。
教判はそういう字句によるんじゃなくて、内容で分類したもの。
天台教判では涅槃経は法華経と同醍醐味だが、涅槃に際して一代の教を再説し、
滅後の戒律を述べているから、その部分は円教でないということ。

85 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 03:21:09 ID:EpWZsWxH
>>78
基本的には秘経だしね
大日経は悟り(仏の知恵)とは何かと、胎蔵曼荼羅や密教の儀礼が解説されているよ
普通は信者も読まないかな
曹洞宗でも、般若心経、観音経、修証義などあるよ

観音経や般若心経は多くの宗派で読まれてるね

86 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 03:28:24 ID:yrCvUsAt
>>85
> 基本的には秘経だしね
> 大日経は悟り(仏の知恵)とは何かと、胎蔵曼荼羅や密教の儀礼が解説されているよ

ではそのうち買って読むことにします。販売はされているんですね。秘密なのに。。。


87 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 03:45:43 ID:EpWZsWxH
>>86
解説書とかなら・・・
部分的に訳したものならあるけど、かなり高額
基本的には僧や研究者用じゃないかな
もし全現代語訳があったら自分も見たいです
あっ、原始仏典の現代語訳ですけど
http://tetugaku.fc2web.com/butten/butten.htm

88 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 04:05:31 ID:EpWZsWxH
訂正
東京美術の和訳大日経という本は理論編の住心品全訳と実践編のうち八品抄訳がのっていて、比較的入手しやすい価格じゃないかな

89 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/24(土) 04:14:28 ID:0j8kiDTX
>>88
確かに、手頃である。
理趣経は全訳。

東京美術 (検索:和訳経典)
https://secure01.blue.shared-server.net/www.tokyo-bijutsu.co.jp/catalog/religion/religion_02.html

90 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 05:30:19 ID:EpWZsWxH
残念ながら大日経の部分訳は条件があるようですが
大乗仏典です
http://members13.tsukaeru.net/qookaku/mahayana_sutra/mahayana_sutra.html

91 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 06:28:44 ID:lkb8KVcu
>>84
そうなんです。私が言いたいのはまさにそれですよ。
決して日蓮邪宗のように、涅槃経だけが最高でそれ以外は必要はない、
ということではないのです。法華経も涅槃経もどちらも大事。

ただ、私見ですが>>80>>82で述べたように
涅槃経は法華経をも包摂しているとは思ってますけどね。

智以降、涅槃経は釈尊滅後の戒律で仏性の常住を
扶(たす)ける「扶律顕常」とされますが、
それが日蓮邪宗のように「末法無戒」だから題目を唱えるだけで成仏している、
そういう本覚思想の危険性をきちんと指摘しひていした、それも文証といえるでしょう。

92 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 06:34:33 ID:lkb8KVcu
ただし、
涅槃経が純円ではなく、蔵通別が説かれている、
そして戒律で釈尊滅後の仏性常住を扶(たす)けているから雑円である、
というのは、天台智に始まったドグマであり、
そういうドグマにドグマを重ねた解釈は
涅槃経を素直に読めば、通用しないと言う事です。

それは法華経にも言えることなのです。

93 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 06:56:08 ID:lkb8KVcu
>>45=50さん
それにしてもよく探し出していただけました。
あらためてうろ覚えの非を詫びると共に、出典を感謝します。

それで、もしご存知であればお教えいただきたいのですが、
日蓮系でいわれる、善無畏や徳一、一行、空海・慈覚の末路(臨終の相)について
高僧伝のような公的な文書はご存知ありませんか?

できれば日蓮や天台系だけの一方的なものではない方が望ましいですが…。


94 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/24(土) 07:48:25 ID:cUrFgoCZ
あれやね、こうやって研究研鑽してる人のレスみてると
いかに正宗がしょうもないかよくわかるね(*‘ω‘ *)  

完全に建立された最高真実の宗教などと言い張って
しまうと上手の人に簡単に粉砕されてしまうんだね・・・・・・・

柔軟性がまるでないね、正宗は(・ω・`)

正宗の濃い信者の人、
ここで言ってるように職場で折伏してみなよ?(・ω・`)
社会的な信用失う・出世はまず無理・下手したら首・友達なくす
親類縁者も基地外認定される・社会から孤立する・
精神的に病んでくる・そのうち体も病んでくるよ。
正宗が言ってる謗法の不幸な相がでるよね(・ω・`)

ここに書き込む正宗の濃い信者はうそついて正宗は幸せになれる
色心ともにそういう人が多いとか言うけどさ・・・・

      ど う み て も 嘘 な ん だ よ ね (・ω・`)


95 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/24(土) 07:55:10 ID:cUrFgoCZ

世のため人のため家族親類縁者のために

折伏とかやめろよ・・・・・・

もうわかるだろ?正宗で幸せには絶対になれないって

普通の幸せで満足してさ、家族とか親類縁者を喜ばせてあげなよ(*‘ω‘ *)

おれはお母さんに誓ってもいい。

正宗の信者が不幸になってほしいなんて微塵もおもってない。

普通の幸せをつかんでもらいたいだけ。

ただそれだけ

96 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/24(土) 08:08:23 ID:cUrFgoCZ

おれは正宗やめろなんていわないよ(*‘ω‘ *)  

折伏やめてご供養やめて活動やめて寺から距離置くこと

みんな!一度やってみる価値はあるよ!(*‘ω‘ *)  

これなら絶対に幸せになれるよ!

ずっと正宗を中から見てきて確信してます(*‘ω‘ *)

97 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 08:11:25 ID:sGplJmGv
他の方便経典をあげても
「正直捨方便」と釈尊は説かれていますから、法華経のみが真実です。
理趣経も、般若期の経典ですから、捨てないと釈尊を信じていることにはならない。
涅槃経については前から繰り返しているように、法華経の後に説かれても
涅槃経の中に法華経には劣ると説かれています。

これらは鎌倉時代にとっくに日蓮大聖人によって破折されていることですから
変にこだわらずに捨てて、南無妙法蓮華経を素直に信仰されることをすすめます。

98 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 08:23:09 ID:sGplJmGv
お母ちゃんLOVEさんの普通の幸せってどんな幸せですか。

その幸せが、臨終も克服できる幸せなら、

お母ちゃんLOVEさんの言うことを聞こうと思います。

99 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/24(土) 08:37:48 ID:cUrFgoCZ

わたしはね、嫁と子供と母親が大好きなんだよ。

わたしはつまらない人間だが

この人たちが安心して生きて充実した人生を歩めるように

環境を整えてあげることが私の幸せだ。

私の能力も時間も体力も信用も財力もすべてはこの人たちのためにある。

わたしはこのひとたちの代わりに地獄へいくことも不幸とはおもわない。

臨終の恐怖はあってもかまわない。

死んで終わりでもぜんぜん問題ない。

自分の死がくればもがきくるしむかもしれないが覚悟はできとる。

わたしは楽に死のうとはおもっていない。

100 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/24(土) 08:40:49 ID:0j8kiDTX
前スレより。

952 名前:南無妙法蓮華経[] 投稿日:2007/03/23(金) 10:59:41 ID:J81ngK2E
>>935
>どこがどうスレ違いなんでしょう??

勘違いしないように言いますと、
自分に大石寺の教義以外のことは期待しないほうがいいってことです。
といっても、自分はまだまだ駆け出しレベルなので
スレの進行と一緒に勉強していきます。

勉強される気は全く無い様である。
同じ事を鸚鵡の如く繰り返すばかりでは、信者以外の誰も題目殿の言を信用されぬであろう。

101 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 08:45:15 ID:sGplJmGv
ただしく信仰すれば、一家和楽になります。

日蓮大聖人が、現世も来世も安心できる、と約束されています。

死んで終りでもかまわない、と言っても

命は終りませんから、仏法に背いたままですと、臨終のときに後悔します。

どうか、本当に家族が大切ならなおさら信仰されることをすすめます。

102 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/24(土) 08:47:18 ID:cUrFgoCZ
自分の全部を正宗ではなくて自分についてきて愛してくれてる人に
注いであげてみてください。

柄になく熱くなってしまいましたが大事なこととおもいます。

103 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/24(土) 08:50:51 ID:cUrFgoCZ
>>101
正宗の信心をしても和楽にはならん。
真に受けてまじめなやつほど家庭崩壊している。
これは経験上熟知している。

ぜったいに信仰はしない。

104 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 08:53:28 ID:sGplJmGv
折伏したら、人間関係が破滅する、なんてことは無いです。
リアルの折伏が難しいなら、ネットでやってみるのもいいと自分は思います。
日蓮大聖人の仏法の信仰は、捨ててしまうと後で絶対に後悔します。


105 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 08:54:15 ID:+q+A7t3v
>>93 善無畏や徳一、一行、空海・慈覚

|善無畏三蔵|報恩抄に「彼伝を見るに云く、今觀畏之遺形漸加縮小K皮隱隱骨其露焉」という。
この文は宋高僧伝にある。臨終を述べたものではない。臨終は「定慧所熏全身不壞」とある。
これは露屍葬というもので、日が経って遺体の損傷が大きいので保存に勤めたという記事。
|徳一法師| 松野殿御消息に「徳一は舌八つにさけにき」という。日本で13世紀半ばに成立した
「私聚百因縁集」という物語にある。
|一行禅師|教行証御書に「一行が横難横死」という。源平盛衰記に「時の横災は、権化の人も、
猶遁れ給はざりけるにや、大唐の一行阿闍梨は、無実の讒訴に依つて火羅国へ流され給ひけり」
とある。平家物語にもある。
|空海、円仁|種々御振舞御書に「弘法慈覚等はあさましき事どもはあれども」という。
遺言により慈覚大師の木像は頭部と胴体を別に安置した。近年この木造頭部が重文に指定された。
おそらくそのことをいう。空海については不明だが、なんらか入定に関することであろう。

日蓮の誹謗はだからまあいづれも根拠はない。

106 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 09:02:03 ID:2mjZgwEo
>>102
そうですね
信仰(宗教活動)に没頭し、家族の為とかいいながら
実際は家族を顧ない人が多すぎますね

107 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/24(土) 09:03:41 ID:0j8kiDTX
>>104
題目殿。
貴殿は重大な勘違いをされておる。
説得ですら、ネットの方が難しい。折伏なんぞ無理というもの。

また、庶民に情報がが殆ど無い中世と違い、
ネット社会なら瞬時に地球の裏側の情報も得られる事は、貴殿も御存知の事。
それを承知でやる以上止めはせぬが、まず無駄である。

「駟も舌に及ばず」
この言葉の意味を考え給え。

108 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 11:17:34 ID:3n7aHvtE
>>106
日蓮正宗においては、そのようなことは無いです。

私達の生命は、両親ひいては先祖代々とつながっています。
ことからすれば、私達が仏界を開発し、利益を得るといいましても、
それは、けっして私達だけの身に止まるものではないです。
私達が、日蓮正宗の御本尊に合掌礼拝し奉り、亡き先祖代々を追善供養するなら、
仏界は先祖の生命にまで廻り、先祖を地獄の大苦から救うという、大利益を発現する、と言われています。
逆に、邪宗教で先祖供養をするならば、その罪業が先祖の生命に廻り、先祖はいよいよ無間地獄の大苦悩に沈むことになります。
さらに、私達の生命がつながっているのは、過去の先祖代々だけではありません。
生まれてくる子々孫々においても同様です。
それ故、夫婦が揃って日蓮正宗を信仰しているならば、生まれる子供は、安産で、しかも玉のようにきれいな肌で生まれ、すこやかに育つのであります。
このように、仏界は親類縁者にも伝わるので、信仰に励むならば、一家和楽の家庭を築くことができます。

109 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 11:29:38 ID:TUetATIk
題目みたいなのが家族に一人でもいたら地獄だな。
それは間違いない。顕正会にだまされてまだ自分が普通だと思える神経を疑う。

110 :105:2007/03/24(土) 12:35:57 ID:+q+A7t3v
平家物語の「一行流罪事」 参照>>105

九曜曼荼羅感得の霊験談としてわが国ではかなり有名な話のようである。
「傳へ聞く、かの一行の果羅の旅、かの一行の果羅の旅、闇穴道の巷にも、九曜の曼荼羅の
光明、赫奕として行く末を、照らし給ひけるとかや」(謡曲『弱法師』)
「凡そ流罪は賢聖の常例なり。所謂、竺の道生は蘇山に流され、法道は江南に遷され、
一行禅師は菓羅国に放たる」(堅樹日寛『安国論愚記』)

しかし一行(大慧禅師)は唐代の天文学者でもあり、唐玄宗より「大衍暦」の編纂を命ぜられ、
『開元大衍暦』52巻を完成した年に示寂しているから史実であり得ない。
創作小説などに出所があるのかとおもったが、やはり中国文献には何もないようである。
結論は
「一行の事は、高僧伝に見えたり、張公謹の孫にて、唐の開元十五年に寂せり。年四十五、
但、こゝに載せたる事は徴拠なし。蓋、作者の明雲を以て、一行に比して説を為せるものにて、
例の妄誕ならん」今泉定助述『平家物語講義』(明治33年)
*明雲 天台座主明雲大僧正、一時、伊豆に配流になった。

111 :杞憂ならいいが:2007/03/24(土) 12:46:36 ID:Q1jvhURa
なんか1〜3まで一応拝読させてもらいましたが
新興宗教ってつくづく形が似るものだと思いました
よく似ているのが統一教会かな・・・?

日蓮聖人=法華経に予証された久遠元初の仏
文教祖=聖書に予言された再臨の主(メシア)

正宗:法華経を根拠としながらも部分的に引用し独自解釈(日蓮の解釈)をする。
最終的には日蓮の解釈(日蓮御書)により信仰方法が構築
統一:聖書を根拠としながらも部分的に引用し独自解釈(文教祖の解釈)をする。
最終的には文教祖の解釈(原理講論)により信仰方法が構築

正宗:先祖代々を追善供養するなら先祖の生命にまで廻り、先祖はいよいよ無間地獄の大苦悩に沈むことになる。
統一:先祖代々の罪により先祖が霊界で苦しんでいる。供養しなければ永遠に苦しむことになる。

どちらも教義は一応論理的に出来ている。
その他にもまだある。

そして今、日本の与党の支持母体には
自民党:勝共連合=統一教会の関係団体
公明党:創価学会=日蓮正宗から派生 
と、本当によく似ている

日本はこれからいったいどうなるんだ?

112 :杞憂ならいいが:2007/03/24(土) 12:54:32 ID:Q1jvhURa
>>111
追記(おまけ)
正宗:生まれる子供は安産で、しかも玉のようにきれいな肌で生まれ、すこやかに育つ
統一:原罪のない子どもが生まれる

113 :杞憂ならいいが:2007/03/24(土) 13:40:42 ID:Q1jvhURa
>111訂正(10行目)

誤:追善供養するなら
正:邪宗教で先祖供養をするならば

でした
追善供養で地獄に落ちたら無茶苦茶ですね

114 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 14:22:15 ID:lkb8KVcu
>>105>>110さん
重ね重ねありがとうございます。

空海は、日蓮邪宗や無価値学会の信者によると、
入定の際に、高野山の奥の院厨子の扉内側に
「私は間違っていた、南無妙法蓮華経」と自らの指で、血と膿をもって書いたと。
それが消そうとしても消せないらしく、戦後GHQが入って発見された、
などというトンデモないデマカセを流布しています。

まぁ公式に言ってるのではなく、信者の間で伝説化しているようですが。

おそらくこのことと関係あるのではないかと推察されるのですが…

115 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 14:27:01 ID:lkb8KVcu
>>97
で、方便は捨てるけど、都合のいい部分だけは引用する、と。

>これらは鎌倉時代にとっくに日蓮大聖人によって破折されていること
おいおい、日蓮は天台智の都合のいいドグマを都合よく継承しただけじゃないか。
日蓮が智説を発展させた記述もないぞよ。

しかし、まったくもって経典を穿つて読むことの怖さを痛感します…。


116 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 14:45:12 ID:lkb8KVcu
では、質問です。

寿量品で釈尊は、「五百塵点劫」の昔に成仏した「有始有終」の仏である、
それが「我本行菩薩道」のくだりに隠されている、それが「文底秘沈」である、
というのが、日蓮正宗の公式の解釈で間違いありませんか??

もしかしたら、私の解釈は間違っているかもしれませんが
もしその解釈が正しいとすれば、これもきちんと経典を以て破折しますよ。

117 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 15:38:22 ID:EpWZsWxH
>>97
では、正像末とかも捨てるべき方便経の大集経などの文言を使わず法華経から根拠を示してね
他の説明も方便経は使わないで法華経から根拠を示してね

118 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 15:38:52 ID:+q+A7t3v
>>114
わかったことをいま少し書きますと、『慈覚大師事』(真蹟存在)に
「慈覚大師の御はかいづれのところに有ると申す事きこへず候。世間に云ふ、御頭は出羽の国
立石寺に有り云云。いかにも此の事は頭と身とは別の所に有るか」とありました。
円仁の示寂には不思議な伝説があった。
「あるひは上足承雲は/棺上隻履のみを見つ/開けば靈體在まさず/この日、日光山堂の
落成に師は虚空より/一履を携へ下り來て/その慶導を勤めきと/のちに傳へて聞えけり
又同州の七所にて/同時に説法即日に/羽州立石寺の龕に/宴座し玉ふともいへり」
(『慈覚大師和讃』)
羽州立石寺の石窟に慈覚大師の頭部があるという伝説ができた。日蓮は比叡山でそれを聞いた
のだろう。また、円仁は比叡山の廟堂は伝教大師のみとせよ、自分の遺体は入定した場所に
葬れと遺言したとも伝えられた。昭和23年に立石寺の入定窟が調査され、遺骨と木造頭部が
発見され、伝説が確認された。
おそらく、空海については臨終に悪相があったので入定とごまかしたという意味でしょう。

119 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 16:08:49 ID:KN/X+M1n
>>115>>117
日蓮正宗では、方便権経は読誦しませんから、正直に方便を捨てています。

しかし方便を捨たからと言っても、法華経に説かれている漢字しか読んだり書いてはいけない、なんてことではないように、
方便権経から真理の一分を説明することが矛盾しているとはいえません。
こういう小学生のような言い掛かりは正直呆れます。

120 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 16:25:48 ID:KN/X+M1n
>>111
統一教会はキリスト教の聖書を元としていますが
まず、神が宇宙と人間を創った、としますと、その万物創造の神はどこから発したのか、が説かれていませんから、神の原因が途絶えてしまいます。
この点が、原因と結果を説ききった法華経に遠く及びません。
そもそも、いったい聖書のどこに「救世主が韓国に再臨する」とあるのか具体的に分かりません。
久遠元初の日蓮大聖人と、文鮮明を並べて論じるというのは、
仏法と外道の優劣もわきまえられない愚か者、と言われてもしかたないと思います。

121 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 16:39:50 ID:EpWZsWxH
>>119
方便と言いながら、真理を説明と言う
真理があれば方便経ではないだろ
方便とは真理に至ってない例え話のようなものだろ
だから捨てろと言ってんだろ
真理なら捨てる必要ない
都合のいい事ばかり、言うんじゃない
捨てると言うのが、読誦しないが読み書きする事をさすとは思わなかったよ
では、理趣経を読誦しなくていいので読み書きする事を奨めます
それでも正宗では理趣経を捨てた事になるのでしょうからw

122 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 16:44:37 ID:RHuXfrzl
説明するために引用することと、修行のために読誦する意味は全然ちがいます。

例えば、辞書を引いたとして、その内容に功徳があると言えるか。

ん?へんな例えだな。まあいいや。
とにかく、その手のことでいちゃもんをつけられても、シラケるだけです。

123 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 16:47:02 ID:RHuXfrzl
理趣経で成仏してる人がいないってことが
その経に功徳がないって証拠。
正直に方便を捨てましょう。

124 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 16:53:47 ID:EpWZsWxH
>>122
辞書は引いただけでも、読誦しても、かわりませんがw
辞書は捨てたら、引くことは出来ませんがw

125 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 16:56:18 ID:1A1g0PHk
>>57>>59>>61
それは前スレで問い詰められたときに「信じるしかない」に帰結したでしょ。
口先だけなら雑誌の通信販売の広告と変わりない。
>>120
日蓮仏法、統一教会、どちらも仮定の上に成り立つもの。
そんな同次元で優劣など傍から見てて阿呆らしいよ。
これまた>>2でも書かれてたように、そして>>55でも書いたように仮定の上にならいくらでも論理展開できる。
説ければ、説明つけられれば正しいなんてことはないんだよ。

126 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 17:01:16 ID:EpWZsWxH
>>123
疑うことができない、臨終の「成仏の相」

○形を損しない。

○生前よりも美しい色白となる。

○眠るように表情が半眼半口(はんがんはんく)となる。

○身体が生前以上に柔らかく、死臭すらない。

こんなのでいいなら、くさるほどいるw

127 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:01:49 ID:1A1g0PHk
訂正
>>55じゃなくて>>53だ。
それにしても未だに公理が認められてないまま話を進めてるね。
それだと無意味、議論にならないと言ってるのに。
正宗系教団(正宗、創価、顕正)のいう「折伏、法論」とは議論のことではなく
手前の都合、願望、妄想を押しつけることだってんならどうしようもないが。

128 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 17:10:56 ID:RHuXfrzl
>>125
宗教には優劣があります。
外道と仏法をわきまえるくらいは、もう少し見る目を養うほうがいいです。

>>126
あるならコピペしてください。

129 :京洛:2007/03/24(土) 17:11:19 ID:s+zRkEs6
>>106
俺の親父がそんな人なんよね。
宗教活動は一生懸命やるのに、家族を喜ばしたりするのが大嫌いみたい。


130 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 17:14:33 ID:RHuXfrzl
現世利益もあって、臨終すら克服して、来世も安心、なんて完璧な宗教は、
自分が知る限り、日蓮大聖人の仏法しかないんです。
みんなもやりましょう。

131 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:16:48 ID:1A1g0PHk
>>128
どちらも形而上、観念でしかないと言っているのだよ。
その域を越えるものであることを証明できていないし
証明できてたら宗教じゃなくて科学のカテゴリになってる。

132 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:18:47 ID:TUetATIk
たかだかスレ立て程度も出来ない無能が自宗の正当性や功徳なんか主張しても無駄。
ましてや顕正会なんかに引っ掛かり、また同様のカルトにハマってる無能だからなおさら。


世間で、何度も詐欺に引っ掛かる人間って信用されないんだよ。わかるか?カルト信者よ。

お前の発言には何も説得力がない。
詐欺に騙され続けてなお、自分の目を信用できる神経をおかしいと思えるようになれ。
お前の能力・資質てのはそんなもんだとな。


133 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:19:56 ID:yrCvUsAt
>>130
だんだん、テレビショッピングみたいになってきたね。
南無妙法蓮華経さんの、めげないところと、かっとならない
ところはさすが宗教家です。

134 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 17:21:53 ID:RHuXfrzl
>>132
そっくりそのまま返します。
しかし、何だかんだ言って書き込んでるのでツンデレと見えます。
あなたも南無妙法蓮華経をやりましょう。

135 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:24:00 ID:yrCvUsAt
>>132
> たかだかスレ立て程度も出来ない無能が自宗の正当性や功徳なんか主張しても無駄。 たかだかスレ立て程度も出来ない無能が自宗の正当性や功徳なんか主張しても無駄。

これは可愛そうですよ。私はその2を立てたものですが、その3は制限にひっかかって
立てられませんでしたもの。多分、スレの乱立を防ぐために一度立てた人は相当長い
間たてられないようにしていると思います。これは題目を唱えてもしばらくは無理と
思います。でも、一生懸命唱えると、管理者の管理ポリシーが変わるかもしれませんが。

136 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:25:53 ID:lkb8KVcu
>>133
>南無妙法蓮華経さんの、めげないところと、かっとならない
>ところはさすが宗教家です。

いや、文字の端々を見るとけっこう感情的になられてますけどね(笑)
ただし、言っておきますが別に感情的になった・ならないで
宗教家と判断する物差しにはなりません。不動明王がまさにそれです。


137 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:27:53 ID:lkb8KVcu
>>132
それは言いすぎです。先学の私が言うのもなんですが、
あなたはきちんと勉強して、礼節をわきまえてから題目さんや日蓮邪宗を批判なさい。

138 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:28:30 ID:1A1g0PHk
>>133
確かに(笑)
来世、現世利益、臨終の相の証明(そしてそれらと日蓮仏法の因果関係の証明)
これらを為し得ない限り戯言に過ぎないと書いたはずなのだがなあ。

139 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:29:27 ID:lkb8KVcu
>>137の訂正。
×先学
○浅学


140 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 17:34:46 ID:6u0+kssa
試しにこのスレでも他のスレでも
あるいは全然違う板でもいいですから
名前を南無妙法蓮華経にでもして
「日蓮正宗で南無妙法蓮華経を唱えましょう」と真剣に人にすすめてみてください。
そしたら体の調子とか良くなって、心も綺麗になります。
日蓮大聖人の仏法は実践あるのみです。

141 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:35:27 ID:lkb8KVcu
>>119 名前: 南無妙法蓮華経 投稿日: 2007/03/24(土) 16:08:49 ID:KN/X+M1n
>>115>>117
日蓮正宗では、方便権経は読誦しませんから、正直に方便を捨てています。

しかし方便を捨たからと言っても、法華経に説かれている漢字しか読んだり書いてはいけない、なんてことではないように、
方便権経から真理の一分を説明することが矛盾しているとはいえません。
こういう小学生のような言い掛かりは正直呆れます。


いやいやいや、矛盾することを言ってはいけないでしょー。
では、法華経にある「不受余経一偈」とは何ですか?
余経(法華経以外の経典)の一言一句も受け止めてはいけない、といってるではないですか。
これまでは、それを盛んに宣伝して各経典や各宗派を批判していたのに
この場では、そういう言い逃れをしますか??それを詭弁と言うのですよ。

142 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:37:39 ID:yrCvUsAt
>>136
> いや、文字の端々を見るとけっこう感情的になられてますけどね(笑)

でも、まだ、一線は越えてないと思いますよ。罵倒の仕合にはなってませんもの。

> ただし、言っておきますが別に感情的になった・ならないで
> 宗教家と判断する物差しにはなりません。不動明王がまさにそれです。

詳しくないのですが、不動明王は感情をコントロールできなくなって
ああいう表情をされているのですか?

もともとシヴァ紳なんですね。

143 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:38:31 ID:lkb8KVcu
>>140
題目くん、経典の字句に疎いのは仕方ないとは思うが
あなたは人の疑問をまずきちんと仏意に添って思惟することに欠けておる。

144 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 17:39:21 ID:EWlFg2tx
>>141
余経は読誦してませんし、自分は全然しりませんから
ちゃんと「不受余経一偈」しているものと思われます。

145 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/03/24(土) 17:40:30 ID:2XS20L18
>>57
具体例が示されたのは一歩前進と思われますが
内容は現代社会の価値観上のものであって相対的な幸福ではないのでしょうか。

相対的とはいえ功徳があるのは喜ばしいが、では日蓮はどのような功徳をもたらしたのでしょう。
日蓮のすばらしさを現象として言われるのが
竜の口だが、それは日蓮個人のことでしかありません。
日蓮は命が助かってラッキーかもしれんが
一般庶民にどのような功徳があったのでしょう。

日蓮は所得倍増とか言ってないと思います。
立正安国論では飢饉や疫病は間違った宗教によって起きるといっています。
逆に言うと飢饉、疫病は法華経を信じれば解決するということであり、
日蓮もそのようなことを言っています。
これは正いのでしょうか。

正宗のみが正いとするなら日本の99.7%は邪宗徒ですが、
現在の日本では何万人もの死者がでるような飢饉や疫病はありません。

続く

146 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:40:34 ID:lkb8KVcu
>>142
では最澄と徳一のやり取りはご存知ですか?

罵倒だらけですよ。

147 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 17:41:57 ID:EpWZsWxH
>>128
通夜、葬儀で見たのにコピペしろとか、死者を写メなんてとってないし、とるきもしない
君は写メとるのか?
また、自宗の人間が自宗の人間の事を言った言葉になんの信憑性が?
なんなら、君が他宗の死者が全て地獄の相をていしてる事を正宗以外の人間により証明された事をコピペしてよ
つーか、こっちは、そんなくだらない事が成仏の証だとは思ってないしw

148 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 17:46:33 ID:yrCvUsAt
>>146
> では最澄と徳一のやり取りはご存知ですか?
> 罵倒だらけですよ。

いえ、いえ、ここのスレの話で、大部分の方々は冷静に話し合い、
まだ、罵倒合戦にはなってないということで。もしかしたら、
みんな、最澄と徳一より人格者なのかもしれませんね。

裏返すと彼らは宗教家として真剣だったと言えるかも知れません。

149 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:49:21 ID:lkb8KVcu
>>118
ありがとうございます。

慈覚大師円仁もイジらしい心根の持ち主ではありませんか!?

伝教大師最澄に仕えて、そのようなことを申しているのにも関わらず
後々のカルト宗派は、慈覚円珍が密教化して天台を謗法化し
伝教最澄の意思を無にした、などとよく言えたものです。

最澄自身の密教化にはまったく触れない…
日蓮邪宗の優位性を恣意的にしたものが
これでまた明らかになりましたね。

150 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 17:52:28 ID:lkb8KVcu
>>148
ええ、そうですね。了解しました。

まぁ私も経文上を以て論証していますから、
それに違(タガ)うことを言う者には厳しく折伏しますけどね(笑)

摂受には摂受、折伏には折伏です(笑)

151 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/03/24(土) 17:59:34 ID:2XS20L18
続き
鎌倉時代の疫病の一つは天然痘です。
現代では撲滅されていますが、それを成したのは日蓮仏法でしょうか?
邪宗を折伏したから天然痘が無くなったわけではありません。
まさかイギリスのエドワード・ジェンナーが法華経によって種痘を発明したとかはいわんだろうな。
日蓮仏法は天然痘に対し何をしたのか、どのような功徳があったのか。

飢饉も多くの人による治水工事、寒さに強い作物の品種改良、
飢饉があったときのために芋を植えるとうの努力によって克服されてきたのでは?

日蓮法華経は何をしたのでしょう。
天然痘患者のケアをしたのか田畑を耕し開拓したのか。
現在の豊かな社会をつくったのは法華経ですか?

152 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 18:17:26 ID:TUetATIk
言葉が足りなかったみたいだが、たかだかスレ立て程度出来ないってのは
「自宗以外の人間を頼らないと出来ない立場」や「題目唱えたところでどうにめならない眼前の現実」を皮肉って述べた。
これを言い過ぎって言うならもう黙るが、自分の宗教を見る目、判断力を信用するに足らないものだと自覚出来ないのは、詐欺に騙され続けている人間同様信用に足らないのと同じ。
厳しいかもしれないが、騙されやすい人間をやすやす信用できるお人好しは世間にはそうはいない。
ましてやひたすら「(顕正会や)日蓮正宗に入りましょう」などと壊れた再生繰り返す人間ならなおさら。

153 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 18:27:48 ID:lkb8KVcu
いや、>>132の文章はそうは見えなかったよ、残念だけど。
宗教に理解のない人なら、キツイ皮肉を言うのも仕方ないかもしれないけどね。

でも、きちんと何かを持って日蓮邪宗を批判できるのなら
きちんと理路整然に批判してあげてください。それが彼らのためです。

154 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 18:31:13 ID:lkb8KVcu
あれ??
法華経の「正直捨方便」、「不受余経一偈」といいながら
都合のいい部分だけを引っ張ってくることに、私や理趣経さんがきちんと反論したし
私は特に、涅槃経の「秋収冬蔵」もきちんと経文そのものを持って論証したんだけど…

題目くん以外の、日蓮邪宗信徒はどうしちゃったのかな?

まさか、話にならないって折伏をあきらめたのかな??
仏法中の怨敵になるよね、それじゃ。
「法を壊(やぶ)る者を見て置いて呵責(かしゃく)し駈遣(くけん)し挙処(こ
しょ)せずんば当に知るべし是(こ)の人は仏法の中の怨(あだ)なり」
まぁ、これも涅槃経から都合よくパクったんだけど、日蓮邪宗の常套文句でしょ。

涅槃経「秋収冬蔵」などは既に経文を持って論証済みなので
(題目くんの反論は私以上に浅学なのでまったく答えになってないけどね)
次は、>>116を答えてもらいたんだけど…

ではもう一度。

法華寿量品で、釈尊は「五百塵点劫」の昔に成仏した「有始有終」の仏でしかない。
それが「我本行菩薩道」のくだりに隠されている。だから無始無終の根本仏が存在する。
それが「文底秘沈」であり、日蓮大商人こそが末法だけでなくすべての本仏である、
これであってるの?ちがうの?どっちかな??



155 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 18:48:23 ID:CmV7U17G
日蓮大聖人は、文底秘沈された南無妙法蓮華経を取り出された。
文底秘沈というのは、文上にすら無い、極秘の法門ですから、
真言密教以上にレアな法門です。
涅槃経の破折はいい加減飽きたので違うのをお願いします。

156 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 18:52:27 ID:lkb8KVcu
では、お望みどおり破折しますから、

上の解釈は合ってるの間違ってるの、どっち?

それをまずお答えくださいな。

157 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 18:57:15 ID:lkb8KVcu
ああ、追記。

これも法華経、涅槃経のそれぞれの経文そのものを以て破折しますよ。

あなた方みたいに、誰かの解釈に誰かの解釈の上塗りといった
卑怯なマネはしませんからそのおつもりで。

158 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 19:00:37 ID:30F96MiZ
涅槃経は唱えてないから受けてない。
日蓮大聖人は久遠元初の仏様です。



159 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 19:02:41 ID:30F96MiZ
破折できるならしてください。

160 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 19:07:39 ID:30F96MiZ
言っておきますが、日蓮正宗の根本は戒壇の大御本尊なので、経文は別に知らなくても成仏できます。


161 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 19:09:08 ID:TUetATIk
マイルールに沿って「自分らだけの言い分」を押し付け、他人の論破はどんなに完全なものでも認めない。
「自分のジョーブツ」とやらに固執して、ただの卑怯ものに陥るのが自覚出来ないからな。
これで論破されても認めない汚い様が展開するのが目に見えるよ。

162 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 19:10:53 ID:30F96MiZ
成仏だいじですよ。成仏はだいじ。あなたも唱えましょう。

163 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 19:13:45 ID:lkb8KVcu
>>160
ムチャクチャだな…。知る知らない、ではなく
そもそも日蓮邪宗が法華経の経文からその理を説明してるじゃないか?違うか?

164 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/03/24(土) 19:21:25 ID:2XS20L18
では、こちらはこちらで続けます。
淡路阪神震災、新潟の震災の時、正宗はどんな援助をしたのでしょうか。
邪宗だからって話はかんべんしてもらって、歴史的事実として、現実に何をしましたか?
街や村は復旧しつつありますが法華経のおかげですか?

165 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 19:23:58 ID:TUetATIk
何度も詐欺に引っ掛かった上に自分まで詐欺師になっている自覚もない人間の言葉には何の説得力もないし、価値もない。
従ってその同類になってやる義理も道理もない。
信用に足る人間になってから勧誘すればよかろ。今のままじゃ同類以外に通用するレベルでもない。

166 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 19:33:51 ID:lkb8KVcu
では、お望みの通り。長くなるけどね。

そもそも、法華経では
迹門化城喩品で「三千塵点劫」に対し
本門の寿量品で「五百(億)塵点劫」と説かれますね?

まず、化城喩品では「三千塵点劫」という人間の想像を越えるほどの過去昔に
釈尊が結縁の衆生との化導の始まりを明かした、とする。
で、寿量品では「五百億塵点劫」という、これまた化城喩品の「三千塵点劫」よりも
さらに越える過去昔に釈尊は実は成仏していたことを打ち明けた、とする。

で、寿量品ではその後に「我本行菩薩道、所成寿命、今猶未尽、復倍上数」とある。
(我れ本、菩薩の道を行じて成ぜし所の寿命、今なおいまだ尽きず。復上の数に倍せり)

つまり、釈迦が五百塵点劫の昔に成仏し、それ以降、娑婆世界において
衆生を成仏させようとしてさまざまな教えを説いてきたことを説いているが、
寿命があることを明かしている。ここが文底秘沈の根拠である。

さて、題目くんは>>106
日蓮邪宗で言っている教学すら知らないでモノを言おうとしているんだよね。
まず、ここを正しいのか違うのかをハッキリしてもらわないと前に進めないんだけどねぇ…。

まぁ、いいかな。では次で日蓮邪宗の邪宗たる所以を破折します。

167 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 19:47:41 ID:yrCvUsAt
長い間、最高真実を誇っていた日蓮正宗がついに破折されるんですね。
「百禍繚乱(ひゃっかりょうらん)」のような感じなのか。わく、わく。

168 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 19:50:54 ID:Dl+MrzvJ
もう色んなところで、破折されてたりしてw

169 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 19:55:52 ID:lkb8KVcu
>>166の続き。
では、この寿量品の「三千塵点劫」、「五百塵点劫」の部分は実際どう書いてあるか??

「佛告諸比丘。乃往過去無量無邊不可思議阿僧祇劫。爾時有佛。名大通智勝如來
應供正遍知明行足善逝世間解無上士調御丈夫天人師佛世尊。其國名好成。
劫名大相。諸比丘。彼佛滅度已來甚大久遠。譬如三千大千世界所有地種。
假使有人磨以爲墨。過於東方千國土乃下一點。大如微塵。又過千國土復下一點。
如是展轉盡地種墨〜云々」

では、この化城喩品の現代語訳です。
ただし、もちろんヘンな細工や解釈は一切加えませんよ。

「想像できないはるかな昔、大通智勝(だいつうちしょう)如来という仏がおられた。
その国の名を好成(こうじょう)、その世を大相(だいそう)と言う。
この仏が滅してから 現在まで遥かな時が流れた。
譬(たと)えばこの世の全ての地を磨すり潰し、東方へ千の国土を越えた後
一粒を置き、また千の国土を過ぎた後 一粒を置いていったとしましょう。
そして全ての塵ちりが無くなった時、いくつの国を越えたのであろうか、、、云々」

この部分が「三千塵点劫」の根拠となっている経文ですね。

170 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 20:00:57 ID:n2T4aypv
>>166
アホ。それくらい知ってます。
頑張って今考えてるみたいだけど無理です。
そもそも師から伝わった法門を基盤に論じないで、自分で創作するとは、増上慢もエベレスト級です。

171 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 20:05:18 ID:n2T4aypv
>>163
このスレの意義は>>1のテンプレに極まります。あとは蛇足。
入門サイトを見てね。

172 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 20:06:01 ID:EpWZsWxH
>そもそも師から伝わった法門を基盤に論じないで、自分で創作するとは、増上慢もエベレスト級です。
それって、日蓮じゃんw

173 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:08:26 ID:lkb8KVcu
>>170
いま、書いてる途中ですが…。
アホ呼ばわりありがとう。常不軽菩薩の心境です。

では、破折するから、もう少し待っててね。

174 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 20:08:31 ID:n2T4aypv
>>172
日蓮大聖人がどれだけ血のにじむような研鑽をされたか知らないのか。
理趣経なんて変態エロ経に執着しているあなたに言われたくないです。

175 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:10:31 ID:lkb8KVcu
>>166>>169の続き。
では、如来寿量品の「五百塵点劫」は実際どう書いてるか??

汝等諦聽。如來祕密神通之力。一切世間天人及阿修羅。皆謂今釋迦牟尼佛出釋氏宮。
去伽耶城不遠坐於道場。得阿耨多羅三藐三菩提。然善男子。我實成佛已來。
無量無邊百千萬億那由他劫。譬如五百千萬億那由他阿僧祇三千大千世界。
假使有人末爲微塵。過於東方五百千萬億那由他阿僧祇國。乃下一塵。如是東行盡是微塵〜云々」

如来寿量品の現代語訳
「汝らあきらかによく聴け、如来の秘密神通の力を。すべての者たちは、私が釈迦族の王宮を出た後、
行を修め阿耨多羅三藐三菩提(悟り)を得た、と思っている。しかるに善男子よ、私は実に成仏してより
已来(このかた)、無量無辺百千万億那由他劫なり。譬(たと)えば 五百千万億那由他阿僧祇の
三千大千世界をすべて塵として東方五百千万億那由他阿僧祇の国を過ぎて後、
一塵を落としていったとしよう。この塵が無くなった時、いくつの国を越えるのであろうか、、、云々」

この部分が「五百塵点劫」の根拠となっている経文ですね。

176 :法華研究中:2007/03/24(土) 20:11:18 ID:2mjZgwEo
割込み失礼
ちょと確認したくて
前スレ(3)の>>760(南無妙氏)で
日蓮が久遠元初の本仏であることの説明の中、
> なぜ釈尊在世では南無妙法蓮華経が必要でなかったかと言うと
> 当時の弟子は、過去世で南無妙法蓮華経に縁して、
> 誹謗したり途中で退転したものなので、
> すでに一度妙法の種が植えられた状態と言えます。

とありましたが
これだと、釈尊の弟子たちは、釈尊に遇う前に、既に南無妙法蓮華経に出会ってなければならなくなるが
いったい、何時・誰が釈尊の弟子たちに南無妙法蓮華経を伝えたのか?

以上、素朴な疑問でした
正宗信徒のどなたでもよいので、返事よろしくお願いします

177 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 20:12:29 ID:n2T4aypv
はやいとこ結論を。

178 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 20:16:10 ID:EpWZsWxH
正宗の根本は南無妙法蓮華経(題目と本尊)と言うから、その根拠を聞けば法華経と言う
法華経の矛盾をつけば、法華経は根本でないと言う
なんら正しさを証明できず、死体がどうだの言いだす
そんなもの、公平な立場の者による統計でもなけりゃ証明できない(因果関係の証明にはならんが)
法華経以外知らない、捨ててると言いながら、他経の引用はする
まるで、幼児の言葉遊びのようだ

179 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 20:20:55 ID:EpWZsWxH
>>174
どれだけ血のにじむ研鑽しようが日蓮が、師から伝わった法門を基盤に論じないで、自分で創作したのは事実
増上慢もエベレスト級です。

180 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:24:45 ID:lkb8KVcu
>>166>>169>>175の続き。
さてさて、「文底秘沈」の根拠となっている「五百塵点劫」をよく読んでみましょう。

「しかるに善男子よ、私は実に成仏してより已来(このかた)、無量無辺百千万億那由他劫なり」
とありますね??

で、続けて「譬えば 五百千万億那由他阿僧祇の三千大千世界をすべて塵として
東方五百千万億那由他阿僧祇の国を過ぎて後、 一塵を落としていったとしよう〜云々」
と釈尊はお説きになっているわけですね??

で、寿量品ではこの後に「我本行菩薩道、所成寿命、今猶未尽、復倍上数」
(我れ本、菩薩の道を行じて成ぜし所の寿命、今なおいまだ尽きず。また上の数の倍もある)

さて、ここが大事です。日蓮邪宗では釈尊の命は「五百塵点劫」で
始まりと終わりが有ることを暗示している、つまり釈尊は「有始有終」の仏である。
釈尊が菩薩道を修めた時、法も仏もなかったのなら、菩薩道そのものが成り立たない。

これが「文底秘沈」の根拠となっているわけですね。

181 :法華研究中:2007/03/24(土) 20:25:05 ID:2mjZgwEo
>>174
別に理趣経氏を擁護する訳ではないが、
理趣経は変態エロ経ではない
そもそも、そう解釈される恐れが十分あったから、空海は理趣経だけは最澄に貸さなかった
本来、菩薩の境地に至らなければ、その真意を理解できないもの

182 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 20:26:47 ID:G6gMWFpJ
>>176
仏法というのは、すべて久遠元初の御本仏から始まるんです。
そこで、南無妙法蓮華経の修行をするものはことごとく成仏するんですが、
途中で退転したり、はじめから信じないものは、一度地獄に堕ちます。
しかし、今度は、久遠元初の御本仏よりは劣る、熟脱の仏様に巡り合い、産まれては死に産まれては死にと、南無妙法蓮華経の種を咲かせる成仏を目指すんです。
大学受験に失敗して何年も浪人するようなものだと思われます。
その、最後の熟脱の仏が、三千年前インドに出現した釈尊です。
つまり、釈尊の弟子は、久遠元初の種を、滅茶苦茶手間暇かけて開こうと頑張ってたんです。
そして時代は巡り返って、ふたたび、すべての仏の産みの親である久遠元初の御本仏の法が必要な時が到来します。
それが、鎌倉の世に出現された日蓮大聖人です。
ですから、一見すると、インドの釈尊が仏法の根本に勘違いしますが
日本の日蓮大聖人の南無妙法蓮華経から、全てがはじまっています。

183 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:35:19 ID:lkb8KVcu
さて、>>166>>169>>175>>180と長ったらしく前フリが続きましたが、
ここで懸命な方々はお気づきになったかと思います。

「三千塵点劫」及び「五百塵点劫」は、釈尊がたとえ話として出しただけなのです。

彼ら日蓮邪宗は「五百塵点劫」と「我本行菩薩道」その他諸々を組み合わせて
釈尊の寿命には限界があり、日蓮こそが寿命のない過去現在未来、
また正・像・末にとらわれない三世共通、すべての仏の根本の師であり仏なのだ、と。

実際、これら経文を見ればその前に釈尊は
化城喩品で「乃往過去無量無邊不可思議阿僧祇劫」とあり
寿量品でも「我實成佛已來。無量無邊百千萬億那由他劫」とあります。

つまり釈尊は、「私が成仏してよりこのかた、無量無辺百千万億那由他劫」である、
と既に説いているのです。

したがって、この法華経の寿量品の時点で既に日蓮邪宗の教義は破綻しています。

まだまだ続きますよ〜〜。

184 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 20:38:00 ID:1A1g0PHk
「公理(前提)を証明せず、好きに設定できれば、誰にでも、そしてなんとでも言える」
「仮定を前提とした話はどこまでいっても仮定」
「誰でも、そしてなんにでも用いれる、代替可能な理屈をもって『我のみ正しい、他は間違い』など滑稽極まりない」


題目君に言いたいのはこれに尽きるかな。

185 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 20:39:41 ID:7oFOpclB
>>181
空海は、傳教大師に嫌がらせで貸さなかったんだよ。
自分が傳教大師に劣ることを知っていたからね。
密教もまた大乗であるから最澄は、まなびたかったわけだが。

186 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:44:11 ID:lkb8KVcu
>>185
>自分が傳教大師に劣ることを知っていたからね。
その根拠を示しなさい。でなければ言いがかりにしか過ぎない。

史実である文書はかなりあるよ。

187 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 20:44:19 ID:7oFOpclB
ID:lkb8KVcu
日蓮邪宗って日本にもどこにも存在してないと思いますが、文証を出して
存在を教えていただきたい。

188 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:46:40 ID:lkb8KVcu
>>166>>169>>175>>180>>183の結論。

さて、ここで涅槃経は譬喩を混同することを警めており
それを文証として出します。

「衆生を化導せんが為に、譬喩(たとえ)を以て諸法実相を理解せしめんが為に説いた」
「我は種々の方便・譬喩を説きて、以て解脱に喩える。無量阿僧祇の喩を以てするといえども、
しかも実は譬喩を以て此れを為すべからず」

つまり、譬喩(たとえばなし)と真実を混同してはならないことを説かれている。

189 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 20:48:07 ID:7oFOpclB
最澄=短期留学生
空海=本格的留学生

190 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:50:58 ID:lkb8KVcu
>>187
私がまず聴いたことにお答えくださいな。

それをして初めてあなたは私に質問することができる。それが世間法のルール。
あなたが正宗信者か何か知りませんが、如来法を標榜するのであれば
世間法にも劣るようなマネはおやめなさい。

しかも、これまで書いたとおり、
すべて日蓮正宗ならぬ日蓮邪宗であることを述べてますが、それが何か??


191 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 20:55:20 ID:7oFOpclB
>>190
日蓮邪宗なる教団、宗派は存在しないが故に却下。

192 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:58:05 ID:lkb8KVcu
では、>>185
>自分が傳教大師に劣ることを知っていたからね。

これは根拠のない言いがかりということになりますね。

193 :法華研究中:2007/03/24(土) 20:59:28 ID:2mjZgwEo
>>182
早速の返事ありがとう

> ですから、一見するとインドの釈尊が仏法の根本に勘違いしますが、日本の日蓮大聖人の南無妙法蓮華経から、全てが始まっています。

日蓮聖人→釈尊‥‥?
どう考えても順番が逆でしょう
釈尊(根本)→日蓮聖人
これこそ因果に沿った流れのはずだと思いますが

194 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 21:00:08 ID:TGTzB/t8
日蓮大聖人は、経文と当時の世相の符合を深く考慮せられ、
鎌倉の世こそ釈尊が闘譲堅固・白法隠没と示された末法時代に他ならない、と決せられました。
この末法時代について釈尊は『法華経』に、
「我が滅度の後、後の五百歳の中に、閻浮堤に広宣流布して、断絶せしむること無けん」
「悪世末法の時 能く此の経を持たん者」
「日月の光明の 能く諸の幽冥を除くが如く この人世間に行じて 能く衆生の闇を滅し」
「悪口罵言等し 及び刀杖を加うる者有らん」
「数数擯出せられ」
等と説き、末法に日月の光明のごとき大人格者が出現され
経文に示される種々の大法難を体験して、法華経の肝心要の法を説き弘めることを予証しています。


195 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 21:04:07 ID:TGTzB/t8
>>193
釈尊は法華経によって、在世の弟子を成仏させる仏でもありますが、
最後の熟脱の仏として、末法の久遠元初の日蓮大聖人の出現を予証する、という重要な役割を担う存在でもあります。

196 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 21:07:03 ID:lkb8KVcu
>>180に加えてさらに破折。
で、寿量品ではこの後に「我本行菩薩道、所成寿命、今猶未尽、復倍上数」
(我れ本、菩薩の道を行じて成ぜし所の寿命、今なおいまだ尽きず。また上の数の倍もある)

さて、ここが大事です。日蓮邪宗では釈尊の命は「五百塵点劫」で
始まりと終わりが有ることを暗示している、つまり釈尊は「有始有終」の仏である。
釈尊が菩薩道を修めた時、法も仏もなかったのなら(無仏だったら)、
菩薩道そのものが成り立たない。

これが「文底秘沈」の根拠となっているわけですが、
涅槃経の雪山童子の話は有名ですが、彼らの言い分を否定している部分があります。

釈尊の前世である雪山童子は、無仏だった時にバラモンという外道ではあったものの
雪山(ヒマラヤ)で「菩薩道」を修していた、とハッキリ書かれています。

つまり、「釈尊が菩薩道を修めた時、法も仏もなかったのなら(無仏だったら)、
菩薩道そのものが成り立たない」ということを否定した文証と言えるでしょう。

197 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 21:21:13 ID:7oFOpclB
題目くん
日蓮邪宗を唱える外道は、無視するように。


198 :法華研究中:2007/03/24(土) 21:29:44 ID:2mjZgwEo
>>195
末法のことは聞いていませんので、どうでもいいです
釈尊が最後の熟脱の仏?
よく分かりません

もう一度確認します
釈尊の弟子たちに、最初に南無妙法蓮華経を説いたのは、いったい誰ですか?
そして、それは何時・何処でですか?


199 :法華研究中:2007/03/24(土) 21:34:01 ID:2mjZgwEo
>>197
あなたでも構いません
>>198の回答をお願いします

200 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 21:47:19 ID:FeOKZZRO
>>196
釈尊は寿量品において、自身の本地が、五百塵点劫の昔に成仏した久遠実成の仏であることを明かしました。
その成仏の原因が、同じく寿量品に明かしています。
それが、
「我本行菩薩道。所成寿命。今猶未尽。復倍上数(我れ本、菩薩の道を行じて成ぜし所の寿命、今なお未だ尽きず。復上の数に倍せり)」等の文です。
経文上には以上のように説き示しておりますが、しかし、この因果をさらにせんじ詰めると、釈尊には凡夫の段階での修行が必要です。
日蓮大聖人は、この原因が、南無妙法蓮華経であったとはっきりと説ききられました。
久遠元初の御本仏以外には、他の誰も、寿量品の文底に秘められた真実を説く資格を有さない。


201 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 21:54:14 ID:FeOKZZRO
>>198
極論すると、日蓮大聖人です。そして、逆縁下種の嵐だった鎌倉の世ということになります。
しかし、南無妙法蓮華経は一閻浮堤に広宣流布しますから、広宣流布した後でどこか違う国で妙法の種を植えられたにもかかわらず、怠慢で途中で退転したものかもしれない。
いろいろな場合が考えられると思います。

202 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 22:05:59 ID:lkb8KVcu
>>200
読解力ある??
もう一度>>183>>188を読んでくださいな。

五百塵点劫は、釈尊が分りやすいように単なるたとえで出しただけ
実際は「無量無辺」と説かれておられる。

203 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 22:10:52 ID:CmV7U17G
>>202
釈尊は久遠実成の仏であることを明かして、
日蓮大聖人は久遠元初の御本仏であると明かされました。
釈尊も、日蓮大聖人の仏弟子だったということです。

204 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 22:17:38 ID:lkb8KVcu
ハァ…。
経文に依らずんば、禅宗を天魔だのと批判できないよ、それじゃ。
まぁ携帯からじゃレスは見返せないかもしれないけどさ〜。

もう一度だけ言うよ。
五百塵点劫は、単なる仮令(たとえ)で出しただけ。
実際には「無量無辺」とあるんだよ。

つまり、それが釈尊の久遠実成の時ではないんだよ。
わからないかなぁ…。簡単な話なのに。

205 :法華研究中:2007/03/24(土) 22:34:03 ID:2mjZgwEo
>>201
> 極論すると、日蓮大聖人です。そして、逆縁下種の嵐だった鎌倉の世ということになります。

日蓮聖人(AD1222-82)が釈尊の弟子たち(BC500頃)に南無妙法蓮華経を伝えたことになる
これって、どう考えても論理的におかしくない?
因果の法則無視じゃないですか?
あと、日蓮正宗用語には詳しくないので「一閻浮堤」について少し解説願います

206 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 22:40:46 ID:yrCvUsAt
スレその1からの南無妙法蓮華経さんの日蓮正宗の世界観をまとめると、
 1.世の中には妙法蓮華教という教えがあって、また、
 2.世の中には善紳が沢山いて、
 3.日蓮正宗の板ご本尊には日蓮大聖人が入っていて、
 4.皆が「南無妙法蓮華経」と唱えると、
 5.善神たちが喜んで、その人にはご利益、世間には平和をもたらし、
 6.熱心に唱えた人には成仏をもたらす
ということでOKですか。これだと「妙法蓮華教」には全然力が無く、力は
善紳たちにあって、彼らに持ち上げられているだけのような気がするのですが。
それと3の位置づけ、つまり、日蓮大聖人の入った板ご本尊の役割が少し
浮いているように思えるのですが、間違っていたら修正していただければ幸いです。

207 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 22:48:48 ID:6zOXAgvs
>>204
無量無辺百千萬億那由他劫=久遠五百塵点劫。
釈尊仏法では久遠五百塵点劫を遡る仏は明かされませんてした。
しかし、日蓮大聖人によって、法華経寿量品の文低に秘められた久遠元初(五百塵点劫の当初)の仏と法が説き明かされるとき、
五百塵点劫は、まさに昨日のように近い、鎌倉時代と分かります。

208 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 22:51:26 ID:6zOXAgvs
>>205
一閻浮堤は地球のことです。
星も産まれたり滅したりしますから矛盾はないです。

209 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 22:54:32 ID:6zOXAgvs
>>206
諸天善神は、法華経を守護する誓いを立てているので
南無妙法蓮華経を受持する行者は、守護しないといけないことになっています。
日蓮大聖人の在御伴があるからこそ、諸天も頑張って守護します。

210 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 22:57:23 ID:6zOXAgvs
間違い。在御判です。


211 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 22:57:29 ID:lkb8KVcu
おいおい、ダメだな、こりゃ…。

「しかるに善男子よ、私は実に成仏してより已来(このかた)無量無辺百千万億那由他劫なり」



「たとえば 五百千万億那由他阿僧祇の三千大千世界をすべて塵として
東方五百千万億那由他阿僧祇の国を過ぎて後、 一塵を落としていったとしよう〜云々」

は別の次元で話しているってことがわからないのかい??



212 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 23:02:42 ID:6zOXAgvs
>>211
無量無辺〜と説かれても、弟子はピンとこないですから
以下の譬如五百千萬億〜の分かりやすい譬え話で、
重ねてそのスケールの大きさを説明しているんです。
なので、同じ次元です。

213 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 23:06:27 ID:lkb8KVcu
>>209
つまり釈尊は五百塵点劫の時点で成仏した、といってるのではないのだよ。

五百塵点劫は、もののたとえで出した話にしか過ぎないってことなんだけどなぁ…。
まぁ三千塵点劫とリンクして書かれているのは間違いないが、
どちらも、たとえ話にしか過ぎないわけ。

寿量品のそこをどう読んだらそんな解釈になるのか、まったく理解できん。

>>212
無量無辺〜と説かれても、弟子はピンとこないですから以下の譬如五百千萬億〜
の分かりやすい譬え話で、重ねてそのスケールの大きさを説明しているんです。
なので、同じ次元です。


では、涅槃経の経文をもう一度贈ります。

「衆生を化導せんが為に、譬喩(たとえ)を以て諸法実相を理解せしめんが為に説いた」
「我は種々の方便・譬喩を説きて、以て解脱に喩える。無量阿僧祇の喩を以てするといえども、
しかも実は譬喩を以て此れを為すべからず」

214 :法華研究中:2007/03/24(土) 23:08:11 ID:2mjZgwEo
>>208
> 星も産まれた滅したりするから矛盾はない

星の産滅は解るが、日蓮聖人が釈尊の弟子に会ったという説明とどう関係するのか?
意味不明!?

それとも、久遠元初の仏は時間をも遡ることができるってこと?
(タイムマシンのようなものを持っている)

215 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 23:09:52 ID:yrCvUsAt
>>209
なるほど、諸天善紳が法華経の行者を守るとは、陀羅尼品第二十六にあるわけですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E5%A4%A9%E5%96%84%E7%A5%9E
http://fujinomiyaboy.fc2web.com/shiryousitu_houbou_todasidou003.htm

216 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 23:10:31 ID:6zOXAgvs
東京ドーム何個分です。ていう譬えの方法と一緒と思われます。もちろん、寿量品のスケールは桁外れに違います。

217 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 23:11:00 ID:lkb8KVcu
>>213はレス番間違いなので再掲。
>>207
つまり釈尊は五百塵点劫の時点で成仏した、といってるのではないのだよ。

五百塵点劫は、もののたとえで出した話にしか過ぎないってことなんだけどなぁ…。
まぁ三千塵点劫とリンクして書かれているのは間違いないが、
どちらも、たとえ話にしか過ぎないわけ。

寿量品のそこをどう読んだらそんな解釈になるのか、まったく理解できん。

>>212
無量無辺〜と説かれても、弟子はピンとこないですから以下の譬如五百千萬億〜
の分かりやすい譬え話で、重ねてそのスケールの大きさを説明しているんです。
なので、同じ次元です。

では、涅槃経の経文をもう一度贈ります。
「衆生を化導せんが為に、譬喩(たとえ)を以て諸法実相を理解せしめんが為に説いた」
「我は種々の方便・譬喩を説きて、以て解脱に喩える。無量阿僧祇の喩を以てするといえども、
しかも実は譬喩を以て此れを為すべからず」

218 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 23:13:22 ID:6zOXAgvs
>>214違います。
ただ時間が巡って(輪廻して)久遠元初の鎌倉時代に戻った、ということです。

219 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 23:19:33 ID:6zOXAgvs

どうか、法華経を誹謗しないように。

220 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 23:22:37 ID:lkb8KVcu
ねぇねぇ?聞いていい?バカバカしい質問かもしれないけど。
法華経を誹謗するのと題目を誹謗するのは違うの??

まぁどちらでも関係ないけどね。
誹謗してるのは題目くんだからさ。

221 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 23:25:22 ID:zjyaXxSv
自分は大石寺の教義から、間違いを破折しているんです。
誹謗していません。

222 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 23:28:18 ID:EpWZsWxH
>>219
法華経に説かれている南無勧世音菩薩を誹謗してるくせに、よく言うわ

223 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 23:33:49 ID:zjyaXxSv
菩薩を崇めてるとしたら、それは仏法ではなくて菩薩法です。
どうか素直に大石寺に帰伏されることをすすめます。

224 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 23:37:36 ID:EpWZsWxH
>>223
つまり、南無勧世音菩薩をとなえる法華経は誹謗なんですね

225 :南無妙法蓮華経:2007/03/24(土) 23:44:53 ID:zjyaXxSv
南無観世音菩薩だけを唱えると、南無妙法蓮華経を誹謗することになるので大変危険です。
どうか、南無妙法蓮華経のみ受持することをすすめます。

226 :神も仏も名無しさん:2007/03/24(土) 23:45:25 ID:Dl+MrzvJ
王手っぽいなあ。
客観的かつ物証的な要素をもって
反駁が出来ないなら王手っぽいよ。題目君

227 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 23:48:04 ID:lkb8KVcu
題目くんさ、そういう姿勢では世間法の人たちは折伏できないよ。
もし折伏できたとすれば、宗教にまったく警戒心のない、無知な人だけ。

宗教に関心がある人ってなかなかいないだろうけど、
関心があれば絶対に日蓮正宗系の教えにはダマされないしね。

題目くんは、唱題と塔婆供養以外に宗教的な規範的活動はないのかい??

228 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/24(土) 23:48:35 ID:EpWZsWxH
>>225
つまり妙法蓮華経は南無妙法蓮華経を誹謗してるんですね

229 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 23:50:31 ID:lkb8KVcu
>>226さん
題目くんは、ご自身も認めておられるように
まだまだ学を要す方なので、ある意味仕方ないかと思います。
ここらで学を修めた人が出てきてほしいんですけどね。

230 :法華研究中:2007/03/25(日) 00:02:59 ID:6tMEt+ag
>>218
時間が巡って鎌倉時代に戻る

やっぱり時間が戻るってことじやないですか
時間て、過去から未来へしか流れないと思っていた
なんか、まるでSFの世界ですね


231 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 00:03:10 ID:YastZrUa
>>228
法華経の中にも様々な品があります。
観世音菩薩は観世音菩薩普門品第二十五なんですが、
法華経の中心は如来寿量品第十六です。
なぜかといいますと、ここでは仏も一念三千の法も、久遠より常住する普遍的存在であることが明かされ、
直ちに仏界を開く即身成仏の法門があるからです。

ですから、一部に登場した、しかもただの菩薩に南無するというのは、法華経の肝要を無視した選択なので道理に反しています。


232 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 00:05:25 ID:YastZrUa
>>230
時間が円を描いて輪廻することは仏法の基本的概念だと思われます。

233 :無色透明:2007/03/25(日) 00:06:24 ID:MOJ+rLbV
なぜ宗教論争が絶えないのか・・・本当の事や指摘されて痛い事を言われてムキになって怒る人がいるように
この類の論争もそうなのでしょうかねぇ。。各自が信仰したいものをすればいいわけで
他人を同調させようとするから反発したり、けなしあったりして問題が起こるのでしょうね。


234 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 00:07:43 ID:T3rPNjGa
ええ〜〜〜〜????

時間が輪廻ループする〜〜〜????

輪廻からの脱出を説いたのが仏教ではなかったのか!!

コリャ驚いた。まったくもって頭破七分だよ、それじゃぁ…。

235 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 00:09:04 ID:T3rPNjGa
>>233
まったくもってその通りです。

236 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 00:15:32 ID:sXghh0Ef
>>231
寿量品が重要というのは、法華宗系の主張であって、法華経自体には、そんな事書いていないし他派には通用しない
それに、寿量品には、釈尊は未来も常に娑婆世界で説法し続けると書いてあるので正宗の主張と異なりますPS.勧世音菩薩普門品だろうと妙法蓮華経の説法には違いない

237 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 00:22:13 ID:YastZrUa
>>236
いや。「本門の教主釈尊」として、戒壇の大御本尊様という御姿で、
常住比説法されていますから、なにも矛盾していないです。
なんども言うように、成仏が大事ですから、
仏になっていない菩薩には、衆生を仏にすることはできません。

238 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 00:27:13 ID:ygbalA1U
>>229さん
あくまで外野のヤジ的な
発言にも係わらず、レス頂き恐縮です。実は数度、当スレで題目君とやりとりしているのですが、
当方、経典に関しては無知なのでROMっております。

経典や題目、本尊という視点から
論じられておられる皆様には、
ただただ感服いたしたます。
合わせて題目君の一途な姿勢には敬意も持っているのですが、
それが彼の自発的に生み出された
思考で無い事が残念でなりません。


239 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 00:30:59 ID:sXghh0Ef
>>237
わけわからん奴だな
じゃ〜日蓮が生まれるまで釈尊は何処で説法してたんだよ
まだ板きれはなかったぞ
と言うか、釈尊を板きれと言うのが誹謗だよ
あと菩薩云々じゃなくて、それを説いた妙法蓮華経は南無妙法蓮華経を誹謗してるんだろと言っている

240 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 00:36:20 ID:WvShkG7d
どうも法華経なるものを信じると人を中傷する人々の仲間入りになるらしい。
すると法華経というのは私を含めてお前達は地獄にいくしかない人間だということを
教えているのか。

241 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 00:39:57 ID:YastZrUa
>>239
法華経の一字一字を金色の釈尊と拝する、と言われています。
法華経の中には様々な衆生が登場しますが、その中の一つのみに帰依するという姿勢が、片寄っている、ということです。
南無妙法蓮華経は、法華経の肝心の事の一念三千の法門が説きあらわされているので、莫大な利益があり、成仏もかないます。

242 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 00:40:14 ID:T3rPNjGa
>>238
いやいや、こちらも別スレをややROMしてましたので(笑)

私も題目くんの、その一面の姿勢には敬意を持っているつもりです。
なんだって一切悉有仏性ですから。常不軽菩薩の如くです。

243 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 00:43:05 ID:T3rPNjGa
>>241
一念三千は解釈の解釈の解釈、つまりドグマの上塗りでしかないと破折した。
そんなにも大事な法門なのに、智は生涯でただ一回しか言及していないんだな、これが。
弟子の湛然?がさらに解釈し発展させただけ。

244 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 00:55:23 ID:YastZrUa
>>243
ドグマが大好きみたいですが、
全く破折になってないです。

一念三千の法門が説かれているからこそ、法華経が最高真実と言えます。
これは一つの実在(一念)を三千の体系で捉えています。

十界×十界×十如是×三世間=三千

この仏の知恵で悟られた法門で、宇宙間のあらゆる事象の真実の姿を捉え
さらに一切衆生に真の幸福を開く道を示します。

245 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 00:59:46 ID:B7L//QIv
一念三千の法門
http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/nichiren_kyogi4.htm

246 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 01:02:59 ID:B7L//QIv
どうか、素直に大石寺に帰伏されることをすすめます。
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

247 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 01:15:11 ID:T3rPNjGa
>>244
いやいや、私はあなた方邪宗のようにドグマはあまり好きじゃないよ。
ドグマを論って、カルトの邪義を破折するのが好きなんです。

一念三千は、題目さんがよくお調べになってからお話くださいませ。

法華経の十如是は法華経サンスクリット原典にはなく鳩摩羅什が独自の解釈で訳した
 ↓
天台智が涅槃経の悉有仏性をヒントに十如是と十界互具と三世間を組み合わせ、
それを一念三千といった。後々の教学これほど大事にする教義であるのにも関わらず
智自身は一生涯、「摩訶止観」で、たった一度だけしか言及しなかった。
 ↓
弟子の湛然がこれを仏教の極意と持ち上げ、さらに発展継承し宣伝した。

248 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 01:53:07 ID:UpKntL5g
>>246
基本がわかっていません。三大秘法抄は、散々読んでいるはずなんだが。
霊鷲虚空会上において、日蓮聖人と釈尊との面受口決が書かれている。

時間が円を描いて輪廻することは仏法の基本的概念だと思われます。

佛法は無始無終の宇宙観を説いている。

御隠尊の御指南に日顕宗なる言葉を聞いたらそのような宗派のないことを教える旨、仰せ遊ばされる。
>>209
諌暁八幡抄において法華経の行者を守らぬ八幡神を叱る。然る後、竜ノ口法難に奇瑞ある。
>>218
滅裂
>>236
>>239
釈尊は未来も常に娑婆世界で説法し続けると ここに云う釈尊は、日蓮聖人のこと。

本門の教主釈尊は、日蓮聖人。

末法になるまでは、釈尊の教える修行により成仏する。

別の御指南
あなたは、間違っていますよ。それだけで良いとある。

一宗の本尊である。只の板では無い。



249 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 01:59:49 ID:UpKntL5g
>>247
前スレ参照
羅什三蔵漢訳の原典は未発見。中国において漢訳の原典存在之無。
これは、全ての漢訳経典全く同じ。
よって、検証不能。

250 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 02:39:46 ID:sXghh0Ef
>>248
>ここに云う釈尊は日蓮聖人のこと
過去、現在、未来、常に説法してるんだよね
現在が板だとして、その前が日蓮、で日蓮が生まれる前は?
釈尊入滅後からが日蓮生まれるまで、何処で説法してたのですか
そして、誰ですか
その仏が説いたものはなんですか

251 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 02:42:26 ID:Yq9RS8gx
ほけきょうってサンスクリットで書かれたんだよね?
釈迦の時代にはサンスクリットないよね?

252 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 03:07:54 ID:UpKntL5g
>>250-251
法華経は、現実の歴史上の事実を記した記録書ではないことは、これまでで確認された通りです。
まず法が存在し、如法に修行遊ばされ仏となります。
因果倶時といって瞬時に達成されるとあります。
これが、本因妙の教主・日蓮聖人。本佛です。
釈尊は、
本果妙といい、シャク佛です。
因・果は、師匠と弟子の関係にあります。

霊鷲虚空会で説法遊ばされます。現在の宇宙論と折り合わないと思われます。

これは、単なる知識でして正直全くわからない。わたし自身、法はどのようにして存在したかわかりません。
これらのことは、住職にお伺いしたいと思います。
まったくもって浅識で申し訳ない。

253 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 03:43:46 ID:sXghh0Ef
>>252
>法華経は、現実の歴史上の事実を記した記録書ではないことは、これまでで確認された通りです。
題目君より現実的ですね

>まず法が存在し、如法に修行遊ばされ仏となります。
因果倶時といって瞬時に達成されるとあります。
異論ありません
即身成仏は否定しません

>因・果は、師匠と弟子の関係にあります。
本仏、迹仏は証明を求めます

また、成仏とは文字どうり、仏と成る事ですが、
日蓮の事を本仏だと正宗内で信じるのは結構だが、
他宗派に対して本仏と言うなら立証して欲しいものです
釈尊を本仏としている宗派
にとっては迹仏扱いされると不快でしょう
自分は、大日如来(真理なる法)の信仰(現在の真言宗教団には疑念あり)プラス自然崇拝におもいはありますが、釈尊を草履取り云々とは考えてませんよ

254 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 03:53:31 ID:EE3Y6m7Q
>>247
>天台智が涅槃経の悉有仏性をヒントに十如是と十界互具と三世間を組み合わせ、
とにかく涅槃経に根拠を持って行きたいらしいが・・・
衆生全てに仏性があることの説明は、法華経自体にある。
常不軽菩薩品

それと、あなたの主張は・・・
「自分は涅槃経がより正しいと<思っていて>、それを根拠に法華経を誹謗していると思われる。
その態度では、題目君を責めることは出来ない。

255 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 04:13:27 ID:sXghh0Ef
>>254
横レスだけど、彼は、経典の句をもって論じてるから、題目君とは違うよ
経典の比較をするのなら、経典の句で比較しないと、もし、独自解釈するなら、その正当性を証明(説明)しないと、議論にならないよ
法華経を普通に読んで、仏が日蓮として鎌倉時代に現れるなんて書いてるなんてならないしね

256 :254:2007/03/25(日) 05:00:54 ID:EE3Y6m7Q
>>255
仏性に関しては、涅槃経の主張を正しいものと主張している。
そこには、証明が一切ない。
これでは、題目君を攻める論拠としては、はなはだ弱い。
主張だけなら、どの経典にだってあるからな。

257 :254:2007/03/25(日) 05:03:42 ID:EE3Y6m7Q
>>256訂正
× 仏性に関しては、涅槃経の主張を正しいものと主張している。
○ 仏性に関しては、涅槃経の主張を原点だとしている。


258 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 05:42:23 ID:lV1nRhJT
>>255
日蓮大聖人が鎌倉時代にとっくに破折してます。
どうか信じるように。

259 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 05:48:25 ID:lV1nRhJT
歴史上の事実ではないと言ってるひとは日蓮宗の人ではないかと見えます。

法華経の予証通りに歴史上に日蓮大聖人が出現されました。

260 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 06:00:44 ID:GRICUq/s
>>247
一念三千は普遍的な真理ですから
だれかが持ち上げた・持ち上げない、だけで論じるのは中身がないと言えます。

261 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 06:05:37 ID:gwQNQE22
>>248
釈尊=日蓮大聖人とは飛んだ珍説だ。
ではなぜ釈尊の名が御本尊の脇士として認められているのか。
日蓮大聖人は教主釈尊であって釈尊ではない。

262 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 06:07:32 ID:gwQNQE22
ん?そんなこと言ってないか。

263 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 06:21:57 ID:mB5jRY/a
題目殿。
日蓮師の無謬を証明されぬか。

264 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 07:42:29 ID:UpKntL5g
>>262
うん。言ってないよ。御書には、いたる所に本門の教主釈尊を本尊とせよとある。
本門の教主を省くこともある。だから身延一致派の諸君は本尊に迷うのだ。
そして
>>259
それでは、法華経を殺すことになる。方便品で重要な役割を果たす弥勒菩薩は、歴史上存在しない。
舎利沸尊者は、もう逝去されている。
三国四師これは時空を超越し血脈の次第を証す。通常の物理法則を超える。




265 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 08:23:08 ID:6c2w4qM4
日蓮正宗は組織として創価学会を生んだ責任とこれからどうしていくか
、について聞きたいです。
トップの人は何か言ってるの??

266 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 08:59:20 ID:/YyY8d3v
>>263
誰かが言ったまねですが、証明は否定の否定でいいのではないかと思われます。
つまり、このまま永遠に否定できないなら証明されたことになるということです。

>>264
なるほど、そういう解釈なら納得です。
しかし歴史も内包しているのが法華経である、と言えます。

267 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 09:13:19 ID:mB5jRY/a
>>266
これは異な事を申される。
状況からすれば否定的な見方が大勢を占めるも、判断がつけられぬ故、
証明せよと申しておる。
また、否定出来なくとも肯定出来る証拠無くば、証明にはなり得ない。
詭弁を振りかざすのは止められよ。

重ねて質問致す。
貴殿に、日蓮師の無謬を証明出来るか否か。

268 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 10:09:41 ID:2mGvv/Va
否定するにしても立論を明確にして欲しいのだが
後、説を真理と言い切る為にはそれなりの「現証」が必要
この点に関しては日蓮は正しい


269 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 10:37:47 ID:hWyTBfKP
>>265
創価学会は大石寺教団の中から発生したわけではないし、もともと日蓮正宗に包括されない
独立の宗教法人だった。妙信講(現・顕正会)も創立時点では日蓮正宗と無関係だった。

270 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 10:55:16 ID:T3rPNjGa
>>249
え?原典はまったく存在しないってこと?サンスクリット原典はあるでしょ?
漢訳の原典がないってことかい?後で前スレ見てみるけど。
では、たとえば坂本幸男&岩本裕が訳した法華経などはどうなる?

ともあれ、梵文原典に十如是はないことはあきらかで、
什公は、「大智度論」の九種法を転用発展させて「十如是」を
法華経において創始したという説が一般的に知られているのは確かだろう。

>>251
サンスクリットはカースト社会の中でも上級階級が使っていたとか。
釈尊はどちらかというと、パーリ語を使ってたといわれています。

271 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 11:07:23 ID:T3rPNjGa
>>254
>>255で理趣経さんが仰ってる通りです。私は法華経も涅槃経も大事だと思っています。
ただしどちらの経典も完璧なものではないし、どちらもツッコむ点はいろいろあるというだけです。

あなたこそ、常不軽菩薩品に悉有仏性がある、といっておられるではないですか。
経典の字句というものは矛盾して当然なんですけどね。それぞれ同じ人たちが作ったものではないし。

しかも仏性は、もっといえば法華経や涅槃経でなく方等経典にも説かれてたりしますけどね。
ただし涅槃経における仏性常住は法華経含む他の経典に比べ詳細にあきらかに説かれている、
という見解には立っています。しかし日蓮系教団のように涅槃経が絶対であり
涅槃経以外は捨てていいとは思ってませんよ。

と、このような立場ですから、あなたが仰られることは残念ながら的外れです。


272 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 11:12:22 ID:T3rPNjGa
>>269
そんな言い訳通らないでしょ。
学会は指南を仰いでたし独立の法人も後々に勝手に東京都認可でやったもの。
一般的には文部省で宗教法人で宗教法人の認可を得るのにね。

創立時点がどうであれ、指導する立場であるのには変わりはない。

273 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 11:17:49 ID:rPipNIXW
>>270
古代の文献には「異本」がつきもので、
岩波の法華経で現代語訳されてるバージョンの梵本は現存するけど、
漢訳に使われたバージョンの梵本は発見されてない、という話だったと思う。

274 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 11:25:29 ID:hWyTBfKP
>>272
創価学会には池田崇拝をやめること、旧妙信講には国立戒壇をいわないことを勧告しなかった
とでも思っているのか。

275 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 11:27:04 ID:T3rPNjGa
>>271追記。
>>254さんは日蓮正宗もしくはそれ系統の信徒さんのようですが、
では、会三帰一の理論的根拠(差別ある声聞縁覚菩薩の三乗が
なぜ一乗に差別なく帰すことができるのか)は、法華経に詳しく説かれていますか??

私は、それらの観点から涅槃経を重要視しています。

276 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 11:28:47 ID:T3rPNjGa
>>274
ほぉ〜、池田崇拝をやめろと指導していたから、一切その責任はないと??

277 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 11:29:37 ID:T3rPNjGa
>>273
ありがとうございます。こちらもまた調べてみます。

278 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 11:37:30 ID:hWyTBfKP
>>276
どういう責任があるんだ?泳がしているなら別だが。
いま、妙観講を泳がしている責任はあるとおもうが。

279 :法華研究中:2007/03/25(日) 11:41:14 ID:6tMEt+ag
輪廻って時間を遡ることだったのか?
もし、時間を遡ることが出来るなら、過去の歴史が変えられるってことになる
これが通るなら、史実も何もあったものじゃない(史実の検証自体無意味になる)
自分としては信じられない
今の自分の考え
「時間は絶対過去から未来へしか流れない。よって、過去の歴史は絶対変えられない!」

280 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 11:44:53 ID:0vzRFplz
>>269
創価が日蓮正宗から派生したのは周知の事実。
戸田城聖、池田大作、どちらも法華講の総講頭となっておる。
また、関係ない団体であれば、正宗が破門する訳が無い。

>>272
勝手ではなく、正宗も条件をつけて認めておられる。
ただ、信徒団体という特異な状況なので、東京都知事の特例で認可されたもの。

なお、宗教法人の認可は、文科省管轄の他、都道府県知事の管轄もある。

281 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 11:47:23 ID:rPipNIXW
>>279
題目氏はストーンオーシャン(ジョジョ6部)でも読んだんでしょうかね。
経典のどこにある教えなのか、あれば示してもらいたいものです。

282 :254:2007/03/25(日) 11:50:09 ID:EE3Y6m7Q
>>271
> あなたこそ、常不軽菩薩品に悉有仏性がある、といっておられるではないですか
おれは、何も涅槃経に仏性に関する記載がないとカキコしているわけではないぞ。
相手の論拠を崩す根拠に、相手と同じレベルの仕組みの論拠を持ってくるその愚を指摘しているだけだ。

>しかし日蓮系教団のように涅槃経が絶対であり涅槃経以外は捨てていいとは思ってませんよ。
それは違う。
・少なくとも、興門派では法華経二十八品は絶対ではない。(他は知らん)
釈迦仏法を信仰しているわけではない。
・また、法華経およびそれ以外の仏典も捨ててはいない。※

※(天台他の)教相判釈とはどういう性質のものか判っているか?

283 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 11:53:41 ID:VoR+e/eY
七尾市の是正寺ぶっ潰れた?

284 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 11:57:04 ID:hWyTBfKP
>>280
日蓮正宗と創価学会両法人には包括関係はなかった。ただし日蓮正宗の信徒団体を公称する
かわりに、日蓮正宗の教義上の指導には従うという契約がなされていた。それが履行されない
から契約が破棄されたのだ。
*途中で池田大作会長を解任し、いったんは和解したこともあった。それはもう四半世紀の前だ。

285 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 12:19:55 ID:0vzRFplz
>>284
宗教法人としての関係は、貴殿の申すとおり。
しかし、信徒としては日蓮正宗である。
其れ故、宗創抗争の末に、最初に池田氏を破門し、
一定期間を過ぎた後、創価学会員の信徒資格を剥奪したもの。

どう見ても、創価に非が有るのは明らかだが……

286 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 12:26:12 ID:LQ0zwQlJ
>>279
遡るではないです。
同じ方向にぐるっと円を描くように一周して、元に戻ったということです。

>>281
釈尊の経典では説かれてないです。
日蓮大聖人が久遠元初の御本仏として、御書の御金言に説かれています。

287 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 12:35:29 ID:LQ0zwQlJ
>>250
日蓮大聖人によって戒壇の大御本尊様が顕現する以前には、
やはり法華経の一字一字が金色の釈尊である、と拝するのが正しかったと思われます。
ようは、あなたがここに書き込んでいる文字があなた自身を表しているのと同じだということです。
もちろん、理趣経なんてエロエロ経を信仰しても成仏できませんから
末法の成仏の直道である南無妙法蓮華経を、素直に唱え保つことをすすめます。

288 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 12:45:19 ID:0vzRFplz
>>287
>もちろん、理趣経なんてエロエロ経を信仰しても成仏できませんから
こういった「悪口妄言」を開陳することは、法華経でも勧めてはおられぬはず。

貴殿の言の信用度が、益々落下される由、如何お考えか?

289 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 12:47:18 ID:k8bDAhjp
>>267
>>268
立論は、>>1のテンプレの通りです。
日蓮正宗入門を読んで下さい。

290 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 12:53:30 ID:VTof2vtx
>>288
別にエロエロは悪口に当たらないと思われます。

291 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:01:50 ID:D80N4J2C
>>214
南無妙法蓮華経は広宣流布したら断絶することがない、と言われているので
熟脱の仏に化導がバトンタッチされるのは、星が滅してまた産まれる場合なのではないかと思われます。

292 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:05:30 ID:T3rPNjGa
>>282
>おれは、何も涅槃経に仏性に関する記載がないとカキコしているわけではないぞ。
それは承知してますよ。私はそんなこと言ってませんよ。

>それは違う。
あなたは興門派だけに限って述べているが、私は日蓮系教団と言っている。
しかも日蓮系教団は教義が微妙に違うし、すべてではないにせよ、
その排他的独善的な体質はもともと法華経の字句に依ることが、
それを表しているではないか。では「不受余経一偈」は間違いか?

でなければ、他の経典からも引用しますとハッキリ言ったらどうか。


なんだか水掛け論だねぇ…。
というか私が述べてる事を、あなたは最初っからイチイチ穿って捉えてるから仕方ないが。


293 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:07:29 ID:T3rPNjGa
>>280
ちと言葉が過ぎましたね。
勝手に認可申請したというのは非を認め謝ります。

294 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:15:42 ID:T3rPNjGa
>>292追記訂正。

>>282
>また、法華経およびそれ以外の仏典も捨ててはいない。
あぁ、言ってたね。すまん。

では、「正直捨方便」や「不受余経一偈」との整合性を説明した上で
他の経典を捨てない旨を述べてもらえませんかね?

295 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 13:17:27 ID:0vzRFplz
>>289
どこをどう見れば、日蓮師が無謬となるのか。
リンク先を示すだけの安直な行為は、貴殿の主張がただの借り物でしかない、と取られるのみ。
貴殿の言葉で説明し給え。

>>290
そう思うなら、創価の悪口雑言も肯定されるか。
ダブルスタンダードは、卑怯な振る舞いである。

>>293
意外と知らずに批判される方も多く、公平性を欠くと思った次第。
是々非々で議論したい物である。

296 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 13:18:04 ID:hWyTBfKP
参考に 「日蓮正宗宗規」

第五条の2 本宗は、次に掲げる経釈章疏を所依とする。
 正依
  妙法蓮華経 八巻
  無量義経 一巻
  観普賢経 一巻
  宗祖遺文
  日興上人、日有上人、日寛上人遺文
 傍依
  摩詞止観十巻 弘決
  法華玄義 十巻 釈籤
  法華文句 十巻 疏記

297 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:18:28 ID:D80N4J2C
>>292
なんか勘違いされてますが不受余経一偈というのは、自行(じぎょう)と言って、
御本尊様に向かって御題目を唱えたり法華経を読誦する自分の修行の場合のことです。

一方、化他(けた)と呼ばれる折伏行では、相手の間違いを破し、正法をすすめることが大事になりますから
相手が信仰している教義の矛盾点をつくためには、相手のレベルに合わせてあげないと、話ができません。
なにも矛盾はないです。

298 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:31:04 ID:D80N4J2C
>>295
日蓮大聖人の御生涯 佐渡期
http://www.geocities.jp/shoushu_newmon/nichiren_shogai3.htm

日蓮大聖人が久遠元初の御本仏であられることが良く分かるくだりです。
どうか熟読してください。

このほうが自分の言葉で説明するより正確だと思われます。

創価学会のような誹謗のための誹謗はいただけませんが
理趣経のことは、どういう経かを端的に説明しただけですから、
悪口妄言にはあたらないと思われます。

299 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:34:26 ID:D80N4J2C
↑失礼、URLをまちがいました。
正しくはこちら↓
日蓮大聖人の御生涯 佐渡期
http://www.geocities.jp/shouhu_newmon/nichiren_shogai3.htm


300 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 13:34:49 ID:ok9HdvCU
ページが見つかりません
( ´∀`)σ)Д`) >>298

301 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:35:27 ID:T3rPNjGa
>>297
なるほどね。それも解釈だね。
まぁ解釈自体がすべて悪いとは思わないけど、都合いいように思うなぁ。

他の経典と矛盾する場合は法華経が優先されるのもそういう理由かい?

302 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 13:35:33 ID:ok9HdvCU
ページが見つかりません
( ´∀`)σ)Д`) >>299

303 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:36:15 ID:D80N4J2C
↑あれ、またまちがいました。
携帯からはこういうのが面倒です。
正しくはこちら↓
日蓮大聖人の御生涯 佐渡期
http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/nichiren_shogai3.htm


304 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:39:42 ID:T3rPNjGa
理趣経は、煩悩即菩提をあらわしてるんじゃないの?

だったら、君たちと言ってることは変わらないよ。

一般的には、煩悩を滅すけど、
日蓮正宗では、煩悩を生かすために
大晦日に百八の鐘をついている、と聞いているが。

305 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:40:24 ID:D80N4J2C
>>301
なぜ法華経が最高かと言いますと一念三千という法門が説かれているからです。
これによって、全ての衆生の成仏が約束されています。
一念三千については>>244-245

306 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 13:44:24 ID:0vzRFplz
>>298
御本仏であるから無謬と申されるなら、日蓮師は人間ではない。
然らば、鎌倉時代に生きていた日蓮とは誰の事であろうか。
何の証明にもならない。

貴殿の言葉では、説明出来ぬのであれば、折伏なぞ止め給え。

>理趣経のことは、どういう経かを端的に説明しただけですから、
ほう、そう簡単に申せるほど、理趣経を御存知か。
それにしては、法華経の理解がまだ足りぬと、御自身が申しておられるが。
貴殿の言は矛盾が多すぎる。だから、屁理屈と申しておる。

307 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 13:44:30 ID:EE3Y6m7Q
>>292
> でなければ、他の経典からも引用しますとハッキリ言ったらどうか。
はっきり言うも何も、御書には法華経以外からの引用もたくさんあるんだが。

>あなたは興門派だけに限って述べているが、私は日蓮系教団と言っている。
>しかも日蓮系教団は教義が微妙に違うし、
このスレの題目君は日蓮正宗(興門派にあたる)。
ならば、日蓮正宗の教義を問題にすべきだろうが。
断っておくが、興門派(戦後はおかしくなっているところもあるとか)とそれ以外の宗派では三宝の立て方に雲泥の違いがある。
三宝とはその宗派の根幹を成すもので、これがはっきり違うなら表面上どんなに似通っていても完全に別物の宗派になる。
日蓮系教団と一くくりにするのは、認識不足もいいところ。



308 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:45:04 ID:D80N4J2C
>>304
煩悩即菩堤とは、煩悩(悩み苦しみ)を解決しようとすることを因として
仏道修行にかえって精進するようになる、という意味だと言えます。
理趣経は、煩悩即大煩悩ですから、煩悩の海で溺れ死んでしまうような危険な教義です。
あと日蓮正宗では、少欲智足の生活がもっとも理想的だと教わりました。

309 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:48:05 ID:T3rPNjGa
>>297
では、このことについて日蓮が釈明した御書はどこかにある?

310 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 13:53:17 ID:D80N4J2C
>>306
日蓮大聖人は竜の口の法難で、それまでの凡夫僧の仮の振る舞いを払われて
自身の本地である、久遠元初の御本仏である境界を顕されました。
これを発迹顕本(ほっしゃくけんぽん)といいます。
自分達も真剣に信仰に励むとき、日蓮大聖人と同じ境界の命を開くことができます。

311 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:53:18 ID:T3rPNjGa
>>307
当然、日蓮正宗の教義を問題にしている。
が、日蓮の解釈そのものを私は疑問視しているのですよ。
したがって、日蓮系教団云々はそういういうで言ってるのです。

したがって、十把一絡げにできる部分もあればできない部分もある。
それをご理解できないのは、穿った眼鏡で文章を見ているからですよ。


312 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 13:54:14 ID:hWyTBfKP
題目君を折伏しているのか。日蓮正宗を折伏しているのか。
それがはっきりしないから、題目君にもノラリクラリの余地が
できてしまうんじゃないかな?



313 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 13:57:23 ID:T3rPNjGa
>>308
煩悩即菩提の捉え方は諸説あれど、それは異論はない。
この泥あればこそ、咲け蓮の花、だね。

ただ、日蓮正宗では煩悩を生かすため、っていうのは正しいの?
煩悩そのままで成仏する、ということかね。

314 :307:2007/03/25(日) 13:57:59 ID:EE3Y6m7Q
>>307追記。
・・・・ぐぐった結果では、正宗も最近法宝を変えたようだが・・・(法→本尊)
本尊は物→何かあれば消えてなくなる・・・ナンセンスだな。


315 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 14:00:46 ID:0vzRFplz
>>310
そのことは十分承知しておる。
それが無謬たる証明となるのであろうか。

日蓮師は、その生涯で「一度も誤りを犯さなかった」と断定出来るのか否か?

316 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 14:02:26 ID:hWyTBfKP
題目君を折伏するんなら、彼が知らないことを追及しても意味がない。
日蓮正宗を折伏するんなら、題目君を追及してもやはり意味がない。


317 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 14:12:53 ID:D80N4J2C
>>309

夫れ信心と申すは別にこれなく候。妻のをとこをおしむが如く、
をとこの妻に命をすつるが如く、親の子をすてざるが如く、子の母にはなれざるが如くに、
法華経・釈迦・多宝・十方の諸仏菩薩・諸天善神等に信を入れ奉りて、
南無妙法蓮華経と唱えたてまつるを信心とは申し候なり。
しかのみならず「正直捨方便、不受余経一偈」の経文を、
女のかゞみをすてざるが如く、男の刀をさすが如く、
すこしもすつる心なく案じ給ふべく候。
あなかしこ、あなかしこ。
  五月十八日
日蓮花押
  妙一尼御前御返事

女が鏡を捨てないように、男が刀を捨てないように、
「正直捨方便・不受余経一偈」を常に思いなさいと日蓮大聖人は言われています。
こういう心で折伏すれば、間違いに惑わされることがない、と言えます。

318 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 14:13:21 ID:hWyTBfKP
田中智学が言っているが、法論は互いに読んだ書物のリストを提出すればよい。
議論の必要はない、それで終わると。

319 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 14:15:13 ID:D80N4J2C
>>315
それは有り得ないと思います。
日蓮正宗でも、そのようなことは言ってません。

320 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 14:28:02 ID:D80N4J2C
>>315
仏もたしかに人間です。
もとより仏法では、仏を人間とかけ離れた存在とは説いていません。
仏様でも、字を間違えたり、記憶違いをすることは、人間の一面として当然あります。

仏とはどのような方をいうかというと
宇宙全てに貫かれた真理を発見され、その法を実践し、
そのことによって自ら絶対の幸福境界を得た方です。
仏は、自らが悟られた根本の法を、仏の法として世に説き出されました。

この仏法に従って生きていく者は、誰もが、仏と同じような幸福境界に生きることができます。

従って、仏も人間であるとはいえ、全ての人々を絶対の幸福に導く法(仏法)のことにおいては、間違いはないです。
字の間違いや勘違いは、人間であるがゆえの不可避な部分といえます。
むしろ、これらが全く無くなれば、人間として生きていく上の、潤いや魅力も損なわれると言えます。
とにかく、仏の説かれた法には間違いはありません。
ですから、無用な心配はせずに、まずはあなた自身が仏法を実践することで正しさをしってください。

321 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 14:34:18 ID:ygbalA1U
僕も法華経を端的に表してみます。


くるくる巻き毛ビーム経(笑)

322 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 14:41:00 ID:sXghh0Ef
題目君さ〜、他の経典など知らないなどと言いながら、理趣経を語るね〜
深秘釈と浅略釈ぐらいは知ってるよね〜
理趣経は欲、つまり何かを求める心は清浄と説く
究極の大楽は、大日如来(真理)と一つに成りたいという欲
つまり、仏と成りたい大欲をもって仏と成る
欲界にありながら、欲を超え即身成仏する為の知恵が説かれてある
エロエロだの煩悩即大煩悩だの断定するなら理趣経の句をあげて指摘してくれよ
知らずに誹謗する荒らしは無視してるけど題目君はスレ主だからな〜
スレ主として、理趣経を誹謗するってんなら、相手するよ

323 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 14:42:13 ID:D80N4J2C
>>321
法華経を軽蔑することは、一切の災いを招く源ですから、自爆するのと同じようなものです。やめましょう。

「若し人信ぜずしてこの経を毀謗(きぼう)せば(中略)其の人命終して阿鼻獄に入らん」
(『法華経』譬喩品第三)

324 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 14:50:31 ID:D80N4J2C
>>322
検索にかけて調べたらでてきました。
理趣経=性交が菩薩の位にあたる、とひたすら賛美した経

百歩譲って菩薩の位だとしても、
菩薩以上の仏の位については全く説かれていません。
ですから、法華経には遠く及ばない経典である、と言えます。

325 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 15:02:12 ID:ygbalA1U
別に悪口は書いてませんよ?

326 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 15:05:26 ID:0vzRFplz
>>319-320
真理を説いている、と称する宗教なぞ山の様に存在する。

>この仏法に従って生きていく者は、誰もが、仏と同じような幸福境界に生きることができます。
こんな言葉に惑わされているようでは、正しいとは言えまい。
この言葉が創価を生み出した元凶の一つとも言える。

>従って、仏も人間であるとはいえ、全ての人々を絶対の幸福に導く法(仏法)のことにおいては、間違いはないです。
絶対という言葉を軽々しく使うのであれば、貴殿も創価・顕正の類と同じである。
本当に正しいのであれば、何故広宣流布が進まぬのか?
何故、創価のような団体が生み出されたのか?
何故、創価と同じく、批判する者が後を絶たないのか。

日蓮師が無謬ではない以上、最高真実とは言えまい。
そう信ずる貴殿の胸の内に秘めるべきもの。

>ですから、無用な心配はせずに、まずはあなた自身が仏法を実践することで正しさをしってください。
正宗の教義なら無用故、お断り致す。

327 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 15:20:25 ID:ygbalA1U
>>323
貴宗が方便経として他経を扱っているのは知っております。
しかしアナタの立場上問題なしだからといって
エロエロ経という発言を「悪口ではない」と
正当化されている様子だったので、書いたまでです。

ここ最近のアナタの書き込みには、あまりゆとりが無いように見受けられます。
ネット上といえども折伏(議論でも)しておられるつもりなら
相手(特にコテハンさん)とのやりとりには、キチンと誠意を持って接しなさい。


328 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 15:25:16 ID:tuedm/7J
所詮は本尊ってエサに釣られて日蓮正宗に鞍替えした、たかだか顕正会員だからなあ。
マトモな議論が過去に成立していないケースならネットにならいくらでもある。

329 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 15:34:32 ID:FtF1Z1AX
>>326
何度もいうように道を創った日蓮大聖人に咎はない。
僧を軽視した池田が悪い。

>>327
余計なことばで誹謗させてしまったとしたら、申し訳ないです。

>>328
御利益すごいですよ。あなたもぜひ。

330 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 15:38:40 ID:sXghh0Ef
>>324
君が検索した所に何と書いていたか知らんが、まずは和訳ぐらい一度ぐらい通読してからにしろ
法華経で言えば迹門のみ読んで語るようなもの
いや、それ以下か
まー君は法華経すら全ては知らんようだがね
一度読んで、出直しておいで

331 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 15:41:08 ID:EE3Y6m7Q
参考(和訳あり)
risukyou  (理趣経)
ttp://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/risukyou.htm
・・・・ざっと読んだだけだが、色々な意味ですごいな。
・菩薩とは、相手の苦を取り除く、あるいは取り除こうとする境界だ。
・>善悪を超えた法門
確かに一切は無記の面もあるが、人間にとって本当に必要なのはそれらがもたらす価値だ。
だから、価値の評価である善悪は非常に重要。

332 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 15:45:53 ID:hWyTBfKP
>>329 御利益すごいですよ。あなたもぜひ。

題目君がとりあえず300億円くらいの資産家になって
1億円あげるから騙されたとおもって1年くらい信心をしないか
といったら、たくさんするとおもうよ。

333 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 15:53:25 ID:sXghh0Ef
>>331
本来、大日経、金剛頂経(一部が理趣経)は秘経
それは深秘釈、つまり師から真理を学ばねば正しい理解は難しい
たしかに理趣経は善悪を超越した法だけど、真言宗では十善戒もあり、空海も十住心論も著して、信徒が過らないようにしている
もちろん、浅略釈であっても必ずしも、題目君や立川流のような解釈には成らないのだけどね、ちゃんと読めばね

334 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 15:55:29 ID:FtF1Z1AX
>>330
理趣経は、釈尊の説法の中で、法華経の直前の14年間に説かれた教えです。

ですから、釈尊が、
「四十余年には未だ真実を顕さず」(無量義経)
「正直に方便を捨てて 但無上道を説く」(法華経方便品)
等と述べたように、
方便の経は捨てないと釈尊の真意に背くことになります。

また、このスレは「最高真実の宗教」ですから
一度、方便経のコテを外して出直すことをすすめます。

335 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 15:58:42 ID:mpKCTyhG
題目君を折伏します。

こんなところで、つまらない理屈をこねるより、
一口でも多く題目をお唱えしなさい。
こんなところで罪障を積むのはよくありません。
あなたの発言で法華経を誹謗する人が増えているのに気がつきませんか?

336 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 16:00:26 ID:FtF1Z1AX
>>335
はい。
書き込みながら御題目も唱えるようにします。

337 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 16:03:30 ID:sXghh0Ef
>>334
君は、まだ法華経、釈迦直説、五時八教説を立証していない
話しが進まないから、とりあえず、その上での主張の矛盾を指摘していたまで
それに、コテについては余計なお世話!
日蓮造語呪文よりは、ましだね

338 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 16:16:20 ID:UpKntL5g
>>326
創価に関する限り、あちらがわからの申し出により受け入れたのです。
新興宗教が日蓮正宗を利用したのです。
批判を受けるのは、日蓮聖人に始まり世法に妥協しないからです。

広宣流布は時を待つべきのみと御遺命ですから、まだ時が来ないのでしょう。

この仏法に従って生きていく者は、誰もが、仏と同じような幸福境界に生きることができます。
こんな言葉に惑わされているようでは、正しいとは言えまい。

信仰は、厳しいものでたちどころに幸福にはなりません。そんな安直な法はありません。

絶対を軽々しく使うことはありません。仏法に従って生きていくことは、並大抵のことではありません。

日蓮聖人は、仏であり完全円満の御存在です。

339 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 16:20:49 ID:FtF1Z1AX
久遠元初
http://homepage3.nifty.com/y-maki/all/kuonn.htm

何度もいうように、南無妙法蓮華経は日蓮大聖人の造語ではない。
どうか、大石寺に帰依しましょう。

340 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/03/25(日) 16:29:47 ID:TP7Nz5b9
学会破門前は
・人が歩くとき右足と左足を交互に出しながら前進する。
それが正宗と学会である。
どちらかの足が優れているということではなく
協力することで前に進むのだ。
・車輪は一つでは倒れてしまう。
両輪があるからまっすぐ進むのだ。
・車で言えば正宗が舵取り、学会が駆動。
どちらがかけても前には進まない。
てなこと言っていたが。

>>317
今は男は刀を腰に帯びていないので、そのたとえは
現代にはそぐわないのでは?
それ以前に鎌倉時代でも、庶民等ほとんどの人は
刀も高価な鏡も持っていなかったと思うが。


341 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 16:36:05 ID:FtF1Z1AX
法華経 釈尊直説についてはこちら
http://homepage3.nifty.com/y-maki/daibyakuhou/387-8.htm

日蓮正宗の御本仏は日蓮大聖人であり、
日蓮大聖人の御教示は御書として留められ、
御法門の極理の戒壇の大御本尊と血脈相承は今日まで伝わっています。

なので、大乗経典が釈尊の説かどうかは、日蓮正宗においては直接的には関係のある問題ではないです。

342 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 16:42:29 ID:FtF1Z1AX
>>340
鎌倉時代に思いをはして信仰すべきかなぁと思ってます。

343 :法華研究中:2007/03/25(日) 16:44:58 ID:6tMEt+ag
進みが早すぎる(>_<)
遅ればせながら
>>286
円(循環)の法則は理解出来ます
自然界では
水は、地(海川)→空(雲)→地(降雨)と循環しており
空気についても、人間等の動物が
酸素→二酸化炭素と酸化し
植物が二酸化炭素→酸化と還元することにより循環している
また、あなた方の嫌いな聖書の中にも
「初めであり終りである、アルファ(α)でありオメガ(ω)である」
旧約にも「人は塵から生まれたのだから塵に還る」とある
この様なことから円(循環)の法則は正しいと理解します

しかし、日蓮聖人が釈尊の弟子たちに説法し、その時弟子たちは日蓮(法華経)を誹謗した為地獄に落ち、その地獄に落ちた者たちが生まれ変わり釈尊の弟子となった
これを輪廻によるものと説明されても、円の法則と同様に元に戻ったとは考えられませんし、到底納得できるものではありませんね(時間の観念が全くない)
法華経が日蓮本仏の予証であることの方がまだ納得できます
それとも、釈迦仏法が滅びる(滅びた)為、その生まれ変わりの仏法として日蓮仏法が誕生したとでもいうのでしょうか?

PS.返事ゆっくりでいいです

344 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/25(日) 16:55:25 ID:0vzRFplz
>>329
>>338
日蓮師を批判している訳ではない。最高真実と称する正宗を、そして盲信者を批判しておる。
色々理屈を並べたところで、創価と五十歩百歩である。
日蓮師に唾する創価と同じレベルでものを言うのなら、創価と同罪である。

また、厳格であると題目殿も以前書かれておるが、
あのような集団を生み出した事こそ正宗の怠慢であり、最高真実の看板は偽りであろう。

345 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/25(日) 17:06:50 ID:sXghh0Ef
>>341
>不妄語戒を守る人にとって口伝による伝承は正確、純粋なものでなければなかった→法華経の伝承者が不妄語戒を守った証拠なし
日蓮を現証と言うも、日蓮非仏論者に対しては妄語に過ぎない
>大乗経典が釈迦の説か関係ないなら題目は日蓮造語呪文で問題ないじゃん

346 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 17:07:05 ID:Ukf1CDZR
題目君、一度答えを聞きたいのだが、
日蓮正宗(あるいは君に限って)の言う「折伏、破折、法論」とは
議論のことではなく「己の主観、都合、願望、妄想を相手に押しつけること」を指すのかな?
だとしたら今までの題目君の主張、論法も頷けるのだが。

347 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 17:10:53 ID:2vT5jp7u
>>341

大白法の主張は不十分です。破折には程遠いですね。難癖をつけたのは大乗のほうが先。

法華経は仏典結集とは無関係の創作物語ですよ。

348 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 17:12:20 ID:hWyTBfKP
昨日、顕正会に騙されて入ったような高校生なら、10万円くらいやって
こっちが本物だよといえば折伏できるんでは?1万円でもいけるかも。

349 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 19:32:28 ID:7i2PIns8
皆さんは南無妙法蓮華経さんを
   顕正会に騙されたのに懲りずに日蓮正宗に入るような人
と揶揄されますが、その言い方はひどすぎると思います。顕正会から日蓮正宗に
移っただけなので信心、信念の大部分は法華経と日蓮で共有している訳ですから
ほんの少しの信仰の対象が変わっただけで、別に2回も続けて騙された訳ではなく
1度がずっと続いているだけではないでしょうか。

と、法華ちゃんねるの名残の映像

摧破!顕正会【前半部】
http://video.google.com/videoplay?docid=4298694583061957257

の最初の方を見て思いました。前半だけで1時間40分くらいあるので
とても全部は見られませんが。

350 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 20:30:09 ID:YEVbZoFI
>>343
地獄に堕ちても、南無妙法蓮華経に一度縁したものは
妙法の種を植えられた命となります。
こういう命の者は、再び人身を得たとき、自然と孰脱の仏に誘引されていく、といえます。
そもそも命というのは、たとえ死んでしまっても、三世を通じてずっと変わらずに存在しています。
これは、夜に寝た自分と、朝起きた自分が、同一人物であることと同じことです。
また、地獄も成仏も、何か他に別世界があるわけではなく
自分達の生命の実感を言います。
例えば、夢の中で猛獣に追いまわされ、苦しむ、と言う場合があるように
地獄に堕ちたものは、自分の命の実感として、
灼熱の鉄に焼かれるような苦しみを受けなければならなくなります。
逆に、歓喜と安心感で満たされた境界に安息していれば、成仏といえます。

時間の概念は、>>339を参照してください。
史実では、アフリカから人類が誕生した、と言われますが、
無始無終の仏法の立場から論じると、一切の元初は日本の鎌倉時代にあたる、と言えると思います。

351 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 20:35:27 ID:YEVbZoFI
>>349
顕正会は最近は政治団体みたいになってきていると思います。
あと、徹底的に現世利益を追求するようなところがあったので
あんまり自分には合わないところがありました。

352 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 20:41:43 ID:YEVbZoFI
>>346
いいえ。
ぎゃくに日蓮大聖人の仏法以外で、さらに幸せになれるものがあるなら、教えてほしいと思います。
しかし、南無妙法蓮華経が無上道と言われるように、これ以上の教えは、存在しないと言えます。

353 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 20:43:06 ID:GiK9HyA4
他板で面白い書き込み(コピペだが)見つけた。

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2007/03/22(木) 14:57:17 ID:z+V2iAfS0
韓国の歴史認識でよく言われるのがこれだわな。

>関川: ‥‥先方(韓国人)が実証的歴史事実の積み重ねでは説得されるつもりがないことは認識しておかないといけない。
>古田: 日韓歴史共同研究委員会も似てますよ。‥‥日本側の研究者が「資料をご覧になってください」と言うと、韓国側は立ち上がって、
>   「韓国に対する愛情はないのかーっ!」と、怒鳴る。‥‥さらに、「資料をみせてくれ」と言い返すと、「資料はそうだけれど」とブツブツ呟いて、
>     再び「研究者としての良心はあるのかーっ!」と始まるのです。
>関川: 歴史の実証的研究では韓国に勝ち目はないでしょう。事実よりも自分の願望というか、「かくあるべき歴史の物語」を優先させるようですから。‥‥
>古田: 民族的感情を満足させるストーリーがまずあって、それに都合のいい資料を貼り付けてくるだけなんですね。当然、それ以外の様々な資料を検討していくと、
>     矛盾、欠落、誤読がいっぱい出てくる。
>櫻井: それは韓国の大学の歴史研究者ですか。
>古田: イエス。これは韓国の伝統的な論争の流儀であり、思考パターンなのですね。李朝時代の両班の儒教論争も、みなこれですから。
>     要するに「自分が正しい」というところからすべてが始まる。実はこの「自分が正しい」という命題が実証不可能なんです。この思想が突出したものが、
>     北朝鮮の主体思想にほかなりません。
                               
                             櫻井よしこ・関川夏央・古田博司「韓流“自己絶対正義”の心理構造」
                                   (文藝春秋『諸君!』2006年4月号 69〜70頁)

「愛情はないのかーっ!」「良心はないのかーっ!」を「誹謗すると罰があたるぞ」にするとそっくり。


354 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 20:44:43 ID:YEVbZoFI
>>347
時代が進めば進むほど、そういう説が産まれてしまい、
邪宗は自滅していくものだと思われます。

日蓮正宗の仏様は日蓮大聖人ですし、戒壇の大御本尊様として御存在しているので、そういった心配はないです。

355 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 20:51:03 ID:YEVbZoFI
>>353
あなたも、正しい自分を築くために、南無妙法蓮華経を保つことをすすめます。

356 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/03/25(日) 20:58:50 ID:1GAG7Q0E
>>349
そーは言うが法華安楽行を黙殺し涅槃経の趣旨を重視する時点で
信用できんねw正宗でもオモテ向きは安楽行重視だってのw
ミョウカンのにほいがぷんぷんしてるが?
開目抄と不軽菩薩のハナシをオモテ向きだとぬかしてるヤカラは人間的にNGだろw無明摂受を無視するなんざ仏者の風上にもおけんなw
要は純粋な信仰でなくて「自己正当化と虚栄と自己優越のため」と「功徳餓鬼」の「折伏人形」なんぞ仏者じゃねーってのw
本尊信仰重視の倫理戒律重視で修行して「これで私も折伏の段階にきました」なら解るが「まず折伏を正当化する屁理屈ありき」じゃねえw
言ってることは「最高ですか〜?」のフクナガと何も変わらんw
あと歴史事実や学術学問を無視してデンパとばすなら狂人と変わらんw
シュリハンドクのように池沼でも一ケツとなえて悟ったほうが100倍マシw

357 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 21:29:31 ID:4xffX4qb
>>351
訂正。
顕正会は、現世利益を追求しているというより
そもそも浅井会長が僧を仰がないような信仰姿勢なので、仏法の教学が皆無ですから、
現世利益を餌にしないと折伏できないってところが、しんどくて辞めました。

暁鐘SHOP
http://www.myokan-ko.net/shop_cart/cart.cgi
↑ここは妙観講の本が買えます。おすすめです。

358 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 21:57:20 ID:JFlx53oS
御法主日如上人猊下御指南目次
http://homepage3.nifty.com/y-maki/gosinann/gosinantop.html

平成新編御書 検索 powered by msearch
http://the49-3.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/msearch.cgi

インターネット大白法
http://www.fsinet.or.jp/~shibuken/PAPER/master.html

日蓮正宗の信仰をすると、どのような利益(りやく)があるのか
http://homepage3.nifty.com/y-maki/qa/3-7-10.html

日蓮正宗の信仰には、なぜ利益(りやく)があるのか
http://homepage3.nifty.com/y-maki/qa/3-7-11.html

359 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 22:04:37 ID:JFlx53oS
正法を聞く功徳について、

一、正法を説く寺院に詣(もう)で、あるいは座(すわ)り、あるいは立って、是(こ)の経を
   わずかな間(あいだ)でも聴聞(ちょうもん)する功徳は、
   来生(らいしょう)には最上(さいじょう)の宝車(ほうしゃ)を得(え)て
   天人(てんにん)の宮殿(きゅうでん)に生まれる。
 
二、正法を講(こう)ずるところに行き、座して聞き、他人に座を分(わ)かち与(あた)える
   功徳は、来生は仏法守護(しゅご)の統領(とうりょう)である帝釈天(たいしゃくてん)の座に、また、
   裟婆世界(しゃばせかい)の主である大梵天(だいぼんてん)の座に生まれる。
   あるいは人間世界の最高統治者(とうじしゃ)である転輪(てんりん)聖王(じょうおう)の座に生まれる。

三、他人に勧(すす)めて共(とも)に法華経を聞く功徳は、来生は聡明(そうめい)で智慧が深
   く、健康(けんこう)な身心(しんしん)と整(ととの)った美しい容姿(ようし)をもって生まれ、
   世世(せせ)に仏に値(あ)い福徳(ふくとく)を増すようになる

                                       (開結四六八取意)

360 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 22:06:52 ID:JFlx53oS
この本尊の功徳、無(む)量(りょう)無(む)辺(へん)にして

広大(こうだい)深遠(じんのん)の妙用(みょうゆう)あり。

故(ゆえ)に暫(しばら)くもこの本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うれば、

則(すなわ)ち祈(いの)りとして叶(かな)わざるなく、

罪(つみ)として滅(めっ)せざるなく、

福(ふく)として来(き)たらざるなく、

理(り)として顕(あらわ)れざるなきなり

                         (観心本尊抄文段・歴全五−二六六)


361 :何向明方練解鏡:2007/03/25(日) 22:20:06 ID:l6jLna92
nam-myo-ho-ren-ge-kyo
「科学的客観」で
理論的理解を求める人にも是非対処願います。


362 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 22:32:26 ID:JFlx53oS
>>361
Q宗教で現実が変わるとは思えない。所詮、自己暗示に過ぎない。
A生活の上に実証される「功徳」と「罰」 がある。自分でたしかめてみましょう。
http://hw001.gate01.com/koribu/Keitai-ban/50mon50tou/1-10/6/index.html

Q宗教は非科学的な迷信だ
A全宗教を非科学的と決め込むことは、とうてい科学的とはいえない
http://hw001.gate01.com/koribu/Keitai-ban/50mon50tou/21-30/30/index.html

Q邪宗の害毒なんて信じられないし、自分は無神論者だから関係ない
Aまず、信じられなくとも、邪宗教に害毒があるのは厳然(げんぜん)たる事実です。
http://hw001.gate01.com/koribu/Keitai-ban/50mon50tou/21-30/25/index.html

Q宗教といっても、人間が考え出したものではないか。
A仏法とは仏が覚知した真理です。
http://hw001.gate01.com/koribu/Keitai-ban/50mon50tou/11-20/16/index.html

Q仏といっても人間だから間違いはあるはず
A人間の側面と、法の正しさとは別問題です
http://hw001.gate01.com/koribu/Keitai-ban/50mon50tou/11-20/17/index.html

363 :何向明方練解鏡:2007/03/25(日) 22:36:12 ID:l6jLna92
文証:すでに実験や観察によって証明された理論。正しさの証明された論文。
理証:きちんとした論理によって正しく推論する。
現証:実在する現実世界(リアルワールド)の複雑系に実際に存在する現象。

ぼくなどは「およそ上記のように認知理解」しておりますが。
実はこの板ではなくとある長期間継続していて72回目になっている板では
この「3証」という方法に疑問をもっておられる方がおります。

「三証(文証、理証、現証)」は
仏法での証明に限らず、
さまざまな日常的な各種のできごとの「検証」に役立つと思えるので、
是非「三証」の有効性の証明をお願いしたく思います。


364 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 22:45:14 ID:JFlx53oS
>>363
その、何向明方練解鏡氏が挙げられている三証が間違っているから、検証の過程で矛盾が生まれるのだと思われます。

正とは一つに止まる。と書きますように、普遍的に通用する三証というのも、一つしかないと言えます。

ここに、鎌倉の世で日蓮大聖人がしたためられた立正安国論こそが、時代を超えて適応される論文(経文)、と断言できます。

365 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 22:49:39 ID:JFlx53oS
ん?間違ってないか。なにいってんだ。

366 :何向明方練解鏡:2007/03/25(日) 22:57:20 ID:l6jLna92
日 蓮 正 宗 系 カ ル ト 眷 属 の皆さん、証明の大前提として

「 三 証 は 証 明 と し て 通 用 し な い 」

これを「 お 脳 」に叩き込んでから回答宜しく。
「釈迦の遺した経」だろうが、「日蓮が言った言葉だから」だろうが、
その正当性を 全 て 証 明 出来て言っていますか?
その全てを 把 握 ・ 認 識 して言っていますか?
そしてその「 三 証 」 が 「 お 仲 間 ・ 眷 属 」でしか通用しない事を理解出来ますか?

と上から8こ目くらいのとこに「スレ主さん」が
毎回いれておられまして…
「三証の有効性(物事の正しさの証明方法としての妥当性)」を
なっとくいくまでカキコできる人であって
かつ「富士門流」な人にきてほしいようなのです。

現在72回目の○○会を徹底検証の板です。


367 :何向明方練解鏡:2007/03/25(日) 22:59:52 ID:l6jLna92
ということで…
「板と板の交流」親睦のお誘いでした。
ありがとう。
さようなら。


368 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/03/25(日) 23:00:48 ID:vRecmO3Y
ええ?
立正安国に説く疫病、天然痘の原因はウイルスであって、
邪宗ではないでしょうに。
伝染経路は飛沫や接触だから宗教思想とは関係ないのでは?

369 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:02:38 ID:JFlx53oS
>>363
日蓮大聖人の御在世はこうだったと言えます。

文証:釈尊の経文
理証:日蓮大聖人の考察
現証:蒙古襲来

以後、末法万年に普遍的に適応されるのはこうだと言えます。

文証:日蓮大聖人の御書(立正安国論等)
理証:御法主上人の会通(日如上人の御指南)

これによって、日常的な各種の出来事の「現証」が良く見えてくると言えます。

370 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:08:13 ID:JFlx53oS
>>366
客観的判断が優先される場合は、顕正会のように主観(浅井昭衛)が間違っている場合で

日蓮正宗のように主観(御法主日如上人猊下)が正しい場合は、客観的判断は必要なくなるといえます。

ですから、間違った主観を破折しつくしていくことが、大事だといえます。

371 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:10:25 ID:JFlx53oS
>>368
そのウイルスがなぜ発生するのか、というのが科学では証明できないんです。
ここに科学の限界があると言えます。

372 :富士門激論:2007/03/25(日) 23:16:41 ID:zU5EUyZd
新スレ立ち上げました。よろしく。
http://yy51.60.kg/ooisi/

373 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 23:28:30 ID:7i2PIns8
日蓮正宗の理想とするところは日本あるいは世界の人々が日蓮正宗に改宗し、
ご本尊に向かって、南無妙法蓮華経を唱えるようになることですか。
そしてこの世から邪宗の跡形を残らず消してしまうことでしょうか?
現在ある殆どの寺社仏閣を取り壊し、数々の歴史的な遺産を破壊して。。。
邪宗のお経や聖典も燃やしてしまうんですよね。。。

古い文化に決別し、これから新たに清らかな日蓮正宗の文化が花開くのですね。

374 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:30:22 ID:JFlx53oS
>>366
>そしてその「 三 証 」 が 「 お 仲 間 ・ 眷 属 」でしか通用しない事を理解出来ますか?

正しい三証(日蓮大聖人の仏法)を、お仲間・眷属以外にひろめていくことが大事だと言えます。

375 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 23:37:05 ID:Ukf1CDZR
>>352
>いいえ。
では折伏、破折、法論とは何を指すのかな?
再三の論点先取、認められてない公理設定への注意を無視し続けてることから議論を指す言葉ではないようだけど。
>ぎゃくに日蓮大聖人の仏法以外で、さらに幸せになれるものがあるなら、教えてほしいと思います。
何故このような無意味な問いをするのか理解に苦しむ。
君にとっての「幸せ」は今まで題目君が何度も口にしてたように(「それで成仏できるんですか」等)
「成仏すること」なのだろう。しかし成仏の証明が未だ為されていない。口先だけだ。
非信徒にとっては戯言に等しく、どこまでも「題目君の定義する幸せ」でしかない。
>>2の公理の項での例を読んだかな?銀河司令官なんちゃらとかいうやつ。
題目君のこの言い分はね、あの例に対し
「その銀河司令官の存在証明ができていないので通用しません、貴方の主張は現実的ではないし、同意できません」と言われ
「ぎゃくに聞きたいけどほかに銀河司令官の侵略から地球を守る方法がありますか?」と言い返すのと同次元。
まったくもって無意味な問い。

376 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:37:17 ID:JFlx53oS
>>373
神社仏閣は取り壊したりせず、ただ正しい御本尊様を祭る、と言われています。
日興上人は天台の学問は否定されてないですから、方便権経が燃やされることは無いです。
外道はどうなのかな。
しかし、各国の伝統芸能も、日蓮正宗は全く否定していないですし、そういうことはありえません。


377 :神も仏も名無しさん:2007/03/25(日) 23:48:09 ID:7i2PIns8
>>376
> 神社仏閣は取り壊したりせず、ただ正しい御本尊様を祭る、と言われています。

でも、その寺に大日如来の像や阿弥陀仏があったら外すでしょ。
置き所がなければ燃やすしかないかと思いますが。

> 日興上人は天台の学問は否定されてないですから、方便権経が燃やされることは無いです。

でも、ご自宅には、資料のためにでも例えば浄土三部経をおいておくのは謗法の品を置いておくようで
嫌じゃないですか? そのようなものを持つのは禁止されてませんでしたっけ?
個人レベルじゃなく、例えば、公共の施設でもそのようなものを置いておくのはよくないことではありませんか?
諸天善紳は喜ばないと思いますよ。

> しかし、各国の伝統芸能も、日蓮正宗は全く否定していないですし、そういうことはありえません。

モーゼの十戒なんかの映画は見ないほうが良いのではないでしょうか?
日本昔話も神様が出てくるやつは辞めておいたほうが良いですよね。

378 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 23:50:10 ID:T3rPNjGa
>>341
http://homepage3.nifty.com/y-maki/daibyakuhou/387-8.htm
>大聖人の仏法より非仏説論を破折

これ、苦しい言い逃れだよねぇ…。

第一点目、これがまずオカシイ。百歩譲って後世の経典成立を認め、
経典成立史の観点から日蓮が如何に正しいか、を証明するのなら
まだ話は理解できるが、そうではない。なぜかというと大乗非仏説を否定しつつも、
日蓮の出現が「法華経」に予証されている、といっている。
結局、法華経に依っていることを認めているではないか。
したがって、これは大乗非仏説を破折したことにはならない。

第二点目、日蓮の御書を教示としているが、そこにも法華経に依っていることを
延々と述べられている。したがって、これも大乗非仏説を破折したとはいえない。
しかも、「当宗にとっては直接関係ある問題ではないといえます」とあるが
「問題ではない」と断定するのではなく、「といえます」と逃げている。
そのように文を最後しめているあたりを見ると、相当苦労して解釈した痕が窺える。

379 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:50:18 ID:JFlx53oS
>>375
違います。あの意味不明な文をこのスレに当てはめるとこうなります。

人類はただちに争いをやめて協力して核兵器を廃絶しなくてはなりません=幸せの模索
なぜなら、銀河系統一総指令部のレジオ・ハッカ司令官が、エリダヌス座イプシロン星から視察にやってくるからです。=不幸を望む荒らし

ただ一つの問題は「不幸を望む人間」を認める事ができるかどうかです。


380 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:54:10 ID:JFlx53oS
>>377
国に南無妙法蓮華経が広まれば、諸天善神はよろこびますから、悪鬼乱入した今の神社仏閣も変わります。
資料のためなら、いいのではないでしょうか。ただし、絶対に影響されない、という意志が必要だと思います。

381 :南無妙法蓮華経:2007/03/25(日) 23:57:12 ID:JFlx53oS
↑訂正。やっぱり捨てたほうがいいです。阿弥陀も大日も燃やすと思います。

382 :破邪顕正 ◆Ylvk4LHQaM :2007/03/25(日) 23:59:14 ID:AQC3DGjP
>>377
壊したり燃やしたりはしません。
脇に置きます。
御本尊をご覧頂けばわかると思いますが、南無妙法蓮華経を中心にし、
その他は左右におかれます。

383 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 00:03:33 ID:e8IDwNmf
>>378
日蓮正宗は、経典は釈尊が説いたものである、と断定しています。

384 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 00:09:06 ID:e8IDwNmf
大聖人の左右に脇士を安置しない理由について
http://homepage3.nifty.com/y-maki/syousinnkai/01.htm

その他の仏・菩薩・諸天善神は、御本尊様の中に認められているので、
単体では存在してはいけないのではないかと思われます。

385 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:09:32 ID:udmJt7eA
>>362
「科学的客観」を求められてるのに
客観的な証拠の提示がないに等しく、稚拙な論点先取、牽強付会に彩られた「主観のみの」サイト
を示してどうするのさ。
>>367
検証スレのたいていの面子はこのスレ来てるだろうからそんなことしなくても(笑)。
俺もここじゃない正宗スレでオヤジさんが紹介してたので来た。
※オヤジさんが悪いと言ってるわけじゃないよ(笑)

386 :杞憂ならいいが:2007/03/26(月) 00:12:21 ID:jEc23D7l
しかし、このスレは勢いがいい
3日目で400近くまで来たとは
ある意味すごいね・・・

387 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 00:13:06 ID:e8IDwNmf
>>385
日蓮大聖人の精神は「立正安国」ですから、むしろ「論点先取り」が大事だと思われます。

388 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:13:26 ID:TRRzXdwf
>>377
堀上人の御指南
雪舟等の美術品、骨董のたぐいも全て謗法として消し去る。
>>382
まちがい。

389 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:15:41 ID:udmJt7eA
>>370
>>353の「歴史に関しての韓国人」のイメージ像そのままじゃない。
題目君の「正しい証拠は正しいからだ」といった論法はまず結論ありきの思考からだったのね。
>>371
わからないことに暫定的な回答(〜ということにする、〜のせいにする)を与えるのは誰にでもできるよ。
だからこそ世の中掃いて棄てるほど宗教や陰謀論などのオカルト話が存在するわけで。
何度も言ったが「説明がつけられれば正しい、というわけではない」。

390 :破邪顕正 ◆Ylvk4LHQaM :2007/03/26(月) 00:16:38 ID:VASBhH1y
>>384
勉強になりましたm(_ _)m

391 :破邪顕正 ◆Ylvk4LHQaM :2007/03/26(月) 00:19:45 ID:VASBhH1y
>>388
申し訳ないm(_ _)m

392 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:20:23 ID:gI3upYwk
>>380-382 >>384 >>388

どっちなんでしょう。
やっぱり寺社は別として(諸天善紳が戻ってくればよいので)、
仏閣は日蓮正宗の以外は模様替えすべきじゃないでしょうか?

宗教的色彩のある文化物もなくすべきですよね。いつなんどき、その魅力に
取り付かれるものがでてくるとも限らないので。

393 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 00:20:27 ID:e8IDwNmf
>>389
道理・文証・現証が揃ったときに、正しいと言えます。

394 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 00:22:03 ID:e8IDwNmf
>>388
やはり、そのほうが安心できると思います。

395 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:22:22 ID:udmJt7eA
>>379
違うと言うなら何を指すのか教えてくれないか。
あと例が意味不明。
>>387
これも意味不明。「論点先取が大事」?
論点先取ってのは誰でも、そしてなんにでも用いれる理屈だよ。
そんな理屈を用いて「我のみ正しい、他間違い」など通らない。
公衆便所を指して「あれは私専用で他人は使ってはならない」と言うようなもの。

396 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 00:24:04 ID:e8IDwNmf
>>395
そういう上辺のことよりも
「我」が正しいか間違っているか、という話のほうが大事だと思います。

397 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:26:08 ID:bkNDYml+
論点先取 begging the question
http://www.geocities.jp/wakashimu/setsumei/biggq.html

意味を確認なされよ。

398 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 00:28:05 ID:e8IDwNmf
このスレは、論証する必要がないですから、
どうか、素直に南無妙法蓮華経を信じることをすすめます。
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

399 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:28:45 ID:udmJt7eA
>>393
その三証とやらも手前味噌でしょうに。

400 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 00:29:49 ID:gI3upYwk
>>388
> 堀上人の御指南
> 雪舟等の美術品、骨董のたぐいも全て謗法として消し去る。

堀上人とは大石寺第59世法主の日亨上人(1867年2月24日 - 1957年11月23日)のことですね。
今、調べました。

やっぱり理想から言えば謗法の物は残すべきじゃないですよね。

最近良く使うので「謗法」を仮名漢字変換辞書に登録しました。

401 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 02:22:51 ID:e8IDwNmf
日蓮正宗 立正安国論、正義顕揚七百五十年
http://www.c-player.com/ac56004/message

ここでは創価学会員の脱会相談にも応じてられます。


402 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 02:30:57 ID:e8IDwNmf
Go Way! 〜宗門への道〜
http://www.k2.dion.ne.jp/~kunimax/index.htm

知道寺ホームページ目次
http://homepage3.nifty.com/y-maki/topsav.htm(音が出ます)

403 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 02:32:15 ID:e8IDwNmf
日蓮正宗の信仰をすると、どのような利益があるのか 


○日蓮大聖人は「経王殿御返事」に、
   『この御本尊を信ずる者は、
     (1) 病魔や障害に犯されない
     (2) 諸天善神に守護される
     (3) 福徳が増して幸福になる
     (4) どんな場合でも恐れることがなくなる
     (5) 自由自在の境遇になる        』

○「当体義抄」には、
   『正直な心で南無妙法蓮華経と唱える人は、
     (1) 不幸の根源である悪心(煩悩)が、そのまま仏のような清浄な生命(法身)に転ずる
     (2) 悪い行為(業)は、正しい判断力を備え、仏のような智慧(般若)に転ずる
     (3) 苦しみや悩み悲しみは、希望にみちた自在の境界(解脱)に転ずる           』

404 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 02:52:21 ID:K45PliqM
経王殿御返事の功徳と言ってるのは
勧世音菩薩普門品で南無勧世音菩薩と唱えた場合の功徳(経典の書いている内容)と同じだし
当体義抄の功徳の内容は、理趣経の理趣経を読誦した場合の功徳(経典の書いている内容)と同じ
まったく節操がないな

405 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/03/26(月) 02:57:43 ID:LnamhAhD
教義の話ならまだしも
>>377>>388>>400
さすがにこの言葉を使わせてもらいます。
あなたたち何様?
世界の支配者にでもなったつもりですか?
中世や戦時中の宗教弾圧をくりかえしたいのか。

自分を正いと思う者は、何をしても良いのか。
かつてオウムが人々の幸せのため邪なる者をポアしましょう、次は誰をポアしようと
話し合ってあっていたというのと同様の思想に背筋が寒くなります。

406 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 03:03:13 ID:oxQH0Q8f
>>404
総合仏教的な天台教学が土台である故、同じ話が出て来るのは当然と存ずる。
逆に申せば、日蓮正宗のみが勝れている訳ではなく、
他宗にも学ぶべきものが数多存在する証左であろう。

407 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 03:06:44 ID:oxQH0Q8f
>>405
だからこそ、創価・顕正が生み出されたる由。
厳格に修すべきところを疎かにした結果であ、
現在の状況がその「現証」であろうと存ずる。

408 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 03:07:55 ID:oxQH0Q8f
訂正。

×厳格に修すべきところを疎かにした結果であ、
○厳格に修すべきところを疎かにした結果であり、

失礼致した。

409 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 03:17:43 ID:K45PliqM
>>405
オヤジさん、夢物語りだから、相手しない
正宗が拡大して広宣流布の可能性があるならともかくどんどん、規模縮小している現状、気にする事もないかと
そもそも、広宣流布するという事は、仏像や神道の神や伝統文化など消し去れという人間だらけになるという事
有り得ませんから
例えば、俺がね、女性天皇が認められたら、結婚して王政復古して、俺の思想を国教にすると言うのとかわらない程度の妄想だから

410 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 03:25:14 ID:K45PliqM
>>406
それにしても、正宗が否定してる内容を、本尊と題目に置き換えるだけなんて、節操なさすぎ
そのうち、聖書のYHWHは日蓮の事とか言い出すかもよ

411 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 03:34:07 ID:oxQH0Q8f
>>410
流石に、そこまで無節操では無いと思うが……なぜか、想像出来てしまうところが恐ろしい。

412 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 03:55:24 ID:K45PliqM
>>411
まー最後のは皮肉だけど、題目の句は、妙法蓮華経に帰依する事
しかし、妙法蓮華経に帰依するのではなく、捨てろという経典の内容からの、つまみ食い、
新興宗教の手法とかわりがない
規模からいえば、騒ぐ事もない教団だが、創価により有名になり、また、創価、顕正を生み、現在もなお、妙勧講という危険な団体をかかえるが故に捨ておけない
なんとも厄介な教団ですな

413 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 04:14:50 ID:oxQH0Q8f
>>412
貴殿の申す通りと存ずる。

ある意味、鎌倉時代から進歩すら止め、譬えるなら「解釈の近親相姦」とも言える状況を続けた結果、
とも言えるであろうか。

それにしても、正宗の破折ガイドが創価の折伏経典と大して変わりないのに、
未だに気付かないのは、創価の毒が強烈なる所以であろうか。

414 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 04:46:16 ID:K45PliqM
>>413
在家による布教中心型宗教は似たりよったりだが、エホバの証人などは、入信したり、その後やめたり排斥された者には、厳しく、強引だが、勧誘に関しては紳士的、
創価と正宗が似てるのは根が同じだから、お互い批判しあうのは近親憎悪に近いと見える
いずれにしろ、本家より亜流が勢いがあるのは、本家に魅力のない証拠
それを難解難入と言い、信者が減ったのを正しい教えを守る為には良いと言う
これだけなら、選民思想だが、それでいて、国民全てが信仰する広宣流布をめざすといった、ねじれが、
正宗系共通の要素とみています

415 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 06:43:26 ID:mTpe4a4c
カルトにも2種類あって

1 騙して入信させたやつに、すぐ別の誰かを連れて来いというマルチ商法型。
2 一定期間、教義を学習して入信させ、布教するには更に訓練があるタイプ。

2は公称信者は少なくても実数の割合が高い。

416 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 08:21:28 ID:GetQVckw
>>414
選民思想ではなく選教思想。
>>415
選ばれた正しい教義ならカルトでも安心です。

417 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 08:44:28 ID:e8IDwNmf
>>413
創価の時代のことはよく知りませんが、折伏の本も新しく出てます。

418 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 08:48:17 ID:e8IDwNmf
>>410-411
ありえないので大丈夫です。余計な心配はおいといて、
南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

419 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 10:13:35 ID:e8IDwNmf
日蓮正宗寺院一覧表
http://www2s.biglobe.ne.jp/~shibuken/Temple/picture.htm

420 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 10:44:20 ID:ZGaJF94/

題目殿。
うっかり見落としていたが、>>398で、間抜けな事を申す貴殿は、何を考えているか。
ただ単に戯言を並べ立てるだけの、顕正と何ら変わりない盲信者と言わざるを得ない。
>>416の文言が端的にそれを示している。

正しいカルトは「危険」なだけである。
創価時代も知らずに今まで論駁していたのだから、御目出度い人だ。
世間では、貴殿のような人間を「基地外」と申す。
否定するなら、今まで溜まりに溜まった質問反論に、真面目に返答し給え。

尤も、答える気など毛頭無いのであろうことは、その不真面目な態度を見ればよく判る。

421 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 10:59:07 ID:e8IDwNmf
>>405

御隠尊日顕上人猊下 インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=lXGAHU_haTg

池田大作 直撃インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=RILoUrAByBk&mode=related&search=

これを見ると、大石寺と創価学会のどっちが厳格か、良くわかると思います。

422 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 11:08:01 ID:ZGaJF94/
>>421
創価時代を知らないと申しておきながら、よくも言えたものである。
宗創抗争以前の其々の機関紙等を見れば、どちらも同じ事がよく解る。

423 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 11:35:32 ID:e8IDwNmf
自分が見る限り大石寺が正しいと思われます。

424 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 11:41:25 ID:ZGaJF94/
>>423
調べ給え。それからものを言い給え。
調べる時に、正宗が正しいとの思いでやるのなら、何もしない方がマシである。
そして語る勿れ。

425 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 11:46:37 ID:e8IDwNmf
何を調べる。
戒壇の大御本尊は大石寺に御存在します。
よって大石寺が正しい。

無為さんは学会だったと言ってましたが、日蓮正宗に戻ったほうがいいです。

426 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 12:02:10 ID:ZGaJF94/
>>425
何を勘違いされておる。
私が創価信者だと何時申した。
勝手に捏造しないで頂きたい。
生まれてこの方、創価信者になった事なぞ、1秒たりとも無い。
迷惑を蒙ったことにより、創価を否定しておる。

創価破門以前の「正宗と創価」の事を調べよ、と申しておる。
まぁ、好きにし給え。
結果は見えておる故。

427 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 12:52:53 ID:e8IDwNmf
773 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/10(土) 21:46:55 ID:/b3wsQUQ
スレ違いではあるが、少々、戯言をば。

   ∧_∧ 
  <`∀´> 創価はウリの宗教ニダ!
.  ゚○-J゚

★★★『日蓮正宗』最高真実の宗教 2 ★★★
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1173000077/


428 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 13:22:11 ID:ZGaJF94/
>>427
貴殿は、2ちゃんねるには向いておらぬようだ。加えて、冗談も日本語も解らぬようであるな。
わざわざ「戯言をば」と断っておるが、漢字若しくは日本語が読めぬかな?
また、AAなぞ、どこにでも転がっており、台詞を入れ替えて転写するのは普通である。
尤も宗教板では筋違いとなる故、ちゃんと「スレ違いではあるが」と断っておる。
これも読めないのかな。

ちなみに、そのAAは「ニダー」という名前であり、ハングル板、東亜板に出没しておる。
専用板も存在る人気者である。(一部だが)

【奉】3月15日はニダーの誕生日!(6歳)【祝】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/nida/1173539316/

また、その台詞は、創価と北朝鮮の共通点を揶揄しただけである。

これを証拠とされるなら、「法門申さるべき様の事」も本物の御書となる。

  ∧_,,_∧
 <丶`∀´>y−〜 うっわー最低!

429 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 13:30:09 ID:e8IDwNmf
なるほどそういう意味ですか。まぁどっちでもいいです。
どうか、日蓮正宗で信仰しましょう。

430 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 13:41:44 ID:ZGaJF94/
>>429
>どうか、日蓮正宗で信仰しましょう。
既に、返答してあるが、改めてお断り致す。

正しい事も最高真実であることも、何一つ証明されておらぬ。
鰯の頭と同じ故、信じたい者のみが信ずれば済むこと。

最高真実と言うなら、溜まっておる宿題を片付けからにし給え。

431 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/26(月) 13:45:40 ID:QP8v6/uL

どうですか?みなさん・・・・・

正宗の濃い信者は基地外なんです。

完全に証明されました(・ω・`)

不誠実・不正直・卑怯・嘘つき・妄想馬鹿・捏造詐欺師・などの

修飾をしてもこのスレではなんら問題ないでしょう。

これらの修飾を冠するにふさわしいレスポンスの数々でした(・ω・`)

みなさまご自由におもうがまま修飾してください。

ではでは

432 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2007/03/26(月) 13:49:57 ID:QP8v6/uL
それにしてもなんとも 不愉快な 生き物でしょう・・・・・
吐き気がします(マジで!)

433 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 13:59:18 ID:e8IDwNmf
>>432
そんなこと言ってるなら、一生懸命信仰しましょう。
あなたは正宗になにか恨みでもあるんですか。

自分はたしかに人格的に欠陥しているかもしれない。
もう、いつ死んでもいいここちです。

南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

434 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 15:04:51 ID:K45PliqM
>自分はたしかに人格的に欠陥しているかもしれない。
題目(正宗)の功徳が偽りの現証
>もう、いつ死んでもいいここちです。
宗教が毒になる場合の現証

435 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 16:19:03 ID:udmJt7eA
>>396
上辺ではなく本質を問うているのだが。
>「我」が正しいか間違っているか、という話
をしているんだよ。
「我」が正しいか否かは客観的に認められる公理を設定できない限り
どこまでいっても「我が正しいと我が思い込んでいる」に過ぎない。論点先取ではなんの証明にもならない。
そう、何度も何度も説明してるんだがなあ・・・。
>>398
って、「論証する必要がない」?
「『我』が正しいか否か」を論証する必要がないなら>>346で言った通り、
題目君の言う「折伏、破折、法論」は
「己の主観、都合、願望、妄想を押しつけること」になるじゃないか。あの否定はなんだったんだ。
その直前(>>396)で「『我』が正しいかどうかの話(論証)が大事」と言っていたり支離滅裂過ぎる。

日蓮正宗(といっても題目君の場合、顕正、妙観の影響が色濃いが)に入ると
論理及び文章構成、読解力、に欠陥でもできるのだろうか。ここまで視野狭窄に陥ってしまうのか。

436 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 16:26:29 ID:ZGaJF94/
題目殿。
貴殿と正宗系信仰が面妖なる現証ばかり披露されておるが、如何致した?

437 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 16:41:43 ID:K45PliqM
>>435
憶測だが、話しの流れから見ると、題目君は、主張したい事を言いつくし、すっきりした、その反面、いちいち質問に答えるのが面倒になってきたのではないか
後半はサイトの貼付けが多く、質問にたいする答えはここから見つけろと言わんが如し
思うのだが、もし妙勧講が破門になったら彼は、どちらかに付き、他方を誹謗するのだろうか?

438 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 17:06:49 ID:qma3+8kj
彼は一度無間地獄に堕ちないとわからないんだろうね。

そんな彼も救われる。でもそれは決して南無妙法蓮華経ではないことを断言する。

439 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 17:17:07 ID:7zN1fIzP
正しい事も最高真実であることも、何一つ証明されておらぬ-------

法華経は釈迦の一番深い思想でこれは5時八経判、さらに経の中で諸の経の中の
最高の教え、諸々の経の王と釈迦が言っていることは証明にならないのか。
ならないとすれば
それはどうしてなのか。

440 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 17:30:06 ID:e8IDwNmf
>>434-438
証明は否定の否定です。

誹謗中傷・悪口を言うだけでは否定したことにならない。

小学生にでもできる。

そんなことにも気付かないのか。

>>435
公理は「皆が幸せになりたい。」

これで間違いないと思います。もし違うなら他のをあげてくれ。でないと話が進まん。




よろしくね。

441 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 17:47:05 ID:ZGaJF94/
>>439
>法華経は釈迦の一番深い思想
その、一番とするところが曖昧。経典の題を入れ替えれば、他宗でも主張している事である。

>5時八経判
文献学的に整合が取れない。
一日で法華経より量的にも多い涅槃経を説いたとすると、五時八教を肯定したとしても矛盾。

>諸の経の中の最高の教え、諸々の経の王と釈迦が言っている
書いてあるから事実とするなら、何でも有り。
法華経が最高と証明されない限り、何の意味も無し。

題目殿が宿題(他の方々の反論に対する返答)を溜め込んでおる。
貴殿が代わりに答えては如何かな?

>>440
貴殿の方が、徐々に幼稚な書き込みになっておられる。
文句を言う前に、まともな反論をされよ。
貴殿が同じ事を言い出すから、話が進まぬ。
他のスレに出張する余裕が有るなら、こちらできちんとした対応を為すべきでは?

442 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 17:50:30 ID:yNZkt/QC
私は悟りました。

この世は無から生まれ、無は無でありえず、実態を表す。
無から実態が生まれ実態は無となる。

粒子は波動となり、広がりを持った空間に同時に存在する。
この世界は同時に同じ空間に違う世界に広がっていく。
この世は有と無の間でゆらいでいるのである。

時間は過去から未来へ、状態は秩序から無秩序へ、宇宙は広がる
が、未来から過去へ、無秩序から秩序へ、収束する宇宙でもある。
それは同じ宇宙であり、別の宇宙でもある。

この無限の次元の世界を人間の感覚は認識することはできない。

法華経でさえ、この無限次元は説いていない。

443 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 17:52:08 ID:qma3+8kj
>>440
チョイ待ち!

>証明は否定の否定です。
否定の否定は、きみ自身が「否定」したじゃないか!?

いやあのね、題目くんは世間の常識を身につけてないまま
正宗の素晴らしさを語らないから誰も納得していないんだよ。

これは、小学生にも理解る話だよ。

アップアップするのは仕方ないけど、冷静に自分を見つめなおせば?
あるいは自分の中にある仏性と照らしあわせてみれば??

444 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 17:54:37 ID:qma3+8kj
>>443訂正。

×いやあのね、題目くんは世間の常識を身につけてないまま
正宗の素晴らしさを語らないから誰も納得していないんだよ。

○いやあのね、題目くんは世間の常識のまず則ってないまま
日蓮正宗の素晴らしさを語ってるから誰も納得していないんだよ。

社会即道場だよ。



445 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 17:57:10 ID:e8IDwNmf
そもそもどうしたら幸せといえるのか。

金を稼いだら幸せか。愛する人がいれば幸せか。人並みに暮らしたら幸せか。

世間の常識的な幸せをつかんだら幸せといえるのか。

そういう条件を手に入れることで、たんに自分は幸せであると思い込もうとしているのではないのか。

理趣経氏 無為氏はどう考えますか。

成仏(現世・来世も絶対的に安心できる)以上に、幸せになれる方法があるなら書いてくれ。

ただし、成仏なんて存在しねーんだよハゲ的な、ナンセンスな答えはやめてください。ここは宗教板ですし。


446 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 18:00:51 ID:yNZkt/QC
この世の生きとし生けるもの全てが幸せなら、私も幸せである。

447 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:03:02 ID:e8IDwNmf
>>446
そういうのを相対的な幸せと言う。

448 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 18:03:57 ID:yNZkt/QC
「自分が幸せ」という考え自体が不幸の始り。
全て御宝前におまかせすることです。

449 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 18:07:30 ID:ZGaJF94/
>>445
私個人の考えである事を、予め断っておく。

現実的に、死後の世界や来世などは無い。
ありきたりだが、幸福というものは人其々であり、生きる事自体が幸福の追求と存ずる。
成仏という言葉に惑わされる事自体、不幸ではなかろうか。
成仏は目標、と捉えると、信仰する価値は生ずるものと考える。

一番の根本は、生きていく上での精神的支柱としての信仰、と考えることだと思う。
信仰の為に生きるのであれば、出家する他に選択の余地は無いものと存ずる。

450 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:07:52 ID:e8IDwNmf
>>448
なるほど。
では、どの御宝前におまかせすれば一番いいのか分かりますか。

451 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:07:56 ID:qma3+8kj
>>445
だからこそ、私は題目くんに問いたい。
日蓮の教えを信じて題目を唱え、塔婆供養する、折伏行に励むなど以外に
実社会でどのような振る舞い、取り組み方をしているのか、を。

452 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 18:09:58 ID:yNZkt/QC
題目氏は経典、教義にとらわれすぎています。
法華経は御宝前様を現していますが、御宝前様そのものではありません。
いわば、経典は効能書きにしか過ぎないのです。

453 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:10:51 ID:e8IDwNmf
>>451
とくに何もしてないよ。食えるぶんだけ働いて、

パソコンでぱちぱち打ったりしてるだけ。

454 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:12:22 ID:e8IDwNmf
>>452
そんなことないです。御本尊様に真剣に祈念することが肝心です、といってる。

455 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 18:12:24 ID:yNZkt/QC
宇宙の真理に、どの も この もあるでしょうか?

456 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:14:27 ID:qma3+8kj
>>453
あなたはホンモノの題目クンですか?携帯じゃなかったっけ?
もし何か他意があってこのスレで題目くんを騙っているのならやめてね。
みんなに迷惑がかかるからさ。


457 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:15:30 ID:e8IDwNmf
>>455
真理を悟ったとしても、体現できないなら悟ったことにはならない。

hage氏は真理を悟ったといいますが、日蓮正宗の御本尊以上に具体的に体現できるのか。

458 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:18:14 ID:e8IDwNmf
>>456
「自分が本物の題目君であるか否か」ということから、信じたり疑ったりしなきゃいけない。

いわば、毎日の生活は、極端な話、信仰の選択の連続と言える。

それを、ひとつに絞る(南無妙法蓮華経に絞る)、ということは、そんなに悪いことではないと思います。

459 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:19:23 ID:qma3+8kj
>>453
では、君がホンモノの題目クンとして話を進めるなら

その姿は、「六波羅蜜自然在前(じぜんざいぜん)」とは、到底程遠いものと思われる。
末法無戒という邪義だから仕方ないだろうが。

460 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:21:59 ID:e8IDwNmf
末法無戒がどうして邪義か証明しなさい。

ちなみに、いくら無戒と言っても、南無妙法蓮華経を保つものは、自然と万戒を保つことになる。

461 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:29:35 ID:qma3+8kj
これは私見かもしれないが、

実社会において、日蓮正宗の正しさを伝えようとするなれば
六波羅蜜が自然と在前(具わっている)ような振る舞いをしているかどうか、だ。
それが本尊を受持することだと思うが違うか?受持即時戒でしょ。

学会や顕正会、そしてそれらを生んだ日蓮正宗が一般的に受け入れられないのは、
そういう社会に対する態度が、およそ宗教とは思えない振る舞いだから。


462 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 18:31:42 ID:ZGaJF94/
題目殿。
返答したが、如何かな?

463 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:33:41 ID:e8IDwNmf
>>461
そういうのは人に見せるための信心ではないかと思う。

そもそも、他人の評価=本人の幸せだったら、

鎌倉の世で逆縁の嵐だった日蓮大聖人の仏法は、存在価値を失う。

464 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:35:50 ID:qma3+8kj
では、お望みどおり。

末法無戒は、もともと最澄が「末法灯明記」に
「設し末法の中に持戒の者有らば、既に是れ怪異なり。
市に虎有らんが如し。此れ誰か信ず可きや」とあることから。

しかし、この「末法灯明記」は異論もあるが
現在では最澄の著述ではなく偽書とされている。

これだけでも充分だと思うが…。

さらにいえば、末法無戒だと完全に危険な本覚思想に陥る。
だから涅槃経は末法における「扶律顕常」を説いて戒めている。

465 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:37:01 ID:e8IDwNmf
>>449
精神的支柱としての信仰ですか。
それなら、なおさら大石寺の御本尊を信仰することを勧めます。
これ以上に確固不動のものは、自分が知る限り見当たらない。

466 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:40:18 ID:e8IDwNmf
>>464
末法無戒というのは精神的にいいことです。

よく世間では、職場や学校で真面目な人ほど危険な犯罪に暴発する。

「我慢の心充満せん」と日蓮大聖人がおおせられている通りです。

凡夫にはそもそも六波羅蜜とか考える必要ない、という立場のほうが、気楽でいいではないのか。



467 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:42:06 ID:e8IDwNmf
しかし、末法でも、智慧ハラ蜜は大事だ、とか習ったきがする。

468 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 18:42:15 ID:ZGaJF94/
>>465
貴殿が知らぬだけである。
どう見ても、迷妄状態にあることを自覚されたし。
貴殿が大御本尊を支柱とするのは自由だが、其れを以って全てと断ずるのは誤り。
正宗無くとも、社会に聊かの停滞も生ぜぬ。個人なら尚更。
幸不幸などの影響無し。

469 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 18:43:49 ID:e8IDwNmf
>>468
これが違うところがすごいんです。
まず心が落ち着きます。

470 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:46:02 ID:qma3+8kj
>>463
言ってることムチャクチャだよ。
人に見せる、見せないを言ってるわけではない。
またそれが信心を測るものさしではない。

他人が評価した結果は自分自身にあることぐらいはわかりますか?
それが本当の信心をするものの姿だよ。

本人の振る舞いこそが、実社会に反映される。
学会員でも人の悪口をいわず、無理な折伏をつつしみ
しっかり仕事をやって、他人のことを慮って周囲に受け入れられる人もいる。
それは認める目があり、色眼鏡ではなく弁えた人はきちんと認める。
それは、その学会員の人がきちんと結果を出しているのだよ。

要はその人の社会での振る舞いや取り組み方。
それを私は題目くんに問うている。

471 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 18:46:24 ID:udmJt7eA
>>437
妙観についていきそうな気がする(笑)。
なんにせよ本人が「論証は必要ない」と言ってるのだから俺らが何話しても聞く耳持たないだろうな。
今まで通り「かくあるべき真理」の押し売り、宣伝を続けるのだろう。
>>440
論点先取でものを語るのは小学生にもできる。それに気付いてと何度も説明したが。
>皆が幸せになりたい
前にも言ったがそれは公理ではなくテーマ。
「幸せ」が何を定義するか、が公理にあたる。堂々巡りだなあ。
>>443
もう本人も何言ってるのかわからなくなってると思うよ。
日が経つにつれて支離滅裂になってゆく。

472 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 18:49:10 ID:ZGaJF94/
>>469
信仰している貴殿はそうであろう。
しかし、非信者からすれば「だからどうした」で済むこと。
どう贔屓目に見ようと、オンラインRPGに嵌っている輩と同じに見える。

それにしても、先程の質問は何の為にしたのであろうか。
甚だ疑問。

473 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:49:59 ID:qma3+8kj
>>466
題目くん、君は「我慢」と「持戒」を混同している。
そもそも「我慢」とはどういう言葉かを知ってから話なさい。

私が思うに日蓮もそれくらいは知って使っていると思うぞ。

で、邪義である事は上記の通り証明したのでよろしく。

474 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 18:52:46 ID:qma3+8kj
>>471
まったく支離滅裂ですね。驚きました。
これほどまでに頭破七分の現証が出るとは…

475 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 18:56:19 ID:K45PliqM
>>445
まず、死後、来世については、生きている現在確認出来ない(前世の記憶すらないのだから)肯定も否定もしない
が、あるのならば、生きている現世が因となり、死後に果となるねだろう
しかし、確認するすべはないので死後については語らない
では、現世における幸せについてだが、何を幸せの規準にしようと、人の価値感である事にちがいない
その定めた幸せに達すれば、さらなる欲が芽生え、少しでも外れると不幸を感じる
故に、人が定めた幸、不幸の規準に囚われる事なく、まずは、ありのままを受け入れる事ではなかろうか
自分も自然や真理や節理である
人間は、そこから抜き出た存在と思うから、苦悩するしかし、ありのままと言っても、人は我がつよく欲は果てしない
だから、その方法を指し示すのが宗教の役割だと思うよ
だから、自分にとっての幸せは、幸、不幸に振り回されない事かな

476 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 19:11:51 ID:qma3+8kj
>>463
>そもそも、他人の評価=本人の幸せだったら、
>鎌倉の世で逆縁の嵐だった日蓮大聖人の仏法は、存在価値を失う。

なぜ、他人の評価=本人の幸せ、という図式になるのか??
そこが間違っている。誰もそんな事を言って質問しているわけではない。

優れた宗教家は、自分の立ち振る舞いや社会での取り組み方を弁える。

また、それを言ったらオウムなどにも当て嵌まってしまい、
題目クンの言っている事が矛盾することになるよ。

477 :法華研究中:2007/03/26(月) 19:16:18 ID:oJJNP1t/
割込みで失礼ですか、ちと質問したいので
* * * * * * * * * * * *
>>339に示されたサイトより
久遠元初についての説明を一応読みました
感想‥‥意味さっぱり分からん?
久遠の方は何とか理解できたが、元初の方はさっぱりだった
“「元初」とは、時空を超絶した一切の根源をいい、本仏の悟りの境地を意味する”ことだそうだ
で、元初=日蓮聖人であるので、日蓮聖人=一切の根源となりそうだ
こんなこと有り得ないと思うが
これも方便か?もう少し分かり易く説明してもらえると、有難いですね

正宗信徒のどなたでもいいです

478 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 19:16:41 ID:qma3+8kj
つまりだ、本尊に向かって題目を唱えたり塔婆供養したり
折伏行に励んだりすることは、君らにとってもちろん大事だろう。
しかし実社会で折伏する上で、それに付随して鍛錬するのが宗教。

自分自身を見つめなおすキッカケにならないと、宗教としてはおかしいわけ。

「あぁ、あいつまた宗教を語ってるよ」
「そんなことより人の悪口いうのやめればいいのにな」

っていうようなことになる。君は今その境涯。

479 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 19:28:51 ID:ZGaJF94/
>>477
詳しくは知らぬが、
「自受用身即ち是れ蓮祖」(日寛上人:文底秘沈抄)
とある。

この他にも文書が在ると思う。

480 :法華研究中:2007/03/26(月) 19:46:17 ID:oJJNP1t/
>>479
せっかくですが、私の場合は文証は不要です
要はどういう理屈(論)か知りたいのです
元初とは時空を超える存在…例えば霊的なもの?
いずれにしても、その概念はどういうものか、
説明して欲しいと思っているだけです


481 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 19:46:55 ID:ZGaJF94/
>>479
追記。
先に示されたサイトに日応上人の文書が掲載されている。

日蓮本仏論
http://homepage3.nifty.com/y-maki/all/honnbutu.htm

482 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 19:49:57 ID:ZGaJF94/
>>480
これは失礼致した。
ただ、>>481には、多少の理屈は載っている模様。(あくまで正宗の論理)
これ以上は、当方には荷が勝っておる次第。

483 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 21:30:38 ID:e8IDwNmf
>>470
末法の世に受け入れられることが信心がある、と。
キリスト教にでも改宗したらよろしい。

>>471
究極の「幸せ」は成仏ですが、現世に限れば生きがいではないかと思われます。
日蓮大聖人は、有り難いことに、仏弟子に法を弘通する、という生きがいを残された。

>>472
鎌倉の世にはびこった念仏信仰がまさにそれだと言えます。
西方浄土(中世ヨーロッパ)を来世に目指すという教義です。
これにドップリはまれば、自分の理想と現実のギャップに耐えかねて自殺してしまう。

しかし日蓮大聖人の仏法は、今の自分の仏界を開く「即身成仏」の教えなので
南無妙法蓮華経を保つものは、飯を食べようが、コンビニで買い物しようが、トイレにいようが、
全てその場所が「浄土」である、ということになる。

484 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 21:39:04 ID:e8IDwNmf
>>473
我慢が爆発する前に、南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

>>475
幸・不幸に振り回されない。なるほど、いいこと言います。
では、理趣経さんは宗教に何を求めていますか。
確固とした自分像ではないでしょうか。御本尊を保つものは、周りに粉動されない仏界を開くことができます。
どうか、南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

>>476
世渡り上手が勝れた宗教家なら、釈尊はウンコマンということになる。


485 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 21:40:31 ID:8igfC9or
じゃあ精神病院に入ってそこから出てくんな。

486 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 21:42:55 ID:e8IDwNmf
>>477
全ての衆生の父親が、日蓮大聖人ということです。
「迷うを凡夫、悟るを仏」と言います。
釈尊が鎌倉の悪世に生れ落ちていたとしたら
とても法を広めることはできなかったといえる。



487 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 21:47:21 ID:e8IDwNmf
>>478
たとえば友人が泥棒していたとして、君はその咎を責めないのか。
本当の友人ならば、当然注意するだろう。
外道・新興宗教・既成仏教等々、全ての教義は、
南無妙法蓮華経から一部を盗み取っただけの不完全な宗教といえる。

488 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 21:59:57 ID:e8IDwNmf
其れに付けても法華経の行者は信心に退転無く身に詐親無く、
一切法華経に其の身を任せて金言の如く修行せば、
慥かに後生は申すに及ばず、今生も息災延命にして勝妙の大果報を得、
広宣流布の大願をも成就すべきなり

                         『最蓮房御返事』

自分が一番すきな御金言です。

489 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:09:29 ID:6Y9AB0vm
題目氏は経典、教義にとらわれすぎています。
法華経は御宝前様を現していますが、御宝前様そのものではありません。
いわば、経典は効能書きにしか過ぎないのです。

「日蓮正宗の御本尊以上に具体的に体現できるのか。」
と聞かれますが、宇宙の真理法則は既に、現に、今、あなたが体験してる
この世界そのものではありませんか?

宇宙の真理法則は法華経に説かれなくとも、存在しているのです。
久遠仏とは、この宇宙の真理法則そのものなのです。

逆に、聞きたいのですが 「日蓮正宗の御本尊」とは何なのでしょうか?



490 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:11:18 ID:e8IDwNmf
>>489
あなたが実際に大石寺に帰伏するならば、お目通りが叶います。

491 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:20:08 ID:6Y9AB0vm
あなたはただの掛軸を拝んでいるのでしょうか?

492 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:24:12 ID:e8IDwNmf
>>491
いいえ。違います。久遠元初の御本仏の当体を拝ませて頂いています。

493 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:26:29 ID:6Y9AB0vm
では、「久遠元初の御本仏」は大石寺にしかいらっしゃらないのですか?

494 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:30:29 ID:e8IDwNmf
>>493
根本の御本尊様を「弘安二年の戒壇の大御本尊様」と申し上げます。
これは、大石寺の奉安堂という一番奥の建物の中に御安置されています。

495 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:35:56 ID:e8IDwNmf
どうか、大石寺に帰伏されることをすすめます。

496 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:37:09 ID:6Y9AB0vm
では、あなたは大石寺の奉安堂という一番奥の建物の中に御安置されている書物を拝んでいるのですね?


497 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:38:52 ID:e8IDwNmf
書物ではなく、板の形の御本尊様です。
これは、日蓮大聖人御本人の命と拝すべき当体です。

498 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:39:22 ID:2TWOw49I
始めからロムって見たが、題目よ、お前は哀れなやつだ。日蓮も同様。

499 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:42:48 ID:6Y9AB0vm
「日蓮正宗の御本尊以上に具体的に体現できるのか。」
と聞かれますが、宇宙の真理法則は既に、現に、今、あなたが体験してる
この世界そのものではありませんか?

宇宙の真理法則は法華経に説かれなくとも、存在しているのです。
久遠仏とは、この宇宙の真理法則そのものなのです。

もう一度問います。
「日蓮正宗の御本尊」とは何なのでしょうか?


500 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:43:27 ID:e8IDwNmf
>>498
うふふ。何をおっしゃる。

501 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:45:54 ID:e8IDwNmf
>>499
宇宙の全てが集約されているのが、戒壇の大御本尊様です。
この中には、他宗の一番偉いとされる神や仏や菩薩が、
一座に集まっている様子が図顕されています。
これは、法華経に説かれる依座と一緒です。


502 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:48:47 ID:e8IDwNmf
つまり、南無妙法蓮華経を中心に、全ての神や仏が集まっている、ということ。
それのようなことが、なぜ実現可能かというと、日蓮在御判という御金言があるからです。

503 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:49:55 ID:6Y9AB0vm
宇宙の全てが集約は大石寺の奉安堂という一番奥の建物の中にしかないのでしょうか?

それでは現にここのある宇宙そのものは何なのでしょうか?

504 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:52:36 ID:e8IDwNmf
御本尊様の一部と思われます。

505 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 22:55:13 ID:6Y9AB0vm
つまり、この宇宙は板の形の御本尊様の一部ということですか?
私たちは板の形の一部なのでしょうか?

506 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 22:57:13 ID:e8IDwNmf
自分たちの命は、不完全ですから、
戒壇の大御本尊に南無(命をささげるほど敬う)するときに
おのずと仏界が開く、と言えます。

507 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:03:18 ID:6Y9AB0vm
では、ご不敬と言われるかもしれませんが、
仮に大石寺の奉安堂が火事になり、その御本尊が燃えてなくなったとすれば、
その教えもなくなりますか?

508 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 23:04:58 ID:e8IDwNmf
まずそんなことは有り得ないので、心配無用。
そんなことをしようとする不届き者は、自滅します。

509 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:11:00 ID:2TWOw49I
題目は日蓮から正法が何であるか、教えてもらってないのだ。日蓮自身が正法が何であるか知らないのだ。

510 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 23:14:53 ID:e8IDwNmf
正法は、南無妙法蓮華経。

>>509

南無妙法蓮華経と名乗るといいよ。

511 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:15:47 ID:6Y9AB0vm
つまり、御宝に守られているので、大石寺は火事にもあわず、地震にもあわず、洪水にもあわないということですね。

では、宇宙の真理法則は法華経に説かれなくとも、存在していますか?存在しませんか?



512 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:16:44 ID:oJJNP1t/
横レスですが
板は結局板でしょう
いずれは朽ち果てるもの
釈迦仏法は力がないとの見方なのでしょうが
諸行無常は今でも通用します
形あるものは必ず滅するもの、
そういうものに頼るのは、どうかと思いますが

513 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:18:20 ID:2TWOw49I
題目は、頭破さ八分。

514 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 23:23:25 ID:e8IDwNmf
>>512
末法万年といわれていますが、いずれ熟脱の仏の時代になるでしょう。
しかし、今まさに戒壇の大御本尊様が御存在することを知っておきながら、
成仏が即座に叶う仏道修行に励まないとなると、大損もいいところです。

515 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 23:28:18 ID:ZGaJF94/
また、多重人格であるか。
どうやら、時間帯によって人が変わられるようだ。
尤も本人は否定するであろうが、言い回しの違いははっきりしておる。
同一人と主張するのであれば、躁鬱病を疑った方が良いと思われる。

どのみち、壊れた「レコード」の如く、同じことの繰り返すのであるから、
正宗信仰が碌なものではないことの証左となる。

516 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 23:34:21 ID:e8IDwNmf
南無妙法蓮華経と唱えるものは、心こそ大切にすべし。心から南無すべし。
壊れたレコードには心はない。

517 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/26(月) 23:36:19 ID:K45PliqM
>>484
>では、理趣経さんは宗教に何を求めていますか。
だから、真理、摂理を悟る方法を指し示す事かな

518 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:37:01 ID:6Y9AB0vm
宇宙の真理法則は法華経に説かれなくとも、存在していますか?存在しませんか?

519 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 23:44:21 ID:e8IDwNmf
>>518
存在しています。しかし凡夫にはまず捉えきることは無理です。
あなたも南無妙法蓮華経と唱えましょう。

520 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:49:19 ID:6Y9AB0vm
この世は無から生まれ、無は無でありえず、実態を表す。
無から実態が生まれ実態は無となる。

粒子は波動となり、広がりを持った空間に同時に存在する。
この世界は同時に同じ空間に違う世界に広がっていく。
この世は有と無の間でゆらいでいるのである。

時間は過去から未来へ、状態は秩序から無秩序へ、宇宙は広がる
が、未来から過去へ、無秩序から秩序へ、収束する宇宙でもある。
それは同じ宇宙であり、別の宇宙でもある。

この無限の次元の世界を人間の感覚は認識することはできない。

法華経でさえ、この無限次元は説いていない。




521 :南無妙法蓮華経:2007/03/26(月) 23:52:58 ID:e8IDwNmf
>>520
そういうことは、昔の偉い人がとっくに考えているものです。
だから、自分が発明したように思えることでも、実はとっくにだれかが言ってた、てことがある。

522 :神も仏も名無しさん:2007/03/26(月) 23:58:29 ID:6Y9AB0vm
わたしは、ただ単に量子論を述べただけです。
考えたとか発明したのでなく、科学の一般論を述べただけです。

523 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/26(月) 23:59:18 ID:ZGaJF94/
>>516
貴殿のことである。なかなかの壊れっぷり、お見事。

524 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 00:02:39 ID:6Y9AB0vm
例えば、この量子論によってコンピューターが生まれ発達し、
題目氏は2チャンネルで日蓮正宗について語ることができます。



525 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 00:05:09 ID:ZGaJF94/
>>483より引用。
>西方浄土(中世ヨーロッパ)を来世に目指すという教義です。
見事な壊れっぷり。
別人と見做せる。

526 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 00:06:07 ID:UBY0IW+7
こうして仏法の一分を語れるのも、日蓮大聖人に祈念したおかげかもしれない。
ありがたやありがたや。
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

527 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 00:07:01 ID:UBY0IW+7
>>525
西方ですから、たぶんそういうことだと思われます。

528 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 00:10:48 ID:IpCF70Bq
「阿弥陀(阿彌陀)」はサンスクリットの「アミターユス(amitaayus)」=「無限の寿命をもつもの」、
アミターバ(amitaabha)」=「無限の光をもつもの」音写したもの。意訳して、無量寿仏/無量光仏とも呼ばれ、
無明の現世をあまねく照らす光の仏とされる。

529 :法華研究中:2007/03/27(火) 00:13:39 ID:v9skRYo+
遅ればせながら、無為さんへ
>>481のご厚意感謝します
>>481のサイトには後でゆっくり拝見させて頂きます

ところで素朴な疑問があります
よく昼夜共に片寄りなく書き込む人がいらっしゃいますが
仕事は何をしているのでしょうか?
もしかして、各宗派の責任的立場にいる人とか?
さし障りがなければ、教えて戴きたいですね
因みに、私は普通のサラリーマンです
私は知識も余り有りませんので、皆さんの知識には、ただただ脱帽です

530 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 00:13:47 ID:UBY0IW+7
阿弥陀仏は架空の仏ですから、アニメの登場人物みたいなものと考えていいと思われます。

531 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 00:14:50 ID:UBY0IW+7
自分は大学生です。

532 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 00:15:53 ID:IpCF70Bq
久遠の仏を、ある人は法華経の中に見、ある人は阿弥陀仏が見えただけ。

おおよそ、どの宗教も宇宙の法則、摂理の一面を現わそうとしたことは同じ。

533 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 00:17:19 ID:1aVNMOoy
19歳の男他多数釣った
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1174756501/1

1 名前: 空気(神奈川県)[] 投稿日:2007/03/25(日) 02:15:01.14 ID:nxjQLNoK0
@釣りをされる方はhayooチャットが多いそうです。
A魚が掛かったら、写メをぅPすれば盛り上がります。 パスはvip等が好ましいです。
 雑魚はなるべく放流しましょう。でも釣った魚は自分で最期まで面倒を。
B相手のTEL、メアドを晒すのは禁止。
 もしスレ落としに入っちゃったら次スレ立つまで報告は中断。
C魚と会う場合は、スネークに日付、時間、場所、タゲの服装を伝えましょう。
 それと、釣師とスネークはコテ付けて下さい。
Dスネークは写真も大切ですが、身の安全が優先です。
E釣り師の方は解散後に報告をお願いします
Fた、まに大物がかかりますが、焦らず、みなさんに助けを求、めましょう^^
G困ったら安価

まとめ: http://www.geocities.jp/turimatome/

534 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 00:19:20 ID:ZyjrIjvi
>>527
本人でも別人でも構わないが、より莫迦を晒すとは。
観察対象としては、そこそ面白き輩である。
頑張り給え、無知無能の壊れたレコード君。

535 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 00:19:25 ID:UBY0IW+7
しかし今時阿弥陀仏に熱中する人もいないと思われます。

やはり、日蓮大聖人が仰せられたように、時を待てば邪宗は消えて

おのずと広宣流布する、ってことです。

536 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 00:21:17 ID:FT75GiBp
私は先ほどアンデルセン童話の「マッチ売りの少女」を読んで、
最後に少女が寒くもなく、空腹もなく、心配もない、神様のみもとに
いったところで泣いてしまいました。

これは謗法の行いなのでしょうか?

本当は彼女は地獄にいったと思うべきでしょうか?

537 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 00:22:19 ID:UBY0IW+7
分かりませんが、横死したってことは、少なくとも成仏はしていないと思います。

538 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 00:30:34 ID:FT75GiBp
>>537
> 分かりませんが、横死したってことは、少なくとも成仏はしていないと思います。

なるほど、それは一理ありますね。最近の書き込みを見ていると、南無妙法蓮華経さんは
ウィットに富んだ方ですね。

南無妙法蓮華経さん自身がこういう西洋の神様のお話を読むのは謗法の行いなんでしょうか?

539 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 00:32:41 ID:ZyjrIjvi
>>529
法華研究中殿。
余計なお世話かと思い、恐縮至極。

>よく昼夜共に片寄りなく書き込む人がいらっしゃいますが
>仕事は何をしているのでしょうか?
人それぞれなので、一概には言えないが、
夜勤の方やシフト勤務の方などは、通常のサラリーマンとは時間帯がずれるのは御承知の事と存ずる。
中には在宅勤務の方や自営業の方もおられるので、人によっては何時でも書き込み可能。
かく言う私も在宅勤務ゆえ、仕事の合間でも書き込み出来る。
それとは別に、ニートと呼ばれる人たちなら、働いていないから言わずもがな。

>もしかして、各宗派の責任的立場にいる人とか?
それは流石に無いと存ずる。その方が趣味であれば別だが。

>皆さんの知識には、ただただ脱帽です
私も同感である。
ただ、まともな議論を見ていれば、勉強になることは確かであり、
私も勉強している次第。

540 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 00:39:51 ID:UBY0IW+7
>>538
西洋の神様は喧嘩したり嫉妬したりめちゃくちゃなので、あんまり好きではないです。

541 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/27(火) 00:42:03 ID:gqjkD13g
>>529
>よく昼夜共に片寄りなく書き込む人がいらっしゃいますが
仕事は何をしているのでしょうか?
宗教の話しと仕事は関係ないと思うので、あえて書きませんが、時間関係なく書き込み出来るのは無為さんがあげた理由ですね
どれかは想像にまかせます>もしかして、各宗派の責任的立場にいる人とか?
書き込みの内容から、それはないと思います
>私は知識も余り有りませんので、皆さんの知識には、ただただ脱帽です
同感です

542 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 01:23:01 ID:P58tcuyB
>>520、522
つ「空」
仏教の代表的思想のひとつじゃないか。

543 :542:2007/03/27(火) 01:24:36 ID:P58tcuyB
訂正
つ「空仮中の三諦」
つ「成住壊空」

544 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/27(火) 01:26:43 ID:gqjkD13g
>>535
いや、正宗系の姿勢は親鸞会によく似てますよ

545 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 03:33:05 ID:rH9MqAsF
なあ 誰か教えてくれ。いますごく愛する女がいるんだが、そいつは家系代々創価。
俺は家の宗教とかに興味ないし、創価に入る気もさらさらない。
思想は人の自由だし、人間の本質は自由だとおもっている。
互いに愛しているんだが、やはり結ばれないんだろうか?
その女も深い信仰家ではないようだが。
どこに書き込んでいいかよくわからんから、スレ違いだったらすまない。

546 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 04:01:16 ID:ZyjrIjvi
>>545
こちらへ行かれよ。

【恋人】創価学会員だったら?【夫婦】19
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1174424946/

547 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 04:11:56 ID:rH9MqAsF
>>547
悪い、書き込んだ後で板みつけて書いてきた。
ありがと。
俺さ、宗教とかわかんないから色んな奴の意見が聞きたい。

548 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 04:23:22 ID:rH9MqAsF
あ ミス
>>546さんありがと

携帯からすまない

549 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 04:51:33 ID:ZyjrIjvi
>>547
基本的に、正宗系信仰(創価や顕正)は、難しい。
相手次第だが、相手の家族も信仰していると、こじれやすい。

選択肢
1.すっぱり諦める
2.一緒に信仰する
3.信仰する振りをして付き合う
4.きちんと話して、信仰せずに付き合う
感情まで絡む故、熟慮されたし。

あちらの板の住人なら、詳しい話が聞けるはず。

550 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 05:03:58 ID:l/3ED1ko
解決させるのなら徹底的に。うやむやなまま結婚すると大変な目に合う可能性が。
以前この板で妻が顕正会に入信したって人がスレ立ててたが(まあこれは結婚した後にカルトにハマったパターンだが)
相談者である夫が仕事に行ってる間に子供を顕正会の会館に連れていったりと色々と大変そうだった。(あのスレ今もあるのかな)
二人だけの問題なら行き詰まってもハイサヨナラで済むが子供絡むと悲惨だよ。
後々(結婚)まで考えるのならこちらの家族、向こうの家族まで含め徹底的に話し合う方がいいと思う。

551 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 05:14:15 ID:AezSerz+
朝勤行じゃ

552 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 05:30:45 ID:rH9MqAsF
みんなありがとう。
好きな奴とただ一緒になりたいだけなのに、こんなくだらない障害のせいで別れると思うとちょっと泣けてきたよ。
信者の人には悪いが、宗教に愛の自由なんてないんだな。
自分の愛より神を崇めるほうが正しいなんて生きてる意味なくないか?
まぁ 泣いてくるわ。ありがと

553 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 05:49:33 ID:ZyjrIjvi
>>552
心を強く持たれよ。

554 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 05:52:43 ID:cAKdSxyt
>>483
>末法の世に受け入れられることが信心がある、と。
>キリスト教にでも改宗したらよろしい。
それ、マジで言ってるんなら、題目くんは折伏する意味はなくなるぜ。

>しかし日蓮大聖人の仏法は、今の自分の仏界を開く「即身成仏」の教えなので
>南無妙法蓮華経を保つものは、飯を食べようが、コンビニで買い物しようが、トイレにいようが、
>全てその場所が「浄土」である、ということになる。
その論法が「本覚思想」なんだよ。
つまり本来悟ってるから何をしてもいいってことになり、殺人も肯定される。
それは、もう仏法とはかけ離れたもの。

555 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 06:01:54 ID:cAKdSxyt
>>484
>我慢が爆発する前に、うんたらかんたら
あのね?我慢というのは世間一般の言葉ではなく、もともと仏教用語だって知ってるかい?
だから、持戒することが我慢にはならないんだよ。それくらい勉強しておいで。

>世渡り上手が勝れた宗教家なら、釈尊はウンコマンということになる。
君も人の言葉を歪んで捉えるねぇ。私は世渡りの上手い下手なんて言ってないよね??
自分が社会とどう向きあっていくか、それを私や君やみんな一人一人が問われてるんだよ。
特に信心をしている者はなおさら一挙手一投足、その行いや言動を見られている。
そこが肝心なんだよ。そんな態度では絶対に人は折伏できない。

556 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 06:20:16 ID:cAKdSxyt
>>512

>釈迦仏法は力がないとの見方なのでしょうが
>諸行無常は今でも通用します

それはちょっと異論あります。
それだと日蓮正宗が言ってる論理そのままになります。
つまり釈迦仏法は力がない=諸行無常になるからです。

仏法は釈尊をはじめ過去現在未来に登場するすべての仏が説く悟りの境涯であり
正・像・末法関係なく永遠に普遍的に常在し変わることはないというものです。
それを「常住不変易」といいますが、これは法華経に薄っすらとその方便を明かし、
また涅槃経においてさらに詳しく説かれており、それが仏教の最終的な教理となっています。
それを「常楽我浄」といい、涅槃の四徳と呼び各仏教辞典にも載っています。

したがって仏教は末法思想でいずれ消滅すると誤解されていますが
これはまったくのデマといってよいでしょう。

557 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 07:05:32 ID:IpCF70Bq
>>542
量子力学、量子論を仏教っぽく述べただけです。


558 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 07:30:41 ID:v9skRYo+
>>556
仏法自体にも、諸行無常が当てはまるのかどうかは考えなかった
ただ、自然現象を観る限り、諸行無常は現在でも通用する真理といえる
と思っただけです

559 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 08:52:40 ID:UBY0IW+7
>>544
きみの目は節穴ということになる。
>>550
しかし、熱心な信徒の子供ほど奇麗でかわいいんです。これは本当だよ。
>>554
殺人をするようなやつは悟ってない。
日蓮大聖人や釈尊がそんなことをしたか考えてみなさい。
>>555
無意味で力のない宗教で頑張る人は、物凄い努力家である、といえるかもしれない。
しかし、その果報として地獄に堕ちるとしたら、こんなに嘆かわしいことはないといえます。

560 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 10:54:57 ID:UBY0IW+7
>>556
>したがって仏教は末法思想でいずれ消滅すると誤解されていますが

いいえ。仏教は末法で、更に勝れた下種仏法に替わります。
あなたもぜひ南無妙法蓮華経を唱えましょう。


561 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 11:07:14 ID:i5tukITf
げす 下種/下衆
(1) 身分の低い者. (2) 心が卑しい‐ようす(人). ◇ *下司とも書く.

                 〜デイリーコンサイス国語辞典 第三版〜

ふむ。
世間一般とは、相当乖離しておる。

562 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 11:11:58 ID:UBY0IW+7
>>561
種を下すと書く。つまり妙法の種植えです。

そもそも今の民主主義の時代に、身分をうんぬん言う人も珍しい。

563 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 11:38:02 ID:i5tukITf
(1)だけ読んで、(2)を飛ばすとは、ご都合主義であるか。
しかも、現在は(2)の意味で使われる事が殆どであるのも、御存じないとは……
何ともはや。
ものを知らないのであれば、話が通じぬのも道理。

564 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 12:35:16 ID:v9skRYo+
>>560追記
諸行無常に該当しないものが、自然現象の中にあった
それは「光の速度」
あくまで理論の世界の話だろうが
仏法=真理=光の速度
とするならば
未来永劫変わらないとする見方も可能かも

565 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 12:39:08 ID:v9skRYo+
>>564 アンカーミスった

>>560>>558へ訂正

566 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 12:58:46 ID:jWiys58V
下種の意味は日蓮宗派では種を下すという意味であってます。
本因下種の南無妙法蓮華経


567 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 13:17:04 ID:i5tukITf
>>566
それは存じておる。(笑)
題目殿に向けての、単なる皮肉にござる。
残念ながら、無知故に通じなかったようだが。

568 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/03/27(火) 14:03:01 ID:nMuLRrw7
仏教が伝わった頃の日本では西方浄土はインドのあたりを指します。
ヨーロッパなど知るよしもない。

そして、日蓮御書の地獄界についての説明によるとこの世界(つまり地球)は
丸い円盤が積み重なった形として記述されている。
地獄界、人間界、菩薩界、天界といったミルフィーユみたいな世界が虚空に浮き
それを中心に天体が回っていると。
由旬を現代の単位に換算して計算すると阿鼻地獄、灼熱時刻、無間地獄等何層かの
地獄だけで地球の直径を越えています。
くり返しますが御書に書いてあることです。

日蓮仏法が宇宙の法則を表しているというなら、天動説が正しいということですか?

569 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 15:06:33 ID:jZzrvlhd
これが仏教の宇宙
http://www.tctv.ne.jp/members/tobifudo/newmon/betusekai/uchu2.html

明治時代に「須弥山儀」を作って邪宗キリシタンの宇宙論を破折しょうとしたした人がいる。
http://ascii24.com/news/i/topi/article/2005/09/09/657931-000.html?geta

*田中久重は作ってやっただけ。念のため。

570 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 15:17:52 ID:P58tcuyB
>>568
「抑地獄と仏とはいづれの所に候ぞとたづね候へば・或は地の下と申す経文もあり・或は西方等と申す経も候、しかれども委細にたづね候へば我等が五尺の身の内に候とみへて候」(十字御書)

571 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 16:48:12 ID:UBY0IW+7
>>569
地球は丸い。

そういうのは方便権経に捉われすぎた仏教観と言える。

572 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 19:14:47 ID:uG3xaXC6
日蓮大聖人の仏法は、「事を事に現す」と言われるように、
事実を事実として受けとめて、事実に現す法門だと思われます。
観念が先行しがちな天台の学問は
空想の世界で終わりがちなので、末法は釈尊仏法には救済力が無くなってしまう、と言えます。

573 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 19:19:16 ID:MmyVTAth
>>571
地球は丸い

円の法則ですから

ちなみに、地球が太陽の周りを回るのも
月が地球の周りを回るのも、
同じ、円の法則によるものです

574 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 19:20:56 ID:MmyVTAth
皆さん、すべて円満に解決しましょう

575 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 19:27:53 ID:fAyh/ws+
円の法則について詳しく教えてください。

576 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 19:35:17 ID:fAyh/ws+
>>568
日蓮大聖人の仏法の主題は、いかに臨終を克服して成仏するか、にあります。

天道説か地動説か、の論議は、現世と来世の安心にはあまり関係がないので、
遠くを尊んで、近くをあなずる愚者が好むものであると言えます。

577 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 19:38:27 ID:MmyVTAth
>>575
詳しくといわれても・・・
ただ自然界の法則としかいえない
私が思うには、
輪廻も円の法則に含まれるのでは
と、いうくらいです

578 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 19:42:58 ID:MmyVTAth
こんな言葉もありますね

禾ロ(円)を以って貴しと為す
 ↑
名言だと思います

579 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 20:04:31 ID:ItkSGl/K
なるほど、なんとなく分かります。

580 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 20:05:48 ID:ItkSGl/K
ん?

581 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 20:14:18 ID:MmyVTAth
>>577訂正
輪廻は別解釈があるようなので
輪廻=円の法則、とは限らないでしょう

>>578は単なる語呂合わせでした

582 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 21:26:33 ID:UBY0IW+7
なるほど

583 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 21:27:34 ID:UBY0IW+7
ん?

584 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 21:40:35 ID:Dxw110kk
日蓮はうんこ(--)(__)

585 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 21:54:07 ID:UBY0IW+7
>>584
君は根拠も無しに恐ろしいことを言う。
尊い人を笑えば、自分が惨めな境涯になる。
これが仏法で説く因果です。


586 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:07:34 ID:Dxw110kk
顕正会スレじゃメジャーな言葉だがなwww
教祖がうんこなら信者もうんこだがなwww

日蓮はうんこうんこ(--)(__)ウンウン

587 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:09:43 ID:UBY0IW+7
>>586
では、日蓮大聖人がうんこであることを証明してください。

588 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:16:38 ID:UBY0IW+7
できないなら、そのような妄言はつつしみたまえうんこ。

589 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:17:52 ID:Dxw110kk
断るw
うんこだからうんことしか言えない(--)(__)ウンウン
お前もうんこだしな。

うんこに「お前はうんこだ」と言って理解できるのか?www


それとな。
お前に言論の自由を束縛されるいわれはない。

日蓮もクソ信者もうんこ(--)(__)ウンウン

590 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 22:19:59 ID:i5tukITf
>>588
その前に、宿題を仕上げ給え。
返答不能なら、正宗の正しさや最高真実という言葉は証明されず、貴殿の嘘となる。

591 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:25:05 ID:UBY0IW+7
>>589
束縛ではなく心配して言っています。
>>590
宿題は答えたと思います。


592 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:28:05 ID:UBY0IW+7
日蓮正宗の信仰をすると、どのような利益があるのか
http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/tadashii_riyak.htm


『体験発表』

余命一ヶ月の宣告 末期癌から生還した父
http://www.myokan-ko.net/2006/10/post.htm

全てを成仏せしめる妙法の大功徳力
http://www.myokan-ko.net/2006/10/post_1.htm

我が子の難病とあの地獄の日々を超克
http://www.myokan-ko.net/2006/10/post_2.htm

593 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:29:40 ID:Dxw110kk
うんこごときに心配なんかされたくねーよwww

ホンネ言えよ日蓮ダイショーニンサマをうんこだなんて言うな罰あたんぞってなwww
言葉飾ったって薄汚いホンネはモロ見えだってばよwwwww

汚いうんこの分際で人様の言論の自由を束縛しようとするんじゃねーよ(--)(__)ウンウン

594 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:37:30 ID:UBY0IW+7
>>593
きみがつまらない人間ということは良くわかった。

595 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:38:49 ID:UBY0IW+7
どうか、日蓮正宗で信仰しましょう。

南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

596 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 22:42:22 ID:i5tukITf
>>591
ほう、あれで答えたと。
REN殿の質問他、殆ど答えられておらぬではないか。
尤も答えられぬ故、無視したのであろうが。
所詮、口先だけであるか。

>>592
何度でも繰り返して申す。

オカルトの与太話は止め給え。
そんなことを言えば言うほど、貴殿の言葉から腐臭が漂う。

597 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:45:12 ID:Dxw110kk
うんこに「つまらない人間」て言われてもなあw
所詮はうんこだし、なんとも思わんぞwww

日蓮はモロうんこ(--)(__)ウンウン
他人の宗教パクった上に自分の信者は基地外続出の大罪人。
その基地外信者は一般人の信仰の自由や言論の自由を束縛しようとする、傲慢極まりない犯罪者同然。

日蓮正宗系カルト信者は日本から消えろ。

598 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:46:43 ID:jzQuOOr8
>>593
日蓮大聖人とウンコを比較するとは・・・ウンコに失礼でしょ。
彼は下痢で絶命した坊主ですよ。
>>594だよね

599 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:48:48 ID:UBY0IW+7
>>598
下痢で絶命とは飛んだ妄言です。
日蓮大聖人は安穏として臨終をむかえられました。
そのとき、時節ではないのに、桜が花開いた、と伝えられています。

600 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 22:51:29 ID:cAKdSxyt
>>589>>593>>597さんへ
悪いけど、ここの住人は、
いかに題目くんらの間違いを論うかを話しているので
もう少し程度の高い批判を展開してください。お願いします。

601 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:52:51 ID:jzQuOOr8
>>599
日蓮の頭の中に桜が咲いたのだろ、ついでに蝶々も飛んでたと思うよ。
親鸞聖人(90歳)より長生きを信じていたが下痢で60歳で死亡、これって史実です。

602 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 22:53:11 ID:i5tukITf
正体を現した、と言うべきか。
内容が空疎であり、古代の人々と同じにレベルになられた由。

603 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:53:41 ID:uZ980ddL
大学だろうけど、学校に行っていて、こんな非論理的な論を平気で世界にさらしているわけだが、
恥じる気が少しも無い。実は大体題目のような内容の話しか、他の日蓮教徒から聞け無いのだ。
仏教、お前等は仏法と言うが、それは《理法》なんだよ。題目はテンで理法と縁が無いじゃないか。
日蓮そのものが理法と縁が無い。

604 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 22:55:24 ID:i5tukITf
>>600
その通り、と言いたいのだが、当の御仁があの調子では無理であろう。
今日も顕正スレで、スレルールを無視して邪魔をしておられる。

605 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 22:56:59 ID:jzQuOOr8
>>599
ついでだが日蓮惨死の時大地が揺れって地震が起きたそうだが
石川では誰か聖人でも亡くなったのかな。

606 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 22:57:00 ID:UBY0IW+7
>>603
理しかないのが邪教の姿。いうなれば本の中でしか実現できない空虚な世界です。
それに対し、日蓮正宗で信仰するものは、毎日が生き生きと生活できます。
どちらが良いかは、論じる必要がないといえます。

607 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 22:58:58 ID:i5tukITf
>>606
論じる必要が無いのではなく、論じられぬのではないかな?

608 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/27(火) 22:59:01 ID:gqjkD13g
>>596
正宗系サイトを貼りまくったあたりから、題目君の異常に拍車がかかった
質問の答えをさがすのに疲れたか、精神的に病んでるのかは知らないけど、
もう、まともな流れは期待しない方がいい
日蓮が日本人の親、仏の子などと、思いあがった事が因である以上、日蓮門下にそのような姿勢があるのは果と言えよう
今までのスレの内容が、それを証明している

609 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 23:00:49 ID:Dxw110kk
>>600
あのカルト信者のホンネ引き出しただろにwww

610 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 23:00:56 ID:jzQuOOr8
>>606
>毎日が生き生きと生活できます。

私の近くの日蓮正宗の住職だけど、20年前に比べて哀れです。
散々創価に利用され現在はお山の大将。

611 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/27(火) 23:03:13 ID:i5tukITf
>>608
そのとおりと存ずる。
最早、まともな論議は不可能であろう。
カルト本来の姿に戻ったと考えると、納得できるところ。

612 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 23:04:44 ID:85anzHTu
1

613 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/27(火) 23:18:16 ID:gqjkD13g
正宗では、全ては、南無妙法蓮華経に集約すると言いつつ、葬儀では、題目の他に方便品、寿量品を読経するところが、やはり、釈迦仏典が必要な証だろう
末法なんだったら、葬儀で御書を読経すればよかろうにw

614 :南無女少法蓮華経:2007/03/27(火) 23:25:57 ID:Qk9w8U0E
日蓮大聖人に帰依せぬ輩は地獄に落ちるのだ
日如法主を侮辱する輩は無限地獄に落ちるるものと心せよ


615 :南無女少法蓮華経:2007/03/27(火) 23:30:10 ID:Qk9w8U0E
現在の日本国は当に亡国の危機に瀕しているではありませぬか
亡国の危機は正法に背き法華経を軽んじる日本の国民に問題があるのです

この危機を救えるのは日如法主しかありません
日蓮正宗の正しさを世界に伝えようではありませんか

616 :南無女少法蓮華経:2007/03/27(火) 23:43:17 ID:Qk9w8U0E
愚かなる国民が何匹集まろうと蟻塚程度の山にしか成りません
日蓮大聖人と共に広宣流布を実現しましょう

さぁ、邪教を捨て正法と共に歩もうではありませんか
日如法主の御指導に従い揺ぎ無い火山の人生を邁進しましょう

617 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 23:50:40 ID:SsyJNXWH
宗教はそれぞれに世界観を持っていると思います。
同じように、人それぞれ世界観を持っていて、
人それぞれで違っています。

ある宗教では、この世界は神が作ったと説き、
ある宗教では、この世界の苦しみは、自我の煩悩が生み出すと説き、
ある宗教では、この世の万物には神が宿ると説き、
それぞれです。

それが、心の迷いを消したり安堵を生み出したりする事を私は否定はしません。

題目氏が正宗のご本尊が最高真実であると思うことも否定はしません。
題目氏がその世界観を人に勧めようとしていることも否定はしません。

ただ、他の人には、題目氏の世界観と、それぞれの持つ世界観との違いがあまりに大きいので、
受け付けることはできないのです。

逆に、題目氏は他の人の世界観を理解することはできますか?
人みて法を説けという言葉はご存知のはず。


618 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 23:53:16 ID:E/AC7NbB
このスレもいよいよ終盤になったようですね。
初スレの頃から話が噛み合う事がなく、
議論に際して正宗側から客観的、論理的な意見は
望めませんでしたが、最近はさらに酷いもんです。
今の世が末法の世だか何だか知りませんが、
昔の人を折伏したような方法論では、
多数の人間を取り込むのは不可能でしょう。
もっと論理的に話を進め
客観的な物証を提示出来ない以上、
多くの人は付いて来ません。

619 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 23:53:38 ID:cAKdSxyt
>>611
まぁその通りなんですけど(笑)
もう少し丁々発止できる教学に強い論理的な人が出てきてほしいもんですね。
彼は単なる盲信の徒だし。

620 :神も仏も名無しさん:2007/03/27(火) 23:57:43 ID:SsyJNXWH
日蓮大聖人に帰依とは、おかしいのでは?
日蓮は仏ではなく、菩薩行を行じた僧侶です。

あなたの言い方では、日蓮の呪いで地獄に落ちるのだ と言ってるようにとられても仕方が無い。

621 :南無妙法蓮華経:2007/03/27(火) 23:59:06 ID:UBY0IW+7
>>608
なにか質問したければ、遠慮なくしてください。
できるかぎり答えたいと思います。

622 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 00:00:49 ID:srWmQ2s7
>>620
そうではない。
交通ルールを破る人が事故にあうように、
仏法に背く人は不幸になってしまうということです。

623 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/28(水) 00:03:09 ID:0JgZeQUP
>>619
最近は、創価ですらまともに議論出来ない輩が多いので、如何ともし難い。


>>622
勝手に作ったルールで取り締まるとは、何とも無茶な話である。

624 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 00:05:28 ID:srWmQ2s7
法はもともと存在していた。それを体得されたのが仏。

625 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/28(水) 00:19:00 ID:0JgZeQUP
>>624
> 法はもともと存在していた。
広宣流布せずば、人の知らぬところ。
人知らずば、無きが如し。
無きものにて人を律するは、迷信也。

626 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/28(水) 00:26:07 ID:1PUw6AOL
>>621
こちらの立証の要求に対し、いずれも、日蓮の御書や文底(創作)胸に秘め(証明不可能)を根拠にしており、立証とは言えない
つまり、君はまだ、何一つ立証できていない

627 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 00:41:21 ID:ld8Wb9eo
現在の可能世界論は、可能性や必然性の意味論を扱うため、ソール・クリプキらによって1950年代に導入された。
可能世界論では、現実世界は無数の可能世界のなかの一つであると考える。
世界について考えうる異なる「あり方」ごとに異なる可能世界があるとされ、そのなかで我々が実際に暮らしているのが「現実世界」である。
これに基づき、可能性や必然性について、以下のように分析することができる。

真なる命題とは、現実世界において真であるような命題である。
可能な命題とは、少なくとも一つの可能世界において真であるような命題である。
偶然的な命題とは、それが真である可能世界も、偽である可能世界も存在するような命題である。
必然的な命題とは、全ての可能世界で真であるような命題である。
不可能な命題(必然的に偽の命題)とは、全ての可能世界で偽であるような命題である。

「クリプキ意味論」はしばしば可能世界意味論と同義で扱われるが、クリプキ意味論は必ずしも必然性・偶然性といった真理論的様相に限った理論ではなく、
また「可能世界」という表現から前提されがちな様相実在論的な意味合いはない。



628 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 00:44:10 ID:ld8Wb9eo
可能世界の概念は時として量子力学における多世界解釈と比較され、また混同される場合もある。
多世界解釈はいわゆる波動関数の崩壊のプロセスについて解釈を与えるものであり、可能世界論は様相表現の形式的な解釈を提供するものである。
多世界解釈では、波動関数の崩壊は無数の宇宙の状態の重ね合わせを持ち出すことで解釈され、その全ての宇宙が「現実的」とされる。
多世界解釈は、様相表現については何も言わない。

このようなそもそもの目的の相違のほかに、次のような違いが指摘できる。

量子論的世界は無数の世界がもつれあった状態であるが、可能世界の「もつれ」はおそらく意味を持たない。
哲学の主流の考え方によれば、可能世界は論理的に可能だが物理的に不可能な世界をも含む。
一方、量子論的な世界はすべて物理的に可能なものである。
しかしながら量子力学の多世界解釈と可能世界論はともに論議の絶えない問題であり、従って両者の関係についても一概に言えるものではない。



629 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 00:45:18 ID:ld8Wb9eo
このことについて題目氏はどう解釈する?

630 :優しい名無しさん :2007/03/28(水) 00:45:29 ID:e+53exun
法はもともと存在している。
イエス、釈尊、クリシャナetcは
法を無為自然に理解した。
どの様な人であろうと魂は理解している。
ただ、現世では思い出せないだけ。
太陽が東から昇り、西に沈む
これも宇宙の法だが。これは迷信か?



631 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 07:18:13 ID:zhihd4JA
題目君は燃料投下をしている人。しかし、題目君のおかげでか、道理を説く人がこのスレに現れた。
題目君は反面教師だね。道理を説く人は仏に近いんだよ、題目君、解るかな?


632 :アーリャマーンがてんで映らぬ僻地に住む男:2007/03/28(水) 16:02:16 ID:4k8iXdVI
南無妙法蓮華経には他の人をつれてきてほしいね。
僧侶とか年長の信者とか。悪い意味で論理を超越してない人をお願いしたい。
というか、この人との話し合いにはもう進展の余地がない。

633 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 16:27:54 ID:0iuYrheY
>>627
自分達が住んでいる世界は一つしかないはず。
その世界になぜ多重に重なった世界が存在するように錯覚するかと言うと
人の数だけ世界の捕え方に違いがあるからでは、と思います。
つまり、もともと一つの捕え方しか出来ないはずの世界観を、間違って捕える人がたくさんいるということです。

たとえば、崖の上に虹の橋が架っている、と錯覚した人がいるとする。
その人が橋を渡ろうとすれば、死にます。
こういう間違った世界の捕え方を邪教の害毒と言う。
正は一つに止まる。

634 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 16:31:11 ID:0iuYrheY
全ての価値観や世界観を認めることは、一見寛容のようで、とても残酷だと言える。
間違った宗教におかされている人には、間違いを教えてあげるべきです。

635 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 16:51:03 ID:0paOVvzq
>>614
あのですね、日蓮は人間です。人間を神のように崇める人は異常ですよ。
それと、鎌倉時代の法華の僧侶に義理を感じている国民はいません。
「救われる」をエサに騙されているだけなのですよ。
金を吸い上げるだけ、吸い取って、それが日蓮の生活の足しにでもなりました??
なるわけがございません。


636 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 17:00:24 ID:0paOVvzq
>>634
その教えこそ信教の自由を奪う概念。
強引な勧誘が法華経に絶えない理由は、間違った宗教に帰依したから、
滅びるという世界観。それが疫病だとか、そういうものに当てはめて
個人を罵り、帰依させる。それが法華経の全ての価値観ですか??
ルール成立など無視して、勝手なルールを作る。それは破壊思想という
ものなのですよ。顕正会と同じです。

637 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 18:38:17 ID:EvgcxEdU
>>633
>自分達が住んでいる世界は一つしかないはず。
ということは、「おそらくそうであろう」という、推測であって、
ほんとはどうなのか、解からないのです。

あなたの見ている現実世界と他人が見ている現実世界が、同じであるかどうかは、誰にも解かりません。
例えば、貴方の認識している「赤色」と他人の認識している「赤色」は全く違っていて、
実は貴方の認識している「青色」かもしれません。

日蓮の認識している「本仏」と貴方の認識している「本仏」とは、似ているかもしれませんが、
同じではないので、貴方の信心は間違っている。偽の信心なのです。

638 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 18:40:44 ID:EvgcxEdU
全ての価値観や世界観を認めることは、一見寛容のようで、とても残酷だと言える。
間違った宗教におかされている人には、間違いを教えてあげるべきです。

ゆえに、題目君の宗教も間違っているので、教えてあげなければなりません。

639 :優しい名無しさん :2007/03/28(水) 19:31:57 ID:e+53exun
この世のあらゆる価値観や世界観に対して、神仏は軍配を挙げない
ただ、観察しているだけ・・・・

640 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 19:37:26 ID:35BlobnF
正直、俺ももう別の人にして欲しいなあ。
題目君じゃ唱題とか法華経への興味が薄れてくる

641 :法華研究中:2007/03/28(水) 22:14:16 ID:AeUYykVi
急にスピードダウンしたみたいだ
さて、やはり「久遠元初」の意味がはっきりしない
もっと分かり易く説明してくれる人はいないのかなあ‥‥‥

642 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 22:29:53 ID:zhihd4JA
久遠元初、それから、文底秘沈 一念三千、十界互具、大白法。、まったくどれもこれもたわけごとばかり。
それから、権教、これも言っておかなければならない。

643 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 22:40:32 ID:zhihd4JA
俺はつくづく思うんだけど、日本の国がうまく行かないのは、日蓮思想があるからではないかと。
日蓮思想が広まってから、日本は仏教が誹謗されてきたんだ。鎌倉時代から日本はおかしくなっているのであると。


644 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 22:42:33 ID:zhihd4JA
道理の通らないことはすべて日蓮に源があるんではないかと。これほどおかしな思想を持っているものが、
人の表に堂々としゃしゃり出てきているんだもの。その影響が無いはずは無いのだ。

645 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/28(水) 22:47:52 ID:1PUw6AOL
>>641
久遠元初
まず、日蓮を法華経の上行菩薩としたが、
日蓮を、一番偉いと言い出した者達がいた
久遠つまり、無限に近い過去から、存在した仏とね
しかし、それでは釈尊と同じ、そこで、元初、釈尊より過去からいた初めの仏と言う事にした
根拠は、 そうに違いないと言うだけのもの
題目君は鎌倉時代をさしてるが、おそらくは、釈尊の久遠仏になぞったもの
俺には日蓮御書こそ九怨幻書だと思える

646 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 22:52:10 ID:ld8Wb9eo
根、幹を同じとする「木の葉」が、互いに「我こそが正なり」「他は邪なり」と言っている。


647 :法華研究中:2007/03/28(水) 23:03:56 ID:AeUYykVi
>>645
「九怨幻書」かあ
上手いこといいますね
「苦怨癌書」でもいいかも知れませんね
おそまつでしたm(_"_)m

648 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 23:06:17 ID:srWmQ2s7
>>635
>>320に書いたとおり日蓮大聖人も人間です。

>>636
勝手なルールを作っているのではなくて、ルールは元からあった。
日蓮大聖人はルールを命がけで弘通されたから尊いとも言える。

>>637
>日蓮の認識している「本仏」と貴方の認識している「本仏」とは、似ているかもしれませんが、
>同じではないので、貴方の信心は間違っている。偽の信心なのです。

日蓮大聖人が認識している本仏とはなんでしょうか。hage氏の考えを具体的に教えてください。

649 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 23:20:17 ID:ld8Wb9eo
私の本仏の認識は、あなたの本仏の認識とは違います。
私の認識の全てであり、私の認識は本仏の一部です。

本仏という言葉を便宜上使っていますが、言葉や物質では現しきれません。
あなたの認識する本仏とは違いますが、根、幹は同じかもしれません。

650 :名無しさん@3周年:2007/03/28(水) 23:22:53 ID:OceBmf+/
私も理趣経さんの意見に近いですね。

日蓮自身は上行菩薩だという自負は確かにあったかと思いますし
法華経はもちろん涅槃経を多用している事からしても
末法における仏法の滅は(法華経を以てすれば)なかったと考えていたと見えますし、
また、自分が釈尊より上の仏だという認識はなかったと考えています。

日蓮の後、日興以降の弟子衆が開目抄の例の文を見て
そこからまた解釈を上塗りしたのではないかと思いますね。

651 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/28(水) 23:23:24 ID:1PUw6AOL
>>647
九怨幻書とは
九(法相宗、三論宗、倶舎宗、成実宗、華厳宗、律宗、真言宗、禅宗、浄土教)に対する怨念を幻として見せる書w

652 :神も仏も名無しさん:2007/03/28(水) 23:30:22 ID:ld8Wb9eo
今本時の娑婆世界は、三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり。
仏すでに過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化もって同体なり。
これ即ち己心の三千具足三種の世間なり。


653 :優しい名無しさん :2007/03/28(水) 23:32:57 ID:e+53exun
宇宙誕生は、今から約150億年前に、空間・時間・物質などがまったく無いという「無」の状態から始まった
と考えられています。・・・ただ、慈悲があるだけの絶対的な世界、これが元初。(私たちと神仏は絶対的に同一である。)
やがてビックバン宇宙からこの後、急速に膨張した末に、約46億年前に誕生した太陽系。
人類が誕生した地球は、太陽という恒星(自ら光を発する星)との絶妙なバランスによって成り立つことができました。
久遠とは、人類が誕生してから今日まで、(私たちと神仏は相対的に別(?)である仮の世界で・・・)またこの後約150億年まで宇宙が膨張する。
この間の、意識した聖なる一瞬の全て。私たちは只今の、その一瞬に仏性を常に創造しているという事。
さらに300億年を経てまた、宇宙が無に戻り元初となる。これが宇宙の生命であり、輪廻転生の法則である。
(勝手に脳内妄想してしまいましたorz)

654 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 23:39:07 ID:srWmQ2s7
>>647
円をえがくように流れる時間の中の0地点を言います。

>>645
仏は法華経謗法のものを治し給わず、在世には無きゆえに。
末法には一乗の強敵充満すべし。(諫暁八幡抄)

釈尊は、法華経を誹謗するものは、救済することはできない。
なぜなら、釈尊の在世にはそのような悪人は存在しないからです。
しかし、末法は、法華経を誹謗する愚人悪人が充満する。
このような者を救済できるのある仏は、
釈尊が「其の志念堅固にして、大忍辱力あり」
と賛嘆したように、大難を忍び、なおかつ慈悲のすぐる日蓮大聖人しかいない。


655 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 23:49:25 ID:srWmQ2s7
>>650
日蓮大聖人は、自らが御本仏であることを証明するために、

主師親の釈尊
日蓮は日本国の諸人に主師親なり
教主釈尊より大事なる行者
五五百歳の大導師にて御坐候聖人

と仰せられています。
http://the49-3.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/msearch.cgi(平成新編御書検索)

冨士門流以外の弟子は、日蓮大聖人を上行菩薩にしか捉えることが出来なかった。

656 :南無妙法蓮華経:2007/03/28(水) 23:55:52 ID:srWmQ2s7
>>649
>あなたの認識する本仏とは違いますが、根、幹は同じかもしれません。

自分が認識する根本の御本仏は、大石寺に伝わる戒壇の大御本尊様です。

657 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/29(木) 00:01:24 ID:1PUw6AOL
釈尊は、法華経を誹謗するものは、救済することはできない。
なぜなら、釈尊の在世にはそのような悪人は存在しないからです。
そりゃそうだ
釈尊在世には法華経は存在しないから、法華経を誹謗できるわけないw

658 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:03:52 ID:srWmQ2s7
>>657
釈尊は法華経を説いた。法華経は音声として伝えられたし、メモとして残っていた。

659 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:06:10 ID:4HCpp3wT
日蓮大聖人は、自らが御本仏であるなら、
私も貴方も、皆が御本仏。

みなこれ同体なり。


660 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/29(木) 00:07:15 ID:763pYadN
>>656
証明って自分で言ってるだけやん 新興宗教の教祖も同じような事言うよ

661 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:08:25 ID:763pYadN
>>658
そのメモのソース

662 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:08:45 ID:4HCpp3wT
あなたの認識する根本の御本仏は、大石寺に伝わる板切れです。


663 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:08:50 ID:ZT/xpzGf
>>659
そのように、「もう自分には学ぶことがない」と驕り高ぶる気持ちを、増上慢という。
増上慢は、自ら上った山を、いつかは自分で降りなくてはいけない。
どうか、大石寺に帰伏するように。


664 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 00:10:10 ID:x4AIb0tw
>>659
そのとおり。

665 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:11:11 ID:ZT/xpzGf
>>660
ハゲ氏と立場が違う、と言いたかっただけ。
証明は理趣経氏が自ら仏法を実践してください。

>>661
当時のメモは法華経として結集されているから必要なし。

>>662
いいえ。戒壇の大御本尊です。

666 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/29(木) 00:12:47 ID:763pYadN
>>663
なるほど、日蓮は今、山を降りてるのですね
だから、正宗が消滅に向かって分離縮小化していると

667 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:14:16 ID:ZT/xpzGf
>>664
大石寺に帰伏して、戒壇の大御本尊に拝むなら
仏の生命力を頂くことができます。

668 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:16:30 ID:4HCpp3wT
今本時の娑婆世界は、三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり。
仏すでに過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化もって同体なり。
これ即ち己心の三千具足三種の世間なり。

日蓮大聖人は、自らが御本仏であるなら、
私も貴方も、皆が御本仏。

みなこれ同体なり。





669 :お母ちゃんLOVE は外道:2007/03/29(木) 00:16:48 ID:vVz2A0Lv
久しぶりに覗いてみると相も変わらぬ不毛の議論。はぁ
そんなに簡単に日蓮正宗の本義が理解できるわけ無いだろ。
神田で50万円くらい出して本買いなさいよ。

まず南無妙法蓮華教は、法華経という経典に帰依せよという意味じゃないよ。
末法の法華経は、妙法蓮華教・南無 をつけて5字7字に仏法のすべてが収まる。

本尊は板ですから〜
人類究極の大本尊、日蓮聖人出世の本壊、この本尊を一応肯定するものにも
物体だからいずれ無くなっちゃう、というものもいる。
不信のものの理解の及ぶ所にあらず。
永遠不滅の本尊である。

じゃーね。
お母ちゃんLOVEよ、これ以上罪を作るな。


670 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:18:06 ID:ZT/xpzGf
>>666
いいえ。

いま宗門は、平成二十一年に、地涌倍増と大結集の目標を定めて
一歩一歩、前進しています。

http://homepage3.nifty.com/y-maki/gosinann/19sinnnenn.html(新年之辞)


671 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/29(木) 00:21:49 ID:763pYadN
>>665
言ったもん勝ちだな〜
メモあるんだろ、勿体つけんなよw
そんな事、どの宗派でも言える
ただ、馬鹿馬鹿しいので言わないけどw

672 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 00:26:14 ID:x4AIb0tw
マスターを語るのに
マスターである必要はない。

しかし、理趣経さんと南無妙法蓮華教さんってw
空海と最澄の因縁か?

アーメン。



673 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:26:17 ID:ZT/xpzGf
>>671
きみが大好きそうなVIPでやっていることと同じだ。
まとめサイトがあればあとは必要ないと言えます。

674 :お母ちゃんLOVE は外道:2007/03/29(木) 00:27:13 ID:vVz2A0Lv
も1度
>>643
日本がおかしくなったのは、いわゆる国家神道の跳梁な。
仏敵・平田篤胤がこしらえた神道のせいで日本は戦争に負けたことを認識しな。
つまりおかしくなったのは、明治維新前夜あたりからな。

675 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:29:56 ID:4HCpp3wT
當に知るべし
是の処は即ち 是れ道場なり
諸仏 此に於て阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)を得
諸仏 此に於て法輪を転じ
諸仏 此に於て般涅槃(はつねはん)したもう


676 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/29(木) 00:30:30 ID:763pYadN
>>763
俺はVIPには行かないが、正宗はVIPレベルと言う事かw

677 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:30:34 ID:T6HLmKjD
まとめサイトでは普通ちゃんとそのスレのurlをつけるか、
ログを保管しとくもんなんだが。

そのスレが存在してなかったらできないけどな。

678 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:34:15 ID:UJOLRa2r
ところで南無妙法蓮華経さんは、誠意を尽くして説得しても、説得しても、
理解してもらえないときは、情けなくなったり、怒りを感じたりすることは
ありませんか? もしかしたら、そういう時は声に出して南無妙法蓮華経を
唱えてますか?

679 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:35:03 ID:ZT/xpzGf
>>675
経に云く「当に知るべし、是の処は即ち是れ道場」とは是れなり。
天台の云わく「仏其の中に住す、即ちこれ塔の義」等云云。
故に当山(大石寺)は本門戒壇の霊地なり。


680 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:36:15 ID:UJOLRa2r
>>672
> しかし、理趣経さんと南無妙法蓮華教さんってw
> 空海と最澄の因縁か?

つんつんでれでれ? と言う意味?

681 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:36:27 ID:ZT/xpzGf
>>678
そういう時は、あきらめないように、踏ん張ります。

南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

682 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:42:27 ID:ex8hFuzF
そこで 日蓮はうんこ の登場ですよ(--)(__)ウンウン

683 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 00:43:56 ID:x4AIb0tw
南無妙法蓮華経さん。
貴方はコテハンがお題目というところが、
マニ車的に良いです。
私の好きな言葉
「常に弱き者の味方たれ」
でも貴方は強いから・・・

684 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 00:46:52 ID:ZT/xpzGf
>>683
優しいだけなら、だれでもできる。

人のためには、その人の誤りを教えてあげるべきである
というのが日蓮大聖人の精神だと拝しています。

685 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:51:09 ID:jo8VnPbg
>>670
信徒数は世界規模でみて100万人程度。
700年かけてこの人数ですね。
創価や顕正の会員数は破門したので含めません
(これでいいんですよね)。

題目さんをはじめ、正宗の皆さんが
かなり気合いをいれて折伏大・大・大行進♪を
行って仮に今までの5倍の成果をあげたとします。
(今までの5倍って単純に凄い数ですが)

【質問】
1.やはりこれから先、後700年位かけて
 やっと500万人ってところですか?
2.その間に新たな破門者は沢山出てくると予測されますか?
 (題目さんの個人見解で構いません)
3.そもそも独学といった己義の世界でなく、
 宗門指導のもと唱題をあげているにも関わらず、
 破門者が量産されるのは何故ですか?

686 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 00:58:35 ID:ItHX2jdH
>>681
都合のいい理想郷を日蓮は創ったものですね。
法華経の存在価値があるのは、末法に見られる謗法が氾濫する。
その状況が今日にまで至るわけだから、法華経は前進できるという
理論ね。日本国が日蓮正宗最高と唱える時期こそが、万人共済となり〜
ですか??人の幸せは、人が一番幸せであると感じた時こそが幸せであり、
いくら仏法の正しさを証明したとしても、宗教を信仰しないことが喜びと
感じている人の方が多い。意味分かりますか??信じる自由よりか信じない
自由を選択した方が、何事も何かに捉われずに生きていけるからである。

687 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 01:06:43 ID:T6HLmKjD
>>686
彼らにとってはそれは贋物の幸せということになる。
本人がどう感じるかは関係ない。本人がその上で何を得るかも関係ない。
人格が成長することも、他の人と良い関係を築こうとも関係ない。

彼らが信じる教義に即しているかどうか、のみが唯一絶対の基準。

688 :685:2007/03/29(木) 01:11:12 ID:jo8VnPbg
題目さんすみません。
3.はちょっと質問が伝わりにくくおかしいかも知れませんね。
ちょっと追加して修正させてください。

3.日蓮正宗でいただける功徳(※良いこと)には
 破門者や誹謗するものが出てこなくなるようなものはないのですか?
 あるとするならそもそも独学といった己義の世界でなく、
 宗門指導のもと唱題をあげているにも関わらず、
 破門者が量産されるのは何故ですか?

689 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 01:12:00 ID:ZT/xpzGf
>>685
1 広宣流布はそれほど遠くない未来だと思われます。とりあえずこの板を乗っ取りたいです。
2 宗門も同じ過ちを犯さないように組織の運営をうまくやっているので、おそらく無いと思います。(願望)
3 デブの人が組織の上に立つからだと思います。こういう人は調子に乗りやすい。

>>686
南無妙法蓮華経をやってると、特になにもしてなくても幸せ気分になります。本当だよ。



690 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 01:19:23 ID:ItHX2jdH
人民救済が人間のエゴの塊なんだから、とてつもなく歪んだ思想を
作り出す。法華経の中でのルールは法律など無視したわけだから、
信教の自由が無視されるのは当然でしょう。
どんなにあなたが自己主張したとしても、我々は正しい教義を教えているのですから、
間違った世界を生きているあなたこそが変わるべきです。変わらなければ、
あなた自身が地獄に堕ちます。ねっこれって個人に対する誹謗・中傷でしょう。
それを特定の人物にやれば、犯罪に発展します。常識人ならば、それが分かります。
個人に対する犯罪は、個人が訴えない限りでな訴訟問題は成立しません。
しかし、それを団体に向けた犯罪を行ったとすれば、完全にテロです。
つまり、謗法を食い止めるためには、破壊的テロを行ってでも、法華経に
帰依させようとする運動だって起こってきます。それが正しい仏法だなんて異常ですよ。

691 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 01:21:34 ID:ZT/xpzGf
>>688
功徳とは六根清浄(ろっこんそうじょう)の果報なり。
所詮今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は六根清浄なり。(就註法華経口伝)

と日蓮大聖人が言われているように、
本来、功徳というのは六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)が清らかになることです。
破門者は、南無妙法蓮華経を唱題できていなかったので、「意」が濁ってしまったと言えます。

692 :685:2007/03/29(木) 01:22:05 ID:jo8VnPbg
追加修正が間に合わなかったかな…申し訳ないです。
ではあらめて。

日蓮正宗でいただける功徳(※良いこと)には
破門者や誹謗するものが出てこなくなるようなものは
ないのでしょうか?

693 :685:2007/03/29(木) 01:22:36 ID:jo8VnPbg
ありゃ!入れ違いでした。すみません。

694 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 01:23:15 ID:UJOLRa2r
>>681
> そういう時は、あきらめないように、踏ん張ります。

「踏ん張る」というのは無理をしているように聞こえます。
やはり無理をするのではなく、自然にそちらにいくというのが
良いのではないでしょうか。例えば、仏法に導かれて自然と
怒りや落胆がなく、穏やかな気持ちになるとか。
南無妙法蓮華経さんは頑張ってください。いや、「頑張る」というのも
違うかもしれません。自然体で、心穏やかに。

695 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 01:23:30 ID:ZT/xpzGf
>>690
その人を誹謗しているのではなくて、その人を汚染する思想を非難している。

696 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 01:26:36 ID:ZT/xpzGf
>>694
あなたも大石寺で南無妙法蓮華経をやることをすすめます。
そうすれば、現世と来世の安心が確約されます。

697 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 01:28:41 ID:KtMdAoqJ
http://kakaku.com/item/00100418911/
http://www23.tomshardware.com/cpu.html?modelx=33&model1=457&model2=433&chart=181

698 :685:2007/03/29(木) 01:30:13 ID:jo8VnPbg
まとめると、正宗系の在家信徒団体では
デブは調子に乗りやすい人が多く、
こういったデブの人が組織の上に立つと
唱題ができないので「意」が濁ってしまい
結果破門される。
これでいいんですか?

699 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 01:32:53 ID:x4AIb0tw
まあ、とりあえず寝ようよ!
休息は、人類平等に神仏が与えてくれたもの。

700 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 01:36:02 ID:ItHX2jdH
>>695
では、質問。
組織的犯罪が露見した場合、思想を憎みますか??人を憎みますか??
罪を犯したのは、人ですよ。罪を犯す人に変えるのが思想だとしたら、どうです。

顕正会をご存知でいらっしゃいますよね??
顕正会は「日蓮正宗」を波紋された団体ですが、正しいからこそ、
犯罪も認められると言うように浅井は犯した罪を認めてませんが。
顕正会の産みの親は日蓮正宗なはずでしょう。教義は何処に消えてしまった
のでしょうかねえ。

701 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 01:46:04 ID:ZT/xpzGf
>>698
そういうことだと思います。
>>699
おやすみなさい。
>>700
思想を憎みます。


大石寺に帰依しましょう。

南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

702 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 01:50:58 ID:x4AIb0tw
思想を憎まない。人も憎まない。
顕正会も憎まない。日蓮正宗も憎まない。
神仏は誰をも非難や否定をしない。
人々が創った宗教の罪は人々の心に不安や罪悪感を
植えつけたという愚かさがあるだけ!
貴方が神を感じないのなら
どうどう巡りの今があるだけ。


703 :685:2007/03/29(木) 01:54:24 ID:jo8VnPbg
度々すみません。


>>689の1.についてですが、
板を乗っ取るというのはどういう意味でしょう?
あなた一人だけがスレを立てて書き込むってことですか?
みんなを板にくる人々を皆、教化せしめるということでしょうか。

う〜ん。それにしても真面目に「デブ云々」を
言っておられたんですか。
ちょっと考えてしまいますね…。
各会長が太っていたのは結果論かと思いますが…。

704 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 01:57:10 ID:UJOLRa2r
>>696
> あなたも大石寺で南無妙法蓮華経をやることをすすめます。
> そうすれば、現世と来世の安心が確約されます。

いえいえ、我が家は浄土真宗で、私も往生することは
約束されておりますので、ただただ、感謝して生きる
毎日でございます。

南無妙法蓮華経様もお身体にお気をつけて毎日を
有意義にお過ごしください。

705 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 01:59:11 ID:RbrXkEsM
Is he a troll or truly an out of base?

706 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 02:02:56 ID:x4AIb0tw
「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。」
すごく良いです!

707 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 02:55:00 ID:ItHX2jdH
>>689
乗っ取りたいという願望は日蓮も同じだったから、何のお咎めも感じないの
でしょうね。あなたは。
広宣流布など夢想の遥か彼方。過ちがあるから、仏法の存在自体大きいと、
解釈して、更に飛躍する。そこからどんどん肥大していく。
人が過ちを犯せば、犯すほど、仏法の正しさが強調されて、やがて改心して成仏できるとね。
しかし、カルトの教祖が同じような統制力を持つカルトの教祖を支配することは面倒だから、波紋した。
本当のところは教義のなかで、摩擦が起きたから波紋したということが本音でしょう。
そのカルトが悪の枢軸となって存在していることには、何の罪悪感もないとはねえ。
デブが組織支配=日蓮もデブ。デブの元凶は三大聖人病を引き起こすとな。これでは、全ての現象として、
仏法で人は救われないと言っているようなものですね。

708 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 03:21:41 ID:vVz2A0Lv
>>707
題目くんへのレスとあなたの個人的感想以外の箇所

カルトの教祖が同じような統制力を持つカルトの教祖を支配することは面倒だから、波紋した。
本当のところは教義のなかで、摩擦が起きたから波紋したということが本音でしょう。

他のレスもそうだが、世間一般ではカルトとはみなされていない。
面倒とか教義の摩擦によるものでは無く、正法を守るため、創価仏法と正法は、相容れないための破門です。
宗門は、年余に渡って十全の努力善導をしてきた。
罪悪感の理由がないですね。

日蓮もデブ。根拠は?



709 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 04:25:12 ID:Q75wTWIt
>>708
正宗信徒の方ですか?
>>685についてのあなたの見解もお聞き出来れば嬉しいです。

1、2、3とも題目さんと同じ見解ですか?

710 :名無しさん@3周年:2007/03/29(木) 06:17:47 ID:C/py5b5K
>>708
まったくもって詭弁もいいところ。

>本当のところは教義のなかで、摩擦が起きたから波紋したということが本音でしょう。
摩擦が起きて何年経って破門した??

>宗門は、年余に渡って十全の努力善導をしてきた。
>罪悪感の理由がないですね。

百歩譲って努力はあったとしても、
指導し切れなかった事は何を顕しているのかな??
責任逃れもいいところ。素直に反省できない姿勢が何をかをいわんや。

711 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 11:12:56 ID:ZT/xpzGf
>>704
浄土真宗は、阿弥陀経・無量寿経・観無量寿経の、浄土の三部経をよりどころの経典とします。
本尊は、西方十万億土の極楽浄土に住む、とされる阿弥陀仏です。

浄土信仰の特徴は、自力による救済を否定して、
阿弥陀仏の他力にすがるところから他力信仰ともいわれていますが、
浄土真宗においては、さらに自力を排し、阿弥陀の絶対的他力による往生を強調します。

こうした教義を立てる浄土信仰の立場は、教義が勝れているか、劣っているか、よりも
自分の命が下劣であるから、それにふさわしい易しい教法・修行として念仏を選択する、と言います。
浄土信仰者は、法華経が最高真実であることを認めながらも、
法華経が「難信難解」「難解難入」等と説かれていることから、下劣の自分には合わない、と敬遠します。

しかし、この「難解難入」の金言は、

諸仏の智慧は、甚深無量(じんじんむりょう)なり。其の智慧の門は、難解難入なり。
一切の声聞、辟支佛(ひゃくしぶつ)の知ること能(あた)わざる所なり。(法華経)

と説かれるように、法華経が凡智に計り難いほど勝れていることを示した言葉であって
決して、劣機の衆生を救済できない、という意ではないです。

712 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 11:14:19 ID:ZT/xpzGf
>>704
また浄土信仰の末路は、熱心に信仰するほど、無間地獄が決定してしまいます。
その理由は、浄土門では、王者である法華経を「理深解微」「千中無一」「捨閉閣抛」と誹謗しているからです。

若し人信ぜずしてこの経を毀謗(きぼう)せば(中略)其の人命終して阿鼻獄に入らん(法華経譬喩品第三)

と説かれるように、念仏にのめり込むほど、本人の知らないうちに無間地獄行きが確定する、と言えます。

また、浄土信仰は、自力の救済を否定することから始まるので、これを信仰すると、
非常にあきらめの強い、退廃的で優柔不断な性格・生き方になってしまいます。

このことを、日蓮大聖人は端的に

念仏をよくよく申せば自害の心出来し候ぞ(上野殿御返事)

と仰せられているように、ついには自殺までしてしまうケースがあります。

臨終の時、地獄に堕つる者は黒色となる上、其の身重き事千引の岩の如し(千日尼御前御返事)
どうか、地獄に堕ちるまえに、大石寺で正しく信仰することをすすめます。


713 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/29(木) 11:16:14 ID:P9Cm6oqu
ほう、復活されたか。修理はお済かな?
宿題は如何致した?

714 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 11:48:36 ID:IQ2lXclw
今な 中野のドトール・コーヒーにいるから、文句ある奴は直に来い。待ってるぜ!

715 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 11:48:53 ID:ItHX2jdH
>>712
若しも、人がこの法華を毀謗(きぼう)つまり不信すれば、早死にして、無間地獄
に堕ちるとはな。これこそ、法華信者が地獄に堕ちるの名セリフだよな。

「南無妙法蓮華経の文字は白物の如し。」
善人は肌の色が黒くても、臨終のときは白色になるのか??
法華に背く悪人は白い肌でも、臨終は黒くなると??
焼け死んだ人の肌も臨終時は白くなるのか??
地獄に堕ちた者は、体重が増加して千引き石のように重くなると??
浄土信者は死んだ時には、お棺に納めるときは千人の人の力が必要なわけ??

716 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 12:42:53 ID:1WH80ava
この宗教、僕もやらされてるのですが、けっこうめちゃくちゃです!
教えは正しいのかと思うのですが入る時は強制ですし、唱題会や推進会など寺の行事に参加しないとカナリ暴言、脅しを言われるし、中には暴力もあります!
どうすれば良いでしょうか?
やっている事は、学会と変わらないのでは?

717 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/29(木) 12:49:08 ID:P9Cm6oqu
>>716
正宗から分裂したのが創価。
中身は同じであるから、脱退されるのが宜しいかと。
信仰する自由とは、信仰しない自由でもある。

蛇足だが、日蓮の教えが完全に正しいとは言い切れないことを承知されたし。

718 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 12:54:27 ID:lFrWXESj
>>711
易行について


『四信五品抄』に
「小児、乳を含むに、その味を知らざれども自然に身を益す」
            (一一九八頁)
と述べられ、乳の成分を知らないでも飲めば赤ん坊は発育するように、お題目の深い意味を知らなくても唱えれば、自然と仏の種子が魂の中におさまり、成仏の道をあゆんでゆくことになると教示されています。

唱題行は人格向上に役立たないという人は、この教示をよく考えてもらいたいものです。

唱題行は、私どもの仏性を開発し、罪を滅し福徳をます大呪術であると申したいと思います。

口業の唱題行が易行性にすぐれているからこそ法華経が万人就済の教えとなったのです。
口業の唱題行を否定したら私どもの法華経修行の道がとざされてしまいます。



719 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 13:03:07 ID:vVz2A0Lv
>>716
あなたは、妙観講に入ってしまったのでは?
学会と日蓮正宗とは全く違うものです。中身が違います。
あなたのレスが事実なら、宗門の方針に反しますので、大石寺の内事部へ通報してください。
その様な寺院は移籍して、楽しく信心をなさってください。

720 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 14:06:25 ID:ItHX2jdH
南無妙法蓮華経さん、どうなされましたか??
御書を晒せば、晒すほど、日蓮は差別思考の塊の無間地獄の仏様(仮にそう呼ばされてもらいます)
であることが分かってきます。下痢が悪化して絶命した仏様の宿命とは、
不治の病のハンセン病患者をダシに布教した罪ということで、今でも、
誹謗・中傷は耐えない事実となっております。惨たらしい差別化は、人類破滅の元凶となるということが、
鎌倉時代の幕府も予見していたということなのでしょうね。

721 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 14:18:12 ID:ZT/xpzGf
>>718
ただ何でも唱題をすればいいというわけではなくて、何を唱題すべきか、ということです。
南無妙法蓮華経と南無阿弥陀仏は全く違います。
自分は口業の唱題行を大いに推奨しています。

>>720
自分は、不治の病の人やハンセン病で苦しむ人に、
「平等」の美名を隠れ蓑にして、全く区別なく接する、というほうが、よっぽど残酷だと思います。
苦しんでいる人には、その人がなぜ苦しむのか、原因を教えてあげるのみ。

722 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 14:20:23 ID:ZT/xpzGf
>>715
自分は法華経は毀謗(きぼう)していませんから地獄に堕ちません。
邪教にのめり込んでいる人ほど、凄まじい臨終で地獄に堕ちます。

723 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 14:21:21 ID:ZT/xpzGf
>>716
嘘もたいがいにしてください。具体的にどこの寺か言いなさい。

724 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 14:32:31 ID:ZT/xpzGf
どうか、大石寺に帰依することをすすめます。

南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

725 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 14:44:35 ID:ItHX2jdH
>>721
ハンセン病は、隔離問題で訴訟問題になったでしょう。
原因を教えたところで、苦しみは解消されませんよ。
何故なら、「法華を信じないから、そうなりました」と
法華信者は言ってしまえば、都合良くまとまりますからね。

南無妙法蓮華経さんに質問です。
他宗が仮に天災とかを布教のために謳い文句にしたとしたら、
どう思いますか??
被災された県内の住民があなただったとして、どう思いますか??
そういうことは考えたことありますか??

>>722
邪宗としての捉え方も異常です。
少なからず、個人の家でも特別な信仰集団に所属していなくても、
仏教、神道などを信仰しています。日蓮正宗に所属しない日蓮宗
信仰家庭も地獄に堕ちるのでしょうか??どうなんですか??
あなたが言う日蓮正宗は、顕正会員なら顕正会は最高真実の宗教、創価学会員
なら、創価学会は最高真実の宗教というように聞こえますが。

726 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 14:51:16 ID:ZT/xpzGf
>>725
ハンセン病でも、南無妙法蓮華経を保つものは、
諸宗の元祖より百千万億倍勝れている、と日蓮大聖人の御書に約束されていますから
信じることができるなら、幸せになることができます。

>>725
世の中には悪知識が蔓延していますから、
南無妙法蓮華経をやっていないと、すぐに誑かされて地獄に堕ちる業を作ってしまいます。
一番高い山が一つしかないように、最高真実の宗教は一つしかない。
戒壇の大御本尊が大石寺に御存在することで、日蓮正宗が最高だと言えます。

727 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 14:52:27 ID:ZT/xpzGf
>>725
>他宗が仮に天災とかを布教のために謳い文句にしたとしたら

別になんとも思いません。

728 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 15:02:05 ID:vVz2A0Lv
>>725
題目くんの個人スレでは無いからちょこっとな
大乗相応の日本において正しい信仰すなわち日蓮正宗の信仰を持たなければ、それだけで
地獄に堕ちます。

全ての問題の根本的解決策は、「立正安国論」に書かれている。

729 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 15:17:57 ID:1WH80ava
>>719
ありがとうございます!
ちなみに僕はミョウカンコウじゃありません!
大石寺の方にも言いたいのですが、やっぱり支部名も聞かれますよね?
会社の上司が過激にやってるもんで…、
バレたらマズイんです!

730 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 16:05:24 ID:vVz2A0Lv
>>729
僧侶には守秘義務があり個人情報の流出は、犯罪として処罰されます。
院達にも明記されています。
ご心配なら事情を説明し、匿名でもそのような寺院の実態を通報することをお勧めします。

ちなみに私は通報して苦情を申し立てましたよ。

731 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 17:05:14 ID:1WH80ava
>>730
そうなんですか?
本当にありがとうございます!
僕の支部にも、あなたみたいな人がいたらみんな楽しく信心ができると思います!

732 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 17:15:38 ID:ZT/xpzGf
>>804
阿弥陀仏は釈尊の教説の一部に登場した仏にすぎない。
親鸞さんはこのことが勉強不足で良くわかってなかったと見えます。
http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/syakuson_2.htm詳しくはこちら
あなたは、すべての人をありのままに救う日蓮正宗の戒壇の大御本尊を知らない。
ぜひ日蓮正宗で信仰することをすすめます。

733 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 17:17:48 ID:ZT/xpzGf
誤爆しました。どかーん。

734 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 17:38:07 ID:ZT/xpzGf
成仏とは、臨終(りんじゅう)や死後のみをさすのではなく、
現世のみならず来世においても崩(くず)れることのない
絶対的な幸福境界(きょうがい)を築(きず)くことです。

このことを日蓮大聖人は、

 いきてをはしき時は生(しょう)の仏、今は死の仏、生死ともに仏なり。
即身成仏と申す大事の法門これなり(上野殿後家(ごけ)尼(あま)御返事)

と御教示されています。

http://homepage3.nifty.com/y-maki/syakbk/110.html


735 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 19:10:59 ID:ItHX2jdH
>>726
日蓮は謗法の者への布施を止め、謗法の者が正法に帰依すればいい。
憎むのは謗法だと言っていますが、矛盾してますよね??
「早く天下の静謐を思はば、須く国中の謗法を断つべし。」とか
「若し先づ国土を安んじて現当を祈らんと欲せば、速やかに情慮を廻らし怱いで対治を加
へよ。」とか言って、謗法を悪しきと考える根底には、排除しかないという思案が策動している
ように思えてなりませんが。憎む謗法を排除するゆえ正法でも通じなければ、謗法の者を
「若し然らば殺害相加へ罪業何が為んや。」の如く、謗法の者を徹底して排除するようにしか捉える
ことができませんが。そういう裏の裏の根拠があるように思います。

736 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 19:20:21 ID:ZT/xpzGf
>>735
謗法という思想を憎んでいます。謗法者は、むしろ哀れむべき存在だと言えます。

737 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 19:44:51 ID:gQBzovYU
>>732-734
仏の知恵とは何か日蓮教徒はぜんぜん知らないね。だからこのような世迷い事を無制限に吐くのだ。
  >諸仏の智慧は、甚深無量(じんじんむりょう)なり。其の智慧の門は、難解難入なり。
一切の声聞、辟支佛(ひゃくしぶつ)の知ること能(あた)わざる所なり。(法華経)

 法華経と言う経典と、その中に説かれている仏の知恵とは別なんだよ。経典はそこの区別を峻別してい無い時があるけど。
日蓮は仏の知恵とは何であると言っているのか?


738 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 19:47:58 ID:gQBzovYU
それから、すべてに重大な間違いを認めることが出来るが、無量義教において、
未顕真実とだけ言って、その隠していた真実を無量義経において明かしていないというのか?
明かさないで、それを法華経に明かしたと言うのか?
 ハイ、どうぞ!答えてください。

739 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 19:49:06 ID:ZT/xpzGf
>>737
釈尊の智慧の結集は、法華経につきます。
仏が経典を説かなければ、仏の知恵は有名無実となり、空しくなる、と言えます。
経典を拠りどころにしない宗教(禅宗)などは、仏の知恵をないがしろにしているので「仏」教とは言えない。

740 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 19:50:07 ID:ZT/xpzGf
>>738
そうです。無量義経は、法華経に入る前のプロローグ的存在、と言えます。

741 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:05:08 ID:gQBzovYU
>>740
それで、仏の知恵とは何であるといってるというのか?

742 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:08:09 ID:ZT/xpzGf
>>741
南無妙法蓮華経を唱え、人にもすすめていくと、
仏の境涯(絶対的に安心できる境涯)にいたることが出来る、と説かれています。

743 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:12:47 ID:gQBzovYU
>>740
それで、仏の知恵とは何であるといってるというのか?

744 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:15:39 ID:gQBzovYU
>>740
無量義教に以下の答えがあるが、聞いたことが無いのか?

無量義とは一法より生ず。其の一法とは即ち無相也。是の如き無相は、相なく、相ならず、相ならずして相なきを名づけて実相とす。


745 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:17:47 ID:gQBzovYU
>>744つづき
未顕真実といってから、真実として、このように答えているということを否定するのか?

746 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:19:41 ID:ZT/xpzGf
>>743
具体的に説明すると、一念三千の法門といいます。

これは、いろいろな事象(一念という)を、十界×十界×十如是×三世間=三千という構造で捉える、というものです。

http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/nichiren_kyogi4.htm

747 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:25:09 ID:gQBzovYU
>>746
三千の単位は何?

748 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:25:48 ID:ZT/xpzGf
>>744-745
無量義経の「四十余年未顕真実」は四十余年の諸経は、随(ずい)他(た)意(い)の対機説法であり、
あくまでも応病与薬の方便説、仏の悟った成仏の法ではない、これから説くところの妙法蓮華が、
一切衆生を救うべき真実法である、というのが本来の意味です。

その意を受けるからこそ、次の『方便品』の文義が明(めい)瞭(りょう)となるのです。
 「世尊(せそん)は法久(ほうひさ)しうして後()要(かなら)ず當(まさ)に眞實(しんじつ)を説(と)きたもうべし」(開結93頁)
 「正直(しょうじき)に方便ほうべん)を捨てて但(ただ)無上道(むじょうどう)を説く」(開結124頁)

http://homepage3.nifty.com/y-maki/db/kouseikai.html

749 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:27:47 ID:ZT/xpzGf
>>747
一つのもの(一念)の奥には、三千のものがある、というものだと思います。
単位は、とくにないと思います。

750 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:28:06 ID:gQBzovYU
>>747つづき
何が三千なんだ?

751 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 20:32:19 ID:gQBzovYU
>>748
無量義教に於いて、以下の説法が未顕真実に対して為された真実である、と言うことを否定するのなら、その根拠となる文証を出してください。
無量義とは一法より生ず。其の一法とは即ち無相也。是の如き無相は、相なく、相ならず、相ならずして相なきを名づけて実相とす。

752 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:33:50 ID:ZT/xpzGf
>>750
全てに当てはまることだと思います。

例)鉛筆・時計・観賞植物・自分の命

例えば、大海原から一滴の水を吸い出しても、その成分は大海原と変わらないのと同じように、
一つのもの(有情・非情を分け隔てない)には、宇宙の成分の全てが本来収まっている、ということです。

753 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:36:47 ID:ZT/xpzGf
>>751
「無量義とは一法より生ず。」
この一法とは、無量義経の後に説かれる妙法蓮華経(法華経)のことです。

754 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/29(木) 20:38:26 ID:P9Cm6oqu
題目殿。
御託を並べていないで、早く宿題を片付け給え。

755 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:40:34 ID:ZT/xpzGf
なぜ、一念三千の法門が大事かというと、
この仏の知恵が明かされることで、全てのありのままの真実の姿が見えるようになり、
全ての衆生を成仏に導くことができるようになるからです。



756 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:41:32 ID:ZT/xpzGf
>>754
宿題とはなんですか。教えてください。

757 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:46:52 ID:ZT/xpzGf
日蓮大聖人の無謬については、問題ないと思います。
なぜなら、日蓮大聖人は、徹底的に文証(釈尊の経文)から論証されているからです。

758 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 20:54:45 ID:ZT/xpzGf
日蓮大聖人の無謬を疑うなら、まず釈尊の無謬を疑うほうがいい。

しかし、徹底的に三証(道理・文証・現証)で論じきる日蓮大聖人のほうが、釈尊より勝れた論証方法であるといえる。


759 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 21:14:35 ID:gQBzovYU
法華経より無慮義経の法が良いのでは。と思う、ちょっと読んでみると。皆さんも読んでみてください。
解りやすいですよ。http://nakanihon.net/nb/hokekyou/hk.html

760 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 21:17:34 ID:ZT/xpzGf
>>759
どういうところが良いですか。

法華経が最勝真実であると釈尊が説く理由は、一念三千の法門が説かれているからです。

761 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 21:26:17 ID:gQBzovYU
>>760
理法と言うのは誰でも理解できる道理であるのだ。一念三千と言うのはその理法ではない。
一念は人に属するもの、それが三千とやらになるらしいが、それでは質問する。
一念と三千はどう言う関係があるのか?

762 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 21:28:56 ID:gQBzovYU
>>760
無量義教には道理が「文理真正」と言われるように、見られるからである。

763 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 21:30:16 ID:gQBzovYU
無量義教には、法華経につなぐ形跡は微塵も見られない。法華経と独立に存在する経典である。

764 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 21:34:04 ID:gQBzovYU
>>761つづき
 三千のものがあると言うらしいが、それでは、そのうちの一つ一つはどのような関係にあるのか?

765 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/29(木) 21:34:05 ID:P9Cm6oqu
>>756
貴殿は健忘症なのかな?
……、おっと失礼。破折したつもりであったか。
今までの正宗の主張を繰り返すばかりで、
何も答えられてないのと同じであるな。

>>757
648 名前:南無妙法蓮華経[] 投稿日:2007/03/28(水) 23:06:17 ID:srWmQ2s7
>>635
>>320に書いたとおり日蓮大聖人も人間です。

人間であるのに無謬と仰るか。そして>>758では、釈尊の無謬を疑えと。
釈尊の直説であるとする主張との見事な矛盾。

貴殿は莫迦か?

766 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 21:49:48 ID:ZT/xpzGf
>>761>>764
一つの実在(一念)を、よくよく見極めると、三千の数の体系に開かれる、ということです。

○十界とは、生命が内より実感している十種類の境涯のことで、
地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界をさします。
自分達の生命は、縁に触れて、瞬間瞬間で、この十界のいずれかを感じます。
ある時は地獄界(苦しみ)を感じ、ある時は天界(よろこび)を感じます。
しかし、その奥の生命には、さらにその人の人格の基調となる十界が存在します。
地獄界が基調の人にとっての縁に触れて現れる天界と
天界が基調の人にとっての縁に触れて現れる天界は、差が出てきます。
これを十界互具といい十界×十界と説きます。

○十如是とは、十界という十種類の境涯がどのように現れ、活動し、変化するのかを十に分けて説明します。

○三世間とは、十界×十界×十如是という有情界の法門に、
個々の存在の違いや、住する環境との関係を説いた、非情界も包含する法門です。

これらをかけ合わせて、十界×十界×十如是×三世間=三千という構造で捉える、という法門を、一念三千と言います。


767 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 21:52:27 ID:ZT/xpzGf
>>765
いい間違いや書き間違いは誰でもある。日蓮大聖人はロボットではない。

768 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 21:55:23 ID:Y9J3BRlS
人々が身勝手に思考するエネルギーが、
日蓮聖人を呪縛する。

人々が神と私、私と貴方、私の価値観と貴方の価値観に
差(サ)と段(ダン)をつける。これが悪魔(サタン)の始まり。

あなたは私にいのちの道を教えてくださいます。
あなたの御前には喜びが満ちあふれ、
あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。」(詩篇 16:11)





769 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 21:58:58 ID:ZT/xpzGf
>>762-763
無量義経は法華経の直前に説かれて、これから説く法華経について掻い摘んで説明したものです。

770 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 22:01:26 ID:ZT/xpzGf
>>768
差をつけることがいけないことだとしたら、
あなたの価値観とあなたが言う悪魔(サタン)の価値観にも
差をつけてはいけないことになる。

771 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:06:18 ID:gQBzovYU
>>766
それで、どうだと言うのですか?

772 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:07:29 ID:gQBzovYU
>>771つづき
私と三千とどう言う関係があると言うのですか?

773 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 22:08:07 ID:Y9J3BRlS
>>770
無間地獄に落ちるぞ。
というよりは、ましな表現かと・・・

774 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 22:12:10 ID:ZT/xpzGf
>>772
あなたの命(一念)も、よくよく見極めると、三千の数に開かれる、ということです。

これを、理念的に体得できたのが、末法以前の仏教に理解力があった人たちの時代と言えます。
今は、体験でしか体得できないので、大石寺に伝わる仏様に向かって、南無妙法蓮華経を唱えることが大事になります。
そうすると、難しいことは解らなくても、誰でも仏界という最高の生命力を引き出すことが出来ます。

775 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:18:59 ID:gQBzovYU
>>774
私の心が三千に散乱するのか?それでは不安定そのものだね。恐ろしいと言うべきです。
>>764にも答えてください。

776 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:21:28 ID:gQBzovYU
>>774
一念とは瞬間のものだと言うことですね?そうすると、そのような一念が無数に生じますね。
次ぎから次ぎと。それぞれが三千に分かれるんですか?もう、ビック・バンですね。

777 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:22:43 ID:m4bBeeaP
釈尊は法華経の御為に今度九横の大難に値ひ給ふ。過去の不軽菩薩は法華経の故に杖木瓦石を蒙り、竺の道生は蘇山に流され、法道三蔵は面に火印をあてられ、師子尊者は頭をはねられ、天台大師は南三北七にあだまれ、伝教大師は六宗ににくまれ給へり。
此等の仏・菩薩・大聖等は法華経の行者として而も大難にあひ給へり。
此れ等の人人を如説修行の人と云はずんばいづくにか如説修行の人を尋ねん。

778 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:23:57 ID:m4bBeeaP
縦ひ頚をば鋸にて引き切り、どうをばひしほこを以てつつき、足にはほだしを打てきりを以てもむとも、命のかよはんほどは南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と唱へて、唱へ死に死るならば、釈迦・多宝・十方の諸仏、霊山会上にして御契約なれば、
須臾の程に飛び来て手をとり肩に引懸けて、霊山へはしり給はば、二聖・二天・十羅刹女は受持の者を擁護し、諸天善神は天蓋を指し、旛を上げて、我等を守護して、慥かに寂光の宝刹へ送り給ふべきなり。あらうれしや、あらうれしや。

779 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 22:26:19 ID:Y9J3BRlS
同時に三千の世界に散乱する。いやいや、時間は左から右へは移行しない。
時間は全てが独立した場という考え。だから、一念は三千の場にひらかれる。


780 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:29:11 ID:gQBzovYU
>>777-778
法華経を全く知らないものは何と哀れなんでしょう。仏教を知らないものは何と哀れなんでしょうね。
仏教は理法なんです。理法を知らないで、経題を唱えても何の功徳がありましょうか?
釈迦仏は理法を説かれ、それに縁れ《法灯明》と教えられたんです。

781 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:29:26 ID:m4bBeeaP
つまりは、法華経の行者、如説修行の行者は、三類の強敵に責められ大苦に値う。

782 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 22:31:53 ID:ZT/xpzGf
>>775-776
自分が下手に語るより、こちらを見たほうが解りやすいと思います。

一念三千の法門
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/subn3.htm

783 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:32:13 ID:gQBzovYU
>>779
それでは、その場と場はどのような関係にあるのですか?つながっているのですか?
それとも間に他のものを介在させてるのですか?

784 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 22:37:18 ID:ZT/xpzGf
なぜ、一念三千の法門が大事かというと、
これは宇宙の全てを包含する法門なので、理念的に真理の全てを把握できてこそ、
その中にある仏界という最高の生命が引き出せるからです。

しかし、末法は、一念三千の法門があることを知らなくても、
南無妙法蓮華経を正しく一心に唱えるものは、自然と仏界を開くことができます。

785 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:38:02 ID:gQBzovYU
>>781
法華経の行者で無いものは大苦に合います、と書かれていませんか?
法華経の行者であると思っていても、真実には法華経の行者でない場合も大いにありえます。
その場合は大苦に合います。法華経を知らないのに知っていると思っている人には教えてあげないと
大変なことになりますね。日蓮経とは法華経を知りませんね。聞いてください、教えてあげます。

786 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 22:40:14 ID:Y9J3BRlS
>>783
アインシュタインの相対性理論ですよ!

787 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:41:25 ID:gQBzovYU
>>782
そこを一応読んでみました。でも分かりませんでした。質問せざるを得ないのです。
質問したいところに付いて何も触れていませんから。答えてくださいね。

788 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:43:16 ID:gQBzovYU
>>786
残念ながら、そのような理論を知らないのですよ。説明してください。

789 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:43:40 ID:m4bBeeaP
題目君は三類の強敵に責められても、退転なからんように信心決定しようとがんばっている。

790 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 22:43:46 ID:ZT/xpzGf
>>774
あなたの心が散乱する、ということが一念三千ではないです。
よくよく見極めると、すべてのものが三千に重なり合っている、という意味だと思います。

791 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 22:44:25 ID:ZT/xpzGf
>>790>>775あてです

792 :南無妙法蓮華経:2007/03/29(木) 22:46:48 ID:ZT/xpzGf
こういうことは別に知らなくても仏界は開けます。

どうか大石寺で南無妙法蓮華経を唱えましょう。

793 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:47:31 ID:m4bBeeaP
>>788

地球から見て、秒速30万キロで飛んでいる乗り物から、秒速30万キロでミサイルを発射されても、秒速60万キロでミサイルは飛ばない。


794 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:49:06 ID:m4bBeeaP
大石寺でなくとも南無妙法蓮華経は唱えられる。


795 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:51:22 ID:m4bBeeaP
>>785
日蓮さんに言ってやってください。

796 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 22:51:30 ID:gQBzovYU
>>790
三千のものがあると言うのですね?一つ一つ相があるのですね?さも無いと有るものとして数えられませんからね。
重なってあると言うと、上下にあるのですね?私にとっては横並びに有るのも重なってあるのもどうでも良いのですが、
どちらにしろ、隣り合ってあるんですよね?相すると隣り合って有るものはどのような関係を以って有るのですか?
縁起してあるのかどうかと言うことなんですが。縁起と言うのは、隣り合っている一つのものが無くなれば隣り合っている他のものも、
消滅すると言う関係のことを言うのですが。どう言う関係にあるか答えてください。

797 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:01:23 ID:gQBzovYU
>>790
>よくよく見極めると、

この意味は、真実には三千に散乱しているという意味ではないですか?散乱と言うのは適切で無いなら、
三千に分割されているといっても良いです。いずれにしても、一念が三千に分割されているというのが、
「よくよく見極めると」の意味ではないのですか?でないとするとどう言う意味ですか?

798 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:03:14 ID:gQBzovYU
>>793
>地球から見て、秒速30万キロで飛んでいる乗り物から、秒速30万キロでミサイルを発射されても、秒速60万キロでミサイルは飛ばない。

であるならそこにはそれなりの原因があるのでしょうね。そこで、だから何だと言われるのでしょうか?

799 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:05:17 ID:m4bBeeaP
>>798

アインシュタインさんに聞いてください。

800 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:10:52 ID:gQBzovYU
>>799
あのスケベ爺はとっくに死んでいないのですよ、どうして聴けと言われますか?

801 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:12:01 ID:gQBzovYU
>>799
もうムッチャクチャではないですか?

802 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:12:54 ID:m4bBeeaP
今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり
仏既に過去にも滅せず未来にも生ぜず所化以て同体なり此れ即ち己心の三千具足三種の世間なり

迹門十四品には未だ之を説かず法華経の内に於ても時機未熟の故なるか。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては仏猶文殊薬王等にも之を付属し給わず
何に況や其の已外をや但地涌千界を召して八品を説いて之を付属し給う、
其の本尊の為体本師の娑婆の上に宝塔空に居し塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏多宝仏
釈尊の脇士上行等の四菩薩文殊弥勒等は四菩薩の眷属として末座に居し迹化他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月卿を見るが如く
十方の諸仏は大地の上に処し給う迹仏迹土を表する故なり、

803 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 23:15:44 ID:Y9J3BRlS
>>788
説明しても解らないです!(だって私はおバカだからorz)
宇宙の初めは、神仏が絶対的な場にあった。
絶対的な場とは唯、唯、慈悲があるだけの世界。(比較出来る要素が他に無いから。)
唯、唯一、神仏は思考により創造する事が出来た。
神仏は自らが何者であるか理解したかった。
だから、人間界という相対的な世界を神の思考により創始された。
悪と善という相対的な世界に人間(神の分身)を創生し、その体験を通すことによって
神仏は自身が何者かという欲求を満たしていった。

だから、相対的なこの世(ものすごくリアルで安定していると思える)でも
実は絶対的な神仏の世界に包括されている・・・・



804 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:16:59 ID:m4bBeeaP
>>788
アインシュタインの相対性理論の本はいっぱい出てるから、それで勉強してください。
量子論も面白いですよ。

805 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:20:35 ID:m4bBeeaP
宇宙は,空気も無い、光も無い、エネルギーも無い、空間(場)も無い、時間も無い
「無」から生まれた。

というのが、現在の科学では有力な説。

806 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:20:40 ID:gQBzovYU
>>802
>南無妙法蓮華経

この妙法蓮華教とは経題であることはわかりますが、それ以外にどんな意味が有ると日蓮は言っているのでしょうか?

807 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:24:27 ID:ex8hFuzF
相対性理論を理解出来るヤツが「唯一絶対正しい」なんて稚論にハマるわけなかろ。
カルト信者は「論理的思考」が苦手な上に飛躍思考まで加わるからな。
「客観的視点」も著しくもちあわせていないヤカラが多い。

808 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:26:02 ID:qxFhgYtr
日蓮が言おうが、釈迦が言おうが、何も証明できなければ、
ただの妄想。

809 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:26:34 ID:m4bBeeaP

読んで字のごとく「妙な法」

810 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:28:48 ID:gQBzovYU
>>809
変な法、と言う意味か?理解し難い法と言う意味か?

811 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:29:12 ID:ex8hFuzF
ついでに 日蓮はうんこ(--)(__)ウンウン

812 :優しい名無しさん :2007/03/29(木) 23:29:42 ID:Y9J3BRlS
文字とおり、少女がはらはらドキドキな法

813 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:39:13 ID:gQBzovYU
>>805
>「無」から生まれた。

生まれるとは無から生まれる以外有るでしょうか?そうであれば、無が無ければ生まれると言うことは無く、
生まれると言う事が無ければ、無というものが無いのである、と言えないでしょうか?
であれば、無も誕生も相対的な存在であり、無と言う実体も無く、誕生と言う実体も無い、といわなければなりません。
これこそ、本当の「無」というべきではないでしょうか?そして、この無こそ常に存在している無であるといわなければ無いのではないでしょうか?



814 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:50:23 ID:m4bBeeaP
>>813

物理学者に聞いてください。

雑誌「Newton」の量子論に解りやすく載ってます。

815 :神も仏も名無しさん:2007/03/29(木) 23:55:54 ID:vVz2A0Lv
支離滅裂になってきてるぞ。
>>805
その理論は間違いだ。「定常宇宙論」が正しい。


816 :優しい名無しさん :2007/03/30(金) 00:19:24 ID:4dnFEVEf
では、私のように神の起源を説明されたし!

817 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 00:49:20 ID:JS2TsGmz
南無妙法蓮華経を唱えて、ご利益を戴きたいと思う心は欲ではないでしょうか?
もしかして日蓮正宗でも例えば理趣経のように欲は清浄であるという
深遠な教えなのでしょうか?

しかし、欲に振り回される人もよくいますよね。どこぞの日蓮系の宗派は
集まってはご利益話をし、その姿は虚栄心に満ち満ちているように見えます。

日蓮系の宗派はご利益という欲で人を釣るので常に危なさを内在しているのでは
ないでしょうか。きっと、欲と隣りあわせでしかも清浄に生きるという綱渡り的な
高度な教えだと思います。

818 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 00:57:17 ID:moeSgMB+
>>766
生命がこれら全てを一念で包括するとしたら、
心が瞬間に移動する原理が一念三千に見出せたとすれば、
怒って修羅界に立ったときに、お題目唱えれば、人界が開けるとでも言うの??
悶々とした抑えられない苦しみの欲望を感じる餓鬼界に入ったとき、お題目を
唱えれば、仏界が開けると??仏界に到達して、智慧を切り開き、
前世の因果がそうであるように、現世、来世も移り変われるという法則??
前世は仏界、現世は餓鬼界。住める環境にも因果関係として生命が置かれ、
堕落した人間の環境に住むことになり、来世は畜生界へと堕ちる??
逆を言えば、前世は畜生界でも、現世は餓鬼界。来世は仏界なんて言い回しもできちゃうよね??
現世でもそれが働き続けるわけだから、過去において畜生でも、今は餓鬼、将来は仏となるで了解??
ものすごい飛躍原理だね。その原理を利用したとき、よくすれば善人を生み、悪くすれば悪人を生む。
だが、それも法則だから、仕方が無いで済んじゃうわけか??犯罪も生むよ。

819 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 01:33:21 ID:ye/ulA7B
日蓮正宗の寺って入りにくいけど
誰でも入っていいの??

820 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 01:47:30 ID:MPokPtCS
>>817
煩悩即菩提。
煩悩を否定するのではなく、煩悩を使いこなす事こそが重要。

>>818
>前世は仏界、現世は餓鬼界。住める環境にも因果関係として生命が置かれ、
>堕落した人間の環境に住むことになり、来世は畜生界へと堕ちる??
それぞれの界は、固定されたものじゃない。
日々の生活に、ほとんど全て現われる。(仏界一応別だが、十界というくくりにおいては他と同等)

正しい本尊に向かって題目を唱えると、仏界が現われる(仏性を開く)ことになっている。
また、場合によっては本尊がなくてもいい。(内得信仰というのがある)
(信力・行力による。また、何が正しい本尊かはスペースが足りないので省略)

821 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/30(金) 03:15:45 ID:vB80PQqq
>>767
言い間違い書き間違いでも無謬とは是如何に。
貴殿は、漫才でもなされるお積りか?
下らない言い訳は無用。


>>818
既に、正宗生まれの創価・顕正信者が、犯罪を犯しておる。

822 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 06:34:19 ID:HH3uod8j
>>777
それは日蓮の如説修行抄だろうが、
いっておくが、釈尊は何も法華経の為に大難を受けたのではない。

また竺道生も、法華経の為に蘇山に流されたのではない。
彼は鳩摩羅什門下の四傑の一人として知られるが、
什公によって「法華経は伝えられた」ものの、
いまだ涅槃経が伝えられない時に一闡提の成仏を唱えて蘇山に流された。

ちなみに、そこで石に闡提成仏の義を唱えると、石は飛び上がって喜んだとか。
しかるして、涅槃経が伝えられると彼の説は正しい事が明らかとなり、
先見の明にみながひれ伏したといわれる。
ちなみに天台智が登場するまで、什公門下四傑をはじめ弟子衆の
ほとんどは涅槃経が伝えられると翻訳、研究にいそしんでいた。
つまり法華経よりも涅槃経に重点をおいていた

日蓮の恣意的な解釈や姿勢が、ここでもまざまざと理解できる。

823 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 08:48:58 ID:RsSEPIAj
>>815

定常宇宙論では、宇宙は膨張しているが、にもかかわらず宇宙は時間とともに変化しないと主張する。
この主張が成り立つためには、宇宙の密度を不変に保つために新たな物質が時間とともに絶えず生成されている必要がある。

つまり宇宙は,空気も無い、光も無い、エネルギーも無い、「時空間」から生まれた

では、


824 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 10:04:03 ID:91SKNEr1
>>822
涅槃経についての破折は
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/shinnyoen.html
の中にあります。

825 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 10:14:53 ID:RsSEPIAj
題目君、おはよう。

826 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 10:40:43 ID:91SKNEr1
おはようございます。勤行しなくては。

827 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 10:54:39 ID:91SKNEr1
>>822
そもそも涅槃経を依経にしている教団は中国にも少なかった。
なぜなら釈尊の本懐が涅槃経にあると声高に主張する人が存在しなかったから。

828 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 11:09:19 ID:91SKNEr1
声高に主張する人がいないということは、
声高に主張するに値しない経典だったと言える。

829 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 11:30:15 ID:RsSEPIAj
妙説修行の行者は、毎朝、毎晩の勤行を1時間もしてるらしいですね?
毎日、毎日、大変ではないですか?

830 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 11:33:11 ID:91SKNEr1
自分は朝・晩三十分ずつです。

顔を洗ったり、歯を磨いたりするのと同じように
自分の命を磨く、ということですから、それほど大変でもないです。

831 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 12:24:16 ID:91SKNEr1
>>872
日蓮宗はニアピンで地獄に堕ちます。
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/nichiren.html詳しくはこちら

832 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 12:27:04 ID:91SKNEr1
↑誤爆

833 :大王:2007/03/30(金) 12:33:49 ID:p1rnwxMB
日蓮の著作、御書を、見ると、他宗教批判している、、
久遠実成の釈迦如来を差し置いて、他の仏を拝んで、、奴らは地獄行きだと、、

しかし、日蓮正宗は、仏を、久遠実成の釈迦如来を差し置いて、日蓮にしている、、
日蓮の著作、御書の定義よれば、、日蓮正宗、そうかの信仰は地獄行き、、、

崩壊だア、、、ボウ法だああああ、、、


834 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 12:39:21 ID:91SKNEr1
日蓮大聖人は、御書に、他宗は釈迦如来に反しているので、
その間違いを、上行菩薩という立場から、指摘されている、、

しかし、日蓮大聖人は、御自身が、釈尊より勝れた久遠元初の御本仏であることを、
他の御書の中で、明かしている、、御書の定義に矛盾はない、、

835 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 14:23:25 ID:HH3uod8j
>>822
破折になってないことは已に破折したけど??
「秋収冬蔵」についても、百花繚乱は事実誤認、
恣意的な解釈、意図的な改竄があることも既に述べた。
君はそれすら反論できていないじゃないか。

>>827>>828
涅槃宗は?
それに涅槃経を所依とする教団が中国で少なかった?だから何??
逆に法華経を所依とした宗派はいっぱいあったか?
そんな話聞いた事ないけどな。

>なぜなら釈尊の本懐が涅槃経にあると声高に主張する人が存在しなかったから。
違う。法華経を訳した鳩摩羅什門下の四傑はじめ、ほとんどの弟子衆は
涅槃経が伝えられると、法華経よりも涅槃経を重んじた。道生もその一人。
しかも弟子の間でも、
「什公がこの涅槃経を読まれたならば如何に心から悦ばれたであろうか」
と言われている。

これらはまぎれもない事実。とんでもない妄語だよ、題目くん。

836 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 14:46:00 ID:MPokPtCS
>>835
中国においては、涅槃宗は天台宗に吸収される形で消滅したとか。(by wiki)
これは、涅槃宗(涅槃経のプロ)では天台の教判をひっくり返す教判を理論的に組み立てる事が出来なかった事を示す。
教判において法華経第一より涅槃経第一が正しいと認められていれば、上記の組み合わせは逆だったはず。

837 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 14:55:18 ID:AtTXctkK
>>836
天台の教判をひっくり返す
永きにわたり誰にも出来なかったこと。今も出来ない。
君がひっくり返せば?

838 :836:2007/03/30(金) 15:26:59 ID:MPokPtCS
>>837鋭い・・・w
>>836に追記だ。
>吸収
教判をひっくり返す事が出来なかっただけではなく、天台の教判を正しいものと認めたことを示す。

839 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 15:59:43 ID:RsSEPIAj
>しかし、日蓮大聖人は、御自身が、釈尊より勝れた久遠元初の御本仏であることを、
他の御書の中で、明かしている、、御書の定義に矛盾はない、、

どの御書?

840 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 16:16:58 ID:RsSEPIAj
日蓮宗は

身延山の大本堂では、現在朝勤の後法主猊下から御経頂戴があります。
「今身より仏身にいたるまで、よく持(たも)ちたてまつる。南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。」
と法主猊下とともに唱えます。これを少し変えて、「今身より仏身にいたるまで、よく持(たも)ちたてまつるやいなや?
よく持ちたてまつる。本門の本尊・南無妙法蓮華経。本門の題目・南無妙法蓮華経。本門の戒壇・南無妙法蓮華経」とすれば、
これで大本堂は本門の戒壇堂になるわけです。否、戒壇堂の基になるのです。日興聖人ゆかりの重須(北山)本門寺の棟板には、
「法華本門寺根源」と書かれているのは有名ですが、そういう意味で身延山久遠寺こそ本門戒壇院根源といえるでしょう。
例えば現在の御廟所横の御草庵跡などに本門戒壇院根源を建立し、そして大曼荼羅御本尊を奠定し、その前に本門の本尊である一尊四士を奉安し、
さらにその前に大聖人読経像を安置するのです。本門の授戒がそこで行なわれるとしたら、なんとすばらしいことでしょう。東大寺や比叡山の戒壇院のようにそれほど大きな建物は必要ないでしょう。
一天四海皆帰妙法の暁には、とてつもない大本堂を建立すればいいのです。


と言っている。

そんなに聖地がほしいか??


841 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 16:21:08 ID:RsSEPIAj
南無久遠実成大恩教主本師釈迦牟尼仏、南無証明湧現の多宝大善逝、南無十方分身三世の諸仏、南無上行 無辺行 浄行 安立行等本化地湧の諸大士、南無文殊 普賢 弥勒 薬王 薬 ...


842 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 16:23:47 ID:RsSEPIAj
身延山久遠寺と大石寺と・・・・・・
いっぱい本門の戒壇あるね

843 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 16:55:17 ID:RsSEPIAj
日蓮を、末法において法華経をひろめるために出現した「上行菩薩」とする多数派に対して
末法では、すでに釈迦は「脱仏」であるとして、日蓮こそ末法に出現した「本仏」であるとする
「日蓮本仏論」が主張され、論争となったようです。
室町中期に「四条門流」から、今の本能寺をひらいた「日隆」が出て、「八品派」をひらき、教学の発展に大きな役割をはたしたようです。

この「八品派」が、日蓮以前の法華経は「脱益(効力を失っていること)」の法華経であり、
末法の法華経は「下種益(あらゆる人間に仏の種を下すこと)」の法華経であるとする、
日蓮本仏を基軸とする「種脱論」を唱えて、富士派にも大きな影響を与えたようです。


ってほんとか?

844 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 17:01:50 ID:HH3uod8j
>>836
たしかに、それは歴史的事実だね。
そういう点では智の才は相当たるものといえる。
智が登場するまでは涅槃経が優位だったのだろう。

しかし、智とて恣意的なドグマがかなり見受けられる。
五味の譬え、秋収冬蔵、贖命重宝、君拾教、追説追泯、扶律顕常などなど…
当時は五時教判だけでなくいろいろな教判があったが
すべて智の説に押し切られた形は否めない。
それだけ智が当時の仏教界において力を持っていたということ。
まぁ日蓮はそれを受け継ぎ、さらに解釈の上塗りをしただけ。

智は涅槃経の教理を法華経に摂すことで、涅槃経の要旨を吸収した。
(ただし涅槃経の中では、それは戒められているのだが)
涅槃宗も実践的な宗派でなく学派だったといえるので
智には敵わなかったのだろう。

845 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 17:28:51 ID:RsSEPIAj
本仏について
釈迦をもって本仏とするか、日蓮をもって本仏とするか
一致派と勝劣派
所依の妙法蓮華経を構成する二十八品(28章)を前半の「迹門」、後半の「本門」に二分し、本門に法華経の極意があるとするのが勝劣派、二十八品全体を一体のものとして扱うべきとするのが一致派。
釈尊を本仏とする一致派(日朗門流、日向門流、日常門流、日奥門流)
釈尊を本仏とする勝劣派(日什門流、日隆門流、日真門流、日陣門流)
日蓮を本仏とする勝劣派(日興門流)
勝劣派内には室町時代から宗祖本佛論争があり、八品派の繰り返し本佛論、富士門流の単純な日蓮本佛論も存在する。
当時の時代背景から天台宗や真言宗にも各宗派の宗祖本物論があることから、この影響が日蓮各派にも広まったものと思われる。


846 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 18:15:04 ID:91SKNEr1
>>835
一日で即席で説かれた経は、法華経には遠く及ばない。
涅槃経はメインディッシュの後のデザートと見ていい。

>>839
>>655を見てください。

>>842身延は偽者だ。


847 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 18:22:57 ID:91SKNEr1
>>844
空虚な言語空間さんよ。
一日の涅槃経は八年の法華経に劣ります。

>智は涅槃経の教理を法華経に摂すことで、涅槃経の要旨を吸収した。
ずばりこれを恣意的だというんだ。

848 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 18:30:06 ID:91SKNEr1
法華経をおさらいしたのが涅槃経。わかるか。
法華経のあとに説かれた涅槃経から、
どうやって法華経に教理を摂すことができる。
タイムマシーンに乗るか、経典を偽作するしかない。


849 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 18:38:42 ID:91SKNEr1
学者というのは、自己顕示欲のために、定説を打ち破りたがる変態と言えます。
まじめな信者のほうが教えを後世まで正確に伝える。
そういう意味で、日蓮正宗の血脈という考えは、とても重要です。

850 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 18:43:27 ID:91SKNEr1
なにも日蓮正宗の考えだけではないか。
仏教というのは、師から一番弟子への血脈相承があってこそ、古来から成り立っていた。

851 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 18:51:22 ID:Uo37B+my
オイ、題目君、今までの質問を不問にするなよ。
 
経相判釈と言っているが、そんなことで争いをしていたくないと言うのが、正直な気持ちじゃないのか?
無量義経で充分満足できるからだよ。未顕真実というけども、その真実なるもんは、それほど重要な真実ではないと思う。
法華経と無量義経を比較すると、同じことを説いている。無量義経の法が、すんなりと論旨を崩さない点、
法華経よりも優れて、受け入れられやすいといえるだろう。
 どれが優れているかどうかの争いなど御免被ると言う人は、大乗経典がすべて同等である故に、
たいがいの人の認めるところであろう。
 大乗経典相互において、ひとつ違うところは、その説教の仕方、その叙述方法の優劣である。
しかしその優劣も、大して論ずる程では無いのだが。大体に言えることは、無量義経や、理趣経
涅槃教などのように、原始経典に近づけられたもので、教理が主体となっているものと、法華経や大無量寿経
などのように非現実を利用した説法を用いているものに分けることが出来る。

いずれにしても日蓮のように、大乗からも原始経典からも外れた教えに改変しているのは、実に恐ろしい破仏法である。

852 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 18:53:26 ID:HH3uod8j
>>846-848
確たる論証も出来ない輩が何を言っても通りません。
八年も説いたのなら、なぜわざわざ今さら涅槃経を説いたのかね?

>智は涅槃経の教理を法華経に摂すことで、涅槃経の要旨を吸収した。
ずばりこれを恣意的だというんだ。

君らだってそれを否定してないし、別に仏教界でも認知されておる。
人の言葉尻だけとって論証を拒んで盲信するだけの悪知識が
自分らの首をしめることを言ってどうする(笑)

違うというのなら恣意的な根拠を示しなさい。ま、できないだろうが。

853 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 18:57:06 ID:HH3uod8j
もう一度、言っておく。

「秋収め冬蔵めてさらに所作なきが如し」とは
法華で記別を得ても、この涅槃経を収めないと意味はなく
やり残すことがある、と言っているのだよ。

854 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 18:58:59 ID:HH3uod8j
>>851
題目くんは質問にはまったく答える姿勢はありません。
で、自分の主張したいことだけ主張する。まさに食法餓鬼。

855 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 19:01:55 ID:HH3uod8j
848 名前: 南無妙法蓮華経 投稿日: 2007/03/30(金) 18:30:06 ID:91SKNEr1
法華経をおさらいしたのが涅槃経。わかるか。
法華経のあとに説かれた涅槃経から、
どうやって法華経に教理を摂すことができる。
タイムマシーンに乗るか、経典を偽作するしかない。

あのさ、君は寺泊御所を読んでないのか?
日蓮だって認めているぞ〜。恥ずかしい奴だな。

856 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 19:17:46 ID:HH3uod8j
じゃ自分で自分の首をしめた題目くんへ

寺泊御書
「涅槃経第十八に「贖命重宝」と申す法門あり。天台大師の料簡(思案の意)に云く、
「命とは法華経也。重宝とは涅槃経に説く所の前三教也ト」。
但し、涅槃経に説く所の圓教は如何。此の法華経に説く説く所の仏性常住を、
重ねて之を説いて帰本せしめ、涅槃経の圓常を以て法華経に摂す、云々」

どうだい、わかったかい。自分んトコでいってる説を知らずして
人の説に言いがかりつけるとは頭破七分だな(笑)

857 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 19:28:16 ID:HH3uod8j
これも言っておく。私は間違いがあるときちんと訂正し認める。
それはこのスレに来られていた?理趣経さん、無為さんなど
君を除くみんながそういう姿勢だ。

だが、題目くんは自分の間違いを認めようとしない。
自分の過ちを認めたくないのはわからなくもないが、
それがもうダメなんんだよ。

そういう姿勢では折伏など、程遠いものだ。

さて、題目くん、
自分のまいた種は自分で刈り取って、自分のケツは自分で拭いてね。

題目くん、反論お待ちしております。

858 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 19:35:18 ID:HH3uod8j
あ、しつこいけど(笑)

題目くん、君は宗祖が述べている事もわからずに
私が述べたことを頭ごなしに否定した。
つまり、君は宗祖である日蓮に違背したんだよ。

これは単純な間違いでは済まされないよね。
どうやってケジメをとる??

859 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 19:49:47 ID:cb/ERjA5
自分は法華経のおさらいが涅槃経と言いました。
なにも間違いを言ってないと見えます。

860 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 20:00:46 ID:HH3uod8j
題目くんよ、自分の仏性に違背するような見苦しい言い訳はいいかげんにやめようよ。

あ、別に「仏性」の部分を南無妙法蓮華経と変えてもらってもいいけど。

どっちにせよ、自分が言った言葉には責任持ちなさい。
特に最後の一行。日蓮が悲しんでるぞ。

>法華経をおさらいしたのが涅槃経。わかるか。
>法華経のあとに説かれた涅槃経から、
>どうやって法華経に教理を摂すことができる。


861 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 20:19:15 ID:HH3uod8j
>法華経をおさらいしたのが涅槃経。わかるか。
>法華経のあとに説かれた涅槃経から、
>どうやって法華経に教理を摂すことができる。

寺泊御書
「涅槃経第十八に「贖命重宝」と申す法門あり。天台大師の料簡(思案の意)に云く、
「命とは法華経也。重宝とは涅槃経に説く所の前三教也ト」。
但し、涅槃経に説く所の圓教は如何。此の法華経に説く説く所の仏性常住を、
重ねて之を説いて帰本せしめ、涅槃経の圓常を以て法華経に摂す、云々」

これでも違背していないというんだろうな、君は。それも、またもや恣意的な解釈で。

それにしても題目くんは、せめる時は饒舌なクセに
自分の間違いを指摘されるといつも言葉少なだね(笑)

それだけ自分の心に嘘をついてるということだよ。その現証はいずれ出るだろう。

862 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 20:37:14 ID:91SKNEr1
但し涅槃経に説く所の円教は如何。此の法華経に説く所の仏性常住を、
重ねて之を説いて帰本せしめ、涅槃経の円常を以て法華経に摂す。
涅槃経の得分は但前三教に限る。
天台の玄義の三に云はく「涅槃は贖命の重宝なり。重ねて掌を抵つのみ」文。
籖の三に云はく「今家の引く意は、大経の部を指して以て重宝と為す」等云云。
天台大師の四念処と申す文に、法華経の「雖示種種道」の文を引いて、
先四味を又重宝と定め了んぬ。若し爾らば法華経の先後の諸経は法華経の為の重宝なり。

なるほど自分の間違いです。指摘ありがとうございます。
法華経第一がより明確になりました。

863 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 20:45:13 ID:HH3uod8j
なに?ずいぶん返事が遅かったねぇ。
どうもこうもならなくなって、認めたのかい??(笑)
謝るのなら日蓮さんにもきちんと謝りな。

>法華経第一がより明確になりました。
これも既に破折しているが、そのことは都合よく無かったのように無視か。ハァ…。

ちなみに「贖命重宝」は、たしかに涅槃経にある法門だが
涅槃経を読む限り、命が法華経を指して宝が涅槃経を指していないがね。

864 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 20:48:40 ID:HH3uod8j
ちなみに、いっておくが、

題目くん、君は前にも私に対して
同じような間違いを犯しているよね。

これで二度目だよ。三度以上は無いよ。

865 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 20:52:20 ID:KiXokT5+
題目君、にんにくのよろいを着るんだ。
三類の強敵にまけるな。
異体同心の思いがなくしては、広宣流布の一大事業は成せない。

866 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 20:55:22 ID:Uo37B+my
題目君
方便品の序文、つまりシャリホツの3度の懇請の始まる前のところだけど、諸法実相といっるね。
この意味を諸法そのものが実相であると言うのかい?そして諸法とは、所謂と形容されたものなのだが、その所謂とは、
検索辞書:大辞泉 提供:JapanKnowledge
いわ‐ゆる【所謂】
[連体]《動詞「い(言)う」の未然形+上代の受身の助動詞「ゆ」の連体形から》世間一般に言われる。
俗に言う。よく言う。「―独身貴族」「これこそ、―瓢箪(ひょうたん)から駒というものだ」

 とあるのだが、この意味で十如是が説かれているのではないのか?私にはその様にしか思えないのだ。前後の文脈からもね。
つまり、諸法そのものが実相であると言うのなら、所謂諸法といわないだろう?この所謂は「世間一般に言われるとか、俗に言うところの」という意味なんだから。
世間一般では、諸法とはどのようなものとして言われているか、それを説いたのが十如是というべきではないか?
相すると、諸法実相は、諸法が直ちに実相なのではなく、諸法の実相と言う意味であろう?
そして、その諸法とは、いわゆる世間で一般的に言われている十如是であるが、と続くんだよ。
そしてこの十如是《諸法》の実相は何か?と言うのが序文の趣旨であり、その実相が何であるかを説いて下さい、と言うのが、
シャリホツの懇請なんだよ。無量義経では、この実相を《無相》であると言ってるね。
法華経では《空》と言ってるんだよ。空と無相とは同じ意味なんだけど、解りますか?


所が日蓮は、

867 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 20:57:06 ID:91SKNEr1
「涅槃経の円常を以て法華経に摂す」
この中の「摂す」がどういう意味なのか気になる。

せっ・する【摂する】
1 職務などを代わって行う。代理をする。また、兼務する。
2 取り入れる。摂取する。
(大辞泉)

>>848では2の意味だと思って書き込んだ。
しかし、1の意味だと見ると、日蓮大聖人の御書はすんなり拝読できます。

868 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 20:57:41 ID:KdL9CiBT
論証能力のない題目は文字通り論外

869 :優しい名無しさん :2007/03/30(金) 21:00:10 ID:4dnFEVEf
横レスお許し下さいm(__)m

アインシュタインの公式 E=mc2
この式の意味は物質の質量(重さ)は、エネルギーに変換する
ことが出来るという意味です。
皆様は心に強く思うと、何故かそれが現実になってしまった。
という話を聞いたり、体験した事があるかと思います。
希望を持ち続け努力を重ねると夢が現実に
なってしまうという概念・・・
これこそが、思考というエネルギー(念力=E)が、あらゆる現実的作用(その人の現実的な体験=物質的なm)
になってあらわれるという(宇宙の=相対の)システムなのです。
空海の成し得た、虚空蔵求聞持聡明法なら、もっと正確です。
思考する(超人的な知恵が欲しいと)、言葉にだす(真言一日100万回)、
創造(体験)(明けの明星が口中に飛び込み悟りを開いた)する

これが相対の世界のシステムで、宇宙が全て与えてくれるプレゼント!

思考する(2chでも布施行や慈悲により折伏したい)
言葉にだす(南無妙法蓮華経)
体験する(自身の御魂の輝きや活力)
この人、すばらしくOKです!

私の場合は・・・・・
思考する(イエスの十字架の愛ってすばらしい)
言葉にだす(アーメン)
体験する(今日は交通事故(トラックと正面衝突)はまぬがれたorz)
そこそこ、おけー!(汗)

皆、アプローチが違うだけで神仏の恵みは一緒ですよ。

870 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:01:46 ID:91SKNEr1
>>866
十如是だけを明かして、世間の実相を説いても、全ての人が仏に成れるわけではないです。
仏に成るには、仏に成るための修行が明かされなければならない。
それが明かされたのが、如来寿量品第十六です。

871 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 21:02:22 ID:HH3uod8j
>>867
いや、どちらかと考えるからオカシくなる。
というか既におかしいのだけど、それを言い訳にしても仕方ないだろう。

日蓮の料簡からして、そのどちらもあるのは明らかじゃないか。
ただしそれも恣意的な解釈だけどね。

1だとすれば涅槃経が優れていると認めることにもなる。
つまり、どちらに転んでも君の負け。

872 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:05:43 ID:91SKNEr1
>>871
涅槃経が法華経の一部の代理をする、という意味です。

873 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:07:39 ID:KiXokT5+
大石寺や妙本寺の「日蓮信仰」の源は、興尊の御影信仰にあった。
しかし、教学面における「日蓮本仏論」の源は恵心流の中古天台法門「一流相伝大事」や日隆聖人の「法華天台両宗勝劣抄」にある。

874 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:07:57 ID:91SKNEr1
ん?ほんとにそれでいいのか。

若し爾らば法華経の先後の諸経は法華経の為の重宝なり。

とりあえず、この文があることから、
日蓮大聖人はいろいろ論証されて、結論として法華経第一に導かれている。

875 :(´д`)ハァ‥:2007/03/30(金) 21:21:01 ID:PVexxibJ
しかし、異端と呼ばれる宗教は、ハタから見るとホントに似てるな
本人達は全く気づいちゃいないようだが
即ち“汚れの中に居ては汚れは分からない”ということか

876 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:22:51 ID:Uo37B+my
>>874
すべての人が成仏できるかどうかが経典の優劣の判断基準なのか?

877 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:25:26 ID:91SKNEr1
>>876
そういうことです。
成仏(仏に成る)できなくては、
仏教(仏から教わる)を習得する意味が無い。

878 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:27:00 ID:91SKNEr1
>>875泥水の中に蓮華は咲く。

879 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:27:28 ID:KiXokT5+
1555 弘治 1 乙卯 10.23 後奈良 足利義輝 滅後 274年 日院
12.24 保田日我恵心流一流相伝大事上巻を記す(8ー264・石蔵写)
11.29 隆門日政諸宗問答抄を著す(奥)
 
1556 弘治 2 丙辰 後奈良 足利義輝 滅後 275年 日院
2.11 保田日我恵心流一流相伝大事下巻を記す(8ー264・石蔵写)
2.23 保田日我七面決当台両家之抄出を録す(石蔵写)
3.28 讃岐11代日秀寂(過)6.23 京要法寺日辰、日誉と共に霊宝拝見のため重須に向う(5ー56)
7.7 京要法寺日辰重須に霊宝を拝し、二箇相承を日耀に写さしむ(西山蔵)
7.8 京要法寺日辰大石寺妙行坊〔久成坊〕日悦を訪う(5ー41)
7.22 京要法寺日辰帰洛(5ー56)○京要法寺日辰止観見聞抄を著す(5ー56)
4.21 朝倉義景一向門徒と和す(加越記) 4.20 斎藤利政〔道三〕織田信長の援により子義竜と美濃長良川に戦いて敗死す(江濃)

以上、富士年表より

880 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:36:31 ID:KiXokT5+
初期の仏教では、釈尊が出家して6年間修行して悟りを啓いたとしている。これを始成正覚(しじょうしょうかく)という。
しかし釈尊滅後、やや時代が下ると、法華経などの創作経典において、たとえば如来寿量品第十六には、「我実に成仏してより已来、無量無辺百千万億那由陀劫なり」などと書かれ、釈尊は、生まれる前にすでに仏であり長い間、法を説いていたという思想が生まれた。
これらの思想は、現世における修行で仏になったのではなく、長い長い輪廻の間、気の遠くなるような修行の果てに、ようやく成仏ができるという思想を生み出す元と成った。
しかし、一方では、そんな長く困難な修行は、とても出来ないという拒否反応を招くこととなる。そこで登場したのが、末法思想である。釈尊の教えは、末法では役に立たず(白法隠没)、釈尊の代わりに、本仏の教えによって救われるとする日蓮本仏論である。

もっとも、日蓮本人は一言も本仏であると宣言したことはなく、日蓮の弟子達が唱え始めた思想であり、日蓮宗各派でも、釈尊を本仏とするなど、さまざまな異論がある。


881 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:41:41 ID:KiXokT5+
[編集] 釈迦本仏論
日蓮宗・法華宗下の教義のひとつ。上述の日蓮本仏論と対立する。
法華経の如来寿量品第十六の文中に無量長寿の釈迦牟尼仏が登場するが、この釈迦牟尼仏こそ本仏であるであるという教義。
この本仏としての釈迦牟尼仏は久遠仏ないしは久遠実成本仏とも呼ばれ、無量の諸仏はこの本仏の迹仏とする。
大乗仏教経典には十方の仏をはじめ、現在過去未来の無量の諸仏が登場するが、すべて本仏釈迦牟尼仏のコピーに過ぎず、単なる迹仏と言う論である。
この本仏は紀元前のユーラシア大陸のインドに生まれて肉体を持ち八十年生きたと言うゴータマ・シッダルタ(釈迦)とは論者により必ずしも同体ではないが、ユーラシア大陸に生まれたゴータマ・シッダルタ(釈迦)の精神とも言える存在である。
この論では、日蓮は仏弟子であり、本仏ではないとなる。



882 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:43:50 ID:Uo37B+my
>>876
正法を拒否するものは、正法に縁って成仏できるとする道理はないのだよ。
であるから、正法を間違い無く理解する必要が有るのだ。正法とは、諸法が空であると言う教えであるのだ。

883 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:45:19 ID:KiXokT5+
日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)は、日蓮を宗祖とし、日興を派祖とする仏教の宗派のひとつ。
日蓮系の諸宗派のなかでは、日蓮本仏論、勝劣派などを教義とする富士門流(日興門流)に属し、「興門八本山」のうち、大石寺(総本山)、下条妙蓮寺(本山)の二本山が所属する、富士門流中の有力宗派である。



884 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:46:11 ID:AtTXctkK
>>866
仏典を論じるなら専門の辞書から引用願う。
織田か望月な。
KiXokT5+
まだ検証不十分だ。研究途上だ。
富士年表もしょっちゅう改訂版を出す。
日蓮本佛論の萌芽は、御義口伝にみられると、宮崎英修博士が云ってるぞ。

885 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:46:58 ID:KiXokT5+
宗祖の入滅後、六弟子の一人であった日興が総本山大石寺(たいせきじ)を建てて「御開山」すなわち事実上の開祖となり、
その教義的方向性を決定づけたが日興は七ヵ年留まると石川氏の招きにより大石寺を退出、晩年は重須談所(現在の日蓮宗北山本門寺根源・重須本門寺)に移住し、
日目に血脈を譲ったのち、晩年は師弟の教育・指導にあたり、ここで没した。



886 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:48:08 ID:KiXokT5+
日蓮正宗と正式に名乗るのは明治最初の頃で、それまでは日蓮宗勝劣派の一宗派(大石寺派)、一時は富士門流各山と連合し日蓮宗興門派・日蓮本門宗という富士門流八本山による連合宗派も作っていた。
日蓮本門宗時代は管長は八本山からの輪番制となったが、大石寺本末・中末が政府に独立が公許されこれから独立し、1900年(明治33年)に日蓮宗富士派と公称し、1912年(明治45年)に日蓮正宗と改称し現在に至るが、
法華経正宗分の意味合いからであろうか少なくとも江戸時代中期には自宗派を正宗と呼ぶことがあったことが、金沢郷土史の文献(「正宗の題目」とある)から分かる。



887 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:50:02 ID:91SKNEr1
>>880
>しかし、一方では、そんな長く困難な修行は、とても出来ないという拒否反応を招くこととなる。
>そこで登場したのが、末法思想である。
いいえ。
末法というのが到来することは、釈尊も覚悟していた。
この時代の民衆は愚鈍だから、釈尊仏法ではとても成仏させる力が無い。
だから日蓮大聖人に付属の儀式を行う。

>もっとも、日蓮本人は一言も本仏であると宣言したことはなく。
いいえ。
人本尊を顕されたのが佐渡御流罪のなかの開目抄です。
また、
法華経の教主を本尊とす、法華経の正意にあらず(本尊問答抄)
と、釈尊を本仏にすることは、元から釈尊の本意でない、と否定されている。

888 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:52:04 ID:KiXokT5+
日蓮正宗に対する外国政府による評価
台湾では、阿部日顕管長が外省人主体のマスコミにより新聞、TVなど各種媒体で「花和尚」(好色僧)と紹介された。ただしこのマスコミは創価学会についても痛烈な批判記事が掲載されていることでも知られている。
マレーシアでは仏教団体でこの宗派のみが僧侶の常駐を許可されている。
フランスでは、1980年代に「日蓮正宗(創価学会)」の名称でセクトとする報告が国民議会へ提出されたこともあるが、1996年の新しい報告書において該当部分はSGIフランスと書き改められており、
日蓮正宗と創価学会を分離した上で判断を下しているが、一部の民間団体では創価学会と同様のセクトと主張する団体も存在する。
アルゼンチンではマザー・テレサ への日蓮正宗のみが正しい宗教で他の宗教は邪教とする基準での評価が誹謗中傷と判断された事と、政府の許可を得ずに布教所の開所式を行った事によって、
現地の法人格を抹消されて僧侶も国外退去処分を受けたと創価学会機関紙「創価新報」では報じられているが、現在は布教所は儀式を奉修して、寺院活動は継続されている。
この背景にあるものはアルゼンチン創価学会の工作により誤解の生じたもので、
大統領令によって1年に亘って公式に活動はできなかったが、「法人取り消し及び活動禁止処分の停止の仮処分」が現地裁判所で認められた。
ヨーロッパでは伝統が重んじられ、仏教は三宝(仏・法・僧)を帰依するものと捉えられ、日蓮正宗は一般的な仏教という評価である。逆に、創価学会や日系宗教団体は、「俗物的」と捉えられ、異端視される感がある。

889 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:53:00 ID:Uo37B+my
>>870
十如是が実相などでなく、世間一般に言う事象であるなら、それをもとに構築した一念三千は、
実相などではないと言うことになるね?こんな一念三千がどんな意味があるのか?
ました法華経の眼目などと言われ得るものでは無いだろう?

890 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:56:03 ID:91SKNEr1
>>882
かつて天台大師は、「即」を解することのできない者が、
誤って「即」を言うことは、ねずみが「ソクソク」と言うようなものであり、
もしまたそのような者が「空」をいうことは、鳥が「クウクウ」鳴くのと同じであると指南された。


891 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 21:59:10 ID:91SKNEr1
>>889
一念三千は、十如是だけで成り立っているわけではない。
十界×十界×十如是×三世間=三千
これを理念的に、法華経を聞いたり読んだりするだけで理解できたのが、末法以前の人。
今はただ、大石寺の戒壇の大御本尊にむかって、南無妙法蓮華経を唱えることが肝心になります。

892 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 21:59:41 ID:AtTXctkK
KiXokT5+ hage
なんですけど、だから何が云いたいのだ。


893 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/30(金) 22:48:26 ID:vB80PQqq
やれやれ。
屁理屈ばかり並べ立てておられるが、日蓮師が完全に無謬でない(人間ではない)との証明が無い限り、
御書その他から色々引用しようとも、題目が、正宗が最高真実とは言えまい。

前から申しておるが、非信者に対して御書を振り回しても何の意味も無い。
正宗信者に聖書やクルアーン(コーラン)を説いたところで、理解出来ないし拒否されるのと同じ事。
挙句の果てに、>>57>>59のような与太話を持ち出して莫迦を晒すなど、
やっていることはカルト信者と同じである。

894 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 22:57:17 ID:moeSgMB+
>>891
>>大石寺の戒壇の大御本尊にむかって、南無妙法蓮華経を唱えることが肝心になります。

それがつまり、あなたの言う宇宙の法則だから、大石寺に赴かなくても、
東西南北から南無妙法蓮華経と唱えれば、成仏出来るということですか??
その声が届くということね。物理的に可能だと証明できますかね。
そもそも現世の生き方次第で来世が変わるなど非現実的なことなどありえんのだよ。
如何に成仏できるかを念頭に考える暇があるくらいなら、一日一善、人のためになることを
日蓮はしたのか??布施で生き延びてる坊主が差別化を図り、国を乗っ取ろうとしただけじゃない。
日蓮に人の成仏など分かるわけが無い。自分を神格化し過ぎ。あなたもそうだ。

895 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 22:57:46 ID:91SKNEr1
>>893
日蓮大聖人の御書は、成仏するための方法が説かれているが
聖書やコーランには、一番尊いとされる神になるための原因が明かされていない。
神と民衆は崩れることが無い絶対的な差がある、と説く。
だから、外道は信仰しても、安穏な境涯には到達できないので、たんに骨折り損なだけと言える。
日蓮大聖人が言われることは、全く悪いことではないので、信じる価値が大いにあると思います。

896 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 22:58:23 ID:uzenG4ZO
カルト信者と同じ じゃなくてただのカルト信者ですから(--)(__)ウンウン

897 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 23:01:16 ID:uzenG4ZO
お前みたいな人間生み出すカルト宗教に信じる価値などない。

信者の振る舞いや言動で信用失っているだけ。
つまり信用するに足りない人間が何をどうふりかざそうが、それには価値がない。

898 :南無妙法蓮華経:2007/03/30(金) 23:08:52 ID:91SKNEr1
>>894
信仰する者の礼儀として、大石寺に向かったほうがいいです。
成仏の道を開かれたので、これ以上ないほど
人のためになることを、日蓮大聖人はされたと言えます。

法水は慢の高山に留まらず、何に依ってか大道を得ん。(富要集)

雨が降ったときに、雨の水というのは高い山の上の方には留まりません。
どんどん下の方へ流れ去っていってしまいます。
ですから、自分の身と心を低くして、謙虚に法を求め、学ぶ、
そういう謙虚な信心の心に、御本尊様の功徳が流れ込んできます。
自分は発言するほど下に埋もれているので神格化している余裕はないです。

899 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 23:22:58 ID:Uo37B+my
>>890-891
そうすると題目君とそのお友達は、《即》を理解できず、さらに《空》を理解できないので、
「今はただ、大石寺の戒壇の大御本尊にむかって、南無妙法蓮華経を唱えることが肝心になります」
と思っているということか?君にだって理解できると思うけどね。
 空と言うのは事実なんだよ。空を板御本尊なんかにする必要が無いのだが。空は事実を言ったものなのだ。
その事実は真実と言う事実なのだが。
 自らを自虐するものではないよ。

 それから、末法には白法隠没すると言われていても、白法が価値を失ってしまうと言う意味ではないのだ。
敵の多い末法に、白法を公宣流布することが必要であり、功徳が大きいと言う教えなんだよ。
ここにおいても重大致命的間違いを犯しているね。

900 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 23:24:02 ID:moeSgMB+
>>898
ならば、仕事を持っている人はどうなの??
毎日、日課として南無妙法蓮華経と唱えるには、自宅で行うしかないじゃない??
それとも、仕事を捨て、日蓮正宗の坊さんになるの??
普通の人は仕事しなければ食べていけないのですよ。
布施で生きる宿命を受けたのが坊さんでしょう。
少なくとも仕事に精を出さずに、お題目だけ唱えていればいいのなら、
働く人はいなくなり、日本は最貧国になってしまいますよ。
で、日蓮と共倒れです。都合のいい文句で、終末論を語るのがカルトの典型なんですよ。
仮に仕事をしている人がいかなったとしてですね。何も食わずに生きていけますか??
3ヶ月間何も食わず、お題目だけ唱えていれば、水なしでも生きていけるとそういうことなのですか??
そうすると、日蓮は何も食わずに生きたということになりますよね??どうなのでしょう。

901 :神も仏も名無しさん:2007/03/30(金) 23:56:52 ID:Uo37B+my
妙法蓮華経と言うは、あくまでも経典の題名と言うのがふさわしいが、阿弥陀と言うのは、
これは仏の知恵を言うものなのだ。アミターユス、アミターバと言うのは、無量寿、無量光と言う意味であり、
無量寿とは永遠の時間を言い、無量光とは無限の空間をいうのである。そもそも無量とは
一つのものが無量にあると言うことであり、一つのものが無量と言うことは、空相一相無相ということなのだ。
故に、無量寿とは、時間的に見た場合に空相一相無相という意味なのだ。又、無量光とは、空間的に見た場合に空相一相無相
という意味なのだ。時間の存在は、心の変かに基づくのだが、心の変化は縁起しているもの故に、実体が無いので、空相無相一相
ということになるのだ。空間とは色の変化に基づく存在であるが、色の変化は又縁起しているもの故に、
実体の無い空相無相一相なのだ。この様に阿弥陀とは諸法の実相が一相空相無相であることを表す言葉なのだ。
そして仏とはまさに一相空相無相の存在なのだ。これは真実として存在してあるのである。
 妙法蓮華経は、法華経を形容している表現に過ぎないのだ。天台日蓮は、阿弥陀と同じような
意味を付け加え様として、この五字に勝手に意味を付け加え様としているが、恥ずかしい理解である。
 悪いことは言わない、日蓮から離れるが良い。天台日蓮は仏教を理解していなかった。
 久遠元初の仏と言うのも誤解。これは空諦の誤解なのだ。空諦を体得して仏となるんだ。
仏が世に出ようと出まいと、空諦は存在しているのだ。これらのことは般若教にちゃんと説かれて居る。
 日蓮カルトから離れよ。

902 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 00:06:47 ID:uUiqmjgF
>>901
妙法蓮華経と言うは、あくまでも経典の題名と言うのがふさわしい
違うね。

法然・親鸞の念仏こそ根拠なし。日蓮カルトってな〜にw
大体な浄土教は、仏教に在らずしてキリスト教の影響受けて成立してるの。
他力本願なんて仏教じゃありませんね。

903 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 00:08:53 ID:uUiqmjgF
>>893
('A`)

904 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 00:17:00 ID:m/wT3X/P
>>902
真実が空と言う実在であるので、「無願」という真理が生じるのだ。他力本願
と言うのは、実に真理である。反対に何かを求めるという教えは、実に悪魔の教えと言うことになるんだよ。


905 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 00:59:13 ID:3X63XLzW
>>900
>3ヶ月間何も食わず、お題目だけ唱えていれば、水なしでも生きていけるとそういうことなのですか??

日蓮大聖人は、過酷な佐渡でも、生き生きと御書をおしたためになられました。
ですから、南無妙法蓮華経の功徳は、どんな困難も乗り越えることができます。

906 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 01:02:58 ID:3X63XLzW
>>899
南無妙法蓮華経をやって、初めて理解できる、ということです。
法華経を文上だけで読んでも、理解できないほうが、普通です。

信仰の長い人は、理解してるんではないでしょうか。
サイトを開設している人は、自分より詳しいと見えます。

>敵の多い末法に、白法を公宣流布することが必要であり、功徳が大きいと言う教えなんだよ。
その通りです。

907 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 01:05:51 ID:3X63XLzW
>>901
仮に阿弥陀にすがると、空諦に捉われすぎて、単純な自分は自殺してしまうだろう。
危険な教えだ。

908 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 01:07:30 ID:3X63XLzW
あと、働けば偉いってもんじゃない。
食い物がほしければ動物だって芸をする。

909 :神も仏も名無しさん :2007/03/31(土) 01:07:44 ID:P2cQzm7M
成人の頃、創価を卒業しました。
今は一宗一派に拘泥しないという自由な気持ち。

正宗は拘泥のなかに咲く、蓮華かな。



910 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 01:08:33 ID:7ViSVVjI
>日蓮大聖人は、過酷な佐渡でも、生き生きと御書をおしたためになられました。
ですから、南無妙法蓮華経の功徳は、どんな困難も乗り越えることができます。

ですから…って、かなり飛躍してるでしょ!
ところで、佐渡ってそんなに過酷だったの?

911 :神も仏も名無しさん :2007/03/31(土) 01:18:07 ID:P2cQzm7M
確か、深々と雪が降る中で、
着衣一枚と薄い掛け布団だけ。
アーメン


912 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 01:19:17 ID:3X63XLzW
すいません。当時の佐渡はマイナス30度位だったと聞きます。

913 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 01:26:08 ID:ydM0+vuN
>>902
> 大体な浄土教は、仏教に在らずしてキリスト教の影響受けて成立してるの。
西域あたりで拝火教(ゾロアスター教)の影響を受けたという研究成果を聞いた事がある。

>>901
>空諦
部分論で全体を見る愚を犯すな。
つ「空仮中の三諦」

>>889
>十如是が実相などでなく、世間一般に言う事象であるなら、それをもとに構築した一念三千は、実相などではないと言うことになるね?
(文章おかしいが)・・・
世間一般の事象は、皆実相の一部だぞ。

914 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 01:27:19 ID:3X63XLzW
寒い環境は、嫌でも人の頭を冴え渡らせる。
北の国の人が、南の国の人より、賢いのを見れば解る。
御本仏は、いわば、究極の環境のなかで、開目抄をおしたためになる。

915 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 01:27:53 ID:ydM0+vuN
>>912
お前はアホか?
じゃあ、冬に佐渡の人間は皆毛皮でも着てたのか?

916 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 01:29:00 ID:3X63XLzW
>>915
鎌倉時代の佐渡は、島流しの刑場だった。
流された者は、死刑と同じ扱い。

917 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 01:32:32 ID:7ViSVVjI
>当時の佐渡はマイナス30度位だったと聞きます。

マイナス30度の中で、いったい何を使って御書を書いたの?

918 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 01:35:25 ID:7ViSVVjI
>鎌倉時代の佐渡は、島流しの刑場だった。
流された者は、死刑と同じ扱い。

果たして、そうだった?

919 :神も仏も名無しさん :2007/03/31(土) 01:44:24 ID:P2cQzm7M
死刑が極刑だなんて大間違い!
ローマ帝国の鞭打ちの刑だって、鞭の先に動物の
骨など仕込み、その回数さえも処刑人の気分しだい。
極端な場合は血肉飛び散り内臓までも露出し絶命するレベル。



920 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 02:44:52 ID:Nzc6KcMt
島流しの刑は重罪者に適用されたが、死罪と同等ではない。
死罪よりは軽い刑であった事はたしか。
また当時の佐渡は確かに寒かったとは思うが
マイナス30度ってことはないです。


921 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 04:07:51 ID:3X63XLzW
>>917
顕正会でそう習った・・・。
どうだか知りませんが、相当寒いと思われます。

>>919
気持ち悪いです。それは罰ではないのか。
ちなみに日蓮大聖人は、
佐渡に流されても佐渡の人に
いろいろ食べ物とか供養されていたようです。

922 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 04:32:57 ID:sQC+cE+V
>>895
そもそも神仏の捉え方が違うのだから、貴殿の論は的外れである。
そこで勝劣(優劣)を論ずるなど、愚の骨頂と言わざるを得ない。
貴殿の論なら、成仏すれば誰でも日蓮師・釈尊とおなじ本仏となる。

御書を読めば、生きていく上で指針となる文言が有るのは事実。
されども、易経などの古典と大した差はない。所謂、箴言である。

四の五の言わず、貴殿が前スレで日蓮師は人間であると述べた言と、
このスレで無謬と述べた言の矛盾を説明し給え。
合わせて、日蓮師が、ご自身で「本仏」であるとされた御書も提示されたし。
但し、他者の解釈は無用。



>>912 >>917 >>920
題目殿が想像でものを言っているのは明らか。
−30度なら、墨も凍りつく。
当時の暖房設備(囲炉裏など)では、−30度なら満足に書写が出来る訳が無い。

確かに今と較べれば、過去の方が寒冷であるが、彼の言は嘘である。
このことは、気象学から見ても明らかに間違いである。
(対馬暖流の存在)

923 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 04:40:12 ID:sQC+cE+V
>>921
正宗が最高と言いながら、何故顕正会を持ち出す?
貴殿は、何処にいようと、正宗カルトであると言明しているようなものだ。
それだけでも非信者からすれば、貴殿の言が信憑性に欠ける証拠として十分である事を、
貴殿は理解されていない。
本当に正宗に帰依されたなら、顕正会の知識は捨て去るべきものではないのかな?

924 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 04:57:45 ID:AewjhiUi
では、お題目さんにもうひとつ質問があります。
「日蓮は万人の救済のために、法華経を布教せよ!!」と訴えました。
わたしは今、惨たらしい厄介な咳に悩まされています。
で、この世に咳などの他、厄介な病気に悩まされている人の救済のために
ひとつ解決してくださいよ。あなたのハンドルネームが「お題目」なのだから、
ここを閲覧した人は、それで救われているはずですよね??
わたしはあなたのお題目でも一向に咳は止まらず、薬を飲んで漸く治まりました。
お題目は病気にも有効なのでしょう。まさか、「信仰しない人を救済するための法華経ではない」
とあなたは言うでしょうね。どうなのでしょうか??信仰しない人には効果ないというのならば、
信仰しない人の方が多いのですから、滅びますよね??まさか、「それが少子化の原因」だと、
お題目さんは言うでしょう。
「遥か彼方未来の予測しますから、現実逃避で流石に飛躍思考も含みます」とか言うのでしょうか??
そうなると、人を救済する意味での、お題目は効果なしと証明しているようなものでしょう。
万人が法華経に帰依しなければ、やっても無駄ということにもなります。

925 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 05:22:43 ID:SM/B1vfs
かつて顕生会で習ったから
そう思ってた。って…。
あなたの立場では己議に陥らぬようにと
指導を信じてきたのだろうとは思うけど…。

気づきませんか?

すっかり思考停止して、しかもその思考停止が
慢性化したからそんなカルト教団の戯言を
すんなり受け入れるようになっちゃったんですよ。


926 :名無しさん@3周年:2007/03/31(土) 05:56:26 ID:Qd8QAOSK
思考停止してることにも気づいてないんだろうね。

また思考停止してるから自分で何言ってるか分らなくなって
自分とこの宗祖が言ってる事を勘違いして否定してしまいアタフタしてるし。

この期に及んでも、まだ言い訳がましいのは日蓮正宗の体質かもね。

927 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/31(土) 06:40:48 ID:gU+/ABnO
議論放棄宣言の後、題目君、どんどん壊れてくね
他スレは荒らすし、宗祖の言葉を否定したり、顕正のマイナス30度だの、死刑と同等と言いながら、食べ物など供養があっただの
支離滅裂な言動ばかり、
浄土教を念仏唱えるだけの他力本願と蔑むが、題目唱えて現世利益の何処が違う?
念仏、題目、真言、いずれも、瞑想法であり呪文に過ぎない事を知りなさい
教えは、経なり、宗祖を含む高僧の書にあるが、日蓮正宗は、法華経と同じく、自らが正しいと主張するばかりで、本質的な教えなどない
それは、創価、顕正、正宗いずれを見ても自分が正しいとの主張ばかりで、仏に成ろうとする者とは、程遠い言動を見れば明らか
本来、仏に近い菩薩とは、宗派を超えて、自然と人を引き付けるものであり、威圧などせずとも、こうべが下がるもの
君の屁理屈は見苦しい

928 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 06:56:11 ID:AewjhiUi
お題目さん、人は余裕がなくなったときには、万事休すですよ。
例えば、災害が起きた場合に、題目唱えている余裕なんてありますか??
まずは、自分が逃げるのが先決です。それが人間の生きる欲望というものです。
余裕ができて、はじめて人を救うという心が生まれてくるものなのですよ。
理想など存在しませんよ。わたしは全ての思想が嫌いです。
だから、宗教などなければいいとさえ思ってしまいます。
それがあることによって、人は運命に翻弄されてしまうのですからね。
救う精神なんて、人の幻想に過ぎませんよ。
逃げるのも人間の欲望ですよ。利用するだけ利用して逃げるのもそうですし、
結論が下せない状況に陥ったりするときも、逃げる精神が働きかけます。
飢餓に苦しむ運命の下、お題目で飢餓を救いましょうとしたところで、
飢餓に苦しむ人たちは救われますか??枯渇して何も無くなった状況のさなか、
あなたは自分の腹を一切、養わずして、相手に恵みとして食料を分け与えられますか??
そんなことは絶対にできませんよ。日蓮だって出来なかったことでしょう。
人間の慢心です。いわば、日蓮のね。

929 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/31(土) 07:29:28 ID:34/i7DG8
>908 名前: 南無妙法蓮華経 投稿日: 2007/03/31(土) 01:07:30 ID:3X63XLzW
>あと、働けば偉いってもんじゃない。
>食い物がほしければ動物だって芸をする。

こんな根性だから顕正会なんてアホ教義(正宗も同程度)にハマるのも当然。
「自分は新聞配達している」そうだが確かに偉くも何ともないな。
自分で働いて全額稼いで大学に行っている訳でもなし。
「広宣流布の暁には一日労働時間三時間」なんてアホ教義にハマったのだろう事も容易に想像がつく。

「楽して生きる事を正当化する」
「程度の低い自分を上に考える」
「客観的な思考が出来ない」
「すぐ責任転嫁する」

カルトにハマる典型的な理由だろうからそりゃ当然か。
で、日蓮も「働けば偉いってもんじゃない」なんて言ったのか?
確か「日々日常が修行である」みたいな事を言っていたと思うがな。
「楽する事」が修行なら、そんな修行は無用だろう。
そもそも「ナンミョー」するのが修行で、人間性の向上が微塵も見られないからこれも無意味。
議論放棄しようが、正宗の正当性など小指の先ほども訴える事など不可能。
この辺りからも「誠意のない人間性」が如実に顕れている。


930 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 09:11:41 ID:cq25JV5l
>>928

人は自分の力ではどうしようもない窮地に追い込まれないと、信心の心がおきない。
実は窮地に追い込まれているのだが、気がつかないだけの人もいる。

人間いつ死ぬかは、わからない。今日死ぬかもしれない。
題目君は、いつ死んでもいいよう、毎日の勧行にはげんでいる。

現世だけの救済では無いということなのでしょう。

931 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 09:28:06 ID:sQC+cE+V
>>930
実際、どうであろうか。
やたらと「成仏」には拘っておられるようだが。

932 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 09:32:04 ID:sQC+cE+V
>>929
いや、一言も無し。
所詮は、教団の夢物語に絆されただけと存ずる。

933 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/31(土) 09:54:28 ID:34/i7DG8
>>932
>あと、働けば偉いってもんじゃない。
>食い物がほしければ動物だって芸をする。

こんな根性の人間育てた親ってのはどんな人間で、どんな躾・教育をしたんでしょうね?
「子は親の背中を見て育つ」みたいな事をよく言いますが、
どんなクズ人間がこんな人間を作ったのかと思ってしまいます。

実際には親の問題では無く、教団が「こんな人間」にしてしまうのか、
元々そんな程度の人間だったのが信仰を言い訳にして顕在化しただけなのかもしれません。
社会性の欠片が微塵も感じられない「社会の寄生虫」化する人間を増やすのがカルトでしょうが、
日蓮は「勤勉である事」はむしろ推奨していたハズです。

顕正会にせよ、正宗への移行組にせよ、こんな「社会的クズ」の寄り集まりが
他人他宗にどうこう言う事に憤りを感じざるを得ません。

934 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 10:12:17 ID:sQC+cE+V
>>933
どうこう申したところで、一種の「選民思想」に他ならない、と存ずる。
親が嵌れば、子へも伝播するは必定。そして、躾が偏れば、思想も曲がる。

曲がった思想で御書を読めば、カルトに向わざるは無し。
議論すら投げ出し、ただ一心にカルトの主張を繰り返すのみ。

顕正もかなり外れているが、生みの親たる正宗も既に外れていると思案致す。

935 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 10:43:01 ID:m/wT3X/P
日蓮の情けなさは、経典の優劣を比較するのに、経典がどのような教義を説いていいるかではなく、
経典にある自画自賛の文句の比較なんだな。無量義経は、「この教えの外に過上の教え無し」という。
日蓮も最終的にわからなくなったんで、題目を唱えるならば、間違いないだろう、とこう言ういい加減な
理解に基づいたもんと思われますね。

善男子、是の故に我説く、微妙甚深無上大乗無量義経は、文理真正なり、尊にして過上なし。
  ―――――無量義経
 法華経を理解したいなら無量義教を読みましょう。この方が優れています。
http://home.att.ne.jp/blue/houmon/shiryo/kundoku_hokekyo.htm
このサイトの無量義経は読みやすい。仏教を総括し、仏陀の教えの蔵を開いて見せます。

936 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 10:48:35 ID:cq25JV5l
>>924
毎日1時間以上、「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」と唱えていたら、
そのうち、1回くらいはその声が諸天善神に届いて厄介な咳を治してくれるかも知れませんが、

貴方にはそのような信じる気持ちは起こらないのでしょう。

937 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 11:12:58 ID:m/wT3X/P
題目君 無量義経のどこに、法華経につなぐ部分があるのですか?

938 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 11:30:43 ID:uUiqmjgF
>>922-923
>>934
('A`)

939 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 11:44:33 ID:cq25JV5l
竜口法難が史実か否かをめぐっては、近代史学の黎明期の明治時代に
「国立戒壇論の原作者の国柱会の田中智学居士と歴史学者が論争しているが、
やはり客観的な証拠 は示すことが出来ませんでした。

「貞永式目」五一条は、北条泰時が、高僧・高弁を顧問として制定したものだから
僧侶に対する死刑判決に当たる理由がないことから幕府の評決は初めから流罪だっただろうというのが通説です。
また、平頼綱が死罪にこだわって強引に死刑にしようとしたとしても
当時、時宗の妻の堀内殿の懐妊の為、罪一等を減じられたのは確実であるとされています。
これは、当の日蓮自身が先の『種種御振舞書』のなかに
「前略・・・・・なにともなく頚を切られべかりけるが、守
殿の御だい所の御懐妊なればしばらく切られず・・・・・後略」と書いている事から、
辻善之助博士の『日本仏教史』以来、日蓮に死刑が執行されようとした史実はないというのが通説です。


940 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 11:50:47 ID:uUiqmjgF
>>922
成仏が信仰の対象になる本佛とお思いか。
揚げ足とりは、止めていただきたい。佐渡の気温についてのね。
御書に自分が本佛であるとの直接表現が無いことを承知の上で訊くのは、止めたほうがい。
>>923
顕正会の全てが間違いというわけでは無いですね。
>>931
当然に目的は、成仏でしょう。こだわり?はぁ
>>933
お前にゃまともな事レスしなくていいな。勝手に憤ってな。
>>934
曲がった思想で御書を読んでいるのは、あなたね。
>>935
あなたは、御自分が日蓮聖人より優れていらっしゃるのですか。


941 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 11:56:13 ID:uUiqmjgF
hage
御書にも公には、流罪だとしてあるでしょう。
処刑は私刑だよ。失敗したけどね。
国柱会論争に関しては、hageの私見。

942 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 12:06:52 ID:ogsF4J/W
>>902 >>913

キリスト教の影響についても、ゾロアスター教の影響についても、史料も少な
くて、未だ、1つの仮説(少数説)の域を出てない。可能性としては、クシャ
ーン王朝時代に仏教(特に大乗)は、ゾロアスターか、その母体である(ユダ
ヤ教やキリスト教、イスラム教にも影響を与えた可能性が高い中央アジア系の
諸宗教の影響を受けていると個人的に思うが。ペルシャ系の影響は、大乗勃興
期より前の、初期仏教時代、マウリヤ朝時代前後にも強いし(アケメネス朝ペ
ルシャの影響)、大乗だけではないと思うが。
大乗とか、初期大乗全体の中で、異宗教の影響を考えるのなら兎も角、浄土教
だけとり出して、そういう議論をするのは、『法華経』だけを、初期大乗から
切り離して、その異端性を論じた真言宗系の学者(渡辺照宏氏)に対して、日
蓮宗系の学者(勝呂信静氏)が批判した論法が、そのまま当てはまると思う。

943 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 12:26:43 ID:7ViSVVjI
>揚げ足とりは、止めていただきたい。佐渡の気温についてのね。

そうだね。分かってるよ。
さも、そのような状況で御書を書いたかの様に極端に過酷さを誇張して
伝えるのは止めてもらいたいね。特に顕正会の言う事はその傾向が強いのよ。
で、すご〜い!って、まんま信じてる訳ですよ。騙してるのと変わらんよ。
竜口法難にしたってそうでしょ。
竜口法難こそ日蓮が仏であることの証!みたいに言ってる方が沢山いるんだよ。




944 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/31(土) 12:52:16 ID:34/i7DG8
ああ、カルト基地害信者にマトモな思考なぞ期待してないよ。
顕正会も創価も正宗も普通にカルト、異常なのは周知の事実だからな(笑)

945 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:00:09 ID:ydM0+vuN
>>942
なぜ、浄土宗の経典だけが指摘されるのかといえば・・・・・
仏教の考え方とは真っ向からぶつかる思想が紛れ込んでいるから。

946 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:00:16 ID:m/wT3X/P
題目君、あなたはいろんな議題を提供してくれています。
次ぎのスレを建ててください。

947 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:14:26 ID:m/wT3X/P
>>945
浄土宗の経典が、仏教の考え方と真っ向からぶつかる思想が紛れ込んでいるなんてことは、
絶対にありませんよ。真実なる仏教は、他の地方に発生した真実なる教えと共鳴し合うことは、
有り得るはずではありますがね。実に真実真理は一つなんですよ。それは法華経に置いて釈尊が
説いていることでもありますね。
我時に衆生に語る 常に此に在って滅せず 方便力を以っての故に 
滅不滅有りと現ず 余国の衆生の 恭敬し信楽する者有らば 我復彼の中に於いて 為に無上の法を説く
 汝等此れを聞かずして 但我滅度すと謂えり
我諸の衆生を見るに 苦海に没在せり 故に為に身を現ぜずして 
其れをして渇仰を生ぜしむ 其の心の恋慕するに因って 乃ち出でて為に法を説く

神通力是の如し 阿僧祇劫に於いて 常に霊鷲山 及び余の諸の住処に在り 
衆生劫尽きて 大火に焼かるると見る時も 我が此の土は安穏にして 
天人常に充満せり 園林諸の堂閣 種種の宝をもって荘厳し 宝樹華果多くして 
衆生の遊楽する所なり 諸天天鼓を撃って 常に衆の伎楽を作し 曼陀羅華を雨らして 仏及大衆に散ず
我が浄土は毀れざるに 而も衆は焼け尽きて 憂怖諸の苦悩 是の如き悉く充満せりと見る 
是の諸の罪の衆生は 悪業の因縁を以って 阿僧祇劫を過ぐれども 三宝の名を聞かず
諸の有ゆる功徳を修し 柔和質直なる者は 則ち皆我が身 此に在って法を説くと見る
――――法華経如来寿量品16


948 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:29:18 ID:ydM0+vuN
>>947
つ「絶対他力」
以下コピペ
浄土三部経の立場は、娑婆世界に阿弥陀仏はいない・いるのは西方極楽浄土。
その浄土に生まれ変わる事で、「はじめて」救われるとされる。
今生きている娑婆世界では何をやっても救われる事がないとされるので、現実に対する無気力を生むなどの理由で非難される。
(極端だと、自らこの世に別れを告げてry・・・・)
浄土三部経を根本にする事は、現実をいかにして生きるべきかを説いた釈尊の考え方に、真っ向から反対する事になる。

(註:絶対他力の事)
>一切の自力心が有れば絶対救われない
つまり、依存心100%の人になれと?w(いかにナンセンスかちょっと考えればわかりそうなものだが)


949 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:32:40 ID:uUiqmjgF
>>944
そうかね。じゃあこのスレにコテまでつけているのは何故かね。
お前はマトモか。

950 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/31(土) 13:41:55 ID:D8XolqxL
ああ、お前らよりはよっぽどな。
顕正会スレではコテ付けて、ここではコテ付けてはいけない理由がわからんな(笑)
精神異常者の思考はよく分からん。



ああ、名無しで「お気楽に無責任に好きに」発言したいだけのヒキョーモンか(笑)

951 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 13:42:39 ID:3X63XLzW
きっと彼は煽るのが大好きだから風なんです

日蓮正宗 最高真実の宗教 五
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175315397/

↑やっと自分で立てれました。

952 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 13:44:57 ID:3X63XLzW
>>937
無量義経の全てが法華経につながっていく。

953 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 13:47:23 ID:3X63XLzW
>>924
本格的に信仰するなら、寺院で御授戒の儀式をうけられることをすすめます。
そのほうが効果があると思います。

954 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:55:01 ID:m/wT3X/P
>>953
お前よ、寺に行こうとか、後受戒を受けようとか、言うのは止めろよ。
仏教を語るスレなんだよ。

955 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:57:17 ID:EJaNdnfP
きたきた、相変わらず日蓮正宗系の連中は人格攻撃大好きだよねえwww

他人を蔑まないと、低い自分が上がらないもんなあwww

人格攻撃している時の顔はさぞや醜く歪んだ堕獄のツラだろうよ。
だからお前らはうんこ信者って言われるんだよ(--)(__)ウンウン

956 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 13:58:06 ID:pb4KJyIo
結論
日蓮正宗は仏教ではなく、完全に日蓮教である
他のお経は、教義内容の信憑性を高めるため、教義上ただ参考としているだけ(内容はどうでもよい)

957 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 14:00:23 ID:3X63XLzW
>>956
日蓮教でも日蓮大聖人が御本仏なので十分仏教になる。

958 :名無しさん@3周年:2007/03/31(土) 14:02:27 ID:Qd8QAOSK
まぁ仏教といっても異端であって一般的には認められないがね。

959 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 14:04:04 ID:EJaNdnfP
仏教の皮を被ったカルトだと言えるだろうよ。

こんなもん、異常者か頭の程度の低い椰子しか信じるわけないわwww

960 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/31(土) 14:06:40 ID:gU+/ABnO
>>957
オームの信者も、そういうだろうな

961 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 14:07:55 ID:uUiqmjgF
>>950
やっぱりお前、変だぞ。俺は顕正会スレに書き込んだことないぞ。
コテはここともう1つでつけたことはあるが。
お前にはマトモに相手してないが、それなりの人には、責任あるレスしてる。
やっぱお前、異常だな。

962 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 14:09:44 ID:3X63XLzW
>>960
オウムの間違いはここに書いてます。全然違う。
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/oumu.html

963 :名無しさん@3周年:2007/03/31(土) 14:13:04 ID:Qd8QAOSK
あのぁ、理趣経さんが言いたいのはそういうことじゃないだろう…。
人の言葉を枉げて捉えないようにしないとまた間違い犯すよ。

964 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/31(土) 14:14:51 ID:D8XolqxL
>>961
色んなトコで言っているが、
「アタマおかしいと思っている連中」にどう中傷されようが興味無い。
ここでコテ付けて発言する事の何処が異常なのか説明してみろよ。
論理的な理由は期待してないけどな(笑)

それとな、文章はちゃんと推敲してから書け。
明らかに知能が低い事がバレバレだぞ。

965 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 14:23:22 ID:uUiqmjgF
どーしようもねー屑。
論文書いてるわけじゃないんでな。推敲する必要はないね。
特にお前にはな。
以後日蓮聖人への誹謗以外のお前のレスはスルー。
相手にしてあげない。

966 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/31(土) 14:26:08 ID:gU+/ABnO
>>962
そのサイトは知ってるから、何度も貼らなくてよい
日蓮が仏と言ってるのは日蓮本仏論者のみ
麻原が仏と言ってるのはオーム信者のみ

日蓮は法華経と言いつつ、涅槃経や大集経などの寄せ集めを題目とする
麻原は原始仏典やチベット仏教やヒンドゥ教シバ派などの寄せ集め

日蓮も麻原も中身はカルト
何処が違うんだ?
日蓮が仏教なら麻原も仏教だろw

967 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/31(土) 14:33:03 ID:D8XolqxL
>>965
ああー、屑で結構(笑)

知能低い奴はそんだけで終わるから別に興味も無いし。
論理的理由も無く、「日蓮誹謗(どうでもいいけど(笑))」とやらに感情的に噛み付いただけか。


ただ 「 日 蓮 」信じている連中は「 こ ん な ん ば っ か 」だと広まるのは 自 己 責 任 だな(笑)

968 :◆Fwh0fZRJ6U :2007/03/31(土) 14:49:21 ID:D8XolqxL
次スレに貼ってある↓このサイトだが、
ttp://iwatam-server.dyndns.org/software/giron/giron/index.html

「11.インチキ科学」の項がこのスレでの議論展開とそっくり。
「インチキ科学」を「カルト宗教」や「日蓮正宗」に入れ替えてもそのまんま理屈が通る。

969 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 15:27:44 ID:EJaNdnfP
日蓮は うんこ(--)(__)ウンウン でここ埋める?w

970 :神も仏も名無しさん :2007/03/31(土) 16:34:39 ID:P2cQzm7M
固定観念を打ち破りましょう。

神仏は決してどちらか一方に軍配を挙げない。
軍配を挙げたがるのが宗教とその信者ですよ。
恐怖神で信者を縛る。宗教という名の最悪のビジネス。
キリスト教も然りです。

日蓮正宗の御信徒の思考が、恐れおおい日蓮聖人以前
だとしたら平成の世でありながら、いまだに鎌倉時代を
迷走していに過ぎません。
例えば、現在、世界の飢餓人口8億5,000万人をどのように
救済しますか?

仏者の回答には二通りある、胎蔵界的と金剛界的。
アーメン
(レス、アンカー付けて無いので無視して下さい)

971 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 16:55:57 ID:+BlhQCqG
>>968
そのサイトがこのスレでの一番の収穫だったなあ(笑)。
題目君にも読んでみてと勧めてみたけど理解していただけなかったようで。

972 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 17:47:24 ID:lqt2lDB8
>>968
納得!(--)(__)(--)(__)

973 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 18:07:30 ID:lqt2lDB8
あー!もう5が建ち上がっている
はや‥ヽ(◎o◎)ノ
しかし、結局結論が出なかったようだ
ここはいったいどんなスレなんだ?
成仏するといいつつ
信徒達には、仏とは程遠い言動が多いと思うのは
私だけですか?

以上、このスレの感想でした

974 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 21:06:00 ID:MEurzrNG
もう。先に次スレを作るのは構わないですが、こっちのスレをきちんと
使い切ってから次のスレに移らないと、もったいないオバケがでて地獄に
落ちちゃいますよ。

残り二十いくつかを有意義な議論に使いましょう。

日蓮系の宗派で極端な信仰を持っていて、周りが見えないのは
 ・日蓮正宗
 ・顕正会
 ・創価学会
 ・仏立宗
くらいですか?
それともそうでないほうをあげて言った方が早いですか?

975 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 21:07:52 ID:MEurzrNG
あげ忘れた。それだけというのもなんですからついでに題目と
念仏をあげておきます。

南無妙法蓮華経。南無阿弥陀仏。


976 :南無妙法蓮華経:2007/03/31(土) 21:12:50 ID:3X63XLzW
>>975
題目と念仏は薬と毒なので、
題目だけ唱えることをすすめます。

977 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/31(土) 21:14:33 ID:gU+/ABnO
>>974
似た者だが本門正宗だな
http://www3.ocn.ne.jp/~isak/sub1.html

978 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 21:21:52 ID:uUiqmjgF
>>974
国柱会
本化妙宗聯盟
日蓮宗不受不施派
付け加えてね。
日蓮正宗
該当しない。
本門正宗は論じるに値しない。

979 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 21:53:14 ID:MEurzrNG
>>977
> 似た者だが本門正宗だな

おお! すごい。そんなものまであったんですか。
勉強になるな。

本門法華宗と日蓮正宗を足して2で割ったような名前ですね。


980 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 21:58:55 ID:MEurzrNG
>>978
> 日蓮宗不受不施派

不受不施派って歴史上のものだと思ってました。
純粋な方々なんですね。

981 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/03/31(土) 22:41:26 ID:gU+/ABnO
>>980
日蓮宗不受不施派の妙覚寺は、不受不施日蓮講門宗の本覚寺と合同で本化正宗を名乗った時期があるけど、また、分離したよ

982 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:07:58 ID:uUiqmjgF
よく考えたらスレタイに合致するもの。
正信会
日蓮実宗 ググっても出てこないよ。昭和30年代に創価の宗門支配に嫌気がさして離脱した
大阪蓮華寺と高知大乗寺で構成。
保田妙本寺・西山本門寺 単立寺院 一時日蓮正宗に帰伏するも結局離脱。
教義は概ね同じ。
日蓮真宗 これもググっても出ない。正信会からも離脱。元日蓮正宗宗会議長までつとめた、
久保川法章が設立。戒壇本尊を偽作とし血脈も否定。無茶苦茶。
ほかにも正信会から飛び出した元僧侶が2,3いて変な事してる。

983 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 23:25:49 ID:sQC+cE+V
>>940
単なる御託を並べたとて、論無き反駁は屁のつっぱりにもならん。

984 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:38:11 ID:uUiqmjgF
>>983
それならスルーしてください。ROMってる人の役にはたつ。

985 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:43:46 ID:nFQnARFv
985

986 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:45:35 ID:nFQnARFv
 

987 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 23:46:03 ID:sQC+cE+V
>>984
正宗系信者がまともな議論をする気が無い、ということを晒している点では、役に立っているのだろう。

貴殿の指図を受ける謂れは、何処にも無い。

988 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:46:17 ID:nFQnARFv
 

989 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:47:25 ID:nFQnARFv
 

990 :神も仏も名無しさん:2007/03/31(土) 23:48:36 ID:nFQnARFv
990

991 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/03/31(土) 23:50:31 ID:sQC+cE+V
言霊思想に染まっている時点で、日本の仏教は、中国の仏教と違ってきているのであろう。

992 :神も仏も名無しさん :2007/04/01(日) 00:06:02 ID:xTw7CiaU
八百万の神が集う、神ながらの神国、日本万歳!
仏教は物質的で重いからイヤ・・・・
光明真言と天津祝詞があれば
お題目はいらない!
アーメン
(焼酎4合やっつけましたorz)

993 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/04/01(日) 00:15:15 ID:blANEZg7
酒は百薬の長。
飲めば飲むほど攻撃力アップ。
僭越ながら埋め立て開始。

994 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/04/01(日) 00:19:00 ID:blANEZg7
日蓮は飲酒を嫌っていた、どころか飲酒は地獄に落ちると言っている。
酒の楽しみを禁止するとは・・・


995 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/04/01(日) 00:19:03 ID:DBTFJyWC
坊主も般若湯を飲む。

996 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/04/01(日) 00:19:50 ID:DBTFJyWC
酒は憂いを払う玉箒。

997 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/04/01(日) 00:20:29 ID:DBTFJyWC
>>994
日蓮師、ある意味哀れ也。

998 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/04/01(日) 00:21:40 ID:blANEZg7
まあ、若い者の量さえ飲めば偉いというのは感心しないが。

999 :名無しさん@3周年:2007/04/01(日) 00:22:32 ID:zbyRzZ8I
ん?日蓮の御書には在家からけっこう酒を供養されていたようだけど、
それはすべて飲んでなかったのかな??

1000 :無為 ◆iB/Hvp.n/k :2007/04/01(日) 00:23:14 ID:DBTFJyWC
題目よりは酒の方が楽しいのは自明のこと。

で、1000杯目。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

402 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)