5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

|†| キリスト教@質問箱168 |†|

1 :神も仏も名無しさん:2007/05/31(木) 22:48:38 ID:HGOjAL2W
メール欄にsageと書き込む、sage進行でお願いします。
■質問者のために立てたスレです。おいてけぼりで議論に熱くならないでね!
  
■キリスト教のことなら、誰でも、なんでも、質問してね!(どんな小さな質問でも大歓迎)
■レス番号が【950】を越えたら、住人と相談してから新しいスレを立てて移動してね。
 乱立しちゃうと困るから、いきなり立てないでね!リンク先更新もお願いします。
■荒らしはスルーしましょう。荒らしにレスすると、あなたも荒らしになっちゃいます。

ローカルルール等リンク先 変更現行スレッドは以下です。
■ ローカルルール等リンク先更新総合スレッド 18
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1169303391/
忘れているのを見かけた方は代わりに申請してあげてください。

★★★質問者さんへ★★★
■質問箱で回答を得られない時は、
回答してくれそうな場所へ誘導をお願いしてみてください。

★★★回答者さんへ★★★
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。
http://www.geocities.jp/credoindominumiesumchristum/
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

★★★関連スレのご案内★★★Ctrl+Fで検索してね 。
おしゃべりは キリスト教@談話室
議論は    聖句の解釈をマターリ語るスレ
前スレ
|†| キリスト教@質問箱167 |†|
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1178606910/l50

2 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2007/05/31(木) 23:00:11 ID:k8v2SlsZ
1000 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/05/31(木) 22:59:28 ID:HM53Cfbg

┃・)ノ あげる!


質問箱の栓はいらん。

2

3 :神も仏も名無しさん:2007/05/31(木) 23:01:47 ID:hqN8Xv/t
仏教で先祖供養なんて聞いたことない。

4 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/05/31(木) 23:03:41 ID:HM53Cfbg
>>2

(つ◇T)

5 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/05/31(木) 23:06:17 ID:HM53Cfbg
>>3

「アッラー」がアラビアの偶像神の大親分神の名前だって知らなかったようなもんだよ。

6 :神も仏も名無しさん:2007/05/31(木) 23:09:49 ID:HGOjAL2W
>>5
藤本晃『功徳はなぜ廻向できるの?―先祖供養・施餓鬼・お盆・彼岸の真意 』
国書刊行会、2006.

これに書いてあったよ。パーリ語の経典に根拠があるんだって。

7 :神も仏も名無しさん:2007/05/31(木) 23:11:12 ID:HGOjAL2W
アンカーミス。6は>>3へあてたもの。

8 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/05/31(木) 23:14:23 ID:HM53Cfbg

まあ、「デウス」もおんなじようなもんやけどね。

9 :神も仏も名無しさん:2007/05/31(木) 23:17:05 ID:G/P0UViO
>>972

>イエス死後多分何千億人もの「人」がいただろうが、その何れでも
>ないとしたら、そういう人は何千億分の1もいないと言う事になる
>よん

今地上に生きてる全人口が人類誕生(おおよそ200万年前)以来の延人
数の半分に相当してるって話もあるよ(今の時代はヒトという種がこ
れまで経験したこと無い繁栄の時代だ。地上にこれほどの人が溢れた
ことは人類誕生以来無い)。

控えめに言っても学術的には人類誕生以来今日までの延べ人口は何千
億人には到底ならない。

キリスト再臨云々ついては特に意見しない。
それは信仰の世界の話だからね。


10 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/05/31(木) 23:28:09 ID:YfnAhDjr
>>9
確かに指数的に増えてるみたいだから、数千億人は大袈裟やろ
>キリスト再臨云々ついては特に意見しない。
>それは信仰の世界の話だからね。
だから、一般社会には通じない話だよって事だろ...

11 :ご注意:2007/05/31(木) 23:32:46 ID:giVyEBRS
最近、「コテハンリスト」と称してリンクを安易にクリックさせる手口が横行
しておりますが、決してクリックすることのないようにお願いします。

そのアドレスは個人情報のIP収集を目的に、或る福音派信徒◆IbYG6dQTTcが
開いているスレです。◆IbYG6dQTTcにIPを抜かれると人生終わります。

くれぐれもご注意ください。

12 :神も仏も名無しさん:2007/05/31(木) 23:43:31 ID:K3EoWs8e
地球人の人口は霊界も含めて600億人です。

13 :神も仏も名無しさん:2007/05/31(木) 23:43:44 ID:G/P0UViO
>>10

だってここ宗教版のキリスト教スレだろ。喧嘩売ってんのか?
って話になるじゃんか。まあおれはクリスチャンじゃないんだけどな。

14 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/05/31(木) 23:51:16 ID:YfnAhDjr
>>5
>「アッラー」がアラビアの偶像神の大親分神の名前だって知らなかったようなもんだよ。
ミトラの向こうを張ってるんか?...アッラーはアル・ラーフ(唯一の神)やで、
矛盾した話やデ...言語的には似た言葉のラーフはあまたいるだろうが、唯一の
とつけた場合、ユダヤ教のYHWHの発想だよん...如何にもキリスト教徒の好
きそうな話だけどんね...そんなくだらない話をする以前に、イスラムはおおよそ
全ての宗教からいーーーっぱいネタを頂いております。ユダヤ教・キリスト教・ゾロ
アスター・仏教も入ってるヤロ、ヒンズーも入ってるかもしれん...

15 :コテハンリスト:2007/06/01(金) 00:02:23 ID:wLOlYLVU
宗教板 キリスト教関係コテハンリスト
http://evangelical.zouri.jp/kotehan.html

16 :平和を求める祈り :2007/06/01(金) 00:04:39 ID:wLOlYLVU
平和を求める祈り 
アシジのフランシスコ
 神よ、わたしをあなたの平和の道具としてお使いください。
  憎しみのあるところに愛を、
  いさかいのあるところにゆるしを、
  分裂のあるところに一致を、
  疑惑のあるところに信仰を、
  誤っているところに真理を、
  絶望のあるところに希望を、
  闇に光を、
  悲しみのあるところに喜びをもたらすものとしてください。 
  慰められるよりは慰めることを、
  理解されるよりは理解することを、
  愛されるよりは愛することを、わたしが求めますように。
  わたしたちは、与えるから受け、ゆるすからからゆるされ、
自分を捨てて死に、永遠のいのちをいただくのですから。

17 :ある病者の祈り :2007/06/01(金) 00:09:46 ID:MSodm3An
大事をなそうとして力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと弱さを授かった。
より偉大なことができるように健康を求めたのに
より良きことができるようにと病弱を与えられた。
幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった。
世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと生命を授かった。
求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞きとどけられた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべて叶えられた。
私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ。
 

18 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 00:27:31 ID:NU0WwVd0
>>17
何処かの教会の宣伝ですか?...話が矛盾してるんですが...
「大事をなそうとして力を与えてほしいと神に求めたのに」..
大事をなそうとする時に神に助力を求める人は「慎み深く従順
であるようにと弱さを授かった。」と言う悟りには至らないと
思います。
「より偉大なことができるように健康を求めた」人が病弱に
なった時に「より良きことができるように」と言う悟りには
至りません。
「幸せになろうとして富を求めた」人が貧困に陥った時に
「賢明であるように」と言う悟りには至りません。
「世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めた」人が
挫折した時に「神の前にひざまずくように」と言う悟りには
至りません。
「求めたものは一つとして与えられなかった」人が「願いは
すべて聞きとどけられた」と言う心境には至りません。
「神の意にそわぬ者であるにもかかわらず」と思ってる人が
「心の中の言い表せない祈りはすべて叶えられた。」と言う
心境には至りません。
「私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ。」
いい加減な偽善や嘘はやめて下さい。







19 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 00:31:12 ID:uoL8w3wO
>>6
先祖供養は儒教文化の影響です

20 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 01:05:40 ID:YfUX5FCZ
>>17
いやっ、一理あるどっ・・!
ココモはチト言い過ぎだがや・・・

この場合、間違った祈りであったのを、
神が誤りを正してくれたと云う意味だべ・・!
正しい祈りであれば、この様に成らないのも理ではあるが・・・。



21 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 01:07:31 ID:YfUX5FCZ
>>19
そうでしょうね!
糞儒教だべっ・・!

22 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 01:35:31 ID:uoL8w3wO
儒教は糞ではありません
武士道や年功序列もその賜物です
明治維新以後日本が急速に近代化できたのも儒教のおかげです
なぜ今の日本が仏教やキリスト教系のカルト宗教であふれるようになったのでしょうね

23 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 02:11:46 ID:YfUX5FCZ
>>22
年功序列の時代は終焉を迎えました。
武士道は自己保存の黒い心です。
日本の急速な近代化は別に儒教のおかげではないべやっ・・・。
儒教もなかなかのカルトだてっ・・!

24 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 03:04:19 ID:aYGXl108
ジャーヒリーヤと呼ばれた古代アラブの多神教においては、「アッラー
フ」は神々のうちの一柱として信仰されていた。イスラーム登場後のア
ブラハムの唯一神教においては「唯一の崇拝の対象」を意味する言葉と
されている。

ただし、考古学的見地では、ヤハウェとイスラーム教の唯一神アッラー
フは別の起源であり、イスラーム教の唯一神アッラーフは、630年以前
は、カアバ神殿に祭祀されていた最高神である。イスラーム教でいう
「ジャーヒリーヤ(無明)時代」(アニミズム時代)に、カアバ神殿に
祭祀されていた360の神々の最高神がアッラーフとされていた。アッ
ラーフの下には、アッラート、マナート、アル・ウッザーの3女神が付
き従っていたという。これらの女神はアラブの部族神であり広く信仰さ
れていた。月からの隕石とされていた。この黒曜石が、アッラーフの神
体とされたのである。もちろん、偶像崇拝を禁じるイスラーム教では、
信仰及び崇拝の対象になっていないが、唯一の例外として、ハッジ
(メッカへの巡礼)においてこの石に触れることができれば大変な幸運
がもたらされるとされている。因みに現在は、カアバ神殿の東南角に丁
重に嵌め込まれている。

25 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 07:25:30 ID:NU0WwVd0
>>24
あのねその文章を書いた人の名前を書いたほうが良いと思うよ...
「360の神々の最高神がアッラーフ」...文章がおかしいでしょ
「360の神々の最高神」が「唯一の神」って言ったら文章が矛盾
してるジャン...その文章の中でのアッラーフの意味を調べた方が
好いと思うよ...どうもガセと言うかオオハジさらしの文章では
ないだろか...

26 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 08:04:02 ID:qqM/7g/D

ムハマンド以前のカーバ神殿には360の偶像が祀られていた。その最高神がアッラーであって、

なんと、驚くべきことにアッラーの神体は取り除かれずに今も祀られたままになっている。

「石」です。現在でも、巡礼者はこの石に運良く触れることができるように、と願うらしい。

27 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 08:15:25 ID:DnW9gCPW
クリスチャンが御神体を食べたがるようなもの。

28 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 08:17:07 ID:qqM/7g/D
>>27

「薄汚い外人のヲッサンの脂ぎった手から」をつけないと。

29 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 08:50:45 ID:ikbv2Mhs
>>19
施餓鬼供養は?あれが仏教における先祖供養の根拠。



30 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 10:07:41 ID:qqM/7g/D

別に根拠根拠といわなくても、自分がいいと思うことでそれを行いたいと思えば行えばいいんだよ。

信仰とは教理教条の純潔を守ることをいうのではない、と内村鑑三は言っている。

31 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 10:10:46 ID:aYGXl108
>>25

アッラーが「神」を表す「イラーフ(???)」に定冠詞アル(??)をつけて短縮し
たものであるという説は、ドイツの聖書学者ユリウス・ヴェルハウゼン
(Julius Wellhausen、1844年5月17日-1918年1月17日)あた
りが唱えた説だそうで、これは「自分たちは偶像崇拝していない」と固く
確信しているイスラム教徒の方々はとても受けがよく、しばしば聞く説
です。

一方、シリア語(アラム語の一種)で神を表す「アラーハー(al?h?)」が
訛ったという説もあります。
こちらはどちらかというとイスラム教に批判的な人々が支持している説
です。

(『コーラン入門』リチャード・ベル著、医王秀行訳、筑摩書房 参照)

32 :31:2007/06/01(金) 10:12:13 ID:aYGXl108
文字化けしたorz.

33 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 10:16:46 ID:YfUX5FCZ
>>29
仏教はなんでもありだから、それ程こだわる必要も無いよ・・・。

>>24
イスラーム教の唯一神アッラー と云う表現が変です。
全宇宙の唯一神と表現してないから、
アッラーは一宗教に限定された人格神です。



34 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 10:20:09 ID:ikbv2Mhs
そのうちイエスは御仏・法ダンマの権現だ、という考えの仏教セクトが出現しても
不思議じゃないですね。

35 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 12:18:07 ID:qqM/7g/D
>>34

大本教が、その類だよ。

36 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 12:28:16 ID:qqM/7g/D

ユダヤ教はパレスチナやエジプトの偶像崇拝に影響を受けて成立してるんだし、

仏教はヒンドゥー教の影響を受けてる。ヒンドゥー教も偶像崇拝だよね。

キリスト教はミトラ教やゾロアスター教の影響を受けてる。これも偶像崇拝。

そして、イスラームはアラビアの偶像崇拝の影響を受けてる、影響を受けてる、というよりは延長上にある。

どこだって偶像崇拝を経験して今の状態に至っているわけでしょ?

それを、対岸から嘲笑するようにして批判する必要は全然ないわけね。

当たり前の事実なんだから。

37 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 12:44:44 ID:pOBB2w0n
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 http://www.yahoo.co.jp/ http://www.goo.ne.jp/ http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 1997年9月5日 帰天 享年八十七歳 1997年9月5日 最後の手紙より 未完 福者マザー・テレサ 列聖の可能性大
最後の手紙より マリア P62 聖母のそばに P64 イエズスの叫び P66 小さき花 P68   マリアP62 本と別訳
 Mariaに通しJesusのみにすべてを、貴方たちひとりひとりが差し上げるを願う、私の愛、祈り、祝福をこの手紙に託します。
 「Mariaに通しJesusのみにすべてを差し上げなさい」と,私はよく言います。それは,貴方たちの為,また貴方たちから,私が願うすべて故で御座います。
 Mariaに通しJesusのみに,Mariaに通しJesusのみの為,すべてを,貴方のこころがもし行えば,貴方は正しく「Missionaries of Charity 神の愛の宣教者」で御座います。

38 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 12:46:45 ID:pOBB2w0n
聖テレーズと聖ピオ神父の紹介http://therese.fc2web.com/
AVE MARIA 聖マリアと共にhttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/1052/mi04.html

カトリック教会の祈りとしらべhttp://www.minc.ne.jp/~hosanna/menu5.htm
心のともしびhttp://www.tomoshibi.or.jp/


39 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 12:47:50 ID:pOBB2w0n
ローマ人への手紙 6  パウロの手紙の歴史順 ローマ人への手紙 6  プロテスタントの聖書 66書
レビュー
内容(「BOOK」データベースより)
新共同訳(旧新約66巻)の全朗読108枚のCDを、6枚のCD‐ROMに収録しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820282387/qid=1154710407/sr=1-10/ref=sr_1_10_10/
マルチン・ルター ルーテル 福音派とも 「キリスト者の自由、聖書への序言」岩波文庫 
ローマ「暗記するどころではなく」 文庫を見てください 

ルター派の信条は、「アウグスブルグ信仰告白」「アウグスブルグ信仰告白弁証」 「シュルマルカルデン条項」「小教理問答」「大教理問答」「和協信条」の
六つのみ

新約聖書 著者
十二使徒 五人 ヨハネ ペテロ ヤコブ ユダ・タダイ マタイ
六人目の使徒 パウロ
ルカ マルコ

聖書 6+6+6 六番目 十二番目 十八番目 パウロに因る

ルターが1525年の『盗み殺す農民に対して』で農民の殺害を認めたことは、民衆にとって初めは農民を支持していたルターの裏切りと感じられた。

ルターは精力的な活動の一方で聖書の翻訳事業も続けており、1534年に念願だったドイツ語旧約聖書も完成し、出版された。
ルターは旧約聖書の諸書の選択において、七十人訳聖書(セプトゥアギンタ:ギリシア語旧約聖書)にあってマソラ本(ユダヤ教徒によって編纂されたヘブライ語聖書)にないものを旧約聖書から排除した。
また新約聖書でも『ヤコブの手紙』、『ユダの手紙』、『ヨハネの黙示録』は自分の義化のアイデアとそぐわないと考えたため、排除した。
ルターが排除した諸書は新約聖書ではやがて元に戻されたが、旧約聖書の方はルターによって外された諸書はそのままで現代に至っている。
ルターが聖書の翻訳において、自分の義化説に合うように本文解釈を行って訳したことも知られている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC

40 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 13:03:11 ID:pOBB2w0n
キリスト教
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99
ニカイア・コンスタンティノポリス信条
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B9%E4%BF%A1%E6%9D%A1
カルケドン信条
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%89%E3%83%B3%E4%BF%A1%E6%9D%A1
パウロ三木
和田 幹男(わだ みきお)
カトリック大阪大司教区 司祭
http://www.mikio.wada.catholic.ne.jp/index_02.html
日本語訳聖書の歴史
―素描―
和田 幹男
http://www.mikio.wada.catholic.ne.jp/JAP_BIBL.html
プロテスタントとカトリックにおける旧約正典の比較
本稿は、拙稿「旧約聖書の正典」−諸教会の共通点と相違点―、監修=高橋虔、B.シュナイダー、編集=石川康輔、木田献一ほか、『新共同訳旧約聖書注解V続編注解』、日本基督教団出版局、1993年、481−492に基き、その主要部を抜粋したもの。
和田 幹男
http://www.mikio.wada.catholic.ne.jp/CANON_P11.html
聖書はどう読めばよいのか
『声』誌1997年10月号から
和田 幹男
http://www.mikio.wada.catholic.ne.jp/INTR_BBL.html
フェデリコ・バルバロ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%AD

次の賛辞は、著者の文通相手から寄せられたもの。名前は変更していない。彼らは著者の私的文通者である。
カナダ、ケベック州、テルブルック、イラ・ブラサ大司教
カナダ、ケベック州、スリーリヴァー、ジョルジョ・パントー神父(司教座聖堂参事会員)
http://www.aliceinwonderland.com/library/japanese_files/AA1025.txt

41 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 13:03:57 ID:pOBB2w0n
カトリック甲子園教会
愛の実践を伴う信仰
 「もっと罪を犯せ。されどもっと強く信じよ。」これも彼の言葉とされています。
 ルターは聖書を大切にしましたが、行いを欠く信仰は死んだもの、「行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。」(2章17節)というヤコブの手紙を軽く見て、「藁の書簡」と呼んだことでも知られています。
http://www.koshien.net/fr_koike_0405b.html

日本基督教団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2.3.1 戦争責任告白
3.2 教義・神学的立場
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3

カトリック教会の左傾化
「君が代」反対から「沖縄米軍基地」反対そして環境問題
澤田 昭夫
(月曜評論平成十二年五月号掲載) 
二〇世紀の基本的性格
右旋回から左旋回したプロテスタント教会
政治分布地図を見ると、ナチス支持の多かったのはプロテスタント多数の北と東で、カトリック多数の西と南でナチスは少なかった。
ニーメラー牧師は戦後反ナチ抵抗者として英雄視されたが、彼は実は三三年当時積極的にナチスを支持。
ヒトラーとの個人的確執のゆえに三八年に投獄はされたが、獄中では特別優遇され、三九年には国防軍に従軍を志願していた。
デハウの強制収用所に収監された二八〇六名の聖職者の九五パーセントはカトリック、プロテスタントは四パーセントだった。
http://hvri.catholic.ac/sawada.htm

■性的虐待隠ぺい 引責の枢機卿が復活
東京新聞 2005/04/13
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050413/mng_____kok_____002.shtml
聖職者による子どもへの性的虐待の責任を取って辞めたはずのバーナード・ロー枢機卿(米国)が十一日、バチカンで行われた故ヨハネ・パウロ二世の特別ミサを執り行ったことに対し、米国内の被害者家族から怒りの声が上がっている。
http://www.circam.jp/weekly/?pid=33

ベルメルシュ
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5&hl=ja&sourceid=gd

42 :AVE MARIA:2007/06/01(金) 13:04:43 ID:pOBB2w0n
<パレスチナ基礎知識>
 パレスチナ自治区とイスラエル入植地
 パレスチナ難民
 国連は、パレスチナ難民に対して元の居住地に帰る帰還権を認め、また帰らない場合でも財産などの保証を認めていますが、イスラエルはこれを拒否しています。
http://www32.ocn.ne.jp/~ccp/know/know.html

アムネスティ国際ニュース
アムネスティ日本
 帰還の権利は、国際法において保障されている権利であり、その他の人権はこれと矛盾するものではなく、それらの人権を行使することが帰還の権利を否定するものでもない。
http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2006/0606080.htm

イスラームについての基礎知識    4.イスラーム法
また、背教者は死刑です。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~tomyam/q&a/q&a04.htm
国旗は緑色。その下に、抜かれた剣が信条と平行に描かれている。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%A6%A5%B8%A5%A2%A5%E9%A5%D3%A5%A2
イスラム教についての資料 NO40 B聖戦(ジハード)について
191.
かれらに会えば,何処でもこれを殺しなさい。・・・・。もし戦うならばこれを殺しなさい。これは不信心者ヘの応報である。
193.
迫害がなくなって, この教義がアッラーのため(最も有力なもの)になるまでかれらに対して戦え。だがもしかれらが(戦いを)止めたならば,悪を行う者以外に対し,敵意を持つべきではない。
http://islam3.hp.infoseek.co.jp/study/jhsislam1.htm
クルアーン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルアーンとイスラム法
イスラム法の一切を廃止しヨーロッパから持ち込んだ近代法一本に改めたトルコはその極端な例である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3
☆マホメット冒涜で死刑も Muhammad ムハンマド
パキスタンの「冒涜法」は、「神聖な予言者(マホメット)の名を汚す者は死刑」と定めているが、それを非イスラム教徒や良心的ジャーナリストに適応する動きが強まっている。
あるキリスト教徒に対する冒涜罪での告発を無罪にした高裁の判事が殺害されているため、判事や裁判官でさえ危険を感じているという。
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/headline09a.htm

43 :日本の神様:2007/06/01(金) 14:30:26 ID:9LdTh/Mv
自分はよいが,世の中が悪いのじゃと申しているが,その自分省みよ。
自分が神の理(みち)にあり,真実であるならば,世の中悪くないぞ。
輝いているぞ。
自分にふりかかってくる一切のものは最善のものと思へ。
如何なる悪いこともそれは最善のものであるぞ。
この道理よくわきまへて下されよ。
真の神を理解すれば,一切の幸福得られるのぢや。
世を呪うことは自分を呪うこと,世間や他人を恨むことは自分を恨むこと。
このこと悟れば一切はそこから開けくるぞ。
十のもの受けるには十の努力。

44 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 14:54:26 ID:aYGXl108
>>43

そりゃ日本の神様の言いぐさじゃねーな。

45 :日本の神様:2007/06/01(金) 16:18:38 ID:9LdTh/Mv
人民は土でつくったと申せば,総てを土でこねてつくり上げたものと思うから,
神と人民とに分かれて他人行儀になるのぞ。
神のよろこびで土をつくり,それを肉体のカタとし,神の歓喜を魂として それにうつして,
神の中に人民をイキさしているのであるぞ。
取り違ひせんように致しくれよ。
親と子と申してあろう。
木の股や土から生まれたのではマコトの親子ではないぞ。世界の九割九分九里であるぞ。
あるにあられん。さしも押しも出来んことがいよいよ近うなつたぞ。外は外にあり,
内は内にあり,外は内を悪と見,内は外を悪として考へるのであるが,それは善と悪でないぞ。
内と外であるぞ。外には外のよろこび内には内のよろこびあるぞ。二つが和して一となるぞ。
一が始めぞ元ぞ。和して動き,動いて和せよ。悪を悪と見るのが悪。



46 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 17:51:07 ID:DYGmsYKE
「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」


このお言葉の意味する所はなんなのでしょうか?

47 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 18:49:04 ID:aYGXl108
>>45

日月神示なんてものは駄洒落好きの妄想ジジイの偽書だよ。

48 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 19:32:59 ID:3fRpP1Tf
>>25
イスラムの神アッラーの起源は、ユダヤ教の唯一神、ヤハウェではなく、
アラビアの多神教の神、アッラーフだったというのは、学界の定説ですね。
証拠に、あれだけ偶像崇拝を否定しているイスラム教で、なぜか、アラーフが祭られていた、
カアバ神殿の黒曜石を偶像崇拝していますね。この矛盾は、アッラーは、元々は
アラビアの多神教の神、アッラーフであり、ムハンマドは当初、この神を拝んでいたということですね。
ムハンマドは当初、この多神教の神を拝んでいたが、あの土地に根付く一神教に対抗する
政治的目的で、自ら預言者を名乗り、自らこの土地に根付く、一神教の中で、最後で最高の預言者と
することで、政治的な野心を、達しようとしたのですね。それが定説です。
彼に、突然、神が取り付いて、神の言葉を語るなんてことは、今の常識ではありえませんね。
単なるイタコの口寄せを信じている君達イスラム教は、そんなんだから、発展途上の国にしか受け入れられず、
現代の成熟した社会、高度な教育水準の国からは、受け入れられず、馬鹿にされるんだよーーーん。
先進国でイスラム教を信じているのは、先進国にいながら、発展途上国並の教育水準しか受けられなかった、
人並の、知恵遅れだけだよーーーん。

イスラムのアッラーのモデルは、アラビアの多神教の神、アラーフです。
ヤハウェではありません。それがいつのまにか、ユダヤ教の唯一絶対神に変わったのは、
ムハンマドの政治的野心からです。アッラーが、アラビアの多神教の神だったというのは、コーランを読んでも、
自ら一人称ではなく、我々と複数形で呼んでいることでも明らかです。このように元々はユダヤ教の絶対神ヤハウエ
と、縁もゆかりもないアラビアの多神教の神だったのが、いつのまにか政治的な目的で、このヤハウェと
融合したため、ムハンマドも混乱して、このようなミスをしたのでしょう。哀れ、文盲の彼は、コーランを読むことも出来ないので、
そのミスすら気付かなかったのですね。
なのですから、ムハンマドは、


49 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 19:46:33 ID:qqM/7g/D

ハッジ(メッカ巡礼)が義務だとか、メッカの方向へ向いて礼拝しなければならないだとか、

はっきり言って、イスラームはいまだに偶像崇拝だと思う。

50 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 19:48:07 ID:3fRpP1Tf
>>49
そして現代では意味のない、古い律法主義ですね。

51 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 19:53:09 ID:qqM/7g/D
>>50

そう。

悪いけど、イスラームは排他的な律法至上主義と思う。

もちろん、個々の人としては悪人ばかり、ということは無かろうとは思うけどね。


52 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 19:55:32 ID:NU0WwVd0
>>48
カアバ神殿に葬られてるのはアリート(月の神)じゃん。しかも
五穀豊穣の老婆の神。どう見ても軍神じゃないよん。ただし、
ムスリムにとってカアバはアッラーフでもなければ、それ自体が
聖なる建物でもない。最初に奉納された、アッラーフを象徴する
「奉納」を通じての、ただし、アッラーフとの伝達手段で、神道
に例えるならば神鏡という位置付けであることを忘れてはならない。

イスラムの神はアル・ラーフ(唯一なる神)僕が想像した通りだw。
だから言語が同じラーフがいたかもしれないって言っただろ...
アリートから名づけたと言うのが馬鹿キリスト教徒のお得意とする
発想だよん

53 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 19:57:55 ID:qqM/7g/D

アル・ラーフ=唯一の神

というのは、それこそ「後付け」だよ。

54 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 20:01:55 ID:qqM/7g/D

それから、キリスト教としては常識的に、イスラームに対して「馬鹿」とまでは理解していないと思うけど、

自称イスラームの実は別にイスラームじゃ無い君は、キリスト教徒を「馬鹿」扱いですか。

何か、嫌な思い出でもあるんでしょうか?

55 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 20:04:03 ID:OS6LsUOj
ヨハソ君って 結局いぢめられたいだけですかね?

56 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 20:07:11 ID:qqM/7g/D
>>55

そこまで恥ずかしいことを出来ることそのものがもう不思議の世界ですよ。

57 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 20:17:46 ID:qqM/7g/D

ところで、ちょっと確認なんですけど、

>イスラムの神はアル・ラーフ(唯一なる神)僕が想像した通りだw。

あんた、今まで全部想像でもの言ってたわけ?

58 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 20:19:42 ID:qqM/7g/D
それから、

>カアバ神殿に葬られてるのはアリート(月の神)じゃん。しかも
>五穀豊穣の老婆の神。どう見ても軍神じゃないよん。

偶像が祀られてる祠に巡礼することが義務付けられている、ということだけで十分偶像崇拝だよね。

59 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 20:21:42 ID:NU0WwVd0
>>48
アホプロテの手法を貸してクダハイ...
ギリシャ語で「糞の主」の事をクリストスと言うんだそうです。
ギリシャへ行ったパウロが、公衆便所の中で気張ってる時に隣から
「クリストス」と言う声が聞こえてきて、閃いたのが「救い主
クリストス」だそうですね


60 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 20:23:48 ID:qqM/7g/D

ひょっとして「アホプロテ」って、「アフロディーチェ」に助けを呼びかけてるわけだったりして?

61 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 20:24:46 ID:9q/D4MYY
>>52
アッラーの起源がアラビアのアッラーフだという学説も、
おたくがキリスト教の起源はミトラだというのも同じようなもんじゃん。
なにいってんだろこの人。
マホメットが、政治的目的で一神教を取り入れたというのは
非常に筋の通った話だし、そもそも学説の定説だしね。
頭のいい人ならすぐにその話の信憑性に気付くでしょ。
それを彼が本当に神からの啓示を聞いたと信じているのは
池沼の君らイスラム教徒くらいなもん。
マホメットが自らその土地に根付く一神教の神から啓示を聞いた、
最後で最高の預言者を名乗ったやり方は、非常に巧妙で、ずるいやり方であり、
後出しジャンケンみたいなもの。

しかし自分はよくて、他人は駄目。自分勝手な人だ。
さすが人殺し宗教のイスラム教徒なだけはありますね。
自分はさんざんミトラのことを引き合いに
キリスト教を貶して置きながら、よくいうよ、この人。
あきれますね。

62 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 20:29:39 ID:qqM/7g/D

「人殺し宗教」とまで言うのはどうかと思いますけどね…

そもそも、その人はイスラーム教徒では無いんだから、

その人のせいでイスラームが悪くなるのは本筋ではありませんよね。

63 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2007/06/01(金) 20:56:16 ID:M21w4wIQ
>>46

イエス様が十字架で死に、3日目に蘇えられた時弟子たちは主の復活を
信じる者と、信じないものがいました。トマスは見て触るまで信じませんと
言い、そこにイエス様が現れてトマスに見て触るようにおっしゃいました。
そこでイエス様は「あなたはわたしを見たから信じたのですか。
見ずに信じる者は幸いです。」 と言われました。もちろん信じないよりは
見て信じるほうが良いのです。

64 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 21:02:49 ID:9q/D4MYY
>>62
いいえ、ここのココモスキーという人は
ガチガチのイスラム教徒ですよ。あなたには気付きませんか?
彼がここで異常ともいえるしつこさで、キリスト教徒に嫌がらせを続けるのは
イスラム教徒のキリスト教に対する対抗意識からであり、
イエスというキリスト教のカリスマから比べると明らかに劣るマホメットである
その劣等感、妬み、嫉妬からくるものです。
しかも彼は過去にプロテスタント系のキリスト教に酷い目にあったようで、
その憎しみと、プロテスタントを代表するブッシュに
自分の愛するイスラム教国がコテンパンにやっつけられるのを目の当たりにするにつけ、
彼のキリスト教、特にプロテスタントに対する憎悪は計り知れないものがあるのでしょう。
しかし自分の宗教も公に公言できないって、なんなんでしょうね。
まるで妖怪人間ベムのテーマソングみたい。
闇に隠れて生きる♪
俺たちゃイスラム・・・・この辺でやめておきましょう(笑

65 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 21:03:26 ID:cxID3tHr
ヘブライ系の預言書では、イスラム教徒は、サタンの譬え、象徴になっている。

何故なら、イスラム教徒とは、イシュマエルの子孫とされているから。

イシュマエルはサラのエジプト人の女奴隷ハガルの子。

その後、サラがイサクを産んだ為に、イシュマエルは傍系へと外されてしまう。

神が祝福したのは、約束の子であるイサクとその子孫。

しかし、イシュマエルにも、約束の地(=地球)を取る権利はある。

何故なら、主が「約束の地をその子孫に与える」、と約束したのは、アブラハムだから。

66 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 21:07:34 ID:WuU2Re8j
KGKという組織の概略について教えてください。
学生とはいえ、スレの荒れ方がキリスト信者として尋常ではないと思ったものですから。

67 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 21:11:32 ID:qqM/7g/D
>>64

なるほど。そういわれれば確かにそのような気もしますね…


68 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 21:21:07 ID:9q/D4MYY
イエスと比べ明らかに教え、カリスマ性の劣る、
自分達のマホメットからの劣等感、妬み、嫉妬。
また、喩え話の裏になにか真理的なことが垣間見える新約聖書と比べ、
どう解釈しても、世俗的なことしか書かれていないコーランからくる劣等感、
妬み嫉妬心で必死でイエスと新約聖書を貶し、
貶めようとしているここのムスリムはみていてとても滑稽ですね。

69 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 21:21:17 ID:qqM/7g/D
>>66

ここは参考になりまへんか。

http://www.kgkjapan.net/

70 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 21:24:11 ID:aYGXl108
ずいぶん荒れてるなあ。

>アリート(月の神)じゃん。しかも
>五穀豊穣の老婆の神。どう見ても軍神じゃないよん。

黒い石はアリート神の御神体だろ。なんでムハンマドが聖別して
取っておくことにしたのか不思議だ。(しかも触ると御利益があ
るだなんてムスリムが一番嫌いそうなのに)
どうやって信仰的に折り合いをつけてるのか不思議だ。

カトリックの聖人崇敬みたいな解釈なの?あれ。

71 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 21:24:22 ID:qqM/7g/D
>>68

まあ、イスラームはイスラームでよい点もあるでしょう。

キリスト教を馬鹿にするためにわざわざでしゃばってくることが問題なのであって、

コーランやイスラーム全体をどうこう言う必要は無いだろうと思いますよ。

72 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 21:29:59 ID:aYGXl108
wikipediaだとあの石は神道の神鏡みたいなものとか説明してある
けど、神道の神鏡ってこれで神の姿は見えないが、これを神と思え
って奴だから更に誤解が拡がると思うよ。

73 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 21:35:52 ID:NU0WwVd0
>>61
そこまで判ってるんだったら、アホプロテのやり方はあまりにも
幼稚で子供騙しだべ...後からできた物の方がいろいろな面で
前者を凌駕するのは歴史の必然さ...前者のアホ業を知ってる
ンだから、同じ轍は踏まないよ...間違っても大工の息子だっ
た人を神様だなんて言わないさ...
>しかし自分はよくて、他人は駄目。自分勝手な人だ。
キリスト教の見本がミトラ教だって言う事が認めざるを得ない
と言う事だろ、それでミトラ教を凌駕してんのか。
アッラーフがそれまでの地方神の最高神か、アラリトの男性形
かアル・ィラーフか知らないが、イスラムを起こした時点では
アル・ィラーフだよ。この時点でユダヤ教の修学はしてるよ、
キリスト教の轍は踏まない方針も固まってるよ


74 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 21:36:48 ID:qqM/7g/D
>>72

その記事を読んだのが >>52 の発言なわけだね。

「忘れてはならない」とかいっちゃって。ぷ

75 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 21:38:11 ID:qqM/7g/D
>>73

もはや抗弁する道しか残ってないようだね。

76 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 21:39:16 ID:qqM/7g/D

少なくとも、イスラームの正当性を主張するためのスレではない。

これははっきりしてる。

77 :66:2007/06/01(金) 21:40:17 ID:WuU2Re8j
>>69
ご親切にありがとうございました。
でも、何でスレが荒れるんでしょうね?

78 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 21:40:54 ID:qqM/7g/D
>>77

知りません。

79 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 22:02:29 ID:NU0WwVd0
イエスの再臨の事を思い出したけど...ムハンマドがイエスの
再臨だって言ったら、恐らく全てのキリスト教徒は違うと言い出す
やろ...だけど判んないよ、天国でお互いを祝福して酒でも呑み
あってるかもしれねえべ...イエス以降何百億人の人間がいたにも
拘わらずイエスの再臨はないだろ、要するにどんな人間が現れ
ようがキリスト教徒はイエスの再臨とはしないんだよ...

それが判ってて、イエス様は再臨しますと言ったら、それは詐欺だよ
この理屈が理解できない人は、一般社会では受け入れられないのでは
ないかと思います。


キリスト教徒にとってはイエスの再臨ではないと言う事だよん

80 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 22:13:56 ID:4pr1+uSQ
要するに、子供を作らないで人々が体の若さを保って世界が平和になれば、それで良いのです。

81 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 22:14:28 ID:qqM/7g/D
>>79

一々馬鹿の空想に付き合ってられないよーーーーーーーーーーーーーーん


82 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 22:15:39 ID:qqM/7g/D
>>80

要するにあんたはエホバの商人。

83 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 22:19:15 ID:6qTIcpqN
>>63
その逸話は調べて分かったのですが
要するに形にとらわれてはいけませんよという事をイエスは言いたかったのでしょうか?
例えば今現在世界中の人々に大まかに反映してるイエスのイメージは
長髪で頬が少し扱けていて痩せ型という人物像ですが
実際これは我々を含めた後世の人達が想像で描いたものだと思います
ですので私は普段祈る時は世界中に蔓延してるイエスの肖像ではなく太陽の様な光の珠をイメージしています
こんな独自の祈り方では駄目なのでしょうか?

84 :77:2007/06/01(金) 22:19:34 ID:WuU2Re8j
>>78
興味がないということですね。
ありがとうございました。

85 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 22:20:05 ID:qqM/7g/D
>>84

正直、興味無い。

86 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 22:25:25 ID:aYGXl108
40歳の頃、メッカ近郊ヒラー山の洞窟で、天使ジブリール[ア] (ガ
ブリエル) から初めて、「創造主の御名によりて唱えよ……」という
神アッラーの啓示を受ける。
その説くところは---繁栄は空しい。最後の審判の日を恐れよ。その日
全ての人は生前の行為によって裁かれん。

ムハンマドはこれを説いて信徒集団を形成し始める。
最初はイスラム教は多神教で、アッラーはその中の卓越した存在でしか
なかった (元来アッラーはメッカの至高神)。
ムハンマドは当初、カーバ神殿で人気の高かった3女神、マナート、
アッラート、アル・ウッザーをアッラーとの一種の仲介者として承認、
偶像崇拝に妥協的態度を取ろうとさえした。
だが、ユダヤ教やキリスト教の影響で多神教に疑問を持つに至った「ハ
ニーフ」というグループから刺激を受け、次第に一神教へ傾いて行く。
ちなみにハニーフが崇拝した唯一神の名は「アッラー」だった。

イスラムは、まず名家や富豪の間に広がった。初期のイスラム教徒たち
は、ハーシム家、ウマイヤ家、ラビーア家など名家の出だった。
当初は各部族が一族の者を守るアラブ伝統の部族主義が、一族内のイス
ラム教徒を守ったため、迫害はなかった。
しかし、ムハンマドが一神教を宣言、来世の様子などを述べて人間に尊
卑はないと言い始めると、奴隷階層の入信が始まり、危険視され始め
る。
100人ほどの信徒集団が形成されたが、メッカの人口1万人に対し大勢
力と扱われ、しかもカーバ神殿の偶像崇拝を否定し、大商人を批判した
ため、遂にメッカ上げての迫害が始まる (620年頃)。
信者の一部はエティエピアに亡命。

87 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 22:29:09 ID:aYGXl108
メディナで最初のイスラム教団国家を建設する。ムハンマドはここで
は、宗教家であると同時に政治家であった。
最初、その地のユダヤ教の儀礼を取り入れるが、のちユダヤ教徒と対
立。独立のイスラム儀礼を確立していく。
なお、メディナ時代には10人を超える妻がいた。
一方、対立を続けていたメッカと再三戦い (バドル、ウフド、ハンダクの三つの戦い) ……

630年1月、メッカを無血で征服。カーバ神殿の数百とも言われる偶像
を完膚なきまで粉砕し、一神教の神殿に。ゆるやかな支配を敷く。
周辺諸部族やキリスト教徒、ユダヤ教徒に勢力を広げてアラビア半島全
土に影響力を及ぼす。
632年「決別の巡礼」と呼ばれる最後のハッジ (メッカ巡礼) を行っ
たがその直後発病し、メディナで死亡 (6月)。

人としてみるとイエスより幸せな生涯だったみたいだな。

88 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 22:52:17 ID:aYGXl108
預言者で政治指導者で軍事指導者でもあった訳だ。
すげぇな。

89 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 22:56:26 ID:qqM/7g/D

あんたのその調査力がすげぇよ。

90 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 23:10:30 ID:uoL8w3wO
>イエスと比べ明らかに教え、カリスマ性の劣る、
自分達のマホメットからの劣等感、妬み、嫉妬。
また、喩え話の裏になにか真理的なことが垣間見える新約聖書と比べ、

イスラム教こそ真の世界宗教だろ
信者の広がってる地域がキリスト教とくらべて多種多様だし
しかも新約聖書より旧約聖書のほうがよっぽど内容が一貫してると思うよ

91 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 23:20:48 ID:NU0WwVd0
>>83
>私は普段祈る時は世界中に蔓延してるイエスの肖像ではなく
>太陽の様な光の珠をイメージしています
その太陽の様な光の玉はミトラ教の教えです。だからミトラ教キリスト派
の方はOKです。

92 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 23:21:04 ID:qqM/7g/D
>>90
イスラームは旧約聖書をそのまま採用してるわけじゃないんだよ。



しかし、ぼーいずたそも、自分の質問がここまで広がるとは思っていなかっただろうね…

93 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/01(金) 23:22:26 ID:qqM/7g/D
>>91

イスラームだって言っても信憑性なくなってきたからさ、

こんどはマニ教にでもしてみたら?

94 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 23:26:38 ID:NU0WwVd0
>イエスと比べ明らかに教え、カリスマ性の劣る、
そのカリスマはアホどもがローマ帝国の指導により作ったものです。
ホンマのイエスさんは、何でもないナザレ村の大工の倅です。

95 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 23:32:44 ID:NU0WwVd0
それにしてもよほどフラストレーションが溜まってるのねぇ
ますますアホプロテは不採算事業になってまうw

96 :神も仏も名無しさん:2007/06/01(金) 23:56:07 ID:9q/D4MYY
イスラム教は人殺しの宗教です。うきゃん君さんは、コーランを読んだことがないのですか?
世界にのこるメジャーな宗教で、ジハードなどの
人殺しを積極的に肯定しているのはここくらいのものです。
たしかにキリスト教はもっとも人殺しをしてきた宗教ですが、彼らキリスト教徒は、
宗主であるイエスの教えを背いての行動であり、対してイスラムの人殺しは、
宗主のマホメットの教えによるものであるところが、大きな違いです。
イスラム教徒の、異教徒に対する、残酷な生きたまま、
ざくさく首をかき切る、首切りの殺害方法や、
人質に取って身の代金の要求などは全て、
マホメットの教えによるものです。

97 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/01(金) 23:59:38 ID:NU0WwVd0
>>93
>イスラームだって言っても信憑性なくなってきたからさ、
この「だって」と言う言葉に本心が滲み出てるんだw...
今気がついた...
>こんどはマニ教にでもしてみたら?
アホキリスト教徒が一番面白い...あまり一般社会に類型
のないアホがよーーーーーけいるもんでね...どうしたら
社会のゴミどもが造られるのかその仕組みを調べたい...

98 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/02(土) 00:13:41 ID:0nlR2fzC
>>96
>イスラム教は人殺しの宗教です。
旧約聖書と同じくらいですよん...「イスラム教は人殺しの
宗教です。」と言うのが、キリスト教団の大好きな標語ですよん。
これって何処かのアホとやった事があるんだけど。
>人殺しを積極的に肯定しているのはここくらいのものです。
旧約聖書を全く読んでなければそうなるヤロネ
>宗主のマホメットの教えによるものであるところが、大きな違いです。
旧約聖書はYHWH様の命令なんだけど

僕がイスラムの籍を取ったのはこういう奴等がいるからなんだよん
つまり....イスラムは怖い・殺人鬼だと言うキリスト教団が多いヤロ
ホンマだろうかと思ってね...そういうキリスト教団に何か
問題があるのではないだろうかと思ってね...

つまり、イスラムを殺人鬼と言うキリスト教団にいたら、ホンマに
イスラムは殺人鬼だと信じてしまうんだよ...
イスラムに籍を置いて、イスラムを殺人鬼と言うキリスト教団
を見たらどうなるか知りたかったんだw
その結果が現在にイタッテマスダ



99 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 00:18:25 ID:QqW6NbEP
私は無神論者ですが、マホメットの教えは国単位で
お互いの利益を追求する前時代的なもので、
これから人間の社会が成熟するにつれ、国という垣根は崩れ、
お互い助け合う、一大コミュニティーの社会が人間の英知により実現するものだと信じたい。
そのためにもイエスの教えは非常に有意義なものになるでしょう。
イスラムのマホメットの教えでは、いつまでも人々は狭い殻に閉じこもったままで、
自分達の利益のみ追求し、自分達の価値観と違う人達と争う。
イエスの教えを実現できればたとえあの世などなくとも、地上に天国は実現できるでしょう。
が、自分達の狭いコミュニティーの利益だけを追求する
マホメットの古い教えを滅ぼさない限り、我々人類は20世紀の価値観のまま進歩がありません。
イスラムのような古い価値観を増長するような宗教は
我々人類が、より良い社会のシステムを築く上で、障害でしかないでしょう。
一度あのイスラム社会はリセットしなければいけないのです。我々のより良き社会の為にもね。

100 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 00:30:09 ID:YiusNLXa
..98 ココモスキーさん


あなた、ご近所の評判をとても気にするタイプのかたなんですね。
お気の毒に。

101 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 00:31:30 ID:++/0y7ej
ベジタリアンからみて肉を食べる人間はきれいごとを言ってても裏側は残酷な危険人物を思わせる。
イスラムからキリスト教や仏教徒を見ると,口ではきれいごとを言ってても所詮ブタを食べる卑しい
エロブタにすぎないといった感じだろうか?

102 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 00:37:19 ID:7YRCYMdE
聖書読んでると、ホント、人殺しまくってますよね?
イスラエルに土地を与えるため?
そのために軍隊まで作っちゃったの?

103 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/02(土) 00:39:12 ID:0nlR2fzC
無所属:イスラム派
>>99
あなたのご意見は確かにその通りです。残念ですがそれは認めざるを
得ません。キリスト教の賢い人達に比べたら50年位近代化が遅れてる
様に思います。僕が信者になりきれないのはその為です。
ただ、イスラムの国も近代化への努力を必死になって行ってるとだけ
言わせてください。それと、遅れてるのは確かですが、キリスト教の
アホな人達の誹謗中傷に足を引っ張られてるところが多々あるのも
事実なんでする
アホキリスト教団の慰め者にされてしまってるんですよ...


104 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 00:44:29 ID:Hymr2WgH
>これから人間の社会が成熟するにつれ、国という垣根は崩れ

国という概念は最後の時(最後の審判)まで絶対に無くなりません
キリスト教の力は19世紀大英帝国の時代に最大になって
もうすでにその歴史的使命を終えているのです
自分的にはキリスト教よりもイスラム教の教えや
ムハンマドの説く天国に夢中になる人間の気持ちの方がよほど理解できる
(豊かに実る果実、蜜の流れる川、飲んでも酔わない酒、伏目がちな処女等)

105 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 01:17:23 ID:AvtdnckP
このへんでイスラムスレに誘導
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155768667/l50

106 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 02:28:02 ID:cxqkFfU6
>>103

歴史的にはイスラム教が登場した頃のアラブはキリスト教圏の欧
州よりよっぽど先進的な国だった。当時は科学も数学もタブーで
はなかったのだ。

ムハンマドがそう指示したわけでもないのに勝手に聖職者が聖職
の殻に閉じこもって自らを戒律で縛り上げてしまったのが今の結
果だよ。

キリスト教徒のせいにするのはお門違いだ。

107 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 03:29:31 ID:xDe5Ofgx
キリスト教は、エホバの証人とは違うの?
なんか、わけがわからなくなってきましたorz

108 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 05:54:51 ID:r3N+bjys
>>52
>カアバ神殿に葬られてるのはアリート(月の神)じゃん。

それをいうと、ミトラも太陽神じゃんということになり、もともとキリストとミトラは関係ない
という理屈にもなるな。てか、イスラムのシンボルは月のマークだし、
ますますイスラムの神アッラーは、アラビアの多神教の神、アッラーフである信憑性が高いという
ことを裏付ける結果になりますね。このスリムは自爆が趣味ですか?
さすが自爆テロのムスリムらしいですね。

しかしあなた方の神は唯一絶対神ではなく、実は五穀豊穣の老婆の神だったとは
お笑いですね。

109 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 07:03:37 ID:SDtLsuX+
【悪霊に支配された街:秋田】
〜秋田県民の多くは悪霊が輪廻転生を繰り返した産物である疑い〜
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=sci&vi=1179719741
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8621/1180437306/

ここまで酷い事が行われているならば
「怨念をもった心霊」が輪廻転生したケースは当然、存在するだろう。
その場合、その心霊が生前に酷い犯罪被害を受けただけで
根は素晴らしい人であるケースや、生前に殺しを繰り返し
根自体も悪霊そのもののケースとが当然ありうる。

後者の場合、輪廻転生を受けた現世の人物自体が
やはり悪鬼(悪魔)になりうる。その負のサイクルを秋田は繰り返しているのでは
ないか。よって秋田の現実の人間達は、代々トランスポゾン汚染されたゲノムだけでなく
輪廻転生した心霊面でも大きなハンディキャップを背負い、
益々、悪鬼化しているのではないか。そういった意味で、心霊面でも
底知れぬ程、病んだ地域というのは実在しうる。また、悪鬼(悪魔)の血族・地域集団
というのは当然、保存されうる。自然淘汰の過程でそういった行動様式・思想様式は
保存され進化しうる。それが秋田でありユダヤではないのか?

そういった意味では秋田にはやはり一般人は近づくべきではない。
悪霊が支配しているのは比喩ではなく事実であろう。
日本国民はこの秋田県地域には絶対に近づかない方がよい。
一つ間違えれば殺害される。彼らの殺しは容赦がない。

9月の秋田国体や8月の竿灯祭にも行かないほうがよい。
一つ間違えれば消される。秋田はそういった特殊非人地域である。
日本ユダヤ問題はこういった事にもつながっている。
秋田は悪霊に支配された怨念地域だ。
悪霊に取り付かれたくなかったら秋田に来るのは止めたほうがよい
ここは黄泉の国だ。人間が住める場所ではない。


110 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 08:40:14 ID:tPAhAAgr
>>103

>僕が信者になりきれないのはその為です。

中途半端な気持ちだからだよ。

>キリスト教の
>アホな人達の誹謗中傷に足を引っ張られてるところが多々あるのも
>事実なんでする
>アホキリスト教団の慰め者にされてしまってるんですよ...

考え方が違うから別の宗教なんでしょ?
互いに批判するのは当然のことでしょ?
それから、キリスト教の質問箱でキリスト教を「アホ」呼ばわりしたら
非難されるの、当然じゃないのかな。
イスラームの立場に立っているけど別にムスリムじゃないんだよね。
ただキリスト教を「アホ」呼ばわりしたいがためにイスラームのふりを
したいだけなわけ?そんなのおかしいよね。

イスラームがどうの、キリスト教がどうのという前に、
人間としての常識を身につけることのほうが先に必要なんじゃないのかと思うよ。


111 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/02(土) 09:10:10 ID:0nlR2fzC
その教団がアホキリスト教団かどうかは、このキリスト教スレで
異教の話をするかどうかで判るw....
こいつらが如何にテメエの教団にうんざりしてるか...
テメエのいるキリスト教団に自信と誇りがあれば、それを主張すれば
言いだけだよん....馬鹿にされようが、批判されようが、正しいと
信じているのなら愚直にそれを主張すればいいんダンベ...
イエスの再臨なんかある分けない。そんな事を言ってるのはアホだと
言われても、イエスの再臨はあると信じてるんだと言えば言いだけだよん
ますますアホキリスト教団は馬鹿にされるだろうけど.....ここで
異教云々を言い出すよりはマシだろ

112 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 09:23:10 ID:tPAhAAgr
>>111

あんた、要するに罵りたいだけなんだよね。

しかも表現が三流。ヤクザ口調。ボキャブラリーもどうかと思う。

聞き苦しい。止めてほしい。

ひょっとして真の目的はイスラームの評判を落とすところにあるのか?

113 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 09:25:51 ID:tPAhAAgr
>>111

つまり、言いたいのは、キリスト教がアホで、聖書が改ざんだらけで、

キリスト教は思想も主義主張も偽りだらけだよ、ということだよね

言いたいことはよくわかった。わかったから何度も繰り返して言わなくてよろしい。

114 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 12:36:06 ID:cxqkFfU6
>>111

君、イスラームの素晴らしさをちっとも主張してないじゃんか。少なくとも過去の書き込
みを見るかぎりではアッラーに関しては、wikipediaに書かれている程度の通り一遍の内
容しか書いていない。

115 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 15:01:47 ID:r3N+bjys
>>111
>ますますアホキリスト教団は馬鹿にされるだろうけど.....

ムスリムの君が言うとギャグなんだが・・・・・・・・・・・・
世間から馬鹿にされ加減は、キリスト教はイスラム教には、はるかに負けるわけだが・・・・・・・・・・
現に君はここでイスラムのカルト性を表しているし、
君のここでの行動を見ても、ムスリムのテロはなぜ起こるのか、
ムスリムとはいったいどういう人達なのか、よくわかるね。
そういえばアホムスリムは、どこぞのキリスト教会にテロを起こして
皆殺しにしたんだっけね。さぞやそのニュースを聞いたとき
君は気分が良かったkとだろう。それがムスリム。
馬鹿さ加減ではキリスト教はイスラムの足元にも及びませんよ。
ムハンマドなどただのテロリストの親玉だしね。

116 :なかだ:2007/06/02(土) 15:57:16 ID:FvhrDodE
イスラム教=暴力というマスコミ刷り込み信仰が幼いが
そいつがクリスチャンでキリスト教の歴史をどう考えるか笑えてくるパターンかもw

117 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 16:05:33 ID:r3N+bjys
>>116
>イスラム教=暴力というマスコミ刷り込み信仰が幼いが

実際イスラムは自爆テロ、首切り惨殺などで、暴力を日常茶飯事のように起こしているのだが。
彼らはオウム顔負けなのだが。

>キリスト教の歴史をどう考えるか笑えてくるパターンかもw

今は21世紀。いまさら中世の時代の話をしても仕方がないのだが。
イスラム社会はいまだ中世のままなのだが。

君、相当頭悪いね。

118 :なかだ↑↑:2007/06/02(土) 16:14:31 ID:FvhrDodE
典型的な勘違いパターンやっぱでてきた。こんなレベルなんだよ結局

追い詰められたり、逆に攻撃態勢だと過激行動にでるというだけのこと
イスラム=暴力認識はモハメッドあたりと現状テロを見て疑わない幼い感覚のようだ。

キリスト教のプロテスタントはテロをやる必要もなく
海賊行為を世界経済という分野で、実体経済の何十倍もの額面試算運用で
日本の公底道路からして買い取る勢いの経済の略奪者としてスマートにこなしているに過ぎない。

このような刷り込みだけしか反応できない日本人が多数であり
このような者は精神上の人間ではなく、人間の体を有するすり込みテープレコーダーであり
実は、人間の9割はこんな存在である。
なお、まともな認識のものが多数派の場合は、マトモな刷り込みが成功しただけの事である時代なだけだ。

119 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 16:18:48 ID:D9MtzQXF
おお、なかだもたまにはまともなこといんだな。

120 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/02(土) 16:42:24 ID:0nlR2fzC
キリスト教徒が自分達の物と言ってるもので、パクリ品の一覧
一部自分もよく判らない物もあるし、間違ってるかも知れない
物もあります。

天国と地獄:ゾロアスター:ミトラ教−>ローマのキリスト教団
永遠の命: プラトン派−>ヨハネ福音書の教団
ロゴス:ストア派−>ヨハネ福音書の教団
復活:ゾロアスター−>ファリサイ派−>異邦人系キリスト教団
神様:不明
偶像崇拝禁止の掟:ユダヤ教−>イスラム教 (キリスト教団は宗派による)
メシアの再臨:ミトラ教−>ユダヤ系キリスト教団
聖体拝領: ミトラ教−>異邦人系キリスト教団
最後の晩餐:ミトラ教−>異邦人系キリスト教団
洗礼の儀式(ヨハネ型):洗礼者ヨハネ(エッセネー)−>洗礼者集団
洗礼の儀式(ミトラ型):ミトラ教−>異邦人系キリスト教団
神の国(天の国):原始教団−>一部のキリスト教徒は理解してるみたい
復活祭:ミトラ教−>異邦人系キリスト教団
12使徒: よく判らない
奇蹟:ミトラの奇跡物語−>イエスの奇跡物語
クリスマス:ミトラの誕生日−>クリスマス
最終戦争: ミトラ教−>ヨハネ黙示録
救世主:ミトラ−>イエス・キリスト
安息日(土曜日):ユダヤ教−>正教
安息日(日曜日):ミトラ教−>ローマのキリスト教団
隣人愛:ユダヤ教:ミトラ教−>足して2で割ったのがキリスト教
太陽神:ミトラ教−>ヨハネ福音書の「この世の光」だが、それを
            理解してるキリスト教徒はごく一部


121 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 16:43:03 ID:tPAhAAgr

イスラームの教えが好戦的、というような理解は少なくとも正しくはないだろうね。

日本人が殺人を犯したら、すなわち「仏教徒は残虐」と評価するようなもんだよね。

変な自称イスラームが変なことを言うからといって、イスラームを槍玉に挙げるのは間違い。

アイルランドあたりではプロテスタントもカトリックも随分酷いことになってるようだけど、

まあ、これも宗教間の争い、というよりは政治的だよね。

122 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 16:46:08 ID:r3N+bjys
>>118
屁理屈はいいんだよ。

>キリスト教のプロテスタントはテロをやる必要もなく
>海賊行為を世界経済という分野で、実体経済の何十倍もの額面試算運用

そのような経済行為、経済政策は、キリスト教がやってるんじゃなく、政治家達。
21世紀の先進国は、政教分離が君らイスラムより、はるかに進んでいる。
戦争も、キリスト教がやっているのではなく、あくまでアメリカの政策。イスラム教徒が
自ら、イスラム教の名の下に、テロを行っているのとは次元が違う。
おまえの言っていることは、アメリカがたとえば、他国の政策で、経済的に追い詰められたり、
戦争で追い詰められても、キリスト教徒が、イスラム教徒のようにテロなど起こすはずもなく、
おまえの言っていることは、まったく的外れ。

わかったかい?そこの頭の悪い人。君の能書きは、単なる子供の口答えレベルだね。

123 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 16:46:38 ID:tPAhAAgr
.>>120

そのリストを一つ一つ全部精査するつもりまでは無いわけだけど、

そんなことは自然なことであって、別に恥ずかしいことでもなんでも無いよ、

と言ってるわけなんだよ。

そんなことで鬼の首でも盗った様に得意げになる必要は全然ありません。

だからさ、イスラームの神だって、昔は多神教の神の中の一人だったんだよ。

どこだって同じ。



124 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 16:47:37 ID:r3N+bjys
>>120
随分フラストレーションがたまっているようですね。

125 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 16:48:28 ID:tPAhAAgr
>>122

どういうつもりか知りませんが、

他宗教の悪口言うのはどうかと思いますよ。

それなら自称イスラームの変な人と同じレベルですよ。

126 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 16:56:45 ID:r3N+bjys
>>125
わたしゃ、他宗教というより、無神論者だす。

まぁあなたを見てもわかるように、愛を説いたイエスの教えを信じるキリスト教徒と
自分達に従わない者は殺してしまえと説いたムハンマドの能書きを信じるイスラム教徒との
レベルの違いは無神論者の私でも、わかりますな。

現にキリスト教徒がテロで教会などイスラム教徒にやられても、キリスト教徒が信徒レベルで
暴力で押収したという話は聞かないしね。信徒レベルで、テロという暴力を繰り返し、
ユダヤ教などの自分達の国、人種だけの宗教ではなく、世界的に広がる宗教で、教義上でも
このテロという暴力を肯定できるのは、イスラムくらいなもんでしょ。

早く世界から消えてくれればいいのに。

127 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 16:58:11 ID:r3N+bjys
>>126
×キリスト教徒が信徒レベルで 暴力で押収したという話は聞かないしね。

○キリスト教徒が信徒レベルで 暴力で応酬したという話は聞かないしね。

128 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 17:08:27 ID:tPAhAAgr

「信徒レベル」というのがどの程度の範囲なのかはよくわからないのだけど、

アメリカが中近東を目の敵扱いしていることだけは確かのようですよ。

129 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 17:12:00 ID:tPAhAAgr

それから、イスラームの教義が暴力を肯定しているとはちょっと思えないですよ。

オウム真理教が殺人を犯したときも「正しい仏教の教義の則って」行ったことだと説明していたようですが、

それを聞いた多くの人は、それでは仏教の教義は殺人を教唆しているのか

と感じたかというと、そんなことは無かったと思います。

そのあたりは「良識」というか「判断力」というか、そういうものが必要なんじゃないでしょうかね。

130 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 17:13:34 ID:tPAhAAgr

しかしながら、自称イスラームの変な人がこのスレで発言する内容がどうかというと、

残念ながら、「暴力的内容」だと思います。

131 : ◆Gaz.QbZBxs :2007/06/02(土) 17:20:47 ID:6G77ENas
ムスリムのほとんどは、キリスト教を兄弟としていますよ。
イエスさまを神の子とはしていませんが、偉大な預言者のひとりとして尊敬していると、言われましたが。

132 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 17:35:05 ID:tPAhAAgr

イスラームは、ユダヤ教とキリスト教を「啓典の民」と呼んで尊重していますよ。

133 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 17:41:18 ID:OkRv49hc
質問なんだけど、なんでキリスト教には牧師とか神父とか
師とか父とか呼ばれる人がいるんですか?

なんか聖書読んでたら、人間を父とか師とか言って
ランク付けしちゃだめだって書いてあったんですけど。


134 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 17:42:02 ID:tPAhAAgr

たとえば、「七五三」とか「節句の祝い」とか「成人式」とかいう行事を行う教会があると思います。

これらの行事は本来日本の風習であって、土着の宗教的要素が含まれているかもしれません。

しかし、だからといって、異教的習慣だからキリスト教の教会で行うことはキリスト教的純潔を損なうことだ

という考えはあまり起こらないと思います。

おそらく、クリスマスの祝いも、土日の習慣も同様にして組み込まれていったと思います。

他の宗教の習慣だからといって、悪い習慣ばかりだとは思えません。

このようにして、良いものは柔軟に取り入れる、ということは何に限らず悪いことではありませんよね。

別に恥ずかしいことでも覆い隠す必要があることでも無いと思います。

135 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 17:44:06 ID:tPAhAAgr
>>133

牧師とか神父とかいうのは、人間のランクではなくて、職業です。

教師は「先生」と呼ぶし、坊主は「おてらはん」と呼びます。同じことです。

136 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 18:17:03 ID:cxqkFfU6
>>120

改宗者が古い習慣や考え方を引きずることはよくある話だし、また地元の風習を
いきなり全部拒絶したら布教難しいからと、意識的に許容吸収することもある。
信仰などというものは人が集まって支えていくから意図しなくても融合していくも
のだよ。

学術的にみたときの教義や儀礼の起源と信仰上のそれは全く別物なのに、そん
な基本的な事も分からず同じ書き込みを続けるのは愚かとしか言いようがない。

写本である文献より口伝えの口承伝ではテクストの変容より一層激しい。欧州の
文化人類学者がミクロネシアへ調査に言ったときに口承伝説を聞かせてもらった
お礼にアンデルセンの「親指姫」の話を聞かせたことがあったそうだ。
一年後にミクロネシアの別の地方ヘ行ったところ、別の話者からすっかり登場人物が全て現地のものに置き換わった「親指姫」の話を村に伝わる伝承として聞か
されたという。

137 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 18:32:08 ID:QqW6NbEP
ここでイスラムを平和的な宗教かのように発言している人は
コーランを読んだことがあるのだろうか?
もちろん組織には色んな人が集まり、ムスリムにも非常に平和的な人もいれば、
キリスト教徒にも非常に好戦的な人もいます。でもこれら二つの決定的な違いは、
好戦的で他者と争うキリスト教徒は、イエスの教えであるキリスト教の教義的にはアウトですが、
イスラムの、あの自爆テロや人質への身の代金の要求、
残酷な生きたままの首切りの惨殺など、マホメットの教え、イスラムの教義的には全然OKなのです。
イエスの教えでは平等で平和な社会は実現できるでしょうが、
マホメットの教えでは人々は殺し合いをやめないでしょう。
なぜならマホメットの残したイスラムの教義では自分達以外の価値観を認めず、
人々の多様性を認めないからです。

138 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 18:38:26 ID:tPAhAAgr
>>137

百歩譲って、たとえそれが正しいとしても、ですよ、

ここははイスラームの好戦度を測って弾劾することが目的のスレでは無いわけですから。

139 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 18:41:28 ID:tPAhAAgr

今、みんなで一体何を言っているのかというと、

要するに、「キリスト教@質問箱」であまりにも無関係な聞き苦しいことを主張し続けるのはいい加減もう止めてください、

ということだと思います。

イスラームが平和的か好戦的か、ではありません。

140 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 18:45:07 ID:Fxoqvuh3
なんだかんだ言っても、やっぱりイスラムは過激だし、女性の人権なんてないし、
死んでもそんな信仰普通は持たないと思う

141 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 18:49:01 ID:QqW6NbEP
しかしここのムスリムをみてもイスラムの異常性を確認できるようなもんですね。
彼がここで異常ともいえるしつこさで、キリスト教徒に嫌がらせを続けている行為は
いわばイスラム教徒のキリスト教徒に対するテロのようなものです。
キリスト教スレでこのような理不尽な行為を、しつこく繰り返す彼に
キリスト教徒が抗議をするのは当たり前の事ですが、
当のキリスト教徒が、彼を非難する人に対して、
他の宗教を悪く言うのはよくないと戒めるのに対して、
キリスト教スレでキリスト教徒に対するテロ行為を繰り返す
ココモスキーという人に対して、戒める彼の同胞のムスリムは一人もいないどころか、
自分達を養護し、一緒なってキリスト教叩きをする有り様です。
キリスト教徒とムスリムのレベルの違いはここをみてもよくわかるでしょう。
この差は彼らの師である、イエスとマホメットの差でもあります。
なにかマホメットこそイエスの再臨だと、妄想全開のかたがいましたが、
それをいうなら、ビン・ラディンこそ、マホメットの再臨じゃないですか?
ここで自爆テロを繰り返す、おかしなムスリムには失笑せずにはいられませんね。

142 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 18:52:01 ID:Fxoqvuh3
でも過激な宗教だから、あまり悪口言ったら怖いかもよ・・・

143 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 18:53:50 ID:tPAhAAgr
>>141

2ちゃんねるへアクセスして書き込みすることができて「キリスト教@質問箱」

を開けてみるイスラーム教徒がいるのかいないのか、から考えてみる必要があるような気がしますよ。

144 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 18:55:36 ID:tPAhAAgr
>>142

そうそう。黙ってるほうがいいとオモ。

145 :暇人No2:2007/06/02(土) 18:55:44 ID:hkyiopAI
トルコに行ってみ。

昔トルコ人とチャットしたことがあるが(タリバンのころ)
イスラムは平和主義だと力説されていた。
日本好きだし 仏教もキリスト教も尊敬しているとおっしゃっていたよ

146 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:01:14 ID:Fxoqvuh3
うきゃん君ちょっと質問、水彩画と油絵では油絵の方が難しいの?
絵心ない者がその油絵を見て、まるで小学低学年が書いたような下手ーな絵でも、
絵心がある人から見たら上手な絵だったりするの?

147 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:03:02 ID:Fxoqvuh3
暇人ちょっと質問、「あるふく」と「ばかふく」と「あるふくの少女」
って同一人物なの?

148 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 19:04:23 ID:tPAhAAgr
>>146

難しいといえば、フレスコ画。

子どもだろうと大人だろうと、へたはへた。

149 :僕は未信者:2007/06/02(土) 19:05:06 ID:cxqkFfU6
話がきな臭くなって来たので、新約の質問

マタイに

1:18 イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約して
いたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。
1:19 夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそ
かに縁を切ろうと決心した。

とあるけれど、「そのままにするとマリアは戒律破りで石打にされるからヨセフは
結婚してあげたんだ」って昔クリスチャン(プロテスタント)の知り合いが言ってた
んだけどそういう解釈が正しいのですか?
「正しい人」の割に戒律守ってねーよなwとも言ってました。

僕が申命記に

22:25 もしある男が別の男と婚約している娘と野で出会い、これを力ずくで犯し共に寝た場合は、共に寝た男だけを殺さねばならない。
22:26 その娘には何もしてはならない。娘には死刑に当たる罪はない。これは、ある人がその隣人を襲い、殺害した場合と同じような事件である。
22:27 男が野で彼女に出会い、婚約している娘は助けを求めたが、助ける者がいなかったからである。

ってあるから、この場合このケースじゃね?って言ったら「妊娠したら話は別」とか
言われました。そうなんですか?



150 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 19:05:48 ID:tPAhAAgr
>>147

あんただってたいしたこと無かろう、というレベルでは、あんたも含めて全部同一人物。

151 :暇人No2:2007/06/02(土) 19:09:59 ID:ut2IxkuP
>>147
しらん オレはあほふくと呼んでいる。

頭が悪いからアホではなくて、愛がないのが彼の問題点。

>「そのままにするとマリアは戒律破りで石打にされるからヨセフは
>結婚してあげたんだ」

よく聞く解釈ですよ。

152 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:12:38 ID:Fxoqvuh3
違うの、油絵でものすごく雑に書いてある絵なんだけど、素人目から見たら
ものすごーく下手糞なの、でも見る人が見たら評価が変わる事って多いものなのかなぁって
油絵って雑に描くものではないんですよね・・?うきゃん君

153 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:14:02 ID:Fxoqvuh3
あれ、暇人じゃなかったっけ、あるふくの少女がどうのこうのって、書いてなかった・・

154 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/02(土) 19:17:49 ID:0nlR2fzC
新約聖書に「人を殺せ」が入ってないのは、編者たちが抑圧された
民だからさ...だから、黙示録みたいに人を殺すのは神頼みにな
るんさ...旧約聖書やコーランに「人を殺せ」が入ってるのは、
その民が自らを自らで切り開いてるからでだよ...
民数記25/4−8
主はモーセに言われた。「民の長たちをことごとく捕らえ、主の御前で
彼らを処刑し、白日の下にさらしなさい。そうすれば、主の憤りは
イスラエルから去るであろう。」

155 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:21:59 ID:Fxoqvuh3
旧約聖書は過激な事が多く書かれてる、イスラムは嫌い
そういえば本で読んだんだけど、現在でも「名誉の殺人」とかあるんでしょう?
イスラム怖ーい、イスラム信仰する人怖い怖い。

156 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:33:38 ID:Fxoqvuh3
婚外交渉石打の死刑だって・・こわすぎる。

157 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:35:57 ID:XwZD/0Fz
子供の頃、星のこどもたち というラジオ番組で
よくプレゼントを送ってもらっていたのですが、
どこから送ってもらっていたのか記憶がありません。
どこの教会でしょうか。
プレゼントでもらった物は今でも使っています。

158 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/02(土) 19:36:50 ID:0nlR2fzC
>>154
続き...だから、新約の編者の頃のキリスト教徒のモラル観が
高くて殺人を書かなかったのではなく、殺したい位憎い敵がいても
何もできなかったから、書かなかっただけの事よん...それで
神様にどうかあの連中を殺してくれ・滅ぼしてくれと言うのが黙示録
だんべ...

159 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 19:43:37 ID:tPAhAAgr
>>158

で、今回いいたいことは何? 悪いけど、

「何が言いたいことなのか」

わからない。

160 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 19:50:19 ID:Fxoqvuh3
もうイスラムの悪口言いません、許して下さい。怖いです。

あからさまに書いてあるより、書かなかっただけでもまだまし、
詩篇なんかも敵の不幸を歌ってるし、
それに比べたら、イエス様なんかは「だれかがあなたがたの右の頬を
打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい」と仰ってある。>>158


161 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 19:53:52 ID:tPAhAAgr
>>158

要するに、口汚く罵っているだけ、としか感じられませんね。

それ、イスラームの代表としてキリスト教を弾劾しているつもりなわけなんですかね?


162 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/02(土) 19:56:58 ID:0nlR2fzC
キリスト教徒って便利やで、「コーランに」人を殺せって、書いてあると
イスラムは怖い殺人鬼で、「旧約聖書に」人を殺せって、書いてあると
悪者は成敗するんだってなるよ...面白いねぇ...それがキリスト教徒
のオツムさ...

163 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 19:57:45 ID:tPAhAAgr
>>162

ちょっとあんた、ひょっとして酔っ払ってるの?

それとも、それシラフで書き込んだの?


164 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:02:34 ID:Fxoqvuh3
キリスト教は愛の宗教、愛においてはキリスト教の方が勝ってる。

けども、本当のイスラムの教えはきっと素晴らしいものなんだろうな・・とも
思ったりするけど・・私詩篇は大好きダビデも大好き。

165 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:04:43 ID:r3N+bjys
>>158
>だから、新約の編者の頃のキリスト教徒のモラル観が
>高くて殺人を書かなかったのではなく、殺したい位憎い敵がいても
>何もできなかったから、書かなかっただけの事よん...

どこの誰の学説ですか?
それはただのあなたの願望ざんしょ。
イエスの教えの根幹は、敵を愛しなさい。なのだから、
的はどんどん殺せなどといえば、キリスト教のドグマも何もありゃせんがな。
おたくは、学者としてみても失格だし、研究者としても二流三流以下の、
ただの自分の願望を無理やりこじつけて解釈しているだけの研究者ともいえない、
ただのクレーマーざんす。

よく旧約を引き合いに出すけど、キリスト教は、新しいぶどう酒、古い皮と新しい皮のたとえ話でも
わかるように、イエスは旧約の古い律法を廃して、新しい律法を授けに来たざんしょ。
そ野古い律法を廃して、新しい律法とは「あなたがたは互いに愛し合いなさい」ざんしょ。
せっかくイエスが旧約の古い律法を廃したのに、ムハンマドは再び旧約然とした古い律法を復活させた
だけざんしょ。復讐は神にまかせなさいというのは、別にキリスト教のドクマにも反しないざんしょ。
復讐は神がするというのは、別にコーランにも載っていますざんしょ。
もう少し聖書および、ムスリムならコーランくらい読んでからコメントしましょう。
恥ずかしい人ですね。

166 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:13:26 ID:Fxoqvuh3
神様はどうしてイスラムを特別にあんなにも愛されたんだろう・・・
ココモスキーさんどうしてなんだろう?
神様が直接に守り導いて下ってってるもんね、火の柱と雲の柱でね。
マナとうずらで養ってくださってね、イエス様の時はそんな事なかった
もんねココモスキーさん。


167 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:19:23 ID:Fxoqvuh3
私も見てみたいなー火の柱と雲の柱、私も食べてみたいなーマナとうずら。
イスラエルの人々はそういう奇跡を見ながらどうして不信してしまったんだろうね。
帰ろうとしたでしょう、エジプトに。


168 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:22:04 ID:Fxoqvuh3
ココモスキーさんに質問。質問。
死海文書にはどのような事が書かれてあったんですか?

169 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:44:09 ID:Fxoqvuh3
ココモスキーさん、そろそろ質問に答えて下さい。

もう一つ質問。アブラハムは偶像商の長男だったんですか?聖書にはのってない
けど聞いた事がある。そうだとしたら、神様は偶像があんなにも大嫌いなのに、
偶像商の息子を選び出し、イスラエルの先祖とされたんだろう?




170 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:49:36 ID:Hymr2WgH
>キリスト教は愛の宗教、愛においてはキリスト教の方が勝ってる。

愛とかwww
愛の名の下に人を殺したのはキリスト教が最初ですww

171 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:54:31 ID:2ARvRRrY
>イエスの教えの根幹は、敵を愛しなさい。なのだから、

残念ながら、そうではないんだよね・・・。
新約聖書では、イエスキリストはやがて再臨し世界を火で滅ぼした挙句、自分に従わないというだけで「敵」ですらない人たちを滅ぼす存在。

イエスキリストにとって、(自分に従わない)人は「滅ぼすべき罪」なのだから。

 主イエスは、燃え盛る火の中を来られます。
 そして神を認めない者や、わたしたちの主イエスの
 福音に聞き従わない者に、罰をお与えになります
(第二テサロニケ人への手紙1.8)


172 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 20:55:32 ID:cxqkFfU6
質問

4:22 あなたはファラオに言うがよい。主はこう言われた。『イスラエルはわたしの子、わたしの長子である。
4:23 わたしの子を去らせてわたしに仕えさせよと命じたのに、お前はそれを断った。それゆえ、わたしはお前の子、お前の長子を殺すであろう』と。」
4:24 途中、ある所に泊まったとき、主はモーセと出会い、彼を殺そうとされた。
4:25 ツィポラは、とっさに石刀を手にして息子の包皮を切り取り、それをモーセの両足に付け、「わたしにとって、あなたは血の花婿です」と叫んだので、
4:26 主は彼を放された。彼女は、そのとき、割礼のゆえに「血の花婿」と言ったのである。

なんで神様はモーセを殺そうとしたんですか?

後、創世記の神様と出エジプト記以降の神様って急に細かいところにうるさ
くなってて別人になったような気がするんですが、気のせいですか?


173 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:00:20 ID:Hymr2WgH
何千何万という人間を迷信と愛の名の下に抹殺したのがキリスト教。
処女に男の子を生ませ、その男の死で人間の罪をあがなったwwってばかばかしい話だと思うだろ?フツーww

174 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:04:51 ID:Fxoqvuh3
矛盾だらけの聖書を、多く比喩と象徴で書かれた聖書を、文字通りに解釈
するほうがばかばかしい話だと思う。
ココモスキーさん、そろそろ質問に答えて下さい。私が先に質問したから
私が先だから。


175 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:08:05 ID:tPAhAAgr
>>172

急に細かくなった、というのは、どういうところからの感想なのかわからないのですが、

文調がことなるのは書いた人が別の人だからでしょう。

聖書といえども、人間が、「自分の考えや判断で」書き記したものです。

文中、「神の判断」を記したと思われる箇所は、「できるだけ人智を尽くした結果」という意味です。

「神に聞いた」と表現されているところは、「くじを引いて占った」という意味になります。

数千年前だからといって、神様が直接人間に干渉されるはずがありません。

176 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:12:44 ID:Hymr2WgH
キリスト教は後世にイエスの教義が著しく歪められたものであり
キリスト自身は真の聖者だったって言うやつ多いよなww
しかしどう考えてもキリスト自身もカルト的だろ
まあ信じるものの中では彼が神なんでしょうな

177 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:14:15 ID:tPAhAAgr
>>176

納得できないものの口を広げて聖書を飲み込ませるよな真似はしないだろうと思いますよ。

178 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:14:31 ID:QqW6NbEP
>>171
横レス失礼。
だからそこはイエスの教えである、彼の残した律法である、
『あなたがたはたがいに愛し合いなさい』に背き、敵を憎み殺し合う人々は
最後の審判のときに、神に滅ぼされるということでしょ。
別にキリスト教のドグマとは矛盾しませんが?あなたは文盲ですか?
どうやらあなたは聖書を読んでも、理解力ゼロのような方のようですね。

179 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:19:17 ID:Hymr2WgH
パンと葡萄酒がキリストの体と血だなどと真面目に信じている痛い連中ですからね
痛いところを突かれるとすぐ逆上する
キリスト教徒って女性的だね  すぐヒステリックになるからwww

180 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:21:31 ID:tPAhAAgr
>>179

女性的だろうとヒステリックだろうとかまわないと思いますよ。

「卑怯者」と呼ばれるよりはね。

181 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:24:03 ID:c6n5eddS
>>179
ただの石の塊であったり木の彫り物を恭しく拝してる仏教、神道も
痛いよね。


182 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:25:36 ID:2ARvRRrY
>>178
聖書読んだことすらないようだなw
「神に滅ぼされる」のは、神を信じない者イエスに従わなかったものであって「敵を憎む」者ではない。
聖書の中では敵を憎み滅ぼそうとするのは、イエスや「神」の側だからね。

聖書は、創世記から黙示録まで一貫した神やイエスによる破壊と殺戮の書でもある。


183 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:26:35 ID:tPAhAAgr
>>181

札束や預金通帳、名誉や土地を拝むよりは多少マシなんじゃないですかね。

184 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:27:32 ID:tPAhAAgr
>>182

あなたにも、随分憎い対象があるようですね。

185 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:27:42 ID:c6n5eddS
>>182
それが何か悪いの?
破壊や殺戮なんてどうでもいいんじゃない?
いずれにせよ人間は死に向かい生きるのだから
一体何の価値があるのだろう。

186 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:29:31 ID:tPAhAAgr
>>185

あなたにとってはあなた自身も無価値ですか。

187 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:29:58 ID:Hymr2WgH
熱心なキリスト教徒ってのは死後、シュロの枝を振りながらハレルヤを歌うしかない世界、赤ん坊と老人しかいない世界に行くらしい
キリスト教徒って考える気が無いよねww
問答にならないよねwww

188 :なかだ:2007/06/02(土) 21:30:32 ID:ULlNGl57
>>122 どんな宗派にも過激派はいるってのw
それを全体に当てはめるなら、ブッシュ戦争大統領の支持者である
聖書根本主義者たちがプロテスタントの利益を代表して戦争を煽った=キリスト教は好戦的なんてことになるぞw
メディア印象に感化されるだけで、実態が見えないで
イスラム=過激で好戦的だってw っぷ

189 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:31:04 ID:tPAhAAgr
>>187

何ゆえ、そうまでしてキリスト教を罵りたいのでしょうかね。

190 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:32:36 ID:2ARvRRrY
>>185
まぁ、神にとっては(神に服従しない)人など価値はない(打ち壊すべき
陶器でしかない)のかもしれし信者にとってもそうなのかもしれんが、
少なくともそうは思わない者たちもいる、ということだけは忘れるなよw


191 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:33:02 ID:QqW6NbEP
>>173
だからそれはキリスト教が悪いんではなく、
イエスの教えに背き、キリスト教の教義に背いた当時のキリスト教徒がやらかしたことで、
イエスの教え自体は問題ないでしょ。物事の道理のわからん人ですね。
あと信仰の問題は他人がなにを信じようとあなたには関係のない話ですね。
キリスト教が人殺しをするんじゃなく、あなたのような人が
キリスト教に入ればキリスト教の名の下で人殺しをするんじゃないんですかね。

192 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:34:32 ID:Fxoqvuh3
クリスチャンに愛がないからじゃないの・・?>>189
うきゃん君、あじさいの絵描いて。

193 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:34:51 ID:tPAhAAgr
>>190

この際、文章端折らないで、ちゃんと書いたほうがいいんじゃないかと思いますよ。

それでなくても普段から何をいいたいのかよくわからないんだから。

194 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/02(土) 21:37:36 ID:tPAhAAgr

今日感じたところ。

感じの悪い書き込みには、「w」がある。

195 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:38:03 ID:Fxoqvuh3
水色がいい、雨にぬれてるアジサイの絵描いて。

196 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:38:36 ID:c6n5eddS
>>190
どうでもいいよ
人に配慮求めるくせに
あんたもクリスチャンにグダグダ言う資格ないんじゃん?

197 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:41:44 ID:cxqkFfU6
>>174

>矛盾だらけの聖書を、多く比喩と象徴で書かれた聖書を、文字通りに解釈
>するほうがばかばかしい話だと思う。

比喩と象徴っていっても儀礼の手順とか戒律についてははえらく具体的じゃ
ね?

3:1 モーセは、しゅうとでありミディアンの祭司であるエトロの羊の群れを飼っていたが、あるとき、その群れを荒れ野の奥へ追って行き、神の山ホレブに来た。
3:2 そのとき、柴の間に燃え上がっている炎の中に主の御使いが現れた。彼が見ると、見よ、柴は火に燃えているのに、柴は燃え尽きない。
3:3 モーセは言った。「道をそれて、この不思議な光景を見届けよう。どうしてあの柴は燃え尽きないのだろう。」
3:4 主は、モーセが道をそれて見に来るのを御覧になった。神は柴の間から声をかけられ、「モーセよ、モーセよ」と言われた。彼が、「はい」と答えると、
3:5 神が言われた。「ここに近づいてはならない。足から履物を脱ぎなさい。あなたの立っている場所は聖なる土地だから。」

ミディアンって異教の土地なのに聖地ってどういうことよ。火の中から神のみ使いって。拝火教か?
民数記になるとモーゼってミディアンと戦争してるよね。誘惑したからって捕虜
の女も皆殺し。

198 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:41:55 ID:2ARvRRrY
>>196
何言ってんの?
俺はあなたに言っているんだが。

そもそも>>185のような書き込みをするあなたには最初から「配慮」なんて求めちゃいないw


199 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:43:41 ID:Hymr2WgH
>>189
別にキリスト教もイスラム教も全然嫌いじゃないよ
何も信じてないよりマシだと思うけれど
愛が人類を救うと真面目に信じているキリスト教徒が羨ましいのかもしれないwww

200 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:44:58 ID:c6n5eddS
>>198
目的格が抜けまくってて
まるっきり意味不明な文章なのですが。

201 :197:2007/06/02(土) 21:47:58 ID:cxqkFfU6
創世記のアタマから読み始めて今ヨシュア記に入ったところだけど、やっぱり訳わ
かんないなあ。
ユダヤ教徒が容赦ないうことはなんとなく分かったような気がするが。

202 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:52:07 ID:2ARvRRrY
>>201
まぁ、ヨシュア記は凶悪な武装盗賊と化して町々を襲っては略奪と殺戮を繰り返していた当時のイスラエルを、「神」を持ち出して正当化するために書かれたものだからなw
イスラエルに殺せ、奪え、と命じたのは「神」ではなく人だよ。


203 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 21:52:18 ID:Fxoqvuh3
それから先はもっと訳わからなくなるよ、多分・・嫌気がしたらとばして
ヨブ記から読んだらいいよ。>>201


204 :203:2007/06/02(土) 21:54:33 ID:Fxoqvuh3
一度だけ読んだ事あるけど、もう二度とその辺読みたくないもん・・

205 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 22:09:13 ID:yLfP7GzB
>>201

では、ヨシュア記の読み方を教えてあげましょう。

ヨシュアをイエスに、

イスラエル人を天使軍団に、

カナンの地を地球に、

カナン人を地球人に置き換えて読んでいくんです。

206 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 22:14:52 ID:2ARvRRrY
>>205
だから、それは新約のイエスを「敵ですらない非キリスト教徒を滅ぼす愛のかけらもない悪魔」にする読み方なんだってw


207 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 22:25:39 ID:Fxoqvuh3
結局ココモスキーさんは答えてくれなかった・・・

208 :ささみ:2007/06/02(土) 22:34:19 ID:eaAeGspG
洗礼受けても禅寺で禅組みおk?

209 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 22:45:45 ID:yLfP7GzB
>>206

甘いなあ。イエスの真意も真の目的も知らないから、脳天気でいられるんだな。
イエスの本体、本性はヨシュア。
あなたがたは、ヨシュアに滅ぼされる呪われたカナン人に譬えられているんだから。

イエス=ヨシュアは、イスラエル人=天使軍団の総司令官、象徴的代表者にしかすぎない。
天使軍団の目的は、地球を奪回すること。
地球の覇権をサタン軍団から奪い取ること。

その為に、地球人の協力を要請し、地球人を利用しているだけ。
だから、その天使の地球復帰運動に協力してくれて、具体的な行動をしてくれた者だけは救ってあげましょう、
というだけなんだから。

ただ、イメージ上のイエスやマリアに祈っていても駄目なの。
そんな者は役に立たないの。

ロトとラハブが掲挙された者でしょう。
ロトとラハブがした事を真似すれば、掲挙にあずかれたのにね。

210 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 22:51:14 ID:yLfP7GzB
あのねえ、イエスの本音が書かれてある箇所があるよ。

21 それから、イエスはそこを去って、ツロとシドンの地方に立ちのかれた。
22 すると、その地方のカナン人の女が出て来て、叫び声をあげて言った。「主よ。ダビデの子よ。私をあわれんでください。娘が、ひどく悪霊に取りつかれているのです。」
23 しかし、イエスは彼女に一言もお答えにならなかった。そこで、弟子たちはみもとに来て、「あの女を帰してやってください。叫びながらあとについて来るのです。」と言ってイエスに願った。
24 しかし、イエスは答えて、「わたしは、イスラエルの家の滅びた羊以外のところには遣わされていません。」と言われた。
25 しかし、その女は来て、イエスの前にひれ伏して、「主よ。私をお助けください。」と言った。
26 すると、イエスは答えて、「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」と言われた。
27 しかし、女は言った。「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」
28 そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。
(マタイによる福音書15章)

「カナン人の女」ってあなたがた地球人の譬えだからね。

211 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2007/06/02(土) 23:28:12 ID:56PU+lP5
>>208

>洗礼受けても禅寺で禅組みおk?

その人の心がどこにあるかで決まります。例えば仏式の葬儀でクリスチャンが
合掌しても心がイエス様にあるのであれば問題ないのと同じです。

212 :神も仏も名無しさん:2007/06/02(土) 23:30:37 ID:G67yDCdX
カナン人の女は、

「私を憐れんで下さい。
私をペットの子犬としてでもいいですから、奴隷としてでもいいですから救って下さい。
私は奴隷の身分に甘んじ、奴隷としてあなたがたに仕えます」

とイエスに懇願した。
そうしたらイエスは、

「あなたは、自分の分際をわきまえている。
奴隷になり、奴隷として私達に仕えるならば、助けてあげよう。

と言った。
これがイエスのカナン人=地球人に対する本心。

213 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 00:21:50 ID:HsLMoqeU
>>212
それはちがうでしょうにっ・・。
カナン人の女は何らかの誤りを犯していたのです。
ですからイエスはそれを気づかせる為に放置したのです。
思慮が浅いぞ、、
顔洗えよ・・!

214 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/03(日) 02:03:11 ID:InKltL3V
>>197
>ミディアンって異教の土地なのに聖地ってどういうことよ。火の中から神のみ使いって。拝火教か?
>民数記になるとモーゼってミディアンと戦争してるよね。誘惑したからって捕虜の女も皆殺し。

ホレブは神の山、と聖書に書かれてあるのだから、神の山なのです。
そうしたことに難癖付けるのは無意味ですよ。

また、燃え尽きない芝に神が現れたのには意味があります。
後にミディアン人を殺戮しているのは、正直僕も抵抗があります。
しかし、それも神の御心です。

215 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/03(日) 02:06:06 ID:InKltL3V
>>172
>創世記の神様と出エジプト記以降の神様って急に細かいところにうるさ
>くなってて別人になったような気がするんですが、気のせいですか?


創世記のときの神も、ノアの洪水でノア以外の人類をすべて滅ぼしていますよ。

216 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 02:15:59 ID:v0+pgHVK
ヤハウェという名の神が、既に荒れ野の神の山でミディアン人によって崇拝されていたのだから、エトロ→モーセによってイスラエルに伝
えられたのではないかって話をあのミトラバカの人が書き込まないのは不思議だ。

217 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 02:25:41 ID:v0+pgHVK
モーセのしゅうと(エトロ/異教徒・ミディアンの祭司)はモーセが民の
訴えを全て一人で処理しているのをみてそれじゃ体が持たないだろ
う、重大な問題以外は任命したほかの人に任せろと助言した。

18:24 モーセはしゅうとの言うことを聞き入れ、その勧めのとおりに
し、18:25 全イスラエルの中から有能な人々を選び、彼らを民の長、
すなわち、千人隊長、百人隊長、五十人隊長、十人隊長とした。
18:26 こうして、平素は彼らが民を裁いた。難しい事件はモーセのも
とに持って来たが、小さい事件はすべて、彼ら自身が裁いた。

いくらしゅうととは言ってもモーセ、素直にアドバイス受け入れすぎ。

218 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 02:51:04 ID:mmDMslF4
プロテスタントの信者のほうが、カトリックの信者よりも聖書や神学書
をよく読む人の割合が多いんでしょうか?
書店に行くとプロテスタント向けの本ほうが多い気がするんですけど。

219 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 02:51:39 ID:eQjHxCIN
すみません、お話し白熱中失礼致します。
どなたか東京で24時間開かれているカトリック協会をご存じありませんか?
守られながらお祈りできる場所を探しております。
宜しくお願いします。

220 :名無しさん@3周年:2007/06/03(日) 03:04:50 ID:8jhLj19U
>>219
ありません。
誰が来るかもわからないのに、夜中も電気をつけっぱないしにして
事故がおきないよう誰が24時間お聖堂を管理するんですか?
光熱費だけでもばかにならない金額でしょう。


221 :名無しさん@3周年:2007/06/03(日) 03:10:29 ID:8jhLj19U
>>219
深夜に教会に行くのがお好きなようですが、
司祭が常駐しているカトリック教会なら平日でも毎朝ミサがあります。
日曜日なら複数回ミサが行われますので数時間待つことですね。

222 :名無しさん@3周年:2007/06/03(日) 07:20:40 ID:P8nZ+Amf
>>218
一般書店ではカトリック系の出版物は扱ってないんじゃないかな。


223 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 09:17:43 ID:iQFt1I4v
福音書には、イエスは「なぜ、わたしを善いと言うのか、神の他善いものはない」
と言っていますが、別のところでは「わたしは良い羊飼い、羊のために命を捧げる」
と言ってます。 少し矛盾してるような気もするんですが?

224 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 09:24:40 ID:bm8qM85k
>>223
福音書は矛盾だらけだよ。
なぜか。福音書を作ったそれぞれのグループの思想や神学が
反映されてるから、というのがお決まりの答えです。

225 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 09:28:15 ID:wJqU/vY9
>>213
>カナン人の女は何らかの誤りを犯していたのです。
>ですからイエスはそれを気づかせる為に放置したのです。

は?カナン人の女が犯した過ちって何ですか?
どこに書いてありますか?
教えて下しゃいな。
イスラエル人(ユダヤ人)はカナン人(地球人)を凄く忌み嫌っている。
カナン人ってもともと呪われているからね。

18箱舟から出て来たノアの息子たちは,セム,ハム,ヤペテであった.ハムはカナンの父である.
19 この3人がノアの息子で,彼らから全世界の民は分かれ出た.
20さて,ノアは,ぶどう畑を作り始めた農夫であった.
21ノアはぶどう酒を飲んで酔い,天幕の中で裸になっていた.
22カナンの父ハムは,父の裸を見て,外にいるふたりの兄弟に告げた.
23 それでセムとヤペテは着物を取って,自分たちふたりの肩に掛け,うしろ向きに歩いて行って,父の裸をおおった.彼らは顔をそむけて,父の裸を見なかった.
24 ノアが酔いからさめ,末の息子が自分にしたことを知って,
25 言った.「のろわれよ.カナン.兄弟たちのしもべらのしもべとなれ.」
26 また言った.「ほめたたえよ.セムの神,主を.カナンは彼らのしもべとなれ.
27 神がヤペテを広げ,セムの天幕に住まわせるように.カナンは彼らのしもべとなれ.」
28ノアは大洪水の後,350年生きた.
29 ノアの一生は950年であった.こうして彼は死んだ.
(創世記9章)

イスラエル人はセムの子孫だから、カナン人(地球人)はイスラエル人(天使、イエス側)の奴隷として仕えなさい、
って、もともと書かれてある。
そういう天使の作り話。

226 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 09:35:35 ID:wJqU/vY9
>>223
>、別のところでは「わたしは良い羊飼い、羊のために命を捧げる」
は、

>>210
>24 しかし、イエスは答えて、「わたしは、イスラエルの家の滅びた羊以外のところには遣わされていません。」と言われた。

を参照。
イエスが命を捧げるのは「イスラエルの家の滅びた羊」の為だけ。
カナン人の為ではない。


227 :223:2007/06/03(日) 09:39:05 ID:iQFt1I4v
>>224
形の上では矛盾してるようだけど、どっちも納得出来るんですが。


228 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 09:40:31 ID:bm8qM85k
>>226
それでは「カナン人」は全然相手にされてないということ?

229 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 09:41:35 ID:bm8qM85k
>>227
それはイエスが神であり人である、という神学をあなたが
知っているからでは?知らない人が読めば「何だこりゃ」じゃないでしょうか

230 :223:2007/06/03(日) 09:44:18 ID:iQFt1I4v
> >>210
> >24 しかし、イエスは答えて、「わたしは、イスラエルの家の滅びた羊以外のところには遣わされていません。」と言われた。

でも、その後でイエスはその女の信仰を褒め、救ってます。

パウロは異邦人に向けて「兄弟」と呼びかけてます。

231 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 09:59:52 ID:wJqU/vY9
>>228
>>230

だからね、カナン人(地球人)でも、「天使の奴隷になって仕えます」
と誓った者は救ってあげましょう、というイエスの慈悲。

天使の奴隷っていっても、サタンの奴隷よりもましだよ。
サタンは何も教えないで、ただ、時期がきたら襲って来るだけだからね。

イエスは「あなたがたは、神(天使)と富(サタン)の両方に仕えることはできない」
って言ったよね。

じゃあ、どっちみち奴隷になるしかないのなら、少しでもましな方を選んだ方がいいんじゃないの。

天使を主人に選んで、天使に拾ってもらったなら、その功績如何によっては、御褒美として
「永遠の命」を貰えるかもしれないしさ。

232 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 10:02:07 ID:rGiJqdUY
>>224
矛盾だらけって程でもないじゃん。
背景描写が違ってたりってのはあるけど、思想が違うと言い切れるほどに
全体として言わんとするところに違いがある?

233 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 10:13:18 ID:iQFt1I4v
>>231

>だからね、カナン人(地球人)でも、「天使の奴隷になって仕えます」
>と誓った者は救ってあげましょう、というイエスの慈悲。

黙示録で天使にひれ伏そうとした著者を「そうしてはならない、あなたがた
と同じ神につかえる者である」と天使自身が言ってますが?


234 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 10:41:46 ID:wJqU/vY9
>>233

だからね、その神、主がヨシュア(イエス)に「カナン人(地球人)を聖絶して、カナンの地(地球)
を奪い取りなさい」って命じている。

ヨシュア(イエス)は、主とイスラエル人(天使軍団)の間に立って、主の言葉、指示を軍団に伝える仲介者にしかすぎない。

全ては、神、主が企て、計画して、指示している。
黒幕は主。

その神の計画、プランが書かれてあるのが聖書。

235 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 10:50:38 ID:iQFt1I4v
>>234
>その神の計画、プランが書かれてあるのが聖書。

作戦を地球人にばらしていいんですか?

ところで、あなたはどこの☆からやって来たの?


236 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 11:14:20 ID:wJqU/vY9
>>235

ばらしていいんだよ。
だって、ばらさなきゃ、地球をサタンから奪い取れないじゃん。

あのね、「旧約」っていうのは、その神の計画がまだ解らなかった時代(歴史)
「新約」っていうのは、神の計画が解った時代(歴史)

のことを言ってんの。
イエスっていうのは、新約の歴史になってから出現したんだよ。

旧約の歴史には、福音も救済もない。
新約の歴史になってから、福音と救済ができた。

237 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 11:22:20 ID:iQFt1I4v
質問箱なんだから、素直な文章をキボン。



238 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 11:42:30 ID:vEySYZ9u
神父や牧師の年収はいくらですか

239 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 11:47:05 ID:wJqU/vY9
じゃあね、解りやすい言葉で、

旧約の仲介者って誰でしょうか?

モーセでしょう。

じゃあ、モーセを信じて、モーセについていった人達は、希望を叶えられたでしょうか?

いいえ、全員シナイの荒野で野垂れ死。

モーセって「俺についてくれば約束の地、カナンの地に連れて行ってやる」
って約束したんじゃないの?
その言葉を信じたから、皆、エジプトから脱出したんだよね。

でも、その約束は守られなかった。
じゃあ、モーセは嘘をついたの?
いいえ、モーセは主のいいつけに従っただけ。
モーセだって、自分達はカナンの地に入れる、主は連れて行ってくれる、
って思っていた。

でもね、主は最初から、モーセとそれに従ったイスラエル人達をカナンの地に入らせる気はなかったんだ。
でも、その計らいをばらしちゃったら、誰もエジプトから出ないよね。
だから、主はその計らいを自分の胸の中にしまいこんで、それを彼らにばらさなかったんだ。
これが旧約なの。

240 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/03(日) 11:49:20 ID:o+aQLHdJ
今日は「聖なる太陽の日」だよん。地球上のあらゆる命の源である
太陽を崇め奉る日で、ナザレ村の大工の倅ごときの日「主の日」など
ではござらん。どこのアホが「主の日」などと言う個人的な信仰告白
の日に変えたのか知らんが、そんな奴の言う事なんか無視した方が良いよん



241 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 12:03:45 ID:bm8qM85k
>>239
大変興味深い説きあかしですね

242 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 12:06:16 ID:0ueuZlSR
>>240

刻々と変化する世情や政情についていけない、

文化や宗教の進歩に対応できない、

「あゆみ・成長」ということを理解できない、

「純潔」と「蒙昧」の違いが分からない、

あなたはそれだけの人です。

243 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 12:11:37 ID:iQFt1I4v
>でもね、主は最初から、モーセとそれに従ったイスラエル人達をカナンの地に入らせる気はなかったんだ。

モーセは岩から水を出した時、それを神の奇跡ではなく、自分の力でそうした
と言ったから約束の地に入れなくなったんで、最初からそのつもりだったんじゃ
ないと思われ。 イスラエル人もマナに飽きただの、金の偶像を作ったりとか
何度も逆らったんだから仕方がない。

244 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 12:24:45 ID:ABWhi/Ta
>>240
アッラーは五穀豊穣の老婆の神だったということを認めるのですね。
ムスリムの皆さん、メッカなどに巡礼するのはやめましょう。
あそこの黒曜石は、単なる月の隕石です。偶像崇拝はやめましょう。
ただのテロリストのおっさんが、アラビアの多神教の神、しかも老婆の神を
自分の都合で勝手に一神教の神にしたのです。月など命の源にもなりません。
みなさん、単なるテロリストの戯言を信じるのは辞めましょう。
バッタもんの一神教の神を拝めるのはやめましょう。アッラーは、アラビアの多神教の神、
太陽と比べても明らかに劣る、太陽がなければ光すら発光できない、
月の神、五穀豊穣の老婆の神なのです。

245 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 12:40:45 ID:CAb1/WHy
このスレ、ヘンなのが湧いてるなあ。

246 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 12:53:40 ID:0kkhBpjT
うんw

247 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 13:02:24 ID:iQFt1I4v
うんこw

248 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/03(日) 13:19:46 ID:o+aQLHdJ
無所属:イスラム派
>>239
>じゃあ、モーセを信じて、モーセについていった人達は、希望を
>叶えられたでしょうか?いいえ、全員シナイの荒野で野垂れ死。
その通りです。野垂れ死にするまえから、食糧難でモーセ達は一行から
散々文句を浴びてる。そこで飢えを凌いだのが「マナ」と言う食べ物で、
要するに食糧事情が良い時は口にしない非常食(日本で言えばアワや簸え
の様な物)だよん...
ユダヤ教徒は先人達が散々苦労して、カナンの地に戻った話として
読むが、アホのキリスト教団はこの苦労話は全然出さない。
神は紅海を開いた奇跡。モーセは出エジプトの英雄。マナは神の賜物
と言ってる。要するのただの太鼓もちと同じだよん
>でもね、主は最初から、モーセとそれに従ったイスラエル人達をカナンの
>地に入らせる気はなかったんだ。でも、その計らいをばらしちゃったら、
>誰もエジプトから出ないよね。
モーセに、そんな事が予測できる様なオツムは持っていないと思う。
何処かのキリスト教徒と同じで、チョット知ってる難しい言葉を
並べて、エジプトにいたユダヤ人を煽った、ただのアジテータかも
知れない。ただそういう人間がいないと、エジプトにそのまま安住
して、そのうちエジプト人に同化しちゃってただろね...

この物語は、ユダヤ人のアイデンティティを喚起する為の物語だよ
同じ様な時代背景のバビロン捕因の時に幾つかの伝承を元にして
考え出されたシナリオではなかろうか



249 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 13:34:21 ID:wJqU/vY9
>>243

確かに「何故、主はモーセとモーセに従ったイスラエル人をカナンの地に入れなかったのか」
という理由は書かれてあるよ。

でも、それは、後付けの理由なんだ。

主は最初から彼らをカナンの地に入れるつもりはなかった、というのは確か。
でも、理由がなきゃね。
それで、彼らが主のいいつけに背いたから、という理由をはめ込んだ。
あれは、全部天使の作り話なんだから。

主は、最初から、彼らの子孫、その後の世代にカナン奪回をさせるつもりだった。

主は悪い世代が死に絶えるまで、40年間シナイの荒野を彷徨わせた。
その間に、その子を荒野で勇猛なる主の戦士に鍛え上げた。
40年間というのは、世代交代の象徴。
出て行った者と帰って来た者とは別の世代なんだ。

モーセの後継者はヨシュア=イエス。
ヨシュア記というのは、旧約聖書の中にあるけど、本当は新約の成就が書かれてある書なんだ。

250 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 13:42:02 ID:iQFt1I4v
>>249

249は天使と話をしたの?

なんて名前の天使ですか?

251 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 13:45:16 ID:wJqU/vY9
あのね、ココモさんて方は、聖書に書かれてあることは、全部事実である。
全てが歴史的事実、史実である。

としか考えられない人だから。
アダムもイブも実在していて、ノアが950歳まで生きた。
って書かれてあると、
「ああ、そうなんだ」
ってそのまま受け取っちゃう、非常に素直で単純な人なの。

だから、出エジプトも葦の海の奇跡も史実だと思っちゃっているのよん。

つまり、譬え、象徴が解らない原理主義者なんだよ〜〜ん。

252 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 13:57:49 ID:CAb1/WHy
ID:wJqU/vY9 は本気でレスしてんのか、冗談で書いているのかどっちだよw
なーんか怪しい人に見るよ、あんた。


253 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 14:10:00 ID:wJqU/vY9
あははは、

旧約と新約って聖書の基本だよ。
ここが解らないと聖書を読む意味ないよ。

カナンの地って地球の象徴。
でも、エジプトも地球の象徴。
カナン人もエジプト人も呪われたハムの子孫だからね。

じゃあ、その間にある、シナイの荒野って何の象徴かな?
宇宙の象徴なんだよ。
マナっちゅうのは、さしずめ宇宙食ってところかな。

アッラーも、カナン人が崇拝していたバアルという神も五穀豊穣の神なんだよね。

それに対して、イスラエル人の神、主、っていうのは「荒野の神」なんだな。

つまり、「荒野の神」が「五穀豊穣の神」に嫉妬して、「奴らの土地を奪い取って、俺も五穀豊穣の神になろうかな」
ってなことを考えたのかしら。

254 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2007/06/03(日) 14:36:09 ID:cUBYp1Fy
>>223

>福音書には、イエスは「なぜ、わたしを善いと言うのか、神の他善いものはない」
>と言っていますが、別のところでは「わたしは良い羊飼い、羊のために命を捧げる」
>と言ってます。 少し矛盾してるような気もするんですが?

全然矛盾してません。当時「先生」だけでも尊敬に値する呼び方なのに
更に青年は「尊い」をつけています。だからイエス様は青年に本当に
尊敬に値するのは神様だけだよと教えているのです。


255 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 14:41:31 ID:iQFt1I4v
宇宙人襲来!! ってことで。

その時、>>253はどうするつもですか?

地球乗っ取られる前にすることは?

つーか、それでは創世記で神が「産めよ、増えよ、地を治めよ」
と人に言った言葉と矛盾するけど。

256 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 14:50:09 ID:iQFt1I4v
>>254
>尊敬に値するのは神様だけだよと教えているのです。
では、イエスは尊敬に値しないのですか?




257 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 14:54:03 ID:KpM5eMpA
イギリスでの宗教史(ヘンリー8世から名誉革命まで)の流れを知りたいのですが、
簡単にまとめられたサイトをご存知でしたら教えてください。
スレ違いに当たりましたらごめんなさい。

258 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 15:00:40 ID:0ueuZlSR
>>248

発言見てると、要するに、

「皆の知らないことを知ってるから教えてあげる、すごいでしょ。びっくりしたでしょ、僕ってよく知ってるでしょ。」

ということだよね。

そういうことは、質問箱じゃなくてよそのスレでやりなさいよ。見苦しいから。

259 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/03(日) 15:18:36 ID:o+aQLHdJ
>>256
>>尊敬に値するのは神様だけだよと教えているのです。
>では、イエスは尊敬に値しないのですか?
クリスチャンにこんな質問をしても、恐らく返信できないと
思います。ヨハネ福音書そのものは、神様とイエス様とは全く
違う捉え方をしてるんだけど、クリスチャンの頭の中は全部
ごちゃごちゃですから。
>「わたしは良い羊飼い、羊のために命を捧げる」
「羊」が信者達で、「羊飼い」は信者の指導者(先生)と言う事
ですよ。これはヨハネ福音書の基本神学ですよ。
>「なぜ、わたしを善いと言うのか、神の他善いものはない」
これはイエス様を妄信してる人達への警告ですよ。ここで言う
神(セオス)はもちろんイエス様ではないし、多分YHWHでも
無いと思います。


260 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 15:25:39 ID:wJqU/vY9
>>255
>宇宙人襲来!! ってことで。

えっ?誰が宇宙人って言った?
ああ、シナイの荒野が宇宙の譬えである、と言ったから。
でも、「出て行った者は帰ってくる」
「その間に世代交代が行われている」
って言わなかったっけ?

旧約って前の歴史、終わっちゃった歴史の話だからもう今はないの。
旧約って新約を準備する為の暫間契約だから、新約ができたから不要になって破棄されちゃったんだ。
「かつてあったが今はない」ってこと。

イエスって「人の子」っていうじゃない。
「人の子」って「人間の子孫」って意味かしら。

>地球乗っ取られる前にすることは?

地球を乗っ取るのはサタン軍団。
天使はサタン軍団から地球を奪い返す為に地球人の協力を要請した。
でも、地球人が馬鹿で、イエスを呼ばなかったら、イエスは来れないよね。

でも、その場合でも掲挙があるんじゃないの。
ソドムでのロト、とエリコでのラハブが掲挙された者のモデルケースになっているから、
ロトとラハブの行為を真似すれば掲挙に預かれたんじゃないの?
「備えあれば憂いなし」っていうじゃな〜い。
事前に準備して、行動しなきゃ駄目よ。

261 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 15:26:18 ID:iQFt1I4v
>イエス様を妄信してる
イエスの言葉には間違いもあるってこと?
イエスは「自分勝手に話をしているのではなく、神から聞いたことを
話ている」と福音書になりますが。


>神(セオス)はもちろんイエス様ではないし、多分YHWHでも
>無いと思います。
では何?



262 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 15:35:32 ID:iQFt1I4v
>>260
>天使はサタン軍団から地球を奪い返す為に地球人の協力を要請した。
>でも、地球人が馬鹿で、イエスを呼ばなかったら、イエスは来れないよね。
天使は地球人じゃないから、宇宙人でそ?
んで、イエスを呼んだら来ていただけるのでしか?
んじゃ、呼んでよ。

>イエスって「人の子」っていうじゃない。
>「人の子」って「人間の子孫」って意味かしら。
そういう意味でしょ、創世記で神が蛇に「女のすえとおまえ
のすえに恨みを置かん・・・女のすえはおまえの頭を砕くであろう」
と書かれてるから。


263 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 15:37:12 ID:0ueuZlSR
>>259

たしかにあんたの回答のようなつまらん回答は、まともな人間からは出てこないだろうね。

264 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 15:38:24 ID:iQFt1I4v
ブラジルとメキシコはUFOの存在を認めてるらしい。
聖徳太子も徳川家康も認めてるんだと。
今、テレビでやってるよ。みのもんたの日本ミステリーって番組。


265 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 15:40:28 ID:0ueuZlSR
>>264

あんたも認めて論文でも書いて大発表してみたら?

論題「UFOだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」とかで。

266 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 15:42:35 ID:iQFt1I4v
>>265

うん。












267 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 15:44:17 ID:0ueuZlSR
>>266

期待してるよ。

268 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 15:51:30 ID:iQFt1I4v
だってさ、イエスは天に上げられたって書いてあるし。
んだから、どっかの惑星に行ったんだよ。 でねぇと、
どうやって生活すんだよ?
生活可能な惑星があるって事はUFOがあってもおかしく
ね。

269 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 15:53:30 ID:0ueuZlSR
>>268

そんなこと、どうだっていいんだよ。

270 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2007/06/03(日) 15:56:36 ID:cUBYp1Fy
>>256

編集して質問してはイケナイ私は本当(まず第一にという意味)に尊敬に
値するのはと書いたのにあなたはそこを抜かしています。
イエス様がなぜ尊くないと言われたのか意味を考えればわかるでしょう。

271 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 15:59:27 ID:iQFt1I4v
>>269

イエス様が今どうしていらしゃるか、心配しないの?

食べ物ちゃんと食べてるんだろかとか、宇宙人と楽しく暮らして

いらしゃるんだろな〜とか。 地球人は悪い人多かったし。

272 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 16:03:35 ID:0ueuZlSR
>>271

中にはあんたのような善人もいるんだから案外心配ないんじゃないの?

273 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 16:12:15 ID:iQFt1I4v
うきゃん君は善人ですか?
だけど、ボクは教会に対して罪を犯したので、永久に許されない
罪人だそうです。

274 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 16:20:33 ID:wJqU/vY9
>>262
>天使は地球人じゃないから、宇宙人でそ?

地球に来ている宇宙人は地球出身の宇宙人だそ。

>んで、イエスを呼んだら来ていただけるのでしか?

黙示録の最後に「アーメン、主イエスよ、来て下さい」ってある。
地球人が全員で声を揃えて、こう言わなきゃ、イエスは来ないよ。

>んじゃ、呼んでよ。

あのね、何事にも制限時間、タイムリミットというものがある。
その時に呼ばなきゃ駄目よ。
イエスが来るのは「天に徴が現れる時」


275 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 16:24:49 ID:0ueuZlSR
>>273

だれだって案外善人なもんだよ。良くも悪くも。

>罪人だそうです。
まあ、だれでも多かれ少なかれ罪人だっていうことも確か。
しかし、だからといって善人ではない、ということにはならないと思うよ。
だれに罪人だって言われたのか知らないけど、気にすることないと思うよ。

276 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 16:32:43 ID:iQFt1I4v
>地球人が全員で声を揃えて、こう言わなきゃ、イエスは来ないよ。

それは無理ってもんでそ。 イエスでさえ、イスラエル人全部を
悔い改めさせることは出来なかった。
「狭い門をくぐる人は少なく、滅びにいたる門は開かれており、そこを
通って行く者は多い」の通り。

>タイムリミットというものがある
あれから2000年近くたってるから、いくらなんでも時間切れでしょう。
だから、まーイエスは見える形ではやって来ない。UFOも必要ないわけで。
はー、だからここに隠されたメッセージがあるのかな?


277 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/03(日) 16:32:55 ID:o+aQLHdJ
無所属:イスラム派
>>261
>イエスの言葉には間違いもあるってこと?
>イエスは「自分勝手に話をしているのではなく、神から聞いたことを
>話ている」と福音書になりますが。
ヨハネ福音書のイエス様は人間ですから、「間違え」とか「正しい」
と言う価値観ではなく、もっと高尚な人間社会の葛藤が書かれてます。
ヨハネ福音書には「神から聞いたこと」とは書いてありません。
ヨハネ福音書の編者が神から霊感を受けたかどうかは、詳細に
精査してみないと判りませんし、答えは無いと思います。
僕は生々しい人間社会の葛藤が描かれてるんだと思います。
キリスト教会は「神から霊感を受けた」とプロパすれば、あたかも
威厳が付くとでも思ってるんだと思います。

>>神(セオス)はもちろんイエス様ではないし、多分YHWHでも
>>無いと思います。
>では何?
僕も謎で中々判らない事で確信できないんですが、どうもヨハネ福音書
の冒頭に描かれてるロゴスじゃないかと思います。
ただ、ロゴスはヨハネ福音書編集の2〜3期目に書かれてまして、
貴殿がご質問してる文章より後ですので、はっきりロゴスと言う概念
があったとも思えませんし、ロゴスの様な物を模索している時期かも
しれません。


278 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 16:46:42 ID:Kl2YxKeb
>>273
>だけど、ボクは教会に対して罪を犯したので、永久に許されない
>罪人だそうです。

罪人なのは皆同じです。
人という存在は、一人残らず神の目から見て罪であり、やがて神の義によって滅ぼされる運命にあるのですから。

その罪は、人が創られた原初の園において人の内に入り込みました。
最初の人間が、罪に誘われ神ではなく罪を選んだ結果、神は人を呪われ罪と定められたのです。
神は人を追放し、人が産みの苦しみと生きる苦しみの内に死ぬよう定められました。
こうして神に服従せず神との関係を自ら打ち壊した人間は、地上において苦しみの内に生きるように、さらに裁きの時に神によって滅ぼされ永遠の苦しみへと投げ込まれる運命に定められたのです。

しかし、神はその深い愛ゆえに和解の道も示されました。
それがイエスの福音です。
イエスの福音に聞き従い、神に服従する者はその罪を赦され、滅ぼされ永遠の苦しみに投げ込まれるという定めから解放されます。

ですから、永遠に赦されない、などということはありません。
福音を信じて神に服従すれば、ただちに赦されるのです。
もちろん、福音に聞き従わず神と和解しなければ、神に滅ぼされ永遠に苦しめられることになりますが・・・。


279 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 16:47:48 ID:wJqU/vY9
>>276

まあ、「地球人が全員で声を揃えて」というのはオーバーとしても、
要するに、「地球人が全体として、地球人の総意としてイエスを呼ぶ」という意味。

「悔い改める」とは「進路変更をする」という意味。
今まではサタンに仕えていたのを、イエス(天使)に仕えるようにしなさい、
という意味。

それから、今の暦、西暦って、天使がリセットした暦だからね。
そりゃあ、勿論、再臨と掲挙の年がさも意味ありげに、ぴったりの年になるようにね。

「天に現れる徴」って、天に大きな十字架が現れるんだ。
大きな十字架、って、グランドクロス、なんちゃって。

280 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 16:53:37 ID:iQFt1I4v
>もっと高尚な人間社会の葛藤が書かれてます。
具体的には?

>ロゴスの様な物を模索している時期
論理、法則そういったものの類を想像してみましたが、
それなら生きた人間のほうが価値ありということになります。
だから、むつかしいです。

281 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 17:39:39 ID:0ueuZlSR

ココモスキーさん用に新しいスレを作りました。

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180859857/l50

以後、言いたいことがあれば↑このスレでやってください。

今後は質問箱を荒らさないように。

282 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/03(日) 17:41:42 ID:o+aQLHdJ
>>281
アホはよっぽど不満が鬱積してるらしい。馬鹿がくだらない事を
言わなければ、このスレも荒れないと思うけど...


283 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 17:42:21 ID:0ueuZlSR

最近はアホ&馬鹿ですか。


284 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/03(日) 17:58:23 ID:o+aQLHdJ
>>280
>>もっと高尚な人間社会の葛藤が書かれてます。
>具体的には?
その一つは実質崩壊したと思われる神殿を中心としたユダヤ教
社会体制とその神の権威に対して、新たな共同体社会を模索した
グループ(原始キリスト教団)と、旧来のユダヤ教体制を守ろう
としたグループ(ファリサイを中心としたユダヤ教会)の対立だと
思います。

>>ロゴスの様な物を模索している時期
>論理、法則そういったものの類を想像してみましたが、
>それなら生きた人間のほうが価値ありということになります。
>だから、むつかしいです。
ヨハネ福音書の冒頭には
初めにロゴスがあった。ロゴスは神とともにあり、ロゴスは
神であった。...万物はロゴスにより成り立った。

とあります。この言葉の意味をよく理解して欲しいんです。
ヨハネ福音書の神はいわゆる人間神ではないんです。
人間をイメージしても多分理解できないと思います。
ヨハネの編者は、創世記の冒頭やストア派哲学者からの
影響でこの文章を書いたと思いますが、本来の意味で人間を
遥かに超越した物として捉えてます。

285 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 18:00:50 ID:0ueuZlSR
>>284

戯言は http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180859857/l50  でどうぞ。

286 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 18:43:10 ID:ABWhi/Ta
>>277
普通の人が考えたら、福音書や、聖書の編者というのは、
多少は脚色もあるだろうが、基本は
宗主であるイエスの教えの元でこれらの書物を書いたと考えるもので、
おまえの説は全て、イエスが弟子達に残した教え、言葉というものを無視して、
聖書は全て、教会による創作になるよな。

まともな思考回路じゃないなおまえ。

ロゴスについては、グノーシス系の文献には多く述べられているテーマであり、
別にヨハネ編者だけが書いたものではない。しかもおまえお得意のギリシャ哲学が元だけでは
説明できない、言語による名称と、識別についても述べられている。
聖書を何年読んでも、グノーシスの文献を何度読んでも、おまえの頭じゃ理解不能じゃねぇか。
永年聖書に接していても、智慧のない者は編者の本当に伝えたかったメッセージ
は理解不能。永けりゃいいってもんじゃねぇんだよ。馬鹿がいくら読んでも、豚に真珠。

そのうち、イエスは架空の人物だといいだすんじゃねぇの、この馬鹿。

287 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 18:47:31 ID:0ueuZlSR
>>286

この、ちょっと変わった人の目的、というか意図するところはちょっと推し量り難いのですが、

挑発に乗って、同じように罵ることは控えたほうがよさそうに思います。

おそらく、何か意図があるのでしょう。何か禍々しい目的があるのではないかと思います。

しかし、おそらく無視するのが一番良策だと思います。

288 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 19:27:56 ID:7lpBi2Nk
グノーシス語りたいなら、新スレ立ててレスし続けるといいんじゃね?
ってか、そのほうがひとつの論文として読めるから、途中でチャチャ入れられるより
こっちも理解しやすい。
それとも、一人語りは淋しいんか?


289 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 19:34:20 ID:PZBbDUZL
ミサにも出ず、いつも教会の外で遊んでいたけれど
みなに愛されたって神父って誰かわかる?
これだけじゃわからないか

290 :質問:2007/06/03(日) 21:17:45 ID:H3Ya3NTs
子供が神様について知りたいと言い出しました。
子供でも理解出来る、聖書の内容を絵本にしている出版物はありますか?
出来れば創世記あたりを絵本にしているものが欲しいのですが。
ちなみに当方、キリスト教に興味はあるものの未信者ですので、
出版元はカトリックでもプロテスタントでも構いません。

検索の仕方が悪いのか、エホバが出版している絵本しかhitしませんでしたorz

291 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 21:28:44 ID:HsLMoqeU
>>225
>>カナン人の女が犯した過ちって何ですか?

回答
>>210
26 すると、イエスは答えて、
「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」
と言われた。

子どもたちのパンを取り上げる罪です。


292 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 21:33:21 ID:iQfEf9cI
>>291
>「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」
っていうのは、イエス様がカナンの女の娘を癒すことについて言ってんでしょ。
珍答すんなよw

293 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 21:34:42 ID:0ueuZlSR
>>290

悪いこと言わないから、まずは「因幡の白兎」あたりからにしときなさいよ。

294 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 21:39:05 ID:ACRfWvpJ
>>290
サンパウロホームページから見てみてください。

295 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 21:40:06 ID:ijH6wN1f
>>260

http://www.sanpaolo-shop.com/product-list/50

ノアの箱舟の絵本など、お子さんにも面白く読める話ですし、
教理関係なく一般知識として役立つのでおすすめです。

296 :290:2007/06/03(日) 21:41:15 ID:H3Ya3NTs
>>294
ありがとうございます、早速見てきますノシ

297 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 21:43:10 ID:v0+pgHVK
>>290

例えば、
バイブル ストーリー タイム 旧約聖書のおはなしセット

http://www.sanpaolo-shop.com/product/4633

とか、

ノアのはこぶね

http://www.sanpaolo-shop.com/product/1867

とか。

割と穏健なキリスト教団体(上の例はカトリック系のサイトだけど、プロテスタ
ント系でもあるはず)のwebサイトでオンラインショップやってるところあるからそ
ういうサイトで探すといいんじゃないの。
可能なら検索で近場のキリスト教書店探して、実際に中身確認してから買
った方がいいと思うけど。

298 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 21:44:24 ID:HBkuG3a1
これからの時期に増えてくる事ですが
蚊やゴキブリを駆除するのは悪い事になるのですか?

299 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 21:44:27 ID:0ueuZlSR

うどんを分け合って食べる話はどうかとおもうけど!


300 :290:2007/06/03(日) 21:44:30 ID:H3Ya3NTs
>>295
勝手に私宛てだと解釈します。ありがとうございました!

301 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 21:45:30 ID:0OzT9G6L
>>290
公共図書館にも創世記のエピソードが絵本になったものが
ありますよ。ノアの箱舟の絵本、見たことがある。

302 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/03(日) 21:45:31 ID:0ueuZlSR
>>298

それは、はっきり言って引越ししたほうがいいと思うよ。

ボロの下宿やだってそんなもの見たことないよ。

303 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 22:20:23 ID:H3Ya3NTs
290です。検索してみた結果、車で30分くらいの場所に
キリスト教書店なるものがありました。仕事が休みの時に行こうと思います。
色々と教えて下さった皆様、本当にありがとうございました。

304 :神も仏も名無しさん:2007/06/03(日) 22:33:28 ID:HsLMoqeU
>>298
>>蚊やゴキブリを駆除するのは悪い事?

質問の意味不明??
キリスト教と何の関係あるんですか??

>>299
あっ・それっ・・
一杯の掛けそばの事だろ・・。
親子3人で分け合って食べる話、
あれは泣けたっ、ほんとっ。。

305 ::2007/06/03(日) 23:10:26 ID:NPiNYaTx
 いっぱいのかけそば200円

スーパーの袋そば三人前100円
ねつ造ファンタジーかと

306 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/03(日) 23:16:47 ID:o+aQLHdJ
>>290
神話として子供に読ますのは良いですが、いい年こいた大人が
子供じみた神話を信じてると馬鹿にされるので、アル年頃に
なったら、ちゃんとそれが神話だと言う事を説明しないとアカン
ですよ。


307 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 01:21:11 ID:hZ6ozdr4
>>299

15以内で完食すると五万円もらえる3600円の特盛りうどんを
五万円の賞金をはなから捨てて三人で割り勘で食って満腹する
話か。

308 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 08:17:10 ID:k4t7Ft9t
>>210

このイエスのカナン人の女に対する態度と言葉を解釈しているサイトがありました。

http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=kkokrjp

309 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 08:41:58 ID:2jNWGmts
>>308
ちょうどココモスキーと同じぐらい程度のレベル。

310 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 10:51:08 ID:hSLvV5rr
そこの宇宙人野郎。君はまだまだだ。
旧約のヨシュアは、たしかにイエスの雛形だが、
君は激しく誤謬している。旧約のヨシュア記のイエスの雛形の記述は、
人の子による最後の審判を、歴史にあった、世俗的なユダヤ人であるヨシュアにたとえて
いるだけであり、君の言うように、宇宙人が、地球を地球人から奪い取るという話でない。
もし君のいうとおりなら、君の宇宙人は、真理を悟っていない、我々人類と、
霊的、精神的に非常に未熟な、エゴに支配された、獣となんら変わらないものである。
ここで私が宇宙人と一神教の関係を解き明かそう。

311 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 10:53:55 ID:hSLvV5rr
オーパーツをみてもわかるように、この地球には、我々の知る以外の、高度な文明を持つ、
知的生命体が、太古の昔の地球に訪れていたという客観的な証拠は多数残されている。
我々よりはるかに文明の進んだ彼らの知性は、もちろん真理にまで到達していた。
だがもちろん肉を持つ以上彼らは死ぬ存在であり、肉を持つ以上、肉を生かすためには、労働をして
食物を得る必要性があった。もちろん真理を知ったからといって、自殺をして、永遠の存在になるということは
できない。自殺などしようものなら、真理に達するどころか、再び肉を持ち、迷いの生存を繰り返す
死人として、この世を生きることになるからだ。理由は、話せば長くなるので、ここでは割愛させていただく。
だから彼らは、この世の生を全うしなければいけなかった。彼らは何らかの理由により、
この地球という惑星にやってきた。それは鉱物などの資源を必要としたかも知れない。それは過酷な労働で
あった。そこで彼らは、自分達の労働力の代わりになる、自分達に似せた、生物を、この地球上にいる
自分達と比較的に似通った遺伝子を持つ、類人猿である、ネアンデルタール人の遺伝子と組み合わせて、
自分達と非常に良く似た人類を、創造した。ネアンデルタール人と、彼らの決定的な違いは、
「言葉」を持つか否かである。この差は大きい。言葉を持つ生き物は、霊が宿り、言葉を持たない生物は、
霊が宿らないものである。霊の宿らない生物は、死ねば塵に帰るだけだが、霊を持つ生物は、
霊が持つ言葉による知恵により、真理を悟れば、再び永遠に生きる存在へと回帰できるものであるからである。
言葉は識別する知恵をいざない、我々を死ぬ存在とならしめたが、言葉による知恵が、我々を再び
一つにするだろう。この我々人類を想像した物語は、泥から作られたアダムのたとえとして、創世記に記されている。
ここで勘違いしてはいけないのは、同じ言葉で思考する彼らは、
もちろんただの獣ではなく、我々と同じく「人」であり、肉を持つ彼らも、絶対者である者の創造物である。

312 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 10:55:54 ID:hSLvV5rr
創世記の一章に述べられている「人」の創造は、彼らのことであり、二章に述べられている、泥から造られたアダムの
創造物語は、彼らが自分達に似せて造った、我々人類の創造物語である。だから創世記には二つの
人の創造物語があるのである。だがこれにも深い意味があり、本当の意味での、絶対なる一者による、「人」の
創造とは、「言」を持ち、言による思考を持つ存在であり、人は、絶対になる一者に似せて創造された
という記述の本当の意味するところは、ここであり、それを、太古の昔に訪れた宇宙人達が、自分達に、
遺伝子情報を操作し、自分達と、姿形の似通った、我々人類の創造物語をうまくリンクさせた物語なのである。
彼らの寿命は我々よりはるかに永いものである。我々は彼らの遺伝子操作により、世々に寿命をちじめられ、
120年とされた。なぜなら彼らは、自分達の労働力として遺伝子操作により創造された我々人類が、
自分達と同じ知恵を持ち、自分達と対等になることを恐れたからである。真理を悟るということは、
永遠に生きる存在になるということであり、彼らは、我々人類が自分達と対等になることを恐れたのである。
だから彼らは、その道を閉ざした。そこの部分は創世記の3:22部分に記されている。

313 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 11:07:08 ID:oxW/a7VO
そこのカラス君、君はまだまだだな。

イエスは「私は全てを譬えで話した、たとえで話さなかったものはなかった」
と言った。

これは、「聖書は全てが譬えで書かれてある」という意味。
譬えとは、暗喩、隠喩、象徴、ということ。

つまり、旧約聖書の6書(モーセ五書+ヨシュア記)も全てが、譬え、象徴で書かれてある創作的預言、
つまり、天使の作り話だということ。

君は「宇宙人」と言っているが、あのサイトでは「宇宙人」とは言っていない。
宇宙から来る人間(人の子、地球人の子孫)と言っている。

「出た者は帰って来る」
「その間に世代交代が行われている」
と教えなかったっけ?

314 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:08:29 ID:hSLvV5rr
もちろんこれは、真理を悟る者の行いとしてはふさわしくない。なぜなら、言葉を持つ我々人類も、我々を創造した
彼らも、霊的には一つであり、真理を悟るものならば、生きとし生ける者は全て幸せであれと願うのが
正しい道であり、生きとし生ける者の中で、真の幸せである永遠を手に入れることが出来るのは、言葉で思考できる
心を持つ生き物だけであるからである。彼らは過ちを犯した。いくら真理を悟っていようとも、
肉を持つ存在とは、弱いものだ。だが彼らの中には、もちろんこの過ちを認識している者がいた。
彼らは、どういうわけかあずかり知らぬが、この地球に用はなくなった。そこで、この地球に立ち去るさい、
真理による、慈悲の心により、我々に真理を授けようとした者達がいた。
彼らは、地球に残り、我々人類に、神話として、真理を残していった。なぜ、彼らは真理を神話というたとえ
で我々に残したというと、当時の我々はまだ、精神的のも、また、科学的にも、幼く、真理を直球で話してもよく理解
されないことを知っていたからだ。だから、当時の精神的に幼い我々にもわかるよう、神話というたとえで
彼らが立ち去った後、住まいを地球上の各地に広げた我々人類の各地を回り、真理を授けた。それが世界各地の
神話として、世に残っているものである。世界上に、当時世界を行き来する交通手段がなかった
はずなのに、似通った神話があっちこっち点在しているのはその為である。もちろんこれだけでは、真の救いに
は至らない。そこで彼らは、われわれが真の救いに至れるように、我々人類に、マスタープランを引いた。
それが一神教である。この一神教は真に巧妙であり、いずれ、この一神教により、
我々人類が、破滅的な争い、殺し合いをするようにし向けてある。なぜそれが必要なのかというと、
我々人類は、そのような決定的に悲惨なことを経験しないと、真の愛には目覚めないからである。

315 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:10:00 ID:hSLvV5rr
エゴが我々霊的な存在である人を、この肉に貶また。エゴにより生まれた我々に、「あなた方は互いに愛し合いなさい」
という命の言葉を授けても、受け入れられないのである。その命の言葉を受け入れるためには、
我々は学ばなければいけない。彼らはそのことを良く知っていたのだ。我々は、我々のエゴがもたらす悲惨な
結末を見ないことには、精神的にも、霊的にも、成長できないであろう。それを目の当たりにしたとき、
我々は、霊的にも、精神的にも、今より成長し、その精神的、霊的な成長を得て、初めて、イエスの残した言葉
を受け入れるまでに、精神が成熟するのだろう。彼らが我々に破滅をもたらす一神教を授けたのは、
彼らからの我々に対する愛なのだ。我々は彼らの創造物であるが、この「言」による識別の知恵こそが、この世界を創造し、
この「言」による知恵こそが我々を再び一つにし、そして一つの命は、拡大を続けるであろう。
産めよ、増やせよとはこの命の拡大を望む人の子の願いである。言葉で思考する彼らと、我々は霊的には
一つであり、我々は父なる絶対者の元で、一つになるよう彼らも我々も望むべきであり、それが真理へ至る道である。

316 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:10:56 ID:hSLvV5rr
彼らは、古い時代の我々人類からは、神々と呼ばれていた。当時の我々人類からみれば、空を飛ぶ乗り物や
いかづちのような、光で、獲物を打つ武器を持った彼らは、さも、神に見えたのだろう。
我々は彼らの所有物である。彼らは我々の救いのために、太古の昔より、マスタープランを引いた。
それを実行している彼らの忠実な僕達がいる。その忠実な僕である彼らは、その昔、ピラミッドなどの建設も携わり、
当時神々だと敬われていた、我々の創造主である、他の惑星の知的生命体から、幾何学などの、人類の叡智を授けらた。
彼らは石工大工と呼ばれ、今でも綿々と、我らのマスターの引いたマスタープランが実現できるよう、
今も歴史を裏で、操っている。彼らは、現代では、フリーメーソンと呼ばれている。
イエスの戸籍上の父である、ヨセフは、彼らに属するエッセネ派の信徒であり、
彼が大工であり、イエスが大工の倅というのは、この組織の流れである、象徴的な、表現である。
おそらくイエスは、マリアを介して、特別な遺伝子を、体外受精により、彼ら宇宙人から授けられ、我々凡人である
普通の人類より、はるかに知性も発達していたのであろう。そしてエッセネ派に属する彼は、
成人した時と共に、古い時代に神々と呼ばれた我々の創造主である彼らから真理を授けられ、
自ら旧約の成就の為に、人々に真理を授け、十字架の業を成し遂げたのだろう。彼は真の命を得た。
彼は、彼に真理を授けた、我々の創造主である、他の惑星の知的生命体と同等である。
いや、むしろ、彼らが、いくら知識として、真理を悟ろうとも、真理に至る道を自ら実践できないのであれば、イエス
のように、真の人の子になりえず、獣のままである。それは、言葉を返せば、真理を実践し、この肉を
捨て去ったものは、宇宙人といえども、我々凡人といえども、またイエスとも言えども、永遠を手に入れ、
霊的には一つであり、同等の存在なのである。彼らは父と一つとなり、人の子となる。

317 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:18:54 ID:hSLvV5rr
旧約にはこう記されている。
イザヤ46:9
>「いにしえよりこのかたの事をおぼえよ。わたしは神である、わたしのほかに神はない。わたしは神である、
>わたしと等しい者はない。わたしは終りの事を初めから告げ、まだなされない事を昔から告げて言う、
>?『わたしの計りごとは必ず成り、わが目的をことごとくなし遂げる』と。」

古の神々が我々に引いたマスタープランは必ずや、成就するだろう。そういう意味ではムハンマドは最後にして
最高の預言者であろう。なぜなら彼の残したイスラムなければ、我々人類に、破滅的な争いは起こらないからである。
もちろん彼は単なる預言者であり、命は得ていない。そして彼の残したクルアーンの教えを愛する者は、同じく生きない
であろう。なぜなら彼らは、神を愛しているつもりが、その実、己の中に潜む、エゴというサタンを愛しているからである。
サタンは生まれもっての人殺しである。
もちろん彼らの中にはいくらイスラムを信じていようとも、善良な者はいるだろう。
彼らは今生では命を得なくとも、再び霊的な生き物である、「言」を持つ生物として再び生を受け、真理が明かされる
次の時代に生まれ、その時代に真理を悟り、真の命を得ることだろう。だが、イスラムの教えを盲信し、
自爆テロや、自分達の考え以外は一斉認めない鬼のようなエゴの持ち主は、再び「言」を持つ、「人」として生まれてこず、
真理を悟ることもなければ、真の命も得ることがないであろう。エゴという名のサタンは、生まれもっての人殺しなのである。

318 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:19:47 ID:hSLvV5rr
あの地は約束された地。あの地には石油が眠る。大河ユーフラテスの河(石油)が枯れるとき、東方の諸王は呼び寄せられ、
人々は神々が仕組んだ対戦である、破滅的な最後の争いを行うだろう。その苦しみを得て、我々は霊的に、
精神的に成長し、その時初めてイエスの言葉である、命の言葉を聞き入れるであろう。次の時代に預れるものわ幸いである。
旧約のヨシュア記のヨシュアは、イエスの雛形で間違いないが、あれは世の終わりの人の子による命の収穫である、
世俗的なたとえである。こうして終わりの日に、良い麦は蔵に入れられ、一つの命は拡大を続けるが、
悪い麦は、時が終わると、抜き取られ、焼き払われ、永遠の無に帰すだろう。

なんてな・・・・・・・・・長々書いたが、ネタだよ。おまえら真に受けるなよ、洒落だから。
あのな、最近変なことを言っている宇宙人の君は、悪いことは言わない。オカルト板に行けよ、うざいから。

319 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 11:20:08 ID:oxW/a7VO
それと、マリアがイエスを身ごもった時、
「その子をイエスと名付けなさい」と命じたのは、天使、御使いである。

それと、イエスという名は、ヘブライ名ヨシュアをギリシャ語に転化した名前である。
旧約聖書はヘブル語で、新約聖書はギリシャ語で書かれてあるから、
ヨシュアとイエスと書かれてある。

イエスは当時のアラム語で話していたから、ヨシュアか、イーサーって呼ばれていたはず。

「過去の歴史物語という形式で書かれてあるからこれは過去の話」
「未来の予言という形式で書かれてありから、これは未来の予言」
って、単純に考えているようじゃあ、預言の真意なんて、とても理解できないよ。

320 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:25:40 ID:hSLvV5rr
>>319
ハイハイ。馬鹿につける薬はなし。

勝手にやってろ。オカルト板に行けばいいのに、うっとおしい。

321 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 11:42:26 ID:oxW/a7VO
カラス君、君の致命的な欠陥は、

「この地球、地球人の中だけでしか考えようとしないこと」
「この歴史だけで全てを考えようとしていること」

なんだ。
つまり次元が一つ低いのだよ。
5次元的思考の下で書かれてある預言を4次元的思考で考えようとしている。
だから、真理と預言を理解できない。

この致命的な欠陥を治そうとしない限り、いくら勉強したところで真理には到達できないよ。

ところで、前から思っていたんだが、

聖書では「烏、カラス」は、「忌み嫌われる不吉な鳥」に分類されているのだが、
君はそれを承知のうえで、そのHNをつけているのかね?

322 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:44:58 ID:hSLvV5rr
>>321
じゃぁ、おまえの真理を聞かせてもらおうか。

おまえに真理が語れるのならな(苦笑)

323 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 11:51:05 ID:oxW/a7VO
>>308

で既に紹介済みだす。

324 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 11:53:48 ID:hSLvV5rr
>>321
宇宙人が、我々人類から地球を奪還するだ〜〜〜て〜〜〜〜????
おまえの宇宙人は真理を知らないようだな〜〜〜〜。

わはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは

は〜あ。なにが5次元的思考の下で書かれてある預言を4次元的思考で考えているだよ。
ネタにマジレスしてんじゃねぇよ、ボケ(爆笑)
そもそも四次元的思考、五次元的思考ってなんだよ(爆笑、爆笑、大爆笑)
俺は、一元=一相=無相。の話をしてるんだよ。ゼロ次元かな。

わはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは

おまえはバカモスキーにも劣る、池沼だな(大爆笑)

オカルト板に行けって、うっとおしい。

325 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 13:10:46 ID:j4Qbs5Wi
ココモ菌に感染したカラスが一羽、


哀れ。

326 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 13:17:18 ID:ZIqRLU3D
カラスだのうきゃんだの、何でこんなゴミばかりのスレになったんだろうね・・・。
以前は、このスレももっとまともだったんだが。


327 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 13:20:37 ID:hwI4oR9+
>313
>イエスは「私は全てを譬えで話した、たとえで話さなかったものはなかった」
>と言った。



それは、違う。
マタイ13:34-35、マルコ4:33-34の誤読。
正確じゃない。
事実誤認か、巧妙な嘘。
聖書の正確な引用、解釈じゃない。

イエスが「群集」と弟子たちに多くのたとえを用いて教え語られたのは事実。
それと同時に弟子たちには、たとえの意味を説明された。
そしてイエスの名によって聖霊のたすけを求める人がキリストの言葉の真意を理解する恵みに
あずかりうるという約束をイエスはした。

イエスがたとえの説明を弟子たちにしたことは、新約聖書に書かれている。たとえば、
毒麦のたとえの説明(マタイ13:37-43)や、終末について(マタイ24章、マルコ13章、ルカ21章)、
捕縛前夜の会食での説教(ヨハネ16:25-30)、復活後のイエスの教え(ルカ24:27、ルカ24:44-49)。

328 :ルー:2007/06/04(月) 13:46:07 ID:e0hUZzjX
聖書に真理については全くかかれていない・・・
信仰したからといって真理が知ることはけして無い・・・
これだからクリスチャンは馬鹿にされる
ちなみに新約聖書では愛と信仰が救いと言われているがこれは宗教の信者
集めには必要な常套手段である
全ての礼拝宗教は全部打破すべきである
だが、人間には道徳心と愛は必要な事である

329 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 14:40:06 ID:j4Qbs5Wi
>>327

聖書は、旧約と新約の両聖書が揃って、初めて完成する。
両聖書で一冊の預言書となっている。

新約聖書には旧約聖書からの引用も多いから、新約聖書を理解する為には、旧約聖書を理解しておく必要がある。

また、旧約聖書には、イエス出現の預言(と解釈できるもの)も多い。

イエスが旧約聖書の成就であり、イエスによって、救済が実現できるようになった、
と考えれば、イエスの言葉は、「自分の言葉についてだけ言ったのではなく、
聖書全体について述べた」とも考えられる。

また、イエスを、「聖書全体を象徴する者」とも考えられる。

330 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 14:50:08 ID:j4Qbs5Wi
例えば、「完全に未来の予言書」の形式で書かれてあるヨハネの黙示録。

確かに黙示録は難解である。
しかし、それは、この書だけで読もうとするから。

例えば、終末において、「7人の御使いがラッパを吹き鳴らす」という記述がある。

これは、ヨシュア記第6章のエリコ占領の時、ヨシュア率いるイスラエル人が7日間ラッパ(角笛)を吹き鳴らしてエリコの町の
周囲を周ったこと、
7日目には7度周って、角笛を吹き鳴らしてエリコの町を占領したこと、
それと関係ないのか?

いや、黙示録の7人の御使いが吹いたラッパの記述は、エリコ占領の時で既に説明済みである。

このエリコの記述がたとえ、象徴でなくて何なのか?
これを史実だと考えるのか?

聖書全体をひとつの「創作的預言書」として読んで、初めてその真意を理解できる。

331 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 14:55:36 ID:P+IKzdeR
あーあ、カラスの挑発にのっちゃいかんぜよ。
こいつは、ここを遊び場としか思っちょらんがに。w
だいたいやね、真理真理と言ってだよ、「それ」を言葉で表現すること自体に無理があるやんか。
言葉遊びに過ぎん。あきらめれ。wwwwww




332 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 15:03:58 ID:j4Qbs5Wi
例えば、ヨハネの黙示録11章に「二人の証人」の記述がある。

これを、これから終末に現われる二人の(地球人の)人間、と考える人が多い。

しかし、これは、ソドム滅亡の前に、主がソドムに遣わした二人の御使いの話、
また、ヨシュアがエリコ攻略の前に派遣してエリコを探らせた二人の斥候の話、

これと関係ないのか?

いや、黙示録の「二人の証人」とはこのソドムとエリコに事前に派遣された二人の使者である。
これも、旧約聖書で既に説明済み。

だから、「ロトとラハブが掲挙された者のモデルケースですよ」、と教えたでしょう。

二人の証人のうち、一人は、あのナザレのイエス。

333 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 18:03:16 ID:afQfDMye
文鮮明の息子は地獄行きですよねえ

334 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 18:10:24 ID:Kan2HGIr
地獄だとか天国だとかばかなこと言ってないで回心の生活をしましょう

335 :290:2007/06/04(月) 18:25:04 ID:v99C21xE
>>306
進化論と聖書の記述の違いについての事をおっしゃっているのなら大丈夫です。
進化論は進化論として、息子なりにきちんと理解していますので。

そうではなく、聖書自体が作り話と言う事でしょうか?
そうでしたら、「本当の話かはママには分からない」と説明するので大丈夫です。
アドバイス、ありがとうございました。

336 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 19:35:15 ID:2jNWGmts

「三平方の定理は聖書で説明されていないから異端」

とか

「進化論は聖書で説明されていないから異端」

とか言い出す人がいたら頭冷やしてあげてください。

337 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 19:37:22 ID:P+IKzdeR

いい気になっちょる黒鳥さんよ、おまい、烏天狗でいられるのも今のうちじゃけんのう。w
キリスト教スレでいうのもおかしいが、因果応報、おまいの言葉そのまんまおまいに返ってくること忘れなさんな。wwww
己の言によって己の言に滅びるちゅうことだわね。wwwwwww




338 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 19:38:48 ID:2jNWGmts
>>337

結局まんまと挑発にノリノリなんですけど、って・・

あ、僕珍もだったりして!?



┃・)!

339 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 19:43:56 ID:P+IKzdeR

>>338
おまい、わかっとるかんけ?
ああいうやつは、スルーに限る。wwwww
じゃあな、さいなら。wwwww



340 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 19:49:13 ID:P+IKzdeR

おっ、変換ミスじゃ。すまんのう。

×おまい、わかっとるかんけ?
○おまい、わかっとるやんけ?



341 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/04(月) 20:01:56 ID:4M6xEw2B
>「三平方の定理は聖書で説明されていないから異端」
>「進化論は聖書で説明されていないから異端」
「イエスが神様であるとは、何処にも書いてない(3〜4世紀の
改竄で2〜3箇所はもしかしたらそう読めない事もない場所は
あるが)から異端」と言う人がいたら、その人は正統派。
「死んだら天国へ行くなどとは何処にも書いてないから異端」
と言う人がいたら、その人も正統派。
「悪い事をしたら地獄へ行くなどとは何処にも書いてないから異端」
と言う人がいたら、その人も正統派。
「安息日は日曜日などとは何処にも書いてないから異端」と言う人が
いたら、その人も正統派。
「クリスマスが12/25日などとは何処にも書いてないから異端」と言う
人がいたら、その人も正統派。
「キリスト教会がいまやってる洗礼は、何処にも書いてないから異端」と言う
人がいたら、その人も正統派。
「マリア様を崇拝するなんて、何処にも書いてないから異端」と言う
人がいたら、その人も正統派。
「ペテロがローマで死んだなんて、何処にも書いてないから異端」と言う
人がいたら、その人も正統派。

要するに現在のキリスト教会は異端者しかおらんと言う事か


342 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:16:17 ID:2jNWGmts
>>341

部外者がしたり顔でとやかく言うことじゃない。

343 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:19:20 ID:2jNWGmts
>>341

あんたの独り言はこちらでどうぞ。

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180859857/l50

344 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:24:40 ID:2jNWGmts

それから、ついでに言っといてあげるけど、

「カーバ神殿の月の隕石拝めなんて、何処にも書いてないから異端」
というムスリムがいたら、そのひとは正統派イスラーム。

あるいは

「割礼も受けずにイスラーム通の振りしてるバカがいたら、即石打刑」
というムスリムがいたら、そのひとは正統派イスラーム。

要するに「ココモスキー」なんてふざけた名前のやつは異端中の異端、と言う事か

345 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/04(月) 20:25:43 ID:4M6xEw2B
もうちょっとからかってヤロ
「聖書なんて何が書かれていようが知った事じゃない。オレが考えた事
が真理だ」と言う人がいたら、そうそうあなた様が神聖にして真性なる
キリスト教徒です。そういうお方こそキリスト教徒の模範です。

346 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:28:27 ID:2jNWGmts
>>345

からかうだって?

ムスリムを装ってキリスト教をバカにするようなのはまことのイスラームの生き方じゃないらしいですよ。

347 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:29:44 ID:2jNWGmts

まあ、あんたのやってることは「ちょっとからかう」程度のレベルのひくーいことだよね。

見ててわかるよ。

348 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:31:54 ID:2jNWGmts

「まことのイスラーム」があんたの発言をどう感じるか、聞いてみたいもんだね。

349 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 20:34:13 ID:cA3xdzZG
うきゃん君 改革派スレがありませんけど
どちらに行ったか ご存知おませんか?

350 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:36:29 ID:2jNWGmts
好きなほうどうぞ。

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161631526/l50

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180716839/l50

あともう少しで虎視眈々だったのは脱兎堕ち。

351 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/04(月) 20:37:03 ID:4M6xEw2B
もうちょっとからかってヤロ
「聖書なんて全く読まんで良い、教団の教えが全てだ・真理だ」と
言う人がいたら、そうそうあなた様が神聖にして真性なるキリスト
教徒です。そういうお方こそキリスト教徒の模範です。

もうちょっとからかってヤロ
「聖書なんて全く摘み食いで良い、そこから自分が考えた事が全て
だ・真理だ」と言う人がいたら、そうそうあなた様が神聖にして
真性なるキリスト教徒です。そういうお方こそキリスト教徒の模範
です。






352 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:38:24 ID:2jNWGmts

僕珍の加齢な書き込み。

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180716839/21

353 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:40:14 ID:2jNWGmts
>>351

偽回教徒!偽人間!嘘吐き!

恥を知れ!

354 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 20:45:56 ID:2jNWGmts

「既存の教会の解釈は全部嘘で聖書は改ざんだらけ」

なんてほざくのはただの金儲け主義の預言者きどりのインチキ野郎。

例)エホバの商人。

355 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 20:52:20 ID:YDgZA9J3
創価学会員だろ、在日朝鮮人池田太作

356 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 20:54:09 ID:hSLvV5rr
>>345 >>351
全部おまえのことじゃん。
またお得意の自爆テロかい?(爆笑)


357 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/04(月) 20:55:53 ID:hSLvV5rr
>>337
ハイハイ。そしてその呪いの言葉は、そっくりあなたに返ってくるでしょうな。

人のことより、まず自分を戒めような、お馬鹿さん。

358 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 21:35:11 ID:cA3xdzZG
>>349ですがうきゃん君って本当にお優しいお人!
有難う御座いました。


2チャンの 「ゴッド ファアザ−」
心は面倒見がいい。

359 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/04(月) 21:49:34 ID:2jNWGmts

「ゴッド ファアザ−」 はダメだとおもうぽ!

「ボクちゃん」にしてくれる?長瀬似なんだし!

360 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 21:56:37 ID:cA3xdzZG
ワカリマシタ。 大変失礼申し上げました。ひらにお許しを!

361 : ◆Oo/boys/q2 :2007/06/04(月) 23:04:08 ID:JXZYGdTa
明らかに"キリスト教の質問箱"スレを荒らしてるイスラム教徒がいるなあ。
イスラム教ってそんなにすごい宗教なんですかね。

362 :神も仏も名無しさん:2007/06/04(月) 23:54:10 ID:ijvT9ZOK
こんばんは。
結婚相手(男)がキリスト教の場合、嫁入りしたら私も入信しなくてはならないのでしょうか?
どなたかお願いします。

363 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 00:10:42 ID:qoUQO65o

或る真宗大谷派の僧侶(仮にYとしておきます)が、昨年10月、都内某所のチャペルにて
挙式しました。
その際、Yが僧籍を置いている寺院の住職が立会い、
「十字架を隠せば(白い布で覆い隠す)問題は無い」
という手前勝手な解釈に基づき、仏前式ならぬ人前式という体裁で式が執り行われました。
チャペルという空間、そして信仰上、最も大事な十字架(仏教寺院で言えば本尊に相当)を
このように取り扱ったことについて、皆様はどのように思われるでしょうか?
【参考画像】
http://metaldtm.com/wedding/1.jpg
http://metaldtm.com/wedding/9.jpg
http://metaldtm.com/wedding/11.jpg

【ご意見につきましてはこちらのスレッドにお寄せ下さい】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1180671845/

364 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/05(火) 00:29:55 ID:KqoVzjKq
>>362
>こんばんは。
>結婚相手(男)がキリスト教の場合、嫁入りしたら私も入信しなくてはならないのでしょうか?
>どなたかお願いします。
いーえ。ご主人を貴女の信じてる宗派に入れるべきです。貴女の信じてる
宗派に導いて、嘘と詐欺と憎悪と妬みとコンプレックスに満ち満ちた悪魔の
集団から救い出してあげましょう。



365 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 00:37:16 ID:YBdn2zjK
私は単立の教会に通う28歳男性です。
クリスチャンですが、教会に籍はありません。
しかし、いまの教会に2年通っています。
教会は小さく、礼拝出席者はやっと2桁です。
そんな状況ですから、同世代の人はいません。
しかし私は、クリスチャン女性と知り合いたい…
どうすればいいのでしょうか?
教会の方には親切にして頂いて感謝ですが、他の教会にも行ってみるべきか…
もうずっと祈っておりますが、礼拝に女の子が来ることはありません。
非常に寂しいです。

366 : ◆Oo/boys/q2 :2007/06/05(火) 00:39:50 ID:I5qgGxlZ
>>364
>嘘と詐欺と憎悪と妬みとコンプレックスに満ち満ちた悪魔の
>集団から救い出してあげましょう。

イスラム教徒へ
キリスト教への謝罪を要求する。

367 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/05(火) 00:52:47 ID:KqoVzjKq
プロテスタントをからかう面白さは、あいつ等はテメエらが
インテリだと思ってる事なんだよ...社会のモラリストだと
思ってる事なんだよ...幼児学校の先生だと思ったら良い...
実社会に出たら、糞の役にも立たないようなオツムの人間が
まるで社会を仕切ってるような幼稚な発想をしてるだろ

そんな奴等をからかうのは、猿芝居を見てるより楽しい...
偉そうに言ってる鼻からピーーーーンとチャチを入れたら
良いんだよん...教会で説法してる牧師に卵でも投げつけて
やりゃいいんだよん...それでな「モットまともな説法せんか
って一括して」信者が見てる前で聖書を投げつけてやりゃ良いん
だよ、こいつらオツムが幼稚だから直ぐ錯乱するからな

一回だけどこかでやったるで



368 :蟻の町のマリア宮崎希美 ◆55nynIr58w :2007/06/05(火) 00:55:29 ID:Vq3STy0J
>>365
クリスチャン女性が教会に来るように、あなたが宣教や伝道すればいい。
まずは、トラクトを20000枚、ポスティングしてみたら?
地域によりけりだけど、大規模集合住宅を狙えば、1時間で5000枚ははけるよ。

369 : ◆Oo/boys/q2 :2007/06/05(火) 01:03:40 ID:I5qgGxlZ
>>367
まあ、言ってることは分からんでもないですが
キリスト教を全否定するようなことは止めてほしい。

370 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/05(火) 07:07:19 ID:/njWHlQi
>>366

もしイスラム教徒なら、だけどね。

しかし、イスラム教徒はそんな低劣なただの悪口言わないと思うよ。

多分、中高年で定年退職になっちゃって時間の過ごし方がわからない凡庸な日本人のデブだろう。

371 :362:2007/06/05(火) 07:08:07 ID:30Dj7gjy
>>364さんはキリスト教の方ではないんですか?
すみませんが、キリスト教の方がおられたらご回答
おねがいできないでしょうか。
ちなみに彼は、プロテスタントで、私は特に何の
宗教を信じている、というわけではありません。普通の仏教です。

372 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/05(火) 07:13:12 ID:/njWHlQi
>>371

普通一般に考えて、男側がキリスト教だから、女は嫁入りしたら改宗しなけりゃならんかどうか、

というと、そんなことはキリスト教だからどう、という答えが出てくるわけじゃないよね。

心配なら相手に直接聞くしかないと思うよ。

373 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 08:07:01 ID:30Dj7gjy
>>372さん
そうですか…。わかりました。ありがとうございます。

374 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 09:23:53 ID:pOxrdyvw
ちょっと興味深い内容があったので質問。

彼女がクリスチャンで、宗派どっかわすれたけど、クリスチャンなのね?
もし結婚したら俺もやんなきゃいけないの?
個人的な意見だけどさ、別に神様の存在を否定してるわけではないわけよ。
でも、神が居たとして俺に何の関係があるの?
自分は神に仕える神官でもなければ、善なる民でもないので
居ようが居まいが、かなりどーでもいいのね。
逆に、自分になにか見返りがあるわけでもないのに、時間を割くことはできないんだが。
というか神ってのは本当にそんな宗教組織なんてものを望んでたのかねぇ?

神がいるとしても、俺達は人間らしく動物らしく生きていけばいいんじゃないの?
困った時に神様が助けてくれるわけはないんだしさ。

それでも俺は結婚したらクリスチャンになるべきなの??

375 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 09:31:30 ID:cAEWe3cL
>>374
彼女の熱心度による。彼女が熱心ならば巻き込まれるかもしれない
彼女が醒めてればそれほどでもない。

376 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/05(火) 09:34:36 ID:/njWHlQi
>>374

それ、やっぱりどう考えても他人に決めてもらうことじゃないよね。

自分で考えて自分で判断するしかないと思うけど、そうは思わない?

377 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 09:38:49 ID:cAEWe3cL
>>376
判断する材料が全然ないから聞いてるんじゃないの

378 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/05(火) 09:41:35 ID:/njWHlQi
>>377

そうなのかもしれないけど、っていうか、それならなおさらのこと、

それは自分で考えるべきだよ、と言わなくてはならないように思うよ。

379 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 09:43:07 ID:pOxrdyvw
>>375
かなり熱心。

>>376
別に入ってもいいし、入らなくてもいいけど、どっちにしても
とてもじゃないが、神を熱心に崇拝する気持ちにならない。
元々合理的なスタンスだから、可能性が低いものに執着する気にも
なれないし、宗教なんて信じてる人がいるから存在するもので
なにが正しいなんて思わないからな。
正しいのは人間が哺乳類であり生物であること、俺は現実に生きたいんだ。
もちろん最終的には自分で判断するけど、彼女がどういう反応するか
微妙なので、クリスチャンに意見を求めてみた。



380 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/05(火) 09:48:58 ID:/njWHlQi
>>379

どういう反応するかは人によって違うだろうね。

ところで、「とてもじゃないが」というような評価をしているもの(宗教)に

執心しているような人間と、彼女としてお付き合いすることには問題感じないんですか?


381 :371さんへ:2007/06/05(火) 09:54:26 ID:WalxYV32
未信者のあなたと結婚を考えているのなら、たぶんお相手の方は伝統宗教の
信者さんだと思います。伝統宗教の場合は「未信者と結婚するな」という
戒律をもうけているわけではないので、たぶんあなたに何がなんでも宗教に
入れとは言わないと思います。以前、あるスレで、「お父さんは若い頃から
キリスト教を信じているが、お母さんは全然関係ない。お父さんもあくまで
自分の内面の問題なので、お母さんと子供に宗教を信じろといったりしたこと
もなかった」という話が出ていました。こういう家ではお父さんも毎週
礼拝に行ってたかどうかも怪しいです。家庭サービスで礼拝を休むことも
多かったと思います。家族も宗教はお父さんの趣味と割り切って、釣りの
好きな人が家族をおいて、休日に仲間と釣りに行くというのと同じ感覚で
とらえているでしょうしね。ただ一つ、金銭的なことだけはちゃんと話し合って
確認しておかなくてはならないでしょう。サラリーマンの小遣いの範囲内で
やってもらうという条件にすることと、家族を宗教に巻き込まないという
ことは、きちんと話し合ったほうがいいと思います。

382 :379さんへ:2007/06/05(火) 09:59:46 ID:WalxYV32
このケースはたぶん結婚にいたらないかもしれません。彼女は新興宗教の信者さん
の可能性が高いと思います。私が男だったら、キリスト者同士の
お見合いクラブやクリスチャン専門にお世話する仲人さんを、彼女のため
に探してあげることだけが、自分にできるせめてもの愛の証だと考えると
思いますけれども。

383 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 11:14:01 ID:lkqpHqVG
キリスト教の勧誘は平日の午前中にやるものなのか?!<`ヘ´>

キリスト教を語った空き巣だったのか?!

384 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 11:33:41 ID:wXa6Gnv/
>>383

>キリスト教を語った空き巣だったのか?!

語ったじゃなくて騙っただろ。
"聖書についての私たちの冊子を読んでください"とか"聖書について
勉強しませんか?"とか個別訪問で勧誘して来る団体はエホバの証人
だ。エホバの証人の特徴は、
イエスは神(彼らはエホバと呼んでいる)より下
輸血の拒否、参政権、兵役の拒否、格闘技(一例を挙げると学生の体
育の授業の柔道や剣道は拒否の対象)、国旗敬礼、国歌斉唱、聖書に
反する年中行事の拒否(クリスマスとか)。
三位一体の否定。地獄、煉獄の否定、死後の魂の否定。(神はエホ
バ、聖霊はエホバの活動力、キリストは神の初子としている)
崇拝に十字架を使わない(キリストが処刑されたのは十字架ではなく
杭であると主張)
ハルマゲウドンはもうすぐ来る
信者に個別訪問伝道を推奨。

などかなりユニーク(っていうか参政権の拒否とか反社会的だよね。)

普通のキリスト教教団はこんなのと一緒にされてはたまらないと「エ
ホバの証人はキリスト教じゃない」と言っている。

385 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 11:50:11 ID:1unn7l/6
>>384

>ハルマゲウドンはもうすぐ来る

ハルマゲウドンなんて注文してませんが。


386 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/05(火) 11:51:26 ID:/njWHlQi

┃・)┌


387 :379:2007/06/05(火) 12:52:06 ID:pOxrdyvw
気になって仕事も手につかないので早退して話し合ってみました。

別に宗教と恋愛を一緒にするつもりないみたいです。
ただ、個人的にはキリスト教を続けたいと言ってますが、
生活に支障がなければいいんじゃないでしょうか、自分はいいと思います。

388 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2007/06/05(火) 13:05:51 ID:v1QPOvyl
>>362

決してそんなことはありません。無理やりクリスチャンになれるわけがありません。
しかし結婚は神様の導きであり、クリスチャンの彼と未信者の貴方が一緒に
なるという事は、神様が彼に貴方を伝道するようにセッティングされたのです。
貴方は彼をよくみてクリスチャンになるかどうか決めれば良いのです。
これは聖書に書いてあることなのです。

>>365

私も同じような経験をしたことがあります。祈って与えられた御言葉が
伝道の書3・11で神様の時があるという事です。今になって本当にナイスタイミングで
良い人と結婚できたと思えるのです。人を好きになり結婚に至るのは神様の
業であり、あなた自身がどうこうする問題ではないのです。
あなたにできる事はまず神様に祈り(結婚したーいと祈るのです)あとは
悩みをおゆだねし、心配しないことです。毎度韓国の証でアレなんだが結婚に
関しての証があるので紹介しよう。
あるクリスチャンのホームレスが毎日教会の庭だが玄関やら門を掃除していました。
礼拝は出てましたが格好が悪いので一番後ろにいました。よく掃除をした
ご褒美に牧師の娘がホームレスに好意をいだき結婚することができました。


389 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/05(火) 13:24:08 ID:/njWHlQi
>>387

まあ、お互い尊重するところは尊重して、ということだね。

がんばってね。

390 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 15:20:12 ID:wXa6Gnv/
>>385

アブラゲウドンの間違いだった

391 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 15:27:51 ID:DCVvKEHC
ココモってイスラム教徒なん?

392 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 15:38:27 ID:DCVvKEHC
>>374
信仰は己が救われたいが為のものじゃいけないとおも
見返りを求める時点で間違え
クリスチャンと結婚したからっていってクリスチャンになれるわけじゃない
どちらにしろ、今の考えのままじゃクリスチャンにはなれないから安心汁

393 :371:2007/06/05(火) 17:12:25 ID:30Dj7gjy
>>381さん、ありがとうございます。
私としては、宗教、というものが日々の生活で身近に
あるものではないし、お祈りをしたり、日曜日にはミサ
に行ったり…というような生活は想像できません。
また、彼の家が入っているキリスト教の団体(お母
さんが熱心な方で牧師さん)が、
世間一般ではカルトだの、あそ
こには近付くな、だの
と言われている、何か危ない所
らしいのです。(ネットで知りました)
それを知って私はもちろんショックでしたし、結婚し
て私がそんな所に入るなんて絶対に嫌だと思いました。
でも彼は、ものごころついた小さな頃から当たり前の
ようにそのような環境で育ってきたし、それに対して
何の疑いも持っていないので、私は何も言うことがで
きません。。。

やっぱり、本当に好きで、この人と一生一緒にいたい
と思うんなら、何の躊躇もなく改宗できるものなのでしょうか。
となると、私は彼のことは本当に好きではないのでしょうか。。。
すみませんここまでくるとスレチですね。


あと、話は変わるのですが、>>381さんの例に出ている
ような家庭だと、奥さんや子供が死んだ時のお墓はどうなるのでしょうか…?


長文&意味不明すみませんorz

394 :神も仏も名無しさん:2007/06/05(火) 22:30:10 ID:fhfz7bxn
結婚前にキリスト教信者になり、配偶者は無宗教。
それはそれでよいのですが、今、家を建てる話が持ち上がってます。
地鎮祭・上棟式など、神式でする可能性が非常に高いのですが、
そんなとき私はどうすればいいのでしょうか?
横にふっついて、お祓い等受けてしまってよいものでしょうか?
また、子供の七五三のとき、神社に行ってもよいものですか?
キリスト教式でやることは全く考えていません。

395 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2007/06/05(火) 22:39:37 ID:V4yHuz0T
>>394

心がイエス様にあるのなら地鎮祭・上棟式に出ても構いません。
配偶者が救われるよう心の中で祈ってれば良いのです。
お祓いと考えないでおじさんがヘンな踊りをしてるくらいに考えて下さい。
七五三は子供の信仰の妨げになる可能性があるのでなるべくなら行かない
方が良いでしょう。でも絶対に行ってはいけないというレベルではありません。

396 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 00:02:36 ID:fHuYMfX2
>>395
そんな八方美人な回答してたんじゃ、
キリスト教もお笑い教だなぁ・・。

397 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 00:49:38 ID:zrZAPSxI
「笑いは免疫力を高め、いやしにもつながります。」

『世界傑作250』 いのちのことば社
 ¥945

398 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 00:51:23 ID:zrZAPSxI
『世界傑作ジョーク250』 いのちのことば社出版部
 ¥945

399 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/06(水) 02:05:43 ID:Z7wlfK7w
>>395
>七五三は子供の信仰の妨げになる可能性があるのでなるべくなら行かない
>方が良いでしょう。でも絶対に行ってはいけないというレベルではありません。
人様の子供よりも、何処かの牧師自身の方が信仰の妨げになるらしい...
どうも自分を基準に考えてる様な気がする。

400 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 07:36:04 ID:obN/MOTa

どうしようもない者同士でレベルの低い突っ込みやりあってるのか…

本当にどうしようもないよね。

401 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 08:19:34 ID:zjm4SUvX
>>400
レベルの高い突っ込みきぼう・・

402 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 08:35:52 ID:obN/MOTa
>>401

本体のレベルが低いから不可能だよね。

403 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 09:15:05 ID:QwObb031
ココモスキ−さん牧師様に367のような事をしようと思ってるんですか?
地獄に落ちます。 できるものなら一度やったらいいです、その時は見学に行きたいです。

404 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 09:22:45 ID:obN/MOTa
>>403

「聞き苦しい捨て台詞」の内容はほとんど実行しないものだよ。

実行することならごちゃごちゃ言ってないでまずやると思うし。

いわゆる「卑怯な脅迫」ってやつだよね。

405 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 10:35:36 ID:fL7pPWOx
マジレスですがココモスキーさんは40間近の無職ニートですよ。
ここで鬱憤はらして社会じゃ何も役にたたない知識をひけらかすことでしか
自分のプライドを維持できないのです。

憐れみをもって生暖かく見守りましょう。

406 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 10:54:40 ID:+WMAhzyU
>>388
ホームレスなんかと結婚したら将来どうなるかわかってんのかねその娘w

407 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/06(水) 12:30:43 ID:htV5W7nn

神が唯一である、とはこういうことです。

つまり、幸せなことがいっぱいあるなら、その人は幸せです。
しかし、幸せが沢山あると、その個数分の幸せがあるのでしょうか?

そうではなく、幸せは幸せとして、その人全体として存在しているのみです。
つまり、どこまでいっても、幸せの本体は一なのです。

神はすべてに宿り、森羅万象を見れば神の霊力に溢れているのですが、
神の本体は一であり、神はおひとりです。

408 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 12:33:59 ID:obN/MOTa

「とはこういうことです。 」といいながら

よく意味のわからない抽象論で終わっているね。


409 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/06(水) 12:34:06 ID:htV5W7nn
神が唯一である、とはこういうことです。

辛いことの多い人生のなかに、わずかの幸せがあれば、その人は幸せです。
小さな幸せが少ししかないと、その個数分だけの幸せしかないのでしょうか?

そうではなく、幸せは幸せとして、その人全体として存在します。
この幸せを逃さずに、逃がさないように生きていくこと。
これを、『神とともに生きる』というのです。


410 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/06(水) 12:34:52 ID:htV5W7nn

神とともに生きるなら、その人は幸せです。


411 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/06(水) 12:46:44 ID:htV5W7nn

神は、かぞえ切れないくらいの数として存在しているともいえるし、
全体として一である、とも、もちろんいえるのです。

神のご意思や息吹と無関係に存在しているものなど、ひとつもないのですから
自分の身の回りにあるもの、あること、すべてが神に拠っています。

神とは、もっとも身近で当たり前のような存在であり、かつまた、
もっとも崇高ではるか仰ぎ見るような存在です。

神を離れては、誰も何ものも生きてはいけない。


412 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 12:51:33 ID:fH+CKLH7
>>391
彼のサイトにある経歴を見ると、一応モスクで形だけ入信はしたらしい。

413 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 12:54:28 ID:obN/MOTa

>神が唯一である、とはこういうことです。

といいながら、結論が

>これを、『神とともに生きる』というのです。

頭大丈夫なの?

414 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/06(水) 12:59:11 ID:htV5W7nn
>>413

神を離れては、誰も何ものも存在さえできないのです。
このように、神は唯一なる存在者たる、お方なのです。

私たちは神に拠って生きています。
このことを自覚し、幸せとともに生きること、
具体的にはイエスの教えに従うこと、これを
『神とともに生きる』というのです。

神は唯一の存在ですから、神とともに生きることは
永遠の命なのです。


415 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 13:01:01 ID:obN/MOTa
>>414

あんたの言っているようなことを『支離滅裂』というのです。

416 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 13:05:42 ID:46jyW+F1
>>408
うきゃんよ、俺の言葉を聞け。
君は自分の無能を知り、認め、
能力ある人への無用な対抗心、嫉妬、妬みを克服しない限り、
真の命を得ることはない。心配しないでも、君が真のに願い、求めるなら、得られる。
だが、妬みの心を克服しない者には、真の智慧は与えられないだろう。
なぜなら、エゴは誤謬をうみ、エゴこそが、人々を盲人にならしめるからだ。
うきゃんよ、おまえはまだまだだ。自分の無能をまず認めなさい。そして無用な他人に対する
対抗意識を捨てなさい。そして真摯に求めなさい。
そうすれば、我々の父なる神は、真の智慧をおまえにも与え下さるだろう。

417 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 13:08:50 ID:obN/MOTa

へー


418 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 13:20:25 ID:46jyW+F1
この世に肉として生まれる我々は、エゴというサタンを父として生まれている。
エゴは、私とあなたを分かつ。エゴは私とあなたの心を決して一つにしないだろう。
彼は生まれ持っての人殺しだ。エゴこそ我々に自我を生み、エゴこそ父なる神と、我々を分かち、離すだろう。
そして我々は自らの罪により、死ぬ存在へとならしめている。エゴというサタンの元にね。

>>417
うきゃんよ、君はイスラム教徒から悪意を投げられても、イスラムを叩かない。
その点は立派である。だが同胞のカトリックをなぜ叩く。それは君のエゴから来るものだ。

うきゃんよ。主の平和を共に祈ろう。そして己の心に住まう、エゴという名のサタンを共に滅ぼそうではないか。
うきゃんよ、兄弟同士、憎しみ会うな。うきゃんよ、父を愛するなら、他人と無用な対抗意識を持つべきではない。


419 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 13:22:48 ID:obN/MOTa

だれがカトリックなの?


420 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 13:23:29 ID:46jyW+F1
>>419
主の平和。

421 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 13:24:27 ID:obN/MOTa

そういう文章書くときは一応意味を通せるんだね。

422 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 13:34:09 ID:zjm4SUvX
>>414
神とともに生きるならイエスを捨てなくちゃ・・
姥捨て山にでも・・”

423 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 14:02:47 ID:T5SaAvxK
ID:46jyW+F1 よ、おまいこそエゴを捨てれ。
うきゃんに意見してる場合ではないと思われ。www






424 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 14:58:24 ID:+WMAhzyU
ダニエルさんに質問。
俺達と近類種のサルやゴリラも神がいないと生きていけないの?

それとも人間だけが特別な存在だとでも?
人間って生物学的に見ても哲学的にみても知能の高いサルだよな。
知能の程度で特別か特別じゃないかが決まってしまうのか?

425 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 15:16:40 ID:obN/MOTa

物好きだねぃ・・・


426 :さそり座の男:2007/06/06(水) 16:06:30 ID:2A+rc+oe
ダニエルさんの言われるように、神は、すべてのものを支配しているのだから、
人も、ゴリラも動物も、さらには、神以外の、天使も、悪霊も、すべて、神の被造物だから、
上記のものは、すべて、神がいないと生きていけないのだと思います。そして、今、宇宙で、存在
する、人類も、動物も天使も、神の恩寵で、(なさけ)で、いかされていると、僕は理解します。
しかし、今日も埼玉で、女子大生が、野宿者を、焼き殺したり、中国が、日本や、朝鮮の迷惑を考えず、公害物質
を、たれながしたり、親が子を平気で殺したり、不倫や、不貞が世にはびっこたり、役人が、招命にかなう仕事を放棄し、結果
年寄りが、年金をもらえない無責任、○木数子フィーバーのような、偶像がはびこっています。そこで、
クリスチャンである、私は、「主よ、人類は、こんなに、堕落してます。あなたは、全能なかたですから、今の堕落した、人類を滅ぼして、人類よりも、御心に忠実な、新しい
種別を、新たにおこしてください」とお祈りしていますが、これは罪でしょうか?このスレをみている、牧会責任者がいるならお答え下さい。

427 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 18:45:32 ID:KgUEmUaU
>>426
なんか悪い敵が常にいないと不安なんだね

428 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 19:34:44 ID:8FvrHxyB
>中国が、日本や、朝鮮の迷惑を考えず、公害物質 を、たれながしたり

ソモソモは日本が中国の森林伐採し過ぎたからでしょ

429 :人権擁護局:2007/06/06(水) 19:36:25 ID:ZRWpTQUx
http://www.moj.go.jp/JINKEN/index.html

430 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 21:04:56 ID:zjm4SUvX
>>426
牧会責任者ではないですが、、
この世(地球)は修行場であり、宇宙の刑務所みたいなもんです。
人生の目的はこの世で自らの未熟を鍛える為です。
堕落人間は当然なのです。
私たちの本来の人生は天国での生活なのです。
宗教とは「宇宙の仕組みを示す教え」ですから、
この仕組みを理解しましょう。

人はなぜ苦しい世に生まれてくるのか?
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154118371/142-146


431 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 21:09:30 ID:obN/MOTa

そんなに苦しいですか?刑務所並に?

実際、そんなことないと思いますよ。

432 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 21:32:17 ID:zjm4SUvX
>>431
北朝鮮から逃げ出す人民の現実を見れっ・・
日本でも自殺者が多い現実を知れっ・・

433 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 21:33:45 ID:obN/MOTa

って、高橋さんが言ってるわけ?

434 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 21:35:24 ID:zjm4SUvX
>>431
一旦幸福な暮らしを与えておいて、
人生のどん底に叩き落とす神様の愛情表現もあるどっ・・。
うきゃんも愛されるんだ・・

435 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 21:35:38 ID:obN/MOTa

「今日の詩」とかいっちゃったりして?

436 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 21:37:05 ID:zjm4SUvX
>>433
いんやっ、、
私、10次元からの教えです・・
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154118371/134-139

437 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/06(水) 21:41:01 ID:obN/MOTa

だから結局高橋さんの思いつきの駄詩でしょ?

次元は「10」じゃなくて「低くっ」だと思うよ。

才能っていうか、そもそも…


438 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 21:51:58 ID:zjm4SUvX
北朝鮮を笑う者は北朝鮮に泣く・・

439 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/06(水) 22:58:42 ID:Z7wlfK7w
>ダニエルさんの言われるように、神は、すべてのものを支配して
>いるのだから、人も、ゴリラも動物も、さらには、神以外の、天使も、
>悪霊も、すべて、神の被造物だから、
と言う教団の洗脳で支配されてる連中だから、考える事はおのずと
暗ぁぁぁぁぁぁぁいネタしかないダベ。限られたネタしかないだべ
その人の性格がなせる業さ...

神様は全てを支配すると言う話と、2000年前にのこのこ中近東
のある小国に出てきて、そこのちっぽけな神殿で大暴れして、とっつ
かまって処刑されて晒し者にされた奴が同じに考えられるんだから
大した物だと思うけど。一般社会では馬鹿にされると思います。

この様な馬鹿馬鹿しさは、神様を称える美辞麗句がもともとの経典の
シナリオとは全く関係なく改竄され、アホ信者の洗脳の為に考え
出されたからです。
どうせ改竄するなら、経典の神と書いてある物は全部「全知全能の神」
に書き換えたらいいのではないかと思うけど


440 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 23:25:48 ID:L/RwPtIw
プロテスタントとカトリックどっちが優しく迎えてくれますか??

441 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 23:27:39 ID:z8E44b4p
プロテスタントといっても色んな宗派があるよ。

442 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/06(水) 23:28:14 ID:Z7wlfK7w
クリスチャンのオツムは、言葉をパッチワークみたいに、その言葉だけを
信ずる事ができる所に特徴があります。「神様は**と言った」と書いて
あれば、それだけを信じることができるンだろ...普通の人は、何で
「神様は**と言った」んだろうって、事情を考えるなり、調べる
なり、詳しい人に聞くんだけどね、アホのクリスチャンは一切それを
しない...「全知全能の神」と誰かが言ったら、ああ神様は全知全能
なんだって信じることができるんだよ...普通の人間なら、それじゃ
何でこの世はかくも悪ばかりなんだとか、たーーーーくさん疑問が出て
くるんだろうが、クリスチャンにはそれがない...ともかく
「神様は全知全能」なんだと、この言葉だけを信じる事ができるんでしょ

そういうオツムだって言う事さ...

443 ::2007/06/06(水) 23:29:49 ID:qLfujF5G
女性でプロテスタント経験者は疎外感も差別もあったとよく聞きますね
カトリックの聖書勉強会とか女性率高いから仲間作れば?

444 :神も仏も名無しさん:2007/06/06(水) 23:55:55 ID:D0wqAewS
>>442

>「神様は全知全能」なんだと、この言葉だけを信じる事ができるんでしょ
>そういうオツムだって言う事さ...

おやおや、イスラム教の神様は全知全能じゃないのかい?


445 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 00:07:39 ID:XurFMBdt
>>426
責任者ではないが…
たぶん、改革派の人だったら、以下のように思ってしまうのではないかと思います。

人が殺人とか罪を犯す時は、神はそれを止めない。
完全に放置して、その人の思いのままにさせる。

>人類は、こんなに、堕落してます。
嘆く前に神の国の発展のために働かないのか?と言いたくなる。

>御心に忠実な、新しい種別を、新たにおこしてください
ありえん。イエスが第二(終わり)のアダムと言われる所以が完全に無意味になる。



446 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 07:42:28 ID:bxvX24yt
>>444

なにしろイスラム教の神様は石ですからね。

447 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 10:16:07 ID:BzNZpzgd
クリスチャンの立場って客観的に物事を観察するんじゃなく
聖書を擁護する立場で物事を考えて反論するってスタンスだからな。

だったらほかの、どっかのジャンルグの部族が崇拝している神々を
いかなる理由で違うと断定できるのか説明してほしいもんだな

448 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 10:25:14 ID:bxvX24yt

聖書を否定したいのなら反キリスト的主旨のスレ立ててやればいいんじゃないんだろうか?

別にだれも止めないと思うけど。

449 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 10:36:40 ID:CBiEPuih
話しかけて悪いけど>>446
イエス様だって白い石に喩えられてなかったっけ?

>>439 
2000年前にのこのこ中近東 のある小国に出てきて
そこのちっぽけな神殿で大暴れして、とっつ かまって
処刑されて晒し者にされた奴一般社会では馬鹿にされると思います

ほんとその通りだと思う、今の時代は努力しだいでなんとかなるかもしれないけど、
当時は家柄というか、生まれる以前から人生が決まってるというか、
そういうなかで、メシアとして歩まれたイエス様、それをみつめてらっしゃった神様
は本当に辛かっただろうな・・、神様の愛は悲愛だとどっかのスレで読んだ事がある。
そうなのかも知れない・・
それに、全知全能な能力を持った神様だけど、人間同士の事には悲しく見つめてらっしゃる
だけ・・・メシアをこの世に送られたけど、過干渉はされないよね、そういう風になってるん
だろうな、きっと。


450 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 10:46:40 ID:Evu60GtS
うきゃん君に1票。
キリスト教的、聖書的立場でものごと言ってるんだから、客観的ではありえん。
もし、ジャングル部族が真であるというならば、それはジャングル部族の立場で考えているということ。
客観的というなら、キリスト教からもジャングル部族からも、いや、あらゆる宗教、思想を排除したまったく現象学的立場からしか見通せない。
しかし、現象学的立場さえも言葉によって解釈説明するのならば、それさえも客観的ではない。
人間が、純粋な意味で言葉で客観的にものごとをとらえ説明するというのは無理。



451 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 10:50:52 ID:bxvX24yt

白い石?というのは知りませんね。そんな話ありました?

イスラームの場合は、まあ神様が石だというのは言い過ぎだし悪口になってしまうでしょうが、

メッカのカーバ神殿に石が祀られていて、信者はメッカ巡礼でその石を触ることができれば

とても幸運なんだと理解していることは確かなことのようですよ。

http://www.geocities.jp/timeway/kougi-44.html

452 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 10:52:26 ID:CBiEPuih
あったでしょう、手元にないけど聖書に、黙示録?どこだっけ、新約だったと思うよ。

453 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 10:52:44 ID:bxvX24yt
>>450

「キリスト教@質問箱」なんだから当然だよね。

454 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 10:54:05 ID:bxvX24yt
>>452

まあ、たとえばそういうような比ゆがあったとしても、

イスラームのように神殿に祀って信者が触りたがるわけじゃないでしょ。

あくまで「比ゆ」でしょ。全然違いますよね。

455 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 10:56:39 ID:CBiEPuih
>>451
メッカのカーバ神殿に石が祀られていて、信者はメッカ巡礼でその石を触ることができれば
とても幸運なんだと理解していることは確かなことのようですよ。

ふーん、でも分かるような気がするな、だって旧約には石、岩、磐石、十戒の書かれた石の板
とたくさん出てくるもんね。

456 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 11:00:55 ID:Evu60GtS
>>453
その通り。
「ここれについては、キリスト教ではどう解釈するのか?」という質問なら対話は成立するが、
「キリスト教のここがおかしい。」と他の宗教、思想、自分の論理で反論しようとしても
平行線になるだけ。
自分の解釈をお披露目したい人、自分が唯一絶対と誇示したい人にはそれもよかろう。
ただし、なんの収穫もない。




457 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 11:03:30 ID:CBiEPuih
あったあった、黙示録2:17だよーん。だよーんだよーん。
クリスチャンのうきゃん君より私が詳しい、なんか嬉しい。

でもーそのメッカに祀られている石だって、石そのものを崇拝してるんじゃ
ないでしょう?

458 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 11:09:54 ID:bxvX24yt

そこに書かれている小石は神様のことじゃないと思うよ。

459 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 11:11:57 ID:CBiEPuih
だよーーんさんに質問、黙示録2:17の白い小石(口語では、白い石)は
何の比喩ですか?教えて下さい。

460 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 11:12:07 ID:bxvX24yt

メッカの石は「神様の指」だというんだからちょっと微妙だよね。

たとえば、ある人が指を切り取ったとして、「その指は私である」とはいえないだろうと思うよね。

しかし、「その指は私の一部分である」という表現は正しいわけでしょ?

すると、「神様の一部分といえるものがこの世に存在する」というのは、

はたしてどのように理解すべきなんだろうね。

461 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 11:15:11 ID:CBiEPuih
イスラームにはまったく興味ないけど、イスラーム的な解釈をちょっと知りたいです。
ついでに、旧約にはたくさん出てくる石類も教えて下さい。

462 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 11:18:15 ID:bxvX24yt
>>459

重要なのは小石ではなくてそこに刻まれている名前のこと。

ダニエル書64:12-15


わたしに選ばれたものの誓いの言葉となり
『主なる神はお前を滅ぼす』と唱えられる。
しかし、僕たちは異なる名で呼ばれる


この僕たち(神の心に適うもの)に新しい名前と新しい生命が与えられる
ということの暗喩。

463 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 11:21:07 ID:CBiEPuih
「神様の指」?あー、そういえば十戒も神様の指で書かれたと聖書に書いてあるよね、
だからそういう意味なんじゃないの?石が神様の指そのものだとイスラームの人は思ってるの?

464 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 11:24:06 ID:bxvX24yt
>>463

イスラーム以前のカーバ神殿には偶像崇拝の神像が360体あって、

その中の最高神であるアッラー神が今のイスラームの神様。

他の359体の神像は廃棄されたけど、アッラー神像だけが残された。

それが今カーバ神殿にある神体だということ。

せっかくリンク貼ってるんだからちょっと読んでみたらどうなの?
http://www.geocities.jp/timeway/kougi-44.html

465 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 11:27:56 ID:CBiEPuih
その石が神様の指をあらわしてるとしたら、私だったらその石のかけらを
ちょっとでも取れないか(爪を尖らして鍛えて強くしていくとか)してみる
と思う、で宝物にするの。これってイスラーム的には大罪なのかなぁ

466 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 11:39:41 ID:CBiEPuih
イスラームには興味ないし、464の説明だけで十分。ありがとう。

467 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 12:23:29 ID:BzNZpzgd
                               l/ | ! ___  / __  ヽ     | |  / ___ \
                                 |ハ` ̄   r'" ̄`// V⌒! j |   ┌─┐
 ID:CBiEPuih                                 ヽ r=、  , -へ ┌、 }Jj / |   └─┘
                                      |// r<イ ̄ | |nト-イ/  |   /_|_
      ,∠二乙====- 、  _                ヽ、 ヽ  /ノ /|从{{  /  /|  /|ヽ
   , イ/ / / ,ィ1 | \ ヾミY┼ん、                `丶、`ニ='" 二人__/     | / ┼ヽ
  〃 / / / /|ハ  ||   ヽ--ミ|ニK  ヽ       ドピュ         r‐‐イ/oト、_rイr──、」|
   | //|┼ト!| | || |_!__ ||-一ヘ┼〉        ドピュッ   /レ  /0/  〃    /||    []  []
 __ノ川| レ‐||   工|__! `ト  /川レ'i              / / └ ' rン /   //|     o  o
 ////l l / n    n  ヾルノ// jj i             / /     /-<   〃 \
 |/|/ハ| | ∪   ∪  }} r=く//| ヽ           / /   /    \ 〃   └─── ´ ̄
     |//‐ '   //〃 rく |{{ ヽ ヾゝ        /\〃   /⌒ヽ   //
     ヽ  r─‐ 、    /_ノ八\`ヽ、〉   トト从/! /⌒ヽ/|   /   /\ / |
  /\_ \l    }__, '"!厂 ̄`ヽリ厂    i ハ /    // /   /     /{ ト人ィ
 |  ち└、 /` ̄´{___ノ     V      i/ V    // /   /    / /  ⌒ヽ て
 |   ょ  | |   r---へ ||    ト、    r┴┴zァ‐'--ァ'   /  //  〈    j (__
 |   っ  | | \/      ||       |__r─┴ニr─‐'´    /\ 〃    ヽ  /  r'´ ̄
 |  と  | V  ハ  i   ト     |\¬   ` ̄}    /   | |      i  /   ≦
 |   !!  | ! /ハ  !   |    __L     i  ノ    〈 ̄ ̄| |   __」 ん⌒′

468 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 16:05:03 ID:W5IXk8f1
カトリックに通って聖書の勉強をしている者ですが
神父様には聞きづらいことがあるので、こちらで良いでしょうか?
なぜ、イエス様は
「敵を愛し、迫害するもののために祈れ」
と言いながら、
特定の地を呪ったり(災いだ、・・よ)
商人のテーブルをひっくり返したり、
パリサイ人のようになってはならないなどと言うんでしょう。

469 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 16:06:14 ID:W5IXk8f1
それから、いちじくの木も、
自分が欲しいときに実が無かったからといって、
呪って枯らせてしまうとは、
たとえ話にしてもなんだか、かわいそうな気がするのですが。

470 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 16:46:26 ID:bxvX24yt

なるべくなら他人を恨んだり憎んだりしないような自分であるように努力しましょう、

ということと、

悪いものは悪い、とはっきり認識する力を持ちましょう、

ということは同一線上で比較するようなことじゃないと思いますよ。

471 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 16:54:31 ID:czs3Qr9D
>>469

それは「役に立たない愚かな者は呪われて死んじまえ」

というイエスの呪いです。

472 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 16:57:30 ID:6zOt8UYv
回復訳の聖書はどうなんでしょうか?

473 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 17:15:05 ID:czs3Qr9D
イエスが欲した時に実をならしていなかったいちじくの木は、

イエスが目的を達成しようとした時(地上に御国を確立させて、この世をキリストが支配する国にしようと計画していた時)
に、何の協力もしないで、無為に過ごし、福音預言を無駄にしてしまった愚者

の譬えです。

そういう実を結ばなかった者、毒麦は終末=収穫の時に火にくべられて焼かれてしまうのです。

そのたとえ話です。

474 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 18:25:31 ID:f5jert93
>>473
つまりイエスは、「敵を愛す」どころか、自分の思い通りにならない人間は「焼く」ような人なんですねw
敵ですらない人たちを自分の目的、支配のために滅ぼすような。


475 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 18:35:08 ID:czs3Qr9D
>>474

そりゃそうだよ、あんた。
イエスは人間を選別する権能を持っている。
自分が気にいった者は残し、気に入らなかった奴は処分する。

当たり前じゃん。
聖書にそう書いてなかったっけ?

だから、生き残りたければ、聖書に書かれてある指示通りの行動をしなきゃ駄目よ。
信じているだけじゃあ、駄目よ。
イエスの意に沿った行動をした者だけを救う、って書いてあるんだからさ。

476 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 18:43:49 ID:bxvX24yt

人間、物事を多角的に観察する力が必要だと思うけど、

まあ、確かにある角度からせまーい視野であえて観察するのなら >>474-475 のような理解も成り立ちます。

477 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 18:48:03 ID:zXTTZzCZ
綺麗な顔してた安江君、いますか?

478 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 18:53:11 ID:Zrvkq6f5
イエスとかキリスト教がどうのこうの云う様な時代じゃないだろぅ・・
万教帰一に立ち返らねばならない時代に突入しているのです。

479 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 19:13:07 ID:bxvX24yt

生長の家でっか。

480 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 19:22:02 ID:YcpgvD+W
そうなの?

481 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 19:45:53 ID:bxvX24yt

わからへんから質問してまんねん。

482 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 19:58:40 ID:Zrvkq6f5
万人普遍の人生の意義は、イエスが全宇宙の霊の意義であれば認められうるであろうし、
釈迦の為に全宇宙が生きていれば、彼が一生懸命偉いと思わせようとする権威も
認められうるかもしれない。

しかし宇宙の構造と真景は違う、やはり神を志向するように創られている。
過去の四聖人の神人合一、宇宙即我とてそれは神の一端に触れたに過ぎず、
神の爪のアカにも相当しないレベルでしかない事実を知るのである。
神の全体は人間に把握できるような小さな存在ではないのです。
四聖人とて神の偉大なおこぼれを頂いているに過ぎないのです。

イエスがどうの、釈迦がどうのこうのなんてのは神の爪のアカレベルなんだけどーー・

483 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2007/06/07(木) 19:59:01 ID:diu1tPbq
>>468


>なぜ、イエス様は 「敵を愛し、迫害するもののために祈れ」 と言いながら、
>定の地を呪ったり(災いだ、・・よ) 商人のテーブルをひっくり返したり、
>パリサイ人のようになってはならないなどと言うんでしょう。

イエス様は十字架上で迫害するローマ兵達に「父よ彼らをお許し下さい」と、
祈っておられました。商人の机をひっくり返したのは宮にて両替商が異邦人に
対し、いい値(ぼったくり)であくどい両替をしてたので聖なる怒りを示されたのです。
いちじくの話神様が決められたことなので良い実をならせるように頑張りましょう。



484 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 20:04:55 ID:Zrvkq6f5
>>483
「頑張りましょう。」は教育に悪いんだどっ・・
現代は「頑張ってはいけません。」と教えるのが正しい教育です。

485 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 20:50:58 ID:LVInHucm
神も、仏もないのがわたしの名前。(藁
良い名前、だ。

486 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 20:56:54 ID:bxvX24yt
「がんばりましょう」が教育に悪い、ちゅうのは考え杉だよね。

その言葉を言わないほうが良い精神状態の人がある、

ということでしょ?

487 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 21:05:52 ID:LVInHucm
神って、無いよ。

488 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 21:07:40 ID:W5IXk8f1
いちじくの木と「敵を愛し・・・」について質問させていただいたものです。
皆様ありがとうございました。
子供のころから聖書に慣れ親しんでいて、
イエス様の教えは人生の糧となっているのですが、
どうしても「クリスチャン」になれないのがそこなんですよね、
「地獄の炎で焼かれる」云々。。。

依然通っていた教会で演奏奉仕までしていて
折につけ洗礼を勧められたのですが
どうしても、「イエス様の復活を心から信じなければいけない」とか
「炎に投げ込まれる」とかがひっかかってしまい.。
あと、あれですね、別に「永遠の命」とかいらないんです。
イエス様の教えに従い、祈りをささげながら生きていきたい。それだけなんですけど。
ああ、クリスチャンになりたいなぁ。

489 :488:2007/06/07(木) 21:10:16 ID:W5IXk8f1
私と同じような思いで、洗礼を受けられた方っているんでしょうか。
クリスチャンとして教会に通われている方が羨ましいです。
「羨ましい」という心がそもそもいけないのかな。

490 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 21:15:49 ID:CFodUzfx
>>488
ああ、それでいいと思いますよ。
プロテスタントだとうるさく洗礼薦められるからカトリックのミサにでも参加
したらいかがでしょうか?
自分に納得して信仰生活送った方が後悔ないですしね。

491 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 21:19:22 ID:bxvX24yt

キリスト教の教会でキリスト教の勉強をするのであれば、

「地獄」とか「永遠の苦しみ」とか「永遠の生命」という問題は避けて通れない問題だよね。

いつも思うんだけど、そういうような馴染めない、というか中々受け入れることが出来ない

問題にぶつかったとき、ある一定の様式に従って納得しなければメンバーとして不適格なのかどうか

ということを解決できない人が多いと思うよ。

カテキズムの解に従ってそれ以上でもなくそれ以下でもない理解をした「フリ」をしなければならないのかどうか、

というと、どうなんだろうね。そんなこと、百人いれば百通りでしょ?

理解できないけど、なんとなくキリスト教の門から先へ行ってみたい、というなら単純に進めばいいんじゃないだろうか、

とおもうんだけどね。

492 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 21:20:02 ID:aw7emfQf
>>488

あなたは、マタイ21ー18〜22だけを読んで、そう考えていませんか?
この話には伏線があるのです。

16 あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。
17 同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。
18 良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。
19 良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。
20 こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです。
21 わたしに向かって、『主よ、主よ。』と言う者がみな天の御国にはいるのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行なう者がはいるのです。
(マタイによる福音書 7章)

33 木が良ければ、その実も良いとし、木が悪ければその実も悪いとしなさい。木のよしあしはその実によって知られるからです。
34 まむしのすえたち。おまえたち悪い者に、どうして良いことが言えましょう。心に満ちていることを口が話すのです。
35 良い人は、良い倉から良い物を取り出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を取り出すものです。
36 わたしはあなたがたに、こう言いましょう。人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。
37 あなたが正しいとされるのは、あなたのことばによるのであり、罪に定められるのも、あなたのことばによるのです。」
(マタイによる福音書 12章)


493 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 21:22:21 ID:bxvX24yt

そういうのを「伏線」というのかどうかというと少し疑問なんだけど、

あえていうなら、18-22が伏線、ということになるんじゃないの?

494 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 21:28:26 ID:bxvX24yt
それから、

プロテスタントがうるさく洗礼勧めるってのはあんまり頷けない話なんだけど >>490

495 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 21:33:06 ID:aw7emfQf
マタイ21章のイエスの実を結んでいなかったいちじくの木に対する処置を理解する為には、
それ以前に書かれてあるイエスの言葉を知っていなければなりません。

7章と12章は、警告、忠告、言葉ですが、21章はその結果であり、行為になっているのです。

では、何故そういう流れになっているのでしょうか?

 21章では、はじめに、イエスがエルサレムに入城した経緯が書かれてあります。
これは、イエスが再臨したことを象徴的に意味しています。
イエスが再臨する時には、最期の審判、つまり、義なる者とそうではない者との選別が行われます。

例の呪われたいちじくの木は、イエスのエルサレム入城の後、翌朝の朝の話で、
その時になっても、そのいちじくの木は実を結んでいなかったのです。
だから、「役に立たない者、不義なる者」のたとえとして、呪われて枯らされてしまったのです。

http://www.geocities.jp/kkokrjp/keizi9.html

参照。


496 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 21:38:16 ID:bxvX24yt
>>495

そういう時系列による単純な理解が一番オーソドックスかもしれませんね。

497 :488:2007/06/07(木) 21:42:57 ID:W5IXk8f1
こんなことを言うとウザがられるかも知れませんが、
再臨、裁きの日、関連が苦手なんです。
たとえば不動明王は、あらゆる神仏から見放された
極悪人すらも救わんとして恐ろしい表情をされているといいますが、
イエス様も慈悲の主、愛の主、赦しの主、救い主ということで、
地獄の炎で焼かれる人など無く、すべての人が救われるエンディングを信じたいのです。
異端ですかね。やっぱり一生洗礼は夢で終わるのかもしれない。

498 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 21:44:59 ID:bxvX24yt

まあ、無理してまで洗礼受けること無いと思うよ。


499 :488:2007/06/07(木) 21:52:22 ID:W5IXk8f1
>まあ、無理してまで洗礼受けること無いと思うよ。

神父様にも同じ事を言われました。
やはり諦めるしかないようですね。
私はただの、イエス様大好き人間ということで。・◇・

500 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/07(木) 21:53:27 ID:bxvX24yt
>>499

今はそれで十分やと思うよ。

洗礼は将来いつでも受けられるんやからね。

501 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 21:54:09 ID:aw7emfQf
エルサレム、新しいエルサレムというのは、御国のたとえ、象徴です。

1 また私は、新しい天と新しい地とを見た。以前の天と、以前の地は過ぎ去り、もはや海もない。
2 私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁のように整えられて、神のみもとを出て、天から下って来るのを見た。
(ヨハネの黙示録 21章)

だから、イエスのエルサレム入城は、そのイエス再臨の予型、雛型なのです。
イエスはろばに乗って、人々は棕櫚の葉を道に敷いて歓迎したでしょう。

イエスは、神殿から商人を追い出しました。
神殿とは、神(人類)が住む聖なる家、つまり、地球の象徴なんです。
その、神=人類が住むべき聖なる家にいた強盗を追い出したのです。



502 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 22:06:12 ID:aw7emfQf
再臨、裁きの日、最期の審判、選別、掲挙というのは、聖書の本質です。
それに目を背けていたなら、聖書はただの道徳書と変わりません。
聖書はもっと具体的な救済方法を教えてくれているのです。

ヨシュア=イエスと教えたでしょう。
地球人は呪われたカナン人に譬えられているんですよ。
ヨシュアに事前に降伏しなかったカナン人は聖絶されるのですよ。
不義なる者、愚かな者を排除しなければ御国は確立できません。

しかし、カナン人の中でも助かった者がいました。
だから、その助けられたカナン人を見習えば救ってもらえるのです。

503 :神無月:2007/06/07(木) 22:07:15 ID:LVInHucm
神って、無いよ。

504 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/07(木) 22:09:52 ID:IT6Yvq5E
>>483
お腹が痛くなるくらい面白い...
「貴方は自ら交通違反をしてはならないと言ってるのに、なぜ駐車
 違反をしたんか」
「近くに車を止める場所がなかったからです」

これと同じだろ。イエスが敵を愛せ(暴力を振るってはならない)
と言ってるのに、なぜ自らが暴力行為に及んだかを聞いてるんで
あって、暴力行為を行った直接的理由を聞いてるのではない。
自らが(暴力を振るってはならない)と言ってるのに敢えて暴力行為
に及ぶのは然るべき事情があるはずで、その事情を説明してもら
わないと何の意味もない。その事情が判らないのであれば、下らない
理由を説明するのはアホ丸出しだよ。
まして相手は暴利かどうかは判るまい。世の中の常識に従えば
この様な公的な場所の両替商は暴利をとれば誰も両替はしない(他に
適正な料金の両替商がある・暴利を払ってまで両替のニーズもない・両替
料金を支払ってもよりメリットがあるから両替する)し、商売が成り立た
ないよ。そんなの大人の世界だったら当たり前だw。





505 :神無月:2007/06/07(木) 22:15:13 ID:LVInHucm
>>504
イエスでもないのに、何いってんですか?

506 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 22:17:09 ID:CFodUzfx
>>504
わざわざ揚げ足とってまでおもしろがることですかね?

なんか哀れなほどに醜態なのですが。

507 :殺人集団自白した「オウム東京消防チョン創価つくる会壊滅」ハンター:2007/06/07(木) 22:19:10 ID:tHMSnezp

>>505
それなら、荒らす憎むべき者である、お前がお前自身に対して自問自答すべき言葉だろが、サル!



508 :神無月:2007/06/07(木) 22:28:43 ID:LVInHucm
>>507
> >>505
> それなら、荒らす憎むべき者である、お前がお前自身に対して自問自答すべき言葉だろが、サル!

ばか、ですか?

509 :殺人集団自白した「オウム東京消防チョン創価つくる会壊滅」ハンター:2007/06/07(木) 22:38:13 ID:tHMSnezp

>>508
お前がな!



510 :神無月:2007/06/07(木) 22:49:46 ID:LVInHucm
>>509
( *~∇~)_θお薬です お大事に♪

511 :殺人集団自白した「オウム東京消防チョン創価つくる会壊滅」ハンター:2007/06/07(木) 22:51:27 ID:tHMSnezp

>>510
ザコはまず新世界訳を棄てて、口の利き方を覚えてから来い、ゴキブリDQN




512 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 23:06:01 ID:BGFcc9GQ
聖書も宗派によって口語訳、新共同訳、新改訳
とか、使うのが違うみたいですが、カトリック、
プロテスタント、正教会、それぞれどんな聖書
を使うのでしょうか?あと訳は文語訳とか
他にも形式あるんでしょうか?

513 :神無月:2007/06/07(木) 23:08:31 ID:LVInHucm
>>512
ギリシャ語を学ばれたが良いのでは?

514 :神無月:2007/06/07(木) 23:09:21 ID:LVInHucm
>>511
雑魚ではないあなたは、何を学びましたか?

515 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 23:09:53 ID:K2YjVyKn
ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/homealone/1180313879/l50

↑このスレの62は創価ですが、どう思われますか?

516 :殺人集団自白した「オウム東京消防チョン創価つくる会壊滅」ハンター:2007/06/07(木) 23:13:58 ID:tHMSnezp

>>514
真摯に求道していれば、そんな言葉は返って来やしない。
この世の道理も解らぬザコが知って善いことではない。無いものを求めるなよ、怠け者!



517 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 23:56:28 ID:Zrvkq6f5
>>504
イエスは「暴力を振るってはならない」と言う教えはないど・・。

518 :488:2007/06/07(木) 23:58:12 ID:W5IXk8f1
>>517

兄弟に対して手を上げる者は、て言うのはどうでしょうか

519 :神も仏も名無しさん:2007/06/07(木) 23:59:49 ID:644HOV3D
教会に行きたいのですが、近所に結構たくさん教会があり
そのうちいいかなぁと思った三つの中から行ってみようと思うのですが
どこへ行こうか迷っています。
どこでも教え(方針?)などには大差ないでしょうか?
初心者が行きやすいところがあれば教えてくださると助かります。

ルーテル福音教会 日本キリスト教団 ルーテル福音自由教会

520 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 00:41:33 ID:f4J5bF2/
>>483

皆さん、気をつけてください。
また『長老派』というハンドルネームの人が嘘を書いています。
以下のように。

>商人の机をひっくり返したのは宮にて両替商が異邦人に
>対し、いい値(ぼったくり)であくどい両替をしてたので聖なる怒りを示されたのです。

大嘘もいいところです。
両替商が、異邦人相手に商売していた、などという聖書の記述は一切ありません。
あれは、ユダヤ以外の国に散らばっていたユダヤ人がユダヤの祭りのためにエルサレムに
上ってきたときの出来事です。ですから両替商は、ユダヤ人相手に決まっているのです。

521 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 00:43:44 ID:f4J5bF2/

まったく、『長老派』のいい加減さは、天下一品です。
ココモスキーさんは、みんなから攻撃されていますが、
長老派は、みんなが気がつかないような、適当な嘘をいつも
書いているので、あまり誰も気にとめないと思いますが、
聖書に反することばかり彼は書いています。


522 :神無月:2007/06/08(金) 01:30:54 ID:fjzHK+tW
>>516
有るものを、求めているのですね

有るものって?

523 :理子:2007/06/08(金) 01:43:40 ID:dh0FWeK6
キリスト教をはじめるには、お金がどれくらいかかりますか?

524 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/08(金) 01:44:24 ID:9ipzdRt0
>>520
そもそも何で神殿なんかに両替商がいるのか事情がわかってないん
だと思うよ...日本の伊勢神宮や出雲大社に銀行の出張所があるか???
@
その主な顧客はディアスポーラだろうし、イスラエルヤ国内も相当量ローマ
の貨幣が機軸通貨になっていたと言う事だよ...カイサルの物はカイサル
に神のもの(神殿通貨)は神へと言う聖句もここから事情を考えないと理解
できないと思うw
A
神殿の前では、牛と羊が売られていたらしい...ところがレビ記を見ると
神殿の奉納物は羊と言う規定がある。一方牛を聖なる生き物としたのは
ゾロアスターでしょ...何時の頃にユダヤ教にゾロアスターの習慣が
入ったのか興味がある

そんな事はどうでも良いけど、僕はまだ神殿の前でイエス様が暴力を
振るった事情を聞いてない。実はこの問題はメールで直接僕の所に
尋ねられて、自分で納得した答えを書けなくて、そのまま疑問で
残ってる事ですw...ヨハネ福音書の文章が案外答えを書いてる
気もするが...

525 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 02:17:46 ID:+p7JAw5d
>>524

>神殿の前では、牛と羊が売られていたらしい...ところがレビ記を見ると
>神殿の奉納物は羊と言う規定がある。一方牛を聖なる生き物としたのは
>ゾロアスターでしょ...何時の頃にユダヤ教にゾロアスターの習慣が
>入ったのか興味がある

新共同訳だと出エジプト記に

>20:24 あなたは、わたしのために土の祭壇を造り、焼き尽くす献げ物、和解
>の献げ物、羊、牛をその上にささげなさい。わたしの名の唱えられるすべての
>場所において、わたしはあなたに臨み、あなたを祝福する。

レビ記にも

1:2 イスラエルの人々に告げてこう言いなさい。あなたたちのうちのだれかが、
家畜の献げ物を主にささげるときは、牛、または羊を献げ物としなさい。

をはじめ牛を捧げ物にした場合についてかなり細かく書いてあるけど、他の本
だと違うのですか?
新共同訳だと創世記では鳥と羊を捧げ物にしているみたいですが。

出エジプト記の三章でモーセはミディアンの祭司エトロ(妻ツィポラの父)の元
で働いていたとき"柴の間に燃え上がっている炎"が気になってそこで神と出会
ってます。なんか火の神様っぽくないですか?


526 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 06:38:04 ID:GODn1VhH
横山ノックは生理中の女子大生の生理用ナプキンと性器の間に手を入れて
女子大生の性器を触り、生理の血が付いた自分の指をペロッと舐めたんだって。
地獄行きですよねえ。

527 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/08(金) 07:24:16 ID:9ipzdRt0
>>526
>生理中の女子大生の生理用ナプキンと性器の間に手を入れて
>女子大生の性器を触り、生理の血が付いた自分の指をペロッ
>と舐めたんだって。
聞きたい事は
   @この話が本当かどうか...話のソースを確認したい。
   A地獄とはどういうところであるか、確認したい。
   B地獄へ行く為の要件・基準・誰が判断するか...

そもそも、地獄と言うのは聖書にはあまりハッキリした概念はなかった
と思いますよ...うえの文章のどの部分がその要件に拘わるのかも
不明。

528 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 07:52:55 ID:NAwpRBzC
>>527

心底アホかと思う。

529 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 08:35:01 ID:U3AIace3
創世記では牛を捧げ物にした記述がない(少なくとも機械的に検索し
た限りでは)ようですが、牛は財産とも書いてありますから牛を捧げ
物にしなかったと断言することは出来ません。(羊や鳥については捧
げ物にした記述が確認できますけど)
決まり事としての捧げ物に牛が登場するのは出エジプト記からですね。

ただ注意しないといけないのはモーセ五書の執筆年代は意外に新しく
バビロン捕囚以降とされているのです。(一番最初のはずの創世記は
一番新しく書かれたという説もあるくらいです)
モーセ五書中、出エジプト記のモーセの前に現れた神がどことなくゾ
ロアスターチックな事や、民数記に出てくるかなり偶像崇拝臭い青銅
の蛇が出てくることなどについては残念ながら、原型であるアブラハ
ムやイサクやヤコブに関する口伝や出エジプト、カナン征服に関する
口伝 (紀元前1250〜1010頃)にどれだけ忠実なのか確かめる術はいま
のところありません。



530 :529:2007/06/08(金) 08:41:47 ID:U3AIace3
誤解しないで欲しいのは、これは人が書いた書物としての聖書の話
です。信仰の対象としての聖書とは全く別の話です。


531 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 08:59:54 ID:NAwpRBzC

「司祭伝承」というのは口伝(言い伝え)だったらしいですが、

「ヤーウェ伝承、エロヒム伝承、申命伝承」は口伝をまとめた書物があったようですよ。

また、生贄の様式はモーゼ当時の周辺国の偶像崇拝の礼拝様式から学習したもの、と考えらているようです。

532 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 09:34:23 ID:MJl1mAw7
日本の神社は外国の貨幣もお賽銭OKだよ

533 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 09:49:49 ID:f4J5bF2/
>>524
>そんな事はどうでも良いけど、僕はまだ神殿の前でイエス様が暴力を
>振るった事情を聞いてない。


イエスは、両替商に対して「強盗」という言葉で呼んでおられることに
注目してください。そうすれば謎は割合と簡単に解けます。

つまり、旧約のモーセの律法では、同胞のユダヤ人からは利子を取っては
いけないことになっているからです。

取ってはいけないものを取る行為は、「強盗」なのです。

両替については名目としては「手数料」になるのでしょうが、
本来の価値以上のものを要求する行為としては、「利子」と同じような
ものなのかもしれません。


534 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 10:00:27 ID:MJl1mAw7
つまり両替商は無償でやりなさいということだったのでしょうか。
この場合、神殿ではユダヤのお金を奉納しなければならない、という原則は
堅く守れ、というのがイエスの考えということになりますね。
ローマ皇帝の肖像のついたお金を神殿に奉納するわけにはいかない。

やっぱりどことなく愛国的なんですなあ・・・


535 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 10:01:38 ID:f4J5bF2/

もちろん、ユダヤ人たち自身は、イエスの怒りの本質を実は理解しているのです。
しかし、彼らはモーセの律法よりも、貨幣制度や経済活動を求めるのです。

それは今も昔も変わりありません。とても残念なことなのですが。

彼らが本当に心から悔い改めるまでは、イエスを信じることは出来ないでしょう。
神とマンモンとの両方に兼ね仕えることはできないからです。


536 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 10:04:53 ID:f4J5bF2/
>>534
>神殿ではユダヤのお金を奉納しなければならない、という原則は
>堅く守れ、というのがイエスの考えということになりますね。


そんなものはイエスの考えではありませんよ。
そうした決め事は、神殿に関する一切を管理していた
サドカイ派の連中が仕切っていたことです。



537 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 10:07:48 ID:MJl1mAw7
神殿に奉納するお金に関する律法というのは特に無いんでしょうか?

538 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 10:16:56 ID:f4J5bF2/
>>537
>神殿に奉納するお金に関する律法というのは特に無いんでしょうか?

「律法」と「法律」とを混同しないように気をつけてね♪

「律法」は、モーセが神から与えられた掟のことです。
「法律」は、ユダヤ人自身がサンヘドリン(最高法院)などでの裁判による
判例や、人々のコモンセンスなどをもとに決められたものです。

イエスは、特にファリサイ派に対して「神の戒めを侮り、人の決めた教えを守っている」と
強烈に批判したのは、このためです。




539 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 10:19:16 ID:f4J5bF2/
>>537
>神殿に奉納するお金に関する律法というのは特に無いんでしょうか?

もちろん、法律としてはあったはずです。手数料などを取ってもよいことに
なっていたはずだろうと思います。
だから、ファリサイ派もサドカイ派も、イエスに対して激怒したのですよ。
彼らの権威を、踏みにじるような行為をイエスはしたのですから。

しかし、イエスは人々の決めた決まりではなく、神の掟に従ってみせたのですよ。


540 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 10:19:17 ID:MJl1mAw7
つまりイエスは判例を軽くみているということですか?

541 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 10:22:02 ID:MJl1mAw7
つまりイエスその人こそがモーセ律法への回帰を志向する・・・
有る意味、「原理主義者」的な人だったということなんですね。
興味深いです



542 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 10:23:07 ID:f4J5bF2/
>>540

イエスは人の決めた決まりではなく、神の掟に従うように言っておられます。

マルコ 7:8 あなたたちは神の掟を捨てて、人間の言い伝えを固く守っている。」

マルコ 7:9
更に、イエスは言われた。
「あなたたちは自分の言い伝えを大事にして、よくも神の掟をないがしろにしたものである。
こうして、あなたたちは、受け継いだ言い伝えで神の言葉を無にしている。
また、これと同じようなことをたくさん行っている。


543 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 10:27:14 ID:f4J5bF2/
マタイ 15:1
そのころ、ファリサイ派の人々と律法学者たちが、エルサレムからイエスのもとへ来て言った。
「なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人の言い伝えを破るのですか。
彼らは食事の前に手を洗いません。」
そこで、イエスはお答えになった。
「なぜ、あなたたちも自分の言い伝えのために、神の掟を破っているのか。
神は、『父と母を敬え』と言い、『父または母をののしる者は死刑に処せられるべきである』とも言っておられる。
それなのに、あなたたちは言っている。『父または母に向かって、「あなたに差し上げるべきものは、神への供え物にする」と言う者は、
父を敬わなくてもよい』と。こうして、あなたたちは、自分の言い伝えのために神の言葉を無にしている。

偽善者たちよ、イザヤは、あなたたちのことを見事に預言したものだ。
『この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。
人間の戒めを教えとして教え、むなしくわたしをあがめている。』」

544 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 10:30:02 ID:NAwpRBzC
>>541

その通りですよ。

545 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 10:37:36 ID:f4J5bF2/

日本人は、ユダヤ教について無知でありますから
「律法」と「法律」の違いについて、牧師でさえもよくわからずに
イエスの言葉や聖書を理解できないままでいるのです。

そして、「イエスは律法主義を批判した」などと、トンチンカンなことを
平気で発言するのが、日本の一般的な牧師と言っても、言い過ぎではないように思います。
これも、とても残念なことです。どこかで誰かにそのように教わってしまったのでしょう。

ヨハネ第一の手紙 2:27
しかし、いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、
だれからも教えを受ける必要がありません。
この油が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。
だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい。

546 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 10:48:00 ID:NAwpRBzC
>>545

おそらく、その違いが分からないトンチンカンな日本の一般的牧師の認識のほうが正しいと思うよ。

547 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 10:53:33 ID:MJl1mAw7
律法と口伝律法は知っています。
サンヘドリンの判例は口伝律法とは別に「法律」として存在しているとは
知りませんでした。

548 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 10:57:40 ID:NAwpRBzC

ハラーハ。

549 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 11:03:51 ID:f4J5bF2/
>>547
>サンヘドリンの判例は口伝律法とは別に「法律」として存在しているとは
>知りませんでした。

「口伝律法」というのは、基本的には次のようなものです。
神はモーセに教えを与えたのですが、それは基本的には口伝です。
これらがトーラー(モーセ五書)として編纂されたのは、ずっと後の時代です。
つまり、ユダヤ人がバビロニアに捕囚されてしまい、民族滅亡の危機にあった時代、
どうしても口伝だった律法を、書物にする必要が生じました。
このように最初の聖書は、バビロニアで作成された、とされています。






550 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 11:10:44 ID:f4J5bF2/
>>547
これに対して、あくまでも口伝でなければならない、というものが口伝として残ったのです。
これが「口伝のトーラー」とか「口伝律法」と呼ばれているものです。
つまり、口伝であろうがなかろうが、これは元々モーセが神からいただいた言葉なのです。

イエスが言っていた「人々の教え」は、「口伝のトーラー」とは区別すべきものだと思います。
しかし、特にファリサイ派は、この「口伝のトーラー」にバビロニアの宗教観や様々な人間の教えを
取り入れた形跡が見られるようですから、あなたの理解も、そういう意味では正しいし、事実に則して
いるということになるかと思います。このことについて議論するのは良いことだと思います。

551 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 11:16:38 ID:MJl1mAw7
興味深いですね。色んな本に目を通したつもりでしたが・・・
この分野での研究や発言、議論がもっと増えるといいと私も思いました。


552 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 11:18:40 ID:MJl1mAw7
とくに一般人が読みやすいものを・・・。
といっても需要がないから出版されないかもしれないけど

553 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 11:41:57 ID:NAwpRBzC

そんなこと真に受けてよそで吹聴したら大変なことになると思うよ。

>>549 によればバビロニア捕囚まで律法は口伝だったことになってるけど、

そんなバカなことはないよね。

それから「口伝律法」というのは成文化された律法の書を取り巻く補足の文書のこと。

成文化されていない伝承のことではないの。

捕囚まで成文化されていないなら、聖書に記されている「神殿から出てきた律法の書」てのは何のことなんだ、ということになるでしょ。

554 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 11:45:20 ID:MJl1mAw7
あれれ。間違いなんですか。
うきゃん君補足ありがとうございました。


555 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 11:49:22 ID:NAwpRBzC
>>553

まず、キリスト教成立とともに切り捨てられた文書のことだよ。

一方、「ハラハー」というのは近年成立した文書のこと。

五書の元となったのは「司祭伝承、ヤーウェ伝承、エロヒーム伝承、申命伝承」で

司祭伝承だけが、まとまった文書ではなかった伝承です。

556 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 11:50:28 ID:NAwpRBzC

はっきり言って、思いつきで説明しないほうがいいと思う。


557 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 11:58:25 ID:NAwpRBzC

因みに、一番古いのはヤーウェ伝承で、ソロモン王の晩年にはできていたという説明があるから

http://pauline.or.jp/modules/newdb/detail.php?id=100

およそ紀元前1000年ころには書物として存在したということです。

558 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 12:01:26 ID:dIQNa4tk
スレ違いでしたらすいません。
数日前から家の近くのホテルに泊まりこんで
合宿みたいなことをやっている変な人たちについてお尋ねします。
その人たちは、全部で十数人でしょうか、20代から40代くらいの男女です。
彼らは午前中「聖書」と大書されたワンボックスのバンに乗って
市内を回りながら、ランダムな訪問をしているようです。
ワンボックスは白、聖書のロゴは青いラインで飾られていたような
印象です。ナンバーは確認できませんでした。
午後3時くらいからはホテルの玄関に出てきて
5人一組くらいの小グループに分かれて
「第○条!やろうと思えば何でもデキル!」みたいなことを
上体のアクション入りで怒鳴っています。
各グループにはリーダー格がついていて
「やり直おーし!そんな声じゃ伝わらんぞー!!」
と厳しく指導してました。
言葉づかいには関西訛りがあったようです。
グループの連中もリーダー格も、同じ服を着ていました。
上着は淡いグリーンの作業着というか人民服みたいな感じ、
ズボンはグレーの作業ズボンっぽかったです。
あと腕章をしてました。
彼らは、午前のワンボックスの活動、午後の大声の鍛錬(?)とも
たいへん熱心にやっているようでした。

私は新潟県に在住です。
ここは山に囲まれたノドカな市なのに変なのがきて
不安というより、ソートー気分悪いです。
この人たちって何の団体なのでしょうか?
お分かりの方、お教えください。

559 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 12:41:08 ID:NAwpRBzC
>>558

間違いなく統一協会。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E7%B5%B1%E4%B8%80%E7%A5%9E%E9%9C%8A%E5%8D%94%E4%BC%9A

560 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 12:50:14 ID:dIQNa4tk
558です。
そうなんですか。
どうもありがとうございました。


561 :523 理子さま:2007/06/08(金) 15:17:17 ID:46aEG1UP
キリスト教をはじめるにあたって、お金はかかりません。教会の講座はテキスト代
程度です。ミサや聖体礼儀や礼拝で使うものは、用意してあります。席上献金は
用意がないからといって叱られることもないですが、何もしないのは心苦しいなら、
ワンコイン程度を用意しておかれては?
キリスト教はどの宗派にいくかで、献金負担が違ってきます。年寄りが多くてそっけない
ところは伝統宗教なので、献金は安いです。年寄りが少なくて、歓待してくれ、名前や住所を書かせ、
ドラムやベースで伴奏し、早く洗礼を受けろというのは新興宗教なので、献金が高いです。
献金の目安は大きなカトリックなら総収入の1から3l、小さなカトリック・正教・
プロテスタントの伝統宗教は総収入の3から5パーセント、新興宗教なら15から20パーセント程度
をみておかれるといいでしょう。ではよいところがみつかるようお祈りしております。

562 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 16:12:53 ID:ivrNoL0v
>>561
キリスト教にしろ浄土宗にしても後に抜ける時に嫌な思いするから、
何処にも入信しない事が理想です。
神の心を学ぶには宗教団体は無用です。
ネットでも十分に学べますから・・。
消費税が5パーから7パーに上がるだけでも大変なのに、
総収入の3から5パーセント、新興宗教なら15から20パーセント程度なんて、
カルト洗脳の証拠です。
私たちが生きて社会活動(勤労)する事こそ、神の御心なのです。
宗教入信は人生の逃避です・・!

563 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 16:26:29 ID:NAwpRBzC
>>562

はっきり言って、いく必要が無いなら止めとくべきだと思うよ。

ただ、聖書は一生のうちに一度ぐらい全部読んでみたらいいと思うよ。

564 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 17:54:04 ID:f4J5bF2/
>>553
>それから「口伝律法」というのは成文化された律法の書を取り巻く補足の文書のこと。
>成文化されていない伝承のことではないの。

「口伝のトーラー」は、トーラーの補足ではありませんよ。
どこに、そのようなことが書いてあったのですか?


565 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 17:57:14 ID:f4J5bF2/
>>557
>因みに、一番古いのはヤーウェ伝承で、ソロモン王の晩年にはできていたという説明があるから
http://pauline.or.jp/modules/newdb/detail.php?id=100
>およそ紀元前1000年ころには書物として存在したということです。


うきゃん君のリンクしているサイトのどこに、文書化されていた、と書いてあるのですか?
その時期に伝承が出来た、としか書かれていないではありませんか?

この件について、うきゃん君からの、きちんとした説明を求めます。

566 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:01:00 ID:NAwpRBzC
>>564

たとえば、こういう説明があります。

しかし、「成文律法」に付随した解説が最初から「口伝律法」
として存在したという主張には耳を傾けねばなりません。

http://www.h3.dion.ne.jp/~ivrit/oral%20law.htm


567 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:03:22 ID:NAwpRBzC
>>565

http://pauline.or.jp/modules/newdb/detail.php?id=100

旧約聖書の最初にある、創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記の5つは、「モーセ五書」と呼ばれています。出エジプトから約束の地に至るまでの、イスラエルの民の信仰の歴史が書かれており、イスラエルの救いの歴史の原点となっています。

逆にお聞きしますけど、書かれていないのに、なぜ「ソロモンの治世の晩年にできあがったもので、」
と説明されているのですか?

書かれなかったのなら、なにが「できあがった」のでしょうか?

568 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:11:25 ID:NAwpRBzC

また、カトリック信者である研究者の江礼宮夫氏のサイトでは

JEDPの各伝承は「資料文書」であると表現されています。

JEDPが文書であることなど、いまさら説明する必要さえない当然の事実ですよ。

http://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/kyuyaku.html

569 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 18:13:38 ID:f4J5bF2/
>>553

列王紀下22章

ユダの王ヨシヤは申命記改革を行いました。これは、うきゃん君の言うように
紀元前621年に発見された「律法の書(原申命記)」を用いたのです。
この「律法の書(原申命記)」はヨシヤの祖父であるヒゼキヤ王が残したものらしいです。

この律法の書(列王下22〜23章)は、紀元前7世紀エルサレムで著述された原申命記のことで、
これを捕囚後祭司達が修正増補したのが、申命記とされています。
ですから、モーセ五書が編纂されたの捕囚時代なのです。

これは「律法の写し」(ミシュネー ハットーラー)と呼ばれるたりもするそうです。

570 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:15:54 ID:NAwpRBzC
>>569

モーセ五書が捕囚後に成立した、という点については異論ありませんが、

そもそもそういう話をしているわけではありませんよね。

571 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 18:18:03 ID:f4J5bF2/
>>549 で僕が書いた以下の文章

「これらがトーラー(モーセ五書)として編纂されたのは、ずっと後の時代です。
つまり、ユダヤ人がバビロニアに捕囚されてしまい、民族滅亡の危機にあった時代、
どうしても口伝だった律法を、書物にする必要が生じました。
このように最初の聖書は、バビロニアで作成された、とされています。 」

これのどこが間違いなのか、うきゃん君、教えてください。


572 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:23:23 ID:NAwpRBzC
>>549 の記述

>「口伝律法」というのは、基本的には次のようなものです。
>神はモーセに教えを与えたのですが、それは基本的には口伝です。
>これらがトーラー(モーセ五書)として編纂されたのは、ずっと後の時代です。
>つまり、ユダヤ人がバビロニアに捕囚されてしまい、民族滅亡の危機にあった時代、
>どうしても口伝だった律法を、書物にする必要が生じました。
>このように最初の聖書は、バビロニアで作成された、とされています。

ここで、バビロニアで五書が著されるまでの間、「基本的には口伝」しかなかったといっていますよね。

それで、私は、そんなことはありません。文書がありました、と言ったわけです。

しかし、あなたは、否、文書は無かった、と主張した、

しかし、急に >>569 で「原申命記のことで」と言い出すのは不自然ですよね。

結局、文書はありました。認めます、ということなのですか?

573 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:25:15 ID:NAwpRBzC

それから、>>564 に対する回答 >>566 はお目に入らないのでしょうか?


574 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 18:26:26 ID:f4J5bF2/
>>572

何か論点がかみ合わないだけで、うきゃん君の書いていることも
別に間違いではありませんので、どうでもいいような気がします。

つまり、僕が書いているのはこういうことです。

バビロニア捕囚というユダヤ人滅亡の危機の時代にあって、
彼らはモーセ五書を残したのです。それまでは、そういうことは
していなかったのです。しかし、それまで一切の文書がなかったわけでも
ありません。それは、うきゃん君の書いているとおりです。


575 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:27:11 ID:NAwpRBzC
>>574

それで結構だと思います。

576 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 18:29:15 ID:f4J5bF2/

それまで文書化されていたものありますが、律法の書は皆が読んでいた
わけではないはずですよ。
なにしろ、それらの原書は神殿から見つかったり、どこかの家系の
人が、保存していたりしたのですから。

基本的に、ユダヤ人は律法を口伝えで教えていた、と僕は聞いています。
そして、それをモーセ五書のような文書化したのは、バビロニア捕囚時代以降です。




577 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 18:31:57 ID:U3AIace3
>>568

>JEDPが文書であることなど、いまさら説明する必要さえない当
>然の事実ですよ。

事実というのは言い過ぎです。ベルハウゼンの説は今日では以前ほど
支持されていません。口頭伝承の時点でモーセ五書の骨格がほとんど
完成していたというかつての通説に対しても疑問が多く差し挟まれて
います。

578 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:33:15 ID:NAwpRBzC
>>576

随分主張内容が変化しましたね。

あまりいつまでもだらだら言い続けないほうがいいと思います。

それから、日本人はユダヤ教を知らないのなんのと、

大して知りもしない人に限ってそういう自分の発言の価値だけ高まればいい、

みたいな恥ずかしい発言をするものです。

以降は謹んで、聞き苦しいことは言わないように、

自分の知っていることだけ説明すればよろしいのではないかと思います。

579 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:36:29 ID:NAwpRBzC
>>577

本当に文書がなくて「口伝え」で伝えられたのであれば伝承の系譜が4系統ではすみませんよ。

そんなことは当然ですよね。

J伝承の支流がたくさんあるはずです。ですが、実際にはJ伝承の支流、というものは見当たりませんよね。

完璧な「口伝え」であったとは思えないですよ。

あなた「伝言ゲーム」って知ってるでしょ?

口伝えでは、ほんの数分前の事柄が変化してしまいますよ。

580 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 18:39:50 ID:NAwpRBzC

だいたい、文字が存在しない文化であればそういうことも可能性としてはあるでしょうが、

既に立派な文字文化が完成していたのに、そのような大事なことを文書化しなかったはずがないでしょ。

581 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 19:06:12 ID:U3AIace3
>>579

>JEDPの各伝承は「資料文書」であると表現されています。
>JEDPが文書であることなど、いまさら説明する必要さえない当
>然の事実ですよ。

誤解があるようなのでもう一度書きます。

JEDP資料やQ資料は、考古学者や歴史学者が発見した文書(パピルス
など)ではなく、聖書記述間の矛盾や言語学的相違などから聖書学者
が"想定"している仮説の中にのみ存在する「資料」にしか過ぎません。

最近の研究ではベルハウゼンが19世紀に唱えたJEDP仮説はもう通説と
は言いがたいのです。

(研究者であればモーセ五書が大勢の著者によって長い時間をかけてま
とめられたものということに異論を挟む人はそうは居ないと思います
が)

おっしゃる通りモーセ五書成立以前はすべて口伝であると考えるのに
は無理があります。ベルハウゼンが想定したものとは違うかもしれま
せんが、口承や複数の文書化された伝承を元に複数の作者によってま
とめられたと考えるのが自然でしょう。
ただ成立時期に関しては、モーセ五書がバビロン捕囚以降に成立した
という事以外に確実に分かるものが一切ないといってもいい状況に近
いです。(前の方で口伝に関して通説としてかなり古い年代書きまし
たが、これについても、今日の研究者の間では否定的な意見が多いの
だそうです)

582 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 19:12:19 ID:NAwpRBzC
>>581

混乱しますので、ご発言には根拠をお示しください。

583 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 19:36:19 ID:U3AIace3
>>582

>混乱しますので、ご発言には根拠をお示しください。

JEDPが仮説であることについては568のリンク先にある江礼宮夫氏
のサイトにも書かれていますよ。

>モーセ五書の古典的四資料仮説によれば、五書はJ(ヤハウェ資
>料)、E(エロヒム資料)、D(申命記資料)、P(祭司資料)
>の四資料(層)から構成されている。(参考――聖書大辞典、教文
>館)。

ttp://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/kyuyaku.html#kome2

江礼宮夫氏も"古典的四資料仮説"と書いているように、古い説なん
です。詳しくは津村俊夫氏の著作とか読んで下さい。

584 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 19:40:32 ID:NAwpRBzC
>>583

ありがとうございます。既に存じております。

「古典的」ということは、それなりの信頼できる経歴を十分経験している、

と考えることもできると思います。新しく信頼に足る証明がなされない以上、

古典的確証が現状における十分確証であるとも考えられます。

このスレは、実験的考古学的検証結果を吟味するためのものではありませんから、

古典的検証で十分だと思います。

585 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 20:14:45 ID:BkZwEAXp
ところで、聖書では、神は、愛なる方であると同時に、人類が、悔い改めなければ

裁かれると、最後の審判の存在も指し示しておられる。そこで、>>426のように、人類

が、悔い改めないなら、人類以外の主に忠実な僕を起こしてください。破滅もいとわないとさそり座の男が

言っているが、もしそれが、マジレスなら、その祈りは、霊的なリストッカットとではないだろうか!

現状に失望した、日本人が、イエスに出会えず、宇宙を滅ぼしたいと、密かに思っている日本人も多い

のではないだろうか!御心に忠実な種別をおこしてください。ありえん!との改革派(reformed)の回答では、

うなじの硬いさそり座さんの心を神に向かって開かすことはできないのではないか!

このような人に神を知ってもらうには、どうするのか?改革派以外の、諸教派、カトリック、ペンテコステ、メソジスト、日基は

どう対処するのか。適切な御言葉はあるのか、しめしてください。

586 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 20:32:12 ID:NAwpRBzC
>>585

ご質問の内容は、つまり、何なんでしょうかね。

587 :神無月:2007/06/08(金) 20:57:23 ID:HL0S99rz
聖書というものは、無い。
キリスト教と言うものは、無い。

宗教とは、いかに、生きるか ? と言う生き方。
そして、他を利する修行、である。利他行と、言う。

588 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 21:09:00 ID:f4J5bF2/
>>578
>それから、日本人はユダヤ教を知らないのなんのと、
>大して知りもしない人に限ってそういう自分の発言の価値だけ高まればいい、
>みたいな恥ずかしい発言をするものです。

ユダヤ教やユダヤの歴史を知らないでは、聖書をきちんと読み
解釈することは大変困難になります。
日本人は、もっとユダヤ教やユダヤの歴史に興味を持つべきだということです。
自分の発言の価値?とか、うきゃん君の考えているようなこととは違います。
どうして他

589 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 21:13:06 ID:f4J5bF2/
うきゃん君さんへ
あなたは他人の発言について「恥ずかしい発言」みたいなことを書きたいのでしょうか。
別に恥ずかしいことはないし、間違いがあれば指摘してくださればよいだけなのです。
人をわざわざ貶めるような書き方をするのは、きっとあなたの根性の曲り具合を表わしているんでしょう。

別に、僕はあなた宛に書いているわけではないのです。
聖書をより深く読みたいと考えている人に向けて書いているだけです。




590 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/08(金) 21:15:25 ID:f4J5bF2/

僕の書き方が悪かったこともあり、そこを突っ込まれたのは仕方ないことですし、よいことですが
人を侮辱するような書き込みを平気でしている輩(もちろん、うきゃん君のこと)には辟易します。


591 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:15:49 ID:NAwpRBzC

>聖書をより深く読みたいと考えている人に向けて書いているだけです。

わからん人やね。だからダメだと言ってるんだよ。

592 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:16:43 ID:NAwpRBzC
>>590

そらそれだけ本当のところ突きまくられたら辟易もするでしょ。

593 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:20:09 ID:NAwpRBzC

本当のところ、わざと嘘を言っているのか、

知らずに間違っているのか、どっちなんですか?

はっきり言って、区別がつきません。

594 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:21:13 ID:NAwpRBzC

「長老派」が、明らかにわざと極端なことを言っているのは明らかやけどね。

595 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:23:11 ID:NAwpRBzC

それから、なんで2時間半も後になって文句言い出すのかもようわからん。

596 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 21:23:19 ID:IgvnP+TB
ダニエルさんの書き込みよむと、信仰がわいてくる ありがとう

597 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:25:49 ID:NAwpRBzC

そらよかったね。

598 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:28:32 ID:NAwpRBzC

そこまで恥ずかしいことして質問箱で嘘を吐き続けたい本意がようわからん・・

599 :神無月:2007/06/08(金) 21:46:55 ID:HL0S99rz
先生 !
質問、です。

聖書というものは、無い。
キリスト教と言うものは、無い。のです。

宗教とは、いかに、生きるか ? と言う生き方。
そして、他を利する修行、である。利他行と、言う。ことです。

お答えください。

600 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/08(金) 21:48:21 ID:NAwpRBzC
>>599

それ、どう見ても質問じゃないよね。

601 :神も仏も名無しさん:2007/06/08(金) 23:15:19 ID:BkZwEAXp
>>599
利他行は、宗教と言うより、道徳のにおいがするんだけど・・
それに、行動だけで、又行動の結果だけによって、神無月さんが神さんから愛
されるようにはおもえないんだけど。道徳的な利他行も神によく自分をみせたい
と言う動機からなら、神はそれをOKとされない。
神はアブラハムやその子孫に世界を受け継がせることを約束されたが、その約束
は、律法に基づいてでなく、信仰による義に基づいてなされたのです。〜恵みに
よって、アブラハムのすべての子孫、つまり、単に律法にたよる者だけでなく
、彼の信仰に従う者も、確実に約束にあずかれるのです。(ローマ4:13〜4:16)
私たちの罪の為、身代わりになられたイエスに従う生き方をする者も、確実に約束(人生の勝利)
と、天国に将来はいれる約束を手にするのです!

602 :蟻の町のマリア宮崎希美 ◆55nynIr58w :2007/06/09(土) 00:00:43 ID:WTq7PJg7
>>601
利他行も宗教になるよ。
例えば、ローマ、天理市とで2回に渡り、カトリックと対話した天理教。
カトリックは心を変えることで行動を変える、天理教は行動を変えることで心を変える。
どちらも一神教でありながら、まったく反対のアプローチ。


603 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/09(土) 01:10:47 ID:vEsjqwl1
>>585
文章が長いので、コピーは取らんけど、キリスト教会の半分は、この世に
挫折した奴の憂さ晴らし、文句の掃き溜め、社会での活躍が困難な奴が
せめて世の中に害が及ばないようにする為の収容所だよ...
こういう連中がすきなのが、
  「人類が、悔い改めなければ裁かれると、最後の審判の存在も指し
   示しておられる。」
と、自分等をまともに扱わない社会が何時かなくなると期待してるんだろ
これもイエスの再臨と同じで、どんな大災害が起ころうが、戦争があろう
が、それは「最後の審判」ではないんだろ...自分らが陽の目を浴びる
時代が来なければ「最後の審判」が来たとは言わないんだろ...
残念ですが、その日は永久に来ません。

604 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 01:35:33 ID:3fkaca4L
>>603

>キリスト教会の半分は、この世に挫折した奴の憂さ晴らし、文句の
>掃き溜め、社会での活躍が困難な奴がせめて世の中に害が及ばない
>ようにする為の収容所だよ...

随分偏った意見だな。穏健な教派の一般的な信者は普通に働いて暮ら
してる人ばっかだろ。

>どんな大災害が起ころうが、戦争があろうが、それは「最後の審判」
>ではないんだろ...

当り前だろ。それは"最後の審判"ではなく黙示録に描かれる最終戦争
(アルマゲドン)だ。つーか、アルマゲドンは神と悪の戦いなんだから
それが今後あるとしても人が滅んだじゃねーのか。

死者を甦らせて裁くのが"最後の審判"だ。

茶化して書くのはいいけど、茶化す相手の基本的なところ位は押さえ
ておこうよw バカに見えるぜ。

605 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/09(土) 01:51:40 ID:vEsjqwl1
>>604
>当り前だろ。それは"最後の審判"ではなく黙示録に描かれる最終戦争
>(アルマゲドン)だ。つーか、アルマゲドンは神と悪の戦いなんだから
ハルマゲドンを知りたかったら
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_mokushi.html
見て欲しいんだけどね...「最後の審判」を知りたかったら
聖書には書いてないよ。(黙示録の大審判は最後の審判ではない)
ゾロアスターの経典を読んでチョ


606 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 04:22:32 ID:3fkaca4L
>>605

キミはいわゆる聖書学的な解釈と今日教会などで信仰されているそ
れを混同しているね。
歴史的に観ればヨハネの黙示録自体はローマ支配下で迫害されてい
るキリスト教徒達に、もうすぐローマの支配は終わるって書いてる
だけのものだろ。
今のキリスト教はローマ国教化(ローマ皇帝の支配と矛盾しない形に
改編した)されたものをベースにしているのだから、同じテクストを
使っても全然違う意味に取ってる訳だよ。
(国教化されたされた時点で迫害クリスチャンへのメッセージとして
の黙示録の役目は既に終わっている)
そんなのあげつらっても意味ないじゃないか。

受験生が天満宮の天神さんのお守りを「学業の神様だから」って持っ
ているのに対して、元々天満宮は憤死した菅原道真の怨霊を鎮めるた
めの神社なんだから学業の神様なんていうのはチャンチャラおかしい
って言ってる野暮なおっさんと大差ない。

607 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 04:29:10 ID:3fkaca4L
>>605

>エフェソス教会には楽園の「命の木」を与えると言っており、「命の
>木」は、創世記(3/22−24)にある様に、永遠の命に至る木であ
>り、神は人類が永遠に生きる事を阻止する為に、アダムとイブをエデン
>から追い出した物で、ヨハネはその事情を理解していない様だ。

命の樹の実まで貰うと 知恵+不死の命 = 神 って訳ですよ。
凄いじゃないですか。
これからエフェソス教会の人々を神としてあがめるとヨハネを名乗る
人は宣言しているわけです。位のことを書くのかと思ったのだがw

608 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 05:35:48 ID:oVS6q+fA
>>603
ちゅうか先進国では、キリスト教徒はどちらかというと、
人生の負け組より、勝ち組の方が多いのだが。
うちの教会にも某有名大学の学長さんもいらしているし、
比較的裕福層が多いように見受けられる。それになにより
世界一の権力者であるアメリカの大統領はキリスト教徒であるわけなんだが。
先進国で、君のいうような、人生の負け組のはけ口になっている宗教は
キリスト教というより、イスラム教なんじゃないの〜。
コーランのマホメットの能書きなんかも、
自分達が勝てない敵国、敵対する者、自分達を迫害する者に対して
『今にみておれ、アッラーが必ずやあの者達に裁きをくだそうぞ』と、こればかりなのだが。
負け組の憂さ晴らしのはけ口になっている宗教は、
今も昔も先進国の貴族達を取り込んでいったキリスト教ではなく、
どうみたってイスラム教のほうだよね、普通に。

609 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 07:22:44 ID:WQA7SCMo
最近ここに、うきゃん君が一日中張り付いていて本当に気分が悪いです。

610 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 08:42:09 ID:R8fhdwah
あ〜あ、比喩、たとえ、象徴を理解できない人達がいくら議論したところで、
目糞鼻糞だね。

聖書の成立過程を議論しても大した意味はない。

聖書は聖霊によって書かれたもの。
聖霊(天使)が書いて完成してから、霊感(テレパシー)によって預言者に書き写させただけなんだから、
成立過程がどうであれ、世界宗教の聖典として聖書が存在していれば、それでいいの。

そんな成立過程を議論するよりは、聖書の真意、象徴的意味を探る方が遥かに重要。

それと、あなたがたは、「この地球の中、地球人の中だけでしか考えようとしていない」
だから、最期の審判の意味も解らない。

イエスは天に帰って、天から降りて来るんでしょう。
天とは宇宙じゃないの。

でも、天にいるのはイエス(天使)だけじゃない。
天使の敵である、サタンの軍勢もいる。

サタンの軍勢も地球の覇権を狙っている。
彼らが、何故、まだ来ないのか?
それは、「まだ待っていた方が得だから、もう少し待っているか」
というだけの理由による。

しかし、それが間も無く切れる。
だから、もうじき彼ら、サタンの軍勢が来て、地球の覇権を乗っ取ってしまう。
そして、あなたがたは、サタンの奴隷にされる。

終末、この世の終わり、とは「地球人の時代の終わりに」という意味。
いつまでも地球人の時代が続くと思うなよ。
脳天気な豚さん達。

611 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 08:49:26 ID:2sEPjLMf
>>610
聖霊と天使を同等に取り扱うお前の教会は何ていうカルト?

612 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 08:51:20 ID:HrqWtz1K
 うんこー
    人
 ピュー(_)
   (__)
  ( ・∀・)
 =[~∪ ̄ ̄]
 = ◎――◎


613 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 09:54:08 ID:g+Yy4+H2
ココモスキーは最低だ。

614 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/09(土) 10:53:41 ID:vEsjqwl1
>>610 の様な発想をする奴が、社会的にそれなりの立場の人であったり。
高度な専門技術職をしていたり、人柄の良さで周りから好かれてる御仁
とは到底思えない。
>キリスト教会の半分は、この世に挫折した奴の憂さ晴らし、文句の
>掃き溜め、社会での活躍が困難な奴がせめて世の中に害が及ばない
>ようにする為の収容所だよ...
の発想は、こういう御仁を見ると常々思う事だよん....

615 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 11:29:21 ID:07QDHzpx
>>614

似たり寄ったり、というか、あんたより少しマシだと思った。

616 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 12:26:20 ID:R8fhdwah
はははは、聖書の成立過程にしか興味のない原理主義者のココモよ。

サタンが何故、まだ現われないで、待っているのか?

それは、一番得な時に地球を乗っ取ろうと狙っているからだよ〜〜ん。

地球人がせっせと都市や設備を造っているから、それをそのまま頂こう、って考えているんだよ〜〜ん。
でも、あまりいつまでも待ってると、地球温暖化や環境破壊、資源の枯渇などが進行していってしまうからね。

だから、「これ以上は待てない、これ以上待つとマイナスの方が多くなる」
っていう時、

彼らから見て、地球人の働きがプラスからマイナスに転じる時が、介入の最適ポイントなんだよ〜〜ん。

それで、その時を狙って、キリストの振りをして姿を現して、馬鹿な地球人を騙して、
地球の覇権を盗み取ってしまうんだよ〜〜ん。

そして、地球人に666の獣の刻印を押して、奴隷にしてしまうんだよ〜〜ん。

これが火の池、地獄のことだよ〜〜ん。
天使の救済を断った馬鹿な豚どもが、サタンに支配されて、未来永劫その奴隷にされるんだよ〜〜ん。

617 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 12:27:35 ID:nJqyCWuM
↑まだいたのかこの人・・・(笑

618 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 12:28:26 ID:LyLMNolC
ものみの塔が勧誘に来ます。
近くに教会があるのですが、そこからは全然勧誘に来ません。
教会の人はやる気がないんですか?

619 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 12:45:05 ID:iRdUr2VH
>>610
SF映画の見すぎじゃろがぁ・・
聖書の真意、象徴的意味なんて糞、時代遅れ!

620 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 12:46:46 ID:nJqyCWuM
もうちょっとまじめにやれー。

621 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 13:05:14 ID:07QDHzpx
>>618

勧誘第一ならものみの塔にしとけばいいってことじゃないの?

622 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 13:09:44 ID:R8fhdwah
はははは、

イエスの再臨の予定時も掲挙の予定期間も、聖書にしっかりと書かれてあるのに、
それを聖書から読み取れずに、
その時を無駄に過ごし、救済を右から左へと受け流してしまった愚かな豚どもよ。

再臨の予定時から8年が経過した。

今は本来なら「サタンの侵略から防衛する為に、天使の指導の下にその準備をしていなければならない期間」

しかし、何もしていない。
何の備えもしていない。
救済が過ぎ去ってしまったことも解らない。

未来が見えない盲目の豚の群れ。
ただ、サタンの餌食になるのを待つのみ。

愚か。
哀れ。

623 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 15:23:58 ID:VibjeYAy

質問です。

浄心庵の長尾弘という人物が、
超常現象治療と名乗り
キリストの名前や写真を使って、
全国で公演活動などをしているみたいです。
浄心庵HP http://jyoushin.com

キリスト系教会とは無関係にも関わらず、
こういった人物や団体などが、
キリストの名前や写真を使って活動した時に、
各教会などは該当人物に警告や広報などを行わないのでしょうか?

以前、元女子プロレスラーのミミ萩原が、
聖母マリア云々を語った時には、
何かアクションを起した教会があったと記憶しているのですが。



624 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 15:30:53 ID:07QDHzpx
>>623

うっかりきゃえるをぶっ殺しておいて

哀れ 哀れ
      ものの命の哀れさよ
      鍬の刃先に
        蛙 命消ゆ

「哀れ」で済ますようなクルクルパーはほっといたらよろしい。

625 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 15:41:31 ID:iRdUr2VH
>>623
私が地球を管理しておりますが、
この件は承認しておりますので許可を与えております。
ご心配無用です。

626 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 15:50:36 ID:07QDHzpx
>>625

地球って管理の報酬いくらぐらいなの?

627 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 15:56:40 ID:iRdUr2VH
>>626
天国ではお金いらないんです・・。
必要なものは何でも手に入るんです。
彼女もだおっ・・!
よく宇宙会議開いて、キリスト教廃止しようかとの予定もあるどぅ・・。

628 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 16:00:52 ID:07QDHzpx

すごいね!

でも、案外超越してないんだね、カノジョとかね…


629 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 16:56:20 ID:lFaRY5KN
なにうきゃん全然引退してねーぢゃん
やっぱ口だけか。それともそんな風だから学校でも嫌われて引きこもったかwww
哀れだなwwwww

630 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/09(土) 17:16:21 ID:vEsjqwl1
やっぱり神学校くずれか...オレの娘も神学をやりたいって言ってたけど
あれは、他の学部で相手にされない奴が行くんだと言ったら、地元の国立
大学の理系に受かって、4月から通ってるw。神学ほど腐った学問なんか他に
あるまい。

631 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 17:20:23 ID:nLrf0rjW
ココモスキーさんって50歳近辺だったんですか?

そんな歳で「だよ〜ん」とか馬鹿だのアホだのって・・・

宗教以前にどこか人格の大切な部分が欠落してるように思います><

632 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 17:24:59 ID:07QDHzpx

イスラームの神学校って日本にあるの?


633 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 17:34:31 ID:07QDHzpx

あっても女性は入学できないよね。

ってことは?

ひょっとして娘は「アホプロテ」の神学校へ逝きたがったわけ?

ぷ ><

634 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 17:36:40 ID:0+2x6FSl
聖なるかな ってなんですか?

635 :神無月:2007/06/09(土) 17:59:58 ID:6wPz8xTF
宗教とは、いかに、生きるか ? と言う生き方、を問う。

究極の目的は、他を利する修行、である。
慈悲行、である。

そこを利他行と、言う。


ヨシュアさんは、自分を大切にするように、隣人を大切にしなさいな、と言う。
隣人愛、と言う。

636 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 18:07:23 ID:rsX7kh38
クリスチャン(3世)の恋人がいます。

この前、「そろそろ堅信(字あってますか?)を受けないと。
20歳の時から今まで忙しくてできなかったからなー。」
と言っていたのですが堅信とはなんでしょうか?




637 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 18:30:42 ID:3fkaca4L
ココモの年齢に絶句。クリスチャンの無知を云々する以前に自分をどうに
かした方がよいと思うよ。いくら匿名掲示板でもああいう書き方は大人と
してダメだろう。

#今まで聖書学を面白おかしく書いた本を読んだ中学生がはしゃいで
#「ミトラのパクリだよ〜ん。ゾロアスターのぱくりだよ〜ん」って書いてるの
#かと思ってたよ。新たな発見だw

638 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 18:37:06 ID:07QDHzpx

僕珍は最初からヲッサンだと思ってたよ。

639 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 18:43:50 ID:3fkaca4L
>>636

教派によって違うけど一旦洗礼を受けた人が「僕ちん信者ですよー」って
もう一回宣言する儀式。幼児洗礼の場合は自分の意思で洗礼受けた訳
じゃないから大人になってから堅信を授かることで自分の意思で信仰の
意思を示したって意味がある。
一般的な教派なら特別何かが変わるわけじゃないと思うけどね。
(義務じゃないのにわざわざ堅信授かろうってくらいなんだからその時点
で既に熱心なクリスチャンだし)
軽いケジメみたいなもんでしょう。

640 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 18:44:04 ID:UTjbQv1Z
プロテスタント教会で見られる、オリジナルの賛美曲を用いて
ハイテンションで神を礼拝しているのは何派?
作詞曲して、ピアノやギターに合わせ手を叩き歌うという礼拝スタイルは教会によるのですか?
プロテスタント教会は厳かな礼拝ではなく
熱く明るくというイメージがあるのですが
やはり教派によりますかね。

641 :636:2007/06/09(土) 19:03:59 ID:rsX7kh38
>>639
レスありがとうございます。なるほど、けじめですか。
普段クリスマスのミサに行く程度なので、熱心な信者がうけるものとは
ちょっと驚きました。
でも実は他宗教でいう出家みたいなものかとうやや心配していたので分かってよかった。
儀式というのは何か特別な用意があったりするのでしょうか?

642 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 19:08:52 ID:07QDHzpx
>>640

聖神中央教会とか、そういう感じ。

643 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 19:25:36 ID:cDxqqlvy
KGKによって傷つけられて苦しんでいる人がいっぱいいるんですが、
KGKは、その人たちに謝罪しようとしません。KGKの人の中には、
傷ついた方が悪いと、さらに被害者を罵倒します。これってキリスト教的に
はおかしいのではないでしょうか?

知らず知らずでも、人を傷つけたら、謝るのが、イエスキリストの心なのでは
ないかと思いますが、どうなんでしょうか?

644 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 19:28:43 ID:nLrf0rjW
>>643
端的に言ってどんなところが問題でどんなところに傷ついてるのですか?

645 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 19:36:58 ID:07QDHzpx

KGKって何?

ロシアの諜報機関とか、その辺?

646 :634:2007/06/09(土) 19:43:12 ID:0+2x6FSl
>635
サンクスです

647 :神無月:2007/06/09(土) 19:45:56 ID:6wPz8xTF
宗教とは、いかに、生きるか ? と言う生き方、を問う。

究極の目的は、他を利する修行、である。
慈悲行、である。

そこを利他行と、言う。


ヨシュアさんは、自分を大切にするように、隣人を大切にしなさいな、と言う。
隣人愛、と言う。

さて
ヨシュアとは?

648 :634:2007/06/09(土) 20:49:24 ID:0+2x6FSl
わかりませんが、
やさしい人です。

649 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 20:52:36 ID:/p7p7adC
平和主義で名高いクエーカーに入信したいのですが
日本に教会はあるのでしょうか?
どなたかご教示ください
いまはクソみたいな日本基督教団の教会に通っています

650 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 20:57:12 ID:07QDHzpx
>>649

「ひかりの輪」はどう?

http://www.joyus.jp/hikarinowa/

感想文松。

651 :神無月:2007/06/09(土) 21:13:10 ID:6wPz8xTF
>>649
平和主義が良いのですね?

平和主義って?

クエーカーに入信って、どう結びついちくんですか?

652 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/09(土) 21:14:17 ID:vEsjqwl1
神学校へ行きたくても(行ってても)能力的に行けない奴もいるみたい。
ヨハネ福音書の解釈をオープン講義してるビデオが見れるよん
http://www.d-theo.jp/opencource/nomoto_01.html

暇な方はご覧になられたら良いかもよん...講義の内容云々
の前に、どういうレベルの物が講義されてるか...


653 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/09(土) 21:25:08 ID:07QDHzpx

みた。アホモスキーのヲッサンに比べたら偉い超高等レベルやった。


654 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/09(土) 21:36:24 ID:vEsjqwl1
>>653
見たって言ったって、一本のビデオを見るのに2時間かかるで

オレが娘に行くなって言ったのは、この学校だよん。もっとも
娘が行った国立大学と共同研究機関があるらしいし、オープン
講座は、他校から(社会人)も行けるよん....

この講義をしてる先生のホムペは自分のホムペからもリンク
してるよん...リンクの許可を貰う時にあっさりOKして
くれたので、覚えてる。


655 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 21:43:31 ID:3fkaca4L
>>652

一般教養課程の内容だな。

656 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 21:45:48 ID:iRdUr2VH
>>647
>>究極の目的は、他を利する修行、である。 慈悲行、である。

誤りです。
他を利するも自らを利するも共に利益追求に過ぎません。
物質利益追求よりも神の心追求が先です。


657 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 21:49:35 ID:3fkaca4L
>>654

>リンクの許可を貰う時にあっさりOKして
>くれたので、覚えてる。

本当はそれが当たり前なのに、その方が貴重で印象に残ってしまうのは嘆かわ
しい傾向だな。
本来、一般公開されているものにリンクに許可を取る必要などないし、リンクさ
れるのが嫌ならそれなりのアクセス権限を設定し給え、その程度の設定も出来
ないのなら公開を止めろ!と言いたいところだが。

658 :神無月:2007/06/09(土) 21:52:18 ID:6wPz8xTF
>>656
> >>647
> >>究極の目的は、他を利する修行、である。 慈悲行、である。

> 誤りです。 他を利するも自らを利するも共に利益追求に過ぎません。 物質利益追求よりも神の心追求が先です。

神のこころが、利他行、です。

659 :蟻の町のマリア宮崎希美 ◆55nynIr58w :2007/06/09(土) 22:02:19 ID:WTq7PJg7
>>649
フレンド派がクエーカーよ。
東京・港区、茨城・土浦市などにある。
東京・港区三田の普連土学園で、教会を尋ねたら?

660 :神無月:2007/06/09(土) 22:17:14 ID:6wPz8xTF
>>659
飢えた人たちに、1日、1回の給食のボランティア事業、蟻。

名を、もっと、食えーか〜?と言う。

661 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2007/06/09(土) 22:53:19 ID:aMYU+SJ7
すっごい素朴な疑問なのですが、いわゆる「生ぬるい信者」にならないためには、どうすればよいのでしょうか?

662 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:02:13 ID:/p7p7adC
>>659
ご教示ありがとうございました
「クエーカー」は蔑称だと承知の上でわかりやすいようあえて使用しましたが
ここではその必要はなかったようです
いろいろ見てみましたがどうやら西日本には無いようですね
仕方が無いのでいまのクソ教会に通います

663 : ◆IbYG6dQTTc :2007/06/09(土) 23:03:13 ID:cM6PrGV/
>>661
聖霊を受けよ!

664 :神無月:2007/06/09(土) 23:10:00 ID:6wPz8xTF
>>661
「生ぬるい信者」

とは ?

665 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2007/06/09(土) 23:11:20 ID:aMYU+SJ7
>>664  「熱心な信者」の逆ですわ。

666 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:14:30 ID:UtGs17T0
>>665
kwsk

667 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:17:58 ID:3fkaca4L
>>666
666って皇帝ネロのことらしいね

668 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:20:03 ID:3fkaca4L
>>662

ビンボゆすりしなければクェーカーなんて呼ばれないんじゃね?
素朴な疑問だが彼らって皆オートミール食ってるの?
ケロッグ食っちゃダメなの?

669 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:20:37 ID:UtGs17T0
>>667
で?

新約聖書のヨハネの黙示録に見られる獣の数である666はネロの別名である
ネロ・ケーザル(カエサル)を意味するとも言われる。

670 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:22:34 ID:3fkaca4L
>>669

>で?

聞き返すなや。666get おめでとう

671 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:23:26 ID:UtGs17T0
>>670
それはどうもおおきにありがとう。

672 :神も仏も名無しさん:2007/06/09(土) 23:32:27 ID:UtGs17T0
ちぇっ。まじめに尋ねてたのにぃ。

673 :蟻の町のマリア宮崎希美 ◆55nynIr58w :2007/06/09(土) 23:46:25 ID:WTq7PJg7
>>662
クエーカーの平和主義の流れは、フレンド教会の他に、メノナイト教会もある。
希美が知ってるのは、東京と埼玉。
でもネット見ると北海道にもあるから、全国にあるかも?


674 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/09(土) 23:56:09 ID:vEsjqwl1
>>655
>一般教養課程の内容だな。
これがアホプロテの性格なんだべ...本文でも言ってるだろ
ビデオ一本見るのに2時間かかるって...まだ20分位しか
経ってない。
うきゃんなんか5分も経たない内にカキコしやがる。
要するに、文章も講話も聴かずに返信してるって言う事さ
真面目な信者は多分、やっとこ一本見終わった位だよ...

それがアホプロテの性格であり、レベルだと言う事さ

675 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 00:44:45 ID:Vpx4LqPk
>>674

Jねっとばいぶるを表示して説明している部分は一般教養範囲の内容だったぞ。
ま、全篇見てないけどな。

676 :神無月:2007/06/10(日) 01:04:37 ID:XMdLn6FK
>>665
> >>664 「熱心な信者」の逆ですわ。

では、お望みの、狂信者になればーいいのでは?

677 :神無月:2007/06/10(日) 01:07:16 ID:XMdLn6FK
>>673
ゴキブリを1匹見つけると30匹はいるというのに、似てます、それ。イラン、イラク、ポーイ(^_^)ノ゚゚゚・・・...ρσωコロコロ

678 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 01:10:28 ID:o52xyTZh
>>675
だからアホプロテと言われるんだよ....


679 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 01:13:57 ID:Vpx4LqPk
論文を読むときにはおもむろに全部読まないよ。まず最初にレジュメを確認して、
面白そうなら全部読む。貴重な時間を使うんだからな。

680 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 01:24:43 ID:o52xyTZh
>>679
だからアホプロテと言われるんだよ....


681 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 01:27:19 ID:o52xyTZh
>>679
だからアホプロテと言われるんだよ....
お前らのところにそんな重要な論文が来るわけないだろが

682 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 01:34:05 ID:Vpx4LqPk
>>681

何のためにネットがあるんだよ。自分で興味ある論文検索してレジュメみて
よさげなら読むに決まってるじゃないか。

余談だが652のリンク先の講義の野本真也教授は牧師さんの割にはネット
関連に多少詳しいみたいだね。ま、多少だけど。

683 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 01:50:32 ID:o52xyTZh
>>682
だからアホプロテと言われるんだよ....




684 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 01:52:41 ID:3R3O/K/T
荒れているのを見ると悲しいですね・・・

685 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 01:54:50 ID:o52xyTZh
>>682
だからアホプロテと言われるんだよ....

686 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 01:59:17 ID:o52xyTZh
>>682
だからアホプロテと言われるんだよ....
お前らのところに「自分で興味ある論文検索してレジュメみて
よさげなら読む」様な判断をしなければならない文書なんか
来るわけないに決まってるじゃないか。




687 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 02:01:08 ID:o52xyTZh
>>682
だからアホプロテと言われるんだよ....
いいカッコなんかスンナ

お前らのところに「自分で興味ある論文検索してレジュメみて
よさげなら読む」様な判断をしなければならない文書なんか
来るわけないに決まってるじゃないか。


688 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/10(日) 07:51:59 ID:CDHdl9qw

自称ムスリムのバカオヤジの娘がアホプロテの神学校に逝きたがるのがよくわかる。

バカオヤジのようにならないように努力しているわけだな。

すごく偉いと思った。

689 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/10(日) 08:20:47 ID:CDHdl9qw

娘が地元の国立大学の理系に受かって4月から通ってる初老のココモスキーよ、

いい加減、幼稚で聞き苦しい誹謗中傷を繰り返して質問箱を荒らすのは止めなさい。

690 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 10:10:57 ID:Vpx4LqPk
>>687

オープンコース講義なんだから一般教養課程内容になるのは当たり前
なのに、何言ってるのかねこのおっさんは。
講義内容のレベルが低いとか難じてるわけじゃないんだぜ。
リンク先のコンテンツの全てを見なくても動画の一部とページ内のPDF
でカリキュラムのおおよその概要は知る事は出来るよ。

だれでも聴講できる大学のオープンコース講義だけでその大学の講義
全体のレベルを推し測るのは乱暴だろうって言ってるんだよアフォが。
(年上の人に失礼な発言をしてしまいました。御容赦を)

昔、大学(同志社程も名の通ってない大学だから学校名は伏せる。恥ず
かしいから。宗教系大学じゃない事だけは言っておこう)時代に一般教
養課程の国文学の授業で源氏物語の宇治十帖をテーマにした講義を受
けた事があるが、もう少し立ち入った内容について取り扱ってたよ。

691 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/10(日) 10:17:19 ID:CDHdl9qw
>>690

自分がわからないことを聞くと「いいカッコしてる」と思っちゃうんだろうね。

692 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/10(日) 11:47:10 ID:woae49ET
ココモスキーよ。おまえ、恥ずかしくないのか?
よく考えてみろ。おまえの娘さんは、神学校に行こうとしてたんだろ?
てことは、プライベートで、この2chの宗教板も覗いている可能性も大だってことだ。
もちろん、ここの宗教板を覗いているとしたら、この、キリスト教質問箱を覗いているのは、
ほぼ間違いなし。おまえのプロフィールをみてみろ。
ただでさえ、日本では数少ないムスリムであり、会社経営の技術者で、熱烈な阪神ファン。
娘さんがみたら、ここもスキーは、お前だということは、ちょんばれなわけだ。
いまどきの娘さんだ。パソコンくらい持ってりゃ、100パーセント、ネットもやってるわけで、
いまどきの子供は、2chくらいみるのは当たり前なわけだ。
話は繰り返すが、宗教に興味があるなら、ここの宗教板を覗いているのはほぼ確実であり、
ここの宗教板を覗いているのであれば、ここ、キリスト教質問箱を覗いているのはぼ100パーセント
確実なわけだよ。娘さんが、自分の父親がここで、キリスト教(主にプロテスタント)に対する醜い怨念を
垂れ流し続け、だよ〜〜んだの、わはははははははと無意味な馬鹿笑いなど、幼稚な書き込みを
恐ろしいほどの粘着力でしつこく書き込んでいるのをみてみろ。きっと娘さんはショックを受けて、
泣いたろうよ。馬鹿親め!!恥を知れ!恥を!!!!。
案外、おまえの娘さんが、神学校に行くのを辞めたのは、おまえの醜態をみたからなんじゃないのか?
子供我いくら成人しようと、おまえにとってはいつまでも子供なんだよ。子供にとって親は、いくら成人しようとも親だ。
子供は、いつまでたっても親はりっおあなひとであることを願うものだ。おまえはまるで、
親の心、子知らずではなく、子の心、親知らずだよ、大馬鹿者めが。

たく、いい年こいて、人の親でもあるおまえが、情けない。おまえを見てると、俺はあまりの情けなさに、
涙が出てくるよ。馬鹿者めが、即刻、悔い改めるんだな。



693 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 12:01:42 ID:JuFQWRB8
★イスラエル:旧約聖書の都市、裏付ける石組み確認★

それ程意味があるんでしょうか?
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070610k0000m040147000c.html


694 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 12:18:13 ID:RKIq1KQ6
イエスの人間としての運動能力/敏捷性はどのくらいですか?

695 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/10(日) 12:39:12 ID:CDHdl9qw
>>693

意味が有る人と無い人がいるよね。

696 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 12:41:21 ID:srjkEsYA
>>694
みやげもの屋をぶち壊してまわったんだし、すくなくとも力はあったんじゃないの?
それで坊主どもの手下も大人数で捕らえにかかった

697 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 14:02:18 ID:Qvmv4PYn
再臨と来臨と降臨ってどう違うんですか?

698 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/10(日) 14:14:10 ID:CDHdl9qw
さいりん【再臨】
1 再び臨むこと。
2 キリスト教で昇天のイエス‐キリストが、再びこの世に現れること。そのときは、この世の終わりの日であり、人類すべての者が、最後の審判を受けるという。

らいりん【来臨】
他人を敬って、その人がある場所へ来てくれることをいう語。「御来臨を賜る」

こうりん(カウ‥)【降臨】
(古くは「ごうりん」とも)
1 神仏やその徳などがこの地上に来臨すること。神仏が天下ること。「天孫降臨」
2 他の人を敬って、その出席をいう語。臨席なさること。

国語大辞典(新装版)小学館



699 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 14:14:55 ID:ILSiqC5E
「ただしき者は、悩み多し」
旧約のどこかに、この名言があるらしいのですが、どこでしょうか?
詩篇の34章の「正しい人には災が多い」ではありませんよね?
一応、文語と口語の聖書持ってるんだけど、見つからない・・・・・

700 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 14:22:09 ID:HTTV/aFy
回復訳 ウォッチマンニーはどうですか?

正統ですか?

701 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/10(日) 14:32:35 ID:CDHdl9qw
>>699

詩篇34:20
主に従う(正しい)人には災い(悩み)が重なる

でいいんだよ。

あと、詩篇37:39
主に従う人(ただしき者)の救いは主のもとから来る
災いがふりかかる(悩みの)とき
砦となってくださる方のもとから


「ただしき者は、悩み多し」 というのは、
聖書にその通り書いてある箇所がある、という意味ではなくて、
ヨブのお話しとか、詩篇のこの箇所とか、そういう意味のことが書かれている、
という意味の言葉だと思うよ。

702 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 14:39:51 ID:ILSiqC5E
>>701
なるほど。
文言そのままではなく、聖書の意そのものだったんですね。
ありがとうございました。

703 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 17:14:38 ID:o52xyTZh
>>699
新改訳 詩篇34/19
正しい者の悩みは多い。しかし、主はそのすべてから彼を救い出される。

704 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 17:21:04 ID:o52xyTZh
>>699
ご参考程度で良いのですが、あまり文章に拘ってると、こういう
事に悩まされますよ。気に入った聖句があれば、それだけを
信じていれば良いんでしょ...
新共同訳 詩篇32/10
神に逆らう者は悩みが多く、主に信頼する者は慈しみに囲まれる。


705 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 19:50:56 ID:Vpx4LqPk
>>699

「正しき人は、悩み多し、されど神は、みなその中より救いたもう」(詩編34:19)

文学作品などで(宗教っ毛抜きで)聖書の成句を格言・名言っぽく引用する
場合は、大抵文語訳から引用されるという事は知っておいても損はないと思
う。語のリズムもよいし、なんとなくもっともらしく見えるからね。
日本語の文章としてみれば、最近の口語で訳したもの(いわゆる口語訳以
降の新共同訳や新改訳など)より文としては洗練されている。
原文の意味をどれだけ伝えてるかというという観点に立てば、ちょっと疑問だけど。





706 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 20:47:00 ID:JuFQWRB8
>>679
再臨とは・・
イエスの再臨は文鮮明です、ただし統一教会の説明。
釈迦の再臨は大川隆法です、ただし本当です。

エル・カンタラー(仏陀)
・黄色光線(法・慈悲)

転生等
 ・金星から招聘

 ・エル・カンタラー(エル・ミオーレ)→ラ・ムー→トス→リエント・アールクラウド
→オフェアリス→ヘルメス→ゴーダマシッダルタ→大川隆法

アモール(イエス・キリスト)
・白色光線(愛) ・天上界における指導方針の決定

転生等 ・射手座の星から招聘 ・アモール→アガシャー→クリシュナ→クラリオ→
墨子→イエス・キリスト

モーゼ
・赤色光線(正義・奇跡)

転生等 ・蟹座の星から招聘 ・モーリア→エミューラ→モーゼ


707 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 21:17:56 ID:o52xyTZh
>>706
>釈迦の再臨は大川隆法です、ただし本当です。
大川隆法の霊示は真っ赤な嘘、お釈迦様がペテン師だったと言うので
あれば確かに再臨かも知れませんが
http://www.j-world.com/usr/sakura/other_religions/reiji.html


708 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/10(日) 21:37:32 ID:o52xyTZh
>>706
>イエスの再臨は文鮮明です、ただし統一教会の説明。
再臨と言うのがどう言う意味なのかを確認した方が良いと思うけど
この手の宗教屋は、イエスと言う有名人がいる事位しか知識がない
ので、イエスについて知ってる事(聖書に書かれてる事)を聞いて
やれば良いんだよん...
 1..イエス様とマリア様(ワザとマグダラは使わない)とは
    婚姻関係にあったか?
 2..イエス様は十字架の上で何と発言されたか
 3..イエス様はどういう理由で洗礼者ヨハネのもとを離れたのか
この程度の事を尋ねたら、血色を変えてくるのが相場だ


709 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 22:35:32 ID:y/Qi/NGS
ダニエルさんは、毎週教会に通われているんですか?

710 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 00:43:27 ID:LeKtIHmB
>>707
釈迦(大川)組織は1991年までは各霊団が一致して釈迦に集結しましたが、
それ以降は解散して釈迦のみの法に切り替わりました。

初期の釈迦の法である、神はいない、命は一度限りの様に、
現在は唯物論を展開して、自らの黄金の写真を信者に100万で売りつけているのです。
釈迦は過去も現在も同じ人生を歩んでおります。


711 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 01:02:22 ID:9JnoJ+9w
ここの回答者には幸福の科学まで居るのか??
バラエティーにdjナw

712 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 01:11:02 ID:LeKtIHmB
>>711
幸福の科学の信者なら、釈迦を見下げる発言するかよ・・?

713 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 01:13:42 ID:9JnoJ+9w
>>712
クリスレでそんなこといわれても名...

714 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 01:19:41 ID:LeKtIHmB
>>713
イエスの霊言もあっただろうに・・。

715 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/11(月) 01:21:33 ID:GGFXVIQY
>>710
>現在は唯物論を展開して、自らの黄金の写真を信者に100万で
>売りつけているのです。
唯物論で言うのであれば、黄金は金相場からおよそのコストは出るだろうし
写真そのものは携帯でも撮れる時代よん...まあ精度の高い写真は高級な
カメラでプロのカメラマンが写さないとできないだろうし、黄金の写真を
造るのにそれなりの技術(コスト)はいると思うが....それにしても
100万は代価として法外だよん...時価数百円〜数千円の壷を100万
で売った教団と同じ発想だよん....

716 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 01:24:30 ID:LeKtIHmB
佐倉哲はもう少し勉強せないかん・・。

717 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 01:34:54 ID:WmDplQuz
>>715

>黄金の写真を造るのにそれなりの技術(コスト)はいると思う

臭化銀をどういう化合物に置き換えると黄金の写真が出来るのか
大変興味があるので後学のためにご教示願いたい。

718 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 01:55:11 ID:Us53xLXJ
KGKキリスト者学生会って、どうしてあんなに多くの人を傷つけているのに、
平然としていられるんでしょうね。ほんとによくないと思います。

エホバの証人などは、存在自体を批判されていますが、教義が一応福音派なら、
どうして多くの人にひどいめにあわせても、あまり批判されずに放置されている
のでしょうか?そういう身内にあまいキリスト教界の体質が、日本の伝道を
阻害しているのではないでしょうか?

719 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 02:03:51 ID:9JnoJ+9w
>>718
KGKなんて普通に教会にいっている人には聞こえてきません。
リバミだの急進的な福音派だの系列の聖霊派だのに関わった時に見えてきます。
一般の人にはまず関係ない話題です。
伝道だのリバイバルだの言う前に、世界の中に居場所を見つけ自立して生きる事が大切です。そうして生きている人の心に聖霊があることは多くの人の灯火になるのです。
まず、自立して生きましょう。
これが美しの門の説くところです。

720 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/11(月) 02:04:53 ID:GGFXVIQY
>>717
>臭化銀をどういう化合物に置き換えると黄金の写真が出来るのか
>大変興味があるので後学のためにご教示願いたい。
臭化銀はどんな反応をさせても精々銀の化合物しかできないだろなぁ
黄金の写真を作る為には黄金がいると思うw...銀を金に換えるの
は地球上では多分不可能...

721 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 02:14:43 ID:wYcv+mGL
クリスチャンってどうしてあんなに偽善者なんですか?
そうじゃない人を思いっきり差別するんですけど? 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

722 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 02:16:18 ID:9JnoJ+9w
>>721
差別を生む宗教だからじゃないですか?

723 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 02:26:18 ID:WmDplQuz
>>720

ここが宗教版だってことをすっかり忘れてたぜ。置換って聞いて
まさか錬金術を連想するとはw ちょっと感動した。

ハロゲン化銀の代わりにハロゲン化金でも使えば「黄金の写真」
とやらが出来るのかい?

724 :723:2007/06/11(月) 02:27:31 ID:WmDplQuz
×宗教版
○宗教板

725 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 02:28:32 ID:wYcv+mGL
キリシタンw

726 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 02:33:27 ID:9dWQKpNf
仏教の戒名に当たるのが欧米では墓碑銘になるのでしょうか?
もしそうならこの墓碑銘は誰が決めるのでしょうか?

727 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 02:37:23 ID:9JnoJ+9w
>>726
墓碑銘って洗礼名の事ですか?
カトリックならたぶん自分で決めます。

戒名に当るものはキリスト教にはありません。
死後眠る宗教と死後修行する宗教では自ずと考え方が違ってきます。

728 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 03:05:16 ID:LeKtIHmB
黄金の写真なんてエプソンのプリンターで印刷できるじゃないかっ・・。
18金の延べ棒をデジカメで撮影してエプソンのプリンターで印刷すれば・・
ほーらっ・黄金色だぜいっ・・!

729 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 03:09:31 ID:LeKtIHmB
>>727
死後眠る宗教と死後修行する宗教って??
じゃーキリスト教は死後生き返るのですか・・?
そんな事誰が決めたんですか?

730 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 03:17:40 ID:9JnoJ+9w
>>729
あら?
知らなかったの?
キリスト教は復活思想の宗教です。
一方仏教は輪廻転生の宗教です。
誰が決めたってあなた、人間に決まってるじゃないですか。。

頭だいじょうぶですか?

731 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 03:53:22 ID:LeKtIHmB
>>730
キリスト教は復活思想ったって、何処の犬猫でも復活する訳ねーだろっ。
仏教は輪廻転生の宗教ったって、そんな教え無いどっ・・!
輪廻転生するなら墓いらないし、おらっ、死後にあんな墓の下で暮らすのやだしっ・・。

思いつきで書きこすんなよっ・・
朝起きたら顔洗えよ。。

732 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 03:59:15 ID:9JnoJ+9w
>>731
ちみもあほやね。
あらゆる宗教の死後は生きていて残されたものに対する慰めだ。
思いつきなんかじゃなくて其れが真理だ。

お子ちゃまはなかなか飲み込めなくて呼吸困難に陥るわkだがww

733 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 04:01:44 ID:LeKtIHmB
>>732
なんだっ、素人か・・・
しょん便して寝な。

734 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 04:02:42 ID:9JnoJ+9w
>>733
ションベンできる幸せを良く考えることだな。おばかっちょw

735 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 07:44:59 ID:lIXffv1y
はじめて礼拝に行きました。すごく居心地が悪かった。
一人で家で聖書読んで祈りを捧げてる方がいいです。
こんなものですか?

736 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 07:54:04 ID:lVXNGaPj
>>735

「教会」と言っても所詮は愚かな人の集まりです。

新たに教会の一員となる決心をすることは、しんどいバカバカしいことを背負い込むんだ、

ということであることを承知しなくてはならないのではないかと思います。

あたかもこの世の天国で天使のような人ばかりいるような幻想を抱くのは間違いです。

むしろ、教会であるからこそ、人の愚かさが目立ちます。

一人で家で聖書を読んでいるほうが幸せだと感じるならば、そうするべきと思います。

737 :名無しさん@3周年:2007/06/11(月) 07:55:37 ID:YjrOhuiG
>>735
どうして居心地が悪いと感じた?


738 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 08:07:51 ID:lIXffv1y
礼拝が進めば進む程信仰心が薄れるような違和感。
熱心な信徒の方に囲まれる程しらけてくる。
まるでカルトの集会を見ているかのよう。


739 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 08:09:15 ID:EWWd0RBK
>>738
カルト教会だったのでは?

740 :名無しさん@3周年:2007/06/11(月) 08:19:01 ID:YjrOhuiG
手を挙げて歌ったりする教会に行ったんじゃないの?


741 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 08:31:47 ID:lIXffv1y
バブテスト教会でした

742 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 08:39:21 ID:ACyPkBE/
>>741

バプテスト教会というのは、洗礼と称して、

牧師の体内を通過して濾過された水=聖水を

信者に降り掛けるそうです。

あなた、それを飲まされんでしたか?

743 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 08:50:10 ID:WmDplQuz
>>731

>輪廻転生するなら墓いらないし

そうだよ。元々釈迦が唱えた仏教では輪廻認めてるからお墓なんか無いんだよ。
で、それじゃああんまりなんでお葬式はバラモン式でやってた。

日本に入ってきた仏教は、
釈迦の教えを忠実に実行し、涅槃(輪廻からの解脱)に到ることを旨とした上座
部仏教に対し、それが究極においてみずからはどこまでも釈迦の教えの信奉
者というにととどまるもので、自身がブッダ(如来)として真理を認識できる境地
に到達できないのではないかという批判的見地(wikipedia)っていうと聞こえが
いいけど、
釈迦並の修行は辛いです。全部忠実にやっても解脱できるか分かんないじゃ
ん。どんなに頑張っても所詮釈迦の弟子にしか過ぎないんだし。
って屁理屈言って釈迦ほどキツイ修行しなくてもお手軽に涅槃へ行けるって言
いだした大乗仏教だったということも押さえておこう。

で、死ぬと黄泉の国に下るという日本の神道的死生観と大乗仏教が結び付いた
のが今の日本の主流の仏教なんだよ。

744 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 08:50:31 ID:lIXffv1y
女性牧師の聖水なら…
って
真面目に質問していたのですが。

745 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 08:59:35 ID:WmDplQuz
戒名って話が出てきたけど、戒名は本来、仏門に入り戒律を守るしるしとしてもら
う名前なんだ。キリスト教で言うところの洗礼名だな。

で、輪廻しない日本の死生観に合わせて死んだら生き返らずに成仏できるように
と便宜上、死後出家したことにしようっていうのが日本式の戒名って訳だよ。

生前に戒名を貰うと安いのだが、死んだ後戒名貰うと高いのはこのせいだ。
まさに「地獄の沙汰も金次第」って奴だな。
日本の仏教的な地獄も元々仏教に関係ない考えだけど書いてくときりが無いの
でこのへんで止める。

746 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 09:05:56 ID:lVXNGaPj
>>744

宗教にはまっちゃってる人って、「自分とこだけが正しい」ってことを

主張するためには平気でバカな発言しちゃうもんですよ。

気にしないほうがいいですよ。

747 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 09:11:18 ID:WmDplQuz
バプテストも含めてプロテスタントにはそもそも「聖水」って無いだろ。
バプテストは洗礼のときに全身水に漬けるんだっけかな。浸礼とか言
ってさ。まあ聖書の洗礼のヨハネが授けてた洗礼も河原で全身水に
つけてやってるんだから伝統に近いって言えば近いんだろね。



748 :745:2007/06/11(月) 09:15:32 ID:WmDplQuz

元々インドでは戒名なんて無かったことも書き加えておく。中国で道教の風習を
採り入れたのがきっかけ。死後の戒名は日本的アレンジ

749 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 10:24:33 ID:LeKtIHmB
日本では葬式仏教で金稼げるが、
キリスト教による葬式キリスト教では金掛かりますか?

750 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 10:26:48 ID:Cf8CgTcr
質問なんですが、アリストテレスやプラトンの「形相と質材」という
哲学的な考え方について、キリスト教の人はどうかんがえるの?
今日、講義でやってたんだけど、イデア論で宗教と世界のすべてのものを
説明できると思った。

「われ思うゆえにわれあり」じゃないけど宗教とは実在していて実態の無いもの
ですよね?
これはプラトンの哲学で説明できるし、もうちょっと進展させた
アリストテレスの哲学で終止符が打たれてると思うのですが。
どうでしょうか。

751 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 10:35:06 ID:lVXNGaPj
>>750

多分、哲学板で聞いたほうが的確だと思います。

752 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 10:36:55 ID:lVXNGaPj

それから、「形相と質材」じゃなくて「形相と資質」だと思いますよ。

753 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 10:57:51 ID:PN48HbI9
>>752
「質料」だろ。
「キリスト教の人はどうかんがえるの?」って問いを哲学板に
持ってっても必要ないだろうし。



754 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 10:59:43 ID:PN48HbI9
必要ない、じゃない。意味ない、だ。何言ってんだ俺。

755 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 11:11:19 ID:lVXNGaPj

そうか、「質料」だったね。

キリスト教の質問箱でアリストテレス的に説明できる人より

哲学板でキリスト教としての説明できる人のほうが多いんじゃないかと思ったんだけど…

756 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 11:12:11 ID:PN48HbI9
>>750
キリスト教と関係ない範囲を答えておく。キリスト教でどう考えるかは
キリスト者の諸君におまかせ。

>今日、講義でやってたんだけど、イデア論で宗教と世界のすべてのものを
>説明できると思った。

そんなことはない。
現にアリストテレスをはじめとして膨大な数の批判が存在する。

>これはプラトンの哲学で説明できるし、もうちょっと進展させた
>アリストテレスの哲学で終止符が打たれてると思うのですが。

これも思想史を勉強してくれとしか言いようがないけど、まずアリストテレスは
プラトンの世界把握に対してはむしろ否定的と言ったほうがいいというのを知っ
ておこう。「もうちょっと進展させた」というのは大いに語弊のあるいいかた
で、ほとんどまちがいと言っても過言ではない。
君が知りたがっている、キリスト教の人たちの中世の哲学は、プラトン主義と
アリストテレス主義の相克とみることもできる。

次にアリストテレスで終ったというのもおおまちがい。
中世はたしかにそこで止まった感があるが、近代哲学はそこを乗りこえるところ
からスタートする。ベーコンやデカルトあたりを調べてみよう。

757 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 11:16:01 ID:PN48HbI9
>>755
たしかに初心者スレあたりなら相手してくれるかもね。

ってことで、クリスチャンでもなんでもないただの通りすがりは
ここらで退散。

758 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 11:25:23 ID:lVXNGaPj

あとは ≡仝⌒≡ のヲッサンが起きて来るのを待つぐらいだよね…

759 :神無 月:2007/06/11(月) 13:55:56 ID:Krzm5vNt
ユダヤ人は、イエスなど、存在したことはないと言っています。
聖書というものは、無い。

760 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 14:30:13 ID:LeKtIHmB
>>759
だから何を主張したいのですか〜??

761 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/11(月) 15:35:55 ID:Fpcn4X5u
>>623
>キリスト系教会とは無関係にも関わらず、
>こういった人物や団体などが、
>キリストの名前や写真を使って活動した時に、
>各教会などは該当人物に警告や広報などを行わないのでしょうか?

以下の聖句をご確認ください。

ルカ 9:49
そこで、ヨハネが言った。
「先生、お名前を使って悪霊を追い出している者を見ましたが、
わたしたちと一緒にあなたに従わないので、やめさせようとしました。」

イエスは言われた。
「やめさせてはならない。あなたがたに逆らわない者は、あなたがたの味方なのである。」

762 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 15:36:08 ID:JkAi11Ji
>>750
イデア論はクソ
そして、「我〜」はデカルトだったかな
けいじじょうがくだよね


763 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/11(月) 15:47:46 ID:Fpcn4X5u
>>709

>ダニエルさんは、毎週教会に通われているんですか?

カトリック教会には、ほぼ毎週通っていますよ。なんで???
神父の説教を聞きに行っているわけではなくて
御聖体とよばれるパンを食べるために行っています。

神父の説教は、なぜかピントがずれたことばかりなので
あまり真剣に聞く価値はないと思われます。
あまりにもピントがずれていて苦痛を感じるほどの説教の時には
他のことを考えて、その場をやり過ごすように努力しています。

聖句の話をすることもできないために、社会運動の話をされたりするのは
それを聞いているほうとしては、正直、辛いですね。

764 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/11(月) 15:52:54 ID:Fpcn4X5u

今の神学校では、普通に「史的イエス論」だとか「解放の神学」などの
講義があったりするそうですし、政平協(朝鮮総連の下部組織)の集会に
神学生が参加していたりするそうです。

こんな神学校で教育を長年受けた人たちが神父になっているのだから
神父が駄目になっていくのは理の当然だと思います。


765 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/11(月) 15:57:45 ID:Fpcn4X5u
■訂正

政平協 ⇒ 正平協(正確には、カトリック正義と平和協議会)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%AD%A3%E7%BE%A9%E3%81%A8%E5%B9%B3%E5%92%8C%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A

766 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/11(月) 16:01:06 ID:Fpcn4X5u

どうしてもカトリックについて意見を言うとなると
現状のカトリック教会の批判にならざるをえないのが悲しいです。

カトリック教会は、もう腐ってしまっているのです。
しかし、それでも多くのプロテスタント教会には無い良いところがあるので
致し方なく、カトリック教会に通っております。


767 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 16:01:35 ID:11aUfTZx
質問ですぅ〜
なぜ 人の子となり神はおりて来たのですか?

768 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 16:07:17 ID:qI3cLGJO
>>761

ダニエルさん、次の言葉も参考にしたら。

10 また、彼は私に言った。「この書の預言のことばを封じてはいけない。時が近づいているからである。
11 不正を行なう者はますます不正を行ない、汚れた者はますます汚れを行ないなさい。正しい者はいよいよ正しいことを行ない、聖徒はいよいよ聖なるものとされなさい。」
12 「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。

放置プレイなんだって。

769 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 16:10:32 ID:qI3cLGJO
収穫の時までは、

毒麦も生え放題、
良い麦も生え放題。

ココモも言いたい放題。
カラスも鳴き放題。

みんな言いたい放題、書き放題。

なんでもありの放置プレイ万歳。

770 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 16:46:09 ID:LeKtIHmB
>>767
イエスは人の子ですが、神ではありません。
人は神には到達できません。

イエスは9次元霊神です。

771 :767:2007/06/11(月) 17:05:02 ID:Avx3UnD0
>>770さん 
9次元霊神はキリスト教なのですか?
なんでもいいのですが目的がしりたいのですぅ〜。

772 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 17:12:06 ID:yGtzuLUL
お前ら二人ともオカ板へ逝け。

773 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 17:22:34 ID:Cf8CgTcr
>>767
マジレスするとイエスは神ではない。
聖書開いて読んでみな、イエスが神だという文章は一切ない。
それどころか「父なる神に自分は及びもしない」なんてこと言ってる。
あとはイエスの弟子たちが、「彼は神の子だったなぁ」とか言ってた程度。

イエス=神という偶像は、後でキリスト教徒が付け加えた解釈であって
実際はちがう。
人間って勝手だよな、死んでしまったのを良いことに、あとで自分達の
都合のいいように、好みに叶うように教えを改造したがる。

仏陀(ガウタマ=シッダールタ)や、マホメット、だってそう。
イエスと同じで、自分の教えた事を利用されて、権力や宗派の争いの具に
されてる。哀れなものだよ。


774 :767:2007/06/11(月) 17:24:05 ID:Avx3UnD0
>>772
>>1では
■キリスト教のことなら、誰でも、なんでも、質問してね!(どんな小さな質問でも大歓迎)
と、書いているのに、、、。
>>1をムシですか?

775 :767:2007/06/11(月) 17:37:19 ID:gLDgVBns
ふぁ〜〜〜
サタンばかりですぅ〜

776 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 17:54:32 ID:LeKtIHmB
>>771
イエスの出生の目的は、
当時、人の命はむしけら同然に扱われていましたが、
そこで私たち天上の霊神はイエスを降臨させて、
衆生に人の命の尊厳を訴えたのでした。
なぜなら、人は神の子であり、神ゆえに永久に尊重されねばならないからです。
この教えが議会政治の憲法に基本的人権として織り込まれました。

777 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 17:56:27 ID:0G0eSxhV
どこから自分はクリスチャンだって言えると思う??
やっぱり洗礼受けないとクリスチャンじゃないのかな??
聖書読んで、キリスト様を信じているだけでは駄目?

超初心者でごめん_| ̄|〇

778 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 17:59:30 ID:02ubJRka
キリストを否定しなければクリスチャン。
仏教との掛け持ちも勿論OK。

779 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 18:13:52 ID:0G0eSxhV
そうなのか
すっきりしたよ。ありがとう。

780 :767:2007/06/11(月) 18:14:46 ID:11aUfTZx
>>776さん ありがとうですぅ〜
でも、「人は神の子」ではありません
神ににせて土からできていますぅ〜
目的がこたえられなければムリにレスしてくれなくてもいいですぅ〜

781 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 18:18:39 ID:LeKtIHmB
>>780
私たちも親ににせて土からできていますぅ〜
狼の子は狼ににますぅ〜

782 :神無 月:2007/06/11(月) 18:19:06 ID:88lTpvTN
>>778
> キリストを否定しなければクリスチャン。  仏教との掛け持ちも勿論OK。

でたらめ、です。

783 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 18:21:01 ID:LeKtIHmB
>>782
じゃーどうでたらめか説明キボンヌ・・?

784 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 18:24:55 ID:02ubJRka
それは人間の肉体。
人間は神のいのちを受け継いだ
神の子供。

785 :神無 月:2007/06/11(月) 18:27:45 ID:88lTpvTN
>>783
説明するまでもなく、でたらめだからです。
一般常識の範疇でしょうね。

786 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 18:28:00 ID:Cf8CgTcr
土というのは、元々は生物の死体か鉱物であるから、人間はそれから
作られたってことなのかな?
でも生物の死体がアダムを作るより先に存在するのであれば、動物か植物の
死体で人間はできてるってことだよね?
それとも鉱物から人間はできてるのかな?

アダムが最初の人間といっても、DNAの解析によって
男は元々は女で、それの変異したのが男だとわかったから、
最初の人間が男ってのはオカシクないか?


787 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 18:29:58 ID:02ubJRka
キリストは、キリストを否定しなかったら
キリストの信者だと言ってますよ。

788 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 18:51:14 ID:LeKtIHmB
>>785
あらっあら・・
困ったちゃんですね〜””

789 :767:2007/06/11(月) 18:54:39 ID:3p7Vk7uj
おめーら 人はどうでもいいですぅ〜
目的をこたえやがれですぅ〜www


790 :神無 月:2007/06/11(月) 19:41:30 ID:YDE0m7Oi
>>788
> >>785
> あらっあら・・ 困ったちゃんですね〜””

・・・o(*^ー ^*)。ニタッ♪

「キリストを否定しなければクリスチャン。  仏教との掛け持ちも勿論OK。」

一神教で、あり得ないって事は、一般常識、では?  でしょう?
仏教と掛け持ち、OKなどという、デマゴギーを流すのは・・・いかがなものか・・・

791 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 20:08:53 ID:lZbswiJz
>>790
キリストは信者、非信者を区別しません
むしろそうした不要な区別はしてはいけない
平等に誰でも区別しません
信者かどうかにこだわっている者は
キリスト否定者ですね

信じれば救われるとは個々の中の問題です
信者とか非信者というものはありません

792 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 20:23:43 ID:B77nQr3O
御子を告白しないことはキリストを否定することです

793 :神無 月:2007/06/11(月) 20:55:08 ID:YDE0m7Oi
>>791
キリストではないと思われますが、何故、キリストは、こうだと、言ってますか?

794 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/11(月) 21:03:52 ID:Fpcn4X5u
>>787
>キリストは、キリストを否定しなかったら
>キリストの信者だと言ってますよ。

どこにそんなことが書いてあるのですか?


795 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/11(月) 21:14:48 ID:Fpcn4X5u
>>791
>キリストは信者、非信者を区別しません
>むしろそうした不要な区別はしてはいけない
>平等に誰でも区別しません

どこにそんなことが書いてあるのですか?


796 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 21:29:09 ID:LeKtIHmB
キリストを信じなくても、上位の神を信じれば、
キリストを超えるのです。
故にキリストの信者、非信者を区別しないのです。
次元が違う、次元がっ〜!!

797 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 22:24:43 ID:Us53xLXJ
旧約聖書の割礼って、包茎手術のことですよね?

クリスチャンは、どんどん包茎手術を受けているの?

798 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 22:25:18 ID:gdXoO8on
>>797
早漏は大罪ですからね。

799 :神無 月:2007/06/11(月) 22:47:07 ID:EniNQ2Ud
>>796-798
お遊びが、過ぎませんか?

800 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 22:55:34 ID:LeKtIHmB
>>799
796は遊びじゃねーづら・・
おまいは月で餅でもついてろ””

801 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 23:01:54 ID:lVXNGaPj

人はみな、神の前に平等です。信者かどうかは問題になりません。

神は裁きにおいて、人をみな平等に裁かれます。

キリスト教徒といいながら、それが聖書のどこに書いてあるのかわからない人は、

そんなキリスト教徒であることが恥であると知るべきだと思います。

802 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:08:53 ID:lZbswiJz
>>795
「信者」(クリスチャン)などというものはないのです
あるのは人間です
みな平等です

803 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:09:21 ID:LeKtIHmB
>>801
いや〜、おしいな〜・・
ちょっと減点!

>>人はみな、神の前に平等です
平等ではありません。
信仰者のみ平等なのです、信仰無き者は人権もありません!

804 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:14:45 ID:gdCMVybD
>>801
教えてください。
イエス・キリストは自分の主であると言いあらわさなかった人も
永遠の命をいただけるという意味ですか?
それとも最後の裁きを受けることは、できるという意味ですか?
できたら、聖句を引用して説明していただけると嬉しいです。
わたしは最近聖書を読み始めた者です。

805 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 23:15:42 ID:lVXNGaPj
>>803

残念ながら、お前のようなカスのキチガイでも、パウロやアウグスティヌスでも、

神の前には平等です。本当に残念なことです。

806 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/11(月) 23:18:03 ID:lVXNGaPj
>>804

そんなことは、聖書のどこに書いてあるからそうだとか、書いてないから違うだとかいうようなことではありません。

聖書には、自分自身に恥ずかしくない生き方をしなさい、一生懸命生きていきなさい、

ということが書いてあるだけです。

807 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:18:15 ID:gdXoO8on
オカルト系はほんと〜次元とか好きだよね。
日蓮でも使ってるけど。

そもそも9次元とか12次元とか使う奴らって
次元の意味がわかってて使っているのか甚だ疑問に思うのだけど。

808 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:19:43 ID:LeKtIHmB
>>805
別に平等じゃないんだから、悔しがる事ないじゃんねぇ〜??

809 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:22:56 ID:LeKtIHmB
>>807
はいはいっ・
神直伝の勉強会はこちら・・・
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154118371/134-139

810 :月見 ◆GQVAicDWLY :2007/06/11(月) 23:25:53 ID:bHZzH/e7
>>794
使徒以外のものが主の御名を使って悪霊をおいだしているのを、使徒が主に訴えたとき、
主は、その行為を肯定しましたね。

811 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:26:05 ID:gdXoO8on
>>809
まぁがんばってね。

812 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:32:30 ID:gdCMVybD
>>801
>自分自身に恥ずかしくない生き方をしなさい、一生懸命生きていきなさい
なるほど。

>自分自身に
神様は?

813 :神も仏も名無しさん:2007/06/11(月) 23:42:21 ID:WmDplQuz
>>797

肉の割礼(包茎手術)してるからって、エラかねーよって書いてあるよ。

使徒聖パウロガラチア人に贈りし書簡

6:11看よ、我手づから如何なる大字にて汝等に書贈れるかを。 6:12凡肉に於て人
心を獲んと欲する人は、強ひて汝等に割礼を受けしむ、是唯キリストの十字架に
よりて迫害を受けざらん為のみ。 6:13斯く割礼を受くる人々が、自ら律法を守らず
して汝等に割礼を受けしめんとするは、汝等の肉身に就きて誇らん為なり。 6:14
我は我主イエズス、キリストの十字架に於ての外は決して誇る事なかるべし。彼を
以て世は我に取りて十字架に釘けられたるものにして、我が世に於るも亦然り。 6:
15蓋キリスト、イエズスに於て価値あるは、割礼に非ず無割礼に非ず、新なる被
造物なり。 6:16誰にもあれ、此法に従へる人々の上に、冀はくは平安と慈悲とあれ
かし、神のイスラエルの上にも亦然あれかし。 6:17今より後誰も我を煩はすべか
らず、其は我主イエズスの傷痕を身に負へばなり。

814 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/12(火) 00:14:40 ID:aFaJJPOm
キリスト教徒にあらずもの人権もない...
日本の国が国民総キリスト教徒になったったら、こんな連中は
教会内でまた実社会と同じ様に馬鹿にされ劣等感とコンプレックスが
鬱積するだけだろ、鬱憤を晴らす場所もなくなるで...そうしたら、
外国にでも逃げるんか?  あまりキリスト教のPRなんかしない方が
良いんじゃねえの?  もっとも賢い人達はあまり相手にもしてないと
思うけど...

815 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 00:27:21 ID:kUPaDoJX
「我、天主信徒に非ず」さ。

816 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/12(火) 00:34:42 ID:aFaJJPOm
教団の信者様おだてボッタクリ用語

「信じるものは救われる。信じないものは滅びる。」
「選ばれし者」「永遠の命」「天国と地獄」
「イエス・キリストの再臨」

あまり思いつかないけど、これって全部アホ信者を煽てる
キャンペン用語ザンスよ...これで収入の十分の一などと
言うトンでもないボッタクリとも言えそうな暴利を巻き上げる
事ができるんダロ...良い商売だと思うけど...


817 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 00:36:04 ID:kUPaDoJX
>>814

>キリスト教徒にあらずもの人権もない...

基督信徒に非ざる者、此即ち人に非ず

とか書くと文語っぽいよw

818 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 00:43:05 ID:kUPaDoJX
>>816

クリスチャンとか言っても日がな基督のこと考えてる人は少ないだろうw

819 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 01:03:04 ID:kUPaDoJX
なんであれ、心に拠り所があるのはいいことだと思うけどね。
オーソドックスな教派なら金銭的な負担もそれほど多くないだろう。

820 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 01:10:52 ID:kUPaDoJX
家は家族が仏教だからこの間お寺にお墓建てたんだけど、建てるのに180万円
掛かったよ。兄弟三人で建てたのでお墓だけで一人頭60万円だ。
お寺なんてお墓参り以外ほとんど行かないし、皆全然信心深くないんだよ。
日本の仏教って葬式仏教だって言われるけど本当だと思った。

僕は別に仏門に帰依してるわけではないので、カトリックに入信しようかと思う今
日この頃。

821 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 01:18:31 ID:7g+jQhXJ
まぁミサなんてものは所詮気分の問題だよな、実際の話。
あれだよ、出家している神父や牧師、シスターなんかは世俗から離れ、
ひたすら神に祈ってりゃいいけどさ、うちら、在家の信徒は、
食っていくために、世間の荒波に晒さなければいけないわけだ。
そこでは、嫌な奴とも付き合わなければいけないし、わずらわしい人間関係を
うまく築いていけなければいけないわけだ。もちろん世間には、
不正、邪淫などの、サタンの誘惑がいっぱいあるわけだ。そこで油断してると、
すぐさま、そのようなサタンの誘惑に負け、自分の心は、汚れてしまいがちなわけ。
そこでミサだよ、ミサ。弁もたち、有能な司祭が仕切るミサに出席すると、
心が洗われる気分になる。だが残念ながら、弁もたたなければ、情熱も感じられず、
無能な司祭の仕切るミサに出席すると、はっきり言って失望するわけだ。
司祭の中にも、無能な人がいるのはわかっている。もちろん彼を責めるのも、
主の御心にも反することもわかっている。だがミサのプログラムを、もうちと、考えてくれても
よかろう?信徒に無駄な歌を、唄わせないでくれ。

822 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 01:20:15 ID:7g+jQhXJ
ミサには、聖歌隊を出してくれ、聖歌隊を。信徒が唄う場面は、せいぜい2曲か、3曲くらいにして、
あとはプロの聖歌隊に聖歌を歌わして、ミサに出席している我々信徒や、キリスト教に興味があって、
出席しているノンクリ達をも酔わしてくれよ。ミサは、ともすれば、世俗にもまれて、
汚れた我々の心を洗う、いい機会、イベントになると思うのだが、今の、能力のない司祭の仕切る、
ダラダラと、信徒にいきなり振られても、ろくに唄えない聖歌を唄わされても、
はたから聞いても、しらけるだけなんだよね。はっきり言って、ミサなど、救いには関係ない。
ただ、世俗にもまれて、ともすれば汚れがちの我々の心を、ミサに出席することにより、
日常の生活を一時でも忘れ、信仰の気分に浸り、世俗にいると、忘れがちなイエスの掟を、我々に
思い起こさせるだけのものでなければ、儀式に過ぎないミサには、何の意味も見出せない。
たのむから、だらだらと白けるミサを執り行なうんじゃなく、どうせ聖歌を唄うのなら、ろくにメロディーも知らない
信徒にダラダラと唄わすんではなく、聖歌隊に唄わすなりして、
多少エンターテーメーントに振ってもいいから、一見さんが出席しても、心に響くような、ミサをしてくれ。
そうすれば、新たな信徒獲得にも繋がるだろう。聖体拝領などの基本は変えてはならないが、
ミサのプログラムを、もう少し考えてもいいんじゃないかと思う、今日この頃である。


823 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/12(火) 01:36:44 ID:aFaJJPOm
>>818
>クリスチャンとか言っても日がな基督のこと考えてる人は少ないだろうw
だろな...考えるにしてもネタなんか殆どないと思うw....

824 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 01:41:34 ID:7g+jQhXJ
実際、聖体拝領なども、気分の問題なんだよね。
はっきり言って、プロテスタントの礼拝なども含め、儀式と救いは関係ない。
あれは気分の問題だ。世俗にもまれて汚れがちな我々在家の信徒が、ミサに出席することにより、
改めて、イエスの掟を思い起こさせる。そこが重要。その為にも、どうせやるなら、
我々の心に響くミサを執り行なってくれよ。ミサの締めに言うだろう。
「行きましょう、主の平和の内に」ってさ。儀式に過ぎないミサには、そこが重要なんだよ。
イエスも、最後の晩餐を、私が来るまで、あなた方はこれを記念として執り行ないなさい。
とは言ったが、これにあずかる信徒が、それにより巣食われるとはいっていないしな。
有能な司祭が仕切るミサに出席すると、世俗に汚れた自分の心が、洗われる思いだ。
そのときはそのように思うのだが、また、世俗に戻ると、自分の心は、さまざまなサタンの誘惑により、
汚れてくる。そこで、日曜の主日のミサだ。このように、ともすれば汚れがちの自分の心を、
週の初めの主日のミサに出席することにより、心が洗われる思いをし、イエスの掟を我々に思い起こさせる。
こういう意味では、ミサは我々に必要であり、意味のあるものであると思うが、出席しても、
信徒が唄えもしない聖歌を、だらだらとプログラムどおりに執り行なっても、失望するだけであり、しらけるだけ。
ま、カトリックは、プロテスタントとは違い、洗礼はもちろんのこと、聖体拝領や、
告解、堅信などの、数々の秘蹟があり、信仰の気分に浸れるものが数多くあるのに、あの工夫のないミサの
おかげで、全て台無しにしているように思う。ま、有能な司祭の仕切るミサは、それなりの気分に浸れるんだけどさ。
あのだらだらした聖歌の合唱は、勘弁してほしい。

825 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 02:02:25 ID:7g+jQhXJ
ちなみに平日のミサは、一般信徒の出席は、ほとんどない。
いるのは司祭はもちろんのこと、シスターと、それこそ皆勤賞ものの、熱心な信徒だけである。
このメンバーだけのミサは、一般信徒の集まる、日曜(主日)のミサと雰囲気も違い、
無駄な聖歌の合唱もなく、また唄っても、さすが、シスターなどの出家者中心のミサだけあって、
メロディーもろくにわからない、ちぐはぐなものではなく、しっかり曲として、メロディーも聴け、
主日のミサのように、妙な司祭がパンを食べるときに待者の鳴らす鈴もなく、妙に、ビシっと、引き締まった
ミサに出席できる。なにげに、司祭も、一般信徒向けのミサと、自分達出家者向けのミサとは
また違う雰囲気で、おいらは、こちらのほうが、心地良いので、どちらかというと、主日のミサより、
どうせ出席するなら、平日のミサに出席したいと思っている。
でも思うんだが、信仰に大切なのは、このような儀式に出席することではなく、自分の心を、
父の御心に適う心に形成することであり、父なる神を知るには、このようなミサより、祈りの中にあるんだけどな。
今の教会は、ミサ至上主義で、この肝心要の、祈りのことをないがしろにしているように思える。
父を知り、己を知るには、ミサではなく、この祈りの中で見出すのだが、残念ながら、今の教会では、あまり
この祈りをメインではなく、ミサをメインに執り行なっているようだね。

826 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 02:14:27 ID:Vtp4IIZj
感極まるようなミサや礼拝をしている教会はありますか?

827 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 02:40:25 ID:7g+jQhXJ
正直イスラムは、幼稚で馬鹿馬鹿しいものだと思っているが、
このイスラム教の一派にスーフィという派があると聞く。彼らは非常に禁欲的で、
儀式などの礼拝を重んじるのではなく、瞑想修行と、仏教に相通じる、戒律を重視し、
非常に禁欲的な生活を送ると聞く。そのスーフィに属する人の言葉。

>鉱物であった私は死に、植物となった。
>そして植物となった私は死に、動物となった。
>動物となった私は死に、人間となった。
>次に死ぬ時、この私は翼と羽根をもった天使となるだろう。
>そうであるのなら、どうして、
>死による消滅を、恐れなければならないのか?
>そのあとは、天使よりももっと高く
>舞い上がって、
>誰も想像ができないようなものに私はなるだろうに。

>メブラーナ・ジャフールディーン・ルーミー

素晴らしい。
これが我々に広く一般的に認識されている、あの幼稚なイスラム教の一派の言葉だとはにわかに信じがたい。
素晴らしすぎる。そういえば、ムハンマドも、瞑想の中で、ガブリエルから、啓示を受けたってことになってるよな。
ま、あのおっさんは、真理を悟る以前に、ガブリエルにいいように利用されただけなんだが、ま、あれはあれの使命を
まっとうしたんだからそれはそれでいいんだろう。イスラム教がなければ、新約の成就もないだろうし、
そういう意味では、彼は最後で最高の ”預言者” であることには間違いないだろう。だが彼は、あくまで預言者であり、
イエスのような、覚者ではないのは間違いないだろう。でもスーフィズムは素晴らしい。一目おく。
これがあのイスラム教の一派だということが信じられない(苦笑)


828 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 02:41:43 ID:7g+jQhXJ
キリスト教も、ミサや、礼拝を重視するより、祈りを重視したほうがいいんだけどな。
イエスも、人里離れた場所でよく祈ってたって記述が聖書にも良く書いてあるだろう。
父を知り、己を知り、真理を知り、救いとは何かを知るには、この祈りの中で知るしかない。
既存のキリスト教も、ミサなどで、新たな信徒を獲得して、宗教の本質である、父なる神と、自分自身の関係を
知るイエスの行じた、祈りを、その信徒達に教え導けるのなら、本物の宗教になるんだがな。
ま、それは今のキリスト教には無理だな。もちろん、ここでいう祈りは、君らが思っている祈りとは随分違うものだ。

今の仏教徒は悟れないよ。自分達の信じる既存の仏教に対する信仰を捨てない限りね。
彼らはその迷信を信じるガゆえ、彼らの瞑想には、一番大事な根本的な手法が抜け落ちている。
彼らはその、自分達の信じる仏教を捨てない限り、絶対に悟れない。証拠に現代仏教会には、仏陀もいなければ、
阿羅漢もいないだろ。それもそのはずだ。彼らは、根本的なところで間違っている。
それは今のキリスト教徒にもいえるんだけどね。

829 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 03:30:10 ID:vHypPxj1
英国国教会のキリスト教は教会で銃撃を行ったゲームに対して謝罪と『献金』を要求しています
これがキリスト教のやることですか?


830 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 03:35:36 ID:z5rCu6ij
>>829
勝手に礼拝堂をコピーして惨劇の舞台に仕立て上げた。
当然ソニー側は管理責任を問われるだろう。


831 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 04:02:53 ID:BKJyDV37
>>829
こういうバカがいるから日本はバカにされるんだよな。
勝手に名前使ったことは棚に上げて、現地の人の心を痛めたことは不問な訳。
加害者だろうに。盗人猛々しいとはこのこと。


832 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 04:40:41 ID:TalFyEZk
>>831
悪の教え

罪を憎んで人を憎まず。

神は

罪も憎まず人も憎まず。

833 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 05:56:16 ID:25se9buF
迷ってます
知恵ください
【国際】英国国教会、銃撃ゲームめぐりソニーに大規模な「献金」要請へ★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181559278/

834 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 06:19:31 ID:vHypPxj1
とりあえず燃料投下したんで後は何が正しいか誰が正しいのか話し合ってくれれば幸いです

835 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/12(火) 08:06:50 ID:b3SxrN7W

何言ってるのかわからないレスと、何を言いたいのかわからないので長すぎるレスは

目が拒否しました。

836 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 10:00:07 ID:qalNZSQA
>>810
>使徒以外のものが主の御名を使って悪霊をおいだしているのを、使徒が主に訴えたとき、
>主は、その行為を肯定しましたね。

それは知っています。以下の文章にある
「キリストが言っています」ということが
聖書のどこに書いてあるのかを聞いているのです。

>キリストは、キリストを否定しなかったら
>キリストの信者だと言ってますよ。

837 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 10:06:13 ID:qalNZSQA

そもそも「信者」という言葉自体が、聖書的ではないと思います。
>>787 は、あまり聖書を読んでおられないのだと思います。

イエスは「弟子」という言い方をしておられるからです。

月見さんはクリスチャンだと思いますので、なおのこと
もう少し聖書をきちんと読んでみてください。






838 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 10:08:43 ID:qalNZSQA
イエスは、キリスト教の信者を作りたかったでしょうか?
僕には到底そうは思えません。

有名な「派遣の言葉」ですが、以下のように
『弟子にしなさい』と言っておられるのをご確認ください。

マタイ 28:19
だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。

839 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 10:11:23 ID:qalNZSQA

イエスを受け入れるなら、洗礼を受けなければなりません。
誰もが、イエスを受け入れるなら洗礼を受ける必要があります。
これはイエスの命令だからです。

洗礼と救いとが無関係である、などと言う人たちは
無責任な人たちなのです

840 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 10:21:25 ID:qalNZSQA

洗礼は、このように神への義を表す儀式です。
これは、神の前に「自分を殺す」儀式なのです。

誰も、ノアの洪水について聖書をまともに読んでいないので、
洗礼についても、さっぱりわからないでいるのです。

また、聖書を読めばわかるように、イエスに聖霊が下ったのは、
イエスが洗礼を受けた後のことです。

洗礼とは、肉体的に生きている自分自身を公に否定するための行為です。
こうしたことがわかった上で、洗礼を受けることが望ましいですが、
わからなかったとしても、洗礼は必ず受けなければなりません。

これは、ノアのように生きる、ということの表明なのです。


841 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 10:25:25 ID:qalNZSQA

洗礼を「単なる儀式」である、と考える人は不幸です。

エジプトで、過ぎ越しが起こったときのことを聖書で読み返してください。
自分の家の門に子羊の血をぬった家だけは、怖ろしい主の怒りが過ぎこしたのです。

子羊を殺して、その血を家の門に塗ることは、単なる儀式ではありませんでした。
もちろん、洗礼も、このように単なる儀式ではありません。
洗礼は、あなたを「主を求めるもの」としての印を付けるものなのです。



842 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 10:28:08 ID:qalNZSQA

主の怒りが過ぎ越した家は、信仰が特別にあった家なのでしょうか?
そうではなく、神の命じられたことを行っただけです。

このことに気づいてください。

神は、特別な恩寵を与えてくださるのですから、イエスの言われるように
洗礼を素直に受けることは、正しいことであり、あなたを救うのです。


843 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 10:57:08 ID:oG7NJ4Uk
>>839
洗礼によりイエスの弟子となり、救いの特権に預かるのなら
ヤハウェの創造はやはり失敗であったとしかいいようがないですね。
救いとは魂の救霊。
では、パラダイスとは一体どのような場所なのでしょうか?

一体人は何から救われ、何になるのでしょう?
そして何故にヤハウェはそのように創造プログラムをしたのでしょう?

イエス贖罪2千年に対し、それ以前の所謂救いに漏れている人々は
圧倒的多数なのですが。
神は野放図に不完全で適当な人間による宣教で救いを与えるのでしょうか?

私にはあまりにも人を馬鹿にした行為に見えるのですが。

844 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 11:17:31 ID:2bAQCvcq
>>842
そう云うのをカルト洗脳に嵌ってると云うんだよ・・!
統一の桜田淳子笑えないぞ、同なじじゃないか・?



845 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/12(火) 11:34:41 ID:b3SxrN7W

キリスト/ユダヤ教を正しく理解していない人が質問箱で回答すると混乱するばかりです。

本当に質問箱で回答しても混乱しないかどうか、確認してみていただきたいですよね。

まあ、いわば2ちゃんねるごときで神経質にならなくてもいいだろうかとは思うのですが、

それでも「キリスト教@質問箱」ですからね。

自己主張したいだけなら適当なスレがたくさんあると思いますよ。

無ければスレ立ててでも出来るんですからね。

846 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 11:56:21 ID:VrV/sY2l
>>845
全く、うきゃん君氏の言うとおりだな。

しかし、一方で「正しいキリスト教、真のキリスト教」など人間の言葉を使って説明したものなど
どれも真ではないことも確か。
この意味することは、「わかる人にはわかる」、とだけ言っておこう。w




847 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 12:21:19 ID:7g+jQhXJ
>>846
「言」による知恵は我々を死ぬ存在にならしめたが、「言」による知恵が
再び我々を生ける存在とならしめる。その時「言」は、自らの知恵により自らを滅ぼし、
女は、男と一体となるだろう。

あのさ、イエスは「言葉」で父の御心を語ったんだよ。
父の元に帰れるのは、言葉を持つ我々人間だけであり、言葉による知恵があればこそ、
言葉による識別を、一つにできるんだよ。言ってる意味がわかるかい?お馬鹿さん。

君らは現代のファリサイ派だ。君らは目の前にイエスがいて、彼の言葉を聞いても、
君らは、その言葉を決して聞こうとしないだろう。

いくら口先だけの信仰告白をしようとも、イエスの言葉に聞き従わない者に、真の命はない。
似非キリスト教徒は、無神論者と等しく、死んだままである。

848 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 12:45:47 ID:7g+jQhXJ
いくら物理的な水による洗礼を受けても、
その人の心に、聖霊が下らなければ、その洗礼という儀式には、何の意味もないよ。
洗礼者ヨハネは言った。「私の後に来る者は、火と聖霊による洗礼を皆に授ける」とね。
聖書には、イエスが洗礼を授けたとする場面は記述されていないが、彼は、洗礼者ヨハネの言うように、
しっかり、皆に、聖霊による洗礼を授けている。それは、今の教会や、洗礼者ヨハネの施していた
物理的な水による洗礼ではない。彼の洗礼は、父の御心を語り、その言葉を受け入れる者達が受ける、
霊的なものだ。これは逆に言うと、たとえ、異教徒であろうと、彼らに福音を伝え、
彼らがイエスの掟である、その言葉を受け入れるのなら、彼らは、聖霊による洗礼を自らの意思で、
自らの心に施したことになる。これが真の洗礼だ。我々が日常の生活を送る上で、さまざまな
サタンの誘惑を受けるだろう。それらの誘惑をことごとく打ち破り、イエスの掟に従った生活を送ること。
これが、自らの心を洗い、自らの衣を洗い清める、真の洗礼なのだ。
イエスの教えは、異教徒が、現代のキリスト教会が執り行なう、儀式に過ぎない洗礼式を受け、改宗しないと
救われないなどという、幼稚で、レベルの低い話ではない。いくら、現代の教会が執り行なう
物理的な、水による洗礼を受けようとも、聖霊による、自らの意思で、自らの心を洗い清める真の洗礼を
施さない者に、救いはない。よく考えてみな。イエスの弟子であり、最初に福音を述べ伝えた彼ら
十二使徒達は、物理的な、水による洗礼を受けたなんて、どこにも書いていないだろう。
だが、彼らは、洗礼を受けている。イエスの言葉による、洗礼をね。彼らの受けた洗礼は、イエスの言葉。
それは父の御心である、聖霊による洗礼なのだ。イエスが彼らに命じたのは、父と子と聖霊の名による洗礼を、
ほかの人達にも授けなさい。ということである。この洗礼を受け入れる者は、今までの生きかたを改め、
イエスの弟子となるだろう。

849 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 12:52:33 ID:7g+jQhXJ
うきゃんはどうしようもないな。
兄弟よ、兄弟に対して、無用な対抗意識をむき出しにしてどうする。
おまえはイエスの掟に背いている。うきゃんよ、今の教会が執り行なう、
単なる物理的な、儀式に過ぎない水による洗礼を受けても、肝心要の、聖霊が下らなければ
意味がないのだよ。聖霊が下るか、下らないかは、おまえ自身の心の問題だ。

せっかく主はおまえを招いてくださった。その心を無駄にしてはいけない。早く悔い改めろよ。

850 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 13:07:02 ID:7g+jQhXJ
たく、キリスト教徒が、禅宗のような能書きを言いだしたら、おしまいだな。
彼ら禅宗の教えは、要理、要理は間違えてはいないのだが、その要理を激しく誤謬しているものだ。
その代表的なものの一つが、「言」に対する彼らのアプローチである。
「言」による知恵が、名称を与え、我々を識別したが、この「言」による知恵がなければ、識別された
世界に生きる我々を、再び一つにしないのである。彼らに言わせると獣は生まれながらに悟っているそうだが(大爆笑)
彼らは激しく誤謬している。獣は生きない。再び生ける存在になれるのは、「言」を持ち、
父なる神に似せて創造された我々「人」だけなのだ。そこのところを勘違いしてはならない。
キリスト教徒が、禅思想にかぶれるなんざ、おわっとる。禅宗など、末法の時代が生んだ、バッタもんの仏教だ。
釈迦の教えとは違う。バッタモンは所詮バッタモンだ。兄弟よ、イエスの教えを信じるなら、
禅思想などに毒されてはならない。禅思想は、ポイントポイントで、真理の要理を用いて語っているので、
一見もっともらしく聞こえるが、彼らの思想は、真理の要理を、激しく誤謬して成り立っているものだ。

851 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 13:26:36 ID:VrV/sY2l
>>847-850
カラスはカラスの妄想の中で生きればよろし。
ったく、己の世界だけしか認めらないやつは救いようがない。
勝手にやってろ。w

852 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2007/06/12(火) 13:28:10 ID:7g+jQhXJ
>>851
主の平和。

853 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/12(火) 13:51:37 ID:b3SxrN7W
>>852

あんたの言っていることは、とても筋が通っていて興味深い内容だと思うよ。

比べて悪いかもしれないけど、(コ)とか(ダ)とかとは段違い。

しかし、それ、質問に対する回答なの?ちゅう話なんだよね。

せっかくしっかりした内容なわけなのに、場違いなだけで価値が落ちるわけだよね。

ちゃんとしたスレを立てて筋を通してまじめにやればきちんとした話し合いの場になるだろうと予想。

854 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:02:15 ID:oG7NJ4Uk
ダニエルは他の人対してはすぐに謝罪しろとか説明求めるとか言うけど
今回ダニエルは自分のカキコに対する説明するんだろうね?

他人に対してだけ要求するならお笑いものだけど。

855 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 14:16:10 ID:qalNZSQA
>>854
>ダニエルは他の人対してはすぐに謝罪しろとか説明求めるとか言うけど
>今回ダニエルは自分のカキコに対する説明するんだろうね?

説明はすでにしております。
洗礼とは、イエスのご命令であり、サクラメント(秘蹟)なのです。
サクラメントとは何か、と言いますと、これは「印(しるし)」のことです。

これは、自分は洪水によって、古き人を殺しました、の印なのです、
こうしたことがわからなくとも、教会がイエスを受け入れた人に洗礼を授けて
いるのだから、イエスを受け入れているなら洗礼を受けるのは当然のことです。




856 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:17:51 ID:oG7NJ4Uk
>>855
洗礼を受けない人は救われないのですか?

857 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 14:18:19 ID:qalNZSQA

洗礼を受けたくないのであれば、受けなければよいではないですか。
別に洗礼を受けることを、神は強制などしていませんよ。

むしろ、ファリサイ派や律法学者たちは、バプテスマのヨハネから
洗礼を拒否されているではありませんか。

洗礼を受けたくない気持ちがあるのは、それは神があなたへの
洗礼を拒んでおられるのであろうと思います。アーメン。

858 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 14:22:40 ID:qalNZSQA

洗礼を受けるのも受けないのも、個人個人の自由なのですが、
『洗礼を受けなくても救われる』みたいなことを公に言うことは
自らに滅びを招く危険があります。


859 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:23:46 ID:oG7NJ4Uk
>>857
質問の答えになっていませんよ。
洗礼を受けなければ救われないのですか?
洗礼を受ければ救われるという救いとは一体何から救われるのですか?

860 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:25:28 ID:oG7NJ4Uk
>>858
洗礼を受ければ救われるとは受けなければ救われないとの反語としても
捕らえられますよ。
むしろ前者のような救いの可否について言及している時点であなたは
神にとってかわる傲慢を犯しているように見えます。

861 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 14:29:56 ID:qalNZSQA
>>859 >>860

聖書を、あなたご自身でよく読んでみてください。
なぜ、そうしたことを僕に聞こうとするのですか?

聖書に、そうしたことはきちんと書いてあるではないですか。

862 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 14:31:03 ID:qalNZSQA

救いのためには、福音を信じることが必要です。
そして、その上で、洗礼を受ける必要があるのです。
すなわち、イエスは次のように言っておられるからです。

マルコ 16:15
それから、イエスは言われた。
「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。
信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。

863 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:32:38 ID:oG7NJ4Uk
はっきりとわからないものに対しては口を噤んでいるべきです。
もしくはあくまで推論・仮定として断定は避けるのが常套でしょう。

>>洗礼とは、肉体的に生きている自分自身を公に否定するための行為です。
こうしたことがわかった上で、洗礼を受けることが望ましいですが、
わからなかったとしても、洗礼は必ず受けなければなりません。

>>洗礼を「単なる儀式」である、と考える人は不幸です。

あなたはあなたのこの決定事項に対する反論に耐えうるほどの確たる論を
持ち合わせていますか?

さて、あなたが私の立場ならこの場合謝罪を要求するのでしょうか。


864 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:34:36 ID:oG7NJ4Uk
>>861
よく聞く逃げ口上です。
聖書の捉え方は各人各様。
それを私の責任として投げかけるにはあなたは語りすぎた。
ならばあなたは上記のような疑問を呈するようなカキコミを控えるか
その発言に対して責任を持つべきです。

865 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:37:43 ID:oG7NJ4Uk
>>862
イエス贖罪以前の人々、またはアフリカ、アジア地方の人間は無条件に
滅びに至るように神はわざわざ創造したのでしょうか?
神は救いを人伝えしなければならないようなアナログな手段に頼らねば
ならないのは何故ですか?
宇宙を創造した神にしてはあまりに拙攻で非効率な手段、そして
あまりに人間的な手段に見えますが。

866 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:42:31 ID:Am5gf+7C
おしえてください。
信じるものは救われるというのは本当でしょうか?
自分は無宗教ですが、母方の姉がキリスト教で、婚約者を
何度か連れて来た事があったのですが、いづれもキリスト教徒ではなく、
クリスチャンの母方の家族に大反対され、婚期をのがして今は43で未婚です。

寂しいだろうし、好きだった人と一緒になれなかったのは辛いだろうし、
子供も孫もいないので老後も一人で生きていかなくてはなりません。
女性で体も弱い人ですので、毎日過酷な労働を老後まで続けさせるのは
酷だと思います。

もし、クリスチャンじゃなければ、好きな人と結婚して、子供も生んで
子育てもして、もしかしたら今孫もいるかもしれません。
旦那と共働きをしていれば、もっとましな暮らしもできているかもしれません。
マイホームで暖かい家庭を築いていらしたかもしれません。

これが信じることが救われるということなんですか?
自分にはまったくわかりません。


867 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:44:44 ID:2bAQCvcq
別に私たちは最初の最初から救われる必要もない、神の子です。
洗礼に拠ってのみ救われるなんてのはナンセンスゥ・・
聖書には聖書なりの方便がありますからねぇ〜。

868 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:48:30 ID:2bAQCvcq
>>866
現世の幸福を望むなら宗教は無用です。
宗教とは天国での生活を基準とします。

869 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:48:57 ID:Am5gf+7C
自分は、「神は自ら助くる者を助く」という言葉が好きです。
でもこれは聖書の言葉ではありません。

クリスチャンの方、もっとよく考えてみてください。

「本当に困っている時に神は貴方を助けてくれましたか?」

「なぜ神を崇拝することで、私の叔母は幸せを失ったのですか?」

「自分の書いた書物を疑いもせず、現代に適応させもせず、ただひたすら
聖書にすがるだけの人間たち。それが神の望むところなんですか?」

「そもそも、自分にひれ伏す人間たちを見て喜ぶ神とは一体何者なんですか?」


870 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 14:49:09 ID:qalNZSQA
>>866

個人的には、好きな人と結婚して、その人から信仰への理解を
得られることが一番であったろうと思います。
もしかすると、一人、信仰者を増やすことも出来たかもしれません。

しかし、今となってはもう遅いですね。
彼女も親を説得しきれなかったのでしょう。





871 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 14:52:55 ID:qalNZSQA
>>869
>「なぜ神を崇拝することで、私の叔母は幸せを失ったのですか?」

あなたの叔母は、人の言うなりになって幸せを失ったのです。
そして、それはご自身の責任であって、親の責任ではないと思います。
しかも、あなたには何の関係もないことです。
あなたが神を信じたくないのなら自由にすればよいのです。
それを叔母のことを理由にしたりすることは、あなた自身に対しても卑怯なことです。



872 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:53:29 ID:Am5gf+7C
>>868
天国というのは死後の世界のことを言っているんですか?
教えてください、聖書のどこに死んだら天国に行けると書いてあります?
14万人だか、それくらいの人間が、天の国で運営をするくらいしか書いて
ありませんが。しかも、根拠もありません。


それにもし、人が天へ行けるとしても、

自身の気持ちや愛に反し、家の宗教上の都合だけで、婚約相手と別れ
相手を悲しませ、尚且つ、自助努力の時間を宗教という実態の無いものに
熱心に割いている人間が、どうして天へいけるでしょうか?

873 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 14:58:14 ID:Am5gf+7C
>>ダニエルさん

叔母の元婚約者は、叔母の宗教を否定したりはしていなかったそうです。
ですが、母方の実家の反対にあい別れさせられています。
たしかにうちの叔母は人のいいなりになって幸せを失いましたが、
その原因は叔母の両親の反対であり、キリスト教の教えじゃないですか。

自分には、そのことが何も関係ないことだとは思えません。
自分にとっては、母の姉なので、隣人以上の存在だと思います。
「隣人を自分のことのように扱え」と聖書にも書いてあります。
どうして、自分には関係がないことだといえるでしょうか。



874 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 15:05:18 ID:qalNZSQA
>>873
>叔母の元婚約者は、叔母の宗教を否定したりはしていなかったそうです。
>ですが、母方の実家の反対にあい別れさせられています。

むかしは、親の反対で結婚できなかった人は多かったのではないでしょうか。
イエスの教えには、「信者以外の人と結婚するな」というものはありません。
それは、あなたもご存知でしょう?

あなたが「キリスト教」を勝手な解釈で信じている人たちの信仰態度に
敵意を持つことはわからないでもありません。

しかし、あなたは主を受け入れ、信仰を持ち、真にイエスの弟子となってください。


875 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 15:08:59 ID:oG7NJ4Uk
ダニエル君
キミはもう少し自分を疑ってみたらいい。

876 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 15:20:35 ID:Am5gf+7C
>>ダニエルさん
自分は無宗教で、信仰活動は行っておりません。
大学で聖書学をかじってた事がある程度ですので詳細までは知りません。

でも、思うんです
多くのクリスチャンは、イエスの教えや聖書の教えやYHWHの教えに
則して生きていると、どの宗派でもそれぞれ信じこんでいます。

だが、彼らは本当にイエスの弟子なのでしょうか?
YHWHや聖書に出てくる人物の教えを正確に守っている人たちなんでしょうか?
それなら、どうして教会などは紀元後に多くの会議を開いて、教義を
決めてきたのですか?
当時は、デジタルではなく完全にアナログの世界ですから、伝えたいことが
100%伝わるなどということは考えられません。
本当にすばらしい伝道者が99%という高レベルな教えの説き方をしたとしても、
99%伝わったと教えを、また誰かが99%伝え続けるとしても、
回数や時間が増えるにつれて、どんどん情報の確実性は減少していくのは解かりますよね。

どうして、今の宗教家や組織が、イエスの弟子だといえますか?
聖書の記述が書き換えられていないとして、それを読むことは
クリスチャンじゃなくてもできます。
でも、イエスの教えを正確に実践することは、現在では誰にも
不可能なことだとは思いませんか?

877 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 15:27:44 ID:Am5gf+7C
最後に、自分はクリスチャンに敵意を持ってはいませんし、
キリスト教が悪いとは言いません。

実際うちの母のように、何かを信じて疑わず、それを幸せに感じる人もいます。
それでいいんです。
でも、信じても幸せになれない人も多数存在すると思います。
それは聖書の教えじゃなく、地上の生物としての原則に反して生きている
ことに他ならない。

現世の事柄を捨ててでも、来世の為にいきるような人間を
神は望んでおられるのですか?
自分は、宗教そのものや神やクリスチャン個人ではなく、
人間の今伝わっている教えの正確さについて疑問があるんです。

「カエサルのものはカエサルに」、という言葉は
現世の事柄は現世に属するので大切にしなさいという
事の比喩ではないのでしょうか。

878 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 15:31:42 ID:qalNZSQA
>>876

あなたの書いていることは、もっともであると僕も思います。

しかし、現代においてもイエスの教えを正しく学び、これを行う
ことは不可能なことではありませんよ。

「祈り」という、神への直接のコミュニケーション方法があるからです。
そして、イエスは「聖霊は、あなたがたに教えるだろう」と言っておられるからです。
これを、わたしたちは信じましょう。人の言葉ではなく、聖霊に聞き従いましょう。
祈りによって。

ヨハネ福音書14:26
しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、
あなたがたにすべてのことを教え、
わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。

879 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 15:32:50 ID:iiez6sXr
>>866

あなたが子供を設けなかったのは、とても幸いです。
なぜなら、その子供がサタンの奴隷にされるのを見ずにすむからです。

あなたは既に43年間も生きてきました。
「既にそこまで生きた」ということは、変えられないあなたの財産です。

今の若者、子供はその年まで生きられるかどうかはわかりません。
サタンに忠誠を誓い、その奴隷になると受け入れれば生き残れるかもしれませんが。


880 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2007/06/12(火) 15:36:10 ID:qalNZSQA

聖霊とつながりを持たない信仰は、独善的な信仰だと思います。
なぜ、そのような独善的な信仰態度に陥ってしまうのかといえば、
それは、人が傲慢であり、自分の考え方を信じてしまっているからです。

人は、聖霊によって、正しく導いていただけるように
常に祈り、自分の主(あるじ)の座を、イエスに明け渡すべきです。

そうでないと、結局、独善的になって、宗教に関わりの無い人よりも
むしろ無慈悲で、好ましくない人物になってしまう可能性があります。


881 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 15:40:53 ID:Am5gf+7C
自分は18歳です、43歳は母の姉です・・

でも疑問なんです。
なぜ子供がサタンの奴隷にされるのですか?何の根拠で?
100歩ゆずって人間は神には勝てないとしましょう。
でもなぜ、人間はサタンにすら勝てないという前提で話してるんですか?

どうして人間は人間のままだと思うんですか?
私見ですが、自分は人間は進化していくと思います。
数百年前の人間とくらべても、脳の大きさや骨格がだいぶ違います。
混血が進めばさらに違いが生じて、新しい能力が得られるかもしれません。
どんな生物でも、そうできてるじゃないですか。

もしかしたら、神に近い人間が誕生するかもしれません。
そのときに裁かれるのは、古いものに拘っている旧人間ですよ。
基本的に神は直接的な干渉を人間にしてきたことはありません。

裁きの日というのは、既存の概念を打ち壊して新たな時代を作るという
家庭で行われると自分は思っています。

882 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 15:52:31 ID:iiez6sXr
>>881

何事にも制限時間、タイムリミットというものがあります。
例えば、ある大学に入学したい、と考えましょう。
そうしたら、その大学の入試要項を取り寄せて、

申し込みはいつまでにしなければならないのか。
入学試験はいつなのか。
合格発表はいつなのか。
いつまでに入学手続きをしなければならないのか。

などを全部調べますよね。
大学側からしたら、その手続きに沿って、それに従った者の中から選別するのです。

規則は大学が決めるのであって、学生が決めるのではありません。
その規則に従わなければその大学には入れないのです。

この大学を天国に置き換えて下さい。
その天国に入る為の要項、テキストが書かれてあるのが聖書です。

883 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 15:57:10 ID:oG7NJ4Uk
ドグマに陥ることこそ罪であるとほとんどのキリスト教徒はわかっていない。
自分こそが正しく、自分こそが聖霊と繋がっていると各々が主張し
差別し合う。

独善とは一体誰を指すのでしょう?
実にキリスト教そのものを指しているのではないでしょうか?

884 :某377:2007/06/12(火) 17:42:46 ID:oTX4nTQ8
ちょいとお邪魔しますよ。

>>881
>私見ですが、自分は人間は進化していくと思います。
>数百年前の人間とくらべても、脳の大きさや骨格がだいぶ違います。
>混血が進めばさらに違いが生じて、新しい能力が得られるかもしれません。
>どんな生物でも、そうできてるじゃないですか。

数百年(せいぜい10から20世代前後)程度での骨格のちがいは栄養状態などの
後天的な要因のほうがはるかに大きくて、進化かどうかはわからないので
よろしく。

また、進化というのは君の考えているような「進歩」とは別の概念だし、
生物というのは混血で新しい能力を得るようにはできてない。
ポケモンか何かといっしょくたにしてないかい?

さらに感想をいわせてもらえば、
>そのときに裁かれるのは、古いものに拘っている旧人間ですよ。
ってのも偏見だね。どうしてそう言えるんだい?

キリスト教のありかたに反感をもっているのはなんとなくわからん
でもないが、感情的な議論をふっかけても誰の得にもならんよ。

885 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 19:08:52 ID:2bAQCvcq
>>872
宗教とは宇宙の仕組みを示す教えです。
別に救われたり、ご利益を得る為ではありません。
私は数多くの宗教を体験して回答を得ました。

人間は何故、この苦しいこの世に、生まれてくるのか?
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154118371/142-146

886 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/12(火) 19:49:03 ID:b3SxrN7W
>>885

多少正しさも混じってる意見だとは思いますが、

その結果、胡散臭い新興宗教だっていうのはどんなもんなんでしょうかね。

887 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 19:57:35 ID:wTuDEaBT
>>881
人間は神には勝てない
いいえ、逆です!神は人間に負けるのです。ヤコブと格闘した天使について キエルケゴールは 死にいたる病の中で
神はイエスによって、人間に負けるようにした、常に 神は人間に負ける存在なのである、十字架の矛盾と復活の奇跡は 歴史を ビリビリに斬り裂いた まるで あの聖所の垂れ幕が 引き裂かれたように



888 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 20:04:20 ID:oG7NJ4Uk
古今東西のオリジナルをちゃんぽんしてこれが宇宙の真理です!だもんなぁ〜
新興は皆こんなかんじでしょ。
っで出来上がったのが結局ドグマと献金システムならなんら価値無しw

889 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/12(火) 20:06:14 ID:b3SxrN7W

聖所の幕が二つに裂けた、というのは、

見えなかった神の顔が見えるようになった、とか、

神の奥義が全ての民に開かれた、とかいうことの象徴ですよ。

実際に二つに裂けたわけではありません。

歴史が切り裂かれたというわけでは無いだろうと思います。

890 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 20:08:25 ID:wTuDEaBT
処女膜

891 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/12(火) 23:40:45 ID:aFaJJPOm
洗礼だ洗礼だと言って、ミトラ教の洗礼をイエスの洗礼だって騙されて
やってたんじゃ、笑い話にもならん...そもそもイエスの洗礼と言うのは
存在しないと思うよ...ヨハネ主張の洗礼と、原始教団の洗礼と、ミトラ教
タイプの洗礼しかないんだよん...それで、3〜4世紀のローマ帝国の
指示による、イエスが命令したとする文章のミトラ教タイプの洗礼を
イエスの命令だと騙されてやってるのが、今のキリスト教会だよーーーん。

892 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/12(火) 23:44:01 ID:aFaJJPOm
ミトラの誕生日をクリスマスだと騙されて、ながーーーーーーい事
信じてた連中も浮かばれないと思うけど、洗礼もおなじだよーーーん

893 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 23:47:57 ID:z5rCu6ij
>>892
仏教じゃないんで、浮かばれる必要なんかないんではないかと思うが?


894 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/12(火) 23:51:32 ID:aFaJJPOm
形式を信じてる奴は何時か悲しい目に会うんだw...霊験あらたな
石だと言われていた物が、いつの間にか何処かの漬物石に挿げ替えられ
ても、アホどもは相変わらず霊験新たな石だと思って崇めてる話知ってる
だろ...キリスト教団の洗礼なんか、只の水浴びに過ぎない。水浴び
だったら、僕も毎日風呂に入ってら...

895 :神も仏も名無しさん:2007/06/12(火) 23:56:18 ID:z5rCu6ij
>>894
君のレスは時々ニヒリズムが伴うけれど、決意表明として行う儀式を無意味なものだとは思わないし、その意味において洗礼式をお風呂と一緒にしたら遺憾のではないかな?
つぶやきのようなので回答とまでは行かない意見なんだけれどね・・

896 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:10:13 ID:+c2y/9CQ
洗礼ってどういうことするの??

897 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:13:32 ID:ywC0+E5d
>>896
教派、宗派によって違いますが、
水を頭の上に垂らしたり、全身を水の中に沈めたりして古い自分を脱ぎ去り新しくキリスト者として生まれ変わる決意表明とします。

898 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/13(水) 00:17:06 ID:/0jT4sXK
>>895
>「決意表明として行う儀式」を無意味なものだとは思わないし
それが、ミトラ教の教えだ...聖書の何処かにそんな意味が
示されてるか? 共観福音書に示されてるのは「悔い改め」の洗礼
ヨハネ福音書にはその意味付けは書かれてない。(ヨハネ福音書は
「悔い改め」と言う言葉を使ってない)。外証として、ヨゼフスが
ヨハネの洗礼が「罪の悔い改め」ではなく、「身が清められた事を
神に示すもの」と言う説明をしている。
洗礼については、僕も納得した物を得てる分けではないが、キリスト教が
やってる洗礼は明らかに聖書を逸脱したものだと言う事は言えると思う。


899 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:23:01 ID:ywC0+E5d
>>898
生まれ変わりの儀式として取り込んでキリスト教の儀式になってるのだからもとがミトラだろーがナンダろーが関係ないでしょ?
それが包含宗教であるキリスト教なの。わかりる?

洗礼式は、プロテスタントカトリックが共に行う教会としての聖礼典です。



900 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:24:40 ID:MF0TjOKb

形式を否定してる割には、ちゃっかりコテで自説を我田引水しようとする
流儀は変えないんココモ。書いてる事が矛盾してるんだよ。

お前なんて単なるハナクソ。

901 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:26:39 ID:ywC0+E5d
>>898
追記するとね、君が自分なりに新しい解釈で聖書なりコーランなりもってきて、これが歴史的に正しい宗教だからって提示して人が従えばそれは新しい宗教(生き様)としてたち現れないともいえないけどね、それはキリスト教ではないわけだね。


902 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/13(水) 00:47:04 ID:/0jT4sXK
「イエス・キリスト」なんて言う嘘を言わなきゃ良いんだと思うよん

僕が命名したら差し詰め「カイサル・キリスト」だべ...
それに、聖書の編者はマタイとかマルコとかパウロ(これは結構
原本に近いらしいが)などとは言わずに、マタイをソースにした
ローマ帝国の編纂した福音書と言うべきダンベ...
ついでにキリスト教などとは言わずに、ローマ教と言うべきダンベ

903 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:50:04 ID:ywC0+E5d
>>902
ローマカトリックだし東方正教会だしギリシャ正教会もあるし三位一体否定のコプト教会もあるし君の見つめたい好みのキリスト教が見つからないからって駄々をこねないでいただきたい。


904 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:53:07 ID:ywC0+E5d
>>902
離婚したいから出来た教派だってあるんだぜ。w


905 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 00:53:21 ID:hI9MWU1N
 人様の信仰を異教の儀式や信仰を例にとりその知識とすげ替えようとするのは
良くないことじゃありませんか?
 聖書に他者は疎いだろうとカマをかけて、聖書にはこういうことしか示されて
いないなどと断定的に物を書き、人の信仰を曲げようと試みる『ココモスキー』
さんは悪質なアンチの方に思われます。皆さん、気をつけましょうね。

 ちなみに洗礼についてペトロが次のように言っています。
ペトロの第一の手紙3章21節
『この水は今、イエズス・キリストの復活を通してあなたがたを救う洗礼の
前じるしです。洗礼は体の汚れを取り除くことではなく、正しい態度を保つ
約束を神にすることなのです。』

906 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 00:57:57 ID:ywC0+E5d
>>905
彼は正しいと信じることを自分のHPと合わせて喧伝する場所としてココモスキだったのです。
時々純粋な質問者になり時々ちゃんとした回答者にもなります。
スレ違いは誘導してください。

907 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 01:03:50 ID:+sJDjDki
>>905
神に約束するとかの立法的な態度はイエスが戒めたこと。

908 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 01:07:48 ID:hI9MWU1N
>>906
 まあ、馴れ合いで色々書き込みあって楽しんでいるだけなら良いんですがね。
正しくキリスト教の主張や対応をしあっているようには傍目に見えなかったもので
横槍入れてしまいました。失礼!

909 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 01:09:46 ID:ywC0+E5d
>>908
とんでもございません。
変わらぬ回答者としてのお立場をいつも参考にさせて頂いております。
ありがとうございました。在主。

910 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 01:17:24 ID:hI9MWU1N
>>907
 ペトロは使徒の中でもヨハネ、ヤコブと並んで三大柱になっていた代表
人物です。ペトロとヨハネが按手をして祈り、聖霊の付与や役職の任命を
する場面が新約聖書中随所に見られるようにペトロはイエスの使徒であり
その中でも最も目をイエスにかけられていた人物なのですよ。
 ペトロはイエスの捕縛に際して三度も否みました(マタイ26章など)。
しかしイエスはペトロに自分の羊(信徒)を飼うようにと仰せられます。
(ヨハネ21章15-17節)
 ですからペトロの洗礼についての言葉はイエスに羊を託された使徒の
言葉として尊重されて当然でしょう。

911 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/13(水) 01:27:29 ID:/0jT4sXK
生まれ変わると言うのもインチキだろな...住んでるところも
仕事も家族も着てるものも食うものも何も変わらんのやろ...
精々ちょっとした生活習慣が変わる程度ダベ...
何が生まれ変わるンや...

そんな事より普通の人達は、新たに学校に通いました。
就職しました。結婚しました。子供が産まれました。
親が死にましたの方がそれまでと遥かに違う人生があるんだろ。

2000年前のユダヤ人だったら、歴史の転換期に物凄い人生の
ハマルティを味わったと思うけど、現代で何処かの教会の信者に
なりましたなんて言う事が、どれだけの事だと言うんだ...何も
変わらないよ、下らない負担が少々増したに過ぎない、下手したら
アホ宣教師やアホ教団に絡まれて、人生に汚点を残すだけの事ダベ


912 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 01:31:33 ID:ywC0+E5d
>>911
悪意に満ちて生きるより、善意に満ちて生きようと決意することは貴いことだし、そうしようと決めることは善い事です。
君はずれた視点で物事を捉えようとしますが宗教によって導かれる場所はそこです。

913 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 01:40:38 ID:MR5WBT59
>>911

そんな風に粘着してずっとこきおろす熱意はどこから来るのか。
所詮は他人事だろ。放っときゃいいじゃん。
実はこのスレッドではキミが一番キリスト教に魅入られてるのかもなw


914 :神無 月:2007/06/13(水) 03:24:46 ID:4t9qzLVZ
>>913
シッタカ、なんだと思いますけど

915 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 03:27:25 ID:vscFLi+7
『わたしが行く所にあなたたちは来ることができない』とユダヤ人たちに言ったように、今、あなたがたにも同じことを言っておく。
あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」

916 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 07:57:38 ID:Bk5IaQac

シッタカ、というか、

そうまで狂ったように異教の影響を強調して既存の(世の)教会を否定したがる人って、

アル団体だよね。

結局そういうことなんじゃないんだろうか、と疑う。

917 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 08:14:59 ID:UP31pnGf
>>901 さんがいいこと言ってるよ。
まさしくそのとおりだな。





918 ::2007/06/13(水) 09:21:08 ID:R126ABa4
>>898 ローマカトリックはイエスの教えを広めるために
西ヨーロッパ化したキリスト教ですが?

聖書はローマで三百年後に編纂されたのですが?

919 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 10:30:29 ID:+c2y/9CQ
キリスト教の素晴らしさを教えてください。

920 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 10:47:53 ID:yhGUPX4x
>>919
あなたが今ここへやってきてくれたこと

921 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2007/06/13(水) 10:55:11 ID:E2CO2Qgk
>>918
ローマカトリックは、もはやキリスト教でも何でもありません。
また、インチキ聖書など読まないほうが神に近づけます。

922 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 11:24:43 ID:NnxWRAib
>>921
相変わらずイデアの論法だねぇw
科学的にはイデア、ロゴスは否定されてるが
幸福の科学は一般科学の前に降服した科学なのだろうか。

神に近づくなんて台詞は単なる方便だし、似非宗教の商品にもなりやすい
もんである程度相対観を持ちながら使用しないとね。

大川さんの詐術もかなりのもんだよw

923 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 11:48:26 ID:lziS397s
ふと思ったんだが、クリスチャンってギリシア哲学否定派なの?

924 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 12:40:58 ID:Bk5IaQac

クリスチャンって平安期女流文学否定派なの?

と同じぐらい変な質問だと思う。

925 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 12:49:35 ID:gLy/Q9os
すべての罪が イエスの身代わりの十字架で チャラにされます。過去の罪 今犯している罪 将来犯しすであろう、貴方が生まれて地上生涯を終えるまでの すべての罪を
主は「汝の罪赦されたり」と あなた個人に宣言された者 それがクリスチャンです!当然 最後の審判で 無罪と言い渡されることを約束されているので 最終的な 地獄の裁きを免れます。これが救われる と言うことです!
復活の栄光の体を検索されて下さい、素晴らしい未来がクリスチャンには待ち受けています

926 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 12:58:16 ID:gLy/Q9os
ちなみに 復活の肉体は死にません。空も飛べます、天使ではなく、まさに人間として地上でも天でも生きられます。
ハレルヤ

927 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 13:21:21 ID:dUND0gma
>>925
 予定説ってご存知ですよね。敬虔な生活を通しているプロ信者が
自分が果たして救われるかどうか煩悶し続けた事もあるそうですけど、
救われるか否か、本当に人には判るのですか?

928 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 13:40:33 ID:Bk5IaQac
>>927

「救われるか否か」なんて判るはずがないけど、

どうにか判ったことにしないとしんどいから、

「教会で洗礼を受けて信仰を告白するのは預定に入っているからだ。
すなわち、キリスト教信徒は救いの預定にある証し」

とか言い出したんだよ。

929 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 15:39:05 ID:rmIYd+vv
職業としての神父や牧師というものはどうなんでしょう
神学校に通ってなる、ぐらいしかわかりません
よほど敬虔な人じゃないとなれないのでしょうか?

自分はクリスチャンでないので
そういった話を聞いたことがなかったもので

930 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 15:46:28 ID:Bk5IaQac
>>929

ご自分で「職業として」と言っている通り、一つの職業です。

ただの一つの職業ですから、ご多分に漏れず、やはり色々な人の集まりに過ぎないと思います。

立派な人格者もいれば、ボンクラもいます。

修道女と駆け落ちする神父もいますし、情婦と心中する牧師もいるわけです。

ただし、「金儲け目的の本物かどうかわからない牧師」については論外ですが。

931 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 16:00:10 ID:rmIYd+vv
>>930

ありがとうございます
いろいろ興味もあるのでまた自分でも調べてみようと思います


932 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 16:42:44 ID:WKUy5brL
関連質問なんだけど、牧師ってどういう資格のもとになってるの?

神父は、いろいろはあっても最終的にはローマ法王庁のコントロールの
もとにあるんだろうという想像はつくんだけど、プロテスタントは
統一的なコントロールのもとにはないよね?

まさか名乗ったもん勝ちなんてこともないとは思うけれど。

933 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 16:57:21 ID:v7Ea4Axd
名乗ったもん勝ち。
だからチョンの牧師が多い。チョン牧師にひっかかる馬鹿なおばちゃんも多い。
韓流なんていってるアホは鴨だね

934 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 17:29:49 ID:xVY1zmE6
アメリカでは牧師資格とやらをお金で売っているところもありますね、
一応、神学校という名目で。

935 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 17:49:47 ID:lziS397s
どーでもいい事かもしれないけど

なんで牧師とか神父っているの?
聖書には神以外に人の上に人をつくってはいけなくって
他人を父とか師とか言って、敬ってはいけない事になってなかったっけ?

936 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 18:07:35 ID:4RvpGdXo
ちなみに「予定説」は 異端です。はい。

937 :ミサママ ◆qd7LdRafIc :2007/06/13(水) 18:48:55 ID:rTPB0cRd
うきゃんくん

そういや、終生誓願したシスターが、私は十分苦しんだから幸せになっていい。と、勤務先の医師と結婚した人がいたな。

ま、自由意思だから、神父も修道者も。

938 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 18:51:16 ID:NnxWRAib
結婚が幸せと思える精神構造がそもそも幼稚だなぁ
思いこみや憧れだけで生きてる人なのかね。

939 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 18:52:40 ID:Bk5IaQac
>>932

牧師、神父、というのは、普通は一般の大学を卒業したあと、

教派指定の神学校に入学します。

カトリック(神父)の場合は上智大学の神学部とか、教会の神学校とかです。

プロテスタント(牧師)の場合は同志社大学とかルーテル神学大学とかです。

で、通常は博士課程を経て神学博士となった後、各教派の定めにより資格を得て

さらに儀式を行って職格となります。

>>935

神父とか牧師とかは、あくまで「職業」ですから、他の人より偉いという意味では

ありませんし、「上に立つもの」ということでも無いと思いますよ。

「職業」です。「寺の坊主」とか「神主」とかと同じです。

940 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 18:54:07 ID:Bk5IaQac
>>936

予定説を嫌っている人が多いことは確かですが、「異端」とまでは言えません。

941 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2007/06/13(水) 18:54:23 ID:Ti6YdcPy
>>939  別に博士まで行かなくてもいいんでないかい。

>>936  まぁ。カトリックから見れば予定説は異端でしょうな。w

942 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 18:56:18 ID:NnxWRAib
君等が話題にしてるのは二重予定説だろ。
カトリックで予定説を異端にするわけないジャン。

まぁ、いずれにしても馬鹿くさいお伽話だけど。

943 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 18:57:01 ID:Bk5IaQac
>>937

修道院というところは苦しむためのところでは無いと思いますが、

つまり、その程度の理解しかできなかったから中途半端でやめてしまった、

ということでしょうかね。 確かに、何でも自由です。

944 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 18:59:06 ID:Bk5IaQac

「二重予定」、というのは、「予定」に更なる説明を加えただけだと思いますよ。

カトリックが予定説と二重予定説をことさら別にして考えてるとは思えませんけど。

945 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 19:00:17 ID:2sm3VKrn
今が問題なのであって、将来、救われるか救われないか解らない
或いは 将来の救いが予定さてテいる、ってのは、
救われていないんだね。

946 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 19:07:09 ID:Bk5IaQac
>>945

予定説というのは、今救われているということは、将来も、最終的にも救われている、ということだよ。

今は救われているけど、最終的にどうか判らない、ということはあり得ない、という「説」ね。

947 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 19:14:26 ID:Bk5IaQac
>>950 次スレ立てる人、あんただよ。

948 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 19:15:48 ID:Bk5IaQac

まあ、いずれにせよ、またイヌが立ててくれると思うけどぅ。

949 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 19:24:35 ID:f+wwnecO
>>947
これが予定説だな

950 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 19:37:26 ID:459bKKIQ
こんにちわ。
また盛り上がってますね。
みんな950ゲットを恐れてちょっと書き込み止まってるのかな?


951 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 20:02:16 ID:FdH5kSh/
>>942
だけは相手にするなw
何教だよ?

952 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 20:11:54 ID:Bk5IaQac
>>950

あっ!

イヌたっ!

953 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 20:25:19 ID:459bKKIQ
>>952
すみませんうきゃん君、私は携帯厨なのでスレ立てができないんです(;_;)

954 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 20:32:32 ID:Bk5IaQac

だめ。明日職場のPCでね!


955 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 20:54:08 ID:NnxWRAib
予定説なんて政治多数決で決まったモン真面目に信じてるからおかしくなるんだよ。
三位一体も同じくだけどね。
951みたいな奴が自分の無知も自覚できないで狭いキリスト教ロジックで
自分探ししてる大多数のパターンだろ。

956 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 20:57:23 ID:Bk5IaQac
>>942 が言いたいのは、

一番最初に言い出したのはアウグスティノだということだと思うよ。

彼は、正教会・カトリック共通の聖人で神学者。

957 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 20:59:20 ID:Bk5IaQac

あ、ご本人でしたか、こりは失礼!


958 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 21:22:04 ID:Bk5IaQac

ま、名無しにすれば自ずから粗を隠す、というわけだね。

それでいいと思うよ。

959 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 21:40:45 ID:hI9MWU1N
 故遠藤周作氏の小説「おバカさん」のモデルになったといわれるG・ネラン
という司祭が『神の場』というティヤール・ド・シャルダンのキリスト教観に
ついての著作の中で宿命論の否定ということで次のような文章を書いているね。
宿命論の詭弁を次のように説明しティヤールの論はそれではないと論じる。
『人間の進歩に目標があることと、未来が定まっていることとは違う。
・・・
オメガ点の存在は超時間的であるのに対して、歴史観が見る人類の進歩は
時間的な過程なのである。オメガ点の存在から宿命論を引き出すのは、
次元を取り違えることである。
・・・
 この詭弁は時間という次元が存在しない場合に、あたかもそれが存在
するかのように考える錯覚にある。実際、事物が存在しない限りね時間性
は存在しない。将来、すなわち、ものがまだ存在しないところには、時間も
存在しない。その存在しない時間の次元に目標を置くことが、詭弁なので
ある。』
 宿命論がプロテスタントの言う「予定説」と同じものであればそれは
カトリックは認めていない説であると言えると思います。プロテスタント
の人はきちんと「予定説」の何たるかについて説明をしておいた方が良い
のではないでしょうか。

960 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 21:43:26 ID:Bk5IaQac
>>959

全部のプロテスタントが「予定説」奉じているわけではないので、その辺もよろしく。

961 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 21:46:52 ID:Bk5IaQac

それから、成人洗礼以外無効にしたり、いきなり踊りだしたり、

「アワワワワー」とか、急に意味の分からないこと言い出したり、

洗礼なしで代わりに入隊式したりするのも一部ですから。

962 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 21:48:49 ID:Bk5IaQac

さらにもう一つ言わせていただければ、

遠藤周作持ち出してプロテスタント批判するのはどうかと思います。

963 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 21:55:07 ID:NnxWRAib
>>959
惜しいけど違うと思いますよ。
時間は運動によって認識されるものです。
存在していてもそれが静止の状態であれば時間は認識されません。
そして、超時間の次元に目標を置く詭弁はあっても、超次元空間は
確実に存在しうるのです。
それによって、宿命論も必然的に説明しうるし、むしろ無謬に時間を軸に
論を組み上げる手法の方がむしろ詭弁たり得ることにもなる。
現在のキリスト教神学がこの詭弁に陥ってるのだと思います。

ちなみに機械論的予定説はカルヴァン特有でもあるのでプロテスタント一般では
ありませんよ。
同じくカルヴァンでも穏健カルヴァンは二重予定説に否定的な立場です。


964 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 22:03:33 ID:Bk5IaQac

カルバン自身は予定説の「よ」も口にしてないのですがね。

965 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 22:09:48 ID:Bk5IaQac

あと、一部の長老教会には、「予定説」採用のはずなのに、なぜかウェスレーの

「万民救済説を」を採用している教派があることは事実ですが、

それが「穏健」なのかどうかはわかりません。

むしろ、一般に逆らってるわけですから、「穏健」とは言えません、ということになりませんかね。

966 :神無 月:2007/06/13(水) 22:26:06 ID:n9SvFdzr
キリスト教会が、2000年論じてきた仮定をまた、幾千年くり返そうというのか・・・......(o_ _)o ドテ!

967 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 22:30:44 ID:Bk5IaQac

2000年前にはまだキリスト教は無かったと思うのれすが・・・・......(o_ _)o ドテリンコ!

968 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 22:32:35 ID:yhGUPX4x
福音を受け入れるか拒むかによって救いの予定にあずかっているかどうかが決定
されていると説いたのはパウロ。しかし峻厳的宿命論者でないことはロマ書10章ー11章を
読めば明らか。

「予定説」は信仰者の認識を促すものである。つまり自分たちは滅ぶしかない存在であり
ながら「恩寵」によって救いに与らせてくださった神への感謝。これをもってはたらくこと。
信仰がなければイノチも何もないことを教えてくれていると思う。唯物教者は見てサワって
自分の不確かな認識量のまま満足できることを求めるが、信仰とは見えないものを確信する
ことだからね。

969 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 22:34:48 ID:hI9MWU1N
>>962
 いや、G・ネランが・・なんて言っても「それ誰?」が多いと思って導入として
『おバカさん』という小説のモデルになった新宿でバーを開いてた人だよ程度の
紹介として遠藤周作を出しただけ。遠藤周作を持ち出してプロテスタントを批判
していると文面を取り違えられちゃかなわないよ。
 いいたいことは、自分のような者を含めて『予定説』についてよくわかって
ないわけさ。だから「予定説」が何であるかを知る中でそれについて意見交換が
なされるなら有意義にROMやレスが出来るようになるんではないかと・・ちょっと
意見を出しただけだよ。そうムキにならないで下さいな。

970 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 22:38:48 ID:Bk5IaQac
>>969

「予定」ということは、カルバンの時代に始めて出てきた考えではありません。

元々、アウグスティノが言い出したことなんですよ。

http://homepage.mac.com/berdyaev/mm/prmnd/iti/prmnd67.html


971 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 22:51:39 ID:hI9MWU1N
>>963
 話が難しいですね、自分にはよくわかりません。でもカルヴァンの
一般プロテスタントの言う「予定説」とカルヴァンの「予定説」「二重
予定説」の骨子の部分をかいつまんで教えてもらえませんか。
 『超次元空間は確実に存在しうるのです。』とあなたが仰ることの
確実性は何に裏付けされ証明されるものなんですか。
 たとえは危険でもわかりやすくするためにたとえるなら『ある人が、
死ぬ時には有名になっていることがあらかじめ知られているとする。
この予知は彼の死に方について何も教えてはくれない。この人は、若い
うちに無実の罪で処刑されることもありうるし、大集団のリーダーに
なって暗殺されることも、また、高齢に達して畳の上で死ぬこともあり
うる。つまり、死ぬときに有名であるということの予知は、その人の
人生行路、その死に方を少しも明らかにしないし、まして、それを決めは
しない。同様に、人類がオメガ点に到達することは、人類の進歩の過程
を教えたり、それを定めたりするわけではない』とネラン氏は説明して
います。キリスト教の救いは、歴史家が過去から法則を引き出してそれを
将来に当てはめるような歴史観とはことなる次元の原理で、超時間的な
ものとしてオメガ点を想定しているものだということなのでしょう。
わかります?書いているこちらもよくわかっていないかもしれませんが。

972 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 22:56:57 ID:hI9MWU1N
>>970
>「予定」ということは、カルバンの時代に始めて出てきた考えではありません。
>元々、アウグスティノが言い出したことなんですよ。

 うーん、正直カトリックでは「予定説」というようなことは教義に出て
きませんね。カルバンは『予定説』についてアウグスチヌスを絡めてその
正当性を主張しているのですか?

973 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 22:59:21 ID:Bk5IaQac
>>971

そんなに難しく考えることないですよ。

何が起ころうと、何に巻き込まれようと、その人が救いにいたるか否かだけが問題です。

どのように死ぬかが問題ではありません。その人が救いにいたるか否かだけです。

それが神に予定されていて不動のものだという理解です。

予定説についてはもう十分なんじゃないでしょうかね。まあ、ご自由ですが。

974 :971訂正:2007/06/13(水) 22:59:28 ID:hI9MWU1N
>>971 L1
『でもカルヴァンの』は削除して読んで下さい。

975 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:01:39 ID:Bk5IaQac
>>972

言い出したのはアウグスティノですが、正教もカトリックも教義としては採用していない、というのが事実です。

聖人で神学者の言ったことは一つ残らず教義になっているわけではありませんよね。

そういう古臭くて見向きもされなかった古びた論旨を引き出しから引っ張り出したのが、

後のカルバン教会の人たちだというわけですよ。

976 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 23:02:02 ID:hI9MWU1N
>>973
>予定説についてはもう十分なんじゃないでしょうかね。

 あなたにすべてを説明してもらおうとは思っていませんよ。説明が
出来る範囲でレスくだされば結構です。レスどうも。よく「予定説」が
まだわかりませんがね。

977 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:04:15 ID:Bk5IaQac
>>976

え?、ちょっと理解力が乏しい方なんでしょうか?

リンク先、開けて読んでみたんですか?

http://homepage.mac.com/berdyaev/mm/prmnd/iti/prmnd67.html

978 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 23:05:42 ID:hI9MWU1N
>>975
>そういう古臭くて見向きもされなかった古びた論旨を引き出しから引っ張り出したのが、
>後のカルバン教会の人たちだというわけですよ。

 カルバン教会の人のカトリックにおける聖人対する理解はどういったもの
なのか知りたいですね。また、実際カルバンはアウグスチヌスがこう記して
いるからと「予定説」の裏付けをアウグスチヌスに帰しているんですか?

979 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:06:13 ID:Bk5IaQac

正直言って、これの言っていることがわからないで、

よく三位一体説を納得できたな、と思いますよ。

980 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 23:06:36 ID:yhGUPX4x
こちらも勝手に書き込ませていただきます。

「信じる者は救われるぞ!」と約束された主イエス・キリストの救いを信じます。
これで完璧。終了。

981 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:08:02 ID:Bk5IaQac
>>978

時代が違うのですから、当然、本人には確認していないと思いますよ。

別にそんなことは重要では無いと思います。

自分達が納得して再利用しただけなのですから。

982 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 23:09:35 ID:hI9MWU1N
>>977
 >>975の説明から少しづつ自分の経験や知識と重なる部分が出てきて
理解しかけていますよ。カルバンがアウグスチヌスの発言を元に自分の
教派の教義を組み立てていることなどの実際は全く知りませんし初耳で
その点に対して理解力がありませんね。悪いけど。何言ってるんだか
ヨハンくんさんの言っていることはさっぱりで、ごめん。
 

983 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:10:39 ID:Bk5IaQac

それから、カルバン本人は「予定説採用」には無関係なんです。

カルバン教会の教義、ということでカルバンが張本人のようになってしまっていますが、

カルバン以降のカルバン教会の動きによるものです。

984 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 23:12:50 ID:hI9MWU1N
>>981
 カルバンの主張を後世が勝手に理由付けしたり脚色したらだめじゃない
ですか?何がカルバンの主張なのかをカルバンの著作などからきちんと
引用できないのであればアウグスチヌスを持ち出したのは批判逃れの言い訳
に過ぎないと思われますよ。

985 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:13:32 ID:Bk5IaQac
>>982

私には無理のようですが、あなたにわかるような説明をすることが出来る人がいると思いますよ。



986 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:15:06 ID:Bk5IaQac
>>981

すいませんが、本当に理解する力が無いのではないかと思います。

カルバンは「予定説」には「全く」無関係だと言っているんです。

何度も何度も言っています。

987 :うきゃん君 ◆DV4hb.MG/U :2007/06/13(水) 23:16:45 ID:Bk5IaQac

なんか、弄ばれてるんですかね?

この辺で退散することにします。

988 :(бιб∂ ◆8fRI53Oe1o :2007/06/13(水) 23:17:12 ID:hI9MWU1N
>>983
 書き込み内容に一貫性がありませんねーなんだか。こちらに理解できる
ようなレスもありましたから一応「ありがとう」と書いておきますが、他の
方からレスがあるかもしれませんしちょっと静観します。この書き込みへは
レスいりませんからね。ありがとう、では。

989 :AVE MARIA:2007/06/13(水) 23:22:24 ID:0+7rwrcu
|†| キリスト教@質問箱169 |†|

メール欄にsageと書き込む、sage進行でお願いします。
■質問者のために立てたスレです。おいてけぼりで議論に熱くならないでね!
  
■キリスト教のことなら、誰でも、なんでも、質問してね!(どんな小さな質問でも大歓迎)
■レス番号が【950】を越えたら、住人と相談してから新しいスレを立てて移動してね。
 乱立しちゃうと困るから、いきなり立てないでね!リンク先更新もお願いします。
■荒らしはスルーしましょう。荒らしにレスすると、あなたも荒らしになっちゃいます。

ローカルルール等リンク先 変更現行スレッドは以下です。
■ ローカルルール等リンク先更新総合スレッド 18
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1169303391/
忘れているのを見かけた方は代わりに申請してあげてください。

★★★質問者さんへ★★★
■質問箱で回答を得られない時は、
回答してくれそうな場所へ誘導をお願いしてみてください。

★★★回答者さんへ★★★
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。
http://www.geocities.jp/credoindominumiesumchristum/
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

★★★関連スレのご案内★★★Ctrl+Fで検索してね 。
おしゃべりは キリスト教@談話室
議論は    聖句の解釈をマターリ語るスレ
前スレ
|†| キリスト教@質問箱168 |†|
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180619318/

990 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/13(水) 23:40:06 ID:/0jT4sXK
NOVAが勧誘の内容と実際が著しく食い違うとかで、営業停止を喰らって
まんねん...NOVAの前に営業停止して欲しいところが一杯あるんだけど

「永遠の命」が与えられます
「貴方を救いに導きます」
「イエスが再臨します」
「無償の愛」
「信じない者は地獄に落ちます」
「神には偉大なご計画があります」

全部根拠のない誇大広告だと思いますが、何処か摘発する監督庁は
ないんだろうか

991 :神も仏も名無しさん:2007/06/13(水) 23:48:12 ID:L2b6r1ZP
お尋ねします。
昔、『栄光の座』という映画がありましたが、あの中に出て来る
若い枢機卿で、胸の病かなんかで若くして亡くなる役がありました。
その役のモデルになった実在の枢機卿のお名前を教えて
いただきたく、お願いいたします。

992 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2007/06/14(木) 00:00:59 ID:dgkl4abX
>>923
>ふと思ったんだが、クリスチャンってギリシア哲学否定派なの?
新約聖書にはギリシャ哲学が大きく影響してるんですが、キリスト教団は
尽く否定してる様に思います。
ギリシャ哲学が一番強く影響してると思われるのはヨハネ福音書です。
冒頭のλογοςがそもそも、ストア派の言葉なんですが、ロゴスだと知ってる
信者は殆どいないだろうと思います。ゾーエアイオノス(永遠の命)も
多分プラトンのプシュケーの永遠性の論議から来てるんだと思いますが
なぜか言葉の意味を間違えていて(ヨハネ福音書を書いた編者の語学力の
問題か?)キリスト教団は、独自の(つもりの)永遠の命を描いてる様に
思います。

993 :つばさ☆彡 ◆Dream/iWwY :2007/06/14(木) 00:05:33 ID:mWGBx3sx
教派に関する、質問ですが、
『死者の為の贖いの代理洗礼』を施している教会(教派)・・・

世界中にいくつあるか、どのような立場の教会か、わかる人いますか?
できれば教派名がわかれば教えて頂けると助かります。
(おそらくプロテスタントでもカトリックでもないとは思いますが・・・)

この教えによると、例えば福音を知ることなく、この世を去った死者、
つまり祖先や亡くなった親族(の霊)などのために、後世の人が「代理洗礼」を
施すことにより、福音を知らずに既に死んだ人が救われる・・・ という教え。
どうやらこの教えの背景にはコリント第一15章29節(の間違った解釈)が根拠となっているらしい。
(いわゆるセカンドチャンス論とは、また違います)


994 : ◆IbYG6dQTTc :2007/06/14(木) 00:10:48 ID:lOvJgQ2i
>>993
モルモン、子羊の群れ。


995 :つばさ☆彡 ◆Dream/iWwY :2007/06/14(木) 00:16:38 ID:mWGBx3sx
>>994
たしか「イエスの御霊教会」も、そうです。
やはり異端のグループによく見られる
偏った聖書理解によるものが多いですね。

海外にある教派では、どうでしょうか。。。?

996 :神無 月:2007/06/14(木) 01:05:35 ID:cHP6lLmJ
>>967
> 2000年前にはまだキリスト教は無かったと思うのれすが・・・・......(o_ _)o ドテリンコ!

では、イエスさんも、いなかったのですね・・・_〆(。。)メモメモ…

997 :原理主義曰く「日本人はサタンの奴隷」:2007/06/14(木) 01:14:31 ID:hygoaynk
537 名前: ◆IbYG6dQTTc :04/04/10 21:38

気候の問題では無くて、日本人が暗闇の力に閉じ込められてきたからでしょう。
あなたの言われる隷属とは外国の占領、隷属のことでしょうが、
イエス・キリストを信じていないほとんどすべての日本人はサタンに「隷属」しています。


551 名前: ◆IbYG6dQTTc :04/04/10 21:55
日本人をサタンに隷属されていると考えて当たり前でしょう。
これは単なる考えではなくて、事実です。まだノン・クリスチャンである者が
「悪魔の奴隷」であることを否定するリベラルは異端です。
英国福音派を代表するロイドジョンズ牧師はこういっています。

998 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 01:17:52 ID:FEBJUjp/


999 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 01:17:59 ID:tTWNGdhZ
全てに人の上に主の平和がありますように amen

1000 :神も仏も名無しさん:2007/06/14(木) 01:18:30 ID:tTWNGdhZ
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

403 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★