5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part12

1 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 10:32:12 ID:uPVF2kEX
リンク:
 忘却からの帰還
 http://transact.seesaa.net/
進化論と創造論〜科学と疑似科学の違い〜
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/
 創造論(科学的)再検証会議室
 http://158.teacup.com/kenko/bbs
 創造論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96
 創造科学 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
 インテリジェント・デザイン - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3
 進化論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96
 進化 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96
 進化論裁判 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96%E8%A3%81%E5%88%A4

2 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 10:33:14 ID:uPVF2kEX
過去ログ:
Part 1 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105361208/
Part 2 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1110537936/
Part 3 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119518385/
Part 4 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131206904/
Part 5 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142424454/
Part 6 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152371808/
Part 7 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154362803/
Part 8 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161149681/
Part 9 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163305972/
Part 9 (重複スレ。10として再利用)
ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163575306/
Part 11 ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1172410344/

3 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 10:34:14 ID:uPVF2kEX
■ 詭弁のガイドライン

1. 事実に対して仮定を持ち出す
2. ごくまれな反例をとりあげる
3. 自分に有利な将来像を予想する
4. 主観で決め付ける
5. 資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6. 一見関係ありそうで関係ない話を始める
7. 陰謀であると力説する
8. 知能障害を起こす
9. 自分の見解を述べずに人格批判をする
10. ありえない解決策を図る
11. レッテル貼りをする
12. 決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13. 勝利宣言をする
14. 細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15. 新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
16. 全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する
17. 勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する
18. 自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する

4 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 10:35:35 ID:uPVF2kEX
創造論のガイドライン

・論理的でない
・矛盾点を指摘されても無視する
・否定された説を何べんも繰り返す
・学説を曲解し自分らの妄説を肯定する為に援用する
・聖書とか一部の信仰者だけに権威のある妄言集を引用する
・霊、魂とかの証明不可能な概念を用いる
・論理や科学的な理論になりえない信念から議論を展開する
・話の筋が頻繁に捻じ曲がり、何が言いたいのか不明である
・自分しか理解しない概念を用いて意味不明な電波理論を撒き散らす
・矛盾点、知識の不正確さを指摘されると聖書を引用したり、霊だ魂だの妄言を垂れ流して話をかき回す

5 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 12:09:58 ID:mXEoY8Ea
創造科学のサイトのうち最も大手のうちのひとつAnswers in Genesisが挙げる、
「既に疑わしいためにこれを使うと進化論者につっこまれます、注意」リスト。
http://www.answersingenesis.org/home/area/faq/dont_use.asp

【もう間違いだってわかったこと。絶対使っちゃダメ!】
の項と
【どうも疑わしく間違いっぽいので使わないのがオススメ】
の項に分かれている親切設計。

まずはここに目を通そう。

6 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 12:43:38 ID:pFpki3P+
ネヨの天的天使の教えとやらもいよいよ膏肓に入った感があるな。

7 :某377:2007/06/22(金) 13:41:25 ID:VO3qxSma
ネヨがひさしぶりに大暴れだったようだね。
あいかわらずただのバカだが。

>>前スレ988
その文章だけ読むかぎりでは、「ランダムな変異」に対する誤解が
あるような気がするけどな。「俗流進化論」とは具体的に誰がいつどこに
どう書いた内容を指しているのか問いつめたい。

「生物の形態形成には、一定の物理的な枠組み、物理的な制約がある」
ことは誰も否定してないのに、それをあたかも誰かへの反論のように
書くのは「不用意な攻撃」と言えなくもないように思う。

8 :某377:2007/06/22(金) 14:31:45 ID:htafZi4q
>>前スレ964
そうなんだよね。
原子・分子のレベルでみると、「これは絶対にその個体の構成要素」と
言えるものがなく、どんどん入れかわっている。
なので、「個々のパーツを組みあげていった結果が人間」みたいな、
きわめてナイーブな形での唯物論的理解は正しくない。じゃあ何を
もって個体とみなすのか、というのはほりさげていいと思う。

ネヨのようなバカはここで「魂こそが変わらないものだ」とかいう
短絡思考にとびつくだろうけれど。

9 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 15:07:08 ID:wqibkiXl
しかし脳の神経細胞だけは入れ替わらない、という話があったな。

10 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 15:18:49 ID:9e2L9Ng3
細胞が入れかわらないのと代謝しないのとを混同してるだろ。

11 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 15:46:11 ID:pFpki3P+
>>8
めんどくさいから「チューリングテストに合格する奴が人間」でいいよ。



12 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 19:33:05 ID:1HQb2Ct4
パンパカパーン
早々名詞代わりにのうたりんさん達へご挨拶。

チャルマーズは、脳科学をイージープロブレムとハードプロブレムという概念
に分類すべきだと提唱した。ここでいうイージープロブレムとは、最も端的に
いえば「脳はどのようにして情報を処理するのか?」という問題である。
一方、ハードプロブレムとは「脳の情報処理の過程に付随する意識的体験はい
ったい何なのか?」という問題である。詩は言葉と文章とリズムからできてい
るが、真に傑出した詩にはこれら三つの要素以上の「何か」がある。読み手は
単なる要素以上の「何か」を感じているわけである。この何かを言語学の理論
の中で説明するのがほとんど不可能であるのと同様に、主観的意識体験を既存
の科学的手法で解明するのは無理なのではないかというのが、チャルマーズの
提案の要旨である。

ソフトもハードもごっちゃに考えていると「霊魂」へのアプローチなんて程遠いと思うよ。


13 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 20:09:37 ID:iBu25w16
>>10
だけど、池谷祐二が「進化しすぎた脳」でこんなこと言ってたからさ。

「人間の60兆の細胞は、じつは、意外なほど、早いスピードで入れ替わってる。(略)
体全体の細胞も2〜3ヶ月経つとすっかり入れ替わっちゃう。ということは2〜3ヶ月経ったら、
乗り物としての自分がかわっちゃってるんだよ。(…)脳はそれを排除しているんだよ。
入れ替わらないように、つまり自分がいつまでも自分であり続けるために神経細胞の細胞は
増殖をしないんだ。」(P224)

14 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 20:34:13 ID:ncmSiRgU
細胞は増殖しないのかも知れんけど代謝によって細胞を構成する原子は入れ替わって行くと思うぞ

15 :神も仏も名無しさん:2007/06/22(金) 21:06:18 ID:xTF+/blK
どこまでマクロな系が入れ替わっちゃったら個が不成立になるか、つうのは面白そうな話といや面白そうな話だね。
一気にSFじみた話にもなっちゃうが。

16 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/06/22(金) 22:37:53 ID:/mta53ki
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1172410344/976
>>科学というお墨付きがなけりゃ信じられないほどしょぼい信仰しか持ってないんだろw
>信仰を説いても科学的じゃないとはねつけられるだけだから、

いつ誰が信仰を科学的じゃないとはねつけたんだ?
信仰に科学的な裏付けがあるような電波飛ばした人間なら知っているがw

17 :某377:2007/06/23(土) 00:33:55 ID:66WSYRqJ
>>12
自分の都合のよいように解釈してるだけ。特に後半がまったくの嘘っぱち。
この程度のことがバレないとでも思ってるの?

チャルマーズの主張は、ナイーブな還元主義ではうまくいかないだろうから、
科学の方法論を拡充すべきだ、ということであって、おまえが妄想している
ように、科学を否定しているわけでも安直な神秘主義を擁護しているわけでもない。

もっとも、俺としては、彼のソフトプロブレム・ハードプロブレムという
切り分けは、あまり生産的な問題設定のしかたではないと思ってるけど。

18 :某377:2007/06/23(土) 00:36:47 ID:66WSYRqJ
>>13
それは細胞レベルの入れかえであって、前スレ964の話にあった
分子レベルの交代とは似て非なる話だよね。

それと、池谷のその話は何かおかしいような気がする。うまく言えないけど。

19 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 01:18:58 ID:fnPcQjD9
分子レベルの入れ替えは細胞レベルの構造には影響を及ぼさない。
細胞レベルの入れ替えは当然細胞レベルの構造に影響を及ぼす。
前者は脳でも極普通に行われているが、後者は脳ではほとんど行われない。
前者が無ければ、そもそも代謝が起こらず細胞は生存できない。
後者は、むしろ細胞の死が前提。死ななきゃ入れ替わらない。
筋肉だの臓器だのは、構造が多少変化しても全体の細かい構造とはあんまり関係ない機能を果たせば問題ないが、
脳は全体の細かい構造=機能そのものだから、構造を変化させたらマズイ。
だから、脳細胞はほとんどの場合は増殖しない。増えたら構造変わるから。
減る分には普通は子孫残すまでの間には問題は生じないのでおk。
ってことで良いだろうか?

20 :某377:2007/06/23(土) 01:30:36 ID:fBM/uIj6
まあそんなところだろうけど、神経細胞が増殖しない理由ってのは
それでいいのかね。素人だからよくわからんけど、なんか話として
ウマすぎるような気がする。

21 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 11:42:01 ID:gy4to8/d
>>7
遅レスだけど、その本でマウスの遺伝子一個ノックアウトして何の影響も出なかったからといって、
だから生命は機械とは違うんだ!的な主張してるのもちょっとアホっぽかったと思う。
生物が同じような機能を果たす遺伝子を複数持ってることが多いのは既知のことだし、
単純に細菌やウイルスだの体内外からの不具合である反応の経路が1つ閉ざされるたびに即死してたら、
全然子孫残せないからであって、そういった冗長性が生じるのは進化上あたりまえのことだろう。
それが生命と機械が違う主張に繋がる理由が意味不明だった。
機械だって、比較的壊れやすくて壊れたら損害が莫大になる部品は、
一個壊れても大丈夫なように、冗長性を持たせることも多いだろうに。
身近な例だと、PS3のCPUも複数のうち1個は壊れてても動くように作ってあったりするしな。

22 :某377:2007/06/23(土) 14:22:53 ID:7zoUmeQp
今気づいた。

>>17
ソフトプロブレムじゃねーや。イージープロブレムだ。何言ってんだ俺。

ハードプロブレムってのは結局、「今のところ、解決どころか問題として
明確に定義もされていない話題の総体」といえる。
問題が難しいのか、そもそも問い自体がまちがっているのかもよくわからず、
したがって、科学の限界を示しているのかどうかもわからない。
(ここを理解できずに、科学の限界を示している、と短絡する奴はバカ確定)

あくまで直感だが、茂木あたりがさんざん宣伝している「クオリア」なんて
のは、単に問題が ill defined だから解けないだけではないのかという
感想を俺はもっている。

23 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 16:03:03 ID:P0ULLtWG
>>17
ネヨは孫引きばっかで自分で原著読んでないからしょうがないよ。

24 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 20:11:06 ID:a5zq5049
>>21

>遅レスだけど、その本でマウスの遺伝子一個ノックアウトして何の
>影響も出なかったからといって、だから生命は機械とは違うんだ!
>的な主張してるのもちょっとアホっぽかったと思う。

分化のタイミングを重要視してるんだよ。単純にノックアウトした
ものにバックアップがあったから違うって言ってるわけじゃない。
プリオンタンパク質遺伝子をノックアウトしたが影響は出なかった(バックアップが効いた)が、不完全にしたプリオンタンパク質遺伝
子を戻したら発症した(バックアップがうまく働かなかった)って書
いてるだろ。
時間軸的考慮も必要という意味で(いつでも部品交換可能な19世紀以
前的)機械とは違うって言ってるんだよ。なんとなく分かりづらい例
えだとは思ったが、筆者なりに一般向けになんとか伝えようとしたん
だろう。そういえば前章でES細胞の説明もしていたな。

もっともこの本で解説されている内容全てに納得したのかと言うと
それは別問題。例えば神経細胞のDNA分子が全て置き換わるって解説
されてたけど、それはちょっと乱暴だなって思った。

紹介されている実験で頻繁に入れ替わっているのが確認されたのはあ
くまで同位体マーカーのそれなのであって、それをもってして神経細
胞の全てのDNA分子が同じ頻度で入れ替わっていると主張するのは無
理がある。
活発に活動している部位ではあの本に書かれていた様な事が確認され
ているのは事実だが、あんまり活動していない部位ではマーカーがそ
もそも検出されていない(置き換わったとは見做せない)。

25 :神も仏も名無しさん:2007/06/23(土) 20:31:14 ID:a5zq5049
全身を構成する分子が一年位で全部置き換わるという話についてだが、
聞きかじりで申し訳ないが、年代特定に使われる炭素同位体のC14の
調査でそれでは説明がつかない事例も報告されている。

自然条件だとC14は宇宙線により、年間ほぼ同じ量造られる。
ところが核実験によって一時的に自然にはありえない量のC14が大気
中に放出された時期がある。環境中のC14値は核実験が行なわれ出し
た50年代後半から急上昇したのち、'63年(核実験部分禁止条約によっ
て規制)をピークに急激に減っていった。で、それをふまえて食べ物な
どを通して摂取したC14量を献体された死体で調べたところ、50年代前
半生まれの死体の神経細胞にはC14がほとんど含まれない(ほぼ核実験
前の環境レベル)のに対し、70年代生まれの人では、現在の環境レベル
よりはるかに多くのC14が神経細胞に残っている事が測定された。

また、全体的にC14が多い70年代の人の身体に注目してみると例えば
細胞分裂が生涯頻繁に行われる小腸ではC14のレベルが低い(代謝で
置き換わっている)のに対し、最終分裂を終えた神経細胞ではC14の
レベルが高い(それほど置き換わっていない)ということが確認され
た。置き換わるのにはやはりムラがあるみたい。

あの本に書かれているように全身を構成する分子が一年位で全て置き
換わるなどというのはさすがに少しフカしすぎかなという印象を持っ
た。
Retrospective Birth Dating of Cells in Humans. Cell. 2005 Jul 15;122, 133?

進化とかと関係ない話でスマヌ。

26 :神も仏も名無しさん:2007/06/24(日) 01:50:09 ID:JXSt9eHH
>>25
関係ないかもしれんけどおもしろい。

27 :神も仏も名無しさん:2007/06/24(日) 19:49:25 ID:1CZLcSaH
き‐べん【詭弁・詭辯】
1 道理に合わないことを強引に正当化しようとする弁論。こじつけ。
「―を弄(ろう)する」2 《sophism》論理学で、外見・形式をもっともらしく
見せかけた虚偽の論法。◆ 1は「奇弁」、2は「危弁」とも...


■ 詭弁のガイドライン

1. 事実に対して仮定を持ち出す .....(例)臨死体験者の証言は脳内妄想と断定する。
2. ごくまれな反例をとりあげる .....反証可能性を無視する非科学的精神の擁護論の言。
3. 自分に有利な将来像を予想する....詭弁の意義とは関係ない。
4. 主観で決め付ける ...............認識し行為する人間存在の中心である自我...
                  いづれにしても、そのいみで人は誰も主観的である。
5. 資料を示さず自論が支持されていると思わせる.....思わなければそれで済むこと。
6. 一見関係ありそうで関係ない話を始める......詭弁となんの関係もない。
7. 陰謀であると力説する   ........?
8. 知能障害を起こす ................英知から離反した人のことだね。
9. 自分の見解を述べずに人格批判をする .....これが詭弁?
10. ありえない解決策を図る......ありえないと断定するところが詭弁的。
11. レッテル貼りをする  .......(例) 詭弁のガイドラインを貼った奴。


28 :神も仏も名無しさん:2007/06/24(日) 19:50:09 ID:1CZLcSaH
12. 決着した話を経緯を無視して蒸し返す .....理解できない者
13. 勝利宣言をする           .....おあいこさま。
14. 細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる....ああ、某377のことか。
15. 新しい概念が全て正しいのだとミスリードする......正しければミスリードにはならないかも。 
16. 全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する....意味不明。
17. 勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する ...意味不明。
18. 自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する ....詭弁の定義に当てはまらない。

2 《sophism》論理学で、外見・形式をもっともらしく
見せかけた虚偽の論法。◆ 1は「奇弁」、2は「危弁」とも...
したがって、進化論は詭弁の可能性がある?



29 :某377:2007/06/24(日) 21:51:48 ID:5OgWlty7
>>27-28
>2 《sophism》論理学で、外見・形式をもっともらしく
>見せかけた虚偽の論法。◆ 1は「奇弁」、2は「危弁」とも...
>したがって、進化論は詭弁の可能性がある?

という論法は外見・形式すらもっともらしくないため、
詭弁ですらない、ということでFA。


30 :某377:2007/06/24(日) 23:05:31 ID:5OgWlty7
>>28
>14. 細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる....ああ、某377のことか。

「細かい部分のミス」だぁ?w
おまえの話はいつも根幹からイカレてるだろうが。

無知ならば知ればいいだけだが、おまえの場合は理解する能力そのものがない。

31 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 00:33:26 ID:0xpz/h1J
とりあえず、アンチ進化論者は、自分が進化論だと思い込んでる理論を書いてみると良いよな。
今まで何度か試みたが、「はいそれは進化論じゃありません。お疲れ様でした。
マトモな教科書や啓蒙書で勉強しなおしてきてください。」で終わったことしかない。
進化論をキチンと理解していているアンチ進化論者って居ないの?
マジで見たことないんだが。

32 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 08:58:21 ID:c3wjqr76
>無知ならば知ればいいだけだが、おまえの場合は理解する能力そのものがない。

それは、おまえのことだと少しは自覚しろ。のうたりんWW

33 :某377:2007/06/25(月) 09:13:04 ID:Zqpe3z+k
ハイハイ。
で、ハードプロブレムの話はもういいのね?
嘘ついてバレて逃亡の前科がまた一つ追加、と。

まあ、増えたところでたいしたことないけどな。
おまえの評価はとっくにサチってるし。


34 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 10:26:57 ID:AGoJK4Cj
>>27-28
コピペにいちいち反応するなんて、よっぽど図星だったんだな。

35 :某377:2007/06/25(月) 12:24:56 ID:Zqpe3z+k
うまく切り返したつもりなんだろうよ。
それにしても「意味不明」は笑えるがな。
何も全項目引用しなくても、適当に選べばいいだろうに。


36 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 16:43:07 ID:Mb2pHhG2
連中が考えている進化論では、チンパンジーが何千年かたつと、人間に進化するんだろう。
また、進化はより進歩高度化しなくてはならないから、全能的な単細胞生物から、遺伝子と
殻だけのウィルスに進化するなんて事は有り得ないんだろうな。

37 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 22:20:46 ID:QOPFOAyu
フムフム、進化論を由緒正しく学んだおりこーちゃんなのね。

かってのダーウインは、意識や観念を脳の分泌物とみなす立場をとった。この
立場を基本的に継承している、ネオ・ダーウイニズムは独断的な唯物論であって、
意識や心は、脳の生物学的な進化の二次的な派生物として片付けている。

核心は、このドグマがまさに、我々人間の起源を規定しているところにある。
人間という、この不思議な自我意識を持つ存在の起源を、遺伝子の突発的変異
(量子論的な遺伝子の確率的推移)という完全に偶発的な現象と、無目的な環
境要因」に依存する、自然選択との繰り返しによって、造り上げられただと。
そこには、まるで見えない大工も必要としない、偶然と必然の機械的プロセス
に帰してしまう、「進化論」的教義を受け入れられないという人たちを、無知
と偏見の名であざ笑っている態度が見えみえでしょうか?




38 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 22:26:45 ID:PGawE0+p
ネヨの相手するくらいならシベリアの木を数える方がまだ生産的な気がしてきた…

39 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 22:31:54 ID:QOkaQhJY
>>38
あー、俺もそんな気がするw

40 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 22:41:18 ID:QOPFOAyu
脳がヒス起こしたのか?

41 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 22:56:12 ID:734VLVqN
俺進化論者じゃなくてID論者だけど意識や観念は脳の分泌物だと思う

42 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 23:50:15 ID:A11zyYVt
>人間という、この不思議な自我意識を持つ存在の起源

俺は、犬にも自我意識はあると思うな、人間ほど確固とはしていなくても。
類人猿に至っては、無いという方が無理だと思う。
じゃあゴキブリにはあるかと言われると、多分無いんだろうと思うが、ある種の刺激を、
「危険」とった意味的解釈はせずとも、オンオフの単純な反応で、高い正答を得るような
システムは持っていると思う。
人間だけ見ると、いきなり凄いものを持っているように見えるが、丁寧に間を埋めてゆく
と、ゴキブリから人間の間も、同系のシステムとして繋がるんじゃないかと、思ったりも
する。

43 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 23:50:29 ID:oXcGv70b
>>37
>かってのダーウインは、意識や観念を脳の分泌物とみなす立場をとった。

へぇ、そうなんだ。それは知らなかった。ダーウィンはどういう表現をしてるの? 教えて。

44 :某377:2007/06/26(火) 10:35:50 ID:tsRDNsdj
>>37
>「進化論」的教義を受け入れられないという人たちを、無知
>と偏見の名であざ笑っている態度が見えみえでしょうか?

現に受け入れない理由が無知と偏見に基づいてんだから仕方なかろう。
無知と偏見以外の理由で受け入れてない奴なんて見たことない。

>>38
そもそも2ちゃんねる自体が生産的な場なのかという話もあるけどなw
ネヨにいちいちつきあうよりはもっと楽しいことはいくらでもある。

>>42
ネヨの場合、
(定義)自我とは人間だけがもつものである→(結論)だから自我は人間にしかない
という高速循環論法がぐるぐる巡っているだから考察しても無駄。

45 :神も仏も名無しさん:2007/06/26(火) 12:09:17 ID:EaRu6pjq
>>43
ダーウィン自身は、種の起源のなかじゃいろいろ神様に配慮した表現してたのにねw


46 :神も仏も名無しさん:2007/06/27(水) 20:07:00 ID:QJHNdIHn
>現に受け入れない理由が無知と偏見に基づいてんだから仕方なかろう。

聖書の解釈も信仰の意味も、まるでわからないくせに、受け入れられない理由
が無知と偏見側にあると決め付けるおのれ自身が、無知と偏見だと言うことに
早く気づけよ。と言ってもガチガチの唯物論者には無理か。

>(定義)自我とは人間だけがもつものである→(結論)だから自我は人間にしかない

じ‐が【自我】
1 自分。自己。2 哲学で、知覚・思考・意志・行為などの自己同一的な主体として、
他者や外界から区別して意識される自分。非我。3 心理学で、行動や意識の主体。
自我意識。精神分析で、イド・超自我を統制して...

原始的な自己認知は、高等な類人猿では、鏡に映った自分の顔に付けられた
マークを取るが、下等なサルではできないことが実験で明らかになっている。
ここでも人の持つ自我意識と動物のそれとは、決定的な違いがあることが理解
出来ていない。

参考にポッパーの意見を付けておこう。
「動物はいかにして意識を持つようになったか。意識の起源の問題は、生命の
起源と同様に大いなる神秘であろう。それにもかかわらず、私たちはそこに人
知では解明し得ない謎のあることを承知のうえで、意識もまた進化の、あるい
は自然淘汰の結果として現れたと想定しなければならないのである。」

人の自我や心を頂点とする意識の世界を出現させたことを生物進化のプロセスを
唯物論的な進化論で証明することは不可能である。のは明白である。
ことを早く理解せよ。


47 :神も仏も名無しさん:2007/06/27(水) 20:24:31 ID:QJHNdIHn
人の自我や心を頂点とする意識の世界を出現させた生物進化のプロセスを 、、、
に訂正 

48 :神も仏も名無しさん:2007/06/27(水) 21:48:14 ID:j2XDNaeH
地図や代数を理解出来ない奴は人間と言えるのだろうか?

49 :神も仏も名無しさん:2007/06/27(水) 22:53:23 ID:48SEZ/im
>>46
あんたどうしたって人間は特別、から抜け出せないんだね。カワイソ。

50 :神も仏も名無しさん:2007/06/27(水) 23:10:53 ID:8SUaWxFV
ネヨの天使的教えとやらは何も証明してないんだがなw

51 :神も仏も名無しさん:2007/06/27(水) 23:42:40 ID:IU4Z5H95
進化論はこれを1から10まで証明できていない!という批難をしてるんだろうけど
信仰ではなおさら証明できていないから自分に跳ね返っているな

前スレで「オッカムの剃刀」について
「そのウォッカムのけち理論っていうのは、明快に説明できるものを採用するって事だろ?
なら意識は霊魂の作用だっていうのが一番明快じゃん♪」
とか言ってた人と同じ匂いがする

52 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 00:06:52 ID:1QfBCiVZ
要するに、自分の信仰にそぐわないものを否定するってだけのバカ。

53 :某377:2007/06/28(木) 08:39:05 ID:Fu89dFwT
>>46
>無知と偏見側にあると決め付けるおのれ自身

おまえの進化論へのいちゃもんが無知と偏見にもとづかなかったことが
ただの一度でもあったか?
「決めつけ」ってのは他の可能性があるにもかかわらず根拠も示さずに
そうだと結論づけること。おまえら創造論の連中みたいに、一つの
例外もなく無知と偏見にもとづいているといったような場合を「決めつけ」
とは言わない。

「決めつけ」というのは

>唯物論的な進化論で証明することは不可能である。のは明白である。

のような発言のことを言う

>原始的な自己認知は、高等な類人猿では、鏡に映った自分の顔に付けられた
>マークを取るが、下等なサルではできないことが実験で明らかになっている。
>ここでも人の持つ自我意識と動物のそれとは、決定的な違いがあることが理解
>出来ていない。

ほう。ネヨ的には「高等な類人猿」は「人」なわけですか?w

>>51
>とか言ってた人と同じ匂いがする

同じ人だもん。

54 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 11:10:42 ID:UA0eFL5x
>>46
ん?なんだ?
ネヨは自我や意識が人間以外の生物にもあること、それらが生物進化のプロセスによって出現したものであることを認めたのか。

55 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 15:14:55 ID:XwvlBXPp
自分が何を言ってしまったのか理解していなそうw

56 :某377:2007/06/28(木) 17:01:24 ID:Fu89dFwT
引用の中身は理解せずに書いてるだろうね。

これでも何らかの知能があることは(あまり)疑われないわけだから、
チューリングテストに合格したコンピュータに知能があることぐらい
認めたっていいような気もするw


57 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 19:33:07 ID:PELeyS6S
>あんたどうしたって人間は特別、から抜け出せないんだね。カワイソ。

人と動物を、肉体的共通点で同一と結論し、特別な存在ではないとするのが「進化論」
人と動物と、その精神面で決定的な違いがあるので、特別な存在とするのが「創造論」

人間存在を、物質的肉体により比重をおくか、人の持つ精神世界により比重をおくか、
によって意見が分かれてくるのは仕方がない。



58 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 19:40:48 ID:PELeyS6S
>おまえの進化論へのいちゃもんが無知と偏見にもとづかなかったことが
ただの一度でもあったか?

へえ、はてな、どこにあったか? わかんないから具体的に指摘してみたら。かと思う。今日この頃。


59 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 19:47:34 ID:PELeyS6S
自分が何を言ってしまったのか理解していなそうw

>自分が何を言ってしまったのか理解していなそうw






60 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 19:52:52 ID:PELeyS6S
>これでも何らかの知能があることは(あまり)疑われないわけだから、
チューリングテストに合格したコンピュータに知能があることぐらい
認めたっていいような気もするw

お前はじっくりアルゴリズムとは何か、勉強しなおせ。


61 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 20:04:16 ID:1FaAY5kx
>人と動物を、肉体的共通点で同一と結論し、特別な存在ではないとするのが「進化論」

へえ、すごい進化論ですね。そんな進化論聞いたことねえ。


62 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 20:11:50 ID:PELeyS6S
>へえ、すごい進化論ですね。そんな進化論聞いたことねえ。

そう。名も知れんバクテリアも人も進化の上では同等です。
進化に生き物に優劣はありません。て、どこかで言ってたような。



63 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 20:30:48 ID:PELeyS6S
デカンショデカンショで半年暮らす あとの半年寝て暮らす。
唯物論的進化論学者も今が稼ぎ時。



64 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 20:49:41 ID:1QfBCiVZ
>>57
ほう。つまり肉体的共通点を見た場合の「進化という現象」は認めるのかね?


65 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 21:29:28 ID:PELeyS6S
さよう。生き物が、ある種から別の種に変わることを否定する証拠はない。


66 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 21:57:01 ID:1QfBCiVZ
>>65
ほう。ホミノイドについても、同じ考えだとしてよろしいか?

67 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 22:22:52 ID:PELeyS6S
再生前の人間は「うつろで、むなしい地」あるいは善も真理も植え
つけられていない「土 humus」の状態。(創世記第2節)
ホミノイドとプリアダマイトは同義語かも?


68 :神も仏も名無しさん:2007/06/28(木) 22:32:55 ID:1QfBCiVZ
>>67
文化と、そこから自由になろうとした思惟の体系を混同すべきではないと思うがね。


69 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 00:35:39 ID:tlH63JCh
進化論では人間とバクテリアは同じ生き物であると結論付けられるだろうが
同じ精神であるなんて結論は出さないだろう。
こいつは何を言っているんだ?

70 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 00:50:25 ID:wQ4MsQ+I
>>69
君はイスラムか?
何か聞いた台詞だな。

71 :某377:2007/06/29(金) 07:23:26 ID:YxAtkPs8
ちょっとワロタ

>>58
その答え方だと、
「進化論へのいちゃもんが無知と偏見にもとづかなかったことは
ただの一度もありません」
と認めたことになってるけど、それでいいのかい?


72 :某377:2007/06/29(金) 10:29:40 ID:XqC1Q/dq
>>60
>お前はじっくりアルゴリズムとは何か、勉強しなおせ。

おまえの受け答えが、おまえの否定する「アルゴリズム」と
同等かそれ以下だ、という皮肉だったんだが、そんなに
わかりづらかったかね?


73 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 11:29:20 ID:12ZpGBzo
テキトーな答えを並べ立てるだけの人工無能でもしばしばチューリングテストを通ってしまう

テキトーなコピペを並べ立てるだけのネヨも人工無能なのではないか?

ってこと?

74 :某377:2007/06/29(金) 13:54:35 ID:Z9R9nQO1
チューリングテストを通る人工無能ならば、むしろ、
ネヨよりマシな受け答えをするのではないかと。

75 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 19:23:27 ID:wp80gD80
>>69
あんたが、サルと祖先が同じ生き物だと言われるのがイヤなのか?

76 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 19:38:14 ID:QFoZ3HDg
俺が知ってる限り、一番チューリングテストで成績が良かったプログラムは、
ひたすら相手をバカにし続けるように作られてるのだが、それとならネヨも大差ないと思う。
どうとでも取れるように定義があいまいな単語を織り交ぜ、意味不明なことを主張する
→反論などがあったら、それに対してただひたすらバカにするだけの応答をする。
という感じで人工ネヨ作れないかなw。
ホンモノと同様に、応答をするだけで返答はしないことがポイントだ。



77 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 19:52:36 ID:CY32I+Fu
反応するレスを抽出する→レスの中から特定の単語を拾う→その単語をwiki検索にかけて文章を拾う。
→拾った文章を句読点でトリミングをかけて、ネヨアーカイブの文章を末尾につける。
→改行して罵倒コメントを追記する。

以降はwiki検索に引っかかった単語が書かれているレスに対して反応する。
適当なタイミングで、別の単語に再反応。

こんな感じでいいんじゃまいか?

78 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 19:55:13 ID:iPeCtUVv
人工ネヨは造れないと思うが、人工バカなら造れるよ。
サンプルがいくらでもあるからねー。


79 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 20:15:22 ID:iPeCtUVv
>こんな感じでいいんじゃまいか?

不思議なこともあるもんだね?ウイキ引っ張って加工しても出てくるわけないんだが、、


80 :神も仏も名無しさん:2007/06/29(金) 20:58:08 ID:dtpCRp+A
ネヨの正体が知りたいw
研究材料として非常に興味があるw

81 :神も仏も名無しさん:2007/06/30(土) 02:26:53 ID:EWZ8FHxq
人間の精神もそれほど特別視する理由は見当たらない。
類人猿とネヨの差より、ネヨとWittenの差の方が大きい。

82 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 04:02:50 ID:P4jvi09C
あげ

83 :神も仏も名無しさん:2007/07/01(日) 06:05:42 ID:qYC31rB8
sage

84 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 00:14:34 ID:Yj0EUsQu
一休...ここで一本CMを入れとこうね。

魂とは人の(かたち)をした実体です。だから目もあり、耳もあり、口もあり
脳もあります。おおよそ人間にあるものは、すべて備わっています。生きてい
る間はしっかり肉体と結びついています。肉体の中で生きているのは、この魂
(霊魂)だけで肉体を道具のように使います。人が意志し思考し理解するのは、
この霊魂の働きであることは、現在ではあまり信じられておりません。

これは、科学が心や意識を唯物論的な方法で解明できるものとした、誤った考
えが支配的になったためです。人が科学知的なものに陥ることは「創世記」に
記されています。人祖を騙したヘビです。ヘビが実際にいてエバを誘惑したわ
けではありません。ヘビとは人が信用している感覚的なもののことで、人は感
覚的なものに容易に騙されると言う意味です。
神はヘビに言われた。「おまえは腹で這いあるき、命ある日々を通し、チリを
食べるであろう」これは、感覚的なものは天界的なものを上に眺めることがで
きず、ただ物体的・地上的なものを下に見るだけも意味です。古代では「腹」
は地に近いもの、「胸」は地から上にあるもの、「頭」は最上部を示しました。
科学は、ひとの感覚知によって支えられています。

85 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 00:28:31 ID:YLMC4jKP
>>魂とは人の(かたち)をした実体です。〜現在ではあまり信じられておりません。

これが、あなたの主張する科学仮説です。
仮説を証明するに足る科学的な証拠を提出してください

86 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 00:33:54 ID:YLMC4jKP
宗教的な問題は科学では解明できないと宗教家は言う。

だが、祈りで病が治ったり、宇宙を神が設計したという主張は、
あきらかに物理世界に作用を及ぼす「科学的な仮説」である。
したがって、これらを認める信仰をする場合には、現在ありうる仮説よりも科学的に信頼の置ける仮説を提示する必要がある。
あらゆる宗教の涙ぐましい努力にもかかわらず、今のところこの試みは愉快にも徒労に終わっている。

さて、こうも主張できるだろう。物理宇宙に何の影響も及ぼさないが、たしかに存在する神がある、と。
だが、そんな神はいたとしても何の意味もないではないか。
というよりも、その神がいることといないことの差は何も無い。

87 :某377:2007/07/02(月) 07:55:35 ID:YdVoeDAy
>>84
CMというよりチラ裏ね。せめてチラシの表になろう。

88 :某377:2007/07/02(月) 17:08:59 ID:qdgwcw9L
>>85-86
しばらく考えてみたんだけど、やっぱり「科学仮説」の扱いがおかしい気がするな。

「事実に関する言明」≠「科学仮説」でしょ。

事実に関するものをすべて科学で扱えるということが証明された
わけではないし、84はむしろ、科学では扱えないものがあると
主張しているわけで、それに対して
>これらを認める信仰をする場合には、現在ありうる仮説よりも
>科学的に信頼の置ける仮説を提示する必要がある。
ってのは返事としておかしいと思う。

84に対しては
「ふーん。で?
科学を使わずに、それが事実だということをどうやって我々に
納得させてくれるわけ?
え?聖書の天的天使の解釈?ハァ?」
という返事のほうがよろしいかと。

89 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 21:32:18 ID:UnepY+fj
>>85
自然科学はね、世界を構成する要因として物質しか見出していないの。
だから、物質以外の理論体系はないのよ。
たとえば、「物質に質量を与えているものは、仮想上のヒッグス粒子」である。
この未知の物質の存在を認めれば、理論と観測に矛盾なく説明できるというこ
とで立派に科学仮説として受け入れられている。
残念ながら、いまだヒッグス粒子は観測されていないがね。
魂仮説は、通常の科学でとらえらる範囲を超えているから、もし、許されるなら
「霊性科学」的仮説と呼びなさいね。

>仮説を証明するに足る科学的な証拠を提出してください

したがって、非物質の存在である魂を、唯物論的科学で説明することは、不可
能であると思うよ。反対に唯物科学では、まったく説明出来ない現象に、魂仮
説を導入すればより合理的な説明が出来る場合がありますね。

まず、人のもつ心の世界は物質の世界か? 非物質的な世界か? どちらを支持して
いるか?



90 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 21:33:18 ID:9M93Cu48
>まったく説明出来ない現象に、魂仮
>説を導入すればより合理的な説明が出来る場合がありますね。
その例を一例でも出してくれw

91 :某377:2007/07/02(月) 21:42:29 ID:YdVoeDAy
>>89
何度もいわすな。わからないなら首でもくくれ、あほう。
科学に未説明の領域があることは、おまえのたわごとが正しい理由には
これっぽっちもならない。

92 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 22:13:30 ID:UnepY+fj
なにか科学的精神の持ち主で(ござい)がみっともなくわめいている感じ..悪い。

まず、人のもつ心の世界は物質の世界か? 非物質的な世界か? どちらを支持して
いるか? 答えてみろ。

>その例を一例でも出してくれw
 
手始めは、臨死体験者の証言。医者が臨床的に死んだと宣告した患者が、
「わたしねえ、あの時空中に浮かんでいて、先生や看護師さんがしていたこ
とをみんな見てたのよ。」さあ、科学はどう説明するの? 魂仮説なら、こう説
明する。思考や心の実体が肉体から遊離して見てたのです。と





93 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 22:38:09 ID:Nbb9eLV3
>>92
はい、お疲れさまw

もう結構ですw

94 :神も仏も名無しさん:2007/07/02(月) 22:43:22 ID:UnepY+fj
あれ、逃げ出しやがったよW


95 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/07/02(月) 23:16:42 ID:i3hwQy+g
>>92
臨死体験なぞ持ち出すから非科学的って言われるんだw
魂があるかないかなんて科学ではわからないんだから、
宗教だけで言ってりゃいいんだよ。
中途半端に科学を絡めるお前の態度は神に対する冒涜だw

96 :某377:2007/07/02(月) 23:49:37 ID:YdVoeDAy
>>92
また日本語がおかしくなりはじめてるぞ。ちゃんと薬飲んでるか?

>手始めは、臨死体験者の証言。

それの何がどう「魂仮説を導入すればより合理的な説明が出来る」例に
なってんの?

>思考や心の実体が肉体から遊離して見てたのです。

オラは死んじまっただ、はそのまま事実だ、という話の何がどう合理的なんでしょう?
「合理的」という言葉の意味わかってる?


97 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 00:03:42 ID:1/B8OJMX
半側空間無視の患者が
自分の無視してる方の手(麻痺してる)を、医者の手だと言い張っていて、
医者が、「私には手は二つしかないよ」、と言っても
「医者の腕が三本仮説を導入すれば、医者に手が三つあることをより合理的に説明できる。
なぜなら、これは私の手ではなくあなた(医者の)手なのだから。」
と非常に合理的wに説明して見せているような状況だな。

こういう患者が現実に存在するから、あまり笑えない例えだが。
論理無視というのか、科学的思考無視というのか、そういうのが脳の何らかの損傷で引き起こされるんだろ。
脳に傷が付いておこる症状の1つで、天使とか神が光臨したような神秘体験をするというのもあるらしいしw

98 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 00:23:31 ID:aIHAD+sr
もはや宗教は科学の「隙間」にしか存在することはできない。
彼らが「中間型がない」とがなりたてる化石だが、
仮に化石A−B間の中間型化石Cが見つかったとき、宗教家はこう考えるのだ
「よしよし、我々の入り込む隙間が二つに増えたぞ!」

99 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 00:28:48 ID:aIHAD+sr
物質の世界に作用する非物質の世界があるという考え方は、明らかな科学仮説である。
非物質の世界にしか作用しない非物質の力があると考えるのも結構だが、そのようなものはあってもなくても我々には区別がつかない。

可視光や、脳神経によって引き起こされる「視覚」という科学的な現象に作用する(すなわち物理的な世界に作用する)現象を引き起こす
「霊的なエネルギーが存在する」という主張は、従って明らかな科学仮説であり、
その主張を裏付ける根拠なくしては、冷笑を浴びるのみだ。

つけくわえるならば、-愉快なことに-
今のところこのような宗教家の100年以上に渡る涙ぐましい努力にもかかわらず、
彼らは冷笑を浴び続けている。

100 :某377:2007/07/03(火) 00:35:29 ID:s/z0RGL8
うーん。
またなんか変な科学教信者が現れたなあ。どうしたもんだろ。

101 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 00:52:18 ID:aIHAD+sr
>>100
神が存在する という仮説は充分に科学的に論証が可能な仮説であり、
現在知られているあらゆる証拠はこの仮説を否定している。

102 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 00:55:43 ID:aIHAD+sr
宗教家の詭弁に捕らわれぬよう、1つ付け加えておこう

ここでいう「神仮説」とは、超自然的な力を持ち、意図を持って宇宙や、宇宙に存在するものをデザインした存在のことだ。
例えば、アインシュタインやホーキングが、純粋に詩的な比喩で持ち出す神ではない。
お望みならば、我々は重力やその他の自然法則を神と呼ぶことも可能なのだが、そのようなものに祈りを捧げても意味が無い。

103 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 06:23:30 ID:Dw6y50pI
>>95
>臨死体験なぞ持ち出すから非科学的って言われるんだw

臨死体験の謎を、科学的に研究しようとすることが、何故非科学的なんだ?
臨死体験の謎は、意識の謎でもある。脳活動と意識体験の研究から、この
謎の解明に取り組んでいる学者がいることぐらい理解しようね。

それと後、いろいろ諸説が開陳されているが、読むに耐えないものばかり
なのは情けない。これで科学的精神の持ち主たち? 会話にもならない。
少しは気の利いたこといえる奴はいないのかえ。あーーー実に情けねえ。

104 :某377:2007/07/03(火) 08:33:34 ID:s/z0RGL8
>>103
>いろいろ諸説が開陳されているが

おまえの言ってることが魂がある根拠にならないという話しか
でてないと思うが。

>会話にもならない。

おまえの会話能力がないだけ。他人のせいにするな。

105 :某377:2007/07/03(火) 08:35:34 ID:s/z0RGL8
無能な味方は有能な敵よりもやっかいだね。

>>101
>神が存在する という仮説は充分に科学的に論証が可能な仮説であり、

はいダウト。
検証不能であるという議論はいくらでもある。
できるというなら試しにやってみせてよ。

>現在知られているあらゆる証拠はこの仮説を否定している。

たとえば?

106 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 09:41:10 ID:cPrg1n9v
ほんとに物質だけ?
場は?情報は?

107 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 09:59:32 ID:8OBFzpJH
>>105
議論の多寡で結論がなされるならば、
そもそもそれは論証ではない。科学論理と民主主義はちがう(もっとも、宗教においては民主主義なのかもしれないが)

>>できるというなら試しにやってみせてよ。
超自然的な力を持ち、意図を持って宇宙や、宇宙に存在するものをデザインした存在がいるという仮定を裏付ける証拠はない。
以上、「神仮説」の否定は終了

>>たとえば?
論証責任をもつのは、「神仮説」を主張するあなたのような一種の奇人である。
あなたも含めた「神仮説」支持者は、常に「〜は証明できないように思える。故に神はいる」という理論しか使わないが、
これは論証ではない。
この論証を扱うためには、前提として「神仮説」を証明しなければならないからだ。

以上、無様な宗教家の全面的な敗北が‐彼らはもう200年以上敗北し続けている‐決定した。

108 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 11:41:09 ID:5dUl0bLj
>92
>思考や心の実体が肉体から遊離して見てたのです。

どうやって「見た」んだ?
透明人間は自分自身も周りを見ることができないんだぜ?
電磁波と相互作用できないから。

逆に、思考や心の実体とやらがまわりの物質を「見る」ことができるなら、それは光を吸収してるってことだから
その場にいた医者や看護婦や家族にもその実体とやらを見ることができるんだぜ?

だから実体とやらが頭上に浮いてるのを見たって報告を出してくれよ。

109 :某377:2007/07/03(火) 12:45:19 ID:mgFbU+DP
>>107
やっぱりその程度か。科学を支持しててもバカはバカってことだね。
こういう気違いがいるから苦労するんだな。

>超自然的な力を持ち、意図を持って宇宙や、宇宙に存在するものを
>デザインした存在がいるという仮定を裏付ける証拠はない。

いないという証拠もない。
全然否定したことになってない。

進化論が絶対に正しいという証拠がない。したがって科学はまちがいで
魂があって神がいる、というのと、結論が逆なだけで論理の中身は一緒。

>論証責任をもつのは、「神仮説」を主張するあなたのような一種の奇人である。

俺はそんなもの主張してないよ。
「神不在仮説」を主張している君にこそ論証責任がある。

俺は、神がいるかいないかわからないが、神の存在・不存在いずれの
仮説も科学には不要だ、と何度も言っている。


110 :某377:2007/07/03(火) 12:54:22 ID:mgFbU+DP
>>107
>あなたも含めた「神仮説」支持者は、常に「〜は証明できないように思える。故に神はいる」という理論しか使わないが、
>これは論証ではない。

そのまま自分にはねかえっていることにさっさと気づいてくれ。


111 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 19:53:13 ID:Pz0NVljX
こら、こら、はなだれとよだれの痴話喧嘩は止めなさいね。みっともねえから。

>思考や心の実体とやらがまわりの物質を「見る」ことができるなら、それは光を吸収して
るってことだからその場にいた医者や看護婦や家族にもその実体とやらを見ることができるんだぜ?

霊魂と肉体との交流。

霊魂と肉体との交流とは、一方が他方に与える作用、あるいは双方の作用のことである。
第一は物理的流入、第二は霊的流入、第三は予定調和であり、第四はない。

物理的流入:視覚の対象として現れるもので、肉眼を刺激し、思考に流れ入り、
考えを生んでいく。これは、感覚的な現象から生まれた虚像となる。(アリストテレス派)

霊的流入:霊的なものが物理的なものに流れるということで、その逆はない。
対象から肉眼に引き起こされる状態にしたがって、思考的精神が視覚に流れ入る。
秩序と法則からそうなる。(デカルト主義)

予定調和:現象および理性の錯覚から生まれる。精神と肉体は同時的に作用しあう。(ライプニッツ主義)


したがって、秩序と法則により、霊魂は物質に作用できるが、物質は霊魂に作用できない。

>だから実体とやらが頭上に浮いてるのを見たって報告を出してくれよ。

だから無理。もっとも霊の状態になれば見えるよ。

112 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 21:27:33 ID:lK8dwvn+
>物理的流入:視覚の対象として現れるもので、肉眼を刺激し、思考に流れ入り、
>考えを生んでいく。これは、感覚的な現象から生まれた虚像となる。(アリストテレス派)

>霊的流入:霊的なものが物理的なものに流れるということで、その逆はない。
>対象から肉眼に引き起こされる状態にしたがって、思考的精神が視覚に流れ入る。
>秩序と法則からそうなる。(デカルト主義)

>予定調和:現象および理性の錯覚から生まれる。精神と肉体は同時的に作用しあう。(ライプニッツ主義)

とりあえずその仮説を全部実験的に証明するか、最低でも実験的に証明する方法を考えろw

113 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 21:33:49 ID:RpFvAp2m
>>111
でもそれ根拠とか無くて「こう説明すりゃ矛盾は無い」ってだけだべ?
矛盾が無いだけではダメなんじゃね?
オッカムの剃刀ってやつにひっかかるんじゃね?
結局科学じゃなくてただの「お話」じゃね?

知ってる?オッカムの剃刀。

114 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/07/03(火) 22:50:06 ID:wq3R9fnm
>>103
本当に科学的な研究をした上で発言してるんなら耳を傾けてやらあ。
お前の場合は批判に対してろくに耳を貸さずに言ってるからだ。
最低でも「と学会」の本くらいは読めよw

115 :神も仏も名無しさん:2007/07/03(火) 22:55:39 ID:aP51/Jzi
>>109
>>いないという証拠もない。

そんなことは何の証明にもならないよ。
仮説を主張する側に立証責任がある。
キミのような宗教家のくだらない理論にのっとれば、
「神がいないという仮説が間違っていないという証拠は無い 故に神はいない」
とも言える。故に、矛盾が発生しているため、
キミのような宗教家の論証方法は誤りである。

>>「神不在仮説」を主張している君にこそ論証責任がある。
なるほど、あなたは「神仮説」を主張していないということだね。
つまり、あなたは神の存在を主張しないわけだ。
ハレルヤ!おめでとう、キミは今日から無神論者だ!

>>神の存在・不存在いずれの 仮説も科学には不要だ、と何度も言っている。
物理世界に干渉できる理論は、それが検証可能かどうかも含めて、
科学的に検討せざるをえません。
イヤならば、物理世界に何も出来ない、パスタ・クリーチャーでも信じていてください

>>110
一般に自明である根拠を提示しているので、私には跳ね返ってはこない。
1+1の答えは誰にでも追試が可能だが、神の奇跡は、誰にでも検証可能ではないので、一般的な根拠ではない。



116 :モエカス:2007/07/04(水) 00:11:54 ID:5PW1DNWO
あれな人って一般的でない言葉が好きだな。
天使的解釈とか神仮説とか。

117 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 00:28:34 ID:SUNcIPX5
>>116
神仮説については、一般的な言葉ではないので、1レスを割いてどのようなものか定義させていただきましたが何か?

118 :某377:2007/07/04(水) 09:30:57 ID:NJikS4rN
>>115
>そんなことは何の証明にもならないよ。

バカだなあ。どうしようもないバカだ。

俺は神については何も証明しようとしてないのね。
「神はいる」と主張するなら証明する必要がある。
まったく同様に「神はいない」と主張するなら証明する必要があるのだよ。

「神がいるという証明がない」から言えるのは「神がいるという証明がない」
だけであって、「神はいない」ではない。
これぐらいは論理の基本だよおバカさん。

>ハレルヤ!おめでとう、キミは今日から無神論者だ!

いいえ。神がいると主張しない立場には、無神論以外に「不可知論」という
立場もあります。他の立場もあるかもね。
君みたいな二分法しかできないのはオカルト屋に典型的な症状なの
だけど、科学支持でもやっぱりバカはバカといういい見本だね。

>科学的に検討せざるをえません。

検討するのは自由。だけど、事実を扱う方法は科学だけということは
誰もまだ証明できてない。一部の科学教信者(君のことだよ)が根拠もなく
言いはなっているだけ。

>一般に自明である根拠を提示しているので、私には跳ね返ってはこない。

なにも提示せず、ただただ科学マンセーをくりかえしてるだけでしょ。
その程度のこともわからないんだね。かわいそうに。


119 :某377:2007/07/04(水) 09:35:57 ID:NJikS4rN
>>117
オレサマ概念であることは結局ゆらがないけどね。
それが反証不能な非科学的主張であるにもかかわらず、科学概念だと
主張するようなキチガイがいるということもね。

120 :某377:2007/07/04(水) 09:54:15 ID:qvxhaJkM
>>111
何の説明にもなってないけど。
おまえの腐れた脳ミソの中身をダンプしただけじゃねえか。

>>113
説明になってないし、矛盾がないかどうかもよくわからんし、
オッカムの剃刀以前の問題かと。

121 :モエカス:2007/07/04(水) 11:55:47 ID:5PW1DNWO
っていうか神仮説を定義した人、
神はいないという科学的な説明(理論とか数式とかデータとか)を
ここに書いてくれないか。

まさか今までのレス(言葉あそび)がそうだと言ってるわけじゃないでしょう?







122 :某377:2007/07/04(水) 13:58:55 ID:NJikS4rN
ID本に対するドーキンスの書評より。直接には
ttp://transact.seesaa.net/article/46370329.html から。

>Darwin自身が予期したように、このスタイルの論が疑問として残っている。"デ
>フォルトからの論"という論理的な誤りである。2つの対抗理論AとBがあるとす
>る。理論Aは多くの事実を説明し、山ほどの証拠に支持されている。理論Bを支
>持する証拠はなく、またそれを探そうともしない。そして、理論Aが説明できな
>いと主張される小さな事実がひとつ見つかる。そのとき、理論Bがそれを説明で
>きるかどうか問うことなく、Bが正しいはずだという、詭弁な結論を導く。

ネヨが毎回やってるやつもこれだね。
奴の場合は論旨も頭も混乱しているから、これほどすっきりとまとまった
形をとらないけれども、本質はこれ。


123 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 17:37:59 ID:+EDA+e88
>>111
物質じゃなくて電磁波の話をしてるんだが。
見るということは特定の波長の電磁波を吸収することだから、その「見る」主体は周りからも見えるんだよ。色がついて。
霊魂が電磁波に作用するというなら、すなわち色がついて見えるってことだ。

124 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 18:14:31 ID:Q/1ehvrV
>理論Aは多くの事実を説明し、山ほどの証拠に支持されている。理論Bを支
持する証拠はなく、、、

理論A:脳=こころ 理論B=脳と心は別物
認めてやるから、科学的証明をつけてもってこい。

125 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 22:25:20 ID:KAV5KBt4
>>118
不可知論には明確に二種類存在していて、
すなわち
一時的不可知論(Temporary Agnosticism in Practice = TAP)・・・現在の技術では確認のしようがない
および
永遠の不可知論(Permanent Agnosticism in Practice= PAP)・・・原理的に確認のしようがない
である。

キミのような宗教家は、しばしば神の存在についてをPAPとして扱うことによって、
神がいる可能性もいない可能性も五分五分であるという無茶苦茶な論証を行おうとするが、それは誤りである。
何故ならば、宗教(創造論ももちろんこれに含まれる)は、「神がいたならば」という前提で成り立っているからである。
もし、神の存在がPAPであるとするならば、不可知論者は、真に
「神がいるかどうかは、原理的に回答不能である」という立場を取らねばならない。
従って、そのような人間が「神がいたならば成り立つ考え方」、すなわち宗教を信じることは、不可知論と矛盾している。
すなわち、不可知論者は宗教を信じれないし、宗教家は不可知論者ではありえない。
宗教とは、神の存在についてTAPの立場をとる人間たちの理論なのである。

このことをふまえると、哀れなことに、不可知論者であり、「神仮説」を主張しないあなたが無神論者であることはほぼ確実のように考えられる。

>>事実を扱う方法は科学だけということは誰もまだ証明できてない。
キミの不可知論によると、「事実を扱う方法は科学だけということは誰もまだ証明できてない」ということは
「事実を扱う方法は科学だけではないということも誰もまだ証明できてない」となってしまうね。
立場によって論の扱いをあべこべにする厚顔無恥ぶりは、実に宗教家の典型

>>121
立証責任は仮説を主張する人間にある。
神仮説を主張する人間がここに根拠を張れば一瞬で解明するんだけどね。
今のところ、
 「スパゲティモンスターという生物が空中にいる」である。
 否定したいのならば、いないという証拠をだせ。
といい続けているのが神仮説支持者=宗教家なのですよ。

126 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 22:27:21 ID:KAV5KBt4
>>122
アナタが行っている、神がいるかもしれない って主張もまさに同じへ理屈ですね。
薄汚れた疑似科学者がドーキンスやダーウィンを引用するな。胸糞悪い。


127 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:08:42 ID:owT0XMVR
>>125
横からすまんが、科学的な施行・方法の成り立ちや反証主義とか、
あんたはまったく知らんのか?

128 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:13:55 ID:owT0XMVR
施行じゃなくて思考だな、うん。

129 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:20:10 ID:KAV5KBt4
>>127
知っているが何か?

130 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:26:25 ID:owT0XMVR
>>129
それなら、科学は人の知の限界を意識することが出発点なことはわかるだろ。
その範囲内で有効な実験も組み立てられない事象を、どう科学として扱う?


131 :某377:2007/07/04(水) 23:39:54 ID:RVgUtKtb
いいかげんに首をくくれ、このキチガイが。

>>125
>不可知論には明確に二種類存在していて、

それ以外にもあるよw
不可知論以外の立場で「神がいる」と言わないこともできる。
二分法の罠からどうやっても逃れられないようだね。バカというのは哀しいなww

>キミのような宗教家は、

俺は宗教家ではないと何度言えばわかる。この気違いが。

>神がいる可能性もいない可能性も五分五分であるという無茶苦茶な論証を行おうとするが、

そんなことは誰も言っていない。仮想敵を作って勝った気分に
ひたるのは君のような阿呆の特権だね。俺にはとてもできねえやw

>このことをふまえると、哀れなことに、不可知論者であり、
>「神仮説」を主張しないあなたが無神論者であることはほぼ確実のように考えられる。

残念でしたぁw
俺は定義どおりの不可知論者ではない。
また、君の議論は「神がいないから神がいない」という循環論法以上の
ものではないため、不可知論と無神論との同一性の証明にも失敗している。




132 :某377:2007/07/04(水) 23:42:05 ID:RVgUtKtb
>>126
もちろん屁理屈だよ。
その論破もロクにできない負け犬ふぜいにとやかく言われる筋合いはないねw

133 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:42:20 ID:KAV5KBt4
>>130
その通りです。
そして、神仮説(ほとんど全ての宗教が主張する科学仮説である)などと言う陳腐な主張は、
知の限界などにはまるで到達していない。
立証責任と言う言葉をご存知ないのであろうか?
有効な実験をしなければならないのは、「神仮説」を主張する側である。
先に示したとおり、神の存在に関してPAPの立場をとる人間は、宗教家ではない。
また、同時に、宗教家とは、神の存在についてTAPという立場の人間であり、
TAPである仮説は、科学的に取り扱える代物なのだ

134 :某377:2007/07/04(水) 23:50:17 ID:RVgUtKtb
>>133
>立証責任と言う言葉をご存知ないのであろうか?

君が知ってるとは思えんがねえ。

>有効な実験をしなければならないのは、「神仮説」を主張する側である。

まったく同様に、「神不在仮説」を主張する側にそれを立証する責任がある。
立証責任がないのは「神がいてもいなくてもよい」とする立場の人間だけ。


135 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:51:21 ID:KAV5KBt4
>>131
>>それ以外にもあるよ

宗教家は細部の違いをネチネチと作り上げる性質がある。
あれほどくだらない聖書の取り扱いについて100を越える宗派があることからも明らかだ。
アナタの言い張っている「それ以外」というのは、その程度の物であり、この議論にはなんの影響も無い。

>>俺は宗教家ではないと何度言えばわかる。この気違いが。
神の存在可能性を検討する時点で確実に宗教家である。
それを否定したければ、論理的に私の論証の矛盾を指摘したまえ。-不可能であろうが。

>>そんなことは誰も言っていない。
さんざんぱら「神がいる可能性がある」とのたまいながらの逃げ腰
宗教家の厚顔無恥には毎度呆れる

>>俺は定義どおりの不可知論者ではない。
では、あなたの意地らしくかわいくてはかない立場を開陳でもしてみればよいのではないか。
カトリック信者の息子が言った、「イエスは神の顕現ではなく、神の一側面なんだ!」と同程度の
無意味な差異の発表ではないことを神に-イヤイヤ、キミの矮小な脳に祈っておこう


>>君の議論は「神がいないから神がいない」という循環論法以上の ものではないため
具体的な箇所を示して、私がこう主張していることを示してみてはどうか?無理だろうが。
私は神の存在についてPAPの立場である場合、宗教家ではありえず、逆も真なり、
故に神を科学で扱えないと主張するものは宗教家ではない、と指摘し、神と宗教の矛盾性を的確に指摘したのみである。

>>132
屁理屈はいらないので、少しは論理性のある論証をしてみればどうか
「〜に見える。故にわたしのほうが正しい」という主観=事実理論しか言えないあなたの論証能力を疑わざるをえない。

136 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:53:37 ID:KAV5KBt4
>>134
>>君が知ってるとは思えんがねえ。

あなたは一昨日初めて知ったのでしょうね。

>>まったく同様に、「神不在仮説」を主張する側にそれを立証する責任がある。
神は一般的にその存在を確認できません。
故に、神不在説は、「神仮説」が証明されない限り自明です。
宗教を信じている人にでもいいので聞いてください。
およそ「狂信者」と呼ばれない人に聞く限りでは
「私は神の存在を確認した!」と言い切る人はほとんどおりません。

137 :某377:2007/07/04(水) 23:53:44 ID:RVgUtKtb
「神がいる」という反証不可能な言説の代表格を科学的言説(すなわち反証可
能)扱いしておいて、反証主義について「知っているが何か?」(>>129)とは笑わせる。

味噌汁で顔あらっておととい出直してこい。

138 :某377:2007/07/04(水) 23:54:35 ID:RVgUtKtb
>>136
>故に、神不在説は、「神仮説」が証明されない限り自明です。

ほぉ。そいつは知らなんだ。
「悪魔の証明」の心配はまったくない、とこういうわけだ。


バカはさっさと氏ね。


139 :神も仏も名無しさん:2007/07/04(水) 23:58:48 ID:KAV5KBt4
>>137
>>「神がいる」という反証不可能な言説の代表格

では、あなたが反証不可能性をここで明確に示したらいいのではないですか?
今のところあなたは証拠も何も無く
「「神がいる」ということは反証不可能だ!」
とわめいている教信者にしか見えません。
お手並み拝見いたしましょう。


>>138
>>「悪魔の証明」の心配はまったくない、とこういうわけだ。
立証責任がないのですから、そもそも照明する必要がありません
否定するにはこのレスの上段を証明するしかありませんね。

140 :某377:2007/07/05(木) 00:01:58 ID:KlNjbMfk
はよ氏ね。首つるのでもリストカットでも七輪でもなんでもいいから。

>>139
>では、あなたが反証不可能性をここで明確に示したらいいのではないですか?

君がそう言い張っているのは神がそう計画したからだ。
さあ反証してくれ。


141 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:03:37 ID:jSuOhMii
>>140
>>君がそう言い張っているのは神がそう計画したからだ。
これは仮説ですね。
では、この仮説を裏付ける一般的な根拠を提示してください。

142 :某377:2007/07/05(木) 00:05:03 ID:RVgUtKtb
ああ、もうどうしようもないバカだな。
何度言わせる気だ。

「証明がない」のと「反証された」のとはまったく別の話だ。


これも理解できない脳ミソじゃ、生きてるだけ無駄だ。
さっさと首をくくれ。

143 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:06:21 ID:jSuOhMii
>>142
根拠の無い反証が有効だと思っているのでしょうか?
かなりレアな御馬鹿さんだとお見受けいたしますが。

144 :某377:2007/07/05(木) 00:06:28 ID:KlNjbMfk
っつうわけで、俺はあきらめた。
この気違いはどこまでいっても理解しないだろう。
世の中には論理を把握できないかわいそうな人がいるということだ。

>ネヨ
よかったな。お前が待ちこがれた科学教信者がついに現れたぞ。
二人して遠い世界に逝ってくれ。

145 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:08:54 ID:KAV5KBt4
>>144
おそろしいほど、そして絶望的に哀しげな宣言ですね。
あなたは何ら一般的な根拠を提示することなく、
あなたの主張する珍妙な立場の正当性を主張されているばかり。

是非とも確認したいのですが、
あなたの周囲には、根拠も無く、勢いやしゃべり方で、他人の意見に納得されるかたが大勢いるのでしょうか?
いやはや、宗教家というのは間抜けを相手にしか商売できないというのがよくわかるやりとりでした。

146 :某377:2007/07/05(木) 00:12:23 ID:KlNjbMfk
ああ、そうだね。
こんな狂った脳ミソがあることに俺は絶望し、とても哀しく思ってるよ。

147 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:14:13 ID:jSuOhMii
最後まで一般的な根拠を示さないで逃げるつもりですか?
再確認いたしますが、
あなたやあなたの周囲には、根拠も無く何かを受け入れる人がいるのですか?
その人は、―そしてひょっとしてあなたは― 病気なのではないのでしょうか?

148 :某377:2007/07/05(木) 00:16:25 ID:KlNjbMfk
あのさあ。もう一度言っとくよ。

俺は神がいるとは言ってない。いないとも言ってない。
いないと言ってるのは君。

その状況で、何で俺に根拠を提示する責任があって、君にはないわけ?



149 :某377:2007/07/05(木) 00:17:14 ID:KlNjbMfk
もうひとつ。病気なのはおまえ。さっさと病院逝くか、首くくるかどっちかしろ。



150 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:19:59 ID:jSuOhMii
>>148
>>俺は神がいるとは言ってない。いないとも言ってない。
では、神の存在の論証可能性がPAPであることを例示しなさい。
あと、もし余裕があるのならば、君の独自の不可知論(笑)とやらも開陳してみては?

>>149
あなたの周囲では、根拠の無い論証を受け入れるのが正常なのですね。
あなたが普段生活を送っている私設の概要が把握できました。お察し致します。

151 :某377:2007/07/05(木) 00:25:02 ID:KlNjbMfk
いいから氏ね。

>>150
>では、神の存在の論証可能性がPAPであることを例示しなさい。

俺は定義どおりの不可知論者ではないし、おまえの言っているのは
不可知論のすべてでもないと言っておろうが。

>あなたの周囲では、根拠の無い論証を受け入れるのが正常なのですね。

ハァ?妄想もたいがいにしろ。


152 :130:2007/07/05(木) 00:25:15 ID:ofJqosh5
>>133
あんたはまるでわかっていない。知の限界ってのは人にわかることなんて
所詮たかが知れてるってことだが。

逆説的に聞こえるかもしれないが、不十分な方法(科学のこと)でも、
十分納得できる証拠が積みあがれば、確かなんじゃないかとはいえるわけで。

進化論も、そう。



153 :某377:2007/07/05(木) 00:26:19 ID:KlNjbMfk
いかんいかん。あきらめたんだった。

>ID:jSuOhMii

首くくれ。毒をあおるのでもいいし、頚動脈をかき切るのでもかまわん。
詳細はまかせる。


154 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:28:55 ID:jSuOhMii
>>151
>>俺は定義どおりの不可知論者ではないし
では、あなたのくだらない差異に拘った独自の不可知論とやらを早く提示して御覧なさい。

>>不可知論のすべてでもないと言っておろうが。
この議論に関しては取るに足らないものです。
反証したければ、そのようなユニークな不可知論とやらを早く提示して御覧なさい。

>>ハァ?妄想もたいがいにしろ。
上記2つをみればわかるように、そして毎度のことながら、
あなたの発言には何ら根拠がございませんね。
教育のレベルを疑わざるをえません。

>>152
>>不十分な方法(科学のこと)でも、十分納得できる証拠が積みあがれば、確かなんじゃないかとはいえるわけで。
その通りです。私は全面的にこの考えに同意しますよ。
何か問題でも?

155 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:30:26 ID:jSuOhMii
>>153
罵倒の言葉を口にする前に、少しでもあなたの主張を裏付ける根拠を提示してくださいよ。
何故、あなたは根拠を提示せずに
「〜がある」
「〜にみえる」
「私は〜と思う」
だけで何かを論証しようとしているのですか?
人間と議論をした経験はありますか?

156 :某377:2007/07/05(木) 00:39:25 ID:KlNjbMfk
氏ね。(これしか言わないことにした)

157 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:42:45 ID:jSuOhMii
レスできないならしなければいいだけなのにねぇ
根拠の無い主張は妄想である ってことを勉強してから、人間と言葉を交わしましょうね☆

158 :130:2007/07/05(木) 00:44:21 ID:ofJqosh5
>>154
科学という方法を踏まえた、不可知論という言葉の幅の再考を。
おまけに「事実」に対する謙虚さ、とかねw

159 :某377:2007/07/05(木) 00:46:35 ID:KlNjbMfk
>>157
氏ね (こりゃ楽だw)

160 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:47:54 ID:jSuOhMii
>>158
不可知論については、すでに極めて明確な指摘をしましたが。
神の存在についてPAPであるという立場を取る限り、宗教家足り得ないことは、わかっていただけると思うのですが。
「事実」に対する謙虚さはたしかに必要ですが、宗教家と戦う場合には、そのような姿勢でいてはなりませんし、また
「ありえなさ」―蓋然性と言い換えてもいいのですが―から論証すれば、
「神仮説」は明らかに有意な仮説ではありません。

161 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:49:11 ID:jSuOhMii
>>159
幼児退行したいのならばどうぞどうぞ
あなたのような宗教家、擬似(かつ卑劣な)不可知論者の無様さを示せて清々しくもありますね。

162 :某377:2007/07/05(木) 00:52:02 ID:KlNjbMfk
>>160-161
氏ね。

163 :130:2007/07/05(木) 00:52:48 ID:ofJqosh5
>>160
「神仮説」が科学の土俵に乗らないって言ってるんだが。


164 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:53:42 ID:jSuOhMii
さ、4回以上無意味なレスした人が要るのでアク禁依頼出してきますね^^
議論する気が無いということは本人が既に宣言してるわけでw

馬鹿を締め出すのは非常にラク というお話でした(チャンチャン)

165 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 00:56:16 ID:jSuOhMii
>>163
どうしてでしょうか?
物理的に作用する効果、あるいは、した痕跡に関するこの仮説を何故科学的な検証をしてはならないのでしょう?
かつて、恒星の分子組成を証明するのは不可能といわれておりましたが、
分光という技術の発達により、そのPAP性は見事に覆りました。
神仮説もまた、現在の科学で検証可能であり、かつ恐ろしいまでに簡単に葬り去れる科学仮説の一つであります。

166 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 01:02:53 ID:jSuOhMii
また、別の角度から宗教の矛盾性を立証することも可能である。
すなわち、全ての宗教、及びその神について、
いわゆるカーゴカルトにおける神と同違うのかを証明しなければならない。
出来ない限り、それらは単に集団的なヒステリーから産まれた汚物であるということである。

167 :某377:2007/07/05(木) 01:04:05 ID:KlNjbMfk
>>164-165
氏ね(ああラクチンw。それにしてもこれぐらいでアク禁にできると思ってるバカっているのねえ)

168 :某377:2007/07/05(木) 01:05:18 ID:KlNjbMfk
>>166
氏ね(さあもう寝るか)


169 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 01:07:12 ID:jSuOhMii
あ、それと皆さんにお願いがあります。
変な人の無意味なレスに対してアンカーをつけないようにしてください。
荒らしは無視して殺すのが一番ですから。

170 :130:2007/07/05(木) 01:13:33 ID:ofJqosh5
>>166
あんたの心の中に「宗教」がいるんですよ。


171 :某377:2007/07/05(木) 01:15:57 ID:KlNjbMfk
>>169
そうしますw

172 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 01:18:38 ID:jSuOhMii
>>170
観念論はどうでもいいです。

173 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 01:30:24 ID:5pLjr1V8
信仰問答スレやキリスト教系スレに現れる「ご隠居」と
気の合いそうな人がいるな。信仰問答スレは
新スレ↓が立ったばかりなので、そこで彼を探すのもいいだろう。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1183533477/l50
キリスト教スレでは「神の家」スレッドや質問箱スレッドに
殴り込むことがあるので気が向いたらそちらもチェックされたい。

174 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 02:27:14 ID:UGmqfpO6
昔飼っていた犬を思い出すんだよね。
鏡を見て裏に回って首を傾げる。
彼女にしてみれば、鏡の向こうに世界があって、犬がいれば納得なんだろうね。
でも、本当は、ガラスの板と銀の蒸着面があるだけ。
精気、魂、神、あの世。
あれば気が楽かな?



175 :モエカス:2007/07/05(木) 13:39:33 ID:52SGGNk/
>>166
>いわゆるカーゴカルトにおける神と同違うのかを証明しなければならない。
(何故カーゴカルトが基準なのかは分からないが)     

少なくとも創造論者の多くが拠り所としている聖書には
神が文明品を人々に与える約束などしていないし
先祖の霊が帰ってくる、というような考えは禁忌とされてるし
むしろ同じと考えられる要素って何さ?

ひょっとして、これについても自分が証明しなくてもいいと思ってるの?

176 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 13:55:02 ID:UHU2kjmO
「神は妄想である」を読んで頭が良くなった気になった馬鹿が暴れている
スレはここですか?

177 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 18:51:17 ID:YpmOZjKu
「遺伝子神話の崩壊」(D・S・ムーア)でも読めば、暴走頭には
沈静剤の役目をするか、しないか知らん。

178 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 20:41:41 ID:+BucgMcH
>>176
読むまでもなく、妄想以外の何だというのか?

179 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 20:45:39 ID:+BucgMcH
遺伝子に転んでも環境に転んでも、神の手の入る余地はない。

180 :某377:2007/07/05(木) 21:12:34 ID:KlNjbMfk
>>176
読んだとしてもせいぜいタイトルだけだと思うよ。
中身が理解できる脳ミソじゃない。


181 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 21:31:51 ID:ioknCVNw
>神の手の入る余地はない。

同感。

地獄へのあこがれ

DP183. 神の摂理とその働きを、人が万一はっきりと手にとるように見られた
ら、神を否定するようになりますが、そう言うと、それは逆ではないかと思わ
れるでしょう。なぜならもしだれかが、神のも摂理と働きをはっきり見たら、
それを認めざるを得ないし、神の存在も認めざるを得ないと思われます。ただし
それこそ、まるで反対です。

神のみ摂理は、人の意志がもっている愛と一体になって働いているのではなく、むしろ
たえずその愛にさからって働いておられます。というのは、人は自分にある遺伝悪がもとで、
いつも最低の地獄のほうへ向かってあえいでいるのです。それに対して主は、ご自身
のみ摂理をとおして、たえまなく人をそこから引き離し、ひきあげようとなさいます。
最初はややましな地獄のほうへ、それから地獄でないほうへ、最終的にはご自身のまします
天界のほうへと引き上げられます。

神のみ摂理によるこの働きは永久につづきます。したがって人がこのような引き離し、
引き上げを、手に取るようにはっきり見られるとすると、腹を立てて神を敵とみなすでしょう。
自分のエゴにある悪がもとで、神を否定するようになります。ということで、ひとにはこれが
知られないため、自分で自分をひっぱって生きているとしか思えないように、自由のうちに保
たれているのです。(メディテーション 1より)



182 :神も仏も名無しさん:2007/07/05(木) 21:47:35 ID:ioknCVNw
神のも摂理と働きをはっきり見たら、
  ↓
  み  笑ってゆるして..ね。

183 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 00:12:29 ID:MgpUgkb+
>>181-182
どうせ根拠無いんだろ?

184 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 00:13:57 ID:0FSPzPcP
鏡に映った自分の姿に神と悪魔を見た脳が、いろいろな物語をでっち上げたのさ。
本当は、鏡の向こう側なんてありはしないのに。

185 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 09:20:32 ID:M1N4Vd6D
ならばと、鏡そのものの仕組みを地道に解明しようとするのが科学であり、
裏に回っても理解出来ずに妄想に耽るのが宗教。

186 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 12:23:21 ID:NPHFq/s/
裏にまわってみるだけ犬のほうが上等だねw
裏にまわること自体罪だということにしてしまう宗教も多い。

187 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 17:02:43 ID:Zb2WJN6x
マンダ教やヤジーディー教の人は進化論についてどう考えているのだろうか?

188 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 17:19:50 ID:3jAg5AoG
神は居るよ。神がちゃんと居るって言う論証は前スレの後半でちゃんとした。
ある程度科学的にも証明できたと思うんだけど
それでも神は居るかわからないってみんな言うのかな?
有神進化論のくだりね。

あくまで今現在の話で神に女の子しか産まれなくて、婿養子とか取らなければ
だんだん人数も少なくなっていなくなっちゃうかも知れないけどね。

ちなみに目の誕生は読み終わったけど面白かった。
パンダの親指は今かばんに入ってるけど、あんまり進んでない。
もっと素人にも面白い進化エッセイがでてくれるとうれしいんだけど、学者は忙しいんだろうね。

189 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 18:36:02 ID:HxwoUr66
>ある程度科学的にも証明できたと思うんだけど
それでも神は居るかわからないってみんな言うのかな?

神の存在を科学的に証明した? 哲学的にかい? 神学的にかい?
どんな科学で証明したんだい。まさか、自然科学的と言うんではないだろうね?

190 :188:2007/07/06(金) 20:09:53 ID:TFyPa8HV
こう言えば良いのかな?
佐藤や加藤が実在するように神も実在する。
ソースは日本名字1000選
アドレスは出先なので手元にない。
あと空気読めてない自信ならある。自分じゃ引けなくなってる。

191 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 20:47:59 ID:bhnpVfOz
>>190
存在を指し示すコトバがあれば、その対象は存在するっていいたいの?
ムズカシイ問題だねw

192 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 22:16:17 ID:iZJKxfag
ヌヌエロスギコミという言葉があるので

193 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 22:20:17 ID:uuySwd0W
犬よりあふぉな宗教創造論はもはや救いようがない。

194 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 22:32:40 ID:jNnVyyDU
天的天使のおしえ

もし人が事実どおりに、あらゆる善は主からくるものであり、あらゆる悪は地
獄からくるものであることを信じれば、自分の手柄にするような善は何もない
し、人間のせいにするような悪は何もないでしょう。そうすれば、人が考えた
り行ったりする善を見て、それをことごとく主のものにするでしょうし、浸透
してくる悪があっても、これを全部、地獄に追い返してしまうだろうと思います。

ところが、天界からの流入も、地獄からの流入も信じないで、自分の考えや欲求
はすべて自分の中にあって自分から出たものだと思う結果、悪を自分のものにし
たり、善の流入を功績感で汚してしまうのです。」(メディテーション1より)

195 :188:2007/07/06(金) 23:32:27 ID:TFyPa8HV
>191
いや、単に神って名字の人間が実在するでしょって言う空気読めてない詭弁。
論争と関係ないネタだよ。まあ神さんが実在するのは事実だがここで話してる神じゃ無いのをわかってネタで言ってる。

196 :神も仏も名無しさん:2007/07/06(金) 23:56:08 ID:bhnpVfOz
>>195
ああ、テレビ番組のノリな。
>>194
これも同じだね。

197 :神も仏も名無しさん:2007/07/07(土) 00:06:06 ID:/ArjTXQX
偉いだの偉くないだの、社会的地位が高いだの低いだの・・・正直言ってくだらねー。

198 :神も仏も名無しさん:2007/07/07(土) 00:07:07 ID:/ArjTXQX
あ、わりい、誤爆った。

199 :神も仏も名無しさん:2007/07/07(土) 02:58:56 ID:5Y/SFW+d
善だ悪だに置き換えればOK

200 :神も仏も名無しさん:2007/07/07(土) 16:28:58 ID:b/TM4P9R
>>194
どうせ根拠無いんだろ?

201 :神も仏も名無しさん:2007/07/07(土) 17:22:05 ID:MYWkb8/D
スウェーデンボルグのパクリコピペを貼り付けることで
彼は何をしたかったのか、それは誰にもわからない。

202 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 00:05:46 ID:buz5+bvF
スウェーデンボルにハマってしまったぼくちんだということをわかって欲しかったのでは?

203 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 11:47:17 ID:dMV1HhDT
キリスト教を含めた一神教思想が、人口爆発、地球環境破壊の根本にあり、人類を種としての
絶滅の瀬戸際に追い込んでいる。

204 :某377:2007/07/08(日) 12:27:22 ID:Z8PXMhBT
そうか。中国って一神教の国だったのか。そいつはしらなかった。

205 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 13:33:30 ID:5w1CHRrZ
>彼は何をしたかったのか、それは誰にもわからない。

思考は霊魂の働きだから、無神論者は地獄の流入を取り込み悪のうちにいるって
ことを言いたかったのでは。つまり魂仮説。

おやおや、某377さん、ご健在でしたか?  ID:jSuOhMiiの謀略にひっかかって
お仕置きを受けたんじゃないかと心配しておりましたが、ご健在とはなによりですう。





206 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 14:14:07 ID:pdXvEpKl
「神は塵から人を造った」と言う一節と
「初期宇宙は素粒子に満ちて居りその後単純な物質が複雑に結合化合して生命や人類が生まれた」と言う科学的文脈

物事を分析的に見ているか総合的に見ているかの違いでしかないのではないか

人間が存在すると言う言明は宗教的で
人間など存在しないそこにあるのは無数の元素の結合であると言うのが科学的なのか
であれば科学とは物事の一つの見方であってそれを普遍原理と見るのはおかしいだろう


207 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 17:07:25 ID:5w1CHRrZ
それが間違った方向を向いているとは言わないけど......
まずは旧約の解釈から。

「主なる神が土の塵で人を造られた」とは、人の外部人間を造られたことを指し、
つづいて「そしてその鼻に(いのち)の息を吹き入れられ、人はこうして生き
るものとなった(魂のある生物となった。)」だから、「初めに神は天と地と
を創造された」となる。「地」とは、外部人間を指し、「天」とは、内部人間を
指している。

創造論者が、創世記、神による天地創造を、宇宙や生き物の創造の根拠として
誤釈するから、「創世記」の記述と、例外はあるとしても多くの事実に支えられた
「進化論」仮説と矛盾するにもかかわらず、頑として「進化論」を受け入れない
のではないかと思われる。神の万物創造はその意味が違うのです。


208 :某377:2007/07/08(日) 18:06:58 ID:Z8PXMhBT
このスレも科学教信者やらあらわれて、科学と宗教の関係を把握できない
おバカな連中がネヨ以外にも増えてきたね。

そんな中、今日の「忘却からの帰還」のエントリはなかなかおすすめだ。

科学者が神を信じて矛盾がないのに、創造論な宗教が科学と対決する理由
ttp://transact.seesaa.net/article/47089134.html
>方法論的自然主義が超自然(神)に言及しないのは、実用上の問題なので、
>神は存在するという形而上学(存在論的超自然主義)とも、神は存在しないと
>いう形而上学(存在論的自然主義)とも矛盾しない。


209 :某377:2007/07/08(日) 18:14:02 ID:Z8PXMhBT
>>205
カルト信者(キミ)と科学教信者(彼)との対決が始まりそうだったので
傍観を決めこむことにしたんだけど、彼のほうが逃げちゃったね。

気違いどうしのこんにゃく問答が久し振りに見られるかと期待していたのだが。

210 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 18:30:36 ID:5w1CHRrZ
>カルト信者(キミ)と科学教信者(彼)との対決?

へえー、そうなの? あれは某377とID:jSuOhMiiとのバトルかとおもって、
あたしゃ、ニヤニヤしながら高みの見物とさせてもらったんだが、ありゃ妄想だったのね?

211 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 19:06:08 ID:5w1CHRrZ
それからもう一つ。

>>109から
、、、俺はそんなもの主張してないよ。
「神不在仮説」を主張している君にこそ論証責任がある。
俺は、神がいるかいないかわからないが、神の存在・不存在いずれの
仮説も科学には不要だ、と何度も言っている。

>科学者が神を信じて矛盾がないのに、創造論な宗教が科学と対決する理由
そんな中、今日の「忘却からの帰還」のエントリはなかなかおすすめだ。

>神の存在・不存在いずれの仮説も科学には不要だ、と何度も言っている。
>科学者が神を信じて矛盾がないのに、

この矛盾をどうするの。科学者は一体どんな神を信じているんだい?自然が神かい?
それとも宗旨がえかい?

212 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 19:27:39 ID:w9New/Y+
>>211
ほんとにばかだね。「方法論的」ってのが読めんのか?

213 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 19:48:33 ID:5w1CHRrZ
>ほんとにばかだね。「方法論的」ってのが読めんのか?

その「方法論的」っうのが読めたら、唯物論科学と神とが混在しても矛盾しないのか?


214 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 20:17:29 ID:NNwtOlea
ドーキンスへのインタビューと、
ドーキンスの批判本を書いた人へのインタビュー。
http://jp.youtube.com/watch?v=DMqTEfeqvmM
http://jp.youtube.com/watch?v=DBRKY8Qx9YQ

東海地区KGKって団体のHPの掲示板で、
批判本の著者の弟子である牧師が
この動画に詳細なコメントをつけて紹介してる。


215 :某377:2007/07/08(日) 20:24:20 ID:Z8PXMhBT
>>210
あまりに相手がバカなのに呆れて手をひいたのは見てのとおりだ。

>>211
あいかわらず日本語力ゼロだなw
気違いは氏ね。


216 :某377:2007/07/08(日) 20:31:07 ID:Z8PXMhBT
>>213
>唯物論科学と神とが混在しても矛盾しないのか?

「唯物論」科学とは矛盾しようさ。
「方法論的」というのは「科学は唯物論ではない」という主張を含んでいるわけだ。

科学=唯物論というのはおまえとID:jSuOhMiiが共有する妄想。
気違いどうし仲良くしろ。


217 :某377:2007/07/08(日) 20:38:24 ID:Z8PXMhBT
もうひとつ。

神を認めなければ唯物論だ、というのも、118あたりで言及した
「オカルト屋に典型的な二分法」ってやつだ。

神に対する態度としては、
・神はいる(有神論)
・神はいない(無神論)
・神がいるかどうかを人間は知ることができない(不可知論)
・神はいるかいないかはまだ結論がでていない
・超自然的存在はあるがそれは神ではない
・神の存在なんてどうでもいい
・・・
と、いくらでもあり、最初の二つしかないと思うのはネヨや科学教信者のような
バカだけ。そして、上にあげた態度のどれとでも方法論的自然主義は
コンパチでありうる。

218 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 21:12:48 ID:5w1CHRrZ
>「方法論的」というのは「科学は唯物論ではない」という主張を含んでいるわけだ。

科学には、自然科学・人文科学・社会科学があるのだから「唯物論」科学だけではないさ。
しかし、ここでの科学は特にことわらない限り「進化論」をテーマにしているので自然科学だろうね。
物質理論だけで「進化論」を説明ができるとした「ネオ・ダーウィニズム」は紛れもない唯物論である。

それと、自分の意見と合わないからって人権禁句を連発するのは、いわゆる幼児性の脱却が図れていない現れ
ではないかしらん? 幼児は自分の意のままにならないと駄々こねる。大人幼児は禁句で駄々こねる。



219 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 21:13:59 ID:5g7i/7Ub
>>204
マオ神

220 :212:2007/07/08(日) 21:38:16 ID:l7jAqtit
>>218
まぁ面白い話ではあるね。
ニュートンは神の摂理を説明してるつもりだった、という事実はどう思う?


221 :某377:2007/07/08(日) 22:03:40 ID:Z8PXMhBT
>>218
>物質理論だけで「進化論」を説明ができるとした「ネオ・ダーウィニズム」は紛れもない唯物論である。

ダウト。
物質的理論しか使っていないだけで、超自然を否定も肯定もしていない。
頭の悪い狂信者が否定された気になってはキチガイそのものの攻撃をし、
その内容がイカレているがために撃退されているだけ。

>自分の意見と合わないからって人権禁句を連発するのは

事実をそのまま述べているだけだよw


222 :某377:2007/07/08(日) 22:06:20 ID:Z8PXMhBT
たとえばドーキンスは宗教を否定するが、その論拠は必ずしも
ネオダーウィニズムなのではない。どちらかというと宗教(とは
言っても彼のいう「宗教」は一神教の系列だけなのだけど)の
有害さを問題にしている。


223 :某377:2007/07/08(日) 22:49:44 ID:Z8PXMhBT
ここを読んでるんじゃないかと思うぐらいタイムリーなエントリを
提供してくれる「忘却からの帰還」

神が存在しないことを科学で証明できない理由
ttp://transact.seesaa.net/article/46794351.html
> * 科学が自然現象を説明する際に、これらの神々を召喚する必要性がない。
> * 科学的には、これらの神々を検出できない
>従って、これらの神々は、科学の取扱対象外になる。
>あくまでも「取扱対象外」なので、存否について、科学は何も言わない。


224 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 22:56:38 ID:LTJY7v3F
むしろそこを読んでここで話題にしているのではないかw

225 :神も仏も名無しさん:2007/07/08(日) 23:06:16 ID:gWDb0M+b
>物質的理論しか使っていないだけで、超自然を否定も肯定もしていない。

じゃ、進化論派が科学の名で、超自然的現象、神秘的現象(オカルト)を脳内妄想と
して排除する理由はなんだ?

自分の意見と合わないからって人権禁句を連発するのは

>事実をそのまま述べているだけだよw

人権教育がたりんだけね。それを詭弁といわんか?



226 :212:2007/07/08(日) 23:13:50 ID:l7jAqtit
>>225
あんたが「事実」を知らんだけだ。

227 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/07/08(日) 23:14:31 ID:kusHMlrl
>>225
全部を脳内妄想として排除してるんじゃないんだがな。
でたらめを言う人がいるからそれを排除しているだけで。

だが現実には超自然現象や神秘的現象のほとんどはでたらめだと明らかになっているし、
少なくともネヨの言っていることは全部でたらめと見ていいだろうw

228 :某377:2007/07/08(日) 23:24:16 ID:Z8PXMhBT
>>225
>超自然的現象、神秘的現象(オカルト)を脳内妄想として排除する理由はなんだ?

何度も言わすな。
「脳内妄想でない証拠がない」と言ってるだけで、「脳内妄想だ」とは言っていない。
脳内妄想ではない証拠を提示する責任は、脳内妄想ではないと主張する側にある。

俺の主張はきわめてシンプルで、
何らかの強い主張(「〜がある」「〜である」「〜がない」「〜ではない」etc.)
をする奴にはそれを立証する責任がある、というだけ。
おまえも科学教信者も立証責任から逃げまわるだけのただのヘタレ。
自分に責任をはたす能力もその気もないくせに、他人の主張を捏造しては
立証をせまるようなバカは首くくって氏ね。

229 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 00:30:51 ID:nqu63/Z4
>「脳内妄想でない証拠がない」と言ってるだけで、「脳内妄想だ」とは言っていない。

であるなら、これからは、理解できないことには「 脳内妄想」単に「妄想」は使わないことね。
ただ、分からないといいなさいね。過去スレ見れば分かることだが、みなさん某377が大見得
きりました。よく憶えておきましょう。

>何らかの強い主張(「〜がある」「〜である」「〜がない」「〜ではない」etc.)
をする奴にはそれを立証する責任がある、というだけ。

神や霊魂など、その存在の反証性を有さないものの存在を現代科学で立証せよ
とは無理な相談と言うもんじゃ。立証出来ぬものは存在しないか?
また、大人幼児が駄々こねてる。出来たら脳減賞も貰うわ。



230 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 01:05:55 ID:nqu63/Z4
>>220

スヴェーデンボリーが、霊界でニュートンと語ったくだりがあるので
邦訳のまま載せておこう。

「私は、ニュートンと数回、話し合った。彼はまったく誠実な人間であり、彼と親しい者
たちのあいだにいて、彼らに愛されている。彼は私にこう語った。
私は今、主は天使たちの天界の太陽だ、ということ、その本質が神的な知性であり、天使
や人間に知性を与える光は主から発していることを知っています。けれども人びとは、こ
の光が理解力を啓発して自分達に知性的に考えさせているものだということを知りません。

また、私は、万物を生かしている一なる生命が存在し、この生命は彼らには光として現れ
、人間の生命はこの光から発することを知っています。それは人間の最内奥へも流れ入っ
ていますが、人間にはあたかもそれが自分自身から発するように現れています。後略(霊界日記より)

なお、「ホーキング宇宙のすべてを語る」の後書きには、ニユートンはとてもいやな人間と
して描かれている。
「...彼は、ケンブリッジで、またその後は議会において、反カトリック政治活動に活発でした。
最終的には王立鋳貨局の管理人という金になるポストを報酬として与えられました。ここで彼は、
巧妙かつ手厳しく、より社会的に許容される方法で彼の能力を使い、主だった反通貨偽造キャン
ペーンを首尾よく行い、何人かの人を絞首台に送りさえしました。」

>ニュートンは神の摂理を説明してるつもりだった、という事実はどう思う?

さて、真偽のほどは知らないけど、人としての彼の評価は別れている。自然科
学者としての彼のもっていた神への信仰はいかほどのものか知らないけど、
スヴェーデンボリーによれば、霊界ではこの世でつくった人の命がそのまま現れ
るということだ。



231 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 02:44:55 ID:g4pOnduO
>>228
あんたが自分の主張の正当性を立証できたら答えてやろうw

232 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 03:27:36 ID:F32zS+B8
>>230
ニュートンが権力に執着して他人を蹴落とそうとする俗物だったっていうのは
俺も何かの本で読んだ事あるなー。
まあ偉人が人格的にも優れてるわけじゃないってのはよくあることだよな。


>>229
「立証できないなら「ある」と主張するな」と言ってる奴に対して
「立証できないものは存在しないのか?」とキレるのは理屈がおかしいな。
「あると主張できない、あるかどうかはわからない」ことと「存在しない」ことは違うわけで。

相手の意見は「立証できないものはない」じゃなくて
「立証できないものはあるかどうか不明」だろうわけで、
異議があるならそれに対しての反論をしないと。

233 :某377:2007/07/09(月) 07:49:47 ID:atNgfj0e
>>229
>これからは、理解できないことには「 脳内妄想」単に「妄想」は使わないことね。

バカはすぐに調子にのるな。これだから妄想に生きてる気違いは始末におえん。
心霊現象を脳内妄想と決めつけているわけではない、と言っているだけ。
おまえの主張のほとんどのように、事実にモロに反しているものは
「妄想」でいいわけだよ。
どんなものでも妄想ということにはならないという話ではない。

>神や霊魂など、その存在の反証性を有さないものの存在を現代科学で立証せよ
>とは無理な相談と言うもんじゃ。

別に科学で立証せよとは言っとらんよ。
納得できる論拠を示せ、と言ってるだけ。別に道具は科学でなくてよい。
おまえみたいに論理バラバラの妄言をつらねているだけでは
他人を説得することは不可能。


234 :某377:2007/07/09(月) 07:55:01 ID:atNgfj0e
>>230
220の質問にまったく答えてないな。
キーワードに反応してデータベースから適当なセンテンスを返してるだけ。
まさに人工無能そのものの反応。
そんなことじゃチューリングテストには合格できないぞw



235 :某377:2007/07/09(月) 17:13:02 ID:3pQxm8Xh
「全能の神なんて〜」スレでもひとしきりやってきたが、
「存在証明がない」と「存在しない」の区別がつかないバカが
こんなに多いのはなんでだろう?

科学がすべてを説明しようとするものだと思いこんでいる気違いや、
「まだ説明できていない」と「説明できない」と「説明しない」の
区別のつかない阿呆もやたらといるし。

236 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 20:38:36 ID:85SJZ8Dt
なにか吼えまくっていますが、ありゃなんですかいの?

237 :神も仏も名無しさん:2007/07/09(月) 23:24:09 ID:gTZkSFP6
偏執狂が暴れまくっているみたいね。

>「立証できないものはあるかどうか不明」だろうわけで、
異議があるならそれに対しての反論をしないと。

無矛盾性というのは、ある公理系が、矛盾する結果を引き起こさないこと。
完全性とは、与えられた公理系で真か偽を決定できるということ。公理とは
自明の理と言ってもいいのだが、ゲーデルは、無矛盾性と完全性は両立しな
いことを証明した。

(ある公理系)
            あるという主張  ×
証明できないものは   ないという主張  ×
            あるともないともいえない ○

この公理系が無矛盾であるならば、この公理系ではこれが真か偽かを決定できない。

>220の質問にまったく答えてないな。

神の摂理とは何かが分かっている者にはこれで十分。


238 :某377:2007/07/10(火) 08:56:11 ID:jWRmStVG
コピペするなら元の文献をまるごとコピーしないといかんな。
「公理系」が何だかわかっていないのがバレバレだぞw

やはり人工無能の限界なのか。


239 :某377:2007/07/10(火) 10:10:50 ID:wAkHcRWS
なお、ネヨ版でない、ゲーデルの不完全性定理は以下のとおり。

* 第1不完全性定理
自然数論を含む帰納的に記述できる公理系が、ω無矛盾であれば、
証明も反証もできない命題が存在する。
* 第2不完全性定理
自然数論を含む帰納的に記述できる公理系が、無矛盾であれば、
自身の無矛盾性を証明できない。

「無矛盾であれば真か偽かを決定できない」のではない。
「無矛盾であれば、真か偽かを決定できない命題が存在する」(=完全でない)
だけであって、真か偽かを決定できる命題はやっぱり存在しうる。
(というか、まともな公理系であればたくさん存在する)

したがって、
>この公理系が無矛盾であるならば、この公理系ではこれが真か偽かを決定できない。
という発言はおおまちがい。

240 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 12:39:20 ID:ZFluPZk6
つまり、ネヨは∃と∀が区別出来ない阿呆ということか。

241 :某377:2007/07/10(火) 13:51:57 ID:wAkHcRWS
そういうことだね。理解できないのはそれだけではないだろうけど。

242 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 18:22:24 ID:aj8lEv1G
(ある公理系)
             あるという主張  偽
証明できないものは    ないという主張  偽
             あるともないともいえない 真

ああそうなの。(ある公理系)と称するものが本当の公理系ならば、真である
ことを証明してね。
公理系でないというのなら(ある公理系)は矛盾しているわけだ。



243 :某377:2007/07/10(火) 18:32:28 ID:wAkHcRWS
ナニが言いたい?
ここまで支離滅裂だとさすがに補完できん。


244 :神も仏も名無しさん:2007/07/10(火) 18:50:34 ID:aj8lEv1G
どうせそうくると踏んで、>>237はわざととぼけた表現をしたがやっぱり
引っかかった。支離滅裂で逃げるつもりか?答えられないなら ID:ZFluPZk6
の丁稚にでも答えさせようね。


245 :某377:2007/07/10(火) 19:04:56 ID:wAkHcRWS
わざととぼけたときましたよw
逃げねえからさっさとまともな日本語で書け。
・「何が」真であることを証明しろと言ってるのか。
・おまえが勝手に言いだした「公理系」が公理系になってないからと
いって、なんで俺らがそのあたりのケツをふかにゃならんのか
といったあたりを明確にな。
もっとも、これからちょっとでかけるので、返事は遅くなるがな。

それと、おまえが不完全定理を完全に読みまちがえていた件は
反論なしということでいいんだな?

246 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 01:31:42 ID:ednFt6fM
思い切りバカっぽく言うとな、
「無矛盾な公理系には、その公理系内では真偽のつかない命題が少なくとも1つは存在する」
つーところか。
くたばってろよ、ネヨちんw

247 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 07:25:58 ID:NtwveeQM
それで何が言いたいのかな? もっとましな刺客よこせ。
これじゃ、くたばるわけにはいかんわ。

こちらの結論はもう出てるのよ。ゲーデル出すまでもなかった。

「立証できないものはあるかどうか不明」は真とも偽とも言えない。

248 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 08:53:59 ID:LBZX33gs
ゲーデルは、立証出来ないものはあると、言ってるので、

>「立証できないものはあるかどうか不明」は真とも偽とも言えない。

というバカはくたばってねw

249 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 09:22:36 ID:zcSEOvJD
神の愚かさ>人の賢さ コリント人への手紙第一より

250 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 09:44:02 ID:pzL/onbJ
全能に愚かさは無用

251 :某377:2007/07/11(水) 09:52:11 ID:mn9YJlST
>>247
>こちらの結論はもう出てるのよ。ゲーデル出すまでもなかった。

そりゃおまえの妄想につきあわされたんじゃ、ゲーデルもさぞかし迷惑だろう。

>「立証できないものはあるかどうか不明」は真とも偽とも言えない。

命題として不明瞭だからな。真とか偽とか言いきれるほうがおかしい。
で、結局何が言いたいんだ?

俺にいちゃもんつけたいという動機だけはわかるのだが、それならそれで、
いちゃもんぐらいきっちりつけてみせろや、この低能が。

252 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 12:43:30 ID:zr2QJdM7
頭の悪い狂信者とは進化論陣営にも居て
物質的理論を使って生命進化を説明する事で神が否定されたと早合点する類いが多く
このスレにはそう言う狂信者が多く居る事も確かだろうな


253 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 20:53:04 ID:1hpcA8tU
口に入ってくるものが、その人を汚すのではなく、口をとおって
心から出てくるものが、その人を汚すのである。(マタイ15.11,17,18,19)

口の霊的意味は思考のこと。思考が言葉になるのは口をとおしてだからです。
悪態をつくのは止めましょう。

254 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 21:08:54 ID:B/vjcua3

>口をとおって 心から出てくるものが、その人を汚すのである。

心から出て来るものが汚いのなら、そのもと心とは相当に汚そうだな。
悪態をつかなくても、元が大黒じゃあ意味ないな。



255 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 21:18:14 ID:B/vjcua3

>物質的理論を使って生命進化を説明する事で神が否定されたと早合点する類いが多く

進化に関して神が不要な仮定であるとまでは言えるんじゃないか?

256 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 21:54:43 ID:tlxOMGSp
>悪態をつかなくても、元が大黒じゃあ意味ないな。

この世ではインディアン、ウソつかない。
あの世ではみんな嘘つけない。


257 :神も仏も名無しさん:2007/07/11(水) 23:59:25 ID:x5AmbP/t
>>251
>で、結局何が言いたいんだ?

『根拠は無いけど神や魂は絶対に存在する。
 何?根拠が無きゃ存在するとも存在しないとも言い切れないだろうって?
 そんな科学のルールなんて知ったこっちゃないね。
 とにかく天使の教えによれば存在するんだよ。存在するったら存在すると言い切らせてもらう!』

たぶんこんな感じだろう

258 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 02:26:59 ID:ZC1G6OFl
天使の教え=妄想

259 :某377:2007/07/12(木) 12:43:35 ID:KNhF4Oxj
>>255
>進化に関して神が不要な仮定であるとまでは言えるんじゃないか?

「今のところ」不要な仮定であるとまでは言える。
将来にわたって不要である保証はない。
たぶん将来にわたっても不要だろう、という予測を言うのまでは大丈夫だろう。

そこらへんすっとばして「否定された」と完了形で言っちゃうのが
おバカさんたちの問題。

260 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 12:55:52 ID:ZWx72OTC
考えてみればさ、進化論は神を否定するって騒いでる香具師らって自分勝手に神はかくあるべしって決めつけてるんだよなあ。
それって、すっげえ不遜な態度じゃまいか?

261 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 14:58:43 ID:NcfM2RFa
>進化論は神を否定するって騒いでる香具師らって、、、

ネオ・ダーウィズムは唯物論だろがー。神って物質的存在なのか?
そこんとこちゃんと理解していれば、そんな理屈が成り立つわけがない。
どっちが香具師だろね。

>自分勝手に神はかくあるべしって決めつけてるんだよなあ

どっちが勝手に決め付けているん? 神信仰は聖書の教義によるものだ。

>それって、すっげえ不遜な態度じゃまいか?

それって、すっげえ無理解な態度じゃまいか?





262 :モエカス:2007/07/12(木) 15:34:12 ID:PEKgGjX1
>>261
唯物論ではない科学的仮説ってなに?




263 :某377:2007/07/12(木) 15:56:12 ID:1BlLcKpi
>>261
>ネオ・ダーウィズムは唯物論だろがー。

普通は、科学であるところの総合説を指して「ネオ・ダーウィニズム」と呼ぶ
が、この場合は唯物論ではない。方法論的自然主義であるにすぎない。

>神って物質的存在なのか?

科学の対象が物質的存在である必要はないが、神に関する言明の多くは
経験的方法によっては証明も反証も不可能であるため、科学の取扱対象
ではない。
「科学は神を否定する」なんてことはなく、妄想の類である。

>神信仰は聖書の教義によるものだ。

そのわりには聖書に書いてないことを「解釈」と称して
ふりまわしている輩がむやみと多いようだが。
聖書が解釈の余地がないものならば神学論争など起こるまい。

>それって、すっげえ無理解な態度じゃまいか?

無理解なのはおまえだ。




264 :某377:2007/07/12(木) 15:57:37 ID:1BlLcKpi
>>262
君がそんなこと言ってちゃこまるな。

265 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 17:55:14 ID:NcfM2RFa
>ネオ・ダーウィニズムは、方法論的自然主義であるときましたよ。

方法論的自然主義:あるかないか分からない超自然など出さなくても、自然因
のみによって自然界で観測される現象を説明できればいいってわけね。と同時
に神などの超自然を信じても、(信じなくても)矛盾しないと言う主張だよね?

自然因のみで、自然界で観測される現象を説明できればいいとするネオ・ダーウィズム
は唯物論ではないと主張し、同時に万物は神が原因となって生じたとする聖書教義とは
矛盾しないわけだ? 科学者は一体どんな神を信じているのだ?


266 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 18:02:14 ID:NcfM2RFa
同時に万物は神が原因となって生じたとする聖書の神を信仰しても
矛盾しないわけだ? 科学者は一体どんな神(超自然)を信じているのだ?

に訂正WWw


267 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 19:14:15 ID:Tr5xdlo6
どんな神信じてたって、分かる範囲のことを分かろうとする「方法」なんだから
いいんじゃね?

268 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 19:32:30 ID:Tr5xdlo6
たとえば科学って、病気の原因とか治療法とかわかるじゃん。
それって、神を信じてるとか信じてないとか、ふつう関係ないじゃん。

つーか、それを分けて考えましょ、ってことじゃねーの?


269 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 21:20:45 ID:RhLqMbTn
物質、場、情報まではいい。
脳内妄想を垂れ流して神を騙るのはよせ。

270 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 21:21:13 ID:HGa/Mrf+
>どんな神信じてたって、いいんじゃね?

なら、いいんですよね、カルト教でも?

>神を信じてるとか信じてないとか、ふつう関係ないじゃん。

病気に罹るのも不運に遭うのも、信仰心とは関係なく起こることはよく知られて
いることだね。だからと言って信仰心など関係ないということにはならない。

なぜなら、彼らは信仰心によって試練を免れたことをみずからの善良さに帰する
ことによって、主のものを不当にみずからのものにするからなんです。こうした
ことが起こらないため彼等も試練のなかに入れられるわけで。しかし、彼等が善
をみずからのものにしない性格であれば、かれらは通常の試練からしばしば免れ
ることでありましょう、とは天的天使の教え。

だから、生きてるときに医学のお世話にならないこととは関係ないんですね。


271 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 21:33:24 ID:HGa/Mrf+
>脳内妄想を垂れ流して神を騙るのはよせ。

言っとくが、私の説などどこにもない。

272 :某377:2007/07/12(木) 21:54:16 ID:6gujY3OV
>>265-266,270-271
今日も人工無能節炸裂だねw


273 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 22:26:02 ID:II0mh2qH
なにゆうちゅうが、科学教じゃ我が身は救えんぞ。

274 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 22:57:22 ID:+is/wniH
科学教に救われまくって居ながら図々しい


275 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 23:02:17 ID:+is/wniH
唯物論的進化論で進化が説明されると信じて居るのは素人だけだと思うぞ

科学者が必死の思いで頂きまで登ると
そこには神が立って居る。by今西錦司



276 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 23:11:23 ID:+is/wniH
この間、博物館で宇宙進化展みたいなのがやってて
ビッグバンから人間誕生の全歴史が一覧出来るような展示だったが
かつては水素原子が漂う空間でしかなかった宇宙が星を形成し生命を形成し
人類を産みだし
文明を産みだす
どうもこう言う進化の歴史を哲学的(現象学的に)に考察して行くと
宇宙は時間を経るに従って複雑高度なものに進化して居る事は言えると思う
さらに人間と言う存在者を考察すると
それ自体が様々なる高度な事物を生産する特殊な存在者だと言う事。
あたかも宇宙はベートーベンやモーツァルトを生み出して美しき音楽で己を飾ろうとして居るかのようである

277 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/07/12(木) 23:13:55 ID:FHe3/2vm
神が登場しないという定義なら科学は唯物論だな。

278 :神も仏も名無しさん:2007/07/12(木) 23:41:11 ID:WVBbVYi5
妙ちきりんな妄想を、宇宙記述の仮定に持ち込む理由はどこにもない。

279 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 01:08:16 ID:JyWu/v8E
そう。
事実は小説より奇なりと言ったところか


280 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 01:09:28 ID:JyWu/v8E
事実は妄想を超えて神秘に満ちて居る


281 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 09:47:45 ID:ZswypTQT
秘はあっても神はない。

282 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 13:24:30 ID:dG2Kf0vw
スウェーデンボルグの妄想を書き込んでいる人に言っておきます。
キリスト者なら、あくまで聖書のみを根拠とすべきです。
聖書のどこに、スウェーデンボルグの妄想に依拠しなさいと記述されているのでしょうか?
もっとも、品のない書き方からして、おそらくイタズラでスウェーデンボルグの信者のふりをしているだけでしょうが。

283 :某377:2007/07/13(金) 13:40:52 ID:v1GUJDOP
ネヨはキリスト者じゃないと思うよ。
スウェーデンボルグの信者で、オカルト屋のなれのはてだと思われる。

284 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 18:45:21 ID:dnpNmMW7
>スウェーデンボルグの妄想を、、、

また決め付けの激しい人がやって来たね。某377よろこべ、お仲間さんだ?

>キリスト者なら、あくまで聖書のみを根拠とすべきです

すまんなあ。キリスト者?というほどの者ではないが、旧約創世記をいくら
読んでも、ちんぷんかんぷんで理解出来んのよ。なんなら聖書のみの根拠?
とやらで少しバカにも分かるように解説してくらさい。

>聖書のどこに、スウェーデンボルグの妄想に依拠しなさいと記述されているのでしょうか?

聖書のどこに、スウェーデンボルグの天的・霊的・自然的解釈を論拠してはいけないと記述さ
れているのでしょうか?

まずこれから答えてください。

>品のない書き方からして、

わるかったなW



285 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 21:53:19 ID:5af1GReA
著作権法には殺人を禁じる法規はない。
ゆえに著作権法は殺人を認めているといえよう。

286 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 22:09:47 ID:EYYE8+1t
刑法にも人を殺してはいけないとは書いてなかったんじゃない?
殺人を犯したるものは云々であったと思う。
つまり、死刑になる覚悟があれば殺し放題を認めているといえよう。

287 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 23:10:35 ID:iXT7fnxC
聖書には「大川隆法は仏陀の生まれ変わりではない」とか
「宜保愛子は事前に下調べを行った」という文面はない。
当然、彼らの天的・霊的・自然的解釈を論拠してはいけない、
などという偏狭な記述なんて存在してはいない。

288 :神も仏も名無しさん:2007/07/13(金) 23:49:59 ID:HJw/RSgu
進化論について言えば、大体の原始関数の形も、積分すべき微係数も既にわかっているが、
厳密な積分結果を現実と比較出来るレベルには達していないというくらいだと思う。
つまり、進化の存在は、もはや大枠としては動かしようがない。
創造論には、単独に真実である可能性も、進化論と同列に論じられるべき科学的理論である
可能性も、まったくないのである。

289 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 01:59:26 ID:xhGTlIJ3
>284
|>スウェーデンボルグの妄想を、、、
|また決め付けの激しい人がやって来たね

では、Swedenborgの"諸地球"から妄想を紹介しよう。
-->
11. Some spirits came to me, and it was stated from heaven that they were from the earth nearest to the sun, which on our Earth is called the planet Mercury
我々の地球では惑星"水星"と呼ばれる、太陽にもっとも近い地球から来た、と天から告げられた、霊魂たちが私のところにやってきた。
http://www.gutenberg.org/files/16044/16044-h/16044-h.htm#para11

106. In the planet Venus there are two kinds of men, of contrary dispositions; the first mild and humane, the second savage and almost brutal.
惑星"金星"には、真逆の性質の2種類の人類がいる。第1の人類は穏やかで思いやりがあり、第2の人類は残酷で残忍である。
http://www.gutenberg.org/files/16044/16044-h/16044-h.htm#para106

112. It is known to spirits and angels, that there are inhabitants even in the Moon, and likewise in the moons or satellites which are about the earth Jupiter and the earth Saturn.
月にさえ住人がいることが霊魂たちと天使たちには知られている。同様に木星や土星の衛星にも。
http://www.gutenberg.org/files/16044/16044-h/16044-h.htm#para112
<--


290 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 02:53:37 ID:ZYLIrcCC
>>288
全く関係ないけど創造者が進化論におん出される某SFを思い出したw
イーガンはすげー倫理的な作家だよなー

291 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 10:14:24 ID:ITLWgDk5
>>289
>では、Swedenborgの"諸地球"から妄想を紹介しよう。

エマニエル・スヴェーデンボルグの著作全体に流れている天的・霊的啓示を理解すれ
ば決して、この引用をもって妄想と決め付けることは出来ない。かような紹介のしか
たは明らかにに意図的なものであると言っても過言ではないでしょう。

まず指摘しておきますが、ラテン語原典約は「宇宙の諸天体」であって「諸地球」
ではない。次に、水星という惑星天体と、そこにいる霊・住民についてからの引用
部分も、原典約では下記のとおりとなっています。

{ある霊がわたしのところへやってやってきました。天界から教わったことですが、
かれらは太陽に一番近い天体で、われわれの地球では水星と呼ばれている惑星出身
だそうです。かれらはやってくるがはやいか、すぐさま私がもっている記憶から問
いかけてきました。(霊たちはこのようなことを実に巧みに実行することが出来ま
す。人のところへやってくるなり、その人の記憶の中にあるものをことごとく見通
します。}(宇宙の諸天体より)

これには、注釈がついていて、霊たちが人の記憶のなかにあるすべてのものに入り
込むこと、また霊たちの記憶から人に記憶が入るのではないことについては別項参
照とあります。

当時すでに科学者として著明であったスヴェーデンボルグが、彼の名声を賭して科学
的事実の根拠と関係なく「宇宙の諸天体」を著す理由が見当たらない。これは彼の創
作ではなく、したがって妄想ではなく、彼が告白しているように主のご命令で、肉体
はこの世に置き、霊となって霊界で見てきたことを報告しているとしか解釈できなく
はない。それこそが妄想のすべてと言えば、どうとろうとまったくの自由です、、、。




292 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 10:27:33 ID:ITLWgDk5
>進化論について言えば、大体の原始関数の形も、、、

進化論原始関数なんて存在しない、それこそ妄想だよ。

293 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 10:32:02 ID:3BrY2CJ8
霊が存在する方が妄想だよ。

294 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 11:24:02 ID:ITLWgDk5
科学的と称して、非科学的な論理を展開するここと科学的事実の証拠は
ないが論理整合があるものは、どちらが妄想度が強いか?

295 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 11:33:40 ID:ITLWgDk5
どちらno妄想度が強いか? dayona


296 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 11:44:22 ID:V8D24CId
>>292
分子系統学的距離は存在しないとでも?

297 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 12:06:17 ID:xhGTlIJ3
>>291
>「宇宙の諸天体」であって「諸地球」
ではない
英訳タイトル(SWEDENBORG SOCIETY 訳)は

EARTHS IN OUR SOLAR SYSTEM WHICH ARE CALLED PLANETS AND EARTHS IN THE STARRY HEAVEN THEIR INHABITANTS, AND THE SPIRITS AND ANGELS THERE FROM THINGS HEARD AND SEEN

http://www.gutenberg.org/files/16044/16044-h/16044-h.htm
「諸地球」と訳して何の問題もない。

というより、水星人・火星人・木星人・土星人・火星人・月人がいるという主張の論拠からすれば、"天体"ではなく"地球(earth)"という表現の方が適切。
-->
where there is an earth, there is man; for man is the end for the sake of which an earth exists, and nothing has been made by the Supreme Creator without an end.
地球のあるところ人間がいる。人間が地球が存在する最終目的である。最終目的なしに創造主は何も創らない。
http://www.gutenberg.org/files/16044/16044-h/16044-h.htm#para112
<--

>>291
>彼が告白しているように主のご命令で、肉体 はこの世に置き、
>霊となって霊界で見てきたことを報告しているとしか解釈できなくない。

Swedenborgがとても誠実で、自分では霊や天使とお話していると信じていたことは、おそらく間違いないとされている。[クロウ: "地球外生命論争", p161]
ただし、誠実であることとは、真に「霊や天使とお話しできた」ことを証明するものでは全くない。

「霊魂の存在」を否定するのはほぼ原理的に不可能だろうが、「水星に人間が住んでいて、その死後に霊魂になった、水星出身霊魂と話をした」という主張は既に死んでいる。

少なくとも、「諸地球とそこの居住する人間」について語った部分はSwedenborgの妄想(本人は真実だと信じていたかもしれないが)妄想である。

298 :某377:2007/07/14(土) 16:38:07 ID:0Q0zFnez
>>284
おまえの妄想がスウェーデンボルグの劣化コピペであることは
すでに実証されているはずだが。

299 :某377:2007/07/14(土) 16:39:57 ID:0Q0zFnez
>>288
>進化論について言えば、大体の原始関数の形も、積分すべき微係数も既にわかっているが、

それは法螺の吹きすぎ。
進化論側の誇大妄想は創造論のバカどもを勢いづかせるだけ。
自粛されたし。


300 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 20:12:30 ID:ITLWgDk5
>>297
英訳タイトル(SWEDENBORG SOCIETY 訳)の、 出典はグーテンベルグ電子ブック版てこと?

本書の原書名は「De Telluribus in Mundo nostro Solari quae vocantur Planetae:
et de Telluribus in Coelo Astrifero:Deque illarum Incolis; tum de Spiritibus &
Angelis ibi; ex Auditis & Visis」(惑星と呼ばれるわが太陽系の天体、および星天の諸天体
について、さらにその住人・霊・天使についての見聞録)とかなり長くなっているのを
約めてアルカナ出版邦訳では「宇宙の諸天体」と題名されている。

あとがきにTelluribusの該当ラテン語 tellus,uris,fは海に対する「陸」天空の星々に
対する「地上の大地」のことであり、わが地球にかぎらず、天空の星に生物が生息でき
る土地があれば、万物を支える意味での tellus となる。tellusが固有名詞ではなく、
普通名詞であり、われわれの住む太陽系以外のことを含めている。だからラテン語の
tellusを英語版で earthとしか訳せなかったとしても本書では「地球」と訳さず、普通
名詞の「天体」としたとあり、さらに意訳すれば「人類居住地」とか「有人天体」にした
ところもあると、概略こんな意味の注釈があった。だから「水星の地球」なんて変な訳は
してないんだって。まずはこの点を再度指摘しておきます。


301 :神も仏も名無しさん:2007/07/14(土) 21:01:08 ID:xhGTlIJ3
>>300
そういうくっだらなことにこだわる意味もないけどね

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19972227
E.スエデンボルグ: 宇宙間の諸地球, 日本新エルサレム教会静思社
978-4-88089-003-6 (4-88089-003-0)


302 :神も仏も名無しさん:2007/07/15(日) 00:43:15 ID:d6GTG2cL
科学を否定する宗教はうざい Part001
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1184065386/l50

さっそく進化論の話が

303 :神も仏も名無しさん:2007/07/16(月) 16:46:21 ID:UoHR3Wug
宗教が科学に仮面を被って近づくとき、創造論は常套マスク。

304 :神も仏も名無しさん:2007/07/16(月) 16:47:24 ID:UoHR3Wug
   ×に→の○

305 :某377:2007/07/17(火) 13:11:48 ID:LrysumKd
>>303
般若のお面のつもりでひょっとこかぶってるようなもんだけどね。


306 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 19:02:35 ID:iboIlS97
>宗教が科学に仮面を被って近づくとき、創造論は常套マスク。

それは創造科学の連中、ミソもクソも一緒にされては困る。


307 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 20:27:43 ID:NJphhOuP
>>298
妄想のスウェーデンボルグの劣化コピペを貼り付けてやろう。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~shinju/Wilson%20Van%20Dusen.htm

308 :某377:2007/07/17(火) 22:07:36 ID:csixJUnH
ふーん。で?

309 :神も仏も名無しさん:2007/07/17(火) 22:56:26 ID:Ys/dvlko
なぜ>>302にも貼られているかは永遠の謎になりそうだ。

310 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/07/17(火) 23:02:48 ID:Lt93sc0i
>>302
今やっとそのスレ見てきたけど、特に見るべきレスはないな。

311 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 00:24:10 ID:fQItMT4s
>ふーん。で?

科学のことばで言うとね、多重人格障害(MPD)は、解離性障害(又はヒステリー神経性、
解離型)に入り、幼いときの性的虐待などが原因で、人格の一部が自我の統制から解き
放されるんだって。また、気が付いたらとんでもないところへいたーー心因性遁走、発見
されたがその間のことをまったく忘れているーー心因性健忘、さらに、まるで自分が外界
の傍観者になったような感情、ロボットになったような、夢の中にいるような感情体験を
する人もこの解離性障害に含まれるのだそうだ。

「24人のビリー・ミリガン」、「ジェニーの中の400人」よくもまあ自我(心)がスプリット
したもんだ。 アンビリーバボー この本を読んで解離性障害説で納得できた人はえらい。
霊の憑依なんて非科学的なことを言うひとは香具師です?



312 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 00:46:58 ID:fQItMT4s
よくもまあ自我(心)がスプリット

よくもまあ人格(心)がスプリット(訂正)

313 :某377:2007/07/18(水) 11:32:42 ID:lv7a00U2
>>310
うむ。まったくない。頭の悪い奴が宗教否定したがってるだけのクズスレ。
ちょっと深入りしてしまったのを反省。

314 :某377:2007/07/18(水) 14:04:58 ID:GxIQ34dd
>>311
ふーん。で?

315 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 19:52:09 ID:PiljmQnq
ネヨさぁ、香具師の使い方分かってる?

316 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 20:19:48 ID:7dPT5NHV
>香具師の使い方分かってる?

霊の憑依なんて非科学的なことを言うひとは「香具師」です?
霊の憑依なんて非科学的なことを言うひとは「やつ」です???

ありゃりゃ。こりゃ一本とられたわい。兄ちゃん嫌いWW



317 :神も仏も名無しさん:2007/07/18(水) 21:11:56 ID:WcnfKQGs
よくやった勇者よ、受け取れ。

http://homepage3.nifty.com/waraji/shumi/uranai/reikai/sweden/swd_sho4.htm

318 :某377:2007/07/19(木) 12:27:05 ID:hq/IQzBw
ネヨの場合、香具師の使い方以前に日本語そのものが崩壊しているようなのだが。

319 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 15:37:42 ID:5Cqid0p5
日本だけだろ唯物論=ルイセンコで思考停止なのは。機械論とか日本のウィキペディアじゃ見苦しい理屈がかなりの分量で解説されてるが、英語版ウィキペディアを見たら機械論とか元々唯物論者が使った言葉なんだよね。

320 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 15:43:32 ID:7GvlnolV
宗教原理主義が渦巻いてるはずのアメリカは淡々と解説してるのに日本じゃ如何にも文章からして必死さがあらわれている。哲学とか文学じゃないんだからさwww

321 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 18:05:09 ID:vQYpU/mk
>ネヨの場合、香具師の使い方以前に日本語そのものが崩壊しているようなのだが。

おまえの粗末な脳みそほどは崩壊していない。

322 :神も仏も名無しさん:2007/07/19(木) 19:22:17 ID:+OnlvRuG
>>319- >>320

日本語でおk


323 :神も仏も名無しさん:2007/07/20(金) 13:06:36 ID:+//pPupk
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/

324 :廣○研究室員:2007/07/20(金) 20:53:20 ID:g8cB5cEc
唯物論を否定する奴=反機械論。ホールデンやポーリングのような偉人が何故共産主義者だったか外野にはわかるまい。

325 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 09:58:27 ID:B32P7YHC
量子論は唯物論ではないって事?

326 :某377:2007/07/21(土) 13:24:39 ID:JVjgiHuA
唯物論は形而上学で量子論は物理学。本質的に別のもの。
コンパチビリティが高いにすぎず、互いに独立に存在できる
(一方がコケたからと言って他方が同時にコケるという関係にない)

327 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 23:33:51 ID:fiKavhRW
>>326
量子論というより量子力学が唯物論と違うのは事実だが、唯物論は形而上学ではなく、機械論が形而上学的唯物論である。

328 :神も仏も名無しさん:2007/07/21(土) 23:41:08 ID:fiKavhRW
マテリアリズムには
同一説(主流)
行動主義(ソ連!)
機能主義(学者向け)
の三つがある

329 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 00:03:21 ID:2Wr9Cymw
機械論は方法論的な科学者の立場を除けば形而上学的な唯物論。

330 :某377:2007/07/22(日) 09:05:36 ID:cWbl4U0I
>>327-329
さすが人工無能だけあって、キーワードの共起確率だけ使った無意味な文章のたれながしだね。



331 :廣○研究室員:2007/07/22(日) 19:38:51 ID:TbHgecot
唯物論は懐疑できても否定はできまい。

332 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 20:59:03 ID:c9yOzh9A
唯物論とは、何かが存在するならそれは物理的であるとする理論である。

333 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 21:03:59 ID:I8buDb/n
ソ連の後ろの!が気になる

334 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 22:13:41 ID:sqk/ZuzZ
>>291
>これは彼の創作ではなく、したがって妄想ではなく、

そのりくつはおかしい
その人が妄想を真実だと信じてただけなんじゃねーの

335 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 23:21:34 ID:Ap2MoNrf
>その人が妄想を真実だと信じてただけなんじゃねーの

勿論その理屈もなりたつ。しかし妄想で書いたものか又は妄想で書けるものか
の判断は理性のあるものなら十分出来るはずだ。妄想で書いたものなら個々全
体をつうじて論理一貫性のないものとなるだろうし、妄想でかけるものかどう
かは、例えば彼の代表作の一つ「天界の秘義ーArcana Caelestia」を読めば人
間の想像力を超えていることが分かるだろう。

336 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 23:28:30 ID:03yuIYIt
人間の想像力を超えている=人間世界の常識を超えている=・・・妄想?

337 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 23:53:17 ID:Ap2MoNrf
霊の世界は人間世界の常識を超えているということ。

338 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 00:01:48 ID:I8buDb/n
人間の想像力の限界≠ネヨの想像力の限界
これ重要

339 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 00:23:21 ID:6z0tMkAQ
P=人間の想像力の限界≠ネヨの想像力の限界
ならば「¬P」




340 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 03:08:03 ID:ux/ukdSE
>>337
「人間世界の常識をこえている」ことを、人間世界では妄想と呼んでいるのです。

341 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 03:09:24 ID:Vc+3fBIL
私は神を越える超神の世界を知っています!


342 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 07:17:00 ID:ISeeb0d7
>「人間世界の常識をこえている」ことを、人間世界では妄想と呼んでいるのです。

呼んでない。ただ非常識と妄想の区別が出来ない人がいるってことだね。

>私は神を越える超神の世界を知っています!

こういうのが本当の妄想。


343 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 07:41:33 ID:ux/ukdSE
>>342
訂正トンクス

「人間世界の常識をこえている」考えを、人間世界では妄想と呼びます。

344 :某377:2007/07/23(月) 10:56:34 ID:/SkCyrwI
「常識から外れている」だけであって「超えている」とはかぎらない。
というより「超えている」ことはまずない。
常識の斜め下をあさっての方向へ暴走しているだけ。

345 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 14:58:36 ID:YJkW3MJM
斜め下でもあさってでも、限度限界を超えてはいるんでしょうよ。

346 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 17:17:35 ID:z37uQ//A
>>335
ダウト。名作といわれるSF小説の方がよっぽど想像力豊か

347 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 17:47:21 ID:hs2fXqs9
マウス体細胞から第2世代人工万能幹細胞の開発に成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20070607/index.html


皮膚から万能細胞:京都大教授ら、マウスで成功
http://medical-today.seesaa.net/article/22207206.html

幹細胞 (かんさいぼう)stem cell
http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/bio_ES.html

348 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 18:56:26 ID:RhfZzFEF
>>346
ダウト。名作といわれるSF小説の方がよっぽど想像力豊か

へえーどんなSF? 比べてみっか。



349 :神も仏も名無しさん:2007/07/23(月) 20:33:30 ID:FjSGcJbZ
>>335
その妄想内部では首尾一貫してるが現実と整合性がないってタイプの妄想もあるぜ

350 :神も仏も名無しさん:2007/07/24(火) 23:12:52 ID:xirBfHt/
まあどうってことないけどすえでんぼるぐよんでないひととかったても
たいしたぎろんにもならないってことだもうそうかもうそうでないかの
はんだんはそれからってことよ。

351 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 02:47:08 ID:LTZNywVs
基地外本に染まった基地外をいくら諭しても無駄って事ですかね?

352 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 03:56:31 ID:c6dDi5Sy
ちょっと紹介された内容を読むだけで、
議論するまでもなく現在の科学と整合性が無いとわかるからなぁ

科学なんて関係ねーよwww
って感じの人だけ信じてればいんじゃね?

353 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 07:36:36 ID:FL0Rc4J0
科学本だけに染まった基地外をいくら諭しても無駄って事でしょうね?


354 :某377:2007/07/25(水) 08:37:08 ID:Wun3ZdJx
>>352
でもそういう本の信者に限って科学にちょっかいかけたくなるのもまた事実。
「俺は凡人の知らないことを知ってるんだ!」という妄想を刺激するのが
その本の趣旨だからね。

355 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 10:33:08 ID:/SZ7a4lR
>>354
そういう嗜好の奴でもアタマが人並みならフツーに学究者になるんだが、
能力に見合わない性向をもったばっかりにトンデモ便乗者になるのだよな。
思えば哀れよの。

356 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 18:15:24 ID:NieQptVO
哀れなのはどっちかわがんね。

スウェーデンボルグの五種類の受け入れられ方

わたしの著作がいかように人間に受け入れられるように思われるかについて

霊界日記2955
わたしは、こうした事柄にかかわるわたしの著作が公けにされるとき、それらはいかように
受け入れられるように思われるか、について霊たちと話した。なぜなら悪霊らは、たれ一人
そうしたものは受け入れはしないで、それを斥けてしまうという考えをとき折注ぎこんだか
らである。さてわたしは街路にいて、霊たちと話している間に、五種類の受け入れ方が在る
ことを認めることを与えられた。

先ず、全く斥けてしまう者らがおり、これらの者は他の信念をもち、信仰の敵である。これ
らの者は斥けてしまう。なぜならそれはかれらの心に浸透することができないからには、
かれらから受け入れられることはできないからである。

他の部類はこれらの事柄を知識の事柄として受け入れ、知識の事柄として、また珍奇な事柄
として歓ぶのである。

第三の部類は知的に受け入れ、充分に鋭敏に受け入れはするが、生命[生活]の方面では以前
のままにとどまるのである。

第四の部類は納得して受け入れ、かくてそれが浸透してその生活が改良されるのである。
かれらは或る状態の中ではこれらのものに返り、それらを用いるのである。

第五の部類は喜びをもって受け入れ、確認するのである。1748年[60歳]8月27日



357 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 18:20:16 ID:qGvBwtin


           ,,,,,┯,,,,,
          彡    ミ                ◇
         彡. (・) (・) ミ
         彡       ミ      ○  キ〜プユァー セルファラィヴ ♪
         彡  ▲   ミ     彡ミミ,. 
       彡彡   "   ゛  ミミ彡   ,し    進化するぅ ことなんて... 
      彡      ",,,,,.,, "       彡   
      彡   ミ  ""   ミ 彡彡彡        ほんとは全然こわく〜なぁぃ
       彡,,щ9        ミ
        ミ""         ミ                            ◇
         ミ           ミ
          ミ           ミ     ◇
          ミミ          ミ
         彡    ミ         ミ            ◇
  ◇     ミ     彡ミ,,,       ミ
        ミ    ミ   "ミ,,,     ミ
         ミ   ミ     "ミ,,,   ミ                     ♥
          彡 彡       彡  彡
           """"         """"



358 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 18:36:28 ID:NieQptVO
おっと言い忘れてた。

この基準からいけば、あなた方は第一に当てはまり他生で悪霊と成る。
つまり生きているうちから地獄からの流入を好み知らず知らずのうちに
地獄の悪霊と交流している。だから神聖なものをことごとく冒涜するよ
ろこびに浸るのである。


359 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 20:40:16 ID:ydp0dOH+
はぁ、別にそれでかまいませんが。

360 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 22:50:00 ID:vwizPQPQ
俺は地獄も神聖もことごとく否定だがな。

361 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 23:28:08 ID:c6dDi5Sy
>>358
その基準とやらに科学的根拠があればびびってやるよw
そもそもある書物を受け入れない人間に対する批判をその書物の中から引っ張ってくるってどーなのよ?wバカじゃん

362 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 00:23:57 ID:VDikPHre
>>360
相手にするのもバカバカしくね?

363 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 01:59:35 ID:1i3KdEut
人はだれでも、物質世界の理解が物理学や化学で説明できるのでその結果、
自分の思考世界は、科学的な事実と、まったく主観的な思いつきの二つから
成り立っているように思うようになる。そして、科学の認めていないことは
何事も支持しないのが正しいと思いこむようになるのである。

>その基準とやらに科学的根拠があればびびってやるよw

人の精神世界が物質理論で説明できるならばびびってやるよw


364 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 02:52:07 ID:r8OP+KpP
おう、神経伝達物質、脳内麻薬様物質。

365 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 05:31:37 ID:6KkUDkwT
何度ループしてんだこれ……。
もうスルー対象にしたほうがいいかと。

366 :某377:2007/07/26(木) 11:39:33 ID:mEE6WhhU
俺もいちいち基本を指摘・説明するのに飽きた。
よほどおもしろいことを言うのでなければほっておこうと思う。

367 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 21:06:07 ID:pvypDgjX
自然科学は物質(的)理論であることについてはどう思うの?


368 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 21:26:02 ID:FXf0z+z9
このスレに書かれた内容見る限り、「科学が認めていない内容」どころか科学的知見と食い違う内容だしな。アダムスキー並みの。
そんな内容がつらつらと書かれてるんだろ?そのスウェーデンボルグっての。
よく信じられるなあ、そんなの。
何を信じて何を信じないかを、証拠や論理じゃなくて感性で決めてる人なんだろうなあ

369 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 21:39:51 ID:0n2jU7En
>エマヌエル・スヴェーデンボリ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AA


370 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 22:02:59 ID:MdLcd50d
ロリかw

371 :神も仏も名無しさん:2007/07/26(木) 22:16:14 ID:fcTsUeaf
で、自然科学は物質(的)理論であることについてはどう思うの?
答えたくないか?


372 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 00:03:20 ID:wOuo0loh
>>360
相手にするのもバカバカしくね?

キミらの知性がいかほどのものか知らないけど、大哲学者と言われたカントを超えるほどの知性があるとは思えない。
そのカントが後年、エマヌエル・スヴェーデンボリについて最終的にこう述べている。「スヴェーデンボリの思想は崇
高である。霊界は特別な、実在的宇宙を構成しており、この実在的宇宙は感性界から区別されねばならない英知界であ
る。」(K・ ぺーリツ編『カントの形而上学講義』から)。

そうすると、スヴェーデンボリの妄想を認めた晩年のカントは、キミら流にいうとカルト主義者になった。ということでいのかな?。



373 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 00:35:12 ID:Ml81dPdK
頭の良し悪しにかかわらず、あったらいいなの妄想を始めると、奇人変人になってロリw

374 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 02:08:31 ID:8N2+2FMw
18世紀の、しかも自然科学者でもない哲学者であるカントが「水星に人が住んでいる」だのなんだのという
スウェーデンボルグの主張の妥当性を、科学的根拠に基づいて検証できたとは思えんね。

当時のカントと現在の日本の高校生の天文部員、
どちらがよりそういう主張の検証に向いているかというと高校生のほうだろうよw

まあ、根拠が無くても感性だけで信じちゃう人は
「カントも認めたこの栄誉!」みたいな権威付けがあれば根拠が無くてもあっさり信じるんだろうけど。
カントがどう言ったか知らんけど、「哲学者の賛辞」と「自然科学に基づいた根拠」を比べれば
前者は屁のようなもんだと気づいたほうがいいぞ。

375 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 02:44:19 ID:6aNRgp3/
現代でもそれなりに業績のある学者が専門外の事に首突っ込んで大恥かいたりするしなぁ

あとネヨって本当に権威に弱いんだな
聖書を曲解するカルトの癖に変なところが聖書に忠実

376 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 13:32:51 ID:wOuo0loh
>>374
>「水星に人が住んでいる」だのなんだのという
スウェーデンボルグの主張の妥当性を、

だからね、そう言う紹介の仕方がおかしいんだって。おそらく「宇宙の諸天体」を読まずに
何処かのスヴェーデンボリの書評から仕入れたんではないかと思う?

第6節には、「知り確かめられることだけに精を出している霊たちがいました。、、、かれら
によると、この太陽系世界にある諸天体だけでなく、その外にある無限の数にのぼる星天宇宙
にも、人間がいるということです。その霊たちは水星出身の霊でした。」ところなど、ここだ
けでは単純に自然界の水星と思い込む誤謬に陥る。

本書で宇宙とか天体というとき、それは自然界ではなく、主として霊界にある宇宙と太陽系に
ついて言及されているようだ。例えば第135節には、来世での距離は地上での距離とは同じ
ではなく各自の内的状態により変化し、霊界の諸天体は自然界の場合のように隔たってはいな
いこと、ただそこにいる住民や霊たちの(いのち)の状態にしたがって見かけ上現れる等の記
述をみてもわかる。

第9節には、全天界は「巨大人」と呼ばれる一人の人間を映し出しており、人間にある個々全
体、人の外部のもの・内部のものすべては、その巨大人=天界に相応しているとの記述があり

第10節には、水星という惑星出身の霊たちが巨大人の中ではどうなのか、それは記憶に関係
があると天界から教わった、、その他の節では、神・人・天界・地獄等の相応関係が数々記述
されていることを知らなければならない。

霊界は愛や英知など霊的なものが霊的に存在する世界なので、地上の科学などなんの役にも立
たないのだそうだ。ただし、愛や英知は我々が日常使うものとはまったく違うものだが、他に
適当な地上での言葉が見たらないとのこと。


377 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 17:47:44 ID:8N2+2FMw
だからそれに根拠が無い、ただの霊視だか幻視だかにすぎないんだろーが
科学的根拠があるなら聞いてやるよ。「あるなら」な。

スヴェーデンボルグスレでも立ててそこで存分に語っていてくれ。
ここでは進化があったかどうかに関係した話をしろよ。

378 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 18:53:12 ID:HMV2hntF
ハーーーイW

自称科学通が科学語っても少しも科学的になってないのが多い。

で、自然科学は物質(的)理論であることについてはどう思うの?
三度目だよ、ハイ、科学に強いあんちゃん、答えてみろ。



379 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 19:39:43 ID:PHPG3vHD
方法だと思うよ。物質理論を練り上げたニュートンは神信じてたしさ。


380 :誘導:2007/07/27(金) 19:44:18 ID:Bcnbc23d
以降、スウェーデンボルグ話は↓でやること。

【天界と】エマヌエル・スウェーデンボルグ【地獄】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147515142/l50

381 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 20:37:49 ID:ysPVHSoz
>物質理論を練り上げたニュートンは神信じてたしさ。

そうだろう、だからニュートンは他生で天界にいる。
しかし、物質理論のみの進化論は創造の神を必要としない。

>以降、スウェーデンボルグ話は↓でやること。

【天界と】エマヌエル・スウェーデンボルグ【地獄】
このスレは看板倒れで中身はスレタイとは程遠い。失礼ながら駄スレ。

キミ、ここのスレタイの意味分かっているか?。科学的根拠でしか真理
を認めない者はこのスレから出て行くべし。
唯物進化論(ダーウィニズム)だけなら進化論生物版でやること。





382 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 22:06:49 ID:fyqyqnfy
進化論≠唯物論ってことがわからん者はこのスレから出て行くべし。

383 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 22:51:08 ID:J/48Hn25
>この太陽系世界にある諸天体だけでなく、その外にある無限の数にのぼる星天宇宙
>にも、人間がいるということです。

宇宙人がいてもいいだろう。
その何割かがDNAと有機物を使った生命形態で、というところまではあるかも知れない。
が、DNAのコドンから先はまったく保証外。そこでの進化だから。
宇宙人の「人」は拡張された知性の範疇を指す程度で、特有の種、人類としての人間とはかけ離れた概念だ。


384 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 23:10:07 ID:2m7AXSHs
基地外共まだ屁理屈やってるのか??

385 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 23:28:14 ID:Zfu3TWO6
唯物論
「精神に対する物質の根源性を主張する立場。従って物質から離れた霊魂・精神・意識を
認めず、意識は高度に組織された物質(脳髄)の所産と考え、認識は客観的実在の脳髄
による反映であるとする。唯物論は古くインド・中国にも見られ、西洋では古代ギリシャ
初期の哲学者たち以来、近世の機械的唯物論(特に18世紀のイギリス・フランスの
唯物論)やマルクス主義の弁証法的唯物論を経て、脳科学に基礎を置く現代の創発的唯物論
に至るまでさまざまな形態をとって、哲学史上絶えず現れている。」 広辞苑 第5版より

だから、進化論=物質変化論=唯物論。 

>DNAと有機物を使った生命形態、、、

生物学的生命と霊的な(いのち)とはまったく別物。
素粒子の塊に見かけの生命はあっても(いのち)などない。



386 :神も仏も名無しさん:2007/07/27(金) 23:35:53 ID:fyqyqnfy
科学は方法だと言ってるだろうが。

387 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 01:30:09 ID:+FKV97Cz
霊的な命は直接物理的な作用しないんだよな?

388 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 02:20:48 ID:ELk955Rk
進化論には根拠となる発見がいっぱいあるのに、このスウェーデン何とかマニアさんは
ここまで証拠の提示ひとつもなし。
証拠無しに信じろといわれてもナ。

389 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 03:15:33 ID:2m5k/dah
権威ある者の妄想は、愚者カルトにとっては金科玉条。

390 :神も仏も名無しさん:2007/07/28(土) 23:35:59 ID:8CzzWjhe
我々の生命は元素の組み合わせ、精神や思考は電気パルスと脳内ホルモンのなす業。
科学的に根拠があるのならそれを信じます。一生懸命生きてきて生命の伝達者とし
ての役目をはたしたのだから、それで満足です。悔いはありません。
進化が永遠に継続されることを信じて、永遠に沈黙の世界に行くのも定めならそれ
でいいのです。私の不完全なところはいずれ淘汰されます。


391 :モエカス:2007/07/29(日) 00:22:44 ID:rgxRVHj3
>>390
信じたくないものを無理に信じる必要はないけど

>一生懸命生きてきて生命の伝達者としての役目をはたしたのだから

役目を果たしたかどうかは神が決めることであって、あなたが判断することではない。



392 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:02:37 ID:6QhL+fos
生命だの精神だのはあまりにも複雑なので、科学の方法では今のところ
何がどうなんだか、よくわからない。だから、別に思いつめることもない。

進化という現象は「確か」だけどね。

393 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:24:44 ID:U4eDcZlB
「進化」って命名が誤解を生んでるような。

394 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:28:30 ID:aHXE+ph5
適応放散の術語としての意味は狭いけど、進化よりイメージは合ってる気がする。

395 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 08:03:31 ID:SayikuJ0
進化ってのは要するに、世代交代による適応だもんなあ。
べつに凄くなるとか良くなるなんてことは関係ないし。
ぶっちゃけ、生命が何かしら生き残っている限りは何が生き残ろうと構わない。
ただ、その選択肢は多い方がいい。
それだけの話だもんねえ。

396 :神も仏も名無しさん:2007/07/29(日) 12:34:19 ID:degAI2ur
>>391
そういう、まともな信仰ではありえない傲慢さがにじみ出るのを見ると
やっぱり「愚者カルト」なんだなぁ……と思った。

いまキリスト教質問箱で暴れてる「ご隠居」とその金魚の糞のコピペ屋にも
言えるけど、マナーも無く、自分を反省できない人間が
変な「自負」や「使命感」にとりつかれるとロクなことにならない。

397 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 17:19:30 ID:nBWfRXK+

ニセ科学だから、悪い
悪いから、ニセ科学w

>僕の主張は「捏造だから悪かったのではない。ニセ科学だから悪かったのだ」ですね
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1175691784#CID1175827738

>「ニセ科学」と呼ぶのは、文脈によっては「疑似科学」という言葉が褒め言葉になるからである
>「ニセ」という言葉は否定的な意味合いを強く含む
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/nisekagaku/nisekagaku_nyumon.html

398 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 17:21:22 ID:nBWfRXK+
>>397 :マドモアゼル名無しさん:2007/07/16(月) 23:47:00 ID:BP1D9i5b
当り構わず敵を作り、当り構わず敵の敵に媚を売る。
情けない血ヲタの典型だなw


398 :マドモアゼル名無しさん:2007/07/17(火) 14:51:16 ID:jxb5faSM

アホのNATROMが、また何かやらかしてくれましたねw

399 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 17:25:00 ID:nBWfRXK+
>>397

一般論としてですが、大学の先生が外部でトンデモ発言をして、大学がそういう
目で見られてしまうことのマイナスを被ってしまうことをどう評価するかという
問題はいささか残るような気がします



EU労働法政策雑記帳:「鈴鹿国際大学事件」
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_ad43.html

400 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 17:26:11 ID:nBWfRXK+
>>397

ニセ科学だから、悪い
悪いから、ニセ科学w

ニセ科学だから、悪い
悪いから、ニセ科学w

ニセ科学だから、悪い
悪いから、ニセ科学w

401 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 14:22:32 ID:sXkzj+f3
このスレからしばらく距離をおくことをお勧めする。

402 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 19:06:39 ID:wm5DQLbI

【業務連絡】またふまが来てたんで1つ消しました。

プロクシ止めまくったらプロバイダから直みたいだったんだけど、218.115で始まるやつを止めればいいみたいです。

by apj at 2007/07/28 10:19:08

403 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 19:07:34 ID:wm5DQLbI

まあ、魚拓を認めておいて、コピペは認めない、などという
バカ理屈を振り回す連中だからねえw


423 :マドモアゼル名無しさん :2007/07/30(月) 02:28:58 ID:PEre1hME

ほんとに、バカだよねえ。君は…

【全く信憑性を伴わない】形で、他人の名を名乗ったからと言って
どういう実害がある訳?まして、犯罪ですか?

404 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 19:09:21 ID:wm5DQLbI

つまり、【脅し】だよねえw


426 :マドモアゼル名無しさん :2007/07/30(月) 02:30:28 ID:PEre1hME

NATROM 乙 !


427 :マドモアゼル名無しさん :2007/07/30(月) 09:21:35 ID:4sIPNRp9
フマは自分のブログに書けよ

405 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 20:54:01 ID:xzRwulrZ
ここにも貼ってやるから少しは頭回せ。

科学的根拠がないものはすべて妄想だという観点に立脚すればそれこそ妄想の
域を出ない。なぜなら人は科学的な根拠の明白でない思考作用に基づいて科学
的思考を正しいとしていることの矛盾に気づいていないから。
科学が方法ならまずそれを示せ。


406 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 21:28:33 ID:1CUPe0TC
根拠が明白でないから方法なのだよ。

407 :某377:2007/07/30(月) 21:48:19 ID:sblKErrJ
>>405
「〜すれば」「なぜなら」などの接続詞の前後がまるでかみあってない、
おバカの文章の典型みたいな代物ですな。



408 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 22:07:21 ID:R7pm7RlD
唯一無二の方法ってこと?
それとも万人が理解できる最も合理的な方法ってこと?
そうじゃないよね。進化論も多くの人が反発しているよ。

409 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 22:16:09 ID:g8VeKUP6
目的論抜きの科学ってなんすかね
アリストテレスの弟子たる私に取って見れば
現在の学術研究は不完全極まりますな

410 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 22:17:11 ID:1CUPe0TC
実際に人が認知し得るモノや現象を、その範囲内で理解しようとする方法。
形而上学的な諸問題には関知しないから、万人というカテゴリーでは難しいね。



411 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 22:30:36 ID:R7pm7RlD
>>407
フーン?

「それこそ」が「科学的根拠がないものはすべて妄想だという観点に立脚
することこそ」を意味していることが理解できなかったのね?



412 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 23:03:33 ID:g8VeKUP6
>進化ってのは要するに、世代交代による適応だもんなあ。

バクテリアと人類を比較するとどう見ても凄くなってるぞ


413 :神も仏も名無しさん:2007/07/30(月) 23:50:08 ID:ErOkC7rz
そんなに凄くないかも?凄いかも?

バクテリアも人類も物質的基本粒子はみな同じ。
やつらは量子的に観れば確率的波動存在でもある。
しかるに人がそれを観測をすれば忽ち波動関数の収縮が起こり
不思議や不思議、まったく違った生物として認識される。

ミクロの世界の数量的変化がマクロの世界では質的な変化となる。
人の心つうか思考作用つうか摩訶不思議?とおもわんか?

414 :ここに、女のコテ、オカマクレイジーがいるぞ:2007/07/30(月) 23:50:46 ID:hLoqZ2lX
http://ime.nu/ime.nu/religion.bbs.thebbs.jp/1166805222/e10

元コテ、研究者、キリスト教スレでは御隠居と呼ばれる人物


415 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 00:07:50 ID:ibH3M7+L
413
まず言いたい事を整理してくれる?
バクテリアに量子力学はないよ


416 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 00:14:06 ID:ibH3M7+L
>しかるに人がそれを観測をすれば忽ち波動関数の収縮が起こり 不思議や不思議、まったく違った生物として認識される

哲学の世界じゃ常識的な考えだよな


417 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 00:42:10 ID:ZzxsFye5
>まず言いたい事を整理してくれる?

いえね、人は当りメエのことを当りメエとして露疑いもせず
なんだかだと科学的な考察をしているが、このアッタリメエのこ
とがまったくアッタリメエに説明が出来ないってこと。

>バクテリアに量子力学はないよ

???どういう意味よ?



418 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 03:57:41 ID:iWM/V/4V
>>413
>人がそれを観測をすれば

>人の心つうか思考作用つうか摩訶不思議?とおもわんか

収縮は人が認知したその瞬間に起こるのだ、と決め付けてる文章に思える。
シュレディンガーの猫は人が箱を開けて確かめた瞬間に収縮するのだと決めつけている。

その考えに科学的根拠は無いべ

419 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 05:40:20 ID:6i/YF9jL
>>412
>バクテリアと人類を比較するとどう見ても凄くなってるぞ
そりゃ君の主観でしかないよ
見方によってバクテリアの方がシンプルで完成度が高いとも言える訳で

420 :某377:2007/07/31(火) 08:58:05 ID:M0X4wnEb
>>411
理解不能なのはそこだけじゃありませんよ池沼クン。

421 :某377:2007/07/31(火) 09:00:14 ID:M0X4wnEb
>>419
「凄い」「凄くない」「高度だ」「低級だ」etc.ってのは全部価値判断で
あって科学の外側だよね。
科学は、あるものが外部から与えられた価値基準に対してどれぐらい
合致しているかについては答えられるが、価値判断そのものはしないもの。


422 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:59:25 ID:caVZegB2
もっとましなこと云えよ。ちんぷー

423 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 13:27:47 ID:ibH3M7+L
ほんと陳腐だよな
科学が価値判断をしないと言うのはバクテリアは人類より高級である“べき”だと言う価値観を持ち込まないと言う意味で
どちらが価値的に高度かを判定することが禁じられるわけじゃねぇよ

424 :某377:2007/07/31(火) 14:37:40 ID:tStFu0bz
価値観なしに価値判定ができるんだってよ。
これだからキチガイってのはヤだねえ。

425 :某377:2007/07/31(火) 14:40:37 ID:tStFu0bz
しょうもない野次とばすんなら422ぐらいに中身のないものにすべき。
423ぐらいの長さでかたってしまうと、必ずボロがでる。
バカはあまり長い文を書かないほうがよい。10文字以内ぐらいがオススメ。

426 :某377:2007/07/31(火) 14:51:45 ID:tStFu0bz
「個体を構成する細胞の分化の程度が大きい」のが「高級」・・・(*)
ならば、「人間のほうが高級だ」と答えをだすことは科学には可能だろう。
だけど、科学が実際にできるのは「個体を構成する細胞の分化の程度が
大きい」ことを示すことだけであって、「高級」かどうかは科学の外側から
定義として与えられただけ。(*)の妥当性は結局価値観の問題であって
科学の問題ではない。

その程度も理解できないくせに「陳腐」とさえ言えば勝った気分になる
バカがいる。たしかに俺の言ってることは陳腐なのだが、その陳腐な
話、基本中の基本さえ理解できない阿呆に言われる筋合いはない。

427 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 18:54:32 ID:X6jGY3ag

吉岡、破産?

>法律事務所ヒロナカにて、弘中絵里弁護士と打ち合わせ。師匠の冨永教授も同席。

>私「了解です。ところでこの報酬金のオーダーはどの位?」
>弁「訴訟がどの程度広がるかによるので……」
>私「いきなりウン百万とか言われたら、多分全部は回収できないでしょうし、改めて自己破産の処理を依頼しちゃいますよん(笑)」
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=5866

428 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 18:55:20 ID:X6jGY3ag

健康と環境の神戸クラブ
マグローブ株式会社

お茶の水女子大学への要求書
http://www.minusionwater.com/
お茶の水女子大学を神戸地裁に提訴しました
http://www.minusionwater.com/ochaacjp.htm

429 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 19:45:40 ID:caVZegB2
>「凄い」「凄くない」「高度だ」「低級だ」etc.ってのは全部価値判断で
  あって科学の外側だよね。
>「個体を構成する細胞の分化の程度が大きい」のが「高級」・・・(*)
>ならば、「人間のほうが高級だ」と答えをだすことは科学には可能だろう。

そう思っている人は少ないと思うよ。

生物学では、進化は「生物集団の遺伝的構成の時間的変化」とか、もっと直接的には
「生物集団の遺伝子頻度の時間的変化」と定義されるので、進歩とか改良という意味
はまったくないなんて云うからおかしくなるんだね。

さらに、生物は下等なものから次第に高等なものに進化してきたという誤解がもとに
なり、高等な生物は下等な生物より優れているのだろうということは人間の勝手な思
い込みなんていうからもっとおかしくなるんだろうね。

バクテリアには人間のもつ意志や理性、一般に精神とか心と云うものはないと考えれば
この二つを生物そのものとしてみた場合、生物学的つまり科学的な外側の価値判断に頼
らなくても明らかに優劣があると云えるんじゃね。

生物進化の過程で現れた人の精神や心の持つ意味を進化論的に説明が出来ないダーウィニズム
はここに来て挫折することは必定だろう。

430 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 21:41:51 ID:ibH3M7+L
議論の為の議論がしたい連中と
信仰を鸚鵡返しして居る事にも気がつかない連中に言っても無駄だろう
人間はバクテリアより高等なんて言うと
必ず、「それは人間の驕りだ」「客観的に見ると生物に優劣はない」と言うどっかで聞いたようなレスが
帰って来る
これを陳腐だと言うのだ。


431 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 21:44:13 ID:ibH3M7+L
科学科学と言うならまず己の認識の構造を疑うところから始めろと言いたい


432 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 22:17:41 ID:jNdfG5UV
で?
どっちにせよ、ネヨのたわごとなんぞに耳を貸す理由にはならんね。
ネヨがここで何をわめこうが、何も変わらん。
好きに生きて好きに死ねばよいw

433 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 22:24:10 ID:vdOJPC4Z
>>430
まずは生物の優劣の基準を決めた上で人間がバクテリアより優れていることを示さないとね

434 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 22:25:24 ID:lIdTzfhY
人が進化の頂点であるという認識の構造を、まず疑うべきだと思うがね。


435 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 22:45:50 ID:7bec7V+h
>認識の構造を、まず疑うべきだと思うがね。

それを疑っている認識主体は人間そのものと知れ。
バクテリアはそれを認識する能力もなく、、したがって認識主体はない。
優劣の基準? 意図と識別力を有する能力の他になにがある?
増殖能力なんてはなしにならんだろう。


436 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 22:51:22 ID:lIdTzfhY
科学は、人の認識の曖昧さをずっと疑ってきたと思うがね。


437 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 22:57:40 ID:vdOJPC4Z
ナポリタンは何故赤いのか?ってコピペを思い出した

438 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 23:08:02 ID:ibH3M7+L
バクテリアからネズミ、猿と進化して来ただけあって
人間にはバクテリア性、ネズミ性、猿性はあるが
バクテリアに人間性は無いと思うんだね
豚のような人間は居るが人間のように言葉を話したり、道具を作ったり、牧畜を営む豚は居ないしね
やはり人間の方が豚やバクテリアに比べて高度だと言えると思うね


439 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 23:10:00 ID:lIdTzfhY
素朴だね。

440 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 23:14:49 ID:ibH3M7+L
実際、あらゆる動植物は人間の手で人口培養されたり改良されたりしている
人間が豚を支配しても豚が人間を支配したなんて話は聞いた事がないし
劣ったものが優れたものを支配するのは不可能だと思うんだね


441 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 23:17:40 ID:vdOJPC4Z
あー、なんか生物学や宗教とは別のベクトルで問題があるんじゃないか?その思想

442 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 23:32:16 ID:ibH3M7+L
問題があると見なす思想を問題にはしないのか?(笑)
問題があるとするのは価値判断だろ


443 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 23:41:21 ID:ibH3M7+L
大体、我々はかつて精虫だった訳で
受精して八ヵ月くらいでぐんぐん成長して人間の赤ちゃんになってさらに成長して行く訳だが
精虫の段階が最も高度と言えるのか?
だれがどう見ても人間の一生で最も程度が低い段階だと想う
高度さを計る指標として何かが出来る事Canを上げれば
精虫が出来ない事が無数に出来るようになって行く歴史と言ってよい


444 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 23:45:02 ID:ibH3M7+L
大体精虫は我々人体の一部なんだよ
精液の方が本体より高度なのかね


445 :神も仏も名無しさん:2007/08/01(水) 02:42:38 ID:l9b3INqW
「より高い知性を持つような構造を高度な構造とするならば
 人間はバクテリアより高度な構造をしている」
と言いたいのはわかったけど、なんでそれでダーウィニズムが挫折するという結論になるんだろう。

人間はバクテリアより知能が高い→ダーウィニズムは間違っている

飛躍しすぎてて、間の論理が無いぞ

446 :神も仏も名無しさん:2007/08/01(水) 04:43:38 ID:D6Rp4t+o
より高い知性を有したが故に、生存環境をぶっ壊して淘汰されかけている人類乙。

447 :某377:2007/08/01(水) 13:39:00 ID:TV58aJrV
>>435,438
その種の議論は何をどうやっても「人間がやってることをするのが高級で
しないのが低級」という形式にしかならない。
バクテリアのネズミのやってることをすべて人間ができると言うのなら
話は別だが、実際はそうではあるまい。

結局のところ「人間が高級」という結論を導くために「人間が高級」と
いう仮定を用いる循環論法にすぎん。
科学の外側で決めた「人間が高級」を科学の結論であるかのように
見せかけるための詭弁。
「自分はエラい」という妄想をあたかも客観的事実であるかのように
みせかけるのに科学を使うというのは、「神様がそう言ったから」という
よりもよほど悪質。


448 :某377:2007/08/01(水) 13:41:38 ID:TV58aJrV
>>430
科学の話に「高級」「低級」の議論が混じると話が混乱するから排除する。
それだけのこと。

それもわからずに持ちだし、批判をうけると「ちんぷーちんぷー」と
鸚鵡のような答えしかしないバカこそ失せろ。


449 :神も仏も名無しさん:2007/08/01(水) 15:27:53 ID:ExkWMm2W
進化=複雑化 と考えるにも無理がある。
ウイルスの少なくとも一部は、おそらく細菌からの単純化で進化している。

450 :神も仏も名無しさん:2007/08/01(水) 15:52:37 ID:7M8OMJiV
また377か

>科学の話に「高級」「低級」の議論が混じると話が混乱するから排除する。 それだけのこと。
これが価値判断だと言う事に気がつかないのかな

混乱しているのはアンタの脳味噌だよ


451 :神も仏も名無しさん:2007/08/01(水) 19:51:49 ID:KTDdrkix
大いに同意。能力の知れた科学が出しゃばるでない。

452 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 09:41:38 ID:/YYXPjHU
なんか混乱してるけど、要は>>412>>429の言ってる
「バクテリアと人間を比べるとどう見ても人間のほうがすごくなっているから
 人間がバクテリアよりすごくなっているかをその中で判断しないダーウィニズムは間違っている!」
みたいな意見が論点なんだよな。

「鉱物の性質を分析する機械があったとして、その鉱物がどのくらいすごいかを
 その機械の内部で判断しないならその機械は間違っている!」みたいな。
そんな「どのくらいすごいか」って判断は別にその機械の中でやらんでもいいだろ。
「これは原子番号何番で硬度は何でこれこれこういう特質があってこういう色調でこのくらいの希少度で・・・」
みたいなデータを並べていくことができるわけであって、
そのデータを元にしてその時々の状況でこれは高級な金属だとかこれは価値がないねとか
必要なときにそれぞれ違った基準によって判断するものだ。

人間がすごいかどうかの判断をしないからダーウィニズムがおかしい、というのは
鉱物がすごいかどうか判断しないなら鉱物の調査をする機械はおかしい、と言ってるようなもんだと思うぞ

453 :某377:2007/08/02(木) 09:51:59 ID:BBywV5Es
>>450
>これが価値判断だと言う事に気がつかないのかな

辞書でも読みなおしてこい。それだけ。


454 :某377:2007/08/02(木) 09:52:49 ID:BBywV5Es
>>451
450の言ってることと噛み合ってないようだが。
俺をたたくことばかり考えてるからそういうマヌケな発言になる。気をつけよう。

455 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 12:36:34 ID:7OcxGWk9

こんな作り話して。必死だなwww

>裁判長・「単なる書き込みではないわけですね」
>弁護人・「・・(モゴモゴモゴ)・・」
>裁判長・「その人物は大学関係者ではないんですね」
>弁護人・「・・(モゴモゴモゴ)・・」
>裁判長・「関係者ではないんですね!」
>弁護人・「・・カンケイシャデハアリマセン」
>裁判長・「どうしてその人物に・・・そのサイトを自由にできる権限を与えるのですか」
>弁護人・「・・(モゴモゴモゴ)・・」
>裁判長・「その人物は男性ですか、女性ですか?」
>弁護人・「・・(モゴモゴモゴ)・・」
>裁判長・「どうしてその人物に・・・管理者であるその教授は○○○に○○にさせるのですか?」
>弁護人・「・・(モゴモゴモゴ)・・」
>裁判長・「どうしてその人物に・・・」

どうして?その人物に
http://saisentannomizude-zennojyunkanwo.blogzine.jp/densi/2007/07/post_3cf8.html

456 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 12:37:19 ID:7OcxGWk9
うそつきだからな

457 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 13:21:04 ID:4vVshoUc
科学が単なる事実判断機械だとしたら
なにもそこまで尊重し神格化する必要はないだろ
なんつーかこのスレの信者は始めに価値判断をしない事は客観的なデータを手に入れる手段であるのに目的と勘違いしているんだよな


458 :某377:2007/08/02(木) 13:53:07 ID:BBywV5Es
>>455
水商売ウォッチがらみの裁判の話に見えるが、誤爆?

>>457
「そこまで」「このスレの信者」の指示詞は具体的に何をさしているの?
誰が何を勘違いしてるって?

459 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 14:05:03 ID:6VTVl7/M
>>440
はぁ?
豚が人間を支配してないだと?
馬鹿じゃないのかお前。

人間は働きもしない豚にせっせとエサをやってるし、さらに糞尿の世話から交配までさせられてるんだぞ。
奴らのくれるごほうびの肉のためだけに。

もののみごとに豚に支配されてるだろ。

460 :ポッパー:2007/08/02(木) 15:37:40 ID:Quf1oYJv
何マルクスの疎外論ほざいてるんだよ。

461 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 18:50:33 ID:4vVshoUc
>もののみごとに豚に支配されてるだろ。

こう言うアホらしい詭弁止めてくれるかね
豚が自由意思で人間に奉仕させてる訳じゃないでしょうよ


462 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 19:06:34 ID:1VE+yi9O
>>457
人間が一番偉いという思いこみがあるから、あなたのような勘違いをするんだと思うよ。


463 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 19:30:59 ID:8fKz5Aey
進化上は、生物はみな同等なんてバカ学者がつくったバカ説を鵜呑みにして
(盲信)=(理性を殺してでもそうしないと試験に正解をもらえない)いるか
ら嗤われるんだ。

神の愛と英知により生物は改良されるために進化した。神の被造物はすべて神
の愛と英知(命そのもの)を受け入れる程度によりそれなりの形となっていく。

だから人は動物から人となった。人間が動物性から開放されたのは、自由意志(意図)
と識別力(理性)を受ける形相に進化(改良)されたからである。人はこの二つの能力
により創造の神を思い抱けるのだ。そして神の愛と英知により人は自然的人間から、霊的
・天的人間に永遠に改良されていくのだ。





464 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 21:39:12 ID:YjHFSjx2
サナダムシもやっぱし神の愛と英知によって進化したんだね。

465 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 21:57:30 ID:YjHFSjx2
「ハチがさ、青虫に卵を産み付けてさ、孵った幼虫が生きてる青虫をむさぼり食うなんてさ、
なんでそんなんを神が創るのさ、おら、頭かかえちまうぜ」
(ちょー有名なダーウィンの書簡より・ちょー意訳)

466 :神も仏も名無しさん:2007/08/02(木) 22:05:39 ID:iuOslWwB
蓄膿胃下垂腰痛難産。神とやらは、設計者として最悪だなw

467 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 00:37:00 ID:PLAkFpkR
眼の光受容器が逆(内)向きになっとるのもバカすぎるしなw無脊椎動物の眼はちゃんと外向きになってるのに。
両生類に見られるような再生能力を、なんで人間ではなくしたのかも意味不明。
歯とか指とか無くなったら、再生した方が明らかに便利だし優れているのにw
さらに、武器が無ければ猿より明らかに弱いし。何で猿より筋力やら運動能力弱体化してんだよww
知能だけ増やせよw筋力減らす意味わからんww設計者無能すぎw

468 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 00:45:09 ID:yr+wX9pr
至れり尽くせりであれば、人類が知性を進化させる必要が無くなってしまうだろ
猿より惨めな境遇だからこそ武器や道具を使う事を覚え
ついにはインターネットを使いこなせるようになったのだ
神の深遠なる計りごとの妙を知れ

469 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 00:48:05 ID:yr+wX9pr
465
ダーウィンがキリスト教の愛の神を勝手に想定して
幻想が破れただけの話


470 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 00:54:06 ID:rU6zVE/M
>>469
ダーウィンの悩みをやわらげてみてくださいな。具体的にね。

471 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 00:54:29 ID:yr+wX9pr
あとさ、ID論を最近出て来たカルト説だと思い込んでいる無教養な奴が多いが
古代ギリシアのパルメニデスは君達の単純素朴な唯物論を批判して
事物に働きかける創造因としての理性(ヌース)の存在を想定している訳よ
アリストテレスはさらに進化させて四因説を唱えたのは有名
即ち、君達の信じる機会論的な唯物論こそ近代に一時的に成立したカルト宗教だと言う事を知って置きなさい


472 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 00:57:48 ID:PLAkFpkR
>>468
至れり尽くせりでも、なおかつ知性を進化されるようにつくれよww

473 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 00:58:26 ID:rU6zVE/M
>>471
アリストテレスは宇宙の中心は地球だっていったね。あんたもそうなの?

474 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 01:00:00 ID:yr+wX9pr
アリストテレスは天動説に気がついていた先駆的学者として有名だが


475 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 01:02:02 ID:yr+wX9pr
↑訂正
×天動説
○地動説


476 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 01:03:48 ID:rU6zVE/M
>>474
アリスタリコスと間違ってないか?

477 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 01:12:44 ID:yr+wX9pr
アリストテレスは近代学術の父とも崇められている人物であり
現代に甦ったら間違いなくダーウィンやアインシュタインの見解を理解して居ただろう人物ですが
彼が哲学の第一の目的としたのは万象の原因である神に対する学であった。
で、あるがゆえにアリストテレスはタブーになった。
神の本質は聖書に書いて居り人間の認識の窺い知るものではないというのが教会の公式見解だったからであって
あのカントも『純粋理性批判』で形而上学の復興を唱えて居ながら
『実践理性批判』でその見解を打ち消して居る
しかし我々偉大なるバーバリアンである日本人はアリストテレスやカントの試みを何の気兼ね無しに復興させる事も出来る。


478 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 03:15:29 ID:B0cG3UHP
>>463
で、その根拠は?
根拠無しに妄信してんじゃねーの?
はやく創造科学を肯定する根拠を出しなよー。


>>471
ものすごく昔の偉い人が根拠無しに、もしくは乏しい根拠から類推したことよりも
現代のたくさんのありふれた学者がしっかりした根拠から検証したことを信じるよ、僕は。

というか大昔の人が偉人だからという理由で根拠とか関係無しに信じ込む、
君のその態度がカルトっぽいのよ。検証を放棄してるじゃん。

ちなみにアリストテレスについては
> 古代ギリシャのアリストテレスは、「炎は上へ昇り、石ころは下へ落ちる。
>鳥の羽はひらひらと落ち、石ころよりずっとゆっくり落ちる」という現象を見て、
>「ものには重さと軽さがあり、重いものほど速く落ちる」と考えていました。
>そして、「重いものの落ち場所が大地であり、重い地球は動かない。
>軽いものの行き着く場所が天であり、重さのない天は自由に動くことができる」と天動説を唱えました。
なんて文章を見つけたけど。

479 :ポッパー:2007/08/03(金) 05:03:33 ID:l4lbkuR6
おい隠れ帰納主義者ども、唯物論を勝たせたければ量粒子コンピュータを完成させろ

480 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 05:26:22 ID:yU8tNpwl
量粒子ってなあに?

481 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 06:03:43 ID:yr+wX9pr
ものすごく昔の偉い人が根拠無しに、もしくは乏しい根拠から類推したことよりも 現代のたくさんのありふれた学者がしっかりした根拠から検証したことを信じるよ、僕は。


↑要するに貴方は権威主義でカルト親和性が高いと言うことだ
俺はアリストテレスを「信じて」居る訳ではないのだよ
パルメニデスが「偉い人」などと考えたことも無いよw


482 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 06:10:53 ID:q3NO6XyJ
量子ってなあに?

483 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 06:13:58 ID:f5Dz/AfM
梁劉氏ってなあに?

484 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 06:20:21 ID:JZ2vnYmu
>>482
量の最小単位>0を認めるって事じゃないの?

485 :某377:2007/08/03(金) 09:21:46 ID:11aqJo+r
>>469
ダーウィンだけじゃなくて、18〜19世紀の自然学全体がかかえたジレンマだよ。
それも把握せずに現代に同じことをやるバカが後を断たない。

>>471
発想のキーワードが似てるというだけであれもこれも同じにするのが気狂いの所業。
ID論はまちがいなく「最近出て来たカルト説」。

486 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 09:27:58 ID:viroiacc
量子コンピュータ、多世界解釈、知識を担う物質、唯物論的だな。

487 :某377:2007/08/03(金) 09:32:49 ID:11aqJo+r
>>474-475
アリストテレスの宇宙観は天動説の代表格のひとつ。
ガリレイをさんざんたたいたのはアリストテレス学派だし。
476の言うとおり、アリスタルコスとまちがえてるな。

>>477
>アリストテレスは近代学術の父とも崇められている人物であり

「万学の祖」のまちがいだろ。「近代学術の父」はいいすぎ。
むしろ近代はアリストテレスの枠を打破するところから始まる。

またアリストテレスがタブーというのもでたらめ。
中世神学の基礎の一つでさえあった。


488 :ポッパー:2007/08/03(金) 12:40:53 ID:fA8U/05+
>>486
IDカッコイイ。いやあのIDじゃないよ。

489 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 13:30:56 ID:B0cG3UHP
>>481
いやいや、偉大なアリストテレスが言ってるからという理由で根拠がない説を確かだろうとしてるあんたが権威主義じゃなくて

偉大な人間がどう言おうが根拠がある説の方が確かだろうとしてる俺が権威主義って

どういうネジ曲がった論理でいくとそうなるんですか?


だって根拠無いんでしょ?

根拠。有るなら出してみなよ。

490 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 18:44:07 ID:5GZiylbF
>>471
アリストテレスは宇宙の中心は地球だっていったね。あんたもそうなの?

そうだとも云える。宇宙の中心は任意のどこでもいい。

491 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 18:58:11 ID:wATf3kNf
>>490
アリストテレスの宇宙観は「地球は不動。天体が地球の周りを回ってる」ってことだよん。
(四因説の論理的帰結でもあるわけね)。アインシュタインとはちと違う。

あんたもそうなの?


492 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 22:16:50 ID:Gi/KDTnI
地球平面協会

493 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 23:21:43 ID:QxyxnkD4

産総研中部センターの柘植氏はキクログで、「技術開発者」という新しいハンドル名で、勝手なことを述べている。
それらはまったく事実無根の作り話でしかないことは、以上の経緯で明らかだろう。
柘植氏には「恥を知れ」と言っておこう。

http://www.minusionwater.com/ochajudgement2.htm

494 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 23:22:42 ID:QxyxnkD4
>>493

なんで、ハンドル名「技術開発者」が柘植さんだって分かるんだ???
それこそ推定だろw

495 :神も仏も名無しさん:2007/08/03(金) 23:52:30 ID:B0cG3UHP
>>493-494
志村ー!ID!ID!

496 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 01:27:33 ID:FSbn7jFF
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20051116#p1


117 :あるケミストさん:2007/08/04(土) 01:15:09
>>116

NATROMはアフォすぎ

497 :某377:2007/08/04(土) 09:41:05 ID:4vgfLTbV
こないだから水商売ウォッチングネタを貼ってる奴はいったい何がしたいんだ?

498 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 10:28:23 ID:dqqO0MSx
>>497
ふま=比ヤングの仕業ですよ。

499 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 14:56:36 ID:sUNeOy5y
アリストテレスやパルメニデスの思想を紹介したのは近代唯物論思想を相対化する視点を導入する事でこのスレの議論の幅を広げる事が目的でもあります。

アリストテレスの存命中はデモクリトスの唯物論(原子説)が全盛の時代で、案外、人間と言うものは古代から似たり寄ったりの議論を繰り返して居るもので
乱立する諸見解を整理統一した古代の賢人の思想を知って置く事は議論に置ける無駄なエネルギーの消耗を避ける為に有用かも知れませんよ


500 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 15:18:26 ID:89vVC7pZ
ああそう

議論においては「必ず根拠を提示する」ということを守ってれば
もっと無駄なエネルギーを消耗しないですむかもねぇ〜。

501 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 15:25:26 ID:sUNeOy5y
根拠というのは「物理的根拠」の事でしょ
物理現象の本質についての思索に物理的根拠を持ち出して来ても
そもそもその物理的根拠の成立に付いて考えて居る訳ですからトートロジーに過ぎないんですよw


502 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 15:30:35 ID:sUNeOy5y
あらゆる現象は物質が原因となって成立したと言う説は間違いでは無い。
パルメニデスもアリストテレスもそれを否定して居る訳ではありません
物質は現象が成立する為の原因の一つに過ぎないと言って居る訳です


503 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 15:40:42 ID:89vVC7pZ
自分一人や意見を同じくするお仲間内のみで思索するなら兎も角、議論するには根拠がないとねぇ

根拠が無くてもいいならなんでも根拠無しに言い切れちゃって議論にはならんよ
根拠皆無な思索を進めたって、その思索で出した結論が
どのくらい正しいかどうかを推定・評価できないしな。

進化論を否定したり創造科学を肯定したりするための根拠が無いために、
根拠がなくてもかまわないんだと思いたい人も居るだろうけれども。

504 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 15:42:30 ID:sUNeOy5y
対立者はお互いに似てるもので
キリスト教徒は聖書が言って居るから正しいと言い
君達は科学者が言ってるから正しいと言う
私はアリストテレスが言って居るから正しいと主張して居る訳では全くないが
君達は原理主義思考に陥って居るから
投影の心理で相手も原理主義的な主張をして居ると思い込んでしまって居るのだ。


505 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 15:56:22 ID:89vVC7pZ
科学者が言ってるからじゃなくて根拠があるから、な

で、どういう根拠の元に何を主張したいんだ?
根拠を挙げつつ言ってごらん。

506 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 16:28:59 ID:FSbn7jFF
>>497-498

【正義の人】天羽優子@山形大学【ニセ科学】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/bake/1178232652/

507 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 16:42:20 ID:89vVC7pZ
>>506
それだけ貼られても意味わかんねーな
バカだろお前

508 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 18:43:29 ID:EWlfgPf7
>>499
>>477
>(アリストテレスが)哲学の第一の目的としたのは万象の原因である神に対する学であった。

あなたが言いたいのは、この一点に尽きるような気がするんだが。

509 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 18:49:06 ID:EWlfgPf7
>>499
>>477
>(アリストテレスが)哲学の第一の目的としたのは万象の原因である神に対する学であった。

あなたが言いたいのは、この一点に尽きるような気がするんだが。

510 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/04(土) 22:22:24 ID:JBDKqrlx
>>499
そもそも科学が唯物論だなんて言っているのは一部だけなんだが。

だいたい進化論と創造論どちらが科学的かという議論をしているときに、
天的天使なんぞを持ち出してまで割り込んでところで信仰告白にしかならない。
つまり科学という土俵で相撲を取ろうとしているのにボクシングもしようと土足で上がりこんできたのがネヨ。

511 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 22:55:52 ID:yFgmd2jP
>だいたい進化論と創造論どちらが科学的かという議論をしているときに、

誰もそんなことを議論していないとおもう。おぬしの言ってることが非常に阿呆に聞こえる。

512 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 23:21:02 ID:DIjhHiAv
創造説再評価HP
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1184084576/l50

住人を釣れなくて困ってるスレ。
>>511
>誰もそんなことを議論していないとおもう。

それはおもいちがい。おぬしの言ってることが非常に阿呆に聞こえる。

513 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 23:31:51 ID:yFgmd2jP
例外はあるだろうな。聖書を科学的に解釈出来るとする阿呆がいるからには。

514 :神も仏も名無しさん:2007/08/04(土) 23:37:39 ID:RqqgQe2E
>>511
そこに収束する議論をしてるつもりだが。

515 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 00:03:49 ID:zFRgffjg
結局はそういう議論だよな

516 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 03:46:44 ID:mw/LgAJx
>>507

NATROM 乙!www

517 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 04:46:32 ID:CBv/WV0G
宇宙なんて空間が何時か産まれたなんて言ってる事自体アホだろどっちも

なんで圧縮宇宙が爆散してエネルギーが拡散してるのに無の空間に
宇宙空間なんてある種の収束が産まれるんだよ

宇宙は永遠不滅の空間としてずーっと存在しているの



518 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 05:58:01 ID:hm48w7CQ
膜がひらひら、隣とぶつかってドカン!

519 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 06:35:42 ID:4J08YqEz
【在日北朝鮮カルト顕正会絡みの凶悪犯罪の歴史・日本編 第二部】
1992年 8月28日 顕正会への入会強要 顕正会員 2名 逮捕 送検
1993年 3月26日 拉致監禁暴行 男子高校生失明 逮捕 送検
1996年11月 2日 覚醒剤取締法違反 顕正会員 逮捕 送検
1999年 8月 入会強要で暴行 男子高校生骨折の重傷
2000年11月 入会強要 森田 議文 中原 ムネハル 小川 ジュン 北森 某 事情聴取 厳重注意
2000年 5月 2日 顕正会員が強制わいせつ・余罪多数 丸山 陽三 立件 逮捕
2000年 3月18日 顕正会員が違法射撃 秀島 裕展 逮捕 送検
2001年 7月25日 顕正会員が住居侵入・暴行 田中 えりな 逮捕
2001年 7月 2日 入会強要・暴行 桜井 祐也 太田 隆司 高橋 康晃 逮捕
2001年 3月 4日 入会強要 顕正会員 武藤 ひさ子 解雇
2002年 6月15日 殺人・覚醒剤取締法違反 顕正会員 宇高 明男 宇高 聡 起訴
2002年 6月15日 殺人 顕正会員 宇高 明男 逮捕
2002年 5月 顕正会への入会強要 小池 淳子 厳重注意
2002年 4月 顕正会への入会強要・殺人未遂・暴行 前川 某 逮捕
2003年11月11日 顕正会への入会強要 松野 登志彦 和田 茂樹 逮捕
2003年 9月19日 軽犯罪法違反(つきまとい) 顕正会員2名 逮捕 送検
2004年 6月   ジャパネットたかた契約社員(37)約51万人分の顧客情報を記録して流出させる。
2004年 9月14日 大阪教育大付属池田小学校殺人事件 宅間守死刑執行。
2005年 5月 5日 監禁 石川 秀樹 行徳 祐一 逮捕 「 起 訴 猶 予 処 分 」にて釈放。
2006年 7月 3日 傷害 群馬の中沢誠が元短大教授(71歳)を暴行、顕正会群馬県施設に一斉捜査。
2006年12月    埼玉・行田市で溝口順子容疑者(47)ら2人が器物損壊の疑いで逮捕、ほか二名別件で逮捕
2007年 1月11日 「顕正会本部」を初捜索 大学生に入会強要、「神奈川県警公安1課」が3人逮捕
2007年 2月   派遣社員の顕正会員が派遣勤務先から約900万件の個人情報を持ち出し逮捕。
2007年 4月 奈良の騒音おばさん実刑確定。刑務所送りになる。
2007年 4月19日 1999年9月池袋通り魔事件 造田博被告(31)死刑確定。
2007年 5月18日 千葉県八街市の派遣社員坂本和章容疑者(25)が飲酒運転で男子高校生(15)を轢き殺す。

520 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 07:24:25 ID:Pb8jNpGi
ぶっちゃけ
黒白はっきりしないのが 真実なんじゃないのかな、いわゆる グレーゾーンって奴さ
池波正太郎氏が 剣客商売の中で 主人公に言わせている台詞に
「黒白でなくちゃならない道理はないよ 灰色に真実があるのではないのか


神さんが進化させたって 手塚治虫の火の鳥でも 扱っていたよね
未来編だったかしら

創造して進化させた、インテリなんとか なんか知らないが 俺は神の存在なくして 偶然で 説明できないと思うよ〜



521 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 08:14:29 ID:Pb8jNpGi
俺は 神は肉体の創造以上に 霊体の創造を目指し 土の器を創造し 進化させたのではないだろうか。

鋳造を少し学んだ方なら 判るように 俺らは土の器 完成品ではないんでしょ、

焼き物をやってみたら如何かな、人間は創造されたって事実を

当然 あなたも 父親母親から肉体は造られた訳ですが あなたを創造されたのは 時空を越えて 神の作品なんだと 何時か判る時が来ると思いますよ。

聖書を謙虚に 特に旧約の 伝道の書など読むと INSPi刺激されますよ

522 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 09:41:26 ID:9VmiFc4A
聖書なんぞ、別に興味も無いんでどうでもよろし。
記紀の方がずっと良い。

523 :某377:2007/08/05(日) 17:37:35 ID:zxR4Nu7d
>>498
そういう気狂いがいるというのは知ってるけど、ポインタだけ貼るというのは
そいつの芸風なの?

>>499
>乱立する諸見解を整理統一した古代の賢人の思想を知って置く事は

「古代の賢人」の説を理解できないバカが言っても説得力ない。

>>501
「トートロジー」の定義を辞書で調べて100回書き写せ。

>>504
おまえのバカまるだしの思考形態といっしょにするな。

>>517,520,521
日本語でおk

524 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 18:12:50 ID:O/E7164Z
また、みっともなく幼児性を発揮している。
たまには芸風変えろよ。なあ。

525 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 21:05:52 ID:zFRgffjg
>>520-521
>人間は創造されたって事実を

根拠があれば事実と認めてもいいけど

どうせ根拠ないんだろ?

526 :神も仏も名無しさん:2007/08/05(日) 23:59:47 ID:2qiVTgXp
根拠はお前の存在だろうよ

527 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 03:47:52 ID:hZ1ThtzT
>>526
残念!
「神に創造されないと人間は存在しない」
ということの根拠が挙げられていない以上、それは人間が神に創造されたことの根拠にはならない


で、根拠あるのかな〜?

528 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 04:08:14 ID:8gYztgJ7
生命が存在する以前の物理的条件を実験室で再現し、それを自然に放置して、人間が生じたら神は居ない事になる。
この実験が成功したら無神論の完全勝利だろう。


529 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 04:22:15 ID:8gYztgJ7
無神論を主張する人間は「大自然の叡智」みたいなのは信じるのか?
確率論的には、宇宙が現在のような姿になるのは10マイナス数万乗の確率らしく
限り無くゼロに近いと言う
それはスクラップの山から自然に自動車が組み上がるように有り得ない事らしいが有能な技術者が居れば車が例えば三か月以内に組み上がる可能性は20%くらいにはなるんじゃなかろうか
少なくともスクラップの山から走る車が生まれても不思議では無いと思うだろう


530 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 04:33:52 ID:M52kQ4C4
>>528
バクテリアで十分

531 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 04:35:22 ID:M52kQ4C4
>確率論的には、宇宙が現在のような姿になるのは10マイナス数万乗の確率らしく
>限り無くゼロに近いと言う

ネタもと示せ

532 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 04:35:58 ID:8gYztgJ7
少なくとも神が居ると仮定すると整合性のある説明が付く
木が勝手に箪笥に成ったり割り箸になったりなんて現象は自然状態では絶対に有り得ない。
四兆年待っても樹木が自然に家になったり仏像になったりはしない。
木が仏像になったら奇跡だが
無機物が人間になって言葉を話したりしたらもっと奇跡だと思うが
神が居ると仮定すれば無理のない説明が付くんだよな
木々が家になったり仏像になったりしても不思議ではないように
無機物から人間が生じても不思議では無い


533 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 04:37:50 ID:8gYztgJ7
531
科学雑誌『ニュートン』にそう書いてありましたよ

534 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 04:39:47 ID:n8BZcxaz
DLKey: 2

http://kissho1.xii.jp/7/src/7jyou5199.zip.html

535 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 05:00:37 ID:/IOs2xaU
確率論でいえば1/1だろうが0.000000001/1であろうが引くときは一発で引く

536 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 06:31:14 ID:8gYztgJ7
535
しかしそのクジを引くのが都合よく自分だと言う確率はゼロに近い訳よ
数学的にはここまで低い確率はゼロと考えるという
即ち偶然に生物が生じたり地球が生じる確率はゼロなのに
実際には地球が誕生し生命が生まれ人類が誕生したりして居る
自然にトランプタワーが組み上がる確率はゼロだが
人間が介在すればほぼ100%である
どうように神が存在し人間を作ろうとしたと仮定するならば人間が生まれる可能性はほぼ100%なのだ。


537 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 06:48:17 ID:sqEhoYDI
人間が発生した後にでないと、人間は『なぜ人間は発生したんだろう』と考えることは出来ない。当然だがな。
人間が発生した後になっては、どれだけそれが低い確率だったとしても、人間が発生した確率は100%なんだぜw?

538 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 06:50:15 ID:/IOs2xaU
>>536
宇宙が幾つあるかも解らないのに

神を想定するぐらいなら、並行宇宙だの多次元宇宙だのを相当数想定しても同じ
そん中でたまたまクジ引き当てたのがこの宇宙

ってのでも良い訳だ


膜宇宙とか紐宇宙とかで

あらゆる次元に宇宙はこの宇宙のみが唯一存在するのではなく多くの宇宙がある
ってのが今は主流だし

539 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 06:58:03 ID:hZ1ThtzT
>>536
「別に当たりクジを引くのが特定の一人である必要は無い」
ここがわからないと何時間話しても無駄


ついでに言うと宇宙を作れるほどの神なら宇宙より自然発生するのは難しいだろう。
もしそんな神が自然発生しても不自然でないならば人間が自然発生することはさらに不自然でないだろう。

「不自然な説明だからこっちを使え!」と言って出してきた説明のほうが不自然と言う結果に陥っている。

540 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:03:09 ID:8gYztgJ7
宇宙が広く、無数にあったとしても
生命が誕生したり人類が生まれたりする確率が天文学的な事は変わりないと思うが
喩えるなら猿に5次元方程式を解かせるようなもので
チャンスを百万回に増やしても正解にたどり着く可能性がゼロなのと同じだろう


541 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:12:00 ID:8gYztgJ7
神の創造などと言うのは自己矛盾も良いところで
こりゃ唯物論のプロパガンダでしょう
神ならぬものは存在しないと言う唯神論に立てば創造のパラドックスは解消される


542 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:12:36 ID:/IOs2xaU
バカ言っちゃいけない、宇宙に存在する恒星が100万で利くとでも?

我々の住む銀河系だけでも余裕で越えちゃってますよ、約2000億前後です
で、仮説の段階ですが少なくとも宇宙にはこの規模の銀河系が1000億
単純計算でも200垓個前後の恒星が存在する

543 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:14:12 ID:P6bHcYMX
コレ見て興奮して!

コレ使ったらセックスが上手になったよ
http://tinyurl.com/38cg7o

544 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:19:02 ID:8gYztgJ7
何度も言うがそう言う宇宙規模のマクロのレベルで見て
生命が発生したり人類が生まれる確率は天文学的なのだ
そもそもこの宇宙に存在する星が生まれる確率自体が有り得ない程の低い確率だと言うのだから
しかし星を作ろう人類を作ろうと言う意図が在ったとすると仮定するならば
その可能性は常識的な有り得る可能性になる


545 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:21:55 ID:8gYztgJ7
かけても良いが
この地球上に百万のスクラップ工場があってこの銀河に百億の地球みたいな星がありそこにそれぞれ百万のスクラップ工場が有ったとしても
スクラップの山から自然に自動車が生まれる可能性は「ゼロ」だと思う


546 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:29:01 ID:8gYztgJ7
唯物論者の皆さんは「いや宇宙は広いからスクラップの山から自然に車が組み上がっても不思議じゃないよ」と言う「メルヘン」を語って居る
宇宙が広かろうがスクラップの山から車が生じる事は原理的に有り得ないし
それより尚、複雑な構造を持つ生命や人間が意思や目的も無い所から自然に生まれるなど有り得ない。
しかし神が居るならば話は変わって来る
この宇宙に独自に相互に干渉無く無数に生命が成立していたとしても不思議では無い


547 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 07:53:49 ID:99aTpRpM
サムシング・グレイト
偉大なる何か の意思は読み取れるが

宇宙生命?それじゃ創価哲学だろ おい

548 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:04:39 ID:/IOs2xaU
まぁ独自に進化した車は無いが
細胞分裂で増える車も、生殖する車もないんで
可能性以前にありえない事例を挙げられても困る

人間も地球もイキナリ現在の複雑な機構をもって沸いて出た訳じゃないんで

偶々、丸い石が自然に削りだされて転がしたら楽だったとかって所から
車輪だのが産まれて車になったのだろ?

549 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:08:08 ID:sqEhoYDI
>>545
指摘が全く理解できてないなw
確率がいかに低かろうと、それが起こった後では、起こった確率は100%なんだってw
生命が発生せず、人類が生まれていなければ、そもそもこのように考えることもないということが理解できんのか?
>>546
いきなり複雑な構造を持つ生命や人間が生まれる(作られる)と主張してる人は、宗教信者以外いない。
確率は低くとも自然発生しうる生命から進化によって(以下略というのが、科学的な説明であって。
結局、進化論を受け入れたくないだけで詭弁を展開してるだけ。


550 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:12:49 ID:8gYztgJ7
そんな事言ったらおまいさん
車だって突然降って沸いた訳じゃないよ
まず各部品を創ってそれらを連結させ
エンジンなどの構造を作りようやっと製品化され車道を走って居る
それと同様に神もまず元素のような部品作りから始め
それらを化合させ
たんぱく質のような複雑な物質を作り
進化システムを完成させ
徐々に徐々に高度な生命を作って居る
始めはリアカーみたいな単純な生命しか作れなかったが
徐々に徐々に改良を加え人類を大量生産出来るようになったと言ったところか


551 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:21:59 ID:/IOs2xaU
>>550
いや、車と違って進化をある程度裏づけする独自生産する機構があるんで、生物は

まぁ、類似項で括るのは良いとしようか

で、車を人間が求めたように、神が此処に人間を求めた目的って何よ

ワザワザ宇宙のこの座標だとかこの星ってんなら多分場所的な理由もあるんでしょ?


偶然通りがかってできちゃったとかだったら、結局確率の問題としては同じだしなぁ

552 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:27:23 ID:8gYztgJ7
皆さんの批判はキリスト教の神観念の批判であって
もっと色んな考えを知ってまずそこから自由になる事をお勧めする


553 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:39:07 ID:/IOs2xaU
いや別に神の存在とかは別に良いんだけど
意思が働いて「生き物が作られた」ってのがナシなだけだし

神もこの宇宙に生まれただけでいいじゃない
で、同じく生き物も生まれた

影響は与えただろうが意図を持って「作った」なんて事は無いだろうって事

554 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:43:41 ID:8gYztgJ7
552
何故、ここに人類が発生したのかに関しても理由があるかもしれないが
せめて銀河系全体の認識を得た段階で無いとはっきりした事は言えないのではないか
誤解して成らないのは私は神では無いので
現時点の人間の認識を超える範囲の事は分からないのだ


555 :某377:2007/08/06(月) 08:45:48 ID:7NYy7aai
>>552
進化に喧嘩売ってるのは「キリスト教の神」(と称する何か)を奉ずる
気違いどもなのであって、このスレの範囲ではそいつらの考えを
把握しておけば基本としては十分。
それを超えて宗教全体についてどうこう言いたいのであればそもそもスレ違い。

556 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 08:51:17 ID:/IOs2xaU
認識の範囲を超えるって結論でFA
なら神がどーしたこーしたなどと語ら無い方が……と思っちまうんだが

それこそ神に失礼だろうと

ヘタにある事ない事吹聴すると祟られるんじゃねってね

557 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 09:08:40 ID:8gYztgJ7
見た所、ID論は進化を認めて居るようだがね
ID論に喧嘩を売る進化論者を批判するのもこのスレの範囲内ではないか


558 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 09:18:57 ID:/IOs2xaU
天災のニュースを見たりや雨に濡れたりすると神の生き物に対する敵意を感じる

無限の力で駆除しようとしているようにすら感じる
まぁ、抗生物質効かなくなるウィルスみたいに巣作ったり、家建てたりして繁殖してるしな

「神の存在」は兎も角、「神の意思の存在」は信仰にも科学にも邪魔だ

559 :某377:2007/08/06(月) 09:32:06 ID:sGr1KgIZ
>>557
>見た所、ID論は進化を認めて居るようだがね

証拠のある部分についてだけしぶしぶ「それは(大)進化
ではないけど変化はしている」とかいう言い逃れをするのを
「進化を認めている」と言うのであれば、そうかもしれないね。

>ID論に喧嘩を売る進化論者を批判するのもこのスレの範囲内ではないか

進化(の一部)を認めていようと非科学は非科学 (進化を認めていると
とれる神話だって世界にはあるが、それは科学ではない。ID論も然り) だし、
ID論への批判の多くは正当なもの。

560 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 09:35:00 ID:8gYztgJ7
レビナスと言う思想家によると
個々の人間を襲う死や厄災は人類に対する神の愛なんだそうだ
まぁ考えて見ると恐竜が死滅しなければ人類も無かったかもしれない訳だしな
既存の人類が滅ぼされるのも長い目で見れば鉄板なのだろう


561 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 16:38:24 ID:hZ1ThtzT
>>541
>神ならぬものは存在しないと言う唯神論に立てば創造のパラドックスは解消される

唯神論ねぇ。
根拠の無い、なんでもアリ的な立場に立つことが許されるならそりゃどんなパラドックスでも解消されるわな。
例えば「宇宙を認識できる知性、すなわち人間の意識が宇宙の存在のためには不可欠だったのだ」と言う理論に立てば
宇宙が存在するためには人間が存在することが絶対条件なわけで、人間が発生する確率は100%だわなw
お前の理屈は穴だらけだよ


>>544
>何度も言うがそう言う宇宙規模のマクロのレベルで見て
>生命が発生したり人類が生まれる確率は天文学的なのだ

そもそもこれがウソくさい。
生命がどういう過程を経て発生したかはまだはっきりと定説が出ていないのに
その確率を明確に指摘できるわけがない。
つまり、お前ウソついてるだろ?
ウソでないなら、どういう計算をしたら天文学的な確率になったのか過程を言ってごらん。


>>546
>それより尚、複雑な構造を持つ生命や人間が意思や目的も無い所から自然に生まれるなど有り得ない。

根拠がない、ただの信念だな。そりゃ。
根拠があるなら言ってごらん。
他の人が言っているように、「複雑な自動車がスクラップから出来ることは……」
なんて喩えじゃダメだぜ?
自動車と生命では性質が全然違うからな。

562 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 16:44:26 ID:Rz+xvuxB
自動車は知らんが、原子炉は自然に出来たことあるな。アフリカだったけな。
そう言えば、おお、核融合炉が今日もまぶしい。
あの親玉が、ヘリウムより重い元素を作ったんだよな。


563 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 19:27:19 ID:D7pZsqRW
人のつくった工業製品とは違って、生命ってのは「てめぇで勝手に」変化するんだよ。
科学が、この100年ほどかけて少しづつ突き止めてきた事実でね。
そこを基盤に、「進化」はすんなりと説明できている。

radical宗教さんも、唯物論は人が生きる意味を失うなんてケツの穴の小さいこと言ってないで、
その上を行くw価値とか意味とか、胸を張って主張して欲しいと思うがね。


564 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/06(月) 19:51:06 ID:g4vb+nSd
「自然淘汰」って進化論の基本の中の基本すら知らない厨房がいるようだな。
>ID:8gYztgJ7

565 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 21:07:22 ID:8gYztgJ7
生物は勝手に進化するがゆえに恐竜になって猛威を振るうこともある
そこで神の怒りの一撃ですよ


566 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 21:09:11 ID:C8EdSVIV
メンデルの遺伝の法則と進化論は矛盾する。
むしろ、科学こそ矛盾を容認する。

567 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 21:37:46 ID:ICG0MgWu
>>565
1億年もほっといたのはウカツだったな。

>>566
あんたの頭の中だけの矛盾でしょ。


568 :某377:2007/08/06(月) 21:38:38 ID:7NYy7aai
とまあこういうこと言う奴に限って、「メンデルの遺伝の法則」や
「進化論」がまとに説明できたためしがない、と。

569 :某377:2007/08/06(月) 21:39:26 ID:7NYy7aai
あうう。
568は567ヘのレス。

ちなみに「まとに」は「まともに」のタイポ

570 :某377:2007/08/06(月) 21:40:00 ID:7NYy7aai
ちがう。568は566ヘのレス。スレ汚しまことに申し訳なく。

571 :神も仏も名無しさん:2007/08/06(月) 21:43:50 ID:ICG0MgWu
かぶっちゃったね。

572 :神も仏も名無しさん:2007/08/07(火) 15:55:12 ID:50Q+EFki
例えば生命の発祥ではなく進化の方向性という話ならば
神の影や奇跡の可能性を感じる事はある

種という総体が何を優性と判断し選択するか

ということに関しては余りに多種多様な選択肢があり
経緯も結果も知性が働いているかのようにおもえるからだ

特に知能というものに関しては謎が多い
賢くうまく立ち回った奴が生き残るというのは当たり前の事なんだが

爪や毛皮などの生体機能をワザワザ放棄するに至るプロセスが複雑怪奇に思える過程を通っているからだ

573 :某377:2007/08/07(火) 17:41:52 ID:xP6QcVnH
つ、釣られないぞ。

574 :神も仏も名無しさん:2007/08/07(火) 19:30:37 ID:WYt3ndDJ
生命の発祥とかで「神が居たほうが上手く説明できる!」といきまいてた奴が
反論されて追い詰められたので路線変更しました

って感じだね

575 :神も仏も名無しさん:2007/08/07(火) 19:31:56 ID:7idqixWE
不要なものは仮定せず

576 :ゆみちゅん:2007/08/07(火) 21:35:05 ID:CPC/SCTp
ここって もしかして クハ〇さんや ナトロ〇さんも見てるの?え〇さんとか 鉄〇さん シンさんとか 大文字〇さんとか 猫さんとか

懐かしい気がする。

知る人ぞ 知る

進化掲示板

検索してね

577 :神も仏も名無しさん:2007/08/07(火) 23:13:32 ID:jDNHNf4B
神はさておき

皆さんは この宇宙 全体についてはどう思って居る訳?


578 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 00:21:47 ID:S+pTgW2u
私はこの宇宙を支配しているのは神だと思う
神の想いに従って様々な出来事が生起しているのではないかと
少なくともこの宇宙は百数十億年に渡ってその姿を変えて居る
変化とは作用によって引き起こされる
何の作用無くしては物事は変化しない
いやそれは神では無く別の物理的要因だと言う反論もあるだろうが
その物理的要因を引き起こしたのは何か
その第一原因を神と呼ぼうと思う
何にせよ、この宇宙は変化して来たし
今も変化して居る
その事自体は事実である
その変化とは何か
この変化はどのような性質を持つのか
神は超越的な存在だ、とするならば
いかなる意味に置いても科学の対象外である
しかしながらこの変化する宇宙それ自体は科学の対象と成り得る
物事を変化せしめている主体―神をカッコに括ったとして
変化する宇宙の性質を知る事は可能である
つまり神のこの宇宙に置ける目的を
神の―意識を


579 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 01:15:20 ID:FcvH3Ys6
その第一原因に意識や目的があるとする根拠ってなんかあるの?

それって進化論になんか関係あるの?

580 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 01:39:55 ID:S+pTgW2u
なに哲学者が第一原因と呼ぶものを神学者は神と呼ぶだけの話
この宇宙に目的があるかどうかはさておき変化はある
違うかね


581 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:03:52 ID:S+pTgW2u
ダーウィンの進化論は進化論生物編でしかない
私は広義の進化論について語って居る
進化論には社会進化論もあれば宇宙進化論もある
ようするに事物が簡単なものから複雑なものへ変化する現象を進化と言う
生物も進化して居るではないかとダーウィンは気がついたが
この宇宙も間違いなく進化して居る

まぁそれはさておき
話を戻そう
神が居るかどうか
それはさておき
この宇宙は変化して居る
その変化は明らかに進化と呼べるものだと思う
いや進化じゃない
進化なんかして無い!と言う奴が出て来るだろうが
なら退化しているのかね


582 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:04:43 ID:S+pTgW2u
なるほど部分的一時的には退化と見られる現象もあるかもしれない
しかし少なくともかつては君達人類は存在しなかった
原初の宇宙には
しかし君達は今存在して居る
宇宙は変化せず元素、或いは素粒子が拡散して居るような状態では無く
変化して君達が生まれた
進化では無い退化だと言うなら君達は元素以下の存在だが
元素は構造をもち君達と言う高度有機体に変化した
いや高度じゃないと言うなら高度じゃなくてもよい
少なくとも素粒子が拡散する宇宙は星を構成し君達に変化した
これは事実である
こう言うダイナミックな動きの中に過去のあらゆる事物は存在した
君達を生み出して宇宙は停止したか?
否、いまだに変化し続けて居る
過去のあらゆる人間がこの変化の中で生じ滅して行った
君達もまたこの歴史のダイナミックな変化の渦中に居る


583 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:16:42 ID:wMr6sWSO
根本的な意味で変化と進化をごっちゃにし過ぎだろ

584 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:27:21 ID:FcvH3Ys6
退化を進化の対義語として使ってるっぽいのがどーにも

あと神学者は神は意識や目的はあるものとして扱ってんじゃねぇのか
そこが一番しっかりしてなきゃいけない部分だろうに根拠無くあいまいにすませてていいのか?

585 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:38:35 ID:S+pTgW2u
ごっちゃにしてないだろうよw
君達は何にでも文句を付けたがるな
文句を付けようが無いような事にまで取りあえず文句を付けるw
これでは話に成らない訳よ(笑)


586 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:43:44 ID:FcvH3Ys6
結局意識や目的があるとする根拠は無いの?

587 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:49:14 ID:wMr6sWSO
水が氷や湯気になるのを通常は変化という
これも進化というのならごっちゃではないけど
そうなると水が退化すると何になるんだ?

588 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 02:54:59 ID:S+pTgW2u
こーんきょ こーんきょの大合唱だが
事実は根拠があろうが無かろうが事実なのだ
この宇宙は変化して居る
いや変化して居ないと言うなら根拠を出せ
そしてその変化とは進化と呼べるような現象なのだ
神が居るにせよ居ないにせよ
君達宇宙の事物はこの変化する宇宙の外に出る事は出来ない
要するに「神」の掌の中に居るのだ
いやおうなしに変化に巻き込まれる
神を信じようが信じまいがそんな事は無関係である
無神論者だからと言ってこの変化と無縁で居る訳には行かない
動物は概して「無神論」そんな事とは関係が無い
彼に取って神が無意識でも
無意識だからと行ってこの関係から逃れられる訳では無い
無機物は神を知らないが
お構いなしだ
人間にさせられ、水や雲、木々や星に変えられてしまった


589 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:03:00 ID:S+pTgW2u
意識や目的があると言う根拠がないとしても意識や目的が無いと言う根拠も無い
だからそれは不問だ
あえて問わない
科学的に了解可能な現象だけを問題にして居るのだ


590 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:06:36 ID:wMr6sWSO
いつから事実と仮説は同じ意味になったんだ?
無神論だろうがなんだろうがどうでもいい

いつから事実と仮説は同じ意味になったんだ?

591 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:11:22 ID:b3A/y1GY
進化は変化に近い中立的な意味なのに、進歩と似ているので、対語として退化があると思ってる人がいる。

592 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:11:46 ID:M2lQhRIW
進化の反対が退化だと思ってる典型的な例だな

593 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:12:49 ID:S+pTgW2u
進化論は仮説にすぎないなんて言うと青筋立てて反論する君達が
こんどは科学理論は不確かな仮説にすぎないと強弁するか(笑)
まぁいい
そう、不確かなれど真理に近いと思われる仮説だな
進化論は
決して事実などではない


594 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:15:10 ID:S+pTgW2u
またどうでもいい突っ込みを
進化が変化に近い中立的な意味だと言うならば
それでいいよ笑


595 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:18:48 ID:wMr6sWSO
つまり神が宇宙を変化させてるってのは仮説じゃなくて妄想なんだ
妄想なら根拠はいらないんだったっけ?

596 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:19:12 ID:S+pTgW2u
お前らがあいも変わらず低次元の突っ込みをするから変化と言う語義を混ぜて進化を語って居るのにいい加減気付け


597 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:22:27 ID:wMr6sWSO
そんな低次元な言葉でさえうまく使えてないから突っ込まれてんじゃないの?

598 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:22:29 ID:S+pTgW2u
お前ら全然文章の意図を読み取って無いな
もしや「馬鹿」なのではなか?


599 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:26:49 ID:wMr6sWSO
日本語は文脈で伝えたい内容を伝えることはできるけど
文字一つで意味合いの違いが発生するから
他国語と違って説明や弁解をする際には正しい使い方を要求されるんだよ


600 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:32:15 ID:b3A/y1GY
進化が変化か進歩かといったら、やっぱり変化の方だろ。

601 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:32:52 ID:wMr6sWSO
使利と便利
このような違いだったら文脈で十分伝わる

便利と重宝
こうなると意味合い的に大きく違いが出てくる

この程度差を乗り越えて文章の伊豆を読み取るなんて無茶もいいとこ

602 :599:2007/08/08(水) 03:38:08 ID:wMr6sWSO
>他国語と違って説明や弁解をする際には正しい使い方を要求されるんだよ
これ訂正

他国語は通常会話でも正しい使い方を要求されるから説明や弁解をする時にまで要求されることはそんなに無い
日本語はその分説明等に正しい使い方を要求されるんだよ

603 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:39:56 ID:S+pTgW2u
だからお前らの意識構造に合わせて進化じゃなくてわざわざ変化の意味を強調して居るのにw
ちなみに辞書には進化=進歩 発達とあるけどな
何か馬鹿のタブーに触れるようだから
変化の語義を強調したのに
馬鹿だけにやっぱり反論して来る苦笑


604 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:41:37 ID:wMr6sWSO
だからいつから変化と進化は同じ意味で使われるようになったんだよ
そこをちゃんと答えろ

605 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:47:34 ID:WQ+dYCp9
いやまぁ、現象そのものは兎も角
意図、意思が働いたって言うならその目的ぐらいは
はっきり妄想以外の根拠を持って明示して貰わん事には何とも

○○には意思が働いた→そうか、で、何で?→目的があったんだ→ほうほう、その目的とは?→神のみぞ知る→ズコー

たんなるコントのボケじゃない

宇宙誕生以降の現象に関して解らない事が多いのは科学的な立場も同じだから良いとしても
いや、解らない事だからこそ、意図が働いたと新説を持ち出すなら裏づけが必要なんだよ
意思を持った神の存在証明をするのに、意思が働いたという仮説では話にならない
意思が働いた事を証明する為にまず、意思を持った神の存在を証明しなくてはならないからね

突き詰めて言えば、変化に関わる神が居る事の証明がまず必要だと
別に変化そのものは宇宙の物理法則の中で「勝手に起こる」と定義して構わないんだから

いやいや、勝手には起こらないぞって証明をして下さい

606 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 03:55:31 ID:S+pTgW2u
まぁ取りあえず前の文章を百ぺん読めや
科学の範囲内で「神学」が出来る事が分かるからさ


607 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 04:00:15 ID:wMr6sWSO
学問なら 是非ともやらなきゃ 根拠の提示

608 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 04:09:21 ID:wMr6sWSO
痛いとこ突かれると黙り込むんだな神学者ってのは

609 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 04:38:45 ID:8hyzKn1w
相対論も相対主義に曲解されて迷惑したし、進化論も社会進化で曲解された。
すべて文系バカの仕業。
科学を解さないと宗教と同じになる恐れ。

610 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 04:52:56 ID:WQ+dYCp9
>>606
>わたしはこの世界を支配しているのは神だと「思う」
から始まって
>第一原因を神と呼ぼう

までの8行で終ってるも同然の駄文を百回も読んでられないって

で、所詮物理法則の出発点でしかない原因に「目的」があるなんて根拠皆無だろ
結果はあるだろうが、それを目指した、目指そうと決めた意思の存在の根拠なんて何処にも示されて無いじゃない

それに、これはいずれ変化が終るって可能性の示唆にもなるんだけど
目的に到達したら物理的、生物的な変化はぱったり終っちゃうのか?

つまり、通過点の結果以外の最終結果が存在し到達すると宇宙の全ては停止するから
永遠に変化が継続する可能性は皆無だと

611 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 05:05:23 ID:S+pTgW2u
また馬鹿がレス付けてるな
わざわざ「思う」と言って居るのになんでそこに突っ込みを入れるのか
馬鹿の発想は理解に苦しむ


612 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 05:21:35 ID:WQ+dYCp9
つまり、思ったこと書いてみたら突っ込まれて思わず興奮しちゃって
最終的に学問だみたいな事言っちゃったってだけ?

それとも文学的な意味とかで感動的な文章書いたのになんでこの善さが解らないんだって癇癪?

613 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 05:30:03 ID:WQ+dYCp9
大体、神学的にもさ
>神と呼ぶ

「悪魔と呼ぶ」
に置き換えて成立しちゃうような文章はイカンと思うんだけどドーヨ?

614 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 07:12:29 ID:r42iZ14w
いつものバカが名前伏せてごたく並べている。
ふんとにまた駄スレにもどってきたねえW

615 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 08:41:28 ID:FcvH3Ys6
ここまできても宇宙を意識持って変化させてる第一原因がいるという主張の根拠が示されてない


これがない以上、結局


「宇宙は変化してる」「そりゃそうでしょう」
「それには神の意思が関わってる」「その根拠は何ですか」
「ありません」「ああそうですか」

というムナシーいお話を聞かせられてるに過ぎんな

616 :某377:2007/08/08(水) 09:40:38 ID:beWNsH8V
夕べはネヨがずいぶん遅くまで起きてたんだな。
いつもは日付かわったぐらいまでなのに。

>>603
>ちなみに辞書には進化=進歩 発達とあるけどな
よほど安物の辞書でないかぎり、生物の進化と進歩・発達の進化は
別々に説明してあるはずだよ。



617 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 20:39:33 ID:WEH3W7AZ
進化という命名がまずかったんだろう。

618 :ゆみちゅん:2007/08/08(水) 20:51:00 ID:LjRj0qS/
名前伏せてないよ

吉田由美だよ、本当だよ、

証人もいるだよ

http://6202.teacup.com/remnant/bbs

http://6327.teacup.com/josh3jpn/bbs

http://www.hobidas.com/blog/rosso/yoshida/

ホイ

619 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 21:20:24 ID:aO1py3dN
>>618
新郎でも探してるの?

620 :ゆみちゅん:2007/08/08(水) 21:44:45 ID:LjRj0qS/
新郎ではなく シンさんを♪



621 :ゆみちゅん:2007/08/08(水) 21:53:33 ID:LjRj0qS/
で 神の存在は 科学では証明出来ないし 神の不存在も 証明出来ないんだから

創造か進化か なんて ナンセンス

所詮 土俵が違う異種格闘技なんだから こんなスレは中止して 進化と創造論の掲示板で ボコボコにされてみたら? 医者や弁護士 教師ばかりだから
ね たまごちゃんN

622 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 22:34:14 ID:fUNKVzjv
>創造か進化か なんて ナンセンス
>こんなスレは中止して 進化と創造論の掲示板で ボコボコにされてみたら?

ん? これで結構整合性のある文章なんだろうな。

>医者や弁護士 教師ばかりだから

世界中の大学者が研究しても分からないことを議論しているわけだから
屁のツッパリにもならんと思うけど。



623 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 22:35:47 ID:iKQ7YaIq
生物種が存在し、変容し続けている事実はある。
脳内はともかく、脳外では創造は排除されるべき大嘘。

624 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 22:48:03 ID:fUNKVzjv
いいえ。神が創造し、進化させていることを排除するものではありません。
無神論的進化論(ダーウィニズム)は、いずれ淘汰される運命にある。

625 :神も仏も名無しさん:2007/08/08(水) 23:31:34 ID:FcvH3Ys6
わあかっこいい
根拠があればもっとかっこいいのに

626 :神も仏も名無しさん:2007/08/09(木) 03:27:57 ID:R/b9YT96
次の口頭弁論の冒頭に「昨日、経済省が特定商取引法違反で原告に行政指示を発動しました」とか起こる
法違反行為が起こることに関して、ネットで『起こるだろう』と指摘した

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1182740906#CID1186513859


306 :ご冗談でしょう?名無しさん :2007/08/09(木) 03:21:47 ID:HAEsEnrq
>>305
つまり、天羽さんは「当該の法違反行為が起こること」を既に知っていたので
それをネット上で指摘している、ということをおっしゃっているのですね

627 :ポッパー:2007/08/09(木) 17:11:39 ID:cRByD+tM
ここには富○とかいう甚だ知性を疑いたくなる意志進化論者がいるらしい。で、富○の新政治論をみたが、如何にも出来損ないのロマン派三文士だ。パンツでも被ってろ。

628 :神も仏も名無しさん:2007/08/10(金) 14:19:42 ID:eY64EDgt

ニセ科学批判のダメなとこ:

科学的事実と科学的方法の混同。

科学的方法に則っていないからと言って、「科学的事実に反した言明」を
してることにはならない。

にもかかわらず「科学的方法に則っていないからと言って、科学的事実に
反した言明をしている」かのような主張を展開するところ。

「科学的方法」は時代や学問などによって変化する慣用であって普遍的な
ものではないよ。


308 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/08/10(金) 14:11:40 ID:gqYVBBx1
>>307

自分たちのローカルな「科学的方法」に普遍性があるかのように
僭称する輩

つまり、ニセ科学批判は「ニセ科学」ね

629 :某377:2007/08/10(金) 15:05:23 ID:kb/KKLT1
>「科学的方法」は時代や学問などによって変化する慣用であって普遍的な
>ものではないよ。

だからといって科学的方法がそれほどドラスティックに激変するわけでもなく、
ニセ科学が科学的方法に入ってくるというわけでもない。

結局ニセ科学屋の安っぽい詭弁ということでFA。


630 :某377:2007/08/10(金) 15:14:12 ID:kb/KKLT1
昔なら科学的でとおったが今同じことをやったらニセ科学、という事例は
豊富(たとえば周転円)だが、その逆という事例はほとんどない。
(ないと言いきる根拠もないが、すくなくとも思いつかない)

しいていえば、昔オカルト屋が言ったこととたまたま近い科学的主張が
あることがあるかもしれんが、だからといってそのオカルト屋の主張が
科学的であったことにはならない。
(たとえばピタゴラス学派は地球球体説をだしたが、それを科学的主張と
することはない)

したがって、科学的方法の枠組みが変遷することにニセ科学が期待しても
無駄。むしろニセ科学としての認定が強まることを覚悟しておこう。

それともう一つ。「ニセ科学批判」はもともとあくまでも詐欺師やバカへの
批判であって科学ではありえないし、実際に科学と名乗っていない。
したがって「ニセ科学」ではない。

631 :某377:2007/08/10(金) 15:20:07 ID:kb/KKLT1
>にもかかわらず「科学的方法に則っていないからと言って、科学的事実に
>反した言明をしている」かのような主張を展開するところ。

ところで具体的に誰の主張だね?
2ちゃんねるの中ではそういうバカがごろごろしてるが、メジャーに
なるほどそういう事例は見えなくなっていくように思うのだが。


632 :神も仏も名無しさん:2007/08/10(金) 18:42:40 ID:eY64EDgt

あるいは、「科学的には正しい主張」を日本語で書いて
外国雑誌に書き送ったからといって、それは意味不明で
アクセプタブルではない訳。

ま、これは極端な例だけど、「主張の科学的正しさ」に
普遍性があったとしても、そのような主張が受容可能か
どうかは、普遍的でなく、ローカルな慣用に依存する。


142 :あるケミストさん:2007/08/10(金) 18:35:58
>ま、これは極端な例だけど、「主張の科学的正しさ」に
>普遍性があったとしても、そのような主張が受容可能か
>どうかは、普遍的でなく、ローカルな慣用に依存する。

そういうローカルな慣用に普遍性があるかのごとく、僭称
する連中がニセ科学批判。

もちろん、普遍性を僭称するのではなく、「それは【この
場】では受け入れがたい」というのは別に構わないんだよ。
【この場】では日本語は受け入れがたい、というようにね。

633 :神も仏も名無しさん:2007/08/10(金) 19:15:50 ID:S6qMqnBK
進化論に変なロマンは無用

634 :神も仏も名無しさん:2007/08/10(金) 19:19:09 ID:wH9PPFvE
科学の芸術化、または芸術のための芸術は糞ナチファシストがやったことだ。ノイマンも言っている。科学は永久に経験的なものでなければない。

635 :神も仏も名無しさん:2007/08/10(金) 19:24:07 ID:xykOCjws
歴史的には「科学的に正しい主張」などいくらでも覆されてきたろうに。
普遍性をいいつのるかどうかはともあれ、ローカルな慣用も変容する。
結局、ダーウィンもアインシュタインも受け入れられたのはなぜ?

636 :神も仏も名無しさん:2007/08/10(金) 20:12:51 ID:vKk+cYOd
根拠があったからじゃね?

637 :神も仏も名無しさん:2007/08/10(金) 21:44:38 ID:UMCip+D6
反例の余地はあったのに、今まで上がってない。

638 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 02:38:29 ID:ehzTECym
そちらの方が合理的で有益だという根拠と立証を果たしてきたから

ちょっと前このスレで言われてたID説主張するなら
誰から見ても明らかな神の存在証明しろっていう事

そのより可能性の高い証明方法を提示したから認められた

これから逃げるようではニセ科学以前に戯言に過ぎない

639 :神我:2007/08/11(土) 04:32:06 ID:YJvf5vHm
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/souzouka.htm
進化論は間違い。

科学絶対主義の多い日本でも、頑張ってる人がいて凄いと思いました。
今後も確実に増えると思います。あまりにも科学絶対主義に洗脳されていた
人、全く神の知識のなかった人、創造論の名前すら知らなかった人が大勢
いるわけで、考えるきっかけを与えれば創造論のほうが正しそうだという
結論になる人は今後も増えるだろう。

進化論者は自分の理論に絶対的な自信があるのであれば、創造論が広まる
のを阻止せずに、両方考えさせて納得した方を選ばせればいい。
創造論は学校で学んでもいいと思う。

神の存在や創造論はそのうち誰でも認めるようになる。
人が霊的に成長するにつれて、自然に神の存在が理解できるようになる。
今はまだ霊的に成長して無い人が多いというだけですが、
霊的に未熟な人が、目に見えない世界や霊を感じたりすることは不可能な
わけで、それらの人(唯物論者)に何を言っても理解できないし無駄。
それよりも、神がいるかどうかどちらかわからない、という理解でき
そうな素質のある人から目覚めさせる方が大事。

真実は多数決で決まるわけではない。

640 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 06:16:43 ID:INlQHi54
真実は多数決では決まらない。
たとえ世の99%が宗教バカになっても、進化論は真実であり、創造論が欺瞞であることに変わりはない。

641 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 06:18:57 ID:INlQHi54
目に見えない、陽子も中性子も電子も、ちっとも不可解ではないが、
霊だの神だのが基地外であることは目に見えて明らかである。

642 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 06:22:49 ID:ehzTECym
別に進化論が否定されても

神の存在証明がなければ神の存在や創造論は認められませんよ

他の因子を探すだけ、それにしても現時点では宇宙人のほうがまだありえる

宇宙人=まぁ、宇宙の広大さや歴史の長さから可能性として現時点で居ないとは言い切れない
神=可能性の基準すら無い

まぁ単に異星生物に作られたってID論ではあるけどな

「その異星生物を神って言うんだ」

って教会や信仰、木っ端微塵な内容でも良いってのならまぁ説の一つとしては有りなんじゃねww
概念的な神を信じる人が多いからって信憑性高い説って事にはにはならないしね

いやぁ

「真実は多数決で決まるわけではない」

良いこと言うなぁ信仰する人間の数や歴史だけで意地張ってるアホに教えてやりたい言葉だよ

643 :神我:2007/08/11(土) 06:59:52 ID:YJvf5vHm
この世の原因、例えば物質の始まった原因は科学ではわからないのです。

でも、何かしらの原因があることはわかっている。
原因がなければ何も無い、この世もない。
このことから創造主がいることは明らかです。
じっくり考えてみてください。この世の原因、物質が始まった原因を。


644 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:17:25 ID:XtM7pb8T
始まりや原因があるって言うのは、もしかしたら思い込みではないのかね?

645 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:18:47 ID:j2NuxyiM
>>644
それもまた妄想であり・・

646 :神我:2007/08/11(土) 07:19:48 ID:YJvf5vHm
物質だけでなく、物質の特性にもその原因が存在します。
この世の最初は何も無いところからスタートしてるわけですが、
創造の力、エネルギーがあったからこの世の始まりが起きたわけです。

つまり最初は何も無く、偶然すら起こりえない状態なのだから、
そこから創造の意思が働きこの世が始まったと言う自然な発想です。
神の概念を知らない人が大半ですが、
白い服を着た杖を持った爺さんのイメージは空想の産物です。
神とは何かというと、この世の全てが神です。
なぜなら神の外に何物も無いからです。ここは省略します。
スピリチュアリズム等で各自学んでください。

神を理解するようになれば、あなた方も幸せに近づくことになるでしょう。
真理を理解するほどに、成長していき悪を捨て善を目指すのであれば、
100%誰だろうが幸せになります。真の幸せを得る唯一の方法がこれです。
これは争うための書き込みではありません。
神を信じなければ今よりも不幸になるとも言いません。
ただし、何か変わる意思が無いのであれば今のままです。


ttp://x51.org/x/05/05/0950.php
物理的に考えられないことはいくらでもあります。

647 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:19:58 ID:XtM7pb8T
始まりがあると言い切る方が妄想じゃない?

648 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:22:07 ID:XtM7pb8T
>この世の最初は何も無いところからスタートしてるわけですが、
>創造の力、エネルギーがあったからこの世の始まりが起きたわけです。

いやいや、最初は何もなかったんだから、創造の力やエネルギーもあっちゃまずいっすよ。

649 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:29:15 ID:Z8xUgQdr
>ttp://x51.org/x/05/05/0950.php
>物理的に考えられないことはいくらでもあります。

本人の申告を素直に信じる素朴さが宗教にハマる一因かも知れないね。

650 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:32:34 ID:ehzTECym
>>643
解らない原因というのも変ですよね

この際始まりなど無いとしたら良いんじゃないですか?

まぁメジャーなんで例えで使いますけど
キリスト教の「光あれ」にみたいにも取れるビッグバン理論も最近じゃおかしいって声が挙がってるんですよね

そうゆう説の中には宇宙って空間は物質込みで永久過去から存在してて
紐宇宙やら膜宇宙といった説によって想定される個別の宇宙が高次空間に漂ってたりしてて
それが、ぶつかったりした時に攪拌され運動が始まったってのもあるんで

それだと、別にこの宇宙の原因は無いし宇宙同士の激突だって
別にこの宇宙をどーにかしようって意思が働いたとは言えないですよね

まぁ、何が言いたいかと言うと

「解らない」って言ってるくせに「始まりがあった」って断言しちゃう時点でロジックが破綻してるんで
そうゆう理屈なら「解らない」けども「始まりなんて無かった」

って説も十分成り立つと言う事なんですよね

651 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:43:01 ID:j6UX6jpl
同じ理屈で「神が宇宙を創った」というものも認められるべきだろうね。
どうせ「解らない」んだから。

652 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:48:51 ID:Z8xUgQdr
不要な仮定は外して見よう。

653 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:50:05 ID:j2NuxyiM
真実を言おう

始まりが無いのはこの「空間」だけ

神は空間から発生した

無限分の一の確率により

654 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:53:00 ID:y2lWtyry
始まりだの終わりだのといった概念それ自体、極めて帰納的で、単純に宇宙に拡張適用出来ると
いう保証なんてないんじゃないの?

655 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:55:16 ID:ehzTECym
ここで認められるべきとか言っちゃう辺りなんだかな
別に永久過去から宇宙が有る説は説としてあるってだけで認められてる訳じゃないですよ

認められてるのはビッグバン説はなんかダメだって事だけ

日々科学者の皆さんは数式なんかと格闘して
「誰から見ても矛盾の無い論理」をはじき出そうと努力してるんだけど

「誰かから見たら訳の解らない論理」を真実とか言うような顔して言ってるのはおかしいと言う事なんですよ

神の存在そのものの証明の何か手がかりになるものってあるんですか?
超紐理論とか膜宇宙論には「重力の強さ」とか取っ掛かりがありますけど

656 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:56:16 ID:y2lWtyry
>始まりが無いのはこの「空間」だけ

時間は?

>神は空間から発生した

そんなもの発生しなくても困らないけど?

> 無限分の一の確率により

安易に分母を無限にされてもなあw

657 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 07:58:39 ID:y2lWtyry
>「誰かから見たら訳の解らない論理」

数学できないDQNに解らないって言われると、確かにお手上げかもねw

658 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 08:01:35 ID:y2lWtyry
>超紐理論とか膜宇宙論には「重力の強さ」とか取っ掛かりがありますけど

そいつは、重力相互作用だけが、他の相互作用に比べて飛び抜けて弱いことの仕組みについて言ってるだけでしょ。

659 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 08:09:38 ID:j6UX6jpl
>「誰かから見たら訳の解らない論理」を真実とか言うような顔して言ってるのはおかしいと言う事なんですよ

学校とかじゃ、すでに反証されてる仮説を「さも真実」って風に教えるんだけど?

660 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 08:33:41 ID:U1zoIEJK
>>656
時間なんてあると思ってるの?

661 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 08:43:19 ID:ehzTECym
>>657
それでも数学ってのが解れば解る様に作ってるしそれで検証もできる穴があったら没
神学学んだってあーじゃね?こーじゃね?っての増やす一方だけじゃない
学ぶのは取りあえず誰でも出来るという事の上での信憑性の話しでね

>>658
だから「取っ掛かり」になってるんで
じゃあ宇宙は便宜的に薄くてその作用は高次元や他の宇宙に逃げてってるんじゃね?って

>>659
だけど何?
学校が真実?

その辺の弁解聞きたいなら文部科学省へメールでもしてみればいいんじゃないか?

662 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 08:58:58 ID:iNoVtBSX
自然の世界は物質の世界である。物質にはどれも時空の属性が伴っている。
だから時間・空間のうちにある世界は有限の世界である。

霊的世界は非物質の世界である。非物質には時空の属性がない。
したがって時間・空間の内にない世界は永遠の世界である。

一人の人間をとってみた場合、肉体やそれに伴う感覚は前者の世界に属し、
心や精神・霊魂は後者に属する。ゆえに人間とは自然界に属していながら
同時に霊的世界にも存在している。

神は時空内にはおられない。したがって肉体の感覚でのみ考える人は神の
存在が分からない。肉体の感覚を超えた世界つまり、精神の世界で考える
人は神の存在がよくわかるようになる。なぜなら人間そのものとしてみた
場合、人は内部では霊魂そのものである。


663 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 09:01:28 ID:xoXh1NzH
>>660
空間なんてあると思ってるの?

664 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 09:16:23 ID:ehzTECym
>>662
キビトエルゴスムとかそうゆう事?

人間が神と同質のモノ持ってるってんなら
益々神が世界や人類進化に関与したというのが謎だな

むしろ、その説だとこの宇宙で人間として産まれて魂になったら外にでて神になるって
宇宙や人類が発生したから神が居るってのが良いんじゃね?

宇宙や進化物質の発祥に絡まない話題だからスレ違いだけど

665 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 09:51:03 ID:YLGz4n9C
>>663
ただの屁理屈チャンwww

666 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 10:14:58 ID:kd2rC7D8
>x51.org

これって、報道サイトじゃなくて
オカルト趣味者の個人サイトなんだけど。
海外からネタを収集してるだけなんだがなぁ。

>ttp://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/souzouka.htm
>科学の諸法則(メンデル・熱力学・パスツールの実験等)に反する進化論教育でなく、

この時点でおかしいと思えなかった?
「山形大学工学部元講師」の文字を見ただけで信用しちゃったんじゃないの?

667 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 12:18:35 ID:a/ZIX1E+
創造論者はなんでそんな3秒でばれるウソを付くんだろうなw

668 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 13:14:54 ID:iNoVtBSX
>>664
>益々神が世界や人類進化に関与したというのが謎だな

別に謎でもなんでもない。神は人類を天界に住まわすため造られたのだから。
自然万物はそのためにある。

>宇宙や進化物質の発祥に絡まない話題だからスレ違いだけど

後に在るものは、先に在るものが原因となって存在するのです。先に在るものは
最初にあるものが原因となってこそ存在出来るのです。
科学では、最初に在るものがまったく説明できません。

量子力学の世界で因果関係は完結していること、つまり、物理的な原因だけが
物理的な結果を引き起こすのということであれば、物質でない心が物質である
脳に影響を及ぼすなんて論外だということになる。

それで、大半の科学者や哲学者は、精神的な出来事はそれを引き起こした物理
的な状態を通じて再び脳に影響するかもしれないと、認めるのがせいぜいとな
る。
これは、Aという脳の状態がA’という精神の状態とBという脳の状態を引き起こ
す。しかし、原因は脳の状態Aであって、精神の状態A’ではないのだということ
です。

しかし、脳の変化を引き起こすうえで意志的努力が決定的な役割を果たしている
ことが、OCD(強迫性障害)の研究からわかってきた。





669 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 14:47:25 ID:qAjZoTpm
>科学では、最初に在るものがまったく説明できません。

君と同レベル程度には説明付くだろ。根拠が無いだけで。
根拠が無くていいならいくらでも説明は付く。
君は「最初にあるものは神です」と言ってるだけで根拠つきの説明なんて出来てないからな。
それだから君はだめなんだよ。


>脳の変化を引き起こすうえで意志的努力が決定的な役割

意志的努力も脳の働きだとすれば脳の変化がさらなる脳の変化を引き起こすのは別に普通じゃん

670 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 16:36:48 ID:iNoVtBSX
最初にある者は、永遠の過去から存在しまわすお方、唯一の神のみです。
だから神とは存在そのものであるのです。無から有が生じないのは真理であって
、それが理解できれば、時を超え空間を超えて永遠の昔から存在・実在している
神がおわすことがわかります。それを前提に神を信仰するのが宗教です。
科学で同レベル程度の説明がつくなら付けてみなさい。

>意志的努力も脳の働きだとすれば脳の変化がさらなる脳の変化を引き起こすのは別に普通じゃん

物質でない心が物質である脳に影響を及ぼすなんて論外だということを前提にしているので、
意志的努力も脳の働きだとすればと仮定することが自体が無意味な発言となる。
云っていること理解できてるのかしらん?





671 ::2007/08/11(土) 16:44:55 ID:PzxCD9f4
女性性器を 良く観察すると 進化では説明出来ない あることに気づいてしまいました。



672 :真まこと:2007/08/11(土) 16:49:28 ID:PzxCD9f4
つまり こう言う事ですが↓

敢えて無断で スレ紹介する事をお許しください。
http://www.meken.med.kyushu-u.ac.jp/~tosakai/board040625.html



673 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 17:48:17 ID:qniqCmxC
くだらねーーーー

674 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 18:59:37 ID:iNoVtBSX
>くだらねーーーー

そうだね。まったく焦点の合わないスレだね。笑点スレと言うべきか。

神から造られたアダムに臍はあったかとか、イブがアダムの肋骨からつくられたならアダムのなにはなにする
ためにあるとか、有性生殖とか、無性生殖とか、まあ聖書の霊的意味を知らない者が創世記に科学的解釈を加
える愚をしているだけだね。みことばで骨とはエゴの意味だよ。つまり、女が意味しているエゴとは、女とは
騙されやすいという意味から来ているのであって、人を騙すのはエゴ以外の何ものでもないー自己愛と世間愛
のことを言っているのです。





675 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:01:39 ID:VGWeCbra
>670
>最初にある者は、永遠の過去から存在しまわすお方、唯一の神のみです。

そこらを保留して、人が認識できる事象に限り、きちんと理解しようとするのが
科学だってこと、理解できる?

676 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:05:12 ID:qAjZoTpm
>>670
>永遠の過去から存在しまわす
ここに根拠が無い

>無から有が生じないのは真理であって
ここにも根拠がない。
宇宙の始まり以前の物理法則も何もなかったときでさえその法則が成り立っていると確かめたやつは居ないはずだが。

>それを前提に
根拠が無いものを前提にしちゃう時点で論理的に「正しい」とは言えない。
「私はそう信じている」とだけ言ってればいいのに。

ついでに言うとただでさえ根拠のないところから出発してるのに
途中の論理展開さえもおかしい。
無から有が生じず最初に何かあったと根拠無く仮定したとしても、
それが意志・思考を持った神である必然性がない。

根拠無く途中の論理展開もおかしいレベルでいいなら俺が適当にお話作ってやるよ。
「宇宙が始まる前には無から有が生じないという法則は存在しなかったために
 無から有が生じ、それをきっかけとして宇宙が始まりました」

君のお話は論理展開で言うとこれ以下だ。
まともに論理を組み立ててから「正しい」と主張するか、
それか「私はそう信じる」とだけ言っときなさい。


>物質でない心が物質である脳に影響を及ぼすなんて論外だということを前提にしているので

根拠が無い事を前提にしてる時点で大間違いだよ。
だめなやつだなあ君は。

677 ::2007/08/11(土) 19:06:35 ID:PzxCD9f4
くだらないスレですか?いやいや 参りましたね 有名な進化創造掲示板なんですが

http://6609.teacup.com/natrom/bbs



678 ::2007/08/11(土) 19:12:07 ID:PzxCD9f4
あと 基本的に聖書は 象徴 予言 霊的表現ありますが
基本的に 文字通り 信じるのが キリスト信仰ですが

例えば 十字架は文字通り 磔にされたのであり 三日目の復活も象徴ではなく 文字通り 復活されたと信じるのが クリスチャンです

679 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:14:24 ID:qAjZoTpm
クリスチャンというのは互いに
「これが正しい聖書の解釈だ、この解釈を受け入れる者こそクリスチャンだ」
とおしつけあうものなのかね

680 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:14:57 ID:iNoVtBSX
>人が認識できる事象に限り、きちんと理解しようとするのが
科学だってこと、理解できる?

理解できるから、科学は大口たたくっなっていってるわけだし。
それにしても、人が認識できる事象に限りってのは、おかしいぞ。
認識できても科学ではきっちり説明できないことは山ほどあるはず。
そこらを保留して、とはどういうこと?

681 ::2007/08/11(土) 19:18:42 ID:PzxCD9f4
確かに 仰りたい意味は わかりますよ。

飯食ってきます、今日中にまた後で 此処来ますよ、では 一度離脱します。

682 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:26:05 ID:VGWeCbra
>>680
>最初にある者は、永遠の過去から存在しまわすお方、唯一の神のみです。

というのが「人が認識できる事象」というのはずいぶん勝手じゃないかい?
そういうのは文化的な出来事であると認識してるが。


683 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:26:32 ID:iNoVtBSX
>>676 >>670
>永遠の過去から存在しまわす
>ここに根拠が無い

根拠は人の知性に照らせば理解できるはず。

>無から有が生じないのは真理であって
>ここにも根拠がない。

無とは思考したり記述するなにものもないってことだよ。理性働いてないのか?

>宇宙の始まり以前の物理法則も何もなかったときでさえその法則が成り立って
いると確かめたやつは居ないはずだが。
>根拠無く途中の論理展開もおかしいレベルでいいなら俺が適当にお話作ってやるよ。
「宇宙が始まる前には無から有が生じないという法則は存在しなかったために
 無から有が生じ、それをきっかけとして宇宙が始まりました」

物理法則がすべてではないってことが理解できないらしい。
というか、宇宙が始まる前には無から有が生じないという法則が存在したら科学理論は
根底から瓦解することが理解できないらしい。

684 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:31:49 ID:VGWeCbra
>>683
なんで日本には唯一神という考え方に基づく文化の伝統がないの?

685 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:33:01 ID:qAjZoTpm
>根拠は人の知性に照らせば理解できるはず。

はい、逃げきましたね。
「はず」だの「知性に照らせば」だのあいまいな言葉でしかごまかせない時点で根拠が無いことが明白。
ついでに言うと知性に溢れるような人物の中にも無神論者は居るんだがどういうことだろうねえ



>無とは思考したり記述するなにものもないってことだよ。理性働いてないのか?

いや、君が理性働いてないのか?
「何かが発生するためには元となる何かが無いといけない」という法則がないんなら、
なにものもないところからさえなにかが発生するようなことが起こったっておかしくはないさ。
その法則がない世界で、無から有が生じるのをとどめる何があると言うんだい?
そういう世界をイメージできないのかい?
論理が貧困なだけじゃなくイメージも貧困だねえ君は

686 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:33:29 ID:iNoVtBSX
>というか、宇宙が始まる前には無から有が生じる法則が存在したら科学理論は
根底から瓦解することが理解できないらしい。訂正ごめん。




687 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:36:04 ID:iNoVtBSX
>「何かが発生するためには元となる何かが無いといけない」という法則がないんなら、
なにものもないところからさえなにかが発生するようなことが起こったっておかしくはないさ。

気が狂っているとしかおもえません。


688 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:36:31 ID:qAjZoTpm
>>686
君の
「神が存在する!そしてそれが最初の存在である!根拠ぉ?知性で自明!証明終了!」
なんて奇怪な論理よりはまだ科学と整合性あるってw

689 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:38:11 ID:qAjZoTpm
>>687
イメージ貧困な人にはそうかもねえ。
俺には君のねじまがった論理とか、根拠に重きを置かない姿勢とかの方が
よっぽどキチガイじみてるように思えるけど。

690 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:53:52 ID:iNoVtBSX
>>688
>、、奇怪な論理よりはまだ科学と整合性あるってw

無から有が生じる科学理論を示したなら聞こうか。

>>687
>「何かが発生するためには元となる何かが無いといけない」という法則がないんなら、
なにものもないところからさえなにかが発生するようなことが起こったっておかしくはないさ。

そんな魔法の法則つくったらなんでもいえるさ。真理をとらえる思惟の基準なんて存在しない。
何が真で何が偽かまるでちんぷんかんぷんでしょう。


691 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:57:58 ID:VGWeCbra
>>690
そこから、科学が出発するんだな。

692 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 19:58:44 ID:qAjZoTpm
>>690
>無から有が生じる科学理論を示したなら聞こうか。

だから最初から言ってるだろ、君と同レベルだって。
神が存在すると言う根拠示してないのと同レベルなんだよw


>そんな魔法の法則つくったらなんでもいえるさ
「根拠無しに神を仮定すればなんでもいえるさ」
ほぉら同レベル。
君は自分を映す鏡に悪態ついてるんだよw
君の論理がどの程度のヒトかよぉくわかったんじゃね?

693 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 20:19:22 ID:RYaxI1Zo
>>692
>神が存在すると言う根拠示してないのと同レベルなんだよw

>存在の意味が理解できないらしい。

>>692

>「根拠無しに神を仮定すればなんでもいえるさ」
ほぉら同レベル。

根拠は存在そのものの方となんどもいってるだろうが。
頭ついてるか。メシきっちり食ってるか。頭に血めぐってるか?


694 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 20:23:36 ID:qAjZoTpm
どういうゆがんだ論理を使えばそれが根拠になるんだい?

根拠があるなら世界中の科学者は神を信じてるっての。
しかして実際はアメリカの科学者の六割は無神論者。

695 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 20:31:51 ID:RYaxI1Zo
キミと話してもこれ以上の理解を得ることはムリということは分かった。

696 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 20:34:14 ID:C+ZYsnxR
ブレがあるところがミソですね。
神が存在するという根拠も、神が存在しないという根拠も
存在してない。科学はそこに首を突っ込んで
先走って強引に答えを出そうとするものではない。
なので、科学を行いながら神を信仰することも信仰しないこともできる。

697 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 20:36:54 ID:C+ZYsnxR
>>695
「存在がある」→「神が創ったからだ」

という飛躍は、理解はともかく共感はしてもらえないと思うので、
それで正解だと思います。

698 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 20:44:11 ID:qAjZoTpm
>>695
だいたい正解だね。
君からまともな根拠は出てくることは一切なさそうだから、
当然、君が言ってることを「確かである」とか「正しい」とか
「科学的だ」とか「事実に近い」として俺が認めることは無いね。

まぁ、君がそれを根拠はあいまいなままとはいえ力いっぱい信じているというのは伝わったがね。

699 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 20:56:25 ID:RYaxI1Zo
>>695
>「存在がある」→「神が創ったからだ」
という飛躍は、、、

だれもそんなこと言ってません。
神が創造した存在(被造物)と言う意味ではなく、永遠の昔から在る存在そのものとは
神であるといってるのです。神みずからの中に在る存在・実在は、永遠からのものであ
り、みずからの中にあっての存在・実在は、造られたものではないと云っているのです。



700 ::2007/08/11(土) 20:59:15 ID:PzxCD9f4
進化創造論
と 言う考えは浮かばないのか?



701 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 21:07:52 ID:qAjZoTpm
まあ根拠が無いなら何でも云えるわなーw

702 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 21:15:31 ID:a/ZIX1E+
>>700
最初の生物は神が創ったが、その後は進化によって今のような生物が生まれましたよ。
とか
最初の生物の時点で、人間が進化によって生まれるように神が創りましたよ。
とか
生物の発生から進化までの間の科学的には偶然と思われる現象に神が介入して人間を創りましたよ。
とか
そんな感じの神を絡めた進化論はすでにたくさん提唱されてるが。

703 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 21:57:41 ID:ct2WoEO8
>>699
>永遠の昔から在る存在そのものとは
神であるといってるのです。神みずからの中に在る存在・実在は、永遠からのものであ
り、みずからの中にあっての存在・実在は、造られたものではないと云っているのです。

そう思うってだけじゃねぇの。あほか。

704 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 22:20:16 ID:cICl9ZPw
>>665
時間と空間の自乗和は保存するから、どちらかだけ仮想ということは有り得ないんだよ。

705 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 22:23:15 ID:cICl9ZPw
永遠の過去から神が存在出来るのなら、それが宇宙そのものであっても別段困らない。
神という特別なもの仮定する必要もない。

706 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 22:44:14 ID:cICl9ZPw
量子的真空からは何の理由も脈絡もなく粒子-反粒子が生成消滅し、ざわざわと漣だっている。

神に用はないけれど。

707 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 23:08:50 ID:LVI+e2wr
神様と宇宙って、人格があるかないかの違いだけではないでしょうか
呼び方を変えただけでは。

708 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 23:12:42 ID:ct2WoEO8
そういうこと考えるの人だから、「人格」を与えるんじゃね?


709 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 23:39:55 ID:RYaxI1Zo
>それが宇宙そのものであっても別段困らない。とか、
>量子的真空からは何の理由も脈絡もなく粒子-反粒子が生成消滅し、ざわざわと漣だっている。

科学理論を語っているつもりかしらないけど、まったく科学が分かってない人の発言だね。
重力理論と量子力学を使ってのビッグバン宇宙論の帰結は、時空は137億年ぐらい前に突如
現れたと云ってますが。その前には宇宙なんてないのよね。


710 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 23:46:03 ID:Dlm2Hgx7


カルト共まだ結果の出ない屁理屈やってるのか。

711 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 23:55:05 ID:qAjZoTpm
神を持ち出して宇宙を説明した気になってる奴はもっと科学をわかってないけどなw
オッカムの剃刀って聞いたことないんだろうか

712 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 00:18:51 ID:v4kZ3pQX
恵理子の剃毛なら少しばかり・・・・・

713 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 02:14:13 ID:Z48ew/2E
>重力理論と量子力学を使ってのビッグバン宇宙論の帰結は、時空は137億年ぐらい前に突如
>現れたと云ってますが。その前には宇宙なんてないのよね。

ホーキングはそうは言っていないね。

714 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 04:58:32 ID:1tUdoomI
>重力理論と量子力学を使ってのビッグバン宇宙論の帰結は、時空は137億年ぐらい前に突如
>現れたと云ってますが。その前には宇宙なんてないのよね。

あふぉだねえ。古典重力理論一般相対論では特異点破綻するけど、量子力学使うと、特異点回避
の方に逝っちゃうんでござるがなあw

715 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 07:51:33 ID:QUi7immN
RNA60塩基もあれば生命現象は起こりそうだし、60塩基くらいなら、普通に化学反応でも
繋がるかも知れないそうだが。

716 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 09:58:16 ID:YLjcOZZH
名称にこだわり 中身につまづく 子供らよ
サムシング・グレイト 宇宙生命の根源 偉大なる何かの意志 と呼ぶなら 納得するのですか。或いは 久遠実成の存在 永遠の仏陀 釈尊 とでも言えば 良いのですか?

まったくの偶然 何の意志の力もなく 様々な 法則が生じるほど 不思議なものが あるでしょうか。

私は イエスを信じます。

彼こそ 旧約のヤハウェと 一体の方だからです。

もし イエスが神でないなら 或いは 神の子と認めたくないなら 今日から 西暦を使わないで 赤十字 救世軍 教会介護福祉医療 ミッション教育関係 キリスト航空船舶 Yahoo等ネット通信関係 一切 利用為さらないでください。

717 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 10:03:59 ID:ZI+aZtkH
心理学者のユングと物理学者のパウリは偶然と呼ばれる現象の目的論的因果について考察して居る
宇宙が始めから現在の宇宙の状態を目指して居たと考えるなら銀河の誕生や生命誕生と言った過去の「奇跡」は起こり得べくして起きた必然と言う事になる


718 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 10:20:31 ID:YLjcOZZH
ユング心理哲学か、昔 アニマアニムス トリックスター 影 太母グレイトマザー等 学んだというか 少しだけかじったよ

潜在意識イドの怪物が 出てきた 昔の映画に禁断の惑星あったなあ、あの 可愛い娘さんも 80代だってさ

人間って弱い存在 しかし 宇宙意志は 人間を地球で養っている

地球の誕生 人間の誕生 イエスの誕生は まさに奇跡だよ

ロビーロボットだっけか、

719 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 10:29:07 ID:YLjcOZZH
禁断の惑星 アルティア
http://www.pcs.ne.jp/~yu/sf/forbidn.html
うわ 礼拝の時間だ


720 :神も仏も名無しさん:2007/08/12(日) 18:23:07 ID:AtqLMwmG
>>714
>あふぉだねえ。古典重力理論一般相対論では特異点破綻するけど、量子力学使うと、特異点回避
の方に逝っちゃうんでござるがなあw

その件はもう何回かやったので、過去スレみてくれ。ここでは文章添削だけしておく。
重力理論は一般相対性理論が現役で古典じゃない。もし、それに変わる重力理論があるなら示すこと。
それとホーキング説は確立した理論ではない。突っ込まれればめちゃめちゃになる理論。

721 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 09:16:18 ID:hrfmx86N
思うんだが2chの議論のレベルってそう低く無くて
たまに新書とか読むと、このスレでなら初期に突っ込まれている事を無批判に書いている著者も居て
2chの方がレベル高いんじゃねぇか?
と思う事もある
或いは2ちゃんねらーが本出して、マスコミの権威を利用して勝利宣言してるんじゃないかと(笑)

722 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 09:23:20 ID:3zQc9q2G
>まったくの偶然 何の意志の力もなく 様々な 法則が生じるほど 不思議なものが あるでしょうか。

まったく不思議を感じません、むしろ当然だと思います。
基本法則は様々ではなくごく少数、非線型な複雑化によって、さまざまな2次的3次的な法則を生じているだけ。
西暦は時間に基準を置くための便宜的なもので、実際キリスト誕生年とはズレている。
赤十字はスイスの国旗を反転させただけで、直接キリスト教とは関係のない表象。
宗教関係者こそ、医学工学自然科学のせいかを利用すべきではありません。

723 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 09:28:01 ID:3zQc9q2G
>重力理論は一般相対性理論が現役で古典じゃない。もし、それに変わる重力理論があるなら示すこと。

決定論的な理論は、相対論を含め古典論です。一般相対論が古典論である事は量子重力が完成している
かどうかにかかわりません。

>それとホーキング説は確立した理論ではない。突っ込まれればめちゃめちゃになる理論。

トウシロウに突っ込まれたくらいでは壊れないでしょうね。


724 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 10:02:05 ID:grkXhAGP
新書のレベルでやって欲しくないねぇ。
学部レベルの教科書2ダースも読んで、科学基礎論の数冊も片付けてから願いたいね。
古典論の何足るかも解ってないようでは話にならない。

725 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 19:13:04 ID:0hZiBAxr
これだけ科学が人工物造ったからには、自然淘汰という言葉は、
もはや「死語」にしたほうがいいんじゃね?

726 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 19:20:05 ID:SWwpFtvx
>>725
人工物なんてここ最近ちょびっとだけの話じゃん。
生物の長〜い歴史考えるには、大事じゃん。

727 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 20:07:23 ID:0hZiBAxr
自然選択により生物は進化したというなら、自然選択は妄想という概念
を抱く生物をいかに自然淘汰で造ったか説明せよ。ほら。


728 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 20:22:22 ID:0hZiBAxr
>生物の長〜い歴史考えるには、大事じゃん。

人と同程度のAIがつくれれば、自然選択説は終わりだな、きっと。

729 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 20:28:14 ID:1wH7uXAv
>>727
色々考えられる脳が合った方が工夫が出来て生存に有利だからじゃね?


>>728
人間と同程度のAIが作れる → 自然選択説が終わりになる

飛躍しすぎてて意味不明

730 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 20:45:55 ID:nLd5X6/m
>>728
人間と同程度のAIが作れる → 自然選択説が終わりになる

飛躍しすぎてて意味不明

つまりね、飛躍せずに説明すると、自然界に在る一つの生物を人工的につくれ
たら、自然選択説は否定されるということ。

731 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 21:12:06 ID:BH/CVHsC
>>727
自然選択なんだから、そういうのが現れたって別にいいじゃん。

732 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 21:42:25 ID:nLd5X6/m
自然選択説では説明できない種が現れたということですね。

733 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 21:46:01 ID:BH/CVHsC
>>732
自然選択説では、もともとどんな種が現れるなんて説明できないしその気もないじゃん。


734 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 22:00:29 ID:BH/CVHsC
>>730
全部つくれないとダメじゃねーか?

735 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 22:00:50 ID:nLd5X6/m
>もともとどんな種が現れるなんて説明できない

出来ないのならデタラメ説と言うべきでしょうな。

736 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 22:06:50 ID:BH/CVHsC
>>735
生命は変異して、環境に応じて選択されけど、今後どういう環境になるかってわかんないじゃん。


737 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 22:40:46 ID:bckmXLtw
淘汰はまさに無計画だったから妄想するようなものまで出来たのさ。

738 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 22:43:00 ID:bckmXLtw
>出来ないのならデタラメ説と言うべきでしょうな。

でたらめどころか、決定論的非決定性という、自然界の非線型的発展の真髄を的確にとらえてますな。

739 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 23:26:37 ID:nLd5X6/m
>決定論的非決定性という、、、

人間は、決定論的非決定性なるものの産物ですか。
これじゃ創造論者が進化論受け入れるわけネーーーベ。なあ。

740 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 23:47:31 ID:BH/CVHsC
>>739
科学を理解するつもりがないから創造論者なわけで、そりゃあたりまえじゃん。

741 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 00:07:55 ID:qerfLpy3
(補足)信仰と科学の方法をきちんと腑分けできる人は別だがね。

742 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 00:31:44 ID:EqAPVLp3
それは妄想と科学と言っても同義だね。

743 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 00:56:05 ID:U7XZkVZx

カルト共馬鹿丸出し!

744 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 01:05:45 ID:BhrTCjzl
現代では科学と唯物論はほぼ同義語になっている。

牧師:どうして科学しか信じなくなってしまったんでしょうか?
教師:それは科学偏重教育があんぽんたんを一杯つくったからじゃね。



745 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 01:16:42 ID:CM50YpM9
科学偏重の方がまだ問題は少ないと思うな。
検証を軽んじ、妄想の漏出を容認する風潮の方が余程問題だ。

746 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 01:17:56 ID:fTAQWABC
ヒント:胚

747 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 01:20:38 ID:/ScaR44S
>>744
牧師:どうして科学しか信じなくなってしまったんでしょうか?
俺:宗教信じても食料も増えなければ病気も治らないし、生活が楽しくもならんからだろw宗教イラネww

748 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 01:28:44 ID:/p8jFH56
どこの異世界の話をしてるんだ?
科学偏重なんて全然できてないだろ。
水伝信者が教師の間ですら発生するレベルだぞ?

749 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 02:11:19 ID:iMV95k56
科学の真髄は応用に非ず。

750 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 05:07:40 ID:IWy+pouL
発想や実用というレベルでは宗教も科学も同等だけどな、こうゆうモンだっつって使うだけだから

その「こうゆうモン」から何回でも同じ結果になる汎用的なモンを抽出するのが科学
たまに変な事になる、訳解らんモンにとりあえずの名前や仮説付けておくのが宗教

別に宗教もその「とりあえず」を「こうだから、これ以外にないから」って姿勢にならない限りは良いでしょ

神ってなんじゃいって研究をして
誰にも覆せない汎用的な実証が出来ればそれは科学で否定できないんだから

まぁ歴史的に見てその結果否定されたって案件が多いから科学的じゃないモノって事になってる訳で
科学だって大元は宗教組織が率先して世界の研究を行って産み出されたモノなんだし

内ゲバが今や完全に袂を分かつ事になった、それにはそれなりの理由があるって事だわ

751 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 06:10:54 ID:BhrTCjzl
まあこのように唯物論者のあんぽんたんばかりです。

752 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 07:32:32 ID:smtmV1P+
犬小屋には作った人がいる。だから地球にも宇宙にも作った誰かがいる。
笑える。

753 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 16:35:42 ID:INtbMCaJ
我神氏の意見にほぼ賛成です。
創造主抜きでは、この世の中が存在する原因が無くなってしまいます。
つまり唯物論は、この世界が、何の原因も無しに全くの無から生じたという、オカルト的な結論になってしまいます。
何らかの存在が、宇宙を作ろうという意思が無ければ、この世界が存在しなかったのは、少し考えればわかる明白な事実です。
ただし、宗教対科学という図式は違うと思います。
・宗教などの超自然の存在を認める立場(及びそれに基づいた科学)
・唯物論科学至上主義
・宗教と唯物論科学は役割分担的棲み分けるべきという立場
、という3つの立場が対立するというのが妥当な図式だと思います。
特に3な番目が、ヨーロッパや日本ではもっとも多数派のように思えます。
また本音では唯物論科学であっても、それを露骨に表明すると、政治的な体裁や社会との折り合いが悪いので、表向き棲み分け派のふりをしている人も多いでしょうが。

754 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 17:42:48 ID:soKfv9BS
で、その創造主は誰が作ったの?
では、その創造主を作った創造主は誰が作ったの?
何の原因もなしに全くの無から生じたの? オカルト的に?
それとも、何の根拠も無く永遠に存在するから発生なんかしてないよと言うの?



755 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 18:48:02 ID:TLh9LSMi
ヴヮッカだね、この子は。あのね、創造主はつくられたものでないから神なのだよ。
自らの中にある存在、つーか、存在そのもののお方、つーか、だから、唯一の神で
あって、「あってあるもの」と呼ばれるんだよ。

756 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 19:14:27 ID:soKfv9BS
で、その証拠は? 根拠は?


757 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 19:38:24 ID:nvlHXnqS
池田豚作教徒かな?

758 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 20:29:21 ID:hd21a/6W
>で、その証拠は? 根拠は?

旧約聖書 出エジプト記3.13 人の理性

759 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 21:23:22 ID:soKfv9BS
なんで、旧約聖書が根拠もしくは証拠になるの?
それを裏付ける観測結果などはあるの?

信者でも何でも無い人間からしてみたら、聖書に書いてることも記紀に書いてあることもエッダに書いてあることも同じようなものでしか無いんだけど?

760 :753:2007/08/15(水) 00:01:57 ID:INtbMCaJ
別に創造主を聖書の神様と特定したわけじゃないです。
ただ、何の原因も無しに、質量やエネルギーのないゼロから膨大な大きさの物質とエネルギーを持った広大な宇宙ができたという説が明らかに矛盾していると思い、その原因が唯物論にあると考えたからです。
完全な唯物論者は、創造主を認めませんから、偶然宇宙が無からできたと主張せざるをえないのでしょう。
創造主がどんな存在で、どう宇宙を創造したかはまだわかりませんが、物事には全て原因があるはずです。
そうでなければどんな科学も成立しないはずです。
そして究極の原因=創造主という存在に行き着かざるをえません。

761 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 00:28:03 ID:iOYN+HyY
糞大学、糞学問の社会的意義はネタ提供

事実の伝達ではないの

君達にはぴったりのお役目だぜ!www


143 :メイク魂ななしさん:2007/08/13(月) 17:55:47 ID:UxxM5rnE0

ああ、そうそう。ポアンカレ予想に関する君の解説には
笑わせて貰ったよ

君の持ってる学位とやらも、DMと大差ない糞学位なん
だろうwww


144 :メイク魂ななしさん:2007/08/13(月) 17:59:09 ID:UxxM5rnE0

>>142-143
そういう糞学位保持者が、DMについて文句を言うと。
要するに近親憎悪ですな。

菊地や天羽のような糞学者がニセ科学に文句を言うのと
同じ構図だ。

762 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 00:29:00 ID:iOYN+HyY
ところで、上の比ヤングは黒木掲示板時代から暴れてる(最近は、うまとかふまとかいう名前を使うことが多い)「荒らし」の人なので、適当にあしらったほうがいいですよ。

Posted by: きくち | 2007.08.14 at 11:58 PM
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_48b0.html


321 :ご冗談でしょう?名無しさん :2007/08/15(水) 00:20:56 ID:XxIoAyeA
>>320 仲がいいんだなw

763 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 02:24:43 ID:W7um/nvT
>>760
そのとおり。さすが道理をわきまえている人は違いますね。
しかるに、道理もクソもない人は厚顔無恥にも支離滅裂な論法を用い
このような屁理屈こいても平気なようです。

>>687
>「何かが発生するためには元となる何かが無いといけない」という法則がないんなら、
なにものもないところからさえなにかが発生するようなことが起こったっておかしくはないさ。

この頭たちが宗教は妄想ときめつけるのだからおかしいね(笑)

764 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 03:01:10 ID:m77VgnDU
>>760
その論法じゃ究極原因である「神が発生した」ならまだしも

「神が作った」になる理由が解らんぞ思惟的なインテリジェンスの介在する余地がその文には無いでしょ

765 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 03:12:28 ID:iOYN+HyY
>>762
jbkjnkl;l]:,.

766 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 04:19:43 ID:m77VgnDU
宇宙の始まりって発想事態が偏屈で凝り固まった発想宗教的ともいえる
時空の始まりなんぞない宇宙はずーっとあった物質もあった
違うというなら始まりを証明しなければならない

たまに犬小屋の話しを見るが世の中の身近な現象と世界に類似性を見出しマクロ的に拡大した雛形論のようなものなんだろうが
それに則った考え方をしてみるとして

犬小屋を作った人間の系譜の根源たる人類の起源に繋がる生物の起源に繋がる物質の運動の根源となった現象の大元の作用が起こった現象を起こした作用の……

で、犬小屋が出来るという現象の原初が何処にあるんだと

大体、世の中の人間の解る範囲の現象の始まりなんて誰にも解らない
無いと言っても良いくらい世の中の物事に完全に最初であり始まりと言えるモノなど無い
なぜ世の中に限りなく存在しないモノをあると言ってはばから無いのだろう

結局0はゼロ、無であって存在しないと言う事を表すと言う事が理解できないんだろうか
だから無から何かが生まれたなどという妙な事を言い出すのか
何かが発生したならその根源に何かが存在したと言う事無は存在しないから無、ゼロは何も無いからゼロ

これは便宜的に基準点を示す為の第三者的視点からの「設定」に過ぎず
創造論を語る人間が基本とする妙な話「ゼロや無が存在した」等と言う事はありえない

767 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 09:45:50 ID:ExxWyLkH
究極の原因だろうと創造主だろうと勝手に信じればいいけど、
進化論の科学的妥当性とは無関係。753は進化論を否定している
わけではないだろ。

768 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 11:14:39 ID:c4gl6dTA
第一動因んなておかしなもの考える方がオカルトだ

769 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 11:19:52 ID:eyjqKk2M
物事に全て原因がなければならないなら、
神に始まり(原因)がなくてもいい理由は?
神を特別扱いする理由は?そうする動機は信仰でしかないだろ。

結局、世界の根本的な始まりについて
何の答えも出せてないんだよ。

770 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 13:50:46 ID:3NeNtLBa
  _  ∩   _  ∩
( ゚∀゚)彡 鶴瀬!鶴瀬! ( ゚∀゚)彡 鶴瀬!鶴瀬!
 ⊂彡   ⊂彡


771 :753:2007/08/15(水) 14:31:45 ID:12QSyUUa
>>766
宇宙に始まりがないと信じていたのはアインシュタインみたいな唯物論者の方でしょう。
それこそ単なる信仰(というより迷信)だったことが、後に宇宙が膨張していることで判明したんですよ。
それと「ゼロや無が存在した」と矛盾したことを言っているのは、ホーキングのような唯物論・無神論を信仰する物理学者ですが。

772 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 15:11:29 ID:iOYN+HyY
> 大学であるので、そのサイトで名誉毀損や侮辱が起こらないよう、通常のプロバイダーよりも高度な注意義務がある
> 国立大学のサイトなので、そこに書かれたことは他のサイトよりも一般に信用されやすい
http://www.minusionwater.com/ochajudgement3.htm

吉岡のこの主張について大学は「争う」姿勢を見せたと言っているのですが、これは本当でしょうか。
お茶の水大学が情報発信に関して、こんな無責任な考えを法廷で表明するとは思えません。
これは逆に、大学の名誉を毀損する作り話と見ていいのではないでしょうか。

773 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 15:23:09 ID:3mO50L2Z
やはり手を抜きすぎたか。

774 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 16:36:21 ID:U3zVf/hu
古代の哲学者は既に皆さんの議論を乗り越えて居たと言う事がパルメニデスやアリストテレスの思想を知ると分かります
そこまで逆上らなくてもせめてヘーゲル位は押さえて置いた方が良いでしょう


775 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 19:32:56 ID:LJ/oKNmL
有限な経験の範囲から抽象された概念だよね、始まりとか、物事のは始まりがある筈だというのは。

776 :ゆみちゅん:2007/08/15(水) 19:44:36 ID:1HIunI70
創造者がいて、進化者もいて 破壊者が まもなく 全てを打ち壊すんだよ、ビシュヌ伝説に書いているよ、

科学も量子論までいっちゃうと 正直 チンプンカンプンの ふわふわ綿飴みたいで 掴み所ジョージの木の葉のこのこ ッスね、

ゆみちゅんと行こう ハルマゲドン後の世界一周栄光のからだツアーに 参加されますか?
http://6202.teacup.com/remnant/bbs

それにしても熱い ホッと

777 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 20:12:41 ID:CC/y64bg
>>769
>物事に全て原因がなければならないなら、
神に始まり(原因)がなくてもいい理由は?
神を特別扱いする理由は?そうする動機は信仰でしかないだろ。

神の始まりに原因などありません。神ご自身が、目的であり原因であり結果だからです。
そのことから神は、アルファでありオメガであるといわれます。

こんきょ(教義)。
「わたしは初めであり、終わりでる。わたしをおいて神はない。神である主、今おられ、
かっておられ、やがて来られる方、全能者がこういわれる、わたしはアルファであると
ともに、オメガである。」(イザヤ44・6 黙示1・8、22・13) 

唯一である主は、永遠の、むかしからましまし、宇宙とその万物を、ご自身のみ力によ
って創造されました。けっして無からの創造ではありません。

信仰とは、人に備えられた意志(愛)と理性(英知)の結合の現れです。
人の中でほんとうに生きているのはこの二つです。



778 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 20:14:28 ID:EoJCyfN4
神がすべてなら、宇宙の存在余地などないわけだ。

779 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 20:16:15 ID:EoJCyfN4
教義や教典の言葉は何の根拠にもならない。
妄想や戯言と同じもの。

780 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 20:28:09 ID:U3zVf/hu
アインシュタインの相対性理論や最新の5次元宇宙論なども妄想、空想から始まったと言う
妄想を馬鹿にしてはいかんと思う


781 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 20:32:07 ID:1HIunI70
で アインさんも ダーウィンさんも フロイトさんも マルクスさんも レーニンさんも なぜかユダヤ人なんですよね 不思議です。

782 :神も仏も名無しさん:2007/08/15(水) 21:11:12 ID:CC/y64bg
>>769
>物事に全て原因がなければならないなら、
神に始まり(原因)がなくてもいい理由は?
神を特別扱いする理由は?そうする動機は信仰でしかないだろ。

神の始まりに原因などありません。神ご自身が、目的であり原因であり結果だからです。
そのことから神は、アルファでありオメガであるといわれます。

「わたしは初めであり、終わりでる。わたしをおいて神はない。神である主、今おられ、
かっておられ、やがて来られる方、全能者がこういわれる、わたしはアルファであると
ともに、オメガである。」(イザヤ44・6 黙示1・8、22・13)
 
唯一である主は、永遠の、むかしからましまし、宇宙とその万物を、ご自身のみ力によっ
て創造されました。けっして無からの創造ではありません。

>>779
>教義や教典の言葉は何の根拠にもならない。
妄想や戯言と同じもの。

動物には、意志も理性もありませんから、意志の愛に変わり、また、理性の英知
にかわり、生まれつき備わった能力(本能)があります。ただし人の意志(愛)
と理性(英知)が自然的以上に向上しないなら動物のそれとかわりありません。

しかし、人には霊的な愛と英知がありますので、意志と理性(精神)の向上が
神のみ力によって図られるのです。それで神の雛形といわれる由縁です。
信仰とは、人の意志と理性により、人を神に向けさす羅針盤です。

しかし、人の自己愛と世間愛はしばしば信仰に逆行しますから、地獄に向か
います。主はそれにいつも愛と英知で対抗されます。主の働きがあまりにも
ひそやかなので、人はそのことに気づきません。


783 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 00:34:53 ID:pU5SBPbr
>>781
着想と永久妄想をいっしょにするなw

784 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 00:36:37 ID:pU5SBPbr
>>781
アリストテレスは?
ガリレイは?
ニュートンは?
湯川は?

785 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 00:37:51 ID:pU5SBPbr
>>783>>780

786 :デウス・エクス・マキナ:2007/08/16(木) 02:28:21 ID:ANCUJG94
今からこのスレは我々ユダヤ人と同化する。抵抗は無意味だ。同化した暁にはフォン=ノイマンのブロンズ像が君たちに贈られる。

787 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 03:30:44 ID:ohU/gNZu
ユダヤ人がヤーウェを捨てられたら手を組みたい。

788 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 03:56:12 ID:eAU9InSj
>>782

「要するに科学的な根拠は無いんです!」

と絶叫しているかのような文章だな

789 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 04:04:17 ID:Rd6trVkQ
動物に理性はどうか知らんが、意志がないとは到底思えんな。
つか、念仏よろしく唱えてるだけで何の説明にも証明にもなってないね?

790 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 04:08:10 ID:DU8+qAn6

動物には、意志も理性もありませんから、意志の愛に変わり、また、理性の英知
にかわり、生まれつき備わった能力(本能)があります。ただし人の意志(愛)
と理性(英知)が自然的以上に向上しないなら動物のそれとかわりありません。
しかし、人には霊的な愛と英知がありますので、意志と理性(精神)の向上が
神のみ力によって図られるのです。それで神の雛形といわれる由縁です。
信仰とは、人の意志と理性により、人を神に向けさす羅針盤です。
しかし、人の自己愛と世間愛はしばしば信仰に逆行しますから、地獄に向か
います。主はそれにいつも愛と英知で対抗されます。主の働きがあまりにも
ひそやかなので、人はそのことに気づきません。


一切お前の妄想。ないしは吹き込まれた欺瞞。

791 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 04:14:26 ID:3YLZXRrV
アホな信者がいると肯定したくなくなるなぁ

792 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 07:23:50 ID:6JgdPOFm
進化論者は ヒトラーの優性思想に貢献した、という話を聞いたことあるんですが
適者生存って 強い者が勝ち残る 思想

なんか タイムマシーンのモーロック族の親玉が 同じこと言ってた考えで 受け入れられないなあ。

理不尽な世の中 その集大成が 十字架であり、

解決が最後の審判なんだと 私は思うよ。

793 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 07:43:07 ID:Oou1m0b8
思想は思想に過ぎん。

794 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 09:17:50 ID:4lSoCsq7
映画のキャラの台詞だの無理解からくる風評に眉をしかめるだけで、
けして進化論そのものを理解しようとはしないんだね。

795 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 09:56:11 ID:nThRPTBO
刷り込まれるだけで、決して理解しない脳なんだよ。

796 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 10:51:59 ID:bktYNdzV
何度も言うが妄想を馬鹿にしてはいけない
心の中から出て来た思想は存在と言うレベルでは物理的事象と勝るとも劣らない現実的力を持つのだ

797 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 10:54:47 ID:bktYNdzV
5次元宇宙よりキリストの十字架の方が人類にとって偉大な発見であると私は言えると思う
物理現象だけが実在では無く心理現象もまた同等の実在なのだ


798 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 14:12:18 ID:qRmR0Pcu
とりあえず、説明能力ないならどーでもいいよ。

799 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 18:55:04 ID:yMl/Gtbu


宗教オタク共まだくだらない屁理屈対決してるのか!
お前らも好きだな!

800 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 19:53:48 ID:VHT5sixj
ときどき覗き込んで?
>宗教オタク共まだくだらない屁理屈対決してるのか!
の定番セリフ。
ヌシも好きだな!





801 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 20:02:28 ID:boCXvxMk
我 ◆82SSORBSMoさんみたいなキャラだと思う。

802 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 21:29:32 ID:VHT5sixj
進化論派は科学理論で外装しているから、比較的脆弱な内部から崩壊を導く
ことが正攻法と思われたがたいして功を奏さない。したがって外装が見かけ
の鎧であること悟らさなければならない。

命題一:物質脳からいかに心は生まれたか? 唯物科学は沈黙するばかりである。

803 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 21:32:46 ID:VHT5sixj
命題一:物質脳から心は生まれた。この説明に唯物科学は沈黙するばかりである。


804 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/16(木) 21:41:06 ID:/6DK5ziL
>>802-803
脳科学者に対する侮辱だな。

805 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 21:52:28 ID:yMl/Gtbu
>>800>>801
お前達も同じ穴の狢か。
しかし貴様らよく飽きないな!宗教がそんなに大切なのか?
お前ら書き込み読んでカルトとしかいいようが無いな
一般社会からかけ離れてるぞ。悔しかったらまともな意見を
書き込みなさい。

806 :神も仏も名無しさん:2007/08/16(木) 22:18:01 ID:eAU9InSj
>>803
 それ研究して飯食ってる科学者も居る以上、沈黙はしてねえだろう。
 まだ根拠も成果も足りないから「こうです」とは言い切らないだろうけど。

 「魂のおかげです」とか「神のおかげです」とか
説明にもなってないようなあいまいな言葉で済ませちゃう種類の人たちも居るけど、
あれは科学じゃないので根拠や詳しい説明なんか無くてもいいからにすぎないやね。
 「根拠が無くてもいい」タイプの人はそういうあいまいな言葉で満足しておけばいいんじゃね?

807 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 03:30:03 ID:cYYMDZ/C
心は概念と定義だろ、そんなの誰かが動機や発汗やら体温の上がり下がりから想像して
カテゴリ分けして産まれたモンじゃないか

どこからどこまでが心かって定義を示さないでさも難しいでしょなんて顔してお題だけ出して
ノラリクラリしてるから妄想論者はバカにされるんだよ

恐怖や脅えといった身を守る為のリアクション行動までも
心とするなら脳そのものがそれのために生まれた予測器官だし

単細胞生物が増えるのも心があるから?違うでしょ

増え滅びない為にある種の感覚器官として脳が産まれただけ

そのリアクションを意味有る事だと定義したから心って概念があるだけ
それを作る教育文化ってのもコロニーやコミュニティを作って生活する動物の発展形なだけだし

808 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 04:41:20 ID:llxyu5Z5
宗教法人キリスト者学生会(KGK)では、進化論の誤りをちゃんと教えてくれるよ。
進化論は聖書に反しているし、人間を不幸にするパラダイムだよ。
聖書に則った生き方をして幸せになりましょうよ。

809 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 04:49:05 ID:cYYMDZ/C
別に生き方と進化論は関係無いじゃないですか人の良き隣人たる科学も愛してあげてくださいよ

810 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 05:22:32 ID:W1mxCPrd
聖書が嘘つきの塊なのに

811 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 12:09:11 ID:8DembOpp
宗教は進化論とは別の次元の真理を語って居る訳でどっちも信じたらどうですかね。


812 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 12:13:14 ID:I3B/rKQJ
宗教が真理かどうかは確認しようがないからな。
まあ、キリスト教は肌に合わないんでイラネ。


813 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 12:13:31 ID:8DembOpp
一つアドバイスすると「ユング」を読むと宗教と科学、矛盾する真理をどちらも無理無く創造的な方向で受け入れられるという離れ業が可能になります


814 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 12:16:48 ID:8DembOpp
812
宗教は心理的な真理なんですよ
物理的な真理だけが真理というのは現代の偏見であり心を貧しくしていると思います


815 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 12:22:35 ID:I3B/rKQJ
おまいがどう思おうが、漏れには関係ない話だな。
宗教的な充足は日本に残るもので満足しとるんで、キリスト教みたいな一神教はイランよ。

816 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 12:34:59 ID:v86STd4f
815に同意。
ったくなぁ、押しつけるなよ。

817 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 12:38:22 ID:cYYMDZ/C
ユングなんて集合的無意識とか汎神論の一片みたいなもんだし

一神教的発想には邪魔じゃないかね


818 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 16:07:33 ID:8DembOpp
別にキリスト教を押しつけたつもりはないよ?
ただ神話に合理性が無いと言う批判はそもそも土俵の違いを弁えて居ないナンセンスな議論だろう


819 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 16:11:34 ID:8DembOpp
一神教VS多神教と言う構図は大東亞戦争の時に軍部が文明の戦いを強調する為に作り上げたプロパガンダで、三位一体の一神教の観念は日本のみならず世界各地の宗教神話の中に確認されて居ます


820 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 16:49:29 ID:v86STd4f
>>818
神話は信念の体系だから、自然科学の対象にはならないよなー。そう、土俵が違う。
神話解釈ということなら「科学的に」いくらでもなされているけどさ。

>>819
そういうタワゴトを並べるところからして押しつけなのさ。

821 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 16:58:15 ID:I3B/rKQJ
>>819
いつ、だれが、どのような形で確認したのかね?
その確認されたという説の妥当性は?
きっちり、ソースを提示汁。


822 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 17:04:54 ID:sOLKuzPa
>>814
宗教的な真理ってえのは宗教の数だけ沢山あって
それらが互いに矛盾しあったり否定しあったりしてるな
そんないい加減な真理イラネ

823 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 17:07:26 ID:sOLKuzPa
>>814
>物理的な真理だけが真理というのは現代の偏見であり心を貧しくしていると思います

「思います」ってことはただの君の考えで根拠ないんでしょ。

俺は、君のその考え自体が偏見であり心を貧しくしているんじゃねーかと「思います」

824 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 17:49:32 ID:jPBEinpH
>820
いや、神話も民俗学や社会学と脳神経学が発展すれば将来、自然科学の範疇で扱えるようになるかも知れないよ。
こう言う生活環境、生活習慣と文化を持った集団がこう言った神話を作り出すことは統計から相当の合理性があるとか無いとか。
まあ、今は未だ扱いきれないよね。

これは仮定の話だけど、神なんて内の飼い犬の名前「神」だよって言って、飼い犬登録でも公開すれば神の実在は証明できる。
でも、こんなことを考えるのは俺みたいな非宗教よりで科学の素養も低い馬鹿くらいで宗教への信頼が高い奴は言い出さないだろうけどな。


825 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:16:02 ID:8DembOpp
私は科学の領分を犯すつもりは無いし
宗教の発生に付いて科学的な説明が付いたとしても別に驚かないし科学の発展にますます期待して居ます
皆さんよりほんの少し教養があるので
科学は科学、宗教は宗教と別々の物差しを使って評価出来ると言うだけの話です


826 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:17:11 ID:g5T/jDUX

手っ取り早く「○○は科学、××はニセ科学」とレッテルを貼って分類してもらいたがる人が多いかもしれない。
しかも、いったん「ニセ科学」のレッテルが貼られれば将来もその属性は変わらないと思い込む人もいるかもしれない。
(前述のとおり、評価できるのは過去のプロセスのみである。)
これらの傾向と「たまたま発見された中小零細事業者が標的にされる」が複合すると、科学リテラシーを高めるという目標とは裏腹に、けっこう危ないことになる可能性がある。



分析化学会は「ニセ科学」と向き合うか
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_60e8.html
技術系サラリーマンの交差点
「津村ゆかりの分析化学のページ」blog版 --- 研究者・技術者がウェブで語るとき・方法論


324 :ご冗談でしょう?名無しさん :2007/08/17(金) 17:41:54 ID:pn5QYdDH

「ニセ科学」の名で批判を展開しているウェブページは大学の公式サイト内に置かれたものが多いようである。
さらに「このような情報発信は大学の社会的責務である」との使命感を表明しているものも多い。
ニセ科学関連で訴訟が起こっているが、その内容は科学論争ではなく、大学のサイト管理責任を問うものである。

827 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:29:21 ID:hIcBJPsx
先ず
霊性を感じ取れないと話にならないけれど
霊性は精神だなぁ

神はもとおりのりながの定義が一番自然だなぁ

828 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:32:27 ID:hIcBJPsx
昨日茂なんとかが
TVにでてたいした
ことなかったので
あった

829 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:40:02 ID:v86STd4f
>>825
科学は知のツールでしかないってことが、おまえさんわかってねぇな。

830 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:42:18 ID:8DembOpp
829
分かってるから宗教とは土俵が違うと言ってるんだよ


831 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:44:39 ID:I3B/rKQJ
>>825
で?
>三位一体の一神教の観念は日本のみならず世界各地の宗教神話の中に確認されて居ます
これのソースは?
教養があるなら、確認されていますなどというからにはそれ相応の立証責任が生じるのは理解してるわけだろ?
早いところ、「いつ」「だれが」「どのような形で」確認したのかということに関するソースを提示汁。
そして、その「確認された」という事象がどの程度の正当性だと判断されているか? ということに関するソースも提示汁。

それを知っているからこそ、「確認された」などと言えるわけだろ?

832 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:46:19 ID:v86STd4f
>>830
わかってたら「物質的な真理だけが真理」なんて文句いわんだろ。


833 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:53:56 ID:8DembOpp
私が、昨日、夕ご飯の前に、古事記、仏教経典、キリスト教の聖書などを読んで三位一体の元型的イメージが普遍的に存在する事確認しました
宗教学者、心理学者、文化人類学者の報告もそれを裏付けて居ります


834 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 18:55:12 ID:8DembOpp
物理学的な真理だけが真理などと言う文句を私は言ってないですよ


835 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 19:05:06 ID:I3B/rKQJ
>>833
おまいの確認なんて、確認されたうちに入らないよ。
自分で言ってるだけなんだから。
しかも古事記と仏教経典と聖書で世界中の宗教? 何ソレ?
北欧神話のエッダ関連だけで枝記述がどれだけあると思ってるんだ?
ネィティブアメリカンの口伝なんて、部族や氏族ごとにかなり差違があるぞ。
中央アジアはどうなんだ? ロシアは?
世界中にいくつの伝承がひしめいていると思ってるんだ?

フレイザーぐらいは引っ張ってくるかと思ったが、まさかそんな手間もかけてないとはねえ。

まあ、いいや。
おまいさんの教養の程度が知れたんで、おまいさんの発言は一切信用しない。

836 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 19:06:40 ID:v86STd4f
>>834
>>814 「物理的な真理だけが真理というのは現代の偏見であり心を貧しくしていると思います」

文句言ってるとしか思えんが。


837 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 19:10:40 ID:8DembOpp
物理科学的な真理に文句言ってる訳じゃないんですよ
物理科学的真理に文句を言うには物理科学的根拠を示さなきゃ駄目でしょ
宗教の言説を持ち出すのは土俵が違うんですから
逆もまた同じですよ

838 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 19:21:17 ID:v86STd4f
>>837
「心を貧しくする」。あんたの方から、違う土俵に踏み込んでると思わないかい?


839 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 19:58:27 ID:zmnQCHfo
>>802-803
>脳科学者に対する侮辱だな。

唯物論的立場のnho科学者に対してです。あしからず。

840 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 20:24:04 ID:sOLKuzPa
「科学的真理」というのはつまりは「根拠がある」っちゅうことで
「宗教的真理」というのはつまり「根拠は無い」っちゅうことやね

841 :ゆみちゅん:2007/08/17(金) 20:31:40 ID:uN+evMfQ
ゆみちゅん的真理って どうですか?



842 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 21:03:29 ID:Pzgjo7wU
>>840
根拠の拠りどころが違うのさ。ゆみちゅんの真理は、ゆみちゅんにとっては真理だしさ。



843 :ゆみちゅん:2007/08/17(金) 21:14:44 ID:uN+evMfQ
あ そうなんだ
それにしても あの書き込みに レスしてくれた 貴方って…
(^-^)v

おやすみなさい♪

844 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 21:58:55 ID:8DembOpp
840
正しさの根拠を物に置くか心に置くかの違いだよ


845 :838:2007/08/17(金) 22:04:39 ID:Pzgjo7wU
>>844
それがあんたのいう「土俵」なんだよね。
繰り返すが、あんたは科学は知のツールであるということがまるでわかっていない。




846 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:06:35 ID:8DembOpp
十分、分かってるって
あークダラネ

847 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/17(金) 22:22:21 ID:MVzb1pRl
>>839
俺に対するレスか?

科学はね、物質しか扱えないんだよ。
それ以外は扱いたくても証拠がないから無理なんだよ。
だから結局唯物論と同じになってしまうんだ。
わかったかね、若造。

848 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:22:57 ID:zmnQCHfo
>「科学的真理」というのはつまりは「根拠がある」っちゅうことで
>「宗教的真理」というのはつまり「根拠は無い」っちゅうことやね

進化論とは、無目目的環境変化適応型=物質原理=唯物科学=破綻。
という生存理念に基づく思想である。



849 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:23:23 ID:pMBZBFck
別次元=妄想

850 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:25:52 ID:pMBZBFck
進化論は、思想ではない罠。

851 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:27:01 ID:2Lkt2J6x
科学仮説と思想は違うからね。

852 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:32:32 ID:Gi798r+W
>科学仮説と思想は違うからね。

非科学的なことはバカの代名詞という教育で育ったからです。
なんの疑いもなく、、、今も、、、これからも、、、

853 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:36:16 ID:8DembOpp
正直宗教でも科学でも救われないのが人間ではないかw
絶望的だがこれが正しい認識だと思うw

854 :838:2007/08/17(金) 22:49:00 ID:Pzgjo7wU
人が救われる・救われないなどという意味・価値の世界を
科学に求めること自体が、あんたのバカさ加減を表してるよ。

855 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 22:58:14 ID:7x5IV1/P
>非科学的なことはバカの代名詞という教育で育ったからです。

検証事実と結びつかない虚構をいくら組み立てても屁にもならないという教育ですね。
空想小説やファンタジーなら自由な妄想も結構でしょうが、分を弁えず、脳内妄想で真理を云々しようと
する宗教は、常に注意深く排除されなければならない、、、今も、、、これからも、、、

856 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:22:05 ID:Tp3tJq6Z
お猿とは違う、神に擬せられた最初から完成された特別な存在として作られたのが人間である、
なんて妄想すると、何か心地よいよね?救われた気がするかな?
幸せな馬鹿の穴。

857 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:27:36 ID:8DembOpp
人間の幸福に寄与しないならば科学の存在意義ってなんなのよ
いや人間なんて下らん
俺の幸福にかかわりのない真理などどうでもよいのだ


858 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:35:39 ID:VOzCAlf4
幸福なんてのは主観的なものだからあまり意味が無い。
真理探究の方が重要だ。
その結果が不幸産生の元に流用されない注意は必要だが。

859 :838:2007/08/17(金) 23:36:48 ID:Pzgjo7wU
>>857
正直でよろしい、宗教さん。しかし
言葉尻をとらえるようだが、あんたの今の生活どれだけ科学のお世話になってると思う?


860 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:43:32 ID:8DembOpp
859どうでもいい

861 :838:2007/08/17(金) 23:44:36 ID:Pzgjo7wU
>>860
今を生きる人として、誠実ではないな。

862 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:46:16 ID:8DembOpp
人間が猿から進化したという真理がどう重要なの?
別にどうでもいいっちゃいいじゃないか
知的こーきしんの満足くらいだろ

863 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:47:39 ID:8DembOpp
今を生きる人だからどーでもいい
先祖が猿だろうが神だろうが
今を生きる俺に取っては関係が無い

864 :838:2007/08/17(金) 23:53:11 ID:Pzgjo7wU
人の知の歴史を軽く見るな。どうでもいいなら何も言うな。バカモノ。

865 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:54:46 ID:8DembOpp
何が進化論だよ下らねぇ

866 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 23:55:38 ID:8DembOpp
お前よりずっと賢いよ

867 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 01:25:52 ID:p/v6JT5t
サルよりバカがいるスレはここですか?

868 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 02:20:13 ID:4R86qIjv
■お茶の水女子大学への応援メール 16:57
貴学が係争中の裁判に関して、次のようなホームページをネット上で
見かけましたので、ご連絡を差し上げています。
>お茶女裁判 その3
http://www.minusionwater.com/ochajudgement3.htm
そこでは、ホームページ上の情報を管理する大学としてのごく当たり
前の常識:
>大学であるので、そのサイトで名誉毀損や侮辱が起こらないよう、
>通常のプロバイダーよりも高度な注意義務がある
>国立大学のサイトなので、そこに書かれたことは他のサイトよりも
>一般に信用されやすい
に対して、貴学は「争う」姿勢を見せたと述べられています。私には
貴学が情報発信について、このような考えを法廷で表明するとは思え
ません。これは吉岡氏の作り話と考えます。
この作り話は、【ホームページ上の情報発信に関して、貴学が極めて
無責任な考えを有している】と思わせる記述であって、貴学の名誉を
毀損する意図に出たものと思われます。国民の資産を管理する国立の
大学として何らかの対処を期待します。


326 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/08/17(金) 19:55:05 ID:pn5QYdDH
>>325

ほんと情けないなw

869 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 03:16:38 ID:p/v6JT5t
一番かかわりたくない類いの案件ですな。

870 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 03:19:09 ID:h+0Stph+
>>844
「心」を根拠に使うんですか。

真偽の判断の時に、
「物的根拠は無いけど真理だと心で感じるからこれはきっと真理なのだ」
という方法で判断すると。

裁判官になっちゃいけないタイプの人間ですね。

871 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 03:33:30 ID:K4LElRIh
>>844
物に正しさの根拠を置くような心は認めないと?

何言ってんだか、人の気持ち踏みにじる事に一生懸命な奴に限って心とか言い出すから性質が悪い

872 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 07:11:58 ID:nWXVVmeA
:838:
>人が救われる・救われないなどという意味・価値の世界を
科学に求めること自体が、あんたのバカさ加減を表してるよ。

心脳一元論の唯物科学が正しいとなると・・・

「この世界はすべて物理法則に従って動いています。それは私の体も例外ではありません。
私にはあの犯罪を行なわないという選択肢はなかったのです。自由意志などというものは
出来事の終わった後で、あの時こんな選択肢もあったかもしれないとふり返った時に生ま
れるある種の幻想なのです。私に意志がなかったならば、私は無罪になるか情状酌量の余
地があるはずです。裁判官殿。」
という主張も可能となる。唯物科学は立派に価値判断と関わっている。

何者にも依らず純粋な自由意志で意思決定を行なえる実体や仕組みを想定しておかないと
このような詭弁が成り立つことになる。


873 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 07:29:39 ID:nWXVVmeA
>>847
>俺に対するレスか?

>>872に追加
わかったかね? ボケ老人。




874 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 07:31:06 ID:K4LElRIh
>>872
神の意思に悉く支配された世界だって同じだろ

探求している、考えている、証明しようとするという姿勢に於いて唯物論でも自由意志は尊重されてる
真理という絶対において何かが決定するとしたらそれは、宗教科学どっちも同じ
究極には理解があるだけで其処に救いなどはない

解らない事を解らないままにするのが救いだってのならこんな学術的な性質持ったテーマのスレには来ない方が良い


875 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 08:16:00 ID:1AivUHck
>>874
>神の意思に悉く支配された世界だって同じだろ

いいえ、神(聖書の)は、人の自由意志を尊重されています。

>、、姿勢に於いて唯物論でも自由意志は尊重されてる

はい、自己決定のない自由意志という幻想が尊重されているというなら。

>解らない事を解らないままにするのが救いだってのなら

だれもそんな主張している人はいないとおもうね。

>こんな学術的な性質持ったテーマのスレには来ない方が良い

学術的な性質持ったテーマスレ?? どこが。

すべてあなたの捏造でしょう。

876 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 08:20:59 ID:h+0Stph+
真理が人間社会にとって辛いことでも救われないことでも嫌なことでも都合が悪いことでも
科学的手法を突き詰めればごまかさずに真理を導き出してしまう、
そこが宗教と違うところだな。

対して宗教は根拠が無くていいから人が救われるようなお話、いいお話、
社会にとって都合がいいお話、その宗教の存続に都合がいいお話を「真理である」と決める。

877 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 08:23:03 ID:h+0Stph+
神(聖書の)は、人の自由意志を尊重されています、かぁ……
根拠があるならそれ認めてもいいんだけどねー

とりあえずこのスレのテーマは創造論と創造科学とID論と進化論だぁね

878 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 08:35:24 ID:1AivUHck
>宗教は根拠が無くていいから人が救われるようなお話

それも捏造。

宗教や信仰の深遠な世界が理解できない頭で科学理論は理解していると信じている?
まるでそこの抜けたバケツに水を汲んでいるようなものだね。

879 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 08:39:24 ID:K4LElRIh
>>875

>いいえ、神(聖書の)は、人の自由意志を尊重されています。
で、なんで唯物論主張する自由意志は叩かれなきゃいけないんだよイキナリ嘘をつくなよ

>はい、自己決定のない自由意志という幻想が尊重されているというなら。

この物言いだと物質方面から真実を探ろうという行為を禁じてるのはそっちになるんだけど

あんたが言ってた裁判の例だと
検事側もあらゆる因果関係を立証する証拠があるからって有罪を求めるって言ってはダメなんだよね

大体、犯罪者があらゆる言論使って減罪申し立てるのは当たり前でそれ完封できる証拠なきゃ成り立つんだよね実際
今現在でも、其処に有る「物質」って因果関係証明する事実の前に敗北してるの、ほぼ嘘だから


>だれもそんな主張している人はいないとおもうね。
全てが因果関係持って作用しててそれ信じたら世の中成り立たないって言ってるようなもんだろ
裁判なんてガチガチの社会規範示すような例出してきてるんだから

>学術的な性質持ったテーマスレ?? どこが。
スレタイ読めよ

>すべてあなたの捏造でしょう。
【日本語訳】くやしい!でもあやまらないもんね!!

アホだなー実にアホだよ
大体、裁判において曖昧な部分消し飛ばす証拠しめさなきゃ罪状確定しないって事知らない辺りが実にアホだよ

880 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 08:50:16 ID:1AivUHck
>>879

あなたがいま主張していることは、唯物論的に決定された自由意志からではない
ことを証明しているようなものです。


881 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 09:12:49 ID:K4LElRIh
>>880
いいえ、人間は嘘を付く事があると言う絶対的な事実を基本に話してるだけです

多くの人間により観測されて大多数がそれを知ってると言う事により裏づけされたこの世に存在する事実です

なので、嘘ではない事実を観測する為にあらゆる手段や物証、反証を持って検証する事で世の中が成り立っているのです
それ以外の事は殆ど信用に値しないので

例え人を殺して居たとしてもその裏付けが無ければ無罪というのがとりあえず日本の法律であり
多くの人が暮らす上で利用してる決まり事なんですよ

882 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 09:20:14 ID:h+0Stph+
>>878
だって根拠ないじゃん
上のほうには心が根拠とか無茶なこと言う人まで居るし
根拠あるなら言ってみな

883 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 09:49:25 ID:ugHVXAcQ
>>881

客観的事実は主観的心理を離れて説明されなければならない(人間ウソつくから)。
つまり、これが科学的原理だろうとね?
それでは主観的心理をはなれて客観的事実が存在していることをまず、
科学は説明しないといけないことになるなぁ。

884 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 11:06:16 ID:TsnePPnE
非線型システムである脳は決定論的ではないはずなんだが、決定論好きの宗教屋の脳というのは
基地外や白痴並に縮退していて、線型応答しかしないのだろうか?


885 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 12:07:26 ID:ghCkLr1j
「付帯現象説」
すべての心的状態は物質状態に付随したもので、神経系、特に脳の
生理学的状態で、完全に定まるという説。19世紀に起こった説で、
心も自然世界の法則に従うと主張する。

現在、随伴現象論は純粋な唯物論に代わる唯一の理論とみなされることが多い。
大抵、脳学者はこの説を信じているようだ?

>非線型システムである脳は決定論的ではないはずなんだが、

というなら、脳と心に関するいかなる説を信じているの?進化論派のあんぽんたんさん。

886 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 13:30:35 ID:XxpVYten
>というなら、脳と心に関するいかなる説を信じているの?進化論派のあんぽんたんさん。

すべての心的状態は物質状態に付随したもので、神経系、特に脳の生理学的状態であり、
心も自然世界の法則に従うと主張しますが、何か?

887 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 14:59:43 ID:SC6ArJLx
物理法則が決定論的だと思ってるアホ宗教w

888 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 15:20:40 ID:h+0Stph+
全然進化論否定や創造科学肯定の根拠が出てこないことから
創造科学がどの程度のものでしかないか推し量れるな

889 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 16:25:39 ID:6nyeptf8
妄想には妄想(聖書)しか根拠が無いw

890 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 16:35:10 ID:ghCkLr1j
まともに論理立てて反論できないから妄想妄想を繰り返すのがバカ進化論者。
こいつらは、正規の科学すら学んでいるとはおもえない。

891 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 16:43:36 ID:kcyD25M1
妄想が妄想を突かれて開き直る不思議www

892 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 16:48:11 ID:h+0Stph+
反論も何も、反論の対象となるような
進化論に対する否定論や創造科学に対する肯定論を出してないから
反論もクソもないよな

893 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 17:03:00 ID:L2ph8MWK
http://www1.accsnet.ne.jp/~hosinots/self.html (無断転載すみません)

これでも読んで、その壊れたあたまとねじれた心の修復を図れよ。

894 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 17:38:08 ID:L2ph8MWK
妄想をくりかえすあんぽんたんは基本的なことすら理解できていない。
からもう一つ。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20070204/1170557201(無断転載ごめんなさーい)



895 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 18:04:12 ID:3K3OzTqT
そんな事は百も承知の上で、霊だの神だの外挿しても無意味、創造論は嘘八百、あ〜らよっと言ってるのね。

896 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 18:12:21 ID:L2ph8MWK
とても理解できているとおもえない。そんな軽口叩くところみれば。

897 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 18:20:22 ID:7KtfqPhc
そうですね。具体的な反論もできないで、
>霊だの神だの外挿しても無意味、創造論は嘘八百、あ〜らよっと言ってるのね。
なんてことを書くのは低脳のそしりを免れませんねぇ。


898 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 18:26:56 ID:soYPmXiA
赤に相当する波長帯/赤いという感覚
が解っていても、あんた以外の人赤いがあんたの赤いと同じ感覚であることを
証明する方法なんて無いんだよ。
長ったらしくごちゃごちゃぬかさんでも、それだけのこと。
で、だからどうだってんだ?
神も霊も入り込む余地なんてないぞ、宗教創造論バカ。

899 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 18:35:25 ID:h+0Stph+
反論も何も、進化論者が反論すべきような主張すらできてないからな。

結局進化論を何も否定できてないっつーか。

900 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 19:06:27 ID:xBKBWo/V
>>885
で書いた「付帯現象説」の失敗は、とにかく心的状態を認めている点だ。
もしほんとうに物質的でない心的状態が存在すると、この説は完全に崩壊す
るのである。この説を認めれれば、こころと脳が別々に存在しても矛盾は生
じない。

こころと脳が独立に存在できるとしたら、進化は否定されなくても、進化論
は幻想ということになる。なぜなら物質理論を基礎におく「進化論」では、
心や意識の生じたことについて説明ができない。



901 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 19:13:56 ID:xBKBWo/V
>進化論者が反論すべきような主張すらできてないからな。

たしか進化論者が反論するときの言葉は妄想かきちがいだけだったような
きがするが、他になにかあった?

902 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 19:18:41 ID:h+0Stph+
>>900
「こころと脳が別々に存在しても矛盾は生じない」
から
「こころと脳は別々に存在する」
に飛躍して論理が破綻してる典型的文章。
「こころと脳は別々に存在する」とする根拠が無い以上、
「心や意識の生じたことに説明ができない」という批判は的外れ。
こんな簡単な論理さえ混乱を起こす君は論理的に考えることは向いていないので
論争はやめといた方が無難だと思うぞ。

オッカムの剃刀という言葉を知っているか?
「存在を増やしても矛盾しない」というだけでは存在を増やした説明を採用することは出来ない。
「皿をぶん殴ったら割れた」という現象に
「皿をぶん殴った瞬間異次元の爆弾生物がその衝撃を感知して大爆発を起こし
 その衝撃が次元を超えて伝わって皿が割れた」と説明したって矛盾は無いんだからな。

「こころと脳は別である」と言うためには
「こころと脳が別々に存在しても矛盾は生じない」だけではだめで、
「こころと脳は別々であると考えなければならない根拠」が十分になくてはならないのさ。

903 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 19:50:47 ID:xBKBWo/V
おい、某377 ケツが見えてるぞ。
最近決めつけやろうの姿がみえないとおもっていたら、こんなとこにいたか。
自己顕示欲のつよいキミが名前隠していったいどうしたんだい?

>こんな簡単な論理さえ混乱を起こす君は論理的に考えることは向いていないので
論争はやめといた方が無難だと思うぞ。

鏡に向かって言えよWW.



904 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 20:07:50 ID:ZgNMHcNv
それをいうなら、お尻かくしてあたま隠さずでしょう。
ちらちら見え隠れするのは気づいていましたが、、、

付帯現象論者の仮定によれば、心的なものと物質的なものとの二種類があり、心的なものは、
物質的なものを原因とする結果であるという。ここで重要なことは、原因・結果という言葉は、
物質界に適用するのと同じ意味で用いられていることです。

しかし、物質界でAがBの原因あるというのは、Bが生じるのにAが必要というのではなく、
たまたま物理世界の構造が、Aが起こればそれについでBが起こるようになっているという
ことに過ぎない。この意味で、脳の生理的状態が心の状態の原因であるなら、たまたまそ
うなっているのであり、そうでない場合も在りうるはずです。

なぜなら、すべての自然現象については、脳内現象と違った起こり方が考えられます。我々
の思考(心)とは無関係な自然の法則の複雑な組み合わせの上に成り立っていると考えられ
るからです。

ですから、真に心的・非物質的な事象が存在することを認めるとすると、物理世界の全領域
とそれを統一する法則は、非物質的な心的事象を除外しているので不完全なものとなり、
付帯現象説なるものは破綻するのです。

したがって、付帯現象説は、因果関係で論じるかぎり、心があるためには脳が必要であると
は主張できない。脳なしに心があっても、心なにし脳があっても論理的矛盾はないのです。


905 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 20:35:26 ID:h+0Stph+
>>903
「自分はおかしいことは言っていないので自分に反対する者は全て同一人物or裏で手を組んでいる」
という思考回路なんだろうなあ。
悪いが、その人とは別人だよ。

論理的な反論が出来ずにそういういいがかりで反応することしか出来ない時点で
論理が破綻していたことを認めたも同然だよ?

906 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 20:42:06 ID:h+0Stph+
>>904
「〜と仮定すると矛盾が無い」だけでは何の意味も無いと>>902で言っているのに、
全く同じ論法を繰り返すのはどうなんだ?理解できないんだろうか?

「脳なしに心があっても矛盾は無い」だけで批判するのは論理がおかしいのだよ。
「脳なしに心がある」とするに十分な根拠を持ってきてからでないとだめなのだよ。
わかったかな?

907 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/18(土) 20:42:58 ID:FB2+xHS9
>>837
君のレスの付け方は非常にわかりにくいな。いやむしろ日本語が(ry
>>836
それは価値判断が一方的に科学に結びついただけであって、科学そのものは価値判断じゃないぞ。
科学的事実が価値判断を決めるものでもなければ、価値判断が科学的事実を決めるものではない。

それに刑罰は基本的に犯罪の抑止や再教育による再犯の防止が目的だからな。
>>836の詭弁は成り立たない。

908 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 20:44:39 ID:60hLdWwa
心無しに脳があっても構わないが、脳無しに心は有り得ないのだよ、能無し君。

909 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/18(土) 20:47:13 ID:FB2+xHS9
レス番間違ったのでやりなおし
>>873
君のレスの付け方は非常にわかりにくいな。いやむしろ日本語が(ry
>>872
それは価値判断が一方的に科学に結びついただけであって、科学そのものは価値判断じゃないぞ。
科学的事実が価値判断を決めるものでもなければ、価値判断が科学的事実を決めるものではない。

それに刑罰は基本的に犯罪の抑止や再教育による再犯の防止が目的だからな。
>>872の詭弁は成り立たないだろう。

910 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 20:54:32 ID:iql5a2bR
>心無しに脳があっても構わないが、脳無しに心は有り得ないのだよ、能無し君。

>>904でいっていることがほとんど理解出来てないだけだろー。


911 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 20:57:58 ID:5bEFbNAd
とりあえず、脳みそ無しの心とやらを見せてくれよ。
あるんだろ?

912 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:21:54 ID:0Ubbj7y8
>>910
日本語というより、むしろ理解力の問題だね。
この人は科学的事実と価値判断が独立に存在していると思っているんだね。
客観的事実(科学的事実)が主観的心理(価値判断も含めて)なしになり
立つかどうか? 一体何が両方を認識しているの。考えてみればすぐわかるじゃん。



913 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:23:15 ID:0Ubbj7y8
誤爆で、>>910>>909


914 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:39:26 ID:0Ubbj7y8
>>912
心という非物質的な存在は時空内にはなく、脳という物質は時空内にあると
いうことを認めればよく理解できる。
具体的には、臨死体験者の証言。それでも理解できないなら一度死んでみること。
なんだって、死ぬのはいやだ。なら生きいるうちに体外離脱をしてみよう。


915 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:40:25 ID:ZMv5/gy1
科学的結果が価値判断に影響を及ぼす事はあるが、科学的要件が価値判断によって変わる事は無い。

916 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:41:34 ID:ZMv5/gy1
臨死体験は脳内解決。

917 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:42:38 ID:ZMv5/gy1
体外離脱の戯言か、妄想屋。

918 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:44:43 ID:O03rdmoD
進化論など糞である


919 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:44:49 ID:0Ubbj7y8
自爆W de >>912>>911



920 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:47:38 ID:5bEFbNAd
>>919
ごたくはいいから、とっとと脳みそ無しで生活出来てる症例をもってこいよ。
あるんだろ?
脳みそ無しで一般生活出来ている例があれば、もちろん信用するぞ。
臨死体験なんて、アテにならんのはどーでもいいよ。

脳みそなしで、思考しているという実際例をもってこいということだ。


921 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:52:42 ID:0Ubbj7y8
>臨死体験は脳内解決。

いいえ。脳内妄想説には根拠はない=未解決。反論があるならちゃんと説明すべき。


922 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:54:27 ID:ZMv5/gy1
変な事を信じ込んで、脳基質に異常が出ちゃってる人たちだよ。
つまり基地外さんなんだよ。

923 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:55:46 ID:ZMv5/gy1
脳内妄想説には根拠がある。根拠が無いのは、脳内妄想。

924 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/18(土) 21:55:56 ID:FB2+xHS9
>>912
客観的事実が主観的心理に左右された例がある?
昔は知らんが今は聞いた事がないぞ。
逆に主観的心理が客観的事実を勝手に利用したことならいくらでもあるがw
例・黒人差別

>>914
脳内の酸素濃度を減少させると臨死体験と同じ証言が得られるんだが。
本当に体外離脱したのか、それとも脳が創り出した幻想なのかは科学では区別できないし、
科学以外で客観的に判断する事は人間にはできない。

925 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 21:56:06 ID:xDIv6j9b
>>912
>客観的事実(科学的事実)が主観的心理(価値判断も含めて)なしになり
立つかどうか?

論理的または科哲的にはともあれ、実際上、問題なく成り立ってると思うぜ。

926 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/18(土) 22:01:07 ID:FB2+xHS9
黒人差別を例にするなら利用というより悪用だな。

927 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:01:09 ID:h+0Stph+
>>914
>心という非物質的な存在は時空内にはなく、脳という物質は時空内にあると
>いうことを認めればよく理解できる。
だから「仮定すれば矛盾は無い」な話はもういいよ。

>具体的には、臨死体験者の証言
霊魂の存在の証明であるとするほど科学的に信憑性がある臨死体験者の証言は現在存在しない。
再現性が無い等の理由で確認できないからね。


>>921
オッカムの剃刀。
十分な根拠が無い以上は霊魂があるとする説明ではなく霊魂は無いと言う説明が自然。
むしろ、臨死体験が妄想でないと主張するならば、
そう主張する側が「妄想ではなく実際に霊魂があるのだ」という根拠を提示する必要があろう。

928 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:01:19 ID:ZMv5/gy1
アノマロカリスに食われるかどうかは、少々の装甲を持ったかどうかではなく、危険を回避する
方向に舵を切って、逃走する神経回路を持てたかどうかであった。


929 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:06:31 ID:0Ubbj7y8
>>912
脳内の酸素濃度を減少させると臨死体験と同じ証言が得られるんだが。

もう説明するのもいやになったので、科学は臨死体験をどこまで説明できるか(三交社:サム・パーニア書:小沢元彦訳)
の40ページでも読めよ。見当はずれなことをいうのはよそうね。


930 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:08:50 ID:O03rdmoD
キチガイで良いではないか
ひたすら笑われよう


931 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/18(土) 22:12:14 ID:FB2+xHS9
>>929
わかったから君もと学会の本を読むように。
「トンデモ超常現象99の真相」
 洋泉社・刊

932 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:15:01 ID:0Ubbj7y8
>>931
くべてみようね。どちらが科学的か?


933 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:18:58 ID:h+0Stph+
>>929
>>927の繰り返しになるけれども、
霊魂の存在の証明であるとするほど科学的に信憑性がある臨死体験者の証言は現在存在しない。
再現性が無い等の理由で確認できないからね。

また、十分な根拠が無い以上は霊魂があるとする説明ではなく霊魂は無いと言う説明が自然。
むしろ、臨死体験が妄想でないと主張するならば、
そう主張する側が「妄想ではなく実際に霊魂があるのだ」という根拠を提示する必要があろう。

霊魂の存在が科学的に認められているならば科学史上の大事件であり
世界の著明な科学雑誌に載りまくっていることだろう。
その記事の紹介くらいは持ってきてもらえないと。

934 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:24:23 ID:5bEFbNAd
>>932
はやいとこ、脳みそ無しで生活できてる症例をもってこいよ。
あるから、断言出来るんだろ?

935 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 22:36:22 ID:ZMv5/gy1
能無しであるのはよくわかったから、脳無しかどうか、ちょっと見せておくれな、創造クン?

936 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 23:06:08 ID:BshiDp4U
おらのことか?

アメーバのような単細胞生物は、ニューロンもシナプスももたないのに
泳いだり、えさを探したり、学習することができ意識をもつといえるか
も知れない。脳みそなしで立派に生活していますが、なにか?

おいらも(幽霊) 私もよ(天使) わしもじゃ(悪魔)、、、




937 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 23:25:39 ID:O03rdmoD
脳無し万歳!


938 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 00:02:06 ID:h+0Stph+
うん、それは単細胞生物に心があることを証明しないと根拠にならんわね
根拠まだ?

939 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 00:42:55 ID:gMGJERpD
素粒子にも意識があるって言い出した学者もいたな。D志社かどっかに。
まあ、トンデモだなw

940 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 00:47:44 ID:gMGJERpD
意味も価値も人間の発明品。
数学と科学は多分に発見品。
そこんとこ間違えないでね。

字数合わせてみましたよん。

941 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 01:07:06 ID:BTiIialS
うん、心と脳が別々に存在出来る理論が完成すればいずれ披露する。
8割方出来ているが、あともう少しなのだ、、、、。
基本的理論はデカルト派(機会主義者)の主張している霊的流入。
すなわち、流入は肉体から霊魂ではなく、霊魂から肉体へである、、

余興。
これは只のお話だがな、人間の霊魂はその人の肉体とまったく同じ形をして
いて、生きている間は肉体にピッタリとくっいているそうだ。だから霊魂に
は目も、耳も、鼻も、口も脳も内臓もすべてあるのだそうだ。ただ違うとこ
ろは、肉体は物質で出来ているのに対して霊魂は霊的肉体で出来ているそう
だ。

そういえば、主イエス・キリストは肉体を持ってお生まれになり、十字架のあと
霊的肉体をもって弟子たちに現れたとあるなぁ。

「わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。さわってよく見なさい。
亡霊には肉も骨もないが、あなたが見えるとおり、わたしにはそれがある。」
(マタイ24・39)

これはただのお話だがなぁ。












942 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 01:16:20 ID:gMGJERpD
くだらねー

943 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 02:55:22 ID:Qj+Tzbj0
理論なんかどうでもいいから根拠が欲しいところだな
根拠が無い理論に価値があるのか?

944 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 07:43:20 ID:PaL0SuCB
ファンタジー小説

945 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 11:31:56 ID:fnbB9EJE
>>941
マタイ 24-39の記述は全然違うぞ。
正しい記述は、以下のとおり。

そして、洪水が襲ってきて一人残らずさらうまで、何も気がつかなかった。
人の子が来る場合も、このようである。

946 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 11:48:17 ID:bKTcK89y
ルカの間違いだ、これは。

947 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 11:56:51 ID:fnbB9EJE
>>946
ルカ 24-39の記述は、

「わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。さわってよく見なさい。
亡霊には肉も骨もないが、あなたが見えるとおり、わたしにはそれがある。」

つまり、「肉体があり、骨があり、脳がある。」ということだな。

948 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 13:18:14 ID:OQhQf3va
服もあるのか?

949 :都美子:2007/08/19(日) 14:21:45 ID:YmhL4IHH
人=肉体+霊体+魂(精神・心)の
三位一体から成り立っています。
進化さんは 魂はともかく霊体は決して認めないでしょうね。科学的に証明出来るならイザ知らず…

でも 人は死ぬと肉体と霊 魂に分離します。聖書では 肉は塵 灰へ 霊(と魂)は神のもとへ とあります。カルトが言うような 無になったり、神のメモリーに記憶されるのではありません。

死ねば 霊界シェオールへ 霊はとどまり
留置されます、最後の審判で判決がくだされると 刑務所 地獄か天国です。天国の住人は主の再臨で 霊体に新しい肉体を着て 地上へ復活します。

950 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 15:16:06 ID:V+JwPabO
>人は死ぬと肉体と霊 魂に分離します

生きてる時は物質と霊の複合体か?

951 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/19(日) 15:33:19 ID:BjVPZPyV
>>949
>進化さんは 魂はともかく霊体は決して認めないでしょうね。科学的に証明出来るならイザ知らず…
そりゃ科学の範囲外だもん。霊体について述べたいんなら科学じゃないとこで。
科学という土俵でボクシングをするのはルール違反だからな。

#てゆうか魂と霊体の違いって何だよ。

952 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 15:54:01 ID:xTPxNbIk
七魂三魄みたいなもんじゃまいか?
たしか、七魂が輪廻材料で三魄がパーソナルな領域を象徴していたとオモタけど。

つか、そもそもの始まりは「霊的なんちゃらは絶対に正しいから、科学もこれを認めろ」とか言い出す阿呆の話じゃなかったか?
だから、「科学的に正しいと言いたいなら、せめて観測出来る根拠もってきやがれ。宗教的にとかだのは科学の領域外だからシラン」
つうだけな話なわけで。

953 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/19(日) 16:43:42 ID:BjVPZPyV
>>952
つまり七魂がOSで三魄がアプリケーションソフトってことだな(って何じゃそりゃ

954 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/19(日) 16:44:55 ID:BjVPZPyV
いや三魄は個人設定ファイルかw

955 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 17:56:18 ID:kL/sN1Kg
>>949
>人=肉体+霊体+魂(精神・心)の
三位一体から成り立っています。

      ↓

世界=霊界(天界+地獄+精霊界)+自然界(物質界)
人=肉体+霊魂(霊的肉体)
肉体=肉体・肉体に伴う感覚
霊魂=意志・理性(いのちの容器)←流入←神の愛(いのち)+神の英知(いのち)
精神・心=意志+理性
いのち=霊的生命 命=自然的生命
人の三位一体=霊魂・肉体・活動

人が死ぬと霊魂と肉体の分離が起こり、肉体は滅び霊魂は霊となって精霊界に旅立ちます。
精霊界はこの世とまったく同じような世界ですが、すべてが霊的(時間・空間の内になく)
です。霊は精霊界にしばらく留まりますが、30年を越えることはありません。

そこで霊は主によって、霊がこの世(自然界)でつくった愛と英知の性質によってより分け
られます。霊の中に混在している天的愛と隣人愛と自己愛と世間愛の離合です。天的愛・隣
人愛がより多い霊からは自己愛・世間愛が取り除かれ、自己愛・世間愛がより多い霊からは
天的愛・隣人愛が取り除かれます。なぜなら霊界では外部と内部の不一致は許されません。
これが最後の審判といわれるものです。

審判を受けたあと、霊は自分のもっている愛の性質とピッタリ合った永遠の住家に移り住む
ことになります。天的愛と隣人愛の性質の霊(善霊)は天界へ、自己愛と世間愛の性質の霊
(悪霊)は地獄に、まるで我が家に帰るように喜んで行くそうです。


956 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 18:55:02 ID:bKTcK89y
ここでは、進化論にまつわる話をしようぜ。な。

957 :都美子:2007/08/19(日) 19:00:40 ID:YmhL4IHH
正直申し上げますが
私も 霊と魂の違いわかりませんです。
(^^;)
英語でも ソウルと スピリット の訳し方 曖昧ですし…

ごめんなさい。



958 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 20:04:55 ID:HuQc0caV
>ここでは、進化論にまつわる話をしようぜ。な。
そうしましょう。

牧師:進化論者の抱く世界観は非常に粗末ですなぁ。
科学者:いえ、科学的根拠に立脚された世界観です。

牧師:その世界観では、人間なんて一時の栄華を夢みて死ぬいわばゴミみたいな存在でしょうなぁ。
科学者:それが自然の法則なら仕方ありません。

科学者:ところで、キリスト教でいう神の摂理とは一体なんですか?
牧師:神がその神聖な愛と英知で万物を治めれることです。

959 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 20:10:12 ID:HuQc0caV
7行目に追加。
牧師:ほお、心も自然の法則に従うのですか。
科学者:当然です。


960 :956:2007/08/19(日) 20:36:39 ID:cMtf2A28
>>958
科学は道具であり、もともと科学の方法でわかることには限界があるということが、
科学自体の了解事項になっているということがまだわからんのかね。このバカは。

961 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 21:15:53 ID:0lpRkmyo
>>960

これまで科学は道具であり頭になってはいけないと何度も警告したはずだ。
それはこちらのセリフ。
なに血迷っていまさらとんちんかんなこといってんのだろうね。このあんぽんたんは。



962 :956:2007/08/19(日) 21:22:45 ID:cMtf2A28
>>961
その頭とやらはあんたのご自由なんだが、道具を使った成果もわからんし、わかる気もない
となると、バカとしかいいようがないな。


963 :未熟な存在:2007/08/19(日) 21:22:48 ID:eXsPI4bL
くだらない事に関心をよせてはいけません。
肝心なことは、人間は霊的存在であり、死後にも幽界霊界での生活があり
この世は自己の霊的成長の為にこの地上世界に来ている。
人間は皆、神の子であり、それぞれに例外なく守護霊が付いており地上の誰よりも
自分のことを内面も含めhttp://members3.jcom.home.ne.jp/myload-spirit/:90:56:8b:4b:83:74:83:40:83:43:83:8b.htmlて知っている。人類は決して一人ボッチのひとはいない
ということです。


964 :都美子:2007/08/19(日) 21:34:31 ID:YmhL4IHH
守護霊?
何それ、ごめん
スレ違いみたい。
守護天使って本当かな?
神は信じるけど 天使や悪魔は ちょっと…
科学的には解明できないし

965 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 21:40:43 ID:0lpRkmyo
>>962
これまで科学的根拠と聖書的教義を比較して話してることもわからんようじゃ
あんぽんたんというしかいいようがないなぁ。


966 :956:2007/08/19(日) 21:47:54 ID:cMtf2A28
>>965
それがぐちゃぐちゃなのでバカとしか言いようがないのだが。
科学は、まず人は事実をなかなか知りえないということを前提としてるってことは知ってる?


967 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/19(日) 22:17:08 ID:BjVPZPyV
何を言っても無駄だろうけど訂正

>>958-959
牧師:その世界観では、人間なんて一時の栄華を夢みて死ぬいわばゴミみたいな存在でしょうなぁ。
×科学者:それが自然の法則なら仕方ありません。
○科学者:科学はそんな事は一言も言っていません。

牧師:ほお、心も自然の法則に従うのですか。
×科学者:当然です。
○科学者:おそらくはそうなんでしょうね。

968 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 22:17:42 ID:Bd3h417q
>>966
>それがぐちゃぐちゃなのでバカとしか言いようがないのだが。

まず、ぐちゃぐちゃなところを指摘してからいえよ。大口叩くなら。

>科学は、まず人は事実をなかなか知りえないということを前提としてるってことは知ってる?

知ってるから「進化論」を決め付けるなって言っているのよ。バカにいわれる筋合いはない。



969 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 22:19:16 ID:K0dSF8NZ
科学で解らんところが宗教で解る事はない、妄想で穴埋めしてるだけだ。

970 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/19(日) 22:20:49 ID:BjVPZPyV
追加
>>958
牧師:進化論者の抱く世界観は非常に粗末ですなぁ。
×科学者:いえ、科学的根拠に立脚された世界観です。
○科学者:いえ、科学的に世界観はありません。

971 :956:2007/08/19(日) 22:23:10 ID:cMtf2A28
>>968
事実をなかなか知りえない科学が、150年かけて進化論は「確かだ」としたわけね。


972 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 22:28:12 ID:K0dSF8NZ
〜と、置いても矛盾はない。

973 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 22:56:05 ID:Bd3h417q
>>967

牧師:進化論者の抱く世界観は非常に粗末ですなぁ。
科学者:いえ、科学的根拠に立脚された世界観です。

牧師:その世界観では、人間なんて一時の栄華を夢みて死ぬいわばゴミみたいな存在でしょうなぁ。
科学者:科学はそんな事は一言も言っていません。

牧師:ほお、心も自然の法則に従うのですか。
科学者:おそらくはそうなんでしょうね。

折角添削してもらったげどまともな文にならないが、なんとか意味は通じそう。
結局、進化論者の抱く世界観と、科学は関係ありませんと言いたかっただけで、
進化論者が抱く世界観を否定したものではないということだね。ところがそのあと
心も自然世界の法則に従うことを科学者(科学)が否定していないところをみると
自分で言ってることに矛盾が生じていることに気が付いてもいない。
なぜなら、いづれの世界観を抱くのも人の心だからね。





974 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 23:01:54 ID:Bd3h417q
>科学で解らんところが宗教で解る事はない、妄想で穴埋めしてるだけだ。

だから科学ばかりやるとこういう妄想主義者がふえるということだ。



975 :モエカス:2007/08/19(日) 23:03:19 ID:gY0p41y4
>>968
>まず、ぐちゃぐちゃなところを指摘してからいえよ。大口叩くなら。
>>955で語られていることが何一つ聖書に記されてない、というだけで十分でしょ。

976 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/19(日) 23:04:48 ID:BjVPZPyV
>>973
どこがどう矛盾してるんだ?

977 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 23:54:45 ID:Bd3h417q
>>975
>>955で語られていることが何一つ聖書に記されてない、というだけで十分でしょ。

「わたしの父の家には、住まいがたくさんある」(ヨハネ14.21)
「神の国は、見られるかたちで来るものではない。また、見よ、ここにある、
あそこにある、などとも言えない。神の国は、実にあなたがたの中にある」(ルカ17・20、21)
聖書に根拠はいくらでもある。これ文字通り読むだけではおそらく一生理解できないだろう。

三位一体については
「主は、おん父と一つであり、おん父は、主の中に、主はおん父の中におられます。
主を見る人は、おん父を見ます。また、すべて聖なるものは、主ご自身から出ています」
(ヨハネ10・30、38、14・9〜11、16・13〜15)
人は神(主)の似姿。

>>976
>心も自然世界の法則に従うことを科学者(科学)が否定していないなら
自然の法則(科学理論)を根拠とした進化論、それを基盤とした進化論者
の抱く世界観と、科学が無関係ということはないだろう。

978 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/19(日) 23:55:58 ID:BjVPZPyV
>>977
どんな風に関係あんの?

979 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 00:25:48 ID:C1gliEkm

科学的な意味のある内容を全く伝達しない【科学情報として不適格】なコマーシャルを
コマーシャルとして禁止するんだ?

この人、すっげ〜〜〜w



ところで、貴方が指摘している【吉岡氏が法令違反を犯さんとしている】という事実を示す
客観的根拠の提示は?それがないと、明白な誹謗中傷なんだけど…

980 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 00:26:34 ID:C1gliEkm
えっ?それが、君が裁判所に提出する【吉岡氏が法令違反を犯さんとしている】と
いう事実を示す客観的な根拠かw


275 :あるケミストさん:2007/08/19(日) 23:36:12

自分の都合のいい解釈は止めた方がいいね。
では,一生一人で頑張ってください。
あんたはホンマのアホか。

普段からパソコンに向かってネットサーフィンばっかりして国の公金をむさぼる国立系大学教員だからだろう。
科学者きどりのオバタリアンが,何の因縁で文句を垂れているのか。
人の足を引っ張ることだけに命を燃やす変態科学者になってしまうなんて。
御茶ノ水女子大を除籍になり,たまたま山形大学が拾ってくれたから良かったものの多くのエコビジネス会社から名誉棄損で訴えられそうになったのも頷ける話だ。

彼女のメールの嫌らしさと人を見下した文面はネチケットを無視したひどいもので,人間性を感じさせないものでした。
自分の都合のいい形で転載して,こちらが悪いようにでっち上げたのです。

嫉妬など悪感情を毎日,富永研究所を代表して発信しておりました。
彼女に関するデーターは「「水商売ウオッチング」の全ページを見てもらえば一目瞭然で,個人や企業に対しての批判中傷を繰り返し,裁判沙汰にまでなっています。
人の考え行動を配慮せず,自分中心の考えを相手に押し付け,理論を科学的に証明されていないことを理由に,商品ならびに人格をけなしています。

彼女はこちらが以前加入していたプロバイダーに不正侵入しこちらの個人情報を入手し,いたずらメールを送信しました。
彼女は不正アクセス禁止法に違反しているため,かなり法律をなめている人だと思います。

981 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 00:31:03 ID:yFXGWHS/
>>978
現在主流の自然科学的世界観=唯物論的世界観。




982 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/20(月) 00:36:44 ID:Q6F+noTo
>>981
何でそうなるのか説明して欲しい。

983 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 00:42:06 ID:yFXGWHS/
>>982
多くの自然科学者は物質的なものしか認めないからだろう。
科学は本来、世界観については中立のはずだろう。


984 :モエカス:2007/08/20(月) 01:01:09 ID:Er2hzlsP
>これ文字通り読むだけではおそらく一生理解できないだろう。
文字通りよんではいけないとするなら、その理由を示せ。
あなたやスェーデンボルグを特別扱いする必要はこちらにはない。

985 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 01:20:52 ID:yFXGWHS/
>文字通りよんではいけないとするなら、その理由を示せ。

別にいけないという理由はないが、文字上以上の意味はわからないというだけでしょ、おそらく。

986 :モエカス:2007/08/20(月) 01:41:41 ID:Er2hzlsP
がく。

文章に
>文字上以上の意味
があるためには理由が要るっしょ。



987 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 07:29:40 ID:yFXGWHS/
聖書は霊界と自然界の関係を相応と表象で著わしたものだ。
(みことば)には、文字上の意味・霊的意味・天的意味がある。



988 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 09:39:51 ID:wkPInKsb
と思いこむのは自由だが、こっちには何の関係も無い話だな。

989 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 11:50:06 ID:C1gliEkm
>>980 日下部は犯罪者

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/bake/1178232652/275

990 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 11:50:58 ID:C1gliEkm
>>989 吉岡英介

>ダウンの人々が法律を遵守したまともな宣伝をすることなんざ期待できない

991 :┃・)ノ ◆DV4hb.MG/U :2007/08/20(月) 11:58:31 ID:EnCXKbNf
>>987

違うよ。わりと長持ちしてるただの歴史文学作品だよ。

992 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 15:02:35 ID:C1gliEkm
>>989 天羽乙!

993 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 16:33:35 ID:RB6ErqRr
>>979>>980>>989>>990>>992
志村!ID!ID!

994 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 18:48:59 ID:+9jskCv+
>と思いこむのは自由だが、こっちには何の関係も無い話だな。

ああ結構だね。一生お経みたいに唱えていなさい。ね。





995 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 19:25:00 ID:C1gliEkm
>>980
ふっま〜だよん♪

天羽 VS 日下部!いい勝負だなw



平成19年(ワ)第140号 損害賠償請求事件 訴状
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/claim/case01/suitor/sojou20070330.pdf
水商売ウォッチング
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/intro.html

996 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 20:22:38 ID:C1gliEkm

法令違反を証明する客観的な事実を提示して下さいな?w
もちろん、ここではなくて貴方のブログでも別に構いませんよ。

それができなければ根拠のない誹謗中傷ってことです


233 :あるケミストさん:2007/08/14(火) 16:13:37
それは裁判でやります


234 :あるケミストさん:2007/08/14(火) 16:14:26
つまり、法令違反の客観的証拠はあるってことね。でも、
それって本当に客観的なのかな?君の主観的な思い込み
かもよw

997 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2007/08/20(月) 20:38:34 ID:fHbzVRc2
>>983
物質的なもの以外が存在するって証拠がないから扱いたくても扱えない。
だから科学は非物質の存在(霊や魂の類)は扱わない。

998 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 20:58:13 ID:ig3U6Nsd
こっちにも書いておくか。
シーラカンスが進化してないなんてことは、全然化石からは証明できない。
進化の主体はDNAの変化だからな。外見が変わってないから進化してないんだ!と言うのはあまりに稚拙。

999 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 21:03:02 ID:Oj90zAjh
>>997
>物質的なもの以外が存在するって証拠がないから扱いたくても扱えない。

いいえ、そんなことありません。
現在、主流の脳科学、付帯現象説は、すべての心的状態は物質状態に付随したもので、
神経系、特に脳の生理学的状態で、完全に定まるという説。19世紀に起こった説で、
心も自然世界の法則に従うと主張する。とにかく、この説は心的状態を認めている。

心は物質か非物質か?



1000 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 21:06:45 ID:TmMro1t1
1000ゲット
もうくだらないスレ立てるなよ!
この世には神はいないんだからな!!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

338 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)