5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【宗教】信仰問答【哲学】part21

1 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 20:59:14 ID:BKIUTDxq
知識としての宗教史から、個人の信仰のあり方まで、幅広く議論するスレ。
雑談、議論、喧嘩、自己宣伝、何でもあり。
ただし聖人ぶるのと悟りを開くのはほどほどにしましょう。

前スレ:http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1183533477/l50


2 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2007/08/19(日) 21:01:45 ID:E1mg9ZBf
無理だろうけど2を取っておこう。

3 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 21:03:11 ID:BKIUTDxq
余裕だったね。

4 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2007/08/19(日) 21:05:41 ID:E1mg9ZBf
>>3 ありがとうございます。連投規制に引っかかってしまったのですわ。

あ。どうぞお話を続けて下さいませ。

5 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 21:06:41 ID:BKIUTDxq
そういうことね。
2げとおめ。
話も何も。。。みんな気付くかどうかさえ微妙w

6 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/08/19(日) 21:09:29 ID:kqX7RQzt
6でなぁしぃ〜♪

>1乙!
>5ホントだよねw
とりあえず、気づきましたけどwwwwww

7 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/19(日) 21:11:08 ID:BKIUTDxq
>>6
どもですノシ

でも、今日は落ちなんですけどねwノシ

8 :8マン:2007/08/19(日) 23:22:08 ID:YpxpI3wJ
なんちゃってアシモです。スレ立ち乙です。
それでは皆様おやすみなさい☆
ノシ

9 :アシモ:2007/08/19(日) 23:36:17 ID:YpxpI3wJ
前スレのver.2さん への答え

>克服したアシも君と克服しないアシも君はどう違うの?
>克服したと思いこむアシも君と克服していないと思いこむアシも君では どう違うの?

解かりません。


>ちなみに創価も釈尊は不完全な救済しかできない日蓮上人の説く法仏
>こそが久遠実成だと言ってなかったっけ?

違います。日蓮大聖人は久遠元初の御本仏であり、釈迦が久遠実成の仏です。






10 :アシモ:2007/08/19(日) 23:39:44 ID:YpxpI3wJ
1000取られた・・・。


         _,,..,,,,_
        ./ ,' 3  `ヽーっ コロリ 
        l   ⊃ ⌒_つ
         `'ー---‐'''''"


11 :神も仏も名無しさん:2007/08/19(日) 23:41:16 ID:JuJfLI8E
日蓮とかどうでもいい。
熱帯夜かな

12 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 00:55:23 ID:OgG0WkhP
また糞スレか

13 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/20(月) 02:18:04 ID:P6Az4u6j
日蓮→イスラム教
浄土→キリスト教

だから、イスラム教もキリスト教も日本ではやらないんだよね・・

14 :アシモ:2007/08/22(水) 13:30:58 ID:+Qqcj+DL
プロパガンダやアジテーションは政治的、宗教的意味合いが大きいと思う。

15 :ver.2:2007/08/22(水) 13:38:28 ID:7z/e3mZ0
流行が過ぎたってだけでしょ。
戦後の混乱期に共産党もキリスト教も流行ったけど一部インテリのムーブメント
で終わっちゃったね。シンプルわかりやすく、実利的にも十全なサービス提供
できれば流行ると思う。
飽食拝金の日本じゃ金が代替作用になってるから難しいのだろうね。

地震か何かで本土が壊滅状態になったらまた流行るんじゃないかな。

16 :アシモ:2007/08/22(水) 17:21:46 ID:+Qqcj+DL
>>ver.2さんの意見にも一理あると思うけど、
「食べる為に生きてきた時代からどう生きるか考える余裕のでてきた時代。」
逆説的に言うとそんな時代だからこそ、流行に流されず本質的、普遍的、価値観が
求められるべき時代なのでは?と思うんですけどね。


17 :ver.2:2007/08/22(水) 22:17:54 ID:DwRzX92W
>>16
大衆は結構適当ですよ。
そんな小難しいことなんでわざわざ考えてるの?
オッパッピーってかんじですよ。

18 :アシモ:2007/08/22(水) 22:36:44 ID:+Qqcj+DL
>>17
そんなの関係ねー、そんなの関係ねえー。が危機管理のない日本の国民性かもしれませんね。


19 :アシモ:2007/08/22(水) 22:43:37 ID:+Qqcj+DL
結局、3.333333・・・・・。なんですよ。
3割の人は考えている。3割の人はどちらでもない。3割の人は考えていない。

20 :アシモ:2007/08/22(水) 22:52:26 ID:+Qqcj+DL
日本人の国民性を歴史的に見て良く解かる事は、昨日、平家、今日源氏、昨日、源。
今日北条、昨日、北条、今日織田、昨日、織田、今日豊臣、昨日、豊臣、今日徳川、
昨日、徳川、今日天皇、昨日、天皇、今日民主(形だけ)。心変わりが激しい。

21 :ver.2:2007/08/22(水) 23:30:59 ID:DwRzX92W
トレンドに敏感なのか、単にアイデンティティの弱い先導されやすい民族なのかw
でも、逃げ足早い奴のほうが長生きするもんです。

22 :アシモ:2007/08/22(水) 23:44:23 ID:+Qqcj+DL
>>21
何時だかテレビ番組のインタビューで100歳越えた老婆が「長生きされてどうですか?」の質問に、
「なんも、変わりません。」て答えるの見てズッコケタ。物理的時間より凝縮された人生が良い。
価値観は人それぞれですけど、人間に与えられた。平等とは今、生きてる事と、
何時の日か、死を迎えることですね。

23 :ver.2:2007/08/22(水) 23:47:56 ID:DwRzX92W
価値観は人によりけりだと思うけど「なんも、変わりません」って含蓄
あると思うけどなぁ〜
いつ生きてもいつ死んでも「なんも、変わりません」なんだよ。
ある意味涅槃域に達してるとおもたよ。

24 :アシモ:2007/08/23(木) 00:29:46 ID:Bw8Cf2ln
>>23
同感です。人生単純に長い短いでは無い。

おやすみいなさい♪

25 ::2007/08/23(木) 00:43:57 ID:8O34tnA2
新刊紹介

「聖なる妄想の歴史(世界一危険な書物の謎を解く)」
(ジョナサン・カーシュ著、松田和也訳、2007年4月25日
柏書房発行、定価¥2200)

「ヨハネの黙示録」を批判した研究書。同署に引用された、識者の
黙示録批判の言葉には、次のようなものがある。
「黙示的ポルノグラフィ」
「狂人による叙事詩」
「統合失調症患者の創造的イマジネーション」
「単なる狂人の戯言に過ぎない」(トマス・ジェファソン)
「『黙示録』は文字通り狂人を生み出す力がある」(著者)
「そこではキリスト教は教えられも知られもしない」(マルティン・ルター)
「麻薬中毒者の幻覚の興味深い記録」(バーナード・ショウ)
「『黙示録』は、真人間を狂わせ、狂人を悪化させる」(バークレー)
「それは聖書の読者からはほとんど完全に理解不能として見捨てられるか、
あるいは宗教的奇人にとっての楽園になるかのいずれかであった」(バー
クレー)
「予言の書としては、黙示録は言うまでもなく完全に誤っている。黙示録
だけでなく、ほかならぬイエス自身、完全に予言を外している。福音書の
中で彼が言ったとされる言葉によれば、彼の信者の少なくとも一部は、
われとわが目で世界の終末を見ることになるという。パウロもまた、自分の
時代のキリスト教徒に同じことを断言している。」(著者)

聖書にヨハネの黙示録とヨハネの福音書が含まれている以上、聖書は
「読んではならない、読ませてはならない悪書No.1」であることは確定で
ある。なお、ヨハネの黙示録は、「ダニエル書」がモデル。

26 :アシモフ君遊んであげよう、、大王:2007/08/23(木) 17:25:14 ID:ZJ6mThHX
日蓮の立正安国論のほうが、、、「読んではならない、読ませてはならない悪書No.1」

の様な気がするがね、、

オウムのハルマゲドンは、この書のイメージの様な、、
軍部テロと、軍部暴走主義は、ほぼ日蓮系、、井上日召、石原莞爾、
タリバンを彷彿させる、、
まあ、キリスト教もカルトが多いが、、、、
日蓮の立正安国論は、読む気にならんなあ、、地獄行き、日本が滅ぶ、脅し文句のオンパレード、
福音書、黙示録の方が、ましでしょ、、

マア、、日蓮、マホメットも、まあ、おもろいやつだし、、霊的に嫌いではないが、、、
教義は大嫌いだが、、地獄行きの脅しはね、、、、

27 :アシモ:2007/08/23(木) 18:20:55 ID:Bw8Cf2ln
大王へ確かに右翼に、左翼に、独善的に捉えられるかもしれませんが、
地獄とは方便であり、十界論に例えると、十界の中六道輪廻している間は、
刹那、天界を感じたとしても、次の瞬間には餓鬼界、修羅界を感じたり、
場合によって人界を感じたと思ったら縁にふれて畜生界に転じ、地獄界に至る。
しかし、地獄界を脱して、天界を感じたと思ったら、今度は人界とめまぐるしく
生命が変化してゆく中で地獄界を顕現する事もあるよ。と言っているだけで
 
>地獄行きの脅しはね、、、、

脅しでは無く、事実。ですから、十界の中、声聞、縁覚、菩薩、仏と高みを
目指しましょう。と言ってるだけです。

28 :アシモ:2007/08/23(木) 18:30:50 ID:Bw8Cf2ln
『光あるうち、光の中を歩め』レフ・トルストイ

一同は席にいる人、いない人の誰彼についてさまざまに話しあった。
が、自分の生活に満足している人物を、一人も見いだすことができなかった。
誰一人自分の幸福を誇ることができなかったばかりでなく、自分は真の
キリスト教徒にふさわしい生活をしていると思っている者さえ、一人もいなかった。
誰も彼もが世俗的な生活をいとなんで、自分自身の問題や家族のことばかり
思い煩い、隣人のことはもちろん、神についてさえ、考えようとしていないと告白しあった。
われわれを滅ぼすものは奢侈(しゃし)です、遊惰です、富です、
とりわけ慢心と、同胞たちからの孤立とがいけないのです。(p.7)
家族のために汲々としても、家族はいっこうによくなりません。
というわけは、家族のために尽くすのが善でないからにほかなりません。(p.9)



29 :ver.2:2007/08/23(木) 18:34:35 ID:yMJJWO/E
完全を目指すから不完全になるんですよ。
俗人でいいじゃないですか。

30 :アシモ:2007/08/23(木) 18:39:42 ID:Bw8Cf2ln
>>28の続き
「実に不思議ですなあ! 誰もが、やれ神様の御心にかなうように生活をするのは
結構なことだとか、やれわれわれはよくない生活をしているとか、やれ精神的にも
肉体的にも苦しんでいるとかいっているが、そのくせいざ実行という具体的な問題に
なると、子供に打撃を与えてはならないから、神の御心にそむいて、従来のままに
教育しなければならないということになってしまう。
若い者はどうかというと、これまた両親の命にそむくことなく、神様の御心に
そぐわない今までどおりの生活をしなくてはならないという。
さらに、世帯を持った男もまた、妻子に心配をかけないために、神の御心にそわない、
今までどおりの生活をしなくてはならないといい、また老人は、長い間の因襲が
どうだとか、余命いくばくもないとか、なんとかいってからに、どこにも
新しい一歩を踏み出してはいけないっていうしまつだ。
結局、誰一人心にかなった正しい生活をすることはできないので、
ただ口先でとやかく論じあうだけが関の山ってわけなんだ」(p.13)

すべての肉体的満足は、必ずこうしたものである。満足を枯渇させまいと思ったら、
絶えずそれを強化してゆかねばならない。
が、満足を強化し増大するには、他人にいっそう多くのものを要求しなければならぬ。
そして他人に自分の欲することを行わせるには、権力者でない普通人の場合、
昔も今も変わりなく、手段は一つ、ただただ金のみである。(p.31)


31 :アシモ:2007/08/23(木) 18:41:51 ID:Bw8Cf2ln
>>30の続き
いったい俺は何者だろう? 幸福を求める人間だ。
俺はそれを地上の諸々の欲望のうちに求めて見出しえなかった。
俺と同じような生き方に終始している人間は、みんな発見しえないのだ。
みんな邪悪にひきゆがみ、みんな苦悩に濡れしょぼたれている。(p.38)

肉の愛も、人間同士の尊敬と愛とが根底となる時に、はじめて正しい、
合理的な、牢固たるものになります。(p.56)

それ自身美しいものと認められて、多くの詩人に謳歌されている愛情、
−−一人の女に対する特定の愛情は、それが万人への愛に基づいていないかぎり、
愛と呼ばれる権利を持っておりません。
そんなのは獣欲で、きわめてしばしば憎悪に豹変する代物です。(p.56)

自分一個の幸福を土台にした結婚はみな、不和の原因たらざるをえません。(p.57)

ひとびとが悪をなすことを望まず、善をしようと欲するようにしむけるには、
法律による予防、阻止、および刑罰では功を奏さないでしょう。
この目的を達成しうるのは、人間の内部に根を張っている悪に
打ち克った時のみです。(p.96)

悪が消滅するのは、そこから必然的に生ずる自他の不幸を、
すべてのひとびとが理解した時にほかならない。(p.99)

不幸−−それは単に黄金を試みる火にすぎないのです。(p.111)

神のもとには大きいもの小さいものもありはしませぬ、また人生においても
大きいものも小さいものもなく、存在するものは、ただまっすぐなものと
曲がったものばかりじゃ。
人生のまっすぐな道に入りなさい、そうすればあんたは神と共にあるようになるだろう。


32 :アシモ:2007/08/23(木) 18:43:27 ID:Bw8Cf2ln
>>31の続き
そしてあんたの仕事は大きくも小さくもならない、ただ神の仕事となるだろう。(p.115)


33 :アシモ:2007/08/23(木) 18:48:24 ID:Bw8Cf2ln
>>29さんへ
完全なものなどありません。仏の中にも地獄界は存在します。
仏とは偏頗なものでは無いと推察します。全てを包含する存在。

34 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 19:01:47 ID:q/6zUjeH
>>26
立正安国論の意思は現代もしっかりと受け継がれてるんだよ。

大東亜戦争の際、日蓮正宗を国家が弾圧し、創価学会を弾圧し、二度の原子爆弾の
投下をされております。一発は九州、一発は広島。日本の国が正法を誹謗した報いです。
いままた日本の国が、もしか広宣流布ができなかったならば、それ以上に、
日本の国が重大の岐路に立っている。それはなにか。戸田会長はそれをいちばん
心配して、それを青年に、これからの行くべき道をたくさん教えてくださったわけで
ございます。大聖人様御在世のときには二度の他国侵逼の難。大東亜戦争のときには
世界始まっていらいの二つの原子爆弾の投下、今度は日本の国が、ソ連とアメリカと
二つの大国から攻められていくべき宿命にあるということを、真の青年は知らなくては
ならないと思うのでございます。

国立戒壇建立を、もしかできなければ、日本の国は永久に属国とし、永久に日本民族は
滅びる運命の段階にあります。ただひとつ、三大秘法の御本尊様を信じ、国立戒壇を
建立するならば、仏天の加護によって日本の国には原子爆弾は落ちないし、日本民族は
必ず繁栄するというのが、会長先生の御遺訓なのであります。
『(池田)会長講演集 第三巻』 P290〜291


35 :アシモ:2007/08/23(木) 19:13:22 ID:Bw8Cf2ln
りょんちゃんへ
国立戒壇論撤回したの知ってるのに、いじわる。(笑

36 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 19:13:53 ID:q/6zUjeH
>国立戒壇建立を、もしかできなければ、日本の国は永久に属国とし、永久に日本民族は
>滅びる運命の段階にあります。ただひとつ、三大秘法の御本尊様を信じ、国立戒壇を
>建立するならば、仏天の加護によって日本の国には原子爆弾は落ちないし、日本民族は
>必ず繁栄するというのが、会長先生の御遺訓なのであります。


原爆に対するこじつけよりも、これがもっとも恐ろしい。
公明党が与党になることがあればこれを実現できると考えてるかもしれない。
『国立』のそーかの戒壇なんて、常識で考えて頭がおかしいと思えること。
ましてやそうでなければ国に再び原爆が落ち滅びると脅し、
これをそーか民は実直に受け止め意思として受け継いだという。。。
受け継いだものがおかしいというものでもなく、こんな思想で支配する指導者が恐ろしい。

37 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 19:14:24 ID:q/6zUjeH
>>35
世論負けしただけでしょ。
思想の根底は変わらないよ。

38 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 19:15:36 ID:q/6zUjeH
イラク戦争支援とかも池田が認めて連立で実現させたでしょ、
結果的にアメリカの暴走だったとわかって池田はなんと言ってる?
無責任でしょ。

39 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 19:24:38 ID:q/6zUjeH
「広宣流布への挑戦をして行こう。天下を取らなければ途中の苦労が何にもならない。」(第四回社長会での池田大作発言・昭和四十二年九月二十二日)

 「天下をとれることが少し私には見えてきた。天下をとらない党なら、やる必要はない。私がひかえているから心配するな。」(公明党議員と記念撮影での池田大作発言・昭和五十一年十一月十六日)



40 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 19:26:07 ID:q/6zUjeH
私は、日本の国主であり、大統領であり、精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である

これ言ったってのは本当?

41 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 19:29:54 ID:q/6zUjeH
仮に撤回したとしても、そのような事を言ったのは事実。
そんな発言を出来る神経をなんでアシモフ君たちは疑えないのかが分からん。
俺自身、そういう発想は見てきたし、今でも聖教新聞には表現を変えて思想は生きてるしね。
気付いたほうがいいと思うよ>アシモフ君

42 :アシモ:2007/08/23(木) 19:31:18 ID:Bw8Cf2ln
『福翁自伝』福沢諭吉の宗教観

稲荷様の神体を見る

 ソレカラ一つも二つも年を取れば、おのずから度胸も好くなったとみえて、
年寄りなどの話にする神罰冥罰なんということは
大嘘だと独り自ら信じ切って、今度は一つ稲荷様を見てやろうという野心を起して、
私の養子になっていた叔父様の家の稲荷の社の中には何が這入っているか知らぬと明けて見たら、
石が這入っているから、その石を打擲ってしまって代りの石を拾うて入れて置き、
また隣家の下村という屋敷の稲荷様を明けて見れば、神体は何か木の札で、
これも取って捨ててしまい平気な顔をしていると、
間もなく初午になって幟(のぼり)を立てたり太鼓を叩いたり御神酒を上げてワイワイしているから、
私は可笑しい。「馬鹿め、乃公の入れて置いた石にお御神酒を上げて拝んでるとは面白い」と、
独り嬉しがっていたというような訳で、幼少の時から神様が怖いだの仏様が難有いだのということは一寸もない。
ト筮(うらない)呪詛(まじない)一切不信仰で、狐狸が付くというようなことは初めから馬鹿にして少しも信じない。
子供ながらも精神は誠にカラリとしたものでした。



43 :アシモ:2007/08/23(木) 19:37:39 ID:Bw8Cf2ln
りょんちゃんへすいません。いったん落ちてあらためてお答えします。

44 ::2007/08/23(木) 19:51:48 ID:xLtsuW+W
創価も連立以前は社民党レベルのクソだったわけだが
最近は現実的だね
国立の無宗教wとか戒壇建立とかもう
意見以前に頭が悪すぎるわけだがw
無宗教の国立施設なんてそれこそ
創価と共産家たちが、32年テーゼ改造9戦後病の枠内で
われらの聖地だと奪還戦争をやるだけだよw

45 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/23(木) 20:01:26 ID:q/6zUjeH
>>43
別に答えなくていいよ。
事実を書いただけのことだし。

でも、マジで学会だけはよしたほうがいいよ、抜けると良いこと増えると思うよ。
俺が抜けるように導いてあげようか?
実際に何人か抜けさせてあげてるし。

46 ::2007/08/23(木) 22:29:29 ID:4v37WaDJ
無宗教で鎮魂するか?
鎮魂でも慰霊でもいいが、そういうのは宗教的な行為なわけよ
宗教的な行為を無宗教でやるって?それも宗教組織がw もうねヴァカかとアボガト

47 :アシモ:2007/08/23(木) 22:47:19 ID:Bw8Cf2ln
>>37
本門戒壇とは本尊をまつり信仰の中心とする場所のことで、
これは民衆の中に仏法が広まり一つの時代の潮流となったとき、
信者の総意と供養によって建てられるべきである。
一時、本門戒壇を国立戒壇と呼称したことがあったが
本意は先にで述べた通りである。
建立の当事者は信徒であり、宗門も事業として行うのであって、
国家権力とは無関係である。



48 :アシモ:2007/08/23(木) 22:49:03 ID:Bw8Cf2ln
>>38
長年に渡りアメリカ政府と軍需産業の癒着が続いた結果、
アメリカのほぼ全ての州に軍需産業が存在し巨大な利権を生む構造が出来上がっており
各州の国会議員は圧力団体として彼らの意見を無視する事はできなくなっている。
この複合体の意向が合衆国の介入する戦争や紛争を増加させていると指摘される。
ベトナム戦争反対派だったケネディ大統領の暗殺事件にも
軍産複合体に属する勢力の意向が関わっていたのではないかとする一説がある。

この事実、現実を池田指導者が知らなかったとでも言うのでしょうか。
与党、内閣が決定したことであってとても池田指導者一人の意見で決まったことでは無いと思います。
日本はアメリカ国日本州ですから車買えとか武器買えとか言われても逆らえないんです。
それを池田指導者の責任にするのはいかがなものでしょうか?


49 :アシモ:2007/08/23(木) 22:50:59 ID:Bw8Cf2ln
>>39>>40
私は、日本の国主であり、大統領であり、精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である

日本の国主=民衆(理想)、大統領=主権在民、精神界の王者=宗教界の王者、王とは覇に対する言葉。
王とは=君主=民衆。王者とは覇者に対する言葉。覇者とは権力、武力天下を取る人で王者とはその逆、仁徳で天下を治める人。

実際、立正安国論の御真筆の国という字の口の中に、玉では無く民という字があてられている箇所も有るそうです。


50 :アシモ:2007/08/23(木) 22:53:11 ID:Bw8Cf2ln
>>41
舎衛の三億

仏法の聞き難いことをいう。仏の在世に生まれ合わせても尚、仏を見ず、仏について聞かない者が多いことを、
舎衛国の実例によって示したもの。
釈尊在世に仏法の広宣流布した舎衛国(しゃえこく)の9億(古代インドの億は現在の10万に相当)家の内、
分の1の三億は釈尊の教えを目の当たりに聞き、
3分の1の三億は仏のいることを耳にしたが見たことはなく、
また3分の1の三億は見たことはおろか聞いたこともなかったという。
したがって全体の3分の1が入会すれば広宣流布といえる。



51 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 22:54:43 ID:RFUQBqGe
>>46
>鎮魂でも慰霊でもいいが、そういうのは宗教的な行為なわけよ

アホか。鎮魂とは、生者が死者に対する感謝を表すための「生者」の
行為。死者の魂や霊とは無関係。


52 :アシモ:2007/08/23(木) 22:57:08 ID:Bw8Cf2ln
>>47は1970年に共産党から『国立戒壇論は「国から特権を受け」ることになり
憲法第20条に違反する思想といわなければならない。』という非難をうけた。
この指摘に対し創価学会では「国立戒壇について」という文書で、次のように回答した。


53 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 23:00:39 ID:cGzxAhaa
>>50
だからさ、気づいたほうがいいよって助言が、しゃえいの三億とやらなんだろ。

54 :アシモ:2007/08/23(木) 23:07:01 ID:Bw8Cf2ln
>>53
10言っても実現できるのは1。創価はそれにも満たない現実もあります。

55 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 23:21:44 ID:cGzxAhaa
>>54
ふふふ
ほんとにおまえはかわいいねぇ

56 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 10:16:55 ID:k9F0E44b
>>47

>国立戒壇建立を、もしかできなければ、日本の国は永久に属国とし、永久に日本民族は
>滅びる運命の段階にあります。ただひとつ、三大秘法の御本尊様を信じ、国立戒壇を
>建立するならば、仏天の加護によって日本の国には原子爆弾は落ちないし、日本民族は
>必ず繁栄するというのが、会長先生の御遺訓なのであります。

建てなければ滅びるだなんだを言ってるんだから的外れなレスしてもだめだよ。
基本的にそーかはいつもそうだけどね。

57 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 10:19:59 ID:k9F0E44b
>>48
これもだ、的外れもいいところ。
池田がそーかに対して絶対的な権力を持ってる立場で支援した事実。
そーか的にどうかということで、外部は関係ない。
池田の意思について問題にしてるんだから。その手の責任逃れは官僚とかの体質を助長するのではないかと、
少なからず政治に影響力を持つと自負するものであるならね。

58 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 10:24:41 ID:k9F0E44b
>>49
話にならないよ。


59 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 10:26:07 ID:k9F0E44b
つか、最初はアシモフ君はそーかじゃないって言いながら
今は池田教になってるのは池田にやましさ感じてたからとかじゃないのか?
結局は池田信者か。。。

60 :アシモ:2007/08/24(金) 11:51:59 ID:xpsk9hNZ
りょんちゃん、池田教なんて無いよ。てすとくんに福子(創価2世)て尋ねられ時
そうですと答えました。おれは日蓮仏法信者だよ。>>52に書いたけど政教分離はされてるよ。
だから>>47>>48に問題は無いと思うし、実際問題にしているひとも少ない。
日中国交化正常に民間で最初に成功したのは池田指導者だよ。田中角栄じゃ無いよ。
だから今年の春に温家宝が来日した時に温さんの方から池田指導者に会いたいと言ってきた。
歴史、民族、それぞれの、思想の壁を越えて対話に応じた訳です。そこには偏見も無い。
だから庶民の王者発言があったと思います。

去年、建長寺見物にいったけど、庭園とか綺麗だったけど形骸化していて単なる観光地。
と、言うと大王怒るかなぁ?鶴岡八幡宮も歴史民族博物館て感じだった。
日蓮大聖人ゆかりの寺にも行ったけど立正安国論したためたと言われている。
洞穴見たけど胡散臭い、昼でも暗いあんな洞窟に篭るかよと思った。

61 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 12:47:42 ID:k9F0E44b
>>60
>実際問題にしているひとも少ない。

内部で問題視できないから問題なんだよ。

つか、アシモフ君とやっても俺が一方的にいじめてるような構図になるからなw
悪いのはそーかであってアシモフ君ではないしな。

62 :ver.2:2007/08/24(金) 12:50:02 ID:+P0a5s8u
皆の期待通りの答えに摺り合わせるんじゃなくてもう少し厳密に
精査したら?ってことだと思うよ。
ま、宗教ってどうしても護教的になるし、創価は特に民衆を支配するために
民衆に迎合していかないといけないからね。

63 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 12:52:42 ID:k9F0E44b
でも、
>だから庶民の王者発言があったと思います。

なんの権限でこんなことがいえるのか、神経は疑うでしょ?
そーかの王様だとでもうそぶいてるならまだしもね。
庶民とは日本の一般庶民の王だと宣言してるのか?
どんな意味合いであろうと驕りや増長の現われ、宗教者にあるまじき姿勢ではない。
庶民の味方は戦争に協力したり、戦争を理由に脅迫したり出来ないよ。
あ、味方じゃなくて支配者のつもりか。。。

64 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 12:57:03 ID:k9F0E44b
そーか民の世界観ではSGI自体が世界有数の巨大で立派な団体に見えてる。
でも、そーか民以外には存在さえ知らなかったりカルト視されてる現実。
本当の大きさや実績をそーか民が認識することは不可能。@ご隠居風

65 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 13:05:16 ID:NpUaWZow
あのー
素朴なぎもんなんですが
いまどき神とか、おかしいとわかりますよね?

人間の進化の過程に仏教の神のような手が八本とかそういう人いないしww
人間の前に栄えていた恐竜は、神とか言ってたの?
原始人もいってたの?
進化の過程で想像力つけた人間が倫理観や秩序のための宗教じゃないですか?

なんで豚や犬も人間と同じ目があり内蔵があり 同じ生きてるのに神はいないどころか
牛のように食うために生かされる動物がいるの?人間も動物じゃない?
でも神は人間だけに微笑むの?

ナンで東洋人と白人は神がこんなに違うの?同じ人間なのに神は人種によって違うの?
聖書じゃ
白人は人間であり
黒人はその人間に与えられた奴隷であり
黄色は それらの奴隷である
といってるよ?神も認めてるよ俺たち黄色人種が劣等人種と。
白人の国じゃ黄色人種差別ひどいよ?なんで神は救わないの?白人同様
白人の神のほうがやっぱり優れてるから?

宇宙の時代に何で神が地球だけにいるの?

これらの疑問がわきます  教えて??


66 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 13:27:25 ID:k9F0E44b
>>65
このスレにそういうのがいると思ってる人はいないからどうだろうな。
キリスト系の強力な神信奉者のいるスレの方が答えてくれるかもよ。

67 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 16:34:38 ID:g2bRc4O5
私は、宗教って、学校だと思います。
心を学ぶ学校。

本来は、家庭や小中学校で教えなければいけないことを、大人たちが教えられないから、これだけ多くの宗教が世の中にできたのだと思います。
学校が心のあり方を教育できるようになれば、自然と宗教という枠組みはなくなるのでは?

見えない世界を利用して、設けようとするから、ますます、世の中おかしくなる。
正しいものまで、インチキに見えてくる。



68 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 17:38:45 ID:DBmgLxnL
>>67

それが正解だと思いますが

その宗教が 人を殺し、人も救う

西洋史の歴史見てくださいよ
いいように権力者に使われたあげくにどれだけみにくいことしました?宗教の名の下に?

いまだにかわらないでしょ?
宗教の神という概念でしかない存在感が 新興宗教や悪徳商法をうみだし
人の争いの恩賞を生んできた歴史

心の教育というまたあいまいさが
また宗教という非常に不透明な部分に合致して
同じ不幸を生んでいくと考えられませんか??

69 ::2007/08/24(金) 18:32:52 ID:Z076R5/p
>>51 死者の霊に無関係という自説が
宗教行為じゃないとすることに繋がってねえじゃん大丈夫か頭?

70 :アシモ:2007/08/24(金) 18:58:30 ID:xpsk9hNZ
>>62ver.2さんへ

>創価は特に民衆を支配するために 民衆に迎合していかないといけないからね。

民衆の支配?民衆は簡単に支配されるほど愚かではありませんよ。

>>63>>64りょんちゃんへ
庶民の王者は庶民が王者ではどうでしようか?w
主権在民。日蓮仏法と釈迦の仏教の決定的違いは日蓮大聖人は千葉の小湊の漁師の子供。
釈迦は王家に育ち人生に疑問を抱き妻子を捨て出家する。w
日蓮=庶民、釈迦=王侯貴族。

>庶民の味方は戦争に協力したり、戦争を理由に脅迫したり出来ないよ。

戦争に協力?イラク人支援に派兵されたのでは? 戦争を理由に脅迫?何時、誰を?

>本当の大きさや実績をそーか民が認識することは不可能。

それは、自分自身で確かめるしかありませんね。





71 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/24(金) 19:05:54 ID:ChiYx2M3
>>70

権力者っていうのは情報を握っている人のことだよ。

民には情報が降りてこないんだから、正しく判断しようがないでしょ。

72 :アシモ:2007/08/24(金) 19:12:19 ID:xpsk9hNZ
>>71てすとくんへ
そうですね、どこの世界でも常に情報は操作されてますね。その辺は念頭に入れておかなければいけませんね。

73 :ver.2:2007/08/24(金) 19:20:00 ID:+P0a5s8u
>>70
愚かではないと思っているのが愚かなんだろうなぁ・・・
民衆は常に被支配民だよ。創価はその胴元になりたくて仕方ないんでしょう。
いい線いきましたが、池田さんが亡くなったら種切れでしょう。

74 :アシモ:2007/08/24(金) 19:28:35 ID:xpsk9hNZ
>>73ver.2さんへ
確かに、あれだけのカリスマ性を持った指導者がいなく成った時、創価はどうなるのか考える事はあります。

75 ::2007/08/24(金) 19:33:00 ID:IleMJ/Xt
池田さんは、チトーなのかホーチミンなのかカストロなのか

カリスマ後の結果は、指導者の形質が支持者の形質と同化しておれば継承されるが
どうやらチトーパターンかも知れない

76 :アシモ:2007/08/24(金) 19:46:56 ID:xpsk9hNZ
>>75中田さんへ
もしかして徳川パターンかも・・・。

その答えは、どちらも、三代目で決まりでしょう。
実際、戸田城聖二代会長が亡くなった時も、これで創価も崩壊だと言われたそうです。

77 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 19:56:51 ID:k9F0E44b
>>70
王は王。庶民は庶民。
池田はただのそーかの名誉会長、それだけ。
なんだか勘違いして庶民の王だなんだとのたまう神経はどう思うのかって聞いてるんだけどね。
素晴らしいのか?さすがは創価の王だけのことはあるのか?

日蓮と釈迦は同列だと思ってるのか?
別に釈迦も人間だけど、生まれた時期も違えば環境も違う中で仏教を創始したのは立派だと思える。
日蓮はどうか、ぱくってアレンジして、非難して、自分が本物だとのたまう。
池田も忠実な日蓮信者とも言えるが日蓮の手法をぱくったとも見れる。


78 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:01:53 ID:k9F0E44b
>戦争に協力?イラク人支援に派兵されたのでは? 戦争を理由に脅迫?何時、誰を?

公明党のもともとの公約とか行動を思い出してみろと。
散々、その手の行動は戦争協力だと非難してきたのは他ならぬ公明党。
しかもそれ自体を婦人部が全面支持で署名活動も頻繁にやっていたはず。

戦争を知友に脅迫とは池田の原爆応報説などのこと。
そーかにならねば原爆が落ち日本は滅ぶ。
これ、本当にすごい言葉だよ。
ましてやこの言葉を真に受けて教育にまで使ったバリバリ信者の異常さを俺は知ってるし。
戦争がらみをネタにし、脅迫まがいの洗脳と勧誘活動。
そのうちには戦争反対を前面に掲げだし、挙句は散々批判してきた戦争協力を正論のように行う。
これに対する分析できる?

79 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:02:38 ID:k9F0E44b
知友 ×
理由 ○

80 :アシモ:2007/08/24(金) 20:08:26 ID:xpsk9hNZ
>>77りょんちゃんへ
疑問の答えは、法華経のなかにあります。同列ではなく。日蓮上、釈迦下。
日蓮、太陽=日の本。釈迦、月=月氏国。

81 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:12:15 ID:k9F0E44b
>>80
それを盗人猛々しいといってるんだよ。

で、現実のそーかとのやり取り、最近はしないけどね。
こういうこと言ってると、
いきなり拝み始めたヤシいた。
理由はあんたに罰が当たらないようにだと。
それ自体が罰を使った脅しだって言うのw

82 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:13:25 ID:k9F0E44b
打倒ニッケン!!とか相手の不幸を仏壇に掲げて拝む宗教って正常なのか?
宝くじ買うと仏壇に入れてたり滅茶苦茶だろw

83 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:20:31 ID:k9F0E44b
つーかさあ、アシモフ君のは全然答えになってないよ。
まだやる?
そーかの実態話ならいくらでもあるけど。。。
まとめサイト作れるくらいあるけど。
まず第一にそーか信者の実態は教義如何を問わず、言動的にインチキだと分かると思うよ。
日蓮系全般に言えるみたいだけどね。

84 :アシモ:2007/08/24(金) 20:26:01 ID:xpsk9hNZ
>>78りょんちゃんへ
確かに、新進党時代そういう動きがあったようです。
しかし、今回の派兵はイラク人救済、支援の目的で、戦闘の為のものでは無かったと思います。


>戦争を理由に脅迫とは池田の原爆応報説などのこと。
そーかにならねば原爆が落ち日本は滅ぶ。
これ、本当にすごい言葉だよ。

それは、方便です。今時、罰論なんて使っていません。
でも日本の不思議なところは、世界で初めて火薬による攻撃を受けたのが鎌倉時代の日本という事実と
世界で唯一の被爆国という現実です。ここに日本という国の不思議さと平和に向けてのメッセージを
伝えていくべき義務があると思います。



85 :アシモ:2007/08/24(金) 20:29:04 ID:xpsk9hNZ
>>82
アシモはやってません。

86 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:32:42 ID:k9F0E44b
>>84
その理屈はそーか内でしか通らないよ。
それくらい自覚できるでしょ?

全てを方便で済ませられるなら世の中から脅迫の犯罪は消えるね。
言ってる意味が分かってるのか?

>>85
アシモフ君がやらないってのはなんとなくは信じられるけどな。
でも、所詮はそーかを悪く考えることは不可能なんだから他で何かしらおかしくなってる可能盛大。

87 :アシモ:2007/08/24(金) 20:35:55 ID:xpsk9hNZ
>>81
罰というのは当るものではありません。いも食ったから屁が出た。それが、罰ですか?
崖から飛び降りたら怪我した。それが罰ですか?仏法は道理。
道理に反したら痛い目にあう事が罰だと思います。

88 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:37:35 ID:k9F0E44b
>>87
そーかは分裂し、信者を減らし、
公明党も常に批判にまみれ、議席も減らした。
道理に反すればこうなると自覚してるの?

89 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:38:24 ID:k9F0E44b
こうせん流布が出来なければ原爆で日本が滅ぶとのたうちながら、
自業自得でこうせん流布から遠ざかる宗教って知ってるか?

90 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 20:40:25 ID:k9F0E44b
それと。
池田の道理概念はこうだ。

そーかを国が批判したことにより、その道理によって、
広島と長崎に原爆が落とされました。


そして、これを方便だという、アシモフ君たち。。。やばいでしょ?

91 :アシモ:2007/08/24(金) 20:50:24 ID:xpsk9hNZ
>>90
そうでは無く、旧日本軍が天照大神の札を掲げ、天皇を神格化し、利用していた
事実について反発し、牧口、戸田、他創価教育学会の幹部が不敬罪、治安維持法違反に
より投獄された。

92 :アシモ:2007/08/24(金) 20:52:47 ID:xpsk9hNZ
宗教を政治に利用したのは旧日本軍です。

93 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:00:35 ID:stvmaqrO
またずらすし。
そーかは都合が悪いところはスルーが基本だからね。
本部から通達が来ればそれに沿ったことをいうけど。

94 :アシモ:2007/08/24(金) 21:01:12 ID:xpsk9hNZ
日清、日露戦争に勝った日本は太平洋戦争においても神国、日本には必ず神風が吹くと言ってゆずらず
それは、元寇の乱の時の日本になぞられているところがあります。

95 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:02:12 ID:stvmaqrO
>>94
それはおかしいと思うわけでしょ?
で、そーかは正しいと思うならそれがすでにやばいよ。

96 :アシモ:2007/08/24(金) 21:03:08 ID:xpsk9hNZ
>>93
ずらしてません。

97 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:03:29 ID:stvmaqrO
>>96
ずれてる事も気付けないのか。。。

98 :アシモ:2007/08/24(金) 21:06:22 ID:xpsk9hNZ
>>97
ずらすと言うより大局を見ていくべきかとおもうのですが・・・。

99 :アシモ:2007/08/24(金) 21:08:14 ID:xpsk9hNZ
りょんちゃんへ

創価に矛盾が無いとは思ってません。

100 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:08:26 ID:stvmaqrO
>>98
脅迫罪について問われれば、
それよりもあっちの犯罪の方が悪いといい、
偽証罪について問われれば、それは方便だという。
これが大局を見るということなのか?

101 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:10:57 ID:stvmaqrO
>>99
そーかはそーか自体も信者も言い訳だらけなんだよ。
矛盾というよりも、明らかな過ちだらけだった。
今はどうであれ、まずはそれを認められない集団という時点でどうかと。
まあ、今後に縮小を迫られる理由になるだろうけどね。道理にも。

102 :アシモ:2007/08/24(金) 21:12:24 ID:xpsk9hNZ
>>100オメです。
というより、釈迦について言うと八万宝蔵といわれるくらいあらゆる方便をくしして
自らの悟りを説かんとしている訳です。

103 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:14:21 ID:stvmaqrO
>>102
方便も地に落ちた物だ。
って、もともと方便なんて高みにもあるまいが。。。
でも、やばいね、他人に迷惑かけても方便で済ませる集団だろ?
社会に脅迫まがいのメッセージを残しても方便で済ませる。
方便で洗脳されては困るよね。
これがそーかのことでないなら、アシモフ君は大同意だろうよ。

104 :アシモ:2007/08/24(金) 21:15:20 ID:xpsk9hNZ
>>101
>矛盾というよりも、明らかな過ちだらけだった。

具体例をお願いできますか?

105 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:16:17 ID:stvmaqrO
>>104
教義持ち出すなよ。
現実的な信者の行動を社会観で見て考えるならいくらでも教えてあげるけど。

106 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:16:54 ID:stvmaqrO
選挙違反も事実あるし、詐欺も事実あるし、
営業手段のマニュアルも知ってるし。

107 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:21:21 ID:stvmaqrO
そーかの署名活動、あれインチキだよ。
知り合いの名前から何から勝手に書きまくって仕上げる。
それを指摘されてもそれくらいいいじゃない?方便よ。
これがそーかの方便の駆使の仕方か?
一人の信者が2、3人勝手に書くだけで2、3倍の総数になるからこれはでかい。
でも、こんなのは当たり前すぎて些細な物だけど。。。
選挙のは下手すればやばすぎる事なのかも。。。他人の選挙権で投票行ったりする。
敵に入りそうな票は投票券を隠したり妨害する。真面目な話だ。

108 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:22:09 ID:stvmaqrO
アシモフ君は仏壇に折伏ノルマの人数とか書いてるの?


109 :アシモ:2007/08/24(金) 21:23:42 ID:xpsk9hNZ
>>103
それは方便という本来の意味を履き違えている様に思います。
世間では、嘘も方便なんて使い方されますが、あれは本来の意味からはかけ離れています。

例えば、他の例をあげますと、我慢という言葉をせけんでは辛抱や忍耐の意味で使われていますが、
本来の意味は、我を慢ずる。つまり慢心の意味なんです。

110 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:24:24 ID:stvmaqrO
公明新聞、聖教新聞、ダイビャク蓮華、民音の本、何部ずつとってるのだ?
外では環境、資源を大事にといいながら暗に無駄な紙資源を金を払って取らせるのは何の為?

111 :アシモ:2007/08/24(金) 21:24:44 ID:xpsk9hNZ
>>108
書いてません。

112 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:25:39 ID:stvmaqrO
>>109
だから。。。また外す。。。
方便の意味をアシモフ君どおりにとるなら嘘も方便どころの話じゃないだろうに。

113 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:27:04 ID:stvmaqrO
>>111げとおめ。
アシモフ君が自分で自信を持ってるなら、
悪いところは悪いと認めたうえで自分の思うことを言ったらいいよ。
池田なんかの擁護をするのは何でだ?
それに他の信者は俺が言ってる事やってるの知ってるだろうに、
それについての意見はなし?

114 :アシモ:2007/08/24(金) 21:28:56 ID:xpsk9hNZ
>>110
聖教1部、第三文明1部、日経1部、たまにコンビニで東スポ、週間文春、です。

115 :アシモ:2007/08/24(金) 21:29:46 ID:xpsk9hNZ
大白1部。

116 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 21:31:50 ID:+SCEXQ1g
>りょん君
日蓮や池田氏などの「小物」ばかり批判しないで、もっと大物「イエス・
キリスト」の批判をしろよ。時間と労力の無駄だよ。

117 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:32:15 ID:stvmaqrO
>>114
なんか嘘っぽいなw
でも、公明新聞とってないんだ、珍しいね。
で、聖教新聞を3部とか取ってるのとかどうおもうんよ。

118 :アシモ:2007/08/24(金) 21:32:21 ID:xpsk9hNZ
>>113

>池田なんかの擁護をするのは何でだ?

擁護という認識はありません。


119 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:33:22 ID:stvmaqrO
>>116
日本の現実的にはそーかの方がやばいでしょw
それに俺の言ってる事とご隠居の言ってる事と同じようなもんでしょ?
そーかでも同じ現象が起きるという証明はご隠居には悪くないんじゃない?

120 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:33:59 ID:stvmaqrO
>>118
だったら池田の批判をしてみろよ、出来ないだろ。@ご隠居風

121 :アシモ:2007/08/24(金) 21:38:52 ID:xpsk9hNZ
>>117
聖教新聞社は営利団体ですし、各新聞社も営業には回っていると思います。

>多分ほかに配るんだと思います。他の新聞社と違うのは、勧誘と啓蒙の違いだと思います。


122 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:40:33 ID:stvmaqrO
>>121
おいおい。
結局はアシモフ君が他を見て自分はやるまいと思ったところで所詮は同類なのか。

123 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:42:00 ID:stvmaqrO
>>121
旦那が非学会員で旦那に内緒で3部とって、
こっそりとそのままゴミだししてるのとかどう思うよ、実話。

124 :アシモ:2007/08/24(金) 21:42:58 ID:xpsk9hNZ
>>120りょんちゃんへ

僧俗和合はどうなったんですか?

ノシです。

125 :アシモ:2007/08/24(金) 21:45:57 ID:xpsk9hNZ
>>123
個々人の自由。眠くなったので寝ます〜♪

126 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:46:02 ID:stvmaqrO
>>124
どうなったってどういう意味?
友人葬とかで僧侶になりきってるじゃん、信者が。
宇宙を知ったかのように語り、昨日までの非学会員も今日からは僧侶か神、仏かってなるじゃん。

127 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/24(金) 21:46:56 ID:stvmaqrO
>>125
まあね、池田も言論の自由で暴論はいてるだけだし、
物事全て方便だからな。
ノシ

128 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/24(金) 22:45:04 ID:ChiYx2M3
まあまありょんさん。

アシもんがここにいるってことは折伏してないし、本流だってまだなんじゃない?

大体、参議院選挙でまけたのを自民のせいにしちゃいかんな。

あの選挙で打撃を受けたのは自民でなく公明だよ。

「常勝」でなくなったからね。公明なんて票がなけりゃ存在意義ないんだし。

129 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/25(土) 00:17:43 ID:wiRBO0vy
>>128
アシモフ君は図々しいタイプの会員とも思えませんしね。
実際にいい人もいくらでもいますよ。
ただ、そーかそのものとなればカルトは間違いないし、
アシモフ君も被害者の一人みたいなものだから。
といっても思想の団体ってのは厄介ですよね。
被害者が擁護する以上はその件での立件が難しい。
外の被害者がもっとしっかり訴えるなりするしかないのだろうけど、
そーかは身内や知人を使って勧誘メインだし、段々狡猾になってるようだし。

130 ::2007/08/25(土) 02:41:47 ID:10GsFbrk
明治維新後敗戦まで、諸外国に対抗のため
仏教引き締めを行ったことは事実だが
それを持って長崎広島原爆が落とされたというのがバカ杉

だいたいアメリカという差別国家の人間行動を
神格化し、しかもそれが原爆だなんて
長崎と広島で布教できるのか創価は?
キュウマ発言以上のバカだろっての

131 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 04:03:59 ID:TG229ITz
西暦1700年ごろから、世界中で急速に霊能者が減りました。
今は世界に数名しかいないでしょう。

132 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 08:22:31 ID:NI7SBmVt
>>131

それはまやかしがきかなくなったからときずけば?

1700年頃から世界は経済革命や 工業革命がおきてる

無能はこまるよ

133 :アシモ:2007/08/25(土) 21:23:46 ID:U2jrY0vN
こんばんわー、テストくんへ。本流したことあるよ。りょんちゃんへ
977 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/18(土) 19:03:43 ID:PBgF6yUw
例えば、

>フロイトは科学ですか?リビドーなどは偏頗な哲学としか思えません。

このレスにいたった理由を言ってごらんよ。
どこまでフロイトを知り、リビドーを知ってるのか、
その経緯と日蓮系の言葉を重要視する経緯との差は歴然なはず。
なぜ日蓮系であれば中身を問わず妄信できるのか、その理由を自分で分析してごらんよ。

リビドーとは欲望のこと、性的衝動の根底にある心的エネルギーの事です。
アシモの疑問。動物はそうかもしれないけど、同じ生命を持つ植物に性的衝動て適応されます?
例えばたんぽぽの種子は?


関係無い話。今日、映画「ラッシュアワー3」観て来たんですけど五つ星評価で星二つ半でした。

134 :アシモ:2007/08/25(土) 21:46:23 ID:U2jrY0vN
>>133の続き
草木(そうもく)成(じょう)仏(ぶつ)

草木成仏とは、草木や国土などの心を有しないもの(非情といいます)が
成仏の相を顕すことをいい、非情成仏、無情成仏とも言われます。
天台大師は法華円教に基づいて草木成仏の法理を説いています。
すなわち、国土衆生に三千世間が具(ぐ)すという
依(え)正(しょう)不二(ふに)の法門を説き、
さらに『摩訶止(まかし)観(かん)』において、
三千の諸法の一々が即空即仮即中の円融の三諦であるという
一念三千の法門を説きました。
そして、『摩訶止観』に「一色一香無非中道」とあるように、
非情である草木国土が
悉(ことごと)く中道実相の妙体であることを明かしました。



135 :アシモ:2007/08/25(土) 21:47:56 ID:U2jrY0vN
>>134の続き
また妙楽大師は『金剛錍論(こんごうぺいろん)』に、
「乃ち是一草・一木・一礫(りゃく)・一塵(じん)・各一仏性・各一因果あり
縁了を具足す」
とあるように、草木にも三因仏性が具有(ぐゆう)することを述べて、
天台の草木成仏の法理を扶(ふ)釈(しゃく)しました。


136 :アシモ:2007/08/25(土) 21:51:40 ID:U2jrY0vN
>>135の続き
日蓮大聖人は、『四条金吾釈迦仏供養事』に、
「第三の国土世間と申すは草木世間なり。
草木世間と申すは五色のゑのぐ(絵具)は草木なり。
画像これより起こる。木と申すは木像是より出来す。
此の画木(えもく)に魂魄(こんぱく)と申す神(たましい)を入(い)るゝ事は法華経の力なり。天台大師のさとりなり。此の法門は衆生にて申せば即身成仏といはれ、画木にて申せば草木成仏と申すなり」(御書 993頁)
と仰せられ、天台の法理を依用して一念三千による草木成仏を明かされました。
そして、『草木成仏口決』に、
「一念三千の法門をふ(振)りすす(濯)ぎたてたるは大曼荼羅なり」(御書 523頁)
とあり、『経王殿御返事』に、
「日蓮がたまし(魂)ひをすみ(墨)にそめながしてかきて候ぞ、
信じさせ給へ。仏の御(み)意(こころ)は法華経なり。
日蓮がたましひは南無妙法蓮華経にすぎたるはなし」(御書 685頁)
等と仰せられているように、草木成仏の法理によって人法一箇の大曼荼羅御本尊を御建立されたのです。


どの様にに捉えるかは個々人の自由です。

137 :アシモ:2007/08/25(土) 22:43:18 ID:U2jrY0vN
>>128てすとくんへ
前三後一ですから・・・。

おやすみなさい。

         _,,..,,,,_
        ./ ,' 3  `ヽーっ コロリzzZZ 
        l   ⊃ ⌒_つ
         `'ー---‐'''''"




138 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/26(日) 00:27:15 ID:64McVo6T
>>137

>前三後一ですから・・・。

常勝から前三後一へ。

今回の選挙はターニングポイントだよ。次負けたらやばいですよ。




139 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 02:08:47 ID:kvqMwKoC
「草木成仏」などという言葉を聞くと、ほっとした気持ちになるね。人間の仏
性も、草木がなければ維持できないのだから、草木とは不二一体であるはず。

クリスチャンは「創造」を語るが、彼らは「創造」とは「実在」のことである
のを忘れている。彼らの語る「創造」は、どこまで行っても「人間」の脳内の
観念。それは創造でも、ましてや神でもない。

キリスト教とは異なり、仏教は「創造」や「神」を語らなくても、むしろそれ
をより的確に捉えていると言える。

140 :大王:2007/08/26(日) 16:49:02 ID:wsEnPFlq
やっぱり、、、ご隠居は、そうかの工作員なのねん、、、、

141 ::2007/08/26(日) 17:05:49 ID:94CtSq94
1、AよりBのほうがいいという主観を持ってAはダメというのが幼い発言パターンであり根拠がない
2、実在の範囲提示から逃げまわって実在絶対を誇示しても意味がない
3、実在がなぜ優先されるのかの主観提示なだけで根拠の体系を出せていない

この1,2,3が未整備である者の発言に普遍性はないね

142 ::2007/08/26(日) 17:19:13 ID:94CtSq94
その後はおキマリの御神託が続き
御神託に対する意見は見ないふりで
相変わらず指摘事項は出せないのであった。

143 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/26(日) 21:34:00 ID:OPg133+R
>>141

整備した後どうするん? 2chレベルだとやることないよね。

144 :アシモ:2007/08/26(日) 23:36:23 ID:VLZiIsQM
宗教批判の原理その1「内外相対」

五重の相対とは、
内外相対、大小相対、権実相対、本迹相対、種脱相対の五つの相対(比較)をいいます。
これは、一切の思想、宗教、なかでも仏教の種々の教えを比較検討して、
その浅深、高低を判定していくものです。

その判定の基準は、
生命の因果(人間に幸・不幸をもたらす原因と結果)をどう説いているかにあります。
日蓮大聖人は、開目抄において五重の相対を明かし、
大聖人が弘められる文底独一本門の仏法こそが、
末法の衆生を救済しうる最高の教えであることを示されています。



145 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 23:38:36 ID:VLZiIsQM
>>144の続き
内外相対とは、内道である仏教と、中国の外典(儒教・道教など)や
インドの外道などの仏教以外の教えとを比較相対して、
内道の仏教が優れていることを明かすものです。

日蓮大聖人は開目抄で、インド・中国における仏教以外の諸宗教の祖師たちについて
「因果を弁ざる事嬰児のごとし」(御書188ページ)と述べられています。
この因果(=原因と結果)とは、人間の幸・不幸に関わる因果であり、
絶対の幸福境涯をあらわしていくための因果です。
この人間の幸・不幸に視点を当てた因果を的確に説いているのが仏教(内道)で、
仏教以外の諸宗教(外道)はその因果を説かないか、
説いても偏った因果観にとどまっています。
儒教・道教は、現世だけを見て、
過去世・現在世・未来世の三世の因果を説きません。


146 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 23:40:41 ID:VLZiIsQM
>>145の続き
インドの諸宗教(バラモン教など)には三世の因果を説くものもありますが、
それは過去世の原因によって今世に得られる幸・不幸の結果(境涯)が決まっているという
運命論・決定論にとどまっており、今世における変革の可能性は説きません。
わずかに神などの力で、天に生まれ変わることができると説くに過ぎません。
仏教以外の教えには、このほかに因果そのものを否定する説なども含めて、
さまざまな因果説がありますが、いずれも偏った因果観であると言わざるをえません。

それに対して仏教(内道)では、人間の内面に変革の可能性があることを洞察し、
今世の行いによって、苦悩を安心へ、不幸を幸福へと転換できることを説きます。


147 :アシモ:2007/08/26(日) 23:47:55 ID:VLZiIsQM
>>145>>146コテ忘れてました。

おやすみなさい。

         _,,..,,,,_
        ./ ,' 3  `ヽーっ コロン グゥ、グゥ、グゥ・・・・・・
        l   ⊃ ⌒_つ
         `'ー---‐'''''"


148 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 14:36:37 ID:0Os+roAp
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1188142493/l50
∵どの信仰も元を辿れば生命崇拝∴

149 :アシモ:2007/08/27(月) 15:31:49 ID:KfMkHGR/
141 : :2007/08/26(日) 17:05:49 ID:94CtSq94
1、AよりBのほうがいいという主観を持ってAはダメというのが幼い発言パターンであり根拠がない
2、実在の範囲提示から逃げまわって実在絶対を誇示しても意味がない
3、実在がなぜ優先されるのかの主観提示なだけで根拠の体系を出せていない

この1,2,3が未整備である者の発言に普遍性はないね

ローラー持ってきて足元埋めちゃうよ?

てすとくん発言が的確だよ。


150 ::2007/08/27(月) 16:55:50 ID:RqnMHIh8
>>143 >>149 2ちゃんレベルとかじゃないでしょ
ネット掲示板のマナーのレベル問題っしょ

151 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/27(月) 17:01:21 ID:fYEuwkgs
>>150

だから、2chのマナーレベルだと、やりようがないよね。

人生の時間を浪費して「繰り返し戦略」に対抗しますか?

どうしましょうね。

152 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/27(月) 17:02:46 ID:fYEuwkgs
結局、理論の内容の問題ではなく、内容はどうであれ最後まで立っていた奴が勝ちってことでしょ。

153 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 19:08:45 ID:HXy6RWfz
>>141
これが問題になっているのか。中田氏のイエスさえ抜ければ、容易に分かること。

>1、AよりBのほうがいいという主観を持ってAはダメというのが幼い発言
>パターンであり根拠がない

生物的生命は、すべての人間に共通する「唯一の普遍の事実」。人間のすべての
営みの根源。人間界における「唯一の」根拠。

>2、実在の範囲提示から逃げまわって実在絶対を誇示しても意味がない

人間にとって実在とは、(必要な場合には観測装置を使って)、五感で知覚
できる対象。人間は、実在に依存しない限り、生命の維持は絶対に不可能
であるという事実が、実在か否かのテスト。人間は言語を有するから、五感の
知覚の経験を他者に伝達することができる。例えば、マスコミ等。

>3、実在がなぜ優先されるのかの主観提示なだけで根拠の体系を出せていない

優先も何も、実在がなければ、生命はもとより、PCも、2chも、君自身も存在
しない。

154 ::2007/08/27(月) 19:08:51 ID:RqnMHIh8
24時間ねらーの勝利宣言体質は事実ですね
勝ち負けとか関係ないですがねw
切り口が違う相手だと対処サンプルになるのと
違う概念者の視点が得られるのに意味があるってだけだね
まあ、テレビ時間のついでや、自宅でのナガラ2ちゃんでしょ皆さんも

155 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 23:35:11 ID:16g08+aS
テストは厨房

156 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/08/28(火) 00:46:31 ID:yLe48B1I
>>155
そういう喜ばせることを言うと、付け上がるぞ( ̄□ ̄;)!!


157 :大王:2007/08/28(火) 17:46:37 ID:S7z9CCYV
あれだけ、アシモフに宗教カキコして、御隠居攻撃しない、なんでだろーーーう、、

158 :アシモ:2007/08/28(火) 19:32:34 ID:M0M2n6O3
大王の攻撃は?

159 :アシモ:2007/08/28(火) 19:35:04 ID:M0M2n6O3
インターセプターは準備してあるよ。

160 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 13:03:37 ID:xlxI0C+U
インターセプターって?

161 :アシモ:2007/08/29(水) 14:36:11 ID:fKnXEiNa
迎撃教義。

162 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 19:13:52 ID:2YB+7qWi
仏教批判するやつは葬式頼むなよ

163 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 19:42:42 ID:SPR4Moey
>>162
なんじゃー、それ・・・

164 ::2007/08/29(水) 19:55:55 ID:58ZRqBuV
まあプロテスタントの一部 神道的行事につながる行為を祭りレベルまで避けるやつが

大相撲大好きって奴がいて笑えるんだけどね

165 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/29(水) 20:21:08 ID:gb78Y8PU
>>162

家族葬増えてきてるよ。安いしね。坊主に金払うのはアホだと思う人増えてきたんじゃない?

166 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/08/29(水) 20:28:57 ID:xJbXeoTg
問題は、葬式だよナァ〜

両親はどうすんだろう・・・・・・・・・・・・
なんか希望あるのかナァ〜

167 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/29(水) 20:33:02 ID:gb78Y8PU
うちの親はなんでもいいって。

俺は遺骨をブラックホールに向けて飛ばして欲しいな・・。

168 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/08/29(水) 20:37:15 ID:xJbXeoTg
>>167
単に向けて飛ばすぐらいなら簡単だけど、宇宙に飛ばすとなれば、大ゴトだナァ〜

今のうちに、ロケット作れば?


169 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/08/29(水) 20:40:39 ID:xJbXeoTg
作ると言えば、
私はマジ、これそのまま作ってみたい。
無理だと思うけど、凄すぎる( ̄□ ̄;)!!

http://www.youtube.com/watch?v=WcR7U2tuNoY&mode=related&search=

170 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/08/29(水) 20:43:50 ID:gb78Y8PU
>>168

まあ、最近悟ったし、いつ死んでもいいや。

171 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 01:07:25 ID:ACF3yjCC
>>170
(。_゚)〃ドテッ!

172 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/08/30(木) 23:50:56 ID:Ovgg65Au
俺の親はそーかで葬式きぼん。
でも俺は絶対にそーかではやらない。

173 :アシモ:2007/08/31(金) 19:59:14 ID:q0Hlkk/o
http://jp.youtube.com/watch?v=Y4rKceMPuNU

http://jp.youtube.com/watch?v=_RMzA82H-Qo

174 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 21:13:16 ID:RTq7ppVR
>>172
そうかぁー

175 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/01(土) 02:56:08 ID:4QxAZ9p7
そうだあ。

今やってる田原の面白い。
立正佼成会の自民とそーかの公明が協力して戦争支援してるのが暴露。
そして韓国ではキリスト教の安易な宗教活動が問題視。
諸悪の根源のキリスト教国アメリカとイスラム思想国家。
世の中の乱れは宗教が起こしてる現実が浮き彫りに。。。

176 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/01(土) 02:57:47 ID:4QxAZ9p7
そして。。。公務員問題。
ストーカーして殺人して自殺したら退職金が1.5倍に。
身内でインチキしあって税金使いまくって何が悪いとほざくアホ官僚たち。
ここで散々やってた事がどんどん浮き彫りになっていると言うw

177 :アシモ:2007/09/01(土) 12:51:35 ID:XB73YXVt
内の親は、B長やってるけど、活動はしてるけど池田指導者は嫌いなんだって。

178 :アシモ:2007/09/01(土) 13:21:40 ID:XB73YXVt
http://jp.youtube.com/watch?v=xl2e69fEFf4

179 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/01(土) 13:35:46 ID:P07z+jFn
アシモもりょん氏も親のご本尊切り刻んで燃えるゴミの日に捨てちゃいなよ。

180 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/01(土) 13:37:45 ID:P07z+jFn
フーテン氏は聖書を燃やし、ご隠居は自殺するか命を粗末にしてみなよ。


181 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/01(土) 13:37:55 ID:sr9TGm2l
そうだなぁ〜
そういう合理的な話ではないのが辛いナァ〜

182 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 13:59:54 ID:qtB/UtpK
>>177
創価は、信者なのに池田指導者が嫌いと言える人がいるのが救い。

その池田氏は、釈尊まで「期限切れ」として否定できる。

イエスを嫌いと言えるクリスチャンは、一人もいない。だから病気。

183 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/01(土) 14:14:40 ID:P07z+jFn
>>182

統一教会はイエスは期限切れと言っているよ。

184 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 14:21:27 ID:qtB/UtpK
>>183
イエスの代わりに文鮮明というメシアを信じるから、結局は同じこと。

勲章を沢山ぶら下げて喜んでいる池田氏を、メシアだ、神だ、仏陀の生まれ変
わりだ、などと思っている創価信者はいないと思う。単なるアホと思っている
信者はいるかも知れないがw。

185 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/01(土) 15:13:06 ID:f0i7A2Ee
>>179
過去にそんなようなことやったら殺されそうになったw
おまけに近所のそーかがどやどややってきて拝みまくり、やがて本尊が新品になっただけ。

186 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/01(土) 15:14:21 ID:f0i7A2Ee
>>182
そーかは日蓮の釈迦じゃなくて日蓮の悪口言えないだけ、なんら差はない。
その理屈では、「だから病気」ってなるけど。

187 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/01(土) 15:17:52 ID:f0i7A2Ee
>>184

釈迦の代わりに日蓮というメシアを信じるから、結局は同じこと。

>勲章を沢山ぶら下げて喜んでいる池田氏を、メシアだ、神だ、仏陀の生まれ変
>わりだ、などと思っている創価信者はいないと思う。単なるアホと思っている
>信者はいるかも知れないがw。

日蓮に思ってりゃそれで十分なのにともすると池田とか言うアホまで崇める。
よくても日蓮がメシアで救われず、へたな信者は日蓮と池田の2重装備ってことw

188 :アシモ:2007/09/02(日) 11:24:35 ID:52bnPFay
宗教批判の原理その2「内外相対」

仏教のなかで小乗教と大乗教を比較相対し、大乗教が小乗経よりも勝っていること。
「乗」とは、乗り物の意味で、仏の教えが、人々を迷いと苦悩から悟りの境地へと運び、
導くので、乗り物に譬えたのです。
小乗教は、出家して修行し、自分が悟ることだけを目指す二乗(=声聞・縁覚)のための教えです。
これは小さな範囲の人々しか救えないという意味で、小さな乗り物に譬えるのです。
小乗教では、苦悩の原因は自分自身の煩悩にあると説き、苦悩を解決するには煩悩を滅する以外にないとして、
厳しい戒律と修行による解脱(=悟りによる苦悩からの解放)を求めました。
これは、煩悩を解決する道(因果)を自分の生命の内に求める点では正しいと言えます。
しかし心身を滅すること(因)によって煩悩を完全になくした境地(果)を目指す小乗教の行き方は、
結局、生命自体を否定することになり、真実の救いにはなりません。
これに対して、大乗教は、自分も他人もともに幸福になろうとする菩薩のための教えです。
大乗教は、自分の救いを求めるだけではなく、他の多くの人々を救うことを目指すので、
大きな乗り物に譬えられるのです。
大乗教では、小乗教のように煩悩を排除するのではなく、
煩悩のある生命に菩提(=悟り)の智慧を現して、その智慧によって煩悩を正しくコントロールし、
清浄で力強い生命主体(=仏界)を確立することを教えています。


189 :アシモ:2007/09/02(日) 11:32:58 ID:52bnPFay
宗教批判の原理その3「内外相対」

大乗教を、仏の真実の悟りを明かした実大乗教(法華経)と、
真実を明かすための準備、方便として説かれた権大乗教に立て分け、
権大乗教よりも実大乗教が勝ことを示したものです。権とは仮の意、実とは真実の意です。
仏は本来、いかなる境涯の人をも成仏させる根本法を悟ったのですが、
大乗経典のなかでも華厳経・般若経・阿弥陀経・大日経などの
法華経以外の諸経では、二乗の成仏や、悪人・女人の成仏を否定しています。また、
その他の人々についても成仏のためには何度も生まれ変わって修行を積み重ねなければならないとしています。
また、仏についても、阿弥陀仏や大日如来など、人間を超越し、現実世界から遊離した世界に住む架空の仏を説きます。
成仏や仏に関するこれらの教えは、
当時のインドの人々の考えに合わせた方便として仏の悟りの法を説いたものであり、
仏の境涯、あるいは悟りの法について、その一面、一面を説いているに過ぎないのです。
それに対して、実教である法華経は、
二乗や悪人・女性を含めて、一切衆生が平等に成仏できることを説き、
その根拠となる法(一念三千の法門)を明かしています。
諸経は仏の悟りを説くための方便として説かれたのであり、
法華経にこそ仏の真実の悟りが明かされているのです。
それゆえに、権教は劣り、実教は勝のです。



190 :アシモ:2007/09/02(日) 11:39:44 ID:52bnPFay
>>188>>189タイトルの訂正とお詫び
>>188宗教批判の原理その2「大小相対」

>>189宗教批判の原理その3「権実相対」でした。すみません。


191 :アシモ:2007/09/02(日) 12:02:20 ID:52bnPFay
宗教批判の原理その4「本迹相対」

本迹相対とは、法華経二十八品を前半十四品の迹門と
後半十四品の本門に立て分け、
両者を比較相対して、
本門の教えが迹門の教えに勝ることを示したものです。
本迹の本とは本地(=仏・菩薩の本来の境地)、
迹とは垂迹(=衆生教化のために現した仮の姿)という意味です。
法華経の後半十四品は釈尊が仏としての真実の境地(本地)を顕した法門なので
本門といい、
前半十四品はまだ本地を顕さず、仮の姿のままなので迹門といいます。
法華経の前半十四品では、二乗作仏、諸法実相を説いて
一切衆生の成仏の法理を明かしましたが、
権教と同様、
釈尊がインド伽耶城近くの菩提樹の下で初めて悟りを
得たという見方が前提になっています。
この仏の立場を「始成正覚」といいます。
しかし、これは釈尊という仏の仮の姿に過ぎず、
真実の姿ではないと打ち破ったのが本門寿量品の説法です。
始成正覚という釈尊の仏果が打ち破られることによって、
その始成正覚の釈尊によって説かれた権教や迹門の種々の仏果も、
結局は仮のものであると打ち破られたことになります。
また、それらを目指して行うように説き示された種々の修行(因)も、
真実の成仏の因ではないと打ち破られたことになるのです。
したがって、迹門までの教えでは、
真実の成仏の因果が説かれたことにはならないのです。



192 :アシモ:2007/09/02(日) 12:07:13 ID:52bnPFay
>>191の続き
それに対して後半十四品、特に要の寿量品では、
釈尊はインドの伽耶城近くの菩提樹下で初めて成仏したのではなく、
実は思惟を絶するはるか久遠の昔に成仏して以来、
種々の姿を現して衆生を教化している永遠の仏であるという
釈尊の真実の姿が明かされたのです。
この仏の立場を「久遠実成」といいます。
本門で仏の生命の常住(過去・現在・未来の三世にわたって
常に存在すること)が明かされたことによって、
初めて一切衆生の生命が常住であることが示されたのです。

193 :アシモ:2007/09/02(日) 12:09:30 ID:52bnPFay
>>192の続き
また、権教・迹門においては、
仏の国土は現実世界(娑婆世界)から離れた
別の世界にあるとされてきたのに対して、
本門では娑婆世界こそが仏の国土であることが明かされました。
釈尊の真実の境地を明かすことを通して仏の常住、
衆生の生命の常住、国土の常住という本門の法理が明らかにされ、
現実世界に生きる衆生が自身に本来具わる仏界の生命を覚知することで
成仏できるという真実の成仏観が初めて明らかになりました。
真実の成仏観を明かした本門が、
それを明かしていない迹門よりも優れていることはいうまでもありません。

194 :アシモ:2007/09/02(日) 12:19:02 ID:52bnPFay
宗教批判の原理その5「種脱相対」

種脱相対とは、久遠実成を明かす文上の本門と
南無妙法蓮華経を明かす日蓮大聖人の文底独一本門を相対したものであり、
法華経文上の本門が脱益、日蓮大聖人の文底独一本門が下種益の法門です。
文底独一本門とは、
法華経本門寿量品の文底に秘沈されている
真実の成仏の因果を明らかにした日蓮大聖人の仏法のことです。
「種脱」とは「下種益」と「脱益」のことです。
これについて、まず説明します。
「下種」とは、仏が衆生に初めて成仏の種子となる法を教えることをいい、
その法を聞くことによって衆生の生命に成仏の種子が植えられる利益を「下種益」といいます。
また、仏の教化によって次第に衆生の生命が整えられ、
成熟していくことを「調熟」といい、その利益を「熟益」といいます。
そして、最終的に成仏することを「得脱」といい、
その利益を「脱益」といいます。
これは仏の衆生教化の過程を、
稲などが種を下されて成熟し、収穫されるのに譬えたものです。








195 :アシモ:2007/09/02(日) 12:24:01 ID:52bnPFay
>>194の続き
釈尊の真実の仏の境涯を明かした法華経の文上本門は、
爾前迹門の教えによって調熟されてきた衆生を仏の悟りに至らせ、
得脱させる「脱益」の働きがあります。
釈尊の真実の仏の境涯という果を明かすことによって衆生が得脱できたのは、
その衆生の生命がそれだけ成熟していたからです。
しかし、末法の衆生は、そのような成熟の過程を経ていない凡夫です。
したがって、法華経の本門、つまり釈尊の真の仏果を説く脱益のための教えでは成仏することができません。
法華経の本門で、
釈尊の久遠の成道が説かれたといっても、
それは結果の姿であり、成仏の真実の原因となる法が衆生に対して明確に示されたわけではありません。
釈尊自身が修行して成仏した根源の法が何であるかについて、
法華経では示されていないのです。


196 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 12:27:34 ID:m84osbf1
>>195
なんでスレ荒らすの?

197 :アシモ:2007/09/02(日) 12:28:57 ID:52bnPFay
>>195の続き
日蓮大聖人は、成仏の真実の原因となる法が
本門寿量品の文底に秘沈されていると仰せです。
その法が、釈尊を成仏せしめ、またあらゆる仏を成仏させた仏種です。
日蓮大聖人はこの根源の仏種を南無妙法蓮華経として顕し、弘められました。末法の衆生はこの南無妙法蓮華経を信受し唱えることにより、自身の生命に仏種が下され、初めて成仏することができるのです。
法華経本門が脱益にとどまるのに対して、
南無妙法蓮華経は下種益の法です。
このことを日蓮大聖人は「彼は脱此れは種なり彼は一品二半此れは但題目の五字なり」(御書249ページ)と述べられています。
「彼」とは法華経文上の本門、「此れ」とは文底独一本門のことです(なお、「一品二半」とは法華経本門の中心となる部分で、
寿量品の一品とその前後の半品ずつのことです)。
大聖人の下種仏法によって、
成仏の種子を衆生の生命に植えることが可能になり、
すべての衆生が一生のうちに種熟脱を具えて仏界の生命を現し、
成仏していける道が開かれたのです。
このように、末法の衆生は釈尊の脱益仏法では成仏できず、大聖人の下種仏法によって初めて成仏できることを明かしたのが種脱相対です。

198 :アシモ:2007/09/02(日) 12:31:40 ID:52bnPFay
>>196さん、みなさま、連投すいませんでした。

199 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/02(日) 12:56:17 ID:1NnA57Jg
明かされました。
明らかになりました。
って、やたらあるけど。
明らかにしたってのが、まさか日蓮が言っただけってことはないよねw
明らかにされたからには証明してみなよ。
それが出来ないなら明らかになんてなってないから。

200 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/02(日) 13:01:15 ID:UBvf+yvN
日本の大乗仏教がつまんないのは、単なる反体制の人間を持ち上げてるとこなんですよね。

日蓮って人間のどこに心惹かれるの?

私にはまだ、ホリエモンの方が面白い。

201 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/02(日) 13:12:30 ID:8fvkxUkI
>>200げとおめ。

そもそも日蓮系の信者のなかにも日蓮なんてろくに知りもしないでやってるの多いんじゃないですか?
漠然としてりゃいいんですよ、きっと。
それに調べようのない過去の言動なんてどうにでもできますしね。
教科書に載るような歴史と違って個別宗教団体の歴史解釈には外から切り込むケースもほとんどないわけですし。

202 :アシモ:2007/09/02(日) 13:15:40 ID:52bnPFay
>>199りょんちゃんへ
科学と違背してるところありますか?

>>200娑婆世界(地獄より少しましな世界)で本当のこと言ったらどうなりますか?
反体制とみられても仕方ありませんよ。体制が間違ってればそれはおかしいと言えるのが
本物だと思います。

203 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/02(日) 13:19:10 ID:8fvkxUkI
>>202
科学だ現実だって次元の話じゃないじゃん。
何をどういう根拠で明らかにしたって言うのか書いてみなよ。
それが出来ないのに「明らかにしました」「明らかにされました」とか言うのはほら吹きだよ。
全然明らかでもなんでもないんだから。

204 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 13:20:45 ID:m84osbf1
そういや昔定説です、ってのがあったな。

205 :アシモ:2007/09/02(日) 13:21:15 ID:52bnPFay
>>201ありがとうございます。
信仰ですから、信心なんですよそのうらずけが教学です。

206 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/02(日) 13:22:12 ID:8fvkxUkI
勝手に定説?
根拠もなしに真実だ、勝だ、劣るだって、それだけでも質が見れるよ。

207 :アシモ:2007/09/02(日) 13:24:02 ID:52bnPFay
>>204さん
科学や医学も哲学も同じ様なあやまちを犯しながら進歩していますよ。

208 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/02(日) 13:26:48 ID:8fvkxUkI
>>205
裏づけなんてないじゃん。

つか、落ちよノシ

209 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/02(日) 13:29:18 ID:UBvf+yvN
>>201
宗教だけに執着するのは、単なるブランド嗜好と変わりない。

ビリーザブートキャンプとなんみょうほうれんげいきょうに違いがない。

210 :アシモ:2007/09/02(日) 13:32:24 ID:52bnPFay
>>208
エネルギー保存の法則(エネルギーほぞんのほうそく、
the law of the conservation of energy)は、
エネルギー保存またはエネルギー保存則、
熱力学第一法則(ねつりきがくだいいちほうそく)ともいう。
『ある閉じた系の中のエネルギーの総量は変化しない』という物理学での
最も基本的な法則(保存則)の一つである。
[編集] 熱力学第一法則
熱力学では

dU = δQ - δW (dUは閉じた系の内部エネルギー変化、δQは系が外部から加えられた熱量、
δWは系が外部にした仕事)

といった形で表現され、熱力学第一法則とよばれる。
物理的には熱も仕事も同じエネルギーの一種であり、
エネルギー収支(増減)がすなわち内部エネルギー変化であるという法則。
式の意味は加えられた熱量の分だけ内部エネルギーは増加し、
外界に対して行った仕事の分だけ内部エネルギーは減少するということである。
何もエネルギー源のないところからひとりでにエネルギーが生まれることはなく、
逆に発生したエネルギーが消滅することもないということを表わしている。

なお、19世紀には、質量について同様の質量保存の法則を持つとされたが、質量はエネルギーと等価であることが解り(→特殊相対性理論)、この法則は成り立たないことが確定した。が、初等化学などでは、相対論的効果が無視できることから現在でも使用されることもある。



211 :アシモ:2007/09/02(日) 13:36:07 ID:52bnPFay
>>208
エントロピーとエネルギーの「質」
エネルギーの総量は一定でも全体のエントロピーが時間とともに増大することはある
(減少することはないとされる)。
つまりエントロピーには保存則はなく、
系と外部を含めたエントロピーの総量は変化しうる(→熱力学第二法則)。
その際エネルギーの"質"(エネルギーの取り出しやすさ、扱いやすさ)は低下して
最終的には最も利用効率の悪い熱エネルギーに変化する傾向がある。
エネルギー問題においてはエネルギーの"量"よりも"質"のほうが重要であり、
エネルギー保存則があるからといって人類が利用できるエネルギー"量"が
不変であることを保証するものではない。



212 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/02(日) 13:44:06 ID:8fvkxUkI
>>209
ユーフォー信者と同じなんですけどね。
誰かが宇宙人にお告げを受けたとか言って、既成の概念に色付けして教義でも作れば全く同じなんだけど。

>>210-211
それが裏づけだといってるんじゃないよね?
つか、アシモフ君やばいと思うよ。
そーかの怖さは現実のありとあらゆる事を無根拠の真実とか教義に当てはめちゃってることだよ。
他宗教信者でも評価に値すれば、それは日蓮の説く○○○○に添ったからであり、
かの者は他宗教でありながら日蓮の教えの一部分に忠実な様にあったのです。とかさ、
なんでも日蓮のすごさにもってくじゃん。
ありとあらゆるものを日蓮が予言していた、日蓮が言っていた、日蓮の言う○○にあたる、なんでも日蓮。
犯罪があればそれは日蓮のいう○○の何々にあたる。。。アホか。
そして、こうせん流布が実現すれば今は教団内の妄想も世界万人の概念に統一できれば現実になるわけだからね、
そんな理想は恐ろしすぎると思わないか?

213 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/02(日) 13:44:18 ID:8fvkxUkI
ノシ

214 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/02(日) 13:51:37 ID:UBvf+yvN
>>213
ノシ

落ち着いたら、メッセしますねw

215 :アシモ:2007/09/02(日) 13:52:23 ID:52bnPFay
>>208
量子重力理論(りょうしじゅうりょくりろん)とは、
重力相互作用を量子化した理論である。
ただし、現時点では、未完成である。

相対性理論を摂動により単純に量子化すると二次のレベルで紫外発散が起きる。
ただし相対性理論自体はゲージ理論で考えることができるため(内山)、
これは単に摂動による量子化の仕方が悪いといえる。
この重力ゲージ理論によれば重力子はスピン2のボソンであると考えられている。
そこで次に考え出されたものが超重力理論である。
これは重力子がスピン3/2のグラビティーノを超対称性パートナーとして持つ、
という理論である。しかしこの理論も高次のレベルで発散している可能性が指摘されている。
そこで次に考え出された理論が超弦理論である。
これは重力子が閉じたひもで記述される、という理論である。
ほかにもこの理論は開いたひもとして光子、ウィークボソン、グルーオンなどのゲージボソン、
そしてフェルミオンを含むので究極の理論と呼ばれることがある。
またこの方法とは異なる角度としてループ量子重力理論がある。
ループ量子重力はその背後にペンローズのツイスター理論とスピンネットワークを含んでおり、
この理論は超弦理論のみが量子重力の唯一の理論ではないことを物語っている。







216 :アシモ:2007/09/02(日) 13:53:14 ID:52bnPFay
>>215の続き
重力を量子化するためのよい現象としてブラックホールが挙げられる。
ブラックホールの内部では相対性理論が破綻をきたすと考えられており、
そこでは時空を量子化した理論が有効である。
この方向による最近の発展ではホログラフィック原理が挙げられる。
これはブラックホールの内部の情報量の保存限界はその体積ではなく
表面積に依存するというものである。
これはひも理論のメンブレインに通じるものがある。
またAdS/CFT対応としてある種の物理が多様体の境界に還元できるという考え方もある。

いずれにしても量子重力を考える上で
最大の問題点はその指針とすべき基本的な原理がよく分かっていないということである。
そもそも重力は自然界に存在する四つの力の中で最も弱く、
量子化された重力が関係していると考えられる現象が
現在到達できるレベルでは観測されていないのである


217 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 13:54:58 ID:SVqiVN4O
アシモフ君、偽者日蓮に相変わらず、ラリッていますなあ、、、、
仏法論戦しても、まともに、回答できないのに、、

まあ、がんばりなさい、、、

218 :アシモ:2007/09/02(日) 14:02:17 ID:52bnPFay
>>209昆布君へ
ビリーザブートキャンプをしっかり行えば筋肉が付き脂肪が燃焼される。
それが因果律だよ。現実世界が因果律で成り立ってるのに何で生まれてきた事に
因果律を求めないんでしょう。

219 :アシモ:2007/09/02(日) 14:06:28 ID:52bnPFay
>>217大王大日や阿弥陀は実存の仏では無いですよ。仏界は貴方の中にあるんですよ。
一念三千でも語りましょうか?

220 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 14:10:20 ID:SVqiVN4O
アシモフの中には、日蓮の地獄行きが、あるのさ、脅し、脅し、池田先生がいるのさ。
仏をかぶった偽者日蓮、池田先生、師弟不二でなけりゃ、罰くるぞ、地獄行きだぞが、あるだけさ。

221 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 14:11:07 ID:SVqiVN4O
アシモフの偽者一念三千は、日蓮の地獄行きが、あるのさ、脅し、脅し、池田先生がいるのさ。
仏をかぶった偽者日蓮、池田先生、師弟不二でなけりゃ、罰くるぞ、地獄行きだぞが、あるだけさ。


222 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/02(日) 14:11:12 ID:d+YZMm8C
ご隠居に勝ったwww

223 :アシモ:2007/09/02(日) 14:11:20 ID:52bnPFay
「一念三千」

日蓮大聖人が、末法万人の成仏のために南無妙法蓮華経の御本尊を御図顕された理論的支柱の一つです。
一念三千とは、法華経に説かれている一切衆生の成仏の原理を、中国の天台大師が『摩訶止観』のなかで、体系化して説明したものです。
「一念」とは、私たちの瞬間瞬間の生命のことです。この一念に、すべての現象、働きを意味する三千の諸法が具わっていることを説いたのが一念三千の法理です。
「三千」とは、十界互具と十如是、そして三世間を合わせて総合したものです(百界×十如是×三世間=三千)。十界と十如是と三世間という、それぞれ異なった角度から生命をとらえた法理を総合し、私たちの生命の全体観を示したものです。




224 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/02(日) 14:16:24 ID:d+YZMm8C
>>223
仏典のどこに 『生命』 なんてあるんですか?

225 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/02(日) 14:17:01 ID:UBvf+yvN
>>222
ご隠居は名乗らないからナァ〜

イマイチのりが悪い。

226 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 14:17:53 ID:SVqiVN4O
日蓮大聖人が、信じる奴のみの成仏のために南無妙法蓮華経の御本尊を御図顕された理論的支柱の一つです。
一念三千とは、法華経に説かれている一切衆生の成仏の原理を、中国の天台大師が『摩訶止観』のなかで、体系化して説明したものです。
「一念」とは、私たちの瞬間瞬間の生命のことです。この一念に、すべての現象、働きを意味する三千の諸法が具わっていることを説いたのが一念三千の法理です。
「三千」とは、十界互具と十如是、そして三世間を合わせて総合したものです(百界×十如是×三世間=三千)。十界と十如是と三世間という、それぞれ異なった角度から生命をとらえた法理を総合し、私たちの生命の全体観を示したものです。
その偉大な教理を、勝手に、信じない者は地獄行きと
改悪したのが日蓮大聖人です。

天台は、信じない者は地獄行きなどと、言ってはおりません。
まった、釈迦より仏教の歴史上、信じないと地獄行きと言ったのは、日蓮のみです。
他の仏教では、輪廻する、生まれ変わると言っており。地獄行きと脅しはありません。


227 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 14:19:14 ID:SVqiVN4O
アシモフ君はコピペだけで、反論できず!!!

はい、ゲームオーバーです。

228 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/02(日) 14:19:21 ID:d+YZMm8C
>>226
浄土系は地獄雪って言うでしょ

229 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 14:22:16 ID:SVqiVN4O
浄土系は、生まれ変わるです。
苦しんだ人生をも一度繰り返すのが嫌で、南無阿弥陀仏と言ったそうです。庶民は。

権力者はマジで悪をしたので、地獄行きを恐れたそうです。藤原道長と浄土教。

230 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 14:25:12 ID:SVqiVN4O
http://ime.nu/ime.nu/religion.bbs.thebbs.jp/1166805222/e10
逃げも、隠れもできない、久遠常住の御隠居スレ、、

231 :アシモ:2007/09/02(日) 14:26:15 ID:52bnPFay
 仏教を修学する上に於いて、どうし
ても知らなくては境涯を深めようがな
い、という重大な認識がある。それは
、この世界の森羅万象は種々のもの
が雑多にそれぞれが存在する様に見
えるが、実はそうでなく、その全てを
包括した、唯、一法に因って在り在ら
しめられている、と言う事です。



232 :おりゃ!天台密教ビンゴ!、大王:2007/09/02(日) 14:28:22 ID:SVqiVN4O
仏教を修学する上に於いて、どうし
ても知らなくては境涯を深めようがな
い、という重大な認識がある。それは
、この世界の森羅万象は種々のもの
が雑多にそれぞれが存在する様に見
えるが、実はそうでなく、その全てを
包括した、唯、一法に因って在り在ら
しめられている、と言う事です。

ただし、信じないと地獄行きという、日蓮の脅しにはありません、以上、、

233 :アシモ:2007/09/02(日) 14:36:25 ID:52bnPFay
>>231の続き

妙法蓮華経 無量義経説法品第二
に・・無量義は一法より生ず・・と、言う有
名な文言があるのはこの事であります。
また、この一法は無相である、と述べら
れている、つまり、姿形も、匂いも、音
も、味も何も無い一法である、と言ってい
るのであります。

 さて、この無相の一法に就いて無量
義経徳義行品第一に「・・・・・・・

大いなる哉大悟大聖主(仏、生命)・・・

・その身は 有に非ず亦無に非ず、因に非ず、
縁に非ず、自他に非ず、方に非ず、円に非ず、長短に非ず、出に非ず、
没に非ず、生滅に非ず、造に非ず、起に非ず、為作に非ず、座に非ず、臥に非ず
行往に非ず、動に非ず、転に非ず、閑静に非ず、進に非ず、退に非ず、案危に非ず、
是に非ず、非に非ず、得失に非ず 、
彼に非ず、此に非ず、去来に非ず、青に非ず、黄に非ず、赤白に非ず、
紅に非ず、紫種々の色に非ず・・」と、あります。

大王はこれをどう読まれますか?



234 :アシモ:2007/09/02(日) 14:44:27 ID:52bnPFay
>>233
 
この様な述べ方でしか表せない実体とは如何なるものか、
およそ日常的な 時間 空間の制約下にある事象の概念の外の事であることは判る。
これは自分(我)の事を述べているのであります。

うえの・・・その身は・・と、言う所に ・・・自分(我)は、
と、入れて読めば解ってくる。自分(我)と言う
ものは、有る、と言っても掴み出して見せる訳にはいきません、
では、無いのかと言えば無い訳でなく
ちゃんと前を見ていて考えたりしています。
有に非ず 亦無に非ずであります。自分(我)の自分
(我)はこの宇宙の自分(我)と同じ自分(我)であり、
他人の自分(我)とも同じ自分(我)であり、自他に非ずであります。
また、自分(我)はこの宇宙と共に何時始まったか、
何時終わるのか解らないのです
から生滅に非ずであります。
この三十四の 非ず を以て示された実体は正に自分(我)の事なのです。




235 :アシモ:2007/09/02(日) 14:51:20 ID:52bnPFay
27 :アシモ :2007/08/23(木) 18:20:55 ID:Bw8Cf2ln
大王へ確かに右翼に、左翼に、独善的に捉えられるかもしれませんが、
地獄とは方便であり、十界論に例えると、十界の中六道輪廻している間は、
刹那、天界を感じたとしても、次の瞬間には餓鬼界、修羅界を感じたり、
場合によって人界を感じたと思ったら縁にふれて畜生界に転じ、地獄界に至る。
しかし、地獄界を脱して、天界を感じたと思ったら、今度は人界とめまぐるしく
生命が変化してゆく中で地獄界を顕現する事もあるよ。と言っているだけで
 
>地獄行きの脅しはね、、、、

脅しでは無く、事実。ですから、十界の中、声聞、縁覚、菩薩、仏と高みを
目指しましょう。と言ってるだけです。

人間(自分も)一寸先は闇ですよ。

236 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 14:53:38 ID:K1i35BPq
あー君。
だいたい、仏教の目標が「仏界の境涯」ってそんな気分的なものなら、
別に題目なんか唱えなくても誰でもが持ってます。
と、いうより題目唱えない人の方が、3倍くらいたくさん持ってます。

自分たちの嘘は慈悲だの方便だのって言うくせに、方便経は絶対にゆるさない
なんていう論理構造もおかしいでしょう。
それに、同じ題目を唱える人を批判したり暴力を振るったりするのも、おかしい。
そもそも、自分たちだけが正しいというのと、自分だけが正しいというのは
同じ構造だよ。
基本的には馬鹿という奴が馬鹿。地獄行きという奴が地獄行き。
仏教では他己というからね。信者以外は人間以下みたいな考え方は、
仏性にもっとも遠い考え方なんです。

237 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 14:56:11 ID:K1i35BPq
あー君。そういえば地涌の菩薩には条件めいたものが
あったはずだけど・・・四つ。なんだっけ。

238 :アシモ:2007/09/02(日) 14:56:38 ID:52bnPFay
>>226大王へ
天台は理の一念三千、日蓮大聖人は事の一念三千。

239 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 14:56:52 ID:m84osbf1
ていうか、矛盾点をつかれたらつかれるほど、無根拠の信仰心ってカルトの場合強くなっちゃうんだよねー
こまったものだ。

240 :アシモ:2007/09/02(日) 15:03:19 ID:52bnPFay
事(じ)は理に対する言葉。

事は個別的具体的な事象・現象を意味し、理は普遍的な絶待・平等の真理・理法を指す。


241 :アシモ:2007/09/02(日) 15:04:45 ID:52bnPFay
どこか矛盾してる?

242 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 15:10:07 ID:K1i35BPq

天台のことも、おだてていたかと思うと、大恩敵といったり
してる。仮に日蓮のいうことが真実なら、宗派は仲間割れしない。
けど、してる。

243 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 15:12:02 ID:K1i35BPq
もちろん、予言も外れている。

244 :アシモ:2007/09/02(日) 15:15:22 ID:52bnPFay
ID:K1i35BPq さんはどうかもう少し学んでから質問してください。

245 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 15:16:21 ID:K1i35BPq
なんで。。

246 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 15:17:48 ID:K1i35BPq
簡単な事実しか質問してないお。

247 :アシモ:2007/09/02(日) 15:25:21 ID:52bnPFay
>>246
質問の内容が的はずれです。何の予言がはずれました?
天台を敵対視しました?
地涌の条件?
暴力振るいましたっけ?


248 :アシモ:2007/09/02(日) 15:32:30 ID:52bnPFay
3倍の根拠はどこから出て来るのでしょうか?
別に信教は自由ですよ。民主主義の時代ですから個人が納得し幸せになれば
いいんじぁないですか。

249 :アシモ:2007/09/02(日) 15:38:28 ID:52bnPFay
ここの住人の皆様へちょっと暴れすぎました。でも罰論なんて方便ですよ。
だって、婦人部の人たちがあそこの人は学会誹謗したからガンになった。
とか聞くとむかつきます。

250 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 15:41:58 ID:K1i35BPq
1、亡国もそうだけど、雨の祈祷でもたしか一回はずしている。
はずしているというか、別の僧侶に祈らせたら雨が降ったらしい。知ってる?
2、天台宗は大恩敵はたしか御書からの言葉。佐渡以後だったとオモ。
3、法華経には地涌の菩薩をどういうものか、というのに、すべての人の
救済とか、すべての仏法を学ぶことというのがある。すべての仏法とは
題目だけのことを表すとは思えない。すべての人とは、学会の人だけとは
思えない。
4、当時の暴力事件についてくわしくは知らないが、日蓮宗対日蓮正宗の
暴力事件や、顕彰会の事件、また、学会対正宗の事件もあったと思う。
すべて日蓮の弟子だよね。


251 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 15:43:50 ID:K1i35BPq
>だって、婦人部の人たちがあそこの人は学会誹謗したからガンになった。
とか聞くとむかつきます。
それならいいよ。おれも言い過ぎたかも。

252 :アシモ:2007/09/02(日) 15:58:33 ID:52bnPFay
池田指導者が今更金稼いでどこで使うんですか?家でビール飲む時間も無いのに・・・。
あの高齢で頑張ってますよ。もちろん、きんまんこ発言も知ってますよ。
財務の問題でますけど家なんかほとんど出しません。ところで、他宗派の
坊さんはどうやって稼せいてるんでしょうか、昆布君が太宰の「斜陽」は
深いて言ってましたけど「女生徒」面白かったですよ。主人公の友達がお寺の
住職なんですよ。それでその友達は結婚するならお寺住職が良いて言うので
何故て主人公が訪ねるとくいっぱぐれが無いからと答えるところで大笑い。
永代供養料とかお布施とか戒名書くのに値段によって変わってくるところもあるそうです。
広布にもお金がかかるんですよ。職員の給料とか会館の維持費とかいろいろと


253 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:15:45 ID:K1i35BPq
他の宗派の心配も良いけど、まあ、ほどほどに。
宗教は個人がよければそれでいいっていうものでもない。
個人とまわりがよければそれでいいよ。
信仰の自由というのは、他の方の信仰も大切にして上げられる
人のみが使う言葉だから。よろしくね。

254 :アシモ:2007/09/02(日) 16:15:57 ID:52bnPFay
>>250さん
1、亡国は日蓮大聖人がひかえていた事と大雨の時期が重なったこと
しかし時の権力者はいつ元寇が攻めて来るか直接訊ねたそうです。
2、天台大師については言ってませんけどその弟子達が末法が近づいてくると
真言密教とかと混同してしている姿について糾弾したんです。
3、すべての人を救済する為に折伏してるんですけどね。
4、私も詳細はわかりません。http://jp.youtube.com/watch?v=n5AFtzSDm2w

255 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:27:33 ID:K1i35BPq
人間は激しいほうに引かれるからな。そんな傾向が誰にもある。
本当の折伏というのは相手が完全に納得することを言うと思う。
学会や正宗のように現世を重視する思想で、逆縁の救済は
ただうらみを買うだけのことになりやすい。そうは思わないかい。
この点だけ話そう。

256 :アシモ:2007/09/02(日) 16:28:27 ID:52bnPFay
>>253
他の人の信仰もというより他の人も大切にではないでしょうか、
信仰の為に人がいるのでは無く人の為に信仰が存在するべきだと思いますよ。

257 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:31:54 ID:K1i35BPq
>>256 それは同意する。まったくその通りです。

258 :アシモ:2007/09/02(日) 16:37:35 ID:52bnPFay
>>255さん
まずお尋ねしますが現世利益を追求する事は悪い事ですか?順縁の人もいる。
逆縁の人もいます。逆縁も功徳だと思います。私は2世だから自分の意思で
学会に入った訳ではないので正直宗教なんてこの世から全部無くなれば良いと
思っていた時期もありました。

259 :アシモ:2007/09/02(日) 16:41:38 ID:52bnPFay
創価がファシズムやファシストに走るなら辞めますね。

260 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:50:02 ID:K1i35BPq
現世利益の追求というか、そういう望みを持つことは普通の凡夫が
普通に願っていることですね。願うのは当然でしょうね。
ただ、宗教が現世利益を約束したら、果たさねばならないと考えて
います。それは祈った人と、仏との約束になります。
信心のなさなどの逃げ口上を認めてしまってはいけないと思う。

あと、逆縁についてはどうでしょう。もし地獄がないと過程して
逆縁の成立にはどのようなメカニズムが働きますか。
それとも、逆縁の成立には地獄の存在が必要でしょうか。

261 :アシモ:2007/09/02(日) 16:50:14 ID:52bnPFay
お騒がせしました。落ち、ノシです。

262 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:55:18 ID:K1i35BPq
ノシ

263 :アシモ:2007/09/02(日) 17:22:44 ID:52bnPFay
>>260さん最後に答えますけど成仏と書くと仏に成るのイメージですけど
本当は仏の生命を開くんだそうです。元々人間も大宇宙の一実体ですから
その仏の生命を悟るために題目を唱えます。宿業とは身口意三業で積みますから
逆縁のメカニズムは解かりません。罰即功徳とも言えるかもしれませんけど
何か自分の身に嫌な事があったとしても例えば信仰の有無に関係無く
心が安穏であれば良いのではないでしようか「現世安穏 後生善処」とにかく
「心の不思議を以って経論の詮要と為すなり、此の心を悟り知るを名けて如来と云う」

264 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 17:33:59 ID:K1i35BPq
ありがとう。まず、あなた自身がお幸せに。それが本当の折伏に
なると思いますよ。 南無妙法蓮華経

265 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/02(日) 22:43:00 ID:fTBMx1mI
アシモんは破伏してほしいのか?

本当にどうする?

266 :アシモ:2007/09/02(日) 23:40:09 ID:52bnPFay
てすとくんにはその気があるの?

267 :アシモ:2007/09/02(日) 23:45:17 ID:52bnPFay
てすとくんはアンチじゃないて言ってた様な気がしますけど・・・。

268 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/02(日) 23:49:46 ID:fTBMx1mI
>>267

アンチじゃないですよ。アシモンが反論して欲しそうだからどうしましょう?と聞いています。

このスレじゃ日蓮コピペにレスしようがないでしょうし。

269 :アシモ:2007/09/02(日) 23:55:11 ID:52bnPFay
確かに、今日の事は謝ります。たしかに問答になっていませんでした。
なんか最近活気が感じられなかったのでつい暴れたらレスいただいたので
答えているうちに結果的にこうなった事はごめんなさい。

270 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/02(日) 23:58:48 ID:fTBMx1mI
>>269

本部ネタないの?おれ結構面白いネタ仕入れたよ。昔学会の資産管理やってた人としりあってさー・・・


271 :アシモ:2007/09/03(月) 00:01:22 ID:52bnPFay
住民の方にはご迷惑おかけしました。すみません。

272 :アシモ:2007/09/03(月) 00:03:44 ID:52bnPFay
聞かせてください。

273 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/03(月) 00:05:13 ID:9dD2hKoZ
>>272

いや、ちょっとさすがにまずいかも・・。俺がだれか学会にばれちゃうし。

274 :アシモ:2007/09/03(月) 00:07:58 ID:paq6Qaf1
無理にとは言いません。本部ネタはないけどいくらか矛盾を感じる事はありますよ。


275 :アシモ:2007/09/03(月) 00:09:45 ID:paq6Qaf1
会員個人の事とか組織についてとか・・・。

276 :アシモ:2007/09/03(月) 00:12:41 ID:paq6Qaf1
私の信仰の対象は弘安二年十月十二日にご建立された大御本尊様だけです。

277 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/03(月) 00:13:04 ID:9dD2hKoZ
まあ、矛盾の無い宗教団体はないよ。どこも一緒。

278 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/03(月) 00:15:14 ID:9dD2hKoZ
>>276

日蓮が彫った仏像とかあるのしってる?これ秘密ね。

279 :アシモ:2007/09/03(月) 00:18:41 ID:paq6Qaf1
まぁ個人に矛盾があるんですから組織にもありますね。
アインシュタインが「どんな政治も、ある程度は邪悪である。」て言ってたそうですが、
政治ネタでなにかありますか?

280 :アシモ:2007/09/03(月) 00:20:20 ID:paq6Qaf1
知りません、どこに、ご安置されているかも秘密ですか?

281 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/03(月) 00:21:26 ID:wZ9LQ1gD
>>280
ヴァチカンだろう。

282 :アシモ:2007/09/03(月) 00:22:59 ID:paq6Qaf1
昆布君いたんですね。こんばんわ。

283 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/03(月) 00:23:27 ID:9dD2hKoZ
>>280

富士美の奥かな? 正確な場所はわからん。

284 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/03(月) 00:23:57 ID:wZ9LQ1gD
>>282
長い文章は読めんのよ・・・・・・・・(´・ω・`)ノ

285 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/03(月) 00:25:17 ID:9dD2hKoZ
つうかアシモン、法華講でいいじゃない。なぜに創価?

286 :アシモ:2007/09/03(月) 00:25:34 ID:paq6Qaf1
八王子?富士宮?釈迦像?虚空蔵?

287 :アシモ:2007/09/03(月) 00:30:06 ID:paq6Qaf1
創価2世だし創価にも純真に信心している人もいるし法華講に特別な感情ないけど・・・。

288 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/03(月) 00:31:18 ID:9dD2hKoZ
>>287

あれ?大ご本尊は?

289 :アシモ:2007/09/03(月) 01:08:24 ID:paq6Qaf1
てす てす

290 :アシモ:2007/09/03(月) 01:14:10 ID:paq6Qaf1
>>288てすとくんへ
コピーの御本尊の先を見据えて大御本尊さまに祈ってるんです。

規制かかったので答えおくれました。今日は暴れたんで疲れました。

おやすみなさいー☆

291 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/03(月) 20:05:31 ID:wZ9LQ1gD
ちょっと悟ったぞ。

無宗教者はどんなに苦しくなっても、宗教なんかにすがってはいけない。
宗教の教典を読む時間があるんだったら、世界の古典を読んだ方がはるかに人生には有意義。
ただ、宗教は民族や国家の理解には必要だから、そのために勉強することは必要かもしれない。
でも、それはあくまでも、それだけのこと。
別に信仰を持つ必要はない。


292 :アシモ:2007/09/03(月) 22:03:39 ID:paq6Qaf1
>>291こんばんわ、昆布君
生意気ですけど個人的見解。
知識や情報や宗教や様々な哲学、思想は必要ですけど、
それを見極める、見識、見解、知恵が必要。と無学のアシモが言う。
無学とは世間一般では何も知らないの意味で使われてるけど、本来、仏教用語では
すでに学ぶ事が無いと言う意味のこと、アシモは前者。


293 :フーテン ◆fun4F5xTy. :2007/09/03(月) 22:20:15 ID:GtcvDiXM
>>291
やっぱり、昆布氏ってどんな宗教でも信じちゃうんですよね…w

294 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 22:55:59 ID:X3gOe08V
>>293
信じるものは救われるのです

295 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 23:02:57 ID:X3gOe08V
>>292
それなら、コピペ荒らしはもうやめようね。

296 :アシモ:2007/09/03(月) 23:14:02 ID:paq6Qaf1
>>295
あれは意図的なんです。

297 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 23:20:56 ID:X3gOe08V
>>296
意図的にコピペ荒らしをするのはもうやめようね。

298 :アシモ:2007/09/03(月) 23:31:27 ID:paq6Qaf1
>>297
解かりました。それで、あなたの、宗教に関するご意見は?

299 :アシモ:2007/09/03(月) 23:36:16 ID:paq6Qaf1
>>294
めざしの頭も信心からですか?(ケンカ売るつもりはないです。)

300 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 00:32:59 ID:V3mW637D
>>298
退屈じゃなければいいと思うよ。

>>299
そのことわざの意図がよくわからない。

301 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/04(火) 01:48:32 ID:Tbwxc5Am
>>293
宗教は、信じるものですからね。

でも、つくづく信じるものではないというのをほんと実感しますけど、信じてもいないものになんで所属してるの?

不思議w

302 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/04(火) 02:05:32 ID:csxL60VC
>>301

逆です。所属したから信じないといけないんですよ。

303 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/04(火) 04:21:40 ID:Tbwxc5Am
ということは、自ら進んで所属する人は余程の物好きだナァ〜

304 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/04(火) 08:55:56 ID:csxL60VC
物好きというか、付き合いですね。

305 :アシモ:2007/09/04(火) 09:48:11 ID:vq8yKZbF
体験談にもとずく者もいますよ。

306 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/04(火) 09:54:04 ID:csxL60VC
>>305

人選に苦労するくせに。福子の体験談は無理がある。

307 :アシモ:2007/09/04(火) 10:08:18 ID:vq8yKZbF
福子だからこそ言えることもあります。

308 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 10:16:42 ID:3miN0gVx
ちょっとアシモのレスでちょっとした悟りがあったのだけど
一つ無学を目指そうかと思う


309 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/04(火) 10:57:16 ID:csxL60VC
>>308

「目指す」時点でだめじゃないの? 自然にそうならないと。

310 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/04(火) 13:28:03 ID:GWAFcodK
>>296
そーか・公明批判を流したかっただけでしょ?
その反射的行動が洗脳のせいかもね。

311 :フーテン ◆fun4F5xTy. :2007/09/04(火) 15:22:16 ID:Ki5jirdu
>>301
それを言うなら、信じてるのに所属してない昆布氏の方が不思議w
裏返せば、昆布氏の要望に答えられるような宗教なら、それこそいくらでもあるわけですから。
俺が、昆布氏はカルト脳だというのは、そういうことw

312 :大王:2007/09/04(火) 16:31:02 ID:h9GikR/A
アシモフ君、落ち着いたのかあ、、
コピペ反撃も楽しかったが、、

313 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/04(火) 18:48:19 ID:C6DkTznW
>>311
だって、みな、キリスト教徒であり、仏教徒であり、日本教徒なんですよ。
ちがう?

314 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/04(火) 18:53:31 ID:GWAFcodK
「宗教」っていう特別なものは本当はないんですよ。
それをさも特別に優れた何かがあるように見せかけるのが現代で言う宗教なんです@断言

315 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/04(火) 21:03:39 ID:V3mW637D
>>314
俺のイメージだと、ドツボにはまって、そっから普通の人になるための工夫が宗教なんだけどさ。

316 :フーテン ◆fun4F5xTy. :2007/09/04(火) 22:00:45 ID:Ki5jirdu
>>313
それならどうして、昆布氏は神なんか妄想してるんですか?

317 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/04(火) 22:08:11 ID:V3mW637D
ロマンチストだからさ。

318 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/04(火) 22:51:08 ID:C6DkTznW
>>316
それは、私の両親が日本人だから。

319 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/04(火) 22:58:38 ID:C6DkTznW
>>317
近頃、わかってきたのは、私はロマンチストになりたいだけなんですよね。
挫折しました・・・・・・・・・・


320 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/04(火) 23:18:21 ID:V3mW637D
>>319
でしょ。そろそろどっぷりとカルトでもキリスト京でも浸かる時期に見えるんだけどな。

321 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/04(火) 23:52:23 ID:C6DkTznW
>>320
どうせなら、○○○○にハマりたいナァ〜

322 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/05(水) 00:39:23 ID:7lWjpETU
別に神がいてもいなくてもどっちでもいいじゃない。

そんなに大きな問題か?

323 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/05(水) 01:00:00 ID:7lWjpETU
NHKのシルクロードの番組でコーカサス地方の教会の映像ながれたけど、ものすごいパワーがありそうだった。

部外者は基本立ち入り禁止で、数百年前の動物の骨やら、イスラムに攻められた跡とか、とにかくカッコいい。

やっぱ日本の教会は新しくて、死体も白骨もないからただの集会場にしかみえない。

チャペルとかわらん。

324 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/05(水) 17:56:52 ID:rWluKhx5
>>322
いるからどうって生き方をしてるの人が多いんでしょ、神を信じる人には。


325 :アシモ:2007/09/05(水) 18:54:57 ID:hinYe+2X
『人生ほど難しい方程式は無い。』

            アシモ

326 :アシモ:2007/09/05(水) 19:10:45 ID:hinYe+2X
『愛に感動するのはなぜであろう。醜き心にふれておのれの醜い心に気付くのは
なぜであろう。それは人間が愛する心、醜い心を持っている。ひとつの証拠ではあるまいか。』
                 
                                アシモフ

327 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/06(木) 09:57:21 ID:ISpDas+F
わざわざ悩み事を増やしてまで解決する必要自体ないと思うけどね。
悩み事でもないと宗教の必要性もなくなるか。

328 :アシモ:2007/09/06(木) 17:54:34 ID:D++yAo+l
『動物には痛みや苦しみがある。植物にはあるのだろうか?
少なくとも、私は植物が痛みや苦しみの声を上げている姿を見たことが無い。
人間には厄介な事に痛みや苦しみ以外に悩みがある。それは権利なのか
宿業なのであろうかしかし信仰を持つ事は権利であろう。他の動物には出来ないのだから
ならば悩みを持つ事も権利と言えるかもしれない。他の動物には向上心は無いのだから』

                                アシモ

329 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 18:26:13 ID:6sBxAo1h
崇 教 真 光
の初級研修、中級研修は現実に即した話も混じっている為多少は理解できる
が、「上級研修」になるといきなり、快電波のごとく、竹内文書やチャーチ
ワードの本からの盗用でインチキ性のある、恥ずかしい教えになる。

例えば・・・「いろはうた」の解説というのがあり、
・・・弘法大師が神代文字のカタカナからひろったそうですが「四十八の神」
のみ働きがあり、「メソポタミヤ」へ行った「アカヒトメソ」がお別れする時
に、おばさんが送った「言霊の秘め事」が隠されている。 
いろはにほへと・・・・・よいかおりをはなつおとしごろ。

また、「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」と言うマヤ語や、「サルナート」と
「サルナチール」がどう等、聞いたことのない言葉や話ばかりだ。


330 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 19:43:25 ID:UfRz39a2

小象を列車にはねられたのに怒った母像は列車を襲い続けた。

植物は達観してる。増えも減りもしないってことを。
タンポポの綿毛は風があるのを知っている。
でも、どこに落ちても文句は言わない。

宗教が無用だとまでは言わないが、他の宗教を殺しても
いいと思っている宗教は害悪だ。
ホウボウが首はねよで、不信がホウボウなら信者以外は皆殺し
になってしまうぞ。気をつけろ!

331 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/06(木) 20:03:28 ID:rVDpNeGf
>>330
んで、あなたは、動物は植物になるべきだと?

332 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 20:15:28 ID:UfRz39a2
そうそう。
じゃなかった。動物に植物になれというのはあんまりだな。
と、いうことは創価学会に正宗になれと言うのもあんまりだ。
ってことは、一般人に創価学会になれと言うのもあんまりかと。

しかし、どっちかというと、正宗よりは創価学会がましだぞ。
俺の見た感じでは。

333 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/06(木) 20:19:18 ID:rVDpNeGf
ということは、獣はせめて、リスになって、公園のベンチでくるみでも齧ってなさいと?

334 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 20:34:51 ID:UfRz39a2
ん。別に考えてカキコしたわけじゃないから論点が見えないんだけど。
獣は獣でいいんだけど、同じ人間なら殺すやつは殺されることを
覚悟しろってことかな。
君はなんか意見ある?

335 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/06(木) 20:43:47 ID:rVDpNeGf
うん?
私はなかなか言い得ているコメントだと思って、レス返しているだけですよ。
別に、創価とかなんとかまったく意識してません。

>そうそう

がうれしいヽ(^。^)ノ

336 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 20:44:24 ID:aFnmH42r
>>329
恥ずかしいほどの無知ですね。

鞭(ムチ)と言えば、女王様プレーですが・・・

337 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 20:54:20 ID:UfRz39a2
>>335
ありがとう。
このまえあー君としゃべったものだから。
でもあー君はいい子だよ。素直だし、一生懸命だし。
またね。オチノシ

338 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/06(木) 20:55:52 ID:rVDpNeGf
>>337
あー君はいい人ですよ(^o^)/

ちょっと、よーつべ見すぎですが笑w!

339 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 06:37:34 ID:AYm2th8M
☆★男女平等は、間違った社会通念★☆
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1189024715/l50
女性差別は真っ赤なウソ
http://blog.goo.ne.jp/yarimanko_2004/e/9ce1228b6f58f29936064bf53489d63b
ジェンダーフリー入門
http://www.tctv.ne.jp/enoku/
男女平等なら女便所とか女専用車両を無くせ Part 1
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/sfe/1173141110/1-100
女は男女平等を主張するなら戦争にも行って下さいね
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1171566855/
男女平等政策を憎悪する勢力の正体は、邪悪なカルト
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1153143478/
女は男女平等を訴えるなら戦争にも行って下さいね
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1183696478/l50x
女の社会進出が日本をダメにした
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1181472615/
女性が社会進出して世の中がおかしくなった
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/wom/1165574797/1-100
少子化の原因は女の高学歴化に一因がある!
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1170414744/
少子化A級戦犯のバカ女へ!2
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/sfe/1153545435/l50




340 :御隠居へ一言したい人へ:2007/09/09(日) 14:11:56 ID:lRGVQNkh
http://religion.bbs.thebbs.jp/1188973384/

御隠居が去って何日か、御隠居の復活を期待しよう。

341 :御隠居へ一言したい人へ:2007/09/09(日) 14:15:06 ID:lRGVQNkh
御隠居の最後は9月1日である。

342 :アシモ:2007/09/09(日) 16:23:09 ID:BwP/mrgR
別に信心したからってゲイツをしのぐ金持ちにならなくても良い。
高名な人に成る必要はない。無冠の帝王で良いじゃない。

メダルなんかいくつ貰っても意味無いよ。でも、皆のために貰ってるだけ
個人の名誉の為じゃ無いよ。

343 :アシモ:2007/09/09(日) 16:34:10 ID:BwP/mrgR
金で買える賞に何の価値もないよ。ただ、皆の矢面に立って悪口言われてるだけ
もし、権威や権力なんて言うなら明確なソースは?庶民(創価)の代表だよ。
庶民の王者は創価庶民の代表の意味ですよ。常日頃、指導しているのは、
無冠の帝王を目指しなさいだよ。だから、宮本輝なんか相手にされなかった。

344 :アシモ:2007/09/09(日) 16:47:57 ID:BwP/mrgR
錯覚してるのは、病気が治ったら信心するとか、金持ちになったら信心するとか
そんなのは、初詣や七夕に絵馬や短冊に願い事書いて願かければ良いんです。
それを、たなぼた、信仰て言うんです。信仰以前の問題そんなのは、創価でも意味なし
病気だからこそ、貧乏だからこそ、いろんな、困難があるからこそ、そう言う姿勢が無いと
せっかくの信仰を持っても意味ありません。

345 :アシモ:2007/09/09(日) 17:12:26 ID:BwP/mrgR
創価と言う一宗教団体がと言う事でなく日蓮仏法の精神にじゅんずるべきだと思います。
かって、戦時中、日蓮正宗は正宗と言う一団体を守るため、軍部の弾圧に屈し、
天照大神の札を掲げようとした。その時牧口会長は「正宗と言う一宗教団体が大切なのではなく
日蓮仏法のご精神を守るのが使命であると咆哮した。その為に、不敬罪、治安維持法により
投獄されてしまう、そんな、不条理が歴史的事実のの中にはありました。

346 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 17:49:13 ID:EN+//QEB
反応するか、しないか。。。
しても同じ展開になるだけだしなw

347 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 17:52:07 ID:EN+//QEB
って、もう反応下も同然だもんな。

病気が治ったらするんじゃなくて、病気だったら拝めば治るよって勧誘するんじゃん。
手術が成功すれば、医者に感謝したり応援してくれた人を感謝するんじゃなくて
「ごほんぞんさま」と「そーか一派」に感謝するんじゃん?
治らなくても「おかげさまでじょうぶつしました」って感謝するんじゃん。
余命3ヶ月が4ヶ月生きれば一ヶ月も信心のお陰で云々。幸せではあるな。

348 :アシモ:2007/09/09(日) 17:52:55 ID:BwP/mrgR
他の展開もあるんじゃないですか?他にも沢山住人の方いますから・・・。

349 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 17:53:26 ID:EN+//QEB
じゃあ期待しよう。
つか、そーか板でやれって思ってるよw

350 :アシモ:2007/09/09(日) 17:58:20 ID:BwP/mrgR
>>347りょんちゃんへ
創価にも病人も健常者もいます。でも結局は皆、死をむかえます。
その時、あぁ、良い人生だったと思えれば良いのではないでしょうか。


351 :アシモ:2007/09/09(日) 18:00:31 ID:BwP/mrgR
りょんちゃんはスーパーマンみたいな存在を求めている訳ですか?

352 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:04:01 ID:EN+//QEB
>>350-351
ああ、良い人生だったと思えるために騙すのか。。。

何やってもそれは「ごほんぞんさまのおかげ」
他人の成功までへたすりゃ、私達が願ってたお陰ってでっち上げるじゃん、
ああいう言動がここまでそーかが嫌われる原因でもあると思うけどね。
自分達だけ良ければいいって宗教だからな、少なくとも邪宗と敵視した先にはその不幸を願って
些細なことでもみつけりゃ笑うんだから。

353 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:05:24 ID:EN+//QEB
あの功徳の発表会ってまだやってるの?

354 :アシモ:2007/09/09(日) 18:06:13 ID:BwP/mrgR
医者にも看護師にも感謝しますよ。創価大学があっても創価病院はありませんよ。

355 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:06:55 ID:EN+//QEB
そーか病院がないから感謝するって見れるけど。。。意味不。

356 :アシモ:2007/09/09(日) 18:09:05 ID:BwP/mrgR
>>353
新車が買えた。とか、新居を手に入れたとか言ってる人いますけど功徳とは
思ってません。

357 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:10:03 ID:EN+//QEB
上司との関係が悪くてずっと悩んでいました。
それがご本尊様に祈りつづけたところ、ついにその上司が転勤になりました。
これも信心のお陰です、みなさんもこの信心をしていればこんないいことがあります!!
ってやるの、あれ絶対おかしいってw
感謝する先が違うだろうっての滅茶苦茶あるし。
で、奇跡のような話はソース不明なのばかりで、見える功徳ってそんなのばっかりw

358 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:11:21 ID:EN+//QEB
>>356
やってんじゃんw
新車が買えました、これもごほんぞんさまのおかげです!
だったらビルゲイツにならせてくださいって祈ればいいしw

つか、アシモフ君はそーかの模範じゃないからな。
そーかじゃない宗教にめぐり合えた方が良かったのでは。。。

359 :アシモ:2007/09/09(日) 18:12:09 ID:BwP/mrgR
>>357
それは滑稽体験談ですね。

360 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:12:51 ID:EN+//QEB
なんでも功徳にこじつけるからな。。。
俺の努力もどんなにそーかの功徳に仕立て上げられたことかw
努力しても、あんたの努力じゃないからごほんぞんさまに感謝しなさいって教育だよね、そーかは。

361 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:13:40 ID:EN+//QEB
>>359
だから滑稽だって笑ってんじゃん。
笑えるでしょ?そういうの真顔で言って信じきってるし。

362 :アシモ:2007/09/09(日) 18:14:24 ID:BwP/mrgR
模範ではありません。でも選挙は数。

363 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:15:24 ID:EN+//QEB
>>362
模範じゃないのが救いだな。

364 :アシモ:2007/09/09(日) 18:16:02 ID:BwP/mrgR
>>361
方便ですよ。結局は御本尊対自分しかありえません。

365 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:17:48 ID:WOO9HZ/s
>>364 ほう・・
こんにち。見てます。

366 :アシモ:2007/09/09(日) 18:18:00 ID:BwP/mrgR
切り口は何処でも良いんです。

367 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:18:39 ID:EN+//QEB
知り合いの子供が受験で結構難しいところに受かったらしい。
で、その受験の話がたまたま近所のそーか信者に聞こえてしまって、
私も祈ってるからねと言われたらしく。
そこまでは、まあ、いいじゃん?
で、その子供一生懸命勉強して受験して受かった。

そしたら、私達がその受験の日の前の小題会でみんなで願ってあげたのよって言われたんだって。
まるでそのお陰で受かったんだからと恩に着せるような感じだったけど、まあ、適当に合わせたらしい。
それが失敗だったんだな、やつらには拒絶しないとだめ。
その後は折伏に頻繁に来るようになったらしい。。。

368 :アシモ:2007/09/09(日) 18:18:44 ID:BwP/mrgR
>>365さん、こんにちわ。

369 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:19:52 ID:EN+//QEB
じゃあ去るか。
邪魔しちゃ悪いしノシ

370 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:20:46 ID:WOO9HZ/s
あー君とか言ってたやつだよ。ノシ
前はポチとか言ってた。りょんさんもちょっとは話したことあるんだよ。

371 :アシモ:2007/09/09(日) 18:21:38 ID:BwP/mrgR
>>367
創価高校はどうなります?今回の参院選も?

372 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:21:49 ID:EN+//QEB
ぽち氏か、おひさノシ

たまーーに見たことあるけどね、シロさんとのやり取り。

373 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:21:58 ID:WOO9HZ/s
さらない、さらない。俺は見てます。

374 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:22:32 ID:EN+//QEB
>>371
どー言う意味?

375 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:22:52 ID:WOO9HZ/s
シロは更生しますた。

376 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:23:28 ID:EN+//QEB
>>373
ポチ氏が遊んだらいいし。
俺も別に去らないけど、あんまり邪魔しないようにするよ。
俺じゃ同じことにしかならないしw

377 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:25:18 ID:EN+//QEB
>>375
それは良かった。
けど、彼?彼女?は独特の弱さだからな。
更生って言葉が合うのかどうか微妙。
でも、前向きになれたんなら良かったね。

378 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:25:45 ID:WOO9HZ/s
うーむ。

379 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:27:40 ID:WOO9HZ/s
俺もおしのびなので。
彼女は今度メルマガで大もうけするとか言ってる。
ま、2チャンで喧嘩してるよりはましだが。

380 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:29:00 ID:EN+//QEB
ほう。ネットビジネスで企業か。
大儲けはともかく、起業する気になるとは変化だ。

381 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:33:19 ID:WOO9HZ/s
うん。まあね。
あ。あー君ごめん。364ぐらいの話題にもどしてね。

382 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:34:22 ID:EN+//QEB
>>381
もどさなくていいよw


383 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:36:33 ID:WOO9HZ/s
いや。りょん君は罰当たりだから、そのあたりをあー君の綺麗な心でやね。
俺はやられそうになったらあー君の応援団になってやる。

384 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:37:52 ID:EN+//QEB
でも、メルマガで大儲けとか言うからには何か案があるんだな。。。
興味あるなw
俺もネットは仕事でメルマガ程じゃないけど、HPとあわせてやってるけど、
試運転状態だしな。。。客層が若くないと今のところ中々難しいような気もするし。
まあ、模索中。

385 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:39:02 ID:EN+//QEB
俺には罰なんて当たりっこないからな。
因果で罰とも取れることが起こる可能性は当然にあるし、
日常的にもその可能性はかなり高いと自負してますがw

386 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:39:52 ID:WOO9HZ/s
何売ってんだ?
ん。おれ、しゃべりすぎ。これから見てます。

387 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:42:38 ID:EN+//QEB
>>386
俺?売ってるのはそんなにない。
前に一つ多少当たったけど、DMと併用だし、ネット効果は分からん。
つか、せっかくのネットをわざわざせまーーーく利用してるw

388 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/09(日) 18:43:19 ID:EN+//QEB
でも、シロさんは変化だなあ。
怖がりでもないんだな、実際には。

389 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 18:52:09 ID:WOO9HZ/s
あー君、しゃべってって。今回は見方だっつーのに。
俺は2ちゃんの不軽菩薩と言われた男だよ。

390 :アシモ:2007/09/09(日) 19:01:22 ID:BwP/mrgR
シロさんごめんなさい。規制かかって・・・。

391 :アシモ:2007/09/09(日) 19:04:35 ID:BwP/mrgR
やっととけました。>>374創価高校は甲子園で負け。参院選惨敗。
祈っているのにと言う意味です。

392 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 19:05:38 ID:WOO9HZ/s
そうだな、どこまでが自分かっていうテーマはどうですか。

393 :アシモ:2007/09/09(日) 19:06:50 ID:BwP/mrgR
シロさんとりょんちゃんはお知り合いだったんですね。

394 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 19:11:41 ID:WOO9HZ/s
シロは俺の知り合いの名前。おれは前は違うなまえ。
今お忍びだからあんまりしゃべれないんだ。

395 :アシモ:2007/09/09(日) 19:12:27 ID:BwP/mrgR
>>392
そうですね。現実的には色々規制がありますけど、人間の心はどこまでも
自由なんじゃないですか。その為の信仰だと思います。物理的な事も必要であると
思いますけど、精神が充実してないと楽しめない「依正不二」ですね。

396 :アシモ:2007/09/09(日) 19:13:56 ID:BwP/mrgR
>>394解りました。

397 :アシモ:2007/09/09(日) 19:18:59 ID:BwP/mrgR
全てが自分じゃないですか?極端な話ですけど(常に)宇宙があって
太陽系があって地球があって人類や他の動植物がある。

398 :アシモ:2007/09/09(日) 19:38:25 ID:BwP/mrgR
自然の調和って何でしょうね。人間の存在て何なんでしょうね。
どこまでも自分でしょうね。本当はでも皆それぞれの社会に制約されて生きている。
幸せて何なんでしょう?りょんちゃんが言うように単に物理的に恵まれている事ではない。
けれど、世界中では日本の人口よりはるかに多くの方々が飢餓等々に苦しめられてる。
でも日本の歴史にもそう言う時代はあったんですよね。
宗教て何なんでしょうね。アシモは教育だと思うんです。
宿業て何でしょうね。身口意三業で築かれるものでしょうね。
意(心)に思わぬ事が口から出てくるでしょうか?言葉に発せられる事が
身、行動に現れる事は良くあります。

399 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 19:44:25 ID:WOO9HZ/s
うん。賛成。
でも、他の人の心は自分?

400 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 19:54:38 ID:BU8/eigw
まあ、創価に関してはXデー後の共和制の様子をみてから考えるよ。
立正佼成会と合併するらしいから教義の幅も広がるしね。
釈迦の教えも入るでしょうし。

401 :アシモ:2007/09/09(日) 19:55:31 ID:BwP/mrgR
倫理観て必要な気がします。人間て生まれながらにしてどれだけ差別があるんでしょうか
こう言った事は普段忙しく働いてる人は考えないというよりその余裕が無い。
しかし、人間はどこまでも平等です。それではいったい何について平等なのか
人間の平等とはいま生きているこの現実とやがて死を受け入れる現実においては
皆平等です。そこには、貧富さもありません。広大な宇宙の歴史から言えば
人間の人生などほんの一瞬です。
しかし、この一瞬、瞬間の連続が永遠を創りあげて行くのです。



402 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 19:57:29 ID:BU8/eigw
>>401

創価内の倫理と規律を維持してからそういう台詞をはいてくれw

表には出てこない情報だろうけどw 幹部も大忙しだなw

403 :アシモ:2007/09/09(日) 20:04:36 ID:BwP/mrgR
>>399
価値観は別々ですけど、大宇宙は常に変化をとげています。
小宇宙たる人間の細胞も、常に変化をとげています。
共感、共鳴できるのは同じ感性をもっているからではないかと想像します。
自分に無いものを他人と共有できるとは思えません。ですから自分(我)を
小我から大我に導いていくのが教育であり真の宗教の存在意義であると考えます。

404 :アシモ:2007/09/09(日) 20:06:04 ID:BwP/mrgR
>>402
内部でもイジメがあることは知ってますよ。

405 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:06:52 ID:T/h254lr
組織はツールでしかない。
ツールに完全はない。

406 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:07:12 ID:WOO9HZ/s
まあ、あるものはあるんだし、そこからどうしていくかが
問題で。あー君もせっかく創価学会にいるんだし。
そうですか。佼成会と合併。

407 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:09:54 ID:BU8/eigw
>>403

仏教は諸法無我。

408 :アシモ:2007/09/09(日) 20:10:18 ID:BwP/mrgR
てすとくんいかなる団体にも矛盾はある。て、言ってましたよね。
それに対して、個人の中にも自己矛盾があるから当然ですと答えました。

409 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:11:35 ID:T/h254lr
じゃあ、真の宗教なんて存在し得ないんでないの?

410 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:11:40 ID:BU8/eigw
>>408

うん、だから好きか嫌いかでしかないと思うんだけどさ。
創価は嫌われてるってだけの話で。女の子にもてないしねー。

411 :アシモ:2007/09/09(日) 20:12:51 ID:BwP/mrgR
>>407
無我では生きていけません。「煩悩即菩提」でなければ・・・。

412 :アシモ:2007/09/09(日) 20:13:52 ID:BwP/mrgR
>>410
それは偏見です。

413 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:15:28 ID:BU8/eigw
>>411

生きていくもなにも、我というのは情報の集積と反応パターンでしかない。
煩悩即菩提は方便ですよ。
インプットに対して反応をコントロールするのが仏道修行でしょ。

414 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:17:27 ID:T/h254lr
生きるんではなくて生きてるんだよ。無我は。
創価は我執肯定を方便に使ってるだけ。

415 :アシモ:2007/09/09(日) 20:17:55 ID:BwP/mrgR
>>413の意見は>>407の意見と矛盾してますよ。

416 :アシモ:2007/09/09(日) 20:19:06 ID:BwP/mrgR
我がなければなにもありません。

417 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:21:01 ID:BU8/eigw
>>415

いやいや、全く矛盾していないからw

点画で描いたりんごは存在しないから。仏教の基本じゃん。

418 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:21:44 ID:T/h254lr
我がなくてもあるものはあるよ。

419 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:22:33 ID:WOO9HZ/s
プチ質問。
一念三千はチギさんのオリジナルなの?
法華経の文句にはないでしょ。あるんだっけ。
それと、煩悩即菩提は「煩悩ありて悟りあり」と読むのか
「煩悩はそのまま菩提」と読むのか。

420 :アシモ:2007/09/09(日) 20:23:20 ID:BwP/mrgR
>>413
記憶がなければ存在しない?生まれてきた時の記憶ありますか?

421 :アシモ:2007/09/09(日) 20:26:41 ID:BwP/mrgR
>>419
天台は理の一念三千、大聖人は時の一念三千です。「煩悩即菩提」は後者です。

422 :アシモ:2007/09/09(日) 20:28:18 ID:BwP/mrgR
時の×事の○

423 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:28:34 ID:BU8/eigw
>>420

基本から教えるのめんどいんだけどさ、

蜂や蟻の大群を見て、それが一つの生命だと言っている人は正しい?間違っている?

424 :アシモ:2007/09/09(日) 20:31:23 ID:BwP/mrgR
>>423
生命は存在します。

425 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:31:25 ID:WOO9HZ/s
煩悩そのまま菩提か。それはきついな。
なるほど釈尊と対立するはずだ。
ありがとう。オチます。あまり喧嘩しないでね。ノシ

426 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:31:48 ID:BU8/eigw
>>424

あー。重症だなこりゃ。

427 :アシモ:2007/09/09(日) 20:32:45 ID:BwP/mrgR
>>425
釈迦もそうなんですけど・・・。

428 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:35:38 ID:T/h254lr
>>427
有我論の時点で対論だよ。

429 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:36:52 ID:BU8/eigw
>>427

ありゃりゃ。あしもんがどんな教育を受けたか想像できるけど、
宗教板ではそれだと厳しいよ。

創価板一緒にいく?


430 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:38:23 ID:BU8/eigw
>>428

方便らしいよww どっちが?ww

431 :アシモ:2007/09/09(日) 20:39:40 ID:BwP/mrgR
>>419
前者でもいいかも。

432 :アシモ:2007/09/09(日) 20:40:48 ID:BwP/mrgR
煩悩がなければ悟りは無い。

433 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:44:04 ID:T/h254lr
悟りも無いんだよ。

434 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:44:05 ID:BU8/eigw
>>432

それは合ってるね。その次ですな。

435 :アシモ:2007/09/09(日) 20:44:12 ID:BwP/mrgR
>>430
「灰身滅智」は小乗教の教えです。

436 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:45:08 ID:BU8/eigw
>>433

答えを先に言うなんて・・なんて空気の読めない・・

437 :アシモ:2007/09/09(日) 20:45:21 ID:BwP/mrgR
>>433
どういう根拠。

438 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 20:46:59 ID:T/h254lr
>>436
失礼w

別作業しながらだから遊び心が失われてるw

ちとロムに入ります。

439 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:48:52 ID:BU8/eigw
>>437

速いも遅いもないという主張に根拠がいるの?

440 :アシモ:2007/09/09(日) 20:49:34 ID:BwP/mrgR
煩悩は薪それを焼いて菩提にするの。

441 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/09(日) 20:51:10 ID:BU8/eigw
>>440

うわーーー。時間軸追加キターーっwww

ごめん、俺もオチ。

442 :アシモ:2007/09/09(日) 20:51:47 ID:BwP/mrgR
>>439
速い遅いでなく君らが言う菩提が無いと言う結論。

443 :アシモ:2007/09/09(日) 21:02:03 ID:BwP/mrgR
ノシです。

444 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/10(月) 07:10:22 ID:p3C3ybPN
>>443
もっとも原典にちかいチベット訳法華経からは一念三千は導き出されません
たしか6如是だったはず

445 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 11:33:50 ID:rvU8YVil
あー君へ。
ぼくが出会った仏教の言葉で、これはすごいと思ったものに
「真如は自性を守らず」というのがあります。
最初は反発を感じる言葉です。

日蓮系のすべての問題というのは「自分たちの本尊だけが正しい」
としたところから出発しています。
日蓮仏法は確かに素晴らしいものですが、唯一、この部分だけが
多くのあやまちや争いをもたらしていると考えています。
正義の独占禁止法違反みたいな感じです。

人はいろいろな縁があり、その中で哲学なり信仰なりを身につけて
いきます。目に見える縁もあり、目に見えない縁もありますね。
人は常に発展途上です。
自分がその目に見えない縁や、他の方の縁を否定してしまってる
としたら、題目や念仏はただのレッテル張り、ただの記号になっ
てしまうでしょう。

「真如は自性を守らず」というのは素晴らしい言葉なので、よく
かみ締めて考えて見てください。
ぼくは最初にこの言葉に出会ったとき、どこにも真如を見つける
ことができなくて、なんて無責任な言葉なんだろうと思いましたよ。
でも、この言葉からいくつもの発見があると思います。ただ真如が
遍在するということだけを言ってる言葉ではありません。

追伸・それからもう一つ、「空」と「悪趣空」の違いについてくわ
しく調べてみてくださいね。         


446 :アシモ:2007/09/10(月) 17:35:39 ID:2AbKwX+B
>>444さん
鳩摩羅什の法華経は十如是なんですけどね。

447 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/10(月) 17:36:52 ID:p3C3ybPN
>>446
クマラジーヴァを過大評価しないほうがいいですよ

448 :アシモ:2007/09/10(月) 17:48:40 ID:2AbKwX+B
>>447さん
舌は焼けなかった。

449 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/10(月) 17:53:56 ID:p3C3ybPN
>>448
伝説ですね
最近の仏典の資料批判は進んでいるらしいですよ

450 :アシモ:2007/09/10(月) 17:55:59 ID:2AbKwX+B
>>445さん
>日蓮系のすべての問題というのは「自分たちの本尊だけが正しい」
>としたところから出発しています。

人間の成長には様々なアプローチがあって良いと思ってますよ。
唯、自分の信仰が一番正しと言えない様なものならば実践する必要は無いと思います。
大聖人も法論して自分の義が負けるようであればすみやかに改宗する。と言ってましたよ。

>「真如は自性を守らず」というのがあります。

 真如とは「真」とは、真実ですよね。「如」とはありのままという事ですよね。
 自性とは自らを仏なりと解悟することですよね。
  それを守らず。とは真実、ありのまま、仏なりと解悟することが・・・。
 守られない。つまり成仏出来ないと解釈して良いのでしょうか・・・。




451 :アシモ:2007/09/10(月) 17:57:59 ID:2AbKwX+B
>>449さん>>444も伝説と云うことになります。

452 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/10(月) 17:59:12 ID:p3C3ybPN
>>448
チベットに伝来した法華経について
調べてみたらいかがでしょうか?

453 :アシモ:2007/09/10(月) 17:59:54 ID:2AbKwX+B
>>445さん
>人はいろいろな縁があり、その中で哲学なり信仰なりを身につけて
>いきます。目に見える縁もあり、目に見えない縁もありますね。
>人は常に発展途上です。
>自分がその目に見えない縁や、他の方の縁を否定してしまってる
>としたら、題目や念仏はただのレッテル張り、ただの記号になってしまうでしょう。

人間根本、生命根本が日蓮仏法の精神ですよ。唯、日蓮系で一つにまとめられるのは心外です。
日蓮系といっても教義が違いますから・・・。
人間は常に発展途上ですね。その意味からすると「真如は自性を守らず」だとも思います。
けど、仏像が大魔神の様に動き出して人を救う様なことは無いのでこれらを否定します。
要するに阿弥陀や大日や薬師や日本では八幡とか天照とかインドの毘沙門等七福神とか・・・。
成仏といっても砂漠のオアシスでしょうね。菩薩の心(理想)を持って現実を生きていく源泉が
お題目だと思っています。



454 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/10(月) 18:00:11 ID:p3C3ybPN
>>451
チベット伝来の経典は現存しています

455 :アシモ:2007/09/10(月) 18:05:08 ID:2AbKwX+B
>>454さん
現存していても宗教として機能してません。

>>445さん
日本の念仏の元祖法然は先に法華経を捨てよ閉じよ閣おけなげうてと言って、法華経を誹謗している。
その現実から念仏無間地獄と大聖人は発言したのです。
禅宗は涅槃経の「願って心の師と作(な)って心を師とせざれ」と説いている事に違背してます。
また「仏の諸説にしたがわざる者有らば当に知るべし是魔の眷属なり」と説いています。
真言の最も悪法の理由は釈迦をさしおいて大日をたてさらに法華天台を罵倒しました。
律宗は言うに及ばず。小乗の教え、大乗にはおよびません。

四箇の格言には明らかな理由があるのです。


456 :アシモ:2007/09/10(月) 18:07:23 ID:2AbKwX+B
>>445さん
>追伸・それからもう一つ、「空」と「悪趣空」の違いについてくわしく調べてみてくださいね。
         
悪趣空とは三悪道に修羅をくわえた、四悪趣の地獄、餓鬼、畜生、修羅の空ですか?

空観とは日蓮仏法では生命観を表しています。
一般の哲学では「有」と「無」の二つを根源としているものが多いですが
仏法においては「有」「無」の他に「空観」と言う考え方があります。
例えば、睡眠時においては心の存在はありませんが、目が覚めると心が活動を始めます。
このようにあってなきがごとく、なくしてあるがごとく有無で論ずる事ができないとする
ことを「空観」とも「妙」とも言っています。
一生成仏抄に「そもそもとは何と云う心ぞや只我が一念の心・不思議なる処を妙とは云うなり
不思議とは心も及ばず語も及ばずと云うことなり、然れば・すなわち起こるところの
一念の心を尋ね見れば有りと云わんとすれば色も質(かたち)もなし又無しと云わんとすれば
様様に心起る有と思うべきに非ず無と思うべきにも非ず、有無の二語も及ばず
有無の二の心も及ばず有無に非ずして而も有無に偏して中道一実の妙体にして
不思議なるを妙とは名くるなり、此の妙なる心を名けて法とも云うなり」とあります。




457 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/10(月) 18:09:02 ID:p3C3ybPN
>>455
チベット仏教は機能してるんですがーw

458 :アシモ:2007/09/10(月) 18:11:44 ID:2AbKwX+B
>>448さんチベットにまともな仏教は残っていません。



459 ::2007/09/10(月) 18:12:11 ID:1FX81fWN
チベット仏教はモンゴルも信仰してるはず

460 :アシモ:2007/09/10(月) 18:13:30 ID:2AbKwX+B
>>457さん
ならば何故ラマは亡命しなければならなかったのですか?

461 :アシモ:2007/09/10(月) 18:15:32 ID:2AbKwX+B
ダライ・ラマは仏様ですか?

462 :アシモ:2007/09/10(月) 18:20:10 ID:2AbKwX+B
十如是も十界も無い仏教が有るわけない。サイババに近い感覚としか見れません。

463 :アシモ:2007/09/10(月) 18:23:39 ID:2AbKwX+B
文証、理証、現性もチベット仏教にはよみとれません。

464 :アシモ:2007/09/10(月) 18:26:02 ID:2AbKwX+B
なぜ中国に負けたんですか?

465 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 19:26:58 ID:ciGy8xb6
ブータンもチベット仏教

インターネット時代になって創価、正宗、顕正会の悪事がばらされて本当に良かった。
印刷所を抑えてマスコミ対策しても、ネットまでは規制できないからねー。

神や仏って本当にいるかもねー。

466 :アシモ:2007/09/10(月) 19:29:37 ID:2AbKwX+B
生命の実相て∞の形してるのではと思う事があります。始まりも終わりもない・・・。

467 :アシモ:2007/09/10(月) 19:37:52 ID:2AbKwX+B
>>465
どこにですか?

468 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 19:38:58 ID:ciGy8xb6
>>467

あしもんは題目100万編あげなさい。でないと仏罰が落ちますよ。

469 :アシモ:2007/09/10(月) 19:50:18 ID:2AbKwX+B
日女御前御返事「此の御本尊全く余所に求むる事なかれ・只我れ等衆生の
法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり、
是を九識心王真如の都とは申すなり、」

470 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 19:53:16 ID:ciGy8xb6
>>469

なんで法華講にならないの? 創価は破門されたでしょ?

471 :アシモ:2007/09/10(月) 19:54:14 ID:2AbKwX+B
仏罰て仏があてるものじゃないですよ。いも喰って屁がでた。いもにあたった。
なんて無いのと同じ・・・。

472 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 19:57:19 ID:ciGy8xb6
正本堂も壊されちゃったから、本門の戒壇は創価が建てたものじゃないしねー。

473 :アシモ:2007/09/10(月) 19:57:36 ID:2AbKwX+B
>>470>>465にも言えますね。宗門のやり方にも多大な疑問と疑惑が浮上してきてます。

474 :アシモ:2007/09/10(月) 19:59:00 ID:2AbKwX+B
>>472壊したのは誰でしょう?

475 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:01:20 ID:ciGy8xb6
>>474

学会の増上慢が壊したんでしょ。

476 :アシモ:2007/09/10(月) 20:03:39 ID:2AbKwX+B
三類の強敵。僭聖増上慢てだれでしょう?

477 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:05:22 ID:ciGy8xb6
>>476

大御本尊に自分の名前書かせた池田でしょ。国宝ですよ国宝。

478 :アシモ:2007/09/10(月) 20:05:28 ID:2AbKwX+B
俗はならないですよ。

479 :アシモ:2007/09/10(月) 20:06:44 ID:2AbKwX+B
三類の強敵。僭聖増上慢てだれでしょう? とは僧です。




480 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:09:14 ID:ciGy8xb6
>>479

国宝に謝りなさいよ。

本門の戒壇も変なデザインから落ち着いたものに変更されたしよかったよかった。

お山に登れなくて学会員かわいそー。

481 :アシモ:2007/09/10(月) 20:09:59 ID:2AbKwX+B
創価を裏切るのはいつも宗門。

482 :アシモ:2007/09/10(月) 20:12:01 ID:2AbKwX+B
変なデザインは無いでしょう。寄進に対して吐く発言ですか?

483 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:13:09 ID:ciGy8xb6
>>482

牧口とか最悪じゃんw 恥ずかしくないの?

484 :アシモ:2007/09/10(月) 20:13:50 ID:2AbKwX+B
立正安国論の結論に僧では無く俗に付属するとあります。

485 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 20:14:37 ID:rvU8YVil
あ。こんばんわ。
真如は自性を守らずは、成仏できないという意味ではありません。

486 :アシモ:2007/09/10(月) 20:14:47 ID:2AbKwX+B
>>483
具体的にどうぞ。

487 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:15:01 ID:ciGy8xb6
>>484

大御本尊はもういらないって事?

488 :アシモ:2007/09/10(月) 20:15:52 ID:2AbKwX+B
>>485さんどういう意味ですか?

489 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 20:29:34 ID:rvU8YVil

真如=南無妙法蓮華経でも、名前は何でもいいんですが、それは
遍在するものであります。ここにだけ存在するというものではない。
それが、一つ。あとは自分で考えてください。
まあ、お折伏の途中みたいなので今は考えないほうがいいです。
なんかの折に、あれ、そういや、そんなことを言ってたやつがい
たなというふうに考えてくれたらいいです。
                        拝

490 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 20:37:48 ID:rvU8YVil
てすとさんは正宗なんですか?

491 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:42:59 ID:ciGy8xb6
信教の自由も失敗。国教も失敗。

残された道は、二つ以上の宗教をやるという事しかない。
宗教内戦を終わらせるためにはそれしかない。

クリスマスを祝い、除夜の鐘を聞き、初詣に行く。それが正しい。

アシモンは創価を続けてもいい。だが、教会へも必ず行かないとだめ。

492 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:46:11 ID:ciGy8xb6
>>490

無所属のフリーです。どこかの宗教団体はいろうかと思ってます。

でもアシモンは折伏が下手なんで層化には入ってあげません。

493 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 20:50:34 ID:rvU8YVil
しかしこの問題はキリスト教徒にも存在しますね。
正宗は止めたほうがいいですよ。うちもそうですが
必ず不幸になります。とほほ。

494 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 20:53:43 ID:ciGy8xb6
>>493

3つ以上やればいいんですよ。
大事なことは選ぶ事じゃなくて薄めることだと思います。

495 :アシモ:2007/09/10(月) 20:58:17 ID:2AbKwX+B
>>487>>496に書きました。

496 :アシモ:2007/09/10(月) 21:00:38 ID:2AbKwX+B
>>496×
>>469

497 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:00:48 ID:rvU8YVil
なるほど。それは名案ですね。そうすれば相手の立場も分る
し。批判する側の気持ちも批判される側の気持ちも分ります。
なかなか信仰というのはそれを許しませんけどね。
ちなみにぼくは多夫多妻制度は成立しないもんかと考えて
います。

498 :アシモ:2007/09/10(月) 21:01:50 ID:2AbKwX+B
規制が厳しいです。

499 :アシモ:2007/09/10(月) 21:03:49 ID:2AbKwX+B
落ち、ノシです。

500 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:04:28 ID:rvU8YVil
ノシ

501 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 21:12:48 ID:ciGy8xb6
>>497

多夫多妻は自分も考えた。
でも結婚制度の始まりは財産管理の問題だから、多夫多妻だとどうすればいいんでしょうね。
数学者にお任せ。

502 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:24:14 ID:rvU8YVil
あ、そうか。俺、金欲が解脱してるから考えなかったよ。
完全別会計で良いんじゃないの。育児期の手当ては国から。
まあ、空論だよ。病気のこともあるし。。
でも、一夫一婦は不幸の元凶だな。独身がまし。

503 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:40:26 ID:rvU8YVil
ふむふむ。まずは結婚制度の廃止から。
いいぞ。死ぬときは寂しい思いをしなくていいし、若い
旦那さんに手を握ってもらって旅立てる。

504 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 21:41:15 ID:ciGy8xb6
>>502

独身でもいいけど、子供作って認知して教育の義務を果たしてもらわないと、
80年後には地球から人がいなくなるよ。

諸行無常だから人類も地球もいつか無くなる存在だとしても、
人類が滅亡してしまう悲しいので、確信犯で煩悩に執着して足掻きますよ。
苦なんて取り除かなくていいです。

505 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 21:42:50 ID:ciGy8xb6
>>503

結婚制度の廃止には賛成ですね。

財産と子供の件さえクリアになれば姻戚関係は無意味だし。

506 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:56:31 ID:rvU8YVil

もちろん妊娠中や育児の間の経済は男たちが支えるか、
あるいは国からということになるだろう。
うまくやれば今よりは子供は増える。
一人が駄目でも他があるから。かえって増えすぎて困る
ぐらいになるだろう。と、思う。。
結婚制度は後からのものじゃないのかな。
まあ、その中で、いや結婚したい、という奴がいても
別にいいと言うことにしておけば。
つまり、未婚の母をガッツり支えるシステムがあれば
自然にそうなると思うが。その中でも複数婚も認める
か、それとも未婚の母を支える作戦にするかは、あまり
よく分らないけど・・
こうなると男が喧嘩ばかりする?そうでもないでしょ。

507 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 22:04:46 ID:rvU8YVil
けど、これに反対する女は多い。
かなり浮気ばっかりしてる女でもこの意見には反対する。
原因はやはり経済かな。女心ではないと思う。

508 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/10(月) 22:58:40 ID:ciGy8xb6
>>506

いや、結婚はだめでしょ。複数婚もいらないんじゃないの?

お見合いや偽装結婚の夫婦の方が恋愛結婚よりも仲睦まじい夫婦になれるんだし、
もともと無くても平気じゃないかなー。

仕事落ちノシ


509 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 23:10:27 ID:rvU8YVil
ノシ

510 :アシモ:2007/09/11(火) 17:59:56 ID:jnRdlXj5
>>489偏在しますよ。だから>>487の答えに、>>469と即答できるんです。

511 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/11(火) 22:58:46 ID:pxV/uoCz
あしもん、ご本尊破り捨てても悪いこと起きないよ。

試してみて。

512 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 11:20:15 ID:KPK3k+H1
たぶん、破こうとすると「怖い」って意識を持つと思いますよ。
もしもそうなるとすれば、自覚がなくても罰が当たると植えつけられてる証。
一度破いたり燃やしたりして、何も無いと知れば抜けられるけど、
でも、精神的に罰には待ってしまう人もいるかもな。
触らぬ神にたたりなしとはこの事。

513 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 11:26:33 ID:KPK3k+H1
>>471
>仏罰て仏があてるものじゃないですよ。いも喰って屁がでた。いもにあたった。
>なんて無いのと同じ・・・。

そう。自分が嵌まり込んで当てるもの。
だから罰が方便であっても有効になる。罰概念は自分の中に巣食って、
自分自身が育てて自分で当てる。
自分の精神が支配されるから方便でも強烈な脅しになる。
それが分かってるから教団側は利用価値が高い。信者に対しては方便ってことで逃げられてるし。
題目が上がってないから最近だめだなあ。なんて言葉をよく言うけど、それがすでに自分の生み出した罰。
その意識が不幸を増やしてる、そして題目をしてすっきりして、やっぱり題目を上げると違うやあ。と感謝できる単純さ。

514 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 12:35:23 ID:sBSRnI7V
まあ、コピー本尊はだれでもそのうち破れるけど、国宝の大御本尊をどうするかだよね。

あれが全ての元凶。どんなものでも何百年も経つと霊性を帯びて力をもつから困ったもんだよね。

515 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 12:54:07 ID:KPK3k+H1
>>514
博物館にでも入れればいいんじゃないですかね。

霊性ってw人の心が偉大な物視しがちなことが霊性ですかw

516 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 12:55:55 ID:KPK3k+H1
日蓮って罪人でしょ?
浄土宗も元々新興カルトで殺戮自爆テロ集団だし。
オームもいつかはそんな風な扱いされちまうのだろうか。。。

517 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 12:57:39 ID:KPK3k+H1
でも、日本の歴史上もっとも犯罪組織として君臨したのは本願寺か。
よく未だに存続させてもらえてるものだ。


518 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 12:59:25 ID:sBSRnI7V
>>515

そうです。霊性というのは人の心が生み出すんですよ。本当にその物体に霊が宿っているというわけではありません。

ペルーの遺跡で古い遺跡の下に更に古い遺跡があるのですが、2000年前の新しい遺跡には観光客はイニシャルを彫りますが、

5000年前の遺跡には荒らされた形跡がありません。つまり結局比較の問題でしかないんですよね。

10年前のものより100年前のものがありがたいってことですね。

519 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/12(水) 13:02:19 ID:ewesTLom
国宝に名前の彫刻ですからね。
かならず仏罰が下ります(笑

520 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:05:31 ID:KPK3k+H1
大事にしなさいって教育が霊性を編み出したんでしょうね。
古い木や大木には威厳のような物を感じたりしますから、そういうのを霊性って表現すればけっこう同意する人はいると思う。


521 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:08:30 ID:KPK3k+H1
でも、霊性っていずれは科学で解明されるかもしれないですね。
地球上にある何かしらの波が蓄積されて人間の感覚が何かを感じる可能性はありえる。
その感じられる何かにいろんな意味をくっつけて霊性と表現したりする。
酒だって古くなれば変化を受けて香りも匂いも変わりますし、仏像だろうと遺跡だろうとそういう可能性あるし。

522 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:12:03 ID:KPK3k+H1
>>519
そうやって笑える人には下りませんからね。
下る下ると心配する人に下ります。
それが面白くないから人為的に下そうとするんでしょう、オームのポアとかがそんな例ですね。
直接手を下せない人は部外者の不幸を見ては下ったって喜ぶw

523 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 13:13:21 ID:sBSRnI7V
>>521

いやいや、ただの石っころを1万年前の石だといって売れるわけですから、人は結局ブランドと看板で動く生き物なんですよ。

ワインだって3千円から1万円前後のものでもそうとう美味しいですが、
それをヴィンテージのワインです、っていって高値で売りつけたってわからんですよ。

524 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:15:03 ID:KPK3k+H1
>>523
あははw
それ、昨日俺がリアルでそんなような会話してましたw
ブランドに弱いですからね、本当においしい酒ってのは自分がおいしいと思える酒でしかないんですけどね。
値段に関係なく。

525 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 13:18:22 ID:sBSRnI7V
人は生存欲があるので、死を受け入れられず永遠なるものに憧れます。
樹齢1000年の木とかありがたがるのは、生存欲から来ているんですよ。

そんなものはまやかしですよ、欲を克服しましょう、といっているのがブッダといわれている。
ブッダや天台の正統な後継ですよ、といって他者の信用を利用したのが日蓮。

自分の身で信用を得られないから、他者の権威を利用して自分をプロデュースしたんですよね。
方法論が卑屈だから、信者もみんな卑屈で根が暗いのに躁になる。いわゆるキモイってやつ。まあ害ですね。

526 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 13:22:21 ID:sBSRnI7V
ブータンの国民とかは質素な生活に誇りをもって、表情が健やかだけど、

創価、正宗、顕正会、霊友会、立正佼成会などの信者は、どれも幸せな顔をしていない。

ああはなりたくない。

アシモンは素直でいい奴なのに洗脳するなんてゆるせん。

527 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:30:12 ID:KPK3k+H1
生存欲から有り難がるって線もあるわけですか。
俺は古い木を当時の人たちが同じ物を見てたんだなと思うと感慨深さはありますけどね。
古戦場とかで、ここを誰々が駆けてたのかとか想像するのも楽しい。

日蓮はパクリですからね。
パクリ自体はぜんぜん悪いと思いませんけど、自分がその上であるとかぱくって置きながらあつかましいにも程がある。
そんなもんに騙される人がいることや、そんなもんが政治にまで口出すとかありえませんよw
つか、日蓮自身が政治に口出しするの好きでしたからね、その意を汲んでるんですけどね。
世界制覇と政治に君臨が目標の宗教組織。大げさでもなく、この通りですよね、一言で言えば。
信者は支配階級です。

528 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 13:31:52 ID:sBSRnI7V
とりあえず、第2の創価、顕正会を生み出さないために、先に正宗をつぶしたほうがいいかもね。

ここは宗教板だからカルトにも中立でいようと思ったけど、あしもんがマシーン化されているのをみて、やっぱ日蓮はなんとかしないと駄目だと思った。

りょん氏だってまだ根深いしね。生きているうちに日蓮被害者が救われるのを見たいなぁ。

529 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:32:33 ID:KPK3k+H1
>>526
どれもかはともかく、とかく落ち着けない人が多いですね。
そうなる理由も明らかなんですけど、気付くすべを失うから。。。やっぱり完全な被害者ですよ、カルトの。
めちゃくちゃ高い壷を売るよりも日常的、恒常的に投資させるほうが儲かるってのも知ってるし、組織は。

530 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/12(水) 13:34:10 ID:ewesTLom
>>528
多分、宗教は一生抜けないよ。
私も、なぜか、カルト洗脳抜けないしね。

なんのカルトなのか、だれにもわからないだけ(笑

531 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 13:34:23 ID:sBSRnI7V
あしもんが創価板にもいけず、ここで日蓮教学を繰り返すのを見て、本当に悲しくなった。

きっと苦しいんだと思うよ。日蓮マジむかつく。

532 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:36:18 ID:KPK3k+H1
>>528
そーかも正宗ももう力は増えないですよ。
信者が可哀想なだけで。
それに宗教自体が発展する可能性が低いですし、もうちょっとすると維持できない寺や神社が潰れたってのでてくると思います。
需要と供給で一方的な需要だけ受けようとしてるんだからそれも当たり前です。
わざわざ潰さなくても時代が必要としなくなれば消えて行きます。
俺のそーかアンチは消えるはずもないですよ、実態を知ってるのに肯定するはずも出来るはずもない。

533 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 13:38:23 ID:KPK3k+H1
>>531
てすとさんの真意は俺には分かりませんが、w
自分の言葉は語れなくなっちゃってるし、リアルでそーかと話してもそーか話になれば
アシモフ君と全く同じような展開にしかなりようがないんです。

534 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 13:39:00 ID:sBSRnI7V
組織から抜けられないという大前提があって、だからこそ無理矢理でも組織を肯定しなければ自分の正義が崩壊してしまうという状態は、本当に不幸なこと。

自分の国を批判できない人達と一緒。

535 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 14:53:15 ID:sBSRnI7V
>>530

漬物のきゅうりはもとのきゅうりにもどりませんしね。

塩漬けをぬか漬けかキムチにするとかしないとね。

536 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/12(水) 15:03:24 ID:KPK3k+H1
塩に漬かりすぎたら塩抜きしてアレンジして手を加えると
好い加減のきゅうりの漬物より美味しくなりますw
で、その美味しく出来た物をもっと美味しくできないかと手を加え続けるのが成長ですw

537 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 19:30:11 ID:6i7iTzVp
>>511>>514横やり
ご本尊は宇宙に遍満しています。地球にも寿命がある。大ご本尊も
地球と同じ運命をたどることになりますが、ご本尊は元々あるものを形にしただけなので
だけです。本質的にはなくならないのです。落ち、ノシです。

538 :アシモ:2007/09/12(水) 19:43:03 ID:6i7iTzVp
>>511てすとくんへ>>549にもあるように内にも外にも存在するのがご本尊です。


539 :アシモ:2007/09/12(水) 19:46:36 ID:6i7iTzVp
>>538訂正。
>>469
>>549×

540 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 19:46:56 ID:yfBv7K7S
アシモッてチベットに関して無知?

541 :アシモ:2007/09/12(水) 19:50:21 ID:6i7iTzVp
大宇宙遍満に生命が存在するのと同じです。「方便現涅槃」

542 :アシモ:2007/09/12(水) 19:53:26 ID:6i7iTzVp
サロメさんチベット仏教を学ぶ必要はあまり感じません。サロメさんは
チベット仏教のどこに惹かれるんですか?

543 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 19:55:15 ID:yfBv7K7S
>>542
一番原典に近い仏典だから

クマラジーヴァは意訳超訳多すぎ

544 :アシモ:2007/09/12(水) 20:02:10 ID:6i7iTzVp
>>543
羅汁がいなければ天台も一念三千もありませんよ。

545 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:05:48 ID:yfBv7K7S
>>544
サンスクリットの元本も特定できないほどの意訳の結果の
教義ですよ

546 :アシモ:2007/09/12(水) 20:08:39 ID:6i7iTzVp
漢訳で良いんですよ。さだるまんだ・・・。でなくとも。

547 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:10:29 ID:yfBv7K7S
>>546
意訳は困ります

548 :アシモ:2007/09/12(水) 20:13:15 ID:6i7iTzVp
サロメさんはチベット仏教でなにを得ました?

549 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:13:36 ID:Tnb6A+Vv
>>545
そうやって、原典や開祖個人を崇拝するのを、カルトというのだよ。
そのこと自体に、一体どんな意義があるのかね。

550 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:14:15 ID:yfBv7K7S
>>548
そういう話ではありません
日蓮は意訳だらけの経典で教義を立てたってことです

一念三千はありえないのにね

551 :アシモ:2007/09/12(水) 20:15:36 ID:6i7iTzVp
>>547
何故ですか?

552 :アシモ:2007/09/12(水) 20:18:12 ID:6i7iTzVp
>>550
「まかしかん」はどうなります?

553 :アシモ:2007/09/12(水) 20:19:49 ID:6i7iTzVp
法華経二十八品は漢訳ですよ。

554 :アシモ:2007/09/12(水) 20:21:21 ID:6i7iTzVp
「さだるまふんだりきゃそたらん」と唱えなさいと言うのですか?

555 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:22:33 ID:Tnb6A+Vv
>>550
日蓮が間違っていれば、現代人の常識で訂正すればよいだけの話。大昔のことを
正確に知る得る訳がないし、時代は大きく変わっているのだよ。イエスについ
ても同様。

問題は、その訂正が出来るかどうかだ。

556 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:22:41 ID:yfBv7K7S
>>554
もう一度 サンスクリット本を基にして
正しい教義を作ったら?w

557 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:23:11 ID:yfBv7K7S
>>555
あんたは歴史に無知なんだよ 低学歴淫居w

558 :アシモ:2007/09/12(水) 20:26:19 ID:6i7iTzVp
日本人がサンスクリット語を学べというのですか?
外国の本をよむのに意訳されたものはうそですか?

559 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:26:24 ID:Tnb6A+Vv
>>557
真偽のほどは絶対に証明できない大昔のことを、「見てきたように」語るのは
滑稽だよw。

560 :アシモ:2007/09/12(水) 20:27:29 ID:6i7iTzVp
>>557
あなたの最終学歴は?

561 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:31:14 ID:yfBv7K7S
>>558
だから意訳だらけの経典で 存在もしない一念三千って
それ 仏教じゃなくてクマラジーヴァ教でしょうがwww

562 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:32:08 ID:yfBv7K7S
>>559
資料批判で正典は同定できるんですがw

563 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:33:54 ID:Tnb6A+Vv
>>560
アシモフ君、それを聞いちゃダメw。

歴史とは、結局は、現代人の視点からの解釈。これが歴史学の基本。

564 :アシモ:2007/09/12(水) 20:34:48 ID:6i7iTzVp
>>557
無知に証明してください。

565 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:35:59 ID:yfBv7K7S
>>564
561 名前:サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 [sage] 投稿日:2007/09/12(水) 20:31:14 ID:yfBv7K7S
>>558
だから意訳だらけの経典で 存在もしない一念三千って
それ 仏教じゃなくてクマラジーヴァ教でしょうがwww

566 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:38:25 ID:yfBv7K7S
一念三千はクマラジーヴァの創作ですが

それでも日蓮ですか?w

567 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:38:53 ID:Tnb6A+Vv
>>565
聖書には、そもそも、原典も存在しないw。

568 :アシモ:2007/09/12(水) 20:39:04 ID:6i7iTzVp
>>563
確かにそは言えますね。じかんがきたので落ちます。
規制もきつくなりました。ノシです。

569 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:41:08 ID:yfBv7K7S
>>568
日蓮は意訳に迷えりWwww

570 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/12(水) 20:42:39 ID:yfBv7K7S
一念三千がクマラジーヴァの偽造を基にした サンスクリットが読めなかったらしい
天台大師のw錯誤の結果なのですから 日蓮の仏法は成立しない

はい これでおしまいwww

571 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 23:18:09 ID:q9AxLzEW
日蓮の教義の正邪を議論しているのに、キリスト教にすり替えようとしてもだめですよ。

572 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 23:31:15 ID:q9AxLzEW
あしもんに必要なのは学会員以外の恋人か友達だと思う。

少し休みなよ。

573 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:38:44 ID:kSw2ImKW
>>571

宗教批判一般、特にキリスト教批判にも通じること。

「一念三千」の教えは、誰が考えたにせよ、立派な教えではないか。どこに
問題がある?イエスなどには、到底思い至れなかったこと。

574 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/12(水) 23:45:36 ID:q9AxLzEW
>>573

立派かどうかなんてだれも議論して無いでしょ。議題をすりかえたり、追加したりしたら混乱するでしょ。

一念三千が立派かどうかは各個人の解釈にまかせるとして、釈迦の教えではないことは認めてください。

よろしいですか?

575 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 00:36:01 ID:yqa8BO16
>>574
>釈迦の教えではないことは認めてください。

君は、サロメが言ったかそれを認めるのW。

釈迦が言ったから、イエスが言ったからという理由であり難がるのが、そもそも
の勘違い。

576 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 01:15:50 ID:sugXeqz+
>>574

開祖が、教祖が、有名な人が言ったから正しいと思い込むのが、宗教の最大の
「病理」「思考停止」。この病理から、宗教のあらゆる弊害が生じている。

誰が言った言葉でも、その正誤・正邪は、現実に立脚して「自分の頭」で考え
る訓練をしない限り、弊害は永久に無くならない。

577 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 02:41:41 ID:QxjngS0I
>>576
「自分の頭」で考えるっていうか、他力すぎるのが大きな問題。
誰でも考えなく動くなんてありえないんだから、普通は。
要は、距離の取り方。
これを見失うと必ず弊害が起きるし、そもそもそれに対して問題意識が無いから解決されるどころか悪化するはかり。
未だにこのての問題点すら特定して論ぜない只のバカなアンチ
何時見ても笑えるな、おまえの成長の無さはw

578 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 02:58:44 ID:G+nZuY/l
>>577
自分の宗教との「距離が取れなくなる」のが、宗教の最大の病理。それが
「宗教に嵌る」ことの意味である。「自分の頭で考えている」と思っても、
実は自分の宗教の枠内で考えているに過ぎない。

579 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 03:20:49 ID:FoP0hHY7
>>575

ご隠居は議題のすり替えするんならレスしないでしょ。邪魔だから。

日蓮に関してはご隠居のレスはスルーするよ。また他の話題のときにね。

580 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 03:51:39 ID:G+nZuY/l
>>579
議論のすり替えなどしていない。サロメに対して反論した時から、私の論旨は
一貫しており、いささかの揺るぎもないw。

>>577
例えば、クリスチャンが、イエスに対して「距離を置くこと」が少しでも
可能かね。創価も、日蓮を「神格化」したりすれば、キリスト教と同様、人間
の営みとして無意味・有害となるから、自戒が必要である。

仏教の「久遠実成の本仏」は、あくまで、人間の生命や自然の象徴化であると
解する。キリスト教とは異なり、仏教では、すべての人間は仏になれるからで
ある。

581 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 04:00:08 ID:qzInWKbv
>自分の宗教との「距離が取れなくなる」のが、宗教の最大の病理。

その通りだが、それがご隠居の場合は宗教に限るし、ご隠居もそれに当てはまるから、同意されない。
なんでも、自分を見失うものは、一緒。
また、宗教だからといって、自分を見失わないとは限らない。
その辺の思考をいつまでたってもしないから、飽きてつまんない。
たまには、「王子教」とか批判すれば?

582 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 04:04:00 ID:G+nZuY/l
>>581
>隠居もそれに当てはまるから、同意されない。
>なんでも、自分を見失うものは、一緒。

肝心なことが、すっぽりと抜けてるぞ。

583 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 04:09:32 ID:qzInWKbv
抜けてるのはご隠居そのものw

584 :アシモ:2007/09/13(木) 11:37:54 ID:x0JqjSaA
>>572
いるよ?宗教関係ないって。

585 :アシモ:2007/09/13(木) 11:40:08 ID:x0JqjSaA
>>579
チベット仏教についてはどう思っているの?

586 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 11:55:51 ID:FoP0hHY7
>>585

大御本尊がなくなれば楽になれるかな?

587 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 12:22:01 ID:Uh++Z9mq
>>586
アシモフ君は、たしか、「偽物のご本尊の先に、本物のご本尊を見る」と
言ってたぞ。創価のご本尊が偽物であることを、ちゃんと自覚している。

クリスチャンは、「偽物の神、イエスの先に、本物の神を見る」ことが絶対に
出来ないのが、最大の問題なのである。

588 :アシモ:2007/09/13(木) 12:25:20 ID:OJ/6yHT+
チベット仏教 チベットぶっきょう チベットやモンゴルで信仰されている仏教で、
ラマ教ともよばれる。一般的に仏教では三宝(仏・法・僧)に帰依(きえ)するが、
チベット仏教では学問上の師であるラマをくわえ四宝に帰依する。














589 :アシモ:2007/09/13(木) 12:27:09 ID:OJ/6yHT+
>>587
偽物とは言ってません。コピーといったはずです。

590 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:28:09 ID:FoP0hHY7
>>587

あしもんが大御本尊も偽者で祈っても意味がないと言ったら認めてあげるよ。

批判できないのは宗教の病理なんでしょ?w

591 :アシモ:2007/09/13(木) 12:30:43 ID:OJ/6yHT+
チベットには、7世紀半ばの吐蕃王国ソンツェン・ガンポ王の時代に、
インド系、ネパール系、中国系の3系統の仏教がはいった。
その後、仏教は順調に勢力を拡大し、
チベットの古代王朝としての最盛期をむかえるティソン・デツェン王(在位754〜797)の時代には、
国教としての地位をえた。


592 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:33:26 ID:FoP0hHY7
>>591

法華経の成立は釈迦の死後500年経ってからだよ。

593 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 12:33:58 ID:Uh++Z9mq
>>590
「大御本尊」を、「生命と自然の象徴」として崇めるのなら、問題は
ない。人間には、それ以外に崇めるべきものはないのだから。

594 :アシモ:2007/09/13(木) 12:33:59 ID:OJ/6yHT+
>>590
ご本尊は元々あるもので創ったものではありません。宇宙が元々あるようなものです。
創ると言うより発見したんです。

595 :アシモ:2007/09/13(木) 12:35:36 ID:OJ/6yHT+
>>592「如是我聞」です。

596 :アシモ:2007/09/13(木) 12:37:31 ID:OJ/6yHT+
王はシャーンタラクシタやパドマサンババなど、
著名な学者を数多くまねき、仏教の流布につとめた。
パドマサンババはインドで流行していた
タントラ仏教(→ タントラ)を紹介した。
それが、チベットの民間信仰だったボン教や
シャーマニズム(→ シャーマン)と習合して独自に発展し、
民衆の中に浸透していった。また彼は、サムイェー大僧院群の造営、
僧団の形成などに貢献し、のちにチベット仏教ニンマ派の祖とあおがれた。


597 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:37:43 ID:FoP0hHY7
>>593

大御本尊を破いたら仏罰おちますすか?

>>594

おいおい日蓮が書いたんでしょ。日蓮が土を掘って発見したのか?w

598 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:38:35 ID:FoP0hHY7
>>595

ちゃんと法華経よんでる?w

599 :アシモ:2007/09/13(木) 12:39:05 ID:OJ/6yHT+
8世紀末に中国から禅の教えがつたわると、
中国仏教とインド仏教のどちらをとるかの論争がおこった。
王は中国仏教が本来の大乗仏教から大きく変質しているとして非難し、
インド仏教を正統とした。



600 :アシモ:2007/09/13(木) 12:40:43 ID:OJ/6yHT+
>>598
方便品と寿量品は読んでます。

601 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:43:09 ID:FoP0hHY7
>>600

「如是我聞」とどこに書いてありますか?

602 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 12:43:38 ID:Uh++Z9mq
>>597
象徴を破いたくらいで、仏罰はおちない。

キリスト教とはことなり、仏教は人間を罰する宗教ではないぞ。
誤解しないでくれ。

603 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:44:59 ID:FoP0hHY7
>>602

うん、だから日蓮は仏教でないという話をしているの。OK?

604 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 12:46:53 ID:N95QszEB
竹内文書みたいなもんか、御書とか。

605 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 12:46:59 ID:VnSVD0nw
モルモン教も同じ事言ってたな。
モルモン経って神からの啓示書で土から掘ったんだと。
新興宗教ってとにかくイリュージョンイベント作って民衆を騙すところ
からはじめないとなかなか布教すすまないもんね。

606 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 12:47:30 ID:Uh++Z9mq
>>603
象徴ではなく、「生命と自然」そのものを害すれば、報いが来るのは
当然だろう。これは「人間界の掟」である。

607 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 12:47:43 ID:N95QszEB
「423イエス」のってなに?

608 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:49:09 ID:FoP0hHY7
>>606

うん、だから象徴を破いたら仏罰が落ちるといっている人は、仏教じゃないし、人間界の掟に反しているよね?OK?

609 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 12:50:47 ID:Uh++Z9mq
>>607
間違ってE-mail欄に書き込んだら、どうしても消えない。どーすれば
いいのか教えてくれ。

610 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 12:52:35 ID:N95QszEB
ご隠居面白いなあ。
生命と自然の象徴である神には否定的なのに。

生命と自然の象徴である大御本尊に従わないものは敵視して仏罰が下るってのはキリスト教も同じなのに。
そーかの教義は色んなののぱくりと付け加えだからキリスト教体系(特に布教活動とかはエホバ系?)とも良く似てる。

611 :アシモ:2007/09/13(木) 12:53:09 ID:OJ/6yHT+
サロメおたさん醍醐というのはね法華経のことチベット仏教は乳味、酪味
生蘇味、熟蘇味が混じっていて、醍醐味をむちゃくちゃにしている。

612 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 12:54:20 ID:N95QszEB
>>609
ゲラゲラwキリストの祟りだw
書き込み時に目欄を削除してから一度書き込んでも消えない?
普通はそれで消えるんだけどw


613 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:55:01 ID:FoP0hHY7
あしもんは教学3級? あしもんの先輩でよくわかる人がいたら、このスレに連れてきなよ。

614 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 12:55:24 ID:N95QszEB
つーか。消えたしw

615 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:57:19 ID:FoP0hHY7
>>611

方便品と寿量品のどこに「如是我聞」と書いてありますか?


616 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 12:57:34 ID:Uh++Z9mq
>>610
キリスト教は、神が「生命と自然の象徴」だなどとは、決して考えない。

キリスト教では、「生命と自然」は、神の反対・対立概念。ニーチェも
そう言っている。

617 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 12:58:30 ID:qzInWKbv
りょん氏、あっちのスレ、512kを超えたので書き込めないらしい。

次スレ立てないとダメみたい・・・・・

無駄レスなさ杉だからナァ〜笑

618 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 12:59:29 ID:FoP0hHY7
>>616

曼荼羅やぶいたら仏罰おちるというのは、「生命と自然」に反しますよね?OK?

619 :アシモ:2007/09/13(木) 13:01:29 ID:OJ/6yHT+
>>615
序品第一の冒頭にあります。

620 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:06:01 ID:N95QszEB
>>616
まあ、キリスト教は考えてないくらい知ってたけどw

ただ、どう見ても同じ有様、同じ兆候、またはもっとひどい状態がそーかともいえるのに、
片方を擁護で片方を非難するのはどういう理由なのか。

621 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:06:17 ID:N95QszEB
>>617
本当だw
後で立てますw

622 :アシモ:2007/09/13(木) 13:06:49 ID:OJ/6yHT+
>>615「是の如きを、我聞きき」
あらゆる経文の冒頭には、かならずこの一句があるそうです。

623 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:07:25 ID:FoP0hHY7
>>619

あれ?学会って28品読むんだっけ? 前に信濃町の会館でダイバダッタ品を読んでいる人が外に追い出されたときいたけど。

624 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:10:10 ID:FoP0hHY7
法華経の成立は紀元50年から150年あたりだと仏教学の学者は考えている。
しかし、釈尊の生没年は、紀元前BC463-BC383年頃(BC566-BC486、BC624-BC544説もあり)とされる。
少なくとも、釈尊の時代と法華経の成立には500年の隔たりがある。
歴史上の釈尊が説かれたものでないことは自明である。
もし、釈尊の入滅直後に法華経があったならば、部派仏教の経蔵に入っていてしかるべきだし、
その論書にも解説や引用がなされているはずである。

625 :アシモ:2007/09/13(木) 13:11:13 ID:OJ/6yHT+
>>623
興味でぜんぶ読んだことありますよ。・

626 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:12:10 ID:Uh++Z9mq
>>618
わざわざ破かなくてもよいw。破けば「器物損壊罪」という人罰が
おちる。

「生命と自然の象徴だから大切にしよう」「破くと生命と自然自体を
破くことになるよ」という戒めだろう。逆に言えば、「生命と自然」は
どんなことがあっても破いてはいけない、という戒め。

627 :アシモ:2007/09/13(木) 13:13:13 ID:OJ/6yHT+
>>624
非大乗仏説論は妄説。

628 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:13:42 ID:N95QszEB
>>626

ご隠居。。。
さんざん教会でキリスト像やらを壊してみろよ、出来ないだろ。とか言ってたんじゃ。。。

629 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:15:21 ID:FoP0hHY7
代表的な法華経成立論

◎ビュルヌフ説

 梵本法華経の偈頌(韻文)に正規のサンスクリットではない俗語やくずれた文体がある
 長行(散文)が偈頌(韻文)よりも先に成立
  ※長行が偈頌よりも先に成立したという主張は現在の仏教学会では認められていない。

◎ケルン説

 主要な偈頌は長行より先に成立した、終わりの六品(章)は後世の付加である

◎松本文三郎説

 提婆品と終わりの六品(章)は後世の付加である

◎布施浩岳説

 提婆品、嘱累品、終わりの六品(章)を除いた二十品(章)の内容を細分して歴史的段階の差の存在すべきことを主張

630 :アシモ:2007/09/13(木) 13:17:05 ID:OJ/6yHT+
>>628
壊しても無駄。信仰心が変わらなくては意味なし。

631 :アシモ:2007/09/13(木) 13:23:29 ID:OJ/6yHT+
大乗非仏説論の迷妄>>629長くなるので後で書きます。

632 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:24:19 ID:Uh++Z9mq
>>628
クリスチャンは、イエスを絶対に批判できない、と言ってるだけだよ。

イエス像も、壊せば器物損壊罪になるだけ。古くなれば自然に壊れる。

私は、創価信者でもなんでもなく、研究者だから、批判することは
いくらでもできる。今は、大物のキリスト教批判で忙しいだけ。

クリコテとは異なり、アシモフ君は、少なくとも「狂乱状態」では
ないw。言ってることは、十分に「了解可能」である。

633 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:29:43 ID:FoP0hHY7
>>631

いや、長くなるなら書かないで。そういう人の迷惑考えないところが日蓮系の悪いところ。

それに大乗非仏説じゃやないよ。法華経非仏説だよ。もちろん法華経に全く釈迦の思想が入っていないとはいわないよ。

とりあえず、御本尊に不敬しても仏罰は落ちないでOK? それだけ認めてよ。

634 :アシモ:2007/09/13(木) 13:33:39 ID:OJ/6yHT+
>>633
形あるものは不変ではないですよ。逆に質問しますが、板曼荼羅燃やしても
良いよ。と言われて燃やします?

635 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:34:52 ID:FoP0hHY7
>>634

当然燃やす。絶対に燃やす。あしもんのご本尊燃やしてもいい?

636 :アシモ:2007/09/13(木) 13:36:48 ID:OJ/6yHT+
>>635
きぶつ破損ですよ?

637 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:39:21 ID:N95QszEB
>>632
研究者なら尚更、宗教そのものの弊害や効用を考えるのがいいかと。
比較する対象も必要だろうし、傾向を見るにも必要だろうし。
無宗教との比較も有効だろうし、そーかびいきの理由にはならないw
つか、別にそーかに限らず、キリスト教に有っては害だと見るなら、その他の宗教にも同一視できないなら
研究者としては失格な気が。

638 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:39:42 ID:N95QszEB
>>636
だまし討ち?w

639 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:39:49 ID:FoP0hHY7
>>636

ほら、仏罰から国内法へすりかえた。その時点であしもんの負け。

国内法による刑罰を仏罰だといえば証明してるような錯覚になるけど、それは仏罰じゃなくて法の裁きだから。

それに「板曼荼羅燃やしても 良いよ。」と言われて燃やすんなら問題ないでしょ。

次は消防法ですか?ww

640 :アシモ:2007/09/13(木) 13:43:20 ID:OJ/6yHT+
>>639
燃やして良いて言われて燃やすバカ信者はいませんよ。


641 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:44:18 ID:N95QszEB
アシモフ君支離滅裂。。。
俺も燃やして言いといわれたら燃やすな、被害者減るかもしれないし。
でも、板曼荼羅とやらを燃やされそうになったら器物云々って感覚抜きでも信者達は尋常じゃなくなるんでしょ?
つーか、コピー曼荼羅でもそうだから間違いないよな。
執着だし、偶像化だし、教えなんてあってないようなものだよね。
それに宗教のお陰で敵と不安定さと弱みが出来るだけじゃん。

642 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:45:24 ID:FoP0hHY7
>>640

話をすりかえた。

そういう信者がいるかいないかではなく、信者にしろ、外部の人間にしろ御ご本尊に不敬したら仏罰おちますか?

というのが議題。さっきからすり替えようと必死すぎ。俺はブレないよ。

643 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:46:37 ID:N95QszEB
コピー曼荼羅を火事で燃やしてしまったら、その後に火が原因で焼け死んだとかって今はしなくなったの?
俺の頃はそんなのばかり聞かされたもんだ。
火事に飛び込んで命と引き換えにコピー曼荼羅を救助した『素晴らしい信仰心を持った犬』の話とか。

644 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:47:52 ID:N95QszEB
コピー曼荼羅を破いたら、その後に車の事故でバラバラになったそうだ。
マジでこんな話ばかり聞かされた、昔は。

645 :アシモ:2007/09/13(木) 13:48:10 ID:OJ/6yHT+
>>642
罪悪感があれば仏罰といって良いのでは?したことないこと答えられません。

646 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:48:24 ID:FoP0hHY7
>>643

はははww ほんと正宗系は最悪だなww

647 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:51:02 ID:N95QszEB
>>646
大真面目に本当の話なんですよ。
原爆は仏罰で俺は特にそういう因果をもってるとか言われて育ったしw
「ごほんぞんさま」を馬鹿にしただけで死ぬって思ってましたしねw
神社に行ったり十字架を持ってるだけでどんな罰が当たるかわからない。
実際に他宗教っぽいってだけで捨てられますしね、そういうので親に反発するそーかの子供って結構いると思いますよ。

648 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:52:21 ID:FoP0hHY7
>>645

罪悪感は全くありません。むしろ高揚感があります。

>したことないこと答えられません。

仏罰が落ちるかどうかわからないという結論でいいですか?


649 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:52:26 ID:N95QszEB
アシモフ君の状態もなんとなく理解できます。
「ごほんぞんさま」を悪く考えるとか、曼荼羅を燃やす行動を自分がするさまを思うだけでも、
それがすでにいけないことって意識が働いて拒否されます。
だからそれについて返答さえ出来ない。

650 :アシモ:2007/09/13(木) 13:54:13 ID:OJ/6yHT+
>>644
こないだyoutubeみてたら燃やしてる映像ありましたよ。

651 :アシモ:2007/09/13(木) 13:55:26 ID:OJ/6yHT+
その後どうなったか知りません。

652 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:55:28 ID:N95QszEB
あと、そーかだけじゃなく、日蓮系にある感覚は「福運」でしょうね。
信仰上の悪いイメージはせっかく積んだ福運が逃げていくとか思ってると思います。
福運が切れた人間はこれでも勝って暗い転げ落ちるそうです。
そうやって脅しながら洗脳していきます。
だから題目を上げてないだけで福運の残量が少ない気がして恐怖心にかられるんです。

653 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:56:10 ID:FoP0hHY7
>>650

そういう映像を見るのはホウボウじゃないの?

あしもんの創価内の立場かわってるよね。池田嫌いみたいだし。

654 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:56:23 ID:N95QszEB
>>650
いくらでもあると思います。
でも、信者達はそういうのを見るのも忍びなくて、見ただけで題目あげっるって状況に陥ると思います。

655 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 13:57:47 ID:N95QszEB
これでも勝って暗い×
これでもかって位○

656 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 13:58:40 ID:FoP0hHY7
>>652

なるほどw 努力が水の泡になってリセットされるといわれたら、いままで活動した分もったいないから迷うよね。

まあ、創価はいちおう行政が面倒見てくれるから現世利益はあるけど、それ功徳じゃないだろって話。

最初から互助会っていっておけばいいのに宗教絡めるからおかしくなるんだよね。

657 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:59:34 ID:VnSVD0nw
>>632
創価信者も牧口、戸田、池田を絶対批判できないんじゃないの?

658 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:01:29 ID:N95QszEB
>>656
リセットならまだしも、福運がきれた恐ろしさを叩き込まれますよ。
座談会や少年部なんかでそれを延々と聞かされますし、
功徳はこんなに素晴らしくて、罰はこんなに怖いんだよって。
福運が切れた人の話は凄惨たる悲惨さで、元々信者だった人が福運を切らすことは
知らずにいる人よりも恐ろしいんですよ。
一家が惨殺されたり、事故で一族が途絶える話とか。
だから、そんなものを布教するってのがすでに間違いw

659 :アシモ:2007/09/13(木) 14:01:49 ID:OJ/6yHT+
>>694ご本尊でなく地蔵も神札も阿弥陀等々全部いたずらしませんよ。
何故なら意味ないから・・・。信仰心を変えるのが目的。
実際なんらかの事情でご本尊を安置できなくて内得信仰している方もいますよ。

660 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:03:43 ID:N95QszEB
>>659
そういう話じゃないと思うんだけどね。
縛りの問題だよ、要不要やするしないの話じゃない。

661 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:05:35 ID:FoP0hHY7
>>659

えーー、神棚をぶっ壊して回る創価が何をいっているんだー。

あしもんは4世?

662 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:06:27 ID:N95QszEB
>>661
人から貰った十字架もゴミ箱にぽいの癖にですよねw

663 :アシモ:2007/09/13(木) 14:07:14 ID:OJ/6yHT+
>>660
脱会したければすればいいんじゃないですか?

それを止めるのは親切心ですけど・・・。

664 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:07:46 ID:N95QszEB
>>663
話の流れが完全にちがうっしょw

665 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:09:06 ID:N95QszEB
ずらしにずらして、そーかの内部の本当話書くとコピペで流しまくるんだもんな。
それで福運が詰めるとかって感覚で落ち着くとか?

666 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:09:34 ID:FoP0hHY7
>>662

先祖代々の墓もぶっこわすしね。

いま更もうやらないからご本尊は大事にしてくれといわれてもねー。

あっちのスレじゃないけど「因果応報」ですなww

667 :アシモ:2007/09/13(木) 14:09:59 ID:OJ/6yHT+
>>661
神札を毒に例えるならご本尊は薬神札を捨てなさいは当然の理。

668 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:11:18 ID:N95QszEB
>>666げとおめ。

全くですよw
よその宗派の葬式に行って帰ってくれば邪宗にまみれたって勤行しまくりますし。
あんな宗教だから成仏できないねとか普通に会話しますし。
それでいて、ついには一般信者同士で葬式やる宗教がなに言ってるんだかw
気休めなら気休めって言えばいいのにとw

669 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:11:48 ID:N95QszEB
またころころと主張が。。。>667

670 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:13:44 ID:FoP0hHY7
>>665
>>669

ずらしのテクニックは身につけられるみたいね。

意図的なのか条件反射なのかはしらんが、宗教板で通用するわけないよw 

671 :アシモ:2007/09/13(木) 14:14:25 ID:OJ/6yHT+
>>669
創価のご本尊を受けた場合の話。


672 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:15:11 ID:N95QszEB
>>670
さっき書いた通りで、無意識の防衛本能かもしれないですけどね。
なんかそんな感覚になるんですよ、信じてるときは。
アシモフ君だけじゃなくて、そーか全般、ともすれば他宗教者でも同じ傾向あるでしょ?
この板でも時々感じます、本人は全く気付いてないかも。

673 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:17:00 ID:N95QszEB
>>671
だからコロッと変わったんでしょ?
アシモフ君はマジでいいヤシだとは思うよ。
でも、ことそーかのこととなればやっぱりそーか信者の域は超えないかも。
そーかの何が悪くてどうする方がいいとか意見ある?

674 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:17:29 ID:FoP0hHY7
>>671

神棚否定って、会館で七五三やってるだろ!wwww

創価はどうなってんねんwww

675 :アシモ:2007/09/13(木) 14:18:04 ID:OJ/6yHT+
自分が一番だと言えない信仰ならばする必要はないでしょ。
一番があれば二番、三番は必要ない。

676 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:18:47 ID:N95QszEB
>神札を毒に例えるならご本尊は薬神札を捨てなさいは当然の理。

神札を薬と例えるなら、ご本尊はなんなんだ?

677 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:19:52 ID:N95QszEB
>>675

>神札を毒に例えるならご本尊は薬神札を捨てなさいは当然の理。

これは順位付けの表れじゃないの?
それに自分達の思想が一番である。そう思う同士が争ってるんじゃないの?

678 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 14:21:09 ID:VnSVD0nw
>>675
自分が一番だから完全な宗教なんてないんだよ。

679 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:21:20 ID:FoP0hHY7
>>675

ほかのカレーを食べてから順位を決めてください。

680 :アシモ:2007/09/13(木) 14:21:44 ID:OJ/6yHT+
天照が一番多い二番目が八幡、ご本尊に包含されている。信仰の対象では
ないけれど脇士としてある。

681 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:22:13 ID:N95QszEB
>>678-679
同意です。
宗教に限ったことじゃないですしね。

682 :アシモ:2007/09/13(木) 14:23:05 ID:OJ/6yHT+
>>679
他のカレーも研究しています。

683 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:24:37 ID:FoP0hHY7
まあ、あしもんは「仏罰が落ちる」と思っていてもまわりに明言しないから良心的学会員かな。

>>682
おいおい、それホウボウでしょ?大丈夫なの?


684 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:24:51 ID:N95QszEB
>>680
それをアシモフ君が思ってるのは自由だよ。
でも、口にした瞬間に別の意見が出るのは当たり前。
それでも絶対に正しいと主張するなら敵対する可能性は高まるだろうね。
それでも相手の説こうとする必要もない、が、日蓮系はそれでも説くのが勤め。
違った意見、選択を、こと宗教において尊重するって姿勢はもてない。
それはそのまま、他者の思想への冒涜だと自覚も出来ない。

685 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:26:06 ID:FoP0hHY7
>>684

これ戦争なのよね。 byスレッガー

686 :アシモ:2007/09/13(木) 14:27:37 ID:OJ/6yHT+
>>682信仰の対象でなく対比して高低・浅深を見極めるためです。

687 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:27:40 ID:N95QszEB
>>685
地球連邦もジオンもどっちが絶対に正しいってのないんですけどねw

688 :アシモ:2007/09/13(木) 14:29:30 ID:OJ/6yHT+
>>684
それは無いですよ。

689 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:29:56 ID:N95QszEB
>>686
ものの見方は偏ったら意味が減るけどね。
でも、誰でも自分が正しいと信じるほう寄りに考えるものだし、
それはそれで良いとは思うよ。
ただ、事実は事実と受け止めて、時には見直したり他者と強調したり同列したり出来ないとね。
アシモフ君はそういう意味では問題ないと思うけど、実際にそういうのが出来ない信者って多いわけだし。

690 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:30:50 ID:N95QszEB
>>688
アシモフ君はね。
だから良いヤシだと言ってる。
それが出来ない信者なら俺は神神呼ばわり。
その時点で俺も同列だけど。

691 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:30:58 ID:FoP0hHY7
>>687

いんや、絶対正しいのはないが、絶対間違っているのはわかる。正宗系は間違っている。

>>686

日蓮が一番じゃないってわかった?

692 :アシモ:2007/09/13(木) 14:31:24 ID:OJ/6yHT+
>>687
連邦の方が正しかったのでは?個々人は別として・・・。

693 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:32:58 ID:N95QszEB
>>691
何がいけないかだと思うんですけどね。
日蓮系は日蓮の姿勢そのものに弊害が多いから問題なんですよね。
キリスト教も同じなんでしょうけど。
信じないものは罰を受ける、唯一の神を信じなさいって感覚なんです、どっちも。

694 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:33:58 ID:N95QszEB
>>692
俺はジオンの方がかなり正しいと見るからね。
その時点で視点って色々あるでしょw
支配されるのが当たり前と思えるかどうかの感覚もあるんだろうね。

695 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:36:58 ID:FoP0hHY7
>>693

結局それは勝者がきめるということでしょう。正宗系がイスラムやキリストに勝てるはずない。

もう全世界で宗教統一してほしい。戦争やっても構わないから。

696 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:38:33 ID:N95QszEB
>>695
結局は何事でも勝たなければ意味がないってなりますよね。
宗教がそうなるなら本末転倒だとは思いますけど、勝ちの意味合いも勝ち方も色々ありますしね。

697 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 14:46:41 ID:FoP0hHY7
おち ノシ

698 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 14:48:58 ID:Jyp9rKqL
宗教って国家や経済やら家族なんかと同じく極めて成功した上位概念だな。

699 :アシモ:2007/09/13(木) 14:48:58 ID:OJ/6yHT+
司法は勝罰、世間は評判、仏法は勝負。

ノシデス。キセイガ キビシクナリマシタ。

700 :アシモ:2007/09/13(木) 14:52:18 ID:OJ/6yHT+
>>699の訂正
司法は勝罰×
司法は賞罰○

701 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 14:54:33 ID:N95QszEB
>>697
またですノシ
>>698
国家や経済や家族は仕組みが成り立たないと存続不能ですけど、
宗教ってのは仕組みなんてなくても成り立ちます。
妄想でも可能だし、だからどう合理的かつ実用的に体系化されるかだと思うんですが、
されないまま胡坐をかいてる。
国家がなくなっても宗教は残れるでしょうしね、別物ですよ、上位も下位もないかと俺は見ますね。
>>699
意味不。


俺も落ちノシ

702 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 14:56:15 ID:Jyp9rKqL
日本人はオタク、萌えという限定的な宗教を生み出したけど、こっちのほうが力あるし。

703 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:01:19 ID:Jyp9rKqL
>>701
概念だからそんなもんさ。どんな見方でも概念は概念。成功したかどうかは感染力と影響力と認知度による。

704 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:08:09 ID:qzInWKbv
>>698
吉本隆明の共同幻想読んだ?

705 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:11:54 ID:Jyp9rKqL
>>704
うんにゃ。

706 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:12:48 ID:qzInWKbv
共同幻想だよ、それw

707 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:15:18 ID:Jyp9rKqL
>>706
つまり共同幻想と、共同幻想以外の分類法というだけでしょ。

708 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:20:27 ID:qzInWKbv
いえ、共同幻想からこぼれるものはないんです。
すべては幻想ですから。

709 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:22:14 ID:Jyp9rKqL
>>708
それって、庭に咲いている花も玄関の団子虫も幻想なの?

710 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:23:33 ID:qzInWKbv
>>709
自己幻想。

711 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:26:20 ID:qzInWKbv
この概念を心理学的なアプローチで進めてるのが、唯幻論。
なかなか面白いよw
自我は幻想。

712 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:27:43 ID:Jyp9rKqL
>>710
すべては幻想って、ヒンズーだっけ。神の悪戯。
般若心経かな。
では自己幻想しているのは誰なんだろう。

713 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:28:43 ID:qzInWKbv
このごろ、やっと小林秀雄がなにを言いたいのかわかってきたような気がしてきた。

714 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:30:33 ID:Jyp9rKqL
>>711
一面の真実だろうね。
>>713
何を言いたかったのさ。

715 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:32:04 ID:qzInWKbv
>>712
すべては関係妄想なんですよ。
それがラカン。
「無意識は言語に構造化されている」
といわざるを得ない幻想。

ユングが神話に人間の根源を求めたように、宇宙物理学がビッグバンに神話を求めるように、芸術に美を求めるように、我々は自我に幻想を求めるのです。

716 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:33:08 ID:qzInWKbv
>>714
愛だな(^o^)/

恋せよおとめぁ〜♪

717 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:34:12 ID:Jyp9rKqL
>>715
それって縁起じゃん。
構造を相対化してその次どうするのってことでしょ。

718 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:34:53 ID:Jyp9rKqL
>>716
まぁ、愛でいいだろ。

719 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:39:07 ID:qzInWKbv
>>717
縁起は言葉自体、現象自体の対象を問題にしないでしょう。
ただ、般若心経は明らかに、意識自体を問題にしてますね。
その相対化を「空」と絶対化してる。

んで、よせばいいのに、仏教はそれを目的化してしまった。

ロゴス中心主義に負けちゃったんですね。
いまだに、それに気づいてない仏教。

720 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 15:42:19 ID:Jyp9rKqL
>>719
ていうか、その縁起、空認識は完結しているってだけでしょ。
人間だから、完結したものにいろいろ付け足しちゃうってだけで、きにしなければそれでいいし。


721 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 15:43:37 ID:qzInWKbv
釈迦は明らかにこの自己矛盾は自覚していた。
だから、口伝しか弟子に許さなかった。

722 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 15:44:20 ID:Uh++Z9mq
>>637
キリスト教からは、「生命と自然の尊重」という概念は、絶対に出てこない。
すべて、それらを超えた「空想上の存在」に最高の価値を認める。人間の営み
として倒錯している。従って、いくら批判してもし過ぎることはない。

723 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 15:56:37 ID:Uh++Z9mq
>>719
>その相対化を「空」と絶対化してる。

色即是空、空即是色と、「色」が同じ比重でおかれているところがミソ。

意識も空、空も空であるから、絶対化の要素はない。

724 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 16:05:16 ID:qzInWKbv
>>720
幻想の中で共有するために必要な取り決めが必要。
それは西欧文明のほうが優れていた。
縁起というのは、そういうことにしか過ぎないでしょう。
ただし、その体系の自己矛盾を解決する必要がある。
それは、東洋文明の飛躍がはるかにわかりやすかった。
しかも、実践的だった。

この先どうなるんでしょう・・・・・・・・

>>723
色は現実ですが、空はメタですからね。
結局、仏教は口伝をあきらめた時点で、それを捨てたのですね。
口伝を続けていれば・・・・・・・・
同じことなんですが(笑

725 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 16:11:46 ID:Jyp9rKqL
>>724
ていうか、空には雲が流れてて、世界は生命が溢れている。
幻想だってのも実相という観念に対する対処療法みたいなもんだろうし。

726 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 16:13:30 ID:VnSVD0nw
>>723
量計的になってる時点で空じゃないよ。

727 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 16:21:37 ID:qzInWKbv
>>725
西欧文明思考にとっての幻想というのは、
結局、その実相を追い求めた果ての幻想。
色即是空空即是色ですよ。
この部分では、明らかに重なってると思います。
問題は、この先なんですけど、
残念ながらお釈迦様は、口伝しか残さなかった(笑

728 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/13(木) 16:23:08 ID:Jyp9rKqL
>>727
その次は幻想を見てる自分を探し続けたらわかるっていってた。

729 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 16:29:53 ID:qzInWKbv
ということで、永遠に自分は自分で見ることが出来ない私探しがはじまる・・・・

730 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 16:43:45 ID:qzInWKbv
宗教って、その体系の中でぐるぐる熱く回ってるもんだと思う。
そして、必要なのは、自己が宇宙とつながってる体感とその体系の正確な知識。
それがグノーシス宇宙の霊と肉なんだと思う。
と、神秘主義者らしいグノーシスになって、終わりw

731 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 17:34:13 ID:N95QszEB
>>722
いくら批判しても、し過ぎることはない。
このスタンスはすでに研究者じゃないですけどね。

それに、空想上の存在、証明できない存在を最高の価値としておくのはキリスト教じゃなくても同じ。
それらも批判してし過ぎはないわけですね。
その部分の理屈はご隠居個人と同調する人たちだけのものでしょう。

732 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 17:42:37 ID:N95QszEB
共同幻想。
その流れのものとは違うだろうけど、世界のほぼ全ての人が共同の幻想として認識可能なら現実と扱われるでしょう。
宗教上のものは宗教内のみでは現実、事実として扱われるでしょう。
それは宗教内においての条件付共同幻想。
だから外部では通用しない概念に過ぎない。
自分だけがどんなに明確に実感したり確認できるとしてもそれはあくまでも幻想でしかない。
宗教とは初期においては個人の幻想を信者を設け、共同に持って行き、
数を増やしてあわよくば現実にしてしまおうという試み。
かも知れないw
古代には神が見えない(感じない)人の方が少ない時代もあったんだろうと思うとおかしい。

733 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 17:43:11 ID:N95QszEB
妖怪が現実にいた時代なんかはむしろ愉快でもあるけど。

734 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 17:47:16 ID:qzInWKbv
妖怪も現実なんですよ。
私が知りたいのはむしろ、妖怪の方。

735 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 18:08:31 ID:qzInWKbv
2chなんて、まさに妖怪ですからね。

736 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 18:48:26 ID:vXx/HQRo
>>731
>このスタンスはすでに研究者じゃないですけどね。

そんなことはない。社会科学を含め、人間のすべての営みは一つの確定した
方向性を持っている。それは、生の保存である。さもなければ、人間の営み
として自己矛盾であり、無意味である。

特に社会科学がそうである。社会現象を単に無機的に記述するだけなら、単なる
時間と労力の無駄。社会現象に流れる法則を発見するとともに、その病理現象を
見出し、それを是正するという意図が常に背後にある。社会科学は、価値の
科学である。

このことは、自然科学についても言える。その目的は、常に生の容易化と充実で
ある。

ところで、創価でも、キリスト教のような狂気の発生が生じるのだろうか。
若し生じるとすれば、その原因を解明して、是正することが、人間の営みと
しての社会科学乃至は宗教学を支える基盤であることは、あまりにも当然で
あろう。

氷川きよしが、創価の新たな広告塔になったと週刊誌が報じていたが、彼は
なかなか好感の持てる歌手ではないか。

737 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 19:10:43 ID:qzInWKbv
創価は狂気そのものだろう。
あれが狂気でなかったら、狂気は存在しない。

738 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 19:18:24 ID:vXx/HQRo
>>737
狂気とは、「現実との接触の喪失」だとすれば、クリスチャンのほうがより
基地外だと思えるがw。キリスト教の根本は、現実の否定だから。

739 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 19:22:05 ID:fbd6DOts
>>719

仏教の目的は「この世の憂いと迷いをなくす」事で、それに関係ないものは語らないというスタンスだったと思います。

でも結局世の中は経済という交換の法則で動いているので、
空を学びたい、難しいことを考えたいという需要と供給が均衡しているのでしょう。

医者の目的は病気を治すことですが、そこから生まれた哲学的派生商品を欲しいという人が結構いるんですよね。
それ自体に善悪はないし。

740 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 19:33:40 ID:fbd6DOts
>>737
本部はリアリストですよ。人の狂気を利用して各界に人材を送り出している。

>>738
いや、羊側は現実否定しているけど、羊飼い側はリアリストでしょう。
上に行くほど神なんてパフォーマンスと思っているでしょう。

741 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 19:36:38 ID:qzInWKbv
>>738
否定するには、現実との接触は必要だぞ。

742 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/13(木) 19:39:26 ID:khjXETbE
てす

743 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/13(木) 19:40:48 ID:khjXETbE
雲子いすに座ってしまったw
アドレス変えて復活w

744 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 19:45:37 ID:fbd6DOts
>>743

なにそれ?w

745 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/13(木) 19:49:07 ID:khjXETbE
>>744
公開プロクシー規制

746 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 19:52:59 ID:qzInWKbv
うんこいすっていうんだ・・・・・・・

747 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/13(木) 19:55:19 ID:khjXETbE
>>746
動的IP規制だから 回ってきたらおわり

ところで
アシモ君
妙法蓮華経は改変されてる
一念三千はないです

748 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 20:28:25 ID:N95QszEB
>>734
俺の言う妖怪って物の怪ですよ。
犬夜叉や喜太郎が活躍して実在してた時代w
比喩ではなく実在してた時代。

749 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 20:29:56 ID:qzInWKbv
>>748
今でも実在してるってw

750 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 20:33:58 ID:N95QszEB
>>736
相変わらずだなあw
俺も人のことは言えないけど、特にご隠居って自分だけで確定した方向性を作ってますよねw
生の保存だって宗教に関係なく崩壊する可能性は誰にでもあります。
もちろん世間ではそういう状態を病気扱いするけど、でも、別に病気ってわけでもないですし。
何が本来であるとか病気の基準とか、権威者やみんなで決めるだけだし。所詮は人の思考範囲内のことです。
柔軟性を無くした視点からでの研究ってのはかなり可能性としては狭くなるような気がするけど。

社会科学がそうであるってのも固定観念かもしれないですよ。
だから社会科学上新しい発見も発想も持てないとか。
自然科学でも確立させてしまった時点で可能性は低くなるのも道理です。
疑いは新たな見方を生みますし、疑いっぱなしではまた問題。程よい加減って大事ですよw

751 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 20:37:30 ID:N95QszEB
>>736
そーかでもキリスト教のような狂気ってのは、当然にありますよ。
仕組みは一緒だと思えますし、旧約聖書ほどの強烈な脅しは無いからそういう意味でのカルト化は少ないかもしれないけど。
一般宗教以外でもそういう形、影響は十分にあるんだからそーかが別で無問題って味方するほうが不思議でならない。
ましてや、ご隠居ほどの宗教熟知者がそんな発想をするとはw

氷川きよしが好感が持てるからそーか全体を好感持つなら、クリスチャンだって好感持てる人なんていくらでもいるでしょう。
ご隠居の好みで宗教の良し悪しを決めてるんならとんでもない研究者ですねw

752 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 20:38:54 ID:N95QszEB
>738

より基地外だと思えるがって。。。ましだとかましじゃないとかって問題なのかonz
あれだけ批判するものよりもましであるというだけで擁護できるなら、キリスト教もさして批判する対象ではない気が。。。

753 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 20:39:23 ID:N95QszEB
>>749
犬夜叉?w

754 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 20:43:33 ID:qzInWKbv
>>753
私が宗教板にいついてるのは、妖怪がいるから。
妖怪がいなかったら、私は、ネットやってないだろうナァ〜

755 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 20:46:41 ID:N95QszEB
>>754
宗教板に妖怪がいるんですか?
共同幻想の域にはまだ入れないようですw

756 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 20:58:56 ID:vXx/HQRo
>>747
>妙法蓮華経は改変されてる
>一念三千はないです

別に釈迦が言ってなくても、「ちぎ」や「たんねん」が言ってるからいいんじゃ
ないの。大乗仏教の膨大な体系は、別に釈迦を問題にしているのではないよ。

それよりも、「一念三千」の教義についての、あなたの意見を聞きたい。天台宗
の根本教説であり、「たんねん」によれば、「ちぎ」の「終窮・究竟の極説」と
言われているのだから。



757 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/13(木) 21:00:49 ID:qzInWKbv
そう。その形が不明。

758 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 21:05:44 ID:N95QszEB
かりに一念三千とかって言葉だけみればそれらしく聞こえても。。。
十会概念で悪意の目を持つから何にもならないんですよ。
結局は扱い方が悪けりゃどんな思想も何も無だってことです。
教育されて無い人がいきなり拝みだして付け焼刃で成仏語ってもだめってことです。

759 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 21:06:17 ID:N95QszEB
十界

760 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/13(木) 21:08:09 ID:khjXETbE
>>756
じゃあ日蓮の教学は全面崩壊ですね

761 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 21:21:24 ID:vXx/HQRo
>>760
何故?釈迦の猿真似より、独自の教説のほうが価値があるのではないか。

やたらと開祖に執着するのが、カルト宗教。

762 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 21:50:50 ID:fbd6DOts
>>761

開祖ニーチェに執着しているくせに。

763 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 21:54:09 ID:fbd6DOts
>>758

全くその通り。
はさみが便利だっていっても、他人の服を勝手に切り刻んで功徳もへったくれもない。

病人がメスをもってお医者さんごっこはやめてほしい。
他人の幸福よりも、まず自分の病気を治せといいたい。

764 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 22:03:22 ID:iRErYgHh
>>763
ですよね。
日蓮教義そのものを細かく全てが悪いとか言いませんしね。
ましてや学者のように「それは誰々が言っただ、何年早いだ遅いだ」なんて興味ないですし。
どんなにすばらしいとか言ってても、おまいらがどれだけすばらしい事やってるのだ?ってことですよね、
短直に言えば。

765 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 22:04:31 ID:vXx/HQRo
>>762
ニーチェ批判ならいくらでも出来ますが、何か?

>>763
君もサロメ嬢も、「一念三千」の教義自体は批判できないということだね。
それでは君らは立派な天台・日蓮教徒。

人間に対する「感情的」批判は、宗教そのものの批判にはなり得ないよ。

766 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 22:06:05 ID:iRErYgHh
なんかね、教義の正当性があれば自分がすばらしいとか勘違いしてそうにも思える。
下手な現役そーか信者よりも俺の方がよっぽど理解してる場合もあるだろうなw
その影響自体も否定できないけど、まあ、それはそれ。

767 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/13(木) 22:07:06 ID:iRErYgHh
>>765
変な理屈w
それにご隠居、なんか若干キャラが変わった?
ねらーっぽくなってきたなw

768 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 22:09:04 ID:fbd6DOts
>>765

そういえば。あなたが開祖でしたね。

自分で自分を批判してみたら?
できなければ開祖批判できないということなのであなたはカルト。

769 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 22:14:35 ID:vXx/HQRo
>>768
開祖は、自己批判などしないものだよ。釈迦やイエスがそろって自己批
判はじめたら、一体どうなるw。

770 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 22:15:09 ID:fbd6DOts
>>764

>どんなにすばらしいとか言ってても、おまいらがどれだけすばらしい事やってるのだ?ってことですよね、

全くその通りです。だから名誉学位とか金で買える実績が多いんですよ。

まあ、俺もすばらしいことしてないから人の事いえないんだけどねw
でもゼロの自分がマイナスのカルトを叩くことは世の中に必要なこと。


771 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/13(木) 22:16:32 ID:fbd6DOts
>>769

つまりイエス自身はカルトでないって事でOK?
イエス以下が問題であって、開祖イエスは問題ないって事でOK?

772 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 22:16:54 ID:XA5qH5d8
>>765
http://www.youtube.com/watch?v=Le2fXloBI54

773 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 22:19:54 ID:vXx/HQRo
宗教者は、相手の教義批判よりも、もっぱら感情的人格批判が先に
くる。これは、多くの宗教に共通する「病理」。是正すべきだと
思うね。

774 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 22:21:07 ID:6iNiYJBH
現世の不幸を仏罰と断罪する創価学会や日蓮系新興宗教に愛はありません。
現世利益を追求する偽りのポジティブ思考は間違っています。

病気、事故などによる怪我 様々な不幸

創価、日蓮系新興宗教=仏罰、因縁「あなたと先祖に問題がある」
カトリック=神が与えてくれた試練「神に感謝!」

罪のない者でも現世で苦しみます。
現世の不幸を「仏罰」の一言で片付けてしまうのは暗いカルト思考。
明るいポジティブ思考には見えません。
創価の積極性は偽りの空元気なのです。

罪のない者が苦しむ、カトリック信仰はこれを解決しています。
苦しみは霊魂を精錬し成長させます。
現世は霊魂の修行の場。
乗り越えられない試練に思えても、
共におられる神[インマヌエル]に祈り頼り、共に歩みましょう。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175424384/850

775 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 00:06:20 ID:o7sdQWWU
>>578
自分の宗教との「距離が取れなくなる」のが、宗教の最大の病理

だからそう>>577で書いてあるだろwww
つか、こんなの散々既出なんだから、いい加減もう少し進もうよ、前にw 

>>実は自分の宗教の枠内で考えているに過ぎない。

行動原則みたいなもんは、普段特に意識してないだけで、誰でもある。
それを「置く所」が特定宗教だと気に入らないって話だろ?それって。
やっぱり指摘の内容がアンチの粋を出でないのよね。

>>580
例えば、クリスチャンが、イエスに対して「距離を置くこと」が少しでも可能かね。

そんなん知らんがなw
つか、それが問題なんだから、それが可能かどうかとか関係無いのよ。
やるしかないわけ。意味解る?
そこを批判だけして終わらすから、お前は只のアンチなんだよ。
本当に解決したい奴なら、そこで逃げずにガチで行くからな。

つーか、流れはやw

776 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 01:05:55 ID:o7sdQWWU
>>763
相変わらず上手い事言うなー
つか、メスをもってお医者さんごっこしたがる病気なんじゃないですかw
そんな菌を、幼子や、弱って免疫落ちてるところにやって来られて擦り付けられちゃ、たまったもんじゃない。
やっぱ「組織」ってのが、問題の巣窟でしょ。
互助会じゃなくて信仰なら個人的な事だし。
結局、信仰とかじゃなくて「組織」に依存したいと言うのが潜在的にあるんじゃないかと思えてくる。見てるとね。
他力スキーなんだよね、やっぱ根本がw
距離が取りがたいのも、そこらが原因。

777 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 01:43:11 ID:o7sdQWWU
>>774
カトリック=神が与えてくれた試練「神に感謝!」

それも現世利益を追求する偽りのポジティブ思考じゃんwwwwってか、釣られてんのかwwww
そんなもん部外者からみたら目くそ鼻くそなんだよ。
盲目ってやっぱダメだな。正確な状況認識が不可だからな。
処世術としてはありかもしれんが、討論には向いて無さ過ぎるw


778 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 02:21:44 ID:jEtRSiY1
>>777げとおめ。
榊さん?

779 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 02:25:52 ID:o7sdQWWU
例えば、腐った肉も野菜も同じ「生ゴミ」
どっちがどうとか言う問題じゃない。
食べちゃダメなの。てか、普通は食べない。
が、しかし、賞味期限やらを偽装して売りつけて回ってる「奴ら」がいる。
概ね消費者は、幾分安い値段で上質なものを食している「気持ち」を得ているのでしょう。
もちろん詐欺業者はボロモウケw もちろんこれは犯罪行為!
これが宗教になると犯罪で謙虚されんのが、まさにマジックですなwww
サービス業って、素晴らしいと思うwマジデw

780 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 02:41:50 ID:7P4O94Up
>>779

他のスーパー行くと罰が当たるらしいですよw
うちの商品だけが食い物で他は駄目だと。

781 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/14(金) 06:01:25 ID:yelAsL9N
他人の不幸を食い物にするのは、宗教の常套手段でしょう。

どうせ、宗教に入ろうが不幸はみんな自分が悪いんです。
宗教に入らない方が自分のためですが、信教の自由です。
そういうのに入りたい人もいるのは誰も止めません。

782 :アシモ:2007/09/14(金) 06:39:05 ID:l8UaNk7s
釈迦の説いた教は小乗教だけであって、原始仏教、根本仏教だけである。
釈迦の滅後に分裂し、紀元前一世紀ころから大乗仏教運動がおこり、
般若経等々の大乗教典が次々と制作され、新しい大乗仏教が
誕生したという説があり、このことは現代のいわゆる知識階級に、
相当常識化されている。
彼らの研究によれば、大乗教の制作について次のような三種の説がある。
第一に、簡単な思想から高級な思想に進んだため、、時代を経るにしたがって
より進歩発展したところの、大乗教典教典が出来たという説。
第二に、言葉より発達したといい簡単な言葉がだんだん高級な意味の言葉に作り変えられて
大乗を生じたとする説。第三に釈迦滅後のの天才が仏の霊感によって作ったという。
以上の三説は彼等のいう歴史的科学的な研究による結果というが、
それは真実の仏教を知らない者のいうことで歴史的でもなく科学的でないことが指摘できる。


783 :アシモ:2007/09/14(金) 06:39:41 ID:l8UaNk7s
仏教の根本は生命論であるゆえ時代と共に生命の本質が変わったり、
研究のいかんによって生命の実相が発展していくのでもない。
釈迦は一代五十年にわたり多くの教典を説いたが釈迦自身が直接に書いた者は一つもない。
すべての教典は、釈迦入滅の後に幾百年もわたって結集されたものである。
仏の内相を知らず、ただ、皮相的な面で物ごとを判断している者にとっては、この事が
仏説論・非仏説論の原因の一つになっている。過去、仏法の伝灯者は、悪口罵りされ、
処を追われ、首を斬られてもなお仏の戒めを堅く守り、仏説のままに純粋にその教えを後生に伝えた。
また漢訳にあたり羅汁舌焼けずのごとき、不思議な現象があり、正統正義であることを身を持って
証明している。さらに仏の滅後には、付法蔵の二十四人が仏の予言のとおりに正法を伝承して後生に
伝えた。また大集経には五箇の五百歳を予言し、歴史どおりに展開してきた。
仏教の神髄こそ最も科学的であり、一分の疑う余地もない。


784 :昆布 ◆konbu//XQ6 :2007/09/14(金) 06:45:35 ID:yelAsL9N
釈迦はただ、自分のために生きることが全体のために生きることになるような生き方をといたのさ。
深いことはないだろう。
今で近い言い方なら、エコロジーな生き方。

785 :アシモ:2007/09/14(金) 06:55:16 ID:TU08TzNa
最近の学者たちが、大乗を無名の天才の神がかりなどにして、しかも自己を
科学的であり歴史的であるなどというのは、迷妄も甚だしい問い他にはない。


786 :アシモ:2007/09/14(金) 07:13:58 ID:TU08TzNa
>>789昆布君おはようございます。ただ、君の主張に根拠が無い。
落ち、ノシです。

787 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 09:37:54 ID:iBAYahwq
>>779-780
温泉だと偽って入浴剤入れてるなんてのもありましたっけ。
でも、ああいうのはインチキだと騒ぎ立てられて罰せられます。
特保なんかもその証明やら認可やらが大変らしい。

それに比べて、宗教サービスとは。
紙切れにご利益とか読教にご利益だとか偽って売っても罰せられませんよね。
それどころか、インチキ側が仏罰が下るとか言い出す始末、
無根拠品に「ご利益はある」とか言い切りますからね。何とか取り締まれないものかw

788 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 09:40:09 ID:iBAYahwq
>>781
入りたい人がいるのはいいんですけど、
選択する際の情報が誤ってることが問題でしょうね。
インチキだと思って入るわけじゃないでしょうしね。入れば正しいと信じさせられますし。
もちろん、そういうインチキとは別次元の団体もあるかもしれないけど、でもどう見分けるのかもわからないなら、
触らぬ神に祟り無しですよ。

789 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 09:44:30 ID:iBAYahwq
アシモフ君、また滅茶苦茶だなw
こんぶ殿の主張に根拠が無いなら、アシモフ君の
「仏教の神髄こそ最も科学的であり、一分の疑う余地もない。」
こそ、根拠が無いではないか。
「それは真実の仏教を知らない者のいうことで歴史的でもなく科学的でないことが指摘できる。」
こんなのも一つの見解であって、確実で断言できるようなものではない。
そういうアシモフ君のような錯覚こそが宗教にありがちな弊害だと主張するw

790 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 09:49:40 ID:iBAYahwq
アシモフ君に質問。

釈迦と日蓮はどっちが 偉い の?
釈迦と日蓮はどっちが すごい の?
釈迦と日蓮はどっちが 正しい の?

そして、この世界中の思想で最も優れているのは?
それは完成されたものなの?
この先にさらに優れた思想に変化していく可能性は?

最後に、宗教者が宗教の枠を超えてさらに高い思想に至る可能性は?

791 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 10:04:28 ID:fIzyEUW4
>りょん氏

アシモフ君は、「仏教は、生命論だから根拠がある」と言ってるのだよ。

君にとって「唯一、根拠がある」ものは何?

「偉い」「すごい」「正しい」「高い思想」とは、それぞれ何を基準に
している?すべて「相対的な概念」だから、「判断の基準」を決めない限り
無意味な質問。

792 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 10:06:41 ID:VllJxPmh

▼▼mixiキリスト教系コミュニティについて2▼▼
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1185066328/l50

【精神病?】サロメ†さくや†談話室【性病?】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1183457729/l50



793 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 10:11:34 ID:iBAYahwq
>>791
ご隠居が釣れるとはね。。。
俺の質問の答えは無意味かどうかは別としてアシモフ君がすでに答えてしまってるし。
最後の一行以外はね。

俺にとって唯一の拠り所とは自分自身に他ならない。
その支えにはたくさんの人たちがいるけど。
根拠とは?作り出すしかないでしょう。その為の生き方でしょ?


794 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 10:19:27 ID:iBAYahwq
>アシモフ君は、「仏教は、生命論だから根拠がある」と言ってるのだよ。

生命って言葉に弱いんだなあ。
生命って命題をつければ正しいって物じゃないと思うけどね。
あ、正しいじゃなく、根拠があるか。同じことだけど。
生命生命って、生命に価値を付けてるのも人の頭の中。
もちろん人は生命以外のものにも価値を置くし、命優先の姿勢には同調するけど、
それは確実な価値観とは限らないのも事実。
だからこそ、良くも悪くもご隠居の論だって突き詰めれば宗教と同じ。教育とも見れると思うけど。
根拠とか正しいとか、そういう意味での確実性のあるものとは違う。
それだけ曖昧なものであると認識できないなら、本当の意味での大切さは語れないのではないか?と思う。

795 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 10:19:45 ID:fIzyEUW4
>>793
「自分自身」とは何?突き詰めれば「生命」のことではないか?

勝手に作り出せるものは「根拠」とは言わない。それは「根拠の結果」
に過ぎない。

796 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 10:26:38 ID:iBAYahwq
>>795
なんでも突き詰めて、そこだけ語ればいいってもんでもないでしょ。
生命があるからこその自分であることは自明すぎて、この場合の論点になりにくい。
勝手に作り出すも何も、根拠とは自分とそれ以外の人たちのどれだけが感じられるものであるかってだけ。
前の流れに共同幻想なんてのもあったけど、そういうことじゃないの?
ほぼ100%みんなが感じられればそれは現実と表現して差し支えないものでしょ?
宗教に根拠を見出すものを否定する気はないが、俺の自分を根拠と言うのも、宗教の中に根拠を見るのも
仕組みとしてはなんら変わらないって事。
他者の言葉に無根拠だと言ってるアシモフ君にそういう意味でレスしただけ。

797 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 10:29:06 ID:iBAYahwq
他者の言葉に無根拠と表現するのはまあ、あるけどね。
なんつーか、人の言葉は無根拠で、だから俺の言葉が根拠のある真実。
こんな意味合いでしょ、そういうのは俺の好みとしては好かんねw
宗教者はとかくそういうの好きそうだけど。俺のこの宗教こそ一番、これこそ真実ってね。

798 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 10:50:00 ID:fIzyEUW4
>>796
>生命があるからこその自分であることは自明すぎて、この場合の論点
>になりにくい。

「自明のこと」を忘却した論議は、すべて無意味だよ。「何を考えるか」
の前に、まず「何を基準として考えるか」を考えることが必要。さも
なければ、すべての考えは、「百人百様の(arbitrary)、根拠のない
(groundless)、無意味な(meaningless,nonsense)」なものになって
しまう。そのような議論を、「不毛(fruitless)」という。




799 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 10:53:31 ID:iBAYahwq
落ちるところだったw

忘却なんて言葉が出る根拠ないでしょよ。
前提であるって意味だよ、自明であるから論点にするよりも前提としてって意味。
前提の部分だけを常に論じることこそ俺にとっては不毛と「感じる」

800 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 10:54:48 ID:iBAYahwq
へー、
不毛ってfruitlessっていうんだ。
果実の考え方は共通なんだな、勉強になった。

801 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 13:05:25 ID:wDw65XLy
>>791
そりゃ仏教という一括りにはできないよ。
釈迦は生命否定だからね。

802 :アシモ:2007/09/14(金) 15:16:26 ID:qpER+yMa
>>801
>釈迦は生命否定だからね。
釈迦の苦悩は四苦八苦が起源なんですよ。生命否定?話になりません。




803 :アシモ:2007/09/14(金) 15:24:16 ID:qpER+yMa
>>793りょんちゃんは四苦八苦をまのがれるとでも・・・。

804 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 15:57:40 ID:IBRhCj6h
>>803
だから妙法蓮華経はクララジーヴァの偽造です

805 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 16:44:57 ID:6nO7/xwv
>>804
「如是我聞」です。原本なんてありません。

806 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 16:45:45 ID:IBRhCj6h
>>805
クマラジーヴァはサンスクリット原本から翻訳したんだろうがwww

807 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 16:53:48 ID:6nO7/xwv
羅汁が正当あとはだめ。サロメさんこそチベット仏教に無知。

808 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 16:55:55 ID:IBRhCj6h
>>807
だーかーらー
訳文改変しちゃ駄目だろうがw

あれは妙クマラジーヴァ経w

809 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 16:57:27 ID:IBRhCj6h
池田大作が立正安国論に人間革命の一説挿入して発表してイイのかよw

810 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 16:58:43 ID:6nO7/xwv
インドの大乗仏教を導入


紀元7世紀以降、
軍事的経済的勢力を増強させてきたチベット王室が
インドの大乗仏教を本格的に導入しようとしたのは8世紀中葉である。
論理学、認識論に通じたインド僧シャーンティラクシタと密教僧パドマサンババは、
チベットへの仏教伝播(でんぱ)にもっとも功績のあった者たちである。
論理学等の学問と厳格な修行階梯(かいてい)を重視した前者の仏教が
後のチベット仏教の主流となった。
後者はチベット仏教の主流となることはなかったが、
呪術や地方文化の要素を吸収して今日にいたっている。

ごちゃ混ぜ宗教です。

811 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:01:26 ID:6nO7/xwv
サンスクリット(梵語)仏教文献の
チベット語への翻訳などに力をそそいできたチベット仏教は、
9世紀中葉に弾圧にあう。11世紀中葉に仏教復興運動が生まれるが、
かの弾圧までを「前伝期」、復興運動以降、現在までを「後伝期」とよぶ。

梵語→チベット語。

812 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:04:17 ID:6nO7/xwv
後伝期の初期には、
仏典のチベット語訳を校訂者リンチェンサンポ(958〜1055)、
仏教刷新のためにインドからまねかれた
アティーシャ(982〜1054)などが活動した。
アティーシャの弟子である厳格な禁欲主義者デムトゥンの学統は
ガーダム派とよばれる。
一方、妻帯した密教行者コンチョクゲルポ(1034〜1102)はサキャ派と
開祖となり、彼の血筋の者がこの派の教団をささえた。
13世紀にはサキャ派はモンゴルからチベットの総督に任命され、
1260年元の皇帝世祖(フビライ)は、サキャ派の指導者であり
パスパ文字の考案者パクパ(モンゴル読みではパスパ)を帝師に任命した。


813 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 17:05:10 ID:IBRhCj6h
>>812
だから十如是は贋造w

814 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:05:23 ID:lCzDki7c
関係ないらしいです。
どっちにしても、ニティレンは大乗仏教そのものを破壊
攻撃していますので、三千世界が仏説だろうと仏説でな
かろうと、関係ないんです。
ニティレンさえ良ければそれでいいということです。
つまりは、他宗の攻撃用に法華経や釈尊を利用しただけ
の話ですから。
どちらにしても、如是我聞が如是我聞を超えるものでは
ないことは確かですね。最悪の本未有善の思想にしても。

815 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:05:52 ID:6nO7/xwv
カギュ派の台頭


元がほろぶとサキャ派の勢力もおとろえ、
次にカギュ派がチベットの支配権をえた。
カギュ派は密教行者マルパ(1012〜1096または97)によって開かれた。
彼の弟子に行者ミラレーパがいた。
カギュ派はやがて氏族の援助をうける組織的教団へと成長し、
8あまりの分派ができたが、その中の最大の分派がカルマ派である。

816 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:07:42 ID:6nO7/xwv
この派の座主の選考に活仏制度が導入された。
この制度は、
座主がなくなっても
新しい肉体をえて次の座主として転生するという思想にもとづいている。
カルマパ(派)は黒帽派と紅帽派にわかれたが、
2000年1月はじめ、
中国からインドにきたカルマパ17世は黒帽派の活仏である。
カルマ派の勢力は17世紀中葉まで維持された。


817 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:09:16 ID:6nO7/xwv
カルマ派は、
やがてダライ・ラマの学派である
ゲルク派に政権をゆずるのであるが、
カルマ派の勢力は今日にいたるまでゲルク派につぐ力を有している。
とくにシッキム地方、カトマンズ盆地などではこの派の活動が盛んであり、
密教的ヨーガやマンダラ瞑想(めいそう)の修行者が多い。

818 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:13:15 ID:6nO7/xwv
ゲルク派の支配


14世紀末、
チンハイ(青海)省アムドに生まれたツォンカパ(1357〜1419)が
ゲルク派(黄帽派)を開き、チベット仏教の改革をおこなった。
彼はきびしい戒律をまもり、
性的ヨーガを排除した精神的密教修行を提唱した。
ゲルク派の本山としてガンデン寺がたてられ、
この座主であったソナム・ギャツォが
1578年モンゴル王より「ダライ・ラマ」の称名をおくられた。
「ダライ」とはモンゴル語で海のことであり、
彼の名前のギャツォも海を意味した。
「ラマ」とは目上、師を意味する。
ちなみにラマ教(ラマイズム)とは
チベット仏教で師が重要であるのをみて
西欧の学者がつけた名称であって、
チベット人たちはこの名称をもちいない。


819 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:14:36 ID:6nO7/xwv
17世紀のダライ・ラマ5世の時代に
ゲルク派がチベットを支配するようになり、
ゲルク派の神権政治は1959年のチベット動乱までつづいた。
現在のダライ・ラマは14世である。
後伝期の仏教は、ツォンカパの立宗までを前半、
立宗以降を後半とよぶことができる。


820 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:16:17 ID:6nO7/xwv
パドマサンババの伝統は後伝期前半に活動をはじめており、
今日までニンマ派とよばれる儀礼を重視し、
地方文化との結びつきの深い密教的集団としてのこっている。


現在、チベット仏教徒の人口は350万人と推定され、
北インド、ラダック、中央チベット、ネパール、ブータン、モンゴル、
青海省、スーチョワン(四川)省とその居住地域は広い。
ダライ・ラマは北インドのダラムサラにすみ、
チベット人のシンボル的存在となっている。
欧米には数多くのチベット仏教センターがつくられている。


821 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:19:31 ID:6nO7/xwv
>>814
きれてないですよ、きれて俺をきれさしたらたいしたもんだ。


822 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:36:09 ID:lCzDki7c
切れてるのは血脈のほうですね?
うそうそ。血脈は切れたほうが良かったです。
少しでも日蓮から離れることは大切なことです。

823 :大王:2007/09/14(金) 17:45:58 ID:5F54jJaU
ご隠居は、そうか支持者だったとは、、
生命をごまかして、そうか工作活動とは、ご苦労なこった、、

824 :大王:2007/09/14(金) 17:47:36 ID:5F54jJaU
803 :アシモ:2007/09/14(金) 15:24:16 ID:qpER+yMa
>>793りょんちゃんは四苦八苦をまのがれるとでも・・・。

あしもふ君、君こそ、そうかの脅しに四苦八苦かもね、、、

825 :大王:2007/09/14(金) 17:50:09 ID:5F54jJaU
782 :アシモ:2007/09/14(金) 06:39:05 ID:l8UaNk7s
釈迦の説いた教は小乗教だけであって、原始仏教、根本仏教だけである。


おおっ、、そうか、あしもふ君も、とうとう、日蓮御書放棄思想だね、、
まあ、そうかは、最初から、日蓮御書放棄だけどね、、

826 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 18:05:25 ID:6nO7/xwv
>>825大王全部読んでください。

827 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 18:25:14 ID:6nO7/xwv
キリストは死罪によって亡くなった。
日蓮大聖人は死罪にあわれても奇跡が起こり
そして、依知(神奈川県)に送られる。依智とは仏の知恵に依って凡夫の
浅い知識には依らず。の意味。「依智不依織」まことに不思議な事です。

828 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 18:46:25 ID:wDw65XLy
>>827
日蓮って下痢で死んだんじゃなかったっけ?
なんか道で拾ったモンでも食べたんでしょ。

829 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:06:38 ID:6nO7/xwv
大王、華厳も大乗ですけど(笑

830 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 19:13:04 ID:IBRhCj6h
>>827
信頼できる同時代の資料出せwww

831 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:21:04 ID:6nO7/xwv
>>830
種種御振舞御書。

832 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 19:25:39 ID:7P4O94Up
議論を広げすぎないで、日蓮の正邪に一点集中しよう。

やつらすぐに他に拡張して議論を薄めようとするから。

833 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 19:27:02 ID:IBRhCj6h
>>831
自画自賛www

834 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 19:27:40 ID:IBRhCj6h
>>831
客観的に辰口についての第三者資料ですよ
出してください

835 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 19:28:03 ID:7P4O94Up
>>830

さろめさん、今回はあしもんのMC説くためにマジ破伏するから、
粘り強く、落ち着いた口調でよろ。

ご隠居のキリスト教誘導はスルー。

836 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:28:17 ID:6nO7/xwv
>やつらすぐに他に拡張して議論を薄めようとするから。

俺しかいないじゃん。

837 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:29:53 ID:lCzDki7c
御書が資料って。それはただ、人として言ってはいけないことを
言ってるだけだろ。魔民だから。
ま、それ以外に多少の資料があったにせよ、裏工作以外の何物
でもないけどね。
っていうか、弟子たちは御書さえまともにキープできないじゃ
ない。


838 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 19:32:31 ID:7P4O94Up
>>836

あれ?アシモン名無しなの? 
先輩連れてこいって俺が言ったから、本当に連れてきたのかと思った。

839 :ASHIMO:2007/09/14(金) 19:35:20 ID:6nO7/xwv
コテ忘れただけ。

840 :IMO:2007/09/14(金) 19:38:26 ID:6nO7/xwv
だからつずり間違えた。ASIMO

841 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:40:11 ID:6nO7/xwv
>>834
事実は事実です。

842 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 19:41:12 ID:iBAYahwq
>>803
唐突に。
いつそんなレスしたっけ?
四苦八苦なんて誰にでもあるし、受け止め方で変えられるものもあるし。
そうではないようなものに遭ってしまう可能性だって誰でもある。
でも、俺は一般的な四苦八苦とか言うものに対しての免疫はあるほうだとは思う。
で、?

843 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 19:41:48 ID:7P4O94Up
俺には多くの学会の友人がいる。

彼らは若いときにバリバリの活動家として動いてきたが、
90%以上の人間がもう活動していない。

師弟不二なんてたわごとで、身近な内部に目標とする人物がいないことから、
活動の続けた後のこの先の未来は予測できる。それを思考させないための師弟不二。

あしもんは学会ないで誰を目標にしてるの?支部長?
池田には絶対なれんぜよ。池田を見るな。まわりを冷静にみたほうがいい。

844 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 19:43:42 ID:iBAYahwq
>>827
そういう比較って次元が低すぎないか?
傍から見れば似たり寄ったりだし。

845 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:44:44 ID:6nO7/xwv
師弟不二は大聖人だけでしょ。

846 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:45:49 ID:6nO7/xwv
>>844
十人十色です。

847 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 19:48:37 ID:7P4O94Up
あしもんは10年後に自分がどんな学会員になっていたいのかビジョンを示しなさい。

848 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:48:47 ID:lCzDki7c
多少話しは変わるけど良観てどうなの。
ちょっと調べただけではそんなに悪い人には見えないんだが。
そんなに極悪かぁ?

http://www.town.miyake.nara.jp/html/machi_info/kanko/ninsho.html
http://www.eonet.ne.jp/~chushingura/p_nihonsi/episodo/051_100/epi071_03.htm

849 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:50:58 ID:6nO7/xwv
>>847
日蓮大聖人だけですよ。

850 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 19:51:22 ID:7P4O94Up
>>845

おいおい、そんな事いっていいのか?学会板でコピペしちゃうよ?w
結局向こうに行くと内部の人間に否定されて怖いから行けないんでしょ?

こっちなら学会員少ないし。

851 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:54:13 ID:6nO7/xwv
>>848
善、悪は相対的なものです。いかに、慈善事業していても根本仏法に
誤りがあってはなりません。

852 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 19:54:17 ID:iBAYahwq
>>846
またワケワカだ。
その差でも大きいといいたいわけか?
そんなくだらない違いくらいで対立してるから宗教感覚は良くないとも見れるわけだけどね、
十人十色だからさw

853 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:55:41 ID:6nO7/xwv
学会板に学会員いましたっけ?

854 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 19:57:44 ID:iBAYahwq
>>851
逆だろ、ふつう。
どんなに偉そうに説法してても実際の言動がだめ。
つか、偉そうに説法してる分くずだな。
どんなに教養もなくても、実際の言動が素晴らしければそれに勝るものはないだろう。


855 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:59:28 ID:lCzDki7c
いや、根本仏法の話は今回とりあえず置いといて、実際に
はどうなんだろうと思って。多少、権力との癒着があった
みたいだけど。

856 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 19:59:55 ID:7P4O94Up
>>853

なんか以前より減ってるね。コピペするとあらされるかな?
SOKA−NETにメールしてみるよ。

創価学会ネットご担当者様

845 名前:神も仏も名無しさん :2007/09/14(金) 19:44:44 ID:6nO7/xwv
師弟不二は大聖人だけでしょ。

849 名前:神も仏も名無しさん :2007/09/14(金) 19:50:58 ID:6nO7/xwv
>>847
日蓮大聖人だけですよ。

すみません、2chの宗教板に常駐している学会員さんが、池田名誉会長を否定して大聖人だけだといっているんですが、
師匠とは池田名誉会長の事ではないのですか?
それとも日蓮大聖人の事なのでしょうか?

857 ::2007/09/14(金) 20:00:09 ID:IeP4ZokN
はっきりいって善悪概念自体が、アーリアンーミトラーミロクー密教浄土真宗かもよ

日本人は台風宗教だと思う
それは、有り余るパワー=程よいと調和・居坐ると災い

だから五穀豊穣の神も御迎えして、ようが済んだらお帰りいただくでしょ

善悪思想を前提じゃなくて、大いなる力の調和という価値観も見た方がいいかも?

858 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:01:20 ID:6nO7/xwv
>>854
ワケワカ。りょんちゃんは好き嫌いで判断するでしょ。
善、悪は相対的なものですよ。

859 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 20:03:32 ID:iBAYahwq
>>856
w。
そこがアシモフ君の一般そーかよりましな部分だと思うのに、
俺にとってだけどw

860 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:04:21 ID:6nO7/xwv
>>856
主師親三徳を備えているのは大聖人だけです。

861 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 20:04:51 ID:iBAYahwq
>>858
善悪を仏法だけで見るのがどうかってことだよ。
仏法を知り尽くした犯罪者と、
仏法なんかに縁も興味もない生活者とどっちがましだよ。

862 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:04:59 ID:lCzDki7c
まあしかし、痛いものは痛いという共通の認識があるわけでしょ。


863 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:08:05 ID:6nO7/xwv
>>861
どっちがましか解りません。

864 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 20:10:05 ID:7P4O94Up
>>860

だからさ、第3者と議論をするときには、共通のものさしで話さないとだめなのね。
日蓮の正邪を議論しているときに、日蓮が使っているものさしを使ったらそこで負けなんだよね。

865 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:10:22 ID:6nO7/xwv
価値観の問題ですから・・・。

866 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 20:11:44 ID:iBAYahwq
>>863
マジでいうぞ。
アシモフ君は根本仏法がどうって前に、持ち前の根本的な性格の良さを活かせってw
仏法で全てを見ようとする前に、仏法から離れた目線ってやつも出来るなら知れと。
その上で知る仏法の方が余程しっかりしたものになるのではないのか?

867 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:12:02 ID:6nO7/xwv
>>864
辰口はある程度共通認識ですよ。

868 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 20:12:23 ID:7P4O94Up
>>863
仏法をしっていれば何やっても許されるって事でしょ?それ。

だから、みんなに嫌われるんだよ。

869 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 20:13:49 ID:7P4O94Up
>>866
そうそう。学会がなければもっと幸せになれるのに勿体ないよ。

まあ、池田を否定している以上、未活っぽいけどね。

870 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:14:02 ID:lCzDki7c
嫌われても法難とおもってるから・・

871 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:14:21 ID:6nO7/xwv
>>866
引き出しはいっぱいありますよ。でもここは、宗教問答スレですから・・・。

872 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:16:35 ID:6nO7/xwv
精神世界スレとかでは一切宗教の話しませんよ。

873 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:17:15 ID:lCzDki7c
なるほど。それならいいぞ。

874 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:18:45 ID:6nO7/xwv
週刊誌も学会を話題にすれば発行部数増えるからで内容が無い。

875 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 20:19:44 ID:iBAYahwq
>>871
引き出しって言うかさ。
もどかしく感じるけど、余計なお世話か。

876 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:21:28 ID:6nO7/xwv
活動家よりカルトな部分もありますよ。

877 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:29:15 ID:6nO7/xwv
日蓮仏法者の多くは今の学会を嫌ってる人もいますよ。

878 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:29:44 ID:lCzDki7c
恋に近い感情かもね。
あるいは人生の目的。
でも、それが同じ思いを持つ人の心を傷つけるものでな
ければいいのにな。


879 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:36:08 ID:lCzDki7c
因果共倶。いい言葉だな。
殴ることは殴られること。

880 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/14(金) 20:44:04 ID:7P4O94Up
>>877

正宗をここに誘導してもいい?

881 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:51:03 ID:UrJaTvfw
「生命」がすべての根源であるから、「生命」に最大の価値を認める
創価に、少なくとも「理論的には」太刀打ちできる他の宗教はない。

理論的に太刀打ちできないから、「感情的」な人格批判しかできない。

882 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 20:54:35 ID:IBRhCj6h
妙法蓮華経は偽経

法華経を改変したら無間地獄だと明記してあるはず

883 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:56:48 ID:lCzDki7c
>>880 やめてくれ。


884 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:57:20 ID:6nO7/xwv
>>879さん
それは「因果応報」、「因果倶時」とはちがいます。

885 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 20:58:54 ID:wDw65XLy
>>881
初めの生命は何から生まれたのですか?

886 :ASIMO:2007/09/14(金) 20:59:24 ID:6nO7/xwv
>>881
及ばずながら同意です。

887 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:01:56 ID:lCzDki7c
>>884 あれ、まちがえた。因果倶時を言いたかった。
因果応報を言いたかったわけじゃないよ。

888 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:03:04 ID:6nO7/xwv
>>882さん証拠、証明は?

889 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:04:18 ID:UrJaTvfw
>>885
鎖国の日本に潜入しようとしたイタリア人宣教師シドチが
捕縛された。尋問にあたったのは新井白石だった。
白石は、西洋の国情や文化・天文・地理などの科学知識について
詳細に聞き出し、シドチの博覧や優れた西欧の学問水準に驚嘆し、
「西洋記聞」「采覧異言(さいらんいげん)」を書いた。

だが、シドチがここぞとばかりに熱弁を振るった
キリスト教の教義に関しては、耳を貸さなかった。
それでもくいさがるシドチに、白石はこう反論した。
「天地万物を創造したデウスがいるというなら、
デウスにもまた必ずこれを造り出した作者がいたはずだ。
デウスが自ら成り出でることができるものならば、
天地もまた自成し得ることに何の不思議もない」

890 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2007/09/14(金) 21:05:59 ID:IBRhCj6h
>>888
サンスクリット元本すべてに十如是はない

891 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:06:15 ID:wDw65XLy
>>889
生命は自生するんですか?

892 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:07:47 ID:6nO7/xwv
>>885さん
生命とは元々有るものなのです。「無始無終」なんです。

893 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:10:02 ID:wDw65XLy
>>892
無始無終なら生命に最大の価値をおく必要もないのでは?
そもそも価値はなんで発生するんですか?

894 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:11:05 ID:6nO7/xwv
>>890さん
また証拠が無い。

895 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:12:48 ID:6nO7/xwv
>>893
あなたの価値を生んでいるのは?価値=生命。

896 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:15:07 ID:wDw65XLy
>>895
つまり価値が無くなったとき生命もなくなるのですか?

897 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:16:35 ID:6nO7/xwv
>>896
質問の意味が解りません。

898 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:18:42 ID:UrJaTvfw
>>885
>>891

生命を以って、生命を問うことは出来ない。思考主体と思考対象が同一
であるから、思考ははじめから成立せず、不可能でナンセンス。

釈迦の比類のない偉大さは、「人間が考えても無意味なこと」を考える
な、と戒めたことである(「無記」)。

ニーチェは、少年のころ、満点に輝く星の美しさに感動し、「創造主
など考えることがおかしい」と喝破した。まさに「栴檀は双葉より香
ばし」である。

899 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:22:58 ID:6nO7/xwv
無記とは善とも悪とも記別できないもの。

900 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 21:23:33 ID:iBAYahwq
念仏スレ化した。
俺も念仏ほとんど覚えてるぜ。
みょーーーほーーーれんげっきょ、ほーべんぽんだいに〜〜〜〜ぃとか。
じがとくぶつ〜〜〜〜ぅとか。
覚えててもしょうがないけどなw

901 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:25:37 ID:wDw65XLy
>>896
価値が無始無終なら全ては無意味です。

902 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 21:27:00 ID:iBAYahwq
>>896>>891
たぶん、そういうことだと思いますよ。
そういうことに価値を持たせるから特別なんですよ。

903 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:28:59 ID:wDw65XLy
>>898
それでは生命に最大の価値を置く根拠もありませんよ。

904 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:30:25 ID:6nO7/xwv
りょんちゃんが生命活動して死んだら無に・・・。
そんなのは科学でありえないと言ってる学者もいますよ。

905 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 21:32:39 ID:iBAYahwq
>>904
別にそういう人がいたっていいよ。
死ななきゃわかりもしない事をあーだこーだ競ってどうする。
それにアシモフ君は死後を決めてるじゃないか。
それはそれでいいけど、それは万人共通じゃないんだよ、現実世界の現代において。

906 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:32:53 ID:wDw65XLy
>>904
その学説とソースを教えてください。


907 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:33:38 ID:6nO7/xwv
>>903さん
それでは最大価値を何に求めますか?

答えられますか?

908 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:34:56 ID:wDw65XLy
>>907
最大価値を置く必要があるのですか?

909 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:35:03 ID:UrJaTvfw
>>903
すべての価値観も、生命の機能に過ぎない。従って、生命は、価値観
を超越する。

生命には、原因も目的も結果もない。ただ「存在」することにより、
「すべての根源」となる。

910 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:35:20 ID:lCzDki7c
意識は連続しませんね。
質問します。

不信=謗法
謗法=首はねよ
不信のものの命の価値は?

911 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 21:36:30 ID:iBAYahwq
>>904
そーか信者で忌まわの際で
「騙された、話が違う」と言って死んでいった人が俺の知ってる人にいる。
深い意味までは聴かないから知りようが無いが、それを見ていた会員が、後日
「満足して死んでいった」というような事を風潮していた。
俺が問いただしてもそうとしか考えられず、不都合なことは記憶からも消去されていた。
どういうことだろう。。。本人は死人に口なしだ。
宗教とは死に行く人よりも生きてるときの安心だけのためだろうと見れた。
後悔しない生き方とは、そんなことより別にあるだろうと思う。

912 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:37:17 ID:6nO7/xwv
>>906
相対性理論や量子論、エネルギー保存の法則、などに見られます。

913 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:37:30 ID:wDw65XLy
>>909
>>生命には、原因も目的も結果もない。
なら最大の価値を置く必要も無いですよ。

>>907
既に最大価値も無始無終でしょう?
我々が価値を置く必要は無いんですよ。

914 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:38:23 ID:UrJaTvfw
>>910
生命そのものを「問う」ことが「謗法」なのであろう。

915 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 21:39:54 ID:iBAYahwq
無間地獄ってのは、確かに幼少時に聞かされた。
不忠や不信心は無間地獄に落ちるのだと。
書いてもないならなんでそんな教えがあるのだ?

916 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:40:13 ID:6nO7/xwv
>>908
あなたは日常何を求めていますか?


価値を求めるのも忘れてしまいましたか?

917 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 21:41:38 ID:iBAYahwq
思い出した。
無間地獄とは永遠の無の空間だそうだ。
誰が知ってるのだ、誰かが知ってるからこんなこと言い切るんだろうが。
無とは怖いものだと教えられた、地獄も。
そういう概念って、無宗教で育つとどうなるんだろうな。。。無ってのは無いんだから苦しみも無いのに、
生きてる感覚で苦しいものだとか教えられた。
無自体に永遠も何も無いのに。

918 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:45:37 ID:UrJaTvfw
>>913
すべての価値観は、生命の機能に過ぎない。従って、生命は、価値を
超越する「絶対」「根源」「究極」である。その意味での「価値」で
ある。

919 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:46:10 ID:6nO7/xwv
>>917
物理的時間と空間的時間は違いますよ。

920 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:46:27 ID:wDw65XLy
>>912
それは量的に質量保存されるだけであって、生命が無になるとはまた
別の話でしょう。適当なことは言わないでください。

>>916
別に最大も最小もなく、日々の労苦に生かされてますよ。
というか、あなたが価値は無始無終と言ったのですけどね。

921 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 21:49:01 ID:iBAYahwq
>>919
空間的時間で生きてみなよ。
生きられない時間に価値を見ても仕方がない。
今出来ることは自分が立てるところに足をつけて行動することだろうと。
しんっだあとのことなんかは死んでからやれと。
死後に困るようなことはやらなければいいじゃないかと。
つか、カチカチって、価値観がぐるんぐるん違うんだから噛み合いようが無いね。

922 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:51:01 ID:6nO7/xwv
>>920
無は無ではないところまで量子論はきています。

923 :ASIMO:2007/09/14(金) 21:53:45 ID:6nO7/xwv
>>916
それは生きているのでは無く。

ただ死なないでいるのではないですか。価値基準を明確にして下さい。

924 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:55:30 ID:lCzDki7c
>>914 あまりまじめな答かたではないね。
教義的にあなたたちは信者以外の者に命の価値を見ているとは思えない。
命にかってに名前をつけて自分らの専売特許みたいにしないでほしい。

925 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:00:09 ID:6nO7/xwv
>>921
>死後に困るようなことはやらなければいいじゃないかと。
死後以降も生命がある事を明言しましたね。


926 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:00:15 ID:wDw65XLy
>>918
価値を相対するから絶対があるのですよ。
矛盾ですね。

>>923
そうかもしれないし、そうでないかもしれないのですが
価値基準は明確にする必要もなく既に無始無終なのではないのですか?
人間によって決められる基準なら、それは常に取捨されていくものです。
価値が失われることは矛盾しますよ。

927 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:03:23 ID:6nO7/xwv
>>926さんですから生命に最大の価値基準を抱くのです。

928 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 22:04:56 ID:jEtRSiY1
>>925
あげあしかよ。
死後あるとか言い張ってるヤシにあわせてるだけだ。
あるっていってるヤシにないない言ってもしょうがないだろうよ、聞くのか?

929 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:04:57 ID:6nO7/xwv
>>924さんあなたにも生命はありますよ。


930 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:06:47 ID:6nO7/xwv
りょんちゃんの結論は死んでみなければ解らない。と言うことですね。

931 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 22:09:20 ID:jEtRSiY1
>>930
アシモフ君には理解不能だろうな。
自由なんだよ、死後を思おうが、思うまいが、
そしてあろうがなかろうが関係ないんだよ。
ある情報を駆使して生き易く生きる事に価値を見るね。
少なくともアシモフ君たちのように分かりもしないことを分かった気になって説法説きながら生きるのは価値を見ないし、
そんなもんを広めようなんて弊害視する。

932 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:09:51 ID:6nO7/xwv
>>924さん生命に価値を見出せなければ折伏しませんよ。



933 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:12:32 ID:UrJaTvfw
>>926

だから、「価値を超えるもの」「価値観の根源」と言ってるでしょ。

あなたが「矛盾ですよ」と言えるのも、あなたの生物的生命の機能。
あなたがいくら足掻いて議論しても、あなたの生命からは逃れること
はできない。

934 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:13:07 ID:6nO7/xwv
>>931死後に限ってません。

生きてる間は価値がある。エネルギーの源泉も生命ですよね。

935 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2007/09/14(金) 22:14:25 ID:jEtRSiY1
>>934
で、何?
続けてごらん。

936 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:15:23 ID:6nO7/xwv
生老病死はだれ人もまのがれない。

937 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:15:23 ID:wDw65XLy
>>933
だから全ては相対の中で存在するし、絶対なんてものは無いんですよ。
つまり神も仏も生命も同列に絶対なんです。

938 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:20:37 ID:6nO7/xwv
釈迦の疑問は生命が根本であった。

939 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:22:40 ID:UrJaTvfw
生命についていくら「議論」しても無意味。議論そのものが、生命の機能に
過ぎないのだから。

思考、論理、神概念が、すべて自己の生物的生命の機能に過ぎないことに
思い至らなかったイエスは、まさに「屁のような人間」だった。まともな
教養も生活経験もなく、大工の小倅で、精神病の若者であった彼には、無理
もないことではあったが。

940 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:23:43 ID:6nO7/xwv
>>937さん
>絶対なんてものは無いんですよ。


いつか人は死をむかえる。絶対はあるんですよ。

941 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:25:20 ID:wDw65XLy
>>938
生命こそが我執の根源でしょ。

>>939
イエスも生命ですよ。

942 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:26:25 ID:6nO7/xwv
精神病でもインプットしてもうまくアウトプット出来ない場合も考えられる。

943 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:27:28 ID:wDw65XLy
>>940
死とは何ですか?

944 :ASIMO:2007/09/14(金) 22:30:08 ID:6nO7/xwv
>>941
>生命こそが我執の根源でしょ。

だから、小我を捨て大我を目指した。仏法は中道偏頗なところは何処にも無い。

945 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:34:59 ID:wDw65XLy
>>944
大我こそ無明というものです。
そんなものに執着してる時点で釈迦とは対極ですよ。

946 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:35:29 ID:UrJaTvfw
>>941
我執がなければ、生命の維持は不可能。我執は、生命の証。生命そのもの。
しかし、人間は独りでは絶対に生存できないから、他者の我執への尊重
も同時に生じる。

クリスチャンは、イエスも「生存本能(生命)を持った動物に過ぎない
ことが認められない。

多数の生命の中には、狂いも生じる。製品に、少数の不良品の発生は避け
られないのと同じ。イエスもその実例の一つ。

947 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:36:52 ID:wDw65XLy
>>946
だからこそ釈迦は生命否定なんですよ。

948 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:41:12 ID:UrJaTvfw
>>947
釈迦は、すべて「生命の範囲内」で思考している。イエスは、浅はかにも、
それを忘れた。

949 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:56:51 ID:VjhqzB0q
>>941
>生命こそが我執の根源でしょ。

クリスチャンが、我執(エゴ)を非難するのは、全く矛盾している。偽善の典型
でもある。

クリスチャンが求めているのは、「自分の癒し」「自分の救い」そしてなんと
「自分の永遠の生命」。まさに「我執(エゴ)」そのものではないか。他者の
ためには、何の役にも立っていないことを自覚されたし。

仏教では、「煩悩即菩提」として、我執をそのまま受け入れる。それが他者の
我執への理解、即ち他者の生命の尊重に繋がっている。

950 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/15(土) 01:28:08 ID:oJtvm/bQ
>>949
じゃあ、そのクリスチャンの我執をそのまま受け入れな。

951 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 01:41:27 ID:VjhqzB0q
>>950
もちろん受け入れるよ。しかし、クリスチャンも、我執(エゴ)の非難など、
自己矛盾した、偽善の言葉を吐かないこと。

952 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/15(土) 01:42:48 ID:oJtvm/bQ
>>951
受け入れて無いじゃん。

953 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 01:45:23 ID:VjhqzB0q
>>952
矛盾したことは言うなといってるのだよ。我執(エゴ)の非難から、
「煩悩即菩提」の言葉に変えること。

954 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/15(土) 01:48:57 ID:oJtvm/bQ
>>953
だから、受け入れて無いじゃん。

955 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 02:03:12 ID:VjhqzB0q
>>954
宗教者なら、嘘や偽善の言葉を吐いてはならないという、当たり前のことと
言っているだけ。

我欲(エゴ)は、創造主が与えた、生命の維持に必須な本能。クリスチャンは
なぜそれを否定しようとするのかね。君たちは、創造主を信じているのでは
ないのか。「煩悩即菩提」が、まさに、君たちが信じる神の意図ではないのかね。

956 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/15(土) 07:58:29 ID:oJtvm/bQ
>>955
いってることとやってることが違うなー
そういうの偽善とか嘘って言うんじゃない。

957 :ASIMO:2007/09/15(土) 09:43:36 ID:6S5RYspR
>>956
アメリカ(キリスト教)国は平和を謳いながら武器売ってるでしょ。


そういうの偽善とか嘘って言うんじゃない?


958 : ◆xbzMCVKEsA :2007/09/15(土) 09:47:56 ID:oJtvm/bQ
>>957
なんで連想ゲーム?ご隠居の偽善とアメリカの偽善がアシモのなかでどう結びついたの?

959 :ASIMO:2007/09/15(土) 10:27:52 ID:6S5RYspR
>>958
アメリカが偽善では無いとでも?ミューちゃん。

960 :ASIMO:2007/09/15(土) 10:33:04 ID:6S5RYspR
>>950
から連想ゲーム。

961 :ASIMO:2007/09/15(土) 10:42:40 ID:6S5RYspR
>>958さん
認めるしか無いよね。

962 :ASIMO:2007/09/15(土) 10:44:43 ID:6S5RYspR
>>950
エゴはある程度容認してるでしょ。

963 :ASIMO:2007/09/15(土) 10:46:20 ID:6S5RYspR
それ以上の哲学を学ぶなら・・・。

964 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:09:02 ID:dsqcdt/t
平和を唱えながらイラク派遣に反対しない創価公明の方が偽善だろ。

アフガンだってテロリストなら殺してもいいのか?

創価は偽善者のあつまり。

965 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:11:46 ID:dsqcdt/t
>アメリカ(キリスト教)国は平和を謳いながら武器売ってるでしょ。 そういうの偽善とか嘘って言うんじゃない?

アメリカをバックアップする法案に賛成したのは、与党自民公明だろ。

創価のくせに偉そうに言うなよ。

966 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:25:16 ID:6S5RYspR
>>964
戦闘行いましたか?

アメリカ国日本州だと言いました。

967 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:27:07 ID:6S5RYspR
アフガンでだれ殺しました?

968 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:31:06 ID:dsqcdt/t
>>966

おこちゃまか?アメリカ単独の攻撃が国際社会の攻撃であることになっっているでしょ。
そのお墨付きを与えたのが自民公明。

>>967

問題をすり替えるな。人殺しのバックアップをしているのは事実だろ。


創価は偽善者集団なんだから、偉そうにすると恥ずかしいよ。

969 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:32:17 ID:dsqcdt/t
あしもんも偽善者。けっこう幻滅した。

970 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:39:25 ID:6S5RYspR
アフガンもイラクもイスラム教国であることをお忘れなく・・・。

971 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:40:45 ID:dsqcdt/t
>>970

イスラム教徒なら殺してもいいのか?

キリスト教国とタッグを組んで、イスラムいじめて楽しいか?

あしもん最低。

972 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 11:44:38 ID:CffWpMuh
戦争は一殺多生vs一殺多生の戦い。
どちらがより、一殺多生か。すべて平和のための戦争だからな。

973 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:45:16 ID:6S5RYspR
ハイジャックした航空機をビルに突入させるという
前代未聞の自爆テロが発生したのは、
2001年9月11日朝のことであった。
まず、午前8時45分ごろ(日本時間同日午後9時45分ごろ)、
ボストン発ロサンゼルス行きアメリカン航空11便(ボーイング767型機、
乗客・乗員92人)が、
ニューヨークの世界貿易センタービルの
ツインタワー北棟(110階、約417m)上部96〜103階付近につっこんだ。
ついで9時3分ごろ、
ボストン発ロサンゼルス行きユナイテッド航空175便(同型機、同65人)が、
南棟(110階、約415m)上部87〜93階付近に突入した。


974 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 11:45:29 ID:CffWpMuh
お互いにとって。

975 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 11:47:06 ID:CffWpMuh
イスラム教徒のすべてが犯人か?
そこが最低な哲学といわれるゆえんだ。

976 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:47:40 ID:6S5RYspR
さらに9時45分ごろ、
ワシントン発
ロサンゼルス行きアメリカン航空77便(ボーイング757型機、同64人)が、
ワシントン郊外のアメリカ国防総省につっこんだ。
10時10分ごろには、ニューアーク発サンフランシスコ行き
ユナイテッド航空93便(同型機、同45人)が、
ピッツバーグ郊外に墜落したが、
これは乗客の抵抗によって突入をまぬがれたものとみられている。


977 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:48:41 ID:dsqcdt/t
>>973

やられたら、やり返せというのが日蓮仏法者の立場か?

釈迦は恨みの連鎖は自分のところで止めろといっているんだけど。

ほんと創価は最低だな。りょん氏が毛嫌いする理由がよくわかる。

978 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:49:21 ID:6S5RYspR
航空機の突入により、
世界貿易センタービルでは火災が発生し、
10時ごろに南棟が、10時30分ごろには北棟も崩落した。
また翌日以降周辺のビルのいくつかも崩壊した。
これらの結果、
避難できず内部に閉じこめられた人々や救助の消防士ら、
3000人前後が死亡したとされる。
また国防総省も旅客機の突入した西側部分が破壊されるとともに火災が発生し、
百数十人が犠牲となった。



979 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:50:23 ID:dsqcdt/t
創価もあしもんも偽善者の最低野郎だ。

見損なったよ。

980 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:53:43 ID:6S5RYspR
自爆テロを実行したハイジャック犯は、
各機に4〜5人ずつの計19人で、
全員が中東系で7人がパイロット資格をもっていた。
ほどなく、
その全員がビンラーディンひきいる
テロ組織アルカーイダのメンバーと特定された。

これらのモデルは旧日本軍(神国)を謳ったものと見える。



981 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 11:53:51 ID:CffWpMuh
やられたからやり返せというのか。
少なくともアメリカはやられたからやり返せと言ってる。

982 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 11:54:13 ID:dsqcdt/t
【ワシントン=山崎伸治】国連イラク支援派遣団(UNAMI)は十八日、五、六月のイラクの人権状況に関する報告を公表しました。
そのなかで二〇〇三年三月のイラク戦争開始以来、武力攻撃で死亡した民間人が約五万人だったことを認めました。

 民間人死亡者数については、六月に米紙ロサンゼルス・タイムズが、バグダッドの遺体安置所が発行した死亡証明書と、
イラク厚生省が集計した病院で発行された死亡証明書の数から少なくとも五万人だったと報じていました。
報告はこれと同じ集計を紹介しており、国連として報道を追認したものとなります。

983 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 11:55:04 ID:CffWpMuh
藁。テスくんとまったく同じレスしてしまった。。

984 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:55:10 ID:6S5RYspR
>>979
どこをですか?

985 :ASIMO:2007/09/15(土) 11:58:57 ID:6S5RYspR
957 :ASIMO:2007/09/15(土) 09:43:36 ID:6S5RYspR
>>956
アメリカ(キリスト教)国は平和を謳いながら武器売ってるでしょ。


そういうの偽善とか嘘って言うんじゃない?

イギリスも欧米諸国が加担した。

986 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 12:02:01 ID:dsqcdt/t
http://www.iraqbodycount.org/

イラク民間人犠牲者をカウントするサイト。

現在72130−78709

そろそろ広島の原爆の半分の犠牲者ですね。

987 :ASIMO:2007/09/15(土) 12:03:23 ID:6S5RYspR
イラク庶民に救援物資や飲料水を供給するのは悪いこと?


65年前日本も同じあやまちを犯した事をお忘れなく・・・。

988 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 12:06:08 ID:dsqcdt/t
>>987

殺しに加担して何いってるんだか。

創価の会員が殺されて、その殺人者を肯定する友達が飯を運んできたら許せるのか?

989 :ASIMO:2007/09/15(土) 12:06:14 ID:6S5RYspR
てすとくん映画「ホタル」観ました?涙止まりませんよ。

990 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 12:06:15 ID:CffWpMuh
物資の輸送はイラクの国民のためだけに使われましたか。
使われたのなら、謝りますよ。


991 :てすと ◆Y5g8YZ9wkQ :2007/09/15(土) 12:08:04 ID:dsqcdt/t
>>989

また話のすりかえ。

あしもんは創価の中でもまともだと思ったけど、もういいや。

992 :ASIMO:2007/09/15(土) 12:08:28 ID:6S5RYspR
>>988
911テロの飛行機にSGIの会員が乗っていました。

993 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 12:09:58 ID:CffWpMuh
そもそもアシモン君は、テロ攻撃されたことを持ち出して
イスラム教徒を攻撃するのが正義のように論を組み立てて
いたはずだよ。

994 :ASIMO:2007/09/15(土) 12:10:48 ID:6S5RYspR
てすとくんのまわりには9割りまともな人たちがいますもんね。

995 :ASIMO:2007/09/15(土) 12:12:46 ID:6S5RYspR
>>993
それはありません。ただ、テロ行為は正しいですか?

996 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 12:14:27 ID:+P092BzJ
「イスラム教徒はみーんなテロリストだ。だから空爆しようとかまわない。」

これは正しいですか?

997 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 12:15:13 ID:CffWpMuh
何というのか、呵責もいいけど、それでいったいどのような
構造でこころの平和が訪れるというの?

998 :ASIMO:2007/09/15(土) 12:16:20 ID:6S5RYspR


999 :ASIMO:2007/09/15(土) 12:17:22 ID:6S5RYspR
ダァー

1000 :ASIMO:2007/09/15(土) 13:04:19 ID:6S5RYspR
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

289 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)