5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★神との対話★★★

1 :ももこ:2007/08/23(木) 08:54:37 ID:o+dD9Peo

前スレ1
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1181402317/
前スレ2
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1186173819/

http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/

2 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 09:03:12 ID:EvOf5kwc
キチガイの巣窟ありがとう

3 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:20:17 ID:o+dD9Peo

前スレ793へ
あなたは わたしより霊的進化の仕組みが詳しくわかるのですか?
なら詳しく書いてください

4 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:22:35 ID:o+dD9Peo

私の霊的進化の仕組みの研究によると 7天(愛)からはじまり下降して
また 未知を既知として経験し7天(愛)に戻るということですが。。。
どうやら この世界は 12天まであるようです。で7天は愛です。8天以上は
愛+なんとかの世界 9天は愛+なんとか+なんとかの世界 10天は愛+なんとか+
なんとか+なんとかの世界です つまり7天まで戻ってもさらにその上の次元があり12天
まであります。で12天までいったら 次は 13天=1天になります
で 13天=1天の1天は前の世界の1〜12天までをすべて含んだ複合体の世界になります
この世界は裏の世界です で次は 13天=1天〜24天=12天です
わかりやすく説明すると↓

5 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:24:32 ID:o+dD9Peo

1天〜12天(表の世界) ←ここの中の7天が愛の世界でマスターの世界(←つまり7次元マスターなど
↓(霊的進化拡大)↓                                  真の進化のはじまりにすぎない)
1天(13天)〜12天(24天)(裏の世界)
↓(霊的進化拡大)↓
1天(25天)〜12天(36天)(表の世界)
↓(霊的進化拡大)↓
1天(37天)〜12天(48天)(裏の世界)
↓(霊的進化拡大)↓

とこういう感じで無限に続くらしいです

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

皆様参考にどうぞ


6 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:26:36 ID:o+dD9Peo

霊魂は輪廻を繰り返して
進化成長するらしいですが
進化して進化して進化しまくった
ずーとずーと後はどうなるのでしょうか?
永遠の進化の旅でしょうか?
それとも最終があるのでしょうか?
もし最終があるならばそのずーとずーと
後はどうなるのでしょうか?
神対1巻274
神対3巻238〜241と242と243と166と78と91と94と102と103
112と132と133と134と135と170と171と320〜322
と338と358と368と380と386と387と408と432
神対2巻106と206と305と308も織り交ぜて
できるだけ詳しく教えてほしいです

後 シルバーバーチは進化は永遠と行ってます
また アランカルデックの霊の書では進化して完璧に浄化され尽くした
霊となり(永遠の?!)至福の境涯にたどり着くと言ってます
どちらが正しいのでしょうか?

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm

後 前スレ97 98 55
の質問にできるだけ詳しく答えてくれ

に関連して神対2巻206と神対3巻238〜241などに
ついて宇宙の仕組み進化の仕組みを詳しく教えて欲しいです
前スレ708 709 710

また http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html

7 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:28:26 ID:o+dD9Peo

神との対話2巻(206) 意識ーこれは完全な認識に達するまでの
状態だ 完全な認識に到達した時 あなたは真実の生きた神になり 自分自身の
現実を創造して経験し その現実を拡大して探求し 自分の意識を新しい限界まで
ーあるいは際限なくひろげつつー現実を変化させ再創造していくと書かれてます

神との対話3巻(238〜241)には 究極の認識に到達した後 進んですべてを忘れてやりなおすという意味では
新しい魂がある そのなかのあるものは 再び若い魂になること選ぶ 彼らは宇宙の新しい場所に移動する 
だが すべての魂は最初に創られたぶんの一部だ  究極の認識にエネルギーが到達した後 
何を選ぶかで若い自分も老いた自分も善の自分も悪の自分を生み出すことができる
そこである魂は若い自分になることをある者は老いた自分になることを選ぶと

8 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:29:39 ID:o+dD9Peo

「 エドガ−・ケ−シ−・リ−ディングに学ぶ 」
Q:神は100%完成された存在なのですか?
A:神は完全に近い存在ではありますが、
 進化の法則は全てのものに義務づけられたものです。
 神であっても例外ではありません。
 神も究極的な完全を目指すための学習をするために、
 自分の分身霊を創造し、全ての生命体(分身霊)の心と身体の
 隅々にまで遍在し、意識の網を張り巡らし多角的な情報を収集して、それを学習しつつ意識の拡大を続け、
 永遠に進化を続けていきます。

9 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:32:10 ID:o+dD9Peo

・進化の程度は下位世界(次元の生物や霊魂)からどれだけ効率的に資源
 (=苦痛や感情)を集積しうるかという(潜在的)能力で測ることができる。

・ごく単純化して喩えると宇宙は次のような巨大なネズミ講システムである。
  低位の進化レベルの意識体:末端会員(養殖うなぎ、活け作りの魚)
  中程の進化レベルの意識体:中間会員(人間)
  高位の進化レベルの意識体:上級会員(上位のトータルセルフ)
  新たな創造者:新たなネズミ講の創設者(トータルセルフの完成体:神) 

この宇宙=ネズミ講システムに関して対比すれば、次のようになります。
モンロー的世界観:末端会員から上級会員を目指し最後は独立したネズミ講
         を作って親になれば、あがり。




10 :永久永遠に続く天国:2007/08/23(木) 09:33:34 ID:o+dD9Peo

魂は人を殺したら 今度は殺されたいと思う
魂はいじめをしたら 今度はいじめられたいと思う
これが 魂の性質である これは神対シリーズの書いてある

バシャールには人を殺しても来世で人を殺す人をとめれば
バランスがとれるというが

実際は 人を殺したら殺されるたいと思う これが魂の性質であり
地上の視点とは全然違うのである これも神対シリーズに書いてある

こうして 因果応報は返る

    人に経験させたことは自分も経験する

       神との対話に書いてある

因果応報は義務ではないが霊魂に良心がある限り因果応報は存在する


地獄とは 良心の呵責の世界だ
つまり 拷問した者は死後 拷問された立場の感情を味わう
その時 はじめて犯した罪の大きさに気づく
その時の 苦しみが地獄であり 反省(良心の呵責)のあまり気が狂うやつもいる
そして 魂のレベルでは 今度は自分が拷問される立場になろうと決意する

こうして次の生では 拷問される 因果応報がは存在する


11 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 09:46:25 ID:EvOf5kwc
>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1187748231/l50

196 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:26:46 ID:Oq8wpC55
またかよ!本人来たら震えるクセ。お〜ら、腰抜けども言葉忘れたか?
何とかして見ろ!出来ねーなら俺のイチモツしゃぶれ!!
隔離場所でも公開するか? 切り札のつもり?じゃあとりあえず
お前の母ちゃんに顔射するぞ? ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!

197 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 00:29:55 ID:Oq8wpC55
>>195 その名言と一緒に、お前の母ちゃんのアナルに突っ込んどくよ!
嬉しいんだろ?変態が。俺とまともに会話出来んの今日が最後だぞ?
敗北宣言か?ん?どうした?聞こえないぞ? ん?
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!

198 :神も仏も名無しさん:2007/08/14(火) 00:31:14 ID:Oq8wpC55
あぁ〜!気持ちいい!!イッちゃいそう!! ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!

12 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 22:16:11 ID:jTjP5GZF
>>3
私はそのような理解の仕方はしていない。
とてもじゃないがそれでわかったような気持ちにはなれない。
私のやり方はいろんな本からの情報収集だ。その中から探っていく。
確定的ではないし、すべてがわかるとも思っていない。今、現在必要なことを
ひたすら探っている。生活を通して生かせることでこれが真理だと理解することかな。


13 ::2007/08/23(木) 22:19:51 ID:o+dD9Peo

とにかくでは あなたは霊的進化についてどのように
考えいるのですか?詳しく教えてくれませんか?
>>4>>5>>6>>7

14 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 23:25:46 ID:E0DAL4Lr
>>13
「神対」に書いてある通り、神は分離とはどういうものかを体験学習するために
宇宙を創った。
創る前は、神はその存在において完璧だった。しかしさらに学ぶために分離を経験
したかった。分離とは、魂の分離だ。魂も物質も神の一部だが周波数の違いだけで
変化したものだ。
ある極限までいくと宇宙は収束しはじめ全体的な統合に向かう。元の神の状態へと戻る。
宇宙はこれを繰り返す。おそらく充分に成長したら別の形態へと進化し経験を重ねて
いくだろう。
 神は宇宙であり愛である。全ての場所、すべての次元で愛を経験学習する。
霊的進化に区切りなんてたいしてないのでは?
進化した霊は、宇宙を存続するためにいろいろな場所でいろいろな仕事をしている。
それに宇宙にはたくさんの部屋があると言われている。つまりいろんな宇宙が
用意されているのだ。
 人類は宇宙的には幼児の部類らしい。もうすぐ宇宙人の仲間入りするらしいのだが、
どれだけ先の霊的な進化の姿に興味があるというんだろうね?
それが何になる? 目先のことはきちんとできているのかね?
今を生きる、という言葉がこの頃目立つけれど、これも存在の教えだなあ


15 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 23:42:11 ID:EvOf5kwc
>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1187748231/

510 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:41:28 ID:NPVRvkHl
主婦殿へ  やめてよー!?俺、霊とかマジ怖いんだからー。

511 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:45:40 ID:NPVRvkHl
バカやろー!!空気と流れは見てるだけじゃダメだ。自らの力で作るのだ!
例えば俺の放屁のようになぁ!!
ぶっひょっひょ〜!ブヒブヒぶーっ!ぶびぶぶーっ!!
ブピっ! あっ・・・、何か・・・、出たかも。

514 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:53:20 ID:NPVRvkHl
ダメみたい。パンティーまでいってるわ・・・。
恥ずかしー!!もう生きていけないよ!! お前等のイジメ最低だな!?

516 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:59:39 ID:x0C6rJap
↑誰か相手して欲しいいんだって

518 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 12:00:29 ID:NPVRvkHl
やっぱ俺、死んだ方がいい?

519 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 12:02:50 ID:6NOWCi6S
神よ、どうした?

522 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 12:05:18 ID:NPVRvkHl
>>519 あいつらにウンコもらさせられた。

16 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 23:45:11 ID:EvOf5kwc
459 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 07:31:26 ID:NPVRvkHl
グッモーニング!

何が宗教かわかってないバカがいるな?教えてやるよ、この地球にいりゃ全てが宗教だ。

雪山で俺が凍死する、死んだら食って生き延びろと言い残し。
このスレのように豚の肉なんて食えない汚わらしいと言う奴もいる。
神が言うなら食おうと言う奴もいる。

これがわかりやすい宗教!

そして食って出て来たウンコがあるならウンコまで宗教!

17 :神も仏も名無しさん:2007/08/23(木) 23:49:08 ID:EvOf5kwc
  299 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/30(月) 01:59:39 ID:b/44DvZS
  自殺はするな。人生は一度しか死ねないからな。

  死にたいくらいに嫌な事ある奴ってのは今までの経験からして相当いい奴だ。

  恥ずかしくもなくよく生きてるなぁ?って奴はこのスレにも居る。

  
518 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 12:00:29 ID:NPVRvkHl
  やっぱ俺、死んだ方がいい?


18 :>>4のもう1つの解釈:2007/08/24(金) 20:49:10 ID:v1m6F+TY
>>4

私の霊的進化の仕組みの研究によると 7天からはじまり下降して
また 未知を既知として経験し7天に戻るということですが。。。
どうやら この世界は 12次元まであるようです。
で 12次元=7天 ということです
12次元までいったら 次は 13次元=1次元になります
で 13次元=1次元の1次元は前の世界の1〜12次元までをすべて含んだ複合体の世界になります
この世界は裏の世界です で次は 13次元=1次元で 
1次元〜12元(1天〜7天、13次元〜24次元、裏の世界)
わかりやすく説明すると↓

19 :>>5のもう1つの解釈:2007/08/24(金) 20:55:21 ID:v1m6F+TY
>>5

1次元〜12次元(表の世界)(1天〜7天) ←ここの中の7天がマスターの世界(←つまり7次元マスターなど
↓(霊的進化拡大)↓                                  真の進化のはじまりにすぎない)
13次元〜24次元(裏の世界)(裏1天〜7天)(裏1〜12元)
↓(霊的進化拡大)↓
25天次元〜36次元(表の世界)(1天〜7天)(1〜12元)
↓(霊的進化拡大)↓
37天次元〜48天次元(裏の世界)(裏1天〜7天)(裏1〜12元)
↓(霊的進化拡大)↓

とこういう感じで無限に上昇し拡大が永遠に無限に続くらしいです

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

皆様参考にどうぞ



20 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 21:10:18 ID:C2yZwVbn
919 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/10(金) 09:39:16 ID:B4P3wF0h
荒らしちゃん
何が言いたいのか相変わらずよく解らないが
要約すると
いつも楽しく拝見しています。
早速質問ですが僕は、先日初めて赤穂名物の「塩饅頭」を食べてあまりの美味しさに驚きました。
神様も好きですか?って質問だろ? 答えは、俺も好きだよ。

21 :神も仏も名無しさん:2007/08/24(金) 22:35:14 ID:Ur94oYZc
自分で文章書けないバカがいるな

22 :永久永遠に続く天国:2007/08/24(金) 22:38:55 ID:v1m6F+TY
>>14
あなたの説明はおおまかすぎる
もっと具体的にお願いします。
神対2巻206と神対3巻238〜241などに
ついて宇宙の仕組み進化の仕組みを詳しく教えて欲しいです
>>7>>8>>9 なども組み合わせて詳しくお願いします
また 完全な認識と究極の認識は同じですか?違いますか?
違うならなぜ違うか?同じならなぜ同じか 詳しく書いてください
お願いします

23 :永久永遠に続く天国:2007/08/24(金) 22:46:07 ID:v1m6F+TY
>>14
あなたの説明はおおまかすぎる
もっと具体的にお願いします。
>>6神対のこのページはこう あのページはこう
と具体的に書いてください
↓のようなやりとりを希望してます
http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

で分離が終わり統合したらまた分離して強姦拷問戦争を
繰り返すのか?また進化は永遠で終わりがないのでは?
意識進化は無限の向上と神対に書いてあったが。。。

ある極限までいくと宇宙は収束しはじめ全体的な統合に向かう。元の神の状態へと戻る。
宇宙はこれを繰り返す。
おそらく充分に成長したら別の形態へと進化し経験を重ねて
いくだろう。

それは分離が終わり統合して神の源に帰った後 さらに進化すると
いうことか?詳しく書いてください
また 明日の神67と375神対3巻78の 最初から はじめから
やりなおす とはどういうこと?また未熟霊に戻るということか?
しかし進化した霊が退化することはなく 進化か停滞しかないと
アランカルデックの霊の書には書いてある これらはあなたはどう解釈する?




24 :600:2007/08/24(金) 22:55:50 ID:v1m6F+TY


>>ええと あなたの言うことは難しいですね もう一度神対2巻206を引用します
>> 行数を稼ぐため略

やはり、私たちは1つずつ経験しておりそれをあと無限回するということになるのです
からその意識進化は無限にということになると思います。
でも魂の膨張・収縮のサイクル完了時にはその意識進化過程を離れ1つに戻る
のではないかと思います。
私の考えの理由としては無限に体験する必要がなくなってくるのではないかと思います、魂の収縮により、
その欲求も消えていくのではないかと考えます。
早い話が"もういい、よく遊んだ、もう帰ろう。"ということではないですかね。

>>意識ーこれは完全な認識に達するまでの
>>        :
>>  新たな創造者:新たなネズミ講の創設者(トータルセルフの完成体:神) 

前に私が書いた"生きた神"というのはその文字の部分に"生きた"と入っていました
ので、私たちが生きた状態(生死の概念がある時)に起こることだと思いましたの
で1つの人生の中で起こることを書いてあるのだと思います。

モンローの巨大なネズミ講システムはあまり知りませんが、見た感じに浮かんでくる
のは1つの魂全体のことに見えます。

なので私には同じことには思えません。

25 :600:2007/08/24(金) 22:56:27 ID:v1m6F+TY

続き
             
>> つまりモンロー的世界観では進化は霊的堕落を伴うことになります。なお、
>> :
>>↑2つにあげた神対2巻206とモンローの言うこととあなたの言う価値観が合致してますか?
>>詳しく答えてください

意識を辞書で調べたのですが多分そうだと思います、でもどうしても物足りなさを感じます。
・私の書いた価値観を他の言い方をしたら自我の視野・自分を認識できる範囲・受け入れるこ
 とのできる範囲…思い浮かぶだけ書きましたがこれは意識でいいと思いますか?

 書かれている文章の中では私も同じような考えです。

>>完全な認識に到達した真実の生きた神は
>>セックス喧嘩喜び悲しみなど 自分の中に霊魂を生んで その霊魂を通じて
>>すべて同時に 様々な感情や経験を 収穫する 存在 になるということですか?

上で書いたように"生きた神"は生の中でのことだと思っています。

>>究極の認識(神対3巻238〜241)かに到達した後はどうなると考えているのですか?

究極の認識に達するということは収縮(融合)の完了だと思います、前に書いたように収集
された記憶も消えていると思います、だから次に何かを体験するとすればまったく新しい
新たな体験(再度膨張)ということになるのではないかと思います。

26 :600:2007/08/24(金) 22:57:30 ID:v1m6F+TY

>>何を選ぶかで若い自分も老いた自分も善の自分も悪の自分を生み出すことができる

収縮完了の瞬間、その魂はそれを生み出した親の魂と同じ存在になっていると思いま
す(親の意識=子の意識)、その認識の状態でなにかを選択するのではないですかね。
選択は親の状態でそして再度膨張が始まると親と子の意識は分離して感じられるように
なるという感じではないですかね。

今日はここまでにします。
本当に役立っていますか?

27 :永久永遠に続く天国:2007/08/24(金) 23:01:56 ID:v1m6F+TY

ありがとう あなたの言うことは役に立ってますが
あなたは 進化したとき 神になり 子つまり自分の意識の中に
霊の子を いくつも産むと思いますか?そしてその霊の子を通じて
セックス喧嘩喜び悲しみを同時に経験する 集合体になる つまり
神対の神のような存在になると思いますか?

http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html

すぐ読めます あなたの見解は↑の二つのサイトの内容と
酷似してますか?
いろいろ詳しく書いてくださいね

28 :永久永遠に続く天国:2007/08/24(金) 23:39:29 ID:v1m6F+TY

600さんへ
>>6の質問にも答えて欲しい

29 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 00:15:15 ID:CrDE5pxk
>>23
ビッグバンに例えれば、爆発した瞬間から統合が始っている。
宇宙は進化するだけ。後退はない。

 未熟霊とは新しく生み出された霊のことであり、未熟霊に戻ることはない。
当然の如く新しく生み出された霊は、ありとあらゆることを経験していく。
霊(複数)は物質界の我々人間を援助するが、全体としてレベルアップしながら統合していく。
単独で高級霊が先へ進んでいってしまうことはない。

 元の神の状態(原初の宇宙)に戻ると経験された記憶は整理されて、まだ不十分(足りない)
と判断されれば、再度宇宙を創造するだろう。

 ある進化した宇宙人の情報によると、十七世代前までの宇宙があったことを知って
いるそうだ。そのなかには、ある災害によって崩壊してしまったこともあるという。




30 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 00:17:15 ID:bJ5gVB2m
江原とか細木とか美輪とかについて、
宗教の信者達はどう思っているのかな?


31 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 00:19:01 ID:KWEHof1M
最新刊「神へ帰る」で”死”について神が語り始めた。

”死は幻想である”、今までは死をテーマに一冊まるごとというのは
なかった。

いよいよ、大量に人が死ぬ時代が到来するのだろうか。
そのために少しでも死に対する知識を、という動きなのだろうか・・・・。

32 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 00:19:53 ID:bJ5gVB2m
>29
進化=betterではないんだよ。


33 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 00:22:29 ID:bJ5gVB2m
>31
神がいようといまいと、
人間の生活には何の意味もないんだよ。
神がいる生活と、神がいない生活を描いてごらん。

34 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 00:23:48 ID:bJ5gVB2m
>31
神がいてほしいって思うことはあるかもね。

35 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 00:27:51 ID:bJ5gVB2m
>31
神がいるとして、
今の人類が滅びても、神はなんとも思わないだろうね。
また、新しく造ればいいんだから。もっといい生物をね。

36 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 06:35:10 ID:+1ZSB4z3
>>31
その言葉は悪用されそうで怖いなあ。


37 :ルスラ:2007/08/25(土) 09:29:43 ID:L4HMJcJw
前スレですが

>>766>>769
ここらへんは私としては難しくて自分の言葉やうまく伝えられる文章にできる自信がないのですが、完全な認識は
前に言ってたかもしれませんが、イエスやラムサのような個として(?)の高次の存在で、究極の認識は高次や低次で
同時に経験してるのではないでしょうか。宇宙の新しい場所どいうのは新しい次元と言うと複雑な感じがするので、
宇宙の新しい区域(例えば別銀河)と考えたらどうでしょうか。
>>770
確かに究極の認識がただ汚れを経験するだけだと言うのは納得できないところです。もしかしたら、究極の認識が
若い魂や下位の存在に魂を置くというのは、監視や同じ段階の存在の何かの悪いことの歯止めのようなものがある
のかもしれません。
>>776
私も進化は永遠というのは信じています。ただ、進化をどう捉えるかによるのですが。
鳥山明 著のドラゴンボールも宇宙の進化(?)について教えてくれています。私なりの勝手な解釈をつけさせて
もらったので、もしよければですが参考にしてください。
1天〜12天(表の世界) 東西南北の界王さまの世界(区域)

1天(13天)〜12天(24天)(裏の世界)  大界王さまの世界(区域)

1天(25天)〜12天(36天)(表の世界)  東西南北の界王神さまの世界(区域【界王神界】)

1天(37天)〜12天(48天)(表の世界)  大界王神さまの世界(区域)

とこういう感じで無限に続くらしいです


38 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 12:17:56 ID:RyXqMwSA
>>37
キチガイの話相手、御苦労さん

39 :31:2007/08/25(土) 12:52:43 ID:mfXzeUEu
>>36
わたし、何か失礼なことを書き込んだでしょうか?
悪用?「神へ帰る」の本が悪用されるのでしょうか?
どのような”悪”なのでしょうか?

神との対話、1,2,3巻
神とひとつになること
アミ 小さな宇宙人、他3巻
まほう色の瞳
シルバーバーチの霊訓
死後体験 1,2,3

他にもいろいろ読みましたが、悪用という言葉、悪意に受け止められたのは
>>36さんがはじめてです、よろしければ真意をお聞かせ願えませんでしょうか?

40 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 15:52:44 ID:i9THH0s+
    

41 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 16:40:12 ID:+1ZSB4z3
>>39
すいません。あなたは何も悪くありません (書き方悪かったですね)。

気になったのは「死は幻想である」という言葉です。この板に来るような人達なら
曲解することはまずないとは思いますが、この言葉が一人歩きして間違って
伝わると危ない感じがします。死が幻想なら殺してもいいじゃないかという方向に
行ってしまうかも知れませんよね。宗教的思想に基づいた大量殺人の理由として
使われないとも限りません。また自殺の理由として使われるかも知れません。

もちろん死に瀕した人や身近な人を亡くした人に対しては希望を与える可能性の
ある言葉だとは思うので、まあ、つまり、カミソリや包丁みたいなもんですね。
使い方を間違えなければ問題無し。しかし間違えたら人命に関わる被害が出る
かも知れないと。


42 :>>4>>18のもう1つの解釈:2007/08/25(土) 16:59:12 ID:HhAR+yLP

>>4>>18

私の霊的進化の仕組みの研究によると 7天からはじまり下降して
また 未知を既知として経験し7天に戻るということですが。。。
どうやら この世界は 12次元まであるようです。
12次元までいったら 次は 13次元=1次元になります
で この13次元=1天が7天です
で 13次元=1次元の1次元は前の世界の1〜12次元までをすべて含んだ複合体の世界になります
この世界は裏の世界です で次は 13次元=1次元で 
次は 1次元〜12元(13次元=7天〜24次元)
わかりやすく説明すると↓

43 :>>5>>19のもう1つの解釈:2007/08/25(土) 17:05:18 ID:HhAR+yLP
>>5>>19
1次元〜12次元(表の世界)
↓(霊的進化拡大)↓                                  
13次元=7天〜24次元(裏の世界)(裏1〜12元)←ここの中の7天がマスターの世界(←つまり7次元マスターなど
↓(霊的進化拡大)↓                              真の進化のはじまりの存在にすぎない)
25天次元=14天〜36次元(表の世界)(1〜12元)
↓(霊的進化拡大)↓
37天次元=21天〜48天次元(裏の世界)(裏1〜12元)
↓(霊的進化拡大)↓

とこういう感じで無限に上昇し拡大が永遠に無限に続くらしいです

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

皆様参考にどうぞ
                         

44 :>>5>>19のもう1つの解釈:2007/08/25(土) 17:06:15 ID:HhAR+yLP
>>5>>19

1次元〜12次元(表の世界)
↓(霊的進化拡大)↓                                  
13次元=7天〜24次元(裏の世界)(裏1〜12元)←ここの中の7天がマスターの世界(←つまり7次元マスターなど
↓(霊的進化拡大)↓                              真の進化のはじまりの存在にすぎない)
25天次元=14天〜36次元(表の世界)(1〜12元)
↓(霊的進化拡大)↓
37天次元=21天〜48天次元(裏の世界)(裏1〜12元)
↓(霊的進化拡大)↓

とこういう感じで無限に上昇し拡大が永遠に無限に続くらしいです

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

皆様参考にどうぞ

45 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 19:33:14 ID:RyXqMwSA
746 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/08(水) 23:09:03 ID:BO4ZZ0Os
今、専属霊媒師に電話して
背中に九尾のキツネが憑いちゃって困ってんだけど・・・?
   あぁ!?うっせーな?1日何回もコレクトコールで国際電話かけてくんな!!
いや、お前の仕事だろ?なんとかしてくれよ!?
   さっき霊なんかいねぇ!って俺が言ってかなり納得してたじゃねぇか!?お前病気か!?もう切るぞ
いやいや!じゃあお前、霊媒師じゃねーだろ?お祓いしてくれって言ってんの!!
   チッ!うるせーな。寝言は寝てから言えよ!?キツネなんかいねーし、霊なんかハナから居ない、キチガイの相手はゴメンだ。
   檻の付いた病院に行くこった!電話代タダじゃないんだぞ?切るぞ、あばよ!
オイオイ!切るな!給料3倍払う!!なんとかしてくれ!!
   ん?おっ!感じる!ダンナやっぱ俺間違ってた!霊ついてたよ!!
   俺に任せろ!!キツネは専門だ。あぁ〜あ、こりゃ俺以外は無理だ!!



46 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 20:08:17 ID:o/hyBsGE
>>44
4次元と5次元の違いを説明してくれよ

47 :永久永遠に続く天国:2007/08/25(土) 20:25:15 ID:HhAR+yLP

頭が悪くて説明できません
4次元より5次元の方が 5次元より5次元の方が
光の量が多くなり 魂が純化されます

48 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/25(土) 22:07:28 ID:HhAR+yLP

・進化の程度は下位世界(次元の生物や霊魂)からどれだけ効率的に資源
 (=苦痛や感情)を集積しうるかという(潜在的)能力で測ることができる。

・ごく単純化して喩えると宇宙は次のような巨大なネズミ講システムである。
  低位の進化レベルの意識体:末端会員(養殖うなぎ、活け作りの魚)
  中程の進化レベルの意識体:中間会員(人間)
  高位の進化レベルの意識体:上級会員(上位のトータルセルフ)
  新たな創造者:新たなネズミ講の創設者(トータルセルフの完成体:神) 

この宇宙=ネズミ講システムに関して対比すれば、次のようになります。
モンロー的世界観:末端会員から上級会員を目指し最後は独立したネズミ講
         を作って親になれば、あがり。

ルスラさんは >>7神対2巻206の完全な認識 と>>7神対3巻究極の認識
は どの部分→↑→養殖うなぎ、活け作りの魚 人間 上位のトータルセルフ
トータルセルフの完成体=神 どれですか?


49 :亀との対話:2007/08/25(土) 22:15:03 ID:RyXqMwSA
>>47-48 隔離場所へ戻れ
_ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::.     ..:::;;;ヽ
       /::.      ..::;;;;ヽ     
     /::.        ..::::;;;;i
     (::.        ..::;;;丿     
      >::...___..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|           
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
      |:::   .i !   ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::  ( ヽ  ..::;;;;;|
      ( \  l. |  ..:;;;;;;|
      |::\∨丿 ″..:;;;;;|
      |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|
    .彡.|:::   | ! .....:::;;;;;|ゞ巛ミ

50 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/25(土) 22:16:28 ID:HhAR+yLP

「 エドガ−・ケ−シ−・リ−ディングに学ぶ 」
Q:神は100%完成された存在なのですか?
A:神は完全に近い存在ではありますが、
 進化の法則は全てのものに義務づけられたものです。
 神であっても例外ではありません。
 神も究極的な完全を目指すための学習をするために、
 自分の分身霊を創造し、全ての生命体(分身霊)の心と身体の
 隅々にまで遍在し、意識の網を張り巡らし多角的な情報を収集して、それを学習しつつ意識の拡大を続け、
 永遠に進化を続けていきます。
 ↑
ルスラさんや600さんは 完全な認識→究極の認識 という感じですか?
で 究極の認識に到達したら↑のような存在になると考えてますか?
で 究極の認識に到達した後 分身霊を出し その分身霊が 若い魂や老いた魂などに
なるという考えですか?つまり 究極の認識に到達すれば 魂の親になり
子(分身霊)を産んでさらに進化すると思いますか?そういう考えですか?

完全な認識に到達した真実の生きた神がさらに進化して究極の認識に到達した後
セックス喧嘩喜び悲しみなど 自分の中に霊魂を生んで その霊魂を通じて
すべて同時に 様々な感情や経験を 収穫する 存在 になるということですか?

51 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/25(土) 22:50:12 ID:HhAR+yLP

新たな創造者:新たなネズミ講の創設者(トータルセルフの完成体:神)←究極に認識に到達した時
↑(進化)                               ↑(進化)
高位の進化レベルの意識体:上級会員(上位のトータルセルフ) ←   完全な認識に到達した時
↑(進化)                               ↑(進化)
中程の進化レベルの意識体:中間会員(人間) ←     若い魂↓   老いた魂↓   善の魂↓  悪の魂 ↓
↑(進化)                        (↑究極の認識↑に到達した↑存在が生み出した魂↑)
低位の進化レベルの意識体:末端会員(養殖うなぎ、活け作りの魚)


600さんやルスラさんはこう↑考えてますか?

52 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/25(土) 22:55:26 ID:HhAR+yLP

>>7
あなたは この若い魂になるということは最高に進化したのに
また 未熟霊に戻る とこう思いますか?それとも
究極の認識に到達した後 若い魂 老いた魂両方生み出せる存在になると思いますか?
それとも 究極の認識に到達した後
拡大した意識の一部 が 未熟霊に戻る と つまり 究極の認識に到達した後は 創造神になり
分霊を通じて たくさんの経験を同時にする 存在になると思いますか?

600さんやルスラさんは どのように考えてるか
詳しく教えてください>>51>>48>>50


53 :600さんへ:2007/08/25(土) 23:05:48 ID:HhAR+yLP

>>25

>>完全な認識に到達した真実の生きた神は
>>セックス喧嘩喜び悲しみなど 自分の中に霊魂を生んで その霊魂を通じて
>>すべて同時に 様々な感情や経験を 収穫する 存在 になるということですか?

上で書いたように"生きた神"は生の中でのことだと思っています。

では>>7の完全な認識に到達した存在は 単なる一人の人間である
マスターのような存在だと あなたは思ってるのですか?
答えて欲しいです
しかし>>7 
自分自身の 現実を創造して経験し その現実を拡大して探求し 自分の意識を新しい限界まで
ーあるいは際限なくひろげつつー現実を変化させ再創造していくと書かれてます

この意識は無限に拡大する とはあなたは単なる肉体を持つ一人の人間が
できると思うのですか?あなたは この意識を無限に拡大する というのを
どのように解釈してるのですか?詳しくお願いします



54 :600さんへ:2007/08/25(土) 23:15:55 ID:HhAR+yLP
>>7>>25>>26

>>究極の認識(神対3巻238〜241)かに到達した後はどうなると考えているのですか?

究極の認識に達するということは収縮(融合)の完了だと思います、前に書いたように収集
された記憶も消えていると思います、だから次に何かを体験するとすればまったく新しい
新たな体験(再度膨張)ということになるのではないかと思います。

>>何を選ぶかで若い自分も老いた自分も善の自分も悪の自分を生み出すことができる

収縮完了の瞬間、その魂はそれを生み出した親の魂と同じ存在になっていると思いま
す(親の意識=子の意識)、その認識の状態でなにかを選択するのではないですかね。
選択は親の状態でそして再度膨張が始まると親と子の意識は分離して感じられるように
なるという感じではないですかね。

それは 完全な認識に到達した真実の生きた神からさらに進化して究極の認識に到達した時
セックス喧嘩喜び悲しみなど 自分の中に霊魂を生んで その霊魂を通じて
すべて同時に 様々な感情や経験を 収穫する 存在 になるということですか?
つまり子は親の半身であるということですか?つまりその時は魂の親になり
子をたくさん産む(いくつも分霊を出す)と考えますか?この場合 子は親の一部で 親は子を含むが子は親を
含まない ということです 言ってることわかりますよね?
で その子 魂の子 われらが進化した後(魂の)親になり(分霊 霊の)子をたくさん自らの中に産みますよね?
そういう解釈ですか?あなたは。。。で その子が 若い魂老いた魂などいろいろ
な魂になると こういう風に解釈してるのですか?
究極の認識に到達すれば神との対話のような神のような存在になると
こう あなたは解釈してるのですか?↑のような解釈や>>51>>48>>50
のような解釈をあなたはしてるのですか?その理解の仕方でよろしですか?

55 :神も仏も名無しさん:2007/08/25(土) 23:49:18 ID:RyXqMwSA
>>50-54 隔離場所へ戻れ
_ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::.     ..:::;;;ヽ
       /::.      ..::;;;;ヽ     
     /::.        ..::::;;;;i
     (::.        ..::;;;丿     
      >::...___..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|           
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
      |:::   .i !   ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::  ( ヽ  ..::;;;;;|
      ( \  l. |  ..:;;;;;;|
      |::\∨丿 ″..:;;;;;|
      |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|
    .彡.|:::   | ! .....:::;;;;;|ゞ巛ミ


56 :自分が最低のクズの癖してチョン批判に熱中するな!:2007/08/26(日) 03:20:35 ID:SyjL8fRj
誰かを罵倒していたいけれど自分の事は反省したくない。
自分の事は直視して話題にするのも分析したり考察したりするのも極度に嫌う。

チョン批判の人間の中には蹲って生きているゴミクズ人間が自己逃避や八つ当たりの
気分転換や憂さ晴らしとして悪用しているケースがある。

こういうゴミクズ人間は中世の魔女裁判ではいきり立ってコンプレックスの対象を
批難して魔女や悪魔認定を指摘するだろう。

共産主義、社会主義に走る人間の脳構造も同じ事が言える。

俺の知っているチョン嫌いの糞馬鹿野郎は父親も御爺さんも社会主義者で、本人の家系は
B民だ。今、ソイツは地元で無責任さを追及されているが、自己反省は欠片もせずに
チョン批判に熱中して逃避している。

こういう人間の主張する日本からの恩義を忘れた朝鮮人は最低という言葉は一体なんだろうか?

チョンが嫌われる理由は非人間的なクオリティーだからだ。
そして、チョン嫌いという大義名分で自分自身の非人間さを徹底排除する事もなく
職場や地元で他人から批難される度に反省1つせずに、チョン批判に益々熱心になり、

新しいチョン批判スレやチョン罵倒スレを立ててはそこで自分の王国でも立てた気になる
馬鹿の非国民の似非愛国者がいる。

我々日本人はまずチョンは外敵としてこの国から消滅させる事と
日本人自身の中に潜む最低な民度の低さを持つ下劣国民を排除して叩きのめすべきである。

@最低なゴミクズ日本人を叩きのめす事!
A最低な在日チョンとチュンを叩きのめして追放する事!
これが護国の愛国心のある正しい国民の行うべき事である。



57 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 03:53:00 ID:gH7W+Pa8
細かい事気にすんな

58 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 04:03:05 ID:bMizQ0UC
>>56
> 誰かを罵倒していたいけれど自分の事は反省したくない。

これ、君自身のことでは?


59 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 08:46:54 ID:lYrk/MAi
>>56
>>56自身のことだろうけど、永久にその姿勢を貫くと君自身は崩壊する。
そこまでいかなくても苦痛を経験して放っておけば病気になり、結局は修正
しなければならない。
今のままでも君は幸福ではないはずだ。

60 :ルスラさんへ:2007/08/26(日) 12:30:15 ID:2JKrdIxq

東西南北の界王さまの世界(区域)

大界王さまの世界(区域)

東西南北の界王神さまの世界(区域【界王神界】)

大界王神さまの世界(区域)

とこういう感じで無限に続くらしいです


ドラゴンボールの世界では間違いなく 
こう↑いう構造になっているのですか?
ドラゴンボールの世界では1巻2巻〜と巻が進むにつれ
上記の矢印のように世界が広がってることは間違い
ないですか?

61 :ももこ:2007/08/26(日) 12:42:54 ID:2JKrdIxq

マスターは完了を繰り返して絶対完了に至る(神へ帰るより)
すなわち 絶対的な気づきに至りプロセスは完全終了するとある
その完了は永久永遠に取り消しにならないのだろうか?
気になるところではある
また マスターは他者の魂の課題に答えるため
親が子供との死別の別れを経験させるため 幼くして死ぬ
子供に生まれることもある
と いうことは他者の魂が課題が強姦拷問されるということも
ある場合 マスターは強姦拷問する役にもなるということなのだろうか?
その場合 マスターは強姦拷問したカルマを背負うことになるのだろうか?
そしてカルマが返り泣き叫ぶのであろうか?気になるところではある
しかし アランカルデックの霊の書では善人が悪党になって再生
することはない 善性は決して退化しない と書かれてます。
ならマスターになれば強姦拷問しなくてもいいのだろうか?
他者の魂の課題が強姦拷問されて闇を味わうとしたら 誰かが強姦強姦
しないといけないのではないだろうか?それとも加害者になる場合
(宇宙の視点では加害者も被害者もいないが)強姦拷問するということは
100パーセント決まってないのだろうか?気になるところではある
また明日の神67と375と神との対話3巻78ページの最初から 1から
はじめから やりなおす ということはどういうことなのだろうか?
まさかマスターになっても未熟霊からやり直すということなのだろうか?
プロセスは完全に完了したのにそんなことあるのだろうか?気になるところ
ではある。しかしアランカルデックの霊の書には進化した霊が退化することは
決してありません と書いてある。ではどういうことなのだろうか?気になる
ところではある

62 :600:2007/08/26(日) 13:30:55 ID:IeTYzCHk
>>あなたは 進化したとき 神になり 子つまり自分の意識の中に
>>霊の子を いくつも産むと思いますか?

私には答えが2つあるように思います。

1.
前に書いたように1つに戻ると親と同じ意識になるその逆を考えると
子に分かれる前は親と同じ意識だったということになります。
だから、既に子に分かれる前に霊の子を自分で産んでいるという
ことになると思います。

2.
1.で書いた親から離れた子が霊の子を産むようになるかと考えた
場合、親と同じ能力を持っていると思いますので、当然同じことを
するんじゃないですかね。

>>そしてその霊の子を通じて
>>セックス喧嘩喜び悲しみを同時に経験する 集合体になる つまり
>>神対の神のような存在になると思いますか?

どういう感覚なのかは当然ただの人間ですから判りようもないですが、
そうなるのではないですかね。あと親と意識が同じ状態になったとき
には既に経験しているとも言えると思います。


63 :600:2007/08/26(日) 13:34:53 ID:IeTYzCHk
続き

>>すぐ読めます あなたの見解は↑の二つのサイトの内容と
>>酷似してますか?
>>いろいろ詳しく書いてくださいね

そんなにたくさんの本を読んだわけではありませんが、もともとその
読んだ本やその他の情報への知りたいという気持ちを抑えるために
疑問に対してのひらめきをツギハギして繋げて自分を納得させた答え
です。

上の2つも少しだけ読んだことがあり、ヒラメキのもととなっている
情報ですから、同じようなものだと思います。

>>後 シルバーバーチは進化は永遠と行ってます

1つ1つこの世界を経験していきそれを全て経験しようとすれば無限に経験し続け
ることになると思いますでも収縮完了時に魂が満足すればそこで終わりだと思いま
す。この世界は永遠の私の拡大が出来る世界ということではないでしょうか?

>>また アランカルデックの霊の書では進化して完璧に浄化され尽くした
>>霊となり(永遠の?!)至福の境涯にたどり着くと言ってます
>>どちらが正しいのでしょうか?

永遠というのは今私たちが持っている時間の概念でのことですかね、
ならば永遠の過去から永遠の未来を作り出している魂そのものが親の魂と
融合(完璧に浄化)するのだからその魂の持つ世界はすべて永遠の至福の
境地ということになりますかね。

示しているものが違うだけでどちらが正しくどちらが間違っているという
こてではないような気がします。

64 :600:2007/08/26(日) 13:36:58 ID:IeTYzCHk
>>霊魂は輪廻を繰り返して
>>進化成長するらしいですが
>>後はどうなるのでしょうか?

一応前にも書いたのですが、求められるいる答えとは違っているという
ことだと思いますのでちょっとだけ違う書き方をします。

ーー 膨張過程・足りない部分を求める過程。
1.膨張が始まって最初の思考と認識が結びつき自分とは何なのかと疑問を
  持ちはじめる。
2.自分が自分を見ることは出来ないため、自分を見る目として無限の霊の
  子(霊の子という表現があったのでまねさせて頂きます。)を生む。

3.それぞれの子供に違った特性(欠けた部分・欲求)を与えそれぞれが違った
  選択をするようにする。
4.魂の分離(膨張)が始まり、子が子を産みさらに無限に細分化されていく。
  さらにそれぞれの魂の中でも子の魂の膨張・収縮が繰り返されていく。

ーー 収縮過程・求めて得た経験(記憶)の中和・相対のバランスの均等
5.子の魂の受け入れている範囲が次第に親の受け入れている範囲と同化し、
  親と1つになっていく。
6.収縮の最後の過程で自分を知りたいという欲求が消えていく(満足する。)
7.欲求によって拘束されていた神が全ての欲求から開放され、完全なる平安
  な状態となる。(収縮完了)

8.収縮の時のエネルギーの反作用でまた膨張が始まり、最初の思考と結びつく。

私が思うこの世界は要するに、収縮完了時にはその前の膨張時の欲求や記憶は
全て消え忘れ去ってしまうということ、そしてそれを永遠に繰り返すという
ことです。

65 :600さんへ:2007/08/26(日) 13:48:37 ID:2JKrdIxq

>>64
ええと>>51>>48>>50>>52>>53>>54
で あなたはこう考えているのですか?と聞いてます
そうなのか?そうでないのか?詳しく書いて欲しいのですが・・・
私の質問に沿った回答で お願いします

66 :600さんへ:2007/08/26(日) 13:49:26 ID:2JKrdIxq

すいません 書いてありましたね

67 :600さんへ:2007/08/26(日) 13:56:36 ID:2JKrdIxq

http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html

すぐ読めます あなたの見解は↑の二つのサイトの内容と
酷似してますか?
いろいろ詳しく書いてくださいね

後 >>52の?マークについて答えていただけませんか?
お願いします

68 :600:2007/08/26(日) 13:58:12 ID:IeTYzCHk
>>では>>7の完全な認識に到達した存在は 単なる一人の人間である
>>マスターのような存在だと あなたは思ってるのですか?
>>答えて欲しいです

1人の人間でありながらそれを私とはとらえず、まわりにいる人々も自分
ととらえることのできる人間になるのだと思います、だから感覚的には私で
はなく常に私たちという感覚でいる人だと思います。


69 :600:2007/08/26(日) 13:58:58 ID:IeTYzCHk
>>しかし>>7 
>>自分自身の 現実を創造して経験し その現実を拡大して探求し 自分の意識を新しい限界まで
>>ーあるいは際限なくひろげつつー現実を変化させ再創造していくと書かれてます
>>↑
>>この意識は無限に拡大する とはあなたは単なる肉体を持つ一人の人間が
>>できると思うのですか?あなたは この意識を無限に拡大する というのを
>>どのように解釈してるのですか?詳しくお願いします

私にも確かに全然疑問がないわけではないです、後は経験するしかないと思って
います、それとその状態を普通の人間では程遠いこととはとらえていません。(あく
まで私の考え方です。)
そしてそれを続けていくことで肉体に留まり続けることが出来なるなるのではない
かと思います。


70 :600:2007/08/26(日) 14:15:03 ID:IeTYzCHk
>>7
>>あなたは この若い魂になるということは最高に進化したのに
>>また 未熟霊に戻る とこう思いますか?それとも

最高に進化したととらえているものがひょっとすると天国さんと
私では違っているのかもしれません。
私は1つ魂の最高の進化は親の魂に帰ることだと思っています、
親の魂に帰れば親そのものの経験をすることになるのだと思いま
す、だから親の魂の感覚では未だこの経験をしてなかった、だから
この子に経験させようという感覚ではないでしょうか、そして親
と分かれた瞬間、子は自分の欲求(親から与えられた特性)にした
がって、経験をはじめるのだと思っています。

>>究極の認識に到達した後 若い魂 老いた魂両方生み出せる存在になると思いますか?
>>それとも 究極の認識に到達した後
>>拡大した意識の一部 が 未熟霊に戻る と つまり 究極の認識に到達した後は 創造神になり
>>分霊を通じて たくさんの経験を同時にする 存在になると思いますか?

>>62で書いたのが私の答えだったのですが、求められているものと違いましたか?

今日はここまでにさせてください。

71 :600さんへ:2007/08/26(日) 18:25:51 ID:2JKrdIxq
1.
前に書いたように1つに戻ると親と同じ意識になるその逆を考えると
子に分かれる前は親と同じ意識だったということになります。
だから、既に子に分かれる前に霊の子を自分で産んでいるという
ことになると思います。

私は少し見解が違います 子が子をどうやって産むのですか?
親が子を産むのではないですか?霊の子を産むとは 霊の意識の中に
霊を産み出す つまり分霊を出すのですよ
はじめは親と一体だったが われらは親から分離し その親から見れば
分霊 子 をいくつも出したと思いますが いかがでしょうか?
はじめは親と一体でその親が 自分の意識の中に 分霊を 意識を
いくつもつくり 未知の世界に われらを派遣したのでは?
で われら分霊は未知を既知として経験し 親(神)に戻った時 再び 神と
一体になりますが その時 われらは 自分の意識の中に 分霊を出し
つまり 自分の意識の中に 霊をいくつも産み 今度はわれらが分霊を通じて
経験する存在 つまりセックス喧嘩喜び悲しみなどを同時に経験する多次元の存在
になるのではないでしょうか?で 最初に俺らを生み出した 神 は
今は さらに大きな 大神になっているのではないでしょうか?
つまり 進化すると人間→神→大神→大大神→と無限の拡大を続けると思いますが
あなたはどう思いますか?
また神対1巻267〜268には あなたはわたしの子供でもあるが
わたしもまたある者のの子供である という文章をあなたはどう考えますか?
やはり 進化すると人間→神→大神→大大神→と無限の拡大を続けると思いますが
あなたはどう思いますか?


72 :600さんへ:2007/08/26(日) 18:39:56 ID:2JKrdIxq
>>71に関連して
1.
前に書いたように1つに戻ると親と同じ意識になるその逆を考えると
子に分かれる前は親と同じ意識だったということになります。
だから、既に子に分かれる前に霊の子を自分で産んでいるという
ことになると思います。

あなたはわれらが親と共にあった時 親でもある とこういう風に
解釈するのですか?分離する前は 親=われら と
だから われらが子を産んだと こういう解釈ですか?
しかしですね 分霊を出すということは 意識の中に霊の子をいくつも産む
ことだと思います はじめ われら=親ですが われら=親の意識の
中に 霊の子が生まれたと思いますよ だから その霊の子がわれらです
だから われわれは創造されたもの です われらは子です
親は意識の中に子を産むので 子は親を含みますが 親は子を含みません
だから はじめ われら=親 なので あなたは われわれが子を産んだ
と言いたいのですね?こういう解釈でよろしいか?
でも 次に親になるときは つまり 
われらは分霊です で そのわららの分霊が 神と一体になるときは
つまり 親の元に戻る時は ひとつの分霊がさらに分霊を産む こういう感じで
よろしいか?つまり はじめに親が3つの分霊を生み出します その分霊も成長して
さらに3つの分霊を生み出します その分霊は成長しさらに3つの分霊を生み出します
で 元の元の元の親は計27の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の元の親は 計9の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の親は 計3の魂の分霊を通じて経験する存在です 
こういう感じで 神は大神→大大神→と拡大し分霊をどんどん無限に出して
無限に成長する存在になるのではないか?と思うのですが 
あなたはどう思いますか?
>>67のサイトを読んでください またあなたの考えはその二つのサイトの考えと合致してますか?
後 >>61の質問にも答えて欲しいです


73 :↑↑↑:2007/08/26(日) 18:42:19 ID:2JKrdIxq

訂正 子は親を含みますが 親は子を含みません
   ↓
   親は子を含みますが 子は親を含みません

74 :600さんへ:2007/08/26(日) 18:43:51 ID:2JKrdIxq
>>72

訂正 

   子は親を含みますが 親は子を含みません
   ↓
   親は子を含みますが 子は親を含みません

75 :↑↓600さんへ↑↓:2007/08/26(日) 18:46:00 ID:2JKrdIxq
>>72 訂正 

>>71に関連して
1.
前に書いたように1つに戻ると親と同じ意識になるその逆を考えると
子に分かれる前は親と同じ意識だったということになります。
だから、既に子に分かれる前に霊の子を自分で産んでいるという
ことになると思います。

あなたはわれらが親と共にあった時 親でもある とこういう風に
解釈するのですか?分離する前は 親=われら と
だから われらが子を産んだと こういう解釈ですか?
しかしですね 分霊を出すということは 意識の中に霊の子をいくつも産む
ことだと思います はじめ われら=親ですが われら=親の意識の
中に 霊の子が生まれたと思いますよ だから その霊の子がわれらです
だから われわれは創造されたもの です われらは子です
親は意識の中に子を産むので 親は子を含みますが 子は親を含みません
だから はじめ われら=親 なので あなたは われわれが子を産んだ
と言いたいのですね?こういう解釈でよろしいか?
でも 次に親になるときは つまり 
われらは分霊です で そのわららの分霊が 神と一体になるときは
つまり 親の元に戻る時は ひとつの分霊がさらに分霊を産む こういう感じで
よろしいか?つまり はじめに親が3つの分霊を生み出します その分霊も成長して
さらに3つの分霊を生み出します その分霊は成長しさらに3つの分霊を生み出します
で 元の元の元の親は計27の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の元の親は 計9の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の親は 計3の魂の分霊を通じて経験する存在です 
こういう感じで 神は大神→大大神→と拡大し分霊をどんどん無限に出して
無限に成長する存在になるのではないか?と思うのですが 
あなたはどう思いますか?
>>67のサイトを読んでください またあなたの考えはその二つのサイトの考えと合致してますか?
後 >>61の質問にも答えて欲しいです

76 :600さんへ:2007/08/26(日) 19:22:02 ID:2JKrdIxq
>>7
>>あなたは この若い魂になるということは最高に進化したのに
>>また 未熟霊に戻る とこう思いますか?それとも

で とにかくあなたは 個の霊が親元に帰ってきたて一体と
なった後 その個の霊は また 未熟な霊魂に戻ると思うのですか?
どうなのですか?

最高に進化したととらえているものがひょっとすると天国さんと
私では違っているのかもしれません。
私は1つ魂の最高の進化は親の魂に帰ることだと思っています、

しかし 意識進化は無限です
つまり 親の元に帰っても さらに進化するのではないですか?
神へ帰る には マスターになった後はマスターを再定義する
乗り越えるバーとさらに高くし ゲームを続ける とあります
明日の神67ページにも意識進化は無限とあります あなたの言うことは
これに反してませんか?また67ページ375ページ神対3巻78ページ
の 最初から 1から はじめから というのはどういう意味だと思いますか?
マスターは循環が完了したのに また 未熟霊に戻ることだと思いますか?
あなたはどう思いますか?>>61



77 :600さんへ:2007/08/26(日) 19:24:25 ID:2JKrdIxq

親の魂に帰れば親そのものの経験をすることになるのだと思いま
す、だから親の魂の感覚では未だこの経験をしてなかった、だから
この子に経験させようという感覚ではないでしょうか、

それはあなたが親で その子をいうのはあなたの霊魂の中に←注
産まれた 霊の子 ですね?
親の元に帰った時 あなたは神になり 自分の意識の中に←注 いくつも
分霊を出して つまりあなたが意識の中に霊の子をいくつも産んで
セックス喧嘩悲しみ喜びなどを同時に経験する存在になる
ということですか?

そして親
と分かれた瞬間、子は自分の欲求(親から与えられた特性)にした
がって、経験をはじめるのだと思っています。

その親はあなたですか?その↑の子は あなたの意識の一部なのですか?
あなたの考えは>>71>>75のような考えでいいですか?
また あなたの考えは>>9>>51のような考えでよろしいか?

78 :600さんへ:2007/08/26(日) 19:34:44 ID:2JKrdIxq

1つ1つこの世界を経験していきそれを全て経験しようとすれば無限に経験し続け
ることになると思いますでも収縮完了時に魂が満足すればそこで終わりだと思いま
す。この世界は永遠の私の拡大が出来る世界ということではないでしょうか?

つまり われらは未知を既知として学ぶために 神から派遣された分霊である
で 進化して神に戻った後は また 分離の時期が始まると あなたもその分離に
あわせて 自分の意識の中に←注 子をつまり分霊を生み出し セックス喧嘩喜び
悲しみを同時に経験する多次元的存在になるということですか?
また>>7の若い魂老いた魂は あなたですか?あなたの中の一部 つまりあなたの子 
つまり あなた意識の中に←注 産みだされた霊の子 分霊ですか?
つまり あなたが神に戻った時 二度目の分離の時 経験の続きは
あなたの意識の中に生み出された子が経験する とこういう感じですか?
で あなたの考えの永遠の私の拡大とは>>75の後半のような意味ですか?

>>67のサイトを読んでください 
またあなたの考えはその二つのサイトの考えと合致してますか?

79 :600さんへ:2007/08/26(日) 19:42:18 ID:2JKrdIxq

1つ1つこの世界を経験していきそれを全て経験しようとすれば無限に経験し続け
ることになると思いますでも収縮完了時に魂が満足すればそこで終わりだと思いま
す。この世界は永遠の私の拡大が出来る世界ということではないでしょうか?

収縮の時期とは関係なく個霊は地上に4,5回生まれれば
それでもう十分なのです 後は個霊を含む類魂つまりオーバーソウルの
仲間が地上を経験します その仲間の経験を自分の経験とするのです
これが本当の輪廻転生です >>67のサイトを読んでください すぐ読めます
また あなたの言う永遠の拡大とは>>75の後半のような意味ですか?

80 :600さんへ:2007/08/26(日) 20:16:38 ID:2JKrdIxq
>>64
ーー 膨張過程・足りない部分を求める過程。
1.膨張が始まって最初の思考と認識が結びつき自分とは何なのかと疑問を
  持ちはじめる。
2.自分が自分を見ることは出来ないため、自分を見る目として無限の霊の
  子(霊の子という表現があったのでまねさせて頂きます。)を生む。
  ↑
  これは俺らの親である神は 自らの中に 霊の子を産んだ それが俺ら
  ですよね?

3.それぞれの子供に違った特性(欠けた部分・欲求)を与えそれぞれが違った
  選択をするようにする。
  ↑
  俺らの親つまり 神対の神ような存在が俺らを通じて経験
  するのですか?

4.魂の分離(膨張)が始まり、子が子を産みさらに無限に細分化されていく。
  さらにそれぞれの魂の中でも子の魂の膨張・収縮が繰り返されていく。
  ↑
 これは >>75の後半のような意味ですか?



81 :600さんへ:2007/08/26(日) 20:17:43 ID:2JKrdIxq
>>64

ーー 収縮過程・求めて得た経験(記憶)の中和・相対のバランスの均等
5.子の魂の受け入れている範囲が次第に親の受け入れている範囲と同化し、
  親と1つになっていく。
  ↑
 親と一体になっても自分が消えて一体となるわけではありませんよね?
 それは神対に書いてあります 個霊は個霊のまま一体になるのでは
 ありませんか?
 
6.収縮の最後の過程で自分を知りたいという欲求が消えていく(満足する。)
  ↑
  5に同じ

7.欲求によって拘束されていた神が全ての欲求から開放され、完全なる平安
  な状態となる。(収縮完了)
  ↑ 
  5に同じ



82 :600さんへ:2007/08/26(日) 20:23:02 ID:2JKrdIxq
>>64

8.収縮の時のエネルギーの反作用でまた膨張が始まり、最初の思考と結びつく。

しかし それだと >>75の後半のような意味と反しませんか?
↑の5をよく読んでください 一体になった後も個霊としての感覚は
あるのですよ その状態で一体なのですよ
はじめの親と一体と最後の親に一体は違いますよ 最初は未知を既知と
するために 俺らは派遣されたのですよ そこから進化して 神 親の元に
戻った時 最初とは違う成長した俺らになっているのですよ
あなたは はじめと終わりが同じだと思ってるのですか?はじめは
善悪を知らない白紙の純粋な魂 最後は善悪を通じて経験し成長した魂
ですよ ラムサもいってますよ 5次元存在の天使でも人間として善悪を
経験してない霊魂は 人間より進化してないと 人間は5次元より下ですが
それでも 下降して善悪を経験してない上位次元の天使より俺らは進化してる
のですよ あなたは せっかく善悪を経験して成長したのにそれが無駄という
意味ではないですか?あなたは未知を既知として経験して進化して神の元へ
戻ったのに 最初と同じ だとでも言うのですか?でも神の元へ戻った魂は
マスターと呼ばれ 幻想の循環を完了しサイクルの一部が終わっただけである
と書いてありますよ 神対に で マスターになったらその後は宇宙すべてを
悟りに導く仕事をするのですよ あなたは進化してマスターになった存在が
神に元へ戻った時 分離の時期になったら またマスターであることを放棄し
幻想の完了を放棄し 循環のプロセスを完了したマスターがその完了を放棄なんて
できるとあなたは思うのですか?であなたは完了を放棄して また 未熟霊に戻り
はじめからまた 善悪をたくさん経験し それから神の元へ戻り また分離の
時期が来た後 また未熟霊に戻りと 終わりのない永劫回帰をするとでも言うのですか?
それだと 進化 は 誰が誰より進化してるということには意味がなくなりませんか?


83 :600さんへ:2007/08/26(日) 20:24:01 ID:2JKrdIxq
>>64
>>82の続き

はじめ俺らが子として派遣されたのは未知を既知とするためですよ
あなたは せっかく白紙の状態から未知を既知として経験し善悪を学んだ霊魂
が また 白紙の状態に戻ると思うのですか?では ラムサの言う 人間は善悪を経験してない
上位次元の天使より進化してる という言葉の意味を失いませんか?
最初は 未知だから下降して様々な経験をしたのですよ なんでまたもう一度
未熟霊に戻りまた善悪を経験するのですか?それだと全然成長も進化もしてないでは
ないですか?俺は未知を既知として学んだ後 神に戻った時 今度は
俺が神になり 俺らの意識の中に霊魂を生み出し
セックス喧嘩喜び悲しみを同時に経験する多次元的存在に
なるのではないですか?で お俺らを生み出した神は俺が神に戻った時は
大神になってさらに進化するのではないですか?つまり俺らは
進化すると 人間→神→大神→大大神→無限 という永遠の拡大が
あるのではないですか?また神対1巻267〜268には あなたはわたしの子供でもあるが
わたしもまたある者のの子供である という文章をあなたはどう考えますか?
やはり 進化すると人間→神→大神→大大神→と無限の拡大を続けると思いますが
あなたはどう思いますか?あなたは 人間→神→人間→神 と永遠の循環をしてる
と思うのですか?われらは神対の神のような存在になれるのではないですか?
で さらにそこから進化すると大神になるのではないですか?>>75
あなたは 私は1つ魂の最高の進化は親の魂に帰ることだと思っています
と言ってますが 意識進化は無限にあり マスターになってもさらに上のレベル
の向上があるのですよ だから神に戻るのは 幻想の循環が完了しただけ で
あるだけではないですか?その後の続きもあるのではないですか?
あなたは私のたくさんの文章を読んでどう思いますか?

84 :600さんへ:2007/08/26(日) 20:43:47 ID:2JKrdIxq
>>64
私が思うこの世界は要するに、収縮完了時にはその前の膨張時の欲求や記憶は
全て消え忘れ去ってしまうということ、そしてそれを永遠に繰り返すという
ことです。

>>82>>83 と同じ 

あなたは進化しても神と一体になった後はまた未熟霊に戻り闇を経験する
と思うのですか?それの永劫回帰だと?地獄じゃないですか?
>>82>>83 を読んでもそう思いますか?あなたの言うことは矛盾が多くないですか?



85 :600さんへ:2007/08/26(日) 20:49:15 ID:2JKrdIxq

>>64
  2.自分が自分を見ることは出来ないため、自分を見る目として無限の霊の
  子(霊の子という表現があったのでまねさせて頂きます。)を生む。
  ↑
 その無限の子は さらに無限の子を産むのですか?
 しかしですね 成長してない霊の子が霊の子を産むのは不可能だと
 思いませんか?順序を無視など霊魂にもできないと思いますよ
 その無限の子は 進化して 神の元へ戻った時 無限の子はさらに
 無限の子を産むのではないですか?つまり

はじめに親(神)が3つの分霊を生み出します その分霊が俺らだとしますよ
で その分霊である俺らも成長して 親(神)の元へ戻った時
俺らは3つの分霊 子 を生み出します その俺らの子である分霊は成長し神(俺ら)に戻った時
つまり 俺ら(神)の元に戻った時 さらに3つの分霊 子を生み出します
で この時 俺らは計9の魂を通じて 9の現実を同時に経験する多次元的存在になります
つまり 元の元の元の親(つまり俺らを生み出した親、大大神)は計27の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の元の親(俺ら、大神)は 計9の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の親(俺らの子、神)は 計3の魂の分霊を通じて経験する存在です
で 俺ら(大神)の子の子は 今 俺らが経験してる神でない未知を既知をして経験している
最中の未熟な霊魂です。わかりますか?俺の言ってることが。。。 
こういう感じで 神は人間→神→大神→大大神→と拡大し分霊をどんどん無限に出して
無限に成長する存在になるのではないか?と思うのですが 
あなたはどう思いますか?

つまり魂の膨張一回目は子(←俺ら) で 収縮してまた魂の膨張2回目の時
俺らは子を産む神になる でまた収縮して3回目の膨張の時俺らの
子が子を産むので俺らは大神になる こんな感じで 人間→神→大神
→大大神→無間とこんな感じです わかりましたか?
どう思いますか?あなたは

86 :ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/26(日) 20:53:45 ID:2JKrdIxq

ルスラさんや皆様の意見もどんどん聞きたいです

どんどん このスレに書いてくださいね

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html


http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/




87 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 23:05:05 ID:v1UOYq4M
>>71-86  ここでちんぽしゃぶりたいのか?隔離場所へ戻れ
>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1187776351/l50

_ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::.     ..:::;;;ヽ
       /::.      ..::;;;;ヽ     
     /::.        ..::::;;;;i
     (::.        ..::;;;丿     
      >::...___..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|           
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
      |:::   .i !   ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::  ( ヽ  ..::;;;;;|
      ( \  l. |  ..:;;;;;;|
      |::\∨丿 ″..:;;;;;|
      |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|
    .彡.|:::   | ! .....:::;;;;;|ゞ巛ミ

88 :神も仏も名無しさん:2007/08/26(日) 23:13:33 ID:NLW3ACqX

http://blog.livedoor.jp/con5151/
『神との対話』もいいですが、『生命の實相』を読むと、『神との対話』がより深く
理解できましたよ。

89 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 11:44:04 ID:oEDwMKUW
若者達の青春物語、正義のミカタ(本多孝好著)は
神対読者にお薦めの本。

とくに物語の最後、主人公の新たな挑戦は
神対を理解してないと共感しにくい思う。

90 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 13:19:53 ID:MnNO94/m
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1137375209/
だってさ。金に困ってるんだろ。

91 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 13:29:46 ID:MnNO94/m
困ってるというより、
もしかしたら味をしめてるかもな。
単に天然かもしれんが…

そもそも大抵の人は言われなくたって解ってる事だろ。
商品は奇麗事を語らず商品らしくしていて欲しいものだな。
商品の癖に人生まで左右された日にはたまらん。

多くの人が読んでくれるからってどさくさ紛れに
思想を入れたらただの洗脳だろ。
しかも金まで取ってだ。

つまり物事や善悪の分別無い奴かもな。

92 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 13:31:33 ID:MnNO94/m
87も下品で分別無いな。変な絵描くなよ。無差別テロ

93 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 13:53:09 ID:MnNO94/m
悪い人はこの人です。>>507
http://book.2ch.net/books/kako/1036/10362/1036291481.html

ここのスレタイもわざわざ星マーク沢山つけて
積極的売り込みに迷惑でウザイのです。

94 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/27(月) 16:27:32 ID:QgU1ay2X

神対1巻45
霊の子供たちは自らを体験的に知りたがった(わたしがそうだったように)
と書いてある これを皆様はどう解釈する?
神対の神も遥か昔 霊の子だったのか?神対の神も遥か昔 人間だったのか?
そういうことなのだろうか?
また 
神対1巻267〜268 あなたはわたしの子供だがわたしもまた
べつの者の子供である という部分がある
これは一体どういう意味なのだろうか?
われわれは進化すると 霊の子(人間)→神→大神→大大神→という無限の
拡大なのだろうか?

95 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 17:07:25 ID:lYYh6VyM
>>90
「全宇宙全生命永久永遠の大天国」=「86 :ルスラさんへ また皆様へ(大天国君)」ですか?
・・・神との対話の書籍は詐欺だと言っておいて、片方では、「神との対話」の内容を啓蒙しているのか?
まるで、ジキルとハイドではないか?

>>http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1137375209/
1 :全宇宙全生命永久永遠の大天国 :2006/01/16(月) 10:33:29 ID:QkMxrRug

96 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/27(月) 17:55:09 ID:QgU1ay2X

神との対話は 詐欺というより
抽象的すぎて 内容がわかりにくいという意味
また 低次元の天国 つまり 地獄や悪霊についてわざと
書いてないなどそういう部分を批判している
また 神との対話は宇宙の一部の話しかしてない

97 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 19:28:33 ID:lYYh6VyM
>>96
そうか。それならば適当に頑張れ。俺は関心ないけど。

98 :↑↑↑:2007/08/27(月) 19:33:30 ID:QgU1ay2X
とにかく はじめの方からすべて読んでくれ そして
600さんへ とか ルスラさんへ 皆様への
俺らの対話を読んでくれ で その内容についていろいろ書いて
くれないか?

99 :ももこ:2007/08/27(月) 19:45:28 ID:QgU1ay2X
>>94
神は 俺らを通じて体験している と書いてあるが
わたしは苦しみを選ばないと書いてある これは一体どういうことか?
神対に神は 一体どんな存在なのか?神が すべての人の苦しみを経験してるならば
拷問されてる人の苦しみも経験してるなら苦しくて二ールと対話できないでは
ないか?神が すべての人の苦しみを今この瞬間にも経験してるなら 地獄ではないか?
しかし わたしは苦しみを選ばないとはっきり言ってる では われらを通じて
経験する とはたとえば俺が強姦にあったら神は強姦の苦しみをするのか?
なら 世界では拷問が多いが その苦しみを今この瞬間にも起きてるので なぜ冷静でいられる?
おかしいではないか?神は 俺らと通じてというが 霊魂の部分だけで 経験してるのでは
ないか?だから苦しまないのではないか?あなたはの一部である爪をはがされたら
痛くて対話できるのか?できないだろう?
神の一部である 俺らが苦しめば
神はなぜ平然と 二ールと対話できる?やはり神は 俺らの霊魂のみ を通じて
経験して 俺らの精神身体的苦しみを経験してないのではないだろうか?
神対の神は元 人間だったのだろうか?気になるところではある
あなたは 神がすべての人の苦しみを経験してるという なら なぜ神は平然と
二ールとしゃべれるのだ?苦しくて対話どころではないはずだ?それにもしも
神がすべての人の苦しみを経験するなら 誰も神になんかなりたくないだろう?
拷問ではないか?それは。二ールのホームページに わたしは人間を観察し
介入しない神である わたしの仕事は宇宙を創ることが仕事だと言ってる しかし
われらを生み出したのは神ではないのか?未熟な霊魂を産んだのか神ではないのか?
戦争や虐殺が起きるのはわれらの霊魂が未熟だから起きるのだが それを産んだのか神
ではないのか?俺らをほかっておくのは無責任ではないのか?

100 :↑↑↑:2007/08/27(月) 19:46:43 ID:QgU1ay2X
>>94
俺らだけ苦しんで 神は一度たりたも 人間である本当の苦しみ
ただの一人の人間としての 肉体的精神的苦しみを経験して
ないのではないか?
神は 永遠で 動かない動かし手であるだけの集合体なのか?
神対の神は 一体どんな存在だ 意志はあるのか?
わたしは苦しみを選ばないと言ってるが 俺らは苦しみを経験する
ものは多い これは一体どういうことだ?
神が俺らを通じて経験して その俺らが苦しみを経験するなら
神は苦しみを経験するということではないのか?しかし わたしは苦しみ
を選ばないと書いてある これはどういうことなのだろうか?
神にも選択や意志があり 自分の現実を創造して かつまた
俺らを通じて経験する集合体なのだろうか?神は自分の現実と神のすべてで
ある集合体の現実 この二つを同時に経験する存在なのか?しかし
あなたの意志がわたしの意志であるというなら 宇宙の住むすべて生物の
意志が 神の意志ということになる しかし その生物の中には苦しい経験
をしてるものは無限にあるだろう なぜ なぜ神はそれらの生物を通じて
経験してるのに わたしは苦しみを選ばないというのか 理解できない

101 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 21:06:15 ID:k8QiOMey
>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1187748231/

510 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:41:28 ID:NPVRvkHl
主婦殿へ  やめてよー!?俺、霊とかマジ怖いんだからー。

511 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:45:40 ID:NPVRvkHl
バカやろー!!空気と流れは見てるだけじゃダメだ。自らの力で作るのだ!
例えば俺の放屁のようになぁ!!
ぶっひょっひょ〜!ブヒブヒぶーっ!ぶびぶぶーっ!!
ブピっ! あっ・・・、何か・・・、出たかも。

514 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:53:20 ID:NPVRvkHl
ダメみたい。パンティーまでいってるわ・・・。
恥ずかしー!!もう生きていけないよ!! お前等のイジメ最低だな!?

516 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:59:39 ID:x0C6rJap
↑誰か相手して欲しいいんだって

518 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 12:00:29 ID:NPVRvkHl
やっぱ俺、死んだ方がいい?

519 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 12:02:50 ID:6NOWCi6S
神よ、どうした?

522 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 12:05:18 ID:NPVRvkHl
>>519 あいつらにウンコもらさせられた。

102 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 21:13:51 ID:LCcjc9On
すみません、ここ何のスレですか

103 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 22:46:13 ID:k8QiOMey
>>100-102

104 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 08:51:59 ID:rM9KntRB
亀との対話

105 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 18:47:38 ID:v/wBpUWj
>>85-104

106 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/28(火) 18:52:40 ID:HZwmXZPt
>>94
神対1巻45
霊の子供たちは自らを体験的に知りたがった(わたしがそうだったように)
と書いてある これを皆様はどう解釈する?
神対の神も遥か昔 霊の子だったのか?神対の神も遥か昔 人間だったのか?
そういうことなのだろうか?
また 
神対1巻267〜268 あなたはわたしの子供だがわたしもまた
べつの者の子供である という部分がある
これは一体どういう意味なのだろうか?
われわれは進化すると 霊の子(人間)→神→大神→大大神→という無限の
拡大なのだろうか?
つまり 魂の膨張と収縮で人間→神になり 2回目の膨張と収縮で→神→大神
になり3回目の膨張と収縮で→大神→大大神 
と無限の拡大が続くのではないでしょうか?

107 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 19:07:31 ID:rM9KntRB
よくわからんが、何でその事をそんなに気にするんだ?
実際に何であろうとも確認する術はないんだから誰にも
何も言えないだろう。仮にわかっている人がいたとして、
その事をここに書いたとしてもそれが本当の事なのかを
確認出来ないだろう(出来るのか? しかしだったら最初
から人に聞く必要はないよな)。確認出来ないなら聞い
ても意味がないと思うが。

108 :600さんへ ルスラさんへ また皆様へ:2007/08/28(火) 22:02:29 ID:HZwmXZPt

マスターの中には 悲しみを経験するという他者の課題の
経験に役立つために 赤子の時 死ぬというのを選択するものも
いるだろう が 課題が強姦されてたい 罰せられたいという課題を
持つ者がいた場合 マスターが 強姦強姦魔として 転生し
強姦とかするのだろうか?気になるところである その場合でも
因果は返り苦しい思いをするのだろうか?気になるところではある
しかし マスターになれば次からは 絶対的な
気づきを経験した人生を送る そこで師などと呼ばれる また 高度に進化
した存在は幻想を再び生きない 過去を観察し 本当の自分を知る また
アランカルデックの霊の書には 進化と停滞があるのみで退化は決してない
進化した霊が退化することはない 善性は決して退化せず 善人が悪党に生まれる
ことはない という文章に矛盾するなあ
では 一体どういうことなのだろうか?マスターの次の人生が
絶対的な気づきを得て人生を送る その中にはマスターへの最終段階の身体を
選ぶ者がいると書いてある 最終段階なら霊魂が発達してるので強姦拷問など
しないと思うし 絶対的な気づきの人生を送る者が 強姦などするとは思えない
気づきは 自分と他者が一体だ ということだし 強姦などしたら 他者に
気づきを与えることも模範となることもできないではないか?では もし他者が
強姦を通じて罰せられたいという課題を持った時 マスターはそれには関わらない
のだろうか?どう思う?また強姦する者は 新たに宇宙に発生した未熟霊がやるつまり
あまり進化してない霊魂が強姦をすると思うが 皆様はどう思う?

109 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 22:27:20 ID:rM9KntRB
いくら理屈を捏ね回しても結論は出ないぞ。何をどうひねっても
裏付けは取れないんだから。魂が成長した者になら分かるという
のであれば自分が成長するまで待て。そうすれば自分で全部分かるだろう。

110 :↑↑↑:2007/08/28(火) 22:37:26 ID:HZwmXZPt
今 理解したいのです
でも みんなの考えを取り入れることで
そこそこはわかる部分もあります
あなたも参加してください
ここにいろいろ書き込んでください
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

111 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 23:27:23 ID:qg9twNO4
流れを読まずに柿子

読みました、本屋に行ってなんのきなしに手にとって見たら面白そうだったので買って。
かなり感銘を受けました、神さまに関して腑に落ちなかった所がすっきりしました。
夢中になって一気に読みました、第3巻の宇宙人のところはどーでもよかったんで飛ばしましたが・・・

気になる点がいくつか
・結局自殺もありって事?神は特に否定もしてなかった。
・自縛霊とか幽霊はどういう解釈かな?作者がアメリカ人だからそういうのはきにしなかったのか?
・お稲荷さんとかの自然霊、出雲大社や浅間大社などの霊は、つまり神の言うところの上級の霊?

あと、全くドーデもいい話ですが
神の言い方が、オシム監督にそっくりで、オシムをみると神を思い出し、
神のせりふを読むとオシムを思い出し・・・w


112 :偽神様:2007/08/29(水) 01:27:33 ID:OGN7DAp8
>>110
それでは神対の神のような感じで書いてあげよう。(答えではないが)

あなたは忘れているだけで、本当は自分で全部知っている。中々思い出せないのは
理由があって、現時点ではその状態でいいのだ。もちろん答えは自分で思い出す
必要がある。他人がそのものずばりの答えを書いたとしても自分の経験が伴わな
ければ真実かどうかは判断できないだろう。だから人に答えを聞いても無駄だ。
人に聞くのではなく自分自身が世界から感じ取ったことを元にして自分の力で真実を
掴まねばならない。そうしなければ完全に思い出すことはできない。


113 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 12:56:26 ID:N07rq2/b
「神」とは、人間が創った概念にすぎない

114 :600:2007/08/29(水) 13:29:54 ID:fyQIJEVN
>>あなたはわれらが親と共にあった時 親でもある とこういう風に
>>          :
>>と言いたいのですね?こういう解釈でよろしいか?

私たちは1つのものだという考え方を基本に考えています、便宜上分かれたとか
分離したとか1つに戻るとかは使いますが、もともとは1つとかいずれ1つに戻る
とかではなく今も1つだと思います、それを分かれたように感じている
のはそれぞれに与えられた特性(欲求)の違いによってではないかと思います。
親へと戻り、1つになれば特性は消え親と同じ特性になると思います、1つで
ある私たちは同じ特性を持った存在では分かれて存在することが出来ないので
はないですかね。

この考えがもとにあるから今の人生は自分で決めたことだと私は納得することが
出来ます。誰かのせいにする気持ちも半減されました。

>>でも 次に親になるときは つまり 
>> :
>>あなたはどう思いますか?

膨張(縮小)・収縮(拡大)を繰り返しながら親の魂も収縮(拡大)していくのでは
ないかと考えます、その親もさらに膨張・収縮をつづけながら親の親も収縮(拡大)
していくと思います。
それが最初の魂(神?)まで無限に続いているのではないですかね、そしてその神も
例外なく膨張し収縮するのではないですかね。

115 :600:2007/08/29(水) 13:35:00 ID:fyQIJEVN
>>収縮の時期とは関係なく個霊は地上に4,5回生まれれば
>>それでもう十分なのです 後は個霊を含む類魂つまりオーバーソウルの
>>仲間が地上を経験します その仲間の経験を自分の経験とするのです
>>これが本当の輪廻転生です 

そうですか、なら私の考えは間違いということになります。

今ひらめいたのでそれを書きます。
オーバーソウルは人間である私にとっては親ということになるのでしょうか?
そうした場合に人間の一生が膨張・収縮として1つの経験が終わる、私は受け入れる
範囲がしだいに親と同化すると考えていたことに当てはめると人間の死が
おとずれるときにはとても親と同じだとは思えないのでそうではないようですね。
ということは死の時に爆発的に親との同化が進むか死のあとにしばらく自我は残り
徐々に同化するかということになるのですかね。


116 :600:2007/08/29(水) 13:36:15 ID:fyQIJEVN
>>しかし それだと >>75の後半のような意味と反しませんか?
>>↑の5をよく読んでください 一体になった後も個霊としての感覚は
>>あるのですよ その状態で一体なのですよ

自分なりに答えを出すまでは個の集まりとしてひとつで隣あう違う個霊たち
がいるという感じに思っていました。
死後1つになっても個しての感覚は残るむしろ今よりはっきりしていると
何かで読んでいたからそう思ったのだと思います、あと1つになって今
の自分としての個がなくなる恐怖のようなものもあってそれを強く受け入れ
ていたような気がします。

今の考えは親はもともと私(私たち)であり、人間が足を意識すれば足の
感覚を感じ手を意識すれば手の感覚を感じるのと同じように親としての
自分が個の感覚を意識することが出来る、でも意識そのものは私1つでし
かない、そう考えています。もう昔に考えたことだから何からそう考える
ようになったかはもうぼやけているのですが、おそらく、神との対話の中に
やがて自分をいくつもに分けられることに気づく(このまんまの文章だったか
は判らないのですが。)、というのもこの考えになったきっかけだったので
はないかと思います。


117 :600:2007/08/29(水) 13:40:04 ID:fyQIJEVN
>>はじめの親と一体と最後の親に一体は違いますよ 最初は未知を既知と
>>するために 俺らは派遣されたのですよ
 
私は未知の状態が作られたと考えます、絶対の世界には既にある、そこを
それぞれの魂が特性にそって決められた受け入れられる範囲をなぞって
少しずつ見ているのだと思います。

私には同じに見えます、はじめの親も子に特性を与えそれぞれの経験をさ
せようとしている最後の親?(私たちの親ということになるのですか?)
も私たちに特性を与え人生を経験させている。
どちらもその魂が受け入れている範囲をなぞって少しずつ見ていること
に変わりないと思います。親に帰ればそれは既に知っていたこと。
知らない状態で経験することに意味があるのではないですかね。

>>そこから進化して 神 親の元に
>>戻った時 最初とは違う成長した俺らになっているのですよ
>>あなたは はじめと終わりが同じだと思ってるのですか?

親から離れ親へ戻る、そういう意味では同じだと思います。


118 :600:2007/08/29(水) 13:48:28 ID:fyQIJEVN
>>善悪を知らない白紙の純粋な魂 最後は善悪を通じて経験し成長した魂
>> :
>>マスターと呼ばれ 幻想の循環を完了しサイクルの一部が終わっただけである

ひらめいたことを書きます。
オーバーソウルのところで書いた人生をもとに考えるとすると。
私たちは既に過去を忘れ人生を送り死を迎える、そしてまた次の人生ではせっかく
過去に経験したであろう記憶のない状態で生まれる、確かにその人の自我自体はい
ままでの過去の人生によって受け入れる範囲は広くなるのでしょうが。

この人生を最小のサイクルと考えた場合、それを造った魂は自分と同じようなもの
として人を作ったと思います、ならば逆に考えると人生の膨張・収縮ではその都度
白紙に戻しているわけですから、親も同じようにその親の親に戻り、また再度若い
魂として経験する場合には白紙に戻るのではないでしょうか?
でも、それまでの忘れた状態で経験したことはその親の中に留まっていると思います。

>>あなたは進化しても神と一体になった後はまた未熟霊に戻り闇を経験する
>>と思うのですか?それの永劫回帰だと?地獄じゃないですか?

人間でいる以上それは嫌だと考えます、だから永遠に進化の道
を歩き、もう戻らないと考えるのは人それぞれでいいのではないでしょうか?

地獄じゃないかと聞かれれば地獄ですね、でも私は膨張・収縮があると考えいます。

どう感じるかという質問を私に天国さんが問われているとするなら、私としては
当然人間である私は苦痛もいやですし、耐えられない悲しみもいやです、それと
同時に個として全てを忘れた状態として経験できる他人との関係も経験できなる
なるのも寂しいです、恋愛・友情・子供への愛などは1つであることを忘れてい
るからこそ出来ることだと思います。
私たちがこのまま進化しもう人間としての経験するとこはこの先ないとするならば
それはもう2度と出来なくなってしまう。


119 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 13:53:43 ID:N07rq2/b
>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1187748231/

683 :神も仏も名無しさん:2007/08/27(月) 15:36:06 ID:/gTPnf6E
神がいるのならなぜ世界を正さないのか?
また、一生懸命やってる人間がいるのになぜ絶対悪といえる人が罰せられないのか?


684 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/27(月) 16:07:00 ID:lGq4vSOf
>>683
↑善悪なんて人間が決めた事じゃん。

躾してない犬が花に気を使って歩くか?
花を美しいと思わなければ人間も花を踏みにじって生きるんだよ。

善悪関係なく。

俺がとやかく言う問題じゃないね。

120 :ルスラ:2007/08/29(水) 14:02:29 ID:Hm8uNAn9
ももこさんへ   

>>51
こう考えていいと思います。

>>60
こういう構造になっていて、巻が進むにつれて矢印のように世界が広がっていることは
間違いないのですが、このような構造についてのことがメインのストーリーではないと思います。

あと、私見ですが、究極の認識が未熟霊になるという考えについてですが、例えばラムサの言う7天
の存在が、7天の自分の存在を知るため(または経験するため)には、6天5天4天3天2天1天の存在が
必要です。同時に6天が自分の存在を知るためには、7天5天4天3天2天1天が必要です。同時に5天
が自分の存在を知るためには7天6天4天3天2天1天の存在が必要です。とばして1天が自分の存在を
知るためには7天6天5天4天3天2天の存在が必要です。おそらく最大と最小は無限なのでしょうが…。
このようにして自分を知るため経験するためには上下の存在が必要なのではないでしょうか。

あと苦しみについてですが、神はもう知っているから経験しなくてもいいのではないでしょうか。



121 :600:2007/08/29(水) 14:14:57 ID:fyQIJEVN
続き

私は追求をしているわけではなく昔考えていたことを書いているだけ
です。
私は新しい知識を得て今の考えを再検討する意思はいまのところないです、
何か矛盾するところがある場合、答えられるものは答え、その場でひらめい
たことも書きます、でも考えなおしたりはしないので何かを進められて
も読むことはないと思います。
それはかんべんしてもらえるでしょうか?

感想・思っていることを書いてくださいという天国さんへの
返答として書いています。

私の考えに正しい答えを求められているのであれば、私は天国さんのお役に
はたてません。

どうしましょうか?続けますか、それともここで終わりにしましょうか?
天国さんの望まれる方でいいです。

私もまた最近知りたいという欲求が抑えられなくなっていたことろでした、
ここで書き込むことで発散できたので大変助かりました。


122 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 14:38:23 ID:N07rq2/b
>>95-96>>108

210 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:55:51 ID:Oq8wpC55
このスレも朝までの命ムチャクチャ言ってやる!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!
かかって来たまえ↓


211 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:58:41 ID:Oq8wpC55
>>209 母ちゃんに顔射されたのに逃げるのか? とんだ腑抜けだな?
ほっといたらお前の母ちゃんどうなっても知らないぞ〜!?
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!


212 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:02:51 ID:Oq8wpC55
>>209 お前の母ちゃん俺に顔射されて泣いてるよ?
得意の顔射芸がなぜかお前の母ちゃん以外に決まらないなぁ。
なぜかわかる?お前の母ちゃんは特別淫売だからさ!!
ぶっきゃっきゃ〜!!ブヒブヒブーッ!!
ん?なんだ?か細い声が聞こえないか?みんな?
↓かかって来たまえ。


213 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:06:26 ID:Oq8wpC55
びびってる〜!! ヒューヒュー♪ ↓かかってきたまえ!
嘘じゃ!言い逃げかましたる。 おやすみ〜!
もうお前らと話す事など無い! つーか、最初からない!!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ! 顔曲がってんぞ?

123 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 14:42:52 ID:V35rwVK2
下級悪魔のたまり場みぃつけたぁ

124 :600さんへ:2007/08/29(水) 17:17:28 ID:SYHSUWxm

どうしましょうか?続けますか、それともここで終わりにしましょうか?
天国さんの望まれる方でいいです。

どんどん書いてください

私もまた最近知りたいという欲求が抑えられなくなっていたことろでした、
ここで書き込むことで発散できたので大変助かりました

どんどん書いてください

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html

私は新しい知識を得て今の考えを再検討する意思はいまのところないです、
何か矛盾するところがある場合、答えられるものは答え、その場でひらめい
たことも書きます、でも考えなおしたりはしないので何かを進められて
も読むことはないと思います。
それはかんべんしてもらえるでしょうか?

別にいいですが もし気がむいたら上記のサイトを読んでください
その方が共通点ができて話やすいので

125 :600さんへ:2007/08/29(水) 20:06:56 ID:SYHSUWxm
あなたは
>>51のような考えですか?


126 :600さんへ:2007/08/29(水) 20:07:28 ID:SYHSUWxm

あなたは
>>51のような考えですか?

127 :600さんへ また皆様へ:2007/08/29(水) 20:32:57 ID:SYHSUWxm

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html


128 :600さんへ また皆様へ:2007/08/29(水) 20:53:58 ID:SYHSUWxm

>>61>>108>>106の質問などにも
答えてください
あなたは
>>51のような考えですか?

>>あなたは進化しても神と一体になった後はまた未熟霊に戻り闇を経験する
>>と思うのですか?それの永劫回帰だと?地獄じゃないですか?

人間でいる以上それは嫌だと考えます、だから永遠に進化の道
を歩き、もう戻らないと考えるのは人それぞれでいいのではないでしょうか?

で あなたはどう考えているのですか?

地獄じゃないかと聞かれれば地獄ですね、
でも私は膨張・収縮があると考えいます。

とにかく あなたは進化しても神と一体になった後はまた未熟霊に戻り闇を経験する
と思うのですか?答えてください

また あなたは 進化し神に戻った後 その個霊が また未熟な霊に
戻ると考えているのですか?それとも 進化し 神に戻った後
あなたの一部経験すると思いますか? つまり 
進化し 神に戻った後 あなたの中に産み出された 霊の子 つまり分霊
が 未熟霊としての経験をすると思いますか?答えてください


129 :600さんへ また皆様へ:2007/08/29(水) 21:07:57 ID:SYHSUWxm
>>114
膨張(縮小)・収縮(拡大)を繰り返しながら親の魂も収縮(拡大)していくのでは
ないかと考えます、その親もさらに膨張・収縮をつづけながら親の親も収縮(拡大)
していくと思います。
それが最初の魂(神?)まで無限に続いているのではないですかね、そしてその神も
例外なく膨張し収縮するのではないですかね。

最初の魂(神?)に戻った後はどうなるのですか?詳しく答えてください
それか 最初などなく永遠に続くのではないですか?
>>7参照 だが すべての魂は最初に創られたぶんの一部だ というのを
あなたはどう解釈しますか?
私は↓のように解釈します
はじめに親(神)が3つの分霊を生み出します その分霊が俺らだとしますよ
で その分霊である俺らも成長して 親(神)の元へ戻った時
俺らは3つの分霊 子 を生み出します その俺らの子である分霊は成長し神(俺ら)に戻った時
つまり 俺ら(神)の元に戻った時 さらに3つの分霊 子を生み出します
で この時 俺らは計9の魂を通じて 9の現実を同時に経験する多次元的存在になります
つまり 元の元の元の親(つまり俺らを生み出した親、大大神)は計27の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の元の親(俺ら、大神)は 計9の魂の分霊を通じて経験する存在です 
元の親(俺らの子、神)は 計3の魂の分霊を通じて経験する存在です
これが >>7参照 だが すべての魂は最初に創られたぶんの一部だ と私は解釈
してます あなたはどう解釈してますか?



130 :↑↑↑:2007/08/29(水) 21:09:01 ID:SYHSUWxm
>>114  で 俺ら(大神)の子の子は 今 俺らが経験してる神でない未知を既知をして経験している
最中の未熟な霊魂です。わかりますか?俺の言ってることが。。。 
こういう感じで 神は人間→神→大神→大大神→と拡大し分霊をどんどん無限に出して
無限に成長する存在になるのではないか?と思うのですが 
あなたはどう思いますか?

それは われわれは進化すると 霊の子(人間)→神→大神→大大神→という無限の
拡大なのだろうか?
つまり 魂の膨張と収縮で人間→神になり 2回目の膨張と収縮で→神→大神
になり3回目の膨張と収縮で→大神→大大神 
と無限の拡大が続くのではないでしょうか?
あなたはこのように解釈してるのですか?

で あなたは>>7参照の 若い魂になる老いた魂になるのは
進化し神に戻った後 その個霊が また若い魂や老いた魂に
戻ると考えているのですか?それとも 個霊が進化し 神に戻った後
神と一体化した個霊が自らの中子を産むつまりあなたの霊一部分だけが経験すると思いますか? つまり 
進化し 神に戻った後 あなたの中に産み出された 霊の子 つまり分霊
が 若い魂や老いた魂としての経験をすると思いますか?答えてください


131 :600さんへ また皆様へ:2007/08/29(水) 21:18:55 ID:SYHSUWxm
>>115
>>収縮の時期とは関係なく個霊は地上に4,5回生まれれば
>>それでもう十分なのです 後は個霊を含む類魂つまりオーバーソウルの
>>仲間が地上を経験します その仲間の経験を自分の経験とするのです
>>これが本当の輪廻転生です 

そうですか、なら私の考えは間違いということになります。

では あなたはどんな考えをしていたのですか?教えてくれませんか?

今ひらめいたのでそれを書きます。
オーバーソウルは人間である私にとっては親ということになるのでしょうか?
そうした場合に人間の一生が膨張・収縮として1つの経験が終わる、私は受け入れる
範囲がしだいに親と同化すると考えていたことに当てはめると人間の死が
おとずれるときにはとても親と同じだとは思えないのでそうではないようですね。
ということは死の時に爆発的に親との同化が進むか死のあとにしばらく自我は残り
徐々に同化するかということになるのですかね。

ええと少し違います ええと類魂(オーバーソウル)は確かにありますが
それはあなたの親ですが その類魂(親)にはさらに大きな類魂がおおいかぶさりその大きな類魂はさらに大きな類魂
とこういう風に続きます これが無限かどうかわかりませんが。。。あなたは無限有限
どちらだと思いますか?
また 1つの人生が1つの課題で 死ぬとその課題が完了します
1つの人生ごとにレベルアップします(自殺はやりなおしですが。。だたし前のレベルからですが。。)
で その課題完了を積み重ねていくつもの生涯をクリアーし やがて絶対完了 します
この時 悟りを得て マスターとなります この時はじめて 親の元へ戻る 神と一体になります
理解できましたか?


132 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 21:24:54 ID:bSTXaqiD
>>128
カネ出して霊能者にでも聞けよ。
霊能者に、「あなたは間違ってる!!」とか言って絡んでこいや。
然る後、結果を報告せい。
みんなで突っ込んでくれるかもよ?

>>http://www.nichikon.co.jp/reinou.html

133 :600さんへ また皆様へ:2007/08/29(水) 21:28:09 ID:SYHSUWxm
>>118
この人生を最小のサイクルと考えた場合、それを造った魂は自分と同じようなもの
として人を作ったと思います、ならば逆に考えると人生の膨張・収縮ではその都度
白紙に戻しているわけですから、親も同じようにその親の親に戻り、また再度若い
魂として経験する場合には白紙に戻るのではないでしょうか?
でも、それまでの忘れた状態で経験したことはその親の中に留まっていると思います。

>>あなたは進化しても神と一体になった後はまた未熟霊に戻り闇を経験する
>>と思うのですか?それの永劫回帰だと?地獄じゃないですか?

人間でいる以上それは嫌だと考えます、だから永遠に進化の道
を歩き、もう戻らないと考えるのは人それぞれでいいのではないでしょうか?

地獄じゃないかと聞かれれば地獄ですね、でも私は膨張・収縮があると考えいます。

でとにかく>>128の質問に答えてくれませんか?
また 未熟霊に戻るということや白紙になるということについて反論します
↓を 読んでください
しかし マスターが未熟霊に戻ることが可能なのだろうか?
もし そうだとすると 膨大な時間を費やし進化しマスターになったのに
また 膨大な時間をかけてマスターになるということになる
これは 永劫回帰の地獄ではないか?
それはおかしいのではないか?アランカルデックの霊の書http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
には 進化した霊が退化することは 決してないと言うし
また 神へ帰る には ひとうの人生でひとつの課題と完了する
そして その課題完了の積み重ねが やがて絶対完了 マスターに道に
つながる と書いてある それと矛盾するではないか?




134 :↑↑↑:2007/08/29(水) 21:29:46 ID:SYHSUWxm
>>118
たとえば 7回の人生で課題7でそれらを全部
完了するとマスターになれるとしよう マスターまでの道を7レベルとする
その場合 まず3回人生を送る 3レベルだ 3完了だ この3完了が
1,2の課題に 逆戻りすることはありえないのではないか?神へ帰るを
読んでもそう思し そんなことはどこにも書いてない で3レベル完了し
次4レベルを目指すとする 4レベルで課題を完了できず途中で自殺した場合
また 4レベルからやりなおす わけだ 今までの3レベル完了は無駄になったり
無効になったりしない これは神へ帰るに書いてある 魂は上へ目指すと書いてある
で それと同じく 7レベルまで達して完全完了をした魂が また1レベルに戻る
ことは不可能ではないか?と思うのだ 
そのマスターが遥か昔 レベル2の時魂のレベルで
強姦拷問しないと決意し霊魂が 進化しマスターになった者が それまでの完了や魂の決意を
破棄して レベル1の強姦拷問をする未熟霊に戻るなんてことがあるのだろうか?
それは不可能ではないのか?高度に進化した存在は幻想を再び生きない と神対シリーズに
書いてある それと矛盾するのでは?神へ帰るにも マスターになれば さらに
乗り越えるべきバーを高くしてマスターの再定義を再びすると書いてある マスターに
なれば今度は次は 絶対的な気づきを経験する で 模範をなると書いてある
強姦拷問なんかすれば その模範と矛盾するのではないか?

135 :↑↑↑:2007/08/29(水) 21:31:22 ID:SYHSUWxm
>>118 ↑他者が強姦拷問されて罰せられたいと思ったらマスターは強姦拷問するんどあろうか?
しかし それだと完了を放棄して未熟霊に戻らないとできないだろう?が先にも
書いたとうり 完了を放棄なんか自動的にできないのではないか?
先にも書いたとうり レベル3のやつがレベル4の時 自殺すればレベル1に戻る
わけではなくレベル4からまたやり直す レベル3までの苦労は無駄になることはない
もし マスターが絶対完了を放棄すれば レべル1からのやりなおしだ しかしされだと
先の文章 自殺したものは前に到達したレベルからやりなおすに矛盾するのではないか?
つまり 自殺したものは前に到達したレベルからやりなおすということは 完了は 無効に
なったりしないということだ で 絶対完了も同じく 自動的に無効にはならないのではないか?
小さい完了も無効にはならないなら 絶対完了も無効にはならないのではないか? そう思わないか?
それに マスターで終わりではなく 自分のサイクルの一部が完了しただけである
と書いてある ということは 絶対完了しても さらに続きのサイクルの課題があるということだ
未熟霊に戻れば その続きのサイクルの課題ができなくなる のではないか?
小さい完了が無効にならないなら絶対完了も無効にはならないのでは?
あなたは小さい完了は無効にならないが絶対完了は無効になると考えているのか?
しかしである 絶対完了のマスターも サイクルの一部が完了しただけで つまり
残りの課題やサイクルがある つまり マスターの絶対完了も さらに大きな課題サイクル
に比べれば 小さい完了ではないのか?だから小さい完了が無効にならないなら
マスターの絶対完了も ある視点からみると小さい完了だから それは無効にならないのではないか?

136 :↑↑↑↑:2007/08/29(水) 21:32:06 ID:SYHSUWxm
また マスターの仕事は 他者を悟りに導く仕事だから もしもマスターが未熟霊に
戻れば マスターの仕事 他者を悟りに導くのに矛盾するのではないか?どんどんみんな
マスターになってもまた未熟霊にもどるやるがいると いつまでたっても 宇宙すべてが悟りに
ならないのではないか?で 神対3巻320〜321を読んで欲しい つまり
全員悟りに導いて悟りになるもの 循環の終わりで始まりという続きがある だから全員悟りを
開かないといけないのではないか?だから未熟霊に戻るという全体の目的に反することは
そもそも不可能ではないか?また それらのページに書いてある。。。。この部分の循環が終わるの
ですね そう 循環そのものは決して終わらないから この部分の循環の終わりもまた循環だから
という文章の意味わかる?俺はわからん 宇宙すべてが悟りになった時 その後はどうなるのか?


137 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 21:50:46 ID:N07rq2/b
>>133-136
カネ出して霊能者にでも聞けよ。
霊能者に、「あなたは間違ってる!!」とか言って絡んでこいや。
然る後、結果を報告せい。
みんなで突っ込んでくれるかもよ?

>>http://www.nichikon.co.jp/reinou.html


138 :600さんへ また皆様へ:2007/08/29(水) 21:53:54 ID:SYHSUWxm
>>118
それと
同時に個として全てを忘れた状態として経験できる他人との関係も経験できなる
なるのも寂しいです、恋愛・友情・子供への愛などは1つであることを忘れてい
るからこそ出来ることだと思います。
私たちがこのまま進化してしまうと人間としての経験するとこはこの先ないとするならば
それはもう2度と出来なくなってしまう。

あなたは俺の文章を読んでますか?また神との対話やそのシリーズを
読んでますか?
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
類魂 オーバーソウルに 個霊が 戻った時 親 神 に戻った時
個霊は その独立性を失いません 個霊として独立したままであり
かつ 類魂 という全体の体験 を 同時に 二重に生きる 存在になるの
ですよ 後 >>129の後半を読んでください 
主観意識(独立性)を持ちならが かつ同時に 分霊を通じてたくさんの人間意識も
経験できるのですよ それにあなたは地球にあるイラク拷問北朝鮮拷問
イランシリアなどの拷問を検索してみなさい あなたはそんな地球の恐ろしい体験
をしたいのですか?地球は地獄ですよ あなたもしも強姦拷問にあえば どんなことが
あっても二度とに人間として生まれたくないと思うでしょう?あなたは地獄を舐めてませんか?
そんなに人間がいいですか?人間に生まれるということは性器を破壊され目玉をくりぬかれる
という恐ろしい拷問経験などたくさんあるのですよ それでもあなたは人間に生まれたいのですか?
あなたは今回の人生でたいした苦を味わってないから言えるだけでしすよ そう思いませんか?
あなたは何百回も人間として生まれたいのですか?あなたイスラム国家とか
では拷問強姦が凄く多いし人間は病気で生き地獄を味わう人も多いのですよ
それなのにあなたは地球をいうレベルの低い惑星にまた生まれたいのですか?
人間生活は多くて4,5回で後は仲間の類魂の経験を自分のものとして吸収できるのは
ありがたいと思いませんか?何十回も生まれれば 拷問強姦にあうかもしれませんよ
病苦や精神障害などたくさんの苦しみがありますよ あなた地獄舐めてませんか?
それでもまた人間として生まれたいのですか?


139 :永久永遠に続く天国:2007/08/29(水) 21:57:35 ID:SYHSUWxm

カネ出して霊能者にでも聞けよ。
霊能者に、「あなたは間違ってる!!」とか言って絡んでこいや。
然る後、結果を報告せい。
みんなで突っ込んでくれるかもよ?

>>http://www.nichikon.co.jp/reinou.html

金がないし 面倒なのでやめときます
後 俺は霊界通信をたくさん読んでるので大丈夫です
また霊能者でも 霊視に限界があり 俺の質問に答えれるとは思いません

140 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 22:08:39 ID:N07rq2/b
>>139
「皆様」も俺も面倒だから、答えるのをやめとくってさ。


141 :永久永遠に続く天国:2007/08/29(水) 22:13:17 ID:SYHSUWxm
>>118
それと
同時に個として全てを忘れた状態として経験できる他人との関係も経験できなる
なるのも寂しいです、恋愛・友情・子供への愛などは1つであることを忘れてい
るからこそ出来ることだと思います。
私たちがこのまま進化してしまうと人間としての経験するとこはこの先ないとするならば
それはもう2度と出来なくなってしまう。

あなたは俺の文章を読んでますか?また神との対話やそのシリーズを
読んでますか?>>138もよく読んでください
霊界でも 地上よりも濃い 友情愛情子育ては経験できます
霊になっても ひとつであるものから分離 ひとつであるものから分離
を繰り返して どんどん進化し 高度に進化した存在になります
俺は天国で神と永遠に一体となりたいのですが それは不可能で分離しない
といけないようです
また 死んだら神と一体になるのではなく何度も自分と類魂が輪廻して
成長していくつもの生涯をクリアーして絶対完了しマスターにならないとなれません



142 :↑↑↑:2007/08/29(水) 22:13:49 ID:SYHSUWxm
>>116今の考えは親はもともと私(私たち)であり、人間が足を意識すれば足の
感覚を感じ手を意識すれば手の感覚を感じるのと同じように親としての
自分が個の感覚を意識することが出来る、でも意識そのものは私1つでし
かない、そう考えています。もう昔に考えたことだから何からそう考える
ようになったかはもうぼやけているのですが、おそらく、神との対話の中に
やがて自分をいくつもに分けられることに気づく

そんなこと神との対話のどこらへんに書かれてますか?記憶にないな
いっぺんに同時に二箇所以上いられることは可能だということか書いてありましたが。。。
また
あなたは神が人間の身体でひとつというように大きさを持ってると
思いますか?>>106の質問にも答え欲しい 俺は大きさには限りがないと
思ってる つまり 意識はひとつだが その意識=霊 に大きさはないと
思う 意識=霊=魂として われらが戻る親は類魂であるが その類魂もさらに
大きな類魂に含まれる

143 :↑↑↑:2007/08/29(水) 22:32:38 ID:SYHSUWxm
>>116今の考えは親はもともと私(私たち)であり、人間が足を意識すれば足の
感覚を感じ手を意識すれば手の感覚を感じるのと同じように親としての
自分が個の感覚を意識することが出来る、でも意識そのものは私1つでし
かない、そう考えています>>138>>141もよく読んでください

>>118この人生を最小のサイクルと考えた場合、それを造った魂は自分と同じようなもの
として人を作ったと思います、ならば逆に考えると人生の膨張・収縮ではその都度
白紙に戻しているわけですから、

それは違います 進化は決して退化しません
あなたは輪廻進化についてどのように考えているか答えてくれませんか?
私は↓のように考えます。
たとえば 未熟な霊魂がいる 地上で強姦拷問した その霊は死後 強姦拷問された立場の
感情を味わう これは神対に書いてある その時 自分のしたことの重大性をはじめて認識する
まあ来世は強姦拷問されてしまうかもしれないが この死後反省で もう二度と強姦拷問しないと
魂のレベル で顕在意識ではなく魂のレベルで決意した時 次の生では強姦拷問をしない
こういう感じで進化していく 進化すれば自動的に暴力性残忍性が減少する
つまり 善性がアップしたのである わかるだろうか?わかりやすい説明だと
思わないか?


144 :↑↑↑:2007/08/29(水) 22:33:10 ID:SYHSUWxm
>>118あなたの言うことはイエスとヒトラーが同じであると言ってるのと同じである
だが それは違う 
簡単に説明すると ヒトラーに賛成したドイツ人は 未熟霊であろう
なぜなら霊魂が進化すると他の生命体を尊重するからである
魂のレベルで他の生命体を尊重すると誓った霊魂は ヒトラーの時代のドイツに
生まれても 洗脳されない ユダヤ人を差別虐殺することに賛成しない
だから 洗脳されない者は洗脳される者より善性が発達している
わかるだろうか?また 神対には
人間性の高貴さと下劣さを示すために 前者はイエス キリスト体験 後者はヒトラー体験
と呼び どちらを選択するか ということを書いている
それと 同じく マザーテレサとヒトラーは同じ善性ではない
神対には マスターになるためには愛を選べと言ってる よってヒトラー体験
を選べばマスターにはなれないだろう よって同じ善性だとは思わない
あなたは 強姦を平気でする者と 強姦なんてどんでもない という者が
同じ善性だと思うのか?それは違う 後者は前者より進化している
よって霊魂は輪廻するごとに進化するのであり白紙になるわけではない
単に記憶が消されるだけだ



145 :↑↑↑:2007/08/29(水) 22:44:47 ID:SYHSUWxm
>>118
この人生を最小のサイクルと考えた場合、それを造った魂は自分と同じようなもの
として人を作ったと思います、ならば逆に考えると人生の膨張・収縮ではその都度
白紙に戻しているわけですから、親も同じようにその親の親に戻り、また再度若い
魂として経験する場合には白紙に戻るのではないでしょうか?
でも、それまでの忘れた状態で経験したことはその親の中に留まっていると思います。

あなたは進化した霊が また白紙になり未熟霊に戻り強姦拷問などできるレベルになる
と言いたいのですか?その白紙になるのは >>128>>130 進化して神に戻った個霊
ですか?それとも進化して神に戻った個霊の一部ですか?

親も同じようにその親の親に戻り、また再度若い
魂として経験する場合には白紙に戻るのではないでしょうか?

それは違うと思います 親に戻るには一度限りではないのですか?
マスターになれば幻想の循環は完了するのですよ サイクルの一部が
終了したのです それなのに白紙に戻ると思うのですか?←>>133>>134>>135
マスターは次は残りのサイクルの続きをしないといけないのですが 
あなたは その残りのサイクルは無限だと思いますか?有限だと思いますか?
もし有限であった場合 その後はどうなると思いますか?
われらが親に戻った時 その親はさらにその親に戻るとあなたは言うのですか?
答えてください
しかしですね 私の説明→>>129後半 にあるようにわれらが神に戻った時
われらは分霊を生み出します でその時俺らの親は白紙になるのではなく
白紙になるのは 俺らの中の意識の中に生み出した霊 ではないですか?
その時 俺らの親神はより大きな大神になり 分霊を通じて経験してる俺らの親神は
さらにより多くの分霊を通じて経験する(←俺らが分霊を出したので)存在になるのでは
ないですか?そう思いませんか?

146 :↑↑↑:2007/08/29(水) 22:48:13 ID:SYHSUWxm
(少し訂正)その時 俺らの親神はより大きな大神になり 俺ら分霊を通じて経験してる俺らの親神は
さらにより多くの分霊を通じて経験する(←俺らが神の元へ戻り俺は神になり分霊(←俺らの子)を出したので)存在になるのでは
ないですか?そう思いませんか?


147 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 22:52:58 ID:N07rq2/b
>>139 >>141-146
「皆様」も俺も面倒だから、答えるのをやめとくってさ。

でもまずはあれだ。精神科に入院 入院!!さっさと入院っ!!手遅れになるぞッッ!!!!
 ___ ♪
`|◎□◎|  ♪
二二二二二|
    ∧_∧
   <`д´>つ─◎
 / ̄し" ̄し\///
 ̄| 、人_/ 彡◎ ̄ ̄
 | _) ◎彡| | バン
 | ´Y  | | バン
 t_____t_ノ


148 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 22:56:21 ID:LPB2GWEV
ちなみにこの本を読んで何か変わった人いますか?
俺はいまのところ何も変化なし、ただ考え方はかなり変わりました。
それがどう影響するかは微妙ですが



149 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 23:33:56 ID:bSTXaqiD
>>148
キチガイにならんよう、きいつけろや。

>>俺はいまのところ何も変化なし
ほんまかいな?自己診断はあてにならん。
変な人間になっとらんか、周囲の人間に尋ねてみろ。

このスレ眺めると、俺は神対読む気にはならんが。

150 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 23:36:37 ID:HEZNbZi+
>>148
考え方が変わればその後の行動も変わるだろうら、あなたは変わったのでは?
あなたから見える現実はまだ変わったように見えないのかも知れないが。

151 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 23:44:40 ID:HEZNbZi+
>>149
本読んだだけでキチガイになるわけないだろ。それに気を付ける
だけでキチガイにならないで済むのなら医者も病院も不要だよ。

152 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 00:00:58 ID:a9pn6qY6
>>151
キチガイになる、小さなきっかけになるかもな。
治癒困難なキチガイにならぬよう、早期の相談、通院も含めた対応が
必要な人もいるかもな。だから、気をつけて早めに相談、通院せよ。



153 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 00:27:23 ID:5X/TuxdD
新刊「神へ帰る」について話しましょう。

154 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 02:23:01 ID:dbbD5A9R
>>152
おまえもな。

155 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 09:44:25 ID:IH3sY9Kl
>>151>>154
>>それに気を付けるだけでキチガイにならないで済むのなら医者も病院も不要だよ。
  ↑
  まさに、キチガイな発想する人間の解釈!!
  どんなに気をつけても軽度のキチガイになる奴はいる。
  だから、>>151みたいな奴のために、精神病院が必要なんだよ。


156 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 19:27:03 ID:kN1ci5Iu
>>155
お前もしや日本語分からないの?

157 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 19:43:34 ID:WbFTIibJ

http://p2.chbox.jp/read.php?host=life8.2ch.net&bbs=psy&key=1186173819&ls=all
http://p2.chbox.jp/read.php?host=life8.2ch.net&bbs=psy&key=1186173819&ls=all
http://p2.chbox.jp/read.php?host=life8.2ch.net&bbs=psy&key=1186173819&ls=all

158 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 20:09:51 ID:a9pn6qY6
>>156
>>149の「キチガイにならんよう、きいつけろや」というのは、
「きをつければ、100%キチガイにはならない」という意味ではないと
俺は解釈している。

>>151さんは、その点の解釈が俺とは違うかもしれない。

ただ、神対を読んだ人たちの議論は、俺から見ると「キチガイの議論」に見える。







159 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 21:16:30 ID:uwtBaSSC
>>158 読みもしない否定派のオマエがなぜココにいるのだ?

160 :永久永遠に続く天国:2007/08/30(木) 21:22:37 ID:WbFTIibJ

>>153 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 00:27:23 ID:5X/TuxdD
新刊「神へ帰る」について話しましょう。

では >>133>>134>>135>>136
や >>108>>61 などの質問に対して あなたの見解を詳しく詳しく
書いてくださいね

161 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 21:25:00 ID:IH3sY9Kl
>>159
読んでない人間立ち入り禁止とは、一言も注意書きしてないぞ。
むしろ、否定派も容認している書きっぷりだが?

1 :ももこ:2007/08/23(木) 08:54:37 ID:o+dD9Peo
前スレ1
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1181402317/
>>1 :神も仏も名無しさん:2007/06/10(日) 00:18:37 ID:HMzHPrhA
>>要望が高いので立てました。
>>忙しいのですが精一杯参加します。肯定派、否定派に偏らないようにしたいですね。

前スレ2
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1186173819/
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/

162 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 21:44:59 ID:uwtBaSSC
>>161 いやそうじゃなくて読んで無いって事は.書いてある内容も解らずただ否定する。神経がねって事。w
読んだ事のない本のスレ来てレスする思考回路を知りたいだけさ。wwま、以後スルーするが。

163 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 22:29:26 ID:kN1ci5Iu
>>158
発想が逆だな。本を読む読まないはキチガイになるならないとは関係ない。
そうではなくて、神対は一般の人にだけでなく元からキチガイの傾向のある
人にもよく売れる本ということだ。何故なら本屋での売り場が精神世界や
宗教関係の場所になるからだ。更にタイトルに「神」の文字が入っている。
特定の傾向を持つキチガイの人ならもう買わずにはいられないだろう。

164 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 22:34:09 ID:a9pn6qY6
>>162
一応、下記HPで要点を確認したが、よくある話である。
実生活に生かすなら、むしろ、類似の日本人著者の本も読んだほうがいいだろう。
外国人著書は、歴史観、文化等、日本人とはかなり相違点があり、翻訳しても、
真意が伝わりにくい。
また、このスレには、この著者の本のみにのめりこんでいるような人がいるように
感じられるので、もっといろんなジャンルの本を読めば、このような議論展開にはならない
気がする。

>>http://www.wink.ac/~ogaoga/hon10.htm

165 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 22:52:08 ID:a9pn6qY6
>>163
そうだな。そういう見方もある。
スレ立て人が荒らしになってるスレも、たまに見かけるしね。
とりあえず、退場します。


166 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 23:19:11 ID:sAuAzOEC
「神へ帰る」を途中まで読んだが、
一旦死んでまた、死なないパラレルワールドに帰るってのはびっくりだったな

おれも一回それらしいのあるわ
デカイ国道の車道を自転車で走ってて、ダンプカーが来ている音がしたら
なぜか自然に歩道の縁石と車輪がつく位思いっきり端に寄ってって、
そしたらその後ダンプカーのタイヤが巻き込む風で洋服がバタつく位の超ぎりぎりのところを
ダンプカーが通ったんだ
そのダンプカーを追い越して運転手を見たらハンドルの上に週刊漫画広げて見ながら運転してたよ

魂の上では一回死んだのは記憶しているのかも知れないけれど、
肉体の脳を使って思い出したり認識している俺は、
普通に直線的に生きているようにしか認識出来ないんだろうな



167 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 01:03:19 ID:UicFjpFK
きちがいときちがいじゃない人の違いってなんだ?

168 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 01:07:31 ID:DyaQ3xeM
>>166
僕も、実は自分はすでに死んでいて、今のこの人生は夢を見ているのかも、
と感じることがよくあるんだよね。

ひょっとしたら本当にパラレルワールドに移行してるのかもしれない。

今回の本は、どうやらニールの神対シリーズの最終刊みたいだけど、
やっと原点回帰というか、本来の面白さが蘇ってきた感はあるね。

169 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 02:53:44 ID:J08UAmmm
>>167
自分の生活を成り立たせられなくなったらキチガイという扱いになることが多いね。
つまり、実際に頭が狂っているかどうかが問題なのではなくて、社会的に問題が
あるかどうかが問題なんだ。どんなに狂っていても社会常識の範囲から逸脱しな
ければその人は問題なく生きていける。


170 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 02:58:14 ID:J08UAmmm
>>168
ああ。その感覚は、あるなあ。(単に頭が老化しただけかも知れないけどw)
かといって、本に書いてある通りかどうかの確認は出来ない。
まあ、信じるなとも書いてあるからw、実際がどうなのか自分で分かるようになるまで
(思い出すまで?)待とうと思うが。


171 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 08:11:42 ID:KGG7fFws
>>169
社会常識は、オセロのごとくころころ変化する。
昭和初期は、世論が好戦的な雰囲気で充満したし、
戦後からバブル以前までは、冷戦の状況下、
(日本は、米ソ冷戦の防波堤という認識)
国策により国民は貯蓄性向に誘導された。


172 :◆jV/GN5QPLM :2007/08/31(金) 09:50:44 ID:1Rzl68it
>>613顔射王へ
↑何してんのこんな所で?

コイツ顔射王って言って、義務教育をイジメを苦に放棄した可哀想な奴なんです。
母ちゃんが、無許可の売春婦で俺がオプション料金無視して顔射したのをキッカケに俺のスレを荒らしてたのに・・・。

ほら帰るぞ!お前の日本語は半分くらいしかみんな分からないんだから!?
みんな迷惑してるから。

帰らないならまた母ちゃんに顔射するぞ?

ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!

173 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 10:23:14 ID:mvBji1TL
俺は 体外離脱や霊視で地獄界や悪霊も観てる 天使も観てる
しかし なぜ神との対話には わざと 悪霊や地獄界について
書かないのか?
また 二ールの父親は二ールをいじめたことを凄まじい悔恨の念に
かられて苦しんでいる これは事実だ
なぜ こういう事実を書かないのか?
また 拷問レイプした者は死後反省で 拷問強姦された者の感情を味わい
凄まじい反省の念で 気が狂う場合があり 次の生では はくちや低脳者
や障害者に生まれ変わる場合も多い
なぜ こういう事実を書かないのか?
凄まじいリンチも 完璧 なのだが完璧だからなんなんだ?
完璧なら 性器を切断 目玉をくりぬかれるなどの拷問も 完璧
だからという理由で放任してもいいのか?
完璧 でも苦しいことに変わりはないだろう。。。
神対の神が 一人の人間として拷問にあえば 一体どんなセリフを吐くのか?
完璧だから なんなのだ?苦しい とにかくこの痛みから逃れたい とそれだけ
思うに違いない
神対の神を一人の人間として生まれ変わり 拷問にあわせたい
その時 どんなセルフを吐くか 聞きたいものだ

174 :◆jV/GN5QPLM :2007/08/31(金) 10:41:31 ID:1Rzl68it
>>173
↑「痛い!けどバンテリンあれば大丈夫だよ?」

って言うね。

175 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 11:29:28 ID:NKTJKVkn
神がニールさんに「殺人は悪くない」と告げたのは、ニールさんが
そんなことをしない段階まで成長していたから。
それが楽しい人へ言いはしない。

神がニールさんに「殺人は悪くない」と告げたのは、殺人は悪いという思いそのものが
過去のニールさんの殺人を悪い行為にしていたから。
ニールさんはもうそれをしないのだから、悪いと思う必要は無い。
にもかかわらず悪いと思うと、もう関係無い過去の行為との間に通路ができ、
しかもそれが悪として現在に影響を及ぼし始める。
それを悪と思っているかぎり、それが悪として自分を追いかけてくる。
だから神は言ったのだ。
殺人は悪くないと。

176 :175:2007/08/31(金) 11:39:16 ID:NKTJKVkn
人は過去世で悪いことを大抵してきている。
しかしある程度成長すると、もうそれをしなくなる。
が、成長したからこそ、過去の自分の行為を責めるようになる。
すると責めるその思いが、今の自分に過去を呼び寄せ、
その結果、今の自分の成長を妨害するようになる。

ある段階までは、これは必要と言えなくもない。
人は繰り返してしまう生き物だから、繰り返さないようになるまでは
必要と言えなくもない。
しかしそれをすぎると、責めはただの妨害に成り下がる。
故に神は言ったのだ。

もういいんだよと。

177 :175:2007/08/31(金) 11:47:36 ID:NKTJKVkn
ニールさんはその段階にいた。
だから神はそう話した。
ニールさんが次のステップへ行けるように。

ニールさんと同じ段階の人も同じ。
そんな人は、過去の悪影響から救ってもらえるだろう。
次のステップへ導いてもらえるだろう。
神の言葉によって。

が、復讐に凝り固まっている人は、決して満足しないだろう。
生温いと憤るだろう。
しかしその人は、根本的に勘違いしている。

神との対話は、その人には理解できないのだ。
その人が復讐から解き放たれるまで。

178 :◆jV/GN5QPLM :2007/08/31(金) 11:54:27 ID:1Rzl68it
↑そーですね!(いいとも風)

179 :175:2007/08/31(金) 11:56:36 ID:NKTJKVkn
いいとも風?

180 :175:2007/08/31(金) 12:55:30 ID:NKTJKVkn
書き忘れたのでもう一つ。
神との対話では以下のように書かれている。

  魂は死後、魂である自分に完璧に目覚める。

しかしこれは、“今そのような存在になった人が死後そうなる”という事。
故に神はそのような存在になるための方法を数多く示し、
ニールさんと読者がそのような存在になれるよう取り計らっている。
そのお陰で、そのような存在にどんどん近づいている人は大勢いるだろう。
つまりこれは、こういう事。

  人は今そうあるように、死後もある。

神との対話で神が示した存在に近づいていった人は死後もそうある。
が、そうでない人は、今あるように死後もある。

相手に与えた苦痛を自分も味わうと強固に主張する人は、
今そのような存在であるため、
死後もそのようになるのである。

181 :175:2007/08/31(金) 13:42:44 ID:NKTJKVkn
>>173
それは、今のあなたが行く場所。
万人が行く場所ではない。

今のあなたとは異なるあなたが行く場所でも
ないのだよ。

182 :◆jV/GN5QPLM :2007/08/31(金) 14:27:15 ID:1Rzl68it
175さんへ
俺、神なんだけど、なんでそんな俺と喋った事も無いような奴の書いたフィクション小説をさもそうかと信じるの?

「この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは一切関係ありません。」
って、しっかり書いてあるじゃん!

ドラゴンボール読んでもかめはめ波は打てませんよ?

183 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 14:35:12 ID:X9U5PD+0
このスレはフィクションです。実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

184 :◆jV/GN5QPLM :2007/08/31(金) 14:55:06 ID:1Rzl68it
>>183
↑なるほど納得!

185 :◆jV/GN5QPLM :2007/08/31(金) 14:57:48 ID:1Rzl68it
175さん納得してくれた?

してくれないなら
顔射王が言う通り病院に行かなきゃいけないじゃない。

186 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 15:38:19 ID:mvBji1TL

>>181 :175:2007/08/31(金) 13:42:44 ID:NKTJKVkn
>>173
それは、今のあなたが行く場所。
万人が行く場所ではない。

言ってる意味がわかりません
後 万人は何度も輪廻してるうちに一度は地獄に落ちます
あなたは何もわかってませんね

今のあなたとは異なるあなたが行く場所でも
ないのだよ。

ますます言ってる意味がわかりません
もっとわかりやすくかけないのですか?
あなたはアホですか?

187 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 15:42:19 ID:mvBji1TL
  魂は死後、魂である自分に完璧に目覚める。

しかしこれは、“今そのような存在になった人が死後そうなる”という事。
故に神はそのような存在になるための方法を数多く示し、
ニールさんと読者がそのような存在になれるよう取り計らっている。
そのお陰で、そのような存在にどんどん近づいている人は大勢いるだろう。
つまりこれは、こういう事。

残念 本当に目覚めるためには 何度も輪廻しないと無理です

  人は今そうあるように、死後もある。

神との対話で神が示した存在に近づいていった人は死後もそうある。
が、そうでない人は、今あるように死後もある。

残念 本当に目覚めるためには 何度も輪廻しないと無理です

相手に与えた苦痛を自分も味わうと強固に主張する人は、
今そのような存在であるため、
死後もそのようになるのである。

主張に関係なく カルマは自動的に働きます
あなたは神との対話読んでませんし アホですね

188 :175という馬鹿と万人にあてはまる事実:2007/08/31(金) 15:44:47 ID:mvBji1TL

魂は人を殺したら 今度は殺されたいと思う
魂はいじめをしたら 今度はいじめられたいと思う
これが 魂の性質である これは神との対話シリーズに書いてある

バシャールには人を殺しても来世で人を殺す人をとめれば
バランスがとれるというが

実際は 人を殺したら殺されるたいと思う これが魂の性質であり
地上の視点とは全然違うのである

こうして 因果応報は返る

    人に経験させたことは自分も経験する

       神との対話に書いてある

因果応報は義務ではないが霊魂に良心がある限り因果応報は存在する


地獄とは 良心の呵責の世界だ
つまり 拷問した者は死後 拷問された立場の感情を味わう
その時 はじめて犯した罪の大きさに気づく
その時の 苦しみが地獄であり 反省(良心の呵責)のあまり気が狂うやつもいる
そして 魂のレベルでは 今度は自分が拷問される立場になろうと決意する

こうして次の生では 拷問される 因果応報がは存在する

189 :175という馬鹿へ:2007/08/31(金) 15:47:16 ID:mvBji1TL

相手に与えた苦痛を自分も味わうと強固に主張する人は、
今そのような存在であるため、
死後もそのようになるのである。

主張に関係なく カルマは自動的に働きます
あなたは神との対話読んでませんし アホですね
信念 考え 選択に関係なく カルマは自動的に働きます
そのカルマの働きは 信念 考え 選択に 反しません

信念は主に 超意識のレベルで働く よって自分で自分の信念を
自覚することは難しい 魂の望みがわかるということは
自分がいつ死ぬかわかるということだからである

190 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 15:58:19 ID:KGG7fFws
このスレはフィクションです。実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

191 :175へ本当にお前は馬鹿だなあ:2007/08/31(金) 16:05:57 ID:mvBji1TL

お前離脱してみろ お前は全然霊界についてわかってねえな

どんな信念持ってても 因果から逃れられる生物はいねーんだよ

イエスも因果で死んだの?そんなこともわからねーの?

192 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 17:13:32 ID:48uLZkY9
>>188
ぜんぜん進歩してないな。ちょっとは別の書き方にすればいいだろうに。
素材が悪いとどんなにがんばってもダメみたい。みんな協力したのになあ・・

193 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 17:43:17 ID:KGG7fFws
>>192
>>95-96から推察すると、>>188は「神との対話」を抽象的かつ不完全と断じて、
著書を批判していたつもりが、いつの間にかレス仲間批判に陥っているというところか?
批判するにしても、書き方を吟味してほしいですね。
(>>1>>96>>188は同一人物)

ところで、「素材」というのは、何を指しているのですか?

194 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 18:43:10 ID:8o9+pRZu
地獄を信じている人、つらい体験で死を迎えた人が死後の世界で地獄の経験を生むらしい。
地獄を体験している魂を救い出す活動をしているマスターもいます。

感情や思考をコントロールできないうちに体外離脱(瞑想のやりすぎ、薬物、変な機械など)を
すると、そういう世界に入り込みやすいらしいです。
そのため、簡単な気持ちで精神世界に興味を持つことに、懐疑的な意見を持つ人も多くいます。
ある地域のマスターがチャネリングや前世を知ることに否定的な理由の一つだと思います。

それと、因果律とは行為の結果だけでなく、思考と言葉によっても作られます。
その性質を考えると、神(自称)が地獄などをぼかして話したのは好意がもてます。
こういう本は、普通の人にも多く読まれるのですから、あまり突っ込んだことは話さない
ほうがいいでしょう。 

195 :175:2007/08/31(金) 20:27:09 ID:NKTJKVkn
死後はこうなるとあなたが信じた場所へ、あなたは行く。
なのであなたの主張は、あなたには正しい。

あなたはそこへ行くのだから。

196 :神も仏も名無しさん:2007/08/31(金) 20:59:06 ID:YWfIZrFS
>>186
私は175さんではないけれど、日本語の通訳をしておきます。


>>今のあなたとは異なるあなたが行く場所でも
>>ないのだよ。
   の意味

例えば、1年後の天国君は、現在とは考え方や行動が変化している可能性があります。
「異なるあなた」とは、将来の天国君のことを指してると思いますよ。

175さん、こんな感じでよろしいですか?

197 :175:2007/08/31(金) 20:59:27 ID:NKTJKVkn
良心の呵責を身に付けていない人は、
良心の呵責を身に付けるために、
良心の呵責を基調とする世界へいく。
故にあなたはそこへ行く。

良心の呵責を身に付けるために。

198 :175:2007/08/31(金) 21:01:29 ID:NKTJKVkn
>>196
はい、正確な通訳ですね。

199 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 01:00:14 ID:z/iAXrd6
175氏を批判してる人がいるけど、私は同意見だね。正確な解釈だと思うよ。

200 :永久永遠に続く天国:2007/09/01(土) 01:33:27 ID:MozQoUx8
>>188
ぜんぜん進歩してないな。ちょっとは別の書き方にすればいいだろうに。
素材が悪いとどんなにがんばってもダメみたい。みんな協力したのになあ・・

私の述べることは事実ですが。。。

死後はこうなるとあなたが信じた場所へ、あなたは行く。
なのであなたの主張は、あなたには正しい。

あなたはそこへ行くのだから。

それは事実だが>>188は事実である 自然の法則 宇宙の法則に逆らえる者はいない

それと、因果律とは行為の結果だけでなく、思考と言葉によっても作られます。
その性質を考えると、神(自称)が地獄などをぼかして話したのは好意がもてます。
こういう本は、普通の人にも多く読まれるのですから、あまり突っ込んだことは話さない
ほうがいいでしょう。

地獄や悪霊についてしっかり事実を話すべきです>>173
二ールの父親は二ールをいじめたことに対して凄まじい悔恨の情に
さらされている 死後は 相手の立場の感情を味わる いじめられた者の
感情を味わう この時はじめて自分の行為の恐ろしさを知り 凄まじい
良心の呵責に襲われる こういう事実をしっかり書くべきだ>>173
神対の神はこういう事実をざわと書かない すべて愛とか言ってごまかす

201 :175という馬鹿へ:2007/09/01(土) 01:36:28 ID:MozQoUx8
良心の呵責を身に付けていない人は、
良心の呵責を身に付けるために、
良心の呵責を基調とする世界へいく。
故にあなたはそこへ行く。

良心の呵責を身に付けるために。

お前 全然霊の世界を知らないな
死後 の人生を全部観る過程では いじめをした者は
いじめられた者の感情を味わう 強姦した者は強姦された者の
感情を味わう これは神との対話にはっきり書いてある
誰でも 例外などない よってあなたの言うことは間違いである
>>188は事実である 自然の法則 宇宙の法則に逆らえる者はいない

202 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 03:55:06 ID:UWeslUk7
ところで、天国はまだ「神へ帰る」は読んでないのか?


203 ::2007/09/01(土) 04:10:56 ID:MozQoUx8
読んだよ 

204 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 05:02:47 ID:UWeslUk7
読んだのにこれか・・・。本当に言葉というのはまともに伝わらないものなんだな。

205 :↑↑↑:2007/09/01(土) 08:55:44 ID:MozQoUx8
で 俺の言う事は全部事実ですが。。。
何が間違ってるの?お前 離脱も霊視もできないアホだろ
お前ごときに 霊の世界は把握できんわ 去れ

>>188は事実である 自然の法則 宇宙の法則に逆らえる者はいない

206 :永久永遠に続く天国:2007/09/01(土) 09:03:46 ID:MozQoUx8
>>204 名前:神も仏も名無しさん :2007/09/01(土) 05:02:47 ID:UWeslUk7
読んだのにこれか・・・。本当に言葉というのはまともに伝わらないものなんだな

お前は馬鹿か?お前の方こそ霊の世界を全く
わかってないアホだな
お前 離脱して霊の世界へ行ってこい 
>>188は事実であることがわかるから 自然の法則 宇宙の法則に逆らえる者はいない

全く お前は本当に 何もわかってないアホだな 死ねよ お前

207 :175:2007/09/01(土) 09:51:40 ID:XjbPyO8F
自分は非常に優秀であると思っていた弟子が、仏陀に質問した。
「私はあと何回生まれ変わればニルバーナを得られるでしょうか?」
仏陀は答えた。
「百回の転生ののちに」
その弟子は悲嘆にくれ、うつむいた。
百回という数があまりに多かったからだ。

自分は非常に凡庸であると思っていた弟子が、仏陀に質問した。
「私はあと何回生まれ変わればニルバーナを得られるでしょうか?」
仏陀は答えた。
「一万回の転生ののちに」
その弟子は驚喜し、跳び上がった。
どうしようもなく凡庸と思っていた自分が、“たった一万回の転生”で
ニルバーナに達すると告げられたことが嬉しくて嬉しくて仕方なかった。
私はニルバーナを得る、必ず得ると弟子は思った。
心底思った。いや、そう思うことすら無かった。
心の中はニルバーナで満たされ、それ以外は一切なにも存在しなかった。
弟子は、ニルバーナそのものになった。
ニルバーナそのものになったその弟子は、一万回という時を飛び越え、
足が地面に着くころには完全にニルバーナを得ていた。

条件さえそろえば、ニルバーナは一瞬で来る。
人は今生でニルバーナを得られるのである。

208 :175:2007/09/01(土) 10:05:51 ID:XjbPyO8F
初期の頃、ニールさんはしばしば恥じ入るという言葉を使った。
ニールさんはとても後悔の念が強い人だった。
彼は、十分な良心の呵責を得ていたのである。

いや、それが行きすぎ、十分すぎる良心の呵責はただの足かせになっていた。
故に神は言った、もういいんだよと。
次のステップへ踏み出しなさいと。
そのお陰で、彼は次のステージへ行けたのである。

しかし良心の呵責の無い人は、先ずは何より十分な良心を得ねばならない。
あなたに十分な良心はあるだろうか?

すぐ人を罵るあなたに。

209 :175へ本当にお前は馬鹿だなあ:2007/09/01(土) 10:45:15 ID:MozQoUx8

神へ帰る を読め
いきなりマスターになれるものなど一人もいないと書いてある
人生の生死を繰り返し 小さな完了を積み重ねて やがて絶対完了の
マスターになれると書いてある
ただの一人も一度の人生で マスターには絶対なれないと書いてある
よく読め アホ
何度も輪廻しないとマスターにはなれん お前はアホか?

210 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 12:45:15 ID:8Q1v0Pjo
>>209
>いきなりマスターになれるものなど一人もいないと書いてある
>人生の生死を繰り返し 小さな完了を積み重ねて やがて絶対完了の
>マスターになれると書いてある
>ただの一人も一度の人生で マスターには絶対なれないと書いてある
まあ、そうなんだろうね。『神へ帰る』はまだ読んでないからまた読んでみるよ
ありがとう

211 :175:2007/09/01(土) 13:29:52 ID:XjbPyO8F
>>207に書いた、自分を非常に凡庸と思っていた弟子は、
一度目の人生を歩んでいたのではない。
あなたは、なぜそう決めつけるのか?

>>207は、自分を非常に凡庸と思っていた弟子に共感できる人のために
伝えられた言葉。

理解できない人には、理解不能なのだ。

212 :175:2007/09/01(土) 13:35:43 ID:XjbPyO8F
一度の人生でマスターには絶対なれないという文を読んでも、
その解釈の仕方は人の数だけある。
万人が同じ解釈をするわけではない。
また、解釈そのものがその人の段階を如実に表すというのも事実。

あなたの解釈は、あなたの段階の解釈でしかないのだよ。

213 :175:2007/09/01(土) 13:44:49 ID:XjbPyO8F
私達はすでに、幾たびも人生を生きている。
故にマスターになるための人生を、幾たびも生きた人がいるだろう。
その甲斐あって、ある人がマスターになれたとする。
幾たびの転生を経て、ようやく今生でマスターになれたとする。

しかし周囲の人は、その人の今生しかしらない。
その人の数多くの過去世を知らない。
努力してきた複数の人生を知らない。
だから、こんなことを言う人がきっと現れるだろう。

  一度の人生では決してマスターになれない。
  だからお前はマスターではない。

あなたはどうだろうか?

214 :175:2007/09/01(土) 13:50:53 ID:XjbPyO8F
それでも納得できない人は、時の解説を思い出してほしい。
突破口の開ける人がきっといるだろう。



215 :通りすがりの七資産:2007/09/01(土) 14:01:06 ID:OC0e/cW0
人を助けるときとホットク時の見極めが大事です。
お互いと周りの人のエレメント的な悪影響にも配慮しなければなりません。

216 :本当にお前は馬鹿だなあ:2007/09/01(土) 14:08:09 ID:MozQoUx8
一度の人生でマスターには絶対なれないという文を読んでも、
その解釈の仕方は人の数だけある。
万人が同じ解釈をするわけではない。
また、解釈そのものがその人の段階を如実に表すというのも事実。

あなたの解釈は、あなたの段階の解釈でしかないのだよ。

一×一は一です 解釈など関係ありません
言葉遊びはやめましょう

217 :本当にお前は馬鹿だなあ:2007/09/01(土) 14:09:19 ID:MozQoUx8

私達はすでに、幾たびも人生を生きている。
故にマスターになるための人生を、幾たびも生きた人がいるだろう。
その甲斐あって、ある人がマスターになれたとする。
幾たびの転生を経て、ようやく今生でマスターになれたとする。

しかし周囲の人は、その人の今生しかしらない。
その人の数多くの過去世を知らない。
努力してきた複数の人生を知らない。
だから、こんなことを言う人がきっと現れるだろう。

と↓は 関連しません 意味不明です

  一度の人生では決してマスターになれない。
  だからお前はマスターではない。


218 :本当にお前は馬鹿だなあ:2007/09/01(土) 14:20:35 ID:MozQoUx8

一度の人生でマスターには絶対なれないという文を読んでも、
その解釈の仕方は人の数だけある。
万人が同じ解釈をするわけではない。
また、解釈そのものがその人の段階を如実に表すというのも事実。

あなたの解釈は、あなたの段階の解釈でしかないのだよ。

一×一は一です 解釈など関係ありません
言葉遊びはやめましょう
地球は四角か丸か三角か?と言えば丸です
それと同じで上記の文章の意味を読み取るのに複数の解釈などありません
そう思ってるのは お前のようなアホだけです

後 お前はアホなくに師になった気分で説くのは滑稽ですよ

219 :本当にお前は馬鹿だなあ:2007/09/01(土) 14:35:26 ID:MozQoUx8
↑↑↑
後 お前はアホなくせに師になった気分で説くのは滑稽ですよ


220 :175:2007/09/01(土) 15:08:07 ID:XjbPyO8F
>>215
そうですね、こうなったらどうしようもないので
放っておきます。

221 :175:2007/09/01(土) 15:16:09 ID:XjbPyO8F
“一度の人生でマスターには絶対なれない”には
以下のような解釈もあります。

  幾度の人生の一瞬一瞬は対等の価値を持ち、
  その総合によって、
  人はマスターになる。

今生で獲得したものだけでマスターになるのではなく、
人は今までの積み重ねを総動員してマスターになる。
そしてその時こそ、人は知る。

人生に無駄など無かったのだと。

222 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 21:07:36 ID:8Q1v0Pjo
>>111 
>第3巻の宇宙人のところはどーでもよかったんで飛ばしましたが・・・
貴方も寄りよい社会について考えるようになるとHEBについてまた興味が沸いてくると思うよ
だから、また時間が経ったときに読み返してみるといい。新たな気づきがあるはずだから。

>神の言い方が、オシム監督にそっくりで、オシムをみると神を思い出し、
>神のせりふを読むとオシムを思い出し・・・w
それは、あなたのイメージの中でオシム(若しくは発言の日本語訳)と「神」の言葉が
ダブっちゃってるからだと思うよ。初めはづしても言葉の次元に強く囚われてるから
そういうふうに思っちゃう事が多いものだよ。俺もそうだったが、きっと多くの人がそういう思いを
持っているよ。

223 :222:2007/09/01(土) 21:09:50 ID:8Q1v0Pjo
すみません。「初めはづしても」の部分、
「初めはどうしても」です。

224 :222:2007/09/01(土) 21:28:27 ID:8Q1v0Pjo
なんか、俺も興味持ってるな、少し。せっかく悟ってもまた一から忘却して
やり直すのかな?うーむ…そうか…でもちょっと勿体無い気がするんだよなw
せっかく悟ったわけだからw
三巻の最後のほうに、ニールが神に訊いてたジャンか。
ネズミが何とかカンとかって。
そこで「セックスは好きかねって」神が訊く。
ニールは「ええ、もちろん」と言う。
そこで神がまた答える…

225 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 21:34:19 ID:8Q1v0Pjo
神との対話を、高校のときに読んだ。
俺は驚愕し感動した。そして、学校の授業とか勉強がとても末端のことで
みみっちくてあほらしい事に感じられた。
それからというもの、授業もサボりがちになり、ひとり近くの山に行って
神対読んだり、心を落ち着けて瞑想したりするようになった。

なんか、俺に似ている人いる?いるならぜひ教えて欲しい。

226 :永久永遠に続く天国:2007/09/01(土) 22:01:09 ID:MozQoUx8

なんか、俺も興味持ってるな、少し。せっかく悟ってもまた一から忘却して
やり直すのかな?うーむ…そうか…でもちょっと勿体無い気がするんだよなw
せっかく悟ったわけだからw

マスターになったら幻想の循環が終わります が
さらにレベルの高い意識を目指して頑張ります

227 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 01:17:03 ID:FaLidXaL
>>225
たぶん、そういうのが発展してオウムに走った気がする。
現実は見据えていなくてはいけないだろうよ。

228 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 05:08:31 ID:tGGbR4Ft
現実は自分で作ってんだろうけどね。

まあしかし自分の現実を自分で作っているなら人との議論は何の
意味もないね。意見が食い違う人がいたとしても、それも自分で
作ったことになるからな。

229 :175:2007/09/02(日) 10:20:53 ID:8Fp4K9Pa
私自身放っておかれているが、調度良い機会なのでもう少し書こう。
“一度の人生でマスターには絶対なれない”を読んで、
無意識にこう感じ取っている人はいないだろうか?

  今の人生だけに焦点をあてている
  全体から切り離された存在。

もしそうなら、以下の三つを思い出してもらいたい。

 @ 人は幾度も転生を繰り返している。
 A “今”という全時間に人は同時存在している。
 B 全ての魂は個々であると同時に“一つ”でもある。

上記三つを読み、こんなふうに感じた人はいないだろうか?

  一度の人生という言葉を目にしたとき、
  全体から切り離された今生だけを想像しているうちは、
  人はマスターになれない。


230 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 10:27:27 ID:5dneojC1
>>229
残念ながら
あなたのマスターベーションの快感を、私が感じることはできない。

231 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 10:36:12 ID:CF69Bp1S
現実って言っている人は、甘えてる気がするな。現状に。

232 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 12:55:27 ID:vm0vdMgD
現実を見据えるというのは“地に足つけて生きていく”ってことだね。
だけどその本当の意味を分かっている人がどれほどいるかな?

233 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 12:55:44 ID:lpC1It/u
>>230
自分だけじゃ飽き足りないのか? すげぇ

234 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 12:56:42 ID:vm0vdMgD
>>231
では、現状さえ直視できずにチャネリング本に逃避している人間をどう譬えよう?

235 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 13:16:22 ID:C4i8Rj8g
>>234
チャネリングを読んでる奴は現実を直視していて進歩的なのに知らないのか?
その他の奴らが2チャンネルでアホ言ってるってことになるな。
その違いが分らないとは? 君は後者か?

236 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 13:21:10 ID:5dneojC1
>>233
>>230でいう「マスターベーション」とは、
「自己満足をうるための書き込み行為」である。

>>233さんは、>>229さんのように感じるのですか?
私は、>>229さんのようには感じませんが。

>>234
静観したほうが良さそうですね。


237 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 13:39:41 ID:erkaFu6q
>>236
たとえ、そうであろうともここは議論の場だ。異論があるなら、疑問があるなら、
また質問があるなら遠慮なくすればいいだろう?
彼はそれを待っているんだろ? あんたのレスは他でよく見かける品の無いやり方
にも取れる。良い反応の仕方ではない。

238 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 14:09:55 ID:vm0vdMgD
>>235
君にとっての現実とは何だ? 説明してみなさい。

239 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 14:11:25 ID:vm0vdMgD
>>235
同じく進歩的ということの意味は? 具体的に説明してみなさい。

240 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 14:12:29 ID:vm0vdMgD
>>237
君のレスはどうだろうか?
品のあるやり方だろうか?
よい反応の仕方と言えるだろうか?

241 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 14:46:12 ID:5dneojC1
>>237
>>229さんが、かなり凝った趣向の書き方で、
「自分と同じように感じないか」と尋ねたので、
私も少しひねりを加えて、「感じない」と返事しました。

>>240
>>237さんは、簡潔な表現を心がけている方だと思います。
私も、どちらかというとストレートな表現が好きなタイプなので、
「ひねりを加えた回答の仕方」は、今後やめたいと思います。
みなさん、申し訳ありませんでした。





242 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:25:41 ID:0ZStzpqR
>>241
良い回答だ。でも2チャンネルだからそれほどかしこまらくてもいいと思うよ。

243 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:41:49 ID:0ZStzpqR
>>238
説明するには君がどういう人間かによる。相手を知る必要がある。
どこのスレのどのレスかを示しなさい。3つ以上示してくれ

244 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 16:57:35 ID:LpOQUMzS
神との友情とかw
あほかと。
とんでもないインチキ本

245 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 17:09:19 ID:Oz2Fz0zl
>>244
まあ、内容が全部うその可能性は否定できないし、それは著差のニール自身も
言っているし、あの神も信じるなと自分で言ってるし、で、仮に本当にインチキ
だったとして、それに何か問題でも?

もし仮に本当のことが書かれていたとしても真実かどうかは自分で確認する
まで分からないことには代わりがないわけだが。(実際には自分で確認したと
認識したとしても、それが真実である保障はない。自分にはそう見えた、あるいは
自分にはそう感じられるだけかも知れないからね。幻覚、見間違い、勘違い
などがないとは限らない)。


246 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 17:52:44 ID:LpOQUMzS
インチキだったら大問題だよ
詐欺罪だろ

247 :175という馬鹿へ:2007/09/02(日) 17:53:55 ID:VPKugOC5

私自身放っておかれているが、調度良い機会なのでもう少し書こう。
“一度の人生でマスターには絶対なれない”を読んで、
無意識にこう感じ取っている人はいないだろうか?

  今の人生だけに焦点をあてている
  全体から切り離された存在。

もしそうなら、以下の三つを思い出してもらいたい。

 @ 人は幾度も転生を繰り返している。
 A “今”という全時間に人は同時存在している。
 B 全ての魂は個々であると同時に“一つ”でもある。

上記三つを読み、こんなふうに感じた人はいないだろうか?

  一度の人生という言葉を目にしたとき、
  全体から切り離された今生だけを想像しているうちは、
  人はマスターになれない。

じゃあ お前今すぐマスターになったら?なんで地球というレベルの低い星
にお前は今いるの?こんなとこで何してるの?お前。。。

248 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 19:06:33 ID:tGGbR4Ft
>>246
常識的に考えてこれで詐欺罪が成り立つとは思えないね。これが
詐欺になるのなら全ての宗教は詐欺になるだろう。自分で真実だ
信じろと訴えているような宗教なら尚更だ。神対より悪質って
ことになる。

249 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 20:09:16 ID:h82IccMg
>>225
私は逆ですね。
引き篭もり気味のニート気味になっているときに神との対話に出会いました。
生きているうちに自分自身を表現すること、それが自分の目的なんだと悟り、
WEB制作の求人にメールで応募したら翌々日には就職が決まってましたw

俗世を離れて瞑想を楽しむのも素晴らしい自己表現だとは思います。
ただ、独り黙々と瞑想をするのも、誰かの為に一生懸命何かをするということも
実質的には同じ「自己表現」なのではないかな、と思っています。
もちろん、一心不乱に勉強することも、家族を守るために働くことも。

250 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 20:20:05 ID:h82IccMg
ところで初めてこのスレに来たんですが……なんだか肯定派も否定派も
批判がお好きな方が多いようで…。

私は正しいがお前は間違っている、と相手に言いたくなる気持ちもわかりますが、
相手を否定しているのは自分の主張の正しさを立証したいというだけでは。
自分の主張を本当に信じきっているのなら、自分さえ信じていればよいのでは。
他人を貶める必要はありませんね。

さらには私は正しくないかもしれないがお前は間違っている、という姿勢の方々。
一見して謙虚な姿勢に見えますが、結局はこれが今の世界の縮図ですよね。
いつまで経っても戦争は終わらないし、異なる宗教同士は相容れないし。

という私も多くの場合後者です。
自分は正しくないかもしれないし、相手も間違ってはいないのかもしれない、
常にそんな視点を持ちたいものですね。

251 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 20:28:15 ID:vm0vdMgD
>>243
また例によって逃げるのかな?
では、どういう人間か知らなければ質問に答えられない、
その理由について説明してみなさい。

252 :永久永遠に続く天国:2007/09/02(日) 21:04:42 ID:VPKugOC5
>>249

引き篭もり気味のニート気味になっているときに神との対話に出会いました。
生きているうちに自分自身を表現すること、それが自分の目的なんだと悟り、
WEB制作の求人にメールで応募したら翌々日には就職が決まってましたw

あなたは 神対を読まないと 仕事をしないほど
駄目な人間だったのですか?
神対読んで すぐ就職できるなら なんで 神対読む前に
すぐ仕事をしないの?
あなた 単に仕事ができないのではなく 単なる怠け者ですか?
仕事ができるのにしようとしないのは なぜだったのですか?
あなたは神対読まなければ ずーとニートの怠け者のなのですか?
何か深い理由があってニートならわかりますが 何も理由がないのに
働ける力があるのに 働こうとしない 怠けたままで 恥ずかしいとは
思わなかったのですか?




253 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 21:18:40 ID:JY31/Gbc
>>252
他人に突っこめるところがあると凄い攻撃だねw
君よりも249のが立派だよ。

254 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 21:22:32 ID:CF69Bp1S
>>252
どうした?何か辛いことでもあったのか?言ってみな。
駄目な人間とか怠け者とかニートとか言いたい放題言ってるが、
果たして自分は人に言えるのだろうか?
それと「恥ずかしい」という感情は勘違いの自意識過剰な人間が特に抱く感情だ。
HEBには「恥」という概念はない。外部から不自然に押し付けられた概念だから。

255 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 21:41:15 ID:tGGbR4Ft
>>252
あなたは神対を読んでも駄目な人間です。

256 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 22:13:22 ID:7fSG41Xp
>>252
249は、現在は働いてるんだから、249を祝福したら?
1冊の本との出会いで、良い方向に進んだわけですから。


257 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 22:14:52 ID:tGGbR4Ft
>>250
結局はあなたも自分が正しいと書いている。

258 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 22:41:25 ID:06kGsP3f
神との対話って本のことですか?
日本語翻訳された
私も過去に読んだことあるけどなんだか意味がわからないまでも印象的だったのが脅しの詩でした
確にグッとくるものがあります

259 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 22:45:00 ID:Qhtxv51t
>>251
言ったとおりにしろ。面倒くさい、おまえの相手しているのは。

260 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 23:15:34 ID:vm0vdMgD
>>259
いつもの逃げ口上だね。
いいか、自分で責任をもてない言葉は書き込まないこと。
上から目線で語りたいがために、受け売りをしたり、知りもしないことを
知っているかのように書き込むから、具体的なことを訊かれると答えに窮するんだよ。
今まで一体どれほど同じ過ちを繰り返してきたかい?
いい加減、学習しなさい。
責任の持てないことは書き込まないこと。
ウソはつかないこと。
これだけでいいんだよ。

261 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 23:27:32 ID:SYN7yAlJ
>>260
はじめからそれを言いたかったのは分っている。例によってこれ以上相手にしない。
毎度ごくろうさん

262 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 23:34:31 ID:vm0vdMgD
>>261
自覚しているのなら、これから気をつけるんだね。
君の上から目線の書き込みが荒らしを誘引しているんだから。
このところ荒らしている天国くんも、言ってれば君が呼び寄せて
このスレに居つかせてしまったんだよ。

263 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 00:49:15 ID:PuzXJHCk
>>252
長すぎるので引き篭もった理由を書かなかったのが悪かったですね。すいません。
もちろんニート状態の前も仕事をボチボチしてはいたんですが、その職場の人間関係というか
そこにいる人たちに嫌気が差して鬱気味になってしまったんですね。
とある団体の代表代行みたいになってたんですが、みんな自分に有利になるように
私を利用しようとするわけですよ。それでもう人間不信というか退陣恐怖症というか。
すべてのやる気も失せましたし。それ以来携帯電話も破棄してしまいました。

なんで読む前にすぐ仕事をしなかったのかというと……うーん、逆かもしれません。
そういうトラブルがなかったらこの本を読むこともなかったと思います。
シリーズを一気に貪り読むことができたのも、他に何もやるべきことがなかったおかげだと
思っています。(というかやるべきことが見出せなかったせいですが)

怠けたままで恥ずかしい、とは正直思いましたよ。恥ずかしいというか情けない。
でも何をしようにも何もできない。そんな感覚は本当に鬱とかそういう状態になったことがないと
味わえません。実際は病院にも行かなかったので鬱病だったのかどうかはわかりませんが。

264 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 00:57:33 ID:PuzXJHCk
>>263
退陣→対人ですね。失敬。

先日出た「神へ帰る」を今読んでますが、面白いですねー。
それでふと思ったんですけど、死んだ後に今までの人生をそれに関わった全員の立場から
振り返ることになる、みたいなことが書いてありましたけど、例えば2ちゃん常習者の場合……
あるスレに関わる全員の意思までもがわかってしまうのでしょうかw
通常ある場面での対人関係なんてせいぜい数人程度ですが、ネットの場合……。

ま、死んだときにわかりますね。


265 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 01:18:25 ID:2ap+los0
>>263
すべての出来事は必要で必然。だからよかったんじゃん?

266 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 01:38:53 ID:PuzXJHCk
>>265
そう思います。

なぜだかふとサイババを思い出してググってみたら良い言葉を見つけたので無断転載しときますw


あなたがたは心(マインド)の本当の性質を理解するために、それ相応の努力をすべきです。
自分の心(マインド)を支配する者だけが、人と呼ばれ得ます。
世の中に高い教育を受けた人はたくさんいますし、さまざまな種類の知識を身につけ、
すばらしい仕事に就いている人もたくさんいます。しかし、もしその人たちが自分の心(マインド)を
支配していないなら、本当の意味で人と呼ばれることはあり得ません。
心(マインド)にはありとあらゆる良い思いと悪い思いが浮かんできます。
悪いものはすべて心(マインド)から遠ざけておき、良いものだけを受け入れるようにしなさい。
何であれ決して悪いものを心(マインド)にかかわらせてはいけません。

元記事
http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_20070506.html


うーん、神へ近づくどころか自分自身を「人」と呼べるのかどうか怪しくなってきましたw

267 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 02:45:31 ID:AmC3bqRE
>>263
ふーん。なんとなくそっちの方向へ導かれたように見えるな。
見えるだけかも知れないけど。w

268 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 05:11:56 ID:DUoyTrjQ
>>263
>>252の質問に対して謝罪している所をみると、
あなたは、少々、自虐的性向がありますね。
実社会でも、252のような人間にペースを乱される
傾向があるのかも知れません。

>>249さんの書き込みの趣旨から見ると、初レスの段階(>>249)で
引き籠った理由を書く必要はないと思います。
(むしろ、簡潔さを優先していてGOOD)

>>249のレス中、一番気になるのは、「w」の意味です。
不本意な仕事をしているように誤解?しそうなのですが、真相はどうでしょうか?

>>翌々日には就職が決まってましたw

269 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 09:43:03 ID:xFn4dcgd
>>254
>>252
どうした?何か辛いことでもあったのか?言ってみな。
駄目な人間とか怠け者とかニートとか言いたい放題言ってるが、
果たして自分は人に言えるのだろうか?
それと「恥ずかしい」という感情は勘違いの自意識過剰な人間が特に抱く感情だ。
HEBには「恥」という概念はない。外部から不自然に押し付けられた概念だから。

で 高度に進化した存在は裸体です それは神対に書いてあります
あなたも 裸で外を歩きなさい
警察に捕まる?真実なら警察に捕まっても 信念を貫きなさいよ
せめて 家では裸体で行動しなさい
恥ずかしくないんでしょう?

だいたい何度も輪廻しないと高度に進化した存在にはなりません
今すぐ形だけでも行動したところで 彼らのようにはなれません
霊魂が経験を積み 優れた叡智のかたまりにならないと無理です

なお進化レベル最低の星の地球人が高度に進化した存在になるには
3000年以上は軽くかかると思います

あなたのように口だけでかっこうつける馬鹿は 去れ

270 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 09:44:13 ID:xFn4dcgd

魂は人を殺したら 今度は殺されたいと思う
魂はいじめをしたら 今度はいじめられたいと思う
これが 魂の性質である これは神との対話シリーズに書いてある

バシャールには人を殺しても来世で人を殺す人をとめれば
バランスがとれるというが

実際は 人を殺したら殺されるたいと思う これが魂の性質であり
地上の視点とは全然違うのである

こうして 因果応報は返る

    人に経験させたことは自分も経験する

       神との対話に書いてある

因果応報は義務ではないが霊魂に良心がある限り因果応報は存在する


地獄とは 良心の呵責の世界だ
つまり 拷問した者は死後 拷問された立場の感情を味わう
その時 はじめて犯した罪の大きさに気づく
その時の 苦しみが地獄であり 反省(良心の呵責)のあまり気が狂うやつもいる
そして 魂のレベルでは 今度は自分が拷問される立場になろうと決意する

こうして次の生では 拷問される 因果応報がは存在する

271 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 09:45:57 ID:xFn4dcgd

神対の神は地獄や悪霊についてしっかり事実を話すべきです>>173
二ールの父親は二ールをいじめたことに対して凄まじい悔恨の情に
さらされている 死後は 相手の立場の感情を味わる いじめられた者の
感情を味わう この時はじめて自分の行為の恐ろしさを知り 凄まじい
良心の呵責に襲われる こういう事実をしっかり書くべきだ>>173
神対の神はこういう事実をざわと書かない すべて愛とか言ってごまかす

272 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 09:52:33 ID:xFn4dcgd
>>263>>264

すまない 俺は口が悪すぎた

先日出た「神へ帰る」を今読んでますが、面白いですねー。
それでふと思ったんですけど、死んだ後に今までの人生をそれに関わった全員の立場から
振り返ることになる、みたいなことが書いてありましたけど、

>>173>>270>>271参照



273 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 10:55:08 ID:2ap+los0
>>269
>駄目な人間とか怠け者とかニートとか言いたい放題言ってるが、
>果たして自分は人に言えるのだろうか?
この部分にはどう反論するのかな?


>で 高度に進化した存在は裸体です それは神対に書いてあります
>あなたも 裸で外を歩きなさい
>警察に捕まる?真実なら警察に捕まっても 信念を貫きなさいよ
>せめて 家では裸体で行動しなさい
>恥ずかしくないんでしょう?

ゼロか100かの両極端の思考しかできないのかな?
「〜しなさい」って、なぜ命令してるいの?まず命令じゃ誰も従わんよ。
神との対話読んでる人の書き込みだとは思えんが、、、まあ人それぞれの捉え方が
あるってことだな。。。勉強になるよ。
俺は恥と言うのは本来持たなくていいものって言ったんだが。極端な思考しかできないようだ。

>今すぐ形だけでも行動したところで 彼らのようにはなれません
つ『神との対話@』

>なお進化レベル最低の星の地球人が高度に進化した存在になるには
>3000年以上は軽くかかると思います
そう。自分がそう思うならそう思っとき。
所で、アセンションって、知っていますか?




274 ::2007/09/03(月) 11:22:25 ID:xFn4dcgd
自分がそうなると思った時なら なんであなたは今マスターの選択
をしないの?
なんであなたはマスターでないの?答えてごらん?
なんで あなたはマスターでないの?
後 神へ帰るには 段階踏んで生死を繰り返し小さな完了を
積み重ねないと マスターになれないと書いてあります
次元上昇も 霊魂が発達した人しか できません

あなたは本当にアホですね 全然神対を理解してませんね

275 ::2007/09/03(月) 11:25:35 ID:xFn4dcgd
アホですね 次元上昇が可能な魂は 輪廻を繰り返し
霊魂が発達してる人のみが 変化 可能なのですよ
これもモンローや坂本さんの本に書いてある

神対シリーズには 一度の人生でマスターになれるものはいない
とはっきり書いてあります よく読め このアホ


後 裸体は極端ではありません 自然な状態です
その自然な状態を拒否するあなたはいい訳ばかりで地球の価値観に
染まってるアホです

276 ::2007/09/03(月) 11:29:23 ID:xFn4dcgd
全員が 次元上昇できるわけないだろ このアホ
人間によって魂の発達段階は様々だ

一気に進化できるなら なんで今すぐその選択をしないの?
あなた はなぜ 騒音 つまり音声を使って 話してるの?
高度に進化した存在は テレパシーで話 騒音 音声は使わないよ
あなたは なんで 毎日騒音で話してるの?
というか なんであなたは 高度に進化してないの?
選択したら 可能なんでしょ?なんで あなたは地球というレベルの低い
星にいるの?あなた 未熟な霊魂でしょ?
未熟な霊魂が 一気に高度に進化した存在にはなれない と神対3巻に
書いてありますよ

277 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:31:43 ID:bj8Ein07
発達とか上とかいう表現は変なのでは? 思い出したかどうかの
違いしかないように思うんだが。

278 ::2007/09/03(月) 11:33:32 ID:xFn4dcgd
後な 進化は無限だし 次元上昇しても 一段階レベルアップしただけ
進化は もっともっとあるの
次元上昇しても 凄く高度に進化した存在からみれば 赤子なのよ
一気に イエスのようになれるものはいない

イエスは いずれ あなたがたはわたしより大きなことをなす と言った
いずれ だ

つまり 段階を踏んで少しつづ進化してれ霊魂が発達した時 マスターに
なれるの

279 ::2007/09/03(月) 11:34:30 ID:xFn4dcgd

277さんへ

霊魂の 発達段階については 神対に 書いてありますよ

よく読みなさいね

280 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:35:59 ID:bj8Ein07
>>278
それは普通に時間軸に沿った部分しか考慮してないよね。

281 ::2007/09/03(月) 11:36:18 ID:xFn4dcgd
イエスが一度の人生で悟れたのは 高度に進化した存在だから
と 神対にはっきり書いてあります よく読みましょう

一度の人生でマスターになれるものは存在しません
神へ帰る にはっきり書かれてます

282 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:38:19 ID:bj8Ein07
>>281
で?

283 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:40:09 ID:bj8Ein07
今生が何回目なのか分からんのだが、まあいいか。

284 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:43:35 ID:jFPKA7cw
>未熟な霊魂が 一気に高度に進化した存在にはなれない と神対3巻に
>書いてありますよ

そういう巧妙な刷り込み、それが神との対話の神(=ただの霊)の目論見の一つでもある。
神との対話の神そのものを疑ってみるんだね。
あの連中は、人間は未熟であり進化しなければならない、という信念を植え付けようとしている。
なぜなら、そういう信念を植え付けることで家畜として支配しやすくなるから。
進化という概念ほど人間の自由と幸福にとって弊害になるものはない。
幸せとは、進化しなければならない、という呪縛から自由になることだからね。
霊的進化、人類より進んだ文明の宇宙人、いずれ辿り着くべき理想郷、アセンションetc.
まずはこういうガラクタを頭の中から一掃してしまえばいいんだよ。
牢獄の中で“進化した”模範囚を目指すのか、それとも牢獄から脱出することを目指すのか。
本当の幸せはどちらだろう?

285 ::2007/09/03(月) 11:46:20 ID:xFn4dcgd
EO 見ましたね???

286 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:49:16 ID:xFn4dcgd

>>278
それは普通に時間軸に沿った部分しか考慮してないよね。

違います オーバーソウルでは 過去現在未来同時ですが
あなたという個霊も オーバーソウルの中の未来の自分は すでに
マスターである 自分 もいると思いますが
あなたという今の個霊は レベル1→レベル2→と段階を踏まないと
マスターにはなれません
あなたは 過去にも未来にも生まれることはできますが
進化は 段階を踏まないといけません

高度に進化した存在も永い時間をかけて進化した と神対3巻の終わりの
方に書いてあります よく読みなさい

287 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:16:39 ID:bj8Ein07
同じ輪の中を回っているだけだから進化とかそういうのはないって書いてなかったっけ?
今手元にないから確認出来ないが神に帰るの最後の方だったかな?

288 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:30:39 ID:DZD8puoo
宗教信者はメンへラーだって言われました ホントでしょうか?

289 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:37:25 ID:bj8Ein07
>>288
そういう人も当然居るだろうね。

290 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:41:26 ID:2ap+los0
>>278
俺もそこは気になる

291 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 13:03:27 ID:xFn4dcgd

同じ輪の中を回っているだけだから進化とかそういうのはないって書いてなかったっけ?
今手元にないから確認出来ないが神に帰るの最後の方だったかな?

いや そうではないらしい
高度に進化した存在は幻想を再び生きない と書いてある
マスターになれば幻想の循環が終わり 次からはさらにレベルの高い人生
を目指す マスターでも 自分の幻想の循環が完了し サイクルの一部が
完了しただけである と書いてある マスターになってもまだまだ進化
はあるらしい マスターになった後は他者を悟りに導く仕事をするらしい
また 霊魂の観点から見ると 神対3巻238〜241に
だが すべての魂は最初に創られたぶんの一部だ という文章がある
これは俺が分霊だが 俺らは3つの分霊だとする 俺らが神に戻った時 俺らは3つの分霊と出すと
する その分霊が俺ら神 に戻った時 神になって分霊を3つ出すとする その時俺らは神から大神になる
となると俺らの親の神はこの時 計27の霊魂を通じて経験する存在
俺らは計9の霊魂を通じて経験する存在 俺らの子は3つの分霊を通じて経験する
存在 俺らの子の子は未知と既知としてる最中
これが すべての魂は最初に創られたぶんの一部 だという意味だと思う
http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm


292 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 13:08:28 ID:2ap+los0
>あなたは本当にアホですね 全然神対を理解してませんね
神対を理解している人は「アホ」なんて言わない様な気がするが…

>後 裸体は極端ではありません 自然な状態です
その自然な状態を拒否するあなたはいい訳ばかりで地球の価値観に
染まってるアホです

ふーん、そう…。で、そこまで主張するなら自分はどうなの?

御前が神対・精神世界の本をよく読んでるってことはよく分かった。
そして、あまり精神的に成長していないってこともよく分かった。ありがとう

293 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 16:58:25 ID:QO/S2ikE
>そして、あまり精神的に成長していないってこともよく分かった。ありがとう

お前もな

お前もな

お前もな

……以下エンドレス

 
どうしてそこの二人は相手を説き伏せようとするのでしょう?
どうしてそこの二人は自分の方が正しい、自分の方が成長していると
相手に思わせたいのでしょう?

今ここに生きているという事実、これは誰もがまだまだ成長の途上にいるという
ことではないのでしょうか。その中でもマスターと呼ばれる人がもしこの会話に
参加をしたのならば、恐らくこんなにも相手を刺激したりはしないでしょう。
そもそも会話自体に参加しないとは思いますけどね。
しかしながら、それでも全ての人はマスターであると本には記してあります。
マスターとして、自分がどう振舞いたいか、どうありたいか、それだけが重要なのでは。

294 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 17:28:17 ID:DUoyTrjQ
>>293
彼らがいつ次の段階へ進むか、見てるのもひとつの楽しみですね。


295 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 20:06:46 ID:2ap+los0
これからはちぁんと敬語で書き込みます

296 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 20:10:11 ID:bj8Ein07
>>293
ま、自分のことを中々思い出せないんでしょう。

297 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 21:10:19 ID:h92o+FTt
おかげが無い(願望が実現しない)という人々よ。
まずすべての人々と和せよ。
他をも赦し、自分をも赦せ。
そして再び罪を犯すことなかれ。
罪を罪と知ったとき、
もうなんじの罪は消えたのである。

「和」の足らぬ心を「おかげの無い心」という。
その不平の心がまたしても「和」のない心である。

「和」とは実相の完全さを「そのまま受け取る心」である。

現象を見てグズグズいう心は「和」ではない。

神の創造り給える世界に「悪」はないと「そのまま受ける心」が
「和」なのである。

いっさいの事物はそのままで調和しているのである。

調和していないがごとく見えるのは仮現にすぎない。

なんにも実在の世界において「悪い」ものはない。

『生命の實相』37巻134ページ

ブログ「谷口雅春に訊け」
天地一切と和解せよ:http://blog.livedoor.jp/con5151/archives/cat_50062375.html
真性の我々:http://blog.livedoor.jp/con5151/archives/cat_50062388.html

谷口雅春を読んで初めて、『神との対話』の意味がよく分りました。
非常に共通点の多い、昭和6年の著作です。

298 :名前は誰も知らない:2007/09/03(月) 22:54:48 ID:N1cF84oZ
チャクラとは気のことなんでしょうか?

299 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 23:29:33 ID:XpuY3e6z
この間発売された「神へ帰る」で神との対話シリーズは終わりらしいね
他に「What God Wants」があるけどこれはニール自身が語っている内容らしい
いわゆる副読本みたいなものといえるかもしれない
いつかは終わるだろうと思っていたけど、少し寂しい感じがするね

300 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 00:33:46 ID:jMZVmWMq
>>297
逆に昔から生命の實相を読んでいるうちの母にいわせると、その後出ている
どんなスピリチュアルな本の内容もすでに生命の實相に書かれている、らしい。

でもさらに言えば数千年前も昔からマスター達は同じことを語っているだけなのだろう。

生命とは何なのか、人生の目的とは何なのか、神との対話に書かれているように
本当に何度も何度も繰り返し語られてきたのだろうね。

301 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 00:49:56 ID:a6v97Og+
>>293>
>そして、あまり精神的に成長していないってこともよく分かった。ありがとう

お前もな

お前もな

お前もな

……以下エンドレス

で、貴方はどうなんですか?
ちなみに私は自分のことを無知な人間だと思っていますが。

302 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 00:53:54 ID:a6v97Og+
>>298さん
そうだと思います。中空の茎ですから、気の集まるところ(エネルギーセンター)って感じだと思います

303 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 01:09:50 ID:a6v97Og+
私は最近生命の実相という本が素晴らしいと言うことを知り、図書館にいて読む予定なのですが、
昨日調べていたところ、谷口氏は戦争を賛成していたようですね、神の国とか言って。
そこに疑問を感じましたね。矢張り谷口氏も完璧な人間ではないと言うことでしょうかね。
詳しい方、レスポンスいただければ、幸いと存じます。

304 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 03:53:48 ID:jMZVmWMq
>>303
ここの37後半あたりからどうでしょうか。
ttp://life.2ch.net/psy/kako/1026/10266/1026615522.html

確かに戦争を肯定しているような行動をしてますが
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E9%9B%85%E6%98%A5

私が思うに、戦争のある時代に、戦争に行かねばらなない境遇で生まれてきたのだとしたら、
その戦争を通して自分を経験することを自ら望んで生まれてきたのであるから、戦争を通して
学ばねばならない、ということなのではなかろうか。
確かにここで別に「勝たねばならない」という選択だけではなく、「戦争反対」という課題を
提示してもよさそうなものであるが・・・・・時代はもちろん現人神である天皇の御心のままに
ということであるからして、その時代に従うべきであると主張するのは必ずしも間違っている
とは言い切れないのではなかろうか。
「神へ帰る」でも死は決して悲しむべきものではなく生命が別の形を取ること、さらには
誕生であるとすら言っているしね。これを読んだ人なら人を殺すこと、殺されることというのは
決して「=悪いこと」ではないというのはなんとなく理解できておりますでしょう。

人を殺すことでその痛みを知り、家族を失うことで痛みを知り、殺されることで痛みを知り・・・。
そして我々が生まれてきたのは戦争に負けて、明治憲法復元運動も成就されなかった時代。
もしかしたらどこかにそれが成就された時間もあるのかもしれない。
でも自分が選択したのは今この時間。ということなのではないのかね。

305 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 04:01:37 ID:jMZVmWMq
ただ、もちろん私だって「聖戦」なんてものは決して肯定したくはない。
人を傷つけたくないし傷つけられたりもしたくない。
人を殺したくもないし殺されたくもない。

でも神との対話に書かれているように、全ては魂の同意の上であるとしたら、
殺さねばならないときには殺さざるを得ないのだろうし、殺されねばならない
ということすらあるのだろう。

・・・でもやっぱりなかなか理解し難いものだな・・・。

306 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 09:52:22 ID:d+CPF2ZC
>>304-305
>>私が思うに、戦争のある時代に、戦争に行かねばらなない境遇で生まれてきたのだとしたら、
>>その戦争を通して自分を経験することを自ら望んで生まれてきたのであるから、戦争を通して
>>学ばねばならない、ということなのではなかろうか。

同感です。むしろ、人類の歴史は、戦争のある時代が多いですね。
しゅっちゅう、肉体を傷つけあう戦争をしてました。
現在は、肉体を傷つけあうのは懲りたので、経済・金融・情報の戦争をしてます。
だから、精神を病む人が多いですね。



307 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 12:23:21 ID:KxqRznwq
>>306
懲りてなんかいないでしょう。現在の日本の場合は絶妙な立場に
いるということと、過去の敗戦国だということと、9条を縦にして
直接的な参戦を断れるというだけではないですか? 相変わらず世界は
キナ臭いままだと思いますが。

308 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 12:56:01 ID:egd/aXTe
>>307
そうですね。人類史を長い目でみれば、今の日本は特殊な状況かもしれませんね。

>>303
太平洋戦争は、白人帝国主義国家群による日本人に対する人種差別や嫉妬が遠因になっており、

日本が経済制裁から抜け出すための自衛戦争として、人格の高い人でも賛成派に回ったのも

やむを得なかったと思います。

309 :永久永遠に続く天国:2007/09/04(火) 13:37:30 ID:YzSEbJAs

600さん 来てーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

600さん 来てーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

600さん 来てーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

310 :メシア(地のさそり):2007/09/04(火) 13:39:11 ID:UHCCHXzZ
めんどくせぇ、144000人に任せるか、
額にキリ・・・、
あれは、ブッド、あるいは道君かww


311 :永久永遠に続く天国:2007/09/04(火) 13:40:16 ID:YzSEbJAs
>>303
太平洋戦争は、白人帝国主義国家群による日本人に対する人種差別や嫉妬が遠因になっており、

日本が経済制裁から抜け出すための自衛戦争として、人格の高い人でも賛成派に回ったのも

やむを得なかったと思います。

私もそう思います

自衛の場合の戦争は 正当防衛に当たると思います

未来のことだが 中国の台湾などの侵略は悪だが 台湾が中国に対して自衛の戦争をする場合 悪だと

思いません(まだ戦うかどうかわかりませんが。。。)

312 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 15:42:25 ID:a6v97Og+
>>304>>305
レスポンス、有難く存じます。

まあ魂の次元の事とか宇宙の事とか、形而上レベルの事とかは、
一般常識を超えてますので、自分には単純には理解出来ないのかも知れない、
とも思っておりますが。

>確かにここで別に「勝たねばならない」という選択だけではなく、「戦争反対」という課題を
>提示してもよさそうなものであるが・・・・・時代はもちろん現人神である天皇の御心のままに
>ということであるからして、その時代に従うべきであると主張するのは必ずしも間違っている
>とは言い切れないのではなかろうか。

成る程…。谷口氏は、本当は戦争はしたくないが、意味があり敢えて戦争を推した、
ということなのかも知れませんね。或は、唯の「正義の勘違い」か。
>>304殿、新しい視点を与えて下さり、有難う御座います。








313 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 15:50:49 ID:a6v97Og+
>>304
>「神へ帰る」でも死は決して悲しむべきものではなく生命が別の形を取ること、さらには
>誕生であるとすら言っているしね。これを読んだ人なら人を殺すこと、殺されることというのは
>決して「=悪いこと」ではないというのはなんとなく理解できておりますでしょう。

はい。勿論それはそうで御座います。なにも『神へ帰る』の話をしなくとも、
それは既に『神との対話』にも書かれていますよ。

魂の上では合意、ですね。形而上のレベルで言えば、誰も被害者でも加害者でもないのですね。

>>305
>・・・でもやっぱりなかなか理解し難いものだな・・・。
そうですね(笑い)
だから判断力を鍛えていこうと思います。


314 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 15:59:48 ID:a6v97Og+
>>308>>311
レスポンス有難う御座います。
成る程。止むを得なかったというのも正しいのかも知れませんね。
しかし、その「仕方がない」が戦争の一歩のようにも感じますね。

315 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 16:30:39 ID:d+CPF2ZC
>>314
山本五十六(日本海軍の司令官長)は、開戦反対の立場であったが、

もはや戦勝続きの体験を持つ国民の世論の勢いに抗うことができなかった。

天皇がもし、戦争反対を唱えたと仮定しても、2.26事件のように暴漢に

襲われて戦争賛成の皇族が即位するような危険な雰囲気があった時代でもあった。

プロの軍人の判断としては、アメリカに勝てないことは明白だったので、

いわば「民主主義(多数決)の原理で負け戦に突入せざるを得なかった」という

悲しい現実であった。

2ちゃんねる用語で例えるなら、「アメリカによる釣り」の疑い濃厚といった

ところでしょうか?>>http://www.uraken.net/rekishi/reki-nihon002a.html


316 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 17:00:55 ID:jMZVmWMq
正義とは常に勘違いであるよ。
全ての人の正義はその人にとっては必ず正しい。
なぜなら正義とは相対的な視点に過ぎないのだから。

思うに正義は常に貫くべきものであり、同時に常に見直し続けるべきものではないかと。

317 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 17:01:28 ID:a6v97Og+
>>315
そうなんですか。私はあまり戦争の歴史のことを知りませんでした。

>「アメリカによる釣り」
言いえて妙。アメリカが煽って釣った、と。
なんか結局この言葉に尽きる気がしますね。

318 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 18:02:29 ID:d+CPF2ZC
>>317
ありがとうございます。アメリカが日本に対し、「中国大陸の利権を全て破棄せよ」と

無理難題を主張し続けたのは事実ですが、ホントは戦争したくなかった米国民が

過半数を占めていたと思います。(あくまで推測ですが)

私も最近までは、アメリカの釣りだと思いこんでいましたが、

いろんなレポートを読むと、断定はできない感じです。

国家間の正義・国益のぶつかりあいというのは、非常に複雑ですね。

「日本民の過半数が支持する正義」と「米国民の過半数が支持する正義」の

ぶつかり合いですから。

まさに>>316さんの書き込みも言い得て妙、だと思います。




319 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 18:23:18 ID:YzSEbJAs

600さん 来てーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

600さん 来てーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

600さん 来てーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

320 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 21:31:59 ID:g2hqcJqp
昭和二十年八月十五日、講和の詔書が渙発せられた。
私はその夕方、代用パンに添えて食べるための味噌汁の実に春菊の葉を一握り採取して、
下の畠からお山へ帰ろうとすると、本部の教化事務所を一時貸してある軍の医務室の人が
「谷口先生、面会人ですよ」という。
それは善良な神経質らしい成城学園の学生という表示を胸間に縫いつけた一人の青年であった。
私は立ち留まった。

「何か御用ですか」
「先生、今日の変化について我々はどのように行動したら宜しいですか」
「君は学生だから、学校当局のいわれる通り素直に随って行けば好い」
「我々は今日のことについて、どのように考えたら好いのですか」

それは肇国以来一度も負けたことのない日本が、敵の「無条件降伏せよ」との提案を受諾した
ということについて神国必勝の理念が覆されるのではないかという意味を含んでいるが、
そんな言葉をハッキリ表に出したくない意味が読めた。

私にしても同じことだ。
「今日のことか。国体とは国の面積のことではない。また相手を叩き伏せる暴力的強さのことでもない。
我が国の国体は天皇の大慈悲が国を貫いているということだ。『陛下は自分の一身はどうなってもよい。
一億の民草をこれ以上苦しめるには忍びない』と仰せられた。ここに仁徳天皇の大御心が今上陛下に現れ
給うた。今日ほど日本の国体が明瞭になったことはない。国体とは天皇の大慈悲が国を貫いているということだ。
わかったかね。皇軍というのも真の皇軍とは形の上の人を殺傷する軍隊のことではない。この大慈悲の軍隊なのだ。
天皇の大慈悲はキリストの大愛と同じである。キリストは十字架に上がらんとするとき『吾れ世に勝てり』といった。
勝つとは暴力のことではない。自己を十字架につけて万民を救うということだ。どうだ、わかったかね。
わかったら帰りたまえ」

谷口雅春『白鳩』「終戦随筆」昭和20年11月号

http://blog.livedoor.jp/con5151/archives/cat_50206367.html


321 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 21:47:57 ID:a6v97Og+
難しいですね。正直意味がよく分かりません。

322 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 22:00:07 ID:d+CPF2ZC
>>321
谷口雅春さんは、クリスチャンだということでしょうか?
あと、>>320>>297でしょうか?
憶測ですが、ニールさんと谷口雅春さんの共通点について語りたいように
見受けられますね。

323 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 01:21:16 ID:ZpCdlTQT
それはそれで面白そうですね。

324 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 01:29:55 ID:ZpCdlTQT
>>322
ウィきでお調べになるとお分かりになると思いますが、簡単に説明しますと↓
谷口氏は別にクリスチャン特定ではないと思います。「生長の家」の創設者で、
万教帰一という教義で、仏教・キリスト教・神道などを全て内包統括した教えなのです。
「全ての宗教は結局おなじ事をいっています」と。

この説明で宜しいでしょうか?

325 :322:2007/09/05(水) 08:38:18 ID:xeZZ9kqh
なるほど、「生長の家」の創設者ですか。

ところで、前から疑問に思っていたのですが、
ニールさんは、宗教団体は運営しているのでしょうか?

326 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 12:30:56 ID:ZpCdlTQT
それは知りませんが。
神との対話財団による、HT(ヒューマニティーズチーム)
というのはありますよ。某地域のやつに私も参加した事がありますが…。
ネットで調べてください。


327 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:25:54 ID:2O7g2UCP
なんかここを見ていて宗教創生の経緯がわかったような気がした。
ニール氏は全ての人は神の一部であり自己を経験することこそが課題だと言う。
しかし読者は本の内容よりも本自体に価値を見出してしまう。
本の解釈の仕方で相違があると自分の解釈の方が正しいと強固な姿勢をとってしまう。
さらにはニール氏へ帰依してしまう。

今はまだご存命なので内容に疑問を感じたら本人に直接尋ねるということができる。
しかし彼が亡くなった後は明確な答えを出せる人間がいなくなってしまう。
そこで残された本だけか神格化され、経典・聖典とされ、その解釈に一定のルールが
設けられてしまう。
こうしてそこに宗教が誕生してしまう。

きっと仏陀もキリストも、その他の預言者なども、ずっと同じことを言ってきたに違いない。
誰も一定の教義、一定の作法、一定の祈りが重要だなどとは言っていないに違いない。
彼らが存命中、もし誰かに答えようのない質問をされたら「答えない」という選択、
「わからない」という回答もできただろう。しかしその死後、その宗教団体にとっては
「わからない」ことがあってはならない。そこでなんとか頭脳を駆使して一定の答を定めてしまう。
そしてその正しさを証明するため、違う解釈=異なる宗教に対して排除・攻撃しようとする。

彼の死後、ニール教団が創設されないことを切に願うばかりである。

328 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:44:26 ID:ZpCdlTQT
ニール教団Σ(・∀・;)

でも>>327さん、もう既に、神対のおかしな宗教みたいなのはありますよ。

やってる本人は真面目だそうですが。かなり排他的みたいですよ。

329 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:48:30 ID:2O7g2UCP
>>328
もはや手遅れであったか。。。
どこにあるんだろう?

330 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:48:49 ID:ZpCdlTQT
あと@に、
「この本が万人に受け入れられるには、何世紀のかかるだろう。
少なくともここに書かれてある言葉が時代遅れの言葉になるまでは」
とか、
「ここに書かれてある神はあまりにも素晴らしすぎ、平易な言葉で口語的に書かれているから」
とありますね。だからまぁ、『神との対話』を地球人の段階で万人が理解するのは無理なのかも知れませんね
(当然私も含めて)

331 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:53:06 ID:JTcXen0Z
>>327
神との対話シリーズって哲学書みたいな感じがしますね。

ニーチェの登場で、哲学上、神が語られることが少なくなったけれど、

ニーチェ以前は、哲学で神を考察するのは日常的であった。

その反動で、神との対話シリーズが今、人気を呼んでいるのかも知れない。

332 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:57:26 ID:ZpCdlTQT
>>329
私も有る詳しい人から聞いたのですが、
神との対話でも、「我こそが日本の長だ!」みたいな人とか、「私は日本一の霊媒師です。私が一番です」
みたいな人が自己顕示・権利欲を持った人が日本でも十年前に出てきたそうです。。それでオカルト宗教みたなって権利争いなどが
わやくちゃになって空中分解あぼん、となったそうです。

(私を含め)地球人の中には、どんな団体でも政治に利用したり宗教に利用したりする人はいるようです。


以上。>>329さんはご存じなかったですか?(^∀^)

333 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:59:26 ID:5nkBNCDM

魂は人を殺したら 今度は殺されたいと思う
魂はいじめをしたら 今度はいじめられたいと思う
これが 魂の性質である これは神対シリーズの書いてある

バシャールには人を殺しても来世で人を殺す人をとめれば
バランスがとれるというが

実際は 人を殺したら殺されるたいと思う これが魂の性質であり
地上の視点とは全然違うのである これも神対シリーズに書いてある

こうして 因果応報は返る

    人に経験させたことは自分も経験する

       神との対話に書いてある

因果応報は義務ではないが霊魂に良心がある限り因果応報は存在する


地獄とは 良心の呵責の世界だ
つまり 拷問した者は死後 拷問された立場の感情を味わう
その時 はじめて犯した罪の大きさに気づく
その時の 苦しみが地獄であり 反省(良心の呵責)のあまり気が狂うやつもいる
そして 魂のレベルでは 今度は自分が拷問される立場になろうと決意する

こうして次の生では 拷問される 因果応報がは存在する


334 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:01:16 ID:ZpCdlTQT
>>329
あと、どこにあるかとかは、非誹謗中傷になりかねないのでここではお教えしません。
貴方が御自分で探し、何がおかしいか判断なさるようお勧めします。

335 :メシア(地のさそり):2007/09/05(水) 15:01:55 ID:0Mblslhs
ゼウス派だった我が主ガイア神の実子は彼女を
偉大なる長老といってましたよ。
自分派の多すぎるガキやら酒、女っぽいホメロス
(トラキア776参照)から偉大なる天帝とうた
われるゼウスとはわけが違いますね。

336 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:12:43 ID:JTcXen0Z
>>332
神との対話シリーズを哲学書だと割り切ってしまえば、
宗教団体のように、教義の押し付けや、教義に沿った行動を強要する
人間関係に陥らずにすみますね。

「神との対話シリーズを読んだら、人生がこう変わった」とか、
「なんとなくピンとこない」とかマタ〜りとネットで雑談する
雰囲気を楽しむ
というのが、理想ですね。



337 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:16:40 ID:2O7g2UCP
>>332
やっぱりそうなるんですよね。自分こそが一番の理解者だとか、通訳者だとか・・・。
私はスピリチュアルに訴えかけるようなものは大好きなんですが、でもそこから
「じゃあ集まってグループで云々」というのがどうしても受け付けられない。

お互いに理解を深め合っていこうっていうのは良いことだと思いますし、これを読んだら
誰でも他のひとに勧めたりしたくなってしまうのもわかるんですけどね。
でもだんだんそれが押し付けになってしまうのが実体験としてあったりするので、
あえてそういう団体とか集団には近づかないようにしてたので、ご存じなかったのです。
何か不快な感じのする集団を見て、この本に対するイメージまで悪影響が出るのも
イヤですしね。



338 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:20:54 ID:5nkBNCDM

俺は 体外離脱や霊視で地獄界や悪霊も観てる 天使も観てる
しかし なぜ神との対話には わざと 悪霊や地獄界について
書かないのか?
また 二ールの父親は二ールをいじめたことを凄まじい悔恨の念に
かられて苦しんでいる これは事実だ
なぜ こういう事実を書かないのか?
また 拷問レイプした者は死後反省で 拷問強姦された者の感情を味わい
凄まじい反省の念で 気が狂う場合があり 次の生では はくちや低脳者
や障害者に生まれ変わる場合も多い
なぜ こういう事実を書かないのか?
凄まじいリンチも 完璧 なのだが完璧だからなんなんだ?
完璧なら 性器を切断 目玉をくりぬかれるなどの拷問も 完璧
だからという理由で放任してもいいのか?
完璧 でも苦しいことに変わりはないだろう。。。
神対の神が 一人の人間として拷問にあえば 一体どんなセリフを吐くのか?
完璧だから なんなのだ?苦しい とにかくこの痛みから逃れたい とそれだけ
思うに違いない
神対の神を一人の人間として生まれ変わり 拷問にあわせたい
その時 どんなセルフを吐くか 聞きたいものだ


339 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:21:43 ID:ZpCdlTQT
私も参加した事がありますが、インターネットの掲示板で十分だと存じます。

340 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:24:17 ID:5nkBNCDM

 大宇宙にはこんなことがいっぱい!!!

 突然失礼します。

 とにかく これ読んでください。

 本当の話です。

 http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/lynch.htm
(一番下)

 すべては 完璧だ 言うが 完璧でも苦しい痛いは
 とても嫌だし耐えれないものです
 そう思いませんか?

完璧なら 性器を切断 目玉をくりぬかれるなどの拷問も 完璧
だからという理由で放任してもいいのか?
完璧 でも苦しいことに変わりはないだろう。。。
神対の神が 一人の人間として拷問にあえば 一体どんなセリフを吐くのか?
完璧だから なんなのだ?苦しい とにかくこの痛みから逃れたい とそれだけ
思うに違いない
神対の神を一人の人間として生まれ変わり 拷問にあわせたい
その時 どんなセルフを吐くか 聞きたいものだ

341 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:25:33 ID:2O7g2UCP
あと何かしら特別な用語を用いるのもイヤですねー。
ナントカ天使だの次元上昇だのレベルがどうのこうの・・・。
抽象的な概念をなんとか言語化したいのでしょうが、言語化した時点で
問題の焦点がズレズレになってしまうことの方が多いように思えて。

この本はそういう点においても、>330にあるように平易な言葉だけで
綴られているというのもよいですね。

>336
そういう風に考えるひともこのスレの中にはちゃんといるようでホッとしました。
ホント、そういう風に楽しめばそれでいいと思うんですけどね。
そしてそれを普通の日常生活に応用できれば応用すればいいだけなんですけどね。


342 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:26:47 ID:2O7g2UCP
>>338
「神へ帰る」もお読みになりましたか?
たぶんそこに知りたいことの手がかりが。

343 :メシア(地のさそり):2007/09/05(水) 15:29:04 ID:0Mblslhs
>>338
なんかガイア神にベルゼブブってどういう意味かってきいたら、
「地獄の魔界士」だって。
・・・本当?

344 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:29:08 ID:5nkBNCDM

イラク人 首切り動画
http://www.consumptionjunction.com/downloads/cj_34947.wmv

チェチェン人 首切り動画
http://dolby.dyndns.org/foo/foo/movie/neck_cut.asf

韓国人 首切り動画
http://www.consumptionjunction.com/downloads/cj_36037.wmv

トルコ人 人質射殺動画
http://www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-turkish-hostage-executed-in-iraq.wmv

ポールジョンソン 首切り動画
http://www.ogrish.com/ogrish-dot-com-paul-johnson-beheading-video-full-version.wmv

エジプト人 首切り動画
http://www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-beheading-of-egyptian-spy-in-iraq-video.wmv

CIA 首切り動画
http://www.ogrish.com/movies/cia-agent-beheaded-in-iraq_full.wmv

ブルガリア人 首切り動画
http://www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-bulgarian-beheading-video.wmv
http://ime.nu/dolby.dyndns.org/foo/foo/movie/neck_cut.asf

完璧なら 性器を切断 目玉をくりぬかれるなどの拷問も 完璧
だからという理由で放任してもいいのか?
完璧 でも苦しいことに変わりはないだろう。。。
神対の神が 一人の人間として拷問にあえば 一体どんなセリフを吐くのか?
完璧だから なんなのだ?苦しい とにかくこの痛みから逃れたい とそれだけ
思うに違いない

345 :322:2007/09/05(水) 15:33:23 ID:xeZZ9kqh
>>337
同感ですね。
ただ、私は最近、他のスレで「神との対話スレ」によく行く人と出会って、
興味本位で図書館で借りて読み始めていますが、
私とこの本とは相性があわないみたいです。
なので、「神との対話スレ」とは、お別れします。

346 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:34:43 ID:5nkBNCDM

ジャックヘンスリー斬首動画
http://ime.nu/www.goregasm.com/movies/ogrish-dot-com-jack-hensley-beheading-video.wmv
ユージン・アームストロング斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-eugene-armstrong-beheading-video.wmv
イラク情報機関職員2名斬首動画
http://ime.nu/www.worldofgore.com/Vidz/2%20Iraqis.wmv
チェチェン斬首動画
http://ime.nu/dolby.dyndns.org/foo/foo/movie/neck_cut.asf
http://ime.nu/www.asagao.sakura.ne.jp/~yuugeki/ebay/kubikiri2.asf
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv


347 :大宇宙にはこんなことがいっぱい:2007/09/05(水) 15:39:26 ID:5nkBNCDM

自爆テロ犯末路の画像。
http://ime.nu/www.ogrish.com/temp_content/43734_1.jpg
http://ime.nu/www.ogrish.com/temp_content/43737_2.jpg
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
旧フセイン政権下での処刑動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/usa/iraq%202003/2004%20january/saddam%20execution.wmv
旧フセイン政権下での処刑動画2
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraqishot3[1]_p.wmv
旧フセイン政権下での処刑動画3
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/Irak2.wmv

348 :大宇宙にはこんなことがいっぱい:2007/09/05(水) 15:53:08 ID:5nkBNCDM

チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

349 :大宇宙にはこんなことがいっぱい:2007/09/05(水) 16:10:52 ID:5nkBNCDM

イラク人11人処刑動画(1名斬首)
http://ime.nu/www.ogrish.com/attachments/2004/10/28/ogrish-dot-com-ansar-al-sunnah-executes-11-iraqis.wmv
CIAエージェント斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/cia-agent-beheaded-in-iraq_full.wmv
ブルガリア人斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-bulgarian-beheading-video.wmv
ダニエル・パール斬首動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/documents/document4/danielpearl_r.wmv
バレア・ナフェア・ダウード・イブラヒム斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-beheading-video.wmv
アラ・アル・マリキ斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/iraqi-ala-al-maliki-ansar-al-sunnah-beheading.wmv
クルド人3人斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-3-kurds-beheaded.wmv


350 :大宇宙にはこんなことがいっぱい:2007/09/05(水) 16:12:01 ID:5nkBNCDM

トルコ人&クルド人斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-turkish-kurdish-beheading-video.wmv
トルコ人射殺動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-turkish-hostage-executed-in-iraq.wmv
トルコ人運転手斬首動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/movies/ogrish-dot-com-turkish-truck-driver-beheading-video.wmv
ダルムス・クンベデリ斬首動画
http://ime.nu/www.worldofgore.com/Vidz/Durmus%20Kumdereli.wmv
イラク人少佐フセイン・シャナン斬首動画
http://ime.nu/ogrish.com/attachments/2004/11/3/ogrish-dot-com-army-al-sunnah-beheads-iraqi-officer.wmv
イラク人2名射殺動画
http://ime.nu/www.ogrish.com/attachments/2004/11/20/ogrish-dot-com-ansar-al-sunnah-shoots-2-iraqis.wmv


351 ::2007/09/05(水) 16:32:10 ID:5nkBNCDM


352 :@@@:2007/09/05(水) 16:32:55 ID:5nkBNCDM

ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv


353 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 18:02:53 ID:Lluizizq
全くどうしようもないな

354 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 18:08:12 ID:5u1+BsRV
>拷問も完璧だから放任しても良いのか?
完璧だが、放任するかどうかはあなた決めることだ。
私は観察しているだけだ。

>苦しいとにかくこの痛みから逃れたいと思うはずだ。
痛みはひとつの経験だ。苦しみは、その経験についての判断である。
たいていの人は、痛みを経験することは良くないと判断し、
痛みは起こるべきではないと思う。
だが、痛みも完全なものとして受け入れれば、その度合いに応じて
人生の苦しみは軽減される。

わたしから離れていると感じるから、苦しみを終わらせるためにせよ、
ほかの目的にせよ、人はわたしを活用できず、わたしに呼びかけられず、
友情を育むことができず、わたしの創造と癒しの力を充分に利用することもできない。

すべては幻想だ。
だから、幻想を活用し、感謝しなさい。
幻想を幻想として見抜き、それが何を意味すかを決め、
自分自身を新たに創造しなさい。

それがあなたの人生の意味だ。

355 ::2007/09/05(水) 18:26:22 ID:5nkBNCDM

偉そうにマスターでもないあなたごときに説教されたくありません
あなたを拷問にかけ 上記のようなセリフが吐けるかどうか試したいです
あなたの電話番号教えてくれませんか?
俺はあなたのようにネットで威張るやつが大嫌いなのです

後 痛みをコントロールできるのはマスターでも上級レベルの者だけ
そう書いてある よく読め

とにかく あなた 性器に針を刺してください お願いします
その時でも あなたは上記のように偉そうな言葉を言えますか?

私は あなたの化けの皮をはがしたいのです あなたを拷問したいです
だから 電話番号と住所を教えてくれませんか?
私は あなたの性器に針を刺して あなたがどれだけ泣き叫ぶか
その時でも 上記のようなセリフが吐けるかどうか 試してみたいのです

返事待ってます

356 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 18:31:47 ID:5nkBNCDM
>>354
偉そうにマスターでもないあなたごときに説教されたくありません
あなたを拷問にかけ 上記のようなセリフが吐けるかどうか試したいです
あなたの電話番号教えてくれませんか?
俺はあなたのようにネットで威張るやつが大嫌いなのです

後 痛みをコントロールできるのはマスターでも上級レベルの者だけ
そう書いてある よく読め
マスターでない一般人には無理だと書いてある よく読め

とにかく あなた 性器に針を刺してください お願いします
その時でも あなたは上記のように偉そうな言葉を言えますか?

私は あなたの化けの皮をはがしたいのです あなたを拷問したいです
だから 電話番号と住所を教えてくれませんか?
私は あなたの性器に針を刺して あなたがどれだけ泣き叫ぶか
その時でも 上記のようなセリフが吐けるかどうか 試してみたいのです

返事待ってます



357 :↑↑↑:2007/09/05(水) 18:33:08 ID:5nkBNCDM
私が あなたの性器に針を刺した時 あなたはなんと言うか楽しみです
是非 試させてください あなたの信仰 信念を

ここに晒してたくないならメールでやりとりしますか?
その時 あなたの住所と電話番号教えてくださいね

携帯であなたに性器を針刺す動画を取りましょう
そして ここに貼り付けましょう

私は あなたのようにかっこうつけてマスターぶるものの化けの皮をはぐのが
大好きなんです

あなたが痛みに対してどんな態度を取るか 是非 俺はあなたの態度が見たいです

お願いです 是非 あなたに拷問をかけたいです あなたの泣き叫ぶ顔を
ビデオカメラで取り ここに晒したいのです

358 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 18:41:56 ID:ZpCdlTQT
43 名前: 無名草子さん 投稿日: 02/09/09 15:36

神との対話1〜3まではいいとしても、
ニールはしつこく続編を出し続けているよね。
神は彼に始めは3冊と宣言したのに、
違うんじゃないかな?

続編を読んでいて、なんか始めの3冊の趣旨と違う感じがしたよ。
そんなにみんなに実践してもらいたいんなら、
インターネットでフリーで公開してもいいだろうし、
なんだか金銭欲が見え隠れしてるよ。

去年、にーるが日本に来た時の講演会の料金も
8000円と高価だったし、
(某公会堂ってかなりキボがでかかった)
言ってる事と、やってる事とのGAPがでかいと
思うよ。

神との対話1〜3の内容は悪くないと思うけど、
今や新興宗教家になってしまったにーるは
いただけないよ。



359 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 18:45:43 ID:5u1+BsRV
>>355
住所と電話番号ならすでに知っているだろう。

わたしはあなただ。

わたしとあなたは一体だ。

あなたがわたしにする事はあなたがあなた自身にすることだ。

わたしに痛みを与え、わたしが泣き叫び、「もう許してくれ!」と
答えればあなたの心は満たされるのだろうか?

他人を傷つけることがほんとうのあなたなのだろうか?

あなたは何を恐れているのだろうか?

360 :358:2007/09/05(水) 18:49:20 ID:ZpCdlTQT
↑のようなのをみつけたのですが、明日の神とか神との友情とかは方向性が違うのですか?
二ーるさんの儲け主義ですか?私は123氏か読んでいないので

361 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 18:59:57 ID:5nkBNCDM

>>355
住所と電話番号ならすでに知っているだろう。

知りません
ごまかさないでください

わたしはあなただ。

わたしとあなたは一体だ。

あなたがわたしにする事はあなたがあなた自身にすることだ。

わたしに痛みを与え、わたしが泣き叫び、「もう許してくれ!」と
答えればあなたの心は満たされるのだろうか?

満たされます 俺はそういう人間なんです
それよりもマスターでないくせに マスターぶるあなたが
許せません あなたを拷問にかけ 痛みに耐えられないことを
みんなに証明したいのです あなたは嘘をつきました
あなたは痛みに対しても苦しみを減らせるのでしょう?


362 :↑↑↑:2007/09/05(水) 19:01:38 ID:5nkBNCDM
なら 少しぐらいの拷問ぐらいいいじゃないですか?

人を傷つけることがほんとうのあなたなのだろうか?

あなたは何を恐れているのだろうか?

俺の質問に答えてください
ごまかさないでください マスターでないあなたはマスターぶるのは
本当のあなたですか?あなたネットの中だけで威張る詐欺師でしょう?

偉そうにマスターでもないあなたごときに説教されたくありません
あなたを拷問にかけ 上記のようなセリフが吐けるかどうか試したいです
あなたの電話番号教えてくれませんか?
俺はあなたのようにネットで威張るやつが大嫌いなのです

とにかく 偉そうに語るあなたの化けの皮をはがして
ここにいる みんなに お前の正体を知らせたいのです

あなたは痛みに対しても完璧でオッケーなのでしょう?
なら 少しぐらいの拷問ぐらいいいじゃないですか

363 :↑↑↑:2007/09/05(水) 19:03:35 ID:5nkBNCDM

他人を傷つけることがほんとうのあなたなのだろうか?

あなたは何を恐れているのだろうか?

マスターでないくせに さも神マスターのふりをして
かっこうつける あなたは 本当のあなただろうか?

あなたは何を恐れて嘘をつくのか?

364 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 19:49:36 ID:5u1+BsRV
驚くかもしれないが、わたしはあなたを知っている。

あなたが誰よりも悩み、苦しみ、深く落ち込んでいることも知っている。

世の中の不条理に、世間の無理解に、心を痛めていることも知っている。

だが、友よ、恐れることはない。

ほんとうのあなたは善であり、光であり、優しさであり、慈しみであり、そして愛だ。

あなたは愛そのものなのだ。

恐れるなかれ、わたしはあなたと共にいる。

365 :↑↑↑:2007/09/05(水) 20:13:45 ID:5nkBNCDM
うるせえな お前 神のふりするのもいい加減にしろ このアホ
お前は マスターですらない単なる人間だろうが

366 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 20:37:49 ID:ZpCdlTQT
( ^∀^)「I AM A GOD 」 Σ(・∀・;)

367 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 20:44:18 ID:2O7g2UCP
どうしても神様=一個の人格をもった人物と考えてしまいたくなりますよね。
だからただの人間と神は別のものだと考えざるを得ないし、悪いことまでも放置する
放任主義の神に対して怒りを抱きたくもなる。

どうしても神を人物だと考えてしまうイメージが離れないのであれば、こう考えるとどうでしょう。
神は自分の右手と左手、それぞれに自由意志を与えました。
左手はとにかく掴んだものを片っ端から壊していきます。
そんな左手を見て、右手は心を痛めて神に訴えます。
「どうして左手に罰を与えないのですか。左手なんて殺してしまえばいいのに。」

しかし神の目的は両手に自由意志を与えて自己表現をさせること。
それに左手は自分の一部なのだから切り落とせるはずもない。
右手は問い続けます。

「どうして悪いことをする自由意志などを与えたのですか。良いことだけをするようにすればいいのに!」

それは左手の残虐性を見ることで、右手の愛の心を体験させるためなのではないでしょうか。
そして壊されていった物たちも、すべては右手のためであることに同意していたのではないでしょうか。
たとえ人知れず壊れていったものがあったとしても、「人知れず壊されていったものがある」という
事実を作るために必要であり、またその事実を作るために壊されることに同意していたのではないでしょうか。

>365
この書き込みの量から察するに、本当に神に怒りを抱くほどの優しい人物であるのだと思います。
でもその優しさを誰かを攻撃することで表現してしまったら、国を守る為に虐殺を行った優しい兵士たちと
同じなのではないでしょうか。

368 :↑↑↑:2007/09/05(水) 20:55:01 ID:5nkBNCDM
私はイラク戦争に賛成である フセイン政権下では
凄まじい拷問が多く 8000万にいるイラク国民が 拷問が怖くて
誰も逆らえなったのである イラクではスポーツでも負けたら拷問の国である
フセインに話し合いは通じない人間である
誰かが 武力で強引に フセイン政権を倒さないといけない
それは正しい それは神対にも書いてある
また 今はイラク人同士で争っている それはイラク人の責任である
アメリカがフセインだけ捕まえて去っても どうせイラク人同士で争いを
始めるだろう。。。イラク国民は霊性のレベルが低いのである。
アメリカのせいではない。

369 :↑↑↑:2007/09/05(水) 21:00:05 ID:5nkBNCDM
それに 残虐があるとしても 凄まじい拷問凄まじい動物実験まで
必要か?もう少し軽いレベルの闇でいいと思わないのか?
ようは ニルワーナより少しでも劣る状態があれば宇宙の相対性は完結する
のだから 何も 凄まじい拷問とかまでなくても十分いいと思う
軽いいじめぐらいの闇のレベルぐらいにしとけばいいと思わない?

後 俺が示したサイトと動画見てね>>340
動物がいくら魂のレベルで人間に殺されること虐待されることに
同意してるからといって 動物実験は酷すぎるし
同意してるといよりも 同意させられてる という方がより適切な言い方
ではないでしょうか?


370 :↑↑↑:2007/09/05(水) 21:02:59 ID:5nkBNCDM
後 >>6>>7>>8
を混ぜ合わせて 宇宙の仕組み進化の仕組みについて
誰か誰でもいいので詳しく教えてください
お願いします

371 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 21:12:54 ID:WzDFDrDG
GOD

G Generator 想像者

O Operator 維持者

D Destroyer 破壊者

372 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 21:13:31 ID:WzDFDrDG
間違えたw

G Generator 創造者


373 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 21:48:40 ID:2O7g2UCP
>>369
軽いいじめぐらいの闇レベルだったら、あなたもそこまで問題提起する気になっただろうか?
凄まじいほどのネガティブなイメージを抱いたからこそ、あなたはそこまで怒りを感じることが
できたのではないだろうか?

そして軽いイジメのつもりが、本人を自殺にまで追い込むこともある。
どうも肉体的な痛みにしぼってその大きい・小さいで判断をすることが多いようですが、
ネガティブ・ポジティブというのはベクトルであって、決して大きい・小さいということでは
ないのでは。戦争をやめるという決断も、ケンカをやめるという決断も同じことなのでは。
人を殺すことも人をいじめることも、同じネガティブなパワーを持っているのでは。

374 :↑↑↑:2007/09/05(水) 21:57:34 ID:5nkBNCDM
軽いいじめぐらいの闇レベルだったら、あなたもそこまで問題提起する気になっただろうか?

で お前問題提起するためには お前が拷問され性器を切断されても
いいんだな?答えてみろ
怒りを感じるためなら どんな人権侵害でもお前は許容するのか?
お前が 性器切断されたらどうする?
人はよくて 自分は駄目かい?答えてみな
問題提起するためには 他人がどんな目にあってもいいのか このアホ
だいたい お前 拷問舐めてないか?軽いいじめより 性器切断拷問の方が
遥かに苦しい 恐怖も大きい
嘘だと 思うなら お前 性器に針を刺してみろよ 本物の拷問を舐めるな
お前 一度 イラク拷問 北朝鮮拷問を検索してみな
この世間知らずがよっ!

375 :↑↑↑:2007/09/05(水) 22:05:21 ID:5nkBNCDM
大きい 小さいで判断するのは間違いではない
強姦よりもたばこや酒の方がましだと誰でも思うだろう
お前の言うことは屁理屈だ 一度 お前目の前でお前の彼女が
強姦されたりすればわかるよ 心身を通じて
タバコ酒よりも強姦拷問の方がカルマもきつい そんなことも
わからんのか?強姦拷問したらカルマが返る その時地獄だろう
軽いいじめなら軽いいじめが返るだけ 強姦拷問の地獄よりはまし
という話
人の悪口いうのと人を殺すのは大きい小さいの問題だが
やはり 殺す方がやばい 少なくても俺の直感やほとんどの人もそう
思うであろう

人を一発殴るのをやめるかやめないか
人の性器を切断するかしないか は多いに違う そんなことも
わからんのか?

お前だってやられる方になればわかるだろうし
やるにしても 人は殴れても さすがに性器切断などとなると
もはや 悪魔の心に近い人間にならないとできないとわからないか?

人を殺すことと蚊を殺すのはやはり違う
俺の直感がそう言ってる 俺の直感 心の声の判断では人を殺すのは
やばい と感じる 理屈じゃない

376 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 22:22:01 ID:2O7g2UCP
>>374
人間生きてる間は誰だって死にたくはないし痛い思いもしたくないし、
人権は侵害されたくないし、自分が愛する人にそれが起こって欲しくもない。
もちろん私だってそうです。例えば今誰かが私にナイフをつきつけて
「お前はこれから殺される。でも誰かの気づきのためになる。」なんて言われたって
「じゃあ喜んで」なんて言えるわけがありません。死に物狂いで命乞いしますよ。

知り合いが殺されたとか、レイプされたとかいう時だって、もちろん
「いや、それも必要なことだし。自分で同意してたんだし。」なんて素直に思えるわけがありません。

ただ、ですよ。
この本に書かれていること、そして大昔から語り継がれてきたことが真実であるとすれば、
やはりそういったものは魂がどこかで同意をしているんじゃないかと思うわけです。

だからってもちろんそんなこと信じたくない人は信じなくていいんだと思います。
そして目の前で拷問が行われていたら命がけで止めに入ればいいし、入らなくてもいい。
自分の愛する人が先に逝ってしまった時、神はなんて惨いことをするんだと呪ってもいいし、
ひとしきり呪った後に、それは彼・彼女の選択であったのだな、と認めてもいい。

そういうもんじゃないのかな、と思っています。

>357
>人を殺すことと蚊を殺すのはやはり違う
>俺の直感がそう言ってる 俺の直感 心の声の判断では人を殺すのは
>やばい と感じる 理屈じゃない

その直感は私も正しいと思いますよ。理屈じゃありません。
そうやって誰もが自分の直感を信じて生きていくしかないのではないでしょうかね。

377 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 23:14:20 ID:rS+J7SQE
>>305
初です

>でも神との対話に書かれているように、全ては魂の同意の上であるとしたら、
殺さねばならないときには殺さざるを得ないのだろうし、殺されねばならない
ということすらあるのだろう。

あなた自身が理解していない魂の意向を気にする必要はないと思うよ。
なにごとも「〜ねばならない」ということはないので。あるとしたらそれは
あなたがそう思ったときだけでしょ。

だから「殺さねばならない」と思ったら、その理由を「魂の同意」とか見えない
ものに求めないで、自分の意志で、自分の責任において殺すのだと言えば
いいんじゃないかな。

魂の意思とか神の意思とか、見えないものに行動の根拠を置くというのは
危険なことだね。

378 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 23:55:52 ID:2O7g2UCP
>>377
まったくもって同意ですね。
見えないものの意思に従うというのはある意味自分の責任を放棄していますね。
たださらに言うと、誰かが定めた「神の意思」に自分の意思で従うことを選択したとき、
それはやはり自分の意思なんじゃないでしょうか。

戦時下や専制主義国家に生まれ、戦いたくはないのに戦うことを強いられたときも、
「押し付けられた行動」に従うことを「選択」しているのではないでしょうか。

問題は見えないものに行動の根拠を置くことではなく、見えないものに行動の根拠を
置いていることに気づいていない、無意識で行動している、ということではないでしょうか。

なんてさっきから偉そうなことをばかり書いてますが、もちろん私もまだまだ
大半の行動は無意識でやってます…。一日の行動を振り返っても、これは自分の責任に
おいて行動した結果だ、ということよりも「誰かのせい」だと思ってしまうことが多かったり…。
意識的に生きる、生きていることを意識する、というのは簡単なようで難しいものですね。

379 :神 (2ch):2007/09/06(木) 00:01:41 ID:AoQpXTpZ
>>358
私とニールは最初に3冊の本を書くと言った。しかし、そこで終わるとは言わなかったよ!
それに終えなきゃいけなかったのかい?何故かね?「神との対話」に終わりはないんだよ!
そしてニールは、その一生を私の声を皆に届けるチャネラーの一人となることを選んだの
だよ。 それは素晴らしいことだとは思わないかい?
そして何故ニールが、この「メッセンジャー」の仕事を行って報酬をもらってはいけないと
思うのだい?これはそんなに「価値」の低い仕事かな?そしてもし無償にしたらどうなる?
キミたちは本当に耳を傾けるだろうか。タダで手に入るものにそれだけの価値があると信じ
られるのかい?
いいかい。キミは、金銭をとても愛している。愛しているからこそ、キミから見て容易に金銭を
得ている者に嫉妬する。汚いカネだと思う。そして素晴らしい仕事は、ごく僅かな報酬でなくて
はならないと思っている!だから、スポーツ選手やスクリーンの上で衣服を脱ぐ女優は大金を
稼ぎ、たった一人で難病治療の研究を続ける研究者は資金にあえぐことになる!
さぁ、パラダイムをかえてごらん。この世に汚い金銭なんてない。そしてキミは金銭を愛してい
る。そう、宣言してごらん。そこから、また一つ新しいキミの扉は開かれるだろう。
(コピー)


380 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 00:32:16 ID:nkPJQ5SN
>>379殿、はい。それはもう分かって居ります。
うまく意味が伝えられていないのですね、う〜ん。

明日の神ってどんな事が書いてあるのですか?
詳しい方、お教え願います


381 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 02:10:01 ID:yDr6uQmp
>>380
1「明日の神」は、神を信じることを誰にも要求しない。
2「明日の神」には、ジェンダーも大きさもかたちも色も、個々の生きている存在が持っている資質は一切ない。
3「明日の神」はつねに、すべてのひととともに語る。
4「明日の神」は何ものからも離れてはおらず、あらゆるところに存在し、すべてのなかのすべて、
  アルファでありオメガ、はじまりであり終わり、かつてあり、いまあり、これからあるものすべての総和である。
5「明日の神」とは、単一の超弩級の存在ではなく、「生命」というとてつもないプロセスである。
6「明日の神」は、つねに変化している。
7「明日の神」には、何も必要がない。
8「明日の神」は、あなたがたに仕えることを求めない。「明日の神」はすべての生命のしもべである。
9「明日の神」は無条件に愛する。裁かず、糾弾せず、罰しない。


「明日の神」は、言うなれば現在『怒りっぽく押し付けがましい神様像』に恐れおののいている人のための本
と言っても過言ではないでしょう。神を信じない者は裁かれる。神はヒゲヅラである。神は男性である。
神はある特別な能力を持った人間にだけ話しかける。神は地上とは違う別の場所にいる。などなどなど、
そんな風な神様を信じてしまっている人は読んでみるのもいいと思います。
でも基本的にはシリーズを通して全て同じことを言い続けているだけですね。

382 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 02:25:42 ID:yDr6uQmp
>>380
>358について私もヒトコト。

>神は彼に始めは3冊と宣言したのに、
>違うんじゃないかな?

違いますね。でも別に違ってもいいんじゃないでしょうか。神が前言を撤回したって。
もちろん仰りたいことはわかります。ニール氏が「書けば売れる」ということがわかったので
金銭目的でどんどん続編を出したんじゃないか?ということですよね?
でもそれを読むかどうか、買うかどうか、それこそ自分の選択をすればよいのでは。

>続編を読んでいて、なんか始めの3冊の趣旨と違う感じがしたよ。

私は逆ですね。何度も何度も同じ話をぐるぐるぐるぐる繰り返しているように思えます。

>そんなにみんなに実践してもらいたいんなら、
>インターネットでフリーで公開してもいいだろうし、
>なんだか金銭欲が見え隠れしてるよ。

もちろん金銭欲もあるのだと思いますよ。逆にあって当然なのではないでしょうか。
これについては対話の中にもあるように、人間フリーなものにはあまり価値を見出せない
ということも実際にあるのでは。ネット上にもあらゆる「フリー」の神様の言葉、愛の言葉が
転がっていますが、やはりあまり真剣に読んだりしなくないですか?
街中でどこかの宗教団体がビラを配っていてもあまり受け取らなかったりしませんか?

>去年、にーるが日本に来た時の講演会の料金も8000円と高価だったし、

これは主催者の意図によるところが大きいのでは…。
それに講演会というのはニール氏に興味がある人のためのものではないでしょうか。
ニール氏個人と、この本の内容とはまったく別のものですよね。w

383 :379:2007/09/06(木) 02:26:39 ID:v292AJbH
>>358のレスだけでは誤解を生みます。 適当なレスではありません。
   気をつけて欲しいです。

384 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 03:56:47 ID:qd0yJmVA
別に金儲けしようとしてたとしてもいいと思うけどね。何か問題でも?
嫌なら買わなきゃ良いだけだと思うが。買ったからといって特別なご
利益があるというようなトンデモな宣伝しているわけでもなし。
買わなければ損をするとか地獄に落ちると言っているわけでもなし。
(そう考えると結構良心的な感じはするけどね。本は値段も安いし)。


385 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 08:51:09 ID:P+b9bZOp
>>377
まったくもって同意ですね。
見えないものの意思に従うというのはある意味自分の責任を放棄していますね。
たださらに言うと、誰かが定めた「神の意思」に自分の意思で従うことを選択したとき、
それはやはり自分の意思なんじゃないでしょうか。

戦時下や専制主義国家に生まれ、戦いたくはないのに戦うことを強いられたときも、
「押し付けられた行動」に従うことを「選択」しているのではないでしょうか。

あなたが戦時下や専制主義国家に生まれたらどうしますか?
本当に最後まで非国民だとののしられ石をぶつけられても 一人で意志を
貫けますか?それに そういう戦時下に生まれたのは 戦争をする という
選択を魂がしたのです 地上の選択は軽いものです 魂の選択が重いのです
あなたわかってませんね

386 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 08:56:28 ID:P+b9bZOp
>>305
初です

>でも神との対話に書かれているように、全ては魂の同意の上であるとしたら、
殺さねばならないときには殺さざるを得ないのだろうし、殺されねばならない
ということすらあるのだろう。

あなた自身が理解していない魂の意向を気にする必要はないと思うよ。
なにごとも「〜ねばならない」ということはないので。あるとしたらそれは
あなたがそう思ったときだけでしょ。

だから「殺さねばならない」と思ったら、その理由を「魂の同意」とか見えない
ものに求めないで、自分の意志で、自分の責任において殺すのだと言えば
いいんじゃないかな。

魂の意思とか神の意思とか、見えないものに行動の根拠を置くというのは
危険なことだね。

あなたは何もわかってませんね 魂の同意がなければ
殺すそうと思っても殺せません
魂が殺す経験をしたい ならば殺される魂もいないといけません
その契約が魂の契約です
魂レベルで これらの契約がなければ犯罪は起きません
あなたはわかってませんね



387 :↑↑↑:2007/09/06(木) 08:56:59 ID:P+b9bZOp
地上の選択は軽いものです 魂の選択が重いのです
あなたわかってませんね

魂レベルで殺されるカルマがある場合 必ず殺されます
また 殺す経験をしたい という場合 殺します

これらは魂のレベルで決定してることなので地上の選択では反逆できません
地上の視点でいくら反抗しても 殺す時は殺す 殺される時は殺されるのです

ただ 殺す場合も 殺すかどうか決まってない場合もあります
しかし 魂レベルで殺人経験をすると決意した場合 殺人したくなくても相手を殺します

これが事実です

388 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 08:58:38 ID:P+b9bZOp

魂は人を殺したら 今度は殺されたいと思う
魂はいじめをしたら 今度はいじめられたいと思う
これが 魂の性質である これは神対シリーズに書いてある

バシャールには人を殺しても来世で人を殺す人をとめれば
バランスがとれるというが

実際は 人を殺したら殺されるたいと思う これが魂の性質であり
地上の視点とは全然違うのである これも神対シリーズに書いてある

こうして 因果応報は返る

    人に経験させたことは自分も経験する

       神との対話に書いてある

因果応報は義務ではないが霊魂に良心がある限り因果応報は存在する


地獄とは 良心の呵責の世界だ
つまり 拷問した者は死後 拷問された立場の感情を味わう
その時 はじめて犯した罪の大きさに気づく
その時の 苦しみが地獄であり 反省(良心の呵責)のあまり気が狂うやつもいる
そして 魂のレベルでは 今度は自分が拷問される立場になろうと決意する

こうして次の生では 拷問される 因果応報がは存在する

389 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 09:09:33 ID:P+b9bZOp

俺は 体外離脱や霊視で地獄界や悪霊も観てる 天使も観てる
しかし なぜ神との対話には わざと 悪霊や地獄界について
書かないのか?
また 二ールの父親は二ールをいじめたことを凄まじい悔恨の念に
かられて苦しんでいる これは事実だ
なぜ こういう事実を書かないのか?
また 拷問レイプした者は死後反省で 拷問強姦された者の感情を味わい
凄まじい反省の念で 気が狂う場合があり 次の生では はくちや低脳者
や障害者に生まれ変わる場合も多い
なぜ こういう事実を書かないのか?
凄まじいリンチも 完璧 なのだが完璧だからなんなんだ?
完璧なら 性器を切断 目玉をくりぬかれるなどの拷問も 完璧
だからという理由で放任してもいいのか?
完璧 でも苦しいことに変わりはないだろう。。。
神対の神が 一人の人間として拷問にあえば 一体どんなセリフを吐くのか?
完璧だから なんなのだ?苦しい とにかくこの痛みから逃れたい とそれだけ
思うに違いない
神対の神を一人の人間として生まれ変わり 拷問にあわせたい
その時 どんなセルフを吐くか 聞きたいものだ

390 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 09:10:50 ID:P+b9bZOp
>>305
初です

>でも神との対話に書かれているように、全ては魂の同意の上であるとしたら、
殺さねばならないときには殺さざるを得ないのだろうし、殺されねばならない
ということすらあるのだろう。

あなた自身が理解していない魂の意向を気にする必要はないと思うよ。
なにごとも「〜ねばならない」ということはないので。あるとしたらそれは
あなたがそう思ったときだけでしょ。

だから「殺さねばならない」と思ったら、その理由を「魂の同意」とか見えない
ものに求めないで、自分の意志で、自分の責任において殺すのだと言えば
いいんじゃないかな。

魂の意思とか神の意思とか、見えないものに行動の根拠を置くというのは
危険なことだね地上の選択は軽いものです 魂の選択が重いのです
あなたわかってませんね

魂レベルで殺されるカルマがある場合 必ず殺されます
また 魂レベルで殺す経験をしたい という場合 殺します

これらは魂のレベルで決定してることなので地上の選択では反逆できません
地上の視点でいくら反抗しても 殺す時は殺す 殺される時は殺されるのです

ただ 殺す場合も 殺すかどうか決まってない場合もあります
しかし 魂レベルで殺人経験をすると決意した場合 殺人したくなくても相手を殺します

これが事実です

391 :大宇宙の真実っ!!!:2007/09/06(木) 09:17:23 ID:P+b9bZOp

ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv

チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

392 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 09:24:18 ID:MG2B6zFO
で、>>388は結局何がしたいの?

ただ自分の不安を2ちゃんで発散してるだけ?

「人は思ったとおりの人間になる」、との言葉どおり、
>>388の人生って恐怖で不安で不満で一杯の人生になってるね。
すごく怖いでしょ、人生が。
戦争とかレイプとか殺人とか悲惨な出来ことがたくさん起こって、でも「完璧だ」なんて言われて。
全然理解できないでしょ。

ちょっと可哀想。ちょっとね。
でも自分の人生だから、そうやってどんどん悩んで悩んで暗闇をさまよってみるのも「完璧」だよね。
がんばってね。

あ、それでもオレはお前を愛してるよ。(^ω^)

393 :↑↑↑:2007/09/06(木) 10:08:32 ID:P+b9bZOp

事実を書いてるだけです
「人は思ったとおりの人間になる」、との言葉どおりとは全く関係なく
>>388は事実です 

戦争とかレイプとか殺人とか悲惨な出来ことがたくさん起こって、でも「完璧だ」なんて言われて。
全然理解できないでしょ。

理解できますが何か?
で あなた自分が拷問にあえば 完璧だから何?苦しい痛い怖い
そこから逃れたいただそれだけ としか思わないよ

で 完璧なら あなたやあなたの妻が拷問にあっても平気?

私は あなたを拷問にかけたい あなたの性器に針を刺したい
その時 あなたが一体どんなセリフを吐くか聞きたい

あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?

あなたを拷問にかけ あなたがその時 なんて叫ぶか知りたいのです
協力してください

394 :↑↑↑:2007/09/06(木) 10:11:52 ID:P+b9bZOp

戦争とかレイプとか殺人とか悲惨な出来ことがたくさん起こって、でも「完璧だ」なんて言われて。
全然理解できないでしょ。

理解できますが何か?
で あなた自分が拷問にあえば 完璧だから何?苦しい痛い怖い
そこから逃れたいただそれだけ としか思わないよ
違う?完璧なのは理解できるが あなたが拷問にあえば神を祝福できる?
今 あなたは苦しくないから調子にのれるだけ あなたが本当に苦しい目に
あえば あなたは100パーセント神をたたえられません

で 完璧なら あなたやあなたの妻が拷問にあっても平気?

私は あなたを拷問にかけたい あなたの性器に針を刺したい
その時 あなたが一体どんなセリフを吐くか聞きたい

あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?

あなたを拷問にかけ あなたがその時 なんて叫ぶか知りたいのです
協力してください

あなたはマスターでもないただの人間のくせにマスターぶってすべては
完璧だとかかっこうつけるのやめたら?

あなたなぜマスターの選択をしないの?あなたなんでマスターでないの?
マスターでないくに なんであなたかっこうつけるの?

395 :↑↑↑:2007/09/06(木) 10:16:59 ID:P+b9bZOp

で、>>388は結局何がしたいの?

事実を書いてるだけです そんなこともわからないほどあなたは馬鹿ですか?

ただ自分の不安を2ちゃんで発散してるだけ?

と あなたが勝手に思ってるだけです

「人は思ったとおりの人間になる」、との言葉どおり、
>>388の人生って恐怖で不安で不満で一杯の人生になってるね。
すごく怖いでしょ、人生が。

と あなたが勝手に思ってるだけです



396 :↑↑↑:2007/09/06(木) 10:18:24 ID:P+b9bZOp

戦争とかレイプとか殺人とか悲惨な出来ことがたくさん起こって、でも「完璧だ」なんて言われて。
全然理解できないでしょ。

理解できますが 何か?

で あなた自分が拷問にあえば 完璧だから何?苦しい痛い怖い
そこから逃れたいただそれだけ としか思わないよ
違う?完璧なのは理解できるが あなたが拷問にあえば神を祝福できる?
今 あなたは苦しくないから調子にのれるだけ あなたが本当に苦しい目に
あえば あなたは100パーセント神をたたえられません

このことについてきちんと答えてください お願いします

で 完璧なら あなたやあなたの妻が拷問にあっても平気?

私は あなたを拷問にかけたい あなたの性器に針を刺したい
その時 あなたが一体どんなセリフを吐くか聞きたい

あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?
私は あなたの本当の本音が知りたいのです 本当に苦しい目にあった時
あなたは 今のように調子こいた発言ができるかどうか 見たいのです
お願いです あなたを拷問にかけたい あなたのその時の 本音 が聞きたい
今 あなたは苦しくないから調子にのれるだけ あなたが本当に苦しい目に
あえば あなたは100パーセント神をたたえられません
それを証明したい あなたを拷問にかけ ビデオカメラでとり あなたが
ただのマスターでないただの弱い人間であることを証明したい
そのビデオで取った動画をここに貼り付け あなたの弱虫で泣き叫ぶ顔をここに
貼り付けたい
あなたの 住所と電話番号教えてください お願いします

397 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 10:52:20 ID:gc0qlM41

裏【2ch2】があること知ってた

オカルト【2ch2】と検索すると

398 :神は人間を馬鹿にしてるのか?:2007/09/06(木) 11:34:49 ID:P+b9bZOp

ある本に書いてあったのだが
地球の人口を調節するためにエイズ ペスト 病気
などをはやらせて人間を死滅させているのはわれらより上位次元界の生物である
なら エイズ撲滅のために頑張ってる人間の努力はどうなるのだ?
その人たちの努力を神は馬鹿にしてないか?まあ神は観察してる
だけだが そのような宇宙を創ったのは神である
また 病気やエイズなどでわれら人間を殺す場合
苦しみなく一瞬で殺す病気を発明すればいいではないか?
一体なんのために苦痛が必要なのだ?
また トータルセルフ(類魂)の本霊は苦痛や様々な感情を
吸収するため 
われら(トータルセルフの)分霊に様々な経験をさせているのである
われわれは自分の意志や選択だけで苦痛を経験してるのではない
のである 魂のレベルで強引に 上位次元界の生物に利用される
ことに同意させられているのである こういうことを神との対話
には書いてない モンローの本などには詳しく書いてある

399 :誰か誰でもいいので教えてください:2007/09/06(木) 11:38:50 ID:P+b9bZOp

>>6>>7>>8
を混ぜ合わせて 宇宙の仕組み進化の仕組みについて
誰か誰でもいいので詳しく教えてください
お願いします

400 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 14:01:28 ID:9P88/jaB
宇宙の仕組み進化の仕組みを教える

マスターぶるな! 性器に注射しろ

宇宙の仕組み進化の仕組み 教えてください

401 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 14:06:59 ID:MG2B6zFO
>>400
ワロタ

402 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:04:41 ID:yDr6uQmp
なんだこの堂々巡りは…

403 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:07:22 ID:BqAnLfpj
神対風に話が同じ所をぐるぐる回ってんだろうか。

404 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:15:45 ID:nkPJQ5SN
私はまだ覚醒していない。愚鈍で、眠っている夢遊病者です。
自分のことがまだ愛せていない。内面も・外見も(顔も)
そんな愚鈍な自分でも、こういった物理的な宇宙の画像等を見ると、
神の存在を感じずにはいられない↓
(太陽系とは違って)まるでHEBが喜びに生きているような感じがします。

http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:NGC_1313_HST.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/28/NGC_4214HSTFull.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5f/NGC_4889_NGC_4874_Abell_1656SSTssc2007-10a1.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0c/NGC_4449_HST_1280px.jpg

これくらいにしときますね。

405 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:35:25 ID:yDr6uQmp
>>404
それだったらGoogleEarthの最新版がオススメですよ。
http://earth.google.com/sky/skyedu.html

星雲やらブラックホールやらの写真が満載です。

406 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:44:36 ID:nkPJQ5SN
>>405
あ、ありがとうございます。やってみます。
「美は見ようとする所にみえる」「神は見ようとすればみえる」

「心の目・感性で観れば真実が観える」のでしょうね。
レイチェル・カーソンなども言ったように。


407 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 19:30:23 ID:vjcL5Kxh
>>396
だんだん犯罪者の素顔が見え隠れするようになったね。

408 :( ´∀`):2007/09/06(木) 20:54:16 ID:nkPJQ5SN
神対2にヒントが書かれてますね、ヒトラーの事が。

過去、王が好き放題したとか、文明を築き滅ぼしたとか南北アメリカ大陸・オーストラリア大陸を侵略虐殺
したとか習って、「悪いことしたもんだな〜」なんて思いますが、それは自分がその時代に生きていれば、
躊躇せずそうしたかもしれない。又、前世でそういう立場の人間だったっかも知れない。
そう考えると、人を責められないし、「罪を憎んで人を憎まず」だな、と思いますね。
人を責めているうちは学びが無い、と凡夫は思います。


409 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 21:39:33 ID:vjcL5Kxh
>>408
1には己の魂の向上意欲などありません。
霊界の仕組みの解説を迫り、出来上がった完成品だけむさぼろうとするからこうなるのです。
できもしない霊視や幽体離脱を騙ってね。

410 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 22:02:46 ID:YAC+YnfL
>>378
レスどうもです

> 戦時下や専制主義国家に生まれ、戦いたくはないのに戦うことを強いられたときも、
> 「押し付けられた行動」に従うことを「選択」しているのではないでしょうか。

強いられた殺し合いに参加したら、「選択」したことになるのでしょうね。
権力に屈するという選択を。

> 問題は見えないものに行動の根拠を置くことではなく、見えないものに行動の根拠を
> 置いていることに気づいていない、無意識で行動している、ということではないでしょうか。

つまり責任回避している自分に気づいていないということですね?

> なんてさっきから偉そうなことをばかり書いてますが、もちろん私もまだまだ
> 大半の行動は無意識でやってます…。一日の行動を振り返っても、これは自分の責任に
> おいて行動した結果だ、ということよりも「誰かのせい」だと思ってしまうことが多かったり…。
> 意識的に生きる、生きていることを意識する、というのは簡単なようで難しいものですね。

それはたぶん、簡単とか難しいとかいうことよりも、自覚の問題だと思います。
簡単とか難しいとかは相対的な感覚でしかないので、自分がどう感じようがそれは
あまり問題ではないような気がします。誰かのせいだと思うなら、そのことを自覚して
いればそれでいいのではないでしょうか。誰かのせいにしてはいけない、なんて
思うのは、自分がそういう未熟な人間であることを認めたくないからだと思います。
そういう自己回避はある種の偽善ですよね。

411 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 22:44:06 ID:yDr6uQmp
>>410
>誰かのせいだと思うなら、そのことを自覚して いればそれでいいのではないでしょうか。
>誰かのせいにしてはいけない、なんて 思うのは、自分がそういう未熟な人間であることを
>認めたくないからだと思います。

な、なるほど。つまり「他人のせいにしてしまう未熟な自分を自覚する」ということですかな。
でもやっぱり自覚するのは「難しい」と考えてしまう私がここにいたりします…。
それもつまりは「自覚できない自分を自覚できればいい」ということになるんでしょうか。
…なんかこんがらがってきましたw

話は変わりますが、なんでこういうスピリチュアルなモノに関しては極端な支持者と
反対者が出てしまうんでしょうね。
例えば音楽。ロックが好きでクラシックは嫌いだという人はたくさんいるでしょう。
でもクラシックをムキになって叩く人ってあんまり見ませんよね。
(逆にクラシック派の中にはあの作曲家はダメだとかムキになる人はいますけどw)

それは単なる「好み」であって、自分が感銘を受けるものを取捨選択すればいいだけの
話だからですよね。演歌が好きな人は演歌を聞けばいい、というだけの話。

同じように、例えばこの神との対話にしても、自分が受け入れられないと思ったら
そこから離れればいいだけなのに、どういうわけだか自分からしつこくつきまとって
バッシングしてしまう。これはもしかしたら音楽のように「好みじゃないから」という
理由ではないのかもしれませんね。どうしても何か心に引っかかるものがある。
求心力がある。求心力があるだけに今自分が信じているものとのギャップに戸惑い、
今自分が信じているものを信じ続けたいがためにバッシングをする…。

でも音楽と同じようにすればいいんじゃないかなあと思うんですけどね。
好きなものを好きなように好きなだけ取捨選択すれば。




412 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 03:11:47 ID:+Sk427mE
>>411
不安が根にあるんじゃないのかな。

不安があって、自分は弱い者だと思い込んでいるから何か強そうなものに
しがみついて依存して同化する。同化しているからその団体なり理論なりの
代弁をするようになる。しかしそのうち依存対象を否定するものが現れる。
すると身を守るためにそれと戦うわけだ (同化しているので本体への攻撃は
自分への攻撃と同じと感じる)。

国家間の戦争に国民が自ら参加する理由とかもこんな感じではないか?
国家を侮辱された時に自分も侮辱されたように感じるとか、そういうのは
同じ理屈で起こっているように思う。

また逆に、自分の所属する集団や団体、または自分が信じる理論を
誰かが侮辱したり異を唱えたりした時に、特に何も感じないのであれば、
それは少なくとも依存したり同化したりはしていないということだろう。
中立的ということだ。そしてそれならば新しい考えを取り込んで発展する
可能性もあると思う。


413 :412:2007/09/07(金) 03:49:37 ID:+Sk427mE
この依存と同化は「怖がって親にしがみついて離れない子供」のようでもある。
実際に小さい子供ならばこれで良い。そのうち段々と怖く感じることが減って行き
離れて行くだろう。問題は離れて行く子供を引き止める親だった場合に起こる。
なぜ引き止めるのか? それは親の方にも不安があって子供にしがみついている
からだ。こういう親は子供のやることを妨害し正常な成長を妨げ自分に従属させ
るように仕向け続ける。ことあるごとに怒り罪悪感を持たせ従わねばならない
者であると信じ込ませる。そしてそうやって育った子供が親になると、不安が
残ったままなので、また同じことが繰り返される。そしてこの負の連鎖は世代を
越えて伝播する。いつも人の顔色を伺ってビクビクしている人が世の中から
居なくならない理由はこれだ。本当は弱くないのに弱い者であると洗脳されて
しまっているのだ。だから宗教の修行などでこの洗脳によって作られた妄想の
部分が消えただけで完璧に復活する人がいる。


414 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 06:29:18 ID:zJsTP31n
半年前に量子力学と相対性理論の入門書初めて読んだ。文系なのに。
「電子は物質であると同時に状態だ」とか「時間と空間は連続している」とか
結構、面白かったしなんとなく理解できた。文系なのに(笑)

で、いま「神へ帰る」を読んでいて同じことが書かれているのでびっくり。

完璧なんだね、世の中って。


415 :神対・中立派:2007/09/07(金) 10:53:09 ID:0bEsONdw
>>411
同感です。

>>414
世の中の、どのような点が、完璧なのですか?
あなたは、「世の中には不完璧な要素は、全く無い」と実感していますか?

量子力学と相対性理論の入門書を好んで読む人は、世界にたくさんいますし、
ニール氏も、同じような量子力学と相対性理論の入門書を読んでいたならば、
びっくりするようなことだとは思いませんが。

ニール氏は、科学の世界と精神世界の接点を求めている人たちへ、
エールを贈りたいのでしょう。


416 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 11:42:19 ID:/O2WoBll
>>412
>不安があって、自分は弱い者だと思い込んでいるから何か強そうなものに
>しがみついて依存して同化する。同化しているからその団体なり理論なりの
>代弁をするようになる。しかしそのうち依存対象を否定するものが現れる。
>すると身を守るためにそれと戦うわけだ (同化しているので本体への攻撃は
>自分への攻撃と同じと感じる)。

これは神対を支持しているという人間のこのスレでの言動にも当てはまるね。
批判的な意見に対する半狂乱の反応。本体への攻撃を自分への攻撃と見なしているわけだ。


417 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:03:41 ID:QQECcP0P

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html

http://www13.atwiki.jp/ridatu/

418 :神対・中立派:2007/09/07(金) 12:14:06 ID:0bEsONdw
>>416
ずっと見てますと、このスレにいる攻撃的な人物は、どちらかというと神対批判派ですね。
ニール氏の著書を無批判的に受け入れている人を強烈に批判しているように見受けられます。
人間なら誰でも「批判精神」があることは、当然ですが、かなり「やりすぎ」ですね。

参考
>>95-96
95は、私。
96は、攻撃的な人物。


419 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:24:50 ID:TtuFRve0
>>416
でに本体への攻撃をする人の中には同時に個人へも同じ攻撃をしてしまう人もいるね。
「あの国の政治はダメだ」というのはあくまで政治批判であるのだが、同時に
「だからあの国の国民も全員ダメだ」と勘違いしてしまうような人が。

例えるとこんな感じかしら。
「お前が住んでるアパートってボロいなぁ」と事実を言うのと同時に
『だからそこに住んでいるお前もダメなんだよ』と感じてしまう人。

もちろん言われた方はその人がどのレベルまで感じているかわからないので、
もしただの事実を述べただけで個人への批判とまでは受け取らないでいられるのなら
「そうなんだ。見たまんま中もボロいんだよ。」という反応が取れるが、
それが個人への批判と感じてしまうと
「なんだと!?お前んちこそ(r」という反応をしてしまうわけだ。

もっとも多くの場合↑この反応をしてしまうことが多いわけであるが、常にそんな行動を
とってしまう人に対しては、こちらはどうやって接していけばいいのだろう。
どうやったら愛を示せるのだろう。

420 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:28:02 ID:QQECcP0P
>>378
レスどうもです

> 戦時下や専制主義国家に生まれ、戦いたくはないのに戦うことを強いられたときも、
> 「押し付けられた行動」に従うことを「選択」しているのではないでしょうか。

強いられた殺し合いに参加したら、「選択」したことになるのでしょうね。
権力に屈するという選択を。

そういうあなたはその状況の時 たった一人でも反対できますか?
どうもあなたは人に言うわりには口だけのような気がします?
あと あなたは凄い勘違いをしておられます
それは そういう状況下に生まれ戦争を体験すると生まれて来る前に
魂のレベルで決意した場合が多いのです だから戦争したくなくても
戦争するのです あなたの地上の選択は魂の選択に反抗できません
いやでも 戦争するのです それが魂との約束なのです
>>306 >>386 >>387参照


> 問題は見えないものに行動の根拠を置くことではなく、見えないものに行動の根拠を
> 置いていることに気づいていない、無意識で行動している、ということではないでしょうか。

つまり責任回避している自分に気づいていないということですね?

そういうあなたはどうなのですか?人に言うほど立派なのですか?



421 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:36:35 ID:QQECcP0P

マスターになったらその後はずーと永遠にマスター?
高度に進化した存在は二度と再び幻想を生きないと書いてあるしまた
マスターは幻想の循環が終わりサイクルの一部が完了と書いてある
ということは残りのサイクルがあるの?その残りのサイクルが終わった後は?
どうなるの?マスターになってもさらに進化があるのだよね?
全宇宙が悟りを得たらその後は?どうなるの?
マスターになれば永遠にもう二度と未熟霊に戻ることはないの?

(神とひとつになることには マスターでもマスターでないことを
選ぶ場合があるが その場合でも人生の後半で悟りを開くと書いてあります)

神対3巻78明日の神67、375
のはじめから 最初から 一から やり直すとは
どういうことですか?私的には↑のマスターでもマスターでないことを
選ぶ場合があるが その場合でも人生の後半で悟りを開く という意味だと思いますが
皆様はどう思いますか?
マスターになって幻想の循環が完了しても
また未熟霊に戻るのですか?詳しく教えてください。
神へ帰るには 生死を繰り返して小さな完了を積みかせねて絶対完了マスター
になると書いてあります また小さな完了は生死のたびにレベルアップし
退化は決してありません 自殺しても前に到達したレベルから始めます
小さな完了が無効にならないなら絶対完了も無効にならないと思います
またその絶対完了もサイクルの一部が完了しただけであるので さらに大きな
サイクルから見れば 小さな完了です だから絶対完了マスターも無効になって
未熟霊に戻るなんてことはないと思いますが、皆様はどう思いますか?
私的には (神とひとうになることには マスターでもマスターでないことを
選ぶ場合があるが その場合でも人生の後半で悟りを開くと書いてあります)
という意味だと思います。

422 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:40:33 ID:TtuFRve0
>>418
>96に関して、私も思うところがある。
たしかに神との対話シリーズの中にはいわゆる霊の存在についてはほぼ触れられていない。
(『神へ帰る』の中ではそれと思しきものも出てきたが)

そうすると多くの霊能者と呼ばれる人たちが語っている「霊の仕業」だとか「霊障」だとか
そういう物理次元ではどうしようもない出来事とはどう折り合いをつけていけばいいのだろう?と。
例えば自縛霊のせいで死んだり浮遊霊に取り付かれたらどうすればいいのだろう?と。

しかしふと考え直してみて、そういった96風に言えば悪霊と呼ばれるものも、実際は人間という
物理レベルの存在とそんなに違わないんじゃないかなあ、と。騙されてると知りつつも
悪い男とどうしても離れられないとか。悪い仲間から抜け出せないとか。そういうものと
同じなんじゃないかなあ、と。
いわゆる除霊なんていうのは、現世における「法的措置」のようなもので、強制的にその仲を
調停するようなもので、自分がしっかりと自分の中心にいることができれば、悪い仲間から
抜け出すように、そういった霊からも離れられるんじゃないかなあ、と。

もっともまるっきり霊感などというものがない私には何にもわからないんですけどね。
何もわからないモノに不安を抱いて生きているよりは、よくわかるものだけを理解して
生きていればいいんじゃないのでしょうかね。そもそもよくわかっているつもりでも
だいたいはよくわかってないことの方が大半なんですから。


423 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:42:41 ID:QQECcP0P

>>378
レスどうもです

> 戦時下や専制主義国家に生まれ、戦いたくはないのに戦うことを強いられたときも、
> 「押し付けられた行動」に従うことを「選択」しているのではないでしょうか。

強いられた殺し合いに参加したら、「選択」したことになるのでしょうね。
権力に屈するという選択を。

そういうあなたはその状況の時 たった一人でも反対できますか?
どうもあなたは人に言うわりには口だけのような気がします?
あと あなたは凄い勘違いをしておられます
それは そういう状況下に生まれ戦争を体験すると生まれて来る前に
魂のレベルで決意した場合が多いのです だから戦争したくなくても
戦争するのです 

あなたの地上の選択は魂の選択に反抗できません
        
そんなこと↑もあなたはわからないのですか?
いやでも 戦争するのです それが魂との約束なのです
だから 本当に戦争がしたくないのに戦争をするという地上の選択
はあっても魂のレベルではそういう状況下に生まれて戦争するという
決意の場合が多いのです
だから 権力に屈するというあなたの見解は間違いです
魂のレベルでは 権力に屈してでも戦争を体験する という選択をしてる
のです だからどんなにいやでもその魂の決意に反抗できません
結局 戦争を体験するのです それが自分との約束なのです 課題なのです
>>306 >>386 >>387参照




424 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:43:22 ID:QQECcP0P

> 問題は見えないものに行動の根拠を置くことではなく、見えないものに行動の根拠を
> 置いていることに気づいていない、無意識で行動している、ということではないでしょうか。

つまり責任回避している自分に気づいていないということですね?

そういうあなたはどうなのですか?人に言うほど立派なのですか?

425 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:48:40 ID:QQECcP0P
>>418
>96に関して、私も思うところがある。
たしかに神との対話シリーズの中にはいわゆる霊の存在についてはほぼ触れられていない。
(『神へ帰る』の中ではそれと思しきものも出てきたが)

そうすると多くの霊能者と呼ばれる人たちが語っている「霊の仕業」だとか「霊障」だとか
そういう物理次元ではどうしようもない出来事とはどう折り合いをつけていけばいいのだろう?と。
例えば自縛霊のせいで死んだり浮遊霊に取り付かれたらどうすればいいのだろう?と。

しかしふと考え直してみて、そういった96風に言えば悪霊と呼ばれるものも、実際は人間という
物理レベルの存在とそんなに違わないんじゃないかなあ、と。騙されてると知りつつも
悪い男とどうしても離れられないとか。悪い仲間から抜け出せないとか。そういうものと
同じなんじゃないかなあ、と。
いわゆる除霊なんていうのは、現世における「法的措置」のようなもので、強制的にその仲を
調停するようなもので、自分がしっかりと自分の中心にいることができれば、悪い仲間から
抜け出すように、そういった霊からも離れられるんじゃないかなあ、と。

いえ 悪霊の力は想像以上に強いです
とりつかれると逆らえません 本当です とりつかれた人でないとこれは
わかりません 悪霊にとりつかれると 今 お前 こんなこと想像してるだろ?
などと 考えや空想まで 全部見抜かれます 思考回路に入り込んで 人を
あやつります また 自殺の名所など知ってますか?あれはあれで 霊が自殺に
引きづり込む力は相当なものです

426 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:50:25 ID:TtuFRve0
>>421
多分それすらも自分の自由なんだと思いますよ。
「神へ帰る」には、ニール氏の母親は天使になった、と書かれています。
これは守護霊だとかガイドだとか色々呼ばれるものなのでしょうが、つまりは霊的な存在のまま
物理次元の人間をサポートする存在、ということができるのではないでしょうか。

そしてそうなってからでも、再び物理次元に生まれてくることができる、と本には綴られております。
マスター(あまりこの言葉にこだわらないほうがいいような気がしますが)であれば、
物理次元の体がそれほど重要でないことは知っているので、例えば誰かのために死ぬこと、
それこそ先日から何度も訴えられているような、誰かのために拷問で死ぬことすら厭わずに
生まれてくることができるのかもしれません。

ま、死んだらわかることですし、永遠に魂を成長させる旅を続けていることは承知しておられる
ようですから、とりあえず先のことにとらわれ過ぎずに今に生きればいいんじゃないでしょうかね。

427 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 12:52:47 ID:TtuFRve0
>>425
>いえ 悪霊の力は想像以上に強いです
>とりつかれると逆らえません 本当です とりつかれた人でないとこれは
>わかりません 悪霊にとりつかれると 今 お前 こんなこと想像してるだろ?
>などと 考えや空想まで 全部見抜かれます 思考回路に入り込んで 人を
>あやつります また 自殺の名所など知ってますか?あれはあれで 霊が自殺に
>引きづり込む力は相当なものです

それこそ人知を超えた部分で魂がそう選択しているんじゃないでしょうかね。
我々の脳味噌ぐらいじゃ霊が経験したがっていることの偉大さというのは
推し量れるものではないのではなかろうか。
たとえどんなに肉体や心が痛もうとも。

428 ::2007/09/07(金) 12:59:24 ID:QQECcP0P
まあ 悪霊に取り付かれるという苦しい経験も前世の悪行の因果応報
かもしれませんね 因果は本当にあるから 地上の視点でいやでも
必ず返るものです 魂というのは平気で強姦とか拷問すらも選べるから
おそろしいものです 地上の視点では無理なのに魂ではそんな恐怖も選んで
しまう>>388>>389

また >>421やこのスレの前半部分の霊的進化の仕組み
などについても答えて欲しいです 詳しく
>>4>>5>>6>>7 >>8>>9


429 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 13:00:17 ID:0bEsONdw
>>422
要約すると、>>96が言いたいのは、
神との対話は、「世の中の光と影の、光の部分だけ書かれている」
「影の部分の考察もすべきだ。」
ということだろう。

しかし、人間だれしも、世の中の「光の部分」だけを見ていたい時期がある。
そういう時期の人は、それで癒されているわけだから、
横から過剰な批判論議を入れて、ちょっかいを入れることは野暮だと思う。

私も、「神との対話」よりも、もっと共感を受けた書物や体験があるので、
「神との対話」に心酔している人の気持ちは、よくわからない。
著書の記述にかなりの矛盾点が目につくが、「自分はニールさんとは相性が悪い」
ということにしている。
ニールさんと相性の良い人が読んで楽しめれば、いいのではないかと思う。



430 :未熟な存在:2007/09/07(金) 13:00:36 ID:7EAsf1EU
人間は皆神の子です。特別な存在は一人としていません。
http://members3.jcom.home.ne.jp/myload-spirit/:90:56:8b:4b:83:74:83:40:83:43:83:8b.html

431 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 13:12:37 ID:TtuFRve0
>>429
私はむしろ光と闇の二元論に苛まれてきた人ほど読んでみるといいと思います。
闇や地獄がないなどとは言いません。本当に存在すると思うのです。
ただし、それは自分自身が生み出していると。想像したものが創造されるんだと。
私はそう信じております。

想像しなければ創造されない宇宙を信じるか、抗えぬ闇や地獄があると信じるか。
痛いのも苦しいのも嫌な私は前者を選びます。私にとってはそれだけの話です。ふふふ。

ちなみに私は神との対話よりバシャールの方が好きです。

432 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 13:27:03 ID:0bEsONdw
>>431
>>痛いのも苦しいのも嫌な私は前者を選びます。私にとってはそれだけの話です。ふふふ。
同感です。

ちなみに私は、20歳代はキリスト教、30歳代は仏教の書物を読み漁っては、
実生活に生かしてきました。今は、成功した経営者の人生訓を読んでいます。
純粋な20歳代に神との対話を読んでいたら、ハマっていたかも知れませんが、
40歳代の今は、「よくある話だな・・・」という感想です。


433 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 13:36:24 ID:QQECcP0P

>>429
私はむしろ光と闇の二元論に苛まれてきた人ほど読んでみるといいと思います。
闇や地獄がないなどとは言いません。本当に存在すると思うのです。
ただし、それは自分自身が生み出していると。想像したものが創造されるんだと。
私はそう信じております。

想像しなければ創造されない宇宙を信じるか、抗えぬ闇や地獄があると信じるか。
痛いのも苦しいのも嫌な私は前者を選びます。私にとってはそれだけの話です。ふふふ


で どうやって選ぶのですか?あなたが地上の視点で強姦されるのが
いやだとしても どうやって強姦されないという選択をするのですか?
もし前世で強姦したならばその因果はどうやっても避けられませんし
また 魂が闇を経験すると選択してる場合 どうやっても強姦は避けられません
あなたがたは 魂の望みがわかりますか?
魂の望みがわかるなら 自分がいつどのように死ぬかということもわかるはず
なのですよ
地上の視点で 魂の選択を変更はできませんよ
あなたがたは どうやって 魂に 闇を選択 させないようにするのですか?
あなたがたに 超意識をコントロールするなんて不可能のでは?
魂の選択が 一番力が強いのですよ
でも その魂の選択は 地上の視点でいやだと思うのことも平気で選ぶのですよ

地上の視点を魂の選択に持ち込めるなんて不可能だと思いますよ
霊魂が未熟なころは魂は闇をたくさん経験するのも避けられないことだと
思いますよ
たとえば みんな戦争いやでも 魂のレベルでは戦争を経験したい人が
多いのですよ 魂はそういう選択をするのです
戦時下に生まれたものは魂のレベルで その時代に生まれて経験したがってる
のです どうやってあなたがたに魂の望みがわかるのですか?

434 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 14:16:27 ID:TY0sDri8
>433
だから魂の望みなんて誰にもわかんないって。
でも本当にわからないだろうか?
君も自分で書いてるじゃないか。

>人を殺すことと蚊を殺すのはやはり違う
>俺の直感がそう言ってる 俺の直感 心の声の判断では人を殺すのは
>やばい と感じる 理屈じゃない

ほんの一部分かもしれないけど、それが魂の望みなんじゃないか?
人と笑いあうことと人と罵りあうこと、どっちが楽しいかなんてことは
いちいち魂に聞かなくてもわかるんじゃないか?

それと1つお聞きしたいのは、どうして前世で強姦した人は今世で強姦されなくては
ならない、ということにそんなに確信を持っておられるのか?
自分の魂にそう聞いたのか?誰かがそう言っていてそれが真実だと確信したのか?
前世の記憶があるのか?神にそう言われたか?悪魔にそう囁かれたか?

私は大まかな魂が経験したがっている目的というのは変えることもできないが、
細かな軌道修正というのは自分でできると思っています。これはバシャール2006の
受け売りが大きいですけどね。現時点での量子物理学では、未来は確率的にしか
存在しないといわれています。つまり確定した未来なんて存在しないというのです。
だとしたら誰にでも未来を選択できる余地があるということです。

と、私は一般的にカルマという考え方には同意しかねる。これはどうも押し付けがましい
と感じるからです。私は「避けられないもの」ではなく「自分で経験したいと思ったこと」
だと信じたいからです。前世で強姦をした。だから今度はされねばならない、ではなく、
強姦をしてしまいその相手や周囲の苦しみを死んで初めて知った。知ったからには経験を
してみたい。そしてそれを許す、乗り越えるという経験をしてみたい。魂がそう選択することを
現世ではカルマと呼ぶのではないかな、そう信じています。

435 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 14:53:01 ID:V0bQfFHF
私も神対よりバシャールの方が好きだったりします。
ちなみに私は前世で自分の夫を毒殺した記憶があるけど
その次の生でも今現在の生でもまだ殺されてません。
まぁ証明なんてできないので、妄想と変わりありませんね。

436 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 14:53:42 ID:QQECcP0P
>433
だから魂の望みなんて誰にもわかんないって。
でも本当にわからないだろうか?
君も自分で書いてるじゃないか。

>人を殺すことと蚊を殺すのはやはり違う
>俺の直感がそう言ってる 俺の直感 心の声の判断では人を殺すのは
>やばい と感じる 理屈じゃない

ほんの一部分かもしれないけど、それが魂の望みなんじゃないか?
人と笑いあうことと人と罵りあうこと、どっちが楽しいかなんてことは
いちいち魂に聞かなくてもわかるんじゃないか?

いや それも魂の望みだが 地上の視点では全部はわからない
俺らには魂の望みすべてがわかるわけではない 魂の望みが本当に
わかれば なぜいつどんな理由で自分は死ぬのか?とか なぜあの時
強姦されたか など強姦されてる最中にもわかるということである



437 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 14:54:26 ID:QQECcP0P

それと1つお聞きしたいのは、どうして前世で強姦した人は今世で強姦されなくては
ならない、ということにそんなに確信を持っておられるのか?
自分の魂にそう聞いたのか?誰かがそう言っていてそれが真実だと確信したのか?
前世の記憶があるのか?神にそう言われたか?悪魔にそう囁かれたか?

>>388>>389は事実です
俺は霊視と離脱体験を基に書いてます 間違いありません
また 必ず強姦されるわけでなく強姦されるか 強姦されるに匹敵する
ぐらいの精神的ダメージを負います
神との対話にも 人に経験させたことは必ず経験すると書いてあります
また 因果についても書いてあります 神対一巻に
魂は人を殺したら 今度は殺されたいと思う
魂はいじめをしたら 今度はいじめられたいと思う
これが 魂の性質である これは神対シリーズに書いてある
死後は 相手と自分が入れ替わるのです 殺人をすれば
魂は 今度は殺される側になり 殺されるとはどういうことか経験しよう
俺は 自分が許せない 罰せられたい と思うのです 神が罰するのでは
ありませんが 魂はこのように思うのです そのように創られてるのです
神対シリーズにも書いてあります


438 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 14:57:00 ID:QQECcP0P

と、私は一般的にカルマという考え方には同意しかねる。これはどうも押し付けがましい
と感じるからです。私は「避けられないもの」ではなく「自分で経験したいと思ったこと」
だと信じたいからです。前世で強姦をした。だから今度はされねばならない、ではなく、
強姦をしてしまいその相手や周囲の苦しみを死んで初めて知った。知ったからには経験を
してみたい。そしてそれを許す、乗り越えるという経験をしてみたい。魂がそう選択することを
現世ではカルマと呼ぶのではないかな、そう信じています。

>>388>>389は事実です
俺は霊視と離脱体験を基に書いてます 間違いありません
また 必ず強姦されるわけでなく強姦されるか 強姦されるに匹敵する
ぐらいの精神的ダメージを負います
神との対話にも 人に経験させたことは必ず経験すると書いてあります
また 因果についても書いてあります 神対一巻に
魂は人を殺したら 今度は殺されたいと思う
魂はいじめをしたら 今度はいじめられたいと思う
これが 魂の性質である これは神対シリーズに書いてある
死後は 相手と自分が入れ替わるのです 殺人をすれば
魂は 今度は殺される側になり 殺されるとはどういうことか経験しよう
俺は 自分が許せない 罰せられたい と思うのです 神が罰するのでは
ありませんが 魂はこのように思うのです そのように創られてるのです
神対シリーズにも書いてあります
また 必ずしも殺されるわけではなく 未熟な両親のもとに生まれて虐待される
などのこともあります


439 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 15:12:17 ID:QQECcP0P

私も神対よりバシャールの方が好きだったりします。
ちなみに私は前世で自分の夫を毒殺した記憶があるけど
その次の生でも今現在の生でもまだ殺されてません。
まぁ証明なんてできないので、妄想と変わりありませんね。

それはあなたの類魂の過去の経験かもしれません
あなたという個霊が殺人を犯したかどうかわかりません
また それは前々世で犯した罪ですでにカルマを経験してるかもしれません
また 前世の悪行も今世返るわけではなく 来世に返る場合もあります
また あなたはまだ死んでません だからまだわかりません

強姦をしてしまいその相手や周囲の苦しみを死んで初めて知った。知ったからには経験を
してみたい。そしてそれを許す、乗り越えるという経験をしてみたい。魂がそう選択することを
現世ではカルマと呼ぶのではないかな、そう信じています。

結局それは私が言ってることと同じだと思います
魂は進化したいという欲求があります 進化したいと
思った時 因果をよくしたいと思います そして自ら因果を積みます
だから因果は結局必然なのです
神対1巻終わりの方参照
また >>421やこのスレの前半部分の霊的進化の仕組み
などについても答えて欲しいです 詳しく
>>4>>5>>6>>7>>8>>9

440 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 15:34:56 ID:gFy4dBpr
>>419
誰にでも多かれ少なかれそういう傾向はあるんじゃないかな。
ただ大きいと人との衝突が多くなって社会生活が成り立たなく
なるということ。

だからまずは自分の中にある似たような傾向の部分を探して
それに対応した方が良いのではないかと思う。おそらくそれは
自分の不安と繋がっている。不安が減れば依存も減り自由を
より多く感じられるようになって本来の自分に戻ると思う。

人の似たような傾向への対応は自分の側の対応が終わって
からの方が良いだろう。でないと一緒になって振り回されて
迷い、盲人が盲人の手を引くかのようになりかねないと思う。

441 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 15:52:20 ID:gFy4dBpr
>>440の続き
不安の根はトラウマ、思い違い、勘違い、見間違い、過去には事実
だったが今では違うこと、片寄っていて自分が不利になるような
価値観、などなど、簡単に言ってしまえば過去の記憶(または過去
の記憶だと思い込んでいるもの)だと思う。これらによって現在の
自分を否定的に評価する傾向が強いと不安に繋がる。過去に作った
自分の評価の記憶に基づいて現在の自分を裁いているという感じだ。
まずはそんな裁きが不要であることを理解してやめる必要があるだろう。


442 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 16:04:32 ID:TY0sDri8
>437
なるほど。それで誰かに罰して欲しいがためにここにこうして書き込みを続けて
おられるのですかな?

もう1つ伺ってもいいですか。
「こんなときお前ならどうする?」という問いかけをよくしておられますが、
そうした霊視などの体験に基づいた事柄を通して、君が一番みんなに訴えたいことは
どういうことですか?性器がどうのこうのと書いてあるけどイマイチよくわからない。
それともただ永遠に続く生への嘆きを綴っているだけなのでしょうか?

443 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 16:58:01 ID:zJsTP31n
どうもありがとう!
この新しいミレニアムの中で、あなたに出会えて本当にうれしい。

全く同じ書物を読んでいるのにも関わらず、不安のために、他人に怒り、攻撃し続ける人がいる、ということは「視点が違う」ことの証明だ。

これほど明るい世界なのに、あなたは闇より暗い世界にとどまっている。
悪人はいないし、被害者もいないのに、あなたの周りには悪人や馬鹿ばかりだ。
すべては愛、それが唯一の真実だが、あなたは不安、無知に囲まれている。


これほど見事に対極を表してくれる人は私の周りにはいなかった。
あなたの存在でより自分に自信がもてるようになった。

この発見は私にとって21世紀最大の発見だ。
私はあなたに言おう、

「世紀の感謝を!」

そしてあなたはこう言うだろう、







「性器に注射を!」

444 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 17:11:10 ID:0bEsONdw
>>443
>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1187776351/303の方ですか?

座布団10枚進呈します!!

445 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 17:21:01 ID:x22S6iCL
「性器」とか「強姦」とか、同じ話ばかりでうんざりなんですが…

446 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 18:01:14 ID:/O2WoBll
>>443
だがちょっと待ってほしい。
そういう視点の人とあなたが現にこうして交流を持っているということ。
これが何を意味しているのかあなたにわかっているだろうか。
接点がなければ人間同士が縁を持つことなどあり得ないんだよ。
共通する何かがあるから、こうして匿名掲示板であっても出会っている。


447 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 18:41:43 ID:QQECcP0P
>>443
全く同じ書物を読んでいるのにも関わらず、不安のために、他人に怒り、攻撃し続ける人がいる、ということは「視点が違う」ことの証明だ。

これほど明るい世界なのに、あなたは闇より暗い世界にとどまっている。
悪人はいないし、被害者もいないのに、あなたの周りには悪人や馬鹿ばかりだ。

明るいのはあなたの個人的な主観のみの世界です
あなたは シリアイラクイランなどのイスラム国家や中国 北朝鮮では
どれほど凄まじい拷問が行われてるか知らない 世間知らずですね
それが 明るい世界ですか?あなたは単に 目の前で強姦拷問を見た
ことのない世間知らずでしょうが。
悪人はいないと悟るにはマスターでないと無理です
あなたを拷問にかけさせてください その時 あなたがどんなセリフを
言うか 楽しみです あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?
あなた 本当に拷問にあってもその拷問する人を目の前で観ても
全員 善人だと言う自信がありますか?
あなたマスターでないくせに マスターになった気分で書き込むのは
やめたら?なんであなたはマスターでないのにかっこうつけるの?
あなたを拷問にかけたいので住所と電話番号教えてください
その時でも あなたは本当に 神は愛と叫べますか?


すべては愛、それが唯一の真実だが、あなたは不安、無知に囲まれている。

で あなたは拷問されても同じこと言えますか?
あなたは 今 この瞬間 苦しい目にあってないから調子こけるだけです
また あなたはマスターでないくせに すべては愛とか言わないほうが
いいですよ 身のほどをわきまえたら?
あなた それいよりもなんで進化レベル最低の星 地球にいるの?
なんであなたはマスターでないの?

448 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 18:49:31 ID:QQECcP0P
>>443

>>340
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv


あなたは本当に 目の前でこれを見ても

悪人はいないし、被害者もいないのに
すべては愛、それが唯一の真実

だと言えますか?あなたはマスターでないでしょう?
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?



449 :↑↑↑:2007/09/07(金) 18:50:51 ID:QQECcP0P
あなたの本音が聞きたいので
あなたを拷問にかけさせてください その時 あなたがどんなセリフを
言うか 楽しみです あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?

あなたの妻が拷問されても 同じこと言えますか?
答えください ほんとにあなたの妻が目の前でレイプされても
今のように調子こいたセリフが吐けますか?

あなたの 化けの皮をはがしたくてしょうがありません
あなたに拷問かけてあなたのセリフを聞きたい あなたの本音を聞きたい

後 イエスも手足釘とむち打ちには相当びびった
聖ジャンヌダルク様も 牢獄の暴力と火あぶりにはびびった これが
人間の本音

俺は あなたの 本当の本音が聞きたい 
あなたが 本当に辛い目にあった時 果てして あなたは神をたたえられるか
興味がある 是非 あなたを拷問にかけたい 返事待ってます

450 :↑↑↑:2007/09/07(金) 18:53:53 ID:QQECcP0P
>>443

あなたの本音が聞きたいので
あなたを拷問にかけさせてください その時 あなたがどんなセリフを
言うか 楽しみです あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?

あなたの妻が拷問されても 同じこと言えますか?
答えください ほんとにあなたの妻が目の前でレイプされても
今のように調子こいたセリフが吐けますか?

あなたの 化けの皮をはがしたくてしょうがありません
あなたに拷問かけてあなたのセリフを聞きたい あなたの本音を聞きたい

後 イエスも手足釘とむち打ちには相当びびった
聖ジャンヌダルク様も 牢獄の暴力と火あぶりにはびびった これが
人間の本音

俺は あなたの 本当の本音が聞きたい 
あなたが 本当に辛い目にあった時 果てして あなたは神をたたえられるか
興味がある 是非 あなたを拷問にかけたい 返事待ってます

>>340←あなたやあなたの妻がこんな目にあっても
悪人はいない すべては愛であると 叫べますか?返事ください
あなたはマスターでないでしょう?
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?

451 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 19:01:42 ID:QQECcP0P

>>388>>389は事実です
私は事実を書いてるだけです

>437
なるほど。それで誰かに罰して欲しいがためにここにこうして書き込みを続けて
おられるのですかな?

は?言ってる意味がわかりません

もう1つ伺ってもいいですか。
「こんなときお前ならどうする?」という問いかけをよくしておられますが、
そうした霊視などの体験に基づいた事柄を通して、君が一番みんなに訴えたいことは
どういうことですか?性器がどうのこうのと書いてあるけどイマイチよくわからない。
それともただ永遠に続く生への嘆きを綴っているだけなのでしょうか?

>>443のように 神との対話のセリフに酔ってる偽マスターの
正体をあばき つまり 拷問にかけ マスターでないただの弱虫な人間である ことを
ビデオテープに取り ここに暴露したいだけです

俺は >>443は マスターでなく 神との対話のセリフに酔ってる偽マスター
だと確信している
彼 は 自分が拷問にあった時 妻が目の前でレイプされた時
本当に 神は愛である 悪人はいない と心の底から言えるのか?
興味がある 俺の勘では >>443は別のセリフを吐くと 感じる

俺は >>443のようなマスターでなくせに神との対話のセリフに酔って
マスターのふりをする偽マスターもどき つまり 詐欺師が許せないのである



452 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 19:10:47 ID:QQECcP0P
>>443
あなたのように マスターでなくせに神との対話のセリフに酔って
マスターのふりをする偽マスターもどき つまり 詐欺師が許せない

俺は >>443は マスターでなく 神との対話のセリフに酔ってる偽マスター
だと確信している
彼 は 自分が拷問にあった時 妻が目の前でレイプされた時
本当に 神は愛である 悪人はいない と心の底から言えるのか?
興味がある 俺の勘では >>443は別のセリフを吐くと 感じる

私は あなたは本音で 心の底から
たとえ どんな目にあっても 神は愛である 悪人はいない
と言えるか 興味がある 是非 あなたを拷問にかけ あなたの本音が聞きたい
住所と電話番号教えてくれ

>>340←あなたやあなたの妻がこんな目にあっても
被害者はいない 悪人はいない すべては愛であると 叫べますか?返事ください
叫べるならあなたはマスターです

でも本当は
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?



453 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 19:15:53 ID:QQECcP0P
>>443
あなたは単にかっこうつけて神との対話に酔いしれて単に 悪人はいない
被害者はいない すべては愛であると 言ってるだけではないですか?
口だけじゃないですか?心の底の底から本当にそう思ってるのですか?
本気の本気のたとえどんな目にあってもあなたは本気でそう叫べるのですか?
単に あなたは今この瞬間苦しい目にあってないから調子にのってそれらの
セリフを吐けるだけじゃないですか〜?
わたしは あなたが本当に拷問にかけられた時 はたして上記のような
調子にのったセルフが吐けるかどうか大変興味があるんですが

あなたは 本当に心の底からそう思ってるのですか?
俺は あなたの本音が聞きたい 是非 あなたやあなたの目の前で
あなたの妻を拷問にかけたい あなたは その時 どんなセリフを言うか
聞きたくてたまらん
私の拷問実験に協力してくれませんか?
俺 あなたのようにかっこうつけてマスターぶるやつ大嫌いなんです

俺は お前のようにかっこうつけて神との対話のセリフに酔い
マスターぶる偽マスターつまり 詐欺師 が
大嫌いなのである

>>340←あなたやあなたの妻がこんな目にあっても
被害者はいない 悪人はいない すべては愛であると 叫べますか?返事ください
叫べるならあなたはマスターです

でも本当は
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?
あなたは口だけの 詐欺師じゃないですか?
あなたの本当の本当の苦しい目にあった時のあなたの本当の本当の
本音が聞きたいなあ〜www

454 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 19:19:22 ID:zJsTP31n
本当にあなたは素晴らしい!
完璧だよ。まさに完璧。

ここでひとつはっきりさせておこうか。

あなたは神のメッセンジャーだ。

問題は「あなたはメッセンジャーか」ではない。

「あなたはどんなメッセージを送っているか」だよ。

あなたは自分自身が生きた人生を通じて、生命についてのメッセージを
生命に送っている。

まさにそのとおり。あなたの人生の恐怖を私に送っている。

これで私は私ではない部分を経験することが出来た。

ありがとう。感謝してます。

455 ::2007/09/07(金) 19:24:36 ID:QQECcP0P
ごまかさずに 私の質問に答えてくれますか?
ごまかしは誠実さと反します
誠実さを欠くということはマスターの道から遠ざかりますよ
きちんと わたしの質問に答えてくれませんか?

456 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 19:48:12 ID:QQECcP0P

>>454
ごまかさずに 私の質問に答えてくれますか?
ごまかしは誠実さと反します
誠実さを欠くということはマスターの道から遠ざかりますよ
きちんと わたしの質問に答えてくれませんか?

あなた仕事の時は聞かれたことに的確に答えるでしょう?
なぜネットの中ではごまかしてマスターでなくにマスターのふり
をするのですか?なぜ聞かれたことに答えないんですか?

それとマスターは誠実であるのであなたのようにごまかしませんよ
マスターになれば社会的になるからだ
あなたのようにはぐらかしたりしませんよ

あなたが実社会で仕事の時相手に対して聞かれたことに
対して的確に答えるように
わたしの問いにも誠実に答えてくれませんか?

あなた仕事の時ははぐらかさないでしょう?
仕事の時 はぐらかせば仕事首になりますよ
あなたは仕事の時 はぐらかさないでしょう?
それと同じ態度で わたしに接してくれませんか?

457 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 20:28:06 ID:PgxNCQ9I
誰でも知識に驕りたかぶれれば似たり寄ったりでこうなるもの。
これは極端な例ではあるが己の襟を正す教材になることだろう。

書物だけの偏った知識だけでなく、様々な事象や自身に関わった人たちの言葉
にも絶えず心を傾けたいものだ。

それを知るということはうわべだけなぞらえる事とは違うのだから。

458 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 20:45:50 ID:gFy4dBpr
>>456
ここにマスターは居ないのでは?

459 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 20:55:41 ID:uSSqX1qn
>>458
マスターなら、2ちゃんねるで啓発活動しませんね。

460 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 21:31:57 ID:o1LWX233
>>411

> な、なるほど。つまり「他人のせいにしてしまう未熟な自分を自覚する」ということですかな。
> でもやっぱり自覚するのは「難しい」と考えてしまう私がここにいたりします…。
> それもつまりは「自覚できない自分を自覚できればいい」ということになるんでしょうか。
> …なんかこんがらがってきましたw

自覚というのは合わせ鏡と同じで、堂々巡りです。
その堂々巡りのムダに気づくこともまた自覚なんですよね。

> 話は変わりますが、なんでこういうスピリチュアルなモノに関しては極端な支持者と
> 反対者が出てしまうんでしょうね。

>>412さんも言ってますが、つまるところ不安なんですね。
宗教や哲学みたいな、心に密着した話は、その内容に自我を同化させやすいです。
なぜかというと、自我を解放する真理を、かすかにでも感じることがあるからです。
でも感じたものではなく、言葉のほうを真理だと思ってしまうから、聖書やら
経典やらに自分を重ねてしまうんですね。これは神対においても言えることです。

だから、神対の内容が真実だという前提で質問を振ってくる人が結構いるでしょう?
自分なりに言葉を消化せずに、言葉をそのままうのみにするとそうなるわけです。

同化の対象は何でもアリですが、根本的な原理は同じですね。
同化したものが宗教でも国家でも芸能人でも恋人でも、あるいは犬や猫でも、
それが攻撃されたら自分を攻撃されたのと同じなわけです。

自分が弱い人ほど、同化せずにはいられない。同化しないと自分を確立できないから。
弱いからこそ、同化の対象を攻撃されるとダメージが大きい。それで必死になって
相手を攻撃する。攻撃は最大の防御ってわけですね。

で、世間一般ではこの同化を愛と呼んではばからないわけですよ。

461 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 22:07:40 ID:TtuFRve0
>>451
ちょっとマスターという言葉にとらわれすぎていませんか?

「あなたの考える理想のマスター」というのはつまり、拷問にかけられても愛を説く人、
目の前で妻が強姦されているときにそれを認める人、ということですか?

私が考えるマスターとは「自分自身に誠実である人」。
拷問にかけられてたら命乞いをし、妻が目の前で強姦されていたら必死で止める人。
思考実験だけを繰り返し、世を嘆き、超人のようなマスター以外はマスターではないと
言い放つ人、そんな人たちでも、決して不安から逃れるためにではなく、自分自身に
誠実に生きているのだとしたら、それもまたマスターだと思います。

単なる言葉の定義だけを問い詰めても何も生まれないと思います。
現に宗教間、国家間、またその中での派閥間の闘争なんていうのは、すべてこの
言葉の定義が正しいのかどうかを言い争っているだけのような気がします。

もし自分がマスターとは認められないような人が目の前にいて「我こそはマスターである」
と言ったとしましょう。でも彼はあなたにとって「マスターではないことを完璧に証明してくれるマスター」
なのではないでしょうか。ゲームをやっていて、レベル1でも勇者は勇者でしょう?
レベル1でもマスターはマスターなのではないでしょうか。そして全ての人類はマスターなのでは
ないでしょうか。自分がそう信じる限り。


462 :↑↑↑:2007/09/07(金) 22:32:24 ID:QQECcP0P
人生の生死で小さな完了があります
その小さな完了の積み重ねで絶対完了マスターになります
一度の人生でマスターになれるものはいません
これは 神へ帰るにはっきり書かれてます

463 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 22:44:21 ID:TtuFRve0
>>462
で、あなたの考えるマスターとはなんですか?どんな人物ですか?
絶対完了マスターって何ですか?

464 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 22:45:07 ID:zJsTP31n
オレにとって「神との対話」はかつてないほどのインパクトだった。

「少なくとも自分が楽しいことをしなさい!」
オレはこの言葉が一番好きなので、この言葉のとおりに生きている。
それまでは不安だらけで自分の人生にあせってたけど、
今は自分でもうそみたいに不安がない。(ちょっとはあるけど)
絶対的な安心感、大きな防護ネットの上で遊んでる感じ。
落ちない、という安心感ができた。

マスターがどうとか言う話はどうでもいいし、
理論も哲学も宗教も国家もどうでもいい。

自分が今、楽しいかどうか、それだけが基準。

465 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 00:14:05 ID:p6potILQ
>>464
バシャールの間違いじゃない?

466 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 01:25:37 ID:lxdFVibO
そういやバシャールはそんな感じだったな。

467 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 11:07:24 ID:ksN5XUg4
エックハルト・トールはどうやら悟っている人のようだよ
いまに意識を向けることが大切(?)なんだとか
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navcli
ent&aq=t&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GZHZ_jaJP226JP227&q=%e3%81%95%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%b2%e3%82%89%e3%81%8f%e3%81%a8%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%81%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%81%a7%e6%a5%bd%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b

468 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 11:08:11 ID:ksN5XUg4
すいません。うまくいってない

469 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 11:45:23 ID:ypfKJFh4
なぜ「極限の痛み」が存在するのかを考えましたか?

アプローチにバリエーションを持たないから、
同じ話とコピペばかりの流れになる。

470 :↑↑↑:2007/09/08(土) 15:22:00 ID:oh/c31mh
?意味がわかりません。でなんで極限に痛みが存在するの?
軽い痛みがあれば 痛みのない状態を経験できるからそれで十分だが
なぜ 極限の痛みが存在するの?

471 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 17:07:12 ID:WX/BmMma
>>470
だからまず自分で考えろって。

472 ::2007/09/08(土) 19:43:25 ID:oh/c31mh
考えてわかるわけないじゃん
俺は 神は狂人だと思ってるから 神の思考回路を理解できません
俺が神ならたとえ痛みがないといけないとしても 軽い痛みのレベルにする
そして極度の精神的肉体的苦痛は起こらない宇宙を創る それが愛ではないか?
自由意志の保障よりも極度の悲惨に永遠永久にあわない保障の方がいい

473 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 08:37:16 ID:56xwGz8L
これ霊との対話だろ

474 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 09:45:17 ID:f0gqKY3x
アセンションを意図した心の在り方
http://blog.livedoor.jp/simple_green_ex/

475 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 13:25:24 ID:YgtW1tGH
>>472要約すると、こういうことか?

210 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:55:51 ID:Oq8wpC55
このスレも朝までの命ムチャクチャ言ってやる!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!
かかって来たまえ↓


211 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:58:41 ID:Oq8wpC55
>>209 母ちゃんに顔射されたのに逃げるのか? とんだ腑抜けだな?
ほっといたらお前の母ちゃんどうなっても知らないぞ〜!?
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!


212 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:02:51 ID:Oq8wpC55
>>209 お前の母ちゃん俺に顔射されて泣いてるよ?
得意の顔射芸がなぜかお前の母ちゃん以外に決まらないなぁ。
なぜかわかる?お前の母ちゃんは特別淫売だからさ!!
ぶっきゃっきゃ〜!!ブヒブヒブーッ!!
ん?なんだ?か細い声が聞こえないか?みんな?
↓かかって来たまえ。


213 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:06:26 ID:Oq8wpC55
びびってる〜!! ヒューヒュー♪ ↓かかってきたまえ!
嘘じゃ!言い逃げかましたる。 おやすみ〜!
もうお前らと話す事など無い! つーか、最初からない!!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ! 顔曲がってんぞ?

476 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 13:30:25 ID:YgtW1tGH
神 ◆jV/GN5QPLM の自己紹介をコピペします。
神だけど、質問とかある?13
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1188814397/l50

235 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/03(金) 23:07:07 ID:zw8iZ0ah
前から日本が好きだったのよ、日本に来たのはここ数年で。
世界は神に必要以上の期待するでしょ?それにうんざりしてノイローゼ気味だったんだよね。
戦争も続くし911とかもあったし。
俺の意図じゃねー!って思っても人間は俺のせいにしたがるから。

日本って無宗教のイメージあるじゃん?だから静養にきたんだよ。

で、しばらく暮らしてて話題の2chをみてみたらハマーの車体にアルトのエンジン積んで走ってるような世界が浮き彫りになってたんだよね。
そして、あぁコイツらなら話しが出来そうだって思ってね?
宗教に対する日本人のニュートラルな姿勢が凄く好きだね。
人間が起こす惨事は俺とは何も関係ないんだぜってカミングアウト出来るじゃん!スッキリするよね。
外国なら刺されるね。

236 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/03(金) 23:10:11 ID:zw8iZ0ah
>>235 ↑せいぜい日本ならコイツはキチガイだ!で、おしまい。

477 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 21:22:50 ID:UBHwTcN0
なんだかなあ。

478 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 11:22:24 ID:UENz1+ON
世界はいやなところだ、いやな出来事だらけだと思ったら、考え直しなさい。

人生はめちゃくちゃだ、もうだめだと思ったら、考え直しなさい。

自分を訓練することは可能だ。

やり直したいと思うのなら、人生は何度でもあるから。


479 ::2007/09/10(月) 11:29:19 ID:xJNCveGf
で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?


480 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 11:35:53 ID:UENz1+ON
>>479
神との会話に書いてある

481 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 11:59:46 ID:UENz1+ON
神の意図を疑い、究極の結果を生み出す神の力を疑っていたら、安らかでいられるはずがない。
真の安らぎは感じられない。

神は意図する結果を生むだけの力を持っている。神は愛だ。
それがあなたには信じられない。

あなたは幻想の中で生き、そのために不安を感じる。すべて、神を疑おうとしたことから生じているのだ。

482 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 12:06:01 ID:UENz1+ON
では神の力を、神の意図を、愛を、自由を、真実を信じたらどうなるか。

あなたは仏陀のように、イエスのように生きるだろう。
あなたは平穏、安らぎ、人生の喜び、恍惚感を感じるだろう。

しかし、ひとはあなたの言葉を聞いても理解しないだろう。
自分たちとは違う何を発見したのか、とひとは思うだろう。
そして嫉妬をつのらせる。やがて嫉妬は怒りになり、怒りのあまり、あなたを傷つけようとするだろう。

483 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 12:26:04 ID:f05nLYBf
>>482
しかし仏陀はうまいこと生き延びた。あれはうまい。
イエスはストレートな勝負に出すぎた。

484 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 14:11:36 ID:xJNCveGf
>>479
神との会話に書いてある


そんなことは聞いてません あなたはどうなのか?と聞いてる

で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?

>>481>>482

で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?>>340

ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

485 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 14:44:24 ID:LJehXOup
>>484
小出監督は金メダリストを生み出した一流のマラソントレーナーだ。
しかし彼自信はオリンピックで金メダルを取ったことなど一度もない。
それどころか華々しい選手成績など一つも残していない。
しかし彼の提案するトレーニング法は完璧だったのである。

そこへ君が出てきてこう言う。

「あたなはマスターなどではない。なぜならあなたは一度もオリンピックで
金メダルを取ったことがないからだ。だからあなたは偽者だ。
そうでないと言うのならオリンピックに出て金メダルを取ってみろ。」

 
私はマスターなどではない。どうやって生きることが魂の望みなのかを
知る由もない。しかし神との対話によって神の望みがなんたるのかを知った。
そこでそれを皆に伝えるためにここに記した。

そこへ君が出てきてこう言う。

「あなたはマスターなどではない。なぜならあなたは目の前で妻が拷問に
かけられているときにその言葉を語ることができないからだ。だからあなたは偽者だ。
そうでないと言うのなら性器に針を刺してビデオに録画して公開しろ」

486 ::2007/09/10(月) 14:52:58 ID:xJNCveGf
俺は マスターでない 恐怖も痛みも十分感じる ただの人間が
それらの感情や肉体的感覚を超越したかのような書き込みが
気に入らないのだ
よって

世界はいやなところだ、いやな出来事だらけだと思ったら、考え直しなさい。

人生はめちゃくちゃだ、もうだめだと思ったら、考え直しなさい。

自分を訓練することは可能だ。

やり直したいと思うのなら、人生は何度でもあるから。

と言ったやつに対して で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?

という問いかけはいかにも妥当である

苦しい目に今この瞬間あってなければいくらでも調子に乗れる
しかし 俺は そういうやつを信用しない
苦しい目にあってる最中に 神のセリフを言わないと納得できない

487 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 14:53:47 ID:LJehXOup
自分は金メダリストではない。だからこそどうすれば金メダリストになれるのかを知っている。
金メダリストでなければどう練習すれば金メダリストになれるのかを語ってはいけないのか?

マスターでなければマスターが語るであろう言葉を自分の言葉のように語ってはいけないのか?
どうして語ってはいけないのかを説明して欲しい。

なりたい自分像があるとする。しかしまだそんな自分にはなれていない。
だがなりたい自分像にすでになっているかのように行動してはいけないのだろうか?
どうしてそのように行動してはいけないのかを説明して欲しい。

また言葉がわからないと言われそうなので具体例を示そう。
暴行事件を起こして刑務所に入っていた男がいる。
彼はそれを深く反省し、出所してから人として優しくあろうと心に決めた。
そんな血の気の多い彼は、「まだ優しい人間ではないから」という理由で優しく振舞ってはいけないか?
まだ血の気が多いから何でも暴力で解決しなければいけないのか?
彼が目の前で起きているケンカを見て「暴力はよくない」と語ることさえ許されないというのか?
許されないと思うのであればそれがどうしてかを説明して欲しい。


488 ::2007/09/10(月) 14:55:56 ID:xJNCveGf
だいたい 考えな直す とはどういうことか?

日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?

むちゃくちゃはむちゃくちゃである
誰がその状況の時 むちゃくちゃでないと言い切れるのか?

489 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 14:59:15 ID:gxoeq0b4
自然災害や病気は恐怖だ。医療が発達してない社会、コンピューターも自動車もない時代。
人は何をするだろうか。頭の良い奴ならきっと同じものを見つけるはずだ。
現代で、この現状で何をなすべきか。それが見えないと日陰で暮らすような感覚に陥っちゃうんだ。

490 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 15:06:18 ID:LJehXOup
>>486
>苦しい目に今この瞬間あってなければいくらでも調子に乗れる
>しかし 俺は そういうやつを信用しない
>苦しい目にあってる最中に 神のセリフを言わないと納得できない

じゃあそもそも神との対話に納得してないんじゃないか。
彼は別に拷問を受けながら書いていたわけじゃないよ。
それに拷問を受けながらここにレスする人がいるわけもない。

もし君の言う完全ナントカマスターがいたとしよう。
そいつが地上に愛を説くためにまたこの世に生を受けたとしよう。
しかし今生では拷問を受けるという選択をしなかったとしよう。
そして彼が神の言葉を皆に語ったとしよう。
しかしやっぱり君は彼が拷問を受けるまでは彼の言葉を信用しないんだろうか。

491 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 15:09:12 ID:xJNCveGf

だから 俺はマスターでないのにマスターぶるやつは
詐欺罪にあたると思ってる

人間は 恐怖や痛みを感じる生き物である それらを超越したかのような
書き込みは腹が立つのである 

イエスも聖ジャンヌも暴力や火あぶり 十字架にはびびった
これが人間の正体である これらの正体を無視した発言は許すべきではない

俺は詐欺師が嫌いなのである

492 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 15:10:54 ID:gxoeq0b4
神を演じる役者はもっともトリッキーなピエロ
後ろを振り返れば一同絶賛して拍手してるぞ

493 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 15:11:56 ID:LJehXOup
>>491
君の怒りは非常に興味深い。
いや、からかっているんじゃなくて本当に自分自身考えさせられる。

だがその前にとりあえず>487に答えておくれ。

494 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 15:19:21 ID:LJehXOup
>>492
後ろで絶賛されているのかと思うと……やだなぁw

495 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 15:35:10 ID:xJNCveGf
自分は金メダリストではない。だからこそどうすれば金メダリストになれるのかを知っている。
金メダリストでなければどう練習すれば金メダリストになれるのかを語ってはいけないのか?

いや別にいいが 説得力に欠くかもしれないが。。。
まあ 発言は自由だろう

マスターでなければマスターが語るであろう言葉を自分の言葉のように語ってはいけないのか?
どうして語ってはいけないのかを説明して欲しい。

語るのは自由だが そいつの心が 本当に神のレベルに達した愛なのか?
それとも 今 苦しくないから調子にのって神との対話のようなセリフに
酔ってるのか 見極める必要がある 後者は詐欺罪に当たると思う

暴行事件を起こして刑務所に入っていた男がいる。
彼はそれを深く反省し、出所してから人として優しくあろうと心に決めた。
そんな血の気の多い彼は、「まだ優しい人間ではないから」という理由で優しく振舞ってはいけないか?
まだ血の気が多いから何でも暴力で解決しなければいけないのか?
彼が目の前で起きているケンカを見て「暴力はよくない」と語ることさえ許されないというのか?

語るのは自由だが 過去に強姦拷問しまくりましたというやつが
強姦拷問暴力はいけないといったところで 説得力はない
それに 暴力魔が改心することはまずない あっても 俺ならお前に言われたくない
と感じる が真に改心したなら語ってもいいだろう
が真の反省は死後にしか無理だと感じる なぜなら死後は相手と自分が入れ替わり
相手の立場を経験する 強姦などした者は死後はじめて強姦されたものの感情を味わい
自分のしたことの重大さを知る 中には良心の呵責のあまり気が狂う場合もある
これが真の反省であり 地上では真の反省は不可能である

496 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 15:44:27 ID:LJehXOup
なんか可哀想なやつだな…。

先日とあるスピリチュアルカウンセラーがこんなことを言っていたよ。

『賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。』

どっちがいいわけではないが、必ずしも経験しなければ学べないということはないんじゃないか。
自分は戦争を経験したことがない。だから戦争を経験しないと戦争だけが正しい解決法ではない
ということがわからないだろうか?いや、その悲惨さを経験者から聞けば、歴史的資料を見れば、
経験せずとも学ぶことはできるだろう。

ま、でもとりあえずは君が苦悩しているのは「他人の言葉の説得力のなさ」なんだということは
わかった。そして君が決して人を許さない人間であるということもわかった。
だがね、人は生きながらにして真に反省できるよ。
人は生きながらにして生まれ変わることもできるよ。
自分がそれを信じさえすれば。

君ももっと自分のことを信じればいいのに。
本当の魂の声を信じればいいのに。
苦しまなくても喜びを味わうことができると対話に書いてあるのに。
どうしてそこを解釈しそこねちゃったかな。それが君の課題だからかな。

497 ::2007/09/10(月) 17:08:15 ID:xJNCveGf
だがね、人は生きながらにして真に反省できるよ。
人は生きながらにして生まれ変わることもできるよ。
自分がそれを信じさえすれば。

それは無理です わずかしかいないし
真の反省は死後の時です真の反省は死後にしか無理だと感じる なぜなら死後は相手と自分が入れ替わり
相手の立場を経験する 強姦などした者は死後はじめて強姦されたものの感情を味わい
自分のしたことの重大さを知る 中には良心の呵責のあまり気が狂う場合もある
これが真の反省であり 地上では真の反省は不可能である
あなたは霊の世界を理解してないアホである
あなたは離脱して霊の世界に行きなさい
真の反省は地上では無理だ 相手そのもの の立場を理解できないからだ
そんなこともわからないのか?
神との対話シリーズとよく読みなさい

498 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 17:23:05 ID:LJehXOup
>>497
うーん、じゃあ言わせてもらうけれども、離脱した時点での世界って
絶対的な世界ではなく、自分で作り出した世界である、というくだりは読んだ?

三途の川があると思っていればそこに三途の川があるし。
地獄があると思えば地獄がある。
でもそれは自分で作り出したものであるって書いてなかったか?
神との対話シリーズをよく読み、そして理解しなさい。

君には霊能力もあるのだろうし、離脱したのかもしれないが、それが絶対的な世界である
ということに対しては説得力に欠けるなあ。

499 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 17:31:24 ID:LJehXOup
そして神へ帰るにも書いてあったけどさ、そんな死後のことだとか、転生の仕組みを詳しく
知った所で何のためになるんだろうね。
問題なのは自分が今本当にここで生きていること、生きて何かをするために生まれてきたこと、
今を精一杯生きること、そういうようなことが大切だって書いてなかったかね?

真の反省は地上では無理だ、なんて書いてない。
霊の世界を理解しなければいけない、なんてことも書いてない。
それを君は「闇の部分について書いてないからだ」と言うのかもしれないが、
そういうものを知ることが重要なのであれば対話に記されているはずじゃないだろうか。

そんなものを知るというのは、いわばゲームをやるにはそのプログラム言語を知らなきゃダメ、
というようなことじゃないか?そんなものを知らなくてもゲームは楽しめる。
逆にエンディングまで作りこんだプログラマの視点じゃ、そのゲーム本来の楽しみ方は
できないんじゃなかろうか?とあるゲームプロデューサーがそんなことを嘆いていたよ。
素晴らしいゲームを作ったが、ただ1つ残念なのは自分がそのゲームを楽しめないことだってね。


500 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 17:36:03 ID:LJehXOup
願わくばさ、君のその体験をみんなと分け合って、じゃあこうすればいいんじゃない、
という意見交換ができるといいと思うんだけどさ。
君は「そうじゃない」「それは偽者だ」というばかりで、肝心なことはシェアしてくれない。

君が絶対的に正しいというわけじゃない、ということももちろんわかってはいるんだろう?
だったら「自分はこう思う」「自分はこうすればいいと思う」でとどめてはおけないかね?
別に「お前はダメだ」というのもいいけどさ、じゃあ「こうすればいいと思う」というところまでは
持って行くことができないだろうか?わかんないなら仕方ないけど。

501 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 18:19:10 ID:LhbTJSAA
>>498-500
すばらしい書き込みです。

502 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 18:19:39 ID:UENz1+ON
彼を見てると本当に同じ書物を読んでいてもずいぶん捉え方が違うんだなーと思う。

拷問受けながら「神は愛だ」って言わないと信用しないって、どんだけ疑り深いんだ。
しかも信じてない割には「神との対話に書いてある」とか「神との対話を読め」とか。混乱しすぎだろ。

でも本当に彼のような人物がいるからこそ、「ああ、オレは彼とは違うんだ」ってしみじみ思う。
逆に彼も「オレは偽善者が大嫌いだ、詐欺師が大嫌いだ。なぜなら
オレは偽善者でもないし、詐欺師でもないからだ」って自分に納得してんだろな。




503 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 18:23:37 ID:R4hVVo5B
>>498-500
見事に釣られましたな。早めに離脱、いや無限ループから脱出しましょう!!



504 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 18:30:12 ID:LJehXOup
>>497
>あなたは霊の世界を理解してないアホである

確かに私には霊感もないし幽体離脱なんてしたこともない。
霊の世界がどうなっているかなんてのは聞いた話で想像するしかない。

でもさ、もしこの宇宙が完璧であるならさ、普通の人には霊の世界をまったくわからないように
してあるっていうことこそが完璧なことなんじゃないだろうか。
それは今世を大切にしろっていう意図なんじゃないだろうか。

人間は何度も生まれ変わってそのうちマスターになるんだから、じゃあ別に今頑張らなくても
いいじゃん。そんな風な解釈を避けるために、神が与えてくれたプレゼント、それがこの
霊の世界の仕組みを忘れるってことなんじゃないだろうか。

だが君はどうもそれを知っているようだ。
だとしたらそれは普通の人とは違うようにしてくれた神からのプレゼントだろう?
もちろんその使い道は自分の好きなようにすればいいんだけどさ、それはどうしても
皆と分け合えないものなんだろうか?私はむしろ霊感が欲しいぐらいなので君が羨ましいよ。

505 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 18:33:18 ID:LJehXOup
>>503
そんなことないですよ。最初は無限ループのように思えてたけど、螺旋のように
少しずつ高さは変わっている気がします。

>>502
そうですねえ。だから同じ宗教でも派閥で分裂したり過激派が出てきたりするのでしょうねえ。

>>501
いえいえ。すべては対話の受け売りです。

506 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 19:27:15 ID:LJehXOup
何度もすいませんです。
こちらでも言葉遊びを。

「詐欺師」という言葉を使われているけどさ、これは

(1)巧みにいつわって金品をだまし取ったり、相手に損害を与えたりすること。あざむくこと。ペテン。

ということです。
たとえここで自分がマスターであるかのように振舞ったところで、誰が金品を騙し取られているのか?
誰に損害を与えているのだろうか?

もっとも君は誰かがマスターの言葉を語ることに苦痛を覚えるので、それが損害だと言うかもしれない。
だが決して何も偽ってはいなくないか?真実の言葉をただ述べているだけじゃないか?
ならば神を信じぬ者にとっては、全ての神の啓示は詐欺だということになるんじゃないか?
それが正しいと思うか?

そして君の言葉によって誰かが不快な思いをしたとしよう。すると相手にとっては君が損害を与えた
ということになる。それでは君が詐欺師になってしまうではないか。違うだろうか?


君は詐欺師ではないだろう?少なくとも私は君を詐欺師だなどとは思わない。
だったらやはりマスターの言葉を語る人たちだって、決して詐欺師などではないんじゃなかろうか?

507 :お前は本当に馬鹿だなあ:2007/09/10(月) 19:36:23 ID:xJNCveGf
>>497
うーん、じゃあ言わせてもらうけれども、離脱した時点での世界って
絶対的な世界ではなく、自分で作り出した世界である、というくだりは読んだ?

三途の川があると思っていればそこに三途の川があるし。
地獄があると思えば地獄がある。
でもそれは自分で作り出したものであるって書いてなかったか?
神との対話シリーズをよく読み、そして理解しなさい。

君には霊能力もあるのだろうし、離脱したのかもしれないが、それが絶対的な世界である
ということに対しては説得力に欠けるなあ。

たく お前もアホだなあ
魂の望みは地上の視点ではわからん お前に死後の世界を選択することは無理
なぜなら魂の望みは地上の選択を無視するから 魂の選択が死後の世界
後 魂の望みによりいく世界は違うが そこに働く宇宙の法則には
誰一人として逆らえない>>388>>389は事実です
お前は全く理解してない 霊視も離脱もできんアホがわかった風に言うな
後 普通は魂の望みがわからんから 地獄に落ちた ちいう表現は正しい
ただ 魂の望みがわかった場合 地獄に行くという言い方もいいかもしれん
後 お前の魂の課題が闇を経験するなら 地獄に行く これは避けられない
お前の地上の視点で地獄にはいきたくないと思っても お前の地上の視点や
選択は魂の選択に介入できない だからお前は地獄がいやでも地獄に落ちることは
よくある

508 :お前は本当に馬鹿だなあ:2007/09/10(月) 19:42:47 ID:xJNCveGf

真の反省は地上では無理だ、なんて書いてない。

馬鹿か お前真の悟り 真の反省 は死後だと神対シリーズに書いてある
よく読めアホ マジでお前はアホすぎる
真の反省は死後の時です真の反省は死後にしか無理だと感じる なぜなら死後は相手と自分が入れ替わり
相手の立場を経験する 強姦などした者は死後はじめて強姦されたものの感情を味わい
自分のしたことの重大さを知る 中には良心の呵責のあまり気が狂う場合もある
これが真の反省であり 地上では真の反省は不可能である
あなたは霊の世界を理解してないアホである

霊の世界を理解しなければいけない、なんてことも書いてない。
それを君は「闇の部分について書いてないからだ」と言うのかもしれないが、
そういうものを知ることが重要なのであれば対話に記されているはずじゃないだろうか。

どちらにせよ お前がどんな信念望みを持ってたとしても
>>388>>389は事実です
後 お前には魂の望みなどわからん 
魂の望みがわかるということは自分がいつ死ぬかわかるということだ
お前の魂の望みは地獄を経験するという課題を持つ場合 地獄は避けられない
お前は 地獄について理解してない 他の霊界通信も読め
地獄は辛い 後 地獄は自分で選択するというが
ある意味 不可抗力の力が働いており 地獄がいやでもすぐその地獄から
脱せられるわけではない たとえば 地上で拷問されてる人がいても
逃げてたいが逃げられない人はたくさんいる 魂がまだまだ闇を経験したい
からだ だからお前が地獄がいやでも魂がまだ闇の経験が必要だと判断した場合
お前は 地獄がいやでも逃げだすことはできない

509 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 19:44:10 ID:LJehXOup
>>507
とりあえず霊視と離脱ができればアホから離脱できるというところまではわかった。
その先がよくわからない。

とりあえず人は魂の望みからは逃れられず、自分の思うとおりのことができないので
とても不安だ、ということが言いたいのですか?

510 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 19:46:33 ID:LJehXOup
>>508
私がアホ過ぎるというところまではわかった。
オススメの霊界通信とやらを教えてはもらえませんか?
(神との対話も霊界通信というものなんでしょうか?)

511 :お前は本当に馬鹿だなあ:2007/09/10(月) 19:49:08 ID:xJNCveGf
>>497
うーん、じゃあ言わせてもらうけれども、離脱した時点での世界って
絶対的な世界ではなく、自分で作り出した世界である、というくだりは読んだ?

アホ 死後自分の人生を観るのはどんな世界へいっても同じ
お前はマジでアホだな 神対に書いてあるだろ よく読め 死ねば誰でも
自分の人生を相手の立場から観るの だから強姦なんかしたら
死後反省で気が狂うやつもいるのだ お前は全然わかってない馬鹿だな マジで死ねよ お前

三途の川があると思っていればそこに三途の川があるし。
地獄があると思えば地獄がある。
でもそれは自分で作り出したものであるって書いてなかったか?
神との対話シリーズをよく読み、そして理解しなさい。

このアホ 神対理解してないのはお前の方だ このアホが
死後の世界は人によって違うが
誰でも 自分の一生を観る それも相手の立場から
これは神対に書いてある よく読めアホ
どちらにせよ お前がどんな信念望みを持ってたとしても
>>388>>389は事実です
信念望みにより 死後の世界はいろいろだがそこに働く宇宙の法則
や 因果応報は誰でにも避けられない
人に経験させたことは必ず返ると 神との対話に書いてあるからよく読め
アホ 宇宙の法則は どんな次元世界でも 自動的に働く
そこから逃れられるやつはいない
神対よく読めアホ


512 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 19:49:36 ID:gxoeq0b4
荒んだ世の中で愛と信頼を勝ち取れる存在が神。
イケメンのカリスマ美容師でも無理。

513 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 19:56:31 ID:LJehXOup
>>511
いや、うん、二度も言わなくてもわかったけども。
死んで人生を振り返る時に、他者の視点から再度同じ経験をするのは読んで知っているし、
そして魂の望みが人を殺したら殺されたいと思うことも君の力説でよくわかったんだが……



それを理解したところで、やることが2ちゃんで「アホ」とか「死ね」とか書き込むぐらいの
効果しかないんじゃなぁ……なんかアホのままでいいような気がするよ。
ねえねえ、それを理解した君はそれを実生活に生かすにはどうすればいいと考えているの?
人間はどう生きるべきであると感じているの?そこが知りたいなあ。

514 ::2007/09/10(月) 20:06:06 ID:xJNCveGf
人間はどう生きるかというが人によっては生まれて来る前の
霊界の計画で 魂の計画でほとんど決められている
真の選択は魂の選択である それは生まれて来る前の計画である
ここで課題が決められる まあ地上でも選択権の多い人生と
ほとんど決まっていて選択権の少ない人生といろいろある
俺の場合は 決まってる部分が多い 後 俺は立派な人間でないので
天国に行くのは無理だろう。。。お前の方が高い世界に行くであろう。
後 神との対話の神は すべて愛にもっていこうとして気に入らん
血の涙を流すマリア像イエス像は数多い それだけこの地球は地獄であり
神対の神が言うほど楽観的ではない すべては神になるというがそれは
永い永い時間 の中で やがてはという意味である まあ時間は幻想なのだが
しかし 神は常に悪を犯しやすい未熟霊などを産んでるので宇宙単位では天国にはならん
地球はアセンションでよくなるかもしれんが。。。

515 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 20:12:40 ID:LJehXOup
>>514
ん?つまり霊の世界のことを知れば知るほど現世では何をどうあがいても
無駄だということがわかるばかりだということ?
そのアホな私に足りない霊の知識は生かしようがないってこと?

あと連投のせいで置き去りにされたこちら>506>510についても伺いたい。
>509は書ければ書いて欲しいなあ。

516 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 20:52:36 ID:LhbTJSAA
>>515
498-500はこのスレを見ている人達の意識の流れを整える意味で秀逸だったけど、
その後も彼の書き込みに答え続けているのは、意味があるのかな。
どうするつもりですか、説得するつもりだとしたら無理なのでは?
相手は成長する意思も変わろうとする意思も謙虚さもなさそうです。

このスレの題名に神との対話とついている以上、いろいろな人がいるわけです。
ほかの人はどうか知りませんが、私は短いレスの間に決着をつける見込みがなければ
スルーを決め込んで、別の話題を回して生きたいのですが。

私の判断では、今のスレの流れでは意識の高い人は寄り付かないのではないかと思う。

517 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:00:05 ID:UENz1+ON
>>516
オレは別にいいと思うよ。
彼のような人物は結構珍しいから得るものも多いし。
あなたが別の話題をまわしたければどんどん回せばそれでいいんじゃない?

意識が高い低いは関係ないでしょ。低いということがなければ高いということもないんだから。


518 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:04:14 ID:LJehXOup
>>516
うん。申し訳ないと思っています。

でもね、彼がなぜここまで食って掛かってくるのか、その意図が明白になれば、
決して彼の書き込みが無意味でないということがわかると思うんですよ。

別に彼を説得したいわけでもないし、もちろん嘲笑したいわけでもない。
彼を成長させたいなんていうそんな驕りたかぶった考えもありませんし、
皆さんに迷惑をかけたいわけでもない。

皆さんがだいぶうんざりしているのはわかるんですけどね。
もうちょっと待っていただけないだろうか。

519 :503:2007/09/10(月) 21:09:01 ID:zdshFhLz
いいよ。気が済むまで話し込んでちょうだい。

520 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:19:13 ID:UENz1+ON
すべての攻撃は助けを求める叫びだ。
誰も、本当に他者を傷つけたいとは思っていない。

ってことだから、彼も誰にも言えない悩みをこの2ちゃんに
助けを求めてるんじゃない?

ま、オレもあまり助ける気はないが、518のように相手をしてやることで
彼もだいぶ気持ちが落ち着くんじゃないかな。

521 :神対・中立派:2007/09/10(月) 21:19:48 ID:R4hVVo5B
できれば、お二人とも固定ハンドルを付けてくれるとありがたい。
天国氏は、つけなくても大体わかるけど。
あと、天国氏はアンカーミスが多いから、改善してくれ。



522 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:22:18 ID:LJehXOup
ありがとう。でも>>517も言うように他の話題もしていきたいですね。
先日神へ帰るを読み終えて、なんかもういろんなことを考えてしまって、それについても
他の方の話とか聞いてみたいんですけどね。


523 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:24:02 ID:LJehXOup
すまん、コテは好きじゃないんです。

524 :神対・中立派:2007/09/10(月) 21:27:10 ID:R4hVVo5B
>>523
まあ、いいや。文章の感じでだいたいわかるから。
楽しんでください。

525 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 21:45:36 ID:UENz1+ON
オレも昨日神へ帰るを読み終わったけど、一番理解しずらかったなー。
半分寝ながら読んだ。
でも「目を見れば魂がわかる」ってところに感動。
毎日鏡見てます(笑)


526 :516:2007/09/10(月) 21:52:58 ID:LhbTJSAA
>>517
>あなたが別の話題をまわしたければどんどん回せばそれでいいんじゃない?
関係のない話題に彼が怒り出すことがたびたびあったもので。

>意識が高い低いは関係ないでしょ。低いということがなければ高いということもないんだから
これは、統一的に観るか分離的に見るかの違いなので、どうにでも解釈できますね。
ただ、神との対話風に言えば、小学生と高校生の違いという様な意味で使ってますので
差別的な意味合いはありません。  感情と思考の統制で判断しました。

>>518
あなたが感情的になって対応していないことは、好感を持っています。
彼の書き込みから何かを学ぼうとしていくのが、自分の道なのかどうか混乱している面もありますし。
ただ、私の経験上マイナスの想念の強さを味わったことがあるので、心配な面があります。


みんなの総意に従い、518さんと彼ののやり取りを見守ることにします。

527 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 00:12:04 ID:QEDV0TGl
>>526
大丈夫です。霊感とかなんかそういうものがまったくないんです。
前に興味本位でパワーストーンっていうんですか、石を売ってる店に行ってみたんですが
どれがどれやら。何が何やら。
人間の「気」なら少しは感じるんですけどねえ。それも超至近距離じゃないとわからないので
本当は体温かもしれないですねえ。というレベル。

>>525
私はね、「客観的な現実という言葉はすでに矛盾している」みたいな記述に感銘しました。
事実というものは客観的なものであると思っていたのに、主観的な観測しかあり得ないなんて…。
たしかに量子レベルでは観測者がいて初めて物理現象というのは起こる、ということは
知識としては知ってたんですが、改めてこう言われるとぐうの音も出ませんね。

事実は観測者である自分自身が作っている。
つまりその事実は観測者自身で変更が可能ということを意味している。
なんだか素晴らしい話じゃありませんか。

528 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 00:43:16 ID:ArLgA2CI
>>516
大賛成です。彼のために2スレは消費していますよ。
他の人も甘いこと言っているけど、もう相手にするほどでもないと思いますね。
 すごい迷惑なことしているし、私は彼とみなさんの会話がある限りはこのスレでは
参加したくはありません。


529 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 00:45:41 ID:aYsg/A0L
>>527
え? でも、客観的な事実というの元から推測の域を出ないよね。だって同じ時間に
同じ場所から同じように観測することは不可能だもの。人間が観測する場合は
眼球の状態や脳での処理の問題があるから正確に観測できる可能性も低くなる。
複数の人がだいたい同じ場所から同じものを見たと証言したとしても、同じように
見えたという以上のものにはならない。あとはきっとそれは存在していたんだろう
と推測するしかない。人によっては見る角度や光の当たり具合が違うから違う形に
見えてそれが何か違うものを連想させてしまい、全く違うものを見たという証言に
なることもある(幽霊をよく見てみたら枯れ尾花、というやつ)。


530 :sage:2007/09/11(火) 01:13:51 ID:IrdXYteI
まだこんなの読んでるの。
この神の正体は悪魔だよ。

531 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 01:25:43 ID:QEDV0TGl
>>529
そこが面白い話なんですよね。。アインシュタインが言い放ったように
「月は人が見ている間だけしか存在しないのだろうか」。

ちょっと面白い例え話を見つけたのでお暇なならどぞ。
ttp://q.hatena.ne.jp/1139913801



532 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 07:08:11 ID:N177ThI5
>>518
彼が狂人だからだよ。
狂人をケアしてあげたい奇特な人が
世の中に存在するのも事実だ。

533 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 07:17:55 ID:2qVI1033
>>527
「電子は物質かつ状態」とか「物質は常にあいまいな位置と速度を持つ」とか多世界解釈とかシュレーディンガーの猫とか量子論は
かなり「神との対話」に近いなと思ってた。

量子論も「客観的な事実」を否定してるからねー。世界の最先端の科学者は何やってんだ、と。

さらにもっと科学が進歩して相対性理論と量子論が統合されれば、
また「あたらしい常識」が広がるかも。

実は科学者にはかなり期待してる。

534 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 08:59:54 ID:C+9s+Vnj
>>530
いいんだよ。俺も悪魔だから。w

535 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 09:24:44 ID:yK8DNc9V
>>534
そうだな。黄門ちゃまには悪代官が付きものだから、
神には悪魔が付きものだよな。
宇宙に光もあれば、無数のブラックホールがあるのと同じだ。

人智の及ばぬ宇宙の法則を「神」と感じるのが人間の性質とも言える。



536 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 11:59:11 ID:C+9s+Vnj
本当は人知の及ぶ現象も全部神なんだけどな。物珍しい事ばかりに
注目して崇めるのが人間の間抜けなところだろう。種をまけば芽が
出るのが当たり前だと思ってしまうからおかしくなる。芽が出る
事は奇跡だ。奇跡は常に目の前で起き続けているのに当たり前の
事として軽視し、その軽視する心の姿勢が自分の軽視に繋がり
自分で自分の首を絞めているのに気が付かない。自分自身が生きて
いる事も奇跡だというのに。

537 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 12:46:02 ID:N177ThI5
>>536
そうですね。
そのことに気づくのが、宗教心ということでしょうか。

538 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 13:23:34 ID:QEDV0TGl
>>536
生きていることが奇跡に思えたら、生きているすべての瞬間が奇跡になる……
素晴らしい。

奇跡のなんたるかを知らずに「奇跡など起こらない」と言い、
幸せのなんたるかを知らずに「自分は不幸だ」と言い……
これぞまさに事実は自分で作っている、ということに相違ない。


539 :↑↑↑:2007/09/11(火) 14:37:21 ID:KslOwwE+

で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?>>340

ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv



神は 強姦拷問が大好き 神が望まないことは宇宙に起こらない

540 :↑↑↑:2007/09/11(火) 14:39:39 ID:KslOwwE+
本当は人知の及ぶ現象も全部神なんだけどな。物珍しい事ばかりに
注目して崇めるのが人間の間抜けなところだろう。種をまけば芽が
出るのが当たり前だと思ってしまうからおかしくなる。芽が出る
事は奇跡だ。奇跡は常に目の前で起き続けているのに当たり前の
事として軽視し、その軽視する心の姿勢が自分の軽視に繋がり
自分で自分の首を絞めているのに気が付かない。自分自身が生きて
いる事も奇跡だというのに。

で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?>>340

ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv



神は 強姦拷問が大好き 神が望まないことは宇宙に起こらない


541 :↑↑↑:2007/09/11(火) 14:43:59 ID:KslOwwE+

奇跡は 闇にも光にも働くのだよ

マスターを地球に送る神霊界

闇の者を地球に送る邪悪界

しかし 神は 前者の方しか書いてない それはずるいと思う

どちらも事実なのに。。。

闇がなければ光はない

光がなければ闇もない

542 :↑↑↑:2007/09/11(火) 14:53:35 ID:KslOwwE+
あと連投のせいで置き去りにされたこちら>506>510についても伺いたい。
>509は書ければ書いて欲しいなあ。

お勧めの霊界通信か。。。
いろいろあって。。。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html
http://www13.atwiki.jp/ridatu/

後 マスターでないやつが 神が愛というのは何度も言うが
詐欺罪である 神が愛というのは本心からなのか?
神が愛であるというなら あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
ということだ なぜなら 自分が今 苦しくない時空にいるならば
いくらでも調子こいたこと言える そんなセリフは本物ではない
まさに レイプされてる時に 神は愛 と言わなくては本物ではない
なぜなら神は闇も神だから 闇を祝福できねば 本物ではないだろう
神は甘さの中にも厳しさの中にも闇の中にもいる 光の奇跡 闇の奇跡
とちらも神である
魂の 望みは すべてを経験すること闇の体験もそうである
自分の娘がレイプされてる時に 神をたたえないやつは偽者だっ!
自分に都合のいい境遇だけ 神は愛というのは誰でも できる
そんなやつの言う言葉は信用ならない 一体地球にはどれだけ拷問強姦
があることかっ!苦しんでいる人を 自業自得とか言って軽く観るやつは
許せない

543 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 14:55:21 ID:N177ThI5
(785):神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/20(月) 12:43:45 ID:7m2B9nFF


>>539-541
↑こらこら!クスリ廻りりすぎて
皆さんが内容わからないから!?

天然ゆえにこういう危うさもあるな?

最初書き出しの「あびばぶびひゃひゃ・・・」の所までしかわからなかった。

・・・!?

いやいやソレも言葉になってないから!!

ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!

544 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 14:57:10 ID:C+9s+Vnj
>>540
多分言わないでしょうね。その時は言うべき時とは思えないからね。
しかし内容は事実だ。その時に言わないだけ。

545 :↑↑↑:2007/09/11(火) 14:58:32 ID:KslOwwE+
本当は人知の及ぶ現象も全部神なんだけどな。物珍しい事ばかりに
注目して崇めるのが人間の間抜けなところだろう。種をまけば芽が
出るのが当たり前だと思ってしまうからおかしくなる。芽が出る
事は奇跡だ。奇跡は常に目の前で起き続けているのに当たり前の
事として軽視し、その軽視する心の姿勢が自分の軽視に繋がり
自分で自分の首を絞めているのに気が付かない。自分自身が生きて
いる事も奇跡だというのに。

魂は 闇の経験も望み 地上のお前の視点が闇の経験がいやでも
魂がその経験を望めば お前はいやでも地獄を経験する
生きるということは 闇の経験もあるかもしれんが生きるということ
お前は 自分が強姦拷問されても 神は愛だと叫べるか?
どうも お前は 本物の苦しみを知らない 甘えん坊のぼっちゃんだと思う

ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv




546 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 14:58:46 ID:2j9cCYSk
>542
>あと連投のせいで置き去りにされたこちら>506>510についても伺いたい。

547 :↑↑↑:2007/09/11(火) 14:59:16 ID:KslOwwE+

神は 強姦拷問が大好き 神が望まないことは宇宙に起こらない
魂の 望みは すべてを経験すること闇の体験も魂の望みである
自分の娘がレイプされてる時に 神をたたえないやつは偽者だっ!
自分に都合のいい境遇だけ 神は愛というのは誰でも できる
そんなやつの言う言葉は信用ならない 一体地球にはどれだけ拷問強姦
があることかっ!苦しんでいる人を 自業自得とか言って軽く観るやつは
許せない 誰でも地獄はいやだが魂が闇の経験を求めたとき 地獄は避けられない
地上の視点では魂をコントロールできない だから地獄がいやでもすぐに
地獄の体験は取り消せない

548 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 14:59:44 ID:C+9s+Vnj
>>541
ずるい? じゃあ掲示板に書いてないで直接神にそう言いな。

549 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:03:50 ID:2j9cCYSk
>547
>506詳しく

550 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:05:52 ID:C+9s+Vnj
>>545
強姦拷問を受けたことがなければ甘えん坊の坊っちゃんということか?
じゃあお前も甘えん坊の坊っちゃんだろう。違うか?

551 :↑↑↑:2007/09/11(火) 15:14:52 ID:KslOwwE+
>547
>506詳しく

だから 真に神の境地に達してないものが 神は愛だというのは
納得できない レイプされてる最中に 本心から神は愛だ という
のでなければ詐欺師である 俺は詐欺師がむかつくのである
また 神は愛というやつは どれだけ 苦しんでる人に目を向けてるのか?
それが疑問だ 愛というのは 他人を見捨てないということである
神は愛というやつは 地球の多くの 拷問強姦 動物実験の恐ろしさ
など詳しく知っているのだろうか?イランイラクシリア北朝鮮中国の拷問が
どれだけ恐ろしいか知ってるのだろうか?疑問である 愛ならそれらの
人たちの苦しみに無関心にならない それだけ多くの人が苦しんでる現状を
しっかり見た上で 神は愛とか本気で言ってるのだろうか?単に目の前に
強姦拷問がないから 神は愛であると言ってるだけではないか?
もしも本物なら 日本ほんとんどすべての人が強姦拷問にあっても神は愛で
あると言えるのか?いつでも神は愛であると言えなければ本物ではない

552 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:15:46 ID:2j9cCYSk
>551
>506をもう一度よく読んで詳しく

553 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:31:41 ID:KslOwwE+

(1)巧みにいつわって金品をだまし取ったり、相手に損害を与えたりすること。あざむくこと。ペテン。

ということです。
たとえここで自分がマスターであるかのように振舞ったところで、誰が金品を騙し取られているのか?
誰に損害を与えているのだろうか?

マスターは他人の苦しみを軽んじないだろう しかしここにいるやつで
神は愛というやつは 果たして 本気で地球の多くの人の苦しみを考えている
のだろうか?それに 毎日強姦されてるやつが 神は愛だ というセリフを聞いたら
怒るだろう

もっとも君は誰かがマスターの言葉を語ることに苦痛を覚えるので、それが損害だと言うかもしれない。
だが決して何も偽ってはいなくないか?真実の言葉をただ述べているだけじゃないか?
ならば神を信じぬ者にとっては、全ての神の啓示は詐欺だということになるんじゃないか?
それが正しいと思うか?

真実の言葉?レイプされてる最中に神が愛であると言えなければ 真実の言葉ではないだろう



554 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:32:34 ID:KslOwwE+
そして君の言葉によって誰かが不快な思いをしたとしよう。すると相手にとっては君が損害を与えた
ということになる。それでは君が詐欺師になってしまうではないか。違うだろうか?

俺は少なくても詐欺師ではない


君は詐欺師ではないだろう?少なくとも私は君を詐欺師だなどとは思わない。
だったらやはりマスターの言葉を語る人たちだって、決して詐欺師などではないんじゃなかろうか?

じゃあお前毎日強姦してるやつが神は愛だ 叫ぶやつがいたとしてお前は
そんなやつを信用するのか?詐欺師だと思わないか?
マスターなら闇の時でも神は愛だと叫べないなら本物ではないだろう?
マスターでないやつがマスターの言葉を述べるのは たとえて言うなら 著作権侵害
の罪であると俺は思う

>>545
強姦拷問を受けたことがなければ甘えん坊の坊っちゃんということか?
じゃあお前も甘えん坊の坊っちゃんだろう。違うか?

強姦拷問はないがかなりの苦痛は長いこと経験している

555 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:34:00 ID:2j9cCYSk
俺はなんら金品の被害にも遭っていないのに 相手を詐欺師と呼ぶ
詐欺師がむかつくのである
お前の語る本物の愛が本物である証拠を見せてくれない限り
お前の言うことは何も信用できない

556 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:35:20 ID:yK8DNc9V
>>554
俺43だが、君、年齢いくつ?

557 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:38:38 ID:2j9cCYSk
お前は自分が強姦拷問に遭った事もないのに強姦拷問の中で神は愛だと言えれば
それは真実の言葉だと言うのか
どうしてそれが正しいのか証明してくれよ
自分の性器に針を刺して神は愛だと言っている動画をアップして
ほらこれが真実だろ?真実に聞こえるだろ?と言ってみてくれよ

558 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:38:49 ID:GBQcvqwy
>>426さん、
そんなことが書いてあるんですか。(私は神対シリーズしか読んでいないので)

ニールの母はガーディアンエンジェルになったんですね。
そしてそうなっても、また生まれてこれる、と。
参考になりました^^

559 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 15:55:48 ID:d79VqzCx
「極限の痛み」を考えるのはもうやめたのか。
別に構わないが。

560 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 16:57:20 ID:KslOwwE+
俺はなんら金品の被害にも遭っていないのに 相手を詐欺師と呼ぶ
詐欺師がむかつくのである
お前の語る本物の愛が本物である証拠を見せてくれない限り
お前の言うことは何も信用できない

お前は自分が強姦拷問に遭った事もないのに強姦拷問の中で神は愛だと言えれば
それは真実の言葉だと言うのか
どうしてそれが正しいのか証明してくれよ
自分の性器に針を刺して神は愛だと言っている動画をアップして
ほらこれが真実だろ?真実に聞こえるだろ?と言ってみてくれよ

だから 闇も光も神である 神は愛というならそれらは強姦拷問も
含む だから強姦拷問されてる時に 神は愛と叫べないということは
神は愛ではないのだ また 悟りを開けばレイプの時 精神的ダメージは
受けないそうだ だからレイプにあった時 神は愛といわないやつは偽マスター
である まあ拷問は痛いので無理だろうが。。。

>>554
俺43だが、君、年齢いくつ?

秘密です

561 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 17:01:03 ID:KslOwwE+

>>421やこのスレの前半部分の霊的進化の仕組み
などについても答えて欲しいです 詳しく
>>4>>5>>6>>7>>8>>9

562 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 17:02:55 ID:KslOwwE+

マスター(光の使者)を地球に送る神霊界

闇の者を地球に送る邪悪界

しかし 神は 前者の方しか書いてない それはずるいと思う

どちらも事実なのに。。。

闇がなければ光はない

光がなければ闇もない

563 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 17:02:56 ID:N177ThI5
>>561
俺43だが、君、年齢いくつ?


564 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 17:13:50 ID:2j9cCYSk
>560
茶番だな。お前は何一つ自分の言動を証明していない。

565 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 17:50:12 ID:C+9s+Vnj
>>561
直接神に聞けばいいじゃないか。

566 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 18:00:06 ID:2j9cCYSk
そうだな。霊感があって幽体離脱もできるんだろう?

567 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 18:25:46 ID:2sWqZ3L6
引きこもりの学生とみた
永久永遠に続く天国もといID:KslOwwE+は

568 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 18:33:55 ID:C+9s+Vnj
彼が神によって救われますように。

569 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 19:52:42 ID:QEDV0TGl
まあまあ皆さん落ち着いて。

色々お答え頂きありがとう。
そして君の言葉によって誰かが不快な思いをしたとしよう。すると相手にとっては君が損害を与えた
ということになる。それでは君が詐欺師になってしまうではないか。違うだろうか?

俺は少なくても詐欺師ではない

なるほど。でも君は苦しくない状況で神の言葉を唱えるのは詐欺だ、と言う。
しかもその理由は「むかつくからだ」と言う。
ならば君の言葉に憤りを覚える人にとっては君は詐欺師と思われてしまうのではないか?
たとえ君が詐欺行為などしていないと言っても。
なぜ詐欺だと思うのかが聞きたいんです。


>マスターなら闇の時でも神は愛だと叫べないなら本物ではないだろう?
>マスターでないやつがマスターの言葉を述べるのは たとえて言うなら 著作権侵害
>の罪であると俺は思う

そうでしょうか?
神は苦しいときにしか私の名を呼ぶなと仰ったのでしょうか?
苦しくない時には神の名を呼んではいけないと言ったのでしょうか?
いついかなるときも愛を説けと言わなかったでしょうか?

その言葉をものすごく素直に受け入れてしまったために、
「じゃあ強姦の最中でも愛を説かねばならない!」とちょっと脅迫的に思えて
いるだけじゃないでしょうか?

>強姦拷問はないがかなりの苦痛は長いこと経験している

それについて語ってくれませんか?


570 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 20:00:25 ID:N177ThI5
>>569
2007/09/10(月) 21:22:18 ID:LJehXOupさん?

571 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 20:06:56 ID:QEDV0TGl
もっと光について知りたいのに、闇についてばかり語る彼を見て、皆さんはまさに
彼自身が闇であるように見えると思うんですよね。
それが不快に感じるのは、やはり闇なんて見たくないからですよね。

でも今こうして目の前に闇が見えるということは、見る必要があるからなんじゃないかな、と。
ただ(私の記憶が正しければ)バシャールなんかにも「もしその場所が自分に相応しくないと
思うならそこから離れなさい」と書いてあった気がしますので、もうこのスレを開かない、
というのも正しい選択だとは思うんですよね。

彼の言葉使いはさておき、主張してることは正しいことが多いと思うし、誰もが抱く疑問も
多く含んでいると思うんですよね。

572 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 20:15:41 ID:QEDV0TGl
>>570
あ、はいそうです。ウザくてすいません。

ひとつ彼に誤解があるのは、神との対話の内容を熟知してはいるものの、
今の自分に都合のいい部分は強く信じ、今の自分に合わない部分に関しては
信じない、あるいは一部しか書かれていない、と思っているところだと思うんですね。

彼にとっての「今の自分」というのが、見て分かるとおり深い闇の部分に苛まれて
自分ではどうしようもないものがある、と信じているところですね。

マスターはこうあらねばならない、ということについてはとても信じているんですね。
でも我々が魂と同一であること、魂は神と同一であること、そこについては
知ってはいても信じてはいない、というような印象を受けるんですね。

もちろん、そんな私も自分が神と同じものである、なんて頭ではわかっていても
実感することはできません。これは最終的には「それを知っている」のではなく
「そうある」ということが大切なのかもしれません。
「神とひとつである」ことが。

573 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 20:23:34 ID:QEDV0TGl
>>558
江原氏はよく魂をコップの水に例えてますよね。
我々の魂はコップから落ちてきた一適の水である、と。
そのコップの水というのがグループ・ソウル(類魂)とかなんとか。
恐らくそのガーディアンエンジェルというのも同じものを指しているように思えます。

我々も肉体での生にひと段落したら、今度は他の魂のためにサポートをする側に
回るのでしょう。でもその時に「魂は苦しまなければ成長しない」と思っていたら
サポートしている魂を苦しめるのでしょうか。あるいはそう思っている魂は
まだまだサポートには回れないのでしょうか。
それとも死んで魂になった時点で、すべてを理解するのでしょうか。

ま、それも死んだらわかることなのでキニシナイ。

574 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 20:59:48 ID:N177ThI5
>>572
いいですよ。
個人的には、1レス5行程度にしてもらうとありがたいですね。


575 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 21:00:13 ID:GBQcvqwy
>>578
そうですね。江原さんは分かりやすく説明していますね。
前世・守護霊 この二つのことばの関連性が分かっていない人が多いですね。

576 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 21:38:29 ID:GBQcvqwy
あと、魂を肉体と同様に個別・個数で考えている人も多いですね。
そういう人たちはこういいますね。
「前世があるのだとしたら、昔より地球は人口が増えてるんだから、
魂の数が足りないジャンwww」とか。
そういう人にはヒントとして、
「魂は海のようなもの。いくらでも分裂でき、全体としてはひとつ」
と言う風に言ったらいいのかな。

577 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 21:54:16 ID:QEDV0TGl
>>574
毎度長くてすいません。後から後から言葉が頭に浮かんでしまって。

>>576
学校では1+1=1なんていう式は習いませんからねw
どうしたって「自分(肉体・魂)」と「その他(神も含む)」って考えてしまいますよね。
もっとも他の魂と交わった状態なんていうのはそもそもイメージすることすら
非常に困難ですけども。今の所想像しているのは、完全に忘れていたことを
フッと思い出すように、交わった時には他の魂の経験がブワッと「思い出す」かのように
わかるんじゃないかなー、なんて。

578 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 22:42:23 ID:ytSPT+eo
>>563
29歳ですよ。

579 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 23:00:19 ID:N177ThI5
>>578
君は>>561かい?

580 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 23:11:20 ID:ytSPT+eo
>>579
違います。

581 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 23:23:05 ID:N177ThI5
俺、43男だけど、年齢と性別がわかると面白いね、このスレ

582 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 00:36:47 ID:XhhSWuZl
くだらない。意識が高いとか低いとか言ってる時点で、もうout☆


583 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 00:42:37 ID:XhhSWuZl
>神は 強姦拷問が大好き 神が望まないことは宇宙に起こらない

神との対話を読む前に
簡単な聖書の知識くらい先に入れといた方が良くない?

人間に、神は冷酷だと信じ込ませることが出来たら悪魔の計画大成功♪
ってことだよね。

584 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 00:55:34 ID:XhhSWuZl
江原は低級霊憑きだよ。

585 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 10:09:42 ID:lqDW8AmD
神との対話を読んで、生き方が変わった人の
体験談を聞きたいなあ

586 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 10:13:04 ID:Px221hNh
>>585
神との対話読んで会社辞めてプー太郎。
不安はないが金もない。


587 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 10:36:39 ID:P/uinnRk
>>586
ニールさんの思う壺

588 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 12:31:31 ID:GNfSwCBL
>>584
意識が高いとか低いとか言ってる時点でアウトなのであれば、憑いてる霊が
高いとか低いとか言うこともアウトなのでは。



なんて、ちょっとからかってみただけです。

昨日ふと「神とひとつになること」を読み返してみました。
するとまあ、読んでいるときは一言一句が素晴らしく心に刻まれた気がしていたのに
見事に忘れてますねえ…。宗教って、そういう言葉や心がけを忘れないようにさせる
という意味では素晴らしいものなのかな、と感じました。

さて、その冒頭部分に素晴らしい言葉があったので……またあとで書いてみます。

589 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 12:40:14 ID:0vz/xGE7
>>586
大丈夫。人間は金がなくても飯が食えれば生きていける。
何だったら坊主になって托鉢で飯だけもらって食えば良い。

590 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 14:01:46 ID:6DnK6Bg9

マスターを地球に送る神霊界

闇の者を地球に送る邪悪界

しかし 神は 前者の方しか書いてない それはずるいと思う

どちらも事実なのに。。。

闇がなければ光はない

光がなければ闇もない


591 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 14:30:43 ID:EWopP5AL
>>588

人間の意識と霊は違います。ここ大事。
人をからかっている場合ではないかもね。

592 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 15:53:32 ID:GNfSwCBL
>>590
例の彼かな?
さっきの続き。「神とひとつになること」冒頭より転載。

『だから、「神のインスピレーションを体験した」と言われると、落ち着かない気持ちになる。
それでいいのだろう。至高の存在からメッセージを受けたと聴いても、いきなり信じる気には
なれないのがふつうだから。
だが、ほんとうに神聖なインスピレーションかそうでないか、どうすればわかるのか?
語られているのが永遠の真実かどうか、どうすればわかるのだろう?

これはおおきな問題だが、じつはここに秘密がある。わかる必要はないのだ。
わからなければならないのは【自分自身】の真実であって、誰かの真実ではない。
それさえわかれば、すべてが理解できる。誰かの言葉が真実かどうかは、どうでもよくなる。
その言葉が、自分の真実に導いてくれさえすればいい。しかも、必ず導いてくれるはずだ。
いずれはきっとそうなる。すべてが、わたしたちの内なる真実へと導いてくれる。
【それがすべての目的だから】。』     【】は太字の部分



これはまさに「他の考え方をする人を攻撃する」全ての人達に言えることではないでしょうか。
聖書は間違っている、コーランは間違っている、新興宗教はすべてインチキだ、
妻が強姦されている時にいえない言葉など真実ではない、そう思っている人たち全てに
いえるのではないでしょうか。
それでも対話をよく理解していると言っている彼が他人の真実を暴こうとするのか、
そこを伺いたい。

593 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 15:56:27 ID:GNfSwCBL
>>591
なるほど。よくわかりませんが意識の高い低いという話をしているのと
霊の級が高い低いという話をしていることには違いがあるということだけはわかりました。

594 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 16:35:41 ID:6DnK6Bg9
>>592
で あなたは自分が拷問強姦されあなたの妻が強姦拷問されても
神は愛であると 言えるのですか?
あなた 地球でどれだけイランイラク北朝鮮中国など強姦拷問自殺が
多いか知ってますか?
後 恐ろしい動物実験についてどう思いますか?
あなたは本当に神は愛であると思ってるのですか?

いいですか?エイズ ペストなどをはやらせているのは上位次元の生物で
それらの病気で地球の人口を調節してるのです。モンローも言ってます。
殺すならもっと痛くない苦しくない
殺し方をすればいいと思いませんか?
エイズ撲滅でがんばってる人を神は馬鹿にしてませんか?
また 動物実験される動物は魂のレベルで強引に人間に虐待されることを
同意させられているのです 同意してるのではないのです。
同意してくれないと宇宙が動かないのです 酷いと思いませんか?
それと同じ理由で 人間は多くのものが強姦拷問にあってます。
あなたは酷いと思いませんか?動物実験される動物は 自分で選んで
動物実験されてるのではありません。神がそのように創ったのです

595 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 16:39:46 ID:6DnK6Bg9

ある本に書いてあったのだが
地球の人口を調節するためにエイズ ペスト 病気
などをはやらせて人間を死滅させているのはわれらより上位次元界の生物である
なら エイズ撲滅のために頑張ってる人間の努力はどうなるのだ?
その人たちの努力を神は馬鹿にしてないか?まあ神は観察してる
だけだが そのような宇宙を創ったのは神である
また 病気やエイズなどでわれら人間を殺す場合
苦しみなく一瞬で殺す病気を発明すればいいではないか?
一体なんのために苦痛が必要なのだ?
また トータルセルフ(類魂)の本霊は苦痛や様々な感情を
吸収するため 
われら(トータルセルフの)分霊に様々な経験をさせているのである
われわれは自分の意志や選択だけで苦痛を経験してるのではない
のである 魂のレベルで強引に 上位次元界の生物に利用される
ことに同意させられているのである こういうことを神との対話
には書いてない モンローの本などには詳しく書いてある

596 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 16:46:23 ID:0vz/xGE7
へー

597 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 16:47:32 ID:6DnK6Bg9

>>340
「全ては完璧」か。二ールさんの所に行ってタコ殴りした後、
「これも全ての全てである、神の中での完璧な出来事だよ」と言ってみたいよ。


ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

598 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 16:55:07 ID:91bxbc5T
>>597
自分にレス返してるなにしてるの? 自演?

599 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 17:48:45 ID:GNfSwCBL
>>594
うーん、それはもう何度も聞いたのですが、私は本当に神は愛であると思っています。
いや、逆かもしれません。愛こそ神だと思っているのかもしれません。

するとあなたは再び「自分が拷問強姦されていてもそう言えるのか?」と問うと思うのですが、
先ほど書きましたように「神とひとつになること」には他人の言葉、他人のインスピレーションが
真実かどうか、わかる必要などないし、それは他人の真実であって、わからなければ
ならないのは自分自身の真実だ、と書かれています。

逆に言えば、誰かの言葉が真実かどうか気になって仕方ないのは、自分自身の真実が
よくわかっていない、ということになります。

これについてはどうお考えですか?
自分自身の真実について確信が持てないから他人の真実を確かめようとしているのですか?
自分自身の真実について確信が持てないから他人に自分の真実をおしつけることで
確信を持とうとしているのですか?

600 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 17:56:04 ID:GNfSwCBL
>ある本に書いてあったのだが
>地球の人口を調節するためにエイズ ペスト 病気
>などをはやらせて人間を死滅させているのはわれらより上位次元界の生物である
>なら エイズ撲滅のために頑張ってる人間の努力はどうなるのだ?

というところで、どうして神を疑う前にその本を疑わないのでしょうか?
この本にも書いてある、そしてモンローも言っているからだ、ということでしょうか?
だとしたら神は愛である、神は全てである、ということも、あの本にもこの本にも
書いてあるし、大昔から多くの人たちが語ってきているというのに。

601 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 19:30:15 ID:ousBGS5X
>>600
神は愛であるというのは、そう感じられる
人の主観においての真実だ。
いや、違うと言うのならどうして
神は人間誰もが神が
愛であると
等しく感じられるように導かないのか?
それは人間の自由意志だからって?
いいだろう。だとすると神は人間に、
神から離れる自由は
いとも容易に
与えたが、神に戻るのには非常な
ハードルを課しているとしか見えないね。


602 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:08:11 ID:nIhcPJaM
神は愛です。しかも、完全な愛です。
つまり、私たちが愛と呼んでいるものの正体が神です。
これを理屈抜きに実感する瞬間こそが「神の祝福」と呼ばれる生理現象です。

しかし我々人間は、完全な愛を知りません。正確には忘れている。
偏愛は愛ではありません。偽善が善じゃないのと同じです。

本当の愛を知るためには、自分が愛だと思っているものを
もう一度検証してみるしかありません。
拘りを捨て、凝り固まった既成概念を手放すのです。


603 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:30:30 ID:GNfSwCBL
>>601
それはちょっと違うと思うんです。

神から離れる自由を与えたわけでも神に戻るのにハードルを課したのでもなく。
神から離れていると思う自由を与え、髪に戻るのに非常に困難なハードルがあると
思う自由すら与えたと思うんです。
だって、ここが神なんですから。神から離れた場所というのがそもそもないのですから。

対話の中にもありましたね。
神なしに生きることも死ぬことも不可能だが、神なしに生きて死ぬということは可能だ、と。

そして神へ帰ることはそう高いハードルがあるわけでもないですよ。
ただ神とともにあればいいだけなんですから。



604 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:32:08 ID:GNfSwCBL
ああ、まったく意味不明な引用になってしまいまいた。失礼。ついでに髪と書いてしまいました…。
正しくはこう

神なしに生きることも死ぬことも不可能だが、神なしに生きて死ぬと思うことは可能だ。

605 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:54:48 ID:nIhcPJaM
神から離れることは出来ますよ。出来ないならそれはタダの束縛です。
大切なのは解釈つまり考え方ではなくて、五感で実感することですよ。
肌で感じれば偽物を見分けることが出来ます。


>>601

自分が来た道を覚えていないだけです。
誰もとがめることは出来ません。自由になって無我夢中だったのです。
道に迷ったと気付いただけで感謝です。

焦らず順を追って戻ってみれば、必ず懐かしの我が家へ帰れますよ。
自力で努力して戻るのが公正です。神は愛であり、愛は公正です。
奇跡を信じると、魔がさしますよ。

神様も、足があるのだから自分で歩きなさいと仰るでしょうね^^

606 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 20:58:04 ID:i9OKlaLu
>>585さん、そういう人はいると思うよ。ブログとかやってるよ。
「神との対話」でぐぐってみたらいい。


607 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 21:48:09 ID:GNfSwCBL
>>605
たぶん考え方は同じだと思うんだけど……なんていうかなあ。
私たちは宇宙の外に出る事ができない。(宇宙に生きて宇宙に死ぬしかない)
でも自分は宇宙にポツンと浮いてなどいないと信じることはできる。
ということだと思うのです。(現に大昔の人がそう信じていたように)

別に宇宙は我々を束縛しているわけではないでしょう?
ただ宇宙としてそこに存在しているだけ。
でもそれを「宇宙空間では生存できない我々を地球という小さな星に
閉じ込めやがって、宇宙はなんてヒドイヤツなんだ」と考えることもできます。
そしてこれはもしかすると
「神は悪や暴力をこの世にのさばらせておくなんて、挙句の果てにはそんな時代に
俺を誕生させるなんて、なんという残酷なヤツなんだ」と考えるのは同じことでは?

608 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 22:57:39 ID:6DnK6Bg9

そして神へ帰ることはそう高いハードルがあるわけでもないですよ。
ただ神とともにあればいいだけなんですから。

あなたは馬鹿ですね 何度も生死を繰り返さないと
マスターにはなれないと神へ帰るに書いてあります

何度もいいますが で あなたは自分が拷問強姦されあなたの妻が強姦拷問されても
神は愛であると 言えるのですか?
あなた 地球でどれだけイランイラク北朝鮮中国など強姦拷問自殺が
多いか知ってますか?
後 恐ろしい動物実験についてどう思いますか?
あなたは本当に神は愛であると思ってるのですか?

いいですか?エイズ ペストなどをはやらせているのは上位次元の生物で
それらの病気で地球の人口を調節してるのです。モンローも言ってます。
殺すならもっと痛くない苦しくない
殺し方をすればいいと思いませんか?
エイズ撲滅でがんばってる人を神は馬鹿にしてませんか?
また 動物実験される動物は魂のレベルで強引に人間に虐待されることを
同意させられているのです 同意してるのではないのです。
同意してくれないと宇宙が動かないのです 酷いと思いませんか?
それと同じ理由で 人間は多くのものが強姦拷問にあってます。
あなたは酷いと思いませんか?動物実験される動物は 自分で選んで
動物実験されてるのではありません。神がそのように創ったのです

俺は強姦されてる時に 神は愛であると叫べないやつは偽マスターだと
断言します


609 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:00:17 ID:tSyK7o29
>>608
元の書き込みにはマスターになるとかならないとかは何も書いてないと思うのだが・・・

610 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:00:32 ID:6DnK6Bg9
>ある本に書いてあったのだが
>地球の人口を調節するためにエイズ ペスト 病気
>などをはやらせて人間を死滅させているのはわれらより上位次元界の生物である
>なら エイズ撲滅のために頑張ってる人間の努力はどうなるのだ?

というところで、どうして神を疑う前にその本を疑わないのでしょうか?
この本にも書いてある、そしてモンローも言っているからだ、ということでしょうか?
だとしたら神は愛である、神は全てである、ということも、あの本にもこの本にも
書いてあるし、大昔から多くの人たちが語ってきているというのに。

アホですね 下位次元の生物は上位次元の生物に利用されるのは
食物連鎖だけでなく霊の世界の次元にも働きます よく勉強しなさい
私は事実を言ってるのです モンローを読みなさい

何度もいいますが で あなたは自分が拷問強姦されあなたの妻が強姦拷問されても
神は愛であると 言えるのですか?
あなた 地球でどれだけイランイラク北朝鮮中国など強姦拷問自殺が
多いか知ってますか?
後 恐ろしい動物実験についてどう思いますか?
動物が 自分で虐待される現実を引き寄せているのですか?
あなたは本当に神は愛であると思ってるのですか?

611 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:04:24 ID:6DnK6Bg9
>>601
それはちょっと違うと思うんです。

神から離れる自由を与えたわけでも神に戻るのにハードルを課したのでもなく。
神から離れていると思う自由を与え、髪に戻るのに非常に困難なハードルがあると
思う自由すら与えたと思うんです。
だって、ここが神なんですから。神から離れた場所というのがそもそもないのですから。

あなたは馬鹿ですね 何度も生死を繰り返さないと
マスターにはなれないと神へ帰るに書いてあります

ここが神ということは↓も神だ わかるな?神へ決して人間や生物に都合のよい
存在ではない

>>340
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv


612 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:06:20 ID:6DnK6Bg9

だとしたら神は愛である、神は全てである、ということも、あの本にもこの本にも
書いてあるし、大昔から多くの人たちが語ってきているというのに。

神はすべてであるというのは闇も悪霊も神だ 神でないものはない

↓も神だ わかるな?神へ決して人間や生物に都合のよい
 存在ではない

>>340
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

613 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:09:28 ID:6DnK6Bg9
>>594
うーん、それはもう何度も聞いたのですが、私は本当に神は愛であると思っています。
いや、逆かもしれません。愛こそ神だと思っているのかもしれません。

するとあなたは再び「自分が拷問強姦されていてもそう言えるのか?」と問うと思うのですが、
先ほど書きましたように「神とひとつになること」には他人の言葉、他人のインスピレーションが
真実かどうか、わかる必要などないし、それは他人の真実であって、わからなければ
ならないのは自分自身の真実だ、と書かれています。

いいから俺の質問に答えろよ 逃げるな
俺は 聞いてるの?俺は真実よりも お前も本音が聞きたいの わかる?

お前が強姦拷問にあった時 お前の娘が目の前でレイプされた時
神をたたえられるか?と聞いてる 
たたえれないやつは偽マスターだ 詐欺師だ
俺は詐欺師が大嫌いなんだ

614 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:13:08 ID:6DnK6Bg9

逆に言えば、誰かの言葉が真実かどうか気になって仕方ないのは、自分自身の真実が
よくわかっていない、ということになります。

これについてはどうお考えですか?
自分自身の真実について確信が持てないから他人の真実を確かめようとしているのですか?
自分自身の真実について確信が持てないから他人に自分の真実をおしつけることで
確信を持とうとしているのですか?

だから 俺はお前が 本音で本当に 神は愛であると思ってるのか
暴きたいの 俺は悟りを開くことなどどうでもいいの

お前が強姦拷問にあった時 お前の娘が目の前でレイプされた時
神をたたえられるか?と聞いてる 
たたえれないやつは偽マスターだ 詐欺師だ
俺は詐欺師が大嫌いなんだ

自分にとって都合のいい つまり苦しくないときに 幸福だ 神は愛だ
と叫ぶことは誰でもできる 神がすべてなら 強姦拷問も神だ
神が望まないことは宇宙に起きない よって強姦拷問も神の働きである

あなたは本当に 神をたたえられるか?

615 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:17:15 ID:6DnK6Bg9
>ある本に書いてあったのだが
>地球の人口を調節するためにエイズ ペスト 病気
>などをはやらせて人間を死滅させているのはわれらより上位次元界の生物である
>なら エイズ撲滅のために頑張ってる人間の努力はどうなるのだ?

というところで、どうして神を疑う前にその本を疑わないのでしょうか?
この本にも書いてある、そしてモンローも言っているからだ、ということでしょうか?
だとしたら神は愛である、神は全てである、ということも、あの本にもこの本にも
書いてあるし、大昔から多くの人たちが語ってきているというのに。

アホですね 下位次元の生物は上位次元の生物に利用されるのは
食物連鎖だけでなく霊の世界の次元にも働きます よく勉強しなさい
私は事実を言ってるのです モンローを読みなさい
私の言うことを疑うのもいい加減にしろ 現に 動物は人間に利用されてる
人間も上位次元の生物に利用されてる ただ気づかないだけだ
人間は感情エネルギーの利用吸収ということでトータルセルフや上位次元の
生物に利用吸収されている

だから 神が愛であると叫ぶ馬鹿は 自分が今この瞬間苦しくない
時に 叫んでるだけだろ?
神は 闇も 神だ
だから 強姦拷問されてる時に 神は愛であると叫べないやつは
偽者だ わかるな?

616 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 00:14:50 ID:ZJe6RFKH
神と人間の間に悪魔が居ると考えれば理解が早いですよ。
神は人を守りたいのだけど、人が悪魔を好きだから
三角関係=話が複雑。という訳です。

実際、悪魔は魅力的。


617 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 00:45:49 ID:/aGVMAIq
うーんと……どこから手をつけていいのやら。

>俺は 聞いてるの?俺は真実よりも お前も本音が聞きたいの わかる?

>だから 俺はお前が 本音で本当に 神は愛であると思ってるのか
>暴きたいの 俺は悟りを開くことなどどうでもいいの

まずこちらから君の本音を聞くことができました。
ではお答えいたしますのでよく覚えておいて下さいね。

私の本音は、すべては神であると思っています。
君の考える地上の地獄と言うべき拷問や強姦も神の一部であると思います。
またその上位次元の生物(というのがモンローとやらを読んでいないのでよくわかりませんが)
というのも神の一部であると思います。

ですがもし私が拷問を受けるようなことがあったとしたら、恐らく普通の人たちと同じように
痛がって泣き叫んで命乞いをして、神も仏もあったもんじゃない!と思うのではないでしょうか。
もちろん「これも神の愛だ」などとは一瞬たりとも思わないと思います。

ですが私はマスターであるとは言っていませんし、もちろん自分がマスターだなどと思ったことも
ありませんので、残念ながら偽マスターとしての資格もないようです。
マスターに近づきたいとは思っていますけどね。

以上ですので、よく覚えておいて下さい。

618 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 00:56:09 ID:/aGVMAIq
先ほど「神とひとつになること」をちょっと読み進めて、こんな一節がありました。

P8より
「第二に、神との直接的なふれあいを体験したからといって、そのひとの言葉や行動や
文章に絶対に誤りがないというわけではない。開祖や指導者が完全無欠だと主張する
宗教や運動にはそれなりの敬意をはらうが、神聖なインスピレーションを受けたひとたちも
過ちを犯す可能性があるとわたしは思っている。しかも、たいていは実際に過ちを犯して
いると思う。

だから聖書やヒンズー教の聖典バガヴァッド・ギーター、コーランに書かれていることが
文字通りの真実だとは思っていないし、法王の言葉は全部が真実だとも思わず、
マザーテレサの行動はつねに完璧で正しかったとも思わない。マザー・テレサは
神聖なインスピレーションを得ていたと信じているが、神聖なインスピレーションを
得たことと、当人が完全無欠だということとは違うと思う。」

私はこのニール氏の姿勢が非常に妥当であると感じるのです。
モンローがそう言っていたからそうなんだ、というのは聖典にそう書いてあるから、と
拷問を行ったり聖戦と称して血を流し合うのと同じではないでしょうか。
二次元から円錐を見たとき、○に見えたり△に見えたりするのと同様、この世界から
神の世界を観測しようとしても、天国に見えたり地獄に見えたりするものなのでは
ないでしょうか。

円錐は○でも△でもなく、その全てであるように、神は天国でも地獄でもなく
その全てである、と私は信じています。でも私はマスターとやらではありませんので、
本当のところはどうなんだかは知りません。ただ信じているだけです。

619 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 01:48:17 ID:/aGVMAIq
>>542
そういえばこちらにレスをするのを忘れておりました。オススメというだけあって、
非常に面白く勉強になりました。しかしますます自分の信じていることに確信をもった
ばかりでなく、これを熟知しているはずの君の言動との矛盾を多く感じざるを得ない
という思いにかられてしまいました。

例えばこちらでは
ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html

>モンロー的世界観も(仮想的な)一段上の次元から見れば、広義の信
>念体系領域の一つに含まれると私は考えています。その意味でモンロー的
>世界観の信念を有する者にとってはそれこそが真実となります(その信念
>から脱するまでは)。信念から脱した時はモンロー的世界観もまた意識の
>生み出した幻影となります(基本的には仏教思想についても同様)。

この著者もモンローさんの世界観すら唯一の真実というわけではなく、
それを信じる者にとっては真実となりうる、という解釈のようですが。

620 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 01:53:10 ID:/aGVMAIq
そしてこちら。
ttp://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html

君は一度の人生だけではマスターになれないと主張していますが、こちらでは
「私自身は二度と再び地上に現れることはないであろう。が、自分と同型の他の魂は、
私がかつて地上でこしらえたカルマの中に入ることになる。」とありますね。
この考えでいくと、自分自身が何度も転生するというよりは、自分に似た魂が
カルマとやらを引き継ぐ、という解釈のようで、もし自分が生まれ変わったとしても
せいぜい2〜3回、という記述もありますね。

そしてシルバーバーチとやらの言葉に非常に興味を持ちました。

>死んで間もない段階では、地上にいた時と少しも変わりません。
>肉体を捨てたというだけのことです。個性は同じです。性格も変わっておりません。
>習性も特徴も性癖も、そっくりそのままです。利己的な人は相変わらず利己的です。
>欲ぶかい人間は相変わらず欲ぶかです。無知な人は相変わらず無知のままです。
>落ち込んでいた人は相変わらず落ち込んだままです。
>しかし、そのうち霊的覚醒の過程が始まります。

ううーん。死ぬ瞬間には笑っていたいですね。

621 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 02:31:40 ID:pWqDh4wh
実はもうとっくの昔に死んでて自分で気づいてないだけだったりしたら

いや。考えるのはよそう。w

622 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 11:26:37 ID:ICQfWD33
あなたは常に、自分が創造したものを得るのだし、常に創造し続けているのだ。
わたしは、あなたが創造したものを批判せず、ただ、もっと創造できるように、もっともっと多くを創造できるようにと、
力を与えるだけだ。

623 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 11:29:29 ID:ICQfWD33
さて、あなたは求めるものをすべては得られはしなかったと言う。
だが、わたしは、あなたが常に求めるものを得てきたと言う。

自分は選んだ物をめったに得られないという考え、それも創造につながる思考だし、
それを含めて、人生は常にあなたの思考の結果だ。


624 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 11:32:09 ID:ICQfWD33
あなたは自分の力を誤解している。
忘れないように、あなたの人生はあなたの意図するとおりに進んでいくのだよ。

それでは、あなたは今、何をしたいのか?
人生では、選んだものもめったに手に入らないという理論を実証したいのか?
それとも、自分が本当は何者であり、わたしが何者であるかを明らかにしたいのか?

625 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 11:48:40 ID:ICQfWD33
いまという時を浪費しないことだ。人生の神秘を解き明かそうとして、
いまという現実を無駄にしてはいけない。
神秘が隠されているのには、理由がある。それが何かはわからなくてもいいから、神を信頼しなさい。

現在と言うときを、最高の目的のために、本当の自分の創造のために使いなさい。

自分とは何者か、何者になりたいのかを決め、全力を尽くしてそうなりなさい。

626 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 11:51:02 ID:ICQfWD33
誰でも、いま経験しているすべてを創造している。
そのことと、経験のすべてを「わたし」が創造しているというのは同じことだ。

なぜなら、わたしは「すべての者」であるから。
その対照性がわかるかな?完璧だとわかるかな?
何もかも、突き詰めれば、たった一つの真実になる。




一体である、ただひとつのわたしたち、


在るのはそれだけだ。

627 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:01:28 ID:Vr0jmF5r
外に出て遊びなさいw

628 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:18:09 ID:Vr0jmF5r
>私は本当に神は愛であると思っています。
>いや、逆かもしれません。愛こそ神だと思っているのかもしれません。

この書き込みから、愛と神が同一のものであるということを
この方が理解していないのがわかります。

腑に落ちていれば対比する必要は無いのです。
=(イコール)とは、つまり同一のものという意味です。
表裏一体と言うことではありません。理屈ではありません。


629 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:24:28 ID:/aGVMAIq
>>628
あ……う、うーん。確かにそうですねえ。
でもここ地球上には概念として「神」という存在と「愛」という感情というか状態があるわけで…
物質もすべて神であると思っているのだから…このパソコンも神の表れであるからして…
最終的には神という単語自体が神をうまく表現していないと思うので、そうすると…
最終的には「何も語らずにただ在る」というところまで行き着いてしまうような気が…。

うー、降参です。どう表現するとよいのでしょう。

630 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:50:57 ID:Vr0jmF5r
>物質もすべて神であると思っているのだから

それは神道の考えに影響を受けていますか?
まず自分の常識が何で構成されているかを考えなければ。
結論から言うと、物質は神ではありません。
確かに豊かな感性を持ってすればそんな気がするのは解りますが誤解です。

>>神という単語自体が神をうまく表現していないと思うので

まず言葉の本質を理解せねばいけません。
言葉は神が人間に贈ったいわばパスポートです。
言葉が無ければ人は神に帰ることが出来ません。
これは聖書の中にもある「まず言葉ありき」と同じ意味です。
そして聖書は、言葉=イエス・キリストであると教えています。



631 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 13:57:46 ID:Vr0jmF5r
>>「愛」という感情というか状態があるわけで…

では、愛の本質を御存じなのですか?神は完全な愛、例えれば球です。
この球をちぎって手に取ってみれば、それは恋愛かも知れないし、
親子愛かも知れない。兄弟愛と人類愛の複合体かも知れない。
自分が持っている愛はどんな愛か、考えてみると良い。
案外、えこ贔屓とか偽善とか、偏愛だったりするのです。
そんな不完全な基準に神=愛と考えると、神は実にエゴイストです。

元の完全な球体としての愛を、私たちはなかなか見る事が出来ません。
それを見ることこそが仏教でいう悟りであり、神のご慈悲、祝福です。


632 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 14:03:11 ID:Vr0jmF5r
更に続けると、
球体が明らかに欠けている場合はそれと気づきやすいのですが、
ほぼマルに近い、限りなく球に近い愛と言うのがあります。
これが最も力を持った悪魔の本質です。

尤もらしい事を教えて人に感動を与える偽の神です。
人は笑いや感動を与えてくれる相手の価値観を簡単に受け入れてしまいます。
その感動の扉の向こうに何があるのかと考えようともせず、
ただ感動を貪っては人生を過ごします。

それでも十分楽しい人生かも知れませんが。


633 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 14:09:25 ID:s1gPtDKQ
>630
>結論から言うと、物質は神ではありません。

そうかね?この宇宙を神と呼ぶのであれば物質すら神であんじゃね?
それは水とよぶか海と呼ぶかの違いであって、それこそ神のなんたるかを
聞きたいものだね。神は何なの?

634 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 14:12:07 ID:s1gPtDKQ
>631
ちなみに漏れは愛とは最終的には自己愛だと思っている。
だってすべては1つなんだろう?だったらすべては自分自身へと
帰結するじゃないか。

635 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 14:13:03 ID:Vr0jmF5r
>>633
宇宙は神ではありません。想像できませんか?
最近そういう考え方が流行ってるみたいだけど、嘘です。
空想好きな人間への餌です。時間稼ぎとも言えます。

神は、愛ですよ。

636 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 14:35:20 ID:Vr0jmF5r
>だってすべては1つなんだろう?

そこからの発想ではいつまで経っても堂々巡りでしょう。
それで祝福を得られるのならそれでいいかも知れないけれど、
それって案外虚しいでしょ。道を求めているのならそんな気休めには納得していない筈。
自分がそうだったから言うのだけど。違っていたらごめんなさい。

覚醒は単なる生理現象。選ばれなくても誰にでも理解できる。神がそのように作ったから。
体験すれば同時にそれを直観する。
この原理には、奢りや優越感が入り込む隙はありません。

水を飲んで、オシッコするのと同じ^^


637 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 14:38:26 ID:Vr0jmF5r
>>覚醒は単なる生理現象。選ばれなくても誰にでも理解できる。神がそのように作ったから。

なので金儲けには繋がりません。本を出すなんて論外。
本人にその自覚が無いのが、本物でない良い証拠です。

自己文引用失礼。




638 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 15:51:02 ID:Vr0jmF5r
神はすべてのものを作りましたが、それらは既に一体ではありません。
人間一人ひとりに意思を与え、自分から完全に独立した者として認めました。
一度与えた自由を剥奪する権利は、神にもありません。

それでも神が人間の親で、人間が神による最高の作品であることには違いありません。
作った本人がその本質を一番よく知っています。


639 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 01:38:39 ID:HmI7QRV2
>>638
なるほど。では人間に神の考えがわからないように、神もまた人間の考えが
わからないのでしょうか?

640 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 02:21:17 ID:HmI7QRV2
今日は彼は来なかったみたいですね。なんだかちょっと残念。
いえ、彼のおかげで本当に最近読んでて忘れてたことを思い出したり、自分が本当は
何を信じていて、どう考えていて、何を知らないのか、などなどについて改めて見つめる
機会ができましたよ。
それでまた「神とひとつになること」を読んでいてですね、また面白いものを見つけまして。

『神の望みはすべての魂が神のもとへ戻ることであり、この望みが満たされないことはありえない。
神は何からも離れてはいないし、神から離れているものは何もない。
神は何も必要としない。なぜなら神は、存在するすべてだから。
これこそ良い知らせだ。ほかのことは全て幻想だ。
人類は長いあいだ、幻想をいだいて生きてきた。人類が愚かだからではなく、非常に賢いからだ。
人間は、幻想には目的が、それも非常に重要な目的があることを直感的に理解していた。
ただ、ほとんどの人間は、それを知っていることを忘れている。
それを忘れたということを忘れ、それが幻想のひとつだということも忘れている。』

なるほど。彼が私をアホだ馬鹿だというのも納得です。やはりそれは事実だったようです。
彼の方が私よりも非常に賢い、それゆえに幻想の目的が非常に重要であることも知っている、と。
そして私はアホなので、これは幻想だと言われて素直に信じてしまってるんですねえ。
(信じてはいますが完全に理解しているとも思えませんけど)



641 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 12:09:18 ID:HmI7QRV2
そういえば幻想ってインドではマーヤーって言うんじゃなかったかな、とググってみて
最初に出てきたページに非常にわかりやすく簡潔にまとめられていたのでご紹介
ttp://blog.livedoor.jp/elijah_light/archives/50046958.html

もっとも「これは正しい解釈ではない」と考える方もいらっしゃるとは思いますがそれはさておき。
対話の中で神が語る「幻想」というのも、当然ニール氏がこのヒンドゥ思想からインスピレーション
を得たのは明白でございましょう。

さて、このページの作者が語るカルマについて
>つまり、私たちの宇宙観が断片的で、マーヤーに惑わされ環境から孤立して行動しているという
>錯覚している限り、カルマに縛られていることになります。私たち自身を含む全自然の一体性と
>調和を認識し、それにしたがって行動することが、カルマからの開放につながると考えられています。

ウパニシャッドやバガヴァッド・ギーターを読んだこともないのですが、少なくともここでは
カルマとは業であり絶対的な仕組みであり決して避けられないもの、などとは書かれてません。
まさに対話の中で繰り返し語られている通りのことが書いてありますね。

で、お詳しい方に質問なのですが、では一体誰がどこでカルマに対して非常に悲観的な
解釈をし始めたのでしょう?カルマという考え方の発祥はインドですよね?

642 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 16:49:52 ID:1jF5PW4k

『神の望みはすべての魂が神のもとへ戻ることであり、この望みが満たされないことはありえない。
神は何からも離れてはいないし、神から離れているものは何もない。
神は何も必要としない。なぜなら神は、存在するすべてだから。
これこそ良い知らせだ。ほかのことは全て幻想だ。
人類は長いあいだ、幻想をいだいて生きてきた。人類が愚かだからではなく、非常に賢いからだ。
人間は、幻想には目的が、それも非常に重要な目的があることを直感的に理解していた。
ただ、ほとんどの人間は、それを知っていることを忘れている。
それを忘れたということを忘れ、それが幻想のひとつだということも忘れている。』

だから 神へ帰るには 何度も生死を繰り返さないとマスターに
なれない 一度の生涯でマスターになれるものはいないと書いてある
すぐには神へ帰れない

後 神は 前も後ろも横もない白光 しかなかったので それが欲求不満で
宇宙を想像し われわれ分霊を生んだのである
神は 苦しみから逃れるために 宇宙を創造したのである

また

>>6>>7>>8
を混ぜ合わせて 宇宙の仕組み進化の仕組みについて
誰か誰でもいいので詳しく教えてください
お願いします
>>108>>61の方もよろしくお願いします


643 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 16:54:56 ID:HmI7QRV2
>>642
おお、お待ちしておりました。
うーん、そうすると君はやはり対話シリーズにおいて「一度の生涯でマスターになれるものはない」
という部分は信じているけれども、「神は何も要求しない」という部分に対しては信じていないどころか
神は欲求不満である、という解釈なのでしょうか?

ちょっとレスが多くて埋もれてしまった>617-620このあたりにも目を通して頂ければと思います。
お暇でしたらレスくださいませ。


644 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:22:36 ID:HmI7QRV2
>>642
>6-8に対する君の疑問にちょっとレスさせて下さい。

進化とは何でしょう?生物学的な意味、スピリチュアル的な解釈、様々あると思います。
しかし「進化」という単語自体はダーウィンが創造したものです。この最初の意味は適者生存、
例えばペンギンが食料を得るために飛ぶための翼を失った変わりに泳ぐための翼と
寒さに耐えられる体を獲得していった、というようなことですね。

では空を飛ぶ鳥と水を泳ぐペンギン、どちらが優れているのでしょう?

…はい、これは優劣の話ではないですね。たまたまそういう環境があり、そこに適した形に
なっていった(そこに適した者だけが生き残ってきた)結果というだけであり、砂漠にペンギンを
連れて行ったら死んでしまいますし、南極にスズメを連れて行ってもやはり死んでしまうでしょう。

つまり進化とは、単純に言えば変化ということです。決してレベルアップではありません。
もちろん環境が永遠に一定であれば、その環境に適した最高のレベルというものがあるでしょう。
しかし地球もいつかは滅びますし、宇宙も常に膨張し、その先は収縮するという話もあります。

永遠の進化とは、つまりは永遠の変化ということではないでしょうか。
ですから最後にはどうなる?という問いに答えられる者はいないのではないでしょうか?

645 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:25:51 ID:HmI7QRV2
以上は「進化」という単語の元々の意味に基づいて私が考察したものです。
「スピリチュアル的な意味においては進化とはそういうことではない」というのであれば、
そういう意味で進化という言葉を使い始めた人に聞くのがよろしいかと思います。

恐らく人それぞれに「進化」という言葉の微妙な使い方の差があるかと思いますので、
あの人の言ってる進化とこの人の言ってる進化をうまく統合しよう、折衷しようというのが
そもそも無理な話なのではないでしょうか。

646 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:33:53 ID:c4/pxY5U
この本に出てくる神様は
ウォルシュ専用の神様だと思うね
あまりに下品すぎて。


647 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 17:38:12 ID:HmI7QRV2
それでも魂には優劣がある、と考えてみたい場合。

こう考えてみてはどうでしょうか?
きっと魂のレベルでは全てのものに優も劣もないことを知っている。
すべてが1つの同じものであるから。
しかし魂はこう思った。

「私は優劣というものを経験してみたい。」

そして君が生まれた。
なるほど、これが優劣か。ということを死にたくなるほど味わった。
そして誰かが君に囁く。

「優劣なんていうものは幻想だ」

当然君は猛烈に反発する。
なぜなら君はここに優劣を味わうために生まれてきたのだから。
ではそうやって生まれてきた者は一生優劣に苛まれるのか?

否、魂の青写真はいつでも書き換えられる。
優劣というものをイヤと言うほど味わった。そしてこれが幻想だと思い出した瞬間に。

と、対話の中に書かれていると私は解釈してるんです。

648 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 18:53:02 ID:1jF5PW4k
>>642
おお、お待ちしておりました。
うーん、そうすると君はやはり対話シリーズにおいて「一度の生涯でマスターになれるものはない」
という部分は信じているけれども、「神は何も要求しない」という部分に対しては信じていないどころか
神は欲求不満である、という解釈なのでしょうか?

信じてるのではなく事実である どちらも
神対一巻には 私は満足できなかったから 相対性領域を創った と
書いてある つまり 地獄悪霊拷問強姦闇 を創り出したのは間違いなく神である
後 神との対話には 神の責任 だよ と神にも十分責任があるということを認めている
だから われわれが苦しい思いをするのは人間100パーセントの責任ではないのだ
人間だけの責任でないということ
 
ちょっとレスが多くて埋もれてしまった>617-620このあたりにも目を通して頂ければと思います。
お暇でしたらレスくださいませ

目を通しましたよ あなたは謙虚な人ですね 女ですか?

649 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 18:55:45 ID:1jF5PW4k
>>644
いや われわれは創造されたものから創造されるものに
なると思うぞ
→動物→人間→半神半人→神→大神→大大神→と
なるのではないかな?
進化すれば われわれも霊の子を自らの中に産むという存在に
なると思う 神対全巻読めばそうならないか?

650 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:07:53 ID:EW0XdDGZ
>>なるほど。では人間に神の考えがわからないように、神もまた人間の考えが
わからないのでしょうか?

神は霊で、人は肉体です。肉体と霊は違います。

霊が肉体を産む場合、自分の中に無いものは作れません。
即ち人は神のコピーと言えるかもしれません。
ところが人は肉体を持っている。

心は神に惹かれるけど
肉体は悪魔に惹かれます。


651 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:12:17 ID:EW0XdDGZ
>>自分が本当は 何を信じていて、どう考えていて、何を知らないのか、

知らないこといっぱいですよ。
外に出て色々体験することです。
今の自分の理解の範囲で結論を出そうとすると魔がさします。
手っとり早く理解しようと思うと道を間違いますよ。

なぜ自分がいま結論を知りたいのかを先に考えてはいかがですか。


652 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:25:27 ID:EW0XdDGZ
ちなみに人間の脳も肉体です。
なので頭で考えても神は理解できません。
しかし体を使うことにより、霊を魂で感じる事が出来ます。
心と体がリンクしているのはご存じだと思います。

653 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 19:40:55 ID:EW0XdDGZ
連投失礼します。長文は途中で省略され読みづらいので。

私はクリスチャンではありませんが聖書愛読者です。
これまでの経験や覚醒体験を元に多くの宗教理念を知識として蓄え、
聖書に辿り着きました。
今の段階で聖書の神がオリジナルの神ではないかと思っていますが、
聖書解釈は大変難しく、一生勉強だと思っています。

聖書だけを読んでその中に描かれてある義人の条件を満たそうとする
努力は必要でしょうが、神の律法を守ることで神に是認される、つまり
自らを義とみなして生きるようになると、
某カルトキリスト教団のようになってしまうことは必至です。



654 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 21:46:45 ID:DpI/WL6x
>ちなみに人間の脳も肉体です。

>体を使うことにより、霊を魂で感じる事が出来ます。

>頭で考えても神は理解できません。

どっちだよ(´,_ゝ`)

655 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 23:21:00 ID:HmI7QRV2
たくさんレスをくれたなーと思っていたら途中から違う人になっていたのですねw

>>648
>神との対話には 神の責任 だよ と神にも十分責任があるということを認めている
>だから われわれが苦しい思いをするのは人間100パーセントの責任ではないのだ
>人間だけの責任でないということ

なるほど。よくわかります。
ところが神との対話の中には神と人とは別々であるとは書いてありません。
ひとつのもの、同じものである、と繰り返し繰り返ししつこく書いてあります。
というか、全体を通したテーマというのは本当にこれだけなんですね。
これを色々な角度から見て説明しているだけなんですよね。

さて、神と人とが同じものであるならば。当然すべての責任は神にあり、同時に
すべての責任は人にあるということになります。
ただし、責任を問うならば、ということではありませんか?

責任を問いたがっているのは人である。もしそれに答えるのであれば神に責任がある、と。
でも果たして神は人に責任を問うているでしょうか?人に果たすべき責任を課したでしょうか?

それは長い時間をかけて作り上げた人間の幻想である、と「神とひとつになること」の
ちょうど今日読んでいた部分に書いてありました。こちらの本はお読みになっていますか?

656 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 23:35:00 ID:HmI7QRV2
>>649
>進化すれば われわれも霊の子を自らの中に産むという存在に
>なると思う 神対全巻読めばそうならないか?

そうですね。私もそんな風に感じています。ただ…

>→動物→人間→半神半人→神→大神→大大神

うーん、これは私にはなんともいえません。
半神半人や大神という概念が私にはないもので。。。
考えてもわからないので、神は神であって、その全体から細部に至るまで神であって、
たとえ形を変えて大神・大大神と呼ぶべき形になったとしても、それを神と呼ぶことにします。

そして私の興味の対象は、神の王国の建築構造ではなくて、その建造物のなかで
どう過ごすことが一番楽しいかな、心地よいかな、ということです。
君は神の王国の設計図を手に入れたいようですが、もしそれが手に入ったとして、
それをどう使っていきたいと考えていますか?とっても興味があります。

>目を通しましたよ あなたは謙虚な人ですね 女ですか?

考えたかは謙虚に見えるかもしれませんが、実際はどうしたら人生が自分の思い通りに
なるのかということばかり考えている人間ですよw
でも最近はむしろ謙虚であることの方が傲慢であることよりも自由でいられるような
気がしてきました。
性別は……君も年齢を教えてくれないので、あえて伏せておきますw

657 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 23:40:51 ID:YkC8+BOL
霊と人との違いは、肉体を持つか持たないかの違いです。
つまり、人にとっては肉体が鍵なのです。
人は体を動かすことで健全な心を持つことが出来ます。
脳だけを駆使すると魔が差します。


658 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 23:51:12 ID:HmI7QRV2
>>653
聖書をきちんと学んだことはありませんが、確かに聖書の思想が色濃く見えますね。

>今の段階で聖書の神がオリジナルの神ではないかと思っていますが、

うーん、聖書が作られてたかだか2000年。しかもキリストが書いたわけではなく、
最終的には教会が権力維持のために都合よく書き換えてきた部分も多い、と聞いております。
いえ、聖書否定派ではないですよ。素晴らしい叡智が詰め込まれていると思います。

しかし、ここに出てくる神がオリジナルであるとすれば……それ以前にいた神はどうなるのでしょう?
すべて偽者だったのでしょうか?それとも神を誤解していたのでしょうか?
あるいは神が世代交代したのでしょうか?

私は、自然崇拝をしていた頃の神も、また神であると思っています。
キリストよりも五世紀ほど早く生まれた釈迦の言う神も、また神であると思っています。
キリストよりも六世紀ほど遅く生まれたムハンマドの言う神も、また神であると思っています。
ではなぜそれぞれが神と呼ぶものが、すべて同じ性質を持たないのでしょう?
それはどれか1つが正しい神であるか、あるいは全て同じ神を指してはいるが、
その文化・風土・時代背景に適した「解釈」をされたから、のいずれかではないでしょうか?
ニール氏もまた、現代における、そして彼自身における神というものの「解釈」を
述べているだけではないでしょうか。もっとも私はこの対話の中の神に一番親しみを覚えますが。

659 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 23:58:11 ID:YkC8+BOL
>>655

神と繋がる体験つまり至福体験をすると強い一体感を得る事は出来ますが、
神と人とはイコールではありません。

かくいう私もその体験をしたとき勘違いしました。
一体感を感じた時はとても謙遜な気持ちでしたが、
その翌日にはそれが全能感に変わっていました。

教祖様にでもなりそうな勢いで、霊視が出来るようになりました。
それが私の人格のレベルです。魔が差したのです。有頂天でした。
直ぐに神との一体感からすっかり遠ざかって居る事に気づきました。
思い上がった人間ゆえに一時道を誤りましたが
その時点で帰るべきところは知っていました。

それから聖書を読むようになり、
神は全部で、人はその一部だという考えに辿り着き、
今はいつでも当時の快い一体感を感じる事が出来ます。
魔は、高度の知能でその人の思考や人格程度を見抜きます。
本人すら気づいていない心の襞を知っています。
騙されないように。



660 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:06:59 ID:EyGmNazj
>>657
まさに健全なる魂は健全なる肉体に宿る、というやつですね。
これもまた1つの真理だと思います。

しかしこれもあまり重要視しすぎると、例えば某体格のよろしいスピリチュアルカウンセラー
を見て、あんなにブクブク太っているのは魂が健全ではないからだ、などと思ってみたり、
身体障害者を見て、彼の魂はひどく汚れているから神が罰をお与えになったんだ、
なんていうことを、それこを魔が差して発想しまうのではないでしょうか。

脳だけを駆使するとあまりよろしくない、というのは非常に共感できますね。
でも体を動かすこと、というよりは「行動すること」と言った方がより正確ではないでしょうか?
世の中には肉体を自由に動かせない人も沢山いますが、健全な心を持っている人も
もちろん沢山いますよね。
対話の中にも行動ということの重要性が書いてあった……気がするんですが…うろ覚えです…。

もっとも、私も少し障害者の方々と関わりをもつ機会があったのですが、健常者からは
想像出来ないような苦労のせいでしょう、非常に強い被害者意識があったり、怒りっぽかったり、
自分の言い分をなんとしてでも通そうとする人が多いかな、と感じたのもまた事実です。
だからこそ、そんな人達に生活の保障を与えるのではなく、もっと自由に行動できるような
環境を提供できる……そんな政府があったらいいなあ。福田さーん。

661 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:16:12 ID:EyGmNazj
>>659
す、すごいですね。
私も以前瞑想していて強い一体感というのを二度ほど経験したことがあります。
が、教祖様になれそうな霊感などとは一切無縁の毎日でございます。。。

ですがそうなんですよね、あの体験をするともう二度と神と離れまい、
いや、神と私は常に一体であるんだから離れられるわけがない、と強く思うんですが…
気づくとそこからまた程遠い場所まで歩いてきてしまってるんですよね…。

私の場合、それが不幸のどん底にあるというよりは、むしろ平々凡々な、
幸せだと言えば幸せだな、ぐらいな状態になると、すっかりそこから離れてしまう。
追い詰められて、もうだめだー!というところにいる時には、あんなにも神に
それこそすがるようにしていたのに。。。

という私の話はさておき、すごい霊感を手に入れたようですが、心の隙間に入り込むという
その「魔」というものの存在を霊視で見ることができるようになったのですか?

662 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:16:53 ID:4i1b1FIH
>>658

>>確かに聖書の思想が色濃く見えますね。

キリストの名が出た時点でそういう印象を受けたのだろうと思います。
しかし私がこの体験をした時点で、
私はクリスチャンでもキリスト崇拝者でもありませんでした。
今でもそうです。

カトリック、プロテスタント、挙句はカルトで名高いエホバの証人とも付き合いました。
それほど真剣だったのです。

>>うーん、聖書が作られてたかだか2000年。

まず私が聖書擁護者で無い事を忘れないでください。
その上で確認したいのですが、神と聖書はある意味で別のものですよね。


>>最終的には教会が権力維持のために都合よく書き換えてきた部分も多い、と聞いております。

カトリック教会や、ものみの塔による改ざん疑惑ですね。
その辺の問題はとても複雑な要素が絡み合っていて、
真相を知ろうと思えば地道に研究しても一生かかると思います。
だからと言って特定の宗教の判断や教理を鵜呑みにするのも危険だと思います。

>>それ以前にいた神はどうなるのでしょう?

少なくとも聖書中は創世記〜地球誕生から始まっています。



663 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:28:15 ID:4i1b1FIH
>>660

>>まさに健全なる魂は健全なる肉体に宿る、というやつですね。

まさかこんな陳腐なフレーズに帰結するとは我ながら滑稽でしたが。

>>世の中には肉体を自由に動かせない人も沢山いますが、健全な心を持っている人も
もちろん沢山いますよね。

仰る通りだと思います。当方言葉足らずでして。
ただ、私は寝たきりという状況を知りませんが、
そのような境遇の方には違う形の手段が用意されている筈だと想像します。


664 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:38:45 ID:EyGmNazj
>>662
なるほど。実に深く研究していらっしゃるようですね。
宗教指導者たちももっとこう勉強熱心だといいんですけどね…。

>まず私が聖書擁護者で無い事を忘れないでください。

すいません。キリスト教擁護者ではないことはわかっておりましたが、
聖書に対しては擁護側だと思ってしまいました。申し訳ない。

>だからと言って特定の宗教の判断や教理を鵜呑みにするのも危険だと思います。

そうですね。ただ私はこの話は歴史の話で学んだ記憶があります。
取り立てて特定の宗派だとか、イスラム教徒の教授から学んだわけでもありません。
この歴史的観点からみて、極端な話をすれば、例えば右の頬をぶたれたら左の頬を
出せばいいのに、十字軍を出してしまったりする教会は……やはりそこに
説得力を持たせるためにキリストが言いもしなかったことをでっちあげたのかな、とか
キリストの死後、例えばキリストに直接質問をすることができなかった信者たちに
キリストではない人たちが答えたものも含まれているのだろうな、という宗教の歴史では
には避けられないものがあるのでは、という見解から述べたものでした。
偉そうな口をきいてすいません。



665 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:42:46 ID:4i1b1FIH
>>661

凄くないです。逆に、それほど程度が低かったのだと思います。今もそうですが。
私のように感覚的に物事を捉える人間は、良く言えば感受性豊かで
神秘的なのかも知れませんが、感覚に頼ってしまう分だけ知性がありません。

ちなみに瞑想は止めた方が良いと言う人の話を良く聞きます。
私自身、数年前にやっていましたが、例のNYのWTC事件の時
予知夢を見てしまいました。その前の阪神淡路の時もそうです。
あまり気持ちの良いものではありません。体質もあるのでしょうが。




666 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:51:58 ID:EyGmNazj
>少なくとも聖書中は創世記〜地球誕生から始まっています。

ああ、そうでした。光あれ、ですね。
でもやっぱりこれが唯一正しい解釈というわけではなく、一番理解しやすい解釈だった、
というだけで、どこの国の神も同じ神を指していて、その説明に差異があるだけなんじゃ
ないかなあ、と思う私。

それは例えば……同じ人を見ても、ある人からは「やさしい人だ」という解釈をし、
ある人からみたら「八方美人だ」という解釈をされる。
ある人からみたら「親切な人だ」という解釈も、他の人からは「お節介だ」と解釈される。

月を見て「キレイだな」と思う人もいれば「空気もない過酷な星だ」と思う人もいる。
「地球は宇宙の中で最も温暖な星だ」という人もいれば、極寒や灼熱にあえぐ人たちもいる。

どれも部分を見ているせいですよね。そしてその部分を見るのは自分自身でしかない。
誰もが同じ時間、同じ場所、同じ視点から同じものを見られないように(ビデオを使えば別ですが)
神もまた誰もが同じ視点から同じ角度から同じように解釈をするのは難しいことなのでは。
そしてそのそれぞれ違う解釈がどれも神の一部であることには変わりはなく、どれも正しいのでは。
空が青いと言っている人の地球の反対側では空は黒いと言っているように。

あれ、なんか話がズレてしまいましたか。


667 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 00:55:31 ID:EyGmNazj
>>663
すいません、決してバカにしたわけでは…。
でももしかすると、どんなに複雑で高貴だという考え方も、突き詰めれば
シンプルで陳腐なフレーズに帰結するのかもしれませんね。
そしてそれは大昔の人たちがすでに気づいていたことなのかもしれませんね。

668 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 01:04:17 ID:EyGmNazj
>>665
すいません。どうもこの手の話はワクワクテカテカしてしまいまして…。
自分自身、霊能力というんでしょうか、そういう目に見えないチカラにものすごく
あこがれた時期がありまして、そういうチカラがあるからこその苦労を色々耳にして
今ではそんなものなくてよかった、というか、そういうものがないからこそ
普通の生活ができるんだな、としみじみ思ってはおりますが……
それでも若干の羨ましさというのが残っている次第で…。

きっとそれは目の見えない人が「目が見えたら絵描きになれるのに!」と思ってみても
目の見える人たちの大半は絵描きになどなろうとも考えないのと同じことですよね。
予知なんかできたら災害や大事故を未然に防げるのに!なんて思っている人も
多いのではないかと思いますが、見えてしまってもじゃあそれをどうやって止めよう、
どうやって皆に伝えよう、と思ってもその手段がない、言った所で誰も信じない……
うー、心中お察しはできませんが、頑張ってくださいませ…。

669 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 01:06:17 ID:4i1b1FIH
>>666

尤もな疑問だと思います。私もその考えを捨てていません。
然しながら聖書によると神と人との間にサタンがおり、
キリストと言う一筋の道がある・・となっています。
これは自分の体験とそれに伴う直観に全く符合するので
色々勉強しているところですが、
それ自体魔であるという可能性もある訳で。



>>667
いいえ、仰る通りだと思います。


670 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 02:05:30 ID:EyGmNazj
>>669
うーん、すごいです。これこそが謙虚な姿勢というものではないでしょうか。
私もふと気づくとなんだかんだ言って聖書否定派に回っていたりしてますもんね…。
ただ常に何でも(対話も含めて)鵜呑みにせずにいたいと思っているだけなんですけどね。。。

対話は基本的にキリスト教圏の人達に向けたような感じで(もちろん他の宗教についても
フォローされておりますが)書かれているようですから、是非聖書についての詳しいお話や、
対話との相違点や違和感などを聞かせて下さい。他の方々にも大いに参考になるんじゃ
ないかな、と思います。


671 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 02:10:37 ID:S0zKnuHO
うお。なんかものすごく高度な議論のスレになっている。w

672 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 02:26:47 ID:EyGmNazj
ここのところスレを独占してすいませんです…。
最近彼との対話が楽しくてつい…。

でも議論に高度も低度もないと思いますよ。
この国の政治をどうしようかという議論も、今日の晩御飯は何にしようという議論も…
全ては自分が何であるかを表現していることだと思いますもの。

673 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 03:02:39 ID:S0zKnuHO
ああ、言葉が悪かったか。高度というか、ちゃんとした会話になっていると表現した方がよかったかな。w


674 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 03:10:35 ID:EyGmNazj
あー…こちらこそ決してヘンな意味でレスしたわけでなく…。
言葉の揚げ足を取ったりしたかったわけでもなく…。
長文連投のせいでレスが付けにくいような状況でしたらゴメンナサイ。でも、
『神へ帰るのリンゴオレンジって意味わかんないよね!』とかそういう議論(?)も
ここで色々したいですよねー、というような意味でして…。


675 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 04:16:51 ID:S0zKnuHO
気にしない気にしない。このままでOK。
というか、どちらかというとこのままの方がいい。w


676 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 08:34:54 ID:EyGmNazj
恐縮です…。
で、今朝自分がどれだけ単純なんだ、ということを思い知らされました。
昨夜チラリと予知の話をしていましたが……
『「地震の予知夢を見る」という夢』を見てしまいましたw
しかもその地震予知というのが緊急地震速報システムと同じく、地震の数秒前なんですw

だから最初に地震が来るという夢を見たのでしょうね。
次に目が覚めて「地震がくるぞー!」って叫んで周りの数人に教えた次の瞬間ものすごい揺れが。
ワーってなってる次の瞬間にまた目が覚めて、こんな面白い夢を見たー!って周りの人に
伝えようとするんですけど誰も聞いてくれない。こんなに面白いのにー!って思っていた次の瞬間、
また目が覚めて、あまりのおかしさにここへ書き込んでいる次第です。これは夢じゃないですよね?w

でもやっぱり夢の中での予知夢だからおかしく感じましたが、本当に予知夢を見たら……
ゾッとしますね。やはり自分には耐えられないかも。

677 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 09:52:00 ID:1Jf83IkN
私も「彼との対話」は結構楽しんでいます。w
性器に注射しろとか言葉はアレですが、ちゃんとまじめに対話をしようとはしてるんですよね。年齢をいわないのもウソはつけないのでは。

「でも娘をレイプされた人に犠牲者はいないなど言えませんよ。」
「苦しみのさなかにある人たちのそういう言い方をしても、何の意味もないだろうね。」(神へ帰るp31)
とあるように彼にいくら「神は愛」「神はすべて」と言っても意味はないと思います。

私は「世の中は明るい」、彼は「世の中は暗い」と主張してどっちが正しいんだ、といえばもちろん「両方正しい」ってことになると思うんですね。

彼が身をもって「闇」を提供してくれるので私は自分の「光」を
強く信じることもできるわけで、感謝してるんですよ、意外と。^^

678 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 10:26:27 ID:EyGmNazj
そうなんですよねー。彼は大真面目だと思うし、本当に純粋に疑問を抱いていて、
真剣に問いかけていると思うんですよね。
でもだからといって私は彼が決して闇だとか、どちらの考え方が優れている・劣っているとか、
そういう風なとらえ方はしたくないんですよね。まして彼の考え方を変えようだとかいうことでもなく。

例えるなら……私は暑いのも寒いのも苦手なので、なるべく温暖な気候の地域を求めて
移住を続けている遊牧民。そこから「地球はなんて穏やかな星なんでしょう」とつぶやく。
でも極地や砂漠や山岳地帯も知っている言わば探検家と呼ぶべき彼は、
「地球はこんなにも過酷だ。永久凍土もあれば灼熱地獄もある。酸素の薄い場所もあれば
火山で燃え盛る土地もある。地球とはこんな過酷な土地なんだ。」とつぶやく。

確かに彼のレポートを利用して、自分がどれほど温暖な土地に住んでいるのかを実感する、
という使い方もできるでしょう。ですが、私は彼にどうして冒険家を目指したのかを聞いてみたい。
どうして冒険を続けているのかを聞いてみたい。温暖な土地に住む人が「地球は温暖だ」と言うと
「なら南極でも同じセリフを吐いてみろ、いえないならそれは真実ではない」と問いかける、
そこまであらゆる「人の住めない土地」を見て回ってきた彼のモノの見方が知りたい。

というところでしょうか。

679 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 10:42:41 ID:EyGmNazj
それに果たして南極やサハラやヒマラヤが地球における地獄かどうか、というのも興味のあるところ。

「地獄は確かに存在する」と主張する方々は、恐らく地球に人の住めない土地があることが自然である
のと同様に、神の王国にも楽園のような場所もあれば地獄のような場所があるというのもまた自然である、
と感じているのではないでしょうか。

まあちょっと違うのかもしれませんが、仮にそんな風に感じている人がいたとして。
果たして南極はこの世の地獄でしょうか?
その場にいれば確かに裸ではすぐに凍死してしまうでしょう。
ですが離れて見れば、とても美しい世界ですし、実際そこには生命が存在しています。

水のない砂漠に放り出されたら、人はすぐに死んでしまうでしょう。
ですが離れて見れば、そこにはやはり自然が作り出した美しさがあり、やはりそこにも生命があります。

摂氏数百度という海水が吹き上げる海底熱水孔にもまた、生命があります。

仮にあの世に地獄が確かに存在するとしても……対話の神はいつでもそこから抜け出せる、と
言っていなかったでしょうか。そして例え地獄へ行ったとしても、魂はそれを眺めているだけである、と。
それはもしかすると登山家がエベレストに登るドキュメントをテレビで観ているようなものかも?

ま、それも死んだらわかることでしょうか、いつものようにキニシナイ。

680 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 12:14:17 ID:RliEf7FB
>>659
私も同じようにおかしくなりました。
だから、霊能力や超能力を求めるのをやめました。
今は神様になる事も草木になる事も
それほど大差がないような考えになりました。

ただ、神秘的な体験から離れると
神様から見放されたのでは。
と不安になることはあります。

681 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 14:19:52 ID:GnZUTlbj
そういう霊能力とかに精神が耐えられなくなって病院送りになったヤツって世の中には結構多いのかな
でもバシャールは初めからハンデを負ってるとか貧困の国に生まれてくるやつらって
楽観的な魂だからっていう解説をしてるよね?要するに自分なら耐えられるんじゃね?とか
思って生まれてきてるってことだろ?でも生まれてみたら何で神様はこんな残酷なんだ
とかいって、実に滑稽なことをやってるのかもな

682 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 14:34:54 ID:AEv3UMq1
>>659、680
「魔が差す」ということについてもう少し詳しく教えて頂きたいのですが。
騙されないようにとは言っても、霊視ができない者には実際どうやってそれが魔かどうかを見分ければよいのでしょうか。
また、霊視をした場合、視覚で見えるものなのでしょうか。それがただの思い違いというようなことは無いのでしょうか。
(経験が無いので単純に疑問なのです。気分を害されてしまったらすみません。)

>魔は、高度の知能でその人の思考や人格程度を見抜きます。
>本人すら気づいていない心の襞を知っています。

人間と同じく意識、意思をもった存在なのでしょうか。
また、神対では、特定の悪魔というものは存在せずそれは個々人の認識によるものだというようなことが書かれていたように
記憶していますが、誰が見ても悪魔だ、と判断を下すような存在がいるということですか。

683 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 15:50:37 ID:TgHok/pt
>>681
>>そういう霊能力とかに精神が耐えられなくなって病院送りになったヤツって世の中には結構多いのかな

そう思います。
私もいつ受診しようかと悩みました。
現代医学では解決しないだろうとも考え、
本を読んだり、霊能者にそうだんもしました。
でも、最終的には友人や家族に助けられました。
その助けが無かったら、
またもう少し頭が良かったら、つまり自分の頭で考え続けていたら
私は完全にイカレテいたと思います。



684 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 15:56:20 ID:WE271PgQ
>683
体験者の言葉には重みがあるね。
それでまた最後に救われたのが神じゃなく家族や友人っていうのがいいね。
精神的に生きるのもいいけどさ、物理次元に生きてるんだからあんまり神頼み
ばっかりしてないで物理次元での生き方を模索するのが一番なのかもね。

685 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 15:57:56 ID:TgHok/pt
>>670

私は謙虚な人格の持ち主ではありません。
それは一連の書き込みを見て頂ければ一目瞭然です。

聖書の知識について、私が理解している範囲で、
また自分の経験の範囲で、まとめの意味でも
こちらに少しずつ書き込みさせてもらえると嬉しいです。

また、神との対話は全巻読みましたが、捨ててしまいましたので
内容を忘れてしまいました。引用などして頂けるととても助かります。

686 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 16:03:43 ID:WE271PgQ
なんかいい流れになってきたー

687 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 16:06:17 ID:TgHok/pt
>>ただ、神秘的な体験から離れると 神様から見放されたのでは。
と不安になることはあります。

とても共感します。逆にそれでも見放されていなかったと感じる事が体験です。
自分の経験から今思うに、多くの霊的体験は、実際には神から遠ざかる結果になる。
魔というのは、非常に似ているけど違う偽物です。
酷似しているほど騙す気満々で、悪質ということではないでしょうか。

688 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 16:22:14 ID:TgHok/pt
>>682

>>それがただの思い違いというようなことは無いのでしょうか。

いいえ、その可能性は十分あると思っています。
というかこれは自分自身の問題なので、
むしろ私自身が一番疑っているかも知れません。
勘違いで無いという自分なりの根拠もありますが、
話すとかなり長くなります。

私の断定的な発言は全て主観によるものです。つまり、
〜と思います。という表現に見られるような表面的イメージに
自分自身が惑わされず率直に語りたいとの考えであるので、
どうか押し付けきめつけとお感じにならず、
あくまでも一個人の体験談、即ち単なる主観と捉えて
読み流してくださるようお願いします。

また深夜にログインできるかも知れません。


689 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 16:38:12 ID:RliEf7FB
>>682
審神ができない以上、自分では判断できません。
ただ、自分の魂の状態を考えた時、
聖者に遠く及ばない事は自分でも理解できます。

>>687
>逆にそれでも見放されていなかったと感じる事が体験です。
自分はまだそこまでいけてないですね。
神秘体験に気をとられると、現実が疎かになってしまう。
未来ばかり考えて、現実を軽視してしまう。
これが本当にやっかいだと思いました。

690 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 16:53:00 ID:WE271PgQ
するとあれかな、昔昔そんな神秘体験をした賢者がいた。
彼はそんな状態であることこそ神の傍にいられることだと思った。
そこで彼はそんな体験もできない一般民衆にこう言った。
「人間は神の国から追放されたんだ」と。
そして民衆は「なぜ神は我らを見放したのだ?」と尋ねた。
賢者は答えた。
「んー、なんかお前らに罪でもあるんじゃね?」と。

691 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 18:01:20 ID:2mmSRbqV
神対に、ディーパックチョプラという人は、科学もスピリチュアルも理解している
と書いていますね。WIKIで調べようとしても、日本のはまだまだ遅れているから日本語の記事は書かれておらず英語版の記事しかないんですよね。
英語は読めないし、困っています(汗)

692 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 18:05:54 ID:WE271PgQ
http://translate.google.com/translate?sourceid=navclient&hl=ja&u=http%3a%2f%2fen%2ewikipedia%2eorg%2fwiki%2fDeepak%5fChopra

693 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 18:19:22 ID:lPhnlWNv

私も「彼との対話」は結構楽しんでいます。w
性器に注射しろとか言葉はアレですが、ちゃんとまじめに対話をしようとはしてるんですよね。年齢をいわないのもウソはつけないのでは。

「でも娘をレイプされた人に犠牲者はいないなど言えませんよ。」
「苦しみのさなかにある人たちのそういう言い方をしても、何の意味もないだろうね。」(神へ帰るp31)
とあるように彼にいくら「神は愛」「神はすべて」と言っても意味はないと思います。

私は「世の中は明るい」、彼は「世の中は暗い」と主張してどっちが正しいんだ、といえばもちろん「両方正しい」ってことになると思うんですね。

彼が身をもって「闇」を提供してくれるので私は自分の「光」を
強く信じることもできるわけで、感謝してるんですよ、意外と。^^

で あなたおよびあなたの妻が強姦拷問されても神は愛と言えますか?
あなたを拷問にかけさせてください その時 あなたは神は愛と言えるのでしょうか?
あなたの住所と電話番号を教えてください あなたの信仰を是非ためさせてください
お願いします
後 あなたは地球にどれだけ強姦拷問が多いか知ってますか?
あなたは単に目の前で強姦拷問を見たことがないだけではないですか?

>>340
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

694 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:24:04 ID:lPhnlWNv
で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?


完璧なら 性器を切断 目玉をくりぬかれるなどの拷問も 完璧
だからという理由で放任してもいいのか?
完璧 でも苦しいことに変わりはないだろう。。。
神対の神が 一人の人間として拷問にあえば 一体どんなセリフを吐くのか?
完璧だから なんなのだ?苦しい とにかくこの痛みから逃れたい とそれだけ
思うに違いない
神対の神を一人の人間として生まれ変わり 拷問にあわせたい
その時 どんなセルフを吐くか 聞きたいものだ
苦しい目に今この瞬間あってなければいくらでも調子に乗れる
しかし 俺は そういうやつを信用しない
苦しい目にあってる最中に 神のセリフを言わないと納得できない

是非 あなたを拷問にかけたい
あなたの住所と電話番号を教えてください あなたの信仰を是非ためさせてください
お願いします

695 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:26:44 ID:lPhnlWNv

「でも娘をレイプされた人に犠牲者はいないなど言えませんよ。」
「苦しみのさなかにある人たちのそういう言い方をしても、何の意味もないだろうね。」(神へ帰るp31)
とあるように彼にいくら「神は愛」「神はすべて」と言っても意味はないと思います。

で 是非 あなたを拷問にかけたい
あなたの住所と電話番号を教えてください あなたの信仰を是非ためさせてください
あなたを拷問にかけた時 あなたは神を愛を呼べるかどうか是非確かめたい
お願いします  あなたの住所と電話番号教えてください


私は「世の中は明るい」、彼は「世の中は暗い」と主張してどっちが正しいんだ、といえばもちろん「両方正しい」ってことになると思うんですね。

アホですね あなたは自分が幸福なだけで
後 あなたの目の前で 強姦拷問がないだけでしょうがっ!
この平和ボケの世間知らずがよ

>>340
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

696 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:29:33 ID:lPhnlWNv
>>443
全く同じ書物を読んでいるのにも関わらず、不安のために、他人に怒り、攻撃し続ける人がいる、ということは「視点が違う」ことの証明だ。

これほど明るい世界なのに、あなたは闇より暗い世界にとどまっている。
悪人はいないし、被害者もいないのに、あなたの周りには悪人や馬鹿ばかりだ。

明るいのはあなたの個人的な主観のみの世界です
あなたは シリアイラクイランなどのイスラム国家や中国 北朝鮮では
どれほど凄まじい拷問が行われてるか知らない 世間知らずですね
それが 明るい世界ですか?あなたは単に 目の前で強姦拷問を見た
ことのない世間知らずでしょうが。
悪人はいないと悟るにはマスターでないと無理です
あなたを拷問にかけさせてください その時 あなたがどんなセリフを
言うか 楽しみです あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?
あなた 本当に拷問にあってもその拷問する人を目の前で観ても
全員 善人だと言う自信がありますか?
あなたマスターでないくせに マスターになった気分で書き込むのは
やめたら?なんであなたはマスターでないのにかっこうつけるの?
あなたを拷問にかけたいので住所と電話番号教えてください
その時でも あなたは本当に 神は愛と叫べますか?


すべては愛、それが唯一の真実だが、あなたは不安、無知に囲まれている。

で あなたは拷問されても同じこと言えますか?
あなたは 今 この瞬間 苦しい目にあってないから調子こけるだけです
また あなたはマスターでないくせに すべては愛とか言わないほうが
いいですよ 身のほどをわきまえたら?
あなた それいよりもなんで進化レベル最低の星 地球にいるの?
なんであなたはマスターでないの?
あなたを拷問にかけた時 あなたは神を愛を呼べるかどうか是非確かめたい
お願いします  あなたの住所と電話番号教えてください

697 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:30:53 ID:lPhnlWNv
>>443

>>340
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画

http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv


あなたは本当に 目の前でこれを見ても

悪人はいないし、被害者もいないのに
すべては愛、それが唯一の真実

だと言えますか?あなたはマスターでないでしょう?
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?

698 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:31:40 ID:lPhnlWNv
あなたの本音が聞きたいので
あなたを拷問にかけさせてください その時 あなたがどんなセリフを
言うか 楽しみです あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?

あなたの妻が拷問されても 同じこと言えますか?
答えください ほんとにあなたの妻が目の前でレイプされても
今のように調子こいたセリフが吐けますか?

あなたの 化けの皮をはがしたくてしょうがありません
あなたに拷問かけてあなたのセリフを聞きたい あなたの本音を聞きたい

後 イエスも手足釘とむち打ちには相当びびった
聖ジャンヌダルク様も 牢獄の暴力と火あぶりにはびびった これが
人間の本音

俺は あなたの 本当の本音が聞きたい 
あなたが 本当に辛い目にあった時 果てして あなたは神をたたえられるか
興味がある 是非 あなたを拷問にかけたい 返事待ってます

699 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:38:01 ID:lPhnlWNv
>>443
>>677
あなたの本音が聞きたいので
あなたを拷問にかけさせてください その時 あなたがどんなセリフを
言うか 楽しみです あなたの住所と電話番号教えてくれませんか?

あなたの妻が拷問されても 同じこと言えますか?
答えください ほんとにあなたの妻が目の前でレイプされても
今のように調子こいたセリフが吐けますか?

あなたの 化けの皮をはがしたくてしょうがありません
あなたに拷問かけてあなたのセリフを聞きたい あなたの本音を聞きたい

後 イエスも手足釘とむち打ちには相当びびった
聖ジャンヌダルク様も 牢獄の暴力と火あぶりにはびびった これが
人間の本音

俺は あなたの 本当の本音が聞きたい 
あなたが 本当に辛い目にあった時 果てして あなたは神をたたえられるか
興味がある 是非 あなたを拷問にかけたい 返事待ってます

>>340←あなたやあなたの妻がこんな目にあっても
悪人はいない すべては愛であると 叫べますか?返事ください
あなたはマスターでないでしょう?
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?

700 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:39:34 ID:lPhnlWNv
>>454
>>443
>>677
ごまかさずに 私の質問に答えてくれますか?
ごまかしは誠実さと反します
誠実さを欠くということはマスターの道から遠ざかりますよ
きちんと わたしの質問に答えてくれませんか?

あなた仕事の時は聞かれたことに的確に答えるでしょう?
なぜネットの中ではごまかしてマスターでなくにマスターのふり
をするのですか?なぜ聞かれたことに答えないんですか?

それとマスターは誠実であるのであなたのようにごまかしませんよ
マスターになれば社会的になるからだ
あなたのようにはぐらかしたりしませんよ

あなたが実社会で仕事の時相手に対して聞かれたことに
対して的確に答えるように
わたしの問いにも誠実に答えてくれませんか?

あなた仕事の時ははぐらかさないでしょう?
仕事の時 はぐらかせば仕事首になりますよ
あなたは仕事の時 はぐらかさないでしょう?
それと同じ態度で わたしに接してくれませんか?

701 :↑↑↑:2007/09/15(土) 18:41:32 ID:lPhnlWNv
>>443 >>454
>>677
あなたは単にかっこうつけて神との対話に酔いしれて単に 悪人はいない
被害者はいない すべては愛であると 言ってるだけではないですか?
口だけじゃないですか?心の底の底から本当にそう思ってるのですか?
本気の本気のたとえどんな目にあってもあなたは本気でそう叫べるのですか?
単に あなたは今この瞬間苦しい目にあってないから調子にのってそれらの
セリフを吐けるだけじゃないですか〜?
わたしは あなたが本当に拷問にかけられた時 はたして上記のような
調子にのったセルフが吐けるかどうか大変興味があるんですが

あなたは 本当に心の底からそう思ってるのですか?
俺は あなたの本音が聞きたい 是非 あなたやあなたの目の前で
あなたの妻を拷問にかけたい あなたは その時 どんなセリフを言うか
聞きたくてたまらん
私の拷問実験に協力してくれませんか?
俺 あなたのようにかっこうつけてマスターぶるやつ大嫌いなんです

俺は お前のようにかっこうつけて神との対話のセリフに酔い
マスターぶる偽マスターつまり 詐欺師 が
大嫌いなのである

>>340←あなたやあなたの妻がこんな目にあっても
被害者はいない 悪人はいない すべては愛であると 叫べますか?返事ください
叫べるならあなたはマスターです

でも本当は
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?
あなたは口だけの 詐欺師じゃないですか?
あなたの本当の本当の苦しい目にあった時のあなたの本当の本当の
本音が聞きたいなあ〜www

702 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 18:50:54 ID:8RtGEJ/N
>>693-701

210 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:55:51 ID:Oq8wpC55
このスレも朝までの命ムチャクチャ言ってやる!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!
かかって来たまえ↓


211 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:58:41 ID:Oq8wpC55
>>209 母ちゃんに顔射されたのに逃げるのか? とんだ腑抜けだな?
ほっといたらお前の母ちゃんどうなっても知らないぞ〜!?
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!


212 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:02:51 ID:Oq8wpC55
>>209 お前の母ちゃん俺に顔射されて泣いてるよ?
得意の顔射芸がなぜかお前の母ちゃん以外に決まらないなぁ。
なぜかわかる?お前の母ちゃんは特別淫売だからさ!!
ぶっきゃっきゃ〜!!ブヒブヒブーッ!!
ん?なんだ?か細い声が聞こえないか?みんな?
↓かかって来たまえ。


213 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:06:26 ID:Oq8wpC55
びびってる〜!! ヒューヒュー♪ ↓かかってきたまえ!
嘘じゃ!言い逃げかましたる。 おやすみ〜!
もうお前らと話す事など無い! つーか、最初からない!!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ! 顔曲がってんぞ?

703 :↑↑↑:2007/09/15(土) 19:06:07 ID:lPhnlWNv

私は「世の中は明るい」、彼は「世の中は暗い」と
主張してどっちが正しいんだ、といえばもちろん「両方正しい」ってことになると思うんですね。

お前は馬鹿か?俺は事実を述べてるだけだ 幸福な人とそうでない人がいる それだけだ
お前が幸福なのと 世界の事実は関係ない 俺は暗いとも明るいとも言ってない
お前は自分の主観だけと述べている 俺は事実だけを述べている

>>454
>>443
>>677
ごまかさずに 私の質問に答えてくれますか?
ごまかしは誠実さと反します
誠実さを欠くということはマスターの道から遠ざかりますよ
きちんと わたしの質問に答えてくれませんか?

あなた仕事の時は聞かれたことに的確に答えるでしょう?
なぜネットの中ではごまかしてマスターでなくにマスターのふり
をするのですか?なぜ聞かれたことに答えないんですか?

それとマスターは誠実であるのであなたのようにごまかしませんよ
マスターになれば社会的になるからだ
あなたのようにはぐらかしたりしませんよ

あなたが実社会で仕事の時相手に対して聞かれたことに
対して的確に答えるように
わたしの問いにも誠実に答えてくれませんか?
あなた仕事の時ははぐらかさないでしょう?
仕事の時 はぐらかせば仕事首になりますよ
あなたは仕事の時 はぐらかさないでしょう?
それと同じ態度で わたしに接してくれませんか?

704 :↑↑↑:2007/09/15(土) 19:09:51 ID:lPhnlWNv
>>454
>>443
>>677
ごまかさずに 私の質問に答えてくれますか?
ごまかしは誠実さと反します
誠実さを欠くということはマスターの道から遠ざかりますよ
きちんと わたしの質問に答えてくれませんか?

あなたは単にかっこうつけて神との対話に酔いしれて単に 悪人はいない
被害者はいない すべては愛であると 言ってるだけではないですか?
口だけじゃないですか?心の底の底から本当にそう思ってるのですか?
本気の本気のたとえどんな目にあってもあなたは本気でそう叫べるのですか?
単に あなたは今この瞬間苦しい目にあってないから調子にのってそれらの
セリフを吐けるだけじゃないですか〜?
わたしは あなたが本当に拷問にかけられた時 はたして上記のような
調子にのったセルフが吐けるかどうか大変興味があるんですが

あなたは 本当に心の底からそう思ってるのですか?
俺は あなたの本音が聞きたい 是非 あなたやあなたの目の前で
あなたやあなたの妻を拷問にかけたい あなたは その時 どんなセリフを言うか
聞きたくてたまらん
私の拷問実験に協力してくれませんか?
俺 あなたのようにかっこうつけてマスターぶるやつ大嫌いなんです

俺は お前のようにかっこうつけて神との対話のセリフに酔い
マスターぶる偽マスターつまり 詐欺師 が
大嫌いなのである



705 :↑↑↑:2007/09/15(土) 19:13:07 ID:lPhnlWNv
>>454
>>443
>>677

>>340←あなたやあなたの妻がこんな目にあっても
被害者はいない 悪人はいない すべては愛であると 叫べますか?返事ください
叫べるならあなたはマスターです

でも本当は
あなたは神との対話のセリフに酔ってる偽マスターもどきでしょう?
あなたは口だけの 詐欺師じゃないですか?
あなたの本当の本当の苦しい目にあった時のあなたの本当の本当の
本音が聞きたいなあ〜www

私はあなたが本当に苦しい目にあった時 なんて叫ぶか聞きたいのです
是非是非 あなたを拷問にかけたい あなたの信仰が本物かどうか試したい
是非 返事ください ごまかさずに 返事ください お願いします

>>340
ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv

706 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 19:21:08 ID:8RtGEJ/N
510 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:41:28 ID:NPVRvkHl
やめてよー!?俺、霊とかマジ怖いんだからー。

511 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:45:40 ID:NPVRvkHl
バカやろー!!空気と流れは見てるだけじゃダメだ。自らの力で作るのだ!
例えば俺の放屁のようになぁ!!
ぶっひょっひょ〜!ブヒブヒぶーっ!ぶびぶぶーっ!!
ブピっ! あっ・・・、何か・・・、出たかも。

514 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 11:53:20 ID:NPVRvkHl
ダメみたい。パンティーまでいってるわ・・・。
恥ずかしー!!もう生きていけないよ!! お前等のイジメ最低だな!?

516 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 11:59:39 ID:x0C6rJap
↑誰か相手して欲しいいんだって

518 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 12:00:29 ID:NPVRvkHl
やっぱ俺、死んだ方がいい?

519 :神も仏も名無しさん:2007/07/31(火) 12:02:50 ID:6NOWCi6S
神よ、どうした?

522 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/07/31(火) 12:05:18 ID:NPVRvkHl
>>519 あいつらにウンコもらさせられた。

707 :ずらくれ:2007/09/15(土) 19:32:55 ID:lQ4MUS0a
人間のことは、人間で、やってくれ。神、談。

708 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 21:14:41 ID:AEv3UMq1
>>688,689

レス有難うございます。では、魔とはあくまでご自身の経験による主観ということですね。
あと、682の後半の質問にも答えて頂けたらと思うのですが→

>魔は、高度の知能でその人の思考や人格程度を見抜きます。
>本人すら気づいていない心の襞を知っています。

人間と同じく意識、意思をもった存在なのでしょうか。
また、霊視をした場合、それは視覚で何らかの形で見えるものなのでしょうか。

709 :ずらくれ:2007/09/15(土) 21:16:51 ID:lQ4MUS0a
>>708
神も魔も、無い。

710 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 21:23:51 ID:AEv3UMq1
それから、以前のレスで

霊格と人格は違う

というものがあったと思います(おそらくこのスレだったと思うのですが。ちょっと見つからなくなって
しまいました。それとも別の神対スレかもしれませんが。)
もしかしたら今日あたり書き込みされている方が書かれたのかなと思ったりしていますが、
ちょっと気になったので、分かる方もう少し具体的に解説願えませんでしょうか。

711 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 21:27:31 ID:1Jf83IkN
どもっ!お久しぶりですが、うーん、なんかマンネリですね。さすがに飽きてきましたが。
まず私の本音が聞きたいとのことですが、>>617の方と同意見ですね。
よく読んで下さいね。

>明るいのはあなたの個人的な主観のみの世界です
当たり前じゃないですか。
「客観的現実」というのは言葉として矛盾しているんですよ。
視点が認識を創り、認識が経験を創る。
認識があなたのために作った経験、それがあなたの言う事実ですよ。
あなたの言う「事実」とは実はあなたの経験です。
そのほかはすべて誰かが経験し、あなたに語ったに過ぎないんですよ。
(神へ帰るp118)



712 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 21:28:07 ID:1Jf83IkN
で、あなたは住所と電話番号知りたがってますが、それが100%実現しないことをあらかじめ確信して問いてるでしょう。

なぜなら、選択権はあなたではなく私にあるから。
なぜなら、あなたはあなたの信じることしか信じないから。
なぜなら、あなたの満足のために私が協力することはないから。

理解できます?

713 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 21:28:23 ID:1Jf83IkN
何か勘違いしてらっしゃるようですが、私はここであなたに感謝していますが、
あなたを闇の世界から引き上げる協力はするつもりはないのですよ。

なぜなら、あなたはあなたの信じるものしか見ないから。
なぜなら、私は私の信じるものしか見ないから。
なぜなら、あなたは「完璧な」人生を歩んでいるから。

714 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 21:28:45 ID:1Jf83IkN
協力するつもりはありませんが、私はあなたのこと、好きですよ。

なぜなら、すべてはひとつだから
なぜなら、すべては愛だから

で、最後に言っておきますが、私の言うことは信じないで下さいね。^^

715 :↑↑↑:2007/09/15(土) 21:57:37 ID:lPhnlWNv
で 俺が聞きたいのは あなたを拷問にかけ
その時 あなたははたして神を愛である と言えるのか聞きたいと
言ってるのです

あなたはノーなのですね
なぜ ノー なのか答えてください 拷問が怖いのですか?

で 他の質問もきちんと読んで答えてくれませんか?
あなたは拷問にかけられ妻が目の前で強姦されても神は愛であると言えますか?
答えてください
自分が苦しくなければいくらでも調子に乗れます

716 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:00:36 ID:8Px8u3yU
>>714

横から失礼します。

>私はあなたのこと、好きですよ。

これは嘘ですね?そう感じるだけではないですか?
自分がそうだったので、そう思うのですが、違っていたらごめんなさい。

その辺のところを、まず自覚する必要があると思います。
人は無条件の愛を知っていますが、だからと言って実際に
他人を無条件に愛することはできません。そこが神と人との違いです。

その事実を心に刻み込むような経験が必要です。
そこで本当の自分を知って、愚かさを自覚しなければ何も得られない。

折角この世に生を受けたのに、勿体ないです。

717 :↑↑↑:2007/09/15(土) 22:01:27 ID:lPhnlWNv

で、あなたは住所と電話番号知りたがってますが、それが100%実現しないことをあらかじめ確信して問いてるでしょう。

なぜなら、選択権はあなたではなく私にあるから。
なぜなら、あなたはあなたの信じることしか信じないから。
なぜなら、あなたの満足のために私が協力することはないから。

理解できます?
何か勘違いしてらっしゃるようですが、私はここであなたに感謝していますが、
あなたを闇の世界から引き上げる協力はするつもりはないのですよ。

なぜなら、あなたはあなたの信じるものしか見ないから。
なぜなら、私は私の信じるものしか見ないから。
なぜなら、あなたは「完璧な」人生を歩んでいるから。


いちいちいい訳が多いな

お前は好きなやつからセックスやろうと言われれば オッケーするだろ?
俺の場合は なぜ ノーなの?

はっきりした理由を

なぜ ノー なのか答えてください 拷問が怖いのですか?



718 :↑↑↑:2007/09/15(土) 22:03:20 ID:lPhnlWNv
>>454 >>711
>>443 >>712
>>677 >>713

で 他の質問もきちんと読んで答えてくれませんか?
あなたは拷問にかけられ妻が目の前で強姦されても神は愛であると言えますか?
答えてください
自分が苦しくなければいくらでも調子に乗れます
で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?
日本にいる1億人が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?

きちんと答えてください

あなたは単に拷問が怖くていやだから断っただけでしょう?
なぜ つまらんいい訳ばかりするのですか?


719 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:06:53 ID:8Px8u3yU
>>708

すみません、長々とレスを書いたつもりでしたが、
リロードで消してしまいました。
しかも>>714のコメントが気になって横レスしてしまいました。

また出直します。

720 :↑↑↑:2007/09/15(土) 22:06:57 ID:lPhnlWNv
>>454 >>711
>>443 >>712
>>677 >>713

なぜなら、選択権はあなたではなく私にあるから。
なぜなら、あなたはあなたの信じることしか信じないから。
なぜなら、あなたの満足のために私が協力することはないから。

理解できます?
何か勘違いしてらっしゃるようですが、私はここであなたに感謝していますが、
あなたを闇の世界から引き上げる協力はするつもりはないのですよ。

なぜなら、あなたはあなたの信じるものしか見ないから。
なぜなら、私は私の信じるものしか見ないから。
なぜなら、あなたは「完璧な」人生を歩んでいるから。


いちいちいい訳が多いな
お前 仕事の時 そんなしゃべり方しないだろう?


お前は好きなやつからセックスやろうと言われれば オッケーするだろ?
俺の場合は なぜ ノーなの?

お前はいちいちいい訳が多いな 単に 拷問が怖くて痛くていやだから
耐えられないから だろ?
なんで 素直にそう言えないの?





721 :↑↑↑:2007/09/15(土) 22:08:15 ID:lPhnlWNv

なぜなら、選択権はあなたではなく私にあるから。
なぜなら、あなたはあなたの信じることしか信じないから。
なぜなら、あなたの満足のために私が協力することはないから。

理解できます?
何か勘違いしてらっしゃるようですが、私はここであなたに感謝していますが、
あなたを闇の世界から引き上げる協力はするつもりはないのですよ。

なぜなら、あなたはあなたの信じるものしか見ないから。
なぜなら、私は私の信じるものしか見ないから。
なぜなら、あなたは「完璧な」人生を歩んでいるから。


いちいちいい訳が多いな
お前 仕事の時 そんなしゃべり方しないだろう?


お前は好きなやつからセックスやろうと言われれば オッケーするだろ?
俺の場合は なぜ ノーなの?

お前はいちいちいい訳が多いな 単に 拷問が怖くて痛くていやだから
耐えられないから だろ?
なんで 素直にそう言えないの?

で 他の質問もきちんと読んで答えてくれませんか?
あなたは拷問にかけられ妻が目の前で強姦されても神は愛であると言えますか?
答えてください
自分が苦しくなければいくらでも調子に乗れます
で あなたやあなたの娘が凄まじい強姦拷問にあってる最中
にも あなたそんな調子こいたこと言えますか?

722 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:09:16 ID:S0zKnuHO
素朴な疑問。

そんな調子こいたことを言う人が本当に現れたら、どうするんだろう?



723 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:09:37 ID:EyGmNazj
>694-705
いやー、久々に連投が来ましたね。
でも今回の標的(?)は1Jf83IkNさんだけ、というところからすると、その他の方のレスには
ある程度納得がいっているということでしょうか?

>711で言っているように1Jf83IkNさんも私と同様、別段マスターのフリをしているわけでは
なさそうですから、そこらへんは納得できますでしょうか?

前に神の言葉をマスターでもない人間が語るのは言わば著作権侵害だ、という考えを
述べられましたが、侵害と考えるかどうかは神にお任せするとして(もし神が侵害者に
罰を与えたいと思うのなら与えるでしょうから)何卒神の代わりに罰を与えず、
怒りは心の中に留めておくことはできませんでしょうか?

で、君も霊視とかできるということで、>680>683のあたりに共感できる部分とかありますか?
私も霊能力なんかがあると、良いことと悪いことの見分けがうまくできて、悪いことからは
遠ざかることができるんじゃないか?と思って霊能力に憧れた時期があります。
でもむしろ逆のことが起こりうるということを改めて知らされた思いです。

724 :↑↑↑:2007/09/15(土) 22:11:41 ID:lPhnlWNv

>明るいのはあなたの個人的な主観のみの世界です
当たり前じゃないですか。
「客観的現実」というのは言葉として矛盾しているんですよ。

客観的事実という言葉であれば矛盾してません

視点が認識を創り、認識が経験を創る。
認識があなたのために作った経験、それがあなたの言う事実ですよ。
あなたの言う「事実」とは実はあなたの経験です。
そのほかはすべて誰かが経験し、あなたに語ったに過ぎないんですよ。

違います
私は事実を述べて あなたは主観を述べてます

俺は幸福な人と不幸な人がいるという事実を述べてるだけ
あなたは世界が明るい と 思う という事実と関係ないあなたの主観を
述べてるだけです

よって 俺の述べてることは事実 あなたの言うことは妄想(主観)です

725 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:16:02 ID:S0zKnuHO
>>724
あなたの述べていることは妄想です。

726 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:18:38 ID:lPhnlWNv
>711で言っているように1Jf83IkNさんも私と同様、別段マスターのフリをしているわけでは
なさそうですから、そこらへんは納得できますでしょうか?

だから 神で愛であると 今 そう感じるまたは思うならいいのですが
強姦拷問された時 神は愛であると叫ばなければ 駄目です
なぜなら 拷問強姦も神だからです つまり強姦拷問されてる時に神は愛である
と言えなければ 神は愛であるということにはなりません

前に神の言葉をマスターでもない人間が語るのは言わば著作権侵害だ、という考えを
述べられましたが、侵害と考えるかどうかは神にお任せするとして(もし神が侵害者に
罰を与えたいと思うのなら与えるでしょうから)何卒神の代わりに罰を与えず、
怒りは心の中に留めておくことはできませんでしょうか?

いや 俺は偽マスターの正体を暴きたいだけ

で、君も霊視とかできるということで、>680>683のあたりに共感できる部分とかありますか?

そうですね 悪霊は思考回路を見抜くということですね
たとえば お前は今 こんなこと想像してるだろ?と当てられたり というか
想像することを悪霊コントロールされるという感じです 悪霊は凄まじいです

727 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:22:33 ID:EyGmNazj
>>721
あとですね、また「神とひとつになること」に気になる記述がありました。

『痛みはひとつの経験だ。苦しみは、その経験についての判断である。
たいていのひとは、痛みを経験することはよくないと判断し、痛みはおこるべきではない
と思う。だが、痛みも完全なものとして受け入れれば、その度合いに応じて人生の苦しみは
軽減される。
それがわかっているから<マスター>は、たとえ痛みのすべてからのがれられなくても、
苦しみを克服する。』

おわかりになりますでしょうか?マスターは痛みを経験しないわけじゃない、と書かれています。
やっぱりたとえマスターでも肉体を持ってこの世に生まれてきた以上、痛いんじゃないでしょうか?
そして前にも書きましたが、決してマスターであることは完璧な人間であるということとは違う、
ニール氏自身も自分は完璧な人間ではない、と言っています。

でも君の主張が正しいのであれば、ニール氏は神の言葉を語っているのだから、強姦拷問への
問いかけは、まずニール氏に対して向けなければならないのではないでしょうか?
ニール氏に対してはその疑問はありませんか?ニール氏にその件を問い合わせたことはありますか?

728 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:29:59 ID:EyGmNazj
>>724
ん?ちょっとおかしいですぞ?神へ帰るの中には確かに「客観的事実」という言葉は
矛盾をしている、と書いてありました。事実というのはあくまで主観的観測者からの
観測によって生み出されるものでは。物理学的にも。

>>726
>なぜなら 拷問強姦も神だからです つまり強姦拷問されてる時に神は愛である
>と言えなければ 神は愛であるということにはなりません

ん?これもちょっとおかしいですぞ?
「神は愛である」ということが真実なのであれば、拷問されているときに言えなくったって、
さらには「神は愛ではない」と言ったところで、その真実は変わらないのでは?

>いや 俺は偽マスターの正体を暴きたいだけ

ですから彼はべつに「俺はマスターだ」という姿勢ではないようですが?
もちろん君から見れば「マスターのフリをしている」ように見えるのかもしれませんが、
それは君の事実(君という観測者から見た主観的見解)であって、彼はそうではないと
言っているのであれば、それは彼の事実ではないでしょうか?

>想像することを悪霊コントロールされるという感じです 悪霊は凄まじいです

うーん、やはり霊感なんかなくてよかったと思う今日この頃。

729 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:45:44 ID:EyGmNazj
アンパンマンに対する面白い考察をしている方のブログ。
人間の想像力の豊かさというは本当に素晴らしいと思う好例です。
ttp://d.hatena.ne.jp/ululun/20070910/1189419295

とても筋が通っていて、本当にそうなのではないかと思ってみるどころか
逆にそうではないと否定するのも難しいほどによくできていると思います。

さて、ではなぜこのようなことが起こるのでしょうか?
それはテレビでは映らない部分があるからですね。だからその見えない部分をうまく
つないでいくと、一方ではキチンと正義のヒーローが成立し、一方ではこれもキチンと
巨大帝国主義政策が見えてしまうわけです。

そこでふと神についても同じことが言えるんじゃないかな、と思いつきました。
神には見えない部分がある。宇宙の果てでさえ地球からは観測できないのだから
神の全てを見ることは到底できない。あるいはそもそも見えない、と思う人もいるでしょう。
だから見えない部分は想像・創造するしかない。

するとそこには様々な神の像ができあがるのではないでしょうか?
神は愛であるようにも見えれば、拷問を野放しにするサディストにも見えるかもしれません。
こういう視点から見ると、結局は誰しも同じ見方などできないのですから、
「誰かが神とはこうである」と言っていたからといってそれを鵜呑みにすることなく、
自分の神を信じるしかないのでしょう。著作権にうるさい神であっても。

730 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 22:57:05 ID:8Px8u3yU
ん???

731 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 23:04:07 ID:8Px8u3yU
私もアンパンマンは好きではありませんが・・・

732 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 23:22:11 ID:S0zKnuHO
    ┌───── 金 ─────┐
    │                  ↓
 - - - - - - - - - - -裏- - - - - - - - - - - -
┌──────┐        ┌──────┐
│ アンパンマン ├─攻撃→│ バイキンマン │
└──────┘        └───┬──┘
      ↑                        │
   感謝・金               攻撃
      │                        ↓
┌──┴───────────────┐
│           市  民             │
└──────────────────┘

733 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 23:22:20 ID:EyGmNazj
あれえ。私はアンパンマン好きなのに。
だってすごいんですよ。「愛と勇気だけが友達さー!」って言い切っちゃうんですよ。
仮にアンパンマンが神は愛であり、すべてである、ということを信じているのであれば、
ジャムおじさんもバタ子さんもみんな愛であり、友達である、という認識なのでしょうが、
そうでないとしたら……友達いないかもしれないんですよ!

確かに勧善懲悪という考え方は諸刃の剣だとは思います。
そして最終的には目には目を、暴力には暴力を、というハンムラビ的思想に基づく
アンパンチで解決ですからね。それはわかります。

でも愛しか信じずに黙々と己の正義を貫くという姿勢は、どっちつかずでいるよりも
むしろ明瞭で公明正大に感じるのは私だけでしょうか。

734 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 23:28:10 ID:EyGmNazj
調子に乗ってスレ違いとしりつつアンパンマンの続きをw
ほのぼのとした顔の裏にはものすごいものを背負っているんです。
この歌詞を見てください!

ttp://www.ocochama.net/music_anpan.htm

とても子供に理解できる歌ではありません。

「そうだ うれしいんだ いきるよろこび
 たとえ むねのきずが いたんでも」

彼はどんな傷を胸に抱いているのでしょうか?
暴力に暴力でしか解決できないことへの痛みでしょうか?
市民をだまして芝居を続けることへの痛みでしょうか?


「なんのために うまれて なにとして いきるのか
 こたえられないなんて そんなのはいやだ!」

そんなことは何も考えずに生きている大人には耳の痛い話です。
そしてこのレスにいる方たちは全員同様に考えているはずです。

735 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 23:28:47 ID:1Jf83IkN
>>729
そのとおりでしょうね。
神には何兆もの側面があり、自分がどの側面を経験したいのか選べる、とありましたからね。^^自分が信じるとおりの神がいるというのは納得できますね。

私はこの神との対話シリーズを通して、少なくとも自分の人生に対する不安がかなりなくなりました。ま、何とかなるんだろうと。
また、世の中の不幸な出来事に対する憤りがだいぶ収まりましたね。
ま、完璧なんだろうと。

今一番考えているのは「じゃ、どうやって自分の人生に活かしていこうか」
って言うところですね。
この幻想の現実で自分が楽しく生きるためにはどうすれば良いのか?



736 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 23:45:24 ID:8Px8u3yU
私をこの美しい世界に送り出し、
美しいものを美しいと感じる感性を
与えてくれた神に感謝したいですね^^

>ま、完璧なんだろうと

本当ですね。


737 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 23:51:01 ID:EyGmNazj
>>735
なんとなくご賛同頂けたようで嬉しい限りです。
でもなんだか私は同じことばっかり言ってますね…。
文体こそ違えど「拷問・強姦」を繰り返す彼とやっぱり似ているのかもしれません。
だから彼に親近感を覚えてしまうんですよね。

>今一番考えているのは「じゃ、どうやって自分の人生に活かしていこうか」
>って言うところですね。

それでふと昨夜「そうだ、愛は欲しがるんじゃなくて与えるものだった」ということを
思い出しました。初めて対話を夢中になって読んでいるときは確かに確信を持って
そう心がけようとしていたのですが、ふと気がついたら忘れていたな、と。
いつの間にかまた欲しがる側に回っていた自分に気づきました。

もちろんこれがまたなかなか難しいですが、まずは笑顔でしょうかね。
ちょうどさっき引用したマスターの部分にこう書いてありました。

『<マスター>は決して不平を言わない。そのためにまわりの苦しみも減るし、
<マスター>自身の苦しみも減る。しかし<マスター>が不平を言わないのは、
苦しみを減らすためではなく、痛みとを苦しみと解釈せず、たんに痛みとして
受け取るからだ。』

さすがに単に痛みとして受け取ることはまだまだ難しいですが、今の私にできる事は
なるべく不平を言わない、いつも笑顔でいる、というところでしょうか。

738 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 00:08:47 ID:UiMTkkNL
>>737
EyGmNazjさんの話に説得力があるのは具体的に例を挙げてくれるからですね。同じ話でも毎回のたとえ話が非常にわかりやすい。オレンジアップルと同じですね。^^

私も対話を夢中で読んでいる時にちょっと話しかけられるだけで、
「うるさいなー」とか思ったりして、
「あ、全然できてないな、オレ」と。^^

いつも笑顔というのも大切ですね。
たまにはできるんですが、いつもは難しいですね。^^
どうしてもイヤなことが目の前で発生すると、ネガティブ思考になってしまう。
ただ、その後に、自分の視点をいろいろ変えてみて、自分に都合のいい意味づけを行うように努力はしてます。^^
それが1日後だったり1時間後だったりですので、瞬時にプラスに持っていければな、と。^^



739 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 13:00:54 ID:eh3rk6iv
>>738
いやはや恐縮です…。

もちろん常に笑顔っていうのも難しいですよね。
人間だからやっぱり怒ったり悲しかったり顔も合わせたくないっていう状況も
なかなか避けられませんものね。笑顔が妙な誤解を生んだりとかね…。


えーとそれからいつもの彼へ。
前に書いたんだけど飛ばされてしまったのでもう一度聞いてみたいこと。

君の興味の対象は、魂は進化を続けてどうなるのか、そもそもこの世界は
どういう仕組みになっているのか、という言わば神の王国の「建築構造」を
知りたがっているのではないかと感じました。

でも私の興味はこの世界の仕組み、建築構造ではなくて(もちろんここにも興味はありますが)
その建造物のなかでどう過ごすことが一番楽しいかな、心地よいかな、ということです。
君は神の王国の設計図を手に入れたいようですが、もしそれが手に入ったとして、
それをどう使っていきたいと考えていますか?とっても興味があります。


740 :神は拷問強姦を望む:2007/09/16(日) 17:03:16 ID:kS3vJLnS

中国政府にレイプや拷問された多くの女性(画像)((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる
http://photo.minghui.org/photo/images/persecution_evidence/E_wuju_300_1.htm

女性を裸にして拷問(おっぱいと乳首を破壊) 中国刑務所で行われている法輪功学習者への迫害実態(画像)
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/10/html/d67889.html ((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる

法輪功は宗教ではなく 単なる気功健康体操集団です

弾圧されてる理由は 中国共産党より数が多いという理由だけで

拷問 強姦 弾圧 投獄されてます

みんな 真実を知ってください


   ★中国は臓器を生きた人間から取り出して高額で売買してます 本当です★


  ↑
すべては完璧だと神は言うが 完璧だから なんなの???

741 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 18:23:52 ID:eh3rk6iv
>>740
>すべては完璧だと神は言うが 完璧だから なんなの???

だから、もしそれらが間違っていると感じたのであれば、そう行動すればいい、
ということではないでしょうか?

だから、そういうことが行われていることを「知らせるだけでいい」と思うのであれば
皆に知らせればいいのではないでしょうか?

だから、そういうことを止めなければならない、と思うのであれば、止められるような運動を
起こすなり、国際ジャーナリズムを動かすなり、考えられるあらゆる手段を用いて
止めようとすればいいのではないでしょうか?


しかし私が思うのは、確かに自分には知らない事実というのが沢山あるとは思いますが、
それはそのような悲惨な事実はもちろん、神の栄光を表現しているかのような事実もまた
沢山あるはずです。しかしテレビニュースはもちろん、一般的な報道では「素晴らしい出来事」
をあまり伝えません。なぜでしょう?それは悲惨なことよりも素晴らしいできことの方が多すぎて
伝えきれないというのも1つだとは思いませんか?そして他人の不幸には興味を持つが
他人の幸せには興味を持たない人があまりにも多いからではありませんか?

そしてもう1つ。
「海外では〜」という記事ばかりですが、では身近な場所ではそのような悲惨なできごとは
起きていませんか?うちの近所ですら巨大な袋に空き缶を山のように自転車に積んでいる
人をよくみかけます。あちこちで一人暮らしのお年寄りが衰弱死しています。
どうして直接的な強姦拷問にばかりスポットを当てたいのでしょう。福祉の縮小もまた
それに頼らざるを得ない人にとっては拷問以上の苦しみではないでしょうか?

742 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 18:39:20 ID:eh3rk6iv
食べ物がなくて衰弱していく。しかしすぐに餓死するわけではありません。
寝たきりで床ずれをおこして背中やお尻が腐っていく。
猛烈な飢えと渇きと痛みが何日も続いた挙句、死んでいく。
拷問であれば解放される可能性はありますが、こちらの場合はたまたま誰かが
発見してくれない限りは死ぬまで拷問が続きます。

誰も手を下していないから拷問ではない?

違います。誰も手を下さないという拷問です。そしてそれは誰にでも責任があると同時に
誰にでも責任を擦り付けられるという最も卑怯な拷問です。
自分ひとりで政治を変えられないと思っている人にも責任があります。
今の政治家を選んだ全ての人にも責任があります。
もちろんその選ばれた政治家に責任があることは言うまでもありません。
近所づきあいをしなくなった現代人の責任でもあります。

ですがニュースでは簡単に「孤独死」という単語だけで済ませてしまいます。
「一人暮らしの老人が亡くなっているのが発見されました」という決まり文句になってしまった
フレーズだけで次のニュースにいってしまいます。

どちらが悲惨でしょうか?そして、だから、どうするべきなのでしょうか?

743 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 18:48:59 ID:eh3rk6iv
長々すいません。
別の見方をしてみたくなりました。

ユーラシア大陸の東に位置する大きな国で、気功健康体操を行っている集団の人たちが
その国で同じ考え方をする人たちの大きな集団によって肉体を傷つけられたりしている。
だからなんなの?


いつもその部分がかかれていません。
「だからなんなの?」


見て見ぬふりはしているでしょうが、世界には日本と比べて貧しかったり暴力的だったり
する国があることは誰でも知っています。そこに具体的にはこんなことが行われている
ということを知らしめて、それからどうしたいのでしょうか。
「お前ら、なんとかしろ」でしょうか。
「お前ら、他に苦しんでいる人がいるときは幸せになっちゃいけない」でしょうか?
「お前らの言う幸せは本当の幸せじゃない。苦しんでいる時にも幸せと言えなければ
 本当の幸せじゃない。この偽幸せ者が。」でしょうか。

744 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 19:40:14 ID:eh3rk6iv
連投すいません。

「完璧」とはどういうことでしょう?というアプローチ。
恐らくこれは「全てが良いこと」と捉えがちではないでしょうか?
ですが善悪というのは相対世界におけるある視点からの主観でしかありません。
完璧とはそういうことではなく、宇宙では自動的に惑星が恒星の周りを規則正しい周期で移動し、
恒星が1つの銀河の中心の周りを規則正しい周期で移動するような、そんなことではないでしょうか?
宇宙は完璧に機能している。

では「完璧」な世界を仮に「苦しみのない世界」として作ってみましょう。
誰も他者を傷つけません。
呼吸ができないと苦しいですから、呼吸も不要にしましょう。
子供を生むときに苦しくないようにコウノトリが運んでくることにしましょう。
お腹も空きません。当然そのための労働も必要ありません。
勝手に転んだりして怪我で苦しむといけないので、いっそのこと肉体をなくしてしまいましょう。
これで高所から落ちて死ぬ心配もぶつかって怪我をする心配もありません。

さて、そこへ生まれた自分は何をしましょう?

「違う、極限の痛みが必要ないだけで少しの痛みは必要だ」
ではここに少しだけ痛いことにしましょう。
そうですね、半肉半霊みたいなものにしましょうか。
誰かに刺されても少し痛いです。でも少しだけです。
肉体は破壊できません。破壊されたら苦しいですからね。破壊しようとしても少し痛いだけです。

さて、そんな体で生まれた自分は何をしましょう?

745 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 19:52:44 ID:eh3rk6iv
肉体的な苦しみは肉体を破壊できないということで回避できました。
次は精神的な苦しみも感じないように設定しましょう。

競争して負けると苦しい思いをするので決して誰とも競いません。
彼らから競争心も奪っておきますね。
人を深く好きになることもありません。物凄く好きになってしまった時は苦しいですからね。
人を愛する心も奪っておきます。
何かを欲しがるという欲求も奪っておきましょうか。何かがとても欲しくなって、
それが手に入らないと苦しいですからね。

いや、それよりは全ての物が自由にいくらでも手に入る世界にしましょうか。
欲しいと念じただけで目の前に欲しいものが現れます。こうしておけばどのみち
欲しがる心は失われるでしょう。欲しいというのは今手元にそれが無いから存在する概念。
手元に全てあれば概念自体が消失しますからね。


……いや、これは困りました。
もう死にたいという苦しみが残ってしまいましたよ。自爆装置でもつけましょうか?
でも誰かがいなくなったら誰かが苦しむかもしれないのでやめておきましょう。
じゃあ苦しむ心自体を奪ってしまいましょう。もうこれで誰もが何かあっても
ちょっと痛いだけで決して苦しみません。

さて、こんな世界に生まれた自分は何をしましょう?


746 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 20:40:41 ID:1+gKIW5s
どんどん袋小路に迷い込んでますよ

747 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 21:08:14 ID:kS3vJLnS

中国共産党による臓器狩り問題まとめ:簡単に説明

生きたまま、あまり麻酔もかけられずに臓器を取り出されて、殺される...
この信じられない殺人が中国の中国共産党(中共)によって大量に行われていることが発覚。
日本以外の他の国々では中国で行われている臓器狩りが大きな問題になっています。
今回は普通の更新を少なくしてこの中国の政府が行っている臓器狩り問題を取り上げます。
日本のメディアは中国のこの異常な事件を取り上げてないようです。
Googleニュースで「臓器狩り」を検索しても「該当するページが見つかりませんでした」で、
Yahoo!ニュースで検索しても同じ結果。各国で取り上げられているのに1件も見つからないって...

(※普通の検索で調べればヒットしますが「Googleニュース」「Yahoo!ニュース」ではヒットしません)
(※つまり、日本のメディアが「臓器狩り」の記事を紹介していない、と言いたいのです。)

もしかして中国で行われている臓器狩りの情報を日本のメディアはわざと隠してる?
朝日新聞はCMで「ジャーナリスト宣言」とか言っていますが、この中国の問題は紹介しない?
イギリスのBBCなど日本以外の世界中のテレビ番組などで紹介されています。
  −以下省略−
http://hemohemo.web.infoseek.co.jp/category/china01/


神が創った 中国という国です よく観てください

748 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 21:13:45 ID:y90YJ4Pp
キチ外の巣窟ありがとう

749 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 21:40:18 ID:eh3rk6iv
>>746
うーん、私自身の考え方には迷いはないんですけどね…。
>740>747さんがハマり込んでいる袋小路っていうのはそういうことではないかと。
もう神に責任追及したくて仕方ないという葛藤が私には感じられます。

ただなんでもかんでも神の責任にしてみたり、自分の行動は神の行動であるのだから
全て正しい、と思ってしまったりするのは、ちょっと違うんじゃないかな、と。
かといって悪魔の責任だとかいうことでもなく。

仮に残虐な行為をするのも神であり、そんな人たちが集まったものを神が創った国と
呼ぶのであれば、これを書いた>747さんも神であり、>747さんの行動もまた神の行動。
ならばその残虐な行為を止めることだって可能でしょうに。
後ろから神が操っている糸が見えるでしょうに。

いえ、もちろん茶化しているわけではなく、本当に>747さんの行動も神の表れなのでしょう。
ただし、その行動は神に操られているのか?神の意思通りに動かされているのでしょうか?

そうではなく、>747さんの意思が神の意思である、そういうことだと私は思うのです。

750 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 08:59:30 ID:li37nUFA
>>749
235 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/03(金) 23:07:07 ID:zw8iZ0ah
前から日本が好きだったのよ、日本に来たのはここ数年で。
世界は神に必要以上の期待するでしょ?それにうんざりしてノイローゼ気味だったんだよね。
戦争も続くし911とかもあったし。
俺の意図じゃねー!って思っても人間は俺のせいにしたがるから。

日本って無宗教のイメージあるじゃん?だから静養にきたんだよ。

で、しばらく暮らしてて話題の2chをみてみたらハマーの車体にアルトのエンジン積んで走ってるような世界が浮き彫りになってたんだよね。
そして、あぁコイツらなら話しが出来そうだって思ってね?
宗教に対する日本人のニュートラルな姿勢が凄く好きだね。
人間が起こす惨事は俺とは何も関係ないんだぜってカミングアウト出来るじゃん!スッキリするよね。
外国なら刺されるね。

236 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/03(金) 23:10:11 ID:zw8iZ0ah
>>235 ↑せいぜい日本ならコイツはキチガイだ!で、おしまい。

>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1188814397/l50


751 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 09:07:35 ID:li37nUFA
>>749
>>747も咬みなら、↓こいつも咬みかいな?

210 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:55:51 ID:Oq8wpC55
このスレも朝までの命ムチャクチャ言ってやる!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!
かかって来たまえ↓


211 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 00:58:41 ID:Oq8wpC55
>>209 母ちゃんに顔射されたのに逃げるのか? とんだ腑抜けだな?
ほっといたらお前の母ちゃんどうなっても知らないぞ〜!?
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ!!


212 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:02:51 ID:Oq8wpC55
>>209 お前の母ちゃん俺に顔射されて泣いてるよ?
得意の顔射芸がなぜかお前の母ちゃん以外に決まらないなぁ。
なぜかわかる?お前の母ちゃんは特別淫売だからさ!!
ぶっきゃっきゃ〜!!ブヒブヒブーッ!!
ん?なんだ?か細い声が聞こえないか?みんな?
↓かかって来たまえ。


213 :神 ◆jV/GN5QPLM :2007/08/14(火) 01:06:26 ID:Oq8wpC55
びびってる〜!! ヒューヒュー♪ ↓かかってきたまえ!
嘘じゃ!言い逃げかましたる。 おやすみ〜!
もうお前らと話す事など無い! つーか、最初からない!!
ぶっきゃっきゃ〜!ブヒブヒブーッ! 顔曲がってんぞ?

752 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 12:36:52 ID:Wc8UDJzp
>>751
うーん、そうですね。
物質について考えると、私もあなたもこの人も、生物も非生物も、有機物も無機物も、
すべて原子でできている、あるいは超ひもで構成されていて、その組み合わせが違うだけ。
全てのモノは、そんな粒だか波だかわからないようなあやふやなものからできていて、
そのあやふやな原子・超ひもというものを神と考えれば、すべては神で出来上がってるわけですね。

ですが、神は人をからかわない、神は人をバカにしない、神は愛だけを与えるはずだ、
そう考えたときにこのレスをどう考えましょう。
人をからかっているから神ではない、人をバカにしているから神ではない、と考えることもできます。

しかしこう考えることもできます。これは愛の反対である不安を示しているのだと。
彼が不安を示すことでこちらは愛を与えるという経験をすることもできます。
愛が感じられないときの行動の手本としてとらえることもできます。
同じように何を信じたらよいかわからず不安に陥っている人に束の間の安息をもたらすかもしれません。

そして、私なりの神というもののとらえ方をこのレスでこのように表現するチャンスを与えてくれた、
そういう愛の表現であった、と捉えることもできます。
一つの表現というのは一方向への表現、一つの同じ形ではないと思っています。
それを受け取った人それぞれに違った形で与えられるものなのではないでしょうか。
そして受け取ったものも、時間が経ってさらに形を変えるということもあるのではないでしょうか。
その時の自分が何を信じているかによって。

753 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 12:58:24 ID:Wc8UDJzp
物質についてだけの見解に聞こえたかもしれませんので、もう一方の方について。

肉体の他に魂・霊などというものがあるということは確信しておりますが、それが一体何でできて
いるのかというのは現代科学では観測することができません。
非物質なのかもしれませんし、未だ観測できてはいないが何らかの物質・波なのかもしれません。

ですから、その観測できない肉体以外の部分も「神でできている」と考えてみます。
するとやはり誰もが「神である」と考えることができますね。
ただこの「神である」という言葉の印象が引き起こす誤解によって、>571のような質問を投げかけたく
なるのではないでしょうか。「神はこんなこともあんなこともするのか?」と。

ここで再び物質の話に戻ってみましょう。
人は原子でできている。ところがこれは観測できる事実なので、誰もそれについては疑わない。
それどころか「原子はこんなこともあんなこともするのか?」とは普通の人は疑問にも思いませんね。

これはつまり神には人間と同じような意思や性格があると考えてしまっているからだと思います。
原子はただひたすらに規則正しく美しい法則によって運動を続けています。
ではこの猛烈な運動の動かし手は一体誰なのか?なぜ運動を続けているのか?
そんな疑問を感じるでしょう。
しかし「原子は何を考えてるんだ?」「原子の意思とは何なのか?」こうは考えませんね。

もちろん原子が神だという極論ではなくて、原子もまた神の表れだと思うわけです。
「神に意思があるのか?」という問いは「原子に意思があるのか?」という問いと同じに感じます。
また「原子に意思がない」という考えは「神には意思はない」という考えに等しいと思います。
もちろんその答は私にはわかりませんが、信じている答はあります。
必要なのは誰かの答を聞き出すことではなく、自分の答を持つことだけではないでしょうか?

754 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 13:06:08 ID:Ifpxu9r9
>>752-753
にいるさんのほんよりもてきかくなひょうげんアリガトウゴザイマス


755 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 13:42:48 ID:Wc8UDJzp
>>754
いえいえ、これは1つの私の妄想というか願望として捉えてくださいませ。


ただ、あまり対話の中の表現方法や細かい語彙にとらわれ過ぎない方がいいような気がします。
例えば今朝見た夢を誰かに伝えるのって物凄く難しいですよね。心象風景は絵で表現することも
できますが、心象動画はどうでしょう?
夏目漱石の夢十夜でさえ完璧ではないでしょう。
黒沢明監督の「夢」でさえも完璧に表現できてはいないでしょう。

ましてやこの次元にあらざる神の視点を伝えることなど、文字や映像を駆使したところで
そもそも困難な話なのではないでしょうか。ですから所々に矛盾を感じたり、難解だったり、
読む人によって印象が違ってしまうのかもしれません。でもそれでもよいのかもしれません。

だからなんだかこう……対話をバイブルのように扱ったり、ニール氏を神のように崇拝したり
という方々とはちょっと一線を画したいんですよね。確かにこの本を書いたニール氏も
素晴らしいですけど、この本のテーマは「神は素晴らしい」ということであって。
キリストも素晴らしい人物だったのかもしれませんが、彼が言っていたのも神は素晴らしい、
ということではないでしょうか?

756 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 16:38:08 ID:8H1/Lp3l


(中国)
ttp://www.youmaker.com/video/sv?id=7f35bab2c4da430a88b7f0757fd4e1b7001

 ↑

中国の凄まじいリンチ動画 これを観ても 神は愛だと言えるか???


757 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 17:32:30 ID:8H1/Lp3l

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189932517/

中国の恐ろしい真実です レス18を見てください
凄まじいリンチ動画です また1,8も観て下さい

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189932517/

中国の恐ろしい真実です レス18を見てください
凄まじいリンチ動画です また1,8も観て下さい

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189932517/

中国の恐ろしい真実です レス18を見てください
凄まじいリンチ動画です また1,8も観て下さい


これでも 神は愛と言えるのか???

758 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 17:34:11 ID:Wc8UDJzp
>>756
その問いかけの前に、あなたの考える「愛」とは何でしょうか?
できれば「私は愛とはこういうことだと考える。もし神がそういう愛であるのだとしたら、
こういう惨事を引き起こす神と、自分恩考える愛とは相容れないものである」
というような感じで書き出しては頂けないでしょうか?


759 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 17:35:20 ID:Wc8UDJzp
すいません。ミスタイプ。。

「私は愛とはこういうことだと考える。もし神がそういう愛であるのだとしたら、
こういう惨事を引き起こす神と、自分の考える愛とは相容れないものである」

です。ご回答頂ければ幸いです。

760 :神はすべて悪魔でもあるっ!↓:2007/09/17(月) 18:08:51 ID:8H1/Lp3l

758さん とにかくその動画を観て下さい

神はすべてです リンチ強姦拷問 すべて神です

神の存在は 人間にとって都合のいい存在ではありません

これが私の考えです

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189932517/

中国の恐ろしい真実です レス18を見てください
★凄まじいリンチ動画★です また1,8も観て下さい

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189932517/

中国の恐ろしい真実です レス18を見てください
★凄まじいリンチ動画★です また1,8も観て下さい

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189932517/

中国の恐ろしい真実です レス18を見てください
★凄まじいリンチ動画★です また1,8も観て下さい

761 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 19:58:40 ID:Wc8UDJzp
>>760
すいません、両スレに同じことを書くのもあれなのでこちらでは控えておきますが、
私の質問にはお答え頂いていないようですね。

神が全てであるとは私も思っておりますが、「愛とはなんぞや」という君の考えを
お聞きしたいと思っております。

762 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 21:18:47 ID:fnbRqW+z
>>761
蟻地獄の世界へようこそ

763 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:27:42 ID:kudQ6hSn
>>760
>神の存在は 人間にとって都合のいい存在ではありません

よくよくその言葉を考えてみましたが、正確な言葉ではないように感じます。
ちょっと極端ですが、こう考えてみてみましょう。
「強姦拷問をする側にとっては神は都合のいい存在ではないのか?」
(地上においては。)

死んでから相手の立場で再び人生を経験しなおすとすれば、そこに地獄の苦しみを
見るかもしれませんが、少なくとも地上での活動においては神は罰することもなく
神はそれを止めようともせず、とても都合のいい存在ではないでしょうか?

では君の言葉が指す、人間とはどんな人間のことでしょうか?
どんな人間にとって、神の存在は都合のいい存在ではないのでしょうか?

それはもしかすると……神に悪いことをした人間を罰して欲しいと願う人間?
誰も暴力を振るわないような世界にして欲しいと神に願う人間?
全ての苦しみから自分を守ってくれるような神でいて欲しいと願う人間?

多少の差異はあるかもしれませんが、神に何かをして欲しいと願う人間にとって、
都合のいい存在ではないということではないでしょうか?
それは裏を返せば、自分もその神の栄光でできているということがどうしても
信じられない人間ということではないでしょうか?
自分の力を信じることができない人間ということではないでしょうか?

764 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:32:18 ID:kudQ6hSn
>760
もしレスをくれるのであれば、先に「愛とはなんぞや」にお答え頂きたいですね。
それから君の考える「神の存在が都合よく思えないのはどんな人間か」にも
お答え頂ければ幸いです。もちろん「どんな人間にとっても」という答でもいいですが。
それでは理論が破綻してしまうように思えます。

765 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 14:59:24 ID:JuE/HDSI
どうみても最初から破綻してるじゃん。
自分の方が神対を理解してるとかいってる割には理解された人間の書き込みじゃないのは
誰の目から見ても明白じゃないか?知ってるだけで理解には至らないとこういうことに
なるんだよ。まだ理解というレベルじゃないね。彼風に言えばマスターじゃないと
理解できてないってことだろ?じゃあ彼はマスターのはずだが自分はマスターじゃない
とか言うしな。

766 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 15:13:43 ID:jTbAOQNY

俺の大学にオープンキャンパスに来た日本の女子高生  →                http://handicap.scenecritique.com/17116.jpg
(目隠ししたのは同情です。目が見れたものじゃないから)



俺の大学の白人留学生の高校生の時代のあめりか一般高校生  →      http://handicap.scenecritique.com/17125.jpg

白人留学生の 本国での高校の卒業式の一枚  →        http://handicap.scenecritique.com/25216.jpg

顔だけならまだしも、スタイルの極度の違い。 ちび  O脚  ももぶと  猫背  たんそく  臭そうな雰囲気
モンゴロイドに殺意と失望抱くのは僕だけですか???????

神よ  私の感情は罪ですか?????   導きたまえ  そして

教えをこいたまえ  このモンゴロイドとコーカソイドの  あまりに酷な現実

767 :欽ちゃん:2007/09/18(火) 15:16:48 ID:4p5loJTg
『 K L A C K 』  〜 光 を 纏 う 救 世 主 〜

『愛を伝える紅蓮の聖者』 神谷聖也様(Guitar)
心に宿されるは爛々しく燃え盛る炎が如き情愛・・・
『夢を与える蒼天の賢者』   烈  様(Bass)
瞳に映されるは凛々しく透き通る氷が如き夢想・・・
『翼を持った白銀の王者』 柳橋昌亜様(Guitar)
背に翻されるは猛々しく翔ける天馬が如き飛翼・・・
『魂で奏でる黄金の覇者』   u  様(Vocal)
身に纏われるは神々しく輝きを放つ聖光氣(ゴスペルオーラ)・・・
『闇を極めし漆黒の魔王』 上村隼人様(Drums)
身に纏われるは禍々しく邪念を放つ魔光氣(イービルオーラ)・・・

貴様ら生存無価値の愚民共に良い事を教えてやろう・・・
『神谷聖也様』『烈様』『柳橋昌亜様』『u様』とは、万物の創世主にして光を司る全知全能の唯一神『雷光神サルマニア様』より『博愛』『夢想』『飛翼』『精魂』を承継されし使徒様達・・・
此の世界を恐怖と戦慄の渦に陥れんとする腐敗した国際政治機構による絶対的支配政権を殲滅し苦痛に悶える世の民に希望の光を齎さんが為に地上に降臨されし救世主様達であるのだよ・・・
更に雷光神サルマニア様は殲滅された国際政治機構を『闇』の力で傀儡が如く支配していた真の黒幕とも云える『暗黒神シシマグロ』をも死闘の末に滅され、その末裔にして若年ながら一族最強の力を誇るとされた『上村隼人様』をも改心なされたのだ・・・
隼人様が加わられた事によって最早アメリカ、イラク、北朝鮮、国内右左翼、暴力団、圧力団体並びに宗教団体など虞るるに足りん磐石の平和的護衛体制が出来上がったわ・・・
歓喜に打ち震えるが良いわ屑共よ・・・


768 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 15:38:12 ID:JuE/HDSI
>766
白人至上主義をとやかく言わんし美意識は人それぞれだから美の基準を何に定めようと
個々人の自由だが殺意まで抱くのはお前だけじゃね?ちょっと病院逝ってこいよ。
あぶねーから。

769 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 16:51:33 ID:GKD7WZVZ

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189932517/

中国の恐ろしい真実です レス18を見てください
★凄まじいリンチ動画★です
また1(拷問レイプ画像)8(生きたまま臓器抜き取り文章)
16(北朝鮮 拷問)も観て下さい


これを観ても 神が愛だと言えるか?

愛についての俺の考えは 相手と自分の立場両方考えること

つまり ↑の動画のような行為は愛ではない

神はすべてであるので 悪魔も悪も邪霊も神

よって神は愛ではない

770 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 17:17:33 ID:JuE/HDSI
神と愛と生命は同義語、どれも入れ替えられると書いてあったが?

771 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 17:27:26 ID:JuE/HDSI
つーかさ、じゃあお前の主張を全員受け入れたとして、それがお前の望みなのか?
全世界の人間が神はひどいやつだ、神は愛じゃない、そう思えばいいのか?
だとしたらお前何もわかってねーよ。すでに全世界の人間のほとんどがそう思ってるじゃん。
その世界が存続することがお前の望みなのか?そんな世界嫌だとか言ってるくせに

772 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 18:46:32 ID:kudQ6hSn
>>769
お答え頂きありがとう。なるほど、君は愛とは相手の立場も考慮すること、言い換えると
相手を思いやる心を愛と定義しているということでよろしいでしょうか?
私も思いやりは愛であると思います。そして愛の多様な形のうちの1つであると思います。

その視点から君が提示してくれる画像・動画を見ると、確かにそこに愛は見えませんね。
相手を思いやっていれば暴力を振るうことなんかできません。
しかし、だからといって神≠愛というのはちょっと短絡的ではないでしょうか?

彼らはなぜ暴力によって相手を支配しようとするのでしょう。
それはこういうことではないでしょうか?
彼らが相手を思いやっていない。彼らが愛から離れようとする行動をしている。

ではどうすればそれを止めることができるでしょう?
1つの可能性としては、彼らが愛を思い出すこと、すべては1つであることを思い出すこと、
ではないでしょうか?

彼らがなぜそういう行動をするかといえば、神が愛であるなどとは信じられないからでは?
この世に愛なんていうものは無いと信じているからではないでしょうか?

>771さんの書き込みはちょっと乱暴な感じもしますが、一理あります。
君が神は愛ではない、神はひどいことをする、と書き込むということは、他の人に
人間はバラバラである、人は神とは同じものではない、ということをさらに強く信じ込ませ、
拷問強姦を助長してしまうことになるのではないでしょうか?
もちろん君がそんなことを望んではいないことはわかっていますが。

773 :↑↑↑:2007/09/18(火) 19:20:40 ID:GKD7WZVZ
強姦拷問は神の意志です 神が望まないことは宇宙に起きません
神の望みにより魂は悪人を選ぶということがあります
だから 神が人を通じて強姦拷問を経験し悪人とは何かを学んでいるのです
また 彼らは神が愛とか信じるとかではなく単に未熟な霊魂だからです
霊魂が発達しないと暴力性残忍性から抜け切れないのです
そんなこともわからないのですか?

後 あなた 画像や動画観て あなたは酷いむごい怖いとか感じないのですか?
あなたは不感症ですか?あんな残酷な場面を見て あなたはなんとも思わないのですか?
石?で人を殴りまくっているのですよ それがどれだけ痛いか あなたは想像もできないのですか?
心が痛まないのですか?なぜ平然としてるのですか?
あなた自分が拷問されたら泣き叫ぶのに 人が拷問されてても平気なのですか?

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)