5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★シルバーバーチ・スピリチュアリズム★14

1 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 15:16:52 ID:wz+bIM/E
シルバーバーチなどのスピリチュアリズムに関係した話等々です。

■過去スレッド
1.『★霊界 シルバーバーチ 神との対話など★』
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1069595052/
2.『霊界 シルバーバーチ 2』
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1101910889/
3.『霊界 シルバーバーチ 3 スピリチュア普及活動』
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1109142048/
4.霊・降霊主義 霊訓 シルバーバーチ 4
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1111155924/l50
5.心霊・降霊主義 霊訓 シルバーバーチ 5
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1115793219/l50
6.★霊界 シルバーバーチなど★6
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1118201234/l50
7★シルバーバーチ・スピリチュアリズム★7
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1132477179
8★シルバーバーチ・スピリチュアリズム★8
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1143043592/
9シルバーバーチ・スピリチュアリズム★9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146022544/
10シルバーバーチ・スピリチュアリズム★10
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153871728
11シルバーバーチ・スピリチュアリズム★11
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1165504746/
12シルバーバーチ・スピリチュアリズム★12
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1176348092/
13シルバーバーチ・スピリチュアリズム★13
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1181812476/

2 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 20:29:07 ID:b5HHwE7G
最近F基地外女は見かけないけど詐欺行為で逮捕されたの?

3 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 20:58:45 ID:TJrNlve+
>>2
「シルバーバーチの霊媒(自称)F」のブログ
http://blog.livedoor.jp/saiko384140/ 

F、最近はこのあたりのスレに登場&話題に。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1062745772/697-
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1100315782/459-

4 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 21:46:24 ID:b5HHwE7G
>>3
貴重な情報ありがとうございます。
まだ暴れてるんですね!

5 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 23:12:26 ID:TJrNlve+
>>2
あと、ヤフーの掲示板でatosu384140で検索するとFタンのスレチな予言が読める。
相変わらず他人のブログや掲示板などに「霊耳で聞こえたシルバーバーチや霊医アトス」
とやらの予言や霊界通信を書き荒らしているのでググってみたらすごい数ヒットするよ。

6 :神も仏も名無しさん:2007/08/28(火) 23:23:26 ID:b5HHwE7G
>>5
ありがとうございます。
私以前に相談ごと書き込んだら罵声あびせられ不快な気持ちになったものです。

明日は仕事が休みなのでいろいろ検索してみます。
Fタンの霊媒師はインチキですよね!霊視なんか出来ないですよね。
何かF情報あったら私も書き込みします。今後ともご指導お願いします。

7 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 09:51:35 ID:Xd3qZMkS
「教えを説く者には深刻な責任があることは、ここにおいでの皆さんがご存知ないはずはありません。
知識には責任が伴うことを何度申し上げたことでしょう。
自分を他の人たちより高め、人を教え導きたいと思うのであれば、まずは自分自身が拠って立つ足場をしっかりと固めないといけません。

徹底的に探求し試してみることを怠り、批判に身をさらすこともせずに自己満足し、本当かどうかの確信もないまま人に教えを説くようなことをしていると、その怠慢と軽率さに大きな代償を払わされる時が必ず来ます。」

『古代霊シルバーバーチ 不滅の真理』(ハート出版) p.69〜70

8 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 13:12:31 ID:RYKKb1XA
前のシリーズの続きです、ご了承ください。
834ですが、849さん、有難うございます。私は聞きたい相手を間違えたようです,しかし、丁寧なる回答、有難うございました。
出来ましたら851さん,「教義と真理の違い」「霊的真理を受け入れることは洗脳かどうか」について伺いたいのですが、
あなたにとって「真理」とは何なのかは次の中から示してください。
「真理とは」の(選択肢)
(a)真理とは、歪曲や隠蔽や錯誤をすべて排したときに明らかになる事のありようをいう。「本当のこと、また本当であること」。
(b)真理とは、「統制したり秩序化したりする原理」としての側面あるいは「普遍妥当性ないし永遠性」が強調される。
(c)真理とは、妨害・障害としての錯誤・虚偽を対義語としており、露わにすること、明らかさ、隠れなさをニュアンスとして持つ。
   この観点からいえば、「他のものと取り違えられもせず、認識の過程で歪曲されもしていない」、ということが意味的な核心にある。
(d)宗教や神秘主義などでは、「現象を支配する根本原理」という意味合いで使用されることもある。
   真実性や真偽にかかわる認識論的な意味はなくなるわけではないが、この用法のときは殆ど意識されない。
(e)西欧哲学における真理論では、真理とは
1. 真理の対応説:「実在と対応していることが真理である」とする。
2. 真理の整合説:「他の認識や真理と整合的な認識が真理である」とする。
3. 真理の合意説:「合意された認識を真理である」とする。
4. 真理の実用説(有用説):「生にとって有効・実用的な認識を真理である」とする。
5. 真理の剰余説:命題Pは命題「命題Pは真である」と同義であるから、「真理の概念は無用な余剰である」とする。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


9 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 13:14:31 ID:RYKKb1XA
(続き)
私は(b)(d)、(e)の(1)〜(5)の意味で言っています。しかし、「スピリチュアル」:に対しては、(e)の(2)と(3)は困難なようです。
それは、[霊的真理」の普及が「一人ひとりに霊的真理を認識していただく」根気のいる作業だからです。マスメディアでは意味が無いのです、それは集団催眠と同じなのですから。
 我々が一番恐れているのは「洗脳」なのです。
 苫米地英人著「スピリチュアリスム」において苫米地氏は「シルバーバーチの霊訓はかつてのオウム真理教と同じようにカルトである」と見なしており、
今、江原啓之氏がマスメディアを通して俄かに流行させている「スピリチュアリズム」は危険である警告されています。
「これでは19951年3月20日に起こった地下鉄サリン事件の反省が活かされたいない」と。
しかも、「スピリチュアリズムの”霊魂の不滅”、”輪廻転生”、”霊的ステージの階層性”は洗脳である」「思考停止をせずに自分の頭で考えなさい」と断言されています。
私も、マスメディアによるスピリチュアリズムの普及には反対です。「神、仏、霊」などのを電波に乗せることで布教活動の効果があれば、それこそ「放送倫理」に違反していますから。
「オウム真理教」には教義があるようです。チベット密教やヒンズー教などをベースにN氏(4月27日NHK出演)が教義を作り、それを麻原が取り入れたようです。
しかしながら、「霊的真理」は人間が作った教義ではありません。霊界から啓示された真理です。霊界通信の真偽についてはすでに科学的な検証ができております。
私が聞きたい真意は伝わったと思いますが、あなたの見解を聞かせてください。


10 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 14:22:06 ID:RYKKb1XA
8です。タイプミスです。 834ではなく843でした。また、19951ではなく1995他にもありますが、お詫び致します。

11 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 16:11:06 ID:Vdq6cPsQ
スピリチュアリズムの危険性とか言う人はいつも物的視点でものを見てるんだよね
危険性とか言う前にスピリチュアリズムの真実性を追究して欲しいよ

12 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 22:03:29 ID:uxQ0OlSA
自分こそ、自分だけが正しいような言い方で、自己の意見の正当性を主張する事を優先し、他人を裁き、非難し、不和を起こす方を選んでいる人の言う正しさってどのくらいの価値があるんでしょうか。
そんな正しさよりも、常にへりくだる事が出来、他人ではなく自分を厳しく顧み、心の中の批判精神や自己主張、奢り、優劣に拘る気持ちと闘って、どんな相手とも愛の精神で穏やかに関われる人間の言葉の方を信用します。

13 :神も仏も名無しさん:2007/08/29(水) 22:59:34 ID:mfUw6h9P
>>12
人に優しく他人に優しくなんて胡散臭い
自分に厳しくしてたら他人にも厳しくなるのが自然だと思う

シルバーバーチは他人を裁くなって言ってるけど大霊でさえ人を裁くのに
レベル低い人間に他人を裁かないことを要求するなんて矛盾してるでしょ
完璧である大霊を超えろって言ってるようなもんだよ

14 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 00:53:41 ID:L5CRbHs6
>>13
そんなことないよ
自分に厳しく人に優しくは可能です
どれくらいかは人によるだろうけど
例えば夢を持ち希望を持ち素直に頑張ってる人
厳しさや苦しさを乗り越え何かを得た強く優しい人に
そんな人が居るんじゃないかな

シルバーバーチは裁くことが悪いから
裁いてはいけないと言ってるのではないです
人は不完全だから人を裁くだけの力量がない
真の善悪の基準を知らないから
人を裁いてはいけないって言ってるのです
ようするに人を裁く資格がないってことかな

例えば裁判で出た判決でも
法律やら裁判官やらの基準や洞察力があいまいで不完全だから
なんか納得いかない判決ってあるのでしょ
その点大霊の出す判決はクリアで完全だとバーチが言ってるんです

裁くってこととは違うけど
例えば人間的栄養学では肉は体に良いけど
霊の視点から言えば良くないでしょ
人の常識は霊の非常識なんて結構多いのかもよ
死んで晴れて良き霊のレベルに行ければ
謎や誤解は少しは解けるのでしょう

15 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 01:22:01 ID:1uoMEaH2
>死んで晴れて良き霊のレベルに行ければ

個人的にここで行き詰まってるのよね
死んでパーソナリティが消滅するんなら意識が自分と思ってる身としては
死んだら無になるのと一緒。死ぬの怖いよ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

16 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 01:34:22 ID:LbuiQ3SG
胡散臭く思える程、生来の自分ではそうあることが難しい、だからこそ、完璧ではない
自分が、意見が違うからという理由で他人を非難し、争うことの驕りに気付き、自分の
低い部分を克服していく事が最も大切だと思います。
真理を語る以上に真理の体現者になる事が全ての人の目標なのに、内容に囚われて愛も
平和もない、利己的な方向に行ってしまうのは、大変な間違いです。

17 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 13:51:14 ID:bYTtW7Zs
前スレの839さんへ
>自分がどんな服着てるか想像していない場合はどうなりますか?

裸でいる方が当たり前の人は服を着ている自分なんて想像しないでしょうから
向こうでも裸でしょうね、自分が想像した通り。

ただ、地上でニルバーナに近づいた人が死の直後のニルバーナ体験でニルバーナを
完全に思い出し、その結果、もう人の形をまとわないという事はあります。
これは、意識に重さがあると喩えれば理解しやすいでしょう。

憎悪・悲嘆・恐怖・執着などを抱えた意識は重いため、一時的にニルバーナに達しても、
自分の重さがその状態を維持させてくれず、ニルバーナから離れてズブズブ沈んでしまう。
一方、軽やかで伸びやかで柔軟な意識の持ち主がニルバーナを体験をすると、
一気にそれを思い出すため沈まずにすむ。

また、愛ある善良な人はニルバーナ体験で自分の意識を更に軽やかにできるため、
沈む深度を軽減することができますね。

18 :神も仏も名無しさん:2007/08/30(木) 13:55:56 ID:bYTtW7Zs
>>15
パーソナリティは消滅しないよ。

19 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 13:03:56 ID:E0Brt/BD
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/shisou/shisou-2b-6s.htm
これ読んだのですが、
前世で失敗したことを繰り返さないために今世に生まれたのなら、
自分の直感と守護霊を信じて動けばいいんでしょうか?
直感が間違っていたら?守護霊のメッセージが受信困難あるいは阻害されていたら?
と考えると、やっぱり動けないんですが・・・
この考え方(自分を信じない・あの世に頼りすぎる)が、
自分の乗り越えなきゃいけない試練なのかもしれませんが・・・

20 :神も仏も名無しさん:2007/09/01(土) 15:23:07 ID:/+kfpUwl
>>19
気にしない気にしない
あるがまま
なすがまま
良心の赴くまま
考えあぐねて正しい時もはずれたる時も
直感に頼って正しいときも外れるときも
これが人生
まだ見ぬ失敗を恐れてはどんな道も進めません
バーチは取越し苦労はいけませんって言ってるじゃないですか
人に迷惑をかけないで
余裕がある時には人の荷物をかついぐことも時にはする
これくらいで良いのじゃないですか
前向きに明るく進めばいつか道は開けます
正しい道は自分でつくるもじゃないですか

21 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 02:30:58 ID:3gd7nXjy
>>11
それには少し同意です。たぶん危険性を強く感じる人は、それによって冷静さが侵されそうな危険が自分の中にあるからなんだと思う。


22 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 02:37:26 ID:3gd7nXjy
>>12
そんな人間は実はめったにいないよ。(笑) いるんです、としてもその人間の全て、腹の中まで知れるわけではない。
むしろそんな人間の言葉の方しか信用しようとしない、価値をおけない己を省みることも大事かと思われる。

23 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 04:52:41 ID:9NLGefm3
慇懃無礼ですね。

24 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 10:28:21 ID:kW+6NwJe
「ギャンブル等は道徳的雰囲気を乱し、我らを近づき難くする。
そこには我らに敵対心をもつ邪霊が集結し、物欲を満たさんとして集まれる人間に取り入る隙を窺うのである。
邪霊たちにとって彼らは恰好の標的である。アルコールが入り、野獣の如く肉欲に燃える者。
大金を当てにして興奮する者。その当てが外れて絶望の淵に落とされる者、等々がいる。
邪霊の誘いに最も乗りやすい者はこの最後に挙げた人種である。
たとえそこまで落ち込まぬとしても、道徳的感覚が狂い、感情を抑え邪霊からの攻撃の
盾となるべき冷静さと心の平衡が崩れ、付け入る隙を与えることになる。
絶対的悪とまでは行かぬが、自制心を失い狂乱状態に陥れる精神が攻撃の恰好の条件を用意することになる。
こうしたものは須らく避けねばならぬ。
そうした心は霊的悪影響、未熟にして有難からぬ邪霊にまんまと掛かりやすい。
興奮のあまり節度と理性を失える精神にはくれぐれも用心されたい。」

インペレーター

25 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 17:13:15 ID:G17Fi0I+
>>23 そうそう。霊的成長を望むなら、人間の価値をそのようなものだけで差別するのは、よくないってことですわ。どんな人でも信じられる、どんな人間にも価値を置く。受け取るかは別として。
個人の自由だけどね。


26 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 23:11:02 ID:v+CLQz7x
>>20
それじゃあ自分を信じてやっていきます。

ちょっと話は変わりますが、変な夢を見ました。
あることをした親をぶん殴ってたら、その親が、飼っているペットに変わってました。
もちろんペットとわかった時点で後悔しました。
この夢は、憎らしい親だろうと、愛らしいペットだろうと、同じく神の子であるってことを言いたいんでしょうね。
でもやっぱ親は憎らしいです。どんなに家族が苦しい状況でも、自分第一で遊んでますし。
むかつくので、できるだけ無干渉ではいますが・・・

27 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 03:51:12 ID:yrhRzwXG
>>22
しか、等とは書いていません。真理を語る責任ある者の言葉として、真理と反する言動を取っている者の机上の空論より、
自我との闘いを通して真理を実現しようと努力している者、した者の言葉の方を信じると言っています。当然でしょう。
自分の都合のいいように捕らえないで下さい。
真理の実現、霊性進化、神への道、全てこの自己克己が最重要だと勿論ご存知ですよね。
自我を捨てる決意をして、真理と向き合いこの道を歩いて来た者、志す者、深く理解しようと努める者にとって、自我
に基づく言動を取りながら、人に真理について批判し教え諭している事には、違和感、疑問を感じます。
あなたが自我以上に真理を大切にする人なら、>>22のような言葉はおかしくはないですか。
そのような人は少ないが、自分はそうあろうと強く思うでしょう。他の人にも真理を実現し、その様な人を目指して欲しいと願うで
しょう。真理とは、自分の意見、プライドを胸の潰れるような痛みに耐え、自分というものを征服し消滅しきったところに現れる、全て
をありのままに洞察できる世界です。
自我を超越しているので、自分の意見等入る余地もないし、神の愛に満たされるので、全てを
愛に基づいて行う、それが真理です。そこを目指す者なら、知識よりそうあろうとする姿勢や努力こそ重要ではないのですか。真の
思いやり、愛、謙遜、寛容、という真理の特質は自分を克服してきたからこそ本当に身に着けられるもので、全ての人がそうあろうと
最も大切にするべき事ではないですか。それをないがしろにして、真理を諭したり批判する事はやめてもらえませんか。
あなたのゆたかな表現、豊富な知識、適切なアドバイスは素晴らしいと思います。
でも時に人とのやりとりで、読んでいて胸が悪くなるほど、相手を侮った、自分の優位を押し通す自我を感じ、それが一番の疑問でした。
真理というものは、あなたの意見がどんなに正しくてもそのような態度にはなりえないし、改善すべき事なんです。自分というものがい
ない、相手への愛が全ての状態なのですから。
真理を目指しているつもりも、人に真理を語るつもりもない、というなら、こんな事を言う気も権利もありません。
でも真理を真剣に語るのなら、自我を守るのではなく、捨てるほうを選んで下さい。


28 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:31:52 ID:9G3eA7vG
「シルバーバーチの霊訓はオウム真理教と同様にカルトかどうか」について
苫米地氏が言う「カルト」とは「社会で大半の人が信じている既成の宗教や価値観とどこまで隔たりがあるか」
「その団体が、地域社会、信者自身、信者の家族とトラブルを起こしているが否か(フランス政府の判断基準)」のことのようです。
シルバーバーチの霊訓では、霊訓を受け入れるに当たっては、その前に必ず「ご自分の理性を反発させ、あるいは知性を侮辱するものはどうぞ拒否して下さい」と言っています
(これは前回849さんが指摘されたました)。また、受け入れた「霊的知識」には責任が伴い、それを「他人の為、社会の為に役立てているかどうか」が問われます。
シルバーバーチの霊訓4に、子供に対する啓示として
「子供には”宗教とは人のために自分を役立てること”であること、ややこしい教義に捉われることなく、真面目で無欲の生活を送り、自分が生活している社会のために尽くすことであること、
それが神に対して真に忠実に生きるという意味であることを教えてやらねばなりません。」(P220)とあります。
勿論、我々にも当てはまります、我々は社会をよりよくするために行動しているつもりです、この心構えは「カルト」でしょうか。

29 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:33:55 ID:9G3eA7vG
(続き)
「霊魂説は洗脳かどうか」、
「霊魂の存在」はなくてはならない真理です。
「死後の真実」E(エリザベス)・キューブラー・ロス著(伊藤ちぐさ訳)によれば、
 「その人がかけがいのない大切なものを喪失する時の体験」として、「共通した5つの段階」があることを2万名の患者から見出したようです。
「事実を頑なに否定」→「怒りの激発」→「神との取引の試み」→「諦めと悲嘆」→「安らかな死の受容」、
これは物質主義者、利己主義者、癌患者に多く見受けられるようです。
 死を前に人間は「臨死体験」をするそうです、それは、
1. 死に対する恐怖の減少
2. 前よりも(精神的に)強く成ったという感覚
3. 生の重要性や宿命といったものに対する特別な感覚
4. 神あるいは運命によって特別の恩恵を受けているという確信
5. 死後にも存在が続くという強い信念
6. 大切なものや緊急性に関する優先順位の見直し
7. コントロールできないことに対する受容性の感覚
という、自らが癒しを行い、やがて訪れる死を迎える心の準備のためです(これは洗脳でしょうか)。


30 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 12:35:22 ID:9G3eA7vG
(続き)
 臨死体験者の9割以上が、死の恐怖から解放されるそうです(これは洗脳でしょうか)。
 それは、「死後の世界が存在すること」、
「自分の肉体はマユのようなものであり、自分の魂がマユを離れてチョウのように飛び立つことができること」を確信するからです。
 全盲だった患者さんが臨死体験を通して、「看護婦さん、医者、周りにいた人たちの姿、形、色などが鮮明に見えた(正確に当たっている)」
という報告は枚挙にいとまが無い程です(これは死を脳機能の停止と捉えるだけでは説明が出来ない事象です)。
 もし、「霊魂の存在」と「死後の世界の存在」が確信できないとしたら、どんなにか侘しい死を迎えることだろうと私は思うのですが。
 それから、27さん、もし私のことであれば、深く反省いたします。私の未熟さを教えて頂き、有難うございます。


31 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 23:42:14 ID:eh2Ne11x
統合失調症の兄弟がいるのですが、彼は憑依されているのでしょうか?
一度はよくなったものの、両親の不和というストレスが引き金となって、また悪化しました。
祈りや瞑想というオカルト的なものは受け付けないので、対処としては病院での薬と自分の祈りだけしかないのですが、
ほかに良い方法はありますか?
お守りみたいなものって効果ありますか?

32 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 09:42:52 ID:hOQ95fdn
精神病のほとんどが憑依だそうです。
精神病院に入れるのは日に油をそそぐことになりそうです。
たしか心の道場で無料ヒーリングをやってたと思うので受けられたらいかかでしょうか。


33 :軽々しく物申すな!:2007/09/05(水) 12:29:19 ID:K2B2hJig
>>32
「シルバーバーチ」などの毒にも薬にもならないような霊界通信の本の話をしてるうちはいいが、
何から何まで心霊・心霊といい、身体の調子が悪くても自分で心霊にお願い、
風呂に入るのも心霊対策、朝から晩まで心霊がらみ、これは非常に危険です。
こんな生活を半年も続けていたならば間違いなく、不成仏霊の影響を受けやすくなり、
霊感体質になります。

34 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 12:47:03 ID:xJz6veiq
憑依の除霊は
荻原玄明氏  東京都 (高野山東京別院?) 先祖供養による除霊
中川雅仁(2代目) 下田 「真気光療法士」 気功合宿による除霊
などが、憑依の除霊に力があるらしいのですが。(うわさです)


35 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 14:59:41 ID:hOQ95fdn
>>33
シルバーバーチを否定して心霊を語ってるところ見るとどこかの宗教の信者でしょうか?
憑依は特別珍しいことではないですよ。
>身体の調子が悪くても自分で心霊にお願い
精神病までいってるのに何から何までも頼ってるわけではないでしょうに・・・

36 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:08:20 ID:E7bSWDqY
地上には、人間が“悪”だと決めつけているものでも、霊的観点からすれば“善”に
思えるものが沢山ありますし、逆に、人間は“善”だと思っているものでも、わたし
たちから見れば“悪”だと言いたいものが沢山あります。

たとえばキリスト教では、自分たちで勝手にこしらえた教義を盲目的に受け入れた人
のことを善人のような言い方をします。
が、実は、それは人間の宗教性の本質を窒息死させる行為にも等しいものです。

37 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:11:14 ID:E7bSWDqY
なぜかと言えば、それではその後の人生は何をやっても“善人”であることを保障す
ることになるからです。
自分では正しいと信じていても間違っております。

そういう人工的な規準とはまったく関係のない“基本的善性”というものが存在し
ます。
あとに残るのはその基本的善性の方です。

38 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 15:23:48 ID:E7bSWDqY
ー バイブルの主の祈りに“悪魔の誘惑に負けませんように”とありますが、
  これをどう思われますか。

「これは間違いです。悪魔が誘惑するのではありません。
 自分にそういう要素があるから悪の道にはまるのです。」

39 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 22:09:37 ID:y5ejVaM8
>>31

病院の薬との併用でバッチフラワーを併用してみたらどうでしょうか。

主に植物の花から作られ38種類あるので自分の心の状態に合った
もの選ぶのは最初は難しいのでバッチホリスティック研究会のサイトで
住んでいる近くのプラクティショナーにどのレメディを選んだらいいのか
相談したほうがいいと思います。

40 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 22:58:11 ID:sn4bDIMb
>>27
いいたいことは解るけど、それじゃ疲れない?っていうか、誰かと混同してるように思われる。ま、いいけどね。

41 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 23:04:02 ID:sn4bDIMb
>>31 一緒に同居なさってるのでしょうか?家族としては、よく彼の話をきいて受け止めてあげることが一番必要だと思います。私としては、他の霊からの憑依などはそれほど気にしなくていいと思われます。




42 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 23:07:36 ID:sn4bDIMb
バッチふらわーはいいかも知れませんね。購入して服用するのもいいけど、どうせなら一緒に草花つんできて、それをつくるのもいいかも知れません。気持ちがいいですよ。


43 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:13:27 ID:xNmZPF7C
31さん、大変ですね。
本人には、超能力願望とか、間違った瞑想とか、いかがわしい場所への出入りはなかったでしょうか、あるいは書籍による洗脳も有り得ます。
ちょっとした心の「すき」を狙って、本人の性格(正確には霊格)と同じレベルの地縛霊(浮遊霊)が肉体欲しさに憑依するのです。
 憑依されないためには、本人に「この身体は自分のものだ」という強い意志が必要です、何かいやな感じがあれば
「自分がこの肉体の主人である」という言い聞かせを何度も自分にすることです。
さて、それでも憑依されたら今度は憑依霊の立場で考えてみなくてはなりません。
憑依する側が、霊魂について何も知らなかった場合、「自分が死んだことすら理解していない」場合は、
自分と同レベルの人間(霊)に近寄ってその人の肉体を自分の肉体と勘違いして取り付いてしまうようです。
このレベルであれば、身内の者が憑依霊に心の中で「死んだこと」を説得し「霊界(光の世界)」に戻るように案内すれば退くそうです。
これが、荻原玄明(東京都八王子市加住町の長江寺、0426−91−3801)の供養(死んだ人の名前、命日が必要)であり、
中川雅仁(2代目、下田、「真気光」)の気功による除霊です。
どちらも、憑依霊に上記の説得を行って除霊するのです。この場合の気功や供養はその雰囲気作り(場面設定)です(憑依霊はそこにいるのですから)。
身内の者が愛情をもって説得すれば出来るレベルです。憑依霊が先祖である場合が多いので、日ごろからの先祖供養はやはり必要のようです。
問題は、先祖の中で忘れ去られていて浮かばれていない霊です、身内の者が愛情を持って謝れば通じるようです。

44 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:15:26 ID:xNmZPF7C
(続き)
さて、何かグッズ(お守り)は無いかということですが、本来は気功グッズなのですが「除霊のお守り」としても効果があるらしく、
中川氏の気功グッズ、「ハイゲンキ」、ビデオテープ、カセットテープなどがを掲げておきます。(しかしこれはうわさです)
除霊には他にも電撃治療により憑依霊を一旦、霊媒に移してから説得して除霊する方法もありますが、日本では聞いたことがありません
(憑依霊への説得方法は上記と同じです)。
以上は、本人に憑依している霊に身内の者が心の中で愛情を持って説得(上記)すれば除霊できるレベルです。
しかし、次のような場合は背後霊、高級霊の助けがなければほとんど手の出しようが無い場合です(これにはカルマが影響していることもあります)。
生前では物質オンリー主義で霊魂説を否定し「どうせ死んだら何も無くなる」と硬く信じていた場合、邪な宗教教義を信じ込んでいた場合、
物欲や肉体欲が極端に強かった場合、無縁仏、あるいは嫉み、恨み、嫉みなどは生霊にも成りますが憑依霊では強烈のようです
(横道にそれますが、この意味でも死刑制度は絶対になくさなければ成りません、これは怨念霊を増やすだけです)。
我々が霊魂説を普及するのは、死後に迷ってこういった憑依が起こらないようにすることも、その目的の1つです。
これらは、こちらからだけでは手の付けようがないようです。

45 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 15:17:05 ID:xNmZPF7C
(続き)
では、薬はどうかというと、それで効き目があればそれでいいのですが、薬によって本人の体調がさらに弱まり、
逆にさらに憑依されることもあるのです。憑依霊は1人ではありません、複数の場合もありますから。
問題は、もし除霊が出来たとしても、再び憑依が起こる場合です。
本人の心のもち方、習性、考え方が以前と同じく変わらない場合です、霊についての真剣な理解がないとまた同じことです。 
ところで、憑依には高級霊がつく場合もあるのですよ。霊媒がそうです。
この場合は審神が必要ですが(いまは、こんなことを言っている場合ではないようですが)。
一番問題なのは、霊魂説を信じたから憑依されたという場合です、どういう人から聞いたのか、
あるいはどういう書籍で知ったのか、どうなんでしょうか。
だらだらと書き込みましたが、参考になればと思います。

46 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 19:51:53 ID:e7REZkOW
なんかしらんが、初っぱなから全く霊訓からかけ離れているな・・・

47 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 23:47:51 ID:xaEDfqhX
以下のスレが最近書き込みがないようなので
そちらに避難したらどうでしょうか。

スピリチュアリズム☆1
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1182825458/

前は ★★シルバーバーチ・スピリチュアリズム・疑問★★
スレを読んでいましたがFとF叩きの書き込みでいっぱいになり
落ちてしまったようですし。




48 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 00:54:15 ID:ndccpoYh
神を殺すのは簡単です。一言で言えば神界にありながら(意図的に)神を汚す事ばかりをして
当然馬鹿(神)はそれを排除しようとするが、やり過ごし理不尽なことをした人を(神の名の下に)
復讐し、それでいて表面上は善人、または神に近い人のふりをしていればよいのです




49 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 02:47:21 ID:TW7U6Vzd
>>32>>34
薬を減らしつつの治療らしいです。
そのため、少し悪化して、また元に戻るというプロセスになるとか。
でも、見ている限りでは、病気よりも身勝手さが前面に出ています。
除霊は受け付けないでしょうね。兄(自分)が変になったと思って余計にストレスを与えかねない。
>>39>>42
バッチフラワーだったら試せるかもしれません。本人が相談に行くかどうかわかりませんが。
チャンスがあったらすすめてみます。自分自身にも試してみたいですし。
>>41
話は受け止められますが、行動が受け止められないのです。近所迷惑につながる行為が多くて。
バイトをしていて、夜中に帰ってくるのですが、
大きな音・声を出したり、注意しなければいつまでも音楽を流していたりと。
最近、やっとヘッドホンをするようにはなりましたが。
憑依があるとしたら、行動に特筆するような変化が現れるのでしょうかね?
現在の行動は、明らかに以前よりもワガママさが出てきています。薬を減らしているせいかもしれませんが。
>>43
超能力とかいったいかがわしいものとの接触はありません。
最初に症状(幻聴)が現れたのは6年くらい前で、いじめが原因のようです。
本人は霊魂説を知りません。世間一般でイメージされる幽霊なら信じているようです(怖がるので)
つい最近、身内の者が無くなったので、墓参りには行ったのですが、
先祖供養しているかと言われると、しているとは言い難いです。
心の中での説得は続けます。

みなさんアドバイスをありがとうございました。
実は自分も、統合失調症ではないかと思われる妄想にとりつかれたことがあります。
が、病院に行かずにいつの間にか改善しました。
思考の上で、立ち直ってはへこみ、立ち直ってはへこみを繰り返したおかげで、
改善(前向きに考える)したのかもしれません。目標をあきらめなかったのが功を奏したというか。
いまでも少し変な妄想はありますが、どのような症状が病気かはわかっているので、
それで自己コントロールができているようです。
みなさんに教えていただいた方法を自分にも試してみます。

50 :39:2007/09/07(金) 07:58:23 ID:l9ozbCbn
>>49

相談の場合は調合されたボトルの代金も一緒に含まれている場合もあるので
自分で買うのはどの種類を飲めばいいのかわかってからでいいと思います。

バッチフラワーのスレもあるので参考にしてください。

バッチフラワー 18
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1184894516/

51 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 08:38:22 ID:iNugJ3Jc
>>43-45
高級、低級という表現は、言っている本人のレベルに応じてということになる。

>憑依には高級霊がつく場合もあるのですよ。霊媒がそうです。

怪しい!怪しい! まったくもって怪しい!
人心をかどわかすな、即刻去れ!

52 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 09:40:07 ID:Zg9Zl235
>>49
遠隔ヒーリングだったら本人に内緒で出来るよ。


53 :神も仏も名無しさん:2007/09/07(金) 23:32:37 ID:u/L4eQ6g
シルバーコードを意識するにはどうしたらいいですか?

気力を強くするのに、役立てたいのです。

54 :神も仏も名無しさん:2007/09/08(土) 03:23:30 ID:vgtjfYgu
>>50
ありがとうございます。
見てみます。
>>52
あまり多額の出費はできませんが、調べてみます。
どうも個人のカルマも影響しているような気もするので、ヒーリングで効果があるのかどうか。

今回の症状は、家族を結びつけるためのものじゃないかとも思えてきました。
家族がガタガタだったことに加え、薬の量を減らしたため悪化したわけですが、
そのおかげで両親が一時的に結束して病気の治療に当たる姿勢をみせています。
家を捨てる可能性のあった父は、家に居ざるをえなくなり、
愚痴で周りをいやな気分にしていた母は、絶えない愚痴がどのような状況を引き起こすのかを知り、
自分は、病気への理解はありつつも、それを受け入れられていないという未熟さを知りました。
ある意味で、役に立っています。近隣の方々は迷惑しているかもしれませんが・・・

55 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 09:05:41 ID:QzVT7Hmi
54さん シルバーバーチの霊訓とアラン・かディックを参考にして下さい
シルバーバーチの霊訓12では
「邪霊に憑依される人は自らそういう条件を内部にこしらえています。あくまでその人個人の問題です。愛と奉仕の精神に燃えた人に高級霊が引き寄せられるのと原理は同じです。
法則は良いことばかりに働くのではありません。崇高な目的に作用する法則が悪い方向に作用することもあります。問題はあなたがどういう心掛けでいるかに掛かっています。」(P52)
「地上の人間は現実界と霊界との繋がりについて理解ができておりません。光り輝く高級霊からのインシュピレーションに触れることが出来ると同時に、
ふとした事から無知な低級霊のなすがままになっていることもあります。いずれの場合も同じ摂理の働きなのです。」(P52)

「スピリティズムによる福音」アラン・カルディック著(角 智織訳)
すべての憑依に於いて、取り憑く霊から開放されるための最も強力な手段は、「祈り」です。(P484)
・・・憑依が起きないように保証するには魂を強化する必要があります。
・・・殆どの場合、他人の助けを求めなくても、自分の努力だけで取り憑いた霊から開放されることができますが、
(悪化してしまった場合には)他人(道徳的に優位な方)の助けが必要となります。・・・(憑依の原因の多くは)前世の関係にあります。
(本人)「神よ、私に取り憑いた悪い霊から、善霊が私を解放してくれるようにして下さい」
(助け人)「全能なる神よ、○○を取り憑く霊から開放させてあげることができる力を私にお与えください、
もし、御心に中にこの試練を終わりにすることがあるのであれば、必要な権威を持ってこの霊に話す機会を私にお与え下さい。
私を助けてくれる善霊よ、そして○○の守護霊よ、あなた達の助けを私にお与え下さい。○○を取りまいた不純なフルイドから彼を自由にするのを助けてあげて下さい。
全能なる神の名において、この人を苦しめる悪い霊を遠ざけるようにお願いします」(P485)


56 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 09:10:09 ID:QzVT7Hmi
(続き)
51さん ニール・ドナルド・ウォルシュの神対をあなたなりに審神して見て下さい。
去るかどうかはそれから見てから決めてみもいいのでは、と思っています。
私の至らぬところを訂正していただければ大いに助かりますから。

57 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 09:33:32 ID:5w380rvd
>>56
あなたが書き込んでいることは本の受け売りですか?
であれば、一々引用せずとも書名の提示のみにするほうが賢明です。
なぜなら、あなたが自分の文脈に合わせるべく引用文を載せることで、
その言葉自体にバイアスがかかるからです。

58 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 09:52:25 ID:QzVT7Hmi
57さん
>あなたが書き込んでいることは本の受け売りですか?   
 本の受け売りなど、考えたことがありません。54さんの参考になればと思って記述しました。
>であれば、一々引用せずとも書名の提示のみにするほうが賢明です。
 ?
>あなたが自分の文脈に合わせるべく引用文を載せることで、その言葉自体にバイアスがかかるからです。
 55の範囲では私の意見はどこにもありません。参考にししていただければという思いだけです。

59 :神も仏も名無しさん:2007/09/09(日) 15:07:40 ID:QzVT7Hmi
51,57さん 人心をかどわかしたこと 言葉自体にバイアスがかかること など
ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び致します。
このシリーズからでしょうか、情報交換に感情が入り過ぎているような印象を受けています。
57さん、55は43,44の文証のつもりでした。(それにしましても、あなたは書名だけでわかる人なのですね)
またイエローカードを貰ってしまいました。でも有難う、それでは退散致します。

60 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 04:23:15 ID:UNC1GrVd
シルバーバーチは再生を説いてるけど自分の体験から言ってるのではなくて
再生した人を見たって目撃談なんだよね。見間違いって事はないの?


61 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 17:54:18 ID:AeLBzeuS
見間違いはないよ

62 :神も仏も名無しさん:2007/09/11(火) 04:54:28 ID:x1eY8B93
>>60
『シルバー・バーチの霊訓 第一巻』の173ページ目の後半に
「私にも体験がある」と述べてるよ。

63 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 06:45:59 ID:OYfPoBQ0
>>62
再生論の載ってる4巻と10巻しかチェックしてませんでした。
情報有難うございます。再生がなかったら死んだら永遠に安全な場所で
成長できるのに残念。

64 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 17:28:50 ID:GM2U7tGI
神にとって一番厄介なのは馬鹿(神)の欠点を知っている本当の賢者
馬鹿(神)「さあ大変 賢い人→神という馬鹿(神)の図式が」
とあの手この手で邪魔しようとする。すばらしさよさは神に歯向かい
続けた人間の手によるもの。ところが馬鹿(神)も大馬鹿ではないから
今度は一転そういう人を利用しようとする。未熟者でない限り利用されない。


65 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 17:30:18 ID:GM2U7tGI
 さて、神を殺すのは簡単です。一言で言えば神界にありながら(意図的に)神を汚す事ばかりをして
当然馬鹿(神)はそれを排除しようとするが、やり過ごし理不尽なことをした人を(神の名の下に)
復讐し、それでいて表面上は善人、または神に近い人のふりをしていればよいのです




66 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 01:14:43 ID:rf4EmD7i
他の宗教スレとかで安易にシルバーバーチをググれ、
とか言うのってどうなんすかね?
リスクを背負わずに簡単にお得情報をばらまくのってどうなんだろう?
うーん、わからん・・・。

67 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 07:57:29 ID:kF3JBbCH
リスク?苦労っていう意味ですか?
世界中のみんながシルバーバーチを読むようになれば、少しは、平和な世の中
になっていいんじゃないですか?

68 :66:2007/09/15(土) 09:10:35 ID:RQKZC5kS
うん、苦労とか。
なんていうのかなー。
ほら、ただ「頑張れ」って言ってもよく解釈する人と悪く解釈する人がいるじゃん。
なんのリスクもなく安易にばらまいても誤解が増えるんじゃないかなー、と。

自分が相手のためにリスクを背負う事で
他人の中の何かに変化が起こる、みたいな
そういう風に人間はできてるんじゃないかなー、って。

他人のため、ってなんだろう?って最近考えてて。
リスクを背負わないと「他人のため」にはならんのでは、なんて。
ていうか他人のため、というよりは自分を捨てる、って言い方の方が正しい気がするんだよね


69 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 13:11:47 ID:kF3JBbCH
自分を捨てるってのは嫌だな。俗だけど、どっかの居酒屋のおばさんが「自分
も栄えて他人も栄えて、自分は他人よりちょっといいってのが最高」って言っ
てたけど、そういう考え方の方が、人間らしくていいと思う。

バーチは他人に尽くすこと自体が喜びで、その喜びを与えてもらったことで
他人に感謝しなければならないと言っているけど、そこまで成長するのは
人間技ではないような気がする。

70 :66:2007/09/15(土) 18:56:41 ID:jnnaPMz0
文章へぼくてごめん
言いたかったのは
他人を尽くすために自分を捨てる、じゃなくて
他人のために生きなくても
自分を一切守らず傍若無人に自分を貫いて生きても
「他人と尽くす」と同じくらい霊性とやらが高まるんじゃねーの?
って事。

71 :66:2007/09/15(土) 18:59:07 ID:jnnaPMz0
>>69
>バーチは他人に尽くすこと自体が喜びで、その喜びを与えてもらったことで
>他人に感謝しなければならないと言っているけど、そこまで成長するのは
>人間技ではないような気がする。
そうかな?
自然に感謝したくなると思うぞ
他人に尽くす事は自分の成長を促すからなー
まあどうでもいい話だな

72 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 23:34:30 ID:grkogH8N
>>71
そう、自然なんだと思います、究極の人のためって言うのは。
だから人のためとかなんとか考えない、つまり脊髄反射みたいなもので
後で考えてみたら人のためだったと気づくような感じ。

だから行動の前に人のためと考えた時点で人間の不純物が混ざってしまうような
気がします。

自分にそれができるわけではありませんが私の”人のため感”とはこんな感じです。
自分はどんなときに喜びを感じるのか、いろいろな経験の中からそれを見つけ出せれば
何かが見えてくるはずです。
だから安易に霊訓とか読みたくないんです。
推理小説読んでるときに横から犯人の名前を言われてしまうような感じがして。




73 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 16:16:04 ID:d6vAUUtE
事前にどんな考えが浮かんでいようと最終的に
どの行動を選択したかが全てだと思う

むしろ利己的考えが浮かんでいながらもそこで
敢えて利他的考えに基づく行動を取る方が至難の業

74 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 16:33:55 ID:d6vAUUtE
「むしろ」は余計だった

しっかりと知識を付けたうえで利他のための最善の道を行く事こそが
真に人の為になると思うがどうか

75 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 17:08:46 ID:i6pM73rZ
大霊が完全な存在ならば、何故、末端のこの世の人間がこんなに事故や
病気で苦しまなければならないのか。私には、わかりません。大霊の完璧さというの
は、みんなの目標になるだけのものなんでしょうか。大霊の力が完璧ならば、
何故、みんなが苦しまない宇宙にしないのでしょうか。私には、わかりません。





76 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 21:15:02 ID:/Ty8G788
歴史が証明している。
大霊にとって人間など砂粒ほどのもの。
自らが救われるべきものという幻想は捨て去るべき。
救われようとする求心性をもった宗教は弱者の人生に
合理性を持たせようとする方便。

77 :66:2007/09/17(月) 23:17:28 ID:ILG4qcoB
世界を醜いものにしているのは強者ではない
弱者が美しいものをとことん食いつぶす
と最近思う
宗教がその典型的な例

78 :神も仏も名無しさん:2007/09/17(月) 23:32:52 ID:hcN/Lsry
>>74
真に人のためとはどれだけ相手のことを深く理解できるかがカギだと思います。
それには知識より経験が必要だと考えます。
相手のことが理解できれば最善の道はおのずと見えてくるはずです。

79 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 01:06:30 ID:nTDv3SWR
自分が深く苦しみ悲しんで、抜け出す努力の過程で身に付けたものこそ、本物だと
思うし、過去自分が同じ様な経験をしたからこそ、上から〜してあげる、という気持ち
からではなく、心の底から、自分のことの様に相手に寄り添えると思う。


80 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 13:05:49 ID:xinAd/3W
日月神示っていう自動書記通信にはまもなく地球に大変動が起こるとの事。
バーチはこれについて何もいってないのか?

81 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 05:21:42 ID:cwMbSxKG
日月神示に限らず、充分注意して読んだほうがいいよ。

82 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 09:08:34 ID:sV9RkluG
>>80
日月は特に当てにならん。
アレは語呂合わせばっかりで、当たった予言なんかないじゃないか。

83 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 10:58:10 ID:UHYnE27p
ひふみ神示(ひつく神示、日月神示)の批判的検討
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/hihumi.html

84 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 23:15:59 ID:uZ0GaLY9
確か心の道場に
霊言が昔の言葉遣いなのは低級霊ってあったかな
あと未来の予言とかもまずは低級霊って

まあその情報を鵜呑みにするわけにもいかん
俺が思うには高い階層にいけば言葉遣いが言葉というよりは情報処理みたいな感じになるんじゃなかろうか、と
数字とかになるのはまあわかるが「なのじゃ」みたいなのはおかしいな
でもまあ平和ボケせずそういう危機感を持つに越した事はないな

85 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 00:21:22 ID:URhl7wSg
それだと小桜姫物語も低級霊になっちゃうよ

86 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 00:37:52 ID:V4HnhjGA

情報サンクス
じゃ霊言と自動書記は違うって事なのかな?
小桜姫まだ読んだないけどw

87 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 06:46:02 ID:YXQmV4sn
>>55
>>56
神との対話っておもしろい本ですね。
ざっと読みましたが、シルバーバーチとはまた違った切り口でおもしろい。
こういう本があることを初めて知りました。どうもありがとうございました。
兄弟のことですが、あれから薬が元の量に戻り、いくらか落ち着きました。
本人自体は変わっていないので、また同じような状況が起きるかもしれませんが、
そうなる前に、本人にとっての成長のチャンス(荒波)が訪れそうです。
そのときは、自分も影ながらサポートします。
>>75
神との対話でそんな感じのことが話題になってました。
いまはちょっとどこに書いてあるかわかりませんが。

88 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 16:25:06 ID:4GYQzO8t
>>85
小桜姫は当時の現代文で書かれてたんじゃない?

89 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 16:54:10 ID:bsxwoLkq
>>72
>自分にそれができるわけではありませんが私の”人のため感”とはこんな感じです。
>自分はどんなときに喜びを感じるのか、いろいろな経験の中からそれを見つけ出せれば
>何かが見えてくるはずです。
>だから安易に霊訓とか読みたくないんです。
うんうん、俺もそう思うなー
正しい、と知って行う行為って卑しいし人間らしくなくてやだな
そういう意味じゃ宗教の妄信的信者の方がある意味高尚だと思う(ある意味ね)
まあ結局行動が全てだけど

自分の経験や感覚に基づいた「喜び」が一番最強だと思う
人によって形は違えどそれを各々が研ぎすましていけば
各々の形でバーチの言う霊性の高い状態になるのではないかと?
シルバーバーチより岡本太郎なんかの方が俺的には質が高い感じがするな
人間の霊言だもんアレw

90 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 17:11:07 ID:PyPafDZW
いきなり、唐突な意見で恐縮なのですが、戦後、ガンやいろいろな難病が増えて
きたというのは、太平洋戦争で大量に生まれてしまった末成仏霊のせいではないか
という気が、最近するのです。
 
それと、昔風の言葉で霊訓を述べるのは、インペレータもそうですよね。もっとも
訳者のせいかもしれませんが。インペレータも低級霊なのじゃないか、と最近
思っています。結婚を罪悪視しているし。

91 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 18:02:45 ID:URhl7wSg
>>90
>結婚を罪悪視しているし
どこに?

92 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 18:36:29 ID:PyPafDZW
>>91
心の道場のステイトン・モーゼスの霊訓の下巻の第29節に「差し当たり、
われらとしては、結婚生活というものが病いと犯罪と貧困と精神病等の重大
なる問題と密接に結びつける問題であることを指摘しておく」と書いてあった
ので、そう思ってしまいました。私の誤解だったら、許してください。

93 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 19:52:08 ID:6GE8g1EE
普通に考えたら結婚なんてロクなもんじゃないでしょ
霊の方から見て結婚はよろしくない、っていうのは普通に納得できるが
病と犯罪と貧困と精神病等の重大な問題と密接に結びつける問題、
てのも考えてみればそうかもしれんよ

94 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 20:08:12 ID:3iv3Qjte
>>90 癌という病気は年齢を重ねるごとに発症率が高まりますから戦前は発症前に亡くなる方が多かったですし、
    そもそも癌やその他難病は現在の技術があるからこそ発覚するので、昔も難病は存在していたんだと思いますよ。

95 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 22:09:24 ID:URhl7wSg
癌が発生したのは肉食になったからだと思うよ

96 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 15:29:19 ID:WdWJdG6Y
>>84
神誥記も古語だよ。でも低級霊じゃないと思う。


97 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 16:29:51 ID:NDXnyfeA
古語だから、低級霊っていう理屈は、よく分からなくなってきましたが、
シルバーバーチのホームサークルには、いわゆる審神者(さにわ)という人は
いたのだろうか、という疑問はわきます。霊訓を読んでいると、高級霊でも
この世にやってくるために自分の波動を下げると、低級霊の影響を受けやすくなる
と言っています。

要するに、この世は低級霊が幅をきかせている世界であり、高級霊は霊界でのみ
自分達の能力を発揮できると言っているような気がします。

つまり、バーチの霊界通信のすべてが、バーチ自身の意見かどうか疑問のような
気がすることもあります。

98 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 07:08:15 ID:poLfNw2o
どうしようもない親を見捨てて、彼らの自己改善を求めながら事実上の縁を切るのは、逃げに当たるのでしょうか?
このまま彼らを改善させようと働きかけても無駄で、なおかつ自身の人生を壊されると判断した場合、
一縷の望みを持ちつつも見捨てるという行動にでるのは無理ないと思うのですが。

99 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 17:10:27 ID:T1jg/lSy
>>98
親御さんが不完全なら、それを見捨てる貴方も不完全だよ。
そして上手にアドバイスできない僕もね。
困難から逃げるのも自由だが、何時かは立ち向かわなくては
ならなくなるだろう。

僕たちは苦労の順番が違うだけで、たぶん同じ方向を目指しているんだろうから。

100 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 17:22:22 ID:T1jg/lSy
>>97
疑問を持つことは良いことですね。
しかしバーチ霊に関しては「落ち」は心配ないような気がします。
「霊訓」として世の中に広まることを前提とした憑依現象なわけで
もし低級霊の言葉が霊訓に混ざりそうになったら
「えー・・こないだのは私じゃありませんから・・削除して・・ね」
となるはずです・・・が。

101 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 23:43:20 ID:yctNMb8M
>>98
親のことで悩んでる人多いね
幸せな家庭が当たり前だったらいいけど
悲しいかな、現実の家庭はそう上手くはいかない
ところで、悩みすぎて、考えが行き過ぎてはいないのかな?
バーチは悩んではいけないって言ってる…
実際のところ、悩まないなんてのは至難の業なんだけどね
親のことより自分の思念がどうなってるのか考えてみては
多少の気分転換になるかもしれないし
それと親を改善ってのはたぶん誰がやっても難しい
気長にのんびり構えてないと
それこそ自分自身が壊れてしまう
見捨てるなんて言い方はまるで今生の別れみたいな言い方だね
見捨てるって考え持たなくてもいいじゃないかな?
人生は短くともやはり長い
親との縁は良くも悪くも中々切れるものじゃないんだから
もっと気長に気楽に受け止めたら?
苦しみを与えられることで
本来の自分に目覚めるとしたならば
目覚めた方は良いかもしれないけど
苦しみを与えた方はどうなるのだろうって思うんだ
その人は将来そのカルマを背負うのかな?
自分が目覚める為に
誰かがカルマを背負う役を演じるとしたら
人生は不思議だね
98さんの気持ちが少しは軽くなるといいんだけど

102 :KKKKKKKKKKKKKK@:2007/09/22(土) 23:57:15 ID:0Ot+liJh
ゴッドスレイヤーズ神殺しの帯剣グレートソードで神様を必ず絶対に殺してアボーン
 ____________∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
(∈EEEEEEEEEEE煤\――――――――――――――――――――――)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨______________________/

103 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 02:49:55 ID:zNabZmYf
>>100
全てが、いわゆる低級霊の言葉なら訂正はありえないですね。
そもそも高級霊だ低級霊だと評価している輩自体がどれほどのものであるのか?

104 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 03:57:00 ID:BBJUT6OH
バーチ本人が言っているように、内容が正しいと判断できなければ
自分自身が受け入れなければ良いだけのこと

105 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 08:56:47 ID:uS7bHPcN
>>104
つまり、これを直ちに真理(正しい道理)だと言うことは誤りであるということ。
各々の判断が優先すればそれがそれがしにとって真理(正しい道理)です。
霊訓を至上のものとして珍重がりそれを真理であると遍く論じる輩はその間違いに気がつくべき。
言葉には目的がある。目的どおりに使用されれば真理と言える場合が、
時や場所や対象や目的を外れた場合には真理とは言えない。
言葉の文字面を追ってしたり顔で言葉を使用すべきではない。

106 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 09:06:11 ID:HGsc0fUE
>>104
正しいかどうかは、実践してみなければわからないこと。特に霊性を高めるには
とかいう話になると自分自身に判断基準がない。霊訓については、あまりにも
常識ばなれしていない限り、信じるしかない。

107 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:20:55 ID:BiTCVx91
>>103
貴方も「いわゆる低級霊の言葉なら訂正はありえないですね」
「そもそも・・・どれほどのものであるのか」と評価していますね。

>>105
まあ姿勢の問題もありますよね。
バーチ霊は「何時、誰に対しても矛盾の無い話」を基準としているように感じて
好感が持てます。
TPOが違えば頓珍漢になるのは当たり前。

ただ、「各々の真理を尊重」しながら「霊訓の真理を支持する人たち」のみを
非難するとすればやはり矛盾ですね。

108 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 02:25:06 ID:IXBEM6pY
>>107
あなたのレスを読むと、あなた自身が講釈してはならない人のようです。
他人のコメントを文字通りに理解できないような人が、
コメントの行間を読むような格好をつけるのは誤解を深めます。

109 :◆8IbGhW1czw :2007/09/24(月) 02:28:48 ID:MBWVuOdF
こんばんわー キリコへ 置かせてください。川崎トンネル殺人の犯人の
霊耳捜査です。 貴方は、私に勝てないが普通霊能者よ。
Fが、たぶん世界1なのよ。 なーんてねww5本内の無名よ。
シルバーバーチ霊は皮肉屋さんだから、金儲けはプチね。まみ・まりあ・みゅー
あれー・・・・

110 :◆8IbGhW1czw :2007/09/24(月) 02:29:25 ID:MBWVuOdF
見なかったんじゃない!!!!!!
知られたくなかった!

知り合いなんていうことだけでなくて
愛してるのです今も・・・痛いのです今も
彼からの花も綺麗ね。 今は・・・
私の家でなくて場所にあるなんてー大笑い。

F:若い女性が、あの時間ですか?
  どうして??? 追いかけてきたのか?
 いいえ。送り狼です。

FBI以上のFの霊耳情報でした。http://www1.megaegg.ne.jp/~furukawa/ 秋桜を見た。

111 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 03:22:11 ID:gLtjZmbq
真面目なやつは息苦しくて付き合いづらい

112 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 03:53:17 ID:C9NQKPZd
>>108
本当。揚げ足取りはするべきじゃない。

113 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:59:42 ID:lOKeRiQb
>>109-110
F馬鹿女!
もう詐欺行為は止めなさい!

114 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 05:09:18 ID:qGLUT4Nc
誰からも見放された時には守護霊や神のことを思い出し
けっして一人ではない事を思い出しなさいってあるけど
自分が真実の道を歩んでいるから非難されるのか、独善に落ちいっているから
非難されるのかの判断はどうやってすればいいの?

115 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 06:16:54 ID:c+C0RfpA
いつ、誰からどの様に非難されたんでしょうか?
真実の道を歩むとは、他人や周りの出来事よりも、自分を厳しく見つめて打ち勝っていく事ですよね。
真実のために、己の低次の性質を犠牲にし、手放す代わりに正しい、高次のものに置き換えていく。
そのためには、自分の中の真実とそうでないものを、深く理解し識別できるようになるために、激し
い苦しみや、悲しみ、孤独を経験しなくてはならない時間があると思います。
だれにも理解されないし、その闘いは絶対に一人でやり遂げなくてはならない。
>>114さんが、どうして非難されるのかは、私には分かりませんが、本当に正しい道を歩いているのな
ら、非難される苦しみに耐え、自分を見つめている努力は必ず鍛錬になり、報われる時が来ると思います。
どうか頑張って下さい。質問の良い答えが出ず、すみません。

116 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 06:46:04 ID:qSS7wvli
判断云々は置いといて自分が正しいと思う道を歩み続ければ良い

117 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 08:03:02 ID:DGSbTLFz
それから、誤解され、正当に評価されず、得られるものが得られない痛み、自分が踏み
にじられるような犠牲の苦しみを通らないで、真実に辿り着く事は絶対に出来ないと思
います。
「自分」を何よりも愛し、欲望やプライドを満たす事に強くしがみつく、低次の性質を
殺す闘いという、一番やりたくない事を代償に払う努力をした分、確実に真実に近づける。
その最中は、結果は目に見えないし、反って全てを失っているかの様にしか思えないけれど・・。
どちらもを選ぶ事は絶対に出来ない。真実の道を歩くには、失う痛みを覚悟しないといけな
いんですよね。

118 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 10:39:52 ID:2x/dsrK9
>>114
自分にとっての真実ね。
人との関わりの中でそれを相手にも求めるようなことがあれば、
独善だと非難されることがあります。

119 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 13:05:14 ID:iKIeUKQk
103さん、>全てが、いわゆる低級霊の言葉なら訂正はありえないですね。
     >そもそも高級霊だ低級霊だと評価している輩自体がどれほどのものであるのか?
 全てが低級霊の言葉であれば、訂正だらけではないでしょうか。
私達は自分達の責任において、シルバーバーチの霊訓を伝えますが、その輩とは
「たった一個の霊でも目覚めさせれば、たった一人でも暗闇から光明へ導くことができれば、
たった一人でも弱った人に元気を与え、悩める人に慰めを与えることができれば、
それだけで私たちは立派な仕事を成し遂げたことになります。」(霊訓4、p36)
を実践するだけのものです。
103さん、シルバーバーチの霊訓は「低級霊の言葉」なのでしょうか。

108さん、>あなたのレスを読むと、あなた自身が講釈してはならない人のようです。
    >他人のコメントを文字通りに理解できないような人が、
    >コメントの行間を読むような格好をつけるのは誤解を深めます。
 仲間同士にしてはつらい言葉ですね。
イエスの言葉に「全たき愛は怖れを払う」(ヨハネ4・18)とあります。
「神を愛し、隣人を愛せよ」は黄金律ですが、どんな目にあっても、
それが相手に対して心からの愛情で行ったことであればいつかは報われます、
「目には目を、歯には歯を」という間違いさえ心に行わなければ。
107さん、あなたの愛情と勇気あるコメントに私はエールを送ります。

114〜118さんのホットな会話に、無断で割り込んですみません。
「独善」、重たい言葉ですね。霊訓に
「霊の世界の働きかけに応じて働く人々、持てる才能を零団に委ねる人々は、
自分を捨てることによっていつも自分が得をしていることに気づく筈です。
何となれば、その行為そのものが一つの摂理に適っているからです。」(霊訓4、p226)
というのがありましたが、的外れかもしれませんね。ついつられてコメントしてしまいました、落ち。


120 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 16:56:30 ID:8XjMoVDB
心の道場はアセンションに関して何も言ってないのはなぜだ。
もしかしてあるかもしれないと思っているんじゃなかろうか。

121 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 17:55:12 ID:qSS7wvli
>>120
直接質問してみては

122 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:52:40 ID:qGLUT4Nc
バーチなら霊的成長はゆっくりとしてるから人類が短期間で
一気に覚醒するなどありえない。って言いそうだな。

123 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 21:01:31 ID:lThBhFL0
”シルバー”が姓で”バーチ”が名なの?
slver birch でシラカバの意味だけど、birch だとカバですよね。

124 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 21:02:16 ID:LbCg0l3Y
「シルバーバーチ」でペンネーム

125 :123:2007/09/26(水) 21:52:58 ID:1gEUeMYV
おっと、silverですね。

126 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 15:49:24 ID:1RJ7Tidt
地球最高神九次元霊という本のイエスの言葉にホワイト系霊団というのがでてくるんだけど
たしかバーチも白色同胞団の一員だとか言ってなかったっけ?

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31808765

127 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 17:05:49 ID:uhin0reJ
これか
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9

教義は思いっきりスピリチュアリズムを下敷きにした内容だな

ただ出てきている固有名詞が…

128 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 17:57:13 ID:zi6FwZYW
ざっと見ただけだがスピリチュアリズムそのものだ。
違う点は、霊が地上時代の名を名乗る所。
これをどう捕らえるかだな。

129 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 18:12:52 ID:uhin0reJ
順当に考えると、チャネラーの深層意識にある
スピリチュアリズムの知識が吐き出された、か

低級霊にしてはスピリチュアリズムそのものだし
本物と仮定するにしては出てきている固有名詞が…

あるいは、チャネリング以前の問題か

130 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 22:45:57 ID:165twPLq
利他主義ってのがどうもわからん
自分の我欲はダメだけど他人の我欲はいいの?

131 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 22:55:39 ID:n2F8QWnm
とりあえず、あげておく

132 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 00:46:30 ID:w+lhJpOD
人助けなんて強者の美徳。弱者はオロオロするだけ。

133 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 00:57:49 ID:rkBnfWd1
ちげーよ
強者の優しさなんて大した価値がねーんだよ
弱者の必死な優しさにこそ大きな価値がある
マザーテレサもそういう事言ってたぞ
少ないものこそ分け与えろ、って

弱者は大きな優しさを発現するチャンスを最初から与えられてるんだよ

134 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 01:01:21 ID:ctcl2sdg
>>119
厳しい愛は必要です。

135 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 01:35:16 ID:gAe5AEy8
明らかに間違っている事に対して、忠告する事は単なる非難とは違います。優しさや愛の
履き違えに対して、バーチも警告しています。愛が動機であるかは本人にしか分からないので、
判断はできませんが。
上のことに限らず、頭のいい人が言葉のマジックで真実をいかようにも出来るのは、怖いです。
真実をうやむやにしてまで、自分の優越感や自己弁護のために批判や指摘をしているものは、
本当にやめて欲しい。
自分も含めて、全ての行いの動機が何なのか、胸に手を当てて警戒しつづけなくてはならないな
と思います。


136 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 02:50:48 ID:kMNjXqo+
>真実をいかようにも出来るのは、怖いです。

実際は真実をいかようにも出来ない。怖がる必要はないよ。


137 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 02:54:29 ID:kMNjXqo+
胸に手を当てて警戒しつづける必要はないよ。
動機に拘りすぎると、何も出来ないし。逆に自分を見失う部分もあるんじゃないかな。



138 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 04:40:27 ID:l/hcDYMo
>>136
そうですよね。真実自体は個人の意見によって変化するようなものではないですものね・・。
ただ、真実を最も大切にして欲しい。



139 :◆8IbGhW1czw :2007/09/30(日) 11:46:58 ID:9AeGKC8r
貴方が、犯人なら何故 駐車場に運んだのですか?
果樹園に埋めればいいのに・・・
わざわざ彼女の知り合いの所まで運んだのは?
愛があるからでしょう、元彼です。いいえ、付き合いはまだ続いてた
そして言う彼は、奥様に話せないと。。コーチという風に呼ばれてた
そんな人物です、お母さん、恐かったよー 私には、殺人鬼が付いてたなんてね、虫より悪いなー お母さん。私に可愛い可愛いって
毎日10回は、囁いてください。 私寂しいのだからー でもでも
お父さんが、私にあんなに優しいの初めて知った。
水泳しか出来ない御馬鹿な娘より

これ警察にも送ってください。このオバサン今日初めて事件を知ったの〜 遅いよ。。。でも証拠もないなんて信じてくれないか?
でもでもでもあいつは、手が早いのー だから他の人があぶないでしょう。 送るだけは、してね。 デモでもデモでもアイツは、真面目になってるよー 皆アイツを、疑ってるのー ざまーねーなーww
私が、馬鹿だから痛い苦しい涙が出る想いしたんだーwwwwwww
私も馬鹿ですが、このオバサン遅いよー 気付くのーーーーー疲れた
お母さんのとこへ帰ります、いつも家にいるからーお墓にはいないよ。スイミングの駐車場は、私が立ってるらしいですが、本当は
先輩のお姉さんが化けてるのです、アイツは、泣いたねーwwwww
送ってよー 偉大な霊能者のお姉さまへ
http://www1.megaegg.ne.jp/~furukawa/
霊耳に聞くとおり代打しました、事件も知ったばかりで先入観は
一切無しの彼女情報です。
警察へもお届けしますが・・・残念でしょうがないのもありますね。
ご冥福も祈れない何故なら彼女は家族と見えない位置で生き生きと
しておいでです。デモデモでも皆様彼女を忘れないでください。
死す瞬間まで・・きっと,その時に彼女を見るでしょう、私の言う真実も

140 :◆8IbGhW1czw :2007/09/30(日) 11:48:59 ID:9AeGKC8r
キリコへ 上記は、我が背後霊の霊医アトス様が貴方へ差し上げたいというお話です

そして貴方の知り合いのボスも興味あるなら、どうぞご覧ください。

141 :◆8IbGhW1czw :2007/09/30(日) 11:54:07 ID:9AeGKC8r
霊医は、馬鹿な子は可愛いと言う。。。
しかも愚かな娘は放っておけないとも言う。。。

しかしながら無知で生意気な貴方は、空しいだけとも言う。。。
Fは、宗教家や悪魔の犠牲者・・だけと想います。。。。。。。。

カリスマ性ゼロのFBI捜査官以上のFより

142 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 12:09:09 ID:dYBXisYo
>>135
シルバーが姓でバーチが名ですか?
>>136>>138
自らの中に真実があります。言い換えて真理なるものもそうです。
自らの生にどのように当てはめるかという思考を怠り、
霊訓を至上のものとし、一字一句引用しながら行動の規範とするなど、
自他との間でそれが不変のものであるとすれば、
あなたの信仰はシルバーバーチ原理主義とでも言うべきです。

143 :135 138:2007/09/30(日) 13:31:56 ID:5qPpuuuf
>>142
>自らの中に真実があります。
当然です。自分の経験を通して身に付けた真理でなければ本当に紙の上のもののようにうすっぺらいものでしょう。バーチなど
の霊的知識は、答え合わせで(私自身は)後から知ったもの、更なる向上のためにガイドとして使うべきもので、自分の努力で本当に自らの物にしてい
ない真理を、知識を頭につめこむことで、分かりきった気になり、真実に対して真摯に向き合っていないと思われる、真理に矛盾した
自己を優先した発言には大きな疑問を感じます。
霊的悟りの道を歩いたことがあれば、自分というものを殺してきているはずです。何よりも真理に忠実であるはずです。真実というのは本当
に厳しいもので、いいかげんに語って欲しくない。どんな場合も自己主張や優越感の道具になどなりえません。自己欺瞞を暴いて内なる神の正
義に従って欲しい。いいすぎでしたらごめんなさい。
私の文章のどこからバーチ原理主義が出てくるのでしょうか?自分の思いたいように推測するのも真実に忠実ではないと思います。
判断材料が数行のレスだけですから、決め付けはお互いに改善していきたいです。


144 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:04:48 ID:JVnYBJcf
>>143
このレスにおいても『真理に矛盾した』 とか『真実に忠実』と言われていますね。
この真理とはどこから導き出されるのでしょうか。
『バーチなどの霊的知識は、答え合わせ』と言われていますね。果たして、
この発言によって霊訓に書かれていることが普遍であると言っています。
つまりあなたにとって霊訓は行き着く先であるのです。『ガイド』ではなく目的。
『自分の経験を通して身に付けた真理』と言いながら矛盾したことを言っています。

145 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:15:56 ID:Zh5cMS5Q
くだらねーw
糞スレだなここはw
そんな事よりシルバーバーチに触れて
お前等が実際どういう風に変わったとか
具体的にどういう取り組みをしてるとか
そういう報告スレにしてくれよ

146 :135 138:2007/09/30(日) 15:33:29 ID:gjPcsKK7
そうですね。私は議論は得意ではないですし、表現、言葉をその様に捕らえられる可能性もあるとは
深く考えて書きませんでした。どう受け取ってもその人の自由ですし、真実自体は確かなものですから。
真実について議論するつもりではなく、(このように言葉では真意はうまく伝わらないしそんな能力
もないですし)真実に向き合う姿勢について思っていた事を伝えたかったのです。
ですが、私の体験については>>144さんは知りえないですよね?
霊的な暗闇というものは、本を読めないほどのものです。発狂しそうなほどの絶望、苦しみ、悲しみ
が何年も続きます。社会から隔絶されます。私はバーチや宗教など、知りもしませんでした。
そのような状況で必死にもがき、真理、神を知った経験を言葉で全く誤解もなく、伝える方法を私は
知りません。
真実についての議論は、する必要がないと思います。


147 :136:2007/09/30(日) 17:07:07 ID:KERUSQ2l
>>142
何故、シルバーバーチ原理主義という言葉が出てくるのが私も疑問。

○○とするならば、××である。・・・私の日常生活や信仰の何を知って、
あなた(達)の信仰は原理主義とでも、躊躇もせず言葉を投げかけられるのであろうか。





148 :136:2007/09/30(日) 17:09:15 ID:KERUSQ2l
それから。矛盾の向こう側にあるものを見ようとすること、知ることも大切かと思いますよ。


149 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 19:13:09 ID:Izm1zq3O
>>146
あなたが自身の暗闇の中で得た”あなたにとっての”真理を
否定するつもりは毛頭ありません。それは境涯や人となりに応じた
信条と言い換えられると思います。十人十色ですね。
ところが”あなたにとっての”という冠を取り除いて真理と言えば
それを伝え聞いた人は”普遍の”何かをイメージします。
それらは似て非なるものです。
>>147-148に対しても同様にお答えします。

150 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 20:44:56 ID:w+lhJpOD
働きたくないでござる

151 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 20:47:58 ID:w+lhJpOD
自分も他人もクズにしか見えません。クズの為に働きたくないでござる。

152 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 22:39:50 ID:GDDG6DFV
>>151
そして時間が無為に過ぎていくのじゃな。
気力意欲が削がれ社会から遊離して生ける屍となる。
白髪が増え、髪が薄くなり、肌は干からび、手の甲には静脈が浮き上がる。
金は無くなり死を待つのみ。

153 :神も仏も名無しさん:2007/10/01(月) 01:40:29 ID:UlKg//MD
人間は死後最長3日くらいでシルバーコードが切れるんですよね?
動物の場合はどうなのでしょうか?

154 :135 138:2007/10/01(月) 10:57:15 ID:5rMlJ+CM
何か話しがかみ合わないと思っていましたが、私の文の中の真実という言葉を、シルバー
バーチの真実、というふうに捕らえて読まれているんでしょうか。
そういう発想がないので、気付きませんでしたが、それなら言われている動機が少しわかりました。
だれに認めてもらうためでも、議論で相手を納得させたり、勝ったりするための真理ではない
のでどの様に推測されてもそれと真実は関係ありません。真理の認識というのは、そこに
辿り着く道はさまざまあれど、絶対的で完全で不動のものであり、私たちの「意見」とは関係ないんです。
私は特別バーチを読み込んでいるわけでも信者でもありません。真理に到達すれば、全ての宗教に大本は区別など
ないあるひとつの真実、神に辿り着く方法や真理真実について様々な言い方で道しるべをしてくれているんだ
と分かると思います。
私は頭の方の知識はあまりないですし、知識を頭で知るくらいで根本的な解決ができる
ような中途半端な苦しみではありませんでした。魂で悟ることを皆が目指しているのですよね?議論などその道から
最も遠い様な気がしてなりません。必要な人にはそれなりの意味はあるのかもしれませんが。

文意を読み取ってもらえれば、真理を知っていれば自己主張や争うこと自体が真理に反する
ことで、それをやめてもらいたい、エゴの主張ではなく、真理、愛、無私に基づいて発言して欲しい
といっている事をわかってもらえないでしょうか。

そういうふうにとがめたり批判しあったりする意味って何なのか、真実に忠実であって欲しい、という意味は
真実を認識するということは自分を捨てる、犠牲にする、という精神がなければ無理だから、それに反しながら
真理を語るのは遠ざかることですよね。
いくら内容が素晴らしく、レベルが高くても、真実ではなく、自分の意志が動機の発言であれば、意味
がないと思うのです。


155 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 08:38:54 ID:dOx6I5Y4
シルバーバーチを始めいろいろな霊訓を読んでいると、再生に関しては、シルバー
バーチの言っていることは、間違っているのではないかと思うことがあります。

つまり、霊界にいたものが自分に不足するものを勉強するためにこの世に自分
の意志で再生してくるとバーチは言っていますが、それなら、何故、そのような
人間がこの世で犯罪を起こすのでしょうか。まさか、犯罪を犯すことで何か
を勉強しているとは言えないでしょう。

それにバーチの言うとおりだったら、何故、死んだ後に地縛霊などになってこの世
にとどまって悪さなんかをしているのでしょうか。

私には、高級霊界へ行けなかった霊が、この世に誕生させられて修行をして
高級霊界へ行くチャンスを与えられているのではないかと思えるのです。

156 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 09:43:02 ID:5p8uvQeq
>私には、高級霊界へ行けなかった霊が、この世に誕生させられて修行をして
>高級霊界へ行くチャンスを与えられているのではないかと思えるのです。

つまり
>霊界にいたものが自分に不足するものを勉強するため
ではないのだろうか


ちなみに全員が自分の意志で再生するわけではない

157 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 13:57:04 ID:AMIbQnEx
この世で生きることが向上進化のためならば
どうして利己的傾向は人と利他的傾向な人がいるのでしょうか。
苦しみを向上プラスの力に変えられる人とその逆の人がいるのでしょうか。
そういう違いが出る原因は何なのでしょうか。

158 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 14:04:12 ID:4ef/89Dx
霊格の差

159 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 14:07:45 ID:IC3ww137
便利な言葉だなw

160 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 14:33:21 ID:IC3ww137
一つ付け加えると、そこで思考停止したら何もわからないってことだな。
霊的真理とやらに答えを求めたら、話しは早いが、そこ止まりってこと。

161 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 19:27:47 ID:iBbKaUjq
こんなのを信じてる奴って頭おかしいだろ。
もうちょっと科学的に物事を考えような。

162 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 21:15:31 ID:8OZOb1FV
スレ違いだ。どっかいけ。

163 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 22:53:57 ID:iBbKaUjq
事実を言ったまでだが。

164 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 23:17:45 ID:8OZOb1FV
キエロ

165 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 23:33:05 ID:4ef/89Dx
つまらない煽りは放置するべき

166 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 23:46:10 ID:WCqf8ueT
図星だからしょうがない

167 :神も仏も名無しさん:2007/10/06(土) 23:54:36 ID:RudbLVwo
まあ、ID:iBbKaUjqさんに具体的にどこがおかしいのか聞いてみましょう。

168 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 00:21:51 ID:R6CMbN+x
>>167
こんなものを本気で信じてること

169 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 00:22:43 ID:Ufqph97G
>>168
論理的に否定してみろよ。カス。

170 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 01:43:43 ID:R6CMbN+x
>>169
心霊現象は疑似科学だから。

171 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 03:16:05 ID:Ufqph97G
>>170
科学も思い込みでしかないってここで学習したぜ
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t7.html

172 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 08:29:43 ID:DT0Yzz0W
>155

>それなら、何故、そのような
人間がこの世で犯罪を起こすのでしょうか。まさか、犯罪を犯すことで何か
を勉強しているとは言えないでしょう。

よれはよく言われる自由意志の問題じゃないかな
犯罪犯すのも自由、犯さないのも自由
もし犯さないように操られていたとしたら自由が無いただの操り人形になってしまう。

173 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 16:30:41 ID:rHYz1drg
結局、自由意志で何でも出来てしまうんであれば、神なんて気休めだし
意味がない。

やられても裁くことも拒否され、神は何を通して人を裁くのか?
責任だけは人間に押し付けて。


174 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 16:47:54 ID:KW+0VP9C
人間の不完全な賢さでは、神を作らなければ精神に負けてしまう。
苦を試練と転換しなければ人間には辛すぎるんだよ。

175 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 19:10:13 ID:R6CMbN+x
>>171
疑似科学支持者はやたらと科学を否定したがる。

176 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 21:25:16 ID:zozxHdiz
>>161
そうだと思うんです
でもね、いろんな不思議体験を自分で経験してるから
科学的に考えてもなお不思議が残るんです
否定しきれない部分が残るから首かしげてるんです
科学的に完全否定してくれる人がいれば馬鹿らしいと言い切れるのです
そんな人がいないから霊界は実在と確信したりして
人間は所詮霊界人のマペット劇場みたいに感じたりもするんです
誰か曖昧でない確信的霊能者いませんか

177 :神も仏も名無しさん:2007/10/07(日) 21:38:48 ID:zGlFSNG6
http://www.heiwaboke.com/2007/09/post_1109.html#c30

178 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 04:04:55 ID:XEXvcYM6
>>172
バーチによれば、人間が霊界から再生してくるときに、どんな人生に再生するか
を自分で選んで再生してくると言っています。生まれた後に記憶をなくすだけで
その人生の目的を本人はあらかじめ知っていると言っているんです。

ですから、そもそもそんな再生に意味があるのかとも思いますが、わざわざ
霊界の人間が犯罪を犯すような人生を自分で選ぶのだろうかと思えるのです。
それに、犯罪を犯すのをわざわざ見過ごしてしまう守護霊もおかしな存在だと
思います。

シルバーバーチに対する疑問のスレが落ちてしまったので、こちらに書かせて
いただいているのですが、バーチの霊訓には本当に矛盾が多すぎます。

179 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 06:32:55 ID:K2EN6uco
自分の人生を選んで生まれてきてるんだから
どんな目に遭っても不満に思わず黙って耐えろって事か?
と激しく疑問

180 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 07:54:41 ID:pCl2TFND
魂のレベルを上げることに挑戦しているわけだし、今よりほんの少し上のレベルを選んでいて、
充分できることを見込んでいる。
 人生悪いことばかり経験するのではない。
>>178
未熟な魂には殺人の意味の重要さが分らないでいると思われる。
おそらく殺人を誘ってしまうような環境下を設定されてあるのだろう。
本人の自由意志に任せるのであろうが、理解不十分でいる魂にはどうしてもそこに落ち込んで
しまうと思われる。
犯される者も同じような反対の意味での魂であり、守護霊はすべて分っているのである。


181 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 10:12:26 ID:bhrEqtn6
>>178
どんな人生になるか決めるといっても何から何まで決めてるわけではないよ。
自由意志で犯罪を犯したのに守護霊のせいにするのもおかしくありませんか。
>>179
試練が無かったらそもそも生まれてくる意味がないと思いませんか。

182 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 10:36:38 ID:K2EN6uco
守護霊って何の為にいるんだ?

183 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 10:59:51 ID:m0SinBhb
ジュニア千原のすべらない話で、陣内智則がした守護霊の話が面白かった。

霊能者が陣内智則を一番守る守護霊さんに

「いい、これから陣内智則をしっかり守っていくのよ。わかったわね?」

と、言い聞かせるように言った後で

「…ん…何で嫌なの?」

って言ったのが面白かった。

184 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 11:05:33 ID:K2EN6uco
>>183
守護霊はわからないけど指導霊レベルだとありそうだw
あと守護霊や指導霊の判断ミスとかで地上の人間が死んだりするのかも気になる

185 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 15:38:52 ID:8QM1/j0D
スピリチュアリズムに詳しい方がたに質問です。

今日、いろんな通信がありますが実際その信憑性は確認出来ないものが多く
また、矛盾や通信の内容がさまざまです。

イエスを中心とした高級霊による地球浄化計画という名目のもとに
宗教が1つの神を信じることを目的としたり、国という境界を越えて1つになっていく
理想的な人類の未来を目指しているという内容も見られます。
とても理想的で素晴らしいビジョンだと思います。

その一方で悪の帝王、ルシファーによる世界統一の目論見があるとい見方もあります。
何故そのような意見があるかといいますと、2人の全く違う素養の元に同じようなビジョンが見られるからです。



186 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 15:42:07 ID:8QM1/j0D
ルシファーというのが実際存在するかは?疑問ですが、元は高級天使だったこともあるようで
その力は神を彷彿とさせるパワーのある存在です。

イエスという名をうたい、世界を自分の理想とするものに統一しようとしてるのでは?という疑問があります。
なぜなら、イエスという人格を考えた場合、人の持っているものを無理に変えようとか
信じてるものがいくら幼稚だからといって奪い、1つに統一しようとするだろうか?という疑問です。


187 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 15:46:55 ID:8QM1/j0D
近年、イエスを語る通信が多く一種のブームを思わせますが、見ていても読んでいても
何故か消化しきれない部分が残ります。それは人間のことを考えていながらも
自分の野心を通そうというイエスらしからぬ内容からなのです。

みなさんはこの現象を理性で考え、どう思われますか?

これは1個人の素朴な疑問です。かといって、スピリチュアリズムの素晴らしい部分を否定するわけではありません。




188 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 15:49:21 ID:8QM1/j0D
http://www.anti-rothschild.net/index.html


が現実かどうかを判断する術はありませんが、内容に裏スピリチュアリズムを思わせる
内容が見られましたので、知識ある方にご意見を伺いたいです。


189 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 15:54:39 ID:UfrYeXKl
>>186
>人の持っているものを無理に変えようとか
ソース希望

190 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 17:01:15 ID:U5z13k/U
おまえらそんな固く考えるなよw
糞真面目に人生考えても暗くなるだけだぞ(*´∀`)アハハン♪

191 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 17:16:04 ID:8QM1/j0D
>>189
ソースはのちほど。

今いえるのは、既存の宗教組織の崩壊を将来見据えたビジョンとか。
宗教で食べてる人もいる。仏教建築の素晴らしさや芸術作品の素晴らしさ
は人間が作った文化だし、その民族固有の精神世界があって彼らはそれを信じている。
なのに、それを間違っているという理由から崩壊してしまえば、彼らのほうからしたら
それは悪魔のビジョンというでしょう。
信じているものを否定されれば、お互いが否定しあい戦う。
もしも、それを実現するであれば地球のほとんどの人口が必要なくなる試算が出来上がるはず。
それを地球浄化の事業と言ってしまえばそれまでですが・・・




確かに、宗教は組織化すると犯罪の温床になりがち。
でも、いい面もあるからシルバーバーチは宗教を信じてないよかはなんらかの信仰があったほうが
いいという。
犯罪の温床になるのは人間が未熟だから。潜在意識に欲があり本来あるべき形ののものを捻じ曲げていってしまう。


192 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 17:19:18 ID:eJtEtXDL
>>187
それは、キリスト教でいう終末論であるしマヤ暦の時間が終わる、つまり次元上昇を
考えれば分る。次元上昇の知識があればさらに良し。

>近年、イエスを語る通信が多く一種のブームを思わせますが、・・
 これは何を言ってるのか?
 

193 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 17:43:15 ID:I0xVsbPX
日本人ならこんなものを信じるなよ。

194 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 18:15:35 ID:K2EN6uco
>>192
アセンションって選民思想に近くない?

195 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 18:22:13 ID:hj13DbVs
>>192
本気で終末論であるしマヤ暦の時間が終わる、つまり次元上昇を
考えれば分る。次元上昇の知識があればさらに良し。

なんて考えてるんですか?それは洗脳じゃなくて?そうなればもちろん素敵なことだけど
周りを見ても、上昇どころか獣の域に達してる人間の方が多い。
そういう人の方が生物として生命力は強いよ・・皮肉だけど。

>近年、イエスを語る通信が多く一種のブームを思わせますが、・・

>これは何を言ってるのか?

本当に分かりませんか?書籍や映画やキリスト教関係の信託など、イエスという名の多くは
2000年当たりに頻繁に出てきています。
例えれば、
「パッション」
「ダビンチ・コード」
「バッスーラ・ライデン(天使ダニエル)」
「失われた物語」
「カインズ(イエスの物語)」などなど。
調べればもっと挙がってくるはず。
確かに、キリスト教でも1000年ごとに何かの変革の予言があるので、
ブームというか人の潜在意識下での求めに現象が応じてるようにも見えますが。





196 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 18:58:51 ID:K2EN6uco
シルバーバーチは自身はキリストを崇めてるくせに地上人には
キリストを崇めずそれを目指しなさいとか言ってるな
何がなんだか・・・

197 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:05:52 ID:E597UsD0
>>195
ぜんぜん知らないんだね。終末論のことが起こると思うよ。信じられないとは思うけど。
 私の方もイエスを語る通信・・はまるで知らなかったけど。

198 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:12:45 ID:E597UsD0
>>194
その程度の話はうんざりしている。

199 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:16:43 ID:K2EN6uco
イエスについては意見が分かれてる
一番多いのがイエスは7次元のうちの6次元と言う高い次元から来た存在
というもの(地球は1次元)
ティアウーバ星という最高レベルの星が送り込んだ存在で子孫を残し
青森に墓があるとするもの(青森にある墓はキリストの子供のものとみなしてる
存在もいる)
集合的魂が送り込んだ突然変異種で人間との間に子供は出来ないとするもの

どれが正しいのやら

200 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:21:12 ID:UfrYeXKl
どれも正しくない

201 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:24:58 ID:WNVaCSBC
>>199
ミッシェル・デマルケの本だね。検証できないから、その話は棚上げ。
でも、イエスが日本まで来たというのは大きな意味があると思っている。

202 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:27:47 ID:K2EN6uco
>>200
じゃあ何が事実なのか教えてくれ

203 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:39:35 ID:hj13DbVs
>>197
知ってますよ。あなたほど詳しくはないかもしれないけれど、
マヤ暦・・2014年12月23日で終わるっていうやつ。
年数は記憶違いかもしれないけど。
あと次元上昇で今もいろんな不思議現象が起きてるとか・・みつばちの群れが消えてしまったり
フォトン・ベルトの存在やら(科学的には否定されてるけど)


204 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:40:59 ID:hj13DbVs
http://www.y-asakawa.com/index.html

ここで詳しく語られてる。トンデモなのか真実なのか?

205 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 19:53:23 ID:K2EN6uco
それなりに読んだけどアセンションの主役は地球で人類はおまけって感じ

206 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 20:16:56 ID:onHG3gCH
>>203
きちんと情報収集しないと後悔するけどね。
>>204
真実だから、いうことを聞いとけよ。

207 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 20:42:18 ID:QtnOjZna
このスレッドに終末論を持ってくるとはナイーブなことだな。

208 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 20:51:46 ID:hj13DbVs
>>206
きちんとしたって?科学的検証は科学者じゃなければ分からないし、
ましてや科学者の間では根拠のないモノっていう意見もあるので。
こういった、劇的な環境の変化はなく徐々にいろんな場所(発展途上国や環境が悪い場所)で
綻びが出てくるだけで、1番怖いのはそういったことに終末論を持ってきて
混乱して起こす人々の暴動などだそう。
それをスピリチュアリズムの選民意識が後押ししているようなところもあるので
警戒しています。


私個人で言わせてもらえば、アッセッションは起こらないと思ってます。
起こるとすれば、温暖化による環境の変化生態系の変化がもたらす歪だと。


一般市民の私達はそのソースを信じるか?信じないか?の選択だけでしょう?


209 :神も仏も名無しさん:2007/10/08(月) 21:00:55 ID:K2EN6uco
綻びが出るのは日本からのような・・・妄想ですけど

210 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 03:38:49 ID:dnkPngx4
>>208
現代科学じゃ分らないんだよ。
第一、この話の出所は未確認、未知の分野のからだしね。
現代科学は温暖化の原因は突き止めているが、社会風潮はそれを認めていない。
温暖化の原因は太陽だけれど、なぜ太陽がそうなっているか、なんてのは科学では
検証するには時間がかかりすぎる。

結局、スピリチュアズムに精通しているものだけが知ることができる。
スピリチュアズムに精通している者は暴動は起こさない。(正確にはさらにそのなかの
一部の人)
暴動を起こすのは無知な人たちの可能性が大きい。
何か地球に異変が起き、それが決定的に終末を臭わせたとき、人々はおさまらなくなる
かも知れない。でも、終末までには余裕があるからすぐにはならない。
 今の段階ではむしろ中途半端な知識でいる君達が一番危ないかもね。

211 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 09:35:32 ID:wWGd0v3+
身の回りにあふれている物質に対して普段は何も感じないが
少し考えてみるとこの物質自体いったい何であるか、私にはわからない。科学でも解明されていない。
分子、原子、電子、ニュートリノなどが発見されているが、それ自体いったい何であるのかは誰にもわからない。
物質においてもそうなのだから、つきつめると現代科学において、完全に解明されていることなど何一つないのではないか。
知識が増えれば増えるほど、その先にまだ未知の世界が見えてくる。
その無限の過程において霊的な存在というものを感じ取る科学者が、近い将来現れるかもしれない。
いや、すでに存在していると私は考えている。

212 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 09:58:15 ID:dZfh3rHv
>>185
>2人の全く違う素養の元に同じようなビジョンが見られるからです。

どういう意味なのかもっと具体的に説明してください

213 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 10:56:55 ID:8SwwAK04
初めて読んだけど人間には苦しみが必要だといってる点が違和感があって
俺には合わなかった

214 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 11:42:17 ID:9FewqIsc
アセンションが無かったら、
以後オカルトの馬鹿ばかしさに気づいてくればいいんだけど…。
でも、そう簡単にいかないんだよな。
ビリーバーは何らかの屁理屈を付けて筋を通そうとするだろうし。

ま、ビリーバーには皮肉な話しだがアセンションが
多くのビリーバーの目を覚ますきっかけになれば幸い。

215 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 12:27:25 ID:5qVGt9ba
>>214
なんか理屈っぽいこと言ってくれる? そのレスじゃちょっと話には乗れないな!


216 :ID:hj13DbVs:2007/10/09(火) 14:51:17 ID:kuyV6X+b
皮肉だけど、こういうところで信じてる(妄信)者の意見を聞くごとに
そのヤバさを確信する。

信仰やスピリチュアルの素晴らしさバーチの気高さは否定しない。
ただ、その裏に隠れた野心というか、そういうのに危険を感じる。
人間はそれ以上でも以下でもないと思うから。




217 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 16:46:59 ID:Gs3z1wuU
>>216
その裏に隠れた野心とは何だと思っているのだ?
私はどうも思わないが。

218 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 17:14:58 ID:1QdrckxO
>その裏に隠れた野心というか、そういうのに危険を感じる。

俺もこの意見と似たようなものを感じる。
だから彼が言いたい事はなんとなく理解できるな。

それに、ノストラダムスの予言にしろ、アセンションにしろ、漫画やSF小説の世界だもんな。
現代人で、こんなの本気で信じてる人がいることに驚きと危機感を感じる。
地下鉄サリン事件のような惨事が、2012年に向けて起こらないとは言い切れないしね。

219 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 17:55:34 ID:WbpV6jl2
>>216
の言っていることは、シルバーバーチの教義についてじゃなかったのか?


220 :神も仏も名無しさん:2007/10/09(火) 17:58:52 ID:WbpV6jl2
>>218
君はそのまま漫画やSF小説読んでいればいいよ。議論するに値しない。
ところで君はシルバーバーチを読んでいないよね?

221 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 10:15:23 ID:cFfBtyjx

★【バチカン/日本】「ニューエイジ」に警戒強める報告書邦訳 [10/9]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1191910144/


222 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 00:30:31 ID:lZSe8uzw
>>213
楽して得られるものに大したものはありません

この世には人の欲望によって作られた無駄な苦しみが沢山あります

その無駄な苦しみをなくすのがこの世に生きる人の仕事です

そして、この世に生きる人の仕事は辛く苦しいものです

しかし、それを喜んで受け入れるくらいになってほしいと、
 物質世界と霊界を貫く摂理を教えにきた霊団の人達は思っているでしょう

223 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 01:50:11 ID:2NObevK1
>>222
むしろその逆だと思うよ。

224 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 15:55:03 ID:sb3iU4FA
整形した人は死後整形前の姿に戻るのでしょうか?

225 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 19:03:32 ID:k2w5Mbyi
>>224
いや、戻らない。そのままだ

226 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 19:09:04 ID:KQII/kmR
容姿がどうこうというのは重要なことではないと思いますよ

227 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 19:12:46 ID:8TMbWoOH
でも、確実に幼い頃から暮らしのなかでの形や色からも、
価値観の形成要因になっている。

228 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 20:07:04 ID:2aLzAbD7
容姿は重要ではないが様々な結果を表すときもある。
大抵の人は見かけによるのである。


229 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 20:23:33 ID:xDf2VN6i
http://up.nm78.com/dl/40090.JPG
容姿で人生変わるだろ常考

230 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 00:05:04 ID:NUpYREEv
たしかになw

231 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 01:33:54 ID:QpohBjGM
>>222
日本のこの時代に生まれて生きているからそんな脳天気なことを言えるんだと思うよ。

232 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 02:43:49 ID:nGdaQEZ8
たしかに苦しみの存在を強調しすぎてるところはあるな
俺にはヒマラヤ聖者の生活探求や心身の神癒のが
しっくりくる

233 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 03:09:39 ID:i289x4NY
なぜ霊的真理が真理と言えるのか、論理的に説明してくれる人募集。

234 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 03:37:43 ID:U9Ffso0j
>>233
真理は真理。霊的真理って何?

235 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 10:39:48 ID:1KnJkzfB
>>232
『ヒマラヤ聖者の生活探求』時々耳にしますがなかなか良書のようですね
興味はありますが未だ読んだことがありません
どのような内容なのか、よかったら教えてください

236 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 12:19:03 ID:nGdaQEZ8
>>235
アメリカの遺跡調査隊がヒマラヤ聖者と出会って様々な奇跡や霊的真理
を学んでいく過程が物語形式で書かれてます。メリハリがあって他の霊的
な書物よりスイスイ読める感触があります。

ここで全文打ち込んでくれてる方がいます。でも全部読んだら疲れるので
本のが読みやすいでしょう。
ttp://www.otc.ne.jp/~bolivi-/bungaku%20[0]%20index.html

こっちのほうが大まかな内容はわかりやすいかも
ttp://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand18.html
ttp://www.geocities.jp/minase_bungei/d26.html

237 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 12:21:04 ID:nGdaQEZ8
>>236
一番上のリンクが専用ブラウザでちゃんとリンクされてないです
アドレスコピペでお願いします

238 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 15:39:14 ID:oAoMVHMN
>>236
こんなサイトがあったんですね
有難うございます
ゆっくり読んでみます

239 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 02:26:24 ID:Fpez90v4
何か色々な本があるからどれを信じたらいいかわからなくなっちゃう(´・ω・`)

240 :驚愕展開衝撃活躍凶暴獰猛残虐残忍凶悪極悪暗黒暗闇サトシ君:2007/10/14(日) 06:54:40 ID:KesCp7yH
ソニック■ザ■ヘッジホッグは死ねよアボーン

241 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 11:33:18 ID:xvIJmzai
>>239
それは本筋を見抜いていないからだ。
自分が知りたいことに沿って探していけばいい。

242 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:46:33 ID:IqQUrS7M
>>241
仰るとおり。 だけど>>239は、『我こそが真実なり、真理なり』と
言っている同種の本があるので、自分の知りたいことの答えが”どの真理”
なのか分からないと言っているのです。
真理探究者の陥る罠です。

243 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 19:32:00 ID:GJUS+aS9
>>242
じゃあ、君の最も好きな本は?

244 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 22:43:36 ID:ccwFB6ER
自分の真理は自分の世界でしか真理たり得ないからな。

245 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 23:12:46 ID:14Xx+2+g
で、私の真理が正しい。いや私の真理が正しい。
と言い争いが絶えないわけだ。

246 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 23:21:16 ID:jl/EjSNv
ま、真理と名のつくものはニセモノだろw
本物は真理と名乗らなくても本物だからな。

247 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 05:50:29 ID:Z2m6+AK7
ヒマラヤの聖者って結局、アセンションした人間が結集しているんだな。
その地域のエネルギーも強いんだと思う。
数年後には人類の一部はそうなる。

248 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 12:19:53 ID:yq1nnsjO
心身の神癒とヒマラヤの聖者を三大霊訓に入れない理由が分からん。

249 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 13:03:55 ID:a8uHKgoN

>>15 :神も仏も名無しさん :2007/08/30(木) 01:22:01 ID:1uoMEaH2
>死んで晴れて良き霊のレベルに行ければ

個人的にここで行き詰まってるのよね
死んでパーソナリティが消滅するんなら意識が自分と思ってる身としては
死んだら無になるのと一緒。死ぬの怖いよ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

意識がなくなるのではなく意識がどんどん拡大するのです
正確には 進化すれば 自分の意識 仲間の類魂の意識 など複合的多次元的存在になるのです
つまり 簡単に言えば 会話セックス喜び悲しみ怒り憎悪など
同時に 体験する存在になるのです
今は 悲しみなら悲しみしか経験できません 一時的に
しかし 進化すれば 会話セックス部活勉強など 同時に経験できる
存在になるのです 同じ時間に複数の経験ができる存在になるのです
そして さらに進化すると宇宙と合一して
宇宙のどこで何が起こってるか 地球には昆虫がどれだけいて何をしてるのか?
太陽系 銀河系では何が起こってるか 宇宙すべての生き物がどこで何をしてるのか?
すべて感覚的にわかる存在になるのです


250 :2013年には何が起こるかっ!:2007/10/15(月) 13:33:06 ID:a8uHKgoN

2012年12月22日 本当は何が起こるのか

ここでみんなに秘密を明かそう

その日あたりに マスター(釈迦 イエスのような人)が テレビ ラジオを通じて 一言も話さず

全地球の人に テレパシーで 地球を救え などのようなメッセージを

送る 心の中に響く 日本人には日本語で アメリカ人には英語で

中国人には中国語で  つまりその国の母国語で

マスターのテレパシーは変換される

この 信じられない奇跡の出来事以来 世界は急激な核軍縮 飢えで死ぬ人も

いなくなるのである 数日以内に 後 地球上のあらゆるところで

病気などの人も大勢治る  ただ睡眠中の人はこのテレパシーを受信できないかもしれない

これは 明日の神にも一応書いてある 指導者を通じて多くの人が突然

目覚めると書いてある その内容が上記のことであり これは本当に起こる

251 :↑↑↑:2007/10/15(月) 13:37:11 ID:a8uHKgoN
正確には 人間が突然変異する半霊半物質の肉体になるかもしれないが
2013年以降 マスターの全地球のテレパシーにより
このままではいけない 世界に無関心であってはいけない という
考えに みんなが突然変異するのである

つまり 2013年 いきなり 心の中に テレパシーが響く という人生はじめての出来事を
みんな同時にいきなり経験するので 大騒ぎになる
騒ぐ騒ぐ騒ぐ 学校職場政治は大騒ぎになる
テレビ新聞ネットでは 大騒ぎして凄まじいレスが立つ
昨日こんなことがあった 俺もそうだよ 私もそうだよ 
誰も 無視できない大きな大きな大きな騒ぎになる
そこで みんな この出来事は神秘的だ このテレパシーの言うことに従ったほうが
いいのではないか?地球の恵まれない人を見捨てていいのか?地球の独裁政権に無関心で
いいのか?みんな 話あう 大騒ぎする 一体なんだこの体験は と大騒ぎする


252 :↑↑↑:2007/10/15(月) 13:58:03 ID:a8uHKgoN
みんな  政府も家庭でも職場でも学校でも 地球をよくするためにはどうしたらいいのだ?
と みんな騒ぐ 何か方法はないのか?と騒ぐ 地域レベルでは募金活動がさかんになる
介護寄付や制度も変わる みんな親切にするかしないかの選択の時 親切にするようになる
金を持ってる人は 募金や貧乏人を助ける 政府レベルでは 貧しい国に富を与える
富めるものが富めないものを助ける 独裁国家中国やソ連でもはじめはこのテレパシーに抵抗するが
あまりにも地球全体の規模の奇跡的な出来事のために無視できない 独裁政権は崩壊する
地球規模で お金の使い方が変わる この出来事で 神秘的な出来事を否定する者
死後の世界を否定する約30億人の人生観が変わる またその出来事のために
神との対話や江原の本や死後世界の本つまり霊的な本などいきなり急激に売れる 庶民はマスター
などのいう言葉も知らないが その出来事をきっかけに みんなマスターという用語を
知る 人はひとつの肉体で1000年生きれるということにもみんな気づく
死後の世界を信じない人は約30億人 全員ほどんとその日をさかいに信じるようになる
むごい動物実験は終わる 続いても動物に麻酔をかけるようになる 地球全土の凄まじい不良少年少女も
この体験をするため悪いことをしなくなる 警察が一気に暇になる 地球規模の
防衛にまわす大量のお金が貧しい国に寄付される 飢えるものがいなくなる
狂信者イスラムテロもこの出来事にびっくりし 殺人をしなくなる アッラーを
唯一とはしなくなる 神の一部だと認める 拷問強姦も極端に減る
学校で超能力や霊的なことにたいして授業項目ができる 江原や超能力をいんちき
だとののしる人はいなくなる 特に前世なんかない死後は無だと思ってる人ほど
大騒ぎになる ホームページ出してるほとんどの人はその出来事を書く 大騒ぎである
ホームレスなどは一気にいなくなる ごみをぽい捨てする人はいなくなる 安楽死を
認めるようになる 地球全体の制度が変わる 独裁国家はすべて崩壊する

253 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 14:12:15 ID:a8uHKgoN

バーチは殺人については必ずしも悪いとは言っておりません。正当防衛
において止む終えず殺した場合はマイナスのカルマは発生しません。また
戦争について問われておりますが、侵略戦争等から自国を守る場合兵士
となり戦っている等の場合は、それで敵国の兵士を殺してもカルマは発生
しません。しかしこうも言っております。戦争の名の元に、殺人を楽しむ
目的で、人を殺す快感を求めて喜んで戦争に参加する兵士がいるらしいですが、
このような場合はマイナスのカルマを背負わされます。

254 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 14:19:11 ID:40YFh/JG
>>248
まだきちんと読んでないが、奇跡を見せられたところでどうなるって感じかな?
真理に関して解説されている本は他にもたくさんある。

255 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 15:45:51 ID:a8uHKgoN

過去現在未来は同じで
未来から過去に生まれることはできますが
進化段階は すべて 今 にありますが 進化はレベル1→レベル2→
となり やがてマスターとなります これが正しい宇宙観です
レベル1→レベル4 とはの順番はありません
わたしは霊視で宇宙進化を観てますから
あなたが次の転生で神になることはできません 少し進化した星に移動する
だけです
進化は 動物→人間→高度に進化した存在→神→大神→大大神→となります
神の視点からは 動物 人間 神 もすべて一度に創造されてますが
進化には段階があります 過去現在未来は同時ですが
また 人間→動物 という順番はありません
また 未熟な霊魂は一度の生涯では悟りを開けません
何度か転生して進化した魂になった後悟りが開けます
また 地球人の開く悟りは 浅い悟りであり
悟りのレベルがあがれば 瞬間移動 透視能力もできます
それができないということは 真の悟りではありません
浅い悟りです
高度に進化した存在はみんなできます
しかし それも 本当の真の悟り 宇宙との合一ではありません

256 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 15:55:29 ID:a8uHKgoN

宇宙との真の合一は ただの悟りではなく
自分の主観がありながら 全宇宙すべての全生物の意識を体験できます

つまり 真の悟りとは 地球の動物 たとえば地球には虎が何頭いて
何をしてるのか?昆虫がどこで何をしてるのか?すべて知ることができます
また 喧嘩 セックス 食事 睡眠 会話 など すべての宇宙すべての人間などの
経験も同時にして 誰がどこで何をしてるか 全宇宙の生き物についてすべてわかります 

つまり 低級霊や邪霊の経験もします すべての経験もします 
もちろん善霊も経験します

天使としての体験や 破壊 暴力の経験も 同時にします 善だけでなく悪も同時に
経験します イエスや釈迦の気持ちやスターリン ポルポト ヒトラー 人殺し大好き
人を苦しめるのが大好き 人にやさしくするのが大好きなど すべて同時に経験します それだけでなく あらゆる階層の あるゆる次元の
動物 植物 人間 宇宙人 邪霊 化け物 動物霊 狐霊 狸霊
仙人 天使 妖怪 龍神 天狗 妖精 精霊 蛇霊 蛇神 白光 指導霊 
神 超神霊 守護霊 守護神 魔界 地獄の王 自殺霊 魔女 民族神
正義の大天使ミカエル 地獄界を創り出したサタン=堕天使ルシファーなどの気持ち

これらすべての生き物の感情すべて を同時に経験します
これが 真の合一であり 悟りなのです

257 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 15:56:39 ID:a8uHKgoN

痛み苦しみ喜び悲しみ悟り悟ってない状態怒り憎悪心配あらゆる経験
を同時にします これが悟りより遥かに上の段階の真の悟りです
これが 真の悟りであり 真の宇宙の合一です

真の合一とは 完全に神と一体となることです 他人と自分が一体となるのです
これは たとえば あなたの親友が 今どこで何をしてどんな感情なのか
すべてわかる ということです それが全宇宙すべての生き物についても
わかります これは超能力ではありません これが真の合一なんです

また星の意識 銀河系の意識もわかります 地球の気持ち
太陽の気持ち 月の気持ち 恒星の気持ち 
木星の気持ち 太陽系の意識 銀河系の意識 大銀河系の意識
ホワイトホール ブラックホール の気持ちもわかります
それだだけではなく 
地球に何人マスターを派遣するか 地球に何人邪悪な人間 
正確には悪を選ぶ魂を派遣するか 地球の善の割合悪の割合
をどれだけにするか 太陽系の善の割合悪の割合 銀河系の善の割合悪の割合
をどれだけにするか 宇宙の善と悪のバランスとどれだけにするか
また どの人をどれだけある期間 悟らせないでおくか ある人をいつ悟りに
導くのか など すべての神の計画がわかる のです
これは超能力ではありません
これが文字どうりの宇宙との一体なのです 
すべての全宇宙そのものの生き物の意識を感情を経験するのです 
今 というこの瞬間に・・・・
これが真の合一であり
真の宇宙との一体です

258 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 16:03:08 ID:a8uHKgoN

浅い段階の悟りは宇宙と一体になるといいますが 正確には
神我が宇宙と一体になっただけであり 真に 宇宙と一体になったわけでは
ないのです つまり 親しい夫婦はある意味一体なのですが 
妻が怪我をしてもその痛みの
痛さがどれくらいかは夫にはわかりません 真の一体は それがわかるのです
つまり あなたが 誰かを傷つけても 相手がどんな感情を味わったか
わからない 推測することしかできないというのは 真の悟りどころか 悟ってない
といっても 過言ではないのです
つまり あなたは悟りを開いたと言っても それはまだまだ悟ってないのです
高度に進化した存在は 相手の感情経験さらには相手の過去の人生経験や
思考回路 などすべてわかります だけども 高度に進化した存在はその星の
住人の思考経験などしかわかりません 全宇宙についてはわかりません

つまり あなたの悟りはまだまだレベルが低いのです 
悟ったというよりも至福を少し経験
しただけであるというのです また 真の悟りは幸せだけではないのです
なぜなら 地獄界天使界などすべて含めるから 不幸な人も幸福な人も
すべて含めるからです

あなたは 真の悟りどころか 高度に進化した存在の悟りより遥かにレベルが低く
その高度に進化した存在よりも遥かに進化したのが宇宙との合一なのです
真の合一は全宇宙の生き物のすべての感情を経験するのですから
あなたの宇宙の合一は偽者というよりも 表面をかすっただけであるという
感じです
つまり あなたは宇宙との合一をしたと言ってますが
あなたは何もわかってない赤ちゃん同様だと私は思います

259 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 16:14:38 ID:a8uHKgoN

あなたはマスターだと言ってますが
どうも あなたは何もわかってらっしゃらないと思います
今一度 初心に帰り 修行に励んでください
あなたはだだの一度も 人の気持ちなどわかったことはないのです
相手の波動で 少しわかった場合があるだけです しかし
相手そのものの立場そのものの感情経験をあなたは一度も理解してません
あなたは宇宙との合一はしてないし 他人を愛しても 相手と真に一体化した
ことはありません あなたは宇宙と合一したつもりになってるだけです
それだけでなく あなたは他人と一体になったこともありません
相手の立場を推測で判断したことしかないのです
これは あなただけでなく地球人ほとんどすべてなのですが。。

あなたはまだまだ何もわかってない赤んぼうです
精進するように努力をしてくださいね 人に教えを説く前にご自身が
何もわかってない赤んぼうだと自覚することが大切だと思います

260 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 16:15:20 ID:a8uHKgoN

ブッダはどのレベルだったのでしょうか?

イエスと同じ レベル8です

簡単に説明すると 表世界次元12段階のうちの8レベルというところです
で 表段階12段階に達すれば 裏段階のレベル13段階=裏の1次元
に進化します こんな感じで表裏の次元世界を交互に繰り返します

つなみに進化すれば神となり 子(霊)を産みます 神対の神のような意識
ですかね?そらからまたさらに進化します

イエスや仏陀なのはまだまだ子供です
ちなみに 裏段階の13次元=1次元は表世界の1〜12次元すべて含みます
進化するにつれより多次元的複合体となります
ちなみに 7次元の愛がスタートレベルです 愛の世界が始まりなのです
つまり7次元より上の世界は 愛+なんとかの世界です
さらに次元があがれば 愛+なんとか+なんとか → 
愛+なんとか+なんとか+なんとか→
と上がって来ます

マスターは終わりではなく始まりなのです

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

私の霊的進化研究のまとめです 
読んでみてください


261 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 16:16:30 ID:a8uHKgoN

1〜12次元 表の世界→×7倍→13次元〜24次元 裏の世界

→×7倍→25〜36次元 表の世界→×7倍→ 37〜48次元 裏の世界→

×7倍→

こんな感じで進化していきます

鉱物→植物→人間(イルカ クジラ)→半霊半物質の人間→神→7倍に拡大した大神→
さらに7倍拡大した大大神→

こんな感じで進化していきます

262 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 16:19:28 ID:hCStoiBu
>>249
死んだ後意識が拡大しても生まれ変わるときはその意識は消滅するでしょ?
やっぱり今現在の意識は消滅する。
生まれ変わるの怖いよ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

263 :真の悟りとは:2007/10/15(月) 16:19:31 ID:a8uHKgoN

動物→人間→高度に進化した存在→レベルの高い魂また低いのも含む類魂に合体→さらに高度に進化した存在→
さらにレベルの高い魂また低いのも含む類魂に合体
→さらにさらに高度に進化した存在→さらにさらにレベルの高い魂また低いのも含む類魂に合体

となるか 動物→人間→神→大神→大神→大大神→
かわからない

皆様はどっちだと思う?

進化の仕組みについて詳しく知ってる人教えてくださいね

264 :↑↑↑:2007/10/15(月) 16:28:50 ID:a8uHKgoN
進化の仕組みについて詳しく知ってる人
いろいろ教えてくださいね

265 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 16:31:54 ID:a8uHKgoN

>>262 :神も仏も名無しさん :2007/10/15(月) 16:19:28 ID:hCStoiBu

>>249
死んだ後意識が拡大しても生まれ変わるときはその意識は消滅するでしょ?
やっぱり今現在の意識は消滅する。
生まれ変わるの怖いよ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

生まれ変わっても意識は消滅しません 霊界や前世の記憶が
消されるだけです
また ある程度進化すると すべての前世の記憶を持ちながら
思い出しながら 霊的進化の旅を続けます
意識=魂で 永遠に消滅などしません 融合したり分割かつ分身を出す
ことはありますが。。。。

まだ 疑問があるなら書いてください

266 :↑↑↑:2007/10/15(月) 16:40:53 ID:a8uHKgoN
とにかくあなたの感じる主体 心のようなものは
永遠に消滅しません 意識がは消滅しません 記憶を思い出せなく
なるだけです それもある程度進化すれば 全前世の記憶を持ち
ながら 転生することもできます

また 類魂の記憶経験も自分のものとすることができます

まだ疑問があるなら書いてください

267 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 22:33:20 ID:hCStoiBu
答えをありがとう

>記憶を思い出せなくなるだけです

まさにこれが怖いのです。バーチは人物像は消滅すると言っているので
人物像=自分と思ってる身としては怖くてたまりません。
大霊に対して恨みを感じるほどに恐ろしいです。

268 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 17:00:25 ID:NelylfTs
>>260
イエスと仏陀が同じレベルというのは初めて聞いた意見ですね

269 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 19:25:33 ID:Fh/ndUow
>>267
人物像が消滅するのではなく、より大きく精巧な知性に目覚めるので
前世のパーソナリティなどはどうでもよくなる。

この世界での過去の行為や思考は未来永劫消えないので
特定の人物像が消えることもない。消したい過去も多いが・・・

270 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 19:40:52 ID:h6pf1yrW
大天国君、げんきそうだね。Fさんに教えを説いてあげたら?

271 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 00:13:23 ID:3dFaXacT
霊界通信ではイエスの方が顕現は上だと言ってるね
誰か釈迦をチャネルしてくれ。
世界最大の殺人集団を生み出したイエスの教えなんかより
釈迦の教えの方が偉大だ!

272 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 01:44:54 ID:w10B8F3d
大天国さん久々だな〜。

273 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 03:47:07 ID:cXf720Eb
残念ながら、生き残る民族は約束の地であるイスラエルの民のみです。
911はイラクをシーア・スンニ・クルドに3分割にし力を削ぐことが目的の自作自演でした。
それらは間接的にイスラエルの国益となるのです。
イギリス、ロスチャイルドの影響下で生まれたスピリチュアリズムも
個人的な信仰にとどめさせつつ、他の宗教に力を与えない事を目的としています。

全てはアセンションに向けたシナリオなのです。

274 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 06:23:28 ID:awGsbWGm
アセンションがどうだか知らないが、スピリチュアリズムは非宗教という立場の宗教です。
現実には存在しない存在を信奉しそこに向かおうとする様は同様です。
キリストらを創造したとするさらに上位者の神をあつらえて、
媒体を通して伝えられたとする神の意思であるとする霊訓を経典のごとく据え付ける。
相対的に他宗教を無力化するよう、まことに良く考えられた宗教です。
現代においては様々に応用されて独自の宗派を作り出す方便としても利用されています。

ちなみに、ブッダの教えは現代日本における様々に分派した仏教とは必ずしも一致しないが、
現実に生きている人間が如何に考え行動するべきかという指針を示すものであって、
元来、何者かを崇めるものではなく他宗教とは区別すべきものです。

275 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 14:11:18 ID:uifzVvh4

答えをありがとう
>記憶を思い出せなくなるだけです
まさにこれが怖いのです。バーチは人物像は消滅すると言っているので
人物像=自分と思ってる身としては怖くてたまりません。
大霊に対して恨みを感じるほどに恐ろしいです。

あなたが別の人間になるのではなくて別の人格になるだけです
簡単に説明すると悪人が改心して善人になっても同じ人です
それと同じ感じで あなたが消滅するわけではありません
あなたの人格が変容するだけです 悪人が善人に改心するのと同じです
別の人間になることと別の人格になることは違います
死後は眠りと同じで 寝て起きてもあなたはあなたのままです
それと同じです 死後はあなたが自分の人生や思考などを観て
それに基づいて次の転生先 人生仕事境遇環境などを設定して生まれる
だけです その過程は悪人が善人に改心するとの似ています


276 :↑↑↑:2007/10/17(水) 14:12:29 ID:uifzVvh4
また 死後 類魂(あなたの所属する魂のグループ)に融合する場合もありますが それは消滅
というよりも狭いわたしが大きなわたしに変容するだけです
今のあなたの人格が消滅するのではなくてさらに広い人格に変容するだけです
簡単に説明すると とにかくわたしという主観の感覚は消滅しません
わたしの主観とわたしの類魂の仲間の主観を同時に経験する存在になるのです
二重の意識で生活するのです たとえばあなたの魂グループが10人だとしたら
あなたの主観と10人の主観を同時に経験する 11人の人格主観になるのですが
あなたの主観はそのままであり消滅はしません あなたの感情と10人の感情を同時に
経験する存在になるだけです またその10人の人生経験をあなたのもとすることができ
そのため何度もあなたは転生しなくてすみます また霊界に移動しても人格は変わない場合も
多く 霊界でも悪人は悪人で善人は善人です ただ改心する場合もあり バーチの言う
人物像の消滅は人格の変容と同じことです そもそもバーチは人物像が消滅だと言いましたか?
たとえば悟りを開く人は人物像を消滅してます 自我の崩壊です
あなたはそれを恐れてるのですか?自我の消滅をしたイエスや釈迦は愛であり幸福ですよ
彼らのようになることをあなたは恐れているのですか?自我を消滅したイエスも前のイエスと同じ
ですが 憎しみや心配などの感情がなくなり幸福になっただけです バーチの言う消滅はそれと
同じことです。わかりましたか?実際 消滅を言う言い方はおかしいと思います 変容です
悪人が改心して善人になるのと同じです その善人になった人が悪人であったころの記憶がなくなる
のと同じことです ですがその人はそのままその人です わかりましたか?
また進化してけば前世の記憶過去世の記憶をすべて持ちながら転生できます
つまり あなたが進化すれば 今のあなたの記憶を持ちながらまたすべての転生の記憶を持ちながら
転生する旅を続けます わかりましたか?
もう少し あなたが何をどうのように恐れてるか詳しく書いてくれませんか?
あなたの感情は失われることはありませんよ つまり 自分という感覚は消滅しません
これを読んでもまだ怖いですか?返事くださいね

277 :↑↑↑:2007/10/17(水) 14:41:00 ID:uifzVvh4
あなたはまだ怖いですか?実際は人物像の消滅をいうよりも
人格の変容です 狭いわたしから広いわたしになるのです
ある意味では釈迦やイエスのような意識状態になるということです
あなたはそれが怖いのですか?わかりやすく言えば 自己愛が拡大するのです
自己愛が消滅するわけではありません 自分という感覚は消えません
自分という感覚が 増大するだけです 消滅するのは狭い自分で
実際は 狭い自分が拡大して大きな自分になるだけです それをバーチは
消滅を言ってるのです。わかりましたか?まだ怖いですか?
つまり 自己愛が広がるというのは 自分だけ愛する→自分も他人も愛する
となるだけです わかりましたか?たとえば自分大好きの母親が子供を産んで
その時 自分も好きだが息子も大好きで自分と同じぐらい大切 という感覚に近い
です 死後は そのような感覚に変容するだけです 愛が広がるだけです わかりましたか?
転生する時記憶を消してもあなたが消滅するわけではありません 記憶があると人生経験が
難しくなるのです もう少しわかりやすく説明します


278 :↑↑↑:2007/10/17(水) 14:42:21 ID:uifzVvh4
転生する時 記憶は消されるのですが あなた自身の個が転生する回数は少ないし
その転生するのはあなたの仲間の類魂の可能性が高いです つまり あなたは
今の記憶を持った自分のまま仲間の転生人生経験を自分のものとすることができます
あなたは死後 あなたの今の記憶をなくさず主観、自分という感覚を持ち かつ仲間の魂の人生経験も同時に経験します
これが実態です もしあなたという個が転生しても一時的に転生の間だけその記憶が消滅するだけで
また 霊界に戻れば 今のあなたの記憶+さきほどの転生先の人生経験の記憶+仲間の魂の記憶
を同時に持ちながら魂の旅を続けます わかりましたか?記憶がないのは約80年程度です
あなた自身は3回ほどの転生で輪廻が終わります つまりあなたは永遠に生きますが
その永遠の中の約合計300年間 今のあなたの記憶がなくなるだけです
また もうあなたは過去生まれ変わってるので一度の転生だけでいいかもしれません
つまり 永遠の中の約80年間だけ記憶がなくなるだけです 今のあなたの記憶が。。。
その消えた記憶も霊界に帰れば 思い出すことができます


279 :↑↑↑:2007/10/17(水) 14:43:05 ID:uifzVvh4
また 類魂の世界では 過去現在未来が同時に起きており仲間の魂も自分という感覚です
つまり あなたが霊界に帰れば 人物像が消滅するのではなく変容するのです
つまり あなたは 複数を同時に経験する存在になるのです
つまり あなたは今自分をいう感覚を持ちながら今のあなたの記憶さらにその前の過去世の記憶
や 仲間の魂経験 仲間の魂の過去世の経験も 同時にすべて複数同時に経験する多次元的存在に
なるのです。わかりやすく言うと 今のあなたの人格が消滅するのではなくて
今のあなたの人格+別の人格+別の人格と 計いくつかわかりませんが計30の人格経験を
同時に経験できる存在になるのです 今のあなたの人格はどれだけたっても あなたの真の本体である
類魂から消されるわけではありません 永遠にあるのです その人格は永遠に消えません
ただその永遠のあなたの中で 約たった1、2度 地上にいる間だけ 記憶が消されてるだけです
わかりましたか?消滅するのは あなたの自我でありそれが消滅すると真のあなたがあらわれるだけです
あなたは悟りを開いたイエスや釈迦を恐れますか?恐れませんよね?それと同じことなんです
あなたは死後 転生する時 今の自分の人格を総点検します それでこの部分を直そうとか
短気だったので次は気の長い人格にしようとして変容するだけです 消滅ではありません
もう一度言いますが 永遠の中のたった80年ほど記憶がなくなるだけです
それも 永遠の中のたった80年だけ人格が変容してるだけです 死後霊界に帰れば
その時の転生先で終えた人格 と 今のあなたの人格を 同時に経験できる存在になるだけです
今のあなたと転生する自分は同じ人物の場合もあり 転生するのは仲間の類魂であるかもしれません
その仲間=自分なので 自分が転生したのと同じことなのです
あなたは何を恐れてるのですか?自分という感覚は永遠に消滅しませんよ
あなたの感情を感じる主体は永遠に消滅しませんよ 人格の変容があるだけです
消滅ではありません つまり簡単に言えば あなたはさらに進化しさらに超善人に
変容するだけです 今のあなたの記憶は永遠の中の80年の間だけ消えるだけです
あなたは何を恐れてるのですか?もう少し詳しくわかりやすく丁寧に教えてください


280 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 14:51:29 ID:uifzVvh4
Fさんに教えを説いてあげたら?

誰それ?

281 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 15:18:39 ID:71dqvRXi
>>280
知らないんだったら黙ってようね!!

282 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 15:19:35 ID:uifzVvh4

★★★神の中の構造=過去現在未来 レベル1レベル3レベル100の類魂も同時に存在★★★
★★★神の中の構造 = ←((((((大大大光(((((大大光((((大光(((光((小光(闇★★★ ←闇は光を含まないが光りは闇を含む
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

進化→(過去)A(レベル1)⇒A'(未来)(レベル2)⇒A''(遠い未来)(レベル3)⇒A'''(現在)⇒A''''(遠い過去)
      ↑  ↑    ↑   ↑    ↑      ↑      ↑
(-ーーーー-------------------------------------------------------ーーーーーーーーーーーーー)
 トータルセルフ=類魂aレベル1=本当のあなた=レベル1でもあり3でも4でもある=トータルセルフ

     
     ↓ ↓ ↓
      進化
       ↓
類魂aに類魂bが結合(レベル30)→進化→類魂abに類魂bcが結合→進化→大大大類魂(レベル70)
  →進化→大大大大類魂(レベル100)→進化→

((((((大大大光      (((((大大光  ((((大光  (((光  ((小光 (闇 ←闇は光を含まないが光りは闇を含む
   ↑↓         ↑↓     ↑↓     ↑↓  ↑↓
(((((大大大類魂レベル100)((((大大類魂レ50(((大類魂レ30((類魂レ1 ←↑同じこと

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
★★★神の中の構造 = ←((((((大大大光(((((大大光((((大光(((光((小光(闇★★★ ←闇は光を含まないが光りは闇を含む
★★★神の中の構造=過去現在未来 レベル1レベル3レベル100の類魂も同時に存在★★★

283 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 15:23:18 ID:71dqvRXi
>>282
とうとう発狂したようだな!

284 ::2007/10/17(水) 15:28:05 ID:uifzVvh4
してませんが。。。俺の説明わかりやすくない?

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

これが俺の研究中の掲示板です 見てくださいね

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html
http://www13.atwiki.jp/ridatu/

285 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 15:49:39 ID:71dqvRXi
なんだ基地外かと思ったらただの宗教オタクか!

286 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 16:12:19 ID:3dFaXacT
>あなたが別の人間になるのではなくて別の人格になるだけです

だからそれってやっぱり別人になるって事じゃない
今の自分は消滅する

287 :↑↑↑:2007/10/17(水) 17:06:13 ID:uifzVvh4
だから 別人ではありません
たとえば あなたの知ってる人でとても乱暴な人がある日をさかいに
善人になり暴力とは無縁になるのと同じことです
心感情主観 が消滅するわけではありません
それは消滅ですか?変容でしょう?
それと同じことが死後と転生を通じて行われるだけです 大きな変化ですが
それにあなた進化して超善人になり悟りを開き病気もしない身体になり
年もとらない身体になって超能力を自由自在に使えるようになる光の人
に進化するのがそんなにいやなのですか?
高度に進化すれば 怒り憎しみ心配という精神状態とは無縁になり
常に ニルワーナを自在に出きりでき病気で苦しむこともなく 人間関係
で苦しむこともなくすべて上手くいうという進化レベルに達するのがそんなに
いやですか?高度に進化した星では戦争も殺人もいじめも自殺もありません
みんな幸せです そのような意識体に変化するのがそんなにいやですか?
身体の苦痛も精神の苦痛もなくなるのです
あなたは今の地球のような星でレイプや殺人の多いレベルの低い星のほうが
いいのですか?恐怖を感じて生きたほうがいいのですか?
悟りを開けばレイプされても精神ダメージはゼロになります
進化した存在は 怪我をしても超能力で自分に麻酔をかけることもできます
憎悪も心配もない幸福な心で生きられるのです
あなたは そうなりたくないのですか?今のままのほうがいいのですか?
超善人の光の人に変化するのがなぜそんなにいやなのですか?
あなたの心の悩み恐れを詳しく 書いてください お願いします


288 :168:2007/10/17(水) 17:25:55 ID:GTsw28Ei
シルバーバーチは肉食を非難してるけど、
その本を読んで感銘を受けた江原さんは肉食をやめてないですよね。
江原さんはそこの所をどう思っているのか一度聞いてみたいですね。

289 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 18:44:03 ID:077J6mAb
シルバーバーチを重視してないんでしょ

290 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 18:47:32 ID:pQl42Z9L
大天国先生、もういいよ。

291 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 21:43:34 ID:fP8OVbaM
>>288
江原さんは肉食はなるべく控えた方が良いという立場をとってます
さすがにバーチと矛盾したことは言えないんだろうよ

292 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 23:13:06 ID:3dFaXacT
>>287
今の時点で前世を覚えてないんだから過去の自分は消滅したも同然に
感じますし、変容=今の自意識の消滅なので無になるのと同じに感じる。
それにバーチは苦しめば苦しむほどいい様な言い方をしています。
なのにこの世を良くするように行動する事を薦めるのは矛盾しているように
感じます。この世が悪ければ悪いほど人は努力するからこの世は悪くていい
って見方もできるじゃないですか。

293 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 00:06:16 ID:LbFOzGPF
>>292
あなたは理性的に考えられるのだから、死後の世界の議論が如何に不毛であるかが
理解できていると思います。 理解できず共感も出来ない言葉を捏ね繰っても
あなた自身の迷いを深めるだけですよ。

294 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 04:29:42 ID:vs5Nhcfp
つまり思考停止しろってことね

295 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 09:20:43 ID:CacseJzt
★ 「神との対話」で常駐している、通称、天国という奴は悪い奴だから、相手にしない方がいいぞ!
   ↑↑↑を多用する特徴のある奴だ。


296 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 09:43:03 ID:UqG7vq3z
>>294
コラコラ!

297 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 12:26:24 ID:JBdLlU1d
江原については心の道場に書いてある

298 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 17:27:37 ID:fZcodJcC
目糞鼻糞だけどね

299 :驚愕展開衝撃活躍凶暴獰猛残虐残忍凶悪極悪暗黒暗闇サトシ君:2007/10/18(木) 18:35:41 ID:3h8aTqHg
シルバーバーチ&ホワイトイーグル&サイエンスフィクションSFスペースオペラ&ファンタジーストーリー

300 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 19:21:51 ID:Lt04pxfM
大天国の書き込みは反吐が出る。
レイプだの拷問だの残虐だのの表現に異様に執着する。

301 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 19:41:12 ID:vJM0rFtD
心の道場ってあの江原よりさらに怪しい宗教団体だろ

302 :霊界研究者:2007/10/18(木) 22:50:05 ID:cmfpcQVj
>>287
今の時点で前世を覚えてないんだから過去の自分は消滅したも同然に
感じますし、変容=今の自意識の消滅なので無になるのと同じに感じる。

たとえば 小さい時の無邪気なあなたと今のあなたは同じあなたがですが
小さい時のあなたは消滅しましか?変化しただけですよね?それに
あなた 超善人になりさらに悟りを開きマイナスの闇のない心になり
飲まず食わずで若いまま永遠に生きることも可能になる光身体に変化するのがなぜそんなに嫌なの
ですか?愛が増大するのですよ
自分大好きの母親が子供を生んで自分も好きだが子供も自分と同じぐらい愛するという時
その親は消滅しましたか?愛が増大し変化しただけですよ 死後や転生の変化はこれと同じです
進化するたびに愛の人間になるのです なぜあなたはそれがそんなに嫌なのですか?

それにバーチは苦しめば苦しむほどいい様な言い方をしています。
なのにこの世を良くするように行動する事を薦めるのは矛盾しているように
感じます。この世が悪ければ悪いほど人は努力するからこの世は悪くていい
って見方もできるじゃないですか。

違いますよ 苦しめばいいというわけではなくて 霊魂が悟りを開くまで
進化するためには あらゆる感情を経験しないといけないのです
しかし あなたの仲間の類魂がいますから あなたが全部マイナスの感情の種類の経験を
しなくてもいいのですよ あなたの仲間の類魂がうつを経験したら あなたはうつを経験
しなくてもいいのですよ あなた自身は3回程度の転生で 人間界を卒業できます
悟りを開いてもさらに進化しますが それ以降の世界は 愛+なんとか という世界です
そういう世界に無限に進化していくのです

303 :霊界研究者:2007/10/18(木) 23:01:19 ID:cmfpcQVj

人間は本当に自由意志があるのか?

たとえば地獄にある意味サタンと呼べる生物がいます
そのサタンは 地獄にいる人に 憎いお前には こういう罰を与える
と自分の好きなように罰を与えます しかし 実は たとえば レイプ
した人を サタンが見ると こいつはレイプされる罰を与えようという
風に 凄まじく高い次元の存在によって サタンの心を操作れます しかし
サタンは そんなこときずきません 自分の意思でいじめていると思ってます
つまり それはカルマの働きで サタンのいじめを通じて レイプした人は
レイプされるという原因結果(因果応報)を味わいます こんな感じで 上位次元下位次元カルマが
関連してます

これと同じく 上位次元生物は地球の人口調節で何人人間をエイズで死なせるか
計画を立てます その時 魂の転生界で 魂は次の人生ではエイズで死ぬなどの
決意をします つまり魂の中にエイズで死にたいという欲求が起きるのです これがたくさん起きます 
つまり上位次元の生物の計画が魂の欲求と
関連してるのです ほとんど同時だと思いますが 上位次元生物の決定の方が先
のように感じます これで果たして本当の自由意志と言えるのでしょうか?
私は疑問に思います

304 :霊界研究者:2007/10/18(木) 23:10:29 ID:cmfpcQVj

>>287
今の時点で前世を覚えてないんだから過去の自分は消滅したも同然に
感じますし、変容=今の自意識の消滅なので無になるのと同じに感じる。

>>302 自意識は消滅しません 拡大するのです
小さい自我が大きな自我になるのです あなたは誤解してます
たとえば あなたは好きな人とセックスしたことがありますか?
その時 大きな融合な幸福を感じませんでしたか?好きな人と一体に
なったと感じませんでしたか?それが怖いのですか?
いい経験ではありませんか?霊界での他人との一体化はそれに似てます
もっとリアルになるのです まして神と一体化とはもっと幸福になるのです
なぜ あなたはそれがいやなのですか?

305 :霊界研究者:2007/10/18(木) 23:12:23 ID:cmfpcQVj

自分という感覚存在感は永遠に消えません
あなたは何か誤解してます 何を恐れているのですか?
正直にどんな風に怖いと感じてるのですか?

306 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 23:47:03 ID:sMa72V4r
うーむ。どう言ったらいいのかな?
生まれ変わったら今の自意識は無くなるじゃないですか。
記憶の無い自分は今の自分ではない。今の自分は消滅する。
死んで素晴らしい霊界に行ってまたこの堕落した世界に戻ってくるの
もイヤですし・・・


307 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 00:19:58 ID:55q41erA
>>306
あなたと>>305とでは、自分という概念が違うのです。
基準が違うので話が噛み合うはずがありません。

308 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 00:36:07 ID:wKJtWTlF
誰でも良いのでろ、誰か私の心を浄化してください!!

309 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:11:43 ID:efuA6JGT
まず病院に行ったほうがいいですよ。
宗教に近づくときは心に余裕のあるときのほうがいいと思います。

310 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:20:15 ID:vpQbsu+1
低級霊は・・・手強いぞ、精々気お付けな!

311 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 02:30:30 ID:pGsBJgg7























創ってくれと頼んだ覚えは無い。



312 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 03:02:50 ID:lMUe80cV
>>311
大霊が何をしたいのか知らんが自分でやればいいのにね〜
痛みは地上人に全部押し付けて成果は自分のもの
大霊ってまるで悪辣な経営者だよ

313 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 05:37:30 ID:CSKy7PA8
未だに分からないことは復讐や裁きはしてはいけない
というけれど、人間がしないで誰がするんだろ?
霊がウツって人に行動させることが悪魔乗り移ったみたいで意識がなかったって
いうことがあるけれど。服役するのは当事者なんだから、結局は人間なのに。

314 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 17:53:16 ID:h3V8EdzO
ここは未だに死後の世界とか言って
死の恐怖から逃げてるやつの溜まり場か!?

315 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 20:40:13 ID:/9Bc4CeX
うつ病の治療で電気けいれん療法があるけどこれが効くのは電流を流すことによって
憑いている霊が離れるためではないかと思うがどうかな?

316 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 21:20:28 ID:vfCK9P30
それは、うつ病と認めたくない人の理屈だな。

317 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 21:35:19 ID:SdGZerEU
>>314
死んで死後の世界があるのであれば、それは本当の死ではないので恐れる必要は無い。
死後の世界が無かった場合には、恐怖を感じる主体はすでに死んでいるので何も恐れる必要は無い。
何れにしろ逃げなければならない死の恐怖など存在しない。
君にとっては死は恐怖なの?

318 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:37:43 ID:DQQ49HlU

霊的進化レベルを数値で表します。
高い数値ほど霊的レベルが高いことになります。

(↓信用してもいいと思います↓)

地球人(平均)50前後

イエスキリスト(霊的教師)400
釈迦(宇宙の象徴)???数値化できない
アインシュタイン220
アウグスティヌス230
アドラー(精神医学者)200
アリストテレス(哲学者)240
アレクサンドロス大王150
安重広重200
イザヤ(預言者)230
ヴィトゲンシュタイン180
植芝盛平(合気道、武道)150
栄西(臨済宗)220
エジソン170
エピキュロス160
エマーソン220
エリア(預言者)250
エンゲルス(哲学者、政治)170
王維(詩人、画家)170


319 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:39:27 ID:DQQ49HlU
岡田光玉(宗教、真光)210
織田信長70
アンドルーカーネギー160
葛飾北斎200
カフカ170
カミュ160
ガリレオガリレイ220
マハトマガンジー200
カント220
キケロ170
北里柴三郎200
キュリー(物理学者、化学者)200
キルケゴール200
キング牧師200
空海200
クック(冒険家)170


320 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:40:15 ID:DQQ49HlU
クリシュナ(宇宙の象徴))???数値化できない
クリシュナムルティ(霊的教師)400
グルジェフ220
グルラジアナンダヨギ175
クレー(画家)200
エドガーケイシー(霊視家)170
ケインズ180
ゲーテ220
ケネディ(大統領)240
五井昌久(白光真宏会)210
孔子500
ゴッホ190
コペルニクス230
ゴヤ(画家)240
コロンブス(探検家)200
今東光170
西郷隆盛150
最澄190
サイババ(宇宙の象徴)???数値化できない
サルトル(哲学者)170
シャークスピア350


321 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:40:54 ID:DQQ49HlU
聖ジャンヌダルク330
シュヴァイツアー(医師、伝道師)240
周恩来230
シューベルト240
シューマン230
ルドルフシュタイナー220
シュトラウス180
聖徳太子200
ショーペンハウエル220
ショパン200
シラー170
親鸞180
スウェデンボルク230
チャイコフスキー180
チャップリン160
デカルト230
出口王仁三郎(大本教)170
出口直(大本教)170
ニコラテスラ200
手塚治虫160


322 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:44:25 ID:DQQ49HlU
テレサ(テレジア)310
コナンドイル170
ドヴォルザーク210
道元150
徳川家康155
ドストエフスキー200
トマス(使徒)200
ドラクロア(画家)230
トルストイ220
ナイチンゲール160
ナポレオン220
ニーチェ190
日蓮200
ニュートン220
ノストラダムス170
ハイデッカー170
ハイドン240
ハイネ200
パウロ(使徒)300


323 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:47:38 ID:DQQ49HlU
パスカル240
バッハ(作曲家)310
バルザック200
バルトーク180
パンチェン・ラマ(第十代)170
ピカソ240
ヒューム(哲学者)170
ピタゴラス220
ピラト(総督)140
フィヒテ170
ブラームス250
プラトン240
フロイト200
フロム・エーリッヒ(精神分析者)160
ヘーゲル200
ベートベン310
オードリーヘップバーン146
ペテロ(使徒)350
へミングウェイ160
ヘラクレイトス200
ヘラクレス220


324 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 22:48:15 ID:lMUe80cV
どーやって出したの?(・ω・ )

325 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:48:28 ID:DQQ49HlU
べラスケス240
ベルクソン175
ヘルメス(霊的教師)400
ヘロドトス170
法然240
ボードレール170
ホメロス170
フレディマーキュリー(音楽家)130
マーラー190
マタイ(使徒)240
マッカーサー170
マホメット(預言者)340
聖母マリア(イエスの母)220
マリア(ベタニヤ)85
マリア(マグダラ)90
マルコ(聖書筆記)230
マルコムX140
三浦関造160
ミケランジェロ330

326 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:49:16 ID:DQQ49HlU
美空ひばり135
宮沢賢治200
宮本武蔵60
ムンク170
メハー・ババ(霊的教師)240
モーゼ230
モーツアルト300
モーパッサン220
モネ(画家)190
モンテーニュ170
マリリンモンロー90
レスターヤング(音楽家)60
ユークリッド230
ユーゴー200
湯川秀樹160
ユダ(キリストの弟子)170
ユング220
ヨガナンダ(宇宙の象徴)???数値化できない
吉田茂155


327 :霊界研究者:2007/10/19(金) 22:49:49 ID:DQQ49HlU
ヨセフ(イエスの父)220
ヨハネ(使徒)300
ヨハネ(洗礼者)330
ラーマ(霊的教師)400
ラーマクリシュナ(宇宙の象徴)???数値化できない
ライヒ(精神分析医)200
ライプニッツ170
ラザロ(イエスの信者)90
ラシーヌ220
ラスプーチン(修道士)160
ラッセル(哲学者)170
ラッセル(宗教者)160
ラファエロ300
ラマナ・マハリシ(宇宙の象徴)???数値化できない
ランボー(詩人)170
リルケ(詩人)170
リンカーン330
ルーベンス300
ルカ(聖書筆記者)240
ルソー220
ルター230
ルノアール200
レオナルド・ダ・ビンチ440
ジョンレノン(音楽家)160
老子420
ロック(哲学者)230
ワグナー(作曲家)210


328 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 09:31:29 ID:t1pFEqvh
なんか変なのが沸いてるな

329 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 12:03:35 ID:H7WeeKoV
霊界研究者(変人)42

330 :霊界研究者:2007/10/20(土) 13:53:51 ID:/pgUI5Sg

ホワイトイーグル(霊)300

331 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 16:22:15 ID:/Kr3fb4P
スカウターでもつけてるのかw

332 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 18:06:36 ID:Rc1NYm9C
>>320
サイババって手品師認定されたような

333 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 19:47:29 ID:7oIe+Ot9
大天国・・・・受験勉強でもしなよ。

334 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 19:48:15 ID:imoENcGG
ID もう少しでDQNだったのに惜しかったな>霊界研究者

335 :中心帰一(天狗の鼻):2007/10/20(土) 22:44:32 ID:uGrylohn
万教帰一は絵に描いた餅?

万教帰一と説く崇教真光が、なぜ、文明教団と真光裁判で敗訴したとき
に、教え主の恵酒さんは「上告」までして「こつにく争い」をしたのか?

まず、崇教は、文明教団と帰一(統合)するべきだと思う。


336 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:45:27 ID:7oIe+Ot9
誤爆ですね

337 :中心帰一(天狗の鼻):2007/10/20(土) 22:46:28 ID:uGrylohn
シルバーバーチ(バーバネルが冷媒)霊は、

何故、臓器移植うや輸血を禁止したのか?
これじゃ、エホバの証人や崇教真光と同じではないか?

338 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:10:32 ID:t1pFEqvh
禁止ってまるで宗教だなw

ある意味カニバリズムだからじゃね?



339 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:58:32 ID:/Kr3fb4P
>>337
意味が違う。
禁止じゃなく好ましくないと言うこと。
寿命が変わらないだけでなく霊的悪影響が残る場合がある。

340 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:16:26 ID:cxIKZfVq
シルバーバーチってフィクションなんだろ。

341 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:36:07 ID:O3i8H+OI
私達が存在するのは大霊のおかげなのです
私達は大霊の道具です
人間の素晴らしい成果は大霊の力の結果です
好ましくないものは人間が悪いからです
ああ白き大霊よ・・・!
これをカルトと呼ばず何をカルトと呼ぶのだろう?


342 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 02:48:26 ID:46Fkg5tG
道具って
言葉がもう・・・

謙虚なつもりだけど、主体性がなくて憑万歳みたいな。


343 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 02:49:13 ID:46Fkg5tG
>>342
憑依万歳でした。

一歩間違うと、とっても危険。

344 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 09:09:03 ID:2ZYkxrzL
>>343

>一歩間違うと、とっても危険。

一歩間違わなければいいだけじゃない。
なんか「道具」とか「霊格」とかいう言葉に過剰反応する人がいるけど、
言葉は人によって表現しようとしている意味が違うからね。
文脈を読まずに捻じ曲げて解釈して批判するのはどうかと思う。
カルトかどうかは実際の行動を見て判断すればいい。

345 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 10:37:29 ID:WES0r/lO
大天国よ。
>>318-323>>325-327の数値はデタラメだぞ。

お前はホント、
本物と偽物の区別がつかんやつだなあ。

346 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/21(日) 20:53:21 ID:D7YbVg1C

大天国よ。
>>318-323>>325-327の数値はデタラメだぞ。

お前はホント、
本物と偽物の区別がつかんやつだなあ。

なぜデタラメだとわかるのですか?
詳しい理由をお願いします
詳しく書いてください その理由を

347 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/21(日) 20:54:37 ID:D7YbVg1C
↑↑↑
ホワイトイーグル(霊)300

348 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:55:32 ID:P5oVyNLy
なんちゅう下らないスレだ。
こんな事だからスピリチュアリストはなめられるんだ!
晒し上げ。

349 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:10:47 ID:BDViBVt7
最大の敵は馬鹿な味方

350 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 05:07:15 ID:PZ253WwP
自分で考えなさい。教える義務はなし。大天国くん。

351 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 05:09:12 ID:PZ253WwP
崇教真光のひとが、あなたの意見を求めているのかな?

崇教真光のスレにいってあげれば。

352 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 19:37:32 ID:MVhBlWS5
大 霊 = 天地創造神

シルバーバーチ霊(インディアン?) 
= モーリス・バーバネルの口から出た潜在意識も混じっている。 

353 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 19:39:10 ID:MVhBlWS5
>>351

崇教真光という教団の信者たちは、シルバーバーチの霊訓を
真光の教義と似ていると取り入れてパクリ行為を行っています。


354 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 19:40:32 ID:5Ee6Jht7
シルバーバーチの霊訓もパクリなわけで…

355 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 19:44:54 ID:MVhBlWS5
>>354
江原さんの教えは、シルバーバーチのぱくりだって知っているけど。

霊訓は、どこのパクリですか?

356 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 12:44:10 ID:UQlL7WZ7
クリスチャン・サイエンスって教義にスピリチュアリズムを取り入れているそうだが何が違うの?

357 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 15:01:49 ID:8KzgruR9
ホワイトイーグルとシルバーバーチを読むと
両者のいっている事に矛盾があります。

これも、自分の理性で判断しろ、という、大霊の配慮ですか?

358 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/23(火) 21:03:01 ID:wEgOfLYs

たとえば どんな部分ですか?教えて頂けませんか?
お願いします

つけたし

ジョンレノン(音楽家)160
ホワイトイーグル(霊)300

359 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 02:23:43 ID:+xSxwOPB
こんな事も解かんないの?あんた。とでも言いたげな受け答えを
したかと思えば思いやり溢れる言葉を語ったり読んでる方は混乱する

360 :シャア■アズナブル:2007/10/24(水) 02:38:18 ID:8j1o+1Pl
幸福の科学は宇宙戦艦ヤマト松本零士のパクリ

361 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 02:01:42 ID:+uUvll+g
>359
飴とムチは普遍不滅の摂理だよ。

362 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 02:54:14 ID:+uUvll+g
魂は何なんだろうな。
救済の約束か強いられた制限と隷属の証なのか。
上の方の人も魂の本源や究極の行く末は何も知りませんと明言してるし
結局現状肯定させられるしか無い訳で、どうにも割り切れない。
あの世の困った人に言わせれば、まさに
それを愛する者には救いで、厭う者には罰で、そして誰にとっても愚弄なのだろう。

363 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 13:58:23 ID:BKnpwA8H
何だこの数値は?
どっからパクって来たんだ、こんなデタラメ。

364 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 20:19:30 ID:3tMOH6M4
こんな数値、存在自体がでたらめ。

365 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 23:57:21 ID:lOBxmBci
はじめは新鮮で飛びついて読んでみたけれど、結局何がいたいの?
という結論。

もう、なんでもありの、捕らえようでいかようにも取れるパラレルワールド。


366 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 09:57:24 ID:r5fNx8as
地球温暖化で人類が絶滅する日はそう遠くない
今回で地球最後の人生になるかも分からんよ

367 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 18:43:59 ID:8um+7w8G
>>366
それならそれでかまわん。我が魂の遍歴に悔い無し。

368 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/26(金) 19:13:54 ID:ljl0yzLI
 
神はすべて 強姦拷問も神である
  ↓ ↓ ↓

中国政府にレイプや拷問された多くの法輪功の女性(画像)((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる
http://photo.minghui.org/photo/images/persecution_evidence/E_wuju_300_1.htm
女性を裸にして拷問(おっぱいと乳首を破壊) 中国刑務所で行われている法輪功学習者への迫害実態(画像)
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/10/html/d67889.html ((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる
http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/lynch.htm
(一番下)

ウダイによる拷問動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/udayfeethit.wmv
旧フセイン政権下での囚人への暴行動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Iraq/iraq%20jail.wmv
チェチェン斬首動画
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/Extreme%20-%20Unknown%20Russian%20Soldier.wmv
(中国)
http://www.youmaker.com/video/sv?id=7f35bab2c4da430a88b7f0757fd4e1b7001

 ↑

中国の凄まじいリンチ動画 

369 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/26(金) 19:16:28 ID:ljl0yzLI

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html
http://www13.atwiki.jp/ridatu/

370 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/26(金) 19:17:42 ID:ljl0yzLI

上記の霊的数値は信用してもいいと思います
それほど デタラメではないと思います
どこがデタラメだと感じたのでしょうか?

371 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 21:33:46 ID:oaXmteeL
また始まったよ、レイプとか拷問とかに異様に執着する変態

ほっといてよ。

372 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 21:56:55 ID:Gv6DUbsi
類友ってやつだな
基地外の思想には基地外が集まってくる

373 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 23:55:50 ID:Bwc0SsG3
家庭内が嵐なんだが、こういう状況をみていると、
本当の敵は家族(という鏡に写った自分)じゃないかと思えてくる。
おかげで、いろんな本に手を出して、あの世についての知識が深まったが。
奇跡のコースっていう、イエスが口述筆記させた本があるって初めて知ったよ。

374 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 05:53:23 ID:/uBexq2M
>370
キリがないけど一点挙げるなら孔子が500

上記の霊的数値は信用しなくてもいいと思います
それほど 正しくはないと思います
どこが正しいと感じたのでしょうか?

375 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 14:29:06 ID:CDv+vJnZ
霊的数値って、まさに人間の物理的視点だな。
見えないものまで数値がしようとするのはなかなかおもしろい。

376 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 16:19:52 ID:LX2bpBZQ
だから俺には資本主義とスピリチュアリズムが酷似してみえるw
物質主義の社会と何が違うのかなと思ってしまう。

377 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 18:02:27 ID:WaMxECL+
バーチ(バーバネル)の霊訓も、信じるか信じないかになると思うけど、
世間で認められていない、見たこともない霊の世界を、理性で判断しろと
言われても、人間には無理があるというか、不可能ではないのか?

過去世のカルマ、と言われて霊的向上と言われても、過去世自覚できない
以上、人間に何をしろと言うのか?

言っていることが理不尽と言うか、現実に即していないと思う。

378 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 11:36:29 ID:aKfS8CAV
地上が成長に最適な場なら高級霊こそ地上に生まれたがる気にはならないの?
あなたは再生しないのですか?と質問されたバーチは地上生活を
嫌がってるような答え方をしているように感じたけど

379 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 12:08:33 ID:/D4/4BRn
>>377
なら信じなきゃいい

380 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/28(日) 15:00:34 ID:QxOcbWFW

>370
キリがないけど一点挙げるなら孔子が500

上記の霊的数値は信用しなくてもいいと思います
それほど 正しくはないと思います
どこが正しいと感じたのでしょうか?

イエスは400でも500でもあります
孔子はイエスと同じです どこがへんなのですか?
その霊的数値はかなり現世霊界について詳しく書いてある本です
信用してもいいと思います

ジョンレノン(音楽家)160
ホワイトイーグル(霊)300

381 :赤福の科学vs宇宙子科学:2007/10/28(日) 15:46:57 ID:mSzewnjs
点数って言うのが、よくわからないな。
また、パワーとフォースの概念分けが出鱈目、というのが私の意見。

382 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 23:08:34 ID:yYJqcxT0
食いつくレスでもないけど、点数って(笑)。

どうやって算出したの?
何を根拠に(笑)。
霊的レベルとは霊性の事だろうけど、人間の精神のどんな部分をもってして、
霊性というんだろう〜。

というより、霊格の数値化なんて全くもって意味を見出せないんですけどぉ。
何より、霊は進化する存在なんだから、
仮に数値化出来ても日々刻々と変動するでしょ。
しかも、数値のソースが本っていう位だから、
少なくとも数値は、今よりは昔のものであるのは確定。
よーは、イエスとか孔子もとにかく理性・道徳とかが立派な人だった
んだろうなぁ位の認識で十分でしょう。

そんな権威・偉人の羅列ははどうでもいいよ☆。
大事なのは、彼らの人としての姿勢を見習って、自分達が
それを実生活に生かしていくのが重要だと思いまーす。

それよりも「現世霊界について詳しく書いてある本」の題名は何と
いうんでしょうか?
是非教えて頂きたい。

383 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 23:26:55 ID:ZJrcw7+I
霊界研究者とやらが羅列している無意味な数値は、
ベンジャミン・クレーム(神智学者)の著書(マイトレーヤの使命)のパクリ。
まぁ、霊的進化の数値化なんてナンセンスの極み。




384 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 23:38:57 ID:aKfS8CAV
ええ〜「マイトレーヤの使命」ってそんないい加減な事書いてあるんだ
ショックです〜

385 :383:2007/10/29(月) 00:05:19 ID:KzDzu1Qg
ベンジャミンは、けっこうなオカルト・フリークだからね。
特にアリス・ベイリーやインドのヨギがお気に入り。
まぁ、スレ違いだから、このへんで。

386 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 09:26:00 ID:Yf1ZmPO9
退行催眠による前世や中間世の書籍が霊界通信の内容と一致してますね
退行催眠は当てにならないという人がいますけど、まんざらでもないようです

387 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 09:54:56 ID:XQuk++fJ
>>386
被験者が霊界通信を読んでおり既に刷り込みが行われていた、と考えられませんか?

388 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 11:36:57 ID:J6foYwj4
 
  ある人の意識はどれだけ霊意識と同調できているのか。
  心の霊的成長段階はどのレベルに達しているのか。

地球には、地球に住む全員のそれを見れる場所が数カ所つくられている。
それ故、マスター達は人々の成長プロセスをその人に応じて組み立てることができる。
“弟子に準備ができたとき師があらわれる”、がまさにそれ。
人は自分の外に師を探さずとも、万全の態勢で導いてもらえるのだ。

が、それら個々の成長度合いが世に公表されることは決してない。
なぜならマスター級まで成長しないと、それから悪影響を受け、
それを悪用してしまうからだ。
故にその場所でそれを見れるのはマスター級の人のみに限られる。
そしてそれを見れた人は、決してそれを公にはしない。
人類のために善用するのみである。

389 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 11:42:32 ID:J6foYwj4
いわゆる教祖や霊能力者や霊の勉強をしている人の中でこの仕組みを知っている人は
果たしてどれだけいるだろうか?

それを知らないからこそ、“自分の霊的成長レベルがバレることなどない”と考えたり
“過去の偉人の霊的進化数値はコレである”などと言い出すのだろう。

これを顕在意識下ではっきり教えられてなくとも無意識下で教えられている人は、
“この数値ってなんだかウサンクサイ”と感じるものだから。

390 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 15:43:37 ID:gYulQHxX
>>389
書籍「神の使者」(P97〜98)によれば、マスターと言われるレベルの人たちは、
逆に指導者役を好まないらしいです。
なぜなら、一対一、または少人数を相手にした対話のほうが、
本音で語りやすく、より大きな影響を与えられるから。
イエスはあれほどの影響力を持ちながらも、法王や国王にはなりませんでしたよね。
ちなみに、自分が読んでいる本には、数値的なものは一切出てきませんでした。
マスターがいるということは繰り返し述べられていましたが、
有名人=マスターだとは一切言われていません。

391 :↑↑↑:2007/10/29(月) 22:04:10 ID:LTlh4V93

その神の使者という本には
霊的に進化して進化して進化しまくるとどうなると書かれてますか?
詳しく教えてください
また 神の使者という本でなくてもいいです
誰か知ってる人詳しく教えてくださいね

392 :@@@@@@@@@@:2007/10/29(月) 22:23:51 ID:LTlh4V93
↑↑↑
霊的進化して進化して
進化して進化しまくるとどうなるのですか?
そしてさらに進化して進化しまくるとどうなるのか?
誰か知ってる人がいたら詳しく教えてください
お願いします

393 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 01:36:25 ID:sLhYdYra
>>391
>>392
斜め読みの状態ではありますが、極めて簡潔に説明すると、
最終的に神の元に返ることになります。
奇跡のコースという本は、その道を大幅に短縮するそうです。
詳しく知りたいのなら、書籍を読むとよろしいです。
自分は分厚い書籍の内容を、数行で説明する能力を持っていません。
あと、進化という言葉は適切ではないと思います。
それは人間が上位下位を作り出すための視点で語られる状態変化です。

394 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 03:00:50 ID:tSnkD0Om
苦しいのはイヤだ。辛いのはイヤだ。と思いながらも
こっちが近道ですよ。と言われるとズルしてるような気分になる不思議。

395 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 08:34:37 ID:nUyAMFAz
でも、ズルをズルと思わない人種もいるよ。
むしろ、その方が多い。
それは性質とか生まれ持ったものとかもあるとは思うけど。


396 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 09:27:32 ID:8RWf0qE2
>>387
可能性はあります。
しかしそれは霊界通信とて同じことでしょう

397 :388:2007/10/30(火) 09:34:47 ID:VVdIGxbY
もし大天国が>>388を読んだことによって霊的進化数値への考え方が変化したなら、
先ずはそれを書く。それについて自分なりの見解を書く。
子供じみたプライドを投げすて、正直に自分をさらけだす。

そんな心構えで生きている人は、>>388で書いた働きかけを受けやすい。
なので、>>392の質問への回答も得られやすいだろう。
意識的にせよ無意識的にせよね。

大天国が>>392の回答を得られるまで成長したら
きっとそれはやってくるさ。

398 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 09:43:13 ID:VVdIGxbY
たとえば“がばいばあちゃん”はその教育を受けていた。
自分の生きざまから学んだことに関連する霊法則をノンレム睡眠中に教えられていた。
だからあのばあちゃんの言葉はスゴイ、スゴスギル。
私はただ、頭が下がるのみだ。

ばあちゃんは暇を見つけては人生で学んだことを言葉にしてノートに書き留めていたという。
ばあちゃんは知っていたのだろう。
自分の言葉がいつか大勢の人に勇気と希望を与えるようになることを。

ノンレム睡眠中の学びをレム睡眠で夢として見て、それをもとに教義を構築したり
予言をする人達がいる。

が、それはレム睡眠下のただの夢にとても似ている。
なので、二つをしっかり区別することがとても重要ですね。

399 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 09:53:50 ID:3OCPPsrG
ナザレのイエスはそんな目的のために降誕したのではありません。
人間はいかに生きるベきか、内部の神性をいかにすれば発現できるかを教えるために
地上界へ降りたのです。

キリスト教神学はまさしく物質界にとって「呪い」です。
人類にとって大きな手枷・足枷となります。

400 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 09:57:19 ID:VVdIGxbY
>>399
>人間はいかに生きるベきか、内部の神性をいかにすれば発現できるかを教えるために
>地上界へ降りたのです。

同意。
イエスは全てを身をもって教えられました。

401 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 09:59:37 ID:VVdIGxbY
マスター達から派遣された人が直接現れる場合もある。
だがその人は、自分が派遣されてきたことを絶対いわない。
におわせることも決してない。
だから心がけ次第ではその機会を見過ごしてしまう。
つまり、日々の生きざまが極めて重要だという事。

私があまり出しゃばると積極的な対話が減少してしまうので
このへんで。

402 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/30(火) 17:10:17 ID:+/AGuqN5

もし大天国が>>388を読んだことによって霊的進化数値への考え方が変化したなら、
先ずはそれを書く。それについて自分なりの見解を書く。
子供じみたプライドを投げすて、正直に自分をさらけだす。

はあ?俺の考えは>>282ですが 霊的数値?進化段階は存在しますが
神の中ではレベル1もレベル2も同時ですが で霊的数値を書いたら
いけないの?霊的数値が書いてある本を信用するなとこれでいいですか?
もし お前が灯す者なら 去れ

そんな心構えで生きている人は、>>388で書いた働きかけを受けやすい。
なので、>>392の質問への回答も得られやすいだろう。
意識的にせよ無意識的にせよね。

大天国が>>392の回答を得られるまで成長したら
きっとそれはやってくるさ。

でさっさと>>392について答えてくれないかな?

403 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/30(火) 17:15:33 ID:+/AGuqN5
>>391
>>392
斜め読みの状態ではありますが、極めて簡潔に説明すると、
最終的に神の元に返ることになります。
奇跡のコースという本は、その道を大幅に短縮するそうです。
詳しく知りたいのなら、書籍を読むとよろしいです。
自分は分厚い書籍の内容を、数行で説明する能力を持っていません。
あと、進化という言葉は適切ではないと思います。
それは人間が上位下位を作り出すための視点で語られる状態変化です。

で神に元にもどったずーとずーと後は
どうなるのですか?詳しく教えてください
また 俺の考えは>>282ですが すべてが同時に起こってるとはいえ
6次元は7次元を含まない 7次元は6次元を含むので
←(((7次元((6次元(5次元という形で 同時に存在してるので 進化は
あると思いますが。。。
進化という言葉は 神も使ってますが何か?
時間は幻想であっても進化は幻想ではない
同時にレベル1レベル2が同時に存在してる 
また 神は 人間は動物より進化してる と言ってる 
だから進化はある 人間と動物は同時に存在してるが
人間は動物より進化してる 幻想ではない 時間は幻想ではあるが



404 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/30(火) 17:21:35 ID:+/AGuqN5

が、それら個々の成長度合いが世に公表されることは決してない。
なぜならマスター級まで成長しないと、それから悪影響を受け、
それを悪用してしまうからだ。
故にその場所でそれを見れるのはマスター級の人のみに限られる。
そしてそれを見れた人は、決してそれを公にはしない。
人類のために善用するのみである。

ってなんて言う本に書いてあったのですか?
では霊的数値が書いてある本を信用するなとこれでいいのですか?
もし お前が灯す者なら 去れ
でさっさと>>392について答えてくれないかな?

で神に元にもどったずーとずーと後は
どうなるのですか?詳しく教えてください
そもそも 神の元に戻れるの?
シルバーバーチは神と真に一体化した霊を観たことがない
進化は永遠で終わりがないと言ってますが。。。。
シルバーバーチはイエス霊も観てます イエスもまだまだ神と
一体化してないということですか?
神の元には戻れても進化は永遠では?
神の元へもどっととき 因果が終わり 今度は真の霊の創造という旅に
なるのではないですか?だから進化は永遠では?
ハトホルの書にも書いてあるし

405 :霊界研究者  ◆zCS1o.kilU :2007/10/30(火) 18:27:29 ID:+/AGuqN5

で神に元にもどったずーとずーと後は
どうなるのですか?詳しく教えてください
そもそも 神の元に戻れるの?
シルバーバーチは神と真に一体化した霊を観たことがない
進化は永遠で終わりがないと言ってますが。。。。
シルバーバーチはイエス霊も観てます イエスもまだまだ神と
一体化してないということですか?
神の元には戻れても進化は永遠では?
神の元へもどっととき 因果が終わり 今度は真の霊の創造という旅に
なるのではないですか?だから進化は永遠では?
ハトホルの書にも進化へ永遠と書いてあるし

406 :◆DmBzJffhoY :2007/10/30(火) 20:29:37 ID:bTlA5K1R
皆々様の心配事が真実にならない為にも我々も霊力の限り働きましょう。
皆々様の涙の数よりも貴方のお孫さんへの愛情が大きいことを我々の知ってるのです。何故なら皆今死にたいと考えてる者物が多いのです、我が子・まだ見ぬ子に同情する信者の叫びの思念が何時もいつも我々を痛ませるのです。
代表皆さんの罪はいつも無知で生じるのです、皆々様は出家信者ですが、このままでは我が子に頭を下げ孫の代では死を意識する人生を見送ることとなりそうです。
出家は、半分まで人数削減でしょう。
皆々様には、あの男に近いだけに責任も重かろうと思われる、少なくとも在家はそう考えてる今まで何故返済計画が進まなかったかは考えるに余りあるが、在家にも生活があろうが今は取りあえず返済を第一に考えようではないか!
愛情は、未来の者者を守るためにこそ使われるべきである。
愛する我が妻サイコを、お前達に与えるのです、貴方がたも我々の霊界宗教に従ってもらうつもりであることと知り得ることでしょうか。

霊界の意志を皆々様へ シルバーバーチの霊媒 霊医アトス様のヒーラー(シルバーローズ)ウィックランドの助手 預言者
霊耳のF(古川才子)

407 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 20:47:20 ID:zcp/ut8W
>>406
F基地外女!まだ狂ったことを言ってるのか。
広島県警に被害届け出して逮捕者出たのか??
大人しく優秀な旦那のチンポ吸って寝ろよ!

408 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 20:50:02 ID:vdoLfca9
うわあ、Fと大天国、両巨頭がそろいぶみだよ。

409 :シルバーパーチ:2007/10/30(火) 22:17:18 ID:7Q4d8BP1
>405
申し訳ありませんが
永遠についてあなたの疑問にお答えできるほどの見識をわたしは持ち合わせておりません。
語り得ないことについて語ることはわたしの本分ではありませんので。
詳細は有能な書記が遺した著作を確認していただくとして
申し上げた内容を要約するなら「知るかボケ」ということでございます。

410 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 22:42:43 ID:zcp/ut8W
F ◆DmBzJffhoY 馬鹿女は今日は旦那のチンポ吸って大人しくおまんこして
寝たようだな!!

411 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 23:17:32 ID:xmovgqw6
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/67beb4e942885e2fc862b823

シルバーバーチについて (リーマン)
2007-10-29 21:08:15
これの秘密は、ハンネン・スワッハーにありました。
彼は、東洋、西洋、全ての精神性エッセンスを理解してました。シルバーバーチの語る内容は、彼の創作でした。
モーリス・バーバネルは、ハンネン・スワッハー死後も、長年の惰性で続けたのです。
シルバーバーチは、存在しません。創作です。


412 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 00:00:11 ID:84a+jdvD
                _,.. ---- .._
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !   世界人類が平和でありますように
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/    
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、

413 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 09:46:44 ID:PozA8mFk
>>394
実体験から言いますけど、憎い相手を赦し、愛するのは、
どんなことよりも難しいですよ。
いまだに実践できてません。赦すと言葉で言っても、心は許していません。

414 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 09:57:01 ID:PozA8mFk
>>405
あなたは様々な本を読んでご自分で調べられるとよろしいと思います。
ここで質問し続けても、エッセンスしか得られません。
自分自身、神や霊と話をしたことはありませんので、
質問の答えを得たいのなら、私の読んだ、神の使者、神との対話
(対話の著者は他にも神と対話した本を出しています)を読んでみるとよいです。
蛇足ですが、もし霊的に成長したいのであれば、
霊的な世界を調べ続けるよりも、そこから学んだことを実践したほうがいいです。

415 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 00:04:18 ID:CbE1TQGs
「明日の神」で表現されてる昨日の神って大霊によく似てる

416 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 22:59:13 ID:hwEqvl8o
なんだか、最近シルバーバーチがパクリだっていう
話を聞くんですけど、誰か詳細を知ってますかぁ?

417 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 23:45:45 ID:w1APDMm7
>>416
>>411

418 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 00:24:20 ID:5u204XR6
>>408 大天国って何?誰?

419 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 02:20:35 ID:ziuZTGYt
>>411
なかなか興味深いブログだった。

人の弱さを垣間見れた。
明確な根拠も無い文章に簡単に流される人たち。
必死に否定するバーチ信者もいるが、彼らも同類でしかない。
この人たちが精神世界に嵌ってしまうのは必然としか言いようが無い。

420 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 07:46:14 ID:tbpYvS2G
白山―伊勢23号ライン
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1192377174/l50

421 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 08:10:13 ID:4Wb4EHvY
>>411
神道マンセーって事か。バーチと変わんねーじゃん。

422 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 09:12:24 ID:E2BxcrQE
>>411を読みました。

あの人の判断基準の多くに
私は賛成しかねます。

それが実感です。

423 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 09:52:31 ID:Vmx08rpT
バーチは創作ではないということはさんざん検証しているわけだが
創作だというのならもっと明確な根拠を示してくれ

424 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 13:11:54 ID:UlYsooki
>>423
なんで創作じゃないって分かるの?実体がないのに。
いいことの寄せ集めでしょ。全ての思想を網羅してるから、どこにも
もれないけど、核がない。根っこがないっていうか、根ざしてないから
危険だよ。信じるものは・・の世界。


425 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 14:22:53 ID:L5lW7oF3
見ええぬ世界を知る者の言葉に、注意深く耳をすます。
真か、偽か。
依存、妄信の穴に注意を払いながら、その言葉の周りを徘徊する。
白か。黒か。

振り子は何回も中心を通り過ぎ、大きく左右に揺れる。
可か、否か。
全肯定、全否定の二極に足を踏み入れるたび、警告が鳴る。
是か、非か。

発する者の心根を見据えようとしても、なかなかそれさえおぼつかぬ。



426 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 15:22:41 ID:UlYsooki
何かを守ろうとする意志は感じますね。上の人の部ログ。
例えば、真実があっても大切なモノが壊れそうになるときに気付かせようとする
何かが働くとは思います。
スピリチュアルの素晴らしさも、要点を間違えば麻薬と一緒ですから。
たしかにシルバー・バーチの内容は素晴らしいの1言です。
でも、それを利用し後光のごとく権威に祭り上げることを、たとえ創作でも
シルバー・バーチは望んでいないでしょう。それだけは事実です。
それがあれば、創作だろうとなんら問題はないと思いますが・・
真意を間違え方向が間違っていると思ったならば、自らは創作ですと名乗りそうなのが

シルバー・バーチではありませんか?


427 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 16:33:12 ID:Pl7i1fkm
バーチは創作でしょw
死ぬのが恐いからこういうのが出る。

428 :超大天使  ◆Jx.QPbEt/. :2007/11/02(金) 19:11:53 ID:Ud1SNvKH

気になることが1つある

神は 悟りを開いてない人が拷問やレイプされたときの苦しみを
その人そものの立場で 理解してるのだろうか?
神は それらの立場を今この瞬間も経験してるのだろうか?
人間に身体の一部分でも針で思い切り刺されれば痛いはずだが。。。
しかし 神は色々な人をチャネリングや通信をしてる。。。
俺らは神の身体の一部じゃん
一体どういうことなのだろうか?
神は人間の苦しみレイプの苦しみなどを自分に都合のいいように
変換してないだろうか?
疑問である 誰か答えてくれ

429 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 00:16:35 ID:4bjGf2PN
定義した瞬間にそれがインチキになることはわかっているが
カミは宇宙の有する全てのものの経験の総和でもあると、オレは思う。

>428
ちゃんと神様は観てるし体験してるよ。 気にしてないだけ。

430 :驚愕展開衝撃活躍凶暴獰猛残虐残忍凶悪極悪暗黒暗闇聡君帝国拡大膨張:2007/11/03(土) 09:07:57 ID:EAz+siHV
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@\

431 :灯す者:2007/11/03(土) 09:52:14 ID:LLRufCj4
>>428
理解している。
だからこそ、人々が再び神と一体になるよう神は日々働きかけている。
同じくマスター達もそのために活動している。
なぜなら、神と分離しているからこそ人の悲劇は起こるからだ。

ではなぜもっと分かりやすい方法で悲劇を止めないのかと疑問に思うだろう。
目の前に出現し物理的な介入をしないのかと思うことだろう。
が、神とアデプト達はそれをしていた時期があるのだ。
神と人との分離が発生した直後の頃に。

超々太古、神と人の分離が発生した直後、人は完璧に守られていた。
あらゆる悲劇から人は遠ざけられていた。
しかしそれは、人が再び神と一体になることへの手助けにはならなかった。
それは、過保護でしかなかった。
成長とは、自分でそれを求めない限りやってこないものだったのだ。

故に人は自らの足で神との一体状へと歩み始めた。
そして神も、それへの万全なサポート態勢を造りあげた。
ただ、それを拒否する人がこの世界にはいる。

大天国はどうだろう?
自分をふり返ってみるといい。

432 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 12:08:08 ID:jQKoilHz
Tさん

433 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 14:31:21 ID:h64oz0kr
現状に色んな物語を創作して引っ付けて合理化しているような。

434 :超大天使  ◆sG/C3D7HeE :2007/11/03(土) 15:11:33 ID:Ush3DS4i

灯す者という馬鹿へ

それなんていう本に書いてあるの?
俺の質問に答えられず逃げたくせに
でなんで 理解してる とわかるの?
理解してたらなぜ二ールと冷静にしゃべれるの?
神の一部が地獄を経験してたら苦しく痛いじゃん 神自身も
神は悟りを開いてない視点の拷問レイプも今この瞬間にも経験してる
のだろう?

神との対話には 神の責任についても言及している
分離の力により 幻想度が強くなったのは宇宙の力である
その幻想度があまりにも強いのでレイプ拷問が発生した
これらは人間だけのせいではなくて宇宙の力によるものである
分離の時期統合の時期というのが宇宙にある その分離の時期では
愛を忘れる しかし忘れる度合いが強すぎて拷問レイプが起こる
これは人間だけのせいではない 神の計画によるものである

435 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 19:12:11 ID:Xk0tQJFP
答えてもらったら、すかさず罵倒するとは何事だ。
おまえ、妖魔から魅入られている。
神への侮辱、その言葉が吐かれる事じたい、きさまが如何なる世界とつながっているか、
はっきりと示している。

天国だの、天使だの、そのようなHNを使用すること自体、
おこがましいにもほどがある。

こいつとの議論に巻き込まれると、ご自身が、妖魔・暗黒界の邪悪な気線に
巻き込まれる危険があります。
お気をつけください。



436 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 21:15:05 ID:4bjGf2PN
どうでもいーよ。馬鹿馬鹿しい。

>434
それを云うなら同時に天国も体験してるからプラマイゼロかそれ以上。
おまえ人間の苦しみを過大評価し過ぎ。はっきりいってゴミカス同然。
つまらないことを人間の貧相な想像力で解釈しようとするからそうなる。

437 :やっぱりな:2007/11/03(土) 23:12:20 ID:Tw4GHC+E
>>411の伊勢ー白山道のブログは、相当ショックかな?
でも、バーチが完全に創作とは、ちょっと信じがたいな。
人間50-60年も嘘つき続けられるかな?
また、交霊会に参加してた第3者って、結構いるはずじゃなかったけ?

438 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 23:20:00 ID:F4wAD+Mr
おまえらいい加減目を覚ませよ。

439 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 00:07:12 ID:k1I54x96
幽体離脱の体験は覚えているけど、睡眠中の出来事を覚えていないのはなぜですか?

440 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 00:20:15 ID:PsmSIh1X
>>437
唯の宗教詐欺師のブログにしか思えないけど。

441 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 00:48:18 ID:VMjKItd1
バーチの言ってることって日本に蔓延ってる精神・根性論となんの違いも無い
息苦しく窮屈で何の役にも立たない。

>>440
同意。マンセーのコメントつけてる奴の気が知れない。

442 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 02:09:52 ID:4PNWnSw6
>>411
論旨は、シルバーバーチは「語り部の自作自演」、
語られた内容についての是非や批判は述べていない。
今までにお目にかかった事の無い、シルバーバーチ論でした。

443 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 05:42:12 ID:1KsV9zhk
>>442
でも、一理あると思う。

だって、この世で血を流したことのない人がいくら立派なことを言っても
信用にはならないでしょ?空理空論とは良く言うけれど、実際、何をやった?って実績が
見えてこない。
薔薇十字だカトリックだなんだ、イエス様は実際、血を流した。
こちらから見れば残酷だから認めたくはないけれど、私達が存在してるのだって
多くの血の上に成り立っている。それは、ご先祖様がどれだけ今の命を残すために
苦労して生きてきたか?の証。

実際、苦労して血を流してきた人と、理想ばっかりでどれも素晴らしいが実態がない人といたら
どっちを信用しますか?っていう単純な話。


444 :サイコF:2007/11/05(月) 10:08:20 ID:Ylz8MpgL
貴方がたのIDは、ニヒルな刑事さんが大切に溜めて暖めてるということよ。
つまり分かる。。阿呆!逮捕者はこれ以上悪さしないいい子に出ます。
その分返済金が加算されてるのかなー そういう理屈よ!
お馬鹿も大概にしないと掛かる物も大台になるかも? 
大物は、億単位かしら? F分は光の輪にでも投げ銭しておいてください。

偽バーチが悪い、貴方が返済しないからアーチャリーの子供が
借金地獄と言うカラクリです、さすがに惚けるしかないアホな姉妹ね!

http://plaza.rakuten.co.jp/kaomojinavi/diary/?

光の輪 顔文字妄想ブログのコメントに連絡事項を書かせて頂いてる者です。
サイコかしこ

445 :サイコF:2007/11/05(月) 10:28:12 ID:Ylz8MpgL
Fの後の書き込み 偽シルバーバーチ一派へ
皆様お暇ね。。情けなくないの????
Fの身辺調査しなくてもいいのかしら?
ヤフーの扉のトピックスのブログで霊がらみの真剣勝負を皆様にお願いしましたが
皆様、腰が引けてるようですね! なら騒いでほしくないのです。
もっと騒ぐべき場所もあるでしょうに ねーお下品なまみ嬢へ
クールでないならシルバーバーチ霊じゃないよ。ww

なかえんへ 貴方に拉致。監禁。レイプ。暴行。切り裂かれた女はモデルが居た。
Fは強い子でしょう。
スピリチュアルでなくて別の宗教じゃなかったけ??
Fは、表から出入り致します。
これも2CHでうるおつもりなのかしら? 詰まんない言葉の羅列でしかない。
御偽ね。。上祐君ならまだ多少ましかもなー
桑原先生当たりにうんちくは任せておいて正解よ。。
Fのアドバイスも生かされるしー ww


キリコ殿へ  上記も貴方への返答も含めて

446 :サイコF:2007/11/05(月) 10:35:49 ID:Ylz8MpgL
シルバーバーチが偽者と言う悲しい方が今度は私の愛人となる。
fumihiroへ 貴方も前に此処に居た。。
サイコは知らなくてもFには、分かってるのですよ。
バーチ霊は、サイコの許にべったりよ。
貴方が妬けるくらいにねー 我々が作ったのだから 伊予姫。代打員F

447 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 11:10:56 ID:CrC3PDaI
>>444-446
おっ!F馬鹿女か?
旦那のチンポ吸って大人しくしてなさい!!

448 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 12:41:57 ID:ss5yHaI0
Fさんは チンポ吸いながらでも 延々としゃべっていそうな方ですね。

449 :431:2007/11/05(月) 14:17:13 ID:grP+NGsI
神は常に人に語りかけている。
そかも、一人一人に適した方法で語りかけている。
故に、この時代のこの地域のこんな性格の人に語りかけた時と、
あの時代のあの地域のあんな性格の人に語りかけた時が完璧に一致することはない。
人は時代により、地域により、個人により差異が生じる生き物だから、それらが異なれば
神から受け取るものにも差異が生じて当然といえるだろう。

とはいえ、その差異は表面上のものでしかない。なぜなら時代・地域・性格が異なっても
けっきょく人は皆、人だからだ。

なのでそれを理解している人は神の語りかけの表面上の差異に踊らされはしない。
そんな人達はそれぞれの本質を捉えることができるから、その本質に沿って
神へと至る道を見つけることができる。
時代や地域や個性の壁を越え、統合し、調和することができるのだ。

450 :431:2007/11/05(月) 14:20:40 ID:grP+NGsI
が、理解してない人は踊らされるハメになる。本質的には同じ事をいっているにも関わらず
それが見抜けないため「お前は間違っている」「いやお前こそ間違っている」などと
口論したり、「その教えよりこの教えの方が霊的に重みがある」などと言い出すのだ。

大切なのは、本質を見極め神へと至る道を見つけること。
それを可能とする人のみが、人それぞれにそれぞれにあった道を
指し示すことができるのである。

451 :431:2007/11/05(月) 15:01:38 ID:grP+NGsI
霊的能力を持つが故に神へと至る道を発見できないこともある。
それについては“神との友情”に載っていた超絶意識、超意識、意識、潜在意識
という言葉を借りて話そう。

超意識と意識との間に通路が開き始めると、人によっては超能力を使えるようになる。
が、その段階であまり有頂天になると、その人の成長はその段階で止まってしまう。
増長し、それ以上の成長が難しくなってしまうのだ。

とはいえそれでもその人は通常では感知不能な領域を知覚できるため、
望めば宗教を作り教祖になれるし、霊能力者として活動することもできる。
これが、この世界にかくも多くの宗教や教義が存在する理由なのだ。

452 :431:2007/11/05(月) 15:15:43 ID:grP+NGsI
ではそんな人達が、果たして超意識を越える超絶意識に気づけるだろうか?
超絶意識に敏感になれるだろうか?
答は、否。
超意識を尊びすぎると、超絶意識にかえってうとくなってしまう。
その人達の最大の感心事は超意識なのだから仕方ないだろう。

また、潜在意識を超意識と勘違いする人もいる。
潜在意識に神性さを感じる人もいる。
非常に物欲的で性欲的な教義が存在する理由は、それだ。

求めるべきは、超意識でも潜在意識でもない。
超絶意識へ至る道は、神へと至る道なのだから。


453 :431:2007/11/05(月) 15:23:51 ID:grP+NGsI
>>439
神やマスター達は人の自主性、自立性をなにより尊ぶため、
黒子として働くことがとても多いんです。
睡眠中の出来事をあまり覚えていない理由はそれですね。

明確に覚えていなければ、たとえ睡眠中に決意したことを思い出しただけでも
「いきなり閃いた」や「なんとなくしてみようと思った」などと
人は思うものですから。

454 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 16:04:11 ID:BtF3VI5k
サイコF様 フミヒロの秘密を教えて下さい。お願いします。

455 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 16:58:19 ID:MvH9aulJ
>>453
むやみに幽体離脱をすると危険だというのを聞いたことがあります。
これについてはどう思いますか?
というのはヘミシンクという幽体離脱プログラムがありまして
ある音を聞くことによって脳波をシーター波まで下げてあの世にいくというものです。
著書の坂本はあの世を体験することによって死への恐怖をなくすことが大事だと言っています。
また神の愛を体験することによって目先の欲に捕らわれなくなると言っています。

456 :431:2007/11/05(月) 19:30:55 ID:grP+NGsI
>>455
>著書の坂本はあの世を体験することによって死への恐怖をなくすことが大事だと言っています
>また神の愛を体験することによって目先の欲に捕らわれなくなると言っています

体外脱出によって死への恐怖を捨てられたり目先の欲に捕らわれなくなったら
それはとても素晴らしいことです。私も彼に同意します。

体外脱出へ批判的な見解がなされる最大の理由は、体外脱出時は“想像イコール創造”
であるため、何か恐いモノを想像したとたんそれが創造され目の前に出現してしまう
ことにあります。一番恐いと思っていたモノが一番恐いシチュエーションで現れるのですから
その恐怖は相当なものでしょう。そんな経験をすれば「あれは危険だ」という感想を持って
当然でしょうね。

457 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 20:32:12 ID:sNRSKD26
あれーキャラ変えたんですね

458 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 10:19:32 ID:aYLt1dhz
でもさ、こういうオカルトの分野って注意して取り扱わないと。
神の愛だなんだってのも妄想の類かもしれないし、もし、それが疑似体験だとしても
(神の愛の体現)この世はこの世の掟がある。
それに従わないと異常者として取り扱われることもある。
そのためにこの世に学びに来ているのに。あの世で想念で想像が出来ても
こちらでは、それは簡単にはいかない。何故かというと、他にも想像しようとする
念が存在するし、それをこの世でやったら戦争が必然として展開される。
そならないために、自我を抑えて他人(他)と協調することを学ぶんだから。


459 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 13:26:52 ID:Vw8pkh/a
だから、いくら自分がこの分野の本を沢山読んで色々知ってても
それが絶対に正しい、自分の意見が絶対正しいと思ってしまうのは
ちょっとした罠かなと思う。
たとえ何らかの体験をしてたとしても、それはその人個人にとっての体験、
個人にとっての真実であるわけだし。
そういう中で断定口調で話をするというのは、3次元に生きている私たちにとっては
実際にはなかなか出来ることではないし、それはエゴを肥大させることにも
繋がるのではないか。
あくまで自分にとっての真実である、ひとつの見方である、という
謙虚さが必要かと思う。


460 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 16:02:06 ID:aYLt1dhz
>>459
そうだね。でもって、その謙虚さでもって
また人を惹きつけてカルトにしても、またミイラ取りがミイラになる仕組みであって。


461 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 19:08:41 ID:csnO11+G
>>460
でもそれを言ってたら、キリが無いわけで・・・(汗)。
つまり、この世にあるものは、白・黒に加えて、グレーという
比較対照が出来る3つの要素で構成されてる。
だから、霊的な視点を持って言うと、最終的には自己責任
で情報を選択していくしかないんですよね。

462 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 20:33:08 ID:AaWj0Kz+
しかし…
シルバーバーチを学んでいる人って
片っ端から変になっていくなぁ。
スピリチュアリズム運動が失敗だったのか、
バーチの霊訓が魔書なのか…

463 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 20:44:33 ID:Vw8pkh/a
>>461 霊的な視点を持って言うと、最終的には自己責任
    で情報を選択していくしかない

個々人それぞれの判断で選択するのは当然のことだが、
だからこそ、自分の選んだものが正しい、これこそ正論として
論を展開するのはどうかと思う。
皆それぞれ真実とするものは違うわけで、「自分のものが絶対…」と
思ってしまう(思いたい)のは分からないでもないが、それが落とし穴なんだと思う。
特に、その分野にある程度詳しい人こそ気をつけるべきことではないだろうか。
実際この分野には上から目線の人が結構いますからね(自戒をこめて)

464 :431:2007/11/06(火) 21:03:40 ID:cUuKiY0S
>>475
ホントはちょいべらんめぇ調あたりがいちばん性に合ってるんですが
ナカナカね。

言葉遣いの点では大天国とのやりとりはかえって楽かな。
実際につき合えば「てめーはよう」「おめーはよう」「だとこらあぁ」などと
言いあってるんだろな。

465 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 21:38:02 ID:gpwFG2Vg
>>461
>つまり、この世にあるものは、白・黒に加えて、グレーという
>比較対照が出来る3つの要素で構成されてる。

カラーでいうと、この世にある全ての色があるよ。
だから多種多様な人間が存在する。あなたと私が違うのも存在意義が違うから。
イエス様が白だとしたら、他の色があるからでもあるし、黒が存在するから。

白・黒に加えて、グレーってのは照明のことかな。
光の明暗の尺度として。



466 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 21:48:05 ID:ohJLjQKf
そういう意味じゃないだろと小一時間

467 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 23:01:51 ID:WuWv/WJ9
>>462
苦しめば苦しむほど良いとでも言いたげな教えを真に受けてたら
そりゃ歪むよ


468 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 23:33:34 ID:4i3n+zrb

で 神がすべてをレイプ拷問されてる人すべての

経験をしてるなら

なぜ 神は 平気でいられるのだ?

神は 悟りを開いてない人の視点や魂だけでなく精神や身体も

経験してるのか???

469 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 23:43:16 ID:IYXAfQNo
そうとも いえます

470 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 23:50:18 ID:4i3n+zrb

で 神がすべてをレイプ拷問されてる人すべての

経験をしてるなら

なぜ 神は 平気でいられるのだ?

神は 悟りを開いてない人の視点や魂だけでなく精神や身体も

経験してるのか???

471 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 23:57:25 ID:Os57rpR0
>>462
そういう人はどんどんシルバーバーチの教えから離れていっているだけじゃない?
このスレもシルバーバーチが語ってもいないことをスピリチュアリズムだと思い込んでいる人が多いし。
シルバーバーチと何の関係も無いことを話している人が変になっていってもシルバーバーチの責任じゃない。
そもそも本当にシルバーバーチの本を読んでいるのかも怪しい。

472 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 00:17:05 ID:qjisp2+N
>>462
>シルバーバーチを学んでいる人って
>片っ端から変になっていくなぁ。

そぉなんですかぁ?私は今年に入ってからの新参
者なんで、詳しくは分かりませんけど、
そんなに一様に変人化してしまうんですかね?
(まぁ、論外な人はいるみたいですけが・・・)
(かといって、自分が中庸な考え方を持っている
かって聞かれたら、不安だらけですけど)

霊訓に出会った人の主張がおかしく聞こえるのは、
他人に自分の主張を伝えるっていうことを想定し
ないで、自分の頭の中だけのモヤモヤした
はっきりしない考えだけを抱え込んでいるからっ
ていう気もします。
何より、実生活でまず霊的真理の話なんてしないわ
けですし。
だから、言動のチェック機能というか、自浄作用的
なものの働きが鈍ってしまうのかも知れないですね。

473 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 00:29:26 ID:qjisp2+N
>>467
 いや、それは誤解だし、言いたげにもしてないよ。
 苦しみに価値があるって、言ってるだけで、
 それが全てなんていってない。


474 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 00:34:39 ID:3Nf/h06Y
発狂して次々と自殺した神智学者といわゆる妙好人の例えを思い出す。
万物の始まりとなった原初の意図に対する疑問は尽きないが
あんま考えすぎるのは良くないってことですよ。
自戒を込めて云うなら、概念をこねくり回すことに終始して
リアルの生活をビシッと決める(霊的に)ために今どうするか、
そんな実践面が語られることはこのスレでも少ないな。

475 :431:2007/11/07(水) 09:19:16 ID:yu8N1dMU
>>474
>リアルの生活をビシッと決める(霊的に)ために今どうするか、
>そんな実践面が語られることはこのスレでも少ないな。

実生活について話そうが宇宙の仕組みについて話そうが
私は無視されまくりだけどね。

476 :431:2007/11/07(水) 09:24:12 ID:yu8N1dMU
大天国へ

親元を離れ、働いて自立し、自炊してバランスの良い食事をとり、
きちんと掃除洗濯をして身の回りを清潔に保ち、
「ああ、昔の俺ってなんて子供だったんだろう」と心底思えるようになったら
大天国の質問に答えるよ。

今のお前に必要なのはそれだからさ。

477 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 10:23:07 ID:RBZ6RpSa
>>474
そういう事件があったんですか?ソースありますか?

もし、そういう人たちの念が今もこうやって通信として送ってきているとすれば
腑に落ちる感もありますね。

478 :431:2007/11/07(水) 10:32:39 ID:yu8N1dMU
>>477
横レスだけど。

>>451->>452に書いた「超意識に溺れ超絶意識を見失う人」に
そんな人は多い。

しかも、>>476で書いたようなことを疎かにしてると
もうゴロゴロ状態だね。

479 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 10:44:58 ID:EWFAcoVD
もうわけわからん

480 :431:2007/11/07(水) 11:03:26 ID:yu8N1dMU
心がけ次第で人と人はだんだん分かり合えるようになっていく。
それを実体験によって理解している人が、果たしてここにどれだけいるのか?

いたら、こんなに無視はしないワナ。

481 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/07(水) 14:25:48 ID:+vaGKh7X

灯す者という馬鹿へ

大天国へ

親元を離れ、働いて自立し、自炊してバランスの良い食事をとり、
きちんと掃除洗濯をして身の回りを清潔に保ち、
「ああ、昔の俺ってなんて子供だったんだろう」と心底思えるようになったら
大天国の質問に答えるよ。

今のお前に必要なのはそれだからさ。

働いてますが

後 お前のような逃げることしかできない

馬鹿に 質問したわけではありません

俺の目の前から消えろ カス

482 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/07(水) 14:28:28 ID:+vaGKh7X

大天国へ

親元を離れ、働いて自立し、自炊してバランスの良い食事をとり、
きちんと掃除洗濯をして身の回りを清潔に保ち、
「ああ、昔の俺ってなんて子供だったんだろう」と心底思えるようになったら
大天国の質問に答えるよ。

今のお前に必要なのはそれだからさ。



後 お前のような逃げることしかできない

馬鹿に 質問したわけではありません

俺の目の前から消えろ カス


         頼むから俺の目の前から消えてくれ

     かっこうばかりつけて まともに回答したがひとつもない
  回答できない
    灯す者という馬鹿へ


       後 お前なんかに質問してません


        勘違いするな お前のような何もわかってない馬鹿に
 質問なんかしてません 質問されたと勘違いするのもいい加減にしてくれ


483 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/07(水) 14:30:44 ID:+vaGKh7X

お前 は仕事の時は 聞かれたことに素直に答えるだろうが

お前は ネットの中だけで かっこうつけるのもいい加減にしろ

殺すぞ アホ

お前のような アホに質問なんかしてない

お前のようなアホを教師とみたことなどない

勘違いするな

誰も お前のようなカスに質問なんかしてません

言葉でごまかしてばかりで何ひとつ回答できないくせに

かっこうつけて先生ぶるな カス



484 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/07(水) 14:42:28 ID:+vaGKh7X

灯す者という馬鹿へ

頼むから 俺の目の前から消えろ

お前のかっこうつけて先生ぶる醜い姿はもう二度と見たくない

永遠に俺の前から消えろ

頼むわ


大天国へ

親元を離れ、働いて自立し、自炊してバランスの良い食事をとり、
きちんと掃除洗濯をして身の回りを清潔に保ち、
「ああ、昔の俺ってなんて子供だったんだろう」と心底思えるようになったら
大天国の質問に答えるよ。

今のお前に必要なのはそれだからさ。


お前ごときに答えてもらいたくないし お前は答えず逃げる回答ばかり
だし 期待してません
お前ごときに質問してないし お前ごときに回答を求めてるわけでは
ありません 頼むから俺の目の前から永久永遠に消えてください
お願いします

485 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/07(水) 14:48:47 ID:+vaGKh7X

灯す者という馬鹿へ

頼むから 俺の目の前から消えてくれ

俺は お前ごときを先生だとも 正しい教えをする者だとも

思ってない

お前な ネットの中だけで かっこつけて 教えを説いて 自分が
先生になったつもりだろうが

俺は お前ごときのつまらん回答アドバイスはいらない

俺が 求めてるのは 俺の目の前から お前が永遠に消えること

頼む 消えてくれ



486 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/07(水) 14:49:43 ID:+vaGKh7X

お前のようなかっこうつけて先生ぶる醜い姿は もう二度と観たくない

頼む 消えてくれ

誰も お前ごときからアドバイスが欲しいと思ってるわけではない

頼むから 自分が先生になったつもりで 人に偉そうに

教えと説いたりするのはやめてくれ

お前は 人の質問にまともに答えたことがない かっこうつけてごまかすだけ

頼む お前のような醜い生き物は もう二度と見たくない

俺の質問に答えなくていいから (どうせ答えれないくせに)

頼むから 俺の目の前から 永久永遠にずーーーーーーーーーーと

消えてくれ もう 2ちゃんねるにも来ないでくれ

お前の 醜い姿はもう観たくない 頼むから消えてくれ 頼む 消えくれ

487 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 14:54:21 ID:I4B6HXI2
>>475>>480

そういう驕り高ぶった態度が周囲からの批判もしくは無関心を招くのではないですか。
しかも、そういう思いを自分の心で抱くだけでなくわざわざここに書き込むということが。
HNも、まるでヒーロー気取りですね。
しかし、本物であればそんなコテハンを名乗ったり上から目線の物言いはしないでしょう。
天国氏を擁護する気はさらさらありませんが、しかし昨日なされている批判も振り返ってみられては
どうですか。(>>458-463

488 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 15:08:47 ID:ZLQ5TyC4
・・・ もう なにが なんだか    ・・・

489 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 18:45:51 ID:f+Qa6wVG
>>477
「黎明」(太陽出版)という書物からの引用だろうけど、
その著者も具体的なソースには言及していない。
たぶん、発狂して自殺したとかいう疑義がもたれている
ドーリル博士(神智学者)あたりが著者の念頭にあったと思われ…

490 :477:2007/11/07(水) 19:15:44 ID:pq1CMYNW
>>489
サンクス。

宗教がらみだと、2000年ちょっと前に集団自殺なんかも海外でありましたね、。
内容はアセッションみたいなものでしたが。

だいたい生命が躍動していて理性だけでは存在してないのに、何でも理性とか
価値基準を定義したりしようとすれば、自分達の首をも絞めることになるし
発狂もするだろうよ。

たぶん、霊的な世界をこちらにもってくること自体、危険なことなんじゃ?
バーチャルで社長だって、この世では一般市民だとやっぱりバーチャルの方が
心地いい。でも、この世界で社長だって言えば、みんな基地外として扱う。




491 :477:2007/11/07(水) 19:17:26 ID:pq1CMYNW
あのイエスだって、私は王だって言ってるから、みんなに基地外
扱いされて殺されたようなところもある。
本当に基地外だったらどうしよう・・・とも思ってみたりする
今日この頃。



492 :431:2007/11/07(水) 19:41:17 ID:yu8N1dMU
>>487
>>449から>>452は、>>411のブログと>>420のスレでなされていた
シルバーバーチへの誤解についての見解。
向こうのスレで少し関わったやっぱりなさんが>>437に登場してたから
書いてみたんだよ。

あなたはあの二つを読んでみましたか?

493 :431:2007/11/07(水) 19:43:23 ID:yu8N1dMU
大天国へ

安心しろ。
>>476を全て満たすまでお前にはもう関わらないから。

494 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 02:43:44 ID:0AePBXCV
>>491
ソースきぼん

495 :477:2007/11/08(木) 07:15:58 ID:YTwqAjVs
>>494
ソース検索してみる。

内容は「新しい時代に向けて他の星に魂を移住させる」とかいう内容でなんでも
地球環境がおかしくなるから、その前に逃避するっていうものだったと思う。
教祖が居て、その人の指示の元に多数の人間が1つの建物の中で薬物かなんかで
自殺した事件。こちら側から見ると自殺だけど、彼らからしたら移住計画なわけで、
関係者や家族は悲しんだだろうな・・と推測する。

ほんとうに、移住(幸せな他の星へ)が成功してることを祈りますが・・・
自縛霊や地獄霊になってないことを・・・


496 :477:2007/11/08(木) 07:20:50 ID:YTwqAjVs
あと、イエスについては彼なりの目的を持って存在してたことは
あるかもしれないと思ってる。義とか愛とかのために。
だけど、それを利用して経済を統一させて相手の利権を略奪しる目的に利用したり、
イエスだけでなく、何かを守るために多くの血が流れてる(命)イエスも立派だけど
1人よりも多くの血が流れている。
その意味も考える必要があると思います。
確か、バーチも誰かを妄信するのではなく1人の人間として考えるべきだと
言及してましたね。それはイエスに対しても叱りだと思いますよ。


497 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/08(木) 16:37:33 ID:nNLJzkLg

大天国へ

安心しろ。
>>476を全て満たすまでお前にはもう関わらないから。

働いてますが 何か?

どっちにしても

お前なんかとは 永久永遠の付き合いたくない

ここから 消えろ カス

お前は 人の質問にまともに答えたことがない かっこうつけてごまかすだけ

頼む お前のような醜い生き物は もう二度と見たくない

俺の質問に答えなくていいから (どうせ答えれないくせに)

頼むから 俺の目の前から 永久永遠にずーーーーーーーーーーと

消えてくれ もう 2ちゃんねるにも来ないでくれ

お前の 醜い姿はもう観たくない 頼むから消えてくれ 頼む 消えくれ

498 :灯す者という馬鹿へ:2007/11/08(木) 16:39:02 ID:nNLJzkLg
大天国へ

安心しろ。
>>476を全て満たすまでお前にはもう関わらないから。

満たそうが満たしてないだろうが

お前のような カスに かかわりあくありません

それに条件は満たしてます 俺は働いてます

お前のようなかっこうつけて先生ぶる醜い姿は もう二度と観たくない

頼む 消えてくれ

誰も お前ごときからアドバイスが欲しいと思ってるわけではない

頼むから 自分が先生になったつもりで 人に偉そうに

教えと説いたりするのはやめてくれ

お前は 人の質問にまともに答えたことがない かっこうつけてごまかすだけ

頼む お前のような醜い生き物は もう二度と見たくない


499 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 16:42:35 ID:ak7waCiX
僕は全能者だ!

500 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 16:54:32 ID:qaQT5mP0
500ゲット。

501 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 20:03:00 ID:SL0uogZi
やはり
>>462のレスを実証する流れ。
バーチの霊訓(翻訳書)が負のオーラを発散してるのか、
心霊主義が危険なのか…

502 :ぼ〜ずまん ◆BOZE/KYKYY :2007/11/08(木) 21:27:29 ID:NpdeuVu2
みみずだって おけらだって あめんぼだって 

みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ

              やなせたかし


シルバーバーチの霊訓を読まなくたってもいいんです。
今、こうやって生きる事に意味があるんです。
人生は苦しいです。ある意味修行です。
私たちは修行の身です。

このスレで、同志であるあなたに出会えた事に感謝します。




503 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 21:31:09 ID:nNLJzkLg

> > おおよその悲劇の根元は「エゴ」にあります。それは、誰か一人の責任というよりも、我々人類すべての責任なのです。
>   ↑
>  神との対話には 神の責任にも十分責任があるということを
>  述べてます よく読みましょう


私は、「神との対話」という本を読んだことがありません。
ただ、自分の経験から、そうおもうだけです。

> > 「神」は「愛」である・・・
> ↑
> 神はすべてです 拷問も強姦も神です
> 神は何物でもありません
> あなたやあなたの身内がレイプされたら 神を愛とは思えないでしょう そのときは 人間としての生身の感情を無視することなど
> あなたはにはできません
> 自分に都合のいいときだけ神は愛といっても説得力がありません
> 絶対の領域においてのみ神は愛といえます
> まあ 強姦も拷問も愛だとあなたが思うなら仕方ありません
> しかし あなたが目の前で強姦拷問を見たら 神を愛という余裕は
> ないでしょう あなたの精神が混乱するだけです 悲しみと恐怖にに。。。
> 目の前で見てないから 神は愛といえる余裕があるだけです
> そうではありませんか?


504 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:51:34 ID:16NMDrbQ
定かではない目的のために、おそらくはより完全なものへ近づくために
ある完全なものが不完全なものをつくりだし因果の輪を回すよう仕向けた。
何者にもそれを押しとどめることはできない。
根源を識るという霊が存在しない以上、
限られた世界で限られたものとして在ることを強いられるものにとって
創造こそ窮極の暴力、消すことのできぬ魂はその傷痕。
神の責任などというものがあるなら
自ら奈落へ叩き落としたものを全て引き上げることなのだろう。

けれどこんなことを終始考えてたら
そりゃおかしくなるわなぁ〜

505 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 02:12:35 ID:1J7iLXl/
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1194512714/3

506 :477:2007/11/09(金) 21:50:41 ID:amvHUmCH
ある脳科学の学者が脳について研究したところ、「歩こうという意志を脳に送る前に
体は動くことを選択している」って言ってたな。

それが、スピリチュアルでは起こることに全てが意味があるっていうことを
意識し出したら、生きることが窮屈で楽しめなくなったという人がいる理由かと思った。
何をするんでもその背後にある意味を考えてしまい、不自然になってしまったことが理由だそうな。



507 :477:2007/11/09(金) 21:56:33 ID:amvHUmCH
でも、シルバーバーチが創作だってリーマンさんが言ってから、
嘘みたいに体というか精神が楽になった。何か脅迫観念みたいなものに
取り付かれていたいみたいに、普通のこと普通に感じることがありがたく感じられるようになった。

覚えてもいないのに、「あなた方は生まれてくる前に、選ばれた」とか
「霊的真理を知った以上は実践する責任があります」など、呪いのように脳裏に焼きついて
普通の怒りの感情や嫉妬など人間らしくしている要素さえも、疎ましく思えてきて
鬱っぽかった。夢で不思議な符号や警告があって、何がおかしい・・って自分の中で
割り切れない思いがありましたが、ふっきれました。

罠だったのか・・・やっぱり。
我こそは救われたいという想いが欲望となって魔の世界への導きになっていることに
気付いたのかもしれない。

楽はいけないね。やっぱり。


508 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 22:49:16 ID:WD5NSqLh
>>507
シルバーバーチを読んで、そのような強迫観念のようなものを抱くというのは、
びっくりというか、ある意味不思議な感じがしました。
ぼくは、シルバーバーチは、けっこうサラっと書かれている
読み物だと感じたもので…。
批判しているわけではないです。人それぞれですし。
ただ、この(↓)ブログを思い出しました。

・日常の中のシルバーバーチ
http://ssb.jugem.jp/

509 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 23:11:10 ID:b1k4lO6q
>507
たぶんキャロライン・メイスの著作があなた向きの本。
思索と解釈にケリを付けたならバーチはもう必要ないだろう。
気に留めておくだけで十分。

510 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 00:12:41 ID:KOz80x9A
キャロライン・メイス?
サンマーク出版から何冊か翻訳書がでてるオバチャンのことか?
まぁ、バーチの霊訓のような鬱陶しい重苦しさは無い罠。

511 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 00:49:58 ID:Wnq4ASU3
そうそのオバちゃんの本w
最初の一冊目は古本屋で500円出して買ったんだけど
読み返した回数を考えるといい買い物したのかもしれないと思った。
いろんな立場信条の人たちが人生ととっくみ合って
何がしかの答えを体現するその例話が生きた霊的教訓というか
まぁいろいろ感じるとこがあったわけですよ。
自分でまともに生きられるようになったその時には
バーチの語る厳しく不毛な永遠にも対峙できるのかもしれないな。

512 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 04:51:39 ID:gcunQZHw
高級霊ってドMだよな

513 :477:2007/11/10(土) 10:02:37 ID:2kmvaIw9
(2)数ある地上の宗教を、霊的真理を基盤とする唯一絶対の宗教に統一すること(宗教革命による超宗教の確立)、


私がひっかかっていたのはコレです。

こういった心の領域に関するものは、人それぞれですし、歴史や人種がさまざまな枝に成り立っている
生物でいえば果物のようなものです。
それを事実上統一っていうことに違和感=脅威を感じたのです。これは野望であって
そうなるとまたいろんな軋轢=血を流すことに繋がるからです。
イスラムとユダヤの戦いの歴史でも、それを現していますよね?

要は、霊的真理=知識を理解しきったところで、時が経ち
その時、自分達の信じてるものが唯一1つのものからの枝葉だと理解すること。

なら理解できますというか、納得できます。


514 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 10:07:01 ID:ct13WNsy
フランスの心霊研究の本が10月にでたみたいです。

書名:フランス〈心霊科学〉考
著者:稲垣直樹

http://item.rakuten.co.jp/book/4969719/

近代の申し子たる「心霊科学」。ユゴー、カルデック、フラマリヨンなど、
近代心霊科学者たちの一次資料を踏査し、宗教と科学をめぐる今日的
課題の淵源を探る知の考古学。


515 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 20:00:42 ID:0f9bqVPV
477さん、え〜と
>>数ある地上の宗教を、霊的真理を基盤とする唯一絶対の宗教に統一すること
(宗教革命による超宗教の確立)
 ↑は心の道場さんのアレですかねぇ・・・と、想定して話しますと、それはあくまでもスピリチュアリズム的に数ある考え方のうちの一つ、
 「心の道場さんの考え方」ですよ。
 だから当然、絶対じゃないんですよ〜。
 しかも、あそこの文面はちょっと強迫観念にかられたものがありますからねぇ。自分も最初はビビリました。
 脅威を感じたって言うのにも共感を覚えます。

>>こういった心の領域に関するものは、人それぞれですし、歴史や人種がさまざまな枝に成り立っている 生物でいえば果物のようなものです。
 それを事実上統一っていうことに違和感=脅威を感じたのです。
 これは野望であって そうなるとまたいろんな軋轢=血を流すことに繋がるからです。

 人それぞれって言うのもモチロンよく分かります。
 でも、いろんな軋轢って、ようは「人類全体の命というものに対する共通認識が間違っているから」史上の戦争が起きてきたわけですよ。
 霊訓はそれを止めるためにもたらされたわけじゃないですか。
 だからこそ、命に対する知識に関しては統一する必要があるんじゃないんでしょうか。でも、統一されるのは、あくまでも「私たち自身は霊である」とか
 「愛こそ宇宙最大のパワー」とか「人は努力することでしか進歩できない」とか「人のために生きることこそ生命としての本分」とかいった霊的真理
 だけで、それ以外の、「霊的真理を日常生活に実践していく」っていうプロセス
 が人それぞれなんじゃないでしょうか。
 それで、もしこの先も長い間既成宗教が存在し続けるならば、殺戮の連鎖は絶対にとまらないと思います。
 「俺の神が言ってることが絶対正しい」
 「イヤイヤ、うちのが絶対だから」
 ってことになるからです。
 既成宗教とは妄信そのものだからです。



516 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 20:10:10 ID:0f9bqVPV
スイマセン(汗)
515の続きです。

>>その時、自分達の信じてるものが唯一1つのものからの枝葉だと理解すること。なら理解できますというか、納得できます。

 自分達の信じてるものって「霊的真理」・「既成宗教」のことですよね・・・多分。
 なら、霊訓では基本的にそうだって言ってますよ。何故なら、各宗教の経典に書いてあることに結構似通っている部分があるからです。
 それは、クロスオーバーする内容があるのは、もたらされたインスピレーションの源泉が霊界だからです。更に、霊的真理は宇宙の法則
 すなわち、神自身であって、同時に無限の存在だともいうわけです。だから霊訓の中でも「真理の顕現の仕方は無限です」って書かれて
 います。なので、霊的真理自体が歪んだ形で地球に伝わったのが教典じゃないかと思います(モチロン初期の純粋なものはとうの
 昔に歪めらてますが・・・)。
 つまり、霊的真理が唯一つのもので、それに端を発した枝葉に当たる部分が既成宗教や諺ってことだと思いますよ。

最後に、
>>507 シルバーバーチが創作だってリーマンさんが言ってから 

 私が思うに、あの人の言ってることは何というか・・・ペテンだとしか思えません。「私には霊能力があって、本をペラペラして霊的実在が云々」
 といってますけど、霊能力なんて常人の私達が介入できない(いや、今はただ検証する方法が思いつかないだけですけど)領域のものを掲げて、
 自説の正当性の裏づけをとろうとしている手法は明らかに間違いだと思います。それって、新興宗教やカルト団体と変わらないわけで・・・。
 なので、彼の言動に納得してしまうのは逆に危険だと思いますよ。しかも、「彼の主張する霊的実在」って一体何なんでしょうかねぇ・・・。
 何の説明もないわけですよ。霊訓に散見する霊的実在とは、多分違う意味で使っている言葉でしょう。他にも詳しい意味を知りたい言葉満載でした。
 
 上記の理由等から(まだ他にもありますが)「罠」とはむしろあちらの主張だと思いますよ。
 

517 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 21:22:37 ID:FGvFH6NF
まぁ、「シルバーバーチの霊訓」は、正真正銘の霊界通信なんでしょう。
しかし、
バーチの霊訓に深入りすると変になる。
気をつけましょう。

518 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 22:51:58 ID:0f9bqVPV
>>517バーチの霊訓に深入りすると変になる。
気をつけましょう。

この一言でかたずけられるのは、ちょっと納得いかないのであえて追求させてもらうと、
   自分を含めて、そもそも基本的に国語の勉強が足りてないのではないでしょうか(笑)。
  
   というよりも、この一言に尽きると思います。シルバーバーチに深入りして変になる
   というのであれば何が変で、何がおかしくなるのか明確に理由を示せれば
   最高だと思います。
   
   

519 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:29:15 ID:FGvFH6NF
>>518 結果論。
実例を挙げると、
このスレの2大巨頭(取巻きを含む)
「心の道場」の方々
リーマンさん
翻○された、お2人
あと、オレ。


520 :477:2007/11/11(日) 23:40:00 ID:REHs+br2
リーマンさんに翻弄されたわけではないです。

自分でも何かがおかしい、納得しきれないところがあって
それを創作だって言葉でなんだか、ホッとしたといった感覚でしょうか。
創作でもなんでもいいじゃないでしょうか、シルバーバーチ本人も自分が誰であるかはどうでもいいと言っているのですし。


>上記の理由等から(まだ他にもありますが)「罠」とはむしろあちらの主張だと思いますよ。

う・・ん、これも、お互い様って感じですね。
あっちはあっちで、こっちを「罠」と思っているわけで、そうすると
それって、新興宗教やカルト団体と変わらないわけで・・・。
自分の感覚では、宗教=スピリチュアルも含め、信じてる時点で自分が信じてるものを疑わないのは事実なので、
それから解けたときに、初めて分かるということがあるのだと思います。


 


521 :477:2007/11/11(日) 23:48:40 ID:REHs+br2
ただ、シルバーバーチの内容は好きです。違和感なく納得できました。
スピリチュアルの他のタイプとは違う地味な地に足のついたものと理解をしてます。

言葉のニュアンスが違うと全く違う意味になってしまうのですね・・・
権威的だったり、脅迫観念に思えたり。
どうか、正しく理解したいものです。

522 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:56:56 ID:Tc0R4/ge
>519
オレ漏れも(笑)

523 :519:2007/11/12(月) 01:30:36 ID:58HzVkFA
>>520
当て字は「翻弄」ではなく、「翻訳」なんだけど…
分かりにくかったか!(訳者に怒られるよ、オレ)

524 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 04:36:19 ID:P4IBGJib
目に見えない世界を信じるって事は宙を泳ぐようなもので、何処まででも行けてしまう。
自分の立ち居地や世間の常識を超えて、独自の世界に迷い込む事もある。
そういう自分も、精神世界に嵌ったころはトコトン行くとこまで行った経験がある。

この手の思想が他の割とマトモ宗教と大きく違う所は、
宗教としての形態が無いために、身近に正しい知識をもった指導者がいないこと。
信仰の道筋は個人レベルに委ねられてしまうために、良くも悪くも大きなブレが出てしまう。

人間は地に足を付けてこそ歩いていられる。
地面を無くせば簡単に迷子になってしまう。
「信じる」ということは、目の前にある地面を取り払ってしまう危険性も孕んでいる。
藁にも縋る思いで、ここにたどり着いた人は簡単に飲み込まれてしまうだろうね。

525 :477:2007/11/12(月) 11:47:31 ID:oSKNudNL
>>524
そうなんです、言いたかったのはまさにそのようなことです。

>信仰の道筋は個人レベルに委ねられてしまうために、良くも悪くも大きなブレが出てしまう。

これが翻弄される原因ですね。
それぞれとはいうけれど、それぞれがそれぞれのことをしていたら、現実にはどういう現象が
起こるか?は物理学?かもしれません。



526 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 12:26:30 ID:LvI9rb2e
>>524
>目に見えない世界を信じるって事は宙を泳ぐようなもので、何処まででも行けてしまう。
>人間は地に足を付けてこそ歩いていられる。
>地面を無くせば簡単に迷子になってしまう。

うぅん、的を得た表現ですね。

527 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 22:19:17 ID:e1qh95UQ
宗教そのものは教会とは何の関係もありません。霊感のある人---本当の意味での聖職者、つまり霊的能力を具えた人が
民衆の要請に応えて神との取り次ぎをしてあげることと言ってもよいでしょう。
勿体ぶった神学的言説に基づく行事をしたり信仰を告白したりすることではありません。
教会でワインを飲んだからといって、他の場所でワインを飲むよりも"宗教的"であるわけではありません。
宗教的であることは宇宙の大霊の一部である自分を少しでもその大霊の御心に近づけることです。
内部の神性を発揮する上でプラスになることをすることが宗教です。
その神性は人のために役立つ行為、愛他心、親切心、日々新たになろうとする心がけ---
どこにいても倒れている人を起こしてあげ、弱った人を元気づけ、無力な人の力になってあげ、
病いの人を癒し、真理と叡智を広め、不正を無くする行為となって表われます。
それが宗教です。人間にはその人なりの宗教を実践する上で必要なものはすべて授かっております。
そのためにはまず、宗教とは名僧知識が説くことを体系的にまとめることであるかのように考える、
その誤った概念を捨て去ることです。

528 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 22:21:38 ID:e1qh95UQ
つまり「迷子になるのが怖くて霊訓が読めるか!」ってことだなw

529 :519:2007/11/12(月) 22:55:00 ID:58HzVkFA
端的に言えば
「変になるのが怖くて霊訓が読めるか!」
まぁ、
適切な咀嚼力を欠くと良書も魔書と化す。
バーチの霊訓も所詮、書物。相対的な観念を盲信することは、愚。

530 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 23:22:50 ID:dJI6fp/z
>>527
その文章で言ってることは、本来、宗教とは形式にこだわることではなく、生き方を問うこと。
的なことじゃないのかな?
まぁもっと意地の悪く読むと、遠まわしに他の宗教のあり方を批判しているじゃない?。

でも現実は美しい理想論のようにはいかないんだよ。
人間は社会という形式の中で生きてるわけだし、形式から外れるにはそれなりの能力も必要になる。
霊訓は地形図のような物で、それ自体は正確だとしても、使い方を熟知しなければ遭難してしまう人もいるんだよ。

531 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 00:16:22 ID:+9rCWuZf
バーチの霊訓自体に問題があるわけじゃなく、おかしくなっちゃう人は、
やたら色々なものに手を出すからじゃないのかな?
あきらかにバーチの考えとは相容れない教えを信じておかしくなっても
バーチの責任じゃないよね。
バーチを盲信しておかしくなったんじゃなくて、
実際バーチの教えとはかけ離れたことをやっているからおかしくなるだけ。
霊訓のどこに教祖様になれなんて書いているんだろうか。

532 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 00:27:46 ID:+9rCWuZf
油っぽい食べ物を食べ過ぎるとメタボリック症候群になるから控えるようにと警告した本があるとします。
仮にその本を読んで肥満になった人がいたとしても、それがその著者の責任になるのでしょうか?
バーチの霊訓に誤ったところがあって、それを実践した結果おかしくなったのであれば
それはバーチの責任といえるでしょうが。
それならば具体的ににここが間違っているから信じてはいけないと指摘するべきです。

533 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 01:10:29 ID:pH52DORx
>>532
論点がずれてるよ。
別にバーチの霊訓が間違っていると言ってるわけじゃない。
解釈の仕方によっては精神的にまいってしまう人もいるし、それが個人宗教の怖い所でもあるってこと。
要は歯止めが利かないんだよ。
それに、これはシルバーバーチに限った事ではないよ。

534 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 11:53:04 ID:T1nrpqC2
>>533
いえずれていません。
私はあなたの「解釈の仕方によっては精神的にまいってしまう人もいる」
というような考えを否定しているのです。
油っぽいものを食べすぎるなと書いてある本を読んでも平気で食べる人は
解釈を間違えているのではなく最初からその本の教えを無視しているのです。
バーチを読んでおかしくなったのではなく、元々教祖様になりたかった人、
もしくは教祖様をやっていた人がたまたまバーチを取り入れているだけですね。
バーチの教えは誤解仕様の無いほど明確に書かれています。
霊訓自体の中に宗教によっておかしな方向に行くことへの歯止めが明記してあります。
油っぽいものを食べ過ぎてはいけないと書いた本を読んでも
解釈の仕方によっては食べ過ぎてしまう人もいるし、
それが健康本の怖いところでもあるというのは詭弁です。
バーチの教えが、そもそも宗教の堕落や個人崇拝を否定するために書かれているのに、
「歯止めが利かない」「シルバーバーチに限った事ではない」と一般論を述べるのは無意味でしょう。
また、間違ってはいないけれど誤解され易い所があるというのなら、そこを指摘してみてください。
霊界の仕組みであるとか生まれ変わりについて意図的にぼかした所はあるでしょうが、
それ以外の重要な所は、誰にでもわかりやすくしようと努めていると思います。
実際は誤解しているのではなく最初から信じていないのです。
バーチより自分の方が偉いと勘違いをした教祖様なので、
自分に都合のよい部分だけをつまみ食いしようしているだけです。
バーチを読んでおかしくなったと言うより、バーチを読んでもおかしな所が治らなかったという事でしょう。


535 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 12:59:37 ID:E2gsaJMv
>>534
あなたは物事の一面だけをみて、多角的に客観的に判断できていない。
それは霊訓の内容を熟知し間違いないと確信しているからだと思う。
でもね、全ての人があなたと同じ条件のもとで同じようにバーチの霊訓を読むわけではないんだよ。

536 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 14:44:17 ID:guE4O4El
532の方も言ってますけど、「解釈の仕方によっては精神的にまいってしまう人」
はいますよ。
この話は、ようは、霊訓の真意を読み取れていない人がいるってことですよね。
一つ例としてあげると(これは精神的にまいってしまった人の話ではないんですけど)、
霊訓が説く「必然」という概念を誤解している人(教祖様に限らず)がいることです。
必然の話をされると、霊訓を読んだ人でも、自分の身におきる全ての現象を
起こるべくしておきたんだっていう人が結構います。(ネット上を見てると)
何でもカルマ説の亜流とでも言うんでしょうかねぇ。
それこそ、今日一日に自分が何回呼吸するのも決まっているとか、
パッと適当に開いた本のページも全部「お導き」です、みたいなカルトなモノも(笑)。

ただ、534の方の言うことも往々にしてあるでしょうね。
シルバーバーチが嫌っている、自分の憧れの人がコレコレこういったから
信じるみたいなところは、以前の自分に覚えがあります。

537 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 14:46:01 ID:guE4O4El
スイマセン。

↑の「532」→「533」でした。

538 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 16:01:57 ID:vvJVCnmp
例えばスピリチュアルの影響で生まれ変わりがあると信じて自殺した事を
スピリチュアルの危険性として批判した宮崎哲弥みたいなもんか

539 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 17:59:29 ID:v84bLxqy
>>535-536
元々の話は霊訓を読むとおかしくなるという話が出たことが問題だっんではないですか?
しかし霊訓のどこに問題があるのか指摘できないために、
解釈の仕方によっては精神的にまいってしまう人もいるという一般論に話がすりかえられているわけです。
しかしそれは霊訓を読んでおかしくなった表現するのは不適切ですね。
「お導き」と言うのも霊訓を読んでそう解釈したのではなく、
ニューエイジ思想や他のカルト本に書いてあることを真に受けているだけでしょう。
シルバーバーチの誤読によっておかしくなったという説には無理があります。
その人がシルバーバーチ以外の影響は何も受けていないというのならともかく。
おかしくなったのは霊訓とはまったく関係の無い話ですね。
誤読によりおかしくなると表現するのも詭弁です。
バーチ以外におかしくなる原因を布教している人たちがいるわけですから。


540 :477:2007/11/13(火) 20:25:28 ID:uH7apz5f
(宗教革命による超宗教の確立)、

バーチの内容は「まとも」でも、これはどうですか?

使命感に燃えてる人も周りからみたら危険人物化してしまいそうです。
それぞれの宗教の目的や個性を1つに統一してしまったら、逆に1つの権力が出来上がりそうな予感がしますが・・
経済のグローバル化がもたらす悲劇と似ている要素がありませんか?
ロスチャイルドの野望に似ているような・・・

人それぞれ価値観や感じ方が違うから、多様な宗教があるわけで。
危険なカルトは犯罪ですけど。

541 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 21:47:00 ID:NdnSjQ4Y
「バーチの霊訓に深入りすると変になる。
気をつけましょう」
この毒気ある揶揄を書き込んだのは自分だが
シルバーバーチ原理主義者の方には不愉快だ罠。
しかし、
心の道場…
でくのぼー革命…
代打霊媒F…、神対スレで御活躍中のT氏… 
シルバーバーチに最敬礼!  


542 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 23:10:39 ID:BpkykCBc
>>541
具体的にシルバーバーチのどこがおかしいのかを指摘せずに、
「シルバーバーチ原理主義者の方には不愉快だ罠」と言い出だすのは逃げですよ。
論理性の無い話に突っ込みを入れているだけなので、あなたが挙げた人たちが
シルバーバーチのどこを読んでおかしくなったというのか説明してみてください。
相手を原理主義者と決め付けたところで自説の補強にはなりません。

543 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 23:32:01 ID:8IuCkb4v
>>541 神対スレで御活躍中のT氏

T氏と「灯す者」氏はそれぞれ別人なんじゃないの?
しかし、後者は確かに「活躍中」だなw
批判も全然耳に入ってこないらしい。
上から目線でうんざりだよ。
ああはなりたくないな

544 :541:2007/11/14(水) 00:26:16 ID:seDDg6df
>>542
バーチに恋する原理主義者、反応乙。
自説?揶揄のことか?

>>543
「灯す者」氏もイニシャルはT。
2人合わせて「イニシャルはT.T.」 何故か涙目に…
ゲンスブールも真っ青!


545 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 12:08:45 ID:kken+zPw
人を迷わす一番の原因は、リアルに感じる事の出来ない霊的な世界の存在ではないかと考えられる。
霊的な世界は感じる事が出来ないため様々な想像や思い込みが生じる。
その思い込みに対し、読み物である霊訓が全て対応する事は不可能だ。
なぜなら読み物は一方通行でしかない。

それによって、例えば、自分は高級霊団の使命を受けたのだと思い込み、自分を見失ってしまう人。
自分が成長するため、又は罪を償うために生まれてきたと知り、
成長しなくてはいけないという強迫観念に押しつぶされそうになる人など、様々なケースがあると思う。
特に前者のような人は、もはや人の言葉も届かないだろう。
自分の幻想が本物だと思い込み、リアルに感じる人の言葉が幻惑にしか思えなくなる。

霊的真理という人の常識を覆す思想は、受け取る人によっては大きな衝撃であり、
受け取れるだけの器がなければ簡単に押しつぶされてしまう。
そして、スピリチュアリズムの個人崇拝という形態は、それを止める事は出来ないのではないだろうか。

546 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 14:13:25 ID:1HWn7PUy
>543
彼も、悪い人ではないとは思うんだけどね。
ただ、なぜか言葉の端々に何かイヤなものを感じてしまう。
やっぱり目線の問題なのかな・・。
まぁ、でもこういうことを自覚するのは、たとえ他人から指摘されても難しいんだろうな。

547 :T:2007/11/14(水) 18:04:17 ID:qwnhpxzl
お気に入りに入れているのでコメントします。
(さっと目を通す程度)
私は「灯す者」さんではありません。
バーチに関して思うことをレスしたことはない。
Fさんがたたかれる恐れがあると予測したレスは
したことがある。


548 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 19:05:13 ID:seDDg6df
>>547
神対スレの生みの親、出張乙。
自分のT氏は「天国」氏のことだったんだけど、
本名は「大天国」だからイニシャルはDか!
しかし、
神対スレは三つ巴? 濃いぃねぇ。
3人合わせて「TDT」 号泣してます…

549 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 21:01:17 ID:/OkMVsfr
灯すというよりむしろ燃料着火マンな役どころが多いな。

550 :477:2007/11/14(水) 21:27:32 ID:BtLE9imX
>>545
同じく思います。

確かにそういう世界があっても、同じビジョンじゃないからまともに取り合おうとすると
軋轢が起きる。統一してしまえば、1つの方向の生き方しか出来なくなるからって
神様なら言うと思うけど。
精神世界とはいうけれど、精神内でとどめておけばいいものの、誰が1番だ!と
議論してしまうと方向を間違う。

「理性で判断しなさい」とは言うけれど、理性で・・って本人に責任をここで
確認させて次に進ませるから、始末が悪い。本人は気付かなくても、周囲から見ると
理性で判断してもおかしな行動してることも。
信じたいけど、分からないからお金やモノなど確実に目の前にあるもので
確かめようとするんだよね。


551 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 07:31:28 ID:Jp9kma+3
ここは何のスレだよw

552 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 17:05:03 ID:a5css7dM
はじめて書き込みします。1ヶ月ほど前に父を亡くし(末期癌でものすごく苦しみました)霊的なものとか死後の世界を知りたいと切実に
思うようになりました。今まで多少は興味はあったのですがせっぱ詰まってはいませんでした。

バーチの本を2冊ばかり読んだのですが、何ていうのか言葉を咀嚼する読解力プラス、人それぞれに霊的なものに目覚める時期があるのではないか
ということです。受け皿(知識だけでなく霊的に目覚めるというのか)が出来てスーと馴染むような気がしました。

私はどちらかといえば生真面目な性格?なので誰かが書かれていたように脅迫観念にとらわれてもっともっとちゃんと生きなきゃとなるのかなと
恐れにも近い気持ちを抱きました。ストイックに生きよう!なんて。
しかし>>515さんが言われていたように要は霊界は存在し死が終わりでは無いこと。人に愛を与えること。その他・・・
霊的真理を日常生活に実践していく方法はひとそれでいいのですね。大事なポイントさえつかんでいれば。もっと楽しんで難しく考え過ぎないようにしようと思うようになりました。
人は死んでも次の世が在る事を知っただけでも世界観が変わりました。
既成の宗教なんかには無い、永遠の普遍的なものが感じられて好きです。



553 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 20:03:31 ID:KiCujq+s
>>552
初々しい書き込み乙。

>>551
シルバーバーチの霊訓の読者と
バーチ原理主義者と
バーチ等を読み誤って逝っちゃった人が
戯れるスレです。(オレは3番目!)

「灯す者」氏は、自分と似た面を持つ「天国」氏が
可愛くてしょうがなかったんだうなぁ。
ただ、「天国」氏に毛嫌いされて悲恋に終わったと…






554 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 20:27:03 ID:1cJH7O8X
  552さんはじめまして。
 お父様のことは色々大変だったようですね・・・。
 でも、今はきっと霊界で安静を取り戻していると思いますよ。
 これからは、お父様を本当の意味で安心させられるように、
 僕らと一緒に勉強していけたらいいですね!

 そしてまずは・・・霊的真理到達おめでとう!!


555 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 01:11:31 ID:PaU/znLS
きもい自演スレになってきたなw

556 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 02:05:45 ID:CUbq4AoE
最近F馬鹿女見かけないけど広島県警に逮捕されたのかな??

557 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 06:07:11 ID:fi9xu4PB
素朴な疑問なのだけれど、バーチの霊訓にはイエス。キリストの名前がよく出てきます。
でも、他の国の宗教関係の人物は出てきませんね。阿弥陀様だとか大日如来だとか、実在の
人物としては、お釈迦様だとか、一切出てきません。

民族ごとに違う霊界があるんだろうか。キリスト教だけが宗教でもないし、イエス・キリスト
以外にも奇跡を起こしたと言われる宗教家はたくさんいるのに不思議ですね。

558 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 09:19:49 ID:1jaefBV4
キリスト教圏の霊訓が多いからじゃない?
仏教の人物いわれてもピンと来ない


559 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 12:12:39 ID:J6MnXtGh
私は仏教の方がピンと来ません。不思議なのは、先祖がクリスチャンだったということです。
理由があって、家系のつながりが途絶えていて、一切そういうことは知らなかったのですが。
遺伝子や体質に刻まれているんでしょうか?

それで、疑問なのですが・・・
この「運動」が実際、イエスを中心とした高級霊の運動なのか?それとも、それらを利用した
悪魔のような人為的な運動なのか?を見定めたいです。
他の宗教では、「私こそ、それだ」と言い、イエスの名を使った悪魔が沢山現れるといったことを
言ってますし。江原さんを初めとするスピリチュアルな人達の行動を目にするたびに
どこか腑に落ちない霊感商法的な怪しさを感じてしまうものですから。
なんだか、お金儲けのための方便のような。



560 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 14:50:26 ID:CmZem7kY
バーチの霊訓は、

イギリス発祥で、西洋人向けにキリスト(カトリック)教信徒向けに
説いたものであり、神道、仏教、神道、回教、道教、儒教、ヒンズー教
信徒には理解しにくいのです。

561 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 15:27:33 ID:1MedkAG/
>>559
霊界という世界が存在し、その住人である霊がバーバネルに憑依して語らせたという話が事実か虚偽であるかは、
霊媒となった本人にしかわからない性質のものである。
しかしモーリス・バーバネルがスピリチュアル関連の記事を売るサイキック・ニューズ社の初代編集長であったことなどを考慮すると、
この憑依現象はバーバネルがスピリチュアリティを発信していく上で密接な利害関係にあったといえる。

だって。

562 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 19:58:06 ID:Y2DqFc/z
>>561
利害関係で見ていくと、また別の見え方もしますね?
それは、どこかのソースからですか?
でも、そうなるように霊界からの導きで構成されたとも、言えますが・・


今日、10億円の寄付をされた方がいましたけど、江原さんもああいう風に
当初のホスピタル建設など福祉関連での発展を期待してましたが、
微妙に方向性がずれてますね。

それも、魔スピリチュアル系の楽するものを堕落へと導く手助けなのでしょうか?
分かりませんけど。




563 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 20:51:31 ID:DQFE9bG3
江原はただの詐欺師。
もちろん霊能力など無い。
バーチの名前を利用しただけで、語っている内も霊訓とは程遠い。

564 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 21:54:53 ID:XGuHayyA
詐欺師達にとって、正統な団体も伝統も持たないスピリチュアリズムは便利な商売道具。
やはり原始仏教のよう人間に理解できる範囲の思想が安全。
神仏や霊が混ざると、たちまち詐欺師が沸いてくる。

565 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 22:09:10 ID:UiqLdq0U
スカルソープ氏のような地味な霊能者が、いい感じ。

566 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 23:28:48 ID:EAYVww9r
>>562
こっそり寄付してると本人が言っている

567 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 13:15:55 ID:RSW+6Abn
善行はこっそりが徳になるっていうよね。

568 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 13:23:18 ID:lmL7H5iZ
「こっそり寄付してる」と言っちゃったら、売名行為でしかないww

569 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 13:32:38 ID:8R6lpQSp
>>562
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81

570 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 14:12:24 ID:RSW+6Abn
中国では善行は隠れてしたら、誰も分からない。って諺があるみたいね。

お国柄かな。

571 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 16:36:43 ID:U9p8xRue
>>569
輪廻は多くてせいぜい4回?
これって分霊は含まないで全部再生の事言ってるのかな
鉱物から進化してるんだからかなりの数再生してると思うが・・・

572 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 17:57:38 ID:FXGrDvbO
一般人は、150年〜300年周期で輪廻転生するらしい。

573 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 19:17:29 ID:fZA4AfKK
江原さんならば、みずから率先して募金し、それを読者に示し、
同様の行為を呼びかけるべき。
自分の徳を積むだけでなく、人の徳も積ませるきっかけを作ることも大切である。


574 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 01:37:16 ID:OiNN4sdS
そうだよね。構成してる人類が変化すれば、世の中変わるしね。



575 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 02:13:58 ID:9YQAbON6
783 可愛い奥様 sage New! 2007/11/17(土) 20:45:31 ID:hbsXQamG0
はひろ、うざい。
さすが江原に信者に敵がいると言われるだけあるな。

576 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 14:58:25 ID:6OvTlG+B
>>571
眠れる予言者エドガーケイシーって本を読んでいるんですが、
ケイシーリーディングによると、転生する必要がなくても、転生してくる人もいるみたいです。
P149には、”わずか”4回しか転生していない子供のリーディングが紹介されています。
P287には、イエスは約30回転生して、万人のための霊的世界への帰還の道を完成させたとあります。
ケイシーの過去生には、高次の世界に向かうことが可能な時がありましたが、
地上の人々を愛していたため、また転生したらしいです。
転生後の人生で、輪廻転生が必要になるカルマを持ってしまったらしいです。(P297〜311)
4回というのはちょっと少ないような・・・

577 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 17:00:16 ID:P+CYS0vD
>>576
>4回というのはちょっと少ないような・・・

霊格によってはあるのでわないでしょーか

578 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 19:58:43 ID:qrEWU63M
リ・インカネーションの仕組みについては、学派により様々。
バーチだか訳者の近藤氏だかは忘れたが、
再生回数の少なさをグループソウル(類魂)の概念を使って
説明してたね。
まぁ、真実は死んでからのお楽しみかな。

579 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 21:37:51 ID:FsNsS/eB
エドガーケイシーもいんちきだから。
あれだけ予言が大外れしたのに、まだ信じているのか?

580 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 22:18:12 ID:qrEWU63M
「ザ・ヒーラー」ダスカロスによると、直近の未来以外の予言は
難しいみたいだね。不確定要素が多過ぎて。
ケイシーの予言大的中なら、日本は今頃、海の底か…

581 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 22:59:23 ID:FsNsS/eB
ダスカロスもいんちき。


582 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:29:12 ID:zUPpkjel
http://asuke.aitai.ne.jp/~teerjel/25.htm


よく、スピリチュアルでは「霊」という概念が出てきますが、それも生きている人間と一緒で
善性の強いものとそうでないものとがいるようです。

これは思い込みや創作かもしれませんが、1つの読み物としておもしろいです。
イエスが高級天使達と直接通信できたのは有名ですが、その中でも悪意のあるものに
翻弄されていたとしたら・・

数々の破壊的な未来予想図はこうした悪意のある「霊」予言を成就される思惑かもしれません。




583 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 22:36:11 ID:/QYA5i6R
ハイヤーセルフ(大いなる自己)って個別の魂の事を指してるのか
類魂全体の魂の事を指してるのか。どっち?

584 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 23:30:47 ID:mB0SIIVS
>>582
マイヤーもトリック写真がばれてたよね。
いんちきです。

585 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 00:40:03 ID:MhwI5wBN
みんなバーチ以外の本って読んでる?

586 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 00:48:12 ID:MhwI5wBN
>>580
これのパラレルワールドの項目におもしろいことが書いてある。
未来を知ることで、その世界は別の道を歩み始めるんじゃなかろうか?
ジョン・タイター - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC

587 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 01:23:47 ID:wDuWthFJ
>>585
神との対話シリーズがお勧め

588 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 04:35:32 ID:mGlPv2hu
>>563
江原さんの教えや行いは別にして、スピリチュアリズムという言葉を日本に広めた功績は大きい。
江原さんがいなければ、私はスピリチュアリズム、シルバーバーチを知り得なかった。
本当に感謝している。

江原さんの教えはシルバーバーチの教えに世俗的な臭いを付けたもの。
当然、俗耳に入りやすい。その分誤解も生まれるが、これから日本で勃興するスピリチュアリズムの良い準備運動になったと思う。

日本は色々な面で恵まれている。
我々にはスピリチュアリズムを受け入れる土台が既に備わっている。
既存の宗教に捕らわれない環境、資本、人材、全てが備わっている。

スピリチュアリズムの旗手として、その責任は大きい。

589 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 12:11:30 ID:UfRV1NXO
>>588
江原さんの功績は大きいと思いますよ
逆に丹波さんがスピリチュアリズムをもっと主張してほしかった

590 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 15:03:42 ID:53Mbug4q
こわ

591 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 15:21:11 ID:FXklSbQb
金儲けをしてる時点でアウト。江原は単なるカウンセラー。
すでに霊感も衰えているのでは。

592 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 20:07:25 ID:IujXT1c3
浅野和三郎氏の抄訳本や近藤氏の翻訳本から
スピリチュアリズムに突入した自分には、
江原や丹波さんは、霊的お笑い芸人というか
スピリチュアル・コメディアンにしか見えないな〜 

593 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 20:30:10 ID:jNAkAEkS
日本では、禁欲的な教えは普及しまい。
実践といっても、なかなかできないもの。スピリチュアリズムを学んでいる人でも、
実践主義の人は、少ないでしょう。霊訓は、それなりの人でないと、その精神を
実践するのは、難しいのでは?

江原氏は俗っぽい分、大衆に受け入れられやすい。
昔の日本で、天台仏教や真言密教は高度だったのですが、その教えを
理解・実践できたのは、一部のインテリ階級、貴族階級。
庶民に受け入れられたのは、浄土真宗・日蓮宗のような簡素な教えでした。
そんな感じ、します。


594 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 20:43:18 ID:IujXT1c3
>>593氏よりカット・アップ!
「江原氏は俗っぽい」

595 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 21:11:20 ID:zJMVcRMv
江原は仕込みがばれている。

596 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 22:43:15 ID:B8or2hfG
>>587
それ読んでる最中だぜよ。
神の使者も同時進行で読んでる。

597 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 23:25:55 ID:IUDQ3RNX
>>591
金儲けそのものは悪いことじゃないと霊訓にも書いてあるぜ
大事なのは動機だろ

598 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 23:45:58 ID:ImQea4vO
『江原啓之 本音発言』
[前世や守護霊の属性が偏っているという指摘に対して](P88)

対談者) あ、「7つの疑問」の中に、私も強く同調したいものがありました。
     「前世や守護霊はどうして中世の賢者や貴族ばかりなのか」という疑問。
     これについては同様に思っている人は結構多いのではないかと。

江原)  時代については、現世を生きる人につく守護霊はだいたい
     2百年とか3百年前に生きた人の霊なんです。
     番組で指摘した守護霊とかは賢者や貴族より、
     武士や武家の女性が多いと思うのですが、理由は簡単で、
     江戸時代に武士が多かったからです。
     武士というのは今でいうサラリーマンですよ。数が多いのは当たり前です。

=================================================================================================================

日本史の教科書を書き換えなくては。
歴史学者と違い、江原先生は実際に霊と交信されているのですから。


599 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 00:49:11 ID:JYAZp8OX
■江原啓之vs週刊文春…『本音発言』で「7つの疑問」に回答
F【心霊を信じない人は魂のレベルが低いと断言できるのか】
江原「そんな発言をしたことはありませんし、そんな発想を持ったことさえありません」


■オーラの泉(2006/12/27放送)特別企画 美輪、江原が今伝えたいこと
江原「だって今はオーラの泉とかね、やっていいでしょうけど。ちょっと前、
   一つ昔前の『オカルトの、気持ち悪い・・。オーラ?何それ、オーラって。
   コーラは好きだけどね』なんて言われて」スタッフ笑い。
美輪「あは、はっはっはっは。だから、そういう人っていうのはね。
   大体、あの・・レベルがね・・小学校まで上がってないのよ。
   ほとんどねレベルが保育園程度なの。未熟な魂なのよ」
江原「うん」大きく頷き。
美輪「野蛮なの、うん。だから、それが中学校、高校、大学、
   大学院と、いう風に一定のレベルの人達がね。
   『あ、そう。そういう事あってもいいんじゃないの。わかりますよ』って
   いう人達がね。もう、そこのレベルに行ってるの。うん」


600 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 03:57:13 ID:tgZMXASo
見た目に拘ると含蓄に辿り着かない。
見た目を疎かにすると合理性を欠く。

中庸を保つことが重要ですね。

601 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 12:35:29 ID:bGDxZqdR
スピは汎神論ですよね

602 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 15:05:56 ID:aQ9lX/Hx
今までの人生でいろんな経験をしたけれど「宗教」っていうと
現実にそぐわない生き方っていう意味でけなされたことが多い。

ショックだったのは、お坊さんの身内に「宗教馬鹿っているのよね」って言われたこと。
現実派は結局方便なんでは?と思う。


603 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 20:24:37 ID:9trIUQ+I
>>597
江原の動機は金儲け。

604 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 20:56:03 ID:px2f43UJ
>602
方便というか、掲げる看板よりもちょっとした親切が大切ってことだと思う。

山積みのトイレットペーパーを派手に落っことした薬局屋のお姉さん
通勤途中で時間的に微妙だったから素通りしてごめんなさい。
結果的に今日一晩心にしこりを残す結果となってしまった。
やっぱこういうのは頭で考え出すとダメだな。

605 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 06:17:45 ID:fPYBrwTZ
>>602
この世に善があり悪があり、それを機能させるための法則が有る。

これが現実です。
あなたの言う現実派は、本当の現実に対し目を閉ざしているだけ。
摂理に忠実に善を追い求めるのが本当の現実派。



606 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 10:46:35 ID:2mOvKXe+
>>599
心霊を信じる信じないは、条件づけも絡んでくるから一概には言えないでしょ。
ただ、ある程度の年齢に達すれば、魂云々の話には近づくだろうけどね。

607 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 15:36:04 ID:wNdxYVst
>>593
スピリチュアリズムは禁欲的すぎて実践するのは難しいと言われますがどのようなところが
むずかしいのでしょうか。真言密教みたいに難行苦行を強いられるわけでもないし。
内容は確かに高度だと思うけど、知的レベルうんぬんの問題では無いと思う。
ごく普通の?私がなんとか頑張って理解できる。

608 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 19:51:11 ID:fPYBrwTZ
>>607
誰にでも理解できるものを難しくこねくり回して、結局動機よりも形式が重んじられるようになる。
動機よりも、組織、地位、名誉が重要視される。それが数多有る宗教団体の現実。
だから既存の宗教は心に響かない。
宗教団体が宗教を貶めている。
強制されるべき真理は一つも存在しない。すべてはその人の理解力、器に準拠する。
器はカルマによる挫折により自動的に大きくなる。

動機は一つ。
形式は千差万別。

基本的な真理は誰にでも理解できるもの。
しかし、それを貫徹することは難しい。

609 :608:2007/11/22(木) 19:58:10 ID:fPYBrwTZ
千日回峰、即身仏になることなどは自己満足と言ってよい。

全ての人が実践できないものを実践して偉い偉いと言われる。
一種の大道芸のようなもの。

もし、自分の修行のためにやりたいなら宣伝などせず、ひっそりと一人でやればよい。

610 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 22:51:54 ID:TbYtQxRV
やはりバーチ信者なんてのはこの程度の見識なんだろうな。

611 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 01:46:00 ID:7kb+NSRY
だから、何が善で悪?

きちんとした定義・評価基準がないのなら、混乱する。
そしてそれを定めると争いが起こる。

民族や思想背景によっては善と悪が逆になる場合も含めて、それら全てが
仕組みになって前へ前へと進んでいるにすぎないように思える。


612 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 17:44:45 ID:5lp9v/hZ
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000000-maiall-soci

これが果たして宗教か。
宗教の真理は、利他愛。
他の細かな教理は、それを立証するための道具に過ぎない。

千日回峰が利他愛の実践だというのなら、それはそれで良いが、これが宗教だというのなら、甚だしく誤解を生む。
利他愛はもっと身近にあり、誰でも実践できるもの。

宗教の名を借りた大道芸、地位、名誉、敬称、豪華な建物、全てが宗教を貶めている。

613 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 17:53:10 ID:5lp9v/hZ
>>611
利他愛です。

伝える、与える、見守る、慰める、ありとあらゆる行為の中で、他人の事を心の奥底から思って行った行為が善です。

614 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 18:44:33 ID:8XQeSBrU
>>612-613
お前さんらはそれが実践できてんのか?

615 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 19:37:06 ID:5lp9v/hZ
>>614
これもその一環です。
そして、日々の営みの中でも、常に念頭にあります。

しかし十分とは言えないのはわかっております。

そしてどんなに努力しても、更に上はあります。

616 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 19:49:47 ID:5lp9v/hZ
>>611
世界は確実に良くなっております。
時には逆行しますが、理性が迷信よりも重んじられ、人権が尊重される世の中になった。
何たる進歩でしょうか。

しかし、まだ足りません。
宗教的に迷走状態で、形が重んじられ、拝金主義が跋扈しております。
利他愛こそ真理であることの知識が不足しております。

617 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 19:56:57 ID:6lJCMlrN
自己愛も大切ですよ

618 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 23:08:33 ID:dhHoBKVU
自己愛が無限に広がった状態が最高のレベルなんじゃないかな?
己と他人とを分ける思考ではなくて。

他人に善かれと思って何かをしてあげても、それは自分のためであって
相手にとって良いことかどうかは別だし。

619 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 23:48:54 ID:GTf2clwp
>>604
神対に、考える前に行動しろってな感じの文章があったが、まさにそれだな。
考えると自己正当化のための理由がでてきて、簡単に見過ごしてしまう。
助けようと感じたら動いた方が良いな。

620 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 01:42:24 ID:oQOh+IO1
ここは心ががけのいい人たちの集まりなんですねー。

そういう心がけは場の空気をまろやかにするよね。


621 :未来予想図:2007/11/24(土) 02:38:08 ID:b8Q0ZAZw
イキナリなのですが、もしスピリチュアリストさんみたいな人が
いたら回答お願いいたします。

最近ある事に悩んでいるのですが。。。
それは、数秒先の未来が見えてしまう事です。
非常にバカバカしいですが、正直自分でもバカバカしいくらいです。
しかし、それは自分で想像する様な物ではなく、
突然頭に映像が写るんです、現役高校生ですが、
例としては、
席替えの時の周りに来る人たち4人を的中させてしまいました^^;
見える映像の殆どが白黒?なのです。
簡単に言うと目を閉じたときに見える残像みたいな物です。
それで、みえちゃうんです^^;
席替えの時は、2つ後ろの人が前に机をズラしている映像が見えて・・・
その数秒後に抽選でそのひとが、ひとつ前の席に決定し・・・
当たっちゃったワケです^^;
そんな感じで後3人程度 あたっちゃいました
最近、その様な事が時々起こり、非常に不安なのです。
自分が想像したことが現実になるのではないかと・・・・
例えば不幸なこと、事故とか・・・
原因が分かる方いらっしゃいましたら
お願いいたします><

622 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 05:17:12 ID:5q92hQwp
>>621
私も似たような経験をしたことがあります。私の場合は、ごくたまになんですけど。
一度、曲がり角を曲がる前にそこにいる人の姿が頭に浮かび、角を曲がったら
そのとおりの人がいたことがあります。なんの役に立つわけでもないことですけど
不思議な現象だなと思いました。

623 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 06:17:06 ID:53rtD4de
>>621
自分は何の能力も持っていませんが、考えるヒントみたいなのを。

必要だから授かった能力だと思って、それに逆らわない、嫌わないようにしてみたらどうでしょうか?
能力のコントロールが可能になるかもしれません。
あと、自分が後悔しない使い方をしたほうがいいです。
伝えなければいけないと思うビジョンが見えた場合ですが、
変な人だと思われるのが嫌なら、ストレートに物事を伝えず、
自分の経験からとか、本で読んだとか前置きしてから伝えたり、
または会話の節々にヒントを忍ばせて伝えるとか。
なんにせよ、誰かの役に立つ能力かと思います。

想像したことというか、見えている未来が現実に起こるのではと心配されていますが、
超短期的な未来予知って、なにもしなければ現実に起こるものなんじゃないでしょうか?
逆に言えば、なにかしたら、たとえば席替えの抽選結果を
わざと変えるとかすれば、見えている結果と違う結果を選ぶことは可能だと思います。
事故に遭う未来が見えたら、家から一歩も出ないとか、幾らでも対策は取れます。
できるだけ明るい未来を見ようと心がけた方がいいかもしれませんね。
不安や恐怖、怒りは、そのような感情を経験する状況を引き寄せると、どこかで読んだ記憶があります。

624 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 09:14:58 ID:ftfa8ZFI
>>621
慣れてくると、どうでもよくなるよ。何かにいかせればいいけどね。


625 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 10:29:02 ID:fNfJUWvy
大漁ですねw

626 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 10:29:56 ID:eNjXOrIm
>>621
不安とのことですが、霊的に見てあなたが他人の未来まで操作することはないはずです。
これから起こるであろうことををあなたが見ているだけなのです。

627 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 12:56:21 ID:EhI8oqj3
『数秒先の未来が見える』能力。
まったく、役に立たねぇスタンド使いだな。


628 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 00:59:13 ID:7wU/E2ik
魂のレベルを上げなきゃいけないのはなぜですか?

629 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 02:47:07 ID:144XGgso
>>628
なぜならそのゲームしか行われてないから
by「神との対話」

630 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 03:15:27 ID:Wt6j5E89
オレはそのゲームを辞めたい。
神対でいちばんムカついた箇所がそこだった。

631 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 03:53:15 ID:N8eeGQ12
大丈夫
そんなゲームはないし、参加してると思ってるのは馬鹿な信者だけ

632 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 06:45:02 ID:144XGgso
>>630
永遠の命を与えてやってんだから神を崇めろ。奉仕しろ。
って言われてる気分になるよね。

633 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 11:27:01 ID:7wU/E2ik
なぜ、魂のレベルを上げるゲームしか行なわれてないんですか?
何のために行なわれてるんですか?
誰か主催してるんですか?
辞められないんですか?
人格を上げるとかは、実はたいした意味は無いってことですか?

634 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 14:03:40 ID:4CjmC2C/
>>628
しなければいけないじゃなくて魂がそうしたいから
魂は神に帰りたがっている

635 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 14:11:42 ID:Ig9p6+/l
まあ、こうやって話し合うのも魂自身が進化を望んでいるからこそなんだよ。

>>633
君の人生の主催者は君自身。
だから自由意志で止めることも可能だが、そのペナルティは重大。
人格については、君は書いていないが君の考えている通りだとおもう。
魂と人格について疑問を持った時点で、それなりの答えは出ている。

636 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 14:13:19 ID:Ig9p6+/l
あちゃシンクロニティだw

637 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 15:10:20 ID:r4eGMxgu
私も同じところで引っ掛かる。
魂の進化=善=神の摂理
わからん。

638 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 15:51:51 ID:JJ0gDfEv
要は”浄化”目的なんじゃ?

錬金術でも”黒化””赤化””白化”というように物質が変化していく様子を金に例えて
浄化プロセスが描かれてる。

もともと人間が持っている欲とかいう黒くてドロドロしたものを別の物質に変化させていくことを
向上というのかもしれない。

639 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 16:53:21 ID:ouQ8kHeK
スパイラル上に進化していくのか?

前世は男性で犯罪を犯し地獄逝き、
今世は、女性で平穏無事に過ごして霊界行き
来世は、男性で戦争を起こした罪で地獄逝き・・・・という具合に。

640 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 21:05:32 ID:pt4aDDcj
究極の物質主義、それがスピリチュアリズム。
この真理に気付いた者のみ狂ったゲームから解放される。

641 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 21:49:26 ID:wegl8mWE
>>628

レベルなんてあったの?

642 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 16:28:36 ID:7jF1sAh4
>>633
現実の世界での自らの存在を否定することはできないが、
仮に現世が学びの園であったとしても、
自らの意思で子孫を残さないことでそのゲームから脱することは可能。
現実的で唯一の方法と思う。

643 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 16:29:24 ID:/RnNQQ/B
イエス・キリストはなぜ生まれ変わりを説かなかったのだろう。
もし生まれ変わりを説いてたらキリスト教の永遠の天国地獄という教義はなかったと思うのだが・・・

644 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 16:33:27 ID:/VZOM+6s
説いていたけど、ニケーア会議でウヤムヤニされた・・・・・・・・・・・・・・・・
と、想像してみる

645 :聖なる者:2007/11/26(月) 16:46:27 ID:lcrBTrd8

田原米子さんのことをご存知ですか?一度ネットで調べたり、本を読まれるのもいいかもしれません。
彼女はもう天に召されましたが、高校生の時、電車に飛び込み自殺を図り、一命を取り留めたのですが、彼女は両足と、
左手を失い、右の3本の指しかないことを知り、
なぜ、死なせてくれなかったと自分が生きていることを呪ったそうです。
しかし、彼女は伝道され、最初は反発していましたが、
ある日1人、病室でイエス・キリストを受け入れる祈りをした次の日の朝、
自分の右手の3本の指をみて3本もある・・・・!と感激に涙があふれたそうです。状況は何一つ変わっていなのに、神様を心にお迎えするなら、
まったく思いが変わるのです。

田原さんがそばにあった聖書に手をのばすとそこには
『だれでもキリストのうちにあるならその人は新しく造られた者です。
古い者は過ぎ去って、見よ。すべてが新しくなりました。』
(新約聖書 コリントU5:17)と書いてあったそうです。

646 :聖なる者:2007/11/26(月) 16:51:29 ID:lcrBTrd8

スパイラル上に進化していくのか?

前世は男性で犯罪を犯し地獄逝き、
今世は、女性で平穏無事に過ごして霊界行き
来世は、男性で戦争を起こした罪で地獄逝き・・・・という具合に。

いや そうではないらしい
アランカルデックの霊の書などまた神との対話でも
進化すると どんどん暴力性残忍性が減るらしい
また アランカルデックの霊の書によれば 善性は決して退化しない
善人が悪人となって再生することはないようです
シルバーバーチ 霊訓 心の道場 で検索してみて
読めるから

あと 戦争は地獄に行くわけではなくて
家族や国を守るために戦うという純粋な心であれば罪にはならないそうだ
しかし 戦争における余計な行為レイプ拷問捕虜への暴行は罪になる
それらは本来しなくてもいいことだからだ
また あるレベルでは 敵が攻めてきたとき 戦わないのは罪である
しかし 悟りを開いたものは 殺すより殺される
悟りのレベルに達してないものは 戦うときも必要である と書いてある

647 :639:2007/11/26(月) 18:47:18 ID:0OBoN4fk
>646
解説サンクス!

イエス=キリストもローマの偽政者に、抵抗せずに十字架刑で処刑された。

マハトマ・ガンジーも非暴力で、インド独立に貢献した。

ダライ・ラマは、中国が武力侵攻してきた時、戦いになると犠牲者が出ると
心配して、宮殿を放棄してインドへ亡命した。

皆、すばらしいと思うが。
凡人は妻や子供を残して、死ぬわけにはいかんだろうね。

648 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 20:02:12 ID:uyxW8vPP
自分個人が殺されることを容認するということと、
他人が殺されることを黙って見過ごすということは、
全然違うしね。






649 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 21:40:11 ID:dJonj4S5
http://www7a.biglobe.ne.jp/~happy-love/ka1.htm


こんなん見つけました。難しくてよく分かりませんが、スパイラル進化ってのは
は分かりました。


650 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 21:56:26 ID:2q107eX0
>>638
浄化が目的なら生臭い地上に生まれ来て千差万別の体験を積む必要性が
理解できない。
生まれた魂はそのまま霊界にとどまってピカピカ新品のままで居ればいい。
過ちやカルマを犯す事が分かり切っていながら地上へ降ろされるのは
やはり成長進化が目的であると解釈するほかないと思う。

>>648
命は何処にあっても個人のモノではなく
神仏の(与えてくれた)ものだから全然違うとは思わないが・・・
まあ動機が一番大切ということでしょうね。

651 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 22:47:05 ID:uyxW8vPP
>>650
誰かが自分を殺そうとしたとき自衛のために相手を殺すのではなく、
相手から殺されることを選択するということと、
誰かが他の誰かを殺そうとしたときに何もせず殺されるまま
にしておくということは違うと言いたかったんですが。
それからシルバーバーチ的に言えば命というものは、
そんなたいそうなものではなく、この世に存在するか
あの世に帰るかだけの話なんじゃないでしょうか?
「神仏の(与えてくれた)もの」という表現はいかにもっていう感じがしますね。


652 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:07:32 ID:QAYHIubL
魂の再生を信じても、信じていなくても、
現世で経験する悲しみや苦しみは幻想ではなく現実のもの。
>>645 のように信仰により幻想に浸りトリップ出来れば幸せでしょうね。
そこでは何が正しいか、何が真実であるかなど関係ないことです。

653 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:14:20 ID:493NLVgy
輪廻のシステムは誰が司っているのですか?

654 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 00:46:14 ID:ghvZpvDq
>>653
あなた自身が実感できないことをひとに聞いてどうしようというのか?

655 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 03:22:03 ID:YW7Vjra5
そういうことだな

656 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 07:51:21 ID:TImPy4d1
スピリチュアルやヒーリング(癒やし)ブームに乗じ、前世占いや開運相談と称して高額の支払いを迫られるケースが急増しているとして、
全国霊感商法対策弁護士連絡会は26日、電話による相談窓口「スピリチュアル・霊感被害110番」を12月4日に開くと発表した。

 相談は午後1時から同5時まで、電話で受け付ける。
仏教、キリスト教などの宗教者も待機し、金銭面だけでなく、精神面の被害についての相談も受け付ける。

 同連絡会がスピリチュアルに関する電話相談をするのは初めてで、被害者本人だけでなく、家族からの相談も受け付ける。

 記者会見した同連絡会の山口広弁護士らによると、各地の消費生活センターや同連絡会などに寄せられる宗教トラブルの被害額は、06年に約40億円で、
05年の約30億円から急増。「スピリチュアルやヒーリングなどのブームによる被害が拡大したため」とみている。

 被害の多くは、大規模な特定の教団に所属しない街の占師や気功師らがかかわっているケースが多いという。

 同連絡会の紀藤正樹弁護士は「一連のスピリチュアルブームは、テレビ番組や雑誌記事などが支えている側面もある」とメディアの責任を指摘。
「解決には宗教者の協力は欠かせない」と話している。

http://www.asahi.com/life/update/1126/OSK200711260095.html

657 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 08:10:13 ID:uvdVaHPH
>>650
霊界が秩序正しく生きているものばかりで構成されているならば、この世
を作る必要はない。たぶん、霊界もこの世と同じようにどうしようもない霊
がいて、成長というか向上というか何か内面を変える何かが必要な霊がいるん
だろうね。そのためにこの世に修行に出されていると考えるしかない。

658 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 09:47:38 ID:1XhjpBAv
狂信者がここにも↓
http://ssb.jugem.jp/?eid=219#sequel
この人達に『シルバーバーチの霊訓(6)』のオコトバを捧げたいわ

「人間は知識のすべてを手にすることができない以上、
どうしてもある程度の信仰心でもって補わざるを得ません。
といって、その結果として同情心も哀れみも優しさも敬遠して
“ああ、これも自然の摂理だ。しかたない”などと言うようになっていただいては困ります。
それは間違いです。あくまでも人間としての最善を尽くすべきです。
そう努力する中において本来の霊的責務を果たしていることになるからです」

659 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 11:31:41 ID:SJTz3fuh
>>658
ああ、この人ね。
このサイト立ち上げ当初は時々見てたけど、相変わらずだァ。

660 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 11:56:43 ID:Jyb/geGn
結局、人間はその「信仰心」が何かを作り出す役目なんだよな?

だから知識は同じだけあっても、最後はそこから何を信じるかで
行き先が分かれる。というか「道」かな。

悪魔を信じる気持ちも理解できなくはないけれど、それが生み出す何かを考えると
できるだけ抵抗したいものだ。

661 :聖なる者:2007/11/27(火) 15:57:51 ID:Kv0VSAvE

>>645 のように信仰により幻想に浸りトリップ出来れば幸せでしょうね。
そこでは何が正しいか、何が真実であるかなど関係ないことです。

違う 彼女は信仰によりイエスと聖霊の力により幻想から
抜け切り 真実に目覚めたのである
イエスや聖霊は力がある そういう癒しの力がある
地球上のあらゆる教会ではこのような奇跡的な出来事が起きてる
が イエス霊だけに力があるのではなくて神にも力があるし
阿弥陀仏にも力はある
信仰にあり 心が急激に変化することはある
それは幻想ではなくて真実に目覚めるということである

主は必ずわたしを救ってくれるという信念
神は必ずわたしを救ってくれるという信念で
病気やうつ病など瞬時に癒される場合は多い

主よ神よ わたしの正体が愛そのものであるということを
思い出せてください このように真剣に祈ることも大事であり
純粋な祈りは 神に届く場合も多い

662 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 23:41:24 ID:gSuB0hYi
届いた祈りは褒めそやされ
御神の威光をいや増す糧とされる。
届かぬ祈りは打ち捨てられ
過ちに属していたものとして忘却される。

それほどまちがってること云ってるとは思わないけど
お前のようなやつを見ると叩き殺してやりたいとオレは思うよ。

663 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 12:42:58 ID:Qb+NLIDa
>>661
>>このような奇跡的な出来事が起きてるが

こういうのって、奇跡じゃないと思うんだよね。
すばらしいことだとは思うけど。そして奇跡と思うこと
イエスの業だと思うのも自由だけど。
長くいきていれば、このように
今までの足りないと思っていたものが十分あるように思えることとか
自分の見え方が変わるってのは、誰でもあることと思う。
 

664 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 15:45:57 ID:QN0BEa7Y
この人は本物ですか?
http://misuzu-message.com/modules/tinyd0/index.php?id=1

665 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 15:51:10 ID:52nv5gzi
>>651

>相手から殺されることを選択するということと、

これは、広義の自殺ですか?
無抵抗なら、相手に、殺人をさせることになります。

666 :驚愕開衝撃活躍電光石火先手直接攻撃速度才能究極聡君帝国拡大膨張展:2007/11/29(木) 19:30:03 ID:zx2Ohpez
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

667 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 20:55:51 ID:X9MXRcIC
>>665
「自衛のために相手を殺すのではなく」という条件で。

668 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 21:40:39 ID:dKqBEz26
>>665
高次の視点からは契約になります

669 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 21:45:38 ID:dxqnsUvO
変なのが沸いてきたね

670 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 18:56:04 ID:6S8FdaCL
シルバーバーチ霊団が届けた言葉
響かない者は2chに留まる
しかたがない

671 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 02:04:04 ID:upjybJ34
泥中から宝石を見つけることもある。
すべてその人次第。

672 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 05:57:59 ID:1xApMFin
SB「全ては大霊の法則の働きによって生じているのです。
   その意味では、堕落した人間や同胞に害を及ぼすような人間も大霊の責である、
   と言ってもあながち間違いではありません。

   しかし忘れないでいただきたいのは、人間の一人一人に、霊性の進化の程度に
   応じてそれ相応の自由意志が与えられているということです。」

673 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 13:12:39 ID:B0VT1vi/
>>672
スレの流れにあった文を引用しているようだが、
『これは霊訓の中ですでに述べられていることであるから
改めて議論するまでもない』、と自らの達観している様を
見せ付ける下種な行為にしか感じませんね。
慈愛に満ちた宗教者の微笑みの裏にある、
偏った善性の押し付けを感じます。

674 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 00:31:50 ID:Mfqw/SKF
      |ハ,_,ハ
      |´∀`';/^l
      |u'''^u;'  |
      |∀ `  ミ  ダレモイナイ・・・
      |  ⊂  :,    モサモサ スルナラ イマノウチ
      |     ミ
      |    彡
      |    ,:'
      |''~''''∪

               l^丶
        もさもさ   |  '゙''"'''゙ y-―,
               ミ ´ ∀ `  ,:'
             (丶    (丶 ミ
          ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ
              ;:        ミ  ';´∀`';,
              `:;       ,:'  c  c.ミ
               U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J

            /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |   もさもさ
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ  .,/)   、/)
     ゙,   "'   ´''ミ   ハ,_,ハ
  ((  ミ       ;:'  ,:' ´∀`';
      ';      彡  :: っ ,っ
      (/~"゙''´~"U    ι''"゙''u


675 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 00:35:04 ID:Mfqw/SKF
      |ハ,_,ハ
      |´∀`';/^l
      |u'''^u;'  |
      |∀ `  ミ  ダレモイナイ・・・
      |  ⊂  :,    モサモサ スルナラ イマノウチ
      |     ミ
      |    彡
      |    ,:'
      |''~''''∪

               l^丶
        もさもさ   |  '゙''"'''゙ y-―,
               ミ ´ ∀ `  ,:'
             (丶    (丶 ミ
          ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ
              ;:        ミ  ';´∀`';,
              `:;       ,:'  c  c.ミ
               U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J

            /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |   もさもさ
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ  .,/)   、/)
     ゙,   "'   ´''ミ   ハ,_,ハ
  ((  ミ       ;:'  ,:' ´∀`';
      ';      彡  :: っ ,っ
      (/~"゙''´~"U    ι''"゙''u


676 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 05:51:00 ID:vfS4cFwP
 >>673の意訳
 宗教、たとえばキリスト教会の人間が口先だけの奇麗ごとを言って権力や金に溺れたのを知っている
 >>672よ、おまえもその類だろう
 そういうことを指摘する自分は、おまえより偉い

ということなのかな

677 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 05:58:48 ID:vfS4cFwP
ドブ底のような2ちゃんのシルバーバーチスレだけど、
それなりの大人の霊の人は来てないのかな

678 :聖なる者:2007/12/02(日) 07:09:48 ID:svSwpJ0+

イエスキリストはただのマスターではない気がする
イエス霊に支配され天国の体験をする者は多い
また 神との対話133ページによればイエスは絶対領域からの
化身であると考える 釈迦ソクラテスなどは高度に進化した存在
であるのにたいし イエスは相対性領域でない絶対領域の愛の化身では
ないのだろうか?

679 :聖なる者:2007/12/02(日) 07:11:28 ID:svSwpJ0+

SB「全ては大霊の法則の働きによって生じているのです。
   その意味では、堕落した人間や同胞に害を及ぼすような人間も大霊の責である、
   と言ってもあながち間違いではありません。

   しかし忘れないでいただきたいのは、人間の一人一人に、霊性の進化の程度に
   応じてそれ相応の自由意志が与えられているということです。」

    ↑
  大霊の責って何?大霊の責任という意味ですか?
  世界に闇が多いのは 大霊の責任も十分あるということですか?

  誰かシルバーバーチの本持ってる人教えていただけませんか?
  お願いします

680 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 07:34:55 ID:yebvp7Jj
>>678
それは、スティリアノス・アテシュリスも同じことを言ってるね。

681 :↑↑↑:2007/12/02(日) 10:55:35 ID:svSwpJ0+
誰ですか?それは その人にイエスについての
見解を詳しく詳しく 教えてくれませんか?お願いします

682 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 11:39:36 ID:ukFzvLs+
ご遺体は腐敗していなかった 日本を愛した宣教師 チマッティ神父様
http://www.v-cimatti.com/pub/beatification/reppuku_chosa.htm
http://www.v-cimatti.com/pub/cimatti/intro/intro.htm

キリスト
「最も大きな罪を犯した人であっても、わたしの憐れみを願うならば、
わたしは、彼に罰を与えることが出来ない。その代わりに、
わたしの限りない、はかり知れないいつくしみによって彼を義とする」
http://www.nowaksvd.opoka.net.pl/jiai/jiai02.htm

キリストと会話できる女性 ヴァッスーラ・ライデン
http://www.tlig.org/jp.html

キリストの人生を見せられた女性 マリア・ワルトルタ
http://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/valt.htm

病を持ちながらも信仰心が篤かった女性 マルタ・ロバン
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/marthe01.html

アレッサンドリーナ・ダ・コスタ
http://www.salesio.jp/web/sdb_saints/biography/alessandrina.htm
http://salveregina.dyndns.org/avemaria/data/book2.html

カトリック書店一覧
http://www.cbcj.catholic.jp/publish/shoten.htm
カトリック教会マップ
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/diocese/index.htm

683 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 12:08:14 ID:GNZArEuy
「ダスカロスことスティリアノス・アテシュリスはまだ日本では
あまり知られていませんが、スピリチュアリズムに関わる人々の間では
「ザ・ヒーラー(世界一のヒーラー)」、「20世紀における最も偉大な霊性の教師」
と呼ばれ、最大限の尊敬を集めている人物です。

彼は生涯を通じて無償で多くの人々を癒し、
無条件の愛を示し続けたヒーラーであり、霊的な真理を教え続けた教師でした。」

ダスカロスとは  http://www.daskalos.jp/daskalos.html


「ダスカレ、キリストの教えは覚えてますか」
「細かいことを覚えているには幼すぎた。・・・ペテロが棒を持って、人や子供を
キリストのところから追い払うのを見てヨハナン(ヨハネ)がほほえんで、首をふってい
たのを覚えている。・・・
いや、彼は何人かの神秘家が議論するように神と一体になった人間ではない。
キリストはロゴス(神)そのものの再生だ、とわたしは断言する。」

『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』より抜粋


684 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 14:38:49 ID:eWEOTKOE
神と一体になったものという認識は、神と別れていたという前提があってのものだよね。
特定の人物を神の再生なんて断言しなくても、人によっては、神ははじめからおわりまであちこちあるといった認識かもね。




685 :聖なる者:2007/12/02(日) 16:50:15 ID:svSwpJ0+

イエスキリストが殺された本当の理由は
イエスは凄まじい高貴なオーラーを放っており
善人はイエスを観れば崇拝したくなるのような気持ちになるが
未熟で悪を犯しやすい人間がイエスを見ると 自分の存在が否定されそうな
感覚を受けるので イエスを殺そうとしたのが 真実である
悪人にとって イエスの存在感(高貴なオーラー)は脅威であったのである

686 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 19:25:33 ID:eRmmvEj3
>>685
その理屈は可笑しい。
それでは高貴な人達は例外なく必ず生命の危機に曝されなくてはならなくなる。
高貴でなくても霊的に低い人は自分より高い人達に危害を加えることが常となり
カルマの法則は崩れ、神の公正は根底からひっくり返ることになる。
未熟で悪を犯しやすい人間など五万といるが、イエスはそれらの人々を救うために
降臨されたのであって、その憎悪と罪を増やすために来られたのではない。


自分勝手な解釈を、安易に真実と断言しない方がいい。


687 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 19:36:21 ID:eRmmvEj3
霊訓派の皆さんに質問です。

地上は完全性の表現の場であり、それぞれに指導霊がついてサポートしてくれているという
話ですが、料理人や食肉畜産業者にも職業的指導霊はいるのでしょうか?

もしいるのなら、霊界的には肉食に反対しているのに指導霊はジレンマを感じないのでしょうか??

他にも兵器開発技術者や残酷で狡猾な政治家等の指導霊は、指導の結果についてどう思っているのでしょう?

688 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 19:58:49 ID:fQnJxhUJ
>>687
霊訓派…歪な表現だな。
スピリチュアリズムの教えが正しいとすれば、
人間をインスパイアするのは善霊、悪霊、様々だろう。
現界のある職業に惹きつけられて人間をガイドする霊が
道徳的に優れている保証は無い。

689 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 22:32:47 ID:5W3IBcDP
>>687
幻想を抱きすぎ。
全ての霊がいわゆる善であると思っているからそういった質問が出る。
幻界からもったいぶって話されるとひれ伏すのだろうな。 光が見えたと。
霊訓派は。。

690 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 00:15:58 ID:MkXHe/CK
>>688
道徳的に優れている云々を言っているんじゃなくて
職業的完全性を表現するための指導と摂理の隔たり
(肉食、環境破壊、蓄財等)に、ガイド霊はジレンマを
感じないのかと書いたんだがなぁ・・・

まあ、「僅かでも摂理から外れたら悪霊」と切り捨てるなら
話は噛み合わないね。

691 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 00:24:23 ID:MkXHe/CK
>>679
神はすべてに宿っております。間違ったことの中にも正しいことにも宿っています。
日光の中にも嵐の中にも、美しいものの中にも醜いものの中にも宿っています。
空にも海にも雷鳴にも稲妻にも神は宿っているのです。美なるもの善なるものだけではありません。
罪の中にも悪の中にも宿っているのです。お分かりになりますか。
神とは ″これとこれだけに存在します″というふうに一定の範囲内に限定できるものではないのです。
全宇宙が神の創造物であり、そのすみずみまで神の霊が浸透しているのです。
あるものを切り取って、これは神のものではない、などとは言えないのです。

http://www.takemoto-shozo.com/shiori-index.htm

692 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 00:41:31 ID:vrV4LpMA
「僅かでも摂理から外れたら悪霊」なんてことはないですな
この地上にはパーフェクトな人間はいない
不完全な人間しかいないのだから
パーフェクトな人間だったらこの世に生まれてこなくて良いのだから

この世に生まれてくる必要がないくらいの高級霊を普通の霊とするなら、
たしかに、この世の人間は全て悪霊と表現してもいいのかもね

693 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 00:58:32 ID:vrV4LpMA
どんなに低い霊格の霊も大霊です
詳しくいえば大霊の一部です
人の自由を奪う犯罪者も、ネットでいい気分になっている愚か者も、人を苦しませて喜んでいる人間も、
見ず知らずの飢えている人に食べ物を分け与えている人も大霊の一部です

「なんでそんな大霊の一部が愚かなことをするのか」と質問したくなった?

694 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 03:59:54 ID:tNKrOt7t
>>691
天国氏に気合の入ったマジレスする間抜けな新参者乙。
久しぶりに戯言を繰り返すが、
バーチの霊訓に深入りすると変になる。
気をつけましょう。

>>683
「ザ・ヒーラー」ダスカロスいいよね。トルストイの生まれ変わりというのは
本当かな?後継が分裂したのは残念。

>>675
かわいいね。眠くなるよ…

695 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 06:08:32 ID:WRCeqQeC
やあ!霊訓派のみなさん

道徳的に優れている、ってなに?
摂理、ってなに?
悪霊、ってなに?
霊格、ってなに?
etc.
そもそも神、って?

見果てぬ桃源郷に想いをはせるのは勝手だけど、
人間やってるうちは人間の言葉で話そうよ。

696 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 11:17:24 ID:MkXHe/CK
不完全なのは大前提として、たとえば先進国の兵器開発をしている科学者なり
技術者なりは世界最高水準の知性を有しているはずで、その職業的指導霊が低級霊
というのは想像しにくい。
更に指導霊からのインスピレーションが上手く働いているのか、兵器技術は
最先端技術の結晶化により非常に発達している。
しかも大人数の協力が不可欠だから、大数の指導霊が関与していることになる。

NBC兵器等の大量殺戮用兵器の開発など明らかに摂理に反しているわけだし
通常兵器でも現代兵器は過去と比べることも出来ないほど殺傷力は強力で
カルマは相当重いモノとなるはずだが、彼らの守護霊も全く意に介していないのか
兵器開発、製造販売はますます盛況だ。

霊訓派はこの状況に矛盾を感じないのか??

697 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 16:33:42 ID:MkXHe/CK
社会的地位の高い者には知的レベルも高い者が多く
当然、守護霊や職業的指導霊も低級というわけではないだろう?
しかし実際には社会的な地位があがれば、社会悪との繋がりも強くなる傾向があるわけで
(偽装問題、収賄、環境破壊、横領、格差の拡大、独裁、拝金主義等)
人間の側が善悪を意識しなくても霊界にいる側はそうはいかないはずだ。

片方では降霊会で物質移動や幻影化といった心霊現象を起こして
「苦労は大切」と言いながら霊的な成長を即しているのに
社会の中枢悪に対しては全く働きかけないどころか、社会悪に関わると解っていて
完全性を指導するというのは明らかに矛盾ではないか。

それとも、この問題は霊訓派にとってはタブーなのかなw

698 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 18:33:14 ID:jIhOJBa2
>>696-697
知性の高さと霊格の高さは比例しませんよ

699 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 22:30:28 ID:JiwPiN1a
>>698
私もそう思う。
ボランテイアを通じて、知的レベルは低くても心の清らかな障害者をいっぱい
知っている。会ってるだけでこちらの心が洗われるような・・・


700 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 23:36:34 ID:ok/cAr5p
というか、定説。

701 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 23:41:04 ID:ZctAGI6D
>>699
>心の清らか

いい話だとは思うけれど、「心」も「霊」とは違うような気がする・・・。

702 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 23:47:19 ID:oJeQcKzZ
>>701
霊性が高い と言うことは
どれだけ  と言うことだと思います。

どれだけ人に優しく、尽くせるか。
基本は親の愛かな?

でも今の時代この愛もおかしくなっている現実。

703 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 01:50:11 ID:usLIIU4J
この手の宗教は、霊の世界からの視点をへ誘導することで
身に起こる現実の不条理を合理化することが目的。
実証が不可能であるばかりか、強い信仰心は妄想すら起こさせる。
妄想か事実かは本人にしか分からない。
したり顔でなされる信仰者らのコメントも読書感想文ほどの意味しかない。
であるからして議論は不毛。

704 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 02:27:04 ID:VN+2M8T+
高級霊団の届けた言葉は、霊的摂理は受け入れる用意のできている人たちのものであって
分からん奴等はとりあえず放っておこうという感じだった

受け入れる用意のできていない人たちはどうしたらいいと思う

ちょっと、受け入れる用意のできていない人たちで話あってみて

705 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 02:45:22 ID:J9TDiZ37
>>704
>分からん奴等はとりあえず放っておこうという感じだった
寄る辺を求めてさまよっている人にそんな風に言えば、
仲間はずれにされたくないから余計に擦り寄ってくるのさ。
面と向かって『お前に言っても分からんよ』なんて言われると、
自信のない大方の人はドキマキしちゃうんじゃない?
例えば、ヒーリングサークルでそういった人はいい金づるなんです。
自尊心をいじられているとも知らずに。

706 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 02:46:06 ID:QPagLaNf
ローションで誤魔化す

707 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 06:08:13 ID:ICbUlwx0
そもそも、霊界は、同じ霊性のものが同じ境涯で暮らしているわけで、自分と
意見の合わない人間(霊)とは、接触したくないという排他的な世界なのでは?

708 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 08:03:58 ID:m5cBKNDQ
地上界の人間が利己的で暴力的過ぎて霊界にも悪影響が出だしたから
地球浄化計画が立てられ、バーチの活動もその一環であるって言ってたよな。
それって結局霊界(自分)の為なんじゃないか。
私達は見捨てませんと言いながら臆病者には用はありません。
とかほざいてるし、計画の為にもっと道具が欲しいとか地上人は単なる
大霊や霊界人の奴隷かよ?

709 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 09:25:15 ID:q36mYSVk
ひねくれ者

710 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 09:52:52 ID:ICbUlwx0
>>708
だいたい、バーチはこの世を陰鬱で死んだような世界だとかぼろくそに言い過ぎ
です。おまけに霊界は言葉で言い表せない程美しい所なのだとか言って、
俺たちが自殺したくなるような言い方だし。


711 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 10:06:06 ID:717VstCY
あのさ、夢みない?夢の世界ってさ自分の魂のレベルだよね


712 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 10:28:15 ID:RIVvcYtv
なんで?

713 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 10:36:14 ID:717VstCY
夢みてるときは、幽界か霊界に逝ってるから、自分のレベルがわかる

714 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 10:41:49 ID:m5cBKNDQ
>>711
霊的に発達した人から何かアドバイスをもらったなとか
心がズタズタに傷ついた日に誰かが慰めてくれたぞとか
そんな類の夢を見て起きた朝は大変に幸せな気分で確かに霊界は存在するな
と感じられる。最近は誰かと話し合ったり誰かと共同作業をしたなと感じる
夢が多い。朝起きたら心臓バクバクの悪夢も見たりする。
それでもバーチの教えはとても受け入れられないけどね。

715 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 10:50:53 ID:717VstCY
受け入れられないんなら、バーチの教えとか言ってないで、
自分ひとりだけの教えをかってにつくって幸せになればいいと思うよ。

716 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 14:12:01 ID:TYgbcj9i
>>703
同意。

高級霊だかなんだか知らんが、そういう奴らが実際にいたとしても
あくまで個人のサポート程度であって、個人の意志に反する強制的な
力はない。努力を放棄して霊に頼るのは、非常に有害、危険。


295 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)