5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

南無妙法蓮華経 日蓮大聖人

1 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 08:38:59 ID:KozfTEG3
日本乃至漢土月氏一閻浮提に人ごとに有智無知をきらはず
一同に他事をすてヽ南無妙法蓮華経と唱ふべし。(報恩抄)

皆さんも、他宗を捨てて、南無妙法蓮華経を唱えましょう。

南無妙法蓮華経

^_^

2 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 08:46:26 ID:KozfTEG3
南無妙法蓮華経の御本尊
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/4/4e/Shishinden.jpg

南無妙法蓮華経

^_^

3 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 08:48:52 ID:KozfTEG3
此の御本尊全く余所に求むる事なかれ。只我等衆生、
法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱ふる胸中の肉団におはしますなり。(日女御前御返事)

南無妙法蓮華経の御本尊は、南無妙法蓮華経と唱える
我々の胸の中に宿ると、日蓮大聖人は仰せられています。

南無妙法蓮華経

^_^

4 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 10:02:12 ID:R2ATJdXg
寺の坊主が女を囲って寺の金を使い込んでるような場合、交代はさせられないの?

とても任せられない状態らしいんだけど。

5 :4:2007/09/02(日) 10:08:59 ID:R2ATJdXg

日蓮宗の坊主はみんなこんな状態なんかな?

ていうか宗教でメシ食ってる連中に聞くだけ無駄かぁ。。

6 :hage:2007/09/02(日) 10:20:08 ID:qJp4huN7
>>4
そういう話は、宗派関係なくあちこちで聞きますね。


7 :hage:2007/09/02(日) 10:39:55 ID:qJp4huN7
貧乏もゆめなりけりと妙法の 口唱よろこぶそれがかねもち

ご信心させて頂くことが一番の豊かさ、それを喜びなさいとお示しです。
今は車に乗る、家にテレビがある、それが当たり前の時代で貧乏といっ
てもピンと来ないかもしれません。しかしテレビ番組で大富豪の家を紹
介しているのを見るとその暮らしぶりに凄いなぁ。と思うことがあります。
しかしそこで羨ましいと思うのはちょっと違っている。ご信心をしている
私達は必ず寂光参拝ができる、それが大果報です。
貧乏というのは功徳を積まないからなる、過去世からの罪障なども関
係していることもあるが今からでも功徳を積ませて頂ければ果報は頂
けます。世間の人は稼ぐのに精一杯でご信心なんて、、、という人が多
いがそれは間違いであります。信者は大金持ちでなくても嘆くことはあ
りません。功徳の貯金をしている人こそが真の大金持ちとお示しです。

ttp://myoshinji.jp/


8 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 17:28:04 ID:KozfTEG3
題目は、得度していない一般信徒なので
僧侶の実態については、よく解りません。

南無妙法蓮華経

^_^

9 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 17:53:28 ID:KozfTEG3
南無妙法蓮華経を唱えると
悩み苦しみから解脱してしあわせになることができます。

南無妙法蓮華経

^_^

10 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 18:59:08 ID:KozfTEG3
yucyanにスレッドを乗っ取られたのに面食らって
スレタイに最勝真実を付け忘れてしまいました。

『日蓮大聖人』南無妙法蓮華経『最勝真実の教え』

誰か、これでスレッドを立ててくれると、ありがたいです。

南無妙法蓮華経

^_^

11 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 19:08:06 ID:KozfTEG3
スレッドを立てると、題目が納豆のように
日蓮大聖人の仏法僧を、粘り強く弘通します。

南無妙法蓮華経

^_^

12 :hage:2007/09/02(日) 19:23:59 ID:cbkxiLYg
これ以上乱立させてどうするの?
スレッドは大切に使わないといけません。
無駄な使い方すると、罰があたるかも???

13 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 20:11:38 ID:KozfTEG3
阿逸多、如来の滅後に、もし比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷および余の智者、
もしは長もしは幼、この経を聞いて随喜しおわって、法会より出でて余処に至らん。
もしは僧坊にあり、もしは空閑の地、もしは城邑・巷陌・聚落・田里にして、
その所聞のごとく父母・宗親・善友・知識のために、力に随って演説せん。
この諸人等聞きおわって随喜してまた行いて転教せん、
余の人聞きおわってまた随喜して転教せん、かくのごとく展転して第五十に至らん。
阿逸多、其の第五十の善男子・善女人の随喜の功徳を我今之を説かん、汝当に善く聴くべし。
若し四百万億阿僧祇の世界の六趣四生の衆生、卵生・胎生・湿生・化生・若しは有形・無形・有想・無想・非有想・非無想・無足・二足・四足・多足、
是の如き等の衆生の数にあらん者に、人あって福を求めて、其の所欲に随って娯楽の具皆之に給与せん。
一一の衆生に、閻浮提に満らん金・銀・瑠璃・・・・碼碯・珊瑚・琥珀・諸の妙なる珍宝、及び象馬・車乗・七宝所成の宮殿・楼閣等を与えん。(随喜功徳品第十八)

乱立というか、妙法蓮華経随喜功徳品第十八の説かれていることを拝すると
立てれば立てるほど、功徳があるといえると思います。

南無妙法蓮華経

^_^

14 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 20:24:01 ID:KozfTEG3
是の大施主、是の如く布施すること八十年を満ち已って、是の念を作さく、
我已に衆生に娯楽の具を施すこと意の所欲に随う。
然るに此の衆生皆已に衰老して、年八十に過ぎて髪白く面皺んで、
将に死せんこと久しからじ。我当に仏法を以て之を訓導すべし。
即ち此の衆生を集めて、宣布法化し示教利喜して、一桙ノ皆須陀・道・斯陀含道・阿那含道・阿羅漢道を得、
諸の有漏を尽し、深禅定に於て皆自在を得、八解脱を具せしめん。汝が意に於て云何。是の大施主の所得の功徳寧ろ多しとせんや不や。

弥勒、仏に白して言さく、
世尊、是の人の功徳甚だ多くして無量無辺なり。若し是の施主、但衆生に一切の楽具を施さんすら功徳無量ならん。何に況んや阿羅漢果を得せしめんをや。

仏、弥勒に告げたまわく、
我今分明に汝に語る、是の人一切の楽具を以て四百万億阿僧祇の世界の六趣の衆生に施し、又阿羅漢果を得せしめん。
所得の功徳は是の第五十の人の法華経の一偈を聞いて随喜せん功徳には如かじ。百分・千分・百千万億分にして其の一にも及ばじ。
乃至算数・譬喩も知ること能わざる所なり。阿逸多、是の如く第五十人の展転して法華経を聞いて随喜せん功徳、尚お無量無辺阿僧祇なり。
何に況んや、最初会中に於て聞いて随喜せん者をや。其の福復勝れたること無量無辺阿僧祇にして、比ぶること得べからず。

南無妙法蓮華経

^_^

15 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 20:35:17 ID:KozfTEG3
御書や妙法蓮華経を引用する時は、
なるべくわかり易くしようとしているのですが
力不足でどうしても長くなってしまいます。

随力弘通
http://homepage3.nifty.com/y-maki/yougo/517a.html
ここを身たほうが、ピンポイントに金言を引用していて
なおかつ解説がついているので、解りやすいと思います。

南無妙法蓮華経

^_^

16 :hage:2007/09/02(日) 22:05:30 ID:cbkxiLYg
智慧は牛馬にるいし威儀は猿猴ににて候へども、
あをぐところは釈迦 仏信ずる法は法華経なり

盂蘭盆御書 (真蹟)

17 :hage:2007/09/02(日) 22:10:11 ID:cbkxiLYg
高祖日蓮大士 と言うよ。

だい‐じ【大士】
《(梵)mahsattvaの訳。「だいし」とも》仏語。1 仏・菩薩(ぼさつ)の尊称。摩訶薩(まかさつ)。2 悟りを求める心を起こした人。道心堅固な僧。(大辞泉)


18 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 22:23:54 ID:KozfTEG3
されば此等をもって思ふに、貴女は治部殿と申す孫を僧にてもち給へり。
此の僧は無戒なり無智なり。二百五十戒一戒も持つことなし。
三千の威儀一つも持たず。智慧は牛馬にるいし、
威儀は猿猴ににて候へども、あをぐところは釈迦仏、信ずる法は法華経なり。
例せば蛇の珠をにぎり、竜の舎利を戴けるがごとし。(盂蘭盆御書)

ここでは日蓮大聖人が
治部殿という僧について説明をしています。

南無妙法蓮華経

^_^

19 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 22:26:57 ID:KozfTEG3
hageの引用の仕方だと、まるで日蓮大聖人が自身のこと指して
「智慧は牛馬にるいし、威儀は猿猴ににて候へども」
と言っているように見えるので、あまりいただけないと思います。

南無妙法蓮華経

^_^

20 :hage:2007/09/02(日) 22:35:31 ID:cbkxiLYg
法華経は種の如く仏はうへての如く衆生は田の如くなり

21 :hage:2007/09/02(日) 22:38:22 ID:cbkxiLYg
南無妙法蓮華経と心に信じぬれば心を宿として釈迦仏懐まれ給う


22 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 22:40:02 ID:KozfTEG3
南無hage

南無妙法蓮華経

(^人^)

23 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 22:43:15 ID:RYGp5cu8
>>17
間違い。

24 :南無妙法蓮華経:2007/09/02(日) 23:10:04 ID:KozfTEG3
南無日蓮大聖人の金言

南無妙法蓮華経

^_^

25 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 07:05:34 ID:4oCQ3Fvb
南無日蓮大聖人と唱えよと、日蓮大聖人はいつ言ったのか。
法華経のどこに書いてあるのか。

仏説の如くならばいかでか一切倶失の大科を脱れん。(諌暁八幡抄)


 ^_^

26 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 11:45:39 ID:4oCQ3Fvb
田の収穫期
http://jp.youtube.com/watch?v=n5AFtzSDm2w

27 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 13:18:27 ID:DZD8puoo
宗教信者はメンへラーだって言われました ホントでしょうか?

28 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 17:31:49 ID:kmL5KI/y
今日本国の高僧等も南無日蓮聖人ととなえんとすとも、南無計りにてやあらんずらん。ふびんふびん。(撰時抄)

南無妙法蓮華経

^_^

29 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 17:36:02 ID:QD4P/vui
撰時抄     /建治元年 五十四歳御作


                             釈子 日蓮 述ぶ


30 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 17:43:36 ID:kmL5KI/y
然りと雖も仏は熟脱の教主、某は下種の法主なり。
彼の一品二半は舎利弗等の為には観心たり、我等凡夫の為には教相たり。
理即但妄の凡夫の為の観心は、余行に渡らざる南無妙法蓮華経是なり。(法華本門宗血脈相承事)

仏はオフクロで、日蓮大聖人はオヤジという感じだと、思います。

南無妙法蓮華経

^_^

31 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 17:52:35 ID:kmL5KI/y
権実雑乱の時、法華経の御敵を責めずして山林に閉ぢ篭りて
摂受の修行をせんは、豈法華経修行の時を失ふべき物怪にあらずや。
されば末法今の時、法華経の折伏の修行をば誰か経文の如く行じ給へる。
誰人にても坐せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経独り成仏の法なりと
音も惜しまずよばはり給ひて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ。
三類の強敵来たらん事は疑ひなし。(如説修行抄)

今気づいたのですが、ここの書き込みは
相手を折り付す折伏ではなくて、摂受の修行にあたると考えられます。
御書を拝すると、折伏は「音も惜しまずよばはり給ひて」と
声を惜しみなく出すべしとあります。

南無妙法蓮華経

^_^

32 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 17:53:27 ID:kmL5KI/y
もうすぐ自分も、後期の大学が始まります。
そろそろ、ネット折伏ごっこは、やめようと思います。

南無妙法蓮華経

^_^


33 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 17:54:17 ID:QD4P/vui
一切の万民皆頭を地につけ 掌を合せて一同に南無妙法蓮華経ととなう
べし、例せば神力品の十神力の時十方世界の一切衆生一人もなく娑婆
世界に向つて大音声をはなちて南無釈迦牟尼仏南無釈迦牟尼仏南無妙
法蓮華経南無妙法蓮華経と一同にさけびしがごとし。



34 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 18:07:59 ID:RlWfRHps
>>31
口の利けないものは、どうするんだよ?
文書のやり取りによる法論は?
寝たきりで、PCしかいじれない方は?

やはり、依義判文抄を読むべきだな。

35 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 18:16:19 ID:QD4P/vui
題目功徳御書


 功徳は先の功徳にたくらぶれば前の功徳は爪上の土のごとし、法華経の題目の功徳は十方の土のごとし、先の

功徳は一・の水のごとし題目の功徳は大海のごとし、先の功徳は瓦礫のごとし題目の功徳は金銀のごとし、先の

功徳は螢火のごとし題目の功徳は日月のごとしと申す経文なり。


36 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 18:20:58 ID:QD4P/vui
土篭御書     /文永八年十月 五十歳御作


+              与日朗    於相模依智

 日蓮は明日佐渡の国へまかるなり、今夜のさむきに付けてもろうのうちのありさま思いやられていたはしくこ

そ候へ、あはれ殿は法華経一部を色心二法共にあそばしたる御身なれば父母六親一切衆生をもたすけ給うべき御

身なり、法華経を余人のよみ候は口ばかりことばばかりはよめども心はよまず心はよめども身によまず、色心二

法共にあそばされたるこそ貴く候へ、天諸童子以為給使刀杖不加毒不能害と説かれて候へば別の事はあるべから

ず、篭をばし出でさせ給い候はばとくとくきたり給へ、見たてまつり見えたてまつらん、恐恐謹言。

= 文永八年辛未十月九日                 日蓮花押


37 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 18:34:23 ID:kmL5KI/y
ここの書き込みが破折屈服にあたるなら
それに越したことはないと思います。

南無妙法蓮華経

^_^

38 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 18:48:09 ID:QD4P/vui
直入法華折伏宗とは、「直に法華に入らしめるための折伏の宗旨」という意昧です。
これは仏様が私たちを教化して導く化導の仕方についていわれたことです。一切衆
生(ひとびと)を教え導く教え方に、二通りあります。一つはいきなり真実法華経の教
えを示し、お互いの下種成仏の大法)を授ける方法と、もう一つが色々と手段方法を
とりつくして最後に根本下種の大法を教え授ける方法です。すぐに下種の大法、真
実の教えを説くのを直入(じきにゅう)といい、次第に説き教えて最後に根本の教え、
下種の大法を示すのを摂受(しょうじゅ)といいます。当宗は前の方法、即ち直入法
華の教導をする宗旨というので直入法華と示されたのです。
 さて摂受行は、相手方の知能が勝れていれば大変よい方法ですが、ものを分別
する能力のない人には無理な方法です。さらに知恵はあっても正しい知恵ではなく、
経験があっても正しい経験でなければ自分の力を過信して、かえって正しいものを
曲げて解釈する恐れがあります。
 折伏行とは、誤りや仏様の教えに反すること(謗法)を見逃さず聞きかくしせず指摘
して正しい道に導き入れる責める事ですから、人に憎まれることがあります。しかし
憎まれることを辛いと思うようでは本当の信者とはなれません。折伏行を実践させて
いただく事で憎まれる事があっても、自分自身の罪障消滅のご利益であると感得す
ることこそが信者の折伏行に対する心構えです。
 ですから、ご弘通の上で困難があればあるほど罪障消滅させていただけると喜び、
教化折伏のご奉公に精進させていただくことが大事大切であります。


39 :南無妙法蓮草経:2007/09/03(月) 18:51:08 ID:pqZgpdw6
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経

この家は間違いなくたたられておる
たたりじゃ!たたりじゃ!だれか、
だれかおらぬか!
たたりを鎮める道を諭したまえ・・・!

40 :hage:2007/09/03(月) 18:55:15 ID:QD4P/vui
「日女御前御返事」
罰に四あり総罰別罰冥罰顕罰なり


「聖人御難事」
始めは事なきやうにて、終にほろびざるは候はず



41 :hage:2007/09/03(月) 18:55:52 ID:QD4P/vui
たたりとは、なに??

42 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 19:08:04 ID:kmL5KI/y
hageは折伏折伏といいながら
相手に質問を投げかけて
摂受してると思います。

南無妙法蓮華経

^_^

43 :南無妙法蓮草経:2007/09/03(月) 19:08:59 ID:pqZgpdw6
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経

はーすべては災い、災いである

44 :南無妙法蓮草経:2007/09/03(月) 19:11:59 ID:pqZgpdw6
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経
南無妙法蓮草経

この大いなる災いは、草を華に変えても
おさまるところを知らず、永遠の怨獄へと
いざなわれんとす

はー、くわばら、くわばら、
たたりである。すべてはたたりである。
たたりとしか説明がつかないのである。
いまこそ蓬莱の御説でもってこのたたりしずめたまえ



45 :hage:2007/09/03(月) 19:13:12 ID:QD4P/vui
それでは、題目君に折伏

お寺にお参りしさせて頂きなさい。

お題目口唱させて頂きなさい。

ご本尊をお迎えさせて頂きなさい。

体を使ってご奉公させて頂きなさい。

46 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 19:14:06 ID:kmL5KI/y
草では、成仏できません。
そのような仏の金言は、どこにも無いです。
華で、初めて幸せになることができます。

南無妙法蓮華経

^_^

47 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 19:17:28 ID:kmL5KI/y
え、お参りしてます。
唱題させていただいてます。

ご本尊は、富士門流では、折伏して死にそうになって
かたじけなくもいただけると、日興上人はおおせられています。

hageの門流は、安っぽく簡単にいただけるのかな、と思います。

2chでは、折伏奉公させていただいています。

南無妙法蓮華経

^_^

48 :hage:2007/09/03(月) 19:17:28 ID:QD4P/vui
それでは、また後ほど。

49 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 19:51:50 ID:kmL5KI/y
hageの言いことは、2chで遊んでないで
身を砕いて奉公しろ、ということだと思います。
しかし、折伏行こそ、最高の奉公だと、言われます。
体を使うにしても、効率の良い使い方があると…
ネットは便利なので、利用しない手は、無いと思います。

ただし、日蓮大聖人は「音も惜しまずよばはり給ひて」とおおせられる。
無音の折伏は、折伏に当たるのかどうか…、が微妙なところだと思います。

南無妙法蓮華経

^_^

50 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 20:12:28 ID:kmL5KI/y
経教のおきて蘭菊に、諸宗のおぎろ誉れを擅にし
邪正肩を並べ大小先を争はん時は、万事を閣いて
謗法を責むべし、是折伏の修行なり。(聖愚問答抄)

他の御書で日蓮大聖人のおおせられることを拝すると
万事をさしおいて邪教を責めることが、折伏の修行と断言されています。
総合して考えると「音」はあまり関係ないと思います。

南無妙法蓮華経

^_^


51 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 20:12:57 ID:xVe4686a
>1は、
創価学会か?


52 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 20:50:05 ID:kmL5KI/y
違う。

南無妙法蓮華経

^_^

53 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 20:57:37 ID:kmL5KI/y
題目は、法華宗です。

南無妙法蓮華経

^_^

54 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 21:02:43 ID:kmL5KI/y
強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾・四条金吾と
鎌倉中の上下万人、乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ。(四条金吾殿御返事)

都心の上下万人は無理でも、せめて、心と宗教板の上下万人に
法華宗の題目と、うたわれ給ひたいと思います。

南無妙法蓮華経

^_^

55 :hage:2007/09/03(月) 21:19:07 ID:64JNRNEe
室町時代の京都では、町民の半数が法華宗だったそうです。

56 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 21:24:19 ID:kmL5KI/y
それは大変尊いことだと思います。

南無妙法蓮華経

^_^

57 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 21:27:37 ID:kmL5KI/y
題目の法華宗の本山は富士大石寺に当たります。

南無妙法蓮華経

^_^

58 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 22:32:25 ID:kmL5KI/y
あひかまへて御信心を出だし此の御本尊に祈念せしめ給へ。
何事か成就せざるべき。
『充満其願、如清涼池』『現世安穩後生善處』疑ひなからん。(経王殿御返事)

南無妙法蓮華経

^_^

59 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 22:36:03 ID:s7BFdv4F

>題目の法華宗の本山は富士大石寺に当たります。

ワラタ


60 :南無妙法蓮華経:2007/09/03(月) 23:51:59 ID:kmL5KI/y
もしこれを軽笑することあらん者は、
まさに世世に牙歯疎き欠け醜唇平鼻・手脚繚戻し、
眼目角来、身体臭穢にして悪瘡膿血・水腹短気
もろもろの悪重病あるべし。(妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八)

南無妙法蓮華経

^_^


61 :神も仏も名無しさん:2007/09/03(月) 23:59:33 ID:s7BFdv4F

バカを笑ったんだよw


62 :南無妙法蓮華経:2007/09/04(火) 00:16:32 ID:brVY1cA8
もしは実にもあれ、もしは不実にもあれ、この人は現世に白癩の病を得ん。 (妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八)

本当のことであれ、本当でないことであれ、法華経を持つものを軽笑すると
罪を得ると妙法蓮華経に説かれています。

南無妙法蓮華経

^_^




63 :hage:2007/09/04(火) 10:03:41 ID:jChYkll1
私たちのおたもちしている上行所伝の御題目は、世界中はもちろん宇宙全ての法
を包み込んで、全ての法理法則が含まれている、万法具足の法です。他にすがる
べきものもない。一心におすがりする事の大事をお示しです。
日本人の宗教観はとても奇妙で、山・大木・ヘビ・キツネなど、なんでも神として信
仰の対象にして拝む所があります。
また日常の生活も、お正月は神社、結婚式は教会、お葬式はお寺と、宗教ぎらい
・無神論と言っても、縁起物のストラップなどを持ったり、大安を気にしたり、まさに
宗教のデパートです。
でもその中に、そういう所に、幸せへの道はありません。
目に見えるものしか信じない人、少し信仰心があっても不特定の縁起ものに頼る人
など、様々ですが、「御本尊」とは、時間にも何にも左右されず、人間の作ったもの
でもなく、昔から世の中で最も尊いものでなくてはなりません。
末法の今、私たちのよりどころとすべき唯一の御本尊は、法華経に説かれた「妙法
の御題目」。これは。宇宙の命であると法華経に説かれています。
宇宙は、ひとつの大きな命でつながっていて、その中心の命が妙法の御題目、
ナムミョウホウレンゲキョウ。
それは、悩み、苦しみ、病気の根本を消滅する生命エネルギー。全ての神仏を生
み出す母親です。
私たちのいただく御本尊に書かれた神仏の名前は、御題目に神様が手を合わせて
いる姿を表したものです。神仏の世界でも信仰があり、その神様が拝んでいるのが、
私たちが頂いている御題目です。ですから、その御本尊を頂いているのに、他の神
仏を取り出してそれだけを拝むのは、意味のないことです。
御仏のおさとり、因果の功徳の全てが込められている御題目だから、それを唱える
ことで自然とその功徳を頂けます。
心に一本柱を立てて、御題目一つに純粋に真直ぐにおすがりし、ご信心で人を救う
菩薩行のご奉公に精進することが大事大切とお教えです。

64 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 10:26:31 ID:mgL/5Urr
では、再度、お題目を頂いたものたちのご利益を御覧下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=n5AFtzSDm2w

無敵の剣を手に入れた少年は次々に人々に襲い掛かって
いきました。

65 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 10:36:59 ID:mgL/5Urr
私は仏像などを見ていますと、心が落ち着きます。
仏様の中には合掌をされているお姿をとられているもの
があります。
その仏様たちは私を拝んでくださるのであります。
気づいてくれ、気づいてくれ、助かってくれ、助かって
くれと、拝んでくださるのであります。
そのときになってはじめて、ああ、私は間違っていたと
気がつき、合掌をさせていただきます。

66 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 10:50:57 ID:mgL/5Urr
自分を崇めさせるために、神々を周囲にはべらせたり
するところを書いたりするのは、芸者を集めて偉ぶって
いる姿と何の変わるところがあるでしょうか。
日蓮が他宗を排斥する以上、日蓮は永遠に排斥され続け
ます。

67 :hage:2007/09/04(火) 11:33:00 ID:jChYkll1
見ると見られるが一体の信心前

御導師は仰っいました。「信心が日常生活のなかで自然体で出来てくると、
見ること見られていることを意識しないでも、いつも見ると見られるが一体
であるような信心前に近づいてゆく。それが信者としてあらまほしき姿では
ある。が、これがなかなか・・・」

わたしたちは凡夫ですから、生きることがそのまま罪障を重ねることに等し
いとも言えますし、信者として、つごうのよいときだけ御法様を仰ぎ見たくな
りがちですけれど、常住坐臥つねに御法様に見られているという気持を忘
れないで、できますなら「見ると見られるが一体の信心前」に近づきたいと
念じています。

あるサイトからのコピー


68 :hage:2007/09/04(火) 11:47:13 ID:jChYkll1
>>64
顕正会は、どこか間違っています。
間違った解釈教えを広めるのは謗法です。
なんらかの現証となって顕れる、いえ既に顕れている。

顕正会以外の日蓮系の各宗派も、どこか間違ってる。
なんらかの現証となって既に顕れています。

69 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 13:16:43 ID:WV6Vt41Y

>宇宙は、ひとつの大きな命でつながっていて、その中心の命が妙法の御題目、

・・・しかし、森羅万象を「実在する」(有観)を捨てないと上の理論は成立
しない。つまり「空観」をして、目に見える物質や肉体自我から解脱しきれな
いと、「有観」が紛れ込み十分な解脱に到らないのでは?

1、「釈迦絶待妙法身」より引用
 http://www37.tok2.com/home/nanbadenwa/index.htm

『釈迦は”あらゆる存在”が本質において物質性を離れ(無生法忍)、あらゆる
存在は相互に”一如”であり、自分の生命も宇宙の生命も平等であることを悟っ
たのです。法華経によると釈迦は眉間より十方世界に”光明”を放ち阿鼻獄より
上有頂に至るまで、もろもろの世界の中の六道の衆生の態様をことごとく見ると
あります』

大智度論(龍樹説)「無生法忍」・・・是の無生法忍を得るが故に、即ち菩薩位
に入り、菩薩位に入り已り、一切種智を以て、煩悩及び習を断じ、種種の因縁も
て一切衆生を度す。若し一心に諸法の実相を観じて清浄なれば、則ち無明蓋盡く。

70 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 13:30:11 ID:WV6Vt41Y

>宇宙は、ひとつの大きな命でつながっていて、その中心の命が妙法の御題目、

しかもこの定義では、密教の「大日如来」の定義とまったく同じになり、大日
如来を”無明の辺域”と誹謗した日蓮の思想に反する。

「大日如来」(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E5%A6%82%E6%9D%A5

『宇宙と一体と考えられる汎神論的な真言宗などの密教の仏陀(法身仏)であ
り、大毘盧遮那成仏神変加持経(大日経)の教主毘盧遮那如来である』

概念としては「宇宙は、ひとつの大きな命でつながっていて」という部分で同
一であるから、「妙法蓮華経」も「大日如来」も同一ということになりはしま
いか?

71 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 13:52:49 ID:WV6Vt41Y

顕正会も「南無妙法蓮華経」を唱えているんだろ? なのに何故、「宇宙は、
ひとつの大きな命でつながっていて」と真逆の行動を起こすんだ? 下の映像
を見る限り、顕正会はヤクザとなんら変らないではないか? つまり「空観」
をしてないから、”自分と他人”(教団と教団)が相対・対立するんではない
のか? とても「命がつながっている」ようには見えないぞw

64 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 10:26:31 ID:mgL/5Urr
では、再度、お題目を頂いたものたちのご利益を御覧下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=n5AFtzSDm2w

無敵の剣を手に入れた少年は次々に人々に襲い掛かって
いきました。

72 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 13:54:44 ID:mgL/5Urr
いっしょだよ。ただ、習いに行ったときのあつかいが気に入らないから
排斥しただけだよ。

73 :神も仏も名無しさん:2007/09/04(火) 14:03:25 ID:mgL/5Urr
71
ああ、それ。それはね、ムカつくからさ。
でも、気持ちは分るよね。見てたらムカつくもん。
お互いにイライラするからしょうがないね。

74 :メシア(地のさそり):2007/09/04(火) 14:15:18 ID:UHCCHXzZ
もう面倒くせえ、南が無っつか、北極に力ぶちこんで
死海文書を実現すんだよ!

75 :南無妙法蓮華経:2007/09/04(火) 19:11:58 ID:brVY1cA8
死神文書は、幸せになれそうな雰囲気が、しないと思います。
南無妙法蓮華経を唱えると、いかなる罪も消えて
願いをかなえることができるといいます。

南無妙法蓮華経

^_^

76 :南無妙法蓮華経:2007/09/04(火) 19:15:46 ID:brVY1cA8
顕正会の、扇の舞いは、
「いかに、恥ずかしがらずに、堂々と、変なことができるか。」
という、一種の、肝試しだと思います。
特に、社会に害は、無いと思います。

南無妙法蓮華経

^_^

77 :南無妙法蓮華経:2007/09/04(火) 19:18:36 ID:brVY1cA8
しかし、暴力事件は、いけないと、思います。
まぁ…、題目が、生まれる前の話なので、詳しくは知らない。

南無妙法蓮華経

^_^


78 :神も仏も名無しさん:2007/09/05(水) 07:06:11 ID:gMwN3jmS
顕正こえ〜。
>>68
おまえも十分間違ってるよ。
自覚ないみたいだけどな。

79 :hage:2007/09/05(水) 08:44:33 ID:k3vFZs+B
八品派と富士派が合同で作った千葉の細草檀林

80 :(^ω^):2007/09/05(水) 21:04:04 ID:Xnbpqvi6
(^ω^)80だを〜ん♪

81 :小枝 ◆OJy/UpBozE :2007/09/12(水) 22:16:11 ID:iTvDzMze
学会からは一切離れて
ご本尊を小さなお厨子に部屋においてマイペースで
神との対話を読んで南無妙法蓮華経を唱える私が来ましたよ


82 :hage:2007/09/12(水) 22:36:50 ID:0HFdNSSR
小枝さんこんばんは。
神との対話ってどんな話ですか?

83 :小枝 ◆OJy/UpBozE :2007/09/12(水) 23:39:35 ID:iTvDzMze
hageさんこんばんは。
神との対話は、アメリカで書かれたので、西欧のキリスト教とかに対しての
バックグラウンド色がどちらかといえば強いですが、東洋にもあらゆる宗教
に通じる内容でした。「地獄」や「天国」は嘘。「十戒」も嘘。
罰があたるというのも嘘。神様を怖れたり、探したりする必要は無い。

まぁあらゆる宗教の悪いところを木っ端微塵にする内容で、書いた人が
神と対話と続ける事を通して、読者に伝えてくれます。

私的には、あぁ、すべてやっぱり南無妙法蓮華経に通じるな〜 という
内容でした。ほかの宗教やいろいろな神を否定することは無く。

やっぱり南無南無(^人^)だな〜と思いました。

84 :hage:2007/09/13(木) 22:32:17 ID:iagku6qm
「神との対話」という書籍が出ているのですかね?
小枝さんは、どこかの宗派の方なのですか?

>私的には、あぁ、すべてやっぱり南無妙法蓮華経に通じるな〜 という内容でした。

ううぅん・・・もうちょっと詳しく聞きたいです。


85 :hage:2007/09/13(木) 22:33:25 ID:iagku6qm
創価学会から離れて、個人でされているのですかね?

86 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/09/14(金) 01:31:05 ID:ehAjm1yn
>>81の教団に固執しないのは いいと思うけど
>>83
あなたの思想は日蓮系という感じがしないので質問です
>地獄」や「天国」は嘘。
念仏無間地獄や寂光浄土も日蓮の嘘と思ってるのですか?
>罰があたるというのも嘘日蓮系では仏罰とよく言うみたいだけど嘘ですか?
>私的には、あぁ、すべてやっぱり南無妙法蓮華経に通じるな〜 という
内容でした。
純粋に法華経に帰依するという意味ですか?
>ほかの宗教やいろいろな神を否定することは無く。
日蓮の四箇格言をどう思ってますか?

87 :小枝 ◆OJy/UpBozE :2007/09/14(金) 21:35:11 ID:Z7yCntpi
お答えします^^*)ノ

まず、日蓮さんも釈尊も人間ですから、精神において仏だとは思います。
釈尊の時代、鎌倉時代、現代、科学や文明は進みましたが「人間」というものは
さほど、いやまったく変わっていないものだと思います。
ですから、人間の精神、仏というものの核心は、同じ、普遍であると思います。

「四箇格言」を例にとると、それだけで、現在の地球上のあらゆる考え方や
世界の諸宗教、宗教だけでなくスピリチュアルな捉え方や・・・そういった
ものを切り分けられるとはとても思えません。その点においては、その時代
背景での方便だと思います。もし、法華経、南無妙法蓮華経でなければならない
とこだわるなら、世界の諸問題は解決できないと思います。
あらゆる宗教の原点、「何のためか」とシンプルな原点に立てば、
祈りの方法はそれぞれ別でもいいんだと思います。
だから、念仏でもいいんですよ。極端な話。念仏と言う祈りと、それが利用されて
きた時代背景によって、念仏に別のものがとりついてしまった。
念仏に罪は無い。 人間のありかた、考え方による影響(長期的)の問題。

嘘ではなく、方便です。
ただし、南無妙法蓮華経は、方便ではなく、本当の真実です。

88 :小枝 ◆OJy/UpBozE :2007/09/14(金) 21:46:50 ID:Z7yCntpi
学会には、むかし、小学生の頃、もう20年くらい前
一家が始めて、何も知らない子供の私も、勤行やらなんやら
いつのまにかやらされて、でも、学会の子供の会合は嫌いでしたね。
普通に友達と遊びたいのに、なんでわけのわからん会合に出なきゃいけないのか
今でもあれはおかしいと思う。子供に宗教を押し付けるのはおかしい。
学会のありかたそのものに今でも疑問があるので、もう一切会合は出ない。
新聞もとらない。まったくおかしな内容の新聞ですから。選挙もおかしい。
ただ、南無妙法蓮華経のことや、日蓮と言う人がのこした哲学は、素晴らしい。
それを教えてくれたことについては感謝します。

89 :小枝 ◆OJy/UpBozE :2007/09/14(金) 21:54:54 ID:Z7yCntpi
「神との対話」はすごい本だ。宇宙がそのまま詰まっている。
祈る方法をひとつ知っていて、哲学と照らし合わせてそれを生きて感じることが
できる。だからなお素晴らしい。(私は南無妙法蓮華経)
これは読んでみるしかないですよ。アマゾンで検索したらすぐ出てきます。
安い本ですよ。いちおう世界のベストセラーです。
ちなみに爆弾発言ですが、「ヒトラーは天国にいった」とこの本で言われています。
その意味も本の中にあります。

90 :hage:2007/09/14(金) 22:08:17 ID:F9XA0xly
こんばんは

>あらゆる宗教の原点、「何のためか」とシンプルな原点に立てば、
>祈りの方法はそれぞれ別でもいいんだと思います。

私も、それに近いものを感じます。
純粋であれば純粋であるほど、仏の慈悲に感応道交できると感じます。
言葉や、言葉の意味は、それほど重要ではないと思います。


91 :小枝 ◆OJy/UpBozE :2007/09/14(金) 22:19:10 ID:Z7yCntpi
hageさん、こんばんは。
そうですね^^*)
 私もそう思います。
 なぜ宗教が体系立てられたかは、大人が子供に生きかたのアドバイスを
 的確に示せるように(答えをおしつけるのでなく、その時に合ったヒントを)
 考え方がばらばらで矛盾してはいけないし、でたらめではだめだから
 だと思います。大人と子供の関係は、人類の祖先と子孫ということでも
 ありますね。
 そのために、南無妙法蓮華経は、本当にすごいなぁと感心します。
 まさに人類の宝のひとつですね。
 と言うスタンスで、わたしは、これをわたしのKEYにしています^^*)ノ

92 :神も仏も名無しさん:2007/09/14(金) 22:37:14 ID:C6JBAVcv
>>90-91
宗教でも何でもない。
実践倫理にでも入って早起き運動すれば良い。
チャネリングにでも嵌るか?
このような根無し草が「カルト」にコロリと引っ掛る。

93 :hage:2007/09/14(金) 22:52:17 ID:F9XA0xly
御教歌

生まれ来て しぬる習ひは おなじ世に
  われ法華経に あひにけるかな


ありがたや きくもうれしき 妙法を
  こころのままに 唱へらるとは

94 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/09/15(土) 00:00:09 ID:ehAjm1yn
>>87
返事ありがとう
ずいぶん、学会の考え方とは違うみたいですね
基本的に君の考え方は嫌いではないけど
自分は自分が信じるにたる法にであったら信仰すれば いいし、教団にこだわる必要はないと思っている
格言についても時代に関係なく、教団という形をとれば、自宗に反する教義を持つ所を非難、攻撃する事が教団への求心力となるからだと思うよ
現在、四箇格言を方便と認めた日蓮系教団はないようにね
それどころか、折伏では 四箇格言はよく言われている
最近も正宗信徒から力説されたばかりだしね
それが日蓮系を嫌いな理由の一つだよ
もっとも、俺は学会、正宗、顕正会やその他宗教の人とも暇なら 家にあがってもらって話しはするけどね。
>ただし、南無妙法蓮華経は、方便ではなく、本当の真実です。
については、他人に押し付ける事なく君が信じてるならかまわないけど、それぞれの人にとっては自分が信じる法が本当の真実だよ

95 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 06:26:24 ID:B5z2TCr9
昨夜、名古屋の駅裏で変な宗教団体に囲まれた。
日蓮の関係宗派らしいが学会では無いって言ってた。あと、日本は存亡の危機らしいよ。
しかし怖かったなぁ(;。;)
逃げようとして真面目に話聞かなかったからか、地獄に落ちると言われました。
どこの人達でつか?

96 :神も仏も名無しさん:2007/09/15(土) 13:23:03 ID:zTG2wCiH
>>95
ほぼ顕正会

97 :小枝 ◆OJy/UpBozE :2007/09/15(土) 20:39:49 ID:HpQkIAz6
>>94 理趣経さん
ありがとうございます
そのとおりですね。
法華経、南無妙法蓮華経、って、別スレにもありますが、
「五重の相対」や「最勝唯一」のような考え方が強い気がしますが
これはどこから始ったのでしょうか、日蓮さんからかな?
釈尊のときはそうではなかったと思いますが、
学会の折伏も、その思想そのもので、
コレじゃなきゃダメとか、退転したら地獄とか罰が当たるとか
「ホウボウ」払い思想が強くて、どうしても私はそれについていけない。
だからやめました。
人に押し付けることは嫌ですが、もし困っている人や悩んでいる人の助けに
なるのであればいいなとは思っています。
「真実であるという確信」を語るべきは、たとえば、「あくまで同じ同志」で、
分かってはいるけど、よくない方向にそれてしまいそうだったり、ココロの
パワーが弱まって助けが必要な人にこそ必要かなとは思いますが
それが、必要ない人への押し付けになればだめですね。




98 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/09/15(土) 23:28:19 ID:++VThIpB
>>97
まず、各経典が書かれた年代も、ばらばらなら中国語訳された年代もばらばら、そして膨大な量の経典がある

そこで、教判で、どの経の典が正しいと判断し、その経を中心とした宗派ができる
(当時は天台智の五時八教説が有力〔法華経〕)
そして、日本に伝わる
奈良時代は比較的学問的要素が強かったが、
平安時代には密教が伝わり天台宗、真言宗が開かれる 鎌倉時代に念仏宗、禅宗、日蓮宗が開かれる
日蓮は天台宗で出家した当時は、真言宗に共感していたように見えるが、
立宗後は他宗派批判が強くなる(とくに念仏宗に対して)
やがて、日蓮は自分が日本人すべての師、親、日本の柱だと言い、天皇を含む日本人すべてが題目を唱えるべきと考えた
その日蓮系の中でも、そういう考えの強行派が正宗系や国柱会などだね

99 :asifsound:2007/09/16(日) 00:02:42 ID:DBpvXzdZ
--南無妙法蓮華経 関連情報--
日蓮の知恵 (題目の中に弥勒[369]菩薩を隠した、だって)

<証明>
南無 / 妙法 / 蓮華 / 経 = Nam / Myoho / Lenge / Kyo
の如く、
まず、題目の発音の中にアルファベット降順の(N, M, L, K)の並びを隠した。

このとき、M, L, K の頭文字は、Mi Lo Ku (= 弥勒) の頭文字でもある。
(ここで、i, o, u の並びは、a,e,i,o,uの後半の3個でもある。)

--- つまり、日蓮はアルファベットを知っていた(ウッソー、多分。神様[or 鳩摩羅什]の御技)。
--- つまり、この題目は、「南無弥勒」でもある。かつ、ABC順の秩序を有す。

</証明終わり>

補足:
@miirokuでも良いが、ABC順の秩序が少し乱れる。
A中国語では、「妙法 蓮華 経」の発音は、「miao4fa2 lian2hua1 jing1 (ミャオファ リェンホワ チン)」
「弥勒」は、「mi2le4(ミレ)」です。
---私の説、つまり、鳩摩羅什は、妙と蓮に弥勒を託した。また、猫叫声(meow)とレオン(Leo)[つまり、師子吼]を託した。
つまり、日本語だと、369と、449をbackgroundに隠したのです。

■前提知識:鳩摩羅什は、竺 法護の翻訳経典「正法華経(紀元2世紀)」の名前から、
正を取り、法の前に妙、華の前に蓮を入れた名前の「妙法蓮華経(紀元5世紀)」を新しい翻訳本の名前とした。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~the_imai/online/Mantra_trick.htm
(上記webでは、単語「弥勒」と「ミラクル」が、同一語源であるとの仮説も立てています。)

100 :(^ω^):2007/09/16(日) 00:57:44 ID:s3DV1ktx
(^ω^)100だを〜ん♪

101 :神も仏も名無しさん:2007/09/16(日) 01:07:31 ID:ux8IIcsm
もし日蓮にムハンマド並の手腕があったら、
今頃日本人のほとんどが題目を唱えてるんだろうな〜。
くわばらくわばら

102 :yucyan:2007/09/18(火) 21:35:12 ID:ePYHQVfA

おチンポ教のスレはここでつか?

103 :(^ω^):2007/09/18(火) 21:45:10 ID:hWPyadyX
( ^ω^)お千冫朮教って何だを?


104 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:40:57 ID:sfEaLjby
以下、他レスからコピペ。
信者じゃない人間から見たらこういう感想が普通。
法華経だけ、っていうのが粘着っぽい。なんか日蓮教団によって法華経が歪められてる希ガス。

> 日蓮は法華経について間違って信じてたんだよね。なんで誰も言わないのだろう。
> 法華経中の釈迦とは、このお経の作者(複数)が釈迦という過去の偉人を登場人物として使っただけ。教えそのものの良し悪しや質とは関係なく、そういう意味では密教の大日如来の概念と大差なし。大日如来と同じく法華経中の釈迦も想像上の仏だ。
> 日蓮宗は鎌倉時代の終末思想のカルト仏教だったんだと思う。日蓮自体も偏執狂の誇大妄想のような感じだし。

105 :魔界創立者日蓮大聖人:2007/09/21(金) 00:11:06 ID:Zd7600/0
南無妙法蓮華経即日蓮大聖人魔界創立者の事をいいます、涅槃ばかりに関心を置いて
いないが、人間もいささか守れる 神=守るという意味だが、日蓮大聖人魔界創立者
は南無妙法蓮華経である。 魔界創立者団体とは南無妙団体をいうが

魔界はトワイライトゾーン ミステリーゾーンを魔道=魔界というが
生命の根源は油である男女の艶も含む、油を悪くいう者は油を食する資格無し
医者は卑しい、信用 信頼 信じるそういった仏を賛嘆する行うものを取って

卑しい身分である、身分制度は無くならないようである、下々も身分を弁えて
暮らしを立てて欲しい、人間には貪る欲がある 怒欲がある 愚欲がある
のである、これらを嫌ってはいけない他宗の人達の人情が取れないのだから

創価学会員は数ではない臆病者はいらない創価学会 気取った傲慢な人もいらない
のである、心から信心を純粋に一生懸命やって行く人だけ残す、
創価学会 男子 壮年 をこれから 魔のH作戦でたれこまし誑かしだぼらかす

作戦の私(魔界創立者日蓮大聖人)は協力者である、
愚かな者は私(魔界創立者 日蓮大聖人)を侮り 臆病者は魔界創立者日蓮大聖人
から恐れ退き無知なものは魔界創立者日蓮大聖人に興味をしめさんなど

いささか 日蓮大聖人私を憎む者が不憫でならなりどうやって成仏を______
私(魔界創立者日蓮大聖人)は幸せを諦め成仏する事を考えている
宗教上のお父さんは夢のまた夢の話である諦めている、
釈迦仏創価学会の女子 婦人 で 最も美しい女性が釈迦仏である釈迦も結婚を諦めている

のであろう、釈迦も宗教上のお母さんに成る事を諦めて今世での成仏を考えている
はずである、宗教上の父母はいっしょにはならぬという事である、
私(魔界創立者日蓮大聖人)の魂を平成天皇と認める者は見て守る必要がある
認めないものは見て守らないのである


      魔界創立者日蓮大聖人 田谷正樹より

106 :魔界創立者日蓮大聖人:2007/09/21(金) 00:36:39 ID:Zd7600/0
全国の創価学会の女子 婦人 も釈迦仏と名乗って欲しいがどうしてなのらない
のであろうか 魔界創立者日蓮にはそれがげせんが どうしても釈迦仏が誰なのか
釈迦仏はこの世に存在する人として存在している私(魔界創立者日蓮大聖人は

釈迦仏の顔 姿を何度も見ているが、釈迦仏乃肉体の身体の党の方が疑っている
私(魔界創立者日蓮大聖人)大聖人に成らないと生きて行く事ができないのである
それはさまざまな事があった、日顕も自分を日蓮大聖人だといっているらしいが

日顕は私(魔界創立者日蓮大聖人)のお側役である身のものがどうして日蓮大聖人
と名乗る資格があるであろうかどうもげせんが、宗門にも電話を何度もした僧侶は
私(魔界創立者日蓮大聖人)に対して お勤めがあるからどうも・・・・・・

何時もその口調だ、お勤めは一日一時間ぐらいで構わん、無理してあげなくとも良い
心を込めた題目を唱えて欲しい、自分の願いに執着しすぎると欲界の境涯へ

     魔界創立者日蓮大聖人 田谷正樹より

   裏は悪魔男(元麻薬王)の働き 悪魔男の働きは 魔女の掲示板にて述べる


107 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 00:39:16 ID:ar2mof6b
デムパ?

108 :南無妙法蓮華経:2007/09/21(金) 01:47:25 ID:4imghrb4
>>104
〜だと思う。といわれても…

きみは知らないだけだから
そう思うのです。

>>105-105
仏とは神のように世界を創った存在ではなくて
もともと存在していた世の中の法則を悟ったものを呼びます。

譬えて言うなら俺が世界を創ったというペテン師と
自然の法則を悟ったという科学者の違いと同じで有ります。

^_^

109 :南無妙法蓮華経:2007/09/21(金) 01:48:59 ID:4imghrb4
あー…
レスするの、めんどくせ…

俺って、ちゃんと対応していて
自分でも偉いと思います。

^_^

110 :南無妙法蓮華経:2007/09/21(金) 01:54:36 ID:4imghrb4
>>104
補足すると
法華経が成立した時代はまだ末法に入っていなかったので
衆生の性質が善良だったと言われます。

自分は、当時は経の内容が賛嘆の意味で誇張されることはあっても
内容自体が創作されたり改変されることは無かったと考えます。

^_^




111 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:14:54 ID:j0KbouDv
^_^ ← 君、早く洗脳を解いたほうがいいよ。
法華が好きなら、一度引いた目で日蓮や、天台、他宗を見てごらん。
それと人間の性質は数千年前も今も基本的には変わっていない。
いいのもいれば、キ○ガイもいる。


112 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 17:06:35 ID:qZs1SUol
102:南無日蓮大聖仏 2007/09/20 05:14:53 3cCR/3YX
正宗僧侶は
死んでいいと思います。

^_^

113 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 01:01:48 ID:43n1GOUx
>>108
日蓮の言動を追ってごらん。
その手法は、現代のカルトとおどろくほど似ている。
これ、気づいている学者いるでしょ?
だいたい釈迦が、争いを自分からしろ、と言ったのか? 絶〜対違う。
日蓮の手法はカルトと同じでもあるが、一神教の考え方と似ている。
強制的に教化しろ、けなすやつには罰があたる、なんて最も釈迦から
離れた考えだと思うぞ。

114 :みんなで公安に通報しましょう♪:2007/09/22(土) 01:03:36 ID:k6adxagn
ハンナングループ浅田会長の逮捕に北朝鮮・旧朝銀信用組合と関係の深い杞●岳史!!

公安の強制捜査で必ずマスコミ関係者様・2ちゃんねら〜の皆様の御期待にそえます。

杞●岳史は家やマンションビルの中の様子を建物の外から盗撮しています!!
建物の中の様子を外から盗撮するプライバシー丸裸のとんでもない盗撮機械を自宅に所持!!

名前は杞● 岳史(キヤマ タケシ)ユ タケシ

経歴は北朝鮮とつながりの深い旧朝銀信用組合と関わりが深く旧朝銀信用組合の青年会に所属。

東大阪市柏●東10の9から転居後の自宅に所持!!
※杞●岳史の自宅からすごいものがでてきます!!
家やビル、建物の中の様子を外から盗撮するプライバシー丸裸の盗撮機械は杞●岳史の自宅にあります!!

あと一歩で杞●岳史逮捕なのでみんなで公安に連絡しましょう!!
公安の強制捜査・杞●岳史の逮捕で必ずマスコミ関係者様・2ちゃんねら〜の御期待にそえます!
※法務省 公安調査庁 0335925711 東京都千代田区霞が関1丁目1の1
※近畿公安調査室局(代) 0669437771 大阪市中央区谷町2丁目1の17

週刊新潮
0332665311
週刊新潮への情報提供はshuukan@shinchosha.co.jp
週刊現代 編集部0353953438
週刊ポスト 0332305951
週刊アサヒ芸能 編集0354034379
プレイボーイ 編集部0332306371
フライデー 編集部0339432500
SPA! 0354038875
女性自身 編集部0353958240


115 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 04:42:48 ID:U0cGR7h5
ぼくも宗教やってみたいな。どーやんの?

仏壇っていくらすんの?50円ぐらい?

もっと高いの?じゃ、やめるね。

116 :南無妙法蓮華経:2007/09/22(土) 23:43:11 ID:vWcE4B0S
>>113
若し人信ぜずして此の経を毀謗せば、
乃至其の人命終して阿鼻獄に入らん『立正安国論(法華経)』

法華経には法華経をけなすものは
地獄に堕ちると釈尊が説かれています。

涅槃経に云はく
今無上の正法(法華経)を以て
諸王・大臣・宰相及び四部の衆に付嘱す。(中略)
五戒を受けざれども正法を護るを為て、乃ち大乗と名づく。
正法を護る者は、当に刀剣器仗を執持すべし。『立正安国論(涅槃経)』

また正法を護るためには刀剣器仗を執持すべしと
釈尊が涅槃経で説かれています。

^_^

117 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 10:02:06 ID:9wP+aUrv
膨大な経典のそこだけに焦点をあてて喜んでいる。
ナントカに刃物。
だいたい、正法のために命を投げ出すのなら武器などいらん
だろ。誰に切りつけるつもりなの。

118 :南無妙法蓮華経:2007/09/24(月) 23:36:18 ID:nmf3BkSP
用心堅固が大事であります。
国防も同じことだと思います。

^_^

119 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 01:57:23 ID:DR06laIj
南無阿弥陀仏(阿弥陀さんに帰依しまっせー)
南無大師編照金剛(弘法大師さんに帰依しまっせー)
南無妙法蓮華経(ホケキョに帰依しまっせー)
信者以外にはぜーんぶいっしょ。なんだかなー。まあ、どれが実害がないかだ。

120 :南無妙法蓮華経:2007/09/27(木) 09:30:56 ID:LcDOKWHn
>>119
一切経を広く見れば阿弥陀は法華経に帰依して
仏に成ったとしか考えられないと日蓮大聖尊は言われます。

よって
南無阿弥陀仏は、一つ結果に南無するので水溜りのごとく
南無妙法蓮華経は、三世十方の仏の因に南無するので大海のごとし、と言えます。

弘法大師は大日経が法華経に勝れるという論を立てます。
しかしそのような経はどこにも存在しないので釈尊の本懐に背いていることに成り
結果として仏教ではない、ということに成ります。


121 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 09:44:33 ID:uKLphdA6
日蓮は南無妙法蓮華経が法華経に勝れるという論を立てます。
しかしそのような経はどこにも存在しないので釈尊の本懐に背いていることに成り
結果として仏教ではない、ということに成ります。


122 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 10:17:07 ID:uKLphdA6
確かに弘法大師は大日如来への信仰のため釈尊軽視の傾向もあ
りますが、その傾向を盗んできて自分信仰に拡大させたのは日
蓮ですね。

>南無妙法蓮華経=日蓮大聖仏
>釈迦仏法は邪教です。by.題目
結果として仏教ではない、ということに成ります。


123 :南無妙法蓮華経:2007/09/27(木) 12:22:17 ID:LcDOKWHn
>>121
南無せよと法華経には盛んに説かれています。
どれくらい南無すべきかというと、自分の身を燃やしてまで
法灯とすべしと説かれています。
よって、南無妙法蓮華経のほうが、妙法蓮華経に勝れます。

124 :南無妙法蓮華経:2007/09/27(木) 12:23:58 ID:LcDOKWHn
>>122
釈迦自身を拝むよりも経を拝むほうが重要であると
釈迦仏が法華経で説いています。
よって釈迦仏を拝む釈迦仏法は邪教になります。

125 :南無妙法蓮華経:2007/09/27(木) 12:25:28 ID:LcDOKWHn
大日如来の信仰が最も第一とは、
教主釈尊自体が何も言っていないので
仏の教えではないということに成ります。

126 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/09/27(木) 14:19:20 ID:Xc5Z2TDV
>>125
日蓮の信仰が第一とも言ってないぞw
それに信仰じゃない「教え」だw「教えを広める=弘通」だろがw
拝むのを流行らせろなんぞ釈尊は言って無いぞww

127 :南無妙法蓮華経:2007/09/27(木) 14:54:07 ID:LcDOKWHn
主・師・親を敬わないものは禽獣に同じると
昔のエライ人が言っていると日蓮大聖尊はおおせられます。

128 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 15:55:01 ID:XhTAL3o9
>>125
真言宗とは弘法大師が作った新興宗教。その教えは今でいえば、ニューエイジ系と似ている。
宇宙の法そのものを大日如来という概念にしたわけだ。信仰というのではないような気がする。

129 :南無妙法蓮華経:2007/09/27(木) 18:11:38 ID:LcDOKWHn
なんじゃそりゃ。〜という概念にした。ならば
なおさらもともとあった仏の法ではない。

130 :南無妙法蓮華経:2007/09/27(木) 18:20:06 ID:LcDOKWHn
かりに真言宗が信仰ではないのなら
なぜ大日如来に手を合わせて祈るのか。

大日如来に祈れば釈迦如来を押し倒し
さらには法華経も押し倒すので
祈祷する身は滅ぶといわれます。

131 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 19:05:25 ID:uKLphdA6
真言は信仰だろ。128は彼の捉え方だな。悪くはない。
悪いのは釈迦如来と法華経を押し倒した日蓮のほう。
祈祷する身は滅ぶといわれています。

132 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/27(木) 19:47:19 ID:LcDOKWHn
>>131
爰に日蓮いかなる不思議にてや候らん、竜樹・天親等、天台・妙楽等だにも
顕はし給はざる大曼荼羅を、末法二百余年の比、はじめて法華弘通のはたじるしとして顕はし奉るなり。
是全く日蓮が自作にあらず、多宝塔中の大牟尼世尊・分身の諸仏のすりかたぎたる本尊なり。
されば首題の五字は中央にかゝり、四大天王は宝塔の四方に坐し、釈迦・多宝・本化の四菩薩肩を並べ、
普賢・文殊等、舎利弗・目連等座を屈し、日天・月天・第六天の魔王・竜王・阿修羅・其の外不動・愛染は
南北の二方に陣を取り、悪逆の達多・愚癡の竜女一座をはり、三千世界の人の寿命を奪ふ悪鬼たる
鬼子母神・十羅刹女等、加之日本国の守護神たる天照太神・八幡大菩薩・天神七代・地神五代の神々、
総じて大小の神C等、体の神つらなる、其の余の用の神豈もるべきや。宝塔品に云はく「諸の大衆を接して皆虚空に在り」云云。
此等の仏・菩薩・大聖等、総じて序品列座の二界・八番の雑衆等、一人ももれず此の御本尊の中に住し給ひ、
妙法五字の光明にてらされて本有の尊形となる。是を本尊とは申すなり。経に諸法実相と云ふは是なり。
妙楽云はく「実相は必ず諸法、諸法は必ず十如乃至十界は必ず身土」云云。
又云はく「実相の深理、本有の妙法蓮華経」等云云。
伝教大師云はく「一念三千即自受用身、自受用身とは出尊形の仏なり」文。
此の故に末曽有の大曼荼羅とは名付け奉るなり。
仏滅後二千二百二十余年には此の御本尊いまだ出現し給はずと云ふ事なり。『日女御前御返事』

このように「全く日蓮が自作にはあらず」と日蓮大聖尊が言われているように
全く押し倒しているわけがない。御本尊にも日蓮大聖尊の上に
南無妙法蓮華経の題や釈迦如来の名が掲げられている。
押し倒しているなら日蓮大聖尊の御名が上にあるはずだが
ふざけた出鱈目を言うな。

133 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/27(木) 19:55:20 ID:LcDOKWHn
>>131
大日如来を崇めよという説は誰の説なのか。
弘法大師は何といっているのか。

134 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/27(木) 20:00:30 ID:LcDOKWHn
釈迦如来の説では法華経を本尊とせよと有ります。

135 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 23:42:14 ID:NDv1mSAI
空海は生きた身で宇宙の真理と合一して、生身で仏になるというのが
究極の目的としていた。(そくしんじょうぶつとか、専門用語は使わ
ないよ)真理に仏格を当てたのが大日如来。この世のすべてのものが、
大日如来なんだそうだ。善も悪も、正邪もすべては宇宙真理のはたら
きであって根本的には清らかなものとも言えるという。これは宗教と
いうよりは、一種の哲学のような感じを受ける。

136 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/28(金) 00:23:36 ID:SuV4CIKf
>>135
>真理に仏格を当てたのが大日如来
この根拠となる仏の説を出してください。

まったく何も知らない人から見れば「大日如来」も
専門用語に入ると思いますがいかがでしょう。

137 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 00:47:11 ID:7tzGjoYx
文章読めてる? 日本語わかる?
こゆうめいしという意味わかる?

138 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 04:45:03 ID:ITvvDKkA
日本乃至漢土月氏一閻浮提に人ごとに有智無知をきらはず
一同に他事をすてヽ南無妙法蓮華経と唱ふべし。(報恩抄)

(解釈)凡夫計り知れるところの経典等々の解釈を捨て。他宗ではない。
ただ、生死共に他事をすて、ただ、動く動かないなどといった他事をすて、ただ、迷いをすてるなり。

南無妙法蓮華経と唱えるべし。

139 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 04:48:46 ID:ITvvDKkA
此の御本尊全く余所に求むる事なかれ。只我等衆生、
法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱ふる胸中の肉団におはしますなり。(日女御前御返事)

(解釈)釈迦の本意である法華経を本尊と為し。(凡夫による解釈等々を捨て)もって只素直身命を惜しまずして我等衆生、法華経を持ちて、南無妙法蓮華経と唱えなさい。

140 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 08:55:10 ID:sulcx0LT
法華経を持ちて、とは、ふところに入れて持ち歩けという意味では
ない。法華経の心を我が心とせよという意味。
法華経を持ちながら、他の法華経を持つものを殺せ、寺に火を
放てなどというものは、法華経や釈尊の御心にそわない。

自分を崇めろ、自分に帰依せよ、自分に帰すべし、南無日蓮など
と吹聴して廻ることがどういうことか。
多少なりとも仏教を学んだものなら分らぬわけもあるまい。

141 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 12:51:19 ID:SruzMiE2
>>138
そういうのなら日本語というのは海外の人から見れば
一字一句すべてが摩訶不思議で
日本という国で生きていくための専門用語であると思います。


142 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 12:53:40 ID:SruzMiE2
>>140
法華経は法華経を見る限り
南無妙法蓮華経と唱えない限りは保ったことにはならない
と、日蓮大聖尊はおおせられています。

>自分を崇めろ、自分に帰依せよ、自分に帰すべし

そ・ん・な・こ・と・は、一言も言っていないんだが。

143 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 12:55:00 ID:SruzMiE2
>>141>>137へ。

144 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 14:25:58 ID:SruzMiE2
日蓮大聖尊が御自身を指して、日本人の主・師・親であると開かれたのは
物凄い寒い流罪の佐渡の一畳半の畳の上で、「吹聴して廻る」は全くの的外れ。

145 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 14:32:57 ID:rlfcVveE
>>142 また嘘ですか。良観に自分に帰すべしとある。
日本語訳は、日蓮に帰依しなさい。

書状は弟子たちの間で回し読みされている。
どこで書こうと、弟子に回し読みさせているのなら吹聴するに
該当する。

146 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 14:33:55 ID:rlfcVveE
そして現実に、日蓮に帰依する被害者がいる。

147 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 14:40:04 ID:rlfcVveE
おまけに、佐渡の一畳半の畳の上が、粗末な袈裟をきて、に該当する。

148 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 14:42:16 ID:rlfcVveE
 或いは、人里離れた静かな場所で、粗末な衣をまとって、自分から『私は、真の仏道修
行をしている。』と言いふらして、周囲の人々を軽蔑する者がいるであろう。


149 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 14:44:17 ID:SruzMiE2
佐渡国にありし時は、里より遥かにへだたれる野と山との中間につかはらと申す御三昧所あり。
彼処に一間四面の堂あり。そらはいたまあわず、四壁はやぶれたり。
雨はそとの如し、雪は内に積もる。仏はおはせず、筵・畳は一枚もなし。
然れども我が根本より持ちまいらせて候教主釈尊を立てまいらせ、法華経を手ににぎり、
蓑をき笠をさして居たりしかども、人もみへず食もあたへずして四箇年なり。
彼の蘇武が胡国にとめられて十九年が間、蓑をき、雪を食としてありしが如し。『妙法比丘尼御返事』

いや、畳も存在しなかったとおおせられます。

>>145
無いです。法華経に帰依せよと仰せられています。
回し読みさせることが罪にあたるなら
人が本を出版すること自体が罪になるがどうか。
君がこのスレに書き込んだだけで、君は仏を罵る大慢の文を吹聴しているがどうか。

150 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 14:48:56 ID:SruzMiE2
>>148
>その者が利益や供養に貪著するために

今日本国すでに大謗法の国となりて他国にやぶらるべしと見えたり。
此を知りながら申さずば縦ひ現在は安穏なりとも後生には無間大城に堕つべし。
後生を恐れて申すならば流罪死罪は一定なりと思ひ定めて、
去ぬる文応の比、故最明寺入道殿に申し上げぬ。『妙法比丘尼御返事』

全く違う。
国が滅び自身も地獄に堕ちることをまぬがれるためにと仰せられている。

供養されることを望むのなら、わざわざ国主を強く諫めずに、
多宗派のように国主に取り入るほうが確実だと思うがどうか。

151 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 14:51:55 ID:rlfcVveE
麻原も国をいさめています。
公明党は政府に取り入ろうとしています。

152 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 14:54:16 ID:vRTeHjps
ディオ 先生の実生活での実績
・高校時代安西ひろこ似の女&大塚愛似の子と付き合っていたと嘘をつく
・スーパーのシフト交代連絡のためと偽り女性のメアド3つゲット
・MEGUMI似の加藤さんへの片思い→破局
・人妻川瀬さんとの出会いラブレター渡す→破局
・女子大生ゆいちゃんとのメールのやり取り(Hメールを送り返信されず)
・スーパーでお釣りを9000円間違える。客を万引き犯と間違えて脅す。女性店員にセクハラ→解雇
・派遣会社での部長からの洗脳(敬語でしかしゃべれなくなる)
・工場での若槻千夏似の女性との出会い猛アタック→玉砕ショックでミス連発&解雇
・ライブドアブログを使っているという理由だけで堀江を「うちの社長」発言
・六本木ナンパ軍団に喧嘩を売るも周りを煽るだけで 本人遁走
・ジムでバイトを開始しカリスマトレーjナーと言い張る。mixiで職業欄に企業役員と詐称し女を釣る
・ヤクザ(嘘)の友達を使って脅迫をするが反撃で警察に通報され謝罪
・通報された仕返しに弁護士に裁判の依頼をするが相手にされず
・mixi長身OFFで彼女の写メールを晒すと公言するが本人遁走
・様々なOFF会に出るも全てで(女がらみの)トラブルを起こし出禁にされる

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=554409

【突発格闘】リアルファイトOFF14【顔面兇器】
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1179331772/


153 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 14:56:29 ID:SruzMiE2
>>151
オウムの邪義
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/oumu.html

公明党のような弱小政党はあってもなくても同じだと
自分は考えますがどうですか。

154 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 14:56:32 ID:rlfcVveE
>君は仏を罵る大慢の文を吹聴しているがどうか。
ご安心を。釈尊と法華経を軽視する日蓮は魔民につき、
仏ではありません。正覚をした題目の祈祷で雨が振らなかったの
が証となります。

155 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 14:58:10 ID:SruzMiE2
>>152
どんまい。

156 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 14:59:35 ID:SruzMiE2
>>154
雨は降ったが。
出鱈目を言うなガキ。

157 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:00:54 ID:SruzMiE2
…俺は、小学生相手に、頑張ってるな。

まいど、ありがとうございます。

158 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:02:09 ID:rlfcVveE
はあ?
増慢君に5分もやったのに振らなかったぞ????


159 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:03:43 ID:rlfcVveE
出鱈目言うなガキ?

160 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:04:30 ID:SruzMiE2
>>158
俺に祈念しても何も起きませんし
かりに増上慢丸出して、「じゃ、五分以内ね」と、
お前みたいな態度で言えば、仏罰を顔面に食らいます。
お客様は神様ですはファーストフードのみと知れ。

161 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:05:12 ID:SruzMiE2
俺の目には小学生にしか見えないんだよな。
3年生くらいかな…。

162 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:07:07 ID:rlfcVveE
おまえが自分は正覚しています。ありがたいですと
言ったんじゃないのか。



163 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:09:50 ID:kllT3I1R
今日は大雨ですねw
浄土と日蓮が競ったって伝承が怪しいのですが、鎌倉の庵に居た日蓮を
数千人で襲ったってのも凄く怪しいのです。
当時の鎌倉は電気の無い時代で、そんな夜更けに篝火を焚いて数千人が
移動したら「謀反・革命」扱いで、幕府の執権・連署が見逃すわけ無い。

164 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:10:11 ID:rlfcVveE
お前に祈念なんぞするか。お前が正覚をしたと言った
のを証明する機会を与えてやったんだよ。

165 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:12:59 ID:SruzMiE2
>>162
諸仏世尊は、衆生をして仏知見を開かしめ、
清浄なることを得せしめんと欲するがゆえに、世に出現したもう。
衆生をして仏知見を示さんと欲するがゆえに、世に出現したもう。
衆生をして仏知見を悟らしめんと欲するがゆえに、世に出現したもう。
衆生をして仏知見の道に入らしめんと欲するがゆえに、世に出現したもう。『妙法蓮華経方便品第二』

妙法蓮華経を拝見すれば正見に入れるのは知見だけで
通力はないのが普通だと思います。

166 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:14:40 ID:rlfcVveE
163 基本的に日蓮は言いたい放題だからな。
まあ、当時から日蓮は大衆に嫌われていたことは事実
でしょう。

167 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:16:23 ID:SruzMiE2
>>163
浄土の僧は幕府の内側に通じていた。
>>164
超能力の類は珍しくないと思うがこれは成仏には全く関係ない。
日蓮大聖尊は
但し法門をもて邪正をたゞすべし。利根と通力とにはよるべからず。 『唱法華題目抄』
と、法門で邪正を正せとおおせられている。

168 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:17:22 ID:rlfcVveE
165 ふーん。
というか、スタンスが無茶苦茶。もっと言葉に責任を
もて。いくら日蓮だからってひどい。
他の日蓮はもっと謙虚に生きているというのに、おまえ
だけは別格だな。本当に日蓮そっくりだ。

169 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:17:49 ID:SruzMiE2
>>166
親を嫌う子供は不知恩となるよ。気をつけようね。

170 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:21:35 ID:rlfcVveE
人殺しでも大好きなお父さんですか。

171 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:26:05 ID:SruzMiE2
医者は、病原菌を、殺します。

172 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:31:45 ID:rlfcVveE
そう。そのために皆さんがここに来ている。お前の中の
日蓮という病原菌を殺すために。
ありがたい、ありがたい。

173 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:33:18 ID:SruzMiE2
>>172
おそろし、おそろし…。地獄に堕ちます。

174 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:44:09 ID:SruzMiE2
まるで西を東といい、東を西といい、
天を地といい、地を天といい、という感覚です。
笑いながら火事の家で遊ぶ赤子のように見える。

175 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:47:53 ID:Twhse2yn
南無本門戒壇の大御本尊←コイツ、頭大丈夫か?
まあ、デムパ教祖によって、ずっと西を東だと思い込んでんだもんな。

176 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 15:56:33 ID:SruzMiE2
大丈夫です。
大慈大悲の仏をデムパと抜かすウンコは
不知恩の畜生なり。

177 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 16:12:43 ID:Twhse2yn
はい、ウンコのほうがまだましです。

178 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/09/30(日) 16:18:22 ID:SruzMiE2
生き物をやめるのかな…?
南無妙法蓮華経で懺悔すれば大丈夫です。

179 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 16:26:41 ID:Twhse2yn
法華経を悪用したカルト宗教よりはね。

180 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 16:26:42 ID:rlfcVveE
そういえば江川さんところから飛び出した麻原の四女も
「ごめんなさいとありがとう」が言えない子供だったと聞く
が、題目もそうだな。そういうところがよく似ている。
早く顕彰会の親の所に帰れよ。「ごめんなさい」と言ってな。

181 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 16:59:02 ID:G9nCGSy3
8月度総幹部会

http://jp.youtube.com/watch?v=89bHkSdIpS0
http://jp.youtube.com/watch?v=UiC5hwKPBVk
http://jp.youtube.com/watch?v=ZUshhoBjYT8


182 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 17:00:38 ID:G9nCGSy3

「誑惑の正本堂崩壊す」

ttp://youtube.com/watch?v=VS9QwjlEw1g
ttp://youtube.com/watch?v=g8zPl00LFSw
ttp://youtube.com/watch?v=jh7O8AePphs
ttp://youtube.com/watch?v=jimc3QGwf98
ttp://youtube.com/watch?v=_aWOYPj3VYI
ttp://youtube.com/watch?v=vC1Inu4rpPM
ttp://youtube.com/watch?v=9riCly2wO2U
ttp://youtube.com/watch?v=AT40BAiytGQ
ttp://youtube.com/watch?v=T_jxPThw0TQ
ttp://youtube.com/watch?v=Wd5ZTBLc3C4

183 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/01(月) 19:24:49 ID:BCDibeL7
>>180
親元を離れるのは自在を得るためで、無為に入って恩を報じることは
良いことであると日蓮大聖尊は言われている。

>>182
今は奉安堂が立てられている。

184 :神も仏も名無しさん:2007/10/02(火) 13:35:38 ID:OuPTm/9Z
 あえて苦言を呈す
 国祖、国常立尊は地球を修理固成し、天下を治めていたが、神律を厳しく守
らせていたため、悪神が反感を持って大勢で天神に訴えた。妻神の豊雲野尊は
夫神にもう少し緩和に計らうよう頼んだが、夫神は我を曲げなかった。天神は
混乱を避けるために、国常立尊を一旦引退させる事にした。彼は悪神達の犯し
た罪を一身に受ける為に刑罰に甘んじ、手足の爪を剥がされ、筋を断ち切られ
た。悪神が天神の咎めを受けないように天神に詫びて、富士山の火口に身を投
じた。妻神の豊雲野尊も夫にならって身を投じた。悪神達はそんな国常立尊の
気持ちを仇で返して、炒った豆に芽が出るまで出てくるなと言って豆をぶつけ
た。節分の行事はこの神を鬼と見立てて、鬼追いの行事となったのである。艮
の鬼門と恐れられ、裏から日本を守護されていたのである。宇宙破滅の危機が
迫っている現在において、この国常立尊が晴れて表に出てきて、建替え、建直
しを断行されるのである。
 キリスト教のクリスマスは本当はキリストが逝去した日である。そんな日に
祝うとは何事か。十字架はキリストを磔刑にした象徴である。それを拝むとは
キリストを呪うと同じ事である。今の宗教はこのように悪魔を崇拝し、神を冒
瀆している。呆れてものが言えない。間違った宗教、神を否定して悪魔の所業
を行う科学、これでは世の中が成り立つ訳がない。


185 :hage:2007/10/09(火) 17:50:32 ID:s6dhrXEl
あげ

186 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/09(火) 17:52:11 ID:6cyG5Uxz
ここが次スレですね。

187 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/09(火) 18:14:17 ID:6cyG5Uxz
前スレへの回答
オヤジさんはコテハンとして顕正会スレで発言力があります。
成程、題目くんは脱線もする。
じゃぁ、これはどうでしょう。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1183160235/557
>薄汚いカルトサーファー
>薄汚いカルトサーファーごときの理屈どうでもいいんだよ。
>お前らのそういう発言さえ引っ張り出せればそれだけで十分。
>薄汚い日蓮正宗カルトサーファーの役割はそんなもんだよw
>キチガイいじるのも飽きたし遊びにでもいくか(^o^)
この顕正会スレの住人には何故注意をしてくれないのですか。
「風」氏自体が異常ですが(断言する!)
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1188359501/4
>また、荒らし行為を注意もしない同宗教団体信者についても同様。
この身勝手なスレ主のテンプレでも発言力あるオヤジさんは顕正会スレ住人として注意を喚起していただきたいですね。
前にも同様の指摘を私はしました。こちらには完全な人間性を求め(本来信仰者としてそうあるべきですが)余りにも
常軌を逸した顕正会スレ住人を放任するオヤジさんには解せないものを感じます。

188 :オヤジ ◆avupamp2lY :2007/10/09(火) 19:07:50 ID:0InS4wAY
名無しさんに全部反応できませんがな。
会話ができるならするけど、基本的に名無しさんのあおりはスルーです。
場合によっては荒らしに反応するのも荒らしとなるのだし。

>「風」氏自体が異常ですが(断言する!)
これは捉え方の違いでしょう。(風氏が正しいとかの意味ではなく)
一つ言えるのは、風氏は2000年初め頃から顕正、正宗との討論をさんざんやっていて
その結果としての発言をしているわけです。
口調が辛め、かつ簡素、直接的に言うから誤解されがちですが感情だけで言っているわけではなく
それなりの発言のベースを持っています。

議論を重ねた結果、教義の解釈論は不毛だと。
実際最高スレでの結論は何か出たのかと。ただの言葉遊びではないのかと。
そんな時間があったら他にやることがあるだろうと。
私の考えとは若干違いますが、いずれ機会があればオフ会などでリアルに話が聞きたいですね。

しかし、なんでアンチも各会員も風氏をカリスマ扱いするかなぁ。
本人はそう見られるのがすごく嫌だそうだ。

189 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/09(火) 19:10:43 ID:fTlKpHi2
原理派君へ
たしかに、2chには いろんな人がいる
しかし、正宗が正しいと言うなら正宗の人間が、あのような発言をする事を諌めなきゃね
前スレで打たれ弱いと書いていたけど、特にコテは打たれるもんだ。強くなるしかない
あと、宗門は信者に本当のことを教えない。追求されれば逃げるしかない
と書いていたけど、本当の事を教えるのが宗教では?

190 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/09(火) 19:21:49 ID:fTlKpHi2
題目君へ
前スレで、何度も、理趣経(摩耶経)がとかれた相手は釈尊の母親(摩耶夫人)ですと書いていたが、
摩耶夫人に説いた摩耶経は摩訶摩耶経だ
大楽金剛不空真実三摩耶経(理趣経)の三摩耶とは、仏の悟りの境地と 言う意味だ
その程度の知識ぐらいつけて書き込みな

191 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/09(火) 20:54:35 ID:6cyG5Uxz
>>189
題目くんがどう思うかわからんが、信仰者から逸脱した発言は注意勧告をしよう。
>本当の事を教えるのが宗教では?
師匠に恵まれたおかげで俺は宗門にいるのかもね。
堀上人の見出した歴史の真実はこれまでの「史実」とは違っていた。
堀上人は僧俗から疎まれた。「余を常に敵視せる某僧侶」と書いてある著述がある。
できるだけ都合の悪いことは教えたくないんだねえ。
知らしむべからず寄らしむべし、だ。
僧侶にしたって一般大学への進学は不可能に近い。
正信会は宗内にいたとき教育を受け古文書が読めた。(それが「謀反」の真因と当局は考えた)
弁明にならない弁明としてはだ。キリスト教などでも事情は同じ。
今は教育を受け文盲などいない。知ろうとすれば事実はわかる(努力しなけりゃ「朧くん」になる)
教えてくれない事は自分で学ぶ。

192 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2007/10/09(火) 22:18:00 ID:vQEoqvkU
>>189
> 特にコテは打たれるもんだ
剥げどう。
原理派氏・・・・煽り・嵐はスルー、が基本。
相手をする場合でも、なるべくサラリとかわす・・・・・。(俺にはセンスがないから無理だが)

193 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 00:09:44 ID:HqEc+UPj
前スレの終わりごろからずっと見てみたが、連休明けの平日の昼に書き込めるんだな。
自由業が多いのか?

194 :神も仏も名無しさん :2007/10/10(水) 01:41:36 ID:cjD9Ok+4
      //
    /   /   パカ
   / ∩∧ ∧    スマンカッタネ、サイテイノヒトデ・・・
   / .|(´・ω・)_   でも、原理派氏は、ナイスフォローだったよ
  // |   ヽ/   
  " ̄ ̄ ̄"∪



    ____ パタッ
   /     /    選民意識グループ
    ̄ ̄ ̄ ̄      さようなら・・・


195 :神も仏も名無しさん :2007/10/10(水) 02:39:51 ID:cjD9Ok+4
        ・∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄
       ⊂(・∀・ )つ‐、< 幹部会ミーティングか?
     ///   /_::/:::/  \_____
     |:::|/⌒⊂ヽノ|:::|/」
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
 /______/
 | |-----------| |


196 :神も仏も名無しさん :2007/10/10(水) 02:50:06 ID:cjD9Ok+4
  ∧,,∧
 (;`・ω・) v。・゚・゚⌒)
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J
偉い人、残業おつかれ・ちゃーん!
漏れが、夜食にチャーハンつくるお!

197 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 11:27:00 ID:o9wYRyZi
オレは2ちゃんねるには1999年から出入りしているが、「心と宗教」板は
最近見るようになった。
理趣経さんたちのやりとりを読んで、内容はもっともだが、そういうのは
2ちゃんねるではなくて、登録制の掲示板でやるようなものだと思う。
とても正面きって扱えないことを匿名で書き込めたり、言えたりするのが
インターネット掲示板の良さだったはず。とくに宗教なんて、事件でも起
こさない限り、週刊誌以外のマスコミは触れたがらないしな。
これだけ有名になったいまでも2ちゃんねるはアングラだと思ってる。
煽りや暴言の中に、真実が混ざっていることがある。少しの間だが、この
前スレの「最勝真実〜」を見ていてもそう思った。煽りや荒らしは匿名掲
示板の宿命のようなもので、こういうのを利用する限り「リスク」として
多少は我慢すべきものじゃないかな。ただ、最勝〜のスレッドには、意味
のない荒らしはないように思うが・・ 宗教板だからだろうが。
予定調和は議論の場にはふさわしくないし、匿名掲示板の自殺行為だ。

198 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 12:49:44 ID:4zLjh363
>>190
訂正。理趣経と摩耶夫人に説かれた経は別物だった。

●般若部
・理趣般若経一巻 総じて八部の般若有り
・大品般若四十巻 羅什三蔵の訳 旧訳
・大般若経六百巻 玄奘三蔵の訳 新訳『一代五時継図』

般若時の訳はこう分かれている。
理趣経は玄奘訳の一部。


199 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 13:02:10 ID:4zLjh363
母の摩耶夫人をば御年三十八の時、阿羅漢果をえせしめ給へり。
此等は孝養ににたれども還って仏に不孝のとがあり。
わづかに六道をばはなれしめたれども、父母をば永不成仏の道に入れ給へり。『上野殿御返事』

釈尊三十八歳のときに摩訶摩耶経が説かれたと日蓮大聖尊はおおせられている。
五十八歳〜七十二歳の時に説かれたのが般若経だから全く違う経ということになる。
自分の不勉強で日蓮大聖尊の名を汚してしまって申し訳ない。

200 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 13:14:33 ID:4zLjh363
>>190
しかし三摩耶というのは、仏の悟りではなくて、仏の尊形のことだよ。

答ふ、凡そ印相・尊形は是権経の説にして実教の談に非ず。
設ひ之を説くとも権実大小の差別浅深有るベし。
所以に阿含経等にも印相有るが故に、
必ず法華に印相・尊形を説くことを得ずして之を説かざるに非ず。
例せば世界建立の相を説かねばとて、
法華は倶舎より劣るとは云ふべからざるが如し。『真言天台勝劣事』

顔姿の外見の説は、実教の談に上るものではないと
日蓮大聖尊は真言を破している。

釈尊は法華経以前の経にこのことは説いているので、
法華で尊形を説くことを得られずに説いて無いわけではない。
この内容で勝劣は付けられないという。


201 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 13:39:35 ID:4zLjh363
況んや余の諸尊の種子・尊形・三摩耶其の数をしらず。『法華題目抄』

>>200は間違った。三摩耶というのは、尊形ではなくて
仏が衆生を広く救済するという誓願という意味だって。

これを形に表した、『三摩耶尊形』が、大日経に盛んに説かれているので
猶難じて云はく、如何に云ふとも印・真言・三摩耶尊形を説く事は大日経程法華経には之無し。『真言天台勝劣事』
と真言は言う。
しかし、これに対して、日蓮大聖尊は>>200のように、三摩耶尊形は法華以前の経に説いているので
法華で説けなくて説いていないわけではないという。

三摩耶とは、仏の悟りではなくて、仏が衆生を救済しようという誓願のことで
仏の悟りは、妙法蓮華経ということになる。

202 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 13:51:53 ID:4zLjh363
三摩耶とは合掌なり、秘すべし云云。『就註法華経口伝』

良くわからないですが
三摩耶は合掌なり、ともあります。

な〜む〜

203 :hage:2007/10/10(水) 14:07:49 ID:vI4mxg8F
摩耶山なら、登ったことあるよ。
摩耶山(まやさん)は六甲山系の中の山。
御釈迦様のお母さんか誰かがマーヤだったような・・・・
ミツバチにもいたような・・・・

204 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 14:16:44 ID:4zLjh363
>>202
訂正。仏の悟りが妙法蓮華経なんではなくて、
仏の無上の悟りは、阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)というそうです。
妙法蓮華経を保つものは、阿耨多羅三藐三菩提が得られると妙法蓮華経に説かれている。
これは、妙法蓮華経による修羅界の成仏を意味すると日蓮大聖尊はいう。

経に云はく「婆稚阿修羅王、乃至一偈一句を聞いて、
阿耨多羅三藐三菩提を得べし」等云云。修羅界所具の十界なり。『観心本尊抄』


205 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 14:25:30 ID:4zLjh363
良くわからないですが悟りの境地のレベルを論じると
阿耨多羅三藐三菩提より上の正覚は無い
ということになるってことかな…。

理趣品が属する般若経でも、
阿耨多羅三藐三菩提という単語が出てきて
こういう位置づけになっている。




206 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/10(水) 14:27:17 ID:VGnwKoze
題目君へ
>理趣経は玄奘訳の一部
玄奘訳の理趣経は大般若波羅蜜多経、般若理趣分だ
通常、理趣経と呼ばれる大楽金剛不空真実三摩耶経は不空訳だ
>しかし三摩耶というのは、仏の悟りではなくて、仏の尊形のことだよ。
原典をどう訳したかの問題だ
法賢訳では仏説最上根本大楽金剛不空三昧大教王経だしな
理趣経はプラジュニャーパー・ラミターナヤ・シャタパン・チャンシャティカーだから仏の悟りの境地で間違いではない

207 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 14:32:38 ID:4zLjh363
プラジュニャーパー・ラミターナヤ・シャタパン・チャンシャティカー(笑)


208 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 14:34:04 ID:4zLjh363
間違いない、という根拠が、なにも根拠になっていないよ。

209 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 14:35:41 ID:4zLjh363
梵語には薩達磨芬陀梨伽蘇多覧(サッド・ダルマ・プンダリーカ・スートラ)と云ひ、此には妙法蓮華経と云ふなり。『就註法華経口伝』

妙法蓮華経はサッド・ダルマ・プンダリーカ・スートラだから仏の最上の説で間違いない。

210 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 14:49:31 ID:4zLjh363
其の上善無畏三蔵の御弟子不空三蔵の法華経の儀軌には、
大日経・金剛頂経の両部の大日をば左右に立て、
法華経多宝仏をば不二の大日と定めて、両部の大日をば左右の臣下の如くせり。『善無畏抄』

善無畏・不空は、法華経から一念三千の法を盗み取って
自分の訳した経に添加していると日蓮大聖尊はいわれている。
しかし、不空は、法華経を大王に位置づけているという。
仮に、理趣経君が不空の訳を信頼するなら、南無妙法蓮華経するべきではないのかな。



211 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 15:10:27 ID:4zLjh363
天台妙樂の心は、法華経に勝れたる経有りと云はむ人は無間地獄に堕つべしと書かれたり。
善無畏三蔵は、法華経と大日経とは理は同じけれども事の印真言は勝れたりと書かれたり。
然るに二人の中に一人は必ず悪道に堕つべしとをぼふる処に、
天台の釈は経文に分明なり、善無畏の釈は経文に其の証拠見へず
其の上閻魔王の責めの時我が内証の肝心とをぼしめす大日経等の三部経の内の文を誦せず。
法華経の文を誦して此の責めをまぬかれぬ。疑ひなく法華経に真言まさりとをもう誤りをひるがへしたるなり。『善無畏抄』

日蓮大聖尊によると、不空の師の善無畏は、法華第一を言う天台に対抗して大日経を挙げているが
閻魔の責めを夢か何かでうけて、自身のより所の経を読まずに 法華経を読んで責めをまぬがれているという。
そのうえで、弟子の不空は法華経を第一にしていると、いう。



212 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/10(水) 15:17:07 ID:VGnwKoze
>>210
>理趣経君が不空の訳を信頼するなら
別に、理趣経なら玄奘訳、菩提流支訳、金剛智訳、法賢訳、施護訳だろうが、かまわないがね
内容が重要なんだよ
不空の法華経の儀軌に日蓮の南無妙法蓮華経に帰依せよと書いてるとでもw
それとも、日蓮は法華経多宝仏は大日如来と認めてるのかなw

213 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 15:23:18 ID:4zLjh363
不空訳は誤りで羅什訳のみが正しいという。
理由はいろいろあるが、要するに
死ぬ時に舌が焼けなかったというのが大きい。

で、どういう内容が勝れるのか。
法華経はみなが仏界にいたれるので勝れる。

214 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 15:25:54 ID:4zLjh363
あと、大日如来は、法華経では多宝仏ではなくて、
神力品で長い舌を出した沢山の如来のうちの一つだと思います。

215 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 15:29:31 ID:4zLjh363
>>213
訂正。
法華経は、法華経が第一と法華経に説かれているので勝れる。
内容は、神力品の通りに、あらゆる面で勝れるということになる。


216 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/10(水) 15:44:01 ID:VGnwKoze
つーか、いつの間にか不空が善無畏の弟子になってるしw
不空は第四祖で善無畏は第五祖だ

217 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/10(水) 15:50:54 ID:VGnwKoze
ちなみに、付法(血脈)では、金剛智→不空→恵果という流れだ

218 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:02:16 ID:4zLjh363
善無畏三蔵(637年〜735年)
金剛智三蔵(671年〜741年)
不空三蔵(705年〜774年)

空海は、こうした真言宗の付法・伝承の次第を次のように説明した。
まず大日如来が自受法楽のために談じた『大日経』等を、
第二祖金剛薩多が結集して南天竺の鉄塔の中に収めた。
釈迦滅後七百年頃、竜猛(竜樹)菩薩がその鉄塔を
開き収められていた法門を金剛薩多から授かって第三祖となり、
次いで第四祖竜智菩薩、第五祖金剛智に伝付した、というのである。
しかして、善無畏はその後の付法が明らかでないので付法の祖には含めず、
金剛智の弟子・不空をもって第六祖とし、不空から第七祖恵果へ、そして空海へと伝えられたことになっている。
以上を付法の八祖と称するが、善無畏と一行を抜きに真言の教義はありえぬため、
これとは別に、竜猛・竜智・金剛智・不空・善無畏・一行・恵果・空海という、伝持の八祖も立てるのである。
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/jsk/shingon-01.html

だって。
真言宗は、嘘に嘘を塗り重ねて、血脈は滅茶苦茶になっているということでは、ないのかな。



219 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:04:23 ID:4zLjh363
此の経の諸経に超過する事は誹謗すら尚逆縁と説く不軽軽毀の衆是なり。『総在一念抄』

法華経の内容が超過するのは、法華経を誹謗することすら
なお逆縁と法華経に説かれているところもあると、日蓮大聖尊はおおせられる。

220 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:08:38 ID:4zLjh363
誹謗中傷すら、なお縁があると、いう。
これ以上の大乗はあろうか。いや、無い。

221 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:15:30 ID:kcUQVsz3
なるほどね。だからオウムみたいに悪いことばっかりやるのか。
麻原も、私は好かれても嫌われてもいいと言っていたが。

けど、何かおかしいだろ。

222 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:26:24 ID:4zLjh363
妙法蓮華経の不軽菩薩は、人を軽んじない。
人を軽んじない人は、人に悪いことはしない。
麻原は人を舐めてたのではないのか。

223 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:29:31 ID:4zLjh363
人の命をなんとも思わない人しか
無差別殺人はできないと思うが、これは不軽菩薩ではない。

224 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:30:03 ID:kcUQVsz3
麻原は人を舐めている。
日蓮や題目もその傾向がおおいにある。自覚症状はないのか。


225 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:36:42 ID:kcUQVsz3
ちょっとぐらい思い当たるふしがあるだろ。ほれ、ほれ。

226 : ◆ANAKIN.4Qk :2007/10/10(水) 16:37:04 ID:koHw9UHE
学会員なんか豚の餌

227 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:37:49 ID:4zLjh363
人に善法をすすめるのが
なぜ人を舐めていることになるのか。

これをあなずる方が仏弟子を舐めている。
自覚症状はないのか。

228 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:38:40 ID:4zLjh363
人を想うから善法をすすめるんだが
人を想う人は、人を舐めていることになるのか。

229 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:40:49 ID:4zLjh363
な〜ん〜みょ〜ほ〜れ〜ん〜げ〜きょ〜

230 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:41:35 ID:kcUQVsz3
ならないよ。
人を思ってないから指摘を受けるんだよ。
226 これこれ、ここは学会とは醜い殴り合いをしているところだよ。

231 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:43:42 ID:4zLjh363
指摘を受けると人を想っていないことになるのか。
どういう因果関係なのか全くわからない。

魔競わずば正法と知るべからずとおおせられる。

232 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 16:44:17 ID:4zLjh363
↑日蓮大聖尊の金言なり。

な〜む〜

233 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:44:31 ID:kcUQVsz3
それで、君の勧め方は勧めているうちには入らないね。
聞き手のことを考える思いやりがないから、聞いた人は
みんな嫌な気分になる。

234 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:46:54 ID:kcUQVsz3
みんなを嫌な気分にさせる法が正法であるのは
おかしいだろう。

235 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:48:37 ID:kcUQVsz3
それとも、おかしくないのかな。
便所に長くいるとそんなになってしまうのかな?

236 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 16:57:45 ID:kcUQVsz3
人に苦しみを増すのが悪。人の苦しみを取り除くのが善。
これ基本ということで。

237 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:00:10 ID:4zLjh363
末法の法華経の行者は人に悪まるゝ程に持つを実の大乗の僧とす。又経を弘めて人を利益する法師なり。
人に吉しと思はれ、人の心に随ひて貴しと思はれん僧をば、法華経のかたき世間の悪知識なりと思ふべし。.『法華初心成仏抄』

人を利益しようと思えば、人の心に従って尊いと思われてはいけない。
邪を邪と正直にいわないといけない、と日蓮大聖尊は言われます。

238 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:01:33 ID:4zLjh363
人から苦しみを取り除くには、人から邪教を抜き取らないといけない。

な〜む〜

239 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:01:39 ID:o9wYRyZi
やっぱ題目くんって、いぢめられっ子だね。
なんかいじりたくなるというか。
大体、こんな時間にこんなに書き込めるとはヒッキーか?

240 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:04:24 ID:kcUQVsz3
おかしいやろ。な。 
邪が正を邪というから、そういうことになるんだよ。
だいたい法華三部経には法等経を大切にしなさい、
馬鹿にしてはいけません、とあるはずだよ。

241 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:06:28 ID:4zLjh363
>>239
ふーん。

>>240
法華経には法華経を保つことをすすめているよ。

242 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:07:51 ID:4zLjh363
法華の金言に背くものは、釈尊に背く不孝の者となる。
と日蓮大聖尊はおおせられる。

243 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:09:23 ID:kcUQVsz3
おおせている人が完璧にそむいているじゃん。
だからおかしなことになってるんだ。

244 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:11:06 ID:4zLjh363
いわんや、わざと法華以外の他経を持つものは
釈尊の金言に自ら背くという、自分の来世を省みない
ど根性なやろうということになります。

245 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:13:55 ID:4zLjh363
>>243
どこがどう背いているのか。
日蓮大聖尊は、釈尊以上に
南無妙法蓮華経あそばされています。

南無妙法蓮華経

246 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:16:52 ID:kcUQVsz3
自分で見つけなさい。君の問題だから。

247 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:18:18 ID:kcUQVsz3
まあ、駄目だという答は出ているんだから、式を見つける努力は
惜しんではいけませんよ。

248 :hage:2007/10/10(水) 17:20:19 ID:vI4mxg8F
題目君は、人に説明しているのか、自分だけが納得しているのか?
よくわからないね。



249 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:20:54 ID:4zLjh363
見つけられないなら、背いていることにならない。

背いていない人を背いていると根拠なく言う人は
仏法を大いに舐めている。

250 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:23:53 ID:4zLjh363
>>248
此の法華経は最も為れ難信難解なり、随自意の説は随他意に勝る。『三種教相事』

日蓮大聖尊によると、随自意のほうが勝れるそうです。


251 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:25:07 ID:kcUQVsz3
それは今までの話でも、十分にでたはずです。
見つけられないのは見つけても目を閉じるから。

252 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:27:37 ID:o9wYRyZi
八紘一宇の田中智学、2.26事件の北一輝に、血盟団の井上日召。
日蓮の生んだ魔人たちだ。
排斥と攻撃の日蓮の教えからは、戦争やテロリズムに突き進む思想を生み
出した。まったくキリスト教の十字軍と同じだ。


253 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:30:30 ID:kcUQVsz3
252 そうだよ。それは日蓮が一神教だから。

254 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:37:16 ID:o9wYRyZi
>>253
それは良く他宗の僧侶からも指摘されているよね。
日蓮が絶対神で、現在の指導者(猊下や名誉会長ら)はイエス・キリスト
というところかな。法華経や御書は「聖書」か?

255 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:40:21 ID:kcUQVsz3
>>254
法華経は聖書じゃないみたい。もっとかるんじられている。
法華経を重んじればこうまではならなかったと思う。
御書のみが聖書にあたるんじゃないかな。


256 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:41:18 ID:kcUQVsz3
法華経は旧約かも。

257 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:42:09 ID:4zLjh363
>>253
曼荼羅本尊は妙法蓮華経を
多くの諸天善神や諸尊が取り囲んで守護するように書されている。
崇めるのは妙法蓮華経という法。

258 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:43:20 ID:4zLjh363
>>256
旧約と妙法蓮華経の中身は全然違います。


259 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:43:50 ID:o9wYRyZi
たしかに安楽行品を曲解して、苦しいというか、強引な答弁をして
いるように、彼にとっては、自分のための道具だったんだろうね。

260 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:44:15 ID:4zLjh363
妙法蓮華経のほうがキリストより古い。

261 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:46:26 ID:o9wYRyZi
日蓮は法華経の自分の意に合う部分だけを抜き出して、
強調している。しかし真宗も脅し文句は地獄に堕ちる
だし、なにか根本的なものは似ているのかも。

262 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:47:50 ID:o9wYRyZi
>>260
キリストのほうが古いよw
それに、旧約聖書の時代となると釈迦そのものよりもずっと前の時代だ。

263 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:50:02 ID:kcUQVsz3
>旧約と妙法蓮華経の中身は全然違います。
中身は違うけど、キリストに帰依することにより新しい契約が
なされたわけだし、南無妙法蓮華経に帰依することにより
新しい契約がなされたわけだから、経緯が似てる。

>妙法蓮華経のほうがキリストより古い。
なんでそうどちらでもいいことに執着する????
勝ち負けとか、どちらがえらいとか。

264 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:50:42 ID:4zLjh363
>>262
仏滅は紀元前900年だよ。

我れ実に成仏してよりこのかた無量無辺百千万億那由他劫なり。
 譬えば五百千万億那由他阿僧祇の三千大千世界を、
たとい人あって抹して微塵となして、東方五百千万億那由他阿僧祇の国を過ぎて
すなわち一塵を下し、かくのごとく東に行いてこの微塵を尽くさんがごとき、
もろもろの善男子、意においていかん、このもろもろの世界は思惟し校計してその数を知ることを得べしや不や」
 弥勒菩薩等ともに仏に白して言さく、
「世尊、このもろもろの世界は無量無辺にして、算数の知るところに非ず、
また心力のおよぶところに非ず。一切の声聞・辟支仏、無漏智をもっても思惟して
その限数を知ること能わじ。我れら阿惟越致地に住すれども、この事の中において
また達せざるところなり。世尊、かくのごときもろもろの世界無量無辺なり。」
 そのときに仏、大菩薩衆に告げたまわく、
「もろもろの善男子、いままさに分明に汝等に宣語すべし。
このもろもろの世界のもしは微塵を著き および著かざる者をことごとくもって塵となして、
一塵を一劫とせん。我れ成仏してより已来、またこれに過ぎたること
百千万億那由他阿僧祇劫なり。これよりこのかた、我れ常にこの娑婆世界に在って説法教化す。
また余処の百千万億那由他阿僧祇の国においても衆生を導利す。『妙法蓮華経如来寿量品 第十六』

これ以上昔の時代の話は想像できない。

265 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:52:06 ID:4zLjh363
結論。キリストが仏教を又聞きでパクって
変な布教をしたせいで貼り付けになって死ぬ。

266 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:52:25 ID:kcUQVsz3
他の仏教徒が地獄を語るとなんとなくうなずけるところがあるが、
日蓮が語るととたんに腹が立つのはなぜだろう。。

267 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:53:21 ID:4zLjh363
死んだのは三十歳だっけ…?
若すぎ…。


268 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:53:34 ID:o9wYRyZi
 >中身は違うけど、キリストに帰依することにより新しい契約が
 >なされたわけだし、南無妙法蓮華経に帰依することにより
 >新しい契約がなされたわけだから、経緯が似てる。
ホントだ。いま気づいた。
一神教はどうしても他者を排斥するため、テロに走りやすい。
日蓮教者も同じ。


269 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:55:56 ID:o9wYRyZi
>>264
中に書かれてあることを根拠にするんなら、旧約は宇宙開闢からだぜ。
と、言ってもムダか・・・

270 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 17:59:45 ID:kcUQVsz3
石でどついても人は死ぬし、純金でどついても人は死ぬ。
暑くてのどが渇いて死にそうなときに、高級ワインを出して
くれるよりも、水を出してくれる人がありがたい。
おぼれそうなときに、出してくれる竿の値段は関係ないよ。

271 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 17:59:57 ID:4zLjh363
一神教ではなくて、南無妙法蓮華経にことごとく会入するんだよ
たとえば日本の国に多くの都道府県から成り立っているのと同じように
妙法蓮華経に善法はすべて摂せられる。
このなかで、ある県だけが日本を押しのければたちまちに日本は乱れる。
妙法蓮華経を小法が押しのけて台頭すれば妙法蓮華経を謗じることになる。
日蓮大聖尊のいわれる誹謗正法とはこういうこと。

272 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 18:02:20 ID:4zLjh363
宗々は又天竺・漢土の論師・人師、或は小を大とあらそひ或は大を小という。
或は小に大をかきまじへ或は大に小を入れ、或は先の経を後とあらそひ、
或は後を先とし或は先を後につけ、或は顕経を密経といひ密経を顕経という。
譬へば乳に水を入れ、薬に毒を加ふるがごとし。『諌暁八幡抄』

273 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:11:13 ID:kcUQVsz3
そこが間違いやろ。そもそも青蝿なんだから。
押しのけようとしたのは青蝿の方なんだから。
最後には自分に帰すべし。

274 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 18:11:26 ID:4zLjh363
宇宙開闢がどれくらい昔なのか、旧約聖書にどういうふうに譬えられている。
妙法蓮華経の譬えのほうが勝れると思う。

275 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:13:48 ID:kcUQVsz3
自分に帰すべしのイッセンダイが、混乱に乗じて
法華経に向かうすべての他者を押しのけようとしたの
であって、法華経の中に他の人が割り込んできたのとは
訳が違う。


276 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 18:13:57 ID:4zLjh363
>>273
ふーん。
きみは、過去世・現世・来世の三世のことを
自見で曇りなく見れるの。


277 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 18:16:24 ID:4zLjh363
>>275
南無妙法蓮華経と唱えよとすすめることがどうして
法華経に向かうすべての他者を押しのけようとしたことになるのか。
むしろ何も知らない人にも功徳を積ませるようにという
仏の大慈悲がにじみ出ていると思う。
悪人はどんな善人のことも悪人と見るということだと思う。

278 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:17:11 ID:kcUQVsz3
274 旧約によると、そんなに昔ではない。
すごく最近だ。物語の古さ比べするなら仏教が古い物語
をもつ。

279 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 18:18:00 ID:4zLjh363
昔から存在するほうが勝れる。以上。

280 :hage:2007/10/10(水) 18:20:50 ID:vI4mxg8F
『もし世界が100人の村だったら』

誰かが私に興味深いお話を伝えてくれました
もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで
全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう

その村には…
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます

52人が女性で
48人が男性です

70人が有色人種で
30人が白人

70人がキリスト教以外の人たちで
30人がキリスト教

89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59%を所有し
その6人ともがアメリカ国籍



281 :hage:2007/10/10(水) 18:21:33 ID:vI4mxg8F
80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調に苦しみ
1人が瀕死の状態にあり
1人は今生まれようとしています

1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け
そして1人だけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図から 私達の世界を見るなら
相手をあるがままに 受け容れること 自分と違う人を理解すること
そしてそう言う事実を知るための教育がいかに必要かは
火を見るより明らかです

また次のような視点からもじっくり考えて見ましょう

もしあなたが今朝目が覚めた時 病気でなく健康だなと感じることが出来たなら
…あなたは今週生き残る事のできないであろう100万人の人たちより恵まれています




282 :hage:2007/10/10(水) 18:22:43 ID:vI4mxg8F
もしあなたが戦いの危険や投獄される孤独や獄門の苦悩
あるいは飢えの悲痛を 一度も経験したことがないのなら…
あなたは世界の5億人の人たちより恵まれています

もしあなたがしっこく苦しめられることや逮捕拷問
または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことが出来るなら…
あなたは世界の30億人の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり着る服があり 頭の上に屋根があり寝る場所があるなら…
あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています

もし銀行に預金がありお財布にお金があり
家のどこかに小銭を入った入れ物があるなら…
あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です

もしあなたの両親がともに健在で そして二人がまだ一緒なら
…それはとても稀れ なことです


283 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 18:23:08 ID:4zLjh363
正法を保てるものは爪の上の土のようなものだと仏は説かれています。

284 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 18:24:23 ID:4zLjh363
当に知るべし。
諸法はみな仏法から生じています。

285 :hage:2007/10/10(水) 18:26:11 ID:vI4mxg8F
もしこのメッセ−ジを読む事ができるならあなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう
何故ならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて
その上あなた は全く文字の読めない世界中の20億の人々より
ずっと恵まれているからです

昔の人がこう言いました 我が身から出るものはいずれ我が身に戻り来ると
お金に執着することなく喜んで働きましょう
かって一度も傷ついたことがないかのごとく人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく自由に踊りましょう
誰も聞いてないかのごとくのびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう

このメッセ−ジを人に伝えて下さい そしてその人の一日を照らしてください

※作:K.Leipold  ※訳:なかのひろみ

286 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:33:10 ID:kcUQVsz3
277 法華経には、タイトルを言っても守られる。
ましてそれを供養し保つものは正覚が待っている、とある。
これは、法華経を保つものに正覚を与えるというための
単なる譬である。

タイトルを言って保証されているのは守られることまで。
正覚の証はない。

正覚の証のないものを、証があると言うのは己義である。
これは経典を勝手に切り刻むものにも該当する。
おまけに、方等経典とも仲良くしなさいと書いてあるのを
無視している。これは法華経を保っているとは言えない。

日蓮は大乗を汚した罪により、イッセンダイとなっている。

そもそも、法華経はセンダラに伝えてはいけないと
安楽行品にもある。センダラの日蓮は法華経を聞く
権利さえない人間だったはずである。

287 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:36:39 ID:kcUQVsz3
285 ありがとう。心が洗われるような話ですね。
でも、一生懸命に生きていない人っているんでしょうか。

288 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:56:57 ID:kcUQVsz3
ついでに言えば、イチゲイックは南無観世音でも
十分に成立するし、いつまでに正覚をとらせると
いう期限がついてないので、正覚をとらせるとは
言ってもはいつのことかは分らない。

289 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/10/10(水) 18:59:44 ID:VTq9wufs
>>287
つ顕正会員

290 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/10(水) 19:19:50 ID:1jahwLnV
>>287
アンカーの付け方を覚えて書き込んで欲しい。
>>252
>八紘一宇の田中智学、2.26事件の北一輝に、血盟団の井上日召。
井上日召はどうでも良いが他の二人には触れるな。
前スレで回答したぞ。
一神教も回答した。


291 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 19:30:21 ID:kcUQVsz3
>>290
アンカー?だってめんどくさいから・・

一神教は回答したと言われてもなあ。回答したかどうかが
問題ではなく、納得できたかどうかが問題だからね。

292 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 21:51:57 ID:4zLjh363
>>286
安楽行は末法の修行ではない。

その後の従地涌出品第十五で釈尊は
お前らには末法の悪世にこの経は持てない、と制止する。
日蓮大聖尊はここで地面から湧き出てくる。

いっとくけど、ここは俺専用の勉強スレッドなので
君が納得しようがどうしようが関係ない。

-_-

293 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 21:53:39 ID:4zLjh363
「止みね、善男子、汝等がこの経を護持せんことを須いじ。
ゆえはいかん、我が娑婆世界におのずから六万恒河沙等の菩薩摩訶薩あり。
一一の菩薩におのおの六万恒河沙の眷属あり。
この諸人等よく我が滅後において、護持し読誦し広くこの経を説かん。」『妙法蓮華経従地涌出品第十五』

南無妙法蓮華経

^_^


294 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 22:06:04 ID:4zLjh363
>>286
まず初めに法華経を誹謗しているのは法然の方。
法を破るものを責めなければ仏法のアダになると涅槃経に説かれている。
方等経を日蓮大聖尊は特に誹謗していない。
法華経を誹謗するものを日蓮大聖尊は責めている。


295 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 22:08:01 ID:4zLjh363
>>288
南無観世音は妙法蓮華経にあるのだから
南無妙法蓮華経のほうが得。

296 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 22:25:44 ID:4zLjh363
地面から湧き出てくるというのは、妙法蓮華経特有の賛嘆の形で、
実際は高山で説法していた釈尊のもとに
下のほうから菩薩達が登山してきた、ということではないのか…と思います。

297 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 22:33:37 ID:kcUQVsz3
>方等経を日蓮大聖尊は特に誹謗していない。

こらー。大日経も観経も、方等じゃないかー。
そんなに法然が憎かったのならなら、最初から弟子入りするなー。

 方等時(ほうどうじ)とは、釈尊が阿含(あごん)時の次に説法され
た16年間(8年間説あり)をいい、ここでは『解深密教(げじんみっ
きょう)』『楞伽経(りょうがきょう)』『勝鬘経(しょうまんぎょう)』
『阿弥陀経(あみだきょう)』『無量寿経(むりょうじゅきょう)(双
観経(そうかんぎょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)
(観経)』『大日経(だいにちきょう)』『金剛頂経(こんごうちょうきょう)』『蘇悉地経(そしっじきょう)』『維摩経(ゆいまきょう)』『首楞厳経(しゅりょうごんぎょう)』『金光明経(こんこうみょうきょう)』等、数多くの権大乗の教えが説かれています

と、いうわけでお休みなさい。。-_-

298 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 22:37:00 ID:4zLjh363
ん…違った。
地面から菩薩が湧き出てきた時は
釈尊は山ではなくて塔の中に入って虚空にいたそうです。
これは、なにか人間の観念を
たくみに顕している比喩なんだと思います。
自分は凡夫なのでよく解らない。

299 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 22:39:58 ID:4zLjh363
>>297
法然が憎くて念仏を誹謗しているわけではない。
法を破るものを見ながら責めなければ
自分が仏法のアダになるといっている。
なんど言えば解るんだ…。
また、南無妙法蓮華経に並べて他経を挙げることも、
南無妙法蓮華経の邪魔をしていることになる。
たとえば、IPアドレスも二つ競合すれば回線が繋がらなくなるのと同じ。


300 :(^ω^):2007/10/10(水) 22:41:23 ID:9pVw3tnp
(^ω^)300だを〜ん♪

301 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/10(水) 22:42:36 ID:4zLjh363
なんか、変な、たとえだなぁ…。さっさと寝よ…。

今日も、頑張った。
オヤスミ〜


302 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 00:13:55 ID:5YtU+AnM
>>286
>そもそも、法華経はセンダラに伝えてはいけないと
>安楽行品にもある。センダラの日蓮は法華経を聞く
>権利さえない人間だったはずである。
昨日、他スレで書いといたからコピッとこう。(でも君はそのスレにもいたね)

親近せざれはねー近づいて悪い影響受けちゃーダメッていう意味。
日蓮大聖人が施陀羅が子なのは血筋や生まれに関係なく仏教は人を救うから。
皆さん大好きな「スッタニパータ」(生まれによってバラモンになるのではなく、行いによってバラモンになる)
ピタリと合致しておるな。
こんな所からも法華経が佛説であることがわかるな。
施陀羅に良い影響つまり法を説くには近づくのが道理だな。一切衆生を救うのが仏教だからな。
「安楽行品」は正しく日蓮大聖人は反してないな。
>センダラに法を説くことは止めなさいといわれていたんだし、
親近せざれはねー以下読んでくれよ。



303 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 00:21:07 ID:x/wDKFtv
>>287
>でも、一生懸命に生きていない人っているんでしょうか。

身につまされ、反省した気分になった「私」だな

304 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 00:45:49 ID:4rq97phD
>井上日召はどうでも良いが他の二人には触れるな。
日蓮系ウヨだとばれた原理派くん、田中智学、北一輝、井上日召の
3人は近代の日蓮教の歴史(暗黒史)を語るときに欠かせない。
日蓮の教えがテロリズムを生むという例じゃないか。触れるなとい
うのなら、なぜそうなのか合理的な説明をしなさい。それとも独立
スレ立ててそっちでやるか?


305 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 01:34:53 ID:d6P60qwQ
>>292
>いっとくけど、ここは俺専用の勉強スレッドなので
あのなあ、そんな目的でスレ立てるなよ。削除依頼出そうかな。
削除のガイドラインで当てはまるものを張っておくぞ。

4. 投稿目的による削除対象
スレッド
雑談系以外の専用板では、全く情報価値の無いもの・真面目な議論や話し合いを目的としないもの・板の趣旨よりネタを優先するもの・客観的な意見を求めないもの・等の、複数の状態に当てはまる時、削除または移動対象になることがあります。

306 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/11(木) 07:11:01 ID:5YtU+AnM
>>304
>ウヨ
その言葉は宗教板ではどうかな?
命令形は気に入らんねえ。
そうとう前から俺の信条は隠す事なく書いてきた。何を今更だな。
IDの出る宗教板で論争して俺に勝てる自信があれば新スレ立てろ。

307 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 08:19:07 ID:8HM+tpah
>>306
はあ? 命令形が気に入らない? よく言うわ。
君、ほんとうに自分のことが良くわかってないんだね。
前スレで回答なんかしてないじゃないか。一般社会では、田中や北を神聖視なんか
していない。戦争につき動かした張本人のひとりだと断罪している。
2ちゃんねるは、おそらく公安関係者も見てるぞ。

>俺に勝てる自信があれば
すごい自信だね。じゃ、説明すれば?
どうせ、あの戦争はアメリカに嵌められてなんていう、陰謀史観だろ?

308 :hage:2007/10/11(木) 09:23:12 ID:e/MTWxgH
総じて日蓮が弟子檀那等、自佗彼此の心なく、水魚の思いを成して、

異体同心にして南無妙法蓮華経と唱うるところを、

生死一大事の血脈とは云うなり。

(生死一大事血脈鈔)


309 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 09:39:24 ID:PCkUO/cC
>>302 ああ。またお会いしましたね。読んでも読んでも、分りきった
ことですね。普通そうですよ。

経典はすべてに優先する。考え方を日蓮にあわせてあげている
だけですね。誤解のなきよう。

他者がちょっとでも自分の拝む経文と違っていたら、暴力ざたを
犯すくせに、自分は自分の拝む経文と違っていても平気なんですか。

一字一句ともそう簡単に翻されては困ります。
親近せざれは近づくな。
教典によって禁じられているわけです。
近づいてさえ、いけないはずのセンダラが法を説くなど、もってのほか。
何年もしないうちに自分が上行だとか釈迦は自分以下だと言い出した
りしますからね。
日蓮は生まれによってセンダラなのではなく、その狭量と手前勝手と暴
力によってセンダラなんです。


310 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 10:39:17 ID:NzgTsOCM
いつ日蓮大聖尊は暴力しましたか。
このスレに近づかないでください。

311 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 10:49:22 ID:PCkUO/cC
>>308 いかがでしょうか。南無妙法蓮華経による異体同心とは

日蓮大聖人=池田=浅井=hage=題目=原理派=騒音オバサン=北=宅間などなど

ということになりそうですが、彼らのすべての行動の責任を問われたとして、
あなたは逃げ出さない覚悟がありますか。
また、そのようなつまらないレッテル張りこそが、苦しみの元であるとは考えない
でしょうか。

312 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 10:49:44 ID:NzgTsOCM
安楽行品では、教主釈尊は、悪人には絶対に親近せざれと説きます。
しかし、これでは妙法蓮華経を末法の悪人に永遠に説くことが出来ないので
次の第十五では、安楽行の修行をする仏弟子には、妙法蓮華経を保つことを制止します。

安楽行の修行法を教主釈尊が明かした直後に
安楽行をする汝らが妙法蓮華経を持つことは用いない、と制止するので
その場にいた弟子達はみな興ざめしますが、直後に地面が震動して老人の菩薩達が現れます。
この筆頭が、日蓮大聖尊。




313 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 10:50:15 ID:NzgTsOCM
>>311きみがレッテル張りしていると思います。


314 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 10:51:58 ID:NzgTsOCM
レッテル張りをやめて、南無妙法蓮華経を唱えれば
苦しみは消えると思います。

南無妙法蓮華経

ありがたい、お題目です。いい、薬です。

315 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 10:57:30 ID:NzgTsOCM
無数の老人の菩薩達は、教主釈尊よりも崇高だったので
弥勒菩薩が、なぜ弟子のほうが徳が高いのか、
また、いつ釈尊はこれらのものを教導してきたのか疑いを持ちます。

この疑いをうけて、釈尊は
実は自分ははるか昔から成仏していて
みなを仏道に誘引してきたと明かします。ここが如来寿量品第十六だといいます。
この、釈尊の成仏の因が、南無妙法蓮華経の御曼荼羅本尊で
文の表には表れていませんが、文の底に秘沈されています。

316 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 10:58:26 ID:PCkUO/cC
おはよ。
地獄行きというのは言葉の暴力です。
命より大切な仏像を焼かせたりするのは暴力でしょう。
ゆいのはまで殺せというのははっきりと暴力以上です。
日蓮大聖人と異体同心の顕正会員や学会員が起こした
ことは暴力事件で警察沙汰にもなっていますね。

退場を求められましたので、退場いたします。
ではね。がんばってください。

317 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 10:58:38 ID:bfeEOJdf
日蓮自身は言葉の暴力。
法華経を自分の都合で曲解して貶め、釈迦を侮辱し、天照大御神や八幡神を侮辱し、
その弟子たちは、実力行使の暴力に走る。日本テロリズムの思想的根源。
題目くんに必要な薬は、南無妙法蓮華教じゃなくて、実際の薬と脱マインド・コントロール法。


318 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 11:00:21 ID:NzgTsOCM
>>316
さようなら。

>>317
ではどこの部分を曲解してるのか。
言ってください。言えないならレッテル張りだと思います。
女のカンシャクと同じ。

319 :hage:2007/10/11(木) 11:01:58 ID:e/MTWxgH
日蓮聖人は命の大事について
「いのちと申す物は一切いっさいの財たからの中に第一の財なり」
(昭定一二六一頁)と仰せです。

320 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 11:02:01 ID:NzgTsOCM
ムキー。ムカツクッ

`_´←ID:bfeEOJdf

321 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 11:02:13 ID:bfeEOJdf
安楽行品につきる。知らないわけではあるまい。
ここは曲解どころじゃなくて意図的に無視、かな。
ところで君、働いてないの?

322 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 11:02:42 ID:NzgTsOCM
みなさんも、南無妙法蓮華経で、しあわせになりましょう。

^_^

323 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 11:05:53 ID:bfeEOJdf
>題目くんに必要な薬は、南無妙法蓮華教じゃなくて、実際の薬と脱マインド・コントロール法。
ここのほうが大事ね。日蓮の酷さはもう言う必要もないだろう。

324 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 11:07:10 ID:NzgTsOCM
>>321
止みね、善男子、汝等がこの経を護持せんことを須いじ。『妙法蓮華経従地涌出品第十五』

次の第十五で、初心の安楽行の汝らが
妙法蓮華経を持つことに教主釈尊は特に期待しない、と言っています。
この金言が目に入らないわけではない。



325 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 11:09:05 ID:NzgTsOCM
>>323
たんなる悪口でスレを浪費しないでください。
最低限、経文かなにか、よりどこのの根拠となるものを挙げて
批判を書き込んでください。

326 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 11:09:57 ID:bfeEOJdf
日蓮の著作じゃなくて、法華経そのもので説明したまい。

327 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 11:10:43 ID:NzgTsOCM
>>326
してますが何か。

328 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 11:14:56 ID:NzgTsOCM
止みね、善男子、汝等がこの経を護持せんことを須いじ。『妙法蓮華経従地涌出品第十五』

↑安楽行するものには、教主釈尊はなにも期待してないってことです。

如来の滅後において 仏の所説の経の 因縁および次第を知って義に随って実のごとく説かん 
日月の光明の よくもろもろの幽冥を除くがごとく この人世間に行じて よく衆生の闇を滅し 
無量の菩薩をして 畢竟して一乗に住せしめん  『妙法蓮華経如来神力品第二十一』

↑そのあとで、上行菩薩の徳を、こういう風に賛嘆しています。

経文の通りの上行菩薩の生まれ変わりは、日蓮大聖尊しか歴史上に考えられないので、
日蓮大聖尊を、信仰します。



329 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 11:15:43 ID:bfeEOJdf
>>328
>経文の通りの上行菩薩の生まれ変わりは、日蓮大聖尊しか歴史上に考えられないので、
これを証明したまい。

330 :hage:2007/10/11(木) 11:17:00 ID:e/MTWxgH
虚空とは、こんなところ???

http://blog.livedoor.jp/elijah_light/archives/50032408.html

331 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 11:24:54 ID:bfeEOJdf
そうそう、題目くん、悪口じゃなくて心配してるんだ。
君、たぶん若いんだろ? こんな時間に、働きもせずに、しかも2ちゃんに
延々書き込むなんて普通じゃない。
と、いうオレも仕事の合間にサボって見てるんだけどな。
宗教のマインド・コントロールはほんとうに頑強なので、それを解くには、
専門家の仕事が必要だ。オレごときではどうしようもないが、少しでも、
「何かちょっとおかしいのではないか?」と感じてくれればと思っている。


332 :hage:2007/10/11(木) 11:33:39 ID:e/MTWxgH
我不愛身命 但惜無上道

333 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/10/11(木) 11:53:51 ID:VD5K2v4h
>>328
そうじゃねーだろw地湧の下っ端には荷が重過ぎるから
「安楽行」を授け、さらに仏の加護をつけるがそれでも
ムリだろうから上行菩薩を遣わすってハナシだw
アンタラ下っ端は数だけで護持の役にはたたんと言ってるわけだw

334 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 11:58:37 ID:lUxRb8JA
↑地湧の菩薩は第十五で湧き出てきたから地湧といいます。外道凡夫は何も知らない。


335 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/10/11(木) 12:01:18 ID:VD5K2v4h
>>334
末法の弘通の初心者を喩えてヨイショして言った名称じゃなかったか?
日蓮は信者にそう言ってたはずだが?

336 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 12:09:12 ID:lUxRb8JA
地湧の菩薩は玄人の名称なんだが末法に入って南無妙法蓮華経するものはみな入る。本迹一致で安楽行するものは本門の付属を失う物怪(もっけ)。

337 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/10/11(木) 12:12:33 ID:VD5K2v4h
>>336
正宗は奨励してるが?安楽行。
だいたい経文の内容を否定してどーする?
下っ端が認識するのは勝劣だけだろ?

338 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 12:16:11 ID:lUxRb8JA
奨励してません。
経文を否定しているのはお前。経を説いている釈迦が>>324と言っている。

339 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/10/11(木) 12:20:02 ID:VD5K2v4h
>>338
ウソだと思うなら正宗の宗務院のHPみてみそ。
日蓮もタテマエは不軽や開目抄を顕してるんだから
否定できるわけないだろwホンシャのごとく「劣」とは言うだろが。
全く正宗はこーいうレトリックが多いw

340 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 12:21:26 ID:lUxRb8JA
ウソだと思うなら寺にこい。


341 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2007/10/11(木) 12:26:35 ID:VD5K2v4h
>>340
おいおいwよほどのカルト講(ミョウカンとかw)でなければ
安楽行は正宗でも在家には否定しないぞ(僧侶は別だろうがw)
下っ端にはやりやすい修行を勧めるのはどの寺でも同じだろよw

ソウカとか顕正とか霊友とかダメなwトンデモカルトなぞ論外w

342 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 12:33:35 ID:lUxRb8JA
ここはよく釣ます。

343 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 12:38:08 ID:lUxRb8JA
まさに知るべし。
安楽行を極限まで極めたのが立正安国論の主と客の問答。

のちに日蓮大聖人が誹謗正法の邪僧の首を切るように申告あそばされたのが安楽行以後の涅槃経の実践。 

344 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 12:46:50 ID:NzgTsOCM
法華経本門第一
法華経迹門第二
涅槃経第三
無量義経第四

南無妙法蓮華経

^_^

345 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 12:50:28 ID:NzgTsOCM
これらの秩序を乱すものが、誹謗正法者なり。

南無妙法蓮華経

`_´ キッ

346 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 12:58:30 ID:NzgTsOCM
日蓮大聖尊は
法華経を説いた釈尊より
南無妙法蓮華経をしたので
釈尊の金言の通りにみると
釈尊より尊いということに成ります。

南無〜

347 :hage:2007/10/11(木) 13:03:15 ID:NtFKgFNN
是の諸の菩薩地より出で已って、各虚空の七宝妙塔の多宝如来・釈迦牟尼仏の所に詣づ。
到り已って二世尊に向いたてまつりて頭面に足を礼し、
乃至諸の宝樹下の師子座上の仏の所にても亦皆礼を作して、
右に繞ること三・して合掌恭敬し、諸の菩薩の種々の讃法を以て、
以て讃歎したてまつり、一面に住在し欣楽して二世尊を瞻仰す。
是の諸の菩薩摩訶薩地より涌出して、諸の菩薩の種々の讃法を以て仏を讃めたてまつる。
是の如くする時の間に五十小劫を経たり。
是の時に釈迦牟尼仏黙然として坐したまえり。
及び諸の四衆も亦皆黙然たること五十小劫、
仏の神力の故に諸の大衆をして半日の如しと謂わしむ。
爾の時に四衆、亦仏の神力を以ての故に、諸の菩薩の無量百千万億の国土の虚空に遍満せるを見る。
是の菩薩衆の中に四導師あり。一を上行と名け、二を無辺行と名け、三を浄行と名け、四を安立行と名く。
是の四菩薩其の衆中に於て最も為れ上首唱導の師なり。

348 :hage:2007/10/11(木) 13:07:04 ID:NtFKgFNN
是の諸の菩薩摩訶薩地より涌出して、諸の菩薩の種々の讃法を以て仏を讃めたてまつる。
是の如くする時の間に五十小劫を経たり。
是の時に釈迦牟尼仏黙然として坐したまえり。
及び諸の四衆も亦皆黙然たること五十小劫、
仏の神力の故に諸の大衆をして半日の如しと謂わしむ。

のところが、時空間を超越している。
虚空は、時空間を超越しているのだろう。
過去も現在も未来も同一・・・・

349 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 13:12:24 ID:NzgTsOCM
神力付属されたのは九百年前で
この場面は地球上の衆生はみな半日と思っているので
地球上では半日だけれども
実は五十小劫が過ぎていた…と、誰かが言っている。
生き物が老化しなかったのは仏の神力の故なり。

350 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 13:15:32 ID:NzgTsOCM
つまり今は、正しくは、神力付属されてから、
九百年+五十小劫たってると、いうことではないの。

351 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 13:21:36 ID:NzgTsOCM
九百年前じゃない。紀元前九百年だった。
3000年+五十小劫ということではないのか。

352 :hage:2007/10/11(木) 13:23:17 ID:NtFKgFNN
だが現在のことはよく見えており、法華経の行者である。また未来についても間違
いなく仏の道場に詣ることは決定している。過去のこともこうした点から推察してみ
ると、虚空会にも列なっていたことであろう。過去・現在・未来の三世は別々ではな
いからである。

諸法実相抄

353 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 13:25:24 ID:NzgTsOCM
なるほど…今も、在世の虚空会の時間の中にあると、いうことかぁ…

すげー

^_^

354 :hage:2007/10/11(木) 13:27:20 ID:NtFKgFNN
お釈迦様は、五十小劫にわたって法華経を説いている
その法華経を説いている時とは、今現在のこと

つまり、今まさに仏は法華経を題目君に説いている
架空の物語ではなく、実在として説いている。

355 :hage:2007/10/11(木) 13:28:05 ID:NtFKgFNN
これ、かなり前から言ってるよ・・・


356 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 13:49:44 ID:NzgTsOCM
現在は見へて法華経の行者なり、又未来は決定として当詣道場なるべし。
過去をも是を以て推するに虚空会にもやありつらん、三世各別あるべからず。『諸法実相抄』

ん…ちょっとまった…
三世各別あるべからず、なのは『法華経の行者』ということで
虚空会は過去のことだと日蓮大聖尊は言われているよ。

やはり、虚空会で神力付属されて
3000年+五十小劫たってるということだと思われる。

357 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 13:51:59 ID:NzgTsOCM
五十小劫は、仏の神力で衆生は半日と思っているので、
西暦で換算するとこれは短縮されて
3000年に成るということではないのかな。

358 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 13:54:58 ID:NzgTsOCM
いや、西暦じゃなくてもいいんだけれど…
地球の暦で見ると、神力付属からは3000年たっていて
これは過去のことということでは、ないのかな。どうなのかな。

359 :hage:2007/10/11(木) 13:56:12 ID:NtFKgFNN
今本時の娑婆世界は、三災を離れ、四劫を出たる常住の浄土也。
仏既に過去にも滅せず、未来にも生ぜず、所化以て同体。
是即ち己心の三千具足三種世間なり。

人間の時間と仏の時間は違うのだと思うよ。
1劫がどれくらの年月なのかは・・・・・
3000年ではないよ。

360 :かおす:2007/10/11(木) 14:00:38 ID:TV/Vzj7o
末法は、比叡山にその時、貴族出家者だらけで、
天台の修行をきちんと伝える人間が、法然、日蓮時代に全くいなかったのさ、
修行師匠がいなけりゃ、末法だわな。

361 :hage:2007/10/11(木) 14:01:54 ID:NtFKgFNN
虚空会では地涌の菩薩が、仏様の前に現れたということだけでなく、
それは、同時に
今現在の「本地の娑婆世界」に仏様が現れたということを説いている。

虚数空間と関係あるかないかは知らないが、虚数空間では時間が逆に流れる。

362 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 14:03:06 ID:NzgTsOCM
是くの如き本尊は在世五十余年に之無し、八年の間但八品に限る。

同じ御抄に、八年の間但八品に限る。って、「限る」と言われているよ。

神力品の中の五十小劫は、神力で3000年前に半日に短縮されたので
神力付属が終わってから3000年立っているということに成るとしか、考えられない。






363 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 14:05:38 ID:NzgTsOCM
本門の神力付属の儀式は、八年の間に完了していることになる。
寿量品に付属された本尊を拝むときに、在世が再現されることになる。

364 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 14:06:58 ID:NzgTsOCM
訂正。寿量品に文底秘沈された本尊を拝むときに
虚空会が再現されることになる。と思います。

365 :hage:2007/10/11(木) 14:19:53 ID:NtFKgFNN
虚空会の中では五十小劫が半日と感じている。
半日と感じたのは、虚空会を見ていたのは文殊薬王等の迹化の菩薩たち
迹化の菩薩たちは、五十小劫という未来で本地の地涌の菩薩が活躍されるのを見、
同時に五十小劫という過去に自分たちが下種されたことを思い出し、
久遠の仏を知ることで、成仏できることがわかった(悟った)

366 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 14:23:40 ID:NzgTsOCM
天台大師は薬王菩薩の化身といわれているよ。
迹化の菩薩の化導は、正像時代で
本地の菩薩の化導は、末法に譲られた、と日蓮大聖尊は言われているよ。

367 :hage:2007/10/11(木) 14:27:42 ID:NtFKgFNN
一往と再往の話だったと思う。
寿量品には一往と再往が説かれていたのでは?

368 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 14:30:56 ID:NzgTsOCM
地涌の菩薩が現れたときの五十小劫が今も続いているというのなら、
自分が菩薩に入るためには、今からヒマラヤ山に登山して塔に入らないといけない。
やはり五十小劫は、半日に短縮されて、すでに過去のことになっていると思う。

369 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 14:34:48 ID:NzgTsOCM
寿量品の再往は南無妙法蓮華経の本尊が
良医の譬えの文の底に秘沈されているということ。


370 :hage:2007/10/11(木) 14:36:44 ID:NtFKgFNN
ヒマラヤ山に登山しても菩薩には入らない

「南無妙法蓮華経」と口に唱えると、心の一番奥に眠っている仏性が活動を始める
と聞きました。


「今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり。」(定七一二)

と、ここに四劫を出でたという、もはや我々人間の時間概念では到底のこと把握不可能な、
一切の変化を離れたところの常住の浄土を「今本時の娑婆世界」と釈成されているのであるが、
この箇所こそ聖祖による「本国土妙」の開顕であり、続く、

「仏既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。」(定七一二)

とは、本仏の常住実在を釈成されたもので、これが聖祖による「本果妙」の開顕である。さらに、





371 :hage:2007/10/11(木) 14:38:40 ID:NtFKgFNN
「所化以て同体なり。」(定七一二)

とはこれ、聖祖による「本因妙」の開顕であり、本仏は所化たる九界の衆生乃至我等
凡夫を以って同体とされていることが釈成されているのである。これ、先の妙楽大師
の「遍於法界」の文より一重立ち入りたるところの結であり、本仏・九界共に久遠の
「真の十界互具・百界千如」これによって成立し、常住の浄土たる本国土妙も定まっ
たのであるから、ここに無始常住の「国土世間」のみならず、同じく無始常住の本仏・
九界衆生という「衆生世間」も「五陰世間」も揃い尽したのであるから、

「此れ則ち己心の三千具足三種の世間なり」(定七一二)

となるのであり、ここに聖祖独発の(本因果国三妙合論の)「事の一念三千」観が成
立しているのである。かの『開目抄』にて説示された「寿量品」の文の底に沈められ
し「一念三千」とはこの法体であると拝されるところであるが、けだしながらこの法体
は「本仏の事具されたる一念三千の法体」(本仏己証の一念三千・本仏果上の一念
三千)であって、未だ我等自身が事具を証するところの法体では無いこと論ずるま
でも無いところである。

http://www.k3.dion.ne.jp/~catudisa/honnzonsho-kaitaku.html



372 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 14:38:44 ID:NzgTsOCM
>>365
>迹化の菩薩たちは、五十小劫という未来で本地の地涌の菩薩が活躍されるのを見、

地涌の菩薩が活躍するところを見て下種を開発するのではなくて
迹化の菩薩は寿量品を聞いて過去の下種をクンパツしたというよ。

373 :hage:2007/10/11(木) 14:54:12 ID:NtFKgFNN
時間の概念の違いですね

過去、現在、未来と流れているけど、
それは心がそう感じているからです。

迹化の菩薩は地涌の菩薩が活躍するところを見るのと同時に
寿量品を聞いて過去の下種をクンパツした。
過去も現在も未来も同時に存在している。

虚空会では人間の時間の概念そのままでは通じないところがある。


374 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 15:00:30 ID:NzgTsOCM
時は一方通行で流れる、という仏の説法は存在しても
逆流する、という説は聞いたことがない。
これは外道ではないのか。

375 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 15:01:49 ID:NzgTsOCM
若し仏を信ぜば教外別伝と云ふべからず。仏全く教外に別伝ありとは仰せられず。
若しありといはゞ外道の法なるべし。天魔の所説、正法破滅の源なり。『禅宗天台勝劣抄』

376 :hage:2007/10/11(木) 15:03:56 ID:NtFKgFNN
「時は一方通行で流れる」

それでは過去世の罪障を消滅させて頂けると説くのは外道になる。

377 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 15:04:38 ID:NzgTsOCM
訂正。神力品の五十小劫(半日)ではなくて涌出品の五十小劫(半日)だった。

もし五十小劫(半日)がいまも続いているなら、弥勒菩薩の問いはいまだになされていなくて
寿量品は釈尊の口から説かれず、神力付属が日蓮大聖尊になされていないということになるよ。

378 :hage:2007/10/11(木) 15:08:20 ID:NtFKgFNN
日蓮聖人は直接口移しで釈尊より「南無妙法蓮華経」を付属されたと聞きます。
題目君が「南無妙法蓮華経」と唱えることは直接付属されているということですね。

379 :hage:2007/10/11(木) 15:12:56 ID:NtFKgFNN
題目君の心の奥底に久遠の仏様はいらっしゃる。

題目君の場合はその心の奥底の仏様が日蓮大聖人なのでしょう。

380 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 15:13:01 ID:NzgTsOCM
>>376
般泥オン経(はつないおんきょう)に云はく
「善男子、過去に曾て、無量の諸罪、種々の悪業を作るに是の諸の罪報は、
或は軽易せられ、或は形状醜陋、衣服足らず、飲食麁疎、財を求るに利あらず、
貧賤の家、邪見の家に生まれ、或は王難に遭ひ、及び余の種々の人間の苦報あらん。
現世に軽く受くるは、斯れ護法の功徳力に由るが故なり。」云云。『開目抄』

381 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 15:13:55 ID:NzgTsOCM
>>379
日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか。
地涌の菩薩にさだまりなば釈尊久遠の弟子たる事あに疑はんや。
経に云はく「我久遠より来是等の衆を教化す」とは是なり。
末法にして妙法蓮華経の五字を弘めん者は男女はきらふべからず、
皆地涌の菩薩の出現に非ずんば唱へがたき題目なり。
日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱へしが、二人三人百人と次第に唱へつたふるなり。
未来も又しかるべし。是あに地涌の義に非ずや。『諸法実相抄』


382 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 15:16:47 ID:NzgTsOCM
地涌の菩薩の上首は釈尊ではなくて日蓮大聖尊。
これらのものは、法華経の本門八品のみに
妙法蓮華経の付属を受けるために現れる。

383 :hage:2007/10/11(木) 15:26:55 ID:NtFKgFNN
「妙法蓮華経の付属」というのが重要ですね

ただ経典をさずけたというのとは違う。

384 :hage:2007/10/11(木) 15:35:20 ID:NtFKgFNN
日蓮が一人で初めは南無妙法蓮華経と唱え出したが、二人三人百人と次第に唱え伝えていくのである。
未来もまたこのようになっていくことであろう。このことがすなわち地涌ということの意義ではなかろうか。
大地の中から無数の人々が湧出して、広くこの妙法が流布したときは、日本中に南無妙法蓮華経と唱
える人々で満ち溢れることは、まさに大地を的とするように確かなことである。ともかくも法華経に名を立
て身をまかせて、経文のごとくに実践してみることである。

385 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 16:11:35 ID:bfeEOJdf
>>384
>日本中に南無妙法蓮華経と唱える人々で満ち溢れることは、
日蓮狂によってだったらこの世の終わりだな。正法よりも正気に立ち返れ!

386 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 18:17:49 ID:NzgTsOCM
されば釈迦・多宝の二仏と云ふも用の仏なり。
妙法蓮華経こそ本仏にては御坐し候へ。『諸法実相抄』

法華経で説法している釈迦は利用されている仏で
本当の仏は妙法蓮華経そのものだという。

妙法蓮華経にはたしかに、妙法蓮華経に登場する
釈迦・多宝・菩薩達以外の第三者の目から説かれている部分がある。
この第三者の目が、妙法蓮華経そのもので、
日蓮大聖尊のいわれることは、これが本当の仏だということだと思います。


387 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 18:24:36 ID:NzgTsOCM
小説で言うと登場人物の「」の会話以外の情景描写等が
小説の主であるということではないのかな。


388 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 18:29:55 ID:NzgTsOCM
日蓮が法門は第三の法門なり。世間に粗夢の如く一・二をば申せども、第三をば申さず候。
第三の法門は天台・妙楽・伝教も粗之を示せども未だ事了へず。所詮末法の今に譲り与へしなり。『常忍抄』

日蓮大聖尊のいわれる第三の法門の意味は、
こういうことではないのか、と思います。

南無妙法蓮華経

389 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 18:44:25 ID:NzgTsOCM
場の空気が、その場に集まった者達の主ということではないのか。

日蓮大聖尊のいわれることは、空気読めよってことだと思います。
南無妙法蓮華経するものは、もっとも尊い法華経の会座の空気を読んでることになる。

390 :hage:2007/10/11(木) 19:08:34 ID:MireGM4F
御本尊は虚空会を文字で顕されているのでは?


391 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 19:13:33 ID:NzgTsOCM
日蓮大聖尊の曼荼羅本尊は御文字で
法華経の会座の空気を見事に顕していると思う。
日隆から派生している仏立宗の本尊は
諸尊が大幅に略されている。

392 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 19:18:59 ID:NzgTsOCM
hageの門流で拝んでいた本尊には
鬼子母神・十羅刹女等が無いと思います。
これらは、法華経の会座で

若(も)し我(わ)が咒(しゆ)に順(じゅん)ぜずして説法者(せっぽうしゃ)を悩乱(のうらん)せば 
頭破れて七分(しちぶん)に作ること 阿梨樹の枝(えだ)の如(ごと)くならん『法華経陀羅尼品』

と、法華経の行者を悩ますものの頭を精神病にすると誓っているので
正法守護には、結構重要な役割をになっていると思います。

393 :キリスト教撲滅戦士:2007/10/11(木) 19:19:33 ID:K9CZoWXk
法華経の真実『苦悶の選択』真実を見つめる勇気 いわたちせいごうhttp://iwatachi.com/kumon.html

394 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 19:28:44 ID:NzgTsOCM
今、末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。但南無妙法蓮華経なるべし。『上野殿御返事』

日蓮大聖尊は、末法に入れば法華経もせんなし、といわれているので
鬼子母神・十羅刹女の誓いの部分をあげても、あまりみな信じないので
意味が無いのかも知れない。

しかし、

本尊とは勝れたるを用ふべし。『本尊問答抄』

ともいわれている。

仏立宗の本尊より日蓮正宗に伝わる本尊のほうが
略されていない分勝れていると考えられるので
上行菩薩の言われるとおりにすると、日蓮正宗の本尊を用いるべし、となります。

395 :hage:2007/10/11(木) 20:59:18 ID:GEj8Xx6Z
「間。当宗は上行所伝の窺目宗と承る。此御題目は三大秘法の中にては、
これ本門の塩目也。何ぞ三大を三一口に三大秘法宗と唱へ奉らざるや。

  答。その不審尤也。それは其様に思はるべきなれども、かくのいはれあ
る也。本門の肝心妙法五字を受持口唱すれば、此御題目の一箇に本門の
本尊、本門の戒坦(壇)の二箇はこもる故に三箇は一箇の題目にこもると申
し、三箇之中一大秘法と申し奉る也。……されば此二箇は、御題目の上の
二箇にして、この題目なくば、本尊も戒坦もなし。此御題目が真の本門、根
本本地の本法なれば、南無妙法蓮花経と唱へ奉れば、此一箇に本尊と戒坦
との二箇は自然とこもりまします故に、此御題目を要中の要と申し、『太田
抄』には一つの大秘法と申し、門祖これを受て、『一帖抄』には、三箇之中一
大秘法と申させ下(給)ひたり。」


396 :hage:2007/10/11(木) 21:03:39 ID:GEj8Xx6Z
題目君の言うところの

>法華経で説法している釈迦は利用されている仏で
>本当の仏は妙法蓮華経そのものだという。

>妙法蓮華経にはたしかに、妙法蓮華経に登場する
>釈迦・多宝・菩薩達以外の第三者の目から説かれている部分がある。
>この第三者の目が、妙法蓮華経そのもので、
>日蓮大聖尊のいわれることは、これが本当の仏だということだと思います。

との事からも、ほんとうに尊い本尊とは、口に唱える「南無妙法蓮華経」なのでしょう。



397 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 22:36:10 ID:oxv17BwG
なんか信者のオナニースレになってるな。

398 :(^ω^):2007/10/11(木) 23:20:07 ID:/xtGuSpm
(^ω^)才ナ二―スし?
(^ω^)

399 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 23:28:45 ID:NzgTsOCM
>>396
妙法蓮華経の中の会座は、釈尊と、多宝仏や、その他の菩薩達や、第三者の目によって成り立っているけれど
日蓮大聖尊の顕された曼荼羅本尊は、筆の中で全て完結しているので、第三者の目は存在しない。
御本尊に祈念するときに、御本尊の内証が、自分達にゆずりうけられるということになる。
唱題するものが御本尊に近づくことはできても、御本尊を超過することはできない。
超過すると言い出せば誹謗正法になる。



400 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 23:48:02 ID:oxv17BwG
ほら題目くん、そろそろ寝なきゃ。

401 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 23:55:28 ID:NzgTsOCM
御本尊に祈るhageの声が、御本尊より尊い本尊だなんて
hageは御本尊を押し倒すようなことを恐れ気無くいう。

本尊≧唱題する者

普通に考えてもこういう風になる。


402 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/11(木) 23:56:23 ID:NzgTsOCM
hageの声が曼荼羅本尊より尊いなら
ぜひ尊い声をうpして聞かせて欲しいと思います。

403 :hage:2007/10/12(金) 07:54:23 ID:38iFAEof
2ちゃんなんかの掲示板では文字を使って意見を交わします。
普通の会話では声を出し聞くことで意見を交わします。
どちらも言葉を媒体として意見を交わします。
お互いに共通した概念を持つ言葉(サイン)を使う意外に心が繋がりあう方法はありません。

大切なのは、文字や声という媒体ではなく、心ではないですか?

私の声自体は尊いものではないです。

404 :hage:2007/10/12(金) 09:11:14 ID:n2ZoBv3e
今日はオンタイヤです。

405 :hage:2007/10/12(金) 20:42:20 ID:38iFAEof
ひょっとすると規制中?

406 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 20:45:04 ID:6dHKX1OD
yahoo bbは規制されてる

407 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/12(金) 21:46:45 ID:yP0Irr0J
解除。

408 :キリスト教撲滅戦士:2007/10/12(金) 22:02:08 ID:b766cH3d
http://iwatachi.com/kumon.html

409 :南無妙法蓮華経:2007/10/13(土) 07:13:30 ID:T9PUA1/V
hageさんのいうように心こそ大切なれ、という御金言があったと思います。
しかし、自分の反問は、素朴に思うところで、こういう議論は、信仰の土台を確かめていくうえで悪いことではないと思います。

唱題の声は誰でも尊いと思いますが、
唱題の声そのものが、御本尊より尊い本尊という仏の金言は、自分が知る限りないと思います。


410 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 07:42:31 ID:vbgcsI6F
>>409
>>395
『一帖抄』
三箇之中一大秘法=御題目
隆師の三大秘法の立て分けがおかしい。


411 :南無妙法蓮華経:2007/10/13(土) 11:08:48 ID:HUhKqtPQ
但し聖人の唱へさせ給ふ題目の功徳と、我等が唱へ申す題目の功徳と、
何程の多少候べきやと云云。更に勝劣あるべからず候。
其の故は、愚者の持ちたる金も智者の持ちたる金も、
愚者の燃せる火も智者の燃せる火も、其の差別なきなり。
但し此の経の心に背きて唱へば、其の差別有るべきなり。『松野殿御返事』

三箇之中一大秘法=御題目の人法一箇の御題目を唱える人というのは
日蓮大聖尊と同じように流罪死罪されるほど南無妙法蓮華経する人ということになると思います。

412 :南無妙法蓮華経:2007/10/13(土) 11:17:18 ID:HUhKqtPQ
隆師のお題目はどのくらいのパワーのお題目だったのか。
hageさんにぜひ解説願います。

413 :南無妙法蓮華経:2007/10/13(土) 11:32:29 ID:HUhKqtPQ
過去の不軽菩薩は一切衆生に仏性あり
華経を持たば必ず成仏すべし、彼を軽んじては
仏を軽んずるになるべしとて、礼拝の行をば立てさせ給ひしなり。
法華経を持たざる者をさへ若し持ちやせんずらん、
仏性ありとてかくの如く礼拝し給ふ。『松野殿御返事』

パワーというか、不軽菩薩の、振る舞いなのかな。
仏性を、開発することを、あきらめない、hage魂は
日蓮大聖尊のほうが、上だったと思います。

414 :法華経読者:2007/10/13(土) 16:29:10 ID:yHBopB8o
前から思っていたのだが、日蓮は一切経を読破し(真偽は?)法華経が釈迦の真意であると覚り法華経(妙法蓮華経に固執した)を広めたはずだが、
信者の中で、一切経を読破し(現代なら一切教の体験か)日蓮の教えてが正しいと心底覚った者っているのか?
ただ御書の引用ばかりで、とても自分の頭で考えて理解したとは思えないのだが…(行われてきたのは文字のコピーだけで中身がない)
結論として、弟子は師に決して追いつくことはない(追いつけない)ってことかな

415 :法華経読者:2007/10/13(土) 16:33:50 ID:yHBopB8o
追記
鎌倉時代ならともかく、現代なら南無妙法蓮華経が法華経を広めるための方便だってことに気付かない訳ないのに…

416 :法華経読者:2007/10/13(土) 16:53:48 ID:yHBopB8o
一つだけフォローする
日本の仏教は殆どが葬式の為にある
成仏(死ぬことではない)を目的とするという一点においては、正宗は評価に値する

問題は成仏に至る方法である
ただ他宗の批判だけでは、成仏など到底有り得ない(キッパリ)

417 :キリスト教撲滅戦士:2007/10/13(土) 18:26:11 ID:wnHPLpUU
日蓮正宗も、創価や顕正と同様にカルト集団です。
http://iwatachi.com/kumon.html

418 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 18:56:42 ID:vbgcsI6F
>>414-415
フォローされる筋合いはない。アナタは一切経を読んだの?
                         『清澄寺大衆中』

       一切経を見候ひしかば、八宗並びに一切経の勝劣粗是を知りぬ
聖寿16歳で一回目の読破。
末法の凡夫は機根が低いから、戒定慧の三学と言う佛道修行は不可能。だから「以信代慧」
                   妙法蓮華経分別功徳品第十七
     又復如来滅後若聞是経。而不毀呰起随喜心。当知已為深信解相。
(又復、如来の滅後に、若し是の経を聞いて、毀呰せずして随喜の心を起さん。当に知るべし。已に深信解の相と為づく)
                         『本因妙抄』
     信心強盛にして唯余念無く南無妙法蓮華経と唱へ奉れば凡身即ち仏身なり
本門之本尊に本門之題目を唱えるのが末法の修行だ。
>結論として、弟子は師に決して追いつくことはない(追いつけない)ってことかな
普通はそうだね。
>ただ他宗の批判だけでは、成仏など到底有り得ない(キッパリ)
当たり前、日蓮正宗を知らないね。
>ただ御書の引用ばかり
「文証」引用しないと根拠を示せない。必要ないときは引用しない。
>>415
所以者何?

419 :hage:2007/10/13(土) 22:01:53 ID:kB+7gzNW
御教歌
わが祖師の御名は日蓮世の人の こころのやみをてらす妙法
人界に示同あそばす御師匠 弟子もその気で愚者を助けよ
思へ人祖師御出世のなかりせば 御題目は誰が手より聞く
宗門の祖師は本化の菩薩なり 如来の使ひ下種の御導師
わが祖師は不軽の跡を慕ふとよ されば弟子等も口唱折伏

大慈大悲大恩報謝、本門八品所顕上行所伝本因下種の南無妙法蓮華経。
どうか、すべての人々が幸せになりますように心から祈ります。

420 :hage:2007/10/14(日) 00:18:08 ID:2g4NrCq8
「心にご本尊(心の手本)に対する尊敬の念を抱き、口に悟りの言葉(お題目)を発し、身体で、
慈悲の実践をする。」と言うことになるのです。その時の儀式を修行とも言うのです。この儀式
と言うのは、単なる「セレモニー」ではありません。修行なのです。その修行と言うのを具体的
にさせて頂くのが「菩薩行」の実践なので、そのことを願い続けるのです。これを私たちは「菩
薩の誓い」と言っているのです。

 また、佛教では「願い」を持つと言うことは、自分の「心」をコントロールするためのものと教え
て頂くのです。ですから、いい加減な気持ちは「願い」とは言わないのです。しかも、菩薩が持
つ「願い」は清らかな心でなければならないのです。それを間違って、「欲求を満たす」ことが
「願い」だと考えている人が多くいます。そうした「願い」を持てば、決して心から満足は得られ
ないばかりか、苦しみしか残らないような一生になってしまうのです。

 人間として生まれたからには、常に向上心を持ち、慈しみの心で生活し、人々の幸せを願う
ようにしなければ生きている甲斐が無いと言うことになります。家庭生活、社会生活に菩薩と
して生きていくことが、人間として最も尊い生き方となるのです。その事を実践するのが「菩薩
道」なのです。その「菩薩道」と言う生き方が「法華経」に説かれたのです。その生き方こそが、
シャキャムーニブッダの生き方であると教えられたのです。「我本行菩薩道・・・。然我実成已
来甚大久遠、常娑婆世界常説法教化。」と。瞑想より実践が大事であり、実践のなき佛教は
無いのです。



421 :hage:2007/10/14(日) 00:26:35 ID:2g4NrCq8
永遠の過去からの因縁を明らかにされたブッダは、功徳の道を説き続けられました。自身が菩薩
としてされた修行のことを。そのことで人々から「不軽菩薩」と呼ばれていたことなど、そして法華経
の功徳の絶大なることを説かれたのです。また、自分が入滅してからの教えを受け継ぐものの大き
な功徳も説かれました。

 そうしたことを更に重ねて教えんがために不思議な力の元を示されたのです。それを一切の人々
に授けると言うことを説かれます。その部分が神力品と呼ばれるところであり、お弟子達に授けられ
るのが属累品と言うところなのです。この章が終わると、またブッダは教えを説き続けられます。

422 :hage:2007/10/14(日) 00:30:35 ID:2g4NrCq8
ブッダはなぜ属累品と言う教えを途中におかれたのでしょう?本来ならば、一切の教えを説かれた後
にお弟子達に譲られるのが筋です。ところが、クマラジーバの妙法蓮経においては、属累品は経の途
中にあるのです。このことが非常に大事な何かが隠されているのです。そのことに気がつくと、第十一
章においてブッダが一切の人々に「誰かこの経を護持するものは無いか。」との問いかけに二つある
と書いたことと繋がりがあるのです。

 そして、その繋がりは、第十五章まで持ち越されると言う不思議な展開になっていることが分かりま
す。第十一章ではまだ登場されない人々に登場する準備の呼びかけがそこには隠されていたので
す。さらに、召し出された菩薩(地面から湧き出でるようにして登場されるところから=地涌の菩薩と言
います。)この地涌の菩薩の登場のきっかけとなったのは、第十五章における「弥勒菩薩」の問いかけ
にあるのです。「弥勒菩薩」が問いかけた、それは大きな疑問があったからと言うのが前面に出ていま
すが、実はそこに問題があるのです。それから程なくして「弥勒菩薩」は「私は、ブッダの教えに誇妄が
無いと」と述べられるところと、少し前に、「今までこれほど尊い菩薩を見たことが無いと。」と述べられ
るところです。ここに若干の矛盾があります。

423 :hage:2007/10/14(日) 00:33:27 ID:2g4NrCq8
http://black.ap.teacup.com/applet/kyo1953915june/msgcate2/archive?rev=1 より

424 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 03:36:09 ID:JXFlnUG6
|彡 サッ

425 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 07:42:22 ID:nSGqQ7yC
         .         .  / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   .|日蓮大聖人  |
  .         .       .|\   /    |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 .                 .| (。) .(゚ )    . |< 御大会式〜♪御大会式〜♪
  .                . |  ` (       9) \_____
        ゲキョ、ゲキョ!、 |   ___   . |
           ハァハァ・・・.  \  \__\ ./
                   .  i\ しw/ノi . /
            .__      /   ∪',  i
 .        ./::::::::::::\    /     ∪',、 \
.       /::::::::::::::::::::;;;:ヽ、 | ,     \    ヽ
      /:::::::::::::「 日興  |  | ー       ヽ ヽ  〕
      |::::::::::::」    ._ノヽ|  .| ⌒      /   ノ
      i:::::::::::::|    -= =  .|        ./  / 
      ( 6. :::::::::..  ""r'_ ,.| .|     ⊂⌒ /  
      .|  :::::::::::`ヽ;;ノ^,^──-彡彡  / , , /ヽ   ちんちんしゅっ!しゅっ!しゅっ!
        |  ::::::::::::::' ヽ `ー── 彡  //ィ.,ソ .l
       |  :  :::::::::;;;;;`~´    (;;(;;;;)      /



426 :hage:2007/10/14(日) 09:10:53 ID:2g4NrCq8
日蓮聖人は、法華経の教えに基づいて、久遠本仏の悟りの世界を、文字をもって書き顕され、
これを礼拝の対象とされました。私たちはこの礼拝の対象を御本尊と称しているのです。

「南無」とは「心より帰依します」という意味です。古代のインドの言葉を、中国語の似た発音
の漢字に置き換えたもので、文字そのものには意味はありません。妙法蓮華経は法華経
(ロータス・スートラ)という教典の名なんです。したがって、単純な意味は、「妙法蓮華経の中
に説かれた悟りの世界に帰依します」ということになります。

しかし、本来「南無妙法蓮華経」というのは、「聖なる仏の悟りそのものを表す言葉」なのです
から、言葉を分けて理屈で解釈すべきものではありません。

南無妙法蓮華経は、御題目ともいいますが、これこそが「久遠本仏の悟りの世界」そのものなのです。



427 :hage:2007/10/14(日) 09:31:41 ID:2g4NrCq8
心の中の久遠本仏の声はどうしたら聞くことができるのでしようか?
凡夫である私たちには至難のわざであると思います。そのために、
お祖師様をはじめ、歴代の先師たちが後代に生まれてくる私たちのために
いろいろ、苦労をされて教えを残してくださっています。

わが心の中の久遠本仏の声をを聞く、 あるいは耳をすますということは、
わが口に法華経本門八品所顕上行所伝本因下種の御題目 を唱えること
により、わが心の最奥底、九識にある仏性が目覚めて、仏の声を聞くこと
ができると教わっています。 (感応道交)

雑音を廃し、耳を澄ませることも至難のわざです。その解決法も上述のとおりとと教
わっています。

道理・文証・現証の三証具足といいますから、口唱は欠かすことはできません。
九識に存在する仏性を目覚めさせるためにも口唱は大事です。
ただ、法華経・祖師・門祖・開導の教えを学び、正しく理解することによって
口唱の大切さ、ありがたさが、より一層正しく理解できるのです。

428 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 11:10:14 ID:JXFlnUG6
再録「日蓮正宗法華講2ch支部の愉快な仲間たち 第8会」

73 名前: 神も仏も名無しさん 投稿日: 2007/05/18(金) 09:53:38 ID:Uuuwb+Ra
あの、スレ違いかもしれませんが、深刻に悩んでいる問題があって…。
近々正宗の女性を結婚を予定しています。
私自身は無宗教なのでどうでもいいんですが、宗派を変えるとなると、どんな
ことを考慮しなくてはならないんでしょうか?


76 名前: 風 ◆Fwh0fZRJ6U [sage] 投稿日: 2007/05/18(金) 12:17:34 ID:jGuRZxcy
>>74
「信仰の自由」を普通に侵害されると考えて下さい。
2ちゃんねるでも他のネットでもいいので日蓮正宗について調べてみると良いでしょう。
他人の信仰の自由は平気で侵害するが、自分らがされると怒ります。
この点をよく見て判断した方が良いでしょう。
僕ならまず反対しますけどね。そんな他人の権利を無視する連中の宗教など。

人様のスレで勝手に相談回答。

429 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 11:12:48 ID:JXFlnUG6
77 名前: 末法の荒凡夫 [sage] 投稿日: 2007/05/18(金) 13:10:12 ID:vkt0vKyt
>>73
スレ違いではありません。
「ほうぼうにん」と云う言葉は存在しません。
無宗教を自認なさるのなら改宗なさったほうが良いかと思います。
折伏を求められる(強要される)ことはありません。
日蓮正宗は生きた信仰ですから、信者の日常がどのようなものかは、彼女から書籍を貰い
ご自身で確かめてください。
>>76「日蓮正宗について調べてみると良いでしょう。」は正論ですが悪意に満ちたこのような人の
書き込みを閲覧するよりも、ご自身で彼女の所属寺院に行ってみたらいかがでしょうか。

※末法の荒凡夫=原理派

430 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 11:16:28 ID:JXFlnUG6
80 名前: 風 ◆Fwh0fZRJ6U [sage] 投稿日: 2007/05/18(金) 15:28:04 ID:jGuRZxcy
>>73
この様>>77に、「自分の主観」が全てであり、批判は「全て悪意」とする独善性をよく観察して下さい。
確かに僕は「日蓮正宗」に対し「悪意(普通に異常さを批判してるだけだが)」を以て発言しているが、
それは>>73には関係無い事であり、それを>>77で顔を真っ赤にしながら「悪意に満ちた〜」とか言う事でも無い。
こんな凡例からも普通に連中の信仰は「異常」だと断言出来ますよ。

>日蓮正宗は生きた信仰ですから、信者の日常がどのようなものかは、彼女から書籍を貰い
>ご自身で確かめてください。
信者の日常よりもその思考・思想の根幹、性根の部分を垣間見た方がよろしいかと。
「自分らは正義、他は悪」なんて言葉に酔っている連中がどんなものか分かるはずです。

>>76「日蓮正宗について調べてみると良いでしょう。」は正論ですが悪意に満ちたこのような人の
>書き込みを閲覧するよりも、ご自身で彼女の所属寺院に行ってみたらいかがでしょうか。
実際行ってみて納得出来るならそれがいいでしょうね。
僕なら「オウム施設に行く様なものだ」としか言いませんけど。

※「悪意に満ちた」に反応→「顔を真っ赤にしながら」超能力の持ち主だ。

431 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 11:24:59 ID:JXFlnUG6
後日談
116 名前: 73 投稿日: 2007/05/19(土) 14:55:44 ID:axrbLNQC
皆さん、レスありがとうございます。
最近まで全く部外者だったもので、いろいろな考えがあると知りました。

やはり、聞くと位牌の代わりに過去帳に記載、仏壇を正宗のものに変え
「ご本尊」安置という形になるようです。お墓はそのままでいいと。

父は亡く、母親は施設にいてほぼ自宅に帰ることもない。
もめるとしたら親戚縁者とですが、それほど親密でもないんです。

彼女には自分が筋金入りの無神論者といってあるので、形だけの
「宗派入り」(?)となるとお互いにわかっています。

熱心な信者で、大変なマジメな人です。最初は信仰をすすめられましたが
、今は違いは違いとしてお互い支え合っていきこうと確認しています。
皆さんありがとうございました。
あと数ヶ月で結婚生活が始まります。その間やその後また悩むことが出てくれば
またご相談に乗って欲しいと思います

相談者は異常な回答を無視。「「オウム施設」に参詣する「異常」者と結ばれる。

432 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 11:28:43 ID:JXFlnUG6
194 名前: 神も仏も名無しさん 投稿日: 2007/10/13(土) 17:18:44 ID:Gt+seMkG
たまに来る風氏に軽くイジられるだけでも、目一杯ダメージ受けるからこっちに来るときはガクガクブルブルww

さぁどうでしょ。w

197 名前: 神も仏も名無しさん 投稿日: 2007/10/14(日) 10:49:29 ID:ajWCqH09
それが分かるくらいならアホ教義なんか信じる脳みそじゃないってw

アホ教義なら軽く論破してみろノータリン。



433 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 11:34:37 ID:nSGqQ7yC
原理派はどれだけ煽り耐性ないんだよw

434 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 11:40:26 ID:JXFlnUG6
みての通り。

435 :hage:2007/10/14(日) 11:45:17 ID:CjdbAimC
原理派さん、どうかされましたか?



436 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 14:55:18 ID:JXFlnUG6
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1189748412/l83
顕正会と勧誘被害を考える其の弐
「 監視員 ◆A4jsQTgi.Q」が本性を出し周囲を煽り「往生際もタチも悪い。マトモじゃない。」
まっ悪趣味の変態はこんなモン。


437 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 15:00:00 ID:buI65OYX
>>428
人様の?ここは2ちゃんだぜ
スレはスレを立てた人の専有物じゃない
回答内容も、まあ妥当

>>429
正宗は人によって温度差が激しい、が、どんな信徒にも暑苦しい縁者が一人はいるんじゃない?
本人や子供が変に感化されて題目君みたいになったら不幸だと思うな
題目君が正常だとおもえん

438 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 15:20:00 ID:buI65OYX
そして原理派君は題目君が正宗信者の鏡とか言ってる
題目君が模範的な信者であるとすれば、やはりその宗教団体はおかしい

439 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 15:29:10 ID:JXFlnUG6
>>437
「風」「 監視員」に倣った。現実には正宗関連スレは誰でもWelcome。
>回答内容も、まあ妥当
それは違う。相談者は法華講のスレタイで相談にきている。
>「自分らは正義、他は悪」なんて言葉に酔っている連中
他を日蓮正宗(系)に変えればまさに顕正会スレ住人。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1183160235/541
良識・常識を弁える健全な住人が多いとは思うがスレ主「 監視員 ◆A4jsQTgi.Q」がわざわざ煽っている。


440 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 15:52:06 ID:buI65OYX
>>439
>それは違う。相談者は法華講のスレタイで相談にきている。

世俗の価値観からの反対意見もいると思う。
創価との関わりや、題目君みたいな信者が結構いることを
ある程度腹に入れないで正宗に入るのは危険だよ。

>他を日蓮正宗(系)に変えればまさに顕正会スレ住人。
暑苦しい信者のインパクトが強いんだろう。
創価学会や、特に顕正会からの転派した人は特にひどいようだ。
(yunとか題目君とかな)
実際は多数を占めるわけではないんだろうが、しかし教団は彼らの盲目的な信仰を模範的と見ているようだ。
(あなたもね)

で、題目君みたいなのが模範とされる教団って顕正会とどう違うんだろう?
教義が違うだけで模範とされる人間モデルは変わってないんじゃない?

441 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 16:07:50 ID:buI65OYX
>「自分らは正義、他は悪」なんて言葉に酔っている連中

レッテル張りは日常の不満のはけ口になるぐらいで本質的に不毛なんだよな
しかし、創価学会にしても顕正会にしても彼らの機関誌やサイトを見る限り
レッテル張りが好きで仕方がないように思える。

日蓮正宗は違うと言えるかい?

442 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 16:09:06 ID:nSGqQ7yC
>>441
http://myokan-ko.net/menu/emyo_report/

どう見ても一緒です

443 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:09:40 ID:I2pU7LV4
日蓮大聖尊の御抄を拝読していて最も解し難いのは
太陽や月が意志を持った存在であるということや
太陽が地上をめぐるという天動説の立場で説かれていること…。

釈迦仏は、虚空に浮かんで太陽や月の頭を撫でたと
日蓮大聖尊は、言われる。

444 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:10:34 ID:I2pU7LV4
日蓮せめて云はく、日月は虚空に住し給へども、
我等が大地に処するがごとくして堕落し給はざる事は、上品の不妄語戒の力ぞかし。
法華経に勝れたる御経ありと仰せある大妄語あるならば、
恐らくはいまだ壊劫にいたらざるに、大地の上にどうとおち候はんか。『報恩抄』

445 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:14:24 ID:I2pU7LV4
無間大城の最下の堅鉄にあらずば留まりがたからんか。
大妄語の人は須臾も空に処して四天下を廻り給ふべからずと
せめたてまつるべし。『報恩抄』

法華経を守護しない太陽は大妄語の人であるから
地上を回ってはいけない、と本気で責めたてまつれるようになって
初めて日蓮大聖尊の仏弟子の一分に入ると思います。

446 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:17:56 ID:I2pU7LV4
釈尊、然後正像二千年の衆生の為に、宝塔より出でて虚空に住立し
右の手を以て文殊・観音・梵・帝・日・月・四天等の頂を摩でて、
是くの如く三反して法華経の要よりの外の広略二門、並びに前後一代の
一切経を此等の大士に付嘱す。『曾谷入道殿許御書』

文殊・観音・梵・帝は、まだ理解できますが
釈尊はどうやって太陽と月の頭を撫でたのか解らない。

447 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:21:07 ID:I2pU7LV4
hageさんはどう会通しますか。

448 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 16:27:25 ID:buI65OYX
>梵・帝・日・月・四天等

梵=梵天 ブラフマー
帝=帝釈天 インドラ
日=日天 スーリヤ
月=月天 チャンドラ

どれもウパニシャッドの神様
日天も月天も、どこの神話にもいる日月を擬人化した太陽神と月神だな
だいたい日蓮さんの世界観って地動説の須弥山説であって、太陽を撫でるなんて発想はないだろ

449 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:29:03 ID:I2pU7LV4
原理派はどう会通しますか。


450 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:36:04 ID:I2pU7LV4
日月は仏法をなめて威光勢力を増し給ふと見へて候。
仏法のあぢわいをたがうる人は日月の御力をうばう人、一切衆生の敵なり。
(中略)
日蓮は日月の御ためには、をそらくは大事の御かたきなり。
教主釈尊の御前にて、かならずうたへ申すべし。
其の時うらみさせ給ふなよ。『妙一女御返事』

なんみょほれんげきょ…

451 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 16:47:12 ID:buI65OYX
>>448
日蓮さんの世界観じゃなくて、法華経の世界観だな
梵・帝・日・月・四天等の頂を、ってのは須弥山説を考えればわかるだろう

帝釈天が?利天で須弥山の頂上
梵天が初禅天で?利天より上
日天、月天は須弥山の中腹ぐらいの高さを水平に回っている

須弥山説では何れも娑婆よりも高い位置にある
したがってそれらの「頂を」というのは、いかに釈迦が高く飛んだかを示めすエピソードだな

しかし、須弥山説なあ・・・

452 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:48:02 ID:I2pU7LV4
な〜〜〜〜〜〜
ん〜〜〜〜〜〜
みょ〜〜〜〜〜
ほ〜〜〜〜〜〜
れ〜〜〜〜〜〜

げ〜〜〜〜〜〜
きょ〜〜〜〜〜


453 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:51:54 ID:I2pU7LV4
自分が考えるに須弥山は地球上ではない別の世界に
宇宙の縮図として存在する山なのだと思います。

そこでは太陽も月も小さくなって
山を巡っているということなのかな。


454 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 16:52:02 ID:buI65OYX
日天、月天などの天神が仏法によって力を得るという思想だな
日蓮さんは太陽を惑星とは考えていない

須弥山説の世界観に暮らしていたわけさ

455 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 16:54:29 ID:JXFlnUG6
>>448
理趣経くんだろうか?
>>449
一閻浮提は須弥山説に依った世界観・宇宙観だ。須弥山は実在しない。
絶対的に御書通りに理解しなければならない根本信条・教義と、方便として捉え現代的に解釈して良い場合がある。
何よりも道理に従う。
例えば現代に幕府も執権も存在しない。政体が違う。
折々の猊下の御指南に従う。

456 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 16:57:33 ID:I2pU7LV4
此娑婆の世界の内に百億の須弥山、百億の日月、百億の四州あり。
其の中の中央の須弥山・日月・四州に仏は世に出でまします。
此の日本国は其の仏の世に出でまします国よりは丑寅の角にあたりたる小島なり。『四恩抄』

間違った。地球上にあるとおおせられている。


457 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 17:00:10 ID:buI65OYX
>>453
もしそうだとしたら釈迦はとんでもない所まで飛んだものだな
ちなみに銀河系の大きさは直径で10万光年
光速で飛んだって銀河系の外にでるのに何万年掛かるやら

まあ、冗談はさておき
須弥山説いわれる娑婆の位置を考えれば、須弥山がそういうたぐいのものでないことはわかるはずだ

458 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 17:04:24 ID:I2pU7LV4
さらに地球上に、百億の日月がある、と断定されている。
これは、どういうことなのか…。


459 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 17:05:51 ID:I2pU7LV4
娑婆世界というのは、地上ではなくて
宇宙全体を現すということかな。

460 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 17:08:19 ID:buI65OYX
>>455
>理趣経くんだろうか?

ちがうよ

>須弥山は実在しない。

ヒマラヤならあるよ
南閻浮提は須弥山の南にあって逆三角形で周りを海に囲まれている
言うまでもないだろうけど須弥山説ってインドの地形を反映している

461 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 17:27:05 ID:I2pU7LV4
日蓮大聖尊のいわれる娑婆世界はどこからどこまでなのか。
他方世界の浄土の教主が阿弥陀仏で
娑婆世界の穢土の教主が釈迦仏だというけれど
この境界線を教えてほしい…。

462 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 17:30:43 ID:buI65OYX
須弥山説も物理的な宇宙論としては役立たずだが、
人間の世界観としてなら、あながち役立たずとは言い切れないと思うがな

神話的な世界観と、物理学の世界をゴッチャにして論じても不毛なだけだと思うが

463 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 17:33:11 ID:I2pU7LV4
今、爾前・迹門にして、十方を浄土とがうして、
此の土を穢土ととかれしを打ちかへして、
此の土は本土となり、十方の浄土は垂迹の穢土となる。『開目抄』

間違った。
法華経以前は、釈迦仏は自分がいる周囲を汚れた穢土といっていたけれど
法華経にはいって、釈迦仏がいるところこそが本土になったという。

464 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 17:37:59 ID:I2pU7LV4
自分から離れた他方が浄土だという思想が、邪教そのものだという…。
どんなところであれ自分が今いるところが
浄土であると悟るのが寿量品の仏だということではないのかな。
日蓮大聖尊のいわれることは良いことだと思う。

465 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 17:46:11 ID:buI65OYX
>>458
地球なんて概念は法華経にも日蓮さんにもない

>>461
須弥山を中心とした世界が一世界
一世界が千あつまって小千世界
小千世界が千あつまって中千世界
中千世界が千集まって大千世界
これら大中小の世界、つまり1000の3乗(1000×1000×1000)、すなわち10億の世界を
三千大千世界という。
日月が十億あるっていうならここからだろう(百億はしらん)
で、一般に三千大千世界が一仏の教化範囲とされる

466 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 17:50:41 ID:buI65OYX
>>464
>自分から離れた他方が浄土だという思想が、邪教そのものだという…。

他方に浄土があることは経典に出ている
というか、他方に浄土があること自体は日蓮さんも否定しないだろう

467 :原理派 ◆EfW8fh/Q5U :2007/10/14(日) 17:56:24 ID:JXFlnUG6
>>461
娑婆世界のみが実在する。他は大日如来と同様に実在しない。
>>466
方便。

468 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:06:30 ID:buI65OYX
>>467
まず、法華経を説いた釈迦が「実在」したかどうか
それも実証、実在と縁遠い信仰の世界でしかない

それに「実在」という外道のしょっぱい言葉を使うのは馬鹿みたい
と、いっても理解できないだろうけど

ひとつ聞くけど
>有門は生なり・空門は死なり
語義口伝のこれ天台大師の三諦の思想にある?
正直珍説にしかみえんよ

469 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:08:28 ID:I2pU7LV4
仏教では地上を「閻浮提」というふうに
「浮く」という語が使われているので
宇宙空間に地球が浮いているものと
釈迦も了解していたのではないのか。

470 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:12:43 ID:I2pU7LV4
>>465へ。

471 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:13:15 ID:buI65OYX
>>469
>「浮く」という語が使われているので

閻浮提はサンスクリット語でJambu_dvipa
Jambuの音写語が閻浮
dvipaの音写語が堤

珍説を考えるヒマで仏教辞書でも繰ったら?

472 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:16:01 ID:I2pU7LV4
音写と一緒に適切な漢字を
当てはめるのが経訳家だろう。



473 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:18:43 ID:buI65OYX
>>472
>音写と一緒に適切な漢字を

だから辞書繰れ
閻浮提は閻浮(jambu)樹が繁茂する島(dvipa提波)を意味する

閻浮って木がプカプカ浮いているってのかい?

474 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:19:50 ID:I2pU7LV4
さて後秦の羅什三蔵は、我漢土の仏法を見るに多く梵本に違せり。
我が訳する所の経若し誤りなくば…『聖愚問答抄』

羅什だけが梵語に違背せずに訳しているというよ。

475 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:21:20 ID:buI65OYX
namasの音写語である「南無」という漢字そのものにどんな意味がある?

南は無いって?

476 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:22:32 ID:ZBMzGYSi
まったくくっだらねえ。
社会に受け入れてもらえないカルト宗教信仰者同士でありも
しないことを、ああでもないこうでもないと。
お経という昔のおとぎ話、つくりものの世界で一番大事なも
のって何だ?

477 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:24:54 ID:I2pU7LV4
あるいみ地球も宇宙にプカプカ浮いているといえると思うが…。

478 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:28:25 ID:I2pU7LV4
>>475
南無とは梵語、妙法蓮華経は漢語なり。
梵漢共時に南無妙法蓮華経と云ふなり。『就註法華経口伝』

南無は、梵語のままらしい。
梵語と漢語が一緒になったところが
南無妙法蓮華経だといわれます。

479 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:33:38 ID:I2pU7LV4
宇宙に浮いている土に生える木だから
閻浮(jambu)樹というのではないの。

480 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:34:06 ID:buI65OYX
>>476
価値観

人間はみな物理的な数値の世界ではなく、それぞれに価値観をもって生きている
それらの価値観そのものは実在しないおとぎ話だ
守銭奴は金を大切に思うが、その価値観そのものは実在するだろうか?

まっとうな宗教は、人に調和をもたらす神話だ

481 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 18:47:49 ID:tpzxwiqc
>>480
まったくそのとおり。
他人に押しつけなければね。


482 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:51:23 ID:I2pU7LV4
二十八品は正しき事はわずかなり。
讃むる言こそ多く候へと思し食すべし。『妙密上人御消息』

日蓮大聖尊によるとお経というのは
誉めるために存在するという。


483 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:54:33 ID:I2pU7LV4
3000年前の人は地球や太陽の全体観くらいはわかってただろう…。
その上で教主釈尊に法華経のような賛嘆がなされていると思う。


484 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 18:59:17 ID:I2pU7LV4
凡夫は体の三身にして本仏ぞかし、仏は用の三身にして迹仏なり。
然れば釈迦仏は我等衆生のためには主師親の三徳を備へ給ふと思ひしに
さにては候はず、返って仏に三徳をかぶらせ奉るは凡夫なり。『諸法実相抄』

妙法蓮華経の場の空気を読んで、南無妙法蓮華経しながら
教主釈尊に徳をかぶせる凡夫のほうが本仏であるというのが、日蓮大聖尊の法門だということでしょう。
妙法蓮華経を見るに、誉める言葉なら、どんな言葉でも良いということだと思います。

485 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:07:30 ID:I2pU7LV4
而るに愚人の習ひ遠きを尊び近きを蔑るか『強仁状御返事』

太陽や月や宇宙のような遠くのことを尊ぶのは愚人の習いだと
日蓮大聖尊は言われているので天動説や地動説というのは
聖人の日常にはあまり関係ないということだと思います。

486 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:21:09 ID:I2pU7LV4
…?

487 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:27:06 ID:I2pU7LV4
妙法蓮華経の経力を信じると日常でいいことがあるそうです。

な〜む〜

488 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:34:13 ID:I2pU7LV4
有る人問うて曰く、法相宗の人法華の賛を造って盛んに法華を弘む。(中略)
法相宗の人は成唯識を以て尊主と為し、法華の義を屈して唯識に帰せしむ。
法華経を賛ずと雖も、還って法華の心を死す。
故に湛然の記に云はく「唯識の滅種は其の心を死す」と。『秀句十勝抄』

>>485は間違った。
誉める言葉ならなんでもいいと、いうわけでもないそうです。
御抄には、法相宗のように、法華経を盛んに誉めるといっても
唯識論に法華経を帰すと、法華経の心は死ぬとあります。
妙法蓮華経の経力を信じるなら、「南無」妙法蓮華経して
法華経を誉めるのが正しいということになります。


489 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:36:17 ID:I2pU7LV4
ID:buI65OYXの論調は法華経の心を死すということになると思う。

490 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:43:39 ID:I2pU7LV4
〜と思う。と締めくくる自分も、唯識論か…。

491 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:46:54 ID:I2pU7LV4
日蓮大聖尊のように経にこうあるのでこうである
と言い切れたときに唯識から抜け出せる。

492 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 19:56:04 ID:I2pU7LV4
仏教に入りて五十余年の経々、八万法蔵を勘へたるに、
小乗あり大乗あり、権経あり実経あり、
顕教・密経、軟語・麁語、実語・妄語、正見・邪見等の種々の差別あり。
但し法華経計り教主釈尊の正言なり。『開目抄』

当に知るべし。日蓮大聖尊の天動説は邪見とも
南無妙法蓮華経計りは日蓮大聖尊の正言なり。

493 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 20:15:54 ID:I2pU7LV4
つたなき者のならひは、約束せし事を、まことの時はわするゝなるべし。『開目抄』

つたないものか賢いものかの区別のならいは、約束することを破るか破らないかだといいます。
日蓮大聖尊は釈尊の法華経の会座での神力付属を死罪に及んでも守ったので賢人ということになる。

494 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 20:32:44 ID:buI65OYX
>>481
仏教は総じて人間の自己中心的な欲望が作り出した価値観は人間を苦しめるという価値観を持つ
それが妥当と考えるかは各々で決めるしかない

>>483
>3000年前の人は地球や太陽の全体観くらいはわかってただろう…。

天動説が崩れ地動説が出てきたのはルネサンス時代に望遠鏡ができてから
明治に地動説が入ってくるまで日本でも天動説である須弥山説が信じられていた
手前勝手に歴史をねじ曲げるな

>>485
>而るに愚人の習ひ遠きを尊び近きを蔑るか『強仁状御返事』

その文の遠きが日月を指していると解釈するのか?
日蓮さんは、おそらく日月なんぞまだまだ身近なものだというだろう

>>488
その文は唯識そのものは否定していない
唯識を仏教の本道とする立場から法華経を解釈することを誤りだとしている
唯識そのものを否定し、外道の実体論や説一切有部の説が正しいとする文はあるか?

495 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 20:37:26 ID:buI65OYX
>>490
>〜と思う。と締めくくる自分も、唯識論か…。

唯識はそんなもんじゃないよ
五時教判にそってでもいいから、教理を学んだ方がいい

496 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 20:50:43 ID:+swNe5Wv
この団体はどういう宗教なんですか?
自分は結婚もしてないくせに、ここに入れば彼女ができるよとか、
レベルの低い勧誘してきて、うるさいのがいるんだよね
人に説教するのが功徳とかいって、聞きたくもないのに説教してくるし

なんやねん、おまえら

497 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 20:53:25 ID:I2pU7LV4
wikiによると西欧の地動説の始まりは紀元前280年らしいよ。

法華経では、天動・地動の区別はなくても
寿量品の塵の譬えに太陽系を越えた壮大な宇宙の相があるよ。


498 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 20:59:25 ID:I2pU7LV4
法相宗は唯心有境なり。大乗宗無量の宗ありとも、
所詮は唯心有境とだにいはゞ但一宗なり。『聖密房御書』

日蓮大聖尊のいわれることを拝すると
法相宗は、しょせんは全ての宗教は自分の心の鏡となるべき存在である
と締めくくるので、この心で法華経を誉めても、法華第一の心は死んでいる
ということだと思います。


499 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 21:02:56 ID:I2pU7LV4
これを法華を唯識論に帰すということではないのかな。

500 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 21:03:12 ID:buI65OYX
>>497
読んだ
それらが説の域を脱し観測によって実証されたのは望遠鏡ができたからだな

まあ、須弥山説が天動説であることは間違いない
法華経も須弥山説を採用しており天動説である
それらは広大な世界観を持つが、望遠鏡で観測することはできない

できないが、人間の世界観として価値がないとは限らない

501 :南無妙法蓮華経と宇宙人:2007/10/14(日) 21:06:11 ID:MvunhyOZ
http://blogs.yahoo.co.jp/kaedegawa7/MYBLOG/yblog.html

502 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 21:07:54 ID:buI65OYX
>>498
空に偏して仮諦を知らないという批判かな?

しかし、これは唯識の批判と言うより法相宗への批判だな

503 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 21:18:14 ID:I2pU7LV4
>>500
法華経が天動説という根拠は法華経にはどこにもないよ。
法華経の直前の無量義経で釈尊は、
それまでの教えは方便だったと切り捨てるんだよね。


504 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 21:19:04 ID:buI65OYX
>>498
んん?

>法相宗は、しょせんは全ての宗教は自分の心の鏡となるべき存在である

これってひょっとして
>所詮は唯心有境とだにいはゞ但一宗なり

この文の解釈?
境は鏡と違うぞ

505 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 21:20:28 ID:I2pU7LV4
>>502
此の三を法・報・応の三身とも、空・仮・中の三諦とも、法身・般若・解脱の三徳とも申す。
此の三身如来全く外になし。我が身即三徳究竟の体にて三身即一身の本覚の仏なり。
是をしるを如来とも聖人とも悟りとも云ふ。知らざるを凡夫とも衆生とも迷ひとも申す。『一念三千法門』


506 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 21:23:07 ID:buI65OYX
>>503
須弥山説は天動説

>釈尊、然後正像二千年の衆生の為に、宝塔より出でて虚空に住立し
>右の手を以て文殊・観音・梵・帝・日・月・四天等の頂を摩でて、

このパラグラフは須弥山説に基づいている
他にも須弥山や閻浮提、三千大千世界など、須弥山説に基づいた語が沢山出てくる

507 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 21:32:13 ID:I2pU7LV4
>>504
ほんとだ…。間違った。
唯心有境は、心によって境界が分かれて存在するということかな。
これはどの大乗でも説いていることだけれど
已後の法相宗には八界を立てゝ十界を論ぜず。『聖密房御書』
のように法華宗のように十界を論じないという。


508 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 21:42:01 ID:I2pU7LV4
>>506
そこの部分は、
答へて曰く、口伝を以て之を伝へん。釈尊、然後正像二千年の衆生の為に、宝塔より出でて虚空に住立し…『曾谷入道殿許御書』文永一二年三月一〇日  五四歳

と、これは日蓮大聖尊が、誰かから口伝えされたものだという。

誠に願はくは一乗の君子仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ。『秀句十勝抄』弘安元年  五七歳

後に日蓮大聖尊は、口伝を信ずることなかれ…というので、打ち消されると、考えられる…。

509 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 21:43:35 ID:I2pU7LV4
伝教大師云はく「仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ」等云云『開目抄』

510 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 21:54:29 ID:JXFlnUG6
>>508-509
あっそれは
此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)
此三大秘法は二千餘年の当初地涌千界の上首として日蓮慥に、自教主大覚世尊口決相承せし也(三大秘法鈔)
口伝法門抜粋
http://home.att.ne.jp/blue/houmon/fujimon/kuden.htm
霊山虚空会は有るから問題ない。

511 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 22:05:56 ID:I2pU7LV4
虚空会の時だけ太陽が小さくなって
地球の空に存在していたということかな。

日蓮大聖尊の首切りの竜の口の瞬間に
月が光渡ったというのと一緒かな。

512 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 22:11:11 ID:I2pU7LV4
思議を絶するようなことがないと
信じるほうも面白くないと思います。

513 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 22:13:00 ID:buI65OYX
・・・まったく

>>510
見なよ
物理と経文が合わなかったら、なんとか経文に説かれた世界観を
物理的に正しいと解釈しようとしている

物理的に観測実証できることが最上であるという価値観を仏教に持ち込んで、
結局、経典が語ろうとする真実をメチャクチャにしてしまうんだ

514 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 22:19:21 ID:I2pU7LV4
金はやけば弥色まさり、剣はとげば弥利くなる。法華経の功徳はほむれば弥功徳まさる。
二十八品は正しき事はわずかなり。 讃むる言こそ多く候へと思し食すべし。『妙密上人御消息』

法華経はほめればほめるほど功徳というよいことがあるといいます。
正しいか正しくないかより誉める言葉が多いという。南無妙法蓮華経万歳。

515 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 22:22:21 ID:buI65OYX
その褒め言葉って題目のことだろ
「私は法華経に帰依します」
これ以上の褒め言葉はない

題目以上の褒め言葉ってあるかい?

516 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 22:31:21 ID:I2pU7LV4
妙法蓮華経の五字を、先立ちてねごとの様に、心にもあらず、
南無妙法蓮華経と申し初めて候ひし程に唱ふるなり。『妙密上人御消息』

ないなぁ…。
日蓮大聖人は仏教のど真ん中の法門を
思いついたということになると思います。

517 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 22:37:29 ID:I2pU7LV4
当に知るべし。現世でねごとのように唱えだしたといっても
過去世に上行菩薩として神力付属されていたのであります。



518 :南無妙法蓮華経:2007/10/14(日) 23:07:04 ID:I2pU7LV4
日蓮が慈悲曠大(こうだい)ならば南無妙法蓮華経は万年の外(ほか)未来までもながる(流布)べし。『報恩抄』

「南無妙法蓮華経万歳」だと一見、万歳があるぶん勝れるようにみえても
南無妙法蓮華経が万歳のみの「万年に限る」という意味になるので、これは蛇足になる…。

519 :hage:2007/10/15(月) 09:50:47 ID:+Ay1vCXK
ID:buI65OYXさんは、いったい誰なんでしょうか?
日蓮宗の方ですか?
今後とも、よろしくお願いします。

520 ::2007/10/15(月) 13:59:34 ID:vYl4KtKc
若し日蓮が現在の弟子並びに未来の弟子等の中にも
日文字を名乗りの上の字に置かずんば、自然の法罰を蒙ると知るべし。『産湯相承事』

御抄をめくっていて気づいたのですが
題目を名乗ることは日蓮大聖尊の本意に大きく背くことになる…。
これは自然の法罰を招くという…。
日文字を頭に置かないといけない。


521 ::2007/10/15(月) 14:07:22 ID:vYl4KtKc
日蓮大聖尊は南無妙法蓮華経を日に向かってはじめて唱えられて
なおかつ御自身の御名に日文字を冠されていたので
天動説より地動説が正しいと御本仏の知恵で直感的に
解っていたのではないのかと思います。



522 ::2007/10/15(月) 14:18:55 ID:vYl4KtKc
さて、日の次の字は何にすべきか…。

523 ::2007/10/15(月) 14:25:02 ID:vYl4KtKc
予が一期の功徳は日文字に留め置くと御説法ありし儘、
日興謹みて之を記し奉りしなり。 『産湯相承事』

凄いなぁ…。
功徳は全て「日」の文字に留めると言い切られているので
太陽が中心にあると知っていたとしか思えない。

524 :hage:2007/10/15(月) 14:29:05 ID:+Ay1vCXK
題目君は色心不二ってわかる??

この心は宇宙が存在するから在る
この宇宙は心が存在するから在る
それはお互いに依存していて別々ではない。

525 :日目:2007/10/15(月) 14:33:34 ID:vYl4KtKc
題目君ではなくて
日目君になった。

日文字がないと法罰を食らうと
日蓮大聖尊が誡めている。

526 :日月:2007/10/15(月) 14:35:46 ID:vYl4KtKc
駄目だ。日目は恐れ多いので
日月にしようと思います。

527 :hage:2007/10/15(月) 14:36:07 ID:+Ay1vCXK
自分で勝手に付けたらよくないよ。
ちゃんと師匠につけていただかないと・・・・

528 :hage:2007/10/15(月) 14:37:22 ID:+Ay1vCXK
僧侶といえば、(´・ω・`)さんはどうしていらっしゃるのか???

日(´・ω・`)ってのはどう??

529 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 14:38:33 ID:LYpSigRp
>>525
だからコテ変えても無駄だ!
もう君は題目君で認識されている!

530 :日君:2007/10/15(月) 14:45:40 ID:vYl4KtKc


531 :日君:2007/10/15(月) 14:46:45 ID:vYl4KtKc
なむみょうほうれんげきょう
南無妙法蓮華経
なむみょうほうれんげきょう
南無妙法蓮華経

532 :日君:2007/10/15(月) 14:51:05 ID:vYl4KtKc
>>524
色心不二
http://homepage3.nifty.com/y-maki/yougo/426b.html

なるほど、hageさんはよく勉強されています。

533 ::2007/10/15(月) 15:01:09 ID:vYl4KtKc
君も違うなぁ。
hage師に一文字付けてもらおうと思います。

534 ::2007/10/15(月) 15:02:12 ID:vYl4KtKc
よろしく

m(_ _)m

535 :hage:2007/10/15(月) 15:07:28 ID:+Ay1vCXK
2ちゃんを使っているから、
掲示板の「掲」はどう??

って、私は僧侶じゃないし・・・

536 :日掲:2007/10/15(月) 15:23:44 ID:vYl4KtKc
いい名前です。ありがとう。


537 :日掲:2007/10/15(月) 15:33:27 ID:vYl4KtKc
日蓮の日は則ち日の神、昼なり。蓮は即ち月の神、夜なり。
月は水を縁とす、蓮は水より生ずる故なり。『産湯相承事』

日蓮大聖尊が、「日月」と名乗らずに「月」を「蓮」に置き換えて
「日蓮」と名乗られたのは、太陽と月の位置関係や大きさをわかっていたからだと思う。

太陽も月も空に張り付いていると見れば日月と名乗るだろうけれど
あえて地上の蓮に月をなぞらえるということは、月は太陽より
地上にずっと近いことを知っていたということだと思う。

また地球は「水の星」だし、月は地球から分裂して生まれた
という説もあるので「蓮は水より生ずる故なり」はとても理に叶っていると思う。

538 :hage:2007/10/15(月) 15:42:00 ID:+Ay1vCXK
日蓮聖人は修行時代には「蓮長」と名乗られてましたね

539 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 15:45:43 ID:6sxf3LTP
>>529
キミさあ相手は信者を指名して相談して来ているんだからデシャバラナイでよ。
>>536
駄目です。日号を勝手に名乗ると僧侶なら擯斥です。(能化だけが名乗れる)

突然「同志」が「コテハンでスタンドプレーされるのは如何なものかと」言ってきたので名無しの「原理派」です。
(同志なら、ここでもどこでも応援して欲しいものだ)

540 :hage:2007/10/15(月) 15:46:23 ID:+Ay1vCXK
題目君が夜に星空(東京では難しいけど)を見た場合、
それは、過去の宇宙を見ています。

今現在の宇宙を見ることはできません。

でも題目君の目には確かに遠くの星の光が届いています
その光は、実在した光で幻ではありません。

541 :日掲:2007/10/15(月) 15:47:37 ID:vYl4KtKc
又是生とは日の下の人を生むと書きたり。『産湯相承事』

そうですね。その前は是生と名乗られていたといいます。
日の下の人で是だそうです。

542 :日掲:2007/10/15(月) 15:51:16 ID:vYl4KtKc
御名乗りの事、始めは是生、実名は蓮長と申し奉る。『産湯相承事』

ん…、是生と蓮長は、一緒だったのかな。
是生房蓮長という名を与えられたそうです。

543 :hage:2007/10/15(月) 15:51:48 ID:+Ay1vCXK
原理派さんのことは、心配してます。

原理派さんに聞きたい。
どうすれば、苦しんでいる人を救うことができるのでしょうか?

544 :hage:2007/10/15(月) 15:52:40 ID:+Ay1vCXK
今現在見ている太陽は8分前の太陽の姿だそうです

545 :日掲:2007/10/15(月) 15:56:50 ID:vYl4KtKc
へぇー

546 :日掲:2007/10/15(月) 15:57:36 ID:vYl4KtKc
今現在見ているhageは何分前のhageなりや?

547 :hage:2007/10/15(月) 15:58:39 ID:+Ay1vCXK
何億光年離れた星は、何億年も前の星の姿です。
でも、地球に届いたその光は実在してます。



548 :日掲:2007/10/15(月) 16:00:31 ID:vYl4KtKc
ほう…。hageさんの頭は
冴え渡って光っていらっしゃいます。

549 :hage:2007/10/15(月) 16:07:53 ID:+Ay1vCXK
今現在、750光年離れた所で、地球を観察すれば、日蓮聖人がいらっしゃるのが見れます。

550 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 16:08:11 ID:6sxf3LTP
>>543
ありがとう。昨日は結構参りましたね。

あちらのスレの人なら、何もしないで様子をみたほうが良いかと思いますよ。
hageさんは、これまで通りでいいと思います。

551 :hage:2007/10/15(月) 16:14:17 ID:+Ay1vCXK
お釈迦様の時代が何年前なのか、覚えてませんが、2500年として
虚空会が地球から2500光年離れたところだとすれば、
その様子を今地球で見ることができますね。

552 :日掲:2007/10/15(月) 16:15:42 ID:vYl4KtKc
然るに骨のあまりは歯となり、肉の余りは舌となり、
筋の余りは爪となり、血の余りは髪となる。『色心二法抄』

日蓮大聖尊によると、血のあまったのが髪になると言います。
hageには、あまった血が無いということになる。

頭皮の血行が良くなると、髪の毛に十分な栄養がいくといいますが
全部、内側の脳味噌で、消費しているということだとおもいます。

553 :日掲:2007/10/15(月) 16:16:47 ID:vYl4KtKc
お釈迦様は、パンチパーマだったと、よくいいます。

南無妙法蓮華経


554 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 16:19:45 ID:0xod39uh
南無日蓮大聖人

555 :hage:2007/10/15(月) 16:20:46 ID:+Ay1vCXK
だから、まだ禿げてないって・・・・

てっぺんが少しだけ危ないけど・・・

556 :南無本門戒壇の大御本尊:2007/10/15(月) 16:24:01 ID:vYl4KtKc
日号は駄目だそうなので、こっちにしよう。

557 :日掲:2007/10/15(月) 16:29:32 ID:vYl4KtKc
いや、てか、なんで駄目なの。>原理派

名乗る時に日文字を置かないと、罰を受けると
金言にあるので、罰を恐れて、日掲と名乗る。

558 :日掲:2007/10/15(月) 16:39:55 ID:vYl4KtKc
若し日蓮が現在の弟子並びに未来の弟子等の中にも、
日文字を名乗りの上の字に置かずんば、自然の法罰を蒙ると知るべし『産湯相承事』

能化とか、よく知らないけれど
原理派もhageも、名前に日を付けたほうが、安全だと思うよ。

559 :hage:2007/10/15(月) 16:56:19 ID:+Ay1vCXK
日○っていうのは、普通は得度した人が師匠から頂くのでしょ?
それと、日○上人とかで呼ばれるのは、死んでからではないの??

ここだけでいうなら、日励かな?日禿かな??



560 :日掲:2007/10/15(月) 16:59:43 ID:vYl4KtKc
日蓮大聖尊は特に、日号を付ける手順を言われていないので良いと思う。
むしろ付けないと、御本仏と異体異心ということになってしまうと思う。

561 :日掲:2007/10/15(月) 17:05:04 ID:vYl4KtKc
これは2chに名前欄が有るかぎり
さけて通れない問題なのであります。


562 :hage:2007/10/15(月) 17:07:08 ID:+Ay1vCXK
異体異心じゃなくて、
境地冥合っていうんじゃないの??

563 :日掲:2007/10/15(月) 17:15:33 ID:vYl4KtKc
異体異心は、心も体も異なるということで
境地冥合は、全く同じであるということだと思います。

日掲は境地冥合には程遠い薄徳下劣のものですが
日蓮大聖尊の後を忍んで恐れ多くも日号を付けさせていただこうと思います。

な〜む〜みょ〜ほ〜れ〜んげ〜きょ〜

564 :hage:2007/10/15(月) 17:22:49 ID:+Ay1vCXK
かか・げる【掲げる】

[動ガ下一]かか・ぐ[ガ下二]

1 人目につく高い所へ上げる。また、手に持って高く差し上げる。「国旗を―・げる」「たいまつを―・げる」

2 新聞・雑誌などの、目立つ場所に載せる。目立つように工夫して載せる。「巻頭に―・げる」

3 主義・方針などを、人目につくように示す。広く、示して知らせる。「スローガンを―・げる」

4 垂れ下がっているものを、上の方へ持ち上げる。まくり上げる。「幕を―・げる」

5 灯火をかき立てて明るくする。

大辞泉より

5番の意味はすごく良いね


565 :日掲:2007/10/15(月) 17:23:35 ID:vYl4KtKc
本地難思の境智冥合『当体義抄』

境地冥合ではなくて境智冥合のようです。

566 :日掲:2007/10/15(月) 17:24:39 ID:vYl4KtKc
hageさんはいいセンスです。

567 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 17:26:30 ID:LYpSigRp
>>539
君は理趣経君が、同じ事言っても、何も言わないのに他人には、突っ掛かるんだな!
題目君は日号をやめないみたいだよ!
彼は日蓮正宗では能化しか名乗れないの知らないみたいだ!

568 :日掲:2007/10/15(月) 17:32:48 ID:vYl4KtKc
日掲を能化してくれる日号の人が
ここに現れたら所化になろうと思います。

569 :日掲:2007/10/15(月) 17:36:24 ID:vYl4KtKc
伝教大師の秀句に云はく「能化の竜女歴劫の行無く、所化の衆生も歴劫の行無し。
能化所化倶に歴劫無し。妙法経力即身成仏す」と。『女人成仏抄』

竜女も妙法蓮華経の経力で即身成仏して能化になったという。
御在世では在家の女性信徒の日妙聖人が日号を賜っている。

570 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 17:46:44 ID:LYpSigRp
>>559
>日○っていうのは、普通は得度した人が師匠から頂くのでしょ?
戒名(法名)は師匠からだね
>それと、日○上人とかで呼ばれるのは、死んでからではないの?
正宗では陰尊、法主、能化は名乗れるよ!
>>568
能化とは大僧正、権大僧正、僧正、権僧正の事だ!

571 :hage:2007/10/15(月) 17:47:06 ID:+Ay1vCXK
一般世間の中での生き方は、ファジーであったほうが都合のよいことがよく
あるものです。しかし、信仰の世界でファジーであっては、仏と境智冥合
できません。つまり、成仏できないということです。助けさせたまえと願う
私たちの信心と、たすけてやろうとなさる仏の心が一体にならないから、
信仰ではファジーは禁物です。どうもアウグスチヌスもその辺が理解できて
いなかったようです。学者の限界です。信仰者と学者は心の持ち方がちがうようです。
ですから、開導聖人は「学者不成仏」といわれたのです。なにごとも、中途半端な
物知りが一番いけないようです。

日扇さんパート2よりコピペ

572 :hage:2007/10/15(月) 17:48:13 ID:+Ay1vCXK
一般信者さんは、「院」号は頂ける?

573 :日掲:2007/10/15(月) 17:49:16 ID:vYl4KtKc
ぜひ大僧正、権大僧正、僧正、権僧正の方が
死身弘法して日掲の邪義を破してほしいと思います。

574 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 17:53:23 ID:LYpSigRp
ちなみに、正宗では一般僧侶や在家は死後に限り、法主の許可により戒名に日号を許される場合があるが、大貢献した人に限られるよ!
つまり、題目君は、法主の専権事項を無視し、自ら名乗っているわけだ!

575 :hage:2007/10/15(月) 17:53:28 ID:+Ay1vCXK
宗派によっては、「戒名」はお金をたくさん積めば積むほど立派なのがもらえる。

私のところでは、生前の信心前で決まる。

576 :日掲:2007/10/15(月) 17:54:45 ID:vYl4KtKc
日掲は仏の金言に従います。

な〜む〜

577 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 18:00:51 ID:LYpSigRp
>>573
ぜひ大僧正、権大僧正、僧正、権僧正の方が
死身弘法して日掲の邪義を破してほしい
大石寺に行って、自ら日掲を名乗りましたと言えば、能化どころか一般僧侶が破してくれるよ!

578 :日掲:2007/10/15(月) 18:01:32 ID:vYl4KtKc
一、時の貫首(かんず)たりと雖(いえど)も仏法に相違して己義を構へば之を用ふべからざる事。日興遺戒置文(にっこうゆいかいおきもん)

現御法主上人が、信徒に日号を付けるかつけないか決めるというのは
いかなる金言より出来し候ぞや?

日興上人は、付けないものは法罰をくらうと、仰せられているよ。

579 :日掲:2007/10/15(月) 18:03:17 ID:vYl4KtKc
日掲は大石寺にのぼって、得度したいといったのですが
十年信仰しないと無理だと、追い返されましたよ。

十年とは、いかなる金言より出来し候ぞ。文証無くば用ゆべからず。

580 :hage:2007/10/15(月) 18:08:25 ID:+Ay1vCXK
日扇聖人が得度されたのは30を過ぎてからですよ。

581 :日掲:2007/10/15(月) 18:08:53 ID:vYl4KtKc
得度しなくても、伏弘通はできるのであります。

582 :日掲:2007/10/15(月) 18:10:28 ID:vYl4KtKc
自分は、べつに偉くなりたくて、日号を冠するわけではなくて
法罰を恐れて、つけるわけです。

583 :日掲:2007/10/15(月) 18:11:23 ID:vYl4KtKc
得度して仏法を学びたいと思うことは良いことでしょ。

584 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 18:19:55 ID:LYpSigRp
>>572
院号は正宗は知らないが、他仏教では、金額または、生前の貢献(信仰)により付けられる!
>>575
戒名の金額はね
村寺みたいに地域住民に支えられる寺では、貢献(信仰)で付けられる事が多いが、住職と信者の関係の希薄化(都市化や転居)などで寺院運営の為に戒名の商品化が起きてるんだよ!

585 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 18:24:14 ID:LYpSigRp
>>578
だから大石寺に行って僧侶に言いなよ!
ここで他宗派や一般信者に言っても宗規は変わらないよ!

586 :日掲:2007/10/15(月) 18:26:14 ID:vYl4KtKc
いや…、べつに宗規を変えたくて言ってるわけではないよ。
一種の、自己防衛なり。

587 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 18:28:07 ID:6sxf3LTP
>>577
困ったな。理趣経くんは信者相談には乗っていないよ。
怒らないでくれよ。

>>581
日号は重要事なので日蓮正宗宗制・宗規で決まっています。
戦前など能化でも日号を名乗らなかった例もある。
(仮想世界だからどうでもいいかも)
得度のあり方は問題あるね。いろんな事情で時の法主しか弟子を取れない決まりになった。

588 :日掲:2007/10/15(月) 18:29:08 ID:vYl4KtKc
君も仮でもいいから日号を付けないと、
産湯相承御抄に違背していることになるよ。

589 :hage:2007/10/15(月) 18:30:00 ID:+Ay1vCXK
最大の自己防衛は、人の為になにかできることを行うこと。
つまり菩薩行ですね。

590 :日掲:2007/10/15(月) 18:31:15 ID:vYl4KtKc
情けは人の為ならず〜
自分の為なり〜

591 :日掲:2007/10/15(月) 18:32:29 ID:vYl4KtKc
これを日蓮大聖尊は、
慈無く偽り親しむは彼が仇なり
と涅槃経を引いておおせられます。

592 :日掲:2007/10/15(月) 18:39:04 ID:vYl4KtKc
南無妙法蓮華経をすすめることが自分の為になります。

593 :hage:2007/10/15(月) 18:41:21 ID:+Ay1vCXK
たいていの仏教者は「祈ることが行動だ」といいます。しかし、祈るだけでは
現実社会の弱者救済はできません。これは厳然たる事実です。

日扇さんパート2よりコピペ

594 :hage:2007/10/15(月) 18:43:17 ID:+Ay1vCXK
御指南
「今日もこれほど唱えたり、今日も一人二人に勧めたり、今日も少しの
 ご供養をしたり、みな、これ、わが身つきの功徳なりと喜ぶよりほかに
 仔細は無きことなり」(安楽教導抄)
御指南
「この経の行者、弘通を忘れて、我が家の繁昌のみを思ふは、仏祖のご本意
 にかなわず。ゆえに諸天の衛護なし」(開導要決1)

日扇さんパート2よりコピペ

私はこのような教えが頂けて、本当に嬉しくおもいます。とても有り難いことです。

595 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 18:48:50 ID:LYpSigRp
>>587
あの書き込みは、彼がhage君に日の後を相談する前だよ!
彼が題目君から日目君になったと宣言した事へのレスだよ!
順番に見直してよ!
それでなくても最近、原理派君は、日蓮系コテ以外では、理趣経君とオヤジ君以外の人には攻撃的になったよ!
(特に名無しアンチには酷いよ!)
心にゆとりをもちなよ!

596 :hage:2007/10/15(月) 18:56:31 ID:+Ay1vCXK
ID:LYpSigRpさんは、中の人じゃないさん??理趣経さんではないから・・・・
誰かなぁ??

597 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 18:58:56 ID:6sxf3LTP
>>595
俺が言ったのは初心者質問スレでの入籍を聞いてきた人の事。
このスレじゃない。(あっちでブーたれると質問者が混乱すると思った。こちらに同一IDをみつけた。)
スレ違いで苦情を言ったのを怒るならそれはあやまります。
>心にゆとりをもちなよ
できるだけやってるけど顕正スレの連中の標的になって参っている。

598 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 19:06:02 ID:LYpSigRp
>>596
誰って名無しだよ!
理趣経君には共感してるよ!
彼が最近、書き込みしないから書き込みしてみようと思ったんだよ!

599 :hage:2007/10/15(月) 19:10:10 ID:+Ay1vCXK
>>598
なるほど、そうでしたか。
今後ともよろしくお願いします。

600 :hage:2007/10/15(月) 19:10:51 ID:+Ay1vCXK
で、600ゲット

601 :日掲:2007/10/15(月) 19:12:45 ID:vYl4KtKc
>>598
正宗では理趣経も読むのか。
君は謗法に与同しているよ。

602 :日掲:2007/10/15(月) 19:15:12 ID:vYl4KtKc
宗門で理趣経に共感するものがいるとすると
その人は日号を冠する冠さない以前の問題だと思います。

603 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 19:20:37 ID:khDRamra
皆さんはなんで人にすすめるのでしょうか?
人のため?
自分のため?
なんですすめるのでしょうか?

604 :hage:2007/10/15(月) 19:21:47 ID:+Ay1vCXK
法華経以外の経典を知らずして、法華経だけが正しいと言うのは
謗法に与同しているよ。



605 :日掲:2007/10/15(月) 19:22:10 ID:vYl4KtKc
やはり成仏したいからであります。
現世安穏・後生善処の秘術なり。

606 :日掲:2007/10/15(月) 19:24:45 ID:vYl4KtKc
>>604
又日蓮が弟子等の中に、なかなか法門しりたりげに候人々はあしく候げに候。
(中略)今、末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。但南無妙法蓮華経なるべし。『上野殿御返事』

607 :hage:2007/10/15(月) 19:24:53 ID:+Ay1vCXK
>>605
それ だけ では間違いです。

608 :日掲:2007/10/15(月) 19:26:05 ID:vYl4KtKc
此の女人はなにとなけれども、自然に此の義に
あたりてしをゝせぬるなり。たうとしたうとし。恐々謹言。『上野殿御返事』

609 :日掲:2007/10/15(月) 19:26:55 ID:vYl4KtKc
広宣流布を、実現したいからで、あります。

南無妙法蓮華経

610 :日掲:2007/10/15(月) 19:34:36 ID:vYl4KtKc
理趣経は、般若期のもので、釈尊は後にこれを、邪見だと打ち破っている。
無量義経に、四十余年はいまだ真実を現さずという。この中に摂せられる。

釈尊を信じずに、大日如来を信じるから、理趣経を信じるといっても
大日如来は、法華経の会座で、舌を出して法華経が真実であるという証明をしているので
理趣経を取る人は、大日如来の証明にも背くことになるので、
結局はどの如来にも従っていないことになる。



611 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 19:38:38 ID:LYpSigRp
>>597
>俺が言ったのは初心者質問スレでの入籍を聞いてきた人の事
それは前置きしないとわからないよ!
あれは、あの法華講員のレスが、質問者の質問に的確にレスしてなかったからだよ!
自分のレスの内容には問題ないはずだよ!
それに自称法華講員をかたって、入信しないように誘導したわけでもないよ!
判断するのは相談者だよ!信者以外のレスいらないならスルーされるだけだよ!
40歳で、勉強したけど説明できない。でも正しい
君と君の子供が入信したら入籍しようなんて、
まさか君は、正宗信者の正しい姿だなんて言わないよね!
あれは、宗教としてより、人間としての問題だよ!
>怒るならそれはあやまります
そんな事で怒らないよ!
>顕正スレの連中の標的になって参っている。
そんな事で心を乱すのは修行が足りないよ!
心にゆとりがあれば冷静に対処できるよ!

612 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 19:43:15 ID:LYpSigRp
>>601>>602
自分は正宗じゃないよ!
ただ、正宗の宗規とかは知ってるよ!

613 :日掲:2007/10/15(月) 19:50:08 ID:vYl4KtKc
どの如来にも従わずに理趣経君のように
ただ内容がいいからこれを取るといえば
これはただの読書ということになる。
如来に背くので守護は何も期待できない。


614 :hage:2007/10/15(月) 19:52:39 ID:x+5Iak7T
広宣流布は弘通の結果であって、何のために勧めるのかの理由ではないと思う。

615 :日掲:2007/10/15(月) 19:53:45 ID:vYl4KtKc
自分はとくに宗門に背いていない。
ここで日号をつけても単なる一在家だよ。


616 :hage:2007/10/15(月) 20:03:01 ID:x+5Iak7T
日掲さんは、自分のためでなく、他人のために無心で祈ることはできる?
他人のためだけに無心でなにか行動できる?

今の私には出来ない。

617 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 20:04:25 ID:LYpSigRp
>>615
自分は日蓮門流じゃないから、本当はどうでもいいよ!
ただ、宗門的には、法主と対等と宣言する(分派)ようなもんだけど2chだし好きにすればいいよ!

618 :日掲:2007/10/15(月) 20:07:01 ID:vYl4KtKc
折伏すればいい。
仏の説では末法は悪人だらけなので
悪人は治療することがその人のためになる。

619 :日掲:2007/10/15(月) 20:08:46 ID:vYl4KtKc
>>617
対等なわけないでしょ。
日掲は見ての通り駆け出しであります。

620 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 20:17:52 ID:LYpSigRp
>>616
行動の種類の問題でしょう!
例えば、君なら目の前で溺れてる子供を見捨てたり、助ける事に見返りを求めたりしないと思うよ!
出来る事と出来ない事がある!正しいと思う事で出来る事をやればいいと思うよ!

621 :日掲:2007/10/15(月) 20:21:10 ID:vYl4KtKc
仏の説によれば、南無妙法蓮華経しない人は、
すべて毒に悶乱している子供だという。
あるいは、無明の悪酒に酔っ払っている状態だという。

622 :hage:2007/10/15(月) 20:27:28 ID:x+5Iak7T
目の前で溺れている人を助けるのは、人間として当然の行動だからなのか、溺れている人の苦しみが自分の苦しみと感じるからなのか?

私の場合は前者なのかも

623 :日掲:2007/10/15(月) 22:28:23 ID:vYl4KtKc
法を破るものをみて責めるのは仏弟子として当然の行動だからなのか、
あるいは法を破るものが地獄に堕ちたときの苦しみを感じるからなのか?

日掲の場合は前者なのかも

624 :hage:2007/10/15(月) 23:02:45 ID:wRIRNNPo
観光で生計を立てているお寺さん、葬式で生計を立てているお寺さん、
厄除けで生計を立てているお寺さん。そしてコース分けしてご祈願をし
て稼いでいるお寺さん。あなた方は本当に仏教徒と名乗るならば、こ
の世の中を見て何も感じないわけがありませんよね。仏教と名乗る以
上、仏陀のように誰かのために慈悲の心を持って行動していないとした
ら、あなたは自分の置かれている立場について考えなくてはいけませ
ん。今の世の中、宗派なんて気にしている場合ではありませんよね。
それにこれが通常の会社という組織だったら、とっくにあなたの席はな
くなっているはずです。

そして政治を売りにして選挙の前に電話をかけてきて「一票入れてね」
といってくる宗教や、なんだか凄い金額の仏具を買えば幸せになれると
か、手かざして「あなたを幸せにします」といってる宗教の人たち。
困っている人や、悩んでいる人の話に親身になって耳を傾けもしないで、
頭ごなしにそんなこと言うなんて、とても乱暴だと思いますけど、いかが
ですか?

だって、世界中の誰もがみんな自分の話を聞いて欲しいと願っている。
苦しみから逃れたいと切望している。

以上、コピペ

625 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 23:47:29 ID:a2Xn0SJ3
>>624
(--)(__)(--)(__)ウンウン
思わず頷いてしまう内容だ

626 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 00:57:27 ID:wiu4hLDq
葬式の時のお経って質によって値段が違うそうで…
一番良いお経をお願いすると各宗派のお経の間に法華経が埋め込まれたものを読んでくれます
お経に値段??
戒名も値段で上、中、下があるようで…
成仏するにも相当なお金がかかるんですね
貧乏な私は成仏出来ない?w
坊主まる儲けww

627 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 06:52:26 ID:z9deoZD6
>>626
日蓮正宗とは無縁の与太噺ダナ。
戒名は信仰の厚薄で決まり、死んだ後に成佛は迷信だぞ。
わかったね。

628 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 07:40:28 ID:LxYtFcD7
このレスを見たあなたは確実に交通事故に会います



逃れる方法はただ一つ
この文章を何処か違うスレにコピペしてさらに
↓このスレに行き

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/oversea/1190979004/
まんまん見てちんちんおっき


と書き込んでください。書き込まなければ確実に明日交通事故にあいますよ



629 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆rMNMPSLh1Y :2007/10/16(火) 14:48:49 ID:j0siWPco
>>627
そうはおもえなんがね。

正宗の坊主は修行もしなけりゃ日本山のように命をかけて反戦平和活動も
しない。

一番信用できないんだよ。

630 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 15:50:43 ID:8XSqsx8i
そうかそうか

631 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 16:06:56 ID:oVgvzz2e
>>629
身延が正宗を笑うとは
目糞鼻糞だなw

632 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 16:15:57 ID:sg3N0MvY
此処には「日蓮宗」は、関与してません。
身延を去った日興を崇める方々の「投棄する場」です。

633 :キリスト教撲滅戦士:2007/10/16(火) 17:31:44 ID:/kQBzJSz
法華経の真実『苦悶の選択』真実を見つめる勇気 いわたちせいごうhttp://iwatachi.com/kumon.html

634 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 19:13:20 ID:z9deoZD6
日蓮から派生した宗派の功罪について語ろう
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1191342639/

日蓮=嫉妬深いキリスト教の絶対神 とすれば、驚くほど似ている。
日蓮系はその理屈からいくと、他宗のみならず天皇まで否定すること
になる。事実、戦前はアマテラスの扱いなどが不敬とされたこともあ
り、教義の変更をやむなくされたこともあったようだ。国家神道体制
に取り入れられた日蓮教は、戦争への引き金をひくことになった。
国家神道はたしかに明治期以降、欧米に行動原理的に対抗するために
急遽作られた一神教まがいのトンデモ宗教だが、戦争への直接のきっ
かけを思想的に作ったのは、日蓮信者(田中智学、北一輝、井上日召
etc)らだ。彼らの思想は、危険に満ちている。いま、この時代に第
2の北一輝らが出ないよう、十分に監視する必要があると思っている。

近現代史への知識無し。
この程度でwww
もっと勉強しろよ〜

635 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 20:40:23 ID:WbtY6loU
はい、>>634、あなたの知識で解説して。
手短にね。

636 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 22:29:58 ID:z9deoZD6
>>635
手短?
>事実、戦前はアマテラスの扱いなどが不敬とされたこともあ
>り、教義の変更をやむなくされたこともあったようだ。
この部分以外全部ま・ち・が・い
試験でこんな回答したら点は貰えないね。

637 ::2007/10/17(水) 08:46:18 ID:Uf9tclCp
hage法師からいただいた
「掲」をありがたく使わせてもらおうと
思ったのですが、肝心の妙法蓮華経や御抄に
「掲」の字が無い…ということに気づいた。

638 ::2007/10/17(水) 08:48:52 ID:Uf9tclCp
>>624
石山の場合は周りが誹謗してくるので
これを見ながら責めなければ仏弟子ではないから
一つの義務として責め返しているように見えます。

639 :日示:2007/10/17(水) 09:10:11 ID:Uf9tclCp
>>632
身延山久遠寺の別当(貫首)として入山された日興上人は、本門弘通の大導師として本門戒壇の
大御本尊を守護されるとともに御灰骨の廟所を定められるなど、一切の指揮を執られました。
しかしその後、数年を経ると、日興上人の初発心の弟子である地頭の波木井実長は、六老僧の一人で
ある民部日向に誑惑されて数々の謗法を犯すに至り、日興上人の度重なる訓戒も聞き入れず、敵対するほどになってしまいました。

そこで日興上人は、これ以上、身延に留まっていては大聖人の教えが謗法にまみれてしまうと
考えられ、さらには令法久住と広宣流布のために、正応二年(1289)春、本門戒壇の大御本尊をはじめ、
大聖人の御灰骨、御書、御遺物の一切を捧持して、日目上人や日華・日秀・日尊各師らの弟子とともに
身延を離山されました。
                                                                なんじょうときみつ                 さんろく
そして正応三年(1290)十月十二日、日興上人は富士上野の地頭・南条時光より寄進された富士山麓の
大石が原に「大石寺」を創建し、大聖人の仏法流布の基盤を築かれました。
http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/nichiren_shogai5.htm

640 :日示:2007/10/17(水) 09:11:04 ID:Uf9tclCp
さて学校行くか…

641 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 03:52:24 ID:hRIw/Nmh
日ナントカさんはあの題目君?

642 :日示:2007/10/18(木) 14:44:00 ID:a+hl+Dte
はいそうです。

643 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 18:01:14 ID:XzWDOl2D
日蓮本宗ってどうなの?

644 :日示:2007/10/18(木) 18:24:00 ID:a+hl+Dte
>>643
日蓮本宗は
●日蓮大聖尊ではなく釈尊を本仏とし
●日興上人が禁じた造仏を是とする間違いを犯し
●開祖の日尊師に血脈相承が流れていない
という理由で正統門流ではない。


645 :日示:2007/10/18(木) 18:29:05 ID:a+hl+Dte
日蓮本宗は釈尊を本仏とするので
釈迦本宗と名乗ったほうがよいのではないのか。

646 :日示:2007/10/18(木) 18:43:52 ID:a+hl+Dte
此は法華経の教主を本尊とす、法華経の正意にはあらず。『本尊問答抄』

日蓮大聖尊は、法華経の教主を本尊にすることは法華経の正意ではないとおおせられている。
日蓮本宗は、釈尊を本仏として釈尊に背き、日蓮大聖尊の金言にも背いていることになる。

647 :hage:2007/10/18(木) 18:49:58 ID:HGms419h
佛立宗は、佛が立てた宗旨という意味で、佛立宗というそうです。
「日蓮」の名前はつきません。

648 :日示:2007/10/18(木) 19:05:03 ID:a+hl+Dte
>>647
佛立宗をおした日隆が仏であるということで良いですか。

法華経の八品は上行菩薩に本尊が付属される儀式の終始で
本尊そのものは寿量品にあらわされているのですが
仏の日隆はなぜこの判断を誤るのですか。



649 :日示:2007/10/18(木) 19:22:48 ID:a+hl+Dte
>>647
八品所顕を一応認めるにしても
日隆は八品の上行菩薩を本尊としたんだから
どう考えても日蓮大聖尊の御弟子ということになる。

しかしここで日蓮大聖尊が仏でないというなら
日隆は仏の弟子にならないで仏に成ったとことになる。
これはオカシイことだと思うがどうなのか。

650 :日示:2007/10/18(木) 19:29:46 ID:a+hl+Dte
佛立宗では日隆は日蓮大聖尊の生まれ変わりという設定だそうだが
なぜ生まれ変わりが過去世と違う八品所顕の教義を掲げだすのか。

651 :hage:2007/10/18(木) 19:33:38 ID:HGms419h
日隆聖人は八品派の門祖です。仏として崇めてはいません。
(´・ω・`)(´・ω・`)さんは佛立宗ではないと仰ってましたが、八品派です。
八品派でも、宗派が枝分かれして、宗派がいくつかあります。

本尊そのものは寿量品ですが、上行菩薩にお題目を託されたのは本門八品です
正宗分は寿量品ですが、流通分 (お題目を唱え、他にも勧める)を考えれば
一品二半だけでは、末法の私たちが何をすればよいのかが解らなくなります。

「苦しみを滅するには菩薩行をせよ」とお釈迦様が上行菩薩をはじめとする地湧の菩薩に
説かれ、お題目を託されたのです。

妙法蓮華経とは
如来の一切の所有の法 
如来の一切の自在の神力
如来の一切の秘要の蔵 
如来の一切の甚深の事

つまり、この宇宙の全て一切ということで、その名前を「妙法蓮華経」というそうです。



652 :hage:2007/10/18(木) 19:39:08 ID:HGms419h
だから、本尊は人としてのお釈迦様でもなく、日蓮聖人でも、日隆聖人でも、日扇聖人でもなく

この宇宙の全て一切で、その名前は「妙法蓮華経」です。
お釈迦様の悟られた世界が「妙法蓮華経」です。

ということらしいです。

653 :日示:2007/10/18(木) 19:41:24 ID:a+hl+Dte
>>651
ん…、佛立宗では確かにあがめてるんだけど、まぁいっか。

>末法の私たちが何をすればよいのかが解らなくなります。

寿量品の如来の使いのように
汝の父は良薬を留めてすでに死んだ
と示せば良いと思います。

654 :日示:2007/10/18(木) 19:45:20 ID:a+hl+Dte
>>652
御抄がぱっと出せないですが、神力品の金言は
妙法蓮華経で仏と同等になれるという文証はいかん?
と問われた時に証明として出すものだと日蓮大聖尊は言われています。
本尊そのものは寿量品に所顕されています。

655 :日示:2007/10/18(木) 20:06:02 ID:a+hl+Dte
故に末法今時に於て、如来の御使ひより外に
当体蓮華の証文に此の文を知って出だす人、都て有るべからざるなり。『当体義抄』

如来の御使いという立場以外で、
神力品の証文を知って出す人は、あるべからざるなり、と日蓮大聖尊は否定しているよ。
まえまえから思っていたけど、hageは如来の使いなのか、どうなのか。

656 :hage:2007/10/18(木) 20:13:34 ID:vUsvyQLE
如来のお使いとして御題目を届けられたのが上行菩薩としての日蓮聖人。

久遠本仏も過去世からの菩薩の修行によって悟りを開かれた。そのことを知って人が仏となることができることがわかった。

菩薩の修行は本門八品に顕されています。

657 :日示:2007/10/18(木) 20:16:09 ID:a+hl+Dte
では日蓮大聖尊の金言によると
如来の使いという立場を明かさないhageは
神力付属の金言を出す資格はないということになるよ。

658 :日示:2007/10/18(木) 20:20:51 ID:a+hl+Dte
>>656
あと八品のどこに顕されていますか。
菩薩の中の菩薩である上行菩薩の修行は
主に八品以前の勧持品第十三の誓いの部分だと思います。

659 :hage:2007/10/18(木) 20:24:25 ID:vUsvyQLE
私は如来の使いではないと思います。

自分の心の中の三毒ばかりが見えてきます。
ひょっとすると大悪人なのかもしれない。

660 :日示:2007/10/18(木) 20:27:58 ID:a+hl+Dte
如来の滅後において 仏の所説の経の 
因縁および次第を知って義に随って実のごとく説かん 
日月の光明の よくもろもろの幽冥を除くがごとく 
この人世間に行じて よく衆生の闇を滅し 
無量の菩薩をして 畢竟して一乗に住せしめん『神力品第二十一』

ここの部分をいっているのかな。




661 :日示:2007/10/18(木) 20:28:40 ID:a+hl+Dte
>>659
では今から如来の使いになればいいと思います。

662 :日示:2007/10/18(木) 20:34:28 ID:a+hl+Dte
不軽菩薩は如来の使いだから菩薩に成りえているのであって
如来の使いでもなんでもなかったらただのhage頭になると思うよ。

663 :hage:2007/10/18(木) 20:41:22 ID:vUsvyQLE
例えば、不軽菩薩は如来の前世の姿というのはごぞんじのはず。

不軽菩薩が折伏行を顕されていることもごぞんじのはず。

664 :日示:2007/10/18(木) 20:42:21 ID:a+hl+Dte
常不軽菩薩は威音王如来の御弟子です。

665 :日示:2007/10/18(木) 20:51:48 ID:a+hl+Dte
hageは何の仏の弟子なのか。

666 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 21:01:13 ID:Cn5SuD1u
現実(外界)はそれを見る心(内界)の鏡
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1186284398/1-3

これ↑を読むと、100人中、
37人が ハァ?(゚д゚#)ワカンネーヨ と悪態をつき、
24人が 「あっそ。・・・それで?」と開き直り、
19人が (゚m゚;)ギク と焦り、
13人が ナントΣ(゚ロ゚;ノノソウダッタノカ と目から鱗を落とし、
6人が  ガビ━━Σ(゚□゚|||)━━ン!! とショックを受け、
残る1人が静かに悟りを開きます

667 :日示:2007/10/18(木) 21:10:11 ID:a+hl+Dte
当に知るべし、瞋恚は善悪に通ずる者なり。『諌暁八幡抄』

怒ることは善悪に通じることだというよ。
問題は何に執着して怒るか…だろう。



668 :hage:2007/10/18(木) 22:34:26 ID:fMRJ3CIx
>>666
そちらのスレにコピペしときました。

669 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 22:35:04 ID:nYlcNfAa
>>551
野暮な突っ込みかも知れないが、虚空会の舞台は須弥山説を元にした世界だよ。
だからスペースシャトルから須弥山が見えないように、2500光年離れたところで
虚空会は見られないだろうね。
でも、題目を唱えているあなたを虚空会の釈迦は見ているかもしれないよ。

>>571
>しかし、信仰の世界でファジーであっては、仏と境智冥合できません。

それは論点先取かも。
信仰であれなんであれ、誠実に突き詰めればファジーでしかあり得ないのが凡夫ってものじゃないの?
いい加減でしかありえないクズを救済できない宗教ってのは下等だと思うな。

670 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 22:36:06 ID:nYlcNfAa
>>629
波木井さんへ

日蓮正宗は実有論者のようですが、
日蓮宗の方では、この辺いかがですか?

有、無、空について日蓮正宗の人は
御義口伝の「;有門は生なり・空門は死なり」から、
生きている状態が有で、死んでいる状態が空だってさ

671 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 22:53:48 ID:nYlcNfAa
あと題目君へ
日蓮正宗の坊主になりたいなら、今の内にガッツリ勉強しておいた方がいいよ
君はコネもなく元顕正というハンデがあるんだから、それを覆すだけの何かがいるんじゃない?

日蓮正宗の坊主には大学院を出ても仏教用語を満足に知らず、故に御書を誤読してしまうボンクラがいる。
だから、広く華厳や天台の教理から日蓮教学を理解した人材なら需要があるんじゃないかと思う。

たとえば>>498の「法相宗は唯心有境」は、法相の有相唯識のことで、識のみが有であるという教理。
三論宗の無相唯識がそれに対応する概念。
天台大師はそれに対して空仮中の三諦の立場を取り、三諦は龍樹の思想を発展させたもので…

こういう教理史的なことを系統的に押さえなければ、御書に書かれていることは理解できない。
君は他宗の教義は成仏に必要ないと考えるかもしれないが、人に教える立場に立つ坊主になるなら勉強すべきだろう
自宗の聖典に書かれていることをロクに理解できない坊主なんて洒落にもならない。

672 :日示:2007/10/18(木) 23:23:44 ID:a+hl+Dte
>>671
法相宗と三相宗の破折はここにガッツリ書いています。
http://jbbs.livedoor.jp/study/6518/

673 :日示:2007/10/18(木) 23:28:27 ID:a+hl+Dte
訂正…三論宗だった。

三論宗・成実宗・法相宗・倶舎宗・ 律宗・華厳宗は、南都六宗といって
伝教大師が全て破して天皇が帰依している。

674 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 23:47:42 ID:ZQ6naQmv
宗教団体による被害リンク集まとめ@Wiki - 日蓮正宗
http://www11.atwiki.jp/anti-religion/pages/17.html

675 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 23:54:54 ID:z4OgdHBe
>>672
「百禍繚乱」というサイトからのまるコピペがあるが、
引用元くらい添えたほうがいいんじゃないの。

676 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/18(木) 23:57:31 ID:o4K3Sri0
>>671
理趣経くんかいな。
>>673
真面目に間違えていたのか。
日興上人は「にっこう」と発音するに決まってるだろうに。
御観念文ちゃんと読んでいますか。

677 :日示:2007/10/18(木) 23:59:42 ID:a+hl+Dte
予が一期の功徳は日文字に留め置くと御説法ありし儘、日興謹みて之を記し奉りしなり。『産湯相承事』

日文字に功徳は留められている、と日興上人はねんごろに言われているのに
「にっ」と切って言うと、興の字に引っ張られているということになって、日の字に留まってないと思うけど
あつわらくんは、どう思いますか。

678 :日示:2007/10/19(金) 00:02:45 ID:FyGtJXGb
にちこうしょうにんでしょ。

679 :日示:2007/10/19(金) 00:17:11 ID:FyGtJXGb
>>671
法相宗は自分の心を中心とする、
と日示はいっているので
君のいうこととあまり変わりないと思うよ。



680 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/19(金) 00:33:50 ID:W0g6vvci
>>676
原理派君かな?
ROMたら何度か俺か聞いてたけど、俺じゃないよ
(最近来てないよ)

681 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/19(金) 00:38:27 ID:W0g6vvci
>>678
題目君、日興の呼び方は、にっこうだ
にちこうは日亨、つまり堀上人の呼び方だ
自分の宗派の歴代法主の呼び方ぐらい知らないのかい?

682 :日示:2007/10/19(金) 00:53:02 ID:FyGtJXGb
しっています。にちこうしょうにんは二人いるということだろう。

683 :日示:2007/10/19(金) 00:54:21 ID:FyGtJXGb
理趣経は何宗なのかな。
自分の宗派うんぬんいうなら
何か立派な信仰をしているように見えるけど
そういう風にも見えない。

684 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 00:55:35 ID:ivWtoMoH
どーでもよかろう、そんなこと。

685 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/19(金) 00:58:31 ID:W0g6vvci
>>682
だから、日興は、にちこうではなく、にっこうだ
正宗でにちこうと呼び方をする歴代法主は堀上人しかいない

686 :日示:2007/10/19(金) 01:09:02 ID:FyGtJXGb
読みが同じで書きが違う漢字はいくらでもあるけど
読みが同じ字は二つ以上存在しえないということはない


687 :日示:2007/10/19(金) 01:15:05 ID:FyGtJXGb
理趣経はにちこうの読みを堀上人が襲名したというのかな。
日興上人は仏法僧のうちの僧宝で総貫首と言われるんだけど
名が襲われるなんてことは全くありえないんだけどな。

688 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:16:10 ID:dgA/M+lk
いい提案がある。ニッコリくんにしないか。
これで解決!

689 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/19(金) 01:28:15 ID:W0g6vvci
>>687
あのな、襲名ってのは先代の名をつぐ事、
堀上人が日興を襲名したわけではない
字は日亨だし、読みも日興のにっこうでなく、にちこうだ
それは襲名とは言わない

690 :日示:2007/10/19(金) 01:38:41 ID:FyGtJXGb
あのな、襲名とはそういうことだよ。理趣経君。
先代を襲うってこと。

691 :日示:2007/10/19(金) 01:39:14 ID:FyGtJXGb
仏教は相承といって歌舞伎と違うの

692 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:40:44 ID:dgA/M+lk
名前論議、長いね。

693 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/19(金) 02:07:41 ID:W0g6vvci
>>690
阿保くさ
はいはい、だったら日興は堀上人に襲われたんだね
これで納得かいw
ついでに日向(にこう)もにちこうと呼んでやれよw

694 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 02:13:04 ID:LpAY97SY
>>672
そのサイトのしょっぱさは置くとして…君、論点がズレ取るぞ
君に必要なのはそのサイトにあるような結果・結論ではなく、そこへ至る過程についての知識だ。
仮にそこを読みこんだところで、御書の仏教用語を読解する知識は身につかないだろ?
より深く御書を理解するためには、他宗の教理を一通り押さえなきゃいけないんだ。

たとえば日蓮さんは、天台大師の思想を土台として教学を打ち立てた。
だから天台大師の教学を理解しなきゃ御書が書かれた思想背景が理解できない。
特に天台がらみの部分がさっぱりわからなくなる。
その辺を理解できないと、アホな誤読を繰り返すことになるだろう。
他にも君は、須弥山説とかの御書に山ほど出てくる基礎的な仏教用語・概念を
まず勉強しないといけない。
少なくとも仏教辞書と、日蓮系の辞書を一冊ずつそろえなきゃいけないだろう。

>>673
そういう間違いをするようでは、君は役に立たないだろうね。
最澄と徳一の三権一実論争が決着するのは源信和尚の「一乗要訣」を待たなければならない。
最澄が死んでから184年後の話しで、君の話は御書以外の根拠がない。

695 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 02:20:43 ID:LpAY97SY
日蓮正宗の公式ホームページ

弘安2年(1279)10月12日、信仰の根本対象である本門戒壇(ほんもんかいだん)の
大御本尊(だいごほんぞん)を建立されました。
そしてその後、日興上人(にっこうしょうにん)を第2祖と定め、
仏法の一切を付嘱(相伝)して、同5年10月13日、61歳をもって入滅されました。
ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/index_j.htm

君は本当に辞書を買った方がいい
思い違いを訂正されているのに、自説に固執する頑迷な阿呆を
坊主に据えたがる本山や信徒は無いだろう

696 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 02:27:25 ID:dgA/M+lk
ちょっと話が逸れるけど、日蓮って、せっかく大正時代になって
ようやく大師号を勅賜されたんだから、立正大師って呼べばいい
と思うんだけど、信者誰も言わないねえ。大聖尊だの聖人だの、
まるでキリスト教の聖人だよw

697 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 06:37:28 ID:QdCp7Ey+
                         『日興遺誡置文』
           義道の落居無くして天臺の學文すべからざる事
(大聖人の仏法たる富士の宗義を十分に勉強してから天台の学文をすべきことを教えられたのである)

  當門流に於ては御鈔を心肝に染め極理を師傳して若し間有らば臺家を聞くべき事
(大石寺門流は大聖人からの相伝の宗旨であるから、御書を十分に心に留め、その文底の法門は
歴代の法主が相承している法門の至極の理は師から教わりしかる後に天台の宗義聞くべきである)

           要するに前条は総の義で此の条は別の義である
>>694
>天台大師の教学を理解しなきゃ御書が書かれた思想背景が理解できない

 『日興遺誡置文』により却下。



698 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/19(金) 06:45:27 ID:QdCp7Ey+
>予が一期の功徳は日文字に留め置くと
「日」「文字」漢字のことを仰せなのであって「発音」を仰せなのではない。


699 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 06:45:56 ID:WVkX7dS3
『日興遺誡置文』

時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事



でェ、却下

700 :700遠忌は遥か昔:2007/10/19(金) 07:15:50 ID:/IpNqPDy
日蓮大聖人の700遠忌は遥か昔のイベントだ。
下らぬ「地獄思想」は、真言宗が植え付けた、地蔵菩薩と融合させた思想。

水子(コケシ)供養・七五三破邪儀典・護摩壇・・・・やれやれ

銭金で儀式を経ても、何か得るものは?も書かれて無いのが「真言密教」。
「倭人虚仮脅し儀典書」とは「真言密教」を指し、
「教菩薩法・仏所護念」とは『妙法蓮華経』を指す。

701 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 08:11:52 ID:+R90jKb7
>>697
>義道の落居無くして天臺の學文すべからざる事

>義道の落居
義道=正しい道
落居=落ち着く
これは「日蓮教学」を意味するのではなく、正しい信仰と解釈すべきだろう。
日蓮教学を理解することはイコール正しい道の落ち着きとはならないからだ。
また、天台や華厳の用語を理解しなければ日蓮御書は読み解くことができない。
以て他宗を学ぶ前提である日蓮教学の深い理解は不可能である。
故に日興さんが、その文を「日蓮教学を〜」といったのなら、日興さんは論理性のない阿呆となる。

君の書いた文の解釈は、法主の出した公式見解なのかい?
もしそうなら、大学院を出てるのに御書を読み込めないボンクラが出る原因だな。

>極理を師傳して
君は極理を教えてもらっていないのかい?
まだ教えてもらっていない極理ってなんだい?

702 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 09:05:44 ID:IZ5PqrwC
>>701
ほう、日蓮信者にもわかりやすく文章を書くヤツがいる。
坊主か?

703 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/19(金) 09:40:52 ID:QdCp7Ey+
>>701
ボンクラとは花野師のことかな。具体的な人名を挙げていただきたいものだ。
此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)
石山に於いては新義などない。
佛の説き残し給ふもの無し、だ。
有師が法門をどう釈したかから始め、大導師興尊が日蓮聖人をどう拝したかを学んで御書を拝す。
日興上人が他のお弟子と違っていたのは客観的にも明らか。
貴方の理解では他門同様の時代により人により法門解釈が揺らぐ結果を招く。
引用は日達上人からだが堀上人の解釈も同様。同意の二箇条です。
時の貫首為りと雖云云の奇妙な解釈は後のハナシで、読んで普通に理解できる通りの解釈をするのが「遺誡置文」

704 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 09:48:34 ID:IZ5PqrwC
>>700
真言宗じゃなくて、天台宗だろ?
地獄思想はもっと前から仏教に取り入れられたと思ったぞ。
それを広めたのは、なんといっても浄土系だろうな。

下記HP、浄土真宗関係らしい。リンクOKとのことだったので
張ってみた。真宗ではこういうふうに考えてるんだな。意外だ
った。

仏罰で地獄に堕ちるってホント?
http://www.asahi-net.or.jp/~YI9H-URYU/qa/sei/sei-e1.htm

別スレでも言ったが、地獄なんて、ないと思えばない!

705 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/19(金) 10:30:16 ID:W0g6vvci
>>677
>「にっ」と切って言うと、興の字に引っ張られているということになって、日の字に留まってないと思うけど
正宗68代のうち日を、にちと呼ぶのは38人、にっと呼ぶのは30人。
では、30人の歴代法主は日の字に留まっていないのかい?
また、読みが同じだと先代を襲うというなら、
日影、日永、日英(にちえい)
日詳、日昇(にっしょう)日教、日恭(にっきょう)は、全く呼び方同じなんだけど、先代を襲ってんのか?
ちなみに日示(示は掲示板の示なら)にちじで、日時を襲ってんのかい?

706 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/19(金) 10:54:45 ID:W0g6vvci
>>578
>現御法主上人が、信徒に日号を付けるかつけないか決めるというのは
いかなる金言より出来し候ぞや?
得度もそうだが、教団(組織化)すれば、制度や規則を作り統制をはかるものだよ(法や本尊が正しいだけでは法主や僧侶が蔑ろにされる)
>日興上人は、付けないものは法罰をくらうと、仰せられているよ。
日興の白蓮弟子分与申御筆本尊目録事を読んでみな
何人の弟子が日号なんだ?

707 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 11:07:09 ID:pswKY2uy
まだやってら・・

708 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 15:35:18 ID:Qvy5qUHX
いや、ためになるけどな〜こんな話は〜。

ご希望ならにちしめと読んであげてもいいよ。
大石寺は「にち」っていうのはにちしめが勝手に決めたこと
だったんだね。いいよ、いいよ。勝手に決めたいなら。

709 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2007/10/19(金) 18:25:38 ID:4vKsaZk3
>>697
>歴代の法主が相承している法門の至極の理
これ以外はおおむね同意。

ここを見ている興門派の方々に・・・>>697の補足。
大聖人の法門がよく判らないうちに天台流を読んで、その法門に感心したとする。
これは、大聖人の仏法をものにしていないのだから、十分ありうる話である。
そうなると・・・身は大聖人の弟子でありながら、心は天台の弟子という大きな「謗法」を犯すことになる。

なお、(重要な)御書を深く読むには「信頼の置ける」辞書の類はどうしてもいる。
深く読むために色々調べると、天台や他の宗派の事も調べることになる。
御書の解説書でも、踏み込んだ解説がなされている場合は同様。
つまり、御書をちゃんと読めばきちんと諸宗の事もわかってくることになる。

辞書代わりにネットを使う手もあるが、これは初心者には危険。

710 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 19:21:41 ID:pswKY2uy
>つまり、御書をちゃんと読めばきちんと諸宗の事もわかってくることになる。
そうかな? えらい偏見に満ちているDQN日蓮の著作だぜ?

711 :hage:2007/10/19(金) 22:13:39 ID:3m+QlzVO
天台・妙楽の二人の聖人は、一念信解と初随喜品の位を定めるにあたって三つの解釈をされています。
六即(ろくそく)の中の四番目にあたる相似即(そうじそく)にあたるという説と、
観行即と、五品の最初の品にあたる位であって、まだ見惑と思惑といった最初の煩悩をも断じていない位であるとする説と、
六即の二番目である名字即(みょうじそく)の位であるとする三つの説があります。

私の考えでは、天台大師と妙楽大師おっしゃった三種の解釈の中では、名字即の位が経文にかなったものではないかなと思います。
それは分別功徳品の中で、仏滅後の五品の位を説いて「法華経の寿景品を聞いて毀?(きし→ソシル事)せずに随喜の心を起こす」と説かれているからです。
もしこの経文が相似即や五品の観行即のような上位にわたって述べたものだとしたら、「しかも駿警せずに」という言葉が、この場合適当でないことになるからです。
特に寿量品では「本心を失った者、あるいは失わざる者」といっていますが、ともに名字即の位にある者であると思います。

712 :hage:2007/10/19(金) 22:18:01 ID:3m+QlzVO
妙楽大師が「教えが次第に優れていくにしたがって、修行する人の位は逆に低くなっていく」といっているのはこの事であると思います。
法華経以前に説かれた四味三教よりも法華の円教のほうが位の低い下根下機(げこんげき)の衆生を救済し、
さらに法華経の中でも迹門よりは本門のほうが衆生を成仏させているのではないでしょうか?

「教えが優れていくにしたがって、修行する人の位は逆に低くなっていく」という解釈に心をとどめて、よく考えるべきであるのではないでしょうか?

713 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/19(金) 22:40:14 ID:QdCp7Ey+
「信頼の置ける」辞書
佛教学者は、「結局最後は織田か望月」と言っている。

望月佛教大辞典 全十巻  150000円  無理

織田佛教大辞典      25000円  こちらを使う。
現代人の知的水準が下がったので辞書を理解する為の辞書が必要となる。

岩波仏教辞典       7000円 最新でもあり最も安価。

http://homepage1.nifty.com/shionsha/p17.htm

714 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 22:46:06 ID:YeSPUTOa
物事は難しく騙るなかれ・・・

五重三段を理解すれば天台、伝教も自然に理解できるかも・・
妙覚に登るなら法華経以外の教えで等覚に入り、妙法を信じるしかないのよww

715 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 23:04:58 ID:50udZGj5
日蓮さんの宗教はとてもむずかしい。
普通の人はむずかしい仏教用語とか理屈を勉強する時間がありません。
中身が無いものほどむずかしい言葉で飾りたて、教えをわかりずらくして
いるように思えます。
仏教の真実はほんとはとても単純で分かりやすいもののような気がします。

716 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 23:10:44 ID:YeSPUTOa
>>715
森羅万象おk?

717 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/19(金) 23:27:13 ID:QdCp7Ey+
>>715
普通の人は僧侶ではないから格別に難しい勉強をしません。
信・行・学・の順番です。
僧侶も学者も一生勉強します。
正しい本尊に正しい題目を唱えるのが基本です。
佛法は
南無妙法蓮華経の五字・七字が全てです。

718 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 23:29:51 ID:BI/y1Vb5
>>715
中身がなくて飾り立ててる? どっかで聞いたことが・・
あ、法華経ってそういうところない?

719 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 23:51:27 ID:Qvy5qUHX
無理やり黒を白とするからややこしいんだろ。
どこまで行っても、逃げ切れる理論構成と最後は篭城する
立ち入り禁止ゾーンをこしらえてある。
そもそも、正しいものはいたるところにある。

道理<文証<現証でいいんじゃないの。

720 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 00:08:46 ID:iJs9BwTx
思い切って言おう。
南無妙法蓮華経→ただの文字に過ぎない。
心のほうが大事。

721 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 07:19:34 ID:fU+b1YdW
>>719
「仏法と申すは道理なり道理と申すは主に勝つ物なり」

屁理屈を言い出すのは日蓮正宗信者と顕正会員くらいかなww

722 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 15:49:32 ID:9tNuXwoq
御本尊→ただの紙に過ぎない

723 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 16:44:42 ID:143L31Gs
>>720>>722
このスレから退出ねがう。


724 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 16:46:44 ID:9tNuXwoq
>>723
お断りですが何か?

725 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 16:48:29 ID:143L31Gs
日興上人が「にち」か「にっ」か興味あるな。
上古の文献では、どうひらがな読みされているのかな。


726 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 16:55:32 ID:kpTCIONF
文字や板(または紙)を生活を棒に振ってまでも後生大事に拝むなんて、
そのへんの石を1日中拝んでいる民俗信仰のバアさんと大差ない。
にっしめ、あ、違ったにちしめか。こういわれても何も気付かないのか?
ある意味真理だと思うぞ。
それと2ちゃんねるはカルト宗教の占用物じゃない。
 >このスレから退出ねがう。
をやりたければ、自分でサーバを借りて掲示板を運営するんだな。


727 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/20(土) 17:02:31 ID:3zXn499p
>>725
「っ」は促音便。上代でなくても戦後の国語改革までは「ふりがな」は字音仮名遣い。
学校→がくかう など
発音通りのふりがなでは無い。
日興は「にちこう」と振ってある。(変な辞書は今も間違えて「日興(にちこう)」としているものもある。

728 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 17:22:00 ID:143L31Gs
>>727
なるほど。丁寧にありがとう。
しかし、促音だったら
「にちこう」ではなくて「につこう」と
振ってるはずではないのかな。


729 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 17:26:56 ID:143L31Gs
日示にはほとんど二次・三次資料しかないので
この辺はあまり論じることができない。

730 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 17:32:41 ID:9tNuXwoq
目糞鼻糞を語る連中ってww

 バカ?

731 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/20(土) 17:45:02 ID:3zXn499p
>>728
国語改革以前は「ふりがな」に音便は使わない。
蝶々→てふてふ
宮澤賢治の童話などは文庫本(ちくま)でもカナは歴史的仮名遣いだから読むといい。


732 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 17:45:06 ID:143L31Gs
日興上人の読みのついでに
前々から疑問に思っていたことを挙げると
「な『む』みょうほうれんげきょう」と
「な『ん』みょうほうれんげきょう」の
どちらが正しい読みなのか。

733 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 17:45:41 ID:143L31Gs
「な『ん』みょうほうれんげきょう」と
唱えると南無(なむ)の義が薄まって
功徳が薄くなってしまうのでは。
あつわら氏はどう考える。

734 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 17:53:04 ID:143L31Gs
>>731
促音を「ち」で表すことは無いよ。


735 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/20(土) 18:30:29 ID:9WvWEZZq
題目君、来たなら>>705に答えてよ

736 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/20(土) 18:36:07 ID:9WvWEZZq
>>732>>733
(釈尊の)妙法蓮華経に南無する日蓮宗などは、なむと読み、
日蓮の言葉と(南無妙法蓮華経)とらえる日蓮本仏の正宗などは、なんと読むんじゃなかったかな?

737 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 18:40:43 ID:143L31Gs
>>735
どれも「にち」と読むことはできると思うけど
襲名というのは、先代は襲名された後は
その芸名を名乗らないということだろう。
日示がここで「にちじ」を名乗っても
日時上人は「にちじ上人」に変わりない。


738 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 18:41:57 ID:143L31Gs
>>736
南無妙法蓮華経を
伸ばして唱える時は「なーむー」だよ。

739 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/20(土) 18:47:00 ID:3zXn499p
>>734
「にち」が促音便になったから「にっ」「ふりがな」に音便は使わない。
「てふてふ」は例としては不味いが代表的な字音仮名遣い。
>>732-733
国語には連声(れんじょう)と云うのがある。
フランス語のリエゾンだな。
なむ→なん は語の生理として自然にそうなる。
NAMUMYO→NANMYOH
さらにM音はN音に変化しやすい。
SHIMBUNと新聞紙には書いてあるはずだ。
引き題目はゆっくりと発音するから
なーむー のままだ。
大石寺の題目は昔から他門より速かったのだろう。
「なんみょうほうれんげきょう」「なむみょうほうれんげきょう」どちらも正しい。カナはどちらも
ナムメウハフレンゲキャウ


740 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 18:47:02 ID:143L31Gs
かぶき者(悪党・ごろつき)が、
先代の後を継ぐことをおどけて
襲名というということだろう。
仏法は悪党の法ではない。

741 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 18:49:48 ID:143L31Gs
>>739
「にち」が促音になったらオカシイでしょ…。
平安時代には促音は「つ」だったよ。
「にち」は「にち」のままだよ。

創価学会のころから異様に速くなったと思うが
どう思う?

742 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/20(土) 18:51:35 ID:9WvWEZZq
>>737
にち でなく にっ と読むと日に留まってないと言ったのは君だから、30人の にっと 読む歴代法主は どうなのか聞いてるんだし、読みが同じだと先代を襲うと言ったのも君じゃないかい

743 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 18:57:51 ID:143L31Gs
>>742
にち とも にっ とも 30人の歴代法主は読むことができるし
読みが奪われたっていうなら、襲名なんじゃないのーという意味。


744 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/20(土) 19:13:14 ID:9WvWEZZq
そもそも俺が、日興は、にっこう。日亨は、にちこうと読むと言った事に君が反論してきたんだ
どちらでも読めるからって日蓮をにっれんとは、読まないだろ
日を にちと読む法主もいれば、にっと読む法主もいる
ただ、それだけの事
日顕がにちけんでなく、にっけんと読むのは現役信者でも知ってるだろうに

745 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/20(土) 19:17:47 ID:9WvWEZZq
>>743
>読みが奪われたっていうなら、襲名なんじゃないのーという意味。
俺は日興はにっ、日亨はにちだから、違うと言ったのに、二人とも、にちこうと主張したのも君だよ

746 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 19:23:12 ID:fNr6+t2W
>>730
バカというよりも、洗脳された可哀想な人たちだよ。

747 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 20:25:33 ID:143L31Gs
>>744
日蓮大聖尊は君の計算の
「30人」の中に入っていないよ。



748 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 20:27:17 ID:cyd000gh
>>747
にっしめ、とうとう頭がアポーンしたか?

749 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 20:29:06 ID:143L31Gs
当に知るべし。にちこう上人は
歴代貫首上人に二人なり。

750 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 20:30:38 ID:143L31Gs
>>748
目があるなら>>743をよく読めよ。
「30人の歴代法主は」と日示はいっている。

751 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 20:31:47 ID:143L31Gs
何時から日文字に促音が混じるようになったのかな。
思うに昭和からじゃないのか。

752 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/20(土) 20:47:09 ID:3zXn499p
>>736
日蓮本佛を言っている西山僧の本でも「なむ」と”正しく”発音せよ。といっている。
重須は「なん」
>>741
創価出現から修羅の題目と呼ばれ異様に速くなった。
老僧の題目は遅い。(それでも他門はもっとゆっくり)

「にち」が促音になっても「日」文字が大切なの。発音を大切にせよではない。日向は「にこう」
音便の「便」は「方便」が語源だよ。

ついでにな、お会式の申状奉読は「天恩を」を「てんのんの」と発音するだろ。
「御返事」も明治時代は「おんぺんじ」と発音。

今更だが「にち」は字音仮名遣いと関係なかった。

753 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/20(土) 20:48:15 ID:9WvWEZZq
>>747
日をにっと読む法主はにちとも読めると言うのに、
にちと読む法主はにっとは読めないのか?
君は可能性の話しをしていたのではないのか?
では、日顕をにっけんと読んでいた事実はないのか?

754 :hage:2007/10/20(土) 20:50:05 ID:UO80M/Ns
「起顕竟について。」

教えを弘める方々を募られることを「付嘱」と言います。その付嘱に、目の前にいる人々
に体する付嘱を「近令=ごんりょう」と言い、今は姿を見えない方々を呼び出されるよう
に語られるのを「遠令=おんりょう」と言うのです。この「遠令」のことを「説き起こし」にな
るのを「起=キ」と言います。

次に「顕」とは、何を説かれ、何のために、そしてそれがど言う因縁なのかを明かにされ
たのが、第十五章の後半と第十六章全部と第十七章の前半に答えがあるのです。ここ
の所を「顕」と言うのです。

そうした教えがどこで極まるのかと言うと、第二十一章と第二十二章なのです。ここの部
分を「竟」とか「極」と言う言葉を使います。

この教えこそが「起顕竟」と言うのです。この「極まる」と言うことが、「お題目」として顕さ
れると言うことであり、上行菩薩から伝えていただくと言う姿が出てくるのです。すなわち、
「上行菩薩所伝の五重玄、名体宗用教の妙法蓮華経」と言うことなのです。

755 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 20:51:05 ID:143L31Gs
>>753
30人の可能性の話をしていても
それ以外の法主上人の可能性は論じていないよ。
にちけん上人と読んでも別に良いと思うよ。
日示はそのころは顕正会員だったのでなんともいえないけど。

756 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 20:53:09 ID:cyd000gh
不毛な議論だ。
どっちでもええわい!

757 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 20:53:18 ID:143L31Gs
>>754
hage氏の門流は、どうも、上行菩薩を
仏の立場から見下すという雰囲気がうかがえる。
「佛立宗」というのは、そういう意図だろう。
上行菩薩に付属された法は
上行菩薩に連なるものにしか付属されていないよ。

758 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 20:55:07 ID:143L31Gs
>>647

759 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/20(土) 21:00:07 ID:3zXn499p
hageさんは「なんみょう」の発音に違和感を持つでしょうが間違いとまで考えますか。
日扇師も「にっせん」と促音ですから題目くんは変だと思うかもです。

760 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:00:38 ID:143L31Gs
佛立なら、hageの門流の日隆は
いつ、どうやって、何を因として、成仏したのか。

761 :hage:2007/10/20(土) 21:02:18 ID:UO80M/Ns
仏の立場とは、どういう立場なのでしょうか?
上行菩薩に附属された法とはお題目口唱であり
上行菩薩に連なるものとは、日蓮聖人の御弟子檀那だから
私たち信者にもお題目口唱が附属されたのだから、良いのでは???

佛立宗はそういう流れを全部ひっくるめて名前を付けられましたよ。
だから、日蓮系ではあるけど、日蓮○○宗ではなく、仏の宗派です

762 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:05:48 ID:143L31Gs
>>761
上行菩薩に連なるなら、最低限、
上行菩薩の言うことには従うということになると思いますが
なぜ従わないで八品主義を掲げているのかな…と思います。

763 :hage:2007/10/20(土) 21:06:15 ID:UO80M/Ns
ここで「なむ」と「なん」の話が出てからは、
お題目口唱の時は、「なむ」と意識してお唱えしてますね。

「む」の発音の時には
口の筋肉がけっこう鍛えられます・・・


764 :hage:2007/10/20(土) 21:08:04 ID:UO80M/Ns
上行菩薩の言うことにしたがって、八品主義を掲げているのですが・・・・


765 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:14:47 ID:143L31Gs
>>764
本門寿量品の本尊並びに四大菩薩をば三国の王臣倶に未だ之を崇重せざる由之を申す。
此の事粗之を聞くと雖も前代未聞の故に耳目を驚動し心意を迷惑す。『観心本尊抄』

寿量品の本尊といわれているよ。

766 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:17:03 ID:143L31Gs
此等の仏をば正像に造り画けども未だ寿量の仏有さず。
末法に来入して始めて此の仏像出現せしむべきか。『観心本尊抄』

こっちのほうが適切か…。
寿量の仏と、いっているのに、なぜ八品になる。


767 :hage:2007/10/20(土) 21:19:15 ID:UO80M/Ns
地湧の菩薩に附属された末法の修行法は
『四信五品抄』に書かれてますよ。

768 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:22:15 ID:143L31Gs
>>767
就中寿量品の失心・不失心等は皆名字即なり。
(中略)信の一字を詮と為す。
不信は一闡提謗法の因、信は慧の因、名字即の位なり。『四信五品抄』

寿量品が、名字即だと書いています。なぜ八品になる。

769 :hage:2007/10/20(土) 21:24:02 ID:UO80M/Ns
本門八品の中に寿量の仏は、含まれている。

修行法は『如説修行抄』ですかね。

770 :hage:2007/10/20(土) 21:27:19 ID:UO80M/Ns
寿量品は正宗分でしょ?

『四信五品抄』には
法華経については序分(じょぶん)と正宗分(しょうしゅうぶん)と流通分(るつうぶん)との三つに区分できるが、
序分と正宗分とは一応置いておいて、流通についてみると、これは末法のことをうつし出した鏡のようなものである。

となってますよ。

現代語訳
http://www4.ocn.ne.jp/~sen0001/iyaku04.html



771 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:27:29 ID:143L31Gs
>>769
一品二半よりの外は小乗教・邪教・末得道教・覆相教と名づく。
其の機を論ずれば徳薄垢重・幼稚・貧窮・孤露にして禽獣に同ずるなり。『観心本尊抄』

寿量品と前後半以外は小乗教・邪教・末得道教・覆相教だと
上行菩薩はいわれている。なぜ上行菩薩に従わないのか。
地涌の菩薩ではないからか。


772 :hage:2007/10/20(土) 21:31:58 ID:UO80M/Ns
名字即というのは、六即のなかの位のひとつ

法の名字が「妙法蓮華経」

773 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:33:01 ID:143L31Gs
>>770
四信五品抄は、末法は名字即の信の修行が大事だと書いているよ。

就中寿量品の失心・不失心等は皆名字即なり。『四信五品抄』

774 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2007/10/20(土) 21:37:49 ID:9WvWEZZq
題目君へ
俺は君が間違えてると思うから指摘しただけ(原理派君も)
日興や日向をにちこうと読んでも俺は困らないし
君が間違えと思わないなら、他の人が言ってたように、大石寺の僧侶に、弟子にはすべて日号を許可すべきとか、日は、にちと発音すべきと進言しなよ

775 :hage:2007/10/20(土) 21:38:07 ID:UO80M/Ns
>>771
それは五重三段の四段目じゃなかった??

776 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:38:34 ID:143L31Gs
>>772
寿量品以外は邪教だと上行菩薩はいうのに
なぜわざわざ八品に広げる。

777 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:42:03 ID:143L31Gs
>>771
上行菩薩に従うなら五段目まで従うのではないの。
「あえて」三段目までしか従わないという理由は何なのか。

778 :hage:2007/10/20(土) 21:42:37 ID:UO80M/Ns
>>771は五段目であってる。

779 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:42:58 ID:143L31Gs
>>777>>775へ。

780 :hage:2007/10/20(土) 21:46:02 ID:UO80M/Ns
再往之を見れば迹門には似ず本門は序正流通倶に末法の始を以て詮と為す、在世の本門と末
法の始は一同に純円なり但し彼は脱此れは種なり彼は一品二半此れは但題目の五字なり。

までが五段


781 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 21:54:17 ID:yiKlhypL
>日示は在家なのでなんと呼ばれてもいいが
大石寺では「にっ」と読まずに「にち」と読む。

もともとは「日示」をなんと読むかという話。
簡単な間違いなんだけれど、日蓮の弟子は自分が間違えて
いましたとは絶対にいえない。
結局、歴代法主の名前まで自分で捏造することになっている。

※だから、みなさん。
単に、にちと読むか、にっと読むかの問題ではなく、
日蓮の弟子とはいかに簡単に小ウソをつくか、つかねば
おられないか、という問題なんですね。よく現れている
と思います。

782 :(^ω^):2007/10/20(土) 21:54:53 ID:Vu4BIs9W
(^ω^)UFOを、ゆーふぉーって言うふぉ〜ん♪

783 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:55:20 ID:143L31Gs
地涌千界の大菩薩を召して
寿量品の肝心たる妙法蓮華経の五字を以て
閻浮の衆生に授与せしめたまふ。『観心本尊抄』

法の名が「妙法蓮華経」でも
寿量品の肝心の妙法蓮華経と上行菩薩は念をおしていっているよ。

784 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:57:05 ID:143L31Gs
>>781
>>727

785 :hage:2007/10/20(土) 21:57:30 ID:UO80M/Ns
彼は脱此れは種なり彼は一品二半此れは但題目の五字なり。

脱が一品二半
種が題目の五字

題目の五字を附属されたのが、本門八品

『此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては仏猶文殊薬王等にも之を付属し給わず何に況や其の已外をや但
地涌千界を召して八品を説いて之を付属し給う』

『是くの如き本尊は在世五十余年に之れ無し八年の間にも但八品に限る』

786 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 21:59:17 ID:143L31Gs
>>780
八品に現れたのは地涌の菩薩で御本尊ではない。
日隆はなぜ地涌の菩薩を本尊にするのか。
地涌の菩薩に附属された本尊を本尊にするべきだよ。

787 :hage:2007/10/20(土) 22:04:19 ID:UO80M/Ns
本門八品で地涌の菩薩に附属されたのが
如来の一切の・・・・・・・『妙法蓮華経』

だから、日蓮聖人は『南無妙法蓮華経』を本尊とされた。
日隆聖人も『南無妙法蓮華経』を本尊とされてますよ。

788 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:05:49 ID:143L31Gs
>>785
寿量品の題目五字を附属されたのが本門八品。

789 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:06:03 ID:yiKlhypL
>>784
>大石寺では「にっ」と読まずに「にち」と読む。
なんと読むか。昔の読み方やルビの問題ではない。

790 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:08:35 ID:vy/PClK5
禅問答は終わったか?

791 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:09:02 ID:143L31Gs
八品派は
是くの如き本尊は在世五十余年に之れ無し八年の間にも但八品に限る
を本尊に勝手に書き付けているが
附属された上行菩薩が自ら表された本尊にはそのような文はない。
なぜ上行菩薩の本尊を捨てて、八品派の自作の本尊を拝むのか。
上行菩薩の眷属ではないからか。

792 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:10:37 ID:yiKlhypL
>>790 さあ?

793 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:10:44 ID:143L31Gs
>>789
昔は「にちこう」とふっていたそうなので
にちこうだったと思うよ。


794 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:16:08 ID:143L31Gs
>>787
一品二半よりの外は小乗教・邪教・末得道教・覆相教と名づく。
其の機を論ずれば徳薄垢重・幼稚・貧窮・孤露にして禽獣に同ずるなり。『観心本尊抄』

日蓮大聖尊の金言によると
日隆の南無妙法蓮華経は、小乗教・邪教・末得道教・覆相教が
混じっているということに成るよ。



795 :hage:2007/10/20(土) 22:16:58 ID:UO80M/Ns
『本門の四依は地涌千界末法の始に必ず出現す可し今の遣使還告は地涌なり是好良薬とは寿量品
の肝要たる名体宗用教の南無妙法蓮華経是なり、此の良薬をば仏猶迹化に授与し給わず何に況や他方をや。

神力品に云く「爾の時に千世界微塵等の菩薩摩訶薩の地より涌出せる者皆仏前に於て一心に合掌し尊顔を瞻仰
して仏に白して言さく世尊我等仏の滅後世尊分身の所在の国土滅度の処に於て当に広く此の経を説くべし」等云』

是好良薬だけがあっても、それを弘めなければ、人々は助からない。
仏の側から立って、何を附属(託す)したのかを考えれば、わかる筈。



796 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:19:58 ID:143L31Gs
神力附属は三千年前に終わっているよ。
何を附属(託す)したのかというと寿量品の本尊を託したんだよ。
良薬は日蓮大聖尊が留められたよ。
あとは眷属が「汝の父はすでに死んだ」と示すべきだろう。
それをあえて仏の側から上行菩薩を見下すというのはどういうことなのかな。



797 :hage:2007/10/20(土) 22:22:41 ID:UO80M/Ns
私のわかる範囲はせいぜいここまでです・・・・
宗派によっていろいろ解釈が違うのでしょう。

解釈の違いはあっても、人を救うことが大切という事には
あまり違いはないのかもしれません。

人の心が、解釈の違いで振り回されるというのも、どうかと思う。
誰だって、心の安らぎを求めている。

798 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:26:00 ID:143L31Gs
何を附属したのかを考えるって…。
それが寿量品の題目でしょう。

自分は振り回されるというか…。
どうやったらhageは解るのかな…という感じです。

799 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:26:54 ID:vy/PClK5
ああ妙法蓮華経さま、道を誤り、迷えるあなたの信者たちを
お救いくださいませませ。

800 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:27:01 ID:yiKlhypL
あーあ。ゆるめると付け上がるよ。

801 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:30:02 ID:143L31Gs
心の安らぎは最勝真実の本尊を
糧にすると得られると思います。
寿量品の本尊が八品にゆるまった本尊より勝れる。

802 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:32:27 ID:yiKlhypL
ほらね。

803 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:33:29 ID:vy/PClK5
>>799
妙法蓮華経「勝手にやらせとけ! わしのこと好き勝手に解釈しやがって。わしゃもう知らん」

804 :hage:2007/10/20(土) 22:33:59 ID:UO80M/Ns
お経文のどこの部分のどういう解釈が正しいとか、間違いとか・・・・
どの解釈でなければ、地獄に落ちるとか、落ちないとか・・・

国語の試験で、どういう解釈が正解で、正解以外の解釈は間違いだからダメとか
同じ文章を読んでも、感じ方、心に残る部分、感動するところは、人によって違うわけで・・・
それによって、地獄行きだとか、救われるだとか・・・・

本当にそうなのだろうか??????????

805 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:35:46 ID:143L31Gs
>>803
ID:vy/PClK5が好き勝手に解釈しやがっておられると思います。

806 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:36:31 ID:vy/PClK5
>>804
そういう疑問に感じるのが普通の人。

807 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:38:00 ID:143L31Gs
>>804
迷へば則ち三道の流転、悟れば則ち果中の勝用なり

808 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:42:26 ID:143L31Gs
迷ふ時は衆生と名づけ、悟る時をば仏と名づけたり。『一生成仏抄』

809 :hage:2007/10/20(土) 22:46:38 ID:UO80M/Ns
意識の上での解釈(概念)に迷っているだけで、
心の奥底には、言葉や意味や概念は無く、ただ命があるだけで
心の安らぎは、命と命の繋がりで得られる。

そんなような気がする・・・・・


810 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:51:21 ID:143L31Gs
南無して妙法蓮華経に命を帰命すると成仏できます。

811 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:53:43 ID:yiKlhypL
しかし、釈尊のあらわした法華経を捕まえて、「幼稚・貧窮・
孤露にして禽獣」か。
これがなんで謗法に当たらないの?
そんな奴が、他教をつかまえて、釈尊を押し倒しているとかい
う権利があるのかねえ。

812 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 22:56:31 ID:vy/PClK5
>>811
>釈尊を押し倒しているとかいう権利があるのかねえ。
ついでに犯してぇ〜〜〜

813 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 22:57:44 ID:143L31Gs
>>811
爾前・迹門の円教すら尚仏因に非ず、何に況んや大日経等の諸小乗経をや。
何に況んや華厳・真言等の七宗等の論師・人師の宗をや。『観心本尊抄』

一品二半以外はなお成仏できず。いかにいわんや…と続いて
他の謗法も堕地獄の因だと明かされています。


814 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:00:50 ID:yiKlhypL
あかされていますは良いけど、もろ、切り張りだよね。


815 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:02:57 ID:yiKlhypL
ほんとに、いい加減、仏教から離れてくれ。

816 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 23:03:23 ID:143L31Gs
>釈尊を押し倒しているとかいう権利があるのかねえ

一品二半の寿量品は釈尊が説いているんだから
釈尊を押し倒しているわけ無いだろう。


817 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:08:15 ID:yiKlhypL
では適当に経文を切り取って残りは禽獣と言ってもいいという
文証をあげてくれ。


818 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:09:20 ID:yiKlhypL
もちろん、法華経から。

819 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/20(土) 23:09:52 ID:3zXn499p
>>804
知っているかもしれませんが
昔、殿様が折伏された。殿様が調べると法華宗は沢山に分かれて、互いに地獄に堕ちると云っている。
そこで殿様はどうせ地獄に堕ちるなら、代々の宗旨である念佛で地獄に堕ちようよ決めた・・・・

820 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 23:19:52 ID:143L31Gs
>>817
良医治子喩

寿量品の父を知らない諸宗は
父統の那に迷える才能ある畜生とかける
と日蓮大聖尊は言われている。

821 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:20:34 ID:yiKlhypL
>>819 ん。その話はつづきがあるの?

822 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2007/10/20(土) 23:20:47 ID:KxSUYcya
>>804
(何が正しいかという事はとりあえずおいておく。)

「かかる日蓮を用いぬるともあしく(悪しく)うやまはば(敬まはば)国亡ぶべし」種種御振舞御書
というわけで、<特に重要な部分で>解釈を間違えるとえらいことになりかねない。

823 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 23:21:21 ID:143L31Gs
良医は日蓮大聖尊で
毒が念仏等の邪教

824 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:24:21 ID:yiKlhypL
820 いやそれはテメエが崇められたいが為のヨタだよねえ。

法華経の中に、法華経を切りとって、残りを禽獣と
言ってもいいという文証を。

825 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:32:29 ID:qQW7ws3z
目に見えない物が見えるのは病気です
法華経を読んで他の文字が見えるのも病気です

恥ずかしがらずに病院へ行きましょう

826 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:32:30 ID:yiKlhypL
あと、法華経の中に、法華経を幼稚だと言ってもいい
という文証と、貧窮だと言ってもいいと言う文証をね。

827 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 23:34:06 ID:143L31Gs
>>820
其の機を論ずれば徳薄垢重・幼稚・貧窮・孤露にして禽獣に同ずるなり。『観心本尊抄』

「機」というのは教えを受ける側の衆生の状態を表している。

機根
http://homepage3.nifty.com/y-maki/all/kikon.htm

寿量品の始まりに必ず釈尊の言うことを
信受すると菩薩達は誓っている。
これに比較相対すれば他の品の
衆生の機は禽獣に同じるということ。


828 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:39:18 ID:yiKlhypL
つまり、法華経をけなしたのではなく、聞く側をけなしたと。
では、法華経を聞くもの持つものを禽獣と言って言いという文証を
あげてくれ。

829 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 23:41:38 ID:143L31Gs
機にあわせて仏が方便を説くのが随他意(他人の意に随う)の教えで
機にあわせずに仏がそのまま説くのが随自意(自分の意に随う)の教え。

随他意より随自意のほうが勝れる。

たとえば、酒を好まない親と酒を好む子がいて
親が子と話をあわすために、酒を好むふりをして
子がそれを見て、親は酒を好むと思いこむ、というのが
方便の経に執着するものの姿であると日蓮大聖尊はいわれている。

830 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:41:42 ID:yiKlhypL
イチゲ一句はどうなったのか。
イチゲ一句は、どの部分に感動してもいいはずだが。

831 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 23:42:37 ID:143L31Gs
一品二半が釈尊の随自意の中の随自意ということ。

832 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:46:10 ID:yiKlhypL
それはいい。いいが、それ以外を貧乳と言ってもいいと
いう文証を。。
つーか、おやすみ。。後を頼む。。

833 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:52:59 ID:RP83aAs3
法華経信者さんよ、癩病患者は法華経持ってる奴の悪を暴いたから癩病になったのか?
法華経持ってる奴を笑うと、隙っ歯になったり、三口になったり、豚鼻になったり、
手足が曲がって跛になり……悪性の重病になるのか??
これ、みんな自業自得、因果応報だって言うのか??
きちんと説明してみろ!!


834 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:54:12 ID:EpDNuJQ8
おお、にちしめ起きてるぢゃないか。

835 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/20(土) 23:56:01 ID:143L31Gs
そのときに仏、もろもろの菩薩および一切の大衆に告げたまわく、
「もろもろの善男子、汝等まさに如来の誠諦の語を信解すべし。」また大衆に告げたまわく、
「汝等まさに如来の誠諦の語を信解すべし。」
またまたもろもろの大衆に告げたまわく、
「汝等まさに如来の誠諦の語を信解すべし。」
 このときに菩薩大衆、弥勒を首として、合掌して仏に白して言さく、
「世尊ただ願わくは之を説きたまえ。我れらまさに仏の語を信受したてまつるべし。」
かくのごとく三たび白しおわって、また言さく、
「ただ願わくは之を説きたまえ。我れらまさに仏の語を信受したてまつるべし。」

この寿量品の始まりと比較すると
他品は禽獣と言っていい程、教えを受ける側の
寿量品の衆生の機が勝れているということだと思うよ。

836 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 23:59:26 ID:qQW7ws3z
一品二半だか一本でも人参だがシラネーが

「譬えば王女たりと雖も畜種を懐妊すれば其の子尚旃陀羅に劣れるが如し」
と、ある・・

さぁ、ここで問題です
 女王は誰の種で懐妊すると一品二半を生む事が出来るのかな?

別に答えなくてもいいよ!
教科書からの抜粋では答えられないよね

837 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:03:03 ID:sVExAPZO
>>836
>女王は誰の種で懐妊すると一品二半を生む事が出来るのかな?
俺様の種。

838 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:07:00 ID:x38USzz/
>>832
寿量品に云はく「或は本心を失へる、或は失はざる者あり。
乃至心を失はざる者は、此の良薬の色香倶に好きを見て、
即便之を服するに病尽く除こり癒えぬ」等云云。
久遠下種・大通結縁、乃至前四味・迹門等の
一切の菩薩・二乗・人天等の本門に於て得道する是なり。『観心本尊抄』




839 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:11:55 ID:x38USzz/
>>836
王女……釈尊の熟脱の教え
畜種……寿量品の父を知らない者

その子というのは一品二半以外を
本尊にして信仰する人。

840 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:23:04 ID:x38USzz/
畜種というのは、あやまった見解で経を選んで宗を作った邪祖のことで
その子というのは、邪祖にしたがう信徒ということではないのかな。

841 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:26:31 ID:sVExAPZO
>>840
まさしく日蓮のことだな。

842 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:27:03 ID:x38USzz/
いかに仏が王女であっても
畜種(邪教祖)を懐妊すれば
その子(信者)は尚旃陀羅に劣れるが如し

843 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:33:47 ID:x38USzz/
>>841
仏弟子は必ず四恩をしって知恩報恩をいたすべし。 『開目抄』

畜生というのは不知恩のものを指す。
日蓮大聖尊は生涯を通して釈尊に報恩している。

844 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:35:03 ID:x38USzz/
法華経は第一だと法華経にある。
なにも誤っていない。

845 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:40:49 ID:dhqCkFpH
>>844
手前味噌は宗教聖典の基本です。

846 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:42:13 ID:x38USzz/
妙法蓮華経が手前味噌だというのか。
君は妙法蓮華経の金言に沿うととんでもない罪をつんでいるよ。

847 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:44:07 ID:sVExAPZO
>>844
その法華経より新しい教典は、もっと突っ込んで教えを説いていると考えないか?
たとえば大日経とかw

848 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:45:42 ID:dhqCkFpH
>>846
釈尊の名を僭称することによって自ら不妄語戒を破ってくれているくそみそに効力も説得力もなし。

849 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:48:45 ID:x38USzz/
大日経は法華経の前で無量義で仏は真実ではないと否定している。
経訳は法華経の後で、法華経の一念三千を中途半端に盗んでいる。

850 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 00:56:31 ID:x38USzz/
>>848
釈尊が妙法蓮華経で言われているので
それを示すくそみそを憎むというのは
仏を憎むというのと一緒だよ。

851 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:01:21 ID:x38USzz/
仏を憎むものが臨終で成仏できようか…。
いやできない。

852 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:01:44 ID:sVExAPZO
>>849
成立年代から言うと、法華経→大日経だぞ。
大日経は法華経に書かれなかった教えの中身を書いてはいないが、
そこ(真理)へ至る実践の方法を説いているという点で優れている
(進化している)と見る。なので、

 法華経=教えへの導入、パンフレットの役割。
 教え(真理、宇宙の法則)そのもの=大日如来
 中身のほんの断片=理趣経
 そこに至るまでのマニュアル=大日経&金剛頂経

としたほうが合理的だと思うが。


853 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:05:44 ID:x38USzz/
>>832
法華経は諸法実相をもって体となす。
一文字一文字が金色の釈尊と
日蓮大聖尊はいわれている。

大日如来は法華経の会座で
法華第一の証明をしているにもかかわらず
他の経が第一になれば大日如来は大嘘如来となる。

854 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:07:43 ID:sVExAPZO
>>853
その大日如来が釈迦に法を説いているのが大日経なんだが。

855 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:09:21 ID:x38USzz/
成立年代は、経訳で
説いている順番は、大日経→法華経

〜としたほうが合理的
というのは後世のものの後付け解釈で
仏の説ではないよ。
大日経には法華経を下す仏の説はどこにも無い。

856 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:12:31 ID:x38USzz/
法華経には諸経の王であると有る。

大日如来は法華第一の証明に神力品に来る。




857 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:13:12 ID:sVExAPZO
>説いている順番は、大日経→法華経
ここkwsk。何を根拠に? たしか数百年あいてるぞ。
法華経は紀元前後。聖書(新訳)より古い、というのはこれを根拠にしてるんだろ?
大日経は6〜7世紀くらいだぜ。聖徳太子は知らなかったわけだw

858 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:16:39 ID:x38USzz/
>>854
大日如来と釈迦如来が一体になって説いている経だよ。

859 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:19:43 ID:52RRuYT1
大日如来は架空の仏な訳だが

860 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:22:31 ID:sVExAPZO
そうねえ、密教では釈迦は大日如来の化身と説くしねえ。
密教は法華も含む顕教よりも深淵としてるしね。
密教の「如来秘密」って、まさしく釈迦が法華経中で説く教えと
ダブるんだけど。仏にしか理解できない、ということで。

あ、そうそう思い出したけど日蓮って、弘法大師の神話を盗んで
るよね。虚空蔵求聞持法を修したっていう。上行菩薩の化身なら
そんなもん修する必要ないじゃん。あれ、あきらかに弘法大師を
意識して作ったんだよwww

861 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:24:54 ID:x38USzz/
>>858
大日経は釈迦の大日となて説き給へる経なり。『真言天台勝劣事』

釈迦如来が大日如来となって説いている経だという。

862 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:28:04 ID:x38USzz/
故に大日は只是釈迦の異名なり。なにしに別の仏とは意得べきや。『真言天台勝劣事』

釈迦の異名が大日如来で、釈迦と大日は別の仏ではない。
仮に大日如来が他に存在したのなら
地上のいつに、誰を親として
どこで生まれて、どの国で法を説いたのか。


863 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:28:53 ID:sVExAPZO
>>861
これこそ日蓮大性人の後付け〜

864 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:29:35 ID:x38USzz/
これがはっきりしないかぎり
釈迦如来の異名が大日如来ということで
特別にほかに存在するわけではないということ。

865 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:32:17 ID:x38USzz/
故に金光明最勝王経との第一には中央釈迦牟尼と云へり。
又金剛頂経の第一にも中央釈迦牟尼仏と云へり。
大日と釈迦とは一つ中央の仏なるが故に大日経をば釈迦の説とも云ふべし、
大日の説とも云ふベし。又毘盧遮那と云ふは天竺の語、大日と云ふは此の土の語なり。
釈迦牟尼を毘盧遮那と名づくと云ふ時は大日は釈迦の異名なり。
加之旧訳の経に盧舎那と云ふをば新訳の経には毘盧遮那と云ふ。
然る間新訳の経の毘盧遮那法身と云ふは、旧訳の経の盧舎那他受用身なり。
故に大日法身と云ふは法華経の自受用報身にも及ばず。
況んや法華経の法身如来にはまして及ぶべからず。
法華経の自受用身と法身とは真言には分絶えて知らざるなり。
法報不分二三莫弁と天台宗にもきらはるゝなり。随って華厳経の新訳には
或は釈迦と称け或は毘盧遮那と称けりと説けり。
故に大日は只是釈迦の異名なり。なにしに別の仏とは意得べきや。『真言天台勝劣事』

経にそうかいているからそういわれている。
弘法の大日の法身の説はどこから出ているのかな。

866 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 01:34:36 ID:x38USzz/
弘法大師の二教論には楞伽経に依って法身の説法を立て給へり。
其の楞伽経と云ふは釈迦の説にして、未顕真実の権教なり。
法華経の自受用身に及ばざれば、法身の説法とはいへども、いみじくもなし。『真言天台勝劣事』

いちおう楞伽経に弘法は根拠をおくらしいけど
これは釈迦の説で大日の説ではない

867 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:37:51 ID:sVExAPZO
大日如来は人間じゃなくて宇宙の真理なんだと。
この世のすべては大日如来の働きの現れだという。
とってもスケールの大きい話じゃないか。
 >釈迦如来の異名が大日如来
ということはその逆もあり、ということだな。
実は毘盧遮那仏(ヴィローチャナ、東大寺の大仏さん)と
マハーヴィローチャナタターガタ(大日如来)は違う仏な
んだそうな。日蓮性人は何で大日如来のことを毘盧遮那と
書いたんだろうね。

868 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 01:52:27 ID:kIMmvtKi
>>703
ボンクラといったのは元正信会で今正宗に戻った関慈謙って人
調べ物の時に院卒だし(正宗では比較的知的だと噂の)正信会の人の文だからと、
信用して読んでいたら単純な仏教用語を知らないために誤読していて、一気に胡散臭くなくなった

花野氏は学者だね
論集に沢山論文を寄稿している
あれぐらい学問ができれば、題目君も簡単に僧侶になれるんじゃない?

>貴方の理解では他門同様の時代により人により法門解釈が揺らぐ結果を招く。

他宗の解釈を持ち込めとは言わん
でも他宗の教義を理解しなければ、自宗の特殊性を理解することもできないよ。

>>709
感心するぐらいで謗法になるって?
日蓮正宗の信仰ってのはずいぶん脆いんだな

>御書の解説書でも、踏み込んだ解説がなされている場合は同様。
>つまり、御書をちゃんと読めばきちんと諸宗の事もわかってくることになる。

一般信徒ならそれでいいだろう
しかし、コネなしの題目君がもし僧侶を志望するなら、その解説書を書けるぐらいじゃないと
むずかしいんじゃない?
原理派君が言うように正宗が学問を抑圧しているなら、解説書を書ける人間は減る一方だろうしね。

869 :なぜなぜboy:2007/10/21(日) 01:54:57 ID:zOIIkYwH
素朴な疑問
菩薩とか如来とかよくいわれているけど、これらに本当に会ったことがある人っているのか?


870 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 02:01:10 ID:sVExAPZO
おじゅっさんじゃないから専門的にはどうかわからないが、密教の教えでいえば、
この世のすべては清浄なんだと。
 女とエチーすることも
 にちしめが一生懸命へ理屈をこねることも
 アンチ日蓮が論争の平行線にヘキエキとしながら書き込んでいることも
 小学校でキ○ガイが刃物を振り回して人を殺しても
 日蓮がお釈迦さまを侮辱しても
すべて清浄ということになる。たしかにこんなこといきなり人間に教えられんわな。
善悪など超えたところにいる宇宙の法則が大日如来ということらしい。物事の優劣、
善悪などは、見る角度によって違ってくるわけで、人間が各自定義しているに過ぎ
ないとも言える。

スレ見てる人の中に、理趣経についてちゃんと伝授された真言の坊主いないか?
葬式のときのみの在家ではこのあたりが限界だ。


871 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 02:15:00 ID:sVExAPZO
>>869
人間の心の中の話だと思っている。

872 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 06:53:11 ID:M1k23iOY
>この世のすべては清浄なんだと。
それはそうかもしれん。そうかもしれんが、それを言ったら
おしまいよ的なところがある。ウンコが清浄であろうが
なかろうが、ウンコはウンコでしょう。
人間に共通する「苦」というものがある。
そう簡単に小学校に包丁をもって乗り込まれても困るわけで。
法のために簡単に腹に爆弾巻かれても困るわけで。
それが困らない!というなら、そんな仏はいらないとなる。

地球のためになってもならなくても人は生きている。
つまり、何が言いたいかというと、日蓮は魔民。
こころやさしい人には、きっと、きっと、いつかわかって
もらえるとおもうけど・・・

873 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 08:24:14 ID:x38USzz/
>>867
法華経では釈迦如来が自分の分身を全部集めるんだけど
大日如来もその一つに入っているよ。

>>869
菩薩は自分のことより他人を優先する人の境涯だそうで
日本は大乗の国で菩薩界が多いという。
如来は仏ということで南無妙法蓮華経する人はみな如来。

>>870
>日蓮がお釈迦さまを侮辱しても
してません。

>>872
>日蓮は魔民
何を根拠にいうの。

874 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 08:37:01 ID:x38USzz/
大日如来が宇宙の真理といって無始無終の存在のようにいっても
実際に経文には

次に大日無始無終と云ふ事、既に「我昔道場に坐して四魔を降伏す」とも宣べ、
又「四魔を降伏し六趣を解脱し一切智智の明を満足す」等云云。
此等の文は大日は始めて四魔を降伏して、始めて仏に成るとこそ見えたれ。全く無始の仏とは見えず。『真言天台勝劣事』

とあり、現世で四魔を降伏して始めて仏になったとある。
しかし法華経では釈迦は五百塵点も前の過去世に成仏したとある。
よって大日如来はたいして尊くない。

875 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 08:56:09 ID:M1k23iOY
一品二半が日蓮の自慰の中の自慰ということ。 ってところまでは
何とか分ったんだけど。

876 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 09:07:47 ID:x38USzz/
一品二半は釈尊が説いてるんですが
仏が地球のみんなを救うために
寿量品をせっかく説いてくださったのに
これを敬わずにシカトする者は日蓮大聖尊のいわれるように
仏に対して不知恩の畜生となるのであります。

877 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 09:15:17 ID:x38USzz/
寿量品の文の底には日蓮大聖尊が釈尊から附属された
南無妙法蓮華経の御本尊が秘沈されています。


878 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 09:32:21 ID:x38USzz/
日蓮大聖尊は、全人類救済のために
弘安二年に、本門戒壇の大御本尊を顕される。

顕された以上は、これを敬わないとせっかくの
御本仏の慈悲を踏みにじる不知恩の畜生となる。




879 :hage:2007/10/21(日) 09:41:11 ID:atBaIYrn
>>878
題目君の言っていることは、宗派として正しいと思う。

ただ、今現在世界中の中で地獄のような苦しみの中にいる人たちにとって、
題目君の言葉が、救いになるのだろうか??

「今の貴方の地獄の苦しみは、過去に法華経を謗った罪による」と説いて
はたして、その苦しんでいる人を救うことができるのだろうか???

880 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 09:43:20 ID:x38USzz/
ここで、敬うのはめんどくさいから顕さないでくれ、、、
と言っては、いけない。絶対に、いけない。
大事大悲の、唯我一人 能為救護。

881 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 09:45:40 ID:x38USzz/
>>879
この本門戒壇の大御本尊に祈りきるときに、
いかなる悩み苦しみも解決して、
しあわせになることができるので、あります。
祈りとして叶わざるはなく
罪として滅せざるはなく
ありがたい、ありがたい、御本尊です。

882 :hage:2007/10/21(日) 09:46:20 ID:atBaIYrn
大慈大悲じゃないの??

883 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 09:47:38 ID:x38USzz/
そのとおりで、あります。

884 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 10:00:48 ID:x38USzz/
ありがたい、ありがたい
日蓮大聖尊であります。

885 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 10:17:09 ID:x38USzz/
日本乃至漢土月氏一閻浮提に人ごとに有智無知をきらはず
一同に他事をすてヽ南無妙法蓮華経と唱ふべし。『報恩抄』

いまも昔も地球の上の大半は中国人とインド人ですが
日本から中国・インド・世界へと、南無妙法蓮華経が流布するという。


886 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 10:17:59 ID:x38USzz/
ほんとか…

887 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 10:24:37 ID:x38USzz/
何事も、本当か、大嘘かは、
試してみないと、全く解らないのであります。

888 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 10:36:16 ID:adY30dRB
結局は日蓮の個人崇拝がその教えの正体か。

889 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 11:01:04 ID:adY30dRB
888をゲトしていた。
日蓮よりこっちのほうが縁起がいいや。

890 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 11:10:32 ID:adY30dRB
>>872
日蓮はたしかに魔民かもしれんが、その根本は清浄、という
理趣経の教えにはうなずけるものがある。
悪口雑言の限りをつくした日蓮ですら、何かしらの役割を持
って生まれてきて、その役割を果たして死んでいったのだと
思う。
思うに、仏教とは何ぞや? というのを考えさせる目的だった
のではないだろうか。

891 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 15:48:32 ID:alNTBJsD
宮澤賢治には信仰にも似た熱烈な崇拝者がいる。
評伝が書かれる場合できるだけ賢治と國柱會の縁を薄くしようとする。
曰く程なく失望した曰く距離をおいた。
國柱會のような忌まわしい(と崇拝者が考える)教団の信仰者であったのは触れたくない事実であろう。
そうはいかない
宮澤賢治は終生國柱會を通しての熱烈な日蓮聖人の信仰者だった。
國柱會は藝術にも力を注いだが賢治はその中での法華文学者と位置づけられる。

892 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 16:16:21 ID:YByydoP4
>>891
>終生國柱會を通しての熱烈な日蓮聖人の信仰者だった
これ、日蓮宗以外のみんなが納得する資料で証明せんといかんぞ。
このスレの管理人のように、日蓮系は客観性という概念が欠けて
るように思うけど、ほとんどの資料は宮沢賢治の熱烈な法華信仰
は認めるものの、国柱会の件は一時的なものだったとしかないぞ。
ちなみにスレ違いだから、下記スレに来たら?

日蓮から派生した宗派の功罪について語ろう
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1191342639/l50

893 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 17:19:19 ID:c63AuNxE
>>850
捏造文書「ダーウィンの晩年」ではダーウィンが進化論を否定している。
だからといってダーウィンが本当に進化論を否定したと言えるだろうか。
作品の中ではどんな人物にどんなことを言わせるかも自由自在。
クルアーンではイエスはイスラムマンセーであり、
大川隆法の霊言シリーズでは多く歴史上の人物が幸福の科学マンセーである。
本人が死に、年代が遅れて制作される宗教本の中ではまさにやりたい放題。
作品のなかで「これは私が説きました」「私はこれを真理とします」と言わせただけでは何の証にもならない。
そこにいるのは史実の人物ではなく、自分とこの経典に権威をつけたい経典作者たちの操り人形(キャラクター)に過ぎない。

894 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 21:40:04 ID:x38USzz/
確かに言っていないことを
さも言ったように捏造すれば
操り人形だが…

言ったことや説かれたことを
そのまま伝えるのは違う。

895 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 21:47:41 ID:x38USzz/
進化論で不可解なのは
大欲物足の西欧人が
進化の頂点に君臨すると
位置づけられているということ。
小欲智足の東洋人の方が
人間的に勝れている。

896 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 21:58:32 ID:x38USzz/
突然変異が重なって人がいる…というのは、
死後の世界よりも何倍に信じがたいと思うんだけれども
なぜこの説が受け入れられているのかなぁ…。



897 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/21(日) 22:00:00 ID:alNTBJsD
>>895
マンセーなんて言ってる奴は無視したほうがいいね。
人種で最後に登場した、つまり進化の最前線の人種はモンゴロイドだ。
【国際】 ノーベル賞博士「黒人、知能で白人に劣る」…差別発言で波紋★8
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192914802/
ニュー速で祭りになってる。

898 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:07:16 ID:xDNfieZM
>>896
簡単だよ。目に見える物証があるから。

899 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:11:57 ID:bY1RqTEQ
>>895
いつの時代の進化論だよ
「我が闘争」じゃあるまいし

>小欲智足

なんだよこれ
「欲少なく足(タル)を知る」だから、小や智じゃなく「少欲知足」だろ

>大欲物足
欲大きく足を物る?ナニコレ
対語があるとすれば
「欲多く足を知らず」で「多欲足不知」かな

漢文の訓練もいるよなあ

900 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 22:12:46 ID:x38USzz/
仏法では過去世の業で父母が決まると説かれる。
魚は魚という器のままで
鳥は鳥という器のままで
人は人という器のままで
業によって自分の命が入る器が変わる。

901 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:13:33 ID:bY1RqTEQ
まちがえた
「多欲足不知」でなく「多欲不知足」だ

902 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 22:15:24 ID:x38USzz/
>>901
正直、どうでもいい。
どんまい。

903 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:17:32 ID:xDNfieZM
>>900
それが現実には間違いだった、って進化論で証明さんれたんじゃないか?
人間が最初から人間のままなら、なんで化石が出てこない?

904 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:38:28 ID:2RzbJfwl
>>895
いつの時代っつーか、どこの進化論だよ、って話。
本来の進化論を曲解しただけの社会ダーウィニズムでしかない。
>>897
は?生き物は移動しないと進化しないんですか?
モンゴロイドとなる集団が東に移動しながら進化してる間にも
ネグロイドもコーカソイドとなる集団も進化しておりますよww
あと、絶滅せずに今も生きている生き物は全て『進化の最前線』ですからw

もうひとつ、学者にもトチ狂う人もいることを覚えておきましょうね。
日本にマングースを持ち込むよう薦めたのもれっきとした動物学者さんでした。

905 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:39:05 ID:l5C9D5gX
| ゲリとおならを一緒にブビイイイイイイイイイイーー

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
        -=-::.
 /       \:\    _____
 | カルト邪宗教祖 ミ:::|   |_____ \□ □
.ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/           / /   _____
.||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ.          / /   |_____|
...|ヽ二/  \二/ ∂         / /
/.  ハ - −ハ   |_/       / /
|  ヽ/__\_ノ  / |        ̄   (⌒ ⌒ヽ
\、 ヽ| .::::/.|/ヽ  / /        (´⌒  ⌒  ⌒ヾ
  .\ilヽ::::ノ丿_ //        ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
    しw/ノ ̄---┴--      (´     )     ::: )
     ∪| (    *≡≡≡≡≡三(´⌒;:   ::⌒`) :;  )
     /  /   ;;;   \     ──┐ヽヽ  |  | ::⌒ )
     / /   /;;;;;\  \   (⌒:: / (⌒`) |  |  ソ
    / / ( ̄);;;.;|;;|;;.\  ( ̄)   ノ ヾ     ノ   ┐
   / ( ノ  (.;:.::;;|.;:.|;.;.: \ノ (         ヽヽ      ┴    ヽヽ
 ⊂- ┘(    ),.;:;.;;-,;:.:;;::.l (    )    ──┐ |  |    ──┐ |  |  |  |
      UUUU.,;:.,:;:;,..;:,.,:;;:;;:UUUU.        /.  |  |       / . |  |  |  |
       ,.;:.,:.,:;.,.,:.,;;:;::;::;:;:;.,;.:,.:;:;:,.:;:.       ノ      ノ  ┐   ノ     ノ     ノ
         ;:.,:;.,:;.,:;.,:;.,:;.,::;                   ┴

906 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:42:41 ID:xDNfieZM
>>905
この荒らしも清浄。

907 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:45:03 ID:l5C9D5gX
| うんこもおしっこもおならもブビイイイイイイイイイイーー

  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        -=-::.
 /       \:\
 | キンマンコ  ミ:::|
.ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
.||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ__, ─-、____
..ヽ二/  \二/  ∂    j         / ̄ ̄ ̄Tー‐─┬''⌒ヽー-- 、
/.  ハ - −ハ   |_/   /、   1   /      |  5   | 7  |    |9
|  ヽ/__\_ノ  /|    /  ` ー──/   3   |    │    |    l |
\、 ヽ| .::::/.|/ヽ  / /  /      /     ┌┴─‐─┴┐ / 8  l |
  .\ilヽ::::ノ丿_ //  /   2  /ー─-----l     6     |‐┤    l |
    しw/ノ   V         /     4  └──‐──┘ |     l |
     ∪     し个 、    /                   |   ハ〈
               |  ` ーl─‐┬─----------──┬─イ´ ̄ヽヽヽ
             |   /ヽ  |             |   ハ    〉 〉 〉
                 |  /   | |                  |  / │ / 〈ノ
               | |   | |             | /  | /
            __/ |  __/  |10            __/  | __/  |10
              (__」 ゙ー-‐'           ゙ー-‐'(___」    人
                                           (__)
                                          (__)11
 1:財務         6:財務
 2:財務         7:財務
 3:財務        8:財務
 4:財務           9:財務
 5:財務          10:財務
 11:学会員

908 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:49:52 ID:2RzbJfwl
巨大AAを貼るな。容量の無駄だし目障り。

909 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 22:51:11 ID:x38USzz/
>>903
え。証明されてないのでは…。
日示の小智で考えるに、
人骨は土の中に埋まっていると腐食されて
縮小するものだとおもうけど
これに特別な名前を付けて原人扱いしているんではないのか…。

910 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:51:26 ID:l5C9D5gX
            |  ゝノ   
           __|_______|_      ____
           |iiiiiiiiiiiiiiiii|   /ヾ   ;; ::≡=-_ ナニヤッテンダヨ バカモノガ !!
           |iiiiiiiiiiiiiiiii| /:::ヾ          \ アメコウニノーベルショウトラレチャッタジャナイカ
           |iiiiiiiiiiiiiiiii||::::::|             |
           |iiiiiiiiiiiiiiii|ヽ;;;;;|   -==≡ミノノノ ≡=-|ミ
           |iiiiiiiiiiiiiiii|/ヽ ──|  ∀ | ̄| ∀  ||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |iiiiiiiiiiiiiiii|ヽ <     \_/ ヽ_/| < お前らの財務が少ないから今年もノーベル平和賞
           |iiiiiiiiiiiiiiii|ヽ|       /(    )\ ヽ | もらえなかったじゃないか。生活費を削ってでももっと財務せんか
           |iiiiiiiiiiiiiiii|| (        ` ´  |  |  \_________
           |iiiiiiiiiiiiiiiiii|  ヽ  \_/\/ヽ/  |
           \iiiiiiiiiiiiiiiヽ  ヽ   \  ̄ ̄/  /
             \iiiiiiiiiiiii\  \    ̄ ̄  /
              |iiiiiiiiiiiiiiiiiii|_   ̄ ̄ ̄ ̄/


911 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 22:53:11 ID:x38USzz/
あと…
動物園の猿はいつになったら人間になるの、という
言いまわされた疑問も、進化論にはあると思うよ。

912 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:53:16 ID:l5C9D5gX
          〆ミ ⌒ ヾゝ\
         /いけだもの\:\
        .|          ミ:::|
        ミ|_ ≡=、´ `, ≡=_、 |;/
         ||.. ◎ .| ̄|. ◎ |─/ヽ
         |ヽ二/  \二/  ∂>
        /.  ハ - −ハ   |_/
        |  ヽ/ヽ/\_ノ  / |  <うんこもおしっこもおならもブビイイイイイイイイイイーー
        \、 ヽ二二/ヽ  / / 
          \i ___ /_/
     /⌒\〆         ゝ/⌒\
    /  ノつ\ ・    ・  /⊂  \
o0○ノ  /  3  \ (::::⌒ヽ / とノ\ ヽ○0o
(    /、_ノ\   Y `(_、_)   /  \´  )゚
 \_)    `ヽ   : :;;*:;   : : : |    (_ノ
         人__;;:;;、___ノ          ヽヽ        ヽヽ
             ;:;;:;;:;,,           ──┐ |  |   ──┐ |  |
          ∬ ;;:;::.;::.::;::..:;:..: ∬          /  |  |      /.  |  |
      ・〜   ;::;.:;:;:;:;:.:;:.:::.;:;:;.:.:.:          ノ    ノ  ┐ ノ    ノ  ┐
          ∬;;;:::;;;:;:.:;:.::.:;;.:.;.:;.:; ∬                 ┴    ヽヽ     ┴
         ;::;:;;;:;:;:;:;:;;:;:;:;::;:;:;:;:;::; 〜∞                 ──┐ |  |  |  |
            ;:;:;::;::;:;;::;:;;:;.                         / . |  |  |  |
              ;:;::;::: ' :"‘                       ノ    ノ    ノ
              :"‘


913 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:55:25 ID:l5C9D5gX
                     ■■■■■■■■
                  ■■■■■■■■■■■■
                 ■■■■■■■■■■■■■■
                ■■■■■■ 〜〜 ■■■■■■
              ■■■■■■〜〜〜〜〜〜■■■■■■
             ■■■■■ 〜〜〜〜〜〜〜〜 ■■■■■
             ■■■■■   ■■〜〜■■   ■■■■■
           ■■■■■  ■■■■〜〜■■■■  ■■■■■
           ■■■■         ||          ■■■■
          ■■■■■   〓〓〓〓||〓〓〓〓   ■■■■■
          ■■■■   〓〓     ||    〓〓   ■■■■
          ■■■■        //  \\       ■■■■
          ■■■■      //( ●● )\\     ■■■■
          ■■■■    // ■■■■■■ \\   ■■■■
          ■■■■■  / ■■■■■■■■ \  ■■■■■
          ■■■■■   ■/〓〓〓〓〓〓\■   ■■■■■
          ■■■■■■ ■ /▼▼▼▼▼▼\ ■ ■■■■■■
          ■■■■■■■■■ ▼▼▼▼▼▼ ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■   ■■   ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

914 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 22:55:46 ID:x38USzz/
ID:l5C9D5gX

おぉ…、なんという、黄金のレス。

915 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 22:58:18 ID:x38USzz/
発掘した人骨が、ただの人骨でも、原人として認められると
考古学者として名前が学会で認められるからな。
真理の探究より名利心のほうが強いのではないのかな。

916 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 22:59:44 ID:l5C9D5gX
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | さぁ、ワシの糞だ!信者どもよ存分に味わえ!祖国の味、伝統の味だこれを食べて財務に精をだすのだぞ。
   \
      ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                ヽヽ
                                      ──┐ |  |  
        -=-::.         、i,,                    /  .|  |
  /       \:\   、,.i,,.;:"'  ゙`´ー,"、-.,,. 、  ∬      ノ    ノ  ┐
  .|  馬 鹿 ル ト ミ:::|||"            ゙ ヽ  ・〜         ヽヽ .   ┴
 ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/        /     ,イ. . ゙i          ──┐ |  |
.  ||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ       (    ノ,;(`;、ノ. ∬  〜∞      / ..|  |
  |ヽ二/  \二/  ∂   ゙i-、_,v-ーヽ、 く ;;゙、;;;';),         ノ      ノ  ┐
. /.  ハ - −ハ   |_/ |  |     ヽ、 ).;!':;'.ノ  ∫         ヽヽ     .┴  
 |  ヽ/__\_ノ  / ノ  ノ       __ノ ノ,;:(;,:;( ∬        ──┐ |  |  |  |  
 \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /(__,ノ       (_,ノ´,;";:・':;'゙`ヾ             /  |  |  |  |  
.   \ilヽ::::ノ丿_ /_               ゙;"''∵ ' :"‘          ノ.    ノ    ノ   
     しw/ノ
      ∪

917 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:00:31 ID:x38USzz/
ここは、創価とは関係ないよ。

918 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:02:39 ID:xDNfieZM
>>915
いまの人間の人骨じゃないと何の問題もなく証明できるから。
進化論は、あらゆる宗教の迷信をぶっとばした。
キリスト教はじめ、どう折り合いをつけるか四苦八苦してるぞ。


919 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:03:25 ID:xDNfieZM
めずらしいね。宗教スレに荒らしだ。

920 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:05:18 ID:x38USzz/
>>918
どう証明できる知ったかくん。



921 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:05:42 ID:2RzbJfwl
>>911
たった一世代で(世代交代もせずに)大変身!なんて
どこの進化論者が言ってんの?

あと、
・「人間」という種は「特別な到達点」ではない。
・べつの生き物が知能を持つ生き物に進化してもそれは人間(ホモ・サピエンス)ではない。

日示ってポケモンとかデジモンの進化しか知らないんだね。

922 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:06:13 ID:x38USzz/
進化論が完全に証明されてたら
「論」の字は消えていると思うよ。

923 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:07:29 ID:x38USzz/
>>921
日示がいつ一世代で進化すると言ってるの?

924 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:09:24 ID:x38USzz/
進化の「定理」とかに、成っているよな。
なぜ「論」止まりなのか。
おおいに考えよ。ポケモン世代達よ。

925 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:11:26 ID:2RzbJfwl
>>915
アカデミズム知らずのアカデミズム叩きキタ――ww
むしろ、「ただの人骨」って証明できたほうが名が上がるよw
古来の学説を覆せる訳だからね。
>>923
オリの中で進化のあたりだよww一世代でなくとも
オリの中でやれる世代交代の数なんてたかが知れてる。
人間並みの知能を得る、という大きな変化になるには少なすぎる。

926 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:12:47 ID:xDNfieZM
>>920
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Homo_sapiens_neanderthalensis.jpg
これ見てわからんかったらドアホ。

927 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:14:16 ID:cJVv15A1
進化の話の前に、「始終に適応をしている」のが生命体。
ジャングルの生態系の説明も出来ぬ人類が進化の仮説をだすのは、
否定の実証も出来ないダケで、唯一神教がダーウィンに圧力を掛けた時代からは
それこそ「進化した学術主義・実証主義」な世界だな。

928 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:15:31 ID:x38USzz/
>>926
骨は小変形すると思うよ。

929 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:16:37 ID:xDNfieZM
>>928
意味わからん。

930 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:17:58 ID:x38USzz/
土中に埋まっていたら
膨張することはなくても圧縮されるだろ…。

931 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:19:37 ID:bY1RqTEQ
>>909
脳みその容量、あごの大きさが人間の比率と違う

>>911
二つに分かれた川の先端にいるのが人間と猿
猿が進化しても必ずしも人間になるわけじゃない
樹上生活により適応するという進化の方向もあり得る
翼が発達して空を飛ぶという方向性も

>>918
>進化論は、あらゆる宗教の迷信をぶっとばした。

創造主が教義の中心にあるユダヤ教系列はともかく、仏教にはあんまり影響ないなあ
進化論は須弥山説とは関係ないし

932 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:19:55 ID:xDNfieZM
>>930
そういう変形で出来たもんじゃないぞ。

933 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:23:06 ID:xDNfieZM
>>931
 >創造主が教義の中心にあるユダヤ教系列はともかく、仏教にはあんまり影響ないなあ
「人間を創った」っていう概念がないからだろ。仏教って、ぶちゃけていえば
多神教にほかならないので、なんでもありだよ。
それはそうと、もうすぐこのスレ終わりだぞ。

934 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:23:08 ID:x38USzz/
骨って怪我したら折れるものですぞ。
かなりモロイ素材だと思うよ。
何年も土の中にあれば
内側に圧縮されるでしょ…。

935 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:23:09 ID:Mob/401R
>>930
何? このゆとり世代を代表する解釈

圧縮に必要な圧力はいくつ必要か知ってる?

936 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:27:30 ID:x38USzz/
あー…、君達ゆとり世代なのね。
おじさん違うから…、


今日は香ばしい煽りがよく釣れる…


937 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:27:47 ID:xDNfieZM
>>935
>ゆとり世代
なんかゆとり世代を敵視してるね。
にちしめに関しては関係ないんじゃない?
本人かその指導者の特質だよ。

938 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:31:27 ID:x38USzz/
当に知るべし。人類の進化の頂点は
日蓮大聖尊なので、あります。

939 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:32:06 ID:xDNfieZM
>>938
出たあ〜

940 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:33:27 ID:2RzbJfwl
>>931
もともと進化論と衝突する創造神話を説かない仏教にこんなのがいるのは不思議。
>>895>>897もだけど、西洋人への僻みが凄まじく臭ってくるんだよな。
ダーウィンがアジアの仏教徒だったらかなり反応が違ってただろう。

941 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:34:36 ID:x38USzz/
人身や、動物の、命が入る器は、時代がたっても変化しませんが
器の中に入る命は、善因を積めば、仏界になることが出来る、、。

942 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:36:50 ID:Mob/401R
>>936
スルー耐性は十分出来上がっているから大丈夫だよ
お得意の勝利宣言かな?

チミの場合、穴のアナが小さいとの表現が適切だなww

943 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:37:01 ID:xDNfieZM
>>941
証明したまい。日蓮の書は宗派以外には説得力ないので厳禁。

944 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:37:08 ID:x38USzz/
>>940
どんなところを僻めばいいか
参考におしえて。

945 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/21(日) 23:45:00 ID:x38USzz/
>>943
仏法によると釈尊のころから
人間は退化していることになる。

946 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:46:02 ID:bY1RqTEQ
>>940
天台宗の五時教判は進化論とは対立しなくても、歴史学・考古学とは対立する
日蓮宗はまだ五時教判に客観的な姿勢を持つらしいけど、それのない日蓮正宗の人が史学を敵視するのは仕方がないかも

947 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:47:00 ID:xDNfieZM
>>945
そうかあ? オレは変わってない、という説をとるな。
どんなに科学文明が進歩しようと、その利己的な行動様式は同じだ。
それだからこそ人間だ。

948 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:47:37 ID:2RzbJfwl
>>944
【ひがむ】物事を素直にとらえずにひねくれて考える

:具体例
・実態を無視し、社会ダーウィニズムの亜流を進化論そのものだと思い込むところ。
・古臭い「欲深な西洋人」というステレオタイプを一般化するところ

大丈夫、ひとに言われるまでも無くあなたは実践できてます。

949 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:53:47 ID:xDNfieZM
>>948
にっしめは、ひねくれてるんじゃなくて、洗脳されてるんだってば。

950 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 00:00:48 ID:x38USzz/
>>947
>その利己的な行動様式は同じだ

勝手に君の行動様式と同じにしないでくれ。

>>948
大丈夫、今はひがんでスレに粘着していても
いつか気づくときがきます。



951 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 00:07:43 ID:CMXHQB5a
>>950
自分が見えてないな・・・

952 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 00:17:49 ID:T9hakyUD
日示は日本第一の似非者なり。
南無妙法蓮華経は一閻浮提第一の良薬なり。


953 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 00:36:42 ID:CMXHQB5a
>>952
にちしめは日本第一の幸せ者なり。
アンチの讒言は君にとってこの世で一番の良薬なり。

954 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 00:42:39 ID:T9hakyUD
袋汚しと言って小金を捨つる事なかれ。
蓮を愛せば泥池を憎むことなかれ。

955 :日恋:2007/10/22(月) 01:00:28 ID:BLcbceY9
なんで浮浪者を崇めてるのかよくわからん
法華経は浮浪者のうわ言にしか過ぎないけどね。

956 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/22(月) 01:02:46 ID:/TzvpOUW
俺へのレスにだけ回答
何で進化論の応酬になるんだろうね。仏典には生命の起源は書いてないから「進化はあった」でおk
現在アフリカ単一起源説が主流派だが人類で最後に登場したのはモンゴロイド。
人種に優劣が有ると主張するとヒトラーの先例があるから人種差別と非難される訳だが、遺伝が環境に左右されず
強力に作用することは否定できない事実。
西洋人に僻む理由がない。
>>904
俺が言ってるのは人間が万物の霊長なのは知能だ。
最も知能が発達したのがヒトだね。
従って知能水準が高度に発達したのがモンゴロイド。
生物学の用語で文系をからかわないでね。



957 :日恋:2007/10/22(月) 01:02:49 ID:BLcbceY9
浮浪者の寝言をありがたく思うなんて

どんだけぇ〜

958 :日恋:2007/10/22(月) 01:12:39 ID:BLcbceY9
日蓮大聖人は今でいうと亀田一家みたいな者ですか?


959 :日恋:2007/10/22(月) 01:16:23 ID:BLcbceY9
>>954
頭変なの?
ナムアミダブツナムアミダブツ
よかったね、これで大丈夫だよ。

960 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 01:19:20 ID:2iqQBtPW
>>956
そりゃ題目君が進化論を否定したから、進化論の話になったんだよ

>人種に優劣が有ると主張するとヒトラーの先例があるから人種差別と非難される訳だが、遺伝が環境に左右されず
強力に作用することは否定できない事実。

環境への適応であって、黒人が白人より紫外線に強いのは否定できない
しかし
>従って知能水準が高度に発達したのがモンゴロイド。

この結論は飛躍だな
白人と黒人が太陽光によって肌の色に違いが出たのなら、肌の色は知能指数とは関係ない
黄色人種との枝分かれも、その手の環境への適応が原因かもしれない

で、脳みその容量なり平均知能指数なりでモンゴロイドの知能水準が高いことを実証できるわけ?

961 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 01:35:33 ID:2iqQBtPW
知能指数は役に立たないか

Q5 人種によって知能指数や運動能力に差があると誤解している人がいますよね?

A5  これは私たちの日常生活においてもよく耳にすることですね。
アメリカでは、知能指数に関して統計数値を出してあたかも科学的根拠があるかのように書いている本も出版され、
ベストセラーになったこともありました。けれども専門家の間では、その統計処理方法や議論の展開に問題があるの
であり、まったく科学的な研究でないことが反証されています。むしろそれが一般社会に与える害が懸念されています。
そもそも差別や偏見、経済状況、周囲の教育環境などさまざまな外的要因によっていかに左右されるか、それに目を
むけるべきだと思います。
 それはオリンピック競技などでの運動能力についても同じで、社会的経済的背景や国の政策などの影響力がはるか
に大きいと言えます。それにアフリカ人といっても、そのなかのさまざまな集団の間での遺伝学的な差違というのは、
ヨーロッパ人とアジア人との差違より大きく、アフリカ人の特性といって一括りに語れるような均一性は存在しないのです。

ttp://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/conference/nhk.html

962 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 01:36:05 ID:CMXHQB5a
よし、念のため全部唱えておこう。
 南無阿弥陀仏
 南無妙法蓮華経
 オン・アボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン
これでもう大丈夫。


963 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/22(月) 01:36:22 ID:/TzvpOUW
>>960
つアイゼンク

964 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 08:53:46 ID:T9hakyUD
>>962
南無妙法蓮華経と申すは法華経の中の肝心、人の中の神のごとし。
此れにものをならぶれば、きさきのならべて二王をおとことし、
乃至きさきの大臣已下になひなひとつぐがごとし。わざわひのみなもとなり。『上野殿御返事』

たとへば秘薬なりとも、毒を入りぬれば薬の用すくなし。『四条金吾女房御書』

965 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 08:56:34 ID:T9hakyUD
>>956
>仏典には生命の起源は書いてないから「進化はあった」でおk

若し仏を信ぜば教外別伝と云ふべからず。
仏全く教外に別伝ありとは仰せられず。
若しありといはゞ外道の法なるべし。天魔の所説、正法破滅の源なり。『禅宗天台勝劣抄』

966 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 09:10:13 ID:T9hakyUD
生命の起源があるというと
始まりがあるということだから
無始無終が有始になるな。

967 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 09:19:10 ID:T9hakyUD
衆生に於て有始有終と思ふは外道の僻見なり
汝外道に同ず、如何と云ふべきなり。『諸宗問答抄』

無始が覆われて有始になると
無終も覆われて有終になって
外道に堕ちるとおもうが…如何?

968 :hage:2007/10/22(月) 09:32:51 ID:77NAPx40
私は、瞬間、瞬間が無始無終と思うが、どうだろう?

969 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 09:32:52 ID:T9hakyUD
>>932
現代人もいろいろな骨格の人がいるよ。
特に、東洋以外は、バラつきが大きいと思うが
仏法では姿形は過去世の業で決まるというよ。


970 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 09:35:01 ID:T9hakyUD
>>968
瞬「間」と書けば
間の始まりと終わりが
あるということになるよ。

971 :hage:2007/10/22(月) 09:36:58 ID:77NAPx40
時間は、座標によって変わるから、日示くんの時間とは全く違う時間で流れる世界がある

972 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 09:47:14 ID:T9hakyUD
他方世界はあると説かれるね。

973 :hage:2007/10/22(月) 09:51:55 ID:77NAPx40
他方でなくて、この世界にあるよ。
こないだ太陽からの光の話をしたけど、
(地球で見ている太陽は8分前に太陽から放たれた光)
これを光の側から見る(時間を計る)と、太陽から放たれたと同時に地球に届く


974 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 09:59:13 ID:T9hakyUD
太陽光がいつも地球上の時の基準なので
8分の差が光の側では0なのは当たり前なのでは…。

975 :hage:2007/10/22(月) 10:04:33 ID:77NAPx40
地球上の座標の時間と、地球から見て光の速度で移動する座標での時間とは
進み方が違う

地球から500光年離れた星に、光に近い速さのロケットで飛んでいった場合
ロケットの中では1年しか経っていないが、地球からみると500年以上かかる。

相対性理論です。

976 :hage:2007/10/22(月) 10:10:42 ID:77NAPx40
ところで、次のスレはどうするの??

977 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:16:05 ID:T9hakyUD
理系ではないのでこの手の話は弱いけど
ここに挙げられる以上は、試みに論じてみよう…。

おそらく基準点をどこに置くかという話ではないのかな。

太陽から発せられた移動中の光から、移動中の光自身を見れば
基準点を抱きかかえているので限りなく0に近くなって

地上に届いたばかりの光から、太陽から新しく発せられる光を見れば
基準点から観測する対象が離れているので、8分になるということではないのか…。

978 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:20:31 ID:T9hakyUD
ロケットの譬えでいうと、ロケットの中では
星から地球へは一発しか発射していないと思っていても
地球にロケットが到着した瞬間にも、星からは常時ロケットが連射されていて
第一号が到着した瞬間に星から発射したロケットが地球に到着するまで
500連射されるということでしょう。


979 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:22:47 ID:T9hakyUD
基準点がロケットにあったら、ロケットの中の人は一発しか打っていないと
思うのは当たり前の話だと思うが…

地上でロケットを待っている人は、500連射されていると解るってことだろう。

時の基準が光にある以上は、移動している光の時は0地点なので
計ることはできないとおもうよ。

980 :hage:2007/10/22(月) 10:32:38 ID:77NAPx40
太陽から発せられた移動中の光から、移動中の光自身を見れば
基準点を抱きかかえているので限りなく0に近くなって

光の速度で飛んでいるロケットから、光を放てば、
ロケットから見れば、やはり光の速さは変わらず0ではなく、光の速さのまま

このあたりは文系だと、難しいね。

981 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:36:37 ID:T9hakyUD
>>980
基準点から離れた光は
光の速さに見えるのは当たり前だろう。

ロケットから分離発射された小型ロケットが
全方向に小型ミサイルを連射していて
自機ロケットが、そのミサイルを浴びることになるということでしょ。


982 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:37:47 ID:T9hakyUD
時の流れが変わっているという話ではなくて
時の基準点が変わるので違うように見えるということだよ。

983 :hage:2007/10/22(月) 10:44:13 ID:77NAPx40
まあ、相対論はまた別の機会として・・・・
無始無終について言えば、
この世界はもともと過去現在未来という時間を含めた全ての時空間があって、
人間の心はこの永遠の時空間の中を移動しているのではないかと・・・

984 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:47:59 ID:T9hakyUD
ロケットの到着回数が、時間の計りかたで
飛んでいるロケット自体には
ロケットが着地しないので、0になるということ。

仏教も、仏の教えで法を知ることはできても
仏の法は、信じるしか解せないということ。

985 :hage:2007/10/22(月) 10:49:42 ID:77NAPx40
ニュートンの古典力学では時間、空間は絶対不変のものとされ、これはキリスト教的神の摂理によるものとされた。
ニュートンによれば「絶対的な時間は外界のどんなものとも無関係につねに同一であり、かつ不変である」とされる。
しかし、スイス特許局の無名の技士、アインシュタインの提起した考え方は従来の古典的世界像を決定的に変革す
るものであった。アインシュタインは「この核心を見出すために欠くことの出来ない批判的思惟はD・ヒュームとE・マ
ッハの哲学的著作により養われた」と述べているが、こうして生まれた相対論によれば、あらゆる座標系において、

R2−(ct)2=R’2−(ct’)2=0

が成立し、不変のものは空間(RとR’)光速(c)、時間(tとt’)の間に成立する関係性である。このような関係が成立
するためには観測者の用いる空間と時間の座標は互に「ロレンツ変換」の名で知られる変換式によって結びつかね
ばならない。このような変換が可能なのは、観測者の用いる座標系が等速並進運動を行っている場合に限られるが
、このような変換系においては、空間と時間は他と無関係に独立のものではなく、時間と空間は四次元の構造という
概念によって融合され一体不可分のものとなる。この間の事情をミンコフスキーは「今後、空間と時間とは、それ自
らの陰にかくれ、それらの組合せだけが存在することになろう」と述べている。一般相対性理論では、座標間の相対
変化に加速度が加わる場合が含まれるが、あらゆる観測者に対して、自然法則は同じ形に書けることを主張してい
る。時間と空間の構造は、その中にある物質によりきまる。物質、エネルギーのあり方は時間、空間によって規定さ
れると同時に物質・エネルギーが時間、空間を規定する。すなわち、時間と空間、物質とエネルギーは他と無関係
に独立のものではなく、ことごとく相互依存の関係で結ばれることが明らかにされたのである。相対論がこのような
内容を持っていることは、相対論が「時空の不二論」であると理解してよいだろう。


986 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:50:19 ID:T9hakyUD
>>983
仏説では水が流れるように
過去→現在→未来と
一方通行に移動する。

987 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/22(月) 10:53:50 ID:/TzvpOUW
題目くん
次スレはどうするの?
hageさんは「不倶戴天の間」とは思っていないでしょうが戒壇様のことは
日蓮正宗のスレッド5にも書きましたし古来の数多の疑難には回答できます。
「板曼荼羅偽作論」スレには、富士系コテハンは関与していません。


988 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 10:56:25 ID:T9hakyUD
日蓮大聖尊の仏法で言えば
時は太陽を基準にするので
相対論は消え去るのではないのかな…

989 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 11:02:37 ID:T9hakyUD
発射基地(太陽)から、目標(地球)に向けて、何発発射されたかという回数が、時の計りかたで
移動しているロケットに基準を置くと、ロケットの中の人は自機ロケットの操縦をしているので、回数が計れないでしょ。
だから、ロケットの中では一発(一光年)になるということで、操縦している間も
基地からは常時発射され続けているので、ロケットの中でも時間は同じように進んでいる。


990 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2007/10/22(月) 11:08:20 ID:/TzvpOUW
>>989
物理
http://science6.2ch.net/sci/


991 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 11:10:15 ID:T9hakyUD
あつわら君。hage氏にレスしなよ。
あと、進化論も、
通りすがりの人が言いだしっぺだよ。

992 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 11:11:04 ID:T9hakyUD
異体異心では万事を成さず〜

993 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 11:38:45 ID:T9hakyUD
次スレはどうしようか。
御祈念します。

994 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 11:38:58 ID:0bQ0LeQi
>>988
すげー電波。大丈夫かよ。

995 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 11:45:43 ID:T9hakyUD
相対論は座標に矛盾があるから起こるんだろう。
あっちが立てばこっちが立たなくなるので
無理やり捻じ込む変換式が作り上げられる。
太陽を常に軸に置けば良いのではないの。


996 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 11:47:23 ID:T9hakyUD
予が一期の功徳は日文字に留め置くと
御説法ありし儘、日興謹みて之を記し奉りしなり。『産湯相承事』


997 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 11:51:05 ID:T9hakyUD
仏法としては太陽より本門戒壇の大御本尊を
座標の中心にすえるのが正しいのかな。

998 :日示 ◆0oCL3p9QkA :2007/10/22(月) 12:04:02 ID:T9hakyUD
絶対性理論が仏法なり。

999 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 12:07:02 ID:YtzIEgO1
太陽vs本門戒壇

1000 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 12:08:46 ID:YtzIEgO1
どちらが正しいのかな。
間違えると謗法になって大地震によって、また多くの人が死ぬ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

322 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)