5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阿含宗という宗教129

1 :口下手番長129:2007/09/18(火) 10:41:49 ID:2TVebl4G
このスレッドは阿含宗批判が目的です。
霊感商法、霊視商法をするカルト宗教・阿含宗の宗教詐欺を世に知らしめるためのス レッドです。
初めての方のためのダイジェスト版は
http://religion.bbs.thebbs.jp/1130673101/ の[463]-[864]
http://religion.bbs.thebbs.jp/1137513788/ の[7]-[79]
過去の関連スレッドは下記にあります。
http://etcsouko.hp.infoseek.co.jp/
http://i.ringoya.nu/?u0=http%3A%2F%2Fetcsouko.hp.infoseek.co.jp%2F
ダウンロードして保存することをお勧めします。

2 :口下手番長129:2007/09/18(火) 10:42:22 ID:2TVebl4G
初代「口下手番長」さんの宣言文。

皆さん阿含宗という宗教団体を知っていますか?
今では伝統宗教のようにふるまっていますが昔は自ら作ったインチキ
超能力で民心を惑わしあのオウム麻原を生んだとんでもない宗教団体
です。(オウム麻原と桐山靖雄を比べればそっくりであることに気が
付くでしょう)桐山靖雄の過去も疑わしい点があります。
偽ビール事件で実刑判決を受け、学歴詐称を行い(初めは早稲田の卒
業と偽り、それがばれると、日大の芸術学部と偽った)、実際は僧歴
もないのに、僧歴を偽るなどの悪行を行ったのです
現在も金銭の見返りに世界各国から勲章をもらうなどしてますし(池田
大作に模倣して??)インチキなノストラダムス本を書いてまた民心を
惑わし続けています。
皆さん、こんな宗教団体に騙されてはいけません!!
阿含宗の信者だった、もしくはそこの内部事情を知っている方ここへ書
き込みしていただけませんか?宜しくお願いします
また、私も阿含宗の資料が集まり次第ここへ書き込みいたしますので
どうか宜しくお願いします。

3 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:27:26 ID:d8ojprxz
>>1さん
スレ立てをありがとうございます。

4 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:29:53 ID:d8ojprxz
スレ128
>608 :サクラショウリ:2007/09/14(金) 18:41:57 ID:KjGS5fNp
>政木先生は、「阪大の文化祭で数百名の学生の前で、
>超能力少年が鉛筆と紙を空中に放り投げて絵が描けても、

誰が桐山さん以外の超能力を否定したのですか。
ヂミズさんはどうしてそんなに議論の焦点が定まらないのだ?
ヒモの切れた風船みたいに、あっちふわふわで、関係ない方向に漂っていく。
超能力、霊能力、霊現象の是非などここでは議論していない。
桐山さんの超能力、霊能力、霊現象がインチキだと批判しているのです。
政木さんの話をしているのではない。
あなたが出した政木さんの例ですら、霊能者の論理から言ったら、
政木さんが「殆どを無償で社会に放出している」から、神様が
その態度に感激して不思議現象を起こしたと言っているのです。
●原因「無償」→ 結果「不思議現象が起きた」
これがあなたが引用した内容です。
ところが、桐山さんは無償ではなくすべて有償ですから、論理的には、
●原因「有償」→ 結果「不思議現象は起きない」
ということになる。
ヂミズさんは論理的に、桐山さんの場合不思議現象は起きないと書いた。
信じる信じないではなく、ヂミズさんの論理によって、
アゴン宗の霊現象は否定されたのです。

5 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:33:49 ID:d8ojprxz
スレ128
>222 :Klingo〜n:2007/09/10(月) 15:31:57 ID:41qiX80w
>76は私ではない。このようにこちらが言いもしないことを擦り付ける。

クリン含さん、「言いもしない」なんて真っ赤な嘘ですね。
スレ105の76で「七氏が信者を牽制しようとして魔女狩りの話を書いた」と
書いたのはクリン含さんです。
書いていないというから、あなたの言葉をそのまま信用したのが間違いだった。
あなたも桐山さんと同じで、ばれなければ嘘をつくことがなんともないんですね。

6 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:36:04 ID:d8ojprxz
スレ128
>222 :Klingo〜n:2007/09/10(月) 15:31:57 ID:41qiX80w
>76は私ではない。このようにこちらが言いもしないことを擦り付ける。

スレ127
>499 :神も仏も名無しさん:2007/09/02(日) 18:44:23 ID:e+UdHE7Y
>去年、スレ104で青柿さんに魔女狩りという言葉を使った時、直後の76で、
>「七氏が信者を牽制しようとして魔女狩りの話を書いた」と反論した人がいた。

私は499でスレ104と書きましたが、実際は、青柿さんに魔女狩りの
話をしたのは、スレ105の47でした。
私が去年47を書いた後の76で
「七氏が信者を牽制しようとして魔女狩りの話を書いた」
と反論した人がいた。
これを私は上記の499で、76はクリン含さんだろうと推測した。
しかし、スレ128の222でクリン含さんはこれを否定し、
>76は私ではない。このようにこちらが言いもしないことを擦り付ける。
と、言いがかりだと反論した。
だが、スレ105の76は前後のIDを見ればクリン含さんです。

7 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:38:18 ID:d8ojprxz
スレ105

71 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:26:39 ID:G2ucXkqH
72 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:28:41 ID:G2ucXkqH
73 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:31:24 ID:G2ucXkqH
74 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:32:22 ID:G2ucXkqH
75 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:33:39 ID:G2ucXkqH

76 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:48:13 ID:G2ucXkqH
>47 :名無しさん@3周年
>女スパイや腐ったミカンは誰なのか、今も魔女狩りが行われている。
>宗務局は、批判側だけでなく、書き込んでいる信者が誰なのかも調べている。
書き込んだ人間が誰なのか特定することはやろうと思えば過去にも出来たはずです。
だが未だに七氏さんが元気に暮らしている事から見て教団側にその意志は無いと見え ます。
書き込んでいる信者についても同様です。
七氏さんは信者側を牽制する意味で言っているのです。
相変わらずやり方が汚いですね。

8 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:39:31 ID:41Oa1v8K
スレ105

77 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:53:56 ID:G2ucXkqH
>76
いや、言い間違えました。
信者を牽制しているのではなくて
「信者の身を案じている様に見せかけて教祖の批判をしたいだけ」なのでした。
つまりユダヤ人に同情しているように見せかけて教祖批判をしているのと同じやり口 です。
いつもながらその偽善振りには反吐が出ます。

78 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:56:59 ID:Pzyqhne6
クリンゴンさんはクリンゴンと名乗ってください。

79 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 20:11:38 ID:G2ucXkqH
>78 
クリンゴン艦隊はドミニオン連合との戦いで壊滅状態に追い込まれました。
今は船籍不明の名無し艦(2世)号が代わりに就航しましたのでよろしく。

9 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:42:41 ID:fvBwP9Ko


ヨーガ (Yoga) とは、

狭義には、六派哲学のヨーガ学派から始まった、
”解脱”、すなわち個体魂の神への結合を実現するための実践体系を指す。



内容

人体内に大きな6または7つのチャクラ(Chakra、輪、車輪)と小さなチャクラがありそれを目覚めさせれば、
またはクンダリニーを体内の脊椎にそって上昇させると悟りがひらけると一部の人たちは言うが、全くそういうことはない。

実際は、タイティリーヤ・ウパニシャッドで説明される、生気レベル(プラーナーマヤ・コーシャ)の覚醒にすぎず、
修行の入り口に立ったにすぎない。

また、生気レベルの覚醒それ自体は霊格の向上をもたらさず、
あくまでもカルマ・ヨーガの実践や世俗との係わりの中での人格の向上や、
その他のヨーガを総合的に実践することにより、霊格は向上していくものと心得えるべきである。



ヨーガ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC


10 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:43:54 ID:fvBwP9Ko


種類
伝統的ヨーガ

クンダリニー・ヨーガ (Kundalini yoga)

ムーラーダーラに眠るというクンダリニーを覚醒させ、身体中の気道やチャクラを活性化させ、悟りを目指すヨーガ。
密教の軍荼利明王は、そのクンダリニーを象徴化したものである。別名ラヤ・ヨーガ。

クンダリニーの上昇を感じたからヨーガが成就したというのは早計で、その時点ではまだ初期の段階に過ぎない。

クンダリニーの上昇に伴うチャクラの開眼という劇的なものがあり、
自分が超能力者や超人になったかのような錯覚を覚えてしまうことが往々にしてある。
その故に、一度効果(クンダリニーの体内自覚)が出始めると、他のヨーガに比べて非常にのめり込みやすいという特徴がある。

クンダリニーの自覚が修行の完成と錯覚するのは危険である。
クンダリニーの自覚と修行者の人格的向上とは無縁といえる。
クンダリニーの自覚に修行の目的が置かれてしまっては主客逆転、本末転倒である。

手段が目的にならぬよう修行者は努めねばならず、本来の修行の目的を達するならば、
そうしたクンダリニーを始めチャクラなど肉体次元、生気次元へのこだわりを無くす事に努めることが先決とされる。


ヨーガ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC



11 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 12:44:04 ID:41Oa1v8K
>>7-8

これがスレ105の記録です。
78以外の71-79はIDからも同一人物です。
「名無し」だが、私がクリン含さん宛てに
書いたスレ104の587-604などにレスを付けている。
クリン含さん宛に書いた内容に、クリン含さんでもない人が
クリン含さんそっくりの文章で、これほどの数のレスをつけるはずがない。
内容的もクリン含さんだから、78さんから、クリン含を名乗るように
催促されると、79で「名無し艦」になったと書いている。
つまり、前はクリン含だったが、名無しになったと認めている。
ちなみに78は私ではありません。
問題の76は、71から77までの連続の書き込みの一つで、クリン含さんです。
やはり、あなたは魔女狩りと聞いて、びびったのですよね。
77では反吐が出るとまで罵声を浴びせている。
宗務局の魔女狩りと聞いて、怖さで吐き気がするほどだったとは、
気の毒なことをしました。
吐き気がするほどの恐怖で強烈な印象だったから、
しつこく一年たっても私に食い下がったのでしょう。
あなたは本物の嘘つきだと書かれたのだから、言い訳の屁理屈をつけてください。
ほら、一箇所、屁理屈がつけられる点がありますよ。
恥知らずの名に恥じないように、桐山ゲイカの弟子らしく、
嘘の上塗りをしてください。

12 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 12:47:39 ID:iMGD/9zX
前スレ
>567 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:25:57 ID:mgL5/jBz
>ユビキタスは宝塔を壊した男だ。
>宝塔を壊したということは教団の仏に唾を吐いたことなんだよ。
>それだけでもう教団で信仰を続ける資格はない。
>その時点で教団とは縁もゆかりもない人間になった。
>その君がどの面下げて自分の信者時代の話を引き合いに出して、
>他の信者に心がけを説くんだ?

まず私の中学時代の挫折と破戒ですが、これを正当な行為とは今でも思ってません。
教団や教祖に欺瞞を感じて退会時に宝塔破壊までやったのだったら、
それでそのまま戻ってくることなく今のように批判をしているのであればよい
のですが、あいにくそうではありませんでした。
欺瞞なんか感じてもなかったし、信仰心がなくなったわけでもないが、千座行に
二回目の挫折があった時、自分が嫌になり自暴自棄になりました。
宝塔を叩き割って自分も死にたいと思いました。
で家出してどこか雪山で果てようとしたのですが、甘ったれの私に自殺など
できるわけもなく今日に至っています。
家出しようが自殺しようが甘ったれには変わらず自虐でなんでもかんでも
壊してよいことにならない。だからこの宝塔破壊は今で

13 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 12:50:34 ID:iMGD/9zX
>567 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:25:57 ID:mgL5/jBz
>ユビキタスは宝塔を壊した男だ。
>宝塔を壊したということは教団の仏に唾を吐いたことなんだよ。
>それだけでもう教団で信仰を続ける資格はない。

だから壊しちゃったからまた作ってねなんて感覚ではなく猛反省して懺悔する。
懺悔なくして再入行などありません。
しかし事務的な手続きだったらこのプロセスを省略することも可能だった。
でもだからと言ってそんなことでは反省にも懺悔にもならんでしょう。
だから仏様への懺悔をこめて正直路線でいたわけです。

しかしあなたは反省しようが懺悔しようがムシがよい、再入行など認めるべきで
なく教団とは縁が切れるべきであったと判断されるわけですね。
それは自由ですが、しかしそれならばあなたはその厳正さを桐山ゲイカにも適用すべきだ。
偽ビールのみならず私文書偽造など前科3犯で人を騙した桐山さんにどうして
宗教による人生の導きなどできる資格があろうかと。
反省しようが懺悔しようが関係ないんでしょ?
私は反省と懺悔が本当にあれば、改善がなされていれば、元詐欺師が宗教家に
なってもよいと思う。
ただし前科がついていきなりトップの教祖はないですけどね。

14 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 12:54:35 ID:iMGD/9zX
>>12の後ろの私の文章が切れて投稿されましたので補完します。


できるわけもなく今日に至っています。
家出しようが自殺しようが甘ったれには変わらず自虐でなんでもかんでも
壊してよいことにならない。だからこの宝塔破壊は今でも自分の恥として
その非を認めています。これを正当化する気はない。
問題はその後ですよね。
だか

15 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 13:07:24 ID:41Oa1v8K
>567 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:25:57 ID:mgL5/jBz
>ユビキタスは宝塔を壊した男だ。
>宝塔を壊したということは教団の仏に唾を吐いたことなんだよ。
>それだけでもう教団で信仰を続ける資格はない。

よくまあ、クリン含さんがこれをぬけぬけと書くものだ。
罵倒明王時代のあなたはどうなったのだ。
桐山さんとアゴン宗を批判した。
ご宝塔という物を壊すことが仏にツバを吐くことなら、
あなたのしたことは仏と桐山ゲイカをぶん殴ることです。
それも、実際には退会もせず、会費を納めないだけの中途半端な状態にしていたのですよね。
で、宗教麻薬が切れて禁断症状が出ると、口を拭って教団に復帰した。
あなたは仏と管長ゲイカに謝罪文を書き、宗務局に復帰願いを出したのか。
何もせず、小狡く立ち回ったあなたが、どの面さげて
ちゃんと筋道を通したユビキタスさんを責められるのだ?
クリン含さんのすごいところは、桐山さんと同じで、
自分に対する反省は何もなく、ぬけぬけとこうやって他人を責める点です。
銀狐の弟子らしく、すっかり狐になり下がりましたね。

16 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 13:12:54 ID:iMGD/9zX
>567 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:25:57 ID:mgL5/jBz
>その君がどの面下げて自分の信者時代の話を引き合いに出して、
>他の信者に心がけを説くんだ?

私は自分の懺悔体験などを自慢するかのように美化する気はない。
この部分は依然として恥を晒しているわけです。
批判には本来不要の私事かもしれない。
一方クリン含さんはどうかと言うと、私のように宝塔を叩き割るなんて破戒は
しなかったが、一時退会手続きなどもせずに幽霊会員として留まり、我々と同じく
独自の尺度で桐山阿含宗を批判していた。
気功などの技術の話だけでなく、桐山さんの説く阿弥陀如来の定義とかが
その場その場でまちまちのデタラメであったことも疑問に感じた理由に書いて
あったと記憶している。
つまり私ほど派手でないが、あなたも破戒をして信仰心を捨てたことに変わりない。
しかし批判側憎しはよいが、だからと言ってどうして自分がさんざん批判していた
ことを覆し、擁護側に回って復会した。
その過程におけるあなたの信仰心の変遷だの改心だの懺悔などはこちらは知らぬ。
そんなものはこちらに提示する必要はない。
しかし私は現在のあなたの態度を見て信仰心が薄いのではと批判する。
お互いに多忙の身だ。ネットカフェに言って書き込みする暇があったら
道場にでも行って梵行でもしてろなんて言う気はない。
書き込み大いに結構です。
ただやるのなら自分に偽りのない本当の正義感から書いてほしい。
宗務局の書き込み禁止令を守れなんて言う気もない。
破ってもよいが信念を持ってほしい。
宗務局に面が割れなければそれでいいから、つらつらと醜い内容の書き込みを
するのでなく、宗務局は見ていなくてもあなたの信じる阿含宗の仏様だけは
あなたを見ている、その仏様に恥じぬ内容と態度をとってはどうかとアドバイスした次第。

17 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 16:56:37 ID:EJjhq067
ユビキタスさんは、長文書いて、論点を曖昧にしようとする傾向が見られますね。
さすが、長文ごまかし王子(^ω^)

18 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 16:57:16 ID:EJjhq067
あと、>>1乙。

19 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 17:43:11 ID:1EXNUjno
>>17
オレはユビさんの破天荒なところが好きだな、彼の誤魔化しのない性格もすきだぞ。
貴方はこのスレッドで他人が目を背けるような自分の恥部を書けるか?
オレはとても書けないがユビさんは非難覚悟でさらけ出した。
それだけでも凄い、自分に照らし合わせたらとても非難など出来ない。
で貴方、長文がどうのこうのと文句など言わず少しは桐山の擁護でもしなよ。

20 :ソフィー沙羅:2007/09/18(火) 17:44:27 ID:7FSeG+3Y

 /^r ´ ゙̄ヽ
 l i ノノハリ)))
  )ノC|‘ ヮ‘ノ|<負け犬さんたちが禁断症状に耐えかねてノコノコ集まりだしたわね♪
    /l`=',つ
   (,ト-┤
    ノ_,|_,|


21 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 18:21:38 ID:iMGD/9zX
>>17
短文「ずつ」にまとめるとこうなります。
@私が宝塔を破壊した破戒の前科を以て反省しようが懺悔しようが信仰を語る
資格がないと言うのならば、それは自由ですよー。
Aだから人を騙した前科者の桐山さんがいくら反省懺悔しようと宗教家となって
人に指導を垂れるなんて資格がないことになるじゃん。クリン含さんの理屈だと。
Bまあ桐山さんに関しては反省懺悔が見られず、今やってる宗教家稼業が詐欺師の延長なんだけどね。
Cクリン含さんもまた桐山さんを批判した前科があるのだから、反省懺悔しようと
信仰を語る資格がないことになるじゃん。
Dでもクリン含さんなりに反省懺悔はそれなりにしたとは思うからそこは問いませんよー。
Eとは言え、今の書き込みの内容と態度を見る限り、仏様の目はごまかせないと
いう意識に欠けて、信仰心がない人のように見えますよー。

もっと短文にまとめるとこうなるかな?

@おいらユビキタスのこたあどうでもいいよ。
Aしかし桐も信仰を人に説く資格なんかないことになるよな?
Bクリン含さんも前科はあるだろ?
C前科を問わずとも今の態度は仏様に対する畏れの気持ちもないとわかる。

22 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:00:09 ID:UCYu+Gdc
>>1乙です。


このスレを読む方は、以下のことを前知識としてご確認下さい。
桐山とその一門の姿です。

阿含宗という宗教118
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175187272/484
484 名前:沙羅 投稿日:2007/04/18(水) 14:24:19 J4TyHJJf
>>476
>自己愛性人格障害者

http://ime.nu/homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html

このページだけでも誇大妄想狂桐山と、これだけ桐ジイの嘘と捏造が
明らかにされてもまだ、釈迦の教えに逆らい、あごん宗信徒でいようと
する愚かな信者たちの『異常さ』が見事に説明されています。
信者の皆さん、自分と桐山に当てはめてよく読むように!
他人事ではありませんよ。ここに書かれているのは貴方のことです。


23 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:00:51 ID:UCYu+Gdc
桐山が歳相応の知恵すらないアホである件。

阿含宗という宗教118
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175187272/391
391 名前:ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o 投稿日:2007/04/14(土) 22:59:30 /v0Xny8Z
つまり蕎麦代に5千円も包んだり側近幹部の見送りに対してすら3万円も包むのは
桐山さんの金銭感覚の無さでもあるわけなんですが、極めて幼稚な見栄っ張りの
現れなわけです。
いつでもどこでも誰に対しても、俺はすごいんだぞ(何がすごいんだろう?)
と示したい。
そういう意味では彼には腹を割って話せる友人がいないことになり、極めて寂しい
人間関係です。
脳梗塞で入院中のリハビリ生活を暴露するのもその一つです。
医者はこの老人を励まします。
「管長さん、偉いですね、すごいですね、さすが修行されてきた方ですね」
「うむ、若い頃は滝に打たれたりしたものでね」
(↑事実滝に打たれた「ことはある」)
さてこうした病院内のお世辞、励ましのやりとりですら周囲に吹聴したくて
たまらない。
だから自分の因縁教学、因縁解脱教学からはヤバイはずの脳梗塞の闘病生活も
公表することなく黙していればよかったものを、彼の子供じみた自慢したい
欲望はそれをあっさりと破ってしまったわけです。

24 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:01:49 ID:UCYu+Gdc
桐山は利用できない人間を冷たく切り捨てた件。

阿含宗という宗教119
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1177907062/123
123 名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2007/05/02(水) 13:00:57 6D1O/M4c
>>110 :神も仏も名無しさん:2007/05/02(水) 00:12:32 ID:dKZszJep

十数年前に先達がバタバタと癌で亡くなった。
教団の信者の最大派閥を率いていたM田先達、
関東別院の内陣は彼女のものと言われるほどの寄付をした先達、
地方道場のチーフをしていた中年の先達、
光和食品の職員をしていた若い女性。
要するに、教団の模範的な信者が次々と癌で亡くなった。
桐山さんはこれを聞いて、自分の言うことを聞かないからと言ったそうです。
癌で亡くなった桐山夫人についても「自分の言うことを聞かないから」と書いている。
日本一の無責任男は実在したのです。

25 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:11:23 ID:UCYu+Gdc
桐山は利用できない人間を冷たく切り捨てた件。(続き)

阿含宗という宗教119
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1177907062/124
124 名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2007/05/02(水) 13:04:17 6D1O/M4c
>>110 :神も仏も名無しさん:2007/05/02(水) 00:12:32 ID:dKZszJep

M田先達は教団の中で最大の信者派閥を率いるチーフで、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。
桐山さんは重用していた。
桐山夫人などを除けば、M田先達は在家として最高の徳を積んでいたから、
60歳そこそこで癌で死ぬなど、教義からいったらありえない。
教義の矛盾の実例を突きつけられた桐山さんがどんな反応を示したか、
彼の性格を示すすごい光景を紹介します。
M田先達が癌の末期でヨレヨレ状態になり出てきた時、
桐山さんは見向きもしなかったのです。
M田先達は最後に桐山さんと一目会うために出てきた。
亡くなる半年ほど前ですから、かなりひどい状態だった。
前なら、桐山さんは、成績をあげているM田先達に積極的に声をかけていたのに、
この時は他の一般信者と接するのと同様で、声すらかけなかった。
亡くなった後、ご立派な戒名をつけておしまいで、
例祭という信者の集まりの時ですら、彼女の事は出さなかった。
癌の因縁が切れるかどうかよりも、仏の慈悲を持つという桐山さんが
現実には、冷酷でエゴイスト丸出しであることをあなたの両親にぜひ見てほしい。

26 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:12:07 ID:UCYu+Gdc
桐山の人間性を思い知った件。

阿含宗という宗教112
http://etcsouko.hp.infoseek.co.jp/agon01/agon112.html
の、22〜37を参照。


熱心に修行したにも拘らずガンになり自分が苦しみ、周囲にも迷惑をかけ、
立場を失い、桐山ゲイカに助けを求めた信者に対して
『ダルマチャクラ』(1994年6月、60号、15頁〜)
で弱り切った質問者を責め続けたのには正直コイツは鬼だと思ったね。
普通の人なら同情の気持ちを持つべき時なのに桐山ゲイカは
信者への同情など微塵もなく、自分の不快感も露わに、
八つ当たりのように、最初から最後まで質問者を責め続け
終いにはガンで苦しみ、妻からも批判されて、泣いている信者に
「阿含宗をやめろ」と指導したのです。
さらには、サプリメントを摂っていない、例祭に来ていないと二つも因縁をつけて、
奥さんには「夫の運気を剋する因縁」をオマケにつけてあげて、
二人まとめて山門から放り出した。
本当に情けない話で、これを聴いたとき心底腹が立つと同時に
コイツは絶対聖者ではなく正真正銘の詐欺師だと悟ったね。

27 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:12:44 ID:UCYu+Gdc

          _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ       桐山の精神年齢が            ,,,ィf...,,,__
          )~~(             止まっている間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
                   ├―┤=├―┤ |li:,
                   |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
                   ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /

桐山は、こういうネットの時代になって無名の市井人が情報を世界中に発信する
時代が来るとは夢にも思わなかったのだろう。だから本当に弱い立場の人には
こうやって搾り取るだけ搾り取って切り捨ててきたのです。弱い立場だから何も
言えないだろうと思って。それも桐山の浅はかな一面。

28 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:24:40 ID:UCYu+Gdc
いわゆる解脱供養の洗い出しの正体。

解脱供養をすると必ずと言っていいほど不具合が起こる。殊に冥徳供養は人間関係が
険悪になるとだいたいみんな口を揃えて言う。割とみんなが体験する不思議現象だ。
いわば「負の験」だが、みんなは桐山が霊力がある一つの証拠と勘違いしてる。

これは要するに霊障の言いがかりを付けられた祖霊が怒ってるんだよ。
霊障が桐山の作り話で経典にも根拠がないのは121スレで明らか。また123スレの
晴雄さんの情報で「霊視」なるものも、かなりいい加減なことが判明した。

と、言うわけで、霊視とやらで降りてきた霊位は不成仏霊・霊障のホトケとか言われて
言いがかりやいちゃもんを付けられ、現実の不幸の原因と濡れ衣を着せられてるわけだ。
先祖供養どころかあべこべに先祖侮辱してるのだ。だからアレは十万もはたいて
「解脱供養」という名前の「先祖侮辱」して、祖霊を怒らせて、祟られたり蔭から支えて
頂いていたことを手抜きされてるようなもんだ。それを却って桐山の霊力だと勘違いする
のもいい加減にしなさい。

だいたい桐山は質疑応答などでこの「解脱供養の洗い出し」のことがたまに出ると、
わめくように否定する。「解脱供養に洗い出しなど無い!」と。現役会員でもこれだけは
承服できないと言う人は昔から結構居たから今でもいるのでは?
ありもしない霊力の証拠に利用しやすいのに否定するのは、洗い出しが怖くて二の足を
踏まれて申し込みが減るからだろうね。

初回申し込みの人や一般人には、普通に龍神辺りの加持祈祷を施して(桐山は一部の
行者の世界では龍神行者で通ってる)験があればさも成仏力であるかのように見せかけ
られること受け合い。

なお、この件の書き込みは客観的な検証に耐えうるモノでないことを認めます。
経験者体験者以外はノーレスでお願いします。

29 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:25:21 ID:UCYu+Gdc
退会マニュアル

・法具類は郵送や宅配で関東別院もしくは関西総本部に送りつける。最寄りの道場でも可。
・退会の旨を記した文章を添える。丁寧にするなら郵便局で内容証明を。書式はいずれも
以下の文面で充分。「阿含宗管長桐山靖雄宛 阿含宗を退会します。 以上。」
・顔を出す必要はない。その他何を言われても一切従う必要はない。(憲法第20条2項・後述)
・解脱供養、護摩木の代金などの未払いを、たとえ一筆書かされてても、精算する必要は無い。(民法第90条・後述)
・阿含宗や光和食品などから来る郵便物がうざければ、赤ペンで「受取拒否」と書いてポストに投函。

30 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:26:00 ID:UCYu+Gdc
退会マニュアル解説

宝塔は貸与の建前になってるらしいので、一応送りつけて返却すること。「どういう反応するか
話のネタに見てやろう」という好事家でもない方でストレス無く退会したい人は送りつけで。
その時に退会の旨を記した文書を添えれば常識的には伝わるはずだが、今後法的措置を
とりやがるかも知れないので(ただし、多少もめることになるだけで無効。嫌がらせに過ぎない。
→憲法第20条2項・後述)内容証明を送りつけて退会の意思表示を第三者に判るようにすると丁寧。
内容証明は郵便局にいけば詳しく作成方法を教えてくれる。内容証明は同じ文面の書類を三通書き、
一通は相手、一通は自分の控え一通は郵便局で保管してくれるのだが、受け付けるとき郵便局職員が
文面をチェックするので出来る限り文章は短い方が親切。犯罪者の桐山とそれに荷担してる宗務局に
遠慮する必要も無し。

また、「道場に直接持参でないと受け付けない」「規則になってる」「入行した時点で宗規に従う
ことに同意したことになってるので従う必要がある」などとか言われても一切従う必要はない
→憲法第20条2項・後述
また、内容証明を送りつけないで法具類に退会の旨を記した文書を同梱した場合、嫌がらせ半分で
退会の意思表示と認めないと文句言ってきても取りあう必要なし。その他なんでもあなたが
「阿含宗の一切を拒否しよう」と思った瞬間から、何の手続きも必要無しに何も従う必要は無し。
また、あべこべに阿含宗が内容証明を送りつけて出頭や支払いを言ってくるかも知れませんが、
それでも従わない権利が憲法で保障されてます。

ちなみに内容証明は、相手にある意志を伝えたことを、伝えた内容と事実を公的に証明するものですが、
それだけのモノであって別に何か指示された内容に効力・拘束力があるわけではありません。所定の手続きと
料金さえ払えばどんなムチャクチャな事でも書けるのです。こけおどしに乗らないようにしましょう。

31 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:36:34 ID:UCYu+Gdc
退会マニュアル解説続き

解脱供養や護摩木の代金など分納誓約書などを一筆書かされていても一切払う必要も無し。→民法第90条・後述
既に払ったお金を取り戻したい場合は個別に弁護士に相談してください。あなたが
「阿含宗に鐚一文払いたくない」と思った瞬間から何の手続きも必要無しに鐚一文払う必要はありません。

また、阿含宗が何をするのか見て笑ってやろう、このスレに情報を提供してやろうと言うのでもない
限り阿含宗や光和から送られてくる郵便物がうざいと思ったなら、赤ペンで「受取拒否」と書いて
ポストに投函すると返却されます。

また、ストレス無く退会することを主眼にして書きましたが、宝塔を勝手に処分したあと、所有権は
阿含宗にあると言って法的措置を執ってきても、宝塔貸与の約束も民法90条(後述)に基づいて
無効化出来ます。
阿含宗が喧嘩売ってきたら買ってやろうという根性ある方は宝塔など燃えないゴミに出しましょう。

32 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:37:09 ID:UCYu+Gdc
ttp://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM#s3
日本国憲法
第20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

つまりどういう風に運用されるかというと、阿含宗が何を言ってきても従う義務は無いということです。
「退会するときは道場に来い」「話を聞いた上でないと受け付けない」など、強制できないことが
謳われております。
また、「入会した時点で宗規に従うものとする」「宗規に従え」あるいは宗規に従うことを誓約
させられた文書を取られていて、それがどんなに法的に調ったものであっても、一番上位の
最高法規である憲法に強制できないとある以上、一切従う義務はありません。
もちろんあべこべに阿含宗側が内容証明を送りつけて、出頭や支払いを言って来ても従う必要は
ありません。

また、「宗教上の行為でなく、単なる事務手続きの問題だ」と、言ってくるかもしれませんが、
阿含宗は「宗教法人」なのですべての事業・行為が宗教行為です。

あなたが
「阿含宗の一切を拒否しよう」と、思った瞬間から、何の手続きも必要無しに何も従う必要は無し。

33 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:37:47 ID:UCYu+Gdc
ttp://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM#s1.5
民法
(公序良俗)
第90条 公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

これはどう運用されるかというと、阿含宗桐山のウソで固めた一切合切が公序良俗に
反するので、その上で締結した解脱供養料や護摩木代金の未払い金の誓約や分納誓約を
履行する必要がないと言うことです。一番近いことで言えば天皇と無関係な褒章を衒いて
天皇の権威を利用したことですか。 阿含宗は一から十まで詐欺みたいなもので、そんなことに
カネを払う義務はなく、たとえ 法的に調った文書を一筆書かされていても、90条に基づいて
無効と言うことです。

あなたが
「阿含宗に鐚一文払いたくない」と、思った瞬間から何の手続きも必要無しに鐚一文払う必要は無し。

この条文の適用でよく引き合いに出されるのは、ギャンブルの負け金借用書は無効で
履行義務がないと言うことです。ギャンブルは公序良俗に反するどころか法律で禁止まで
されてるから、いかに法的にも様式も調った文書を取られていても無効なのです。

だから、一筆書かされていても護摩木等の未払い金を払う義務は一切ありません。
人としての道?詐欺にカネ払うのですか?また、そうして貢いだカネが新たな詐欺行為に
使われるのですよ?犯罪に荷担するのですか?

また、民法90条は阿含宗が未払い金に対して告訴などの法的措置を執ってきた場合に
出番が来るのであって、多くは憲法20条2項に基づいて一切を拒否して終了です。

34 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:48:31 ID:UCYu+Gdc
民法90条における「公序良俗に反する」例。

http://www.agon.org/news/news-2005-2006/detail/2006_08_26.html
>阿含宗本山に『紺綬褒章』授与

>06.08.26

>阿含宗本山に『紺綬褒章』授与
>阿含宗本山はこのたび、天皇陛下より『紺綬褒章』を賜りました。
>               ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>この栄誉ある褒賞は、長年に亘る阿含宗のさまざまな社会活動が、
>正式に認められたことを示すものです。


紺綬褒章は内閣総理大臣の名前で出される物であり、天皇陛下とは無関係です。

http://www.agon.org/news/news_detail.html?topics=91
>8月15日発売の産経新聞に、「桐山雄管長猊下と柳田邦男氏の対談」並びに「シベリア大柴燈護摩供レポート」
>記事が掲載されました。
 ~~~~

ただの新聞広告を「記事」と詐称。
これらまるっきりウソであり、こんなウソを堂々とホームページに載せてる信じられない詐欺行為です。
(参考)詐欺の定義
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BA%BE%B5%BD&kind=&kwassist=&jn.x=35&jn.y=9&jn=%B9%F1%B8%EC&mode=0
(1)巧みにいつわって金品をだまし取ったり、相手に損害を与えたりすること。あざむくこと。ペテン。
「―にひっかかる」「―を働く」「―師」
(2)〔法〕 他人をあざむいて錯誤に陥らせる行為。民法上、詐欺による意思表示は取り消すことができ、また、詐欺による損害は詐欺者の不法行為として賠償させることができる。
→詐欺罪

35 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:49:15 ID:UCYu+Gdc
退会マニュアル:ソフトバージョン
出来ることからしてみましょう。

◎道場に一切顔を出さない。
◎勤行を止める。
◎阿含宗グッズをすべて一箇所にまとめて目に触れないようにする。
◎勤行を止めて不具合が出たら、線香を焚いてみる。

36 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 21:49:47 ID:UCYu+Gdc
退会マニュアル:ソフトバージョン解説

退会にまで踏み切れない人、まだ迷いがある人、止めたくともしがらみがある方
まずは無理しないで出来ることから始めましょう。

まず、道場には一切顔を出さないことです。道場外でする奉仕作業やイベント等
にも参加しないことです。理由もあらかじめ考えておきましょう。会費は振り込み
用紙が毎月送られて来るでしょ?

勤行も止めましょう。その他阿含宗から習った修法も止めましょう。

経典に依りますとそもそも仏舎利塔というのは「それを目にすることによって釈尊の
教えや法を思い出し、遺徳をしのぶ」存在です。だから反対に阿含宗グッズが目に
付く状態であると、いつまでも桐山の術中より抜けられません。一箇所にまとめて、
収納するか箱などに入れて、目に触れないようにしましょう。

勤行を止めると頭痛や吐き気、体がだるいなどの不具合が出て、「やっぱり法はあるんだ」と、
錯覚するかも知れません。そう言うときは線香を焚いてみて下さい。もちろん入行したとき
おまけで付いてくる時々斜めに立って灰を受けるのに小皿では間に合わないしょぼい線香立てを
使わずにちゃんと阿含宗と無関係な香炉を使ってです。線香は今まで使ってたのでも構いませんが。
フランス系のアロマテラピーと言うのは香を使う治療法として確立されたものです。
そう言う効果を法と錯覚してることが判ります。
また、長年の良いと思いこんでいた習慣を止めることによるストレスによって、不具合が出ること
もあります。これは線香焚いても治りませんが、しばらく様子を見てると解消します。ゆめゆめ
「やっぱり法はあるんだ」と、錯覚なさらぬように。

37 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 22:00:21 ID:UCYu+Gdc
おまけ。

∞三十三神天慶聖威徳大皇 ◆jDlNlQunI.って何物?

阿含宗会員かどうかは不明だが擁護側のコテハン。栗花・栗花馨・33点とも言われる。過去には
三十三神天慶大使∞ 毘や、∞三十三神天慶威徳大聖帝 ◆bdoY2j2dFEや:∞三十三神天慶威徳大
聖國手 ◆jDlNlQunI.などとしょっちゅう変えるが、威張りくさったアホなハンドルを使い、
オカルトバカな書き込みやコピペ等を延々としてスレを汚し、また一切対話をしようとしないので
コミュニケーション能力が無いものと思われ。過去のオカルトバカカキコやデムパ発言
に対して私文書為造は、
・私が拝んでる神仏の霊査は?
・餘陰・余蘊の典拠は?
と、問い質すも一切スルー。一度だけ霊査にたいして、

>阿含宗という宗教116 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1172025619/305
>305 名前:三十三神天慶大使∞ 毘 投稿日:2007/02/25(日) 22:21:44 tuL+FYrm
>>304
>あなたは明王や毘沙門天など憤怒や戦いなどの至高神を自分の内に
>映してみようとするタイプです。

と、全然答えになっていないインチキ占い師のバーナム効果みたいないい加減なことを
言って、突っ込まれてしばらく姿を消していたが、復活して私の問いには一切スルー。
そして半年近く経ってから上記の書き込みに対し、
>阿含宗という宗教125 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1185533693/337
>337 名前:∞三十三神天慶聖威徳大皇 ◆jDlNlQunI. 投稿日:2007/08/02(木) 05:26:01 uWUzbZZg
>これはなりすまし荒らしです。
などと抜かす恥知らず。

klingo〜nって何物?

不幸な亡くなり方をした歌手を、解脱供養したと言って自慢してる痛い香具師。

38 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 22:09:31 ID:UCYu+Gdc
>>17名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2007/09/18(火) 16:56:37 EJjhq067
> ユビキタスさんは、長文書いて、論点を曖昧にしようとする傾向が見られますね。
> さすが、長文ごまかし王子(^ω^)


意訳:
長文読解できねーよ。
これはオレがバカなんじゃなくて、ユビキタスが煙に巻いてるに違いない。

39 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 22:13:41 ID:UCYu+Gdc
>>19名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2007/09/18(火) 17:43:11 1EXNUjno
>貴方はこのスレッドで他人が目を背けるような自分の恥部を書けるか?
>オレはとても書けないがユビさんは非難覚悟でさらけ出した。
>それだけでも凄い、自分に照らし合わせたらとても非難など出来ない。

うむ。私など「阿含宗の会員だった」事自体が恥ずかしいので、これ以上自分の恥
出せねーわ。

40 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 22:27:20 ID:EJjhq067
>>38
おっ、屁理屈王子さんこんばんは(^ω^)



長文クドクド書いてると、たとえそれが正論でも、ただのダラダラとした言い訳にしか聞こえなくなる
っすよ、ユビキタスさん。

長文をダラダラ書くのはやめた方がいい。
こんな言い方失礼かもしれないが、正直見る気が失せる。

冗長的な部分はカット。本当に言いたいことだけを端的にまとめる。
そうしたら、あなた最強なのに。理論派なのは私も認めますよ。

って俺何言ってんだろう....。まぁ、頑張りましょうお互いね(^ω^)


41 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 22:46:42 ID:iMGD/9zX
>569 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:35:54 ID:mgL5/jBz
>ちょっと見かけたんだが盂蘭盆て世間ではこう見られているみたいだ。

>浄土宗・梅窓院 http://www.baisouin.or.jp/gyouji/bon/bon.htm

>批判側は至急、盂蘭盆の記述を書き直した方がいいぞ。

>盂蘭盆『ウィキペディア(Wikipedia)』
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%82%E8%98%AD%E7%9B%86

上の浄土宗の寺院から行きましょう。
この寺院が倒懸説などを出しても何の不思議もありません。
この寺院だけではない。あちこちの寺院の盂蘭盆会の宣伝でこの倒懸説が使われている。
なぜなら倒懸説がわが国において最もポピュラーであり通念のようにもなっているからです。
ただしいくら通念でもポピュラーでも、それが学問的に定説とか正しいとかの
指標は適用されません。
つまりはこの寺院も無知なんですよ。
間違った通念を宣伝しており、こういう寺院は多いのです。
ここで阿含宗あたりがこれを批判してみたら格好良いですよ。
この経典のどこに逆さ吊りがある?
あっちっち
飲めど食えども
火になりき
逆さに吊られし
苦に似たるかな
こんな苦しい歌でも詠んで解釈するしかない。
それ以前に経典に盆器の意味で堂々と盂蘭盆という用語が使われている。
これにウランバナなど適用するのはこじつけである。
こう論破してこそさすが完全仏教の達人です。
現実はそのへんの坊さんと変わらぬ無知を披露している。

42 :神も仏も名無しさん:2007/09/18(火) 22:47:06 ID:EJjhq067
>>21
おっ、まとめて書いてくれてたのですな。

でもね、弁解内容が少し幼稚だね。
給食費払っていない親が「あの人もはらってないじゃん。なんで私だけに言うのよ?」
って言っているよう聞こえますよ。

たしかに正論だけど、これを見た人はどう思うかな、ユビキタスさん。
世の中、なんでもかんでも、論理が通ればOKって訳じゃないでしょ。
論理通りに解釈してくれるのは、コンピューターのプログラムだけですよ。

じゃね(^ω^)

43 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/18(火) 23:00:44 ID:u843jb2D
W田N子のプロフィール
阿含宗財務局長 
現在、阿含宗の実質的な総責任者であると職員、及び関係者。
W田局長は、純真な本部の派遣職員二人を懲戒解雇し、そして幹部をカリフォルニア支部に送り込んで、
米国の職員には雇用契約サインを強制し、信者から不審を問われていた
悪と知っての元カリフォルニア支部職員S崎一人を職員として残し、
S崎と米国の弁護士を使用して諸々の真相を知ってしまった元職員、信者に対して行なった行為は、
不当解雇、脅迫、ハラスメント、名誉毀損、誹謗中傷、そして詐欺である。
その行為は仏教者とは名ばかりの信じられない行為である。
*W田局長からの指示でハラスメント行為中のS崎は
「本部(W田局長)は私を信者から守ってあげる。」と言っていたと他言。

44 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 23:01:17 ID:UCYu+Gdc
>>40
> >>38
> おっ、屁理屈王子さんこんばんは(^ω^)

で、その屁理屈に勝ったこと無い君の理屈はどうよ?

45 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/18(火) 23:02:18 ID:UCYu+Gdc
>>43
おっと本題が。しばらく黙っていよう。

46 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/18(火) 23:05:05 ID:u843jb2D
シリーズ4回目目

5)阿含宗ニューヨーク土地と本部経理A職員の暴露により、
ニューヨークのK斐職員の口座に不明な2億円の送金を知った、
カリフォルニア支部のS崎、元S木参事、本部のA宅職員は2002年8月、
W田局長と金銭のやり取りをしていて、
本部に一時帰国していたK斐F子職員をニューヨークに連れて行き
(K斐職員は"グループ”より一日遅れで来る予定だった。
W田局長のそれらを暴くつもりだった。
だが、"グループ"がK斐職員より一日先に出発した直後、
W田局長はK斐F子を突如ニューヨークに行かせないようにした。
(元K斐職員も相当したたかであり、暴きを逃れる為、
K斐職員自身がニューヨークに行かないほうが安全とW田局長に進言したらしい。)
ニューヨークに到着したA宅職員は夜中に広報センターにやって来て、
W田局長とK斐職員の証拠探しをしていたようだが、
金銭やり取り等の重要書類はK斐職員のアパートに置いてある為、
K斐職員がニューヨークに来なくなった事により何も探せなかったようである。
そしてW田局長はグループが到着した翌日、直ぐ日本に戻って来るように命じた。
グループからの暴き調査を逃れたK斐職員の作戦勝ちとなった。

*K斐職員はニューヨーク広報センターの職員に
「グループがニューヨークに行くので私の書類はすべて隠してほしい!
私が使用したコンピュータでの内容も全部消してほしい!」
と電話をしてきてY職員はそのようにした。
そのコンピューターの中にY職員はK斐職員がW田局長に書いた重要な文章を見た。
しかし、W田局長との重要書類はK斐職員のアパートに保管のままであった。

47 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/18(火) 23:07:28 ID:u843jb2D
>>46の続き
*参事が日本に戻った直後、S木参事の信者に対する扱いに米国信者が騒いだ為、
W田局長はS木参事を解雇して相当な金額の和解金を支払ったと本部職員の話。
またそれ以外にも、阿含宗USAの理事でもあったS木参事に、
定款に記されている彼の名前を取り除く事に対してさえも、
別途に200万円もの金額を支払っている。
この事実は阿含宗とS崎との裁判でS崎側から提出された証拠書類の中から発覚。
証拠書類はhttp://www.wadaokiru.com/home/page6.html
(W田局長は参事から上記の暴露を追求されたものと思われる。)

*ニューヨーク土地と2億円の暴露を知る前の2001年ニューヨーク護摩の時、
すでに不正をしていた経理担当のS崎は
『阿含宗カリフォルニア支部に経理がありながら、
W田局長はニューヨークのK斐職員にお護摩の経費を直接送っている。
日本からの送金は米国支部経理を通すべきである。』と騒ぎまくっていた。

注: 冒頭で述べたように、
後に阿含宗とS崎の裁判を観てきたある専門家の米国人は
『いざ裁判が始まってみたら宗教いう中で行われた、宗教団体とS崎との
どちらもひけをとらない知能的犯罪性の悪質さに驚かされた。』と言っていた。


48 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 23:12:15 ID:iMGD/9zX
>569 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:35:54 ID:mgL5/jBz
>盂蘭盆『ウィキペディア(Wikipedia)』
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%82%E8%98%AD%E7%9B%86

そしてこのウィキペディア辞典にしても同じことです。
盂蘭盆に倒懸説というのはたしかにあって一番有名であると言ってよい。
だからウィキペディア辞典にも当然載ります。
但しそれが正しい説であるかとは別の話です。
盂蘭盆の語源が正しくは何であるかなどの論議はこの事典に必要ない。
盂蘭盆という知れ渡った言葉の概念説明ができていればよいのです。
この事典はウルヴァン説も出してなかなか説得力があるとも評価してますね。
盆器説は出て来ない。この事典を投稿した人の好みもあるのでは?
烏藍婆那との音写もされたとありますね。
で中国あたり産の偽経典とも解説している。
では烏藍婆那経という経典があるのか?
百味の飲食を烏藍婆那に盛ってと書いた経典があるのか?
このウィキペディア事典は私もよく参考にして紹介しているが、投稿者を募って事典を編纂しているのです。
時には偏見すらも入る余地はあります。
例を出すと、プロ野球の千葉ロッテマリーンズの二軍の捕手に金澤岳という選手がいます。
この金澤岳がウィキペディア事典に出た時、おかしな表現があった。
履歴とか他の情報は間違いないのだが、「愛称:プニュ」などと書いてあった。
しかし金澤の愛称は「きん」であり、プニュなんて呼ばれていない。
呼ぶのは2ちゃんねるの浦和マリーンズスレに常駐する「プニュ厨」と呼ばれる
嫌われ者です。誰もプニュなんて呼ばないのにそいつ一人だけが勝手に命名している。
そいつが投稿したとわかった。都内の高校生だったようだが。
今は金澤岳の事典からプニュは消えてます。

49 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 23:35:02 ID:iMGD/9zX
>>575 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:57:03 ID:mgL5/jBz
>菩提心の話だが、故人を思って供養することは「菩提心」ではなく
>「菩提を弔う」である。
>私自身が間違え、ユビキタスもこれに倣ってしまった。
>「菩提心」は仏道を志す心になってしまい意味が違ってしまう。

上求菩提、下化衆生というように、菩提とは自ら求めるものだと言いたいのでしょう。
私もそう思います。
しかしあなたが言う菩提を弔うという意味で、桐山さんも阿含宗も菩提心の供養
とか使っているので、そちらの用語を踏襲してあげているのです。

> 「菩提を弔う」とは死者の幸福を願うことである。
>だから故人の死後の幸福を願い追善供養をすることは、
>たとえユビキタスが、それを欲望と受け取ろうが、
>菩提を弔う行為であることには変わらない。
>以上、訂正しておく。

まず微妙なゴマカシが入ってますね。
追善供養?これを阿含宗が使うのはどういう状況かわかりますか?
解脱供養が済んでひとまず解脱成仏したが、尚も霊界で高い境涯に行っていただこうと
万燈供養などで後押しをすることです。
追善供養という言葉は殊更阿含宗においては故人に悪い霊障とかを付加していない
印象を与える。
しかしあなたが供養した歌手はどうだったのか?
あなたは歌手の苦しみの悶絶を想像させる声を聴いて、「輪廻する葦」における
三大悪因縁で死んだ人は霊障を起こすという桐山説が当初信じられないながらも
結局はそれを受け入れ、霊障と判断して解脱供養を申し込んで、晴れて成仏した
ことを報告してくれたのです。
追善などともとからある善を水増しするような動機ではなく、この故人は気の毒な
ことに善などなく、悪い霊障があるから成仏できないで苦しんでいる、と判断
したから侮辱を含む供養を申し込んだのです。

50 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 23:53:50 ID:iMGD/9zX
>>575 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:57:03 ID:mgL5/jBz
>「菩提を弔う」とは死者の幸福を願うことである。
>だから故人の死後の幸福を願い追善供養をすることは、
>たとえユビキタスが、それを欲望と受け取ろうが、
>菩提を弔う行為であることには変わらない。

その通りで菩提を弔う気持ちであることはたしかです。
可哀想だ。なんとかしてあげたい。
菩提を弔う心です。
しかし私がその菩提を弔う心の内奥まで分析して、個人的な欲望にも言及したのは
理由があるのです。
あなたがそれを示す心の裏側に慢心と他人に対する侮辱があったからです。
他人とは解脱供養を数多くやっても癌になった人です。
この人を侮辱するのにその解脱供養は欲得から来るものばかりで
自分と関係ない故人の供養などしたことあるかと示した。
で、最後にこの歌手の供養の話が出て来たのです。
これが欲得のない供養?
違うだろ?もともと憧れの人が可哀想だからというファン意識、それも特別な
お近づきという欲念も背後にあるものではないかと、決して純粋などと言えない
面を指摘してあげたのです。
まあ欲望のある供養をしてもかまいませんよ。非難はしません。
しかしあなたにこのことの自己認識があれば、これを出して自慢したり、
他人を侮辱する比較材料に使えないことがわかる。

51 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/19(水) 00:08:55 ID:xAj4fYlX
>>40 神も仏も名無しさん 2007/09/18(火) 22:27:20 ID:EJjhq067
>>>38
>おっ、屁理屈王子さんこんばんは(^ω^)

>長文クドクド書いてると、たとえそれが正論でも、ただのダラダラとした言い訳にしか聞こえなくなる
>っすよ、ユビキタスさん。

まず38の私文書さんを私と同一のように見てしまうことを書いてしまうことが
あなたの損になりますよ。

> 長文をダラダラ書くのはやめた方がいい。
>こんな言い方失礼かもしれないが、正直見る気が失せる。
>冗長的な部分はカット。本当に言いたいことだけを端的にまとめる。
>そうしたら、あなた最強なのに。理論派なのは私も認めますよ。

アドバイスは有り難いが、私には私なりの考えがあって長文を書いています。
これがベストとは思わないが、安易な短文を示しての誤解は避けたいので
くどくどとも書いています。
好不調は自分で書いていてわかります。
まあ常に説得力のある良い文を書きたいとは思っているが。
だから単に長文だけで読む人が嫌気をさすのなら、その人は読まなければよいと思う。
前にも書いたが私はここを訪れる人を一人残らず救いたいなんて誓願はない。

52 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/19(水) 00:32:39 ID:xAj4fYlX
>>42 神も仏も名無しさん 2007/09/18(火) 22:47:06 ID:EJjhq067
>でもね、弁解内容が少し幼稚だね。
>給食費払っていない親が「あの人もはらってないじゃん。なんで私だけに言うのよ?」
>って言っているよう聞こえますよ。

幼稚に思えるのは相手のクリン含さんの指摘が幼稚だからです。
私はいかに相手が幼稚な指摘をしてきてもこれに真っ向から答えます。
給食費を払わないのは俺だけじゃないという話ではない。
そうとしかとれない誤解を避けたいから、短文にまとめるのではなく、
長文にするのです。
しっかりとした論理があるのです。
反省と懺悔の問題です。
クリン含さんはどうやら私の反省と懺悔を認めなかったようです。
どんな理屈をつけても世間はそう見ないとか言って。
その理屈ならば桐山さんの言い訳がましい反省文など世間に通用しない。
桐山さんに宗教だの語る資格がないことになる。
そんな簡単なことも理解できないのか?と幼稚な指摘にはそれに見合ったわかりやすい
回答をした。
同時にクリン含さんの現在の態度について言及した。
私は罰が当たると思って宝塔を壊した。
罰が当たって死んでしまいたいと思った。
これも屈折した信仰心と言えなくもない。
一方クリン含さんはあれだけ教団、教祖、ご本尊様を辱める発言と態度で
よく怖くもなく平然としてますね。
罰なんて信じてもないし、そんな迷信を除いても、本尊と自分との
常なる対話という信仰心が稀薄なんではないかと指摘したのです。

53 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/19(水) 00:38:12 ID:xAj4fYlX
>>42 神も仏も名無しさん 2007/09/18(火) 22:47:06 ID:EJjhq067
> たしかに正論だけど、これを見た人はどう思うかな、ユビキタスさん。
>世の中、なんでもかんでも、論理が通ればOKって訳じゃないでしょ。

正論であることが第一だと思ってそこを強調して書いています。
困るのは安易な短文で給食費の話と混同されることです。
この弊を避ける為に私はいきおい長文になることも厭わない。
どうですか?上記の主張って、いくら幼稚な相手の幼稚な指摘に対するレスとは言え、そんなに幼稚ですか?
ちゃんと正論の論理があるのです。

54 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/19(水) 00:39:41 ID:6iiw1rlW
>>47の続き
シリーズ4回目の続き

6)2002年9月頃、阿含宗は阿含宗ニューヨークの土地管理を、
ニューヨークの顧問弁護士より、
州の法律の違うカリフォルニアに阿含宗のT顧問弁護士に
管理を移す事になった不審をニューヨーク弁護士が指摘。

*2000年11月に阿含宗が約3億円で
購入したニューヨーク土地を管理していた元ニューヨーク弁護士は
2002年にニューヨークに阿含宗業者のH谷川工務店のH谷川先生と
理事のA部M子さんに証言:

証言1:『阿含宗の口座が二つあり、一つはパーキングからの収入の口座。
(購入した土地はパーキングとして貸していて毎月6000ドル程の収入があった。)
もう一つはK斐F子の口座で、
日本からの送金はK斐F子の口座に振り込まれていたようだ。』


55 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/19(水) 00:40:42 ID:6iiw1rlW
証言2:本部経理のA職員は『不明な2億円はK斐職員の口座に送金した。』
2億円はニューヨークの護摩法要の経費では?と聞きかえしたところ、
A職員は『護摩法要とは別のお金』と暴露する。

7 )同じ時期の2002年9月頃、長年、阿含宗カリフォルニア支部会計顧問の吉村会計事務所を突如、解雇した不審。

証言3:吉村会計事務所の会計士は
『S崎が経理として働き始めてから、こちらから再三の領収書提出の要求にも拘らず
一枚もの領収書が送られてこない。』
後に
『阿含宗はもう吉村会計事務所は使用しないと突然の解雇をしてきた。
監査が入ったら阿含宗は危ない』と言っていた。



56 :神も仏も名無しさん :2007/09/19(水) 00:55:21 ID:fk4ZQQW5
ザのスレより

>>[30]拝み屋行者 07/09/17 10:39 7IGwM6Qk2M
星祭りの護摩に毒龍が懸かってるよ。そもそも桐山は四度加行すら入って無いのでは?なぜ大阿闍梨なの?

こんな質問があるのに、信者から答えはなく、すぐに
スレが落ちたのは何故だろう?

57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
擁護派VS批判派の果て無き戦いを終わらせる良い方法を教えてあげよう。

「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」

これだけでいい。
さすれば、批判派はそのうち書き込まなくなるだろう。

長い間このスレを傍観してきたが、
批判派の原動力は、擁護派の書き込みに対する反発から生まれていることがわかった。

つまり、擁護派が書き込めば書き込むほど、批判派にエネルギーを供給している。
批判派は、擁護派の書き込みを批判エネルギーに変えて燃え上がっているのだ。
ユビキタス君と私文書偽造君の書き込みを見れば、それは自明であろう。


燃料がなくなった飛行機はいずれ落ちる。


アーメン(-人ー)


58 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 05:00:44 ID:3heo+uXJ
米国の告発、W田を斬る 様
毎度情報提供ありがとうございます、 くれぐれも身辺には気を使われてください。

こんなゼニゲバ 教団を辞めたからといって な〜にが罰がありましょうか?
上座部仏教のタイですら 宣伝を伴い財産を寄進させる仏教モドキ
カルト団体が社会問題となっているようです。
人としての徳性のリミッターが外れた人モドキはどこの国にも存在するようです。
本当に欲の皮が突っ張った人間は救いようがありません。

>>56
> 星祭りの護摩に毒龍が懸かってるよ。そもそも桐山は四度加行すら入って無いのでは?なぜ大阿闍梨なの?

確かにタチの悪い霊的(識)な存在がうろちょろしているようですから
毒龍と表現するのは適切であろうと思われます。



59 :樹ゐ:2007/09/19(水) 05:07:32 ID:3heo+uXJ
>>57
> 「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」

教団としてはこの戦略ですね。
宗教のグレーゾーンに逃げ込んで、詐欺まがいのことをやり一切の批判には
答えない。

確かにこれ以上のものは無いでしょう。

信者さんたちは考えて欲しい、公人だの公的団体だのと吹くわりには
これだけ批判されながら教団広報部や教団としての
公式な反論は一切無いという事を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これがこの教団のインチキ詐欺まがいを雄弁に物語っている証拠では
ありませんか。





60 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/19(水) 07:25:04 ID:efSwyxg7
>>57
それは言えてるな。本当は擁護派の相手などしたくないし。

>「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」

出来るものならやってみなw

61 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/19(水) 08:16:50 ID:xAj4fYlX
>>57 神も仏も名無しさん 2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>擁護派VS批判派の果て無き戦いを終わらせる良い方法を教えてあげよう。
>「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」
>これだけでいい。

今頃そんなことに気付いたのか?と言いたい。
擁護側の誰も書き込まなくなっても、元信者だけの同窓会みたいに続けることは
可能なんだが、それだけではつまらない、批判側にとって批判を語る糸口として
擁護側信者の書き込みを失うことは大きな打撃であると私は昔から提唱してきたのです。
宗務局のネット議論禁止令を知らせてあげたのも批判側の慈悲です。
大昔からこれだけ忠告してきてあげたのに、それでも書いてくる擁護側がいるのが
現実なのです。
擁護側が書かないとスレ自体が廃れるのも事実です。
ザのスレでしつこく反論を試みてきた大王の使者さんがようやく悟ったのか退散
してからスレは暫く低迷をきわめた。
これを救ったのがよさんです。
最近また低迷の兆しを見せている。
星祭さんも空威勢だけで往年のガチガチ擁護もできなくなった。
だからまずはあなた自身が今後何があっても反応しないように、書き込まない
ように禁欲することが肝要ですね。

62 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/19(水) 09:01:55 ID:xAj4fYlX
>500 サクラショウリ 2007/09/13(木) 17:28:24 ID:OYjIMkv2
>福寿観音教会に限らず、密教の優れた僧侶達はお護摩の炎の中に
>霊体を祈りだしていますよ
>ですから桐山君の本に掲載されているムチリンダ竜王も、本物であり、
>なんら他の寺院に比べたって見劣りするものでもないし、むしろ他の寺院よりもすごいですよ。

あなたがいかに密教好きで、他の密教寺院の僧侶をも持ち上げようとも桐山さんは
これを受け入れないでしょう。
むしろ他の寺院といっしょにするなと怒るでしょう。
ましてや観音福寿協会などという無名の団体です。
由緒ある本山の名誉ある格式とか箔を付けるものでないと
桐山さんは喜びません。
桐山さんは真正仏舎利を本尊としてから偶像の仏は実在しないとしたのです。
不動明王なんてあんなカタチをしたのが宇宙に存在するわけがないとまで言った。
しかしそれまでに現れた阿含宗の現形の仏どもは、実在しない偶像が写った
などとはしないのです。
真正仏舎利以前から阿含宗にはいろいろな仏が集まる縁があったかのように示して
阿含宗の法が正しいからそれを証明する為に現れたのだとする。
だから他の教団にも現れては困るのです。
桐山さんは自分だけが正しくて他は全て偽物としたいのです。
そうでないと商売にならないのです。
だから他の教団に現れた写真などは単なるこじつけとするわけです。
しかし他教団の写真がこじつけであり阿含宗の写真だけがこじつけではない本物である
証拠などない。
桐山さんだけが「もしもし、私、ホトケなんですよ」という御霊示を聴いたと
いう自己申告の話を信じるか信じないかだけです。
そんな頼りのない根拠です。

63 :W田を斬る氏を応援:2007/09/19(水) 09:32:16 ID:zZdvPWj8
>>46:米国の告発、W田を斬る

凄い内容ですね!
米国のひどい出来事は結構知っていたけど、ここまで凄いとは
おもわなかった。細部にわたった告発楽しみにしてます!

64 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 12:32:52 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」
>さすれば、批判派はそのうち書き込まなくなるだろう。
>燃料がなくなった飛行機はいずれ落ちる。

どうぞ、やってみてください。
ネタをふってもらえないのは残念だが、
桐山さんの詐欺ネタは尽きることがないから、こちらは困りません。
また、あなたの提案にかかわらず、クリン含さんが書き込みをやめるとは思えない。
ここが彼にとって宗教麻薬だからです。
桐山ゲイカを見ても、彼はもう萌え〜ないのです。
57さんもこんな提案をしながらも、ずっとこのスレを読んで、
道場に行くたびに、アゴン宗が前のように輝いて見えなくなっている。
前は、桐山さんのオーラがまぶしかったのに、だんだんただの老人に見えて、
さらには欲ボケ老人のように見えるものだから、あわてて首をふっている。
57さんの飛行機はずいぶん低空飛行になりましたね。
でも、墜落はしません。
なぜなら、その飛行機は燃料どころか、飛行機そのものが妄想だからです。
あなたは最初から空なんか飛んでいないから、墜落の心配もない。

65 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 12:37:03 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>長い間このスレを傍観してきたが、
>批判派の原動力は、擁護派の書き込みに対する反発から生まれていることがわかった。

長い間スレを読んで、これがあなたの学んだこと??
告発さんがこれだけアゴン宗がお金について汚いことをしているのを
暴露している時に、批判が反発だけから生まれるのがわかった?!
告発さんが書いていることは擁護側への反発ではなく、
アゴン宗が為したことです。
批判側がいようがいまいが、擁護側がいようがいまいが、
関係なく、アゴン宗と桐山さんが為した犯罪行為です。
ムチャリンダがドラゴンでなくヘビであることは、
ヂミズさんが書いたことへの反発でわかったのではない。
最初からムチャリンダはヘビです。
盂蘭盆の嘘が暴露されたのはクリン含さんが書いたからではなく、
最初から盂蘭盆経の話は作り話であり、ウラボンが倒懸だなどというのは、
経典を読んだことがない者の無知の産物だからです。
アゴン宗の真正仏舎利が偽物なのは擁護側が煽ったからでもなく、
批判側が偽物にしたのでもなく、最初から偽物なのです。
三供養品に三福道がなく、仙尼経に異陰がないのは、
批判側も擁護側も関係なく、最初からそうなのです。
批判側が指摘しようがしまいが、擁護側が何をどう言おうが、
アゴン宗が嘘でできた詐欺宗教であることには変わりない。

66 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 12:43:13 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>批判派の原動力は、擁護派の書き込みに対する反発から生まれていることがわかった。

あなたの目は批判側や擁護側にしか向かない。
けっして桐山さんには向かない。
自分でもおかしいとは思わないか。
これだけ桐山さんの悪行の数々が暴露され、彼の作ったアゴン宗が
嘘と金で腐りきっていることを示されても、あなたは目を向けず、
「桐山ゲイカ以外」の批判側や擁護側にしか目が向かない。
まるで、オウム信者の目が麻原彰晃を捕まえた警察にだけ行き、
麻原がなにを為したかを完全無視するようなものです。
このスレを長く読んでいるのなら、私が何度かあなたのような症状を
指摘したのを覚えていないか。
信者とは、決して現実の桐山さんを見ようとせず、
「桐山ゲイカ以外」にのみ批判の目を向けるようにシツケされている。
独裁者が自分の失態や国内問題から国民の目をそらすために、
「外国が攻めてくる」と外に目をむけさせるのと同じ手法です。

67 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 12:46:51 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>批判派の原動力は、擁護派の書き込みに対する反発から生まれていることがわかった。

信者さんたちも、「桐山ゲイカを見ていない」と言われて、「まさか」と思うでしょう。
正確には「現実の桐山ゲイカを見ないで、妄想の桐山ゲイカを見ている」です。
信者さんたちは“聖者・桐山ゲイカ”という妄想だけを見ている。
だが、法話や教義と現実の桐山さんを比較すれば、成り立たないことは明らかです。
そもそも因縁切りが成り立っていない。
因縁切りはアゴン宗の根本教義、最大のウリです。
桐山さんは因縁を完全解脱したと宣言したのですよ。
脳梗塞の桐山さんのどこが因縁が切れているのか。
小学生でも桐山さんの脳梗塞が教義と矛盾することに気が付く。
だが、信者さんたちはこんな簡単な矛盾を目の前にして矛盾とは感じていない。
だから、信者さんたちは「桐山ゲイカを見ていない」のです。

68 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 12:52:08 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>批判派の原動力は、擁護派の書き込みに対する反発から生まれていることがわかった。

「桐山ゲイカを見ていない」だけに留まらないのが57さんの事例です。
桐山さんを見ないために、他の、関係ない人たちを見る癖がついている。
批判側がどんな理由で書いているかなど、この人には関係がない。
57さんが見なければならないのは、批判側の書いた内容です。
告発さんが書いたアゴン宗の金銭実態を見なければならない。
しかし、桐山批判を避けるために、無意識に目をそらし、
「桐山ゲイカ以外」に目を向けるようにシツケられ、
そのように反応するように自分でも訓練する。
その成果が上記の反応です。
長い間スレを見ていても、自己洗脳から抜けられないのです。

69 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 12:55:58 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>批判派の原動力は、擁護派の書き込みに対する反発から生まれていることがわかった。

桐山さんは信者に被害者意識を煽り、外に批判の目を向けるようにシツケをする。
たとえば、アウシュビッツ護摩を真言宗の坊さんが妨害したと教えた。
だが、ポーランドのテレビで放送された事実とは違います。
ネットにちゃんと残っていて、私が前に全文を訳したのを載せた。
ポーランド政府はアウシュビッツ博物館の副館長に、アゴン宗は
金銭的な面で問題があるから気を付けるようと警告したのであり、
一般市民も、アゴン宗が銀行も通さずに10万ドルも寄付したことに
疑念を表明していた。
金銭的な疑惑を持たれたのはアゴン宗であって、
手紙を出した真言宗の坊さんの問題ではありません。
桐山さんは「つぶされそうになった」などと被害者意識でいっぱいだったが、
実際に銀行も通さずに10万ドルを寄付して、金銭疑惑を招いたのはアゴン宗です。
桐山さんが為したことに疑惑が持たれたのであって、他人がしたのではない。
ところが、信者さんたちはこういう事実を知らない。

70 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 12:59:23 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>批判派の原動力は、擁護派の書き込みに対する反発から生まれていることがわかった。

信者はアゴン宗からの一方的な情報を信じて、テレビ放送も
アゴン宗に都合の良い部分しか流していないのでしょう。
テレビ放送を和訳してみようなんて信者は誰もおらず、
桐山さんの話を一方的に聞いて信じている。
金銭疑惑という身から出た錆が原因であることを信者は誰も知らず、
まるで、商売仇の真言宗の坊主が邪魔したかのように信じている。
信者の非難の目が真言宗の坊さんという外に向うばかりで、
本当の犯人である桐山さんには向かない。
繰り返すが、アウシュビッツがもめた最大の理由はアゴン宗の金銭疑惑なのです。
金銭疑惑とは他人がなしたことがなく、アゴン宗がなしたことです。
こういう現実を無視して、信者さんたちは真言宗の坊さんに憎悪を
向けていませんでしたか。
桐山さんのいう真言宗の坊さんなんて実在するかどうかすらわからないのですよ。

71 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:01:22 ID:cUjIPncX
私の書いた>>57に対する書き込みを見てみよ、擁護派の諸君。
私の言ったとおりだろう。
敢えて私は、批判派の燃料になるように意図的に書き込んだら、見事に批判エネルギーに変えて書き込んでくれた。

彼らの原動力は、桐山氏への憎悪だけではなく、擁護派に対する憎悪からも生まれている。
擁護派の諸君には、それに気づいていただきたい。


批判派は、どんな書き込みでも阿含宗批判に展開できる技術を持っている。
なので、擁護派の諸君がいくら弁護しても、彼ら批判派にはもう通じない。
これ以上無駄な議論はもう止めよ。



擁護派と批判派の果て無き戦いに終止符が打たれる日を祈って...
さらば。アーメン(-人ー)

72 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:06:31 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」

告発さんの内容を読んでみればわかるように、アウシュビッツだけでなく、
アゴン宗は常に裏で様々なお金が流れているのがわかる。
後ろ暗いお金だから、職員の一部がこれを私利私欲に使っても、
追求が難しいし、うっかり公に追求したら、他の悪事がばれてしまう。
なぜなら、これだけの金を動かせるのは桐山さんの側近中の側近でなければできない。
下っ端だった職員が単独でできることではない。
裏でこれだけのことをしている人物がなんで今でも事実上の
最高権力者でいられるか、信者さんたちは不思議に思わないか。
アウシュビッツはじめ様々な金銭的な裏工作を一番知り尽くしているのが
彼女だからです。
心臓にガンができたようなもので(実際はできない)、
ガンを取り除けば心臓も止まってしまう。
彼女を敵にすれば、桐山さんは致命傷を負う。
弱みを完全に握られているから、排除できない。
しかも堤一族は彼女の牧場経営能力を高く評価している。
面倒で手の汚れる宗教家畜の飼育や、気むずかしい老人の世話は彼女に任せて、
オーナーとしての収入を確保して、宗教貴族を満喫したい。
彼女もそれを知っているから、やりたい放題です。
こういうドロドロの欲望でできた教団の信者が宗教家畜でないなら、
なんと言えばいいのですか。

73 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/19(水) 13:09:14 ID:xAj4fYlX
>>71
なんだ?だらしない奴だな。
早速自分が欲が抑えられず書いてきたか?

74 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:13:49 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」
>>71 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:01:22 ID:cUjIPncX
>これ以上無駄な議論はもう止めよ。

57さんが一つの答えを書いている。
批判に対してなんら反論できないから、無視するしかないと認めているのです。
議論ではアゴン宗が完敗であることを信者が認めたのです。
これは57さんだけではなく、教学を教えているくらいの職員や先達が来ても同じです。
アゴン宗の教義は矛盾と嘘で出来ているから、議論しても勝ち目はない。
無視する以外、手がないのです。
しかし、それは批判側が議論に優れているからではない。
アゴン宗が嘘デタラメだからです。

75 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:17:56 ID:XGzRlQZW
>>71 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:01:22 ID:cUjIPncX
>批判派は、どんな書き込みでも阿含宗批判に展開できる技術を持っている

ほら、信者さんたちも71さんの反応を見てください。
相変わらず、桐山さんを見ようとせずに、批判側に原因を求めている。
桐山さんにシツケられ、自己洗脳が抜けないのです。
批判側が優れているのではなく、アゴン宗が嘘だらけだから、
素人でも簡単に批判ができるのです。
その証人の一つがユビキタスさんです。
信者時代と今と知能が変わったはずはない。
だが、アゴン宗を擁護しようとしてできなかったが、批判は圧勝です。
批判側が議論に長けているからではなく、
アゴン宗の教義が嘘や妄想でできているからです。
現実を指し示されると、アゴン宗はナメクジに塩をかけたみたいになる。
批判側はただ塩という現実をアゴン宗にパラパラとかけているだけです。
だから、誰がかけても結果は同じです。
信者さんたちこの結末を情けないと思わないか。
桐山ゲイカは仏陀の智慧を持ち、アゴン宗は完全仏教だという。
「絶対に勝つ」と勝利宣言を繰り返しているのに、
反論一つできないから、無視するしかないというのです。

76 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 13:22:53 ID:XGzRlQZW
>>57 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 01:16:14 ID:cUjIPncX
>「擁護派は今後一切、何を書かれても無視を貫く」

信者さんたちは、告発さんの暴露内容やアウシュビッツ一つをとっても、
アゴン宗の御都合情報しか知らなかったことに気が付きませんか。
57さんのように、何をどう示されても、目にバネがついているみたいに、
現実の桐山さんに目が向かない人はどうでもいい。
長い間読んでも、嘘に超鈍感で、何も感じない信者はいる。
だが、他の信者さんたちは57さんを他山の石、反面教師にして、
自分もまた目が現実の桐山さんに向いていないのではないかと疑うことです。
無視ではなく、告発さんの書いた内容をしっかりと読んで、
現実のアゴン宗が何をしているか、あなたが仏様への供養だと
信じて出したお金が何に使われたか、自分の目でみることです。

77 :ベレムベア:2007/09/19(水) 14:30:59 ID:8b+Y6RFt
アゴンの信仰を長年続けていれば、おかしなこと疑問に思うことが氷山の一角として
何回も顔を出すはずです。
まともな感覚が、少しでも残っていれば、やはりおかしいなという気持ちが膨らんで
きませんか?
まじめに活動に参加していれば、必ずそのようなことに何回も遭遇するはずです。
そのたびに自分は、修行仲間、先達、職員に、質問したり、抗議したりしてきました。
たいていは、タブー視して、無視されるか、納得のいかない返事が返ってくるだけです。
批判本も出版されていましたが、見るなという指示が桐yさんから下っていた。
自分は、そうするうちに信者として孤立していったのです。
当時はまだネットでの論争は禁止されていても、閲覧は禁止されていませんでしたし、
2チャンのことも知りませんでした。
自分なりに、回答を求めて、このスレにたどり着いたのです。
信者の立場であっても、まじめに信仰して、追求心があれば自ずとそうなると思いますが。


78 :ベレムベア:2007/09/19(水) 14:31:48 ID:8b+Y6RFt
別な見方からすれば、今アゴンは、ネットのスレ閲覧を禁止しているかもしれないから、
まじめな信者さんは、ここに閲覧しに来ないかもしれないですね。
少し残念ですが、そのような自由まで、アゴン側は信者さんたちの心を縛れないはずです。
しかし、
それを考慮にいれると、ここに論争を挑んできている擁護派の信者さんたちは、
信者失格ということになりませんか?
しかも、言葉や文章がとても汚い。とても宗教を信仰している人には思えないし、
自分の現役信者時代には、考えられないことです。
人の心を平気で傷つけるタイプだと思います。
まじめに信仰している信者さんが知ったら、ショックを受け失望するでしょうね。
自分はここのスレをの閲覧をし始めたころは、まだ信者でしたが、
退会手続きを済ませてくるまでは、絶対にカキコなどしませんでしたよ。
それが、鉄則だと思っておりました。


79 :ベレムベア:2007/09/19(水) 14:33:37 ID:8b+Y6RFt
こういう言い方は、失礼かもしれませんが、自分は、このスレに半分、アゴン元信者の
同窓会に来たつもりでもいるのです。
個人的な、打ち明け話など、大いに結構だと思いますが…
個人情報が、あまり漏れない範囲でね。
少しぐらい論点が曖昧になっても余談になってもいいのではありませんか。
適当なアソビと潤滑油は必要だと思いますが。
アラシは、御免ですけどね。
誤解を招くようでしたら、すみません。なんせ、議論は苦手なもので…


80 :日本棋院HPより:2007/09/19(水) 15:26:22 ID:ggXB5F2x
http://www.nihonkiin.or.jp/match/2007/09/14_3.html
阿含・桐山杯第14期全日本早碁オープン戦、決勝戦の模様を大盤解説します。囲碁の奥深さ、醍醐味をお楽しみください。

張 栩 阿含・桐山杯 VS 趙 治勲十段

◎日 時
 平成19年10月20日(土) 午後2時から

◎会 場
 阿含宗本山総本殿・釈迦山大菩提寺(京都市山科区北花山大峰)


81 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/19(水) 15:27:09 ID:efSwyxg7
>>71(ID:cUjIPncX = >>57
なんと屁理屈言おうと、57で言ったことを自ら破った堪え性のない香具師。

('A`)9mプギャー

82 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/19(水) 15:31:36 ID:efSwyxg7
>>71は、要するにこういう事。

 釣り師 ↓ (ID:cUjIPncX)    
.           /| ←竿
     ○  /  |
.    (Vヽ/    |
    <>     |
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,__|_________
             |
   餌(>>57)→.§ >゚++< 〜
   


          ,〜〜〜〜〜〜 、
|\     ( 釣れたよ〜・・・)
|  \    `〜〜〜v〜〜〜´
し   \
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,  ヽ○ノ
          ~~~~~|~~~~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ト>゚++<
              ノ)

83 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/19(水) 15:52:29 ID:xAj4fYlX
>>79 ベレムベア 2007/09/19(水) 14:33:37 ID:8b+Y6RFt
>こういう言い方は、失礼かもしれませんが、自分は、このスレに半分、アゴン元信者の
>同窓会に来たつもりでもいるのです。
>個人的な、打ち明け話など、大いに結構だと思いますが…

いえ、失礼ではありませんし、同窓会のような打ち明け話の機会に私も大いに
結構だと思います。
むしろ誤解を与える発言をしたことに私がお詫びしなければならないでしょう。
先に元信者の同窓会のようになるだけではつまらないと書きましたが、
「だけでは」と書いてあるように、同窓会を否定するものではありません。
いよいよ本当に擁護側の現役信者さんが来なくなったら我々元信者だけで
のんびりと意見交換をしたり、時にはスレからも少し逸脱した四方山話もOKだと思っています。
それは擁護側信者の去らない今現在でもそういう書き込みがあってよい。
議論ばかりが全てでなく、かつてはヌマエビさんが一切議論には応じず
論文集を残してくれた。他スレにダイジェスト版として保存されている。
出版してやりたいほどよい出来です。
そして今でも告発さんが貴重な情報を寄せてくれている。
私は議論から始まったので、つい議論モードを自分の活性化に役立ててもしまった
だけです。
同窓会となると、私なんかは信者歴が長いというだけで、私文書さんや七氏さん
ほど熱心に修行に励んだわけでもないので、正直引け目を感じてしまうだけです。

84 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 18:01:45 ID:NHzot+3o
「スバ経」『原始仏典』春秋社、451ページ

また、修行者・バラモンたちのなかには信者からの布施を受けながら、次のような 賭博遊戯、すなわち八目
碁、十目碁、無目碁、石蹴り、駒抜き、サイコロ投げ、棒撃ち、手形当て、球遊び、 草笛、鍬遊び、ブランコ遊び、
〔ヤシの葉で作った〕風車遊び、物差遊び、車遊び、弓遊び、文字当て、考え当て、 身体障害者のまね遊びのような賭
博遊戯に専心しているものがある。しかしかれはそれらのどの賭博遊戯からも離れて いる。これがかれの戒律の一つである。

85 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 18:07:54 ID:NHzot+3o
>>80 :日本棋院HPより:2007/09/19(水) 15:26:22 ID:ggXB5F2x
>阿含・桐山杯第14期全日本早碁オープン戦、決勝戦の模様を大盤解説します。囲碁 の奥深さ、醍醐味をお楽しみください。

>>84にあるように、阿含経では出家が囲碁や将棋などすることは禁止されている。
アゴン宗では阿含経を護持するなどといいながら、教祖自ら囲碁を楽しむ。
1500万円の囲碁盤を雑誌のインタビューで自慢していた。
だが、経典にあるように「囲碁をするブッダ」なんてありえない。
名誉教授をもらって大喜びするブッダ、囲碁をするブッダなんて
仏教から見たらお笑いブッダです。
仏教文明を中心とすることが、映画に演劇に囲碁???
信者さんたちはこういう桐山さんをなんかおかしいとは思わないのですか。
焚き火と囲碁で世界が平和になるという桐山さんの頭はもう十分に平和です。
こういうのを金持ちの老後の楽しみというのです。
信者さんたちは仏様に供養したつもりで金を出しているのだろうが、
その金は年寄りの趣味である囲碁や、告発さん(>>55)の書いているようなことに
浪費されているにすぎない。

86 :ベレムベア:2007/09/19(水) 19:33:00 ID:8b+Y6RFt
阿含・桐山杯第14期全日本早碁オープン戦なんて…
それで…
阿含宗本山総本殿・釈迦山大菩提寺(京都市山科区北花山大峰)
            ↑
ここで、一度でも例祭が、行われたことがあるのですか?
そんなこともないのに、毎年毎年、囲碁大会なんて、なに考えているのですか?
と、信者時代に事務所のカウンターごしに道場に貼られた広告を指差しながら
職員さんに抗議したことがあります。


87 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 20:21:43 ID:eFO/A+We
ほんとだね〜
桐山とその一味は何を考えているのか?
信者に対して恥ずかしいと
思う気持ちが全然無いんだよ
結局、自分のことしか考えてないんだな

88 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/19(水) 21:54:04 ID:efSwyxg7
>>86
さて。私が会員だったら「○○」と答えるところだが。

+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +

89 :神も仏も名無しさん:2007/09/19(水) 23:34:49 ID:TlgeQUEx
>>41 >>48 >>65
1)『盂蘭盆経讃述』「盂蘭盆は,すなわち成食の器なり。…  盆内にありて仏に奉じ僧に施し,
  もって倒懸の苦を救う。故に盆というなり」
2)玄応『一切経音義』「盂蘭盆…この訳を倒懸と云う。…旧く盂蘭盆はこれ貯食の器と云う。
  この言、誤りなり」
3)『盂蘭盆経疏』「著盆中者。譯經訛錯。如何床等可置盆中。應云著盂蘭盆供會之中也。」
  >盆の中につける、というのは誤訳だ。どうして床(食器を載せる小さな卓子のことか)などを
  >盆の中に置けるだろうか。盂蘭盆供養法会の中でつけると言うべきだ。

1)は盆器説、2)3)は盆器説ではなくなっている。また3つとも「倒懸」という言葉が出てくる
が、1)の7世紀頃には既に「倒懸の苦を救う」と理解していたようだ。
3)が後世への影響が大きいので、この盂蘭盆供養会説が流布したのだろう。
ちなみに盂蘭盆には他に、avalambanaの俗語形olambana(懸かる、垂下する)を語源とする説もある。

「倒懸」ということは、『日本の仏教』岩波新書に『マハーバーラタ』に出てくる倒懸の様子を描写
している。また、『ペルシア文化渡来考』によれば『アルダー・ウィーラーブの書』(中核の成立は
6世紀初め頃。現在の形になったのはイスラム時代)には、他界で悪人が受ける罰の描写に、さかさ
に吊るされる苦を受ける場面がしばしば出てくる、という。だが、いずれも餓鬼道の描写ではない
し、救済の対象としても描かれていない。

「盆器に盛った供物」とはどのようなものか、を見るには、中央アジアの「ベゼクリク」などの千仏洞
に残っていた壁画に、仏菩薩に対して、ひざまずき、あるいは片膝ついて、両手で盆器にのせた供物
を捧げ持つ絵があるが、シルクロード関連の写真集で見れば、どういう様子で供物を捧げていたかが分かる。

まとめ   倒懸を救済する、ということはかなり早い段階から考えられていた。しかし、『盂蘭盆
経』本文を読む限り、盆器説を採用せざるを得ない。本文では、食べようとする食物が、燃えてしま
って食べられず、やせ細っている、という餓鬼の姿の描写だけだ。さかさ吊り(倒懸)にされた祖霊
を救済するというのは、本文にはまったく見られない。餓鬼道の姿としても倒懸というのは異様だ。

90 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 04:28:05 ID:dvKD0AyP
>>85
>1500万円の囲碁盤を雑誌のインタビューで自慢していた

1500万円の囲碁盤なんてあるのですか? くわしく教えてくださると幸いです。

91 :樹ゐ:2007/09/20(木) 05:14:42 ID:pgMgfeO3
>>86
> 阿含・桐山杯第14期全日本早碁オープン戦なんて…

これって囲碁のところを ゴルフに変えてもいけますね。・・・
いっそのことゴルフ場と囲碁と山節or蜜教修行ごっこをやれる施設を
愚問時蓮脳塾と銘打った レジャー施設を経営するのはどうでしょう。
(実際は宗教施設ということで認可を取ったのでしょうから 
 まぁ ゲイカの感覚からいくと そこから少しはみ出る程度なのでしょうが。 ( ^^ )

私は ゲイカは宗教風興行師だと思っていますから、興行をするのは
ここの生業ということで自然なことだと思っています、
信者さんもこういったものが好きな方がいるでしょうしね。

でもまぁ、レジャー施設を宗教施設のカテゴリで運営できるなら
税金も優遇されるし、うまいやり方だと思います。


92 :樹ゐ:2007/09/20(木) 05:42:28 ID:pgMgfeO3
>>91
> >>86
> > 阿含・桐山杯第14期全日本早碁オープン戦なんて…

> でもまぁ、レジャー施設を宗教施設のカテゴリで運営できるなら
> 税金も優遇されるし、うまいやり方だと思います。

自レス
ずっと以前から ゲイカはダテに臭い飯を食ったわけではなく、お縄に触れないよう
信者さんから摂る金額は 一回10万程度にして、そのバランス感覚は絶妙であると
書いてきましたが よく観察するなら興行するのでもそのバランス感覚はしっかり
生かされているわけです。 
痛い思いをした分 しっかり線が引かれています。
(オウムや法の華なんぞはこの感覚が無いために 欲にまかせて高額なものを
ぼったくった為に今の体たらくがある ) 

つまり、宗教施設として認可をとったものに対してどの程度であれば 一般事業認定
されないか、無理がないか それでいて信者を飽きさせない興行を打つ。
まぁ ゲイカほどの啖呵売を使える 後釜を見つけるのは大変だと思われます。
確かに 別な意味でゲイカは 点際です。




93 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/20(木) 08:26:13 ID:4oim6w4G
>569 Klingo〜n 2007/09/14(金) 12:35:54 ID:mgL5/jBz
>盂蘭盆『ウィキペディア(Wikipedia)』
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%82%E8%98%AD%E7%9B%86

やや脱線気味ですが、このウィキペディア事典の表現も誤解を与えかねないですね。
少しわかりにくいのが、ウルヴァン説を出してサンスクリットの語源を考えると
可能性が高いと書いてあるが、これはサンスクリットのルーツをイラン語に求め
られるから、ウルヴァン説の可能性が高いと言っているのか、ウルヴァン説もあるが
これはイラン語であり、サンスクリットを語源とするウランバナ(倒懸)の説の方が可能性が高いと
評しているのか、どちらなのかわかりにくい嫌いがある。
ウィキペディア事典に盂蘭盆の語源について言及するのは当然で必須のことで
ありますが、その判定まで私見を交えているかに見えるのはいかがなものかと
思います。
もっともこの人はその後、盂蘭盆経はインドで作られたのではなく中国産で偽経
であることも明記していますが。
ウランバナを紹介するのに烏藍婆那という音写をも提示するのも誤解を与える。
ウランバナが倒懸という意味であることを示すのは必須だが、盂蘭盆経に使われて
いるわけでもない烏藍婆那などの漢語まで出すことに何の意味があるのか?
他の文献でウランバナは中国では烏藍婆那と音写されているという盂蘭盆経を
離れた用語解説をしているだけで、まるで盂蘭盆経の盂蘭盆
の異訳として烏藍婆那経もあるかのような誤解を与える。
しかしもともとサンスクリットのウランバナ経など無いのだし、中国産の盂蘭盆経に
盂蘭盆と書かれた経典と烏藍婆那と書かれた経典の2種あるなんて話は聞いたことがない。
それならば赤松論文もそれを無視できぬはずである。

94 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/20(木) 08:40:47 ID:4oim6w4G
ちなみに桐山さんならば得意の経典捏造をやってしまいかねない。
仏説烏藍婆那経なんて偽造しかねない。
百味の飲食を盂蘭盆に盛ってなどと経典を紹介するとまずいから、百味の飲食を
烏藍婆那法会の席上に盛ってなどと勝手に語句を付加したりしかねないですね。
根拠はわかりやすく補っただの「一書に烏藍婆那とあり」とか添えて。

95 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/20(木) 08:51:05 ID:4oim6w4G
それができないのは、盂蘭盆という言葉が世間に浸透してしまっているからですね。
だからこれに便乗して正統な仏教行事と思わせるしかない。
一方阿含経三供養品の三善根なんて世間に普及もしてないから平気で三福道などに捏造した。

96 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 09:03:54 ID:SvbBdVMk
ふ〜ん、追善供養なんていうのが、出てきたのか。
解脱供養だけでは、足りないのかな?って不安に思った信者さん いるんじゃない?
お金取りすぎ〜。
昔 桐山さんは「仏教の教えは、どんな人にもわかりやすくシンプルでなければ 意味がない」
「誰が聞いても ただちに納得できるものであるべき」みたいに言ってた記憶がある。
なんか 教義もずいぶん難しいというか、わかりにくいというか
難しい内容を押しつけられて、煙に巻かれている状態になってない?


97 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/20(木) 09:13:24 ID:z+p/oLZP
>>90
うろ覚えで詳しくはないが、「男子専科」という男性向けファッション誌があって、
それに桐山の取材記事(?今となっては確かめられんが広告かも)が数ページに
わたって載り、それにあった。一宗の浣腸にもなると、そのぐらいの物を所有して
いないと格好がつかんのだとよ。おまいなんかの本か呆話で「宗教家が貧乏でも
恥ずかしいことではない」とか言ってなかったか?
他にもタチとディナーしてる写真とかも載ってたな。

「男子専科」は廃刊になったのだろうか?検索しても古書しか出てこないが・・・。

98 :ベレムベア:2007/09/20(木) 09:32:29 ID:zOaMMf/F
>>90
>1500万円の囲碁盤なんてあるのですか? くわしく教えてくださると幸いです。

男のファッション&ハンサム・ライフ・マガジン
『DANSEN』
男子専科
1987
JULY
No.280
昭和62年 7月 1日発行
つまり、 “男子専科 7月号” ですね。
掲載された記事は、94頁〜97頁
タイトルは、
『26 VIP IN VIEW
宗教の原点のすがたを
 多くの人にしらせたい』
囲碁盤の写真と説明が、95頁下半分に載っています。
写真は二枚 
[縦×横 2.7cm×4p弱 の写真](碁盤と碁石だけの写真)
↑数百年以上経った榧から運よくとれる
という天地征の碁盤、1500万円也。碁石
は本蛤と那智石でこちらも貴重なもの。

→「普段は気がねなくもっと安い碁盤で  [縦×横 8.3p弱×5.35cm の写真]
打ってますけどね。これは、年に何回か  (桐yさんが、白い歯を見せニコニコしながら
しか使わないとっておきの碁盤ですよ」   左手に囲碁の書物らしきものを持って、
                     一人で囲碁を打っている写真)



ということでした。どういうわけか、まだ雑誌が手元に残ってました。


99 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/20(木) 09:42:04 ID:z+p/oLZP
>>98
買ったのですか!で、それはちゃんとした取材記事ですか?広告ですか?

100 :ベレムベア:2007/09/20(木) 09:46:20 ID:zOaMMf/F
>>99
当時の例祭御法話で、桐yさんが宣伝してましたから、買いました。
ちゃんとした取材記事ですね。
だって、
 “26 VIP IN VIEW”
とタイトルにありますから…
おそらくシリーズものでしょう。

101 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 09:53:50 ID:QhQ+AbLl
久々に見に来たが、供養はふえてるんだねえw
昔のメニュー

入会のコース
修行会員 黒い宝塔で千座行
信徒会員 准提観音の前で任意の勤行

供養
解脱供養 1体10万円(一人に1−2体はいるから、出したほうがよいと言われた)
先祖供養 1回10万円(千座行で成仏するから、しなくてもよい)
水子供養 1回10万円(先達に一回はしておきなさいと言われた)
特別祈願 1回10万円(本人の任意。)

解脱供養、水子供養、先祖供養3回で破地獄光明如意曼荼羅 1幅

特別祈願3回で法施として
金襴袈裟
塗香入れ
数珠
のどれか一つを授与(持ってる人は少なかった)

総本山の瓦の寄進
10万円で火龍、金龍の写真
20万円で三身の如来写真

この2−3年後から護摩木の勧進の煽りが
始まったような。最初は独鈷杵の袈裟につけるバッジだった。
いまから考えると、アゴンは?なところだったが
特に変質したのは86年から。



102 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/20(木) 09:53:58 ID:z+p/oLZP
>>100
そうでしたか。ありがとうございます。
もう雑誌や新聞に載るのは広告か取材か確かめないと気が済まなくて。



ちなみに
>>97「>一宗の浣腸にもなると、そのぐらいの物を所有していないと格好がつかんのだ」
は、呆話で聞いた事です。

103 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 09:58:14 ID:QhQ+AbLl
>>102
当時は例祭で浣腸がベンツに乗ってるのを
指摘されてましたね。

一宗の浣腸だから乗ってもよいと、言い訳してました。

104 :ベレムベア:2007/09/20(木) 10:07:54 ID:zOaMMf/F
男子専科 昭和62年の7月号
表紙は、タレント  “郷ひろみ” の上半身のモノクロ写真です。
[ザ・カバー・スペシャル]
“郷ひろみ・31歳の夏。”
なんて書いてあります。

95頁の取材記事から、
 ・・・
  現在でも超ハードスケジュールをこなした
 あと深夜の 2時 3時までは執筆作業に専念す
 る毎日。そんなとき精神を開放するためにも
ち出すのが囲碁だ。
 「楽しみに打っているだけですけどね。いま日
 本棋院の名誉七段なんです。日本に15、16人
 しかいないんですよ。で、名誉七段になりま
 すと笑われちゃいけないっていうんで、榧(かや)の
 天地柾の碁盤を手に入れまして。榧は打った
 感触がやわらかくて音がいいんですよ。こう、
 品位があるんですよね」
  碁を折っているときの桐山氏には、管長の  (←折はママ)
 表情とはまた違った穏やかな笑みを浮かべて
 いる。
・・・


105 :ベレムベア:2007/09/20(木) 10:13:37 ID:zOaMMf/F
>>103
あるとき、
関西総本部の駐車場へ行くとダークグリーンの初代日産シーマが置いてありました。
この車は、かつて冥徳祭に行った時、総本殿の境内地に誇らしげに置いてあったのを
思い出しました。生産中止から10年は経っているが、それが少なくとも外見は、
新車のように恐ろしく綺麗にレストアされていました。
今、ゲイカはシーマにお乗りか。しかし、レベルを下げられたな、どうして…
と思いました。
それが、関西総本部駐車場で再び見たときは、左フロントフェンダーからボンネット
にかけて2、3ヶ所へこんでいました。石でも投げつけられなければ、こうはならない。
噂には、聞いていましたが、
ゲイカは、やはりそれなりに恨まれているのだなと思いました。
しかし、今思い返してみるに、ベンツから日産シーマとは、あの時すでに、
時の人であったカルロス・Gさんの権勢にでもあやかりたかったのかなと思いました。
だとしたら、なんとも情けないはなしです。Gさんが知ったら困惑するでしょうね。
 「さあ…、私は宗教家ではないですから…」
とか言うのではないでしょうか。
そういえば、総本殿の境内で使われているアゴン関係の車は、日産系のようでした。


106 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 11:49:40 ID:SvbBdVMk
宗教家が1500万円の将棋盤の自慢して、どうすんの?
信者の人も、こういうところから、桐山さんの人間性を疑った方がいいよ。
桐山さんだって、若造じゃないでしょ?
一般常識では、こういう自慢をする人は普通嫌われるのが、当たり前。
「その金、どこから出たのさ?」ぐらい疑問に思いなさいよ。
管長猊下の つまらない自慢に疑問をもたないで信じてしまっている信者さん。
疑問をもたない自分に疑問を持った方がいい。
おそらく、心の中で(何かおかしい)と思っている人も本当はいるでしょう?
その(何かおかしい)と思う気持ちの方が、正しい感じ方だよ。

107 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:19:55 ID:s5lZ0OhU
ザ32章から部分転載
>[119]サクラショウリ 07/09/20 09:07 92BAvyX1/x
>あれから何年か経って、その間阿含宗が仏道教団として須陀恒を輩出してきたことは、一応の満足感を持って回顧されておられるだろうということ。それ以外に私が記述すべきことは何も無いのだ。

アゴン宗でシュダオンだと公式に認められた人はいません。
だから、アゴン宗の信者にだれがシュダオンかと聞いても、
噂はあっても、具体的な人を指摘することはできません。
これでシュダオンを輩出したなどと言っても、説得力ない。
まるで「うちの高校は東大合格者を輩出してきた」というのに、
具体的に誰が合格者なのか誰も知らないようなものです。
また、言うまでもなく、ヂミズさんをシュダオンやアナゴンなどとは
アゴン宗はただの一度も認めたことはありません。

108 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:22:23 ID:s5lZ0OhU
>[119]サクラショウリ 07/09/20 09:07 92BAvyX1/x
>政木和三博士がその昔、スプーン曲げを認めたように、桐山君の霊的パワーを認めなければならない。

政木さんと桐山さんは関係ありません。
彼が桐山さんの超能力を擁護したなんて聞いたこともない。
どうして、擁護側は死者が口をきけないのをいいことに勝手な発言を捏造するのだ?
仮にユリゲラーの超能力が本物であると証明されても、
桐山さんなど他の自称超能力者たちが本物だという根拠にはならない。
両者はまったく関係ない。
ヂミズさんの店は本物の千葉県産落花生を千葉県産として売っているからといって、
他の店が本物を売っていることの証拠にはならないのと同じです。

109 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:24:56 ID:s5lZ0OhU
>[120]サクラショウリ 07/09/20 09:41 92BAvyX1/x
>だから童子の姿だったのである。

テーマから外れると思ったから、あえて指摘しなかったが、
梵天勧請の梵天が童子の姿だったとは、どこに書いてあるのですか。
相応部と律蔵にこの話は出てくるが、そのどちらの記述にも、
梵天がどのような姿で現れたかなんて書いていない。
釈尊の前に現れて、右の膝を地につけ、合掌したとあるだけです。
ヒンドゥーのブラフマンとしてはむしろ白髪の老人の姿で表される。
童子だという根拠なり、経典なりを示してください。
・・・まさか、ヂミズさんの記憶で書いているのではありませんよね?

110 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:30:39 ID:s5lZ0OhU
>[120]サクラショウリ 07/09/20 09:41 92BAvyX1/x
>そこで、釈迦成道のおり現れたムチャリンダ竜王の事を考えると、嵐から釈迦を守るため神通力を使い気象を操る必要があった。だから気象を操る姿で現れたのである。だから竜神の姿で現れた。これで、一巻の終わりである。
>そう、名無し君は、おわり。彼は阿呆。

経典のムチャリンダは気象を操ってはいません。
釈尊の身体に巻き付いて、暴風雨から守ったとある。
身体に巻き付くくらいだから、太っ腹のドラゴンではだめで、
ヘビのように胴体が長くないと無理です。
何度も書いているが、インドには古代から現代までドラゴンはいません。
ナーガ(龍王)とは、ヘビのような長い動物を神格化したものです。
ところで、ヂミズさん、前にあなたは上記とまったく同じ事を書いて、
私からまったく同じ反論を受けたのをもう忘れたらしい。
天耳通を獲得して耳が遠くなったのですか。
これではどちらが「一巻の終わり」「おわり」「阿呆」なのでしょう。
まだ五十代なのに、記憶力がかなり減退しているようだ。
というよりも、ヂミズさんはヂミズ説をひたすら繰り返すことで、
相手の反論を完全無視して、記憶から消しているからです。
その癖を今の内に直さないと、口うるさいだけで、嫌な性格の、
鼻つまみの年寄りになってしまいますよ。

111 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:33:51 ID:zwyUtSxn
>[102]サクラショウリ 07/09/18 13:24 92BAvyX1/x
>まず、第一に、真言宗のお坊様が炊いたお護摩は単なる焚き火ではないのだから、反証になりません。

火など何であれ、写真をたくさん撮れば、神仏らしい姿は写ると言っているのです。
だから、アゴン宗だけでなく、よその護摩にもいくらでも写る。
よその護摩に写るということは、アゴン宗だけが特別ではないことになる。
ヂミズさんはそれを認めるのですね?
とすれば、それは桐山ゲイカとは意見が違う。
>>62でユビキタスさんが反論しているように、
桐山さんはよその教団の神仏の現形など認めていません。
釈迦の成仏法を体得した桐山ゲイカだからこそ、そこに感応して、
阿含経に出てくるムチャリンダ龍王が現形したのです。
ヂミズさんの主張はヂミズ教にすぎない。
ちゃんとアゴン宗の教義をお勉強してから反論してください。

112 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:37:47 ID:zwyUtSxn
>[102]サクラショウリ 07/09/18 13:24 92BAvyX1/x
>そして中華なべの炎に関しては、まるで、精度が違うので、問題外である。

精度?
あなたは自分が写った写真の精度がわるければ、
「これはヂミズではない」と言うのですか。
写真の精度がどうあれ、ボケていようがなんだろうが(むしろボケているほうが)、
ヂミズさんには変わりない。
中華鍋の火は小さいから、炎が詳細な姿などしているはずがない。
『守護霊を持て』の口絵の写真は内護摩の写真であり、
人の姿だと言われればそんな気もするという程度です。
炎が小さければ、精度はこんなものです。
柴燈護摩に現形した龍神のどこがそれほど詳細なのですか。
龍神の身体はなんかホースみたいに長い胴体で、グチャグチャに
からまったみたいになって、何がどうつながっているのかわらない。
手足がどれなのかはっきりしない。
あなたはヒゲだというが、まるで魚のヒレみたいです。
中華鍋竜神のほうがよほど立派なヒゲをはやしている。
ムチャリンダだという写真はあれだけ大きい火なのに、鼻はわからないし、
口もわからないし、玉を食わえているのもわからない。
目らしいものは小さくて、寝ているみたいです。
こんな写真のどこが精度が高いのですか。
精度がいいのではなく、あなたは都合の悪い部分は見ないで、
自分のイメージに合う部分だけを見て、さらに頭の中で増幅させているからです。
壁にシミが三つあると、脳が補正して、人の顔に見えるのと同じです。

113 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:42:14 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x
>論理的に、ムチリンダ竜王の写真は、導師の優れた精神的パワーを想定しなければ説明が付かない。
>単なる焚火では、どうしても、竜神の顔、ひげ、目、胴体などは現れないと考える。
>[119]サクラショウリ 07/09/20 09:07 92BAvyX1/x
>竜王のような写真が撮られなければならないという、結論が生じた。そしてこの結論は恐ろしく無理があった。
>だから仮定が間違っているわけだ。従って、桐山君には何かしらの霊的パワーが有る、というのが正しい推論だ。

ヂミズさんにとって「論理的」とは単なる枕詞のようだが、
普通、論理とは根拠や証拠を示してこそ論理というもので、何の根拠も
示さず、ただ断定するのを独断といい、ヂミズさんのは独断です。
なぜなら、あなたはムチャリンダ現形を、
桐山さんの精神パワーが本物の証拠としている。
桐山さんの精神パワーなるものが本物ではないと批判し、
ムチャリンダの現形など嘘だと批判している時に、
否定されている二つの事を根拠にして、肯定されたかのように書いている。
二人の泥棒が「こいつは泥棒じゃありません。アッシが保証しまっせ」と
お互いに保証しあっているようなもので、論理的ではありません。
桐山さんに精神的パワーがあるなら、
中華料理人にも竜神を現形させるだけの精神的パワーがあることになる。
しかし、桐山さんは自分以外の、神仏を現形させる成仏リキなど認めていません。

114 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:44:50 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x
>単なる焚火では、どうしても、竜神の顔、ひげ、目、胴体などは現れないと考える。

ヂミズさんの目には『輪廻する葦』に載った写真に龍の顔、ヒゲ、
胴体が見えるのですね。
それこそがムチャリンダでないことの証拠です。
ムチャリンダは龍ではなく、ヘビなのです。
ヘビは龍の顔はしていない。
ヘビにヒゲは生えていない。
ヘビに四本足は生えていない。
しかも、桐山ゲイカは、あれは龍神であり、ヘビではないというのだから、
あれがムチャリンダであるはずがない。

115 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:46:26 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x
>平河道場代表さんの竜神目撃談に対して賢明にトリック説を主張した批判側が、なぜこの写真に関してはトリック説を採らないのか不思議である。

中華鍋に何か小細工などしなくても竜神が現形したように
アゴン宗の現形写真にもトリックなど必要ありません。
焚き火の写真を大量に撮れば、なにかそれらしい姿は必ず写る。
だから、よその教団でも写るし、中華鍋にすら写ったのです。
桐山さんのトリックは、「それらしい火」を現形だと信者に思い込ませた点です。
あなたのような思い込みの激しい人はイメージを働きかけて、
実際の写真以上に龍神だと思い込んでくれるからです。
桐山さんの霊能力を信じているだけではなく、不思議大好きだから、
ちょっとでもそれらしいのを見ると、自分から飛びつく。
そういう信者さんたちをたくさんみかけた。
だから、私から指摘されるまで、応供の如来の足下から白いシッポが
出ていることに気が付かなかったでしょう?

116 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:51:26 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

信者さんたちはアゴン宗の現形写真ももっと冷静に見てください。
姿形などがどれもこれもなんか変だと思わないか。
現形するほどの力があるのなら、姿もすっきりとしていればいいのに、
奇妙に歪んでいるし、身体のバランスも悪い。
『末世成仏本尊経講義』にある慈母観音は一見、
赤ん坊を抱いた人の姿のように見える。
だが、女性であるはずの慈母観音にしてはずいぶん変な頭部です。
まるで、頭に帽子をかぶったゴツイおっさんのように見えませんか。
信者時代、他の信者はこの慈母観音の顔をハニワと言っていた。
おかしいのは顔だけではない。
右手で赤ん坊を抱いているという。
ところが、右手は赤ん坊と思われる姿の首か肩にのびているように見える。
赤ん坊を抱いているのではなく、右手で肩をつかんでぶら下げている??

117 :元信者:2007/09/20(木) 12:53:08 ID:fIZmRt//
W田を斬る氏の告発内容を楽しみにしている者の一人です。
W田さんの金銭感覚は第三世界の独裁者の汚職事件をみているようです。
2億円の隠し送金、S参事への手切れ金など、みんな私達の御供養金からです。
職員、先達に何か相談すると御供養が足りたいと言われ、解脱供養を進められます。
そのお金がこんな事に使われているとは、怒りがこみ上げます。
ルーマニアのシャウセスクが国民によって滅ばされたように、アゴン撲滅派の皆さん、頑張ってW田を打倒しましょう。
W田を倒せば、キリヤマ氏も倒れます。

118 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:53:34 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

この赤ん坊には頭に奇妙な耳がついているように見える。
子供が動物の耳のついた帽子をかぶった時のようにも見える。
そのまま見るなら、この赤ん坊には頭に動物のような耳がついていることになる。
普通、赤ん坊にお乳を与えるのなら、横に抱きかかえる。
だが、この赤ん坊は慈母観音と同じように立っている。
この姿勢はいくらなんでもおかしくないか。
しかも、赤ん坊にしては大きさが半端ではない。
お乳を飲む赤ん坊ではなく、数歳の子供くらいある。
慈母観音だという前提、人の横顔のように見える目と鼻、
その目線の先に、胸に抱きかかえられたようなみえる赤ん坊、
というイメージで見ているにすぎない。
そのイメージを捨てて、これが人の姿なら何に見えるか。
私には次のように見える。

119 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 12:58:40 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

フーテンのトラさんのような帽子をかぶったヤクザのおっさんが、
ミッキーマウスの耳のついた帽子をかぶった小学生に
「ごるあ、金を出せ!」と首を絞めている犯行現場の現形写真です。
おっさんはメタボらしく、太り気味で顔の下や首が太くなっている。
おっさんは口をとがらせ、埴輪みたいに目がすわっている。
太い右腕が子供の首にかかっている。
首を絞めているから、子供の身体は立ったままです。
こういう解釈に信者さんたちは不謹慎だと言うだろうが、
「小学生の首を絞めているヤクザ」の現形写真のほうが、
慈母観音なんて訳のわからないものよりも説明はつくのです。
慈母観音は赤ん坊の首や肩をもってぶら下げるのですか?
いったい、どこの国の習慣??

120 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 13:00:33 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

次は恒例の応供の如来を見てみましょう。
同じ『末世成仏本尊経講義』のカラー頁にあります。
信者さんたちはヤクザの現形ではなく、霊的写真として解釈したいらしいから、
私が特別にこの写真の見方を伝授いたしましょう。
実はあれは竜神の現形なのです。
写真を横か逆さまにしてみる。
すると、馬面の竜神が天に向かって登っているのがすぐにわかる。
やさしそうな目や鼻筋のとおった鼻、ヒゲも見えるし、頭の後ろから
たてがみのようなものがたなびき、背中にかけて尖った背びれもはっきり見える。
ムチャリンダの胴体みたいにホースのように長くなく、
いかにもドラゴンという雰囲気です。
あれは背を丸めた大日如来などではなく、天に向かって駆け上がる竜神だったのです。

121 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 13:03:20 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

次はムチャリンダは見てみましょう。
『輪廻する葦』の写真の龍の頭の部分を隠してみてください。
何に見えますか。
真ん中に、道化師のような丸い鼻をつけた猿の顔があることに気が付きましたか。
しかも、その猿の顔の真上に、サングラスをしたような恐ろしい顔もある。
これは孫悟空と沙悟浄がとっくみあいの喧嘩をしているところです。
沙悟浄が孫悟空の後ろから襲いかかり、右手を延ばして、
羽交い締めにし、左手で頭の毛を抜こうとしている。
孫悟空も負けずに、沙悟浄を投げ飛ばそうと、左手で彼の足を
抱え上げようとしているから、口を真一文字に結んで、
短い両足を踏ん張っている。
二人のプロレスを竜神が「何やってんの」とのぞきにきたというわけです。
猪八戒はどうしかって?
もちろん、彼はお供物を食って寝ていたので、出演はなしです。
ヂミズさんも言うように、孫悟空と沙悟浄の顔がはっきりとわかる見事な写真ですね。
なに、孫悟空なんて小説の登場人物だ?
そんなこと言い出したら、龍なんているわけがないだろう。
アゴン宗では釈迦の成仏法を用いれば、ドラエモンも本物になるのです。
仏教守護のために孫悟空と沙悟浄が現形したのだ!!
・・・まさか、本気にしていないでしょうね?
さて、アフォ話はこのくらいにしましょう。

122 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 13:09:10 ID:zwyUtSxn
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

写真を見ながら、私の解説を読めば、かなり説得力があるはずです。
ヤクサが子供の首を絞めているというのはともかく、
背を丸めて、そっぽ向いた大日如来なんていうよりも、
>>120のように空に向かって登る竜神というほうが、はるかに説得力がある。
だが、私は霊視したのでも、御霊示を仰いだのでもなく、
ただ写真を見て、それらしい解釈をしてみせただけです。
信者さんたちは気が付いただろうか。
つまり、大きい炎の写真など、解釈しようと思えば、
いくらでも、どんなふうにでも解釈ができるのです。
なんなら、ピーナッツを売っているヂミズさんを現形させることもできる。

123 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 13:11:23 ID:W0Gs9spL
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

桐山さんが福寿観音教会の真似をして、護摩には神仏が現形すると宣伝する。
すると、信者はこれを信じてたくさん写真を撮る。
参拝者の数を考えたら、ものすごい数の写真が撮られた。
すると、その中にはいかにも龍のような姿をした写真も撮れる。
撮影者は驚いてそれを宗務局に提出する。
桐山さんの所に届き、そこから物語がはじまる。
御霊示という“調味料”を加えて、お話しはできあがる。
信者の前にこれを恭しく出すと、最初はただの火にしか見えなかった信者も、
「ほら、ここが頭で、ここが胴体で・・」などと説明されると
脳が足りない部分を補正してくれるから、火が龍に見えるようになる。
それでも「見えない」という信者は、神仏を信じない不信の者、
霊的に汚れているから見えないなどと、侮蔑される。
それを恐れて、信者たちは龍が見えるようになる。
つまり、裸の王様の素晴らしいお洋服が見えるようになるのです。

124 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 13:17:36 ID:W0Gs9spL
>[110]サクラショウリ 07/09/18 22:24 92BAvyX1/x

現形したということが共鳴を生んで、次の年にはもっと多くの信者が写真を撮り、
しかも、必死に写真から現形を探す。
こうなれば、現形写真の「分母」はものすごい数になる。
それにしては、現形した写真があの程度の精度でしかないのです。
不動明王なんて、まるで不動明王の像をローソクで作り、
それが溶け始めたみたいで、なんだかさっぱりわからない。
必死に撮ってそれらしく見える写真を探しても、せいぜいあの程度です。
それなら、雲の写真をたくさん撮れば、龍や羊が現形するのと変わりない。
桐山ゲイカの御霊示の嘘と信者の思い込みこそが現形写真を作り出している。
雲の写真と同じであることは、龍神の現形以来、三十年たち、
これらの現形が何の現実的な影響も効果もなかったことを見れば十分です。

125 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 14:26:26 ID:Iyh6TxBB
退会する事にしました。
ありがとうございました。

126 :ベレムベア:2007/09/20(木) 15:00:36 ID:zOaMMf/F
1.男子専科の続きを少し…

男子専科 62年 7月号
94頁の一番上の写真では、桐yさんがベンツの後部座席に乗車しようとしている。
↑普段乗っているのは、管長用のベンツ560SEL。
という説明

96頁の取材記事から
・・・・・・
  車の趣味は?
 「今は管長用の落ち着いた緑色のベンツに乗
っています。若い時はスカイラインGTRの
車高を降ろして乗ったりもしましたね。他に
もいくつか乗ってましたけど、自分としては
真っ赤なトライアンフ4が気に入ってたんで
すけど派手で目立ちすぎると人に言われまし
て。渋々売りに出したら、次に買った人が大
事故をおこして車は大破してしまった。でも、
人間は何ともなかったらしいんですね。これ
もご利益でしょうかね?(笑)」
・・・・・


127 :ベレムベア:2007/09/20(木) 15:01:50 ID:zOaMMf/F
2.男子専科の続きを少し…
ちなみに
       カメラ●廣田治基
取材/文●寺村季里子、坪田三千代

D A N S E N
男子専科 7月号Ⓒ 昭和62年7月1日発行 第34巻通巻280号 (毎月一回発行)
昭和50年3月3日第3種郵便物認可 編集長 近藤恒介 発行人 吉田文雄
定価680円
雑誌01341−7
スタイル社


128 :ベレムベア:2007/09/20(木) 15:05:30 ID:zOaMMf/F
余談ですが、あの当時、大阪道場に行くと、よく隣のコンビニの前ぐらいに
赤い初代フェアレディZ(2シーター)
が、止まっているのを見かけました。
これも、アゴン関係の車だったのでしょうか?
どうでもいいことですけど…


129 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 15:33:39 ID:3hl6kafq
850 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 04:50:36 ID:6iNiYJBH
現世の不幸を仏罰と断罪する創価学会や日蓮系新興宗教に愛はありません。
現世利益を追求する偽りのポジティブ思考は間違っています。

病気、事故などによる怪我 様々な不幸

創価、日蓮系新興宗教=仏罰、因縁「あなたと先祖に問題がある」
カトリック=神が与えてくれた試練「神に感謝!」

罪のない者でも現世で苦しみます。
現世の不幸を「仏罰」の一言で片付けてしまうのは暗いカルト思考。
明るいポジティブ思考には見えません。
創価の積極性は偽りの空元気なのです。

罪のない者が苦しむ、カトリック信仰はこれを解決しています。
苦しみは霊魂を精錬し成長させます。
現世は霊魂の修行の場。
乗り越えられない試練に思えても、
共におられる神[インマヌエル]に祈り頼り、共に歩みましょう。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1175424384/850

130 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 17:22:27 ID:xpxJR6yd
絵馬煮える


131 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 17:56:59 ID:GW5zvfxS
在家仏教の極致である阿含宗で修行してください。

132 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 18:46:32 ID:6Ay1mTHR
> 582 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/14(金) 13:10:06 ID:IB9ABt6M
> 何時になったら「第九識=霊魂」の筋道通った根拠や典拠見せてくれるの?
> 経典や論書、実績ある学者の説などを引用すればいいんだよ。

第九識の典拠と呼びうる唯一の経典と言えば、これですね。
阿含経には当然ながら、第九識などはありえない。

  入楞伽經卷第七 http://w3.cbeta.org/result/normal/T16/0671_007.htm
T16n0671_p0556c12(03)?如來藏識不在阿梨耶識中。
T16n0671_p0556c13(08)?是故七種識有生有滅。如來藏識不生不滅。
  入楞伽經卷第九 http://w3.cbeta.org/result/normal/T16/0671_009.htm
T16n0671_p0565b24(00)? 八九種種識  如水中諸波

不生不滅の如來藏識ということですが、でも、九識説も結局はこういう結果に終わったようです。

  摂論学派の心識説について http://ci.nii.ac.jp/naid/110002706822/
> @慧遠は『決定蔵論』の「九識品」によっ九識説を立てたが、その新訳に当たる『瑜伽論』には
> 九識品なるものはなかった。また、A文備は『無相論』の「阿摩羅識」の語を九識説の証拠とし
> たが、その新訳の『顕揚論』には阿摩羅識の語は存在しなかった。摂論学派の人々が真諦訳から
> 読み取った九識説の証拠は、玄奘訳の出現でことごとく退けられたのである。Bそして「今」、
> 第九阿摩羅識の証拠は再び『楞伽経』に求められるようになった。これは九識説の大きな後退を
> 意味している。Cさらに基(632−682)は、『楞伽経』の一節も浄位の第八識を第九識に
> 見立てたものにすぎないとして、これを批判したという。こうして主要な学説を奪われた摂論学
> 派は、以後急速に衰退したのである。
>  このことは、摂論学派の心識説が『摂論』自体の研究から離れ、九識説という結論が先にある
> 一種の解釈学に陥っていたことを示している。それは摂論学派を形成した地論南道派の人々が、
> 最初の段階で、『摂論』の中に彼らの伝統的な心識説を読み込んだところに端を発している。九
> 識説の消長は、まさに摂論学派の盛衰そのものであったといえるだろう。


133 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/20(木) 19:06:03 ID:z+p/oLZP
>>125
おめでとうございます。ID:Iyh6TxBBさんが幸せになりますように。

134 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/20(木) 19:24:07 ID:z+p/oLZP
>>132
その後にこう続きますね。
T16n0671_p0565b25(00)? 依熏種子法
九識も業の薫習を受ける迷いの識であるが如きですね。「八九種種識」の
サンスクリットやチベット語の原典はどうなんでしょう?漢訳の時文字数を無理矢理
揃えるための言い回しのようにも見えますね。

如来蔵・仏性の説が密教で菩提心に昇華したわけですが、それと等同である「迷い」
でない識を強引に立てる必要があったわけです。だから九識も迷いでそれが転じて
法界体性智になるとしている真言宗では、迷いでない識である十識を無理矢理
立ててますね。

135 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 21:14:31 ID:G9Xg+69p
>>131 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 17:56:59 ID:GW5zvfxS
>在家仏教の極致である阿含宗で修行してください。

伝法会に参加して護摩の焚き方を教わッた時、
「この参加者たちの家には護摩壇があるのかなあ」 と思った。
教わった後に祈祷師になったのかなあ、あの人達。

136 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/20(木) 21:52:02 ID:z+p/oLZP
>>135
臭務局が禁止。

知り合いの助手の方が護摩壇購入して窓を全開にして焚いてたそうだ。
何日か後会ったときに、その話を聞きたくて聞いたら言を左右にして
「臭務局が禁止した」とのこと。理由を聞いても、もごもごして教えてくれなかった。
「なんで!護摩許し状伝法料とは別に二万も払ったのに!」と、思ったね。
思っただけで焚きようが無いんだからどうもしなかったけど。

137 :樹ゐ:2007/09/20(木) 22:31:16 ID:pgMgfeO3
>>125
> 退会する事にしました。
> ありがとうございました。

 自由を得る 真の自由を得るための
信仰という旗がなびく家畜牧場から自由になられたようです。
よかった よかった。

>>131
> 在家仏教の極致である阿含宗で修行してください。

お釈迦様が戒律として禁止した護摩や占いをすることのどこが
在家仏教の極地なのですか、?
あなたもそうだが教団の主張というのは 飲酒運転をすることが
安全運転の極致と言うのと同様です。

べろんべろんに酔っ払った運転手が 俺様は安全運転の極致
へへへ !
と言うのとどこが違うのですか。


138 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/20(木) 23:30:23 ID:4oim6w4G
>>125 神も仏も名無しさん 2007/09/20(木) 14:26:26 ID:Iyh6TxBB
>退会する事にしました。
>ありがとうございました。

短い文章の中に万感の想いが感じられます。
さぞかし桐山阿含宗の醜い行状にショックだったことでしょう。
しかし2行目の「ありがとうございました」にたしかにあなたの「悟り」を見ました。
あなたなら大丈夫です。
残る人生やり直して力強く生きて下さい。
私文書さんや樹ゐさんと同じく、私もおめでとうございますと言わせて下さい。

139 :>>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX
>>97-98
私文書さん、ベレムベアさん、情報ありがとうございました。

1500万円ですか....
1500万の囲碁を買うのも腹がたちますが、雑誌で自慢するなんて信者舐めてますね(#^ω^)
それでも信じている私の両親って一体....

お二人とも情報どうもありがとうございました。

140 :樹寝:2007/09/21(金) 05:43:04 ID:7aV6La27
>>139

横レス失礼。
確か囲碁盤の話は例祭呆話で話していましたから (値段までは記憶にありませんが高級な件は
覚えています。)
信者相手には 話済みの内容です。
囲碁で名誉段位を貰った話は 愚問時脳を証明するだとかの内容だったようですし
高額な買い物と見えますが ゲイカのカナブンベンツ同様 教団の格式の
話に昇華されてしまうようです。
ゲイカは話の持って行き方が実に巧い方でありますから
私が信者だった時代にはこういった話は 違和感がありませんでした。
(もう少し 高くてもいいと思っていたぐらいです。)

ある意味ゲイカの話術 話法というのは研究の余地があるのかもしれません。


141 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/21(金) 08:28:43 ID:jB8lYooL
真言宗醍醐派について  第陸座
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1187695986/780-790
>私文書為造おせっかい親爺

「ランボー法師 ◆uIU6J7Th0Y」って、ここに来たことのある非会員の擁護者じゃね?
暇人とかアナゴンヂスイとか。ランボー法師に「>私文書為造おせっかい親爺」なんて
罵られる覚え無いんだがな?

142 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/21(金) 09:23:46 ID:jB8lYooL
>>141
違ったみたいだ。無かったことにしてくれ。

143 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:29:43 ID:hWVsP3mV
>>131 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 17:56:59 ID:GW5zvfxS
>在家仏教の極致である阿含宗で修行してください。

在家仏教の極致とは、桐山さんのように仏教の教法とは正反対のことを
するのを指しているのですか。
アゴン宗って、ほぼ全部、釈尊の教法とは正反対のことをしています。
禁止されている護摩や占いを最大のウリにして、
否定されている死者供養や死者成仏で人と金を集め、
欲望と執着をなくせというのに、桐山さんは名誉買いがやめられない。
解脱の定義からして、釈尊のそれとは似ても似つかない。
それどころか、煩悩を切れという一番の教法をオシエにすぎないと唾棄している。
するなと言われたことは徹底して行い、否定されたことは積極的に宣伝し、
釈尊の教法を罵る。
こういうのは在家仏教の極致ではなく、仏教の正反対です。
つまり、正確に、「外道の極致である阿含宗で修行してください」と書くべきです。

144 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:32:06 ID:hWVsP3mV
>>125 :神も仏も名無しさん:2007/09/20(木) 14:26:26 ID:Iyh6TxBB
>退会する事にしました。

お役に立ててなによりです。
これから先もいろいろとありますから、遠慮しないで
ここに書き込んで下さい。
批判側はあなたが今歩もうとしている道を先に通過した人たちです。
その道には詳しい。
意見や相談があれば誰かが対応できます。
信者側からは心ない罵声が飛ぶかもしれないが、
気にしないで、まっすぐに進んで下さい。

145 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:33:58 ID:hWVsP3mV
>>139>>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX
>1500万の囲碁を買うのも腹がたちますが、雑誌で自慢するなんて信者舐めてますね(#^ω^)

「ゆでカエル」の話と同じで、信者は最初は違和感を覚えるが、
毎回こういう話を聞くと、だんだん麻痺して気にならなくなり、
先達になると「ゲイカは解脱者なのだから、高級なものを用いるのが当然。
大衆車ではなく、安全のためにもベンツがふさわしい」などと弁護を始めます。
因縁を切ったのだから、事故に遭うはずもなく、
大事故に遭っても、かすり傷という奇蹟が起きるはずだから、
安全のためというのは実は矛盾するのだが、気にならない。
信仰するためには、普段はアゴン宗の教義を持ち出し、
都合が悪いと一般的な常識を持ち出し、それがマダラ模様になっていても、
気にならないのが自己洗脳なのです。

146 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:41:34 ID:hWVsP3mV
>>139>>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX
>1500万の囲碁を買うのも腹がたちますが、雑誌で自慢するなんて信者舐めてますね(#^ω^)

桐山さんとはこういう神経の持ち主です。
一代で財をなした創業の社長、「成り上がりの俗物」です。
創業の社長が全員とは言いませんが、
彼らはまず金にあかせて自分の欲しいものを手に入れる。
やがて年を取り、物欲や性欲が限界に来ると、次が名誉欲です。
桐山さんが勲章を買い集め始めたのは1980年代後半、つまり60歳をすぎてからです。
この頃、愛人との噂のあった女性が逃げ出しています。
美食飽食がたたり、糖尿病で性欲がダメになった。
後でこの時期を指して、完全に因縁が切れたと宣言しています。
桐山さんの因縁の完全解脱宣言が、本当のところ何を根拠にして
言っていたか、なんとなく見当がつくではありませんか。

147 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:46:31 ID:hWVsP3mV
>139 :>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX

1980年代後半は1500万円の囲碁盤が雑誌に載った頃です。
目標の総本殿も数年後にはできあがり、高級車や囲碁盤を買い、
高級ブランド品を身につけ、都内の高級レストランで美食を楽しみ、
親族を宗教貴族として養い、物欲が満たされていた。
バブルがそろそろ発生する頃で、信者の数が減っても、収入は逆に増えていた。
物欲が満たされ、性欲がダメになったら、残りは名誉欲です。
元々、桐山さんは自己評価が異常に高いから、
世間に認められたい、エラクなりたいという名誉欲が非常に強い。
現実社会では小説家としてもまるでダメだったから、
その欲求は圧縮したガスのようにたまっていた。
桐山さんが名誉買いを始めたのは1980年代前半のチベットの
法位法号でしょう。
これに味をしめて、寄付で名誉が買えることがわかり、
桐山さんは「宗教運動から社会運動へ」というタイトルを付けた。
1980年代後半に売り上げが増えると、本格的に名誉買いに使い始めた。

148 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:52:40 ID:hWVsP3mV
>139 :>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX

桐山さんの名前を世間に売り出し、エラクなることを社会運動と称したのです。
これが嘘でないことは、アゴン宗のホームページに行き、
社会運動の一覧表を見ればわかります。
あちこちに寄付したことを彼は社会運動、文化活動と称している。
もろちん、寄付はすべて見返りの名誉がついている。
寄付したから名誉がついたのではなく、
名誉を目当てに寄付をして、これを彼は社会運動と称したのです。
だから、見返りのない寄付は一つもありません。
具体的に何か活動してこそ社会運動です。
実際、宗教団体の中には社会に直接出ていって活動する所もある。
だが、桐山さんも教団も信者も寄付以上の何もしていない。
桐山さんの社会運動とはお金だということがわかります。

149 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 12:57:18 ID:hWVsP3mV
>139 :>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX

今では社会運動の次に、仏教文明の復興を目指し、文化活動を提唱しています。
キリスト教文明にはお引き取り願い、仏教文明を中心にするのだそうです。
話だけ聞くと、ものすごく壮大に見える。
だが、社会運動がそうであるように、桐山さんは自分のしたいこと、
欲しいものを手に入れるのに、壮大な宗教的言い訳を作り上げる。
小説書きですから、自分の欲望にご立派な建前論を振りかざすのです。
それは、現実に桐山さんが何をしているのか見ればすぐにわかる。
仏教文明の復興とは、アニメ映画、演劇、囲碁だそうです。
彼はこれを残りの人生をかけるとまで宣言している。
弟子すらもろくに育っていないのに、映画と演劇に余生をかけるのだそうです。
あなたは第三者だから気が付くだろうが、金持ちの老人が
あるだけの時間と金を自分の好きな趣味に費やそうとしているだけです。
だが、信者にはこれが根本仏教に見える。

150 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:00:38 ID:hWVsP3mV
>139 :>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX

あなたのご両親などの信者には、これが完全仏教であり、
桐山ゲイカはそれを世に広めて、地球と人類を救うために、
日夜、血みどろの戦いをしているように見えるのです。
映画と演劇には巨額の費用がかかる。
これは金持ち老人の財力でもなかなか難しい。
金持ち老人はアゴン宗という宗教牧場を経営して、そこからの上がりで生活している。
昔は本が一般人にも売れ、また健康食品を、原価650円を4500円で売るなど、
ぼろ儲けをしていたが、今は宗教牧場からの収益が専らです。
老後の趣味を実現するためには、牧場の宗教家畜たちをアメで釣り、
ムチで脅かして、搾り取るしかない。

151 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:03:07 ID:hWVsP3mV
>139 :>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX

桐山さんはアメよりもムチが得意で、それが悪因縁と霊障です。
あなたのご両親もシベリア護摩など熱心に祈願したでしょう。
彼らは自分が脅かされていることにすら気が付いておらず、
死者を供養してあげたのだと根拠のない満足感すら持っている。
信者たちは、シベリア犠牲者など不幸な亡くなり方をした死者は霊障を発して、
それが原因で大地震やテロなど天災人災が起きると信じている。
飛行機事故でたくさんの死者が出たなんて聞くと、
すぐに「霊障による横変死の因縁」と頭に浮かび、早く霊障をなくし、
因縁を切らないと自分もそうなるかもしれないと恐怖心にかられる。
だから、ますます、熱心に海外での護摩などに金を出す。
その功徳で自分だけは不幸な目に遭わないと信じているからです。
もちろん、効果などあるはずがなく、阪神大震災の例のように、
一般人と何も変わりません。

152 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:05:16 ID:hWVsP3mV
>139 :>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX

アゴン宗の信仰は一見、先祖供養や死者供養など世間で
行われていることと同じようでありながら、
その中に死者による崇りという古典的な脅しが入っている。
毒饅頭なのです。
食べれば食べるほど、恐怖心から、もっとほしがる。
あなたのご両親もそうだが、信者はこの事実を認めたくない。
私は元信者だから、その気持ちはよくかわります。
自分が、子供じゃあるまいし、崇りで脅かされ怯えているなんて、認めたくない。
だが、認めない限り、ずっとムチで追い立てられる宗教家畜です。
実際には、崇りで脅かすという古典的な方法なのだが、
これを霊障による地球壊滅、釈迦の成仏法による人類救済など
絵空事を並べて、裏で金を使って海外で護摩を焚いて、
一流新聞への広告、有名人との対談、紺綬褒章などの公的な名誉を宣伝し、
いかにも社会的にも認められたかのように錯覚を与えるから、
信者は気が付かない。
現実は、信者は桐山さんという講釈師の話すオバケの崇りに怯えて、
アゴン宗というお化け屋敷に財布を丸ごとを置いてきたようなものです。

153 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:09:45 ID:hWVsP3mV
>139 :>90:2007/09/21(金) 03:48:54 ID:VN7w55tX

あなたのご両親も、自分たちが霊的な脅迫に怯えているのだということに
気が付いたらいいのだが、現実にはなかなか難しい。
桐山さんは86歳の自分がそれほど長く生きるとは思っていないから、
宗教家畜がどうなろうが、ムチを力任せに当て続けている。
その一つが二年前に出た『守護神を持て』という本で、
阿鼻野街道というお化け屋敷を増やして、霊的な脅迫を増築した。
あの本は信者へのムチと請求書です。
練脳塾で頭がよくなるなどという中身のないアメをぶら下げられ、
後ろからは霊障と悪因縁の恐怖に追い立てられる。
これが、気の毒だが、あなたのご両親の姿です。
機会があったら、ここでの内容を選んで、
桐山さんの行状を静かに話してみてください。

154 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:55:49 ID:oKTiSGyW
自作自演の工作スレです。
プロ集団の仕業です。

155 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/21(金) 15:46:23 ID:jB8lYooL
>>154
・証拠は?
・何の意味があるの?
・どんな利益があるの?

156 :>>90:2007/09/21(金) 15:49:39 ID:VN7w55tX
ID:hWVsP3mV さんどうも。参考になりました。
私の両親は完全に洗脳されているので、私の力では気づかせるのは無理だと思います。
もし、桐山さんが下着盗んで現行犯逮捕されても、まだ信じるでしょう。それぐらいのめりこんでいると思います。



>>154
私の事言っているのかな?
自演じゃないですよ。証明しろってもできないですけど。


157 :ベレムベア:2007/09/21(金) 16:35:05 ID:urDxt8JD
3.男子専科の続きを少し…

男子専科 昭和62年 7月号
95頁の取材記事から
・・・・
 「囲碁は人生に似てますね。捨てたほうがい
 いものを惜しんで逃げまわっていると、生き
 たことは生きても勝負に負けてしまう。ヘタ
な人ほどそうですね。上手な人はうまく捨て
て取らせておいて、最後には勝ってしまう。
人に与えて取らせて、しかも、自分はそれ以
上のものを得る。得るものは物質とは限らな
いわけで、精神的なものも含めて相手に与え
たものよりもはるかに価値のあるものを得て
いるわけです。それを、つたない人は相手と
斬りあい、殴りあいして勝つには勝っても得
たものはなにもない、と。世の中、つたない
人は多いですよ」
・・・・

要するに、桐yさんは、詐欺の極意を囲碁で学んできたのかもしれません。
囲碁とか、人生とか、相手とか、つたない人とか…を別の単語に置き換えると
それが理解できそうです。


158 :ベレムベア:2007/09/21(金) 16:47:46 ID:urDxt8JD
>>154
自作自演なものですか!
自分の目の前に、自然といろんな情報が流れてくるのです。
あなたには、そのように見えるのでしょうが、事実なのだから
仕方のないことです。


159 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 17:05:39 ID:HFEUa+rQ


46 名前:名無しさん@京都板じゃないよ [2007/07/20(金) 00:31:28 ]
似非テーラワーダの集団がでてきそうだな オウムみたいに



47 名前:名無しさん@京都板じゃないよ [2007/07/20(金) 00:33:33 ]
>>46
それを、あぼん宗と言いまつw


48 名前:名無しさん@京都板じゃないよ [2007/07/20(金) 00:34:31 ]
きりやま君は、何で剃髪しないの?w護摩とかやってるしw


49 名前:名無しさん@京都板じゃないよ [2007/07/20(金) 00:36:19 ]
>>47 あぼん宗のきりちゃんも、
まさか上座部の教団が日本に上陸してくるとは思わなかったんだろうね。
本物登場で偽物だとバレる。かわいそ。


50 名前:名無しさん@京都板じゃないよ [2007/07/20(金) 00:37:30 ]
>>49
とっくにバレてますw


160 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 17:37:20 ID:oKTiSGyW
>>158 :ベレムベア
あなたが自作自演ではないことだけはわかります。(w

161 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 17:55:53 ID:K/KWK67f
>>154 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:55:49 ID:oKTiSGyW
>自作自演の工作スレです。
>プロ集団の仕業です。

>>125さんや>>139=156さんは私が書いて、それに自作レスを付けていると言いたいのですか。
ここでは証明する手段はないが、天に誓って私はそういうことはしていない。
天だけで足りないなら、仏様でも龍神様でもキリスト様でもいい。
なんのためにそんな必要があるのだ?
「154=160は批判側のヤラセだ。信者がこういう根拠のないことを書いたかのように
みせかけるための仕業だ」と言われたら、あなたはどう反論する?
信者であることはあなたが一番良く知っているが、誰も証明できない。

162 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 18:01:36 ID:K/KWK67f
>>154 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:55:49 ID:oKTiSGyW
>プロ集団の仕業です。

桐山さんから真言宗の坊さんたちが妬みでアゴン宗を批判をしていると
教えられて本気にしているのですね。
まだ、アウシュビッツ護摩は真言宗の坊さんが妨害したと信じているのか。
これだけ批判側が、アゴン宗の送ったファックスやテレビ放送の和訳までつけて、
客観的な資料を示しているのに、あなたの「管長並」の脳味噌には何の効果もないと見える。
ここの書き込みのどこを読めば「プロ集団の仕業」に見えるのだ?
批判を書いているのはほぼ全員が元信者です。
私など書き込みが多いが原稿料は一円も口座に振り込まれていない。
あなたに言わせるとプロなのに、どうして原稿料が送られてこないのだ?
金ももらわずに批判を書く人をプロとは言いません。

163 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 18:08:08 ID:K/KWK67f
>>154 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 13:55:49 ID:oKTiSGyW
>プロ集団の仕業です。

プロとは桐山さんと職員たちのことです。
宗教詐欺で金を稼いで飯を食っているのだから、プロ集団です。
「地球壊滅だあ」と自作自演で騒いで、人々に恐怖を与えて、
「助かりたければ金と人を差し出せ」というのだから、恐喝まがいです。
あなたが信者なら詐欺宗教のプロ集団の手先であり、
職員ならあなたこそ詐欺宗教のプロです。
他人に自作自演とかプロの仕業などと言う前に、
あなたが信仰の名の元に、死者を侮辱し、釈迦をこづきまわし、
焚き火を拝んで世界を平和にするなんてタワケを信じて、
人々に根拠のない恐怖をばらまく手伝いをしている現実を見るべきだ。
それとも愚かで哀れな自分の姿を怖くて見れないか。
宗教詐欺の手下になっているあなたを見て、ご先祖さんが泣いているぞ。

164 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
>>163
別にあなたが自演していると言ってはおりません。
あなたは論理のさし替えが上手いですね。
あなたの書き込みはほとんどがすり替え論ばかりです。
プロのライターから指導を受けているの・・・?

私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

165 :( ゚д゚)<でもそんなの関係ねーはいオッパッピー♪:2007/09/21(金) 19:20:16 ID:uF+59xlQ
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


166 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 19:38:52 ID:rGXI5F50
>>105
今も 日産ですよ。
無理やり直して、結局新車。

167 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/21(金) 20:19:24 ID:jB8lYooL
>>164
私の>>154をスルーするところを見ると、いつも核心的なことにはまともに反論できない
揚げ足取りしかできない、スカタンのひとでつねw

168 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/21(金) 20:20:54 ID:jB8lYooL
>>167訂正。

>>164
私の>>155をスルーするところを見ると、いつもポイントを衝いた核心的なことには
まともに反論できず、長文の揚げ足取りしかできない、スカタンのひとでつねw

169 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 20:34:50 ID:dqSxuC+G
修火壇


170 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 21:46:56 ID:K/KWK67f
>>164 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
>別にあなたが自演していると言ってはおりません。
>あなたは論理のさし替えが上手いですね。

私が書いた>>153の後の>>154
>自作自演の工作スレです。
>プロ集団の仕業です。
などと書いておきながら、言っておりませんとは、
さすがは桐山さんの信者だけあって、面の皮だけはぶ厚い。
論理の差し替えとはあなたのしていることです。
私の文章の後に書いていながら、卑怯な人だ。
しかも、具体的には誰を指すのか、はっきりと書かずに、また、
>私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。
などとぬけぬけと書く。
論理のすり替えをしないというあなたに質問する。
常連の二人とは誰であり、その根拠は何ですか。

171 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 21:50:01 ID:K/KWK67f
>>164 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
>私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

あなたは批判側にこれだけの疑惑を向けながら、誰なのかも示さない。
他人をこんなふうに根拠もなしに疑ったり、罪をなすりつけることに
ためらいとか、良心の呵責は残っていないのか。
番号を示し、推測の根拠を述べてみればいい。
示さないのではなく、示せないのです。
根拠など何もないし、桐山ゲイカを批判されたことへの悔しさの一念で、
桐山さんの口まねをして、批判側をプロだなどと書いてみた。
たったそれだけのことでしょう。
悔し紛れに、バカだ、アホだと相手を罵っているのと変わりない。
仏陀の智慧を目指す教団の信者が小学生みたいな罵りを書いて恥ずかしくないか。

172 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 21:53:22 ID:K/KWK67f
>>164 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
>私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

あなたがアゴン宗で学んだことは相手を根拠もなしに罵ることです。
なにせ普段から死者を霊障のホトケと根拠もなしに侮辱しているから、
それが身に付いてしまった。
信仰それ自体が思い込みの固まりだから、批判側がプロだと自分が信じたら、
まるで現実であるかのように思い込んでいるのです。
桐山さんと同じで自分の言葉に何の責任も持たない。
卑怯と言われて悔しいなら、羞恥心が残っているなら、
せめて信者が納得するような根拠を示してみなさい。
・・・まさか、前回示したあの程度の推測をまた書くんじゃないでしょうね。
前は一人だったのに、二人に増殖した。
あなたの頭の中も桐山さんと同じで、思い込みと妄想がどんどん膨らむのだ。

173 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 21:58:18 ID:K/KWK67f
>>164 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
>私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

どうしてあなたが批判側をプロだ、自作自演だと非難しているか
自分の動機に気が付いているか。
何度も指摘したように、桐山さんを見ないためです。
悪いのは桐山ゲイカではなく、批判側なのだと思い込むために、
何か批判側に罪をなすりつける必要がある。
具体的な内容ではとうてい勝てない。
一言反論すれば、批判側から桐山さんの嘘が十くらい投げ返される。
しかも、批判側には桐山ゲイカの側近中の側近の元職員や
熱心に梵行をした元信者たちも含まれる。
たいてい信者よりも元信者のほうが教義には詳しい。
そこで、あなたは桐山さんと同じ手法を用いた。
批判側にプロが混じっているという設定です。
しかし、よく考えてみてください。
本当にアゴン宗をプロ集団が攻撃するなら、こんなところに書いているだろうか?

174 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 22:01:36 ID:K/KWK67f
>>164 :神も仏も名無しさん:2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
>私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

プロならアウシュビッツ護摩も現地に行ったはずだが、そんな様子はない。
桐山さんが公表した「中止に追い込まれそうになった妨害」とは真言宗の僧侶の手紙ですよ。
真言宗の坊さんたちが博物館に抗議に来たというならともかく、手紙一通です。
手紙一通に何を書けば中止に追い込まれるのですか。
ぜひ書いてみたいから、内容を教えてほしいほどです。
いくらなんでも桐山さんの言うことはおかしいと思わないか。
実際、中止に追い込まれそうになったのは、金銭問題という身から出た錆で、
真言宗の坊さんの手紙ではない。
これ一つを見ても、桐山さんやあなたの言うようなプロ集団など、
あなた方の愚悶持脳が作り上げた妄想です。
桐山さんは批判の目が自分に向かないように、
あなたのような信者たちに「敵」を与える。
あなたのように桐山さんが大好きな信者はその「敵」を信じて、
さらにここに来て「敵」を増殖させる。
自分の思い込みに合う内容を探し、強引に当てはめるのではなく、
現実をよく見ることだ。
存在しない「敵」を妄想で作り上げようとするのではなく、
振り返って、あなたに嘘を教え込んでいるあの老醜を見ることだ。

175 :樹意:2007/09/21(金) 22:31:15 ID:7aV6La27
>>164
> 私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

あなたはどこか 感覚がずれていますね。
この教団はまともに活動するなら10年もやった日には、ちょっとした
不動産が買えるだけのお金が掛るところです。
いつもどこかでなんらかの催しものがあり、道場へ行くとタダでは
帰れない。
本部道場とかになると他の地区の分まで協賛金を集めてたりする。
財布の中は満ちて来たりて 虚しく帰る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういうところであり ここで批判されている方々は話の内容から
いってかなりまともに活動に取り組んだ方たちばかりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな掲示板に書き込んだからといって いくらにもならんでしょう。
不動産が取得できるほど活動された方たちが今更なんで 僅か
ばかりの収益に執着粘着しますか ? 
元信者だったら普通にわかることですよ。
あなたはかなり感覚がずれていますから、ボンギョウが薄いか
或いは教団側 或いは受益者側か いずれかなのでしょうね。

自分のケツは自分で拭くのがオトナというものです、知識不足
だったとはいえ自分が宗教詐欺に加担したと解ったからには
些少なりとも批判して社会悪を減ずる努力が要ります。
七資産はじめ 他の批判を寄せる方々はこの努力をされて
いる方々なのです。




176 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/21(金) 23:15:44 ID:mQkefq4p
>>164 神も仏も名無しさん 2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
> 私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

そのプロのライターとやらがいるのならその2人のうちの1人は間違っても
私ではありませんね。
なぜなら私の作文能力の拙さを見てもらえばよくわかる。
時々日本語になっていないでしょう?
通勤時眠い目をこすりながらケータイから書いていると、文章の見直しを
忘れて投稿してしまい、書き足したり考えながら書いた文章がおかしくなって
いることがしばしある。
これは私にとっては実はとても恥ずかしいことなのだ。
そんな文章のおかしな私がプロのライターであるわけがない。

さてここで百万歩譲ってこのスレの批判側にプロのライターがいたり、
自作自演がいたり、他教団の回し者がいたと仮定しましょう。
で、そのプロさんが書いたことはデマになるんですか?
誰が書いたかどうかよりも書いた内容が正しいかどうかが大切なのではないですか?
他教団に雇われて自作自演の仲間を持ちながら書き込みを続けるプロのライターが
いたとして、その人がデマなどではない真実、事実を書いていたらどうなのですか?
18人の武士の嘘を伝える書き込みは

177 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/21(金) 23:21:46 ID:mQkefq4p
>>164 神も仏も名無しさん 2007/09/21(金) 19:15:18 ID:oKTiSGyW
> 私はプロのライターは常連者の中に2人いると思います。

また途切れましたな。
18人の武士の嘘はプロが書こうが素人が書こうが、自分で資料を追認すること
ができるのです。
アウシュビッツの金銭問題もデマをプロのライターならではの文章力で以て事実で
あるかのように繕ったのではない。
ポーランドの報道がネットで閲覧できるのです。
誰かがそのリンクを貼ってくれた。
それともプロのライターってポーランドのマスコミですか?

178 : ◆zaK51XtKNg :2007/09/21(金) 23:33:17 ID:5YoIMuNx
>>154 >>164
一体何をどう斜めに見たら自演に見えるのか。
それに文章のプロであるとか素人であるといったような事など、どうでもいい。


>>125です。
短い一言に丁寧なレスを下さいました皆様、本当にありがとうございました。

私は、昨日から全ログのゴミ取り作業を始めています。
ある程度進んできましたら、要点のまとめサイトを立ち上げようと考えていますので、
その際にはまた、ここへ書き込んで報告いたします。

せっかくの貴重な事実の情報が、つまらない荒らしや妄信者による書き込みで
どんどん流れていき、かなりの根気と時間的余裕が無いと、過去ログを順番に
遡って、貴重な真実の情報を掘り起こすのが困難であるため、それらの情報に
辿りつく前に、九分九厘の流れだけでウンザリしてしまう方も少なくないでしょう。

全てのログは、既に倉庫がありますから、この流れ自体に興味があるなどして
ゴミ取り前のものが見たいという方は、倉庫から全てのログを見れば良いし、
そんな事はいいから、情報や経験談だけを確認したい方は、それだけまとめたものを
見られるように…と、閲覧する側が選択できる環境があればと思い立った次第です。

整理修正されたまとめサイトの存在があれば、どれだけ荒らしや盲信者が
暴れまわろうとも、貴重な情報を流して読み難くする事が無意味になりますから、
W田を斬る氏の告発始め、様々な体験談や目撃情報などを持っている方々が
より情報を提供しやすくなるかなとも思いました。

御報告まで。

179 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/21(金) 23:54:35 ID:mQkefq4p
>>156 >>90 2007/09/21(金) 15:49:39 ID:VN7w55tX
>私の両親は完全に洗脳されているので、私の力では気づかせるのは無理だと思います。
>もし、桐山さんが下着盗んで現行犯逮捕されても、まだ信じるでしょう。それぐらいのめりこんでいると思います。

あなたの悩みと、それともう一つ逆にあなたのお母さんの頑なさがよく理解
できてしまうのです。元信者の私としては。
私も現役の信者だった時このスレを読んで大いに悩みました。
批判事実が嘘であってほしいのだが、どうにも状況証拠が揃ってしまっている。
あとは桐山さん本人の自白がほしかった。そしたら俺は全て諦めて成仏できると思った。
桐山さん、自分は嘘つきでしたと白状してくれ!さもなくば自殺でも他殺でも
事故死でもいいからいいから横変死してくれ!あるいはまた
法に触れること犯して牢屋にぶちこまれてくれ!
しかしこう考えているうちにどうして自分は相手にばかり求めて自分の頭で判断
できないのだろうか?と自分に疑問を感じた。
自分の頭で判断して自分で意志決定すればよいだけではないか?と。
状況証拠はそろって敵は印を示しているのだから。
たしかに今でも願ってますよ。
近い将来に桐山さんの刑獄の因縁が発動して逮捕され刑務所行きとなる。
しかし桐山さんには切ったと宣言したはずのガンの因縁が発動してしまっており
末期ガンの為に医療刑務所に入院入獄することになる。
前途を悲観した桐山さんは横変死の因縁を発動させ獄中で首を吊って果てる。
これをやってくれたら残った信者に引導を渡す最大の慈悲になるのだがと思う。
しかしそんなことを待つ必要はなく、各自が自分の頭で考えて決断するのが
一番手っ取り早いのです。

180 :20年信者(現在も一応会員です):2007/09/21(金) 23:59:03 ID:bmdkQK7a
>164
良いですか? プロがいるかどうかは問題ではない。

大事なことは、ユビキタスさんが書いているようにプロが書こうが素人が書こうが、

そこに書かれている内容が真実なのかどうか? この一点です。 そして、以下のことは真実です。

(1)桐山さんは、阿含宗で言うところの因縁を全て切ったと言っていたのに、脳梗塞になった。
   桐山さん本人が、自分にはないと言っていた脳障害の因縁です。
   このことは、桐山さんには因縁を見る能力がないと言うことと、因縁が切れたかどうかを見極める
   力も共に無いことを示しています。

(2)桐山さんは、因縁を全て解脱し自分は仏陀となったと宣言した後で、薬事法違反で有罪となった。
   これは、阿含宗で言う刑獄計の因縁です。罰金刑であっても有罪は有罪ですし、これは刑獄の因縁です。

(3)桐山さんの奥さんはガンで死んだ。彼は自分の身内さえ救うことができない。言わんや他人の会員のことを
   救うような力は彼には全くない。

(4)彼の娘は3人いるが、だれも桐山さんの跡を継ぐ人間を生み出していないし、そのような人間との縁も作って
   いない。 これは家運衰退の因縁です。

(5)桐山さんは、因縁解脱を指導すると言っているが、彼の信者で因縁を少しでも切ったと思われる人を
   少なくとも私は一人も知らない。
   ちなみに私は、かなり一所懸命「修行」した人間で顔が広い。百人近くの人間の会員になった直後と、
   なってから現在までの「人間」「人生」の変化を個人的な事情まで知り合うほどに詳しく見ているが、
   「変わった」人間は一人も存在しない。
   もちろん、社会的な成功者も少しは会員の中に存在するが、彼らの成功は阿含宗とは関係がない。
   と言うよりも、会員になった直後は絶対に成功しそうに見えなかった人間だったわけではない。

以上のことは真実で、これらは全て阿含宗が偽の教えであることを示しています。

181 :20年信者(現在も一応会員です):2007/09/22(土) 00:03:21 ID:bmdkQK7a
なお、上の(5)については、いくらでも反論はできるだろうが、すさまじく気根の優れた最高に優秀な人間
でなくても少しづつでもよりよい状態にすることが出来ないのであれば、阿含宗には存在価値はない。
そのように考えます。
当然、ほんの少しでも良くなった人間すら一人も見たことはないです。

182 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/22(土) 00:09:56 ID:DRzD2/+S
>>156 >>90 2007/09/21(金) 15:49:39 ID:VN7w55tX
>私の両親は完全に洗脳されているので、私の力では気づかせるのは無理だと思います。
>もし、桐山さんが下着盗んで現行犯逮捕されても、まだ信じるでしょう。それぐらいのめりこんでいると思います。

七氏さんがここを読む10人に一人が気が付いて考えてくれればよいと書いた。
そしたらクリン含さんが万燈供養の申し込みが愕然と減ることに話を関連付けて
10人に一人しか辞めないのに、どうしてこれが愕然と減るか?などと書いた。
七氏さんは笑った。
10人に一人が気づいてくれれば大成功だと書いたことを額面通り1割の効果しか
見込めないと、クリン含さんの弱い頭は判断した。
違うのですよ。
あるいは現実はその逆に近いのかもしれませんよ。
このスレを読んだ人は最初は反感を抱きながら忌避しつつも、時間が経つにつれ
自分の頭で判断し教団を離れる決断をしていく。
むしろそれが普通の感覚なのではないか?
しかし10人に一人くらいは>>164みたいにプロのライターだの問題を自分から
剃らしながら居続ける少数派なのかもしれない。
だからあなたのお母さんも10人に一人か10人に9人なのかわからないが
あなたが諦めることはないと思う。
気長にじっくりとこのスレに触れる機会を考えてあげたら?

183 :沙羅 ◆CRkFRvt2RQ :2007/09/22(土) 03:33:48 ID:uJ8Aj6ah
>>86
>阿含宗本山総本殿・釈迦山大菩提寺(京都市山科区北花山大峰)
            ↑
ここで、一度でも例祭が、行われたことがあるのですか?


毎年の伝法会の開会式等で一回は使用してましたが、とうとう去年は
伝法会ですら使用しませんでした(今年は知らない)。

「ゲイカご高齢のため」なのか「受講者の負担を軽減するため」なのか…

ま、私は「バスの料金(経費)負担を軽減するため」と思いますが(・∀・)

184 :沙羅 ◆CRkFRvt2RQ :2007/09/22(土) 03:56:19 ID:uJ8Aj6ah
ご報告。


阿含宗報第259号(平成19年8月24日)より

・毎年、管長猊下の新たなご指導を戴くことができる合同講義では、
伝法会二日目、三鈷杵を使った「障害打破・呪詛打返シ九字之秘法」を
伝授いただき、また財運法の一環として「杭打ち法」のご指導があった。

・管長猊下、ご対談とインタビューに応じられる←太ゴシック体

今回の対談とインタビューは産経新聞の企画によるもの。


「応じられる」「産経新聞の企画によるもの」
…┓( ̄∇ ̄;)┏

相変わらずウソ八百。カネ払って出した「広告」でしょうが!

185 :沙羅 ◆CRkFRvt2RQ :2007/09/22(土) 04:40:13 ID:uJ8Aj6ah
ついでに。

・箱根保養所オープンのお知らせ

現施設を「箱根保養所」としてオープンし、会員の皆様とご家族の健康増進、
リフレッシュの場としてお役立ていただくこととなりました。


●ご利用できる方
阿含宗会員、およびその家族(会員でないご家族の方もご利用できます)

●ご利用料金
一室当たりの料金(素泊のみ)
1室9000円(定員5名)
5名様グループでご利用されますと、1人あたり1800円となります。
家族割引 1室8500円
※全4室貸切の場合はお申込時にご相談ください。
※別途、一人150円の入湯税が必要となります。

186 :沙羅 ◆CRkFRvt2RQ :2007/09/22(土) 04:41:51 ID:uJ8Aj6ah
続き

●施設概要
定員20名・和室4室(10畳)
各室=冷蔵庫、TV、ドレッサー完備
温泉浴室、本堂、庭園、多目的広場(バーベキューセット貸出し)

●ご利用日・ご利用時間
木曜日〜月曜日(チェックアウトのみ)
チェックイン16:00 チェックアウト10:00

●申込方法
ご希望の宿泊日の空室状況をお電話にてご確認ください。詳細は、保養所申込要項をご覧ください。
関東別院予約専用電話 03…略


樹意さんが常々仰るとおり、宗教を隠れ蓑にした「金儲け」ですなぁ。
お達者倶楽部?w

信者の皆さん!あなたが阿含宗に求めているのはこんなことでしたか?

187 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/22(土) 07:02:22 ID:Xw8h9GMl
>>178名前: ◆zaK51XtKNg 投稿日:2007/09/21(金) 23:33:17 5YoIMuNx
>要点のまとめサイトを立ち上げようと考えていますので

よくぞそこまで決心されました。お疲れ様です。応援しますので頑張ってください。
私はそろそろ忙しくなってきて、またこのスレを離れたいところなので、退会マニュアル
など、誰かに引き継いでほしかったところです。

188 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/22(土) 07:11:58 ID:Xw8h9GMl
>>185
>●ご利用できる方
>阿含宗会員、およびその家族(会員でないご家族の方もご利用できます)
>
> ●ご利用料金
> 一室当たりの料金(素泊のみ)
> 1室9000円(定員5名)
> 5名様グループでご利用されますと、1人あたり1800円となります。
> 家族割引 1室8500円
> ※全4室貸切の場合はお申込時にご相談ください。
> ※別途、一人150円の入湯税が必要となります。
>>186
>信者の皆さん!あなたが阿含宗に求めているのはこんなことでしたか?


高!誰が使うねん!普通の会員の思考なら、そのカネで解脱供養しようと思うわ。

柏原の墓分譲しだしたときも、一般人に売りつけられたらキャッシュバックするとか
言っていたが、周りの会員はみんな「そんなこと出来るぐらいなら乳業させるわ」
と、口を揃えて言ってたわ。
だいたいミクシーで思わず護摩木代とかできついとぽろっと出てしまう青息吐息状態
の普通の会員が使うか。一般人も使えるようにしないと採算は取れんと思うぞ。
桐山だいぶボケが進んでるようだな。

189 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 08:23:50 ID:SPhHr1ry
私がきのう自演があると書いたら、たちまち嵐のような自作自演のオンパレードでした。(w
プロのライターと書いたのもかなり刺激したのか、ご返答の嵐です。(w
沙羅さんなどは出てくるタイミングが良すぎるんですよね〜。(w
あしたは例祭に行かれるのでしょうか、、

190 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/22(土) 08:33:23 ID:DRzD2/+S
>>185 沙羅 ◆CRkFRvt2RQ 2007/09/22(土) 04:40:13 ID:uJ8Aj6ah
>・箱根保養所オープンのお知らせ

> 現施設を「箱根保養所」としてオープンし、会員の皆様とご家族の健康増進、
>リフレッシュの場としてお役立ていただくこととなりました。

またまた情報提供ありがとうございます。
当初「研修道場」とかで、それこそ伝法、訓練、修行に使うはずではなかったのか?
まあそんなものをオープンしても教える人もいないしプランもない。
ゲイカは信徒の為になんか腰を上げないし。
会員の福利厚生施設にでもした方がまだ正解かも知らんが。
数年後には閉鎖しそうだが…。

>●ご利用料金
一室当たりの料金(素泊のみ)
>1室9000円(定員5名)
>5名様グループでご利用されますと、1人あたり1800円となります。
>家族割引 1室8500円

最近は大企業なんかもこういった福利施設の整理をしてスリム化を図っているが、
市区町村の保養施設など観光地に1泊2食で4000円くらいで泊まれないか?
ここって飲食施設なんてなくて部屋と温泉だけではないか?
管理人がせいぜい一人常駐するくらいで。
提案なんだが、この施設を利用するのではなく、利用者の為にサービスに努める
修行者を各週、週末ごとに募集したらどうか?
修行なんだから当然無給のボランティアです。
しかし部屋、寝具付き、温泉付きですぞ。
修行御礼を忘れずに。
給料代わりに「桃栗三年」の色紙のコピー授与というのはどうだ?

191 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/22(土) 08:43:12 ID:Xw8h9GMl
>>189
>たちまち嵐のような自作自演のオンパレードでした。(w

証拠は?

192 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/22(土) 08:43:18 ID:DRzD2/+S
>>189
沙羅さんが深夜から未明にかけて書き込むのはいつものパターンでしょうが。
第一、総本殿での例祭行事の質問に対するレスと、ついでに宗報からの箱根保養所
等の情報提供をしただけで、あなたの自作自演だのプロのライターなんて話には
レスしてません。
ソフィー沙羅にもスルーです。

193 :中立派:2007/09/22(土) 10:49:03 ID:A0jYAXY0
批判派の皆さんこんにちは&はじめまして。

批判派の皆さんは知っているかもしれないですが、阿含宗は、来年も外国で法要する計画を立てているようです。
今度は、太平洋戦争に関係のあるアノ場所です。

またまた阿含宗が大躍進です。


194 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 11:42:01 ID:Cc0sXW2K
>>193 :中立派:2007/09/22(土) 10:49:03 ID:A0jYAXY0
>またまた阿含宗が大躍進です。

情報をありがとうございます。
ただ、それは桐山さんはシベリア護摩の前から、
次はガダルカナルだと言っているので、新しい情報ではありません。
桐山さんが海外で焚き火をすることのどこが「阿含宗が大躍進」なのですか。
中立派というハンドルを用いるなら、こんな文章は書かないほうがいい。
中立でもなんでもなく、あなたは信者ですよね。
海外で焚き火をすると、大成功したかのようにうれしくて仕方ない。
アウシュビッツみたいに現地の人たちから金銭疑惑など持たれようが、
代議士の権力を使おうが、方法手段などどうでもいいのでしょう?
「やっちまえばこっちのもの」、これが桐山さんやあなたの感覚です。
釈尊が禁止した護摩を、釈迦の成仏法と称して焚いて、
死者たちを霊障のホトケと侮辱するのがうれしくて、
あなたの目には「阿含宗が大躍進」に映るらしい。
不幸な死者と信者の同情心を踏み台に利用して、
「イベントで金集めと売名をしている」。
桐山さんとあなたがしていることはこれだけであり、
その意味では成功しているし、躍進しています。

195 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 12:35:43 ID:Cc0sXW2K
>>189 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 08:23:50 ID:SPhHr1ry
>私がきのう自演があると書いたら、たちまち嵐のような自作自演のオンパレードでした。(w

オンパレードの中には私も入っている。
いったいどれが自作自演なのですか。
根拠は何ですか。
論理のすり替えと言いながら、私の質問を完全無視して、
どれなのか、根拠は何なのか、相変わらず、返事をしない。
それもそのはずで、うっかりその二人を指摘して、
根拠にもならない根拠を示したら、
批判側だけではなく、信者側からもあなたの知性と精神の健康を疑われる。
あなたの「プロ二人」の思い込みは最近のことではない。

196 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 12:37:42 ID:Cc0sXW2K
スレ119
>371 :神も仏も名無しさん :2007/05/07(月) 22:17:41 ID:QDExk4M3
>ワロス ワロス ばればれ
>私文書為造 ◆iCtd3oCMyM=沙羅=私文書為造 ◆iCtd3oCMyM=沙羅

371は189さんが書いたのではありませんか。
しかも、この時は同じ文章を十数行も並べて、さらに連続コピペをした。
嫌がらせのこの行為に、あの時も精神の健康を疑われたのを覚えていますか。
私文書さんが自作自演だというのは今年の三月くらいから書いている。
こうやってみると、もう五月にはあなたの頭の中では、
自作自演のプロが二人いると確信していたらしい。
この時もユビキタスさんに反撃された。
元々、あなたの思い込み以外何もないから、それ以上何も言えない。
そこで、いよいよあなたは満を持して、
私文書さんの自作自演を証明するための作戦に移ったのが7月です。
それはとても汚い作戦だった。
私文書さんが自作自演をしたかのように、あなたが自作自演をした。

197 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 12:38:28 ID:Cc0sXW2K
スレ123
431 :神も仏も名無しさん:2007/07/07(土) 21:25:31 ID:saZfrkky
>>429
貴方の書き込んだ>>167をご覧ください。
一般的に、「きく」は「聞く」と書いてしまうものですが、あなたは「訊く」と書かれていますね。
文法的には「訊く」で正しいのですが、このように正しい語法で書ける人は今では少ないので目に付きました。

そして、貴方がよく使用する全角クエッションマーク「?」を、文章中で多用している点。
これも貴方の文章の特徴ですね。

また一番わかりやすいのは、貴方は「嘘」を「ウソ」と書く癖がある点です。
専用ブラウザをお使いの方は、このスレで「ウソ」という言葉を抽出してみてください。
私文書為造氏が「ウソ」という言葉を多用していることが一目瞭然にわかります。

以上の点から、どう考察しても貴方の書き込みにしか思えません。
自作自演なさるなら、もう少し文章の全体的な印象を変えてはどうでしょう。

198 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 12:40:57 ID:Cc0sXW2K
>>189 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 08:23:50 ID:SPhHr1ry

>>197に引用したスレ123の431を書いたのは189さんですよね?
あなたの主張の根拠とはせいぜいこんなものです。
批判側から、こんな言葉の使い方なら他の批判側もしていると反撃され、
懲りたのかと思ったら、どうやら、何の効果もなかったようだ。
この件については、私文書さんの自作自演どころか、
あなたの作戦であるという解釈も成り立つことを示した。
私文書さんを陥れるために、誰かと組んだか、二つのサーバを使い、
私文書さんの文体を真似て、指摘しやすい内容を事前に書き込んで、
いかにも私文書さんが自作自演したかのように指摘してみせた。
薄汚い自作自演をして無実の人を陥れようとしたのはあなたのほうです。
私文書さんを自作自演だと批判して、批判側の信用を落とすために、
仕組んだ罠ですよね。
自作自演だと他人を批判しながら、実は自分がしていた。
あなたのしたことは信仰のためなら人殺しもいいというオウムと
同じ発想であることに気が付いているか。

199 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 12:45:44 ID:Cc0sXW2K
>>189 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 08:23:50 ID:SPhHr1ry

二ヶ月たって、私文書さんを陥れる作戦に失敗したことの傷も癒えて、
また、ムラムラの批判側に憎しみが沸いてきて、因縁を付け始めた。
根拠のないことを思い込みだけで信じ続けるあなたの病的な態度は
アゴン宗では珍しくもないのはよく知っています。
矛盾だらけ、嘘だらけの桐山さんを信じていられるのも、それが大きな理由です。
だから、何をどう言われても、あなたは絶対に私文書さんの自作自演だとして譲らない。
だが、その態度は批判側にはありがたい。
何の根拠もないことを頑迷に信じて病的にしがみついて主張しているのだから、
アゴン宗の信仰とはこんな信者の狂信にすぎないと示すことができる。
他の信者たちからは、あなたの書き込みこそが批判側のヤラセ、
自作自演ではないかと思われている。
仲間の信者からはありがた迷惑のお邪魔虫に思われているばかりか、
あなたの大好きな大好きな桐山ゲイカの顔にまで泥を塗った気持ちはいかがか。

200 :元カリフォルニア会員:2007/09/22(土) 14:19:39 ID:FGoNHuOi
>>117
告発さんに載っている会員のTさんはアメリカ政府の0000に行って
アゴン宗幹部をテロリストと通報してました。
W田さん不正の3億円で購入したニューヨークの土地でアメリカ市民が
転んでアゴン宗が訴訟されたとS崎が言ってました。
でもあれはS崎のやらせではないかとみんな疑っています。
その土地は会員が騒いで売却後隠蔽されました。
アゴン宗は元職員さん達にアメリカの怖〜い政府にも告発暴露されました。
そして2回のニューヨーク護摩法要で少々名をあげたアゴン宗と
桐山さんの名前は一転して崩れ落ち、S崎とW田さんの悪事によって
アメリカでオウムと並んで有名になりました。
このようにS崎とW田さんはアメリカでアゴン宗撲滅やってます。



201 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 14:54:04 ID:HScjzgG5
>>183
>阿含宗本山総本殿・釈迦山大菩提寺(京都市山科区北花山大峰)
            ↑
ここで、一度でも例祭が、行われたことがあるのですか?


毎年の伝法会の開会式等で一回は使用してましたが、とうとう去年は
伝法会ですら使用しませんでした(今年は知らない)。
お滝場だけは、毎年使ってますね。(そこしかつかえない)
もったいない話ですね。


202 :神も仏も名無しさん:2007/09/22(土) 15:29:40 ID:fSb1WYk7
桐の砂場、コレクションみたいなもんだな
自分が気に入った趣味の遊び場なんだよ
それ以外には使わせたくないんでしょう

203 :中立派:2007/09/22(土) 16:30:56 ID:A0jYAXY0
>>194
知ってましたか。それは失礼。さすが情報収集は早いですね。

ですが、私は信者ではありません。
信者よりの書き込みになってしまいましたが。誤解を与えたのなら失礼。
最後の一文は皮肉とでも受け取ってください。わたくし流のブラックジョークです。


204 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/22(土) 17:23:57 ID:Xw8h9GMl
>>203
だったら最後に「w」とか付けて皮肉やジョークだと判るようにして下さいよ。

・普通に道場で梵行したり、そう言う会員と連絡のある会員は、ここを見るなと指導されたり
申し合わせしたりしてる可能性が高い。(桐山ははっきり批判本を見るなと言ってる)

・だから腹をくくって批判側の話を見ようとしてる人よりは、こわごわ覗いてみたと
言う人が多い可能性がある。その時にきっちりした反論批判が書かれてないと
擁護側が勝ってると勘違いしてしまうおそれがある。

そう言うわけなんで、批判側はある意味常に気を緩めません。

205 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/22(土) 22:55:49 ID:DRzD2/+S
>>189 神も仏も名無しさん 2007/09/22(土) 08:23:50 ID:SPhHr1ry
>沙羅さんなどは出てくるタイミングが良すぎるんですよね〜。(w
>あしたは例祭に行かれるのでしょうか、、

沙羅さんが例祭などには行かないことはおわかりでしょうが。
彼女は阿含宗を辞めたのですが、宝塔は分解したもののめんどい退会手続きなどは
敢えて無視している。
だから会報だけは未だに送り続けてくるわけですよ。
彼女が会費を払わなくなってからもう1年近くなるのではないですか?
しつこく会費の振込用紙と共に送られて来た宗報は8月24日号とあるから
先月の例祭で配られたものです。
郵送はそれから約1月も遅れている。
会報発送のボンギョーをする人口もよくよく減っているのでしょう。
沙羅さんが例祭に出席していたら宗報の内容情報提供は先月のうちになされている
はずです。だから普段から例祭になど行ってない証拠ですね。
あなたも会員ならば例祭くらいは行くでしょうが。
今日配られた会報に先月の例祭法話は載ってましたか?
北海道の白い恋人事件はアイヌ民族の怨念が原因とムチャクチャな侮辱発言を
したヤツ。

206 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/22(土) 23:29:24 ID:DRzD2/+S
>>193 中立派 sage 2007/09/22(土) 10:49:03 ID:A0jYAXY0
>批判派の皆さんは知っているかもしれないですが、阿含宗は、来年も外国で法要する計画を立てているようです。
>今度は、太平洋戦争に関係のあるアノ場所です。

今度の橋本志穂よりもずっと昔にやはり太平洋のかつての戦地、南海のパラオ諸島で
柴燈護摩を焚いたことがあります。
パラオ時代はまだ阿含宗立宗前で本当の成仏力のなかった時代だなんて理屈を
言う人がいるかも知らんが。
信者さんたちは何度旧戦地に足を運ぶのか?
もちろん慰霊法要なんて一回行っておしまいなんてものではなく
何度も続けて行ってこそが誠意というものという考えもありましょう。
しかし阿含宗なんてその場その場の思い当たり、都合であっちこっちに顔を出して
その地は一回でおしまいで、あちこち行っているようで偏っており中途半端ですね。
何が目的であちこちに供養の護摩を焚きに行くのか?
世界平和の為ですか?
その割にはシベリアだのガダルカナルだの日本ゆかりの地ばかりで単に日本人の
情に訴えているだけであり、甚だ偏っている。
まだまだ不幸な事件、戦争のあった地はグローバルに見ていくらでもあろうに。
こんな思いつきの中途半端なセンチメンタルに訴えて護摩木代を募る活動で
世界平和もへったくれもあるか。
>>200 元カリフォルニア会員 2007/09/22(土) 14:19:39 ID:FGoNHuOi
>そして2回のニューヨーク護摩法要で少々名をあげたアゴン宗と
>桐山さんの名前は一転して崩れ落ち、S崎とW田さんの悪事によって
>アメリカでオウムと並んで有名になりました。
とあるように、アメリカからもそっぽを向かれて世界平和と笑わせてくれる。

207 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 00:22:29 ID:51lrSqVp
北海道寒い。今9℃。
何か書こうと思ったけど、寒いので止めた。
みなさんもお風邪を引かぬよう気をつけてくだされ。おやすみ。


 <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



208 :樹意:2007/09/23(日) 09:49:15 ID:HE4DnoBp
>>178
すばらしい企画です、
期待していますのでよろしくお願い致します。

>>186
> 信者の皆さん!あなたが阿含宗に求めているのはこんなことでしたか?

いろいろ検索してみましたがこの値段ですと普通は食事つきです。
節税目的の別荘という意味あいがあるのかもしれませんし
本堂があるということは宗教施設で申請されたのかもしれません
形だけ信者にお知らせしたというところでしょう。
そういえば以前桐止氏が戒名のレスをされた際箱根でどうのこうのと
コメントされていたようですからゲイカはこういうところで 骨休めを
兼ねて幹部といろいろやるのが好きなのでしょう。
信者が求めていると云うよりは 幹部或いはゲイカが求めているもの
と云えるのではと思うしだいです。

本業の宗教風興行 墨場経営の他に 出版 食品 病院 不動産 観光 
旅館業・・企業グループの オーナーさんとしては
別荘の一つも持つのが甲斐性というものです。


209 :樹意:2007/09/23(日) 10:07:26 ID:HE4DnoBp
>>86
> 阿含宗本山総本殿・釈迦山大菩提寺(京都市山科区北花山大峰)
>             ↑
> ここで、一度でも例祭が、行われたことがあるのですか?

別荘ついでに書きますと ここはゲイカの本宅になるのでしょうから
なかなか 宗教○畜さんたちに使用させる気にはならないのではと
思います。
農業の方ならお分かりになるかと思いますが、○畜小屋と本宅は普通
は別にするものです。



210 :樹意:2007/09/23(日) 10:16:09 ID:HE4DnoBp
>>193

> またまた阿含宗が大躍進です。

旅行観光業についても触れましたが、宗教風興行ついでに教団が仕入れて
再販するツアーもあるわけです。
毎年いろんな処へ旅行に行ける信者さんは 旅上手なので
ありましょう。

百姓と菜種油は絞れば絞るほど取れると昔の領主様は言ったそうですが
うまくやらないと逃げられてしまいますから絞るのは程ほどに
しないと躍進までは厳しいかと思います。
よろしくゲイカにお伝え下さい。


211 :ベレムベア:2007/09/23(日) 15:08:01 ID:iVOm1YN+
>>209
朔日縁起宝生護摩や冥徳祭で、総本山総本殿の映像を見せられますが、
その映像には、不思議と人っ子一人映っておりません。
非常に、不自然に感じておりましたが、そういうことでしたか。
特に、上空から映した映像には、まずいことに撮影のためのヘリコプターの
影が、総本殿にかかってしまっています。
素人の自分でもこの撮影はヘタだなあと思いましたが、桐yさん個人の
本宅なら別にそれでもよかったのでしょう。
自分なら、天候の良い大仏祭などの催し物の参拝者が多い日などに、ヘリを
飛ばして撮影させますがね。


212 :Q:2007/09/23(日) 15:08:51 ID:dbRB2qdM
ガイドライン【47.魂や霊魂を過剰に意識する】
>252 :神も仏も名無しさん:2007/09/10(月) 22:54:43 ID:74nO70Gd
 >214
 >「比丘たちよ、これは、悪魔(魔波旬)が、善男子ヴァッカリの魂はどこへ行ったのかといって、
 >その魂を捜し求めているすがたである。
 >しかし、比丘たちよ、善男子ヴァッカリは、その魂がどこかに止まることなく、完全な涅槃に入ったのである」
>「魂」となってるところ、原語では「霊魂」の意味ではなく、五蘊の一つ「識」のことです。

まるで私が「霊魂」と言ったかのような書き方だが、>214のどこにも書いていない。
「魂」に過剰反応しているようだが、このあたりに批判側の癖が表れていて面白い。
『原始仏教の生活倫理』(中村元選集第17巻)p364に、このヴァッカリの話が載っている。
原文のままあげてみると、

かれの魂がどこへ行ったのか、ということをビクたちが問題にしたときに、釈尊は、
『かれの魂はどこかにとどまることなく、完全にときほぐされたのである』 と答えたという。

このように中村先生も「魂」と書いているが、この「魂」の注には、
原語がviññana.であり漢訳では「識神」または「神識」である、と解説されている。
「魂」と書いてあっても「霊魂」の意味では使っていない。
学者たちが誤訳するはずもない。

213 :Q:2007/09/23(日) 15:09:56 ID:dbRB2qdM
ガイドライン【01.文献や論文を自己に都合よく解釈する】
>「ヴァッカリの識はどこへ行ったのか」は悪魔の言葉の引用です。
>つまり、「識がどこかへ行く」というのは、仏説ではない!

>214の『世界の名著』版では、釈尊は悪魔の言葉を引用して、釈尊みずから、
「比丘たちよ、善男子ヴァッカリは、その魂(=識)がどこかに止まることなく、完全な涅槃に入ったのである」
と言ったのであり、また、中村先生の文章では、比丘たちの疑問に対して、釈尊は、
『かれの魂(=識)はどこかにとどまることなく、完全にときほぐされたのである』 と答えた。
すなわち、両方とも釈尊の言葉である。
勝手に意味を書き換えないことです。

214 :Q:2007/09/23(日) 15:11:53 ID:dbRB2qdM

いきなり訂正

ガイドライン【01.文献や論文を自己に都合よく解釈する】

ガイドライン【01.文献や論文を改ざんする】


215 :樹意:2007/09/23(日) 15:13:29 ID:HE4DnoBp
>>86
> 阿含宗本山総本殿・釈迦山大菩提寺(京都市山科区北花山大峰)
>             ↑
> ここで、一度でも例祭が、行われたことがあるのですか?
> そんなこともないのに、毎年毎年、囲碁大会なんて、なに考えているのですか?

>>209
> 別荘ついでに書きますと ここはゲイカの本宅になるのでしょうから
自レス
成功された方が本宅で自分の名前を冠した囲碁大会を毎年開いている
そういう見方もできるかと思うわけです。
本山の名目であれば広大なお屋敷を法人名義で持つこともできるし
税金の優遇もあります、
実質別荘であっても教団の保養所の名目で持つことも可能でありましょう。
信仰する側から見るなら、宗教行事でもないことを毎年熱心にやると見えるで
しょうが、単に企業経営者の持ち物という見方でみるなら至極当然な
ことではないでしょうか?
社長の車に2ドアが無いのと同様です。
本質は何なのか 常に問うことも信者さんには必要なことです。
よくお考え下さい。



216 :Q:2007/09/23(日) 15:16:29 ID:dbRB2qdM
ガイドライン【47.魂や霊魂を過剰に意識する】
>270 :樹意:2007/09/11(火) 02:31:03 ID:9/cp1/d1
 > 霊魂のある無しを議論しようとしたのではなく、
 > 日頃薀蓄を垂れておられる呪医先生のご意見を聞きたかったのである。
>クリン含さんの顔の皮が厚いというのは 聞いておりましたがこれほど >ととはおもいませんでした。
>仏陀の無記に関する引用を >毎度無視してきたのは あなたですよ。

こちらが山折先生の文章の中で問題とするところは「霊魂」ではなく、
「28.無我説を唯一絶対のものと考える立場に立つならば、
霊魂の昇天説や輪廻転生説は当然しりぞけられるほかはない」 という箇所である。
無我説を支持する立場なら輪廻転生までも否定しなければならないのである。
つまり仙尼経の場合なら、経典そのもが無我説と矛盾することになる。
そこのところをどう思うか聞きたかったのであるよ。
別に呪医先生が無我説を支持しているかどうかは知らんが、
少なくとも批判側の中に若干の支持者がおるようなので、
ならば異陰ばかりを批判するだけで、
輪廻転生についてはノータッチなのは如何なものかと思ったわけである。
もちろん、例によって自分等は経典捏造行為を批判しているのであって、
輪廻転生という仏説を議論することはスレ違いだ〜と逃げることもできるがね。

ガイドライン【47.魂や霊魂を過剰に意識する】 
       【48.無我説を誤解している】
>358 :神も仏も名無しさん:2007/08/18(土) 00:02:50 ID:Jp4QRXw7
 >18.解脱を得た者の精神の内部に, 主体..を想定すること..を、無我説が否定したわけではなかった
根本仏教に関する記述はこれだけ。この主体が霊魂だと言いたいようだが、
18は間違いである。主体というものを想定すれば無我(非我)説と矛盾する。
なんら主体を想定しないのが、根本仏教である。
非我説は、非我なる五蘊の他に、別の真我を想定しているわけではない。

根本仏教は無我説を説いていると信じているようだが、それは誤解である。
以下、紹介する。

217 :Q:2007/09/23(日) 15:18:03 ID:dbRB2qdM
■初期仏教では無我説は説かれていない 
(中村元選集第15巻「原始仏教の思想T」p488〜504より)

@我(アートマン)を形而上学的に実体視することはゴータマ・ブッダの鋭く排斥したところである。
漢訳(とくに『雑阿含経』)に説かれた五蘊説は、決して「我なし」と説かぬばかりでなく、
色等の五蘊の一つ一つが我と相関的に考えられるべきことを示していると解し得るであろう。
このように解することによって、「自己にたよれ」という教えと矛盾することなしに受けとめることができる。
その場合の自己(アートマン)とは、実践の主体としての我、自己自身であった。
否定されているのは、実体的な我があるとして我に執着する態度である。

『〔悪魔がいった〕、<これはわがものである> と語る人々が <これはわがものである> と語るところの物、
――― そなたの心がそこにとどまるならば、修行者よ、そなたは、わたし(=悪魔)から脱れることはできないであろう。」
『〔尊師がいった〕、「人々が〔わがものであると執着して〕語るところの物、それは、わたくしに属するものではない。
〔執着して〕語る人々がいるが、わたくしはかれらのうちの一人ではない。このように知れ。悪しき者よ。
そなたは、わたくしの行く道をも見ないであろう。」
そこで悪魔・悪しき者は、「尊師はわたしのことを知っておられるのだ。幸せな方はわたしのことを知っておられるのだ」と気づいて、
うち萎れ、憂いに沈み、その場で消えうせた。』 ・・・・・雑阿含経第9巻

A初期仏教においては、このように「これ」として
具体的にあるいは対照的客体的に示して見せることのできる
いかなるものもアートマン(自己)ではない、
それはアートマンとは異なった他のものである、
またそれはアートマンに属するものでもない、
と教えているのである。

218 :Q:2007/09/23(日) 15:19:41 ID:dbRB2qdM
B初期仏教における我に関する見解について、
われわれはこれを「無我説」と呼ぶことを躊躇する。
「無我」という言葉は誤解をひき起こしやすい。
初期の仏教においては決して「アートマンが存在しない」とは説いていない。
むしろウパニシャッドなどの思想と多分に密接した連関を有するのである。
人間の個体の五種の構成要素(五蘊)を問題として、
「アートマンはそれではない、あれでもない」と説いていることは、
ウパニシャッドの哲人ヤージニャヴァルキヤがアートマンを問題として
「しからず、しからず」といっているのに論理的には通ずるものがある。
かのヴァジラー尼の所説は、後世『ミリンダ王の問い』において
ナーガセーナ長老の無我説の典拠とされているものであり、有名であるが、
この尼僧も決して「アートマンが存在しない」とは説かなかった。
ただ個体がもろもろの形成されたものの集合にほかならぬということを主張するのである。                 
すなわち、悪魔パーピマットがヴァジラー尼に対して、
「生存者(sattva)なるものがあり得るのか?」と問うたのに対して、
この尼は「ここに生存者は認められない」と答えた。
「たとえばじつにもろもろの部分が集まったならば車と言う名称が起こるように、
それと同じく五つの構成要素(五蘊)が存在するのに対して
生ける者という仮の想い(sammuti)があるだけである」という。

219 :Q:2007/09/23(日) 15:20:48 ID:dbRB2qdM
『ついでヴァジラー尼は「これは、悪魔・悪しき者である」と知って、悪魔・悪しき者に向かって詩をもって答えた。
「そなたはなにゆえに<生きる者>というものを認めるのか?悪魔よ。
汝は悪しき見解をいただいている。この<生ける者>はただもろもろの形成されたものの集合である。
ここに<生ける者>は認められない。
たとえばじつにもろもろの部分が集まったならば<車>という名称が起こるように、
それと同じく、五つの構成要素(五蘊)が存在するのに対して<生ける者>という仮の想いが起こるのである。
じつに苦しみが起こり、苦しみがとどまり、かつ滅びてゆく。苦しみのほかには、なにものも生起しない。
苦しみのほかには、なにものも滅びない」 と。』 ・・・・・雑阿含経第45巻(1202)

Cここでは客体的に生存する者としての生存者(有情 sattva)は
五種の構成要素(五蘊)の集合構成したものにすぎず、
常住不変な実体として存在しているのではない、ということをいおうとするのである。
初期ジャイナ教における術語の用例を見ても、アートマンは他者(para)と対立した概念であり、
この点は仏教と同様である。
そうして生存者(有情 sattva)はアートマンとは別の概念として扱われているから、
仏教の場合も同様であったと推定してよいであろう。
そうであればヴァジラー尼といえどもアートマンを否認したわけではないのである。

220 :Q:2007/09/23(日) 15:24:58 ID:dbRB2qdM
■自己の実現 
(中村元選集第15巻「原始仏教の思想T」p505〜506より)

このように、初期仏教においては、アートマンを否認していないのみならず、アートマンを積極的に承認している。
まず道徳的な意味における行為の主体としての自己(アートマン)を行為の問題に関する前提として想定している。
たとえば「自己の義務を果たす者」であるべきことを教え、自己(アートマン)が善悪の行為の主体であると考えている。
さればこそ修行者は己を励まして修行に努める人なのである。
そうして「自己をあるがままではなくて、異なって誇示する人」は斥けられるのである。
さらにまたアートマンならざるものをアートマンと解することが排斥されているのであるから、
アートマンをアートマンと見なすことは、正しいことなのではなかろうか。
聖典自身は明らかにこの立場を承認している。
原始仏教においては自己(アートマン)を自己(アートマン)として追求することが正しい実践的目標として説示されている。
すなわち真実の自己を求むべきことを勧めている。
律蔵(散文の部分)の記述を見ると、釈尊は遊楽に耽っている青年たちに向かって、
「婦女をたずね求めること」よりも「自己(アートマン)をたずね求めること」を勧め、そうしてかれらを出家させたという。

221 :ユビキタス@お仕事中 ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/23(日) 15:30:49 ID:NkgI20bH
早く桐山阿含宗の説との関係、どの論文のこういう主張が桐山阿含宗の説くことに
矛盾なく証明しており、批判側は間違っていると、誰にでもわかるように
書いてみなよ。

222 :樹意:2007/09/23(日) 15:33:19 ID:HE4DnoBp
クリン含さん 改め Qさん 
七誌さんが指摘されていましたが あなたの場合は自分の意見と引用部分を
しっかり区分けせず表示するインチキがあります。
意図的にミスリードする手法です。
議論において最低限必要なマナーです、 ですから貴方の書き込みは
ここにおいてはゲイカの著書と同様一切の信用を失ったことに気づかれた
方がいいでしょう。

議論において初めに必要なのは内容以前に それが事実(引用)なのか 
意見なのかしっかり区別することです。

次に 無我説がどうであれ ゲイカが阿含経を改ざんした事実は変わらず
仙尼経に異陰は無い。 これだけで議論は終わってしまうのです。





223 :Q:2007/09/23(日) 15:46:05 ID:dbRB2qdM
何故、ここでアートマンを話題にするかというと、それが「輪廻の主体」に関係してくるからである。
以前、クリン権太が七氏先生に「何で仏陀は仙尼に煩悩を絶つことを説いたのか?」という質問をした。
先生は、それは輪廻を断つためだ、とか、お前の仏教の知識が足りないから不思議に思うのだよ、
みたいな話で誤魔化していたが、先生だってそれが何を意味しているかをちゃんと知っていたんだと思う。
まあ、知っていて逃げたわけなんだね。
つまり、ここで問題になってくるのは「個人の責任」ということなのだ。
仙尼が死んでその後に彼とは何の関係も無い別の人生が始まるだけなら、
すでに仙尼の責任の及ぶ話ではない。
彼にとっては後の人生に責任を持つ必要はまったく無いのである。
それなのに何故、釈尊は彼に煩悩を絶って輪廻の輪からの脱出を説いたのか?
それは後の人生が現在の彼に関係しているからであり、彼の責任の及ぶ範囲だということである。
これと似たようなことに疑問を持った人たちは釈尊の弟子たちの中にもいたようだ。
以下のような話がでてくるのも当然だといえる。
それではこの辺で中村先生の本に戻りますか。

224 :樹意:2007/09/23(日) 16:03:10 ID:HE4DnoBp
>>223
> 何故、ここでアートマンを話題にするかというと、それが「輪廻の主体」に関係してくるからである。

答え
ゲイカもクリン含氏も主張の根拠を改ざん偽造した。

HONDAが HONGHDA だったようなものです
改ざん偽造のお詫びを先にするべきでしょう。
それをせず本物を議論するなど無意味なことです。

信者さんたちの為に書きますと、本物の仏陀の教法は 12縁起ですから
(誰が)という言い方はしませんし 過去世を説く場合でも
五蘊のいずれかを記憶しているのであると経典で述べています。
主体なるものは説かないのです。





225 :Q:2007/09/23(日) 16:11:25 ID:dbRB2qdM
>>222

>>217から>>220は原文の丸写しである。中村先生の文章に手を加えてはいない。
ただ、著書の全文を載せると、かなりの量になるので現実的には無理なため、
省略している部分もある(たとえば、ヴァジラー尼と悪魔との対話部分など)
それと読みやすく番号をふっている。
だから私は引用文を「原文のまま」だとは断っていない。
もしそう書いたら逆に批判側はそれを指摘するだろう。
何しろ難癖をつけるのを得意としている連中だからね。
ということで、以下の引用もほぼ原文の丸写しである。
嘘だと思うなら原著を調べてみてくれ。

226 :Q:2007/09/23(日) 16:14:03 ID:dbRB2qdM
■輪廻の主体
(中村元選集第20巻「原始仏教から大乗仏教へ」p117〜118より)

@仏教では個体の中心としての実体的原理を認めなかったが、
輪廻の観念を採用した以上、なんらかの意味で輪廻の主体を想定せざるをえなかった。
このような原理を想定する試みが経蔵の末期に現れていたが、
その後の哲学者たちの間でもこれが研究の中心問題となった。

「再生した者は死滅した者と同一であるか、別の者であるのか」というミリンダ王の問いに対して、
ナーガセーナ長老は「同一なのでもない、別異なのでもない、と答えている。その理法の説明として、
「たとえていうなら、終夜燃えている燈光は夜の初ごろの焔と中ごろの焔と後ごろの焔は同一でもなければ別異でもない。
ただ同一の燈火に依処して燈光は終夜燃えているのである」
『このように、もろもろの構成要素の相続は継続するのである。
生ずるものと滅するものとは同一でもなく別異でもないものとして、
最後の識に摂せられるにいたるのである』

227 :Q:2007/09/23(日) 16:15:04 ID:dbRB2qdM
A我という形而上学的原理を想定しないという点では、説一切有部は仏教本来の立場に忠実であった。
しかし、経典の中には、何らかの意味において、我に類する原理を想定するような思想も表明されていたし、
小乗諸派では有情の輪廻を認めたから、輪廻の主体を想定せざるをえず、
しかし、仏教は無我説であるから、ただちに実体としてのアートマンを認めることもできない。
そこで、我とは異なるが、それと類似したなんらかの輪廻の主体を想定した。
そうして、それによって生存主体(有情)の連続、因果応報の可能なるゆえんをも説明しようとした。                                                  
経量部は二種の五蘊(根辺蘊と一味蘊)を想定した。
根辺蘊とは根本である一味蘊にもとづいてそのはし(辺)に成立している五蘊という意味であり、
通常諸部派でいう五蘊の相当する。
一味蘊とは『無始よりこのかた順次に相次いで存続して和合している一味なる微細な意識であり、
いまだかつて中断したことがない。これは色以外の四蘊より成る』
また、その他に「勝義のプドガラ」が存在すると主張した。
基によると、これは「微細であり、具体的に表示しがたい実我」であり、
正量部等の想定する非即非離蘊我とは異なったものであるという。
勝義のプドガラと一味蘊との関係については『異部宗輪論』はもちろん、基もなんら説明していない。
経量部の論師であったクマーララータは「仮に立てられているアートマン」すなわち「俗我」を承認していたという。
これはまたヴァスヴァンドゥ(世親)にも採用されていたものと思われる。

228 :Q:2007/09/23(日) 16:16:02 ID:dbRB2qdM
B犢子部ではプドガラを想定し、「それは五蘊でと同一ではなく、また別異でもない。
ただ五蘊・十二処・十八界の和合しているものを仮にプドガラと名づけるのである」と説く。
基はいう、「このプドガラは我である。有為でもなく、無益でもない。五蘊に則しているのでもなく、離れているのでもない。
仏が無我を説きたもうたのは、外道等が想定するような、五蘊と同一あるいは別異なる我を否定したのである。
このような我は全然存在しないが、不可説にして五蘊と同一でもなく別異でもない我が存在しないというのではない。
その我は仏と成るに至るまで常に存在する。死んで生命(命根)がなくなっても、この我は死滅しない」 と。
このような見解は犢子部から分派して成立したところの法上部、賢冑部、正量部、密林山部にも及んだという。
ある所伝(真諦訳『摂大乗論』)によると、大衆部の経典の中には根本識というものが説かれ、
化地部はこれを名づけて<窮生死蘊>と呼び、また正量部は<果報識>、上座部は<有分識>というものを立てたという。
ともかく、このような思想にもとづいて後の唯識哲学においてはアーラヤ識という原理が想定されるにいたったのである。
このように我を立てると、仏教の無我説の立場に背くことになるので、伝統的・保守的な諸部派はこのような見解に反対した。
現在、スリランカに伝わっている上座部はみずから無我説を標榜して、我を説くプドガラ論者の説を排斥している。
また、説一切有部では「世俗のプドガラ」を認めていたが、実我の観念に対しては反対していた。

229 :Q:2007/09/23(日) 16:22:09 ID:dbRB2qdM
■伝統的保守的仏教の哲学思想
(中村元選集第20巻「原始仏教から大乗仏教へ」p818〜819より)

仏教徒は無我の理論をいだいていたが、では解脱の主体となるものは、何なのであろうか?
何ものが解脱するのであろうか?解脱するものは、自分自身の心(citta)である。
そうして、この心は、原始仏教の教説によると、それ自身で清浄なものである。
伝統的保守的仏教の時代には、個人存在の根底的原理はただ一つの心であると主張する人々がいた。
サウトラーンティカ派(経量部)は「一味蘊」なるものの存在を認めていた。
このような思想、とくに本性清浄の説は、後世の唯識説にいたるまで行なわれていた。
ともかくいずれにもせよ、小乗仏教徒は輪廻の主体、解脱の主体を承認せざるをえなかった。
では、輪廻の主体は何であるのか?
説一切有部は、中有(生まれかわる前の中間に存在するもの)なるものを承認せざるをえなかった。
犢子部は、輪廻の主体としてプドガラなるものの存在を承認した。

■諸部派の系統(中村元選集第20巻「原始仏教から大乗仏教へ」p82より)

大衆部

上座部  
  雪山部
        
  説一切有部  犢子部 ― 法上部、賢冑部、正量部、密林山部
         化地部 ― 法蔵部
       飲光部 
         経量部

230 :Q:2007/09/23(日) 16:23:55 ID:dbRB2qdM

やり直し


大衆部

上座部  
  雪山部
        
  説一切有部  犢子部 ― 法上部、賢冑部、正量部、密林山部
         化地部 ― 法蔵部
       飲光部 
         経量部

231 :Q:2007/09/23(日) 16:26:22 ID:dbRB2qdM
駄目だ、また失敗

今度はどうだ?

説一切有部 
  犢子部 ― 法上部、賢冑部、正量部、密林山部
         化地部 ― 法蔵部
        飲光部 
         経量部


232 :Q:2007/09/23(日) 16:27:18 ID:dbRB2qdM
■有我説と無我説との矛盾をいかに解決するか
(中村元選集第20巻「原始仏教から大乗仏教へ」p122から125より)

原始仏教および初期仏教の経典の中には、明らかにアートマンを認めている文句が多く認められる。
もしも、無我説を徹底しようとするならば、これらの経典の文句をどのように解釈すべきであるか。
無我説を徹底的に主張しようとする学派は、この問題について解答を与えねばならない。
これについて後世の仏教学徒はほぼ次のような二種の解決法を提示した。
第一は、「有我説も無我説もともに迷える凡愚を救うために説かれた方便説である。
そのいずれをも真実と解してはならない」というのである。
『諸仏はあるいは「我あり」と仮説し、あるいは「非我」と教示した。
また、「我」も無く、非我も無し」と教示した。』 (『中論』十八・六)
『仏法の中において、もしくは有、もしくは無というも、みな方便説にして、
罪と福との業と因縁とを示さんがための故なり。第一義には非ず。』 (ハリヴァルマン)
第二の解釈は、「勝義においては、我は存在しない。
しかし、世人が一般に我を認めているから、それに随順して我を立てるのである。
したがって、有我の説は世俗的あるいは実践的意義を有するけれども、真実の真理は無我である」というのである。
いわば一種の二重真理説である。

おそらく第一の説が最初期の仏教以来の根本的立場を表明したものであり、
第二の説は伝統的保守的仏教で無我説が定型化したために折衷的に考え出されたものであろう。
仏教ではむしろ「我執を離れる」「エゴイズムにとらわれるな」という実践的な要請が最初にあり、
その目的を達成するためにアビダルマの教義学者たちが、「我という実体は無い」という理論をつくり出したように思われる。

233 :Q:2007/09/23(日) 16:31:45 ID:dbRB2qdM
■ここからは全能の神「Q」のまとめ

初期仏教は我(アートマン)を否定していない。
仏陀は、実体的な我(アートマン)があるとしてこれに執着する態度を否定したのであって、
道徳的な意味における行為の主体としての我(アートマン)は承認していた。

仏教は輪廻の観念を採用したので、輪廻の主体を想定せざるを得なかった。
小乗諸派は有情の輪廻を認めたので、輪廻の主体を想定せざるをえなかったが、
仏教が無我説を唱える以上、実体としてのアートマンを認めることもできなかった。
そこで、我とは異なる何らかの輪廻の主体を想定した。
そうすることで生存主体(有情)の連続、因果応報の可能なるゆえんを説明しようとした。 
経量部、犢子部などはプドガラを想定したが、伝統的・保守的な諸部派は反対した。
説一切有部は、中有なるものを承認した。

無我説を徹底的に主張する学派は、原始仏教や初期仏教に説かれるアートマンの解決に
二つの解釈を考え出した。
第一は有我説も無我説も凡愚を救うための方便説でありいずれも真実ではないという解釈。
もう一つは有我説は世間が認めるから我を立てるが真実は無我であるという解釈(二重真理説)である。
第一の説は仏教以来の根本的立場を表明したものであり、
第二の説は無我説が定型化された伝統的保守的仏教が折衷的に考え出したものであろう。
仏教では「我執を離れる」「エゴイズムにとらわれるな」という実践的な要請が最初にあるので、
その目的達成のためにアビダルマ教義学者たちが、「我という実体は無い」という理論をつくり出したのであろう。

234 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 16:33:05 ID:NziiRHYy
批判派のみなさまに問題。

昔、例会でこんな質問が信者から出ました。
「自分のクローン人間を作った場合、自分の持っている因縁や霊障等もコピーされるのでしょうか」

さて、桐山氏はなんと答えたでしょうか。さぁみんなで考えよう。

235 :Q:2007/09/23(日) 17:01:50 ID:dbRB2qdM
■ 批判側理解のためのガイドライン (version3)
01.文献や論文を改ざんする(こじつけの感を間違いに解釈)(スレ126の>86-89、>479)
 (「識がどこかへ行く」というのは仏説ではない)(スレ128の>252)
02.自己に都合よく結論を下す(盆器説を定説にする) (スレ126の>603)
03.情報を操作して読者に伝える(自己に不利な蘭を隠蔽) (スレ126の>480、482-484)
04.妄想で主張を述べる(万燈売上愕然落ちの根拠無し) (スレ126の>112-115、スレ125の688-701)
05.根拠のないことで中傷する(万燈の売上げが愕然と落ちるから経典の真実を隠していると中傷)
06.根拠を追求されると話をそらす(嘘を感じない信者を相手にせず スレ124の>494)
07.根拠無き妄想で教団を中傷(宗務局の魔女狩り) (スレ115の>47)
08.擁護側の書きこみを牽制する(書き込む信者は処分される) (スレ126の>95->97)
09.相手の主張を捏造する(特定されても処分されない発言のでっち上げ) (スレ125の>644-647)
10.個人情報を要求する(会員番号を書いてみろ) ( スレ125の>723)
11.自分で勝手に作った基準で物事を判断する(霊体験は現実化して意味を持つ) ( スレ126の>490-491)
12.自分で書いた内容を否定する虚言癖(魔女狩りとは書いていない スレ126の>498)
13.言葉の知識が足りない(愕然の意味 スレ126の>477、魔女狩りの意味 スレ126の>498)
14.自分の根拠ない発言を追及されると内容をすり替えて議論の矛先を変える(スレ126の>498)
15.自分の意見が多くの人間に支持されているかのような書き方をする
  (お前は読者の笑い者だ スレ126の>498、>502)
16.自分が要求されて出来ないことを逆手にとって相手にやってみろと言い返す
  (先達の死亡記事を出してみろ スレ126の>498)

236 :Q:2007/09/23(日) 17:05:30 ID:dbRB2qdM
17.ごく稀な例を持ち出して全体を否定しようとする(先達の病死は教義の嘘だ スレ119 >124 )
18.先達の訃報記事の扱いが不当だと根拠なく中傷(スレ126の>498他)
19.元信者の特定情報を流して平然としているエゴイストで冷血漢(スレ126の>504)
20.自分が説明に窮すると話題を変える(蘭は議論と関係ない スレ126の>599)
21.学者の話を自分に都合よく解釈する
  (蘭は名詞に決定 スレ126の>603、祟りは現代の話ではない スレ125の>626)
22.反論されると意味を書き換える(キモイの意味はこうだった スレ124の>501,502)
23.事件を実際より誇張して書く(先達の死去は現場に混乱を引き起こしたの嘘 スレ124の>644)
24.その場限りの発言で話に一貫性が無い(存在しないと書いた因縁をお前切れるかと聞く スレ126の>575)
25.素人判断で学者の説を間違いだと断定する(主体は無我説と矛盾するから間違いだ スレ126の>358)
26.人に注意したことを自分が犯す(支持する盂蘭盆説はどれだと聞く スレ126の>597)
27.同じことを言い続けて相手の追撃をかわす(論文を読んだことを知っていたというのは嘘だろ スレ126の>608)
  (赤松論文が盆器説なのを知らなかっただろ スレ128の>414)
28.答えの出ている質問を執拗に繰り返す(「第九識=霊魂」の根拠を出せ)
29.相手の国語力のせいにして言い逃れる(スレ127の>499)
30.ここでは関係の無い議論だと言い逃れる(スレ127の>499)
31.批判側の一人は総本部所属でY道場にも通じた人間(スレ127の>495)
32.根拠が出ているのを無視してしつこく要求する(蘭隠蔽の根拠を出せ スレ127の>501)

237 :Q:2007/09/23(日) 17:06:37 ID:dbRB2qdM
33.自分で書いたことを忘れて開き直る(自分は盆器説に決定していない スレ127の>508)
34.国語力の無いのは自分であることに気づかない(お前は盆器説を支持した スレ127の>510)
35.相手の発言を無視して言い掛かりをつける(悪質な引用だ スレ127の>611)
36.自分が先に根拠説明しなければならない立場でありながら、相手に対して反論の根拠を求める
37.あれは他の人間への忠告であってお前にではないと言って逃げる(あれは青柿氏への忠告だ スレ128の>531)
38.括弧書きで言葉を追加して言い訳する((クリン含さんには)を追加 スレ128の>532)
39.相手を煽って考えを聞き出そうとする(スレ128の>414)
40.細かいところにケチをつけて相手を責める(これは原文のままではない スレ128の>419)
41.相手がミスを認めたことを無視して尚も責め続ける執拗さ(筆者注と書いただろ スレ128の>421)
42.関係ありそうで関係無い話を始める(宗務局での目撃談 スレ128の>533)
43.やってみればわかるのだと言って説明責任を放棄する(宗務局に出頭すればわかる スレ128の>534)
44.言葉の意味を書きかえる(出頭したら見せしめにするのが魔女狩りだ スレ128の>534)
45.別の話を繰り返すことで相手の追撃をかわす(M本理事の話を繰り返す スレ126の46,スレ128の>83)
46.矛盾したことを書く(大きな衝撃が小さな記事でおさまった スレ124の>644)
47.魂や霊魂を過剰に意識する(スレ128の>252)
48.無我説を誤解している

238 :Q:2007/09/23(日) 17:14:03 ID:dbRB2qdM
今度こそ!

■諸部派の系統(中村元選集第20巻「原始仏教から大乗仏教へ」p82より)

大衆部

上座部
----------雪山部
  
----------説一切有部---犢子部 ― 法上部、賢冑部、正量部、密林山部
           ---化地部 ― 法蔵部
           ---飲光部 
           ---経量部

239 :Q:2007/09/23(日) 17:16:45 ID:dbRB2qdM
これで最後だ!

■諸部派の系統(中村元選集第20巻「原始仏教から大乗仏教へ」p82より)

大衆部

上座部
----------雪山部
  
----------説一切有部---犢子部 ― 法上部、賢冑部、正量部、密林山部
-----------------------化地部 ― 法蔵部
-----------------------飲光部 
-----------------------経量部

240 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 17:19:03 ID:NziiRHYy
こりゃ、また荒れるな。

241 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/23(日) 17:31:25 ID:NkgI20bH
>>234 神も仏も名無しさん 2007/09/23(日) 16:33:05 ID:NziiRHYy
>自分のクローン人間を作った場合、自分の持っている因縁や霊障等もコピーされるのでしょうか」

>さて、桐山氏はなんと答えたでしょうか。さぁみんなで考えよう。

その質疑応答は聞いてないのですが、はずれてかまわないから気楽に答えましょう。

正解:コピーされる。

理由:コピーされれば因縁も霊障も二枚二倍!(高見山懐かしいですね)
つまりそれだけ因縁解脱と霊障解脱に投資しなければならない。
会費が2倍だけではない。
コピー元の霊障が100体だったらコピー先もまた100体の霊障を抱える。
あわせて200体。
一人からふんだくるよりも1千万円多くふんだくれるのだ!うひょ〜(^0^)
コピー元が因縁解脱して霊障解脱してもコピー先までは解脱しませんよ。
風邪を人にうつしてしまった。
自分は風邪が治ったらうつした相手も自動的に治りなどはしないのと同じ理屈です。


仕事しよ。。。

242 :Q:2007/09/23(日) 17:33:29 ID:dbRB2qdM
ガイドライン【37.あれは他の人間への忠告であってお前にではない、と言って逃げる】
>531 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:02:42 ID:zeNnWPrK
>私は、青柿さんに、宗務局は「腐ったミカン」を捜し出そうとしていることを
>魔女狩りをしていると警告をしただけのことです。
>クリン含さんにはなんにも関係がない。
>言われた本人でもないクリン含さんがどうしてこうも強く反応するのだ?

魔女狩り発言が私にではなく青柿さん宛てであっても、魔女狩りには変わりなく
相手によって意味が変わることはない。
私に向けてであれ青柿さんに向けてであれ、同じ阿含宗の宗務局のことを話題にしている。
それを、「あれは青柿さんに言ったのであり、お前にではない」で逃げられると思っているのか?
そして発言者はその発言に対し責任を持たなければならない。
このスレは私以外の信者も見ている。
宗務局の話ともなれば信者全員にとって関心がある。
七氏は日頃、自分の発言は大勢の読者を意識したものであると自慢していた。
>563 :神も仏も名無しさん:2007/08/22(水) 21:12:58 ID:fvLEa85Z
>なぜなら、>555で私文書さんが書いているように、
>信者さんたちに読んでほしいからです。
>しかし、私はクリン含さんと議論しているのではない。
また、最近の万燈愕然落ちの根拠説明のときも、読者を相手にしていると言っていた。
その七氏が、今回の魔女狩り発言に限り、広く読者を相手にしたのではなく
青柿さん個人に向けての警告だというのは苦しい言い逃れである。
見苦しい。本当に見苦しい。
不特定多数の読者の中でも、特に信者は、
今回の七氏の宗務局魔女狩り発言には大きな関心を寄せているだろう。
結果がはっきりするまでは書き込みを控えている人もいるかもしれない。
七氏は彼らの視線がまったく気にならないらしい。
彼らを意識して書き込んでいるというのはハッタリだったようだ。
だが今までの言い訳をみればわかるように、どうやら今回の発言はでっち上げである。
こうまで見苦しく逃げまわる七氏を見て信者は笑い転げているだろう。

243 :Q:2007/09/23(日) 17:35:59 ID:dbRB2qdM
ガイドライン【38.括弧書きで言葉を追加して言い訳する】
>532 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:05:16 ID:zeNnWPrK
>国語力でないとするなら、いったい何なんだ?
>私は、前に、青柿さんに「魔女狩り」と書いた。
>あなたが引用した文章も青柿さん宛のこの文章です。
>だから、「(クリン含さんには)魔女狩りなんて書いていない」と反論した。

何の真似なんだ、この括弧書きは?
後になって(クリン含さんには)などと括弧で追加しても言い訳にしか受け取られない。
>498 :神も仏も名無しさん:2007/08/20(月) 23:40:42 ID:PkV5Zj/Y
>私は魔女狩りなんて言葉は使っていない。
>私は魔女狩りなんて書いてない。
七氏はこの時点ではっきりこのように書いている。
それを後になって、あれはクリン含あてに書いたなどという言い訳は通らない。
七氏とは本当に情けない人である。
おまえ、それでも○ンタマ付いてるのか?(女性なら許されるということでもないが)
素直に自分の妄想を認めればこちらも書かないのに、悔し紛れに言い訳を書き並べるから、
読者も七氏の恥ネタをまた思い出して大笑いする。
七氏は物笑いになるのが大好きなのである。

244 :Q:2007/09/23(日) 17:38:00 ID:dbRB2qdM
ガイドライン
【36.自分が先に根拠説明しなければならない立場でありながら、相手に対して反論の根拠を求める】
>533 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:08:29 ID:zeNnWPrK
>宗務局が魔女狩りなど するはずがないという、何か根拠や体験の一つも出したことがあるのか。
>あなたは隠れアゴン宗だから、何も知らないのだ。

ガイドライン【42.関係ありそうで関係無い話を始める】
>533 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:08:29 ID:zeNnWPrK
>宗務局が排除したい信者に因縁を付けて、修行者たちを煽りながら、
>総出で排除する光景を私は目の当たりにした。
>精神を病んでいる人を自殺にまで追い込んだひどい仕打ちも、
>職員が音頭をとり、修行者たちが一体となって排除したからです。
>534 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:13:54 ID:zeNnWPrK
>別なケースでは、排除したい信者を助けようとした修行者に
>職員が「ゲイカに逆らっていることになる」とまで告げた。
>つまり、おまえも同じ目に遭いたいのかという意味です。

一般的な話を始めて読者の目を逸らせようとしている。

245 :Q:2007/09/23(日) 17:44:35 ID:dbRB2qdM
ガイドライン【43.やってみればわかるのだと言って説明責任を放棄する】
>534 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:13:54 ID:zeNnWPrK
>あなたが出頭すればいい。
>魔女狩りなど嘘だというなら、出頭してみなさい。
>腰抜けクリン含に、戦闘種族などと犬の遠吠えをする以外に、何ができる。
説明できない七氏は逃げ回る以外に何ができるのか。

ガイドライン【44.言葉の意味を書きかえる】
>534 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:13:54 ID:zeNnWPrK
>出頭したら最後、指示に逆らったらどうなるかを宗教奴隷たちに
>教えるために、一罰百戒のみせしめとして処罰される。
>そういうのを魔女狩りというのです。

出頭してきた信者を処分するのを魔女狩りとは言わない。
出頭してこない違反分子を探し出して処分するのが魔女狩りである。

ガイドライン【07.妄想で教団を非難(宗務局の魔女狩り)】
>531 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 23:02:42 ID:zeNnWPrK
>私はあなたと違い、宗務局とはどのような所か、現実に体験してきた。

だから何度でも言うように、現実に体験してきたのならそれを話せばよい。
私は、宗務局は魔女狩りをしている現場を見たと書けば済むことである。
ここでいう魔女狩りとは、七氏がかつてスレ115で書いたように、
書き込みをしている信者を宗務局があの手この手を使って探しだす行為である。
(その後、見つけた信者を違反分子としてゲイカに突き出して処分を待つという意味を持つ)
答えは二つしかない。
1.魔女狩りの現場を見たのか?
2.魔女狩りの現場を見てないのか?
何故そのような簡単なことに答えられないかというと「事実無根」だからである。

246 :たわけもの!:2007/09/23(日) 18:00:54 ID:31VhlyOp
三十三神天慶威徳低脳wwwww

弘法大師空海である
この私に何かようか?

http://www.city.chita.aichi.jp/yakusyo/matikado/mati18.htm


247 :たわけもの!:2007/09/23(日) 18:04:14 ID:31VhlyOp
’’『三十三』’’間堂の門にペンキ状の液体かけられる

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/morals/?11

248 :ウゴウゴ:2007/09/23(日) 18:38:49 ID:31VhlyOp
腐った未完じゃね〜

http://mikan721.hp.infoseek.co.jp/mikan_m/index2.html

249 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 18:52:58 ID:31VhlyOp
>>244 Q

九界魔境に宿る先生を
Qちゃんと名ずけてよんでいたっけ。



250 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/23(日) 19:39:01 ID:YkmB7iZJ
>>235-237
Qとやら、ほとんどKlingo〜nの言ってたことと同じだからKlingo〜n本人と
認定させてもらう。違うというのなら反論したまえ。

で、Klingo〜n改めQよ、何時になったら「第九識=霊魂」の筋道通った
根拠や典拠見せてくれるの?
桐山が言ってるから?桐山の臭い口が何言おうと根拠などになりません。
それは「あくまでも桐山の臭い口が勝手に言ってる」に過ぎません。

もしかしたら根拠とか典拠の意味が解らないのかな?
経典や論書、実績ある学者の説などを引用すればいいんだよ。わかったかな?
>>236みたいな真っ赤なウソをつくなよ。

251 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/23(日) 19:57:27 ID:NkgI20bH
>>217-220
>>223 >>225
>>233-239
アートマンに対する考察の勉強成果の披露ご苦労さん。
で、それで何が言いたいの?
>>212-214 >>216
そもそもヴァッカリの話を出した時、君は何を主張したかったわけ?
桐山阿含宗を批判するスレに対する反論として。
君が今朝目が覚めて歯を磨いたことまではわかったよ。
で、それからどうしたんだい?
今朝の歯磨き粉は歯垢を分解する成分が入っていたことを学問的に示す話でなくてさ。

252 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/23(日) 20:04:10 ID:NkgI20bH
訂正
>>233-239
 ↓
>>225->>233


253 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 20:45:30 ID:31VhlyOp
第九識などなく昔の人が考えだした段階の比喩だな
阿含経典にも多いな
ミックスサンドイッチ

宇宙から何を呼ぶのか
吹けよ風、呼べよ嵐


254 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 20:50:58 ID:31VhlyOp
阿含経典などに記述される地獄の比喩等
ヴェーダ経典の影響があるだろ

これらのこのはなしゃなど趣旨からそれてるってかw


255 :樹意:2007/09/23(日) 21:06:09 ID:HE4DnoBp
Q氏改めクリン含氏は 私に輪廻の個人的主体(フトガラ) を認める説を唱える
犢子部を紹介されたのを 早速根拠にもってきたようですが、これは中村先生が
書いているように 小乗仏教の郷里を体系的に著述した「倶舎論」及びそれに
対する注釈によれば仏教内における二つの異端説のうちの一つであるとの
ことです。(決め付けている)とのこと

部派仏教内においても異端と批判される説です。

それにこんなものを持ってきたところでゲイカが為した経典改ざんの
根拠論拠にはならないし 貴方は七誌さんに指摘された 引用改ざんの
お詫びをいまだしていない。

それにQ氏あらためクリン含氏が今論拠にもってきた部派仏教の説という
ものはゲイカが般若心経瞑想法において批判しているものですよ。
ゲイカが批判の対象としているものをもってきて ゲイカの経典改ざんの
穴埋めにはできないのは わかりそうなものだが。

すさまじく むちゃくちゃ というかゲイカの本ぐらい読んでから
ここへ出なさいな。





256 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 21:17:06 ID:t7Ryhy19
電○男さんきてるのかな?

257 ::2007/09/23(日) 21:27:24 ID:DCjOU/pu
釈迦仏教が釈迦以前の仏陀による仏教教典
それがヴェーダであり
その影響もあるという。

258 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:02:42 ID:5fYjarcU
>>212 :Q:2007/09/23(日) 15:08:51 ID:dbRB2qdM
>ガイドライン【47.魂や霊魂を過剰に意識する】

スレ128
>212 :Klingo〜n:2007/09/10(月) 14:01:12 ID:41qiX80w
>■釈尊も「魂」を説いた 

クリン含さんがスレ128に上記を書いた時、霊魂の議論を始めて、
また「居間でオシッコを始める気だ」と、いやあ〜〜な予感がした。
あなたは学者の文献を引用することが誇らしく、居間でオシッコをして
「どんなもんだい」と気分が良いのだろうが、周囲は信者を含めて大迷惑です。
スレ違いだと言うと、あなたは自分が議論で勝ったと思いこむ。
>>235-237のように、議論の終わったことや反論されたことを
ただ一行で否定して勝利宣言をするザマです。
幸い、あなたがスレ128に書いた直後、252さんが的確に
反論してくれたので、私は無視した。
だが、懲りずにまた居間で誇らしげなオシッコが始まった。
東の清掃業者としては、落花生横綱のゲロに続いて、
クリン含横綱のオシッコの後始末を始めることにしよう。

259 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:05:10 ID:5fYjarcU
>>212 :Q:2007/09/23(日) 15:08:51 ID:dbRB2qdM
>ガイドライン【47.魂や霊魂を過剰に意識する】

だらだらと文章を引用するのもやめたらどうか。
子供時代は「クリン含ちゃんて頭いいのね」と、これをやって誉められたので
その癖が抜けないのでしょう。
あなたはその引用によって自分の説が裏付けられたと確信している。
だが、文章とは人によって読み方も解釈も違う。
事実、あなたは赤松論文をまるっきり逆の意味に取っていた。
今回の中村本の引用も、ここのスレの趣旨どころか、
アゴン宗とすらも関係のない議論を延々と引用している。
レスをつける必要すらないほどで、ユビキタスさんの
「で、それで何が言いたいの?」(>>251)の一言で終わっている。
あなたには、批判側はこれこれと主張したと勝手な思い込みから、
中村本を引用して、自分の説が裏付けられ、批判側に一撃加えたと喜んでいる。
そういうのを一人相撲というのです。

260 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:11:06 ID:5fYjarcU
>>225 :Q:2007/09/23(日) 16:11:25 ID:dbRB2qdM
>ということで、以下の引用もほぼ原文の丸写しである。
>嘘だと思うなら原著を調べてみてくれ。

あなたの引用はいつものように「ひどい」。
>>232の引用はなんの真似だ?
まただ。
他人の文章を「中略」とも書かずに、勝手に文章をいくつか
カットして、しかも連続した文章であるかのように見せかけている。
どうやら、あなたはわざとやっているというよりも、
こういうことをするのが悪いことだとわからないのですね?
桐山さんが嘘をつくのが悪いことだとわからないのと同じで、
これが悪いことだと知らないのですね?
他人の文章を引用する時には、原則加工してはならないという
基本的なマナーすらあなたは知らないばかりか、
それを注意されても、何を自分が注意されたのかわからないのです。
議論以前の問題として、批判側か擁護側か以前の問題として、
他人の文章を加工しながら、そのことを明記しないで引用するのは、
読者を騙すにも等しいということがあなたはわからないか。
いかにも道徳を小馬鹿にしているアゴン宗の信者らしい。

261 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:15:20 ID:5fYjarcU
>>212 :Q:2007/09/23(日) 15:08:51 ID:dbRB2qdM
>「魂」と書いてあっても「霊魂」の意味では使っていない。
>学者たちが誤訳するはずもない。

またクリン含さんの詭弁のゴマカシが始まった。
どうしてあなたはこういう小手先で他人を騙せると思っているのだ?
中村博士は、viññanaの説明として次のように書いている。

「識別力―― viññana.一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう。」
(『仏弟子たちの生涯』418頁)

はっきりと霊魂と書いているのが読めませんか。
魂と霊魂の区別など付けていないのです。

262 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:20:31 ID:5fYjarcU
>>212 :Q:2007/09/23(日) 15:08:51 ID:dbRB2qdM
>「魂」と書いてあっても「霊魂」の意味では使っていない。
>学者たちが誤訳するはずもない。

読者の皆さんはクリン含さんがなんために、
霊魂と魂とは違うなどとわざわざ書いているかおわかりですか。
勇猛なクリンゴンからハンドルを取ったクリン含さんがどれほど腰抜けかご紹介しましょう。
クリン含さんはスレ128で、
>■釈尊も「魂」を説いた 
と、阿含経の根拠を示して、大上段に振りかざした。
ところが、その直後、252さんから、これは「霊魂」などではなく、
「識」の意味だと間違いを指摘された。
書き込みの最初に出して、批判側をばっさり斬ったと思ったら、
いともあっさり、斬り返された。
クリン含さんは252さんに指摘されてから、中村本を読んで見た。
するとそこに確かに漢訳経典には「識神」とあると書いてある。
それどころか、あなたは中村本にあるもっと別な訳を隠した、
とは言わないが、引用していない。

263 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:22:47 ID:5fYjarcU
>>212 :Q:2007/09/23(日) 15:08:51 ID:dbRB2qdM
>「魂」と書いてあっても「霊魂」の意味では使っていない。
>学者たちが誤訳するはずもない。

中村元博士はヴァッカリ経では魂と訳しているが、
同じviññanaをゴーディカ経では「識別力」と訳している。(『仏弟子の生涯』413頁〜)
クリン含さんはどうしてこれを紹介しないのだ?
ユビキタスさんが前スレで紹介したように、ゴーディカは
ヴァッカリと同じで自殺した比丘で、経典の書き方はよく似ている。
同じような経典で、同じ単語でありながら、学者すらも訳を変えているのです。
viññanaの英訳はconsciousnessとある。
こうなると、日本語の魂とは意味が違う。

264 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:25:51 ID:5fYjarcU
>>212 :Q:2007/09/23(日) 15:08:51 ID:dbRB2qdM
>「魂」と書いてあっても「霊魂」の意味では使っていない。

批判側をやっつけたつもりが、簡単に投げ返された。
普通なら、ここで自分の無知を恥じる。
だが、桐山さんの信者のクリン含さんは別です。
どうやったら、屁理屈をつけて切り返せるかと考えた。
それが「魂」と「霊魂」の違いにインネンを付けることです。
スレ128の252さんが、「霊魂の意味ではない」と
霊魂という言葉を使ったのをつかまえて、クリン含さんは
「自分は魂と言っただけで、霊魂などは書いていない」
と詭弁を使って逃げようとしたのです。
ところが、逃げたつもりだろうが、残念ながら、
中村博士は魂も霊魂も区別していない。
252さんの指摘のほうが正しかった。
ほら、逃げそこねた。
たったこんな程度のミスすら素直に認めるだけの勇気がないばかりか、
屁理屈をつけて逃げまどう。
だから、あなたは腰抜けだというのです。
こんな稚拙な小手先のゴマカシをする男が
「全能の神「Q」(>>233)」なんて書いて、恥ずかしくないか。
クリン含さん恥ずかしくなくても、こっちが恥ずかしくなる。

265 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:30:00 ID:5fYjarcU
>>216 :Q:2007/09/23(日) 15:16:29 ID:dbRB2qdM
>根本仏教は無我説を説いていると信じているようだが、それは誤解である。

これはクリン含さんの無知です。
あなたが>>216で引用したスレ126の358さんは、
「無我(非我)説と矛盾する。 」
と、ちゃんと無我説とは正確には非我説であることを併記している。
無我説と非我説をきちんと併記している358さんのどこが
「クリン含さんのいう無我説」を信じていることになるのですか。
358さんは無我説とは非我説であることを知っていた。
ところが、クリン含さんは知らなかった。
358さんが無我説を非我説とわざわざカッコ書きしたのはどうしてか
クリン含さんは意味がわからなかったのでしょう?
だから、中村本をたくさん引用した。
自分の無知を棚にあげて、一人相撲をしたのです。
あなたが引用した中村博士の文章は358さんの無我(非我)説の説明です。
358さんの説明の根拠を示して、それであなたは何をしたいのだ?
358さんを殴ったつもりで、逆に支持したのです。
私を殴ったつもりで赤松論文を出して、逆に支持したのと同じですね。
毎度毎度、どこまでクリン含さんておマヌケなのだ。

266 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:35:18 ID:5fYjarcU
>>216 :Q:2007/09/23(日) 15:16:29 ID:dbRB2qdM
>根本仏教は無我説を説いていると信じているようだが、それは誤解である。

日本では無我説という表現が一般的だが、
誤解を招きやすい表現だから、学者は注意深く非我説と書く。
それを知っているから、358さんは無我(非我)説と書いたのです。
あなたは勝手に批判側が「我は無い」と主張していると思い込んで、
「おまえらの無知だ。原始仏教ですら、無我など説いていない」と
主張したつもりなのですよね?
無知なのはクリン含さんです。
358さんなど批判側は、仏教では無我説(=非我説)だと
当たり前のことを述べているにすぎない。
だから、あなたが引用した中村本にもそう書いてある。
繰り返すが、無我説の正しい内容とは非我説なのです。
あなたの引用した中村博士が書いている内容は、
このことを詳しく説明しているだけです。
有名な話だから、普通の仏教の解説書にもよくあります。

267 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:37:40 ID:5fYjarcU
「釈尊の説いたアン・アートマンは、基本的にはこの「非我」であったし、
我執を捨てよ、という実践的な意味合いの強い教えなのである。」
(『ブッダ』奈良康明、実業之日本社、93頁)

「それゆえに、「無我」とは、「我がない」「主体がない」と解するのではなく、
「非我」の訳語が示すように、「我ではない」「真実の我のすがたではない」と
解するべきである。」
(『ゴータマブッダ』早島鏡正、講談社学術文庫、46頁)

こんなふうにクリン含さんのように専門書など引用しなくても、
一般向けの仏教の解説書にいくらでも書いてある内容なのです。
358さんや批判側が知らなかったのではなく、クリン含さんが知らなかったのです。
つまり、今回のあなたの非我説の引用によってわかったことは、
「クリン含さんは無我説が非我説であることを知らなかった」
自分の無知を証明するために延々と本から書き写したようですね。
ご苦労様です。

268 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:44:25 ID:1fWJ5BKA
>>216 『仙尼経』は、対応するパーリ語経典がありません。別訳雑阿含経などにも対応経典はない
ですね。これが属する『雑阿含経』は説一切有部の伝承したものです。これを根拠にして教義を組み
立てていくのは、いささか不安ではありませんか。

>>227-229 それで、アゴン宗は部派仏教に脱皮することを目指してるんですか。正量部とか。
>>233 >全能の神「Q」 ≫≫≫慢心は毒。『仙尼経』にも「慢不斷故。捨此陰已。與陰相續生。」
とあるでしょう。注目すべき箇所がずれてませんか。ポイントは慢心を断つことですよ。

>第一の説は仏教以来の根本的立場を表明したものであり、
  >>232 >また、「我」も無く、非我も無し」と教示した。』 (『中論』十八・六)

上記の中論の経証が阿含経典だとすれば Sn.919 n'atthi attA, kuto nirattaM vA. と思われますが
平川彰訳では「我あることなし、何ぞ非我あらん」と「我」と解釈していますが、下記の中村元訳に
註記されているように、文脈から判断しても、「我」ではないのが本来の意味と思われます。
「取り上げられるものは存在しない。どうして捨てられるものがあろうか。」
ある大乗経には中論の通りの文言がありますが、それでは仏教の根本的立場とまでは呼べないでしょう。

パーリ語 相応部経典(44.10)
 kin nu kho bho gotama, atthattA ti. evaM vutte bhagavA tuNhi ahosi.
 kiM pana bho gotama, natthattA ti. dutiyam pi kho bhagavA tuNhi ahosi.
  「友ゴータマよ、アートマンは存在しますか?」こう言われて世尊は黙していた。
  「友ゴータマよ、それではアートマンは存在しないのですか?」再び世尊は黙していた。
雜阿含經(961)云何瞿曇。爲有我耶。爾時世尊默然不答。如是再三。爾時世尊亦再三不答。
別譯雜阿含經(195)瞿曇。一切衆生。為有我不。佛默然不答。又問。為無我耶。佛亦不答。

雑阿含経(9)色無常。無常即苦。苦即非我。‥‥如是受想行識無常。無常即苦。苦即非我。

要するに、アートマンの有無に関する質問には沈黙し、別の場面では五蘊は非我である、と述べています。


269 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:44:36 ID:jXQLMMQQ
>>223 :Q:2007/09/23(日) 15:46:05 ID:dbRB2qdM
>以前、クリン権太が七氏先生に「何で仏陀は仙尼に煩悩を絶つことを説いたのか?」という質問をした。
>先生は、それは輪廻を断つためだ、とか、お前の仏教の知識が足りないから不思議に思うのだよ、
>みたいな話で誤魔化していたが、先生だってそれが何を意味しているかをちゃんと知っていたんだと思う。

こうやった他人の言葉を解釈するときには、その原文を引用するべきです。
「何を意味しているかちゃんと知っていた」とは何ですか。
あなたは魂を霊魂と書いたら難癖をつけるくらい相手には厳密なのに、
自分は他人の頭の中を勝手にあれこれ推測するのがなんともない。
どうしてそんなにツラの皮だけ厚いのだ。
クリン含さんは自分と他人は同じ考えをしているに違いないと信じている。
それ、やめませんか。
私はあなたとは考えも感性も百八十度も違う。
あなたにはアゴン宗が根本仏教に見えて、桐山さんはアラハンに見えるらしいが、
私の知性と感性では、アゴン宗はカルト宗教であり、桐山さんは詐欺師に見える。
これだけお互いに脳味噌も心も違うのだから、
私があなたの脈絡のない頭の中を知っていたはずはありません。

270 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:47:52 ID:jXQLMMQQ
>>223 :Q:2007/09/23(日) 15:46:05 ID:dbRB2qdM
>先生は、それは輪廻を断つためだ、とか、お前の仏教の知識が足りないから不思議に思うのだよ、

クリン含さんの知識不足を指摘したことはあります。
まさにクリン含さんの知識が不足しているからです。
誤魔化しているのではなく、私はちゃんと答えたのです。
しかも、今回の書き込みであなたが知識不足であることを証明した。
無我説と非我説を別物だと思い込んで、
無我説とは非我説であると併記している358さんを罵った。
「仏教の知識が足りない」という私が指摘したとすれば、
まさにそのとおりだったとクリン含さんが証明してくれた。

271 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/23(日) 23:49:56 ID:NkgI20bH
>>236 Q 2007/09/23(日) 17:05:30 ID:dbRB2qdM
>22.反論されると意味を書き換える(キモイの意味はこうだった スレ124の>501,502)

これについては反論済みですね。
私は「キモイ」という言葉を使ってみてあなたを批判してみた
5月よりも2〜3ヶ月前に本当に指摘したいあなたの醜さを指摘しているのです。
あなたから万人にキモイファン心理を指摘されたからあわててキモイ要素を変えた
のではなく、最初から私があなたに指摘したことは、万人に共通したファン心理
のキモさなどではなく、自分自身に対する思い上がりの心です。
ちゃんと前に書いているのであり、私の主張は当初から一貫しています。

あちらでよいことを書いているユビキタスというおかたの書き込みを貼りますから
あなたも読みなさい。

【ザ】阿含宗と桐山氏について―第三十三章― 二世 三世 そしてィYA〜N―
http://religion.bbs.thebbs.jp/1187386916/139

272 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:54:34 ID:jXQLMMQQ
>>223 :Q:2007/09/23(日) 15:46:05 ID:dbRB2qdM
>何故、ここでアートマンを話題にするかというと、それが「輪廻の主体」に関係してくるからである。

ここでは輪廻の主体の議論などしていない。
輪廻の本体の議論をして、それでクリン含さんは何を言いたいのだ?
学者の説明を書き並べれば、読者はあなたと同じ結論になるのではありませんよ。
アゴン宗の議論とどうリンクするのか。
あなたの頭ではリンクしていても、今回、あなたが二十近くも書いた
「我」についての文章の中に、桐山さんの説などただの一つも出てこない。
自分の興味のままにスレをメモ帳代わりに使っているだけです。
話をあさってに持っていかないで、桐山さんの説を引用し、その範囲で議論したらどうか。
あるいは、輪廻の主体の話をしたければ、よそのスレに行ったらどうか。
アゴン宗が占いをしていても、ここでは占いについてのみの議論はしない。
同様に、桐山さんが輪廻の主体の話をしているからといって、
輪廻の主体だけの議論などしません。

273 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:58:00 ID:jXQLMMQQ
>>233 :Q:2007/09/23(日) 16:31:45 ID:dbRB2qdM
>■ここからは全能の神「Q」のまとめ

あなたは本を引用していて不思議に思わないか。
どうして『原始仏教から大乗仏教』なのですか。
釈尊が説いたままではなく、その後の部派仏教の説明だからです。
>>255で樹意さんや他の人も指摘しているように、あなたが引用した内容は、
その後の部派仏教が「我」や輪廻の主体が何であるかを
延々と議論したという内容を紹介しているだけであって、
これは釈尊が説いた内容ではない。
部派仏教の人たちが、輪廻の主体を非我説と矛盾しないように
必死に考えたという歴史をただ並べているだけです。
部派仏教の説を引用して、いったい何の役にたつのだ?
あなたは何を言いたくてこれらを引用したのだ?
これがここの議論とどうリンクするのですか。
桐山さんは部派仏教の説を元にしているのではなく、
仙尼経を元にして霊魂を説いているのです。

274 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 00:02:37 ID:jHL8OkBP
>>233 :Q:2007/09/23(日) 16:31:45 ID:dbRB2qdM
>■ここからは全能の神「Q」のまとめ

もっとも、あなたにこれらを勉強しろと私も勧めた一人だから、
あなたが勉強したことは評価している。
だが、私が学んで欲しかったこととはまるで違う。
部派仏教の人たちが必死に非我説と矛盾しないように輪廻の主体を考えるのを
読んでいて、クリン含さんは気が付かないか。
あなたとそっくりです。
私はそのことにあなたに気が付いてほしかった。
クリン含さんは必死に輪廻の主体、つまり霊魂を説明しようとしている。
部派仏教の人たちは他宗教からの攻撃にさらされ、必死に考えた。
そして、それは部派仏教だけではなく、後世の大乗仏教の
唯識なんて考えはまさに輪廻の主体を必死に考えた思想です。
だが、その思想は釈尊よりも前のウパニシャッド哲学に先祖返りした内容だった。
第七マナ識、第八識だの第九識だのとだんだん後ろに下がる論法を
無限後退の論といいます。
釈尊よりも前のウパニシャッド哲学で指摘されていた内容です。

275 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 00:06:42 ID:nrNFs09/
やったらいいではないかい占い議論
なにが密教占星術じゃ
ただの九星占いしかおしえていないじゃないか
という論議とか
つまりそういうこと!
教えるというようなこと言っておきながら教えていない
これが問題なの
釈迦は占いを禁止したとかいうようなことを問題にするのは
方向がちがうの

276 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 00:07:21 ID:jHL8OkBP
>>233 :Q:2007/09/23(日) 16:31:45 ID:dbRB2qdM
>■ここからは全能の神「Q」のまとめ

クリン含さんが進もうとしている「誤った道」を
部派仏教はじめ2500年間、仏教徒たちは歩んだ。
あなたの大好きなアーラヤ識やアンモラ識はこれらの残骸です。
2500年の間、輪廻の主体、魂について結論を出せた人は一人もいないからこそ、
今日に至るまで、まだ議論が続いているのです。
当たり前です。
釈尊ですら説明しなかった内容をなんでただの凡夫どもが説明できるはずがあるか。
ところが、学者もなんとかこれを議論しようとする。
クリン含さんが頭がいいつもりで考えている程度の内容は、
二千五百年前どころか、釈尊よりも前の宗教家がすでに考えていたのです。
実際、霊魂説でウパニシャッド以上のものなど出ていない。
だから、そんなに霊魂が好きなら、読んでみろと勧めたのです。
インド人を甘くみちゃいけません。

277 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 00:11:46 ID:jHL8OkBP
>>233 :Q:2007/09/23(日) 16:31:45 ID:dbRB2qdM
>■ここからは全能の神「Q」のまとめ

霊魂説など釈尊以前のウパニシャッドですでに完成していた。
それを踏まえて、釈尊は「無記」を選択した。
ところが、部派仏教も桐山さんもクリン含さんも、釈尊の禁止命令が守れない。
「無記」が守れないから、部派仏教は屁理屈と詭弁の迷路に迷いこんだ。
大乗仏教の始祖ともいうべき龍樹の「空」で、
部派仏教が一撃を食らったのはどうしてだと思いますか。
どんな形であれ、輪廻の主体や、名前がどうあれ魂なんて説き始めたら、
縁起の法に違反するからです。
インド仏教1700年間、彼らはひたすら輪廻の主体について
議論をして、ついに自分で作り出した迷路の中で餓死した。
輪廻の主体を議論すること自体、自殺行為なのです。
2500年間の彼らの愚かな論争の跡を見れば、
釈尊が「無記」を説いたのもよくわかる。
それを桐山さんやあなたはまた同じ事をしようとしている。
それは運命の反復というやつか、それとも、ただの無知か。

278 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 01:16:12 ID:BuJTAqzo
>>275 神も仏も名無しさん 2007/09/24(月) 00:06:42 ID:nrNFs09/
>やったらいいではないかい占い議論
>なにが密教占星術じゃ
>ただの九星占いしかおしえていないじゃないか
>という論議とか
>つまりそういうこと!
>教えるというようなこと言っておきながら教えていない
>これが問題なの
>釈迦は占いを禁止したとかいうようなことを問題にするのは
>方向がちがうの

今現在の時点では占いではなくクリン含さんが問題にしたいらしい霊魂に対する
釈尊の示した無記について論じています。
突然横から押し入るのはよいが、どこの誰の何番に付けたレスなのかわからんではないか?
しかしそういう星祭さんの空気の嫁ない唐突さばかり非難する気もありません。
あなたの提示する「方向」、すなわち釈尊が占いを禁じたかどうかとかそんなことよりも
密教占星術として人の因縁を見分ける高度な運命学を教えもしないという側面も
また重要な批判ポイントであることは間違いありません。
だから私らも大昔からそういう観点の批判もしています。
実際には四柱推命をちょっとかじったり、九星占いしかできなくて、高度の密教占星術
なんて最初から絵に描いた餅に過ぎないと批判をしています。
だからこの批判は最近の星祭さんの苛立ちとも一致するのです。
あなたはこの部分に関してのみは我々と同志なのです。
ところがあなたはそれが不満だ。
批判側はピントはずれの馬鹿ばかりで、この星様だけが正しく問題を把握できている
とピントはずれな勘違いをして思い上がりたい。
釈尊の護摩や占い禁止も阿含宗にとっては重大な問題であり、これを指摘するのは
価値がある。
つまりあなたのいう高度な法を教えもしない問題も、釈尊に反する問題も等しく
問題であるからその両方を批判している。
それを釈尊を出すのは妥当でないなどと勝手に考えるあなたが偏りがあるだけです。

279 :ベレムベア:2007/09/24(月) 06:10:09 ID:oWx4xHcR
>215
自分なりの考えを申させていただきますと、
たとえ純粋な企業経営者であったとしても、桐yさんは、
宗教家を名乗り、あそこを総本山総本殿と名づけているわけです。
仏様、お釈迦様を敬い、供養し、信者さんたちが、しあわせになれるように、
指導してあげ、祈ってあげる。
それが宗教家としての本質であり、その中心となる場が、総本殿ではありませんか?
信者さんたちは、元信者さんたちも含めて皆期待していたのですよ。
仮に桐yさんが宗教家として成功していたとしても(そんなことはありえない)
あそこを娯楽の場とするのは、間違いだと自分は思いますが。
総本殿は、本宅ではなく、本社だと思います。公私混同はやめていただきたい。
そういうことも含めて、自分はアゴンを退会し、批判側の立場でいます。
桐yさんとて生身の人間です。霞を食って生きろとか、全く娯楽をするなとか
申しません。しかし、そんなものは、ささやかなものでいいのです。
娯楽の場所など他にいくらでもあるはずです。
しかし、桐yさんは勝手気ままに生きすぎ、道楽をしすぎた。
ベンツの2ドア車(SL)も所有されていましたね。
犠牲者もたくさん出ました。
しかも、彼のしてきたことは、元々ほとんど詐欺であり、嘘だらけではありませんか。
あそこを単に企業経営者の持ち物という見方でみるなど今でも、そんな割り切った
見方は、出来ません。そんな捉え方をしたら、どの宗教の信仰も成り立たなくなる。
まあ、これは自分個人の考えですから、他の人がどう思おうと勝手ですが…


280 :ベレムベア:2007/09/24(月) 06:26:46 ID:oWx4xHcR
>>215

>>279
お気に障りましたら失礼。
なんせ、同じ批判側の立場どうしで、論争などしたくはありませんから…

281 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/24(月) 07:22:58 ID:ROiwjCHk
>>280
別にいいんでない?樹意さんは枝葉の意見の相違など気にしないと言ってるし。
つか、批判側みんながみんな同じ考えだったら自作自演と決めつけたい連中に
塩を送ることになるし。

反対に擁護側にもいろんな香具師が居るが、共通点が
・阿含宗の教学をきっちり把握していない。
・梵行をまともにやってない。
ことから、阿含宗的にまともな信者が一切参加してないことが浮かび上がって来る。
状況証拠だが、ここを見るなと指導されていたり申し合わせてることが推測できますね。
それがどういうことであるかも批判の対象になります。

282 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 08:05:56 ID:BuJTAqzo
>>279-280
樹意さんが桐山総業の経営の手腕を評価するというのは、宗教としてはかなり皮肉をこめていることが
見て取れます。
宗教人ではなく商売人として金儲けの才能だけはあるとしているわけです。
しかし宗教ならば儲け主義に走るべきでないという考えはベレムベアさんと共通でしょう。
樹意さんもまた信者時代は真面目に修行活動に励まれたわけで、本来純粋な気持ちを持ってらした
でしょうから、これらの金儲け主義に眉をひそめていたでしょう。
あるいは当時はそれほど気が付かなくても、今は眉をひそめており、尚且つ
この商売人がと嘲笑の賛辞を与えているわけです。

283 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 08:43:54 ID:BuJTAqzo
>>233 Q 2007/09/23(日) 16:31:45 ID:dbRB2qdM
>■ここからは全能の神「Q」のまとめ
>仏陀は、実体的な我(アートマン)があるとしてこれに執着する態度を否定したのであって、
>道徳的な意味における行為の主体としての我(アートマン)は承認していた。
>仏教は輪廻の観念を採用したので、輪廻の主体を想定せざるを得なかった。
>小乗諸派は有情の輪廻を認めたので、輪廻の主体を想定せざるをえなかったが、
>仏教が無我説を唱える以上、実体としてのアートマンを認めることもできなかった。
>そこで、我とは異なる何らかの輪廻の主体を想定した。
>そうすることで生存主体(有情)の連続、因果応報の可能なるゆえんを説明しようとした。 
>経量部、犢子部などはプドガラを想定したが、伝統的・保守的な諸部派は反対した。
>説一切有部は、中有なるものを承認した。

あなたの説こうとしていることは2段階に分かれることがわかります。
まず道徳的行為をすべき主体の自我を認める釈尊の説です。
実は釈尊の仏教はここで完結しているのです。
そこから先は部派仏教から大乗仏教という別の道に逸れていくわけです。


284 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 09:04:09 ID:BuJTAqzo
あれ?後ろが切れやがった。

>>233 Q 2007/09/23(日) 16:31:45 ID:dbRB2qdM
>■ここからは全能の神「Q」のまとめ

実は釈尊の説は道徳的行為をすべき自我を認めるだけで完結しています。
そこから先は七氏さんの説明したように、輪廻の主体の自我の想定を始めるばかりに
迷宮化していく部派仏教への変遷過程です。
中村博士は学者として仏教史を語っているだけで、すべからく仏教というものは
釈尊の初期仏教に始まって、部派仏教、大乗仏教の変遷過程を経て完璧に補完
されていくなんて論を張っていない。
そして樹意さんからもいち早く指摘があったが、桐山さんもまた部派仏教など
評価しておらず蔑視の感さえあります。
般若心経瞑想法をごらんなさい。
輪廻する葦の頁を示すのでさえ発刊当時のものではなくうんと後に再販された
現在のものしか使えないクリン含さんはこの本はひょっとすると読んでないのかも
しれないが。
説一切有部の三世実有、法体恒有の説や経部の現在有体、過未無体の説を観念に堕したものと批判して
後に現れる龍樹の空こそ、単なる変化と捉えて釈尊の因縁説に近くなったと
評価している。
部派仏教を支持していないのです。
だからあなたが部派仏教の説をもって霊魂の問題を証明しようというのは桐山説にすら
反するのです。

285 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:18:17 ID:b5Zc6z/X
批判派は長生きしそうだな。なんか楽しそうだ。

286 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:36:37 ID:kbrwdFWe
経営者としての才能?
ゲイカにあるわけないだろw。
イベント屋としての才能なんだよ
そして財務の管理能力もないから
(右翼とかに騙され金とられてしまうのだから・・)
w田とかが権力を持つに至ったのだよ。

287 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe
つまりねぇ
拝みやが一宗派をたちあげ拡大してしまったところに
悲劇があるのだ。
広大な仏教の思想行法を自分自身の拝みやの行の自信と読書による
知識とわずかなコネで、阿含経に集約してまとめ上げ
出来る!と勘違いしたのだろうね。
そしてそれは、ある程度時代の波にのって実現可能にみえた
しかし悲しいかな所詮は街の拝みや
拡大する信者もさばききれず、今日の混乱があるのだ。
しかし、これは桐山ゲイカだけの責任ではない
伝統仏教教団がだらしがないからこのようなことになったのだ。
ここの批判者のようにただ桐山批判するだけで、テメーらは
なんら世間の衆生に対してインパクトある教え法をとかず
じーさんばーさんあいての決まりきった教え、説いてる本人も
信じているように思えない御伽噺のようなもん
ばかりやっていたツケなのだ。

しかしながら今、意欲ある若い僧侶がではじめている。
仏教ルネッサンスの幕開けなのだ!

288 :番組の途中ですが名無しです:2007/09/24(月) 09:59:42 ID:b5Zc6z/X
来月北海道の釧路で道東土地浄霊法要「先住民族成仏供養」を開催するみたいですね。
「最近の北海道の食品会社不祥事はアイヌ人の怨念だ」と桐山氏が言ってたらしいので、その関係でやるのでしょうか。





289 :番組の途中ですが名無しです:2007/09/24(月) 10:06:05 ID:b5Zc6z/X
桐山氏は本気でアイヌ人の怨念が原因だと思っているのかな。

まぁそれならそれで、なんでもっと早く法要してくれなかったのか。
なんで今頃って感じが否めない。
北海道拓殖銀行が破綻して、北海道経済が最悪の頃(10年ほど前)にやるべきだったでしょう。
一般的に考えて。

まぁ、「いつやるかどうかは桐山氏の勝手だ」と言われればそれまでですけどね。




290 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 10:38:54 ID:lp8Hr0/O
星祭と池田は仲悪いの?

291 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/24(月) 10:44:38 ID:ROiwjCHk
>>287
>しかしながら今、意欲ある若い僧侶がではじめている。
>仏教ルネッサンスの幕開けなのだ!

批判は他宗派の謀略という印象操作乙。

292 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/24(月) 10:45:40 ID:ROiwjCHk
>>288-289

アイヌ人に失礼な話だな。

293 :ユビキタス@今日も仕事や〜 ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 11:50:33 ID:BuJTAqzo
>>288 番組の途中ですが名無しです 2007/09/24(月) 09:59:42 ID:b5Zc6z/X
>来月北海道の釧路で道東土地浄霊法要「先住民族成仏供養」を開催するみたいですね。
>「最近の北海道の食品会社不祥事はアイヌ人の怨念だ」と桐山氏が言ってたらしいので、その関係でやるのでしょうか。

たぶん逆であり、釧路の法要が決まっていたから桐山ゲイカがそれに関連して
この侮辱話を先月の北海道例祭でしたのではないかと思われます。
しかし来月の釧路の法要のあることを情報提供いただいて誠にありがとうございます。
これで関連団体に対するお知らせができそうです。
その気になってきました。
当初例祭でのアイヌ侮辱話があったというだけではこれを関連団体に伝えた
ところでどうなるものでもない、難しいと書きました。
しかし法要をやる、しかも先住アイヌ民族の鎮魂法要をやるとなれば話は違います。
これは絶好の機会だから、普段の阿含宗の先人侮辱の怨念思想を伝えてあげましょう。
実際に法話ビデオなど聴かなくても、こういう話をしたそうですだけでも有効かも
しれません。教団に問い合わせがあるだけで大成功です。
早速関連団体のリンク集を探しました。

http://www.frapac.or.jp/lnk/kanrendan_index.html

複数団体に手紙やメールなどで阿含宗の実態を教えてあげましょう。
来月のいつかはわかりませんが、やってみましょう。
阿含宗北海道本部とか釧路道場とかもこういった団体に趣旨を説明して許可を
得ていると思います。
しかし本音を隠しているはずだから、こちらで真の情報を伝えましょう。

294 ::2007/09/24(月) 11:56:05 ID:JhnrDyut
夕張は何の怨念だ?
黄色いハンカチは
どこへいった?

295 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/24(月) 11:57:02 ID:O0b+QqXG
シリーズ5回目

8)管長猊下より新しい道場探しを依頼された元阿含宗カリフォルニア支部理事のT、K氏が捜した物件に
S崎は難癖を付け始めた。
そしてオーシャンアベニュー物件の解約不能問題を責任転換された、T、K氏を突如、理事の座より解任する。

カリフォルニア オーシャンアベニュー 賃貸物件契約の不審 について

賃貸契約5年(契約期、2000年 10月頃)
保証金221,523ドル(当時、約2,950万円以上)を納める。
月額15,000ドル(当時、約200万円)

契約後、カリフォルニア支部職員のS崎Y子と、
彼女の上司であった本部の幹部、I江部長は、
突如、場所がふさわしくないと解約をする事に決定した。
しかし、 不思議な事にその後、S崎Y子は「解約ができない!」と騒ぎ始める。
米国人信者達が解約不能を不審に思うと、S崎は強固に
「契約内容では絶対に解約出来ない事になっている!」と騒ぎながら、
「解約が出来ないのはTさんのせいである!」と
管長猊下より物件探しを依頼された米国阿含宗の理事のT、K氏の責任にしていき、
そして彼は本部幹部から責任について脅迫される。責任にされたT氏は
「私の弁護士が解約する方法がある、と言っていますので解約を私にゆだねて下さい。
契約書を見せて下さい。」と本部に再三申し出たが何の返答もなし。


296 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 11:58:18 ID:BuJTAqzo
リンクがつながってないかもしれませんが、「アイヌ関連団体」というサイトです。
最悪の民族差別をする邪教団体を告発しましょう。
イヨマンテーズに抗議があったように、うまく行くと中止や延期に追い込むことさえ可能かもしれません。

297 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/24(月) 11:58:53 ID:O0b+QqXG
シリーズ5の続き

そして、未使用の物件に毎月当時、約200万円もの家賃が無駄に流れていく。(3年間位)

* S崎は『私はW田局長の指示で毎月の家賃15000ドルは(200万円)は
信者には内緒で、信者の仏舎利基金で支払っている。』又
『信者が騒いだらW田局長が日本から送金してくれる事になっている。』と他言。
(実際は家賃ではなく、S崎の使い込みであったことが、裁判で判明!)
証拠書類はhttp://www.wadaokiru.com/home/page7.html

そして、仏舎利基金の不明(仏舎利基金が達成したにも拘らず仏舎利は来ない)を
信者から追求されS崎の虚言を信じていた本部のI江部長は
『みなさんの基金は銀行に預金してある。』と言明。

2002年6月、本部(W田)がカリフォルニア支部に送った幹部のS木元参事に、
不動産に詳しい経験豊かな米国人信者が、
『私が阿含宗の為に解約してあげましょう。私におまかせ下さいませ。』と直接申し出た所、
S木元参事は『今、日本でしているので結構です!』と何故かあせって断る。
その数年後、責任にされたT氏がS崎に、「私には今考えている事がある(訴訟)」と言ったところ、
あせったS崎は、解約できないと騒いでいたのが、突然、その物件を解約する。
解約をした事にS崎は管長猊下より感謝され日本に招待される。
まことに管長猊下が笑い者にされている”ばか”みたいな話である。



298 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 12:05:58 ID:BuJTAqzo
>>294
メロンの怨念


仕事しよ。。。

299 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 12:40:22 ID:5T1vjtyY
>>178 : ◆zaK51XtKNg :2007/09/21(金) 23:33:17 ID:5YoIMuNx
>私は、昨日から全ログのゴミ取り作業を始めています。

大いに期待しています。
ご指摘はそのとおりで、スレはリアルタイムで進み続けるし、
レスをつけないわけにはいかないから、
どうしても玉石混淆の土砂の山のようになってしまう。
クリン含さんのように、スレの主旨を無視する人にも対応しなければならない。
>>1にダイジェストがありますが、これも一部にすぎません。
初めて読む信者さんの興味に応じて選択できて、
忍耐の範囲で批判を読めるようなものが必要です。
かなり大変な作業とは思いますが、よろしくお願いします。

300 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 12:42:02 ID:5T1vjtyY
>>203 :中立派:2007/09/22(土) 16:30:56 ID:A0jYAXY0
>ですが、私は信者ではありません。

そうでしたか。
では、>>194は撤回します。

301 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 12:49:04 ID:5T1vjtyY
>>275 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 00:06:42 ID:nrNFs09/
>釈迦は占いを禁止したとかいうようなことを問題にするのは
>方向がちがうの

星祭さんは単に桐山さんが教えてくれないと不満を述べているだけですよね。
あなたは自分の欲しい物が手に入らないと文句を言っているだけです。
あなたが欲しがっている物が手に入ることはないと、
私を含めて何人もの人から言われている。
桐山さんの握り拳の中は空っぽなのです。
あなたが聖なるバイブレーションを感じたカスケットの中が
空っぽであったように、桐山さんは何も持っていない。
いかにも占星術や超能力開発の秘伝を持っているかのように
自分を大きくみせる銀狐にすぎない。
それはあなたが三十年以上も信仰してきて、一番良く知っていることだ。
これはスゴイ、というようなものをあなたは見たことがあるか。
占いは初歩的な九星占いから出ていないばかりか、
暦の読み方すら彼はよく理解していない。
占いの予言で当てたのをあなたは見たことがないはずだ。
それでいて、桐山さんは自分を名人、達人と自称している。
星祭さんは、桐山さんが持ってるはずのない物を出さないと文句を言っているのです。
持ってもいないのに持っているかのように言い続ける詐欺師も悪いが、
そのことを何度教えられても、相変わらず、持っていると信じ続ける
星祭さんのほうにも問題がある。
占いの問題だと思っているあなたこそ方向が違う。
これだけ嘘がばれて、何一つ秘伝を示せない桐山さんを
まだ信じている星祭さんの心こそを問題にするべきです。

302 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 12:54:23 ID:5T1vjtyY
>>287 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe
>ここの批判者のようにただ桐山批判するだけで、テメーらは
>なんら世間の衆生に対してインパクトある教え法をとかず

批判するだけって、ここは批判スレですよ。
宗教詐欺を告発するスレで施宗教を説く人が出てきたら、
スレ違いだから、やめてくれということになる。
あなたの言っている意欲ある若い僧侶とは
「インパクトある教え法」を説いているのですか。
もし、そうなら、第二の桐山さんである可能性があるから気を付けたほうがいい。
釈尊の教法を、日本人は様々な誤解もしているが、感覚的には理解している。
除夜の鐘のように、鐘なんて本来仏教にないものだが、
108煩悩を省みるという点では理解している。
だから、阿含経にある釈尊の教法をそのまま聞いても、
日本人には「インパクトある教え法」ではありません。

303 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 12:59:58 ID:5T1vjtyY
>>287 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe
>ここの批判者のようにただ桐山批判するだけで、テメーらは
>なんら世間の衆生に対してインパクトある教え法をとかず

釈尊の教法は二千五百年前の無学文盲の人たちも理解したように、
理解することはそれほど難しくないが、実践が難しいのです。
桐山さんが釈尊の教法をオシエとして唾棄しているように、
誰しもしたくないことをしろと言っているからです。

「すべて悪しきことをなさず、善いことを行い、自己の心を浄めること、
――これが仏の教えである。」
(『真理のことば・感興のことば』中村元、252頁)

釈尊の教法にはこれ以上も、これ以下もない。
ごらんのように、「インパクトある教え法」ではありません。
「インパクトある勉強法」と称して学習機材を法外な値段で売っていたら、
そいつはたいてい詐欺であるように、「インパクトある教え法」を説く
仏教の坊さんがいたら、たぶん桐山さんと同業者です。
あなたはそういうのを求めているのではありませんか。
占いや超能力の秘伝口伝、仏教の奥義と称するものを欲しがっているなら、
それは宗教詐欺師にはカモネギですよ。
あなたは、自分が桐山さんが説いたような「インパクトある教え法」を
求めていることを自覚したほうがいい。
それは少なくとも、仏教においては間違いだし、あなたは一度それで
失敗しているのに、どうして同じ事を繰り返そうとするのだろう。

304 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 13:00:01 ID:BuJTAqzo
>>287 神も仏も名無しさん 2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe
>拝みやが一宗派をたちあげ拡大してしまったところに
>悲劇があるのだ。
>広大な仏教の思想行法を自分自身の拝みやの行の自信と読書による
>知識とわずかなコネで、阿含経に集約してまとめ上げ
>出来る!と勘違いしたのだろうね。

これには同意です。

>しかし、これは桐山ゲイカだけの責任ではない
>伝統仏教教団がだらしがないからこのようなことになったのだ。

これにも一部同意です。

>ここの批判者のようにただ桐山批判するだけで、テメーらは
>なんら世間の衆生に対してインパクトある教え法をとかず
>じーさんばーさんあいての決まりきった教え、説いてる本人も
>信じているように思えない御伽噺のようなもん
>ばかりやっていたツケなのだ。

一部意味不明ですが、これは同意できません。
批判側は桐山さんの説いている阿含宗が釈尊の説いた阿含宗と似ても似つかないばかりか、
反逆した教えと実践を無知なる大衆に示すだけで十分に社会的責任を果たしてます。
下手にそれに代わる指針など示す必要はなく、各自が考えればよい。
強いて言えば、釈尊の本当の阿含経は平明な言葉で書かれてあるのだから
岩波文庫などを読んでみて下さいと示すくらいです。

305 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 13:02:46 ID:5T1vjtyY
>>287 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe
>しかし、これは桐山ゲイカだけの責任ではない

普通の坊さんになぜ説得力がないかというと、
釈尊の教法を実践していないからです。
妻子を養い、寺を財産とし、宗教行事でお金を儲けるなど、
俗人顔負けの欲望と執着のままに生きている彼らは
釈尊が批判したバラモンそのものです。
伝統仏教という枠の中でぬくぬくと生きている彼らが
桐山さんに付け入る隙を与えたという点はそのとおりです。
だが、桐山さんの詐欺は彼の為したことであり、伝統仏教は関係ない。
これでは「社会が悪いから、オレは泥棒をした」と言っているようなものです。
伝統仏教のデタラメ、いい加減さをもって、
桐山さんの宗教詐欺の言い訳にはなりません。

306 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 13:03:43 ID:BuJTAqzo
おや?重複するかな?まあいいや。

>>287 神も仏も名無しさん 2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe
>しかしながら今、意欲ある若い僧侶がではじめている。
>仏教ルネッサンスの幕開けなのだ!

それってどこの団体?
まさか阿含宗の若き法務部の僧侶?
それなら無効です。
桐山親分がインチキなのに弟子風情がそれを超えた反逆するものを示せるはずがない。

307 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/24(月) 13:10:37 ID:BuJTAqzo
>>304一部訂正

誤: 批判側は桐山さんの説いている阿含宗が釈尊の説いた阿含宗と似ても似つかないばかりか、
反逆した教えと実践を無知なる大衆に示すだけで十分に社会的責任を果たしてます。
 ↓
正: 批判側は桐山さんの説いている阿含宗が釈尊の説いた阿含経と似ても似つかないばかりか、
反逆した教えと実践であることを無知なる大衆に示すだけで十分に社会的責任を
果たしてます。


308 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 13:10:43 ID:5T1vjtyY
>>287 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe
>広大な仏教の思想行法を自分自身の拝みやの行の自信と読書による
>知識とわずかなコネで、阿含経に集約してまとめ上げ
>出来る!と勘違いしたのだろうね。

勘違いという指摘はそのとおりでしょう。
だが、阿含経を取り上げたのは、宗教的な理由でなく、
彼を批判した連中への仕返しのためであることは、
桐山さん本人がはっきりと書いている。

「同時に、こういう卑劣きわまる策を弄する連中と、これ以上、
付き合っていることに嫌悪を感じ、「そんなに邪魔なら、消えてやるよ」
と密教界からサヨナラする決心をした。
以前から、釈尊直説の経典、「阿含経」に興味を感じて研究していたので、これを好機と
みて、阿含宗を立てることを決意したのである。」
『変身の原理』(558頁)

309 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 13:11:42 ID:5T1vjtyY
『君は誰の輪廻転生か』340頁
先導を強要されて、止むを得ず、断崖に立ち、そのまま落ちてゆく僧侶や幹部たちが続出している。
笑止なのは、自信のない指導者が、尻込みしていつまでも飛ばぬのを、信者の大群がかつぎ上げて、
断崖からほうり投げたことであった。
生前、大言壮語し、豚のように肥え太った指導者は、あっというまに落下していった。

『君は誰の輪廻転生か』350頁
その報いとして、かれらはいま、痛烈なしっぺ返しをうけている。
斉の広場で、茫然自失、進退きわまった滑稽きわまる悲惨な彼らの姿を見よ。
だが−。
さらになお悲惨なのは、偽作経典を信じ、偶像の仏を礼拝し、その結果、
地獄に堕ちてゆく幾千とも知れぬ亡者たちである。悔いても悔いきれふ、
永遠につづくかれらの号泣・悲泣の声を聞け。

310 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 13:17:09 ID:5T1vjtyY
>>287 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 09:52:16 ID:kbrwdFWe

「これを好機とみて、阿含宗を立てることを決意したのである。」(『変身の原理』)

桐山さんは伝統仏教からの批判に腹を立てて、立宗したのです。
というよりも、受け入れられなかったから、出たのです。
桐山さんは阿含経を集約してまとめあげるつもりはなかった。
単に、自分がエラクなり、自分を批判した連中に恨み返しをするための
道具として使えるとほくそ笑んだ。
そして、二十数年たっても、彼はその恨みを忘れられなかった。
事実、桐山さんはまさにそれをやり続けた。
自らは阿含経に説かれた事は何一つ実践せず、
名誉の買い集めだけならともかく、>>309のように他の宗教家が
地獄に堕ちているなどと、霊視ゴッコまでして恨みを返した。
これを見ても、阿含経も宗教も、桐山さんにとっては、
自分の欲望や恨みを実現させるための道具でしかなかったことは明らかで、
阿含経や釈迦を世に出すなど方便という嘘です。

311 ::2007/09/24(月) 15:13:41 ID:F6f1RNoR
>>261 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:15:20 ID:5fYjarcU
>またクリン含さんの詭弁のゴマカシが始まった。
>どうしてあなたはこういう小手先で他人を騙せると思っているのだ?
>中村博士は、viññanaの説明として次のように書いている。
騙すとかゴマカシとはどういうことだ?
読者も今の君を見て笑っているよ。
君の卑しい魂はいつでもそうやってケチをつけるのだな。
七氏先生よ、それはあなたの引用した本の話だろう?
私の書いているのは別の本であり、その中の記述をそのまま書いたのである。
その本の注では、ヴァッカリの話に出てくるのはviññana.であり
それは「神識」「識神」の意味だと書いてある。
中村先生がそれをどう考えていたのか、などここでは関係ない。
手持ちの本など持ち出して何やってるんだ?
いつもの君らしくないじゃないか。
それとも何か気に障ったことでもあるのかな?
相談に乗ってあげてもいいぞ。

312 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 15:22:33 ID:TwEZRwUg
カルト教団

キリヤマ → 麻原

アゴン宗 → オウム真理教

カルトの怖さ

洗脳 洗脳 洗脳

313 ::2007/09/24(月) 15:23:56 ID:F6f1RNoR
>>262 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:20:31 ID:5fYjarcU
>ところが、その直後、252さんから、これは「霊魂」などではなく、
>「識」の意味だと間違いを指摘された。
だからさぁ、私がどこで「霊魂」て書いたのか?
同じことを252さんに注意したのにまた繰り返す。
君の目はふし穴か?
それとも老眼が進んでいるのか?
君が霊魂に過剰反応してるだけなんだよ。
それから私は、中村先生の別の本は持っていないので
最初から隠しようもないんだよ。

314 ::2007/09/24(月) 15:40:39 ID:F6f1RNoR
全文を引用すればケチをつけるし、省略すればそれもケチをつける。
また箇条書きすればそれにもケチをつける。
何をやってもケチをつけるのが七氏先生なんだ。
要するに先生の言いたいのは、
私が自分に都合のいいところだけを抜き出しているということなんだ。
よほど昨日のレスが気に障ったらしな。
案の上、こうまで釣られるとは本当に馬鹿な先生だよ。
それほど疑うなら図書館に行って自分で調べてみればよいのだ。
初期仏教では無我は説かれていないのは確かであり、
その無我を絶対視する部派とそうでない部派があるのも事実。
所詮、無我の有る無しは解釈の問題に過ぎないのだ。

ところで霊魂の原語は「Jiva」「vedagu]である。
だから「viññana」を霊魂とは訳せないのだ。

315 ::2007/09/24(月) 15:49:17 ID:F6f1RNoR
>>261 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:15:20 ID:5fYjarcU
>中村博士は、viññanaの説明として次のように書いている。
>「識別力―― viññana.一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう。」
(『仏弟子たちの生涯』418頁)
>はっきりと霊魂と書いているのが読めませんか。
>魂と霊魂の区別など付けていないのです。

しかし、待てよ。
中村先生はviññana.を一種の霊魂みたいなものだと考えていたのかな?
一流の学者がまさかとは思うが、これはどういうことなんだろう?
先生の個人的な思いがこういう文章になって表れたのか?
私個人は識と霊魂は違うと考えていたのだがねぇ。
七氏がムキになって書き立ててくれたことで、逆にいいことを聞いたよ。
人を攻撃したつもりが逆の結果になったようだな。

316 ::2007/09/24(月) 15:53:18 ID:F6f1RNoR
ガイドライン 【03.情報を操作して読者に伝える(自己に不利な蘭を隠蔽) 】
七氏は、赤松論文の 『4.「蘭」のもつ意味』 を読んだあとに >508を書いた。

4.「蘭」のもつ意味
前節で述べたように,「盂」と「盆」が器物を意味し,『盂蘭盆経』に登場する「盂蘭盆」なる言葉も盆器である,
ということは理解していただけるものと考える。
しかし,前述のように,「盂蘭盆」を梵語のullambanaの音写であるとか,イラン語ののことでurbanあるとか,
という見解の相違を生じさせた原因はほかでもなく「盂」と「盆」との間に「蘭」という一字が存在するためであろう。
経題が元来『盂蘭盆経』でなく『盂盆経』であったならば,おそらくこうした混乱は起こり得なかったはずである。

>508 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:03:46 ID:4lz0kKTb
こういう盂蘭盆の詳しい意味がわからなくても、
経典の文章からは、食べ物をいれるのだから、器以外には考えられません。
食べ物を、逆さづりの苦しみの中にいれるとか、 霊魂の中に入れるなど、いったい何の話?
皆さんも驚きませんか。 学者や僧侶たちは1400年もこんなことを信じて、
しかも、近年に至るまでまだ議論していた。 クリン含さんが引用した百科事典がそうであるように、
仏教関係の辞典などには、器説は載っておらず、倒懸説とウルヴァン説がまことしやかに書かれている。
学者がこの有様だから、坊さんたちは言うに及ばずです。
学者たちは1400年の間、「月のウサギはモチをついてる」
「いや、あれはニンジンを食べているのだ」と議論していたようなものです。

317 ::2007/09/24(月) 15:53:52 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【02.自己に都合よく結論を下す】
433 :神も仏も名無しさん:2007/09/13(木) 00:13:29 ID:2axKIdVh
>私の書いた上記の508や509(>>234)がどうかしたのですか。
>この私の文章のどこが蘭について議論しているのだ?
>盂蘭盆経を読めば、盂蘭盆が盆器であることは素人でもわかる。
>その素人でもわかることを学者たちは1400年間議論しているという事実が>どうかしましたか。
>なぜ書いたのかって、おかしいからおかしいと書いたのです。
>こんなわかりきったことを1400年も論じているのを見て、あなたはおかしいと思わないのですか。

その素人でもわかることを何故学者たちが議論してきたかの理由を、
赤松氏は「蘭の存在」だとはっきり書いているのにそのことが>508には一言も触れられていない。
これは赤松氏の主張を読んでいながら無視した結果だと受け取られても仕方ない。
盂蘭盆が盆器であることは素人でもわかることだからといって、
赤松氏が述べている理由を飛ばしてよいと判断するのは、
自己に都合よく結論を下していることになる。

>また、上記の文章のどこが、蘭を隠しているのだ?
>私だけでなく、多くの読者がそろそろあなたの知性を疑い始めた。
>私が蘭を隠していると批判しているが、根拠として示した私の文章には、
>蘭がなんであるかなんて議論すらしておらず、盂蘭盆とは盆器だと書いているだけです。

また始まった。多くの読者とはどこの読者だ?どうしてそれが七氏にわかるのか?
⇒ガイドライン【15.自分の意見が多くの人間に支持されているかのような書き方をする】

論文の内容をどう判断するかは個人の自由だが、
人に伝える場合はまずその論文の内容を紹介してから自分の意見を書くべきである。
それをせずにいきなり自分の意見を載せるのは意図的に行なったと見られて当然である。
つまり、蘭を隠したかったから論文の内容を無視したのである。
これには弁解の余地がない。

318 ::2007/09/24(月) 15:54:41 ID:F6f1RNoR
【20.自分が説明に窮すると話題を変える】

>413 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:07:03 ID:RTTWXN5C
>盂蘭盆が盆器なのか倒懸なのか、それを議論しているので、
>ルーツなど誰も探っていないし、どうでもいい。
どうでもよいことではない。
このように話題を変えようとしても無駄である。
盂蘭盆が盆器なのか倒懸なのかという議論は、そのルーツを探ることに等しい。
赤松氏の場合は、盂蘭盆が経典の中でどのような意味で使われているかを
探ることでそのルーツを探ったのであり、
他の学者は言葉の音からルーツを探ったのである。

【26.人に注意したことを自分が犯す(支持する盂蘭盆説はどれだと聞く】

>413 :神も仏も名無しさん
>あなたはどの説を支持するのだと聞いているのです。
>414 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:10:36 ID:RTTWXN5C
>あなたの珍説など聞いていない。
>あなたは盆器説、倒懸説、霊魂説など、どの説を支持するのかと聞いたのです。
個人が何を支持しようが当スレとは関係ない。
何度同じことを注意されたら気が済むのか?

>422 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:37:43 ID:RTTWXN5C
>クリン含、ヂミズ両横綱のように、同じ間違いを輪廻するだけです。

ほら、そうやって自分が人に注意した過ちを犯す。
両横綱だったら戦うわけだが我々は戦わない。
だからヂミズ氏が東の横綱なら西の横綱は七氏である。

319 ::2007/09/24(月) 15:56:12 ID:F6f1RNoR
【40.細かいところにケチをつけて相手を責める】
>419 :神も仏も名無しさん
あなたは文章の一部をカットして載せている。
一番ひどいのは、GとHの間の6行もの文章が丸ごとカットしてある点です(赤松論文の9頁)。
これのどこが「原文のまま列挙」なのだ?
原文にはない番号を勝手につけているのは何の真似?
これだけでも原文のままとは言わない。

カットされたところが重大な意味を持つのなら問題だが、この場合はそうではない。
もしカットが許されないのなら、前文まるごと載せろという意味になる。
それはスレの無駄遣いである。
番号を付けたのは読者の便宜をはかったまでのこと。
論文を載せられて自分のゴマカシ(蘭の反論は二例に過ぎなかった)を
説明されたのが悔しくてこのような難癖をつける。

【41.相手がミスを認めたことを無視して尚も責め続ける執拗さ】
>421 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:32:45 ID:RTTWXN5C
 >428 :klingo〜n:2007/07/22(日) 13:47:20 ID:AzB85p0A
 >(筆者注:つまり「盂」+「蘭」+「盆」の型は存在しないということです)
>「筆者注」などと、いかにも赤松先生が書いたかのような表現で、
>まるっきり逆のことを主張して、盂蘭盆説を否定しているかのように見せかけた。

普通、「筆者」と書けば書いている当人のことである。
論文の作者がわざわざ自分の論文に「筆者」とは書かない。
だがそんなことも理解できない七氏のような読者を意識して、
誤解されないように、最初から「クリン注」とでも書けばよかったが、
それもカッコ悪いので、「筆者注」と書いたのである。
これについては紛らわしかったと前にも認めているのに、尚もしつこく書き立てる。
七氏とは本当に底意地の悪い男だ。
これで自分では「二結が薄らいだ」とか言っているのだから呆れた話である。

320 ::2007/09/24(月) 15:59:13 ID:F6f1RNoR
【39.相手を煽って考えを聞き出そうとする】
>414 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:10:36 ID:RTTWXN5C
>あなたの書いた推理は盆器説だから、盂蘭盆が盆器だと推理しているのですね?
>と聞かれても、あなたは「成り立つといっただけで、
>おれはそんなことは書いていない」とまた、逃げるつもりでしょう。
>415 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:15:40 ID:RTTWXN5C
>「ルーツが器だとは限らない」などと、屁理屈をつけて、
>なんとか逃げようという魂胆だろうが、無理です。

たまにはその煽りに乗ってあげるか。
定説がない以上これも推論であるが、倒懸は盂蘭盆という語のルーツではないかもしれない。
だが霊能者(ゲイカ)が霊視した結果、成仏できない先祖が逆さまに吊るされるような苦しみを受けている、
というのは真実であると思われるので、ルーツではなくても結果的にはそれで間違いではないと思われる。
では直接のルーツは何かというと、やはりソグド人の影響というものは無視できない要素であり、
この方面から考察を行なっている点で、ウルバン(霊魂)説が最有力になるだろう。

盂蘭盆の語義は外来の言葉(例えばウルバン)であり、これに盂蘭盆という漢字をあてた。
この盂蘭盆がいつしか盆の意味として解釈されるようになり、経典の中で盆という意味で使われた。
だから後になって経典を調べると盂蘭盆は盆だった(あたりまえ)。
そして盂蘭盆の盂という文字と盆という文字も、偶然、器の意味だったので問題無かったが、
蘭だけは解釈に困難な点があり問題点として残された。
逆にいうと蘭のような解釈困難な文字が含まれている点が、
盂蘭盆が本来は盆ではなく、外来語の可能性があることの可能性を示唆する。
以上のような推理もできるというわけである。
(これは余談である)

321 ::2007/09/24(月) 16:00:57 ID:F6f1RNoR
【15.自分の意見が多くの人間に支持されているかのような書き方をする】

>416 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:18:44 ID:RTTWXN5C
負け惜しみも何も、盆器説は大勢の意見です。
批判側からは盆器説を肯定する資料も示されている。
信者側ですら、盆器説に反対を唱える人はクリン含さん以外いない。

調査したわけでもなく、想像でこのように書く。
読者がみんなここに書き込むわけではないので実態はわからない。
読者が、信者が、と言ったところで調べようが無い。

【27.同じことを言い続けて相手の追撃をかわす】
>417 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:21:47 ID:RTTWXN5C
>七氏をぶちのめすつもりで出した赤松論文が、
>逆に私と同じように盆器説を支持していると指摘されて、
>あなたは悔しくて悔しくて、何とか屁理屈をつけて、
>言い負かしたくて、まだこうやってわめいているのですよね。
>本当に見苦しい男だ。

赤松氏が盆器説を支持したところでそれが何だというのだろうか?
このように関連の無いことを言い続けて、自分の隠蔽工作を隠そうと必死である。

322 ::2007/09/24(月) 16:03:26 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【52.とにかく阿含はよそと違うんだという理屈を考え出す】

>49 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/18(火) 23:35:02 ID:iMGD/9zX
>まず微妙なゴマカシが入ってますね。
>追善供養?これを阿含宗が使うのはどういう状況かわかりますか?
>解脱供養が済んでひとまず解脱成仏したが、尚も霊界で高い境涯に行っていただこうと
>万燈供養などで後押しをすることです。

阿含における追善もよそでやっているそれと何ら変わるところは無い。
解脱供養の終わった御霊に万燈で後押しするのも追善の一つではあるが、
毎日の勤行の終わりに回向(廻向)するというのも、
自分の積んだ善を死者に送る「追善」の一つであるといえる。
追善の「追」には「おくる」という意味があるからね。
スレ128の>215 :Klingo〜n
■死者儀礼   渡辺照宏著・『日本の仏教』(岩波新書)より
<廻向>
また仏陀を理想として努力をつづけているボサツたちは、
自分の持っているすべてのものを、衆生に与えつくすものであるから、
過去における自分の善い行為の報いまでも、衆生に譲ってしまうのである。
こういうところから、廻向(回向とも書く)という思想が生じた。
これは「さしむける、引き渡す」という意味であって、自分の善行の功績を他人に譲りわたすという意味に用いられる。
 
>追善などともとからある善を水増しするような動機ではなく、この故人は気の毒な
>ことに善などなく、悪い霊障があるから成仏できないで苦しんでいる、と判断
>したから侮辱を含む供養を申し込んだのです。

追善供養に、もとからある善を「水増し」するという動機があるとは知らなかったなぁ。
で、水増しという意味でいうなら、どんな人も生前に「善」を積んでいる。
ユビキタスのような男にも僅かではあるがそれはある。
だからその積んだ善を「水増し」するべく追善するのである。
それが追善供養ということになる。

323 ::2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【51.先達の死を冒涜する】
>96 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 22:45:21 ID:bhyWtjpa
>上記の46がM田先達についての議論の始まりです。
>あなたは私がM田先達について死者を冒涜していると書いた。
>私が何をどう冒涜しているのか聞いても、
>例によってあなたはだた冒涜していると繰り返すだけ。

M先達は教団に多大な貢献をしたのに、ゲイカは冷たい仕打ちをしたと七氏は書いた。
教団の因縁切りは嘘で、その嘘の因縁切りを信じて梵行に勤しみ、
また信者獲得に尽力した彼女は最後にはゲイカに冷たく扱われたと七氏は書いた。
ということはM先達の努力はまったくの無駄であったという意味になる。
これは死者への冒涜に他ならない。
実際ゲイカの気持ちはわからないが、彼女自身は自ら進んでゲイカを師として仰ぎ、
弟子としての義務を果たしたのであり、
当人間には第三者には窺い知れぬ心の交流があったのかもしれない。
他人がそれを横から詮索して批判する資格などない。
ゲイカは決して彼女を見捨てなかったと思ってあげることこそが、
故人へのはなむけであり救いになるのである。

324 ::2007/09/24(月) 16:16:32 ID:F6f1RNoR

<訂正>

当人間には第三者には窺い知れぬ心の交流があったのかもしれない。

当人たちの間には・・・・・・・・・・

325 ::2007/09/24(月) 16:19:26 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【20.自分が説明に窮すると話題を変える】
>97 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 22:48:03 ID:bhyWtjpa
 >278 :Klingo〜n:2007/08/31(金) 16:08:07 ID:Djj8W7d+
 >一方で因縁は存在しないと主張しておきながら他方では因縁が切れるかと信者に尋ねるという
>他人の頭を疑う前に、自分の国語力をもっと疑ったらどうか。
>私がいつ因縁の存在を信じていると書いた?

ここで話題としているのは、七氏が因縁を信じるか否かではなくて、
因縁は無いのだと主張しながら、信者に対して、先達が切れなかった因縁が切れると思うかと問いかける
という矛盾を指摘しているのである。
(七氏が因縁を信じようがいまいが、こちらには何の興味もない)
七氏はその矛盾を指摘されたものだから、「いつ因縁を信じていると書いた?」などと話をすり替えて言いがかりをつける。
いつも七氏のやり口はワンパターンで、読者からはあくびが聞こえてきそうである(←七氏の真似)

>これを桐山さんが真似て、四柱推命の星に因縁をあてはめ、
>因縁透視と称して占い宗教を始めた。
>だから、桐山さんのいう悪因縁とは四柱推命の星にすぎず、
>霊視とは占い以外のなにものでもない。

以前私もこの話を書いたことがあったが七氏も独自に掴んでいたのは初耳だったw
私のは板井祖山氏の「四柱推命学奥義」で、
その中に、阿含の因縁と似たような「命式」があるのを紹介したことがある。
しかし、四柱推命は非常に難解な運命学でこれを参考に独自の因縁を編成できたことは
かなりの運命学の熟達者である証である。
推命は七氏ごときが簡単に批評できる代物ではない。
自惚れ七氏、実に仕様のない奴である。

326 ::2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【18.先達の訃報記事の扱いが不当だと根拠なく中傷】
ガイドライン【46.矛盾したことを書く】

>644 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 21:51:20 ID:Y0hiG+tu
桐山ゲイカはきれいさっぱり忘れ、宗務局はその取り扱いをどうすれば
いいか手をこまねき、おそらく婿殿局長がこのままでは現場に混乱が
おきるとして、進言したのでしょう。
彼女の死は今ではすっかり忘れ去られているが、そのくらい大きな衝撃だった。
だが、現実は小さな記事だった。

宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?
これは明らかに矛盾している。答えは次の何れかになる。

1.小さな記事でおさまるぐらいの衝撃だったのだから、
宗務局に混乱が生じるほどの大きな衝撃というのは嘘。
七氏は事件を誇張して書いている。

ガイドライン【23.事件を実際より誇張して書く】に該当する。

2.実際は大きな衝撃だったのだが、それをおさめるのに十分な大きさの記事だった。
だから記事が不当に小さいという七氏の発言は嘘。

327 ::2007/09/24(月) 16:25:17 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【45.別の話を繰り返すことで相手の追撃をかわす】

>46 :神も仏も名無しさん:2007/08/11(土) 17:55:41 ID:gVCupH2c
>資料としてM本理事の記事の大きさの比較までした。
>「実例を示す」って、私はすでに何度も示したのに、
>あなたにとっては都合の悪い資料だから却下したのですよね。
>83 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 22:04:21 ID:/55P64Qh
>M田先達の死亡についてです。
>私はM本理事の死亡記事を出した。
>あなたには都合が悪いから、必死に却下して、無視するのですよね。

このように相手の要求していない話を繰り返して追撃をかわそうと懸命である。
M本理事の記事は、こちらにとってはまったく不都合ではない。
教団関係者の訃報が大きく扱われるのは当たり前の話であり何の不思議もない。
そのM本理事の記事と比較してMさんのそれが小さくともこれまた何の不思議も無い。
こちらが尋ねたのは、教団に貢献した信者の死亡記事がかつて宗報に掲載されたことがあるか、である。
七氏のファイルにはその事例が無いことがわかった。
仕事上手な七氏先生のファイルに無いのだから、
私などが調べても同じ結果になるであろうから、調査するまでもない。
つまりいくら小さかろうが掲載されたわけであるのだから、異例の扱いを受けたということである。
この事実は動かしようがない。

328 ::2007/09/24(月) 16:33:37 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【50.両者にとって関係ないことを関係あるかのように話す】
>101 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 23:04:10 ID:bhyWtjpa
>彼女ほどの梵行で徳を積んだ人に、 因縁が重い、業が深いなどと罵れるのは恥知らずな信者だけです。

いかに梵行で徳を積んだからといって、徳を積んだ本人の因縁や業の重さが実際どうなっているかはわからない。
徳をそれほど積まなくても最初から因縁の軽い人もいれば逆の場合もあるだろう。
スタートラインが違うのだと何度言ったらわかるのか。
仏教やインド思想から考えれば生まれる以前に既にスタートは切られていることになる。
これだけ梵行をしたのだから、これほど徳を積んだから、因縁も悪業も軽くなったはずだ、
と都合よく考えたがるのが批判側の心癖である。
ちょうど、これだけ解脱供養したから(金を出したから)、因縁は切れたはずだと思い込むのと同じである。
こういう虫のいいことを考えているから結果が伴わないとすぐに文句を言い出しやめていく。
そしてやめた後も更にここにきて悪業を積み重ねる。その末路は言うまでもない。

【17.一部の例を持ち出して全部を否定する】
>第二級程度の因縁で、桐山さんの真後ろで修行して、
>それで因縁が切れなかった?
>つまり、M田先達の事例は、桐山さん同様に、
>アゴン宗では因縁切りなど嘘だという証拠です。

これも上の例と同じこと。
尚、桐山ゲイカの場合は一時的に症状が出たとはいえ、その後見事に復帰したので問題ない。
だが、七氏の場合は信者時代に下付された因縁が発症した場合、どうなるかはわからない。

話は変わるが、教団の因縁が嘘だ、といくら言い続けたところでその不安から逃れることはできない。
むしろ、「因縁」という文字を書けば書くほど、手の筋肉の動きが脳の深い部分に伝わりやがてそれが信念になる。

「たびたび繰り返される思考はやがて現実化する」は成功哲学を説いたナポレオン・ヒルの言葉である。

329 ::2007/09/24(月) 16:38:11 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【49.被害者の連帯意識が強い(同類相憐れむ)】
>237 :ザ桐止晴雄:2007/09/10(月) 19:53:20 ID:xZkL1rHk
>ああそう、ロクデナシの和○尚子さんにお金で「雇用」されてんの。
>おまえ(=クリンゴ〜ン)、意図がバレバレなんだよ。
>ゲラゲラ

ハルオが以前、私のことを関西の職員だの信者だのと書いたものだから、
ユビちゃんは心の中でそれを否定しつつも、先輩であるハルオの顔を立てようとして、
あからさまにそれを否定せず、転勤という理屈を考え出してまで私と関西を関連付けようと
涙ぐましい努力をしている。

>442 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/01(土) 23:38:33 ID:Gcr945LK
  >横レスですが、クリン含さん、あなたは最近までは仕事の転勤などの都合で
  >大嫌いな関西にいたかもしれないが、あなたはもともとは関東の人間でしょう?
何ともいじらしい話ではないか?
ハルオは残念ながらそんな彼の気持ちなど全然察していないようだ。
嗚呼、ユビキタス、哀れ。

330 ::2007/09/24(月) 16:47:27 ID:F6f1RNoR
【04.妄想で主張を述べる】(万燈売上愕然落ちは妄想)
スレ125の>688 :神も仏も名無しさん:2007/08/07(火) 13:05:17 ID:27M1AuIx
桐山さんの嘘がばれた時、信者の「不信感」から売り上げが落ちると予想したのです。
>700 :神も仏も名無しさん:2007/08/07(火) 13:36:58 ID:wFe6zQWO
>万燈会の売り上げが落ちると書いたのは、嘘に対して嫌悪する人たちが世の中にはそれなりにいるからです。
>425 :神も仏も名無しさん:2007/09/12(水) 23:48:09 ID:RTTWXN5C
>だが、私が売り上げが落ちると推測した根拠は、桐山ゲイカへの信者の不信だった。

売上げ愕然落ち予想の根拠が、「ゲイカへの不信から万燈申し込みを控える人がそれなりにいる」
これはあくまで本人の想像や妄想、こうあるはずだ、こうあって欲しいという希望的観測である。
これを「根拠」とは言わない。
あれほど、長々と理屈を書き並べておりながら、結局出てきたのはこれだけだった。
「教祖が経典の真実を話さないのは知られると万燈の売上げが愕然と落ちるからだ」
は事実無根の中傷に過ぎなかった。

331 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 16:49:10 ID:XyOW4Bzv


86 名前: ランボー法師 ◆uIU6J7Th0Y 投稿日: 2007/09/24(月) 06:09:35
早朝寺子屋

さて、>>42 までのコピペでもお分かりのように、変之行者さんと不肖ランボー法師の
密教の修行における考え方が異なる為、双方のメリット及びデメリットを検証し、もって
宗教をもって世間に貢献する為の試みをするにあたり、次の方法を提案する。

出場者 変之行者   考え方は古代恐竜を守るがごとく、脈々と伝わった密教の手法を
               少したりとも変化させずに守り行ってきた醍醐の高僧で、ランボー
               法師の考えに反発し揶揄してきたため、栄誉ある醍醐を背負って
               特に聖天信仰の選手にふさわしい経歴の持ち主として登場。
     ランボー法師 考え方は斬新でロボットアイボを製作するような柔軟な発想で密教
               を捉え、山の頂上を目指すのに、道は一本だけではないと主張し、
               実践派の真言僧侶で、まれに見る修行者で、過去に求聞持を6回
               修し、護摩も2000座を越える実力派。 
試みの進め方     最初に新しい大日如来の木彫りの仏像を二体用意し、別々の隔離
              された部屋において、開眼供養を行う。
              審査は第三者(マスコミ)が用意した霊能者により、霊視による審査で
              どちらの仏像が光り輝いているかを判断する。
              その結果、判定でポイントの少ない方が公募した霊的負荷をうけて
              精神的及び其れに伴う肉体的ダメージで悩んでいる方を祈祷やお参り
              で救うのである。
              この悩んでいて申し出が複数いらしたときは、ポイントの多い者はその
              次に申し出された人を救う。
              仏像開眼で何も光らなかった者は、ここでリタイアとなり、残った者は、
              申し出のあった人を救う為に努力する。

332 ::2007/09/24(月) 17:36:58 ID:F6f1RNoR
ガイドライン【52.手がつけられない自惚れ屋】
>>276 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 00:07:21 ID:jHL8OkBP
クリン含さんが進もうとしている「誤った道」を
部派仏教はじめ2500年間、仏教徒たちは歩んだ。
あなたの大好きなアーラヤ識やアンモラ識はこれらの残骸です。

部派仏教を誤った道と断定する自分は一体何様だと思っているのか?
そういえば盂蘭盆経についても同じようなことを書いていた。
学者たちが1400年間も無駄な議論をしていたと。
そしてハッタリをかますわりには肝心なことに対して何も答えられない。
何しろ自分の発言の根拠すらいつも説明できなくてごまかしてばかりの七氏の先生だからね。
無我の話を出したのは輪廻の主体に関係するからである。
無我を絶対視するならば輪廻は認められない。
これは仏教の抱える避けられない問題である。
この問題に対して部派仏教があれこれ考えたのは当然のことである。
それが誤った道だと切って捨てるのならば、自分が彼等の立場だったらどうするか?
聞いてみたいものだな。
どうやら彼等以上の知恵を七氏先生はお持ちらしい。

>釈尊ですら説明しなかった内容をなんでただの凡夫どもが説明できるはずがあるか。
やあ、いいことを言ってくれた。
それはあなたにもそのまま当てはまる。
釈尊すら説明しなかったことが、何で唯の凡夫であるあなたが説明できるのか?
あなたが釈尊の世界をいくら人に説こうとしても、凡夫のあなたでは無理なのです。
それがわかったら匿名スレで人に偉そうに語らないことです。

333 ::2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>>330の続き
【04.妄想で主張を述べる】(万燈売上愕然落ちは妄想)
それに七氏は現在の道場を知らない。
高齢の信者などを見るにつけ、やれ目連の話はフィクションだ、やれ盂蘭盆経は偽物だ、
やれ万燈の売上げが落ちるから隠してるんだ、などという七氏の叫びがなんと空しく響くことか。
批判側はひとり相撲をとっているのに気づかない。君等が性春を傾けた時代の進攻宗教の時代は過ぎた。
今の道場には(活気が無いという意味ではなくて)これは伝統仏教ではないかと思わせる気品や余裕が感じられるんだな。
それは教団として安定期に入ったということを意味する。
君等は時間の流れに取り残されたノスタル爺である。信者から手に入れた宗報だけでは現況は掴めぬ。
妄想ばかりしていないで、たまには変装でもして、みずから例祭へ足を運べばそれが実感できるはずだ。

334 ::2007/09/24(月) 17:54:14 ID:F6f1RNoR
七氏は>>261から>>264で言いたかったのは、
私が中村先生のviññana.=霊魂の解釈を隠していたということだった。
これを言いたいがために、わざわざ手元の本から文章を引用してくれた。
だがそのために、viññana.が霊魂だという解釈もありうるということを
紹介した結果になり、そうなると逆効果だったわけである。
他人の粗ばかり探していると墓穴を掘ることになるという良い例である。
とんだ間抜けな先生だな、七氏のオサ−ン。

335 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 17:59:06 ID:b5Zc6z/X
>>293
なるほど、そういう考え方もできますね。
実は、法要開催の案内チラシが手元あるのですが、それに書かれている全文を記載しましょう。

------------------------------------
昨今の北海道、特に道東地域を取り巻く現状を見たときに、経済の低迷や凶悪事件の勃発、
また頻発する地震の脅威など、大きな不安を抱かずにはおられません。

古人の言葉に「霊(みたま)の安らぎなくして、郷土の繁栄なく、霊(みたま)の鎮めなくして、家庭の安穏平和は望めない」とあります。

ここ道東の歴史を顧みるとき、開拓と発展の中で入植者達の想像を絶する苦役、
鉄道・道路建設あるいは炭鉱などの過酷な強制労働、北海道の先住民族であるアイヌ民族への迫害と戦争の数々など、
まことに多くの方が非業の死を遂げられています。

それらの人々が死して今もなお、その苦しみを解消できずに不成仏霊となって彷徨い続けているとしたらどうでしょうか。
この道東の空を覆っているとしたら。まさに不運不幸の原因となるのではないでしょうか。

この度の道東土地浄霊法要は、これらの霊(みたま)の成仏を祈り、あわせて、郷土の繁栄、家庭の安穏平和を祈願するのです。
どうぞご参加いただけますようにお勧めします。
                                        合掌
------------------------------------


よくよく読んでみると、北海道不運不幸の原因を、100%、アイヌ人の不成仏霊に起因させているわけではないようです。
そして、アイヌ人をあからさまに侮辱している訳ではないと思います。
しかし、原因の一つとしてアイヌ民族の霊を挙げているのですから、これをアイヌ団体が感じるかです。
アイヌの人たちが「アイヌ民族の御霊は、北海道に不運をもたらすようなことはしない」と思っていれば、今回の法要は侮辱に当たりますし、






336 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 18:09:09 ID:b5Zc6z/X
失礼。間違えました。

一部訂正
・・・・・・・
そして、アイヌ人をあからさまに侮辱している訳ではないと思います。
しかし、原因の一つとしてアイヌ民族の霊を挙げているのですから、これをアイヌ団体がどう感じるかです。
アイヌの人たちが「アイヌ民族の御霊は、北海道に不運をもたらすようなことはしない」と思っていれば、今回の法要は侮辱に当たりますし、
「桐山氏の意見に賛同する」と思っていれば、無事欲には当たらないですし。

とりあえず、アイヌ団体に聞いてみないとわからないですね。



あと、一応言っておきますが、私は批判派でも擁護派でもありません。
批判派と擁護派の中間の「懐疑派」とでも言っておきましょう。
決して、阿含宗の活動を妨害しようとしているわけではありません。
疑問に感じたことは、どんどん問題提起していくつもりです。


ではユビキタスさん。また来ます。



337 :20年信者(現在も一応会員です):2007/09/24(月) 18:44:18 ID:1dsdUZRm
>クリンゴン改めQさんへ
いつもいつも話が長いようですが、要するに何を言いたいのかがわかりづらいので、もう少し短めに
まとまりませんか? まあ、長いのは、名無しさんも同じようなもんですが。彼の方は文章が分かり易い
から読む気にもなりますが、あなたのは分かり難いので読みたくない。

それはさておき
さて、盂蘭盆会が仏教学上はおかしな話であっても、松本理事の死亡記事の扱いが大きかったか、
松田さんのが小さかったか、そんな話はどうでも良いです。確かに、そのほかにも山ほど阿含宗の会員で
死亡した人がいますが、宗報に載った人はいないのですから、そういう意味では「大きな扱い」なのかも
知れませんね。そして、それが「大きい」か「小さい」かは個人の感性の問題あろうから、それについて
どうこう言っても始まらない。

ここは阿含宗に対する批判スレですから、阿含宗の対する批判を行うことがここの存在意義です。
学問的な究明はよそでやってください。どこかに専門のスレを立てて、そちらでお願いします。

 元々の因縁の大きさ(強さ?)が人によって違うのだから、ある人間は少しの凡行で足りて、ある人間は
一生の全てを捧げるほど出しても足りない。
 実に阿含宗側にとって都合のいい話で、阿含宗側の理屈のうちの、あきれてものが言えない事の一つです。
因縁が強かったか弱かったかは阿含宗側にしかわからない。と言うよりも、結果が出てからしか言えないし、
結果が出てからなら何とでも言える。
そして出た結論は、常に阿含宗が正しく、上手く行ったら阿含宗のおかげ、失敗したら、本人のせい。
教皇誤謬説みたいなもんですな。

さて、お聞きしたいのは、あの阿含宗をあなたは正しい宗教であり、言っていることは正しいことだと信じられる
のか?と言うことです。法律上では信教の自由はあるのですから、あなたが悪魔を信じても、それは勝手です
けど、あなたは、阿含宗を、桐山靖雄なんていう詐欺師を信じるのですか?
私は昔は信じてましたが(今となっては騙されていた)、今は信じていません。あいつこそ、悪魔です。
私は悪魔を信じる人とは付き合いたくない。あいつが悪魔じゃないというなら、その証拠を持ってきなさい。

338 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 18:45:30 ID:b5Zc6z/X
>>336
またまた訂正
>批判派と擁護派の中間の「懐疑派」とでも言っておきましょう。

よくよく読んでみると、なんか書き方が悪いですね。
私は、阿含宗を信じている部分もあるし、疑っている部分もあります。
中立的な立場とでもいうのか、まぁそんな感じです。
語彙が乏しくてすいません.....
では。



339 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/24(月) 20:18:10 ID:ROiwjCHk
Qとやら、ほとんどKlingo〜nの言ってたことと同じだからKlingo〜n本人と
認定させてもらう。違うというのなら反論したまえ。

で、Klingo〜n改めQよ、何時になったら「第九識=霊魂」の筋道通った
根拠や典拠見せてくれるの?
桐山が言ってるから?桐山の臭い口が何言おうと根拠などになりません。
それは「あくまでも桐山の臭い口が勝手に言ってる」に過ぎません。

もしかしたら根拠とか典拠の意味が解らないのかな?
経典や論書、実績ある学者の説などを引用すればいいんだよ。わかったかな?
>>236みたいな真っ赤なウソをつくなよ。


340 :豊臣東吉郎:2007/09/24(月) 21:20:57 ID:JhnrDyut
http://www.youtube.com/watch?v=gJjXp6o9Igw
戦国時代の宗教は?

341 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 22:13:44 ID:4x2Nl6+P
>>213
>「識がどこかへ行く」というのは、仏説ではない
>善男子ヴァッカリの識がどこかに止まることなく
二つの文は矛盾してませんよ。「識がどこかへ行く」「識がどこかに止まる」という発想自体が、
悟りを妨げる悪魔のものです。釈尊はそういう見方を認めていないでしょう?
否定の形で引用しているだけです。否定の対象を仏説と呼べますか。

>うち萎れ、憂いに沈み、その場で消えうせた。』 ・・・・・雑阿含経第9巻
それは相応部4、3、4七年(雑阿含巻九、246)じゃなくて、相応部4、2、9耕作者(対応漢訳なし)です。

>>219 >常住不変な実体として存在しているのではない
>>284にも「龍樹の空こそ、単なる変化と捉えて」という引用がありますが、「不変」というだけで
なく、相応部22、21などに明記されている「五蘊は滅するものである」という視点も大切でしょう。

>>217 >その場合の自己(アートマン)とは、実践の主体としての我、自己自身であった。
>>220 >すなわち真実の自己を求むべきことを勧めている。

ウパニシャッドなどの「真実の自己、魂としてのアートマンを求める」という教説を、仏教が非我・
縁起説の立場で読み替えたものでしょう。
法句経103-105「自己に克つ、自己にうち克つ、自己をととのえる」
魂に打ち勝つ、とは言いませんね。ここのアートマンが「魂」でないことは明らかです。
五蘊仮和合の仮名としての自己、ということでしょう。これをよく調え、打ち克って
真実のありかたを求めよ、ということであり、決してウパニシャッドに説かれるような
「自己の内部にある魂としてのアートマン」を探求せよ、という意味ではありません。


342 :樹意:2007/09/24(月) 22:16:30 ID:DOcU7Iv1
>>279
>>280

ご意見ありがとうございます。
私は七誌さんとも議論したことがありますし、他の批判者の方々とも
ある意味意見が食い違うことが多々ある はぐれ者であります。
ですから批判側であるとかそういう括りに囚われないで、自由に
自分の意見を述べていただけるなら そっちの方が私にはうれしい
のです。
何故ならば その逆を考えて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みんなが判で押したように同じ意見 同じ思考パターン 
これってファシズムかカルト思考そのものではありませんか ?
北の将軍様の喜び組やらマスゲームを見て下さい。
ゲイカに植えつけられたなんでも 零障やインネンのせいにする
思考を振り返ってみてください。
教祖に依存するよう思考することを皮肉ったのが 私の以前の
HN オレンジ崇拝です。
人は多様な思考や多様な考えを議論しある程度の自由がなければ
進歩発展しないのです。将軍様の国のような画一的なところが
発展したためしがあるでしょうか ?

ゲイカが宗教のカテゴリにあるグレーゾーンでウソをつき人を
欺き不当な利益を貪ってきたのは事実でありこれは曲がることは
ありません。

ですがそれに対する見方 考え方 意見はいろいろあっても
いいのです。
私は自分の意見を言えるようになるということが 自分をとり
戻す一歩だと思っています。



343 :樹意:2007/09/24(月) 22:41:43 ID:DOcU7Iv1
>>279
> それが宗教家としての本質であり、その中心となる場が、総本殿ではありませんか?
> 信者さんたちは、元信者さんたちも含めて皆期待していたのですよ。

私はいままで 七資産や他の方がゲイカが先祖を侮辱していると
いう趣旨の発言に内心反発がありましたし それを読んだ当初は
なんて過激なことを書くのか? という想いがあったわけです。
ですが今ではその意味が得心いくようになりました。

信仰とは信じて仰ぐこと 帰命とは命がけで一体となることであると
教えてきたのはゲイカその人です。
ですがそのゲイカがこともあろうに経典改ざん 本尊のウソ
宗教的にはオソロシイぐらいの悪業を為しているわけです。
私文書氏にも書いたことがありますが、今現在私の認識としては
ゲイカは宗教の世界の方ではなく、利益や名誉が人一倍激しい
宗教風興行師であるという認識に至っています。
ですから 私的には宗教家という見方評価はゲイカにふさわしくない
そういう意見です。 

宗教の世界にある優遇を使うために僧侶のコスプレをしている
方という認識ですから 阿含経の議論にしろ 宗教界にある
優遇措置に対する議論にしろ こういった詐欺まがいを許して
しまう背景に対するものという位置づけなのです。


344 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:00:13 ID:oV/HMFZF
>>311 :Q:2007/09/24(月) 15:13:41 ID:F6f1RNoR
>七氏先生よ、それはあなたの引用した本の話だろう?
>私の書いているのは別の本であり、その中の記述をそのまま書いたのである。

あなたがどの本を使ったかなんて関係ありませんし、
丸写しかどうかなんて話はしていない。
あなたが>>212などで、中村本を元にして主張した魂と霊魂の件には
根拠がないから、反論になっていないと書いたのです。
クリン含さんはヴァッカリ経の魂という訳語に飛びついて、
勝利したとばかりに引用してみせたが、
スレ128の252さんに無知を指摘され、一撃だった。
やめておけばいいのに、霊魂と魂という言葉の違いに噛みついて、
なんとか誤魔化そうと必死になり、
物知り顔に中村本から原語まで引用して、誇らしげに示した。
大学者の本を使って飾り立て、自分の小手先のゴマカシを隠そうとした。
だが、中村博士は一般人と同じで、魂と霊魂を厳密に区別して使ってはいない。
桐山さんですら、明瞭に区別はしておらず、霊と霊魂はいっしょに使われている。
だから、>>261などで同じ中村本でそんなゴマカシは通用しないことを示したのです。
252さんが正しく、クリン含さんの主張は成り立ちません。

345 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:05:06 ID:oV/HMFZF
>>313 :Q:2007/09/24(月) 15:23:56 ID:F6f1RNoR
>だからさぁ、私がどこで「霊魂」て書いたのか?

逆に質問するが、「クリン含さんが霊魂と書いた」と誰が書いたのだ?
スレ128の252さんは、「クリン含さんが霊魂と書いた」、なんて書いていない。
私もあなたが霊魂と書いたなど言っていない。
誰も、クリン含さんが霊魂と書いたと言っていないのに、
では、あなたは何にイチャモンをつけているのだ?
>>261で示したとおり、あなたの引用したヴァッカリ経の
viññanaの魂という訳は、中村博士は霊魂と同じ意味に用いている。
だから、252さんはこういう普通の学者と同じように、
ヴァッカリ経の魂とは、いわゆる魂や霊魂という意味ではないと指摘した。
つまり、誰も「クリン含さんが霊魂と書いた」とは指摘しておらず、
また、252さんのヴッカリ経の魂の解釈は正しい。
では、あなたは何にイチャモンをつけているのだ?

346 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:13:08 ID:rHYBxIf0
教祖小谷喜美の犯罪行為
1 昭和25年 3000万円の脱税
2 昭和28年 赤い羽根共同募金横領で小谷逮捕
・また2代会長の久保継成
霊友会執行部との確執、豪奢な生活ぶり、愛人隠し子騒動
このような教祖に感応されますと、平気で犯罪行為を犯したり、家庭不和が惹起するのでしょうか。
そうです。貴乃花親方一家は霊友会でしたね。
父親母親は離婚、兄とは確執により別離、まさに霊友会を信じたことによる現証が顕われている一家と言えます。
まれに幸せとなる方も いらっしゃるようです。


347 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:15:11 ID:oV/HMFZF
>>315 :Q:2007/09/24(月) 15:49:17 ID:F6f1RNoR
>七氏がムキになって書き立ててくれたことで、逆にいいことを聞いたよ。
>>334 :Q:2007/09/24(月) 17:54:14 ID:F6f1RNoR
>紹介した結果になり、そうなると逆効果だったわけである。
>他人の粗ばかり探していると墓穴を掘ることになるという良い例である。

あんな程度で喜んでいただいて何よりです。
他にもあなたが喜びそうな内容はいくらでも紹介してあげたいが、
スレの主旨とは違うし、あなたやヂミズさんは正しい知識を
教えてくれた相手に上記のように罵声を投げつけるのが趣味らしいから、
やめておきましょう。
逆効果とか、墓穴って、あなたの霊魂説を支える情報を得たと思っているのですよね。
相変わらず思い込みと憎しみ以外、何も持ち合わせていないようだ。
昨日、輪廻の本体の議論をインドの仏教徒が繰り返した話を読んでも、
あなたはなんにも得るところがないのですね。
私が墓穴どころか、あの情報を喜んでいるということは、あなたのほうが
その迷路にいよいよ迷い込んだのです。
あなたのその性格では、一生その迷路から出られない。
龍樹や世親よりも頭が良いと思っているようだから、
桐山さんと一緒に、迷路の中で運命の反復をすればいいでしょう。

348 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:24:07 ID:oV/HMFZF
>>314 :Q:2007/09/24(月) 15:40:39 ID:F6f1RNoR
>全文を引用すればケチをつけるし、省略すればそれもケチをつける。
>また箇条書きすればそれにもケチをつける。

私は全文引用、部分引用、箇条書きにケチなどつけていない。
あなたが引用を装い、著者の原文の一部を省略したり、
箇条書きを装い、一番著者の主張したい部分を省略して、
まったく逆の意味に使ったことなどを批判したのです。
あなたのしたことは省略などではなく、改竄です。
省略するなら「省略」「中略」などと書き入れるのが常識です。
これだけ何度も悪事をなし、そのたびに私から指摘されても、
開き直るだけだから、あなたは同じ間違いを繰り返すのです。
絶対に自分の非は認めず、屁理屈をつけ、開き直り、
まるで被害者のように、逆に指摘した相手をなじる。
こういう点は桐山さんとそっくりですね。

349 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:31:11 ID:oV/HMFZF
>>314 :Q:2007/09/24(月) 15:40:39 ID:F6f1RNoR
>全文を引用すればケチをつけるし、省略すればそれもケチをつける。
>また箇条書きすればそれにもケチをつける。

無意味なだらだらとした引用をやめたらどうかと助言した。
しかし、あなたの耳にはケチをつけたとしか聞こえないらしい。
あなたは桐山さんと同じで、何かちょっと新しい知識を得ると、
他人はこれを知るまいと喜び、披瀝するのが自慢で仕方ない。
桐山さんは本のネタを他人から盗まれると本気で信じていた。
クリン含さんは本来なら自分のメモにすぎない内容まで、
ダラダラ引用して、「どうだ、オレ様はこんなに頭いいんだぞ」と自慢する。
ダラダラ引用するということは、あなたの頭がまとまっていないことを意味するです。
スレ128のヴァッカリ経なら魂と書いてある数行で十分です。
必要なのは、これであなたが何を言いたいかです。
今もって、クリン含さんがヴァッカリ経を引用して、
どのようにアゴン宗擁護をしたいのか誰も理解できない
・・・念のため言うが、説明しなくてもいい。
あなたのゴチャゴチャした頭と屁理屈を出されても信者でさえ関心も興味もない。

350 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:35:42 ID:oV/HMFZF
>>314 :Q:2007/09/24(月) 15:40:39 ID:F6f1RNoR
>初期仏教では無我は説かれていないのは確かであり、
>その無我を絶対視する部派とそうでない部派があるのも事実。

あきれた人だ、解説書まで引用して説明してあげても、まだ言っている。
仏教では非我説のことを無我説というのです。
無我説という表現では誤解を招くから、非我説と学者たちは説明する。
あなたが引用した中村本は専門書だから、文献を元にして丁寧に説明した。
だが、そんな丁寧な説明など持って来なくても、>>267
紹介したように、結論だけなら、仏教の解説書に書いてあるのです。
クリン含さんが知らないだけです。
だから、釈尊は無我説を説いたというのは間違いではない。
しかし、無我説と書くと誤解を招くおそれがあるから、
あなたが>>216で引用したスレ126の358さんは、
「無我(非我)説と矛盾する。 」ときちんと書いたのです。
知識をもっている358さんを、無知なクリン含さんが罵った。

351 :樹意:2007/09/24(月) 23:40:51 ID:DOcU7Iv1
>>332
> 部派仏教を誤った道と断定する自分は一体何様だと思っているのか?

般若心経瞑想法より
アビダルマの論師たちは、これあるに縁り、これあり。これなきに縁り、これなし、
の、「これ」の分析・追及に走りすぎた。このことは、仏教以外の当時の新興宗教
であるバイシェーシカ学派、サーンキヤ学派、ニヤーヤ学派なども例外ではなかった。
これに対し、龍樹は、「これあるに縁り」の「縁り」に注目したのである。
考えてみると、「これ」の追求は宗教とはいえない。存在論になり、ついには物質論
になってしまう。「縁りて」こそ、宗教の世界のものだったのである。縁起の法を
説いた仏陀が注目したのも、この、「縁りて」の世界ではなかったか。
そこから縁起の法がスタートしたのではなかったのか。龍樹は、横道にそれた
諸説を論破して、仏陀への回帰を説いたのである。
般若心経瞑想法 181、182p

宗教とはいえない 横道にそれたとゲイカは部派仏教の論師たちを
批判している。

おまえは何度説明させれば気が済むのか ?


352 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:42:03 ID:oV/HMFZF
>>314 :Q:2007/09/24(月) 15:40:39 ID:F6f1RNoR
>その無我を絶対視する部派とそうでない部派があるのも事実。
>>332 :Q:2007/09/24(月) 17:36:58 ID:F6f1RNoR
>部派仏教を誤った道と断定する自分は一体何様だと思っているのか?

ナニサマって、少なくともクリン含さんよりも部派仏教と
インド仏教の歴史について知識を持っている素人です。
非我説と無我説の問題を知らないのは必ずしも恥ではないが、
あなたのように鬼の首でも取ったかのように滔々とまくしたてるのは
相当に恥ずかしいことです。
普通の人は解説書に書いてあることを大上段には振りかざさない。
部派仏教などここでは論じないのです。
アゴン宗は部派仏教ではなく、根本仏教を標傍し、
>>284でユビキタスさんも指摘しているように、
桐山さん自身が部派仏教など支持していない。
ここでは部派仏教の独自の教説など議論の対象外です。

353 :樹意:2007/09/24(月) 23:42:34 ID:DOcU7Iv1
  もう一丁 

>>332

> 無我の話を出したのは輪廻の主体に関係するからである。
> 無我を絶対視するならば輪廻は認められない。

この詩句について、藤田宏達教授は、

これは、原始仏教の最初期の段階から、空の観察が説示されていたこと、
そしてその基礎が、「自我に関する見解を打ち破って」立てられていること、
つまり無我説にあることを明示している。 (「空」下)

といっておられるが、この、無我説をもとにして説かれたブッダの「空」を、
縁起の法をもとにした「空」にしたのが、ナーガルジュナであると、わたくし
は考えるのである。
だから、「 蘊・処・界」三科の法門の否定は、決してブッダの教説の
否定ではないし、まして反旗などではないのである。ナーガルジュナのこの
論は、ブッダの教説のルートに乗るものであり、それへの回帰であり、
発展だったのである。
般若心経瞑想法 250p、251p

クリン含さんは いったいここに何しに来てるの ?


354 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:46:42 ID:oV/HMFZF
>>332 :Q:2007/09/24(月) 17:36:58 ID:F6f1RNoR
>無我の話を出したのは輪廻の主体に関係するからである。
>無我を絶対視するならば輪廻は認められない。

これはたしかあなたの大好きな山折先生が書いた内容ですよね。
桐山さんは山折先生の説など支持していない。
山折先生の話をしたければ、他にスレを立てるべきです。
輪廻や輪廻の主体、無我論を論じたければ他のスレに行くべきです。
クリン含さんは学者をまるで神様みたいに思っているのですね。
どうしてそんなに権威主義なのだろう。
あなたは往年の優等生らしく、何か権威を示されると、無条件に頭を下げる。
仏教は山折先生ではなく、釈尊が説いた。
アゴン宗も釈尊の説いた仏教、根本仏教であると標傍している。
だったら、山折先生ではなく、釈尊がどう説いているか、それだけが問題であり、
輪廻の主体の質問に対する釈尊の答えは「無記」です。

355 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:50:34 ID:oV/HMFZF
>>242 :Q:2007/09/23(日) 17:33:29 ID:dbRB2qdM
>その七氏が、今回の魔女狩り発言に限り、広く読者を相手にしたのではなく
>青柿さん個人に向けての警告だというのは苦しい言い逃れである。

いいえ、青柿さん個人宛であっても、広く読者を対象として書いた。
しかし、クリン含さんだけは除きます。
あなたのような道理のわからない人など対象ではないと何度も書いたではないか。
私の対象とは、話せば道理を理解する「十人に一人」の信者であって、
誰であるかなんて私はわからない。
だが、「十人に一人」でない信者はわかる。
クリン含さんです。
私がこうやってレスをクリン含さんに付けているが、
あなたを納得させようなんて気はまったくないと何度も書いた。
犬でもあなたよりも恩義を感じるし、賢い犬は道理を理解する。
あなたはそうやってキャンキャンワンワンとシツケの悪い犬みたいに
相手かまわず吠えて、私に批判ネタを提供してくれるのが仕事です。

356 :神も仏も名無しさん:2007/09/24(月) 23:54:54 ID:oV/HMFZF
>>243 :Q:2007/09/23(日) 17:35:59 ID:dbRB2qdM
>それを後になって、あれはクリン含あてに書いたなどという言い訳は通らない。

後になって言い訳?
現実の経緯は違います。
あなたは、私が青柿さんに書いた魔女狩りという言葉にものすごく怯えて、
強烈な印象を持った。
だから、その直後にスレ105の76で
「七氏が信者を牽制しようとして魔女狩りの話を書いた」と書いたのはクリン含さんです。
ところが、これをあなたはスレ128の>222で書いていないと否定した。
嘘です。
こんなすぐにばれるような嘘までついたのだから、
魔女狩りという発言によほど怯えたのですね。
そんなに怖がらせたなんて、申し訳ないような気さえします。
ものすごく怯え、今も怯えているから、この件を出して、
なんとか魔女狩り発言を否定しようと躍起になっている。
一年後も魔女狩りという言葉を覚えていて、私に因縁をつけてきた。
あまりの恐怖と憎しみから、魔女狩りという言葉が
青柿さんに対するレスであることをすっかりあなたは忘れていた。
だから、私から「書いていない」と指摘されて、絶句してみせた。
青柿さんへのレスであることを忘れていたのですよね?
通らないもなにも、あれは青柿さんへのレスであって、
クリン含さんへのレスでないというのは事実です。

357 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2007/09/24(月) 23:58:47 ID:BuJTAqzo
>>329 Q 2007/09/24(月) 16:38:11 ID:F6f1RNoR
>ガイドライン【49.被害者の連帯意識が強い(同類相憐れむ)】
>ハルオが以前、私のことを関西の職員だの信者だのと書いたものだから、
>ユビちゃんは心の中でそれを否定しつつも、先輩であるハルオの顔を立てようとして、
>あからさまにそれを否定せず、転勤という理屈を考え出してまで私と関西を関連付けようと
>涙ぐましい努力をしている。

違いますよ。
私はハルオさんの顔を立てる為にあなたを関西から転勤してきたと書いたのでは
ないですよ。
私があなたの関西からの転勤を出したのがあなたの書き込みがそうなっていた
からです。
宜しいですか?
J大出のFさんが東京総本部管轄の道場云々の話が出た時、あなたは七氏さんに
対して勝手に関東と決めつけているようだが、自分(クリン含さん)は3ヶ月前に
関西から引っ越してきたばかりだと書いたのですよ。あなたが。
私はその話を信じたからそれを出したはずです。
昔の書き込みからあなたは関東管轄だとはっきりわかる。
しかしその後関西に転勤などがあり、また関西以外のどこかに引っ越して来た
のだろうと、あなたの言葉をそのままに取っただけです。
ここにハルオ先輩などへの遠慮だの何だのわけのわからない
ものが入り込む余地などない。
そんなことは意識したこともない。
で、関西から引っ越して来たとあなたが書いたのは嘘だったのですね?
この嘘つきが。
他にも嘘がいくつかあるんでしょう?

358 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 00:01:05 ID:oV/HMFZF
>>243 :Q:2007/09/23(日) 17:35:59 ID:dbRB2qdM
>それを後になって、あれはクリン含あてに書いたなどという言い訳は通らない。

あなたみたいな言葉狩りが大好きな人に魔女狩りなんて使えない。
狂犬病の犬の口にエサを差し出すようなものです。
魂と霊魂という言葉一つにもかみつき、執念深く自分の言い訳をする。
いつもあなたは「いつ自分が○○と書いた?」と言葉尻をつかまえようする。
「クリン含さんが霊魂と書いた」と誰が書いたのだ?
誰も書いていないことにすらあなたは因縁をつけている。
こうやって執念深く揚げ足取りをする。
こういう底意地の悪い人と議論する時には言葉を気軽には使えない。
そんな人に魔女狩りなんて使ったらどうなるかは、
今のあなたの状態をみればわかる。
しかし、青柿さんは違うし、「十人の一人」の信者たちも違う。
あなたは二言目には「おれがいつそんなことを書いた?」という。
他人にこういう厳しい要求をするなら、
クリン含さんに魔女狩りなどと書いていないという事実を認めたらどうか。

359 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/25(火) 00:05:40 ID:wpXWr886
>>335 神も仏も名無しさん 2007/09/24(月) 17:59:06 ID:b5Zc6z/X
>実は、法要開催の案内チラシが手元あるのですが、それに書かれている全文を記載しましょう。

ああ、これは絶好の資料をありがとうございます。
有効に活用させていただきます。

360 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 00:09:03 ID:TtTCfLQs
>>244 :Q:2007/09/23(日) 17:38:00 ID:dbRB2qdM
>一般的な話を始めて読者の目を逸らせようとしている。
>>245 :Q:2007/09/23(日) 17:44:35 ID:dbRB2qdM
>何故そのような簡単なことに答えられないかというと「事実無根」だからである。

ではなくて、事実無根であると信じて、安心したいのでしょう?
全能の神Qともあろうお方が、魔女狩りという言葉一つにビクビク、オタオタ。
書けば書くほど、クリン含さんが恐怖にかられているのが読者たちにわかってしまう。
あなたのおもしろいところはそれを恥ずかしいと思っていない点です。
私がすでにあなたの質問に答えていることにクリン含さんは
気が付いていないのですよね。
それを見れば十分です。
私はあなたに書いているのではなく、「十人に一人」に書いている。
彼らは私が何を根拠にして魔女狩りと言っているのかもう理解しています。
読んでいる信者さんの中には、クリン含さんと違い、梵行を熱心にしていて
宗務局と直接関わって不愉快な思いをした人もたくさんいるから、
私の書いていることが大袈裟ではないことをわかる人がいます。

361 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 00:14:24 ID:TtTCfLQs
>>243 :Q:2007/09/23(日) 17:35:59 ID:dbRB2qdM
>おまえ、それでも○ンタマ付いてるのか?(女性なら許されるということでもないが)

梵行もろくにしていないクリン含さんに魔女狩りを納得してもらうには、
宗務局の職員が「魔女狩り係」という名札でも付けていない限り無理ですよね?
魔女狩りなんて事実無根であり、出頭は魔女狩りではないというのだから、
クリン含さんが出頭することに何の問題もなくなった。
読者の皆さんに説明すると、クリン含さんのハンドルは「クリンゴン」という
勇気と名誉を重んじる戦士の宇宙人からとったものです。
また、Qとは神様みたいに物質世界を自由に操れる超能力をもった宇宙人です。
勇気あるクリンゴンであり、全能のQで、しかも「○ンタマ付いてる」クリン含さんですから、
魔女狩りに怯えているなんてのは私の思い違いでしょう。
クリン含さん、宗務局に出頭して、桐山ゲイカからお褒めの言葉をいただきましょう。
批判側は全員があなたの出頭に賛成だし、
信者さんたちも職員も、全員があなたの出頭を大歓迎で待っていますよ。
信者側と批判側がこれほど意見が一致したのも珍しい。
さあ、「○ンタマ付いてる」クリン含さん、行ってらっしゃい、七氏に勝つために!

362 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/25(火) 00:18:45 ID:wpXWr886
>>336 神も仏も名無しさん 2007/09/24(月) 18:09:09 ID:b5Zc6z/X
>あと、一応言っておきますが、私は批判派でも擁護派でもありません。
>批判派と擁護派の中間の「懐疑派」とでも言っておきましょう。

一点だけ質問させて下さい。
批判側でも擁護側でもない中立派結構ですが、阿含宗のマイナーな法要チラシを
手元に持っているあなたは会員さんなのでしょうか?
会員であっても批判、懐疑的な人は他にもおられますし。
それとも家族や知人が会員とか。
あるいはチラシが家に投函されたとか。
いや、会員だったらどうするとかそんな考えはないです。
単に疑問を感じただけで。
明かしたくない時は答えなくても結構です。

363 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/25(火) 00:32:05 ID:wpXWr886
法要の趣旨のチラシの全文を読んで考えると、これはひょっとしてアイヌ関連団体
などには殊更説明などはしてないかもしれませんね。
コンタクトを全然取ってないかもしれない。
そんなややこしい(阿含宗にとって)ところに。
だからこそやはりこれはお知らせして判断をあちらにまかせましょう。
こちらはチラシの全文だけではなく、アウシュビッツの活動実績に見る侮辱発言の数々、
先月の法話での白い恋人事件とアイヌ民族の怨念の関わりも含めて提示して。

364 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/25(火) 00:35:27 ID:wpXWr886
>>335 神も仏も名無しさん 2007/09/24(月) 17:59:06 ID:b5Zc6z/X
>実は、法要開催の案内チラシが手元あるのですが、それに書かれている全文を記載しましょう。

大切なことを忘れてました。
期日と場所も書いてあるでしょうから教えて下さい。

365 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 02:01:56 ID:i7AM4Voc
北海道不況の原因はアイヌ人の怨念って....
どう考えたって、バブル崩壊が原因だろうよ。
経済学者への挑戦状か。

それとも、北海道経済に打撃を与えた直接的原因であるバブル崩壊も、アイヌ人の怨念によるものだというのか・・・


どうせ何も変わりはしない。
経済がよくなったら「法要のおかげ」って言うだろうし、よくならなかったら「怨念が予想以上に強く、まだ残っていたのだ」
とか言うんだろう。

怨念なんて存在しているかどうか客観的に立証できないんだから、どうにでも解釈できるよ。






366 :W田を斬る氏を応援:2007/09/25(火) 06:34:31 ID:4s574yh/
>>295 面白くなってきましたね。S崎がW田さんの指示で何千万もの
会員の基金を操作していたということですか?
アゴン宗幹部全員が絡んでいて実に面白い。
告発さんの勇気に歓迎です。

367 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/09/25(火) 06:46:15 ID:kX/kE+Hs
>>365
>北海道不況の原因はアイヌ人の怨念

それ、いったい何の冗談?
関西地区不況の原因も同じ理由からなのか? w

・・・・そういえば当方が昔住んでいた文化住宅の家主さん、熱心な阿含宗の信徒だったんだけど、
こんなこと言ってたのには呆れた。

曰く「よく配偶者に恵まれないままに一生を終える人がいるんですけど、そういった人々の場合、本来なら配偶者となるはずの人は、すでに死んでしまってこの世にいないくなってしまってるというのが真相なんです!」


368 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/09/25(火) 06:57:58 ID:kX/kE+Hs
>>365
ま、そういうのを俗に「ジャンケンの後出し」っていうんだね。
一応、立証が不可能な事柄は完全否定してかかる必要性もあるわけで、なればこそ唯物論も大切になる道理。
政治や法律や医療の世界で、「迷信」を一切排除しにかかるスタンスを取ることは、現状においてはベストな選択だと思う。
それに、現行憲法においては一方では「信教の自由」も保証しているわけだから、心の中まで唯物であることを義務付けているわけではない。
ただ公の場においては、それは主観的なものとして排除するやり方だって、おかしな宗教がはびこる現状を鑑みればやむを得ないことだと思う。

369 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/25(火) 08:16:53 ID:hFWY6ZFw
>>362-364
そうだ。それを確認して、画像をうpしてもらうとかして、裏をとらなければ。

稚拙な自作自演の言い掛かりを付ける工作するぐらいだし、
ニセ法要の情報流して撹乱することも考えられる。

370 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/25(火) 08:48:59 ID:wpXWr886
>>322 Q 2007/09/24(月) 16:03:26 ID:F6f1RNoR
>ガイドライン【52.とにかく阿含はよそと違うんだという理屈を考え出す】

>阿含における追善もよそでやっているそれと何ら変わるところは無い。

よそでやっている追善供養とは初七日法要とか四十九日の間に七日ごとに行う
供養、あるいはそれらが終わってから尚も行う三回忌とか七回忌、十三回忌等の
法事です。追善供養を調べるとそう書いてある。
内容はあなたのいうとおり回向であり善をおくることです。
一方阿含宗の解脱供養もまた回向が重要不可欠な役割を果たしてますね。
10万円の回向料です。霊障の不成仏霊は冥界に往かれないほど不徳不善の
存在だから、それを補う善の金を送って徳の付け足しとするのです。
その徳で成仏法のテレパシーも受けられることになっている。
どちらも同じ回向ではないかというと性質が異なります。
まず世間の追善供養には解脱供養なんて意味がない。
いつまでも成仏できないでいるから非常緊急臨時に行うのではなく、これは因習
としても欠かさずに行うことになっているものです。
もともとが仏教に先祖供養なんてものはないのだから、先祖供養は習俗的な行事
として存在するのだから、我々の一般認識は、この仏が
成仏してないから助けてあげないという意識などはない。
ご先祖は初七日であろうと三回忌であろうと順調に旅を続けているところを
子孫からも供養をしてやり後押しをしているという感覚です。
まさに追加で善を送る感覚です。
ここには先祖を侮辱する思想が稀薄です。
あなたが追善供養という言葉を使うことによって、無意識にもそういうものと
同一だと自分に思い込ませようとしたり、他にそういう無難な印象を与えよう
とすることをごまかしとしたのです。

371 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 12:39:58 ID:KawJ0WCX
そう言うことだ。
アゴン宗の供養は外向きには習俗的な行事を装いながら
内では横変死の先祖を霊障を発する不成仏霊と罵って
これを供養しなければ子孫に祟ると脅し
成仏させるなどと騙して金を巻き上げる詐欺宗教なのだ。

372 :元カリフォルニア支部会員:2007/09/25(火) 15:03:33 ID:jT/JIA8r
阿含宗関西総本部のA宅職員は滞米中の2004年8月から11月までの4ヶ月間、宿泊費総額約500万円
の長期滞在型高級ホテルhttp://www.embassyhotelapts.com/に宿泊し、2004年12月から2005年
12月までの13ヶ月間は宿泊費総額約460万円のコンドミニアム
http://www.plazadelamo.com/complexes/windemere.htmに宿泊していた。
日本国の所得税基本通達28-3には「旅費等の名義で年額又は月額で支給される金品は、その支給を
受けた者の職務を遂行するために行う旅行の実情に照らし、明らかに非課税に該当する旅費に相当
するものと認められるものを除き、給与所得として課税される」とあるが、A宅職員のこの高額な
宿泊費は、「明らかに非課税に該当する旅費に相当するものと認められる」とは考えがたく、職務を
遂行するために行う旅行の実情に照らした場合、給与所得として課税されるべきであるが、阿含宗は
給与所得として源泉徴収してはいないであろう。
そして、A宅職員がアメリカに派遣されている間に、阿含宗が原告としてカリフォルニア支部のS崎
元職員を相手に訴訟を起こし、最終的に原告である阿含宗が被告であるS崎元職員に21万ドル
(約2500万円)の和解金を支払うことになった。これに関して、カリフォルニア支部閉鎖・解散の
責任者として派遣されていたA宅職員の責任は大きく、さらに多額な宿泊費、多額な弁護士費用、
多額な通訳翻訳料および多額な和解金などを支出するという、阿含宗にとって多大な不利益を
もたらした。(さすがW田さんの部下です。)


373 :元カリフォルニア支部会員:2007/09/25(火) 16:20:46 ID:jT/JIA8r
>>372
アメリカ人の賃貸住宅の平均的家賃http://www.usmanjiro.com/63_306_908.html
これと比べてA宅職員の家賃をどう思われますか?


374 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:12:06 ID:KpJiyuGr
>>317 :Q:2007/09/24(月) 15:53:52 ID:F6f1RNoR
>つまり、蘭を隠したかったから論文の内容を無視したのである。

クリン含さんの恒例「蘭隠蔽説」です。
私が、盂蘭盆の「蘭」についての赤松説を知っていながら、
それを隠して、知らぬふりをしていたというものです。
赤松先生は、盂蘭盆の「蘭」がウランバナなどの
異説を生んだ原因となったと推測している。
この一文を私が知りながら、蘭の件を素知らぬふりをして、
盆器説を唱えていたというのが、クリン含さんの主張です。
ここは盂蘭盆経や赤松論文を議論するスレではないから、
皆さんも訳がわからないのでしょう。
クリン含さんが蘭隠蔽説にしがみつくのは、これを放してしてしまうと、
私に噛みつく重大ネタが一つなくなってしまうからです。
では、読者の皆さんには耳タコの経緯から説明します。

375 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:14:50 ID:KpJiyuGr
>>317 :Q:2007/09/24(月) 15:53:52 ID:F6f1RNoR
>つまり、蘭を隠したかったから論文の内容を無視したのである。

クリン含さんは赤松論文を掲げて7月に登場した。
赤松論文は七氏も知るまいと、盆器説を定説と唱える(唱えてはいない)私を
これで撃破できると確信して、意気揚々として登場した。
この時の文章を見直しても、クリン含さんの勝利の笑みが感じ取れる。
ところが、クリン含さんはまるっきり逆の意味に論文を読んでいた。
赤松論文は私と同じ盆器説を唱える論文だった。
逆の意味に読み違えて、憎き七氏の盆器説をかえって補強してくれた。
クリン含さんが私に投げた石は本人を直撃して、観客の大笑いをとった。
普通の人なら、大恥をかいて、撤退する。
ところが、ここからがクリン含さんの本領発揮で、
読み間違いを指摘されても、さも最初からそんなことは知っていたかのように、
論調を組み直し、屁理屈を並べ、逆に因縁をつけて来た。
なにせアゴン宗の信者ですから、因縁を付けるのは得意です。
その因縁の一つが、「蘭隠蔽説」です。

376 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:16:29 ID:KpJiyuGr
>>317 :Q:2007/09/24(月) 15:53:52 ID:F6f1RNoR
>人に伝える場合はまずその論文の内容を紹介してから自分の意見を書くべきである。

私が赤松論文の内容を紹介してから、意見を書くべきだったというのが
クリン含さんの指摘です。
クリン含さん、記憶力は大丈夫ですか。
赤松論文を引用したのは私ではなく、クリン含さんです。
内容を紹介しろって、なんで、私が引用もしていない論文の
内容を紹介しなければならないのですか。
>私だけでなく、多くの読者がそろそろあなたの知性を疑い始めた。
と、私が書いたことにガイドラインなど持ち出している反発している。
だが、あなたが今年引用した論文を、昨年の私が紹介すべきだった、
と主張するクリン含さんの知性を疑うのは当然です。
あなたが>>316で引用した私の書いた508の日付をごらんなさい。
昨年の10月で、一方、あなたが赤松論文を出したのは今年の7月です。
私の昨年の文章に赤松論文など関係がない。
なのに、どうして私が赤松論文を説明しなければならないのだ?

377 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:19:17 ID:KpJiyuGr
>>317 :Q:2007/09/24(月) 15:53:52 ID:F6f1RNoR
>盂蘭盆が盆器であることは素人でもわかることだからといって、
>赤松氏が述べている理由を飛ばしてよいと判断するのは、
>自己に都合よく結論を下していることになる。

何度も書くが、赤松論文を持ち出したのはあなたであって、私ではない。
昨年10月に私が赤松論文を引用しながら書いたのならともかく、
赤松論文など関係なしに書いた508の文章に対して、
上記のように批判してなんの意味があるのか。
私は引用していないのだから、飛ばしていいのです。
私の508はあなたが赤松論文出す前の文章ですよ。
しかも、今まで私は赤松論文を根拠にして何かを主張したことはない。
あなたが引用して、あなたが何事かを主張しているだけで、
私は引用もしていなければ、何事かを主張もしていない。
クリン含さんが引用した赤松論文を、関係のない私に、
これを無視していいことにならない、とはどういう意味?
私は無視もしていなければ、引用もしていない。
赤松論文については最初から最後までクリン含さんの一人相撲です。
こんな滅茶苦茶なことを主張したら、知性や精神の健康を疑われるのは当然です。

378 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:21:19 ID:KpJiyuGr
「この点において、ullamban音写説が浮かび上がって来たのであろう。」

蘭隠蔽説の根拠として、あなたの「赤松氏が述べている理由」とは
上記のたった一行です。
これもすでに私は何度も反論している。
たった一行の、しかも「あろう」というのだから、推測です。
根拠を示しておらず、またこれが原因だと断定しているのではない。
たった一行の学者の書いた推測をあなたは理由であると断定している。
断定するのはあなたの自由だが、判断の押し売りはやめてほしい。
しかも、赤松先生は、音写説を支持するために上記を書いたのではなく、
こういう疑問もまた漢語で説明がつくという説を出すためです。
赤松先生は上記を主張したいのではなく、蘭の意味に話を持っていくために、
誤解を招く原因となったのは蘭であろうと推測してみせたのです。
何で学者のたった一行の推測を私が隠さなければならないのですか。

379 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:24:56 ID:KpJiyuGr
>>321 :Q:2007/09/24(月) 16:00:57 ID:F6f1RNoR
>赤松氏が盆器説を支持したところでそれが何だというのだろうか?
>このように関連の無いことを言い続けて、自分の隠蔽工作を隠そうと必死である。

三回も書くが、赤松論文を引用したのはあなたであって、私ではない。
赤松論文を元にしてあれこれ主張しているのはあなたであって、私ではない。
私は赤松論文を前提として盆器説を書いたことは一度もない。
この事実を認め、自分の価値観の「蘭隠蔽説」のごり押しをやめたらどうか。
などと言われても、ごり押しが目的なのだから、あなたは絶対にやめない。
あなたは自分のすること、考えることは他人も同様だと思っているようだ。
クリン含さんは赤松論文で頭がいっぱいだから、
当然、私もいっぱいだと信じ込んでいる。
あなたは引用した文章を他人も同じ解釈をするものと信じ込んでいる。
だが、「クリン含ちゃん、お口をアーンして」と周囲があなたを中心に
動いていた時代はとうの昔に終わっている。
「赤松論文はクリン含様が引用して、七氏も知っていたのだから、
七氏は当然、赤松論文を元にして議論するべきである」
これがあなたの態度であり、お口をアーンして、
チョコだけ食べると言い張るワガママで身勝手な子供です。

380 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:27:00 ID:KpJiyuGr
>>321 :Q:2007/09/24(月) 16:00:57 ID:F6f1RNoR
>赤松氏が盆器説を支持したところでそれが何だというのだろうか?

これが関係ないなら、あなたは何のために赤松論文を引用したのだ?
それなら、スレ124の427であなたが7月に登場した時、
「@盂蘭盆の語義は本当に盆器なのか?(その1)」
などと仰々しいタイトルを付けて現れたのはどうしてだ?
赤松論文を高々と掲げ、盂蘭盆の意味はお盆の意味には解釈できないとか(429)、
私が「生半可な知識をさらした」「ホトケのバチが当たった」(431)とか、
盆器説を否定できたとばかりに、大騒ぎをした。
盆器説の否定が目的だから、7月にはあなたは蘭隠蔽説は出していない。
私から読み違いを指摘され、さらに私が赤松論文を知っていると聞いて、
あわてて8月になって蘭隠蔽説を作り出した。

381 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:28:40 ID:KpJiyuGr
>>321 :Q:2007/09/24(月) 16:00:57 ID:F6f1RNoR
>赤松氏が盆器説を支持したところでそれが何だというのだろうか?

あなたに何度でも質問しよう。
仮に私が蘭を隠したとして、それがどうかしたのか。
私が蘭の問題を隠すと、盆器説は否定され、
経典にある盂蘭盆の意味は倒懸になってしまうか?
そんなことはない。
蘭の意味などどうあろうが、盂蘭盆が盆器であることは明瞭です。
だったら、何のために私は蘭の問題を隠すのだ?
私は何度もあなたにこの質問をしたが、直には答えていない。
蘭を隠すとどんな問題が出てくるのか、さあ、答えてみなさい。

382 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:30:33 ID:KpJiyuGr
>>321 :Q:2007/09/24(月) 16:00:57 ID:F6f1RNoR
>赤松氏が盆器説を支持したところでそれが何だというのだろうか?

クリン含さんのは悪あがきです。
あなたは私の支持する盆器説を否定するために、
赤松論文を振りかざして、カンラカラカラと笑った。
あなたは私が赤松論文を知らないと思っていた。
それを指摘したら、クリン含さんは否定したが、嘘です。

「蘭をとりまく事情を知らぬあなた」(スレ124の430、7/22)
「あなたは蘭の問題を知らなかったから」(スレ124の662(7/25)

と、クリン含さんは最初と二度目に書いているのです。
私が蘭の問題を知らなかった、つまり赤松論文を読んでいなかったと
はっきりと書いているではないか。
あなたは平気で嘘をつく。
あなたの悪質なのは、こういう嘘が平気なだけでなく、
他人にありもしない罪をなすりつけたことです。

383 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:33:04 ID:KpJiyuGr
>>321 :Q:2007/09/24(月) 16:00:57 ID:F6f1RNoR
>赤松氏が盆器説を支持したところでそれが何だというのだろうか?

私が赤松論文を知っていたことを聞いて、自分の愚かさを反省するのではなく、
口を拭い、嘘をつき、逆襲してやろうとばかりに、
私が蘭の問題を隠そうとしたと因縁を付けた。
だが、あなたは、7月に私が蘭の事情を知らなかったと書いているのだ。
それを読み違いというオマヌケをさらされ、形勢不利とみるや、
前から私が知っており、蘭を隠したなどと意味不明の主張を始めた。
その薄汚い根性、なんとかならんか。
私は好きであなたの薄汚い根性をここに解説しているのではない。
桐山さんだけでも反吐で出そうで、見るのもいやです。
桐山さんもあなたも嘘が平気で、その場しのぎの相手にはわかるまいと
ばかりに必要もない嘘を並べる。
大した頭でもないのに、自分は頭がよいからと自惚れて、
他人など舌先でどうにでもごまかせると思っている。
さらに自分の間違いを認めないために、他人に因縁をつけて責任を押し付ける。
桐山さんは先祖や死者やホトケに、あなたは私に押し付けた。
クリン含さんは立派な桐山さんの直弟子です。
桐山さんの嘘は通用して今でも教祖だ。
だが、ここでは桐山さんとクリン含さんの嘘や責任転嫁は通用しない。

384 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:36:08 ID:i+hf79ka
>>319 :Q:2007/09/24(月) 15:56:12 ID:F6f1RNoR
>これについては紛らわしかったと前にも認めているのに、尚もしつこく書き立てる。

>(筆者注:つまり「盂」+「蘭」+「盆」の型は存在しないということです)

この「筆者注」を書き加えた件をクリン含さんは紛らわしかったと認めているのに、
私が繰り返し批判しているという反論です。
いいえ、あなたはまだ修正などしていない。
私が再度指摘したのは、誰が書いたかという点ではなく、内容です。
あなたは「「盂」+「蘭」+「盆」の型は存在しない」は間違いだと認めたのか。
赤松先生はこんなことは主張していない。
私は何度もそのことを指摘した。
なぜなら、あなたが内容の間違いを認めず、繰り返し主張したからです。
赤松先生が書いてもいない内容をあなたは捏造し、それを撤回してはいない。
内容の間違いを認め、撤回したというなら、どこにあるのかを示してください。

385 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:39:57 ID:i+hf79ka
>>319 :Q:2007/09/24(月) 15:56:12 ID:F6f1RNoR
>これについては紛らわしかったと前にも認めているのに、尚もしつこく書き立てる。

「「盂」+「蘭」+「盆」の型は存在しない」は間違いだとは認めていませんよね。
あなたがこれを書いたのは、赤松論文がいかにも盆器説を否定したかのような
印象を読者に与えるためです。
それは、私の支持する盆器説を否定するためだった。
赤松先生は「名詞+形容詞+名詞」の形がないと書いて、
その後に、「名詞+名詞+名詞」の形があることを示した。
つまり「「盂」+「蘭」+「盆」の型は存在」すると書いているのです。
ところが、あなたは要約で赤松先生のこの部分の主張をカットした。
あなたはカットしたことも認めていない。
後でカットした部分の原文を引用して、口を拭った。
赤松論文が盆器説の否定どころか、支持だとわかって、
あなたは「蘭隠蔽説」を作り上げて、因縁をつけた。
つまり、あなたは間違いを指摘されると、逃げるだけ逃げて、
逃げ切れない自分の非を最小限だけ認め、あとは口を拭い、素知らぬ顔をして、
次にまた屁理屈を考え攻撃を始める。
これがクリン含さんが仕事や家庭でもしていることです。

386 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:42:35 ID:i+hf79ka
>>318 :Q:2007/09/24(月) 15:54:41 ID:F6f1RNoR
>盂蘭盆が盆器なのか倒懸なのかという議論は、そのルーツを探ることに等しい。

いいえ、違います。
必要なのは盂蘭盆の「意味」であって「ルーツ」ではない。
盂蘭盆の意味が、盆器なのか、倒懸なのかさえわかれば十分で、
そのルーツが何かなど、ここでは議論する必要はない。
なぜなら、盂蘭盆の意味はあまりに明瞭だからです。

「百味飲食を以って盂蘭盆の中に安んじ,十方自恣僧に施す」

この盂蘭盆経の一文で、盂蘭盆の蘭の意味がなんであろうが、
外国から来た言葉であろうが、盂蘭盆は器以外にはありえない。
ルーツ探しは学者たちの仕事であって、彼らに任せればいい。
ルーツを探せたからといって、盂蘭盆には倒懸などという意味は出てきません。
意味はもうわかっている。
桐山ゲイカも盂蘭盆のルーツを探すなんて言っていない。
ルーツを探したければ、よそのスレに行きなさい。

387 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:44:39 ID:i+hf79ka
>>318 :Q:2007/09/24(月) 15:54:41 ID:F6f1RNoR
>個人が何を支持しようが当スレとは関係ない。
>>320 :Q:2007/09/24(月) 15:59:13 ID:F6f1RNoR
>【39.相手を煽って考えを聞き出そうとする】
>この方面から考察を行なっている点で、ウルバン(霊魂)説が最有力になるだろう。

私はあなたに盂蘭盆の「意味」についてどの説を支持しているのか
聞いただけで、盂蘭盆のルーツなど聞いていない。
盂蘭盆の意味が倒懸か否かを議論しているのだから、
あなたがどの説を支持するかはここでは深く関係します。
しかし、盂蘭盆のルーツなどここでは関係がない。
どれを支持するかの一言書けばいいものを、「煽る」などと他人のせいにして、
聞いてもいないルーツについて考察を並べるのがいかにもクリン含さんらしい。
こういうルーツを書く自分の知性が誇らしくてしかたないのですよね。
だが、あなたがウルバン説を支持するという一言で十分です。
と書くと、きっとあなたは「最有力と書いただけで支持するとは書いていない」というでしょう。
だが、あなたのゴチャゴチャした頭と違い、読者はシンプルに、
最有力候補と書いたということは支持するという意味にとる。

388 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:46:35 ID:i+hf79ka
>>320 :Q:2007/09/24(月) 15:59:13 ID:F6f1RNoR
>定説がない以上これも推論であるが、倒懸は盂蘭盆という語のルーツではないかもしれない。

桐山さんはクリン含さんと違い、今でも倒懸説を唱えている。
しかも、クリン含さんに言わせると、倒懸はルーツですらないという。
つまり、盂蘭盆のルーツですらなく、有力候補でない倒懸説を
霊視能力と仏陀の智慧を持つ桐山ゲイカは何十年も主張していると
クリン含さんは書いたことになる。
信者の皆さん、クリン含さんのこの考察をよく読んでほしい。
桐山さんの霊視能力を信じて、批判側に反撃を加えている信仰深いクリン含さんにして
桐山さんの倒懸説を意味の上からも、ルーツの上からも否定したのだ。
桐山さんは盂蘭盆とはウランバナから来ており、倒懸の苦しみであると
ずっと唱え続けている。
だが、二年にもわたり議論が続いた結果、信者がだした結論は、
倒懸説は嘘だというものです。
桐山ゲイカが大嘘つきだと信者が証明してくれた。

389 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:50:26 ID:i+hf79ka
>>320 :Q:2007/09/24(月) 15:59:13 ID:F6f1RNoR
>定説がない以上これも推論であるが、倒懸は盂蘭盆という語のルーツではないかもしれない。

聖者であり、仏陀の智慧を持つという桐山さんがなんで
信者ですらわかる嘘をつくのだ?
盂蘭盆とは食べ物を盛る器のことで、倒懸などという意味はない。
クリン含さんですら嘘に気が付いたのに、
どうして桐山ゲイカは今でも倒懸などという嘘をついているのですか。
お彼岸はお盆と似たような行事です。
桐山さんは柏原の修法を全国中継した。
家系に廃家、絶家があると信者さんたちの運気が悪くなるとある。
会社、学校、土地に関わるホトケも供養しろとある。
霊障のホトケの悪影響だという意味であることを信者さんたちは知っている。
霊障のホトケとは、倒懸の苦しみを受けた霊魂であり、
その霊障が生きている人の運を悪くして、天災人災を引き起こすという。
桐山さんが倒懸説を唱えつづける理由は、商売の道具だからです。
信者の先祖を人質にして、逆さ吊りにして、
「助けてほしければ、万灯を申し込め」というのが万燈会。
お彼岸、アウシュビッツ護摩、シベリア護摩、
そしてガダルカナル護摩も全部「倒懸」です。
死者たちを人質にして彼らを逆さ吊りにして苦しめ、
信者さんたちに助けるためには護摩木という金を出せと要求している。
アゴン宗は一年を通して死者を逆さに吊りさげて、
倒懸の盂蘭盆会をやっているのと同じです。

390 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:52:11 ID:i+hf79ka
>>320 :Q:2007/09/24(月) 15:59:13 ID:F6f1RNoR
>だが霊能者(ゲイカ)が霊視した結果、成仏できない先祖が逆さまに吊るされるような苦しみを受けている、
>>321 :Q:2007/09/24(月) 16:00:57 ID:F6f1RNoR
>読者が、信者が、と言ったところで調べようが無い。

クリン含さんは桐山ゲイカの霊視を信じて、倒懸の苦しみだと信じている。
それをあなたはどうやって調べたのだ?
不成仏霊にアンケートでも取ったのか。
調べようもないどころか、桐山さんの霊能力など否定されていることを
信じているクリン含さんが、どの面さげて>>321が言えるのだ?
一方、私の推測は、盂蘭盆経を読めば、盂蘭盆は盆器だと
大半の人が判断するというものです。
クリン含さんに再度質問する。
あなたは盂蘭盆とはどういう意味だと思うか。
ルーツの話を聞いているのではなく、盂蘭盆の意味を聞いてるのだ。
盆器でないと言ったら、盂蘭盆経の意味が通じなくなるし、
盆器だと言ったら、私に賛成することになるから、答えられないのですよね?
だから、あなたは腰抜けだというのです。

391 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:55:57 ID:i+hf79ka
>>320 :Q:2007/09/24(月) 15:59:13 ID:F6f1RNoR
>この方面から考察を行なっている点で、ウルバン(霊魂)説が最有力になるだろう。

スレ115
>479 :クリン含:2007/02/18(日) 22:44:09 ID:q0Q0ylW3
>盂蘭盆が経典の中では器の意味でなければ意味が通じないのは
>経典の中では器の意味で使われているからです。
>604 :クリン含 :2007/02/20(火) 23:02:15 ID:tw+USWxB
>器以外を当てはめれば意味が通じないのは当たり前

クリン含さんは今では御都合でウルバン説に宗旨替えしたが、
半年前まではちゃんと盂蘭盆とは盆器の意味だと述べた。
そのとおりで、クリン含さんですら、ルーツはともかく、
盂蘭盆経の盂蘭盆とは盆器以外の意味は考えられない。
つまり、クリン含さんを含めてこのスレのほぼ全員が
盂蘭盆の意味は盆器であるという意見になる。
だから、私の「大勢の意見」(>>321)という推測は根拠がある。

392 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 22:57:15 ID:i+hf79ka
>>319 :Q:2007/09/24(月) 15:56:12 ID:F6f1RNoR
>カットされたところが重大な意味を持つのなら問題だが、この場合はそうではない。
>もしカットが許されないのなら、前文まるごと載せろという意味になる。

あなたは、原文のまま載せていると言いながら、
途中をカットして、しかもそこに「中略」とも書かずに、
あたかも続いている文章であるかのように見せかけた。
こういう元の文章に加工を加えていると断らないのを改竄、捏造というのです。
カットされたところが重大な意味を持つかどうかは他人が
判断することであって、あなたが判断することではない。
重大な意味を持たないと思うなら、「中略」と書くか、
あるいは一行開けて、続いた文章ではないことを示すのが常識です。
全文をまるごと載せろなどとは言っていない。
スレをメモ代わりに使う無駄な引用をやめろと言っているのです。

393 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 23:01:07 ID:i+hf79ka
>>318 :Q:2007/09/24(月) 15:54:41 ID:F6f1RNoR
>両横綱だったら戦うわけだが我々は戦わない。
>だからヂミズ氏が東の横綱なら西の横綱は七氏である。

横綱というたとえすらあなたには屁理屈の対象なのですね。
横綱の品格が問題になっているように、
本物の横綱にあなた方二人をたとえるほど、相撲を侮辱するつもりはない。
あなたのようにたとえにすら厳密さを要求するなら、
行事や大関以下の信者がどこにいるのだ?
同じことに執念深く噛みつく生きた霊障のホトケのような人が
横綱クラスであり、二人いるから、東西の横綱と書いたのです。
今、スレにいる二大巨頭はまちがいなくお二人です。
特に、クリン含さんは信者であり、一番目立つ。
ザを含めて、周囲を見渡してごらんなさい。
ここまで必死に書き込んでいるのはあなたしかいない。
ヂミズさんは信者ではないから、クリン含さんこそ宗務局の一押し信者です。
桐山さんから、ネットに書き込んでいる信者を調べろ、と指示が出たら、
報告書にまっさきにあがるのがクリン含さんです。
なんでしたら、私がこれまでクリン含さんがどれだけ桐山ゲイカの
教義を否定したかを羅列した推薦文を書いてあげます。
30万人もいる信者のトップに列せられるとは、なんと名誉なことでしょう。
こういう人を横綱にたとえるのは当然です。

394 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 23:07:23 ID:i+hf79ka
>>319 :Q:2007/09/24(月) 15:56:12 ID:F6f1RNoR
>これで自分では「二結が薄らいだ」とか言っているのだから呆れた話である。

他人の話を引用する時にはもっと正確に書いて下さい。
身見、疑惑、戒取の三結の内、私はアゴン宗を捨てることで、
アゴン宗の信仰で増えた疑惑と戒取の一部を捨てたと書いたのです。
疑惑とは、釈尊の教法に疑い、信じようとしないことだそうだ。
アゴン宗では煩悩を断ち切れという釈尊の教法を
オシエにすぎないとして低くみている。
疑惑そのものです。
私はアゴン宗を辞めて因縁切りを捨て、煩悩を切るのが
釈迦の教法だと知ったのだから、疑惑の一部を捨てことになる。
戒取とは、仏教以外の教法を信じることだそうだ。
アゴン宗は仏教と解脱の定義すら違う外道です。
アゴン宗を辞めて、因縁切り、霊障解脱、護摩という外道のナリワイを
すべて捨てたのだから、戒取の一部を捨てたことになる。
アゴン宗に植え付けられた疑惑と戒取を捨てたのだから、
その分、信者さんたちよりも薄らいだのは当たり前です。
信者さんの中には、煩悩を神通力で切るとか、切れたかどうかは
霊視能力がないとわからないと信じている人がいる。
そういうのをオカルト仏教というのです。
私が示した例にあるように、煩悩の初歩的な部分など、
霊能力など関係なく、自分で自覚できる内容です。

395 :神も仏も名無しさん:2007/09/25(火) 23:11:03 ID:i+hf79ka
>>319 :Q:2007/09/24(月) 15:56:12 ID:F6f1RNoR
>これで自分では「二結が薄らいだ」とか言っているのだから呆れた話である。

クリン含さんにお願いしたいのは、今後は、三結にしてほしい。
なぜなら、私はアゴン宗でいう霊魂、不成仏霊なんて信じていない。
クリン含さんと違い、霊魂やアートマンの議論は私も「無記」に従う。
霊魂や不成仏霊を唱えるアゴン宗の信者は身見が切れていない証拠です。
今後、クリン含さんが書くときには、
「アゴン宗で植え付けられた部分の三結は捨てた」
と正確に書くようにしてください。
信者の皆さんも早くアゴン宗に植え付けられた三結煩悩を捨てることです。
私がしたように、とても簡単です。

396 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 00:12:46 ID:JFPSQdGt
「身見」とは体と心の他に霊があると思うことも身見なんだがなあ。

397 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 12:35:17 ID:tnFRi3kj
>>330 :Q:2007/09/24(月) 16:47:27 ID:F6f1RNoR
>売上げ愕然落ち予想の根拠が、「ゲイカへの不信から万燈申し込みを控える人がそれなりにいる」
>これはあくまで本人の想像や妄想、こうあるはずだ、こうあって欲しいという希望的観測である。

私は推測の根拠を示した。
根拠を示した予想や推測を妄想とは言わない。
クリン含さんがその根拠を根拠として認めないだけです。
何度も書いているが、あなたの判断など仰いでいない。
予想であって、希望的観測などではない。
あなたはこの予想が外れるという根拠を何か一つでも示せたか。
「売上が落ちる」という予想に対して、あなたは根拠がないといいながら、
「売上が落ちない」という根拠を何一つ示せない。
思い込みからピント外れな本を引用して笑われただけです。
私の「売上が落ちる」という予想が妄想や希望的観測なら、
あなたの「売上が落ちない」という予想も妄想や希望的観測です。
どちらも予想や推測であり、読者がどちらを支持するかだけで、
クリン含さんに判断してもらう必要はない。

398 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 12:37:05 ID:tnFRi3kj
>>330 :Q:2007/09/24(月) 16:47:27 ID:F6f1RNoR
>あれほど、長々と理屈を書き並べておりながら、結局出てきたのはこれだけだった。

「長々と理屈を書き並べておりながら」?
私が長々と予想の根拠を示したことはない。
あなたが長々とこの件についてイチャモンをつけているから、
議論が長々と長引いているだけです。
どうしてそうやって話をすり替えるのだろう。
あなたはこの議論の肝心な所をはぐらかしている。
「桐山ゲイカはなぜ、盂蘭盆経が偽経典、大目連の話は嘘、
盂蘭盆が倒懸など嘘であることを信者に一度も話そうとしないのか」
これが私が最初に書いたことです。
私はその理由として、真実を話せば万燈会の売上が落ちるからと書いた。
あなたは私の予想にイチャモンをつけるだけで、
上記の疑問に対してなんら回答をしていない。
なぜなら、クリン含さんの屁理屈脳味噌をもってしても、
桐山さんのこの態度を説明できないのですよね。

399 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 12:38:50 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>今の道場には(活気が無いという意味ではなくて)これは伝統仏教ではないかと思わせる気品や余裕が感じられるんだな。
>それは教団として安定期に入ったということを意味する。

例祭など行かなくても、あなたのこの表現を聞けば十分です。
わざわざカッコ書きにした「活気が無いという意味」こそが
あなたの正確な印象です。
活気がないのだ。
なまじあなたは活気のあった昔を知っているから、比較できる。
そして「活気がない」というあなたの率直な感想を
気品とか余裕という言葉で置き換えた。
キツネが食べ損ねたブドウを酸っぱいと言い訳するのと同じです。
だが、一番説得されないのは、批判側ではなく、あなた自身です。
道場に行った時のあなたの印象を前に書いてあげた。
道場があなたの言葉通りの気品や余裕があるなら、
あなたはこのスレには来ない。
ここに来ているということは、あなたのいう気品や余裕とは
活気がないという意味だと、私の推測を裏付けてくれているのです。

400 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 12:41:28 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>それは教団として安定期に入ったということを意味する。

例祭に行かないと道場の様子がわからない程度だから、
あなたは信者をしていられる。
例祭など行かなくても、桐山さんの顔をみれば、
アゴン宗の今がどうなっているかなど明らかです。
あのむくんだような顔を、クリン含さんは「上品」と表現し、
ヘラヘラと呆けたような笑いを「余裕」というのでしょう。
桐山さんは2003年以降、身体が回復しているから、
今後も、クリン含さんなどの宗教家畜に、
昔からやっている霊的な脅迫を使い、ムチを当てて、金と人を集める。
世界中で焚き火をして、金集めと名誉買いを一石二鳥で行う。
昔と違う点は信者に活気はないが、桐山さんだけは大いに萌え〜ている。
指摘されれば、このギャップに思い当たるでしょう。
昔は、桐山さんが燃えて、信者も燃えた。
今は桐山さんが萌え〜るほど、信者は湿ってしまう。
映画、演劇、囲碁に余生をかけるというのだから、
あなたも詐欺師の老後の趣味のために協力してあげるといい。

401 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 12:49:15 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>今の道場には(活気が無いという意味ではなくて)これは伝統仏教ではないかと思わせる気品や余裕が感じられるんだな。

伝統仏教を引き合いに出しているが、
昔の桐山さんの話をあなたは知っているはずだ。
桐山さんは伝統仏教は、死が間近に迫った年寄りばかりで、
活気がないことをあざ笑っていた。
逆に、アゴン宗は若者が多いことを誇り、自慢していた。
その若者とは、クリン含さんの世代です。
当時の若者は中年や老年になってしまった。
今のアゴン宗にいる若者とは、主に第二世代です。
昔、桐山さんは若者の少ない伝統仏教をあざ笑い、
自分は年齢よりもはるかに若いと称して、年寄りをあざ笑った。
今桐山さんの教団は年寄りが増えて活気を失い、
自らも老人として介護される有様になった。
あなたのいう「気品」「余裕」とやらの現実を描写するとこのようになります。

402 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 12:52:38 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>それは教団として安定期に入ったということを意味する。

安定期とは、桐山さんが打ち上げた宗教目標がある程度達成され、
弟子が育ち、修行のシステムが形作られことを言うのです。
これらはどこにある?
桐山さんの目標は因縁切りと霊障解脱による地球壊滅回避だった。
地球壊滅の時、さっそうとメシアとして現れて人類を救うのが
桐山さんがオシャカから与えられた使命だった。
インドで白銀バイブで使命を与えられ、
オーラの祭典での桐山さんの名演説がその頂点です。
桐山さんの壊滅から救うメシアとはあの演説以上には何もなかった。
物語であり、お話しであり、妄想にすぎなかった。
それとも、クリン含さんもこの物語をもう忘れたか。
古い信者の多くはこの地球救済物語に踊らされた。
恥ずかしながら、私もその一人です。
現実が伴わないとわかると、多くの人はこれを忘れようとしていた。
だから、桐山さんは同じ手でまた信者を脅かしている。

403 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 12:58:45 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>それは教団として安定期に入ったということを意味する。

修行システムを完成させ、弟子たちが育ってこそ安定期です。
三十年前に広げた大風呂敷の求聞持法、大随求法、
そしてメシアの法など、どこにあるのだ?
星祭さんがぼやきたくなる気持ちもわかる。
今頃、総本山には脅威の求聞持堂が完成して、
修行者たちは日夜その中で訓練を積んで、
中には念力の護摩を焚くほどの修行者が輩出しているはずだった。
だが、どこに修行システムがある?
桐山さん自慢のお山と、護摩や滝行なんて、ありふれた内容しかない。
いよいよ練脳塾として出したのが
光明解脱大日護摩という仰々しい名前のついた焚き火です。
ここに77人もの人がついてきた。
クリン含さんの知っている人も含まれる。
指導者は脳梗塞でヨレヨレ状態で、自分で雪駄もはけない老人が、
弟子に超人的能力を獲得させる??
こんなことをまだ本気で信じて、金と時間を費やす人間が
77人もいたという事実に、ある事に気が付いた。
弟子はもう育ったのだ。
完全に脳味噌を桐山さんに供養して、超能力獲得という
夢の中で人生を送れる人、これこそが本当の弟子だったのだ。
殺人鬼の麻原彰晃に今でも弟子がいるように、
詐欺師の桐山さんも彼にふさわしい弟子を育てたのだ。
そして、もう一人、私は桐山さんから育てられた弟子を見つけた。
クリン含さん、あなたですよ。

404 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 13:07:57 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>それは教団として安定期に入ったということを意味する。

この八年近くのネットでの議論で、最後まで残ったのがクリン含さんです。
ザのスレの信者はみんな湿ってしまった。
しかし、クリン含さんだけは一人気を吐いている。
あなたは桐山さんから王者の相承をすでに受けているのだ。
妄想をどこまでも信じ続け、屁理屈をつけて現実を見ないようにする。
あなたの姿勢はいつもそうですよね。
桐山ゲイカは常に正しく、悪いのは批判側である、という点を一歩も譲らない。
あの星祭さんですら、桐山さんの欠点や問題点を認めるばかりか、自ら指摘した。
ザにいる他の信者は、桐山さんの握り拳の中にまだ超能力や
秘伝の占いががあるのではないかと、欲望だけで釣られている連中です。
それに比べて、クリン含さんのなんと“高潔”なこと!
あなたはいっさいの現実を拒絶して、桐山さんの作り出した妄想を
そのままに信じている。
18人の霊障武士の存在やソンディの生まれ変わりも信じているからこそ、
死者は倒懸の苦しみを受けていると信じているのですよね(>>320)
霊障武士の元となった上意討ち自体が信州の歴史には存在しないことや、
異母兄に育てられたソンディが彼の生まれ変わりであるはずがないなどの事実は、
桐山さんの霊能力がインチキである証拠です。
だが、こういう事実はクリン含さんの知性には何の影響も与えない。
それこそが桐山さんの選ばれし弟子であるアカシです。

405 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 13:13:57 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>それは教団として安定期に入ったということを意味する。

あなたは完全に桐山さんの妄想の世界で信仰している。
それはまさに桐山さんの信仰と同じです。
桐山さんは自分の妄想を阿含経や心理学まで動員して補強したように、
あなたもこの種の屁理屈は大の得意です。
学者の文章をそのまま読むのではなく、自分の都合に合わせて
正反対の意味に取るところなど、桐山さんの阿含経捏造を彷彿とさせる。
桐山さんはエイッと九字を切ると、カルマがぶち切れ、死者が成仏すると信じている。
あなたが名乗った“Q”の指パッチンと同じです。
桐山さんと発想が似ていて、子供みたいにエイッとか、指パッチンで
自分がなにか力を発揮したのだと思いこめる。
クリン含さんは指パッチンの力はないが、
桐山さんからその力をもらえると信じている。
子供じみた宗教観といい、妄想を屁理屈をつけて信じる態度といい、
クリン含さんは、嘘つきでほら吹きの桐山さんと気質が元々合うのでしょう。
クリン含さん、あなたは桐山さんの弟子であることを大いに誇っていい。

406 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 13:23:57 ID:tnFRi3kj
>>333 :Q:2007/09/24(月) 17:43:36 ID:F6f1RNoR
>それは教団として安定期に入ったということを意味する。

さあ、クリン含さん、宗務局に出かけ、「我こそは桐山ゲイカの弟子、
指パッチンのクリン含様である」と名乗りなさい。
職員はもみ手をしながら、歓迎してくれます。
ク「ゲイカ、私は七氏からコテンパンにぶちのめされ、
投げた石はそのまま戻ってくるし・・」
桐「クリン含君、みなまで言うな。
私は霊能力で君がどれほど惨めでブザマか、
私の顔に泥の厚塗りを毎回していることなど、すべてを知り尽くしている。
君の活躍にふさわしく“クリン含Qちゃん”の名誉称号を与えよう。
Tシャツに印刷してあげるから、道場だけでなく、街を歩くときも着たまえ。
ノボリも作ってあげるから、背中にくくりつけたまえ。
世間は君を聖者として尊敬してくれるだろう」

407 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 13:40:55 ID:JFPSQdGt
>>403
あったなあ。「虚空庫菩薩大随求法」
愚問寺宝の次に行って腸人を完成するというそれだけしか説明が無くて題名だけ。
それだけに余計「握り拳の中」に期待を膨らまされたっけ。

408 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 16:24:48 ID:cp8VgkXU
昨日街で私文書偽造さんを見かけました。
意外とイケメンでした。

409 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 19:55:12 ID:JFPSQdGt
>>408
今度は私を貞操の危機にさらす作戦ですか?

410 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 19:59:47 ID:JFPSQdGt
>>408
> 昨日街で私文書偽造さんを見かけました。
> 意外とイケメンでした。

と、印象操作し、阿含宗の行かず後家軍団に私のチンコを狙わせる作戦w

411 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 20:07:44 ID:4gh6fvKh
>>409
あれ?
しらなかったの、君。
私文書は阿部寛に似てイケメンですよ。
中年の女性にも人気があります。
本人も述べている通り阿含宗の後家ハンには大変な人気がありました。
また斬れ者でもありました。
でも桐山の嘘はすぐには見抜けなかった。
だから正義感の強い彼は今心から怒っているのです。

412 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 20:13:34 ID:4gh6fvKh

訂正
>>409
私文書は阿部寛に似てイケメンですよ。

>>408
私文書さんは阿部寛に似てイケメンですよ。

413 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 21:22:29 ID:JFPSQdGt
>>411
だからそんな印象操作して、人の貞操を危険にさらさないで下さい。

414 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 21:24:42 ID:cp8VgkXU
>>410
ネタにマジレスされても困るよ私文書さん(^ω^;)

415 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 21:41:52 ID:JFPSQdGt
>>414
は?>>408にマジレスしたら「一体どこで私を見たというのだ?」とか言う話になって
私の個人情報引きだそうと言う作戦じゃなかったのか?
そう思って無視しようと思ったが、「私の体を狙わせるのねえ!」という風にネタレスして
ついでに普段の批判ではあまりでない阿含宗の悲しい事実を暴露したわけだ。

阿含宗に、行かず後家のおねーさんが多いのは本当。

416 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 22:00:27 ID:4gh6fvKh
>>415
会員だった頃たしかに行かず後家の女性が私の身辺にも多く居ましたよ。
何なんでしょうか、あれは?
桐山の本を読んで集まって来たんでしょうか?
桐山は女性を集めるのが上手かったからな。
今、財布を握っているのも女性のW田だし
多分彼女も行かず後家でしょ?

417 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 22:19:14 ID:JFPSQdGt
>>416
えーと、私は宗教板はこのスレしか見ませんし、他教団は知りませんが、
阿含宗特有の現象ですかねえ?どこでもカルトにはまるような女は敬遠されると思うんですが。

密教占星術Tに、いわゆるあげまんの因縁の星があって、
「この星を持ってる女性を見つけたならたとえ愛人にしてでも身辺に置くべきである」
と、桐山はのたまってますが、タチや和dが実はそうと言う話を聞いたことがあります。
ただし、ソースは元法務部のk島ですが。
そう言う意味で和dも桐山の踏み台にされてるわけかも知れません。

418 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 22:24:42 ID:cp8VgkXU
>>415
私文書さんはユーモアがないなぁ。堅い堅い。
そして、その想像力を違う方向に活かせるといいですね(^ω^;)

419 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 22:26:21 ID:JFPSQdGt
>>418
はあ?君は山田花子や桑原和男を知らんのかね?

420 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 22:30:51 ID:cp8VgkXU
桑原さんってまだ芸能界にいるの?
久々に聞きましたね(^ω^;)


421 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 22:40:12 ID:cp8VgkXU
そして、私文書さんが引用するギャグは古いですねぇ(^ω^;)
たまに死語も使うでしょ。
年齢がばれますよ私文書さん(^ω^;)

イケメンなんだからもっと若々しくいないと。ね、イケメン私文書さん。

じゃね。おぱぴー(^ω^)





422 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/26(水) 23:00:02 ID:JFPSQdGt
                           ./;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                           /;;;;;;;;'''''''''''''''V''''''''';
                           |;;;;;;;;」        !
                            |;;;;;;|   ━'ソ:i:i:'━ i    ∧__T _ ,,,r -r-T‐-、
                             i.、.'||  <・> < ・> | ─   。r *o:*::f:::r:::..l
                    __,-,,-、  ___ '; ' |]     ' i,.  /   ::::::::*o;;;ro ot_f_ヽ丿
                   __/| | l |ヾ-"~  , ーi ::::::   ._`ー'゙ ..! -v--v- '''''''"V"~~ ┴
               l⌒ 二 -l ..uUU""l---- / ゙t::::::::、'、v三ツ::;'
              └    l  (  /., - イ   ヽ,.:::::゙::::::::::::/  雑談するだけなら来るな。
      .ト             |   ., - '   |    ':.:、::;;;;;;;:/ ヽ
   ヽ、i / .∠         /    |     ヽ_       _/    ヽ 、
    / y'_/          /     |       "〜- ""~        ヽ、
 .ゝ-+-::i⌒ヽ        /     |                       ヽ
  .__/::| |  i       /     |                       i
   / /:| |  i       /      | |                        │
    i ::| |  )     │       | l    お り っ く す     i    |
    /i ::し//       |       / |                  ノ     |
     ::| ((       l       _ノ |                  /=======|
   ID:cp8VgkXU

423 :神も仏も名無しさん:2007/09/26(水) 23:45:19 ID:mHougOrT
人気者だね〜私文書為造さんは
擁護側なんでしょうかね、からむ人?
でも論戦の方で絡んでほしいね
ま〜勝てないからしょうもないか。

424 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 12:32:42 ID:DG7pp+lP
>>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR
>ということはM先達の努力はまったくの無駄であったという意味になる。
>これは死者への冒涜に他ならない。

私がたびたびアゴン宗は死者を冒涜していると書いているから真似しているのですよね。
他にもあなたはずいぶんと私の言葉を真似している。
だが、使い慣れていないから、木に竹を接いだような表現です。
死者への冒涜とは、根拠もなしに不成仏霊などと罵っているあなたのほうです。
M田先達のアゴン宗での努力は無駄どころか、悪行の手伝いをした。
カルト宗教の霊感商法を先頭に立って奨励したのですから、悪業を積んだ。
死者を不成仏霊と罵り、周囲に桐山さんの口まねして、霊的に脅かして
金集め人集めの手伝いをしたのだから、悪業です。
ただ、それは程度の差であり、私も元信者たちもそれをした。
クリン含さんなど現役信者は今でもしている。

425 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 12:38:29 ID:DG7pp+lP
>>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR
>これは死者への冒涜に他ならない。

信者さんたちによく考えてほしいのは、
自分が正しいと信じるのと、本当に正しいかどうかは別だという点です。
死者を助けたとか、世の中をよくすることだと信じるのと、
実際にそのとおりかどうかは別問題です。
その実例がいつも出すオウムです。
林郁夫は、殺人をしようとしたのではなく、聖者が民衆を殺すことで、
民衆を輪廻から救う解脱(ポア)だと信じてサリンをまいた。
彼は人を救うつもりで殺人という悪業をなした。
信者さんたちもこれを他人事と思わないことだ。
アイヌの件でも議論になっているが、信者さんたちの多くは
柴燈護摩や土地浄霊などアゴン宗の供養は死者を助けることだと信じている。
だが、サリンが民衆を助けることにはならないように、
アゴン宗の焚き火による死者救済も現実には成り立っていない。

426 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 12:43:11 ID:DG7pp+lP
>>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR
>これは死者への冒涜に他ならない。

存在しない十八人の霊障武士を成仏させ、ソンディを、同時期に
生きていた異母兄の生まれ変わりだと霊視した桐山さんには
霊視能力も成仏させる力などあるすがない。
同じ人を二度解脱供養したり、生きている人を解脱供養した事例をみれば、
桐山さんには霊など見えていないのは明かです。
霊視した霊障による地球壊滅の大預言もバカ外れした。
桐山さんは成仏力は阿含経から体得したというが、
阿含経には死者の供養や成仏はないばかりか、
釈尊は死者の成仏を否定している。
死者を霊障のホトケと非難し、これが原因で人災天災が起きるなどとは、
阿含経の根拠もなければ、現実に証明されておらず、
むしろ、桐山さんの嘘が次々とばれてしまっている。
ちょうど麻原彰晃の超能力や人類救済が嘘なのがばれているのと同じです。
ここまで嘘がばれても、まだ信者さんたちは死者を霊障のホトケであり、
運を悪くして、災害をもたらすと罪をなすりつけるなら、
これは死者への冒涜に他ならない。

427 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 12:46:58 ID:DG7pp+lP
>>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR
>これは死者への冒涜に他ならない。

信者さんたちが、18人の霊障武士やソンディの嘘を知らず、
桐山さんの霊能力のインチキを知らず、
阿含経に死者の成仏が否定されていること知らなかった時は、
死者を霊障のホトケと言っても、罪は軽かったかもしれない。
だが、あなた方はここで読んだ。
霊障武士の嘘やソンディの話は信者さんたちが自分で確認できる内容です。
桐山さんの霊能力の嘘は信じる信じないという主観の問題ではない。
信州幕末の歴史や、ソンディの経歴など本になっており、
批判側は具体的な本を示した。
この二つの件はただの体験談ではなく、修行者座右宝鑑では
因縁と霊障の二大事例として示しているアゴン宗の教義です。
しかも、信者さんたちは目の前で、大先達がガンで死に、
桐山夫人がガンで死に、桐山さん本人が密教食で有罪になり、
脳梗塞にかかっているのを見ている。
これでも信者さんたちが、桐山さんの霊視能力と成仏力を信じて、
死者たちを霊障のホトケなどと罵り、不幸の責任をなすりつけるなら、
それは悪業以外の何ものでもない。
信者さんたちはアゴン宗に金と人と労力を貢いで、
徳という善業をなしたつもりだろうが、現実はまったく逆です。
桐山さんの嘘を指摘され、現実を見ても、まだ妄想を信じて、
死者たちを霊障のホトケなどと非難し、柴燈護摩のために金を出すなら、
悪業だと百も承知で為したことになる。
知らないで悪業を為したのと、百も承知で為したのでは悪業も重さが違います。

428 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 12:55:49 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

クリン含さん以外の信者さんたちはよく考えてほしい。
ここで桐山さんの霊能力の嘘を知ったのがチャンスです。
悪業から手を引くべきだ。
自分に質問してほしい。
桐山さんの霊能力が嘘なのだから、死者たちの状態など
桐山さんにも信者さんたちにもわからない。
その死者たちが霊障を生産して、大地震やテロを引き起こすと
罪をなすりつけ、霊的不浄と罵ることは「正しい」か?
『アゴンマガジン』(11号、14頁)で、桐山さんは八正道の解説をしながら、
八正道で説かれる「正しい」とは、何が正しいかわからないなどと、
もっともらしい詭弁を述べている。
いい年をした大人が、日常生活で何が正しいか判断がつかないか?
こういう性格だから、一年の間に三度も逮捕されるようなことをしたのです。
農協の組合長の印鑑を偽造することが正しいことか、正しくないことか?
許可も得ずに醸造することが正しいことか、正しくないことか?
信者さんたちはこういうことの正否の判断すらつきませんか。
桐山さんはそれすらわからないと言っているのですよ。
自分の悪業の言い訳です。
言い訳に信者も同調しろと言っているだけです。
自分の犯罪の弁護のために八正道を否定した。

429 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 12:57:32 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

我々の日常は哲学ではないから、目の前にあることを判断するのに
正しいか正しくないかわからないことなどほとんどない。
正しいかどうかわからいなのではなく、欲望や執着で「迷う」のです。
桐山さんはこんな簡単なことすらわからないで、
偉そうに八正道を批判している。
信者さんたちはあれが釈尊の教法への罵声だと気が付いているか。
桐山さんは八正道などできないと言っている。
嘘です。
完璧にはできないだろうが、部分的には素人でもできます。
そして、釈尊は最初から完璧にやれなんて言っていない。
桐山さんはやろうとせず、しないで済む言い訳として、
「正しい」とは何かわからないとか、わかっちゃいるけどやめられないなどと
言い訳をならべているにすぎない。
八正道こそは、釈尊の教法そのもの、七科三十七道品そのものです。
これをあんなふうにできないと否定するのは、
七科三十七道品を否定したに等しい。

430 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 13:03:27 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

信者さんたちは今目の前にあるテーマで八正道を実践してください。
目の前にあるテーマとは、アゴン宗の死者への冒涜です。
桐山さんには霊能力などなく、したがって、
死者が霊障のホトケになっているなど根拠がないことははっきりした。
繰り返すが、信じる信じないではなく、
桐山型の元となった18人の霊障武士は歴史書に存在せず、
ソンディ型の元となったソンディの生まれ変わりは
本に載っている彼の経歴から見て、絶対にありえない。
つまり、いずれも誰でも確認できる客観的な証拠があるのです。
また、理論ではなく、実例であるはずの霊障による地球壊滅も真っ赤な嘘。
実例であるはずの因縁切りも桐山さんと夫人を見れば真っ赤な嘘。
理論と実例の両面から見ても、桐山さんには霊能力などない。
そこで信者さんたちは八正道に基づいて自分に問わなければならない。
アゴン宗の信仰は「正しい」か?

431 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 13:07:12 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

このように自らに問いかけるのが八正道なのです。
理論ではなく、目の前にある問題に対して判断するのが八正道です。
正しいかどうか、まだわかりませんか?
わかりますよね。
これがアゴン宗の教義ではなく、よその宗教だったら、信者さんたちは
「教祖に騙され、嘘を信じている愚か者」と鼻先で笑うはずだ。
にもかかわらず、信者さんたちがそれを認めたくないのは、どうしてでしょうか。
因縁と霊障への恐怖、好運を得たいという欲望、桐山さんへの執着があるからです。
クリン含さんのように、批判側に激しい憎しみや怒りがあるからです。
クリン含さんは無理だとしても、他の信者さんたちはよく考えてほしい。
その欲望や執着がないと生きていけないのですか。
アゴン宗に入る前は霊障や因縁への恐怖や、棚ボタ好運をこれほど得たいという
欲望はなかったはずだ。
全部、桐山さんにいつの間にか植え付けられてしまった欲望と執着です。

432 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 13:11:10 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

釈尊のいう「正しい」とは煩悩を捨てることです。
これに反することは正しくない。
恐怖と欲望や執着は煩悩にすぎないから、捨てるのが正しい。
もちろん、凡人の我々に全部捨てることは無理です。
だが、アゴン宗に入る前は持ってもいなかった恐怖と欲望と執着を
捨てるのはそんなに難しいことだろうか。
死者を冒涜するようなことを信者さんたちはするつもりはないはずだ。
だが、現実に根拠のないことで彼らを霊障のホトケと罵っている。
助ける力などないのに、助けたと自惚れている。
それらが「正しくない」ことは明らかです。
八正道に反するのだから、捨てたらいい。
元信者たちがそうであるように、捨てられるのです。
信者さんたちの心には、霊障のホトケがいる限り横変死するのではないか、
ガンになるのではないかという恐怖心が植え付けられている。
骨に徳を積んで好運を得よう、超能力で人をアッと言わせようという
子供じみた欲望。
名誉餓鬼の桐山ゲイカが聖者だという愚昧な執着。
すべて煩悩であり、釈尊はこれらを捨てろとおっしゃっている。

433 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 13:16:40 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

桐山さんは信者に判断をさせないために、「正しい」という判断は
仏陀の智慧がないとできないなどと述べている。
信者さんたちに、考えるな、判断するな、と言っているのです。
信者さんたちも阿含経を読んでみてください。
釈尊はまったく逆のことを説いている。
仏陀の智慧を獲得して正しいかどうか判断する、なんて書いていない。
正しいかどうかを判断するのは、我々の普通の知性です。
二千五百年前の無学文盲の人たちも実行できたのですよ。
なんで今日の日本人にできないはずがあるか。
釈尊の教法とは、今日、只今から実践できて、即日効果があるものだと
何度も繰り返して述べている。
そのとおりであることを信者さんたちも身をもってわかる。
今、死者たちを霊障のホトケと根拠もなしに罵ることが
正しいか正しくないかなんて、子供でも判断できる。
死者を冒涜するのをやめて、アゴン宗から植え付けられた恐怖、
欲望、執着を捨てたら、アゴン宗に入る前に戻るのだから、
これらの煩悩は減るのです。
そればかりか、木切れに対する執着を捨てれば、
護摩木祈願をしなくなるから、お金も出ていかない。
お金が出ていかないら、もっとお金が欲しいという欲望も減る。
このように八正道とは即刻効果のある修行です。
だが、桐山さんはこれを信者に実践されては
護摩木や冥徳供養で金が集まらなくなるから、
「おまえらにはできない」と信じ込ませているのです。

434 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 13:22:25 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

金集めであることは法施がよく示している。
ただの夜店のガラクタです。
夜店のガラクタに、雪駄もはけない桐山さんが
名誉欲どろどろの気合いを入れたモノを拝んで何になる。
信じている時は、曼陀羅や仏像がオーラが出ていた。
ところが、アゴン宗への欲望と執着を捨ててしまうと、
色あせ、ほんとうにガラクタだったのだと気が付く。
法施そのものが変わったのではなく、自分の目の欲望と執着を
捨ててしまうから、法施の本当の姿が見えてくるのです。
機関誌で先達が自分の祭壇にモノを並べて自慢している。
子供がガラクタを集めて、自慢しているのと変わりない。
あれらは自分がどれほど欲望が強く、執着をもっているかを示し、
「私は餓鬼です」と宣言しているようなもので、
仏教から見たらものすごく恥ずかしい光景です。
ガラクタに執着していたと気が付いた時の自分の恥ずかしさ。
仏道修行だと信じて、まるっきり逆のことをしていた。
ぜひ、信者さんたちにも体験してほしい。

435 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 13:28:51 ID:DG7pp+lP
>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR

八正道の実践は難しくありません。
信者さんはいますぐにできる。
元信者たちが感じる一つの感覚は、爽快感です。
アゴン宗で植え付けられた煩悩を捨ててしまうと、重荷がなくなるから、
その分、心が解放され、軽く感じるのです。
信者さんたちは、私とクリン含さんで一つ大きく違う点があることに気が付かないか。
簡単にいえば、クリン含さんは「重い」「ドロッとしている」。
もちろん、本人が元々憎しみや慢心の強い性格だという他に、
アゴン宗が欲望、恐怖、執着を増す信仰をさせるからです。
煩悩が増えた分、クリン含さんの心は重く、ヘドロのようになっている。
釈尊は煩悩こそが汚れであり、重荷であると説いている。
死者の霊障が汚れではなく、信者さんたちの煩悩こそが汚れなのです。
死者たちを不浄など言っている者こそが仏教的には不浄です。
クリン含さんを反面教師にして、他の信者さんたちは八正道を実践してください。
アゴン宗みたいに因縁が切れたのか、霊障が解けたのかわからないのと違い、
欲望や執着を捨てると、心が軽くなるから、自分で実感できます。

436 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 15:42:54 ID:4IMgnSTE
    ∧_∧    阿含宗?? 俺がぼこぼこにしてやんよ
    ( ・ω・)=つ ..+
    (っ ≡つ   .. ,
   +  .. .   ..   .  +..
   .. :..     __  ..
          .|: |
          .|: |
       .(二二X二二O
            |: |    ..:+ ..
      ∧∧ |: |
      /⌒ヽ),_|; |,_,,
_,_,_,_,,〜(,,  );;;;:;:;;;;:::ヽ,、


437 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/27(木) 21:13:46 ID:P90FoA6G
>>434
そのガラクタの中でも、最も桐山の法を実感したのは光明宝蓮華だったなあ。
拝受のとき、手を当てると温感を感じたの。隣に坐ってた見ず知らずのおばさんに
「もしもし、手を当てると暖かい感じがしませんか?」「ほんとだ!なんでしょうね?」
と、言う会話をしたもんだ。
勤行の時にケースを開いて中蓋を立てて拝んでいたらいわゆる金粉が涌いてきて
それも感動だったなあ。

でも、それもこれもお釈迦様の教えとは無関係なこと。最後には燃えないゴミに出しますた。

438 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/27(木) 21:40:48 ID:P90FoA6G
光明宝蓮華は、裏に「闇字遍照」という、ちゃんと大日経に根拠があるれっきとした
曼陀羅が浮き彫りにしてあったので、それが力を出していたのかも知れません。

今考えると光明宝蓮華には大変な功徳を戴きました。

受け入れの秘儀第二段階を受講しようとして、関西総本部にやってきたら、この
光明宝蓮華を忘れてきたのです。その場で護摩木2000本を申し込み分納誓約書
を書けばくれるというのですが、この頃には既に阿含宗桐山に対して斜に見ていた
こともあり、既に光明宝蓮華を二つ持っていた私はバカバカしくなって受講を取りやめる
ことにしました。途中の本屋で「桐山が講義中無関係な話始めたら読もう」と、
思って買った加藤締三氏の本を受講のために取った休暇中読んでました。
この時に読んだ加藤締三氏をきっかけに複数の著書を読み、それが団体としての
阿含宗を決別するきっかけになりました。

それもこれも光明宝蓮華を忘れた功徳w

439 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/27(木) 21:49:02 ID:P90FoA6G
>>438自レス
世の中には三種類の物の見方をする人が居ます。
・何でも他人が悪い。
・何でも自分のせいにしてしまう。
・どちらが悪いか正しく判断できる。

加藤締三氏の一連の著書はこの「何でも自分のせいにしてしまう。」自虐的な
発想をしてしまう人にとっては福音書です。阿含宗のくされ職員やバカ会員に
苦しんでる人にとっては目を醒ますきっかけになるでしょう。

ちなみに私の元にはもう加藤締三氏の著書は一冊も残ってません。もう「おまえが悪い」
と言われて「そうなのか」と思ってしまう川を渡った私には、加藤締三氏の本という筏は
必要無いからです。

440 :樹意:2007/09/28(金) 07:21:28 ID:AkJ16EXP
>>439
> 世の中には三種類の物の見方をする人が居ます。
> ・何でも他人が悪い。
> ・何でも自分のせいにしてしまう。
> ・どちらが悪いか正しく判断できる。

「ゴータマよ、苦は自作でありましょうか」
「カッサパよ、そうではない」
 と世尊は答えた。
「ゴータマよ、では、苦は他作でありましょうか」
「カッサパよ、そうではない」
 と世尊は答えた。
「ゴータマよ、では、苦は自作にして、同時にまた、他作でありましょうか」
「カッサパよ、そうではない」
 と世尊は答えた。
「ゴータマよ、では、苦は自作でなく、他作でなく、因なくして生ずるもので
 ありましょうか」
「カッサパよ、そうではない」
 と世尊は答えた。
「ゴータマよ、では、苦はないのでありましょうか」
「カッサパよ、苦はないわけではない、カッサパよ、苦はあるのである」
ーーーーー中略ーーーーーーーー


441 :樹意:2007/09/28(金) 07:23:15 ID:AkJ16EXP

「カッサパよ、作すものと受くるものとは同じであるという考え方は、さきにそなたが
 苦は自作であるといった考え方とおなじである。それは、いうところの常見に堕す
 ものである。
 カッサパよ、また、作すものと受くるものとは別であるというのは、苦を受けて
 重圧されたものが、苦は自作であるというのと同じ考え方である。それはいうところ
 の断見に堕するというものである。
 カッサパよ、わたしは、これら二つの極端をはなれて法を説くのである。いわく
 無明によって行がある。行によって識がある。識によって名色がある。名色によって
 六処がある。六処によって蝕がある。蝕によって受がある。受によって愛がある。
 愛によって取がある。取によって有がある。有によって生がある。生によって
 老死・愁・悲・苦・憂・悩がある。かくのごときが、全ての苦の集積のよりて
 起るところである。
 相応部経典 、12、17 阿支羅 雑阿含経 12、20、阿支羅 
 増谷文雄氏訳

 先祖のインネンだの前世の業だのと架空のものを設定し、悪い現象があると
 信者の持分とし良い現象は教団のおかげ 持ち分とする。
 経典に説かれる 常見外道の考え方 を考察してみてください。
 阿含経典を使った架空請求業者の実態が浮かび上がるかと思います。



442 :樹意:2007/09/28(金) 07:26:51 ID:AkJ16EXP
遅レスですみませんが
かなり以前にこのスレッドに書いたのを忘れておりました。
再度載せておきます

> 原始仏教スレッドより お借りしました。
>
> > 7. 2007/01/21#917「原始仏教で、輪廻の主体が識や心相続などとする見解は阿含宗の捏造邪義です」
> > といっていますが、原始仏教で輪廻の主体が識とされることはあります。
> > 「魂」(世界の名著1、456)「識別力」(悪魔との対話、52)と訳される viJJAna つまり、識!
> > 中村元さんは註で「一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう」(324)としてます。
> >
> > 原始仏教について最も権威のある水野弘元先生も『仏教要語の基礎知識』初版149で、
> >
> >   外教が説くような常住の実体としての霊魂は仏教ではこれを説かないが、人格の主体として
> >   業を保持している霊魂は三世を通じて存在するものとして、これを認めている。
> >   それは不生不滅ではなく、輪廻の主体として、業や経験に従って常に変化しつつ連続する有為法である。
>
> 識(意識)は無我である。識を生ぜしめる因も縁も、また無我である。
> 識(意識)は苦である。識を生起せしめる因も縁も、また苦である。
> 識(意識)は無常である。識を生起せしめる因も縁も、また無常である。
> 雑阿含経 因
>


443 :樹意:2007/09/28(金) 07:33:59 ID:AkJ16EXP
(これも以前書いたものです)

私は毎度識魂(霊的なもの)と表現させてもらっていますが
仏陀が説くのは五根からの情報によって生じる執着
それによって 我(私) と認識してしまう意識がある
であるから一番眼を向けなければいけないのは 感覚器官の方であり我々が認識する
この現実世界という事になります。
条件によって生じるものであるから 無我であると ありとあらゆる場面において
無我を強調されております。
無我なるものは どういじくろうが無我でしかないわけです。

ゲイカの説く 神智学(アストラル体もコーザル体)も 一合想から出た考えであり
仏教とは関係ないものであります。
霊魂という考えや輪廻の主体やらの考えをしないのが 縁起の法であり
空の悟りなわけです。
適当に言葉を作っただけのものを解脱供養と呼んでいるのです。

阿含経を修行して神智学が出てくる方がおかしい。


444 :樹意:2007/09/28(金) 07:41:35 ID:AkJ16EXP
>>279
> たとえ純粋な企業経営者であったとしても、桐yさんは、
> 宗教家を名乗り、あそこを総本山総本殿と名づけているわけです。
> 仏様、お釈迦様を敬い、供養し、信者さんたちが、しあわせになれるように、
> 指導してあげ、祈ってあげる。
> それが宗教家としての本質であり、その中心となる場が、総本殿ではありませんか?

ネタに使わせてもらっていますが べレムベア氏の意見を否定するものではありません
のでご了承下さい。

ワタシ としましてはゲイカを経営者としていろいろ書いておりますが
宗教界の方として議論をするのも適切ではなく 企業人として議論をするのも
適切ではないと考えております。
宗教家でもなく 企業家でもないというのがワタシの意見です。

ではどういう評価かというと、アメリカでの顛末を報告されたものをみても
教義、現実全てにおいて 宗教信仰のグレーゾーンを利用した
 架空請求業者 としての評価になります。
本殿に関しては 架空請求業者の本宅ではないかという 意見を書いてみた
だけのことであります。



445 :樹意:2007/09/28(金) 07:51:05 ID:AkJ16EXP

企業人の仕事であり 評価である
取引 (商売) というのは 双方にとって利益があるから取引として
成立するわけですから 立場において対等なのです。
売る方は利益があり 買う方は満足なり 必要なものが手に入る。
双方に利益があり 世間にも利益がある。

ゲイカの行いは 取引にもあたらず 宗教にもあたらない
ウソを根拠の架空請求ですから、 企業人や商売人でもない。
ですから カタカナ表示とさせていただいています。

公益性をたてに税制優遇を受けつつ、利益を追求するスタンスであり
さらに 洗脳された方々や老後の資金を獲られた方の始末もありますから
世間にとっても悪なのです。







446 :教えて下さい:2007/09/28(金) 10:15:11 ID:x/jMqc/c
すみません。彼是2年以上会費を納めておりません。

これって自然的に退会者になるのでしょうか?

今現在の流れはまったくわかりません。どなたか教えて下さると

幸いです。

447 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/28(金) 10:47:10 ID:DA1D6Pto
>>446
郵便物とか毎月来ていますか?
建前上半年滞納で退会扱いですが、臭務局の事務作業はいい加減なので
退会処理がなされておらず郵便物とかはそのまま来ることはあります。


448 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 12:34:40 ID:FDKfk2OV
>>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR
>ゲイカは決して彼女を見捨てなかったと思ってあげることこそが、
>故人へのはなむけであり救いになるのである。

スレ128
>>95 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 22:39:33 ID:bhyWtjpa
「金を集めた」(>279)
「業の深い方」(>401)
「一信徒」(>402)

クリン含さんて、その場しのぎのきれい事を言うのが何ともないのですね。
スレ128の95に引用してあげたように、あなたは去年、
M田先達のことを、「金を集めた」「業の深い方」であり、
「一信徒」にすぎないと罵倒した。
これがM田先達に対するクリン含さんからの「はなむけであり救い」??

449 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 12:40:16 ID:FDKfk2OV
>>323 :Q:2007/09/24(月) 16:10:31 ID:F6f1RNoR
>ゲイカは決して彼女を見捨てなかったと思ってあげることこそが、
>>327 :Q:2007/09/24(月) 16:25:17 ID:F6f1RNoR
>七氏のファイルにはその事例が無いことがわかった。

あなたは自分のこととなると「思ってあげる」などと、
根拠にもならないことを主張する。
一方で、私にはしつこく証拠を出せとはじまる。
どうしてそんなに面の皮が厚いのだ。
クリン含さんの根拠は「思う」など感想を述べる程度しかできないくせに、
私が具体的な記事を示しても、屁理屈をつけて拒絶して、出せ出せと迫る。
「思う」としか書けないように、自分は何一つ根拠など示せもしないからこそ、
自分の無策ぶりに目が向かないように、私に出せ出せと要求するのでしょう?
クリン含さんがそんな程度の人間なのは知っていますよ。

450 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 12:44:51 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

「宗務局に混乱が生じる」「おさまった」と誰が書いたのですか。
他人には厳しい要求をしながら、どうしてクリン含さんは
毎回毎回、私が書きもしないことをあれこれ付け加えるのだ?
私からほぼ毎回それを注意されていますよね?
あなたは注意されて悔しいから、直すのではなく、仕返しをしようとする。
こちらがクリン含さんの主張の表現をちょっとでも変えると、
待ってましたとばかりに言葉尻を捕まえようとする。
悔しいなら、他人を攻撃することばかりに夢中になるのではなく、
もっと他人の文章を丁寧に読んだらどうか。
学者の論文や本といい、あなたは一知半解の斜め読みです。
桐山さんも斜め読みをしてパッと直感的に把握するなどと自慢していた。
報告書をサッと頁をめくって、さも内容を把握したかのようなポーズです。
ところが、クリン含さんと同じ一知半解で、ピンボケなお説教を始める。
これを何回書かれればわかるのですか、とクリン含さんに書くと、
注意された内容ではなく、悔しさだけを記憶して
「何回書かれればわかるのですか」という言葉だけを機会がある時に言い返してくる。
だから、いつまでたっても桐山さんもあなたも欠点が是正されない。
あなたの年齢からして、ますます是正が難しくなり、
やがて、頑迷で屁理屈を並べる根性の悪い老人ができあがりますよ。

451 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 12:47:31 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

>>326にあなたが引用した私の文章をよく読んでみなさい。
宗務局に混乱が起きるなんて書いていない。
「・・手をこまねき、おそらく婿殿局長がこのままでは現場に混乱が
おきるとして、進言したのでしょう。」
ごらんように「現場に混乱がおきる」と書いたのです。
これをあなたは宗務局の現場と読んだ。
これにはいくつか理由がある。
一つは、あなたは何とか私に難癖をつけたいと必死だから、
今回の主張のように、宗務局の現場と早とちりしたのです。
二つ目は、往年の秀才として頭が良いつもりだが、実力が伴わず、
国語力の読解力が低い。
三つ目は、これが最大の理由で、いかにクリン含さんが梵行の現場を
経験したことがないかを示している。
梵行をしている人なら、現場とは、宗務局でなく修行者のことだとわかる。

452 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 12:52:35 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

梵行の現場は現実に混乱していた。
噂はあっという間に広まり、初めて聞く人はみんな目をむいた。
飛ぶ鳥を落とす勢いのM田先達が、なんとガンで死んだ。
あなたみたいに梵行などろくにしない人には大してショックではないだろうが、
梵行をしている人たちは、その功徳によって因縁が切れると
信じているから、大ショックです。
M田先達がダメなら、その何分の一も徳を積んでいない自分たちはどうなるのかと
彼女の死そのものより、本人たちの因縁切りの問題なのだ。
クリン含さんのように、ここに来て屁理屈だけを並べているのではなく、
梵行を実践している人たちです。
梵行による積徳行こそがおシャカの説いた三福道です。
桐山ゲイカが先頭に立ち、おシャカに人と金を供養しろと獅子吼し、
その真後ろで、信者としては先頭をM田先達が旗を振っていた。
因縁切りについては一等賞であるはずのM田先達が、なんとガンで死んだ!!??

453 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:02:07 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

梵行をろくにしないクリン含さんの因縁が切れなくても誰も驚かないが、
先頭にいるM田先達がガンの因縁が切れなかったばかりか、
それで死んでしまったなんて大ショックです。
今なら、桐山夫人はガンで死に、桐山さん本人が脳梗塞になっても
矛盾を感じないのだから、先達がガンで死んだくらいでは驚かないでしょう。
みんな免疫ができてしまっている。
しかし、当時は違った。
まともにアゴン宗の教義を持ち出したら、M田先達の死は矛盾の固まりです。
桐山教の教義に正面から矢を射てしまった。
信者にとって恐ろしいのは、M田先達が死んだことではなく、
彼女の死がアゴン宗の信仰と矛盾することです。
他人の死など、しょせん他人のことだが、
自分の信仰が揺らぐことが一番恐ろしい。
そこで、アゴン宗での信仰とM田先達の死とが矛盾しないように、
各人が各人の方法で理屈をつけ、無視することで、自分の信仰を保ったのです。
クリン含さんが今していることを過去の信者たちもした。

454 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:03:57 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

M田先達を嫌いな人は「修行が間違っていた」「因縁を出した」といい、
彼女のファミリーで世話になった者すら自分には関係ないという態度をとっていた。
クリン含さんが今していることと同じです。
M田先達を、「金を集めた」「業の深い方」と表現して、彼女を
桐山ゲイカの真後ろから引きずり下ろし、「一信者」と表現することで、
その存在を小さく見せようとしている。
彼女の死から十数年もたつのに、まさにクリン含さんは
彼女に責任を押し付け、小さく見せることで、
彼女の死など大したことはないと自分を説得している。
あなたのは私への反論ではなく、自分を説得しているのです。
クリン含さんがそうであるように、彼女の死と教義を並べて、
これを正面から見据える人など少数だった。
多くの信者は、あなたと同じように、彼女を矮小化し、
個人的な問題として責任を押し付け、そして忘れるようにした。

455 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:07:19 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>1.小さな記事でおさまるぐらいの衝撃だったのだから、
>宗務局に混乱が生じるほどの大きな衝撃というのは嘘。
>2.実際は大きな衝撃だったのだが、それをおさめるのに十分な大きさの記事だった。
>だから記事が不当に小さいという七氏の発言は嘘。

あなたが書いた1が間違っているのだから、2の結論は成り立ちません。
他人の書いてることを嘘だと罵る前に、自分の国語力の低さを反省するべきだ。
混乱をおさめるのに十分な記事などではない。
おさまったのではなく、どうにもならないから、みんな忘れたのです。
アゴン宗の信仰を取るか、M田先達を取るかと聞かれれば、
誰一人迷う人などいない。
M田先達自体がファミリーの人たちに、亡くなる前に、
なにがあっても桐山ゲイカを選択するように指示を出していたからです。
多くの信者はクリン含さんみたいに『阿含宗報』に載ったことをもって、
M田先達の件は終わったかのように思い込もうとした。
『阿含宗報』に載ったからといって、彼女の死が教義と
矛盾することが解決するわけではない。
両者まったく別物です。
死亡記事が載り、ご立派な戒名をつけてくれたからといって、
因縁切りの教義の矛盾が消えたわけではない。
これを解決だと見ていること自体が錯覚であり、ゴマカシです。

456 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:10:38 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

クリン含さんは梵行の現場を知らないから、
空想とその場しのぎの屁理屈を並べていられる。
だが、宗務局だってたいへんなことになった。
理由は、M田先達の死が教義に矛盾するというだけではない。
こんなことは宗務局にとっては大したことではない。
M田先達を快しとしない職員もたくさんいた。
だが、重大な問題が一つできてしまった。
「売上」です。
あなたはM田先達を「一信者」などと矮小化しているが、
宗務局の台所事情を何も知らない発言です。
彼女がアゴン宗最大のファミリーを率いて、桐山ゲイカに重宝され、
指導部員として在家最高地位を与えられていたのはどうしてかわかるか?
「売上」、つまり人と金を集めたからです。
これはあなたも彼女の業績として「金集め」として認めている。

457 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:14:14 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

宗務局は桐山さんの本音を隠しながら、本音を実行するのが仕事です。
信者に金集め、人集めだと気づかれないようにしながら、
しかも、露骨に金集め、人集めをしなければならない。
職員は桐山ゲイカから数字を出すことを要求される。
この桐山ゲイカの本音をM田先達は熟知していた。
前に、牧童犬さんがこれが桐山ゲイカの本音であると書いていた。
そのとおりで、さすがは企業家だけあって、
桐山さんの本音をズバリ見抜いていた。
M田先達も桐山ゲイカの欲しがるものが人と金であることを知って、
牧童犬さんとは別な理由で、強引な手法で信者に差し出させ、貢ぎ続けた。

458 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:17:16 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

M田先達のこの手法には当然様々なトラブルが起きて、批判も多かった。
だが、間違いを取り締まるべき職員は手を出さなかった。
YAN出身で肩で風を切っていた某職員も彼女には頭が上がらなかった。
なぜかわかりますか。
彼女が人と金を集めるからです。
方法がどうあれ、金と人を集めた彼女こそが宗務局にはもっとも有り難い。
彼女の集めた人と金は、そのまま宗務局を通して桐山ゲイカに出される。
これが職員の成績でもある。
成績が悪いと桐山さんはすぐに怒る。
職員にとって、桐山さんの怒りは何よりも恐い。
職員は成績をあげて、桐山ゲイカに認めてもらうためには、
人と金で成績をあげる彼女を存在を無視しては成り立たなかった。
むしろ、彼女と仲良しになり、要求を聞き入れ、
もっともっと人と金を集めてもらえれば、それにこしたことはない。
だから、M田先達と職員は、内心はどうあれ、利害が一致していたのです。

459 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:20:00 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

この「稼ぎ頭」のM田先達が死んだのですよ。
頼りにしていた職員にしてみれば、大ショックです。
いくら牧場に家畜がそのまま残っているとはいえ、
家畜から絞り上げる汚い仕事を一手に引き受けて、大量に生産して
くれていた彼女がいなくなったら、誰がその仕事をするのか。
彼女ほどの手腕の先達はいないのだから、収益に大打撃です。
家畜たちが混乱して、牛の乳の出が悪くなり、豚が痩せ、
ニワトリが卵を生まなくなったら、即刻、桐山ゲイカから職員が怒られる。
宗務局にしてみれば、教義の矛盾よりも、とにかく
家畜の混乱をなんらかの形で収めて、
前のように、人と金を搾り取れるようになりたいのです。
クリン含さんが職員ならどうする?

460 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:22:41 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

桐山ゲイカは大先達の死について信者に釈明すべき義務があった。
お得意の屁理屈でもなんでもいいから、言えばいいのです。
だが、彼は自分に都合の悪いことはさっさと忘れるのが得意だから、
素知らぬ顔です。
本当にズルイ男だ。
桐山ゲイカも宗務局も大先達の死に完全無視という訳にいかない。
この件に終止符を打たないと、家畜からの上がりが悪くなるからです。
その妥協案があの記事です。
会員にすぎない彼女に立派な戒名を付け、『阿含宗報』にまで載せたと
いうことで、この問題にケリをつけた。
それも、目立たないように、最後に載せた。
「ここまで彼女を評価してやった。なんか文句あるか。
文句のある奴は出ていけ!」
これで桐山ゲイカは指導者として、M田先達の死による教義の矛盾を
説明する必要がなくなった。
これが仏陀の智慧だというのだから、お粗末至極。

461 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 13:28:02 ID:FDKfk2OV
>>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

当時、M田先達だけでなく、巨額の喜捨をしていた某先達、
某県の世話役が相次いでガンで亡くなった。
これらの人たちは知っている人は知っているという程度で、
M田先達のように有名人ではなかったから、無視できた。
しかし、M田先達はそうではない。
桐山さんにとって都合の良いことに、1月には阪神大震災が、
さらにはサリン事件が起きて、信者すらもM田先達のことなど
かまっていられなくなったのです。
信者さんたちもよくこの事例を見てほしい。
仏陀の智慧を持つという桐山ゲイカが、目の前に突きつけられた教義の
矛盾という“宿題”にどんな回答を示したか。
『阿含宗報』に載せるという、教義の問題解決とは全然関係のない手法で
ごまかしたのです。
口先で仏陀の智慧だの何だのというのは子供でもできる。
目の前に突きつけられた問題をどう解決するかでその人の知性や良識がわかる。
命まで削って桐山ゲイカに貢ぎ続けた相手に対して、
賛辞の言葉一つ無く、戒名一つで無視した。
この冷血な男を信者さんたちは本当に聖者だと信じられるのか。

462 :教えて下さい:2007/09/28(金) 14:29:34 ID:x/jMqc/c
>>447

郵便物はきていません。止まりました。彼是1年は
きていません。

>>建前上半年滞納で退会扱いですが・・・

そうなると事実上もう退会扱いになってますね?
まだお墓のローンがあと3年は残っています。
本当に信じられないくらい、たくさん先祖供養という名のもとに
お金を使いました。借金までして・・苦笑(^^ゞ

中古のマンションくらい余裕で買えましたよ。
はぁ〜。もう宗教は懲り懲りです。

463 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 15:15:12 ID:jJYsZRrn
その通り
桐山ゲイカは本当にズルイ男だ
沢山のズルさを見せられた
表と裏は180°も違っていた
もうこりごりだ
こんな所に長居は無用

464 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/28(金) 15:55:18 ID:DA1D6Pto
>>462
そう言うことでしたら退会扱いになってるでしょう。

>まだお墓のローンがあと3年は残っています。

それは阿含宗とではなくローン会社とでしょうね。阿含宗とであれば民法90条に
基づいて支払いを放棄できますが、ローン会社は無関係な第三者と言うことに
なりますからねえ。
ただ、ローンの残額によっては民事訴訟を起こして阿含宗から返金させても
費用倒れにならない可能性がありますので、消費者生活相談センターや
市民法律相談などで相談なさることをお奨めします。

465 :ベレムベア:2007/09/28(金) 16:51:28 ID:Oojl6krx
 >>444

そうですか、了解いたしました。

DHARMA CAKRA 創刊号
 阿含宗全国誌 転法輪[ダルマ・チャクラ] VOL.1 1988 OCTOBER
16頁より、

H総本殿
   一宗の各本山を総括する最も中心と
 なる寺院をいう。
 阿含宗総本殿は、「京の大仏さん」と
 呼ばれ親しまれている、毘盧遮那仏
 が鎮座する北花山大峰の聖地に、鉄
 筋コンクリート地上四階、地下一階
 の本瓦葺き向拝破風付き入り母屋
 造りで、高さ約二十三メートル、延
 べ床面積約七千七百七十平方メート
 ルの規模の大伽藍となって、現在建
 立中で昭和六十五年秋に竣工の予定    (←つまり平成二年秋)
 である。
 この総本殿から世を救うべき多くの
 人材が輩出することとなろう。


期待していたのに、本当に残念なことであります。



466 :ベレムベア:2007/09/28(金) 16:53:20 ID:Oojl6krx
続きを少し…

・・・・ 
  ですから、こんどの総本殿が六十五年十一
 月頃に竣工いたしますけれども、来年から
 は求聞持堂の建設にも入ります。そして、
 総本殿の竣工と同時にオープンします。
・・・・   
 求聞持道場は、五、六階建ての建物が
スポッと入るくらいの大きさになります。
その半分以上は地下に埋めてしまう。そし
て、そこに途方もない修行道場が出来上が
ります。
・・・・  

本当に、嘘ばっかりです。


467 :沙羅 ◆CRkFRvt2RQ :2007/09/28(金) 17:29:52 ID:NIDmqkyw
>>462 教えて下さい nitari@ 2007/09/28(金) 14:29:34 ID:x/jMqc/c


私も約一年会費払ってませんが、まだ郵便物はきています。
もうすぐ止まるんですかね?w
ここに情報提供するのに便利なのですがね〜。


>事実上もう退会扱いになってますね?

なっていると思います。まあ、あごん宗がどう捉えようがこちらには関係ありませんがね(・∀・)

>中古のマンションくらい余裕で買えましたよ。

お悔やみ申し上げます(´・ω・`)

>はぁ〜。もう宗教は懲り懲りです。

全く同感です。

468 :沙羅 ◆CRkFRvt2RQ :2007/09/28(金) 17:42:31 ID:NIDmqkyw
>行かず後家

むしろ「行けず後家」でしょう(´・ω・`)
そりゃそうだ。
毎週曜日班で梵行、せっかくの日曜日は例祭でくだらない焚き火と漫談に時間を浪費。

護摩木に良縁成就なんて書くより、実際にたまの休日くらいデートしないと。

469 :あごーん:2007/09/28(金) 19:32:43 ID:WTxCUAw4
あごーん

470 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 19:33:21 ID:WTxCUAw4
470get

471 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 21:10:02 ID:erFm7P5R
>>442
その書名は『仏教要語の基礎知識』であって、『原始仏教要語の基礎知識』ではありませんね。
つまり、大乗も含めた仏教一般が、本書の記述の対象でしょう。原始仏教に限定されていません。
ですから、その引用に続いて、「・・有為法である。アーラヤ識もこれにほかならない。」
とありますね。アーラヤ識とは、もちろん大乗仏教の話です。
無我説とその後の「輪廻の主体」論争という、仏教史を踏まえた言葉でしょう。

識を「輪廻の主体」とするのは仏説ではありません。
中阿含経201のサテイ経で、そういう主張をしたサテイ比丘が、釈尊から叱責を受けています。
仏教が興った当時、バラモン教で言われていた輪廻の主体であるアートマン。しかし、仏教では
雑阿含経(9)にあるように、「識はアートマンではない」とされています。

『ブッダ 悪魔との対話』p52の話もヴァッカリと同じ趣旨です。さとりを妨げる者、
悪魔の言葉として「ゴーディカの識はどこに安住しているのだろうか」となっています。

そもそも「無常」を「変化しつつも存続すること」と解釈すること自体が、
仏教の非我説をも霊魂不滅説のように誤解させる元ではないかと、このごろ感じています。

『大般涅槃経』の無常偈には「諸行無常、是生滅法」とあります。
無常とは、生じ「滅する」ことです。単なる変化には留まりません。
雑阿含経(51)にあるように、「色も識も壊れるものだ」ということです。

> 「アートマンは存在しますか?」こう言われて世尊は黙していた。
> 「それではアートマンは存在しないのですか?」再び世尊は黙していた。  相応部44.10
「アートマンの有無に関する質問には沈黙」これに尽きています。


472 :教えて下さい:2007/09/28(金) 21:52:31 ID:x/jMqc/c
>>467

沙羅さんもですか?時期に会報届かなくなりますよ。

今思うと、なぜあそこまで先祖供養やら護摩木供養や祈願を
莫大なお金をかけて、してきたのか?まったくわかりませんでした。

星祭の大護摩木の10万円も分割させるくらいでしたから、

本当にお金は大事です。10万円あったら家族約2週間は生活できますから。
こんなに、お金がかかる宗教も珍しいですよね?

熱心な信者は今でも、一生懸命修行の名の為に、お金を使って
いるのでしょうね? 早く目を覚まして欲しい気持ちでいっぱいです。

473 :樹意:2007/09/28(金) 22:26:46 ID:AkJ16EXP
議論の流れてとしては 以下の通り。

>>345
> >>261で示したとおり、あなたの引用したヴァッカリ経の
> vinnanaの魂という訳は、中村博士は霊魂と同じ意味に用いている。
> だから、252さんはこういう普通の学者と同じように、
> ヴァッカリ経の魂とは、いわゆる魂や霊魂という意味ではないと指摘した。
> つまり、誰も「クリン含さんが霊魂と書いた」とは指摘しておらず、
> また、252さんのヴッカリ経の魂の解釈は正しい。
> では、あなたは何にイチャモンをつけているのだ?

>>442  
> > 「魂」(世界の名著1、456)「識別力」(悪魔との対話、52)と訳される viJJAna つまり、識!
> > 中村元さんは註で「一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう」(324)としてます。

原始仏教スレッドにてこのレスを書かれた方の意見が一つ
学者さんの見解引用が 2例 経典引用が1例
> その書名は『仏教要語の基礎知識』であって、『原始仏教要語の基礎知識』ではありませんね。
仏教用語の基礎知識と断って引用しているものに関しては 改ざんも無ければ 
『原始仏教要語の基礎知識』という命題が振っているわけでもありません.


474 :樹意:2007/09/28(金) 22:27:55 ID:AkJ16EXP

引用経典
> > 識(意識)は無我である。識を生ぜしめる因も縁も、また無我である。
> > 識(意識)は苦である。識を生起せしめる因も縁も、また苦である。
> > 識(意識)は無常である。識を生起せしめる因も縁も、また無常である。
> > 雑阿含経 因  

無我であると経典で説かれるものに対する個々の見解はここでの議論の議題
というよりは原始仏教スレッドでの議題にふさわしいものと存じます。
(私もこういう議題は好きですが こういう議論は時間がとられるもので
 今は遠慮しています )
ゲイカにしろクリン含氏にしろ こういう議論以前に経典の改ざん 学者文の
改ざんがあり、そういう点を問題にして批判をしております。


475 :樹意:2007/09/28(金) 22:30:24 ID:AkJ16EXP
>>471
   の方に対する返答が 以下の書き込みになります。
   失礼いたしました。

>>473
>>474



476 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 22:40:09 ID:grfeYVmW
>>462 :教えて下さい:2007/09/28(金) 14:29:34 ID:x/jMqc/c
>まだお墓のローンがあと3年は残っています。

このスレでは、たしか弁護士に間にたってもらい、
いくらか金を返してもらったという人が一人だけいました。
ただし、これは墓所だけの話ではなかったと思います。
個人的に知る範囲では、退会にあたり、
アゴン宗から逆に請求されて払ったケースは知っていますが、
金を返してもらったケースはゼロです。
金額設定や取引内容が社会常識の範囲であるなど、
さっすが桐山ゲイカ、伊達に臭い飯は食っていないと感心しています。
天才的詐欺師には庶民の我々は勝てません。
ただ、私文書さんが提案しているように、
消費者生活センターや弁護士に相談してみたらどうでしょうか。
三年の支払いは大きい。
ローンだから、あまり期待はできないが、
何か解決策がないか相談してみてくれませんか。
内容を書いてもらえれば、同じ立場の人たちに参考になります。

477 :樹意:2007/09/28(金) 22:41:49 ID:AkJ16EXP
>>465

> 期待していたのに、本当に残念なことであります。

本当ですね、 私もゲーカの男泣きにコロッと騙された口です、
「これで 信者に功徳を授けることが出来る ・・・ ウルウル」
 広大なお屋敷を持つには こういうやり方もあるということです。
 
>>472
> 熱心な信者は今でも、一生懸命修行の名の為に、お金を使って
> いるのでしょうね? 早く目を覚まして欲しい気持ちでいっぱいです。

多大な授業料を払ったかと思いますが、気づくのに遅すぎるということも
ありません。
何かを失うということは 何かを得たということでもあります。
その得たものを充実させることも大事なのではないでしょうか。



478 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 22:42:48 ID:zHwYf8ry
会費払うの止めてから約一年半は会報届いていたな。
もう来ませんし、なんにも言ってきません。
ほんとに清々したよ。

479 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/28(金) 23:57:16 ID:DA1D6Pto
>>478
良かったですね。もうグッズ類は全部処分しましたか?
そのまま悪夢のことは忘れて建設的な人生を歩めるといいですね。



批判をするとなると、書籍類を処分したのがチョト残念ですが・・・・。

480 :20年信者(現在はすでに会員ではないのか?):2007/09/29(土) 01:13:14 ID:FXpQi3OU
>>467
えぇ?半年で大会ですと?あいや、退会ですと?

最近会報がこないので嫁さんに聞いたら、去年の3月頃から会費を払っていないそうです。
すると半年どころ会年半。通りで会報がこないわけだ。

そうかぁ、すでに会員ではなかったのか? 知らなかったぁ。
そうかぁ、会員じゃなかったのかぁ。(^^ゞ

いや〜〜良かった良かった(^。^)

ハンドル変えなくては。「自然退会」じゃつまんないよな。何にしよう?


481 :ユビキタス ◆1tAcIUMQ8o :2007/09/29(土) 02:52:09 ID:aDK+E79a
>>480 20年信者(現在はすでに会員ではないのか?) sage 2007/09/29(土) 01:13:14 ID:FXpQi3OU
> ハンドル変えなくては。「自然退会」じゃつまんないよな。何にしよう?

「滞納ノススメ」なんてのはどうっすか?
あんまり面白くないかな?
まあご自分で気に入ったの使って下さい。

482 :会費払うの止めます!:2007/09/29(土) 03:35:28 ID:PbFrWBun
唯一絶対の聖者様と心底尊敬していた我らの大導師が、
始めから確信犯の詐欺師、全てが嘘だらけだと判りました・・・が、
今まで恐怖心を煽られて収めた様々な供養金がメチャメチャ
デカイ(会費で計算したら軽く160年分位以上!)ので、
会費払うのを即刻止め、出入り禁止とされるまでは、
身も心も腐りきった詐欺ジジイの行く末を、
内部からしっかり見届けたいと思います!

483 :教えて下さい:2007/09/29(土) 06:51:56 ID:HYF0MfLK
会費もバカにはなりませんよ。

毎月会費だけで、1万円 冥徳供養なんて月24000円
そのほか、護摩木だの、解脱供養だのって・・・はぁ〜。
お墓も2基ですよ。。。 でも 永代供養料等は一切払ってないので
確か、42万円だったかな??? もう うんざりですよ。

中古のマンションなんて軽く買えましたよ。(>_<)
いまだに賃貸暮らし、もう買えませんよ。トホホ。。

484 :教えて下さい:2007/09/29(土) 08:44:15 ID:HYF0MfLK
>435  
欲望や執着を捨てると、心が軽くなるから、自分で実感できます。 

本当にその通りです。軽いんですよ。。。不思議なくらい。。。
法施のもの、欲しい方にあげましたよ。。まだありますけどね?
売れるものなら売りたいですけど、売れないでしょう苦笑(^^ゞ 
阿含宗で学んだ事は、お金の尊さ、大事さでした。

一万円札をみると、思います。。。札束消えたな〜って(>_<)。クゥ〜。
よく、払っていたよ。。って

先祖供養の名の元に、今生きているこの現実世界からかけ離れた暮らしを
していたと思う。縁が離れたということは、もうその必要がないということ。 
開放感があります。ある意味呪縛だったのかもしれません。
先祖供養も大事ですが、なんでも程ほどです。バランスが大事です。
度を越えればなんでも異常ですよ。宗教している人ってその宗教の枠で
物事をみますから、視野も狭いし、物事を広く見る事が
できないのかも知れませんね? 
離れてみると、なんであそこまでしていたのか?自分でも不思議なんですよ。 
つまり、根底には依存心があって、ここにいれば助かる、守られる
そんな思いから、たくさんのお金を積んでいたんです。今思うとですけど。
その代償は、莫大な先祖供養という借金をこさえてまで、してきたこと。

今も数百万円ありますよ。返済していますけどね?お墓のローン。
分納もあったので、金額あるかと思いますよ。調べてないけどね。
支払う気もしないけど、カルマ残したくないのでね?
お金に関してはしっかり清算して、綺麗にしたいと思っております。

485 :教えて下さい:2007/09/29(土) 08:59:29 ID:HYF0MfLK
そういえば、思い出したわ。。。

銀座の阿含ビルにもいっぱいお金使ったわ〜。凄い金額よ。。。
今思えば。。。「瞑想スクールの会費が滞納している」って言われてさ
その時、4万円払ったのよ。なんでも、カネカネしていたわ。
今もだろうけどね?瞑想センターにいっても 確か1日たったの15分か
20分くらいだったかしら?あの中入れなかったのよ。
もう7年位前の話しだけどね。今はどうかはわからないわ。
高い授業料か? 痛いわ〜。

486 :教えて下さい:2007/09/29(土) 09:21:31 ID:HYF0MfLK
お墓のローンですが、すでに納骨してあるので、支払いを辞める事は
できないです。苦笑(^^ゞ

大阪のあんな山奥まで行くにも、大変ですよ。
新幹線か飛行機ですからね。そこからレンタカー借りたり
ひとりで行く時は、王寺駅からタクシーですよ。片道3000円は払いますから。
正直、なんぼ聖地だ〜!って言われて買ったけど、お墓は絶対
近い方がいいですよ。もう彼是2年半は墓参りに行ってませんから。
行けませんよ。。。お墓参り家族で行くにも20万円コースですよ。
だからといって近場に買えないし、墓ばかり買ってられないし、
なんかついつい 愚痴ってしまった(ノ_・、)クスン

確かに、空気も澄んでいて、違う波動なのは認めるけどね?
私が死んだらとりあえず、入る墓はあるけど、柏原聖地霊園に入るか否かは
現段階ではわかりません。まだ若いし。(#^v^#)ムフ

487 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 11:25:29 ID:lCIii/wI
>>484名前:教えて下さい 投稿日:2007/09/29(土) 08:44:15 HYF0MfLK
>今も数百万円ありますよ。返済していますけどね?お墓のローン。
>分納もあったので、金額あるかと思いますよ。調べてないけどね。

数百万もあるなら弁護士立てて阿含宗から返却させ、ローン会社への返済に
充てた方がいいと言いたいところだが、

>支払う気もしないけど、カルマ残したくないのでね?

と、思ってるのはあなた自身が「自分も悪い」という気持ちがあるからではないのですか?
阿含宗桐山はそこにつけ込んでいるのです。
あなたがどっちが悪いのかをはっきり見極めて、戦ってこれ以上カネを奪われるのを
防ぐ決心をしない限り、弁護士立てても動きにくいでしょうし、人生の勉強代を余計に
払わなければならないでしょう。

また、詐欺師にカネをやったところで新たな詐欺に使われるので、このまま払い続けた方が
悪業になるかも知れませんよ。

488 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 11:47:11 ID:a8vkTtED
・・・

489 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 12:04:02 ID:XIA95+AA
あごいさむ

490 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 12:04:41 ID:lCIii/wI
>>484名前:教えて下さい 投稿日:2007/09/29(土) 08:44:15 HYF0MfLK
>カルマ残したくないのでね?

霊感商法では「こういった宗教心につけ込んでインチキするのは公序良俗に反する」
と言うわけで民法90条に基づいて契約は無効とするのです。

例えば、神主や僧侶が神や仏に通じるものと信じて真剣に祈って代価を取るのは
因果関係を科学的に証明できませんが、宗教家が誠意込めて祈るのは公序良俗の
範囲ですから違法ではありません。

しかし、霊視したと言って実は適当だったり(123スレで同じ人を解脱供養したことがある)
浣腸自らが戒名付けたと言って実は職員に適当な戒名付けさせていたり、本でボンキョウ
を星祭りで焚きあげと言っておきながら、廃棄していたりとか>>34にあげている例で
嘘八百並べ立ててるとか、そこに「宗教家としての誠意」が無いから、ウソで固めた
ことを信じてしまってカネ払ったことに対して、履行義務がないのです。
もっとがんばれば無効化して取り戻すことが出来る可能性があります。

491 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 13:09:37 ID:lCIii/wI
>>482名前:会費払うの止めます! 投稿日:2007/09/29(土) 03:35:28 PbFrWBun
>内部からしっかり見届けたいと思います!

会員のフリして例祭とかちゃっかり出てトロイの木馬をされるのですか?
是非ここに書き込みして下さいね。

10年くらい前は例祭の参拝時、会員証の提示もしくは記帳をさせられたものだが、
今もそのシステムで紙媒体の会員証なのだろうか?

492 :教えて下さい:2007/09/29(土) 14:02:19 ID:HYF0MfLK
会員証はカードになったんですよ。ちゃんと機械に通すんです。
ピピッって音なりますよ(笑)
もう、彼是何年前だったかな?7年位前にはカードになっていた気がする。
私も、すでに退会していたのでね。ただ家族達が残っていたんです。
家族達の御法塔はありますけど、私のはもうありません。

>同じ人を解脱供養したことがある

うちもいましたよ。。。2体ほどいましたよ。でも霊障が強いって
なんか、昔質疑応答があって、同じ先祖がおりています。
どうしてですか?みたいな。。。そしたら、霊障が強く、子孫へ分身した
みたいな、AとBに 憑いていて、Aを供養しまだBが残っていたとか?
でも、同一人物なのに、同じ先祖が2回降りた人もいたとか?

1体10万円ですからね? お金は大事ですよ。。。10万円あったら
ある程度の生活もできますし、ちょっとした旅行にも行けますし、
それこそ、美味しい料理も食べれますからね?
死んだ人も大事ですが、今きている人の人間方がもっと大事ですよ。

しかし、私文書さん、阿含宗は詐欺だったのですか?
なんだか、みごとに騙されました。。。いやぁ・・・参りました。 
でも、家族達も会扱いになっているので、正直安堵してます。

493 :教えて下さい:2007/09/29(土) 14:14:12 ID:HYF0MfLK
>管長自らが戒名付けたと言って実は職員に適当な戒名付けさせていたり

本当なんですか?それ?えーーーーーーーーーーー。信じられない。
あのお墓の自分の生前戒名代1体30万円ですよ。

大姉と信女 の違いで10万円違っていて。。。どうせならって
大姉をつけたんですもの。。今もありますよ。その生前戒名。

あたし、30万円払ったんですよ。それだけじゃない。家族全員で
いくらよ。。。なんだかんだで利子ついてそうだったわ。。。
208万円よ。それをクウォークから金借りて、年3%の利子で10年で30%金利払って
10年ローン組んで返済しているんだもの。

ビックリよ。。あの時確か3本契約したんだから。クレジットで。
お墓買うのに。。で2本を繰り上げ返済してさ
まだ1本残っているのよ。これがあと3年あるのよ。。。 
先祖供養の代償は大きかったわ。本当に先祖はあそこにいるのであろうか?
今も謎である。



494 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 14:33:13 ID:lCIii/wI
>>492
>会員証はカードになったんですよ。ちゃんと機械に通すんです。

それでは滞納してたり退会処理がなされていたら、その場ですぐ判りますねえ。
(ノ∀`) アチャー

>しかし、私文書さん、阿含宗は詐欺だったのですか?

ええと、そう言う訊き方をされると言うことは、過去ログ等読まずに今初めてこのスレを
ご覧になったわけですか?

「阿含宗は詐欺」です。

詐欺の定義については>>34に引用してあります。私は一文無しになってからやっと
目が覚めた口なので、いまもって余力がないので行動出来ませんが法的措置を
考えています。
法律論上、阿含宗に対して民事訴訟を起こしてむしり取られたカネや時間を補償
させ得られるのですが、阿含宗を訴える場合、こういう問題があります。
・刑事問題にならないスレスレのところを行ってるので、社会問題化しにくい。
・詐欺を証明するために、膨大な文献を専門書と照らし合わせる必要がある。
・巨悪とはほど遠いチンケな悪事をこわごわやってるだけの小悪党である桐山。
以上の点を飽きもせず丹念に証明する作業をやってくれる弁護士さんを
見つけなければならないと言うことです。

495 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 14:53:24 ID:lCIii/wI
>>493
くだらないことに大金はたいてしまいましたねえ。ご愁傷様です。

戒名とは、「=法名」で、死者に戒名を与えるというのは仏弟子になったと言うことを
表します。だから生きてる内に法名を授かるというのは出家得度したということなのですが、
それが「霊界での地位」にすり替わり、それがあたかも運気に作用するが如く言ってる
のですが、この説明聞いておかしいと思いませんか?
仮に「霊界での地位」で生前戒名を他のことで喩えるなら「称号だけの爵位」ですかねえ?
「称号だけの爵位」は、それをありがたがる人に対してだけしか意味はありません。
また、普通爵位というのは天皇や皇帝、法皇、王・大公爵、議会等などの大権威が
授けるものですが、自称のニセ僧侶・ニセ阿闍梨の桐山が授ける法名にどれだけの
権威があるというのか?ありがたがるのは阿含宗会員間でしか通用しません。

496 :教えて下さい:2007/09/29(土) 17:12:08 ID:HYF0MfLK
でも私文書さん 一文無しになったのですか? 
私のように、莫大な借金をいまだに返済しているのとは 
どっちが幸せなのでしょうかね?

宗教を辞めてからの私は今、ある意味ごくごく平凡な生活を
してますよ。。宗教独特の思想に縛られず、裁く事なくあるがままに
そんな、生き方をしています。とても楽に生きています。

当時は何がなんでも、先祖供養。。。因縁解脱でしたから。苦笑(^^ゞ
私の周りも結構阿含宗辞めた人多いですよ。会費未納者も多いし。
人生感がズバ抜けて、良くなったとは思えません。
なんか、判らないけど、カネカネした世界だったことは良く判ります。

桐山管長があとどのくらい、生きられるか判りませんが、管長が死んだ
あとの、阿含宗はガラリと変わりそうな気がしてます。
次の管長は誰なんでしょうかね? 深田さんなのかな?深田さんは
本当にお坊さんって感じがします。なんかとても懐かしいです。

そうそう、宗務局の女事務員達の性格の悪さには驚きです。
とても傲慢な態度で、接しますから。。。関東別院なんてとくに最悪!!
あの、傲慢偉そうな態度、冷ややかな目でみるあの対応。
今も脳裏に焼きついて離れませんよ。 退会して本当に良かった(*^^*)
あんな事務員達に私達の会費から給料をもらっているのだからね。
もっと謙虚になって、接して欲しいですわ。仏道の修行をなさっている
人とは思えませんでしたから。。苦笑(^^ゞ 

497 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 17:58:49 ID:jrfb1SML
確かに態度が悪い、全ての職員とは言わないがね
H本部の職員にもそんなのがいたよ
まるでアンタなんかめじゃないと言わんばかりの態度
オイオイ、オレはお見合いに来たんじゃないぞ!
オイオイ、あんたを口説きに来たんじゃないぞ!
会費を払いに窓口に来ただけじゃないか
エー??なんだよその態度は?!
ほんとに気分が悪い職員だったよ。

498 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 18:07:35 ID:pNfSilBZ
>>473-474
『仏教要語の基礎知識』では、阿含経の範囲を越えた部分も、記述の対象となっている、
ということを指摘したまでです。
あの引用箇所は、阿含経に関して記述したというより、
その後の仏教史においては、「輪廻の主体」としての「霊魂」を想定しての議論があった、
ということを述べた文章と考えます。

これを引用する奈良康明著『釈尊との対話』p125では、「釈尊は人間は死後どうなるかという
質問には答えなかった。」と書かれています。こちらは阿含経での記述に関してのものでしょう。

しかし本来は、学者の意見よりも、阿含経からの直接の引用を最優先にすべきと考えます。
学者もすべての経典を完全に理解しているわけではないので、重要な文章の見落としもあるでしょうからね。

ちなみに、「雑阿含経 因」とは何番の経典でしょうか。
11とか12とか番号が書かれていないと、「識を生起せしめる因も縁も、また苦である。」
というようなことが本当に記されているのか、確認のしようがありませんので。

> 無我であると経典で説かれるものに対する個々の見解はここでの議論の議題
> というよりは原始仏教スレッドでの議題にふさわしいものと存じます。

見解を述べているのではなくて、アゴン宗で、阿含経を根拠にして、
「釈尊は『魂の存在』を説いている」というようなことを言っているのであれば、
原始仏典ではこのように記述されている、と書いて、そういう主張を訂正しているだけです。

事は根本的に重要なことですから、そのまま放っておくべきではないと思います。
少なくとも阿含経では、そのようなことは説いていない、と明言しておくべきだと思います。


499 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 18:47:23 ID:F1MzItVm
ショクインも人間、飯やエロイ事も妄想してるw

マンギョウ金袈裟にバッジいっぱい付けて大先達面w
だが町じゃあバーコード親父w



500 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 19:22:15 ID:wuMqRN5R
法螺害の由来

仏の説法の旺盛さを法螺吹きに喩える所が所以である。

予想以上の銭儲けも法螺と呼ぶ。

大袈裟な事を言うも法螺と呼ぶ。

タケちゃんマンを呼ぶ時も法螺貝を吹く。

大袈裟、法螺吹き詐欺仏教用語。




501 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 19:34:33 ID:lCIii/wI
>>496-497
職員が糞なのはデフォ。

502 :沙羅 ◆CRkFRvt2RQ :2007/09/29(土) 20:51:15 ID:HHbmtLLB
>>493 教えて下さい nitari@ 2007/09/29(土) 14:14:12 ID:HYF0MfLK

>管長自らが戒名付けたと言って実は職員に適当な戒名付けさせていたり

過去ログをお読みになれば分かりますが、本当らしいッスよ(-_-#)
私も買いましたよ、参拾万の生前戒名。

>大姉と信女 の違いで10万円違っていて。。。

そうそう!ほんとうにボロ儲けよね〜。
愚問痔法成就なんてウソだが、詐欺脳は完成されてるようですねぇ…

嗚呼ほんまに無駄金。

503 :滞納自然退会員(らしい):2007/09/29(土) 20:52:21 ID:FXpQi3OU
>>481
「滞納ノススメ」・・・・・いまいち。いや、十分おもしろいんだけどね。もうひと捻りほしいかなと。

滞納会員・・・・ダメだな。

インチキ会員・・・これもいまいちだな。言うこと全て信用出来なそうだ。

うーん


>496

職員の態度はひどかったですねぇ。
例祭で込んでいるときなんか、もう最悪。
一回だけですけど、「おまえなんだ、その態度はぁ!!」と怒鳴りつけてやったことがあります。
やっぱクズの周りにはクズしか集まらないんでしょうね。
どんな内容が気に障ったのかは、もう忘れたけどね。
もちろん、半分くらいは普通の態度でしたけどね。




504 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 21:03:19 ID:lCIii/wI
>>503
「法爾無作会員」でどうです?

それとか桐山以下がこのスレを話題にするとき、口にしにくいようなハンドルとか
どうですか?私みたいにw「偽ビール」とかw

505 :教えて下さい:2007/09/29(土) 21:23:56 ID:HYF0MfLK
沙羅さん

ますます、目が覚めましたよ。。。 
こんなことになるなんて。。。こんな宗教だったなんて。
その宗教に、莫大なお金を使い、借金していて今でも返済しているのに。
はぁ〜。私の生前戒名なんてとてもシンプルでしたよ。
きっと、簡単につけられたのかな?はぁ〜この代償はいまだに
支払い続けていますよ。トホホ。。

そんなことよりも、私が死んだら、しっかりと成仏したいわ(笑)
ちゃんと極楽へ行かんとな。。(笑)生前戒名の功徳はいかに?
その時、わかるんかな?苦笑(^^ゞ 

自由っていいですね?宗教なんていりませんよ。
組織や権力欲、金欲・・ドロドロとした上下関係。もう懲り懲りですわ!
私にはもう、宗教から学ぶ事はありません。もちろんこれからも宗教には
入りません。だってある意味自由という名の 解脱ですよ(爆)

最高です。。。今はとても幸せです。(*^_^*)v


506 :如月 麗華:2007/09/29(土) 21:30:26 ID:HYF0MfLK
私も名前変えようかな?(笑)教えて下さいは 
もう教えてもらったから(笑)如月麗華にでもしますかね?
宝塚のスターの名前みたいやな〜(*≧m≦*)ププッ

決めた!!(名前負けしとるがな)(*≧m≦*)ププッ


507 :如月 麗華:2007/09/29(土) 21:37:13 ID:HYF0MfLK
しかし、金儲けのうまい宗教だったよね?
星祭の護摩木だっけ?あれだって毎年3500万本とかでしょ?
単純計算したらさ〜35億円よ。すごいイベントよね?
その他にも、カネカネでしょ?今はどうか知らないけど。
あらゆる物が売られていてさ〜。光和だっけ?サプリメント
あれも本当に買って飲んだわ。。。プロティンだのなんだのってさ
月6万円よ。ひとり分で。。。まともに摂取したらとんでもない金額よ。

どうしてあんなに熱心だったのかは、今も理解ができないよ。
まるで、自分じゃない気がした。とり憑かれていたのかな?
お金は大事よ♪これからも大事に使うんだ〜♪

508 :桐山:2007/09/29(土) 22:54:43 ID:tL/BL6VG
ワシはエジプトに行ってファラオの霊障を解かねばならん。

509 :如月 麗華:2007/09/29(土) 23:01:07 ID:HYF0MfLK
はぁ?マジでエジプトに行くの?ファラオの霊障ってなによ。


510 :オニギリせんべい:2007/09/29(土) 23:08:18 ID:8zcANMgo
イスラム圏に異教徒のイベントで行くのは
危険ぜよ。

511 :神も仏も名無しさん :2007/09/29(土) 23:19:56 ID:TdwlO9oA
>>509
ネタじゃないの?
それか、次回の予想。

512 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/29(土) 23:22:17 ID:lCIii/wI
>>508
本当はピラミッドを見たいだけなのにそんな屁理屈付けて行くかもな。

>>510
つ[理護摩](ちうごくでやったヤツ)

513 :神も仏も名無しさん:2007/09/29(土) 23:22:31 ID:QS3Kro36
自民党が絶対言わないアメリカの消費税。
ほとんどの州で6〜10%の間。しかも生鮮食料品、薬、電気代など生活必需品には
消費税ゼロか、またはほんの僅かしか掛からない。
米国;税制
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/search-text.do?url=010031400304

7. 間接税
 最も典型的な間接税は「sales tax」と呼ばれる消費税。消費税に介入する権限は連邦政府にはなく、
消費税は、州政府や郡政府、または地方自治体の管轄となる。全米に1万弱とも言われる消費税区分が
あり、課税対象の商品や税率は文字通り千差万別となっているため、消費税の仕組みや税率を一概に
説明することは不可能に近い。
 ただ、一般的には、生鮮食料品や処方薬には無課税もしくはかなり低い税率が適用され、加工され
ている商品にはすべて課税される。州消費税の幅は0%〜7%で、地方自治体のそれも0%〜7%。
同じ州の中でも自治体によって税率が異なる。大部分の州で両方の消費税があるが、中には、
州消費税が0%で地方消費税が5%のところもあれば、その逆のところもある。

 各州や自治体の消費税率を全般的に見渡すと、州消費税が4%〜6%、地方消費税が2%〜4%で、
合計6%〜10%が最も普及している税率と言える。特殊な例では、オレゴン州には消費税が一切ない。
アラスカ州では、州消費税は0%だが、地方消費税が最高で7%。 消費税率は比較的頻繁に変わるため、
それらのウェブサイトに記載されている税率と実際の税率が異なる場合があるが、仮に変更されている
としてもその差は1%以内の場合がほとんど。
各州および自治体の消費税率一覧
http://www.taxadmin.org/fta/rate/sl_sales.html

食品と薬品の消費税の有無または税率一覧
http://www.taxadmin.org/fta/rate/sales.html

※政府の説明では、一番高い税率の州や、唯一使用税があるカリフォルニア州等、
特殊な例を使って騙しにくるので注意。




514 :バビル2世:2007/09/29(土) 23:35:16 ID:uNsKQFP+
9.11はイラクのバビロン遺跡の霊障か?w
イラクのシュメールの呪縛を解いてけろ

515 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 00:27:07 ID:94pj8ior
また、アノ人がアレしているね。アレ。
懲りないねアノ人は。
やっぱ頭がアレなんだろうな。



516 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 00:43:06 ID:0xwbdE4G
頭のニュアンスがあんたの
凡脳とは違うな

517 :偽会員(仮免中):2007/09/30(日) 01:04:46 ID:RZzZnaal
>>504
「法爾無作会員」←却下。

天然なのは認めるが、クソ阿含宗の話から取るのはいやだ。

口に出来ない名前・・・・・「ピ〜〜会員」。 こら、口に出来ないじゃないか。

「偽会員」・・・いいかもしんない。



518 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/30(日) 01:07:00 ID:kSbkWiC9
W田N子のプロフィール
阿含宗財務局長 
現在、阿含宗の実質的な総責任者であると職員、及び関係者。
W田局長は、純真な本部の派遣職員二人を懲戒解雇し、
そして幹部をカリフォルニア支部に送り込んで、
米国の職員には雇用契約サインを強制し、信者から不審を問われていた
悪と知っての元カリフォルニア支部職員S崎一人を職員として残し、
S崎と米国の弁護士を使用して諸々の真相を知ってしまった元職員、
信者に対して行なった行為は、
不当解雇、脅迫、ハラスメント、名誉毀損、誹謗中傷、そして詐欺である。
その行為は仏教者とは名ばかりの信じられない行為である。
*W田局長からの指示でハラスメント行為中のS崎は
「本部(W田局長)は私を信者から守ってあげる。」と言っていたと他言。


519 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/30(日) 01:17:20 ID:kSbkWiC9
シリーズ6回目

10) 2002年11月2日、米国信者は署名をして、道場建立基金の行方不明、
及びオーシャンアベニュー賃貸契約不審に対する調査依頼を管長、桐山靖雄に上申する。
以下 原文のまま

阿含宗管長 
桐山靖雄様

私達、米国会員一同は、以下の2点について、至急調査を入れる事を要請致します。

1、カリフォルニア州サンタモニカのオーシャンアベニューの物件について

その物件は5年間の賃貸契約で、2年前に契約し、あと3年間契約期間が残っております。
阿含宗は賃貸契約を解約出来ないと言っており、使用していない物件に、
毎月日本円にして200万円程の信者のお金が流れています。
もとカリフォルニア職員とカリフォルニア理事は、
1年前より、解約が出来る事を本部にお伝えしており、
またニューヨークの外人信者も阿含宗の為に
『解約出来る様お手伝いしてあげます』事をS木参事にお伝え致しましたが、
本部より何の返答もございません。

2、カリフォルニア道場建立基金(真正仏舎利御奉安)について

私達のカリフォルニア道場建立基金の誓願が平成12年12月に達成し、
真正仏舎利尊様御奉安を、全米信者一同とても楽しみにしておりました。
この道場建立基金(日本円で2千万円以上)の浄財は
一体どこに行ってしまったのでしょうか?


520 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/30(日) 06:12:13 ID:kSbkWiC9
11月2日の信者の調査依頼に対して一ヶ月以上経った
*2002年12月19日、本部からの返答内容は、調査依頼に対しての
返答とはまったく別の返答で、上申した信者に対する抑圧と精神的脅迫と、
元理事のT氏とH氏に対する責任転嫁と、明かに職員のS崎を擁護している
虚偽工作文を上申した各信者一人一人に宛てて送る。
以下(原文)
http://www.wadaokiru.com/home/page4.html

会員に送られてきた書簡に関する不審内容

1 書簡に記載されている『ガーディナとオーシャンアベニューの区画が
道場としてふさわしくないことがわかり管長猊下はサンタモニカの瞑想センターは
修行場としてふさわしいと判断され。。。』は、
瞑想センターはガーディナ道場同様、市からの宗教活動許可ももらっておらず、
瞑想センターはガーディナ道場より非常に条件が悪い。

2. 『カリフォルニア支部の会計は財務担当職員によって、監査されています。』
の記載は実際はカリフォルニア支部の会計担当職員であったS崎Y子に
不正にお金がつかわれいた。



521 :米国の告発、W田を斬る:2007/09/30(日) 06:13:33 ID:kSbkWiC9
3. 会員は宗教上のことで管長猊下に異議を唱えているのではなく、
金銭に関する不審の調査依頼を要請しているのに、
要請に対して、『師と弟子の信頼関係が元に戻せない程破壊された』
とは何ともおかしな内容である。

4. 書簡に記してあるように、退会して仏舎利基金を返して頂きたい会員が
数回にわたり本部に要請したがまったく償還はなし。

5. 管長猊下との縁が切れてしまっては解脱供養も出来ない、と怯えた会員は
本部に従って会員継続サインの手続きをする。
*これらの信者に対する阿含宗からの書簡に対して、弁護士及び刑事さんは
「信者に対する精神的脅迫である。」と指摘。
また責任転嫁された、元阿含宗USA理事のT、K氏とH、T氏の二人は
「阿含宗からの大変な名誉毀損である。」事も指摘。


522 :如月 麗華:2007/09/30(日) 07:26:37 ID:D82t3YSO
確かに、お金は返ってこないですよね?むしろ支払った人の方が多いですよ。
責任は取りませんね?なすりあいですよ。それは良く知ってます。
自分は悪くない!!ておもっている。謙虚さなんてありませんから、傲慢の礎が
できているのでしょう。相手を裁き自分を正当化するのは、誰にでも
できますからね?これほど簡単な事などありませんよ。

ここまで、実態が浮き彫りになるとますます退会してよかったって思います 
阿含宗は、本当に金ですからね?お金がないと放置ですから苦笑(^^ゞ 
宗教=他力依存心の強い人程、求めるのかもしれません。

基金か?私も1口10万円 何口かしたことあるよ。あれこそ無駄金よね。
阿含宗には、貢いだわ(爆)貧乏なのにね?苦笑(^^ゞ


523 :如月 麗華:2007/09/30(日) 07:32:14 ID:D82t3YSO
私文書さん

そうなのです。過去レスって少ししか読んだ事ないです。だから
阿含宗は詐欺なのですか?って 書き込みました。ごめんなさい(^_^)

この莫大なお金を集めるのに、疑う事をしない信者から金を集め
そのお金は、どこかに消えている?!

余談ですが、光和の健康食品 持ち株で50億円損失があったとずっと前に
聞いたのですが、その50億円のこけつきが大変だったとか?
きっと信者からのお金を補填したのかもしれませんね?



524 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 08:06:03 ID:jlmzsndn
詐欺というより、やっていること
お金の使い方がおバカとしかいいようがありませんね。
銀座阿含ビル、あれ何だったのでしょう?
三田阿含ビル・・・数階がただの倉庫化してたり
株の損失ならまだいいです
右翼にだまされ浄財ン十億と持ち逃げされるとは何たることか!

百歩ゆずって、お金のことは言わないとしましょう
宗教団体は企業じゃありませんので
それでは阿含の掲げる人材育成はどうなのか?
何にもできてはいません。
そのつど目標がかわり、お金を多く収めて、信者をあおる人達が優遇されているんですね。
その人達が、まあ人格優れていたらまあいいとしましょう
ところが卑しい人達が多い気がします。

現世成仏と現世利益はまったくちがうのです。
阿含宗がどちらかはみていてわかるでしょ
なぜ堕落してしまったのか・・・

宗派をたて総本山本殿など建設しなけりゃよかった
人を中心として行をすえて人材育成に励めば良かった
本山計画がもちあがり、また本とかがヒットして
教団拡大の野望をもちはじめた時から狂いはじめたのです。


525 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 08:23:12 ID:jlmzsndn
みんな去ってしまった・・・
崩れいく崖の上にたち・・・

職員の人達は能天気で平気なのでしょうか?
あきらかに信者は減り続けているでしょう
一部の人達がいまだに大量の基金なりを納めているだけの事で
こんなの長続きするわけありません。

ご宝塔の投売り、名前だけのお導きの自転車操業
空虚なる道場誓願達成・・・
批判派やらやめてホッとしたという元会員とかの意見より
現役職員や法務部僧侶の意見が聞きたいです!
たしかにすくわれた部分もあり、まだ私は見捨てていないのですよ
たぶん、ここも読んでいることでしょう。
たあいもない悪口だというのでしょうか?

マジメな話ほんとどうするのか
いまのままじゃ消滅しますよ。


526 :樹意:2007/09/30(日) 09:10:19 ID:i4g4kVE7
>>498
もともと この議論は >>473 で説明した通りクリン含氏あらためQ氏が
学者の引用文を中略も書かず 切り貼り改ざんしたり 中村博士が 識の意味
があるものを いわゆる世間一般の魂の意味で書いたものに対する
七誌さんとクリン含氏の議論に対してそういえば 以前原始仏教スレッドで
似たようなものがあったなと思い 私がライブラリから引っ張りだしたものです。

その旨は
>>473
> > 原始仏教スレッドより お借りしました。

と原始仏教スレッドでの議論を引用したものであると 断った上で書いてある。
ですから引用したものに対して興味があるのであれば原始仏教スレッドで
発言されてはいかかでしょうか。

> ちなみに、「雑阿含経 因」とは何番の経典でしょうか。
> 11とか12とか番号が書かれていないと、「識を生起せしめる因も縁も、また苦である。」
> というようなことが本当に記されているのか、確認のしようがありませんので。

一応調べましたのでご査収下さい。
 増谷文雄氏訳阿含経典
 南伝相応部経典 22 18 因(1、2、3、)  雑阿含経 1、11、(12)因
阿含経を紐解けば あちこちにある五蘊無我を説く教典のようです。
三部で書かれるのは おのおの 五蘊の無常 苦 無我 を別に説いたから
からと思われます。
阿含経は五蘊無我経と呼んでもいいくらい沢山ブッダが説かれていますから
内容的には普遍的な内容です。

527 :樹意:2007/09/30(日) 09:12:06 ID:i4g4kVE7
>>498
> 見解を述べているのではなくて、アゴン宗で、阿含経を根拠にして、
> 「釈尊は『魂の存在』を説いている」というようなことを言っているのであれば、
> 原始仏典ではこのように記述されている、と書いて、そういう主張を訂正しているだけです。
>
> 事は根本的に重要なことですから、そのまま放っておくべきではないと思います。
> 少なくとも阿含経では、そのようなことは説いていない、と明言しておくべきだと思います。

過去スレを読まずここで書かれているようですが、そういことは過去スレで何度も
何度も何度も指摘議論され私が返答したレスでも 経典改ざんの
旨を私は書いております。

>>474
> ゲイカにしろクリン含氏にしろ こういう議論以前に経典の改ざん 学者文の
> 改ざんがあり、そういう点を問題にして批判をしております。

ゲイカが不成仏霊の根拠とした仙尼経に異陰はなく 在家成仏の根拠とした
三供養品には三福道はない。
改ざんした経典はもはや経典と呼べるものではなく ゲイカの意見を経典の
権威だけ使い、あたかもブッダが説いたとウソをならべるものです。
これだけでも 大悪業であり 犯罪行為です。

大事なことですので 信者さんにお知らせするためゲイカの経典改ざんは
このスレッドでは永遠に語り継がれることでしょう。





528 :樹意:2007/09/30(日) 09:22:27 ID:i4g4kVE7
>>498
> しかし本来は、学者の意見よりも、阿含経からの直接の引用を最優先にすべきと考えます。
> 学者もすべての経典を完全に理解しているわけではないので、重要な文章の見落としもあるでしょうからね。

阿含経は学者さんたちが 前後左右の語彙の整合性をとりながら膨大な翻訳作業をされた
結果日本文の平易な翻訳となって結実するわけですから
学者さんの仕事がなければ 阿含経を読めることはないものと考えます。

私は学者さんの翻訳も意見もともに大事にした上でゲイカへの批判をしたいと思っています。
学者さんの意見を引用したものをどう受け取るかは読む方が個別に判断される
ことだと思っています。

学者さん見落としを指摘されるほどの碩学ならこういう 議論以前に経典改ざんの犯罪行為を
批判するスレッドではなく 原始仏教スレッドでその腕を生かされるのがよいでしょう。




529 :樹意:2007/09/30(日) 09:30:46 ID:i4g4kVE7
>>524

> 右翼にだまされ浄財ン十億と持ち逃げされるとは何たることか!

私思いますに これは必要経費ではないかと思います。
ゲイカが報酬を渋ったにに業を煮やした可能性もあるかというのが
私の感想です。

こういったところとお付き合いするということは 初めからリスクが
わかっ上でその価値を利用するわけです。
もともと同類項の縁を説いたのはゲイカですから
そういう話をするということは ありえないというか 恥かしいことです。
私は良い縁を得たくて信仰していましたから そういう話をしたこと
自体 ゲイカ自身が腐った存在でしかなかったということです。





530 :樹意:2007/09/30(日) 09:44:30 ID:i4g4kVE7
いわゆる霊魂と呼ばれるものと 条件(縁)によって生滅する 識とは
違いがあります。

個人的見解ではありますが
ブッダは 過去未来現在 いずれの五蘊も無我であり
泡沫のようなものであると述べられています。
原始仏教スレッドでアホダラ氏と議論したことがありますが
胎生学的に十二縁起を見ようが どう見ようが無我なるものは 無我
だろうと私が反論したことがあります。

つまり 生死輪廻の主体をどう捉えようが 無我 なものは
無我なんだから もう答えが出ている 従ってそういうのは
泡沫の議論でしかないというのが 私の意見です。
零にいくら零をかけても零 そういう感触です。

三界(欲界 色界 無色界) に籍を於いて考えることもない
そう考えています。




531 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 09:51:37 ID:hV6VC/ET
>>517
>クソ阿含宗の話から取るのはいやだ。

そう言わずに、みんなで阿含宗桐山を小馬鹿にしたハンドル名乗ろうよ〜。
「酒税法違反」「薬事法違反」「九字切ってポンッ!」「解脱供養でポンッ!」
とかどう?それとか景気のいいところで「十億円持ち逃げ君」とかw

532 :笑ってボンッ:2007/09/30(日) 09:59:55 ID:SsSsXAKA
いずれにせよ、おめでたい奴がそろいぶみだね。
教団つう物じたいに
聖なるものを期待するほうがムリってこと
これはなにも新興宗教に限ったことじゃない
伝統宗教だって裏では裏社会との深いつながりがあるものだ
阿含宗などまだガキ
こういうとこで公になることがいかにアホ教団か
わかるというものだw

533 :ボケ超人:2007/09/30(日) 10:02:24 ID:SsSsXAKA
まだアニメ作る気でいるらしい
作ったって幸福の科学みたいに笑いものになること必至w

534 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 10:02:55 ID:hV6VC/ET
>>523名前:如月 投稿日:2007/09/30(日) 07:32:14 D82t3YSO
>過去レスって少ししか読んだ事ないです。

まあ、130近くありますからね。しかも前スレみたいに酔っぱらいのオヤジが殴り書き
してるようなレスで半分以上埋まってるのは見るだけで気分が悪いでしょう。
他にもクリンゴソ=Qみたいに的をはずれたところで無理矢理議論をしようとして、阿含宗と
無関係なところに延々と粘着して読む気が失せるようなことしたりしてますし、33点の
ようなオカルトバカや暇人のように議論をふっかけたいだけの香具師とか。

でもまあ>>179◆zaK51XtKNgさんのような方がゴミ取りしたまとめサイトを立ち上げて
くださるそうなので、それに期待してます。

535 :反省ザル:2007/09/30(日) 10:04:35 ID:SsSsXAKA
>531
やっぱり、ただの悪口はいかん!
マジメにやれよ私文書偽造


536 :樹意:2007/09/30(日) 10:07:06 ID:i4g4kVE7
>>523

> 余談ですが、光和の健康食品 持ち株で50億円損失があったとずっと前に
> 聞いたのですが、その50億円のこけつきが大変だったとか?
> きっと信者からのお金を補填したのかもしれませんね?

貴重な情報ありがとうございます、株の損失の話は初耳でした。
ゲイカは 歌を忘れたカナリアは二度と歌えなくなるから こういった
ものは 当てることはできるがやらないのだと述べていたようです。
株の損失の話が本当であれば アゴンビルの売却は筋が通っている。
また一つウソが出てきたようです。
人を読む神通力もウソ 宝生もウソ 集財非法もウソ 
類は類を呼ぶの 縁の法則にそって 損失を蒙ったということです。

そうなるといくら 税制上の優遇があるとはいえこの教団の台所事情は
かなり厳しいものと推測されますから 信者さんは
これから先これまで以上に架空請求のアラシにみまわれる ことと
思います。

沢山の信者さんにこのスレッドを読んでいただき 気づいてくれる
事を祈るばかりです。




537 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 10:11:04 ID:hV6VC/ET
>>535
少しぐらい遊び心がないとつまらんだろうが。

538 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 10:13:58 ID:hV6VC/ET
>>517
>>531続編

きれいなところで「その日暮らしの庭」とかどう?

註:総本殿の庭を「ひぐらしの庭」と称している。

539 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 11:33:30 ID:yGQpFEcn
前にベレムさん?も書いてましたが観音慈恵会のころはまだよかったよ。
職員も地元の人が殆どで色々相談にのってもらったこともあった。
職員と一緒に托鉢(母の愛?)に出たりバーベキューなどで楽しんだりもしたな。
地方道場でしたが関西本部での新年の護摩焚きには
声をかけてもらい一緒に連れて行ってもらったこともあった。
それが阿含宗になり3、4年と年月がたっと教団も大きくなって職員も変わり
だんだん無愛想で高慢な奴が多くなったね。
それと同時に言葉巧みに”金と人”だけを求める教団に変身していった。
本来私達が求めていた修行はほとんど無くなり
まったく形だけの物に形骸化してしまった、本当に寂しい限りだ。

540 :如月 麗華:2007/09/30(日) 11:35:15 ID:D82t3YSO
>536

えーーーー。銀座の阿含ビル売却なさったのですか?マジですか?
はぁ〜〜信じられない。。。わたしはあの銀座の阿含ビルに40万円
基金から、会費から何からで支払っているのですよ。

それがその光和の株の補填になったんですか?もう唖然です。
ますます、根幹揺るぎましたよ。自分が情けなくなりました。
退会してもなお、いまだに借金を返済しているのに。。。

もう、最低!!


541 :如月 麗華:2007/09/30(日) 11:46:45 ID:D82t3YSO
もう、その日暮らしはわたしですよ。日銭を削って生活しているわ!
ますます、自分が情けなくなりましたよ。トホホ・・・

542 :W田を斬る氏を応援:2007/09/30(日) 11:54:09 ID:kSbkWiC9
本当に証拠書簡の宛先は京都市東山区三条通神宮道上ル
阿含宗関西総本部内 海外事務気付になっていますね。

>>520,521
>管長猊下との縁が切れてしまっては解脱供養も出来ない、と怯えた会員は本部に従って
会員継続サインの手続をする。
>弁護士及び刑事さんは『信者に対する精神的脅迫である。』と指摘。
>また責任転嫁された、元阿含宗USA理事のT、K氏とH、T氏の二人は
「阿含宗からの大変な名誉毀損である。」事も指摘。

弁護士さんと刑事さんが指摘したとうり信者の心理を利用した脅迫そのものの内容は驚きであり、
T氏とH氏への責任転嫁はまことに許しがたき悪逆無道である。
信者に送りつけた脅迫書簡の内容は管長の考えなのか?それともW田さんなのか?
初めからW田を斬るを愛読してきて、告発さんは管長の事には触れていない。
W田を斬るのタイトルどうりW田さんの命令で弁護士が作成したのだろう。
管長とW田さんが米国元信者に訴訟されていたが至極当然の事である。
告発さんも訴訟者も大変勇気があり立派。
W田さんは自分の悪行逃避の為に信者に脅迫、責任転嫁をして迄何かを隠したいのだろう。

543 :W田を斬る氏を応援、米国より:2007/09/30(日) 13:17:31 ID:kSbkWiC9
米国の告発さんと >>542さんとは同じネットワーク使用です。
実は私も542さん同様、アメリカ人のライターに呼ばれて日本からアメリカに来てます。
私と542さんはアメリカに着いて興奮していたため、
告発さんと同じネットワークを使用して激怒されました。
W田を斬る氏を応援と告発さんとは別人物であることをお知らせします。
ライターに呼ばれてアメリカに来たことも明かすことになってしまいました。
米国の告発さんの足を引っ張ってしまい申し分けありませんでした。

544 :Q:2007/09/30(日) 13:50:25 ID:QmagVong
ようやくアクセス規制が解除されたので書き込みを再開する。
ネットカフェでは時々荒し行為をする人がいてこちらも迷惑を受けるのである。

545 :Q:2007/09/30(日) 13:53:23 ID:QmagVong
●ガイドライン【34.国語力の無いのは自分であることに気づかない】
>>261 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:15:20 ID:5fYjarcU
どうしてあなたはこういう小手先で他人を騙せると思っているのだ?
中村博士は、viññana.の説明として次のように書いている。
「識別力―― viññana.一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう。」
(『仏弟子たちの生涯』418頁)  はっきりと霊魂と書いているのが読めませんか。

同じ原語でも状況によって訳が変わることがある。
ゴーディカの説話を原文のまま記す(中村元選集第13巻(『仏弟の生涯』415頁より)  

   一七  そのとき、煙のような、朦朧としたものが、
   東に行き、西に行き、北に行き、南に行き、上方に行き、下方に行き、中間の四維に行った。 
   一八  さて尊師は、もろもろの修行僧に告げられた、―――
   「修行僧たちよ。そなたらは、この煙のようなもの、朦朧としたものを見るか?
   それは東に行き、西に行き、北に行き、南に行き、上方に行き、下方に行き、中間の四維に行く」 と。
   「そのとおりでございます。」
   一九  「修行僧らよ。これは、悪魔・悪しき者が、立派な人ゴーディカの識別力を捜し求めているのだ。―――
   『立派な人・ゴーディカの識別力はどこに安住しているのであろうか?』 と。
   しかし、立派な人、ゴーディカは 識別力(10) が安住していないで、完全なニルヴァ―ナに入ったのだ」と。

546 :Q:2007/09/30(日) 13:55:34 ID:QmagVong
この(10)の識別力の注釈として同書418頁に次のように書かれている。
(10)識別力――viññana. 一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう。
‘Tthe consciousness’(Mrs.Rhys Davids SN.p.152); ‘die Seele’(Geiger SN. S.189).

ゴーディカの話とヴァッカリの話では同じviññana.という原語を訳していても状況がだいぶ違っていることがわかる。
ゴーディカの場合は「煙のような朦朧としたもの」を現実に見ている修行僧たちに対し、
釈尊は、「それは悪魔がゴーディカのviññana.を捜し求めているのである」と説いたのである。
だから中村先生はviññana.を識別力と訳しながらも、
「一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう」と注釈をつけざるをえなかったのは至極妥当なことである。
それに対してヴァッカリの場合はどうであるか?

 かれの魂がどこへ行ったのか、ということをビクたちが問題にしたときに、釈尊は、
  『かれの魂はどこかにとどまることなく、この立派な人は、完全にときほぐされたのである。』
                                                   (同書417頁より)
   
ゴーディカの話とは違って、彼のviññana.がどこへ行ったのかと話題にしているビクたちに対して                
釈尊は「そのviññana.はどこかにとどまることなく、完全にときほぐされたのである」と説いたのである。
ゴーディカの場合では、僧たちが「煙のような、朦朧としたもの」を見ているという現実に対する釈尊の説明であるのに対し、
ヴァッカリでは「どこへ行ったのか」という僧たちの話題に対する説明である点が異なっている。
だから中村先生もヴァッカリの場合は、viññana.を魂と訳しながらも注釈では、
『漢訳では、「識神」または「「神識」となっている』とあっさりとしたものになった。
これも当然だと頷ける話である。
翻訳というものは文章の流れによって同じ原語が違った解釈をされることがある。
外国の小説などを読んでいればそのあたりの事情に出くわす。
注釈だけを取り出して論じても駄目なのである。

547 :Q:2007/09/30(日) 13:57:31 ID:QmagVong
ガイドライン【13.言葉の知識が足りない】
>>263 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:22:47 ID:5fYjarcU
>中村元博士はヴァッカリ経では魂と訳しているが、
>同じviññana.をゴーディカ経では「識別力」と訳している。(『仏弟子の生涯』413頁〜)
>クリン含さんはどうしてこれを紹介しないのだ?
>魂と霊魂の区別など付けていないのです。

「魂」という言葉には色々意味がある。広辞苑によると 
1.霊魂。精霊
2.精神。気力
3.素質。天分 
4.精進髷に同じ

中村先生がヴァッカリ経の翻訳で使った「魂」は2の精神・気力の意味である。
1の「霊魂」の意味では使っていない。
なぜなら「霊魂」の原語は>>314で書いたように「Jiva」「vedagu] なのであり、
「viññana.」を「霊魂」とは絶対に訳せないのだ。
それではゴーディカ経の注釈はどうか?
>「識別力―― viññana.一種の魂、霊魂のようなものを考えていたのであろう。」
この場合の「魂」は、1の「霊魂」という意味で使っている。
つまり「魂」という日本語も、ケースによって意味が異なるのである。

このように七氏は「霊魂」の原語が何であるかを知らず、
また日本語の「魂」にも様々な意味があるのに気づかないのである。
だから中村先生が、「魂」と「霊魂」を同じ意味で使っているなどとタワケタことを平然と書けるのである。

548 :Q:2007/09/30(日) 13:59:27 ID:QmagVong
●煙のような、朦朧としたものとは何だろう?

それにしても
 『そのとき、煙のような、朦朧としたものが、
 東に行き、西に行き、北に行き、南に行き、上方に行き、下方に行き、中間の四維に行った。』

一体、この「煙のような、朦朧としたもの」とは何だ?
ひょっとして「エクトプラズム」か?
それともこれが噂の輪廻の主体 「プドガラ」 か?
いや、あの名高い「異陰」の正体か?

さあ、みんなで考えよう!

549 :Q:2007/09/30(日) 14:00:57 ID:QmagVong
【42.関係ありそうで関係ない話を始めて話を脱線させる】
>>265 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:30:00 ID:5fYjarcU
>あなたが>>216で引用したスレ126の358さんは、「無我(非我)説と矛盾する。 」
>と、ちゃんと無我説とは正確には非我説であることを併記している。
>無我説と非我説をきちんと併記している358さんのどこが
>「クリン含さんのいう無我説」を信じていることになるのですか。

(今度は358さんに代わって出てきた。本当にでしゃばりな先生である)
カッコ書きで非我説と追加してもその前に「無我説」と書いてある。
カッコ書きの部分に、より重大な意味を持たせたいのなら、
カッコでくくらずに最初から「非我説」と書けばいいのである。
このような屁理屈を並べるだけがこの先生の取り柄のようだ。

>358さんは無我説とは非我説であることを知っていた。
>ところが、クリン含さんは知らなかった。
>358さんが無我説を非我説とわざわざカッコ書きしたのはどうしてか
>クリン含さんは意味がわからなかったのでしょう?
>>266
>あなたは勝手に批判側が「我は無い」と主張していると思い込んで、
>「おまえらの無知だ。原始仏教ですら、無我など説いていない」と主張したつもりなのですよね?
>358さんなど批判側は、仏教では無我説(=非我説)だと当たり前のことを述べているにすぎない。

「無我説⇒カッコ書きで非我説と書いてあるよ⇒お前は非我説を知らなかったのだろう⇒非我説とはこういうものだ」
無我説の話からカッコ書きだった非我説の話を持ち出し、それを説教するという大変な話の脱線ぶりである。
無我説がいつの間にか非我説の話になってしまった。
こういう手口がこの先生のもっとも得意とするところである。

>自分の無知を棚にあげて、一人相撲をしたのです。

一人相撲とは私が万燈売上愕然落ち説で使った言葉である。
私に言われて悔しいものだから、そのまま言い返したのである。

550 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 14:03:34 ID:hV6VC/ET
Qとやら、ほとんどKlingo〜nの言ってたことと同じだからKlingo〜n本人と
認定させてもらう。違うというのなら反論したまえ。

で、Klingo〜n改めQよ、何時になったら「第九識=霊魂」の筋道通った
根拠や典拠見せてくれるの?
桐山が言ってるから?桐山の臭い口が何言おうと根拠などになりません。
それは「あくまでも桐山の臭い口が勝手に言ってる」に過ぎません。

もしかしたら根拠とか典拠の意味が解らないのかな?
経典や論書、実績ある学者の説などを引用すればいいんだよ。わかったかな?
>>236みたいな真っ赤なウソをつくなよ。


551 :Q:2007/09/30(日) 14:08:49 ID:QmagVong
>>550←【28.答えの出ている質問を執拗に繰り返す】(「第九識=霊魂」の根拠を出せ)

552 :Q:2007/09/30(日) 14:10:34 ID:QmagVong
ガイドライン【52.他人の代弁をしたがる】
>>266 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:35:18 ID:5fYjarcU
>日本では無我説という表現が一般的だが、
>誤解を招きやすい表現だから、学者は注意深く非我説と書く。
>それを知っているから、358さんは無我(非我)説と書いたのです。

ところで当の358さんはそこまで考えて非我説と書いたのだろうか?
赤松論文のときは、ユビちゃんも読んでいたと書いて、後で本人に否定された。
他人の事情を知らぬくせに知ったようなことを書くのがこの先生の癖である。

ガイドライン【24.その場限りの発言で話に一貫性が無い】
>>267 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:37:40 ID:5fYjarcU
>こんなふうにクリン含さんのように専門書など引用しなくても、
>一般向けの仏教の解説書にいくらでも書いてある内容なのです。

以前、私が盂蘭盆経を百科事典から引用したとき、
そんなものは専門書ではないと言わんばかりに軽蔑していたのが、
今回は、専門書でなくてもいいようなことを言い出す。
このようにいつもその場限りのことを口にする先生である。

553 :Q:2007/09/30(日) 14:11:40 ID:QmagVong
ガイドライン【46.矛盾したことを書く】
>>269 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:44:36 ID:jXQLMMQQ
 >>223 :Q:2007/09/23(日) 15:46:05 ID:dbRB2qdM
 >以前、クリン権太が七氏先生に「何で仏陀は仙尼に煩悩を絶つことを説いたのか?」という質問をした。
 >先生は、それは輪廻を断つためだ、とか、お前の仏教の知識が足りないから不思議に思うのだよ、
 >みたいな話で誤魔化していたが、先生だってそれが何を意味しているかをちゃんと知っていたんだと思う。
こうやった他人の言葉を解釈するときには、その原文を引用するべきです。
「何を意味しているかちゃんと知っていた」とは何ですか。
>>270 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:47:52 ID:jXQLMMQQ
誤魔化しているのではなく、私はちゃんと答えたのです。

上の>>269では、私の質問した意味がわからなかったと書いた。
(「何を意味しているかちゃんと知っていた」とは何ですか。)
それが>>270で「私はちゃんと答えた」とはどういう意味なのか?
答えたというからには質問の意味がわかっていたことになる。
何を書いているのか自分で理解しているのだろうか?
とても心配である(嘘)

554 :Q:2007/09/30(日) 14:17:28 ID:QmagVong
●ガイドライン【51.優等生や学歴にコンプレックスを持つ】
>>259 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:05:10 ID:5fYjarcU
子供時代は「クリン含ちゃんて頭いいのね」と、これをやって誉められたので
その癖が抜けないのでしょう。

子供時代には頭がいいとか、優等生だったと言われただろうとか、七氏先生はしつこく口にする。
このような言葉を聞くと、彼自身は子供時代に周囲からこのように誉めてもらいたかったのではないかとさえ思えてくる。
彼はこれらの言葉に飢えていたようである。
また、ゲイカの学歴コンプレックスの話題を度々口にしているのをみても、
彼自身は、優等生とか学歴というものに根強いコンプレックスを持っているようである。
(ではJ大卒疑惑というのはデマか? いやJ大卒であってもコンプレックスは持つであろう)

ガイドライン【53.人にケチをつけるのが生きがいである】
>260 :神も仏も名無しさん:2007/09/23(日) 23:11:06 ID:5fYjarcU
>>232の引用はなんの真似だ?
>他人の文章を「中略」とも書かずに、勝手に文章をいくつか
>カットして、しかも連続した文章であるかのように見せかけている。

>>232の『有我説と無我説との矛盾をいかに解決するか』の引用は、原文のままであり加工していない。
カットした部分というのは七氏が大好き(大嫌い?)なヴァスヴァンドゥ(世親)の成実論からの引用部分である。
量が多いのとそれを省略しても文章全体の内容に影響が無いからカットした。
それとも大嫌いなヴァスヴァンドゥの話を読みたかったのか?
ならば載せてもいいが、またそれにも文句をつけるだろう。
このように七氏という男は文句をつけるのが生きがいなのである。

555 :ビルマの大琴:2007/09/30(日) 14:18:12 ID:gud8L/T0
ミャンマー軍、国内のかくかく仏舎利塔占拠、僧侶達を射殺
ミャンマー軍、カイン州の民族達を迫害し滅ぼす。


556 :カインとアベル:2007/09/30(日) 14:18:56 ID:gud8L/T0
創世記四章ではショッキングな事件が起こります。
人間が創造されてたった二代目に、人類最初の殺人が
行われたのです。
その事件の当事者はアダムとエバの二人の息子、カインとアベルです。
彼らは成長し、カインは「土を耕す者」、アベルは
「羊を飼う者」となりました。この二人が神様にささげ物をするとき、
カインは「地の作物」をささげ、アベルは
「彼の羊の初子の中から、それも最良のもの」をささげました。
神様はアベルのささげ物に目を留められ、
カインには目を留められませんでした。カインはひどく怒り、
アベルを野に連れ出して殺してしまいました。
何故、神様はカインのささげ物を退け、アベルのものを受け入れられたのでしょう。
ポイントは二人が何をささげたかにあります。
カインは自分の力で土を耕して育てた地の作物をささげました。
彼は自分が努力して得たものは良いものだ、と考えました。
そこには人間の力と知恵によって神様に到達できるという高慢な考えがあります。
カインは人間の方法によって神様に近づこうとしました。

557 :Q:2007/09/30(日) 14:23:35 ID:QmagVong
>>337 :20年信者(現在も一応会員です):2007/09/24(月) 18:44:18 ID:1dsdUZRm
>彼の方は文章が分かり易いから読む気にもなりますが、あなたのは分かり難いので読みたくない。

なるほど。読みたくないのを我慢して読んでくれるのか?それは有難いと言いたいところだが、
沙羅さんもそうだったが、別にこちらから読んで欲しいとお願いしているわけでもないので
嫌ならスルーすればいいだけのこと。それはどこの板でも状況は同じである。
ただわかりやすい文を書くように今後も一層努力はする。

>盂蘭盆会が仏教学上はおかしな話であっても、松本理事の死亡記事の扱いが大きかったか、

盂蘭盆会もMさんの話題も、それがゲイカ批判に繋がるものとして七氏が始めた。
Mさんの場合でいうなら死文書が毎回スレが変わるごとにこの話題を出している。
だから盂蘭盆もMさんも、阿含宗の批判であることには違いないので、よそでスレを立てても意味が無い。
Mさんの扱いが個人の感性によるとしても、七氏がそれを批判のネタにする以上こちらも反論するのである。
ただ、あなたが、他の信者の訃報が宗報に載ったことはないから、そういう意味では大きな扱いであったと感じてくれるのは
七氏よりは、よほどマシな感性であるとは思う。彼はそれがまったく理解できないのでこちらもついつい、くどくなるのである。

558 :Q:2007/09/30(日) 14:24:14 ID:QmagVong
>そして出た結論は、常に阿含宗が正しく、上手く行ったら阿含宗のおかげ、失敗したら、本人のせい。
>教皇誤謬説みたいなもんですな。

世の中はそういうものだ。どんな優秀な予備校でも入試に失敗する生徒が出てくるのは致し方ない。
それと同様である。

>さて、お聞きしたいのは、あの阿含宗をあなたは正しい宗教であり、言っていることは正しいことだと信じられる

あなたが教祖を詐欺師だと信じるのなら何故、いまだに会員を続けているのか。
それとも自分の判断を信じていないのか?
まして人に証拠を持ってきなさいとは何だ?
私は悪魔崇拝者ではないし、最終的には教団側についた理由は過去に書いている。
だが他の人の参考にはならないだろう。最後は自分の判断に任せるしかない。
20年も信者をやってきたのだから判断材料はたくさん持っているだろう。
あなたは既に心が教団から離れているみたいだが、ひとつ忠告しておく(要らぬおせっかいだろうが)
やめる場合はきれいにやめること。ちゃんと宗務局に行って正式な手続きを踏むべきである。
宝塔を壊すなどして変な因縁をつけると、結局最後まで教団と離れられなくなる。
2ちゃんにさまよう幽霊船になってどっちつかずの宙ぶらりん状態になるのが一番よくない。
円満退団すればもう二度とここへは来なくて済む。人生がそれだけ有意義に使えるわけである。

559 :Q:2007/09/30(日) 14:48:04 ID:QmagVong
>>374>>377
>何度も書くが、赤松論文を持ち出したのはあなたであって、私ではない。

七氏先生の言い訳は毎回同じでこちらもあくびが止まらない。
先生がいくら論文を出したのが私より後であっても、私より先に読んでいたのは確かであろう。
そして読んだ時点で先生の優秀な頭脳には、論文の内容が記憶に刻まれてしまったのだ。
つまりここが問題なのである。先生は蘭のお話を既にご存知だった。
それなのに例の>508をお書きになった。知っていてやったんだ。
理由は蘭を隠しておきたかったから。なるべくなら人目に触れさせたくなかった。
学者どもが1400年間も勝手に盂蘭盆経の議論していた話にしておきたかった。
だが私に論文を出されたものだから、今度は赤松先生は盆器の支持者で、
クリン含の奴はそれを誤解してやがるんだ、馬鹿な奴だという話にすり替えた。
先生が論文を読んだ時点で先生の言い訳は通用しなくなった。
いい加減、観念して知ってて書きましたと言えば済むことではないか?
私だってこれからはガイドラインに載せるだけでそれ以上は口にしないから。
こういうところで手を打つのが先生にとっても賢い選択だと思う。

560 :Q:2007/09/30(日) 15:02:36 ID:QmagVong
■ 批判側理解のためのガイドライン (version5)
01.文献や論文を改ざんする(こじつけの感を間違いに解釈)(スレ126の>86-89、>479)
 (「識がどこかへ行く」というのは仏説ではない)(スレ128の>252)
02.自己に都合よく結論を下す(盆器説を定説にする) (スレ126の>603)
03.情報を操作して読者に伝える(自己に不利な蘭を隠蔽) (スレ126の>480、482-484)
04.妄想で主張を述べる(万燈売上愕然落ちの根拠無し) (スレ126の>112-115、スレ125の688-701)
05.根拠のないことで中傷する(万燈の売上げが愕然と落ちるから経典の真実を隠していると中傷)
06.根拠を追求されると話をそらす(嘘を感じない信者を相手にせず スレ124の>494)
07.根拠無き妄想で教団を中傷(宗務局の魔女狩り) (スレ115の>47)
08.擁護側の書きこみを牽制する(書き込む信者は処分される) (スレ126の>95->97)
09.相手の主張を捏造する(特定されても処分されない発言のでっち上げ) (スレ125の>644-647)
10.個人情報を要求する(会員番号を書いてみろ) ( スレ125の>723)
11.自分で勝手に作った基準で物事を判断する(霊体験は現実化して意味を持つ) ( スレ126の>490-491)
12.自分で書いた内容を否定する虚言癖(魔女狩りとは書いていない スレ126の>498)
13.言葉の知識が足りない(愕然の意味 スレ126の>477、魔女狩りの意味 スレ126の>498)
14.自分の根拠ない発言を追及されると内容をすり替えて議論の矛先を変える(スレ126の>498)
15.自分の意見が多くの人間に支持されているかのような書き方をする
  (お前は読者の笑い者だ スレ126の>498、>502)
16.自分が要求されて出来ないことを逆手にとって相手にやってみろと言い返す
  (先達の死亡記事を出してみろ スレ126の>498)

561 :Q:2007/09/30(日) 15:03:37 ID:QmagVong
17.一部の例を持ち出して全部を否定する (先達の病死は教義の嘘だ スレ119 >124 )
  (桐山夫人やM先達が亡くなったのだから悪因縁や因縁切りは嘘だ スレ126の>577)
18.先達の訃報記事の扱いが不当だと根拠なく中傷(スレ126の>498他)
19.元信者の特定情報を流して平然としているエゴイストで冷血漢(スレ126の>504)
20.自分が説明に困ると話題を変える(蘭は議論と関係ない スレ126の>599)
21.学者の話を自分に都合よく解釈する
  (蘭は名詞に決定 スレ126の>603、祟りは現代の話ではない スレ125の>626)
22.反論されると意味を書き換える(キモイの意味はこうだった スレ124の>501,502)
23.事件を実際より誇張して書く(先達の死去は現場に混乱を引き起こしたの嘘 スレ124の>644)
24.その場限りの発言で話に一貫性が無い(存在しないと書いた因縁をお前切れるかと聞く スレ126の>575)
25.素人判断で学者の説を間違いだと断定する(主体は無我説と矛盾するから間違いだ スレ126の>358)
26.人に注意したことを自分が犯す(支持する盂蘭盆説はどれだと聞く スレ126の>597)
27.同じことを言い続けて相手の追撃をかわす(論文を読んだことを知っていたというのは嘘だろ スレ126の>608)
  (赤松論文が盆器説なのを知らなかっただろ スレ128の>414)
28.答えの出ている質問を執拗に繰り返す(「第九識=霊魂」の根拠を出せ)
29.相手の国語力のせいにして言い逃れる(スレ127の>499)
30.ここでは関係の無い議論だと言い逃れる(スレ127の>499)
31.批判側の一人は総本部所属でY道場にも通じた人間(スレ127の>495)
32.根拠が出ているのを無視してしつこく要求する(蘭隠蔽の根拠を出せ スレ127の>501)

562 :Q:2007/09/30(日) 15:04:24 ID:QmagVong
33.自分で書いたことを忘れて開き直る(自分は盆器説に決定していない スレ127の>508)
34.国語力の無いのは自分であることに気づかない(お前は盆器説を支持した スレ127の>510)
35.相手の発言を無視して言い掛かりをつける(悪質な引用だ スレ127の>611)
36.自分が先に根拠説明しなければならない立場でありながら、相手に対して反論の根拠を求める
37.あれは他の人間への忠告であってお前にではないと言って逃げる(あれは青柿氏への忠告だ スレ128の>531)
38.括弧書きで言葉を追加して言い訳する((クリン含さんには)を追加 スレ128の>532)
39.相手を煽って考えを聞き出そうとする(スレ128の>414)
40.細かいところにケチをつけて相手を責める(これは原文のままではない スレ128の>419)
41.相手がミスを認めたことを無視して尚も責め続ける執拗さ(筆者注と書いただろ スレ128の>421)
42.関係ありそうで関係ない話を始めて話を脱線させる(宗務局での目撃談 スレ128の>533)
43.やってみればわかるのだと言って説明責任を放棄する(宗務局に出頭すればわかる スレ128の>534)
44.言葉の意味を書きかえる(出頭したら見せしめにするのが魔女狩りだ スレ128の>534)
45.別の話を繰り返すことで相手の追撃をかわす(M本理事の話を繰り返す スレ126の46,スレ128の>83)
46.矛盾したことを書く(大きな衝撃が小さな記事でおさまった スレ124の>644)
47.魂や霊魂を過剰に意識する(スレ128の>252)
48.無我説を誤解している(スレ128の>358)
49.被害者の連帯意識がやたらに強い
50.先達の死を冒涜する(スレ128の>96)
51.優等生や学歴にコンプレックスを持つ(子供時代に頭がいいと誉められたんだろ スレ129の>259)
52.他人の代弁をしたがる(誤解されないように358さんは無我(非我)説と書いた スレ129の>266)
53.人にケチをつけるのが生きがいである(文章をカットしただろ スレ129の>260)
54.とにかく阿含はよそと違うんだという理屈を考え出す(←52.から変更)スレ128の>49)

563 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:09:39 ID:NnROUxRn
クリ(Q)は盂蘭盆の話を何時まで書き続ければ気が済むのかね?
もう飽きアキ(秋)だぞ
ほんとうにウザイ奴だな
それよりも私文書さんの「第九識=霊魂」に返答しろよ
出来ないならもう書くな!
お前、裏凡の事しか頭にないのか?
わがまま坊や、駄々っ子坊やそのままじゃん。

564 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 15:15:55 ID:hfSyxpJs
クリ(Q)さんのカキコは無視してます。
たぶん、そういう人多いと思いますね。
単なるクリ(Q)さんの自己満足ですね。
みなさ〜ん、クリ(Q)さんのカキコは無視して、飛ばし読みしましょう!!

565 :Q:2007/09/30(日) 15:23:00 ID:QmagVong
>>561>>562を簡潔にまとめると以下のとおり。

1.都合の悪い情報は出さないなど、情報の操作をしている(蘭の隠蔽など、情報に手を加えている)

2.万燈の売上愕然落ちには根拠が無く、ただの想像だった(嘘を感じる人はやめると言って逃げた)

3.宗務局の魔女狩りはデマだった(現場を見たと証言できず、出頭すればわかると言って逃げた)

4.Mさんが不当な扱いを受けたのは嘘(信者の訃報は他に無い。大きな事件(死亡)が小さな記事で収まった矛盾を説明できず)
 
5.そして故人の努力が無駄であったような書き方をしてその死を冒涜した

大きなところはこんな具合。
まだ他にも出てくるだろう。

566 :旧式:2007/09/30(日) 15:31:10 ID:oQqgxZgH
九識 十識
いろいろ創作しますな
心を十識まで高めれば、不動の心、つまり安心立命の世界に遊ぶことが出来る、というのです。
http://moon.ap.teacup.com/isuzu/49.html

生まれ持った過去の因縁のすべてが伝えられている第八識があり、
さらに奥には、み仏の心を宿した第九識があり、それらは広大な海のような
無限のみ仏の世界、第十識の表れです。
http://blog.hourakuji.net/?eid=438072

567 :まるで輪廻観みたいですな:2007/09/30(日) 15:32:30 ID:oQqgxZgH
第一   第二  第三   第四  第五  
地獄界  餓鬼界  畜生界  修羅界  人界  


第六  第七  第八  第九    第十
天界  声聞  縁覚界  菩薩界   仏界

568 :Q:2007/09/30(日) 15:36:39 ID:QmagVong
>>563>>564

やめ方を間違えた元信者と、これからやめようと思っている現役信者です。

>クリ(Q)は盂蘭盆の話を何時まで書き続ければ気が済むのかね?

反レスしてるのは七氏である。
七氏にやめるように説得したほうが懸命である。

>それよりも私文書さんの「第九識=霊魂」に返答しろよ
>出来ないならもう書くな!

ガイドライン【28.答えの出ている質問を執拗に繰り返す】
教祖に根拠は必要ない。だから教祖なのである。
根拠を必要とするのは教祖ではない証である。

>みなさ〜ん、クリ(Q)さんのカキコは無視して、飛ばし読みしましょう!!

そのとおり。その勇気があればよいのである。
だがその勇気が持てないからここに来るのである。

569 :旧式:2007/09/30(日) 15:42:14 ID:oQqgxZgH
古代インドの宇宙観の図です
作成して楽しみましょう。

http://www.avenue.co.jp/~pdfland/pdf/world.pdf

570 :Q:2007/09/30(日) 16:04:22 ID:QmagVong
>>450 :神も仏も名無しさん:2007/09/28(金) 12:44:51 ID:FDKfk2OV
 >>326 :Q:2007/09/24(月) 16:24:34 ID:F6f1RNoR
 >宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?
>「宗務局に混乱が生じる」「おさまった」と誰が書いたのですか。

>644 :神も仏も名無しさん:2007/07/25(水) 21:51:20 ID:Y0hiG+tu
桐山ゲイカはきれいさっぱり忘れ、宗務局はその取り扱いをどうすれば
いいか手をこまねき、おそらく婿殿局長がこのままでは現場に混乱が
おきるとして、進言したのでしょう。
彼女の死は今ではすっかり忘れ去られているが、そのくらい大きな衝撃だった。
だが、現実は小さな記事だった。

571 :Q:2007/09/30(日) 16:35:34 ID:QmagVong
>>430 :神も仏も名無しさん:2007/09/27(木) 13:03:27 ID:DG7pp+lP
>信者さんたちは今目の前にあるテーマで八正道を実践してください。

八正道は仏陀の実践倫理の根幹であることは正しい。
まあ言うのは易し、行うは難しである。
七氏当人を見ても、とても実行していそうもない。
彼のレスを見てもさっぱり爽やかさが伝わってこない。

ところで仏陀在世時の教団は戒律が相当に厳しかったようだ。
仏陀は特にセックスの悪影響を重視し、それに関する掟を定めた。
「たとえ蛇の口に男根を入れることはあっても、決して女陰に入れてはいけない」
この言葉だけを見ても、世の男どもにはとても実行できないことである。
では自涜(オナニー)なら許されるかというと、それもタブーであった。
男色(ホモ)も駄目だった。
出家の男たちがどうやって性欲を処理していたのか謎である。
そうか。読めたぞ。
オージャス?に変換していたのか。

572 :Q:2007/09/30(日) 17:01:02 ID:QmagVong
以前、七氏先生はゲイカは女性差別の考えを持っているようなことを書いて批判していたように記憶している。
ところで当時の文献によると、仏陀も女性(特に出家者)に対してはかなり辛辣な考えを持っていたようだ。
それこそ今だったら、女性の敵と見なされるようなことを発言していた。
多分、それは女性というサガを知り尽くした仏陀であったからこそ、そのような言葉となって現れたのだと思う。
それとはやや異なるが、ゲイカが冥徳供養などでまず女性の御霊から出していくとお話されていたのも、
霊界修行における体験からの発言であり、単なる女性差別の気持ちから出てきたのではないように思う。
女性は男性よりも業が深いかもしれない。だがそれは子供を生み育てるという宿命からきている。
だが業が深くても男にとっては魅力的な存在であることには変わらない。

573 :Q:2007/09/30(日) 17:13:24 ID:QmagVong
>>569 名前:旧式 :2007/09/30(日) 15:42:14 ID:oQqgxZgH

土台になっている亀ちゃんは 中国の「玄武」に似ていますね。
両者の関係は以前から気になっていました。
例によってインドから中国へ輸出されたように思います。

574 :ブッダリンコ:2007/09/30(日) 17:26:50 ID:oQqgxZgH
人の魂の根はは本々、悟ってるとおもうがの
60億の人間がいればの60億の人生の事実と一つの魂の領域
を知るがの

戒律も人が作った観念
人類が幸福を保つために
どのような精神であるかがよいかの
創造性であったとおもうがの


(思想的遍歴)釈尊は世界のどの文明の中にも
殆ど例外なしに存在する観念論(常見外道)と(断見外道)との
相剋に気付き、その対立を根本的に解決するのでなければ
人類は決して幸福になれないことに気付かれたといわれてるがの。

シャッカシャッカシャッカシャッカシャッカシャッカ
シャカリンコになりすぎでないかの



575 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 17:34:48 ID:47P0ZorM
>>568
> >「第九識=霊魂」
> 教祖に根拠は必要ない。

文化庁の『宗教年鑑』で、「仏教系」でなく
「その他」に分類される教団、ということらしいですな。。

盂蘭盆経と盂蘭盆経疏をセットにして代表役員の「倒懸」説を補強し、
リョウガ経と瑜伽師地論・顕揚聖教論をもとに
「九識=輪廻主体」説を構築することもできないのかねえ。
なんのための教学部だか。。。

576 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 17:43:55 ID:hfSyxpJs
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。




577 :Q:2007/09/30(日) 17:56:08 ID:QmagVong
>>575
そんなにQ式が気になるなら教団に直接聞いてみなさい。

輪廻主体説を構築するまでもなく、主体が無ければ輪廻という概念自体が存在しない。
主体無き輪廻はウパニシャッドに説かれたようだが、そんなものはナンセンスである。
仏陀が仙尼に煩悩解脱を説くまでもない。
仙尼は最初から自分の責任の及ばないことに煩わされることもない。
「俺の知ったことかよ、お釈迦さま?」でおしまい。
そんなこともわからない仏教徒など他宗教の笑いものでしかない。
いつまでやってるんだ、君たちは?
というところで9月もおしまい。

懐かしのアイドルでも聞いて明日から頑張る様に。

Bye Bye september「原真祐美」
http://www.youtube.com/watch?v=mlCKmRTl6w4

578 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 17:57:55 ID:hV6VC/ET
Qとやら、ほとんどKlingo〜nの言ってたことと同じだからKlingo〜n本人と
認定させてもらう。違うというのなら反論したまえ。

で、Klingo〜n改めQよ、何時になったら「第九識=霊魂」の筋道通った
根拠や典拠見せてくれるの?
桐山が言ってるから?桐山の臭い口が何言おうと根拠などになりません。
それは「あくまでも桐山の臭い口が勝手に言ってる」に過ぎません。

もしかしたら根拠とか典拠の意味が解らないのかな?
経典や論書、実績ある学者の説などを引用すればいいんだよ。わかったかな?
>>236>>551>>561みたいな真っ赤なウソをつくなよ。

それから、
>>568
>教祖に根拠は必要ない。だから教祖なのである。
>根拠を必要とするのは教祖ではない証である。

じゃあどうして「阿含宗」と名乗る?観音慈恵会のままか「桐山教」と名乗ればいいだろうが。
看板に仏教と阿含経を使うなら仏説を逸脱することは許されんぞ。


579 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 18:05:23 ID:hfSyxpJs
わたしはブッタ、だからクリ(Q)をぶったたく。
ブッタ:”ベッシ”(とクリ(Q)をぶったたく。)
クリ(Q):”イテェ、この野郎!”
ブッタ:”この野郎ではない。わたしはブッタだ。”
クリ(Q):”ハハアーー、これは失礼しました。お許しくださいまし。”(と土下座をするクリ。)

580 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 18:11:32 ID:hV6VC/ET
つか、遂にクリンゴソ答えに窮して33点と同じ事を言い始めてやんの。

\               U         /
  \             U        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)

581 :Q:2007/09/30(日) 18:12:47 ID:QmagVong
>>578
>じゃあどうして「阿含宗」と名乗る?観音慈恵会のままか「桐山教」と名乗ればいいだろうが。
>看板に仏教と阿含経を使うなら仏説を逸脱することは許されんぞ。

許されんぞとこちらに言われても、私は創業者でもなければその一族でもないがの。
教団が阿含宗と名乗ったのはゲイカの御著書に書いてあるがの。
阿含宗という教団が成立したことで、阿含の名も有名になり
阿含経関係の本もたくさん出版されるようになったと思うがの。
それでいいんでないかと思うがの。

582 :Q:2007/09/30(日) 18:16:21 ID:QmagVong
>>580 :私文書為造

かわいいがの。

583 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 18:16:52 ID:hV6VC/ET
>>568名前:Q 投稿日:2007/09/30(日) 15:36:39 QmagVong
>教祖に根拠は必要ない。だから教祖なのである。
>根拠を必要とするのは教祖ではない証である。

「阿含宗」を名乗りながら、仏説を逸脱したことを言うのは、仏教を騙る

 「 詐 欺 」


>>34
(参考)詐欺の定義
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BA%BE%B5%BD&kind=&kwassist=&jn.x=35&jn.y=9&jn=%B9%F1%B8%EC&mode=0
(1)巧みにいつわって金品をだまし取ったり、相手に損害を与えたりすること。あざむくこと。ペテン。
「―にひっかかる」「―を働く」「―師」
(2)〔法〕 他人をあざむいて錯誤に陥らせる行為。民法上、詐欺による意思表示は取り消すことができ、また、詐欺による損害は詐欺者の不法行為として賠償させることができる。
→詐欺罪

584 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 18:19:42 ID:hV6VC/ET
>>581
早い話が「自分の知ったことでない」と言うことだな?

だったら黙ってろヴォケ。
発言に責任取れんなら黙ってろヴォケ。
おまえ昔私を坊や呼ばわりしたな?オトナなら発言に責任取れヴォケ。

585 :神も仏も名無しさん:2007/09/30(日) 18:20:17 ID:2eMHd3N2
>>570 :Q:2007/09/30(日) 16:04:22 ID:QmagVong
>>326>宗務局に混乱が生じるくらいの大きな衝撃が、何故小さな訃報記事でおさまったのか?

あなたは私から>>450で、
>「宗務局に混乱が生じる」「おさまった」と誰が書いたのですか。
と指摘された。
現実に、私はそんなことは書いていないからです。
今回、その答えとして、私が644で書いた、

「桐山ゲイカはきれいさっぱり忘れ、宗務局はその取り扱いをどうすれば
いいか手をこまねき、おそらく婿殿局長がこのままでは現場に混乱が
おきるとして、進言したのでしょう。」

を引用して、根拠を示したつもりなのですよね?
この文章のどこに「宗務局の現場」と書いてあるのだ?
クリン含さんの目には「宗務局の現場」と見えるのですか?
しかも、今回の反論の仕方は、説明や解説すらせず、さもすべてわかったかのように、
ドサッと投げつけて、こちらの無理解をあざ笑ったつもりです。
こんなふうに材料を示せば、他人はあなたと同じ判断をすると
信じて疑わないのですね。
あきれた知性です。
私はあなたが示した根拠に対して450で反論したのですよ。
あなたが今回示した解釈が成り立たないと指摘し、説明したのです。
それなのに、また同じことを投げ返して、何をしたいのですか。
反論された指摘を完全無視して、同じ主張を繰り返すのは議論ではない。
あなたの読解が間違っていることはこれまでも何度も指摘された。
国語力が足りないと言われたら、もっと丁寧に読んだらどうか。

586 :私文書為造 ◆iCtd3oCMyM :2007/09/30(日) 18:25:52 ID:hV6VC/ET
>>564
>クリ(Q)さんのカキコは無視してます。
>たぶん、そういう人多いと思いますね。
>単なるクリ(Q)さんの自己満足ですね。
>みなさ〜ん、クリ(Q)さんのカキコは無視して、飛ばし読みしましょう!!

うむ。実にその通りである。しかし本当にバカバカしくて相手したくないのだが、
クリンゴソにきっちり反論しなければいけない理由。

・普通に道場で梵行したり、そう言う会員と連絡のある会員は、ここを見るなと指導されたり
申し合わせしたりしてる可能性が高い。(桐山ははっきり批判本を見るなと言ってる)

・だから腹をくくって批判側の話を見ようとしてる人よりは、こわごわ覗いてみたと
言う人が多い可能性がある。その時にきっちりした反論批判が書かれてないと
擁護側が勝ってると勘違いしてしまうおそれがある。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)