5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

A・スマナサーラ☆ヴィパッサナー瞑想法Part.4

1 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 11:11:03 ID:sU0c+6ix
アルボムッレ・スマナサーラ長老について
サマタ・ヴィパッサナー瞑想について
テーラワーダ仏教について

前スレ
A・スマナサーラ☆ヴィパッサナー瞑想法Part.3
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1182040382/

2 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 11:50:34 ID:LE+JqzqN
スレ立て乙

3 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:08:36 ID:9JsMqpKA
この瞑想で何がどう変わったか体験聞きたい。

4 :神も仏も名無しさん:2007/10/10(水) 18:39:48 ID:MkQwXoUB
女性の敵
http://koreanscrime.artshost.com/


5 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 00:11:02 ID:QN4dQt8P
スマ氏が「大乗はハリー・ポッターみたいなもの」と言ったという
その言動は聞き捨てならない。「大乗はオウム真理教だ」以来の
爆弾発言だ。

まず第一に、長老は映画『ハリー・ポッター』を観たのか。
長老が映画を観たとしたら、出家者の戒である、「歌舞音曲に親
しまないこと」に抵触する。長老は戒律を破ってまで大乗仏教を
否定したいのか。

第ニに、長老が『ハリー・ポッター』を観ていない場合。
なぜその映画を観ていないのに大乗仏教とその映画を比較する
ことができるのか。映画の周辺情報だけで映画の内容を憶測し、
その憶測でもって大乗仏教をそのように言い表していたとした
場合、それは正当な大乗仏教批判ではない。単なる揶揄である。
極めて次元の低い悪口であり、嘲笑である。

いわば2ch以下の意地悪虫である。

いずれにせよ、スマナサーラ氏は栄誉ある上座部仏教の長老の
名に値しない。早く日本での活動をやめてスリランカに帰れ。
自分の俗っぽさを潔く認めて還俗しろ。日本人にこれ以上上座部
を誤解させるな。

6 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 00:25:01 ID:nD/ze6/B
>>5
素朴な疑問なんだけど「ハリーポッター」って「歌舞音曲」なのか?

7 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 00:39:15 ID:QN4dQt8P
上座部の戒律によれば、出家者は映画、音楽など芸術全般
を自ら観たり聴いたり行ったりすることは禁じられている。
それがどんなに世間で評判の高い映画や音楽や演劇や絵画
などでもそうだ。世間と出世間とでは価値観が全く異なるから
それも当然。

チベット仏教のリンポチェの中には自分で映画を撮ってしまった
人もいるが、あれはチベット仏教が比較的戒律のゆるい大乗
だから。しかもチベット仏教の中でも最も戒律のゆるいニンマ派
のリンポチェだから。

ちなみに漏れは出家者でもないし、在家の戒律も受戒してないし
上座部原理主義者でもないから映画も観るし音楽も聴くよ。
ただ現代仏教全般をウォッチしてるだけの一個人にすぎません。
あしからず。

8 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 01:01:18 ID:5fSOc3Bd
こんなところで罵ってないで
本人に直接言えば?

9 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 01:03:51 ID:nD/ze6/B
>>7
俺テラワダだけどジャズが好きでね
ハービーハンコックとウエインショーターの学会のビデオがあるっていうので
会社の学会員に聞いたら選挙入れてくれたらくれるって
投票所まで一緒に行ったのに未だにくれない(ホントの話だよ)
ほんとにほら吹きだと思った

10 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 01:27:58 ID:kaHc+MH0
>>5 それ以前にスマ師は自分の著作で歌舞伎を観察している記述があるからもうアウト
上座部の信徒じゃないから戒を破るなとは言えないけど、破ってしまったなら
テーラワーダを名乗らないで新しいサンガを作った方がいいと思う

11 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 01:36:51 ID:rU0BhUHI
>>5
ハリー・ポッターは映画だけでなく本も出ているのだが。
というか本の方が原作で、本の方が先に発売される。


12 :5,7:2007/10/11(木) 03:47:58 ID:6mQCp3CI
>>8
協会の会員じゃないのでスマ氏に会う機会がないのと、
協会の掲示板は検閲が入ってスマ氏を批判する内容
の文章を投稿できないようになっているので、仕方なく
ここに書いてます。

13 :5:2007/10/11(木) 04:22:06 ID:6mQCp3CI
>>11
映画じゃなくて本の方だとしても、「『ハリー・ポッター』を読む
上座部の長老」というイメージはやはり非現実的です。

『ハリー・ポッター』が『指輪物語』でも『ナルニア国物語』でも
『ゲド戦記』でも同じです。どれも仏教と関係のない子供向け
ファンタジーだからです。長老ともあろう者が、そんな本を手
に取るのでしょうか?

おそらくスマ氏は『ハリー・ポッター』の原作を読むこともなく、
映画を観ることもなく、TVやネットから断片的な情報を得て
いるだけなのではないかと私は思います。

日本人向けに分かりやすい話をしようとしているのかもしれ
ませんが、娯楽作品と大乗仏教を結び付けるあたりは愚の
骨頂です。

スマ氏こそ、真言宗等の大乗仏教教団に乗り込んで、
「大乗はハリポタです」
「密教はいんちきです」
と直接言うべきです。その勇気がないなら、自分の教団の
中だけで陰口みたいにひそひそ他宗教の悪口を言い続け
るのはやめるべきです。

信者を自分の教団に引き付けておくためにやっている行為
のようで、卑劣きわまりない。

14 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 16:48:01 ID:OI+ok21+
会員でなくてもお寺か講演会に行ける地理の人なら、いくらでも本人に質問できますよ。
批判的であっても筋の通った意見であれば、見解を述べてくれると思います。



15 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 16:58:00 ID:0eO45+ia
吊し上げは覚悟汁

16 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 19:01:54 ID:kHZbQZ2x
以前、熱海の瞑想合宿に云った時、スマさんの部屋にはテレビがあって
アニメとか「笑っていいとも」とかやってたよ。

1階がスマさんの部屋で、2階が参加者の寝床。
スマさんの部屋のドアを開けると、2階までテレビの音が聞こえてたからよく覚えている。

その時はそんなものかと思っていたけど、上座部に、「歌舞音曲に親しまないこと」
ていう戒があるんだったら、抵触しないのかな?

17 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 20:11:10 ID:qZmV2WJ7
まあ外国人にとっては、日本語を覚えたり、今の日本の世相や国際情勢を
知るにはTVは見ておいた方がいいんだろうけど、本来ならTVで娯楽番組を
見るなんてのは、上座部僧にふさわしくないな。ニュース番組くらいならまだ
許せるが。

18 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 21:09:25 ID:4iclqxBx
スマさんの説法には芸能人や歌手も出てくるぞ。
話題になってる番組とか映画は確実に見てるはず。
歌謡曲や、芸能界の話題も詳しい。


19 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 21:35:55 ID:k02Pd0mA
芸能人になりたいのでは・・・

20 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 21:56:28 ID:tahp0/4e
そのうちバンドはじめたりしてな。シャクソン5

21 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 23:45:30 ID:gbow8+1B
>>18
スマは破戒僧決定。似非上座部仏教決定。

「スマの上座部仏教は大乗仏教のようなものだ」と言いたい。
そもそも民衆寄りに世俗化した仏教が大乗仏教なんだから。

スマはダライラマとではなくスマップとでも対談してろ。

22 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 01:12:57 ID:E7ShbnYy
別に個人としてならこの程度の破戒が悪いとは思わないけど、そこは伝統を重んじる上座部の決まりだからね。
それに世俗を全否定してサンガという殻に籠もっていては僧侶の形をしたロボットしか出来ないと思うし。
まあ、伝統を守っていくにはその方がいいんだけどね。

ともあれ、スマ氏は原始仏教を骨組みにした全く新しい宗派を作ればいいと思うんだ。

23 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 12:32:56 ID:5vWCGMX7
『歌舞音曲に親しんではならない』
これって中道に反しないか?
両極端どちらも外道、中道は正道とするならば
こういった戒律こそが外道だと思うんだが
放蕩(カオス)の対極に具足戒(ノモス)があると思う
古代中国戒律主義に反抗してできた孔子の道徳律が、結局信奉者たちによって戒律化され、
のちに国教になり形骸化したものが儒教なら、
仏教も儒教と同じ道を辿っているんじゃないか?

24 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 14:07:34 ID:9tApUUKy
反しないんじゃないか。
在家でも布薩戒(八戒)を守る時には、音楽も聴かない様にする。
とはいえ、街を歩けば街頭放送から音楽が流れてくる。
店に入ってもだ。どうするか。出来るだけ聞かないようにする
テレビなどニュースのはしごだ。ドラマは見ない。
だが、次第にルーズになってくるよ。

25 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 14:18:18 ID:t4/XZEjz
上座部では、「歌舞音曲は情欲を増すからこれを自ら行わない」のだとさ。
「中道に反する」といえば「結婚してはならない」ことも中道に反しないか?
結婚して子供を育てるのは人間の自然な姿ではないか?それなら日本の
大乗仏教の方が中道においていい線行っていることになると思うが、必ず
しもそうとは限らないでしょう?不殺生だってそうだ。必要な時には自ら殺
して食うことを儀式化しているアイヌの方が中道ってことになるが、だから
といって自ら殺さない出家僧が仏教的な意味での中道においてアイヌより
劣っているということにはならないだろ?

出家したら独身を貫き通す上座部仏教の方が、仏教としては世界的に飛ぶ
鳥を落とす勢いで広まっているのは、出家者が戒律をきちんと守って仏教
本来の面目を保っているからだよ。出家したら結婚しないこと、芸術しない
こと、殺生しないこと、などなどは上座部の体系の中ではそれなりに理由が
あって定められている戒律だろう。

だから世俗の価値観からすれば「芸術しないこと」は中道に反するかのよう
に思われるが、出家の価値観からすればそうではないということだ。
(つづく)

26 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 14:19:05 ID:t4/XZEjz
(つづき)
上座部にはたくさんの戒律がある。出家者は在家者に頭を下げてはならな
い、後ろから声をかけられても振り向いてはならない、小便は立ってしては
ならない、外出するときは異性を直視しないように扇を持って歩く、金銭に
手を触れてはならない、午後は食事してはならないなど日常的に「そのくら
いいいじゃないか」とか、理不尽で不都合、厳しすぎるように思われるものも
多い。だからスマ氏や大乗仏教のように、あまり戒律にとらわれすぎないタイ
プの僧侶も出てくるのだろう。

しかし、戒律を守ることは上座部が上座部たるゆえんでもある。禁欲的な
戒律厳守の僧伽がなければ、それこそ仏教が形骸化してくると思う。葬式
仏教化した日本の仏教がいい例だ。葬式という儀礼も儒教の影響が色濃く
反映されていると思う。戒律があってなきに等しい日本仏教の方が、形骸化
し「儒教と同じ道を辿っている」と思う。

それでもなお、仏教の戒律厳守に疑問を感じるなら、仏教はやはりニヒリズ
ムではないかと疑ってみて、それに耐えられないと感じるなら仏教から離れて
他の宗教の価値観を学ぶなどして相対主義的に仏教を観察する視点を持つ
のがいいと思う。芸術を否定しない宗教は他にたくさんあるからな。

27 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 14:50:56 ID:aduW92Zm
うーん。誰もニヒリズムとまでは言ってないけど、極端なストイシズムだとは思う。
『大道廃れて仁義あり』という感じがする。まあ、老子の考えと違って仏教はもともと性悪説だけどね。

具足戒が無いと伝統仏教としては腐っていくというのは同意する。仏教本来の活動より防腐効果の意味合いの方が強いんだろうと解釈してる。
だが、それでも釈迦の説いたことの道理が分かってればあえて戒律を守らずとも立派な仏になれると思う。
世俗に向き合いつつ、世俗に呑みこまれないよう闘うのが本来の仏教徒の在り方だと思う。


28 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 15:35:49 ID:XTnThl8t
>釈迦の説いたことの道理が分かってればあえて戒律を守らずとも立派な仏になれると思う。

私もそう思うし、ブッダも、時代に応じて律を変更していいと言った。
しかし上座部は戒律を変更しないところに誇りをもっている。

上座部の僧ならば上座部の生き方をすべきでしょう。


29 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 16:10:20 ID:AXxJNMjq
戒律で押さえ込むというやり方はヴィパサナ的かな?

そんなことなら、なんのためのサティなのかわからなくなる。
悪い影響から逃げるのではなく、それをサティすることが大切
ではないのか?
出家してまで修行している僧侶でさえ、サティが出来ないのだ
ろうか?

戒律は釈迦が作ったものではなく、後の教団が作ったんだろ。

30 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 16:13:58 ID:AXxJNMjq
だから、このへんはサティをひたすら強調するクリスナムルティ
なんかのほうに好感を感じる。

31 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 16:41:29 ID:XTnThl8t
>戒律は釈迦が作ったものではなく、後の教団が作ったんだろ。

戒律は釈迦が作ったものです。
だから上座部は、今でもそれを頑なに守るのです。

32 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 18:14:23 ID:IJ8FTjI8
>『ハリー・ポッター』が『指輪物語』でも『ナルニア国物語』でも
>『ゲド戦記』でも同じです。どれも仏教と関係のない子供向け
>ファンタジーだからです。長老ともあろう者が、そんな本を手
>に取るのでしょうか?

映画版だって子供向けファンタジーだろ
長老ともあろう者が、そんな映画を観るのでしょうか?

33 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 21:30:32 ID:9xQT4w5y
ですから、映画を観たなら観たで長老らしからぬ行為だし、
観てないなら観てない映画に例えて大乗仏教を批判しよう
とするのは、誹謗中傷にも似た、きわめて次元の低い行為
であるというわけです。

34 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 22:29:36 ID:fjlXn0fz
前にインドのアショーカ・K・バンカーという人の「ラーマヤナ」を
ファンタジー小説にしたものを呼んだ 
感想は「ロード オブ ザ リング」にすごく雰囲気が似ている
読んでるとヴィシュワーミトラなんかガンダルフにだぶる
法華経に羅刹の住む島に漂着し・・云々(ランカー島 スリランカの事)
という記述があるので あながち長老の「ハリーポッター」大乗仏教説は間違いではない

批判的 分析的 客観的に観るのは対象に親しんではいない なにも聴いたりみたりしてない
のと同じ  

戒については瞑想修行に対するテクニカルな側面を完全に無視して論ずるのは間違い
たとえばインドのヨーギーは修行中は厳密に戒を守るが禅定に達すれば結婚する人も多い



35 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 23:18:23 ID:fjlXn0fz
>>33
長老の言いたいことはテーラワーダはこれのみ単独で成立するという事です
某在家仏教みたいに他の経は方便だとか やれ聖道門は難行だとかということが予め教義
に織り込みずみではない ただ比較という観点をもちだすと批判になるだけです

36 :神も仏も名無しさん:2007/10/12(金) 23:36:02 ID:XTnThl8t
>>35
その批判の仕方が変だと言われているのです。
ハリーポッターを引き合いに出すのはおかしいでしょ。

芸能とかお笑いとかアニメとか見ているのも、上座部の僧侶としては、変でしょ。

ブッダは、決してそんな次元の低い他宗教批判はしなかった。

37 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 00:34:52 ID:e5yLg23I
そもそも大乗仏教も存在しない原始仏教時代に釈尊が批判していたのは
バラモン教でしょ。

また、大乗仏教が「小乗」と呼び慣わして批判の対象にしていたのも、厳密
には部派仏教の中の説一切有部であって、上座部は直接の批判の対象
ではなかったのではないかと私は思います。その証拠に、大乗仏教は説一
切有部の法有我説を批判していますが、上座部は法有我説ではないでしょう?
そして説一切有部は今日存在しません。

大乗と上座部の対立は、あったとしても今日文献上に痕跡が残っているだけ
の、過去のできごとであり、仮想の、すでに終わったことなのではないでしょうか?
それをいまさら蒸し返そうとするのでしょうか?

そもそもパーリ三蔵のどこかに、徹底した大乗仏教批判の経や論があるの
ですか?スマ氏が大乗を批判しようとするとき、パーリの経や論を根拠にして
論理的にものを言っているのでしょうか?単なる感情論ではないでしょうか?
上座部の長老なら、TVや映画などでなくパーリ三蔵にもとづいた「法話」をして
ほしいものです。信者さんたちは、お金を払って大乗仏教の悪口を聴きに来て
いるのではなく、上座部仏教そのものについての話を聴きに来ているのです。

スマ氏の話を聞いてると、別に上座部と大乗との間に長い論争の歴史が
あってそれが思想史の一部だから必然的に大乗批判の話になるというより
は、単なる個人的逆恨みで大乗の悪口を言っているだけのような気がしま
す。

あるいは日本人に対して、上座部の徒である自分と、上座部の協会を偉く
見せたいがために、日本の仏教である大乗を必死で蔑もうとしているだけ。

私はスマ氏以外の上座部長老の話も聞きに行きましたが、ああいうふうに
嫌味ったらしい話をするのはスマ氏だけです。ちゃんとした上座部の長老
は普通、パーリ仏教に専念することが第一であって、大乗など他宗教の事
にいちいちかかずらわって生きていないと思います。

38 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 07:05:32 ID:7biyripJ
同意

39 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 11:38:08 ID:3spzI+Su
スマさんは大乗など他宗教を勉強してるんですよ。
それでみんなにわかりやすく説明するために比較したりするんじゃないのかな。

他宗教について知識のない他の僧侶が話題にできるわけがない。

40 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 11:54:35 ID:UYI+SjTx
詐欺師が大きな顔で徘徊している方が不快なので
詐欺師の悪口など気にならんが・・・。
自分たち詐欺師の正体をばらされて面白くないんだよ。

41 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 12:08:11 ID:+7Nzs2wr
他宗を批判するのは結構。
批判の内容や言動が、仏法からみて相応しくないと言われているだけ。

信頼している人が悪く言われると気分悪いのは分かるが、
謙虚に人の意見を聞く姿勢も大切じゃないかな。

>39 >40 の発言は、何となく人を見下しているように感じるが、
日本の上座部が、仏道から離れていかないことを祈る。

42 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 13:07:37 ID:/0AJ9gfR
スマさんは大乗など他宗教を怨みをかえすため勉強してるんですよ。
それでみんなに曲解した説明するために比較したりするんじゃないのかな。

スマさんを批判する内容は、スマさんの言動が仏法からみて相応しくないと言われているだけ

43 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 13:43:18 ID:3spzI+Su
でも、ああいう説明はよくわかるぞ。
宝島新書の般若心経の批判の本で、空とか無の意味がわかった。

44 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 13:44:27 ID:D6yID26F
・・・怨み?
それこそ仏教精神に無いこと。
それになんか上座部が日本仏教にボコボコにされたことなんかあったか?

45 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 15:49:04 ID:2FJx3YLm
スマさん個人が性格が悪いのでルサンチマンを克服できていないということだ。

46 :神も仏も名無しさん:2007/10/13(土) 18:58:52 ID:3spzI+Su
鈴木よりはまし

47 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 00:48:03 ID:xvHKe0zI
スマさんは大乗をファンタジーときって捨てるけど、ダライ・ラマや鈴木大拙の本読むと、かなり大乗って精緻な理論と深遠さがあると思える。

48 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 02:50:08 ID:m02JOxP6
そうだよ。
大乗は子供騙しのファンタジーではないよ。
魔法の世界でもないし。空飛んだりモンスターと戦ったりしないだろ。
経典には誇張もあるかもしれないが、真の大乗実践者はそれを字面
通りに受け取って怪力乱神を語るものではないよ。
バカスマ。

49 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 03:01:20 ID:I96qUEKa
大人騙しのファンタジーだったりして。w


50 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 03:18:39 ID:kyCl0JRo
字面通り実践できない経典に何の意味があるの?
「精緻な理論と深遠さ」で心が静まる?
大乗の実践って具体的に何?

51 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 03:41:49 ID:xRJhpA02
>>50
経典通り100%実践なんて出来ないのは、大乗に限った事では無いと思いますが
それなら、ビジネス書でもマナー集でも無意味ですがな。

大乗で最も緻密なのは、チベット密教だと聞いています。ダライラマにでも聞いてください。

52 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 07:19:13 ID:oee84OQn
>>50
否定ばかりではなにもできない
あなたにとって完璧な宗教の方法は何ですか?

53 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 07:46:03 ID:pgMci6DL
>>46 もとスマのパトロン 
スマもつれられてミャンマーに瞑想に行ったw

54 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 09:20:55 ID:xvHKe0zI
>字面通り実践できない経典に何の意味があるの?

「字面通り実践できない」とは誰もいっていないと思いますよ。
形而上的な表現で真理を表している部分について、字面どおり解釈するのは浅いってことでしょう。


>「精緻な理論と深遠さ」で心が静まる?

「精緻な理論と深遠さ」で心が静まるとは誰もいっていないと思いますよ。
長老が「科学ですよ」というのと同じ文脈です。
心が静まる瞑想や心のもち方や真理や智慧について、理論的な裏付けが緻密だということです。

しかし「心が静まる」ことになぜ執着するのですか?
大切なことだとは思うけれど、心を静めるのが仏教の目的ではないでしょう。
それが主目的なら鎮静剤でもお打ちになればよい。

>大乗の実践って具体的に何?

世の中、人に頼る前に自分で調べてから聞けって種類の質問がありますよ。

55 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 09:41:13 ID:zLs3azoj
一応大乗の実践を書いておくと

六波羅蜜
1)布施 2)持戒:3)忍辱:4)精進:5)禅定
という5つの波羅蜜を通じて
6)般若波羅蜜という智慧の完成、即ち悟りに至る

ブッダの考えと、そんなに離れていないと思うぞ。


56 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 09:51:42 ID:zLs3azoj
>>43 宝島新書の般若心経の批判の本で、空とか無の意味がわかった。

それは良かったね。その本は読んだことないけど、
正しく空の概念を分かりやすく説明しているのなら、いいことだ。

でも私は別のところで、スマ氏の般若心経批判を読んだが、批判が的外れだったよ。
考えられるのは、

1.スマ氏は般若心経を正しく理解していない
2.大乗を批判するために、わざと般若心経を間違って解釈している

スマ氏の学的能力からすれば、たぶん 2. だと思うけど。


57 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 11:10:20 ID:c4+N/OI4
世の中には経典読んだだけで100%実践できる超人もいるらしいぞw

58 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 12:52:04 ID:yn+ieFlD
>>56
しかし、他の人(大乗の人とか)との対談のなかでも般若
心経批判しているけど、反論してる人はいない。
説得的だからじゃないの?

これだけ批判されているのに、誰一人として反論の本を
出す人がいないのは、スマ氏の般若心経批判が完璧な
ため反論出来ないんだと思う。


59 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 13:07:06 ID:vVfULddQ
パーリ語仏典で訓練してきた実践者と漢訳仏典しか知らないひとじゃ議論にならないからな

60 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 13:09:31 ID:LKuo7rk0
もう隔離スレ作れよ

61 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 13:34:45 ID:zLs3azoj
>>58

誰と対談したの?
私が知っているのは、禅宗の作家くらいだけど。
作家を論理でねじ伏せても仕方ないでしょう。

ちゃんとした大乗の学僧と対談したことあるの?
スマ氏は学問系なんだから、相手も学問系でないと話にならんでしょ。

それと、議論で相手を説得することと、正しいこととは違う。
昔、オウムに上祐というのがいて、メチャクチャなこと言ってたけど
それでも彼を論理的に説得することはできなかったし、逆に説得されてただろう。

スマ氏もレトリックや論理の組み立てがうまいから、議論には強いと思う。


62 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 13:47:22 ID:zLs3azoj
>>58

>これだけ批判されているのに、誰一人として反論の本を出す人がいないのは

これだけ て どんだけ〜 ?
そんなに批判ばっかりしているの?

ちなみに、どこの出版社が出してくれるの?
出版社があれば出す人いると思うよ。
でも反論なんて数ページで終わるから、それだけだと本にならないでしょ。

63 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 13:53:40 ID:vVfULddQ
出版じゃなくてもいいじゃない。まちがってると思えばwebでもなんでも発表する手段はある。

64 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 17:22:52 ID:RNdS/YAg
一口に大乗?禅とその他はわけるべき

65 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 19:41:30 ID:z4TX0Anx
そうそう一括りに大乗って言ってるけど
だいたい鎌倉発在家仏教風ファシズム団体(s学会 s会 k会)は
大乗を名乗ってはならない

66 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 19:53:48 ID:K/ZSTG5z

密教と禅と浄土教とカルト宗教は分けましょう。

67 :神も仏も名無しさん:2007/10/14(日) 20:16:04 ID:xvHKe0zI
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%97%E4%BB%8F%E6%95%99

大乗仏教(だいじょうぶっきょう、Mah?y?na Buddhism)は、
伝統的に、ユーラシア大陸の中央部から東部にかけて信仰されてきた
仏教の分派のひとつ。自身の成仏を求めるにあたって、
まず苦の中にある全ての生き物たち(一切衆生)を救いたいという心(⇒菩提心)
を起こすことを条件とし、この「利他行」の精神を大乗仏教と上座部仏教
(=部派仏教、俗称「小乗仏教」)とを区別する指標とする。

大乗(大きな乗り物)という語は、磐若経で初めて見られ、
一般に大乗仏教運動は般若経を編纂護持する教団が中心となって
興起したものと考えられている。般若経典の内容から、声聞の教え、
すなわち上座部仏教の中で特に当時勢力を誇った説一切有部を指して
大乗仏教側から小乗仏教と呼んだと考えられているが、
必ずしもはっきりしたことは分かっていない。なお思想的には、
大乗の教えは釈迦如来入滅の約700年後に龍樹(ナーガールジュナ)ら
によって理論付けされたとされる



68 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 08:32:13 ID:wABvFcRD
>>56
どの部分がどう間違ってるかをかけないのなら、
「読んでませんね」といわれますよ。
実際読んだことがないのでしょうが、長老の本も、大乗経典も、般若心経も。

69 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 15:07:44 ID:8Kjq+9Fz
長老は、信者が一緒になって大乗批判していることは知ってるのかなぁ?
それについては、何とも思わないのだろうか?

長老は仏教の専門家だし、上座部の僧侶としての意見もあるだろうけど
尻馬に乗ってる人は、大乗や日本仏教に対する不満や怒りに火がついてるだけだと思うんだけど・・。
長老の意図がどこにあるかは知らないけど、批判を一緒になってしている人は
結果的に焚きつけられてると思うんだけど、違う? 

70 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 15:27:29 ID:K2YlCUOF
日本ではほとんだ知られていない上座部仏教を語ること自体が、
日本の仏教に対する批判になるわけで、それはもうしかたない
だろ。

71 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 15:30:40 ID:8Kjq+9Fz
明らかに攻撃入ってない?
仕方ない範囲とはとても思えないんだけど。

72 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 18:26:37 ID:VoMFla0G
ただ上座部仏教を説くだけなら、大乗批判にはならないよ。
スマナサーラ以外のまともな長老の法話を聞いてみるがいい。
大乗に対して余計な悪口言わないから何も問題ないだろ?

大乗の悪口言うのは、上座部仏教としては愚かな行き方だと思う。
日本の大乗を撲滅するのが目的ってわけでもないのなら、
的外れな悪口を言うのはもう止めて、自分らの宗教に専念すべきである。

そして日本において大乗と共存することによって、大乗に自然と
影響を与えられるようになればいいのである。
大乗の悪口言うのは、上座部そのものの伝統ではなくて、スマナサーラ
個人の習慣。知れ協会員。

73 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 19:05:39 ID:2DlsXZ6J
海外のあやしげな和食レストランでとんでもないものくわされたら「こんなの日本料理じゃない」て怒るだろ
同じだよ

74 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 19:29:24 ID:oILVfaql
>>63 出版じゃなくてもいいじゃない。まちがってると思えばwebでもなんでも発表する手段はある。

その通りですね。でもそれは実現しないでしょう。
なぜなら、学のある大乗仏教徒や学者は、そういう本を読まないから。
世の中には般若心経の本があふれかえっていますから、普通いちいち読まないです。

仮に、たまたま読んだとしても、やはりいちいち非難したりしないでしょう。
例えば、寂聴さんというわりと有名な僧(女流作家)がいますが、彼女の般若心経論は
はっきり言って仏教学的に言えば、いろいろ問題があります。

でも、どこかの教団が、それを糾明したり非難したりという話はききません。
いい悪いは別にして、日本の伝統的な教団は、いちいち他宗の人の非難をしないのです。

でも、出版社が、こういう内容で書いてくださいと頼めば、書く人はいるでしょう。
もっといいのは、スマ氏が日本の学会に学術論文として出すことです。
学術論文なら学のある人が見ますから、議論したければ議論できるでしょう。

75 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 20:06:07 ID:oILVfaql
>>68 どの部分がどう間違ってるかをかけないのなら、「読んでませんね」といわれますよ。

宝島新書の般若心経の批判の本は、読んだことないし、他で読んだ般若心経批判も、以前ちょっと読んだだけで
手元にないし、正確な記述が分からないから、確かなことが書けない。

なので、不正確だけど、何を的外れと思ったかというと
「般若心経のある句が、論理的に成り立たない」というような批判だったわけ。
変だと思わない?

般若心経て論理学の書じゃないでしょ。というか、実はお経でもない。
原文は、「般若波羅蜜多心」と書いてあるだけで、経とは書いていない。
だから経ではなくて、陀羅尼のようなもの、もう少し言えば、瞑想のツールとして唱えられてきたもの。

よく般若心経を読んでも意味が分からないという人がいるが、そんなの当たりまえで、
あれは分かるように解説した文章ではないから。
論理の飛躍、論理の前提の省略は当然のことで、そうでなければ240字くらいに収められない。
長々と解説したら、瞑想のツールにならないからね。

行間を読み取って、その意味するところから批判するなら分かるのだけれど
字面の形式的な論理だけで批判してたから、的外れだと思ったわけ。
そんな批判しても、「般若心経はそういう意図で書かれていません」て言われたら、話は平行線。
万葉集を読んで、それ論理的に間違っていると言っているようなもんだなと思ったわけ。

もっともサンスクリットに詳しい人に言わせると、原文は形式論理的にも問題ないらしいけど
私はサンスクリットには詳しくないから、その真偽はよく分からない。


76 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 20:17:04 ID:2DlsXZ6J
論理的でないことを理解することは難しい。呪文だから書いてあるとおりに信じろといわれたところで
たぶんそれはなにごとも自分自身で確かめたこと以外は信じるなという本来の仏教ではなくなってる。

世の中には般若心経を瞑想のツールとしてではなく仏教のエッセンスを凝縮したものと考えてるひとも
いるので、そうしたひとたちへの警句としてならスマさんの批判は有効と考えるということでよろしいか?

77 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 20:41:34 ID:T6GVwriF
>>72
そうでもないみたいだよ
プラプロム・クナーポン(パユットー)の「仏法」の冒頭に
「大乗の経典は単にパーリ語経典に簡潔に述べられた内容を詳細に
説明したものに過ぎない」と書いてあった
原因は日本の坊主の社会的地位の低さじゃないかな?
「頭丸めて坊主にでもなれ」って言ったら純粋な悪口だもんね
他にも時代劇見てたら権力闘争に敗れて出家させられるとか
日本最大の在家仏教団体はご近所や職場親類間では変人扱いだし
マイナスイメージの塊だもんね
それで実際他人から「小乗」と揶揄されたこともあって長老はトラウマに
なってしまった(笑)

78 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 20:49:41 ID:oILVfaql
76>>
誤解があるといけないので、念のためかいておきますが、「呪文だから書いてあるとおりに信じろ」とは言ってませんよ。
『大般若経』とか『説一切有部』という部派仏教とか、そういう前提を知らなければ、般若心経だけ読んでも意味は分からないというだけです。
ただ意味は知らなくても瞑想のツールとして使えないことはない。
ダライラマは、意味も分からず心経を唱えても無意味だと言ってたと思うけど。

そういう背景や前提を分かっている人からすれば、心経は般若経のエッセンスを凝縮したものともいえますね。
仏教のエッセンスというと言い過ぎな気がする。
でも空海みたいに言葉の意味をどんどん膨らませる人だと、仏教のエッセンスと言えなくないかな。

般若心経を誤解している人への警句なのかもしれないけど、申しわけないが
宝島の本を読んでないので、あまりとやかく言えない。
たぶんその本は警句として役立つのでしょう。

79 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 21:17:22 ID:wABvFcRD
どうして読んでないのに批判だけしてるのでしょうか。
読んでないから意味を勘違いしてるのは、明らかにあなたのほうなのに。
>>75
長老は何かを語るときは物凄い勉強をしてますよ。大乗経典の用語だってちゃんと知ってる。


>宝島新書の般若心経の批判の本は、読んだことないし、他で読んだ般若心経批判も、以前ちょっと読んだだけで
>手元にないし、正確な記述が分からないから、確かなことが書けない。

80 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 21:39:48 ID:oILVfaql
79>>
いや申しわけない。
書きたくはなかったんだが、
>>68 どの部分がどう間違ってるかをかけないのなら、「読んでませんね」といわれますよ。

言われたので、何を的外れと思ったのか書いただけ。

>>78 の文章は 
>>76 で そうしたひとたちへの警句としてならスマさんの批判は有効と考えるということでよろしいか?

と聞かれたので、読んでないから分からないと答えただけ。

>>長老は何かを語るときは物凄い勉強をしてますよ。大乗経典の用語だってちゃんと知ってる。

私もそう思います。だから、こんな批判しなくてもいいのになと思ったわけ。

宝島の本は読んでないから、その本に関しては批判はしていない。
宝島の本にはしっかりした論理的な批判がしてあるのかもしれないので、
「たぶんその本は警句として役立つのでしょう」と書いた。

私何か間違ってますか?

81 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 22:27:08 ID:xBA/p32M
スマは色即是空は真実だが、空即是色は蛇足とか言ってたな

「人間は皆死ぬ」これは其のとおり
じゃあ「死ぬものは皆人間」といえるか?

言えないでしょう?

ということらしい

ゲンユウソウキュウ氏との対談本「仏弟子の世間話」

82 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 22:27:57 ID:T6GVwriF
ちなみにテーラワーダは在家否定かというと
(二)学識があり、よき修習を受けて大胆で、勧行により安穏なる
法を達成し、法を説いて真の成果をみせることができ、生じる論争
(矛盾する教義、他派の議論、あるいは型破りな教え)を制圧して
法の原理に従い正しく収めることのできる長老の声聞があり、さらに
同様の能力がある中位、新参の比丘声聞があること
(四)同様の能力があり、梵行と欲楽とを共に感受する在家の優婆塞があること
(五)同様の能力があり、梵行と欲楽とを共に感受する在家の優婆夷があること
在家の優婆夷を欠くだけでも、梵行は確固として成し遂げられ
完成したとは言えない (長部波梨篇 清浄経)

ということらしい





83 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 22:50:29 ID:xcCd92Yb
>>75
行間を読むということ自体が、上座部から言わせるとおかしいのでは?
経律論、いや、経と律だけでもなかなかの量がある上座部において、
ブッダは語るべきことは全て語ったわけだ。
そのうえ論も作られた。
行間を読むも何も修行者のために一言も漏らすことなく懇切丁寧に
ブッダと後代の長老たちが
語り書いてきたのに、そのうえ行間を読むなどという面倒なことはしなくても良い。
そんな必要があるなら、それこそが後世のインチキ創作である証拠だ。

というような主張も成り立ちそうだな。

84 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 23:02:56 ID:3lu2zQgn
>>77
「大乗の経典は単にパーリ語経典に簡潔に述べられた内容を詳細に
説明したものに過ぎない」
と言われるのなら話は分かる。
その説明なら、大乗仏教を一概に否定するのではなく、大乗仏教と
上座部仏教との関係についての見解を述べているものとして納得
できる。上座部仏教と大乗仏教との関係についての説明として、
パーリ聖典の優位性を主張すると同時に、大乗経典に対する敬意
も払っている。決して悪口に陥らない、見事な見解の言葉だと思う。

それに対して、
「大乗はハリー・ポッターのようなものだ」
これは駄目だ。伝統宗教と大衆文化という、次元の異なるふたつ
のものを無理やり比較しようとする、愚かな発言であり、根拠のない
単なる悪口である。その根底には悪しき心が潜んでいる。つまり、
大乗に対する根深い憎悪が、スマ氏をしてかくも愚昧な発言を吐か
せるのだ。これは彼の背負った悪業であり、心の病であると言って
よい。このような、悟りからはほど遠い卑劣な人格の持ち主を、宗教
指導者として尊敬する気にはなれない。ちょっとぐらい頭がよくても、
肝心の心が歪んでいては失格なのだ。

85 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 23:04:00 ID:iMlvfxRx
>>76
たぶんそれはなにごとも自分自身で確かめたこと以外は信じるなという本来の仏教ではなくなってる。


輪廻はあなた自身が確かめたの?ねぇねぇ。
それとも、長老が言ったから?
答えろよ?


86 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 23:13:13 ID:2DlsXZ6J
おれ輪廻信じてないよ 長老がいうからもしかしたらそうかもとは思ってる

87 :神も仏も名無しさん:2007/10/15(月) 23:27:05 ID:c9vL93i1
瞑想はじめてから、人の悪意なんて気にならないけどね

88 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 00:08:02 ID:2+BjM5Pm
ニガンタ「居士よ。あなたはゴータマを信じるか?無尋無伺の三昧はあるか
尋伺の滅尽はあるか」と
チッタ「私は世尊に対して無尋無伺の三昧はあるか、尋伺の滅尽はあるか
について、信じるかどうか固執していない。私は望めば、たちまち
初禅に入る・・第二禅に入る・・第三禅に入る・・第四禅に入る
私はこのように知って(体験して)いる
だから私はこれについてゴータマを信じるかどうか固執しない
(相応部六処篇)

ということらしい

89 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 05:49:15 ID:Y7JM7jlN
>>75
長老の本を読んでないだけならともかく、般若心経もしらないくせに、
よくこれだけの長文を書けちゃいますよね。

90 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 06:21:35 ID:6roVg7bD
>>75
佐倉哲エッセイ集というサイトに、「仏教について」という項目があり
そこに仏教思想のロジカルな面について丁寧な解説が載っています。

特に「縁起」、「無我(非我)」、「空」についての論理的な理解は、
般若心経に限らず、仏教全体を理解するのに大変役立ちます。

それが仏教思想のエンジン部分だからです。
幹を把握すれば、枝葉を理解するのは容易になります。

91 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 16:29:30 ID:bfW0oxyr
【感覚】〜脳内幻覚〜【遮断】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1192349522/

92 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 20:03:44 ID:SrOArotV
>>90
サイトの紹介ありがとうございます。
でも、なぜか仏教のページだけ開けないですね。更新中かな?

私は仏教のロジカルな部分がとても好きです。
書き方が悪くて誤解させているかもしれませんが、私は般若心経が非論理的だといっているわけではありません。
ただ、書いていないことが多いだけです。

例えば、「無眼耳鼻舌身意」ときいて、「眼が無いんだったら、どうやって物を見るんだ?」
という人はいません。
ここは、生物学的な話をしているのではないことは、誰の眼にも明らかだからです。

でも、何を前提に「無眼耳鼻舌身意」と言っているのかは、心経自体には書いていない。
だから、心経だけ読んでも分からないのですが、そこを分かって心経を読めば、充分論理的です。

93 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 20:07:17 ID:SrOArotV
>>81 スマは色即是空は真実だが、空即是色は蛇足とか言ってたな

ありがとうございます。この部分ですね。
これは反論ありませんね。ここはそういう解釈もできます。

この部分は、サンスクリット原典自体が、文法的に変な文になっています。
だからいろんな人が、いろんな解釈をしています。
しかもサンスクリットでは、3フレーズあるのが、漢語では、2フレーズに省略されています。
でも、原典も漢語も、どうとでも取れる言葉なので、どのフレーズを省略して2フレーズにしたのか、
これも諸説あります。

だから空即是色は蛇足と言われたら、そういう解釈も成り立ちますね としか言えない。
ただ、たぶん大乗仏教徒で般若心経を毎日唱えている人は、蛇足という解釈は採用しないでしょうね。

上座部のスマ氏にとっては、般若心経なんて元々どうでもいいものですし、
上座部の経典に照らし合わせれば、色即是空は合ってるが、空即是色は成り立たないということでしょう。

それはそれで構わないと思います。

94 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 21:29:42 ID:Y7JM7jlN
伝聞の伝聞でコメントしてるんですか。

95 :神も仏も名無しさん:2007/10/16(火) 21:35:38 ID:PI3fxcx2
まあ仏典自体が伝聞だしw

96 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 00:27:02 ID:LiylZ7y9
「怒りについて」 読みました

冒頭の方で、仏教では、キリスト教と違って、心の浮き沈みを悪魔のように人格的に表現しないという表現が有りましたが

仏教でも悪魔も梵天も立てますよね。 増谷氏は悪魔も梵天も、仏陀の悟りにまつわる心の浮き沈みを悪魔・梵天を
利用して文学的に表現したんだという事ですが、結局聖書と同じ事やってると思うのですが
ああいうスマ氏の適当に言っている所が理解できません。一気に信憑性が無くなり読む気が失せました

97 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 00:34:15 ID:Ru8yyOLf
そんな理屈はスマナサーラには通用しない。
独善だから。

98 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 00:46:08 ID:p6bVN7dA
>>96
岩波文庫から中村元訳「ブッダ 神々との対話」「ブッダ 悪魔との対話」
ってのが出てるじゃん。あれはパーリ語が原典だよな。

スマの仏教が「初期仏教」(釈尊直伝)ではなくて「上座部仏教」(長老の
見解入り)であるいい証拠。

99 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 00:51:18 ID:Ru8yyOLf
梵天?悪魔?お釈迦様のおっしゃることはハリー・ポッターですよw

100 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 04:09:11 ID:V2TXr4za
ハリー・ポッター大好き。

101 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 13:38:18 ID:D3WI6+hZ
誤解された仏教 (講談社学術文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E8%AA%A4%E8%A7%A3%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%BB%8F%E6%95%99-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%A7%8B%E6%9C%88-%E9%BE%8D%E7%8F%89/dp/4061597787

これ読んだ人いる?

102 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 20:15:37 ID:QZgKtLSL
>>98
そんなのあたりまえだろ。初期仏教は、2500年前にしか存在しない。
時間がたてば、どんな存在、どんな団体だろうが変質するものだ。

103 :神も仏も名無しさん:2007/10/17(水) 21:04:05 ID:Ru8yyOLf
だそうですよ。長老。

104 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 10:50:41 ID:Rw2/EBnb
スマ氏の「死後はどうなるの?」より、玄侑氏の「死んだらどうなるの?」の方が面白かった
玄侑氏は他教や科学にも偏見無いし、戒律が緩い分思考停止のない大乗仏教だからこそ書けることもあると思った

105 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 14:16:42 ID:bBcjFL1q
玄有氏は松原泰道の弟子だったんだってね。

松原泰道氏の本は好きだ。
日常的な視点で語るから、長老や仏教学者のようなアカデミックな評価はされないけど、
見識も深く経験もあり、なにより謙虚で腰が低い。
これぞ僧侶だって気がする。

106 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 14:55:48 ID:toAUNK1F
松原泰道「いま、ここ、じぶん」

107 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 18:48:47 ID:sdT2qS6+
大乗仏教が戒律がゆるいとか思考停止がないとか勘違いもはなはだしい。
結局大乗仏教のことすら知らないで大乗仏教と比べてるわけでしょ。

108 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 18:51:57 ID:3sruccfv
妻帯してるだけで戒律もなにもあったもんじゃない。

109 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 20:59:38 ID:YkzqJIgH
大乗仏教が上座部仏教と比べて戒律がゆるいのは確かだよ。
ただし上座部仏教だって完全に戒律を守るのは至難の業だろう
けどね。スマ氏は他の長老から「破戒僧」と呼ばれてるそうな。

どういう次元の「思考停止」なのか分からないけど、大乗仏教だっ
て修行で「思考停止」を経験することはあると思うよ。日本のでも
チベットのでも。

110 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 21:03:57 ID:6kVw9O13
>>101
その本はいい本だけど極論もある。山田無文の弟子のようだが理論的洗練
や人格面で山田より遥かに優れている。

111 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 21:05:23 ID:I04nF0j4
見識も深く経験もあり、なにより謙虚で腰が低い僧侶コスプレ詐欺師なんか
いらん。

112 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 21:06:34 ID:1hN+P281
>>110
thx
じゃあ買っても損は無いですね

113 :神も仏も名無しさん:2007/10/18(木) 22:08:47 ID:Pb+GF7aQ
大乗は勝義諦において輪廻を認めないよね。
小乗と呼ばれた説一切有部も輪廻は認めない。
チベット仏教も勝義諦では無霊魂、輪廻なし。

お釈迦さんは本当に輪廻を説いたのだろうか。

スマさんや所構わず毒を吐き散らす寺男はなぜあん
なに輪廻に固執するのかまったく理解できない。
まるで輪廻がなければ戒律を守った果報が得られ
ない。せっかく先行投資したのにって感じ。

それに徹底して平等を説いたブッダが罪をおかす
対象で罪業の格付けをしたのは矛盾している。
曰く父殺しは地獄行き。聖者に石を投げたら地獄行き・・・。
恐らく後世の付加でしょう。共同体維持の優先でしょう。
ブッダが輪廻を説いたとして現存の経典のように説いたとは思えない。
最も教団実権者の恣意が働きそうな箇所だから。

114 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 00:58:01 ID:YoWzy7+E
スッタニパータでさえ、後世の「隠遁派」の思想が強いって話だしな。

115 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:10:57 ID:bq5mmrkU
お釈迦様が輪廻を説いたかどうかはどうでもいいんでは
何様だろうと誰にも証明できない形而上のことあるないと断言したら間違い

116 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:24:02 ID:YoWzy7+E
長老はきわめて原理主義的に解釈する。
大乗の仏教徒だって菩薩を形而上的に解釈してるだろうに、長老は原理主義的にとらえて「実在しないんですよ」
みんな知ってるって。

117 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:42:53 ID:CJwLXmP7
>>115
どこで断言されてるの?具体的にはどこを指してるの?
誰が断言してるの?このスレの住人?
俺が知ってる仏教者で<ほぼ>断言してるのはテーラワーダ一派。
日本の学者はブッダの言説の考証から「ないだろう」と言ってるぐらいで
断定はしていない。
テーラワーダが否定する竜樹も論理的には「ないだろう」と言ってるだけだし。
いずれにしてもブッダの教えの観点からはという条件付きだ。

>何様だろうと誰にも証明できない形而上のことあるないと断言したら間違い

それじゃあ、どうやって『誰にも証明できない形而上のこと』が前提できるわけ?
『あるないと断言したら間違い』ってのはこれは一種の判断でしょ。だからこれは
実は語りえないことを語っているわけだ。

118 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:46:16 ID:CJwLXmP7
>>116
大乗の人間ではないが

>長老は原理主義的にとらえて「実在しないんですよ」

これは具体的にどういう意味?テーラワーダも本当は輪廻は認めていないの?
長老の本よく拝読するんだけどあれは方便なの?

119 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 02:02:03 ID:3xQNdlFo
スマナサーラ長老の書籍を買いあさっているうちに、
「これさえ実践できればお坊さんになれる」という感じがして、
自分も僧になりたい。とも思った。
けど、自分の家を守らなくちゃならない。とも思っているので出家は避けたいと思っている。
スマナサーラ長老が支持している上座部仏教と自分の家で信仰している仏教(真宗大谷派)
信じて修行してお坊さんになるにはどちらがいいだろうか?

私は理想論だが、こう思っている。
真宗大谷派は問法説法のためお釈迦様のための知識が大量に必要だ。
で、問法説法に説得力をつけるために上座部仏教の修行を行いつつ大谷派で活動を行なう。

二派の仏教を信じる本末転倒な結果だが、これが一番最良ではないか?
皆さんどう思いますか?

120 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 02:07:09 ID:3xQNdlFo
もう一つ質問。
今は末法の世と言われていて、仏教の教えがうまく伝わらないと言われているが、
末法の世が過ぎたら次は滅法の世になる。
私個人としてはこれは避けたいと思っているのだが、
スマナサーラ長老や仏教関係者は智慧を結集して
避ける方法を考えているのだろうか?
せめて像法の世くらいが永遠に続いて欲しい。正法の世になってもよい。

そもそも末法の世になってしまったのは何が原因だろうか?

121 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 02:16:12 ID:Lz57pySj
昔と今を単純に比べることは出来ないが今が末法だなんてとても思えない。
端的に言って、昔の時代の方が良いなんて思えない。
それに世間の荒廃を見て出家するなんて、視野狭窄。自分は安閑とした中
にいて人を救うことなんて出来ないのは先人が証明している。

122 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 06:03:20 ID:GzC10yam
テーラワーダ仏教は出家主義かもしれないけど、簡単には出家を認めてくれないとおもうよ。

123 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 06:08:28 ID:GA8AImyG
>>119
神社仏閣板に浄土宗僧侶でテラワダ信者のけちゃっぷさんという
君と同じような人がいるので その人に聞いてみたら

124 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 09:33:15 ID:3xQNdlFo
>>123
ありがとうございます。
…でもその人かなり有名人ですね。スレタイに上がっているほど。
とりあえず、先の質問をそのスレに書き込めばいいわけだ。
スレ自体は結構難しい事書いてあるので読んでからにしなくちゃ…

125 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 09:56:40 ID:Md2p5YdL
難しい事が書いてあるのならじっくり腰を据えて、時間をかけて調べながら
読むべきでせう。
そこで都合3年間位このスレに来ないで呉れれば嬉しいです。

126 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 02:57:19 ID:c5RM7th5
>>125
おまえもな〜



127 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 06:20:02 ID:Pu0+QozX
>>120
こいつみたいな誠意の皮をかぶった悪人が社会を腐敗させるまことの俗物
なんだよな。権威と一体化し卑小な自己から逃避する見事なサンプル。

128 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 07:02:16 ID:QZk9k6j7
妄想、妄想、誇大妄想

129 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 00:45:40 ID:UOLEX9ow
スマさん忙しいのかもしれないがアビダンマ、口述ではなく書き下ろしして
欲しかった。日本語、苦手なら母国語で書いて誰かに翻訳してもらうとか。
ついでに脚注も本の半分あっていいぐらい。

130 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 03:53:03 ID:CjyS6I9G
スマ氏は日本語上手だけど作文させるとやっぱり変な日本語に
なっちゃうよ。
それに、シンハラ語で書かれた仏教哲学の文章を訳せる日本人
って少なさそう。
どっちも大変なんじゃないかな。

131 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 01:58:12 ID:C2C5izEu
「お釈迦さまが教えたこと」1巻は素晴らしかったです
こんなに分かりやすく無常が説いてある本を初めて読みました
が、続刊はどうも……輪廻入っちゃうんですよねえ

132 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 09:05:31 ID:1BhufMIj
なんで現代日本人は輪廻思想に抵抗示すのでしょうかねえ。
「宗教離れ」が起きて「宗教性」が漂っている今日において、
いかにも宗教臭い教義には抵抗があるのでしょうか。
しかし信じる信じないは別として、仏教は輪廻が前提となって
構築されている思想体系です。輪廻抜きの仏教というのは
ないでしょう。そもそもお釈迦様は輪廻したくないから修行して
悟りを開いて解脱して諸々の教えを説いたわけでして。
しかし輪廻は形而上的すぎて信じられないけど、仏教の実践的
な教えの部分は比較的受け入れられやすいんですね。
輪廻思想はたしかにインド思想全般に見られる伝統であり、
仏教固有のものではありません。いわば風土的要素のある
考え方と言っていいかもしれません。インド人でない日本人に
とっては輪廻を無条件に受け容れるというのはなかなか難しい
のでしょう。輪廻が信じられないなら信じられないでいいと思い
ます。何かの比喩くらいに考えておけばいいのではないでしょうか。
僕自身も輪廻を信じられるかと言ったら半々です。仏教の実践的
側面は現代的ですが、神学的側面は歴史的です。

133 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 12:34:30 ID:/2RrNTWf
私は仏教の根本は四諦だと思ってますが。輪廻はひとこともふれられてません。

134 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 15:36:46 ID:ketNQYlL
死んだら終わり、何もかも終わり、その後はなにもないならば、我々はどこからきたのか?

135 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 15:37:16 ID:ketNQYlL
死んだら終わり、何もかも終わり、その後はなにもないならば、我々はどこからきたのか?

136 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 15:40:03 ID:ketNQYlL
二重投稿した。二重投稿した。
ふかわかよ。ふかわかよ。




ごめんなさい。

137 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 16:35:36 ID:NxpLgFsA
>>135
そういう思いは妄想だろ。
事実だけを見なさい。
輪廻という妄想に逃げてはいけません。


138 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 18:26:59 ID:/2RrNTWf
輪廻がウソだとはいってない。いまの自分には真理であると確認できないだけ。
修行が進めばありありと真理であることが実感できる瞬間がくるんじゃないの。

わたくしといふ現象は
 仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
   (あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといっしょに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電灯の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち その電燈は失はれ)
これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鉱質インクをつらね
(すべてわたくしと明滅し
 みんなが同時に感ずるもの)
ここまでたもちつづけられた 
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとおりの心象スケッチです


139 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 19:24:51 ID:JZWeuDcK
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3010887

原始仏教
http://mixi.jp/view_community.pl?id=683880


140 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 21:09:10 ID:zpaVzin9
>>139
↑なんだいきなり?

141 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 22:15:16 ID:VqRUfmHh
>>137
死んだら永久に虚無になるという方が非合理だろう。そんなの俺にタナトフォビアになれと言っているようなものだ
それに死後の裁きで天国地獄に振り分けられるという説よりは遥かに輪廻の方が合理的だと思うんだけど・・・
前世の魂がどうのこうのみたいなスピリチュアリズムとかヒンズー教みたいな六道輪廻は無いと思うけど意識の循環はあると思う

142 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 23:16:59 ID:I79JcapT
携帯から失礼します。
みなさんはセックスをするとき、どんな風に実況中継しますか?

私は(動いている)と中継してますが、合ってるでしょうか?
身体では感じている事を感じ、心ではそれに価値観を入れないで観察します。

世俗的に言うと、興奮はしません。

143 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 00:02:55 ID:Fnk5iNl/
実況中継でセックルするなんて(笑)
だいたい実況中継という方法自体がバカみたいなので
私は好きではありません。
在家者なんだからどうせセックルするなら感度を高める
方法を模索すればいいと思う。
セックルに執着したくなかったらセックルしなければいい
と思う。

144 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 00:50:18 ID:HI28HDyU
某テーラワーダのブロガーが輪廻を信じ込みたい余り珍妙な説を唱えていた
のを見たことがある。『まともな仏教者は輪廻を説いた』という説だ。この
『意見』に対する反例はあり過ぎて呆れるばかりだがある方との輪廻に関する
プチ論争には絶句した。語彙は仏教のそれだがそこで語られる内容は論証
ではなく単なる罵倒と傲慢なのだ。最後は「生きとし生きるもの〜」云々
の心こもらぬマントラで終えられるが意見を異にする者に対する憎しみは
かつてのオウム信徒を彷彿とさせるものがあった。また評論家の宮崎哲弥氏
の些末な言葉を取り上げ糾弾したりもする。愚かだ。あの手の人間が仏教を
流布する恩恵は計り知れないのに・・。
ヴィパッサナーは信念を強め性格を攻撃的にするのだろうか。ここに挙げた輩以外
でも攻撃的な人が目立つ。ブッダのことばは慈悲深いが彼らの言葉は残酷だ。
ついでに経典の業の説はなぜかサンガに都合良く書かれていて注目に値する。

145 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 01:53:47 ID:OFTBaDym
ほらやっぱり戒律主義には思考停止がつきものなんだよ。
原始仏教の教えを保存するという長所はあるが、そのあまりブッダの借り物の思想を信奉することで思考停止が起きる。
では大乗仏教はどうかというと、逆に原初の教えにとらわれず革新を模索する自由な姿勢のあまりに間違った方向にいってグダグダになった宗派が多い。今は革新ですらない。
保守の上座部と革新の大乗の日本柱、両方が協調しあってこその仏教だと思う。それこそが仏陀の説いた中道。

146 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 02:31:03 ID:xhmzr5rn
>>132
> なんで現代日本人は輪廻思想に抵抗示すのでしょうかねえ。

自分で体験出来ないことだから何も言えないというだけのことでは?
ようするに分からないんだよ。分からないからどちらとも断言しないの。
(でも何となくこの方が仏教的な感じがしないか?)


147 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 03:01:26 ID:T8wb+9il
優しさもなく護教心にのみ溢れた者、彼を狂信者と呼ぶ。
世尊の説いた言葉をろくな吟味もせず反復する者、彼はカルトの子なのだ。
見よ。彼の硬直を。美辞麗句に隠された嘲笑を。
精神は機械化し二値的判断しかできぬ。
経典にあるから1。経典にないから0・・・。
コンピュータほどの精度もないくせに。
彼は開祖の教えの護持者ではない。単なる教えの消費者なのだ。
消費者である以上、文句ばかり垂れ流すだろう。
「彼の仏教理解にはダメ出ししまくりなんですが云々」
「大乗の影響を受けた学者の言うことはバイアスがかかってるから云々」
彼の口調は単なるオタクのそれで、その体躯と表情は秋葉系そのものなのだ。
たまたま仏教に出会っただけで語りに必然性はないのだ。
マニアの心は動かしても衆生の心は逆撫でするだけなのだ。
戦えオタク仏教。行け秋葉仏教徒。
その戦いの先には自らの拠り所とする教団のカルト化が待っているであろうから。

148 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 03:16:19 ID:fi4cGrYR
>>147
かなりストレス溜まってるねw


149 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 03:31:21 ID:xhmzr5rn
>>147
そんなやつに俺が名前を付けてやろう。こんなのはどうだ?

  仏教ロボ

もちろん合体する。
デザインは大仏風でいいかな。w


150 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 03:32:14 ID:xhmzr5rn
今こんなのも思い付いたから書いておこう。

 ロボ仏陀

もう寝よう。

151 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 13:03:16 ID:/WxoXP10
>>146
輪廻は体験できないだけではなく、論理的にも納得できない。
科学的ではない。

仏教の他の教えは科学に合うが、輪廻だけは非科学的。
仏教は科学と調和すると言ってたのはスマさんだろ。
科学に反する輪廻を信じるのは矛盾してます。


152 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 18:42:52 ID:SVVVwdQG
輪廻はエネルギー保存の法則だってスマさんがいってたよ。
べつに非科学的だとは思わない。いまのところ反証が難しいから科学的とはいいにくいが。

153 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 20:02:37 ID:M/GQ0Ker
輪廻が無くちゃ説明できないようなものか?

154 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 20:34:00 ID:yRbifB/h
「仏教は科学的」と主張する必要がどこにあるのか?
宗教であるには違いないのだから、非科学的なところ
があるに決まっているではないか。

155 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 20:54:44 ID:/WxoXP10
スマさんは仏教は科学的だと言ってたよ。
だから、宗教じゃありません、ともね。

キリスト教みたいな非科学的な宗教を信じるなと言ってた。
仏教は科学だから信じろと、言ってた。
その理屈で言うと、輪廻なんて信じる必要はない。

156 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 21:35:45 ID:GOjfanGz
座禅とか瞑想とか効果のほどはどうですか?
精神的に強くなって性格改善とかあります?

157 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 22:03:02 ID:dUaWnDdu
輪廻輪廻って言ってもヒンズー教的な六道輪廻のことじゃないだろ。

158 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 22:07:09 ID:fi4cGrYR
>>156
はっきり言ってあります
僕の場合仕事のミスがほとんどなくなり他にも思いつめることがなくなって
その結果人間関係もよくなった
別に神秘的なことは全然なくて
一定時間集中的に体の感覚を感じることで瞑想をやってない時でも感情がおおげさに
動かないクセがつくんだと思う それにすぐ自分の感情を客観的に見るクセがつきます
これで無常を観ることができるとか 悟りをひらけるとかおおげさなことは?です
でもやめるつもりはありません 


159 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 22:15:02 ID:M/GQ0Ker
>解脱まで行かなくとも、死後必ず梵天か天界に生まれ変わります。
著書の一節にこうあるのだが

>>156
瞑想は効果あるよ

160 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 22:18:27 ID:vgFXWN/Z
瞑想が上達すると睡眠時間も四時間くらいでいいくらい疲労が取れるって言うしな

ところでこのスレにはミンデルのプロセス指向心理学に詳しい人いない?


161 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 22:38:42 ID:fi4cGrYR
結論かなり楽チンになるのでお奨めです
悟りをめざして難行苦行というのではないです

162 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 22:45:37 ID:GOjfanGz
なんか、効果かなりありそうですね
比叡山の9日間こもってとかは無理そうだけど
性格改善めざしてやってみよう

163 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 23:32:29 ID:nybSK3Yg
先月、名著が復刊してます。本とにお勧めの本ですよ。

http://www.kitaohji.com/books/2584_2.html ←見た目怪しいですが、出版社のHPです

宗教と全く関係したくない、自分は大乗とかキリスト教を信仰しているとかいろいろある人は、とりあえず
ストレス軽減と割り切って、こういう方向もありですよ。私は読んだから断言しますが、分厚いですがいい本です。




164 :神も仏も名無しさん:2007/10/23(火) 23:45:00 ID:vA0yZX/U
>>155
輪廻や慈悲を説いておいて宗教でなかったら何なんだ!
上座部は輪廻や慈悲を説くから宗教だろ!
バカスマ

165 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 00:02:56 ID:fi4cGrYR
>>164
ストレス軽減法ですw

「比丘らよ、我らは前世でも現世でも、苦の生起と苦の滅尽をのみ定め教示する」

166 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 03:55:21 ID:uR+E1Jzz
輪廻思想は取扱い次第で本当に恐ろしい思想になるので反証不可能な証拠がない
以上、余り堂々と説くのはやめて欲しい。単純に言えば「あいつは悪いカルマを
背負って生まれてきたから苦しんでも仕方ない」とか「社会的地位のある人は
は良いカルマがあるから当然だ」みたいな思考に陥って制度や社会的差別を正当化
する装置になりかねないから。幾ら魂の存在を否定してもカルマは良い方向に向け
られると教えられても心の奥底でカルマを信じていたら思考が制限されると思う。
「誰のものかもわからぬ業で苦しむ」なんて考えるのは病気だと思う。それなら
ニーチェの言う能動的ニヒリズム、永劫回帰の全肯定みたいな考え方の方が同じ
極端な思考にしても健康的で責任感もあると思う。それに『解脱せねばならない』
という強迫観念は現実問題から目を逸らす格好の逃避口実になり人の生を破壊し
かねない。オウムや和尚のコミューンの成員の人生を見ればこれはわかる。
悟りを目指す自由もあるが悟りを目指さない自由もあることを忘れてはいけない
と思う。

167 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 14:10:49 ID:a0qBH+AJ
転生論と、前世論・カルマ論は必ずしも結び付かないだろうに。

168 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 15:29:31 ID:sFmZKu8F
輪廻後は輪廻前の記憶も何も無いので輪廻などあろうがなかろうがどっちでもいい

169 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 16:33:42 ID:4+mv0kuK
日本テーラワーダ仏教協会
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1191308792/

こんなんあるんじゃん。どっちかいらねぇじゃん。

170 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 17:59:25 ID:oBSSQsTy
だからこっちではヴィパサナだけ論じればいいお
スレタイからスマ氏の名前取り除いた方が荒れないお
だお、だお、だお

171 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 23:27:36 ID:zfT8Vm/8
テーラワーダ全体のことはまだ分からないが、少なくともスマナサーラさんの教えは首をかしげる部分が多いなあ
宗教じゃないなんて言わなきゃいいのに
結局、北米あたりの瞑想から入る感じの仏教のほうがよっぽど宗教色薄いですね

172 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 08:24:04 ID:cTUnQplV
別にスマナサーラの発言を耳をふさいで瞑想だけやっててもいいと思うが。>>171
でもいろいろな解説も聞いてみたいなら、話も聞けばいい。
ほとんどの人は長老の話は聞くけど瞑想はなんだかんだ口実をつけてやらない。



173 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 10:19:15 ID:Z3fE3S3V
協会関係者、あの一時出家してるヤツの暴走止めた方がいいぜ。2ちゃんで匿名
で書くようなひどい内容の話を釈迦やスマさんの威を借り、ちんたら続けている
あの馬鹿。あいつが書いてあることは本人の意図はどうあれ受け手にはほぼ協会
の言葉と受け取られるんだから。あいつが個人で組織と関係なくやる分には全く
構わない。単なる人格障害の方のイタイ自意識過剰なブログで終わりだから。
でもあいつ組織成員の名の元にやってんじゃん。暴走が止められないならカウン
セリングでも受けさせた方がいいぜ。カテゴリー的には多分、人格障害だから。
あいつ、前にいた宗教団体かなんかで強烈な洗脳を施されてるの?それとも協会員
は総じてあんな感じなの?それじゃあ仕方ないが、そういう訳でもないんでしょ。
久々にあいつのブログを見て本当に酷いと思った。自意識が肥大化しすぎている。
また自己責任で書ききってないのが痛すぎ。何かあれば仏陀はどう長老はどう上座
部はどう。狡猾にもほどがある。そいで上座部に対する批判には過剰に反応する癖
に一丁前に他宗の開祖は罵倒しやがんの。なんじゃあいつ。本当、誰か脱洗脳して
やれよ。自前でああなったか、前にいた組織でああなったか知らないがあいつの
精神状態は相当ひどいよ。テーラワーダでああなったとは思えないんだが。


174 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 10:55:24 ID:L/IQYW8i
融通の利かない人間ほど宗教に嵌りやすい
得てしてそういうタイプほど厄介
しかし世間では融通の利きすぎる玄侑さんみたいのに限ってコスプレと揶揄される
どっちがいいんだろうね


175 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 11:56:54 ID:HHeA1Uaz
>>174
同感です。
柔軟性やユーモアがない人や集団はブッダの教えとは正反対のところに
行っていると思う。
原理主義者やカルトや極左、極右って客観的に自分や物事を見れなくな
っちゃて柔軟性がなくって融通が利かない。

それに規則やルール好きで他人にも押し付けるw
自分のアタマで考えずに「先生」に答えを聞こうとする
そんでそれを暗記するだけ

176 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 15:56:05 ID:ecjFXp2c
>>173
前にいた組織ってぇぇぇ?
あてずっぽでかいちゃいかんよぉ。

あなたがそう感じている部分は、あなたの見解として理解できないでもないが、
あなたがおもっているほどガチガチな方でもないと思うよ。
寺に行って一緒にお茶でも飲んできなよ。

177 :寺和田の鬼:2007/10/25(木) 16:10:08 ID:htRotzsi
参上!

178 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 17:30:28 ID:Z3fE3S3V
>>176
可能性としてあげてるだけで断定してないだろ。わざわざああ書いたのはあんたら
一般の信者と区別するためだ。俺が教団と無関係だからといってあそこやスマさん
を全否定するつもりはないからだ。それともなにか?あいつはテーラワーダで狂っ
たと書いた方が良かったか?
それにあいつがいいヤツだったら早く止めてやれよ。地獄への道は善意で固められ
てるっていうだろ。それと俺が言ってるの組織の運営上よくないって意味だ。
例えばトヨタの社員のブログで日産の社長や車を非難していたとする。それが
本当に一個人の責任で済まされると思うか?トヨタ車をべた褒めし社長を持ち上げ
日産の車を貶め「ゴーンたんの経営はダメダメだよ」なんて書いて組織上
いいと思うか?わかるだろ。
それとあいつは岸和田の寺まで来るのか?それじゃあ、あいつにマジ直接言って
やっていいんだぜ。俺は関西なんでぶっちゃけ東京まではなかなか行けないんだ
。なんか二週にいっぺんぐらい修行の集いみたいなのやってんじゃん。
あれにあいつが来るなら俺マジ行くよ。入会費もやっすいしな。ネットでちま
ちま批判すんのは性に合わんし。ただああいう腐った態度を現実でとっちゃ
ボロカス言うぜ。


179 :寺和田の鬼:2007/10/25(木) 18:35:59 ID:htRotzsi
>>178
アフォを教戒する
礼儀が必要だろ。。

180 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 18:46:09 ID:ecjFXp2c
>>176
あなたの見解はそれはそれとして、すごく理解できる部分はあります。
ただ、blogに見られ方にご指摘の負な点があるにせよ
あなたのような元気な反応があるということである意味
blogとしておおいに成功してるんじゃないかな。
あなたも書いておられるとおり、協会員すべて同じ見解でもないでしょうし、
パティパダ引いてるだけな感じの方からいろいろでしょう。
blogの見解と組織が同一視されては、、、となるくらい組織への執着というか
「組織」がカチッとしてるわけじゃないかもね。
私は、情報として時々見させていただきますが。

近畿に行かれるようだったら会ってお茶飲むといいね。
まあでも一時でも出家されてるから、ボロカスはね、
それも解釈で変わるかもしれませんがw




181 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 18:47:33 ID:ecjFXp2c
ゴメ

上 >>178 だわ。

182 :178:2007/10/25(木) 19:58:17 ID:RW4z5G+Y
マジ、チンケな俺の金儲けが一段落ついたら岸和田よさせてもらうわ。
喧嘩っぱやいが普段は礼儀正しい輩だから警戒しないでおくれ。スマさん
の本はアビダンマも含め大体読んでるから多少は寄る資格あるんじゃない。
仏教の本は二百程度しか読んどらんが。ちなみに俺は眉間上に小さなキズが
あり下唇が不均衡な形をしております。よくみれば顔面が微妙に変形して
ます。そんな奴が出入りするようになったらお声をおかけあそばせ。
楽しみだな。お茶すんの。こっちに失礼がないように気を付けねばなw

183 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 21:12:43 ID:vor2FbUV
>>163
おお、ありがと。

184 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 07:01:35 ID:EpLW817t
>ちなみに俺は眉間上に小さなキズが
あり下唇が不均衡な形をしております。よくみれば顔面が微妙に変形してます

すまん・・想像して笑ってしまった・・


185 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 08:34:15 ID:h0KZI1of
「不遇な人々をあざける。また、破廉恥な行為をする。これが顔色を悪くする
業である。」──>>184 お前、少し気をつけろよ。笑う理由はない。
日本人の白痴笑い。


186 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 13:20:07 ID:VyEzc/jb
とりあえず批判だけしてみたいというそんだけの文章ですね
>>178
ぜんぜん知らない人を面白半分にとりあえず中傷してみようとすると、
そういう文章に仕上がるんでしょうね。

187 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 21:38:37 ID:at9kn3Lk
本読んだ方がいいよ。

188 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 01:04:12 ID:bGhPwGxv
慈悲喜捨の瞑想を寝る前にやっているのですが、そういうときに限って眠れません。
長老は「眠れなければ慈悲喜捨の瞑想をずっとやっていれば何時か眠れます」
「眠る時間はそんなに長くなくていい」と書籍でおっしゃっているのですが、
時間を決めてきちんと眠りたい物です。(今のところ夜中なんて起きている事無い)
そして起きるときは眠くならないようにしたい物です。

189 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 02:18:12 ID:3SoIWuGA
>慈悲喜捨の瞑想を寝る前にやっているのですが、そういうときに限って眠れません。

なら、慈悲喜捨の瞑想を寝る前にするのをやめればいいだけの話じゃん!

190 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 11:01:46 ID:cUUG3ocY
おれは風呂でやっている。

191 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 13:29:45 ID:eVYWX8tS
寝る前にやると眠れなくなるのなら、朝起きたときにやればぱっちり目が覚めるのでは。

192 :神も仏も名無しさん:2007/10/27(土) 16:30:23 ID:j1N61TZY
起きたときにやって二度寝になったら笑える。w

193 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 15:40:08 ID:U9+NJJnC
先日からヴィパッサナー瞑想を始めたんですが、ちょっと疑問に思う事が。
座って目を閉じる瞑想だと、境地に達した時に色々な過去の記憶がよみがえったりすると聞いたのですが、ヴィパッサナー瞑想の場合は何か起こるものなのでしょうか?
歩いているし目を開けているからどうなるのか全く想像がつかないのですが、ヴィパッサナー瞑想には境地や涅槃という考えは無いものなんでしょうか。

194 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 18:04:37 ID:BJWbAi+E
>>193
誰のメソッドのヴィパッサナー瞑想ですか?マハーシ?

195 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 18:50:08 ID:e51DIw0t
>>193
なにが起きるかは人それぞれ
あらかじめ想定しない方がいい

196 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 20:37:18 ID:U9+NJJnC
>>194
自分のための気づきの瞑想ってのを読んでやり始めました。

>>195
そうですね。知ってると逆に雑念になりますね。
ぶっ倒れちゃったりしたら危ないなぁって思ったもので気になっちゃって。
よく考えたらさすがにそれは無いかな。

197 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 18:52:30 ID:gXIoH1CG
http://onedhamma.cocolog-nifty.com/blog/

198 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 22:42:59 ID:HivdPPYA
山下さんの話しは面白いね

199 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 23:52:38 ID:T9b9QztD
>>198
あなたにとってはね。

200 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 20:45:43 ID:ulunTmC8
歪んでるなぁww

201 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 12:27:40 ID:7ce32ZbZ
話変わるけれど、最近、長老は本を出し過ぎじゃない?
それにどんどん出版する間隔が狭くなっているような気がするんですが。

202 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 14:06:46 ID:r2tK7l4J
それはひとえに資金繰り
そのためには内容の無い本出すのも仕方ないことなの
教団の運営が上手く回ってりゃ般若心経わざわざ一冊使って否定するようなことはしない

と、まだ俺は信じたい

203 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 17:53:55 ID:5tZlQ1YJ
>>201
禿同
ひょっとして仏教がひそかなブームになっているとか
メディア・週刊誌とかに言われたいのかなぁ。と思ってしまった。

スピリチュアルVS仏教
結構ワクワクする。

204 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 18:25:25 ID:t8u48lR8
スマナサーラ長老と細木さんや江原さんの対談があったら面白そうだ。
是非やってもらいたい。

205 :今夜大阪大震災予言的中か?ジュセリーノ予言:2007/10/31(水) 19:01:53 ID:5gBf2wDQ
今夜大阪大震災予言的中か?ジュセリーノ予言
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1193732294/1-100
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1193405055/401-500
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1190617664/601-700
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/esp/1193558475/1-100
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news7/1193734817/1-100
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/eq/1193473042/101-200
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/eq/1192232450/l50
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/eq/1192204690/l50

206 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 19:03:10 ID:HbeIflzL
まあ、そこそこ、ある程度確実に本が売れるので、出版社としてはありがたいというわけだよ。たぶん。

207 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 21:59:23 ID:cunFTvln
http://www.xn--tfrs84filhi9u.net/bbsvipassana.html

208 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 01:38:59 ID:7vTBhsmv
>>207
また小銭儲け いいよいいよぉ。前から何度もはってあるけどw。

全然関係ないが、ニキシの上座汁貯煮二代目管理は、
一代目のことといい つーまらぬことで介入しすぎだにゃん。



209 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 05:24:30 ID:dOrLIIoE
>>202
経営状態がそんなに思わしくないのでしょうか?


210 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 10:26:47 ID:1qSnV28/
しかし、長老の本は、何の糞の足しにもならんよな。

211 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 11:57:56 ID:/tHE4qtj
何度も読み返せる、瞑想への導入剤のような本が欲しいな。

212 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 15:01:08 ID:7vTBhsmv
>>202
出版社が書いてくれって頼んでくるからね。
仲間会社じゃないところのは基本的に売れるからいらいがあるんだお。

213 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 18:53:29 ID:D2tx131a
長老は喋ってるだけだろ

214 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 22:45:03 ID:NeBYrLqk
流暢とは言えない日本語でしゃべると、
ちゃんとした日本語で書かれた本になるって便利で良いなw

215 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 08:27:29 ID:VC7ZWYr9
ところで、鈴木一生さんが「また大乗仏教の坊さんにもどった」宣言しているね。

216 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 12:20:16 ID:bVOLESEz
心臓の手術も無事に成功したみたいで良かったです

217 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 13:48:20 ID:5Wfgsbmd
>>215
え?
どういうことでしか?

もう、あの人、ころころ変わるなぁ。知ってるおばはんみたいだ。

218 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 14:02:05 ID:PFboxxEq
鈴木さんに関しては、このスレや上座部仏教スレであつかうような対象じゃないとおもう。
いいかわるいかは別にして、鈴木さんは鈴木さんの道を歩んでるのだから。
上座部派生まで含めて議論しだすと、オウムからでたあとの上祐史浩まで含まれちゃう。

219 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 21:19:11 ID:V4YJHxi0
>>215
体調回復されてほんとによかったと思います。ただ、
ミャンマーでの一時の行動を留学生が指摘していたことへの回答は
是非 していただきたいとは思います。事実と違うなら、違う、 事実ならそこでしっかりと認める
どちらにせよ。

会社の危機管理ではないですが、信頼の回復には、それが必要かと。
身近に問いただすかたがもしいなければそれはそれで逆に不幸なことかも
しれません。


220 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 11:30:15 ID:0HIsjy59
自分に都合のいい教えを求めて上座部に近づく人は、
さらに自分に都合のいい教えを求めて最終的には上座部からでていくのだとおもう。


221 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 15:52:03 ID:L5AK86jt
はじめまして
新参です
昨日地橋氏の本を手に入れてヴィパッサナー瞑想を始めましたが、スレ違いでしょうか?
ちなみに私の場合、能力開発としての瞑想利用です

222 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 21:36:22 ID:cCfE3ef3
自由にすりゃいいんじゃない?能力開発でもなんでも。
戒も含めて受け入れた上での能力開発ならそれなりにだろうけど、
動機がそのままだと伸びないというか成長は比較的早く
stopだろうと 教えられてる法脈の流れからは予測されます。

223 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 21:41:14 ID:bGyEL/50
そういうあなたがどこまで成長しておられるのか興味深い。

224 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 23:39:57 ID:Xh8nHZZz
>>223
禿同

225 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 00:14:17 ID:5VlDbY6a
>>223
そういうあなたがどこまで成長しておられるのか興味深い。

226 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 00:19:56 ID:DELrjyIV
いつまでやるんだか・・・

227 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 21:15:32 ID:hRd5xCYY
なんかヴィパッサナーの解説書って上から視点なのが多いよな。
常に呼吸を意識しろ、やってることを実況中継しろ、ストレスしか沸かない。
凡人が一歩一歩迷いながらも解脱に近づく様子がわかる日記形式の解説本はないのかね・・・

228 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 21:24:04 ID:Y0CkPGlz
http://shamon.jp/

229 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 00:55:52 ID:JL4fkrWm
>>227
>なんかヴィパッサナーの解説書って上から視点なのが多いよな。

こう言ってはなんですが、そう感じるということは、自分のエゴから脱却するほど修行していない証拠ですよ

230 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 03:46:33 ID:SVTz+O70
そういう人だからここにいるのでしょう
私も含め

231 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 11:52:18 ID:RE90ru2S
訳のわからんことを言うな。
俺は今この瞬間の生きてる実感を高めたいだけなんだ。
それに役に立つ方法が見つからない。

232 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 11:54:55 ID:RE90ru2S
>>229
こういう戒めみたいなのも結局は自分の自尊心からきてるんじゃね?
真に慈悲の心で戒めてくれるお方はこのスレにはおらんのかね。

233 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 13:19:03 ID:h4CrSw72
荒らしは来ないでいただきたい

234 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 13:23:06 ID:RE90ru2S
荒らしだと思うか?このスレを荒らすことで何の得になる。
自分の心が荒れているだけなんじゃないの?

235 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 13:59:02 ID:OJWBnwDl
慈悲の心かどうかは分からんが
>俺は今この瞬間の生きてる実感を高めたい
つまりリアルタイムということだね。
入出息念などはどうだろうか。
自分の呼吸の出入りを観察する。
死者は呼吸していない。

236 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 14:04:37 ID:h4CrSw72
ID:RE90ru2S さん、ほんとこないで・・・
来るなら口調変えて
でないとほんと荒れてくるから・・・
ただでさえ荒れやすいスレなのに(最近はそうでもないけど)

237 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 15:00:17 ID:RE90ru2S
>>235
それは今試してるんだが、逆に今の行動の妨げになる。
呼吸を感じることがプレッシャーになってイラっとする。
この世界に存在が根ざしていない、希薄な感じ。
生きている実感が沸かない。慢性的欝なんです。

>>236
このスレに執着してるんだね。それもエゴだよ。

238 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 15:21:47 ID:OJWBnwDl
入出息念は大人物でなければ成就出来ないと言われ、大念住経にはトップにあり
ますが難しいんです。またコツがあって肝心な事が分かっていなければ上手くい
きません。上座部僧に習ったこともありますが布施が少なかったからなのか知ら
なかった、本人は真面目に瞑想していなかったからなのか分かりませんが肝心な
部分は教えてもらえませんでした。自分で調べて分かったんですがそのとたん力
が抜けて入出息念は前ほど熱心には今やっていない。が、諦めてもいない。
>生きている実感が沸かない。慢性的欝なんです。
この辺は私にはあまりないので anyone・・・

239 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 18:27:34 ID:+NdFmdN1
働け

240 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 18:36:53 ID:PPrlbVrJ

自分を変える気づきの瞑想法のタイトルに引かれてヴィパッサナーの本を買ってみました。
具体的にはこの瞑想でどういう風に自分を変えれるのでしょうか?

241 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 08:58:14 ID:r7Kg9UUp
>>215
>ところで、鈴木一生さんが「また大乗仏教の坊さんにもどった」宣言しているね。

正しくは「職業としての葬式用坊さんもどきにもどった」でしょう。

242 :癒されたい名無しさん:2007/11/07(水) 22:28:14 ID:/+3TOZ+e
私が幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように


243 :癒されたい名無しさん:2007/11/07(水) 22:31:25 ID:/+3TOZ+e
私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願いごとがなくなりますように
私の親しい人々に悟りの光が現れますように

244 :癒されたい名無しさん:2007/11/07(水) 22:34:04 ID:/+3TOZ+e
生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように
生きとし生けるもの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものに悟りの光が現れますように


245 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 22:34:57 ID:Sh2vLy87
はいはい
地橋ね
もう来ないでね

246 :癒されたい名無しさん:2007/11/07(水) 22:38:33 ID:/+3TOZ+e
私の嫌いな人々に幸せがありますように
私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々の願いごとがなくなりますように
私の嫌いな人々にも悟りの光があらわれますように

247 :癒されたい名無しさん:2007/11/07(水) 22:41:12 ID:/+3TOZ+e
私を嫌いな人々にも幸せがありますように
私を嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌いな人々の願いごとがかなえられますように
私を嫌いな人々にも悟りの光が現れますように

248 :癒されたい名無しさん:2007/11/07(水) 22:44:40 ID:/+3TOZ+e
生きとし 生けるもの が 幸せで あり ますよう に
生き と し 生ける もの の 悩み 苦しみが なくなりますように
生き とし 生けるもの の願うごとが 叶えられますように
生き とし生けるものにも悟りの光が現れますように



249 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 00:30:34 ID:dangJ+dN
私の嫌いなID:/+3TOZ+e が早くくたばりますように
私の嫌いなID:/+3TOZ+e が早くくたばりますように
私の嫌いなID:/+3TOZ+e が早くくたばりますように
私の嫌いなID:/+3TOZ+e が早くくたばりますように

250 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 01:36:27 ID:iywqcIz4
やめろよ。みっともない。

251 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 04:40:08 ID:d9Q+HZeu
>>249が幸せになりますように。

252 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 04:53:55 ID:+4wr2mLk
なめろよ。もっとみたい。
たべろよ。もったいない。

253 :癒されたい名無しさん:2007/11/08(木) 13:03:43 ID:zKesgRk6
>>249が幸せになりますように
>>249の悩み苦しみが無くなります様に
>>249の願いごとが叶えられますように
>>249に悟りの光が与えられますように

254 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 18:39:24 ID:rre8XtVG
>>254が幸せになりますように
>>254の悩み苦しみが無くなります様に
>>254の願いごとが叶えられますように
>>254に悟りの光が与えられますように

255 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 18:51:38 ID:+B0fP7/v
なんか白宏会?みたいなこと言うんだね 
では私もひとつ アーメンなんみょう南無あみインシュアラー喝

256 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 19:34:57 ID:Npb9PL+R
原始仏教
http://mixi.jp/view_community.pl?id=683880
ゴータマ原理主義
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2667484
原始仏典
http://mixi.jp/view_community.pl?id=951429

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3010887http://shamon.jp/
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=13034389

257 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 03:58:16 ID:K2pU+Lgo
意識的に妄想を止めることが出来るようにまではなった。
放っておくとすぐに元に戻ってしまうけど。

258 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 11:42:18 ID:p1uoySLh
>>257
kwsk
はじめてからの日数など

259 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 17:02:31 ID:Nt9abj4h
>>258
始めてから2年くらい経つけど
妄想が出るかどうかは日常生活で受ける刺激の強さの影響が大きいと思う

260 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 17:28:55 ID:IrhB3jUP
ふと思ったのですが
スマナサーラ長老と地橋先生の教えは違うのですか?

261 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 22:03:47 ID:ivqjeawU
>>241
>正しくは「職業としての葬式用坊さんもどきにもどった」でしょう。

歴史上の実在の人物としてお釈迦様が生きておられた時代にも、先祖供養などの
儀式を職業的にとりおこなうバラモン人たちが多数いた。日本仏教における大乗
の僧侶が果たしている社会的役割というのは、当時のバラモン階級の人々に似て
いるような気がするのだが、どうだろう? 悪くいえば葬儀ビジネスだが、
もうすこし前向きに、生きている人間の生き様にプラスの効果を与えるような
僧侶もいるのではないか? (世間の狭い漏れは、残念ながら、面識ないけど)



262 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 22:23:32 ID:ivqjeawU
>>237
>生きている実感が沸かない。慢性的欝なんです。

それはきちんとした病院にいったほうがいい。 いや、マジで。

幸い「神経症」と診断された場合には、慈恵医大系統の神経科で「森田療法」というのをやっていて、
症状によっては1ヶ月ぐらいの入院治療でなおる場合もある。ただ、昔は保険が効かなかった
ので、1ヶ月の入院で約30万円。でも、症状が直ってしまえば、普通の人に戻れるし、だいいち
「森田療法」では「神経症」を病気ではなく単に本人の性格に起因するものとして扱っている。

ちなみに、「森田療法」では、仏教思想のように、「あるがまま」に生きることを説く。

下記引用=ウィキペディア、森田療法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E7%99%82%E6%B3%95


263 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 01:04:20 ID:CSPSRzLL
ID:RE90ru2S のような粘着が早く消えますように
ID:RE90ru2S のような粘着が早く消えますように
ID:RE90ru2S のような粘着が早く消えますように
ID:RE90ru2S のような粘着が早く消えますように


264 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 01:40:04 ID:Z1uGLX/a
森田療法は神経症からくる二次的な抑うつには効くが鬱病には効かない

265 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 09:58:12 ID:psDrF9B+
>>264
>森田療法は神経症からくる二次的な抑うつには効くが鬱病には効かない

だが、自覚症状だけでどちらであるかを本人が判別することは難しい。

だからこそ、慈恵医大系の森田療法の専門医師による診断を仰ぐことが必要。
幸い「神経症」と診断された場合には、症状の「苦」を滅する道がある。



266 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 22:17:07 ID:6YBBPUCK
>>ID:RE90ru2S
同じかどうか分からないが、自分は思春期の頃に何か現実感覚が薄れていくのを
感じたのを覚えている。
成長過程で心と体のバランスが崩れることはありますよ。
そのまま現在に至ってますが、慣れればそれが現実なのでは。
年とともに感受性は失われるが、自我は育つ。

・・・見当違いだったらスマソ。

267 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 11:12:49 ID:Bi3e5t+R
mixiのヴィパコミュで勝手にしきってる勘違いオジサンが
すっごいうざいんですけど

268 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 11:45:18 ID:AilbQc8K
>>267
引き寄せの法則。
傍観の立場に立てば、イライラしなくなる。

269 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 11:46:25 ID:tkmwi3RC
怒り、怒り、戻りまーす

270 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 12:23:21 ID:u08iY3/U
むしろいろんなコミュニティーで単発質問トピックを立てまくるマ○族のほうがウザいんだが

271 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 22:47:56 ID:nR0rQ+ah
http://www.yourfilehost.com/media.php?cat=video&file=nnnnn_hiroko.flv

最初の一瞬だけ似てるわなw

272 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 23:49:57 ID:ItQM6qkH
ものすごく現実味をおびない感覚の時があるんだけど、
あのなんともいえない違和感・・・
自分が存在してない感覚ってこれと関係ある?

273 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 23:52:05 ID:BdU99szv
何いってるかよくわからんが、
ただボーっとして存在が希薄な感じはよくある。
特に夕方。

274 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 23:56:01 ID:hOffh+ow
離人症かもよ

275 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 00:16:39 ID:zcohw6/K
異界に迷い込んだんだろ

276 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 00:20:47 ID:r6LDTdbh
うん、離人症だな
YOUヴィパサナ極めちゃいなよ

277 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 06:45:51 ID:U/em3MZy
居間でうつらうつらして、ああ部屋で寝なきゃって時は現実感ない

278 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 15:38:49 ID:9ybCZFeg
>>267
すごく各種瞑想経験豊富なタダミにもいっていらっしゃる方ですぞ。
すごいんですぞ。なので人にもアドバイスできるんですぞ。
すごい方なんですぞ。ありがたや。ありがたや。

279 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 19:00:14 ID:VJxDK6ru
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4306797

5 2007年11月10日 19:32 Chandra

お手数おかけして申し訳ありませんが、歩く瞑想は新たにトピックを立てて下さい。
よろしくお願いします。


280 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 20:48:32 ID:9ybCZFeg
>>279
なんてことを。。。ヒドス。
あなたもいろいろ質問して来ればいいのですぞ。
きっと親切にお応えいただけますぞ。

281 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 21:52:02 ID:xcqGOWyX
どうみても異常です。管理者のつもりか。

282 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 22:05:11 ID:T5hInm4G

( ゚д゚) どっちも異常です

283 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 00:09:27 ID:zMpqZNrb
瞑想の本買ったけど、科学的と言いつつ実験データの提示があるわけでもない
科学的って言葉だけ連呼されても胡散臭いだけなんだが……

284 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 00:29:31 ID:gWyxoq7t
スマさんがいう科学的ということばには、1)盲目的に信じる必要がなく論理的な根拠がある 2)やればやっただけ結果が現れる
といった意味があると思う。

285 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 02:26:09 ID:zMpqZNrb
根拠があるならその根拠ってやつを一緒に書いとけば良い
やればわかりますって言うだけより読むほうもやる気になるよ
科学的って言いながらトンデモな宗教なんていくらでもあるから
はっきり言って信用できない

286 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 03:51:42 ID:/6ClTLSZ
>>278
なにがすごいんだか。タダミだかなんだか知らないけど
言動見ればタダの勘違いオジサンだとわかる。痛いよ。

287 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 08:29:06 ID:brAd39mL
>>286
深い瞑想経験からえられたうんちくがあるのですぞ!

288 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 20:11:30 ID:NN42Rowv

愚かな者は、実にそぐわぬ虚しい尊敬を得ようと願うであろう。

289 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 22:27:38 ID:brAd39mL
そうだな そぐわない尊敬だとね。
実にそぐうったらどうしますぞ!

290 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 23:46:53 ID:DkN0U69D
なんか精神的に問題ありそうなんだよな。長老。

291 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 10:23:07 ID:Cax6M8Ah
どなたかクリシュナムルティとスマナサーラさんについて、意見ください。

292 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 12:32:42 ID:zsuYrX3i
意見も何もスマ長老がクリ師のことを書いてただろ
クリ師は生まれながらの預流果だと。
以上。

293 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 14:13:10 ID:0Fwjryvt
法華経けなしてたよね

294 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 20:07:40 ID:ww5cG8iN
読んだことあるけどおれも嫌いだな 
塔がにょきにょき伸びて、仏がたくさんあつまって、お互いにほめてるだけ。なにあれ?ミュージカルかなんか?

295 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 21:34:10 ID:E9aHuwxk
クルシュナムルティ>無限>スマ

296 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 23:06:15 ID:sYtRvTP7
>意見も何もスマ長老がクリ師のことを書いてただろ
クリ師は生まれながらの預流果だと。

なんの本に?
興味あります。

297 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 01:08:30 ID:omoIRADA
しね

298 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 01:38:52 ID:7+7JxkpR
一日少しずつ瞑想しています。
進歩したのかどうかわからないけど、
人間関係などスムーズにいくようになりました。
僕は昔、人の言葉がすごく気になる人間でした。
でも、最近、それが妄想だとやっと少し気づいて
悩みがかなり減りました。



299 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 02:07:39 ID:XKaMkZpx
自分でも忘れていた記憶がたまに出てくる(偽りの記憶の可能性もある)から困る

300 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 05:39:02 ID:sRPYPNm3
【上座部仏教】アルボムッレ・スマナサーラ【瞑想】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1195225402/

書籍板に立ってたので貼っとく。
一応こっちにも。マルチすまん。

301 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 07:03:06 ID:U1XwFGtw
鬱に関して専門に扱った本は長老はだしてないけど、講演会ではちょくちょく語ってますね。
「なにかしたい」のが意思であるのと同様、「やりたくない」ってのも意思らしいですね。
最初は、「なにもしたくない」とか「眠い」が意思である筈ないと、私もそんな馬鹿な話と思ってましたけど、最近は意味が少しわかります。
鬱病になる原因も以前語ってました。
鬱病で悩んでる人が多いからぜひまとめていただけたらなあとは、思います。

302 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 20:58:43 ID:M0XUclmU
>>291 2人そろってクリスマス

303 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 00:20:25 ID:KM3IsBtF
どんだけーーーー

某より
--------------
コメントがつきませんので一言。
従来こういう内容のトピックは、私が解説しておりましたが、
そろそろバトンタッチしたいと思います。

できれば**さんにやっていただきたいと思います。
不足や間違いがある場合はサポートいたしますので、
よろしくお願いいたします。
----------


さすがですな。

304 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 00:55:17 ID:1eLpQE96

( ゚д゚) 2chが穢れる。落書きするな。

305 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 15:41:21 ID:KM3IsBtF
聖なる2CH。。。

306 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 20:00:53 ID:J7X1Pac0
今日のお前が言うなスレはここですか?

307 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 21:31:03 ID:UOnNtWbe
聖なる2chを見て慌てて名前まで変えたらしい

308 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 19:52:38 ID:Y7RDBF/N
ageています...ageています...

309 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 01:09:06 ID:/rApq9Jd
>>302
誰か座布団を!

310 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 12:12:55 ID:4jR1GyTV
イメージの破棄を仏教は勧めているけど、それってロボットに成り得ない?
夢も希望も全て幻想、ただ目の前のことを意識せよ。
これでどうして成長が望めるんだろうか?

311 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 12:24:05 ID:YjaPG75E
根本的な誤解があるな
仏教が求めるのは成長とか改革とかではなく脚下照顧だ

312 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 12:30:00 ID:wSPCoTpo
>>310 成長とは?


313 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 12:52:50 ID:4jR1GyTV
>>312
前向きな明るい感情を選ぶこと。

ヴィパッサナー系の本見てるとどうしても思考を敵対視してるようにしか見えない。
解釈が間違っていたら正してくれ。

314 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 16:47:10 ID:VlQ4nN2j
煩悩や妄想にまみれて人は生きています。
大抵の人は気づいてすらいませんが。

仏教は煩悩や妄想を破壊します。
その方法は、自分の心の働きをつぶさに見つめる事です。
それをやると、「自分そのもの」と思い込んでいる「精神」だとか、
自分では正しいと確信してしまっている「考え」などが、
じつはたわいのない、浮かんでは消え、浮かんでは消えるものだと
分かるようになります。
つまり、妄想が妄想として識別できて、世界の実態がくっきり見えて来るわけです。
これがヴィパッサナーです。

現実の問題に対しては、このクリアになった頭を使って対処します。
元の木阿弥のようですが、すでにあなたは一皮むけています。

315 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 17:12:32 ID:4jR1GyTV
解説あり。でも妄想と想像との違いがよくわからんなあ。
想像を否定するならこの世にある全ての創造されしものを否定することになるが。
こうしよう、ああしようと思うのは妄想?
この世は全て無常、移ろわないものなどない、って実感できたら何が変わるわけ?
なんか見通しが利かないんだよな。目的意識持つのはだめなんでしょ?
一体何がおkなの?

316 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 18:57:50 ID:QAC18uX8
テーラワーダ仏教ってオウム真理教みたいにならないだろうか?
なんかオウムも仏教思想を利用していたし。

あと心配事といえば、今までお世話になったお寺さん(大乗仏教系)とはこれからも付き合っていいかどうかだが…

悟り開きたいよなぁ。お釈迦様のようになって自分と家族、一族を救いたいんだが。
心と精神と肉体のバランスの問題だから病院とかじゃ絶対に解決できないと思っているんだ。
俺の周りの問題って。

317 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 19:00:41 ID:wSPCoTpo
>>315 心をちゃんと制御して、妄想だと気付くのが大事でしょう。
晩ご飯のメニューを考えるべきときに、
晩ご飯のメニューを考えるのはいい。
しかし、車の運転中にスーパーの看板をみかけて
ふと意識が晩ご飯のメニューのことに移ったりしたら、
その瞬間は意識が運転から離れてしまう。
気まぐれな心に操られるのではなく、
心を操るようにする。

318 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 00:27:57 ID:rLjLTOYX
>>316
その件に関しては、オウム問題を分析して、テーラワーダと比較してみると
答えが出てきます。

まず、オウムの教義では、個我(アートマン)の永続性と、個我の輪廻転生を
前提として組み立てられていました。

つまり、仏教の「無我説」ではなく、「有我説」の立場をとっていました。
永遠不滅の自我を信じるが故に、殺しても構わないと考えるようになっていった
のです。

まずこれが原始仏教の思想と大きく異なる点です。

319 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 00:28:03 ID:rLjLTOYX
第二に、教祖への盲目的追従を強要する点。

教祖麻原彰晃は、完全な悟りに達した正覚者であり、信者は未熟で無智なる者
という視点に基づき、

「未熟で無智な信者が悟り、解脱するためには、正覚者を疑ってはならない。
 聖者を疑うことは、無智なる自分の誤謬であり、解脱・悟りの妨げとなる」

という考え方が大前提にあって、指導者への盲目的追従が解脱、悟りへの近道と
考えられていた点。

これが原始仏教の思想と大きく異なる点です。

320 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 00:54:39 ID:IslmqBV8
>>315
> この世にある全ての創造されしもの

仏教は宇宙の創造主を立てないので、この世にある全てのものは
「創造されしもの」ではないのではないでしょうか。

321 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 00:56:19 ID:IslmqBV8
>>318-319
テーラワーダ仏教と原始仏教は別物だよ。

322 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 01:03:55 ID:rLjLTOYX
そうかもしれないけど、それを言ったら、原始仏教は研究の
世界にしかないことになっちゃうよ。

323 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 02:30:19 ID:L/sEGEG1
研究の世界にもないよ、そんなもん

324 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 05:07:32 ID:vrOfCtu9
原始仏教は経典の中にある。

325 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 09:45:16 ID:6PmdFnba
>>317
だからなぜそれがいけないわけ?
晩御飯のメニューを排除すべき理由は?
長老はこの世にある仕事はどれも簡単だって言ってるよ。
なのに仕事は集中しないといけないものってさらに自分を追い込むわけ?

つか妄想の定義を教えてよ。
言葉の意味を一語一語明確にするのもヴィパッサナー的な仕事だと思うけど。
なんか無意識に当たり前のように使ってる感じがする。

>>320
創造主ってのは生きとし生けるもの全てね。

326 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 09:47:53 ID:874HP6VL
>>325 集中すれば簡単だっていってるんだよ

327 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:04:53 ID:6PmdFnba
>>326
そんなこといってないよ。
仕事は基本さえ知ってしまえば中途半端にいい加減にやってもできる、
駅員はヘッドフォンで音楽聴きながら、あるいは踊りながらでもできるって書いてある。

328 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:10:22 ID:rLjLTOYX
>>323
どうしたいわけ?

329 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:12:16 ID:GaIAuIvs
>>325 晩ご飯のメニューを考えること自体を排除するんじゃないと思います。
五感からの刺激によって、自動的に思考が浮かんでしまう、
無意識に思考してしまう内容の中には、
間違った判断や不注意の危険があるのです。

330 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:23:18 ID:6PmdFnba
>>329
その間違った判断や不注意を判断する目安は何?

331 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:25:44 ID:GaIAuIvs
妄想とは…。
まず、なんとなく、勝手に浮かんでくる思考。
そして、今それを考えても仕方ない思考であり、
今それを考える必要のない思考。
また、今手に入る情報の中でそれ以上考えても新たな回答が出ない、
堂々めぐりになってしまう思考が、
妄想ではないでしょうか。
たとえば、「もうすぐ注射される。怖い。」という思考。
「もうすぐ注射される。」という事実についていくら考えても、事実は変わりません。
「注射しなくてすむ方法は何か」と具体的な手だてを計画するならまだしも、
「もうすぐ注射だ→痛いだろう→怖い→嫌だ→
でももうすぐ注射だ→痛いだろう→痛いだろう→怖い→嫌だ→
でももうすぐ注射だ→…」
と、思考の堂々めぐりになってしまって嫌な感情だけが盛り上がり、
今ここでやるべきことに集中できないことになります。
「そういえば、今日は注射の日だ。もうすぐ注射だ」
という予定確認だけなら、一回考えたら確認できます。
3秒で答えが出たら、それを何度も考えたって仕方ない。
「1+1=2」という計算ができたら、
それ以上「いちたすいちはに、いちたすいちはに、いちたすいちはに」
と何度も考えたって仕方ないのです。


332 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:38:37 ID:GaIAuIvs
妄想が危険な理由は、
なんとなくぼーっと浮かんでくるだけの連想ゲームみたいなもんだから、
論理的な思考ではない可能性があるからです。
また、体で何かをやってるときに、
心が無意識に別のことを考えてたら、
体の操縦に失敗する確率が高くなります。
住みなれた家の中で、タンスの角に足の指をぶつけちゃったりするのは、
歩きながら妄想して、意識が歩くことから離れてるからです。
思考は、同時に二つのことを考えられないのですから。
体で同時にいくつものことをやるときには、
心ものすごい速さでいくつものことを巡回しなくてはなりません。
本を読みながら歩く場合、心は本と歩くことの二つのチャンネルを、
ものすごい速さで切り替えているのです。
ちゃんとそれをわかって集中していないと、
信号待ちの数秒間に心が歩くことへの注意を忘れちゃって、
信号が変わったことに気付かないことになります。
信号待ちで許される別の思考はせいぜい数十秒なのに、
妄想がふくらむとタイムリミットさえ忘れて意識が飛んでいってしまったりする。


333 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:46:26 ID:6PmdFnba
>>331
注射の例挙げてるけど、怖い、って部分が妄想なのか?
嫌な気持ちを感じるのは実感として感じられるわけで別に妄想じゃないと思うんだけど。
それとも感情を否定するのが仏教の教えなのかな?
つか注射を待つ間その時すべきことって何?
「大丈夫、痛くない」って自分を励ますのも妄想?

それと仏教で言う中庸って何だ?
好きにも嫌いにも傾かない状態=ボーっとしている状態じゃないの?

334 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:48:27 ID:874HP6VL
>>333 中庸 こだわらないって意味らしいぞ

335 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 10:50:19 ID:GaIAuIvs
好きな人に告白したい…というとき。
「告白したい→でもふられたら嫌だ→でも告白したい→でもふられたら嫌だ…」
と思考が堂々巡りをやっても、
別に新たな答えが出るわけではありません。
思考が堂々巡りになったなら、今ある情報ではそれ以上新たな答えにつながらない。
だから、新たな情報を入手するために具体的な行動を起こすしかないのです。
「告白のセリフはこうしよう、ふられたらこう言おう、オッケーならこう言おう」
と、やるべきことを忘れないために何度もイメージトレーニングするなら、
それは妄想ではないかもしれません。
しかし、単に「○○したい→結果がどうなるかわからない→怖い→でも○○したい」
というのは、妄想です。
思考は具体的に。
思考が堂々巡りになったら、
新たな情報を得るために具体的に動く。
一歩進めば景色も変わりますからね。

336 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:00:24 ID:6PmdFnba
>>335
ループする思考、迷いが妄想ってこと?
それならただのネガティブ思考かポジティブ思考かの違いって感じがするな。
つまり嫌な感情が起こるのが妄想、良い感情が起こるのが・・・なんだ?(妄想の反対語)

俺が仏教から感じるのは悪い感情も良い感情も冷めた目で見つめるんだなって印象。
それがスカしてるって感じる。気持ちがよいと感じる方向に進んでいけばいいじゃん。
植物だって日の当たる方向に伸びようとするんだしさ。

337 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:00:36 ID:GaIAuIvs
>>333 悪い感情が、人生の悩み苦しみストレスの原因です。
仏教では、悪い感情が起こらないように、注意深く心をコントロールします。
注射のことを考えて恐怖・怒りなど悪い感情が浮かぶくらいなら、
注射のことを考えないほうがマシです。
考えても事実は変わらない、ただ嫌な気持ちになるだけなのに、
そんなことを何度も考えて、わざわざ嫌な気分になる必要はありません。
感情は一瞬一瞬浮かんで消えるので、
そのことを考えなければ感情は過ぎ去ります。
考えて怖くなるなら、考えなきゃいい。
痛みは注射されたときの一瞬辛抱すれば、過ぎ去るはずです。
注射された瞬間だけ嫌な気持ちなればいいだけなのに、
わざわざ長時間嫌な気持ちになって
ストレスを生産する必要はありません。


338 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:01:30 ID:874HP6VL
宝彩さんみたいだな

339 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:06:00 ID:6PmdFnba
仏教について考えると決まってイライラしちゃうんだよな。
見通しが利かないから。分派が多すぎるし。
仏教の全容をスッキリ見渡せる世界観をまとめた集大成的な本が欲しいぜ。
聖書みたいな。そういや仏教本のベストセラーってなくね?

340 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:07:46 ID:GaIAuIvs
>>336 気持ちいいと思う感情だって、
結局は過ぎ去る感情なんです。
常に冷めた目で見ておかないと、
一瞬の快楽のために人生を失敗することは、
世の中にたくさんありますよね。
それをスカしてると言うなら、
いついかなる時にもスカしていられる人間になることを、
仏教ではめざすのです。

感情に流されずに、論理的に思考し注意深く無駄なく行動する人間をめざすのです。

341 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:09:14 ID:6PmdFnba
>>337
それなら悪い感情が起こらなければ
運転中に晩御飯のことを考えるのもありじゃん。

ヴィパッサナーの「ひとつのことに集中しなさい!」
「雑念が沸いたら雑念雑念・・・と繰り返して打ち消しなさい!」
って教えが思考に対する敵対心を植えつけるようで嫌だ。
何かやるたびに「雑念が浮かんだ・・・ショボーン」って気にさせるだけだと思う。

342 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:11:11 ID:GaIAuIvs
宝彩さんはマントラを使った瞑想ですね。
でも、マントラを定点にすることで妄想に気付くという方法ですから、
単なるサマタ瞑想でもない気がします。

343 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:18:08 ID:GaIAuIvs
>>341 妄想の性質や危険性をわかってる人が、
運転中に危険をわかってて、
危険じゃない瞬間を使って適切なタイミングで
晩ご飯のことを考えるのはいいんです。
別の例ですが、
電話のベルが鳴ってから電話をとるまでの1秒間だけ、
わざと別のことを考えるのはいいんです。
しかし、別の思考にのめりこんで電話をとるのを忘れてはいけません。
もし、そのようなことが運転中の妄想で起きたら、大事故につながります。
五感からの刺激によって、人間はすぐ妄想してしまうのです。
そういう心身の性質についても、
瞑想のときに妄想をはらう訓練をする中で気付かされます。

344 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:22:00 ID:GaIAuIvs
>>341 ショボーンとするのも妄想です。
ショボーンとする暇があるなら、瞑想にもどるか、
別のことをやるほうがいいと思いますよ。

345 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:28:43 ID:29CratHy
だれだよ 八宝菜って

346 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:37:14 ID:6PmdFnba
>>344
結局ネガティブな感情を伴う思考が妄想ってことになるが宜しいか?

347 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 11:54:41 ID:6PmdFnba
>>340
全てが無常だと知っておきながらなぜ論理的思考を求めるのだろう?
全てが無常だと悟った後に見えてくるビジョンは何なのだろう?

348 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 12:02:34 ID:GaIAuIvs
>>346 ネガティブなものを含む、煩悩による無駄な思考。


349 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 12:05:02 ID:GaIAuIvs
瞑想家でエッセイストの宝彩有菜さん
http://www.hosai.net/
マントラを使った瞑想が主です。


350 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 12:18:47 ID:GaIAuIvs
http://homepage2.nifty.com/alina/week-01/index-01.htm
宝彩さんの修行は、観照ですね。

351 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 12:21:49 ID:GaIAuIvs
http://homepage3.nifty.com/hosai/index.htm
宝彩さんの、瞑想の神髄。
ビパサナ初心者には参考になるかも。

352 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 12:32:50 ID:29CratHy
なんだこれもか シンクロな時間だな。

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1195727972/

353 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 14:24:18 ID:6PmdFnba
>>348
煩悩ってなry

定義のあやふやな言葉も迷い・妄想の類だ。
追いかけっこになる時点で本質はわかってないのかもな・・・

354 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 14:56:39 ID:Pr14NBzo
初期仏教も好きなんだが
なぜか南無妙法蓮華経を唱えるといい感じになるw
なんなんだろうこれは
スマ氏は認められないだろうなあ

355 :忘却者:2007/11/23(金) 15:02:13 ID:pd67/3Jq
南無阿弥陀仏を唱えれば
ただそれだけで幸せになれるというのは
すごく進んだ考え方だ。


356 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 15:49:03 ID:874HP6VL
一生やってろ

357 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 17:49:19 ID:GaIAuIvs
>>354 南無妙法蓮華経じゃなくても、何を唱えても気持ちよくなる。
それをお経の不思議な力だとかいうふうにこじつけなくてもよい。

358 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 17:51:18 ID:GaIAuIvs
>>353 煩悩は具体的に説明されてるし、
修行によってどの煩悩から消えてゆくか、
その順番も解説されています。

359 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 18:07:42 ID:OfCAEyzL
Shiva(藁)

360 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 19:11:24 ID:ehkU7TPJ
あいかわらずレベル低いな
>>333
中庸じゃなくて中道だろ

361 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 23:04:57 ID:29CratHy
>>359
Vayuだろゴルァ

362 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 23:20:54 ID:rbwI5cOs
>>296
『アビダンマ講義シリーズ〈第2巻〉』 P.345

363 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 02:47:02 ID:qBrmQQhF
>>362
ありがとうございます。二巻だけまだ入手してませんので、早いうちによんでみたいと思います。

364 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 10:09:07 ID:cgDKcnu7
長老がバガヴァットギータをくそみそにけなしてた箇所があったと思うんだが、どの本だっけ?

365 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 10:25:52 ID:cgDKcnu7
>>139
ttp://manikana.cocolog-nifty.com/main/2007/11/post_957e.html

これでも見て頭を冷やせと言いたくなるな

366 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 13:34:13 ID:zSUh0Je7
>>365
mixiの連中バカなんじゃないの?
mixi上座部批評厨の特徴

自分が正しいと思ってるから無知素人が事情通面して平気で上座部の批評をしだす。
瞑想メソッドマニアが解説しだす。
畳に土足で上がりこむような下話をする。

367 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 14:25:29 ID:zH3qPhNb
ぺ○ちゃんはツンデレなんだよ。
温かい目で見てください。

368 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 03:56:23 ID:tH9r2mZM
ウマしか

369 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 03:57:35 ID:tH9r2mZM
ウマしか

370 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 12:59:33 ID:oIIeDVLW
実はまだ瞑想合宿に行ったことがありません。
理由は、一言で言うと怖いからです。

怖い理由は、過去の古傷やどうしても言いたくないような汚点でも正直に
寝掘り葉堀、告白する必要があるのかということと(だとしたらとても参加できそうにないです)、
もう一つは長老が相当厳しそうなので、単純に怖いということです。
とくに、一つ目の不安があるので、「あんた何甘えてるんだ」とばかりにやられると
確かに甘えてるのかもしれませんが、まだ勇気が出ません。

厳しいのは仕方ないとして、瞑想会のレポートとアドバイスって、
雰囲気として、どんな感じなのでしょうか?
何か隠しているねって感じで、どんどん切り込まれちゃうのでしょうか?


協会の合宿に行った方教えてください。




371 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 13:22:10 ID:4ZHAfMHI
>>370
体験しろとしか言えません
私も恐怖心を持ってましたが覚悟を決めて参加し
とても良い経験が出来てよかったと思っています

あなたも参加して修行を終えると
私のレスの意味が解ると思います



372 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 14:02:41 ID:LRgmDazz
>>370
言わなきゃわかんないよ。
別に言わなくていいんじゃないの、そんなプライベートなことまで。

373 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 19:56:19 ID:mt1xdbuS
>>370 初心者指導は受けたのでしょうか?

374 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 20:21:23 ID:oIIeDVLW
>>371>>372
ありがとうございます。
言わなくてすみそうなら、それがいいのですけどね。。。
大まかな「怒り」とかそういうことなら言えるのですけど、自分の傷の中心にあることを
こと細かに言うのだったらちょっと・・ということになってしまいそうです。

>>373
初心者指導は済んでます。

375 :寺和田の獅子:2007/11/26(月) 20:47:21 ID:EoCl7brF
>>374
安心してお越しください。

376 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 20:48:26 ID:xTJ3xeeh
しゃべったから楽になるわけじゃないときもあるからね。
しゃべったことでまた傷ができてしまうこともある。

そういうとこを考えてほしいね。

瞑想やりながら徐々に解決していくんじゃないかな?


377 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:22:02 ID:mt1xdbuS
>>374 初心者指導済みなら、とりあえず自分で実践してみては?
で、仏教についてある程度学んでみた上で、
いろいろ疑問が出てきて直接質問してみたくて仕方なくなったら、
また指導を受ければいいのでは?
あわてなくていい気がするのですが。

378 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 01:57:44 ID:k5uw/jhh
>>375>>376>>377
レスどうも。いつかは行かないといけないないなぁと思っております。
たしか、途中で帰るのも自由と聞いておりますので、もし心配している意味で合わなかったら帰るつもりで
参加したいと思いました。
人前にさらすようなことではありませんが(というかできない)、
どのみち解決しないと、心に傷を抱えたままで、かと言って背負いきれてもいない状態で生きていくことになりそうです。
ありがとうございました。

379 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 13:59:28 ID:tFrAL0wv
>>378

精神的な傷ってなかなか解決しませんよね。

私は「一日一善」作戦でだいぶん軽くなりましたよ。
コンビニ入ったらお釣りを募金するとか、道ばたのゴミを拾って帰るとか、
一善と言わず気づいた時に小さなことをコツコツと(笑)。

380 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 20:16:07 ID:+cyVZntY
>>361     発酵乳が供物のデーヴァ

381 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 21:48:07 ID:QrZKfTQX
一般のカウンセリングと同様、自分のトラウマを打ち明けるのは本人の心の準備が出来てからの方がいいと思いますよ。


382 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 07:32:32 ID:iMqTxGbw
mixiの痛い浮浪者

Chandra

Shiva

Vayu

383 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 08:40:50 ID:YL4Yjn9D
もう秋田

384 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 08:57:26 ID:4ylqM/bh
真のグル(導師)じゃ。

385 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 21:16:43 ID:2ay+ydbh
今日はおなかがグルグルです。


386 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 00:50:26 ID:gWgbXoGR
オフレコ vol5の表紙が面白すぎる
http://ec2.images-amazon.com/images/I/51cftj48kGL._SS500_.jpg

387 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 08:01:43 ID:bg61ALht
>>386
見た。
長老も良い場所に写ってますね。
でも顔と文字の大きさは、まだまだですね。
五木さんって、小説で宗教扱ってとはいえ、なんでこんなにもてはやされてるんだろ。
そんなにすごいこと言ってるのかなぁ。読んでないから、知りもしないけれど・・。


388 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 16:33:03 ID:U4RaQlus
図書館へGO!W

389 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 20:12:34 ID:Mg3ZQVdl
KITTY


390 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 21:12:38 ID:snpVztbg
>>385 なに食べた?

391 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 21:53:28 ID:5Uig8j/Y
グリーンカレーとリンゴとヨーグルト。
私は385じゃないので、全然関係なくてスマ。

392 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 20:41:35 ID:9YFL7Rfr
ヴィパッサナー初心者です。
車の運転をしていて、視界の悪い駐車場で車や人が出てくるのを注意するのは妄想になるんでしょうか?
またそのときに、この考えは妄想?って考える事は妄想なんでしょうか?
文章下手で解り難いですが、教えて頂けたら嬉しいです。。

393 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 20:46:16 ID:9YFL7Rfr
妄想では無くて、思考になるのでしょうか?
どっちにせよ注意するのを止めるのはありえないのですが。

394 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 22:48:46 ID:yHMX8fe9
>>393 運転のときに運転のことを考えるのは
妄想ではないのでは?
通行人に注意を払うべきときに注意を払うのは
妄想ではないのでは?
妄想か妄想ではないかということより、
やみくもに動きまわりたがる心をいかに制御するか
ではないかと思います。
車をうまく運転するように、心を運転する。

395 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 23:18:41 ID:9YFL7Rfr
>>394
レスありがとうございます!
やはり妄想では無いですよね、ちょっと誤解していたようです。
瞑想を始めてから、ここから車が飛び出してくるかも、人が居るかも、と
気をつけてる自分を客観視する様になって、少し混乱していました。

最後の言葉、とても勉強になりました。

396 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 01:20:14 ID:RTtcwyRx
サティも良いけど車は安全に運転してください。
運転ではないけど頭使う作業はサティ出来ないですし
サティ慣れないとスローになりそうなので、運転はちょっと怖い
もし慣れないサティで事故ったら洒落にならないよ

397 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 14:27:23 ID:D+La818j
運転しながら別のこと考えてるのはサティじゃないんでないかい?
仕事しながら別のことを考えてるのも。

398 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 20:58:12 ID:KN/gfS61
そもそも車運転しながらラベリングするのは瞑想なのかどうか判断に困るところである。
ただ、「吐き気」だとか「痛み」だとかを仕事中にラベリングして、和らげようとするのは
方便であろうか?

そういう俺は本気で瞑想をする気はない。難しそうで怖いよ。アレは。
むしろ「お釈迦様の言葉の解釈」を楽しみに待っている。>書籍を買った俺。

399 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 23:39:32 ID:BcV16g9C
豚に真珠

124 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)