5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

若者に広まる仏教…ファッション化の一方で癒しも

1 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 12:15:00 ID:E/Etivxw
仏教が若い世代から見直され始めている。
豊かな時代にあって日常生活から宗教色が薄れ、葬式や法事でしか僧侶を見なくなって久しいが、
それだけに端正な仏像が新鮮に受け止められ、座禅が一種の“ファッション”となっているようだ。

だが一方で、仏教に触れる中で、現代社会に疲れた心を癒やしている若者も増えているという。


◆ライブハウス化
東京・新宿にある「経王寺」(互井観章住職)は平成17年10月から、本堂を使って、
さまざまな音楽ジャンルの若手演奏家やダンサーらがパフォーマンスを行う
「プンダリーカ(蓮の花)・ライブ」を開催している。

観客は中高年に混じって10〜20代の若者も多い。
携帯電話のカメラで住職らとのツーショットを求める高校生の姿も。

互井住職は、若いころはロック音楽に親しみ、今は仏の徳をたたえる歌「声明(しようみよう)」を
歌う声明師として後進の指導にあたっている。
約10年前から継続的に境内で声明と雅楽のコンサート開いているが、
「この5年ほどで声明ファンだけでなく、若い世代をはじめ、一般の人たちが聞きに来るようになった」。
そんな中で知り合った20〜40代のパフォーマーらから、
「お寺の雰囲気を生かしたライブをしたい」と頼まれたのがライブのきっかけだ。

互井住職は毎回終演後、「僧としてその日のライブに何を感じたか」を観客に伝えている。
法話もライブのような開放的空間の方が「話がすんなり(観客の)気持ちに入る」といい、
「苦しい世の中を生き抜くためのヒントとして仏教を伝えたい」と話している。

ソース(>>2以下に続きます)
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/071010/trd0710102229012-n1.htm


2 :神も仏も名無しさん:2007/10/11(木) 12:15:33 ID:E/Etivxw
(続き)
◆出版物も続々と
東京国立博物館が昨秋、特別展「仏像 一木にこめられた祈り」に合わせて開催した、
みうらじゅんさん、いとうせいこうさんの「仏像トークショー」では、受け付け開始からわずか15分で約350席が完売した。
多くが20〜30代の若者だったという。

同館の井上洋一事業企画課長は、「仏像の持つ癒やし効果が若者たちに受け入れられている。
以前とは違い、生活に身近な存在としてとらえられている」と指摘する。

出版界でも数年前から写真やイラストを多用した若者向けの分かりやすい「仏教の本」がよく売れている。
仏教関連の出版物が多い春秋社(東京都千代田区)でも、12月上旬をめどに、
イラスト入りの「かわいいぶつぞう ふしぎなチカラ(仮題)」を発売する予定だ。

これまで仏教の本を出さなかった出版社も進出を始めているという。
春秋社編集部の桑村正純さんは「アニメに慣れ親しんだ世代だけに、ビジュアルを通じて
直感的に仏教をとらえている」と指摘している。

◆美容や健康から
仏教の中でも座禅は流行のヨガにつながる“ファッション”として受け止められている面もあるとされる。
また一方で、若者たちは仏教に触れる中で、仏教を心の支えに必要なものと考え始めているようだ。

武庫川女子大学の藤本憲一准教授(メディア論)は、
「今の若者は食、美容、健康を追い求めるなかで、仏教の座禅や呼吸法、断食、精進料理などに
まず注目し、次に思想の持つ癒やしへとゆるやかに移行している」と指摘する。

経王寺の互井住職は「(寺の)敷居の高さを取り除くには、『ここで遊べる』と思ってもらえるぐらいで
ちょうど良い。それぐらい自由度がないと、(日ごろ仏教に接しない)一般の人には(仏教を)伝えられない」
と話している。(記事終)


3 :神も仏も名無し三鳥:2007/10/13(土) 00:23:32 ID:FfnR8sjW
3取りー!!!

4 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 01:21:22 ID:v30cNcB7
ついに我々の時代が来たか!

5 :神も仏も名無しさん:2007/10/19(金) 20:17:52 ID:E2YpKrCT
うちの中2の妹は「出家したいな〜でもな〜」とか言ってる
この間若くてカッコイイ僧の集団も居た

6 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 16:09:31 ID:0JFwPba0
能力開発とか自己啓発系の流れでヴィパッサナーが人気らしい。

7 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 16:20:49 ID:GrniBiO2
巧妙な仏教ぶつしのような気がしてならない。

8 :神も仏も名無しさん:2007/10/20(土) 16:20:50 ID:WBu2QHp4
>>4
ぬか喜びー・・・つ

9 :中二病の頃:2007/10/20(土) 20:25:31 ID:PBQDv5y1
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


10 :神も仏も名無しさん:2007/10/21(日) 23:10:59 ID:oW7kdbjU
しかし2次元の世界では神道(巫女)ばっかで仏教(尼僧)出てこないな

11 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 00:54:36 ID:TOMIHmCC
お寺を若い世代の癒やしの場にしようと、斬新な取り組みが盛んになってきた。
日帰りの座禅や写経体験講座の参加者は増え続け、お寺に併設したカフェが人気だ。
12月には築地本願寺(東京都中央区)で、複数の宗派の僧侶が集まり、
僧衣のファッションショーも開催される。
浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京別院である築地本願寺で12月15日に
行われるのは、日蓮宗をはじめとした各宗派の共同企画
「TOKYO BOUZ COLLECTION(東京ボーズコレクション)」。
宗派の垣根を越えた初の試みとなる。
僧衣たちが、それぞれの宗派の僧衣を身にまとってファッションショーを繰り広げる。
袈裟や法衣は、宗派によって色や形、模様は多種多様。それらが一堂に会する。
また、ダンスとラップを組み合わせた法話会、1、2時間ほどで座禅、写経、写仏を行う
“プチ修行体験”、永六輔さんらの講話なども開催する予定。浄土真宗には
“修行”という概念がないため、日蓮宗の僧侶が取り仕切るが、築地本願寺で
修行が行われるのも、従来では考えられないことだそうだ。
無料で参加でき、「文化祭のようなノリで行う」(主催する東京ボーズ
コレクション実行委員会)という。

*+*+ 産経ニュース 2007/10/21[12:15] +*+*
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071021/sty0710211215001-n1.htm


12 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 01:35:43 ID:CY2MNuoz
尼僧には忍耐や勤勉は感じても、清楚さや神秘性は感じないね

13 :神も仏も名無しさん:2007/10/22(月) 01:37:26 ID:CY2MNuoz
>>11
うはw誰かレポよろwww

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)