5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天理教教会子弟はホントに教会長になりたいのかな?

1 :パンドラ:2007/10/24(水) 09:24:00 ID:2GlmtKRM
もうすでに教会長になった人もいれば、後継者として活動してる人もいますよね。
また、ためらっている人もいれば、拒否状態の人もいると思います。
それぞれの理由を書き込んでみませんか?

【注意】部外者、アンチの方はややこしくなるから書き込みご遠慮願います。

2 :パンドラ:2007/10/24(水) 09:35:14 ID:2GlmtKRM
教祖は「談じ合え」と言われています。
また本部では後継者講習会の旬でもあります。
それぞれ人前では語れないものもあるかと思います。
いろんな意見の中から
「俺も頑張ってみようか!」
となるのか、
「止めて正解だった!」
となるのか…。
それはみんなのレス次第。

3 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 11:25:16 ID:jAoUawx0
きわめて微妙な問いだねW
タブーに近い、まさに「パンドラの箱」を開けるようなものかもW

4 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 11:38:23 ID:NGyh4+Se
メロンパンを売るのはパン屋であって果物屋ではない。
本物のメロンを売りたい人はパン屋を継げないのではないか?

5 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 11:55:04 ID:RN2BNz5s
@本部直轄か大教会育ち:継ぐ気満々
A大教会直轄で信徒さんたちがいっぱい
 お供えを運んでくる教会育ち:絶対継ぐ
B大教会直轄でも信徒さんがほとんどいない
 事情教会寸前の教会育ち:不安ありだが一応継ぐ
C下層教会育ち:あまり継ぎたくない
D下層教会でも信徒さんがいっぱいいる教会:なんと継いでしまう
E事情教会:絶対継がない




6 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 12:10:44 ID:jAoUawx0
これは上の教会や周囲の環境次第で大きく左右されるだろうねW
それ次第によって絶対に継ぐのが嫌なケースと継いでもOKなケースが出てくるだろう。

7 :パンドラ:2007/10/24(水) 12:18:20 ID:2GlmtKRM
>>5 あなたの番号はどこにあるのかな?
ちなみに俺んちは親がEを受け、来年教会長の担任変更します。
>E事情教会:絶対継がない
とはなりません。
あなたの文脈からはどの位置が楽か、儲かるかというスタンスしか見えてきません。
なぜ上記レスのような気持ちになっていったのか、返レスいただけたら幸いです。
どこの誰かは分からないんだから、思い切って書き込んでみましょうよ。

8 :パンドラ:2007/10/24(水) 12:28:26 ID:2GlmtKRM
同系統だと、悩みを言っても「不足を言うんじゃねえッ!」って言われるのがオチで、
モヤモヤしてることが多いと思います。
ネットは神様がお与えになった悩み相談室かも知れません。
最良の答えに至らなくとも、自分の悩みを文書化するだけでもスッキリしたりしますよ。
どんどん書き込みましょう!

9 :パンドラ:2007/10/24(水) 12:40:12 ID:2GlmtKRM
>4
>メロンパンを売るのはパン屋であって果物屋ではない。
 本物のメロンを売りたい人はパン屋を継げないのではないか?

こだわることなくメロンもメロンパンも売ればいいではないか。
パン屋という名前にこだわることはない。
何を売っても商売には違いないんだから。
天理教の教会イコール信仰ではない。
信仰の中に天理教の教会が存在し、その世話取りの係として会長が存在するんだから。
しかしあなたメロンパンにこだわってるねえ…。


10 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 12:52:11 ID:NGyh4+Se
>>9
マイブームなんで...

11 :パンドラ:2007/10/24(水) 13:17:04 ID:2GlmtKRM
>>10「天理教教会子弟はホントに教会長になりたいのかな?」
よければ思うところを聞かせて下さい。

12 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 14:25:38 ID:GVVEZOEV
なりたくない人の方が多いんじゃない?

13 :パンドラ:2007/10/24(水) 15:10:52 ID:2GlmtKRM
>>12 根拠、理由が欲しいです。
それとあなた自身はどう思っているかも…。

14 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 15:59:34 ID:GVVEZOEV
教会長不在の教会が増加しているから。
なりたくない。

15 :パンドラ:2007/10/24(水) 16:04:05 ID:2GlmtKRM
>>14 ありがとう。
あなたから見た天理教の存在はどうなのかな?
よかったら聞かせて下さい。


16 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 16:20:15 ID:GVVEZOEV
傍観するならいいけど中に入って関わりたくはない。

17 :パンドラ:2007/10/24(水) 16:39:37 ID:2GlmtKRM
>>16 なんどもありがとう。
関わりたくないものって?
・おつとめ
・御供
・にをいがけ
・おたすけ
・天理教の関係者
・その他?
もしよければお答え下さい。

18 :パンドラ:2007/10/24(水) 17:59:47 ID:2GlmtKRM
>>4 >>9 >>10
メロンパンにこだわる理由発見?!
http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/vicl36346
関係ないけど…
かにかまぼこもなんのエッセンスも入っていませんね。

19 :ABC:2007/10/24(水) 20:55:53 ID:PiJb01G1
無心論者の私は教会は継げない。神は居ない。それなのに人に宗教を説き勧める事は出来ない。

20 :パンドラ:2007/10/24(水) 21:14:14 ID:2GlmtKRM
>>19
このスレでは遊んであげられないから…。

21 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 22:15:28 ID:sv2VbxYn
一般信者としての意見でも良いですか?
親戚には教会長居りますが、所属は別教会です。

22 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 22:21:19 ID:2GlmtKRM
>>21 どうぞ。思うがままに書き込んで下さい。

23 :一信者:2007/10/24(水) 22:46:54 ID:K+CXtUEa
投稿して見える方は教会長・布教所長・後継者の方なんですよね。
お道を皆さんに教えよう、伝えようとの心はないのですか?
継ぐ継がないが第一で神様の教えを伝えようは、二の次なんですね。
小さい時よりの親との会話はないのですか?大人になって継ぐ継がない
は人間しあんですよね、そんな後継者に教わる信者はかなしいですね。
なんか変

24 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 22:51:58 ID:XB6YiwHn
教会(教会長)の大変さ

・良くも悪くも、上や横の教会関係やしがらみに左右される。ここが悪ければ陰気ぐらし突入。

・教会や教団行事を維持する為、自主性よりも義務や束縛感での信仰になりやすい。

・公人として常に周囲や信徒の目を意識した生活になる。また基本的に教会や信徒の人間関係は選べないことも多い。

・信仰を専属職業とする為、金銭的な苦労や時には信徒への依存や無心?をしなければならないこともある。

・とにかく自分の自然なペースでの信仰はしずらい。あらゆる面で家族もろともの苦労は覚悟しなければならない。


一信徒としての信仰と、教会者としての信仰は全く違うレベルの苦労があることを自覚するべき。
しかも、その苦労の中でも心底からの陽気ぐらしが出来なければ、家族や信徒を陽気ぐらしには導けないし、
逆に悪影響を与えかねないリスクもある。



25 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 23:31:44 ID:2GlmtKRM
>>23
>お道を皆さんに教えよう、伝えようとの心はないのですか?
 継ぐ継がないが第一で神様の教えを伝えようは、二の次なんですね。
俺みたいなもんが人を導いていけるのだろうか?という不安は、大なり小なりみんな思うんじゃないかな?
だから、俺が教会を継いでもいいのかな…となりやすいのは理解できます。
>>24
なんか教会って企業の中間管理職的な香りもしますよね。
いろいろとノルマ(心定め、目標)もありますしね。
本部や大教会、上級教会は上司であっても社長ではありませんから、
やっぱり給料(御守護)いただく社長の思いに添うことが、良き社員の姿かと思います。
信者さんは部下ではなく、お得意様と思って接した方がよいように思いますね。



26 :神も仏も名無しさん:2007/10/24(水) 23:38:27 ID:sv2VbxYn
済みません遅くなりました。

所属教会に於いての、私的感情を述べます。(ちょっと不足かな?)
教会長とは気心も知れ、ある時はお道の先輩、ある時は独りの悩める人と、慕っております。
ところが、教会子息の、率先した「おたすけ」を出来る時期をそれには使わず、青年会他、どうでも良い
時間を多くとられ過ぎているように思い、次期会長と思うと、些か頼り有りません。
親に話を聞くと、やはり、今の教会長も、頼りなく思ったそうです。
世代交代が見えるようになって、初めてそれらしくなったような・・・だそうです。

私の所属する教会は、幼き頃より、信仰に対してそれなりに教育を受けられているようです。
しかし、どうして頼りなく見えるのか・・・それは教会関係の仕事が多く、社会が見えてないのです。
新聞を見ていないとか、そんなことではなく、一般社会の暮らしが見えていないように思います。
教会の柵に囚われ、「おたすけ」に邁進出来ない所があると思います。
自分も社会人の立場で、数はそれほど多くないですが、身上(事情者はまだ・・・)の方の「おたすけ」を
しますと、かなり深い所まで立ち入りますので、相手の生活が見えてきます。

取り留めもなく書いてしまいましたが、後継者の方々、現教会長にお願いすることがあります。
 1.子供の頃から、初代の信仰を伝えて下さい。
 2.「おたすけ」を大切に中心に置き、教会関係の柵は後回しにして下さい。

このお願いは、信者の単なる甘えかも知れません。しかし、信頼関係の築ける教会には、信者も普段から、
教会に対して何かさせて頂きたいと思わせるようになってきます。

27 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 00:04:36 ID:udheiaSP
>>26
レスありがとうございます。
教会の初代さんは信者さんと直接関わりを持って信頼関係を築いていかれました。
二代、三代の教会子弟は、築き上がった状態からのスタートです。
ですから頼りなく見えるのは当たり前かと思います。
頼りなく見えながらも、分からないなりにも一生懸命やってますと、なにか光るものも感じます。
個人的な感覚ですが、頼りない後継者よりも、なんの経験もないのに自信満々な後継者の方が危険かと…。

28 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 06:47:10 ID:b5DoDd/F
>>23
「教会長になりたい」「教える」「伝える」って意識している後継者のほうが
逆に盲目になり「こうまん」になりやすいと思います。

初代会長をされた方で、「会長になるのが目的」でなった人って
果たしていたんでしょうかねぇ?

ただ、人さんに何とか助かってもらうために、自分は人様に何が出来るのかを考え
神様のことが大好きで、ありがたくて、人様に何かをしてあげたくて。がむしゃらで。
ただそれだけなんだと思いますよ。

結果的に人さんが集まり始め教会長という立場を与えられたんだと思います。

29 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 07:05:18 ID:b5DoDd/F
↑つづき

そういった信仰者としての教会長のあり方を
真剣に考えて意識するがために

「教会長になりたい」なんて軽はずみに口に出せない
人もいるのかもしれません。

30 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 07:41:56 ID:revJse6r
>なんの経験もないのに自信満々な後継者の方が危険かと…。
だから頼りないんですよね・・・
実戦経験を積んでる方(後継者)も近くにいらっしゃるので、どうしても見比べてしまいます。

31 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 08:20:53 ID:udheiaSP
>>30
>実戦経験を積んでる方(後継者)も近くにいらっしゃるので、どうしても見比べてしまいます。
そりゃその後継者が稀なんじゃないかな?
東大卒が側にいるようなもんだ。
美人で料理のうまい隣の人妻に憧れても仕方がない。
掃除もせず、ブクブク太った嫁さんでも、別れる気がないのなら、添い遂げるしかないのでは?
あなたの見る目が変われば、嫁さんが愛おしくなることもあるんじゃないでしょうかねえ。

頼りないの後継者と、信じられない後継者とごっちゃまぜにしてはあなたの心も辛かろう…。

32 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 08:26:13 ID:iybnFM5p
>>23
教会長の親はネグレクトしている人が多い。
逆に、幼い頃から天理教のことを学ばせておけば、すんなり継いでくれると思います。
天理教の仕事だけでなく、社会一般のことも知るべきかと思います。
一度は社会に出て、会社や公務員として働けば、社会の成り立ちが分かります。
そして、後継者として戻ってきたとき、たくさんの信者を導けるでしょう。

33 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 19:23:20 ID:udheiaSP
天理市内の某高校の保護者懇談会に夫婦で出席をしました。
まず、担任先生とのやり取り。
担任「○○さんは高校卒業後、修養科入学予定ですか。その後どうされますか?」
私 「検定講習終了後、バイトで調理師の専門学校を行くための費用稼いでから、再来年からの入学を予定しています。」
担任「そうですか、安心しました。」
続いて寮の担任先生とのやり取り。
担任「○○さんは高校卒業後、修養科入学予定と聞いて安心しています。」
私 「ありがとうございます。」
同じ進路なのに、人が変われば、不安に思ったり、安心したりと…。
結局人は自分の価値観、ものさしでしか物事を計ることは出来ないってことなんでしょうね。
秋季大祭を明日に控え、よい勉強をさせていただきました。

教会子弟、後継者の保護者様へ
子供達は子供達なりの人生設計があるようです。
人様に喜んでいただく職業選択をするならなんでも良いのではないか。
喜んで送り出してやりたいものです。
勿論お道が人様に喜んでいただく最良であるとは思いますが、
社会に出て見て、収入を得て見て、初めて信者さんが御供を続けていくエネルギーの大きさを知ることと思います。
親バカチャンリンのたわごとではございますが…。



34 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 19:43:32 ID:udheiaSP
×検定講習終了後
○検定講習修了後

35 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 21:35:44 ID:pM1pbqZe
自主的に教会長になりたいと思うのもいいけれど、そういう立場になればなるほど
決して楽になるのではなく、責任が重くなるということを自覚できていないと厳しいと思う。


36 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 22:12:10 ID:VgKZK3LU
>>31
>頼りないの後継者と、信じられない後継者とごっちゃまぜにしてはあなたの心も辛かろう…。
辛いというか何というか・・・

信仰的には自分が「おたすけ」をさせて頂き、必ずと言って良いほど、疑問が湧いてくる。
そんな時に、教会長を始め諸先輩先生方に御相談にのって頂いてきました。
ところが、所属教会の教会長の後継者を頼れなくなると、自分が自立して行かなくてはと、思います。

その不安感が、頼りないとか、信じられないとかの感情より、強いですかね。

>>33氏の仰る通り、教会子弟といえども人の子です。
束縛する権利も無ければ、意志も尊重して行かなくては成らない。
となるとこれらの感情は、やはり自分(信者)達の甘えであり、甘えに対する脱皮が必要ですねw

37 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 22:38:30 ID:udheiaSP
>>36
教会側→導く側
信者側→受ける側
この構図は果たして正しいのだろうかなあ?
この構図が(理の親の)解釈を広げ、親の声は神の声なんて言い出すのではないのかな?
他教会に嫁いだ姉が、奉告祭の接待で大教会長様に喜んでいただいた!とことあるごとに言ってましたが、
『接待で勝負せずにおつとめで勝負しろよ!』と(弟なので…)心の中でつぶやきました。


38 :神も仏も名無しさん:2007/10/25(木) 23:33:43 ID:2x6mYa8J
>>37
教会と信者の側で、そんなに関係に拘る必要有るかどうか・・・

人の親が間違えても、よく話を交え、変えていこうとはしますよね?(大抵はこちらが間違ってますがw)
理の親であっても、人間です。決して神の声ではないのです。
私の信仰の初代、祖父が、父母へこう教えられたそうです。
仮に貧に落ちきり、会長さんから、「やむを得ない泥棒に入れ」と言われても、取り敢えずは
「はい」と受け、時を置いて、「でも、やはり悪いことですよね?やめましょう」と諭すようにと。

理の親でも人間ならば、いや人間だからこそ、愛情を持って接することが出来ると思うのです。
だからこそ、何かさせて頂こう、とか、大変だろうから御供え物とは別に、頂き物から、うちの
神殿の神饌物など、色々と運ばせて頂こう、等と自然と心が添えるようになるのでしょう。

そういった事とは別に、道一条の方だと思い、いざ「おたすけ」となると、つい相談してしまうのです。

39 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 07:08:38 ID:Ka7cBPyb
>>38
柏木庫冶の本の中にこんな下りが…。
息子は単独布教を志し、父である会長に相談をした。
すると父は「今農繁期で忙しいから止めてくれ。」という。
悩んだ息子は柏木先生の元を尋ね、どうしたらよいのか伺うと、
「理の親の言うことは聞かねばならんが、百姓の親父の話はどっちでもよい。」

こんな感じの内容だったと思います。
理の親の声に理はあるのか?
極めて単純ながらも難しい問いかけです。
キーワードは神その理の親、会長の言葉を喜ばれているのか?

>私の信仰の初代、祖父が、父母へこう教えられたそうです。
 仮に貧に落ちきり、会長さんから、「やむを得ない泥棒に入れ」と言われても、取り敢えずは
 「はい」と受け、時を置いて、「でも、やはり悪いことですよね?やめましょう」と諭すようにと。
ついては論外、ナンセンス、暴言、失言Etc…。
状況によっては役員会議を開き、会長解任の手続きをとるべきかと思います。



40 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 07:10:54 ID:Ka7cBPyb
○→キーワードは神(は)その理の親、会長の言葉を喜ばれているのか?
  はがぬけてました。


41 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 08:17:28 ID:c71q5ER+
会長を「理の親」と思うから間違いが起きるかと。
同じ「ようぼく」という立場でいい。

でも道の先輩として敬意を持って接するのは必要かも。

42 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 08:51:36 ID:e+IM8yfB
秋季大祭
全写真 97年10月26日撮影
http://www.tenrikyo.or.jp/ja/oyasato/event/saiten/aki.html

今日の画像
http://www.tenrikyo.or.jp/cam/view1.html

10年前の画像と比較すると信者も減ってる感じだな。


43 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 14:51:53 ID:mMPIkOeA
>>42
吊りであっても、笑えるw
何処を写している?馬鹿丸出しだなw

44 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 16:54:24 ID:EviR6Rvq
私は教会の長男ですが継ぐ気はありません(妹がいるが結婚して嫁いでいる)
継がない理由
@一般企業に就職し結婚し子供も思春期になっており
 教会との距離が数百キロある為、継ぐのであれば退職、転校が必要
A家族の今後の人生に与える影響が大きすぎる(教会の仕事、行事等の強制参加)
B私を含め家族全員天理教を信仰していない
C天理教の教会の体質
 ・息子が後を継がなくてはならない(世襲制)に対する疑問 
  子供にも信仰の自由と職業選択の自由はある
 ・上級教会、下級教会があり生まれながらにして上下関係がある(封建社会)
 ・ねずみ講の様な集金システム
 ・その他多くあるが省略



45 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 17:14:12 ID:HjPROG15
> B私を含め家族全員天理教を信仰していない

これは致命的につげないでしょう。

46 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 18:56:00 ID:e+IM8yfB
>>43

天理教は中山家の狂気ばあさんが起こした宗教だから
本質的に日本には必要ない。日本は伊勢、皇室を中心に発展
した国。後継者がいない教会が増加は時代の流れで吉なの。
このまま天理教は静かに消えていくべきだろう。天理の神殿等は
いずれ元の田畑に戻ることを期待する。


47 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 19:15:08 ID:HjPROG15
>>46
親様が、精神障害者だったのに、なぜ天理教は精神障害者を虐待するのか?理解できません。

48 :神も仏も名無しさん:2007/10/26(金) 20:21:23 ID:e+IM8yfB
>>47

弱者の弱者への虐待はよく起こるよ。



49 :神も仏も名無しさん:2007/10/28(日) 23:25:44 ID:tyGtxglH
うちはよふぼく数8人の教会ですが何か?月次祭など手が揃うはずもなく、数取りなんて10年以上さわられてない。ああなんて可哀想な数取り。こんな教会だがオレは継ぎたい。ちなみにオレ、現在会社員。

50 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 18:33:47 ID:llCxATnP
>>49
我が教会もそんな感じ。
女鳴り物なんてすっかり飾りになってます。

よかったら、会長になろうと考えるようになったきっかけを聞かせて下さい。


うちの弟は御用などに協力的ですが、会長にはなりたくないと言っています。
弟が継がないなら長女の私が…と言う話になっています。
私は構わないのですが、他家に嫁いだ身であるのでやはり弟が継いでくれる方がいいのではないかと思うのです。

51 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 19:09:10 ID:x/bcTmHr
今の天理教は、衰退傾向にある。
お金集めに走っている人達もいる。
他にやりたいことがある跡継ぎもいる。
大変ですね。

52 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 19:34:50 ID:uHcQaCuU
会長さんは勇んだ人がいいと思う。
周りの人に元気をあげようとする人なら老若男女は問わなくていいんじゃないかな?

53 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 19:57:42 ID:NOk2pboq
我が家も月並祭は手がそろいません
もといた信者さんは出直された方ばかり
新しい信者さんもなかなか増えず
それが理由ではないが、親たちは里子くんを預からせていただいてる
私の子との関係が難しいですね
そういう私は後継者(女

54 :ひげ:2007/10/29(月) 21:46:56 ID:jzJQqnKj
みなさん、何か勘違いなされていますねえ。教会を継ぐとか継がないとか。信仰が無ければ問題外でしょうにね。
継ぐ人が居なくて潰れる教会であれば、神様が潰す教会だから、継がないって言ってるあなた!
継がなくてもいいよ。それより今の幸せをせいぜい維持して、先々までお幸せにね。自分で生きてりゃ世話あないけどね。
幸せいっぱいのあなたには、教会は必要ないもんね。衰退傾向にある天理教ってのもあなたの偏見で、衰退も大いに結構だね。
衰退嫌って出て行く奴は出て行けばいいのだからね。神さんも言ってるだろう。
神と言えばあると言えばある、無いと言えば無い。とね。無い人にいくら有るって言っても無駄無駄。
止めたけりゃ、勝手に止めたまえ。

55 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 21:53:40 ID:N4OtMvjS
そうっすか。

んじゃ天理教やめた!!

56 :ひげ:2007/10/29(月) 22:13:39 ID:jzJQqnKj
やめなやめな。

57 :神も仏も名無しさん:2007/10/29(月) 23:26:01 ID:uHcQaCuU
>>54
天理教嫌いなら、神さん信じてないなら、教会子弟、後継者うんぬんで悩んだりしていないって!
教会捨てて、あっさりバイバイすりゃいいだけの話。
微妙ながらも信仰っぽい心はあるんだと思います。
ところで…
アナタの口調はどうも懐に鋭利な刃物を忍ばせているような気配を感じてしまう。
俺が臆病ってこともあるんでしょうがね。


58 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 07:27:46 ID:/6Ar1rO0
やりたくない人に、家だけでなく仕事場まで恐喝電話までして無理矢理継がせようとする幹部がいる。他スレの話だが。
なんとかならんのか?


59 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 09:09:29 ID:FhrmBijT
>>58
折角詳しく書いて下さってるんだから、そのスレの内容よく読んでから書きなさいな。
親御さんの一方的な思い込み、及び幹部でも何でもなく、零細分教会長の話。

60 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 09:50:24 ID:M/Tn7War
残念ながら、完全に病んでしまっている現役教会というのは確かにある。
後継者のない事情教会を別にしてもね。
後継問題って自分の意志だけではなく、上や自分の教会の環境次第の部分も大きいから
そこを見ないと後継者がいない教会が悪いのか、それとも周囲の環境が悪いのか分からない。


61 :神も仏も名無しさん:2007/10/30(火) 23:35:42 ID:EXUFw9Lu
そもそも後を継ぐなんて発想が問題だと思うよ。信仰は自発的なものだと思っていたが、天理教さんの現実は
自発では無くて、他から強制ににしろ何にしろ言われてしている人達が大勢居るって事が良く判るね。天理教さんの
本質は別にして、取るに足らない宗教団体になりつつあると言う事やね。
ある意味、安心している宗教団体は多いと思うよ。あれだけ影響力のあった教えにしては、構成している人間達が
ある意味ちょろいね。

62 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 10:26:06 ID:3XdqbDEh
創価学会に攻撃されていると勘違いしている信者が多いけど、
創価学会にしてみれば、天理教なんて取るに足らない宗教。
まあ、かつて200万人を超える規模の新宗教だった頃は、かなり対立していたようだけど。
創価の4分の1の規模の宗教だから、危機感はあっただろうな。

63 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 12:02:10 ID:A5wA1V2I
>>61
自発的に・・・なんて、甘いものではないよ。
勿論、信仰は自発的だし、初代は布教の道中で、教会への道が開かれて行くが、二代以降は
教会のシステム及び、経緯の中で、自発的に継ぎたくとも、継ぐ資格の有る無しが、検討される。

64 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 14:38:39 ID:yzBGtyih
>>61-62
学会さんや他の宗教の話は別スレで熱く語って下さいな。
ちょろいと言われる天理教の中にあって、次世代(俺も含めて)ジリ貧状況の本音を語ろう!ってのがテーマですから。

と言いながらチョット横道の話を…
天理教関係が開設している2年間の専門学校(専修科なんだけど)の中で、宗教学と言う授業があります。
その中でキリスト教、仏教、イスラム教(創価学会はなかった)と天理教の比較宗教と言うのがありました。
それらの宗教と天理教を比較しながら、天理教がいかに優れているか!と言うことを学び?ます。
軽ーい洗脳教育を20歳前後の教会子弟達の思考回路に植えつけよう企画したものと思われますが、企画は失敗に終わります。
なぜなら、朝づとめに間に合うように起床するため、授業中はメッチャクチャ睡魔が訪れ、授業は大半が寝ています。
その専門学校の先生の特徴としまして卒業後先生になOB系先生の授業と、天理教内から特別講師として招く講義があります。
OB系の先生は怒る以外知らないのではないか?と思える態度で授業をしますから、生徒は胸に治まるかどうかはともかくとして、とりあえずは起きています。
外部からの先生の講義については、怒られることはありませんから、熟睡状態となる者も存在します。
2年間で学ぶ中で、怒られないようにするにはどうすれば良いか?と言う要領を学んだ者も見受けられます。
【偏見的結論】
おぢばでの2年間を寝て過ごしても、おぢばの理はあるのか?
俺は神でないから分からないけど、今の教勢が一つの理の姿かと…。
しかしこれだけは言っておこう。
彼らの生活費を含めた授業料は御供で賄われていると言うこと。

65 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 18:02:21 ID:+op+i9eV
これだけは言っておこう。
その二年間は世間の企業では就業とも修業ともみなされず、卒業生は洗脳されたプータローと見なされることを。

66 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 20:19:25 ID:ge7Yt5qG
>>54

藁田w
神は抽象的観念に過ぎんからな。必要かどうかは世間次第だろ。
天理の神はもう日本に必要ないと思うぞ。下品なタカリの道具と化して
いるもんなw


67 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 20:50:31 ID:CJlpi5dv
いつの間にかアンチだらけ…
天理教スレはみんなこうなるのねー
どこかまじめに語れるスレはないのか

68 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 21:51:25 ID:yzBGtyih
>>67
道の中に世界有り。世界の中に道有り。
アンチの中にも核心を突く者もあれば、天理教の中にも体験もないくせに受け売りしか出来ないヤツもいる。
アナタの勇み心が世界を動かすことも、一応可能性としてはある。

69 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 21:54:40 ID:yzBGtyih
まずはアナタから語りかけてみよう。

70 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 22:03:53 ID:jTdM9SoI
イヤ、せめてね、スレを立てた>>1のルールは守るのが筋でしょ。
スルーするのならまだしも、認めるような発言は、ここで発言する権利すらないよ。

ま、スレタイとは関係のない発言でしたね・・・orz

71 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 22:49:54 ID:/L2jZuzA
:Ψ:2007/10/31(水) 13:34:48 ID:vU0Ph7Kq0
父親が長男を刺殺-以前から職に就かないと口論  (2007.10.31 奈良新聞)
30日午前7時55分ごろ、天理市石上町の民家から「父親が長男を包丁で刺した」と110番があった。
天理署員が1階廊下で倒れている無職山谷嘉則さん(32)を発見。
そばにいた父親が刺したことを認めたため、殺人未遂の現行犯で逮捕した。
嘉則さんは橿原市内の病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡。
同署は殺人容疑に切り替えて調べている。
調べでは、父親は天理時報社社員昇容疑者(58)で「(2階の)寝室で寝ていたら、長男がいきなり殴りかかってきた」と供述。
近くにあった果物ナイフ(刃渡り13センチ)で胸や腹を数カ所刺したという…
http://www.nara-np.co.jp/n_soc/071031/soc071031d.shtml


72 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 22:55:09 ID:jAWL1T81
天理教おわた。

73 :神も仏も名無しさん:2007/10/31(水) 23:45:50 ID:3XdqbDEh
>>65
そして、天理教無しには生きられない状態にされる。おとなしく教会長を継ぐしかない。

中の人も、今の天理教の駄目さに気がついているんだろ。
アンチより、信者が否定的に書いている方が多いと思う。

74 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 14:20:10 ID:TGmWPrCE
天理時報社は実質天理教のやってる印刷会社。
社員は信者


75 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 18:31:19 ID:8ddQMnlZ
教会家族でさえ中には犯罪者まがいの人間がいるんだから、一般信者にだって色んな人間がいる。
だから大変に残念な事件だけど、それで神様や天理教信仰を見失うことは全く無い。
ある意味、神様への信仰と教団組織の事は別だとさえ思ってるから。

76 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 19:04:31 ID:N/3HLy1x
このよふハあくしまじりであるからに いんねんつける事ハいかんで

知っていても、実行が伴うとは限らないからね。
そんな簡単に出来れば苦労はないw

77 :神も仏も名無しさん:2007/11/01(木) 20:36:32 ID:sVYp7VUg
>>75
> ある意味、神様への信仰と教団組織の事は別だとさえ思ってるから。

一般信者のスタンスはこれが多いんじゃないかな?
お供えが月数千円のまともな教会に所属しているということが条件だけど。

78 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 06:09:35 ID:zawPPSOc
【天理教教会子弟はホントに教会長になりたいのかな?】

1 :パンドラ:2007/10/24(水) 09:24:00 ID:2GlmtKRM
もうすでに教会長になった人もいれば、後継者として活動してる人もいますよね。
また、ためらっている人もいれば、拒否状態の人もいると思います。
それぞれの理由を書き込んでみませんか?

【注意】部外者、アンチの方はややこしくなるから書き込みご遠慮願います。


2 :パンドラ:2007/10/24(水) 09:35:14 ID:2GlmtKRM
教祖は「談じ合え」と言われています。
また本部では後継者講習会の旬でもあります。
それぞれ人前では語れないものもあるかと思います。
いろんな意見の中から
「俺も頑張ってみようか!」
となるのか、
「止めて正解だった!」
となるのか…。
それはみんなのレス次第。

もーいーかい!?
そろそろ本題に戻ろうやあ…。

79 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 19:05:44 ID:L4lC/74b
>>77

借金してもお供え云々の教会はまともでないよねw

布教所から教会に無理して格上げする価値があるのですかね。
最近教会になったところはアホしか思えんが。どう考えても
万年下層教会組でしょう。教会になっても布教所の時の信者が
そのままで新規信者などほとんど期待できず教会としての負担
が増加するだけでしょうw


80 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 21:12:14 ID:Ye4AgVA5
どうしても話をスレから外す人が多いね。

布教所から教会になるためには、信者の一定数が確保できていることも条件に入っている。
そんな事がここでの話題ではなく、2代3代を継いでいく気持ちがあるかどうかだ。
布教所から教会なら、勇む気持ちも大きいでしょう。
しかし、柵の多い現状の教会を、どのように前向きに継ぐ覚悟を持つか、でしょ?

残念だけど、教会からすると自分は信者の立場。名前ばかりの布教所所属。
盛り上げたいけど、正直社会の中での「おたすけ」布教は、かなり時間的制約が・・・
所属教会の若先生を盛り上げていきたいけど、教理のお話もあまりしないし、ちょっと距離がある。

81 :神も仏も名無しさん:2007/11/02(金) 21:38:42 ID:zawPPSOc
>布教所から教会に無理して格上げする価値があるのですかね。
 最近教会になったところはアホしか思えんが。どう考えても万年下層教会組でしょう。
俺んちは最近教会になったアホですが、アホはアホなりの思いがあって教会を願い出たわけで…。
俺から見れば目先だけで判断をして、教会を離れて、また信仰を捨てる人こそアホに見えるけどね。
人はそれぞれの価値観を持って生きているわけだから、自分の思いと違う人をアホ呼ばわりするのもどうかと思います。
まあ、人間側がアホのランク付けしても仕方がないってことだね。


82 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 11:14:36 ID:oM2ACvS5
>>81
>俺から見れば目先だけで判断をして、教会を離れて、また信仰を捨てる人こそアホに見えるけどね。

天理の教義そのものが問題なのだが。教義も問題、利益も無しではどうしょうも
ないだろ。
天理とは逆賊のカルトだから利益が無いと離れる人が多いわな。一部には
利益の人もいるだろw


83 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 14:15:31 ID:52bWPrZW
ほらほら、知りもしないで、アンチ気取ってるお馬鹿さんが入ってくるんだからスルーで行こう。
アホで良いじゃないかw

84 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 14:38:41 ID:QFVo39b7
そうだそうだ
うちの初代はアホになれ、とよく言ってたよ

85 :ようぼく:2007/11/03(土) 15:35:40 ID:zE1vn8D5
2ちゃんのサイトはハンドルネームが同じ人ばかり、なぜ??????
アンチもそうでない人も自分を主張しないのかね?ハンドルネームを
同じにするのがルール?????

86 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 16:44:21 ID:z2HjoJNw
>>54
>神と言えばあると言えばある、無いと言えば無い

トンデモナ〜イ!
あるものはある、無いものは無い。 これが真実。

ただ捜し求める者には見えて、捜し求めない者には見えないということならばある。
また、迷信であっても認識できる場合もある。

87 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 18:25:20 ID:w3c/9kiY
>>79
新規信者をあの手この手で獲得して上級教会、そして大教会を目指すのでは?お供えももちろん増やす。
ここで目をつけるのが、継ぐ人がいない教会。ここの信者をごっそりと持っていって自分の信者を増やす。

>>81
でも、それくらい上昇志向のある人間がいないと、天理教が滅んでしまう。
信者数が激減しているから。今、じいさんばあさんが逝ってしまうと、ごっそり信者が減る。
30代以下は禄に参加してくれない幽霊信者だし。

>>82
> 天理の教義そのものが問題なのだが。

教義でおかしいのは、親様が生きているというところだけだろ?あれは天理教を成立させるために必要なもの。
跡は、関係ない。

88 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 19:51:01 ID:DEf3fcxZ
今、信者の現状を年輩者中心に考えるのは、ナンセンス。
身上が現れる方が、比較的「にをい」を掛けやすい。となると、比較的年齢の低い段階では、実感が湧かない。
従って、年齢の高い方が多くなるけど、みんないずれ年を取る。それで少なくは成らない。

最近は、身上より、事情が多すぎる。
心自体が病むような、身上と言うより事情に通ずる事が、なんて多いことか。
心自体が病む状況で、他人と心の接触を拒むのを、どうやって「ようきぐらし」に導くか。
ここまで覗きに来る人には悪いけど、天理教スレのアンチの方々を見ても、結構通じるところだよね。

心が病むのは、事情の行き詰まった形だと認識しているんだけど、どうだろう?
これからの教会を継いで行くためには、この問題点を上手く対処していかないと難しい。
時間が掛かるし、辛抱強く、腹を括って付き合っていかないとね・・・
鏡と割り切って、自分が変わると事情も御守護戴くのか、はたまた、切れていくだけなのか・・・

89 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 19:57:49 ID:oM2ACvS5
>>83-84

天理教関係者がアホで行くのはいいよ。
外部にアホを強要せんでね。

>>86

人間の想像する神は観念でしかない。
すなわち頭の中にあるだけ。

>>87

会長と信者は人間関係で繋がっていて、
別の教会に移ればいいという話しではない。
こんなアホなことを平気で言うから信者は離れるの。

>教義でおかしいのは、親様が生きているというところだけだろ?

君は本当にアホだな。「親様が生きている」云々などはどうでもいい。
問題は「実の神」「元始まりの神」「親神」のほうだ。
日本神話と衝突する。


90 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 20:02:06 ID:oM2ACvS5
>>88
>身上が現れる方が、比較的「にをい」を掛けやすい。

だから邪教と言われるのだよ。
御利益信仰など不要。日本から消えろ。


91 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 20:41:33 ID:oM2ACvS5
>>88

邪教天理をよく表現しているね。

>心が病むのは、事情の行き詰まった形だと認識しているんだけど、どうだろう?

明らかな誤認だろう。事情と関係なく心の病は発生する。少し医学も勉強したら。

>鏡と割り切って、自分が変わると事情も御守護戴くのか、はたまた、切れていくだけなのか・・・

天理の神話観を共有してないと無理だな。外部の人間には迷惑なだけ。

>身上が現れる方が、比較的「にをい」を掛けやすい。

これも天理の神話観を共有していることが前提だぞ。一般論ではないからな。
一般論と誤認すると有害カルト認定になるぞ。

>ここまで覗きに来る人には悪いけど、天理教スレのアンチの方々を見ても、結構通じるところだよね。

全然通じません。君は天理の神話が一般論と誤認している。



92 :神も仏も名無しさん:2007/11/03(土) 23:11:21 ID:w3c/9kiY
>>88
洗脳された信者がキター!

>>89
人類が天理から生まれたというのが、笑える。ありえねー(笑)。
日本の神話からすれば、天理のそれなんてしょぼすぎ。

>>90
御利益信仰は、寺や神社のように薄く広くだから問題ないんだよ。
天理教の場合、信者数が少ないから、搾取せざるを得ない(笑)。

>>91
> 明らかな誤認だろう。事情と関係なく心の病は発生する。少し医学も勉強したら。

ま、>>88みたいなのは、カルトに洗脳された奴の典型みたいなものだからな。可哀想に・・・。

93 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 02:34:11 ID:4awbXhh5
元信者で、今は反天理教『組織』派です。分教会子息を知ってますが、
実際はどう思ってるのか微妙ですねぇ。ご子息は大教会に伏せ込んでますけど
数合わせに必死になって参加を半強要してくる辺りは、セールスマンみたいですよ。

最初の方でいい例があがってますけど、結局、今の天理教は活動信者数獲得・利益獲得や保全のため
動いてるようにしか見えない。今の天理教教団体制で純粋な布教の思いで後継ぎなんて稀な気がする。

94 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 06:32:53 ID:yXWEd73i
変な書き方するから、>>89-92みたいに日本語読めない連中が釣れちゃうんだよw
幾ら書いても馬鹿は馬鹿なんだから、馬鹿を釣る下手な書き方はしないこと>>88

95 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 07:58:06 ID:r0nF00H4
>>93
栄枯盛衰。どの宗教も通ってきた道。さて、天理教は、この腐敗した状態から再生することが出来るだろうか?
神様は、出直しの機会を設けてくださっている。

96 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 11:35:33 ID:CglMbB/+
>>94
>日本語読めない連中

神とは天理の神onlyという脳内妄想者かw
天理は有害カルト認定だな。大日本帝国憲法の復活が必要だな。


97 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 11:38:07 ID:CglMbB/+
>>95
>神様は、出直しの機会を設けてくださっている。

この神様も天理教の範囲な。一般論でないよ。
外部の人間にはこうゆう説は通用しないの。


98 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 12:53:19 ID:Y4/noZ3m
>>86
人を好きになるという思いに形はない。
形はないが表現は出来る。
しかしその表現を迷惑と思う人もいるだろう。
さて、ここで運命の道が二つ生まれる。
A さらに愛情表現を強め、理解を得て結ばれる。
  この場合押しが強い!と評価され、「一途な愛に心を揺さぶられました。」と言われることとなる。
B さらに愛情表現を強めるが、理解を得られずストーカと認定される。
  この場合しつこい!ウザイ!と苦情を受け、「変質的な行動に精神的苦痛を与えられました。」と言われることとなる。

例題が最良ではないかもしれないが、恋愛と信仰は似ている部分がある。
良かれと思い、勧誘しても迷惑に思う人もいれば、それをキッカケとして信仰の道に進むやもしれない。
また、例題が不適切であるが、男はお付き合いが始まったと思いHを求める。
しかし、このHを強要、強行すれば、嫌われるかもしれないから、狼はチャンスを伺うこととなる。
もっともHと愛は別腹である人も結構いるみたいだが…
※Hと御供を入れ替えてみるとちょっと意味深になるナw
【結論】
あると言えばあるんだが、理解を得られなければ無いのと同じ。
またお互いに勘違いしてる人も結構多く、その勘違いに気が付かない場合もあるやもしれん。
いいかげんかもしれんが、結論としては、所詮個々の判断によるもんだと思う。
天理教から被害を受けたんならしかるべき行動に移せば良いし、カルトと思うなら近寄らねば良い。
天理教関係者は感謝と謙虚を従え人生を歩めば良い。
どちらが正しいかは、時間が証人になってくれるだろう。
>>97
 >この神様も天理教の範囲な。一般論でないよ。【外部の人間】にはこうゆう説は通用しないの。
って言いながら、外部の人が天理教スレ内部に潜り込み、説教たれる常識、節操のなさはどないやねん…
アンタの思いが必ずしも一般論とはならないし、善ではないだろう。
また、少数派の意見が悪とは限らない。
ということで、善、悪については振り出しに戻ることとなるので、最初から読み直してね。


99 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 13:26:39 ID:Xd/6dsnP
>>96
スレタイを読めない点で、日本語を読めないと書かれても仕方ないことだなw

100 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 19:49:35 ID:CglMbB/+
>>99

そもそもこうゆうスレそのものが日本不要なの。
これからは
「日本での布教は終了しました。今後中国で天理教会を布教するスレ」
「日本の天理教会を整理するスレ」
「新天地・中国で天理教会を再興するスレ」
などを立ててもらいたい。

このスレは終了でいいと思うよ。
ご苦労さんでした。天理さんバイバイ。。。


101 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 20:13:58 ID:r5nT6bny
>立ててもらいたい。
何処まで他力本願なんだよw自分で立てれば?
                 ・・・又釣れるかな?w

102 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 20:31:30 ID:CglMbB/+
>>101
>他力本願

他力本願は天理教だろw
「助け給え天理王の命」「助け給え天理王の命」「助け給え天理王の命」

103 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 20:44:27 ID:ut6JnTOY
もちろん心の向きを変えるのは自分自身だけど、人生は色んな意味で他力で助けて頂いてることの方が
圧倒的に多いと思う。
生かされている生命そのものが完全に神様からの恵み(他力)だからね。
その自覚から、神様には自ずと感謝せずにいられない気持ちになれる。
自力は大事だけど、自力だけで生きているなんていうことは絶対にない。


104 :神も仏も名無しさん:2007/11/04(日) 22:58:25 ID:4awbXhh5
>>103

脱線するが、だからといって感謝の対象を『天理王之命』とすることもない。
不可視な神なる存在に感謝すればいいだけのこと。神道が一番しっくりくる。

ちなみに『生かされている』考えは大切な一方、『神に生かされている』考えは
神に対して人生を責任転嫁したり、極度の受け身になって、自分から動けなくなったりする。

結局は自身で日々を生き、生活しないといけない。神が世話をしてくれる訳がないし、
逆に、幸や不幸を『神の意志』にしてしまうと、それに至るまでが避けられる事でも、
神の意志だから受け入れる的な考えに陥りはしないか?

やはり、自己という存在をまずは尊重すべきかなと。

105 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 00:50:38 ID:iAiGkScK
>>71
恐ろしい

106 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 09:48:55 ID:UeG/9t5e
>>103
>生かされている生命そのものが完全に神様からの恵み(他力)だからね。
>その自覚から、神様には自ずと感謝せずにいられない気持ちになれる。

ここで言う神様とは何かな?
問題は君が言う神様が天理の神オンリーを前提にしていることだな。



107 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 10:28:37 ID:oL3V3YK/
>>101,103
ほら見ろw馬鹿(>>102>>104-106)がどんどん釣れるだろうけど、釣って遊ぶなって!
スレタイも読めない馬鹿ばっかw

108 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 19:04:48 ID:UeG/9t5e
>>107
>スレタイも読めない馬鹿ばっかw

読めてるよ。

>天理教教会子弟はホントに教会長になりたいのかな?

まじめな奴は教会長などなりたくない。
教会長になりたいのは基地外、不良だけ。

以上でこのスレは終了。。。



109 :神も仏も名無しさん:2007/11/05(月) 20:33:56 ID:NrSzVjVD
>>108
一つずつ書かないと解らない馬鹿か?
>>1の【注意】も読めよ。真性の馬鹿(≠アホ)だなw

110 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 09:30:00 ID:cpGAH4AW
>>109
>解らない馬鹿

君は「解らない馬鹿」を連発するロボットだったかw



111 :パンドラ復活:2007/11/06(火) 14:32:21 ID:/t0tHcVp
>>110みたいなタイプが天理教に強要された、被害を受けたと言いつづけるんだろうな…。
しかし、絶対にツラは表に出すことはないんだな…。
ネットって語り合えば、いろんな人の思い、意見が聞けておもしろいものにもなるけど、
一方通行の罵りあいも出来るホコリの道具にもなっていくみたい。

このスレで教会子弟の本音の心の部分を開き、お互いが切磋琢磨して喜びを共有できたらいいなあ…。
と思いスレ立ててみたんだけど、どーも違う方向に行くようです。
まあそんなわけでちょっと気分を変えてアンケート方式で意見を伺います。
ガセネタ防止策として、あなたの所属する直属教会名のイニシャルと詰所の専用電話の番号を最初に書いて見て下さい。

A天理教は嫌いだ!
B嫌いではないが、天理教には興味がない。
C消極的ながらも天理教に理解を示している。
D自然体で身体が空いてる限りは行事に参加する。
E積極的に参加し、企画にも参加する。
Fその他。

もし良ければその理由も聞かせて下さい。
>>108 このスレの終了を告げるのはアンタではないし、俺でもない。
みんなの意思と神様の後押しだ。
このスレが完了した時、さわやな気持ちになれたらいいなと思います。

112 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 17:30:59 ID:rKGehQcp
天理教の息のかかった病院「憩いの家」では、
Dr.も因縁をなくす為に日夜励んでいます。
そういえばあの病院の看護婦が自分の子供を殺して
逮捕された事件があったね。

113 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 19:06:49 ID:83mEqYt1
既に天理教は目的と手段が反転しています。
教義を伝える為に信者を集めるのではなく、信者を集める為に教義を利用している。

信者の多い所の教会主が、事情教会の教会主とバーターなんて言われたら、OKする人はいない。

末端に近いと目に見えているネズミ講に参加する人はいない。

要するに正解に近いのは>>5

国では禁止されているネズミ講も、宗教にしてしまうと許される不思議。

114 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 19:38:34 ID:1wCrlrv/
>>111
あなたのいう「天理教」は、信仰心or宗教団体?

115 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 20:54:25 ID:VZZvKrZY
直属のイニシャル書くなんて、そんな恐いことデキナーイ

てかパンドラさんは書かないのかい?

116 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 21:14:43 ID:cpGAH4AW
>>111
>このスレの終了を告げるのはアンタではないし、俺でもない。
>みんなの意思と神様の後押しだ。
>このスレが完了した時、さわやな気持ちになれたらいいなと思います。

神様--->天照様と訂正した方が日本ではより一般的になるぞ。



117 :パンドラ復活:2007/11/06(火) 21:49:02 ID:/t0tHcVp
S大教会 2027
>>115これでいいかな?
悪口書かなければ痛くも痒くもないけどね。
>>114
芹沢光治良の本でこんな内容がありましたので紹介します。
「天理教に生まれ育ち、漠然と神の存在を感じ生きている道中で、神の存在を自分なりに『確信する』時がある。これを回心といいます。」
的な文章がありました。
俺は教祖のひながた、教えに添った人生を歩むことが信仰だと思っています。
俺の感覚としては信仰と天理教は同意語ですが、神殿内にあるかんろだいと天理教教会本部は同義語ではありませんね。
上級、大教会との関係も、元一日(ルーツ)の確認、感謝の場所として存在しています。
そういう意味では「なにがなんでも親(教会)の声を聞くことが信仰なんだ!」とはなりません。
でも上級教会の会長さんはじめ、その家族と俺んちの家族は結構信頼関係がありますね。

俺としては「団体に属している。」という意識はかなり薄いと思いますが、この対比はあくまでも天理教の周辺関係者に比べてという程度かもしれません。
つまり一般社会、または会社の同僚と比べると明らかに俺の行動パターンは違います。
自教会と上級教会の月次祭は必ず休暇をとりますし、月一ペースで本部参拝に帰るようにしています。
また俺の給料収入に対し、天理教関係に対する支出(交通費も含め)は同僚からみれば突出していると思います。
まあ幸か不幸か信者さんがほとんどいませんから、信者さんからメシを食わせてもらっているという実感はありません。
自給自足の教会が果たして正しい姿かどうかは分かりませんが、信仰を捨てる原因にはなりません。
『信仰の回心』の至るまで、親をはじめ、身の回りの関係者との信頼が希薄であることが、天理教を捨て去る大きな要因となると考えています。
>>116 ここは天理教スレ。一般的というほど信者数はないので、あしからず。

118 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 21:58:46 ID:1sQZk2nd
直属のイニシャル N
あえてパンドラさんの質問には答えないけど、おれは大教会長を尊敬してるよ。においがけにも出てるし、ほうきを持って神殿掃除にも来られる。

119 :パンドラ復活:2007/11/06(火) 22:04:50 ID:/t0tHcVp
>>118 ありがとうね。
俺も上級会長さんはじめ、大教会長さんも信頼してますよ。

120 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 22:04:57 ID:LDns7v0+
2027ないよ。専用電話ってなんだ?
http://phonebook.yahoo.co.jp/bin/search?p=%B5%CD%BD%EA&y=n&a2=29204&b=1

121 :パンドラ復活:2007/11/06(火) 22:06:34 ID:/t0tHcVp
>>120 これで分かる人は分かるんだ。もう寝たらどうだい?

122 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 22:09:03 ID:LDns7v0+
寝ます。


123 :パンドラ復活:2007/11/06(火) 22:11:15 ID:/t0tHcVp
>>122 いい夢見ようね。

124 :神も仏も名無しさん:2007/11/06(火) 22:22:35 ID:VZZvKrZY
私は大教会長さんは好かないです
うちの系列はかなーり衰退ぎみ
上級の会長さんはまぁ尊敬できますが。
できることなら他の直属がいいなぁ

どうでも良い話ですが私は小さい頃、すごく大きな教会に嫁ぐのが夢でした
もちろん直属も変わって
ちなみに直属はN

125 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 01:22:10 ID:5npm72/O
>>118
ごく当たり前の事が出来る人が、天理教の会長では尊敬されるのか?

もはや別世界。

126 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 01:44:27 ID:Gxo5gS2V
>>117
>S大教会 2027

くだんね。。。w



127 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 01:47:17 ID:Gxo5gS2V
天理教会長という職業は
堅気の職業ではない。すなわち、無職の下ということ。



128 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 09:08:19 ID:Gxo5gS2V
>>117
>自給自足の教会が果たして正しい姿かどうかは分かりませんが、

自給自足の教会以外は教会とは言わんだろうな。
信者にメシを食わせてもらう教会長とは悪業に過ぎん。

真柱も農作業でもして自分のメシは自分で作ればいい。


129 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 17:08:52 ID:2QhGFR4+
>>128
天理教の真柱は、農作業が出来るくらい暇なのか井?

130 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 18:41:08 ID:P+jCroWU
>>111
S大教会(恐らくあなたとは違う)

一介の社会人信者です。基本的スタイルはDですが、如何せん忙しく・・・w

大教会と所属分教会は遠く離れており、残念ながら一度も参拝したことがありません。
しかし、詰め所はよく利用させて頂きます。
従って、代が変わったこともあり、数ヶ月前に初めて大教会長のお顔を拝見致しました。
先代と違って・・・とか、今の代になって・・・等の噂が絶えず、余り良い印象を持っていませんでした。
しかし、実際にお会いして、お話しさせて頂くと、年も近い事もあり、印象が変わりました。

私自身、仕事中でも、「おさづけ」は機会を見つけては、取り次がせて頂くよう心掛けています。
その為、どのようなお話をするべきか、どう心を定めるべきか、迷う事が多いです。
今までは、つい、所属教会長や、知人に相談するなどして、頼ることが多かったです。
ただ、現在の環境を鑑みると、頼るより、お互いで切磋琢磨していくべきと、思うようになりました。

誤解を招くのは、距離が出来てしまうからでしょうね。
私の場合は、年齢的な距離の差が、殆ど無くなってきた事や、直接お話しする機会が有ったことが
心境の変化に繋がり、色々な意味での自立を考えるようになってきました。

教会を継がれる方は、信者との適度な距離感が必要かと、差し出がましくも感じました。

131 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 19:51:05 ID:Gxo5gS2V
>>129

暇でしょ。「さおづけ」なんか全部同じことの繰り返しだろw



132 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 20:04:43 ID:uDIDK5mc
>>131
深刻な状況でおさづけを取り次ぐ姿に直面してないからそういう事が言えるんだ。親戚や知人にどうしてもたすかってほしいって思った事ないのか?

133 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 21:01:14 ID:Gxo5gS2V
>>132

おさづけより専門医者に見せることだな。深刻な状況では特にそうだ。
おさづけは補助にしか過ぎんよ。




134 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 21:42:27 ID:uDIDK5mc
>>133
天理教では「医者の手あまり神がたすける」と聞かせて頂く。さっき言った状況って言うのは、例えば病院で、さじ投げられた人へのおさづけって意味だったんだが。おれだって身体の具合が悪くなれば、すぐ病院には行くぞ。ようは「心と身体」。

135 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 21:54:31 ID:Gxo5gS2V
>>134
>天理教では「医者の手あまり神がたすける」と聞かせて頂く。

よろず病院の医師が嘆いていたぞ。
お道の先生は出しゃばりだって。もっと引っ込めと。

お道の先生は心療内科辺りと連携するのがいいかもな。
ただし信者限定な。


136 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 22:13:04 ID:/GNXr1Ld
>>135
横レス、更にレス違でスマンが、ちょっと書かせて貰う。

「医者の手余り」って意味は、医者が匙を投げ出すという意味で、限りなく100%完治とはならない人を指す。
心療内科のように、判らないから「医者の手余り」ではない。
お道の話に照らせば、心から来る身上のお手入れを、まずは身上を助けて戴くように、「おさづけ」を取り次ぐ。
そういった意味では、心療内科のように、心そのものの病は通常別物。

君はアンチなのか勉強不足なのか知らないが、そもそもの方向性が違うということを知って欲しい。

・・・ただ、最近は教会長と雖も、やれ「おさづけ」が効かなくなっただのと、嘆かわしい発言を聞く。
「おさづけ」は効く、効かない等という類の物ではなく、自分が教祖様の一道具となりきるべきかと思うのだが・・・

137 :神も仏も名無しさん:2007/11/07(水) 23:56:03 ID:ISv+erzo
>>136
>「おさづけ」は効く、効かない等という類の物ではなく、
>自分が教祖様の一道具となりきるべきかと思うのだが・・・

おっしゃるとおりです。

138 :夜中にトイレ行って来た:2007/11/08(木) 03:17:57 ID:sMK7mkga
別に天理教に限らず自分の愛する人が困っていたら、なんとかしてあげたいって思うんでないか。
おさづけはその内の一つの表現方法に過ぎない。
願う方法は千差万別、お百度参りだっていいじゃない。
おさづけを取り次ぐことが重要ではなく、たすかっていただきたいと願う心が重要と思っています。
おさづけの形式に拘ることはないのではないか。
俺の母親は写真に向かい、おさづけを取り次いでいたし、家の外からでも取り次いでいました。
俺自身もおさづけを取り次がせていただき、なんかの兆しが感じられたら嬉しいし、神様への感謝の念が募ります。
医者の手余りをたすけるなどと高慢な考えはいらんのです。
自らの体験で手余りが御守護いただいたのなら、説得力もあるが、受け売り、聞きかじりで軽々しく言うべきではななろうが…。

今、目の前にいる人が少しでも元気になってくれたらそれで良し。
心を開いてくれたら更に良し。
おたすけ人の心になれたら、もはや言うことはない!

天理教で教えられる祈りの姿がつとめとさづけである。
それ以上でも以下でもない。
そこから先の理屈は不要と思う。
天理教信者でない者がとやかく言う話ではありません。
この件に関しては反論は無視!
但し、強要、強制は論外。
天理教の信仰をさせていただいていて楽しい心になれないのは、何かが間違っていると俺は思う。
と、言いながらもう一回寝ます。

139 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 12:54:02 ID:Zh460rz3
>>138
2ちゃんに書きこんでおいて反論は無視とか書くな。あなたの考え方は危険です。自分が常に正しい感が漂ってます。

140 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 16:47:26 ID:p2Ge9YH2
>>138
ちょっと待て!
>医者の手余りをたすけるなどと高慢な考えはいらんのです。
この話は「おさしづ」の下りだよ。

只ね、君が「おさづけ」を取り次いだ事がないのはよく分かった。

141 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 18:29:10 ID:sMK7mkga
>>140
>医者の手余りをたすけるなどと高慢な考えはいらんのです。
誤解があるようなので訂正します。
「医者の手余りをたすける」のは神様の領分であり、
ようぼくは「医者の手余りをたすける」などと高慢な考えはいらんのです。

俺の家族が天理教関係者から「こうすればたすかる」といろんな心定めを施されましたが、結果は出直しだった。
その時、言われたのが「出直しも御守護」だった…。
医者の手余りたすからない実例だよ。
140君、アンタこの実例を踏まえてチョット「医者の手余りたすける」というのを解説してみてくれんかな?
俺はこの時から天理教に関係の無い世界で生きていこうと思ったんだ。
それを思い直し、信仰の世界に戻る、『回心』するのに随分時間がかかった。
医者にしても心身共にたすけるわけじゃない。
身体の悪い部分の治療に過ぎない。
ましては、よふぼくは願う、祈るしか出来ない。
真実込めて願い、後は神様の領分だと言っているんだけど、おかしいかな?


>>139
俺は「常に正しい」とは思っていないよ。
間違いに気付けば、改めていきますよ。

142 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 19:55:13 ID:p2Ge9YH2
>>141
悪いね、>>138の書き込みの内容に違和感覚えて、アンチかと思った。スマン・・・orz

さて、あなたの問いかけに答える前に、少し。
以下の「おさしづ」の内容と照らして、「おさづけ」に対して、意見を御伺いたいです。
明治二十三年七月七日 午前三時 本席腹痛に付願
明治二十三年七月七日 午前十時半 前おさしづに基き願

「おさづけ」を取り次ぐ時、自分に課している事として、「結構」と思っているかどうか自問する事です。
自分が心底思わなければ、相手に「結構ですね」と語れないと思いますし。

143 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 20:38:51 ID:doM6hg1o
>「医者の手余りをたすける」などと高慢な考えはいらんのです。

神様が高慢な考えをしてるといっているようなもんだなw

144 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 20:40:16 ID:doM6hg1o
パンドラみたいのが教会長やれるなら俺でも出来そうだな

145 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 20:53:07 ID:oXNT4NTU
私の知ってる天理教は… 困った人の所に出向き さらに 他の人の不幸のはなしをしていく… 金金金… わずかな年金をとり 自分は車3台もち へらへらしてる おやさまもないてはるやろな…あんな人が長やて 笑う

146 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 20:54:47 ID:oXNT4NTU
教会長? それにあぐらかいてる人いない?

147 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 21:14:23 ID:sMK7mkga
>>142
俺はアンチっぽいっからそのつもりで読んで下さい。
手元にはおさしづ研究しかないため、
明治二十三年七月七日 午前三時 本席腹痛に付願 は記載されてますが、
明治二十三年七月七日 午前十時半 前おさしづに基き願は記載されていないことをまず、ご理解下さい。
 (…前略)道具でもどんな高い値打でも、心の理が無くばなにもならん
 【大意】たとえば道具にしても、どんなに高価なものであっても、それを使う者の心の理がなければなんにもならない。
     それと同様にさづけの理も真実の心が添わなければ何もならないのである。
俺は祈りとしてつとめとさづけを用いてますが、自分自身悩みの真最中で落ち込んでいたりすることもあります。
だから心底「けっこう」と思っていない時もママあるわけですが…。
だからと言ってそんな時は困ってる人を無視するかといえばそうではない。
今の俺の心の状態が「けっこう」と思えなくとも、この人になんとか!って思う気持ちはやっぱり人並みに湧き立つんだ。
いや!むしろ俺がそういう状態だから、神様が「その人を台としてお前もたすけてやるよ。」と言っているように思えるんだ。
その後に「けっこう」訪れたりするもんだ。(これはなんどか経験済み)
ピンチはチャンスでもあるとも思っています。
だんだんとその波が少なくなるよう、努力は惜しみませんが、聖人君子でもあるまいし、いつも「けっこう」ではいられないって。

「あしきをはらう」
あしきはあっても掃えば良いって理解しています。
あしきを無くせ!ではないんでね。
この親心ある寛大な教えだからこそ、俺でも信仰者ですって言えるんだよ。
だから教理を立てにして責め道具として用いているスレを見ると、無性にアンチの血が騒ぐ…。
まだまだ修行が足りません。



148 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 21:20:42 ID:sMK7mkga
>>144 やってみれば。
後で後悔なきようにせよとのお言葉も忘れることなく…。

149 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 21:22:10 ID:SGJZxJSO
パンドラさんの話を聞いてちょっと思い出したのは、「出直しもご守護」の話
家族に心定めを促すのは分かるんだけどね、それ以上に会長さんが心定めやお願いづとめ、おさづけを精一杯、それこそない命を助けてもらうようやったのなら、「出直しもご守護」と言っても良いと思う
しかし「出直しもご守護」と言うセリフの前に「私が至らなかった」と言うのが本当だと思う
「出直しもご守護」は逃げ口上じゃないぞ、と。

150 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 21:35:30 ID:sMK7mkga
>>149
そういうことだと思います。
教えは必ずしも言葉に出すばかりでなく、個々の胸に治めておくものもあるってこと。
口に出せば、それなりに腹くくって責任とらないと…。
受け売り、聞きかじりで「おたすけごっこ」をして欲しくない。
生まれた時から天理教の教会関係にこの傾向が強いように感じる時がままあります。

151 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 21:43:19 ID:Zh460rz3
信仰してても正直生まれかわりってなかなかピンとこない。絶対的な生まれかわりを確信した時、「出直しもご守護」と受け取れるんじゃないかな。

152 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 21:44:02 ID:p2Ge9YH2
>>147
お答え有難う御座います。

参考までに、「おさしづ」の後半には、以下のような下りが続きます。

明治二十三年七月七日 午前十時半 前おさしづに基き願
・・・
元々医者は要らん、薬は呑む事は要らんという事は教には無いで。
元々医者にも掛かり、薬も呑み、医者の手余り救けようというは、誰にも医者に掛かる事要らん、薬呑む事要らんというは、どっから出たのや。
手余りを救けるのは誰も何とも言うまい。
神さんに救けて貰うた、始め掛けのようなもの。
・・・

そう、結構と思えないからこそ、身上を見せられ、事情が起きると思います。
自分のことであれ、目の前の人のことであれ。
「おさしづ」の取り次ぎ方について、よく、一言話を取り次ぐようにと、お聞かせ頂きます。
しかし、以前に本部員の先生のお話に、教祖様のさづけでは、「あんたは幸せなんやで」と
お話し下されたようにお聞きしています。虚覚えですが・・・
ただ、この先の下りを思い返すに、「かしもの・かりもの」を持ち出すより、今を生きる喜びを
伝える事が大切なのだと、感じると共に、心掛けるようにしています。

次の下りの >神さんに救けて貰うた、始め掛けのようなもの。 の箇所は、「始め掛け」という
言葉の意味が、重く感じられます。判らない内は良いのでしょうけど、少し判るようになると、
やはり、心定めをする必要があるのだと感じるのですが・・・

153 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 22:25:46 ID:3KFOTYXU
いいレスがどんどん続くのでパソコンを立ち上げました(さっきまで携帯
昔といっても30年位前までかな
おたすけ人みたいなひとがたくさんいました。
普段の言動や生活は「オイオイ」っていう人も、いざおさづけになるとそれこそ神がかり的に
どんな病人も治っちゃう。て
あとどんなに寒い日でも水垢離をしてからおさづけ。とかそんな人が多かった
今は時代に合わせてなのか、それとも教会のお坊ちゃんで育ってしまうからなのか
いい大学出のインテリ会長が多いかな。まるで坊主と問答でもしてるかのような。
インテリが悪いとは言いません。おたすけ人がいいともいう気はないんですけどね。


154 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 22:26:36 ID:doM6hg1o
>>148
いつも一言脅しのようなセリフを残していく・・・
どこの教会長も似たようなものなのか



155 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 22:38:52 ID:doM6hg1o
>身体の悪い部分の治療に過ぎない。
>ましては、よふぼくは願う、祈るしか出来ない。

すごい高慢だな。

ちなみに「医者の手余りをたすける」というのは、おさづけがあれば医者や薬はいらんという風潮だった当時の布教者たちをいましめたさしづだな。
病めばきちんと医者にもかかるという世間の道理をちゃんとおさめて、その上で医者が手余りにするような状態であるなら、教えの理でたすけると言う話だ。
医療の邪魔をするような信心は違うということだよ。ただ今現在は医者がなかなか匙をなげないというか、手余りにしない状況が多い気もするが。



156 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:00:22 ID:3KFOTYXU
>>152 
>神さんに救けて貰うた、始め掛けのようなもの。 の箇所は、「始め掛け」という
言葉の意味が、重く感じられます。判らない内は良いのでしょうけど、少し判るようになると、
やはり、心定めをする必要があるのだと感じるのですが・・・

この話で思い出したことが(私はこういう独り言が多いです。ゴメンナサイ
前期講習のときの先生の話
「天理教というのは開墾に似ている。作物を作るいい土地が欲しい。
木の根や大きな石をどかして土地をならす。これが信仰初代。
まだまだ小さな小石や雑草が多いけれども頑張って耕し始め。これが二代。
耕し始めたけれど、土地がやせているので肥料をやらないといけない。これが三代。
と、信仰は代々続いていくもので初代がタイヘンです。」って感じの話。
この話は血統の子や孫へもそうですが、自分自身の魂・生まれ変わりもそうだと思うんです。
(この辺は因縁に関する話ですが)

(でもこの話、作物を植えて実って刈り取ったあとは・・・?w)


157 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 23:04:52 ID:sMK7mkga
>>152
一応、俺の天理教観の見解です。

数字の1は絶対真理であると聞いたことがあります。
数学の証明をしていく時、1が揺らぐとすべての証明がぐらつくからだそうです、
だから1はいかなる時でも1であるというのが基本。

俺は自然の摂理を1として考えています。
そして天理教の神名天理王命を暫定1として考えています。
暫定ですから別に他の神名でも俺はいっこうに構いません。
天理教の教えは1の解説だと思っています。
1の解説を中山みきなる女性がこんな生き方になるんだよ!と身を持って示されたのがひながたの道。
1の解説、ヒントを書物にして残してくれたのが天理教でいう三原典。
つとめとさづけは信じる暫定1から祈りの行為として教えられたからするだけのこと。
したらどうなるのか?
と、聞かれても、そりゃやってみなくちゃ分からないというのが正直な話。
分からんなりにやり続け、何度となく神様の後押しを感じ、経験し、ヘタな話にも経験からくる真実味が加わってくる。
たすかっていただいたと言う喜び、たすけていただいたと言う感謝。
これなくして御恩報じなどありえない。
先行投資はの御供の強要はして欲しくない。

アンチの方々へ
何度も言いますがここは天理教の人が語り合うスレでございます。
神を絶対真理と思う人が語り合う場所です。
気に入らなくても教理については無視していろよ!
ってことで、野球の話をしてるのにサッカーのルールを持ち込むな!って話。
>>139君、分かったかな?

158 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 23:18:14 ID:sMK7mkga
144 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 20:40:16 ID:doM6hg1o
パンドラみたいのが教会長やれるなら俺でも出来そうだな
148 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 21:20:42 ID:sMK7mkga
>>144 やってみれば。
後で後悔なきようにせよとのお言葉も忘れることなく…。


154 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 22:26:36 ID:doM6hg1o
>>148
いつも一言脅しのようなセリフを残していく・・・
どこの教会長も似たようなものなのか
>>154 
脅しではない。
責任はついて回るという話だ。
会長と信者さんはワンセットになってるんだよ。
この人たちを、出来る、出来んはともかくとして、責任持って導くんだ!
という、自負は最低限必要なことで…。
イヤんなった!ではすまない現実を胸に治めて、教会長を願い出るべきだと思う。
教会子弟だから…という理由だけで教会長を願い出るのは失礼きわまりない話だと思いますね。

159 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:25:25 ID:doM6hg1o
>この人たちを、出来る、出来んはともかくとして、責任持って導くんだ!

すげー高慢w

160 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:25:36 ID:3KFOTYXU
パンドラさん
真面目に答えるのね↑
ところで前にした質問は何か意味があったの?

教会長子弟だから・・ていうのは理由の一つでもいいと思うけどなぁ
親の背を見て「俺もやらせていただこう」と思うのは今日、思いのほか少ないil||li _| ̄|○ il||li


161 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 23:32:36 ID:sMK7mkga
>>159
言葉だけなら、高慢。
出来る、出来んはともかくとしてといってるだろう。
自負と高慢は違うと思うけど?
寡黙と無愛想とは違うし、欲と意欲も違うだろう?
辞書で調べてごらん。

162 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:33:03 ID:doM6hg1o
>ましては、よふぼくは願う、祈るしか出来ない。
祈るしかできないよふぼくである会長が
>この人たちを、出来る、出来んはともかくとして、責任持って導くんだ!
信者を導くだとぉ???

パン君の話は何か抜けてるな・・それも一番大切なものが・・・

163 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:35:08 ID:3KFOTYXU
出来る出来ん っていうのは、会長さん自身がしっかりできるかどうかわからないけど
ってことでしょう?信者さんの成人が出来る出来ないってことじゃないよね?


164 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:38:19 ID:doM6hg1o
パンドラ会長「おれ、会長!出来る出来んかはともかくとして、信者を導くよ」

信者「どんだけぇ〜」

165 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 23:40:42 ID:sMK7mkga
>>159
例題を挙げておきます。
結婚してこの人たち(嫁さん、子供たち)を、出来る、出来んはともかくとして、責任持って導くんだ!(幸せにするんだ!)
という、自負は最低限必要なことで…。
これを高慢というなら君は結婚すべきではない。
分かって欲しいなあ…。


166 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:47:43 ID:3KFOTYXU
>>165
( ̄▽ ̄)。o0○ 出来婚はどうするんだろう・・。

冗談はさておき、上記のがパンドラさんの会長理想像って感じですか?
・・・ワタシも頑張ろうっと。

167 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:47:43 ID:p2Ge9YH2
>>157
>経験し、ヘタな話にも経験からくる真実味が加わってくる。
最初の頃は似た考えを持っていました。
しかし、神様の御言葉以上の話なんて有るのか?と疑問を持ち、自分の言葉は使わないようにしています。

>たすかっていただいたと言う喜び、たすけていただいたと言う感謝。
この話も無茶苦茶に聞こえます。
助けて頂いたと思わなくとも、実際に教祖様は働いて下さります。
因みに自分の場合、スッキリと助けて頂いた「おさづけ」は皆無に等しいです。
特に、死の淵にある人への「おさづけ」実績は、正直なところ、少しの奇跡、後出直しばかりです。
こちらが必死になっていると、少しして、どんな働きがあったのか、何となく解る気がします。
確実に何かしらの御守護はあると、実感します。
只、それが判るようになってくると、他も見えるようになってきます。自分の場合手遅れなのですが・・・

だから、何か必ず働いて下さっているという実感は、こちらにはあります。
しかし、相手には判らないかも知れない。
あなたの理論だと、「助かった」実感がないと、御恩報じは必要ないように聞こえます。
上手く伝えられなくても、何かしらの御恩報じは、必要かと。
勿論、それは御供えでなくとも。

168 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:49:05 ID:doM6hg1o
>>165
糞みたいな例題でまったくの的外れだな。
ま、それでもおつきあいしましょう。
まず、ふうふの関係と、会長信者の関係は違うということ。

>結婚してこの人たち(嫁さん、子供たち)を、出来る、出来んはともかくとして、責任持って導くんだ!(幸せにするんだ!)
ふうふとなったらお互いに幸せになろうと思うのは自然であたりまえの話だと思うがね。

ただ、
パン夫「出来る、出来んはともかくとして、君を幸せにするよ!」

パン嫁「どんだけぇ〜!」

には変わりなさそうだが。

169 :神も仏も名無しさん:2007/11/08(木) 23:53:10 ID:doM6hg1o
私は導く人、あなたは導かれる人というような思案では理は頂けないのであります。
ってか。

170 :パンドラ 再び:2007/11/08(木) 23:58:23 ID:sMK7mkga
>>163
人間努力しても結果は違う形で出ることは多々あるもの。
それは俺自身のことでもあり、信者さんに対してもそうなるかもしれない。
俺に出来ることは「届きませんでした。申し訳ありませんでした。」
とお詫びすることしか出来ないかもしれない。
だからと言って開き直るつもりはありません。

>>162
 >パン君の話は何か抜けてるな・・それも一番大切なものが・・・
それはあなたの言ってることが正しい。
抜けてるから、落ち込み、もがくことを繰り返しているんだよ。
俺は祈る以外できないよ。
会長になってもさ…。
でも祈り方のグレードアップはしたいよね。


171 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 00:00:06 ID:1RVZiUH7
皆さんの書き込みが有意義すぎてねれないよーぅ
今日は楽しいなぁ
いつもこうならいいのに(でも毎日はお断り・・・
書きたいこと山のようにあるのにうまく言葉に出来ませんー


172 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 00:08:57 ID:JUcQEKEC
>>156
>>152です。(日付も変わり、ID変わりましたね)
貴方の前期講習のお話、勉強になります。
お話の中では、土地を耕している最中。良い土壌を造りましょうと言う感じですか?
良い土壌が出来れば、種を蒔いただけで、そんなに手を入れなくても収穫できそうですね。
実の収穫は、「おたすけ」が思うようにいくという意味ですかねw

173 :パンドラ 再び:2007/11/09(金) 00:11:03 ID:xGMeIXak
>>171
俺もう寝ます。
言い過ぎました。
すみません。

174 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 04:38:45 ID:iUai/0Xv
子供が発熱にて抱っこ寝中でヒマ

172さん
そうですね。そんな感じ
隣の席の奥さんの旦那の浮気がどうとかいう話を聞きながら、先生の講義を受けていたのであやふやですがw
耕し続けなければもとの荒れ地に戻ってしまう
耕し続けても、たまに雑草が生える
身上事情は道の花と言われるのはこの雑草のことで、乗り越えられるはずのもの
しかし荒れ地にまでいってしまうと、また耕すまでが大変
信仰を切ってしまうと身上事情が起こるよと言ってしまうのはこういうこと
(別スレの親はこれの激しい奴ね
でもこのセリフは言いたくても言っちゃいけないものの一つだと思う)

おたすけの実。実と書いて「じつ」と読む
奥深いですなw

175 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 04:53:27 ID:iUai/0Xv
独り言
私の個人的な意見ですが、親神様は寛大で、私たちが道を踏み外したり心得違いをしたりしても何度かチャンスをくださる
そのチャンス・お手引きを最後までためらっちゃうと行くところまで行っちゃいますが
お手引きの現れ方も人それぞれで回数や種類もさまざま
それを上手いこと分析して助言できるかは、場数なのかなーと思ったり
それと直感かなー

どうでもいいけど、息子がヨウレンキンと思われ
高熱で抱っこ寝するのはいいが…
ガンバレ六代目。

176 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 06:37:52 ID:B3RejtI7
友達が天理教で… なんか 言ってることが同じ… 教科書通りで ここのカキコも 同じ…理想論ですね… ガッカリしました…

177 :パンドラ地下に潜る:2007/11/09(金) 06:54:00 ID:xGMeIXak
おはようございます。
昨日はパソコン叩いてばかりいましたから肩がこりました。
でも心地良い疲れかもしれません。
同じ共通点のある人との対話は、反論はしながらもどこか、「アッ!それには同意」となる響きを感じます。
>>169の>私は導く人、あなたは導かれる人というような思案では理は頂けないのであります、
などが、その典型的なものです。
アレッ?これは俺の持論の言葉だ…。
笑ってしまいました。
レスの目的もちょっと見えてきましたので、また地下に潜って名無しさんになります。

でもこうも思います。
陽気ぐらしをさせてやりたいという共通の思いで神様はおられます。
表現方法は違っても通じるものが絶対にあるはずです。
ネットはにをいがけの勉強の場であるなら、こちらがその勉強をするのが本筋なんだと…。

178 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 07:33:51 ID:QCX+M6Ka
>>177
>陽気ぐらしをさせてやりたいという共通の思いで神様はおられます。
 むしろ一緒に陽気ぐらしをしたいかも?

>ネットはにをいがけの勉強の場
 たとえ勉強としても
 肉声と体温がなきゃにをいがけは難しいんじゃないかな?
 



179 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 07:44:22 ID:Vj3QIIhb
私は導く人、あなたは導かれる人というような思案では理は頂けないのであります

が持論の割には・・・

>>157
この道の教えは天の理の教えであります。
そして天理とは1であります。
そして天理とは中山みきであります。
すなわち1とは中山みきであります。

でしw

180 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 11:00:08 ID:C3z24dg1
今、空前のぬこブームですからね。ぬこサイトがたくさんあります。

>>138
> この件に関しては反論は無視!

俺の知り合いの天理教信者にも、一方的に自分の意見だけ言って、反論は無視!とかいう奴がいる。
特に天理教のことについて。こういうのは、話にならないという。
まあ、普段はまともな奴なので、これからもつきあっていくつもりだ。
天理教の洗脳にははまってなさそうなので、大丈夫だろうと思うし。
そいつから、勧誘されたこともないし。まあ、安全な部類の天理教信者だろう。
こういったことは、そいつの欠点の一つだと思えば、どうってことない。

>>139
>>138
> 2ちゃんに書きこんでおいて反論は無視とか書くな。あなたの考え方は危険です。自分が常に正しい感が漂ってます。

独善的なところは、天理教信者クオリティ。

181 :神も仏も名無しさん:2007/11/09(金) 12:53:38 ID:ZThvLW1u
>>180
おれ139ですが教会の後継者だよ。。

182 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 10:31:37 ID:WGjobbM3
>>155
> おさづけがあれば医者や薬はいらんという風潮だった当時の布教者たちをいましめたさしづだな。

今でも、この風潮がある。病院に行かなくても天理教で治せるという人がいまだにいる。
教会長にもそういう人が中にはいて、信者が癌になった時、天理教で治すと嘘を言って、
いざ病気が悪化して手遅れになった時、
「あなた、馬鹿正直ねえ」
と言った。その後、信者は亡くなられた。病院に再び行った時には進行していて、手遅れだったとのこと。

> 医療の邪魔をするような信心は違うということだよ。

そのとおり。だから天理教も、よろず病院とか憩いの家とかを持っている。

>>175
取り敢えず、六代目に子供が生まれないと、天理教があぼーんするんだろ?
悪い因縁によるものと捉えられるから、困ったものだ。
これが近々到来する「出直し」?

183 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 11:23:38 ID:Nro7pOi2
>>182
>六代目に子供が生まれないと、天理教があぼーんするんだろ?
アンチかどうか知らんが、理解してないで余計なこと書くなよ!意味が全然違う!
話からして、信仰していないのは判るよ。
でもな、幾らアンチでも、書いて良い事と悪い事がある分別くらい付けろ!

>>175
その後お子さんの様子はどうですか?
子供の菌は強いので、貴方もご自愛下さいね。

184 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 12:54:33 ID:HVwkaIbb
>>183
まあまあそう興奮なさらずに、別に2ちゃんなんだから書いても良いんじゃない。

185 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 14:38:40 ID:YiMmhAex
あー、ヨウレンキンは普通のノド熱の風邪みたいなものなんだけどなぁ
一歳前の息子ですw
でもまぁ息子が継ぐとも限らないし。
我が家は熱心にしてくれる人なら、娘だろうが息子だろうが、信者さんだろうがどなたでも継いでね、ってスタンスです
事実、二代続けて未信者の婿取りです
父は未信者から会長になりました

186 :S 2027:2007/11/10(土) 15:40:39 ID:7Swg2u2G
>まあまあそう興奮なさらずに、別に2ちゃんなんだから書いても良いんじゃない。
では俺も書いてみます。
>この道の教えは天の理の教えであります。
 そして天理とは1であります。
 そして天理とは中山みきであります。
 すなわち1とは中山みきであります。
(1)中山みきは「み」の魂だと聞かせていただく。
(2)子数の年限がたったら神として拝をさせようと約束され、天理教の立教を迎える。
(3)この地点で親神と教祖(中山みき)の理は一つでよろしいのでしょうか?
   それとも「み」の時からなのでしょうか?
   俺は立教の時からという思いで文書を続けます。
(4)明治20年正月26日を境にして、教祖は姿を隠してご存命のお働きとなる。
ここからが俺のアンチが始まりますのであしからず…。
自然の摂理を俺は神の姿と考え、それに神名をつけたのが天理王命だと思っています。
【質問1】
 「天理王命の働きがあり、中山みきは神のやしろとなられた。」という考え方は間違っていますか?
【質問2】
 「教祖のご存命のお働きは天理王命のお働きである。」という考え方は間違ってますか?
【質問3】
 「天理王命の存在が無ければ、中山みきは教祖にもなれないし、ご存命のお働きはない。」という考え方は間違っていますか?
【質問4】
 「教祖からいただくさづけの理は、天理王命からいただいたことでもある。」という考え方は間違っていますか?
【質問5】
 「教祖は、口は人間、心月日や。」と言われ、姿を隠されたら、教祖は(心)月日の部分しか残っていないのではないか?
【質問6】
 では愚問です。
 教祖がご存命であろうが、なかろうが天理王命の御守護に変わりはないのではないか?
 
 >すなわち1とは中山みきであります。
 については、素直にそうですね、とは言いにくい…。
 「1とは教祖、即ち天理王命であります。」なら、うなずけますが…。
「教祖ありがとうございます。」と言わず、「神様ありがとうございます。」という俺は信仰者ではないのか?

187 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 16:19:44 ID:LgZj6JoQ
なかに月日がいたるまでなり。

このよは神の体と言うが、いったいいつから神の体なのか。
このよの元始まりは泥の海。泥の海から神の体なのか。
いつもどこにいても月日の身の内なのか。
おやさまは元始まりにおいて、ふうふを始めようという時と世界を始めようという時とどういう状態であらせられたのか。

言うておいて先で見えたらこれが神やでということから思案するならば、タンパク質の一欠片から、ミトコンドリアから
よく見澄ませばにんげんのかお、という五分五分と成人した姿を見ていた月日という思案もできる。
もっと言えば、精神一つという存在からの先の人間世界を見澄ますという月日の力という思案もある。

188 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/11/10(土) 16:32:52 ID:JKtpQN3X
>>186
【質問3】を除いて、あとは間違い。

189 :S 2027:2007/11/10(土) 16:37:46 ID:7Swg2u2G
>>188 どう間違ってるのか教えてくれたら嬉しいんだけど…。

190 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 16:39:42 ID:czr5xacd
>>186
あんたアンチって言うよりMか?叩かれるの判ってて書いてるだろw

191 :S 2027:2007/11/10(土) 16:52:29 ID:7Swg2u2G
>> 思うことは一応言っておこう!聞いてみよう!って性格。
思いながらもぶれてる部分もけっこうあるしね。
迷惑かけてすみませんねえ…。

192 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 17:47:47 ID:VogMkSCH
>>186
それでよか。

193 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 18:30:00 ID:czr5xacd
1についての感覚、定義は、ちょっと違うんだよな・・・数学的には
じゃあさ、2は?と聞いたら、中山みき二人分という意味になってしまうよ?


質問の内容は、細かく書くと、「働き」という部分に関して、「理」としての仕組みの部分と分けて考えたいが・・・

194 :S 2027:2007/11/10(土) 19:39:43 ID:7Swg2u2G
>>193 
この場合の【1】は>>157でいう絶対変わらない物から始まっているわけです。
【2】は【1】を認め、それがもう一つ加算した物としてこれも絶対真理なんだと教えられた気がする。
これは俺は学者でないから、あいまいだけど…。
そう思うとね、天理王の【1】なくして中山みきはないんだとなってくるんだ。
だからといって教祖そのものを否定しているわけではないんです。
 >すなわち1とは中山みきであります。
につては違和感を覚えるといいたかっただけで、教祖の存在がなければ、人間味のない無機質な信仰となりそうにも思う。
俺に「正しい生き方はこうするんだよ。」と語りかけてくれたことは何度か経験させてくれました。
まさに「親」なんだと思う。
書きながらぶれてる自分がちょっと情けねえが、所詮心治まらんヤツのたわごとということで…。



195 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 20:00:06 ID:WGjobbM3
> ネットはにをいがけの勉強の場であるなら、こちらがその勉強をするのが本筋なんだと…。

天理教組織では、偽物の教えが横行している。でも、このスレでは、本当の天理教を説く人間が育って欲しいものだ。
教会長になるなら、本当の意味での「陽気暮らし」が実現できるよう、頑張って欲しい。
インチキな上層部になんか負けるなよ!!

>>181
正しい天理教で信者を導くいい教会長になってくれよな!期待しているぞ!!

中山みきが存命であるのは科学的には嘘になる。でも、生きているとしているのは宗教として許される範囲内にある。
その考えは尊重されるべきものである。但し、信者以外には通用しないので注意。
生きていると主張しようがいまいが信者以外の人間に危害が及ぶわけではないから。
キリストだって、生き返ったってなっているけど、嘘でしょ?
仏陀が悟りを開いたって本当かよ?
本当に伊弉冉尊か板のかよ?
てことになる。伝統宗教であれ新宗教であれ、宗教は非科学的なものなのだ。
オウム真理教のようなカルトでなければ、それぞれの進行は尊重される。
だからこそ、天理教を無理強いする行為は、倫理的に重要な過ちを犯していることになるのだ。

196 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 20:46:15 ID:aQO0RyJj
>>194
それは数学的観点からの説明ではなく、哲学的観点からの唯一普遍の・・・から来ていたと思う。
ごめん、俺も虚覚えw

ま、良いけど、中山みきの魂は同居で良いのでは?
と言うのも、生まれ変わりで考えると、仮に一人間の中山みきが出直しとなれば、又誰かに生まれ変わるとも考えられる。
とすると、だめの教えであり、神として・・・とあるのに、矛盾が生ずる。
真実を知り、神と同居する魂と考える方が、辻褄が合う。
自分も教理には浅い方だから、誰か詳しい方レス頼みますm(_ _)m

197 :神も仏も名無しさん:2007/11/10(土) 22:08:24 ID:Hq6kpiRo
元の理によれば、宿しこんだ九億十万近くの魂。
今、地球上の人口は六十五億だっけ?
五十五億の魂はどっからきたんだろう。


198 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 21:59:06 ID:Ay3vhiUN
あくまで『最初に生み下ろした』のが約九億九万であって、
あと増えた分は他生物から転生を繰り返して人間に上がったものだと思う。

199 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 22:29:40 ID:C+l1KocW
私も昔それを考えたことがある
でも他生物からだと「私は前世猿でした」って人がたくさんに…
それもなんだか悲しい
それとも魂が分裂して数が増えたか?とも考えたことがある
いずれにしても神様のなさることなので、人間思案は及ばないと私は結論付けた

200 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 22:50:42 ID:Ay3vhiUN
もともと進化論から言えば皆、過去に魚とかの時代を経てきてるんだろうから
変に思う必要も全くないと思う。
綺麗な生物や可愛い動物も多いし。
また数えきれない数の生物の中から人間の魂で生まれてくること自体、宝くじの1等が当たるより
すごい確率だとも思うし。

201 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 22:59:37 ID:C+l1KocW
例えば前世が人間だった人と猿だった人と虫だった人と、差別というか格差というか、があるのかなと思うと悲しい
そーなると、因縁が悪い的なことに繋がるのかなと思うと釈然としない
やぱりお道のここが苦手よ

202 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:00:29 ID:Ay3vhiUN
いずれにしても魂の進化にふさわしい体を借りて生かされているのでしょう。
その進化や徳分を減らさないように生きたいものです。

203 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:02:05 ID:hjYXoMWr
「はやく人間になりたいニャー」

と近所の野良猫が思ってる可能性もあり。

204 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:10:21 ID:C+l1KocW
203さんのを見て思い出したことが
うちのばあちゃんは猫が死ぬと必ず「次は人間に生まれ変わるんだよ」と優しく体をなでて言う
人間の前世が猫かもしれないなら猫にもおさづけ取り次いでも良いじゃんと思ってみた

205 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:18:52 ID:hjYXoMWr
「神様が大好きな魂は人間に生まれる事ができる」

と聞いたことがあるワン。

206 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:24:36 ID:1l+YXkz6
地球が養える人口は何人ぐらいだろう?
70億が100億でも大丈夫だろうか?
増える一方なら神様はその解決策をお持ちなのだろうか?
人口爆発の先でも、戦争無しの世界一列の陽気ぐらしの方法は教会本部で教えてもらえるのだろうか?
 
期待薄だが・・・?

207 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:28:54 ID:C+l1KocW
205さん
素敵な言葉ありがとうニャー
その解釈、すごくしっくりきますね
十一ヶ月の息子に虐げられても抵抗しないうちのニャンコも、人間になるかもね(ハァト

208 :神も仏も名無しさん:2007/11/11(日) 23:36:48 ID:hjYXoMWr
人間に生まれたら
神さまからご褒美があるらしいニャー

209 :S 2027:2007/11/12(月) 12:12:29 ID:/iHnwKse
>>197
天理教教典(31P)ではこのようにかかれていますね。
最初産みおろしの子数の年限が経った暁は、元のやしきに連れ帰り、神として拝をさせようとの元初りの約束に基く。
…この人と所と時とに関するいんねんを、教祖魂のいんねん、やしきのいんねん、旬刻限の理という。

これは立教への年限を示した、最初(第1回目)の宿しこみの「どじょう」の数を表したもので、2回目の宿しこみの数にはふれていませんね。
2回目が「どじょう」以外だったかもしれないし…。

奇しきいんねんと、よふきづとめの理を人々に了解させるため、元初りの真実を明かされた。
と天理教教典では書いていますね。



210 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 12:35:57 ID:unfJY5OO
>>206
戦争も伝染病も人口を減らす手段なのかもよ。「むほんの根」と「ほうそ」これを切るにはかぐらづとめしかありませんなあ。

211 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 13:27:53 ID:KyaQlorG
戦争や伝染病つきの陽気暮らしって・・・か?

212 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 19:50:00 ID:9eZ3kH17
人間に強欲や過ちの心遣いがある限り、天災や疫病は存在し続けて当然だと思う。
全人類への警鐘の為に。
逆に言えば、あらゆる天災や疫病から完全に無縁であり続けられるような正しい人間て
どのくらいいるのだろうか、とさえ思う。

213 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 21:33:11 ID:KyaQlorG
心の正しい人は磔に遭い、悪業の我々は因果応報で苦しむ。

よって災難に無縁な人は、これまでのところ、誰もいない。


214 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 21:50:41 ID:wScoSJuu
天理教子弟とは思えぬ発言が続きますねw

よろづよにせかいのところみハたせど あしきのものハさらにないぞや
一れつにあしきとゆうてないけれど 一寸のほこりがついたゆへなり

悪人は居ないそうです。埃がついて汚れているとのことです。
心を正すのではなく、きれいにしましょwお互いに
えっ自分はどうかって?勿論埃まみれです・・・orz

215 :神も仏も名無しさん:2007/11/12(月) 22:02:33 ID:4Kd2EA/N
あしきはないのに、
あしきをはろうて、
トホホ

216 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 00:12:57 ID:b/fjhuUW
>>214
おぬしはまだ世の中を分かっておらんようやの。若いうちは苦労するのやで。それからだ。

217 :S 2027:2007/11/13(火) 06:35:49 ID:aF5n3KWO
>>216
苦労するのと心使いとは違うと思うけど…。
歳とっても苦労する人もけっこういる。
それが…世の中。
だから、せめて明るく心を切り替えて、思い直そうとする。
その大きな支えが信仰とオジサンは思う。

218 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 06:55:32 ID:C80EPHmN
>>215
あしきは在っても、悪しきの者は居ないとさ。
悪事もある。

このよふハあくしまじりであるからに いんねんつける事ハいかんで

悪事だらけってのも、怖いねw

219 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 17:51:55 ID:uuj3HWBq
ことに宗教の本部があくじ混じりっだった場合、どこにもってけばいいんだ?

220 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 22:24:57 ID:asyDW9YJ
天理教は「実践派」信仰だから

「心がきれいで何もしない」よりも
「欲があっても、人さんに喜ばれる行為をしてる方」がいいんじゃない?

221 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 00:13:16 ID:oTdCRnyq
何もしない方が喜ばれる場合は?


222 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 17:17:07 ID:rHB3jMKR
何もしなくていい。

223 :S 2027:2007/11/14(水) 18:11:19 ID:5l2FozEk
日本沈没(前作)の中で老人がつぶやいたセリフ…。
総理 「この先日本はどうすればいいんだろう?」
老人 「…なにもしなくていい。」
自然の力に対して人間は、それを受け入れ生きていくしかないんだ。
という意味?かと思います。

天理教では「なってくるのが天の理」とも申します。
これは消極的な受け入れではなく、すべては神の思いで、この世界は動くのであるから、
積極的に感謝と反省を繰り返して生きていこう。
という意味かと思っています。

>>221の>何もしない方が喜ばれる場合は?
この思案の根本、基本は、してはいけないことを自覚、理解すべきことかと思いますね。
それぞれ、その人の今の状況に応じた対応をせねばなりません。
「聞きたくば、尋ねくるなら、ゆうて聞かそ」この言葉があるかと思えば、
「言われん先にするのが真の誠」とも聞かせていただきますし、
「声は肥やで」「ひとことはなしはひのきしん」とも聞かせていただきます。

結局は伝える側が『俺の行為は正しいんだ!』と思い上がることなく、
人が百人いれば百通りの言い方、聞き方があるんだ。
ということを理解しなくてはいけないかと思います。

この後、こんなレスが来ることを想像しています。

信 者 「この先天理教はどうすればいいんだろう?」
一般人 「…なにもしなくていい。」

俺   「迷惑かけんようには、するつもりだけど…そうもいかんのですわww」


224 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 22:28:36 ID:N02MgKj6
>>223
Sさん、Nです。
「何もしなくていい」って言うのをおれなりに解釈すると「新たに生み出さなくてもよい」となります。
良くしようと思ってやっている事の方向性が曲がったと思った時、ちょっと止めてじっとしてる事も大事ではないでしょうか。その時に「何もしなくていい」となります。

225 :S 2027:2007/11/14(水) 23:11:13 ID:5l2FozEk
親が子供に対して「見守る姿」は「なにもしていない」ことにはならない。
親が子供に対して必要以上に「与える行為」に「してはいけない」ことも多々ある。
>>224さんへ
難しい話題かもしれませんね。
でも「難しいというは真に治まる」とか申します。
心を使わせていただき、立ち止まり、そこから新しいなにかを浮かばせていただけることもありますよね。
なんにしましても、心使いは偏らず、フリーの状態が良いとは思います。

226 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 00:28:37 ID:p28xCQpM
傍(はた)が楽になる事ならしたらいいけど・・

傍(はた)に迷惑がかかるようなら
「何もしなくていい」と思うよ。はた迷惑だから。



227 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 06:42:52 ID:bUWfxNX1
朝一にあげてみる

228 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 17:34:11 ID:zyNfOHdO
>前世が人間だった人と猿だった人と虫だった人と、差別というか格差というか、があるのかなと思うと悲しい
そーなると、因縁が悪い的なことに繋がるのかなと思うと釈然としない
やぱりお道のここが苦手よ

人間が前世で動物だったり昆虫だったり、そんなことは有り得ませんよ。
どうして、そんな嘘を教理にしているのでしょうか?
全くの出鱈目です。
天理教のお道はお道として通ればいいのですが、
間違ったことを鵜呑みにしていては情けないですよ。
ご自分で勉強してみてはいかがですか?
人間の前世は人間でしかないですよ。


229 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 17:42:17 ID:zyNfOHdO
>>201
あなたが納得がいかないのは当然です。
それは出鱈目であり大ウソなのですから。
どこから、そういった出鱈目な教えが出てきているのでしょうか?
逸話を鵜呑みにした失態でしょうか。
人間の前世は人間でしかないのです。
人の前世が動物や昆虫であるなどは大ウソです。

230 :神も仏も名無しさん:2007/11/18(日) 19:32:25 ID:zyNfOHdO
それに人間が来世において動物に生まれ変わるという説も、
大ウソ、出鱈目です。
そんなこと、まともに信じていてはいけませんよ。

天理教で、そんな教えがあるとすれば、せめて何かの例えや逸話だったと
信じたいくらいです。そんな出鱈目を信じているのですか???





231 :S 2027:2007/11/18(日) 21:28:51 ID:u/6foy6w
前世、来世を信じてる時点でおかしくはないのかな?
見たことのない前世、見えない来世を語るより今を充実しよう。
俺の来世は昆虫でも良いけど、セミみたいな人生はいやだなあ…。

232 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 06:31:54 ID:CZR98Y0A
前世がどんな姿であれ
今世、人間という姿で生まれてきただけで
すでに神さまから祝福されているような気がします。

233 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 08:26:11 ID:CZR98Y0A
前世を意識することは

今、自分がどんな役割を持って誰の為に何をするのか
今、人の為に何をすることで自分が喜びに包まれるのか
今、人間として生かしていただくことを充分に味わう事

を見つけるのに役立つ場合があるかもしれません。

234 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 08:59:55 ID:pbhXt48W
天理教を教えている奴が頭の悪い奴らばかりだからな。メチャクチャな教えになってしまうのは当然。
もっとふさわしい人選をしないと、天理教は駄目になっていくと思う。既に駄目だが、さらに衰退していくと思う。

>>231
前世、来世を肯定しているのが、天理教だからしょうがないんじゃない?俺も馬鹿な考え方だとは思うけど。
ただ、「因縁」とか言って、天理教信者でない人にまで、文句を言うアホは嫌いだけどな。カルトだから名。
キリスト教だって天国を肯定しているし、仏教だって極楽を肯定している。
俺は、そんなものはないという考え方だから、今を大切に生きている。

235 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 09:05:06 ID:kJ7PiMoC
一寸亀レスになるけど、「魂」って語を、内容わかったみたいな感じで
安易に使ってほしくないな。そもそも「たまひい」など原典には僅かしか
出てこない言い回し(こふき本などの二次資料は別として)。教典で
安易に使ってる根拠が知りたい。

固定的な実体的な、世間で曖昧に抱いてるイメージに準じて、あまり吟味
しないままに「魂」という言葉を使ってるのではないのか

前生からの持ち越しいんねんの「主体」という意味で使ってることはわかる
のだけど、神学的な吟味が十分になされているとは思えない。

236 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 10:00:42 ID:CZR98Y0A
「前世」や「魂」という事は

人を不安に陥れたり
自分が優位に立つためにある思想ではないと思います。

237 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 10:51:02 ID:0w8NpCA/
>>236
はなしの内容をすりかえるな。
天理教がやってるんだろっ
前世は虫だったとか、動物だった者がいるとかさ

天理教がおかしいんだよ!


238 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 11:06:21 ID:wmWvUjhE
全ての人間は微生物だったことも、動物だった事もあるんだろ。
人間の身体が出現する前は、そんな身体を借りてた時代もあったんだろ。
オイラは、永遠の魂が人間の本体だってお話に異論はないがな。

239 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 11:14:09 ID:0w8NpCA/
>238全ての人間は微生物だったことも、動物だった事もあるんだろ。

ないない!
天理教はばかだね〜


240 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 11:16:20 ID:0w8NpCA/
ちょっと賢いやつなら、そんな子ども騙し、
信じないし、おかしいと思うよ!
頭働いてないんじゃねぇ?

241 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:02:05 ID:wmWvUjhE
そうか。
それは、人間の魂は無いという意見か?

242 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:07:04 ID:0w8NpCA/
人間の魂はある。
でも、人間の前世が動物や虫だったということはないよ

243 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:15:46 ID:0w8NpCA/
前世が動物や虫だった人間がいるってか
イタイすぎるぜw

244 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:17:57 ID:wmWvUjhE
人間の身体が地上に出現するまで、その人間の魂はどこにいたの?

245 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:21:35 ID:0w8NpCA/
君はどこまで魂の存在を信じるのかな
ヘタに言えば、どうせ信じないし
言っても理解できないと思うぜ
だって、前世が虫や動物ってまともに信じてイタイぜ

246 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:24:32 ID:0w8NpCA/
前世に虫や動物だったヤツがいるって
差別だぜ まったく
そんなこと有り得ないつーのw

247 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:27:12 ID:wmWvUjhE
何十万年前は人間という生物は居なかっただろう。
永遠の魂はどこにいたのかな?という素朴な疑問があるだけなのね。
疑っても信じてもいないってこと。
つまり、我々には分からない。って事さ。

248 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:28:57 ID:u736EY+G
はっきり言えば、スレ違なのだが・・・

言葉遣いや、意見も子供用だけどちょっとだけ付き合うか。
進化論は無視か?進化の過程の魂は?

249 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:30:04 ID:0w8NpCA/
この時代に魂の存在と魂がどこから来てるのか
解明されてないと思うって時代遅れだぜw
天理教は明治の思想をそのままに2007年まで持ち越してるんだろ
そりゃあ おかしくなるだろっw

250 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:31:52 ID:wmWvUjhE
お話からすれば
キリスト様も天皇も、お釈迦様も日蓮も、教祖も、貴方も私も
微生物や他の動物だった頃もあるそうだから、差別ではないだろう。

251 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:31:55 ID:0w8NpCA/
天理教は人間の体は神からのかしものかりものではなかったのか?

252 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:33:49 ID:0w8NpCA/
釈迦のウサギだったはなしか?
それは寓話もしくは逸話だぜw本気にするな

253 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:38:08 ID:u736EY+G
>>251
体だけではなく、全ての物だよ。

>>249
科学的に、どのように魂の変遷が解明されてるというのか、君の認識を聞きたいね。

254 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:41:03 ID:0w8NpCA/
人間の体は神からのかしものかりものなんだろ?
だからブサイクもいれば美形もいる
でも、それはその人に見合った魂の進化の過程で必要な容姿なんだ

だから「心一つがわが理」と天理教ではいってるんだろっw


255 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:42:45 ID:0w8NpCA/
>体だけではなく、全ての物

こらこら、今はからだのはなしだろ

256 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:43:06 ID:wmWvUjhE
そだね、本体ではないと教えられているようだね。
生きた着物だというお話

257 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 12:44:37 ID:6YFF1kO1
言葉の使い方だけど、天理教でも仏教でも前世でなく
前生(ぜんしょう)というのが一般的だな

258 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 13:01:36 ID:u736EY+G
>>254
今の君の知識、理解度ではそんな感じで差し支えないかな。
もしきちんと天理教を学び、生活に生かせるレベルまでになれば、根本的な意味が違ってくるよ。

259 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 13:30:43 ID:0w8NpCA/
つかみだけですよ


260 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 13:32:40 ID:0w8NpCA/
天理教の教理なくても幸せに暮らせていますよ
真理を知っていますから


261 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 13:56:14 ID:CZR98Y0A
それならこのスレに来てレスつける必要もなかったですね。
どうもお疲れ様でした。

262 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 14:49:47 ID:0w8NpCA/
あ、においがけ でしたかw
天理教もヌカリはないね

263 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 19:48:13 ID:pbhXt48W
死ねば、全てが自然に還るのさ。二酸化炭素と水と少しの灰になって。それが巡り巡って新しい生命が育まれる。
これが今の科学的な世界観。

>>236
私もそう思う。「因縁」という言葉を使って、他人を脅しているところがある。根拠がないことを軽々しく言うべきではない。
それで傷ついている人だっているのだから。信仰の自由があるからって他人に迷惑をかけちゃいけない。

264 :神も仏も名無しさん:2007/11/19(月) 23:29:17 ID:US4gJJH9
>>263
そういう唯物的発想が絶対のものという根拠は無いでしょ
科学的な世界観なんて時代と共に変化する

ところで、お道では、「因縁」じゃなくって「いんねん」
が自然な語感でしょうな。262さんも「にをいがけ」の
方がしっくりくるけど、まあこれは本部筋でもにおいがけ
と表記することもあるようだから、まあええか。



265 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 00:05:42 ID:/APdKXaR
因縁という言葉を使って他人を脅している人は、その因縁によって苦しむでしょうね。
よって因縁はあるという事ですね。

その因縁をたすける為の機能を本部が汚し続けているようだから、汚れた因縁も付いてしまうのね。




266 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 00:40:36 ID:haNvlE6w
もしかして、人をたすける為の特別な能力として
「前世」や「いんねん」がわかる人がいるのかもしれません。

しかしながら、本当に見える人h軽々しく口に出して人を脅したり傷つけたりする事はないと思います。
なぜなら「前世」が見える能力は、人をたすけるのが前提として神から与えられてる能力でしょうから。

したがって、軽々しくいんねんが悪いなどと言って脅したりする人の言うことは
全く信憑性がありませんし、信じる必要のないことだと思います。

267 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 06:52:09 ID:ErQK+stA
地球があり、太陽系があり、太陽系と同じようなものが数百億集まった銀河があり
銀河が数百億集まった銀河団があり銀河団が更に数百億の大規模構造をなした大銀河団があり、
それが果てしなく続いている宇宙の中の、一惑星である地球の、一生物である人間が
「助けて下さい」と言って助かるのが神様ですか?

神が存在するとすればそれは宇宙の法則のようなものであって意思ではない
祈ったところで変わりはしない

268 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 07:12:29 ID:sBUMtkam
>>267
今の科学を持ってしても、生命のある星は(確認されてる中で)地球ただ一つ。
この事をよく思案させていただこう。

>「助けて下さい」と言って助かるのが神様ですか?
明治32年の「おさしづ」にも、こんな下りが有ります。
我が身捨てゝも構わん。身を捨てゝもという精神持って働くなら、神が働く、という理を、精神一つの理に授けよう。
自分の為ではなく、人を思う気持ち、精神に神が働くという。
こればかりは、実践するしか納得できないでしょうね。

269 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 10:52:45 ID:PpALCOrW
>>264
科学は立証されたものによって形作られている。ちゃんと根拠がある。もちろん科学はまだわからないことが多い。
分からないことは分からないと認めているからこそ、科学的な考え方は支持されている。
そして、理論も、別の理論によって覆される。その未熟さも、科学は認めている。それ故科学技術者がいるわけだ。
未熟さを認めている世界観だからこそ、科学的世界観は支持されている。それは、未知のものが既知のものに変わっていくからだ。
一方で宗教的世界観は、進化がない。神話でしかなくなり、その立証は無理である。
しかし、一般社会に於いては、公共の福祉に反しない限り、信仰の自由が認められている。
様々な信仰を持った人達が、互いに尊重しながら、協調して生活を営んでいる。
天理教がしつこい勧誘や、脅迫行為を止めたら、もっと支持されるようになるんじゃないかな?
三つの原典を見て、天理教がカルト宗教だとは思わないはずです。
それに触れて、支持する人が自然と天理教に集まってくるのが本来の姿だと思います。

>>266
御意。本来、前生がみえる人でないと軽々しく「いんねん」がどうといわない方がいいのかもしれない。
軽々しく使っているのは、そんな能力のない人間。全くのデタラメや推測でしかない。
そんな言葉によって、傷ついている人がいる。

270 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 11:56:40 ID:haNvlE6w
我々は、論理、合理性、分析、科学が発達したお陰で豊かな暮らしを保障されています。
そのルールに基づいて社会的な秩序が保たれています。

現状として、学校教育に宗教的なものを取り入れてはいませんし
オウム真理教を始めとするカルト教団による被害もある上から
どうしても宗教的な感覚は排除されやすい存在なのだと思います。

しかしながら、心の問題「いじめ」「うつ」「虐待」などが急激に深刻化してるのも
現代社会の否定できない側面だと思います。

もし子供の頃から、精神文化を学ぶ機会として神社やお寺や教会に親しんで
感謝や祈りを体感する機会があれば、もう少し「いじめ」や「うつ」も少なかったかもしれません。

ですから、どちらの考えが良いとか悪いとかではなく、お互いにバランスをとっていくこと
共存していくこと、尊重しあうことが今後求められていくような気もいたします。

271 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 15:45:26 ID:PpALCOrW
>>270
学校では道徳の時間があるけど、それでも現状は「うつ」「いじめ」が存在する。
精神面を高める一つの手段として、宗教は重要だと思う。公立学校では出来ないから、家庭で行うしかない。

天理教の子供達は、親が天理教を優先するあまり、かまってもらえないという話を聞きます。
ネグレクトされて育った子供達もいます。これはとても残念なことです。
幼い頃から、一緒に天理に行っていれば、その子にも信仰心が芽生えるのではと思います。
天理教を優先する親を見て、子供達は天理教のことをどう思うでしょうか?
継ぎたくない、信仰したくないという二世が増えている原因の一つがここにあると思います。

272 :S 2027:2007/11/20(火) 17:04:27 ID:ACucymjB
★天理教が好きであること。
★天理教を信仰している親を信頼できること。
この二つが欠けていてはどうにもなりません。

俺んちの母親は、俺たちを放ったらかしにして、おたすけ、または上級参拝を繰り返していました。
その理由は「子供に徳を与えていただきたいからだ。」と事ある度に言ってました。
放ったらかされた子供はたまったもんじゃないけど、自分が親となった時、その時の親の心情を理解することとなっていきます。

別に天理教だけに限らず、共働きの家庭では、親のいない時間はかなりあります。
また、父親が単身赴任で、長期に渡り家を空けることもあるでしょう。
親子の会話の時間が少ないのは確かですが、両親が共に家にいても会話をしない(する気がしない)家庭も存在はします。
親父が失業中なら、ずっと家にいて、かまってもらえる時間はタップリあるとは思うけど…。
そう思いますと、「家にいれば良い。」という、そんな単純なものでもないと思ってしまいます。

幼年期はともかく、子供もある程度の年齢になれば、子供なりの価値観の中で生きていくこととなります。
その価値観の中に「親の姿」があり、「自らの信仰心」が加わっていくこととなるのだと思います。
別スレの親子間の不幸を見ていると、「俺んちは幸せだったなあー」とつくづく思いました。

>>271 >天理教の子供達は、親が天理教を優先するあまり、かまってもらえないという話を聞きます。
かまい方にもいろいろあると思うんだ。
伝わる方法は一杯あるはずだから、形に拘らなくとも良いと思う。
なぜ親は天理教を信仰しているのか?
その理由が子供に伝われば充分だと思います。

273 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 17:23:24 ID:Cm3xcmct
教祖は前生なんて見ない方がよい、わかったら恐ろしすぎてやっとられん
(正確な表現は忘れたし逸話篇にあったか伝承かも忘れたが)と言われた、
と確か聞きますね。少しくらいの身上の障りがある方が前生いんねんも悟
れて本当のたすかりや、という逸話篇もありますが・・・

少なくとも他人の前生いんねんで他人を責めるのは一般的にはよろしくない
のでしょうね。自分の自省とか、よほど力のあるおたすけ人の場合でしたら
別でしょうが・・・

274 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 17:29:16 ID:Cm3xcmct
それにしても教会後継者が会長を継ぐの何のと、贅沢な話

初代で頑張ってる人なんて、超人的に頑張っても事情教会
任せてもらえる人は超エリ〜トですよ。

そんな贅沢言う香具師はさっさと教会を放り出して、上級
や直属の青年とかで頑張ってるヤル気のある人に譲ったら
ええ。

ただし、代を重ねた信仰、初代でない親々(をやじゃない)
の理というものも、本当に凄いという実感も確かにあります
がね。

275 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 19:20:37 ID:DngMnuHs
「おさしづ」の中に、前生に関して同じような下りが度々出てきます。例を揚げます。

明治二十一年二月十五日
中西金次郎(初代大江分教会長)子供の伺
・・・これ皆前生のいんねんである。いんねんと言うて分かるまい。
皆これ世界は鏡、皆人間生れ更わり、出更わりしても、心通り皆身に映してあるから、よく聞き分け。・・・

明治二十一年三月七日(陰暦正月二十五日)
山田太右衞門妻きく二十四才身上願
・・・皆人間同し神の子供や。皆世界は鏡や。心通り皆映してある。・・・
・・・前生いんねん分かるまいから、世界に映してあるからたんのうと。・・・

明治二十二年六月十六日
西岡善造二十三才身上皮癬に付願
・・・人間というものは、世界の事情見分けてすれば、前生いんねんの理も速やか分かる・・・

写し鏡、いんねん、たんのう、世界の事情はセットですね。
この当時の世界というのは、今の世界のように、情報社会ではないので、身の回りの世界と
捉えさせて頂くのが宜しいのでしょうか?
やはり、自分でしか、前生の姿は悟れないのでしょう。
但し、聞くも因縁とも言いますし、他の方から聞く前生も、そういう意味では大切な助言ですね。

276 :S 2027:2007/11/20(火) 20:02:47 ID:ACucymjB
敵(かたき)のいんねん(たぶん造語)と言うのを聞いたことがあります。
人が集まると、その中にどうもしっくりこない人が現れる。
こんな場合、一般社会では、こんな人とは関わらず、近寄らないことが良しとなります。

その人曰く、そのような人こそ、積極的に関わりを持つべきである。
なぜなら、あなたの前生において、その人を苦しめた理が、今生において現れているのであるから。
その敵(かたき)のいんねんの人を台として、「いんねんを切り替えてやろう」と神様がお与えになった宿題である。
その宿題をサボると、神様は、新たな敵(かたき)のいんねんある人を差し向かえることとなる。
宿題がたまると追いつかんようになり、心を倒す元となるから、一回、一回ていねいに答えを出さなくてはいけないんだ。
と言われたことがあります。

と、言うわけでアンチスレの方々にもてねいに答えてみようと思ってる次第です。

277 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 22:32:54 ID:8FEu4ZFi
ここで矛盾発生。
ほこりは避けて通りなはれや、とのたもうた教祖の立場は?

どうも>>276はマインドコントロールの基本を言っているように感じるのだが。

278 :神も仏も名無しさん:2007/11/20(火) 23:28:22 ID:V8aHGPJu
>>277
「ほこり」と「いんねん」をごちゃ混ぜにしてないかい?
「いんねん」の中でも、心に「ほこり」を積むことなく、「なるほど」の道を通る姿こそ、
「たんのう」に繋がり、悪「いんねん」を切る道に繋がる。

279 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 00:06:58 ID:ZvvUiddM
「いんねん」自体に良し悪しがあるとは思えないんだよね。

280 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 00:15:30 ID:TSCiW8I2
幾代もの過去生をたどれば、誰もが何度も戦争などを体験しただろう。
全ての人が人殺しの因縁を持っているとも言えないか?

全ての人の悪いところは、自分の過去生において経験済みなのだから、腹を立てることなく
悪しき雛形として反面教師にすればいいだけだろう。

281 :280さん:2007/11/21(水) 10:30:51 ID:DFicceF8
>>280幾代もの過去生をたどれば、誰もが何度も戦争などを体験しただろう。
全ての人が人殺しの因縁を持っているとも言えないか

それは間違いです。あなたの思い込みにすぎません。
同じ人間の同じ魂が繰り返し生まれ変わってくるわけではないのですから。
全ての人が人殺しのいんねんを持ってるということは、ありえないのです。
そういう、間違ったことは言わないほうがいいですよ。
思い込みなら、訂正してください。




282 :280さん:2007/11/21(水) 10:36:08 ID:DFicceF8
同じ人間ばかりで、繰り返し生まれ変わってきて、
今生を生きてるわけでは決してないのです。
全ては、天理教の教えでいうならば、「心の成人」
心を成長させるため、と、そして
天理教でいう「悪いんねん」解消のために
生まれてくるのですから。

283 :280さん:2007/11/21(水) 10:38:50 ID:DFicceF8
同じ人間が、繰り返し生まれ変わってきて
今生を生きて生活するわけでは決してないのです。

282(いちれつ目訂正させていただきました)

284 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 12:53:59 ID:ZvvUiddM
「いんねん」が悪いなんて考え始めたらしんどいよ。
悪いことが引き寄せられ現実化しちゃうから。

だから人間は体を貸し与えて頂き、それを味わうために創造されている
「もとのいんねん」だけ信じていればいい。

285 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 12:57:19 ID:ZvvUiddM
「いんねん」に良し悪しはありません。
自分という基準でそう決め付けてるだけです。

286 :野良天:2007/11/21(水) 15:34:26 ID:Jqdsgnuc
こうして罪悪感が植え付けられ、教団側の洗脳が始まるんだよね。

287 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 16:24:51 ID:TSCiW8I2
悪因縁も善因縁も皆返してくれるという、蒔いた種は皆生えるという法則に則っているなら、
今日から善因を蒔けばいいだけだろう。
悪しき宗教の悪しき部分を認識する事も善因の一つだと思うから、
たんのうして遠慮なく意見するのがいいと思うね。


288 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 18:55:15 ID:kxoBIVra
帰ってきた「自演王子」こと野良天・・・




ようこそおかえり〜
\(^O^)/

289 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 19:46:12 ID:ztRK5sL2
悪いんねん納消のために今生で修行という発想は
他宗教には非常によくある考え方

お道の場合は、あくまで「陽気ぐらし」で神人和楽
が目的だという本質を踏み外さず、元のいんねんを
見据えて己のほこりを払うことに努めるってことで
よろしいのでしょうなあ・・・

290 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 19:49:27 ID:qa4YBOgh
おたすけの文言入れるのを忘れとった(笑)

人たすけたら我が身たすかる

実践の伴わない口先男露呈w

291 :野良天 ◆3gxC3xwhfc :2007/11/21(水) 23:09:51 ID:yMT/jcMs
>>288
よう、粘着!
俺に会いたかっただろ?

それと俺は自演ではない。
あしからず。

292 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 23:44:17 ID:+3LJieGo
S 2027 さん、居るかな?

293 :S 2027:2007/11/23(金) 07:48:35 ID:zhAe/5l0
>>292 います。
でも今日はお祭りの日だから夕方まで書き込む時間はとれません。

294 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 08:56:17 ID:bAoyyE+G
>>293
おっ、勇んでますね!
出来れば、何か良いお話聞きたいなw

295 :S 2027:2007/11/23(金) 16:11:56 ID:zhAe/5l0
良い話ではないと思うけど…。
自教会は40坪程度で、めちゃくちゃ小さいんです。
家族7人が住んでて、1階は神殿で、参拝場は普段は食堂として使用しています。
そんな狭さだから、月次祭の朝は生活道具の移動でてんやわんやの忙しさとなります。
毎月のことだから、月次祭が近付くとキチンと片付ければ良いのでしょうが、
家族全員怠け者ですから、ギリギリまでいたしません。

自教会の月次祭の特徴としましては、子供達が学校を休んだり、早退しておつとめの奉仕をしてくれます。
毎回、前日に「明日月次祭どうする?」と尋ね、子供達了解の下やってますので、強要ではないと言い訳をしておきます。
また、子供達が祭儀式にも出ます。
元々が信者さんの数が少なく、参拝していだけるかどうか、当日の朝、顔を見るまで分かりません。
だんだんと祭典の時間が迫り、祭儀式の数が揃わないことも度々ありました。
それで自然と子供達にやってもらうこととなり、今では子供達の方がうまい(苦笑)
こちらも子供達には義理?を感じ、月次祭の御供物は子供の喜びそうなお菓子が並び、
直会のメニューも精一杯のご馳走にしています。
家族でおぢばに参拝する時は、お金の許す限り、贅沢かもしれませんが外食するようにしています。
あまり良い方法とも思いませんが、子供達は『卑しさ』も手伝い、月次祭や、おぢば帰りを楽しみにしています。
多くの教会の目線は信者さんに向いていることと思いますが、自教会は、信者さんがいない為、目線は将来のよふぼくに自然と向いてしまいます。
少年会のおつとめ総会に、大人が紛れ込んでる状態が自教会の雰囲気でしょうか?
反省点としましては、自教会はなごやかさを通り越し、真剣味が足らないことかと思います。

296 :S 2027:2007/11/23(金) 16:26:04 ID:zhAe/5l0
【次女の話】
次女は全然勉強が出来なくて、地元の夜間高校に入学することとなりました。
当然ながら、今は苦学生など存在はまれで、勉強出来ない子が夜間高校に集中してきます。
数ヶ月が過ぎ、ポツンとこんなことを申しました。
「お父さん、私は分かったわー」
「私は勉強が出来ないアホやけど、他の子は勉強出来ないアホの上にグレてるわー」
「それと、親が離婚してる子がメッチャ多いわー」
「そう思うと、私は幸せやって思うわー」
俺はチョット親バカのウルウル目になりつつも、
「それが分かればいいんじゃない…。」と平静に装う。

297 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 19:32:47 ID:eOK5ZLI1
>>295,296
話をせがんだ>>294ですw(S大教会のとある分教会所属布教所信者)有難う御座います。

お嬢さんのお話、泣けますね・・・
実の親を喜ばすとは、教祖様ももっとお喜びになることでしょう。
そうなんです。現状に満足するという事と、結構だと御恩を感じることは違います。
お嬢さんのお話は明らかに後者です。親ばかじゃなく、立派な成長なさってます。

上級の分教会の月次祭、30km程を両親である所長夫妻と一緒に参拝します。
一応、自営業ですので、少しばかりの勝手は利きます。(段取りが命ですがw)
先日(私は第1回でしたが)後継者講習会でこんな話を戴きました。
・月次祭は、その教会と自分が一緒になって参加する意識を持つこと。
・出席できない事情が生じた場合、前日にお話しして、おつとめの後に改めて、参拝すること。
仕事の都合を持ち出し、つい参拝に遅れがちですが、それは申し訳なく存じます。
ちょっとの手間を惜しみ、大事な御用を安心して任されないで、他人の為に何が出来るのかと、
肝に銘じる次第です。
この度の会長さんのお話を聞いて、やはり遅れないよう(当たり前ですが)、気を付けます。
重ね重ね、有難う御座いました。

298 :S 2027:2007/11/23(金) 20:14:41 ID:zhAe/5l0
>>297
俺、会長じゃないですから…。
もうしばらくしたら、仕事(夜勤)に行ってきます。
それじゃ…。


299 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 20:20:02 ID:eOK5ZLI1
>俺、会長じゃないですから…。
あっ、失礼しましたm(_ _)m

300 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 23:22:00 ID:g2oqOUFD
最近の天理教は、本席さま晩年の時期と比べると一割以下の信者数だと聞くが、
本当ですか?

301 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 06:53:05 ID:IW3hYRNM
質問スレは別にありますが?

只、天理教の信者の定義が決まってませんし。
信徒ということでしたら、前期講習終了でしたっけ?
そうすると、教会の数は当時と比べたら何倍となってますし、そんなことはありませんね。
確か大正年間に爆発的に布教者が増えた記録が有った筈ですが・・・
御免なさい、いい加減な情報を含んでおりますので、質問スレなどでも、聞いてみて下さい。

302 :S 2027:2007/11/24(土) 10:28:37 ID:rcZ1MD3N
>>300
実数は定かではありませんが確実に分かるほど減っています。
信者の定義はあいまいで、教会に参拝を重ねると信者といえなくもありません。
おさづけの理をいただいた人をよふぼくといいます。
検定講習に合格すれば教人(きょうと)となり、教人が出直せば、本部に届けなければなりません。
確か、みちのともに毎年1回出てるように思うけど。
よふぼく、信者については、周期的に本部の方からアンケートみたいな調査票がまわってきますが、あいまいになりがちです。

おさづけの理をいただいた、明治の頃は交通が不便で、一日まるまる徒歩の方もかなりいたと聞かせていただきます。
と、いうことは、かなり本気モードでなければ、おぢば帰りは出来ません。
今はどうでしょうか?
歩いておぢばに帰るの人は、よほどの思いをかけた人か、近所の商店街の人ぐらいでしょう。
1970年、大阪で万国博が開かれ、観光のついでに別席を運んだという話も聞いたことはあります。
それは、それとして、こと、交通に関しては、気軽におぢばに帰れるようにはなりました。
信者減少そのものより、本気モードの信者さんが激変しているように感じるのは、俺の思い過ごしだと良いけど…。
んっ?俺っすか。
俺は天理教が趣味なの。
天理教の教えをを通じて、親子楽しく生きれたら、とりあえずは満足。

303 :パンドラ S 2027:2007/11/24(土) 15:57:44 ID:rcZ1MD3N
みなさんのおかげでちょうど1カ月間で300レスを超えました。
気分転換を兼ね、少し模様替えをしてみたいと思うのですが、いかがでしょうか?
【テーマ】
 なぜ我が家(我が教会)は天理教の信仰をするようなったのだろうか?
このテーマは、信仰者にとって必要、不可欠なものであると思います。
また、次世代に語り伝えねばならないことだと思います。
未来への予行演習、もしくは自らへの自問自答のつもりで語ってみませんか?

と、いうわけで、勝手ながら(スレ主の特権として?)御指名させていただきます。
下記の方々、準備はよろしいでしょうか?
>>23 >>44 >>49 >>50 >>53 >>79 >>85 >>153 >>179 >>297
なるべく別人になるようにしたつもりですが…。
勿論上記以外の方も大歓迎です。
週末を多いに語り合ってみませんか?

304 :S 2027:2007/11/24(土) 18:16:52 ID:rcZ1MD3N
【父の話】
我が家で俺は4代目の信仰ということになります。
当初はごく普通の信者として教会に参拝する程度だったと聞いています。
その転機は父が7歳の時に訪れました。
裏山の崖から転がり落ち、命がないというところを「この子を神様の御用に使わせていただきます。」
と、心定めをし、願いをかけると奇跡的に御守護をいただいたそうです。
しかし、この願いをかけたのは父そのものではなく、父の母、祖母であったということです。
このことが、後年、父は事ある度、酒好きも加わり、「俺が願ったわけではない。」
と、ここぞ!いう時、踏ん張れない逃避行動となっていきました。
俺は若い頃、父の生き方を冷めた目で見てましたが、歳と共に父の辛さが分かってくるようになりました。
踏ん張れないことが、なにより辛かったのは、父本人であり、もがきながらも、この道を捨てることなく、
繋いでいただいたお陰で、当教会、当家族の礎があったんだと思えるようになりました。

305 :S 2027:2007/11/24(土) 18:18:20 ID:rcZ1MD3N
【母の話、そして父の出直し】
母の実家は天理教とは関わりはありません。
見合いから、結婚したとたん、父は子供時代の後遺症である、カリエスとなり、床に伏す生活となりました。
昔の田舎のことですから、嫁いだ先の信仰に、母は有無言わさず付き合わされてしまいまいた。
その後、布教所を開設しながらも、父は転職を繰り返し、住まいも転々と変えていきます。
そんな中、次男が急性骨髄性白血病という病に冒され出直していきます。
このふしから母は「いんねんの自覚」となり、「私はどうなっても良い。どうか子供達にお徳をお与え下さい。」
と、手探りながら、道一条の白熱的信仰へと変化していきます。
しかしこの「白熱的信仰」は夫婦ではなく、「待っておられぬ、もどかしさ」母のみのフライングスタートでもありました
夫婦間のギクシャクした関係は回復することなく、父は出直していきました。
人生に「もしも…」はありません。
しかし、もしも、例え時間がかかっても、夫婦が仲良く、じっくりと話し合えたなら、その後の人生はどうなったのだろうか?
と、思ってみたりもしますが、逆にこんなことも思います。
百点満点の夫婦なら、人生のふしも少なく、母の鬼気迫る信仰など生まれてこなかったようにも思うのです。
母の生き方は、最良とは思えませんが、真似を出来る信仰でないことは確かです。
【親ありての信仰】
もがき、くるしみながらも、この道の実質的な初代として、荒地を耕し、種を撒いてくれた父。
その種を枯らすことなく、分からぬながらも懸命に育て、自分の楽しみは捨て去り、子供達に全てのお徳を捧げた母。
親ありて、今の自分、家族の幸せがあるんだと俺は思います。

306 :S 2027:2007/11/24(土) 20:29:58 ID:rcZ1MD3N
【俺の話…】
教会設置の話を受けさせていただいたのは、簡単に言えば母へのプレゼントでした。
俺達のために一生を捧げ、天理教を心の支えとして生きてきた母に、会長になって欲しかった。
ところが、母は俺に会長になることを望みました。
俺は今でもそうだけど、天理教は好きだけど、会長ってのにはあんまりなりたくない。
仕事も持ってるし、75歳まで家のローンがあるし、道一条は困難を極めます。
なによりも行事に振り回されてしまいます。
それで「なに言ってるんだ!一番一生懸命にしてきた者が会長にならなくてどうするんだッ!アンタこそがふさわしんだよ!」
と必死で説得?し、みんなもそれに賛成してくれ、母が会長となりました。
母の高齢となり、「どうせなら母が生きてる間に会長を代わり安心させてやれば?」
と、言う声にも押され、来年担任変更の運びとなる予定です。
親孝行の一環として、会長になろうとする俺はどうなんでしょうか?
ちょっと軽く考えすぎてるように思うんですが…。

307 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 22:40:20 ID:a3+2IDDl
53デス
我が家は曾祖父とその父からの信仰
曾祖父は二代目会長
初代の会長さんの大家さんでした
初代さんは天涯孤独で我が家の家系が継ぐことになりました
ちなみに基地外因縁から入信
初めは御嶽教を信仰してたけど初代さんのおたすけによりにおいがかかりました
曾祖父は誠の人で、今をいきる私たちは曾祖父の徳を食いつぶし中
分家ができない因縁もあるなぁ

308 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 22:47:02 ID:bHyw29x6
よかよか。それで。

309 :神も仏も名無しさん:2007/11/24(土) 22:49:52 ID:bHyw29x6
>>306

まあやってみなはれ。

310 :S 2027:2007/11/24(土) 23:10:48 ID:rcZ1MD3N
>>309
おおきに!
まあ、やってみますわ(笑)

311 :ケセラセラ:2007/11/24(土) 23:22:55 ID:dSPt3KD9
道一条って神言ありません、
神一条ですね、ちがったかな。

312 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 10:37:11 ID:aztoamoh
>>297です。折角の企画、遅くなりました。
皆さんのように代を重ねてる訳では無いので恐縮ですが・・・

我が家としては、父が初代です。母との結婚を前に、母方の祖父からにをいが掛かりました。

布教所としては、母方の祖父が初代です。
戦前、学校の先生をしていた祖父は、近くの教会に面白い話をする方がいらっしゃると、
話を聞きに行ったことから、入ったそうです。
その教会の上級、大教会の会長さんのお話に興味を持ち、通い詰める内に自然と御用をさせて頂き
入って行ったと聞かせて頂きました。

父は、祖母を幼少にして亡くし、祖父も小学4年生の頃出直し、継母も連れ子を連れて出て行き、
天涯孤独となり、それでもその連れ子や、遠戚を大事にしながら、独りで暮らしていました。
紆余曲折しながらも、現在の所属教会の先代に説得され、仕事を放り投げて、次の日には修養科に行ったそうです。

現在もお手入れを戴きながらも、すぐに御守護を戴く毎日を目の当たりにさせて頂き、元気に
毎日を暮らしております。その陰には、母の献身的な信仰があり、毎日教えて頂く事ばかりです。

毎日共に過ごしているので、余り滅多なことは書けず、この程度の報告となりますが、御容赦下さい。
但し、我が家では、事業を持ちながらと成っておりますので、常に信仰を意識して暮らしております。
お客様に喜んで頂く意識、働く場を提供する意識、そして皆様、神様への御恩、これらを常に心掛けてます。

>>306
初代の信仰をしっかり理解しての行為ですし、きっかけ云々は宜しいのではないですか?
若輩者の感想ですので、生意気な意見でしょうけど、お許し下さい。

>>307
端的な言葉から伝わりますが、因縁の認識、自覚、共にきちんと伝えられてるのですね。
その伝達が有れば、きちんとした信仰が有るとお見受けします。
徳の食いつぶし・・・など、ご謙遜でしょう。

313 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 11:24:56 ID:gWA0K1ry
>>295
> 自教会の月次祭の特徴としましては、子供達が学校を休んだり、早退しておつとめの奉仕をしてくれます。
これは、信仰の自由ということで、学校側も許可しているのでしょうか?あるキリスト教会の生徒は信仰上武道が出来ないので、
見学とレポート提出で評価することを許可されていました。また寺社には入れないので、修学旅行では待機が許可されていました。

> 祭儀式の数が揃わないことも度々ありました。
儀式を行うにも人数が決まっているのを初めて知りました。揃わない教会を所謂事情教会というのでしょうか?

> 自教会は、信者さんがいない為、目線は将来のよふぼくに自然と向いてしまいます。
でも、上からの目線で信者を見る教会長よりずっといいよね。本来の天理教は、信者と同じ目線に立って教えを説くのですから。

> 反省点としましては、自教会はなごやかさを通り越し、真剣味が足らないことかと思います。
その辺は大和の風土かなと思います。おおらかなんです。仏教や神道もあまり形式にこだわっていないのが実情です。
色々問題を起こしている天理教の教会がある中、>>295さんのような素晴らしい教会があることを知りほっとしました。
こういう教会こそ、天理教を説くにふさわしい教会だと私は思いました。

>>300
他の人が書かれているとおり、天理教に信者という概念は本来ありません。
一応祭りの参加人数をカウントしているようですが、会場の出入りを何度もしている信者があり、それをカウントしているため、
正確な値は得られていません。幹部の中には、沢山いるように見せかけたい人はいますが、実際信者が増えようが減ろうが、関係ないと思います。


314 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 17:36:08 ID:45S43xyg
世界一列をたすけたいから天下った神様なのだから、あなた方個人の思いはどうあれ
教勢の低下は憂うべきことではないですか?
本席さま在世中のお地場と今のお地場が変わってしまったことに問題を感じませんか?

315 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 18:28:59 ID:9UtM3FjC
道一条は普通に用いられるな。原典にあくまでこだわる
というなら仮名表記にしろよ

それより、「因縁」「地場」なんていう漢字表記は非常に
違和感を覚える。

あと信者数のことだけど、よふぼくの数は一応把握されて
いるから。よふぼく何人、信者何人という報告での信者と
いうのはあまり意味無いんでは? 運び中は把握できてるし。

316 :神も仏も名無しさん:2007/11/25(日) 18:31:45 ID:9UtM3FjC
世界一列も違和感だな。「一れつ」だよ。
陽気ぐらしも後半は仮名

お道のまともな本を読んでたら自然に身につく語感

317 :野良天:2007/11/25(日) 23:26:17 ID:VjyLFN2d
教団の連中は自らに非があることを絶対認めないからな。
悪いところを指摘すれば「不足言うな」でおしまい。
「ふそく」かな?
まあ細かいことなんざぁどうでも良い。

新しい住人は私のことを知らないと思うので自己紹介。
末端貧乏教会後継者・・・今はくそくらえという気持ちで世間働き。
小さい頃にもらった身上により、教会を離れると洗脳されていたが、10年以上たった
今でもピンピンしている。
それまでは大教会青年・専修科・本部勤務(青年会系)・大教会青年etc.
そのうち粘着がわいてきて、いろいろ色づけしてくれると思うけど、でたらめ
だからそこんとこよろしく。

ほとんどの後継者は口には出さないと思うけど、みんな次ぎたくないと思うよ。

組織が末期的状況・・・しかも改善を訴えるものが追い出されるか干されるので
もうどうしようもない。 
教えを広め、陽気ぐらしさせいと思召した(といわれる)神意はいつの間にか
忘れ去られ、心の成人という美辞麗句に陶酔し現実逃避する。
その心の成人も笑わされる。
ただ黙々と上の言うことを聞き、それをこなすだけ。
自ら考え行動するという人間らしさより、牛馬の如き奴隷のような扱いを受ける
ほうが徳を積むと教えられているから仕方がないか(笑)

318 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 07:07:33 ID:jXv/x7pM
>>317
知られていないと思うのは、君だけじゃない?w

>小さい頃にもらった身上により、教会を離れると洗脳されていた
知らない人向けに書いてる割には、お粗末な書き方してるね・・・
「教会を離れると、身上を帰すことになる」と、言われたんでしょ?
ある時はすぐに、ある時は長い目で見て下さる親神様は、”今”をどうお考えになっているか?
また、子供の身上は親の心次第の所があるのも事実。
しかし、生まれてすぐだと、前生持ち越しと捉えるのが通常だろうし・・・
結局人間思案で悟っていくわけだし、当時の心定めと、どうしても助かって貰いたいという、
周囲の人の思いがそこにあることくらいは、今は離れていようと、よく自覚しないとね。

組織云々じゃないんだけど、小さい事に相変わらず拘る・・・と私は思う。

ところで、君の教会の元一日、成り立ちはどうなのか?

319 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 08:06:26 ID:k7dvdV/6
不足は「不足」で桶

身上は借りたのだろうと思ったが、身上の障りのことね。
まあ後半は略されることが多いけど・・・

320 :野良天:2007/11/26(月) 08:25:52 ID:/rWNsWtP
>>318
大体の組織の良識派の方と同じご指摘です。
それと粗末な書き方ですまんな、酒飲んでTV見ながら書いたんでな。
以後気を付ける。

その貴殿のおっしゃる「小さい事」が重要なのよ、人間て言う奴は。

おれは愚痴こぼしかもしれないが、愚痴を言わず外に出たくても出られない奴に
「出ても大丈夫だぞ」と言いたいだけさ。

教団内で燻っているより、遥かに素晴らしい生活が待ている。
ただ、世間はまぎれもなく競争社会なのでその辺りの覚悟は必要だが。


321 :野良天:2007/11/26(月) 08:33:04 ID:/rWNsWtP
ちょっとつけ足そうか・・・

崇高な「世界一列みな兄弟・陽気ぐらし」を掲げているなら、教団内の理不尽な
上下関係や、各教会で異なる(都合の良い)教理(解釈)が教会後継者の不満を
産んでいるんだよ。

これが貴殿の言う「小さな事」なのさ。


322 :S 2027:2007/11/26(月) 08:46:48 ID:QOjf4cKu
>>311
「道一条」っつて造語?
これの反対言葉で「事情働き」ってのはどう?
俺んとこの系統では、ごくごく普通に使ってます。
道専務ってのもなんか造語ぽいな…。
疑うわけではないが、本当に原典にないのかな?
おさしづ索引できる人、レスされたし。
お願いいたします。
>>317
「世間働き」もたぶん造語。
天理教から離れたいなら、天理教用語にしばられず、自分の言葉を使おうよ。

本来は、天理教用語を使わず、天理教の教えが伝えられるはずだと思うんだけど…。
試みとして一度英訳をして、それから日本語に直してみるのはどうかな?
俺はバカだから、出来ないけど…。

>>313
>子供達が学校を休んだり、早退しておつとめの奉仕をしてくれます。
 これは、信仰の自由ということで、学校側も許可しているのでしょうか?
毎回、子供達とは相談はしますが、「休む、休まない。」を決めるのはまったく子供達の自由です。
子供なりに、その時の学校行事とも合わせ考えているようです。
俺としては「病気で学校を休むより、元気であることの御礼が出来ればいいかな。」
って感覚で休むことを肯定気味ですね。
長女は中学に入ってからは、休まず学校に行ってました。
でもおぢばの高校に入学したことを思いますと、天理教が嫌いと言うわけではなさそうです。
もっとも長女が、おぢばの高校に入ろうと思った理由は、鼓笛隊の先輩が多く、おぢばの学校に行っており、その影響と思われます。

323 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 12:11:27 ID:KvpH5GsJ
私も事情働き中
道一条のほうがいいんだろうが、ま、ムリポ
私のように何代か経ている場合は惰性のように教会を継ぐのが当たり前的な感覚なんだろうけど
信仰初代二代の方の苦労は素晴らしいなと思います
我が家の信仰初代の曾祖父はまさに貧に落ちきれ風
豪農ですごい構えの家や家財を曾祖父一人の代ですべてなくしました
周りの困っている人への施しや返済なんかできるはずがない人にお金を貸したり
教会へのお供えは余りしなかったらしい(笑)
そんな曾祖父の通ってきたみちや想いを思うと後継がイヤだなんて申し訳なくて言えないよ
sさんの企画は良いと思う
信仰の元一日をしっかり振り返ることが大事だ

324 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 12:24:47 ID:diq899D0
>>323
曾祖父様は、真実のお道の人ですね。
素晴らしい


325 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 12:25:09 ID:KvpH5GsJ
連レス失礼します
私も今の本部やら教内のことはどうかと思う部分はイロイロあります
でも私は目の前の家族や信者さんや周りの方々を大事にして、次の世代に渡せたらいいかなと思います
この考えは甘い、危ないとも思いますが

326 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 12:46:24 ID:diq899D0
>>325
でも、貴方のような子孫を持って、
會祖父様もさぞかし喜んでいらっしゃることでしょうね。
素晴らしいと思います。


327 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 14:09:48 ID:mY8NXDvH
>>323

まさにひながたそのものの実践ですね、素晴らしい!

でも八島系的ヒネクレ者なら、事業に失敗して財産を
なくしただけだろ、なんて冷やかすんだろなw

素直じゃないわ。まあ偉い人たちはもっと変だがwww

328 :S 2027:2007/11/26(月) 17:22:57 ID:QOjf4cKu
【俺の話 その2】
「なぜ母親はそんなに天理教に熱心になれるのだろうか?」と、いう思いが子供のころからあり、かなり冷ややかな目でみていた時期がありました。
転機は二十二歳の時。 「食わず嫌いは止めてみよう。食って見て不味かったら止めれば良い。」ということから、修養科に入りました。
いや、正確にはその一ヶ月前、青年会ひのきしん隊に入りました。
実はこの頃、上級教会に(前)真柱様がお入込みになるとかで、準備のため関係者に欠員が出来、突然に訳の解らないまま入隊となりました。
入隊してみると、Sの系統は身上者とOBばっかりで、「Sから班長を!」ということで無理やり班長にさせられてしまいました。
ある日、すごい高熱となり、同僚(山陽の方でした)からおさづけを取り次いでいただきました。
分からぬながらも班長としての責任感みたいなのもあり、健康保険も切れていたことも重なり、生まれて初めて真剣に神様に祈りました。
すると二時間程度で熱がドーンと下がり、『おー神はいる!」とあっさり信じてしまいました。
一度「神はいる!」と感じますと、今まで斜めに見ていたものが、真っ正面から見てみよう!って気になってきます。
その勇み心のまま、修養科、二ヶ月隊、検定講習と進み、更に専修科、詰所青年を経て、上級づとめとなり、
あれれ…という間に十年経っていたって感じです。
しかしながら、元々道専務(便宜上使用します)など考えていません。
あくまでも修行の一環のつもりでしたが、十年の歳月に周りの人達は、当然のように俺は、道専務になるものとして扱ってきまして、
その心定めをするまでは、上級づとめを終わりにさせてくれない雰囲気も漂ってきています。
そんな中、当時の上級会長さんが「今出来ることを一生懸命させてもらいなさい。」とお仕込み下さり、
「教会を出ても神様の御用は怠りません。」と心定めさせていただき、ようやく実家へと帰りました。
ちなみに実家を住宅地図で調べましたら、○○と言う名前は無く、『小屋』と書いてありました。
この『小屋』と書かれた番地が俺達夫婦の本籍でもある。


329 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 17:57:27 ID:vLtoCHF6
>>322
「道一条」について、おさしづを参照。

明治二十年十一月二十四日 朝九時
粟田卯之助三十四才二十日前より左の眼悪しく痛み無し伺(第九号周旋方)
さあ/\よう聞き分けねば分かり難ない。一人々々のさしづ、仮名な/\柔こい事で、理が締まる。
仮名ばかり人間一条の事情、かりもの一条の事情、八つの道一条の事情、どうとは言わん。
心次第。世界幾何名の者がある中、同んなし兄弟。
めんめん隔てる心から、隔てられるようになる。
長の/\道であるから、長くの楽しみ。先々長く、長くの楽しみ。

明治二十一年十月二十日(陰暦九月十六日)午後十二時十分
かぐらづとめ道具の件伺
さあ/\/\/\実際尋ねるの事情、いかなる尋ねる処、尋ねにゃなろまい。
旬々いつ/\の話、さあ/\すっきりと実を改め、実を定め。さあ/\速やかいかなる事をも聞き分けて。
これまでの処、先ず/\雛形、さあ/\世界一つの事情には幾重の教、皆教えてある。教一つの事情を以て定めたる処、世界の処皆知らしてある。
まあ/\学べ一つの理を以て定めたる処、学べばこれまでの道具、さあ/\それより実際一つの事情、理上の理から一つ、いかなる談示、いかなる処改め。
未だ/\の道、未だ/\学び一つの道じゃ。よう/\の処ほんの心一つの安心、一つの理、よう聞き分けねばならん。
神一条の道、これから一つの理、未だ/\の道である。実際調べていかなる処急ぐ処、一つの理である。第一の処、未だ/\の事情よう聞き分けねばならん。
あちらを掻い寄せ、こちらを取り寄せ、世界学びの道、未ださしづまでのものである。さあ/\早く遅くの理は無い。
さあ/\尋ねる処、応法一つの理なれば、応法の理を以て運べ。神よりどうせこうせいは言わん。
世界の事情は世界の理、神一条は神一条の理、応法は応法。
世界一条の理あちら取り寄せ、これを借り受け、かんで一つの道を通るには、どうせこうせは言わん。
学びの道一条速やかこれで十分という処は、未だ/\行かん。仮家は仮家、学びは学び、応法の理をよう聞き分けねばならん。

まだまだ出てきます。
取り敢えず引用しました。無責任スタイルで申し訳ないですが、判断はお任せします。

330 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 18:34:17 ID:vLtoCHF6
続きまして「事情働き」

明治三十二年四月十三日
永尾よしゑ身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ尋ねる事情には、身の処はとんと一日々々理がどういうものでこうなる。
まあ今日よかろかと思えば明日、明日よう一つ理を諭す。めん/\聞き分けは第一理。又他に聞き分けにゃならん。
もう事情というは日々事情働き、理は日々理あら勝手でしてると、惣々理、日々内に事情あれば外に事情ある。
一戸一人なら何事情無き事情、めん/\はこうと思うだけ。これから取って、よう事情聞き分けにゃならん。
あら勝手でして居ると思てはならん。理は何処へ治まるとも分からん。これ聞き分け。運び合い尽し合い聞き分け。
一時どうして何の働き損と思うなよ。事情は修理肥と言うて置こう。
これ分からねば風の便りに伝えて居るも同じ事、ほんにあれだけ尽せばこうのう無くばならん。よう聞き分け。
身上は案じる事要らん、案じてはならん。尽したゞけは、何処からなりと出て来る程に。さあ尽し損にならんで。

明治三十二年三月二十二日
谷岡卯二郎身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上という、心得んと言うやろ。身上心得ん。一年改め、二年改め、身上から改め。
一年改める、二年改める、三年改める。一つ/\心の理改め。道これまで運ぶ処、十分受け取ってある/\。
長らえて道中、掛かりならん処運んだ理は、十分受け取る。それから心という理/\、とんと計り難ない。
順序改め掛けた/\。又事情、一年改め二年改め三年改めて、事情働き損やない/\。
年々めん/\心の理で伸びたもの/\。誰怨みやない/\。
一時鮮やかなら、一年二年三年理が、表という一つ理に集めてやろ。理に取り立てる。これ楽しませ/\。

意味するところはちょっと違うかも知れませんが、言葉として出てくるのは以上でした。
同じく、それぞれで御確認下さい。

331 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 18:51:37 ID:vLtoCHF6
五九 まつり
 明治十一年正月、山中こいそ(註、後の山田いゑ)は、二十八才で教祖の御許にお引き寄せ頂き、
お側にお仕えすることになったが、教祖は二十六日の理について、
 「まつりというのは、待つ理であるから、二十六日の日は、朝から他の用は、何もするのやないで。
 この日は、結構や、結構や、と、をや様の御恩を喜ばして頂いておればよいのやで。」
と、お聞かせ下されていた。
 こいそは、赤衣を縫う事と、教祖のお髪を上げる事とを、日課としていたが、赤衣は、教祖が、
必ずみずからお裁ちになり、それをこいそにお渡し下さる事になっていた。
 教祖の御許にお仕えして間もない明治十一年四月二十八日、陰暦三月二十六日の朝、お掃除もすませ、
まだ時間も早かったので、こいそは、教祖に向かって、「教祖、朝早くから何もせずにいるのは
余り勿体のう存じますから、赤衣を縫わして頂きとうございます。」 とお願いした。
すると教祖は、しばらくお考えなされてから、
 「さようかな。」
と、仰せられ、すうすうと赤衣をお裁ちになって、こいそにお渡し下された。
 こいそは、御用が出来たので、喜んで、早速縫いにかかったが、一針二針縫うたかと思うと、
俄かにあたりが真暗になって、白昼の事であるのに、黒白も分からぬ真の闇になってしまった。
愕然としてこいそは、「教祖」と叫びながら、「勿体ないと思うたのは、かえって理に添わなかったのです。
赤衣を縫わして頂くのは、明日の事にさして頂きます。」と、心に定めると、忽ち元の白昼に還って、
何の異状もなくなった。
 後で、この旨を教祖に申し上げると、教祖は、
 「こいそさんが、朝から何もせずにいるのは、あまり勿体ない、と言いなはるから、裁ちましたが、
 やはり二十六日の日は、掃き掃除と拭き掃除だけすれば、おつとめの他は何もする事要らんのやで。
 してはならんのやで。」
と、仰せ下さった。

・・・今日は仕事をしていました・・・orz

332 :S 2027:2007/11/26(月) 19:31:53 ID:QOjf4cKu
>>329 >>330 >>331
ていねいにお答えいただきありがとうございます。
でも、なんと言うか、文字としては出てますが、現状に使用している意味とはチョット違うような気もしますね。
ムードとしましては道一条、道専務が善で、事情働きが悪であるような用い方をしているように思いますね。
俺は、俺の家系は事情があり、この道に入ったんだから、「事情信仰」ってのが正しい使い方だと思うんだけどねえ…。
誰か「道専務」「事情働き」に変わるチャーミングなネームを考えてくれんかなあ…。


333 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 20:46:03 ID:Q3vT/1HT
天理教って、純粋な人が人が多いよな
他の宗教もそうだと思うが
家が教会だから天理教の事は多少は分かるが、普通に神様を信じる事なく育った。

中立の視点で見ると、道一条で、社会に出て働いたり
していない人は生活全てが天理教で、考え方が少しおかしい人が多いと思う

334 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 21:20:44 ID:IDY+Vem+
>>332

「道専務」・・・・「みっちー」
「事情働き」・・・「つとめっちー」

335 :S 2027:2007/11/26(月) 21:36:30 ID:QOjf4cKu
>>334
あなたはドッチー?

336 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 21:41:11 ID:IDY+Vem+
つとめっちー!

337 :S 2027:2007/11/26(月) 21:55:42 ID:QOjf4cKu
では元一日を語ってちょうだい。

338 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/11/26(月) 22:18:08 ID:C8iH4qCM
>>333
まあ、彼らの多くは実社会の動向に疎い「世間知らず」だからね。
ま、気が向いたときに気晴らしがてらに「おぢば」に出向いてみるぐらいならば、それはそれで面白いことだけど。
ただ、長年にわたって天理教に関心がなかった人が初めて天理市に出向かれたとするんなら、それはそれで驚きの連続となることだろう。

339 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 22:33:33 ID:O1iaXPco
307,323,325です
レスありがとうございます
曽祖父は私たち子孫も自慢の祖父です
でも施すのも良いけれど骨董品の一個でも残してくれよとチョット思うw
おかげで借家教会にまで落ちてしまい、我ら子孫は土地から家からタイヘンでした。
曽祖父の誤算?はイロイロ面倒やお金の工面をしてもその人たちが信者にならなかったということかな
それでも私が子供の頃は「お宅のおじいさんにお世話になって・・」と近所の人に聞いたことも

月並祭の日ってどういうわけか仕事がたくさん立て込んだりする
皆さんはそんなことありません?



340 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:01:37 ID:diq899D0
>>339
曾祖父様は、大きな陰徳を積まれてると思います。
徳積みは重要で、中でも陰徳は大きなお陰がいただけるようですね。
目に見えない宝を残してくださっているのですよ。
本当に素晴らしい曾祖父様です。


341 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:07:17 ID:diq899D0
>曽祖父の誤算?はイロイロ面倒やお金の工面をしてもその人たちが信者にならなかったということかな
それでも私が子供の頃は「お宅のおじいさんにお世話になって・・」と近所の人に聞いたことも

ご謙遜を。もしもお金を工面をし、その人たちが信者になっていたとしたら、
徳を失くしてしまいますよ、または半減するでしょう。
無欲の施しだったからこそ、なかなか誰もマネのできない素晴らしい陰徳を積まれた、
まさにお道の人です。徳の高い素晴らしいかたです。




342 :野良天 ◆3gxC3xwhfc :2007/11/26(月) 23:20:44 ID:q4g7TYvh
くだらん(笑)

人を助けてなんぼだろ?
そういう実績挙げてみろよ。

343 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:22:44 ID:O1iaXPco
>>340,341
それゆえに我ら子孫は徳の食いつぶし中...orz

みっちー と つとめっちー (。-_-。)カワイイ



344 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:25:24 ID:diq899D0
>>342
曾祖父様は、資産をなげうって多くの人を助けたのですよ。
立派なかたです。



345 :神も仏も名無しさん:2007/11/26(月) 23:39:04 ID:O1iaXPco
ちょと独り言
ワタシは小さい頃は天理教が苦手な感じでした
何が嫌って「神様にうそつくと確実に返ってくる」てのが怖すぎて
なので「心定め」なんてチョー怖かったです
(今でも滅多にしない(爆)

346 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 00:07:53 ID:cpXqW5kD
連続書き込み&携帯から失礼します
おつとめの人手が足りない話
前期講習の時に出会った教会後継者の青年の話
「うちもさ、人手がたりないんだよ。だから、太鼓とすりがねは俺一人でするんだよ」
なに?なんだと?と思ったら、右手に太鼓のバチ、左手にすりがねのバチを持ち同時に奏でる
見たときはこんなの無理と思ったが、やってみると案外できるw

みなさんコレ、どう思います?おつとめにおいて、音が大事か、格好が大事か…

347 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 00:13:25 ID:cpXqW5kD
太鼓とすりがね、手が逆でした
月並祭の位置です

348 :S 2027:2007/11/27(火) 06:59:36 ID:5vTecM85
>>346
うちんとこでは、地方と拍子木はお友達状態。

神具店で九つの鳴り物が一度に聞こえる道具が売り出されるか?
と、思ったら、すでにテープがありました。


349 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/11/27(火) 07:08:01 ID:JZpUNO6A
>>345
心から「よし!」と言うをして心定めと定めよう。
それ以上でもそれ以下でもなくて。

350 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 14:34:59 ID:Oaf3Q/qL
>>317
> 教団の連中は自らに非があることを絶対認めないからな。

そのとおり。しかも、相手に非があるように誘導するのが上手い。誰か指南役がいるのかと思うほどです。

> 教会を離れると洗脳されていたが、

こういうことされている信者は多いね。端から見ればおかしいと分かるのに、本人は理解できていない。
事実上の洗脳が行われているわけですな。

> そのうち粘着がわいてきて、いろいろ色づけしてくれると思うけど、でたらめ
> だからそこんとこよろしく。

最近そういう輩が増えている。ネットで天理教の実態がさらされつつあるので、工作しているのかな?
他のスレで無理矢理教会長にさせられた女性の話があったけど、本人が悪いと誘導するレスが結構あった。
あれが、悪質な天理教信者の仕業だと分かった。他の人は、信者であれ天理教アンチであれ、女性に助言するレスが多かった。
「教会長になること=家族が離ればなれになる」から天理教側のやっていることが異常なのは明らか。
だけど、悪質信者はそんな事情すら理解できていない。俺こっちの方が理解できないよ。
結局、天理教信者の思惑どおり女性は教会を継ぐことになったみたいだけど。

351 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 14:45:27 ID:Oaf3Q/qL
>>317
> 自ら考え行動するという人間らしさより、牛馬の如き奴隷のような扱いを受ける

「理の親」制度ですね。理の親には無条件でいうことに従えという教え。これを使ってエライさんは信者を思いどおりに動かすことが出来る。
実際これは怖い制度です。効果は洗脳と同じですから。信者はまさに家畜のようにエライさんの言うことに従って働き、お供えをたくさん出します。

> みんな次ぎたくないと思うよ。
天理教は衰退しているからな。しかも天理教は信仰の厚い信者がいて成り立っていた宗教。26日にはお参りに行く。
仏教や神道のように、祝い事や不幸ごとにしか登場しない宗教とはわけが違う。
30代以下の若年層は、殆ど天理教の行事に参加しない。俺の知り合いにも家が天理教の奴がいるけど、
こどもおぢばがえりにさえ参加してないっていっていた。今後そういった人が増えるだろうから、衰退は目に見えている。
組織の腐敗と相まって、信者は天理から離れていくだろう。

>>318
大体身の上があるというのに、どういう根拠があるの?ただの脅し、天理教に引き留めておくためのものでしょ?
エライさんは、自分が特別な人間だと勘違いしている。確かに教祖は超能力を持っていたかもしれないが、
エライさんはただの人間だろ?身の上があるって、そんなのどうやって分かるの?>>318には説明できないと思う。
つまりインチキなんだよ。そうやって人を欺して、信者からお金をお供えとして取ること。
これが今の天理教のエライさん達の目的。論点のすり替えばかりやってないで、どうしてのらてんさんが身の上なのか、説明してくださいな。

352 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 16:39:40 ID:QeiC0k52
いいたいことはわかるが厨房くさいんだよおまえ↑
半年ロムってろ、な


353 :赤まむし!:2007/11/27(火) 20:39:00 ID:f8JdFBW6
新しい”ホワイト”が出来ましたwww
新しい”オフ”が出来ましたwww
新しい”トルネード”ができましたwwwwwwww


354 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 22:20:48 ID:62jSes0i
>>346
逸話編の五四「心で弾け」にて、
 「どうでも、道具は揃えにゃあかんで。」
 「稽古出来てなければ、道具の前に坐って、心で弾け。その心を受け取る。」
とありますよね?
鳴り物は、心で弾くという事と、形は整えねばならないとも採れます。
・・・でも、心で2つ弾けるものでしょうか・・・?

355 :神も仏も名無しさん:2007/11/27(火) 22:33:49 ID:cpXqW5kD
心が大事なのは勿論だと思います
それでもやはり人手は足りないときは?と言う話の時に、
一人二役でもいいから音を出すか、それとも欠員にするか…
ちなみに我が家も地方と拍子木は仲良し…orz

356 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 01:46:19 ID:HElHqoc3
>>351

喪前お道の人間じゃないなw

>26日にはお参りに行く

お道では所属協会の月次祭参拝がまず第一なんだよ

本部が26日だから皆26日におぢばに参拝に帰ると思ったの
だろうけど、教外者の工作ミエミエだな。大作ちゃんに4649

身の上?? プッ 「身上」って何て読むかわかるか?(笑)

教外者丸出しwwwww


357 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 01:47:04 ID:HElHqoc3
協会→X
教会→○

358 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 03:19:55 ID:uBHE8KvX
荒らし君に、反応レスは大人げ無いので止めませんか?
天理教信者の品性が疑われますので、乱暴な書体もね。



359 :野良天:2007/11/28(水) 05:04:08 ID:6FIWZxYn
>>358
赤面厨っていうんだよ、そいつら。
顔を真っ赤にしてPCに向かう姿が想像に難くない。
・・・おそらく利権をむさぼる上層部の子弟と思われる。

生まれたのが貧乏教会でよかったと思うよ、本当に。
理由はもしあちら側に生れていたら、自分の利権を守るために批判をかわそうと
必死になるかもしれないからな。

もうそこには教祖が教えた道の実践を省みることなど皆無だからな・・・。

百歩譲って批判をされて怒るのは分からんでもないが、現実をみれば教団側は
批判をしっかり受け止め、猛反省しなければならないと思うのだが・・・


360 :S 2027:2007/11/28(水) 06:15:39 ID:i77aijED
野良さんは朝が早いんですねえ。
朝のさわやかな時に不足を思わせてすみませんね。
今日も仕事ですか?
頑張って下さい。

361 :野良天:2007/11/28(水) 06:23:06 ID:6FIWZxYn
>>360
・・・不足?お前アホだろ。
現実見てみなよ。

現実見れば天理教の目的など達成できないのが普通に分かるだろ?
しっかり成人していけばいい・・・などと自分に言い聞かせて現実逃避
してはいけない。

362 :野良天:2007/11/28(水) 06:30:49 ID:6FIWZxYn
>>360
軽くお前のレスを見てきたが、以前ここにいた「ともだち」って奴に似ているな。

私は頑張ってます・・・って感じの長文レスを付けてスレを引っかき回すその手法。
やな感じだ。

363 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 07:59:55 ID:IyjhCYZh
野良天馬鹿だな・・・

彼のレスを見てきたように書いてるが、ちゃんと最初から読めよw
又酔っぱらって書いてんのかも知れないが、落ち付けって。

おまえの目から見た現実、世界観が、全ての人の現実ではないんだよ。
どっちが視野が狭いかは、書くだけ無意味だけど、価値観で変わってくるから。
価値観が違うと思うなら、おまえが消えろ!

教団とか書いて、小さい事を気にするのを、まるでみんながそうしてるように聞こえるが、
その言葉を使って書き込みをしてる奴は、今のところ、まともな奴(大人)居ないよ?

364 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 08:01:41 ID:IyjhCYZh
age

365 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 08:40:34 ID:khDcm8mV
貧乏教会出ということに過度なコンプレックスを持ちすぎw
くやしいの〜wwwww


366 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 09:11:57 ID:IsIqB+W7
野良天さんは自己紹介で後継者と書いてあるからには教会継ぐ意志あり?
教会長子弟とは書いてないから。
教団教団とそんなに上に持論を主張したいなら頑張って教会大きくして、本部員先生に物言えるようにするのがよろしいかと思いますが
でも野良天さんは天理教フルコースな経歴ですよね
そこは脱帽というか、ご苦労様というか

367 :野良天:2007/11/28(水) 09:15:02 ID:6FIWZxYn
>>363
で、その価値観とやらをきっちり説明してくれ。
どうも印象操作に過ぎないような気がするのだが、その中身のないレスは。

教団の悪弊をそのまま何も言わず放置するのも広義の共犯だと思うのだが。
まあお前は悪代官の肩を持つ、悪徳庄屋って感じだな。

>>365
ちょっと違う。
おれのコンプレックスは信者をだました金で育ったことだ。

368 :野良天:2007/11/28(水) 09:20:07 ID:6FIWZxYn
>>366
親が教会長でおれは長男さ。
まあ不治の病を宣告されて余命いくばくもない状況でも教団に戻ることはないだろうな・・・

専修科の同級生の本部の詰員か青年か忘れたが、こういうことぶちまけたよ。
ローカルな掲示板でも問題点を取り上げたよ。
そしたら取り巻きを使って止めさせようとした。

いろいろ聞きたいならどうぞ。

369 :S 2027:2007/11/28(水) 10:06:50 ID:i77aijED
ありゃりゃ…。
朝から騒がしてしまったようですみません。
俺は野良さんと環境に似たような香りがしたんだよ。
でも決定的に違うのは、俺は先に離れ、そして戻ったということかな。
それは全部自分の意思だということさ。
「価値観」ってのはその時々の決定する「己の意思、思いの差」ってことだろうと思う。
音楽に人生の価値を見出す者もいれば、格闘技に人生の価値を見出す者もいるだろう。
だから、俺は野良さんの生き方に批判をしようとは思わない。
もし反論的なことを感じたとしても、それは「俺はこう思います。」程度の意見、提案に過ぎないと思う。
自分の持つ「価値観」のものさしに変化があった時、「価値観」もその時、変化していくものと思うから。
だから「価値観」は野良さんのいう印象で合っていると思う。
その「価値観」に基づき、行動して「価値観」を具体化していくのだと思う。
この道の初代さんの行動は、周りの人から見れば異常に映ったことと思う。
教祖のひながたにしてもそうだと思う。
後に続く俺達はその異常な行動に共感したというだけの話。
少なくとも今の俺は、強要もされていないし、強要と感じていない。

>おれのコンプレックスは信者をだました金で育ったことだ。
悲しい話ですね。
それは教団否定ではなく、自らの親の否定だもの…。
そりゃ戻れませんわ…。
あなたの「価値観」が正しい選択であるか、否かは誰にも解らない。
民主主義は多数決ではあるが、多い方が必ずしも正しいわけでなない。
「価値観」は尊いことではあるが、あくまでも「価値観」は己に向かって存在し、周りに強要は出来ないと思う。




370 :野良天:2007/11/28(水) 10:19:23 ID:6FIWZxYn
数は力さ。
万人に否定されればいずれ絶滅してしまう。
そしてその時、この教え誰が後世伝えるのだ?

自分が(好きなことをしないで)犠牲になればいいと考えた時もあったが、
それこそそのようなことをしても教団の衰退を止めることなどできないし、
自分自身の妻子に不幸が来ると判断したんで離れたってわけさ。

離れたら実に滑稽な組織と価値観でできていることが分かり、また問題点も
見えてきたってわけさ。

ってことで、おれは教団内部の抑圧されている連中に感謝されてもいいくらいってことさ(笑)

371 :野良天:2007/11/28(水) 10:21:02 ID:6FIWZxYn
親の話だが、まあおいおいと聞かせてやるよ。

教徒としてでなく、人間性に問題アリなんで、天理教を責めるのはお門違いかもな。


372 :S 2027:2007/11/28(水) 10:22:30 ID:i77aijED
【価値観についての実例】
阪神タイガースにバース選手がいました。
このバース選手の息子が病に侵され、
バースは見守ってやりたいという理由でアメリカに帰ってしまいました。
結果彼は再契約されませんでした。
彼の行動にはいろんな意見がマスコミを通じて報道されました。
しかし彼は、彼の思う「価値観」で行動したということでしょう。
人は「価値観」で生きると申しましたが、その「価値観」ゆえの問題も生じます。
俺はバースの行動を支持しましたけど、これって日本の文化、慣習にはキツイ話かもしれません。

373 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 10:39:27 ID:2t8mvaof
>>317

幼少期からの洗脳教育ってのも気の毒な話だな。

374 :S 2027:2007/11/28(水) 10:52:48 ID:i77aijED
>>370
>数は力さ。
それは組織、教団ってことだね。
俺は母親個人の生き方を見て、「俺もやってみよう…」って思っただけで、
少なくとも、その時点では組織は眼中になかった。
最も母親は組織の一員で「おやの言う通り。ごもっとも。」信仰ではあり、それには嫌悪感はあった。
しかし、その嫌悪感に勝るものが母親から感じられたということさ。
まあ、今は本部、大教会、上級の組織の行事を便利利用させていただきながら
自教会が活動している感じかな。

>万人に否定されればいずれ絶滅してしまう。
>そしてその時、この教え誰が後世伝えるのだ?

そんな仮の話に答えられる者なんかいない。
しかしだよ、それは案外野良さんかも知れない可能性は0でない。
人生は長〜いんだから…。
誰も将来のことなんて解らないんだよ。
もし俺だけ10分後の世界が解れば、俺は大金持ちにだってなれるし、
S系以上の占い師にもなれるんじゃないか…。

375 :S 2027:2007/11/28(水) 11:03:23 ID:i77aijED
>>373
洗脳教育としつけ、しこみは紙一重だよ。
自由と放任、放置ともちょっと違うだろう?
要は親子の信頼関係につきる。
それは自分が自立し、振り返って見た時、答えが出る。
自ら導き出した一つの答えが、野良さんの今の行動となり、
今の俺の行動となっている。
更にその10年後は入れ替わっているかも知れないけど…。

376 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 11:09:44 ID:sUPtCqE3
野良さんのご両親が人間的に問題があるとしても、その半分はこの宗教組織に責任があると思います。
お道の目的は人間精神の健全化であるはずですが、その目的が機能していないのに、治療の前に拡大路線を採ってしまったことは、
心臓病の人にマラソンをさせる程不健康な事です。
前真柱さまの心臓病も、そんなムゴイ心の結果として見せられているのではないだろうか?





377 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 11:25:45 ID:2t8mvaof
>>375
みんなが良い親にめぐり合う訳じゃなくて。
親で苦しむケースもあるんじゃないかな。前スレさんでも、野良ちゃんでも。


あなたは良い親でよかったね。おめでとう。

378 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 11:44:54 ID:IsIqB+W7
そんなに教会長の親ってのは、変な人が多いかなぁ…
あまりお見受けしない私は幸せかな
でも親の教育や信仰の仕方は天理教全体の問題とはちょっと違うような気がする
アンチの人が言うようなノルマやら上からの圧力は、少なくともうちの系統はないから、私はそう思うのかしら

ちなみに本部員先生のお子さんがロクに教理も知らずブランドを身につけてるのを見た日には、私も本部員ってなに?!と思いましたが

379 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 12:40:05 ID:NK2jqK3G
>>378
離れてみてくだい、いままで見えなかったものが初めてありありと見えてきますから。
>>370野良天さんの書き込み、
離れたら実に滑稽な組織と価値観でできていることが分かり、また問題点も
見えてきたってわけさ

まさに図星w

380 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 12:44:55 ID:IyjhCYZh
>>367
>>363だが、遅くなって済まない。
中身のないレス、印象操作というなら、>>362のコメントなんてもろにそうだろw
ま、そんなことに突っかかるのも幼稚なんだけどね・・・

価値観については、>>320にて、 >「小さい事」が重要 って書いてる点で、重要とするところ
つまりは、そういう「価値観」が違うでしょ?と言う意味。
>>321でも、 >教会後継者の不満を産んでいる と書いてるが、不満がない人もいる。
また、その不満にしても、その人の価値観で「大きい事」と捉える人も居れば、「小さい事」と
捉える人も居るわけで、価値観の違いがそこにも現れる。
たったそれだけの事を書いたつもり。

君の価値観の中で>>370の >教団の衰退を止めることなどできないし、 という、コメントをしても、
ここじゃ無意味だよ。個人の価値観でしかないし。

天理教として、一番大事にしなくてはいけない価値観は、人が相手ではなく、常に神様。
その対話を第一としなくてはいけない。団体としての人ではないんだよ。
周りの環境は、その価値観を保って計ることで、見え方も、状況も違ってくる。
この天理教関連のスレで、野良天の価値観に、何処に神様が居るんだい?
自分の都合第一で、神様を都合次第で持ち出してるようにしか見えない。
ようきぐらしが目的と分かるなら、そこを基本として、相手に書きこもうよ。

381 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 13:34:44 ID:IsIqB+W7
>379
離れる気がないから、ちょっと無理そうです
でも離れたところで私の性格や考え方の根本は天理教的だから、それを否定するのは難しそうです
あと私はみっちーじゃなくてつとめっちーの親で、私もつとめっちーだから、そんなに世間とかけ離れた考え方はしてないと思います(自分では)
野良天さんは親や今までの自分を否定するほどの大事件があったのかしら…

天理教反抗期は思春期の反抗期と同じで誰でも多かれ少なかれあると思います

382 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 13:43:17 ID:2t8mvaof
>>381
>野良天さんは親や今までの自分を否定するほどの大事件があったのかしら・・・


たぶんあったんでしょう。

383 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 14:00:51 ID:NK2jqK3G
>>381
離れてみればわかるというだけで強制したものではないですよ。
信仰は自由ですから

384 :S 2027:2007/11/28(水) 14:15:44 ID:i77aijED
人間、生きてりゃ良いこともあるし、情けなく感じたり、腹立たしく感じたりすることもある。
その感情のどの部分を強く感じて生きるかってことだと思うなあ。

実際俺は本気で天理教から離れようとし、家も出たんだよ。
15歳から会社の会社の寮に入り、家が貧乏だったから仕送りだけはさせてもらった。
あッ、仕送りの強要はされていませんので、あくまでも俺の意思。
数年後、スキー事故での入院で母親に迷惑をかけ、親孝行の一環でおさづけの理を拝戴し、大教会に御礼参拝に行った。
そこで、お取次ぎの先生から「神様は必要な人を引き寄せられる、」って言われた一言。
俺はこの言葉にガーンときた。
『俺は天理教が嫌いで離れていたのに、こんな俺を必要としているのか?』
天理教の決まり文句だと言えばそれまでだけど、その時はその言葉が胸に、脳みそにガーン!としたんだよ。
今話題の「価値観」が変わった瞬間でもあったということですね。
だからといって、上記の言葉がすべての人に「価値観」が変わるほどの言葉かと言えばそうではないと思う。
あくまでも俺の場合ってことです。

>>378
>離れたら実に滑稽な組織と価値観でできていることが分かり、また問題点も見えてきたってわけさ
>まさに図星w
親が亡くなり、親のありがたみを知ることとなる。
これもまた図星w
天理教から離れて生きてみて、戻ってきたんだけど、
「ここは親里」って歌を初めて聞いた時、俺は泣けてきたよ。




385 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 14:18:27 ID:ml6NAnye
>>322
レスありがとうございます。子供達の意思を尊重されているのですね!
おぢばの高校とは、天理高校のことですね。私の先輩にも、野球や吹奏楽が強いということで天理高校に進学した人がいます。


386 :S 2027:2007/11/28(水) 14:28:05 ID:i77aijED
>>385
尊重しつつ、見守りつつ、誘導しつつ、本気で叱りつつetc…
親は難しく、やりがいがある大きな仕事。

387 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 15:18:09 ID:2t8mvaof
>>384

いいお母さんだね。

388 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 15:45:07 ID:2t8mvaof
組織としての「後継者不足」がスポット浴びてるけど
「親子(人間)関係」に起因するところが多いみたい。

「教会」「家庭」のいずれかの関係で。




信仰以前に信頼関係を築くことが大切なようですね。

389 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 20:12:44 ID:/1Sog00m
事情働きについては3代真柱様が否定されています。何時かの祭典講話でも困った時は働けばいいとの意味の発言をされています。

プライドが邪魔をして生活保護を申請できずに命を無くすような状況は避けてほしいとの思いの発言と感じています。

資産をなげうってとの話がありましたが、その資産がどのように形成されてきたのかという道筋も大切な事のように思います。

人を泣かせて集めた資産というのも現実にある話ですから。果たさなければならない時期にきていた天借の資産であった可能性もあるわけです。

390 :野良天:2007/11/28(水) 22:44:44 ID:F0tyQLIU
まあ過去のことなどどうでもいいや・・・
なんとでも言えるし、なんとでも突っ込むことができるからな。

自分でいろいろ考えた上で結論出したのならそれでいいんじゃない?

ただ、黙って付き従って後悔することなきようにな。

まあちょっとレス読むのも書くのも疲れた。
ではまた。


391 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 01:38:05 ID:9pBcvTVU
真柱がいうまでもなく、世界中が布教を仕事にしたら餓死者の山になるだろう。
事情働きなどという言葉は、

本席様クラスに成人した人にだけ当てはまる言葉を、普通の人に当てはめた高慢からくる誤解だよ。


392 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 07:09:13 ID:0PyuDbRF
本籍様クラスとは・・・?
おさしづを出されるのは、教祖様、親神様から
意味も違うし、立場(事情印を受ける側と出す側)も違う

393 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 07:10:33 ID:0PyuDbRF
本籍×
本席○

394 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 07:45:58 ID:8fbx2EWB
まさに月とすっぽんだな 同じコテでも(笑
前向きに励んでいる人と、いつまでも腐っているひねくれ者w



395 :宮本伝太夫:2007/11/29(木) 07:47:08 ID:qccRp+xn
主戦論者は悪魔よ
彼らは人々を争いの坩堝に投げ込むだけで
彼ら自身は争いの指示を出すだけで
決して彼ら自身は先頭に立って戦おうとしません。
彼ら、主戦論者の悪魔に騙されないようにしましょう。


396 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 08:29:03 ID:mZgqKhGe
>>394
いや、ヤツは鋭いのかもしれないぞw

397 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 08:31:27 ID:mZgqKhGe
>>389
資産をなげうってとの話がありましたが、その資産がどのように形成されてきたのかという道筋も大切な事のように思います。
人を泣かせて集めた資産というのも現実にある話ですから。果たさなければならない時期にきていた天借の資産であった可能性もあるわけです。


かといって、なかなか出来ることじゃない
立派な行いだったことに変わりは無い


398 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 08:39:44 ID:mZgqKhGe
>>389
あくまでも可能性としてのはなしに留めたほうがいい



399 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 17:21:09 ID:EPkxGcfQ
>>328
身上者ってたいへんなのですね。

> ある日、すごい高熱となり、同僚(山陽の方でした)からおさづけを取り次いでいただきました。
これは、中山みき女史から続く、病気を治す奇跡を起こすためなのでしょうね。

400 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 17:34:57 ID:sAufOoiJ
>>399
すごいね。
でもこういう話題って、テレビなんかで取り上げるんじゃないの?
ワイドショーってこういうのすきそうだし。

本当にあったことなの?

401 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 17:37:13 ID:4fPfbJ3T
>>399
あなた教会子弟かい?それとも関係のない人?
幾ら離れていても「おさづけ」は分かるでしょうし、教祖様をそのように呼ばないよねw
アンチかな?
・・・
スレ主さんにお任せしようノシ

402 :堕落快楽:2007/11/29(木) 18:41:20 ID:IsG/S1OM
天国智弁vs地獄天理

403 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 21:15:23 ID:EPkxGcfQ
純粋な人を欺して、高額なお供えをとる教会長もいるがな。ここの人は、そんな教会長にはなって欲しくないです。
正しいお道を歩んで欲しいと思います。
>>339のように美談がある一方で、欲にまみれてお供えで豪勢な暮らしをする教会長がいる。

>>338
そういう人達は、もはや社会で働く能力がないから、必死。信者からのお供えがなければ彼等は生活できない。
天理教無しには生きていけないのです。だから、存亡の危機にある天理教を何とかしようと必死なのでしょう。

>>346
天理教衰退の原因は分かっているのだから、そこを改めればいい。

>>356
どうでもいいが、私は天理教ではない。こんなおかしな宗教に入りたいとは思わない。

>>359
> 批判をしっかり受け止め、猛反省しなければならないと思うのだが・・・
しっかり反省をしているなら、今ごろ衰退なんてしていない。

>>363
> おまえの目から見た現実、世界観が、全ての人の現実ではないんだよ。
その言葉、そっくりそのまま>>363に返します。天理教の奴は天理教世界しか知らない奴がエライさんやっている。
だから、今の腐敗をうんでいるんだ。真柱は世界の偉人と対話している池田大作を見習うといいww。
ちなみに俺は、法華経でも創価学会でもないから。浄土真宗。お前らが葬式仏教と馬鹿にしている宗教。でも健全w。

404 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 21:26:55 ID:EPkxGcfQ
>>368
> ローカルな掲示板でも問題点を取り上げたよ。
> そしたら取り巻きを使って止めさせようとした。
天理教がよく使う手段。数にものをいわせて、天理教に害になるものをやめさせる。
過去、信者の娘が教会長に性的虐待を受けたのを知り、警察に告発しようとしたが、
大勢の信者が押しかけ、無理矢理告発をやめさせた。

405 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 22:08:42 ID:EPkxGcfQ
天理教は系統によってずいぶん違うようですね。お供えをたくさんとるような教会長が全てではないのがその理由。
悪い系統とそうでない系統があって、互いに勢力争いをしているのでしょうか?

教会長→(進化)本席様

>>370
天理教の外を見ない限り、そういった腐敗は分からないもの。外に出ることが出来た人は幸せだ。
今なお、中で天理教しか知らずに生きている人達がいると思うと不憫に思う。
人間様々な価値観の人とふれあわない限り、成長できない。ふれあう中で自分の価値観が形成されるからだ。

>>377
> 親で苦しむケースもあるんじゃないかな。前スレさんでも、野良ちゃんでも。
前スレさんは今どうしているのだろうか?心配でならない。少なくとも家族が離ればなれにならねばならないのはおかしい。
天理教3のスレッドも容量いっぱいで書込が出来ない。誰かスレ立ててやって下さいな。

>>400
中山みきは病気を治す奇跡を起こせたといわれている。何でも、神様が彼女の身体に宿ったからだ。
それが天理教のいう親神。そして中山みきが親様。それらを側近達がまつったのが天理教。

406 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 02:06:38 ID:sAx9cJ6e
○信者の皆さん。
くるスレを間違えていますよ。
批判をするならもっと、天理教を
勉強してからにしてくださいね。

407 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 02:22:55 ID:sAx9cJ6e
前スレさんが、本物だったら何処かのスレに
とっくに来ていますよ。

408 :おさかなくわえた名無しさん:2007/11/30(金) 06:43:56 ID:nXrVDdhf
♪遠い 遠い その昔
 親神さまは 人間を
 造り給うた お父さま
 造り給うた お母さま

父母どっちが先だったか忘れちまったけど、いい歌だね
ときどき思い出すよ
とうの昔に離れてしまったが、いろいろ聞いたことは覚えているよ

教会長の子供さん、大変な時代だけど、しっかり頑張って

409 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 10:47:53 ID:Wafjsta0
>>408
懐かしいな。今でも天理託児所では歌われてるみたいだぞ。

♪みんなが 仲良く
暮らすなら
親神様も どんなにか
お手て 叩いて
お喜び♪
だっけ?

410 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 13:09:51 ID:Tfe/me7H
前スレさんはもう来ることが出来ないと言っていたから書き込まないんじゃないか?
あと、>>407は必死に前スレさんのことはネタだと思わせようとしている。工作員乙。
あんなリアルな書込はないよ。それに、前スレさんみたいな被害を受けている人は他にもいるしな。

411 :S 2027:2007/11/30(金) 14:38:18 ID:Pq4iQQY6
みなさんのおかげでアッと言う間に400レスが越えてしまいました。
それで、もう少突っ込んだテーマにしたいと思うのですが、いかでしょうか?
>>328では神様を感じた瞬間を書き込んだんですが、実際はいろんな出来事から心を倒しがちになります。
天理教でいうところの「ふし」にぶつかり、その「ふし」から思いを変え、振り返って見た時、神様の御守護の世界を感じた。
と、言うようなことは、みなさんありませんか?
実は我が家は「ふし」の連続で、その「ふし」から、俺は天理教が嫌にもなりましたし、「ふし」から頑張ってみよう!と思ったこともあります。
と、言うわけで下記のテーマへと勝手に移ります。
【テーマ】
★あなた、もしくは我が家の「ふし」から神様の思いを感じたことはありますか?




412 :S 2027:2007/11/30(金) 14:49:54 ID:Pq4iQQY6
【弟の話その1】
俺が検定講習を終えた時、弟は中学3年でした。
高校の進学のことを聞くと「働く…」と言います。
もう少し詳しく聞きますと「働いて、一人でアパートに住みバイクを買いたい。」と言いました。
それからは?と聞きますと「別に…」と言うことです。
中学3年生ですから、将来についてもその程度のことかもしれません。

それで俺は自分の反省もあり…。
実は俺も中学の時は荒れてて、ケンカ、万引き等で何度も警察のお世話になってました。
中学の時は野球だけのために行ってたようなものでしたから、高校受験に落ち、まーいいかっ!て感じで就職したのです。

「兄ちゃんはその時のことを、今、すごく反省しているんだ。」
「それで思うんだけど、親の世話にはなっていないと言いながら、まるっきりなっていないわけでもないだろう?」
「だから14年間の半分、7年は世話になった分を返そうや。」
「その後は家を出て自分の好きなことをしたらどうかな?」
彼はこの言葉に理解を示してくれ、「じゃあ、どうすれば良いの?」と聞いてきました。
「天理の学校に行ってみるかな?」と言う提案を受け入れてくれて、なんとか合格となりました。


413 :S 2027:2007/11/30(金) 14:52:39 ID:Pq4iQQY6
【弟の話その2】
俺は一足早く、詰所の青年つとめをさせていただき、彼は天理高校(2部)入学となった矢先の6月に父親が出直しました。
ドラマではこんな時、それをきっかけとし、人生の転機が始まるのですが、実際はそんな甘いことはありませんでした。
父の出直し直後、彼は喫煙行為の発覚となり、俺が保護者代理と言うことで寮に呼び出されました。
詰所で停学謹慎となり、その時、「4年間休みを返上して、詰所でひのきしんをさせていただきます。」ということとなりました。
それで治まってくれたら良かったのですが、結局4年間で5〜6回の謹慎処分を受けることとなります。
母親は、仕事をしない、酒を飲んだら暴れるという夫の出直しで終わることなく、新たな「ふし」の連続を子供から見せられることとなっていきました。
その時、寮のY先生が「もう今度は退学にしよう!と思うんだけど、お母さんの一生懸命な姿見たら言えんようになりました。」と語ってくれました。
後年、俺んちの長女が天理高校(2部)に行った時、ヒゲぼうぼうのY先生は同学年で別のクラスの担任になっておられてました。
約束通り、彼は4年間、休みを返上して詰所でひのきしんをさせていただく中に、こどもおぢばがえり期間中、詰所行事のひのきしんスタッフをさせていただくようになりました。
このこどもおぢばがえり行事のスタッフとなったことが、彼の運命の転機ともなりました。
高校を終え、修養科終了後、大教会の青年つとめとなり、こどもおぢばがえり行事の中核として頑張る中、彼のお嫁さんとなる女の子がスタッフに参加するようになりました。


414 :S 2027:2007/11/30(金) 14:53:59 ID:Pq4iQQY6
【私的意見ですが…】
もしも…
中学卒業後、一人住まいをしていたら…。
停学謹慎の心定めとして詰所ひのきんを受けなかったら…。
卒業後、大教会青年をしなかったら…。
たら、れば、ばかりとなりますが、彼の人生はもっと素晴らしいことが訪れたかもしれないし、こなかったかもしれません。
こればっかりは分かりません。
一度に二つの人生を同時に歩むことは出来ないのですから。
そんな人生の選択の場面に遭遇した時、俺は「しんどい方」を選ぶことが正しい選択なように思っています。
心の持ちようとは、結局はそう、「現れてくる出来事を喜びの心に変えていこう。」ということかもれません。


415 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 15:15:34 ID:YiU1vLnj
きもい

416 :S 2027:2007/11/30(金) 15:26:44 ID:Pq4iQQY6
>>415
この手の話はちょっとマニアックだからね。
スレ主の特権?できもい話を続けますね(笑)

417 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 15:40:16 ID:YiU1vLnj
書くのは良いけどチラシの裏にしてください。

418 :S 2027:2007/11/30(金) 15:54:00 ID:Pq4iQQY6
>>417
ホコリは避けて通りましょうね。

見るのも、書くのも自由ではあるけど、
とりあえずは、あなたがここを見なければ済むんだから。

ゆっくりしていってもかまわないけどサ。
なんか笑える話あれば聞かせて下さいな。



419 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 16:00:02 ID:Tfe/me7H
天理教に関係なく、人生には山あり谷ありだと思うけどな。人生のいいことがあれば、天理教のお陰だと思う。
そういう人で天理教は成り立っているに過ぎない。
個人がどう思おうとかってなので、これを押しつけるつもりはないが、
自分が天理教がいいからといって他人に押しつける行為はやめて欲しい。

420 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 16:22:14 ID:uKzcHW08
>>414
>人生の選択の場面に遭遇した時、俺は「しんどい方」を選ぶことが正しい選択なように思っています。
 心の持ちようとは、結局はそう、「現れてくる出来事を喜びの心に変えていこう。」ということかもれません。

そゆコト。
私もそれに気づくのに長い年月かかりました。

421 :S 2027:2007/11/30(金) 16:29:46 ID:Pq4iQQY6
>>419
テレビでも貸しきったらあなたの意見は正しいと思うけど、
この2チャンの宗教というローカルのしかも、天理教関係に入って、
しかも、しかもだよ、その内のレスに注文つけるのあなたの感覚こそ
「他人に押し付けてる」って思いませんか(笑)
それとね、俺は「こんなことがありました。」と言ってるだけで
それについては「俺はこういうふうに思います。」って言ってるのに過ぎないわけ。
だれかの意見について反論、強要してるわけではないんだよ。

>天理教に関係なく、人生には山あり谷ありだと思うけどな。
それはあなたの意見が正しい。
天理教では「山」をより多く喜び、「谷」の時間を短くするための心の使い方を教えてくれてるだけのことだから。

「楽しい時間が少しでも長く、辛い時間が少しでも短い方が良い。」
ということについて、あなたはどう思いますか?


422 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 16:46:51 ID:Wn8R7sO1
スレ主の言うように、>1にも書いてあるように、アンチはお呼びじゃないようだよ

423 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 16:49:08 ID:VcbkLB1P
節から芽を出す。
節で倒れないようにするには、「神」をつかんで離さないこと。

>>421さんの場合は、神様の下へ、ふところへ引き寄せていただいた
という順序を節からつけていただいたということでしょうかね。
神様は421さんやご家族のことがそれほど心配だったということかもしれませんね。
幼いわが子から目が離せない親心のように。

人生の選択を迫られたときは、親である神様が喜ばれるだろう、と思う方を
選ぶといいと思いますね。


424 :S 2027:2007/11/30(金) 17:09:31 ID:Pq4iQQY6
ありゃ…
きもいと仰った方のレスが返ってきませんねえ。
では俺も嫁さんの運転手としてスーパーに買い物に行ってきます。
それじゃ、またね。

425 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 17:15:50 ID:YiU1vLnj
ありゃー
暗証番号って結構粘着気質なんだね。
スルーすりゃあいいんだよ。

でもキモイな。

426 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 17:27:03 ID:Tfe/me7H
>>421
私は、自分の意見を他人に押しつける意図はありません。私の文章がそういうふうに捉えられてしまったのなら、
私の文章が足らなかったということです。失礼しました。あくまで私の意見を書き込みさせていただきました。
これを他の人に強要するつもりはありません。あと天理教を否定しているわけではありません。
これも理解していただければと思います。一部天理教を利用して悪質な行為をしている信者を批判しているに過ぎません。
興味があるのは、悪質ではない、正しい天理教信者がどう思っているのかを知りたいと思いました。
でも、悪いことは悪いというのが結論のようです。
S 2027さんの問いかけですが、私もやはりそう思います。ある人は天理教によってそれを達成し、
別の人はそれを別の方法で達成する。


427 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 18:00:26 ID:q7MR6eXa
暗証番号・・・

意味が分からないとは・・・
素性が分かるな

428 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 18:12:27 ID:YiU1vLnj
四桁の数字のコテハンだから暗証番号。
センス悪いかな?

429 :S 2027:2007/11/30(金) 18:51:06 ID:Pq4iQQY6
>>428
粘着ついでに…。
暗証番号についてはセンスではなく知識がないってことサ。
一度天理教本部に行って内線借りてごらん。
すぐ暗証番号の意味がわかるから(笑)

430 :S 2027:2007/11/30(金) 18:57:59 ID:Pq4iQQY6
>>426
それはそれで良いと思います。
あなたが幸せになることは神様も喜ばれています。
神様の喜びはここの住民達の喜びでもあるわけだし…。
その喜びを、より多くの人達と共有で出来たら、もっと大きな喜びとなると思うんだ。

431 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 19:16:36 ID:uKzcHW08
>>421
> 「楽しい時間が少しでも長く、辛い時間が少しでも短い方が良い。」ということについて

半分ずつがいいな。

432 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 19:31:04 ID:YiU1vLnj
あー…大教会番号ね。
ちょっとずつ個人情報さらすとこがまたキモイな。
2ちゃんではなくプログでも立ち上げな。
ミクシイって手もあるぜ。
あそこじゃ馴れ合いばかりだから暗証番号…いや内線番号にはお似合いだ。

433 :キモイ S 2027:2007/11/30(金) 20:06:59 ID:Pq4iQQY6
>>432
親切なご指摘ありがとう。
ブログも考えましたが、こっちの方が面白そうだったからね。
まー良いじゃないか。
でも大教会番号分かる人だったんだねmm

434 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 20:08:38 ID:Wn8R7sO1
詰所の内線番号ね
Sさんが「今、天理にいます」って言えば、会いに行けそうだね

2ちゃんって馴れ合いイケナイの?

435 :S 2027:2007/11/30(金) 20:14:02 ID:Pq4iQQY6
昼メシおごつてくれる?

436 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 20:39:11 ID:Wn8R7sO1
↑やっぱりキモい…

437 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 20:53:00 ID:av6G+jl9
荒らしに来ているお馬鹿さんは、レスも碌に読んでないようだね。
何の為にスレ主が率先してこうしてるか、読めば分かるだろw

438 :神も仏も名無しさん:2007/11/30(金) 21:10:30 ID:G+2ZV/sb
>>前スレさんは今どうしているのだろうか?心配でならない。少なくとも家族が離ればなれにならねばならないのはおかしい。
天理教3のスレッドも容量いっぱいで書込が出来ない。誰かスレ立ててやって下さいな。

そだな

439 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 08:29:43 ID:9iyDv26w
節ね・・・ちょっと思いつかない・・・若しくは有り過ぎて、例も挙げられないw
普段のおさづけを取り次がせて頂く度に、それなりに感じるところはあるが、過去を振り返り、
心を整理する余裕がないのかもしれない・・・ゴメン、良い企画とは思うけど、ROMだけ・・・orz

ちょっと外れるけど、うちの初代の父は、兎に角負けん気が強い。
建築関係だけど、仕事もしんどい事など、余計頑張ってしまう。
おかげで昔のアルバムを見ると、当時1袋50kgのセメントを両肩に2袋ずつ担いでる写真が・・・
しんどいとも思ってなかったそうですが、自分には真似出来ません。
負けん気でも、勇んでやれば、どんな御守護を戴けるかw・・・脱線

今日から12月です。師走・・・皆さん、スレ主さん、大掃除の季節ですね。
もう、埃だらけの自分は、年内にしっかり掃除して、スッキリしないとw



本スレは冷却期間で構わないだろ。変なのがゴロゴロ私物化して書いてたし。
件の方も、絶対見ていないわけない・・・あの人の心も冷静になるまで時間掛かるだろ。
訴えかけるには、最悪の状況になってた。

失礼しました。さて、仕事に戻るか・・・・

440 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 09:54:59 ID:lbXZGYb6

体の節々が痛いほどに、節穴の目をもっちょります

ほんとふしだらけ…orz

441 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 10:42:00 ID:5YRP08sv
天理を俺に布教した香具師にはいずれ責任を取ってもらうぞwww


442 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 10:44:39 ID:5YRP08sv
>>437

こうゆう内容のスレは天理内部のサイトでしか成立しないの。
天理は一般には邪教カルトだから批判されるの。


443 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 10:56:58 ID:KEcV7Oli
前スレさんの件を見ただけでも如何に天理教が怖い宗教かが分かる。

444 :神も仏も名無しさん:2007/12/01(土) 12:39:23 ID:7t2h6cs4
お道はお道でも、
   獣道w(けもの道)

445 :S 2027:2007/12/02(日) 22:45:59 ID:KdERKM/9
>>411 【テーマ】
★あなた、もしくは我が家の「ふし」から神様の思いを感じたことはありますか?
で、一番最初のレスが>>415の「きもい 」
ちょっとへこみましたが、俺の不徳のいたすところでもあります。
それぞれの元一日から信仰が始まり、天理教を信仰させていただく中で、現れてくる「ふし」をどう捉えていくか?
お父さん、お母さんの話でも良いから、しんどい先に感じた神様の姿を書き込んでみましょう。
俺もキモイと言われつつも、おいおいと書き込んでみます。

446 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 13:05:17 ID:VjN+30iq
ふしの話じゃないけど。長文です
一昨日、上級で婦人会があった
そのとき、とある教会の奥さんが「旦那と二人で上げ下しの風邪を引いたみたいで」と言いながら寄ってきた(神殿前にて)
その奥さんには小さい子供がいるので、私は「子供さんは大丈夫?」と聞いたら、「子供は大丈夫です」と。
だから私は「子供が平気ならなによりだね」と言った
私も子供をだっこしている状況だったので、うつされたくないから長話をしないよう口をつむんでいたら、彼女は動こうとしない
たぶん彼女は「子供がいるのに風邪引いて大変だね」と言ってほしかったようだ
周りの子育てアドバイスを聞かない彼女のことが苦手だった私は、それを察知しながらもちょっと無視

そして昨日は自教会でちょっとした内祝いの準備中(神殿前にて)私は義理父母の悪口的なことを言ってしまった

今日、私はゲロゲロあげて動けない…

447 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 22:49:10 ID:Cv9vSVLB
天理教の長男に生まれて、会長職を投げ出しあえて音楽の世界へ逃げた、売れないバンド
子供も生まれた、若い時は良かった、今年で40歳を超える、雇われスナック店長も最近は
辛い、親子4人、弟が会長を襲名して現在俺は仕送りを待っている。福岡に逃れて、早や22年の
時だけが流れて、あの頃輝いて居た嫁の顔にも疲労のしわの深さが目だつ。ひび割れた嫁の手、もう
女ではない、生活共同態と言うか何所にも帰る場所は無い、息子は少年院で年を越す、
来年2月に仮出所、娘は今年、孫を生んだが、父親は誰か解らない、

448 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 23:10:06 ID:jgrjJuod
初孫誕生おめでとうございます。

449 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 00:21:29 ID:7b6W6IAs
 信者が思うように集まらない現在、昔は良かった騙せた時代が懐かしい
黙って居れば前で喋る新しい信者候補、俺はその時心の奥でグット叫ぶコイツハ銭を
幾ら置いて帰るのか、オサズケと言うマヤカシ、そういえばバス停で掌をカザス他宗教アレハ
真光教だったか良く似ている、天理教では食っては行けなく成った元修養科同期も
今年で神棚を返して今はトラックに乗っている、他に出来る事はまったく無い
親会長の信者の家に明日も行って時間を潰す、上手く行けば昼飯も、信者の取り合い争奪戦の幕は開く
お助け、お助け、俺が助けて欲しい金銭的に、今年も親会長の元へ年越しの餅代を
今年は信者が増えたがお供え的には赤字、身障者専門教会に成った布教所。

450 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 01:23:04 ID:0kjxcBJU
あのね、教会長を「襲名」(笑)だってぇ 

親会長の意味もわかってないみたいだね おさずけにお助けねw 

お道の者にとっては語感がズタズタで気持悪いよw

草加???  と荒らしにまたマジレスしてしまいますたwwwww

451 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 01:31:26 ID:O0J83nJk
>>450
真面目な告白を荒らし扱いか・・・

まず、レスを返すのならば、まずはきちんと相手のレスを読め!
相手の真意を一呼吸置いてから探れ!

スレ主の問いかけが何かを考えれば、どういう気持ちで答えてるのか分かるだろ?

452 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 01:38:16 ID:0kjxcBJU
 , -'"´  ̄`丶、_
           ,.∩         `ヽ
         〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
         | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
         |ハ ,ニ、   ,. - 、 | | | l |
         | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | | 同じ板にコピペするとそのままだけど、
         | | | じ'   |トJ〉  /)} l | 違う板にコピペすると鬼のような怖い顔
         | ハ  、'_,   ̄,, 厶イ川| に変わる摩訶不思議な佳子様コピペ。
         l l /\    .. イV\川 |
         ,' l l ,イ `l ̄´ /   /ヽl l
         l | l ハ  `メ、    〃  ヽヽ、__ノ
         l  ∨ └‐イ「ト--ァ'´     ハヽ__ノ
         ヽ/  }  l」」 /     / }`ー
          〈_n| 八   / /     /ノ
          〈二二人 c /\/ / , イ
           /  /厂 /\__>< {_


453 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/12/04(火) 07:16:06 ID:f2BZF7PN
>>447
大きな節からこそ、大きく芽が出ることを信じよう!
但し、この節を「生きた節」とさせて戴かなくては・・・・

>>449
>そういえばバス停で掌をカザス他宗教アレハ真光教だったか良く似ている
アレハ真光じゃなくて「神慈秀明会」というお光のほうの系統の団体なのさ。

454 :神も仏も名無しさん:2007/12/04(火) 07:33:15 ID:jq9azBBJ
具体的な独白はマジきもいからやめとけ


455 :S 2027:2007/12/04(火) 11:04:18 ID:QFmgShFr
>>454
いやいや、そうではないんだ。
「たんのうは前生いんねんのさんげ。」って言うだろう。
今現れてくることは、前生からの持ち越しと思案させていただく。
その前生を人から解ったように言われるのって、苦痛の種でもあるんだ。
だから、良きも悪しきも振り返り、感謝と反省を「自らがさせていただく」ことが、自らの心の向きを変えていくことになると思うんだ。
そのスレを見て、「きもい」と感じる者もいれば、そのスレをキッカケにして、我が身を振り返ってみることになる人もいると思う。
だから「語る」「思案する」と言うことは重要なことなんだと思う。

このスレのテーマは
@自分の現在の環境(教会子弟であること)をどう思っているのかな?
Aなぜ、会長(親)は信仰させていただくことになったのかな?
B辛い時、神様をなじりたくなった時、どうしてみんな(親)は乗り越えて来たのかな?
と意味を持たせ展開させようとしましたが、レス主である俺の不徳で、思惑通りには展開しないけどね…。

>>447 >>449については、支離滅裂。
どこまでが「具体的な(本当の)独白」なのか俺にはサッパリ解りません。

追伸
今週は会社のお得意様への挨拶を兼ねたカレンダー配りです。
社内の掲示板に「感謝の心で届けましょう!」と、配布先一覧の上に書いておきました。
勿論これは「よろこびの種をまこう」と変形パクリ(笑)


205 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)