5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クリシュナムルティと共に

1 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 04:26:43 ID:n5ZwmF9c

前スレ
クリシュナムルティとか・・・・・・
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180782879/

前前スレ
クリシュナムルティと・・・・
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164713902/

2 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 04:30:16 ID:n5ZwmF9c

過去のクリシュナムルティのスレ

クリシュナムルティはここでいいのかな?
ttp://piza.2ch.net/log2/psy/kako/946/946386076.html
クリシュナムルティーについて大いに語ろう!!
ttp://mentai.2ch.net/psy/kako/989/989265903.html
クリシュナムルティーを大いに語ろうpart.2
ttp://mentai.2ch.net/psy/kako/995/995436341.html
クリシュナムルティの教えは実践できるか?
ttp://life.2ch.net/psy/kako/1001/10018/1001832577.html
クリシュナムルティを読む(輪講スレ)
ttp://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1012757455/
■クリシュナムルティについて語ろう 4代目■
ttp://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1012417647/
クリシュナムルティの神秘体験
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189644666/
■クリシュナムルティについて語ろう 5代目■
http://life.2ch.net/psy/kako/1019/10193/1019324993.html
クリシュナムルティpart6★グルジェフもここ
http://life.2ch.net/psy/kako/1039/10398/1039886877.html
クリシュナムルティpart7★☆グルジェフもここ
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1049909883/
クリシュナムルティと・・・・
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164713902/
クリシュナムルティとか・・・・・・
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1180782879/
クリシュナムルティの神秘体験
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189644666/

3 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 04:42:40 ID:n5ZwmF9c

ジッドゥ・クリシュナムルティ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3

クリシュナムルティ
ttp://www.geocities.jp/andreaskjp/jk/framepage4.htm

4 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 06:46:17 ID:n5ZwmF9c
クリシュナムルティは、生存中から伝説的な人物になった数少ない人間の一人である。
というのは、クリシュナムルティが、心理の領域で成し遂げたことは、
物理学においてアインシュタインが行った革命に匹敵すると言って良いからである。

アインシュタインの相対性理論は、『光の速度は光源からの運動や光源へ向かう運動とは関係なく、
全ての状況において不変である』という単純な事実を出発点にしている。

一方クリシュナムルティの出発点もそれと同じ様な単純な観察に基づいている。
それは、『全ての心理的苦悩は精神の中で始まり、またその中で終わる』と言うことである。

つまり「精神は自ら作り出した出した牢獄である」。
したがって、変革と苦悩からの解放は、絶え間ない精神の活動が終焉する事によってのみ達成することができる。

ロバート・パウエル−−−『禅と真実在』より

5 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 08:08:38 ID:0T8d20fc
瞑想は音のない音楽であり、決して使い馴らしたりできるものではない。

それはそもそものはじめから観察者の存在しない沈黙のことである。



関係ないけど、誰にもある静かな朝が誰にもないとか、もうこないとか
思うのはなぜなんですかねぇ。

6 :神も仏も名無しさん:2007/11/13(火) 19:33:49 ID:n5ZwmF9c
あぁ・・・

7 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 00:34:54 ID:G40eB+oi
神社・仏閣板に誰か誘導していたが、神社・仏閣板のK関連スレは、
禅やヒンドゥー、ヨーガ方面の格言・名言を書き込むスレ。

Kだけ語るスレじゃないのだから、
土足で上り込んでスレを汚すようなマネは控えてほしい。

8 :774 ◆1KWe/Jkuxs :2007/11/14(水) 10:01:30 ID:DYzv8jdS
新スレはここでOKか?

9 :神も仏も名無しさん:2007/11/14(水) 22:14:18 ID:OOX3fU3t
グルジェフやラジネーシの顔には無い、聖人の静謐のようなものが
クリシュナムルティの顔にはあるんだよね、個人的な印象だけど。


10 :神も仏も名無しさん:2007/11/15(木) 01:21:03 ID:0iUApzj3
そういえば、クリシュナムルティと面談した際に
静謐に包まれたような話を読んだことがある。

11 :zztop:2007/11/15(木) 19:02:31 ID:7xYYbmzp
「険しい斜面を何マイルも登ったあと、急に下に下りていくと、その道の

一角を折れたところで、すでにこちらをつつみこみつつあった全き沈黙

に出会ったのである。深い谷間に踏み入るにつれて、沈黙は鋭さを増し、

切迫し、執拗さを加えていった。」





関係ないけど山によく行っていたことがあって、よくわかる。
逃れてたどりついた静謐、静寂、そして空しさ


「内部的な運動も外部的な運動も、どちらも無意味なものであることの
真実を悟ることによって、絶望なさるであろうか」






12 :神も仏も名無しさん:2007/11/16(金) 11:49:50 ID:WwTP6oa0
クリシュナムルティはオナニーに気づきましたか? 幼女(;´Д`)ハァハァする時、私はそこに何を見出すでしょうか?
私はあなたです。さあ、共に考えましょう。

13 :zztop:2007/11/16(金) 15:18:03 ID:5a9/gcQT
性の営みの中には忘我、自己放棄、恐怖や不安、人生の悩みが消え去るような

感覚がある。そこでそうした忘我とやさしさの状態を思い出して、またそれを

繰り返したいと願いながら、次の機会がくるまであれこれと思いをめぐらすの

である。そうしたものをやさしさといえるかどうか。それともそれは既に

おわったものの思い出に過ぎず、またそれを繰り返して味わおうとしているだけ

なのではないだろうか。どれほどたのしいものでも、何かを繰り返すというのは

破壊に行き着く課程ではないだろうか。



空腹の時何かを食べるのは自然である。ところが空腹の時に、「私はこれこれの

食物をどうしても食べたい」と思考が言うとすれば、そのような思考の介入こそは、

破滅的な反復なのである。



関係ないけど、最近グルメ番組多いな。一方老舗の料亭が槍玉にあがっている。


14 :神も仏も名無しさん:2007/11/17(土) 23:15:50 ID:BgeCNdE2
クリの季節ですね。

15 :zztop:2007/11/19(月) 22:59:41 ID:BcqH7BEb
季節のものをたべたくなるのはいいこと。


16 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 09:38:05 ID:B2e46IqQ
クリシュナムルティの講演の記録を読むと、
彼が、公演中に聴衆の心に何らかの変化が生じることを期待していたように見える。
公演内容の記憶とは別の仕方で、その変化が継続し各人に「革命」を引き起こすと
考えていたようだ。しかし、現実はどうだったんだろう?


17 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 09:41:03 ID:B2e46IqQ
「と」→「とか」→「と共に」
だんだん長くなっていく。

18 :神も仏も名無しさん:2007/11/21(水) 11:39:37 ID:fQVQFXBf
>>16
最後には、「理解した人は誰もいなかった」って
いったんじゃなかったっけ?

19 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 09:42:30 ID:eJEaeyn0
>>18
はっきりとそう宣言して、しかもその宣言を絶対に改竄するなと
直接それを聞いた全員に約束させたりしたようですね。
しかし、まったく何の手ごたえも感じないまま同じような講演を
数十年も続けるというのは考えられないので、講演の最中には
何らかの手ごたえを感じていたのではないかと思います。
ただ、そこから心の「革命」が生じた人はいなかったってことですか。
しかし、このような読者を落胆させるメッセージを最後にあえて
残したと言うのは、どういう意味だったんでしょうね。


20 :zztop:2007/11/22(木) 17:39:39 ID:D5jDA5Qk
最近めっきり寒くなりましたが、
関西の山間部のお寺では、sakuraが
うっすら咲いていました。
人に飽きたら、天気に聞いてみるんです。


21 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 21:21:38 ID:/k/qwDsn
クリシュナムルティは神秘主義を否定してたけど、
彼自身は神秘そのものなんだよね。

22 :zztop:2007/11/22(木) 22:28:22 ID:D5jDA5Qk
本当はわれわれのほうが、神秘というか珍ピ
なんじゃないの。本来あれぐらい、人間ってのは
静謐な顔してるもんじゃないの?宗教はなれて、
一般人でも神秘主義みたいなことやってるね。
そういうことだろ?



23 :神も仏も名無しさん:2007/11/22(木) 23:25:20 ID:XJ5D9Ff/
静謐なスレって、どっかにある?

24 :神も仏も名無しさん:2007/11/23(金) 00:03:56 ID:NguvxzHk
人は有るのではない、成るのだ
誰かは、誰かではない
あなたは、あなたではない
私は私ではない
ただ有る在る
ただ生きるただ存在する

25 :zztop:2007/11/23(金) 00:16:30 ID:lH1BLOqg
なかなか2ちゃんにはないだろうな。
意思の疎通もお題もあって、裏も表もみせれるってのは。
旅行、外出のトロピカル版に、「BE HERE NOW」ってスレでもつくって
おこうか?まあつくるだけ
つくっときます。一人でも適当に営業してますんでw
では、ここからはさいなら。

26 :kl:2007/11/28(水) 11:58:58 ID:NVgoLyiq
「この古いもの、結晶化したものの粉砕は、
一日で果たせるものではありません。
絶え間ない、無選択の気づきがなければならないのです。」
(クリシュナムルティの生と死 p148より)
条件付けられた私たちは自分自身の観察を通してのみ
その条件付けを消し去ることが出来るとkは言っている。
私自身関係の中で現れる悲しみ・怒り・否定的思考などが
自分自身の全てで現れる感覚・感情・思考の全てを感受すると
現れたものが消えるのを実感している。

27 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 16:18:47 ID:TfPhgzAi
>>21
Kは自分の神秘体験の日記を本にして出し続けたりしてたでしょ。


28 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 13:26:09 ID:fcpJqc0G
あなたは世界だ、という意味が未だに分からない。
世の中のせわしいニュースなどが直接自分のハートから湧きでているのだろうか?
すべてに置いて責任は自分にあったりして。
巨大な恐怖心を持った人なら、恐怖を体験する戦争時代に生まれるとかそんなのだろうか?
年を重ねると、欲望が少なくなって(特に性欲)それに囚われなくなってきた。
20代の時は、それにほとんど振り回された感じで苦悩のもとにあるのも性欲なんだな、って思ってた。
でも資本主義を成り立たせるのも、娯楽やSex、ファッションすべて性欲からなってるのも否定できない。
欲が無くなれば、恐怖心は減るのだろうか?

29 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 13:34:12 ID:fcpJqc0G
それと、
気づきに近い人は、恐怖が全く無いという意味である種痴呆に近い人のような気もするし、
それとは逆に快活に頭の回転の速い人なのか?
kは年を取っても、ボケの兆候はなさそうだったし、しゃべり続けていたからね。

30 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 13:39:41 ID:fcpJqc0G
kはハタヨガをしていたりだとか、やっぱり食生活もベジタリアンであったし、
そこにはどういう意味があったのだろうか?
呼吸法の大切さとか、インドのアーユルヴェーダのような食生活の重要性についての
メッセージはなかったからね

31 :神も仏も名無しさん:2007/12/02(日) 13:44:56 ID:fcpJqc0G
無選択の気づきって難しいと思う。
それができればヴィパッサナー瞑想の「書いてる、書いてる、」「打ってる、打ってる」なんてやらなくてもいい訳だし。
kの本を見て変わった人はいるのだろうか?変わるってのは一瞬だと思う。近づくとかそういうのではなく。

32 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 08:13:08 ID:bw0aY/5h
>30
インドの上層部(バラモン階級など)は不殺生の考えから基本的に全員ベジタリアンです。
ヨガをやってベジタリアンになるのもこの不殺生の考えから。
愛があれば肉は食べられない。大食、飽食もない。
食べる=殺生の重みを知るほど食はどんどんシンプルになります。



33 :神も仏も名無しさん:2007/12/03(月) 12:35:58 ID:DoHissl4
クリシュナムルティは、菜食については、肉を食べすぎると鈍感になるみたいなことを
ハタヨガについては、健康法として実践しているみたいなことを言っていますね。
高岡光氏には、「(実は)クンダリニについても私はよく知っている」みたいなことを
言ったらしいですが。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)