5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

無の証明

1 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 22:55:33 ID:WtAklYbT
分野的に物理学的だと思われるのですが、
こちらの板の住人の方の方が詳しいかと思い、こちらに書いてみます。

無の証明についてなんですが、
どなたか成功された方はいらっしゃいますか??

私は5年程前に一度だけ成功したことがあるんですが、
証明できたことに驚いてしまい、次の瞬間に証明までの手順を瞬間的に失念してしまいました。

最初の手順としては、
「絶対真空」の様な物理的な無の状態を作り出すことではなく、
「物が存在する以上、それが存在しないことの証明は無に等しい」
的な部分から証明を始めたことは覚えています。

証明に至った時、ちょっとした事象が起きたのですが、
これはまた別の話だと思いますので、今回は端折ります。

知人友人に相談しようにも、この話題については、
「頭がおかしいんじゃないか」と思われているような顔をされてしまいます。
匿名であればなんらかの意見がいただけるかと、書いてみた次第です。
ご意見をお聞かせください。

2 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 22:56:20 ID:i7DTsE7A
そんなものは無い

証明糸冬

3 :神も仏も名無しさん:2007/11/28(水) 23:11:39 ID:WtAklYbT
自分も最初は「無は存在しない」と思っていたんです、が、
反証可能性と言うものがあります。

例えば、「火が燃えるには酸素が必要である。」 と言う証明をするには、
「酸素が無い状態で火は燃えない」ことを証明すればいいわけです。
(実際にはこんなに単純ではありませんが、簡単に書いています)

ある物の存在を証明する時、
それが存在しない状態を考えなければなりません。
それが無に当たると考えています。

自分が考えた時は、地球や宇宙などの大きなスケールではなく、
小さなもの(椅子とかペンとかコップ等)の
無の状態から考え始めたことを覚えています。

4 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 20:01:08 ID:2rN+CgA0
無は有の反対概念
コップの中に水が入っていれば、そこに水が有り、
コップが空であれば、そこに水は無い
有る、や、無い、は述語である
述語は主語を必要とする
よって、無や有を問うときには、
「何が」という主語が必要である
主語なしに、述語だけを問うても意味は無い

5 :神も仏も名無しさん:2007/11/29(木) 20:33:20 ID:ko3yHNPD
キ、キチガイや〜。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)