5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

他人と会いたくないのに相談所活動

1 :愛と死の名無しさん:2007/07/31(火) 06:09:08
他人と会うのが苦痛なのに
相談所で活動しています。
面談前〜面談後まで緊張のあまり
ぶったおれそうです。
やっぱりおかしいですよね?

2 :愛と死の名無しさん:2007/07/31(火) 21:20:18
つーか、俺も本当は人嫌い。でも、年齢の関係で結婚が
厳しくなりそうだから活動している部分がある。
理想は、優しい彼女と親しくなって、その関係を通じて
自分も少しでも変わっていけたらと思う。もちろん、その
彼女は精一杯大事にする。

3 :1:2007/08/02(木) 00:36:27
>>1ですが、
「優しい彼女と親しくなって」っていうのは
結婚相談所の類だと難しいと思う。

だって、会ってすぐに判断されてしまうからね。

4 :2:2007/08/05(日) 21:39:47
人嫌いと書いたけど、俺は2つの矛盾する感情がある。
人が嫌いな部分と、人と仲良くなりたい部分。
>>1は、他人と会うのが苦痛とあるけど、
人と仲良くなりたいという気持ちもあるのでしょうか。

5 :愛と死の名無しさん:2007/08/20(月) 22:56:45
              ┗0=============0┛
     \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
    0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田田田田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
 ...[二] | ::|       |::|┏━━━━━━━━┓|::|       | ::l [二]
........|□|.│ |┌┬┐ |::|┃  /        \  ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| 
  )三(...| ::|├┼┤ |::|┃/            \┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ┃|::| └┴┘| ::| | ::| 
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃彳 人______ ノ.┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃入丿ー◎-◎ーヽミ.┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   |: :| | ::|└┴┘ |::|┃ r   . (_ _)     )┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃ (  ∴.ノ▽(∴  ノ ┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃⌒\_____ノ⌒┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃    ┗━┛   .┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|   ... |::|┃    反面上司   ┃|::|      | ::| | ::|
.....┏━━━━━┓| .|┃          ......┃|::|┏━━━━━┓
.....┣┳┳┳┳┳┫|: |┗━━━━━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫
     ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ 
     ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
    |_糞_|  .|_便_|     |_____|     |_便_|  .|_糞_|

6 :愛と死の名無しさん:2007/08/21(火) 10:57:15
>>1
いやいや相手に会っていたら、相手にも伝わるよ。
これでは、何回面談しても結果がでないんでないの?

7 :愛と死の名無しさん:2007/08/21(火) 11:34:55
他人と会うのが苦痛なら、見合いのたびに緊張と苦痛で倒れるんじゃないの

8 :愛と死の名無しさん:2007/08/21(火) 11:54:19
見合いの意味ないじゃん。見合いの前に訓練するとか
慣れるとかしないと、せっかく時間をかけても無駄になりそう。
もっとも実践経験も必要かもしんないけど、会うこと自体が
苦痛になるほどなら、カウンセリングを受けるとかどこかに
相談して、少し状態を改善した方がいいと思う。

9 :愛と死の名無しさん:2007/08/21(火) 18:21:42
>>1
素朴な疑問。
他人と会うのが苦痛なのに、なぜ相談所で活動するのかしら。

10 :愛と死の名無しさん:2007/08/22(水) 21:14:09
究極的にはセックスしたいから

11 :愛と死の名無しさん:2007/08/22(水) 23:04:38
どんだけセックス好きなんだよ…

12 :愛と死の名無しさん:2007/08/25(土) 12:22:18
3度の飯より

13 :愛と死の名無しさん:2007/08/26(日) 20:30:27
      _____       _____ 
    /        \  /       \ 
   /      − 、−、 ヽ/_______  ヽ  「僕は非常識でガキンチョだから雇えないって。
  /     -| /・|・ヽ|- |ノ−、 , ─ \  |  |  ニートやフリーターがお似合いだって。
  |   /_ `− ●-′ /⌒)|    |_|___/   30才もとうに過ぎているのに、職歴欄空白だよ。」
.  |   |  _ ̄   | 二 | ⊂ノ | └  |  6 |
  |  |     ̄  | ─ |_/-c`─) )  - ′
  ヽ  |   ̄ ̄  |_) |  |‘┬─(、( /
   ヽ |   /(⌒|\  |  |`-`─- ´ノ^\
    ┝━/  /|~| |━l ヽ__|ヽ./\/ l  |
.    |     / | | |  |/ |       |  |
「面接官に言われたの。可哀想に…(そこまで他人から言われないと、分からないのかね)。」

14 :愛と死の名無しさん:2007/09/01(土) 21:48:04
「あなた!アノ子のための土曜出勤だったのに、肝心のアノ子が『無断欠席』ですって!」
                 , ──- 、
___ , - 、          (  (  (ヽ、 \
  , ─ 、)     \   iノ-、 −ヽ\ ヽ  /
 /ノ   |            |  ・|・  |-|___ノ
_/   (・|      /  (| ー、`−´(⌒i)  \
 U   ○         ヽ (⌒ヽ  | |ゝ
  ___)    _∩    ` ┬´ イノ∈ヽ
 (__/    ∈  )  /^l ̄ ̄(__ノ__/
\──´      ̄ヽノ\/ .|───-| \
  ヽ          \   /____ノヽ ノ
   i            `-´ |____|  ̄
   |              /     |
「な、なんだってー!また引きこもっているのか?」


15 :愛と死の名無しさん:2007/09/03(月) 18:30:16
         ____
       /        \
      i──────┐ ヽ
      | ⌒ヽ ⌒ヽ\ |   | 
      |  >|・   |─-|_ / 
      j ーc ─ ′    ヽ
       ⊂____ /!   _ノ 「なぁに、心配することないよ。ニートになっても。
  _(\ \ \ __/ /     いざとなったら公務員とか安定した職の女とでも結婚して、
 (─   ヽ、 ` ─_──イ- 、            その女の稼ぎで暮らしていくよ。」
  ヽ二_ノ \/|/\ /   \
      \



16 :愛と死の名無しさん:2007/09/11(火) 22:32:33
卑怯者嘘吐きゴマカシ告げ口営業マンは、その名に「卑怯者」とついている程なので、
「誠意」「誠実」を求めることは先ず無理である。そんな奴にましてや「根性」を
求めるなんて、北朝鮮やイランに核を放棄させるより、はるかに無理なことである。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧_∧  
              (,゚Д゚,) い
              UθU
           / ̄ ̄T ̄ ̄\
          |二二二二二二二|
          |        |
∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧    << 卑怯者の実名出せよ!
(   )(   )(   )(   )(  A)(   )(   )(   )
∧∧ ∧∧            ∧∧ ∧∧  ∧∧
(   )(   )オオオ!!!!(   )(   )(   ) < 知ってんだろうが!
∧∧ ∧∧ ∧∧  ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧
( T )(   )(I  )(   ) (   )(   )(   )(A  )<< おれ、知ってるぜ!!


17 :愛と死の名無しさん:2007/09/16(日) 21:26:02
お見合い中の彼女とドライブの最中。
シフトチェンジした俺の手と彼女の手がぶつかった。

白くやわらかい彼女の手。その瞬間、何かのスイッチが入った。
寡黙だった俺が急に、饒舌にいろいろな話題を話し出した。

普段は話題がないと嘆いている俺だが、本能が言葉をつむぎだす。
彼女の性器に俺のペニスをぶち込んでやりたい。突き上げるような
すさまじいオスとしての本能が彼女をまくし立てる。

その性的な雰囲気が伝わったのだろうか、彼女は明らかに今までより
テンションが上がっている。話題も次々飛び出すし、笑いが絶えなく
なってきた。

俺の股間は硬度を増してきた。隠したいが、運転している手前、隠す
ことができない。ジーパンに現れたそのかすかなふくらみを彼女も
気付いたようだ。二人の間に一気に性的な合意ができた気がした。

俺は、勇気を出して言った。「君ともっとゆっくり話したい。ちょっと
休んでいかないか?」。

続く

18 :愛と死の名無しさん:2007/09/22(土) 11:52:39
とその瞬間、彼女はいきなり俺のベルトをはずし、ジッパーをおろし、
ズボンとパンツをずり下ろした。

ギンギンにそそり立つ俺のペニスがあらわになった。大人しいイメージの
俺なのに、そのギャップが恥ずかしい。理性が飛んだ。もう我慢の限界だ。

続く

19 :愛と死の名無しさん:2007/09/30(日) 20:10:05
しかし、運転中なのでハンドルから手を話すわけにはいかない。
彼女は俺のペニスを優しく手で包んだ。そして、ゆっくりと上下に
動かし始めた。

アォッ、ペニスが脈動する。彼女はさらに速くピストンを続ける。
俺はたまらず腰を上げた。すると彼女は手を緩める。するとまた
すぐにピストンを再開する。俺は腰を突き上げる。すると手を離す。

いきそうになるとストップさせられ、その繰り返し。拷問状態である。
いよいよ耐え切れなくなり、俺は彼女のズボンに手を入れた。

続く


20 :愛と死の名無しさん:2007/10/06(土) 10:50:26
活動してる人はだれかれそんな面あるんでない?
社交的で人と会うのが好きな人は相談所にいかなくていいだろうし。

21 :愛と死の名無しさん:2007/10/06(土) 11:44:32
>>1
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

実際、けっこう多いと思うよ。

22 :愛と死の名無しさん:2007/10/14(日) 11:28:09
♪  /⌒ヽ        おっおっおっ
   ( ^ω^ ) ))
 (( ( つ ヽ、   ♪     ♪
   〉 と/  ) ))           ♪
  (__/^(_)

23 :愛と死の名無しさん:2007/10/14(日) 20:42:39
彼女は俺の手を払いのけた。なんだよ、その気にさせておいてと思った。
しかし、それでますます燃え上がった。俺は強引に彼女のパンティーに
手を突っ込んだ。

べっとりだった。彼女はそれを知られたくないがために、拒絶したのだろう。
彼女は俺を鋭い目つきでにらみつけた。しかし、俺は指を割れ目に沿って
ゆっくりとなぞる。

ジワジワ〜。液体の量が増えるのがわかる。それとともに彼女は自ら腰を
突き上げた。ア、アン。鋭かった目つきがうっとりした目つきに変わってきた。

しかし、やばい、目の前に料金所が迫ってきた。お互いに感じてしまい、
すぐに体勢を変えることができない。料金所まであと50m...

続く

24 :愛と死の名無しさん:2007/11/07(水) 17:08:23



25 :愛と死の名無しさん:2007/11/17(土) 20:23:39
>>23
おい!続きはどうしたんだよ!!

26 :愛と死の名無しさん:2007/11/17(土) 22:04:18
700円です。

俺たちは、何事もなかったように料金所を通過した。

ばれなかったのではない、あきらめて、勃起した下半身を露出した
まま料金所を通過したのだ。料金所のおやじは少し驚いた顔をして
いるように見えた。

降りたところは片田舎のひっそりした町だった。すぐに細い道を左折して
車を止めた。

俺は助手席のシートを倒し、彼女の服を強引に1枚1枚はぎっ取っていった。
彼女は「イヤ、イヤッ」と抵抗したが、男の力にかなうわけがあるまい。

ブラをはずした。大きくたわわな白い胸があらわになった。この豊満な胸を
俺は夢中でむさぼった。

27 :愛と死の名無しさん:2007/11/17(土) 22:05:33
そして、パンティーに手をかける。彼女は下ろされまいと必死に抵抗する。
ならばと、パンティーを思いっきり上に引っ張った。すると、パンティーが
割れ目に食い込んだ。両脇にぽってりとした肉がはみ出した。

「アアーン」。彼女は感じてしまい、力が抜けた。この瞬間俺は一気にパンティーを
引きずり下ろした。ついに彼女は全裸になった。

某若手女優に似た彼女は、豊かな胸、肉付きのよい性器、そして若さ溢れる
ムチムチのナイスバディーだった。

俺は、爆発寸前のペニスを彼女の陰部にあてがった。

ムニュ〜。やわらかいオマンコの肉にペニスが包まれてとろけそうになった。

射精しそうになるのをこらえながら、胸の愛撫を始める。彼女はもう半分
エクスタシー状態になっていた。

すると、向こうから人が近づいてくる。警察か!?

続く

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)