5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

語学力0なのに留学した人・・・・

1 :名無しさん:04/12/31 13:13:44 ID:z1lRoWPM
語学力0なのに留学した人いますか?(ちなみに英語ではない国)
私はヨーロッパに留学するのですが、仕事と勉強が超多忙で休み
もない為1ヶ月勉強しただけで来年留学する事になりそうです。。
今からでも勉強やめてでも語学の勉強にはげんだ方がよいのでしょうか?
実際ごがくりょく0でも留学できるのでしょうか?
実際したかたや、みなさんのご意見おねがいします。
また、語学力0では他の人にイジメをうけるなんて話も・・・

115 :名無しさん:05/01/31 12:36:42 ID:iHW7PkV4
>>114

なるほど、わかりやすい説明だ。確かに自分自身、言葉よりも先に、
考えや表現したいことがあって、それを後から日本語に変換している。
でもその日本語へ変換する癖を止めるのは簡単にはいかないんじゃない??


116 :名無しさん:05/01/31 15:03:54 ID:JGQESUoQ
そこを訓練するのです。
一般に、感覚は右脳で言語は左脳だといわれますが、右脳のみのイメージ
トレーニングをする事で幼児期の非言語思考はよみがえります。
幼児は母国語を持つ前は非言語思考をするしかないわけですが、これが
言語習得には必須になります。
だから、英語はアルファベットとか、日本語は五十音が基礎だとか、そうでは
ないのです。この発想法こそがすべての言語の基礎となるものなのです。
しかもこれは言語のみならずスポーツや音楽や芸術など、非理数系の学問体系
にも応用可能です。言語とは理解ではなく反射なので、無理解有反射系のものは
大体において使用する脳の箇所には共通点があります。

しかし、脳の動きは筋肉とちがって外からは判別しにくい。だから従来はこう
した脳内の動きまではどこの学校に行っても指導してくれませんでした。
しかし研究の結果、外から見ても判別可能だし指導する事もできることがわかりました。
例えばダニエル・カールとビビアンスーやアグネスチャンの日本語はどこが
違うか?と言うと、前者は日本語のみの思考回路を持っているけど後者は
できていません。これは誰でも感じられるはずです。

人間の脳は文字や言語で表す事ができるものよりもはるかに広い機能をもって
いるものです。


117 :名無しさん:05/01/31 15:18:04 ID:JGQESUoQ
えばるようですけど(実際えばってるんだけど。未成功の人間が謙遜したら
そこでおしまい)、実はこれらはちゃんと神経伝達や脳指令まで図解して
説明できるし公式もちゃんと発見したし本も三冊ほど(言語学習の理論書を
日本語で一冊、中国語で一冊、翻訳や文法説明を一切使用しない従来と原理が違う
万能日本語辞典を一冊)書いてるんだけどまだ陽の目を見ない(泣泣泣)。



118 :名無しさん:05/01/31 16:51:13 ID:POgEIfIr
>ちゃんと方法が、あるのですよ(特許まで申請するくらいだよ)。
>どういうことかは、あまり詳しくいえないのですが(まだ降りてないし)、

特許を申請したら、審査中の一定期間は一般に公示されるわけだが。
それにそもそも、"手段"は特許が認められないぞ。
薬の製法に特許はあっても、医師の治療手法や術式に特許はないだろ。
それと一緒だ。

あと、アグネス・チャンのヘンな日本語は、あれは演技だよ。
わかったらメンヘル板へカエレ!!

119 :名無しさん:05/01/31 17:17:26 ID:JGQESUoQ
「知的財産権の保護」と言うことで、教学システムそのものも特許が認められ
るのですよ。
ただし、製品とちがって脳内財産だし芸術のようにモノとして見せられる
わけじゃないし、審査も申請も両方、大変なのです。

120 :名無しさん:05/01/31 17:30:11 ID:z+IRsZPC
おもしろいぞ。がんがれ。
まずは、トリビアの泉だ(って、あの番組まだやってんのかね)。
目からうろこだった。
これから出勤だが、途中でネコが車の前に出てきたら全てを言語化して
みたいものだ。

121 :名無しさん:05/01/31 17:42:34 ID:uvc0f8re
すげー単純明快な説明なのに筋が通ってるな!
確かに申請が通ったら語学に限らず色んな分野で
画期的な技術進歩を促進させそうな話だよな、おい。
がんがってくれよ



122 :名無しさん:05/01/31 18:34:20 ID:wiirlcgv
つまりは単語などを暗記する時、片方に外国語、もう片方に母語を書いて覚えていく、というやり方は
効率悪いですね。英語なら英英辞書を使ったりして勉強した方がいいかな。
例えば「タンス→服をしまっておく、引き出し式の家具」という感じで。

123 :名無しさん:05/01/31 19:54:44 ID:JGQESUoQ
あ、ありがとうみんな(感動泣)。

以前、たけしのギャグで「巨人の星なんて一球投げて打つだけなのにあんなに
長い台詞を言う時間があるはずない」って言うのがありましたけど、実際には
投げて打つ間にも非言語思考ならそれだけの思考力、圧縮力はあるはずなの
です。

122さん、英語と日本語をいっしょに発動すると外語チャンネル構築の
阻害になります。それをするとウィンドーズ日本語版の中に英語翻訳機能
(あれってウザいですよね、低性能で)が付いた形になります。だから転換
時間がかかってしかも英語本来の味は味わえなくなります。
それだったら最初からウィンドーズ英語版を日本語とは無関係に構築した
方がお得です。母国語と同じに聞いた瞬間わかる(所要時間0秒)上に
英語の味を生で味わえるようになりますから。
ちょっと考えてみてください。外国語を聞くときに単語をいちいち解析して
0秒以上かかるのはおかしな事です。生徒に聞くと「まだ慣れてないから」と
いいますが、解析・変換システムを使っている限りこの問題は解決できません。
それは慣れていないからでなくて母国語とちがうシステムを使っているからです。
母国語ならば、「わざと聞いてから3秒経ってからわかる」みたいに聴解時間を
制御する事は出来ません。すべて無時間・全自動のはずです。
これが外国語で出来ないのは脳内システムオペレーションが誤動作で外語情報を
処理してしまっているからです。
このオペレーションは非言語思考をよみがえらせ訓練をすれば勝手に作動しますから、
これができればあとは神経反射を反復練習で身につければOK。
どうして理解力では大人以下の子供が成人より言語習得が早いかと言うと、この
思考方式がまだ使われているからです。普通の人は母国語を習得するとこれが
急速に失われて子供の頃とは違った脳の使い方をしますが、これが大人になっても
残ってる人がいます。これがいわゆる天才と言われる人たちです。
ピカソとか、子供みたいな絵を書く人がいますけど、もしかすると常人ではなしえない
ほどの幼児時代への心の回帰をできたひとなのかもしれません。



124 :名無しさん:05/01/31 20:04:05 ID:JGQESUoQ
さて、こうして構築された外語チャンネルは直接母国語とつながっていないので
いわゆる「翻訳」は出来ません。マル覚え式の翻訳ではなく「その人が日本人だったら
どんな日本語でどう表現するか」まで的確に把握し言語から言語ではなく心から
言語を出せるほどの達人はそうそういないし、できても非常に疲れます。
私個人はとてもそこまでは鍛えていません。一言考えるのに一晩以上かかります。
日本語でモノを考えてからスイッチを切り、次に中国語スイッチをつけて同じ事を
もう一度考えてどう表現するのが適切か想像しなければならないから。それだったら
中国語スイッチをつけっぱなしで使用する方が楽なのです。
ハードディスクは二台あってもコンピューター画面はひとつなので、どちらか
一方しか見られないからです。
「おまえそれだけ中国語ができるのだから翻訳なんて楽勝だろ」とよく言われますが、
これがまったくちがうのです。私は翻訳できるほどの才能はないし、そこまでの
熱意もないからです。それだったら今しゃべってるみたいな研究の方が面白いし
誰もやってないし。同時通訳の人って信じられないほどの短時間で次から次と
替わるらしいし、下がった人は酸素吸入マスクをするらしいけど、そのくらいの
消耗はすると思います。また「オレはうそつきだ。やめたい」と思う人もけっこう
いるらしいですけど、なるほどと思います。

私は日本語を教える時に図解などしながらこういったことをレクチャーするの
ですが、みんなわかってくれないんですよね(泣)。
まあ、これらは申請論文にも書いたし雑誌でも一部発表した事があるので
ネットでばらしてもかまわないわけですが。

125 :112:05/01/31 20:25:23 ID:iHW7PkV4
記憶も同じことですよね?言語で記憶しているわじゃない。
非言語のイメージなどで記憶して、必要に応じて言語化して
いるような気がする。
だから読んだり聞いたりした内容は覚えているけれど、それ
が日本語だったのか、英語だったのかは思い出せないことが
多い。
いろいろと思い当たることがたくさん出てきて感動です。も
っと知りたいので出版した本を紹介してくれませんか?個人
が特定されちゃうので無理?

126 :名無しさん:05/01/31 20:28:45 ID:JGQESUoQ
引き続き調子に乗って(「アットホーム・ダッド」だからヒマなんです)、
ちょっと極意を一つ。
「パブロフの犬」ありますね。あれ実は言語習得の原理でもあるのです。
ベルを鳴らしてからエサを与えると、ベルの音を聞いただけでヨダレが
出てくるわけですが、これは本来無関係のベルの音とヨダレが後天的訓練に
よって関係を持つ、と言う実験でした。
そこで、このベルの音を「ご飯だよ」と言う音声に置き換えたらどうでしょう。
犬はその言葉を聞くとよだれを出すはずです。
つまり、犬は「ご飯とは何か」と言うことを「理解」したのではなく「ご飯」と言う
発音に対する「反応」を訓練されたわけなのです。
言語は「理解」ではなく「反応」だと言う事がこれで証明できるわけです。
犬にご飯という単語の意味を理解させる事は不合理だし不可能だけれど、
神経反射を訓練によって形成させれば言語の習得は犬でもできるという事
なのです。
警察犬の訓練はこの条件反射の原理で行なわれています。


127 :名無しさん:05/01/31 20:29:24 ID:JGQESUoQ
この、神経反射の形成を、単なる「理解」と差別化するため、私はこれを
「入力する」と名づけました。
自転車に乗る訓練、テニスのボール打ち、これらは運動力学の「理解」では
なく「神経反射の形成」を目的としていますので「入力」に分類されます。
自転車に一回乗れれば10年乗らなくても初心者に戻る事はありえません。
しかし、神経反射の形成には「反復」が必要です。
これに対して「理解」した内容は無意識に作動する条件付けはなされていない
ために「忘れる」と言うことがありえるし、理解のための反復は必要ありません。
現行の外語教育は「入力」システムではなく「理解」システムなので習った事が
反射的に出てこないし、忘れてしまうのです。
一方、「入力」には反復が必要ですが神経反射が形成されれば意図的に削除や
破壊をしない限り永遠に脳に記憶されています。
だから、「入力」で言語を習得すれば忘れる事も応用に時間がかかることも無く
全自動的に発動できるのです。母国語を忘れる事はありえません。
私は自分の作ったシステムを「言語入力法」、従来のものを「言語解読法」と
呼んでいますが、入力法と解読法では使う脳の部位も原理もまったく違います。
例えば、数学や物理は解読法ですが、スポーツや楽器は入力法です。
現行の学校教育はすべてがすべて理数系の発想法である「解読法」の原理と
方法で外国語や国語などまで習得させようとしているため、偏った脳の使用法が
形成されてしまう事なり、バランスが悪いです。


128 :名無しさん:05/01/31 20:41:13 ID:JGQESUoQ
125さん、どーもです。
本は出版まで行ってないのです。自費出版も考えてますけど高くて。
「言語界のアインシュタイン」とまで一部では言われてる私なのに
一般ではまず無視。最近、また学校をクビにされたばかりです。
文字も翻訳も一切使わないので理解を得られず煙たがられるばかり。
(でも世界中の国で「文字から教える」言語は存在しないでしょ?)
しかし私は自分の発見した原理、原則で世界中の外語教育に影響を
与えたい。だから個人が特定されても一向に構わないのです。
いずれは解読法とはまったくちがった原理による「言語入力辞書」を
出版しますし。
この辞書は翻訳による理解を基本原理としない構成のため、冒頭の
使用説明文以外はすべて日本語と絵記号のみです。
つまり、世界中の日本語学習者が母国語に無関係に使用できる
シロモノです。

これさえ出れば一生遊んで暮らせるのになあ...
でもおバカな出版社は冒険したくないしコストがかかる(オールカラー
だから)ので現在停滞中。
理論書を出すのもひとまず諦め状態です。ごめんなさい。
一昨年と去年で年収15万。今年はもっとひどくなりそう、ううう...


129 :名無しさん:05/01/31 20:52:31 ID:fZ2lpncX
あぁそうだそうだ。記憶って「あんな感じだった」という情景なんかで処理してるから、わざわざ
言葉で整理してないもんね。私は仏語学習者だけど、一緒に生活してる人がフランス人だけあって
すでに短い話し言葉は反射的に仏語で出てくる。(ただしまだ短いのしか出てこない)
で、逆に「日本語では?」となると、ウ〜〜ん、「○○が適当かな」みたいな。
やっぱ言語って相互でピッタリ一致することなんてないから、ぼんやりと言うか、イメージというか、
一瞬頼りないように感じる感覚で覚えていくしかない。
なので、「なりきって」という行動はいい。
という私は子供と(自分のじゃないが)話してると習得しやすいことに気がついた。
彼らは感情を強く表すし、大人に比べてそれが単純なので何が言いたいか、何を考えてるかが
「察しやすい」
この「察する」というのも外国語習得には欠かせない要因かなぁとも思ってる。

それでは、今日で「外国語→日本語」変換式の学習はキッパリやめ。
丁度学習法を迷ってたからすっきりしたよ。ありがとう。
特許認められるといいねぇ。

130 :名無しさん:05/01/31 21:00:10 ID:JGQESUoQ
もーいいや。ここで全部無料公開しよう。原理だけでも。
言語入力法の方程式は、
@音声+A画像→B反射 です。
これに対して言語解読法は、
@文字+A意味(翻訳)→B理解 です。

見ておわかりのとおり、言語入力法は母国語の習得過程と同じです。
つまり、幼児は理解して単語を覚えているのではなく、まず単に発音を真似
しているだけなのです。ここがポイント。わからなくても聞いてるうちに
似たような使用画面が頻繁に現われるので理解してなくても自動的に右脳が
働いて使用画面が発音と結合していきます。
この過程において、理解する事や文字で表す事は一切必要がありません。
それどころか、「それ、どういう意味?(母国語が発動する)」とか、
「字はどう書くの?(耳が開発されない)」など、言語解読法の方に発想が
流れると進歩を阻害します。
だから、この公式に照らし合わせれば現在の訓練方法が正しいかどうか
簡単に判断できます。
例えば、パブロフの犬は、ベルと言う音声と、犬の連想するエサの画面が
一致して反射が形成されるので純粋な言語入力法ですし、「イングリッシュ・
アドベンチャー」も声優の演技と使用者の想像する画面が面白いストーリーと
共に自然に結合する極めて優れた教材であると言えます。(ただし「中学程度の
英語」が基礎段階で言語解読法を用いて学習されているため完璧ではありません)。

見てわかるとおり、この二つの教学法にはまったく共通点が無いため、現行の
教学システムとは相容れない関係にあるのです。
だから一般には受け入れられないのでしょうね。
学びも研究もせずにこれらが自然にできるとしたら、まさに「超天才」でしょう。
でも解明してしまえば誰でもできるようになります。
特許許可が下りるかどうかは別として、これらはすでに申請論文で発表済み
ですので、お役にたちましたらどうぞ...

131 :名無しさん:05/01/31 21:21:16 ID:JGQESUoQ
129さん、「百聞は一見に如かず」と言うことわざがありますが、
これは「画面思考は言語思考より何倍も情報量が多い」と言うことでも
あります。だから、画面で思考できる習慣をつけるだけで学習効率は
ぐんと上がります。
画面思考とは、言語以外のもの、例えば視覚はもちろん聴覚、嗅覚、味覚、
触覚などをすべて用いた立体思考です。
調理やスポーツなどにも応用可能だと思いますし、未来の教育は発想法から
科学的、段階的に指導するべきだと思います。

132 :112:05/02/01 02:17:24 ID:zuAug44y
すごい!久しぶりに目から鱗が落ちる感覚を味わった。
それだけでも十分ありがたい経験だ。どうもありがとう。
特許が認められて具体的な方法論が公開されるのを楽しみ
にしてます。その時にはぜひ外国語板にでも単体のスレ
を立てて下さい。

133 :名無しさん:05/02/01 04:56:34 ID:vAyRRkeZ
あのさー、視覚やなんかのイメージと言語を結びつけて・・・というのは、
50年は前からさんざん既出だから、どう考えても特許通らないと思うんだけど。
ちなみに、俺が英語の学習に使った本は、ハーバードの先生が
そういうコンセプトで作った本だが、初版が1945年だ。

134 :名無しさん:05/02/01 05:07:59 ID:ESH7pGtp
ヒッポファミリークラブなんかが似たコンセプトだね。
英語教科書音読の国弘正雄氏も同じこと言ってる。今日本でホットな学習法なんだろうか?
でも母語の影響を断ち切るのに時間がかかったり、それこそ子供のように
限りない反復が必要だから、この方法はある意味楽をしない、時間をかけた正攻法と言えるかな。
俺は、その言語を本当の意味で身に着けようと思ったら、文法を念頭に置いた学習の必要性も
否定できないと思うけど。

135 :112:05/02/01 05:27:45 ID:zuAug44y
>>133

そういうことなのか?視覚やなんかのイメージと言語を結びつけて
というのは全然新しくない。http://www.pdictionary.com/こんなの
も公開されるぐらいだからね。
俺は母語をUnlearnする必殺技のようなものを編み出したんだと解釈
したけど。特許がとれたらそれを公開してくれるんですよね?

ちなみにこの本はあまり参考にならなかった。考え方としては似ている
とおもうんだけど。
リチューニング英語習得法 ちくま新書 ドミニク チータム著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480061711/qid=1107203161/sr=1-7/ref=sr_1_10_7/249-8016874-1646710

136 :名無しさん:05/02/01 06:38:21 ID:RRGV9iy4


おーい、おまいらだまされるなよー。
カルトに入れるときにもってくる手法だからなー。




137 :名無しさん:05/02/01 09:28:18 ID:Md1E2QGd
■■■■■■■池田大作氏の正体■■■■2■■
1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/07/19 00:23 ID:???
これが創価学会名誉会長 池田大作氏の正体だ

http://www.host.or.jp/user/worldsky/main.html

前スレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1057754261/

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1090164215/l50

138 :名無しさん:05/02/01 09:57:03 ID:glK8a8Kf
カルトじゃないっつーの。科学。
色々参考文献ありがとう。
そう、例えば翻訳しちゃダメだとか、外国語を身につけた人がどうしても
身につけられない人にアドバイスする時って結局同じ結論になるのです。
NOVAとか、ああいうのも全部一緒。
私自身、一時帰国の際に「英語くらいしゃべれないでどうする」みたいな題の
本(確か佐々木さんと言う方が書いた本)を読んで、結局同じだなと感じました。
つまり、言ってる事の内容はたしかにかなり前からあるし、おおよそ100年
くらい前から(あるいはそれ以前)、母国語との対応方式でなくて、外語の
独立回路を持っている人はいたはず。
問題は、それをどこまで具体化して普遍的に指導できるかと言う事。
感覚を供述するのは誰でもできるけど、それでは才能のない人にはできません。
例えば、イチローがヒットの打ち方をレクチャーしてもダメ。身体能力が
一緒でもその操作感覚は彼にしかないものだから。
しかし、具体的方法を用いれば別。母国語ができる人はみな外語も同等クラス
あるいは少なくとも独立回路を作るのは誰でもできます。みんな一様にほぼ
同程度の電脳を有しているのですが、使用方法がわからないのです。
(頭の中の動きは目に見えないから)

特許と言うのはここのみに対しても有効なのです。
ただし、普遍的法則は特許の対象になりません。だから、公式の発見は
特許とはならず、その公式を応用した教学法が独自のものならば取れる可能性が
あると言う事になります。


139 :名無しさん:05/02/01 10:08:18 ID:6HCcT91N
アインシュタインってジャンキーのひとでしたっけ?

140 :名無しさん:05/02/01 10:16:21 ID:glK8a8Kf
そう、母国語など封印するのはバカみたいに簡単。
もう一つ例をあげると、非言語思考は音楽がそう。音楽を演奏する時も
聞いてる時も言語で思考してますか?ちがうでしょう。非言語思考は
日常的に存在し、思考そのものがすべて母国語と癒着するほど「言語」と
言う道具は完璧ではないのです。
コンピューターで言うならば、言語なんてその容量も処理速度もそれほど
たいしたものではなく、意外にチャチいものなんです。だから、反復を除けば
手に入れるのは到って簡単。将来催眠術などを応用し反復にかかる回数を減らせば
もっと簡単に習得できるようになるでしょう。
私が生徒に日本語を教える時は最初の授業で彼らの母国語(中国語)を完全に
封印して日本語をつなげる事ができるようになります。

ヒントとして、既に挙げた「条件反射」です。これは被施術者が理解をしていようと
いまいと反射が形成されれば自動的に作動するものです。
「フラッシュ・カード」ご存知でしょう?
これは、絵カード(例えば国旗)を見せてその発音を言わせるという、発音と
画面の統合練習ですが(言語入力法の公式と一緒)これはゆっくりやらずに
速くカードを挿し換える方が効率がいいといわれています。
どうしてか、わかります?
これは、速くやった場合には「言語思考」している時間が無いので必然的に
「反射」回路を形成せざるを得なくなりますが、ゆっくりやると「あっ、あれは
インドの国旗、インドは英語で何だっけ?」と言う言語思考するので変換時間
する余裕が出来てしまうからです。
つまり、速い遅いはスピードの問題ではなく、本質の問題になるのです。
速いと「反射」を、遅いと「理解」を鍛えている事になるので質が変わってしまう
のです。車の運転の話と無言語思考の関係を思い出してください。

(プロキシーで書き込みできない時もありますので一応メール出しときますね。
 カルトじゃないのでご安心を)

141 :名無しさん:05/02/01 10:38:16 ID:glK8a8Kf
現在、特許申請は二つあります。
一つは、教学法。でもこれはかなり抽象性が高いので、もともと発表し
保存するのが目的ですので、取れるとは思ってません。
ただ、この申請をきっかけにしてアメリカの研究グループが開発した
なんとかアイコン学習法という類似性のある方法を知る事が出来て
収穫でした。アメリカ人が象形文字のような発想をしてきたので
正直驚嘆しました。

もう一つは、「言語入力辞書」。実はこっちの方が本命です。
絵付きの辞書と言うものは実はそう珍しくないですが、これはまったく
ちがいます。
まず、従来のものは「翻訳による理解」に絵が付随しているだけ。しかも、
そのほとんどは名詞のみです。
これは理解を基本原理としていない動詞のみの辞書で、記号と用例が示された
絵による図解、それと日本語の文のみで構成されています。
そして、これ一冊で一般の「和英辞典」と「英和辞典」の両方の機能を一身に
備えています。例えば「飲む」と言う動詞を知りたい場合には「口の動作編」
の中から、飲むことを表わす記号を探します(しかし、それは動作をイメージ
して調べるのであって「飲む」と言う日本語からの変換を探すのではありません)。
そこには図解と用例が示されているので、日本語におけるこの動詞の使用範囲が
一目瞭然となり、翻訳を使用する場合の「使用範囲の相違による誤解と説明」が
起こりません。純粋に日本語の発音と用法のみが入力できます。これが「和英
辞典」に相当する機能です。
反対に、或る発音の用法が知りたい時は索引で調べます。そうすると図解と
用法が示されているので翻訳を通じないで発音と用法が一致できます。
これが「英和辞典」に相当する機能です。
しかも、それぞれの母国語に頼らないので全世界のあらゆる国の人が人種や
国籍に関わらず使用できます。
これは、やまだかつて世界でも出版されていないはずです。
しかし、目下は「コストがかかりすぎる」とか「新しいものだからリスクが
ありすぎ」とか言ってこっち(台湾)の出版社は尻込みしています。

142 :名無しさん:05/02/01 10:49:05 ID:glK8a8Kf
使用範囲の相違について、簡単に供述しますね。
中国語では、「薬を食べる」と言います。
日本人が聞くとおかしいですが、どうしてかわかりますか?
中国語の場合、「食べる」と「飲む」は固形物か流動物かで分けています。
これに対して、日本語では歯を使うか否かで分けます。
だから、この二つの動詞は使用範囲に相違があります。
これを中国人がもし翻訳で覚えようとすると「薬」に対しては「飲む」を使うものだと
強制的に覚えるか、分類の原則を母国語で理解するかの二つしかありません。
それだったら、記号で簡潔に分類した方が説明が要らないし純粋な日本語が
できることになります。
私も、これらの分類は誰かから教わったのではなく両方できるようになってから
使用画面のちがいから自然にわかったのです。でも画面思考が出来ない人は
翻訳か文法で覚えないとダメなので、誰でも判別可能な記号を使う事を思いついた
わけなのです。

143 :名無しさん:05/02/01 10:58:15 ID:4hX75pq0
ひとつお聞きしたいのですが、学術的概念の場合はどうするんですか?
図にすることは出来ないし、用例も人によって違ってたりしますよね。

144 :名無しさん:05/02/01 11:21:39 ID:glK8a8Kf
学術的概念が使用できるくらいになれば、すでにこういった初期の
道具は必要なくなります。
ビルディングを建てるように、下から作らないと外語は習得できません。
よく初心者なのに「台湾は人口密度が多い」って日本語でなんていうの、
みたいな質問をする人がいますが、現在自分の習得している言語のレベルから
外国語に変換してはダメです。そこまでいくためには幼児からそうしてきた
ように簡単な言葉から入るのです。
例えば今の例は「台湾は小さいです。でも人が多いです」と言えばよいのです。
「小さい」とか「多い」とか簡単な言葉から習った方が応用も多いのです。
「台湾は小さいですが車が多いです」と言えば空気が悪い事も示唆できますし、
応用とは簡単なものほど無限です。例え「人口密度」などと言う特殊用語を
無理矢理暗記しても初心者レベルでは一切応用できません。

145 :名無しさん:05/02/01 11:34:24 ID:glK8a8Kf
もうおわかりだろうから結論を言ってしまうと、こうした簡単な単語そのもの
から母国語を介さずに「入力」し、それを単につなげさえすれば外国語そのもの
で思考できていることになります。
正しく言えば初期は外国語で思考するのではなく、思考した事を外語に
変換する置き換え練習をすればいいのです。
それには単語と、その並べ方だけ。これをやればいいのです。
これには「IN(聞く)」と「OUT(話す)」がありますが、基本的に
話せることは聞けるので、聞く練習は必要ありません(つまり外語練習の
80%以上は自分で練習できます。会話相手は絶対必要ではありません)。

言語入力法の公式にある発音と画面の結合ですが、
発音→画面と変換するのが「聞く」と言う動作で、
画面→発音と変換するのが「話す」と言う動作になります。
この形成過程に文字とか翻訳とは一切必要なく、あってはかえって
阻害になる事がおわかりいただけると思います。


146 :名無しさん:05/02/01 11:41:51 ID:glK8a8Kf
上述の「思考した事」を外語に変換する練習、の「思考した事」って、
「非言語思考」ですよん。まだ日本語に変換する前に外語を優先して
変換するのです。だから、外語に日本語を混ぜては絶対にダメです。
そうすると日本語の方が強いから外語電波が消えてしまいます。

資料はちゃんと「外語専用の資料庫」にしまいましょう。日本語と同じ
引出しに入れるとどこに何があるかわかんなくなって出てこなくなりますよ。
それで出すときには非言語思考のまま日本語の資料庫を開かないで下さい。
そうすると外語専用の神経回路が徐々に鍛えられていきます。

147 :名無しさん:05/02/01 13:46:39 ID:1Upzs3mI
画像がなかったら反射もなにもできないんじゃ・・?
と思いました。この方法やってみたいんですけど・・。

148 :名無しさん:05/02/01 15:48:52 ID:+3vKfMe6
すいません。そこなんです。
こればっかりはここじゃ見せられないですし、それにその言語に精通した
人がドンピシャリの図や記号を作ってくれないと、自分のカンが頼りだと
ちょっとむずかしいですね。
いずれはホームページでも立ち上げようかなと思ってる次第ですが、
いまはまだ準備してませんので、詳細はとりあえずメールください。
ただ、一つだけ大事な事は、「音を聞いて真似する」これだけもかなり
効果的なんです。同じ音が出せるということは、「共鳴」を呼びやすく
「何も聞かなくても自然にわかる」と言う技が使いやすくなります。
同じ音による共鳴を生み出すと脳の周波数も同調しやすくいわゆる「気が合う」
状態になるからです。デュエットすると仲良くなるのと似てます。

149 :名無しさん:05/02/01 18:34:17 ID:k0bf+rLq
私もメールしていいですか?
目から鱗!!!!

150 :名無しさん:05/02/01 19:20:25 ID:+BF5Gf6K
ご質問があったらどうぞ。
でもネット上でできるものならできるだけそちらでお願いします。

もう陽の目を見る事は半ば諦めているし世に出る事もないだろうから、
私の手元にとどめておくより使ってくれる人にばら撒いた方が世のためです。
1998年の夏に最初の本を書き上げて日本の出版社を尋ねてから今まで、
まともに理解や協力を得られた会社や個人は皆無に等しいです。
また、或る出版社は「あなたの理論を発表してしまうと今あるものが壊されて
しまうので利益を守るためには封殺するしかない」と言われ現実の厳しさを
思い知りました(言語解読法や「収縮思考(後述しますね)による現代教学法
の問題点を指摘する事は現行教育をすべて破壊するにも等しく、それができる
社会的力量は、私という無名で低地位の人間には与えられる事はありません)。
もし私が絵描きなど芸術方面の仕事に就いていたら、恐らく時代に理解されず
清貧の内に死ぬ事も辞さずでしょうが、教学法という客観的に論証可能の
単なる道具が「時代観念と違う」と言うだけで黙殺されるのはさすがに納得でき
ません。ただ楽観的に幸運を期待しても無理ですから、できることをしたいので、
決して諦めたわけじゃないです。
ただそれを公的なメディアで広めたり賛同する人をそこから探すのはどうも
無理みたいだなと。
夢は特許をとって将来は私一人でなく賛同してくれる方と一緒に研究活動を
することですから、ネット社会があって本当に良かったと思います。


151 :名無しさん:05/02/01 19:36:59 ID:KBTqwySu
なんかすげーなおい

152 :名無しさん:05/02/02 00:04:10 ID:1Upzs3mI
名無しさんの作りたいっていう、その辞書が欲しいなぁ・・・。
応援してます。

153 :名無しさん:05/02/02 01:40:23 ID:ZSsI7IMp
>152
そ、そーですか?(ヒデキ感激)
実は、私自身も初心者が使える純外国語のみのこんな辞書が欲しいなあって
そんな発想で言語入力法の原理を応用して考案したんです。
で、実際には日本語の動詞のバージョンはすでに80%まで完成済み。
見本を作って出版社に持ち込んでる段階です。
構成は、発音と、それを表わす絵記号、公式(助詞のつけ方)、排列
(単語の並べ方)、用例となっていて、日本語のみですべてに絵図が
付随します。絵図や記号が80%を占めます。
従来の呼んでもつまらない辞書と違い、読んでるだけで単語とその用い方が
漫画のように覚えられます。
ただ問題は、見本に使われている図はすべてネットからパクったモノなので
公刊はできず、人を探して書き直してもらう必要があることと、オールカラー
なのでコストが非常にかかってしまう事です。
どうしてオールカラーかと言うと、例えば色などは本物を見せないと。
「なります」と言う動詞では「信号が 赤から 青に なりました」と言う例を
挙げましたが、これはちゃんと本物の色で赤信号が青に変わる様子を図解する
必要があるからです。

実は去年、或る出版社から一度OKが出ましたが、そこの責任者はなんと
同年代の中年連中に「こんな企画があるんだけど、どう?」と聞いて不安に
なりキャンセル。これは現在小学生くらいでこれから大人になる子供たち
に使わせる未来の辞書なのに、過去の教育を受けた人に聞くなどまちがってる。
先見の明もなく結局企画倒れに。
「あなたが出版してくれれば海外出版権もあげる。世界初の辞書を出してみる
勇気は、ありませんか??最初は売れるかわからないけど、この原理に基づく
辞書は恐らく50年以上の販売寿命があり、世界中にマーケットが開けるよ」と
煽ってるのだけど結局どこかが出していて売れそうなものでなければ出す
踏ん切りがつかないのが一般の出版社のようです。

154 :名無しさん:05/02/02 02:28:23 ID:CJwgr+gK
つまり、その話がしたいがために、このスレにやってきたということだね。

155 :名無しさん:05/02/02 05:26:59 ID:sX+u2w22
洋販出版が「絵で見る英語」シリーズという似たような
ものを出しているので、ここへ売り込んでみたらどうだ
ろう。理解が得られやすいと思います。

156 :名無しさん:05/02/02 10:09:43 ID:Eev/Ef0f
>>154
そうじゃないです。ただ気軽にちょっと話をしたらついて来てくれた人がいたので
つい。もともと、出版社と同じで相手にされるとはまったく思ってませんでした
ので、ちょっとうれしくなって。
>>155
探してみます。どうもありがとう。

157 :名無しさん:05/02/02 10:27:51 ID:Eev/Ef0f
サイトで、検索してみました。
これは、いいですね。これも言語入力法の一種です。
ただ私のは、細かい助詞や動詞までもがすべて記号化され、ひとつの
単語につき記号一つを使っていますので、羅列すると文を自由に組み合わせる
ことができるものでいわば新種の象形文字です。
これは文字よりも頭の中に入りやすいのでこれを頭に入れて自由に組み合わせ、
相当する発音さえ覚えれば母国語を一切使用すること無しに簡単に外語で
言いたい事が表現できるようになります。
私は五十音を教えず、この独自に開発した記号文字で試験をしたため学校を
いくつもクビになりました。ただ、教学効果は絶大なものがあり従来のもの
とはまったく比較にならないくらいの純度とスピードで学習できます。

「そろばん」がどうして現代の電子計算機以上の能力が生身の脳にインプット
できる(「暗算」ですね)のかと言うと、数字を珠に置き換える「画面思考」で
神経反射を鍛えるからです。これと、数字を思考して理解するやり方とは
根本原理がちがいます。
恐らく西洋人に「東洋の古代文明には、練習が必要だけど慣れればそれが
頭の中に入ってしまい電子計算機のボタンを押すよりも速く答えが出て
しまう計算機が存在する」と言っても信じられない人が多いのではない
でしょうか?
これらは「画面思考」によるもので、これら古代文明の遺産には見るべきものが
多く、多様な応用があります。


158 :名無しさん:05/02/02 10:33:18 ID:Eev/Ef0f
ただ、この会社ホームページにいけませんね。
まさかつぶれたんじゃ....?

159 :名無しさん:05/02/02 14:20:36 ID:12rAcULR
あのー、いくつかメールいただいたみたいだけど文字化けでした。
すみませんけど送りなおしていただけないでしょうか。

160 :名無しさん:05/02/02 16:14:12 ID:K6OSuFKt
ワーホリしたら英語喋れるようになりますか

161 :112=155:05/02/02 16:42:28 ID:sX+u2w22

>>158

>会社ホームページにいけませんね

洋販出版のことですか?それならここです。
http://www.yohan.co.jp/

ひとつお願いしてもいいですか?トリップ付きコテハンを
使ってもらえませんか?

162 :東夷(東方異人):05/02/02 17:07:59 ID:12rAcULR
どうもありがとう。一回訪ねてみようかな。

ネットではいつもこの名ですけど、トリップって
どう付けるんですかね?

163 :東夷:05/02/02 17:32:51 ID:12rAcULR
さっきメールしました。
まあ、それほどうまくいくとは限らないけど、でも見聞するだけで世界が
広がりますからね。とにかく、どうもありがとう!!!

164 :名無しさん:05/02/02 20:18:55 ID:SpU7hGjb
語学力ないと伝えたいことが伝えられないからストレスたまるよ

165 :東夷:05/02/02 20:38:09 ID:12rAcULR
いいえ、ボキャブラリー無くても相手に「あなたの言いたい事を連想させる」
コツがつかめれば自信がつきますよ。
前述の例でいえば、
私:「台湾はこんな小さいのに車が多いね。だから...」
外:「交通が混雑する?」(あ、そういう風に表現するの。---現場でパクリ)
私:「でもそれじゃなくて...(煙たい表情を作る)」
外:「ああ、空気が悪いのね」
私:「そう、それ。日本よりずっとひどいよ」(と言いながらこれもパクリ)

こうやって実力に関わらず会話していくとその都度相手が出してくる
今まで知らなかった単語も辞書を引いたり翻訳することなしにわかるし、
その場で吸収していけばもうどんどん上手になります。
これを学校でやると他の生徒は習った単語でさえも聞いてわからなかったり
うまく使えなかったりするのに、こちらはその場ですぐ吸収して応用して
見せられるのでかなりハッタリに使えます。でも原理は簡単。
ただ、「聞く」とちがって「話す」でこれをやるにはある程度練習してコツを
つかむ必要があります。
相手の想像力を刺激して誘導するのが大切。演技力も必要なのです。

166 :名無しさん:05/02/02 21:52:04 ID:kPb6wWjj
中国に来てから今の業種はじめたもんだから
専門用語を日本語に直すのに苦労したりするな。。。

語学力0から初めて3年経ったけど
とにかく話して聞いてを繰り返してれば
何とかなるモンです

漢字って不思議な文字で、
目から直接意味がはいってくるという不思議な感じを
何度も味わいました。
漢字一つ一つの読み方がわかるようになると、
音から意味を拾えるようになります

167 :Motoko.Nevada ◆WaMOTOMlrM :05/02/02 22:01:23 ID:xuzqNxcH
あとここにも投票ね
嫌いな国ランキング
http://www.37vote.net/etc/1107336644/

168 :名無しさん:05/02/02 22:29:11 ID:noW20iTb
Kunnysの降臨か?

169 :名無しさん:05/02/03 07:38:32 ID:RhHCpzRm


よい子のみんなは、カルトの言うこと真のみにすると
痛い目にあうからやめなー。下手にメールなんかやって
ると洗脳させらからなー。まあ、気をつけなー。






170 :名無しさん:05/02/03 09:15:15 ID:XxsufwBn
メールで洗脳できるんならエシュロンが世界征服してるだろうぜ。

171 :東夷:05/02/03 11:36:53 ID:XDxfosuo
>>169
教育と言うのはつまり洗脳そのものですよ。
「思考習慣を変える」と言うことでは同じなのです。
その力を、どう使うかですよ。
学校や会社や体育会だって洗脳教育でしょ?

私に「教祖様」みたいなこの方面での力があれば
とっくに出版くらいできてるだろうし。
そんなカリスマみたいな力はないので、ご安心を。
(「1、2、3、ダーッのオジサンみたいに)

172 :東夷:05/02/03 12:06:05 ID:XDxfosuo
そうそう、洗脳なんかできたらしたいですよ。
それができれば仕事クビにされまくらずにすむし。
みんな既成概念が強くて自分の生徒すら洗脳できないのに。
ここだっていたずら半分だったから反応無ければ消えるつもり
だったし。
まあ、こんな社会だから疑うのももっとも。でも金が欲しいなら
特許申請中の内容をこんなところでばら撒きませんよ。
でもこんなに多く(?)の人から役に立ったといってもらえて
本当に嬉しかったです。
正直、生きててよかったと思いましたよ。18年も開発研究した
ものを普通の授業料で惜し気なく教えてるのにまったく価値を
認められずにゴミのように扱われ大事にしてもらえない。
でもその悔しさが癒された気がしたんです。


173 :名無しさん:05/02/03 17:55:10 ID:XxsufwBn
>>172
で、メールはもらえたんか?

174 :東夷:05/02/03 18:23:15 ID:XDxfosuo
もらったよ。
洗脳云々と言うほど影響力ないのでご安心を。
大体、それができたら出版社のおっさんを洗脳してますよ。
顔も知らない人を洗脳できたら或る意味、すごいですね。

175 :名無しさん:05/02/03 23:08:06 ID:TqKBczCZ
すいませんちょっとお尋ねしたいのですが、(概出でしたらすみません)

勉強中の外国語で思考するようにしています。段々慣れてきましたがまだボキャが足りない状態です。
しかし”読む”作業の時には、感覚で読むことが出来るようになってきました。今までは頭の中で日本語
に訳して考えていたのですが、今は外国語で理解することが出来るようになってきました。

しかし、話すとなると別です。どうしても出てきません、文章にできません、単語単語の細切れで話し
てしまいます。本読みを毎日していますが、できません。そこで例えばその本読みの内容を日本語に
訳した物を見ながら外国語を使って話す練習をしようかと試みましたが、そうするとやはり日本語の
思考になってしまうわけです。話の練習としてはどうするのが効率がいいでしょうか。
映画を見ながら一緒に喋ってみましょうか。

176 :東夷:05/02/04 00:36:16 ID:kmAwJmS7
@「話す」A「書く」B「聞く」C「書く」の関係について、私なりの分類法を紹介します。

(1)出力、入力による分類
出力とは情報を出す作業、入力とは(言語入力法の定義とは別意義)情報を仕入れる
作業です。
これによると、出力〜@とA、入力〜BとCになります。
(2)速遅による分類
このなかで、速い処理が要求されるものは@とB、遅い処理でもかまわないのがAとCです。
(3)教学システムによる分類
「言語入力法」により「反射」で処理しなければならないのは速度が求められる@とB、
「言語解読法」により母国語で「理解」しながらでもゆっくり解析時間が与えられるため、
時間がかかってもかまわないのがAとCです。
つまり、速遅の問題は単なる処理スピードの問題ではなくて、学習して吸収する
原理の違いでもあるわけです。

ここで、切りがいいので一旦続きます。

177 :東夷:05/02/04 00:37:13 ID:kmAwJmS7
すいません。Cは「読む」でした。

178 :名無しさん:05/02/04 00:42:57 ID:Yifho0l6
>>東夷さん

ここから独立して、専用のスレ作りませんか?スレタイとはずいぶん
ちがう内容になってしまったようなので・・
それともここを隠れ蓑にしてこのままいきましょうか?


179 :東夷:05/02/04 00:51:13 ID:kmAwJmS7
ここから、ご質問の答えに入ります。
原則的には、「会話」に必要な「反射」から訓練が始まる「言語入力法」では
文字を媒介する「書く」と「読む」は不必要と言う事になります(初期段階)。
なぜならば、この二つは「文字」を媒介するのでいとも簡単にやってはならない
「言語解読法」に陥りやすいからです。
初期段階で文字に頼ると、その人の発音は悪くなります。なぜかというと、
文字は発音以外に、抑揚とか強弱、速遅などの音に関するその他の要素が
まったく記録できないからです。しかし、耳ならこうした要素はすべて
記録できます。大人は只でさえ音の認知能力においては幼児に劣るのに
その上更に文字で耳をふさいでしまってはその人の発展性は著しく低下
する事になるからです。だから初期においてこれを学ぶ事は助けにはなり
えません。事実、どんなにバカな母親でも幼児に文字から教える人はいません。
これは、本能が知っているからです。
もうひとつ、文字を見ると意味を考えたくなるのは一種の連鎖反応です。
一般の人は文字を見ると発音に変換するのではなく「意味」に変換します。
意味、つまり理解を求めると言う事は「言語解読法」になります。
前述の公式を見てください。文字と意味を使って学習すると言う事は言語を
理解し解読する「言語解読法」になります。
これでは、0秒のスピードが要求される会話には対応不能なのです。
更に続く。


180 :東夷:05/02/04 00:57:48 ID:kmAwJmS7
>178
そうですね、元々別の方の立てたところに居座るのはよくないですね。
別スレ立てました。
これ以降は本スレと関係の或る話題以外はこちらにおねがいします。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/world/1107446132/


181 :名無しさん:05/02/12 01:50:13 ID:34wnMDEY
>19 肉便器 tte nani?

182 :名無しさん:05/02/12 12:47:22 ID:0/zaxzxO
リア

183 :名無しさん:2005/04/12(火) 09:51:51 ID:BYSgWu5R
オーストラリアやハワイに多いね

184 :名無しさん:2005/04/15(金) 19:07:58 ID:2C7ZgKeO
【英語】ハン板ネタで英語を勉強汁【苦手】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1113557717/

185 :名無しさん:2005/05/04(水) 01:38:51 ID:Z5MS/rIs
ID:+rg0r0AT
>>448
そうかな?
ブイヨンruecyuuおばさんkimoo
ぺみす@え!!! いらっしゃい、遅かったね
OMAEMONA あああああ
ruecyusuto--ka-sinew
ブイヨンruecyuuおばさんしねp わからん


186 :SWING:2005/05/04(水) 19:23:00 ID:iSgcJt34
>>1 
 えーと自分もPARSI在住で、仕事できましたが仏語ゼロですよ。
 BONJOURくらい。今は、、、、きて二ヶ月ですけど、中一の英語
 文法力、位ですかね・・それなりにはできるようになりますよ、
 もちろん。ただ、お勧めはあヤッパリちゃんと勉強することです
 ね。こっちには数ヶ月単位で語学学校にいくだけで1年の学生ビザ
 をおろしてくれるようなところもあるから、そういうとこ行くと
 やすあがりだしね。がんばって

187 :名無しさん:2005/06/11(土) 18:45:03 ID:ozfzQCWR
語学力殆ど無いのに留学しようとしてます。しかも学科留学。
いま必死にやってますが必死になるのが遅過ぎました。
苦しいです…orz

188 :名無しさん:2005/06/11(土) 19:11:33 ID:Xl9s3LVf
語学力ゼロで留学してきました。最初は生きるのに必死でしたね。
夢中で生活する上で必要最低限の言葉を覚えました。
最終的には大学を卒業しました。なんとかなるもんだと思いました。


189 :名無しさん:2005/06/11(土) 19:34:47 ID:Cs1VAH67
もう一年しっかり勉強し直して考えた方がいいんじゃね?
無駄な時間をお金で買うことになると思う。その学科留学という面でね。
それでも理解できるのって半分くらいだと思うよ。
専門的な説明が理解できるようになるのって最終だと思うし、
使う単語も言い回しも独特だと思う。

190 :名無しさん:2005/06/11(土) 21:40:14 ID:ozfzQCWR
>>187です
>>189
今4回生なのでこれを逃すと留学できないんです(在学生対象の留学プログラム)
一旦卒業して働いて自分で金貯めてから行くことも考えましたが、
せっかくのチャンスなので行ってみようと。
チャンスなので頑張ろうと思う気持ちと、無理だから諦めた方がいいと思う気持ちが
自分の中で対立していてとても苦しいです。
どうしたらいいのか分からないのでとりあえず勉強してるような状況です。怖いです。

191 :名無しさん:2005/06/12(日) 14:02:19 ID:4N65jOEC
がんばれ。その調子。

192 :名無しさん:2005/06/12(日) 18:41:43 ID:CxKYm0Hj
あ、留学プログラムなのね。じゃあ何とかなるんじぇね?

193 :名無しさん:2005/06/12(日) 19:52:06 ID:kF8bkAfW
>>187です
お二方ともレスありがとうございます。

>>191
そうですね、頑張るしかないdすよね。

>>192
プログラムと言っても、交換留学の類いなんですが。
おかげで私がヘマをしたら送り出してくれた学校にも迷惑がかかる
(というか今の私では迷惑かけること確実)というホントにどうしようもない状況。
ノイローゼみたいになって体調壊しましたorz
精神的なタフさには自信があったんですが、自分がとんでもないヘタレだということが
判明して、余計ビビってます。自分が悪いだけに後悔することしきりです。
何とかなるかは分かりませんが、出来ることはやっていこうと思います。

愚痴ってすいません。さて勉強してきます。

194 :名無しさん:2005/06/12(日) 21:27:59 ID:zkw3Yo41
ゴメン、ちょっとスレ内容と違うかも知れませんが
自分は留学と言えるかはわかりませんが
現地で(英語圏ではありません)個人で経営している語学施設?に
半年間の留学?をしようと思っています。
語学以外にもアーティストも居て、芸術関係のことも学べます。
自分の場合はみなさんのように、英語を身に着けて絶対に就職に
つなげるのとは、ちょっと目的が違います。

親の仕事上の知り合いが現地に居て、先々住む可能性もあるので
どうせ語学は学ばないと行けないのならば、現地の環境に身を置くってのが
海外に旅立つ理由なのですけど、語学力も低レベルの自分ですけど
僕のような立場の人は居ますか?
社会人がカルチャー体験のプログラムを受けに行くのに似ています。

195 :名無しさん:2005/06/12(日) 23:38:46 ID:zkw3Yo41
>>103 >>117
最低な野郎も居るみたいですね。
自分はそうはなりたくないです。
海外には強い意志もないと通用しないですから

196 :名無しさん:2005/06/13(月) 00:34:49 ID:Uh9Y138w
基礎が無く留学すれば
いつまでたってもうまくならない
まるでアグネスのように‥

197 :名無しさん:2005/06/13(月) 11:18:37 ID:X3fzj5GM
いや、基礎がなくても大丈夫。
ただ、話すチャンスがあると思ってはダメ。
街がその環境にあるからスイッチが入りやすいくらいに思ってないと。
基礎段階は学校へ行って家で自己練習。わざわざ練習してくれる奇特な人は
いないから、地味なもんです。

198 :189:2005/06/13(月) 18:33:03 ID:6nwWDiBR
>>193
「留学」っていう前提なんだし、ここは開き直って周りにとことん聞け。
面の皮の厚さが勝負になるぞ。
この時「教えてもらえませんか?」の態度より「それってどういうこと?」
くらいの毅然とした態度で行った方が自分の精神面的にも外国人の性格的にもよいぞ。
すぐに聞けるように電子辞書は必需品。
留学生対象の学校なら多少簡単なフレーズを使うとは思うけど。
頑張れ

199 :名無しさん:2005/06/14(火) 05:18:06 ID:jf4veKWt
>>193=187です
>>198>>189)さん
アドバイスありがとうございます。
とにかく不安ですが、せめて日常会話は英語じゃなく現地の言葉で
こなせるレベルにはなって行かないと…。
授業が始まる前に一ヶ月の語学研修があるそうなので環境に慣れることはできそうですが、
留学生対象の学校というか普通の大学なので、留学生向けの配慮には全く期待していません

私の語学の先生も初めて日本に留学したときは授業にはさっぱりついていけなかったそうで
(テーマは分かるけど詳細は分からなかったそうです)、
その言葉を聞いて変な安心感を覚えると共に底知れぬ恐怖を感じてしまっています。
で、その先生曰く、
「毎晩図書館で勉強していた友人より、毎晩日本人と遊びに行っていた自分の方が日本語が上達した」
勉強もせず遊びにいける度胸がスゲエよ先生…。

200 :名無しさん:2005/06/14(火) 10:06:42 ID:H091LCZy
「図書館で勉強」は最悪。それをしてるだけで「実力がありません」と言ってるような
もの。
相手と話をしているシュミレーション練習が最もやりにくい雰囲気だから。
一人一人が孤立していてなおかつ朗読などの音声練習もできないなんて言語練習と
しては最悪の環境。それなら電車にでも乗って他人の会話聞いてるほうがまだまし。

201 :核実験の流刑島途上国オセアニア情報は:2005/06/14(火) 11:12:47 ID:89Wrs/tT
●マ−シャル諸島→南太平洋中西部→原水爆実験→がん→米国に追加保障問題

●ビキニ諸島水爆実験

●レジャ−観光途上国「ゴルフ国」、建築物にアスベスト使用可、農薬基準、安全基準も甘い→がん

●東海岸、西海岸パ−ス近海、土壌汚染、放射線被爆

●首都キャンベラで巨大地震・大洪水連続も封印の二カ国間協定途上国

★★★GooGle自動サ−チニュ−スと一発逆転ソフト★★★



202 :名無しさん:2005/06/14(火) 16:27:19 ID:1YVoqICY
「全く0からスタート」
ってよく言うけど、実際は大学で第二外国語で取ってたとかだよね。

まじで、まじで0からの人ってあった事ない。

203 :名無しさん:2005/06/14(火) 16:37:52 ID:Ua7KpjkN
>>200
その図書館籠りの彼は読む分にかけては相当なレベルに達したらしいですけどね。

遊びに行ってた方の先生は、語学を勉強するとき人それぞれ相応しいタイプがあって
・書いて覚える人
・聞いて覚える人
・話して覚える人
のどれか(あるいは複合型)を見極めることが上達への早道だと言ってました。
また状況によっても勉強方法を変えることが大切だと(当たり前のことですが)。

204 :名無しさん:2005/06/14(火) 16:43:18 ID:H091LCZy
でも「書いて覚える」だと図書館でもできることになるね。
聞いたあと話して覚えるのがいいんじゃないかな。

205 :名無しさん:2005/06/14(火) 23:34:13 ID:Ua7KpjkN
たしかにm会話を目的とするなら書いて覚えるは圧倒的に不利ですね。
大学受験の時なんかは単語を紙にひたすら書いて覚えてる人いたけど

時間が差し迫っているからこそ効率よい勉強法で自信をつけることが大事かなと思います

206 :名無しさん:2005/06/15(水) 11:42:23 ID:3kDGvMx5
書いたものと言うのは具体的に見て残す事ができるので安心するけど、聞いたものは
残す事ができないので不安なんじゃない?
でも、文字と言うものはイントネーションやリズムなどの言語に必要な項目が記録
できないから決していい道具じゃないんだよね。
耳を頼りに練習してれば開発されてくるよ。慣れない人は不安かもしれないけど、
翻訳で意味を知ろうとしたり(日本人側からの理解になってしまう)、文字で発音を
記憶しようとしたりすると却って逆効果。


207 :名無しさん:2005/06/15(水) 17:18:04 ID:37jR7kaG
>>201 age

208 :名無しさん:2005/06/15(水) 22:20:01 ID:8+K+aqD2
みなさんは旅立つ前には、独学で学びますか?
それとも語学学校に通いますか?
僕は独学だと行き詰るので、語学学校にも通うか迷っています。
実際に講師がアメリカ人とかですし、そのほうが力も入ると思います。
出費が痛いですけど、独学って行き詰まりませんか?


209 :名無しさん:2005/06/16(木) 02:00:40 ID:mTW7tH75
語学学校の方が効率がいいことは確か。


210 :名無しさん:2005/06/16(木) 21:53:45 ID:8cmZCOWZ
独学で孤独にテキストで繰り返しってのは
たしかに行き詰るよね、つまらないしさ
講師が日本人よりかアメリカ人のほうが効果もちがってくる。


211 :名無しさん:2005/06/18(土) 02:54:44 ID:iP77vrtZ
すんません。今自分は理系の大学(日本)にいるのですが、
どうにも自分が理系にいることに違和感を感じています。
で、イタリアに興味があるのでいろいろ調べたりイタリア語を勉強したり
するうちになんか本格的に向こうに行ってみたくなりました。
で、実際まだ少ししか話せないけれど留学とかしている方はどのくらい
いるのでしょうか・・・そしてどんな所を留学の糸口にしているのでしょうか。
やっぱ外国語大学ですか?

212 :名無しさん:2005/06/18(土) 18:17:37 ID:XDZYGXGs
>>211
一つ言おうか。
英語を学ぶのであれば留学プログラムを留学機関に申し込めばいい。
アホみたいに巷にあふれているのだからさ
ただイタリア語となると、日本人の数も英語と比べるとものすごく少ない。
イタリアで語学だけを学ぶのか、さては絵画や文学などの学問を学ぶのかとなる。
ただ現地のイタリアの大学に留学となると、そうとうな入学に必要なハードルが
あるだろうから、これはキミの主張からすると無理だと思う。(語学レベルなどの条件)

ただ単にコレと言った目的がなくて、イタリアにとりあえず住みたいとか
イタリア全土を列車旅行したいって型にはまらない目的?であるならば
イタリア留学を募っている語学スクールやイタリア大使館などに
自分の旨を伝えるのがいいと思うよ、詳しいパンフレットももらおうね。

あとさ、外語大学に行かなくても、留学はできると思うよ。
外語大学=外国に留学ってのは一昔前のタテマエ的なものだから無視しよう。
外国語大学からとなると、システムや滞在期間、人数と規制が多くなるから
あとさ、キミの文体からすると自信なさげに聞こえるので
とりあえず、イタリアに短い旅行で行ってみるのもいいと思うよ。
そのほうが度胸もつくし外国慣れもするだろうからね。



213 :名無しさん:2005/06/19(日) 01:29:09 ID:dCjeyThS
イタリアーナはむずかしっす。


214 :名無しさん:2005/06/19(日) 01:38:07 ID:XmPwiXah
>>211
やめとけ。文学系は大学単位にしてもメシのタネにならん。
外国語は、専門的なバックボーンがあって始めて役に立つ。
まずは、何が専門か知らんが理系でがんばっとけ。
外国語は余った時間で努力すればいい。
将来の仕事とかを意識しないなら話は別だけどね。

186 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)