5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

チラ裏日誌

1 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/01(木) 21:00:05 0
今日からこのスレを日記代わりに利用しようと思う。
とりあえず・・・
・天気
・食べたもの
・今日の出来事
この3項目を基本に記録していく。


2 :夢見る名無しさん:2007/11/01(木) 21:02:42 0
>1000まで!

3 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/01(木) 21:09:37 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:オムライス
■夕食:おにぎり2つ+カップラーメン
■今日の出来事:
今日から日記をつける事にした。
理由は脳のリハビリのため。
人見知りがひどく、人との接触を避けているうちにまるで白痴のようになっていた。
昨日何をして何を食べたかも忘れる始末。
こんな現状を打破するために、記録を残そうと思う。
実際、記録を残そうと考えたおかけで今日だけさえ今まで見落としてきたものも見えてきた。
三日坊主な自分だがとりあえず一週間は続ける。
目標低すぎかもしれないが・・・。




4 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/01(木) 21:28:37 0
人の振り見て我が振り直せ
こんな諺があるがまったくだなぁ。
俺は人と接することを頑なに避け続けてきた。
何が自分に足りないのか?
何が自分の悪いところなのか?
それらがまったく見えていなかった。
挙句の果てには自分さえ見失ったらしい。
人は自分を映す鏡だね。
日記をつければとにかく足跡はたどれる。
それを第一歩にしよう。

と、まあこんなふと思ったことも書き込んじゃおう。
あんまり気張りすぎると長続きしそうに無いので今日はここまで。

5 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/02(金) 18:51:43 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:定食(ごはん+味噌汁+野菜の煮物)
■夕食:キムチ鍋+鉄火巻き
■今日の出来事:
最近、ネットゲームに凝っている。
そのため今日も深夜の3時まで起きていた。
結果として寝不足により、会社では仕事がはかどらなかった。
午後3時ごろになると眠気がピークに達し、何度か意識が飛んでいた。
またディスプレイ上に幻覚が見えたりした。
さすがにこのままではまずい。
遅くとも午前1時には眠るようにしようと思う。

6 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/02(金) 19:00:23 0
明日の課題
1.酒瓶の片付け
2.衣類の購入
 Yシャツ、冬物衣料、ネクタイ

そういえば秋ものの服を買おうと思ってたら、もう冬間近になっている。
Yシャツも2年ほど同じものを使いまわしているため、シースルーになっている。
肌着を着なけりゃ乳首が丸見えだ。
全ての事にいえるんだが、この何でも先延ばしにする性格を何とかしないといけないな・・・。

7 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/03(土) 22:46:37 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:なし
■夕食:カレー+夜食(ベーコンレタスバーガーセット)
■今日の出来事:
休み前日ということもあって、昨日は4時まで起きていた。
それでも朝の9時には起きられるだろうと踏んでいたのだが、目が覚めたのは11時過ぎであった。
昨日の夜更かしだけではなく、今週中の夜更かしによる疲れが一気に出たのだろうか?
目覚まし時計をつけていたはずだが鳴ったことにまったく気づかなかった。

今日は用があったので、おきて直ぐに出かける準備に取り掛かったために昨日、課題としてあげた2点は実行できなかった。
これらは明日の課題にしよう。
結局先延ばしにしてしまったわけだ・・・
この日記に関してはそうならないように気をつけよう。

8 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/03(土) 22:54:47 0
今日電車内で気づいたことだが、若者だけではなく白髪の年配者も熱心に携帯をいじっていた。
最近ではお年より向けの携帯も多く開発されており、そのためメールでの連絡も頻繁に行っているようだ。
なんだか奇妙な光景だった。
私はというと、3年ほど前に買った携帯(いちおう当時の最新機種)を未だに使いこなせないでいる。
まあ、メールにしても電話にしてもほとんど利用することは無い。
そりゃあ使い方も覚えないわけだ。

何事にも興味を持つ。
それが大切なことなのかもしれない。

9 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/04(日) 19:19:35 0
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:ラーメン+半ライス
■夕食:スーパーの惣菜のお寿司+から揚げ
■今日の出来事:
昼食は近所の定食屋で食べた。
昼飯時のピークであろう12時ごろより遅い1時ごろに足を運んだためか、客は私のほかに2、3人ほどであった。
今日のオススメメニューのラーメン+半ライスセット、それとレモンハイを注文。
料理が出来上がるまでの間に週刊誌を読む。
年金問題やら有名人の不倫などあまり興味を引くような話題はなかった。
そのうち先ず最初にレモンハイがとどく。
なみなみ注がれたレモンハイにはレモンが添えられている。
氷の量も適度で思わずウムと納得してしまった。
原価を考えると外で呑む酒は割りに合わない。
しかし、家では感じることの出来ない趣もあるのも確かだ。
そんな考え事をしている間に料理が届く。
ラーメンをすすりつつ酒を呑む。
親子連れの客が入った。
何をたのもうかと話し合い、楽しげに悩んでいる。
店内で流れるテレビでは物騒な事件ばかり報道している。
そんな中、私はこの上ない幸福感に包まれていた。

10 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/04(日) 19:28:06 0
課題の成果
1.酒瓶の片付け
 →完了
2.衣類の購入
 →未遂

酒瓶の片付けは意外に骨が折れた。
ビンの中を水洗いし、マンションの指定の空き瓶置き場に置くわけだが
溜め込んでいた量がそれなりに多かったためだ。
結局一度では処理しきれず、部屋と空き瓶置き場を2往復した。

余談だが、ビンを置きにいった際に猫とあった。
人になれているようで私を警戒しつつも、近くにとどまり私の行動を凝視していた。
私がビンを置き終わり、その場を立ち去ると、ビン近くに移動し、しきりに匂いを嗅いでいた。
また会えるといいな。

衣類の購入に関しては、ビンの処理が終わると面倒になってまたもや未遂に終わった。
来週こそは買いに行くぞ!
さすがに寒さが身に染み始めた。
今年は暖房費を抑えるためにも、厚手の服を着ようと思う。

11 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/05(月) 18:29:25 0
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:秋刀魚の塩焼き定食
■夕食:カップメン(カレーうどん)+ポテトチップス
■今日の出来事:
昨日はいつもよりいくらか多く酒を呑んで、いつの間にか眠ってしまった。
おそらく眠りについたのは午後9時〜10時だと思う。
その後、午前2時前に目を覚ました。
このまま二度寝するのはもったいないという気持ちになり3時まで起きておこうと決意した。
さてそこで3時まで何をするかであるが、私は前日に見たアニメの続きを見ようと思い立った。
それはMONSTERというアニメ。
1話完結のストーリー展開ではなく、全体を通して一連の流れで出来ている。
そのため1話見たらその次をどんどん見たくなる。
結果、3時までと考えていたが4時まで、いやいや5時まで・・・と悪循環に陥ってしまった。
もう眠るもんかとわけの分らない意地を張ってしまったのが運の尽き。
もちろん仕事はボロボロ。
周りの目もお構いなしに、豪快に眠ってしまった・・・。
そしてそんなわたしの姿を見た上司に大笑いされてしまった。


12 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/05(月) 18:37:29 0
今日の課題
1.1時までに寝る!
2.酒は1杯まで!
3.久しぶりに瞑想してみる

瞑想は結構前からやっている(といっても最近はサボっていたが)
記憶力が良くなるという如何にも怪しげな本の影響だ。
本自体は1000円ほどなので、まあ何か得るものがあるかもしれないと思い購入した。
2年ほどその本の内容に沿って「修行」に励んだわけだが、その成果はというと・・・
著者にいわせれば「お前の鍛錬不足だ!」と言われかねない残念なものだ。
とはいえ、瞑想は結構お気に入りになった。
精神的にリラックスできるのでまた再開しようと思う。

13 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/06(火) 18:57:40 0
■天気:曇り時々雨
■朝食:なし
■昼食:ビーフシチュー
■夕食:カツ丼+野菜鍋
■今日の出来事:
昨日の課題は「酒は一杯まで!」以外は実行できなかった。
呆れるほどに自律できない男だ。
「けじめをつけなさい」なんて事は、幼少の頃から言われ続けてきたわけだが
未だにそれが出来ない。
まあそれが出来ていたら、もっとマシな人間になってただろうがね。

今朝起きたとき、時刻は既にもう家を出なければ遅刻してしまうリミットの時間だった。
こういうときの自分の行動力には我ながら感服する。
普段ならダラダラと30分くらいかけている出社の準備を
ものの5分足らずで済ませ家を出た。
その手際のよさといったらまるで普段と別人だ。
おかげで何とか会社には遅刻せずにすんだ。
(とはいえいつも遅刻寸前に出社しているわけだが・・・。)
どうやら自分はギリギリの状況下でこそ自分の能力を発揮するらしい。
それに、あまりにも自由すぎると自分のような人間には良くないらしい。
自由というより無秩序といったほうがしっくりくるかな。
この日記のように、何かしら自分の生活に規律を設けることでこの混沌とした日常を打破できるよう努力しいくつもりだ。

14 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/07(水) 18:27:28 0
■天気:晴れ
■朝食:バームクーヘン
■昼食:魚の煮物定食
■夕食:カップラーメン+おかゆ
■今日の出来事:
今朝の出社時に、母親に手を引かれていく幼稚園児を見た。
その母親は左右の手で2人の子供の手をそれぞれ繋いでいた。
2人の子供の背の高さはほぼ同じ。
「双子かな?」と私が思うと都合よく、二人が振り向いた。
顔がそっくりでこれは双子に間違いないなと確信した。

それから後、別の親子が歩いてきた。
つれている子供はこれまた幼稚園児のようだ。
近くに幼稚園バスの停留地点があるのだろうか?

母親が子供に語りかけている。
子供が母親に何か尋ねて、それに対して母親が答えているようだ。
「飛んでる時にひかれちゃったんじゃない?」と母親は言っていた。
私は辺りを見回した。
どこかに鳥の死骸があるのではと思ったからだ。
しかし見当たらない。
一体子供は母親にどんな質問をしたのだろうか?

今日は朝ごはんを食べたおかげか、調子が良かった。
仕事にも集中でき、昼休みになるまでがあっという間に感じられたほどだ。
しかし、昼を過ぎると、とたんに眠くなってきた。
また昨日も夜更かししたためだ。
今日はコーヒーをたらふく飲むことで眠気を何とかごまかした。
明日は会議がある。
しっかり睡眠をとって万全の体調で臨める様にしよう。

15 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/07(水) 18:39:09 0
どうやら夜更かし癖は治りそうにない。
今の自分では自分を律して早めに寝る事は難しい。
(最終的には自分の意志できっぱりとけじめをつけられるようになる事が目標であるわけだが・・・。)
だか今は自分に出来る方法でこの難局を乗り越えよう。
その方法とは、夜更かしの原因であるアニメをすべて見終えてしまう事だ!
・・・とはいえMONSTERって70話以上あるらしい。
当分寝不足の生活は続きそうである。

16 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/07(水) 18:40:40 0
今日の課題
1. 弁当箱の空の処理
2.腕立て100回

17 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/08(木) 19:00:43 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:鰤の照り焼き?定食
■夕食:カキフライ弁当
■今日の出来事:
昨日は呑みすぎた。
睡眠時間は多く取れたのだが、二日酔いで体調は最悪だ。
とにかく喉が渇く。
蛇口をひねりコップになみなみと水道水を注ぐ。
先ず一口。
まずい。
味が悪いわけではないのだが、まずい。
飲み終わったあとに口内で拡がるカルキの臭いが原因だろう。
それでも喉は渇くので水を飲み続ける。
さすがにこれを飲み続けたら体を壊すだろうなぁと思う。
私は最近ではコンビニでミネラルウォータを買っているため、水道水はめったに飲まない。
そのため飲み水に対する敷居が知らぬ間に高くなっていたのだろう。
それと二日酔いのため、臭いや味など外部刺激に対して敏感になっていることも原因のひとつとしてあげられる。

18 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/08(木) 19:04:58 0
私は、二日酔いの状態ではいつも通りの日差しが非常にまぶしく感じる。
また、普段は気にしないようなわずかなものの臭いにも敏感になる。
不快と感じる閾値が下がっているからだろう。
ちょっとした刺激にも我慢が出来なくなるわけだ。

会社に着くと直ぐトイレに駆け込んだ。
トイレ清掃で塩素系の洗剤を使用したのだろうか?
とにかく臭い。
トイレを出る頃にはこの臭いのため頭が痛くなった。

今日は仕事がまったく手につかない。
仕事とはまったく関係のないことをずっと考えていた。
残業はせずに早々と退社。
体調自体は回復していたが気分が乗らない。
こりゃあダメ社員街道まっしぐらだ。

19 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/09(金) 19:10:54 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:さかなのから揚げ定食
■夕食:から揚げ弁当+ゆで卵
■今日の出来事:
昨日は早めに就寝した。
というより眠りに落ちた。
午前2時頃だろうか?正確な時間は覚えていないが、その頃に目を覚ました。
3時までアニメでも見ようと・・・いつかも書いたような事を思い立ち、MONSTERの続きを見た。
物語りは既に終盤で、あと10話ほどを残すだけであった。
「5話明日に残して今日のところは寝ようか」と考えたのだが、結局10話全て見終えたてしまった。
睡眠時間自体はそれなりに取れていたためか、会社でひどい眠気に悩まされることはなかった。
面白いアニメだった。
何が面白いって聞かれたら、ちょっと返答に困るが・・・。
ストーリー展開が非常にテンポがいい。
1話見たら次を見たくなる。
こういう面白いアニメって自分が知らないだけで世の中にたくさんあるんだろうか?
暇なときに探してみようと思う。

話は変わって会社での出来事。
トイレに行くと必ず入ってきた人の顔を覗き込む同僚がいる。
べつに悪気があるわけではないのだろうが非常に気になる。
その人に見られると、何故か大に行きたかったくせに小のほうに足が向く。
いい大人のクセに何やってんだか・・・。

会社からの帰りがけでの出来事。
チョイ悪風のファッションをした40後半から50前半ほどの男が私の進行方向と逆からやってきた。
このままでは衝突してしまう。
男と目が合う。
私は「こいつは道を譲ってくれそうにないな」と判断し、左にそれて道を譲った。
まあ、私のほうが年下なので当然の事なんだが。
普段は意識せずにやっていることなので、いざ意識的にそれをすると、なんだか奇妙な感じがした。

20 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/09(金) 19:13:31 0
それと今日は変な感覚に見舞われた。
なんだか頭と足との距離が縮んだような。
足が短くなったような。
とにかく頭と地面とがいつもより近いようなそんな感覚だ。
気のせいだと思ったのだが、歩けば歩くほど「変だなぁ」という思いは強くなった。
ふわふわした感じでもある。
うまく言い表せない。
変な病気の兆候じゃなければいいのだが。

21 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/09(金) 19:28:43 0
今日はいい目標を思いついた。
本を読もうと思う。
とりあえず一週間に一冊をノルマにしよう。
それでは単なる「読書」なわけだが・・・
ミソはこうである。
積み重ねるのだ。
読み終わった本を一冊一冊積み重ねるのだ。
そして天井まで到達させるのだ!
なんだかわくわくする。

とりあえず本は何でもいい。
流行の小説でも何でも。
とにかく読んだ本を積み重ねることが大切なんだ。
文庫本だけだとちょっと大変そうだ。
だから古本屋で立派な装丁をした、なるべく厚い本を安く買ってこようと思う。
それでいて自分好みの内容の本であれば願ったり叶ったりだ。

22 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/10(土) 19:50:01 0
■天気:雨
■朝食:うどん
■昼食:なし
■夕食:チャーシューメン+シューマイ
■今日の出来事:
 実は昨日の会社帰りに、帰り道にある本屋によって一冊の本を買っていた。
カフカの変身という本だ。
かなり長いことどれを買おうか迷っていたのだが結局これだという本がなかった。
その時に目に飛び込んできたのがこの本だ。
読書家じゃない私でさえ聞いたことのあるタイトルだったので手にとってみた。
文庫本でしかもページ数も少ない。
最近読書をしていないので、まあリハビリがてら読んでみるかという軽い気持ちだった。

23 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/10(土) 20:07:50 0
解説を含めても100ページほど。
案の定、その日のうちに読み終えた。
(「目に通した」というほどで内容の理解はかなり雑かもしれない)
感想は、「気持ち悪い」ということだ。
自分は勝手にこの物語をハッピーエンドであると思い込んでいた。
見方によってはそうなのだが、私に関してはけっしてそうとは思えない結末だった。
読んだ後の後味が悪い。
それもそのはず、自分は主人公?のグレーゴルというムシになってしまった男に共感するので
後味の悪さはなおさらだ。

おかげで思い出したくもない過去の出来事を想起してしまう始末。
イライラする。
私が創りあげようとしている塔の土台ともなるべき本がこんなものとは皮肉だな。
酒を呑みたい。

グレーゴルの致命傷になったのは父親が彼に投げつけたリンゴだった。
私の場合は言葉だった。
グレーゴルは父親にそのようなことをされても、なお自室に篭もり続けた。
というより、そうするより仕方がなかった。
幸運にも、私は逃げることが出来た。
自室から、そして自分の家から逃げることが出来た。
だから今でも生きている。
逃げることが出来ただけ幸いだ。

これくらいの短めのストーリーなら感想も書きやすい。
昔、罪と罰を読んだんだが、その感想を聞かれると「おもしろかった」「つまらなかった」のどちらかとしか言えないだろうね。
まあ、どうであれ読んだ本は一言でもいいから感想を書こうと思う。

24 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/10(土) 20:28:38 0
いつもの定食屋に夕食を食べに向かった。
ついたのは午後7時ごろ。
客は私の前にいた1組のカップルのみ。
店主の奥さんが注文をとりに来る。
今日はチャーシューメンを食べると決めていた。
だから私は「チャーシューメン」と奥さんに伝えた。
夕飯にチャーシューメンだけではさびしいと思い、一品追加しようと考えた。
メニューをみる。
エビシューマイという文字が飛び込んできた。
(チャーシューメン同様、シューマイは今日は食べるつもりだった)
「それとエビシューマイ。後レモンサワーをお願いします。」

注文を終えると雑誌を手に取る。
最近話題の防衛省の事務次官の問題が大きく取り上げれている。
簡単に目を通す。
この人もさびしい人だったんじゃないだろうか?そんな風に思った。
その記事を読み終わる前にレモンサワーが届く。
今日もなみなみ注がれている。
酒のつまみとして気を利かせてミートボールを2つオマケしてくれた。
「ありがとうございます。」
私は奥さんに感謝した。
蚊の鳴くような声で。
酒を呑んでからくればよかった。
そうすればきっともっと相手に伝わるように感謝の言葉を述べられただろうに。

25 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/10(土) 20:30:26 0
つづき

客が一組入る。
孫連れの老人だ。
子供は、本棚で今日読む漫画本を選んでいる。
「いらっしゃい」
店主の声が店内に響く。

今日はお客が少なかったためか、私のオーダーがかなり早く仕上がった。
エビシューマイが届く。
一口サイズのため、一気に口に入れたが、熱々のため一度入れたものを出す羽目になった。
幸運にも店の方には見られていなかったようだ。
そのうち、チャーシューメンも届く。
役者は揃った。

新たな客が入る。
夫婦とその2人の子供。
晩飯時なのでこれから客はますます増えるだろう。
また客が入る。
めがねをかけた背の高い男が一人。

雑誌を読む、ラーメンをすするを交互に繰り返す。
レモンサワーは空となる。
もう一杯頼みたかったがグッとこらえた。
いい店だ。雰囲気が好きだ。
また来週来よう。
そう思い店を後にする。

26 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/11(日) 19:15:32 0
■天気:雨
■朝食:なし
■昼食:カップラーメン(カレー味)
■夕食:刺身+納豆
■今日の出来事:
 折角の週末だというのに、土日ともに雨。
遠出する気にもなれない。
今日は、正午過ぎまで眠っていた。
何度も浅く目を覚まし、何度もまた浅い眠りに落ちた。
その為か夢を見た。
そういえば今日の夢はかなりはっきり覚えている。
犯人が自首しに来る夢だった。
とはいえ特別面白い夢だったので詳しくは書かない。

布団から起き上がる気にもなれず、洗濯するのを後回しにしていたら午後6時を過ぎてしまった。
その頃には雨が一番ひどかった。
よりによってそんなときに選択を始めた。
洗濯をしなければ来週から会社に着ていく服がなくなるから仕方ない。
明日には乾きそうもない。

夕食の食材を求めて近くのスーパーに買出しに行く。
鍋をしようと思っていた。
しかし今日はどうやら刺身がお得なようである。
久しぶりに刺身もいいなと思い、購入した。
鍋の具財ももちろん買った。
今日は鍋、刺身ともに食べようと思っていた。
しかしスーパーを出るときになって、さすがにそれでは多すぎると思い
鍋は明日にしようと決めた。


27 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/11(日) 19:19:33 0
ウォッカを買った。
スーパーで売られてる安い奴だ。
しかし家にはまだ昨日のワインが残っている。
刺身にワインは合うとは思えないが・・・
まあものは試しだ。

それはそうとワインってのはどうも口に合わない。
赤ワインは特に苦手だ。
チーズと一緒に呑めばうまいのだろうか?
今度試してみようと思う。

28 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/12(月) 19:05:48 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:魚の醤油煮込み定食
■夕食:野菜鍋
■今日の出来事:
 昨日、ゆっくりしたおかげか今日は特に体調の不調を感じることもなく仕事に取り掛かることが出来た。
とはいえ何故か今日はいつも以上にイライラする。
昼食は社食でとっているのだが、1〜2ヶ月前から定食のごはんを盛る係りが変わった。
その人の盛り方が気に食わない。
少なすぎるのだ。
前まで、「大盛りで」と断りを入れなくてもかなり多めに盛ってくれていたので非常に好印象だったのだが
その人の盛り方はいかんせん少なすぎる。
以前の「少なめで」といったときと同じくらいの分量で盛っている。
ダイエット中の方ならそれでいいかもしれないが、これじゃあ成人男子は納得いかない。
第一、私の会社は働き盛りの男性が9割(あくまで自分の印象だが)を占めている。
中にはメタボ対策で量を少なめにしている人もいないわけではないのだが・・・。
まあ、自分が毎回「大盛りで」といえばいいだけの話だが。
(それとも食材の高騰により分量を減らしているだけの話だろうか?)

29 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/12(月) 19:06:18 0
それと今日の退社時の事。
2人がやっと通れるほどの狭い道を向かいから2人が横一列に並んでこちらへと進んできた。
もちろん私は、向こう側の一方が左なり右なりに避けて私に道を譲ってくれるだろうと思っていたのだが
彼らは私なんぞ目に入らんとでも言わんばかりに堂々と進んできた。
結果、何故か私が道の隅にぴったり引っ付いて彼らが通り過ぎるのを待つ始末。
彼らは一体どういうつもりなんだろう?
確かに私は、彼らの2分の1も生きていない若輩者かもしれない。
しかし、今回の事に限っては年齢の問題は関係ないだろう?
あまりにも無礼である。

とまあ、こんな調子で今日は一日中イライラしていた。
私の長所は忘れっぽいところで、普段ならこれくらいの事は直ぐ忘れてしまうのだが
なんだか今日はどういうわけか忘れられずにいる。

あったかい鍋を食べつつ酒を呑み
熱い風呂にゆっくり浸かれば治るだろう。
少なくともいつもの自分ならば。

30 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/12(月) 19:10:16 0
先週分の弁当の空を片付けた。
一週間分貯めるとかなりの量になるので、処理にそれなりに時間がかかる。
というわけで、今日からの目標。
「食べたら後片付けをする。」
我ながら幼稚な目標だw
だか一つ一つの積み重ねが大切だと思う。
これも大切な第一歩だと思い、日々精進だ。

31 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/13(火) 20:42:07 0
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:ささみフライ定食
■夕食:おにぎり+串カツ
■今日の出来事:
 昨日は夜更かしもせずにゆっくり眠ったため、ここ最近では無い程にゆったりと朝を過ごした。
昨日食べ過ぎたため(食後にお徳用のポテトチップスを食べた)胃がもたれて朝食は取る気になれなかった。
それ以前に朝食が家にはなかったのだが・・・。
久しぶりに朝の報道番組を見た。
テレビを意識的に観始めた時(テレビは起きて直ぐつけたが、まどろんでたためほとんど内容を把握していなかった)
ちょうど芸能関係の情報を報道中であった。
ある女優さんが婚約したらしい。(まあ、名前を伏せる必要も無かろうが)
身支度をしつつ、芸能関係のニュースが終わるのを待っていると
事件関係の報道へと移る丁度その時に出勤時間となった。
名残惜しいが、すぐ家を出ないと遅刻濃厚のため家を出た。
久しぶりの快晴でなんだか気分が良くなった。

家から出ると直ぐにいつも見かける人が私の前を歩いていた。
何故か競争心が働き、彼を追い抜く。
これは人間の本能なのだろうか?
くだらないとはいえ、何故か心は満足感で一杯だ。

そんなこんなで会社へと到着。

32 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/13(火) 20:58:48 0
最近、仕事に飽き飽きしている。
就職3年目で転職する人が多いらしいが今に始まったことではないだろう。
同じ会社に働き続けるとしても、同じ職場でずっと働き続けるというのは稀である。
大体2〜3年で部署があったりするのもそんな理由からなのだろう。
しかし私の職場は例外で、大体固定のメンバーが占めている。
私はこの部署に配属されて丁度3年目を迎える。
正直、仕事に飽きてきた。
内容は多少違えど、同じ様な仕事ばかりだからだ。
話は変わるが何かで3年目になると夫婦は倦怠期を迎えるなんて話を聞いたような気がする・・・
3年周期で人間飽きるように出来てるのだろうか?
まあそれは置いといて、とにかく仕事へのモチベーションをあげるために何かしら方法を検討しないといけないなと切実に感じる今日この頃。

話は変わるが、最近自分の上司が変に自分に媚びへつらっている。
部下への接し方に関するよからぬ本でも読んだのだろうか?
なんだか気味が悪い。

33 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/13(火) 21:06:03 0
気がつけばこの日誌も、もうじき2週間目を迎えるではないか!
折角記録しているのだから、週末にでも読み返してみようと思う。

またこの日誌をつけ始めてから、心の中でブツブツものを語ることが多くなった。
まあ、以前のようにぼうっと日々を過ごすよりよっぽどましだろう。
一日一見何かしら新しい発見をするつもりでこれからも臨んでいこうと思う。

34 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/14(水) 19:05:40 0
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:紅鮭定食
■夕食:野菜鍋+雑炊(予定)
■今日の出来事:
 夜中に頭が痒くなった。気が狂ったように頭を掻き毟った。
次第にかゆみは背中へと飛び火した。背中に腕を回し手が届く範囲をこれまた掻き毟った。
就寝中の出来事だ。目を覚ましたときには夢だったか現実だったかさえ分らなかった。
しかし、乱れきった髪の毛が夢でないことを知らせていた。
 昨晩は夜更かしをした。寝たのはおそらく午前2時過ぎだ。
だが、午前6時半にセットした目覚ましで起きることができた。
気を良くして、この分なら二度寝しても起きれるだろうと高を括り眠りについた。
私は目覚ましを四段階に分けて設定している。
午前6時半、午前7時、午前7時半、午前8時がアラームの鳴り出す時刻だ。
そのため目覚ましで次に起きるのはもちろん午前7時であるはずだったが、目を覚ましたのは午前8時であった。
おそらく午前7時、午前7時半には、無意識に目覚ましを切っていたようだ。
結果いつものように慌ただしい朝となってしまった。

35 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/14(水) 19:36:39 0
会社での昼休みに妙な体験をした。
いつものようにインターネットでニュースをチェックしていると、どうも右後方に人の気配を感じる。
誰かいるのだろうか?
そう思い振り返ってみると誰もいない。
気のせいか、と顔の向きをディスプレイに戻すとやはり右後方に気配を感じた。
しかも、こころなしか先ほどよりその程度が強い。
急いで(驚きのあまり体ごと)振り返ったがやはり誰もいなかった。
その後はその気配を感じることも無かった。
一体なんだったのだろうか?と休み時間が終わっても考え続けていた。
もしやこれが世に言う「虫の知らせ」という奴だろうか?
親類に病床に伏している方がおり、そのように思った。
急いで携帯電話を確認しようとするも携帯電話の電源は昨日から切れたままである事を思い出した。
(日頃使わないので日常生活になんら影響を及ぼさないため充電し忘れていた)
会社から帰り、充電して着信履歴等を調べるがそれらしい連絡の跡は見当たらない。
家族に電話しようかと思ったが、普段でさえめったに電話しないのに「虫の知らせを感じた」などというおかしな理由で電話するのもなんだなあと考え、電話するのは控えた。
結局何事も無かったわけであるが、それであれは何だったのだろう。
寝不足による幻覚だったのだろうか?
そういえば以前にもおかしな感覚に陥ったことを書いた気がするが・・・
まあ考えたところで答えが見つかりそうな問題ではないのでこれくらいにしよう。

36 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/14(水) 19:58:00 0
会社からの帰り道に寿司屋がある。
ある一匹の猫がその店の裏口の戸を時折道行く人の挙動を伺いつつもじっと見つめている。
おそらくいつもそこで店員からおこぼれを頂戴しているのではないだろうか?
辛抱強く戸を眺めながらじっとしている。
そういえばこの猫、見覚えがある。
ついこの間に見た道路に飛び出した猫じゃないだろうか?
私が見たその猫は、車が来るにもかかわらず無謀にも道路を渡ろうと猛ダッシュしていた。
ちょっと注意深い猫ならいちおう車が来ていないか左右の安全確認してから渡るのだが、こいつは違った。
もはや左右から何が来るなどお構いなしに猪突猛進していたのだ。
ちょうど車がそちらへ向かっており、私はその猫が轢かれるんじゃないかと冷や冷やしてその様子を見ていた。
しかし運よく、その車の運転手が猫の存在に気づき、速度を落としたためであろう衝突は免れたのだ。
猫に言っても無駄であろうが、左右くらい確認しろよと注意してやりたい気分だった。
とはいえ無謀にして無計画に突っ込む様は私の人生そのままではないか!
「人の振り見て我が振り直せ」という諺があるがこの場合は「猫の振り見て我が振り直せ」とでもいうのであろうか?
まあお互い気をつけようぜと、その猫に妙な親近感を覚えつつ帰路へついた。

37 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/15(木) 20:14:27 0
■天気:晴れ
■朝食:ミルクシーフードヌードル
■昼食:ほっけの塩焼き定食
■夕食:Goota(五目あんかけ麺)+おにぎり
■今日の出来事:
 昨日コンビニでミルクシーフードヌードルを購入した。
店内に入ると、直ぐ近くに山積みになっており、つい手が出たのだ。
シーフードヌードルにお湯代わりにホットミルクを使って食べるとおいしいという巷の意見を反映した商品らしい。
今朝、早起きできたのはこれを朝食のメニューとするためである。
早速お湯を沸かす。カップのフタを開けてみるとほのかにミルクのにおいがする。
味のほうは大丈夫だろうか?私はミルクが苦手なので少し不安になった。
お湯が沸き、カップに注ぐ。
ミルク味だけあってスープは白い。
3分後フタをあけ、早速用心深く一口目を口に運ぶ。
・・・これはうまい!
ミルクの味はそれほど気にならず、ほのかでいて小気味良い余韻を残しシーフードヌードルの味を阻害することは無い。
むしろミルクの味がシーフードヌードルをマイルドにしたてている。
基本的に朝は胃がものをあまり受け付けないのだが、ぺろりと平らげてしまった。
また買おう!そう心に誓った。
ノーマルのシーフードヌードルにミルクを注いだものとこのミルクシーフードヌードルでは味が微妙に異なるのかもしれない。
せっかくだから、その食べ比べもしてみようと思う。


38 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/15(木) 20:18:31 0
今日の夕飯を買うために近所のスーパーへと会社帰りに立ち寄った。
カップラーメンのコーナーへと向かった。
目当てはミルクシーフードヌードルであったのだが、予想はしていたが残念なことに置いてなかった。
そこで仕方なく別のラーメンを購入することにした。
かなり前からではあるが、どうも「塩豚骨」系が流行らしい。
私はあまり豚骨は得意でない。
味はいいと思うのだが、あの臭いはいただけない。
私の部屋は風通しの悪いワンルームだ。
そんな部屋で豚骨ラーメンを食べるのは自殺行為に等しい。
そんなわけで、豚骨味は避けて五目あんかけを選択したわけである。
そういえば、ラーメンは豚骨が人気を博して以来あまり新しいトレンドが生まれていないように思う。
何かほかの変り種を食べてみたいものである。

39 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/15(木) 20:21:22 0
明日の課題
1.来週読む本の購入
2.ゴミ出し

40 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/16(金) 19:17:23 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:鰆(料理名不明)定食
■夕食:から揚げ+竜田揚げ弁当
■今日の出来事:
 目を覚ましたのは8時。
ベランダに干しっぱなしのYシャツを取り込む。今日の空は厚い雲に覆われている。
可燃ゴミを持ち、家をあとにする。
今朝は寒い。手がかじかんでしまい思わず手をこすり合わせる。
会社に到着すると直ぐに売店でコーヒーを購入。久しぶりのホットコーヒー。
更衣室に着くと、就業時間開始を知らせるチャイムが響く。
窓からは、入り口の門を閉ざす守衛が見える。仕事を終えると詰め所へと戻っていった。
今日はやたらと腹が減る。昨日珍しく朝食を食べたせいだろうか?
仕事の調子は芳しくない。

昼食のため社食へ向かう。
目当ての定食には長蛇の列が出来ていた。
私が昼食をとっていると、上司が私の斜め向かいに座ってきた。
非常に気まずい。
昼食後、ペッドボトルのお茶を購入。
昼休みはいつもどおりのネットサーフィン。

午後は仕事がうまくいかずいらいらしていた。
そんなときに限って上司が絡んでくる。止めてくれ。

定時を迎えると即帰宅。
途中、本屋に立ち寄り来週読む本を購入。
所持金が2千円足らずのため、ATMで現金を下ろす。
その後弁当屋で弁当を購入。

以上、今日のダイジェスト。

41 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/16(金) 19:44:18 0
今日はいつも以上にイライラしていた。
仕事がうまくいかない、私生活での問題などの要因が合わさり最悪の気分であったためだ。
寝不足も原因していたのかもしれない。
こういう日に限って、何故か上司がいつも以上に絡んでくる。
私みたいなつまらない人間に話し掛けてきてくれるのは非常にありがたいのだが
さすがに今日ばかりは、相手をしていられなかった。
仕事にばかり気がとられてしまい、どうも上司の話に身が入らない。
適当に受け答えをしていると、思わず相手に失礼なことを言ってしまった。
そのせいで、どうも気まずい雰囲気が漂う。
先輩が見かねて助け舟を出してくれたので非常に助かった。
その先輩は上司に嫌な質問をされても、それに対して冗談を交えながら返答する。
するとその場の雰囲気は一変した。(このような話術を私も是非身につけたいものだ)
気を良くした上司は再び私に会話をふった。
しかし、折角の汚名返上の場も私の気の無い返事でぶち壊してしまった。

冗談も碌に言えない私を上司は「まじめだなぁ」と評した。
しかしこれは私に対する軽い批判でもあることは明らかであった。
自分の不甲斐なさに私のイライラはますます募る。

定時時間を迎えると一目散に会社を出た。
気づくと別段急いでいるわけでもないのに早歩きになっていた。
いかにも不機嫌そうな靴音が周囲を威嚇するかのように響いた(前を歩いていた人が振り返るほどだ)。
イライラしつつも本屋へと立ち寄る。
不思議と本を選んでいると、イライラもおさまってきた。
これだという本は無かったが、タイトルを見て面白そうだと思った本を購入。
本屋から出る頃には焦燥感はすっかり消え去り、落ち着きを取り戻していた。

42 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/17(土) 22:27:49 0
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:なし
■夕食:うな重+ラーメン
■今日の出来事:
 今日は非常に寒い。夕べから寒むさを感じてはいたが、これほど急激に寒くなるとは思わなかった。
今朝(といっても12時ごろ)、起きると寒さのためにすぐに風呂に入った。
今日は出かける用事があったため、どの服を着ていこうかと珍しく着る服の選択していた。
寒いので冬物の上着を着ようと考えたのだが、それほど寒くはならないだろうとふんで軽装して行ったのが間違いだった。
そのミスジャッジのため、帰り際には震えながらの帰宅を余儀なくされた。

43 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/17(土) 22:47:26 0
 昨日買った本だが、タイトルは「人間はどこまで動物か」である。
タイトルのみで面白そうだなと判断して購入したのだが、内容はそれほどタイトルとは関係の無いものだった。
人間に関してよりむしろ昆虫の話題が多い。著者はどうやら非常に昆虫好きらしいのでまあ、当然といえば当然なのだが。
それにこの本はエッセイ集のようなものであり、人間はどこまで動物かという本のタイトルも、そのうちの1つのトピックに過ぎなかったわけだ。
とはいえ、1つの話題がおよそ5ページごに区切られておりちょっと暇なときに読むには適している本だ。
普段、身のまわりの昆虫等に対してあまり気を使っていなかった自分にとっては未開の分野の話題であり大変興味深く読み進めている。
ほぼ半分くらいは読み終えただろうか?
全て読み終えたらまた初めから読み返してみようと思う。

44 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/19(月) 00:31:09 0
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:牛丼大盛り
■夕食:ピザ
■今日の出来事:
 昨日から今朝8時頃までだろうか?ネットゲームをぶっ続けでしていた。
3時頃一度は眠ろうと思ったのだが、どうも引き際をうまく自分で設定できずにダラダラと続けていた。
挙句の果てには「こうなりゃ眠るもんか!」とそんな具合である。
だいぶ長時間のプレーであり、正直6時を廻った頃には目頭の痛み、眠気、肩の痛みやらでうまいことゲームを進めることが出来なかった。
8時頃にさすがにゲームを止めた。しばらくは目頭の痛みがひかなかった。
2日間ぐらいネットゲームをプレイし続け死亡した人もいるというが、それも無理はないかも、そんな風に実感を伴いつつ思った。
9時頃になると洗濯を開始した。一週間分の洗濯物を洗うのでそれなりに大変だ。
しかも家の洗濯機は全自動ではなく、洗濯層と脱水層が分かれているためほっとけばよいという訳ではなく、わずかではあるが手間がかかる。
とはいえ人間というものはわがままなもので、そのわずかな手間さえ惜しむものだ。
そんな時には、昔はそれこそ服一つ一つを洗濯板を使って自分で洗っていたのだ。それを考えれば恵まれているじゃないか、と自分に言い聞かせるようにしている。
洗濯が終わり、全ての服を干し終えるとニコニコ動画を見ていた。


45 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/19(月) 00:33:46 0
12時を廻ったころに外出をした。
目的は古本の購入であった。歩いて10分ほどの場所に古本屋があるのでそこへ向かった。
冬物の上着を着ていったが今日も気温が低かったため丁度いい。
古本屋でにつくと先ず漫画コーナーへ。目的の本を折角見つけたものの気分が乗らずページをぺらぺらめくっただけでちゃんと読むことは無かった。
寝不足のためか頭がぼうっとしていた。それが原因であろうかどうも読む気になれなかっのだ。
次に小説コーナーへと移動。一応読みたい作家のアタリをつけていたものの見つけることは出来なかった。
とはいえ面白そうな本はいくつか見つかった。しかし、これだという本が見つからず何も購入することも無く本屋を後にした。
古本屋の近くに吉野家がある。久しぶりに牛丼を食べたくなったので昼食をとりにむかった。
実は私、吉野家は初体験だった。普段は松屋ユーザーであるので内心ドキドキしつつ店内へと入った。
(小心者のため、自分の入ったことの無い店に入るのが苦手であるため)
お昼時のため、狭い店舗ではあるが店の中はたくさんのお客さんでごったがえしていた。
松屋と違い自販機で食券を買う前払い制度でないことに若干面食らう。
そこで自分のちょっと前に入った人や周りの行様子を見つつこの店のルールを確認するのに必死になった。
面白いのはレジが客席付近にいくつかに分けて設置してあることだ。
お客さんにレジまで移動して貰う手間を省くための配慮なのだろうか?
よく見るとレジ係という専門の係りがいないことに気づく。
接客兼レジ係という具合だ。
もちろんそのような係りの人は調理はしていないようだ。
(調理はそれ専門の係りがいる。調理といっても温める位だろうが・・・。)
しかし細かいことを言わせて貰うと、お金を触った手で料理を運ぶというのはいかがなものだろうか?
(※会計後に手を消毒していたかどうかは大切なポイントであったが確認できなかったので間違っていたら大変申し訳ない)
とまあそんな所を確認しつつもおいしく牛丼をいただいた。味はもちろん人気のある店だけあってとてもいい。
私が食事中にも次々にお客が入り待ちが発生したほどにぎわった。


46 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/19(月) 00:35:24 0
食べ終わり会計を済ませ店を出ると家路に向かう。
途中ゲームセンターを発見。特にこれという目的は無く興味本位で入ってみた。
子供が多い。レースゲームでちょっと遊び10分足らずで店を出る。
スーパー近くで信号待ち。
普段は利用しないので折角なので行ってみようと思い店へ向かう。今日は何故か積極的だ(非常に寝不足でふらふらしていたにもかかわらず)。
嬉しかったのはミルクシーフードヌードルがあったことだ。
早速購入。ついでにノーマルのシーフードヌードルも。
それと今日の夕飯をここで買おうと思い色々見回った結果、冷凍ピザを買う事にした。
この店ではもうレジ袋は有料だ。そのためかマイバッグを持っているお客さんが多い。
家に帰ると、少しの間ネットをしてその後に眠った。
1時ごろだったと思う。
ところでこの季節の太陽の傾きに驚いた。
まだ1時ごろだというのにもう4時頃だろうかと勘違いするような程だった。
もう冬であるので当然ではあるが、日頃室内に閉じこもり気味の私はそんな当たり前の事も見落としていたらしい。


47 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/19(月) 20:05:31 0
■天気:曇り
■朝食:うどん
■昼食:紅鮭定食
■夕食:野菜鍋+きつねそば(予定)
■今日の出来事:
 昨日は本当に何時間眠ったんだろうか?午後の1時に眠り午後6時頃にいったん起きた。
うとうとしていて気がつけば午後9時になっていた。少し経って直ぐ眠りにつき次に起きたのは10時ごろ・・・。
その後もそんな調子で起きては眠りを繰り返していた。
睡眠時間自体はいつも以上であろうが、会社では3時を過ぎた頃から眠くなった。
やはり毎日規則正しく、6時間から7時間眠ることが一番いいのだなあと実感。
とはいえ今朝は最初の目覚ましで起きることが出来た。小腹も空いていたため朝食も摂った。

先週末から途端に寒くなり、出勤時は手はかじかみ、冷気のため全身にも思わず力が入る。
通勤途中にイチョウ並木を歩くのだが、道路の右側と左側ではかなり趣が違う。
左側のイチョウの木はもう黄色く変化しているが、右側のイチョウの木は若干黄味がかって来てはいるもののまだ緑のままである。
その差の原因は右側のイチョウはマンションの陰となっているため日差しを十分に浴びる事が出来ないからではないだろうかと自分は思う。
もしくは単に植樹した時期の問題だろうか?

そういえば今週の金曜日は勤労感謝の日である。
誰が誰に対して日頃の勤労感謝をする日なのだろう?と会社の同僚が言っていたのを思い出した。



48 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/19(月) 20:06:29 0
今日の昼食は珍しく自分の好物がバッティングした。
大体おいしいものがでる時はバッティングしている。
そろらくは一種類の定食に客が偏らないようにしているのだろうが。
久しぶりにメニューを見ながら悩みこんでしまった。
まあ嬉しい悩みでありこういった悩みならば大歓迎だ。

仕事は相変わらずうまくいっていない。
どうも〆に間に合いそうに無い。良くて〆ギリギリといったところ。
経費削減で残業も制限されているので計画通りに終わらせるのは難しいところだ・・・。
今週末にどこまで進展させることが出来るかにかかっている。

会社帰りにいつものスーパーへと立ち寄る。
夕食の食材を購入するためだ。今日は寒いので鍋と朝から決めていた。
ちょうど主婦層が買い物に来る時間帯と重なってしまい、レジでだいぶ待つことになった。
私がレジ待ち中に、精算中のおばさんが急に怪訝な顔をしてどうも落ちつかない様子となった。
ちょっとすると私を押しのけ、レジ前の商品棚から商品値札を確認して店員に「それ値段違ってますよね」といった。
それはわずか数十円の違いであったがよく気づいたものだと感心した。
(私はいつもレジではぼうっとしており、買ったものの値段などほとんど気にしていない)
やはり一家の家計をやりくりする主婦は日々の買い物でもきちんと何を買うか広告などをチェックした上での計画にのっとり買い物を遂行しているのだろう。
私なんかはその日の気分で商品を選ぶ。しかも肝心な買う必要のあるものを忘れた挙句必要の無いものばかり買って家についてから「あっ!」と気づくことが多い。
今後買い物の際は、事前にある程度買うものを決めておき、最初に決めたものを探そう。
また、およそでいいので買い物籠に入っている商品の合計を計算するように心がけよう。

家に帰ると年末調整の書類に必要事項を記入した。
もう今年も終わりが近いことを改めて実感した。

49 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/19(月) 20:17:24 0
 昨日のまどろみの中で色々な夢を見た。内容ははっきり覚えていない。
ただネットのサイトを見ている夢(というかイメージ)はよく覚えている。
レイアウトはかなりきっちりしていた。一体何のサイトだろうと目を凝らすが
書かれている文字まではおそらくイメージしきれていなかったのだろう、文字の認識までは出来なかった。
とはいえ面白い。
たまに2chにレスしている夢を見ることもある。(正直悲しい思いもあることはある・・・)
そういえば昨日見た夢の中で、サスペンスドラマの主人公になっている夢もみたような?
その夢で外国の(確か夢ではドイツという設定だったような?)列車に乗るシーンがあった。
テレビをつけっぱなしで眠っていたため、それはたぶん「世界の車窓から」の影響かもしれない。
何かで夢を見ることで人生を二倍楽める、といったような文章を読んだ気がする。
確かにその通りだなと思う。
私はめったに夢を見ないので毎日夢を見られる人が羨ましくて仕方が無い。
何か夢を見るコツでもあるのだろうか?
ちょっと調べてみる価値はありそうだ。

50 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/20(火) 20:55:44 0
■天気:曇り
■朝食:カレーうどん
■昼食:鯵のフライ定食
■夕食:チキンフィレオセット
■今日の出来事:
 昨日は本を読みながら布団で横になっていると、うとうとし始めいつの間にか眠っていた。
とはいえ時刻は午前1時頃であったと思う。
電灯はつけっぱなし、しかもちゃんと暖をとった格好ではなかったためか自然と目を覚ました。
(一応、毛布を一枚かけていたがもはやそれでは最近の寒さをしのぐには不十分であった。)
意識も朦朧としている中、電灯が眩しかったので消すために起きようかこのまま眠っていようかながい事迷っていた。
そしてようやく起き上がろうと決心し、電灯を消すとカーテンから光が漏れていることに気づいた。
もうすでに朝であった。時刻は午前6時半頃。
ここから二度寝しては、起きるに起きれなくなるだろうと思い、眠るのは止めてTVをつけた。
(それに寒い中起き上がったためか目はすっかり覚めてしまっていた。)
ちょっと前までかなり軽装でも特に問題なかったが、今ではすっかり着込まないと寒くていられない。
まったく極端に変わるもんだ。毎年こんな調子だっただろうか?よく覚えていない。
 出社時、今日はマフラーをつけていった。首周りだけを防寒してもだいぶ違う。
しかし問題は手だ。かじかんでしょうがない。今日帰りがけに手袋を買おう、そう決めた。
 仕事はあるところまで順調に進展した。しかし、帰り際に思わぬ問題点が発覚した。
これは今週末でも上司に納期延長の交渉をするより仕方がなさそうだ。


51 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/20(火) 21:04:40 0
 会社帰りにセブンイレブンによる。
その店はひときわ気合を入れたクリスマスイルミネーションで店舗を飾っている。
青色の発光ダイオードももう定番だなぁ。しかし寒い中青色ってのは個人的に好きじゃない。
寒さが増すような感じがするからだ。まあ綺麗ではあるんだけれども。
どちらかというとこの季節は温かみを感じる色を基調にして欲しい。
店内にも仕掛けがしてあった。サンタクロースが煙突から出たり入ったりするオブジェだ。
確かこのオブジェは去年も飾ってあったと思う。
正直クリスマスだからといって特に私には縁の無い話ではあるが、まわりが賑わってると自分も楽しくなってくるから不思議なものだ。
店では朝に決断したとおり手袋を買った。
それと明日の朝食としてタマゴサンドをひとつ。
 マンションに着くと何時の間にやらクリスマスイルミネーションを飾ってある事に気づいた。
うちの住人にもこんなハイカラなことする人がいるんだなぁ。
仕事で疲れ切っていたが何だか少し元気になった気がする。
有難う。

52 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/21(水) 18:59:00 0
■天気:晴れ
■朝食:タマゴサンド
■昼食:イカの醤油煮定食
■夕食:ハンバーグ弁当+そば
■今日の出来事:
 今朝は快晴であった。空を見渡すが一抹の雲も見当たらない。
とはいえ寒さは厳しい。しかし今日は昨日購入した手袋をつけていたため手が悴むことは無かった。
いつもより少し早めに家を出たのでいつもすれ違う(幼稚園バスの停留所へ向かう)親子を見かけなかった。
 今日はどうも調子がいい。昨日とはうって変わってやる気が漲っている。
昨日は最悪だった。何故か気分がひどく落ち込んでおり、俺なんかが居なくなろうと世界にはこれっぽちも影響を与えないんだろうなぁなどマイナス思考の連続で仕事にならなかった。
定期的にこのような鬱屈した状態になる。仕事のストレスがおもな要因だろうが・・・。
ところで今日そんな気分が晴れたのは何故なんだろう?
いくつか考えられることを上げてみよう。
・仕事が納期に間に合わないことを悟ったため開き直った
・今朝の朝食のタマゴサンドのおかげ
・今朝の快晴により気分も晴れた
・睡眠をしっかりとったから(6時間半は睡眠したはず)
思い当たるのはこれぐらいだろうか?
とにかく今日の午前中は自分でも驚くほどの集中力を発揮した。
あまりに集中して仕事に取り組んだため、昼休みまであっという間であった。
調子が良すぎたため、なんだか休みを入れることでペースが乱れそうで仕事をし続けていたいなぁと少なからず思ったほどだ。
まるでいつもと別人である。
とはいえやはり腹は減っているので昼食を食べに社食へと向かった。
 午後になるととたんに眠くなった。昨日はゆっくり眠ったはずなのに・・・。
とはいえ食べたら眠くなるのは健康な証拠だろうか?
休み時間はネットのニュースばかり見てないで10分くらい眠るように心がけよう。
そうすれば眠気に邪魔されることも無くなるかもしれない。
眠気のため仕事は午後ほどはかどらなかった。
集中力は姿勢にも表れるようだ。午前中は背筋をシャンとしていたが、午後になると姿勢が崩れてきた。
イスにもたれ掛けたり、デスクにひじをついたり。
とはいえいつも以上の集中力であることには変わりない。
明日もこの調子で仕事を進め、納期延長を少しでも抑えよう。

53 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/21(水) 19:02:23 0
 帰り際いつものスーパーへと立ち寄った。酒が切れていたためだ。
ついでに夕食と明日の朝食用にタマゴサンドを購入。
タマゴサンドはげん担ぎ。明日もこの好調が続きますようにという思いからだ。
明日を乗り越えれば3連休が待っている。特に予定は無いものの良い休日を迎えるためにも頑張ろうと思う。

54 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/21(水) 19:16:42 0
寒さのためだろうか?
最近やたらと肩がこる。
しかも右肩だけがこる。
ネットゲームに最近夢中なのでそれも影響していると思う。
もちろん最近の寒さも一因だろう。
右肩の肩こりはどうやら心臓や胃腸の異常の兆候である場合もあるらしい。
健康診断を受けてまだそれほど経っていないので問題はないだろうけれど・・・

55 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/22(木) 21:41:47 0
■天気:曇り
■朝食:タマゴサンド
■昼食:鰤の照り焼き定食
■夕食:から揚げ弁当大盛り+そば
■今日の出来事:
 今朝は8時まで眠っていた。どうやら起きるまでの3度の目覚ましは知らぬ間に消したらしい。
睡眠時間はそれなりにとったはずなのだが?蛍光灯を点けっぱなしであった為、安眠できなかったのかもしれない。
今日こそは万全の体制で眠りにつこうと思う。
今朝のニュースで都心部でみぞれが降ったと報道していた。
東北各地ではもう雪が積もっているようだ。
もう気がつけば冬になる。
今年こそは秋の味覚を満喫しようと意気込んでいたものの、旬の味覚は結局何も楽しまずじまいであった。
とはいえ、食欲は旺盛となり腹回りの脂肪が驚くほどついた。
あまりにもひどいので運動嫌いな私がジョギングでもはじめなければと思うほどだ。
明日にでもウェアとシューズを揃えて隔日くらいの頻度で近くを走ろうと計画している。


56 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/22(木) 21:43:06 0
 明日の祝日とあわせて今日有給休暇をとり4連休とする人が少なからずいた。旅行にでも行くのであろうか?羨ましい限りだ。
仕事は昨日ほどははかどらなかった。寝不足ではないものの眠気がひどい。午前中はそれでもまだマシであった。
午後になるともう睡魔との格闘で仕事どころではない。(ひどい寝不足の時と比べれば幾分か余裕はあったが)
あまりに眠気がひどいので、職場を離れ、眠気覚ましのため少し散歩をすることにした。
最近の冷気に身をさらすことで睡魔を追い払うことが出来た。ただ残念なことに職場は暖房が効いているため散歩による覚醒効果も長くは持たなかった。
 今日は明日の事を考慮して残業をさせてもらった。折角の残業であったが、上司に持ちかけられた「ちょっとした用件」のため残業時間をそれに費やすことを余儀なくされた。
とはいえ連休前、気分は晴れ晴れとしている。今日頑張れば明日からは3連休が待っていると思えばどうって事は無かった。
2時間ほど残業して帰宅。外はもちろん非常に寒い。
帰り道女子高生を見かけた。この寒さの中、短いスカートを履き足をあらわにしている。
見ているコッチが寒くなる。こんな格好をしていて寒くないのだろうか?
こちらはマフラーや手袋をつけていてもなお寒くて肩をすくめているというのに・・・
 自宅マンションに着くとある変化に気づく。クリスマスイルミネーションがグレードアップしているではないか!
なるほどクリスマスに向けて徐々に完成させていくという演出だろう。なかなか気の利いたことをしてくれると感心した。

57 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/22(木) 22:11:28 0
仕事中今日は(今日に限ったことではないが)物思いにふけることが多かった。
言葉は何時どこで生まれたのだろうか?そんな答えの導き出すことの容易ではない問題を考えていた。
言葉とは実に不思議だ。例えば悲しいという言葉。どんなに悲しい思いをしたとしても、「悲しい」という言葉が無ければそれを人間はそれを何となく感じる不快感程度にし捉えられないのではないか?
つまり言葉があるからこそ感情等を自覚しそれを存在するモノと捉えることができるのではないか?
物事の概念付けも言葉が一役かっているのではと思う。

人間は不思議なものだ。
誰かに習うわけでもなく自然と物事を概念で捉える働きがあるし、言葉の習得にしても学校で教育を受けるまでもなくある程度は自然と習得してしまう。
人間以外の生物も人間が科学的に説明できないような素晴らしい特質を備えている。
例えば背景色にあわせて自らの体の色を変化させるような生物がいるが一体どのようにしてその術を習得したのだろうか?
それこそ私の頭では想像もつかないような長い年月のなかで多くの体験をし、その上で習得したことは間違いなかろう。
もちろんその目的は自らの生存の可能性を高めるためである事は明白だ。(あくまで結果論での推察だが)

しかし人間においては自ら好んで死ぬものもいる。
昆虫でも蟷螂なんかのオスはメスに交尾後に食われるらしい。メスに食われそうになったときにオスが抵抗するかどうかは私は知らないがこれはこれで意味があることなのだろう。
そう考えると自ら進んで死に急ぐような人間のその行為も何かしらの意味があるのかもしれない。

まあこのようにいろいろと考え事をしていた。
こんなことだから仕事の納期も間に合わせることが出来ないんだろうねw

58 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/24(土) 01:51:20 0
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:野菜鍋
■夕食:塩ラーメン+半チャーハン
■今日の出来事:
 今朝はビュービューとガラス戸から漏れてくる木枯らしの風音で目を覚ました。
風の強弱にあわせて風音は変わる。風の弱いときはやはり風音にも力がない。
とはいえ何か言い知れぬ薄気味の悪さがある。その後の突風を予感めかせるのでそのように感じるのだろうか?
そして風の強いとき。もはや完全な威嚇のように思われる。私は思わず自然に対する畏敬の念を抱くことになる。
そういえば風音と猫の喧嘩は似たところがある。
猫の喧嘩では先ず「ホァ〜オォォ」という内にこもる様な鳴き声で互いに牽制しあう。
その独特の鳴き声のなかには相手に対する牽制のほかに自身の闘志を漲らせるような意味あいを感じさせる。
長らくその硬直状態が続き、何かのきっかけで一気に勝負に出るのだ。
そのときの鳴き声というか叫び声はもはや言葉で適切に表現することが出来ないほどに激しい。

59 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/24(土) 02:27:02 0
 気がかりは洗濯物であった。私は基本的にその日に必要なもの以外はベランダに干しっ放しである(もちろん雨の日はさすがに室内に取り込むが・・・)。
木枯らし1号が吹いた際は、強風のため洗濯物が落っこちてしまっていた。どこかに飛ばされることが無かったのは幸いだったが、今日はそうなるかもしれない。
布団に横たわりながらそんなことを考えていた。しかし思うばかりでなかなか布団から出ることが出来ずにいた。
心配しているうちに風はおさまってきた。結局ベランダには洗濯物は干しっぱなし。
起き上がったのは10時頃。ちょうど腹が減っていたので朝食兼昼食として野菜鍋をこしらえた。
野菜のみの鍋なので10分ほどで作れる。ちょっとしたインスタント料理である。
寒い中やはり鍋物はうまい。体もぽかぽかになる。
 今日はこれといって予定はない。まあ予定のある休日のほうが稀ではあるのだが・・・。
ゲームをやっていたのだがさすがに飽きて出かけることにした。シャワーを浴び身支度を整え、家を出たのは午後3時頃だった。
 今回の外出ではジョギング用のウェアを買うのが最大の目的であった。しかし近所の服屋を2軒見回ったがどうもいいものが置いていない。
あるにはあるのだがどうも気に入らなかった。何と言っても三連休。明日ちょっと街の方へ遠出してじっくり探そうと考えジョギングウェアの購入は見送った。
とはいえ折角こうして買い物に来ているのだからと思い冬服を購入することにした。
私は決断力が乏しいため人一倍選ぶのに時間がかかる。店内を2度も3度も見まわってようやく買いたい商品を吟味し終えた。
やはり「これはいいな」と思う商品はどれも若干割高だ。どうやら私のセンスも世間とそうはズレていないようだ。
3点の服を購入し支払いは1万2千円ほど。久しぶりの買い物なのでまあいいだろう。


60 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/24(土) 02:29:50 0
 帰り道、服屋の近くのラーメン屋へとよった。夕飯には早いが、どうも昼食が早かったためかちょうど小腹も空いてきたからだ。
客の入りの少ない時間帯であったため私以外には1人しか客がいなかった。
工事関係者だろうか?作業着を着た男性だ。自身が持ち込んだであろう週刊誌(その店には雑誌の類は置いていないため)を読みつつラーメンを食べている。
客が少ないため、私が席に着くとすかさず店員が注文をとりに来た。正直ちょっと考える時間を与えて欲しかったが、気の弱い私は早く注文せねばと思い、目に入った塩ラーメンの半チャーハンセットをたのんだ。
 ジョギングウェアの購入の前に本屋で小説を買っておいたので待ちの間読むことにした。しかし2,3ページ読み終えると早くもラーメンが届いた。
あんまりの速さに驚いた。カップラーメンと大して変わらないくらいの早さだ。
一体どういう調理法をしているのか非常に気になるところではある。早いわりに味は悪くない。
まあスープなんかは事前に仕込んであるし、結局はメンの茹で時間が実質大半なんだろうがメンはそんなに早く茹で上がるものなのだろうか?
残念なのはチャーハンだ。明らかに作り立てではない。若干冷えている。
おそらく作り置きしたものを炒めなおす程度なのだろう。
どうせならもっと火を通して欲しかった。
私が店を出る頃には家族連れのお客も入り始めた。そろそろ忙しくなる時間帯だ。

61 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/24(土) 02:36:39 0
家に帰ると早速買った服を試着してみた。
なかなかいい買い物をした、そう思えて一安心だ。
(私はよっぽど高いもの以外は店で試着することが無いので実際着てみてがっかりすることが多い)
少しの間、読書をすると眠気を催した。
ちょっと寝るかと思い横になると起きたのは午前1時。
そのため今日は日記をつけるのが遅くなってしまった。
ところで最近は日記においてムダに字数ばかり多い気がする。
そのため書くのもそれなりに時間がかかる。
暇なときはこれでもいいかもしれないが、忙しいときはもっと要点を絞って書いていかねばと思う。
この日記にはその日にあった出来事を記すべきか?
それとも自分の思ったこと等も含めて記すべきか?
日記のルールも明確なものにしたい。
「日記の書き方」なんて類の本でも読もうかな?
それだと面白みがなくなってしまいそうだけれども。

62 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/24(土) 02:42:42 0
先ず1レス目では、出来事のみを書こう
・起床 7時半
・朝食 8時
・出社 8時半
こんな具合に。
そして2レス目から出来事の詳細を付加していけばいいだろう。
明日から早速試してみるか。

63 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/25(日) 21:01:15 0
2007/11/24(土)
■天気:晴れ
■朝食:うどん
■昼食:マーボー丼+半ラーメン+レモンハイ2杯
■夕食:なし
■今日の出来事:
・起床 約午前2時
・日記記入 約2時〜2時40分
・ネットゲーム 約3時〜9時
・洗濯 約9時〜11時
・ニコニコ動画鑑賞 約9時〜11時(※洗濯と同時実行)
・入浴 約11時30分〜12時
・昼食 約12時〜12時30分
・買い物 約13時〜15時
・読書 約15時〜15時30分
・就寝 約16時


64 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/25(日) 21:03:49 0
 今朝は日記を書いてから眠ることなく起き続けていた。どうも日記を書いていたら頭が冴えてしまったらしい。
もはや眠気は感じなかった。とはいえ昨日は日記を書くのに1時間ほど要した。
やはりその日にあったこと全てを書くというのは無理がありそうだ。印象深かったことのみを絞り込んで書くことにしよう。
(まあ今日は暇であるので、なるべく詳しくかくつもりだ)
 1レス目の出来事の右に書いてある時間はあくまで目安である。
何かをするのにいちいち時計を見る習慣が無いので正確性にはだいぶかけているはずだ。
(レスした日時は正確だろうが)
時間に縛られて生きるのはいやだ。しかしこれからは何かをする際には時刻を確認しよう。
何も何時になったらこれをしなくてはならないといった類の「予定」ではないのだから。
 ネットゲームの際の集中力は相変わらずである。うまいことその集中力を読書等に傾けたいものだ。
読書では30分もたたないうちから飽きてくることもある始末。(とはいえ面白い作品ならば時間も忘れて集中できるが)
とにかくこの集中力をコントロールすべはないものだろうか?
いまだに自分を律することさえ出来ない自分が不甲斐ない。
 洗濯について。この季節の洗濯物は嫌なものだ。寒い中外に出なければならないし、冷たい水に触れる必要もある。
(全自動洗濯機では話は別だろうが)
時間もそれなりにかかるので、洗濯中はニコニコ動画で昔なつかしのアニメを観た。
観たのは「おぼっちゃまくん」という作品だ。ちょうど私が子供の時分に観ていたのでアニメで、その内容こそほとんど忘れていたが非常に懐かしかった。
それにしてもこんな下品な作品をよくもあの時代はゴールデンで放送していたものだなぁと思う。
(実際コメントにもこうした感想がいくつか見受けられる)
もはや今の時代では再放送さえ難しそうだ。時代も変わったものだなあとしみじみ思う。


65 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/25(日) 21:04:54 0
 洗濯を終え入浴後に昼食を摂りに、いつもの定食屋へ。昨日もラーメンを食べたので今日は定食にしようと思い、定食のメニューを確認。
今日のオススメのマーボー丼半ラーメンセットが手頃な値段でしかもラーメンつきであったので今日はラーメンは食べまいと思っていたものの思わず注文してしまった。
それといつものレモンハイ。レモンハイ以外にも色々ので今度は別のハイも頼んでみようと思う。
今日はちょうど昼食時に行ったので私がいつも座っているカウンター席は既に先客により占められていた。そのため店中央の2人用の小さなテーブル席へと腰掛けた。
いつもどおり週刊誌を読みながら注文を待つ。直ぐ左上にはテレビが設置してあり、チャネルはNHKに設定されている。
ニュースで大雪山での雪崩事故が報道されている。4名の死者がでたらしい。涙ながらに語るご遺族の姿もあった。
そんななかレモンハイが先行して届いた。つまみなんぞはなくともすぐさまゴクリと一杯やった。
うまい。世界のどこかでは色々な悲しい出来事が起こっているのだろう。その中で私は酒を呑んでいる。
今思うと非常に申し訳ないような気もする。でも仕方がないのだろう。悲しみにくれている人を思い日々を過ごしていたら、それこそ毎日を通夜みたいに過ごさなければならない。
世の中自分が想像つかないくらい広いんだ。それこそこうして日記をつけているうちにも悲しい思いをしている人は何人だっているのだから。
(こんな考え方をする自分だから他人に対して非常に冷淡な印象を与えるのだろうね)
この店に来るとどうも気持ちが安らぐ。女将さんに笑顔で「もう一杯」と追加注文をした。
(そういえば真昼間から酒なんて頼む客は私以外にいなかった)


66 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/25(日) 21:06:48 0
 その後私は駅へと向かった。買い物のためちょっと街まで出るためだ。
そうそう、外出には昨日買った新品の服を着ていった。あんまりにも気に入ったため直ぐにでも着たかったからだ。
(そのせいもあってか今日は気分が良いのかもしれない)
目的の街へと電車で移動。わずかながらの間ではあるが読書をした。
目的地へ到着。駅の直ぐ近くにあるデパートで今日は買い物をする。
しかし広すぎてどこに何があるのやら・・・。案内をみてもどの店が何の店なのかよく分からなかったのでとにかく店内を見回ることにした。
家族連れや恋人たちや友達同士など実にさまざまな客でごった返している。
迷子の子が店の展示商品のお人形を片手に「ママ、ママ」と半べそをかきながら親を探していた。
その子のあとを追って人形の所有店の店員が困惑気味に付いて行く。
そんな光景も見られた。
今日の買い物の目的はもちろんジョギング用ウェアとシューズの購入だ。
そこらをぶらぶら歩いて数十分、ようやくスポーツ専門店を発見。急いでそちらへと足を向けた。
非常に広い店舗で品揃えも豊富だ。
しかしここで驚くべき事実をしった。ウィンドブレーカーってこんなに高いのか!
上下別売りでしかも上だけでも安いもので4000円はする。一流メーカーの商品なんてもう完全に予算オーバーだ。
安売りの上下セットで4000円ほどのウィンドブレーカーは散々探したが見つからなかった。
もう売り切れたらしい。
そこで仕方なく安売りのジャージの上下を購入(4000円)。靴はランニング用の4000円ほどの商品を購入した。
ちょっとケチったとはいえ、これだけ気合を入れたのだからもう走らずにいられまい。
というよりも早く走りたくてうずうずしている。
今日から早速走ろうと思う。

67 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/26(月) 19:26:27 0
■天気:晴れ
■朝食:カツ丼+おにぎり
■昼食:カップラーメン×2
■夕食:なし
■今日の出来事:
起床 約1時
二度寝 約1時
起床 約5時
ジョギング 約5時15分〜5時45分
ニコニコ動画鑑賞
ネットゲーム
昼寝
読書
就寝

68 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/26(月) 19:39:53 0
 何故かアクセス規制がかかっている。当分書き込めないかもしれないので、代わりにテキストファイルに記入し、規制解除後に随時レスしていく予定。
 一昨日同様にだいぶ早めに就寝してしまった。そのために起きたのも夜中だった。しかしこれでは来週の仕事にも響きそうなのでネットゲームなどせずにまた眠ることにした。
新聞配達のバイク音がする頃に目が覚めた。昨日の夕方ジョギングするつもりだったが眠ってしまったため、早朝ジョギングをしようと思った。
(夕方のジョギングに備えて既にウェアを着ていた)
5時15分頃、室内で軽くストレッチをする。ガチガチに固まっている。前屈で地面に指先さえ届かない。もともと体はそんなに柔らかいほうではないがここまでひどいことはなかった。
そのため日々のストレッチも欠かさずに行おうと決意した。
部屋を出るとあたりはまだ真っ暗である。星もきらきら輝いている。車の騒音も何もないシーンとした街の雰囲気が非常に新鮮だ。
マンションを出ると早速走り出した。もしかしたら私以外にもジョガーがいるかと思ったが誰一人いない。
わずかにちらほらと道行く人がみられる程度だ。まあ無理もない。まだ5時頃なんだから。
私のジョギングコースは近くの学校の校舎周辺である。私は会社帰りにジョギングする人、ウォーキングする人など多数見かけるので地域ではそれなりによく利用されているコースなのだと思う。
(私がジョギングしようと思ったのもこういう人たちを見ていたからだ)


69 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/26(月) 19:40:57 0
いつもは交通量の多い道路であるがこの時間帯は車の往来も少ない。そのため私の足音が周囲に響く。
民家に接している道を走っていた際は、足音がうるさくなかろうかと心配したほどだ。
1周くらいは余裕だろうと思っていた。しかし甘く見すぎていた。実際はもう1週だけでゼーゼーいっている。
酸欠のためか頭が痛いし、何だか肺も痛い。ちょっと無理をしすぎたのだろうか?
しかし1週だけでは情けないので2週目を決行。さすがに息が切れていたため最初の5分ほどは歩いた。
曲がり角に差し掛かったところでようやく走り出した。今度はかなりのスローペースで。
ふと空を見上げるとまんまるいお月様が夜空に鎮座している。
今日は満月だろうか?
そのためだろうか、普段活動的でない私が動き出したのは。
そんなことを考えているとしばらくの間は疲れを感じずにいられた。
2週目を終えようとする頃には足が疲労のため力が入らなくなっていた。
日々精進してこの情けない現状を打破しなければ、そう強く思った。
オマケになまりきった性根も叩きなおせればなお良いのだが。

70 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/26(月) 19:44:19 0
 昼にミルクシーフードヌードル食べ比べを決行。
先ず最初にノーマルのシーフードヌードルをお湯代わりにミルクを注ぐ。
3分後に蓋をあけるがどうもまだ麺が若干固まっている。
ミルクとお湯では沸点が違うからだろうか?とにかくそれから1分置いてみる。
ちょうど麺がほぐれ食べ時となる。
先ず一口。悪くはないが・・・思ったよりおいしくない。
やはりミルクの味がかなり強い。牛乳好きの人にはたまらないかもしれないが
牛乳が苦手な自分にはちょっとミルク味が強すぎる。
しかし食べられないというほどではない。麺は完食した。
問題はスープだ。変に甘くなっている。もちろんミルクの味が非常に強い。
普段はスープも残さず飲んでしまう私であるがさすがに残してしまった。
次に市販のミルクシーフードヌードル。
やはりこれだ!製品開発者がミルク嫌いの人にもちょうどいい具合に仕上げてくれたのだろう。
絶妙なバランスだ。スープも残さず飲んでしまった。
カップヌードルの定番といえば、ノーマルとシーフード、カレーだがこれにミルクシーフードも加わるだろうと思うほどいい出来栄えだ。
以上。

71 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/27(火) 21:12:03 0
2007/11/26(月)
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:魚料理(料理名忘れた)
■夕食:竜田揚げ+ごはん
■今日の出来事:
起床 約7時
外出 約8時30分
出社 約8時50分
昼食 約12時
退社 約18時
ジョギング 約18時半〜19時
シャワー 約19時
夕食 約19時30分
音楽鑑賞 約20時
就寝 約21時


72 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/27(火) 21:24:49 0
昨日は夢を何度も見た。
先ず最初(といっても覚えている限りで)の夢は、単なるイメージ。
自分がこれを映像として表したいと思ったものが夢の中で映像化されるという夢。
何をイメージしたかははっきりと覚えていないが、私が思ったことが面白いようにイメージとして表れるのでそれを楽しんでいた。
そして、なんでもイメージできるならば、あの人の顔をイメージしてみようと思い立った。
しかし何故かイメージすることが出来ない。
とても大切な人なのに。悲しいな、悲しいなと思っているうちに目を覚ました。
時計を見ると(普段PCをつけっぱなしで寝ているためディスプレイのわずかなライトで時計の時刻を確認できる)まだ4時頃であった。
起きるにはまだ早い。そう思い再び眠りにつく。
次にみた夢はザリガニの夢。
少女が私の手の甲にザリガニを乗せた。
ザリガニ(というかむしろエビに近い。なぜなら大きなはさみがなかったから。)は私の手の甲で足をモゾモゾさせた。
その感触が妙に現実的ではっきりと覚えている。
近くには小川があり、私はザリガニをそこに逃がしてやった。
すると、いつの間にかつがいのザリガニがやってきて一緒に泳いでいった。
そしてまた目を覚ます。時刻は4時15分ほど。
まだ起きるには早い・・・
そんなことを繰り返していた。
完全に目を覚ましたのは目覚ましが鳴った7時になってからだ。
やはり夢というのは眠りの浅いときにみるものなのだなぁ。

73 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/27(火) 21:32:40 0
帰宅後、早速ジョギングの準備。
ウェアを着込んで軽くストレッチ。
体が硬いのと昨日のジョギングによる筋肉痛でなかなかストレッチも楽じゃない。
5分ほどたって、家を出る。
今日はゆっくり走ってみる。私以外にも数人のジョガーを見かける。
妙な連帯感を覚えた。
日曜日は寝起きに走ったため体力的にもきつく感じたのかもしれない。
今日は2週周ったが歩くこともなく、体に妙な不調を覚えることもなく淡々と走れた。
いい具合に汗をかき、帰宅後直ぐにシャワーを浴びた。
その日の夕飯は格別おいしく感じた。
ジョギングによる身体の疲労のせいか眠気が早いうちから押し寄せた。
ちょっと軽く眠るつもりが気がついたら朝であった。
そのためこの日記も書けず仕舞いとなってしまった。

74 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/27(火) 23:17:19 0
■天気:曇り
■朝食:カップラーメン
■昼食:鯵?の開き定食
■夕食:ペペロンチーノ
■今日の出来事:
起床 約7時
外出 約8時30分
出社 約8時50分
昼食 約12時
退社 約20時
ジョギング 約20時半
シャワー 約20時45分
夕食 約21時
日記記入 約21時
2ch

75 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/27(火) 23:36:20 0
どうも思い通りにいかないとイライラして仕方がない。
仕事で順調に進んでいると思いきや、上司が「やはりこうしてくれ」という。
折角仕上げたのに台無しだ。しかしまあ仕事なので仕方がない。
しかし、どうもこういう突然の変更に弱い。笑顔で対応できない。
もともと無愛想な顔つきがいっそう無愛想となってしまう。
自分では感情を表に出さないつもりでいるのだが、気がつくと眉間にしわを寄せていたりする。
上司としても突然の内容変更を受けて泣かされている口なので彼に怒りをぶつけても仕方がない訳だが・・・。

いざ自分で働いてみるまでは定年退職まで働き続けることがごく自然で当たり前の事のように考えてきたわけだが
それがどんなにすごい事かを最近になってようやく理解した。
自分はどうも定年までなんて働けそうにない。むしろ働きたくもない。
とはいえ働かずに食っていけるほどの蓄えもないだろうからたぶんぶつくさ文句を言いつつも一生働き続けるのだろうなぁ。

同僚に月の残業時間が当たり前のように50時間を超えるような人がざらにいる。
世間ではむしろそれが当たり前なのかもしれないが私には到底想像もつかない世界だ。
(それを考えると私なんかは恵まれているほうなのかもしれない。)
そんな職場ならおそらく早々に退職しているだろう。
そこまで仕事に情熱を傾けることは出来ない。

76 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/27(火) 23:49:36 0
イライラしながらの仕事中に思ったのは、早く家に帰って走りたいという事だった。
当初、今日は残業をするので走る予定はなかったのだが、どうにかしてこのイライラを鎮める必要があったので今日も走ると決意した。
走った後のあの爽快感を思うと、残業帰りであっても走りたかった。というよりもむしろ走らなければと思った。
とはいえ残業で疲れていたためいつもの半分。
およそ10分程度走っただけだ。
それでもはやり走ってよかった。
胸につかえていたものを走ることで振り払うことが出来た。
そしてまた今日も飯がうまい。
もともとダイエット目的だったが、いまや立派なストレス解消法でもある。
今日もぐっすり眠れそうだ。

77 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/29(木) 21:16:21 0
2007/11/28(水)
■天気:曇り
■朝食:ロールケーキ
■昼食:鮭の葱味噌焼き定食
■夕食:鍋+雑炊+つまみ
■今日の出来事:
起床 約7時30分
外出 約8時30分
出社 約8時50分
昼食 約12時
退社 約18時
会合 約19時
飲み会 約21時
帰宅 約23時30分


78 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/29(木) 22:12:33 0
昨日は会合の予定があったため退社後は駅へと直行した。
私は毎日徒歩での通勤のため電車を使うのは週末くらいだ。
そのため駅へと向かう途中に知り合いから「今日はどうしたんだい?」と声をかけられた。
駅に着きホームへと続く階段を下りる。するとホームはもう電車を待つ人でいっぱいである。
乗車口付近の列の最後尾に並び電車を待つ。電車での移動時間中に読もうと思い持参した小説を取り出す。
本を読み出してまもなく、ある同僚が声を掛けてきたので読書を一旦中断。
本はバッグへとしまい、たわいもない雑談で電車待ちの時間をつぶす事となった。
電車が到着。もちろん座ることは出来なかった。
同僚が下車するまで雑談は続いた。
(話の内容はというと共通の知人に関して、また互いの近況報告などであった。)
同僚の下車後、すぐさま本を取り出して読書を始めた。
とはいえ座ることも出来ないし、また電車のゆれによりつんのめってしまったりなど、読書に集中できるような環境ではなかった。
そのため大してページも進まない間に目的地へと到着した。
時間にしておおよそ30分程度だったろうか?
駅から5分ほど歩き、会合の会場へと到着。
どうにか開始時刻には間に合った。
会合が始まったがどうも身が入らない。
(そもそも会合への出席自体、付き合いで仕方なく・・・といった具合だから当たり前といったらそれまでだが。)
早く終わらないものかと思いつつ時計と睨めっこを続けていた。
21時頃に会合がようやく終わった。
そして数名の知り合いとともに飲みに行くこととなった。

79 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/30(金) 07:00:06 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:てんぷら
■夕食:ロールキャベツ+おにぎりセット
■今日の出来事:
起床 約7時00分
シャワー 約7時30分
外出 約8時30分
出社 約8時50分
昼食 約12時
退社 約20時
ジョギング 約20時30分
シャワー
夕食 約21時

80 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/11/30(金) 07:02:58 0
スーツのボタンが取れそうになっている。
今週末にでも修繕してみようと思う。

今日もまたイライラに苛まれた。
原因は仕事がうまくいっていないからだ。
(何のせいでうまくいかないかといえばひとえに自分の無能さの為である。そのため誰に当たる事も出来ずイライラが募るばかりなのだ)
残業を2時間ほどし、帰宅したのは20時30分ほどであったが直ぐに走りに出掛けた。
今日は一周だけでは物足りず二周することにした。
だが終始、無心になって走ることが出来なかった。
しかも思い浮かぶのはきまって悪い事ばかりである。
それらを振り切らんとばかりにペースをあげて走った。
最後にはへとへとになり、息を切らしながら家路へとついた。
とはいえその甲斐あってか家に着いた頃には善からぬ思いも鳴りを潜めた。
今日の疲労は今日の疲労で終わらせよう。
そして明日には気分よく仕事に取り掛かかりたいものである。

81 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/01(土) 06:35:44 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:さんまの塩焼き定食
■夕食:鍋+雑炊
■今日の出来事:
起床 約7時00分
外出 約8時30分
出社 約8時50分
昼食 約12時
退社 約18時
飲み会 約19時
帰宅 約24時

82 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/01(土) 07:35:47 0
今日は職場の同僚との飲み会があった。
会場となった店はこじんまりとしており、私たちは10人ほどであったがかなりの鮨詰め状態を強いられた。
先ずはビールで乾杯。
仕事終わり、しかも金曜日に飲むビールの味は格別であった。
乾杯を終えると、店員が次々と料理を運び始めた。
私の座っていたテーブルの皆は腹を空かせていたためか、ほかのどのテーブルよりも早く皿を空けてしまった。
そんなことが話題の種となり、一同の笑いを誘うこととなった。

こういった場はただそこに居合わせるだけでも良いものだ。
私は周りの連中が楽しげに語り合うのを見ているだけでも満足するのだ。
とはいえ私はなんだってこんなに「世間」というものと懸離れているのだろう?と痛感せずにいられなくなる。
場合によってはまったく話についていけないのだ。
もちろんこれは私自身の「世間」への無関心が原因であろう。
「世間」に擦り寄るあまりにそれに振り回される者がいる。
しかし今の私は「世間」を遠ざけるあまり逆にそれに振り回されている。
人との円滑な付き合いのためにも少しは「世間」に対してこっちから歩み寄るよう努力しよう、そう思った。

ある同僚はというと私とは対照的に話題に事欠かない。
それもそのはず、普段からテレビや雑誌、インターネットなどあらゆるメディアから積極的に情報を収集しているからだ。
それに大変な社交家のため人伝の情報も非常に多く入ってくるのだろう。
その人に1つものを尋ねれば10にもして返してくれる。
また、誰にでも分け隔てないその性格のため職場でも非常に慕われている人物である。
私は職場の同僚のうちでは誰よりも彼に敬意の念を抱いている。

楽しい時間というのはあっという間に過ぎてしまうのが一般的である。
しかし今日は違った。
もちろん楽しい時間を過ごしていたことには間違いはないが、今日は思いのほか料理の量が多いため早いうちから満腹になってしまったからだ。
開始してまだ1時間もたっていないことに気づくとみんなで顔を見合わせて「まだ1時間しかたっていないのか!」と思わず声をそろえてしまった。

83 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 13:40:43 0
2007/12/01(土)
■天気:晴れ
■朝食:なし
■昼食:なし
■夕食:ラーメン+牛肉の煮込み定食+半ラーメン
■今日の出来事:
起床 約6時30分
ネット 約7時30分
風呂 約11時
外出 約13時
夕食1 約18時30分
夕食2 約19時30分
帰宅


84 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 14:31:12 0
まったく昨日は語るのも厭わしい災難に見舞われましよ!
珍しく用事がありましてね、身支度を整え出かけたのです。
その際にふと財布を見ると手持ちの現金がわずかしかないことに気づきました。
これではどう考えてもお金が足りないということで、現金を下ろしにATMにへと向かいました。
まさしくそのために今回の災難が起こったのです!
その災難というのは、結論から申し上げますと自らが招いたものなのです・・・。
白状しますと私は出かける前にお酒を飲んでおりました。
一杯のつもりだったのですが、今日は休日。誰に文句を言われることもないとついつい2杯目に手を出してしまったのです。
2杯目で酒瓶が空にならなければきっと3杯も4杯も飲んでいたに違いありません。
とにかくこの何気ない私の行為が後に起こる災難を招くとは私は予期しておりませんでした。
(いいえ誰が予期などできるものですか!)
私はATMにつくと早速現金引きおろしのためにカードを入れました。
そしていつもどおりの暗証番号を入力した「つもり」でした。
今思い出しても、入力を間違えたとは考えられません。もちろん酔っていたせいでしょうが・・・。
しかし何度、暗証番号を入力してもお金が引き下ろせないのです!
しまいにはカードを入れたら「このカードはご利用できません」なんていわれてカードをつき返してくる始末です!
私は複数のカードを所持しているので、もしかしたら違うカードの暗証番号を入力していたのかもしれません。
とにかくお金が引き下ろせないとまずかったのです。
早速銀行側に電話をしますが、休日のため月曜日におかけ直しくださいの一点張りですよ!
(もちろん相手側の声の主は録音の音声のガイダンスです。何せ休日ですからね!)


85 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 14:31:45 0
埒が明かず、私はいったん家に戻ることにしました。
時刻を見るともう約束に間に合いそうにありません。そこで帰り道に1時間ほど予定と遅れると相手側に連絡しておきました。
家に帰りPCでより詳しい銀行の案内を確認し、サービスカウンターに電話したのです。
するとやはり度重なる暗証番号の間違えのためカードが使えなくなっているということでした。
何とか今すぐに使えるようにはならないかと食い下がりましたが、やはり月曜日以降にならないと無理だというのです。
しかも直接自分で銀行側に出向かねばならないかもしれないとのことです。
自らの招いた事態とはいえ私はどうにもやり切れませんでした。
何故ってもう私は直ぐにでもお金を持って電車に乗り込まないと予定に間に合わなくなるんですから!
こんな事をかたるのはとてもお恥ずかしいのですが、私は年甲斐もなくかんしゃくを起こしてカードを投げつけました。
するとどうです!カードが割れてしまったんですよ!これじゃもうどうにもならないじゃないですか!
混乱の渦中にありましたが、何とかしていくらばかりかの冷静さを取り戻しました。
とにかくお金が入用なのです。
そこで部屋中を隅から隅までひっくり返すとなんとか必要な分だけはかき集めることが出来ました!
(この点においては神様もまだ私を完全にお見捨てなさったわけではなかったのですね)
私は一目散に駅へと向かい電車に飛び乗りました。
そして何とか用事を済ますことが出来ました。


86 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 14:33:32 0
しかし私は電車の中で色々と考えさせられました。
もしも私が一文無しになったら一体どうなるのであろうかと?
想像してください。ちょっと考えただけでもぞっとするじゃありませんか!
だって私は金がなければこうして電車にも乗れない。ごはんだって食べられませんよ。
どんなに哀れっぽい話で同情を誘っても部屋からきっと追い出されてしまいますよ。
そう何も出来ないのです!あの紙切れがない分には私は人間らしい暮らしなんて到底出来ないのです!
あの免罪符がなければきっと生きていかれないのです!
この事実を私に直視させるために今回の不幸が起こったのかもしれませんね。

何とかこの日はやり過ごしましたが、月曜日には銀行に連絡をしなければいけません。
だってそうしなければ今後カードが利用できないとの事だからです。
おまけに私の馬鹿な行動のためカードの利用制限が解除されてもカード自体が使い物になりませんからね。
来週末にも予定があります。年末なので何かとお金が入用なのです。
早くこの件を片付けて、枕を高くして眠りたいものです。

87 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 14:38:50 0
今週は「貧しき人々」を読んでいたので、その主人公マカール・ジェーヴシキン風に書いてみた。
自分なりにはそれなりにうまいこと書けたつもりだが・・・。

それはそうと銀行に行かなければならないのが非常に億劫だ。
平日にわざわざ休みでもとらなければならなくなるやも知れない。
近くにあの銀行の支店あったかしら?
とにかく調べておかないと・・・

88 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 19:50:05 0
■天気:晴れ
■朝食:野菜鍋
■昼食:なし
■夕食:カレーうどん+牛ハラミ弁当
■今日の出来事:
起床 約8時30分
ネット 約8時30分
朝食 約10時
洗濯 約15時
ジョギング 約17時
夕食 約19時
ネット 約20時
就寝 約24時(予定)

89 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 19:59:26 0
最近では日記を書き忘れてしまい、書くのが翌日になることが多いので先に書いておこうと思う。
といっても今日はこれといって特筆すべき事柄はなかった。

お金の問題に関しては何とかなりそうだ。
というのもカードは2つあり、今回使えなくなったほうはカードだけが使えないという状態になっている。
ネットでの振込みは可能なので、もう一方のカードの銀行口座にお金を入れればよいのだ。
しかし、結局のところ振込み実行は月曜日以降となるのでまあお金の引き出しが可能になるのは月曜日以降なのに変わりはないが・・・。
とにかく明日会社で銀行に電話しなければなるまい。

この日記を書くにあたってのスタイルについてだが、昨日の事を書いた文体のような
どちらかというと口語的な表現のほうが自分にあっているのかもしれない。
読み返す場合でもそちらのほうが面白いように思う。
試しに一週間くらい続けてみようかな?

90 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/02(日) 20:27:39 0
それはそうと、昨日お金をかき集めるために部屋中を引っ掻き回したので、もう手の付けられない様なひどい有様になっています。
だれか事情を知らない人がもしこの部屋に入ったらきっと物取りにでも入られたのでは?と思い違えるに違いありません。
今日中に片付けるべきだったのですが、ここまで散らかっていると、もうどうにでもなれという心境になってしまうのです。
よくその人の部屋をみればその人となりが分るといいますが、なるほどとおもいます。
昨日の私の心はこの部屋と同じように荒れ果てていたんですから。
(とはいえ今ほどではなくとも以前からだらしなく散らかった部屋でしたけどね)
この部屋を片付けるのはかなりの大仕事ですが、少なくともこの年内一杯には必ず綺麗にしてみせます。
部屋を綺麗にすれば私の荒れた心も少しは落ち着き、物事をもっと冷静な態度で判断し、理路整然とした文章をかけるようになるかも知れません。
(もっとも心がすさんでいるからこそ部屋も散らかってしまうのであって、部屋を綺麗にすれば心も整然となると考えるのは我ながら安易過ぎると思いますが・・・。)
とにかくやらないことにはどうなるかは分りません。
いきなり全てを処理する事はムリです。私は自分の弱さを自覚しているから断言できます。
先ずはだらしなくあたりに散らかしてある衣類の整理をしようと思います。
何より第一歩を踏み出すことが肝心ですからね。

91 :夢見る名無しさん:2007/12/02(日) 21:10:21 0
何気ない日常がおもしろいな

92 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/03(月) 19:11:55 0
■天気:曇り
■朝食:なし
■昼食:鯖の味噌焼き
■夕食:カップラーメン+納豆ごはん
■今日の出来事:
起床 約7時
テレビ 約7時30分
外出 約8時30分
出社 約8時50分
昼食 約12時
退社 約18時
ジョギング 約18時20分
シャワー 約18時50分
夕食 約19時

93 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/03(月) 19:38:23 0
行き交う人々の目を楽しませる街路樹の紅葉も盛りを過ぎました。
もはや木の葉は風がなくともはらはらと舞い落ち、通路を覆っています。
じきに木々は侘しく禿げあがり、もの悲しい冬を演出することでしょう。
ちょっと背伸びをして季節を文章で表現してみましたがなかなか難しいものですね。

今朝見た天気予報では降水確率が50%であったので、私は傘を持って出かけました。
しかし会社までの道のりで私以外で傘を持ち歩いていたのはほんの数人にすぎませんでした。
確かに空を見上げると、とても雨の降るような天気には見えません。
科学を手放しに信ずるのもその人の勝手ですが、自分の経験や直感から判断するという事もあながち蔑ろには出来ないものですね。
とはいえ折角傘を持ってきたのだから一雨くらい降ってくれやしないかと内心考えていました。
まったく滑稽なものです。
何故って私は洗濯物をベランダに干したままなのだから、雨なんぞ降らないに越したことはないはずだからです。
自分の行為に対し見返りを求める卑しい心が働いてしまったのでしょう。
まったくもって滑稽です。

そうそう。
今日の昼休みに例のカードの事で銀行に連絡を入れました。
結論から言うと、やはり銀行には出向かなければならないとの事でした。
しかし口座を作った支店に出向く必要はなく、最寄の支店でよいとの事なので一安心です。
とはいえ営業時間は確か5時までだったように記憶しています。
そのため手続きの際には会社を休まなければならないのです。
まあ仕方ありませんね。状況が状況ですから。きっと事情を説明すれば上司も文句は言わないでしょう。

94 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/03(月) 20:06:53 0
もしかしたら私は会社を辞めることになるかもしれません。
別にクビになるって訳じゃありませんよ。
私は派遣社員として働いているので、派遣先を変える必要が出てきたということです。
なにやらお世話になっている会社の経営方針が変わったそうで、その影響らしいのです。
こういった業界ではごく当たり前の事のようですが、小心者の私にとっては一大事です!
数年かけてようやく環境に適応できたというのにこれはあんまりだ・・・そんな気持ちで一杯です。
その知らせを知ってからというもの仕事が手につきませんでした・・・。
何せだいぶ長いことこちらでお世話になっていたので、派遣もとの会社よりこちらの会社のほうが居心地がいいくらいですからね。
しかもこの職場は恵まれています。もちろん仕事は楽じゃありませんが、他の会社のような馬鹿げた残業時間に苛まれる心配がありませんでしたから。
ほかの会社に派遣されている連中ときたら、ひとたび集まれば自分たちの残業時間で自慢大会を開く始末で、私なんかは隅のほうで肩をすぼめています。
(もちろん会社としてはより残業をしたほうが利益を挙げられるという面で良いのでしょうが・・・)
今御世話になっている会社の上司は上と何とか交渉してみようと言ってくれているそうです。
しかしあまり期待は出来そうにありません。
別にその上司の力量を疑ってるわけじゃありませんよ。そりゃあ素晴らしい人なんですから。
私がそう思うのは、ほかの部署に派遣されていた私の同僚が次々ときられていったのを目の当たりにしているからです。
そしてどうやら私の番が回ってきたようです・・・。
ただでさえ慌しい年の瀬になんでこんな知らせを持ってきてくれたんでしょうね!
まあいつかは必ず経験しなければならないことには違いないのですが。

95 :白痴 ◆fJEfSUPLHg :2007/12/03(月) 20:21:11 0
会社ではどうしようどうしようとずっと悩んでいました。
しかし帰ってジョギングで汗を流し、シャワーを浴びるとあれほど深刻に悩んでいたのに、今では嘘のようにどうでも良くなってしまいました。
まったくこんな自分にほとほと呆れ帰ってしまいます。
でもいつものようなネガティブ思考でくよくよするよりはよっぽどマシです。
体を動かさずじっとしていると心まで凝り固まってしまうのかもしれませんね。
たとえ引っ越すことになっても是非ジョギングは続けようと思います。

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)